...

Rhabdovirus olivaseus (HRV) 人工感染に及ぼす水温の影響

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

Rhabdovirus olivaseus (HRV) 人工感染に及ぼす水温の影響
Title
Author(s)
Citation
Issue Date
Rhabdovirus olivaseus (HRV) 人工感染に及ぼす水温の影響
大迫, 典久; 吉水, 守; 木村, 喬久
魚病研究 = Fish pathology, 23(2): 125-132
1988-06
DOI
Doc URL
http://hdl.handle.net/2115/38327
Right
Type
article
Additional
Information
File
Information
yoshimizu-63.pdf
Instructions for use
Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers : HUSCAP
魚術研喫
.."ilJlI:
o
I
・
F
Fillb
i
l
IbP
PatlooiolY
a
tb I
Y13
1
3(
(2)
2
)1 2~ B2,
B2. 1988.
1
9
8
8
.6
6
R
Rhabdovirus
h
a
b
d
o
v
i
r
u
so
olivaceus
l
i
v
a
c
e
u
s(
(HRV)
HRV)人工感染に及ぼす水温の影響
A::C~~I1::& Il'T7]<fmI 0)~1fl!
大
迫典久削・
*lE!
!tt!~ ., . 吉水
i~f7J<
守
~ "・
.' . 木村橋久制
* HlUf~·'
(
1
9
8
i年
1
2月
(1987
if- 12
.A 2
255 日受付)
f.l*HJ
E
Effect
仔e
c
to
offW
Water
aterT
Temperature
emperatureo
onnA
Artificial
r
t
i
f
i
c
i
a
lI
Infection
n
f
e
c
t
i
o
no
offR
Rhabdovirus
habdovirus
o
/
iv
ac
針
,。 (
hiramer
habdovirus:H
irame
olivaceus
(hirame
rhabdovirus:
HR
RV
V))t
tooH
Hirame
,
P
Paralichtys
a
r
a
l
i
chtysoli~'aι
oli~'aL"eus)
eus)
(Japanese
flound
er,
(
Japanesef
lounde
r
・
・
・
No
Norihisa
r
ih
i
s
a0
OSEKO·'.
鎧 K
O M
Mamoru
amoruY
YOSHIMTZU·
OSHIMIZU 1
' a
and
ndT
Takahisa
akahisaK
KIMURA·
IMURA 1
'
」
ι
"
· ' La/)oralOry
.
ab
o
r
alOr
y0
of
/M
Microbiology,
i
c
r
o
b
i
o
l
o
g
y,
向
Faculty
c
u
l
t
y0
of
/F
Fisheries,
uher
山 ,
H
Hokkaido
okkaido
U
n
i
v
e
r
s
i
t
y,M
University,
Minato
i
n
a
t
o3
3-1-1
一人
1, H
Hakodate,
akodate,H
Hokkaido
okkaido0
04/.
4
1
.J
Japan
apan
日
(Received
e
c
e
l
v国 D
December
eccmber2
25,
5,1987)
1
9
87
)
Hirame
(Japanese
flounder;
H
i
r
a
r
n
c(
J
a
p
a
n
e
s
ef
l
o
u
n
d
e
r
;P
Paralichtys
a
r
a/
i
c
h
t
y
so
olivacellS)
/
i閲 " 附 ) wihch
刷h
c
hh
had
adb
been
e
e
na
anificially
n
i
f
i
c
i
a
l
l
yi
infected
n
f
e
c
t
e
d(
(I.
1
.P
P.
l0
ou·0
TClD~/fish) w
TCID~/fish)
with
i
t
hR
Rhabdovirus
h
a
l
x
加 ωo
olivQcells
/
iv
o
c
e
u
s(
(hirame
h
i
r
a
m
er
rhabdovi
h
a
b
d
o
v
i
r
rus;
u
s
;H
HRV)
RV)w
were
e
r
er
reared
.
ω
c
o
d
injection,
i
n
j
e
c
t
i
o
n,1
耐
at 久
5, 10,
1
0
,15
1
5a
and
nd2
20°C,
0o
C,
a
and
ndI
the
h
ec
cumulative
u
m
u
l
a
ti
v
em
mortality
o
r
l
a
li
tyw
was
aso
observed.
b
s
e
r
v
e
d
. M
Mo
or
ribund
ibund自
fish
由、.
were
v
e
r
ee
employed
mploy
.
吋
for
f
o
rh
histophathological
is
t
o
p
h
a
t
h
ol
o
g
i
c
a
la
and
ndh
hematological
e
m
a
t
o
l
o
g
i品 1s
study.
t
u
d
y
Cumulative
mortali
ty
offt
test
groups
reared
att5
S,,10,
1
0,1
IS5a
and
nd2
20°C
00
Cw
were
e
間判,曲,
40, 60, 2
20,
0,a
and
nd0
0出
%,
,
C
umulati
v
em
o
r
t
a
l
it
yo
e
s
tg
r
o
u
p
sr
e
a
r
e
da
r
e
s
p
e
c
t
i
ve
l
y. M
Moribund
oribundi
f
fish
s
hs
showed
howedt
typical
y
p
i
c
a
ls
signs
g
n
so
offHRV
HRV i
infection.
n
f
c
阿刷. T
The
heh
highest
i
g
h
e
s
tv
virus
i
r
ust
titer
i
t
e
rw
was
as
respectively.
o
o
b
t
a
i
n
e
df
romt
is
ho
h
eゲ
Ct
e
stg
r
o
u
p
obtained
from
thhe
ef
fish
offt
the
SoC
Ct
test
e
s
tg
group,
r
o
u
p,f
followed
o
l
l
o
w
e
db
byyt
thhe
e 10°C
lO
test
group.
0
回lIy
,t
h
ek
i
d
n
e
yo
offa
all
l
lf
fish
i
s
hr
reared
e
a
r
e
da
at
t5
SoC
Ca
and
ndm
moribund
oribundf
fish
i
s
hr
reared
e
a
r
e
da
attI
lOoC
QoCi
inn
Histopathologically,
the
kid
ney
H
i
s
t
o
p
a
t
h
o
l
o
g
dicated
necrotic
e
c
r
o
t
i
cc
changes
h
a
n
g
e
sa
and
ndh
hemorrage
e
r
n
o
r
r
a
g
ei
in
nt
the
h
eh
hematopoietic
e
m
a
t
o
p
o
i
e
t
i
ct
tissue.
i
s
s
u
e. N
Necrosis
e
c
r
o
s
i
sw
was
asm
most
osls
severe
e
v
e
r
ei
inn
d
i
c
a出 1n
the
SoC
Ct
test
e
s
tg
group.
r
o
u
p
. T
The
hes
spleen
p
l
e
e
no
offt
the
h
eデ
SoC
Ct
test
e
s
tg
group
r
o
u
ps
showed
howedn
necrosis
e
c
r
o
s
i
sa
and
ndh
hemorrhage
emorrhagei
innt
the
h
ep
pulp.
u
l
p
I
h
oゲ
o
C1
also
observed
innt
thh
es
spleen
offt
the
lO
test
聞
g
group,
r
o
u
p,
b
but
u
lw
was
a5l
less
e
s5s
severe.
e
v
e
r
e
. I
I.n.
n
Similar
necrosis
was
S
i
r
n
i
l
a
rn
e
c
r
o
s
i
sw
asa
ls
oo
b
s
e
r
v
e
di
e
p
l
e
e
no
h
e10°C
0
filtration
offm
macrophages
治 i
into
n
t
ot
the
h
es
spleen
pl
e
e
no
offt
the
hel
ISoC
5Ct
test
e
s
tg
group,
r
o
u
p,a
and
n
dh
hyperplasia
y
p
e
r
p
l
as
i
ao
offr
meranomacron
e
r
a
n
o
m
a
c
r
o
f
i
l
tr
a
t
i
o
no
aεrophage
phage
innI
the
tissue
offt
the
and
20°C
test
group
were
noted.
p
h
a
g
ei
h
el
i
s
s
u
eo
h
e15
1
5a
nd2
00
Cl
e
s
tg
r
o
u
pw
e
r
en
o
t
e
d
同l
o
l
o
g
i
c
a
l
l
y,I
h
ea
n
t
i
b
o
d
yn
e
u
t
r
a
l
i
z
i
n
ga
c
t
i
v
i
l
ya
g
a
i
ns
tHRV
offt
the
h
es
sera
c
r
aw
was
asg
generally
e
n
e
r
a1
ly
Hematologically,
the
antibody
neutralizing
activity
against
HRV o
H
em
b
u
tt
h
ea
c
t
i
v
i
t
yw
was
錨
c
comparatively
omparat
i
v
cl
yh
higher
i
g
h
e
ri
innh
high
i
g
hw
water
a
t
e
rt
temperatu
e
r
n
p
e
r
a
t
ur
reel
test
e
s
lg
groups
r
o
u
p
st
than
h
a
n
not
very
high,
but
the
activity
n
o
lv
e
r
yh
i
g
h,
0
that
offl
low
temperature
groups.
The
increase
offi
immature
erythrocytes
att5
SoC,
small
m
a
l
ll
lymphocyteymphocyle
t
ha
to
o
wt
e
m
p
e
r
a
t
u
r
eg
r
o
u
p
s. T
hei
nc
r
e
a
s
eo
mmatur
ee
r
y
l
h
r
o
c
y
t
e
sa
C,s
0
0
l
i
k
ec
e
l
l
sa
att10
1
0a
and
nd1
ISoC,
5
C,n
neutrophiles
e
u
t
r
o
p
h
i
l
e
sa
atl1
ISoC
5
Ca
and
ndI
lymphocyte-like
ymphocyte
-l
i
kec
cells
e
l
l
sa
atl2
20°C
00
Cw
were
er
eo
observed
b
s
e
r
v
e
di
in
n
like
cells
the
blood
smeares.
t
h
eb
l
o
o
ds
m
e
a
r
e
s
,
.
.
・
ノ
R
Rhabdovirus
h
a
b
d
o
v
i
r
u
so
o/ivacells
l
i
v
Q
c
e
u
s(
(hirame
h
i
r
a
m
er
rhabdovirus;
h
a
b
d
o
v
i
r
u
s
; HR
HRV)
叫
大
t~ {
(1i.;fI
五利江
J iIb,
ら, 1986;
1
9
8
6
;K
KIMURA
IMURAe
ett0
at.,
1
.,1986;
1
9
8
6
; 吉水ら,
'l!fJtI? ,
は
1
9
8
4年に養殖ヒヲメ
11 1984
~ t::. !lOIII:. '7 ,.< 病魚から分離されたヲブドウ
/iiUfin· M}.<';:tLt~ '7 -.I t-"" '/ イ
l'
ルスであるか
五利J江ら
N7-~~.cn; (
(lifI
OCb,,1985),
1
9
8
5
),その後各地のヒラ
k"Q)~4t.l1l!.Q) I:. '7 メや
,.< .>f>
1987)
1
9
8
7
)。各地のヒラメの発症水
0 4tJ1!!Q) I:. '7 ,.< Q)~ t£JtIL\.11:¥::)I!9;~rQ)
温は:9"
:
:
)
1県下の 2
2 例の織合
fflO).Ii!1.t
C
.また香川県下の例で
6
6 _1
_ 18°C,
80
C,北選
~ti1dillQ)ij.}{t
挙迫の場合は
I1 2
2.
""
.I
12°C,
20
"it~~ JII ~rQ){9lj~
アユ,タログイ
バル 惇からも分隊され,人工感染訴
7=<-. ?PI/.{ ,
, メ"<~:)v~tJ·b"t:.7}"<';:tL
, AI~~~
tも
8 ~ 160C
WC でいずれも
~l",-rtLtJtlt!.n;
水 似が 15"C
15 0 C 前後まで上昇する
JlH~"i~J::fI.-t7.,
験では
ラメ
イ!
lti""C"t1 ヒ
1:.'7
"< , マダ
-(1/1'
, クロダイ似をはじめサケ
?PY.f t '"'.r: 11 L:.db..,.-r 科
fffMift
j
(
1
矧
と自然終息する傾向がみられている。
t. ~I ttf'f Q. -t Mnrt.Jn;';' btL""C 1,,'.c 0 また人工感染実験
"i t~ AI!tim;J!Sll
っ
の
Q) z
=- ジマスにも強い病原性を有することが
y-( 7-1::' t5!tl ~ 'A'I ~M:"'.r:1r-t.c;:, t. 1'1; 明
Mか
n' と
t. な
t~..,
~t 15°C
1
50C 飼育鮮には死亡がみられず
~ffrtt::' 1 1~Cn;;r,...I?tt.-r (
(1i:flJIT
五利江 ・
.中
<p;;$:,
本。
でも
制北海道大学水車学部後生物学講座
t j
~t.lifill:*~;t.tli.~llIIttt:1:fJ~=U!
(
(Correspondence:
Co
打 e
s
p
o
n
d
e
n
c
e
:P
Professor
r
o
f
e
s
s
o
rT
T.
.K
KIMURA,
IMURA,
F
Faculty
acu1
ty
off F
Fisheries,
Hokkaido
okkaido U
University,
n
i
v
e
内 i
t
y,H
Hakodate
akodate
o
i
s
he
r
ie
s,H
刷
041,
1
,
J
Japan.)
a
p
a
n
.
)
tt 反
li 町,
.f, 弘
:alit
"
情
1
9
8
6
),HRV
1986),
HRV 感染指症に水
~*9M£I::' * /I.lが大きな影響を与えている
lY.n:*i'!t~It5.~1j-x..""Cl,,'7.,
.:. t.n;m:~-.;tL-nい, る
7.,o
ことが推察されて
。
本報ではヒヲ
~aこ HRV
HRV を人工的に感染きせ。
*f:I!""C"111:. '7 メ
"< を対
"'.r:j~~n::.
~ AI I¥Jt::'~~-';-tt,
HRV
HRV 感染発症に及ぼす水温の影響を累積発死率お
~*~ftEl::.:&I't-t*IlJ.Q)~.~}r, m ~~*:N よび
.1. r.f
発
促j
~f'£~(l.Q)!I'IJlJ!.ii"O)Ifiin,
,の病理組織の面から観察したので報告す
bMl~ L t~Q)~:fiIli!i-t る
7.,0
。
,
2
<
大迎典久 ・'
,
'
{
水
守 ・木村喬!A
t
、}
'"刷方法と材料
﹄
、
FF
J
d Fgoz
供院
魚
喝﹄
"回 年 I
1J
l
に ヒラメ I~1'lh (
平均体撤 4
4
.
3a
)5
0f
e
を北泌泊泊町の糞鰍掛から北海道大学水産学織内の実験
A
<附 '
1
'に日受けた飼 '
f
f
A
<附に移し 1字
, 1
0J~ の 5 怖に分
け ,A
<n
ー
を 5
,1
0,1
5,2
0c
C として飼脊した。対附貯は
¥
OO
C とし いr
,
も
も一組問予備飼 f
f後虫験に供した。
M判決阪は循環水 1
Jえとし
。
5
5
0
1の飼背水帽の上附に初
。
に
"
供;(ウイルスとしては HRV 8
4
0
¥
-H 味をJlIl
RTG2 細唱で蛸?を後ハイアルチ z
¥
OJ
'
o~I
20
h
c wut
crtcmp
e
r
al
u
reon c
u
.
I
'
l
g.I Eπα1ofI
p
p
e
a
r
a
n
c
eo
ft
h
e
mul
a
li
v
em
o
r
t
al
i
t
y山下da
a
ls
i
g
nson t
h
eh
i
r
a
mea
f
t
e
rI
Sdays
'"げに3
1
1'
)i
n
f
.
民 t
e
dw
i
t
hHRV
;do
se,1
.'
1
!
(
)
>.
o
oTCID
前 日,h
国 De
a
di
fs
h 回 F
i
s
hs
howing ¥
he
になるように俊足した.
供政ウイルス
に供すまで
1
5
WATER TEMPE肉 ATUR正 ω}
必出限を設医した。 J
水自誌の削節はヒーターとタ ーラー を
i削"して,各温度とも ~ 1 ・C
10
プ2
二分討し
1
噛
・
"
'
8
0C I
ニ保存した。なお節胞の m
貨には
0
c
a
ls
i
g
n
(
Gibco
) ベ ユグリ:/ 1
0
0l
.U.
{ml スト
レプトマイ γγ 1
曲 pg
Jml加イ グルの MEM (
M
i
n
;
供依納血消の白骨.希釈被列を Ha
nks
'BSSで作成し,
目白児血ì.'l
cnl
i
aiMedi
um; G
i
b
c
o
)(
以降 MEM,
o と体
mum Ess
96i
"マイタ uタイタープ νートに 0
.
0
5ml地 】希釈に
0
"'
"
す}を使附した。 保 存 し た ウ イ ル ス の 感 徐 闘 は 1
つき 4 火に分注後
TCI
D.
.
/mlであった。
HRVを加え. IS oC
山
曲 TC
ID.
.
,
j0
.
05ml
l
穴に聞製した
で 60 分間 150è~ させた。対照には,
人工感染実験法
血む1
'のかわりに Hanks
'BSSを O.
OSn
吋加え協合レた
。
2
2
2(
加
人工感染実験は肱院内接償法によった c MS
凶
,T
r
isで 2
.
0x1
0
・
I
mlに鋼製した RTG.
2
次いで MEM
"' 間
I
h
a
n
es
u
l
p
hon
a
te
;S
i
g
m
a
)1:
5
蜘 で麻開作品
脱却を刑帯しあらかじめ開銀してあったウイルメ穫を
0
.
1ml脱腔内に援組し 1
1
"
.伺TCID
.
.
,
jl
剖
細胞を偽穴に 0.
1mlずつ分 U し. ¥
S
O
Cで 1
0n
l
:
Ut
:
'
I
旋
し 常 法 に よ り ND
.を攻めた.
1511間続過
血!tI駐色
J
血
液
*
'
,
;SOf
t
lをス ライドグラスに広げて風乾し 1
0,
球の
を観察した@対照併は MEM,.で同様の処理な行った。
,標本を仇 成した a 次ぎにこの伊みにメイ
湾別撤 1
細菌およびウイルス検査法
U
冬眠般を無 l
泊的に酬!脱した後腎臓鑑i
燃をー 内金 J
f
j
j
t
2J
'
oNaCl加 TSA(
t
ryp
l
;
c
a
s
e拍 yagar
;Di
f
c
o
)階地に
〆リ
ュンワールドギムザ染色を纏した.
総
m
S0 C で 1週間 貸し細菌感条の有無を観策し
擁観し。 2
•
1
1し
, 1
0倍量の Ha
nks
'BSS
た.次いで腎 陵 肺 肢 を 嫡 1
累積鍵死寧
l
l;
o
n(
Hanks
'
;G
i
b
c
o
)な加えストマ
b
a
l
a
n
c
e
ds
a
l
ls
o
l¥
HRV n!院内接績 I
S nn の得水 I駄にきb巴ける u~nえ j(,の
ν拘 日 (
C
o
l
w
o
r
t
h
T)
'
pe8
0
)を)11してホモ γブ イ ズ L,
ミ Mボアフィルタ 一
鋭敏 I
I
I死事を Fig.lI
こ示した.なお 州 J
l
l
ll
i
l
織作成の為
HA(
0.
45pm)で櫨過し , "イル λ
に取りよげた厳死魚も死亡厄数民含めた。 S
O
C1
え験併
RTG2細胞を用
式験鮮と比依し当初から動作が緩慢で。発組'
に
は,他のS
倹ヨ~ I式料 とした.ウイルス感染価は
いた常法の 96穴マイタロプ νート 4穴訟により 。測 定
よる遊泳動作の変化等の飯費憶が闘'重であった. 1
0 日日
¥.
H に対する家
した。分自量ウイルスの開花:は HRV制 O
ごろに発症が観察され 1
1 日"に"丞が死亡した.さら
兎抗血清に よる中 和唱え験によった。
に
病理組織標志の作成法
え 験 鮮 の 瀕 死 魚 縦 波 終了時の生残 1
(
¥の腎臓お よび
各R
1
3 日目巳 1尼が死亡 し.却も償 I
I
I死率は 4
0% に遣し
た。先般舶にも発症がみられ。鋭支持終了時の媒II!IIl死都
1
¥
は変わらなかったものの残り の個体全てにも筋肉 内 1
1し!前線 ιk迫 ら.1
9
8
8
)と向"の 1
J訟により
榔践を鏑 1
血~色 I.U 化生躯腺の発赤臨ホ貯欄などの著し、症
バラフ~ :/VJ片を作成し,へマトキシレ y ・ ~オ γγ 染
状が観照された o¥
Oo
CI
式験"では 4-'日自 に発包'が認
色を B
値した。
1
1
mのある倒t
宇治、観策
められ,1
'
/
側 I 腹側の体側筋中に 1
血中中和敏体価の測定法
F
i
g
.2
)。発症倒体は,体色合、川化し,動内秒、 1
1
1
された (
、
HRV 人工感染に及ぼす水漏の彬型車
1
2
7
J
o
C,
F
i
g
.2
. Dis
e
as
cdh
irameo
ft
e
s
tgroupr
e
a
r
e
da
t.
1
O
s
howinghemorrhag
eo
fs
k
e
l
e
t
a
l mus
c
Je
,
a
c
cu
m
u
l
a
t
i
o
no
ra
s
c
i
t
i
cf
l
u
i
dandconge
s
t
i
ono
fgona
d. (
b
a
r= 1
0m m
)
慢となり ,水底に静止したり水耐近くをフラフラ遊泳す
HRV 840 lH はいずれも rl:l ~向1 され , 分離ウイルスが
ると いった典'
吊遊泳が観察された。6 日自 に ["
j
l
i,8 日
HRVであることが冊認された。
目に 3
f
t
!さらに 1
0日目に 2尾死亡 し巣 1
'
1
艶死率は 6
0%
に達 した。実験段終日に生残した 1庖にも発症がみられ
~
1
50
C試験併では 5日自に [J
吾さ らに [
3日目に 1尾
細菌検査
TSA培地を}lJc、た細菌検査の結果,対照群, 5,1
0,1
5
,
W C試験f,fいずれの時臓か らも細菌は分離されなか っ
った。
が死亡し鍛制瀕死率は 2
0% となったが,いずれの個
病理組織学的検討結果
体にも症状は認められなかった。 2
00C 試験計では,観
腎
京 mm~ を通じ , いずれ の個体 にも変 化 はみられなヵ 、 つ
臓
5'
C 試験併の発症 j
uの腎臓の病理組織像を F
i
g.3に
示 した。 HRV感染症の特徴である池山組織各所での血
た
。
m
魚体内ウイルス量
管の充出血や細網細胞の核濃縮を伴う壊死が瀕死 し 生
供試,(
(
tの魚体内ウ イルス盆の測定結柴を Tabl
e[に示
残 ~(l全てに飢 Zをされ,静脈周囲の組織に著しい核濃紺の
¥ J した。5'
C 拭験群では死亡 1
A
t.瀕死 j
(
L 生残魚のいずれ
みられ る個体も存在 した。瀕死 f
j
tでは腎臓の造血組織全
7.
30,
においても 1
0
.
.
,
.
.1
0
8
.
8
0TCID ~o/g 以上 と極めて L1 い値
域にわたり明らかな核の膨化が引 き起こされていた。
0
1
0
C 群の瀕死 j
(tの腎臓の病理組織像を F
i
g.4に示し
を示 し た 。 このうち死 亡 ~(lt1.
1
07.8
0,
.
.
.
.t
0
・
制 TCID"
/
g,瀕
死j
uで 1
07.8
0
.
.
.
.
.1
08.80TC
ID
ωI
g以上,さらに生!'Iij
(
tで も
ゆ
8
0
8
8
1
0.
.
r.
.l
0. TCID
"/
g以上であり ,死亡1.f,l"瀕死 f
{
,
t
,生
た。 1
0'
C 拭験鮮の瀕死j(t
は.50
C 試験鮮に比べ峡死部
残 j("、ずれも魚体内ウイルス最に大廷はみとめられ
0
なかった。 1
50
C,20
C 試験群ではウイルスは分離さ
におよぶ披死は認められなか った。 ウイルスが分離され
0
が小規模であり ,血管の充血も比較的少なく ,組織全体
軽度の症状が腿められた倒体では組織内に若干の UI
J
f
l
lが
れなか った。 1
0C 1
試験 群 で は 瀕 死 j
(
{の場合 1
06.60
0TCID
1
ωI
TCID
"/
g,死亡 f
j
tでは 1
0
1
.0
&_1
07.8
g と向い値
残魚のうち発症が認められずウイルスも分離されなかっ
を示したが,生残魚では発症した個体で 1
0
'制TCID
ωI
g
た個体では,対照群 と比較 しても特典的な病変は観察さ
であったのに対L.無症状の個体か らは ウイルスは分離
きれなか った。5'
C試験群および l
OO
C 試験群の各 I尾
れなか った。
1
50
C,2
00
C 拭験群では,対照群と比較して変化は訟
の腎臓 より分離 したウイルスを対訟に.抗 HRV 家兎
0
められなか った。 なお . 20
C 試験群では全個体に 1
,
1
,
¥
色
血消に より 中和試験を行 ったが,供献した 2株 およ び
大食細胞の哨加が観察された (
F
i
g.5
)。
みられるも のり造血組織に変化は認められなか った。生
1
2
8
大iII典久吉水
守 ・木 村 錨 久
・
r
ab
lc1
. Re
s
ul
tso
fyr
u
sr
ci
s
ol
a
ti
onf
r
o
mHRVi
n
j
e
cl
e
dh
i
r
a
m
c
Exp.g
r
o
u
p
T~,
γ~,
.
,
N:Normal
白
,
h
5
1
0
"
2
0
U D:D
切 df
is
h
・
M:Moribun
di
fs
h
•
d
i
t
i
o
n
Con
"・時
T回
1
0
No
N N N NN N N N N N D M M D V s s s s s D D D MD M N N N S D D N N N N N N N N N N N N N
T~I
e
q
12 3 4 5 6 7 8 9 0 - 23 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 - 2 3 4 5
Con
l
r
o
l
F
i
sh
Watert
emp
1
・
.
.
V
ir
u
st
it
e
r
l
ogTCI
D
<1.
8
0
<1
.8
0
<1回
<1.
8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1.
8
0
<1岨
<1
.
80
<1
.8
0
;
;
:8
.
8
0
0
=8
.
8
0
7
.
30
7
.l{)
孟8
.
8
0
8
.
30
8
.05
孟8
.
8
0
;
;8
.
8
0
8
.
3
0
7
.
0
5
6.
8
0
7
.
8
0
'
.8
0
6
.
0
5
'
.
8
0
<1
.
8
0
<1
.8
0
<1.
80
5
.
3
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
<1.
8
0
<1
.8
0
<1岨
<1.
80
<1
.
80
<1
.8
0
<1
.8
0
<1
.8
0
4
•• S
:D
i
s
e
a
s
e
df
i
s
h(
s
u
r
vi
v
e
d
)
回
、
・
6
I
IRV人ヱ担堅調除に及ぼす水温の".
r
al
i
z
.
ing an
t
i
b
o
dy t
it
r
e
si
n HRV
T.l
Me1 N叫 t
i
n
,
i
e
ct
e
dhi
rames
e
r
a
Exp
g
r
oup
ut
r
a
l
i
z
i
n
g
Fi
s
h Ne
ant
i
b
o
d
y
a
No
U
p
.(
"
C
)
t
i
te
r
w,栂r
Cont
ro
l
Te
s
t
1
5
20
1
:4
5
.
1:45
<1
:
8
1:3
2
︿
T
,'
,
1
0
︿
4 5 5 6 8 2 5 51
14413 31
9 4 46
Tes
t
5
<1
:
8
<1
:
8
<1
:
8
<1
:
8
<1
:
8
62
31
0
1
T
,'
,
1
0
6 7 8 9 0 8 90 7 8 90 5 6 7 8 9 1 2 3 4 5
町
"
・
s
e
eT
a
b
l
e1
"ND
(
)
1.
o
oTCID
ωwe
l
ωv
sl
•
"・
\~
られなか 9 たが
'
2
9
1
50
C,20
・
C 獄験鮮には削1
1
.
i
!
f
i
の
腎
随
同
様に黒色大食細胞の別加が観策された.
血中中和抗体価
"試験騨 の観察符了時に測定した抗 HRV 血中小~,抗
体価 (ND
叫 を T
a
b
l
e2
に示した。 5
・c3
え験郡の生残 魚
:
1
0-1
:
2
3,1
00
CI
式験群で 1J
佐
'を険 き 1:32-1:45,
で: 1
1
5
・CI
式験静では 1:
1
4-1:
4
5,200
C献験併では 1J
eを
徐き 1
:
3
2-1:
9
0であり全般的には さほど高い倒は得ら
れなかうたが水温のおい猷験鮮でより商い悩を示す傾向
が観旅された。
1妹根本@観寝
血球 1
血球槍抹標本の鋭貿信鮎来を F
i
g.9に示した o5
.OC 3
え
験併では発症した i
l
i残納を対lJi.としたが幼若諸 血ままが他
の野と比岐しヨ I" ~ に向い割合で出現した ( Fìg.9a)。この
.
c訴の標本を作成した全倒体に
幼若湯血尽の納加は ,
観嫁され小型のリンパ球様細胞の相対量も比徴的多か
った o I
OO
C 依験訴の碩死魚では小型のリン パlI<織銅脳.
好中島まが比般的多く (
F
ig
.9
b
),発症魚では大型のリ
γバ
球樋創砲が多"幽裂していた。 1
5C :え験野でも 1
0
・
c
0
飢験鮮問慢に倒体盤はあるものの小型のリ:/,~隙繊細胞
と好中まま散が却脅し〈別加する傾向を庁、したが I 大型リ
γ
パ匁繊細胞は凡られなかった。 2
0C 以験 E
撃では全く発
0
症が総められなかったのに もかかわらず他の供政併に比
F
i
g.9
c
)の胤務な
しリンハ嫁犠細胞 (
m
f
t
が飽められ,
好中島まは金側体ともに若干の網量が観察された.
ヨ
惨
寮
5
・
C 隙験鮮のl!II'"魚の隣鳳の病理鋭機像を F
i
g.6に
HRV感幾多恵症に及ぼす水温の膨・を HRV人工感按
耳、した.f
I
'
院
に も著 し
、 出血像治、観賞され血海を堕して
ヒラメの探偵II!死事および発症魚の病患組織像 より観療
いた .1
1に榊儲嗣網餌胞では敏濃鮒,被ゆ'
1
1
貨を伴 う疲死
した o HRVを政隆内に接領 し ,
5
.1
0,1
5,2
00
C と拠な っ
巣が形成され,さらに出血部位 の 辺 録 制 で は 水 闘 繊錐
00CIt(験鮮で
た水量下で飼育したところ! まず 1
紫の玖;婚もlIl!められた。また爽動脈 '
<
'
1
時飢餓も題提死に陥
日目に発組がみられ 6 日目から死亡が始まり娘 f
l
l
l
i
l死硝
り 伎が消失し細胞膜か倣帰した変性細胞の小機カ騨鎚
0% に遣 した. しかし生存した個体には 1厄を除き
は 6
4
-'
魁織'
1
'に散在した。また腎臓の造血組織と阿健に協の膨
特典症状は見られず
(
,においても 問憾の所見
潤がilII分的に側要持された。 生残 j
も検出きれなか っ た 。 デC Iえ験~ではやや巡れ 1 0 日目
が凪 られたが脚幽組織中の
にな って症なが現れ 1
1 日自に 3賂 日 回 日 にさらに
部分に正常と考えられる総
aしている個体もみられた。
この無症状の個体か らはウイルス
織を
】陪死亡した.観療を 1
5 日で打ち切ったためにl
I
¥f
l
ll
I
!
1
00
C 依願鮮の瀕死魚の勝蔵では災動脈の血管銀の融
解,隣組組織の題提死か起こっている もの の デC 猷蹴野
みられ魚体内ウイルス量は死亡魚とほぼ阿憾の偵を示し
に比べさほど則箸ではなかった (
町g
.7
)0生存魚のうち
O
早晩死亡するものと考えられた。 ーブ
i
'I
5
.
C飢験"では
宛症 しなかった倒体では血管恨の融解がむ下見られたも
2尾の死亡が観費持されたが特典な症状は見られずワイル
のの脚雌組織には顕著な変性は惚められず.マクロフプ
スも分自聴きれなか 勺た.さらに 2
00CMl
f
I
郡ではすべて
iが観察 された (
F
i
g 旬。
ーシの設iIll
盤状も秘められずウイルスはもちろん分離されなか 勺
u・C,20・C !
式験群では
対照静 とJ
t被 して変化はみ
死離は 4
0% にとどまったが,生存し允企個体に宛催が
た。なお!分自障されたウイルスは HRV に対する家兎抗
1
3
0
大迫 典 久 ・吉 水
守 ・木 村 僑 久
r
.
i
.
τ
.
・(
‘
'
L
~c.~ ~,,~,~ -
1
3
1
HRV 人J:f6換に及ぼすヌk
l
l
lの 修 .
は肺臓組織中比マタロファー νの浸潤像が見られ.20
た.
拭験!Iの腎厳および 1
5,2
0
>
<
CS
式験鮮の騨腺記
え験鮮の死亡納および瀕
!(,体内のウイルス量は デ C!
ω什
死!(,の
・
1
0' TClDo
o/
g以 上 生 残 魚 の 織 作 も 1
0.
.
.
.
強抹暢本の観療でデc!式験鮮の側体に明らかな *
J
Jl
i
泊
三
血球の刷加泊、制慾されたのは。発鮒悩体が体の名所に !
t
は死亡!(,の場合でも 1
0
"
.
0 ¥0'
,
80TC
lDo
o
/i制 度を示す
じた山血宇治血組織の膿死により紙度の貧血に対応した
ιすぎなかった。 HRVの m 柑 "での歪適発"温度は
.
c
l
'
・
C-2
0
・
Cであるのに 反 し 魚 体 内での , での高い
・
刷航および 1
0C でのl!!'増殖は,生体内での HRVの
m般を考える うえで
免1Ie系の関与等多〈の要闘を考慮
しなければならないことを示唆する館巣であ。た.
感9.!,生残個体を対象に血中中和抗体価の測定を鼠み
たが
がより
令制".下の血中中和抗体価は水温の'"ぃフ1
n~ 他宅(jj1、す傾向が鋭妻美され
飼育値段の刷速 による 免
m
n別 であると考えられた。 また小型のりン パ思繊細
・
中球教の符しく多い個体も認められた . このように病m
組織学的には. HRV 感集症はウイルスのm
厳による腎
補修
胞が水訟の向 L 併で断管で. l
'C 獣験併の似体には好
隊 .騨臓 などの組織の磁緩が主凄な病変であることが明
らかとな勺たが
この組織級担慢の程度はリンパ系の細胞
性免疫の働ぎによりある阻自主左おされているものと考え
られ白飼育水温が高 L 栂合。 血中中~,抗体 のit( 1t,マタ
使応符の盤が上述の魚体内でのウイルスのI!<l
長 般に関
ロフ
与している可能性が示唆された。
活性が高まり発症および死亡にまで宅らなレのではない
鍋理組級学的には対照若干には何 らの病変も観望持されな
5
・
C併では前報 {
大泊ら
γ
ーシによる食食さらに磁製された組織の初先符の
かと推黙された.
1
9
8
8
)同 銀
以上 HRV に感染したヒラメの発症におよほす水量
HRV 諸島保症の特徴である腎障の遊血組織4¥1
野での血管
の膨・を観望隠したが. ~,咽ヲプドウイルメ IH NV ~
の:/fl
l
¥
血
腎臓の仰脈問凶の組織に著し、依漫舗のみられる倒体も
VHSV の人工感接航験における水 1
1
1の膨.について
Ao
I
Ul
ND(
1肝'
0
)は (HN の場合 " および 1
6C で銅背し
C 以下では術
たヘユサケは向い舞死離を示したが, 問。
作。:した。 1
00Ct
t
え験院の瀕死1.{¥ではデC 献験鮮に比べ
状のJJl行が遮れ
か 。たカ
細捌細胞の敏濃舗を伴う厳死
および騨厳で
の特しも)¥1血や岐死が瀕死魚,生残納金てに観熊され
横死の.f!
i
¥
t.aは軽く
発症した生残;
.
(
{
lではその純度は瀕死
・
また 1
8,2
00 C と飼育水温が向〈なる
につれ舞死単は減少すると報告している。 "
)
iVHSに
00C 猷験榔の事)
.
発信
1
.
(
し
1
.
(
¥
よ
り
さ らに経度であった。 1
聞 しては 一 般 的 に 死 亡 を 引 き 飽 こ す 水 温 の 上 限 が
l
'
・
C 以験鮮 .2
0
・
C黙験務では腎臓および隣民組織に変
l
'
・
C 付近 とされ (
GI
IJ"I
TI
NO, 1
%5; C"
訂 R
IC andd
e
・
化は認められなかうた。 また 1
0C I
実験廊の生残倒体に
、
d
m嫡と考え られる 像がみ とめられた。さらκ血様
細胞の
TClDo
o
!g以上と",.他を3
了
、したか .W Cll.t験鮮の場合
・
-
¥J
・
c
m色大食
血ii'iにより中和され接観ウイルスである ζ とが檎飽きれ
KI
NKU-I
N,1
9
制} また J
O
I
IGE
悶 E
N(
1
9
8
2
)は Z シマスを
。
凶
F(ι3. Kidneyofam
回 r
e
da
tデ'
C
. N
e
c
r
o
s rhemato
ト
o
r
ib
undf
i
s
hi
n
f
c
c
t
e
dw
i
th HRV,r
p
o
l
C
Iに c
clsandh
emorrha
g
e8
r
tf
oundi
nt
hei
n
te
r
st
ital1ympho
i
dt
is
su
e
. H & Es
t
a
in
(
b
<
"・1曲 μm)
F
l
g
.
4
. Kidηe
:
c
a
re
da
t1
00(ニ N
e
c
r
o
si
sofhe
mato
ト
yo
famoribundi
ls
hi
nf
e
c
l
e
dw
il
hHRV,r
p
o
i
e
ti
cc
e
lsandhemorrhag
ea
rcr
e
c
o伊 i
z
e
di
nt
h
e川 t
e
r
s
tt
ii
a
l¥
ymphoidt
is
su
e
. H& E
田 μm)
s
t
ai
n
. (
b
ar
=1
cf
i
s
hi
n
f
e
c
t
e
dwi
t
h HRV,r
品,. Kidneyofanasymptomati
e
u
r
e
da
t2
0
>
<
C
. Hy
p
e
r
p
l
a
s
i
ao
f
F
1
is
su
c. H & E s
l
ai
n. (
b
a
r=2
S川 }
melanoma
c
r
o
p
h
a
g
ei
sf
oun
di
nhe
matopo剛 ct
F
l
g
.6
. S
p
l
c
c
no
famor
ibund自由 i
n
f
c
活 出Jw
i
l
hHRV r
c
a
r
c
da
tS
O
C
. Nccr
o
幽 so
fcl
l
ip
ωi
dand
hcmor
r
hagca
r
cr
oun
di
nt
hct
i
s
s
u
e H & Es
t
ai
n. (
b
ar
-I
叩 I
,
m)
守
・ 馴
"
.
c
ar
c
dal1
0'
'
C.s
ho
Fi
g.7. S
p
l
c
e
no
famor
i
b
u
ndi
fs
hi
n
f
c
cl
c
d刷 出 HRV.r
dd巴g
c
n
cn
uiono
fs
h伺 t
h
c
da
r
t
c
r
y
. H & ES
l
a
i
n. (
b
a
r_1
田 μm)
,
"
"酎 剛so
fp凶p
・
p
l
c
e
no
fa
na
凶y
冊 p
lomal
i
ci
ls
hi
n
f
c
c
l
c
dw
i
l
hHRV,
r
c
a
r
c
dallO'
C,
s
howi
n
gd
e
g
e
ner
a
t
旬、
F
l
g
.8
. S
ofbl
oodV~田 I (
a
rr
ow)
. H &εsl
ai
n
. (bar ~ I
曲 I
'm)
loods
me
a
r
so
fHRVi
n
f
c
cl
c
dh
i
r
a
m
cr
c
a
r
e
da
tv
a
r
i
o凶 wal
c
rt
e
m凹 r
at
u
rc
s ね):Many
F
l
g
.
9
. B
i
mmaturee
r
y
t
h
r
o
cyt
c
s(
ar
r
ows
)a
r
cf
o
u
n
damongt
h
es
l
l
tu
r
ee
r
y
t
h
r
o
c
y
t
e
sa
tS
O
Cg
問, p
(
b
)
:N
e
u
t
r
o
p
h
i
lc(
a
r
r
o
w
)ar
ef
o
u
n
damongt
h
ee
r
y
t
h
r
o
c
y
t
csalI
Oo
Cg
r
o
u
p
. (
c
)
:Many
r
oup. May
I
ymphocyt
e
l
i
k
cc
els(
a
rr
o
w
s
)ar
ef
o
u
n
damongI
hee
ryt
h
ro
c
y
t
c
sa
l2
0C g
0μm)
Gi
e
m
s
as
l
a
i
n
. (
b
a
r・1
0
1
3
2
大地典久 ・古 水 守 ・,.材置.'"
0"
C の範凶では飼背水温が
川、た人工感染紙験で .5-2
低いほど魚体内 のウイル λ 空
軍存期間が長くなり
呼な
J
!
)J
誌が認め られた.
の断j
かつ死
5,2
0"
C飼育
亡倒体からのウイルメ分雌離が高いとし 1
ー・考文献
の飾体からはウイルスは分隊されなかヮたと暢倍してい
A"
.l
l
NI
)
,D.F.(
19
7
0
): Co
nt
r
o
lofinr~民li ons he
m制。!>Ol
ct
陥 n
c(
:r
。ωsv
ir
u
sdi
s
e
a
s
ebyelv
81
ln
g
t
hc wal
er t
e
m
p
e
r
a
l
u
r
c. J.F
i
s
h Rt
s
. 800rd
U lII., 1
7, 2
6
527
C
A
S
T
R
tC.J.and P.de KI NK ~ LJN (聞の Exper
i
m
e
n
t
a
ls
t
u
d
yoft
h
es
us
c
ep
l
i
b
i
l
i
t
yo
ftwom
a
r
i
n
e
f
is
hs
問。 a,ぉ a 国錨 (
D
f
αntrarchwl
a
b
r
a
x
)a
n
d
,
"
,
加 I(
S
即
,'
p
h
l
h
“
'mu
sma
xlm
ω) 1
0v
i
r
a
l hae
mo
ド
r
r
h
a
gi
cs
e
p
tに:emi
a. Aqll(lrullllr~, “ 。 203-2 1 2
GtUTfI
同
P
.(
19
65
)
; V同 1hemor
r
hag
ics
ep
l町 mi
l
1
(
VHS)i
nt
her
a
i
n加 wI
r
o
u
li
n1
1
8
1
y. Ann.N. y,
Ac
αd.Sc
i
.,1
2
6(
Art
.1
),4
6
ふ47
8
]
,
:
利
f
i
.
:l
f
(附 ・中 本 $ -(
1
9
8
6
) ヒラメより分障された
1, 1
7
7
-1
8
0
ワイルスの病原性魚州研究 .2
五刺 ".附 ・中本事ー ・片
崎
・ J
J(
1
9
85
) ヒラメの納
る.前述の HRV感祭艇に及隠す水温の修・は VHSV
の発病パタ-/に J
I
I似している。今後ユ
γ
マメを含めた
サケ斜見知に対する HRVの納'原性につLても昨し〈 検
討す る必要があると考凡る。
費 約
HRV感染発症に及隠す水温の影・を HRV人工星島製
ヒラメの累積I
I死率および病理組織像より観織 し,以下
の如き結論を得た。
封1f
f
iJr/!死率は 5
,1
0
.1
5
,2
00
Cl
i
o
t験併でそれぞれ 40,
曲
。 2
0,0% を示し。発銀個体には 体色
m化
緩慢な動
作 典 常 選 泳 , 筋 肉中の1
1
1血 お よ び 充 血 生 娘 腺 の 発 赤
雌A
<貯留が観察された .魚体内ウイ ルス 量は 5
・
CI
式験
次、で I
OO
C 獣験群の死亡1
隔で
訴で般も高い値を示し
あったa
病原級織学的には 5
"
C I式験鮮 の瀕死 ~(\ . ~tDJ(l,全て
に腎踏の造血組織の充 I
U胤キ>JI死が観察され . 1
00C J
弐
験酵の厳死魚の充 1
1
1
血""臨死の程度は 5
・
C'
下に比べ経
u下に烈色大食餌胞の榊加が観黙
度であった。 2
00C I
定
着
・
CI
式験群で脳血や膿死巣が祖E
された.一方腕隙では 5
Z
持されたが. l
OQC a
実験併での変化は程度であ。 た。マ
50C J
式験昨で.よ
.
¥¥色大食細胞
グロフヲー γ の浸潤像が 1
と考えられる細胞の刷加が
l
'・C,20C 献験即で観察さ
0
れた .
HRV に対する血中小柄l
抗体価は,ー般に低か ったも
のの飼育水温の高い方がより高レ値を示す餅向が鋭雲隠さ
t
t.5
.
・
CiI<験鮮の発症 l
'血中に幼若赤血球が非常に高い
欄合で 1
1
1現 し 1
0,1
,
5
.2
00
C黙験鮮では リソパ嫁峨細胞
。
・
・8
省に ついてー I 泌面小網養殖ヒ ヲメの ウイルス
2
告に包凶すると考えられる鮪死 兵庫県水政研..,
2
3,6368
玉利紅:
,
l
'
I
U
1
f・'
1
目
本事ー 木村荷久 (
1
9
8
6)
:1
9
85 jl!r~
..,民立水産 S
実験場に宛生したヒラメの ウイルス術に
A
l県水拭研報 .2
4,43
4
7
つ νて Jd
JORO四 国 N,P.E
.V υ982
)
: E
g
t
v
e
d vi
r
u
s: t
e
m
p
cr
at
u
r
ed
e
p
e
n
e
n
t immune r
e
sp
o
n
seo
ft
r
o
u
tt
o
n
f
c
ct
i
onwt
hl
o
wv
ir
u
l
en
e
evi
r
us
.J
.F
i
s
l
r Dl
s
5,
47
-$
$
KIMURA,T.
,M.
YO
St
UMIZU,andS.
Go則 E
(
1
9
8
6
): A
函t
e
di
nJ
a凹 nfromc
u1
tu
re
d
ne
w rhabdovi
r
us帥 1
h
i
r
a
m
e(
J
a
p
a
n
e
s
ef
l
o
u
n
d
e
r,Par
a
f
i
c
l
r
t
h
yso
l
i
v
a
c
e
u
J
)
andayu(
P
/
e
c
o
g
/
o
r
J
u
Ju
l
t
i
v
e
l
l
J
). D
I
s.Aqu
Uf.Or
g
.,
1
,
209-21
7
大迫典久 ・古
川k 守 ・3i利釘:J'附 ・木 村 祷 久 (
19
88
)
HRV例 i
r
a
m
erhabdovi
問 。品 曲 お v
i
r
u
sol
i印刷 ,
)
極集ヒ ラメの病理飢餓命的検針 魚術研究, 2
3
1
1
7-1
2
3
I
'
i
水守樹沢l!;>'・大迫典久 ・木村積久 (
1
9
8
7
) ヒ
ラメのラプドウイルス痢 漁網研究,2
2,5
4
5
5
・
・
、
Fly UP