...

Vol.18, No.1 (2014)

by user

on
Category: Documents
78

views

Report

Comments

Transcript

Vol.18, No.1 (2014)
Vol.18, No.1 (2014)
JSCR Newsletter
日本糖質学会会報
JSCR Newsletter published by
The Japanese Society of Carbohydrate Research
平成 26 年度(第 17 回)日本糖質学会奨励賞 受賞者決定
日本糖質学会授賞選考委員会
委員長 小川 温子
副委員長 隅田 泰生
本年度第 17 回日本糖質学会奨励賞が決定しましたのでお知らせします。
糖質学会会員の皆様から優れた候補者のご推薦をいただき誠にありがとうございました。選考委員会の厳
正な審査を経て、理事会にて下記の 3 名の方を受賞者として決定致しました。受賞者には心からお祝いを申
し上げるとともに、今後の益々のご活躍を期待いたします。なお、多くの候補者からの非常にハイレベルな
選考となりましたため、実力がありながらも今回受賞されなかった方々には大変心苦しく思っております。
どうぞ、ご研究を一層発展させ、今後の素晴らしいご活躍を祈念しております。
なお授賞式および受賞講演は本年 8 月 10 日から開催される日本糖質学会年会にて行います。
高橋 忠伸(静岡県立大学
薬学部)
呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明
舘野 浩章 (独立行政法人産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター)
糖鎖レクチン工学による幹細胞評価技術の開発と産業展開
野口 真人(東北大学大学院 工学研究科)
水溶液中における無保護糖のアノマー位選択的一段階活性化と誘導化
(敬称略、五十音順)
CONTENTS
■平成 26 年度(第 17 回)日本糖質学会奨励賞受賞者決定
小川温子・隅田泰生◎ 1
■平成 26 年度通常総会のお知らせ
伊藤幸成 ◎ 2
■寄稿:糖鎖合成を始めたきっかけ
高橋孝志 ◎ 3
■追悼:膳 昭之助 先生
梶 英輔 ◎ 5
■山科郁男先生を偲んで
中田 博 ◎ 7
■吉村寿次先生のおもいで
田村純一 ◎ 8
■ICS参加報告
鈴木達哉 ◎10
■ICS27 に関する参加報告
杜若祐平
■学会開催報告 糖鎖免疫
鍔田武志
■学術集会
■事務局報告
理事会議事録
理事・評議員・名誉会員・顧問・維持会員
■第 33 回年会プログラム
◎11
◎12
◎13
◎14
◎15
◎17
第 33 回年会
「平成 26 年度日本糖質学会
総会」開催のお知らせ
会員各位
日本糖質学会
会長 伊 藤 幸
成
平成 26 年度通常総会を下記要領で開催いたします。
万障お繰り合わせの上、ご参集くださるようお願い申し上げます。
日
場
議
訃
記
時:2014 年 8 月 10 日(日) 13:00~
所:名古屋大学豊田講堂1階「講堂」
題: 1)報告事項
① 会員数の推移について
② 会議の開催
③ JSCR Newsletter の発行について
④ 平成 26 年度年会について
⑤ 第 17 回日本糖質学会奨励賞・第 16 回ポスター賞について
2)審議事項
① 平成 25 年度収支決算ならびに監査報告
② 平成 26 年度予算
③ 名誉会員・永年会員の推戴について
3)その他の議案及び報告事項
報
本学会顧問 膳 昭之助 先生におかれましては、昨年 11 月 17 日にご逝去されました。
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、謹んでお知らせいたします。
本学会永年会員 掛樋 一晃 先生におかれましては、本年 5 月 28 日にご逝去されました。
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、謹んでお知らせいたします。
本学会名誉会員 永井 克孝 先生におかれましては、本年 6 月 23 日にご逝去されました。
ご冥福をお祈り申し上げますとともに、謹んでお知らせいたします。
2
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
寄
稿
糖鎖合成を始めたきっかけ
横浜薬科大学漢方薬学科 高橋孝志
僕の糖鎖合成の始まりは 40 年前に遡ります。当
時、東北大学におられた中西香爾先生と伊東椒先生
の計らいで、1971 年学部卒業と同時に米国コロンビ
ア大学に留学が決まり、G.Stork 教授の下で2年間
テクニシャンとして働く事になり、その後73年に
大学院に進学し 76 年に Ph.D.を取得しました。
Stork 研での最初の仕事は“Chiral synthesis of
prostaglangines (PGE1) from D-glyceraldehyde”
[J. Am. Chem. Soc. 1977, 99, 1275.]で、2 つ目の
仕事が“Total synthesis Prostaglangin (PGF1) by
chirality transfer from D-glucose” [J. Am. Chem.
Soc. 1978, 100, 7424]”でありました。この合成
は当時としては珍しい「糖を利用した光学活性な天
然物合成」という画期的な合成法でありました。表
面的には美しい合成法でしたが、実際の合成は泥臭
い反応の連続でありました。最初の反応であるジオ
ールのアセトニド化は、石油缶を反応容器として使
い、副生する水酸化亜鉛と生成物の分離や LiAlH4
によるフラノース環の還元反応の後処理などは、徹
夜を伴う肉体労働の連続であり、二度としたくない
反応でした。非効率の最大の理由は、糖誘導体が水
によく溶ける事
でした。事実、
TLC 上ではきれ
いなスポットで
生成物ができて
いるのだが、後
処理後にエバポ
レーターで溶媒
を除去すると、
目的物はフラス
コの底にわずか
しか残っておら
ず、大半は抽出
漏れで、ハドソ
ン川へ流れ出て
しまったのです。
コロンビア大学時代の実験風景
それまでテル
ペン合成や小分子を用いた反応開発をしていた僕
は、有機溶媒で抽出すれば目的物は有機層にくると
思っていた自分の無知さが、失敗した最大の原因で
あったと思います。糖鎖合成を行っている研究室な
ら、当然、このような落とし穴にはまることなく、
研究を進めることが出来たでしょう。当時、僕は学
部卒で留学したので、化学は全然分かってないし、
もちろん英語もわからない。唯一あるのは目と足だ
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
けですから、「誰の真似をしたら実験が早くできる
かな」、
「この人は実験が巧いな」と思いながら技術
習得するのが常でした。残念ながら当時の Stork 研
は、テルペンやアルカロイド類の合成が主であり、
周りを見ても糖を扱っている人がおらず、日本のよ
うにスタッフや先輩が手取り足取り指導してくれ
るような環境でもなく、無知な学生が未知の分野に
足を踏み入れた状態であり、大変苦労したことを覚
えております。お陰で糖の後処理法や精製法を如何
に簡便にすべきかを考えることが出来ました。例え
ば、塩酸水溶液や炭酸水溶液を用いる後処理の代わ
りに、反応液に直接、塩酸ガスやアンモニアガスを
吹き込み、水処理をすることなく、直接エバポレー
ターで溶媒を取りのぞくことを考えました。また糖
化学で普通なら誰もやらない蒸留や昇華で糖誘導
体を精製出来ることも体験しました。これらの経験
をもとに、水による後処理回数を出来るだけ少なく
する「ワンポットグリコシル化によるオリゴ糖の合
成法」 [J. Am. Chem. Soc. 1994, 116, 3979.]を
世界に先駆けて発表することできました。その後、
「固相法による脱保護法の開発」[Angew. Chem. Int.
Ed. 2006, 45, 6349.]や「ラボオートメーションを
用いた糖鎖ライブラリー合成」[Synlett 2005,
824.]も、学生時代の苦い経験が新しい方法論の開
発に繋がったように思えます。
学生時代の「糖を利用する天然物合成研究」が、
その後の私の研究テーマのネタになったばかりで
なく、「人とのつながり」にも大変有効でした。例
えば、MIT の S.L.Buchwald は、ブラウン大学の学部
学生の時に夏の学校で Stork 研に勉強にきました。
僕が大学院3年目のとき、原料合成を手伝ってくれ
ました。フラノース環の還元で困っていたのを、彼
は Raney-Ni 触媒を使うことで、後処理を簡便化し
てくれました。現在、彼は有機遷移金属触媒を利用
する有機合成で最も著名な化学者になりましたが、
今でも彼は僕のことをマイボスと呼んでくれます。
それから天然物合成で著名なスタンフォード大学
の P.A.Wender、彼も当時 Stork 研でポストドクをし
ておりました。その彼は我々の「ワンポットグリコ
シル化」の報文を読んで、この合成法は汎用性が高
いので、是非とも Chemical Account に投稿するよ
うにと勧めてくれました。残念ながら、あまり研究
例がなかったので辞退せざるを得ませんでした。そ
の後、世界中でワンポットグリコシル化を用いたオ
リゴ糖の合成が報告されました。
東工大時代後期に行ったオリゴシアル酸合成を
3
寄
稿
始めたことも、
「人とのつながり」が源であったよ
うな気がします。72 年の夏、当時、僕はコロンビア
大学院に入学すべきか?帰国すべきか?を相談す
るため、恩師の伊東先生と会う為、カナダのロッキ
ーマウンテンに向かったのです。そこでお会いした
のが名古屋大学農学部におられた後藤俊夫先生で
した。当時、後藤先生はシアル酸の化学で世界的に
著名であり、先生はその後、動的天然物化学という
重点研究を主宰され、僕も班員に入れてもらうこと
になりました。これを機会に糖関係の多くの研究者、
特に大阪大理学部の芝先生、楠本先生、深瀬先生と
知り合いになることが出来ました。後藤先生との出
会いから、後藤研で博士を取得したばかりの磯辺稔
先生を、Stork
研へポストド
クターとして
紹介すること
になりました。
その後、磯部
先生の計らい
で、当時、名
古屋大学農学
部と深いつな
がりがあった
(株)太陽化
学の関連ホテ
ルでストーク
会をすること
カナディアンロッキーで
になり、当社
伊東教授と後藤教授
が扱っていた
シアル酸やカテキンの相談を受けたのが、僕のシア
ル酸糖鎖やカテキン合成の研究の始まりでした。ま
た我々のシアル酸ライブラリーの活性評価をして
いただいた名古屋大学農学部の北島先生は、東北大
学時代の恩師である中西研の助手であり、その後、
東大へ移られた井上康男先生の学生であったこと
を聞き大変驚きました。
私が糖鎖合成を始めた動機は、学生時代に苦労し
た「糖合成の後処理」の経験と、名古屋大学の先生
方との付き合いであったように思えます。昨年、東
京工業大学を定年しましたが、現役時代は主に天然
物討論会を中心に学会活動をしておりました。この
学会では講演を聞くことよりも、ロビーでタバコを
吸いながら、大先生からいろいろ経験談を聞くチャ
ンスがありました。残念ながら最近の世の中の流れ
は、喫煙者はマイナーグループとなり、昔のような
ロビーでの情報収集が出来なくなりました。最近、
若い人々から「高橋研はテーマがしょっちゅう変わ
りますね」
「どうやって新しいコンセプトを探すか」
という質問を受けるのですが、
「文献や講演からテ
ーマ探しをすることも大事であるが、人との付き合
いを大事にすると、将来、素晴らしいテーマに出会
うこともあるよ」と言っております。留学時代に経
験した「人との出会いを大事にする/一期一会」
(現
代化学 2012 年7月、2013 年 4 月−10 月連載)の大
事さを若い科学者にお勧めします。
2013 年 4 月から横浜薬科大学の教授に就任し、そ
れに伴い横浜薬科大学に新しく「創薬研究センター」
を設置して頂きました。深く感謝しております。現
在は横浜薬科大学にて、東工大時代の卒業生の増井
君とともに糖鎖合成を基盤とした研究テーマ
「PET・SPECT による創薬加速技術の開発」に取り組
んでいます。
最後になりますが東工大時代に、糖鎖合成で直接
学生さんを指導してくれました山田晴夫教授(岡山
理科大学)
、田中浩士准教授(東京工業大学)
、そし
て糖鎖合成に関与した学生諸君の今後のますます
の発展を祈っております。
梶原康宏准教授
増井悠講師
高橋孝志教授
4
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
追悼記事
追悼
膳
昭之助
先生
北里大学名誉教授 梶 英輔
永年にわたり日本糖質学会の顧問を務められた
膳昭之助先生は、平成 25 年 11 月 17 日、心不全の
ため享年 85 歳で逝去された。謹んで哀悼の意を表
したい。
先生は昭和 3 年 8 月 19 日、戦前・戦中にかけ
て貴族院議員であり、かつ国務大臣を歴任された膳
桂之助氏の次男として生を受けられた。私立暁星中
学校(5年制旧制中学)卒業後、旧海軍兵学校に入
学され、海軍士官を目指されるも訓練半ば京都府舞
鶴で終戦を迎えられた。その後、戦後の混乱期を経
て慶應義塾大学工学部に入学され、新たな道に進ま
れた。昭和 28 年 3 月応用化学科を卒業後は、同大
学院修士・博士課程に進学され、梅沢純夫教授の下
で脂肪族ニトロ化合物を用いる合成化学的研究に
邁進、学位を取得された。本研究は含N,O複素環
化合物の効率的合成に道を開くもので、その後の研
究テーマの主軸となった。
大学院博士課程終了後、慶應義塾大学工学部助手、
講師を経て、昭和 40 年 4 月、新設間もない北里大
学薬学部教授に就任された。爾来 30 有余年にわた
り薬学部製薬学科薬品製造工学教室を主宰され、多
くの人材を育成された。先生の教育・研究における
指導方針は、常に教室員・学生の自主性を尊重し、
各自の創意工夫と切磋琢磨を通じて目標を達成さ
せる姿勢を貫かれた。教授在任中は臨床薬学教育の
導入等、薬剤師教育が大きく変動する中で、時代の
変化に柔軟に対応し、薬学部の今日の発展につなが
る基礎を築かれた。
研究面ではご自身の博士論文テーマの延長線上
にあるニトロ化合物を基盤とした新しい有機合成
反応の開拓と機能性分子の構築を目指す研究を展
開された。具体的には各種アミノ酸の効率的合成、
イソオキサゾリン・イソオキサゾール誘導体の新規
合成法を鋭意進展させた。一方、グルタルアルデヒ
ドとニトロメタンとの反応に基づくアミノシクロ
ヘキサンジオールの合成反応の開発を契機として
糖質に関する合成反応を展開され、新規グリコシル
化法に基づく糖鎖の効率的合成法の開発や、1,2-シ
ス型アミノ糖の合成に多くの業績を残された。
糖鎖の合成研究に関しては、ドイツのダルムシュ
タット工科大学リヒテンターラー教授との共同研
究を推進され、昭和 57 年秋には同大学の客員教授
に招かれて、ご夫妻でダルムシュタット市に滞在さ
れた。筆者がフンボルト研究員として同研究室に在
籍していた時期に重なり、ご一緒できた日々が懐か
しく思い出される。
先生は学会活動にも積極的に参加され、社会貢献
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
の面でも後輩を導いてくださった。日本化学会(編
集委員)
、日本薬学会(評議員)
、有機合成化学協会
(編集委員長、理事)
、日本糖質学会(顧問)、日仏
工業技術会(常任理事)
、ドイツ学術交流会友の会
(理事)
、日本科学協会(理事)等の要職を務めら
れた。
日本糖質学会関連事業では平成2年夏、横浜で開
催された 15th International Carbohydrate
Symposium の組織委員、平成4年夏には第 14 回糖
質シンポジウムの世話人代表(組織委員長)を務め
るなど、本会の運営に尽力された。
平成 6 年 3 月、北里大学を定年退職後、慶應義塾
大学理工学部と成蹊大学理工学部で非常勤講師を
勤められた一方、企業の研究にも携わられた。横浜
にあるワミレスコスメティックス社の研究所長と
して、実用的な化粧品シーズの探索と企業化に向け
た研究を推進された。何事にも誠実でアクティブに
取り組まれる先生らしく、情報の収集や発信にも積
極的に関与され、関連する国際学会等にも多々出席
されていた。
5 年前、80 歳を機に 15 年間勤務された企業の研
究所を退職された。健康には十分に留意されていた
と伺っていたが、このころから持病の糖尿病が悪化
し、次第に歩行にも困難が生じるようになられた。
一昨年以降、入退院を繰り返されていたが、昨年春
5
追悼記事
からは思い出の地である白金の北里研究所病院に
入院されていた。筆者がお見舞いに伺うときにはい
つも先生らしい穏やかな表情で、「ありがとう…」
を繰り返されていた。傍らで、献身的に看病される
夫人の姿を拝見する度、理想的なご夫婦像に熱いも
のを感じる日々であった。
先生は敬虔なクリスチャンであり、聖イグナチオ
教会で厳かに葬儀ミサ・告別式が執り行われ、多く
の方が最後のお別れに列席された。
今から 18 年前、筆者が研究室の運営を引き継い
だとき、
「平和を求める祈り」と題した聖書の一節
をご教示いただいた。
「(前略)慰められるよりは慰
めることを、理解されるよりは理解することを、愛
されるよりは愛することを、わたしが求めますよう
に。
(後略)
」その一節が書かれたカードは、今でも
筆者の手元においている。感謝を込めて。
6
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
追悼記事
山科郁男先生を偲んで
京都産業大学総合生命科学部
糖質科学の分野で多大な功績を残された山科郁
男先生が,本年 1 月 27 日にご逝去されました。山
科先生は昭和 23 年に東京大学理学部化学科を御卒
業後、スウエーデン、カロリンスカ研究所への留学
などを経て、昭和 32 年に金沢大学理学部、助教授
に就任されました。教授に昇進された後、昭和 38
年に京都大学薬学部生物化学(当時は生物薬品化学)
教室の教授に就任され、教育・研究の発展に尽力さ
れました。京都大学を退官された後、京都産業大学
の工学部の設立とその後の発展にも尽くされまし
た。その間、日本生化学会会長、日本生化学会会頭、
Journal of Biochemistry 編集委員長、Journal of
Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics
(アジア・オセアニア・生化学分子生物学会連合の
機関誌)初代編集長、日本学術会議会員などの要職
を務められ、糖質科学はもとより我が国の生命科学
の発展に多大な貢献をなされました。
山科先生は金沢大学に着任後、糖タンパク質の
研究に着手されました。糖タンパク質と言っても,
当時、糖とタンパク質が結合しているか否か定かで
ない時代にあって、Asn と GlcNAc 間の N-グリコシ
ド型結合の存在を見事に証明されました。まさに、
N-グリカンの研究の歴史を開いた研究であったと
言えます。さらに、N-グリカンに共通して見られる
β-マンノシド結合の存在を明らかにされました。
本発見に関しても当時すべてのマンノースの結合
はα結合であるという流れの中で,見出されたもの
であります。その後、先生は細胞膜やオルガネラの
糖タンパク質糖鎖の解析を手がけられました。細胞
を舞台とした様々な糖タンパク質の機能を究明し
て行く上で、オルガネラや細胞膜の糖タンパク質の
糖鎖を解析することは糖鎖生物学への導入の第一
歩であり、糖転移酵素の同定やさらに遺伝子の解析
に繋がる研究であったことは言うまでもありませ
ん。しかしながら、これは現在から俯瞰したもので
あり、先生の先見性には驚かされるばかりです。細
胞膜糖タンパク質の解析では、腹水肝癌細胞と正常
肝細胞の比較も同時期に行われました。当時、癌細
胞と正常細胞では、レクチンとの結合性に差が見ら
れるということで,細胞表面の複合糖質の相違が想
定される中で、糖鎖の高分子化が指摘され、N-グリ
カンへのシアル酸付加の亢進や分岐鎖の増加が主
たる要因とされていました。本研究においても Oグリカンの重要性が初めてクローズアップされま
した。すなわち、O-グリカンが密集して結合した糖
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
中田 博
タンパク質の存在と、現在、癌関連糖鎖抗原と呼ば
れる癌細胞に特徴的な幾つかの糖鎖が見出されま
した。この過程で細胞膜にヘパラン硫酸鎖も見いだ
され、今日の膜結合型プロテオグリカンの研究の先
駆けとなりました。さらに、このような結果から、
O-グリカンの生合成の起点となる ppGalNAc トラン
スフェラーゼの精製にも成功しています。このよう
に、N-グリカン、O-グリカン、及びプロテオグリカ
ンのいずれの領域においても先を見据えた起点と
なる研究が成し遂げられていることは、複合糖質研
究のパイオニアと言われる由縁でしょう。その後、
単クローン抗体の作成技術が開発され、糖鎖抗原に
関しても糖脂質の糖鎖に対する抗体の作成が先鞭
を切って成功しましたが、癌細胞膜に存在する糖タ
ンパク質糖鎖の解析結果を背景として、O-グリカン
の癌性変化を捕らえる単クローン抗体に絞った作
成技術を開発し、複数の有用な単クローン抗体が作
成されました。実際に抗原性を持つ糖鎖抗原は、糖
鎖のクラスター構造であることを初めて明確にし
ました。その生物学的意義については、現在も解明
途上であり、その抗原をもつコアタンパク質の機能
に重要な影響を及ぼすケースも明らかにされてい
ます。
山科先生は複合糖質の研究一筋ではありまし
たが、多彩な趣味もお持ちで、とりわけ野球と囲碁
をこよなく愛しておられました。野球と囲碁は、か
って生化学会大会中の公認種目(?)として大会が
開かれていたことを覚えておられるかたもいらっ
しゃるでしょう。今でも、野球に興じられているお
姿が目に浮かびます。謹んでご冥福をお祈りいたし
ます。
7
追悼記事
吉村寿次先生のおもいで
鳥取大学地域学部
日本糖質学会元会長であり、日本と世界の糖質研
究を長きにわたって牽引された吉村寿次先生は、平
成 25 年 9 月 5 日にご逝去されました。日本糖質学
会から吉村先生の思い出に関する寄稿のご依頼を
いただいたのですが、実際に私が研究室で吉村先生
に直に指導していただいたのは修士 1 年までの 2 年
間です。私よりも吉村先生から多くの薫陶を受けた
先輩方はたくさんいらっしゃるので、私がこの文を
書かせていただくのはふさわしくないかもしれま
せん。でも、吉村先生に指導を受けた方が数多くお
られる中で、私に執筆の機会がまわってきたのは何
かのご縁だと思っています。橋本弘信先生がすでに
本誌に追悼記事を書いておられますので、個人的な
つながりという視点で書かせていただくことにし
ました。
私は東京工業大学に入学して剣道部に入部しま
した。ここから吉村先生とのご縁が始まりました。
当時吉村先生は剣道部の顧問をされており、年に 2
回程度剣道部員を上池台のお宅に招いて下さいま
した。大勢が押し掛けるので、半数が飲食をさせて
いただく間に残りの半数は麻雀や雑談をする二交
代制です。鳥取から上京した貧乏学生には、とても
楽しくありがたい経験でした。当時の理学部は 2 年
生から学科に分かれ、化学科 2 年生必修の有機化学
第 1 は吉村先生のご担当でした。私にとっての吉村
先生は、
(たいへん不勉強なことに)化学の先生だ
ということを 2 年生になるまで存じ上げなかったこ
とに加え、それまでの 1 年間で「吉村先生=飲み会
+麻雀」のイメージが強烈に焼き付き、(重ねてた
いへん失礼なことに)吉村先生と有機化学がしばら
く結びつきませんでした。40 名程度の講義ですので、
目が合って指名されたことは一回ではなかったよ
うに思います。吉村先生ご自身が学生実験の指導に
来られたことがあり、ナイロン合成の最後の溶封の
ところで「お前下手だなあ、ちょっと貸してみろ」
と取り上げられたこともあります。
吉村先生の研究室は長津田キャンパスにありま
した。大岡山の化学科の講義や実験指導に長津田か
ら橋本弘信先生や武井尚先生が来られると「あー、
君が田村君だね」と。いったい長津田ではどんな話
になっていたのでしょうか?有機化学の実験が楽
しいのと剣道部のご縁もあって、半ば運命的に私は
吉村研で卒論を書くことになりました。研究室でご
指導をいただいたのは 4 年生と M1 の 2 年間でした
が、濃い時間を過ごさせていただきました。今思え
田村
純一
ば、やんちゃな学生が荒っぽいことをしたり失礼な
言動をしたりと、無礼千万な思い出ばかりでお恥ず
かしい限りです。あるとき吉村先生の執務机に大き
な蛾が置かれたことがあり、「こんなことをするの
は田村以外にはいない!」とたいへんな剣幕でした。
私はよほどできの悪い学生だったようです。この事
件はすぐに収束しました。置いたのは外国からの留
学生で、
「とてもきれいだったので、先生に見せた
かった」と。ちょっと貸しができました。
吉村先生はよく煙草を吸っておられました。誤解
のないように、退官後に吉村先生から聞いたお話を
補足しますと、
「戦時中の食糧難で空腹を紛らわす
ために政府が煙草を配給した」
「それなのに今にな
って政府が国民に禁煙しろというのはひどい話だ」
ということでしたので、愛煙家と言うよりは習慣化
してしまったということでしょうか。話を戻します。
当時の大学は実験中だろうとセミナー中だろうと
喫煙は普通でした。ある日のセミナーで私が文献を
紹介したところ、よほどつまらない発表だったらし
く、私の説明資料を折って灰皿にされたことがあり
ました。今でも忘れられない記憶ですが、よく考え
るとこれは人を見た教育です。大きな気づきをさせ
ていただきました。大所帯の研究室でしたので、私
だけが相手をしていただいたわけではありません。
今大学で教員をしている自分と重ねあわせると、吉
村先生の教育者として大胆かつ細やかな対応には
敬服せざるを得ません。
退官が近くなると、吉村先生は 2 日に 1 回は研究
室に泊まり込んで仕事をされていました。すごい体
力だと思います。研究室には皆の集まる部屋にガス
コンロがあって、泊まる晩は 9 時くらいになると、
するめを焼く匂いがドラフトで減圧にしている実
験室に向かって流れ込み、それに誘われるように学
8
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
追悼記事
生が先生のもとに集まっておりました(明らかに誘
っていたと思います)
。私は洋酒の名前を研究室で
初めて覚えました。あたりまえのようによく飲ませ
ていただきましたが、後にその値段を知ってびっく
りしたことを覚えています。
私に与えられた卒論のテーマは、デストマイシン
という奇妙なスピロ環状オルソエステル構造を持
つ擬三糖抗生物質の全合成のお手伝い(部分合成の
モデル実験)でした。ようやく実験に慣れた頃に直
属の堀戸重臣先生が海外留学されたので、残りの全
合成を M1 になったばかりの私が担当させていただ
くことになりました。何人もの先輩の手を経て十年
近くかけた研究室のロングランテーマにもかかわ
らず、素人みたいな者がそれを引き継いで、右往左
往しながらも最後まで行き着けたのは、橋本先生は
じめ研究室のみなさんのおかげです。吉村研最後の
天然物全合成の、その最後のバトンを受け取ってゴ
ールできたことは私の誇りですが、最終物デストマ
イシン C の構造確認ができたのは吉村先生の退官に
遅れること 1 ヶ月。最終講義に花を添えることがで
きなかったのが今でも残念です。
橋本先生が先の追悼文の最後に書かれた、
「人は
知り合った人の心の中にしか生きられません」とい
う吉村先生の言葉は私も気に入っているもので、学
生に話をする時によく引用させていただいていま
す。この一文は東工大剣道部の「蔵前剣道会誌」に
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
先生が寄稿された随筆にあるもので、吉村先生の退
官記念誌にまとめられています。「部長がこんな文
章を書いているから剣道部が弱くなるのではない
かと、自責の念もあるが、今回も海外旅行の話を書
くことにする」で始まる「ハンガリーでの悪夢」と
題した楽しい読み物もありますが、自らの経験をと
おした教訓的な随筆が多く、どれも先生のお人柄が
あらわれています。
中尊寺大僧正だった今東光は「人生は冥土までの
暇つぶし」と言っています。極上の暇つぶしをしな
いといけないのだそうです。私の勝手を言わせてい
ただければ、吉村先生にはもうちょっと余生を楽し
んでいただきたかったと思っています。昨冬お線香
を上げにお宅に伺った際にご遺影を拝見いたしま
した。楽しそうにお酒を飲んでおられる、実に吉村
先生らしい写真でした。この機会に奥様の許可を得
て、拙稿に添えさせていただきました。生前「馬鹿
だなー、何言ってんだ、おまえ。ハッハッハ」が、
僕らに対する吉村先生の口癖でした。この写真から
「おれは十分楽しんでいるからな。アッハッハッハ」
と聞こえてきそうです。
可愛がっていただき、本当にありがとうございま
した。吉村先生から教わったことを少しでも次の世
代に伝えていくことができるよう、努力を続けたい
と思います。心からご冥福をお祈りいたします。
9
参加報告
ICS参加報告
岐阜大学応用生物科学部 鈴木 達哉
去る 2014 年1月 12 日~17 日にインド国バンガロ
ー ル 市 で 開 催 さ れ た 27th International
Carbohydrate Symposium (27th ICS : 第 27 回 国際
糖質学会) に参加しました。開催地のバンガロール
市は日本から飛行機で 14 時間かかる場所で、南イ
ンドに地方に属するため、冬にあたる 1 月でも最低
気温 16 度、最高気温 28 度という大変温暖な場所で
ありました。さて、二年に一度開かれる ICS は、糖
鎖工学・糖鎖生物学の世界では最大規模の学会であ
ります。今大会も、ヨーロッパ諸国をはじめ、アメ
リカ、アジア各国から糖鎖を研究する研究者が集ま
り研究発表を行いました。今大会の特徴としては、
近年、生化学系の発表が多くなる傾向にあった ICS
ですが、今回は開催国であるインドからの出席者が
多かったため、化学に強いインドの国柄か、化学系
の発表が多いところにありました。ポスター発表で
も、いわゆる素反応の開発や糖鎖を分子ツールとし
て用いるための化学修飾法の開発などの発表が多
く見られ、普段あまり接することがない分野の化学
であったため大変勉強になりました。また、今大会
の他の特徴としましては、プレナリーレクチャーと
して、糖鎖科学の分野での、現役の大御所の先生方
がこぞって講演を行われた所にあります。先生方自
身の経験、歴史と、研究室の最新の成果を絡められ
た講演は、我々、若手研究者にとっては大変興味深
く、新鮮に感じられるものでありました。74 歳の
Horst Kunz 先生が現在も精力的に研究をなされ、最
先端の報告をなされていることには大変感銘を受
けました。また、当研究室の木曽真先生もプレナリ
ーレクチャーとして、38 年前に先生が 28 歳の時、
初めて国際学会で発表を行なわれた 8th ICS のこと
から、最新の研究成果までを講演され、途中、聴衆
から歓声が沸くなど素晴らしい発表を行われまし
た。
さて、私自身はこれまで研究してきたセレノ化糖
鎖の開発と糖鎖-蛋白質複合体の X 線構造解析につ
いて口頭発表を行いました。発表終了後には、セレ
ノ化糖を用いた蛋白質の構造解析の分野で先行研
究を行われている Anne Imberty 先生から激励の言
葉をいただくことがき、私の研究に興味を持っても
らえたことが非常に嬉しく思われました。
最後になりましたが、今回の 27th ICS への参加、発
表を通した貴重な経験を体験する機会を与えてい
ただいた、ICS2010 記念糖質科学基金 Travel Grant
に感謝するとともに、関係の皆様に厚く御礼申し上
げます。
10
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
参加報告
27th International Carbohydrate Symposium (ICS27)に関する参加報告
鹿児島大学院・理工・博士後期課程2年
2014 年 1 月 12 日から 17 日までインドのバンガロ
ー ル で 27th international carbohydrate
symposium (ICS27)がありました。
本シンポジウムは 1960 年から 2 年おきに開催さ
れる会であり、私は今回、日本糖質学会の ICS 2010
記念基金トラベルグラントを頂くことによって、口
頭発表に参加する事が出来ました。
シンポジウム期間中は合成化学、糖鎖生物学、グ
ライココンジュゲートなど多数のセクションに分
かれての口頭発表やポスター発表、企業ブースなど
が催されており、研究者どうしの活発な意見交換や
ディスカッションが行われていました。またランチ
やディナー、セッションの合間などでも座って意見
交換が出来るようなテーブルや、オープンな雰囲気
などのおかげで、学生の私でも気軽に他分野の研究
者の方と話すことが出来たと思います。特にポスタ
ー発表では人ごみをかき分けながらポスターを回
って意見交換を行い、ポスター発表者の中には次の
研究先を求めている方もいて、ただ発表するだけで
はなく積極的に次の活躍の場を模索する海外の研
究者の姿がとても新鮮でした。
一方、私は学会5日目に「Synthesis of dermatan
sulfate partial structures and their binding
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
杜若 祐平
interaction analyses」という演題で発表させてい
ただきました。 国際シンポジウムという独特の雰
囲気にとても緊張しましたが、発表後に北大の菅原
先生から助言等を頂き、これからの自分の研究への
アプローチなど多くのヒントを頂く事が出来まし
た。また本シンポジウムで初めてお会いする国内外
の研究者の方々から実験手法へのアドバイスやコ
ツなど普段は聞けない話も伺う事が出来たことも
このシンポジウムに参加できたからこそで、研究へ
の知識や知見がとても広がったと考えています。
学会とは直接関係ありませんが、学会期間中での
移動は主に三輪タクシー(トゥクトゥク)でしまし
た。日本と違い、メーターなどがなく乗車前の交渉
制だったのがとても印象的でした。同乗していた理
研の八須先生が運転手と運賃の交渉をしている姿
がとても頼もしく、また他大学の先生や学生、企業
の方との多くの出会いもあり、本学会で発表だけで
はなく ICS27 に参加できたからこそ学べた事が多
くあったと感じました。
これも ICS 2010 記念基金トラベルグラントのお
かげだと考えています。最後になりましたが ICS
2010 記念基金トラベルグラントを与えていただい
た日本糖質学会に感謝いたします。
11
開催報告
糖鎖免疫 Glyco-Immunology2014 を開催して
東京医科歯科大学難治疾患研究所 鍔田武志
平成 26 年 2 月 17、18 日に東京医科歯科大学 MD
タワー内の大学院講義室において「糖鎖免疫
Glyco-Immunology2014」と題した研究集会を行いま
した。この集会は東京医科歯科大学難治疾患研究所
が主催し、日本生化学会と日本糖質学会に後援頂き
ました。
免疫機能で糖鎖は重要な役割を果たしますが、こ
れまで糖鎖生物学の研究者と免疫学の研究者が研
究交流をする場がありませんでした。そこで、糖鎖
を研究対象とする免疫学の研究者と免疫細胞や免
疫機能を研究対象とする糖鎖生物学の研究者が集
まり、研究成果の発表と討議のできる場を設けると
いう趣旨で本集会を企画しました。本領域の多くの
研究者のご賛同を得、2 日間で特別講演1つを含む
25 の講演を行ないました。当日は 90 名を越える予
想以上の参加者があり、基礎的な分子メカニズムの
研究から、疾患の病因・病態、さらに創薬をめざし
た応用研究まで、糖鎖免疫の領域の様々なトピック
についての熱心な討議が 2 日間に渡って行なわれま
した。今後、糖鎖免疫学領域での研究交流が進んで
研究者コミュニティーが作られ、新たな学術領域を
形成するきっかけとなれば幸いです。最後に、本集
会を後援頂いた日本糖質学会に感謝申し上げます。
12
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
学術集会
第 1 回 FCCA シンポジウム
FCCA グライコサイエンス若手フォーラム 2014
第 28 回キチン・キトサンシンポジウム
(本会協賛)
本セミナーは、糖質関連の化学・工学・生化学・生
物学等を研究対象とする若手研究者および学生の
交流の会です。
主催:グライコサイエンス若手の会
共催:FCCA,糖鎖インフォマティクス若手の会
日時:平成 26 年 8 月 13 日(水)
会場:野依記念学術交流館(名古屋大学東山キャン
パス)
〒464-8601 名古屋市千種区不老町
(http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/higas
hiyama/congre.html)
内容:
1.招待講演
2.若手研究者(学生も含む)による一般講演
及びポスター発表
3.懇親会
参加費:無料
定員:50 名
懇親会費:一般 4,000 円,一般発表者・学生・FCCA
会員 2,000 円,学生発表者 無料
旅費申請:川口基金からの旅費の補助申請が可能で
す。
(http://www.fcca.gr.jp/FCCA-J/chuan_kou_ji_
jin.html)
申込締切:平成 26 年 7 月 21 日(月)
申込方法:参加登録は下記ホームページから可能で
す。発表希望者は、同ページよりテンプレート
をダウンロードし、要旨を作成してください。
詳細:グライコサイエンス若手の会
(URL: http://www.geocities.jp/y_glycosci/)
問合せ: 駒澤大 医療健康科学部 岡田朋子
E-mail: okada”at”komazawa-u.ac.jp)
(インフォマティクス) 創価大 工学部 木下聖子
(E-mail: kkiyoko”at”soka.ac.jp)
主催:日本キチン・キトサン学会
期日:2014 年 8 月 7~8 日
場所:順天堂大学本郷キャンパス・センチュリータ
ワー
URL:http://jscc.kenkyuukai.jp/event/event_det
ail.asp?id=11524
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 31 回シクロデキストリンシンポジウム
(本会協賛)
主催:シクロデキストリン学会
期日:2014 年 9 月 11~12 日
場所:島根県民会館
URL:http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/cds31/cds3
1/homu.html
日本応用糖質科学会平成 26 年度大会(第 63 回)
(本会後援)
主催:日本応用糖質科学会
期日:2014 年 9 月 24~26 日
場所:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
URL: http://jsag.jp/jp/htmls/taikai/2014/
13
事務局報告
平成 25 年度
第 3 回日本糖質学会理事会議事録
日時:2014年4月12日(土) 午後1時~午後5時
場所:キャンパス・イノベーションセンター(東京)
出席者: 理事(石田秀治・伊東 信・伊藤幸成
小川温子・梶原康宏・加藤晃一・北島 健
隅田泰生・西原祥子・深瀬浩一)
監事(遠藤玉夫・稲津敏行)
以上12名
同席者: 事務局(三田敦巳・福田公江)
議長:
伊藤幸成 会長
始めに本日の理事会は、理事(10名)監事(2名)出
席にて、理事会は成立するとの確認があった。
議
題:
【報告事項】
1.Newsletter発行について
石田理事より6月25日発行にむけて、紙面構成・
原稿依頼状況の報告があった。
2.「学術誌TIGG」について
今年の原稿依頼4件は承諾いただき、日本糖質
学会会員の方々にも呼び掛けたいと提案があり全
員の賛同があった。
3. 山田科学振興財団学会推薦
2名を推薦したとの報告があった。
4.日本学術振興会 育志賞受賞候補者の推薦
資料に基づき伊藤会長より説明があった。
5.平成25年10月から平成26年2月までの会計報告
深瀬会計担当理事より、資料に基づき報告があ
った。
6.協賛・共催
7.年会登録システムについて
梶原理事より初めに理事・監事の方々へ今回の
登録システムの確認へのご協力に感謝の言葉が述
べられた。続いて要旨集の体裁について協議がな
され、口頭発表のAも、Bやポスターと同じく半カ
ラムとすることとした。最後に使用OSについて質
問があり、Mac OSもWindowsも問題なく動作す
ることが確認されたが、ブラウザのFirefoxのみ作
動が保証できないとの回答があった。
【審議事項】
1.第17回奨励賞候補者について
小川、隅田授賞担当理事から資料が提出され、
慎重な審議の結果、3名が奨励賞に選ばれた。
2.名誉会員・永年会員の推挙
資料に基づき、慎重審議の結果、成松久氏を名
誉会員に推戴し、永年会員の有資格者7名全員を永
年会員に推挙することを決定し、事務局より本人
に承諾確認をすることとなった。
3.長期会費未納者
深瀬会計担当理事より1名のみの長期未納者が
報告され、梶原理事より本人に平成26年6月30日
14
までに一部でも入金のない場合は除名処分となる
ことを最終通知していただくこととなった。
4.男女共同参画について
年会ランチョンセミナーで1時間の枠を取った。
ランチョンセミナーの費用負担をどのようにもつ
かということが協議され、本年度は年会費用の中
で行う事とし、来年度以降は継続審議となった。
なお、内容に関しては男女共同参画委員会の中で
検討する。
5.第33回年会について(名古屋)
北島理事より日程表の提示があり、現在の準備
状況の説明、及び確認があり承認された。主な点
は以下の通り。
・今回からWeb登録システムを使って参加登録等
を行う。
・2014年8月10日(日)~12日(火)に、名古屋
大学豊田講堂(地下鉄から徒歩1分)と、隣接する
野依記念館で行う。
・ワークショップの応募が7件あったが、6件の枠
を取った。内1つを応用糖質学会との合同とし、オ
ーガナイザーを一人ずつ出して行いたい。
・ポスターセッション2時間枠を2日とる。
・学生の参加費、懇親会費を値下げした。
・8月13日FCCA若手の会を、野依記念学術交流館
で行う。
6.第34回年会について(東京)
西原理事より以下のように現在の準備状況の説
明があった。
・2015年7月31日~8月2日
・東京大学安田講堂と、隣接する工学部教室で行
う予定である。また、ポスター会場は安田講堂内
で行う。ただし、場所確定が大学なのでまだでき
ない。
7.SFG-JSCR合同シンポジウム(ホノルル)
資料に基づき、遠藤前会長より報告があった。
若手研究者の参加補助について審議の結果、参加
費相当分を応募者から選考された各位(総額100
万円)にサポートすることした。また、費用はト
ラベルグラントから出し、申請用紙は伊藤幸成ト
ラベルグラント担当理事が作成し、メール審議を
行う事とした。
8.その他
①2016年度第35回年会をどこで行うかについて
議論された。伊東副会長から高知大学本家先生に
打診することとした。
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
役員名簿
平成 25 年度役員
会
長
小川 温子
伊藤 幸成
お茶の水女子大学大学院自然応用科学系・糖鎖
科学教育研究センター
副会長
伊東 信
笠原 浩二
東京都医学総合研究所
理
石田 秀治 岐阜大学応用生物科学部
梶 裕之
産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター
伊東 信
梶本 哲也
立命館大学総合科学技術研究機構・創薬科学
事
九州大学大学院農学研究院
伊藤 幸成 理化学研究所基幹研究所
研究センター
小川 温子 お茶の水女子大学大学院自然応用科
学系・糖鎖科学教育研究センター
梶原 康宏 大阪大学大学院理学研究科
梶原 康宏
大阪大学大学院理学研究科
片山 高嶺
石川県立大学生物資源工学研究所
加藤 晃一
自然科学研究機構岡崎統合バイオサイエンス
加藤 晃一 自然科学研究機構岡崎統合バイオサ
イエンスセンター
加藤 啓子
京都産業大学総合生命科学部
名古屋大学生物機能開発利用研究
門松 健治
名古屋大学大学院医学系研究科
センター・大学院生命農学研究科
金森 審子
東海大学工学部生命化学科
隅田 泰生 鹿児島大学大学院理工学研究科
蟹江 治
東海大学糖鎖科学研究所
西原 祥子 創価大学工学部
亀井 加恵子 京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科
深瀬 浩一 大阪大学大学院理学研究科
亀山 昭彦
産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター
遠藤 玉夫 東京都健康長寿医療センター研究所
川崎 ナナ
国立医薬品食品衛生研究所生物薬品部
稲津 敏行 東海大学工学部
神奈木 玲児 愛知医科大学先端医学・医療研究拠点
北島 健
監
事
センター
北岡 本光
農業食品産業技術総合研究機構食品総合研究所
評議員 (任期 2013.7.1〜2015.6.30)
北川 裕之
神戸薬科大学薬学部
相川 京子
お茶の水女子大学理学部
北島 健
名古屋大学生物機能開発利用研究センター・大
赤井 昭二
神奈川大学工学部応用化学科
秋吉 一成
京都大学大学院工学研究科
北爪しのぶ 理化学研究所基幹研究所
芦田 久
近畿大学生物理工学部
木下 聖子
天野 純子
(公財)野口研究所糖鎖生物学研究室
木下 タロウ 大阪大学微生物病研究所
安藤 弘宗
岐阜大学応用生物科学部
木村 吉伸
岡山大学大学院自然科学研究科
池田 義孝
佐賀大学医学部
顧 建国
東北薬科大学分子生体膜研究所
池中 一裕
自然科学研究機構生理学研究所
小島 直也
東海大学工学部
池原 譲
産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター
近藤 昭宏
京都工芸繊維大学
石田 秀治
岐阜大学応用生物科学部
坂入 信夫
北海道大学大学院物質機能科学部門
石原 雅之
防衛医科大学校防衛医学研究センター
佐藤 あやの 岡山大学異分野融合先端研究コア
板野 直樹
京都産業大学総合生命科学部
佐藤 武史
一柳 剛
鳥取大学農学部
佐藤 ちひろ 名古屋大学生物機能開発利用研究センター
伊東 信
九州大学大学院農学研究院
佐藤 智典
慶應義塾大学理工学部
嶋田 一夫
東京大学大学院薬学系研究科
学院生命農学研究科
創価大学工学部
長岡技術科学大学生物系
伊藤 孝司
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部
伊藤 幸成
理化学研究所基幹研究所
島本 啓子
公益財団法人 サントリー生命科学財団
糸乗 前
滋賀大学教育学部
清水 弘樹
産業技術総合研究所北海道センター
稲津 敏行
東海大学工学部
正田 晋一郎 東北大学大学院工学研究科
井ノ口 仁一 東北薬科大学分子生体膜研究所
須貝 威
慶應義塾大学薬学部
井原 義人
和歌山県立医科大学医学部
鈴木 隆
静岡県立大学薬学部
今井 康之
静岡県立大学薬学部
鈴木 匡
理化学研究所基幹研究所
今村 亨
産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門
隅田 泰生
鹿児島大学大学院理工学研究科
入村 達郎
東京大学大学院薬学系研究科
鷹野 景子
お茶の水女子大学
岩渕 和久
順天堂大学医療看護学部
竹川 薫
九州大学大学院農学研究院
浦島 匡
帯広畜産大学畜産学部
田中 克典
理化学研究所基幹研究所
遠藤 玉夫
東京都健康長寿医療センター研究所
田村 純一
鳥取大学地域学部
岡 昌吾
京都大学大学院医学研究科
千葉 靖典
産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
15
役員名簿・維持会員名簿
辻 崇一
東海大学糖鎖科学研究所
山田 修平
名城大学薬学部・病態生化学研究室
辻 勉
星薬科大学薬学部
山田 英俊
関西学院大学理工学部
円谷 陽一
埼玉大学大学院理工学研究科
山ノ井 孝
(公財)野口研究所
豊島 正
(株)ペプチド研究所
山本 一夫
東京大学大学院新領域創成科学研究科
戸井田 敏彦 千葉大学大学院薬学研究院
湯浅 英哉
東京工業大学大学院生命理工学研究科
戸嶋 一敦
横山 三紀
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科
戸谷 希一郎 成蹊大学理工学部
若宮 伸隆
旭川医科大学医学部
豊田 英尚
立命館大学薬学部
渡辺 秀人
愛知医科大学分子医科学研究所
中北 愼一
香川大学研究推進機構総合生命科学研究センター
中島 元夫
SBI ファーマ(株)
京都産業大学工学部
名誉会員
中野 博文
愛知教育大学教育学部
池中 徳治
石戸 良治
小川 智也
中山 淳
信州大学大学院医学研究科
小倉 治夫
川嵜 敏祐
木曽 真
長束 俊治
新潟大学理学部
木全 弘治
楠本 正一
越島 哲夫
成松 久
産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター
木幡 陽
齋藤 政樹
須網 哲夫
西河 淳
東京農工大学農学府
鈴木 邦彦
鈴木 明身
鈴木 茂生
西田 芳弘
千葉大学大学院園芸学研究科
鈴木 康夫
谷口 直之
箱守 仙一郎
西原 祥子
創価大学工学部
橋本 弘信
長谷 純宏
本田 進
山形 達也
中田 博
慶應義塾大学理工学部応用化学科
西村 紳一郎 北海道大学大学院理学研究科
三崎 旭
村松 喬
仁田 一雄
東北薬科大学分子生体膜研究所
山川 民夫
山本 憲二
野村 一也
九州大学大学院理学研究院
橋本 康弘
福島県立医科大学医学部
羽田 紀康
慶應義塾大学薬学部
顧 問
畑中 研一
東京大学生産技術研究所
一島 英治
東 秀好
東北薬科大学分子生体膜研究所
平林 淳
産業技術総合研究所幹細胞工学研究センター
深瀬 浩一
大阪大学大学院理学研究科
維持会員
藤山 和仁
大阪大学生物工学国際交流センター
大塚製薬(株)
古川 清
長岡技術科学大学生物系
杏林製薬(株)
古川 圭子
中部大学生命健康科学部
協和発酵キリン(株)
古川 鋼一
名古屋大学大学院医学研究科
月桂冠(株)
北條 裕信
東海大学工学部
シグマアルドリッチジャパン(株)
本家 孝一
高知大学医学部
(一財)杉山産業化学研究所
松尾 一郎
群馬大学大学院工学研究科
(株)スディックスバイオテック
松岡 浩司
埼玉大学大学院理工学研究科
生化学工業(株)
松野 健治
大阪大学大学院理学研究科
大鵬薬品工業(株)
松本 緑
慶応大学理工学部
萬谷 博
東京都健康長寿医療センター研究所
DSP 五協フード&ケミカル(株)
鈴木 旺
東京化成工業(株)
三浦 佳子 九州大学大学院工学研究院
長良サイエンス(株)
水野 真盛
(公財)野口研究所糖鎖有機化学研究室
日本ダイオネクス(株)
三善 英知
大阪大学大学院医学系研究科
(公財)野口研究所
門出 健次
北海道大学先端生命科学研究院
長谷川香料(株)
矢部 富雄
岐阜大学応用生物科学部
松谷化学工業(株)
山口 芳樹
理化学研究所基幹研究所
(株)ヤクルト
山崎 良平
鳥取大学農学部
理研ビタミン(株)
16
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
奨励賞受賞講演
8 月 10 日 豊田講堂ホール 13:50–14:35
座長:小川温子(お茶大)
隅田泰生(鹿児島大)
受賞講演1 呼吸器ウイルス感染におけるウイルス糖タンパク質および糖鎖の役割解明
13:50
高橋忠伸(静岡県立大学薬学部)
受賞講演2 糖鎖レクチン工学による幹細胞評価技術の開発と産業展開
14:05
舘野浩章(独立行政法人産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センター)
受賞講演3 水溶液中における無保護糖の還元末端アノマー位選択的な一段階活性化と誘導化
14:20
野口真人(東北大学大学院工学研究科)
14:35 −終了−
シンポジウム
糖脂質の先端研究
8 月 11 日 豊田講堂ホール 16:50–18:18
座長:川嵜敏祐(立命館大学)
S-01
GPIアンカー欠損症研究の進展
O
木下タロウ、村上良子(阪大免フロ微研)
16:50
S-02
17:12
アミロイドß蛋白質代謝におけるスフィンゴ糖脂質含有細胞外顆粒エクソソームの役割
O
1
1
2
2
1
湯山耕平 、孫慧 、古川潤一 、篠原康郎 、五十嵐靖之
1
2
(北海道大学・先端生命・ 生体機能化学研究室、 複合糖質機能化学研究室)
スフィンゴ糖脂質機能の統合的理解
O
古川鋼一 1、橋本登 1、大川祐樹 1、大海雄介 1、金子慶 1、古川圭子 1,2
(1 名古屋大・院・医・生物化学、2 中部大・生命健康・生命医科学)
S-03
17:34
脳脂質と疾患:グルコースを基軸とした新しい糖脂質研究の展開
O
平林義雄(理化学研究所・脳科学総合研究センター)
S-04
17:56
18:18 −終了−
ワークショップ
8 月 10 日
豊田講堂ホール
ES/iPS 細胞と糖鎖
WS-1
14:40–16:10
8 月 10 日
1
2
世話人:西原祥子 、篠原康郎
1
2
( 創価大学工学部生命情報工学科、 北海道大学先端生命科学研究院)
シンポジオン
WS-2
糖質科学の横展開
14:40–16:10
世話人:樺山一哉 1、戸谷希一郎 2(1 大阪大学大学院理学研究科、2 成蹊大学理工学部)
8 月 10 日
野依記念学術交流館カンファレンスホール
WS-3
認知症と糖鎖
14:40–16:10
1
2 1
2
世話人:木塚康彦 、萬谷博 ( 理研・疾患糖鎖、 東京都健康長寿医療センター)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
17
第 33 回年会プログラム
8 月 11 日
豊田講堂ホール
真価を発揮し始めた Glyco-decoder 分子群『レクチン』:構造生物学と進化工学の進展と医薬応用
1
2 1
2
世話人:平林淳 、山本一夫 ( 産総研・幹細胞工学研究センター、 東大・新領域創成科学研究科)
WS-4
15:10–16:40
8 月 11 日
シンポジオン
WS-5
JSAG・JSCR 合同 WS:糖質加水分解酵素(GH)研究から『糖質ものつくり』への展開―有用糖鎖大
15:10–16:40
量調製の可能性を探る―
1
2 1
2
世話人:北岡本光 、千葉靖典 ( 農研機構・食総研、 産総研・糖鎖創薬)
8 月 11 日
野依記念学術交流館カンファレンスホール
複合糖質研究から迫る感染症克服の新しい切り口
1
2
3
4 1
2
3
4
世話人:伊東信 、野村一也 、鈴木隆 、隅田泰生 ( 九大院・農、 九大院・理、 静岡県大・薬、
WS-6
14:40–16:40
鹿大院・理工)
第1回
男女共同参画特別懇談会
8 月 11 日
野依記念学術交流館 1 階会議室
学会における共同参画―日本糖質学会の共同参画に何が必要か?
世話人:伊東信、小川温子、加藤晃一、西原祥子、三浦佳子、宮城妙子、横山三紀
12:30–13:30
(平成26年度
日本糖質学会男女共同参画委員会)
口頭発表
口頭生物
8月10日AM 豊田講堂ホール
がん・免疫・感染症
座長:中田博(京産大) 宮城妙子(東北薬科大) 顧建国(東北薬科大)
B1-01
9:00
B1-02(a)
9:13
B1-03
9:33
B1-04
9:46
関節リウマチにおける抗原特的IgG糖鎖の機能解析
O
1
2
3
4
4
2
1
大海雄介 、伊勢渉 、高橋聖宜 、原園景 、川崎ナナ 、黒崎知博 、古川鋼一
1
2
3
4
( 名大・院医、 阪大・IFReC、 感染研・免疫、 衛研・生物薬品)
MUC1による腫蕩悪性化機構
O
中田博、森勇伍、秋田薫(京産大総合生命)
グリオーマモデル細胞を用いる不死化・癌化に伴う糖鎖発現変動の解析
O
1
2
1
2
1
1
2
篠原康郎 、津田真寿美 、古川潤一 、木村太一 、岡田和恵 、朴錦花 、田中伸哉
1
2
( 北海道大学大学院 先端生命科学研究院
北海道大学大学院 医学研究科腫瘍病理学分野)
PDGFB誘導グリオーマにおけるガングリオシドGD3の解析
O
1,2
2
2
1
1
1
3
2
大川祐樹 、百田洋之 、加藤彰 、橋本登 、津田裕介 、大海雄介 、古川圭子 、夏目敦至 、
2
1 1
2
3
若林俊彦 、古川鋼一 ( 名大・院医・2生化、 名大・脳神経外科、 中部大・生命健康・生命医科)
9:59 —休憩—
B1-05(a)
10:09
シアリダーゼは神経膠芽種の浸潤能を制御する
1,2
1
2 O
1
1
2
高橋耕太 、森谷節子 、細野雅祐 、 宮城妙子 (東北薬大・分生研・ がん糖鎖制御、 分子認識)
18
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
座長:岩渕和久(順天堂大) 鈴木隆(静岡県立大) 中山淳(信州大)
B1-06(a)
10:29
B1-07
10:49
B1-08
11:02
抗体や毒素を用いた糖脂質膜マイクロドメインの構造と機能解析について
O
1,2
1
1
1
1
1,3
4
4
岩渕和久 、玉木友樹 、増田浩美 、岩原知博 、松本亮 、中山仁志 、小林俊秀 、石井久美子 、
4
1
1 1
2
早川智広 、小川秀興 、髙森建二 ( 順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所, 同・医療看護研究科
3
4
感染制御看護学分野, 同、医療看護学部, 理研、脂質生物学)
糖鎖アレイを用いたカモとニワトリのインフルエンザウイルスのレセプター特異性
O
1
2
1
1
2
1,3
岡松正敏 、Robert de Vries 、日尾野隆大 、迫田義博 、James C. Paulson 、喜田宏
1
2
3
( 北大院獣医、 The Scripps Research Institute, USA、 北大人獣センター)
ニワトリのインフルエンザウイルスはフコシル化α2,3シアル酸糖鎖をレセプターとする
O
1
1
2
3
3
1
1,2
日尾野隆大 、岡松正敏 、五十嵐学 、西原祥子 、高瀬明 、迫田義博 、喜田宏
1
2
3
( 北大院獣医、 北大人獣センター、 創価大工)
10:15 —休憩—
B1-09(a)
11:25
B1-10
11:45
コレクチンCL-K1の生化学的解析
O
大谷克城、森健一郎、黄仁秀、吉崎隆之、松田泰幸、ロイ
ニタイ、若宮伸隆(旭川医大・医・微生物)
グライコシンターゼと糖転移酵素を活用した抗体Fc領域糖ペプチドの調製
O
1
1
2
2
1
3
4
千葉靖典 、高橋佳江 、松野裕樹 、亀山昭彦 、久野敦 、野中浩一 、平林淳
1
2
3
4
( 産総研・糖鎖創薬、 産総研・生物プロセス、 第一三共・バイオ医薬研、 産総研・幹細胞工学)
11:58 −終了−
8月11日AM シンポジオン
基礎生物学1
座長:松野健治(阪大) 北島健(名大) 鈴木匡(理研)
B2-01(a)
8:30
B2-02(a)
8:50
B2-03(a)
9:10
B2-04
9:30
グリピカンはショウジョウバエの左右非対称性の形成に必要である
O
中村充利、 松野健治(阪大院理)
メダカ初期発生にはシアル酸が必須である
1,2
1,2
1,2
1,2
1,2
1,2
3
呉 迪 、田嶋克枝 、川本英里 、丸山恵美 、安川裕子 、Chang Lan-Yi 、谷口善仁 、
4
1
1
1
1
1,2 O
1,2
亀井保博 、足立朋子 、橋本寿史 、日比正彦 、藤田明子 、佐藤ちひろ 、 北島健
1
2
3
4
( 名大・生物機能セ、 名大院・生命農学、 慶応大・医、 基生研・光学解析)
GPIアンカー修飾酵素は基底膜動態を制御する
O
伊原伸治、中山創平、吉田直樹、澤 斉(国立遺伝学研究所 多細胞構築研究室)
GARP複合体を介したTGNへの逆行輸送はゴルジ体以降の順行輸送や糖鎖修飾に必要である
O
1,4
3
2
2
2
1,2
1,2
平田哲也 、藤田盛久 、後藤和義 、元岡大祐 、中村昇太 、村上良子 、前田裕輔 、
1,2 1
2
3
4
木下タロウ ( 阪大・免フロ、 阪大・微研、 中国 江南大学、 日本学術振興会特別研究員(DC2))
9:43 —休憩—
B2-05
9:53
B2-06(a)
10:06
小胞体で新生タンパク質に付加されたN型糖鎖からのマンノーストリミングはEDEM2によって開始される
O
蜷川暁1,2、岡田徹也1、住友嘉樹1、神谷由紀子2、堀本賢1、石川時郎1、武田俊一3、佐久間哲史4、
1
2
3
4
5
山本卓4、加藤晃一2,5、森和俊1( 京大院理、 岡崎統合バイオ、 京大医、 広島大理、 名市院薬)
小胞体画分に見出されたエンドマンノシダーゼ活性の解析
O
1
1
1
2,3
4
1
平野真 、渡邊千恵 、久保佳蓮 、伊藤幸成 、Spencer J. Williams 、戸谷希一郎
1
2
3
4
( 成蹊大理工、 理研、 ERATO-JST、 メルボルン大)
10:26 −終了−
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
19
第 33 回年会プログラム
8月11日 PM シンポジオン
応用生物学
座長:木村吉伸(岡山大) 矢部富雄(岐阜大)
B3-01(a)
13:30
B3-02
13:50
B3-03
14:03
B3-04
14:16
ガングリオシド/糖脂質に作用する新規グリコシダーゼ群の構造と機能
O
1,2,3,4
4,5
4
2,3 1
2
3
澄田智美
、末吉紀行 、伊東信 、横山茂之 ( 学振PD、 理研・SSBC、 理研・横山構造生物
4
5
学研究室、 九大院・農・生命機能、 香川大・農・応用生物科学)
植物N型糖鎖に作用するα1,3-フコシダーゼの同定と植物N型糖鎖分解経路
O
1
1
1,2
1 1
2
林めぐみ 、加藤俊 、北川真衣 、石水毅 ( 立命館大・生命、 阪大・院理)
フジリンゴ成熟果実のクチクラ膜を構成する多糖の機能
O
1
2
1 1
2
東順一 、金山裕亮 、宇山浩 ( 阪大院工・応化、 (株)サンアクティス)
Talaromyces funiculosus由来1,2-β-グルカン分解酵素の精製及び機能解析
O
1
1
1
2
3
1
田中信清 、阿部紘一 、中島将博 、北岡本光 、山下哲郎 、田口速男
1
2
3
( 東理大院理工、 食総研、 岩手大農)
座長:佐藤ちひろ(名大) 堤内要(中部大)
B3-05
14:29
B3-06(a)
14:42
二つのホスホリラーゼを用いた直鎖状1,2-β-グルカンの大量合成
O
1
1
2
1
3
4
1
阿部紘一 、中島将博 、北岡本光 、豊泉大幸 、山下哲郎 、中井博之 、田口速男
4
1
2
3
( 東理大院理工、 食総研、 岩手大農、 新潟大農)
抗感染材料としての銀ナノ粒子/キチン/キトサン複合体
O
1
1,2
1
1
2
石原雅之 、Vihn Quang Nguyen 、服部秀美 、中村伸吾 、松井岳巳
1
2
( 防衛医科大学校・研究センター、 首都大学東京・システムデザイン学部)
15:02 −終了−
8月12日 AM 豊田講堂ホール
疾患・病態
座長:井ノ口仁一(東北薬科大) 池中一裕(生理研)
B4-01(a)
9:00
B4-02
9:20
B4-03
9:33
抗ガングリオシド抗体 -医学、生理学へのインパクトO
1,2
1
1
2
結城伸泰 、深見祐樹 (シンガポール国立大学 内科学, 生理学)
GM2蓄積症モデルに対する改変型ヒトβ-ヘキソサミニダーゼの有効性と機能評価
O
1
1
1
2
3
2
3
1
北風圭介 、田崎智佳子 、水谷安通 、杉山栄二 、神谷真子 、瀬藤光利 、浦野泰照 、伊藤孝司
1
2
3
( 徳島大院薬 創薬生命工学、 浜松医大 細胞生物学、 東大院医 生体情報学)
Seminolipidはセルトリ細胞から精子形成細胞への乳酸トランスポーターMCT4の受け渡しに必須である
O
1
1
2
3
3
4
4
1,2
山下竜幸 、仁尾景子 、宮原馨 、津田雅之 、佐藤美帆 、小杉智規 、門松健治 、本家孝一
2
3
4
1
( 高大・医・先端医療学推進センター、 高大・医・生化学、 高大・動物実験施設、 名大・医・生物化学)
9:46 —休憩—
座長:本家孝一(高知大学) 三善英知(阪大)
B4-04(a)
9:56
B4-05
10:16
GnT-Vトランスジェニックマウスからわかったこと
O
三善英知、寺尾美香、鎌田佳宏(阪大院医)
フィブリノーゲンとフィブリンに見出した糖結合活性による血液凝固への影響
O
1
1
1
1,2
伊達公恵 、大山真実 、高原有未 、小川温子
1
2
( お茶大・院・人間文化創成科学、 お茶大・院・糖鎖科学教育研究センター)
20
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
α1,6フコース転移酵素(Fut8)の発現による正負の機能
O
顧建国(東北薬科大 細胞制御)
B4-06(a)
10:29
10:49 —休憩—
座長:岡島徹也(名大) 矢木宏和(名市大)
アダムズ-オリバー症候群に関連するEOGT遺伝子変異はER型O-GlcNAc修飾の欠損を引き起こす
O
1,2
1
3
3
3
4
4
1
小川光貴 、河合崇生 、西尾俊亮 、灘野大太 、松田幹 、矢木宏和 、加藤晃一 、古川鋼一 、岡島
1 1
2
3
4
徹也 ( 名古屋大・院医、 長浜バイオ大・バイオサイエンス、 名古屋大・生命農学、 名市大・院薬)
B4-07(a)
10:59
マウスSiglec-Fに結合するムチンの同定と糖鎖構造解析
O
加藤紀彦1,2、際本拓未3、Christopher Evans4、Mary Brummet5、Sherry Hudson5、Zhou Zhu6、Michael
Tiemeyer2、Bruce Bochner7(1石川県大、2Univ. Georgia、3筑波大、4Univ. Colorado、5Johns Hopkins Univ.、
B4-08
11:19
6Yale Univ.、7Northwestern Univ.)
ガレクチンと糖鎖の相互作用がhCGにより誘導されるヒト黄体細胞の遺伝子発現に与える影響
O
1,2
1
2
1
2
小林純子 、岩永敏彦 、W. Colin Duncan (北大院医・組織細胞 、CRH・QMRI・Univ.Edinburgh )
B4-09
11:32
11:45 −終了−
8月12日 PM 豊田講堂ホール
神経・筋
座長:北川裕之(神戸薬科大) 門松健治(名大)
硫酸化糖鎖はオートファジーとDystrophic endball形成に関与する
O
坂元一真、尾崎智也、Gong Yuanhao、門松健治(名大院医)
B5-01
13:00
神経突起ガイダンスを担うコンドロイチン硫酸Eの受容機構
O
1
2
3
1,4
1
中村真男 、田村純一 、北川裕之 、戸島拓郎 、上口裕之
1
2
3
4
( 理研・BSI、 鳥取大・地域環境、 神戸薬科大・生化学、 JST・さきがけ)
B5-02
13:13
B5-03(a)
13:26
脳におけるN−グリコリルノイラミン酸発現の有害性
O
1
1
4
1
1
2
1
内藤裕子 、Leela Davies 、竹松弘 、Hsun-Hua Chou 、Pam Tangvoranuntakul 、Charles Heyser 、Aaron Carlin 、
1
1 ,3
1 ,3 1
2
Andrea Verhagen 、Pascal Gagneux 、Ajit Varki ( カリフォルニア大学サンディエゴ校・医、 Neuroscience
3
4
Behavioral Testing Core、 Glycobiology Reserch and Training Center、 京大院医)
B5-04
13:46
海馬依存性記憶におけるシアリダーゼの役割
O
1
1
1
2
2
3
1
南 彰 、間々田奨 、齋藤正和 、大坪忠宗 、池田潔 、宮城妙子 、鈴木隆
1
2
3
( 静岡県立大学大学院・薬、 広島国際大学・薬、 東北薬科大学・分生研)
13:59 —休憩—
座長:遠藤玉夫(都健康長寿医療セ) 岡昌吾(京大)
B5-05(a)
14:09
B5-06(a)
14:29
ガングリオシドGM3は蝸牛有毛細胞の構造と機能維持に必須である
O
井ノ口仁一、吉川弥里、郷慎司(東北薬大・分子生体膜研・機能病態分子)
Bisecting GlcNAc欠損によるアルツハイマー病抑制に関する研究
O
1
1
1
2
2,3
2
4
5
木塚康彦 、北爪しのぶ 、藤縄玲子 、斎藤貴志 、岩田修永 、西道隆臣 、中の三弥子 、山口芳樹 、
6
7
8
8
9
9
1
橋本康弘 、Matthias Staufenbiel 、初田裕幸 、村山繁雄 、萬谷博 、遠藤玉夫 、谷口直之
1
2
3
4
( 理研・疾患糖鎖、 理研・神経蛋白制御、 長崎大・薬、 広島大院・分子生命機能科学、
5
6
7
理研・糖鎖構造、 福島医大・生化学、 ノバルティス・バイオメディカル研究所、
8
9
都健康長寿医療センター研・神経病理、 都健康長寿医療センター研・老化機構)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
21
第 33 回年会プログラム
B5-07
14:49
B5-08(a)
15:02
AGO61はラミニン結合性糖鎖の初期構造の形成に関与する
1
2
1
3
4
4
2
1,5
O
矢木宏和 、中川直樹 、齋藤拓也 、戸田達史 、Sz-Wei Wu 、Kay-Hooi Khoo 、岡昌吾 、加藤晃一
1
2
3
4
5
( 名市大薬、 京大医、 神大医、 台湾中央研究院、 自然科学研究機構統合バイオ)
糖鎖異常型筋ジストロフィーに対する遺伝子治療
O
1
1
1
1
2
2
2
1
金川基 、大塚喜久 、Yu CC 、伊藤千代美 、千代智子 、岡田尚巳 、武田伸一 、戸田達史
1
2
( 神戸大医、 精神・神経医療研究センター)
15:22 —休憩—
基礎生物学2
座長:内村健治(名大) 渡辺秀人(愛知医大) 橋本康弘(福島医大)
B6-01(a)
15:32
遊離N—グリ力ンはタンパク質リフォールディングを促進する
O
田中達也1,藤崎尚規2,前田恵1,二見淳一郎3,阿部義人2,上田正2, 木村吉伸1
(1岡山大・院・環境生命,2九大・院・薬,3岡山大・院・自然科学)
B6-02(a)
15:52
哺乳動物細胞の細胞質に局在する糖鎖脱離酵素の研究
O
1,3
1
1
1
1
1
1
黄 澄澄 、原田陽一郎 、細見昭 、正原(根岸)由紀 、清野淳一 、藤平陽彦 、船越陽子 、
2
2
1,3 1
2
3
鈴木健裕 、堂前直 、鈴木匡 ( 理研 糖鎖代謝学研究チーム、 理研 バイオ解析チーム、 埼玉大学
理工学研究科)
B6-03(a)
16:12
B6-04(a)
16:32
B6-05
16:52
ペクチンによる分化Caco-2細胞表面ヘパラン硫酸糖鎖構造変化の分子機構
1
1
1
1
2
2
2 O
1
西田光貴 ,村田一馬 ,本田明里 ,北口公司 ,森雄一郎 ,山元宏貴 ,伊神孝生 , 矢部富雄
1
2
( 岐阜大・応生科・応用生命, 三基商事)
遊離グルコサミン残基を含むへパラン硫酸 —その生合成機構とへパラナーゼ阻害活性—
O
1
1
2,3
2,4
1
灘中里美 、Eko Purunomo 、武田尚子 、田村純 、北川裕之
1
2
3
4
( 神戸薬大、 鳥取大院・工、 学振特研DC、 鳥取大・地域環境)
コンドロイチン硫酸のクラスター結合により発揮される新たな機能
O
1,2
1,2
2
1
2 1
多田羅洋太 、柿崎育子 、須藤晋一郎 、石岡陽菜 、遠藤正彦 ( 弘前大院医高度先進医学研究セ 糖
2
鎖工学、 弘前大院医 糖鎖医化学)
17:05 −終了−
8月12日 PM シンポジオン
構造・情報
座長:西島謙一(名大) 山田修平(名城大) 川島博人(星薬科大)
B7-01
15:28
B7-02
15:41
B7-03(a)
15:54
B7-04(a)
16:14
コンド口イチン硫酸の糖鎖配列決定方法
O
塩入達政、渡辺秀人、杉浦信夫(愛知医大・分医研)
動物細胞のグリコサミノグリカンの網羅的解析とポリアミンの役割
O
1
1
1
1
2
1,3
1 1
東恭平 、今村正隆 、山口勝利 、西村和洋 、柏木敬子 、五十嵐一衛 、戸井田敏彦 ( 千葉大院薬、
2
3
千葉科学大薬、 アミンファーマ研)
脊椎動物に特徴的な複合型糖鎖の構造と機能の研究
O
長束俊治、半澤健(新潟大・理・生物)
ヒト血清中のO型糖鎖の詳細な構造解析
1
1
2 O
1 1
2
藪政彦 、岡本三紀 、是金宏昭 、 宮本泰豪 ( 大阪府立成人病センター、 理研-マックスプランク連携
研究センター)
16:34 —休憩—
22
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
国際糖鎖構造リポジトリの開発
O
1,2
3
1
1
1
1
3
木下聖子 、山田一作 、藤田晶大 、土屋伸一郎 、新町大輔 、青木ポール信行 、松原正陽 、藤田典
2
2
2
2
4
5
2 1
2
昭 、鈴木芳典 、イェレナ ソロビヨワ 、鹿内俊秀 、奥田修二郎 、川㟢敏祐 、成松久 ( 創価大、
3
4
5
産総研、 野口研、 新潟大、 立命館大)
B7-05
16:44
糖鎖構造表記法の国際標準化
O
1
1,2
2,3
4
2
3
1
2
山田一作 、田中健一 、木下聖子 、小寺正明 、澤木弘道 、土屋伸一郎 、松原正陽 、藤田典昭 、
2
5
6
2 1
2
3
4
5
6
鹿内俊秀 、加藤雅樹 、河野信 、成松久 ( 野口研、 産総研、 創価大、 東工大、 理研、 DBCLS)
B7-06
16:57
17:10 −終了−
口頭化学
8月10日 AM シンポジオン
糖鎖分析
座長:中北愼一(香川大) 松尾一郎(群馬大学)
C1-01(a)
9:00
希少6-deoxy-D-altroseの発見および新規のα-glucanの化学構造
O
1
1
1,2
1,3
1
1
田幸正邦 、土橋康比古 、与儀琢也 、上地敬子 、島袋隼平1,4,5、玉城志博 、小西照子 、山田将司
4
4
4,5 1
2
3
4
5
、石田秀治 、木曽真 ( 琉球大生資科、 東大医研、 香川大希糖セ、 岐阜大応生科、 京大・iGeMS)
C1-02
9:20
C1-03
9:33
天然由来糖脂質・オリゴ糖構成成分の分析・分取法の確立
O
松本恵実、牧岡富広、藤野和孝、石野暢好、中塚進一(長良サイエンス株式会社)
双性イオン性カラム(ZIC)-HILIC-ESI-MS/MSによる脳内グルコース化分子の異性体定量
O
1
1
1
2
1 1
2
中嶋和紀 、秋山央子 、田中香織 、谷口直之 、平林義雄 ( 理研・脳センター、 理研・グローバル
研究クラスタ)
C1-04
9:46
C1-05
9:59
C1-06
10:12
クラゲ由来ムチンの糖鎖における負電荷の同定とその役割
O
丑田公規、村上明日香、大畑絢香、五月女佳蓉、小林樹来、杉山みなみ、上田卓典、犬井洋(北里大理)
アフィニティ分子マトリクス電気泳動法の開発と糖タンパク質分析への応用
O
松野裕樹、亀山昭彦(産総研・生物プロセス)
レプリカ交換分子動力学計算を用いた糖鎖イオンモビリティー質量スペクトルの予測
O
李秀栄、渡部茂久、二島渉、山口芳樹、杉田有治(理化学研究所)
10:25 —休憩—
C1-07
10:35
エミュー卵に発現している糖鎖の構造解析
O
中北愼一、住吉渉、宮西伸光、平林淳(香川大・総合生命・糖鎖機能)
合成1
座長:田村純一(鳥取大) 安藤弘宗(岐阜大)
C1-08(a)
10:48
C1-09
11:08
C1-10
11:21
DDSを指向した糖鎖修飾リポソームの合成と機能評価
O
1,2
1
3
3
3
3
1,2
1
植木章晴 、美濃由佳 、運敬太 、Johan Unga 、樋口ゆり子 、川上茂 、安藤弘宗 、石田秀治 、
3
2,3
1,2 1
2
3
山下富義 、橋田充 、木曽真 ( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS、 京都大・薬)
インフルエンザウイルスと結合するシアリルオリゴ糖含有糖鎖高分子の合成と機能評価
O
1
1
2
3
3
3 1
2
田中知成 、石溪秀樹 、三浦佳子 、大石健太 、高橋忠伸 、鈴木 隆 ( 京工繊大院工芸、 九大院工、
3
静岡県大薬)
クリックケミストリーを用いたGalNAc4S-6STの阻害剤の合成
O
加藤弘太郎、川村瑠依、早田拡生、山崎綾乃、羽渕脩躬、中野博文(愛知教大・分子生命)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
23
第 33 回年会プログラム
C1-11
11:34
C1-12
11:47
保護硫酸基を利用したコンドロイチン硫酸オリゴ糖の合成
O
1
2
1,2 1
2
松下健也 、中田有美 、田村純一 ( 鳥取大院工、 鳥取大地域環境)
ビオチン化ケラタン硫酸オリゴ糖の合成
O
1
2 1
2
武田尚子 、田村純一 ( 日本学術振興会特別研究員PD、 鳥取大地域)
12:00 −終了−
8月11日 AM 豊田講堂ホール
合成2
座長:田中克典(理研) 石田秀治(岐阜大学)
C2-01(a)
8:30
C2-02(a)
8:50
分子認識を基盤とするオーガニックフレームワークの合成研究
O
中川篤、蟹江治(東海大・糖鎖研)
糖鎖の化学的ワンポット複合化法と動物個体内での動態解析
O
1
2
2
3
4
4
2
4
小椋章弘 、田原強 、野崎聡 、盛本浩二 、木塚康彦 、北爪しのぶ 、渡辺恭良 、谷口直之 、
1
田中克典 (1理研 田中生体機能合成化学研究室、2理研ライフサイエンス技術基盤研究センター、
3阪大院医、4理研グローバル研究クラスタ)
C2-03
9:10
C2-04
9:23
糖置換基導入による水溶化蛍光フォトクロミック分子の開発と生体系への応用
O
1,2
3
3
1
1
1
1
1,2
常盤広明 、大坪忠宗 、池田潔 、阿部太洋 、八木亮 、高木祐太 、稲留徹 、森本正和 、
4
2 1
2
3
4
木下勉 、入江正浩 ( 立教大化学、 立教大未来分子研究セ、 広島国際大薬、 立教大生命理)
粗面小胞体(ER)へ化学合成糖鎖分子を輸送する積み荷融合タンパク質の開発
O
1
1
1
1
1,2
1,3
孫尚鉉 、瀬古玲 、大黒周作 、藤川紘樹 、伊藤幸成 、蟹江治
1
2
3
( JST-ERATO、 理研細胞制御化学、 東海大・糖鎖研)
9:36 —休憩—
糖鎖認識1
座長:蟹江治(東海大)
C2-05(a)
9:44
C2-06
10:04
C2-07
10:17
ヒト抗体が認識する病原性細菌の糖鎖構造の解明
O
山崎良平、玉井雅也、岸本勝也(鳥大農・生化)
ゴルジマンノシダーゼは変性状態の糖蛋白質を好む
O
1
2
2
3
1,2 1
2
3
相川順一 、武田陽一 、瀬古玲 、松尾一郎 、伊藤幸成 ( 理研、 JST ERATO、 群馬大院工)
GM1により誘起されるアミロイドβの凝集過程の原子間力顕微鏡観察
O
松原輝彦、安盛花季、西原昌哉、福田竜統、佐藤智典(慶應大理工)
10:30 —終了—
8月11日 PM 豊田講堂ホール
糖鎖認識2
座長:和泉雅之(阪大) 花島慎弥(阪大)
C3-01(a)
13:30
可溶性レクチンZG16pと結核菌のPIM糖鎖における複合体構造のNMR解析
O
1,2
3
2
4
2
4
3
花島慎弥 、Sebastian Götze 、金川真由美 、Yan Liu 、池田明美 、Ten Feizi 、Peter Seeberger 、
2
2 1
2
3
4
谷口直之 、山口芳樹 ( 阪大院理、 理研システム糖鎖、 MPI Biomolecular Systems、 Imperial College
London)
C3-02
13:50
マンノース結合性天然物・プラディミシンAのカルシウム結合部位の特定
O
1,2
3
4
4
5
1,6 1
2
中川優 、橋爪大輔 、土井崇嗣 、竹腰清乃理 、五十嵐康弘 、伊藤幸成 ( 理研、 名大院生命農、
3
4
5
6
理研·CEMS、 京大院理、 富山県大、 JST·ERATO)
24
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
化学合成した糖タンパク質を用いた小胞体内におけるリフォールディングプロセス及び糖鎖構造変化
C3-03(a)
14:03
C3-04
14:23
C3-05
14:36
の追跡
O
1,2
2
1,2
2
1,3
1,2
藤田正一 、和泉雅之 、牧村裕 、西原三佳 、伊藤幸成 、梶原康宏
1
2
3
( JST ERATO、 阪大院理、 理研)
カルレティキュリンのフォールディング識別能
O
1
1
1
2,3 1
2
3
戸谷希一郎 、平野真 、足立優花 、伊藤幸成 ( 成蹊大理工、 理研、 ERATO-JST)
疑似糖タンパク質を用いたUGGT基質認識に関する研究
1
1
1
1
1
1
O
1,2
八須匡和 、瀬古玲 、大黒周作 、武田陽一 、藤川紘樹 、迫野昌文 、伊藤幸成
1
2
( JST-ERATO、 理研 細胞制御化学)
14:49 −終了−
8月12日 AM シンポジオン
糖鎖認識3・合成3
座長:深瀬浩一(阪大) 梶原康宏(阪大) 石渡明弘(理研)
C4-01(a)
9:00
C4-02(a)
9:20
C4-03(a)
9:40
N結合型糖鎖A-arm部分構造の系統的合成とそれらを用いた糖プロセシング酵素の解析
O
1
2
2
2,3
1
岩本将吾 、武田陽一 、瀬古玲 、伊藤幸成 、松尾一郎
1
2
3
( 群馬大院理工、 ERATO-JST、 理研-細胞制御化学)
合成糖鎖を用いた小胞体内グルコース転移酵素(UGGT)のドメイン解析
O
1
1
1
1
2
1
1
1,2
武田陽一 、瀬古玲 、八須匡和 、大黒周作 、和泉雅之 、小泉晶彦 、藤川紘樹 、梶原康宏 、
1,3 1
2
3
伊藤幸成 ( JST-ERATO、 阪大院理、 理研細胞制御)
糖加水分解酵素反応におけるマイクロ波の効果と作用機構解明研究
1
1
2 O
1 1
2
長島生 、作田智美 、杉山順一 、 清水弘樹 ( 産総研生物プロセス、 産総研ナノシステム)
10:00 —休憩—
C4-04(a)
10:10
C4-05
10:30
C4-06
10:43
ボロン酸-糖アクセプターエステルを触媒とする立体及び位置選択的グリコシル化反応の開発
O
高橋大介、中川彰、花村駿、戸嶋一敦(慶應大理工)
グルコース誘導体の位置選択的アシル化における触媒量低減化
O
柳正致、津田亜由美、上田善弘、古田巧、川端猛夫(京大化研)
4位遊離水酸基を有するN-アセチルシアル酸供与体を用いるα選択的シアリル化反応
O
青柳拓、大平脩一、布施新一郎、田中浩士(東工大院理工)
10:56 —休憩—
C4-07
11:06
C4-08
11:19
金錯体を触媒とするグルコシル化反応を基盤とした糖脂質の合成
O
1,2
1
1
1
1
平井剛 、太田英介 、藏本悠太 、加藤麻理依 、袖岡幹子1,2,3( 理化学研究所
2
3
研究室、 理化学研究所 環境資源科学研究センター、 CREST-JST)
電気化学的手法によるTMG-キトトリオマイシンの合成
O
野上敏材、磯田悠太、佐々木紀彦、伊藤敏幸(鳥取大院工)
11:32
異性化反応によるmycothiol合成研究
O
眞鍋史乃、伊藤幸成(理研)
C4-10
C-グリコシルポリフェノール類の合成を指向した水中C-グリコシル化反応の開発研究
C4-09
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
25
袖岡有機合成化学
第 33 回年会プログラム
O
濱上大基、布施新一郎、田中浩士(東工大院理工)
11:45
11:58 −終了−
8月12日 PM シンポジオン
合成4
座長:眞鍋史乃(理研) 田中浩士(東工大)
C5-01(a)
13:00
C5-02
13:20
C5-03
13:33
C5-04
13:46
植物細胞外マトリックス成分extensinの親水性モチーフの合成と構造解析
O
1
2
2
1,2 1
2
石渡明弘 、Sophon Kaeothip 、武田陽一 、伊藤幸成 ( 理研、 JST·ERATO)
炭素-炭素結合型ヘビーフルオラスタグを利用した糖鎖合成
O
1,2
1
1
2
2
1
福田和男 、戸治野真美 、後藤浩太朗 、土肥博史 、西田芳弘 、水野真盛
1
2
( 野口研糖鎖有機、 千葉大院融合科学)
抗生物質インセドニンの二糖鎖セグメントの合成と配糖化に関する研究
O
石丸未来、宇田寛次郎、高田暁、高橋大介、戸嶋一敦(慶應大理工)
糖アクロシドのマイケルアクセプターとしての化学及び生物学的機能
O
池田裕政、金子英利香、奥澤俊介、高橋大介、戸嶋一敦(慶應大理工)
13:59 —休憩—
C5-05(a)
14:09
コアフコース及びバイセクティンググルコサミン含有N-結合型糖鎖の化学合成
O
1
1
1
1,2
1 1
2
長﨑政裕 、源直也 、真鍋良幸 、田中克典 、深瀬浩一 ( 阪大院理、 理研)
修飾可能なシステイン残基を有する Siglec-7 の化学合成とその糖鎖結合活性
C5-06
14:29
C5-07
O
和泉雅之、大槻晃久、西原三佳、岡本亮、梶原康宏(阪大院理)
14:42
4-メチルベンジル基を用いたO-結合型糖ペプチドの合成
O
1
2
2
2
2
1
朝比奈雄也 、藤本梨菜 、瀬戸茉莉絵 、田中洋成 、鈴木明身3、中原義昭 、北條裕信1( 阪大蛋白
2
研、 東海大工生命、3東海大糖鎖研)
C5-08
高濃度条件下におけるカルバグルコース同士のカップリング反応を用いたジカルバグルコビオースの合
14:55
成研究
O
館田尚家、鰺坂勝美、宮崎達雄(新薬大院・応用生命)
15:08 —終了—
26
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
ポスター
ポスター発表時間
奇数番号 8 月 10 日(日)16:10〜18:10
偶数番号 8 月 11 日(月)10:30 〜12:30
P-001
テルマタン硫酸部分構造に関する合成研究
O
杜若祐平、西岡京佑、若尾雅広、隅田泰生(鹿児島大・院理工)
P-002
抗体ーリガンド間相互作用における生体内水分子の役割
O
1
2,3
能登 香 、鷹野景子 (1北里大学一般教育、2お茶大院人間文化創成科学、3お茶大糖鎖科学教育研究セ
ンター)
P-003
セレノ化フコースの合成とフコース認識レクチンAOLのX線結晶立体構造解析への応用
O
1,2
3
1,2
1,2
3
1
3
4,5
島袋隼平 、牧尾尚能 、鈴木達哉 、安藤弘宗 、山田悠介 、石田秀治 、若槻壮市 、加藤龍一 、
1,2 1
2
3
4
5
木曽真 ( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS、 高エネ機構・放射光、 スタンフォード大・医、 SLAC
国立加速器研究所)
P-004
LC-ESI-TOFMSを用いるスフィンゴ糖脂質の一斉分析とがん細胞解析への応用
1
1
2
1
1 1
2
O
木下充弘 、大塚瑞乃 、山田佳太 、鈴木茂生 、掛樋一晃 ( 近畿大薬、 大阪大谷大薬)
P-005
腸球菌Enterococcus faecalis由来ペプチドグリカン部分構造の合成研究
O
1
1
2
1 1
2
長谷川弘毅 、王 寧 、藤本ゆかり 、深瀬浩一 ( 阪大院理、 慶大理工)
P-006
部分糖鎖タンパクコンジュゲート合成の条件検索
O
岸本勝也、石井一之、山崎良平(烏大農・生物化学)
P-007
Lewis X含有四価糖鎖配位体の合成とレクチンとの相互作用解析
O
1
2
1
1
1,3 1
2
安本佳成 、尾形慎 、森大地 、碓氷泰市 、朴龍洙 ( 静大院・農・応生化、 福島高専・物質工、
3
静大・グリーン研)
P-008
第一原理計算によるムメフラールとインフルエンザウイルス表面糖タンパク質との理論的相互作用解析
O
1
1
石坪江梨花 、五十嵐学2、Karl N. Kirshner3、Nongluk Sriwilaijaroen4,5、細沢拓未 、横江弘雅6、
津吹政可6、鈴木康夫4、常盤広明1,7(1立教大理、2北大人獣共通感染症リサーチセンター、3Fraunhofer SCAI、
4中部大生命健康学科、5Thammasat University、6星薬大、7立教大未来分子研究セ)
P-009
三級および四級不斉炭素を持つ万能型キラルビルディングブロックの合成研究
O
1
1
1
1
2
2
1 1
林拓哉 、小笠原功 、村松義浩 、赤井昭二 、小島勝 、中村豊 、佐藤憲一 ( 神奈川大院工、
2
新潟薬大・応用生命科学)
P-010
6-O-アセチル-カルバ-β-D-グルコースのランダムピバロイル化反応によるカルバ糖の合成研究
O
吉田侃史、坂口雄樹、前田悠貴、伊藤祐介、鰺坂勝美、宮崎達雄(新潟薬大・応用生命)
P-011
糖加水分解酵素Golgi endo-α-mannosidase変異体を利用したハイマンノース型糖鎖の合成
O
1
2
2
2,3
1
岩本将吾 、武田陽一 、瀬古玲 、伊藤幸成 、松尾一郎
1
2
3
( 群馬大院理工、 ERATO-JST、 理研-細胞制御化学)
P-012
Endo-Mの糖鎖認識能解析に向けたβ-タロース含有糖鎖の合成
O
1
1
2
2
1 1
2
石井希実 、岩本将吾 、熊田純一 、松崎祐二 、松尾一郎 ( 群馬大学院理工、 東京化成工業株式会社)
P-013
ケラタナーゼIIを触媒として用いる癌関連硫酸化II型糖鎖抗原の合成
O
山﨑悠司、勢造恭平、高田順子、大前仁、木村俊作(京大院工)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
27
第 33 回年会プログラム
P-014
クネーフェナーゲル縮合を鍵反応とするフェニルエタノイド配糖体の合成研究
O
小島勝、中村豊(新潟薬科大・応用生命科学)
P-015
3-Deoxy-GlcNAcの合成とEndo-Mを用いる糖鎖転移反応への応用
O
1,2
2
1
1,2 1
2
狐塚哲也 、岩山祐己 、羽田勝二 、稲津敏行 ( 東海大・工、 東海大・糖鎖研)
P-016
Endo-MおよびGlycosynthaseによる産業応用を指向した均一構造のN-結合型糖鎖を導入した糖タンパク質の
生産
O
熊田純一1、羽生正人1、丹治嵩裕1、湯浅徳行1、岩城隼1、加藤紀彦2、山本憲二2、松﨑祐二1
(1東京化成工業株式会社、2石川県立大学生物資源工学研究所)
P-017
ウイルスセンサーを目指した糖-タンパク質間相互作用を基盤とするオーガニックフレームワーク
O
小宮忍、中川篤、蟹江治(東海大・糖鎖研)
P-018
水溶媒中での糖ヌクレオシド二リン酸の化学合成
O
1
2 1
2
田中秀則 、Ole Hindsgaul ( 高知大総研セ カールスバーグ研)
P-019
高純度希少糖試薬の製造および分析
O
中塚宏志、宮田健吾、中塚進一(長良サイエンス株式会社)
P-020
硫酸化LacdiNAc構造を有する3糖誘導体の合成
O
宇津井隆志、演田真輝、石井希実、宮沢進平、松尾一郎(群馬大学院理工)
P-021
アメリカクロクマのミルクオリゴ糖構造解析
O
1
1
2
3
1 1
2
梅脇雅弓 、福田健二 、斉藤忠夫 、Olav Oftedal 、浦島匡 ( 帯広畜産大畜産、 東北大農、
3
スミソニアン環境研究所)
P-022
Sphingosine及びCeramideの効率的合成法の検討
O
藤野和孝、中塚進一(長良サイエンス株式会社)
P-023
カモノハシ酸性ミルクオリゴ糖の構造解析
O
1
1
2
3
1
稲森啓明 、福田健二 、斉藤忠夫 、Michael Messer 、浦島匡
1
2
3
( 帯広畜産大院畜産衛生、 東北大農、 シドニー大)
P-024
グルコシルセラミドとグリセロ糖脂質アナログに見出されたヒラタケ子実体の分化誘導活性
O
西村健、馬替由美、大原誠資(独立行政法人 森林総合研究所)
P-025
単分子糖鎖の弱い相互作用を有効に活用した高選択的イメージング
1
2
2
2 O
1
泰地美沙子 、今牧理恵 、北爪しのぶ 、谷口直之 、 田中克典
1
2
( 理研生体機能合成化学、 理研グローバル研究クラスタ)
P-026
シアル酸誘導体の包括的合成法の開発
O
法村勇佑、山本大介、牧野一石(北里大院薬)
P-027
1分子修飾探針を用いた原子間力顕微鏡による糖タンパク質表面の観察
O
1
1,2
1,3 1
2
3
鈴木克彦 、伊藤幸成 、蟹江治 ( JST ERATO、 理研、 東海大−糖鎖研)
P-028
糖修飾フエロセンの合成とシクロデキストリンとの包摂によるレクチン親和性制御
O
代芙美子、奥田拓真、長谷川輝明(東洋大生命)
28
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
P-029
糖鎖間相互作用のハイスループット解析を指向した蛍光標識オリゴ糖の一分子動的挙動解析
O
岩村真帆、小山僚一、長谷川輝明(東洋大生命)
P-030
糖修飾トリスビピリジンルテニウム錯体を分子プ口一ブとして用いた糖鎖間相互作用メカニズムの解明
O
岩田弘絵、佐々木直、長谷川輝明(東洋大生命)
P-031
3,6-O-(o-xylylene)架橋フェニルチオグルコシドを用いたβ選択的グリコシル化反応
O
福本敦史、山田英俊(関西学院大学理工学研究科)
P-032
3,6位架橋チオグルコシドを用いたα-選択的グリコシル化反応における酢酸エチルの関与
O
川崎友莉、山田英俊(関西学院大院理工)
P-033
3,6-O-[ビベンジル-2,2’-ビス(メチレン)
]架橋フェニルチオグルコシドを用いたグリコシル化反応:収率・
立体選択性の追求
O
苫米地祐輔、川崎友莉、山田英俊(関西学院大院理工)
P-034
PLPによるトランスアミノ化反応を利用したオリゴ糖プローブの合成
O
1
1
1
1
1
1,2 1
2
大原啓一郎 、藤川紘樹 、八須匡和 、王寧 、武田陽一 、伊藤幸成 ( JST-ERATO, 理研細胞制御化学)
P-035
無保護糖類の触媒的位置選択的酸化反応の開発
O
村松渉(長崎大院医歯薬)
P-036
糖スルホキシドの硫黄立体化学:グリコシル化反応性とVCD立体構造解析
O
谷口透、那須陽人、麻畑 舞、門出健次(北大院先端生命)
P-037
LC-ESI-MSを用いたクラゲ由来ムチンの糖鎖構造解析
O
杉山みなみ、上田卓典、犬井洋、丑田公規(北里大理)
P-038
ヨウ化糖を用いるα-リボフラノシドの合成
O
岡夏央、梶野麟、竹内薫、永川晴奈、安藤香織(岐阜大工)
P-039
Neurospora crassa由来糖脂質Neurosporasideの合成
2
1
1
1
1 1
2
O
1
大塚功 、羽田紀康 、金丸美佐紀 、藤井隆成 、渥美聡孝 、垣内信子 ( 九州保健福祉大・薬、 慶応大・薬)
P-040
天然から単離した二分枝複合型糖鎖を利用するヒト型三分枝糖鎖の合成研究
O
真木勇太、岡本亮、和泉雅之、梶原康宏(阪大院理)
P-041
6つの精部位を有するトリスピビリジン鉄錯体による精鎖間相互作用メカニズムの解析
O
野中祐紀、宇留野龍平、長谷川輝明(東洋大院生命)
P-042
コンドロイチン硫酸部分四糖構造の合成とGAG結合性タンパク質との相互作用解析
O
宮地健人、市来幸子、杜若祐平、若尾雅広、隅田泰生(鹿児島大・院理工)
P-043
ブタ回虫Ascaris suum由来糖脂質非還元末端糖鎖部の合成と、ヒ卜血清に対する抗原性
O
1
1
1
2 1
2
羽田紀康 、梅田悠奈 、木内文之 、山野公明 ( 慶應大薬, 北海道立衛研)
P-044
レクチン様分子シャペロンカルネキシンとカルメギンの基質認識特性の相違に関する検討
O
1
1
1
2
1
1
1
1,2 1
迫野昌文 、瀬古玲 、武田陽一 、相川順一 、八須匡和 、小泉晶彦 、藤川紘樹 、伊藤幸成 ( JST-ERATO、
2
理研 細胞制御化学)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
29
第 33 回年会プログラム
P-045
多糖類で簡便に作成したナノサイズドラッグデリバリーキャリアの安定性
O
中村伸吾、石原雅之(防衛医科大学校 防衛医学研究センター 医療工学研究部門)
P-046
生物毒素検出のための糖固定化窒化ケイ素チップ
O
1,2
1
1
3
4
2
2
田中大輝 、鵜沢浩隆 、永塚健宏 、瀬戸康雄 、吉田敏雄 、土肥博史 、西田芳弘
1
2
3
4
( 産総研ナノシステム、 千葉大院融合科研、 科警研法三、 フルイドウェアテクノロジーズ㈱)
P-047
6−アジド−6−デオキシキトサンの合成とこれを鍵中間体とした各種キチン・キトサン型糖鎖高分子の構築
O
越路和弘、長谷川輝明(東洋大院生命)
P-048
均一な糖鎖を持つRNaseの酵素化学的合成とリフォールディングアッセイへの応用
O
1
1
1
1,2 1
2
王 寧 、瀬古玲 、武田陽一 、伊藤幸成 ( JST-ERATO、 理研 細胞制御化学)
P-049
棘皮動物由来シアル酸含有糖リン脂質CJP系列の合成
O
1,2
1
1
1,2
1
1,2
1
1,2
玉井秀樹 、武田陽 、水野孝星 、植木章晴 、今村彰宏 、安藤弘宗 、石田秀治 、木曽真
1
2
( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS)
P-050
糖指質ータンパク質相互作用解析のための飽和アルキル鎖を有する糖指質誘導体の合成研究
O
1
2
2
2
2
木内達人 、Maju Joe 、小泉晶彦 、Todd L. Lowary 、John S. Klassen
1
2
( 阪大院理、 Alberta Glycomics Centre and Department of Chemistry, The University of Alberta)
P-051
2,3-環状保護糖供与体を用いた立体選択的グリコシル化の検討
O
1
1,2
1,2
1,2
1,2
1
1,2
八神なほ子 、小西美紅 、玉井秀樹 、植木章晴 、安藤弘宗 、石田秀治 、木曽真
1
2
( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS)
P-052
脂質ラフトの1分子観察に向けた蛍光ガングリオシドGM2プローブの合成
O
1
1,2
2
1,2
1
2
1,2
小池田真知 、河村奈緒子 、鈴木健一 、安藤弘宗 、石田秀治 、楠見明弘 、木曽真
1
2
( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS)
P-053
脱離基中にアルデヒドを持つ糖供与体の反応挙動
O
駒井亮太、若杉裕樹、西田芳弘、土肥博史(千葉大院・融合科学)
P-054
小胞体グルコシダーゼIIの基質認識メカニズムの構造基盤
O
1,2
1,3
1,2,4
1,2,4
1,2,4
1,2,4
年森隆泰 、佐藤匡史 、Gengwei Yan
、山口拓実
、Tong Zhu
、加藤晃一
1
2
3
4
( 名市大院薬、 岡崎統合バイオ、 JST・さきがけ、 総研大・物理科学)
P-055
pNPガラクトフラノシド、ピラノシドのワンセット合成
O
中島政哉、朝日勇気、高靖麗宇、大山加南、土肥博史、西田芳弘(千葉大院融合科学)
P-056
SSAレクチンのシアロ糖鎖に対する認識特異性の解明
1
O
2
3
3 1
2
3
山ノ井孝 、鬘谷要 、石村敬久 、吉田孝 ( 城西大・薬、 和洋女大、 北見工大)
P-057
MBPの糖鎖認識機構解明に向けたルイスAタンデムリピートの効率的合成法の開発
O
1
1、
1,2
1,2
1
1,2
小林大輔 、山路智也
植木章晴 、安藤弘宗 、石田秀治 、木曽真
1
2
( 岐阜大・応用生物、 京都大・iCeMS)
P-058
トリチル基の脱保護におけるマイクロリアクターを用いたアシル転移反応の抑制
O
宮川淳、 栗本健太、冨田隆介、山村初雄(名工大院工)
30
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
P-059
シクロデキストリン誘導体の酸による位置選択的開裂
O
宮川淳、 加納一輝、吉田彩、山村初雄(名工大院工)
P-060
トリプシノーゲンの糖特異的相互作用による活性化抑制機構の解析
O
1
1
1
1
1
1,2
緒方彩 、三橋佳奈 、齊藤泉 、和田有沙 、坂上ひろみ 、小川温子
1
2
(お茶の水女子大・ 院・人間文化創成科学研究科、 糖鎖科学教育研究センター)
P-061
糖ペプチドライブラリを用いたフォールテイングセンサー酵素UGGTの基質認識機構の解明
O
1
1
1
2
2,3
1,2 1
2
3
来間利江 、和泉雅之 、岡本亮 、瀬古玲 、伊藤幸成 、梶原康宏 ( 阪大院理・ JST ERATO・ 理研)
P-062
高立体選択的α-ガラクトシル化反応における4,6位環状保護基の意義
O
1
1
1
1,2
1
1,2
今村彰宏 、酒井静雄 、松澤奈緒美 、安藤弘宗 、石田秀治 、木曽真
1
2
( 岐阜大応用生物、 京都大・iCeMS)
P-063
糖鎖クラスター効果を利用した糖含有型金ナノ微粒子の合成と評価
O
坂本健(埼玉大院理工)
P-064
Quantification of plasma and RBC glycosphingolipids in Amish epilepsy syndrome by NSI mass spectrometry
O
1
1
3
3
3
Kazuhiro Aoki , Tadahiro Kumagai , Adam D. Heaps , D. Holmes Morton , Kevin A. Strauss , Michael
1,2 1
2
3
Tiemeyer ( CCRC, UGA, Dept. of BMB, UGA, Clinic for Special Children, PA)
P-065
HTSと多様性指向型合成を併用したフコシルトランスフェラーゼ8阻害剤の探索
1
1
1 1
O
2
2
2
笠原里実 、真鍋良幸 、高松真二 、三善英知 、深瀬浩一 ( 阪大院理, 阪大院医)
P-066
高マンノース型糖鎖合成における効率化に関する研究
O
柴正朗樹、岩田昂大、篠田佑樹、平野真、戸谷希一郎(成院大理工)
P-067
ブラインシュリンプArtemia franciscana由来新規糖脂質の合成研究(2)
O
1
2
1 1
2
金谷貴行 、羽田紀康 、渡邊敏子 ( 国際医福大薬、 慶應大薬)
P-068
抗ヘルペスウイルス活性をもつシアル酸含有糖ペプチドおよび類縁体の合成
O
柿田浩輔、羽鳥菜々生、坂本二郎、古川敦、穴田仁洋、南部寿則、前仲勝実、橋本俊一(北大院薬)
P-069
無保護グルコースを用いた立体選択的グリコシル化法の開発
O
藤森悠介、竹内裕紀、川端猛夫(京大化研)
P-070
アノマー位の直接活性化による無保護1,2-アンヒドロ糖の合成
O
芹澤一成、野口真人、小林厚志、正田晋一郎(東北大院工・バイオ工学専攻)
P-071
様々な立体配置を持つアクセプターを用いたシアリル化反応の検討
O
田村真奈美、若杉裕樹、西田芳弘、土肥博史(千葉大院・融合科学)
P-072
二糖を有する4-メチルカテコール被覆マグネタイトナノ粒子の調製と機能
O
紀平梨衣、早川竜丞、 堤内要(中部大応用生物)
P-073
マイクロ波支援ピラゾロン共存下β脱離反応による血清およびパラフィン包埋組織からのO結合型糖鎖の解
析
O
朴錦花、岡田和恵、古川潤一、篠原康郎(北海道大学大学院 先端生命科学研究院 複合糖質機能化学グループ)
P-074
糖鎖固定化蛍光性ナノ粒子を用いた細胞の糖鎖結合性に基づく細胞識別法の開発
1
1
1
1,2 1
2
O
中村友哉 、新地浩之 、若尾雅広 、隅田泰生 ( 鹿児島大・院理工、 スディックスバイオテック)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
31
第 33 回年会プログラム
P-075
ポリシアル酸転移酵素STX/ST8SIA2とPST/ST8SIA4のポリシアル酸生合成能の解析
O
1,2
1,2
1,2
1,3
1,2
1,2
新美百希 、羽根正弥 、西村紗希 、宮田真路 、北島健 、佐藤ちひろ
1
2
3
( 名大・生物機能セ、 名大院・生命農学、 名大・高等研究院)
P-076
シアル酸は初期発生に必須である:TILLING法によるCMP-シアル酸合成酵素変異体メダカの樹立
O
呉 迪1,2,3、藤田明子1、安川裕子1,2、谷口善仁4、亀井保博5、佐藤ちひろ1,2,3、北島健1,2,3
(1名大・生物機能セ、2名大院・生命農学、3名大・IGERリーディング大学院、4慶応大・医、5基生研・光
学解析)
P-077
糖鎖修飾におけるドリコールリン酸マンノース供給の制御機構
O
山田健之、萬谷博、遠藤玉夫(都健康長寿医療セ・分子機構)
P-078
血清およびパラフィン包埋サンプルの糖脂質糖鎖の定量解析
O
岡田和恵、朴錦花、古川潤一、篠原康郎(北海道大学大学院 先端生命科学研究院 複合糖質機能化学グループ)
P-079
ロタウイルスエントリー機構の解明に向けたグライコミクスの展開
O
1
2
2
3
3
4
4
1
山田佳太 、栢原春奈 、木下充弘 、稲垣瑞穂 、矢部富雄 、中込治 、中込とよ子 、坂崎文俊 、
1
2 1
2
3
4
閔庚善 、掛樋一晃 ( 大阪大谷大・薬、 近畿大・薬、 岐阜大・応用生物、 長崎大学・医歯薬分子疫)
P-080
イネの生長時における糖鎖構造の挙動
O
堀内里紗、遠坂翼、廣津直樹、宮西伸光(東洋大院・生命)
P-081
表面プラズモン共鳴によるAGEsとガレクチンの相互作用解析
O
1
2
3
1 1
2
3
金児賢樹 、佐藤駿 、星野尾麻子 、宮西伸光 ( 東洋大院生命、 東洋大、 伏見製薬、
)
P-082
ニホンメダカOryzias latipesのシアリダーゼ研究におけるモデル動物としての有用性
O
1
1
1
1
1
2
1
龍薗せな 、池田麻美 、原崎裕介 、大石一樹 、小松正治 、宮城妙子 、塩崎一弘
1
2
( 鹿児島大水産、 東北薬大分生研)
P-83
赤痢アメーバレクチンのレクチン領域解析
O
1
1
2
3
加藤健太郎 、Dhoubhadel Bhim G .、藤井仁人 、橘裕司
1
2
3
( 長大熱研寄生虫、 長大熱研生態疫学、 東海大基礎医)
P-084
アルツハイマー病モデルマウス脳内に発現するケラタン硫酸の構造機能解析
O
タホミナフォエズ1、内村佳子1、新美しおり1、星野瞳2、道川誠3、門松健治1、 内村健治1
1
2
3
( 名大院・医・一生化、 福井大・医・病理1、 名市大院・医・病態生化)
P-085
コメ種子由来レクチンの特性解析
O
遠坂翼、堀内里紗、廣津直樹、宮西伸光(東洋大院生命)
P-086
新規ビスインドール化合物がもつ分泌阻害活性の特徴付け
O
佐藤あやの(岡山大学 大学院自然科学研究科)
P-087
C-Man-TSR由来ペプチドがTGF-β/Smad3シグナルに与える影響
O
1
1
2
3
3
4
4
1
池﨑みどり 、松井仁淑 、室井栄治 、渋川幸直 、和田芳直 、眞鍋史乃 、伊藤幸成 、井原義人
1
2
3
4
( 和歌山県医大・医・生化、 宮崎大・医・皮膚、 大阪府立母子保健総合医療セ研・代謝、 理研)
P-088
糖鎖変異に伴う脂質代謝障害の検討
O
1,2
1
2
1,2 1
2
田島織絵 、桐谷美咲 、古川鋼一 、古川圭子 ( 中部大生命医科、 名大医)
32
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
P-089
浸透圧ストレスが上皮細胞の糖鎖生合成に及ぼす影響
1
1
2
1
1
3
1
O
岩本裕貴 、安井祐太郎 、岩塚欣也 、木下充弘 、鈴木茂生 、早川堯夫 、掛樋一晃
1
2
3
( 近畿大・薬、 千寿製薬、 近畿大・薬総研)
P-090
マスト細胞分泌顆粒内ヘパリンの切断は細胞外マトリックスからの生理活性物質の放出を促進する
O
1
2
1,3 1
2
3
東伸昭 、中島元夫 、入村達郎 ( 東京大院薬、 SBIファーマ(株)
、 聖路加国際大学)
P-091
Klothoマウス腎臓における非硫酸化HNK-1糖鎖の増加
O
1
1
2
3
1 1
2
3
赤阪−萬谷啓子 、萬谷博 、木塚康彦 、岡昌吾 、遠藤玉夫 ( 都健康長寿医療セ、 京大院薬、 京大院医)
P-092
ガングリオシドによるAPPの切断とアポトーシス感受性の制御機構
O
1
1
1
1
1
1
2
1
山口世堯 、山内祥生 、松本康之 、橋本登 、大海雄介 、近藤裕史 、古川圭子 、古川鋼一
1
2
( 名古屋大学院分子細胞化学、 中部大学生命健康科学部生命医科学科)
P-093
神経系に発現するLewis X抗原のキャリアタンパク質および生合成酵素の解析
O
1
2
1
1
2
3
4,5
4
1
中川直樹 、萬谷博 、家治翔平 、竹松弘 、遠藤玉夫 、神奈木玲児 、吉原亨 、浅野雅秀 、岡昌吾
1
2
3
4
5
( 京大院医、 都健康長寿医療セ、 愛知医大・先端医学研究セ、 金沢大・学際科学実験セ、 金沢大・子
どものこころの発達研究セ)
P-094
O-GlcNAc修飾によるスフィンゴ糖脂質代謝制御機構
O
郷慎司、井ノ口仁一(東北薬科大学・分子生体膜研究所)
P-095
筋分化過程におけるスフィンゴ糖脂質の発現変化
O
新井詩織、郷慎司、Lucas veillon、井ノ口仁一(東北薬科大学分子生体膜研究所)
P-096
脂肪細胞のレプチン分泌と中枢神経系による脂質代謝制御におけるb系列ガングリオシドの調節機能
O
1
1
1
1,2
1
姫シュウテイ 、大海雄介 、大川祐樹 、古川圭子 、古川鋼一
1
2
( 名古屋大学大学院医学系研究科機能分子制御学、 中部大学生命健康科学部生命医科学科)
P-097
Raji細胞に発現するGb3にナマズ卵レクチンが結合することの重要性
O
任彰壎、菅原栄紀、安達裕子、髙栁円、青木美佑紀、立田岳生、細野雅祐
(東北薬大・分子生体膜研・分子認識)
P-098
ポリシアル酸はNCAM細胞外ドメインの切断を制御する機能を持つ
O
1,2
1,2
1,2
1,2
1,2
松岡修平 、羽根正弥 、新美百希 、北島健 、佐藤ちひろ
1
2
( 名大・生物機能セ、 名大院・生命農学)
P-099
ヒトリンパ球α-マンノシダーゼ活性測定系構築に向けての試み
O
芳賀淑美、鈴木匡(理研・糖鎖代謝)
P-100
Establishment of anti-GD1α mAbs and expression analysis of asialo-series gangliosides in human cancer cell lines
O
Robiul Hasan Bhuiyan1, Yuji Kondo1, Tokiaki Yamaguchi1, Noriyo Tokuda1, Yoshio Yamauchi1, Keiko
Furukawa2, Tetsuya Okajima1 and Koichi Furukawa1(1Dept. of Biochem II, Nagoya Univ. Grad. Sch. of Med. 2Dept.
of Biomed. Sci., College of Life and Health Sci., Univ. )
P-101
動物精子ラフトにおける糖鎖に富むペプチドの普遍的存在の証明
O
1,2
2,3
4
1,2
1,2
鈴木英里子 、宮田真路 、岩尾康宏 、佐藤ちひろ 、北島健
1
2
3
4
( 名大院・生命農学、 名大・生物機能セ、 名大・高等研究院、 山口大・理)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
33
第 33 回年会プログラム
P-102
ショウジョウバエNotch受容体のN型糖鎖の役割
O
1
2
3
1 1
2
3
松本顕治郎 、石尾彬 、西原祥子 、松野健治 ( 阪大院理、 理科大学工、 創価大学工)
P-103
GlycoRDF : 糖鎖オントロジーによる糖鎖関連データのRDF化
Rene Ranzinger1、木下聖子2,3、Matthew P. Campbell4、河野信5、ThomasLütteke6、奥田修二郎7、
O
新町大輔3、鹿内俊秀2、澤木弘道2、Philip Toukach8、松原正陽9、山田一作9、成松久2
(1CCRC, Georgia Univ.、2産総研、3創価大、4BMFRC, Macquarie Univ.、5DBCLS、6Justus- Liebig-Univ.、
7新潟大、8Zelinsky Inst. of Org. Chem.、9野口研)
P-104
ハラタケ亜門に属する担子菌酵母N-結合型糖鎖の構造解析
O
1
1
2
1
2
フロレス ロニーロ 、大橋貴生 、川崎浩子 、藤山和仁1( 阪大・生国セ、 NBRC・NITE)
P-105
グリチルリチン酸の凝集性とシクロデキストリンとの相互作用解析
1
2 O
1 1
2
泉谷悠介 、金折賢二 、 織田昌幸 ( 京府大・院生命環境科学、 京工繊大・院工芸科学)
P-106
LC-MS/MSを用いたFc融合タンパク質のN-及びO-結合型糖鎖の構造解析
O
森脇有加、太田里子、水野保子、岡野清(株式会社東レリサーチセンター
P-107
スフィンゴ糖脂質の生合成におけるp24タンパク質の役割
O
山内祥生、Alkmini Papadopoulou、古川鋼一(名大院医)
P-108
ボツリヌス毒素複合体の糖結合能をいかした新規な細胞識別システムの開発
O
中村智美、岩佐知可子、篠田昌也、相根義昌、渡部俊弘、殿塚隆史、西河淳
(東農工大・院農・応生命東農大・生物産業・食品香粧)
P-109
3分岐・4分岐型糖鎖アスパラギンの調製
O
1
2
1
2 1
2
住吉渉 、中北愼一 、木下崇司 、平林淳 ( 株式会社伏見製薬所、 香川大・総合生命・糖鎖機能)
P-110
PAPS合成酵素2の変異は常染色体劣性型短脊柱症を引き起こす
O
5
水本秀二1,2、飯田有俊3、Pelin Özlem Simsek-Kiper4、星野冬馬1、Nursel Elcioglu 、Eva Horemuzova6、Stefan
Geiberger7、Gozde Yesil8、Hülya Kayserili9、Gülen Eda Utine4、Koray Boduroglu4、渡邉成彦10、大橋博文10、
Yasemin Alanay11、西村玄12、池川志郎3、菅原一幸1(1北大院生命、2現・名城大薬、3理研・骨関節疾患、
4Hacettepe Univ., Turkey、 5Marmara Univ. Pendik Hospital, Turkey、 6Karolinska Univ. Hospital, Sweden、
7Karolinska Univ. Hospital Solna, Sweden、8Bezmialem Vakif Univ., Turkey、9Istanbul Univ., Turkey、10埼玉県小
児医療、11Acibadem University, Turkey、12東京都小児医療)
P-111
Bifidobacterium longumのII型アラビノガラクタン分解代謝経路の解析
O
藤田清貴、坂本彩美、下川倫子、北原兼文(鹿児島大学・農学部)
P-112
GCase高親和性リガンドである1-N型イミノ糖の結合親和性とファーマコロジカルシャペロン効果について
O
1
1
1
1
2
2 1
2
加藤敦 、山本亜里紗 、中川進平 、足立伊佐雄 、中込泉 、広野修一 ( 富山大病院薬、 北里大薬)
P-113
GNATを用いた糖鎖パスウェイのシミュレーション
O
橋本伸之、木下聖子(創価大院工)
P-114
グルコース飢餓によって誘導されるドリコールオリゴ糖の未成熟分解の発見とその分子機構の解明に向けて
O
原田陽一郎、鈴木匡(理研GRC・システム糖鎖G・糖鎖代謝学研究チーム)
P-115
コンドロイチン硫酸Eを特異的に認識する新規単クローン抗体の作製
1,2
3
1 1
2
3
O
1,3
渡邊一平 、左一八 、前田浩 、鈴木隆 ( 静県大・薬・生化、 会津短大・食物栄養、 生化学工業中央研)
34
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
P-116
Core2 β-1,6-N-acetylglucosaminyltransferaseは前立腺癌の悪性度を増強する
O
1
1
1
2
1
飛澤悠葵 、米山徹 、畠山真吾 、溝上敦 、大山力
1
2
( 弘前大学大学院医学研究科泌尿器科学講座、 金沢大学大学院医学系研究科集学的治療学)
P-117
MUC1比較糖鎖プロファイリングとマーカー開発へ向けた応用
O
1
1
1
2
1
3
1
松田厚志 、久野敦 、中川知美 、入村達郎 、池原譲 、正田純一 、成松久
1
2
3
( 産総研糖鎖セ、 東大院薬、 筑波大医)
P-118
コンドロイチン硫酸配列決定方法によって明らかになった硫酸転移酵素の反応機構
O
塩入達政、渡辺秀人、 杉浦信夫(愛知医大・分医研)
P-119
β4GalT2遺伝子の導入による腫蕩の増殖阻害
O
1
1
1
1
2
古川清 、白根克則 、佐藤武史 、久慈諒 、田川雅敏
1
2
( 長岡技科大・生物系、 千葉県がんセンター・がん治療開発)
P-120
強制発現下におけるER局在型糖タンパク質の糖鎖構造の変化
O
1
1
1,2
1,3 1
2
3
大黒周作 、瀬古玲 、伊藤幸成 、蟹江治 ( JST-ERATO、 理研 細胞制御化学、 東海大・糖鎖研)
P-121
ラット肝グルコキナーゼの核/細胞質間移行に対するインスリンとグルカゴンの影響
O
野々垣彩乃、豊田行康(名城大薬)
P-122
末端シアル酸結合様式はヒトパラインフルエンザウイルスの感染を制御する
O
福島圭穣1、高橋忠伸1、伊藤誓悟1、高口仁宏1、高野舞子1、紅林佑希1、大石健太1、南
彰1、加藤竜也2、
朴龍洙2、西村秀一3、瀧本徹4、鈴木隆1(1静岡県立大学・薬・生化学、2静岡大学・農・生物工学、3仙台
医療センター、4ロチェスター大学・免疫微生物学)
P-123
ラット肝細胞におけるグルコキナーゼの核/細胞質間移行に対するD-プシコースの影響
O
鈴木彩乃、豊田行康(名城大薬)
P-124
グルコースの欠乏が生体内の糖鎖発現に及ぼす影響
O
奥田徹哉、福井麻美、森田直樹(産総研BPRI)
P-125
MUC1はNF-κBと複合体を形成し、プロモーターに結合することでuPAの発現を誘導し、癌細胞浸潤能を亢進
させる
O1
1
2
2
2
1
森勇伍、 秋田薫、 八代正和、 澤田鉄二、 平川弘聖、 中田博
1
2
( 京産大・総合生命、 大阪市大・院医・腫瘍外科)
P-126
ケラタン硫酸によるShhシグナリングを介した胎生期脊髄の発生制御
O
1
1
1,2
1,2
3
3
3
1,2
橋本弘和 、石野雄吾 、江文 、吉村武 、内村佳子 、内村健治 、門松健治 、池中一裕
1
2
3
( 生理研・分子神経生理、 総研大・生理科学、 名大院・医)
P-127
ポリアミンによるコンドロイチン硫酸合成調節機構の解明
O
1
1
1
1
2
1,3
1 1
山口勝利 、東恭平 、今村正隆 、西村和洋 、柏木敬子 、五十嵐一衛 、戸井田敏彦 ( 千葉大院薬、
2
3
千葉科学大薬、 アミンファーマ研)
P-128
Streptomyces属が生産するβ-D-ガラクトフラノシダーゼの諸性質の解析
O
1
1
2
1 1
2
松永恵美子 、八色奈央 、岡拓二 、竹川薫 ( 九大院・農、 崇城大学・生物生命・応微工)
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
35
第 33 回年会プログラム
P-129
リンパ球ホーミングにおける高内皮細静脈ヘパラン硫酸の機能解析
O
1
1
1,2
坪井康一郎 、今井康之 、川島博人
1
2
( 静岡県立大学薬学部免疫微生物学分野、 星薬科大学薬学部生化学教室)
P-130
転写因子Sp1はヒトβ4-ガラクトース転移酵素3遺伝子のプロモーター活性を制御する
O
丹下梨穂、 佐藤武史(長岡技科大・生物系 糖鎖生命工学)
P-131
希少糖D-psicoseの耐糖能改善効果--糖尿病モデルラット(OLETF)を用いて-O
1
1
1
1
1
1
1
2
塚本郁子 、アクラム・ホセイン 、山口文徳 、神鳥和代 、菫有穀 、平田祐子 、村尾孝児 、豊田行康 、
1
1 1
2
小西良士 、徳田雅明 ( 香川大医、 名城大薬)
P-132
コンド口イチン硫酸による神経細胞の移動と極性の制御
O
1,2
1 1
2
宮田真路 、北川裕之 ( 神戸薬大生化、 名大高等研究院)
P-133
マウス脳内における新規N結合型糖鎖の解析
O
1,2
2
2
3
3
1,2
鳴海麻衣 、吉村武 、鳥居知宏 、小西博之 、木山博資 、池中一裕
1
2
3
( 総研大・生理科学、 生理研・分子神経生理、 名大院・医・機能組織学)
P-134
担子菌類ゲノムに存在するエンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼの諸性質の解析
O
江島康成、竹川薫(九大院・生資環)
P-135
組換えカイコ絹糸腺由来ヒトカテプシンAの分子特性とエンドグリコシダーゼによる糖鎖改変
O
1,6
2,6
4,7
5,6
3
1
1
1,6
西岡宗一郎 、小林功 、原園景 、久保勇樹 、真板宣夫 、池戸駿介 、東哲也 、辻大輔 、瀬筒
2,6,7
2,6
4,7
4,7
1,6,7
秀樹
、町井博明 、石井明子 、川崎ナナ 、伊藤孝司
(1徳大院薬、2農業生物資源研、3徳大疾患酵素研、4国立衛研生物薬品部、5増田化学工業(株) 、6医薬品作
物・医療用素材の開発PT、7ヒューマンサイエンス振興財団)
P-136
糖鎖関連の遺伝性疾患と感染症に関するオントロジーの開発
O
ソロビヨワ・イェレナ、鹿内俊秀、藤田典昭、成松久(産業技術総合研究所 糖鎖創薬技術研究センター)
P-137
Sulfatase KOマウスにおける胎生期脊髄オリゴデンドロサイトの発生異常
O
1,2
2
2
3
3
1,2
江文 、石野雄吾 、橋本弘和 、桝和子 、桝正幸 、池中一裕
1
2
3
( 総研大生理科学、 自然科学研究機構生理研、 筑波大院人間総合科学)
P-138
炎症制御を目指したシアル酸認識レクチンの基礎研究
O
樋口廣士、庄司徹、西島謙一、飯島信司(名大院工)
P-139
ニワトリシアル酸転移酵素の解析
O
小島佑介、水谷昭文、奥嵜雄也、三宅克英、金岡英徳、 西島謙一、飯島信司(名大院工)
P-140
バイオインフォマティクスを用いたN型糖鎖合成経路の包括的解析
O
1,2
2
2
1
2
阿久根幸恵 、Matthew P. Campbell 、Junqi Zhang 、木下聖子 、Nicolle H. Packer
1
2
(創価大院生命工 、Dept. of Chem. and Biomol. Sci., Macquarie Univ., Sydney, Australia )
P-141
小胞体マンノシダーゼ類に対する選択的阻害剤の探索
O
1
1
2
1 1
2
栗原大輝 、平野真 、Spencer J. Williams 、戸谷希一郎 ( 成蹊大理工、 メルボルン大)
P-142
前口動物特有のGalβ1-4Fucエピトープを認識する抗体の作成
O
1
2
1
3
3
2
2
1
武内智春 、西山和沙 、田村真由美 、不破尚志 、西原祥子 、高橋秀依 、夏苅英昭 、荒田洋一郎 、
2 1
2
3
笠井献一 ( 城西大薬、 帝京大薬、 創価大工)
36
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
第 33 回年会プログラム
P-143
Siglec-7 V-setドメインに存在する複数のシアル酸結合部位のリガンド結合制御機構の解析
O
1,2
1,2
1,2
3
1,2
1,2
1,2
五島亜実 、山川奈緒 、安田優 、田中浩士 、宮田真路 、北島健 、佐藤ちひろ
1
2
3
( 名大・生物機能セ、 名大院・生命農学、 東工大院・理工学・応用化)
P-144
免疫応答の制御に有用な新規抗フコシル化糖鎖抗体の樹立
O
1
1
1,2 1
2
松村龍志 、今井康之 、川島博人 ( 静岡県大院薬、 星薬科大)
P-145
情動関連セロトニン神経の初期発生におけるグリピカンの役割
O
江藤(伊田)みちる、大河原剛、成田正明(三重大院医)
P-146
血清糖鎖バイオマーカーWFA(+)-CSF1Rの開発
O
1
1
2
1
1
1
3
1
2
雄長誠 、栂谷内晶 、飯尾悦子 、梶裕之 、久野敦 、曽我部万紀 、是永匡紹 、後藤雅式 、田中靖人 、
2
3
1
3
1 1
池原譲 、溝上雅史 、成松久 ( 産総研糖鎖センター、 名市大医、 国立国際医療センター肝炎免疫センター)
P-147
シアル酸蛍光プローブを用いたインフルエンザウイルス検出法の確立
O
紅林佑希1、高橋忠伸1、高野舞子1、高橋俊策1、上り口敬1、大坪忠宗2、池田潔2、南彰1、金澤寛明3、
Mark von Itzstein4、鈴木隆1(1静岡県大院薬、2広島国際大薬、3静岡県大看、4グリフィス大)
JSCR Newsletter(日本糖質学会会報)Vol. 18, No. 1
2014年7月17日 発行
編集兼発行 日本糖質学会
会長 伊藤 幸成
〒103-0014 中央区日本橋蛎殻町1-38-12
油商会館A棟7F
TEL: 03-5642-3700
FAX: 03-5642-3714
JSCR Newsletter Vol.18, No.1 (2014)
JSCR Newsletter 編集委員会
北島 健
石田 秀治
37
Fly UP