...

研究活動報告 - 学校法人順天堂

by user

on
Category: Documents
83

views

Report

Comments

Transcript

研究活動報告 - 学校法人順天堂
順天堂スポーツ健康科学研究
50
研
究
活
動
報
第 5 巻 Supplement (2014)
告
Report on Research Activities
(2013年 1 月 1 日~2013年12月31日)
ここに収録された題目は,学内研究者の発表したもののうち,2013年 1 月 1 日より2013年12月31日迄の期間
に学術雑誌等や学会等で発表したものを,論文の性質,発表機関などには一切制限を加えず,提供された原稿
のまま掲載した.
凡例
2013 Dec 26. pii: S09145087(13) 003316. doi: 10.1016/
 著書
◯
j.jjcc.2013.11.002. [Epub ahead of print]
 総説・原著論文
◯
 報告・資料
◯

◯
 学会発表
◯
1)
 雑誌・新聞等
◯
河合祥雄,丸井英二,染谷由希,藤田淑香青年期に
異なる食・運動習慣をもつ体育学部,医学部卒業生の健
 その他研究活動
◯
康 状 態 と 疾 病 発 症 の 解 明 . 順 天 堂 医 事 雑 誌 59: 93 94,
2013.
〔スポーツ科学科〕
スポーツ医科学コース
教授
河合

◯
1)
祥雄
に移動させた場合の「蹴伸び動作」パフォーマンスに与
1)
河合祥雄神経・筋疾患による心筋症.井上
博編集
「今日の循環器疾患治療指針 第 3 版」
,医学書院,東京,
633636.
える影響.第 16 回
橋,如水会館,座長
1)
河合祥雄たこつぼ心筋症の諸病型(特集集中治療
におけるたこつぼ心筋症). ICU と CCU
37( 7 ) : 503 
506. 2013.
2)
Hongo T, Kawai S, Kamoshita H, Kurata M: E‹cacy of
aroma therapy for dementia.
究
順天堂スポーツ健康科学研
4(1通巻63号)19. 2013.
重野利彰,河合祥雄我が国の体育系大学生における
早期再分極の検討.心電図
33(2): 101112, 2013.
Kawai S, Shimada T.: In‰ammation in takotsubo
cardiomyopathy? Inquiry from ``Guidelines for Diagnosis
and Treatment of Myocarditis (JCS 2009)''. J Cardiol.
水と健康医学研究会,東京,一ツ
渡部厚一.平成25(2013)年 6 月
15日(土).
2)

◯
4)
悠,長谷川めぐみ,里村隆気,染谷
由希,関根紀子,鈴木大地食品摂取により浮心を下方

◯
3)
河合祥雄,荒木
1)河合祥雄水泳・潜水で死なない,死なせない
~循環器疾患と水泳運動の関連を含めて~.第16回
水
と健康医学研究会,東京,一ツ橋,如水会館,座長伊東
三吾.平成25(2013)年 6 月15日(土)
3)
牧野聖也,池上秀二,狩野
宏,浅見幸夫,伊藤裕
之,鈴木良雄,河合祥雄,澤木啓祐,長岡
由,奥村
功,竹田和
康.1073R1 乳酸菌で発酵したヨーグルト
の摂取がインフルエンザ特異的抗体価に与える影響.日
本食品免疫学会
第 9 回学術大会.演題番号 P 14 .
東京東京大学・伊藤謝恩ホール.2013年10月17~18日.
4)
牧野聖也,池上秀二,狩野
宏,浅見幸夫,伊藤裕
之,鈴木良雄,河合祥雄,澤木啓祐,長岡
由,奥村
功,竹田和
康.1073R1 乳酸菌で発酵したヨーグルト
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
51
の摂取がインフルエンザ特異的抗体価に与える影響.第
神奈川県小田原市成田540株式会社 明治研究本部研究企
41 回日本臨床免疫学会総会.演題番号 P6 11 .下関
画部長秋本秀司
東京都文京区本郷 2 丁目 1 番 1 号順天堂大学学長木南英
市海峡メッセ下関.2013年11月27~29日.
紀

◯
査読
講演
1)
河合祥雄「スポーツ指導者に必要な医学的知識 1, 2」
1)
平成25年度千葉県社会体育公認指導員養成講習会平成25
心臓「左室緻密化障害の心エコー所見を呈し薬剤抵抗
性心室頻拍から死に至った拡張型心筋症の一剖検例」
年度千葉県スポーツリーダー養成講習会
千葉県教育庁教育振興部体育課.平成25(2013)年 6 月
2)
心臓「孤立性左室心筋緻密化障害成人例の症例検討」
3)
JCCASED, JCCASED130035
16日(日).
2)
河合祥雄第 211 回 CPC 講師.旭市医師会・旭中央
病院共催
第 221 回 CPC , 旭 中 央 病 院 講 堂 . 平 成 25
(2013)年10月 8 日(火).
櫻庭
景植

◯
3)
河合祥雄「たこつぼ心筋症について―病態,病理像
前澤克彦,桜庭景植2 ランニング量からみた障害発
そしてたこつぼ現象の意味すること」.旭市医師会・旭
生.ランニング障害のリハビリテーションとリコンディシ
中央病院共催
CPC 講師講演会,旭中央病院講堂,座
ョニング,増田雄一編集,文光堂5256, 2012
長神田順二.平成25(2013)年10月 8 日(火)

◯
4)
河合祥雄「ダイバーの為の最新安全・健康管理につ
【原著】
いて」.平成25年度 公認スクーバ・ダイビング指導員研
Yosuke Tsuchiya, Eisuke Ochi, Keishoku Sakuraba, Naoki
修会,財団法人 社会スポーツセンター,スクーバ・ダ
Kikuchi, Inkwan Hwang;
イビング指導者育成委員会,新大阪丸ビル 609号室.平
Isokinetic strength and anaerobic/intermittent capacity of
成25年 4 月13日(土).
Japanese lacrosse players. Isokinetics and Exercise Science 21;
7782, 2013
5)
河合祥雄「ダイバーの為の最新安全・健康管理につ
いて」.平成25年度 公認スクーバ・ダイビング指導員研
Tsuchiya Y, Sakuraba K, Wakamatsu K, Ochi E.
修会,財団法人 社会スポーツセンター,スクーバ・ダ
EŠect of eccentric contractions of elbow ‰exor on bone forma-
イビング指導者育成委員会,名古屋港ポートビル B 会
tion and resorption markers. The Journal of Sports Medicine
議室.平成25年 4 月14日(日)
and Physical Fitness. 53(2): 17. 2013.
6)
河合祥雄「ダイバーの為の最新安全・健康管理につ
いて」.平成25年度 公認スクーバ・ダイビング指導員研
High force eccentric exercise enhances serum tartrate-resistant
修会,財団法人 社会スポーツセンター,スクーバ・ダ
acid phosphatase-5b and Osteocalcin.
イビング指導者育成委員会,沖縄青年会館.平成25年 4
Journal of Musculoskeletal and Neuronal Interactions. in
月21日(日)
press
特許
1)
Tsuchiya Y, Sakuraba K, Ochi E.
Nakaniida A, Sakuraba K, Hurwitz E, Pediatric Orthopedic
鈴木良雄准教授,澤木啓祐特任教授,河合祥雄教授,
奥村康特任教授,長岡
功教授,竹田和由准教授,株式
会社明治知的財産部特許 2G 山田未央 1073R1 乳酸
菌の摂取が免疫機能に及ぼす効果.平成24年10月 1 日
Injuries Requiring Hospitalization; Epidemiology and Economics. Journal of Orthopedic Trauma. 28(3): 167172,
2013. 5
順天堂スポーツ健康科学研究
52
第 5 巻 Supplement (2014)
Miura T, Sakuraba K. In‰uence of DiŠerent Spinal Align-
鈴木良雄,木元広美,永倉ゆか,児玉千紘,鯉川なつえ,
ments in Sitting on Trunk Muscle Activity. Journal of Physi-
櫻庭景植,鈴木チセ,佐々木啓介,清水智美,奥田美穂
cal Therapy Science. 25: 483487. 2013
乳酸菌 Lactococcus lactis ssp. cremoris H61 株含有ヨーグル
トの継続摂取が女子大学生の肌,便通,体調に及ぼす影響.
Masaaki Kaneko, Keishoku Sakuraba. Association between
New Diet Therapy, 29(1); 2330, 2013
femoral anteversion and lower extremity posture upon singleleg landing: implications for anterior cruciate ligament injury.
和田良広,桜庭景植,窪田敦之,鈴木良雄,鹿倉二郎,洪
Journal of Physical Therapy Science. 25(10): 121317. 2013
定男.高齢者と若年者の体幹筋活動の比較.理学療法科学.
28(5): 689693. 2013.
Kenta Wakamatsu, Keishoku Sakuraba, Yosuke Tsuchiya,
Fumihiro Yamasawa, Eisuke Ochi:Bone metabolism markers
【総説】
in collegiate female runners. International SportMed Journal:
桜庭景植,若松健太,窪田敦之,藤田真平,山澤文裕
14(3): 148154, 2013.
女子長距離ランナーと骨粗鬆症・疲労骨折~骨代謝マー
カーおよび骨質関連マーカーを中心に~
Koikawa N, Aoki, E, Suzuki, Y, Sakuraba S, Nagaoka I, Aoki
Stress fracture and bone metabolism markers in female long
K, Shimmura Y, Sawaki K. Wheat gluten hydrolysate aŠects
distance runners.
race performance in the triathlon. Biomedical Reports. 1(4):
日本臨床スポーツ医学会誌,21(3): 561564, 2013
646650, 2013.

◯
Yaginuma S, Sakuraba K, Kadoya H, Koibuchi E, Matsuka-
鈴木良雄,仲村
wa T, Ito H, Yokoyama K, Suzuki Y. Early bedtime associat-
小林
明,長門俊介,鯉川なつえ,櫻庭景植,
唯.大学陸上長距離選手の栄養素充足状態および競
ed with the salutary breakfast intake in Japanese nursery
技能力の客観指標の探索.Exploring biomarkers to indicate
school children. Int Med J, accepted in press, 2013.
nutritional status and athletic performance in college distance
runners.
ネスレ栄養科学会議
研究成果報告書.2013.
佐藤照友旭,土屋陽祐,櫻庭景植,相原博之,武藤芳照,
越智英輔.高校スキー選手の外傷・傷害調査.日本スキー
鈴木良雄,河村剛光,窪田敦之,荻原朋子,青葉幸洋,門
学会誌.23(1): 4548. 2013.
屋悠香,佐賀典生.非侵襲的な手法を用いて日常および動
作時の代謝を科学する.順天堂スポーツ健康科学研究.
若松健太,桜庭景植,土屋陽祐,山澤文裕,越智英輔
4Suppl: 6, 2013
大学女子スポーツ選手における疲労骨折と骨代謝マーカー
との関係―骨吸収マーカー“TRACP5b”に着目して―
丸山伸也,桜庭景植,若松健太,土屋陽祐,越智英輔.競
The relationship between stress fractures and bone metabolism
技レベルが大学女子ラクロス選手の骨代謝及び骨質に及ぼ
markers in female collegiate athletes ― focus on a new bone
す影響.運動とスポーツの科学.19(1): 149153. 2013
resorption marker ``TRACP 5b''―
日本臨床スポーツ医学会誌,21(1): 119124, 2013.

◯
【国際発表】
金子雅明,三谷玄弥,桜庭景植
Kenta Wakamatsu, Keishoku Sakuraba, Yoshio Suzuki,
下肢アライメントと膝関節回旋トルクとの関係性の性差
Yosuke Tsuchiya, Eisuke Ochi. Association Between The
Relationship Between Tibial Strength and Alignment of Low-
Stress Fracture And Bone Metabolism/quality Markers In
er Extremity,整スポ会誌
Lacrosse Players. American College of Sports Medicine 59th
33(1); 5661, 2013
Annual Meeting. 2012.5. San Francisco.
鹿倉二郎,櫻庭景植,鳥居
俊,飯田悠佳子
高校 3 年間のアメリカンフットボールのトレーニング参加
Nakaniida A, Sakuraba K, Shikakura J, Kadoya H, Anegawa
による身体発育の検討.成長会誌
L, Hurwitz E. Pediatric Orthopedic Injuries Requiring
19(1); 5962, 2013
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
53
Hospitalization: Epidemiology and Economics, Pan Paciˆc
学会・学術大会.演題番号D5,東京東京聖栄大学.
Conference of Medicine and Science in Sports. 2013. 2.
2013年 5 月1819日.
Honolulu HI
柳沼志帆,櫻庭景植,門屋悠香,松川岳久,横山和仁,鈴
Kadoya H, Sakuraba K, Shikakura J, Nakaniida A, Ishikawa
木良雄.長野市内の保育園児の亜鉛摂取状況と生活・運動
T. Quantatative test for severity for chronic ankle instability;
習慣等との関係.第 60 回日本栄養改善学会学術総会.神
can we predict the re-injury? Pan Paciˆc Conference of Medi-
戸神戸国際会議場.2013年 9 月12~14日.
cine and Science in Sports. 2013. 2. Honolulu HI
橋本貴幸・櫻庭景植足部内在屈筋筋力トレーニングによ
Wakamatsu K, Sakuraba K, Kubota A, and Fujita S. Associa-
るアーチ形成効果について~トレーニング前後における縦
tion between The Stress Fracture and Bone Metabolism Mar-
アーチ長と横アーチ長の比較~
kers in Female Collegiate Athelets
第47回
―Focus on `TRACP5b' as a New Bone Metabolism Marker
27日(日),神戸,2012.
日本理学療法学術大会,平成24年 5 月25日(金)
―. The 18th Annual Congress of European College of Sport
Science. 2013. 7. Barcelona
橋本貴幸・櫻庭景植・矢口春木長母趾屈筋と長趾屈筋の
腱連結評価と足趾運動に及ぼす影響について
Kaneko M, Sakuraba K, Okazaki M, Kakizaki F. Relation-
第21回整形外科リハビリテーション学会学術集会,平成24
ship of femoral anteversion and lower extremity biomechanics
年 9 月22日(土)23(日),愛知,2012.
in sagittal plane upon single-leg landing. The 12 th International Congress of Asian Confederation for Physical Therapy.
橋本貴幸,櫻庭景植.足部内在屈筋筋力トレーニングによ
2013. 9. Taichung
る動的検査項目の効果検証~トレーニング前後における垂
Yoshio Suzuki, Akira Nakamura, Shunsuke Nagato, Natsue
日本理学療法学術大会.2013. 5. 愛知
直跳・片脚幅跳・ 50 m ダッシュタイムの比較~.第 48回
koikawa, Keishoku Sakuraba, Yui Kobayashi:
Exploring biomarkers to indicate nutritional status and athlet-
Suzuki Y, Nakamura A, Nagato S, Koikawa N, Sakuraba K,
ic performance in college distance runners.
Kobayashi Y. Exploring biomarkers to indicate nutritional
``Food for Life'' Science Forum 2013 2013/10/2 , Tokyo
status and athletic performance in college distance runners.
第 3 回食と生命のサイエンス・フォーラム.東京東京大
Yoshio Suzuki, Makoto Nakadake, Hiroyuki Tomita, Mutsu-
学 伊藤謝恩ホール.2013年10月 2 日.
mi Harada, Minoru Kano, Keishoku Sakuraba, Hirokazu
Tsuji, Takuya Takahashi, Takashi Asahara, Koji Nomoto,
石川拓次,桜庭景植,藤田真平,窪田敦之,若松健太
Yuichiro Yamashiro:
女子中・長距離競技者における月経状況および疲労骨折受
EŠect of a short term training session on bacterial gut
傷時の骨吸収動態についての検討.
microbiota in male athletes.
整スポ会誌,33(4); 152, 2013
Japan-Russia International Workshop 2013, Infectious Dis-
第39回日本整形外科スポーツ医学会,名古屋,2013/9/13
eases
14
(New Aspects of Epidemiology, Pathogenesis, Treatment &
Prevention)
藤田芳正,桜庭景植,窪田敦之,藤田真平,青木和浩
The 4th ISTC TI ``Probiotics and Health'' Workshop, 2013/
高校男子サッカー選手における足趾把持筋力とターン動作
10/28, Tokyo
時の足底圧分布の関係.
整スポ会誌,33(4); 203, 2013
【国内発表】
柳沼志帆,門屋悠香,櫻庭景植,鈴木良雄.保育園児の生
活習慣と摂取エネルギー量に関する研究.第 7 回日本食育
第39回日本整形外科スポーツ医学会,名古屋,2013/9/13
14
順天堂スポーツ健康科学研究
54
窪田敦之,桜庭景植,藤田芳正,藤田真平,洪
定男
第 5 巻 Supplement (2014)
本
血流制限下で行う低強度の遠心性トレーニングの効果.
整スポ会誌,33(4); 111, 2013
橋本貴幸,櫻庭景植長母趾屈筋の腱連結趾評価方法につ
第39回日本整形外科スポーツ医学会,名古屋,2013/9/13
いて(第 1 報)―足趾他動伸展を中心に―.第24回日本臨
14
床スポーツ医学会学術集会.2013. 10. 26. 熊本
中新井田敦子,桜庭景植,窪田敦之,小林拓郎,池田啓
藤田真平,桜庭景植,若松健太,鯉川なつえ,山澤文裕,
一,鹿倉二郎,新庄里奈
鹿倉二郎,窪田敦之大学女子長距離選手と運動習慣のな
虚弱性高齢者においての運動プログラムが歩行と QOL に
い女子学生の骨代謝動態の比較.
与える影響.
第 24 回日本臨床スポーツ医学会学術集会. 2013. 10. 26 .
整スポ会誌,33(4); 211, 2013
熊本
第39回日本整形外科スポーツ医学会,名古屋,2013/9/13
大野日向,桜庭景植,窪田敦之異なるステップ動作にお
14
ける膝関節傷害発生リスクの評価第24回日本臨床スポー
鈴木良雄,仲村
明,長門俊介,沖田麿衣,鯉川なつえ,
櫻庭景植,奥村
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1
ツ医学会学術集会.2013. 10. 26. 熊本
の摂取は持久運動に伴う免疫機能の低下を抑制する.第68
福士徳文,桜庭景植,吉村雅文,窪田敦之,青葉幸洋
回日本体力医学会大会.演題番号 1I63,東京日本教
シューズの相違がターン動作における足底圧に及ぼす影響
育会館.2013年 9 月21~23日.
~第 5 中足骨疲労骨折との関連を中心に~
第26回日本トレーニング科学会大会,山形蔵王,2013/11/
高梨雄太,鯉川なつえ,鈴木良雄,沖田麿衣,櫻庭景植,
奥村
8
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1 の摂取は投
擲選手の強化練習に伴う免疫機能の低下を抑制する.第68
回日本体力医学会大会.演題番号 1I64.東京日本教
育会館.2013年 9 月21~23日.

◯
【ビデオなど】
桜庭景植監修熱中症応急キット,シンネットワーク,
2013.
柳沼志帆,門屋悠香,櫻庭景植,鈴木良雄.幼児の運動習
慣に関係のある因子に関する研究.第68回日本体力医学会
大会.東京日本教育会館.2013年 9 月21~23日.
【査読】
JOSKAS (Journal Orthopaedic Society of Knee and Arthroscopy and Sports Medicine)
藤田真平,桜庭景植,佐久間和彦,柳谷登志雄,窪田敦
Journal of Physical Therapy Science
之
日本臨床スポーツ医学会
スプリンターの下肢筋力および体幹筋部と100 m 走におけ
日本整形外科スポーツ医学会
る加速能力との関係
第68回日本体力医学会,東京,2013/09/2123
【講演】
桜庭景植スポーツ現場での救急処置(外科),日本体育
富永修一,桜庭景植.疾走用下腿義足のソケット内圧分布
協会公認スポーツドクター講習会,東京,1 月13日,2013
の特徴 ~歩行と走行を比較して~.第 29会日本義肢装具
学会.2013. 10. 佐賀
桜庭景植スポーツ現場での救急処置(外科系―武道への
対応を中心に―)日本医師会認定健康スポーツ医制度再研
杉浦雄策,佐久間和彦,桜庭景植,佐藤
和牽引走(超
修会,1 月19日,東京,2013
高速疾走)トレーニング中に発生するハムストリング肉ば
なれの予防法.
桜庭景植スポーツ外傷・障害の基礎知識下肢・下腿,
第24回日本臨床スポーツ医学会学術集会.2013. 10. 25. 熊
日本体育協会公認アスレチックトレーナー養成講習会
1
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
55
月29日,東京,2013
品川,2013/11/23
桜庭景植地域・職場で役に立つ運動療法の実際,東京都
桜庭景植トップアスリートへの医科学サポート~ロンド
医師会・すみだ医師会産業医研修会, 2 月 3 日,東京,
ンオリンピックを中心に~
2013
市川市整形外科医会,千葉,2013/11/26
桜庭景植スポーツ外傷・障害の最新情報―下腿・足関
桜庭景植スポーツ指導者に必要な医学的知識スポーツ
節,日本体育協会公認スポーツドクター講習会,東京,2
外傷・障害(外科系).
月17日,2013
公認スポーツ指導者講習会,名古屋,2013/11/30
桜庭景植スポーツの現場・職場における応急処置,東京
桜庭景植スポーツ現場での救急処置(整形外科系)
都医師会・北区医師会「健康スポーツ医研修会」・「産業医
日本医師会健康スポーツ医学講習会,2013/12/1
研修会」,東京,3 月12日,2013
桜庭景植スポーツ外傷・障害およびその救急処置.
桜庭景植スポーツ現場・職場における応急処置と実習
スポーツ指導者スキルアップ講座,神奈川,2013/12/07
(実技).東京都医師会第23回健康スポーツ医学研修会,5
月11日,東京,2013
【座長】省略
桜庭景植膝関節に対する運動療法・筋力トレーニングの
【そのほか】
up to date ―血流制限下における筋萎縮予防,および筋力
日医健康プラザ
訓練効果を中心に―
レッシュ」,2013
No393「ストレッチングで体も心もリフ
日本整形外科学会(教育研修講演)2013年 5 月25日,広島,
2013
日整会誌 87(3); S932, 2013
【研究助成金】
鈴木良雄,桜庭景植らビタミン D 強化牛乳が VD 栄養
状態に与える効果の検討,研究委託金 150万円,牛乳乳
桜庭景植医療現場における救急処置.バスケットボール
製品健康科学学術研究助成
傷害を中心に.
関東大学バスケットボールトレーナー講習会.
東京,2013/06/22.
受託研究熱中症対策キットの基礎および臨床研究.
桜庭景植,丸山麻子,シンネットワーク
100万円
桜庭景植下腿・足部のランニング障害への対応疲労骨
折~早期発見・骨代謝マーカーを中心に~
受託研究ヨネックス新製品・新素材開発に関する基礎研
第11回日本臨床整形外科スポーツ医懇談会
究.
静岡,2013/07/15
桜庭景植ヨネックス株式会社,100万円
桜庭景植脊柱の仕組みと外傷・障害~スポーツ傷害を中
【社会活動】一部
心に~
日本オリンピック委員会スポーツドクター
西川産業スリープマスター実践講座.
ヨネックススポーツ振興財団評議員(2001年より現在に至
東京,2013/9/10
る)
桜庭景植膝関節に対する運動療法・筋力トレーニングの
up to date ―血流制限下における筋萎縮予防,および筋力
鹿倉
二郎
訓練効果を中心に―

◯
運動器疾患/骨・関節フォーラム,
―鹿倉二郎,櫻庭景植,鳥居
俊,飯田悠佳子高校 3 年
順天堂スポーツ健康科学研究
56
間のアメリカンフットボールのトレーニング参加による身

◯
体発育の検討.日本成長学会誌,19(1): 5963, 2013
1.
第 5 巻 Supplement (2014)
Ozaki H, Kakigi R, Kobayashi H, Loenneke JP, Abe T,
Naito H. EŠects of walking combined with restricted leg
―和田良広,桜庭景植,窪田敦之,鈴木良雄,鹿倉二郎,
blood ‰ow on mTOR and MAPK signaling in young men.
洪
Acta Physiol (Oxf). [Epub ahead of print]
定男.高齢者と若年者の体幹筋活動の比較.理学療法
科学.28(5): 689693. 2013.
2.
Kakigi R, Yoshihara T, Ozaki H, Ogura Y, Ichinoseki-

◯
Sekine N, Kobayashi H, Naito H. QRPYBRUGWhey pro-
Nakaniida A, Sakuraba K, Shikakura J, Kadoya H, Anegawa
tein intake after resistance exercise activates mTOR signal-
L, Hurwitz E. Pediatric Orthopedic Injuries Requiring
ing in a dose-dependent manner in human skeletal muscle.
Hospitalization: Epidemiology and Economics, Pan Paciˆc
Eur J Appl Physiol. [Epub ahead of print]
Conference of Medicine and Science in Sports. 2013. 2.
Honolulu HI
3.
Sakamoto A, Naito H, Chow CM. Hyperventilation as a
strategy for improved repeated sprint performance. J
Strength Cond Res. (2013) [Epub ahead of print]
Kadoya H, Sakuraba K, Shikakura J, Nakaniida A, Ishikawa
T. Quantitative tests for severity for chronic ankle instability;
Can we predict ankle injury?. 2013 Pan Paciˆc Conference of
4.
Medicine and Science in Sport. 2013. 2. Honolulu HI
Yoshihara T, Naito H, Kakigi R, Ichinoseki-Sekine N,
Ogura Y, Sugiura T, Katamoto S. Heat stress activates the
Akt/mTOR signaling pathway in rat skeletal muscle. Acta
―中新井田敦子,櫻庭景植,窪田敦之,小林拓郎,池田啓
Physiol (Oxf). 207(2): 41626 (2013)
一,鹿倉二郎,新正理奈虚弱性高齢者においての運動プ
ログラムが歩行と QOL に与える影響.第39回日本整形外
科スポーツ医学会.2013. 9.
5.
愛知
Ozaki H, Yasuda T, Ogasawara R, Sakamaki-Sunaga M,
Naito H, Abe T. EŠects of high-intensity and blood ‰owrestricted low-intensity resistance training on carotid arteri-
―藤田真平,桜庭景植,若松健太,鯉川なつえ,山澤文
al compliance: role of blood pressure during training ses-
裕,鹿倉二郎,窪田敦之大学女子長距離選手と運動習慣
sions. Eur J Appl Physiol. 113(1): 16774 (2013)
のない女子学生の骨代謝動態の比較.第 24 回日本臨床ス
ポーツ医学会.2013. 10.
熊本
6.
Miyahara Y, Naito H, Ogura Y, Katamoto S, Aoki J.
EŠects of proprioceptive neuromuscular facilitation stretch-

◯
ing and static stretching on maximal voluntary contraction.
―公益財団法人
日本体育協会公認アスレティックトレー
J Strength Cond Res. 27(1): 195201 (2013)
ナー養成講習会(第 4 期)講師.

◯
内藤
1.
久士
(8): 697600 (2013)
平成24年度

◯
体力・運動能力調査報告書(内藤久士,廣
津信義,関根紀子他).文部科学省(2013)
内藤久士.村岡功編保健体育科教育のための生理学と運
動生理学.1 章
内藤久士.運動刺激を構成する要素.体育の科学 63
身体運動を発現する骨格筋の機能と適応
(pp122),市村出版,東京(2013)
2.
平成25年度
全国体力・運動能力,運動習慣等調査結
果報告書(平成25年度全国体力・運動能力,運動習慣等
内藤久士(監修).ファミリー健康体力向上事業体力測
定ハンドブック.全国スポーツ推進委員連合,東京(2013)
調査検討委員会
(2013)
浅見俊雄,内藤久士他).文部科学省
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
57

◯
Submaximal cycling exercise stimulates mTOR signaling
国際(海外)学会発表
pathway in human skeletal muscle. Experimental Biology
1.
2013, Boston, USA, 2013年 4 月
Chang Shuo-wen, Naito H. A Comparison of Physical
Fitness of junior high school students between Chinese
School and Japanese public school in Japan. The 6th Asia-
9.
Tsuzuki
T,
Yoshihara
Ichinoseki - Sekine
T,
N,
Paciˆc Conference on Exercise and Sports Science, Taipei,
Kobayashi H, Naito H. Voluntary exercise at young stage
Taiwan, 2013年11月
prevents glucose intolerance in type 2 diabetic rats. Experimental Biology 2013, Boston, USA, 2013年 4 月
2.
Sakamoto A, Naito H, Chow CM. Hyperventilation as a
strategy for improved repeated sprint performance. 2013
国内学会発表・シンポジウム
Asics Conference of Science and Medicine in Sport
1.
(ACSMS), Phuket, Thailand, 2013年10月
石原美彦,内藤久士,青葉幸洋,岡本一洋,吉村雅
文.サッカー審判員の移動特性.日本フットボール学会
11th Congress,平塚,神奈川,2013年12月
3.
Ichinoseki-Sekine N, Kakigi R, Nakagata T, Miura S,
and Naito H. Whey peptide HW3 supplementation sup-
尾崎隼朗,棗
寿喜,渡辺圭佑,内藤久士.受動的な
basal
関節運動及び筋収縮と血流制限の組み合わせが筋肥大に
metabolism. 2013 Asics Conference of Science and Medi-
及ぼす影響.第26回トレーニング科学会大会,上山,山
cine in Sport (ACSMS), Phuket, Thailand, 2013年10月
形,2013年11月
press
4.
2.
body
fat
accumulation
by
maintained
Yoshihara T, Ichinoseki-Sekine N, Kakigi R, Tsuzuki T,
3.
棗
寿喜,尾崎隼朗,渡辺圭佑,内藤久士.受動的な
Sugiura T, Powers SK, Naito H. Repeated Heat Treatment
関節運動及び筋収縮と血流制限の組み合わせが大腿四頭
Attenuates the Rat Diaphragmatic Contractile Dysfunction
筋の発揮筋力に及ぼす影響.第26回トレーニング科学会
Induced by Mechanical Ventilation. 34th Annual Meeting
大会,上山,山形,2013年11月
International Gravitational Physiology, Toyohashi, Aichi,
2013年 7 月
4.
杉浦崇夫,芝口
翼,宮司進之,吉原利典,内藤久
士,大森大二郎,後藤勝正,吉岡利忠.筋萎縮に対する
5.
Astaxanthin 摂取の効果.第 9 回アスタキサンチン研究
Ishihara Y, Naito H, Yoshimura M. Physical demands of
会,東京,2013年 9 月
football assistant referees in University-level matches. The
European College of Sport Science 18th Annual Meeting,
Barcelona, Spain, 2013年 6 月
5.
内藤久士.子どもの体力科学研究再考~子どもの健全
な発育発達のために我々は何をすべきか~.(オーガナ
6.
イザー)第 68 回日本体力医学会大会,東京, 2013 年 9
Ozaki H, Naito H, Kitada T, Katamoto S. High intensity
月.体力科学63(1): 22; (2014)
walk may attenuate muscle hypertrophy by combined circuit training in older women. The American College of
Sports Medicine 60th Annual Meeting, Indianapolis, USA,
6.
関根紀子,柿木
亮,三浦
晋,内藤久士.ホエイタ
ンパク質分解物の長期摂取は骨格筋における脂肪酸酸化
2013年 5 月.
を促進し体脂肪量の蓄積を抑制する.第68回日本体力医
7.
学 会 大 会 , 東 京 , 2013 年 9 月 . 体 力 科 学 62 ( 6 ) : 510;
Ichinoseki-Sekine N, Yoshihara T, Kakigi R, Sugiura T,
(2013)
Powers SK, Kawai S, Naito H. EŠects of heat stress on
mechanical ventilation-induced atrophy in rat diaphragm.
Experimental Biology 2013, Boston, USA, 2013年 4 月
7.
坂本彰宏,内藤久士.過換気が繰り返し等速性最大筋
収縮運動のパフォーマンスと EMG に及ぼす効果.第68
8.
Kakigi R, Naito H, Yoshihara T, Ozaki H, Kobayashi
H, Okada T.
回日本体力医学会大会,東京,2013年 9 月.体力科学62
(6): 621; (2013)
順天堂スポーツ健康科学研究
58
柿木
8.
亮,内藤久士,吉原利典,尾崎隼朗,都築孝
17.
第 5 巻 Supplement (2014)
高嶺由梨,都築孝允,関根紀子,吉原利典,内藤久
允,小林裕幸,岡田隆夫.最大下自転車運動によるヒト
士.発育期における自発運動が 2 型糖尿病ラットの骨組
骨格筋 Akt/mTOR シグナル伝達の経時変化.第68回日
織に与える影響.第 68 回日本体力医学会大会,東京,
本体力医学会大会,東京,2013年 9 月.体力科学62(6):
2013年 9 月.体力科学62(6): 485; (2013)
504; (2013)
18.
尾崎隼朗,柿木
9.
?
鵬宇,内藤久士.中国湖南省における肥満児の
身体活量に関する研究.第68回日本体力医学会大会,東
亮,内藤久士.ラット骨格筋の過負
荷による mTOR シグナル伝達経路の活性化に持久性運
京,2013年 9 月.体力科学62(6): 514; (2013)
動における強度の違いが及ぼす影響.第68回日本体力医
学 会 大 会 , 東 京 , 2013 年 9 月 . 体 力 科 学 62 ( 6 ) : 588;
19.
張
碩文,中村智洋,内藤久士.機能性スポーツウ
ェア着用による長時間運動時の体温上昇抑制効果.第68
(2013)
回日本体力医学会大会,東京,2013年 9 月.体力科学62
10.
棗
寿喜,尾崎隼朗,坂本彰宏,齋藤アンネ優子,
(6): 518; (2013)
内藤久士. EMS 機器を用いた大腿四頭筋への電気刺激
が NK 細胞活性に与える影響.第 68 回日本体力医学会
20.
大会,東京,2013年 9 月.体力科学62(6): 535; (2013)
中村智洋,柿木
亮,関根紀子,小林裕幸,佐久間
和 彦 , 内 藤 久 士 . 男性 短 距 離 走者 の 骨 格 筋 に お け る
ACTN3 タンパク質発現量と筋線維組成.第68回日本体
11.
中潟
崇,内藤久士,形本 夫.ニコチンパッチが
力医学会大会,東京,2013年 9 月.体力科学62(6): 528;
安静時エネルギー代謝に及ぼす影響.第68回日本体力医
(2013)
学 会 大 会 , 東 京 , 2013 年 9 月 . 体 力 科 学 62 ( 6 ) : 605;
(2013)
21.
杉浦崇夫,芝口
翼,後藤勝正,吉原利典,内藤久
士,吉岡利忠.刺激温度条件の違いが筋損傷後の再生過
亮,都築孝允,杉浦崇
程の生化学的特性に及ぼす影響.第21回日本運動生理学
夫,町田修一,内藤久士.複数回の熱ストレス負荷は機
会,埼玉,2013年 8 月.Advances in Exercise and Sports
械的人工換気に誘発される横隔膜の収縮機能低下を軽減
Physiology 19: 4 proceedings, 131; (2013)
12.
吉原利典,関根紀子,柿木
させる.第 68 回日本体力医学会大会,東京, 2013 年 9
月.体力科学62(6): 623; (2013)
22.
吉原利典,柿木
亮,高嶺由梨,杉浦崇夫,内藤久
士 . 異 な る 強 度 お よび 時 間 の 持久 的 ト レ ー ニ ン グ が
石原美彦,内藤久士,吉村雅文.心拍数と移動速度
SIRT1 シグナル伝達に及ぼす影響.第 21 回日本運動生
を用いたエネルギー消費量の推定.第68回日本体力医学
理学会,埼玉,2013年 8 月.Advances in Exercise and
会大会,東京,2013年 9 月.体力科学62(6): 605; (2013)
Sports Physiology 19: 4 proceedings, 109; (2013)
13.
14.
北田友治,内藤久士,形本
夫. 800 m 走中の酸塩
23.
内藤久士.骨格筋はなぜ速筋線維と遅筋線維を備え
基平衡動態.第68回日本体力医学会大会,東京,2013年
ているのか(オーガナイザー).第90回日本生理学会大
9 月.体力科学62(6): 623; (2013)
会,東京,2013年 3 月.
15.
都築孝允,小林裕幸,町田修一,内藤久士.発育期
24.
関根紀子,内藤久士.速筋線維の筋萎縮―機械的人
の運動が 2 型糖尿病ラットの耐糖能および脂質代謝に与
工換気による廃用性横隔膜萎縮.第90回日本生理学会大
える影響.第68回日本体力医学会大会,東京,2013年 9
会,東京,2013年 3 月.日本生理学雑誌 web 版 Sympo-
月.体力科学62(6): 599; (2013)
sia 75(5), 1920 (2013)
都築孝允,内藤久士.発育期の運動と糖尿病~モデ

◯
ル動物を用いた検討~.第68回日本体力医学会大会,東
1.
16.
京,2013年 9 月.体力科学63(1): 29; (2014)
内藤久士.スポーツにおけるストレスタンパク質の役
割と効果,ヘルシスト222: 1619 (2013)
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
59

◯
Matsukawa T, Ito H, Yokoyama K, Suzuki Y. Early bed-
日本学術振興会科学研究費審査
time associated with the salutary breakfast intake in
Japanese nursery school children. Int Med J, accepted,
学術雑誌査読等
2013.
Acta Physiologica
American Journal of Physiology Cell Physiology
5.
Koibuchi E, Suzuki Y. Exercise up-regulates salivary
Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology
amylase in humans (Review). Exp Ther Med, accepted,
European Journal of Applied Physiology
2013.
Geriatrics and Gerontology International
International Journal of Sports Medicine

◯
Journal of Physiological Sciences
1.
鈴木良雄,仲村
明,長門俊介,鯉川なつえ,櫻庭景
Journal of Physical Fitness and Sports Medicine
植,小林
唯.大学陸上長距離選手の栄養素充足状態お
Journal of Basic and Clinical Physiology and Pharmacology
よび競技能力の客観指標の探索.Exploring
体力科学
to indicate nutritional status and athletic performance in
日本健康体力栄養学雑誌
college distance runners. ネスレ栄養科学会議
biomarkers
研究成果
報告書.2013.
先任准教授
鈴木 良雄
2.
功,横山和仁,松川岳
久,今 井啓雄 .生活 習慣と AMY1 遺伝 子多型 との関

◯
1.
鈴木良雄,鯉渕絵理,櫻庭景植,広沢正孝,川田裕次
郎,門屋悠香,五十嵐庸,長岡
連.霊長類研究所年報.43: 118, 2013.
鈴木良雄,澤木啓祐(共著).第10章 海外での利用と
開発の動向.機能性スポーツフードの開発.シーエム
シー出版(東京)pp. 8998. 2013.

◯
1.
唯,都築孝允,長嶋泰生.唾液アミラーゼ遺伝子

◯
1.
鯉渕絵里,鈴木良雄,池田啓一,中村恭子,小林
鈴木良雄,木元広実,永倉ゆか,児玉千紘,鯉川なつ
( AMY1)のコピー数とアミラーゼ活性との関係.第 20
え,櫻庭景植,鈴木チセ,佐々木啓介,清水智美,奥田
回日本健康体力栄養学会大会.演題番号17,大阪大
美穂.乳酸菌 Lactococcus lactis ssp. cremoris H61株含有ヨー
阪府立大学 中百舌鳥キャンパス.2013年 3 月16日.
グルトの継続摂取が女子大学生の肌,便通,体調に及ぼ
す影響.New Diet Ther, 29(1): 2330, 2013.
2.
安藤
秀,白府将弘,鈴木雄大,鈴木良雄,木戸康
博,小川亜紀.指標アミノ酸を酸化法を用いたたんぱく
2.
Koikawa N, Aoki E, Suzuki Y, Sakuraba S, Nagaoka I,
 .第20回日本健康体力栄
質必要量の測定に関する検討
Aoki K, Shimmura Y, Sawaki K. Wheat gluten hydrolysate
養学会大会.演題番号18,大阪大阪府立大学 中百
aŠects race performance in the triathlon. Biomedical
舌鳥キャンパス.2013年 3 月16日.
Reports. 1(4): 646650, 2013.
3.
3.
鈴木雄大,安藤
秀,白府将弘,鈴木良雄,木戸康
Sato K, Egashira Y, Ono S, Mochizuki S, Shimmura Y,
博,小川亜紀.指標アミノ酸を酸化法を用いたたんぱく
Suzuki Y, Nagata M, Hashimoto K, Kiyono T, Park EY,
 .第20回日本健康体力栄
質必要量の測定に関する検討
Nakamura Y, Itabashi M, Sakata Y, Furuta S, Sanada H.
養学会大会.演題番号19,大阪大阪府立大学 中百
Identiˆcation of a hepatoprotective peptide in wheat gluten
舌鳥キャンパス.2013年 3 月16日.
hydrolysate against d-galactosamine-induced acute hepatitis
in rats. J Agric Food Chem, 61(26): 63046310, 2013.
4.
;沼志帆,門屋悠香,櫻庭景植,鈴木良雄.保育園児
の生活習慣と摂取エネルギー量に関する研究.第 7 回日
4.
Yaginuma S, Sakuraba K, Kadoya H, Koibuchi E,
本食育学会・学術大会.演題番号D5,東京東京聖
順天堂スポーツ健康科学研究
60
栄大学.2013年 5 月1819日.
13.
第 5 巻 Supplement (2014)
Suzuki Y, Nakamura A, Nagato S, Koikawa N, Sakura-
ba K, Kobayashi Y. Exploring biomarkers to indicate nutri-
大内信宣,山口直人,目加田優子,鈴木良雄.大学寮
tional status and athletic performance in college distance
生の学生食堂の利用実態.第 7 回日本食育学会・学術大
runners. 第 3 回食と生命のサイエンス・フォーラム.東
会.演題番号 36 ,東京東京聖栄大学. 2013 年 5 月
京東京大学 伊藤謝恩ホール.2013年10月 2 日.
5.
1819日.
牧野聖也,池上秀二,狩野
14.
之,鈴木良雄,河合祥雄,澤木啓祐,長岡
鈴木良雄,目加田優子,慶徳理子.大学寮生の栄養素
6.
宏,浅見幸夫,伊藤裕
功,竹田和
摂取状況と学生食堂の利用頻度.第 7 回日本食育学会・
由,奥村
康.1073R1乳酸菌で発酵したヨーグルトの
学術大会.演題番号37,東京東京聖栄大学.2013年
摂取がインフルエンザ特異的抗体価に与える影響.日本
5 月1819日.
食 品免 疫 学 会 第 9 回学 術 大 会 . 演 題番 号  P 14 .東
京東京大学 伊藤謝恩ホール.2013年10月17日~18日.
柳沼志帆,櫻庭景植,門屋悠香,松川岳久,横山和
7.
仁,鈴木良雄.長野市内の保育園児の亜鉛摂取状況と生
牧野聖也,池上秀二,狩野
15.
宏,浅見幸夫,伊藤裕
活・運動習慣等との関係.第60回日本栄養改善学会学術
之,鈴木良雄,河合祥雄,澤木啓祐,長岡
総会.演題番号 2Dp 01 ,神戸神戸国際会議場.
由,奥村
2013年 9 月12~14日.
の摂取がインフルエンザ特異的抗体価に与える影響.第
功,竹田和
康. 1073R 1 乳酸菌で発酵したヨーグルト
41 回日本臨床免疫学会総会.演題番号 P6 11 .下関
鯉渕絵里,鈴木良雄,小林
8.
市海峡メッセ下関.2013年11月27~29日.
唯.唾液アミラーゼ遺伝
子(AMY1)のコピー数とアミラーゼ活性との関係.第
60 回日本栄養改善学会学術総会.演題番号 2Ea 09 ,

◯
神戸神戸国際会議場.2013年 9 月12~14日.
1.
ランナーなら知っておきたいサプリメントの基礎知
識.ランニングマガジン
鈴木良雄,仲村
9.
明,長門俊介,沖田麿衣,鯉川なつ
え,櫻庭景植,奥村
クリール.Sep No. 128, pp,
3841, 2013.
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌
R 1 の摂取は持久運動に伴う免疫機能の低下を抑制す

◯
る.第 68回日本体力医学会大会.演題番号 1I63,東
1.
京日本教育会館.2013年 9 月21~23日.
鈴木良雄.ヒトと外部環境との関わりを考える.藤田
保健衛生大学 保健学セミナー.名古屋 2013年 7 月 17
日
10.
高梨雄太,鯉川なつえ,鈴木良雄,沖田麿衣,櫻庭
景植,奥村
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1 の
2.
機能性食品制度
 .ヘルスラ
有識者・産業界に聞く◯
摂取は投擲選手の強化練習に伴う免疫機能の低下を抑制
イフビジネス,ヘルスビジネスマガジン社, 2013/8/15
する.第 68回日本体力医学会大会.演題番号 1I64.
第569号p. 6
東京日本教育会館.2013年 9 月21~23日.
3.
11.
鯉渕絵理,鈴木良雄.アミラーゼ活性と幼児の成育
Suzuki Y, Nakadake M, Tomita T, Harada M, Kano K,
Sakuraba K, Tsuji H, Takahashi T, Asahara T, Nomoto K,
状況および生活習慣との関係.第68回日本体力医学会大
Yamashiro Y.
会.演題番号 1F31,東京日本教育会館. 2013年 9
bacterial gut microbiota in male athletes. Japan-Russia In-
月21~23日.
ternational Workshop 2013 Infectious Diseases. 東京順
EŠect of a short term training session on
天堂大学.2013年10月28日.
12.
柳沼志帆,門屋悠香,櫻庭景植,鈴木良雄.幼児の
運動習慣に関係のある因子に関する研究.第68回日本体
4.
鈴木良雄.身体活動・スポーツと健康のメカニズム
力医学会大会.演題番号1F2
1.東京日本教育会館.
~栄養と身体活動の関係に栄養生化学からアプローチす
2013年 9 月21~23日.
る.第 7 回ヘルスプロモーション 国際シンポジウム in
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
さくら.千葉ウィシュトンホテル・ユーカリ.2013年
OR 学会春季研究発表会アブストラクト集, 208 209 .
(2013).
11月16日.
5.
61
「イメージ」から「機能重視」の時代へ.健康産業新
Probability calculation for tournament format of the 2013
聞,UBM メディア株式会社,2013/11/20,第1507号
World Baseball Classic. Hirotsu N. MathSport International
p. 14
2013 (4th International Conference on Mathematics in
Sport2013)
6.
学会誌等の査読
日本栄養士会雑誌
Belgium),平成25年 6 月15日,D.
Goossens, F. Spieksma, P. Scarf (eds.) Proceedings of the 4th
2本
International Conference on Mathematics in Sport (ISBN:
BioMed Research International
7.
(Leuven,
1本
外部資金(科研費除く)獲得課題等を含む.
H25(2013)社団法人日本酪農乳業協会.ビタミン D
9789081409964), 135143 (2013).
野球の戦術のマルコフ決定過程による定式化.廣津信義.
2013 年日本 OR 学会秋季研究発表会(徳島).平成 25年 9
強化牛乳が VD 栄養状態に与える効果の検討. 1,500
月 12 日. 2013 年日本 OR 学会秋季研究発表会アブストラ
千円.
クト集,132133(2013).
H25(2013)~H27(2015)
独立行政法人農業・食品
産業技術総合研究機構.大課題「腸脳相関を介した
体操男子団体戦における競技方式の数学モデリング―個人
精神的ストレス軽減効果の評価法の開発と発酵乳製
得点を正規分布で表現した際の団体得点の分布計算とその
品の検証」のうち
応用―.廣津信義,原田睦巳,加納
 「ヒト心拍変動波形解
小課題◯
析による自律神経系を用いたストレス評価」.4,500千
円.
廣津
信義
實.日本体育学会第
64 回 大 会 ( 草 津 ). 平 成 25 年 8 月 29 日 . 予 稿 集 , 300
(2013).
On the Beneˆt of the Sacriˆce Bunt: Getting your Objectives
Straight. Bickel E and Hirotsu N. INFORMS2013 (Institute

◯
for Operations Research and the Management Sciences An-
The transformation of technical-tactical behaviors for hand
nual Meeting 2013) (Minneapolis, USA).平成25年10月 7
techniques used in attacking below the belt after the 2010 In-
日.Proceedings of INFORMS2013, 183 (2013).
ternational Judo Federation rule revision. Ito K, Hirose N,
Nakamura M, Maekawa N, Tamura M and Hirotsu N.
A Relationship between DEA and Sabermetrics in Evaluation
Science of Martial Arts, 9: 16, 2013(査読有)
of Baseball Players. Hirotsu N and Cochran J. INFORMS
2013 (Institute for Operations Research and the Management

◯
Sciences Annual Meeting 2013) (Minneapolis, USA).平成
記録系・採点系・格闘技系五輪競技の数学モデリングの研
25年10月 7 日.Proceedings of INFORMS2013, 210 (2013).
究.廣津信義.順天堂スポーツ健康科学研究, 5 ( 1 ) : 16 
21, 2013.(査読無)

◯
招待講演
研究成果報告書「記録系・採点系・格闘技系五輪競技の数
スポーツ数理科学.廣津信義.平成24年度第13回佐倉アカ
学モデリングの研究」.廣津信義.科学研究費補助金(基
デミア(佐倉),平成25年 1 月19日.
盤研究(C)課題番号21510159)研究成果報告書(2013).
論文査読

◯
Journal of Quantitative Analysis in Sports, 2 件
Mathematical Modelling of Team Competition in Artistic
日本オペレーションズ・リサーチ学会機関誌「オペレーシ
Gymnastics. Hirotsu N and Kano M. 2013年日本 OR 学会春
ョンズ・リサーチ」,2 件
季研究発表会(東京).平成 25 年 3 月 6 日. 2013 年日本
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 1 件
順天堂スポーツ健康科学研究
62
町田
第 5 巻 Supplement (2014)
College of Sports Science, Spain, June 2013.
修一

◯
Agemizu K, Hirokawa S, Itaka T, Aruga S, Machida S. As-
町田修一(分担執筆).運動,老化の生物学(石井直明編
sociation of the ACTN3 and ACE Polymorphism in Japanese
株 化学同人,2014年 5 月刊行予定.
集).
judo athletes, The VIII International Judo Research Symposi-
(1st Place Academic Poster を受賞)
um, Brazil, August 2013.

◯
Kurosaka M, Machida S. Interleukin-6-induced satellite cell
proliferation is regulated by induction of the JAK2/STAT3
〈国内学会〉
上水研一朗,位高駿夫,廣川彰信,有賀誠司,町田修一.
signalling pathway through cyclin D1 targeting. Cell prolifera-
柔道選手における ACTN3 遺伝子多型についての研究―T
tion, 46: 365373, 2013.(査読有)
大学柔道部を対象として―,日本武道学会第46回大会,茨
城,2013年 9 月.

◯
町田修一,黒坂光寿.サルコペニアの予防・改善を目的と
位高駿夫,廣川彰信,上水研一朗,有賀誠司,町田修一.
した筋力トレーニングの効果を事前に予知可能にする遺伝
柔道の競技レベルを規定するアスリート遺伝子の探索―
子多型の同定,デサントスポーツ科学, 34: 40 47, 2013
ACE と ACTN3 を組み合わせた検討―,第 68 回日本体力
医学会大会,東京,2013年 9 月.
(査読有)
八百則和,小山孟志,西村一帆,花岡美智子,加藤
譲,
吉原利典,関根紀子,柿木
亮,都築孝允,杉浦崇夫,町
藤井壮浩,栗山雅倫,木村季由,田村修治,今川正浩,陸
田修一,内藤久士.複数回の熱ストレス負荷は機械的人工
川
換気に誘発される横隔膜の収縮機能低下を軽減させる,第
章,積山和明,位高駿夫,宮崎誠司,町田修一,内山
秀一.球技種目におけるフィールドテストによる運動能力
68回日本体力医学会大会,東京,2013年 9 月.
評価の開発に関する研究―男女バレーボール,男女ハンド
ボール,男子バスケットボール,男子ラグビー,男子サッ
都築孝允,小林裕幸,町田修一,内藤久士.発育期の運動
カーの種目横断的研究―,東海大学スポーツ医科学雑誌,
が 2 型糖尿病ラットの耐糖能および脂質代謝に与える影
25: 3744, 2013.(査読有)
響,第68回日本体力医学会大会,東京,2013年 9 月.
岡本武志,鳥居
北岸孝之,坂口博英,與名本稔,鳥居
俊,町田修一.短期間の不活動状態が回
俊,町田修一.長
復期における成熟期ラットの骨密度に及ぼす影響,東海大
期間の筋力トレーニング後の乳タンパク摂取が男子スポー
学短期大学紀要46: 712, 2013.(査読有)
ツ選手の体組成に及ぼす影響,第 68 回日本体力医学会大
会,東京,2013年 9 月.
岡本武志,鳥居
俊,町田修一.不活動に伴う骨量減少の
メカニズム解明の為の動物モデルの検討,東海大学短期大
岡本武志,町田修一.不活動と筋タンパク質分解~筋線維
学紀要,46: 16, 2013.(査読有)
組成によるユビキチンリガーゼ遺伝子の発現応答の差異を
さぐる~,第68回日本体力医学会大会ワークショップ14筋
町田修一.サルコペニアの予防・改善を目的とした介入プ
肥大と筋萎縮の生理学,東京,2013年 9 月.
ログラムの開発―筋力トレーニングと栄養を組み合わせた
戦略―,体力科学,62: 2324, 2013.(査読無)
廣川彰信,位高駿夫,上水研一朗,有賀誠司,宮崎誠司,
町田修一.柔道選手における ACE 遺伝子多型と全身持久

◯
〈国際学会〉
力の関連性について,第24回日本臨床スポーツ医学会学術
集会,熊本,2013年10月.
Itaka T, Hirokawa S, Agemizu K, Aruga S, Machida S. Polymorphism of the IGF-2 gene speciˆes competitive capacity of
八百則和,小山孟志,西村一帆,花岡美智子,加藤
譲,
Japanese judo players, 18th annual Congress of the European
藤井壮浩,栗山雅倫,木村季由,田村修治,今川正浩,陸
順天堂スポーツ健康科学研究
川
第 5 巻 Supplement (2014)
63
the USA, Washington DC 2013, September 29 October
章,積山和明,位高駿夫,宮崎誠司,町田修一,内山
秀一.球技種目におけるフィールドテストによる運動能力
3, 2013.
評価の開発に関する研究―男女バレーボール,男女ハンド
ボール,バスケットボール,ラグビー,サッカーの種目横
発表会
断的研究―,第11回日本フットボール学会,神奈川,2013
亀岡
舞,菅野綾夏,町田修一.乳タンパク摂取が女
性の筋力トレーニングによる身体組成の変化及び運動
年12月.
時のエネルギー代謝に及ぼす影響.第 2 回サイエンス
インカレ(口頭発表部門),2013年 3 月

◯
講演
町田修一,サルコペニア発症のメカニズムとその予
学会誌等の査読経験(雑誌名記載のこと)
防・改善方法の開発,第 8 回湘南スポーツドクターの
Journal of Cellular Physiology
集い,神奈川,2013年 3 月13日.
Mediators of In‰ammation
Biological Trace Element Research
The Journal of Physiological Sciences
町田修一,寝たきり高齢者をゼロにするための運動と
栄養 ~加齢に伴う筋委縮とスポーツ活動について
日本体育測定評価学会
~,秦野市健康セミナー,神奈川,2013年 3 月16日.
外部資金(科研費除く)獲得
町田修一,分子,細胞レベルから覗く骨格筋研究,名
『民間研究助成』
古屋市立大学大学院システム自然科学研究科セミ
サルコペニアの予防・改善を目的とした筋力トレーニ
ナー,愛知,2013年 4 月19日.
ングの効果を事前に予知可能にする遺伝子多型の同
定,第 34回石本記念デサントスポーツ科学.(研究代
表者町田修一)
町田修一,介護・寝たきりにならない身体づくりを創
造する ―高齢者をサポートする運動と栄養の効果的
筋の記憶を司るエピジェネティクス制御機構の探索,
な組み合わせを探る―,第68回日本体力医学会大会ラ
公益財団法人 明治安田厚生事業団・第 30回(平成 25
ンチョンセミナー,東京,2013年 9 月19日
年度)若手研究者のための健康科学研究助成.(研究
代表者吉原利典,共同研究者町田修一)
町田修一,指導現場で活きる高齢者運動指導を学ぶ
講座
 現場指導で知っておくべき骨格筋老化の基礎
◯
『受託研究』
体組成の改善を促進する機能性食品の探索と評価研
知 識 , JAFA FITNESS 座 学 ~ THE MANABI ~ , 東
究.(研究代表者町田修一)
京,2013年 8 月13日.
町田修一,指導現場で活きる高齢者運動指導を学ぶ
講座
 高齢者の介護・寝たきりを防止するため運動
◯
柳谷登志雄
プ ロ グ ラ ム 作 成 , JAFA FITNESS 座 学 ~ THE

◯
MANABI~,東京,2013年 8 月13日.
1.
岡田純一,柳谷登志雄,倉持梨恵子,鳥居
俊.マス
ターズ・ウエイトリフティング選手の骨密度,筋力,筋
断面積から見た高強度レジスタンストレーニングの影
町田修一,指導現場で活きる高齢者運動指導を学ぶ
講座
響.スポーツ科学研究,10, pp4961, 2013.
 サブタイトル高齢者の介護・寝たきりを防
◯
止するため運動プログラムの評価, JAFA FITNESS
座学~THE MANABI~,東京,2013年 8 月13日.

◯
1.
柳谷登志雄,久住亮介,渡辺圭佑.光学式および加速
Machida S. Protein Requirements and Guidelines in the
時計式モーションキャプチャシステムによる体操競技・
Japan. What is ideal for Aging Societies? U.S. Whey Pro-
あん馬の動作解析データの比較.日本トレーニング科学
tein Health and Nutrition Scientiˆc Discovery Tour to
会.2013年11月.
順天堂スポーツ健康科学研究
64
橋恭平,松尾彰文,広川龍太郎,柳谷登志雄,貴嶋
2.
第 5 巻 Supplement (2014)
2013年 7 月号,pp. 7175.ベースボールマガジン社
孝太,松林武生,山本真帆,綿谷貴志,渡辺圭佑.
トップスプリンターの200 m における走パフォーマンス
分析.九州体育・スポーツ学会.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
9.
つスポーツ医科学講座連載第13回目
コンプレッション
ウェアは競技パフォーマンスを高めるのか」コーチン
グクリニック 2013年 8 月号,pp. 7175.ベースボール

◯
1)
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
マガジン社
つスポーツ医科学講座連載第 7 回目「乳酸」を知って競
技力向上を図ろう.」
10.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
コーチングクリニック 2013年 2 月号,pp. 6771.ベー
つスポーツ医科学講座連載第 14 回目
スボールマガジン社
活用してランニングのトレーニング量をコントロールす
GPS ウォッチを
る」コーチングクリニック 2013 年 9 月号, pp. 75 79
2.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
ベースボールマガジン社
つスポーツ医科学講座連載第 8 回目 地面反力の解析か
らわかる力発揮が及ぼす影響.」コーチングクリニック
2013年 3 月号,pp. 6771.ベースボールマガジン社
11.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
つスポーツ医科学講座連載第15回目
スティフネスを指
標にバネ能力を評価する.」コーチングクリニック 2013
3.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
つスポーツ医科学講座連載第 9 回目
年10月号,pp. 7579.ベースボールマガジン社
筋線維のタイプを
考慮すると競技力向上に役立つかもしれない.」コーチ
12.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
ングクリニック 2013年 4 月号,pp. 6367.ベースボー
つスポーツ医科学講座連載第16回目
ルマガジン社
を指標にバネ能力を評価する.」コーチングクリニック
続・スティフネス
2013年11月号,pp. 7275.ベースボールマガジン社
4.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
つスポーツ医科学講座連載第10回目
5.
力学的エネルギー
13.
柳谷登志雄「人類最速記録はどこまで伸びる可能性
を理解しよう.」コーチングクリニック 2013年 5 月号,
があるのか」コーチングクリニック.2013年11月号,
pp. 6771.ベースボールマガジン社
pp. 34.ベースボールマガジン社
柳谷登志雄.「体幹トレーニングで強くなる.」中学部
14.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
活応援マガジン熱中陸上部,Vol 15, pp1425, 2013.
つスポーツ医科学講座連載第16回目
ベースボールマガジン社
力を強化するインターバル・トレーニング.」コーチン
エネルギー供給能
グクリニック 2013年11月号,pp. 7278.ベースボール
6.
柳谷登志雄.「効率のいいフォームで走る.決定版
マガジン社
速く走る走り方.」中学部活応援マガジン熱中陸上部,
Vol16, pp1423, 2013.ベースボールマガジン社
15.
柳谷登志雄,渡辺圭佑. 2013大分インターハイ技術
分析前編
7.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
男子100 m.陸上競技マガジン2013年11月号,
P31.
つスポーツ医科学講座連載第11回目「運動量」の力学的
な意味を知ろう.
」
コーチングクリニック 2013年 6 月号,
16.
柳谷登志雄,松尾彰文,福田厚治,渡辺圭佑,山元
康平,木村友哉,和田純弥.2013大分インターハイ技術
pp. 6770.ベースボールマガジン
分析前編
8.
柳谷登志雄.「現場に生かせる,選手・コーチに役立
つスポーツ医科学講座連載第 12 回目
女子100 m.陸上競技マガジン2013年11月号,
P32.
大腰筋は 30 m ダ
ッシュのキーマッスルなのか」コーチングクリニック
17.
柳谷登志雄,渡辺圭佑. 2013大分インターハイ技術
順天堂スポーツ健康科学研究
分析前編
第 5 巻 Supplement (2014)
女子200 m.陸上競技マガジン2013年11月号,
P147.
18.
助教
河村
渡辺圭佑,柳谷登志雄.大分インターハイ技術分析
前編
65
男子 4 × 100 mR .陸上競技マガジン 2013 年 11 月
剛光

◯
1.
号,P154.
Kohmura Y., Murakami S., and Aoki, K. EŠect of Yellow-Tinted Lenses on Visual Attributes Related to Sports
Activities. Journal of Human Kinetics. volume 36, 2736,
19.
柳谷登志雄,松尾彰文,福田厚治,高橋恭平,渡辺
2013.
圭佑,山元康平,木村友哉,和田純弥.大分インターハ
イ技術分析前編
男子 200 m.陸上競技マガジン 2013年
2.
11月号,P154.
Murakami S., Ohto-Fujita E., Kohmura Y., Shiraishi Y.,
Aoki K., and Sawaki K., Hamano R. Current situation
regarding visual correction methods in university athletes
20.
渡辺圭佑,柳谷登志雄,松尾彰文,福田厚治,高橋
and
恭平,山元康平,木村友哉,和田純弥.大分インターハ
イ技術分析前編
associated
issues. 日本臨床スポーツ医学会誌
21
(3), 658663, 2013.
女 子 4 × 400 m . 陸 上 競 技 マ ガ ジ ン
2013年11月号,P154.

◯
1.

◯
体格体力累加測定委員会.2012年度順天堂大学体格体
力累加測定.順天堂スポーツ健康科学研究.第 4 巻
千葉県体育協会社会体育公認指導員等養成講習会講師
1.
Supplement, 1121, 2013.
2013年 8 月
2.
3.
佐倉市民カレッジ健康づくりコース講師2013年 9 月

◯
平成25年度順天堂大学生涯学習公開講座(第 2 回陸上
1.
教室)講師2013年10月
に関する調査.第20回スポーツビジョン研究集会.2013.
「瞬足陸上教室@宮城県白石市」講師.2013年11月
4.
河村剛光,村上茂樹,川田裕次郎,丸山祐貴,高田
将,青木和浩.大学スポーツ選手が使用するサングラス
 瞬足陸上教室」講師.2013
東京スポーツ祭り2013「
5.
年10月
2.
河村剛光,窪田敦之,青葉幸洋,中田
学,青木和
6.
東京都江東区立水神小学校陸上教室講師,2013年11月.
浩.速度の異なる直球を用いた打撃練習と見るトレーニ
7.
「第 7 回ヘルスプロモーション国際シンポジウム in さ
ングが打撃能力に及ぼす影響.日本トレーニング科学会
第26回大会,2013.
くら」講師
8.
佐倉市民カレッジ健康づくりコース講師2013年12月
9.
千葉県スポーツ推進委員連合会拡大女性部交流会講師
3.
紀.大学アスリートにおける跳躍能力とバウンディング
2012年 1 月
10.
青木和浩,河村剛光,中丸信吾,渡辺圭祐,越川一
の関係.日本陸上競技学会第12回大会,p27. 2013.
日本陸連 U19ジュニア強化研修合宿【東北ブロック】
指導者講習会講師 2013年12月
4.
将,佐久間和彦,河村剛光,青木和浩.小学生
に対するジャンプトレーニングが疾走動作及び跳躍動作
テレビ出演
1. 『現場発
高田
に 及 ぼ す 影 響 . 日 本 陸 上 競 技 学 会 第 12 回 大 会 , p34.
「頂点をめざした夏~インターハイ・高
校アスリート熱闘の記録」』,熊本県民放送,2013年 8 月
2013.
2. 『アゲるテレビ』,フジテレビ,2013年 8 月
5.
丸山祐貴,河村剛光,和田純也,佐久間和彦,青木和
浩. 110 m ハードル走の各局面における疾走能力とフ
ィールドテストとの関連.日本陸上競技学会第12回大会,
p37. 2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
66
木藤
第 5 巻 Supplement (2014)
回日本整形外科スポーツ医学会.2013. 9. 愛知
友規

◯
石川拓次,桜庭景植,藤田真平,窪田敦之,若松健太.女
平成24年度競技者・指導者等のスポーツキャリア形成支援
子中・長距離競技者における月経状況および疲労骨折受傷
事業における「スポーツキャリア大学院プログラム」事業
時の骨吸収動態についての検討.第 39 回日本整形外科ス
完了報告書(文部科学省委託事業)
ポーツ医学会.2013. 9. 愛知
平成24年度チーム「ニッポン」マルチサポート事業研究成
果報告書
中新井田敦子,桜庭景植,窪田敦之,小林拓郎,池田啓
一,鹿倉二郎,新正理奈.虚弱性高齢者においての運動プ

◯
ログラムが歩行と QOL に与える影響.第39回日本整形外
バスケットボール経験者における反射的な注意移動の特
科スポーツ医学会.2013. 9. 愛知
性,第68回日本体力医学会大会
藤田芳正,桜庭景植,窪田敦之,藤田真平,青木和浩.高
窪田
校男子サッカー選手における足趾把持筋力とターン動作時
敦之
の足底圧分布の関係.第39回日本整形外科スポーツ医学会.

◯
2013. 9. 愛知
桜庭景植,若松健太,窪田敦之,藤田真平,山澤文裕.女
子長距離ランナーと骨粗鬆症・疲労骨折~骨代謝マーカー
藤田真平,桜庭景植,佐久間和彦,柳谷登志雄,窪田敦
および骨質関連マーカーを中心に~.日本臨床スポーツ医
之.スプリンターの下肢筋力および体幹部筋と100 m 走に
学会誌.21(3): 561564, 2013
おける加速能力との関係.第 68 回日本体力医学会大会.
2013. 9. 東京
和田良広,桜庭景植,窪田敦之,鈴木良雄,鹿倉二郎,洪
定男.高齢者と若年者の体幹筋活動の比較.理学療法科学.
大野日向,桜庭景植,窪田敦之.異なるステップ動作にお
28(5): 689693, 2013.
ける膝関節傷害発生リスクの評価.第24回日本臨床スポー
ツ医学会.2013. 10. 熊本

◯
鈴木良雄,河村剛光,窪田敦之,荻原朋子,青葉幸洋,門
藤田真平,桜庭景植,若松健太,鯉川なつえ,山澤文裕,
屋悠香,佐賀典生.非侵襲的な手法を用いて日常および動
鹿倉二郎,窪田敦之.大学女子長距離選手と運動習慣のな
作時の代謝を科学する.順天堂スポーツ健康科学研究.
い女子学生の骨代謝動態の比較.第24回日本臨床スポーツ
4Suppl: 6, 2013
医学会.2013. 10. 熊本

◯
河村剛光,窪田敦之,青葉幸洋,中田
学,青木和浩.速
度の異なる直球を用いた打撃練習と見るトレーニングが打
【国外学会発表】
Wakamatsu K, Sakuraba K, Fujita S, Kubota A. ASSOCIA-
撃能力に及ぼす影響.第26回日本トレーニング科学会大会.
TION BETWEEN THE STRESS FRACTURE AND
2013. 11. 山形
BONE METABOLISM MARKERS IN FEMALE COLLEGIATE ATHLETESFOCUS ON `TRACP-5b' AS A
福士徳文,桜庭景植,吉村雅文,窪田敦之,青葉幸洋.シ
NEW BONE METABOLISM MARKERS. The 18th An-
ューズの相違がターン動作における足底圧に及ぼす影響~
nual Congress of European College of Sport Science. 2013. 6.
第 5 中足骨疲労骨折との関連を中心に~.第 26 回日本ト
Barcelona
レーニング科学会大会.2013. 11. 山形
【国内学会発表】
窪田敦之,桜庭景植,藤田芳正,藤田真平,洪

◯
定男.血
流制限下で行う低強度の遠心性トレーニングの効果.第39
東京都医師会・すみだ医師会産業医研修会.「地域・職場
で役に立つ運動療法の実際」実技指導.2013. 2.
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
67
第68回日本体力医学会大会.一般演題「低・高酸素環境」
microbiota in male athletes.
座長.2013. 9
Suzuki Y, Nakadake M, Tomita Y, Harada M, Kano M,
Sakuraba K, Tsuji H, Takahashi T, Asahara T, Nomoto K,
Yamashiro Y.
コーチング科学コース
教授
加納
Japan-Russia International Workshop (2013. 10)
實
佐久間和彦

◯
1.
採点規則の改訂に伴うあん馬の演技構成に関する一考
察

◯
2013 Bentham Science Publishers
原田睦巳・加納
實・小西康仁・冨田洋之
体操競技・器械運動研究21号110(2013. 3)
Analyses of Associations Between Reactive Oxygen Metabolites and Antioxidant Capacity and Related Factors Among
Healthy Adolescents
2.
跳馬における「前転とび前方かかえ込み回宙返り
(ローチェ)」の技術に関する研究
西村
隼・加納
實・小西康仁
Kazuyoshi Tamae, Toshiharu Eto, Kazuhiro Aoki, Shingo
Nakamaru, Kazunori Koshikawa, Kazuhiko Sakuma and
Takeshi Hirano
体操競技・器械運動研究21号1121(2013. 3)

◯
3.
棒高跳の踏切局面におけるポール操作に関する研究
 24回臨床スポーツ医学学術集会(2013年11月)
◯
河 波 陽一 ・ 廣 瀬 健 一 ・ 木 村 友 哉 ・ 柳 谷 登 志 雄 ・ 加 納
實・青木和浩
 牽引走(超高速疾走)トレーニング中に発生するハムス
◯
陸上競技研究第93号2333(2013)
トリング肉ばなれの予防法
杉浦雄策,佐久間和彦,櫻庭景植

◯
1.
施設設備の設置に関する基本調査プロジェクト
~民間クラブで新設された「体操競技場」の事例~
竹田幸夫・加納
日本陸上競技学会第12回大会(2013年12月)
 小学生に対するジャンプトレーニングが疾走動作及び跳
◯
實
躍動作に及ぼす影響
体操競技・器械運動研究21号4953(2013. 3)
 110 m ハードル走の各局面における疾走能力とフィール
◯
〔国内学会発表〕
ドテストとの関連
あん馬における「縦向き旋回回ひねり(シュピンデ
丸山祐貴,和田純也,河村剛光,佐久間和彦,青木和浩
ル)」の技術に関する研究
久住亮介・加納
實
日本体操競技・器械運動学会第27回学会大会(2013. 12)
2.
将,佐久間和彦,河村剛光,青木和浩
日本陸上競技学会第12回大会(2013年12月)

◯
1.
高田
菅波
体操男子団体戦における競技方式の数学モデリング

◯
―個人得点を正規分布で表現した際の団体得点の分布計
1.
算とその応用―
廣津信義・原田睦巳・加納
盛雄
Yves CADOT, Morio Suganami, How important is
Japanese judo, as viewed by a foreigner.
實
武道学研究
第46巻
別冊
57,2013
日本体育学会64回大会(2013. 8)
2.

◯
1.
Abdoulaye Gueye, Yves CADOT, Ryousuke Ozaki,
Shigeo Suzuki, Morio Suganami, Investing on actual situa-
EŠect of a short term training session on bacterial gut
tion of youth judo teaching in France. 武道学研究
第46
順天堂スポーツ健康科学研究
68
巻
別冊
140,2013
第 5 巻 Supplement (2014)
8 月31日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
9 月 1 日海風舎「島へ」オープンウォータースイミング競
3.
Ryousuke Ozaki, Abdoulaye Gueye, Shigeo Suzuki, Yves
技と環境問題について解説
CADOT, Morio Suganami, Investigation into instruction
10月12日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
actual situation in the boy judo in Japan.
11月 4 日毎日新聞関西版企画特集「大阪水泳協会100周年」
Proceedings of
the 2013 International Budo Conference 9495 2013
解説
11月15日千葉県総合教育センター「千葉教育」提言(コラ
ム執筆)

◯
1.
菅波盛雄.第 8 回国際柔道研究シンポジウム報告.武
道
2.
平成25年11月号(通巻564号)218219
菅波盛雄,桐生習作.平成24年度
大会.柔道
84巻 1 号
7888
2013
全日本柔道形競技
2013
11月16日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
12月28日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
長登
健

◯
3.
菅波盛雄,小崎亮輔.平成25年度
大会.柔道
84巻12号
5062
全日本柔道形競技
2013
2013年10月12日
日本生涯スポーツ学会第15回大会(ポス
ター発表)
「日本の生涯スポーツ政策における地域スポーツクラブ育
成の変遷」

◯
1.
菅波盛雄.66年継続する東北・北海道対抗柔道大会.
全柔連だより
49号
10
2013

◯
長登
鈴木
大地

◯
「競泳選手における短距離高強度インターバルトレーニン
健ダンスの授業実践・研究活動に期待されている
こと.女子体育 vol. 5612・1: 6869, 20132014

◯
・社会貢献活動等
グがストローク特性に与える影響」高橋祐太,鈴木大
2013年 8 月17日
日本体育・スポーツ哲学会第35回大会特
地.スポーツパフォーマンス研究2013. Vol 5: 272278
別シンポジウム
シンポジスト
2013年 8 月29日
印西市小中学校体育科研修会

◯
2013年 8 月31日
富山県体育協会・平成25年度地域スポー
1 月 5 日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
ツクラブスキルアップ研修会
2 月16日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
2013年 9 月 2 日
3 月23日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
学校部活動指導者研修会
4 月16日毎日新聞スポーツ面「日本選手権」について解説
2013年 9 月15日
順天堂大学スポーツ医学研究会
6 月15日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
2013年10月 3 日
平成25年度富山県高等学校教育研究発表
7 月 8 日毎日新聞生活面「水泳の水慣れ」について解説
大会
7 月 9 日毎日新聞生活面「水泳の息継ぎ」について解説
2013年10月24日
講師
講師
東京都中央区教育委員会・平成25年度中
講師
講師
講演
7 月10日毎日新聞生活面「水泳の泳ぎ」について解説
会
7 月20日毎日新聞スポーツ面「時評点描」コラム執筆
2013年11月 6 日
8 月 2 日毎日新聞スポーツ面「世界水泳選手権」について
講師
東京都中央区教育委員会・教務主任研修
講師
東京女子体育大学・短期大学 FD 研修会
解説
8 月 5 日公益財団法人海上保安協会「Umimori」海につい
て解説
濱野
8 月 6 日毎日新聞スポーツ面「世界水泳選手権」について

◯
解説
1.
光之
濱野光之.2012年度「学生生活満足度調査報告」報告
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
69
書
6.
順天堂スポーツ健康科学研究第 4 巻 Supplement
岡本一洋,吉村雅文,福士徳文.女子サッカー選手のパス
平成25年 3 月発行
に関する研究
吉村
第11回日本フットボール学会抄録集,2013.

◯
雅文
【講演】

◯
1.
1.
吉村雅文.「コーチングについて―サッカー指導者として
Kaori Saito, Masafumi Yoshimura, Tomoko Ogiwara
大事にしているもの―」平成25年度第33回千葉県私立高等
Pass Appearance Time and pass attempts by teams qualifying
学校サッカー大会
基調講演,8/17,2013
for the second stage of FIFA World Cup 2010 in South Africa All 48 group stage matches
2.
Football Science Vol. 10, 6569, 2013
吉村雅文.「サッカーを通じた人材育成について」日本経
営工学会人間・組織研究部門

◯
―
1.
2013
加藤淳司,内田靖之,島
―人間工学人材育成研究会
2013年度夏季産学連携プロジェクト基調講演,8/23,
洋佑,井戸田仁,吉村雅文.第
27回ユニバーシアード競技大会( 2013/カザン)男子サッ
カー日本代表選手のフィジカル測定結果について
第24回
【査読】
1.
日本臨床スポーツ医学会,大会研究発表抄録集
吉村雅文.体育学研究
2.
2.
内田靖之,加藤淳司,増田研一,吉村雅文,下河内洋平,
吉村雅文.順天堂スポーツ健康科学研究
島
洋佑.大学生サッカー選手におけるフィジカル要素の
傾向
―一部リーグ所属選手とユニバーシアード代表候補
選手の比較―
第24回日本臨床スポーツ医学会,大会研究
発表抄録集
【新聞】
1.
吉村雅文,名将にみるマネジメント術「日本の長所貫き
「銅」獲得」,日経産業新聞,2013年 9 月 6 日(金曜日)
3.
石原美彦,内藤久士,青葉幸洋,岡本一洋,吉村雅文.サ
2.
ッカー審判員の移動特性に関する研究
吉村雅文,名将にみるマネジメント術「経験蓄積へ起用勝
第11回日本フット
ボール学会抄録集,p16, 2013.
利導く」,日経産業新聞,2013年 9 月13日(金曜日)
4.
吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,島嵜
佑,岡本一洋,石
原美彦,渡辺圭佑,柳谷登志雄.女子サッカーの競技力向
先任准教授
青木 和浩
上を目指して大腿前部の筋厚,ジャンプテスト, BIO-

◯
DEX の結果から
1.
第 11回日本フットボール学会抄録集,
2013.
Koikawa N, Aoki E, Suzuki Y, Sakuraba S, Nagaoka I,
Aoki K, Shimmura Y, Sawaki K. Wheat gluten hydrolysate
aŠects race performance in the triathlon. Biomedical
Reports. 1(4): 646650, 2013.
5.
島嵜
佑,吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,岡本一洋.日
本人サッカー選手の ACTN3 遺伝子型に関する研究
回日本フットボール学会抄録集,2013.
第11
2.
Kohmura Y, Murakami S, Aoki K. EŠect of Yellow-Tinted Lenses on Visual Attributes Related to Sports Activities.
順天堂スポーツ健康科学研究
70
Journal of Human Kinetics 36, 2736, 2013.
3.
第 5 巻 Supplement (2014)
12回大会,2013. 12
Tamae K, Eto T, Aoki K, Nakamaru S, Koshikawa K,
5.
高田
将,佐久間和彦,河村剛光,青木和浩.小学生
Sakuma K, Hirano T. Analyses of Associations Between
に対するジャンプトレーニングが疾走動作及び跳躍動作
Reactive Oxygen Metabolites and Antioxidant Capacity
に及ぼす影響.日本陸上競技学会第12回大会,2013. 12
and Related Factors Among Healthy Adolescents. Current
Aging Science, 6(3), 18746098, 2013.
6.
廣瀬健一,大山卞圭吾,高梨雄太,青木和浩.高重量
ハンマーを使用したトレーニングがハンマー投パフォー
4.
マンス及び投動作に及ぼす影響.日本陸上競技学会第12
Murakami S, Ohto-Fujita E, Kohmura Y, Shiraishi Y,
回大会,2013. 12
Aoki K, Sawaki K, Hamano R. Current situation regarding
visual correction methods in university athletes and associated issues. 日本臨床スポーツ医学誌,21(3), 658
7.
丸山祐貴,河村剛光,和田純也,佐久間和彦,青木和
浩. 110 m ハードル走の各局面における疾走能力とフ
663, 2013.
ィールドテストとの関係.日本陸上競技学会第12回大会,
5.
河波陽一,廣瀬健一,木村友哉,柳谷登志雄,加納
2013. 12
實,青木和浩.棒高跳の踏切局面におけるポール操作に
関する研究.陸上競技研究.93, 2333, 2013.

◯
1.
1.
「連続写真で見る陸上競技の技術」世界のトップアス
リートに学ぶスーパーテクニック(男子走幅跳メンコ

◯
フ)の解説.月刊陸上競技12月号,2013
廣瀬健一,高梨雄太,青木和浩,金子今朝秋.ハン
マー投競技者のパフォーマンスとコントロールテストの
関連性について.陸上競技研究.92, 3844, 2013.
2.
平成 24 年度横須賀市運動部活動指導者研修会
講師
「競技力向上を目指した体力トレーニングの実践」 2013
2.
青木和浩,廣瀬伸良,他 6 名.2012年度順天堂大学体
年1月4日
格体力累加測定.順天堂大学スポーツ健康科学研究 4,
supplement, 1122, 2013
3.
平成 24 年度葛飾区スポーツ指導員養成講習会
講師
「発育・発達・老化とスポーツプログラム」 2013年 2 月

◯
1.
24日
河村剛光,村上茂樹,川田裕次郎,丸山祐貴,高田
将,青木和浩.大学スポーツ選手が使用するサングラス
2.
4.
平成25年度栃木県県南地区スポーツ活動指導者講演会
に 関 する 調 査 . 第 20 回 ス ポ ー ツ ビ ジ ョ ン 研 究 集 会 ,
講師「健康づくり―よりアクティブな生活を目指して―」
2013.8
2013年 6 月16日
河村剛光,窪田敦之,青葉幸洋,中田
学,青木和
5.
浩.速度の異なる直球を用いた打撃能力に及ぼす影響.
しすい青樹堂 1 期生講座
講師「中高年の体力づくり」
2013年11月13日
日本トレーニング科学学会第26回大会,2013. 11
6.
3.
第22回順天堂大学医療看護学部公開講座
紀.大学アスリートにおける跳躍能力とバウンディング
年11月16日
の関係.日本陸上競技学会第12回大会,2013. 12
7.
4.
木村友哉,渡辺圭祐,柳谷登志雄,越川一紀,青木和
浩.走幅跳における踏切準備動作と跳躍パフォーマンス
の関係―踏切前 2 歩に着目して―.日本陸上競技学会第
講師「運動
が得意になるのはなぜ不得意になるのはなぜ」2013
青木和浩,河村剛光,中丸信吾,渡辺圭祐,越川一
学会誌等の査読
日本コーチング学研究
1本
陸上競技研究
2本
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
71

◯
鯉川なつえ
※ 講 演 , 公 開 講 座 , TV ・ 雑 誌 な ど の 解 説 ・ イ ン タ ビ

◯
ュー,学会誌等の査読経験(雑誌名記載のこと),外部資
Wheat gluten hydrolysate aŠects race performance in the
金(科研費除く)獲得課題等を含む.
triathlon: Natsue Koikawa, Emi Aoki, Yoshio Suzuki,
鯉川なつえスポーツ医学研究講座,「速くて強い女性ア
Keishoku Sakuraba, Isao Nagaoka, Kazuhiro Aoki, Yuki
スリートになろう」,大分県体育協会主催,2013. 2
Shimmura, Keisuke Sawaki, Biomedical Reports, 1(4) 646
鯉川なつえトレーニング指導者研修会,「持久系トレー
650 May 14, 2013
ニング」,福岡県教育委員会主催,2013. 11
鈴木良雄,木元広実,永倉ゆか,児玉千紘,鯉川なつえ,
櫻庭景植,鈴木チセ,佐々木啓介,清水智美,奥田美穂.
鯉川なつえ第34回まつえハーフマラソン兼第16回日本学
乳酸菌 Lactococcus lactis ssp. cremoris H61 株含有ヨーグル
生女子ハーフマラソン選手権大会,解説,フジテレビ,
トの継続摂取が女子大学生の肌,便通,体調に及ぼす影響.
2013. 3. 17
New Diet Ther, 29(1): 2330, 2013.
鯉 川 な つ え  第 25 回 全 国 高 校 女 子 駅 伝 , 解 説 , NHK,

◯
2013. 12. 22
鈴木良雄,仲村
小林
明,長門俊介,鯉川なつえ,櫻庭景植,
唯.大学陸上長距離選手の栄養素充足状態および競
技能力の客観指標の探索.Exploring biomarkers to indicate
鯉川なつえ第 32 回全国都道府県対抗女子駅伝,解説,
NHK, 2013. 1. 12
nutritional status and athletic performance in college distance
runners.
ネスレ栄養科学会議
研究成果報告書.2013.

◯
鯉川なつえ論文査読「陸上競技研究」
越川
鈴木良雄,仲村
明,長門俊介,沖田麿衣,鯉川なつえ,
櫻庭景植,奥村
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1

◯
の摂取は持久運動に伴う免疫機能の低下を抑制する.第68
1.
一紀
青木和浩,河村剛光,中丸信吾,渡辺圭祐,越川一
回日本体力医学会大会.演題番号 1I63,東京日本教
紀.大学アスリートにおける跳躍能力とバウンディング
育会館.2013年 9 月21~23日.
の関係.日本陸上競技学会第12回大会,2013.12
高梨雄太,鯉川なつえ,鈴木良雄,沖田麿衣,櫻庭景植,
奥村
2.
木村友哉,渡辺圭祐,柳谷登志雄,越川一紀,青木和
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1 の摂取は投
浩.走幅跳における踏切準備動作と跳躍パフォーマンス
擲選手の強化練習に伴う免疫機能の低下を抑制する.第68
の関係―踏切前 2 歩に着目して―.日本陸上競技学会第
回日本体力医学会大会.演題番号 1I64.東京日本教
12回大会,2013.12
育会館.2013年 9 月
Suzuki Y, Nakamura A, Nagato S, Koikawa N, Sakuraba K,
Kobayashi Y. Exploring biomarkers to indicate nutritional
蔦宗

◯
浩二
「ブロックでケガをさせない手の形」
status and athletic performance in college distance runners.
147Contents January, 2013
第 3 回食と生命のサイエンス・フォーラム.東京東京大
2013. 1 月号
Sportsmedicine
pp. 29~31
学伊藤謝恩ホール.2013年10月 2 日.

◯
鯉川なつえ毎日新聞(夕刊)コラム「ママは監督」,
2013年 4 月から隔週火曜連載中

◯
[講習会・講演会]
1.
千葉県バレーボール中体連主催「バレーボール講習会」
2013. 8
順天堂スポーツ健康科学研究
72
2.
東京都江戸川区医師会主催「すぽーつのおもしろさと
5.
人間教育」2013. 10
第 5 巻 Supplement (2014)
中村恭子,廣澤正孝,細見
修,山倉文幸,鈴木利
人歩行運動時における BGM や他者との交流の有無が
心理的・生理的ストレス反応に及ぼす影響.第68日本体
中村
力医学会大会(東京)予稿集214,2013. 9.
恭子

◯
1.
6.
中村恭子,廣澤正孝,細見
修,山倉文幸,鈴木利
人,輪島留美子,久保田陵一,吉田理恵精神科リハビ
中村なおみ・中村恭子ステップアップ高校スポーツ
リテーションとしてのスポーツ活動の有効性―歩行運動
「ダンス」.大修館書店,298323,2013. 4
時における BGM や他者との交流の有無が心理的・生理
的ストレス反応に及ぼす影響―.第56回日本病院・地域

◯
1.
精神医学会総会(札幌)抄録集71,2013. 10.
中村恭子中学校体育全領域必修化に伴うダンス授業
の変容と課題―ダンス種目の学習内容・指導方法を中心
に―.比較舞踊研究19,111,2013. 1

◯
1.
2.
中村恭子,宮本乙女,熊谷昌子はじめて取り組む楽
しいダンスの学習法.全国ダンス・表現運動授業研究
中村恭子日本のダンス教育の変遷と中学校における
会,講師.東京,2013. 6. 30
男女必修化の課題.スポーツ社会学研究 21 ( 1 ) , 37 51,
2013. 3
2.
3.
メージの変容.舞踊教育学研究15: 1324, 2013. 9
3.
Kyoko
NAKAMURA,
Naomi
NAKAMURA:
芳,中村恭子,馬場俊一東京都中央区立阪本
7. 3,2013. 9. 18,2013. 11. 6,2014. 1. 22

◯
1.
長津
小学校体育研究会(表現運動),指導助言.東京,2013.
中村恭子・宮本乙女中学生のダンス経験とダンスイ
中村恭子熊本県女子体育連盟夏期ダンス講習会,講
師.熊本,2013. 8. 4~5
A
research on the actual condition of dance education in junior
high schools in Japan. IAPESGW (International Associa-
4.
中村恭子埼玉県女子体育連盟ダンス講習会,講師.
上尾,2013. 8. 6
tion of Physical Education and Sports for Girls and Women) 17th World Congress, Habana Cuba, 2013. 4
5.
2.
中村恭子,橋本由美子市川市教育委員会ダンス研修
会,講師.千葉,2013. 8. 7,2013. 8. 23
中村恭子,宮本乙女,中村なおみ現代的なリズムの
ダンスの学習内容および学習方法の違いが学生の授業評
価に及ぼす影響.日本体育学会第64回大会(滋賀)予稿
6.
集,356,2013. 8.
3.
宮本乙女,中村なおみ,中村恭子生徒が楽しく探求
中村恭子群馬県女子体育連盟夏期ダンス講習会,講
師.前橋,2013. 8. 20
7.
中村恭子中学校の実態調査―ダンス男女必修化に伴
的に取り組む「現代的なリズムのダンス」の指導法と単
う変容と課題―.お茶の水女子大学公開シンポジウム
元の開発.日本体育学会第 64 回大会(滋賀)予稿集,
「ダンス授業におけるジェンダーを考える―多様性の捉
え方をめぐって―」第部
356,2013. 8.
授業実践から考えるダンス
教育の問題,シンポジスト.東京,2013. 10. 6
4.
中村なおみ,宮本乙女,中村恭子,木原慎介中学校
ダンス授業における教師の指導経験の差による教材と教
授行動理解の段階性について―グループ活動時に着目し
8.
中村恭子千葉県茂原市立南中学校学校体育研究会
「ダンス領域・現代的なリズムのダンス」,指導助言.茂
て―.日本体育学会第 64回大会(滋賀)予稿集, 355,
原,2013. 11. 20
2013. 8.
9.
中村恭子千葉県教育委員会主催千葉県学校ダンス発
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
73
廣津信義・原田睦巳・加納
表会,作品講評.千葉,2013. 11. 27
實
日本体育学会第64回大会(2013. 9)
載
中村恭子千葉県女子体育連盟研究発表会,指導助
10.
予稿集 P. 300に掲
言,千葉,2013. 12. 3

◯
学会誌等の査読体育学研究(1 編),比較舞踊研究
11.
1.
(2 編),(公社)日本女子体育連盟学術研究(1 編)
EŠect of a short term training session on bacterial gut
microbiota in male athletes.
Suzuki Y, Nakadake M, Tomita T, Harada M, Kano K,
中村
Sakuraba K, Tsuji H, Takahashi T, Asahara T, Nomoto K,
充
Yamashiro Y.

◯
1.
Japan-Russia International Workshop 2013  Infectious
Diseases. 東京順天堂大学.2013年10月28日.
Kiyoshi Ito, Nobuyoshi Hirose, Mitsuru Nakamura,
Naoya Maekawa, Masahiro Tamura. Judo Kumi-te Pattern and Technique EŠectiveness Shifts after the 2013 International Judo Federation Rule Revision. Archives of Budo,
2.
福井県鯖江市体操協会主催ふれあい体操教室
講師
(2013.3)
Vol 10 OA19
廣瀬

◯
1.
中野雅貴,中村
充,廣瀬伸良.剣道の打撃動作にお

◯
ける体幹部の移動について.日本武道学会第46回大会・
1)
第 1 回国際武道会議
第46巻別冊,31.
伸良
The Transformation of Technical-tactical Behaviors for
Hand Techniques Used in Attacking Below the Belt after
the 2010 International Judo Federation Rule Revision.
2.
伊藤
潔,廣瀬伸良,中村
充,前川直也,田村昌大.
Kiyoshi Ito, Nobuyoshi Hirose, Mitsuru Nakamura, Naoya
IJF2013 ルール改正に伴う戦術行動にみる投技効力の変
Maekawa, Masahiro Tamura, Nobuyoshi Hirotsu
化について.日本武道学会第46回大会・第 1 回国際武道
Archives of Budo 9(1): 16. 2013.
会議
第46巻別冊,77.
2)
原田
前川直也,坂本道人,石井兼輔,越野忠則,矢崎利加,
睦巳
廣瀬伸良,田村昌大
徳山工業高等専門学校研究紀要第36号4352. 2013.

◯
1.
地方有力大学柔道選手の心理的特性
採点規則の改定に伴うあん馬の演技構成に関する一考
察
原田睦巳・加納
3)
實・小西康仁・冨田洋之
The method of expert evaluation of speciˆc abilities to
practice judo proposition of Japanese top level university
日本体操競技・器械運動研究21号,110(2013. 3)
judo coaches
Naoya Maekawa, Nobuyoshi Hirose, Kiyoshi Ito, Kensuke

◯
1.
Ishii, Tadanori Koshino, Rika Yazaki, Masahiro Tamura
平成24年度大学スポーツ研究活動資源活用事業
活動
Archives of Budo 9(4): 219224, 2013.
報告書
順天堂大学スポーツ健康科学部
活動報告書

◯
1)

◯
1.
柔道選手における競技力の主観的評価尺度の作成(そ
の 2)
体操男子団体戦における競技方式の数学モデリング
前川直也,廣瀬伸良,石井兼輔,越野忠則,矢崎利加,
―個人得点を正規分布で表現した際の団体得点の分布計
伊藤
潔,田村昌大
算とその応用―
武道学研究第46巻別冊 p59,2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
74
2)
IJF2013ルール改正に伴う戦術行動にみる投技効力の
変化について
伊藤
潔,廣瀬伸良,中村
充,前川直也,田村昌大
武道学研究第46巻部冊 p77,2013.
准教授
中嶽
誠

◯
1.
3)
第 5 巻 Supplement (2014)
田口富一(他千葉県立成田国際高等学校保健体育科教
諭),中嶽
大学柔道選手における T. tonsurans 感染症の罹患率の
誠.学習規律の確立.千葉県学校体育研究
指定校研究紀要.2013年 4 月.
推移―東京学生柔道連盟登録柔道選手を対象にして―
田村昌大,廣瀬伸良,小川祐美,貞政裕子,比留間政太
郎
2.
中嶽
誠.バスケットボール競技における 3 ポイント
ライン拡張によるシュート選択行動の変化.順天堂ス
Medical Mycology Journal, p93, 2013.
ポーツ健康科学研究,4(1), 4145.2013年 3 月.
4)
Trichophyton tonsurans 124 株における抗真菌剤 7 薬剤の
感受性パターンの検討
田村
俊,比留間
3.
翠,小川祐美,廣瀬伸良,比留間政
中嶽
誠.バスケットボール競技におけるルール改正
前後の技術戦術について.順天堂スポーツ健康科学研究.
太郎,山本美佳智,槇村浩一
4(Supplement), 59,2013年 3 月.
Medical Mycology Journal, p104, 2013.
4.
5)
櫻庭景植,中嶽
誠. 2012 年度クラブ活動指導報告
男子バスケットボール部.順天堂スポーツ健康科学研究.
EŠect of 2013 International Judo Federation Rule Revi-
4(Supplement), 39,2013年 3 月.
sion on Throwing Techniques' Tactical EŠectiveness: Comparative Analysis
Kiyoshi Ito, Nobuyoshi Hirose, Mitsuru Nakamura, Naoya
5.
櫻庭景植,中嶽
誠,竹内敏康.2012年度クラブ活動
Maekawa, Masahiro Tamura
指導報告
International Judo Symposium-Medical and Scientiˆc
康科学研究.4(Supplement), 40,2013年 3 月.
女子バスケットボール部.順天堂スポーツ健
Aspect, 2013, p7.

◯
6)
Trends in prevalence of T. tonsurans infection in Japan
中嶽
誠,長沼裕太.フィジカルトレーニング導入によ
―The intended for university judo players―
る順天堂大学男子バスケットボール部の事例.順天堂大学
Masahiro Tamura, Nobuyoshi Hirose
スポーツ健康科学部.2013年 6 月 8 日.
International Judo Symposium-Medical and Scientiˆc

◯
Aspect, 2013, p4.
Suzuki Y, Nakadake M, Tomita T, Harada M, Kano K,
7)
An evaluation of judo competitor's speciˆc abilities by
Sakuraba K, Tsuji H, Takahashi T, Asahara T, Nomoto K,
Japanese university judo coaches
Yamashiro Y. EŠect of a short term training session on bac-
Naoya MAEKAWA, Nobuyoshi HIROSE, Kiyoshi ITO,
terial gut microbiota in male athletes. Japan-Russia Interna-
Kensuke ISHII, Tadanori KOSHINO, Rika YAZAKI,
tional Workshop 2013 Infectious Diseases.
Masahiro TAMURA
大学.2013年10月28日.
東京順天堂
International Judo Symposium-Medical and Scientiˆc
Aspect, 2013, p6.
仲村

◯
1)
明

◯
日本武道学会投稿原著論文
査読 2 編
1.
鈴木良雄,仲村
植,小林
明,長門俊介,鯉川なつえ,櫻庭景
唯.大学陸上長距離選手の栄養素充足状態お
よび競技能力の客観指標の探索.Exploring
biomarkers
to indicate nutritional status and athletic performance in
順天堂スポーツ健康科学研究
college distance runners.
第 5 巻 Supplement (2014)
ネスレ栄養科学会議
75
研究成
2013年12月
果報告書.2013.

◯

◯
1.
公開講座2013年11月24日(日)サッカー教室
鈴木良雄,仲村
明,長門俊介,沖田麿衣,鯉川なつ
え,櫻庭景植,奥村
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌
R 1 の摂取は持久運動に伴う免疫機能の低下を抑制す
荻原
る.第 68回日本体力医学会大会.演題番号 1I63,東

◯
京日本教育会館,2013. 9
1.
朋子
Kaori Saito, Masahumi Yoshimura and Tomoko
Ogiwara: Pass Appearance Time and pass attempts by

◯
1.
teams qualifying for the second stage of FIFA World Cup
仲村
明,長門俊介,福島
稔.トップアスリートと
2010 in South Africa ―All 48 group stage matches―, Foot-
指 導 者 の 養 成 へ の 取 り 組 み , Calcium NEWS ( Vol.
ball Science Vol. 10. 6569, 2013.
20).ユニカ食品株式会社(2014年 1 月)

◯
2.
監督たちの挑戦(全 10区間の戦略を語る),箱根駅伝
1.
ガイド決定版2014,p95,読売新聞,2013. 12
荻原朋子,岡出美則,須甲理生,四方田健二小学校
高学年児童におけるオーバーハンドパスに関する素朴概
念調査方法の検討
助教
青葉
幸洋
2.
須甲理生,笹本重子,荻原朋子,四方田健二,岡出美
則教職 1 年目の保健体育教師における省察を通した授

◯
1.
中学生との比較から.日本体育学会
第64回大会予稿集,立命館大学349, 2013.
業に関する信念の形成
福士徳文,桜庭景植,吉村雅文,窪田敦之,青葉幸
体育授業指導経験における転機
洋.シューズの相違がターン動作における足底圧に及ぼ
に着目したインタビュー調査を通して.日本体育学会第
す影響~第 5 中足骨疲労骨折との関連を中心に~.第26
64回大会予稿集,立命館大学354, 2013.
回日本トレーニング科学学会大会,2013年11月
3.
2.
酒匂宙夢,今関豊一,荻原朋子小学校体育授業の持
学,青木和
久走におけるかかわり合いにはたらきかける学習の検討
浩.速度の異なる直球を用いた打撃練習と見るトレーニ
―児童の発言に着目して―.日本スポーツ教育学会第33
ングが打撃能力に及ぼす影響.第26回日本トレーニング
回大会号,日本大学74, 2013.
河村剛光,窪田敦之,青葉幸洋,中田
科学学会大会,2013年11月
4.
3.
Takeshi Asada, Tomoko Ogiwara, Toyokazu Imazeki:
石原美彦,内藤久士,青葉幸洋,岡本一洋,吉村雅
Studies on free zone and the contents of learning soccer in
文.サッカー審判員の移動特性に関する研究.第11回日
physical education classes, The 33rd convention of the
本フットボール学会,2013年12月
Japanese society of sport education, Nihon University: 108,
2013.
4.
島嵜
佑,吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,岡本一
洋.日本人サッカー選手の ACTN3 遺伝子型に関する研

◯
究.第11回日本フットボール学会,2013年12月
1.
荻原朋子技能学習で知識の再構成を図る―バレー
ボールのオーバーハンドパスを例に.体育科教育 62,
5.
吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,島嵜
佑,岡本一
洋,石原美彦,渡辺圭佑,柳谷登志雄.女子サッカーの
競技力向上を目指して大腿前部の筋厚,ジャンプテスト,
BIODEX の結果から.第 11 回日本フットボール学会,
大修館書店3639, 2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
76
第 5 巻 Supplement (2014)
グ.月刊陸上競技11月号,pp. 9697.講談社(2013)

◯
研究会講師
1.
八千代市西高津小学校体育科研修会講師(2013年度)
2.
白井市立七次台中学校体育科研究会講師(2013年度)
3.
白井市体育授業研究会講師(2013年 6 月,12月)
4.
世田谷区立芦花小学校体育研究部講師(2013年10月)
2012年度クラブ活動指導報告書
5.
松戸市小学校体育実技研修会講師(2013年11月)
加納
冨田
洋之

◯
体操競技部
實,原田睦巳,冨田洋之[他]
順天堂スポーツ健康科学研究 4(Suppl.), 3235, 201303
査読経験(年度)
1.
日本教科教育学会

◯
2.
日本体育科教育学会
TV・雑誌などの解説・インタビュー
・NHK 番組名「ためしてガッテン」収録
高梨
・NHK インタビュー
雄太
・ニコチル広報誌
1.
高梨雄太.女子やり投競技者における試技開始前準備
講演
・高谷中学校
動作の調査.陸上競技研究95,pp. 2430.(2013)
「生きる力の育成
2.
インタビュー
・文芸春秋「number」取材

◯
マー投競技者のパフォーマンスとコントロールテストの
夢にチャレンジ
世界にはばたく人
材育成」
廣瀬健一,高梨雄太,青木和浩,金子今朝秋.ハン
講演・実演指導
・横浜医科学センター
関連性について.陸上競技研究92,pp. 3844.(2013)
・豊田市体操教室
3.
櫻田淳也,佐々木大志,高梨雄太.大学および高等学
その他
校における陸上競技の授業の現状について.東京女子体
・ワールドカップ東京大会
国際審判
育大学・東京女子体育短期大学女子体育研究所所報第 7
・世界体操競技選手権大会
国際審判
号,pp. 14(2013)
町田

◯
1.
高梨雄太,鯉川なつえ,鈴木良雄,沖田麿衣,櫻庭景
植,奥村
康,竹田和由,澤木啓祐.乳酸菌 R 1 の摂

◯
1.
Machida, M., Irwin, B., & Feltz, D. (2013). Resilience
取は投擲選手の強化練習に伴う免疫機能の低下を抑制す
in competitive athletes with spinal cord injury: The role of
る.第 68 回日本体力医学会大会予稿集 p. 168 , 1I6 4.
sport participation. Qualitative Health Research, 28, 1054
(2013)
2.
萌
廣瀬健一,高梨雄太,大山圭悟,青木和浩.高重量ハ
1065.
2.
Machida, M., & Feltz, D. (2013). Studying the career
ンマーを使用したトレーニングがハンマー投パフォーマ
advancement of women coaches: The roles of leader self-
ンス及び投動作に及ぼす影響.日本陸上競技学会12回大
e‹cacy, International Journal of Coaching Science, 8, 2227.
会 ( ~ 臨 戦 態 勢 の 実 践 知 を 考 え る ~ ) 予 稿 集 p. 35.
(2013)

◯
1.
1.
内田遼介・町田
萌・土屋 裕睦・釘原直樹.(印刷
中).スポーツ集合的効力感尺度の改訂・邦訳と構成概

◯
高梨雄太.連続写真で見る陸上競技の技術,特別編
「モスクワ世界選手権金メダリストたちに学ぶスー
パー・テクニック」男子円盤投,ロベルト・ハーティン
念妥当性の検討,体育学研究.
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)

◯
1.
Machida, M., Yamada, H., Araki, K., & Tsuchiya, H.
(July, 2013) A preliminary examination of the relationship
between physical activity motivation and self-e‹cacy among
physical activity participants in Japan. In T. Morris., De-
veloping the Measurement of Participation Motivation in Sport and
77
助手
島嵜
佑

◯
〔国内学会発表〕
1.
島嵜
佑,吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,岡本一
Physical Activity''. A symposium conducted at the meeting of
洋.日本人サッカー選手の ACTN3 遺伝子型に関する研
International Society for Sport Psychology, Beijing, China.
究.日本フットボール学会 11th Congress ,平塚, 2013
年12月
2.
Yamada, H., Machida, M., & Tsuchiya, H. (August,
2013). An exploratory study on self-talk use among
2.
吉村雅文,青葉幸洋,福士徳文,島嵜
佑,岡本一
Japanese collegiate athletes. A poster presented at the meet-
洋,石原美彦,渡辺圭佑,柳谷登志雄.女子サッカーの
ing of International Society for Sport Psychology, Beijing,
競技力向上を目指して―大腿前部の筋厚,ジャンプテス
ト , BIODEX の 結 果 か ら ― . 日 本 フ ッ ト ボ ー ル 学 会
China.
11th Congress,平塚,2013年12月
3.
町田
萌・内田遼介・土屋裕睦( 2013 年 8 月).未来
のスポーツ指導者を育成する学生のスポーツ指導への
自信を育てるには
口頭発表,日本体育学会,滋賀県
草津.
高橋

◯
1.
4.
祐太
山田裕生・町田
実践研究競泳選手における高強度短距離インターバ
ルトレーニングがストローク特性に与える影響スポー
萌・土屋裕睦( 2013 年 8 月).大学
ツパフォーマンス研究,2013 272278
競技者におけるセルフトーク.口頭発表,日本体育学
会,滋賀県草津.
5.
Machida, M., & Feltz, D. (October, 2013). Examining a
model of career advancement of female and male assistant
coaches. A paper presented at the annual meeting of Associ-
中田
学

◯
〈国内学会発表〉
河村剛光,窪田敦之,青葉幸洋,中田
ation for Applied Sport Psychology New Orleans, LA,
学,青木和浩
速度の異なる直球を用いた打撃練習と見るトレーニング
USA.
が打撃能力に及ぼす影響
6.
町田
第26回
萌・荒木香織・木田京子(2013年11月).スポー
日本トレーニング科学会大会,山形,2013.11
ツ指導者のコーチング効力感と環境および個人要因の関
係.口頭発表,日本スポーツ心理学会,東京.

◯
1.
長門
俊介

◯
町田
萌(代表)・荒木香織・木田京子.笹川スポー
ツ財団( H. 25)
一般研究
1.
鈴木良雄,仲村
植,小林
(100万円)「女性のスポー
明,長門俊介,鯉川なつえ,櫻庭景
唯,大学陸上長距離選手の栄養素充足状態お
よび競技能力の客観指標の探索.Exploring
ツ指導者キャリアパスの検討」(#130A1008)
biomarkers
to indicatenutritional status and athletic performance in col2.
公開講座 講師「子供の才能を伸ばす親のサポート」,
順天堂大学,千葉県印西市
3.
(2013年10月)
トヨタ自動車アルバルク,スポーツ心理学コンサルタ
ント(2013年~現在)
lege distance runners.ネスレ栄養科学会議
研究成果報
告書.2013.

◯
1.
鈴木良雄,仲村
明,長門俊介,沖田磨衣,鯉川なつ
順天堂スポーツ健康科学研究
78
第 5 巻 Supplement (2014)
康,竹田和由,澤木啓祐,乳酸筋
Twitter の実践的研究国内競技団体(NF)と国際競技団
R 1 の摂取は持久運動に伴う免疫機能の低下を抑制す
体(IF)の活用の現状比較.日本スポーツマネジメント学
る.第68回日本体力医学会大会.演題番号 1163,東
会第 6 回大会号,p. 30.
え,櫻庭景植,奥村
京日本教育会館,2013. 9

◯

◯
1.
小笠原悦子( 2013 )現代社会における女性とスポーツ.
仲村
明,長門俊介,福島
稔,トップアスリートと
指導者の養成への取り組み, Calcium
NEWS
CEL, 103, pp. 4649.
( Vol.
20).ユニカ食品株式会社(2014年 1 月)

◯
文部科学省委託事業平成24年度マルチサポート事業女性
中野
アスリートの戦略的サポート事業統括責任者(2013年 3 月
雅貴
まで)

◯
中野雅貴,中村
充,廣瀬伸良.剣道の打突動作における
体幹部の移動について.武道学研究
第 46巻
別冊 p30,
北村
薫

◯
2013
1.
依田充代,北村
薫.ドーピング知識とスポーツ観の
研究小中学生の現状から.運動とスポーツの科学 18
〔スポーツマネジメント学科〕
教授
小笠原悦子
(1), 2940, 2012 (2013発行)

◯

◯
〔国際学会発表〕
順天 堂大 学マ ルチサ ポート 事業 (監修 小 笠原悦 子)
1.
(2013)女性アスリート戦略的支援方策レポート.263p.
Ryotaro Takahashi, Yoh Kohno, Etsuko Ogasawara, and
Kaoru Kitamura. THE STUDY OF THE USE OF
TWITTER BY THE JAPANESE SPORT ORGANIZA
◯
TIONS. Asian Association for Sport Management 9th Con-
Ogasawara, E. (2013) Women in University and Olympic
ference, Kuala Lumpur, Malaysia, 2013年 6 月
Sport. 2013 International University Sports Federation
(FISU) Conference Proceedings, Keynote Speech, Kazan,
Russia, July 16. 2013. pp. 5356.
〔国内学会発表〕
1.
庄司直人,芳地泰幸,水野基樹,北村
薫.フィット
ネスクラブ従業員のスポーツを通じた学習に関する予備
池畑亜由美・河野梨香・佐々木康成・鈴木志保子・佃
的研究.日本スポーツ心理学第40回大会,東京,2013年
文
子・涌井佐和子・小笠原悦子 ( 2012 )成長期の女性アス
11月.
リートに向けたセルフマネジメント教育プログラムの開
発女子高校生アスリートの月経実態調査より.日本体育
2.
学会第64回大会予稿集.p. 301.
庄司直人,中山貴太,芳地泰幸,藤井啓嗣,川田裕次
郎,水野基樹,北村
薫.自転車運転者の不安全行動を
引き起こす心理的要因に関する研究―政令指定都市の事
Takahashi, R., Kohno, Y., Ogasawara, E., & Kitamura, K.
故およびヒヤリ・ハットレポートからのアプローチ―.
(2013). The Use of Twitter Among Japanese Sport Organiza-
第42回人類働態学会東日本地方会,東京,2013年12月.
tions. The 9th Asian Association For Sport Management Conference, Kuala Lumpur, Malaysia, June 28, 2013, Abstract
3.
松川勇樹,依田充代,安藤俊明,北村
薫.運動組織
に加入していない子供の特徴分析と支援の検討.日本ス
pp. 1819.
ポーツマネジメント学会第 6 回大会,東京,2013年12月.
高橋遼太郎・河野
洋・小笠原悦子・北村
薫( 2013 )
順天堂スポーツ健康科学研究
4.
高橋遼太郎,河野
第 5 巻 Supplement (2014)
洋,小笠原悦子,北村
79
ダの文化比較―」 SSF スポーツ政策研究, 2 ( 1 ) , 214 
薫.
Twitter の実践的研究国内競技団体(NF)と国際競技
221.
団体(IF)の活用の現状比較.日本スポーツマネジメン
ト学会第 6 回大会,東京,2013年12月.
3.
舟木泰世・工藤康宏・梶原
健・涌井佐和子・野川春
夫「プロスポーツチームとまちづくりに関する研究―
須藤
bj リ ー グ 新 規 参 入 チ ー ム の 拠 点 地 域 に お け る 住 民 の
路子
ソーシャルキャピタルに着目して―」SSF スポーツ政策
研究,2(1), 126134.

◯
Mochizuki, Akito Azumane, Sudo, Michiko Mochizuki, Itoh,
Kenji, and Kirino,Eiji (2013) System analysis of physical abil-
4.
Yasuhiro Watanabe, Koji Matsumoto and Haruo Noga-
ities, social functioning and language proˆciency. Journal of
wa: ``Variables in‰uencing spectators' desire to stay at a
Health and Sports Science, Juntendo, 5(1), 19.
professional golf tournament in Japan'' Contemporary
Management Research. 9(3), 283298, 2013.

◯
須藤路子( 2013)「英語の母語習得と第二言語習得におけ

◯
るリズムパターン生成モデル」『科学研究費助成事業研究
1.
成果報告書』15.
「東アジアにおけるスポーツ振興の一元化推進策に関
する国際比較研究―ASEAN 諸国を中心として―」発表
者野川春夫
第64回日本体育学会,立命館大学,2013年 8 月28日.

◯
1.
須藤路子・金子育世( 2013 )「海外在住開始年齢と期
間が日本人学習者による英語母音の compensatory short-
2.
2.
「国民体育大会の総合開会式のイベントマネジメント
ening に与える影響」『日本音響学会講演論文集』 451 
に関する研究」発表者山田亜沙妃・野川春夫
452.
第64回日本体育学会,立命館大学,2013年 8 月28日
伊藤憲治,須藤路子,望月明人,桐野衛二( 2013 )
3.
「運動・認知機能の連関解析」
『第 3 回 3 学会(人間工学・
「プロスポーツ拠点地域における近隣住民の観戦行動
とソーシャルキャピタルについて」発表者工藤康宏・
舟木泰世・野川春夫
Fuzzy・21c)共催大会抄録集』1, 279.
第64回日本体育学会,立命館大学,2013年 8 月28日
3.
須藤路子・金子育世・西村英俊( 2013)「英語の生成
パターンと聴解力・読解力における年齢要因―日本人帰
4.
「東アジアにおけるスポーツ振興に関する国際比較」
国生と一般大学生の分析―」『日本音響学会講演論文集』
発表者野川春夫・岡田
283284.
工藤康宏
梓・佐々木朋子・田中暢子・
第64回日本体育学会・体育社会学,立命館大学,2013年
野川
8 月28日
春夫

◯
1.
5.
野川春夫・岡田
「体育系大学における AO ・推薦入学予定者を対象と
した入学前教育の導入効果」
梓・佐々木朋子・田中暢子・工藤康
宏「東アジア等におけるスポーツ振興の一元化推進策
発表者水野基樹・芳地泰幸・中山貴太・北村茉衣・野
に関する国際比較研究―ASEAN 諸国を中心として―」
川春夫
SSF スポーツ政策研究,2(1), 3241.
第64回日本体育学会・体育心理学,立命館大学,2013年
8 月29日
2.
岡安
功・伊藤央二・Walker, G. J.・山口志郎・野川
春夫「青年後期におけるスポーツ活動の実態及び心理
的影響に関する研究―スポーツ振興における日本とカナ
6.
「体育系大学における AO ・推薦入学予定者を対象と
した入学前教育の導入効果」
順天堂スポーツ健康科学研究
80
第 5 巻 Supplement (2014)
発表者芳地泰幸・水野基樹・中山貴太・藤井啓嗣・野
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
川春夫
ュリータワー,2013年11月16日
第64回日本体育学会・体育心理学,立命館大学,2013年
8 月29日
14.
「MICE の社会的認知度向上に関する研究」
発表者殿塚すみれ・野川春夫・高橋季絵
「国民体育大会の総合開会式のイベントマネジメント
7.
に関する研究」発表者山田亜沙妃・野川春夫
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
第64回日本体育学会・体育経営管理,立命館大学,2013
年 8 月28日
15.
「J リーグにおける観戦者のサービス品質認識の男女
比較研究」
「複数種目を組み合わせたスポーツイベント―ブロー
8.
発表者山本浩佑・野川春夫・高橋季絵
ライフルとノルディックウォーキングイベント―」
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
発表者谷津祥一・野川春夫・木谷道宣
ュリータワー,2013年11月16日
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
16.
「スポーツ祭東京2013開会式における観覧者の満足度」
発表者野川春夫・山田亜沙妃
「国民体育大会における式典イベントの有効性と課題
9.
―各都道府県の行進参加者に着目して―」
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
発表者山田亜沙妃・野川春夫
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
17.
「カヌースラローム競技のジュニア育成プログラムに
関する研究~東ヨーロッパに着目して~」
発表者山田亜沙妃,野川春夫,工藤康宏,早瀬健介
10.
「スポーツイベントにおけるパーソナリティフィット
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月13日
の効果に関する研究―ブランドパーソナリティを用いた
定量分析」
18.
「J クラブのクオリティーマネジメントに関する研究」
発表者山口志郎・野川春夫
発表者保坂亮太,新藤一晴,野川春夫
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月13日
ュリータワー,2013年11月16日
19.
11.
「震災復興におけるダンスイベントの傾向と課題―教
「ウォーキング継続率の向上に関する研究―ポスチュ
アウォーキングに注目して―」
育機関に着目して―」
発表者谷津祥一・鈴木規美子(KIMIKO)・野川春夫
発表者野川春夫・野原正登・舟木泰世・保坂亮太
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
20.
「日本の障害者スポーツの国際競技力に関する研究―
パラリンピック選手の社会化過程に着目して―」
12.
「ゴルフトーナメントのイベントマネジメントに関す
る研究―観戦者の特性に着目して―」
発表者岡田
梓・田中暢子・野川春夫
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
発表者渡辺泰弘・野川春夫・松本耕二
イベントサロン2013第15回学会大会,順天堂大学センチ
ュリータワー,2013年11月16日
21.
「総合型地域スポーツクラブの継続に向けて―東京都
地域スポーツクラブのスタッフ・会員に着目して―」
発表者舟木泰世・野川春夫・高橋季絵
13.
「生涯スポーツイベントのスポンサーシップにおける
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
研究」
発表者小澤
惇・野川春夫・高橋季絵
22.
「公共スポーツ施設におけるモニタリング」
順天堂スポーツ健康科学研究
発表者高橋季絵・相原
第 5 巻 Supplement (2014)
実・野川春夫
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
81

◯
基調講演
1.
23.
日本体育学会
本部企画「日本の体育・スポーツ教育
の原点に立ち返り」第64回日本体育学会,立命館大学,
「カヌースラローム競技のジュニア育成プログラムに
関する研究―東ヨーロッパに着目して―」
2013年 8 月28日.
発表者山田亜沙妃・野川春夫・工藤康宏・早瀬健介
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
2.
日本生涯スポーツ学会
本部企画「平成40年」第15回
日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
24.
「マラソン大会における参加者のベネフィットに関す
る事例研究」
発表者岡安
3.
功・野川春夫・Morais, D. B.・Casper,
日本体育施設協会「生涯スポーツ社会を支えるスポー
ツ施設」第33回近畿研究協議大会,京都,2013年11月29
日
J.
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
4.
25.
「日韓プロサッカーにおける女性観戦者のサービス品
「Host of Asian Youth Football Festa and Asian Youth
Football Development Plans」2013 Asian Youth Football
質認識の比較研究」
Festa International Symposium,仁川,韓国,2013年10
発表者金・李・方住月・野川春夫
月4日
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
5.
26.
「韓国女性のプロサッカー観戦行動に関する研究」
「Impacts of the 2020 Tokyo Olympic/Paralympic
Games」 第 8 回 AISA Asia Sport Industry Forum,高
発表者李・金・方住月・野川春夫
雄,台湾,2013年12月13日
第15回日本生涯スポーツ学会,熱海,2013年10月12日
27.
「サッカークラブのクオリティーマネジメント J
リーグアカデミーに着目して」
発表者保坂亮太,新藤一晴,野川春夫

◯
日本スポーツマネジメント学会第 6 回大会,筑波大学
大野早苗(2013. 4)「表現学関連分野の研究動向―日本語
(大塚キャンパス),2013年12月 9 日
教育―」『表現研究』第97号 p. 21

◯

◯
1.
先任准教授
大野 早苗
「指定管理者時代の公共スポーツ施設経営」第23回
単著
月刊体育施設,1 月号,pp. 3839. 2013年 1 月
大野早苗(2013. 3)「「書き言葉らしさ」の一側面」『日本
リメディアル教育学会第 2 回関東甲信支部研究会発表予稿
集』pp. 2627
2.
於
聖学院大学
「指定管理者時代の公共スポーツ施設経営」第24回
単著
月刊体育施設,5 月号,pp. 3839. 2013年 5 月
大野早苗(2013. 8)「ディベートの作法を生かした作文指
導の試み」『日本リメディアル教育学会第 9 回全国大会発
3.
「指定管理者時代の公共スポーツ施設経営」第25回
単著
表予稿集』pp. 7677
於
広島修道大学
月刊体育施設,7 月号,pp. 3839. 2013年 7 月
大野早苗(2013. 12)「体育系学部生の作文ストラテジー」
4.
「指定管理者時代の公共スポーツ施設経営」第26回
単著
5.
月刊体育施設,9 月号,pp. 3839. 2013年 9 月
「指定管理者時代の公共スポーツ施設経営」第27回
単著
月刊体育施設,11月号,pp. 3839. 2013年11月
『日本リメディアル教育学会第 3 回関東甲信支部研究会発
表予稿集』pp. 2223
於
日本橋学館大学

◯
『アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル』第 5 号
日
順天堂スポーツ健康科学研究
82
本語教育学会アカデミック・ジャパニーズ・グループ
発表者伊藤俊貴・工藤康宏,日本女子体育連盟ウイン
ア
ターセミナー,2013年 2 月11日
ドバイザー協力者(2013. 6)
朝日カルチャーセンター日本語教師養成講座講師(文法)
第 5 巻 Supplement (2014)
2.
「祭りへの参加と地域愛着についての研究」発表者
尾名高悠太・工藤康宏,日本女子体育連盟ウインターセ
(2013. 46)
ミナー,2013年 2 月11日
朝日カルチャーセンター日本語教育能力検定試験対策講座
講師(日本語の構造)(2013. 9)
3.
「スポーツ観戦者における経験価値と観戦回数に関す
る研究―bjリーグに着目して―」発表者浜田千絵・工
金子
藤康宏,日本女子体育連盟ウインターセミナー,2013年
育世
2 月11日

◯
井上逸兵・横山安紀子・金子育世(2013)『新・英語音声
4.
学』慶應義塾大学出版
「スポーツと色彩効果について―フィギュアスケート
の衣装の色は審判に影響を及ぼすのか―」発表者山田
清花・工藤康宏,日本女子体育連盟ウインターセミナー,

◯
1.
2013年 2 月11日
須藤路子・金子育世(2013)海外在住開始年齢と期間
が日本人学習者による英語母音の compensatory shorten-
5.
「The Current Situations of Japanese Sport Tourism.」
ing に与える影響『日本音響学会 2013年春季研究発表会
発表者Yasuhiro KUDO, 10th Seoul International Sport
講演論文集』451452, 2013年 3 月
Industry Forum 2013.
The Creation of Business Value through Sport Conver-
2.
須藤路子・金子育世・西村英俊(2013)英語の生成パ
gence.
ターンと聴解力・読解力における年齢要因―日本人帰国
Hanyang University, 2013年 2 月23日
生と一般大学生の分析―『日本音響学会2013年秋季研究
発表会講演論文集』283284, 2013年 9 月
6.
Japanese Case of ``Integrating Government, Private and
Voluntary Stakeholders Initiatives in the Sport Industry''
3.
Ikuyo Kaneko & Yumiko Mizusawa (2013). An Ap-
発表者Etsuko Ogasawara, Yasuhiro Kudo. The 9TH
praisal analysis of emotional expressions in ˆrst and second
Asian Association for Sport Management Conference. 2013
language writings by Japanese learners of English. Program
年6月
& Abstracts for the 2013 ASFLA National Conference, 50, Oct.,
2013.
7.
「プロスポーツの拠点地域における住民の観戦行動と
ソーシャルキャピタルについて」
工藤
発表者工藤康宏・舟木泰世・野川春夫,立命館大学び
康宏
わこ・くさつキャンパス,2013年 8 月29日

◯
1.
「プロスポーツチームとまちづくりに関する研究― bj
8.
「震災の及ぼしたストレスとその解消手段について―
リーグ新規参入チームの拠点地域における住民のソーシ
サッカーおじさんを対象として―」発表者中村紘子,
ャルキャピタルに着目して―」舟木泰世・工藤康宏・梶
的場洋介,大塚桃子,野上咲子,塩川知良,山田俊輝,
原
工藤康宏,日本生涯スポーツ学会第15回大会,静岡県熱
健・涌井佐和子・野川春夫,SSF スポーツ政策研究
第 2 巻 1 号 2012年度 笹川スポーツ研究助成研究成果報
海市,2013年10月12日
告書,pp. 126134, 2013.
9.
表者野川暁弘,上杉

◯
1.
「中高年サッカー愛好者の体罰に関する意識調査」発
「小学生のスポーツ活動に対する保護者が与える影響」
杏,岡村奈奈,佐藤有里子,福
本拓真,山本純子,工藤康宏,日本生涯スポーツ学会第
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
83
「ラーニングバリュー総合研究所 平成25年度活動報告書」
15回大会,静岡県熱海市,2013年10月12日
株式会社ラーニングバリュー,2012年
「カヌースラローム競技のジュニア育成プログラムに
10.
関する研究―東ヨーロッパに着目して―」発表者山田
亜沙妃・野川春夫・工藤康宏・早瀬健介,第15回日本生
涯スポーツ学会,静岡県熱海市,2013年10月12日

◯
「首都圏における自転車利用の実態把握―自転車利用時
の行動特性と意識に関する質問紙調査からのアプローチ
―」人類働態学会全国大会『人類働態学会会報』,第98号,
「スポーツイベント参加者に与えるクチコミの影響」
11.
発表者飯田速人・工藤康宏,イベント学会第16回研究
研究者川田裕次郎,藤井啓嗣,中山貴太,芳地泰幸,水
大会,順天堂大学本郷キャンパス,2013年11月16日
野基樹

◯
1.
2122頁,2013年 6 月
「首都圏における自転車利用の実態把握―事故およびヒ
「日本におけるスポーツツーリズムの背景」工藤康宏,
みんなのスポーツ2013. 5, Vol. 393,pp. 1214
2013年
5月
ヤリ・ハット体験レポートからのアプローチ―」人類働態
学会全国大会『人類働態学会会報』,第 98号,23頁, 2013
年6月
研究者芳地泰幸,藤井啓嗣,中山貴太,川田裕次郎,水
野基樹

◯
1.
平成24年度葛飾区スポーツ指導員養成講習会「スポー
ツクラブの作り方」講師,2013年 2 月 9 日
「国内の主要学会における自転車研究の研究動向の把握」
人類働態学会全国大会『人類働態学会会報』,第98号,58
水野
頁,2013年 6 月
基樹
研究者中山貴太,芳地泰幸,藤井啓嗣,川田裕次郎,水

◯
野基樹
佐久間信夫,坪井順一編著『第二版現代の経営管理論』学
文社,東京,2013
「フィットネスクラブ従業員のレジリエンス向上のための
水野基樹第 7 章「モチベーション理論の展開( 143162
組織的支援」人類働態学会全国大会『人類働態学会会報』
頁)」,第10章「職場のコミュニケーション(207223頁)」
第98号,4344頁,2013年 6 月
を執筆
研究者庄司直人,藤井啓嗣,森口博充,中山貴太,芳地
泰幸,水野基樹

◯
【原著論文】
「体育系大学における AO・推薦入学予定者を対象とした
水野基樹,山田泰行,広沢正孝稿「看護師の職務不満足に
入学前教育の導入効果―プログラム体験後の心理的変容
影響を及ぼす衛生要因の検討」『産業保健人間工学研究』
の視点から―」日本体育学会『日本体育学会第64回大会予
2012年 Vol. 14, No. 1, 1724頁
稿集』122頁,2013年 8 月
研究者水野基樹,芳地泰幸,中山貴太,北村茉衣,野川
山田泰行,水野基樹,榎原
毅,芳地泰幸,上島通浩,広
春夫
沢正孝稿「大学生のアルバイトとワーク・スクール・コン
フリクト多重役割マップ(MRM)を用いたナラティブ・
「体育系大学における AO・推薦入学予定者を対象とした
アプローチの展開」『産業保健人間工学研究』2013年 Vol.
入学前教育の導入効果―プログラムを体験した学生の入
14, No. 1, 715頁
学後の追跡調査の視点から―」日本体育学会『日本体育学
会第64回大会予稿集』137頁,2013年 8 月

◯
「平成25年度 産業イベント調査報告書(八千代どーんと祭
り来場者アンケート調査報告書)」2012年
研究者芳地泰幸,水野基樹,中山貴太,藤井啓嗣,野川
春夫
順天堂スポーツ健康科学研究
84
「フィットネスクラブ従業員におけるスポーツ経験がレジ
リエンスに影響を及ぼすプロセスに関する研究」日本体育
第 5 巻 Supplement (2014)
康科学研究』第 4 巻(Suppl.),7 頁,2013年
執筆者水野基樹,山田泰行,芳地泰幸
学会『日本体育学会第 64 回大会予稿集』 135 頁, 2013 年 8
月
【社会貢献活動(講師)】
研究者庄司直人,芳地泰幸,中山貴太,藤井啓嗣,水野
学校法人大村文化学園
基樹
講師(2013年 1 月 56 日,福岡県)
「対「自転車」における事故及びヒヤリ・ハットの実態把
SD 研修「チームビルディング」
順天堂大学練馬病院・越谷病院
看護師研修会「チーム医
握」人類働態学会東日本地方会『人類働態学会会報』第99
療の実現に向けた効果的なコミュニケーションのあり方を
号,67 頁,2013年11月
考える」講師(2013年 2 月 23 日,埼玉県)
研究者中山貴太,庄司直人,芳地泰幸,藤井啓嗣,川田
裕次郎,水野基樹
日本ダイバーショナルセラピー協会
DSW 養成講座「コ
ミュニケーションの理論と多様な実践」講師(2013年 4 月
「自転車運転者の不安全行動を引き起こす心理的要因に関
20日,東京都)
する研究―政令指定都市の事故およびヒヤリ・ハットレ
ポートからのアプローチ―」人類働態学会東日本地方会
『人類働態学会会報』,第99号,910頁,2013年11月
研究者庄司直人,中山貴太,芳地泰幸,藤井啓嗣,川田
裕次郎,水野基樹,北村
東京都スポーツ文化事業団
スポーツクラブマネジャー養
成講座「クラブマネジャーの役割」講師(2013年 5 月19日,
東京都)
薫
法政大学情報科学部
「運動部活動におけるインセンティブの類型化に関する予
FD 研修「チームビルディング」講
師(2013年 5 月25日,東京都)
備的研究」人類働態学会東日本地方会『人類働態学会会
報』,第99号,3334頁,2013年11月
アクサ生命保険株式会社
研究者藤井啓嗣,芳地泰幸,水野基樹
メント」講師(2013年 6 月2122日,神奈川県)
「フィットネスクラブ従業員のスポーツを通じた学習に関
する予備的研究」日本スポーツ心理学会『日本スポーツ心
千葉県社会体育協会
管理職研修(基礎編)「マネジ
公認指導員講習会「スポーツ組織の
運営と事業」講師(2013年 6 月30日,千葉県)
理学会第 40回大会研究発表抄録集』 162163頁, 2013年11
月
研究者庄司直人,芳地泰幸,水野基樹,北村
神奈川県立体育センター
薫
スポーツクラブマネジメント講
座「クラブマネジャーの役割」講師(2013年 7 月 6 日,神
奈川県)

◯
「モバイル端末とコミュニケーション」『労働の科学』第68
巻11号,1317頁,2013年
佐倉市民カレッジ「チームワークを考える」講師(2013年
7 月17日,千葉県)
執筆者水野基樹
法政大学情報科学部

◯
FD 研修「授業改善」講師(2013年
7 月26日,東京都)
【学会誌の査読】
日本人間工学会「人間工学」
文部科学省
産業・組織心理学会「産業・組織心理学研究」
告会」報告者(2013年 9 月18日,東京都)
スポーツキャリア大学院プログラム「活動報
【研究報告】
アクサ生命保険株式会社
「スポーツ選手のメンタルマネジメントに向けたチームビ
シップ」講師(2013年 9 月2021日,東京都)
ルディングプログラム開発とその効果測定」『スポーツ健
管理職研修(応用編)
「リーダー
順天堂スポーツ健康科学研究
アクサ生命保険株式会社
第 5 巻 Supplement (2014)
管理職研修(総括編)「チーム
マネジメント」講師(2013年 9 月 4 日,東京都)
85
〔連載〕
・ DAC グループ広報誌に「広告基礎講座」を毎月 1 ペー
ジ連載(NO1~NO12)
日本予防医学協会・産業保健人間工学会
作業管理士認定
講習会「リーダーシップ」講師(2013年10月25日,東京都)
東京都スポーツ文化事業団
スポーツクラブマネジャー養
成講座「クラブマネジャーの役割」講師(2013年10月 3 日,
東京都)
〔健康学科〕
教授
島内
憲夫

◯
島内憲夫編訳・鈴木美奈子訳書評ヘルスプロモーション
九州共立大学
産業界のニーズに対応した教育改善・充実
~WHOオタワ憲章~,垣内出版,2013.
体制整備事業「社会的・職業的自律力育成シンポジウム
大学生の社会的実践能力を育むキャリア支援」基調講演,
(2013年11月30日,福岡県)

◯
島内直子・広沢正孝・島内憲夫高齢者終末期医療への提
案~患者が自らの生命を生き,最後を迎えるために~,ヘ
アクサ生命保険株式会社
アクサ・マネジメント・ユニ
ルスプロモーション・リサーチ Vol. 6 No. 1, 410, 2013.
バーシティ(代理店研修)「マネジメント」講師(2013年
12月 67 日,東京都)

◯
島内憲夫・鈴木美奈子著健康社会学講義ノート,順天堂
日本ダイバーショナルセラピー協会
DSW 養成講座「コ
大学健康社会学研究室.
ミュニケーションの理論と多様な実践」講師(2013年12月
15日,大阪府)

◯
末吉祐介・島内憲夫・鈴木美奈子大学生の身体組成と生
山田
満
活習慣および主観的健康観の関連,第11回日本ヘルスプロ
モーション学会学術大会・総会,抄録集,60,2013.

◯
「別創ライフのススメ」(単著)軽井沢ニュース舎,2013年
5月
山本健次・島内憲夫・鈴木美奈子スポーツ健康系大学生
における保健知識と主観的健康観との関連について,第11
回日本ヘルスプロモーション学会学術大会・総会,抄録集,
61,2013.

◯
東京中日スポーツ「箱根駅伝のメディア露出効果関連記
事」,(17 cm×12段),2013年12月20日
野上政彦・島内憲夫保健体育教諭の主観的健康観と保健
軽井沢ニュース「スタインウェイピアノ修復関連記事」,
体育科の目標及び内容との関連について,第11回日本ヘル
(10 cm×4 段),2013年12月13日
スプロモーション学会学術大会・総会,抄録集,62,2013.
るるぶ FREE 軽井沢春号「軽井沢暮らし」,(A4 カラー見
開),2013年 5 月
鈴木美奈子・島内憲夫主観的健康観と健康行動との関連
~大学生を対象として~,第11回日本ヘルスプロモーショ
ン学会学術大会・総会,抄録集,63,2013.

◯
〔講演会〕
・日本スポーツクラブ協会,全国スポーツクラブマネジ
ャー養成講習会向け講演
「スポーツクラブのマーケティング・コミュニケーショ
ン」,2013年 7 月21日
比地岡亮介・島内憲夫・鈴木美奈子心疾患を有する人々
の健康観・感とそれを取り巻く環境について~ヘルスプロ
モーションの視点から~,第11回日本ヘルスプロモーショ
ン学会学術大会・総会,抄録集,65,2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
86
第 5 巻 Supplement (2014)
宮地康平・島内憲夫・鈴木美奈子勤労者における食事満

◯
足度と幸福感・生活満足度との関連,第11回日本ヘルスプ
塚原加寿子,下村義夫
ロモーション学会学術大会・総会,抄録集,66,2013.
的研究 ―学校保健活動との関連について―
養護教諭の職務認識に関する実証
日本教育保
健学会年報 第20号,2337, 2013
大久保武人・大久保菜穂子・鈴木美奈子・末原義之・高木
辰哉・島内憲夫市民健康講座および学生講義でのロコモ

◯
ティブシンドロームに関する実態調査,第11回日本ヘルス
日本教育保健学会研究部日本教育保健学会の20年の蓄積
プロモーション学会学術大会・総会,抄録集,68,2013.
シンポジウム
第10回日本教育保健学会講演集 pp. 1819,2013
本沢晶雄・島内憲夫・鈴木美奈子高齢者の運動習慣に及
ぼす主観的健康観の影響,第11回日本ヘルスプロモーショ

◯
ン学会学術大会・総会,抄録集,79,2013.
査読体育学研究,学校保健研究,日本教育保健学会年報

◯
広沢
学会の座長
第11回日本ヘルスプロモーション学会・学術大会(平成25

◯
年 11 月 29 日松本大学)で,大会長関健(社会医療法人
1.
正孝
広沢正孝精神医学.日本精神保健福祉士養成校協会
城西医療財団理事長・総長)の講演「私のヘルスプロモー
編,精神保健福祉士国家試験摸疑問題集 2013 ,問題編
ション」の座長を務める.(日本ヘルスプロモーション学
pp67,解答編 pp13,中央法規,東京,2013.
会第11回学術大会・総会,抄録集,P.10,2013年)
2.
広沢正孝精神医学.日本精神保健福祉士養成校協会

講演◯
編,精神保健福祉士国家試験対策,専門科目最終チェッ
平成25年度全国養護教諭研究大会(平成25年 8 月 8 日山
ク2014, pp312,東京,2013.
梨県甲府市総合市民会館)において,記念特別講演「愛と
夢と勇気を育む健康な学校づくり~WHO ヘルスプロモー
3.
広沢正孝「こころの構造」からみた精神病理―広汎
ションの視点から~」をする.(平成25年度全国養護教諭
性発達障害と統合失調症をめぐって.岩崎学術出版社,
研究大会
東京,2013.(全240頁)
報告集,P.1322,山梨県実行委員会,2013年)

講演◯

◯
習志野市健康なまちづくり条例施行記念シンポジウム(平
1.
成 25 年 11 月 23 日)にて基調講演「これからの健康づくり
山田泰行,水野基樹,榎原
毅,芳地泰幸,上島通
浩,広沢正孝大学生のアルバイトとワーク・スクー
(ヘルスプロモーション)」をする.
ル・コンフリクト―多重役割マップ(MRM)を用いた
ナラティブ・アプローチの展開―.産業保健人間工学研
究,14(1); 715, 2013.

講演◯
習志野市民カレッジ・白井市民カレッジ・座間市健康文化
都市大学(副学長)にて講演「愛と夢と勇気を育む健康な
2.
水野基樹,山田泰行,広沢正孝看護師の職務不満足
まちづくり~WHO ヘルスプロモーションの視点から~」
に影響を及ぼす衛生要因の検討.産業保健人間工学研究,
をする.
14(1); 1723, 2013.
下村
3.
義夫
2013
隆,涌井佐和子,前上里直,広沢正孝,島内憲
夫地域における介護予防事業の自己効力感に対する効
果についての縦断的研究.理学療法科学,28(1); 5358,

◯
鈴木直樹他編
小野
保健の授業づくり(分担執筆) 教育出版,
2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
4.
第 5 巻 Supplement (2014)
87
Japanese Children? Abstract of the ISSP 13th World Con-
Yamada, K., Arai, H., Nakazawa, T., Kawata, Y.,
gress of Sports Psychology, p247, 2013.
Kamimura, A., Hirosawa, M.: A Study of the Unity of
Sports Teams: Development of a Scale and Examination of
Related Factors. Journal of Physical Education and Sport,
6.
13(4); 489497, 2013.
Ito, H., Kawata, Y., Kirino, E., Nakajima, N., Hirosawa, M.: Brain region related to the better performance of
baseball players in the baseball hitting-speciˆc visuospatial

◯
1.
task: An fMRI study. Abstract of the ISSP 13th World Con-
広沢正孝アスペルガー症候群の人とのコミュニケー
gress of Sports Psychology, p286, 2013.
ションの仕方.メンタルヘルスマネジメント, 2 ( 3 ) ;
1015, 2013.
7.
Kawamura, Y., Kawata, Y., Kirino, E., Ito, H., Nakajima, N., Hirosawa, M.: Understanding Teachers' Verbal
2.
広沢正孝慢性期統合失調症患者の治癒像を考える―
Instructions that Promote Sports Motivation to Dodge Ball
第 3 の故郷を求めての旅.統合失調症のひろば, 2( 2) ;
Games among Young Japanese Children: Focusing on the
9297, 2013.
Number of Steps Taken and Instances of Ball Touching.
Abstract of the ISSP 13th World Congress of Sports Psy-

◯
1.
chology, p248, 2013.
Yamada, Y., Ebara, T., Kinooka, Y., Mizuno, M.,
Hirosawa, M., Kamijima, M.: Narrative evidence of the
8.
Kamimura, A., Yamada, Y., Kawata, Y., Yamada, K.,
work-family positive spillover in Japanese midwives: A
Wakui, S., Iijima, M., Hirosawa, M.: Relationship be-
descriptive study using the Multiple Roles Map program.
tween Athlete Burnout and Depression among Japanese
人類働態学会第48回大会抄録集,p9, 2013.
University Athletes. Abstract of the ISSP 13th World Congress of Sports Psychology, p135, 2013.
2.
上村
明,川田裕次郎,広沢正孝大学男子サッカー
選手における誕生月が人数構成に及ぼす影響.人類働態
学会第48回大会抄録集,pp5960, 2013.
9.
Yamada, K., Arai H., Nakazawa, T., Kawata, Y.,
Hirosawa, M.: Development of the Unity Scale for Sports
Team. Abstract of the ISSP 13th World Congress of Sports
3.
Kawata, Y., Kirino, E., Ito, H., Nakajima, N., Hirosa-
Psychology, p181, 2013
wa, M.: Association between Systemizing and Brain Activation during Information Processing of a Baseball Hitting-
10.
Kato, T., Hirosawa, M., Kawata, Y., Nakajima, N.:
Speciˆc Visuospatial Go/No-Go Task: An fMRI Study.
Does a Mental Rotation Task Re‰ect the Body Schema? A
Abstract of the ISSP 13th World Congress of Sports Psy-
comparison of before and after practice. Abstract of the
chology, p285, 2013.
ISSP 13th World Congress of Sports Psychology, p135,
2013.
4.
Kawata, Y., Iijima, M., Izutsu, S., Kamimura, A.,
Yamada, K., Hirosawa, M.: Development of the Perceived
11.
Yamada, Y., Ebara, T., Mizuno, M., Hirosawa, M.:
Physical Competence Scale for Young Children: A study on
Risk estimation of the depression from aŠective tempera-
to 45Year Old Japanese Boys and Girls. Abstract of the
ment, melancholic type and stress related factors; Focusing
ISSP 13th World Congress of Sports Psychology, p246,
on the Japanese female nurses. Proceeding of the 23rd
2013.
Korean Japan China Joint Conference on Occupational
Health, pp7677, 2013.
5.
Kawata, Y., Kamimura, A., Izutsu, S., Yamada, K., Iijima, M., Hirosawa, M.: Does the Relative Age EŠect Exist
12.
加藤恭章,広沢正孝,川田裕次郎,中島宣行ボデ
in Physical Size, Motor Ability, Awareness of Physical Ac-
ィスキーマの尺度としてのメンタルローテーション課
tivity, and Kindergarten Teachers' Evaluation of Young
題.日本体育学会第64回大会予稿集,p129, 2013.
順天堂スポーツ健康科学研究
88
13.
川田裕次郎,上村
明,山田
快,加藤恭章,涌井
第 5 巻 Supplement (2014)
p7, 2013/9/30.
佐和子,広沢正孝大学生アスリートにおけるレジリエ
ンスと精神的健康度の関連.日本体育学会第64回大会予
2.
稿集,p141, 2013.
広沢正孝書評内山登紀夫,宮岡
等著,大人の発
達障害ってそういうことだったのか.総合リハビリテー
ション,41(10); 984, 2013.
14.
山田
快,荒井弘和,中澤
史,川田裕次郎,上村
明,広沢正孝スポーツチームにおける一体感と環境要
3.
因との関連性の検討.日本体育学会第64回大会予稿集,
広沢正孝現代人の「こころの構造」と精神療法.学
術通信,33(4); 911, 2013.
p150, 2013.
講演等
15.
山田泰行,榎原
毅,紀ノ岡ゆかり,水野基樹,広
1.
広沢正孝認知症と特別なニーズを持つ人への配慮と
沢正孝,上島通浩助産師が記述した多重役割マップか
工夫.ダイバージョナルセラピー研修会,順天堂大学,
ら見えてくるキャリア・ストレスの仮説.産業保健人間
2013/03/16
工学会第 18 回大会.産業保健人間工学研究, 15; 128 
131, 2013.
2.
広沢正孝職場のメンタルヘルス―うつ病と発達障害
を中心に.総務省メンタルヘルス研修会,総務省,2013
16.
上村
明,川田裕次郎,山田
快,広沢正孝保護
/04/04
者はどのような視点で幼児の身体活動を評価するのか
―幼児の体格,運動能力,運動に対する意識との関連.
3.
広沢正孝社会に生きる広汎性発達障害者への対応.
日本スポーツ心理学会第 40 回大会抄録集, pp136 137,
成田市精神保健フォーラム,成田市保健福祉館, 2013/
2013.
07/23
17.
川田裕次郎.上村
明.山田
快,井筒紫乃,広沢
4.
広沢正孝気分障害の臨床―抗精神病薬が適応となる
正孝幼児期における相対的年齢効果に差異は存在する
症例とは.第 103回いわき心身医学懇話会,いわきワシ
のか―体格,運動能力,運動に対する意識,保育者か
ントンホテル,2013/11/8.
らの評価に関する検討―.日本スポーツ心理学会第40回
大会抄録集,pp214215, 2013.
修,山倉文幸,鈴木利

◯
人,輪島瑠美子,久保田陵一,吉田理恵精神科リハビ
1.
18.
中村恭子,広沢正孝,細見
細見
Intranasal immunization with a non-adjuvanted adhesive
リテーションとしてのスポーツ活動の有効性―歩行運動
protein descended from Pasteurella pneumotropica and its
時における BGM や他者との交流の有無が心理的・生理
preventive e‹cacy against opportunistic in mice. Sasaki,
的ストレス反応に及ぼす影響―.第56回病院・地域精神
H., Ishikawa, H., Kojima, K., Hosomi, O., et al., Vac-
医学会,2013.
cine, 2013, 19(31) 57295735.
19.
岡本隆寛,広沢正孝,四方田清,松山
毅,松本浩
2.
糖類が秘める生体内機能.II.新しいオリゴ糖への期
幸精神障害者の就労を支えるスタッフの姿勢の変化―
待.順天堂スポーツ健康科学研究
過疎地域を支える人材育成を目標として―.日本精神障
18. 2013 .細見
害者リハビリテーション学会第21回大会,2013
南,伊藤

◯

◯
書評・新聞等
1.
1.
修
広沢正孝書評内山登紀夫,宮岡
等著,大人の発
達障害ってそういうことだったのか.医学会新聞3045号,
第 4 巻第 1 号 10 ~
修,池田啓一,佐々木啓,奈良岡佑
匠
アロマオイルの効果について.Fitones, 325(11)2223,
2013.細見
修
順天堂スポーツ健康科学研究
山岸
第 5 巻 Supplement (2014)
89
5.
明子
DIT( Heinz の例話)の質問項目再考
道徳性心理学
研究会第29回大会発表論文集

◯
1.
青年期に記述された生育史の良好さと成人期の適応と
の関連―内的作業モデルを手かがりにして―
学研究
2.
青年心理
発表論文集
7.
日本発達心理学会第25回大会
393.
成人期女性の母親・父親との関係― 30 代後半看護短
and interpersonal cognition from late adolescence to early
大,文系学部卒業生の面接調査の分析―
adulthood: An 11-year longitudinal study of nursing stu-
学会第25回大会発表論文集
医療看護研究
成人期の適応に影響する青年期・成人期の対人的要因
健康科学研究
日本発達心理
411.(井森澄江氏と共著)
92, 1826. 2013
―17年後の縦断的データに基づく検討
順天堂スポーツ
52(印刷中)
先任准教授
飯嶋
正博

◯
1.
共著
小圷昭仁・八百則和・長谷川望・飯嶋正博「大
学フットボール選手の指定イメージ評価尺度の作成」神

◯
1.
成人期女性の円環母子関係イメージ画の分析―内的作
業モデルと関連させて―
251, 2944. 2013
The stability and changeability of internal working models
dents.
3.
6.
奈川体育学会機関誌
Adolescence to adulthood longitudinal study of 17 years:
体育研究
46. 412
Relationship between internal working models and attitude
to one's occupation. Proceedings of European Conference

◯
on Developmental Psychology. Medimond Company. (in
1.
ために―」発達協会春セミナー
press)
2.
「体育が苦手な子への支援―子どもの意欲を引き出す
順天堂大学啓心寮での生活による寮生の心理的変化―
EQ と Social Skill に着目して―
2.
第38回心理リハビリテイション全国大会(福岡大
会)報告」千葉県心理リハビリテイション連絡会
51, 1015. 2013(藤井雄斗との共著)
2/3
「2012年日本リハビリテイション心理学会(学術大会)
及び
スポーツ健康科学研究,
資料 D1322
スレター
No. 6
資料 18
ニュー
2/ 9

◯
1.
青年期の対人的要因は成人期の適応に影響するのか
―17年後の縦断的データによる分析―
会第55回大会発表論文集
2.
3.
3.
料 12
368
Adolescence to adulthood longitudinal study of 17 years.
4.
「不器用な子どもの動きづくり」関東甲信心理リハビ
リテイション連絡協議会
Psychology in Lausanne. 303.
社会福祉総合センター
生育過程における母親との関係の問題は成人期まで続
5.
日本心理学会
第55回大会発表論文集
日本パーソナリティ心理学会
75.
資料 17
基調講演
群馬県
6/9
「心理リハビリテーション―動作法の理論と実践
12回トレーナー研修会
成人期の適応に影響する青年期・成人期の対人的要因
―17年後の縦断的検討―
群馬大会
Ver. 000」千葉県心理リハビリテイション心理学会
第77回大会発表論文集
6.
資
2/9
Paper presented in European Conference on Developmental
くのか―問題があった 5 事例の17年後―
4.
「家庭でできる訓練を覚えて帰ろう―肩―」千葉県
心理リハビリテイション連絡会情報交換会 研修会
日本教育心理学
資料 12
「動作法とは」講演と実技
ョン研究会夏季研修会
/13
第
6/29
埼玉心理リハビリテイシ
聖路加看護大学
資料 112
7
順天堂スポーツ健康科学研究
90
「自立活動」実技研修会
7.
資料 12
菊田公民館
千葉県立銚子特別支援学校
12/13
7/22
「不器用な子どもの動きづくり」校内研修会
19.
導と講義
「心理リハビリテーション―動作法の理論と実践
8.
資料 12
第 5 巻 Supplement (2014)
Ver. 001 」ちばひまわり会夏期集中研修会
資料 1 24
千葉県立印旛特別支援学校
実例指
資料 1 8
12 /
16
7/2628

◯
「自立活動」自立活動実技指導会
9.
特別支援学校
資料 12
千葉県立八日市場
1.
7/30
Yujiro Kawata, Masahiro Iijima, Shino Izutsu, Akari
Kamimura, Kai Yamada & Masataka Hirosawa.「Development of the perceived physical competence scale for
10.
「体育教科」研修会
市川市特殊教育連盟
資料 12
young children: A study on to 45 year old Japanese boy
7/31
and girls.」
Abstract of the ISSP 13th world congress of sports psycholo-
11.
「心理リハビリテーション―動作法の理論と実践
Ver.002」市川なのはな会
夏季集中
資料 124
gy 246
8/ 5
2.
6
Yujiro Kawata, Akari Kamimura, Shino Izutsu, Kai
Yamada, Masahiro Iijima, & Masataka Hirosawa. 「Does
12.
「心理リハビリテーション―動作法の理論と実践
Ver.003 」千葉さくらんぼの会
夏季集中
the relative age eŠect exist in physical size, motor ability,
資料 1 24
awareness of physical activity, and kindergarten teachers'
8/1619
evaluation of young Japanese children?」
Abstract of the ISSP 13th world congress of sports psycholo-
13.
「健康ライフをめざして
身体を通して心へ―健康
gy 247
動作法と無理のない動きづくり―」習志野市市民カレッ
ジ健康スポーツコース
料 12
習志野市総合教育センター
資
3.
9/7
Akari Kamimura, Yasuyuki Yamada, Yujiro Kawata,
Kai Yamada, Sawako Wakui, Masahiro Iijima, & Masataka Hirosawa. 「Relationship between athlete burnout and
14.
「動作法の基本と実践的援助」習志野市障がい児童民
間事業所連絡会
東部デイサービスセンター
depression among Japanese university athletes.」
資料 16
Abstract of the ISSP 13th world congress of sports psycholo-
9/23
15.
gy 150
「不器用な子どもの理解と支援―家庭で,学校・園で
取り組む「動きづくり」―」
セミナー
講話・実技
資料110
10/5
4.
第 2 回特別支援教育相談
「動作法における環境と課題内容の構造化―動作課題
構造表の試作―」2013年日本リハビリテイション心理学
青森県総合学校教育センター
会発表論文集
3839
11/29

◯
16.
「不器用な子どもの動きづくり―第 2 回上肢の動きに
注目して―」
第 2 回動作法研修会
ト寿六甲ふくろうの家
資料 16
1.
「体育教科」研修会
2.
「運動と健康づくり」模擬授業
「動作法」学習会
実技講演
14
18.
2/ 1
オープンキャンパス
順天堂大学スポーツ
健康学科
資料 14
習志野市ことばを育てる親の会
習志野市向山小学校ことばの教室
資料
3.
「発達障害児・者への動作法」第 39回心理リハビリテ
イションの会全国大会
12/13
「動作法」習志野市
助言
NPO 法人福祉ネッ
11/23
健康科学部
17.
調布特別支援学校
コアラの会
講演会
習志野市
4.
分科会
助言
12/1
「動作法・動きづくり」実技・実践指導(毎月)親の
順天堂スポーツ健康科学研究
会・福祉施設主催
第 5 巻 Supplement (2014)
91
ンスとの関連.日本教育心理学会第55回総会発表論文集,
千葉さくらんぼの会,千葉県ひまわ
り会,(習志野市)コアラの会,ひなクラブ,デイとく
555, 2013.
ら・輝デイサービス動作法家族講習会,かりんの会(松
戸市ダウン症児親の会木馬の会),たんぽぽの会(千葉
5.
西田敬志,田中純夫体育系大学生のアスリート・
市ダウン症児親の会),青空の会(杉並区ダウン症児親
バーンアウト傾向における抑うつ気分の違いが大学生
の会),武蔵野市ひまわりの会(武蔵野市ダウン症児の
活・レジリエンスに及ぼす影響.日本スポーツ心理学会
親の会),たけのこの会(足立地域ダウン症児親の会)
第40回大会研究発表抄録集,172173, 2013.
牛尾
6.
直行
木村
翔,西田敬志,田中純夫体育系大学生におけ
る進路選択セルフエフィカシーの特徴.人類働態学会第

◯
42回東日本地方会プログラム,抄録集,3132, 2013.
牛尾直行,「インドにおける RTE 法の成立と論点」,『教
育制度学研究』,第20号,2013年,212219頁.
7.
佐渡幹也,西田敬志,田中純夫体育系大学生の電子
機器利用状況からみたインターネット依存傾向.人類働

◯
態学会第42回東日本地方会プログラム,抄録集,3536,
牛尾直行,「インドにおける教育を受ける機会の格差と競
2013.
争」,『中央評論』,65巻 3 号,2013年,3845頁.
8.
王
岳,西田敬志,田中純夫中国の大学生における
牛尾直行,「カーストを越える教育機会―インド―」,日本
他者からの否定的評価への不安と親の養育態度との関
子ども社会学会研究刊行委員会編『子ども問題事典』,
連.人類働態学会第42回東日本地方会プログラム,抄録
2013年,162163頁.
集,3738, 2013.

◯

◯
日本教育制度学会紀要編集委員会編『教育制度研究』常任
1.
編集委員
田中純夫蛍雪時代臨時増刊2013年入試対策用全国大
学学部・学科案内号,学問分野別ガイダンス健康科学,
旺文社,980981, 2013.
田中
純夫

◯

◯
1.
1.
西田敬志,木村
翔,田中純夫,北村
田中純夫精神保健福祉士国家試験模擬問題集2014,
心理学理論と心理学的支援.中央法規,2013.
薫教育相談
職員による児童生徒の軽度発達障害の 2 段階スクリーニ
ング法の検討~「運動,スポーツ,遊び」の参加状況と
2.
の関連からの検討~.日本スポーツ社会学会第22回大会
田中純夫千葉県総合教育センター平成25年度高等学
校初任者研修,共感的理解に基づく生徒指導,2013.8.5
発表論文集,5657, 2013.
3.
2.
田中純夫千葉県総合教育センター平成 25 年度小・
中・高等学校生徒指導担当者研修,問題行動とその指導
西田敬志,田中純夫大学生における衝動性とレジリ
のあり方,2013.6.26
エ ン ス と の 関 連 . 人 類 働 態 学 会 会 報 No. 98, 65 66,
2013.
4.
3.
西田敬志,田中純夫大学生における学習スタイルの
田中純夫千葉県子どもと親のサポートセンター平成
25年度養護教員教育相談上級講座,健康相談活動の充実
違いが学習意欲に及ぼす影響.日本教育心理学会第55回
に向けて,2013.10.24
総会発表論文集,554, 2013.
5.
4.
田中純夫,西田敬志自閉症スペクトラムとレジリエ
田中純夫市川市・八千代市・市原市・旭市教育委員
会および小中高等学校の教員研修等
順天堂スポーツ健康科学研究
92
四方田
第 5 巻 Supplement (2014)
ポーツの実際―千葉県精神障害者ソフトバレーボール大
清
会から―」○大井崇弘,四方田清

◯
1.
「精神保健福祉白書 2014年版―歩み始めた地域総合支
5.
第21回日本精神障害者リハビリテーション学会(一般
援―」.共著,精神保健福祉白書編集委員会編,pp53,
演題沖縄県沖縄市),「精神障害者の就労を支えるスタ
中央法規出版,2013
ッフの姿勢の変化―過疎地域を支える人材育成を目標と
して―」○岡本隆 ,広沢正孝,四方田清,松山
2.
毅,
松本浩幸
新・精神保健福祉養成講座 6「精神保健福祉に関する
制度とサービス」第 2 版.日本精神保健福祉士養成校協
会編,pp102105(精神障害者等の福祉制度の概要と福
6.
祉サービス自殺対策),中央法規出版,2013
第 52 回千葉県公衆衛生学会(一般演題千葉県千葉
市),「精神障害者に期待されるスポーツの必要性と課題
―千葉県・千葉市精神障害者ソフトバレーボール大会を

◯
1.
中心に―」○大井崇弘,四方田清
厚生労働科学研究費補助金(心の健康問題健康科学研
究事業)分担研究報告書「入院患者の権利擁護に関する

◯
研究」「新たな地域精神保健医療体制の構築のための実
1.
態把握および活動の評価等に関する研究」分担研究,共
著
「今,地域で必要とされている「こと」とは―精神
障害者の理解と支援―」平成25年度
心の健康市民講座
(印西メンタルヘルスサポーター養成編),印西市役所大
講堂,主催印西市社会福祉課(2013.8.27)
2.
平成24年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総
合研究事業(精神障害分野))研究分担報告書,「精神保
2.
「改正精神保健福祉法と今後の精神保健福祉サービ
健福祉士の活動評価及び介入方法の開発と普及に関する
ス」,市町村職員研修,主催埼玉県精神保健福祉セン
研究」「精神保健福祉センターにおける精神保健福祉士
ター(2013.10.18)
の役割に関する研究」分担研究,共著
3.

◯
1.
ソーシャルワーカーの基盤としてのアドボカシーセミ
ナー「精神障害者の権利擁護を考える」,主催東洋大
学(2013.11.9)
第 2 回日本精神保健福祉学会(一般演題埼玉県さい
たま市),「行政機関における精神保健福祉士の役割と機
能―精神保健福祉センター全国調査を中心に―」○四方
田清,伊東秀幸,齋藤敏靖,行實志都子,石田賢哉
涌井佐和子

◯
2.
第21回日本精神障害者リハビリテーション学会(一般
○小野
隆,涌井佐和子,前上里直,広沢正孝,島内憲
演題沖縄県沖縄市),「精神医療審査会業務における精
夫地域における介護予防事業の自己効力感に対する効果
神保健福祉士―精神保健福祉センター全国調査からの提
についての縦断的研究,理学療法科学, 28 ( 1 ) , 53 58,
案―」○四方田清,伊東秀幸,齋藤敏靖,行實志都子,
2013年 1 月
石田賢哉
○涌井佐和子,長島未央子,萩裕美子,東恩納玲代,吉武
3.
第21回日本精神障害者リハビリテーション学会(一般
裕国保加入者における特定健康診査受診状況と身体活動
演題沖縄県沖縄市),「精神保健福祉センターの業務と
に関わる要因との関連,生涯スポーツ学研究,10(1), 2013
精神保健福祉士~厚生労働科学研究全国調査~」○伊東
年(in press)
秀幸,齋藤敏靖,四方田清,行實志都子,石田賢哉
○范
4.
第21回日本精神障害者リハビリテーション学会(一般
演題沖縄県沖縄市),「千葉県における精神障害者ス
翔,竹下俊一,東恩納玲代,永山
寛,吉田剛一
郎,隅野美砂輝,和田智仁,前田明,西薗秀嗣,齋藤和
人,涌井佐和子,吉武
裕過疎地域に在住する高齢女性
順天堂スポーツ健康科学研究
第 5 巻 Supplement (2014)
93
の体力と身体的特性,生活習慣ならびに社会的特性との関
市の事例―第68回日本体力医学会(日本教育会館・学術総
係,生涯スポーツ学研究,10(1), 2013年(in press)
合センター東京都),2013年 9 月

◯
○黒田
○涌井佐和子,朝倉隆司,青柳直子,竹鼻ゆかり小・中
子,山本正嘉高血圧患者における運動時血圧と自覚的運
学生における通学手段・通学環境と身体活動習慣との関
動強度,第68回日本体力医学会(日本教育会館・学術総合
連,第22回日本健康教育学会学術集会(千葉大学西千葉キ
センター東京都),2013年 9 月
豊,原口
晃,松本真之,西尾進也,涌井佐和
ャンパス),2013年 6 月
○松本真之,黒田
豊,原口
晃,西尾進也,涌井佐和
Yamada,K.,
子生活習慣病患者における運動強度の検討,第68回日本
Wakui,S., Ijima,M. & Hirosawa,M. Relationship between
体力医学会(日本教育会館・学術総合センター東京都),
Athlete Burnout and Depression among Japanese University
2013年 9 月
○ Kamimura,A.,
Yamada,Y.,
Kawata,Y.,
Athletes. The 2013 International Society of Sports Psychology
(ISSP) 13TH World Congress (Beijing, China 2125 July)
○西尾進也,黒田
2013年 7 月
子生活習慣病と最大酸素摂取量2013身体活動基準との
豊,松本真之,原口
晃,涌井佐和
比較,第68回日本体力医学会(日本教育会館・学術総合セ
○川田裕次郎,山田
快,上村
明,加藤恭章,涌井佐和
ンター東京都),2013年 9 月
子,広沢正孝.大学生アスリートにおけるレジリエンスと
精神的健康度の関連,第64回日本体育学会(立命館大学
○小野
滋賀県草津市),2013年 8 月
事業参加者の痛みと自己効力感の縦断的変化―介入前後比
隆,涌井佐和子,広沢正孝運動による介護予防
較から―,日本生涯スポーツ学会第15回大会(静岡県熱海
○東恩納玲代,涌井佐和子,浜岡隆文,吉田剛一郎,吉武
市起雲閣,いきいきプラザ,第 3 庁舎会議室), 2013年
裕.鹿児島県大崎町在住女性高齢者の下肢疼痛の有無と身
10月
体活動状況との関連の検討,第64回日本体育学会(立命館
大学滋賀県草津市),2013年 8 月

◯
講演・講習会
○涌井佐和子,長島未央子,萩裕美子,東恩納玲代,吉武
○文京区立明化小学校学校保健委員会「健康づくりのため
裕国保特定健康診査受診対象者における身体活動習慣,
のコツ」講師,2013年 1 月
第 64回日本体育学会(立命館大学滋賀県草津市), 2013
年8月
○文京区柳町小学校健康講演会「小学生時代の健康づくり
―運動,食事と生活リズム―」講師,2013年 3 月
○池畑亜由美,河野梨香,佐々木康成,鈴木志保子,佃
文子,涌井佐和子,小笠原悦子成長期の女性アスリート
○千葉県健康福祉部健康づくり支援課「平成25年度特定健
に向けたセルフマネジメント教育プログラムの開発,第64
診・特定保健指導実践者スキルアップ研修会」(運動指導
回日本体育学会(立命館大学滋賀県草津市), 2013年 8
の実際担当)(千葉県教育会館千葉県千葉市)講師,
月
2013年12月
○松下宗洋,佐藤慎一郎,平井一芳,涌井佐和子,山北満
哉なぜ日本人の歩数は1000歩低下したのか既存データ
を用いた歩数低下の原因の検討,第16回日本運動疫学会学
術集会(国立健康栄養研究所),2013年 9 月
准教授
松山
毅

◯
日本特殊教育学会編『障害百科事典』全 8 巻
○涌井佐和子,長島未央子,萩裕美子,東恩納玲代,吉武
2013.1
裕国保特定健康診査受診状況と運動習慣との関連―鹿屋
松山
毅「障害の歴史西洋古代」(第 2 巻
丸善出版
p896900)
順天堂スポーツ健康科学研究
94
松山
毅「障害の歴史西洋中世」(第 2 巻
p900905)
第 5 巻 Supplement (2014)

◯
1.
順天堂大学医学部小児科学講座トータルケア研究会に

◯
て講演
日本精神保健福祉士養成校協会編『精神保健福祉士国家試
演題「知的障害児者への健康・スポーツ教育の現状と課
験模擬問題集2014』(2013.7)「地域福祉論」の模擬問題・
題」
解説作成
2.
渡邉
「(講習科目)障害の理解とスポーツ(知的)」
貴裕

◯
1.
3.
東京都杉並区立済美養護学校校内研究授業講師
渡邉貴裕,他 2 名【編著】( 2013 )くらしに役立つ保
健体育.東洋館出版
助教
佐々木

◯
1.
平成25年度初級障害者スポーツ指導員養成講習会講師
渡邉貴裕,他13名(2013)ICT を活用した体育の授業
啓

◯
づくり.東京学芸大学附属学校研究紀要第 40 集. pp.
Ishikawa H, Awano N, Fukui T, Sasaki H, Kyuwa S. 2013.
1129,
The protective eŠects of lactoferrin against murine norovirus
infection through inhibition of both viral attachment and repli-

◯
1.
cation. Biochemical and Biophysical Research CommunicaTakahiro Watanabe (2013) A report on a curriculum in
tion 434: 791796.
physical education of a school for students with special needs
in japan. 3rd IASSIDD Asia-Paciˆc Regional conference
Sasaki H, Ishikawa H, Kojima K, Itoh M, Matsumoto T, Itoh
Program pp. 28
T, Hosomi O, Kawamoto E. 2013. Intranasal immunization
with a non-adjuvanted adhesive protein descended from
2.
石川敦士
渡邉貴裕(2013)障害がある人のスポーツ
参加に関する一研究~知的障害特別支援学校卒業生の余
Pasteurella pneumotropica and its preventive e‹cacy against opportunistic infection in mice. Vaccine 31: 57295735.
暇活動におけるスポーツ参加の事例を通して~.日本特
殊教育学会第51回大会論文集 pp. P5C5
細見
修・池田啓一・佐々木啓・奈良岡佑南・伊藤匠.
2013.糖類が秘める生体内機能..新しいオリゴ糖への
3.
渡邉貴裕(2013)知的障害者の身体組成に関する研究
(2).日本特殊教育学会第51回大会論文集 pp. P5G2
4.
渡邉貴裕(2013)ダウン症児の発達特性と教育支援を
期待.順天堂スポーツ健康科学研究 第 4 巻 第 1 号(通巻
63号)1018.

◯
考える~学習,言語,運動,行動,健康について~.日
石川裕樹,福井利江,佐々木啓,粟野直樹,田中和生,松
本特殊教育学会第51回大会論文集 pp. 31
本哲哉
インフルエンザウイルス感染に対する IL12経鼻
投与は感染前投与では予防効果を示し,感染後投与では病
態を悪化させる 2013( 11月神戸)

◯
1.
渡邉貴裕( 2013)「運動不足を解消しよう」ステージ
65号,社会福祉法人
全日本手をつなぐ育成会
pp. 5
池田啓一,松本
2.
第 61回日本ウイルス学
会学術集会
渡邉貴裕( 2013 )「体を動かそう」機関誌「手をつ
林
孝,川崎広明,松本綾子,細見
淳,佐々木啓,山倉文幸
修,小
ペルオキシナイトライトに
なぐ」 10 月号,社会福祉法人全日本手をつなぐ育成会
よる卵白リゾチームのトリプトファンニトロ化は tri-N-
pp. 34
acetylchitotriose により阻害されるか
2013(9 月京都)
第35回日本トリプトファン研究会学術集会
順天堂スポーツ健康科学研究
佐々木啓,石川裕樹,児島
本英一
第 5 巻 Supplement (2014)
憲,松本哲哉,伊藤正裕,川
改変 PnxIIIA タンパク質の経鼻接種による肺パ
スツレラの感染防御効果2013(3 月東京)
医学会学術集会
第155回日本獣
95

◯
学会誌等の査読経験
Microbial Ecology
Microbiology and Immunology
Fly UP