...

楽水会ランチセミナー(2010/12/16)発表資料

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

楽水会ランチセミナー(2010/12/16)発表資料
中部講堂前の銅像 その2
伊谷 以知二郎
第三代水産講習所長
東京海洋大学附属図書館
情報サービス係
中部講堂前の伊谷以知二郎銅像
藤井浩祐氏作。昭和8年12月1日に除幕式。
当時の楽水会発行記念絵葉書
業績
• 業界の大御所、世話役、指導者として水産
及び缶詰業界に大きな足跡を残した。伊
谷亡き後伊谷なしとまでいわれた偉大な
存在。(日本缶詰史より)
• 缶詰製造の指導・助言
• 水産講習所所長として学制改革
• 水産金融改善に尽力
• その他多数
生い立ちから水産伝習所入学まで。
•
•
•
•
•
•
1864 紀州藩士田中傳の子として出生
15才 三菱商業学校予備科入学
18才 同校廃校。独学。
20才 伊谷家の家督を継ぐ。
21才~23才 「日蓮宗教報」編集人
24才 水産伝習所入学。
私生活の苦難
• 父が鉱山事業に失敗し借金返済のため困
窮生活。(13才頃~32才頃まで)
• 次々と家族が病に倒れ、亡くなる。(両親、
兄弟、3人の妻)
• フロックコートを質に入れ、必要な時は着
ている背広を質に入れてフロックコートを
出して着た。
水産伝習所第一期生(入学24才)
• 教師は関沢明清、金田帰逸、河原田盛美、
山本由方、内村鑑三など一流の人材。松
原新之助が35才の魚類学・養殖担当の教
師だった。
水産蕃殖備考
1892
• 水産伝習所の生徒7名が水産養殖につい
て分担執筆。明治23(1890)年の内國勧業
博覽會に出品し有効三等賞を受賞した。こ
れを明治25(1892)年に印刷した書籍。残
念ながら図版は印刷されず。
• 伊谷以知二郎の在学中の業績という意味
で貴重である。本学図書館のみ所蔵。
第一回水産伝習所卒業生記念写真
明治23年2月22日(26才)
内村鑑三
伊谷以知二郎
大日本水産会録事補から水産伝習所
へ
• 26才 大日本水産会で会報の編集。大隈重信、
村田保、松原新之助などに接する機会。
• 29才 水産伝習所の寄宿寮舎監。水産伝習所6
回生30余名を引率し、千葉県館山で鯨味
付缶詰の製造実習指導。
• 30才 水産伝習所製造科講師
• 32才 同主任
• 34才 水産講習所技手
軍用缶詰として鯨缶詰製造(30才)
• 大日本水産会が銃後の報国運動として缶詰
献納計画。製造は伝習所生徒が奉仕。材料
の提供を一般に呼びかけた。
• 関沢明清氏から槌鯨1頭寄贈。
• 伊谷以知二郎は製造の陣頭指揮。
• 酷暑の館山で2800個の缶詰を製造し勇魚大
和煮と名づけて献納。
小田原実習場開所(38才)
• 伊谷以知二郎と内村達次郎が設計した。
設計図
小田原実習場の写真(大正8年卒業アルバムより)
米国セントルイス万国博覧会(40才)
• 審査官として渡米。
• 米国水産事情調査。各地を精力的に見学。
• 日本の水産物をどのようにすれば米国に
輸出できるか、取引、販売、冷凍法、経営
組織、漁船保険など。
7ヶ月の米国水産事情視察(40才)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ピッツバーグ(ブリキ製造)
ノーフォーク(牡蠣缶詰)
ワシントン(水産局次長訪問)
バルチモア(カニ缶詰工場)
ニューヨーク(缶詰工場、魚市場、製氷会社)
ニューベッドフォード(捕鯨基地)
ボストン(漁船保険と漁業金融)
グロースター(タラ肝油製造法)
ブルックリン(缶詰機械工場)
鰛油漬罐詰製造書(43才)
• 鰛油漬罐詰製造書
伊谷以知二郎, 松尾霊彦[共著]. –
水産書院, 1907
• 水産製造学
伊谷以知二郎著
刊年不明
ベニザケ缶詰で賞(45才)
• 藤野辰次郎がカムチャッカ漁業視察で持
ち帰ったベニザケを水産講習所に寄贈。
• 伊谷はアメリカでベニザケ缶詰が製造され
ていることを知っていたので缶詰製造。
• 明治42年、アラスカで開催の太平洋博覧
会に出品し大賞牌獲得。
• 後の缶詰輸出の素地となる。
最新缶詰製造全書 : 実験応用(47才)
• 最新缶詰製造全書 : 実験応用
伊谷以知二郎, 今井次郎著. -- 日本和洋
酒缶詰新聞社, 1911
大日本洋酒罐詰沿革史(51才)
• 大日本洋酒罐詰沿革史 : 附載 洋酒、罐
詰、乳製品登録商標
風戸弥太郎編 -- 日本和洋酒罐詰新聞社,
1915 *第二編の缶詰編を下啓助と伊谷
以知二郎が共編。
伊谷藻
(51才)
• 伊谷以知二郎の指導により杉浦六彌は樺
太遠淵湖産藻類から寒天製造に成功。
• 杉浦はこの藻に伊谷藻と命名。
雲鷹丸のカニ缶詰製造試験(52才)
• 大正5年雲鷹丸がカムチャッカ沖でカニ缶
詰製造時の冷却・洗浄に海水を利用でき
ることを実証。
• これにより真水の運搬という障壁がなくな
り、工船カニ缶詰製造業は急速に進歩。
水産講習所第三代所長就任(53才)
• 同窓初の所長
• 養殖分場設立予算獲得など。
• 学制改革
学制改革(58才)
• 大正8年の学生からの水産講習所内容充実の提案をき
っかけとして、具体案検討、成案、予算計上、申請、議会
提出、実現。
• 改正要点
・修業年限を3年から4年にする。
・入学資格を中学4年以上又は甲種水産学校卒業または
これに準ずるものとする。
• 数学・物理・語学など基礎学科を増加して基礎的学力の
充実をはかる。
• 専攻科を設ける。
• 試験部を充実する。
最近水産製造講義(58才)
• 最近水産製造講義
伊谷以知二郎 [ほか] 著 ; 上巻, 下巻. -裳華房, 1922
関東大震災で校舎全滅(59才)
• 校舎があった越中島地区は火災がひどく
木造校舎は全焼、所蔵図書2万冊、標本な
ども灰燼に帰した。
• 仮校舎復旧の予算配布を受けて大正13年
3月に仮校舎竣工。卒業式を無事挙行。
水産講習所長退職(60才)
• 勧業銀行参与理事就任。
• 水産金融問題の改善のため尽力。
農林審議会委員として答申(68才)
• 農林審議会委員として出した政府諮問第1
号に関する答申案の“水産教育の改革”の
項で「水産大学を創設すること」答申。
• このことが、この後、様々な紆余曲折を経
た後に、昭和24年の東京水産大学発足に
つながっている。
銅像建設(69才)
•
•
•
•
楽水会で建設を決めたが、本人が固辞。
何とか説得。
帝国美術会員藤井浩祐氏作。
昭和8年12月1日に除幕式。
逝去(満72才)
• 昭和12年3月30日 胃がんのため逝去。
• 4月5日赤坂三会堂にて大日本水産会の
会葬。1600名もの会葬者による盛大な葬
儀が行われ、四谷区南寺町本性寺境内に
埋葬された。
人柄 趣味
•
•
•
•
清濁併せ呑む。
面倒見が良い。
粘り強い仕事の進め方
庭いじりが趣味。
急いではいけない
• 世の中はなかなか複雑で、思いもかけぬ
ところに暗礁が横たわっているから急いで
はいけない。決して急いではいけない。ゆ
っくり回り道して行くほかない、時間がかか
ってもいたしかたない。
自筆の手紙
第9回卒業生高椋栄吉氏宛て。高椋家より
譲り受け図書館所蔵。
ご清聴ありがとうございました。
*この資料は、2010年12月16日に発表したものを一部訂正して掲載するものである。
訂正部分:伊谷藻のページ、杉浦弥六を杉浦六彌と訂正(2015/6/29)
Fly UP