...

京都大学教育研究振興財団助成事業 成 果 報 告 書 平成20年9月30日

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

京都大学教育研究振興財団助成事業 成 果 報 告 書 平成20年9月30日
京都大学教育研究振興財団助成事業
成 果 報 告 書
平成20年9月30日
財団法人京都大学教育研究振興財団
会 長 辻 井 昭 雄 様
所属部局・研究科 理学研究科
職 名・学 年 博士課程2年
氏 鈴 木
名 聡
事 業 区 分
平成20年度 ・ 国際研究集会派遣助成 研 究 集 会 名
第26回イタチ科会議
発 表 題 目
Geographic variation of cranial morphology of the Japanese weasel Mustela
itatsi (ニホンイタチMustela itatsi の頭骨形態の地理的変異)
開 催 場 所
ハンガリー共和国・ブダペスト
渡 航 期 間
平成20年8月17日 ∼ 平成20年9月3日
成 果 の 概 要
タイトルは「成果の概要/報告者名」として、A4版2000字程度・和文で作成し、添付し
て下さい。 「成果の概要」以外に添付する資料 ■ 無 □ 有(
)
交付を受けた助成金額
200,000
円
使 用 し た 助 成 金 額
200,000
円
返納すべき助成金額
0
円
航空券代金 166,000円
税(航空保険料・燃料サーチャージ等) 4,5240円
会 計 報 告
助 成 金 の 使 途 内 訳
( 使 用 旅 費 の 内 容 )
成果の概要/鈴木
聡
2008 年 8 月 17 日から9月2日までの 17 日間,第 26 回イタチ科会議(26th Mustelid
Colloquium)に参加するため貴財団の助成を受けてハンガリー共和国に渡航した.
会議は8月 28 日から8月 31 日までの4日間開催された.この会議は毎年ヨーロッパ
で開催されている小規模な会議で,今回の参加者は 51 人で私以外はヨーロッパ 17 ヶ
国からの参加だった.
学会初日は午後7時からハンガリー自然史博物館で歓迎レセプションと博物館の展
示「食肉目の世界」のガイドツアーが行われた.博物館に展示されている食肉目の標本
は世界各地のもので,博物館が長い歴史の中で熱心にコレクションを収集してきたこと
が伺えた.
口頭発表とポスター発表は 29 日と 30 日の2日間で行われ,口頭発表は 26 件,ポス
ター発表が 24 件だった.私はニホンイタチの頭骨形態の地理的変異に関するポスター
発表を行った.ポスターセッションのコアタイムは 29 日の口頭発表終了後1時間で,
その時間帯に私はポスターの前で参加者に研究内容を説明した.この1時間の間に数人
と有意義な議論と情報交換が出来た.口頭発表の合間には何度か 20 分のコーヒーブレ
イクの時間があり,ポスターについて議論する良い機会であった.またこの時間を口頭
発表についての発表者への個人的な質問や議論に活用した.
29 日の口頭発表は Sim Broekhuizen による「イタチ科会議の歴史(1982-2008)
」
(’The
history of the Mustelid Colloquium (1982-2008)’)で始まった.この会議は 1982 年にドイ
ツで「テン会議」(Marder Kolloquium)として始まり,次第に研究対象種と規模を拡大
していった 27 年の歴史を持つ国際会議である.この歴史の中でアジア人が参加したの
はおそらく今回が初めてだと思われる.今回私がヨーロッパ中心の国際会議に出席した
のは,長年にわたりイタチ科に関する多くの研究が行われているヨーロッパの現状に興
味があったことに加え,私の興味の対象が東アジアのみならずヨーロッパを含めた他の
地域に生息するイタチ類にまで及ぶためである.
この発表の後に,方法論,分子レベルのアプローチ,形態学・生理学・生物地理学に
関する口頭発表が行われた. 30 日は,行動・生態と保全生物学に関する口頭発表が行
われた.口頭発表の半分が行動・生態と保全に関する研究で占められていたのは印象的
だった.この会議では基礎的な行動学・生態学的側面に興味関心が集中していて,それ
を基礎とした保全生物学的研究への関心も高いことがうかがえる.イタチ科を研究対象
とする研究者が少なく,保全どころか基礎的な研究も少ない日本を含めた東アジアの現
1
状とは対照的である.研究対象種は,広域分布するムナジロテン Martes foina,ユーラ
シアカワウソ Lutra lutra,ヨーロッパミンク Mustela lutreola に関するものが多かった.
ムナジロテンは会議の開催地ブダペストをはじめ多くのヨーロッパの都市に棲みつい
ている.ハビタット選択や人畜共通感染症の観点からの発表があり,興味深かった.特
に人畜共通感染症に関しては社会的重要性が大きい.ユーラシアカワウソとヨーロッパ
ミンクに関しては,保全関連の発表が多かった.これらの研究は,東アジアにおいて絶
滅が危惧されるイタチ科動物の保全のために重要なケーススタディであると考えられ
る.私にとって印象深かった発表はルーマニアの Hegyeli Zsolt のトランシルバニア地方
におけるイタチ科8種の 1964 年から 1995 年までの 32 年間の狩猟個体の体重の変遷に
関するものだった.狩猟で捕獲された個体は標本化されトランシルバニアの博物館に保
存されている.このような研究には長年のデータの蓄積が必要である.会議期間の前後
に私はハンガリー自然史博物館で標本調査を行ったのだが,標本収蔵庫にはたくさんの
イタチ科の頭骨および毛皮標本が保存されていた.膨大なコレクションがこのような研
究を可能にする.残念ながらこれだけたくさんのイタチ科の標本が保存されている博物
館が日本にはない.
29 日の夕食後には座談会が行われ,テーマとしてカワウソの保全,イタチ科動物に
対する道路の影響,非侵襲的研究手法が挙げられ,それらの事項について各国の現状が
紹介された.この中でも道路の影響についての話題が多く,交通事故死した動物個体(ロ
ードキル)を減らす対策やロードキルの積極的な利用についての話が多かった.ロード
キル対策や保全に関して今後は研究者と政府の協力が必要だという提言がなされた.こ
のように社会的課題と積極的に向き合う姿勢が見られた.
エクスカーションは最終日の 31 日に行われ,半日のプログラムのブダペスト動物園
のガイドツアーと,1日間のプログラムのブダペストの北にあるピリシュ自然保護区を
訪れるツアーのどちらかに参加できた.私はブダペスト動物園のガイドツアーに参加し
た.ブダペスト動物園は 1866 年に設立された歴史のある動物園で,哺乳類を含め世界
中の多くの動物が飼育されていた.
ヨーロッパの研究者と議論や情報交換を行うことで交流を深めることができ,日本の
イタチ科研究の課題について考えるよい機会であった.今後,日本のイタチ科研究を発
展させるためには,まず系統分類学や生態学の基礎的研究を充実させる必要がある.ま
た,博物館等が標本を積極的に収集し,それを研究者が積極的に利用する環境を整備す
る必要がある.今回の成果に関しては,日本哺乳類学会の和文誌「哺乳類科学」で紹介
する予定である.
2
Fly UP