...

関係各位 2016 年 12 月 29 日 ロッテの経営正常化を求める会 株式会社

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

関係各位 2016 年 12 月 29 日 ロッテの経営正常化を求める会 株式会社
関係各位
2016 年 12 月 29 日
ロッテの経営正常化を求める会
株式会社光潤社
代表取締役社長 重光宏之
重光宏之を重光武雄氏の任意後見人とする任意後見契約の締結
及び重光武雄氏の任意後見監督人選任申請書の提出について
このたび、株式会社ロッテホールディングス(以下、
「ロッテホールディングス」
)の最大株主である
株式会社光潤社の代表取締役である重光宏之は、韓国において、ロッテホールディングス創業者で現名
誉会長の重光武雄氏との間で締結した任意後見契約を踏まえ、重光武雄氏の任意後見人としての権限を
行使するために、任意後見監督人を選任するための申請書を 2016 年 12 月 28 日付で韓国の家庭法院に
提出いたしました(なお、任意後見契約は、任意後見監督人が選任されたときから効力が生じることに
なります。
)ので、下記のとおり、お知らせいたします。
記
1.
任意後見監督人選任申請の経緯
ロッテグループ創業家内の一部の親族が、重光武雄氏の意思に反して 2015 年 12 月に、重光武雄氏に
対する成年後見開始の審判を行うことを韓国の家庭法院に請求しました。かかる成年後見開始の審判の
請求以降、重光武雄氏は自らの意思に反して成年後見開始の審判が行われることを拒否するという断固
たる意思を終始一貫して表明してまいりました。当該請求を受けて、2016 年 8 月に韓国の家庭法院に
おいて限定後見開始の審判がなされた後も、重光武雄氏はこの判断を不服として異議を申し立てており
ます。
それにもかかわらず、重光武雄氏のロッテグループでの地位と影響力の排除を目的として、一部の親
族は、重光武雄氏の明確な意思を顧みることなく、今もって後見開始の審判の実現を図る試みを続けて
います。
このたびの申請は、こうした試みを遮断し、重光武雄氏の名誉と尊厳を守るため、重光武雄氏自身が
これまで公に後継者として宣言してきた重光宏之に公式に任意後見人としての権限を付与するための
法的措置をとることになったものです。
2.
任意後見監督人選任後の影響
韓国の家庭法院により、任意後見監督人が選任された場合、現在進められている限定後見開始の審判
に関する手続は終了する見通しです。また、このたびの申請により、家庭法院において任意後見監督人
が選任されると、重光宏之は、重光武雄氏の任意後見人として、任意後見契約の定めに従って、重光武
雄氏を法的に代理することになります。なお、任意後見の場合、成年後見や限定後見等とは異なり、被
後見人の行為能力が制限されません。したがって、重光武雄氏は、今後も引き続き自分の意思に基づき
独自に自分の事務を処理することもできます。
重光宏之は、任意後見人の地位に就いた後においても、これまでと変わらず、重光武雄氏に関連する
すべての事務を重光武雄氏の意思を受けて処理していく予定です。
以上
Fly UP