...

会 長 辻 井 昭 雄 様 所属部局・研究科 福井謙一記念研究センター 多

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

会 長 辻 井 昭 雄 様 所属部局・研究科 福井謙一記念研究センター 多
京都大学教育研究振興財団助成事業
成 果 報 告 書
平成28年10月3日
公益財団法人京都大学教育研究振興財団
会 長 辻 井 昭 雄 様
所属部局・研究科 福井謙一記念研究センター
職 名・学 年 特定研究員
氏 助 成 の 種 類
名 多羅間
充 輔
平成28年度 ・ 若手研究者在外研究支援 ・ 国際研究集会発表助成 研 究 集 会 名
第4回ソフトマター国際会議
発 表 題 目
Back-and-forth motion of active soft particle
開 催 場 所
フランス・グルノーブル
渡 航 期 間
成 果 の 概 要
平成28年9月11日 ~ 平成28年9月27日
タイトルは「成果の概要/報告者名」として、A4版2000字程度・和文で作成し、添付して
下さい。 「成果の概要」以外に添付する資料 ■ 無 □ 有(
)
交付を受けた助成金額
350,000円
使 用 し た 助 成 金 額
350,000円
返納すべき助成金額
0円
航空運賃;181,127円
鉄道運賃;3,815円(33.00EUR)
会 計 報 告
参加費;77,312円(620.00EUR)
助 成 金 の 使 途 内 訳
宿泊費(5日分);96,600円
日当(6日分);31,200円
計390,054円
上記に充当
(今回の助成に対する感想、今後の助成に望むこと等お書き下さい。助成事業の参考にさせていただきます。)
当財団の助成
に つ い て
この度は、京都大学教育研究振興財団の助成をいただいたことで、フランスでのソフトマター国際会
議に参加し、研究発表をすることができました。また、渡欧した機会を利用して、会議参加後にドイツ
の共同研究者の元へ私費で短期訪問することを許可していただいた柔軟性には非常に感謝してい
ます。研究費の面で不安定な立場の、研究室に所属しない独立した研究員にとって、このような柔軟
性のある助成は大変ありがたいものであると感じています。
成果の概要/多羅間充輔
この度、京都大学教育研究振興財団の国際研究集会発表助成(若手)をいただき、フラン
ス・グルノーブルに於いて 2016 年 9 月 12 日から 16 日まで開催された 4th International Soft
Matter Conference に参加し、研究成果発表をしてきましたので報告いたします。この会議は、
ソフトマターの分野の中では最も大きな国際会議の一つであり、物理学と化学、そして生物
物理学をバックグラウンドに持つ研究者が参加する、非常に幅広いテーマの会議でした。私
自身は今回が当会議への初めての参加で、またこのように大きなソフトマターの会議に参加
するのも初めてでしたが、ソフトマターの研究分野の中でもこれまであまり意識してこなか
ったようなテーマの研究発表もあり、様々な視点からのソフトマターの研究に触れることが
でき、とても良い刺激になりました。
会議は、基調講演のほか、招待講演を含む口頭発表の4つのパラレルセッションとポスタ
ー発表とで構成されていました。基調講演は、ソフトマターの分野のパイオニアの研究者が
長年にわたって行ってきた研究のオーバービューを講演していました。個人的に楽しみにし
ていた最初の講演者の S. Hell が前日に病気になったため講演がキャンセルされて聞けなかっ
たのが残念でした。他の講演者もとてもユニークであり、私自身はそれほど馴染みのないテ
ーマの講演もありましたが、いずれも比較的わかりやすいレクチャーでした。
ポスター発表は会議場の地下室で、会議の 2 日目と4日目の2回に分けて行われ、合計で
450 件を超えるポスターが掲示されていました。両日ともサンドイッチと飲み物を片手に活発
な議論が行われ、文字通り熱気に包まれた2時間はあっという間に過ぎて行きました。その
ため聞きたいと思っていたポスターの全てを聞くことができなかったのは心残りであります。
私は4日目にアクティブソフトマターの前後往復運動に関する研究についてポスター発表を
しました。とても良い議論ができたと思いますが、今回発表した研究内容は私の中で完了し
たものという位置付けになってしまっていたためか残念ながら発表を通して今後の発展につ
ながるようなアイデア等には恵まれませんでした。
統計物理学の分野がそうであるように、ソフトマターの分野も、近年、平衡の状態から大
きく外れた非平衡状態の研究が多くなってきていますが、これまでのような平衡状態あるい
はその近傍においてもまだまだ多くのことが未解明であり、世界中で盛んに研究されている
ということが改めてわかりました。私自身は非平衡状態のアクティブソフトマターの研究を
行っているため自分の研究の興味と近い研究がよく目に付いただけなのかもしれませんが、
非平衡状態のソフトマターの研究においてはアクティブマターと呼ばれる自発的な速度を持
ったものの系の研究が多く発表されていました。その点では、以前すでに論文で見たことの
ある研究の発表も幾つかありましたが、紙面で読むだけではなく実際に研究を行った研究者
から直接話を聞くと、特にポスター発表ではナイーブな疑問なども比較的容易に質問するこ
とができ、より一層理解を深めることができました。また、アクティブマターに関連する招
待講演ではそれぞれの研究者が行ってきた研究をまとめて聞くことができた上に、長い目で
見た研究分野に対するモチベーションなどを垣間見ることができたのは興味深いものでした。
特に、J. Yeomans、L. Berthier、R. Golestanian、M. Cates といったソフトマターの業界のビッ
グネームの講演は、話し方もうまく、ストーリーにとても迫力がありました。
今回の会議場は街の中心部から路面電車で 20 分ほど行ったところにあり、そばにショッピ
ングセンターがあることを除けばそれ以外は周囲にはほとんど何もなく、会議に集中するに
はとても良い環境でした。朝9時から始まり、夜は7時頃までと長丁場でしたが、適度に休
憩が挟まれていたためそれほど疲れを感じることもありませんでした。4日目には、ストラ
イキで路面電車やバスなどがほとんどなくなるという、フランスらしい出来事もありました
が、オーガナイザーから前日にアナウンスがあるなど、会議全体を通してよくオーガナイズ
されていました。
最後に、今回、フランスでの国際会議へ参加し研究発表を行うにあたり、旅費の助成をし
ていただいた京都大学教育研究振興財団に改めて感謝いたします。また、今回の渡欧の機会
を利用して、会議後にドイツの共同研究者の元へ私費で短期訪問するために渡航計画を変更
する際には、財団の職員の方にとても柔軟に対応をしていただきました。私のように研究室
に所属しない独立した研究員は研究費の面で不安定な立場になることが多くあるため、この
ような柔軟性のある助成があることは大変ありがたいです。
Fly UP