...

抑留体験

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

抑留体験
追 記
の職場を転職
昭和十八年三月
局採用
昭和十八年十月
務
昭和二十年三月
︵愛知県
満州国官吏専売総
チチハル専売所勤
廣康︶
入隊のため休職
河村
抑留体験
愛知県
鈴
木
英
一
私はシベリアには昭和二十︵一九四五︶年十一
月から二十三年六月まで、二十歳から二十三歳ま
で抑留されておりました。東シベリアにチタとい
う都市があります。知多半島の知多市とは姉妹都
市となっています。このシベリアのチタ市から南
西二百キロほどのところにハラグンという小さな
村があります。そして、十七∼八キロ、奥に入っ
た電気も水道も井戸も何も無い山の中の収容所で
伐採をさせられていました。
シベリアから帰国してもう六十余年となります。
十年一昔、遠い昔のことのようにも思いますが、
私には最近のように感じます。
シベリア抑留生活は思い出すのも嫌なことで、
あまり他人にお話ししたことはありませんでした。
ところが十年ほど前のことでした。
3
1
7
攻して来ました。当時、私は西部国境で陣地構築
昭和二十年八月九日、突如、ソ連軍が満州に侵
たことがある ん だ ね﹂と 言 う の で、﹁若 い こ ろ 行
をしており、直ちに応戦、八月二十九日に初めて
高校生の孫が﹁おじいちゃんはシベリアに行っ
ったことがあ る よ﹂と 答 え た ら、﹁観 光 で し ょ う、
停戦を知り、武装解除を受けるまでソ軍と戦闘を
ウラジオストックから日本に帰るのだというソ
どこへ行って何を見たの﹂と言うんですね。これ
戦争が終わったというのに六十万人以上と言わ
連側の言葉を真に受けて、家畜を運搬するような
続けておりました。そんな関係で、ソ満国境の満
れる日本の将兵がシベリアに強制抑留されて、凍
貨車に押し込められ輸送されました。当然、列車
には驚きました。学校ではシベリア抑留というこ
るような寒さの中で、食べるものも少なく、重労
は東に向かっているものと思っていたのですが、
州里を通過してソ連領に入ったのが十一月三日で、
働で酷使されて六万人以上の人が異国の土と果て
ある日、列車の進行方向に夕日が沈んでいくのを
とを教えないのですね。このとき、これはいかん
てしまったということが、このままでは忘れられ
見て、︵ウラジオス ト ッ ク じ ゃ な い、シ ベ リ ア 行
かなり遅い時期でした。
てしまう。幸運にも生きて帰れた者の務めとして、
だ、だまされた︶と騒いだのですが、後の祭りで
と思いました。
この不法なソ連のシベリア抑留の事実を風化させ
した。これがソ連側にだまされた最初で、後は何
ちょっとそれますが、西シベリアにイルクーツ
てはならないと考えて、同じ思いを持ったグルー
お手伝いやお話をさせていただいて、一人でも多
クという大きな都市があります。この南東に深さ
度だまされたか数えきれません。
くの方にシベリア抑留のことを知ってもらいたい
一、六二〇メートル、透明度は四〇メートルとい
プの人たちの仲間入りをし、微力ですが抑留展の
と思っておる次第です。
3
1
8
見 て、
﹁日 本 海 だ、日 本 海 だ﹂と、小 躍 り し て 喜
です。ある部隊は輸送列車からこのバイカル湖を
う、世界で最も大きな湖があります、バイカル湖
この冬を生きて越すことができるだろうか、暗い
このときはショックで愕然としました。果たして、
せん。二十一年の八月三十日に初雪が降りました。
りますが、夜は急激に冷えてきます。忘れもしま
がくぜん
んだという笑えない話があります。
ります。頭の先から足の下まで防寒具を着けるの
と凍傷になり、手足の指などを切断するようにな
ばたきしないと白くなります。ちょっと油断する
口がこわばってはっきり言えません。まつげもま
で過ごした私も身にこたえました。外で話すのも
では想像もできません。あの寒いと言われた北満
零下三〇度を超す寒さは、暖かいこの東海地方
苦です。そして、体に群がるシラミがあります。
ものがない上、ノルマに追われての重労働の三重
あるタンポポやアカザ、ノビルなど食べられる野
す。翌日の昼は飯盒一杯の雪を解かして、近くに
いくらか腹の足しになったような気がしたもので
分配するので、夕食と一緒に食べてしまいます。
〇〇グラムですが、これは前の晩に夕食と一緒に
んだものでした。昼食は作業場で食べる黒パン三
菜の切れ端、魚や肉が入っていれば運がいいと喜
のないスープが中蓋に一杯、親指の先ぐらいの野
粱や粟などの雑穀の粥が飯盒の蓋に八分ほど、身
ところで、収容所での一日の食事は、朝晩が高
暗い気持ちにおそわれました。
ですが、現在、南極越冬隊が使っているような上
草やキノコを煮て、岩塩をちょっぴり入れたスー
さて、シベリア抑留は凍るような寒さ、食べる
等なものではなく、何とか寒さをしのぐ程度のも
プを作って飲みました。いっとき満腹となります
て亡くなった仲間もおりました。
が栄養にはなりません。なかには毒キノコを食べ
のでした。
シベリアは春と夏は非常に短くて、秋を通り越
してすぐ冬になります。夏は日中はかなり暑くな
3
1
9
べたものでした。日本のドブネズミと違って大き
して大勢で追いかけて捕まえ、焚き火で焼いて食
が反動で根元が跳ねるのでよけるのですが、なか
れてしまうのです。また、自分が切って倒した木
寒帽で耳が塞がっており、体の動きも鈍く逃げ遅
って亡くなった人もおりました。無残でした。防
い野ネズミで、これはうまく栄養源になりました。
にはよけずにいる者もおるのです。木が足に当た
伐採作業中、ねずみが現れると、仕事を放り出
夕食が終わると、五∼六人が集まって、つばをご
栄養失調とシラミによって発疹チフスや回帰熱
り骨折して即入院です。そうすると、はたの者は、
伐採は二人一組で、二人でひく大きなのこぎり
などで二十一年春の終わりごろまでに私たちの収
くりと飲み込んでお国自慢の食べ物の話に花が咲
と斧一丁を持って膝まで付く雪の山の中に入って
容所では二割近くの人が倒れて帰らぬ人となりま
あいつはうまいことをしたと言うんですね。明日
の作業でした。ほとんどが伐採するのは初めてで
した。作業の行き帰りに道路で倒れて息を引き取
き、最後は味噌汁とたくあんで白い飯を腹いっぱ
要領が分からず、その上、栄養失調で体がふらつ
ります。隣で寝ているのが起きないのでよく見る
から当分の間、伐採をやらなくてもよくなるから
き、防寒具が重たくて仕事もはかどらず、ノルマ
と冷たくなっています。食事をしながら箸をぽと
い食べたい、早く帰りたいと言ってお開きになり
もなかなかできない状態でした。寒くて焚き火に
りと落としてそのまま息絶えているのです。人間
です。そんなに伐採は嫌な作業でした。
あたっていると、ソ連の兵隊が﹁ヴェストラダワ
は楽に死ねるもんだと思ったものです。そして、
ました。
イ﹂︵早く や れ︶と 銃 口 を 向 け て 脅 し ま す。い つ
次は自分の番だと覚悟をしていました。
あまり大勢の日本兵が死ぬので身体検査をやる
も夜空を仰いで山を下りて帰ったものでした。
伐採中、他のグループの倒した木の下敷きにな
3
2
0
前で洗濯板のようなあばら骨を出して素っ裸にな
ようになりました。身体検査と言っても、女医の
が、これがすべての収容所の状態だと言いきれま
以上、お話ししたのは私の抑留体験の一部です
シベリア抑留と言いますと、異国の丘の歌を思
せんが、そのほとんどが同じ状況ではなかったか
元に 戻 る と﹁ハ ラ シ ョ﹂︵よ ろ し い︶と い う こ と
い浮かべることと思いますが、私はシベリアの収
りお尻を向けるのです。女医と言っても、体の大
で、明日から伐採です。元に戻らないと﹁ネハラ
容所ではこの﹃異国の丘﹄を歌ったことも聞いた
と思います、
ショ﹂︵だめだ︶という こ と で 収 容 所 で 休 養 か 軽
こともありませんでした。帰国して、知人からラ
きい婆様です。彼女は大きい指でお尻をつまみ、
作業となるのです。
ジ オ で 放 送 さ れ た と き、
﹁歌 っ た か ん、な つ か し
東シベリア、西シベリア、中央アジア、蒙古な
朝、作業に出発する前に五列縦隊に整列して人
算できるのですが、ソ連の兵隊は横から縦へと一
ど広いソ連領内に二千近くの収容所があったとの
いずら﹂と言われて、これが﹃異国の丘﹄かと初
人ひとり指差して数えていくのですが、間違える
ことです。作業も伐採、炭坑、道路工事、鉄道敷
員点呼をやるのですが、私たちなら端の一列に番
とまた最初から数え直すのです。私たちは寒さに
設、建築工事、農場、工場など、あらゆる作業を
めて知ったのです。
震えて足踏みなどして体を動かしているのですが、
やらされてソ連復興の労働力として日本人は酷使
号をかけて十五番までだったら七十五人とすぐ計
その時間の長いこと、こんな連中に命令されてこ
されたのです。
れる日本人がシベリアに強制連行されたのです、
戦争が終わったというのに六十万人以上と言わ
き使われていると思うと、腹立たしく情けない気
持ちになりました。
これが毎朝のことです。
3
2
1
国家的な拉致です。そして、酷寒、飢餓、重労働
で六万人以上と言われる人たちが倒れて凍った土
地の下で無念の思いで眠っているのです。この事
シベリア抑留生活
昭
治
戦争が終わって六十三年が経過しました。大日
井
す。風化させてはなりません。何のために、戦争
本帝国が戦に敗れて敗戦国となった悲しみと情け
今
が終わったというのにシベリアに強制連行されて
なさは、当時の日本人の誰しもが感じたことと思
愛知県
大勢の日本人が死ななければならなかったのか、
いますが、外地の戦場におった者の悲しみは、敵
実を私たちは決して忘れてはならないと思うので
六十余年経った今も、私の心の中では答えが出て
中におり、これから先がどうなることか分からな
連軍は、終戦となると私たちを武装解除した後に
日ソ中立条約を破って旧満州へ侵攻してきたソ
いという非常に大変な心配事がありました。
おりません。
最後にシベリアの凍土に今も無念の思いで眠っ
ている御霊に対して、皆さんとご冥福をお祈りし
たいと思います。
日本国に帰国させると嘘を言ってだましてソ連領
に連れ込み、大きな船の着く港まで汽車で行き、
そこから船に乗って東京ダモイだと、貨物列車に
荷物同様に押し込まれましたが、日本に帰ると思
う希望があるために不自由な列車生活を我慢しま
したが、着いて下車したところは港ではなく、ど
こであるか全くわからないシベリア鉄道の支線の
3
2
2
Fly UP