...

靴の歴史~ヒールの変遷から - 東京都立皮革技術センター

by user

on
Category: Documents
28

views

Report

Comments

Transcript

靴の歴史~ヒールの変遷から - 東京都立皮革技術センター
靴の歴史~ヒールの変遷から~
日本はきもの博物館学芸員(非常勤)
市田 京子
はじめに
17世紀まで10点、
18世紀54点、
19世紀172点、
靴の歴史をみる時、機能性と服飾性は大
20世紀205点となっており(注1)
、ある程
きなポイントであろう。この二面は競合す
度時代の変遷を追える内容をもっていると
るものではなく、相互の発達を促しあうも
いえるであろう。
のであったはずである。
外観上形態の明瞭なヒールの変遷は、時
筆者は長く日本はきもの博物館(以下、
期的特徴を捉えやすく、筆者は、古いこと
博物館と略)の学芸員をつとめ、その収蔵
であるが、1997年の企画展で「ハイヒール
資料の保存や展示に関わってきた。その中
の系譜」展として取り上げたことがある。
で、欧米の歴史資料を扱う時、新しいスタ
この展示では18世紀から1970年代までの流
イルを求めることがそれを可能にする技術
れを、その特徴をとらえて、
「ルイヒール」
を生んできたという思いを強くしてきた。
「再生したヒール」
「完成したヒール」
「露
ここでは、
その靴の変遷、発達をヒール(外
出するヒール」
「成熟したヒール」
「突出す
底踵部に付けて足を持ち上げるもの)を通
るヒール」と区分してみた。今回もこの流
して紹介してみる。
れで紹介する。
なお、掲載する写真は記載のないもの全
1.対象資料の概要
てが日本はきもの博物館所蔵である。
ヒールの出現は16世紀末期といい、その
要因は諸説あるが、西アジアの騎馬民族が
2.18世紀のヒール
鐙から靴が滑らないように踵に付けた楔形
18世紀のヒールは曲線的な側面形に特徴
の革の影響ともいわれている。いずれにし
がある。この優美なヒールは
「ルイヒール」
ても、現在のヒールをもたらしたものは、
として現在も基本形となっているが、この
そ れ ら の 要 因 が 触 発 し た ヨ ー ロ ッ パ・
呼称は19世紀後半に復活した時、フランス
ファッションの高さへの欲求であったろ
の「ルイ15世時代のヒール」ということで
う。ヒールは17世紀の宮廷ファッションの
ついたという。
展開の中で形を成していき、18世紀に形を
初期には10センチ前後の高さの細いヒー
整えている。
ルで、細く尖った爪先にむかって下りる硬
博物館では、1978年の開館以来、外国の
い革底とあわせて、まさに「爪先立ち」し
靴資料の収集にもつとめており、「歴史資
ているような不安定さがあった。17世紀の
料」としている欧米のシュー・ファッショ
ヒール(写真1)と比して、上端部の広が
ンを伝える資料も441点ある。その内訳は、
りが際立っていることがよく分かる(2、
10
1.1665年頃のミュール
2.1720年 頃 / バ ー タ・ シ ュ ー
ミュージアム所蔵
3.1740年頃
4.18世紀のヒールの変遷
①1720 ~ 30年
②1720 ~ 30年
③1780年頃
④1770 ~ 80年
⑤1795年頃
4-①)
。ヒールは、踵というより、土踏ま
爪先も接地部が小さく、ほとんど自立しな
ずの位置に付く形になっているのである。
いほど不安定である。その反動のように、
ヒールの中央で体重を支えようとすること
90年代になると、ヒールは非常に小さく低
が、曲線的なヒールを生んだといえる。そ
いもの(4-⑤)になり、世紀末から次世紀
して、シャンクやカウンターにあたる保護
に入ると姿を消していくのである。
材のない靴の機能性を、このヒールのカー
装飾性豊かなロココ様式そのままに、靴
ブで補ったといえる。この時期、靴の底革
も、ドレスにあわせた豪華なシルクや高価
は厚みのある硬いもので、基本的に左右の
な革が用いられ、緻密な技術の刺繍で飾ら
別がない。このことを靴研究者ジューン・
れていた。そのファッション性を支えるも
ス ワ ン 氏 は the innovation of 'straights'
のとしてヒールが求められたが、そのため
と記している(注2)。
の技術はまだ未熟だった。この世紀のヒー
1730年頃になると、ヒールは太さを増し
ルの変遷は、爛熟期から市民革命へと向か
やや低くなっていく(3、4-②)。この安定
う社会の変化に呼応しているようでもある。
感のあるヒールは60年頃まで続き、残され
た資料の中で最も多いと思われる。60年代
3.19世紀のヒール
頃から次第に細くなっていったヒールは、
19世紀前半は基本的にフラット・ソール
70年から80年頃、再び細く高い華奢なもの
の時期で、ヒールが戻ってくるのは世紀中
になっていく(4-③・④)。この時期の靴は、
頃である。そのヒールは、フラットなまま
11
る(7-②・③)
。この頃には、靴底土踏ま
ず部には硬い革と思われる芯が入れられる
ようになる。シャンクの機能が意識されて
いることがうかがわれ、写真7の②と③の
側面形の違いにみえるように、土踏まず部
5.1850 ~ 60年頃
が立ち上がるようになっていく。そして、
90年代末には高さ10センチに近いハイヒー
ル(7-④)も登場してくる。ただ、ヒール
の形状には18世紀の残影がみえる。
資料の性格上、外観と手触りでしか観察
6.1900年頃
できないため、土踏まず部の芯の素材を確
7.19世紀中頃から20世紀初期のヒールの変遷
①1850年頃
②1870年頃
③1875年頃
④1890年代末
⑤1900年頃
⑥1920 ~ 30年
の底の踵部に小さな支えを付け足したかの
かめることは出来ないが、その硬さの変化
もので、高さも3センチ前後であった。写
は20世紀に変わる頃にあったと思われる。
真5は積み革で、7-①はコルクをアッパー
写真7-⑤では金属と思われるしっかりした
と同じシルクサテンで巻いてあるが、平ら
芯が入り、底革の左右も明確なものになっ
な底が見てとれる。
ている。6のようなシルクサテンのブーツ
ヒールが再生するのは、やはり、時代の
もしっかりした芯のカウンターで形もとと
欲求だと思われる。経済的発展はファッ
のい、機能性をもって完成したといえるだ
ションにも大きく影響し、美しくあろうと
ろう。
した時、靴にはヒールが求められたであろ
う。
4.20世紀のヒール
再生したヒールは次第に高さも取り戻し
靴にとって画期的であったのはスカート
て完成にむかうが、そのためには体重を支
丈が短くなったことであったろう。裾から
える機能が必要であった。そのことが「ル
垣間見えるものだった靴がスカートの外に
イヒール」への回帰をよんだのか、形状の
出たのである。そのことが靴のスタイルに
美しさを求めると曲線にいたるのか、70年
与えた影響は大きかったと思われ、見られ
代になると曲線的なヒールが付くようにな
ることを意識しヒールは様々な姿を生んで
12
8.1920年代
9.1950年代後半
10.1968年頃
いく。
戦したのは、ヒールを持たない厚底であっ
「露出するヒール」とした20 ~ 30年代の
た。これは自らを主張しつつファッショナ
ヒール(7-⑥、8)は、土踏まずを離れて、
ブルであろうとした時、足元に高さが求め
踵の下で支える位置にあるようになる。こ
られたことを示し、それを軽やかに実現し
の位置に達するために長い努力を要した訳
たヒールに、まず狂喜したのが、かのルイ
であるが、制約を解かれて安定感のあるハ
14世であったことはうなずけることである。
イヒールが生まれたといえる。裾広がりの
18世紀に女性の専有ともなったヒールが
カーブをもつものや直線を描くものなどデ
完成していくまでをたどってみたが、もち
ザインも多様化していく。
ろんヒールは靴の部分であり、靴の歴史の
これまでヒールの芯はコルクや木であっ
中で捉えられるべきものである。前号の宇
た。形を作り易く軽かったが、体重を支え
留野氏のご論考(注3)にあるように、左
るうえで一定の太さが必要であった。ヒー
右の違いについても、ここで述べたことが
ルの美しさを実現するために重要な細さに
全体をカバーするものではない。古代から
はまだ制約があった。最後の制約を解いた
左右の違いは意識されてきたが、ヒールと
のがスチール芯であり、50年代に出た「ピ
の連動性の中で独自の流れを作ったと考え
ンヒール」
(9)は靴の優雅さを実現した。
られる。
ここにヒールの成熟した姿がみえるだろう。
60年代になると、ファッションそのもの
注
に革命的変化があり、靴も大きく姿を変え
1)詳しくは、市田京子「収蔵資料のまと
た。その厚い底には高いヒールが伴い、そ
め~世界の靴の歴史編~」
『(財)遺芳
のうえ太さも強調された(10)。存在を誇
文化財団・日本はきもの博物館・日本
示するようなヒールを「突出するヒール」
郷土玩具博物館年報13』
(2007年)を
といわせてもらった。
参照してほしい。
2)June Swann "Shoes",
この後は、ファッション全般とともに、
B.T.Batsford
Ltd, London(1982)P. 7
ヒールも時代を画するというより、ヴァリ
ジューン・スワン氏はイギリスのノー
エーションを増やし個性を競うようになっ
ザンプトン・ミュージアムで長年靴の
ているようである。
研究に携わった。
おわりに
3)宇留野勝正「左右同型靴の史的考察」
『かわとはきものNo.153』東京都立皮
古代のギリシャ悲劇では主役が履き、16
革技術センター台東支所、2010年
世紀にはチョピンとなり、フェラガモも挑
13
Fly UP