...

国産養殖サーモン

by user

on
Category: Documents
36

views

Report

Comments

Transcript

国産養殖サーモン
国産養殖サーモン
銀乃すけ
http://www.gyouba.co.jp
1
• 平成15年より弊社が、大森庄二郎、大森新治、安部三代治、
佐々木孝雄の4名の生産者と手を組み、㈱科学飼料研究所
が開発した「ネッカリッチ配合飼料」を使い育てた銀鮭を弊社
が加工、販売するものを言う。生産から加工販売まで顔の見
えるサプライチェーンを構築している。
消費地ユーザー様
加工・
販売
㈱行場商店
養殖業者
大森庄二郎
大森新治
安部三代治
佐々木孝雄
飼料メーカー
科学飼料研究所
2
鮮やかな身色の赤み
程よい脂肪
漁場から工場まで至近距離にある
原料受け入れから消費地まで定温管理が出
来ている
• 4人という少人数の生産者グループでありト
レーサビリティーが確立できている
•
•
•
•
3
原料は南九州産の樫、椎などの常緑広葉樹皮です。
樹皮は時間をかけて低温度で炭化し、動植物に最適な「軟質炭素」へと炭化処理します。
又、炭化過程で採取された煙を冷却することによって得られた「木酢液は、バイオマス変換技
術を駆使し、専用タンクで3~5年かけてじっくり熟成させます。
こうして作られた「軟質炭素末」と「精製木酢液」を一定の割合で混合させ、約280種類の有機
酸・有機化合物群と10余種類のミネラルを無定形炭素に吸着させたユニークな植物性混合飼
料「ネッカリッチ」が誕生します。
「ネッカリッチ」の命名由来
「熱化学(ネッカ)がもたらす豊か
な繁栄(リッチ)」という意味から
付けられた名称である。
4
•
•
魚体の成長促進、病気予防、食味の向上、さらに漁場の環境の浄化
など、魚体の健康にとって総合的に作用します。
人間の血漿コレステロールを低下させる食品中の不飽和脂肪酸とい
われる成分が増加する。中でもリノール酸、リノレイン酸といった人
間の健康に欠かすことが出来ないといわれる必須脂肪酸について、
ネッカリッチがその数値著しく増加させ、その反対作用をもつ飽和脂
肪酸が減少するという結果多くの調査、実験で明らかにされた。
ネッカリッチ株式会社様のHPより抜粋
5
常緑広葉樹の樹皮
樹皮炭
木酢液
6
発眼卵採取場
北海道斜里郡斜里町字富士62-12
吉原養殖㈱
TEL 0152-23-1602
H24年11月~12月
淡水養魚場
淡水養魚場
淡水養魚場
淡水養魚場
岩手県遠野市附馬牛町
上附馬牛千刈畑
岩手県岩手郡雫石町
御明神字志戸前
宮城県栗原市一迫
不動西15
宮城県大崎市鳴子町
中山平
㈱大丸カイエイ
遠野養魚場
清水川養鱒場
石山養鱒場
菊川養魚場
TEL 0198-64-2147
TEL 0195-76-3191
TEL 0228-54-2318
H24年12月~H25年11月
H24年12月~H25年11月
H24年12月~H25年11月
H24年12月~H25年11月
海面養殖場
宮城県南三陸町志津川湾
大森庄二郎
大森新治
安部三代治
佐々木孝雄
H25年11月~現在に至る
7
大森庄二郎
保有生簀形態
大森新治
安部三代治
佐々木孝雄
7.5m×8角 7.5m×8角 7.5m×8角
7.5m×8角
合計
保有生簀台数
7基
4基
4基
稚魚搬入尾数
185,600尾
102,700尾
104,700尾
108,900尾
501,900尾
稚魚搬入重量
29,000kg
17,000Kg
16,500kg
17,500kg
80,000kg
生産予想数量
362,500kg
212,500kg
206,250kg
218,750kg
1,000,000kg
4基
19基
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
平成25年11月 1日
稚魚搬入第一便
21
22
23
系統別25年漁期生産実績及び26年漁期稚魚搬入データ
H25年漁期
H26年漁期
H25年漁期稚魚搬入数
会社名
銀乃すけ
伊達銀
日清丸紅
ニチモウ
日本水産
太協物産
丸東水産
その他
合計
経営体数
稚魚搬入数量(kg)
H26年稚魚搬入数
H25年生産実績
稚魚搬入尾数(尾)
経営体数
4 件
67,000
443,409
生産数量( t)
14 基
稚魚平均サイズ
151g
成長倍率(倍)
16 件
249,910
1,485,719
生産数量( t)
57 基
稚魚平均サイズ
168g
成長倍率(倍)
13 件
197,500
1,132,991
生産数量( t)
36 基
稚魚平均サイズ
174g
成長倍率(倍)
7 件
84,700
508,895
生産数量( t)
19 基
稚魚平均サイズ
166g
成長倍率(倍)
件
0
0
基
稚魚搬入数量(kg)
予想成長倍率
稚魚搬入尾数(尾)
970
4 件
80,000
14.48
19 基
稚魚平均サイズ
3,080
16 件
313,000
2,041,472
12.32
57 基
稚魚平均サイズ
153
2,088
13 件
191,000
1,090,909
10.57
36 基
稚魚平均サイズ
175
1,144
7 件
90,030
588,514
13.51
19 基
稚魚平均サイズ
153
生産数量( t)
件
0
0
成長倍率(倍)
基
8 件
113,850
587,437
生産数量( t)
21 基
稚魚平均サイズ
194g
成長倍率(倍)
3 件
53,000
281,915
生産数量( t)
12 基
稚魚平均サイズ
188g
成長倍率(倍)
9 件
230,000
1,386,314
生産数量( t)
46 基
稚魚平均サイズ
166g
成長倍率(倍)
60 件
995,960
5,824,743
501,900
159
1,102
8 件
119,500
682,005
9.68
21 基
稚魚平均サイズ
175
678
3 件
68,000
412,121
12.79
12 基
稚魚平均サイズ
165
2,557
9 件
234,000
1,295,852
11.12
47 基
稚魚平均サイズ
181
11,619
11.67
60 件
1,095,530
平成25年度生産実績 (t)
11,619
平成26年予想生産高 (t)
13,584
成長倍率 (倍)
11.67
予想成長倍率 (倍)
12.40
生産数量( t)
成長倍率(倍)
予想生産高
(kg)
12.5
1,000,000
12.5
3,912,500
12.0
2,292,000
13.0
1,170,390
12.0
1,434,000
12.5
850,000
12.5
2,925,000
12.4
13,583,890
24
宮城県産養殖銀鮭生産販売実績
年度
経営体
数
生簀数
稚魚
成長率
t
倍
*単価、金額共に税抜
出荷合計
単価
円
数量
t
年度 経営体数
金額
百万円
生簀数
稚魚
成長率
t
倍
数量
t
出荷合計
単価
円
金額
百万円
S51
1
1
0.1
20
2
2,000
4
7
189
657
1642
8.5
14052
320
4,511
52
1
4
2
15
3
1,666
5
8
113
320
961
9.7
8597
441
3,787
53
8
31
6
11.5
71
1,366
97
9
109
326
1011
10.1
10175
442
4,496
54
39
87
27
12
325
1,190
387
10
109
331
1051
8.4
8863
452
4,016
55
97
292
148
12.4
1847
989
1,827
11
109
326
1134
10.4
11800
483
5,698
56
101
246
88
12.4
1098
1,039
1,141
12
107
318
1206
11.2
13500
388
5,237
57
112
341
163
11.5
1877
1,159
2,177
13
106
312
1167
10.3
12110
310
3,749
58
121
325
220
10.9
2557
942
2,409
14
88
264
875
11.1
9710
344
3,340
59
157
484
424
8.2
3985
870
3,471
15
74
224
834
10.9
9120
403
3,670
60
184
659
548
10.5
6100
948
5,784
16
78
234
885
11.2
9933
372
3,702
61
204
723
633
8.5
6902
780
5,386
17
80
242
988
12.9
12703
374
4,751
62
269
882
1165
8.9
10403
825
8,579
18
77
232
1022
11.8
12031
446
5,362
63
277
950
1327
10.7
14245
890
12,675
19
78
231
1099
12.3
13578
420
5,707
H1
329
1089
1729
10
17318
577
9,994
20
78
243
1250
10.2
12803
457
5,856
2
342
1144
2010
10.2
20487
680
13,915
21
79
356
1246
12.5
15585
425
6,618
3
335
1133
2013
11
22299
462
10,315
22
82
269
1448
10.2
14750
425
6,263
4
395
1013
2096
10.4
22338
592
13,236
23
81
269
1428
5
290
991
2168
9
19548
494
9,599
24
60
146
828
6
275
934
2153
9.4
20273
426
8,649
25
60
205
996
26
60
211
1095
津波により流失
11.4
9448
248
2,345
11.7
11619
376
4,363
12.4
13578
予想
25
弊社生銀鮭フィレーの特色
•
生食可能な水準の衛生管理。
自主細菌検査室、検査機器の設置により日々の検査体制の充実。
連続殺菌ラインと深絞り機を導入することにより生食用真空パックフィレーの大量生産を実現。
•
充実した加工施設により定温加工、流通が可能。
加工室15℃ 製品保管庫0℃ 原料保管庫3℃
•
物流機能の充実。
北は札幌南は姫路、徳島までの翌日の着荷。休市日も対応可能元旦を除く364日対応。
26
•
自前の製氷設備がありふんだんに使用できる。
第一製氷工場(日産17.5t 貯氷能力20t)
第二製氷工場(日産15t 貯氷能力30t)
•
•
日産10,000尾の生産能力。
漁場から至近距離に工場が立地している
水揚岸壁から15~20分
•
放射性物質の検査体制
月~金の週5回の自主簡易検査と月1回の公的検査の実施。MDシール及び販促POPに入っている
QRコードから弊社ホームページ上での検査結果の公開。
•
生産ライン上に金属探知機の設置。
Fe 2.5mm
Sus 4.8mm
・ 販促グッツの充実
QRコード付MDラベル、QRコードから放射能検査結果の閲覧。
銀乃すけのみ
ポスター(A2版)、売場用POP(A4版、A5版)、レールPOP
27
生銀乃すけフィレー
今年度の初出荷は4月上旬を見込んでおります。
trim
荷姿
容器
真空P
鱗
カマ
腹骨
PB
皮
備
考
A
5kg2合
発泡
無
無
有
有
有
有
通常の加熱用フィレー
B
5kg2合
発泡
無
無
無
無
有
有
カマ、腹骨取りフィレー
G
約3kg4合
発泡
有
無
無
無
有
無
生食用フィレー
表中PB・・・・ピンボーン。背節中央にある骨
trimB・Gについては6月以降の生産となります。
28
Trim
荷姿
容器
PB
ウロコ
皮
カマ
備
考
定塩フィレー
甘口
センターカット
8kg2合
発泡
有
無
有
有
塩分濃度
2.5~3.0%
定塩フィレー
中辛口
センターカット
8kg2合
発泡
有
無
有
有
塩分濃度
4.5~5.0%
通年の供給が可能です。
29
30
31
Fly UP