...

オフィストイレの適正器具数算定について - TOTO:COM-ET

by user

on
Category: Documents
1076

views

Report

Comments

Transcript

オフィストイレの適正器具数算定について - TOTO:COM-ET
オフィストイレの適正器具数算定について
■はじめに
適
適正器具数
数
オフィストイレの適正器具数は、空気調和衛生工学会の器具算定方法(待ち行列理論)
を基に算出します。
step1 利用人員を算出する
<女性大便器>
9
5
8
器具数(
個)
空気調和衛生工学会の建築用途別算定法に基づき 人員算定を行います
空気調和衛生工学会の建築用途別算定法に基づき、人員算定を行います。
器具数(
個)
利用人員
<男性大便器>
6
4
3
2
0
50
100
※SHASE-S206-2009の技術要項に基づく算出法
150
200
250
2
1
<男性小便器>
・男性の利用人員・・・1,500×0.1×0.5=75人
4
2
50
100
150
人員(人)
200
250
300
女性大便器
女性洗面器
待ち時間が10秒以上であることの確率が5%以下
レベル2
待ち時間が60秒以上であることの確率が5%以下
レベル3
ベ
待ち時間が
待ち時間が120秒以上であることの確率が5%以
秒 上 ある と 確率が
レベル1
待ち時間が0秒以上であることの確率が1%以下
レベル2
待ち時間が10秒以上であることの確率が1%以下
レベル3
待ち時間が30秒以上であることの確率が1%以下
レベル1
待ち時間が0秒以上であることの確率が1%以下
レベル2
待ち時間が10秒以上であることの確率が1%以下
レベル3
待ち時間が20秒以上であることの確率が1%以下
レベル1
待ち時間が10秒以上であることの確率が1%以下
レベル2
待ち時間が40秒以上であることの確率が1%以下
レベル3
待ち時間が90秒以上であることの確率が1%以下
レベル1
待ち時間が0秒以上であることの確率が1%以下
レベル2
待ち時間が10秒以上であることの確率が1%以下
レベル3
待ち時間が30秒以上であることの確率が1%以下
器具数(
個)
男性洗面器
レベル1
200
250
300
100
150
人員(人)
200
250
300
6
0
5
4
3
2
<男性洗面器>
器具数(
個)
レベル3 ・・・下限値:最低限度の器具数
150
人員(人)
7
サービスレベル
レベル1 ・・・上限値:ゆとりのある器具数 レベル2 ・・・平均値:標準的な器具数
100
<女性洗面器>
3
1
・女性の利用人員・・・1 500×0 1×0 5=75人
・女性の利用人員・・・1,500×0.1×0.5=75人
サービスレベルとは、待ち時間に対する利用者の意識、評価などから3段階のレベル
を設定したものです。
50
5
器具数(
個)
<利用人員の算出例・・・執務面積が1,500㎡で男女比が5:5の場合>
0
6
SHASE-S206-2009の技術要項では、男性5:女性5とガイドされています
男性小便器
3
300
人員(人)
step2 男女比を設定する
男性大便器
5
4
1
オフィスの利用人員=執務面積(㎡)×0.1(人員密度)
7
6
5
1
4
0
50
3
2
レベル1
レベル2
レベル3
1
0
50
100
150
200
250
300
人員(人)
算定結果
●利用人員
●必要器具数
執務面積(㎡)
人員密度
×
0.1
利用人員
=
男性
男性比率
×
レベル2
レベル3
レベル1
レベル2
レベル3
大便器
●男性の利用人員
利用人員
レベル1
小便器
男性利用人員
洗面器
=
●女性の利用人員
利用人員
女性比率
×
大便器
女性利用人員
=
女性
洗面器
2014.11 作成 無断複製・転載禁止 (C) TOTO. LTD. 2014 All Rights Reserved 21031_s_01
Fly UP