...

第41号 (2009年11月発行) - 北海道大学 大学院医学研究科・医学部

by user

on
Category: Documents
45

views

Report

Comments

Transcript

第41号 (2009年11月発行) - 北海道大学 大学院医学研究科・医学部
第 41 号
2009(平成21)年11月
90周年式典会場。
10月12日 札 幌 グ ラ ン ド ホ テ ル
において、北海道大学医学部創立
90周年記念式典・記念講演会・
祝賀会が盛大に執り行われまし
た。関係者の皆様大変お疲れ様で
した。本号では安田研究科長の式
辞の全文と式次第を掲載します。
C O N T E N T S
◆研究科長より
◆学術・教育・一般
北海道大学医学部創立90周年について�� 1
国際ジョイントシンポジウム ������ 8
北大元気プロジェクト �������� 10
臨床研修マッチングに参加して ���� 11
◆学内行事
医学部図書館の竣工 ���������� 4
フラテ祭2009開催報告 �������� 5
オープンキャンパスを開催して ����� 6
◆お知らせ
医学部創立90周年募金活動 ����� 13
第52回東医体について ������� 13
◆受 賞
◆事務部から
核医学分野 玉木教授 Hermann Blumgart Award受賞 ��� 7
1
����������������� 15
研究科長より
北海道大学医学部創立90周年記念式典式辞
安 田 和 則 北海道大学医学部長
本日、文部科学省、北海道ならびに札幌市からご来賓
をお迎えし、また佐伯総長をはじめ副学長・理事、部局
長の諸先生、名誉教授、そして同窓生の皆様のご臨席を
賜り、ここに北海道大学医学部創立90周年記念式典を挙
行できますことは、私どもにとりまして誠に光栄であり、
また心からの喜びとするところであります。ここに医学
研究科・医学部教職員一同を代表してご臨席の皆様に心
より厚く御礼を申し上げます。
北海道大学医学部は北海道帝国大学が創設された翌年
の大正8年に設置され、今日まで90年の星霜を経て発展
安田研究科長の式辞
1
ある者は医学研究・教育分野で世界に羽ばたき、ある者
は世界最高レベルにある本邦の医療を支えて臨床分野で
活躍しております。さらに平成15年には4年制の北海道
大学医学部保健学科が設置され、看護学専攻・放射線技
術科学専攻・検査技術科学専攻・理学療法学専攻・作業
療法学専攻の5専攻において、医療の現場で欠くことの
できない高度専門職医療人を養成しております。これま
でに約385名の卒業生が巣立ち、本邦の医療を支えてお
ります。
医学部・医学研究科における教育は、優れた医学研究
および診療と表裏一体の関係にあります。我々教職員一
特別講演を行う三浦雄一郎氏
してまいりました。北海道大学医学部医学科は、北海道
大学の教育理念である「開拓者精神」、「全人教育」、「国
際性の涵養」、「実学の重視」を医学領域において具現化
すべく学士教育に力をいれ、次世代を担う医学研究・教
育者および先端医療の中心を担う指導医を育ててまいり
ました。これまでに約9,000名の卒業生が巣立ち、国内
はもとより、世界各国で活躍しています。北海道大学大
学院医学研究科は昭和30年に設置され、平成12年の重点
化により大学院講座制へ移行しました。本医学研究科で
は各医学領域で世界をリードする優れた研究を行う中
で、医学部の教育理念を更に進めた大学院教育を行っ
祝賀会にて旧医学部校舎の写真の前で思い出を語る菊地浩吉元
札幌医大学長(33期)
てまいりました。これまでに約6,500名が学位を取得し、
北海道大学医学部創立90周年記念
期 日:平成21年10月12日(月・祝) 会 場:札幌グランドホテル 金枝の間・グランドホール
記念式典
演 題「極限への挑戦~75歳エベレスト登頂~」
プロスキーヤー 三浦雄一郎
座長 北海道大学医学部長 安田 和則
司 会:北海道大学教授 福田 諭
式 辞:北海道大学医学部長 安田 和則
挨 拶:北海道大学総長 佐伯 浩
北海道大学創立90周年
記念事業後援会長 廣重 力
祝 辞:文部科学省高等教育局
医学教育課長 新木 一弘
北海道知事 高橋はるみ
札幌市長 上田 文雄
北海道医師会長 長瀬 清
祝 賀 会
司 会:北海道大学教授 櫻木 範明
挨 拶:北海道大学医学部長 安田 和則
北海道大学医学部同窓会長 齋藤 和雄
祝 辞:北海道大学総長 佐伯 浩
札幌医科大学長 今井 浩三
祝 杯:旭川医科大学長 吉田 晃敏
記念講演会
『写真で振り返る医学部90年の歴史』
北海道大学教授 松下 通明
北海道大学教授 田中 伸哉
司 会:北海道大学教授 岸 玲子
演 題「糖鎖医学~北大から世界へ~」
大阪大学産業科学研究所教授 谷口 直之
座長 北海道大学教授 本間 研一
乾 杯:北海道大学病院長 浅香 正博
2
同は、多くの先人によって築かれてきた基幹総合大学医
学当局および多くの同窓生からいただいてまいりまし
学部としての伝統と責務を深く理解し、歴代の医学部長
た。我々はそれらに対する感謝も忘れたことはございま
の指揮の下で一丸となって教育・研究・診療に日夜励ん
せん。特にこの度の創立90周年記念事業に当たりまして
でまいりました。現在、医学研究科では先端的研究手法
は、同窓会員の皆様、更には篤志家、団体、企業の皆様
を駆使して、生体構造・機能の発達や老化機序の解明、
からのご寄附によりまして、医学部の悲願でもあり、医
環境が生体に与える影響の解明、現代における社会医学
学部同窓会の結束を示す証でもある学友会館を建設して
的諸問題の解決、遺伝子学、物理学工学、材料科学など
いただけることになり、北海道大学医学部・医学研究科
を応用した病因解明および先端的診断・治療法の開発な
教職員および学生を代表し、この場を借りまして厚く御
ど、世界をリードする多くのユニークな医学研究が行わ
礼を申し上げたいと存じます。この教育・研究施設は、
れています。現在、本医学研究科では、これらの研究を
これまでにご寄附をいただいた多くの施設や設備と同様
基盤として厳しい競争の中で採択された「未来創薬・医
に、次世代を担う若い学生・研究者がその手で新しい歴
療イノベーション拠点形成」、「橋渡し研究支援推進プロ
史を作っていく礎石となるように、心して大切に使わせ
グラム」、「先端的光イメージング研究拠点形成プロジェ
ていただきたいと思います。
クト」などの国家的大型研究プロジェクトが着実に成果
本日、北海道大学医学部は90周年という一つの節目を
を上げております。また最近、「最先端研究開発支援プ
越えて、100周年へ向かって歩み始めます。歴史の節目
ログラム」が本医学研究科から選定されたことは、我々
を祝うことの意味は、過去を冷静に振り返り、先人の業
の大きな誇りとするところです。加えて本医学研究科の
績の上に立っている現在の我が姿を直視し、そして明日
教員は本学の「実学重視」の精神を胸に高い臨床力を誇
の生き方を考えることにあります。我々は次の10年間に
り、北海道大学病院が北海道における「最後の砦」病院
北海道大学医学部・医学研究科がさらに発展できるよう
としてその役割を果たし続けているその本体を担い、そ
に、また世界の医学・医療の進歩、ひいては人類の幸福
の中でいくつもの世界をリードする臨床研究を行ってい
のために今まで以上に大きな貢献が出来るように、教育・
ることも我々の誇りとするところであります。我々は今
研究・診療が三位一体となった我々の重い使命に全力で
後も不断の努力を傾注し、本邦のみに留まらず、世界の
取り組む所存でございます。そして10年後に北海道大学
医学・医療の進歩発展に寄与していくことを決意いたし
医学部が、その輝かしい伝統に対して尊敬を集める100
ております。
周年を迎えることができるように最大の努力をしていく
もとより北海道大学医学部の90年は、平坦な道ばかり
ことをここにお誓い申し上げます。
ではありませんでした。これまでの歴史の各節目におい
最後に、本日ここにご臨席賜りました皆様をはじめ、
ては多くの先人・諸先輩が言葉に表しがたい労苦を重ね
多くの方々に、今後とも、北海道大学医学部に対しまし
られ、その上に現在の本学部が存在していることを、我々
て、何卒、より一層のご指導とご支援をいただけますこ
は忘れたことはございません。また本学部が種々の困難
とをお願い申し上げ、私の式辞といたします。本日はご
に直面したときには、有形・無形のご支援・ご厚意を大
臨席を賜り誠に有難うございました。
祝賀会主賓席の薔薇
3
2
学内行事
北海道大学医学研究科・医学部図書館の竣工
安 田 和 則 医学研究科長
にも書架を有する広い閲覧・自習室があり、また学生の
インターネットを介する情報アクセスを支援するため、
40台のPCを備えた学生用IT室があります。またこの階に
は多目的室やラウンジを備えており、学生や研究者が勉
学に励む一方でくつろぎも取れる快適な空間となってい
ます。この階の一角には男女ロッカー室があり、またこ
の階と医歯学総合研究棟の実習室とは南研究棟を介して
渡り廊下で連結され、学生の勉学導線は大幅に短縮され、
天候に左右されない快適なものになりました。3階には、
新装の図書館正面。2階右手奥に新設された南棟との連絡通路がみられる。
今までの第一・第二講堂の面積の約1.4倍の基礎講義室が
旧医学部図書館は昭和40年代に北海道大学医学部同窓
2つできました。この基礎講義室を造ることの必要性に
会の寄附などで建設され、近年、その低耐震性と老朽化
関しては様々な背景があり、その詳細は最近に発行され
が問題となっておりました。また近年のインターネット
た医学部同窓会新聞で説明させていただきました。講義
の普及によって図書館のニーズは大きく変化し、図書館
室の横にはアメニティホールも用意され、学生に対する
を利用する研究者数や貸出する本の数は激減しました。
教育環境は昨年と比べてはるかに向上しました。
また学生の勉強の仕方も変化し、図書館には参考書を利
北海道大学医学研究科・医学部新図書館は北大図書館
用しての自習室としての機能が強く求められるようにな
本館および北図書館とリンクして従来の図書館の機能を
りました。一方、北海道大学医学部全体の教育環境に目
保有しつつ、現在の医学生に充実した教育・学習環境を
をやれば、第一・第二講堂の老朽化、第三・第四講堂の
与える新しい概念の図書館として、今後の医学教育・研
狭隘、試験や実習を行う第五講堂の不足などに緊急の対
究における新しい知の拠点になることが期待されます。
策が必要でありました。
こうした状況の中、北海道大学医学研究科・医学部図
書館は、本来の図書館機能を損なうことなく現在の学生・
研究者のニーズに応え、さらに学生の教育環境の改善に
も資する施設として本年8月14日に竣工しました。正面の
書庫には効率的収納が可能な電動書架を導入して12万5
千冊の書籍を収容しています。書庫から戻ると受付の右
隣には複写室があり、受付の前を進むと書架を有する閲
覧・自習室があり、その角には7台の検索端末PCが設置
熱心に討論する5年生。奥は各運動部の歴史と伝統を物語るトロフィー。
されています。このように1階は、主として研究者・学生
の閲覧、検索、貸出スペースにあてられています。2階
生化学畠山教授の講義風景。講義室の天井には正面の大スク
リーンと同じ画面がうつしだされるモニターが並ぶ。
2階フロアー。学生の憩いの場となる設計。
4
フラテ祭2009 開催報告
フラテ祭実行委員会事務局
去る9月20日、爽秋の空のもとでフラテ祭2009が開催
所理事の辻井博彦千葉大学/群馬大学教授からは北大在
されました。5連休2日目の開催にて全国からの参加を企
籍時代の出来事から、陽子線治療から最近の重粒子線治
図した結果でしょうか、第1部の施設・キャンパスツアー
療の現況を話していただきました。
130名、第2部講演会90名、第3部71名とのべ291名の今ま
第3部の交歓会は、北大交響楽団による弦楽四重奏の
でにない参加をいただきました。
歓迎により、初めに音羽博次奨学基金授与式は音羽先生
第1部はAコースとして医歯学総合研究棟の法医学剖
出席のもとに執り行われ、8名の医学生・大学院生が授
検室・電子顕微鏡室などの実験施設を紹介し、Bコース
賞しました。次いで、安田医学部長、齋藤和雄北大医学
では北大病院内の地下放射線部施設・手術室の見学・解
部同窓会長の挨拶があり、祝宴に入りました。祝宴では
説を行い、Cコースでは総合博物館・北キャンパスなど
病理学講座田中伸哉教授による北大医学部90年思い出の
バス2台で北大構内全体を案内致しました。
写真の解説・クイズなどがあり、“都ぞ弥生”の合唱に
第2部では安田和則医学部長より医学部・医学研究科
て締め括られました。
のインフラ整備の状況や先端的研究プロジェクトの推進
第3回目となるフラテ祭は多数の学生父母をはじめ、
状況などから、医学部創立90周年記念事業の成就に向け
同窓生・企業の方々にも今までにない程多数の皆様に参
て活動していることが報告されました。玉木長良北大病
加していただきました。フラテ祭は北大における教育・
院副院長からは医学研究科と日立製作所・シオノギ製薬
研究の成果・抱負を披露し、理解していただくことを目
などとの産学協同の“未来創薬・医療イノベーション拠
的としております。多くの皆様のご支援により、今年も
点形成”の超大型プロジェクトの展開について紹介しま
盛会裡に終えることができました。この場を借りてお礼
した。次いで、北大放射線科出身で放射線医学総合研究
申し上げます。有り難うございました。
臨床講義棟1階での受付風景。右は監督す バスツアーのガイドに望む谷野美智枝助教 懇親会で司会を務める西村正治教授(呼
(腫瘍病理、中央)と津田真寿美助教(病態 吸器内科学)とスピーチをする岡田晃元
る野々村副研究科長。
医科学、
右)
。待機役の王磊君
(腫瘍病理、
左)
。 金沢大学学長(30期)。
第5回(平成21年度)北海道大学大学院医学研究科・
医学部医学科音羽博次奨学基金奨学金授賞式について
今年度で第5回目となる「北海道大学大学院医学研究
応募者は14名で、選考の結果、次の8名に奨学金が授
科・医学部医学科音羽博次奨学基金要項」に基づく奨学
与されました。
金授賞式が、去る9月20日(日)に開催された「フラテ
祭2009」の第3部フラテ交歓会において挙行されました。
医 学 科 4年 亀 田 浩 之
医 学 科 5年 中 谷 資 隆
医 学 科 6年 風 巻 拓
博士課程 1年 野 村 友希子
博士課程 1年 細 木 華 奈
博士課程 2年 荒 木 敦 子
博士課程 4年 七 戸 夏 子
博士課程 4年 真栄田 裕 行
挨拶に立つ音羽先生(16期)
5
2009年度 医学部医学科オープンキャンパスを開催して
岩 永 敏 彦 医学研究科・医学部入試委員会アドミッション実施部会長
アドミッション実施部会はおもに、高校生対象の学部
紹介や説明会を担当している。その中で、オープンキャ
ンパスが最も大きな行事であろう。全国的に見て医学部
での教育内容はほぼ共通しているし、入学希望者も多い
ので、説明会を開催する必要性を感じていなかった。し
かし、北大医学部の新入生の1/3程度はこのオープンキャ
ンパスを経験している。また、親が医師である割合が5
割を越え、親からの具体的情報が大学選定に影響するこ
とを考えれば、この説明会をおろそかにはできない。
本年は、自由参加プログラムを8月3日(月曜日)に、
高校生限定プログラムを4日(火曜日)に開催した。自由
質問に答える吉岡副研究科長。奥は司会の岩永教授。
参加プログラム(予約必要なし)では、午前・午後とも
高校生限定プログラムでは、昨年度と同様に、解剖学
定員一杯の150名を越える多数の参加者(合計303名、昨
の講義と実習からなる模擬授業を行った。今年は100名
年度は300名)があった。午前の部で定員を超えた分は
を限度して事前に参加申込みを受付け、88名(昨年度は
70名定員で58名の出席)の高校生が参加した。札幌市内
32名、札幌以外の道内29名、道外27名であった。医学部
長による挨拶の後、脳に関する講義を40分ほど行った。
ついで、顕微鏡による組織標本の観察実習と、魚類から
ヒトに至るまでの脳の進化・発達、病理解剖および神経
情報伝達に関する展示を中心にした実習を行った。実習
には、解剖・病理学の教員・大学院生と医科学生が立ち
会い、説明や質問への対応を行った。
臨床大講堂を埋め尽くす高校生を中心とする参加者
午後に回ってもらったが、飛行機などの都合で、午後の
部で途中退席者が出たのは仕方がない。参加者の内訳は、
札幌市内131名(昨年度136名)
、
札幌以外の道内100名(同
93名)
、道外66名(69名)
、不明6名(2名)であった。安
田和則医学研究科長による挨拶の後、吉岡充弘副研究科
長による入試の説明、医学部医学科紹介DVDの映写、医
学部・大学病院での教育・研究・診療施設の見学、およ
高校生に熱心に教える医学部学生。MD/PhDコース1年加藤
保崇君(腫瘍病理学分野)。
び質疑応答からなる2時間余りのコースを企画とした。施
設見学では、参加した高校生や保護者を7つのグループ
に分け、アドミッション実施部会員と5・6年次の医学科
生がペアとなって各グループを引率し、教育施設(局所
解剖室・第一講堂)
、研究施設(医歯学総合研究棟の電
子顕微鏡室)
、診療施設(CT検査室、検査・輸血部、病
理部)の6ヶ所を順に訪問した。訪問先では、それぞれ
の担当者が説明を行った。見学終了後の質疑応答も活発
で、大学生活、北大や北大医学部の特色ならびに優れた
点、クラブ活動と勉学、留学制度など、高校生が自己の
進路を探るための情報を求めていることを肌で感じた。
反省点は、見学コースが少々慌ただしいかったこと、医
2日目の高校生限定プログラム。熱心に病理の説明を聞く高校
生。左は渡辺教授。
学部生との個人面談を設けなかったことがあげられる。
6
無記名式のアンケートでは、「印象深かったことは?」
まり理解できなかった/ほとんど理解できなかった)の
という質問に対して、「脳の仕組みの説明を聞いて、と
平均が4.03と、どちらも昨年度と同じ高いレベルを示し
ても興味がわき、もっと知りたくなった」(旭川東1年、
た。
女子)、「電気が神経を通っていることが実際に体験でき
最後に、施設見学で担当していただいた放射線部の加
てよく分かりました。脳は不思議なことが多くもっと知
藤徳雄助教、病理部の羽賀博典副部長、検査・輸血部の
りたくなりました」
(金沢泉丘2年、女子)、「ヒトだけで
清水力副部長・鈴木春樹技師長、解剖発生学分野の渡辺
なく色々な動物の脳を見たり、病気のヒトの臓器を実際
雅彦教授、電子顕微鏡室の中村秀樹助教に深謝したい。
に見たり触ったりできたこと」
(札幌西2年、男子)、「細
また、施設見学で引率や質疑応答を担当したアドミッ
胞のスケッチが好きなので、高校ではなかなかできない
ション実施部会の部会員と吉岡充弘副研究科長、高校生
網膜のスケッチがとても面白かった。顕微鏡もすごく良
限定プログラムの準備と実施を担当していただいた渡辺
かった」(福島磐城2年、女子)
、「脳は他の動物より大き
雅彦教授、神谷温之教授、田中伸哉教授はじめ基礎系5
いのに、子供のときでは未発達なところ」(函館中部1年、
分野の教員、2日にわたって活躍した医学生(6年の東真
男子)などの感想が寄せられた。また、満足度の5段階
澄、加藤容崇、5年の濱崎雅成、石川麻倫、大垣淳、相
評価(大変面白かった/面白かった/普通/つまらな
馬崇宏、村松憲の学生諸君)、そしてこれらの企画全般
かった/大変つまらなかった)では、満足度の平均が4.70
の計画と運営に奔走していただいた医学科教務担当の齋
という非常に高い評価をいただいた。理解度の5段階評
藤嘉光係長、原田奈緒子さん、脇坂恭匡さんに厚く御礼
価(ほとんど理解できた/結構理解できた/ふつう/あ
を申し上げたい。
3
受 賞
Hermann Blumgart Award受賞報告
私は長年核医学一筋に研究教育に従事してきており、
このSNMとも関係が深く、1980年以来毎年欠かさず出
玉 木 長 良 北海道大学医学研究科
席しています。1998年にはSNMでの大きな賞のひとつ
2009年6月にカナダのトロントにて米国核医学会
(Society
George Hevesy Awardを同じくアジア人ではじめて受賞
of Nuclear Medicine:SNM)が開催されました。毎年参
しています。その際にはこれまで自分自身の行ってきた
加者は企業の参加を加えると6,000人を超える核医学関
PETの研究と教育者としての功績を評価していただきま
連学会としては世界最大のものです。その中で公表され
し た。 これ に 対 し、 今 回 のHermann Blumgart Awardは
るいくつかの学会賞の中で、心血管部門(Cardiovascular
主に北海道大学で実施してきた循環器核医学の研究、と
Counsil)で毎年この分野で活躍した人に栄誉を讃える
りわけPETを用いた分子機能イメージングに関する研究
Hermann Blumgart Awardがあります、今年この賞を私が
を評価していただいたものです。
受賞する機会がありましたのでご報告します。
この栄誉ある受賞にあたって、これまで私と共に研究
Dr Hermann Blumgartは米国ハーバード大学の研究者
に従事してきた北海道大学の研究者をはじめ、関係各位
で1925年にラジオアイソトープ(当時はポロニウム)を
にこの場を借りて深謝します。またこの賞を契機にして、
片腕に静脈注射し、対側の腕に検出機をあてて人体での
日本をはじめアジア地域での若手研究者が育ってくるこ
循環時間を世界で最初に計測しました。彼の名前にち
とを念じています。
なんでSNMでは毎年心血管部門に貢献した研究者を委
員会で推薦し、Hermann Blumgart Awardを付与してい
るものです。これまで心臓核医学の分野で功績のあった
欧米出身の大御所が受賞してきましたが、今年は初めて
アジア人から受賞者が出たということでも注目されまし
た。まず受賞講演として循環器領域における分子イメー
ジング研究の発展について北海道大学での先駆的研究成
果を中心に30分の講演を行いました。その後の受賞式で
は今年の心血管部門会長のDr Rory Hachamovitchから楯
を受け取りました。
7
4
学術・教育・一般
国際ジョイントシンポジウム
“The
7th symposium for Future Drug Discovery and Medical Care”を開催して
~“The 1st Hokkaido University –Academia Sinica Joint Symposium”との共催で実施~
和 田 雅 子 医療イノベーション事業支援室
2009年10月7日(水)8日(木)の2日間、本学学術交
クがおこるしくみを発表されました。次に、李遠哲先生
流会館、及び創薬基盤技術研究棟・産学コミュニティー
(台湾中央研究院)は“Elementary processes involved in
ホ ー ル に お い て、“The 7th symposium for Future Drug
matrix assisted laser desorption ionization”と題した講演
Discovery and Medical Care”が開催されました。今回は、
をされました。李先生は1986年にノーベル化学賞を受賞
st
Hokkaido University –Academia Sinica Joint
された世界トップレベルの科学者ですが、気さくなお人
Symposium”との共催方式による、国際ジョイントシン
柄を思わせるサプライズを用意して下さいました。2部
ポジウムとして開催され、講演はすべて英語で行われま
構成のうち、第1部を日本語のパワーポイントと流ちょ
した。これらのシンポジウムには国内外から数多くの参
うな日本語でご発表され、会場を大いに賑わせて下さっ
加者にお越しいただきました。ここに、当日の様子等を
たのです。第2部では、質量分析におけるサンプルのイ
ご紹介させていただきます。
オン化法のひとつMALDI(マトリックス支援レーザー
最初に当該事業におけるシンポジウムの目的ですが、
脱離イオン化法)についてご発表されました。
イノベーションシンポジウムは、科学技術振興調整費に
昼食会を兼ねたポスターセッションは会館1階ロビー
よる「未来創薬・医療イノベーション拠点形成事業」の
で行われ、大学の研究者による発表、塩野義製薬、日立
一環として、この事業の成果を広く公表するとともに、
製作所、日本メジフィジックス等の企業からの発表を合
幅広い研究者間の交流・討論により更なる研究の発展を
わせおよそ30件のポスターが掲示され、研究者の皆さん
目指して開催されています。また、今回が最初となる北
が活発に議論を行っていました。
海道大学と台湾中央研究院(Academia Sinica)とのジョ
午後からは“Molecular Imaging for Integrated Medical
“The 1
イントシンポジウムは、昨年9月11日に大学間交流協定
Therapy”と題したセッションが玉木長良先生(核医
を締結したのを記念して開催されたものですが、これは
学分野)の座長で行われました。招待講演者のワシ
同研究院が当該イノベーションプロジェクトとの連携研
ントン大学(アメリカ)の簑島聡先生は“Progress in
究を進めていることから今回の共催による国際的な催し
Functional Brain Imaging of Dementia”と題して、アル
が実現したものです。
ツハイマー病の画像診断・分子イメージングについて講
第1日目は、北大からは佐伯浩総長が、台湾中央研究
演され、診断と治療との関係が討論されました。続いて
院からは翁啓恵院長がそれぞれ主催者挨拶をしたあと
台湾中央研究院の胡宇光先生、北大から石川正純先生(医
に、岡田尚武副学長の座長による基調講演が行われまし
学物理学部門)、永井健治先生(電子科学研究所)とご
た。まず、喜田宏先生(人獣共通感染症リサーチセンター
発表が続き、第1セッションの最後として京都大学・山
長)は“Avian, swine, and pandemic influenza”の演題で、
本雅哉先生のご発表と質疑応答がありました。
鳥や豚からヒトに感染し、インフルエンザのパンデミッ
休憩をはさんで行われた第2セッション“Glycobiology/
Structural Biology and Drug Discovery”では、ハンズ・
J・ガビウス先生(ルートヴィヒ・マクシミリアン大学、
ドイツ)の座長で、ジョンズ・ホプキンス大学(アメリ
カ)の李遠川先生による招待講演が行われました。李遠
川 先 生 は“The Road to AvioGlycomics” と 題 し て、 鳥
類の糖タンパク質に関する広範な研究成果を紹介された
ほか、今後の北大との共同研究の方向性も示唆されまし
た。続いての講演者は、台湾中央研究院の黄太煌先生、
北大の姚閔先生(先端生命科学研究院)、稲垣冬彦先生
(薬学研究院)と続き、第1日目の最後に、塩野義製薬か
佐伯総長による挨拶
ら近藤裕郷先生がご発表をされました。全日を通して盛
8
んな議論がなされた終了時には、会場から大きな拍手が
アメリカの企業エゾース・サイエンス・インクから三浦
わき起こりました。
嘉晃先生のご発表が行われました。
初日のシンポジウム終了後は、JRタワーホテル日航
充実した発表と質疑応答が行われた2日間の最後には、
札幌に移動して懇親会会場へ。札幌随一の高さを誇る36
岡田副学長、翁啓恵院長からの閉会の辞があり、今回の共
階から眺める180万都市の夜景をバックに、彩り鮮やか
催による国際シンポジウムの成功を祝いつつ、今後の両
に供された料理の数々に、約100名の参加者の皆さんか
機関の緊密な連携と先端研究への期待を込めたメッセー
らも歓声がわき、午後7時から9時までの2時間、トーク
ジが伝えられ、全2日間の行程は成功裏に終了しました。
やスピーチなどで楽しんで盛り上がりました。
分子イメージングの研究者や創薬、医療、企業と、幅
2日目は、会場を創薬基盤技術研究棟の産学コミュニ
広い分野の研究者が一堂に会し、最先端の研究紹介を行
ティホールに移し、第3セッション”Mass Spectrometry
い、質疑応答をした本シンポジウムでは、2日間を合わせ
and its Application in Biology/Medical Science” が 行
延べ298名の参加があり、初日に発表された李先生の講演
わ れま した。 座 長・李 遠 川先 生 の 進 行 で 発 表さ れた
内容は新聞にも報道されました。また当日は、第6回シン
最 初 の 演者は 招 待講 演 者の ハ ン ズ・J・ ガ ビ ウス 先
ポジウムの内容の多くが掲載された、玉木先生、久下裕
で、“Breaking the Suger Code of(Tumor)Growth
司先生(アイソトープ総合センター)の編集によるプロ
Regulation: Discovery of Effectors and Analytical
シーディング“Molecular Imaging for Integrated Medical
Challenges”と題して、腫瘍の悪性度とグリカン構造(多
Therapy and Drug Development”がSpringer社から出版さ
糖構造)に関して講演されました。続いて、台湾中央研
れたことから、当該書籍を配布することもできました。
究院の邱繼輝先生、北大から天野麻穂先生(先端生命科
次回(第8回)のシンポジウムは年1回の開催になります
学研究院)、そして日立製作所の坂本健先生、最後に、
ので、
また詳細が決まりましたらご案内させていただきます。
生
講演される李遠哲先生
パネルディスカッション風景
ガビウス先生による発表
〈発表者及び題目一覧〉敬称略
第1日目
喜田 宏
Avian, swine, and pandemic influenza
李遠哲
Elementary processes involved in matrix assisted laser desorption ionization
簑島聡
Progress in Functional Brain Imaging of Dementia
胡宇光
X-ray Imaging and Nanomedicine for Integrated Therapy
石川正純
Fundamental Study on Developing Parallel Plane Positron Detector System for Tracking Tumor During
Radiotherapy
永井健治
Toward Understanding Biological Phenomena by Genetically-encoded Molecular Spies
山本雅哉
Significance of Drug Delivery Systems in Enhanced Molecular Imaging for Regenerated Tissues
李遠川
The Road to AvioGlycomics
黄太煌
Packaging of SARS Coronavirus Nucleocapsid
姚閔
Structural Basis for Translation Factor Recruitment to the Eukaryotic/Archaeal Ribosomes
稲垣冬彦
Structural Biology of Autophagy
近藤裕郷
Future Direction of Drug Discovery Research
第2日目
ハンズ・J・ガビウス
Breaking the Suger Code of(Tumor)Growth Regulation: Discovery of Effectors and Analytical Challenges
丘繼輝
Enabling Mass Spectorometry Techniques for Phosphoproteomics and sulfoglycomics
天野麻穂
Comparative Glycomics
坂本 健
Analysis of Site-specific Glycosylation Profile in Glycoproteins by LC-ECD-MS/MS in a Radio Frequency
Linear Ion Trap
三浦嘉晃
Glycomics from Bench to Bedside Getting Sweeter
9
座長の玉木先生
石川先生による発表
パーティの様子
北大元気プロジェクト2009「世界の子どもをつなぐ教室」実施の御報告
大 竹 裕 子 修士2年 公衆衛生学分野
≪はじめに≫
になったことを受け、異文化圏(開発途上国)に住む青
2009年8月8日(土)・22日(土)・23日(日)の日程で
少年との交流を通して日本の青少年のメンタルヘルスを
JICA札幌を会場に、北大元気プロジェクト2009並びに
向上させようとすることがこのプログラムのねらいで
外務省日メコン交流年の一環として「世界の子どもをつ
す。
なぐ教室」を開催いたしましたので御報告させて頂きま
プログラムの最大の特色は、手紙を用いた交流を行う
す。
ことです。従来の国際交流は、渡航費が高く誰もが気軽
北大元気プロジェクトは北海道大学が学生活動を活性
に参加できない、1対1の交流が難しく深まりがないと
化させる目的で実施している事業です。北大生による活
いった問題がありました。実行委員会ではこれを解決す
動団体がプロジェクト申請を行い、選考委員(北大内の
る方法として手紙交換を提案し実施しています。日本⇒
教員)から審査を受け、採択されると50万円以内の活動
相手国⇒日本の順で参加者に手紙(返事)を書いてもら
費が支給されます。この春、
「世界の子どもをつなぐ教室」
い、実行委員が配達します。相手国への渡航は大学生の
実行委員会の代表として申請を行い、選考委員の先生方
途上国スタディ・ツアーとしても機能しています。
から高い御評価を頂き活動費の助成を受けることができ
本年度はカンボジアとインドを交流相手国とし、8月
ました。本事業は他に国際交流基金からも助成を受け外
9日(日)~21日(金)の日程で9名の学生が渡航しまし
務省日メコン交流年事業として採択されています。
た。インドでは児童労働リハビリ施設で子ども達と寝食
を共にし、また児童労働の現場の一つであるスラムに行
≪プログラムについて≫
き、今まさに児童労働に従事している子どもたちにイン
「世界の子どもをつなぐ教室」は札幌市の高校生を対
タビューを行いました。カンボジアではNGO学校、ゴ
象とした異文化交流プログラムです。北海道大学・北海
ミ山に住む子どもたちなどを訪ねました。この様子は、
道教育大学札幌校の学生による実行委員会がプログラム
北海道大学サステナビリティ・ウィーク2009の一環とし
の企画・実施・評価を行っています。近年、国内でいじ
て11月14日(土)・15日(日)に「世界の子どもをつな
めや携帯依存など青少年問題が社会的に注目されるよう
ぐ教室」報告会にて公開され、NHK札幌放送局のニュー
カンボジア:ゴミ山の住居
カンボジア:手紙を書く様子
10
札幌:プログラムの様子
の有意差がみられ、プログラムの効果が示されました。
スでも取り上げられました。
さらにこの結果を11月2日(月)に開催されたサステナ
≪プログラムの効果≫
ビリティ・ウィーク2009学生研究ポスターコンテストに
本プログラムが日本の高校生のメンタルヘルスを向上
て発表し、実学探求部門優秀賞を頂きました。
させたか否かを評価するため、標準化された尺度を用い
てQOL、抑うつ等を測定し、プログラム前後で比較し
≪謝 辞≫
ました。また非参加者によるコントロール群も設け比較
本事業は、北海道大学と国際交流基金から助成を受け、
を行いました。
JICA札幌、ユニセフ北海道支部、札幌ユネスコ協会の
参加者のうち評価に協力した22名(回収率75.86%)
御協力並びに北海道大学公衆衛生学教室員の皆様のご理
の実施前後でt検定を行った結果、QOL(「自分の生活
解を得て無事、実施することができました。この場をお
環境に対する満足度」など)とセルフ・エフィカシー(「自
借りして厚く御礼申し上げます。
分はこの世の中に貢献できると思う」など)で1%水準
臨床研修マッチングに参加して
飯 田 あか奈 北大医学部6年
平成16年の初期臨床研
いう病院もある。受験には事前の院内実習を必要とする
修制度開始以来7回目と
ところがほとんどで、実習中の評価がマッチング結果の
なる臨床研修マッチング
ほぼすべてを決めるという病院も少なくないと聞いてい
が、この夏から秋にかけ
る。マッチング自体は面接を中心に、筆記試験、小論
て行われていた。そもそ
文など一般的な内容になっている病院がほとんどだが、
も「マッチング」の名称
中には一般企業の就職活動で用いられるSPI(Synthetic
は、厚生労働省指導下に
Personality Inventory、適性試験)を導入している病院も
あるマッチング協議会に
あり、どのような試験を課すかに病院の望む研修医像が
おいて、コンピューター
透けて見えるともいえる。
上で研修希望者と研修病
一通り希望病院の受験が済めば、10月末までにマッチ
院双方の希望順位を踏ま
ング協議会に希望病院の順位を登録する。この際、受験
えて上位から順に「マッ
はしてみたものの気が変わり、やはり研修はしたくない
チさせていく」ことを示しているが、個々の病院で行わ
という病院は登録しなくとも良い。同時期に、病院側も
れる「研修医選抜試験」のことも通称「マッチング」と
選考を行ったもののうち採用してもよいと考える学生の
呼称されることが多くなっている(用例:「次のマッチ
順位をマッチング協議会に登録する。マッチング制度が
ングいつ?」「マッチングのために来週東京に行く」な
始まったことで、従来は採用・不採用の2択で採用試験
ど)。
を行っていたが、学生に順位をつけるという方針に変わ
臨床研修マッチングへの参加は、インターネット上の
り、面接がより難しくなったとおっしゃった先生もいら
マッチング協議会のホームページにて参加登録を行うこ
し、なるほどと思ったこともあった。期限より数日後に
とから始まる。以降の作業はすべてインターネット上で
は規定のアルゴリズムに則ってコンピューター上で組み
行われることになる。そのため〆切はかなり厳密であり、
合わせられたマッチング結果が公表される。このとき、
1分でも遅れたものは来年の就職の機会を一瞬にして失
学生側も病院側も自分のページにログインすると決定済
うことになるので、作業自体は簡易だがある意味非常に
みの事項しか表示されない(学生側には病院名がひとつ、
緊張感を伴っている。
病院側には採用数の学生名だけが並ぶ)。自分が希望病
参加登録後、学生(実際には既卒者、海外留学者など
院で何位にランクされていたのか、自分は病院側が元か
も含む)は各病院で行われる研修医選抜試験、つまり通
ら希望していた人材なのかそれとも繰り上がり当選なの
称の方の「マッチング」を次々と受験していくこととな
かは、わからない。また、一般就職のようにいくつかの
る。マッチング開催回数、形式は病院により多種多様
内定をもらい、手持ちのカードの中から最終的に自分が
で、一度きりのところもあれば、地元だけでなく首都圏
行きたいところを選択する、ということもできない。こ
にも会場を用意する病院、学生の希望により随時行うと
のあたりが少々もどかしくもあるが、少なくとも学生の
11
希望のほうが病院側の希望よりも優先されるような仕組
びくびくしており、面接会場から時折聞こえる高らかで
みにはなっており、アルゴリズムには不公平な部分はな
自信のありそうな声にひやひやすることも多かったが、
いので、決定事項には納得するしかない。ちなみに今年
落ち着いて自分自身をプレゼンすることだけをやってき
は研修期間、内容に関する変更があったため、移行措置
た。統計によれば約80%の学生が第一希望にマッチして
としてすべてのスケジュールが例年よりも1ヶ月ほど遅
おり、90%以上の学生が第二希望までの病院にマッチし
れている。来年以降のスケジュールは、定かではない。
ている。自分も、順位こそ第2希望ではあったが、非常
私は市中病院(札幌2つ、東京1つ)と大学病院1つを
に行きたい気持ちの強かった札幌の市中病院にマッチす
受験した。全国平均並みの数であるかと思う。現在は昨
ることができた。周囲でもマッチングに失敗したという
年やや大学回帰の流れになってきたものの、全国的には
噂はあまり聞かない。初めてのことで、事前の心配は強
いまだ市中病院人気の流れにある。私個人は札幌で生ま
かったもののマッチングという仕組みはうまく機能して
れ育ち、当初は札幌での研修しか考えていなかったもの
いるようである。今は、自分を採用してくれた病院に対
の、将来を北海道の医療に従事して過ごすのならば卒後
して感謝しつつ、仮契約を本契約に結び付けるべく国家
数年の時期くらいは大都市で忙殺され、たたき上げられ
試験に向けて邁進するのみの毎日である。
るのもいいかと思い、札幌で第一希望と考えていた病院
マッチングと国試は6年生で通過する2大イベントだと
と毛色の似た病院をひとつ試しに受験した。結果的に、
思うが、私はマッチングのほうがより重要であると考え
現在問題となっている研修医の首都圏集中、地域偏在に
ている。国試は9割が合格する、いわば「合格が前提」
与してしまったことになる。しかし自分個人としては非
のイベントだし合格か不合格の2択以外に選択の余地が
常に良い経験となり、視野が広がった。東京の病院は受
ないが、マッチングはこれからの数年の生活を決め、ひ
験者数が多いため、午前に筆記試験を行って不合格なら
いては医者人生の大基盤を決定する重要性を持ってい
即帰宅、午後の面接すら受けさせてもらえないというシ
る。見学、受験病院の選定を通じて自分の生涯を通じて
ビアなもので、これはわざわざ往復交通費+前泊代数万
やりたいこと、野望などを腰をすえて考える初めての機
をかけて行く自分には酷なシステムだった。最後の夏休
会であるとともに、有名病院では倍率も高く、国試より
みを賭して勉強し、何とか午後までしぶとく居残って
もよっぽど門が狭いため、心してかからなければいけな
帰ってくることができた(前日ふらりと偶然出会った友
い手ごわい機会でもある。よく一般企業において「就活
人が、まったくの偶然で過去問を提供してくれたことも
は自分との戦いであり、就活を通して学生は大人にな
大きかった。感謝)。札幌での受験は何度か実習でお世
る」といわれるらしい。一般企業よりは敷居も倍率も比
話になった病院ばかりで、顔見知りの先生が多く面接も
較にならないほど低いものの、医学生におけるマッチン
なごやかに進んだ。面接で問われる内容は、「自分の長
グも同じような役割を担っていると思う。一般就活用の
所と短所」「志望科の理由」「大学での活動について」な
本を読み自己分析をしたり、周囲の友人たちに相談する
ど一般的なものがほとんどだったが、中には「医療は弱
などして、自分のやりたいことやキャリアプランを練っ
者のためのものといわれているがどう思うか」
「コメディ
たり、面接の中で評価していただいたこと、うまくいか
カルとはいかに連携をとるか」といった予想外の質問も
なかった場合には帰り道で猛烈に反省したことなどを通
あり、医療のプロを前にしてどう答えても机上の空論と
して、たとえ自分の希望研修先にマッチしなかったとし
なりそうで、緊張するようなシーンもあった。セクハラ
てもいいと思えるほど、自分の人間的成長につながった
ではないけれども、という前置きに続き、「仕事を続け
機会であったと思う。ご多忙の中推薦書を書いていただ
ていく上で女性ということは影響すると思うか」という
いた腫瘍病理学講座の田中伸哉先生をはじめ、様々な方
質問も何度か受けた。「うまく答えること」というより
にお世話になりながらのマッチングであった。この場を
も「この病院のカラーと合うかどうか適性にジャッジし
お借りして謝意を述べつつ、同期である86期生のこれか
てもらうため、自分をありのままに提示すること」が重
らのマッチ病院での活躍を祈念し、感想とさせていただ
要だと考えていたため、感じていることをそのままお話
く。
しすることに終始した。優秀そうな周囲の受験者に終始
12
5
お知らせ
医学部創立90周年記念事業募金活動-第12報-
小 山 司 医学部創立90周年記念事業実行委員会副委員長
-募金目標額まであと3千万円となりました-
医学部創立90周年記念事業基金の募金活動につい
医学部図書館は改修(講義室の整備)を終え、現在、
てお知らせします。平成21年10月末現在の募金の納
医学部会館(フラテ会館)の建設工事が始まってい
入状況は表のとおりとなっています。全体額が4億7
ます。皆様のご協力により創立90周年記念事業計画
千万円を突破しました。募金目標額5億円まであと
は着々と進行しているといえます。
約3千万円です。本募金活動へのご理解とご協力に
募金期限は平成22年3月末となっています。医学
心より感謝申し上げます。
部・病院教員はもとより同窓会の皆様、また関係各
平成21年10月12日には医学部創立90周年記念式
方面の皆様におかれましては、ひき続きご理解とご
典・祝賀会が盛会裡に終了しました。また、すでに
協力をお願いする次第です。
第52回東日本医科学生総合体育大会
奈良場 啓 東医体評議委員(医学科3年)
第52回東日本医科学生総合体育大会の夏季部門
また、冬季部門はスキーが3月中旬に田沢湖スキー
が、山形大学医学部・秋田大学医学部・岩手医科大
場で、アイスホッケーが12月下旬に苫小牧市白鳥ア
学・福島県立医科大学を主管校として、8月上旬に
リーナで開催される予定です。
開催されました。
本学からは15団体が出場しました。おもな結果は以
下の通りです。
バレーボール男子 優勝
バスケットボール男子 準優勝
ソフトテニス女子団体 準優勝
ボート 3位
北大医学部硬式テニス部
北大医学部バスケットボール部
13
平成21年度 医学研究科・医学部医学科「優秀研究賞」、
「優秀教育賞」、「優秀論文賞」及び「特別賞」受賞候補者の推薦
医学研究科・医学部医学科教職員・学生等の顕彰
○各賞の人数及び副賞額
に関する内規に基づく、平成21年度各賞(優秀研究
①優秀研究賞・優秀教育賞:年に各1名、副賞は1
賞、優秀教育賞、優秀論文賞、特別賞)受賞候補者
人当たり100万円相当
の推薦を平成22年1月4日(月)~平成22年1月29日
②優秀論文賞:年に若干名、副賞は1人当たり10
(金)の期間受け付けます。(優秀研究賞、優秀教育
万円相当
賞及び優秀論文賞は、自薦も可)
③特別賞:副賞は1人(1件)当たり100万円相当
なお、今年度から優秀論文賞の選考基準がインパ
クトファクター10.0以上(従来は15.0以上)となり
○提出書類:受賞候補者推薦書及び候補者調書
ましたので、多数の応募をお待ちしております。
○推薦書等の提出先:医学系事務部総務課庶務担当
○受賞候補者推薦書・候補者調書の請求先:
○賞の種類及び対象
E-mail:[email protected]
(1)優秀研究賞:顕著な研究業績をあげた専任教職員
(2)優秀教育賞:顕著な教育業績をあげた専任教職員
(3)優秀論文賞:特に優れた論文を発表した専任教職
員・学生等
(4)特 別 賞:医学研究科、国内又は国際社会に顕
著な貢献をした専任教職員・同窓生
平成21年度医学部医学科学士編入学
(第2年次第2学期)試験結果について
第104回医師国家試験について
平成21年度医学部医学科学士編入学(第2年次
来週2月に実施される第104回医師国家試験の日
第2学期)試験(募集人員5人)について、7月25
程が7月1日付けの官報により次のとおり公表され
日(土)第1次選抜試験、8月20日(木)実施の第
ました。
2次選抜試験を経て、8月28日(金)に最終合格者
5人を発表いたしました。
入試データ
志
願
出願期間
平成21年11月16日(月)~12月4日(金)
試 験 日
平成22年2月13日(土)
・14日(日)
・15日(月)
合格発表
平成22年3月29日(月)午後2時
者
354人(男216人、女138人)
第1次 選 抜 受 験 者
304人(男181人、女123人)
なお、願書等の書類の提出については、北海道
第1次 選 抜 合 格 者
32人(男 21人、女 11人)
厚生局からの要請により、卒業見込み者について
第2次 選 抜 受 験 者
29人(男 18人、女 11人)
は、医学科教務担当で願書等取りまとめ、一括し
最 終 合 格 者
5人(男
2人、女
3人)
て提出することになっております。具体的な日程・
方法等については、決定次第お知らせいたします
が、受験予定者にあっては提出期限の厳守等、ご
協力をお願いします。
管理棟改修工事について
平成22年度施設整備費概算要求で上げておりまし
着工は平成21年12月6日、完成は平成22年3月26日
た「管理棟耐震改修」を施設部の要望もありまして、
を予定しております。
平成21年度に前倒しで実施する事になりました。
14
平成22年度大学院入学試験について
去る、8月31日(月)に修士課程、9月2日(水)に博士課程(前期)の入学試験が実施され、9月18日(金)
にそれぞれ合格者が発表されました。
各課程の志願者・受験者・合格者は次のとおりです。
課 程
区 分
修士課程
博士課程(前期)
博士課程(MD-PhD特別選抜)
志 願 者
26名(男12名、女14名)
35名(男23名、女12名)
2名(男 1名、女 1名)
受 験 者
25名(男12名、女13名)
35名(男23名、女12名)
2名(男 1名、女 1名)
合 格 者
24名(男11名、女13名)
34名(男22名、女12名)
2名(男 1名、女 1名)
修士課程の第2次募集及び既に公表している博士課程(後期)募集日程は、次のとおりです。
課 程
事 項
修士課程(第2次募集)
出願資格審査申請期間
入
試
出
願
試
合
説
明
期
験
格
6
発
表
博士課程(後期)
平成21年11月10日(火)~11月16日(月)
会
平成21年12月6日(日)13:00~
間
平成21年12月8日(火)~12月14日(月)
平成21年12月1日(火)~12月7日(月)
日
平成22年1月18日(月)
平成22年1月20日(水)
日
平成22年2月5日(金)
事務部から
寄附金納入状況(H21.10.31現在)
寄附金合計 472,174,252円
◎教 員
253名/ 438名(57.8%)
44,220,000円
(内訳)
医 学 科 教員
68.7% 特任教員
病 院 教員
52.9% 特任教員
保健学科 教員
29.5%
122名/ 151名(80.8%)
10名/ 30名(33.3%)
93名/ 174名(53.4%)
2名/ 5名(40.0%)
26名/ 78名(33.3%)
25,640,000円
790,000円
11,970,000円
300,000円
5,520,000円
◎分 野
3件
1,800,000円
◎同門会(団体)
2件
2,000,000円
◎同窓生(教員は除く)
1309名/6010名(21.8%)
229,104,367円
120名/1434名( 8.4%)
14,329,885円
(内訳) 医 学 科
保健学科
93名/ 598名(15.6%)
27名/ 836名( 3.2%)
11,909,885円
2,420,000円
◎大学院生
1件
210,000円
◎法人・企業等
223件
174,770,000円
◎篤志家
(団体・個人(同門会員を含む))
34件
5,740,000円
◎学生の父母
15
教員寄附者のご芳名(平成21年10月31日現在 敬称略)
医学研究科
准教授
教 授
加藤 元嗣,佐藤 直樹,椎谷 紀彦,嶋村 剛,
秋田 弘俊,有賀 正,有川 二郎,今村 雅寛,
菅原 満,長 和俊,寺江 聡,遠山 晴一,
岩崎 喜信,岩永 敏彦,近江谷克裕,大野 重昭,
講 師
笠原 正典,神谷 温之,川口 秀明,丸藤 哲,
阿部理一郎,渥美 達也,石川 岳彦,井上 猛,
岸 玲子,久下 裕司,小池 隆夫,小山 司,
岩崎 倫政,加賀基知三,片岡 昭彦,絈野 繁雄,
近藤 哲,櫻木 範明,佐々木秀直,佐々木文章,
神島 保,黒田 敏,齋藤 伸治,佐々木 聡,
清水 宏,白土 博樹,須藤 英毅,瀬谷 司,
澤村 豊,芝木 晃彦,高畑 雅彦,瀧田 恒一,
田中 伸哉,玉木 長良,玉城 英彦,筒井 裕之,
陳 進輝,中丸 裕爾,髭 修平,樋田 泰浩,
寺沢 浩一,藤堂 省,永井 栄一,西村 正治,
本間 明宏,山田 聡,横式 尚司,吉田 和彦
野々村克也,畠山 鎮次,福島 菊郎,福田 諭,
助 教
藤田 博美,古川 博之,本間 研一,本間 さと,
青柳 哲,秋本 幸子,安部川智浩,石黒 信久,
前沢 政次,眞島 任史,水上 尚典,三浪 明男,
石森 直樹,伊藤 圭,上野 倫彦,賀古 勇輝,
三輪 聡一,武藏 学,森本 裕二,安田 和則,
片岡 浩,北市 伸義,工藤 與亮,神津 将仁,
山本 有平,吉岡 充弘,渡邉 雅彦
齋藤 航,高木 大,沢口 直弘,首藤 聡子,
准教授
鈴木 章之,高橋 典彦,高橋 将人,津布久 崇,
秋山 真志,伊東 学,岩永ひろみ,岡本 洋,
寺坂 俊介,藤堂 幸治,中村 高士,中山 若樹,
折舘 伸彦,神山 俊哉,川村 信明,久住 一郎,
南場 研一,西 信也,秦 琢磨,原澤 克己,
工藤 正尊,篠原 信雄,末永 直樹,田川 義継,
久野健二郎,廣瀬 茂樹,松尾雄一郎,三井 貴彦,
田中 淳司,田中 真樹,趙 松吉,傳田 健三,
宮本 正樹,山田 俊,渡部 琢哉
飛騨 一利,平野 聡,蒔田 直昌,松本美佐子,
助 手
矢部 一郎,山田 秀人,吉岡 成人
木田 敦知
講 師
医 員
青山 英史,木下 一郎,小谷 善久,七戸 俊明,
伊藤 候輝,栗田 紹子,櫻井高太郎,橋本 直樹,
高野 廣子,田島 敏広,堤田 新,吉永恵一郎
増井 拓哉
助 教
退職者
秋元 秀俊,泉 剛,猪熊 大輔,小山内 努,
阿部由紀子,夷岡 徳彦,蝦名 康彦,小川 智生,
大塚 紀幸,押海 裕之,小野寺 伸,鐘ヶ江香久子,
柏村 正明,北市 雄士,國原 孝,小玉 和郎,
權 赫準,加納 里志,川畑 秀信,北村 信人,
小山 明彦,鈴木 温,鈴木 清護,関堂 充,
小林 純子,澤村 淳,志賀 哲,清水 健太,
長田 陽一,畠山 博充,原林 透,本間 次郎,
鈴木 友己,武市 紀人,田中 輝明,棚橋 祐典,
宮坂 和男,村下十志文,森田 研,矢野 俊介,
津田真寿美,土佐 紀子,富居 一範,中川 伸,
山中 啓義
中西 一彰,中村 利仁,新野 正明,西出 真也,
医学部保健学科
橋本 聡一,深谷 昌弘,古川 洋志,的場光太郎,
教 授
宮崎 太輔,山﨑美和子,森松 組子,簗瀬 晴子,
石津 明洋,小林 清一,齋藤 健,酒井 正春,
山口 拓,湯浅 資之,吉岡 英治,吉田 隆行,
佐川 正,武田 直樹,千葉 仁志,西岡 健,
和田 雅子
八田 達夫,福島 順子,松下 通明,松野 一彦,
助 手
三神 大世,宮本 顯二,村田 和香,森下 節子,
中村 秀樹,橋本 聡子,古田 伊都子
森山 隆則,山本 徹,良村 貞子
異動者
准教授
武田 宏司
加藤千恵次,河原田まり子,髙橋 光彦
退職者
退職者
櫻井恒太郎,佐々木 了,佐田 文宏,澤村 大輔,
上野 武治,大宮司 信,中村仁志夫,武藤眞佐子
柴田 雅彦,高山 千利,西江 渉,藤川 恵子,
古田 康,松本真知子
(「退職者」は,平成18年9月以降に寄附をした後退職さ
病 院
れた方)
教 授
浅香 正博,生駒 一憲,松居 喜郎,松野 吉宏
16
平成21年度 財団等の研究助成採択状況
財団法人等名
種 別
研究者名
交 付 金
大学共同利用機関法人情報・システム研究機構
国立遺伝学研究所
2009年度共同研究A
笠 原 正 典
180,000
社団法人 日本皮膚科学会
基礎医学研究費
猪 熊 大 輔
500,000
財団法人 成人血管病研究振興財団
平成21年度学術研究支援
西 本 新
500,000
三 輪 聡 一
4,000,000
吉 岡 充 弘
2,000,000
秋 田 弘 俊
2,500,000
別 役 智 子
5,000,000
玉 木 長 良
2,000,000
財団法人 喫煙科学研究財団
平成21年度研究助成
財団法人 日本応用酵素協会
平成21年度研究助成
岩 永 ひろみ
1,000,000
財団法人 三島海雲記念財団
平成21年度学術研究奨励金
岩 永 敏 彦
1,000,000
秋 山 真 志
1,000,000
外 丸 詩 野
1,000,000
津 田 真寿美
500,000
猪 熊 大 輔
500,000
本 間 研 一
450,000
福 田 諭
450,000
吉 岡 英 治
200,000
大 村 優
200,000
招聘助成
西 村 正 治
200,000
社団法人 全日本コーヒー協会
研究助成
神 谷 温 之
1,500,000
財団法人 日本リディオリリー協会
研究助成金
有 田 賢
500,000
ネスレ栄養科学会議
研究助成
神 谷 温 之
1,000,000
財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団
研究助成金
絹 川 真太郎
500,000
財団法人 札幌国際プラザ
札幌国際プラザ助成金
本 間 研 一
80,000
藤 田 靖 幸
500,000
須 藤 洋 一
450,000
夏 賀 健
500,000
王 磊
500,000
佐々木 知 幸
500,000
研究助成(一般)
財団法人 秋山記念生命科学振興財団
研究助成(奨励)
学会等助成
財団法人 伊藤医薬学術交流財団
交流助成
財団法人 北海道大学クラーク記念財団
博士後期課程在学生研究助成
財団法人 三井生命厚生事業団
研究助成金
小 谷 善 久
1,000,000
財団法人 金原一郎記念医学医療振興財団
基礎医学医療研究助成
畠 山 鎮 次
500,000
財団法人 伊藤科学振興会
研究助成
安 東 頼 子
800,000
研究助成
瀬 谷 司
1,500,000
医学賞(社会医学)
岸 玲 子
5,000,000
社団法人 日本医師会
平成21年9月30日までの採択判明分
17
平成21年度科学研究費補助金採択状況
単位:千円
研 究 種 目
新規申請
継続申請
交付内定(採択)
平成21年度交付決定
件 数
件 数
件 数
件 数
特別推進研究
0
0
0
0
0
特定領域研究
4
8
8
10
66,920
基 盤 研 究(S)
3
1
1
1
22,360
基 盤 研 究(A)
8
4
7
8
121,030
基 盤 研 究(B)
24
14
23
19
145,860
基 盤 研 究(C)
40
21
38
41
66,560
挑戦的萌芽研究
39
6
14
13
20,800
若 手 研 究(S)
3
0
0
0
0
若 手 研 究(A)
1
4
4
4
35,230
若 手 研 究(B)
22
5
15
17
36,270
7
2
4
3
4,238
10
1
2
2
7,410
若手研究(スタートアップ)
新学術領域研究(領域提案型)
新学術領域研究(課題提案型)
合 計
交付金額
2
0
1
1
10,920
163
66
117
119
537,598
※交付内定は申請に対する採択のため、申請後、採択時までの医学研究科の研究者の転入出を含まない。
※交付決定は採択時までの医学研究科の研究者の転入出、辞退等を反映させた数字
※採択率(新規・継続を含む)117 ÷ 229 = 51.1 %
※平成21年10月1日現在
広報室便り11
編集後記
4月以降、新しい安田研究科長・医学部長体制下
の内容とした医学研究科・医学部医学科概要および
医学研究科案内、医学科案内の日本語版と英語版の
作成を終えました。また、オープン・ユニバーシティ
に使用された新しい医学部教育カリキュラムを盛り
込んだDVDの作成も無事終えています。またロゴ
マーク・指定書体を新しくして、9月にはホームペー
ジから画像データをダウンロードできるサービスも
開始しました。現在は、その作成が遅れている教育
白書の作成補助、来年3月に完成予定の北大医学部
創立90周年記念誌の作成にあたっています。HPに
関しては国際的に評価の高い賞を受賞した医学研究
科の研究・研究者の紹介を積極的に行い、大学院生
の書類手続きに必要なフォームをダウンロードでき
るようにするなどの作業を行っています。これから
も飛躍する北大医学研究科・医学部の活躍を逐次紹
介する役を担っていきます。
野々村克也(広報室長)
10月には記念すべき北大医学部90周年式展が開催
されましたので、本号では、研究科長の式辞ととも
に式次第を掲載しました。また、新機能をもつ医学
部図書館が10月に竣工し、第1・第2講堂とも稼動し
ています。小さい文字は近くのモニターを参照でき
るから大変便利と学生さんからも好評です。今回基
礎の講義の様子を是非広報したいと考え、生化学の
畠山教授にお願いして講義風景を撮影させていただ
きました。オープンユニバーシティの様子は教務係
の原田さんがいい写真をたくさん撮影していていた
だいたので使用させていただきました。また、少し
でも読者の皆様が手にとりやすい、読みやすい紙面
を心がけており、本号では目次をつけて多少デザイ
ンを変更しています。何かよりよいアイディアあれ
ばご連絡お願いします。
(広報編集委員長 田中 伸哉)
―― Home Page のご案内 ――
北海道大学大学院医学研究科/医学部医学科
医学研究科/医学部医学科広報は
発 行 北海道大学大学院医学研究科・医学部医学科
広報編集委員会
060-8638 札幌市北区北15条西7丁目
連 絡 先 医学系事務部総務課庶務担当
電 話 011-706-5892
編集委員 田中 伸哉(委員長)、白圡 博樹、
玉城 英彦、佐藤 松治
http://www.med.hokudai.ac.jp/ko-ho/index.html
でご覧いただけます。また、ご意見・ご希望などの受
付けメールアドレスは、
[email protected]
となっております。どうぞご利用ください。
18
Fly UP