...

2003年6月号(PDF)

by user

on
Category: Documents
9

views

Report

Comments

Transcript

2003年6月号(PDF)
目 次
国立天文台カレンダー
表紙
1
2003 年
国立天文台カレンダー
〈5月〉
2
1日
(木)すばる望遠鏡専門委員会
研究トピックス
2日
(金)運営協議員会
3
22日
(木)研究交流委員会
4次元デジタル宇宙をあなたに
26日
(月)∼ 29日
(木)地球惑星科学関連学会
理論天文学研究系 助手 小久保英一郎
2003 年合同大会(幕張メッセ)
お知らせ
6
★平成 14 年度退職者永年勤続表彰式
★「君が天文学者になる4日間」参加者募集
30日
(金)理論計算機専門委員会
〈6月〉
★高度環境試験棟Ⅰ期完成
9日
(月)太陽・天体プラズマ専門委員会
★野辺山宇宙電波観測所「電波天文観測実習」 参加者募集
12日
(木)教授会議
13日
(金)光赤外専門委員会
14日
(土)水沢地区特別公開
インタビューシリーズ③
10
ちさと、川村 静児さん と語る
19日
(木)評議員会
26日
(木)総合計画委員会
天文情報公開センター助手 生田ちさと
〈7月〉
編集後記
18
23日
(水)∼ 26日
(土)「君が天文学者になる
4日間」
人事異動
19
New Staff
19
シリーズ メシエ天体ツアー 12
20
28日
(月)運営協議員会
M46 ∼ M49
広報普及室 教務補佐員 小野 智子
表紙の説明
4次元デジタル宇宙シアターのコンテンツ。
詳しくは本文参照。
左上:巨大ブラックホールまわりのガスの運動
左下:若い星から噴出するジェット
右上:地球型惑星の誕生
右下:月の起源
−2−
研究トピックス
4次元デジタル宇宙をあなたに
理論天文学研究系 助手
小久保 英一郎
きています。このように一般の人にも天文学研究
「この宇宙はどうなっているのか知りたい、そ
者にも役に立つようなものを目指しています。
してそれを目の当たりにしたい」そんな思いを実
現するために仲間が集まりました。2002年2月か
4D2Uプロジェクトの中心は立体映像投影シ
ら科学技術振興事業団計算科学技術活用型特定研
ステム「4次元デジタル宇宙シアター(仮称)」で
究開発推進事業「4次元デジタル宇宙データの構
す。シアターは135度の角度で接続された3面の
築とその応用」(研究代表者:海部宣男)、通称
1.8m四方の正方形のスクリーンでできています
「4次元デジタル宇宙プロジェクト」が始まりま
(図1)。偏光方式の立体視システムで、各スクリ
した。4次元デジタル宇宙プロジェクトでは立体
ーンには2台のDLPプロジェクターから偏光フィ
投影システムを用いて、天文学データの3次元可
ルターを通して右目用と左目用の映像が投影され
視化を行なっています。本稿ではプロジェクトの
ます。これを偏光メガネをかけて見ると立体に見
概要を紹介させていただきます。
えるわけです(図1)。DLPプロジェクターには
4次元デジタル宇宙の「4次元」は空間3次元
パーソナルコンピュータ(PC)が接続されていて
と時間1次元を足して4次元という意味で、「デ
映像を送っています。システム全体は3面のスク
ジタル」はそのままデジタル化されたオンライン
リーンと6台のPCと6台のDLPプロジェクターで
データという意味です。プロジェクトメンバーの
構成されているわけです。
間ではプロジェクト名を略して4D2Uプロジェ
6台のPCがGbitイーサネットを介して通信を行
クトと呼んでいます。これは英語名の4-
ない、同期をとりながら投影をすることによって
Dimensional Digital Universeの頭文字であり
3面スクリーンでの立体映像を可能にしていま
(DDをD2と表記します)、さらに4-D to you
す。独自に開発した同期立体投影ソフトウェアを
(4次元をあなたに)という意味が込められてい
用いて、スムーズな立体視動画(毎秒15-30フレー
ム)が実現できています。このシアターでは3面
ます。
4D2Uプロジェクトの目的は2つあります。
スクリーンは135度の角度で接続されているため
第1は天文学の最新の成果をわかりやすく楽しく
没入感とともに広がりのある立体映像を楽しむこ
そしてインパクトある映像表現で一般の人に伝え
とができます。このPCベースのシステムには約
るということです。国立天文台には世界でも一線
2600万円しかかかっていません。ほんの数年前ま
級のスーパーコンピュータによるシミュレーショ
では高価なグラフィックワークステーションが使
ンデータや観測データがあります。これらを加工
われ、何億円もかかっていたのを思うと隔世の感
して美しく迫力ある立体視コンテンツを作成して
があります。
います(迫力がありすぎて見ていて酔ってしまう
シアター兼プロジェクト室は三鷹キャンパスの
ようなものもあります)。第2は天文学研究者に
南研究棟西隣のプレハブ棟にあります。プロジェ
現実には得難い3次元の視点を提供し、研究に役
クトリーダーの海部台長とプロジェクトマネージ
立ててもらうということです。最近の大規模3次
ャーの観山企画調整主幹の指揮と激励と庇護の
元シミュレーションでは計算結果を直観的に理解
下、プロジェクトメンバーは好きなことをやらせ
するために自在な3次元的視点が不可欠になって
てもらっています。これまでの開発の中心となっ
−3−
ている私以外のコアメンバー(縁の下でサービス
合、立体視シアターのような箱もののコンテンツ
を提供するのでデーモンと呼んでいます)の紹介
は業者に丸投げで製作されます。しかし4D2U
をさせていただきます。デーモンには3人の研究
プロジェクトの基本姿勢は「自分のシアターのコ
員(林、加藤、武田)と2人の研究協力員(高幣、
ンテンツは自分で製作する」です。これはコンテ
三浦)がいます。
ンツを自由に拡張したり配布していくのに必要で
す。しかしコンテンツの独自開発は簡単なことで
はありません。4D2Uプロジェクトでこれが可
能なのは優秀なデーモンのおかげです。私はそん
なデーモンをとても誇りに思っています。
ではこれまで開発してきたコンテンツを紹介し
ましょう。シアターはWindows2000上に構築され
ています。シアター全体のユーザインターフェー
スはDirectorというオーサリングソフトに付随す
るLingoというスクリプト言語で書かれています。
図1:4次元デジタル宇宙プロジェクトのデーモンたち。左か
シアターのメニューからアプリケーションを立ち
ら加藤、武田、小久保、林(手に持っているのはシアターのコ
あげることによっていろいろなコンテンツを実行
ントローラ)、三浦。立体視用の偏光グラスを装着している。
することが可能になっています。シアターはテン
キーとジョイスティック(図1)で制御できるよ
研究員3人はシミュレーション天文学の研究者
です。林は計画立ち上げ時点からのメンバーで磁
うになっています。映像は主にOpenGL、AVS、
気流体シミュレーションを専門とし、プロジェク
LightWave3Dなどを使って製作されています。現
トでは主に流体(格子)データの可視化を担当し
在以下のコンテンツが完成しています(バーチャ
ています。日経サイエンスコンピュータビジュア
ルすばる望遠鏡のみ業者委託です)。
[観測データ]
リゼーションコンテスト(CVC)の優秀賞受賞者
・バーチャルすばる望遠鏡
でもあります。加藤は粒子加速やプラズマのシミ
ュレーションが専門で、プロジェクトでは主に
Windows上での立体投影プログラムの開発や観測
データの可視化を担当しています。武田は多体シ
ミュレーションを用いて衛星系形成の研究をして
いて、主に粒子データの可視化を担当しています
(ちなみに東工大のアニメ研でアニメーションを
製作していました)。高幣(理化学研究所)はハ
ッカーで、3次元シアターものの開発のプロです。
彼は主にコンテンツ全体のユーザインターフェース
を開発しています。そして最後に三浦(武蔵野美
術大学)は洗練された画像表現の指導とさらにコ
ンテンツ作成も行なっています。彼と私もやはり
日経サイエンスCVCの優秀賞受賞者です。このよ
すばる望遠鏡3次元モデルを使って望遠鏡、観
うに現場は少数精鋭部隊です。
測装置、観測成果の概要を紹介。ジョイスティッ
4D2Uプロジェクトの大きな特徴は自らコン
クを使ってドーム内を自由に動くことができます。
テンツを開発しているということです。多くの場
−4−
・銀河系の中性水素分布
・巨大ブラックホールまわりのガスの運動
銀河中心にある巨大ブラックホールへ落ち込ん
でいくガスの流体シミュレーション。(データ提
供:和田桂一氏)
(表紙左上)
・若い星から噴出するジェット
若い星のまわりのガス円盤の回転によりひねら
れた磁力線によってジェットが駆動される様子を
可視化。
(表紙左下)
・地球型惑星の誕生
約46億年前の原始太陽系で微惑星が太陽のまわ
りを公転しながら衝突合体して地球型惑星へと成
電波観測を基にした銀河系内の中性水素分布の
長していく過程を可視化。目の前で地球が形成さ
3次元モデル。(データ提供:中西裕之氏)
れていきます。
(表紙右上)
・月の起源
[シミュレーションデータ]
・宇宙の大規模構造
地球への原始惑星の巨大衝突とそれにより形成
された原始月円盤からの月集積のシミュレーショ
ンを可視化。月誕生の秘密が今明らかに。
(表紙右
下)
さらに現在開発中の基礎的なインタラクティブ
コンテンツとして次のものがあります。
・ケプラーシミュレーター
ケプラーの法則や太陽系の惑星の運動を3次元
でわかりやすく解説。ケプラーの法則の実験がで
きます。
・ヒッパルコスプラネタリウム
ダークマターの密度ゆらぎから宇宙の大規模構
ヒッパルコスデータを基にしたインタラクティ
造が形成されていく様子を再現。銀河宇宙のフラ
ブ3次元プラネタリウム。太陽のまわりの恒星の
イスルーが迫力です。
(データ提供:矢作日出樹氏)
立体地図も見られます。
ケプラーシミュレーター
−5−
ヒッパルコスプラネタリウム
この他にも企画中のコンテンツがあります。最
いた3次元モデルがあり、さらにそこには星形成
新の情報はプロジェクトのURL
のシミュレーションがリンクされている、といっ
http://th.nao.ac.jp/~4d2uを御覧になって下さい。
た感じです。御期待下さい。そしてここで開発さ
上映の予定も記載してあります。また、このプロ
れたコンテンツを学校、博物館、プラネタリウム
ジェクトでは3次元もしくは4次元で可視化すべ
などに配信していくつもりです。
きおもしろいデータを探しています。おもしろい
百聞は一見にしかずと言いますが、時代はさら
データを持っている方は気軽にデーモンに声をか
に進み今は、2次元百見は4次元一見にしかず、
けて下さい。お待ちしています。
です。まっくらな部屋で目の前に浮いている星が
今後はこれらのコンテンツを互いに連携させて
静かにくるくる回っているのを見るのはとても不
観測データもシミュレーションデータも合わせ持
思議な感じです。ぜひ一度4次元デジタル宇宙シ
った4次元プラネタリウムを構築していきたいと
アターへ遊びに来て、目の前に広がる宇宙を体感
考えています。例えば、プラネタリウムで星形成
してみて下さい。
領域にズームインすれば詳細な観測データに基づ
★平成 14 年度退職者永年勤続表彰式
平成14年度国立天文台退職者永年勤続表彰式が、3月31日(月)午前11時から三鷹の講義室で行われ、
海部台長の式辞、表彰状と記念品の授与、退職者の謝辞及び記念撮影が行われました。引き続き、台長を
はじめ各退職者の所属長を交えて、約1時間の懇談がもたれました。
なお、被表彰者は以下の8名です。
管理部庶務課岡山地区 二宮 孝子
技術部技術第二課 井上志津代
位置天文・天体力学研究系 木下 宙
地球回転研究系 金子 芳久
地球回転研究系 笹尾 哲夫
地球回転研究系 佐藤 弘一
岡山天体物理観測所 乗本 祐慈
岡山天体物理観測所 渡邊 悦二
−6−
★「君が天文学者になる4日間」参加者募集
今年も高校生または相当する年齢の方を対象に、「君が天文学者になる4日間」の体験学習生を募集して
います。国立天文台三鷹キャンパスで4日間の研究活動を体験しませんか。関心のある方は、下記の要領
にてご応募ください。
記
【日 時】
【内 容】
7月23日(水)10時∼7月26日(土)12時
7月23日 開校式、講義、研究テーマ決め、観
測実習など
(3泊4日)
7月24日 データ解析、観測実習など
【場 所】
7月25日 データ解析、研究発表会など
7月26日 講評、施設見学、閉校式など
国立天文台三鷹キャンパス
(東京都三鷹市大沢2-21-1)
参加者4人でチームを組み、冷却CCDカメラと
【対 象】
口径50センチ望遠鏡を使用する観測をはじめ、研
究テーマを決めることから、データ解析、研究発
高校生または相当年齢の方 16名
表まですべて参加者自身に体験していただく天文
【参加費】
学の実習です。若い研究者たちと一緒に観測、デ
1万円程度(4日間の宿泊費、朝食・夕食代、
ータ解析、討論等を行うことで、研究者の日常や
傷害保険料含む)このほか、各自、会場までの
研究の進め方を体験し、研究最前線の雰囲気を味
交通費、昼食・夜食代などが必要です。
わえることが特徴です。
【応募方法】
お問い合わせは、縣(あがた)広報普及室長宛
お願いいたします。
「私が知りたい宇宙の謎」という題で、800字
(400字詰め原稿用紙2枚)程度の作文を6月13日
TEL 0422-34-3644
(金)必着で国立天文台宛にお送りください。作
文には、住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、
e-mail: h.agata @ nao.ac.jp
学校名、学年を明記してください。選考の結果は
この活動は、子どもゆめ基金(独立行政法人国
6月27日(金)までに各人宛に通知いたします。
立オリンピック記念青少年総合センター)助成活
【宛 先】
動によるものです。
〒181-8588 東京都三鷹市大沢2-21-1
国立天文台広報普及室
封筒の表紙に「君が天文学者になる4日間応募
書類在中」と朱書きしてください。
−7−
★高度環境試験棟Ⅰ期完成
三鷹団地において、ALMA計画において非常に
階は階高を5mにして、クレーン設備を必要とす
重要となる高度環境試験棟 I 期が平成15年1月末
る諸室(受信機カートリッジ組立室、共同電波実
に竣工致しました。
験室)やフォトニックローカル開発実験室、サブ
本来建物完成に関していろいろなエピソードや
ミリ波分光器室、共通電波実験室等を配置した。
建設過程をのべて皆様方にご紹介をすべきところ
3階には高速デジタル実験室を配置し、いずれの
ですが、私は4月に赴任したばかりであるため、
階についても増築予定のII期工事に対応できる計
施設課員からの聞き伝えと、施設の内容紹介にな
画としています。
ることをまずはお詫びいたします。
建築関係では、外部の仕上げとして外壁・屋上
本建物は平成9年度に設置されたサブミリ波天
スラブには断熱材を用い省エネルギーを計ると共
文部門における開発研究実験を中心とした実験棟
に、長寿命化のあるタイル仕上げ、メンテナンス
で、サブミリ波研究部門(ALMA計画)を推進す
の容易な防水仕上げとした。
るための実験室を中心に衛星搭載望遠鏡(Solar-B)
計画及び狭隘となった共同利用に供する開発実験
内部の床仕上げは静電気が実験に支障を来すこ
とから帯電防止仕様とし、壁は将来の間仕切り変
棟の増築を含め、国
更を容易にするた
立天文台三鷹団地に
め、軽量鉄骨壁と
おける多目的利用ス
した。
ペース(レンタルラ
電気設備におい
ボ)を導入した総合
ては電気及び情報
研究実験棟として整
通信用ケーブルラ
備された延べ床面積
ックをEPS、廊下
1,480.79m 2、鉄筋コ
及び実験室に敷設
ンクリート造3階建
し、実験・研究の
ての建物で、三鷹キ
進展に伴う変更に
ャンパスの中心に位
柔軟に対応できる
置する開発実験棟の
ように、また廊下
北側に実験ゾーンを構成するようにして建設され
等共通部の照明はセンサー及びタイマーにて省エ
ました。
ネを図れるよう配慮した。
建物は開発実験棟の玄関、リフレッシュスペー
空調設備においては、冷暖房同時運転が可能な
ス、会議室を共用した作りとし、建物の北側に1
マルチ形パッケージ空調機を採用し、各実験室が
階2階吹き抜けで天井高11.3mの衛星搭載望遠鏡
要求する温度条件の確保、個別制御による無駄の
の性能試験を行う環境試験室(クリーンルーム
ない運転ができるようにした。実験冷却水におい
クラス100,000)を配置し、エアシャワー室を共用
ては再循環化を図り給水使用量を押さえるための
してクリーンルームの統一管理が出来るようにサ
クーリングタワー一体型のハイブリットチラーの
ブミリ波ミクサ制作室(クラス1,000)(サブミリ
採用、雨水の敷地内浸透その他、コスト縮減及び
波受信機に必要な超伝導素子開発行う部屋)を配
維持管理費の低減を図れるような設備とした。
置した。その他1階にはサブミリ波ミクサ性能評
本工事に関してはTAMA300による国際同時観
価室、超精密機器制作室、共同光学実験室等、2
測が平成15年2月14日から開始されるため、標準
−8−
工期より1ヶ月短縮で工事を施工しなければなら
建設に当たりいろいろな方々にご迷惑おかけ
なかったこと。また、建設位置の決定において実
し、またご協力もいただきながら無事高度環境試
験ゾーンをまとめる必要があり、貴重な武蔵野の
験棟 I 期が完成致しました。天文台職員及び関係
森を一部伐採することになり非常に残念であった
者の方々に深くお礼申し上げます。
(管理部施設課長 上野 泰弘)
こと等が施設担当者からのコメントでした。
★野辺山宇宙電波観測所「電波天文観測実習」参加者募集
国立天文台野辺山宇宙電波観測所ではこの夏、45m電波望遠鏡を使った「電波天文観測実習」を行います。
*来年は45m望遠鏡で大きな改修があるため、観測実習を行わない予定です。来年の参加をご検討の方はご
注意ください。
【開催日程】
(2)(1)で「はい」と回答された場合、一番印
象に残った実験は何ですか?どのような点で印象
2003年8月4日(月)13時30分∼8月8日(金)
に残ったのですか?
11時30分(4泊5日)
(3)あなたが持っている天文学への想い・イメ
【場所】
ージについて何でも結構ですのでお書き下さい。
(600字以内)
国立天文台野辺山宇宙電波観測所(JR小海線野
(4)実習に参加希望の理由は何ですか?(600字
辺山駅から徒歩40分)
以内)
【定員】
(5)この実習を何で知りましたか?
a. 雑誌 b. 新聞 c. インターネット 12名程度
d. 人から e. その他
【対象】
なお、送付された資料は返送いたしません。
大学の理科系学部(教育学部の理科系も含む)
【選考結果の発表】
に属する学生(1∼4年生)
7月14日郵便で発送
【費用】
(*上記住所以外への発送を希望する場合は発送
旅費・滞在費・傷害保険は自己負担(滞在費+
先を明記して下さい)
傷害保険=7000円程度)
【問い合わせ先・応募先】
【応募方法】
〒384-1305
住所、氏名、所属大学及び学部・学科、学年、
長野県南佐久郡南牧村野辺山462-2
国立天文台野辺山宇宙電波観測所「観測実習係」
TEL: 0267-98-4333
年齢、性別、電話番号、E-mailアドレス(持って
いる場合)を明記の上、以下の(1)∼(4)に
http://www.nro.nao.ac.jp/~nro45mrt/new45m2.ht
回答し、7月7日(月)必着で下記の応募先まで
ml
封筒に「電波観測実習応募書類在中」と朱書す
送付。
ること。
(1)大学で物理実験の経験がありますか?
−9−
インタビューシリーズ③
ちさと、川村 静児さん と語る
今回の対談のお相手は、重力波検出を目指して活躍中の川村静児さんです。国立天文台・三鷹キャンパ
スにある重力波検出器、TAMA300は、一般の方からの注目度も高いので、重力波グループの方と対談して
はどうかと、国立天文台ニュースの編集会議で決まりました。重力波を研究されている方のなかでも、ユ
ニークな方で、研究活動だけではなく、いろいろな趣味もお持ち、かつ、海外経験も豊富だということで、
川村さんに白羽の矢が立ったというわけです。
ちさと
はじめまして
静児
はじめまして
ちさと
人見知りが激しいのに、初対面の方との対談なので、緊張しております。ところで、川村さんの
出身はどちらですか?
静児
高知です。すこしイントネーションに癖があるでしょう?高知弁できちんとしゃべると、誰もわ
かってくれないんですよ。高知弁のイントネーションは、ほとんど大阪弁といっしょ。なので、
みんなからわかってもらえない高知弁の語尾をやめて、丁寧語にするとこういう大阪弁みたいな、
変なものになってしまうんです。
ちさと
ちょっと小耳にはさんだのですが、バトミントンがご趣味とか?
静児
えぇ、そうです。生田さんはバトミントンします?
ちさと
・・・中学校のときの体育でちょこっとしたくらいです。好きなスポーツではあるんですが、部
活とかだとどうもあの独特の雰囲気になじまなくって。
静児
あはははは。僕も始めたのは25歳くらいのときからなんですよ。
ちさと
サークルですか?
静児
当時、大学院生で、ちょっと暇だったので、国立競技場のトレーニングクラスに参加したんです
が、トレーニングってあまりにもつまらないんですよ。
ちさと
筋トレをされていたのでしょうか?
静児
筋トレとか、ランニングとか、黙々とトレーニングする系の。それがあまりにも面白くなくて、
もうちょっと面白いのないかな、と探したら、ちょうど国立競技場にバトミントン教室というの
があったので、通い始めたんです。そうしたらけっこうおもしろくてね。バトミントンは、今で
も家の近所で週に三回くらいはしますね。あと天文台でも、バドミントン仲間とときどき調布体
育館に繰り出しています。昼休憩にもグラウンドでやっていたのですが、最近こちらは活動休止
中ですね。それから、私は野球も自分でプレイするほうが好きなんです。大学のときは、軟式野
球部に入っていたんですよ。ただ、もう、指の神経が一本抜けてるみたいに、あまりにもコント
ロールが悪かったんです。ほいっと投げたら、手にまだボールが残ってたとか、ボールが投げた
方向と違って、上にいったり、後ろにいったり、横にいったりとかして。それでも一応野球部で
したが。
ちさと
どこを守っていらっしゃったのですか?
静児
ポジションは、まずサードだったのですが、暴投ばっかりしたので、首になってしまいました。
それで次にキャッチャーになったんですが、ランナーが一塁から二塁へ盗塁したときに、二塁に
−10−
投げたつもりが、三塁へボールが飛んでしまって。それで、サードも首。その次がファースト。
ファーストは受けるだけで投げなくてもいいからという理由だったんですが、ときどき投げない
といけない場合もあるんですよ。そのときが問題。ランナーが二塁にいて、ライト前ヒットを打
たれたとき、ライトがホームに投げるんですが、ファーストがカットするんですよ。で、私、ホ
ームに投げたつもりが、相手のベンチに投げ込んでしまって(笑)。で、私はカットもしなくて
もいいってことになりまして。そのくらい、コントロールに問題があったんです。
ちさと
打つほうはいかがでしたか?
静児
打つほうは好きですね。天文台にも野球部がありますが、まれに参加するていどで、やっぱりバ
トミントンのほうがメインです。
ちさと
バトミントンのコントロールは大丈夫なんでしょうか?
静児
それは大丈夫なんですよ。さて、重力波の話をしましょうか。
重力波の検出、これが一番迫力がある!
ちさと
一般の方が三鷹キャンパスの見学をされる場合、ここにしかな
い施設ということでTAMA300の関心度が高いのですが、一般
の方にもそのまま使いまわせるように、重力波の初歩の初歩か
林左絵子さん、(第一回登場)のまね
ら教えていただけますか?
静児
をして、サングラスかけて、はいっ、
重力波は、80年以上前に、アインシュタインの一般相対性理論
ポーズ。バトミントンのラケットは常
であると予言されたんですが、まだ見つかっていないんです。
に研究室に用意してあるとか。
強い重力波が出る現象ってまれで、重いものがすごく速く動くといっぱい重力波がでます。そう
いうのは地上では起こらないので、超新星爆発とか、中性子連星の合体とか、ブラックホールの
衝突とか、そういう激しい天体活動から、大きなエネルギーをもった重力波がでるんです。で、
それが来るとどういう影響があるかっていうと、空間がひずむんですよ。で、物と物との距離が
変わります。ですから、はじめに物と物との距離を測っておいて、その物の距離が変わるのを見
ると、信号、つまり重力波を受けたことがわかるんです。ただこの距離の変化はわずか10−20mく
らいないので、今までだれも見つけてないんです。
ちさと
川村さんが重力波を研究しようと思ったきっかけは何でしょうか?なにが知りたくて重力波を研
究テーマに選ばれたのですか?
静児
私が大学院に入学したとき所属していた研究室では、プラズマを研究していました。でも私の先
生が、プラズマもそろそろやることがなくなってきたので、何か新しいことをやろうとおっしゃ
って、いろいろ探したんです。レーザー干渉計による重力波の検出という研究は当時、日本でだ
れもやってなかったってことがわかりまして。他にもいろいろ研究テーマの候補はあったのです
が、検討した結果、レーザー干渉計による重力波の検出が一番迫力がある!ということになりま
して。だから、私の先生に先見の明があったのでしょうね。で、私が最初の学生で、取り組み始
めたわけです。
ちさと
重力波っていろんな方向からきますよね。どの方向からきたかというのはどう調べるのですか?
静児
重力波というのは光と同じスピードで来るんですよ。だから何台か重力波検出器を置いておくと、
天体の位置や方向によって、同時に信号が検出される場合もあれば、どれかの検出器が先にシグ
ナルを受けて、他のはやや時間がたってから信号を受けるということになります。重力波を出し
た天体と検出器までの距離の違いが、信号を受けた時刻の違いとなって表れるわけですね。それ
を解析することでどこから信号が来てるのか、と言うのがわかります。
ちさと
どのくらいの精度でわかるのですか?
−11−
静児
それはシグナルとノイズの大きさに依ります。一般にはシグナルが大きくて、検出器の間隔が広
ければ広いほど、精度よく方向も決まります。
ちさと
重力波を受けた!というときに、どういう現象からでてきたものかはわかるのですか?
静児
一般相対性理論で、この現象からはこのような波形の重力波がでるというのが予測されています。
超新星爆発から出た重力波なら、信号が出ている時間が短くて、届いてすぐに収まるし、中性子
星の合体の場合は、結構長い間、うぃーーーんと来る。つまり、理論的な予言があるんですよ。
ただ、そういう予測されたものを捕まえることも大事なんですが、重力波検出器を開発している
人のほとんどは、今まで考えられてなかったことを見つけることを期待してるわけです。箱を開
けてみて、これがあるだろうって思っていたのが、ぜんぜん違うものがあるとうれしいですよね。
ちさと
で、理論屋さんが頭を抱えると(笑)
静児
あはは(笑)、そうそう。それと宇宙の初期からの重力波。これは、いま建設されている、また
は建設計画がある地上の検出器で受かるかどうかわからないのですが、100年くらいすれば受か
ってるでしょう。いや、30年くらいにしとくかな。宇宙初期、ビッグバンのときに重力波が出て
るはずなんです。それを今、観測する。これが一番すごいことです。なんといっても宇宙の始ま
りをまさに見てるわけですよね。
ちさと
宇宙初期の重力波を受けると、どういうことがわかるのでしょうか?
静児
あははは。宇宙の始まりがわかるんです。
ちさと
最近WMAP衛星の結果が出て、宇宙論はもう決まっちゃったなという話がありますよね。それ
と比較してはいかがですか?
静児
電磁波で見えるのって、宇宙が誕生してから30万年後くらいからなんですよ。ニュートリノを使
えば、もっと前までさかのぼれます。が、重力の場合は相互作用がないので、もう、重力という
ものがでた、そのとき、つまりプランクタイムから見えるんです。それはすごいことですよね。
重力波検出や重力波を観測することで大切なことは三つあります。面白くない順にいうと(笑)、
まず、一般相対論の確認。それから、今まで想像してなかったような、新しい天体現象の発見。
それが見えてくれないと装置開発をしてる意味がないのです。それから、宇宙の初期にでた重力
波を受けて、宇宙の始まりを知るということです。
ちさと
重力波はイメージするのが難しいですね。たとえば光の観測だったら、写真でわかりますけれど
も。重力波ってどういうものですか、って聞かれたときに、どう答えればいいのか、わかりやす
く説明するのが難しいのですが。
静児
そうですよね。ハッブル宇宙望遠鏡とかすばる望遠鏡が撮った画像なら、写真集にもなってて、
みんな見て、きれいだなぁ!って、視覚に訴えるものがありますよね。でも、重力波って、視覚
にはあまり訴えないし、聴覚に訴えるとしても、今のところさっき私が言ったうぃーーーんしか
ないんです。もっとこう、聴覚に訴えるような音楽を奏でてくれるとおもしろいんですが。重力
波って、視覚とか聴覚に感動を与えられないんですよね。ノイズみたいなのがあって、これが宇
宙誕生のときにでた重力波だよって言われても、ふーん ですよね。いやー、光ってまず目で見
えるじゃないですか。それで望遠鏡の感度を高めれば、どんどんどんどん、すごいものが見えて
きますよね。ニュートリノとかもある程度の装置があれば、見えて、感度を高めればどんどんい
ろんなものが見えてくると。でも、重力波って、最初の一発を見るために、人類の英知を結集し
てるんです。技術的にもかなり無理をして、それでやっと最初の重力波を検出できる。そっから
先がなかなか難しいですよね。
ちさと
技術革新があってもですか?
静児
技術革新っていっても、今でもすでに、相当がんばってるので。かなりがんばってるところから
さらにですから、なかなか大変ですよね。
−12−
ちさと
いつごろ最初の重力波が受けられそうですか?
静児
アメリカのLIGO(ライゴ)というプロジェクトがありますが、このプロジェクトが最初に検出す
ると言われてます。検出器の基線長(ベースライン)は4kmです。彼らの計画では、まず、は
じめに、既存の技術のみを使って装置を作って、観測し、それを大改造して、感度を一桁くらい
あげようとしてます。感度が一桁あがると重力波が見えるといわれていて、それが2008年とか
2010年だろうと言われています。あとは、宇宙にそういうレーザー干渉計を持っていって、検出
しようという計画もあります。宇宙にいくと何がいいことがあるかっていうと、検出器のベース
ラインを長く取れるんですよ。重力波って空間のひずみとしてやってくるので、ベースラインが
長ければ長いほど、物と物との距離が大きく変わるので、つまり信号が大きくなるので、検出し
やすくなるんです。地上でなぜこんな300mとか4kmとかで制限されているのかっていうと、
地上だと真空にしないといけないことや、地球が丸いということもあって、数kmが限度なんで
す。じゃあ、宇宙にもっていこうということになりますよね。この計画は、LISAと呼ばれていて、
NASAとESAが共同で進めてます。
ちなみに、LIGOに、前にいた私のともだちで リサっていう女のひとがいて、NASAに移ったの
で、LISA計画のメンバーになるのかと思ったら、そうしなかったなぁ(笑)。話をもどして、
LISA計画では、ベースラインを500万kmとって、重力波をうける予定になっています。2011年
に打ち上げ予定ですが、これが成功したら、かならず重力波を検出できる!と言われてます。
ちさと
宇宙に上がって、衛星の制御とか、宇宙線の影響とか、難しい課題はないのですか?
静児
ま、なかなか、言うは易しで、600億円くらいでやろうとしてますが、無理だと言われてますね。
1200億円くらい投資しないと。
いっぱい遊んでも、いっぱい実験できる、カリフォルニアでの生活
ちさと
ところで川村さんを捕まえて対談をするならこの時期と、天文台ニュースの編集会議で言われた
のですが、なぜですか?
静児
そうですね。普段は7月8月とアメリカに行ってますからね。今年は、7月から一年間の予定で、
アメリカに行きますが。
ちさと
え!なるほど。だから川村さんを捕まえるならこの時期だってことになるわけですね。
静児
毎年行くのは、二ヶ月足らずで、カルテク(カリフォルニア工科大学)に行きます。私、以前、
7年間カルテクにいたんですよ。そのつてで、毎年お邪魔してます。
ちさと
私の場合、カルテクというと、すぐイメージするのはKeck望遠鏡なのですが、重力波のグループ
もあるのですか?
静児
アメリカの超巨大・超強力グループがあります。カルテクとMIT(マサチューセッツ工科大学)
で重力波の研究をしてるのですが、まあ、ほぼ、カルテクが中心であるといえるでしょうね。予
算規模も、700億円くらいかな。これは、いままでかかった10年分くらいの合計ですが。
ちさと
日本の重力波のプロジェクトの規模はどのくらいなのですか?
静児
日本は、科研費だけだったら、完成させるまでに15億円くらい。プラス建物などは、国立天文台
がサポートしてますし、人件費はこの15億円には入っていないので、直接比べられませんけど、
でも桁で違います。
ちさと
メンバーはどういう方でしょうか?
静児
カルテクとMITで170人。それからライゴ・サイエンス・コラボレーションという国際共同研究
があって、それは全世界から400人くらい集まってますね。
ちさと
研究者とテクニシャンでそのくらいの人数になるのですか?
−13−
静児
いや、プロジェクト専用の事務員などをいれて全部です。完全に分業制なので、引越しだけして
る人もいれば、郵便物だけ扱ってる人、安全管理だけ専門にしてる人もいるわけ。
ちさと
カルテクにいらっしゃるときは どんな生活をされているのですか?
静児
実験をしてます。日本にいると、研究室にいることがほとんどなんですがね。日本にいて、日本
で約十ヶ月間でする実験の量と、向こうに二ヶ月いてする実験の量を比較すると1:10くらいで
すね。
ちさと
日本の実験系の方の話を伺うと、夜中までとか朝までずーっと働きっぱなしということもあるよ
うですが、アメリカの場合はどうでしょうか?
静児
アメリカの場合はわりと時間で区切って仕事を終わって帰宅する場合が多いですね。日本の重力
波のひとは、ものすごい人、働き者がそろっています。アメリカにいたときは、みんな働かない
ので、私が普通くらいにやってると、向こうの標準からいうと私はすごい働き者なんですが、日
本の重力波グループの人からみると私はすごく働かない人になるんです。差が大きいですね。日
本の方がひとりあたり三倍くらい働いています。
ちさと
能率という点ではどうでしょうか?
静児
2000年の夏に世界最高感度を出したのですが、それ二年ちょっと、世界最高を維持したのですが、
最近抜かれましたね。スピードは日本のほうが圧倒的に速いのですが、ただしプロジェクトに携
わってる人数がぜんぜん違いますから、一人が三倍働いても太刀打ちできないんですよ。
ちさと
重力波グループのホームページを拝見すると、連続何時間観測達成と書いてありますが、これも
世界記録ですか?
静児
先ほど2000年夏に世界最高感度達成という話をしましたが、2001年に打ち立てた連続観測時間
1000時間も最高記録です。それまでは最高200時間程度でしたから。でも、いまはもう1000時間
くらいはLIGOもできるようになったので。
ちさと
なにが連続観測時間を制限してるのですか?
静児
まだ完成してないわけですから、感度を上げて観測し、また感度を上げて観測し、という繰り返
しをするんです。ずっと観測してもいいんですが、それだと感度が上がらないわけですよ。だか
ら観測し、感度を上げて、また新しい感度でやると。長い間観測してればいいというものじゃな
いんです。もし信号が連続して見れてれば、長く積分すればS/Nが時間のルートであがってい
くわけですが、見えてないですから(笑)。たとえば100倍の時間かけてS/Nを10倍上げる。で
も見えてないから、積分しても意味がないですよね。
ちさと
重力波の場合は、検出だけでもすごいことですよね。
静児
そうですね。検出できたら、やはりノーベル賞でしょうね。
ちさと
最初の重力波検出はアメリカのグループが成功しそうです
か?
静児
そうですね。その可能性が高そうです。
ちさと
天文台にある検出器はどうなるのですか?
静児
TAMA計画は、もともと宇宙線研のLCGTといって日本の
将来計画、3kmの神岡のトンネルのなかにつくるという、
その中間的なステップなんですよ。ここで開発したいろい
ろな技術をもとにLCGTをつくる計画になっているんです。
だから、そういう意味では、天文台の装置はちゃんと動い
て役目を果たしてると。
ちさと
LCGTとアメリカの重力波検出器の違いはなんでしょうか?
静児
一番の違いはLCGTは低温でやるということですね。それは
−14−
打つのは得意。野球のバット。とっても大
好き、バトミントンのラケット
重力波のレーザー干渉計には基本的なノイズ源があって、その中のひとつに鏡のブラウン運動と
いうのがあります。このブラウン運動は低温にすれば小さく抑えられるんですね。それに挑戦し
てるのが日本の計画、LCGTですね。アメリカの場合は常温で検出しようとします。低温は大変
だからですが。
ちさと
世界で大きな重力波検出器の計画というとアメリカと日本ですか?
静児
実は日本はまだ、予算がとれてないんですよ(苦笑)。この不況の時代に予算をとるのは大変で
すね。バブルのときだったら、TAMAが世界最高感度を出したっていうだけで、予算が付いたか
もしれないですがね。アメリカと日本の重力波グループで、国際競争という面も確かにあります
が、一緒に研究するという意識のほうが強いです。それはやっぱり重力波って一台では受かった
って言うことができないので、世界で重力波ネットワークになってるんですよ。何台も検出器が
ないとだめなんです。さっきの、重力波がどこから来たのかいう問いにも、検出器がいっぱいな
いと答えられないんですよね。そういう意味で、競争よりも協力のほうが、他の分野よりも強い
と思います。だから、人の交流もいっぱいあって、日本からアメリカに行ってる研究者もかなり
いますね。
ちさと
川村さんは、カルテク滞在中は、どこかのチームリーダー的に実験をされているのですか?
静児
いや、ひたすら小間使いとなって実験してます。
ちさと
ちなみに、カルテクにはバトミントン仲間っていらっしゃるのですか?
静児
いますよ!
ちさと
なんと。
静児
バトミントンはほとんど毎日やってますね。
ちさと
カリフォルニアとバトミントンってイメージがあわないのですが。
静児
あぁ、アメリカ人はほとんどしないですね。カリフォルニアって、いろいろなところから人が集
まってますから。中国人がまず多いですよね。それからヨーロッパの人。インド、インドネシア、
そういういう仲間とバトミントンで楽しんでます。実は、デンマークってバトミントンが強いん
ですよ。このまえのヨネックスの、ジャパンオープンかな、でも女のひとのシングルスの優勝は
デンマークのひとでした。仕事をして、バトミントンを夕方にして、ご飯を食べて、また仕事と
いう生活です。
ちさと
え、また、仕事ですか?そうするとアメリカではすごく働いてるような気がするのですが。
静児
むこうはなんか時間があるんですよね。いっぱい遊んでもいっぱい実験ができて。それは、まあ、
お客だから雑用がないんですよ。
ちさと
日本にいると雑用が多いのですか?
静児
もう思い出すこともできないくらいありますね。
ちさと
それは助教授だからということでしょうか?
静児
いやーなんかよくわからないです。ただひたすらずっと、何かの仕事をやってて、何を一体やっ
てたんだろうって、思い出そうとしても思い出せないことがありますね。なんらかの雑用をして
るんですが。
ちさと
じゃあほとんどの研究活動はアメリカですか?
静児
えぇ、だからアメリカに行くのをとても楽しみにしてるんですよ。ただ、今回は滞在期間が長く
て、子供も一緒に行くので、学校とかのことが面倒ですよね。学校は学校区が決まっていて、別
の区の学校には行けないんです。それで、場所によっては危ないところもあるので、いい学校が
あるところを選んで住むということになりますね。カルテクがあるパサデナ市は、高級住宅地な
んですが、学校はすごく悪いんですよ。私立はいい学校があるので、私立を選ぶ人が多いのです
が、私立はむちゃくちゃ授業料が高いんです。でも、パサデナの周りにサウスパサデナとアーケ
−15−
ーディアとラキャナダ、サンマリノって四つ市があ
るんですが、その四つの市にある公立学校は優秀な
んですよ。だから、どれかの市に住もうと思うんで
すが。でも、一年間、実験をまたやれるというのが
楽しみですね。
ちさと
日本にいるとできないのですね?
静児
なんかできないですね。
人と違ったことをしてれば、間違いない
ちさと
海外で生活したから、経験できたこと、感じたことなどはおありですか?
静児
うーん、そうですね、すごくユニークな人に多く出会えたってことかな。たとえば、日本人を集
めてきたときの個人の考え方の違いを10cmくらいとしますよね。でもアメリカ人の場合は、それ
が1mくらいあって、その両端にいるような考え方をもってる人も結構いるんです。いろんな個
性の人がいて、楽しいですよね。だから、考え方も人それぞれなんです。人それぞれなので、相
手はこう考えるだろう、ってことを気にしなくていいので楽ですね。
ちさと
わが道を行くですか?
静児
そう、皆わが道を行く。私のすごい親友で、リカルド・デサルボっているんです。イタリア人な
んですが、最初に会ったときからなんか変わってて、カーリーヘアをしてて、頭がこうぼわっと
でかいんですね。それでひげがすごく伸びてて、頭の先から、ひげのさきまで1mくらいある
(笑)。もうむちゃくちゃなひとで、すごい面白いんです。彼はお父さんが炭鉱で働いていた関係
で、彼もかなり大きくなるまで炭鉱にいたんですが、だいぶたってから物理をやろうと思っては
じめたらしいです。あと、私のボスでロビー・フォクト、今は引退したLIGOのボスだったんです
が、彼はユダヤ民族でドイツにいたんですけれど、ナチの虐殺があったときに、両親殺されて、
彼も傷を負ったのです。でも、彼は奇跡的に助かって、25歳くらいで大学に行こうっておもって、
大学に行き始めて、物理を勉強しはじめて、それでカルテクの副学長になるほどのすごいえらい
ひとになってるんですよね。そいういう、アン・オーソドックスなひとが多くて、そういうひと
の考えかたって、やっぱり全然、普通のひととは違うんですよね。
ちさと
逆に、ムカっときたこととか、困ったことってありましたか?
静児
自分が日本人だなと思った経験はありますね。何かをしてほしいときに、これやってほしいって
日本人はなかなか言えないですよね。まず、“こうしてほしい”に足るだけの理由を述べておい
て、相手がそれを言わずとも悟ってくれることを期待してますよね、日本人は。でも、そういう
ことをしてると、向こうの人がだんだんいらついてきて、「どうしてほしいんだ!」ドン!と。
だから、何年かして、そのことに気がついたので、直しました。そうしたら、あとはすべてうま
くいくようになりましたね。
ちさと
日本もこうだったらいいなということはありますか?
静児
日本は人のことを気にするひとが多いですよね。私はあんまり気にしてないんですが、つらくな
ってる人もいると思うんですよね。そういう人が、どはずれてアン・オーソドックスなひとと会
ったり、そういう文化に接したりすると、たぶん、もうまわりを気にしなくなるのかもしれない
と思います。私にとっては、日本人は細やかでいいんですが。
ちさと
7年いると考え方もアメリカ人ぽくなりますか?
静児
そうですね。でも片方の端に日本人、反対側にアメリカ人をおいて、自分ではアメリカにぐんと
よってると思うのだけれども、アメリカ人のなかにはいるとまだアメリカ人と日本人の真ん中く
−16−
らいだなと感じます。
ちさと
ホントに海外だと日本では信じられないことがありますよね。バスの運転手が道を知らなくて、
お客に道を教えてもらってたり。日本の常識は通じないなぁって。
静児
なんかこう、常識をこわされるのって いいですよね。
ちさと
アメリカと日本どちらがお好きですか?
静児
私、天気を重んじるのです。カリフォルニアだとあったかくて、雨があまり降らない。するとア
メリカが、といってもロサンジェルスなんですが、そちらがいいですね。運動もしたいので、ジ
ムが近くにあるっていうのも重要で、カルテクなら、いつでも使えるし、でも天文台には、ない
ですよね。作らないですかね。そういう面ではもやっぱりアメリカが、というかカルテクが、い
いですね。食べ物は、最近あの、私ラーメン好きなんですけど、ラーメンはやっぱり日本のほう
が圧倒的にうまいですよね。そこら辺の日本のうまいラーメンというのはアメリカまではまだ進
出してないですから。ただし、中華料理に関しては、アメリカのほうが、といってもロスに中国
人がいっぱい住んでいるからなのですが、圧倒的にいいですね。安くて、おいしくて、いっぱい
ある!
ちさと
友達にもラーメンが本当にすきで、おいしい店を探してまわるってひとがいますけれど、あの感
覚がわからないです、私には。なぜそこまでするのかと理解に苦しむんですが。それはさておき、
いまのところですとアメリカのほうがポイントが高いですね。
静児
ま、日本が勝ってるのはラーメンくらいですね(笑)。後はすし。アメリカにもすしのレストラ
ンがあるのですが、さえないですね。ロサンゼルスはとくにさえないですね。これがボストンま
でいくと日本より、ねたが新鮮だという話ですが。あと、パスタ!アメリカでは驚異的にさえな
いんですよ。イタリア人はアメリカで絶対にイタリアレストランに行かない。パスタが全部ゆで
すぎなんですよね。で、このまえ研究会でイタリアにいったときに、みんなでパスタを食べて、
「あーうまいねー。やっぱ、こっちは」ってみんなで言ってて、いっしょに行ったアメリカ人の
ポスドクに 「どうだぁ?うまいだろー」って聞いたら、「まあね」って反応で、「まあね?その
程度?」と思ったんで、もうちょっと聞いたら、「パスタがかたすぎる」って。それで、すべて
のなぞが氷解した(笑)。
ちさと
それでは最後に、今年の夏の学校で、天文と社会のセッションのテーマは、「海外生活のすすめ」
だそうです。なにか川村さんから、若手にひとことメッセージをお願いできますか?
静児
私は自分の世界放浪計画が頓挫したので、若手へのアドバイスとしては、「最近は不況のせいか、
世知辛くなってきてますが、就職云々を考えずに冒険してください」ってところかな。
私は、カルテクに7年いたんですが、はじめから7年もアメリカにいようとしたわけじゃないん
です。最初は2∼3年アメリカにいて、それからドイツ、フランス、イタリア、オーストラリア
と順に巡って、最後は南極にいこうと計画してたんです。
が、アメリカに3年滞在したあと、ドイツに行くことになってたんですが、ちょっと日本に戻る
のもいいかなと思って、日本にちょっと一年ほど戻ったんです。そのうちにドイツの予算がぽし
ゃってきて、ドイツへ行こうとしたら、あんまりお金がないので、給料がそんなに払えないと受
け入れ先から言われてしまって。ドイツで払ってくれる給料はアメリカにいたときの半分くらい
になっちゃったんですよ。家族もいたので、こりゃ生活できん、と思って、またアメリカに戻っ
たんです。だからほんとは世界を遍歴したかったな。けっこうそういうの好きなんですよ。よく
わからないことをするのが好きなので。やっぱり新しい経験とか楽しいですよね。
ちさと
はじめの計画では、アメリカ、ドイツ、イタリア・・・
静児
オーストラリアにいって、南極でしめようかなと。あぁ、中国も行くかな。どこも重力波の研究
をしてるところですが。
−17−
ちさと
南極にも重力波のグループがいるんですか?!?
静児
南極は個人的に興味があって。昭和基地とか楽しそうですよね。でも家族がいるから行けなくな
ちゃいましたね。十年くらいは遊ぼうかと思っていたのに。でも、いまさらでもやれないことは
ないか。
ちさと
では、アドバイスは、就職のことは気にせず、冒険して、楽しんで、いろんな経験したほうがい
いと・・・
静児
人と違うことをやってればまず間違いはないので、みんなが就職、就職と言ってるときは、就職
のことは忘れて、別のことをする!と。無責任なアドバイスですけれど。
ちさと
どうもありがとうございました。
のほほーんとした表情のなかに、きらきら鋭く輝く目が印象的でした。普段いらっしゃるところでインタ
ビューさせてくださいとお願いしたのですが、もしかすると研究室よりは体育館に伺ったほうがよかった
のかしら?重力波が奏でる音楽ってどういう音楽でしょうね?お忙しいところ、撮影用のポーズもいろい
ろ苦心していただいて、ありがとうございました。
(天文情報公開センター 助手 生田 ちさと)
編 集 後 記
今年の天文イベントは何と言っても火星大接近。今回の大接近は、米海軍天文台の計算によると紀元前 55537 年以来
という大当たりだそうです。前回の大接近のときにも、人類は空を見上げて大騒ぎしたかしらん。(F)
ハワイ観測所に滞在中。ここにはビジター用の部屋がなく、今もラウンジに置かれたコンピュータに向かっている。
落ち着いて仕事ができる環境ではない。でも、いろんな人が行き来するので、人をつかまえて話をする(仕事を頼む)
には最適の環境だ。そういう理由でビジター室を作らないのではないのだろうが…(W.A) 東京電力の停電がこわい今日この頃。節電といっても、エアコンになれてしまった身では、せいぜい設定温度を1度
上げるくらい。PC からは、熱がでるし…(C.I)
ノート PC の液晶画面がちらついて調子が悪い。たたくと直るのでだましだまし使っている。たたくと直るというのは
まるで真空管式のラジオみたいだと言ってみたのだが、世の中もはや真空管なんて見たことも無い世代が主流か。(CRT
も分類すれば真空管なのですが。)(Y.T.)
最近台内の某小屋で実験をしているが、夏場はどこからか虫がたくさん入り込んで来るのが悩みのタネ。天井がクモ
の巣だらけになったり定盤の上を虫が歩いていたりするだけならともかく、最近はパソコンを持ち込んでいるので、中
に住み着かないか心配だ。(Y.H)
ヒト ES 細胞やらクローン・ラバやら、不穏な動きが最近いたるところで見られますね。新聞に向かってやめろと怒っ
ている今日この頃です。(成)
−18−
人事異動
劉 慶会
古屋 玲
・科学研究員
川野元 聡
平成15年4月1日付∼
○採用
・事務補佐員
井口 敏子
管理部庶務課
加納 久世
管理部庶務課
土屋比呂子
管理部会計課
石見 典子
管理部会計課
八百 洋子
位置天文・天体力学研究系
近藤美穂子
位置天文・天体力学研究系
西村美智子
位置天文・天体力学研究系
吉住みづほ
位置天文・天体力学研究系 ・技術補佐員
萩野 正興
太陽活動世界資料解析センター
・技能補佐員
小林 亮
管理部庶務課
・臨時用務員
兒玉 博美
野辺山宇宙電波観測所
・教務補佐員
吉野 彰
天文学データ解析計算センター
町田 正博
天文学データ解析計算センター
・非常勤研究員
三澤 透
光学赤外線天文学・観測システム
研究系
吉田 二美
光学赤外線天文学・観測システム
研究系
西合 一矢
理論天文学研究系 石津 尚喜
天文学データ解析計算センター
榎 基宏
天文学データ解析計算センター
服部 尭
岡山天体物理観測所 中里 剛
野辺山宇宙電波観測所
地球回転研究系
電波天文学研究系
光学赤外線天文学・観測システム
研究系
佐藤 修一
位置天文・天体力学研究系
前澤 裕之
電波天文学研究系
氏原 秀樹
電波天文学研究系
渡邊 誠
ハワイ観測所
中島 康
光学赤外線天文学・観測システム
研究系
矢野 太平
位置天文・天体力学研究系
矢作日出樹
理論天文学研究系
永田 洋久
天文機器開発実験センター
藤井 高宏
地球回転研究系
・研究機関研究員
佐藤 文衛
光学赤外線天文学・観測システム
研究系
町田 真美
理論天文学研究系
中西康一郎
電波天文学研究系 平成15年5月1日付
○転出
小林 尚人
東京大学大学院理学系研究科助教
授(ハワイ観測所助手)
○転任
廣田 朋也
地球回転研究系助手(鹿児島大学
理学部助手)
○配置換
小宮山 裕 ハワイ観測所助手(光学赤外線天
文学・観測システム研究系助手)
New Staff
ーションを中心として活躍してしている理論天体
物理研究者で、その研究領域は理論天体物理の
様々な領域に広がっています。
○外国人研究員
これまで系外銀河天文学、活動銀河中心核、超新
ディンショー・バルサラ
星残骸、星間物質、星形成、降着円盤など幅広い
(インド)
滞在期間:15. 4 .16 ∼ 15. 7 .15
領域で研究してきました。彼は、(スケールの全
く異なる現象が作用し合う)マルチスケールの物
ディンショー・バルサラ(Dinshaw Balsara)氏
理にも興味を持っており、天体物理学におけるマ
は、ノートルダム大学物理学科の助教授で、2003
ルチスケールの磁気流体力学、輻射輸送過程の研
年4月15日から7月15日まで外国人客員教授として
究も行なっています。
(富阪 幸治)
国立天文台に滞在しています。彼は数値シミュレ
−19−
12
M46(散開星団)とも座
M48(散開星団)うみへび座
おおいぬ座シリウスの東側、淡い冬の天の川に
ある 100 個あまりの星の集まりで、双眼鏡で見る
姿はとても美しい。望遠鏡で倍率を上げると、星
団の中心部に惑星状星雲 NGC2438 が見えておもし
ろい。
うみへび座といっかくじゅう座の境界付近にあ
る散開星団。こいぬ座のα星(プロキオン)とβ
星を、α星側に延長すると見つけることができる。
この星団もまた、メシエの位置計算の間違いのた
めに、南に5°ずれた位置の天体としてカタログ
に記載され、1959 年に NGC2548 と同定されるま
では行方不明の天体とされていた。
M47(散開星団)とも座
M46 のすぐ西側に隣り合うようにあり、双眼鏡
で同じ視野に見える。M47 のほうが明るい星が多
くまばらに見える。メシエは、この天体の位置を
誤ってカタログに記載してしまったため、該当位
置に星団がみつからず、行方不明の天体とされて
しまった。NGC カタログの 2422 と同一天体であ
ることが確認されたのは、およそ 160 年後の 1934
年になってからである。
M48
M49(銀河)おとめ座
M46
M47
おとめ座にある明るい大型の楕円銀河。おとめ
座銀河団に属するメシエ天体の中では最初に発見
されたものである。この、おとめ座からかみのけ
座にかけての領域では、後に 10 個以上の銀河が立
て続けに発見されることになる。
メシエ天体とは、フランスのシャルル・メシエ
(1730 ∼ 1817)により編集された 100 あまりの
星雲・星団、銀河などのカタログ。天体名は、カ
タログ番号にメシエの頭文字の「M」を冠して呼
ばれる。彗星捜索者だったメシエが、彗星と見間
違うような天体を記録したのが始まりである。当
時、主に彼が使用した望遠鏡は口径9 cm のもの
と言われている。そのため小口径の望遠鏡でも見
える明るい天体が多い。
M49
(広報普及室 教務補佐員 小野智子)
参考:http://www.seds.org/messier/Messier.html 
Fly UP