...

EMC® VNX®シリーズ VNX ®for Blockの概念

by user

on
Category: Documents
25

views

Report

Comments

Transcript

EMC® VNX®シリーズ VNX ®for Blockの概念
EMC® VNX®シリーズ
リリース 5.33
VNX ®for Blockの概念
P/N 300-015-136 Rev 01
EMCジャパン株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー
http://japan.emc.com
お問い合わせは
http://japan.emc.com/contact
Copyright © 2011 -2013 EMC Corporation.不許複製。
August 2013 発行
EMC Corporationは、この資料に記載される情報が、発行日時点で正確であるとみなしていま
す。この情報は予告なく変更されることがあります。
このドキュメントの情報は「現状のまま」提供されます。EMC Corporationは、このドキュメ
ントに記載されている情報についていかなる種類の表現または保証もいたしかねます。また、
特に、特定の目的のための、市販性または適合性の暗黙の保証を否定します。
この資料に記載される、いかなるEMCソフトウェアの使用、複製、頒布も、当該ソフトウェア
ライセンスが必要です。
製品ラインに関する最新版の安全規格情報については、EMC Powerlinkの[テクニカル ドキュ
メントおよびアドバイザリ]セクションを参照してください。
EMC製品名の最新のリストについては、http://japan.emc.comサイトの「EMC Corporation
Trademarks」を参照してください。
他のすべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標
です。
2
VNX for Blockの概念
目次
序文.....................................................................................................................................................9
第 1 章 : Secure CLIについて...............................................................................................13
Secure CLIについて...............................................14
Secure CLIの準備.................................................15
secure CLIの使用............................................15
LUN ID、一意のID、ディスクID.....................................17
第 2 章 : VNX CLI for Block...................................................................................................19
EMC Unisphereソフトウェアについて................................20
Unisphere System Initialization Utilityについて.............20
UnisphereホストとSPエージェントについて.....................20
Unisphere Server Utilityについて............................21
Unisphereについて...........................................21
ストレージ管理サーバについて................................22
VNX CLI for Blockの概要.....................................22
Unisphere Analyzerについて..................................23
Unisphere Quality of Service Managerについて................23
Unisphere環境...............................................24
VNX CLI for Blockによるシステムの構成および管理..................26
VNX CLI for Blockのインストール.............................26
ホストまたはSPエージェントのセットアップ....................26
リモート ミラーの構成と管理.................................26
リザーブドLUNプールの概要........................................27
リザーブドLUNプールの配置...................................27
予約済みLUNプールの適切なサイズの概算.......................27
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要............................29
VNX for Blockの概念
3
目次
iSCSIストレージ環境内でのiSNSの使用.........................31
第 3 章 : EMC VNX MirrorView/A CLI...............................................................................33
MirrorView/Aの概要...............................................34
動作条件.........................................................35
構成ガイドライン.................................................36
構成例......................................................36
MirrorView接続要件...............................................38
MirrorViewサイトでのSP間のケーブル接続......................38
MirrorViewの機能とメリット.......................................40
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング........40
MirrorView環境..............................................40
双方向ミラーリング..........................................41
EMC SnapViewソフトウェアとの統合............................41
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合............................42
遠距離でのレプリケーション..................................42
アプリケーションの統合......................................42
障害への対応.....................................................43
MirrorView/Aの障害対応方法..................................43
コンシステンシ グループの障害時の対処法.....................50
iSCSI関連の誤操作...........................................51
第 4 章 : EMC VNX MirrorView/S CLI...............................................................................53
MirrorView/Sの概要...............................................54
動作条件.........................................................55
構成ガイドライン.................................................56
構成例......................................................56
MirrorView接続要件...............................................59
MirrorViewサイトでのSP間のケーブル接続......................59
MirrorViewの機能とメリット.......................................61
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング........61
MirrorView環境..............................................61
双方向ミラーリング..........................................62
EMC SnapViewソフトウェアとの統合............................62
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合............................62
障害への対応.....................................................64
プライマリSPへのアクセスの障害..............................64
プライマリ イメージの障害...................................64
4
VNX for Blockの概念
目次
第 5 章 : SAN Copyの概念.....................................................................................................71
SAN Copyの機能とメリット.........................................72
システム ベースのデータ ムーバー アプリケーション...........72
使いやすいWebベースのアプリケーション.......................72
レプリケーション ソフトウェアとの併用.......................72
複数のシステム間での同時セッション..........................73
インクリメンタルSAN Copyセッション..........................73
EMC SnapViewソフトウェアとの統合............................73
EMC MirrorViewソフトウェアとの統合..........................74
SAN Copyソフトウェア コンポーネント..............................75
SAN Copy操作の概要...............................................76
SAN Copyの構成要件...............................................78
VNX Blockシステム間またはVNX BlockシステムおよびSymmetrix
システム間のデータ コピー................................78
VNX Blockシステム内でのLUN間のデータ コピー.................80
SAN Copy構成の例............................................80
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項....................82
ゾーニングの推奨事項........................................82
SAN Copyがインストールされていない場合とされている場合で
の単一イニシエータ ゾーニングの例........................86
第 6 章 : EMC SnapViewソフトウェアの概念...................................................................91
SnapViewの概要...................................................92
クローンの概要..............................................92
スナップショットの概要......................................93
クローンとスナップショットの比較............................95
SnapViewコンポーネント...........................................97
Unisphereについて...........................................97
VNX CLI for Blockの概要.....................................98
Admsnap Utilityについて.....................................98
MirrorViewとのSnapViewの使用................................99
SAN CopyとのSnapViewの使用..................................99
SnapViewサーバ..................................................101
クローンの状態..................................................102
SnapViewの例....................................................108
クローンの手順の概要 - すべてのプラットフォーム............108
Windows - クローンの例.....................................111
リバース同期:すべてのプラットフォーム.....................114
VNX for Blockの概念
5
目次
スナップショットの手順の概要 - すべてのプラットフォーム
...........................................................116
HP-UX - admsnapスナップショット スクリプトの例.............121
UNIX - admsnap単一セッションの例...........................123
Windows - admsnapの複数セッションの例......................125
不正ブロックの修正..............................................131
不正ブロックの概要.........................................131
不正ブロックとクローン.....................................131
不正ブロックとロールバック.................................132
第 7 章 : EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念...........................................133
VNXスナップショットの概要.......................................134
VNXスナップショット コンポーネント..............................134
SnapViewスナップショットとのVNXスナップショットの使用...........136
VNXスナップショットの制限.......................................140
第 8 章 : vStorage API for Storage Awareness...........................................................141
VASAの概要......................................................142
VASAの導入......................................................142
ストレージ トポロジーの情報.....................................142
稼働状態に関するアラーム........................................143
容量に関するアラーム............................................143
ストレージ機能..................................................143
Storage DRSとの統合.............................................146
付録 A : CLIエラー コード.....................................................................................................149
Secure CLIエラー コード.........................................150
汎用機能のコマンドエラー...................................150
ドメイン エラー コード.....................................150
SnapViewクローン エラー コード.............................150
NQMエラー コード...........................................158
MirrorViewエラー コード....................................159
MirrorView/Aエラー コード..................................160
MirrorView/Sエラー コード..................................161
MirrorViewのコンシステンシ グループのエラー コード ........161
iSCSI(接続)エラー コード.................................162
iSNSエラー コード..........................................162
LUN移行のエラー コード.....................................163
arrayconfigのエラー コード.................................163
6
VNX for Blockの概念
目次
イベント モニタ(emconfig)エラー コード...................164
metaLUNエラー コード.......................................164
不良ブロック レポート作成(BRT)エラー/プラグイン エラー
...........................................................165
SAN Copy CLIエラー コード.......................................165
VNXスナップショット エラー コード...............................169
ストレージ グループ コマンド エラー コード......................173
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード.........................176
機能コマンド エラー コード......................................192
汎用機能のコマンドエラー...................................192
割り当て済みRAIDエラー.....................................192
LUN移行エラー..............................................192
接続およびiSNS(iSCSI)エラー..............................193
ドメインおよびセキュリティのエラー.........................193
シン プロビジョニング エラー...............................195
イベント モニタ エラー.....................................201
仮想サーバCLIエラー........................................202
圧縮エラー.................................................202
FAST Cacheエラー...........................................204
付録 B : CLIコマンドの役割サポート................................................................................205
CLIコマンドの役割のサポート.....................................206
VNX for Blockの概念
7
目次
8
VNX for Blockの概念
序文
製品ラインのパフォーマンスと機能を継続的に改善および強化するための努力の一環とし
て、EMCではハードウェアおよびソフトウェアの新規バージョンを定期的にリリースして
います。そのため、このドキュメントで説明されている機能の中には、現在お使いのソフ
トウェアまたはハードウェアのバージョンによっては、サポートされていないものもあり
ます。製品機能の最新情報については、お使いの製品のリリース ノートを参照してくだ
さい。
製品が正常に機能しない、またはこのマニュアルの説明どおりに動作しない場合には、EMC
の担当者にお問い合わせください。
VNX for Blockの概念
9
序文
対象者
本書は、EMC VNXのマニュアル セットの一部であり、CLIコマンドを使用してEMCシス
テムのステータスを構成、管理、取得するユーザーを対象としています。
本書のこのバージョンは、リリース1.3.0までのUnisphereが実行されているVNXシステ
ムを対称にしています。
このガイドを使用する場合は、次の事項に精通していることが必要です。
●
管理対象のサーバで稼働しているオペレーティング システム。
●
システム コンポーネントと構成。
概要については、ご使用のシステムの適切な構成計画ガイドを参照してください。
注意事項の表記法
EMCでは、特別な注意を要する事項に次の表記規則を使用します。
データの消失またはシステムや装置の損傷を防ぐために欠かせない情報が含まれてい
ます。
重要: 重要事項には、ソフトウェアの動作に不可欠な情報が含まれています。
注: 重要ではあるが、危険ではない情報を表します。
ヒント: ユーザーへのアドバイスとなる注記事項です。通常、特定のアクションのためのその後
のアクティビティが関係します。
関連ドキュメント
VNXシリーズのシステムの最新の管理およびセキュリティに関するコンテンツについて
は、EMC Unisphereのオンライン ヘルプを参照してください。
CLIコマンドを実行する前に最新情報をダウンロードすることを推奨します。プラット
フォーム固有の制限および必要条件は、適切なリリース ノート ドキュメントに記載
されています。
●
「EMC Unisphereリリース ノート」
●
「EMC MirrorView/AsynchronousおよびMirrorView/Synchronous for VNX OE for
Blockリリース ノート」
●
使用しているソフトウェア リビジョンに該当するこのマニュアルの版
EMC SAN Copyサーバのソフトウェアの最新情報は、EMCオンライン サポート用Webサイ
トに掲載されます。SAN Copyソフトウェアを起動する前に、最新情報をダウンロード
することを推奨します。この製品をEMCのリセラーからご購入いただいた場合は、EMC
10
VNX for Blockの概念
序文
オンライン サポートにアクセスできません。最新の製品情報は、ご購入先のリセラー
から入手できます。
表記規則
本書では、以下の表記規則を使用します。
表記スタイル
用途
Normal
●
本文
●
リソース、属性、プール、論理式、関数、ユーティリティの名前
●
出版物のタイトル(引用)
●
変数(本文中)
斜体
クーリエ、斜体
構文図およびユーザー入力内の変数(Celerraを除く)
クーリエ、太字
コマンド名、オプション、キーワード
[Helveticaボールド]
●
ユーザー インタフェース要素(ユーザーが選択、クリック、または押す要
素)
●
インタフェース要素の名前(ウィンドウ、ダイアログ ボックス、ボタン、フィー
ルド、メニューの名前)
クーリエ
URL、メール アドレス、パス名、ファイル名、ディレクトリ名、コンピュータ名、
リンク、グループ、サービス キー、ファイル システム、コマンド名(本文中)、
ユーザー入力(コマンドなど)、通知(システム出力、システム メッセージなど)
[]
任意選択
{}
必須選択
|
代替選択。「または」を意味します。
...
例の中で省略した重要でない情報
問い合わせ先
EMCのサポート情報、製品情報、ライセンス情報は、以下の場所で入手できます。
製品情報:ドキュメント、リリース ノート、ソフトウェアの更新、またはEMC製
品、ライセンス、サービスに関する情報については、EMCオンライン サポート(登
録が必要です)http://Support.EMC.comをご覧ください。
トラブルシューティング:EMCオンライン サポート(http://support.EMC.com)を
参照してください。ログインした後、該当する[Support by Product]ページを検
索してください。
テクニカル サポート:テクニカル サポートおよびサービス リクエストについて
は、EMCオンライン サポート(http://Support.EMC.com)のEMCカスタマー サービ
VNX for Blockの概念
11
序文
スにアクセスします。ログインした後、該当する[Support by Product]ページを
検索し、[ライブ チャット]または[サービス リクエストの作成]のいずれかを選択しま
す。EMC Online Supportを通じてサービス リクエストを開始するには、有効なサ
ポート契約が必要です。有効なサポート契約の入手方法の詳細や、アカウントに関
する質問については、EMC販売担当者にお問い合わせください。
注: お客様の個別のシステム問題に担当者がすでに割り当てられている場合を除き、特定のサ
ポート担当者へのお問い合わせはご遠慮ください。
ご意見
マニュアルの精度、構成および品質を向上するため、お客様のご意見をお待ちしてお
ります。
本書についてのご意見を以下のメール アドレスにお送りください。
[email protected]
12
VNX for Blockの概念
第1章
Secure CLIについて
この章では、セキュリティ保護されたCLI(コマンド ライン インタフェー
ス)の概念について説明します。
トピックは次のとおりです。
トピック :
●
●
●
Secure CLIについて(14ページ)
Secure CLIの準備(15ページ)
LUN ID、一意のID、ディスクID(17ページ)
VNX for Blockの概念
13
Secure CLIについて
Secure CLIについて
Secure CLIは、すべてのCLIコマンドに対して1つのアプリケーションと1つのセキュリティ
モデルを提供する包括的なVNX CLI for Blockソリューションです。Secure CLIは役割に
基づいた認証、CLIイベントの監査証跡、SSLに基づいたデータ暗号化の機能を提供しま
す。Secure CLIはJREをインストールしなくても実行できます。
Secure CLIのコマンドはコマンド ウィンドウで実行します。各コマンドは、naviseccliコマ
ンド(およびそのオプション)と別のサブコマンド(およびそのオプション)の組み合わ
せで構成されます。各コマンドの詳細については、「VNX for Blockコマンド ライン イ
ンタフェース リファレンス」を参照してください。
Secure CLIコマンドが失敗し、CLIにより固有のエラー メッセージが生成されない場合
は、SPエージェントによるエラー メッセージが表示されます。Secure CLIではコマンド
ラインのコマンドの構文、オプション、値についてエラーを生成します。
Secure CLIコマンドは、コマンドが成功した場合は0、コマンドが失敗した場合は0より大
きい数字を返します。
14
VNX for Blockの概念
Secure CLIについて
Secure CLIの準備
Secure CLIコマンドの発行を開始する前に、システム上にユーザー アカウントを作成す
る必要があります。VNX CLI for Blockを使用して必要なユーザー アカウントを作成する
には、「VNX for Blockコマンド ライン インタフェース リファレンス」を参照してくだ
さい。Secure CLIの使用の詳細については、Unisphereのオンライン ヘルプを参照してく
ださい。
Secure CLIを構成して、Secure CLIコマンドをホストで実行することもできます。セキュ
リティ ファイルを設定する場合、発行する各コマンドにスイッチ-user、-scope、-password
(またはパスワード プロンプト)を含める必要はありません。
secure CLIの使用
システムは、システムの有効なユーザー アカウントを持っているユーザーが発行したコ
マンドでない限り、secure CLIからのコマンドを認識しません。有効なアカウント ユー
ザー名、パスワード、範囲(グローバル、ローカル、またはLightweight Directory Access
Protocol(LDAP))を実行するコマンドごとに指定することも、もっと簡単にUnisphere™
セキュリティ ファイルを作成することもできます。
Unisphereセキュリティ ファイルは、各ホストでユーザーごとに保存される暗号化された
ファイルです。セキュリティ ファイルを追加または削除するには、-AddUserSecurityまたは
-RemoveUserSecurity関数を[naviseccli]コマンドの引数として指定します。セキュリティ
ファイルを別のホストにコピーすることはできません。セキュリティ ファイルを作成す
るホスト上で-AddUserSecurity関数を発行する必要があります。
セキュリティ ファイルを作成すると、操作中のホストへのログインに使用しているユー
ザー名が自動的にセキュリティ ファイルに保存されます。または、オプションの-userス
イッチを使用して、-AddUserSecurity要求でセキュリティ ファイルの他のユーザー名を指定
することもできます。-userスイッチを省略すると、セキュリティ ファイルでは現在のユー
ザー名が使用されます。また、-ipオプションを使用して、特定のシステムをセキュリティ
ファイルのターゲットにすることもできます。
たとえば、操作中のホストのセキュリティ ファイルに自分を追加する際に、他のユーザー
名altusername、パスワードmypass、スコープ0(グローバル範囲)を指定するには、次のよ
うに入力します。
naviseccli -address SP-IP -AddUserSecurity -password mypass -scope 0 -user altusername
この操作後、このホスト上で、ユーザー名altusername、パスワードmypass、グローバル範囲
(範囲0)と一致するアカウントを持つシステムに対してCLIコマンドを入力できるように
なります。
また、特定のシステムのデフォルトの認証情報とセキュリティ認証情報を使用してセキュ
リティ ファイルを作成することもできます。認証情報を追加するときにSPホスト名また
はIPアドレスを指定することで、複数のセキュリティ認証情報をセキュリティ ファイル
に追加できます。ただし、特定のSPに対して存在できるのは1件の認証情報だけです。新
しいデフォルトの認証情報を追加すると、古い認証情報に上書きされます。
Secure CLIの準備
15
Secure CLIについて
注: ユーザー名とパスワードは、大文字と小文字が区別されます。
セキュリティ ファイルはデフォルト ホーム ディレクトリに保存されます。secure CLI
で他のファイル パスを指定するには、オプションの-secfilepathスイッチを使用します。
注: セキュリティ ファイルに別の場所を指定した場合は、CLIがそのセキュリティ ファイルを検
出できるように、その後発行するすべてのCLIコマンドでこのファイル パスを指定する必要があり
ます。
前に使用した例を別の場所c:\altlocation\に保存するには、次のように入力します。
naviseccli -AddUserSecurity -password mypass -scope 0 -user altusername -secfilepath c:\altlocation\
これ以降、発行するすべてのコマンドに対し、コマンド ラインで-secfilepathスイッチを使
用し、セキュリティ ファイル パスの場所c:\altlocation\を指定する必要があります。
16
VNX for Blockの概念
Secure CLIについて
LUN ID、一意のID、ディスクID
Unisphereでは、論理ユニット番号(LUN)IDまたはLUN番号という用語は、バインド時の
LUNに割り当てられる一意の整数を意味します。LUNを作成する際は、ID番号を選択できま
す。番号を指定しない場合、最初にバインドされたLUNのデフォルトの番号は0、2番目は
1、3番目は2になり、以降も同様に続きます。サポートされるLUNの最大数(およびLUN ID
の有効範囲)は、システムとオペレーティング システムによって異なります。使用する
構成でサポートされているLUNの数については、PEMCオンライン サポートWebサイトのEMC
サポート マトリックスを参照してください。
ユニークIDという用語は、システム、SP、ホスト バス アダプタ(HBA)、スイッチ ポー
トに適用されます。これは、世界で一意の番号であるWWN(World Wide Name)またはWWPN
(World Wide Port Name)を意味します。
システムでは、16バイトのユニークIDを使用します。SP、HBA、LUN、スイッチ ポートで
は、32バイトのユニークIDを使用します。ストレージ グループを使用するシステムでは、
ストレージ グループ(Access Logix™)ソフトウェアによってユニークIDが割り当てら
れます。一般に、一意のIDはユーザーに対して透過的ですが、コマンドでこのIDを指定す
る必要がある場合もあります。一意のIDは、実行する操作に最適なCLI listまたはget
listコマンドを入力することによって検出できます。
ディスクIDはシステムの種類とエンクロージャのタイプによって異なります。これらのシ
ステムでは複数のバックエンド バスを使用できます。したがって、エンクロージャとディ
スク識別子の前にバス識別子が必要です。
bus-number enclosure-number disk-number
(省略形はb、e、d)
たとえば、ディスクID 000(つまり、0_0_0)は最初のバスまたはループ、最初のエンク
ロージャ、最初のディスクを示します。ディスクID 100(1_0_0)は2番目のバスまたは
ループ、最初のエンクロージャ、最初のディスクを示します。
複数のディスク列(バンク)を持つ新しいDAE7Sエンクロージャでは、エンクロージャ内
でディスクの場所を定義するために補足情報が必要になります。このエンクロージャで
ディスクの場所を一意に識別するには、バンク(A~E)とともにスロット番号が必要で
す。たとえば、ディスクID 1_3_B7は、ディスクの第2バンク内にある2つめのバスまたは
ループ、4つめのエンクロージャと8つめのディスクを表しています。
LUN ID、一意のID、ディスクID
17
Secure CLIについて
18
VNX for Blockの概念
第2章
VNX CLI for Block
この章では、EMC® Unisphereシステムの管理構成とアーキテクチャにつ
いて説明します。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
●
EMC Unisphereソフトウェアについて(20ページ)
VNX CLI for Blockによるシステムの構成および管理(26ページ)
リザーブドLUNプールの概要(27ページ)
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要(29ページ)
VNX for Blockの概念
19
VNX CLI for Block
EMC Unisphereソフトウェアについて
EMC Unisphereソフトウェア スイートは、次のコンポーネントで構成されています。
●
Unisphere System Initialization Utility
●
UnisphereホストとSPエージェント
●
Unisphere Server Utility
●
Unisphereストレージ管理サーバ
●
VNX CLI for Block
●
Unisphere Analyzer
●
Unisphere QoS Manager
Unisphere System Initialization Utilityについて
サーバHBAおよびNIC(ネットワーク インタフェース カード)をシステムに登録し、シス
テム データにアクセスできるようにするには、システムを初期化する必要があります。
VNXシリーズのシステムでは、ユーティリティを使用してシステムを検出し、ネットワー
ク パラメータを設定します(IPアドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェ
イ)。
UnisphereホストとSPエージェントについて
エージェントは、マネージャからの構成要求とステータス要求をシステムにリレーしま
す。エージェントはまた、システムから定期的に情報を取得してマネージャに転送しま
す。これを受けて、マネージャに表示される情報が更新されます。エージェントはまた、
システムのイベントを監視し、指定されたイベントが発生した場合には、メール、ポケッ
トベル、モデムで担当者に通知します。
ホスト エージェントは、接続されたホストに常駐します。SPエージェントはSP(ストレー
ジ プロセッサ)に常駐し、工場出荷前にインストール済みです。
注: SPエージェント構成ファイルには、常に少なくとも1件の管理者ユーザーを設定することをお
勧めします。
20
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
Unisphere Server Utilityについて
Unisphere Server Utilityは、ホスト エージェントと同様の方法で、接続されているVNX
シリーズ、またはレガシー システムにサーバのHBAまたはNICを登録します。ただし、
Server Utilityは次の点でホスト エージェントとは異なります。
●
情報をシステムから自動的に取得しません。Server Utilityでは、ユーティリティを
起動するかユーティリティを実行するスクリプトを作成して手動で情報を更新する必
要がある。
注: バージョン6.20以降が実行されているWindowsサーバの場合は、Server Utilityをインストー
ル後に[登録サービス]機能が有効のままになると、サーバ情報が自動的に更新されます。
●
システムへのネットワーク接続が必要です。
注: Server Utilityを使用してシステムに高可用性レポートをアップロードする場合は、ネット
ワーク接続が必要です。
●
ユーティリティは必ずしもインストールする必要はありません(CDから実行できます)
が、 ただし、ユーティリティはサーバにインストールすることを推奨します。一部の
機能は、Server Utilityをサーバにインストールしなければ使用できません。
Server Utilityを使用して、次の機能を実行できます。
●
ファイバ チャネル接続では、サーバがそれぞれのシステムSPに対して最低1つの接続
パスを確保し、PowerPath®や他のフェイルオーバー ソフトウェアが動作していること
を検証することで、サーバがHA(高可用性)構成になっているかどうかを判断します。
●
Microsoft iSCSIイニシエータがインストールされているWindowsサーバでは、このユー
ティリティを使用して、iSCSI接続(ログオン、ログオフ、iSCSIターゲットの削除)
を構成し、双方向CHAPを設定できます。
ホスト エージェントをインストールしている状態でServer Utilityの機能の一部を使用
する場合、Server Utilityのリビジョン6.22.20以降をインストールする必要があります。
Server Utilityの登録機能は無効になり、サーバのHBAはホスト エージェントを使用して
システムに登録されます。リビジョン6.22.20以前のServer Utilityでは、同じサーバに
ホスト エージェントとServer Utilityをインストールできません。ただし、同じシステ
ムに接続されている別々のサーバにインストールすることはできます。
Unisphereについて
Unisphereはシステムを構成および管理するための、システム集中管理ツールです。この
製品は、次の基本機能を提供します。
●
システムの検出
EMC Unisphereソフトウェアについて
21
VNX CLI for Block
●
ステータスと構成情報の表示
●
イベント管理
●
ストレージの構成と割り当て
Unisphereは、一般的なブラウザを使用して、同じLAN(ローカル エリア ネットワーク)
上でローカルに、またはインターネット経由でリモートからシステムを安全に管理するこ
とができる、Webベースのユーザー インタフェースです。Unisphereは、ストレージ管理
サーバ ソフトウェアを実行しているシステムまたはサポートされているバージョンの
Windows上にインストールします。ストレージ管理サーバ ソフトウェアにアクセスしたと
きに、ブラウザにダウンロードされます。
ストレージ管理サーバについて
ストレージ管理サーバはUnisphereの付属ソフトウェアで、 UnisphereはR33ソフトウェア
が実行されているVNXシステムに付属しています。
ストレージ管理サーバ ソフトウェアは次の機能を実行します。
●
Unisphereから要求を受け取り、応答します。
●
ローカルSPエージェントに要求を転送し、処理を任せます。
●
ステータスおよび構成の最新情報をUnisphereに転送します。
●
ユーザー情報およびドメイン情報をドメイン内のすべてのシステムに複製します。
●
ユーザー ログインを認証し、ユーザーの要求を許可します。
●
すべてのユーザー ログインとアクションを記録します。
VNX CLI for Blockの概要
VNX CLI for Blockは、これまでのスクリプト作成、また製品ライン内での継続性維持の
ため、Unisphereが動作するシステム上でサポートされています。CLIを使用することで、
シェル スクリプトとバッチ ファイルにより管理機能を自動化できます。多くの機能で使
用するCLIコマンドはサーバ ベースであり、ホスト エージェントによって提供されます。
それ以外のCLIコマンドはWebベースで、システムのSPで実行されるソフトウェアによって
提供されます。VNX CLI for Blockには、サポート対象のオペレーティング システム上の
Secure CLIが含まれています。CLIコマンドの詳細については、「VNX for Blockコマンド
ライン インタフェース リファレンス」を参照してください。
UnisphereとCLIのアーキテクチャは、以下の点で異なります。
●
22
Unisphereは、SPまたはWindowsサーバで実行されるストレージ管理サーバ ソフトウェ
アと通信するWebベースの製品です。SPとサーバはストレージ ドメインと呼ばれるエ
ンティティにグループ化されます。ドメイン内のシステムまたはサーバにログインし
た場合は、Unisphereにドメイン ベースのビューが表示され、このビューでシステム
を管理できます。
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
●
VNX CLI for Blockは、ホスト エージェントとの通信用コマンド ライン インタフェー
スです。Webベースのコマンドは、ストレージ管理サーバ ソフトウェアと通信します。
CLIから、コマンド ライン構造を通じて個々のシステムにコマンドを発行します。一
部のコマンドは、サーバ クライアント(ホスト エージェント)に送られます。
UnisphereとCLIには次のようなメリットとデメリットがあります。
Unisphere
CLI
UI(ユーザー インタフェース)でオンラインのコンテキ コマンド ライン インタフェースで単一のヘルプ ファイ
スト依存ヘルプを表示できます。
ルを表示し、必要なトピックを検索できます。
ユーザーの対話処理を要求します。
コマンド ラインを使用して対話的にコマンドを入力す
るか、操作を自動化するシェル スクリプトを記述でき
ます。
CLIを使用する場合も、Unisphereと同様、LAN上の管理対象システムを構成、管理し、ス
テータス情報を取得できます。また、CLIを使用してシェル スクリプトおよびバッチ ファ
イルを作成し、ディスク ストレージ管理機能を自動化できます。
VMware ESX Serverを実行している場合は、VNX CLI for BlockをESX ServerまたはVM(仮
想マシン)から実行できます。VNX CLI for BlockをESX Serverから実行する場合は、す
べてのコマンドを使用できます。VMからVNX CLI for Blockを実行する場合は、VMで
Unisphereホスト エージェントがサポートされていないため、Unisphereホスト エージェ
ントが必要となるコマンドは利用できません。Unisphereホスト エージェントが必要とな
るコマンドは、 server -volmapおよびserver -registerです。SPまたはホスト エージェントの
いずれかに発行できるコマンド(server -getagentまたはserver -remoteconfigなど)について
は、VMに対して発行する場合、SPエージェント タイプのみがサポートされます。
Unisphere Analyzerについて
Analyzerは、共通のブラウザを使用するWebベースのツールです。管理者はこのツールを
使用して、システムを構成する論理エンティティおよび物理エンティティのパフォーマン
ス特性をグラフィカルに確認できます。Analyzerは以前に記録されたデータの表示以外
に、即時(リアルタイム)データ表示もサポートします。このため、Analyzerを使用する
と即時比較、長期的な傾向解析、パフォーマンスのオフサイト トラブルシューティング/
解析を実行できます。
Unisphereと同様、Analyzerはサポート対象のバージョンのWindowsとストレージ管理サー
バ ソフトウェアが動作しているシステムまたはサーバに常駐し、ストレージ管理サーバ
ソフトウェアへのアクセス時にブラウザにダウンロードされます。
Analyzerはオプションの製品です。有効なデータを収集するには、イネーブラのインス
トールが必要です。
Unisphere Quality of Service Managerについて
Unisphere QoS Manager(Quality of Service Manager)を使用すると、アプリケーショ
ンごとにシステムのパフォーマンス リソースを配置することができます。QoS Managerを
EMC Unisphereソフトウェアについて
23
VNX CLI for Block
使用して、複数のアプリケーションで同一のシステムを共有する統合環境でのパフォーマ
ンスの競合を解決します。QoS Managerでは、システムの容量の範囲内で、アプリケーショ
ンに対して特定のパフォーマンス目標を満たし、パフォーマンスの閾値を作成してアプリ
ケーションがシステムのパフォーマンスを占有しないようにします。
QoS Managerの使用時には、アプリケーションI/O要求をユーザー定義のI/Oクラス(アプ
リケーションや特定のホストが発行した全I/O要求など)に分類します。これにより、パ
フォーマンスを監視し、該当I/Oクラスのパフォーマンスを制御できるようになります。
アプリケーションのさまざまなI/O特性を指定して独自のI/Oクラスを定義し、アプリケー
ションのサービス レベル要件に見合うパフォーマンス目標を設定します。
QoS Managerでは、ホスト側の設定をせずにシステム リソースを集中管理できます(ホス
トを管理したり、ホスト上にソフトウェアをインストールする必要がありません)。
Unisphere環境
UnisphereはWindowsまたはUNIXホスト上でサポートされるブラウザで起動しますが、この
場合、インストールされたUnisphereを使用してシステムにSPのIPアドレスを入力します。
Unisphereのユーザー インタフェース(UI)は、WindowsまたはUNIXホストにダウンロー
ドされ、ブラウザ内で実行されます。UIからのすべての要求は、SPエージェントと通信す
る、システム上のストレージ管理サーバ ソフトウェアに送信されます。SPエージェント
は、SP上のVNX for Block Operating Environment(OE)またはストレージ グループ ソ
フトウェアと通信します。
24
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
図 1(25ページ)は、ストレージ ドメイン内でファイバ チャネル システムとiSCSIシス
テムを使用するUnisphere環境およびさまざまなサーバの例を示しています。
図 1. IPネットワーク内のファイバ チャネル システムとiSCSIシステム
EMC Unisphereソフトウェアについて
25
VNX CLI for Block
VNX CLI for Blockによるシステムの構成および管理
CLIを使用して共有システムを構成または管理するには、Unisphere環境をセットアップす
る必要があります。VNX CLI for Blockの概要(22ページ)に説明されているように、
UnisphereのアーキテクチャはCLIとは異なります。
重要: システムのデータ アクセス制御を有効にするまで、そのシステムに接続されているサーバ
は、システム上のすべてのLUNに書き込むことができます。サーバに属していないLUNへの書き込み
がサーバから行われないようにするために、以降の手順では、共有システムに物理的に接続されて
いるサーバが1台のみであるか、サーバがシステムに接続されて以降、電源をオンにしたサーバが1
台のみであることを前提としています。このサーバ(構成サーバと呼ばれます)はシステムの構成
に使用します。
VNX CLI for Blockのインストール
オペレーティング システムのEMC VNXサーバ サポート製品インストール ガイドの説明に
従って、管理するホストにCLIをインストールします。
ホストまたはSPエージェントのセットアップ
Unisphereオンライン ヘルプに説明されている方法で、システム内の各SPにSPエージェン
トを構成します。
ご使用のオペレーティング システムのVNX用サーバ サポート製品のインストール手順に
説明されている方法で、サーバでホスト エージェントを構成します。
リモート ミラーの構成と管理
通常1か所にあるクラスタのホストとストレージは、リモート ミラー構成では2つ以上の
サイトに分割されています。これらのサイトは冗長大容量ネットワークで接続され、ノー
ド間のストレージおよびプライベート リンク通信にアクセスできるようになります。
CLIは、一度に1つのSPを使用してSPエージェントと通信するため、リモート ミラーの構
成と管理にCLIを使用しても効果がありません。この作業にはUnisphereを使用することを
推奨します。Unisphereであれば、プライマリおよびセカンダリ ストレージ システム上
の両方のSPを監視でき、リモート ミラーの構成とステータスをより完全に把握すること
もできます。
26
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
リザーブドLUNプールの概要
グローバル リザーブドLUNプールは、SnapView、SAN Copy™、MirrorView/Aなどのレプリ
ケーション ソフトウェアとともに動作して、レプリケーション タスクを終了するために
必要なデータや情報を保存します。リザーブドLUNプールは複数のプライベートLUNから構
成されています。LUNをリザーブドLUNプールに追加すると、そのLUNはプライベートLUNに
なります。リザーブドLUNプールのLUNはプライベートLUNであるため、ストレージ グルー
プに含めることはできません。またサーバからI/Oを行うことも不可能です。
レプリケーション タスクを開始する前に、リザーブドLUNプールでは、タスクに参加する
各ソースLUNに少なくとも1個のLUNを含める必要があります。有効な任意のLUNをリザーブ
ドLUNプールに追加できます。各システムは、各自のLUNプール領域を管理し、リザーブさ
れた個々のLUN(または複数のLUN)を各ソースLUNに割り当てます。
リザーブドLUNプールを使用するすべてのレプリケーション ソフトウェアは、リザーブド
LUNプールのリソースを共有します。たとえば、あるLUNでインクリメンタルSAN Copyセッ
ションを実行し、別のLUNでSnapViewセッションを実行する場合、リザーブドLUNプールに
は少なくとも2個のLUN(各ソースLUNにつき1個)が必要です。両方のセッションが同じ
ソースLUNで実行されている場合、リザーブされているLUNを共有します。
リザーブドLUNプールの配置
予約済みLUNは、ソースLUNごとに配置されます。各システムは、独自のリザーブドLUNプー
ル領域を管理して、セッションごとではなくソースLUNごとにリザーブドLUNを配置しま
す。たとえば、1個のソースLUN上で2つのレプリケーション セッションを実行している場
合、システムから必要に応じて予約済みLUNがソースLUNに割り当てられ、両方のセッショ
ンはそれらのLUNを共有します。
リザーブドLUNの配置は、グローバル リザーブドLUNプールで有効である未割り当てのLUN
の順に行われます。グローバル リザーブドLUNプールに未割り当てのLUNがなくなるとセッ
ションが停止してしまうため、十分な数のリザーブドLUNを確保しておいてください。1個
のソースLUNに対して複数のセッションを実行している場合は、リザーブドLUNがいっぱい
であるときにグローバル リザーブドLUNプール内に有効な未配置のLUNがないと、このプー
ルからリザーブドLUNを配置しようとしていたセッションが終了します。
予約済みLUNプールの適切なサイズの概算
予約済みLUNのサイズはそれぞれ違っていてもかまいません。ただし、LUNの割り当てはサ
イズを考慮せずに行われるため、プール内の各LUNは同じサイズに統一しておいたほうが
管理を容易にできます。つまり、全体の予約済みLUNプール内の使用可能な未割り当ての
LUNから順に割り当てられます。どの予約済みLUNが特定のレプリケーション セッション
で使用されるかは制御できないため、すべての予約済みLUNで標準のサイズを使用するこ
とをお勧めします。
スペースの使用率を最適化するには、小さいサイズの予約済みLUNを数多く作成する必要
があります。これにより、最小の予約済みLUNスペースを必要とするセッションでは1個も
リザーブドLUNプールの概要
27
VNX CLI for Block
しくは数個の予約済みLUNを使用し、それ以上の予約済みLUNスペースを必要とするセッ
ションでは、複数の予約済みLUNを使用できます。または、ソースLUNの合計数を最適化す
るには、大きいサイズの予約済みLUNを数多く作成する必要があります。これにより、多
くの予約済みLUNスペースが必要なセッションでも、1個の予約済みLUNを使用するだけで
済みます。
リザーブドLUNプールの適切なサイズの概算
これらのガイドラインは、システムに適したリザーブドLUNプール サイズの概算に役立ち
ます。
●
領域の使用率を最適化する場合は、計算の基礎として最小のソースLUNのサイズを使用
する(容量に合わせた最適化の例(後述)を参照)。ソースLUNの合計数を最適化する
場合は、計算の基礎として最大のソースLUNのサイズを使用する(最大ソースLUNに合
わせた最適化の例(後述)を参照)。
●
標準のOLTP(オンライン トランザクション処理)の構成では、10~20パーセントのサ
イズの予約済みLUNを使用する。これにより、Copy on First Writeアルゴリズムのア
クティビティに対応した適切なサイズになる。
●
ソースLUNごとに複数のセッションの作成を計画している場合は、ソースLUNへの書き
込み数を大きく見積もるか、セッションの時間を長く見積もります。また、追加の予
約済みLUNを配置しなければならない場合もある。いずれの場合にも、状況に応じて見
積もりを増やす必要がある。たとえば、特定のソースLUNで4つのセッションを同時に
実行するように計画している場合は、概算サイズを4倍、つまり通常サイズの40~80
パーセントまで増やすこともできる。
注: プール内に未割り当てのリザーブドLUNがなくなってレプリケーション セッションが停止
するのを防ぐために、プール内のリザーブドLUNの数は常にソースLUNの数の2倍になるようにし
ます。
容量の最適化の例
100個のソースLUN(最大100 GB、最小50 GB)でそれぞれ1個のセッションを作成すること
を目的とします。
●
基礎にするソースLUNのサイズ: 50 GB
●
変更率の概算: 20% = 10 GB
●
リザーブドLUNの最小数: 100
●
大きいサイズのソースLUNが十分なリザーブドLUN領域を確実に取得するための追加の
リザーブドLUN: 2×最小数
この結果、それぞれのセッションは10 GBの200個のリザーブドLUNになります。
最大ソースLUNの最適化の例
100個のソースLUN(最大100 GB、最小50 GB)でそれぞれ4個のセッションを作成すること
を目的とします。
●
28
基礎にするソースLUNのサイズ: 100 GB
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
●
変更率の概算: 4×20% = 80 GB
●
リザーブドLUNの最小数: = 100
●
大きいサイズのソースLUNが十分なリザーブドLUN領域を確実に取得するための追加の
リザーブドLUN: +20%=20個の追加リザーブドLUN
この結果、それぞれのセッションは80 GBの120個のリザーブドLUNになります。
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要
VNXシステムなどのiSCSI(インターネットSCSI)システムは、IPネットワークに直接接続
します。iSCSI HBA接続機能またはEthernet接続機能のどちらかがサーバに搭載されてい
れば、LANなどのIPネットワークを介してiSCSIシステムにアクセスすることが可能です。
LANは、ノード間のポイント ツー ポイント接続の組み合わせで、それぞれのノードに固
有のIPアドレスが割り当てられています。接続は、複数のネットワーク コンポーネント
(スイッチやハブなど)を介して行われます。ノードとノードの間は、Ethernet CAT 6
(ギガビットEthernet LANの場合)およびActive TwinAX(10ギガビットEthernet LANの
場合)銅線ケーブルのLANを介して接続されます。ネットワーク スイッチはノードではあ
りません。
iSCSI環境のノードは、イニシエータ(サーバ)またはターゲット(システム)のいずれ
かになります。
iSCSIシステムへのサーバI/Oを開始するには、サーバが次のように構成されている必要が
あります。
●
次のいずれかのインタフェース カードと関連ドライバをインストール済み
•
ドライバおよび構成ツールを備えた、サポートされているiSCSI HBAカード(例:
QLogic)
•
HBA機能を提供するMicrosoftソフトウェアを実行するギガビットEthernet NIC
注: EMCはiSCSI向け1ギガビットおよび10ギガビットEthernet(GigE)インタフェースをサ
ポートしますが、システムは1,000 Mbのみをサポートします。NICがGigEに対応していない場
合は、GigEルータまたはGigEスイッチを使用してシステムに接続する必要があります。
●
システムを正しく接続していること(システムに付属の「インストール ガイド」を参
照)。
●
システム上のデータにアクセスする各サーバに、Unisphereユーティリティがインス
トールされていること。
●
マルチパス対応のPowerPathソフトウェアがサーバにインストールされていること。
●
システムのSP管理ポートのネットワーク パラメータとセキュリティを設定してあるこ
と。
iSCSIインタフェースでは、システムのiSCSIポートを予期しないアクセスから保護するた
めに、CHAP(Challenge Handshake Authentication Protocol)が使用されます。CHAPは
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要
29
VNX CLI for Block
オプションですが、パブリックIPネットワークからシステムにアクセスされる可能性があ
る場合は、CHAPセキュリティを使用することを強くお勧めします。
CHAPは、iSCSIユーザー(イニシエータとターゲット)を認証するための1つの方法です。
iSCSIシステムはCHAPを使用してサーバ イニシエータを認証し、イニシエータはシステム
などのターゲットを認証します。CHAPセキュリティを使用するには、システムのiSCSIポー
トおよびシステムのデータにアクセスするサーバのCHAP証明書を設定する必要がありま
す。
注: CHAPセキュリティを使用する場合は、サーバI/Oを開始する前に、システムとサーバのCHAPセ
キュリティを設定することを強くお勧めします。
30
VNX for Blockの概念
VNX CLI for Block
iSCSIストレージ環境内でのiSNSの使用
注: iSNS(Internet Storage Naming Service)は、iSCSIネットワーク構成に含まれるWindowsプ
ラットフォーム上でのみサポートされます。
iSNSサービスは、SNS(Simple Name Server)サービスがファイバ チャネル ファブリッ
クで提供するのと同様の機能をTCP/IPストレージ ネットワークに提供し、iSCSIデバイス
の自動検出、管理、構成を行います。これによって、それぞれにイニシエータとターゲッ
トを持つ個別のストレージ デバイスを手動で構成する必要はなくなります。構成後は、
iSNSサーバがiSCSIデバイスの検出と管理を行います。
iSNSサービスには、iSNSサーバ コンポーネントとiSNSクライアント コンポーネントがあ
ります。iSNSサーバは、スイッチ ファームウェアなどIPストレージ ネットワーク内のい
ずれかの場所、もしくはホスト上に存在する必要があります。iSNSクライアントは、iSCSI
システムおよびシステムに接続しているiSCSIホストの両方に常駐します。システムの起
動時に、システム上のiSNSクライアントはシステムのすべてのiSCSIポート情報を集め、
それをシステムのローカル ディスクに保存します。システムのiSNS構成にサーバを追加
すると、UnisphereがシステムからiSNSサーバへの接続を行い、システム上に保存されて
いるすべての情報をiSNSサーバに登録します。
iSNSサービス機能をiSCSIストレージ環境で使用するには、次の条件を満たす必要があり
ます。
●
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要(29ページ)で挙げたiSCSIの必要条件をす
べて満たすこと
●
システムがアクセスするネットワーク上でiSNSサーバが実行されていること
●
ホスト イニシエータまたはHBAがiSNSサービスを使用できること
●
システムがiSNSサービスをサポートしていること
●
iSNSサーバがシステムと通信できること
図 2(32ページ)はiSNS構成の例を示しています。この構成では、管理ネットワークとス
トレージ ネットワークは分かれています。管理ステーションは(Unisphereを使用した)
iSNSサーバとシステムの両方の構成に使用されます。iSNSサーバはストレージ ネットワー
クにも接続され、クライアントがターゲット情報に関するクエリーを送信できます。シス
IPネットワーク内のiSCSIシステムの概要
31
VNX CLI for Block
テムはストレージ ネットワークまたは管理ネットワークのいずれかを使用して、そのター
ゲット(ポート)をiSNSサーバに登録します。
図 2. iSNSストレージ構成の例
32
VNX for Blockの概念
第3章
EMC VNX MirrorView/A CLI
この章では、EMC VNX MirrorView™ /Asynchronousソフトウェアと
Unisphereのシステム管理構成およびアーキテクチャについて説明しま
す。
このマニュアルでは、VNX MirrorView/Asynchronous製品をMirrorView/A
と呼びます。
注: すでにMirrorView/Aのことをよく知っている場合は、次のセクションを読
まなくてもかまいません。
主なトピックは次のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
MirrorView/Aの概要(34ページ)
動作条件(35ページ)
構成ガイドライン(36ページ)
MirrorView接続要件(38ページ)
MirrorViewの機能とメリット(40ページ)
障害への対応(43ページ)
VNX for Blockの概念
33
EMC VNX MirrorView/A CLI
MirrorView/Aの概要
EMC VNX MirrorView /Aでは、本番データのリモート コピーを定期的に更新できます。
MirrorView/Aは、LUNのポイント イン タイム コピーを保持し、そのコピーを定期的に別
の場所に複製することで、災害復旧を可能にするソフトウェア アプリケーションです。
この災害復旧機能によって、重大な事故や天災の発生時にイメージが使用不能になった場
合でも、もう1つのイメージを継続してアクティブな状態にすることができます。(数百
から数千マイルの)遠距離でのデータ レプリケーションを可能にします。災害復旧とし
て機能するには、プライマリおよびセカンダリ システムは地理的に離しておく必要があ
ります。MirrorView/Aが、プライマリ システムからセカンダリ システムにデータを複製
します。MirrorView/Aは、ファイバ チャネルおよびiSCSIを使用して構成できますが、
FCoE(Fibre Channel over Ethernet)を使用して構成することはできません。
本番イメージ(ミラーされるイメージ)は、プライマリ イメージと呼ばれます。コピー
イメージは、セカンダリ イメージと呼ばれます。MirrorView/Aでは、プライマリごとに1
つのリモート イメージをサポートします。プライマリ イメージは、本番サーバと呼ばれ
るサーバからI/Oを受け取ります。セカンダリ イメージは、プライマリとは別のシステム
で保持します。このシステムには、必要に応じて、フェイルオーバー/スタンバイ コン
ピュータを接続するか、またはそのシステム自体のコンピュータ システムを接続できま
す。2つのシステムは別々のドメインにあってもかまいません。UIでそれらを管理します。
プライマリ イメージを含むシステムを管理するクライアントは、プライマリ イメージに
アクセスできなくなった場合に、セカンダリ イメージにフェイルオーバーできます。初
回の同期化の実行後は、リモート サイトでは、プライマリ データの整合性のとれたポイ
ント イン タイム コピーが常に保持されます。
重要: MirrorView/Aはシステム ベースのミラーリング製品であるため、プライマリ データを複製
する前に、サーバ バッファをフラッシュしません。したがって、コピー イメージは、プライマリ
データのクラッシュ時の整合性を維持しています。ただし、セカンダリ イメージを災害復旧に使用
するためには、データの整合性を確認する必要があります (この確認方法は、アプリケーションの
種類によって異なります)。
MirrorView/Aは、MirrorView/Aコンシステンシ グループをサポートします(このマニュ
アルではコンシステンシ グループと呼ばれます)。コンシステンシ グループは、セカン
ダリ イメージを互いに整合した状態に保つ必要がある同期ミラーのセットです。一連の
セカンダリ イメージのデータは、一連のプライマリ イメージに存在していたものである
必要があります。これにより、アプリケーションは、プライマリ システムに障害が発生
したときにセカンダリ イメージを使用できます。
重要: MirrorView/Aコンシステンシ グループ内のミラーのプライマリ イメージとセカンダリ イ
メージは、それぞれ別個の1つのシステム上に存在している必要があります。これは、複数のシステ
ム上に存在できるSymmetrix®コンシステンシ グループ内のボリュームとは対照的です。
34
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
動作条件
●
ミラーに関与するすべてのVNXシリーズのシステムに、MirrorView/Aソフトウェアをイ
ンストールし、有効にする必要があります。
●
データ アクセス制御を有効にする必要があります。
●
Unisphereがインストールされ、有効になっている必要があります。
●
SAN構成では、認定されたスイッチが必要です。
●
WAN構成では、認定されたFC-IPデバイスが必要です。
動作条件
35
EMC VNX MirrorView/A CLI
構成ガイドライン
MirrorView/Aの構成ルールを以下に示します。
●
各ミラーは、プライマリ イメージ1つを保持する必要がありますが、セカンダリ イ
メージは1つ保持するか、または保持しなくても構いません。1つのシステムで保持で
きるのは、1つのミラーに対して1つのイメージのみです。
●
システムは、他のストレージ システムへの同時ミラーリング接続を最大4つまで保持
できます。(ミラーリング接続は、同期ミラーと非同期ミラーに共通です。)
注: Meta LUNは、1つのエンティティであり、1つのイメージとしてカウントされます。たとえば、
ミラーリングされたメタLUNが5つのコンポーネントで構成されている場合は、5つではなく、1つの
イメージとしてカウントされます。これらの制限は、同期ミラーの制限とは無関係です 詳細につい
ては、「「EMC MirrorView/Synchronous Command Line Interface (CLI) Reference」」を参照して
ください。
●
リモート ミラー構成を管理するには、管理ワークステーションが、ローカルとリモー
トの双方のシステムにIP接続されている必要があります。リモート システムへの接続
には、少なくとも128 KB/秒の有効帯域幅が必要になります。システムは異なるドメイ
ンでもかまいません
注: MirrorView構成では、システムにFASTキャッシュ(フラッシュ メモリ搭載のソリッド ステー
ト ディスク ドライブ、つまりSSDドライブ)が組み込まれている場合は、EMCオンライン サポート
Webサイトで入手可能な「ベスト プラクティスとプランニング」マニュアルを参考にして慎重に構
成を計画してください。
構成例
図 3(37ページ) は、iSCSIネットワークまたはファイバ チャネル スイッチ ファブリッ
クを使用したリモート ミラー構成の例を示しています。この構成には、2つのサイト、お
よび4つのLUNのデータベースを含むプライマリ イメージとセカンダリ イメージがありま
す。
36
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
図 3. リモート ミラー構成の例
前の図では、データベース サーバ1(本番サーバ)がカスタマー アプリケーションを実
行します。それらのアプリケーションは、データベース サーバ ストレージ グループ内
のシステム1のデータにアクセスします。システム2は、データベース サーバ ストレージ
グループのデータをミラーリングします。
注: ストレージ グループは、「VNX for Blockコマンド ライン インタフェース(CLI)リファレ
ンス」のMirrorView/Aコンシステンシ グループ コマンドで説明しているコンシステンシ グループ
とは異なります。ストレージ グループについては、Unisphereのオンライン ヘルプを参照してくだ
さい。
セカンダリ サーバはシステム2に接続することを推奨します。そうすれば、システム1と
データベース サーバ1が置かれているサイト全体に障害が発生した場合に、セカンダリ
サイトに完全にフェイルオーバーできるので、機能停止時間を最小限に抑えることができ
ます。スタンバイ サイトのサーバは必須ではありませんが、推奨されるため、この例で
は構成全体に含めています。
各サーバには、各ネットワークまたはファブリックから各SPへの(各システムへの)パス
があります。パスの1つに障害が発生すると、サーバにインストールされているソフトウェ
ア(たとえばPowerPathソフトウェアなど)が、他のSP経由のパスに切り替わり、データ
へのアクセスを続行します。これは、サーバ上のアプリケーションに対して透過的に行わ
れます。
構成ガイドライン
37
EMC VNX MirrorView/A CLI
本番サーバは、システム1のSPにライト リクエストを送信し、その結果、ローカルLUNに
データが書き込まれます。プライマリLUNへの変更が記録され、定義したインターバルで、
すべての変更がセカンダリ システムにコピーされます。
システム1で障害が発生した場合は、管理者がシステムを管理しているクライアントを使
用して、システム2上のイメージをプライマリ イメージの役割にプロモートさせることが
できます。
注: セカンダリ イメージがプライマリ イメージにプロモートされるまで、ミラー データにはア
クセスできません。
その後、接続されているサーバ(ここではデータベース サーバ2)で、該当するアプリ
ケーションを起動してデータにフルアクセスできます。ミラーにはすぐにアクセスできま
すが、アプリケーションのリカバリに要する時間はアプリケーションによって異なりま
す。
MirrorView接続要件
MirrorViewは、次の条件を満たす必要があります。
●
1台のサーバがシステムの1つに接続されていること(オプションで、別のシステムに2
台目のサーバを接続してもよい)
●
後述するような、2つのシステム間のファイバ チャネル接続(直接接続、スイッチ接
続)またはiSCSI接続。
MirrorViewサイトでのSP間のケーブル接続
MirrorViewは、リモート ミラー構成内のシステム間の通信チャネルとして、各SPのフロ
ント エンド ポートを使用します。本書では、このポートをミラー ポートと呼びます。
フロントエンド ポートは、サーバI/OとMirrorViewとで共有可能ですが、パフォーマンス
を向上させるためには、サーバI/OとMirrorViewで使用するフロントエンド ポートを別に
することを、推奨します。
現時点では、MirrorViewおよびSAN Copyソフトウェアで同じSPポートを共有することは
できません。MirrorViewイネーブラをインストールする前に、SAN Copyセッションが使
用しているすべてのMirrorViewポートをクリアする必要があります。そうしないと、
MirrorViewポートを使用するSAN Copyセッションは正常に動作しません。
MirrorViewが正しく動作するには、一方のサイトのSP Aミラー ポートが他方のサイトの
SP Aミラー ポートに接続され、一方のサイトのSP Bミラー ポートは他方のサイトのSP B
ミラー ポートに接続されている必要があります。この接続は、直接接続でもスイッチ
ファブリック経由でも構いません。
リモート ミラーの直接接続
直接ミラー構成は、1つのプライマリ システムと1つのセカンダリ システムからなり
ます。リモート ミラー接続は、以下のポート間で行う必要があります。
38
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
●
プライマリ システムのSP Aミラー ポートとセカンダリ システムのSP Aミラー
ポート
●
プライマリ システムのSP Bミラー ポートとセカンダリ システムのSP Bミラー
ポート
リモート ミラーのファブリック接続
ファブリック ミラー構成は、1つのプライマリ システムと最大4つのセカンダリ シス
テムからなります。ファブリック接続は、以下のようにする必要があります。
●
プライマリ システムのSP Aミラー ポートが、セカンダリ システムのSP Aミラー
ポートと同じスイッチ ファブリックに接続されている。
●
プライマリ システムのSP Bミラー ポートが、セカンダリ システムのSP Bミラー
ポートと同じスイッチ ファブリックに接続されている。
注: SP Aミラー ポートが接続されているファブリックは、SP Bミラー ポートが接続されてい
るファブリックと同じであっても異なっていても構いません。
ミラー ポート スイッチ接続は以下のようにゾーニングする必要があります。
●
プライマリ システムの各SP Aミラー ポートと、各セカンダリ システムのSP Aミ
ラー ポートのゾーン。
●
プライマリ システムの各SP Bミラー ポートと、各セカンダリ システムのSP Bミ
ラー ポートの2つ目のゾーン。
たとえば、プライマリ システム1と、セカンダリ システム2および3がある場合は、次
の2つのゾーンが必要です。
●
ゾーン1:システム1のSP Aミラー ポートと、システム2および3のSP Aミラー ポー
ト。
●
ゾーン2:システム1のSP Bミラー ポートと、システム2および3のSP Bミラー ポー
ト。
サーバ データとMirrorViewには同じSPポートを使用できます。同じSPポートを使用す
ると、レプリケーションとサーバ アプリケーションの両方でパフォーマンスが低下す
ることがあるため、IP遠距離接続を使用するときには注意してください。
MirrorViewソフトウェアとSAN Copyソフトウェアは、同じSPポートを共有できませ
ん。MirrorViewイネーブラをインストールする前に、SAN Copyセッションが使用して
いるすべてのMirrorViewポートを選択解除する必要があります。そうしないと、
MirrorViewポートを使用するSAN Copyセッションは正常に動作しません。
MirrorView接続要件
39
EMC VNX MirrorView/A CLI
MirrorViewの機能とメリット
MirrorViewのミラーリングの機能は以下のとおりです。
●
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング
●
MirrorView環境
●
双方向ミラーリング
●
EMC SnapView LUNコピー ソフトウェアとの統合
●
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合
●
遠距離でのレプリケーション
●
アプリケーションの統合
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング
災害復旧のプロビジョニングは、MirrorViewミラーリングの重要なメリットです。多くの
組織では、プライマリ サイトのデータが破壊されると、業務を継続できなくなったり壊
滅的な被害を受けたりする結果になります。しかし、MirrorViewを使用していれば、災害
発生後にデータ処理オペレーションを最小限のオーバーヘッドで再開できます。MirrorView
では、別のシステム上でデータのコピーを作成し、保持しておくことによって、より迅速
なリカバリが可能になります。
MirrorViewは、サーバとサーバ上のアプリケーションに対して透過的です。サーバのアプ
リケーションは、LUNがミラーリングされていることを認識せず、パフォーマンスへの影
響も最小です。
MirrorView/Aでは、ユーザーが定義した更新頻度に基づいて、セカンダリ システムが定
期的に更新されます。
MirrorViewは、サーバ ベースではないため、サーバI/OまたはCPUリソースを使用しませ
ん。付加的なミラーリングの処理は、システム上で実行されます。
MirrorView環境
MirrorViewは、VNXシステムのデュアルSP設計を用して、高可用性(High Availability)
環境で動作します。1台のSPで障害が発生した場合は、他のSP上で実行されているMirrorView
が、ミラーリングされるLUNを制御して保持します。サーバがI/Oを残りのSPにフェイル
オーバーできる場合は、定期的な更新が引き続き行われます。高可用性RAIDの機能は、
ディスク障害の影響を抑えます。また、ミラーは、プライマリ システムまたはセカンダ
リ システム上のSPの障害に対して回復力があります。
40
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
双方向ミラーリング
1つのシステムは、あるミラーのプライマリ(プライマリ イメージを保持する)になると
同時に、それ以外のミラーのセカンダリ(セカンダリ イメージを保持する)になること
もできます。つまり、双方向ミラーリングが可能です。
注: 1つのシステムでは、1つのミラーの1つのイメージしか保持できません。すなわち、1つのミ
ラーのプライマリ イメージとセカンダリ イメージの両方を保持することはできません。
EMC SnapViewソフトウェアとの統合
SnapViewソフトウェアを使用すると、アクティブなLUNのスナップショットを任意の時点
で作成できます。スナップショットは、I/OがソースLUNにライトされている間に、ほかの
アプリケーションの用途に使用できるコンシステント イメージです。セカンダリ イメー
ジは、サーバからは参照できません。ただし、SnapViewをMirrorView/Aとともに使用する
ことで、セカンダリ システム上でセカンダリ イメージのスナップショットを作成して、
データの検証や並行した処理を実行できます。
注: スナップショットを作成する前に、セカンダリLUNが正常な状態にあるかまたはフラクチャさ
れていること、および更新中でないことを確認します。MirrorView/Aによるセカンダリ システムの
更新中に、セカンダリLUNのスナップショットを作成すると、一貫性のあるデータが得られません。
また、サーバでキャッシュされたデータ、およびプライマリ システムに書き込み済みで、次回の更
新でセカンダリ システムに転送されるのを待っているデータは、セカンダリ イメージのスナップ
ショットには含まれません。
プライマリまたはセカンダリ イメージのクローンを作成するには、同一LUN上でクローン
グループをミラー イメージとして作成し、クローンをグループに追加します。MirrorView
でのSnapViewの使用の詳細については、Unisphereのオンライン ヘルプを参照してくださ
い。
注: クローンをフラクチャする前またはSnapViewセッションを開始する前に、セカンダリ イメー
ジが同期済みまたはコンシステント状態であることを確認します。MirrorView/Aによるセカンダリ
システムの同期中に、クローンをフラクチャし、セカンダリLUNのSnapViewセッションを開始する
と、コンシステントの取れたデータが得られません。また、サーバでキャッシュされたデータ、お
よびプライマリ システムに書き込み済みで、次回の更新でセカンダリ システムに転送されるのを
待っているデータは、セカンダリ イメージのレプリカには含まれません。
セカンダリ システムに接続されているサーバ(これがある場合)は、プライマリ サイト
で障害が発生するまで、アイドル状態となります。セカンダリ サイトでSnapViewを使用
すると、セカンダリ サイトのサーバで、ミラー イメージのスナップショットを作成し、
別のメディアにバックアップすることができます。これにより、本番サーバのパフォーマ
ンスへの影響を最小限に抑えつつ、本番データのポイント イン タイム スナップショッ
トを作ることができます。
MirrorViewの機能とメリット
41
EMC VNX MirrorView/A CLI
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合
SAN Copyソフトウェアを使用すると、システム内またはシステム間のLUNのコピーを任意
の時点で作成できます。ただし、この操作は、イメージの状態が同期済みまたは一貫性が
あり、ミラーがセカンダリ イメージに更新されていない場合にのみ行います。コピーは、
I/OがソースLUNにライトされている間に、ほかのアプリケーションの用途に使用できる整
合性のとれたイメージです。MirrorViewセカンダリ イメージは、サーバからは参照でき
ません。ただし、SAN Copyを使用することで、セカンダリ システム上でセカンダリ イ
メージのコピーを作成して、データの検証と並列処理を実行できます。
注: サーバI/OがMirrorViewセカンダリを使用できなくなるため、MirrorViewセカンダリ イメージ
でSAN Copy完全コピー セッションを実行することはできません。ただし、MirrorViewセカンダリ
イメージに対してSAN Copyインクリメンタルセッションは実行できます。
SAN Copyの詳細については、Unisphereのオンライン ヘルプを参照してください。
遠距離でのレプリケーション
MirrorView/Aでは、FC-IPデバイスを使用することで、(数百から数千マイルの)遠距離
でのレプリケーションが可能になります。
アプリケーションの統合
VNX CLI for Blockコマンドを使用して、アプリケーション統合のスクリプトを記述でき
ます。手動更新タイプへのミラーを設定し、CLIからsyncimageコマンドを実行できます。
アプリケーション データのコンシステント状態が保たれるようにするには、アプリケー
ション(データベースなど)をバックアップ モードに移行し、サーバにバッファされた
すべてのデータがシステムにフラッシュされたことを確認し、MirrorView/A syncimageコ
マンドを実行します。更新が開始された後は、アプリケーションのアクティビティを再開
できます。このアプリケーション統合プロセスによって、MirrorView/Aはプライマリとコ
ンシステント状態のイメージを保持するセカンダリを生成できるため、これをバックアッ
プやアプリケーション テストにすぐに使用できます。
42
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
障害への対応
このセクションでは、MirrorView/Aおよびコンシステンシ グループの障害の処理方法を
説明します。
MirrorView/Aの障害対応方法
通常操作時に障害が発生した場合は、MirrorView/Aによっていくつかのリカバリ処理を実
行できます。
障害リカバリ時にMirrorView/Aを使用するメリットは、次の2つです。
●
データ保全性の保持
●
データをユーザーが利用できない時間を短縮
プライマリSPへのアクセスの障害
プライマリ システムにミラーリングされたLUNを所有するSPで障害が発生した場合、ほか
のSP上のMirrorView/Aが、ミラーリングされたLUNのオーナーシップを取得します。これ
は、サーバ上の何か(PowerPathなど)がトレスパスを開始したときに、それらがトレス
パスされることによって行われます。これによって、ミラーリングを継続できます。ただ
し、サーバがフェイルオーバーを適切に処理できること(たとえば、Windowsサーバに
PowerPathがインストールされていること)が条件になります。プライマリLUNがトレスパ
スされる場合、次の更新の開始時に、MirrorView/Aはすべてのセカンダリ イメージにト
レスパス リクエストを送信します。したがって、セカンダリ システム上で、ミラーリン
グされたLUNがSP AからSP Bへ(またはSP BからSP Aへ)移動されたことが通知されます。
MirrorView/Aでは、更新中に、SPのオーナーシップをプライマリ システムとセカンダリ
システムで同様に保ちます。プライマリ イメージがSP A上にあれば、セカンダリ イメー
ジはSP A上にあります。これは、次の更新が開始するまで発生しません。
プライマリ イメージの障害
プライマリ イメージを制御しているシステムに障害が発生した場合は、システムが修復
されるか、ミラーのセカンダリ イメージがプライマリにプロモートされるまで、ミラー
へのアクセスは停止します。
セカンダリ イメージのプライマリ イメージへのプロモート
致命的な障害が原因で、プライマリ システムを交換する必要がある場合は、プロモー
トを実行してセカンダリ システム上のデータにアクセスできます。I/Oアクセスをリ
カバリし、リストアするには、セカンダリ ミラー イメージをプライマリ ミラー イ
メージの役割にプロモートさせることによって、サーバがセカンダリ ミラー イメー
ジにアクセスできるようにする必要があります。
障害への対応
43
EMC VNX MirrorView/A CLI
注: 致命的な障害が発生した場合以外でも、セカンダリ イメージをプロモートさせることがで
きます。
プライマリ イメージとセカンダリ イメージが相互に通信でき、セカンダリ イメージ
がプロモートされた場合は、元のプライマリ イメージがセカンダリ イメージに降格
されます。
セカンダリ イメージをプロモートするためには、以下の条件を満たす必要がありま
す。
●
セカンダリ イメージを保持しているシステムに対してnaviseccli mirrorコマンドを発
行する必要がある。
●
プロモートしようとしているセカンダリ イメージが、コンシステント状態または
同期済みのいずれかであること。
●
現在、更新のデータが転送中でない。
セカンダリ イメージのプロモートによって、最後に終了した更新の開始後に、プラ
イマリ イメージに書き込まれたデータが失われる場合があります。その後、プライ
マリ イメージで更新が行われている場合、プロモート後に、ミラーの完全な再同期
が必要になります。また、更新が現在アクティブになっている(つまり、データが転
送中である)場合、プロモート操作は許可されません。更新が終了し、イメージが
Synchronized(同期)状態に移行してから、プロモートを実行します。このように更
新が終了するまで待つ以外に、イメージをフラクチャする方法があります。
障害の発生時、セカンダリ イメージをプライマリ イメージにプロモートさせる前に、
以下のことを確認します。
●
既存のプライマリ イメージがアクセス可能である場合、セカンダリ イメージをプ
ロモートする前に、プライマリ イメージをストレージ グループから削除します。
これによってI/Oが無効になり、データの一貫性がなくなるのを防ぐことができま
す。
●
ミラーにI/Oが発生していないことを確認します。非同期ミラーで、サーバからの
I/Oや処理中の更新によるI/Oのいずれも発生していないことを確認します。
●
既存のプライマリが使用できる場合、プロモートさせる予定のセカンダリ イメー
ジが「同期済み(Synchronized)状態」として一覧表示されていることを確認しま
す。
セカンダリ イメージをプライマリ イメージにプロモートさせるには、以下の手順に
従います。
1. mirror -async-promoteimageコマンドを発行します。コマンドの詳細については、「VNX
for Blockコマンド ライン インタフェース(CLI)リファレンス」を参照してくだ
さい。
注: 元のプライマリ システムで障害が発生した場合、プライマリ システムをドメインから
削除します。
-typeスイッチを指定しない場合、コマンドは通常のプロモートを実行します。
44
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
2. 必要に応じて、新しくプロモートされたイメージをストレージ グループに追加し
ます。
その後のある時点で、以下の手順を実行することもできます。
1. 障害の発生したシステムがドメインのマスターになっていないことを確認します。
マスターになっている場合、他のシステムをマスターに割り当てます。「VNX for
Blockコマンド ライン インタフェース(CLI)リファレンス」を参照してくださ
い。
2. 障害の発生したシステムがポータルでないことを確認します。
ポータルになっている場合、そのポータルを削除し、他のスシステムをポータルと
して構成します。詳細については、「EMC VNX for Blockコマンド ライン インタ
フェース(CLI)リファレンス」を参照してください。
ミラーをプロモートするシナリオの例#1
セカンダリ イメージを持つミラーをプロモートしようとしていますが、システム間は
接続されていません。セカンダリ イメージは、実際にシステム フラクチャ状態およ
びコンシステント状態であれば、同期済みあることを示します。既存のイメージにア
クセスできないというエラー メッセージが表示されます。接続が失われた原因を調
べ、プロモートを続行する前に問題を修正するか、またはプロモートを終了するため
にローカルのみのプロモートオプションを選択することができます。
ローカルのみのプロモートを選択した場合、MirrorView/Aがローカル ミラーをプロモート
し、元のプライマリ イメージにアクセスしようとし、プロモートされたイメージをミ
ラーから削除しようとします。ここで説明するケースでは、他のシステムにはアクセ
スできないため、ローカル イメージは、セカンダリ イメージのないミラー内のプラ
イマリ イメージに変換されます。
注: このシナリオでは、強制プロモートにはローカルのみのプロモートとまったく同じ効果が
あります。
MirrorView/Aはリモート システムにアクセスできないため、元のミラーは、元々プラ
イマリ イメージを保存しているシステム上に引き続き存在します。ただし、接続が復
元された場合でも、更新を開始しようとすると失敗し(セカンダリがプロモート済み
のため)、セカンダリ イメージは引き続き管理フラクチャされたままになります。元
のミラーを削除するには、[強制破棄]を使用してください。
ミラーをプロモートするシナリオの例#2
セカンダリ イメージがコンシステント状態のミラーのプロモートを試みます。既存の
プライマリがOut-of-syncであるというエラー メッセージが表示されます。可能な場
合は、セカンダリ イメージをSynchronized(同期)状態に移行することを許可します
(たとえば、プライマリ イメージへのアプリケーションI/Oを停止し、サーバからデー
タをフラッシュし、更新を開始して終了するまで待ちます)。その後、完全な再同期
を行わずに、セカンダリをプロモートできます。そうでない場合は、強制プロモート
またはローカルのみのプロモートのいずれかを選択して、プロモートを続行できます。
障害への対応
45
EMC VNX MirrorView/A CLI
どちらの場合も、ミラーがデータを再び保護する前に、完全な再同期を実行する必要
があります。
セカンダリ イメージの障害
プライマリ イメージがセカンダリ イメージと通信できない場合、セカンダリはアクセス
不能とマークされ、セカンダリ イメージはシステム フラクチャまたは管理フラクチャさ
れます。最新のイメージ エラーフィールドで障害の原因を詳しく検証して、適切な解決
策をとります。セカンダリ イメージは「システム フラクチャ」とマークされます。シス
テム間のリンク、セカンダリ システム上のSPの障害、またはセカンダリ システム上のそ
の他の障害によって通信が失われることがあります。通信障害が発生した場合、セカンダ
リ イメージはミラーのメンバーとして残ります。
ミラーが自動リカバリに設定されている場合は、セカンダリ システムが再びアクセス可
能になると、更新が自動的に開始します。それ以外の場合は、手動で更新を開始する必要
があります。
障害がない場合のセカンダリ イメージのプロモート
システム上で障害が発生していない場合でも、セカンダリ イメージをプロモートできま
す。たとえば、実際の障害が発生する前に災害復旧のテストを行う場合や、プライマリ
システムに接続されているサーバに障害が発生したときに、セカンダリ システムに接続
されているサーバを使用して操作を再開する必要がある場合などです。
セカンダリをプロモートするときに元のプライマリがアクセス可能な場合、ソフトウェア
はイメージが同じかどうかを確認します。可能な場合は、セカンダリ イメージを同期済
み状態にする必要があります(アプリケーションI/Oを停止してサーバからデータをフラッ
シュし、開始および更新して完了を待ちます)。イメージが同一の場合、役割交換が行わ
れ、再同期の必要なくプロモートが終了します。イメージが異なる可能性がある場合(つ
まり、セカンダリ イメージが同期済み状態にない場合)は、プロモートのタイプを指定
する必要があります。プロモート時に、新しいミラー内のすべてのセカンダリ イメージ
が、手動リカバリに設定されます。
プロモート前のミラー
プロモート後のミラー
ミラーID = aaa
ミラーID = bbb
プライマリ イメージ = LUN xxxx
プライマリ イメージ = LUN yyyy
セカンダリ イメージ = LUN yyyy
セカンダリ イメージ = LUN xxxx
イメージが同期していない場合は、強制プロモート(OOS)、ローカル プロモート、また
はプロモートしないことを選択できます。OOSプロモートとローカル プロモートでは、ミ
ラーリングされた保護が再び有効になる前に、データを完全に再同期する必要がありま
す。
MirrorView/Aの障害のサマリー
表 1(47ページ)で、プライマリ サイトおよびセカンダリ サイトで発生したシステム障
害からリカバリする際に、MirrorView/Aがどのように役立つかを示します。この表では、
ミラーのセカンダリ イメージが同期済み状態またはコンシステント状態のいずれかであ
ると想定します。
46
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
表 1. MirrorView/Aの障害のサマリー
イベント
結果とリカバリ方法
プライマリ イメージ サーバとシステム間の接続を確認する(スイッチのゾーニングおよび訂正操作など)。
LUNへのアクセス SPの再起動を確認する。
の消失
セカンダリSPの再
起動
ソフトウェアの障害、明示的コマンド、またはSPを物理的に取り外して再び取り付け
たなどの理由でSPを再起動した場合に、セカンダリ イメージがシステム フラクチャ状
態になることがある。また、セカンダリが管理フラクチャ状態になることもあるが、その
場合はイメージを同期するだけでよい。
プライマリ イメージ [重大な障害]: I/Oが停止。さらに2回の更新期間の後、セカンダリ イメージがコンシ
にアクセスするサー ステント状態である場合、同期状態に移行する。サーバが修復または交換されるか、
バに障害が発生
セカンダリ イメージがプロモートされるまで、何も起こらない。
プライマリ イメージ ケース1 - 致命的な障害。ミラーは前の状態のままになる。セカンダリ イメージがコ
を実行するシステ ンシステントまたは同期状態の場合は、データにアクセスできるようプロモートされる
ムに障害が発生
ことがある。
注: 最後に終了した更新の開始以後に行われるすべてのライトは、セカンダリにミ
ラーリングされません。
ケース2:致命的ではない障害。修復可能。
管理者が問題を解決した後、通常の本番動作の再開が可能になる。
ケース3 - SPの1つだけで障害が発生。
ミラーを制御するSPに障害が発生した場合は、サーバ上のソフトウェア(PowerPath
など)で障害を検出できる。その後、このソフトウェアがミラーの制御を存続している
SPに転送でき、通常の動作を続行できる。サーバ上でこのようなソフトウェアが稼働
していない場合は、Unisphereを使用して制御を手動で転送する必要がある。そうし
ない場合、ミラーへのアクセスはSPがサービス中に戻るまで停止する。
LUNを制御していないSPに障害が発生した場合は、ミラーリングは通常どおり継続さ
れる。
セカンダリ イメージ
を実行するシステ
ムに障害が発生
●
セカンダリ イメージを制御していないSPに障害が発生した場合は、ミラーには何
も起こらない。
●
ミラーを制御するSPに障害が発生した場合、または両方のSPに障害が発生する
かシステム全体に致命的な障害が発生した場合、次の更新の開始時に、ミラー
のセカンダリ イメージがシステム フラクチャ状態になる。ミラーが適切に構成さ
れている場合は、I/Oはプライマリ イメージに対して通常どおりに行われるが、ミ
ラーはアテンション状態に移行する。
アドミニストレータは次のいずれかの操作を行う。誰かがケーブルを抜いていたなど、
セカンダリを容易に修復できる場合、アドミニストレータはそれを修復してミラーを再
開できる。それ以外の場合に、データの保護を回復し、別のシステムを使用できるよ
うにするには、既存のミラーを強制破棄し、ミラーを再び作成し、別の正常なシステム
にセカンダリ イメージを追加する。セカンダリ イメージの完全な同期が終了するま
で、保護は確立されない。
障害への対応
47
EMC VNX MirrorView/A CLI
表 1. MirrorView/Aの障害のサマリー (続き)
イベント
結果とリカバリ方法
システム間の接続
の消失(システム フ
ラクチャとなる)
●
システム間のMirrorView接続について、ポートおよびスイッチのゾーニングを確
認する。
●
すべてのケーブルが、正しい場所に正しく取り付けられていることを確認する。
●
スイッチ ログを調べて、接続またはファームウェアに関する問題がないことを確
認する。
●
MirrorViewポートのポート スピードおよびスイッチ ポート スピードを確認する。
●
片方または両方のSPで接続が失われていないか確認する。
●
システムまたはSPが、その他の障害または現象がなく正しく動作していることを
確認する。
●
両方のシステムからMirrorView接続を無効にし、再び有効にしてみる。
セカンダリ イメージ 以下について確認する。
の追加時に障害が
●
システム間の接続が機能している。
発生
●
両方のシステムを管理している(2つのドメインの管理が必要な場合もある)。
●
セカンダリLUNが有効でプライマリ イメージとサイズが同じである。
●
セカンダリ イメージLUNがストレージ グループに含めていない。
●
セカンダリ イメージLUNが、同期ミラーまたは非同期ミラーのセカンダリ イメージ
になっていない。
●
プライマリおよびセカンダリ システム上のリザーブドLUNプールが、適切に構成
されている。
●
セカンダリLUNがSAN Copyのデスティネーションとして設定されてない。
セカンダリ イメージ 以下について確認する。
を同期できない場
●
システム間の接続が正常である。
合
●
リカバリ ポリシーが「手動」ではなく「自動」に設定されている。
●
セカンダリSPが機能している。
●
イメージがフラクチャされている場合、[最新のイメージ エラー]を確認する。
手動でイメージをフラクチャし、手動で同期させる。
重大なエラーからのリカバリ
プライマリ イメージの変更を履歴管理するメカニズムに障害が発生した場合(たとえば、
SP上の有効なメモリの不足など)、そのセカンダリ イメージは永続的フラクチャ状態と
してマークされます。この状況から復旧するには、そのセカンダリ イメージをミラーか
ら削除し、再び追加する(完全な再同期を行う)必要があります。この障害は、レイヤー
ド機能のためにシステムの最大容量を使用していることを示す場合があります。
48
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
ほかの重大な障害のいくつかは、MirrorView/Aを操作の縮退モードに移行します。この
モードでは、管理リクエストは拒否され、それ以上更新は実行されなくなります。縮退
モードは、1台のSPにのみ影響します。システム内のもう一方のSPは、障害の種類によっ
ては、通常どおりの動作を続ける場合があります。
SPが縮退モードに入ると、MirrorView/Aが縮退モードである理由を示すイベントがシステ
ムのログに記録されます。通常は影響を受けたSPを単に再起動することで縮退モードから
回復できますが、一部の特定のケースでは、SPを再起動する前にMirrorView/Aで使用する
その他のコンポーネントを確認する必要があります。表 2(49ページ)で、MirrorView/A
が縮退モードになるさまざまなシナリオと、使用できるリカバリ オプションの一覧を示
します。
表 2. 縮退モードからのリカバリ
イベント
結果とリカバリ方法
内部メモリの破損
ミラー データが、予想した値と一致しない。SPを再起動する。
重大な、予期しないエ
ラー
MirrorView/Aの操作中に、それを構成するコンポーネントから予期せぬエラー
を受け取る。イベント ログでエラーの記録を調べて、修正手順を実行する。た
とえば、リザーブドLUNプールLUNに障害が発生した場合は、そのリザーブド
LUNプールLUNをリカバリする。その後で、SPを再起動する。
内部フラクチャの障害
ユーザーによるエラー以外の理由でフラクチャ操作が失敗する。イベント ログ
で該当する障害の理由を調べる。SPを再起動して問題を解決する。
障害への対応
49
EMC VNX MirrorView/A CLI
コンシステンシ グループの障害時の対処法
コンシステンシ グループの通常操作時に障害が発生した場合は、MirrorView/Aによって
いくつかのリカバリ処理を実行できます。
障害リカバリ時にMirrorView/Aを使用するメリットは以下のとおりです。
●
データ保全性の保持
●
データをユーザーが利用できない時間を短縮
●
コンシステンシ グループの整合性を確保
SPへのアクセスの障害
メンバー ミラー(一部をSP Aが制御し、一部をSP Bが制御する)を持つコンシステンシ
グループを検討します。プライマリ ストレージ システム上のSP Aに障害が発生すると、
接続されているサーバ上のソフトウェア(PowerPathなど)によって、SP Aが制御してい
たミラーの制御がSP Bに移行されます。これにより、サーバ上のアプリケーションおよび
セカンダリ ストレージ システムへのデータのミラーリングを中断せずに続行できます。
ただし、制御の移行時に、コンシステンシ グループはシステム フラクチャ状態になりま
す。リカバリ ポリシーが自動に設定されている場合、存続しているSP(この例ではSP B)
で自動的に更新が開始されます。ただし、リカバリ ポリシーが手動に設定されている場
合は、更新を手動で開始する必要があります。
プライマリ システムの障害
プライマリ コンシステンシ グループが実行されているシステムで障害が発生した場合
は、グループのメンバーLUN内のデータへのアクセスが失われます。障害が発生したシス
テムを修復して操作を続けるか、またはセカンダリ コンシステンシ グループをプロモー
トして、セカンダリ システムのデータにアクセスできます。
50
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/A CLI
iSCSI関連の誤操作
表 3(51ページ)は、iSCSI関連の誤操作および発生原因を示します。
表 3. SCSI関連の誤操作
誤操作
理由
[ミラー接続の管理]ダイアログ ボックスで、同 システムに対してiSCSI接続とファイバ チャネル接続の
じシステムに対してiSCSI接続とファイバ チャ 両方が選択されました。片方だけを選択する必要があり
ネル接続の両方を選択して[有効化]がクリッ ます。
クされた。
すでにMirrorViewのファイバ チャネルを使 iSCSI接続でシステムAをシステムBに接続しようとしまし
用するように構成されているシステムに対し たが、この2つのシステム間にすでにファイバ チャネル接
て、iSCSIが選択された。
続が存在しています。ファイバ チャネルをiSCSIに変更す
る場合は、先にシステムBへのファイバ チャネル接続を
無効にする必要があります。
すでにMirrorView用のiSCSI接続を使用する ファイバ チャネル接続でシステムAをシステムBに接続し
ように構成されているシステムに対して、ファ ようとしましたが、この2つのシステム間にすでにiSCSI接
イバ チャネルが選択された。
続が存在しています。iSCSIをファイバ チャネルに変更す
る場合は、先にシステムBへのiSCSI接続を無効にする
必要があります。
障害への対応
51
EMC VNX MirrorView/A CLI
52
VNX for Blockの概念
第4章
EMC VNX MirrorView/S CLI
この章では、EMC VNX MirrorView /SynchronousソフトウェアとUnisphere
のシステム管理構成およびアーキテクチャについて説明します。
このマニュアルでは、VNX MirrorView/Synchronous製品をMirrorView/S
と呼びます。
注: すでにMirrorView/Sのことをよく知っている場合は、次のセクションを読
まなくてもかまいません。
主なトピックは次のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
MirrorView/Sの概要(54ページ)
動作条件(55ページ)
構成ガイドライン(56ページ)
MirrorView接続要件(59ページ)
MirrorViewの機能とメリット(61ページ)
障害への対応(64ページ)
VNX for Blockの概念
53
EMC VNX MirrorView/S CLI
MirrorView/Sの概要
VNX MirrorView/Sは、別の場所にあるLUNのコピー イメージを保持することで、災害復旧
を可能にするためのソフトウェア アプリケーションです。これにより、重大な事故や天
災によってイメージが使用不能になった場合に、もう1つのイメージを存続させることが
できます。万が一、火災などによって、プライマリ データ センターのストレージ メディ
アが破壊された場合は、迅速なリストア操作を行うことができます。重要なデータをリ
モート サイトにミラーリングすることによって、重要なデータを保持できるだけでなく、
セカンダリ システムにすばやく切り替えることによって、迅速にリストア処理を行うこ
とができます。MirrorView/Sは、ファイバ チャネルおよびiSCSIを使用して構成できます
が、FCoE(Fibre Channel over Ethernet)を使用して構成することはできません。
リモート ミラーは、プライマリ イメージと、最大2個のセカンダリ イメージで構成され
ます。本番イメージ(ミラーリングされるイメージ)は、プライマリ イメージと呼ばれ
ます。コピー イメージは、セカンダリ イメージと呼ばれます。MirrorView/Sは、最大2
個のリモート イメージをサポートしますが、一度に操作できるのは1つのイメージである
ため、このマニュアルの例では単一のイメージが示されています。各イメージは、個々の
システムに保存されます。プライマリ イメージは、本番サーバと呼ばれるサーバからI/O
を受け取ります。セカンダリ イメージは、プライマリとは別のシステムで保持します。
このシステムには、必要に応じて、フェイルオーバー/スタンバイ コンピュータを接続す
るか、またはそのシステム自体のコンピュータ システムを接続できます。2つのシステム
は別々のドメインにあってもかまいません。プライマリ イメージを含むシステムを管理
するクライアントは、プライマリ イメージにアクセスできなくなった場合に、セカンダ
リ イメージにフェイルオーバーできます。
MirrorView/Sは、MirrorView/Sコンシステンシ グループをサポートします(このマニュ
アルではコンシステンシ グループと呼ばれます)。コンシステンシ グループは、セカン
ダリ イメージを互いに整合した状態に保つ必要がある同期ミラーのセットです。一連の
セカンダリ イメージのデータは、一連のプライマリ イメージに存在していたものである
必要があります。これにより、アプリケーションは、プライマリ システムに障害が発生
したときにセカンダリ イメージを使用できます。
重要: MirrorView/Sコンシステンシ グループ内のミラーのプライマリ イメージとセカンダリ イ
メージは、それぞれ別個の1つのシステム上に存在している必要があります。これは、複数のシステ
ム上に存在できるSymmetrix®コンシステンシ グループ内のボリュームとは対照的です。
54
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
動作条件
●
ミラーに関与するすべてのVNXシリーズのシステムに、MirrorView/Sソフトウェアをイ
ンストールし、有効にする必要があります。
●
データ アクセス制御を有効にする必要があります。
●
Unisphereがインストールされ、有効になっている必要があります。
●
SAN構成では、認定されたスイッチが必要です。
●
WAN構成では、認定されたFC-IPデバイスが必要です。
動作条件
55
EMC VNX MirrorView/S CLI
構成ガイドライン
MirrorView/Sの構成ルールを以下に示します。
●
各ミラーは、1つのプライマリ イメージと、ゼロ個、1個、2個のいずれかのセカンダ
リ イメージを保持する必要があります。1つのシステムで保持できるのは、1つのミ
ラーに対して1つのイメージのみです。
●
システムは、他のストレージ システムへの同時ミラーリング接続を最大4つまで保持
できます。(ミラーリング接続は、同期ミラーと非同期ミラーに共通です。)
注: Meta LUNは、1つのエンティティであるため、1つのイメージとして数えられます。たとえば、
ミラーリングされるメタLUNが5つのコンポーネントで構成される場合は、5つではなく、1つのイメー
ジとして数えられます。
MirrorView/Asynchronousの制限事項はこれらとは別です。「EMC MirrorView/Asynchronous Command
Line Interface (CLI) Reference」を参照してください。
●
リモート ミラー構成を管理するには、管理ワークステーションが、ローカルとリモー
トの双方のシステムにIP接続されている必要があります。リモート システムへの接続
には、少なくとも128 Kb/秒の有効帯域幅が必要になります。システムは異なるドメイ
ンでもかまいません
注: MirrorView構成では、システムにFASTキャッシュ(フラッシュ メモリ搭載のソリッド ステー
ト ディスク ドライブ、つまりSSDドライブ)が組み込まれている場合は、EMCオンライン サポート
Webサイトで入手可能な「ベスト プラクティスとプランニング」マニュアルを参考にして慎重に構
成を計画してください。
構成例
図 4(57ページ) は、iSCSIネットワークまたはファイバ チャネル スイッチ ファブリッ
クを使用したリモート ミラー構成の例を示しています。この構成には、2つのサイト、お
よび4つのLUNのデータベースを含むプライマリ イメージとセカンダリ イメージがありま
す。
56
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
図 4. リモート ミラー構成の例
図 4(57ページ)では、データベース サーバ1(本番サーバ)がカスタマー アプリケー
ションを実行します。これらのアプリケーションは、データベース サーバのストレージ
グループにあるストレージ システム1のデータにアクセスします。ストレージ システム2
は、データベース サーバ ストレージ グループのデータをミラーリングします。ミラー
リングは同期的に実行されるため、ストレージ システム2には常に、本番サーバのスト
レージ システム1で認識されたすべてのデータ変更が含まれます。
注: ストレージ グループは、「VNX for Blockコマンド ライン インタフェース(CLI)リファレ
ンス」のMirrorView/Sコンシステンシ コマンドで説明しているコンシステンシ グループとは異な
ります。ストレージ グループについては、Navisphere Managerのオンライン ヘルプを参照してく
ださい。
セカンダリ サーバはストレージ システム2に接続することを推奨します。そうすれば、
ストレージ システム1とデータベース サーバ1が置かれているサイト全体に障害が発生し
た場合に、セカンダリ サイトに完全にフェイルオーバーできるので、機能停止時間を最
小限に抑えることができます。スタンバイ サイトのサーバは必須ではありませんが、推
奨されるため、この例では構成全体に含めています。
各サーバには、各ネットワークまたはファブリックから各SPへの(各システムへの)パス
があります。パスの1つに障害が発生すると、サーバにインストールされているソフトウェ
ア(たとえばPowerPathソフトウェアなど)が、他のSP経由のパスに切り替わり、データ
構成ガイドライン
57
EMC VNX MirrorView/S CLI
へのアクセスを続行します。これは、サーバ上のアプリケーションに対して透過的に行わ
れます。
本番サーバは、ストレージ システム1のSPにライト リクエストを送信し、その結果、ロー
カルLUNにデータが書き込まれます。プライマリLUNへの変更が記録され、定義したイン
ターバルで、すべての変更がセカンダリ システムにコピーされます。
ストレージ システム1で障害が発生した場合は、管理者がシステムを管理しているクライ
アントを使用して、ストレージ システム2上のイメージをプライマリ イメージの役割に
プロモートさせることができます。
注: セカンダリ イメージがプライマリ イメージにプロモートされるまで、ミラー データにはア
クセスできません。
その後、接続されているサーバ(ここではデータベース サーバ2)で、該当するアプリ
ケーションを起動してデータにフルアクセスできます。ミラーにはすぐにアクセスできま
すが、アプリケーションのリカバリに要する時間はアプリケーションによって異なりま
す。
注: 2つ目のセカンダリ イメージを作成する場合は、構成に3個のシステムが必要です。
58
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
MirrorView接続要件
MirrorViewは、次の条件を満たす必要があります。
●
1台のサーバがシステムの1つに接続されていること(オプションで、別のシステムに2
台目のサーバを接続してもよい)
●
後述するような、2つのシステム間のファイバ チャネル接続(直接接続、スイッチ接
続)またはiSCSI接続。
MirrorViewサイトでのSP間のケーブル接続
MirrorViewは、リモート ミラー構成内のシステム間の通信チャネルとして、各SPのフロ
ント エンド ポートを使用します。本書では、このポートをミラー ポートと呼びます。
フロントエンド ポートは、サーバI/OとMirrorViewとで共有可能ですが、パフォーマンス
を向上させるためには、サーバI/OとMirrorViewで使用するフロントエンド ポートを別に
することを、推奨します。
現時点では、MirrorViewおよびSAN Copyソフトウェアで同じSPポートを共有することは
できません。MirrorViewイネーブラをインストールする前に、SAN Copyセッションが使
用しているすべてのMirrorViewポートをクリアする必要があります。そうしないと、
MirrorViewポートを使用するSAN Copyセッションは正常に動作しません。
MirrorViewが正しく動作するには、一方のサイトのSP Aミラー ポートが他方のサイトの
SP Aミラー ポートに接続され、一方のサイトのSP Bミラー ポートは他方のサイトのSP B
ミラー ポートに接続されている必要があります。この接続は、直接接続でもスイッチ
ファブリック経由でも構いません。
リモート ミラーの直接接続
直接ミラー構成は、1つのプライマリ システムと1つのセカンダリ システムからなり
ます。リモート ミラー接続は、以下のポート間で行う必要があります。
●
プライマリ システムのSP Aミラー ポートとセカンダリ システムのSP Aミラー
ポート
●
プライマリ システムのSP Bミラー ポートとセカンダリ システムのSP Bミラー
ポート
リモート ミラーのファブリック接続
ファブリック ミラー構成は、1つのプライマリ システムと最大4つのセカンダリ シス
テムからなります。ファブリック接続は、以下のようにする必要があります。
●
プライマリ システムのSP Aミラー ポートが、セカンダリ システムのSP Aミラー
ポートと同じスイッチ ファブリックに接続されている。
●
プライマリ システムのSP Bミラー ポートが、セカンダリ システムのSP Bミラー
ポートと同じスイッチ ファブリックに接続されている。
MirrorView接続要件
59
EMC VNX MirrorView/S CLI
注: SP Aミラー ポートが接続されているファブリックは、SP Bミラー ポートが接続されてい
るファブリックと同じであっても異なっていても構いません。
ミラー ポート スイッチ接続は以下のようにゾーニングする必要があります。
●
プライマリ システムの各SP Aミラー ポートと、各セカンダリ システムのSP Aミ
ラー ポートのゾーン。
●
プライマリ システムの各SP Bミラー ポートと、各セカンダリ システムのSP Bミ
ラー ポートの2つ目のゾーン。
たとえば、プライマリ システム1と、セカンダリ システム2および3がある場合は、次
の2つのゾーンが必要です。
●
ゾーン1:システム1のSP Aミラー ポートと、システム2および3のSP Aミラー ポー
ト。
●
ゾーン2:システム1のSP Bミラー ポートと、システム2および3のSP Bミラー ポー
ト。
サーバ データとMirrorViewには同じSPポートを使用できます。同じSPポートを使用す
ると、レプリケーションとサーバ アプリケーションの両方でパフォーマンスが低下す
ることがあるため、IP遠距離接続を使用するときには注意してください。
MirrorViewソフトウェアとSAN Copyソフトウェアは、同じSPポートを共有できませ
ん。MirrorViewイネーブラをインストールする前に、SAN Copyセッションが使用して
いるすべてのMirrorViewポートを選択解除する必要があります。そうしないと、
MirrorViewポートを使用するSAN Copyセッションは正常に動作しません。
60
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
MirrorViewの機能とメリット
MirrorViewのミラーリングの機能は以下のとおりです。
●
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング
●
VNX環境
●
双方向ミラーリング
●
EMC SnapView LUNコピー ソフトウェアとの統合
●
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合
最小限のオーバーヘッドでの災害復旧のプロビジョニング
災害復旧のプロビジョニングは、MirrorViewミラーリングの重要なメリットです。多くの
組織では、プライマリ サイトのデータが破壊されると、業務を継続できなくなったり壊
滅的な被害を受けたりする結果になります。しかし、MirrorViewを使用していれば、災害
発生後にデータ処理オペレーションを最小限のオーバーヘッドで再開できます。MirrorView
では、別のシステム上でデータのコピーを作成し、保持しておくことによって、より迅速
なリカバリが可能になります。
MirrorViewは、サーバとサーバ上のアプリケーションに対して透過的です。サーバのアプ
リケーションは、LUNがミラーリングされていることを認識せず、パフォーマンスへの影
響も最小です。
MirrorView/Sは、同期ライトを使用します。つまり、すべてのセカンダリ システムがデー
タをコミットした後にのみ、サーバのライトが承認されます。現在販売されているほとん
どの災害復旧システムは、この種のミラーリングを使用しています。
MirrorViewは、サーバ ベースではないため、サーバI/OまたはCPUリソースを使用しませ
ん。付加的なミラーリングの処理は、システム上で実行されます。
MirrorView環境
MirrorViewは、VNXのデュアルSP設計を用して、高可用性(High Availability)環境で動
作します。1台のSPで障害が発生した場合は、他のSP上で実行されているMirrorViewが、
ミラーリングされるLUNを制御して保持します。サーバがI/Oを残りのSPにフェイルオー
バーできる場合は、プライマリ イメージへのライト処理が引き続き行われ、それに応じ
てこれらのライト処理の同期ミラーリングが行われます。高可用性RAIDの機能は、ディス
ク障害の影響を抑えます。また、ミラーは、プライマリ システムまたはセカンダリ シス
テム上のSPの障害に対して回復力があります。
MirrorViewの機能とメリット
61
EMC VNX MirrorView/S CLI
双方向ミラーリング
1つのシステムは、あるミラーのプライマリ(プライマリ イメージを保持する)になると
同時に、それ以外のミラーのセカンダリ(セカンダリ イメージを保持する)になること
もできます。つまり、双方向ミラーリングが可能です。
注: 1つのシステムでは、1つのミラーの1つのイメージしか保持できません。すなわち、1つのミ
ラーのプライマリ イメージとセカンダリ イメージの両方を保持することはできません。
EMC SnapViewソフトウェアとの統合
SnapViewソフトウェアを使用すると、アクティブなLUNのスナップショットを任意の時点
で作成できます。ただし、ミラーがセカンダリ イメージの同期を行っていない場合にの
み、この作成を行ってください。セカンダリ イメージはサーバからは参照できないため、
SnapViewをMirrorView/Sとともに使用することで、セカンダリ システム上でセカンダリ
イメージのスナップショットを作成して、データの検証や並行した処理(バックアップな
ど)を実行できます。
注: SnapViewセッションを開始する前に、セカンダリ イメージが同期済み状態またはコンシステ
ント状態であることを確認します。MirrorView/SによるセカンダリLUNの同期中に、セカンダリLUN
のSnapViewセッションを開始すると、整合性の取れたデータが得られません。また、サーバでキャッ
シュされたデータ、およびプライマリ システムに書き込み済みで、次回の更新でセカンダリ シス
テムに転送されるのを待っているデータは、セカンダリ イメージのセッションには含まれません。
プライマリまたはセカンダリ イメージのクローンを作成するには、同一LUN上でクローン
グループをミラー イメージとして作成し、クローンをグループに追加します。MirrorView
でのSnapViewの使用の詳細については、Navisphere Managerのヘルプを参照してくださ
い。
注: クローンをフラクチャする前またはSnapViewセッションを開始する前に、セカンダリ イメー
ジが同期済みまたはコンシステント状態であることを確認します。MirrorView/Sによるセカンダリ
システムの同期中に、クローンをフラクチャし、セカンダリLUNのSnapViewセッションを開始する
と、コンシステントの取れたデータが得られません。また、サーバでキャッシュされたデータ、お
よびプライマリ システムに書き込み済みで、次回の更新でセカンダリ システムに転送されるのを
待っているデータは、セカンダリ イメージのレプリカには含まれません。
EMC SAN Copyソフトウェアとの統合
SAN Copyソフトウェアを使用すると、システム内またはシステム間のLUNのコピーを任意
の時点で作成できます。ただし、この操作は、イメージの状態が同期済みまたは一貫性が
あり、ミラーがセカンダリ イメージに更新されていない場合にのみ行います。コピーは、
I/OがソースLUNにライトされている間に、ほかのアプリケーションの用途に使用できる整
62
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
合性のとれたイメージです。MirrorViewセカンダリ イメージは、サーバからは参照でき
ません。ただし、SAN Copyを使用することで、セカンダリ システム上でセカンダリ イ
メージのコピーを作成して、データの検証と並列処理を実行できます。
注: サーバI/OがMirrorViewセカンダリを使用できなくなるため、MirrorViewセカンダリ イメージ
でSAN Copy完全コピー セッションを実行することはできません。ただし、MirrorViewセカンダリ
イメージに対してSAN Copyインクリメンタルセッションは実行できます。
SAN Copyの詳細については、Unisphereのオンライン ヘルプを参照してください。
MirrorViewの機能とメリット
63
EMC VNX MirrorView/S CLI
障害への対応
このセクションでは、MirrorView/Sおよびコンシステンシ グループの障害の処理方法を
説明します。
プライマリSPへのアクセスの障害
プライマリ システムにミラーリングされたLUNを所有するSPで障害が発生した場合、他の
SP上のMirrorView/Sが、ミラーリングされたLUNのオーナーシップを取得します。これは、
サーバ上の何か(PowerPathなど)がトレスパスを開始したときに、それらがトレスパス
されることによって行われます。これによって、ミラーリングを継続できます。ただし、
サーバがフェイルオーバーを適切に処理できること(たとえば、WindowsサーバにPowerPath
がインストールされていること)が条件になります。プライマリLUNがトレスパスされる
場合、次の更新の開始時に、MirrorView/Sはすべてのセカンダリ イメージにトレスパス
リクエストを送信します。したがって、セカンダリ システム上で、ミラーリングされた
LUNがSP AからSP Bへ(またはSP BからSP Aへ)移動されたことが通知されます。
MirrorView/Sでは、更新中に、SPのオーナーシップをプライマリ システムとセカンダリ
システムで同様に保ちます。プライマリ イメージがSP A上にあれば、セカンダリ イメー
ジはSP A上にあります。これは、次の更新が開始するまで発生しません。
プライマリ イメージの障害
プライマリ イメージを制御しているシステムに障害が発生した場合は、システムが修復
されるか、ミラーのセカンダリ イメージがプライマリにプロモートされるまで、ミラー
へのアクセスは停止します。 ミラーに2つのセカンダリ イメージがあって、その1つをプ
ロモートさせると、もう1つのセカンダリ イメージは、プロモートされたミラーのセカン
ダリ イメージになります。
プロモーションでリストアすることも、プライマリ イメージが修復されるまで待ってか
ら続行することもできます。
セカンダリ イメージのプライマリ イメージへのプロモート
致命的な障害が原因で、プライマリ システムを交換する必要がある場合は、プロモー
トを実行してセカンダリ システム上のデータにアクセスできます。I/Oアクセスをリ
カバリし、リストアするには、セカンダリ ミラー イメージをプライマリ ミラー イ
メージの役割にプロモートさせることによって、サーバがセカンダリ ミラー イメー
ジにアクセスできるようにする必要があります。
注: 致命的な障害が発生した場合以外でも、セカンダリ イメージをプロモートさせることがで
きます。
プライマリ イメージとセカンダリ イメージが相互に通信でき、セカンダリ イメージ
がプロモートされた場合は、元のプライマリ イメージがセカンダリ イメージに降格
されます。
64
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
セカンダリ イメージをプロモートするためには、以下の条件を満たす必要がありま
す。
●
セカンダリ イメージを保持しているシステムに対してnaviseccli mirrorコマンドを発
行する必要がある。
●
プロモートしようとしているセカンダリ イメージが、コンシステント状態または
同期済みのいずれかであること。
注: Consistent状態のセカンダリ イメージをプロモートさせる場合は、プロモート後に完全な
同期を実行してミラーを再確立する必要があります。
プライマリ イメージにI/Oが送信されているときにプロモートすると、データが失わ
れることがあります。プロモート時に進行中のI/Oは、セカンダリ イメージに記録さ
れないことがあり、セカンダリ イメージのプロモート後に使用できません。プロモー
ト後に、新しいセカンダリ イメージの完全な同期が必要になることもあります。
障害の発生時、セカンダリ イメージをプライマリ イメージにプロモートさせる前に、
以下のことを確認します。
●
既存のプライマリ イメージがアクセス可能である場合、セカンダリ イメージをプ
ロモートする前に、プライマリ イメージをストレージ グループから削除します。
これによってI/Oが無効になり、データの一貫性がなくなるのを防ぐことができま
す。
●
ミラーにI/Oが発生していないことを確認します。ミラーで、サーバからのI/Oや処
理中の更新によるI/Oのいずれも発生していないことを確認します。
●
既存のプライマリが使用できる場合、プロモートさせる予定のセカンダリ イメー
ジがSynchronized状態として一覧表示されていることを確認します。
セカンダリ イメージをプライマリ イメージにプロモートさせるには、以下の手順に
従います。
1. mirror -sync-promoteimageコマンドを発行します。
2. 必要に応じて、新しくプロモートされたイメージをストレージ グループに追加し
ます。
2つのセカンダリ イメージが存在する場合、もう一方のセカンダリ イメージがアクセ
ス可能であれば、そのイメージも新規のミラーに追加されます。セカンダリ イメージ
が2つあり、1つがプロモートされたときに、もう一方のセカンダリに接続できない場
合、そのセカンダリは、プライマリ イメージのないミラーの一部として残ります。こ
のような親のないイメージは、強制破棄オプションを使用して削除する必要がありま
す。
強制破棄処理が完了した後で、以下の手順を実行することもできます。
1. 障害の発生したシステムがドメインのマスターになっていないことを確認します。
マスターになっている場合、他のシステムをマスターに割り当てます。「EMC VNX
for Blockコマンド ライン インタフェース リファレンス」を参照してください。
障害への対応
65
EMC VNX MirrorView/S CLI
2. 障害の発生したシステムがポータルでないことを確認します。
ポータルになっている場合、そのポータルを削除し、他のスシステムをポータルと
して構成します。「EMC VNX for Blockコマンド ライン インタフェース リファレ
ンス」を参照してください。
注: セカンダリの計画的なプロモーションが発生した場合(災害復旧のテスト時など)、プロ
モートするイメージがSynchronized(同期)状態にあり、完全な再同期を行う必要がないことを
確認します。
実行中のVMware ESX Server上でのMirrorView/Sの起動
VMware ESX Server上でMirrorView/Sを使用するときは、セカンダリ イメージをプライマ
リにプロモートさせてから、以下の手順を実行します。
1. 新しくプロモートされたプライマリ イメージを、同じESX ServerまたはスタンバイESX
Serverのストレージ グループに割り当てます。
2. ESX Serverレベルでバスを再スキャンします。
3. 同じESX ServerまたはスタンバイESX ServerにVM(仮想マシン)を作成します。
4. 新しくプロモートされたプライマリをそのVMに割り当てます。障害が発生したプライ
マリを削除する場合は、同じVMに割り当てることができますが、削除しない場合は、
別のVMに割り当てます。
5. VMの電源をオンにします。
終了後
VMが作成済みで実行中の場合は、以下の手順を実行します。
1. VMの電源をオフにします。
2. ESX ServerのService Consoleを使用して、新しくプロモートされたプライマリを、電
源をオフにしたVMに割り当てます。
3. VMの電源をオンにします。
プライマリ イメージ(この時点ではセカンダリ イメージ)は、プライマリESX Serverに
はアクセスできなくなります。
セカンダリ イメージのプロモートによるリカバリ
セカンダリ イメージをプロモートすると、ミラーの名前が同じ場合でも、元のミラーと
区別するために、プロモートされたイメージに新規のミラーIDが割り当てられます。元の
プライマリ イメージの新しいイメージのコンディションは、プロモート時に元のプライ
マリ イメージがアクセス可能であったかどうかによって異なります。
66
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
プロモート時に既存のプライマリ イメージがアクセス可能であった場合、元のプライマ
リ イメージは、プロモートされたミラーのセカンダリ イメージとして追加されます。つ
まり、役割が交換されます。
プロモート時にプライマリ イメージにアクセス可能ではなかった場合、MirrorViewは元
のセカンダリ イメージをプライマリ イメージとする新規のミラーを作成し、セカンダリ
イメージはなくなります。この例を以下に示します。元のプライマリ システム上のミラー
は変更されません。システム間のMirrorView/S接続がプロモート時に機能していない場
合、元のプライマリ イメージを保持しているシステムは、プロモートされたセカンダリ
イメージの情報を保持します。システム間のMirrorView/S接続がリストアされても、元の
プライマリ イメージはプロモートされたセカンダリ イメージとは通信できません(セカ
ンダリ イメージがプライマリ イメージにプロモートされたため)。
プロモート前のミラー
プロモート後のミラー
ミラーID = aaa
ミラーID = bbb
プライマリ イメージ = LUN xxxx
セカンダリ イメージ = LUN yyyy
セカンダリ イメージ = LUN yyyy
プライマリ イメージ = none
障害が発生したプライマリ イメージのリカバリ後に、元のミラー構成をリストアする方法
障害の発生後に元のミラーがアクセス可能になり、そのミラーのセカンダリ イメージが
プロモートされていた場合、元のミラーは新規のミラーと通信できなくなります。ミラー
を元の構成に戻すには、以下の手順に従います。このプロセスを行うと、元のプライマリ
LUNの内容が上書きされることに注意してください。元のプライマリLUNのすべてのデータ
を保持する場合は、先にそのデータを別のLUNにコピーしておくか、またはプライマリLUN
になるLUNを作成します。
1. 元のプライマリLUNを、含めるすべてのストレージ グループから削除します。
2. mirror -sync -destroy -forceコマンドを使用して元のミラーを破棄します。
元のミラー
新しいミラー
元のミラーは破棄される。
プライマリ イメージ = LUN yyyy
プライマリ イメージ用に使用されていた元のLUN セカンダリ イメージ = なし
は存続する(LUN xxxx)。
管理者がミラーの同期を実行すると、プロモートされたLUNからのデータは、セカン
ダリ イメージ(元のプライマリ)LUN内のすべてのデータを上書きします。
3. 元のミラーのプライマリ イメージであったLUNを、新規ミラーのセカンダリ イメージ
として追加します。
プロモートされたLUNからのデータは、セカンダリ イメージ(元のプライマリ)LUN内
のすべてのデータを上書きします。
セカンダリ イメージは自動的に同期を開始します。
障害が発生したプライマリ イメージのリカバリ後に、元のミラー構成をリストアする方法
67
EMC VNX MirrorView/S CLI
4. セカンダリ イメージを同期します。
新しいミラー
プライマリ イメージ = LUN yyyy
セカンダリ イメージ = LUN xxxx
5. 同期後に、イメージが同期済み状態に移行するようにします。
プロモートさせるときにイメージがコンシステント状態である場合は、さらに完全な
再同期が必要であり、データが失われる可能性があります。
6. 新規ミラー内のセカンダリ イメージをプライマリにプロモートします。
新しいミラーは、元のミラーと同じ構成になります。
新しいミラー
プライマリ イメージ = LUN xxxx
セカンダリ イメージ = LUN yyyy
プロモート時に、セカンダリ イメージのリカバリ ポリシーは常に手動に設定されま
す。このため、完全な同期は、実行するまでは開始されません。
7. 必要に応じて、リカバリ ポリシーを自動に戻します。
セカンダリ イメージをプロモートさせないリカバリ
プライマリ システムで障害が発生したが、直ちに修復できる場合、リカバリはもっと容
易です。障害が発生する前に受け取った書き込みがすべて記録されるため、プライマリ
システムの修復時にリモート イメージにそれらの書き込みを転送することで、セカンダ
リをプライマリと同期した状態に戻すことができます。システムに送信されてまだ承認さ
れていない書き込みは失われる可能性がありますが、ファイルシステムのchkdskまたはfsck
などアプリケーション固有のリカバリ テクノロジーによって、通常すべての問題が修復
されます。書き込みインテント ログを使用していない場合は、セカンダリ イメージの完
全な再同期を実行する必要があります。
セカンダリ イメージを昇格させずにリカバリを行うには、以下の手順に従います。
1. プライマリ システムおよびサーバまたはそのいずれかを修復します。
2. ミラーをフラクチャします。
3. プライマリ イメージ上で、必要に応じて、アプリケーション固有のデータのリカバリ
を終了します。
4. データがサーバからシステムへフラッシュされていることを確認します。
68
VNX for Blockの概念
EMC VNX MirrorView/S CLI
5. ミラーを同期します。
障害への対応
69
EMC VNX MirrorView/S CLI
70
VNX for Blockの概念
第5章
SAN Copyの概念
この章では、SAN Copyソフトウェアとその操作および構成要件について
説明します。また、この章では、ファイバー チャネルのゾーニング要件
と推奨事項についても説明します。
主要なトピックは以下のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
SAN Copyの機能とメリット(72ページ)
SAN Copyソフトウェア コンポーネント(75ページ)
SAN Copy操作の概要(76ページ)
SAN Copyの構成要件(78ページ)
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項(82ページ)
VNX for Blockの概念
71
SAN Copyの概念
SAN Copyの機能とメリット
SAN Copyソフトウェアによって、次の機能を提供することができ、システムの価値が高ま
ります。
●
ホスト リソースではなく、SANを使用してデータをコピーし、コピー プロセスを高速
化するシステム ベースのデータ ムーバー アプリケーション。
●
SAN Copyを構成および管理するための使いやすいWebベースのアプリケーション。
●
コピー プロセス中もソース論理ユニットとのI/Oを可能にする、レプリケーション ソ
フトウェアと併用できるソフトウェア。
●
複数のBlockシステムおよびSymmetrixシステムにデータをコピーできる同時セッショ
ン。
●
前回の更新以降に変更されたデータだけをコピーするインクリメンタルSAN Copyセッ
ション。
●
EMC SnapViewソフトウェアとの統合
●
EMC MirrorViewソフトウェアとの統合。
システム ベースのデータ ムーバー アプリケーション
SAN Copyは、SANまたはLANを使用してシステム間でデータをコピーする、システム ベー
スのデータ ムーバー アプリケーションです。SAN Copyはシステムで実行されるため、接
続されているホストとの間でデータを移動する必要がありません。このため、ホストの処
理リソースをユーザーやアプリケーション用に確保できます。ホストはコピー処理に関与
せず、データ マイグレーション処理はSANで実行されるため、コピー処理はLANベースの
ホスト関与型のコピー処理よりも大幅に高速化されます。
使いやすいWebベースのアプリケーション
SAN Copyは、システム用の使いやすいWebベースの管理ツールである、Unisphereを構成す
るツールの一部です。また、Unisphereでは、SAN Copyのソース論理ユニットとデスティ
ネーション論理ユニットの選択、SAN Copyセッションの作成と管理を行えます。
レプリケーション ソフトウェアとの併用
ソース論理ユニットが含まれているシステムがSnapViewやEMC TimeFinder®ソフトウェア
などのデバイス レプリケーション テクノロジーを備えている場合、SAN Copyはスナップ
ショット(フル コピー セッションのみ)、クローン、またはSymmetrix BCV(Business
Continuation Volume)をソース論理ユニットとして使用できます。SAN Copyにより、ス
72
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
ナップショット、クローン、またはBCVのソース論理ユニットに対するI/Oをコピー処理中
も継続できます。
SnapViewクローンをSAN CopyセッションでソースLUNとして使用するには、SnapViewクロー
ンを切り離する必要があります。詳細については、SnapViewマニュアルおよびオンライン
ヘルプを参照してください。
複数のシステム間での同時セッション
SAN Copyでは、一度に複数のセッションをアクティブにできます。サポートしている同時
セッションの数と、セッションあたりのLUNの数は、システムのタイプによって異なりま
す。
対象の論理ユニットがmetaLUNの場合は、metaLUNは単一のエンティティと見なされます。
従って、metaLUNは最大の対象論理ユニットの1つと見なされます。たとえば、メタLUNが5
つのコンポーネントで構成される場合は、5つではなく、単に1つの対象論理ユニットと見
なされます。
インクリメンタルSAN Copyセッション
インクリメンタルSAN Copy機能により、最後のコピー セッション以降に変更されたデー
タのみをコピーできます。この機能を使用すると、データのコピーに必要な時間を大幅に
削減できるため、コピー作業をより頻繁に、より効率的に実行できます。完全なコピー
セッションと異なり、ソースLUNはコピー プロセス中もオンラインのままとなります。
インクリメンタルSAN Copy機能を使用する際には、以下の点に注意してください。
●
ソース論理ユニットは、SAN Copyシステムに存在している必要があります。
●
ソースLUNとしてSnapViewスナップショットは指定できません。
●
リザーブドLUNプールを構成する必要があります。詳細については、EMC Unisphereオ
ンライン ヘルプを参照してください。
EMC SnapViewソフトウェアとの統合
SnapViewをSAN Copyとともに使用すると、デスティネーションLUNのスナップショットま
たはクローンを作成して、SAN Copyのデスティネーション論理ユニットではなくセカンダ
リ サーバのストレージ グループにSnapViewレプリカを保存できます。これにより、SAN
Copyのデスティネーション論理ユニットとソースの整合性を保持できるため、インクリメ
ンタル更新に継続的に使用できるようになります。SAN Copyは、SAN CopyのソースLUNに
対する(たとえば、本番サーバからの)サーバ 書き込みを監視しますが、SAN Copyのデ
スティネーションLUNに対する(たとえば、セカンダリ サーバからの)サーバ 書き込み
は監視しません。
SAN Copyの機能とメリット
73
SAN Copyの概念
EMC MirrorViewソフトウェアとの統合
SAN Copyソフトウェアを使用すると、システム内またはシステム間のLUNのコピーを任意
の時点で作成できます。ただし、この操作は、イメージの状態が同期済みであるか一貫性
があり、ミラーがセカンダリ イメージに更新されていない場合にのみ行います。コピー
は、I/OがソースLUNに書き込まれている間に、ほかのアプリケーションの用途に使用でき
る永続イメージです。MirrorViewセカンダリ イメージは、ホストからは参照できません。
ただし、SAN Copyを使用することで、セカンダリ システム上でセカンダリ イメージのコ
ピーを作成して、データの検証と並列処理を実行できます。
このため、MirrorViewセカンダリ イメージでSAN Copy完全コピー セッションを実行する
ことはできません。ただし、MirrorViewセカンダリ イメージに対してSAN Copyインクリ
メンタルセッションは実行できます。
MirrorViewの詳細については、EMC Unisphereオンライン ヘルプを参照してください。
74
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
SAN Copyソフトウェア コンポーネント
SAN Copyは、次のソフトウェア コンポーネントで構成されています。
●
SAN Copyシステムにインストールされ、有効になっているSAN Copyソフトウェア。
●
admhostユーティリティ。このユーティリティが提供するコマンド ライン実行可能ファ
イルを使用すると、SAN Copyセッションを管理するときに、[lun_activate]、
[lun_deactivate]、[lun_flush]、[lun_list]などのコマンドを実行できます。admhostユー
ティリティは、その他のWindowsホスト ユーティリティ(Host Agent、CLIなど)とと
もに出荷され、SAN Copyソフトウェアがインストールされて有効になっているシステ
ムに接続されたすべてのWindowsホストにインストールされます。
●
ユーザー インタフェース – Unisphere、SAN Copyシステムと同じネットワーク上のシ
ステムのうち、少なくとも1つにインストールする必要があります。
●
VNX CLI for Block。Unisphereホスト エージェント パッケージの一部として出荷さ
れます。
SAN Copyソフトウェア コンポーネント
75
SAN Copyの概念
SAN Copy操作の概要
必要に応じて、次のいずれかの章に進んでください。
●
SAN Copyを使用するための基本的な必要条件、制限、構成のガイドラインについての
情報:SAN Copy構成ガイドライン
●
admhostコマンドの詳細:SAN Copyでのadmhostユーティリティの使用
●
SAN Copy CLIコマンドの詳細:SAN Copy CLIコマンド
次の手順に、SAN Copyの使用方法を示します。
1. SAN Copyをセットアップします。この手順には、次の作業が含まれます。
●
スイッチのゾーニング:ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項(82ペー
ジ)を参照してください。
●
SAN Copyのポートを登録する:コピー セッション用Blockシステムの準備およびコ
ピー セッション用のSymmetrixシステムの準備については、「EMC VNX for Blockコ
マンド ライン インタフェース リファレンス」を参照してください。
●
ストレージ グループへの論理ユニットの追加、およびストレージ グループとボ
リュームへのポートの接続:コピー セッション用Blockシステムの準備およびコピー
セッション用のSymmetrixシステムの準備については、「EMC VNX for Blockコマン
ド ライン インタフェース リファレンス」を参照してください。
●
インクリメンタルSAN Copyセッション用のリザーブドLUNプールの構成:「EMC VNX
for Blockコマンド ライン インタフェース リファレンス」を参照してください。
2. SAN Copyシステムで、[sancopy -create]コマンドまたは[sancopy -create -incremental]
コマンドを使用して、完全または差分のSAN Copyコピー ディスクリプタを作成しま
す。
3. SAN Copyセッション用にソースおよびデスティネーションの論理ユニットを準備しま
す。SAN CopyセッションのLUNの準備については、「VNX for Blockコマンド ライン
インタフェース(CLI)リファレンス」を参照してください。
4. 完全セッションの場合は、手順5に進んでセッションを開始します。
インクリメンタル セッションの場合は、[sancopy -mark]コマンドを使用してセッショ
ンにマークを付けます。
注: マークづけが正常に行われたことを確認した後は、ソース論理ユニットをホストに対して
有効にして、それらの論理ユニットへのI/Oを再開できます。これは、インクリメンタル コピー
セッションに関与するソース論理ユニットのみに適用されます。
76
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
5. 本番ホストのシステム上で、[sancopy -start]コマンドを使用してSAN Copyセッション
を開始します。
注: ソース論理ユニットとデスティネーション論理ユニットがアンマウントされていれば、1つ
のホストで1つのソース論理ユニットごとに複数のセッションを同時にアクティブにできます(前
述の手順3を参照)。
6. コピー セッションを終了させます。
7. 両方のホストで、オペレーティング システムに対してソース論理ユニットとデスティ
ネーション論理ユニットを有効にします(ソース論理ユニットは、まだ有効にされて
いない場合)。
注: オペレーティング システムによっては、1つのホストが複数のよく似たLUNにアクセスする
ことをサポートしない場合があります。従って、SAN Copyがいったんコピー セッションを終了
したら、同一のLUNを異なるストレージ グループに移動させることを推奨します。
Windowsホストで、admhost lun_activateコマンドを発行します。このコマンドは、バスを
再スキャンして新しいデバイスを探し、まだドライブ名が割り当てられていないBlock
とSymmetrixのすべての論理ユニットに、ドライブ名を割り当てます。admhost lun_activate
コマンドで-lおよび-dオプションを使用して、特定のWWNを持つLUNにドライブ名を割り
当てます。
SAN Copy操作の概要
77
SAN Copyの概念
SAN Copyの構成要件
ここでは、VNX Blockシステム間、VNX BlockシステムとSymmetrixシステムの間、システ
ム内でデータをコピーするための構成の必要条件と制限について説明します。
VNX Blockシステム間またはVNX BlockシステムおよびSymmetrixシステム間のデー
タ コピー
VNX Blockシステム間、またはVNX BlockシステムとSymmetrixシステムの間でデータをコ
ピーする場合、SAN Copyセッションを開始する前に次のセクションに示す必要条件を満た
す必要があります。
すべてのコピー セッション
完全とインクリメンタルのどちらのコピー セッションでも、次の必要条件を満たす必
要があります。さらに、インクリメンタル セッションでは、93ページの「インクリメ
ンタル コピー セッション」で説明されている要件を満たす必要があります。
●
コピー セッションに参加しているVNX Blockシステムの1つは、SAN Copyシステム
でなければならない。
●
SAN Copyセッションに関与するすべてのSymmetrixストレージ ポートで、VCMビッ
トを有効にする必要がある。
●
ファイバ チャネル レプリケーションでは、SAN Copyがリモート システムにアク
セスできるように、SAN Copyイニシエータ ポートをリモート ストレージ システ
ムに正しくゾーニングする必要がある。ファイバー チャネルのゾーニング要件と
推奨事項(82ページ)を参照してください。
iSCSIレプリケーションの場合は、接続設定を作成する必要があります。接続設定
は、Block iSCSI InitiatorがiSCSIターゲットとのレプリケーション セッション
の確立に使用する、名前の付けられた設定情報です。接続設定は、固有のユーザー
定義名、セキュリティ認証情報の割り当て方法(接続固有、アレイ共有、なし)、
1つ以上の接続パスで構成されます。また、指定された場合には、オプションのユー
ザー名とパスワード(シークレット)が含まれます。
注: SAN Copyポートは、リモート システムへのホスト イニシエータとして機能します。そ
れらをストレージ グループに追加することはできますが、コピー セッションに関与する論
理ユニットと同じゾーンに含める必要があります。
●
78
ソース論理ユニット、デスティネーション論理ユニット、またはその両方がSAN
Copyシステムに存在している必要がある。
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
注: ソース論理ユニットがSAN Copyシステムに存在している場合は、1つ以上のシステムの
1つ以上のデスティネーション論理ユニットにデータをコピーできます。リモート システム
にSAN Copyソフトウェアがインストールされている必要はありません。
ソース論理ユニットがSAN Copyシステムに存在しない場合、すべてのデスティネーション論
理ユニットは、SAN Copyセッションを所有しているシステムに格納されている必要がありま
す。
●
Symmetrixシステムにデータをコピーする際には、navicli -lunmapinfoコマンドを使用
して、SAN Copyセッションに含める任意のSymmetrixボリュームのWWNを取得する。
これらのボリュームはマウントする必要があり、ボリュームを所有するホスト上に
Unisphereホスト エージェントをインストールする必要がある。必要なホスト エー
ジェントのバージョンについては、「EMC SAN CopyとAdmhostのリリース ノート」
(http://Support.EMC.comで入手可能)を参照。
●
論理ユニットがSAN Copyセッションに関与するには、論理ユニットが対象SAN Copy
システム ポートにアクセスできるようにする必要がある。たとえば、Blockシステ
ム間のコピーの場合は、参加させるデスティネーション論理ユニットが含まれてい
るリモート ストレージ システム上のストレージ グループにイニシエータ ポート
を追加する必要がある。
注: Symmetrixシステムで、SAN Copyポートがボリュームにアクセスできるようにする手順
については、Symmetrixのマニュアルを参照してください。
インクリメンタルコピー セッション
インクリメンタルコピー セッションは、完全セッションの必要条件をすべて満たす必
要があります。ただし、以下の例外と追加要件があります。
●
ソース論理ユニットはリモート システムに存在することはできない。SAN Copyシ
ステムに存在する必要がある。
●
ソースLUNとしてSnapViewスナップショットは指定できません。
●
インクリメンタルSAN Copyセッションを開始する前に、予約済みLUNプールを設定
する必要がある。予約済みLUNプールはSAN Copyとともに動作し、インクリメンタ
ルSAN Copyの操作を実行する。リザーブドLUNプールは複数のプライベートLUNから
構成されています。インクリメンタルSAN Copyセッションを開始する前に、インク
リメンタル セッションに参加する各ソースLUNにつき少なくとも1つのLUNがこの
プールに含まれていなければならない。詳細については、ソフトウェアに同梱され
ている、またEMCオンライン サポートWebサイトのVNX製品ページから入手できる
Unisphereオンライン ヘルプを参照してください。
SAN Copyの構成要件
79
SAN Copyの概念
VNX Blockシステム内でのLUN間のデータ コピー
あるLUNから同じVNX Blockシステム内の1個以上のLUNにデータをコピーする場合、SAN
Copyセッションを開始するには以下の条件を満たす必要があります。
注: システム内でデータをコピーする場合は、ファイバ チャネル接続をゾーニングしたり、iSCSI
接続セットを作成する必要はありません。
●
システムは、SAN Copyシステムである必要があります。
●
コピー セッションに関与するソースLUNとすべてのデスティネーションLUNが同じSPに
属している必要があります。
注: 異なるSPに属しているLUN間でコピーする必要がある場合は、セッションを開始する前に、
ソースLUNまたはデスティネーションLUNをトレスパスする必要があります。
●
インクリメンタルコピー セッションの場合、次の制限があります。
•
ソースLUNとしてSnapViewスナップショットは指定できません。
•
インクリメンタルSAN Copyセッションを開始する前に、予約済みLUNプールを設定す
る必要がある。詳細については、ソフトウェアに付属またはEMC オンライン サポー
トWebサイトから入手可能なUnisphereオンライン ヘルプを参照してください。
SAN Copy構成の例
図 5(81ページ)に、SAN Copyの構成例を示します。左側がSAN Copyシステム、右側がリ
モート システム(VNX BlockまたはSymmetrixシステム)です。LUN 1、2、3、4は、SAN
Copyシステムにあり、LUN 5、6はリモート システムにあります。
SAN Copyシステムでは、LUN 1のデータはLUN 2にコピーされます。LUN 1とLUN 2は同じSP
に属している必要があります。ゾーニングは不要です。
インクリメンタル コピー セッションで、LUN 4のデータがLUN 6にコピーされます。LUN
4(ソースLUN)は、SAN Copyシステムに存在する必要があります。ソースLUNがSAN Copy
システムに存在しているため、SAN Copyを使用して、LUN 4のデータを、複数のシステム
上の複数のデスティネーションLUNにコピーできます。
完全コピー セッションによって、LUN 5のデータがLUN 3にコピーされます。ソースLUN
(LUN 5)はSAN Copyシステムには存在しないため、LUN 5のすべてのデスティネーション
LUNは同一のSAN Copyシステムに存在する必要があります。
80
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
図 5. SAN Copy構成の例
SAN Copyの構成要件
81
SAN Copyの概念
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項
注: システム内のLUN間でデータをコピーする場合は、ゾーニングは必要ありません。SAN Copy ソ
フトウェアは、SAN CopyソフトウェアがサポートしていないシステムにSAN Copyポートをゾーニン
グする構成をサポートしていません。サポートされているシステムの一覧については、ESM(EMC
Support Matrix)または「EMC SAN CopyとAdmhostのリリース ノート」を参照してください。
現時点では、SAN CopyとMirrorViewソフトウェアに同じSPポートを共有させることはできません(詳
細については、「EMC SAN CopyとAdmhostのリリース ノート」を参照してください)。
SAN Copyシステムの各ポートは、デュアル モード ポートです。ポートがSAN Copyセッ
ションで使用されるときには、そのポートは、リモート システムや同じゾーン内のSAN
Copyポートに対するへのイニシエータとして機能します。ホスト イニシエータがI/Oを転
送するためにポートを使用すると、そのポートはホスト イニシエータにとってのターゲッ
トとして機能します。ホスト イニシエータがSAN Copyポートを登録するたびに、または
SAN Copyポートが別のSPポートを登録するたびに、SAN Copyポートはログイン リソース
を消費します。SAN Copyポート用の全ログイン リソースを消費すると、すべてのデスティ
ネーションLUNに対するSAN Copyセッションが正常に終了しないことがあります。SAN Copy
ゾーンを作成して構成する場合は、1つのリモートSPポートに対して1つのイニシエータと
いうルールに従うことを推奨します。つまり、各ゾーンに、1つのSAN Copyポート(イニ
シエータ)と1つのリモートSPポートのみを含めるようにしてください。シングル イニシ
エータ ゾーニングの例については、SAN Copyがインストールされていない場合とされて
いる場合での単一イニシエータ ゾーニングの例(86ページ)を参照してください。
ゾーニングの推奨事項
さまざまなSAN Copyゾーニング構成を作成できますが、 以下のようなメリットから、ゾー
ニングの構成を推奨します。
●
SAN Copyポートからリモート システムの論理ユニットへの冗長接続パスがある。
●
SAN Copyシステムの各SP(SAN Copyポート)が、リモート システムの各SPにアクセス
できる。
このように構成するためには、SAN Copyシステムからリモート システムへの4つのゾーン
を作成することを推奨します。その結果、トラブルシューティングが容易で、整合性の取
れたゾーニング構成となります。
ゾーン
82
SAN Copyシステム
リモート システム
ゾーン1
SP Aポート1
SP Aポート1
ゾーン2
SP Aポート1
SP Bポート1
ゾーン3
SP Bポート1
SP Aポート1
ゾーン4
SP Bポート1
SP Bポート1
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
このゾーニング構成が適切でない場合は、パフォーマンス、可用性、ホスト ログイン リ
ソースの確保など、SAN Copyセッションに関する最も重要な基準に基づいてゾーニング構
成を作成することもできます。以降のトピックでは、このような基準に対するゾーニング
構成の推奨事項を示します。
注: 最小限の必要条件として、SAN Copyシステムでは1台のSPに1個のポート、リモート システム
では1台のSPに1個のポートがあるゾーンを1つ構成します。この構成は、SAN Copyセッションに高可
用性を提供できません。また、リモート システムの両方のSPに属する論理ユニットへのアクセスも
提供しません。
パフォーマンス
パフォーマンスが最も重要な基準である場合は、複数のゾーンを作成して、それぞれ
異なるSAN Copyポートを設定し、それらのポートが同じリモートSPポートにゾーニン
グされるようにすることを推奨します。SAN Copyでは、複数のセッションで1個のポー
トを共有できます。ただし、複数のポートが使用可能な場合、SAN Copyは使用可能な
SAN Copyポートに複数のセッションを分散させることによって、最大のスループット
を実現します。
注: この構成は、複数のコピー セッションが同時に実行されている場合にのみパフォーマンス
を向上します。1つのセッションではパフォーマンスは向上しません。
図 6(84ページ)では、SAN Copyシステム上のLUN 1とLUN 2がSP Aに所属しています。
ゾーン1と3は、LUN 1と2からリモート システムへの複数の接続パスを提供していま
す。この例では、2つのSAN Copyセッションが実行されています。一方のセッションで
はLUN 3からLUN 1にデータをコピーしており、SAN CopyシステムのSP Aのポート0を使
用しています。もう一方のセッションではLUN 2からLUN 4にデータをコピーしており、
SP Aのポート1を使用しています。
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項
83
SAN Copyの概念
図 6. パフォーマンスに基づくゾーニングの推奨構成
可用性
SAN Copyの使用時に高可用性を実現するためには、少なくとも2つのゾーンを構成する
ことを推奨します。各ゾーンには、SAN Copyシステムの各SPから1個のポート、および
リモート システムの各SPから1個のポートを含める必要があります。
図 7(85ページ)は、ゾーン1と2を使用した高可用性SAN Copyゾーニングの推奨され
る最小構成を示しています。
ゾーン
SAN Copyシステム
リモート システム
ゾーン1
SP Aポート0
SP Aポート1およびSP Bポート1
ゾーン2
SP Bポート0
SP Aポート0およびSP Bポート0
次の例では、3つのコピー セッションが実行されています。LUN 2からLUN 4にデータ
をコピーするセッションでは、ゾーン1を使用します。LUN 3からLUN 1にデータをコ
ピーするセッションでは、ゾーン2を使用します。3番目のセッション(LUN 2からLUN
1)にはゾーニングは不要です。
84
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
図 7. 可用性に基づくゾーニングの推奨構成
ホスト ログイン リソースの制限
多数のホストがリモート システムに接続するという理由から、ホストのログイン リ
ソースを制限することが最も重要な基準である場合は、必要なSAN Copyポートのみを
そのシステムにゾーニングします。
次の表に、各ゾーニング構成を示します。
ゾーン
SAN Copyシステム
リモート システム
ゾーン1
SP Aポート0
SP Aポート1およびSP Bポート1
ゾーン2
SP Bポート0
SP Aポート0およびSP Bポート0
図 8(86ページ)では、3つのコピー セッションが実行されています。LUN 2からLUN
4にデータをコピーするセッションでは、ゾーン1を使用します。LUN 3からLUN 1にデー
タをコピーするセッションでは、ゾーン2を使用します。3番目のセッション(LUN 2か
らLUN 1)にはゾーニングは不要です。
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項
85
SAN Copyの概念
図 8. ログイン リソースの制限に基づくゾーニングの推奨構成
SAN Copyがインストールされていない場合とされている場合での単一イニシエータ
ゾーニングの例
単一イニシエータ ゾーンとは、ホストまたはSAN Copyイニシエータが1つだけ含まれまる
ゾーンです。
SAN Copyの単一イニシエータのルールには以下の2つの例外があります。
●
ドメイン内に2つのSAN Copyシステムがあり、各システムがSAN Copyシステムとしての
役割と、他方に対するリモート システムとしての役割の双方を果たしている場合以外
は、同じゾーン内に複数のSAN Copyポートを配置することはできません。
●
ホストHBAイニシエータがホストI/O用にSAN Copyポートに接続されている場合以外は、
SAN Copyポートをホストとして同じゾーン内に配置することはできません。
図 9(87ページ)に、データI/Oを目的とする、サーバと2つのシステム間での単一イニシ
エータ ゾーニングの例を示します。システムはいずれも、SAN Copyシステムではありま
せん。この例では、ゾーン1には、HBAイニシエータ ポートと、双方システムの各SPのター
ゲット ポートが含まれます。
86
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
図 9. SAN Copyがない状態での単一イニシエータ ゾーニングの例
前の例のシステムの1つにSAN Copyをインストールした場合、ゾーニングを図 10(88ペー
ジ)に示すような構成に変更してください。この例では、各SAN Copyポートが個別のゾー
ンに位置し、ホスト イニシエータを持っています(ゾーン2および3)。ゾーニングを図
9(87ページ)の状態にしておくと、SAN Copyを使用していないときでも、ポート用に余
計なログイン リソースが消費されることになります。
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項
87
SAN Copyの概念
図 10. SAN Copyがインストールされた状態での単一イニシエータ ゾーニングの例
図 11(89ページ)に、データI/OとSAN Copyのデータ転送を目的とする、サーバと2つの
システム間での単一イニシエータ ゾーニングの例を示します。システムのうち、1つがSAN
Copyストレージ システムとなっています。この例では、ホストはSAN Copyポートなど、
必要なすべてのターゲット ポートを持つゾーンに存在します(ゾーン1、ゾーン2、ゾー
ン3、ゾーン6)。また、SAN Copyポートは、アクセス対象のリモート ポートを持つ独立
したゾーンを設定する(ゾーン4およびゾーン5)に存在します。これら6つのゾーンは、
次のように構成されます。
ゾーンID
88
目的
構成要素
ゾーン1
データI/O
HBAイニシエータ ポート、リモート
システム#1のSP Aポート1および
SP Bポート1
ゾーン2
データI/O
HBAイニシエータ ポート、SAN
CopyシステムのSP Bポート0
ゾーン3
データI/O
HBAイニシエータ ポート、SAN
CopyシステムのSP Aポート0
VNX for Blockの概念
SAN Copyの概念
ゾーンID
目的
構成要素
ゾーン4
SAN Copyセッション
SAN CopyシステムのSP Bポート
0、リモート システムのSP Bポート
1
ゾーン5
SAN Copyセッション
SAN CopyシステムのSP Aポート
0、リモート システムのSP Aポート
1
ゾーン6
データI/O
HBAイニシエータ ポート、リモート
システム#2のSP Aポート1および
SP Bポート1
図 11. SAN Copyがインストールされ構成された状態での単一イニシエータ ゾーニングの例
ファイバー チャネルのゾーニング要件と推奨事項
89
SAN Copyの概念
90
VNX for Blockの概念
第6章
EMC SnapViewソフトウェアの概
念
この章では、SnapViewソフトウェアとそのコンポーネントについて説明
します。また、この章では、不正ブロックと修正処理について説明しま
す。
主要なトピックは以下のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
SnapViewの概要(92ページ)
SnapViewコンポーネント(97ページ)
SnapViewサーバ(101ページ)
クローンの状態(102ページ)
SnapViewの例(108ページ)
不正ブロックの修正(131ページ)
VNX for Blockの概念
91
EMC SnapViewソフトウェアの概念
SnapViewの概要
SnapViewはシステム ベースのソフトウェア アプリケーションです。SnapViewでは、ク
ローンまたはスナップショットを使用して、従来のLUN、シックLUNまたはシンLUNのコピー
を作成できます。
クローンはLUNを実際にコピーしたものであり、作成にはソースLUNのサイズに応じた時間
がかかります。スナップショットは、元のデータとの差分を追跡するLUNのポイント イン
タイムの仮想コピーであり、数秒で作成できます。
以下の重要なメリットがあります。
●
パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながら、実際の本番データを変更することな
く、本番データのポイント イン タイム コピーへのフルアクセスが可能になる。
●
意思決定支援またはリビジョン テストのために、本番データのコピーを、一貫性のあ
る読み取り/書き込み可能な状態で提供する。
●
バックアップのために、本番データがオフライン状態またはホット バックアップ モー
ドになる時間を事実上排除できる。本番サーバのバックアップ オーバーヘッドを別の
サーバに肩代わりさせる。
●
一組のLUNにわたって整合性のとれたレプリカを確保できる。これは、整合を切り離す
(複数のクローンを同時に切り離す)ことによって、またはコンシステント モードで
Snapviewセッションを開始するときに作成する整合セッションを実行することによっ
て作成できる。
●
ソースLUNが破損した場合でも即時にデータ リカバリが可能。リカバリ操作は、クロー
ンについてはリバース同期を、スナップショット セッションについてはロールバック
操作を開始することにより実行できる。
アプリケーションの要件に応じて、クローン、スナップショット、クローンのスナップ
ショットのうちいずれかを作成できます。クローンの詳細については、クローンの概要
(92ページ)を参照してください。スナップショットの詳細については、スナップショッ
トの概要(93ページ)を参照してください。クローン、スナップショット、スナップショッ
トのクローンのそれぞれを使用した場合の比較については、クローンとスナップショット
の比較(95ページ)を参照してください。
クローンの概要
クローンには、ソースLUNが完全にコピーされます。クローンのソースLUNは、クローン
グループの作成時に指定します。ソースLUNのコピー処理は、クローン グループにクロー
ンLUNを追加したときに開始されます。各クローンには、クローンIDが割り当てられます。
クローンIDは、クローン グループからクローンを削除するまで維持されます。
クローンがクローン グループに属しておりフラクチャされていないときは、ソースLUNに
対するあらゆる本番サーバライト リクエストは、クローンにも同時にコピーされます。
該当するデータがクローンに書き込まれると、クローンをフラクチャできます。クローン
をフラクチャするとクローンがソースLUNから分離され、セカンダリ サーバから使用でき
るようになります。
92
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
クローン プライベートLUNは、クローンのフラクチャ後に変更されたソースとクローンの
領域を記録します。クローンをフラクチャした後は、ログに、ソースLUNとクローンLUN上
の変更されたデータ チャンクの識別情報が記録されます。変更されたデータ チャンクと
は、本番サーバまたはセカンダリ サーバがソースLUNまたはクローンに書き込むことに
よって変更したデータの集まりを指します。この識別情報はクローン プライベートLUN内
のログに記録され、クローン プライベートLUNには実際のデータは書き込まれません。こ
のログには、変更されたデータ チャンクだけがコピーされるため、クローンとソースLUN
の同期/リバース同期を短時間で実行できます。
重要: クローン プライベートLUNは(シンLUNまたはシックLUNではなく)RAIDグループLUNである
必要があります。
図 12(93ページ)は、フラクチャされたクローンがどのように機能するかの例を示しま
す。本番サーバがソースLUNに書き込みを行い、セカンダリ サーバがクローンLUNに書き
込みを行うため、クローンのプライベートLUNは、クローンがフラクチャされた後に変化
したソースLUNおよびクローンLUN上の領域を追跡する点に注意してください。
図 12. クローンの例
一連のLUNにわたって整合性のとれたレプリカを作成するために、複数のソースLUNにわ
たってソースLUNごとに一度に1個のクローンをフラクチャするコンシステント フラクチャ
を実行できます。
ソースLUNが破損した場合や、クローンのデータをソースに反映したい場合は、SnapView
でクローンをソースLUNに即時にリストアすることもできます。これを、クローン側でリ
バース同期を開始することにより行うことができます。
スナップショットの概要
スナップショットは、ソースLUNのポイント イン タイム コピーをセカンダリ サーバで
表示できるようにする仮想LUNです。SnapViewセッションの開始時に、どの時点のデータ
を参照するかを決めます。セッションは、特定のある時点におけるソースLUNのデータを
記録します。スナップショットは、ほかのサーバからは通常のLUNのように見えますが、
そのデータは通常のLUNのようにディスク上に存在するわけではありません。スナップ
SnapViewの概要
93
EMC SnapViewソフトウェアの概念
ショットは、ソースLUN上の変更されていないデータ チャンクと、リザーブドLUN上のデー
タ チャンクを組み合わせたものです。ソースLUN上のデータ チャンクとは、セッション
の開始時点から変更されていないデータ チャンクです。リザーブドLUNプール内のデータ
チャンクは、セッション開始時から変更されたソースLUNデータ チャンクの、変更前の
データのコピーです。
セッション中も、本番サーバはソースLUNに対してライトやデータの変更を行うことがで
きます。このとき、ソフトウェアは、予約済みLUN上の元のポイント イン タイム データ
のコピーを、予約済みLUNプール内の予約済みLUNに保存します。この処理は、ソースLUN
上でデータ チャンクが初めて変更されるときだけ行われるため、Copy on First Writeと
呼ばれます。
セッションが続行され、追加のI/OによってソースLUN上のほかのデータ チャンクが更新
されるにと、リザーブドLUNプールに保存されるデータの量が増えます。必要な場合、LUN
プールにLUNを追加することで、予約済みLUNプールのサイズを大きくすることができま
す。
重要: リザーブドLUNが領域をすべて消費し、リザーブドLUNプールに追加のLUNがない場合にSnapView
はセッションを停止してしまうため、十分な数のリザーブドLUNを確保しておく必要があります。
スナップショットをセッションに対してアクティブ化する(割り当てる)ことにより、
セッションのポイント イン タイム データをセカンダリ サーバから表示することができ
ます。セッションで一度にアクティブ化できるスナップショットは1つだけです。別のポ
イント イン タイム ビューが必要な場合は、セッションからスナップショットの割り当
てを解除(マップ解除)し、同じソースLUNの別のセッションにスナップショットをアク
ティブにするか、別のスナップショットを作成してそれを2番目のセッションに対してア
クティブにすることができます。
次の図は、スナップショットの動作の例を示します。スナップショットは、ソースLUNと、
全体の予約済みLUNプール内の予約済みLUNを組み合わせたものです。
一組のLUNにわたって整合性のとれたレプリカを作成するために、コンシステント モード
でセッションを開始できます。
94
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
ソースLUNが破損した場合やソースがセッションのポイント イン タイム データを必要と
する場合、SnapViewでセッションのポイント イン タイム データを即時ソースLUNにリス
トアすることもできます。これを、SnapViewのロールバック機能を使用して行うことがで
きます。
クローンとスナップショットの比較
表 4(95ページ) 比較クローン、スナップショット、およびクローンのスナップショッ
ト
注: クローンの状態がリバースOut of sync状態以外の場合は、クローン グループの作成時に指定
したソースLUNへのサーバI/Oが可能です。リバース同期中は、ソースLUNに行われたサーバによるラ
イトはすべてクローンにコピーされます。
表 4. クローンとスナップショットの比較
クローン
スナップショット
クローンのスナップショット
[メリット ]
●
●
●
ソースLUN上のデータが破損し
たときに、直ちにクローンLUNの
内容でソースLUNの内容を置き
換えたり、ソースLUNからクロー
ンLUNにサーバをリダイレクトし
たりすることができる
バックアップ処理を無停止状態
で行います。
●
ソースLUN上のデータが破損し
たときに、直ちにセッションの内
容でソースLUNの内容を置き換
えることができる。
●
ソースLUN上のデータが破損し
たときに、直ちにセッションの内
容でソースLUNの内容を置き換
えることができる。
●
バックアップ処理を無停止状態
で行います。
●
バックアップ処理を無停止状態
で行います。
●
仮想LUNを使用するため、コ
ピーをすばやく、瞬時に行える
●
ソースLUNとクローンLUNの両
方でデータ破損が生じた場合で
も、重大なデータ損失を防ぐこと
ができる
実際のLUNにデータをコピーす
るため、重大なデータ損失を防
ぐことができる
[Creation time]
数分~数時間 (ソースLUNのサイ 即時
ズによる)。後続の同期はインクリメ
ンタルで行われる。
即時
[使用するディスク容量 ]
ソースLUNのディスク容量と同じサ リザーブドLUNプール領域を使用す スナップショットの場合はリザーブド
イズの容量を使用
る。これは、通常セッションごとに
LUNプール領域を使用し、全ディス
ソースLUNサイズの10~20%に相当 ク容量を使用する。これは、通常、
するが、使用量はソースLUN上の変 クローンのソースLUNサイズの
更されたデータの量に応じて異なる 100%、またはセッションごとにソース
LUNサイズの10~20%に相当する
が、使用量はソースLUN上の変更さ
れたデータの量に応じて異なる
[ソースLUN障害/破損後のデータ リカバリ]
SnapViewの概要
95
EMC SnapViewソフトウェアの概念
表 4. クローンとスナップショットの比較 (続き)
クローン
リバース同期の初期化後、即時
スナップショット
クローンのスナップショット
ロールバック処理の初期化後、即時 セッションからのロールバックとク
ローンのリバース同期の組み合わ
せ。
[システムのパフォーマンスへの影響 ]
96
●
クローンLUNがフラクチャ済み状 Copy on First Writeによるパフォー クローンLUNとスナップショットLUN
態である場合は、パフォーマン マンスの低下
両方による影響。
スへの影響はない
●
クローンLUNの初回の同期で
は、同期実行中にパフォーマン
スに影響を及ぼす。以降の同期
またはリバース同期でも同等の
影響があるが、インクリメンタル
のみであるため同期の実行時
間は短い。また、影響は同期
レートによっても左右される。同
期レートは、クローン グループ
にクローンLUNを追加するとき
に設定するが、同期またはリ
バース同期のときに変更可能
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
SnapViewコンポーネント
SnapViewは、次のソフトウェア コンポーネントで構成されています。
●
SnapViewの機能を提供する一組のドライバ。コピー対象のLUNが存在するシステムにイ
ンストールします。
●
admsnapユーティリティ。サーバ上のクローン デバイスおよびスナップショット デバ
イスを管理するための、コマンド ラインで実行可能ファイルを提供します。admsnap
ユーティリティは、SnapViewイネーブラとともに出荷され、SnapViewソフトウェアが
インストールされて有効になっているシステムに接続された任意のサーバにインストー
ルします。
SnapViewは、次のいずれかのコンポーネントとともに使用する必要があります。
●
Unisphere UI。SnapViewシステムと同じネットワーク上の少なくとも1台のシステムに
インストールされている必要があります。
●
VNX CLI for Block。Unisphereホスト エージェント パッケージの一部として出荷さ
れます。
SnapViewをセットアップするには、UnisphereまたはVNX CLI for Block(admsnapではな
い)を使用する必要があります。それにより、admsnapやUnisphereまたはVNX CLI for
Blockを使用して、SnapViewの継続的なオペレーションを管理できるようになります。
Unisphereについて
Unisphereは、EMCシステムの構成と管理を司るシステム集中管理ツールです。この製品
は、次の基本機能を提供します。
●
システムの検出
●
ストレージの構成と割り当て
●
ステータスと構成情報の表示
●
イベント管理
Unisphereは、一般的なブラウザを使用して、同じLAN上でローカルに、またはインター
ネット経由でリモートからシステムを安全に管理することができる、Webベースのユーザー
インタフェースです。Unisphereは、ストレージ管理サーバ ソフトウェアが実行されてい
るVNXシステムか、Microsoft Windows Server 2008またはMicrosoft Windows Server 2003
上に常駐し、ストレージ管理サーバ ソフトウェアへのアクセス時に、ブラウザにダウン
ロードされます。
SnapViewとUnisphereの使用方法の詳細については、EMC Unisphereのオンライン ヘルプ
を参照してください。
SnapViewコンポーネント
97
EMC SnapViewソフトウェアの概念
VNX CLI for Blockの概要
VNX CLI for Blockは、Unisphereやadmsnapと同様にクローンとスナップショットに対す
る管理インタフェースの1つです。VNX CLI for Blockコマンドとadmsnapコマンドを併用
して、クローンとスナップショットを管理できます。admsnapはサーバ オペレーティング
システムと通信し、CLIはストレージ システムと通信するため、admsnapとVNX CLI for
Blockの両方が必要です。
Admsnap Utilityについて
Admsnap Utilityは、クローンやスナップショットを管理するために、対話形式またはス
クリプトを使用して実行できる実行可能プログラムです。Admsnap Utilityは、システム
に接続されたサーバ上に、SnapViewドライバとともにインストールします。
admsnapユーティリティは、以下のサーバ プラットフォーム上で実行されます。
●
Hewlett Packard HP-UX
●
IBM AIX(RS/6000およびPシリーズ)
●
Linux(32ビットIntelプラットフォーム、64ビットAMDプロセッサLinux、64ビットIntel
Xeonプロセッサ、64ビットIntel Itaniumプロセッサ)
注: 32ビットIntelプラットフォーム、64ビットAMDプロセッサLinux/64ビットIntel Xeonプロ
セッサ、64ビットIntel Itaniumプロセッサ用に、それぞれ異なるadmsnapインストール パッケー
ジが用意されています。64ビットAMDプロセッサLinuxと64ビットIntel Xeonプロセッサ用の
admsnapパッケージは同じです。各プラットフォームでサポートされている最小のLinuxカーネル
リビジョンについては、「EMC SnapView and Admsnap Release Notes」(EMC SnapViewおよび
Admsnapリリース ノート)を参照してください。
●
Microsoft Windows(Windows Server 2008またはWindows Server 2003)
注: Windows Server 2008とWindows Server 2003用に、それぞれ異なるadmsnapインストール
パッケージが用意されています。特に明記されていない限り、このドキュメントでは、Windows
サーバとは、Windows Server 2008およびWindows Server 2003のみを指します。
●
Novell NetWare[Novell NetWare]
●
Sun Solaris
●
VMware ESX
これらのサーバ/オペレーティング システムのサポートされているバージョンについて
は、SnapViewとadmsnapの最新のリリース ノートを参照してください。
98
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
MirrorViewとのSnapViewの使用
SnapViewをMirrorViewソフトウェアとともに使用して、リモート ミラーLUN(プライマリ
イメージまたはセカンダリ イメージとして参加しているLUN)のクローンまたはスナップ
ショットを作成することにより、ローカル サイトとリモート サイトのどちらかが破損し
た場合に、両方のサイトを保護することができます。ただし、スナップショットよりもク
ローンの方が、ディスク保護が向上し、パフォーマンスへの影響が軽減します。
ローカル サイトでデータベースの破損が起こった場合、プライマリ イメージのポイント
イン タイム クローンまたはスナップショットを使用してデータを復旧できます。これを
行うには、クローン(リバース同期)またはスナップショット(ロールバック)のインス
タント リストア機能を使用して、プライマリ イメージから破損していないデータを即座
にリストアします。
リモート サイトでは、セカンダリ イメージのクローンまたはスナップショットを作成す
ることにより、複数のミラーにわたってデータの破損が起きた場合に、ミラーの代わりに
クローンまたはスナップショットを使用できます。
クローンはスナップショットよりもパフォーマンスへの影響が少ないので、ミラーをプラ
イマリに再同期させる前に、セカンダリ ミラーのクローンを作成できます。これにより、
再同期中にデータの破損など何らかの事態が起きたり、再同期中にプライマリに障害が発
生してセカンダリが使用できない状態のままであったとしても、パフォーマンスへの影響
を最低限に抑えながら、より高い保護を実現できます。また、ミラーのクローンを作成し
て、そのクローンをバックアップすることもできます。この場合も、スナップショットの
バックアップよりもパフォーマンスへの影響が少なくなります。
イメージの状態が同期済みかコンシステントのどちらかである場合(つまり、最後に開始
した更新が正常に終了した場合)にのみ、リモート イメージのクローンまたはスナップ
ショットを取得することをお勧めします。イメージが同期中またはOut-of-syncである場
合は、イメージがフラクチャされたか、または更新がまだ進行中であるため、クローンま
たはスナップショット データは役立ちません。
注:
クローンのソースがMirrorViewセカンダリ イメージである場合、MirrorViewドライバによってセカ
ンダリ イメージへのホストI/O、およびフラクチャされていないセカンダリ イメージのリバース同
期が防止されます。
SAN CopyとのSnapViewの使用
SnapViewをSAN Copyソフトウェアとともに使用して、デスティネーションLUNのクローン
を作成できます。また、SAN Copyのデスティネーションではなくセカンダリ サーバのス
トレージ グループにクローンを追加できます。これにより、SAN Copyのデスティネーショ
ンとソースの整合性を維持できるため、インクリメンタル更新に継続的に使用できるよう
になります。
SnapViewコンポーネント
99
EMC SnapViewソフトウェアの概念
注: SAN Copyは、SAN CopyのソースLUNに対する(本番サーバからの)サーバ ライトを監視しま
す。ただし、SAN CopyのデスティネーションLUNに対する(セカンダリ サーバからの)サーバ ライ
トは監視しないため、SAN Copyセッションを開始する前に、SAN CopyデスティネーションLUNのすべ
てのクローンをフラクチャする必要があります。そうすることによって、SAN Copyセッションの完
了後にクローンを同期できるようになります。
100
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
SnapViewサーバ
SnapViewには少なくとも2台のサーバが必要です。コピー対象のLUNが含まれる1台のサー
バ(本番サーバと呼びます)と、クローンまたはスナップショットを表示できる別のサー
バ(セカンダリ サーバと呼びます)の、少なくとも2台のサーバが必要です。セカンダリ
サーバは複数存在できます。
重要: Windowsサーバがある場合、またはNavisphere Expressがインストールされているシステム
を管理している場合は、SnapViewを使用するために、少なくとも2台のサーバが必要です。
本番サーバ:
●
カスタマー アプリケーションを実行する
●
ソースLUNを所有する
セカンダリ サーバ(またはその他のサーバ):
●
クローンまたはスナップショットを所有する
●
切り離されたクローンまたはアクティブ化されたスナップショットに対して読み取り
と書き込みを行う
●
クローンまたはスナップショットを使用した二次的な作業や、独立した分析(バック
アップ、意思決定支援、リビジョン テストなど)を実行する
注: クラスタ化されたサーバは、ソースLUNにアクセスするように構成できますが、ソースLUNとそ
のクローンまたはスナップショットの両方にアクセスするようには構成できません。クローンまた
はスナップショットにアクセスできるのは、クラスタの外部にあるサーバだけです。
SnapViewサーバ
101
EMC SnapViewソフトウェアの概念
図 13(102ページ)に、2つのデータベース ファイルとそのログのクローンとスナップ
ショットを作成している2台のサーバを含む、SnapView環境の例を示します。
図 13. クローンとスナップショットを含むSnapView環境の例
クローンの状態
クローン グループ内の各クローンは、使用可能なデータが含まれているかどうかを示す
固有のクローン状態になります。可能性のあるクローン状態には、 コンシステント、Out
of sync、リモート ミラー同期中、リバースOut of sync、リバース同期中、同期済み、
同期中があります。クローンの状態によっては、一部の操作が利用できなくなることがあ
ります。
クローン グループからクローンを削除すると、ソースLUNやクローン グループとの関連
づけはなくなります。コピーされているデータは保持され、通常のLUNになります。
102
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
注: 表 5(103ページ)には、クローンがどのような場合にサーバI/O用に利用可能になるかがリス
トされています。クローンの状態がリバースOut of sync状態以外の場合は、クローン グループの
作成時に指定したソースLUNへのサーバI/Oが可能です。クローンのソースがMirrorViewのセカンダ
リ イメージである場合は、MirrorViewドライバはソースへのホストI/Oを防止します。リバース同
期中は、ソースLUNに行われたサーバによるライトはすべてクローンにコピーされます。リバース同
期中にソースLUNへのライトがクローンにコピーされないようにするには、リバース同期コマンドを
発行する前に、clone | snapview -addcloneコマンドで-UseProtectedRestore 1スイッチを発行する必要
があります。ただし、保護リストア機能を開始するには、clone | snapview -changeclonefeature
[-AllowProtectedRestore 1]コマンドを発行して、この機能をグローバルに有効化する必要がありま
す。クローンのソースがMirrorViewのセカンダリ イメージである場合は、リバース同期を実行でき
ません。
表 5. クローンの状態
クローン
の状態
概要
コンシステ クローンがフラク
ント
チャされていない
場合、クローンの
データはある時点
のソースのポイン
ト イン タイム コ
ピーを反映する
クローンがフラク
チャされている場
合、クローンの
データはある時点
のソースのポイン
ト イン タイム コ
ピーを反映する
が、それらはホス
トからクローンへ
の任意のライトに
よって変更されて
いる
この状態に移行す
る原因
●
●
クローンへの
I/Oの可否
クローンが、
可(クローンが
Consistent状 切り離されてい
態またはSyn- る場合)
chronized状態
のときに切り離
された場合
クローンが同
期またはリ
バース同期を
終了した場合
●
フラクチャされ
ていないク
ローンが同期
済み状態であ
り、クローンの
ソースがホスト
からのライトを
受け取った場
合
●
クローンがリ
モート ミラー同
期中状態であ
り、そのソース
(MirrorViewの
セカンダリ イ
メージ)がコン
システント状態
に移行する場
合
次の各手順を実行します。
可能な操作
新規クローン
状態
切り離し(クローンが コンシステン
まだ切り離されてい ト、管理フラク
ない場合のみ)
チャ
削除(クローンが切り なし
離されている場合の
み)
同期(クローンが切り 同期中である
離されている場合の
み)
リバース同期(クロー リバース同期
ンがフラクチャされ、 中
クローンのソースが
MirrorViewのセカン
ダリ イメージでない
場合のみ)
クローンの状態
103
EMC SnapViewソフトウェアの概念
表 5. クローンの状態 (続き)
クローン
の状態
Out-ofsync
104
概要
クローンがソース
のポイント イン タ
イム コピーでは
なく、使用できな
い
この状態に移行す
る原因
●
●
クローンへの
I/Oの可否
同期中にク
X
ローンがフラク
チャされた場
合
リモート ミラー
同期中状態の
ときに、クロー
ンがフラクチャ
された場合
次の各手順を実行します。
可能な操作
新規クローン
状態
同期
同期中である
削除
なし
フラクチャ(ソフトウェ Out of sync、
アやシステムのエ
管理フラク
ラーが原因で、シス チャ
テムによってクローン
がフラクチャされた場
合のみ。システム フ
ラクチャの原因につ
いてはイベント ログ
を参照)
リモート ミ クローンのソース フラクチャされてい X
ラー同期 (MirrorViewのセ ないクローンの
中
カンダリ イメー
ソースが、Mirジ)が同期中また rorViewプライマリ
はOut of sync状 イメージとの同期
態であるか、ロー を開始しているリ
ルバック処理中で モート ミラー セカ
ある可能性があ ンダリである場合
るために、クロー
ンが有用なポイン
ト イン タイム コ
ピーでない
フラクチャ
Out-of-sync
リバース
Out-ofsync
リバース同期
リバース同期
中
削除
なし
クローンのソース リバース同期中に 可
が使用不可であ クローンがフラク
り、別のリバース チャされた場合
同期が推奨され
る
VNX for Blockの概念
フラクチャ(ソフトウェ リバースOut
アやシステムのエ
of sync、管理
ラーが原因で、シス フラクチャ
テムによってクローン
がフラクチャされた場
合のみ。システム フ
ラクチャの原因につ
いてはイベント ログ
を参照)
EMC SnapViewソフトウェアの概念
表 5. クローンの状態 (続き)
クローン
の状態
概要
リバース
同期
ソースLUNにデー
タをコピー中のク
ローン
この状態に移行す
る原因
クローンへの
I/Oの可否
●
本番サーバか X
らUnisphereま
たはCLIを使用
して手動で同
期を実行した
場合
●
SPの障害後、
自動的に再実
行される(SP
障害時にリ
バース同期中
であり、リカバ
リ ポリシーが
[自動]に設定
されている場
合のみ)
次の各手順を実行します。
可能な操作
フラクチャ
新規クローン
状態
リバースOut
of sync
注: クローンのリ
バース同期は、ク
ローンを切り離した
後に実行する必要
があります。また、
クローンのリバー
ス同期は、クロー
ンがOut of sync状
態の場合や、ク
ローン グループ内
に同期中またはリ
バース同期中のク
ローンがほかにあ
る場合は実行でき
ません。
クローンの状態
105
EMC SnapViewソフトウェアの概念
表 5. クローンの状態 (続き)
クローン
の状態
概要
同期済み ソースとバイト単
位で一致している
クローン
この状態に移行す
る原因
●
注: ソースがライ
トを受け取ると、
クローンはすぐに
コンシステント状
態またはリモート
ミラー同期中状態
に移行します。
●
106
VNX for Blockの概念
クローンへの
I/Oの可否
同期、リバース X
同期、または
サーバのライト
リクエストの
後、クローン
グループの静
止閾値で定め
られる一定期
間、サーバか
らのライト リク
エストをソース
LUNが受け取
らなかった場
合、フラクチャ
されていないク
ローンは自動
的にこの状態
に移行する
[初期同期が
必要]を設定せ
ずにクローン
グループにク
ローンを追加し
た場合
次の各手順を実行します。
可能な操作
新規クローン
状態
フラクチャ
コンシステント
削除
なし
EMC SnapViewソフトウェアの概念
表 5. クローンの状態 (続き)
クローン
の状態
同期
概要
ソースLUNから
データをコピー中
のクローン
この状態に移行す
る原因
クローンへの
I/Oの可否
●
本番サーバか X
らUnisphereを
使用して手動
で同期を実行
した場合
●
初期同期が必
要プロパティを
設定してクロー
ン グループに
クローンを追
加した場合、
自動的に実行
される
●
SPの障害後、
自動的に再実
行される(ただ
し、SP障害時
に同期中であ
り、リカバリ ポ
リシーが自動
に設定されて
いる場合)
次の各手順を実行します。
可能な操作
フラクチャ
新規クローン
状態
Out-of-sync
注: クローンの手
動による同期は、
クローンの切り離
した後に実行する
必要があります。
また、クローンの同
期は、リバースOut
of sync状態のク
ローンに対しては
実行できません。
クローンの状態
107
EMC SnapViewソフトウェアの概念
SnapViewの例
このセクションには、SnapViewのクローンとスナップショットのセットアップ(VNX CLI
for Blockを使用)から、それらの使用(admsnapおよびVNX CLI for Blockを使用)まで
の例が含まれています。一部の例には、そこで説明されている主な手順の概要を示す図も
含まれています。その他の例は、特定のアプリケーションに固有のものです。
クローンの手順の概要 - すべてのプラットフォーム
次の例では、本番サーバからadmsnapクローンのコマンドに加えて、「VNX Command Line
Interface (CLI) Reference for Block」で説明されているとおり、SnapViewクローンCLI
のコマンドを使用して設定を行い、セカンダリ サーバからクローンを使用します。
1. ストレージ システムで、クローン プライベートLUNとして機能する各SPのLUNをバイ
ンドします。
クローン プライベートLUN(SPごとに1つ)は、システム上のすべてのクローン グルー
プで共有されます。
クローン プライベートLUNには、ソースLUNとそのクローンの同期の速度向上に使用す
る一時的なシステムの情報が保存されます。このような構造はフラクチャ ログと呼ば
れます。クローン プライベートLUNには、ストレージ グループに含まれない任意のパ
ブリックLUNを指定できます。各クローン プライベートLUNの最小および標準のサイズ
は1 GBです。ただし、1 GBを超えるクローン プライベートLUNを使用してもパフォー
マンスは向上しません。
2. システムで、クローンとして機能するLUNをバインドします。各クローンは、ソースLUN
と同じサイズでなければなりません。ソースLUNとクローンLUNは、同じSPにも異なる
SPにも配置できます。
3. ソースLUNが存在しない場合(たとえば、新しいデータベースを作成する場合など)
は、クローンと同時にソースLUNをバインドできます。次に、新しいソースLUNをスト
レージ グループに追加できます。
4. システムで、[-allocatecpl]CLIコマンドオプションを使用して、クローン プライベー
トLUNを割り当てます。
5. システムで、[-createclonegroup]CLIコマンドオプションを使用して、クローン グルー
プを作成します。
6. クローンとして選択したLUNがセカンダリ サーバにマウントされている場合は、使用
しているオペレーティング システムに応じた適切なコマンドを発行して、マウントさ
れているサーバからLUNを非アクティブにします。
●
Windowsサーバの場合は、次の[admsnap]コマンドを使用します。admsnap
clone_deactivate -o clone drive_letter
108
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
●
UNIXサーバの場合は、umountコマンドを発行して、クローンとして使用するLUNで
ファイル システムをアンマウントします。
7. システムで、手順2でクローンとしてバインドしたLUNをクローン グループに追加しま
す。CLIコマンド[-addclone]を使用します。
デフォルトでは、-addcloneコマンドを使用すると、クローンの同期(ソースLUNのデー
タのクローンへのコピー)がソフトウェアで開始されます。ソースLUN上に重要なデー
タがある場合は、同期が必要です。ソースLUNのサイズによっては、同期に数時間かか
ることがあります。
クローン グループにクローンを追加するときにデフォルトの同期を行わない場合は、
同期が不要であることをCLIに通知できます。そのためには、-issyncrequiredオプション
を-addcloneコマンドで使用します。ソースLUNにデータが格納されていない場合、初期
同期は不要です。空のソースLUNに対して初期同期を指定すると、ソースLUNをクロー
ンLUNに同期するためにリソースが使用されます。
8. クローンの同期後、クローンをフラクチャする前に次の手順を実行します。
a. ソースLUNへのI/Oを停止します。
b. キャッシュされているデータをソースLUNにすべてフラッシュします。これを行うに
は、使用しているオペレーティング システムに応じた適切なコマンドを発行しま
す。
●
Windowsサーバの場合は、[admsnap flush]コマンドを使用してすべてのサーバ
バッファをフラッシュします。admsnap flush -0 drive_letter
●
Solaris、HP-UX、AIX、Linuxサーバの場合は、umountコマンドを実行してファイ
ル システムをアンマウントします。ファイル システムをアンマウントできない
場合は、[admsnap flush]コマンドをadmsnap flush -o /dev/rdsk/cNtNdNsNのように
実行できます。
注: flushコマンドとsyncコマンドはどちらも、ファイル システムをアンマウントするため
の代替コマンドではありません。どちらのコマンドも、ファイル システムのアンマウントを
補完するだけです。
一部のオペレーティング システムでは、セカンダリ サーバ上のデータのフラッシュ
とバッファのクリアを行うために、セカンダリ サーバ上で追加作業が必要になるこ
とがあります。詳細につきましては、製品のリリース ノートを参照願います。
c. クローンが同期済み状態に移行するまで待機します。
9. CLIフラクチャ コマンドを使用してクローンをフラクチャします。CLIコマンド関数
-fracturecloneを使用します。
10. ストレージ グループにクローンを割り当てます。クローンLUNは、ソースLUNが含まれ
るストレージ グループとは別のストレージ グループに割り当てます。「EMC VNX for
SnapViewの例
109
EMC SnapViewソフトウェアの概念
Blockコマンド ライン インタフェース リファレンス」の説明に従って、VNX CLI for
Blockコマンドstoragegroupを使用します。
11. クローンをアクティブ化します。
●
Windowsの場合は、admsnap clone_activateコマンドを使用して、新しくフラクチャされ
たクローンをオペレーティング システムで使用できるようにします。多少の待ち時
間の後、admsnap clone_activateコマンドによってシステムが再スキャンされ、新しく
検出されたクローン デバイスにドライブ名が割り当てられます。
●
UNIXサーバの場合は、Linuxを除くすべてのプラットフォームについて、clone_activate
を使用して、新しいLUNをスキャンするようオペレーティング システムに通知しま
す。Linuxの場合は、サーバを再起動するか、HBAドライバをアンロードしてロード
する必要があります。
12. VMware ESXサーバを使用する場合は、以下の操作を実行します。
a. ESX Serverレベルでバスを再スキャンします。
b. 仮想マシンがすでに実行されている場合は、仮想マシンの電源をオフにし、ESX
Serverのサービス コンソールを使用してクローンを仮想マシンに割り当てます。仮
想マシンが実行されていない場合は、ESXサーバ上に仮想マシンを作成し、クローン
を仮想マシンに割り当てます。
c. 仮想マシンに電源を入れ、仮想マシンのレベルでバスをスキャンします。Windowsを
実行している仮想マシンでは、admsnap activateコマンドを使用してバスを再スキャ
ンできます。
13. ソースLUNとクローンLUNの内容が同期されていることを確認します。
14. ソースLUNへのI/Oを再開します。
15. バックアップ、リバース同期、またはその他の用途に、フラクチャされたクローンを
使用します。
16. クローンのフラクチャ以降に行われたソースLUNに対する変更の内容でクローンを更新
するには、次の手順を実行します。
a. クローンをフラッシュして非アクティブ化します。
●
Windowsの場合は、[admsnap flush]コマンドと[admsnap clone_deactivate]コマン
ドを使用して、すべてのサーバ バッファをフラッシュしてマウント解除し、
[clone _activate]によって割り当てられたドライブ名を削除します。複数のパー
ティションが存在し、複数のドライブ名がマウントされているクローン デバイ
スの場合は、この物理クローン デバイスに関連づけられている他のすべてのド
ライブ名もフラッシュ、マウント解除、削除されます。
admsnap flush -o drive_letter
admsnap clone_deactivate drive_letter
110
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
●
UNIXの場合は、unmountコマンドを発行してファイル システムをアンマウントし
ます。ファイル システムをアンマウントできない場合は、syncコマンドを使用
してバッファをフラッシュできます。syncコマンドは、ファイル システムのア
ンマウントの代替方法ではありませんが、このコマンドを使用すると、バック
アップ サーバでファイル システムに対するfsckの実行が必要になる件数を減ら
すことができます。syncコマンドの使用方法については、システムのマニュアル
ページを参照してください。
b. クローンをストレージ グループから削除します。
c. クローンを同期します。[-syncclone]CLIコマンドを使用します。
d. 手順8~15を繰り返します。
17. このクローンの処理が終了したら、クローンをクローン グループから削除できます。
また、次の操作を実行することもできます。
●
[-destroyclonegroup]CLIコマンドを使用して、クローン グループを破棄します。
●
[-removeclone]CLIコマンドを使用して、クローンLUNを削除します。
●
[-deallocatecpl]CLIコマンドを使用して、クローン プライベートLUNの割り当てを
解除します。
クローン使用の説明図
次の図は、クローンの使用方法を示したものです。
図 14. クローンの使用
Windows - クローンの例
次の例は、Windowsプラットフォームでのクローンのセットアップと使用に必要なすべて
のnaviseccliコマンドまたはnavicliコマンドとadmsnapコマンドを示しています。また、
LUNおよびRAIDグループのバインドとバインド解除も含まれています。
注: navicliでこのコマンドを使用するには、naviseccliをnavicliにリプレースします。
SnapViewの例
111
EMC SnapViewソフトウェアの概念
仮想マシンが実行されていない場合は、ESXサーバ上に仮想マシンを作成し、クローンを
仮想マシンに割り当てます。
1. ソースおよびクローンのRAIDグループを作成し、LUNをバインドします。
naviseccli -h ss_spA createrg 10 1_0 1_1 1_2 1_3 1_4
naviseccli -h ss_spA createrg 11 1_5 1_6 1_7 1_8 1_9
naviseccli -h ss_spA bind r5 20 -rg 10 -sp A
naviseccli -h ss_spA bind r5 21 -rg 11 -sp A
注: navicliでこれらのコマンドを使用するには、naviseccliをnavicliに置き換えます。
2. クローン プライベートLUNを作成します。それぞれの長さは1 GBです。
naviseccli -h ss_spA createrg 100 2_1 2_2 2_3 2_4 2_5
naviseccli -h ss_spA bind r5 100 -rg 10 -sp A -sq mb -cp 200
naviseccli -h ss_spa bind r5 101 -rg 10 -sp A -sq mb -cp 200
3. LUNのバインドが完了したら、ストレージ グループをセットアップします。
naviseccli -h ss_spa storagegroup -create -gname Production
naviseccli -h ss_spa storagegroup -create -gname Backup
naviseccli -h ss_spa storagegroup -connecthost -o -server ServerABC -gname Production
naviseccli -h ss_spa storagegroup -connecthost -o -server ServerXYZ -gname Backup
naviseccli -h ss_spa storagegroup -addhlu -gname Production -hlu 20 -alu 20
naviseccli -h ss_spa storagegroup -addhlu -gname Backup -hlu 21 -alu 21
4. 両方のサーバで、再スキャンまたは再起動を行って、オペレーティング システムに新
しいLUNを認識させます。
5. クローン プライベートLUNを配置します。
naviseccli
-User GlobalAdmin -Password mypasssw -Scope 0 -Address ss_spa clone -allocatecpl -spA 100 -spB
101 -o
6. クローン グループを作成し、クローンを追加します。
112
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
naviseccli -User GlobalAdmin -Password mypassw -Scope 0 -Address ss_spa clone -createclonegroup
-name lun20_clone -luns 20 -description Creatinglun20_clone -o
naviseccli -User GlobalAdmin -Password password -Scope 0 -Address ss_spa clone -addclone -name
lun20_clone -luns 20
7. 本番サーバで[ディスクの管理]を実行し、ソースLUNにNTFSファイル システムを作
成します。本番サーバ上のソースLUNに割り当てられたドライブ名にファイルをコピー
します。この例では、g: をソースLUNのドライブ名として使用します。
8. クローンがSynchronized(同期)状態に移行するまで待機します。
admsnap flush -o g:
クローンが同期済み状態に移行します。
9. クローンをフラクチャします。
naviseccli
-User GlobalAdmin -Password password -Scope 0 -Address ss_spa clone -fractureclone -name
lun20_clone -cloneid 0100000000000000 -o
10. セカンダリ サーバで、admsnapを実行してクローンをアクティブ化します。
admsnap clone_activate
admsnapソフトウェアでは、フラクチャされたクローンに割り当てられているドライブ
のドライブ名を返します。この例では、h: をクローンLUNのドライブ名として使用し
ます。
11. ソースLUNにコピーされたファイルがクローンLUNにも表示されることを確認します。
12. VMware ESXサーバを使用する場合は、以下の操作を実行します。
a. ESX Serverレベルでバスを再スキャンします。
b. 仮想マシンがすでに実行されている場合は、仮想マシンの電源をオフにし、ESX
Serverのサービス コンソールを使用してクローンを仮想マシンに割り当てます。仮
想マシンが実行されていない場合は、ESXサーバ上に仮想マシンを作成し、クローン
を仮想マシンに割り当てます。
c. 仮想マシンに電源を入れ、仮想マシンのレベルでバスをスキャンします。Windowsを
実行している仮想マシンでは、admsnap activateコマンドを使用してバスを再スキャ
ンできます。
13. セカンダリ サーバで、既存のファイルを削除し、別のファイルをクローン(h:)。
14. セカンダリ サーバで、admsnapを実行してクローンを非アクティブ化します。
SnapViewの例
113
EMC SnapViewソフトウェアの概念
admsnap clone_deactivate -o h:
15. 本番サーバで、admsnapを実行してソースを非アクティブ化します。
admsnap clone_deactivate -o g:
16. リバース同期を行って、クローンに書き込まれたデータをソースにコピーします。
naviseccli
-User GlobalAdmin -Password password -Scope 0 -Address ss_spa clone -reversesyncclone -name
lun20_clone -cloneid 0100000000000000 -o
17. もう一度クローンをフラクチャして、ソースを独立させます。
naviseccli
-User GlobalAdmin -Password password -Scope 0 -Address ss_spa clone -fractureclone -name
lun20_clone -cloneid 0100000000000000 -o
18. 本番サーバで、クローン(g:) に、セカンダリ サーバ上のクローンに書き込まれた
ファイルが格納されていることを確認します。また、クローンから削除されたファイ
ルをクローンに格納することはできません。
19. 本番サーバで、admsnapを使用してソースを非アクティブ化します。
admsnap clone_deactivate -o h:
リバース同期:すべてのプラットフォーム
次の例では、フラクチャされたクローンのリバース同期に必要なadmsnapコマンドおよび
VNX CLI for Blockコマンドを示します。
1. 本番サーバで、ソースLUNへのI/Oを停止します。
2. admsnapを使用して以下のことを行います。
●
本番サーバで、ソースLUNを非アクティブ化します。これを行うには、使用している
オペレーティング システムに応じた適切なコマンドを実行します。
•
Windowsサーバの場合は、次の[admsnap]コマンドを使用します。
admsnap clone_deactivate -o source-drive-letter
•
114
UNIXサーバの場合は、umountコマンドを実行してファイル システムをアンマウ
ントします。ファイル システムをアンマウントできない場合は、syncコマンド
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
を実行してバッファをフラッシュしてください。syncコマンドはファイル シス
テムをアンマウントするための代替コマンドではありませんが、このコマンドを
使用することによって、セカンダリ サーバのファイル システムに対してfsckコ
マンドを発行する回数を減らすことができます。syncコマンドの使用方法につい
ては、システムのマニュアル ページを参照してください。
●
クローンがセカンダリ サーバにマウントされている場合は、使用しているオペレー
ティング システムに応じた適切なコマンドを実行して、キャッシュされているすべ
てのデータをクローンのLUNにフラッシュします。
•
Windowsサーバの場合は、admsnap flushコマンドを実行します。
•
Solaris、HP-UX、AIX、Linuxサーバの場合は、umountコマンドを実行してファイ
ル システムをアンマウントします。ファイル システムをアンマウントできない
場合は、admsnap flushコマンドを実行します。flushコマンドは、すべてのデータを
フラッシュし、すべてのバッファをクリアします。
注: flushコマンドとsyncコマンドはどちらも、ファイル システムをアンマウントするための代
替コマンドではありません。どちらのコマンドも、ファイル システムのアンマウントを補完す
るだけです。
一部のオペレーティング システムでは、セカンダリ サーバ上のデータのフラッシュ
とバッファのクリアを行うために、セカンダリ サーバ上で追加作業が必要になること
があります。詳細につきましては、製品のリリース ノートを参照願います。
3. VNX CLI for Blockを使用し、ソースLUNを所有しているSPから次のコマンドを発行し
ます。
clone -reversesyncclone -name name|-clonegroupUid uid -cloneid id [-UseProtectedRestore 0|1]
注: 保護リストア機能を使用するには、先にclone | snapview -changeclonefeature
[-AllowProtectedRestore 1]コマンドを発行して機能をグローバルに有効にする必要があります。
重要: リバース同期を開始すると、ソフトウェアは自動的にクローン グループ内のすべてのク
ローンをフラクチャします。
保護リストア機能が有効になっているかどうかに応じて、リバース同期を開始したクロー
ンは以下のようになります。
●
保護リストア機能が有効になっている場合:クローンはフラクチャされます。
●
保護リストア機能が無効になっている場合:クローンはフラクチャされていない状態
のままになります。
SnapViewの例
115
EMC SnapViewソフトウェアの概念
スナップショットの手順の概要 - すべてのプラットフォーム
次の手順では、本番サーバからadmsnapスナップショットのコマンドに加えて、SnapView
スナップショットCLIコマンドを使用して設定を行い、セカンダリ サーバからスナップ
ショットを使用します。
1. スナップショットが必要となるLUNを選択します。これらのLUNのサイズは、リザーブ
ドLUNプールのサイズの概算を行うために役立ちます。リザーブドLUNプール内のLUN
は、ソースLUNで最初にデータが変更されるときに元のデータを保存します。
注: 適切なLUNプールのサイズの概算を手動で行うには、Unisphereのオンライン ヘルプの目次
から ➤ [システムの管理] ➤ [リザーブドLUNプールの設定とモニタリング]の順に選択し、[リザーブ
LUNプールの適切なサイズの概算]というトピックを参照してください。
2. リザーブドLUNプールを構成します。
注: SnapViewセッションを開始する前に、リザーブドLUNプールを設定する必要があります。リ
ザーブドLUNプールを構成する方法の詳細については、Unisphereのオンライン ヘルプを参照し
てください。[admsnap start]コマンドを実行する前に、I/Oを停止し、本番サーバにキャッシュ
されたすべてのデータがソースLUNにフラッシュされていることを確認してください。
●
Windowsサーバの場合は、[admsnap flush]コマンドを使用してデータをフラッシュ
できます。
●
Solaris、HP-UX、AIX、Linuxサーバの場合は、umountコマンドを実行してファイル
システムをアンマウントします。ファイル システムをアンマウントできない場合
は、admsnap flushコマンドを発行できます。
注: flushコマンドとsyncコマンドはどちらも、ファイル システムをアンマウントするための代
替コマンドではありません。どちらのコマンドも、ファイル システムのアンマウントを補完す
るだけです。
3. VNX CLI for Blockを使用して、ソースLUNを保持するシステム用に、ソースLUNのス
ナップショットを次のように作成します。同時にアクセスするセッションごとにスナッ
プショットを作成する必要があります。
naviseccliまたはnavicli snapviewコマンドを-createsnapshotとともに使用して、各スナップ
ショットを作成します。
naviseccli -h hostname snapview -createsnapshot
116
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
4. 本番サーバで、adminまたはrootとしてログインし、目的のデータ オブジェクト(ドラ
イブ名、デバイス名、またはファイル システム)とセッション名に対してadmsnap start
コマンドを発行します。admsnap startコマンドによりセッションが開始されます。同時
にアクセスするそれぞれのLUNのスナップショットごとにセッションを開始する必要が
あります。
セッションは、ソースLUNに基づいて本番サーバから開始します。スナップショットの
マウントは別のサーバ(セカンダリ サーバ)で行います。また、他のサーバで追加の
スナップショットをマウントすることもできます。
各ソースLUNでは最大8個のセッションを開始できます。この制限には、SAN Copyや
MirrorView/Asynchronousなどの別のアプリケーションで使用されているリザーブド
セッションが含まれます。ただし、セカンダリ サーバで一度にアクティブにできる
SnapViewセッションは1個だけです。セカンダリ サーバで複数のスナップショット(た
とえば、ロールバックに使用する、同じLUNの午後2時と午後3時のスナップショット)
に同時にアクセスする場合は、複数のスナップショットを作成し、それぞれを個別の
SnapViewセッションでアクティブ化して、別のストレージ グループにスナップショッ
トを追加できます。または、1台のサーバでスナップショットをアクティブ化および非
アクティブ化できます。
SnapViewドライバでは、ここでセッションを開始して、このデータのスナップショッ
トを使用できるようにします。startコマンドの例を次に示します。
IBM AIXサーバ(UNIX)
admsnap start -s session1 -o /dev/hdisk21
(デバイス名の場合)
admsnap start -s session1 -o /database
(ファイル システムの場合)
HP-UXサーバ(UNIX)
admsnap start -s session1 -o /dev/rdsk/c0t0d0
(デバイス名の場合)
admsnap start -s session1 -o /database
(ファイル システムの場合)
Veritasボリュームの例:
Veritasボリューム名の例: admsnap start -s session1 -o scratch
Veritasボリュームの完全修飾パス名の例:
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/dsk/scratchdg/scratch
raw Veritasデバイス名への完全修飾のパス名の例は次のとおりです。
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/rdmp/c1t0d0
Linuxサーバ(UNIX)
admsnap start -s session1 -o /dev/sdc
(デバイス名の場合)
SnapViewの例
117
EMC SnapViewソフトウェアの概念
admsnap start -s session1 -o /database
(ファイル システムの場合)
Veritasボリュームの例:
Veritasボリューム名の例: admsnap start -s session1 -o scratch
Veritasボリュームの完全修飾パス名の例:
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/dsk/scratchdg/scratch
raw Veritasデバイス名への完全修飾のパス名の例は次のとおりです。
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/rdmp/sdc6
Sun Solarisサーバ(UNIX)
admsnap start -s session1 -o /dev/rdsk/c0t0d0s7
(デバイス名の場合)
admsnap start -s session1 -o /database
(ファイル システムの場合)
Veritasボリュームの例:
Solaris Veritasボリューム名の例: admsnap start -s session1 -o scratch
Veritasボリュームの完全修飾パス名の例:
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/dsk/scratchdg/scratch
raw Veritasデバイス名への完全修飾のパス名の例は次のとおりです。
admsnap start -s session1 -o /dev/vx/rdmp/c1t0d0s2
Windows Server
admsnap start -s session1 \.\\PhysicalDrive1
(物理ドライブ名の場合)
admsnap start -s session1 -o H:
(ドライブ名の場合)
5. VMware ESX Serverがない場合は、storagegroupコマンドを使用して、セカンダリ サーバ
上のストレージ グループに各スナップショットを割り当てます。VMware ESX Server
がある場合は、手順7に進んでスナップショットをアクティブ化します。
6. セカンダリ サーバで、admsnap activateコマンドを使用して、新しいセッションを使用
できるようにします。
admsnap activateコマンドの例を次に示します。
admsnap activate -s session1
118
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
●
Windowsサーバの場合、[admsnap activate]コマンドによってシステムの再スキャン
が終了し、新しく検出されたスナップショット デバイスにドライブ名が割り当てら
れます。このドライブはすぐに使用できます。
●
AIXサーバの場合、次のようにchdevコマンドとimportvgコマンドを発行して、スナッ
プ ボリューム(LUN)をインポートする必要があります。
chdev -l hdiskn -a pv=yes
(このコマンドが必要なのは、すべてのLUNについて1回のみです。)
importvg -y volume-group-name hdisk n
ここで、nはボリューム グループにLUNを格納するhdiskの数です。volume-group-name
はボリューム グループ名です。
●
UNIXサーバの場合、しばらくすると、admsnap activateコマンドからスナップショッ
トのデバイス名が返されます。このデバイスにファイル システムが含まれており、
ソースLUNをアンマウントしなかった場合のみ、fsckをこのデバイスで実行する必要
があります。その後、ソースLUNにファイル システムが含まれている場合は、スナッ
プショット デバイス名を使用してファイル システムをセカンダリ サーバ上にマウ
ントし、ファイル システムを使用可能にします。セッションの開始前にファイル
システム バッファをフラッシュできない場合、スナップショットが使用できないこ
とがあります。
オペレーティング システム プラットフォームによっては、admsnap activateと入力
してI/Oバスを再スキャンする前に、追加の手順の実行が必要な場合があります。詳
細につきましては、製品のリリース ノートを参照願います。
UNIXの場合は、admsnapコマンドから返されるデバイス名でfsckを実行しますが、
mountコマンドを使用してそのデバイスをマウントするときは、admsnapコマンドか
ら返される/dev/rdskというデバイス名の代わりに、/dev/dskで始まるデバイス名を使
用します。
7. VMware ESX Serverがある場合は、次の手順を実行します。
a. storagegroupコマンドを使用して、スナップショットにアクセスするESX Serverに接
続されているストレージ グループにスナップショットを追加します。
b. ESX Serverレベルでバスを再スキャンします。
c. 仮想マシンがすでに実行されている場合は、仮想マシンの電源をオフにし、ESX
Serverのサービス コンソールを使用してスナップショットを仮想マシンに割り当て
ます。
仮想マシンが実行されていない場合は、ESXサーバ上に仮想マシンを作成し、スナッ
プショットを仮想マシンに割り当てます。
d. 仮想マシンに電源を入れ、仮想マシンのレベルでバスをスキャンします。Windowsを
実行している仮想マシンでは、admsnap activateコマンドを使用してバスを再スキャ
ンできます。
SnapViewの例
119
EMC SnapViewソフトウェアの概念
8. セカンダリ サーバでは、バックアップ、データ分析、モデリング、その他の用途のた
めにスナップショット上のデータにアクセスできます。
9. セカンダリ サーバで、スナップショット データが終了したら、次のようにオペレー
ティング システムからアクティブな各スナップショットをリリースします。
●
Windowsサーバの場合、[admsnap deactivate]コマンドを使用して、アクティブ化し
た各スナップショット デバイスをリリースします。
●
UNIXサーバの場合、umountコマンドを発行して、スナップショット デバイスからマ
ウントされたすべてのファイル システムをアンマウントする必要があります。次
に、[admsnap deactivate]コマンドを使用して、アクティブ化した各スナップショッ
ト デバイスをリリースします。
●
AIXサーバの場合、次のようにvaryoffコマンドとexportコマンドを発行して、スナップ
ボリューム(LUN)をエクスポートする必要があります。
varyoffvg volume-group-name
exportvg volume-group-name
次に、[admsnap deactivate]コマンドを使用して、アクティブ化した各スナップショッ
ト デバイスをリリースします。
10. 本番サーバで、[admsnap stop]コマンドを使用してセッションを停止します。これに
より、セッションで使用されていたリザーブドLUNとSPメモリが解放され、他のセッ
ションで使用できるようになります。
[admsnap stop]コマンドの例は、ステップ4に示した[start]コマンドの場合と同じで
す。[start]を[stop]にリプレースしてください。
11. ソースLUNのスナップショットがすぐには必要ない場合は、CLI snapview -rmsnapshotコ
マンドを使用して削除します。
スナップショットを削除すると、今後スナップショットが必要になった場合に、以前
に示した手順をすべて実行する必要があります。スナップショットを削除しなければ、
今後スナップショットが必要になった場合に、手順4~6を省略できます。
120
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
SnapViewセッション
図 15(121ページ)に、SnapViewセッションを開始、実行、停止する方法を示します。
図 15. スナップショット セッションの状態
HP-UX - admsnapスナップショット スクリプトの例
次の例は、admsnapとスクリプトを使用して、HP-UXセカンダリ サーバ上でデータのコピー
とアクセスを行う方法を示しています。
1. 本番サーバから、次のスクリプトを作成します。
スクリプト1
a. ソース サーバ上のI/Oを停止します。
b. umountコマンドを実行してファイル システムをアンマウントします。ファイル シ
ステムをアンマウントできない場合は、admsnap flushコマンドを実行します。flushコ
マンドはすべてのキャッシュ データをフラッシュします。
SnapViewの例
121
EMC SnapViewソフトウェアの概念
注: flushコマンドは、ファイル システムのアンマウントするための代用コマンドではあり
ません。このコマンドは、アンマウント操作を補完するだけです。
c. 次のコマンドを発行して、セッションを開始します。
/usr/admsnap/admsnap start -ssnapsession_name-odevice_nameまたはfilesystem_name
d. remshコマンドを使用して、セカンダリ サーバでスクリプト2を呼び出します。
e. 次のコマンドを発行して、セッションを停止します。
/usr/admsnap/admsnap stop -ssnapsession_name-odevice_nameまたはfilesystem_name
2. セカンダリ サーバから、次のスクリプトを作成します。
スクリプト2
a. スナップのアクティブ化に備えて、必要なアプリケーション タスクを実行します
(例:データベースのシャットダウン)。
b. 次のコマンドを発行して、スナップショットをアクティブ化します。
/usr/admsnap/admsnap activate -ssnapsession_name
c. 新しいボリューム グループ ディレクトリを、次の書式で作成します。
mkdir/dev/volumegroup_name
mknod/dev/volumegroup_name/group c 64 0x X0000
d. vgimportコマンドを、次の形式で実行します。
vgimport volumegroup_name/dev/dsk/cNtNdN
e. 次のコマンドを入力して、このLUN用のボリューム グループをアクティブ化します。
vgchange -a y volumegroup_name
f. 次のように入力して、ボリューム グループに対してfsckを実行します。
fsck -F filesystem_type /dev/volumegroup_name/logicalvolume_name
このステップは、セカンダリ サーバのHP-UXオペレーティング システムのリビジョ
ンが本番サーバと異なる場合は必要ありません。
g. 次のコマンドを使用して、ファイル システムをマウントします。
mount/dev/volumegroup_name/logicalvolume_name/filesystem_name
122
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
h. マウントされたデータを使用して、必要なタスクを実行します(例:マウントされ
たファイル システムの内容をセカンダリ サーバ上の別の場所にコピーする)。
i. 次のコマンドを入力して、手順gでマウントしたファイル システムをアンマウント
します。
umount /dev/volumegroup_name/logicalvolume_name
j. 次のコマンドを発行して、このLUN用のボリューム グループを非アクティブ化して
エクスポートします。
vgchange -a n volumegroup_name
vgexport volumegroup_name
k. umountコマンドを実行してファイル システムをアンマウントします。ファイル シ
ステムをアンマウントできない場合は、admsnap flushコマンドを実行します。flushコ
マンドはすべてのキャッシュ データをフラッシュします。これを行わなかった場
合、次回のadmsnapセッションで古いデータが取得される可能性があります。
l. 次のコマンドを発行して、スナップショットを非アクティブ化します。
/usr/admsnap/admsnap deactivate -ssnapsession_name
m. ステップfでキャプチャしたデータの使用に備えて、必要なアプリケーション タス
クを実行します(例:データベースのスタート アップ)。
n. このスクリプトを終了し、ステップ1に戻ります。
UNIX - admsnap単一セッションの例
次のコマンドでは、SnapViewセッションを開始、アクティブ化、停止します。この例で
は、UNIXデバイス名を示します。
1. 本番サーバで、ファイル システムをアンマウントすることにより、キャッシュされた
データがすべてソースLUNにフラッシュされていることを確認します。
umount /dev/dsk/c1t2d0s4
Solaris、HP-UX、AIX、Linux serverでファイル システムをアンマウントできない場
合は、admsnap flushコマンドを発行します。
admsnap flush -o/dev/rdsk/c1t2d0s4
注: flushコマンドとsyncコマンドはどちらも、ファイル システムをアンマウントするための代
替コマンドではありません。どちらのコマンドも、ファイル システムのアンマウントを補完す
るだけです。
SnapViewの例
123
EMC SnapViewソフトウェアの概念
2. セッションを開始します。
admsnap start -s friday -o /dev/rdsk/c1t2d0s4
Attempting to start session friday on device /dev/rdsk/c1t2d0s4
Attempting to start the session on the entire LUN.
Started session friday.
[start]コマンドでは、/dev/rdsk/c1t2d0s4というソースを使用してfridayというセッショ
ンを開始します。
3. セカンダリ サーバで、セッションをアクティブ化します。
admsnap activate -s friday
Session friday activated on /dev/rdsk/c5t3d2s1.
セカンダリ サーバで、activateコマンドはスナップショット イメージをアクセス可能
にします。
4. UNIXセカンダリ サーバで、ソースLUNにファイル システムがある場合は、スナップ
ショットをマウントします。
mount /dev/dsk/c5t3d2s1 /mnt
5. セカンダリ サーバでは、バックアップ ソフトウェアやその他のソフトウェアは、通
常のLUNと同様にスナップショットにアクセスします。
6. 目的の操作が完了したら、セカンダリ サーバからスナップショットをアンマウントし
ます。UNIXでは、そのためにadmsnap deactivateを使用できます。
admsnap deactivate -s friday -o /dev/dsk/c5t3d2s1
7. 本番サーバからセッションを停止します。
admsnap stop -s friday -o /dev/dsk/c1t2d0s4
セッションfridayがオブジェクト/dev/rdsk/c1t2d0s4で停止されます。
[stop]コマンドでは、セッションfridayを終了し、そのセッションで使用されていたリ
ザーブドLUNを解放して、スナップショットにアクセスできないようにします。
124
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
Windows - admsnapの複数セッションの例
この例は、3つのSnapViewセッションを示しています。これらのセッションを、Windowsデ
バイス名を使用してシーケンシャルに開始およびアクティブ化します。
この例は、スナップショットの開始時に各スナップショットでデータ(ディレクトリ内の
ファイルの一覧)を保持する方法を示しています。ここに示すアクティビティは、セッ
ション中のこのLUNにおける唯一のアクティビティです。
手順の概要
1. admsnapを保持するディレクトリがパス上にあることを確認します。
2. 本番サーバでセッションsnap1、snap2、snap3を順番に開始し、セカンダリ サーバで各
セッションを順番にアクティブにします。すべてのセッションが同じLUNで実行されま
す。
3. セッションsnap1の開始時には、4つのファイルがLUN上に存在します。snap2を開始する
前に、さらに4つのファイルを同じディレクトリに作成します。次に、セカンダリ サー
バでsnap1を非アクティブにします。一度にサーバあたり1つのセッションのみアクティ
ブにできる必要があるため、非アクティブ化が必要です。
4. 本番サーバでsnap2を開始し、セカンダリ サーバでsnap2をアクティブにします。snap2
をアクティブにした後で、ファイルを一覧表示し、セッションの開始間に作成された
ファイルを表示します。
5. さらに3つのファイルをソースLUNに作成し、セッションsnap3を開始します。snap2を非
アクティブにした後で、snap3をアクティブにし、セッションsnap2とsnap3の開始間に作
成されたファイルが表示されることを確認します。ファイル名はその内容を表してい
ます。
セッションsnap1の詳細な手順と出力
1. 本番サーバ上で、テスト ディレクトリ内のファイルをリストします。
F:\> cd test
F:\Test> dir
..
Directory of F:\Test
01/21/2002 09:23a <DIR> .
01/21/2002 09:23a <DIR> ..
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
SnapViewの例
125
EMC SnapViewソフトウェアの概念
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
4 File(s) 0 bytes
2 Dir(s) 102,225,920 bytes free
2. 本番サーバで、ソースLUN上のデータをフラッシュした後、最初のセッション(snap1)
を開始します。
F:\Test> admsnap flush -o f:
F:\Test> admsnap start -s snap1 -o f:
Attempting to start session snap1 on device
\\.\PhysicalDrive1。
Attempting to start session on the entire LUN.
Started session snap1.
F:\Test>
3. セカンダリ サーバで、最初のセッション(snap1)をアクティブ化します。
C:\> prompt $t $p
14:57:10.79 C:\> admsnap activate -s snap1
Scanning for new devices.
Activated session snap1 on device F:.
4. セカンダリ サーバで、ファイルをリストし、セッション1の開始時に存在していた本
番ファイルを表示します。
14:57:13.09 C:\ dir f:\test
...
Directory of F:\Test
01/21/02 09:23a <DIR> .
01/21/02 09:23a <DIR> ..
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
6 File(s) 0 bytes
126
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
102,225,920 bytes free
セッションsnap2の詳細な手順と出力
1. 本番サーバで、testディレクトリ内のファイルを一覧表示します。このリストは、セッ
ション1の開始後に作成されたファイルを示します。4つの追加ファイルを作成してい
ることに注意してください。
F:\Test> dir
...
Directory of F:\Test
01/22/2002 03:03p <DIR> .
01/22/2002 03:03p <DIR> ..
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-b.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-c.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-d.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
8 File(s) 0 bytes
2 Dir(s) 102,225,920 bytes free
2. 本番サーバで、2番目のセッション(snap2)を開始します。
F:\Test> admsnap flush -o f:
F:\Test> admsnap start -s snap2 -o f:
Attempting to start session snap2 on device \\.\PhysicalDrive1.
Attempting to start the session on the entire LUN.
Started session snap2.
F:\
3. セカンダリ サーバで、セッションsnap1を非アクティブ化し、2番目のセッション
(snap2)をアクティブ化します。
15:10:10.52 C:\> admsnap deactivate -s snap1
SnapViewの例
127
EMC SnapViewソフトウェアの概念
Deactivated session snap1 on device F:.
15:10:23.89 C:\> admsnap activate -s snap2
Activated session snap2 on device F:.
4. セカンダリ サーバで、ファイルをリストし、セッション2の開始時に存在していたソー
スLUNファイルを表示します。
15:10:48.04 C:\> dir f:\test
...
Directory of F:\Test
01/22/02 03:03p <DIR> .
01/22/02 03:03p <DIR> ..
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-d.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
10 File(s) 0 bytes
102,225,920 bytes free
セッションsnap3の詳細な手順と出力
1. 本番サーバで、testディレクトリ内のファイルを一覧表示します。このリストは、セッ
ション2の開始時からセッション3の開始時までの間に作成されたファイルを示します。
F:\Test> dir
...
Directory of F:\Test
01/22/2002 03:25p <DIR> .
01/22/2002 03:25p <DIR> ..
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-b.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-c.txt
128
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-d.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-b.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-c.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/2002 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
11 File(s) 0 bytes
2 Dir(s) 102,225,920 bytes free
2. 本番サーバで、バッファをフラッシュし、3番目のセッション(snap3)を開始します。
F:\Test> admsnap flush -o f:
F:\Test> admsnap start -s snap3 - o f:
Attempting to start session snap3 on device PhysicalDrive1.
Attempting to start the session on the entire LUN.
Started session snap3.
F:\Test>
3. セカンダリ サーバで、バッファをフラッシュし、セッションsnap2を非アクティブ化
した後、3番目のセッション(snap3)をアクティブ化します。
15:28:06.96 C:\> admsnap flush -o f:
Flushed f:.
15:28:13.32 C:\> admsnap deactivate -s snap2
Deactivated session snap2 on device F:.
15:28:20.26 C:\> admsnap activate -s snap3
Scanning for new devices.
Activated session snap3 on device F:.
4. セカンダリ サーバで、ファイルをリストし、セッション3の開始時に存在していた本
番サーバ ファイルを表示します。
15:28:39.96 C:\> dir f:\test
...
SnapViewの例
129
EMC SnapViewソフトウェアの概念
Directory of F:\Test
01/22/02 03:25p <DIR> .
01/22/02 03:25p <DIR> ..
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesafterS1BeforeS2-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS1BeforeS2-d.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesAfterS2BeforeS3-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-a.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-b.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-c.txt
01/21/02 09:21a 0 FilesBeforeSession1-d.txt
13 File(s) 0 bytes
102,225,920 bytes free
15:28:42.92 C:\Test>
5. セカンダリ サーバで、最後のセッションを非アクティブ化します。
15:28:45.04 C:\> admsnap deactivate -ssnap3
6. 本番サーバで、すべてのセッションを停止します。
F:\Test> admsnap stop -s snap1 -o f:
F:\Test> admsnap stop -s snap2 -o f:
F:\Test> admsnap stop -s snap3 -o f:
130
VNX for Blockの概念
EMC SnapViewソフトウェアの概念
不正ブロックの修正
このセクションでは、不正ブロックとは何か、それがSnapViewでどのように処理される
か、その修正方法について説明します。
不正ブロックの概要
不正ブロックとは、LUN上のリード不能なブロックを指します。リード不能なブロックは、
ディスクへの未完了のライト処理によって生じます。ディスクへの未終了のライト処理が
あると、LUN上の不正なブロックを読み取りできません。
不正ブロックの発生はめったにありませんが、LUN上のどの場所でも発生する可能性があ
ります。データまたはメタデータで不正ブロックが発生すると、ほとんどのオペレーティ
ング システムでそれらが検出され、アプリケーションに障害を引き起こすエラーがログ
に記録されます。不正ブロックがファイル システムの空き領域か、データベースの空き
領域で発生した場合、サーバは不正ブロックを検出しませんが、この不正ブロックは基本
的に害を及ぼすものではありません。
不正ブロックとクローン
不正ブロックが同期中のソースLUN上で検出されると、SnapViewはクローンLUN上の同じ場
所に不正ブロックを生成します。不正ブロックがリバース同期中のクローンLUN上で検出
されると、SnapViewはソースLUN上の同じ場所に不正ブロックを生成します。その後、
SnapViewは引き続き、同期またはリバース同期を行います。LUNは、元の不正ブロックを
含むソース(同期が実行された場合)またはクローン(リバース同期が実行された場合)
のフル コピーとなります。
SnapViewはイベント ログで、LUN上に不正ブロックがあることを示すメッセージを生成し
ます。SnapViewがメッセージを20個生成すると、不正ブロックがイベント ログに記録さ
れなくなりますが、同期中に不正ブロックをソースLUN上で検出しても、クローンLUN上に
不正ブロックが引き続き生成されます。または、リバース同期中に不正ブロックをクロー
ンLUN上で検出しても、ソースLUN上に不正ブロックが引き続き生成されます。SnapViewが
32,708個以上の不正ブロックを検出した場合は、同期およびリバース同期処理を中止しま
す。
不正ブロックがファイル システムの空き領域か、データベースの空き領域で発生した場
合、SnapViewは、フル同期中(初期同期)またはリバース同期中に不正ブロックを検出し
ます。その後の部分的な同期は、サーバによって書き込みされたチャンク内に発生した場
合のみ、不正ブロックを検出します。
不正ブロックの修正
データベースの空き領域内の不正ブロックは害を及ぼさないものですが、同期やリバース
同期にかかる時間が通常より長くなり、必要以上のログ メッセージが生成されます。
不正ブロックは、それを正常に書き込みすることによって修正できます。ただし、不正ブ
ロックが空き領域内にある場合はライトできません。その場合は、サーバベースのユー
不正ブロックの修正
131
EMC SnapViewソフトウェアの概念
ティリティを使用して不正ブロックのあるLUNからデータをバックアップし、その後LUNを
再フォーマットまたはバインド解除/バインドして、バックアップからデータをリストア
します。
不正ブロックとロールバック
ロールバック中に、ソフトウェアが不正ブロックをリザーブドLUN上で検出した場合、
SnapViewはソースLUN上に不正ブロックを生成します。SnapViewは、そのブロックがロー
ルバックがされたはずの場所で不正ブロックを生成します。
SnapViewはイベント ログで、ソースLUN上に不正ブロックがあることを示すメッセージを
生成します。SnapViewによって生成されるメッセージは20個までで、それ以降はイベント
ログに不正ブロックが記録されません。ただし、ロールバックが完了するまで引き続き
ソースLUN上で不正ブロックは生成されます。
不正ブロックの修正
データベースの空き領域内の不正ブロックは害を及ぼさないものですが、同期やリバース
同期にかかる時間が通常より長くなり、必要以上のログ メッセージが生成されます。
不正ブロックは、それを正常に書き込みすることによって修正できます。ただし、不正ブ
ロックが空き領域内にある場合はライトできません。その場合は、サーバベースのユー
ティリティを使用して不正ブロックのあるLUNからデータをバックアップし、その後LUNを
再フォーマットまたはバインド解除/バインドして、バックアップからデータをリストア
します。
132
VNX for Blockの概念
第7章
EMC VNXスナップショット ソフト
ウェアの概念
この章では、VNXスナップショット ソフトウェアとそのコンポーネント
について説明します。
主要なトピックは以下のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
VNXスナップショットの概要(134ページ)
VNXスナップショット コンポーネント(134ページ)
SnapViewスナップショットとのVNXスナップショットの使用(136ペー
ジ)
VNXスナップショットの制限(140ページ)
VNX for Blockの概念
133
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
VNXスナップショットの概要
VNXスナップショットは、新しいVNXソフトウェア機能です。SnapViewスナップショットと
類似したポイント イン タイム データ(ある時点でのデータ)のコピーを作成できます。
VNXスナップショットはクローンではないため、大量のプール容量は必要ありません。作
成にかかる時間は数秒です。アプリケーションごとの要件に応じて、VNXスナップショッ
トと、VNXスナップショットのスナップショットを作成できます。VNXスナップショットは
既存のSnapViewテクノロジーの代替以上の機能で、2つの機能が共存できます。さらに、
SnapViewクローンは独自のVNXスナップショットを持つことができます。VNXスナップショッ
トは、データのバックアップ、ソフトウェア開発およびテスト、転用、データの確認、
ローカルでの高速リストアに使用できます。VNXスナップショット テクノロジーは、プー
ル内の新しい領域に新しいデータを書き込むため、古いデータ ブロックの読み取りおよ
び書き込みが不要です。このため、SnapViewスナップショット テクノロジーと比較して、
全体的なパフォーマンスが向上します。
VNXスナップショットは、ROW(Redirect on write)テクノロジーを使用します。ROWで
は、プライマリLUNが宛先の新しい書き込みをストレージ プール内の新しい場所にリダイ
レクトできます。このような実装は、スナップショットを保存するため、元データが予約
済みLUNプールにコピーされるまでプライマリLUNへの書き込みが保留されていた、SnapView
機能で使用されるCOFW(Copy on First Write)とは異なります。
物理RAIDグループで作成されるLUN(RAID LUNと呼ばれる)は、SnapViewスナップショッ
トのみサポートします。この制限が存在するのは、VNXスナップショットがテクノロジー
の一環としてプール領域を必要とするためです。
注: SnapViewスナップショットは、プールLUNと互換性があります。VNXスナップショットとSnapView
スナップショットは、同じプールLUNで同時に共存できます。
VNXスナップショットでは、プールLUNごとに256の書き込み可能スナップをサポートしま
す。スナップショットのスナップショットとも呼ばれる分岐もサポートされています。プ
ライマリLUNのスナップショットの合計が256メンバー以内であれば(これはハード制限で
す)、分岐の数に制限はありません。コンシステンシ グループも導入されます。複数の
プールLUNを1つのコンシステンシ グループにまとめ、同時にスナップすることもできま
す。
VNXスナップショット コンポーネント
スナップショットは、次のソフトウェア コンポーネントで構成されています。
●
スナップショットの機能を提供する1組のドライバ。コピー対象のLUNが存在するスト
レージ システムにインストールする。
●
対話式で実行するか、スクリプトから実行する実行可能プログラムである、SnapCLI
ユーティリティ。
スナップショットは、次のいずれかのコンポーネントとともに使用する必要があります。
134
VNX for Blockの概念
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
●
スナップショット システムと同じネットワークにある少なくとも1つのシステムにイ
ンストールする必要がある、Unisphere UI。
●
VNX CLI for Block。Unisphereホスト エージェント パッケージの一部として出荷さ
れます。
スナップショットをセットアップするには、UnisphereまたはVNX CLI for Block(SnapCLI
ではない)を使用する必要があります。それにより、SnapCLIとUnisphere CLIまたはVNX
CLI for Block、あるいはその両方を使用して、スナップショットの継続的な操作を管理
できるようになります。
Unisphereについて
Unisphereはシステムを構成および管理するための、システム集中管理ツールです。こ
の製品は、次の基本機能を提供します。
●
システムの検出
●
ストレージの構成と割り当て
●
ステータスと構成情報の表示
●
イベント管理
Unisphereは、一般的なブラウザを使用して、同じLAN上でローカルに、またはインター
ネット経由でリモートからシステムを安全に管理することができる、Webベースのユー
ザー インタフェースです。Unisphereは、ストレージ管理サーバ ソフトウェアが実行
されているVNXシステム、Microsoft Windows Server 2008またはMicrosoft Windows
Server 2003上にインストールします。ストレージ管理サーバ ソフトウェアへのアク
セス時に、ブラウザにダウンロードされます。
スナップショットとUnisphereの使用方法の詳細については、Unisphereのオンライン
ヘルプを参照してください。
VNX CLI for Blockの概要
VNX CLI for Blockは、Unisphereやsnapcliと同様にクローンとスナップショットに対
する管理インタフェースの1つです。VNX CLI for Blockコマンドとsnapcliコマンドを
併用して、スナップショットを管理できます。snapcliはサーバ オペレーティング シ
ステムと通信し、CLIはシステムと通信するため、snapcliとVNX CLI for Blockの両方
が必要です。
SnapCLIユーティリティについて
snapcliプログラムは、VNXシリーズのSP上で動作するVNXスナップショットと連動しな
がらホスト システム上で動作し、VNXスナップショットの作成、コピー、接続、接続
解除、破棄を行うことができます。すべてのSnapcliコマンドは、ファイバ チャネル、
iSCSI、またはFCoEを使用し、アレイ上のフロント エンド ポートを介してストレージ
システムに送信されます。
VNXスナップショット コンポーネント
135
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
Snapclitユーティリティは、実行可能プログラムであり、対話形式で実行するか、ス
クリプトから実行します。
Microsoft WindowsおよびUNIXのすべてのプラットフォームでは、VNXスナップショッ
トを作成する前に、本番ホストからキャッシュ データをフラッシュします。同様に、
VNXスナップショットを変更した場合は、セカンダリ上のキャッシュ データをフラッ
シュします。これを行わない場合は、整合性がないか、使用できないポイント イン
タイム コピーになる可能性があります。SnapCLIのフラッシュおよび接続解除コマン
ドを使用して、ホスト上のキャッシュされたデータをフラッシュできます。
SAN Copyとのスナップショットの使用
接続されたスナップショット マウント ポイントをフルSAN Copyのソースとして使用
できますが、インクリメンタルSAN Copyのソースとして使用することはできません。
未接続のスナップショットLUNは、SnapViewスナップショットLUNと同様に動作します。
スナップショット マウント ポイントが[SAN Copyソース ストレージの選択]ダイアログ
ボックスに表示されます。
注: スナップショット マウント ポイントをSAN CopyのデスティネーションLUNとして使用する
ことはできません。
SnapViewスナップショットとのVNXスナップショットの使用
Snapcliはコマンド ライン ユーティリティであり、Admsnapに似た機能を提供します。
Admsnapは以前にSnapViewとともにパッケージ化されており、SnapcliはVNXスナップショッ
トとともにパッケージ化されています。VNXスナップショットとSnapViewスナップショッ
トは、同時に同じプールLUNに配置できます。EMCでは、プールLUNではSnapviewの代わり
にVNXスナップショットを推奨します。
表 6(136ページ)に、それぞれの製品を環境のどこでどのように使用できるかの比較を示
します。
表 6. snapcliとadmsnapの比較(概念)
概念
説明
[アレイ アプリ
ケーション]
指定されたインバンドCLIが発 EMC VNXスナップショット
行するコマンドを処理するEMC
ディスク アレイ上のアプリケー
ション。
EMC SnapView
[イネーブラ]
アレイ アプリケーション機能を
有効にするためにアレイ上に必
要な特別なパッケージ。
●
UnisphereBlock
●
UnisphereBlock
●
VNXSnapshots
●
SnapView
ポイント イン タイム コ
ピー/SANバックアップ。
VNXスナップショット
[ポイント イン タ
イム コピー]
136
VNX for Blockの概念
Snapcli
Admsnap
SnapViewセッション
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
表 6. snapcliとadmsnapの比較(概念) (続き)
概念
説明
Snapcli
[サポートされて
いるLUNタイプ]
ポイント イン タイム コピーの
ソースとして使用されているLUN
のタイプ。
●
シックLUN
●
シックLUN
●
シンLUN
●
シンLUN
●
FLU
[プライベート
LUN]
ポイント イン タイム コピーを実 不要
現するために必要な追加のディ
スク領域。
[マウント ポイント ポイント イン タイム コピーのマ VNXスナップショットのマウ
LUN]
ウント ポイント
ント ポイント
Admsnap
予約済みLUNプール
注: SnapViewセッション
を開始する前に、予約済
みLUNプールを割り当て
る必要がある。
SnapViewスナップショット
表 7. snapcliとadmsnapの比較(オペレーション)
オペレーション
説明
[マウント ポイント ポイント イン タイ
LUNの作成]
ム コピーに関連づ
けられるマウント
ポイントLUNを作成
する。
Snapcli
Admsnap
naviseccli –h IPAddress lun –create
–type Sna p –primaryLun primaryLunNumber –l lunNumber –allowInbandSnapAttach yes
naviseccli –h IPAddress
snapview –createsnapshot
target_lun_number -snapshotname name
注:
● VNXスナップショットをSnapcliを
使用してマウント ポイントに接
続する場合、必ず-allowInbandSnapAttach yesオプションを使用
する。
● VNXスナップショットを作成する
前または後に、マウント ポイン
トLUNを作成することができる。
SnapViewスナップショットとのVNXスナップショットの使用
137
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
表 7. snapcliとadmsnapの比較(オペレーション) (続き)
オペレーション
説明
Snapcli
[ポイント イン タイ 指定されたLUNの snapcli create -s snap_name -o obム コピーの作成] ポイント イン タイ ject_name
ム コピーを作成す
る。
注:
Admsnap
admsnap start -s session_name -o object_name
● snapcliで作成されたVNXスナップ
ショットでは、誤ってスナップ
ショットが変更されないように、
常にallowReadWriteプロパティが
[いいえ]に設定されている。
● object_nameが複数のLUNで構成さ
れている場合、admsnapを使用し
ていたときは指定していなくて
も、整合性のとれたポイント イ
ン タイム コピーを指定する必要
がある。
[整合性のとれた
ポイント イン タイ
ム コピー]
1つ以上の「プライ
マリLUN」に及ぶIO
ストリーム内のホス
トIO依存関係を維
持するポイント イン
タイム コピー。
snapcli create -s snap_name -o object_name[,object_name] -c cg_name
注: snapcliで作成されたVNXスナップ
ショットでは、誤ってスナップショットのコ
ピーが変更されないように、常にallowReadWriteプロパティが[いいえ]に設
定されている。
[ポイント イン タイ ポイント イン タイ snapcli copy -s snap_name -b
ム コピーのコ
ム コピーのコピー snap_name -o object_name
ピー]
を作成する。
注: snapcliでコピーされたVNXスナップ
ショットでは、誤ってスナップショットのコ
ピーが変更されないように、常にallowReadWriteプロパティが[いいえ]に設
定されている。
138
VNX for Blockの概念
admsnap start - -s session_name -o object_name[,object_name] c
使用不可
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
表 7. snapcliとadmsnapの比較(オペレーション) (続き)
オペレーション
説明
Snapcli
Admsnap
[ポイント イン タイ ポイント イン タイ snapcli attach -s snap_name -f
ム コピーの接続] ム コピーをマウン
ト ポイントLUNに関 注:
連づけ、ホストI/O
で使用できるように ● fオプションは、スナップショットのalすることにより、ポ
lowReadWriteプロパティの現在の値
イント イン タイム
とは関係なく、snapcliに強制的にス
コピーをオンライン
ナップショットを接続させる。
にする。
fオプションは、EMC Unisphere経由
でのみ変更可能な、allowReadWrite
注: snapcliの場
プロパティの値を変更しない。
合、これにはポイン
ト イン タイム コ
ピーのコピーが含
まれる。
[ポイント イン タイ ポイント イン タイ
ム コピーの接続 ム コピーとマウント
解除]
ポイントLUNの関連
を削除する。ポイン
ト イン タイム コ
ピーへのホスト ア
クセスが削除され
る。
admsnap activate -s session_name
注: SnapViewセッション
への変更は、非アクティブ
になると破棄される。
● 接続されたVNX スナップショットへ
の変更は、接続解除した場合でも、
永久的である。
snapcli detach -s snap_name
admsnap deactivate -s
session_name
注: ポイント イン タイム コピーへの書
き込みは、接続解除した場合でも、永久 注: ポイント イン タイム
的である。
コピーへの書き込みは、破
棄される。
[ポイント イン タイ ポイント イン タイ snapcli destroy -s snap_name -o obム コピーの破棄] ム コピーを破棄す ject_name
る。
admsnap stop -s session_name -o object_name
注: snapcliの場
合、これにはポイン
ト イン タイム コ
ピーのコピーが含
まれる。
[更新]
ホスト バッファをフ snapcli flush
ラッシュする。
[リスト・プライス] 利用可能なVNXシ snapcli list
リーズのデバイス
を一覧表示する。
admsnap flush
admsnap list
SnapViewスナップショットとのVNXスナップショットの使用
139
EMC VNXスナップショット ソフトウェアの概念
VNXスナップショットの制限
このセクションでは、システムでのスナップショットの制限の最大値を示します。
制限
VNX5100 VNX5300 VNX5500 VNX5700 VNX7500
アレイあたりのスナップショット数
2048
4096
8,192
16384
32768
32768
ベースLUあたりのスナップショット数
256
256
256
256
256
256
アレイあたりのコンシステンシ グループ数 128
128
128
256
256
256
64
64
64
64
64
アレイあたりのスナップショットマウントポイント数 256
512
1024
2048
2048
2048
コンカレント接続/接続解除操作
128
128
256
512
512
512
コンカレント リストア(ロールバック)操作
128
128
256
512
512
512
コンシステンシ グループ メンバー
140
VNX for Blockの概念
64
第8章
vStorage API for Storage
Awareness
この章では、UnisphereのVASA(vStorage API for Storage Awareness)
サポートの概念について説明します。
主要なトピックは以下のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
●
VASAの概要(142ページ)
VASAの導入(142ページ)
ストレージ トポロジーの情報(142ページ)
稼働状態に関するアラーム(143ページ)
容量に関するアラーム(143ページ)
ストレージ機能(143ページ)
Storage DRSとの統合(146ページ)
VNX for Blockの概念
141
vStorage API for Storage Awareness
VASAの概要
[VASA(vStorage API for Storage Awareness)]は、VMwareで定義された、特定のベンダーに依
存しないストレージ認識の行うAPIであり、 vSphere 5以降のバージョンで使用できる
VMware機能です。VMwareは、vSphereを介して日常的なプロビジョニング、モニタリング、
トラブルシューティングを促進するため、VASAインタフェースを使用して仮想環境に公開
するアレイとストレージ デバイスに関する基本的な情報を要求します。これは、Unisphere
クライアントではなくVMwareクライアントによって使用されるWebインタフェースです。
VMwareのVASA機能の使用方法については、ホワイトペーパー「Symmetrixストレージ アレ
イを使用したVMware VASAの実装」を参照してください。また、仮想化関連機能の詳細に
ついては、「EMC Virtualization for VNXリリース ノート」を参照してください。
VASAの操作は、次の一般的なカテゴリーに分類できます。
カテゴリー
説明
接続API
vCenterサーバとVASA Providerの間で安全な接続
を確立または削除する機能。
クライアント コンテキストAPI
返される情報にフィルタを適用する際に必要なクライ
アントのコンテキストを識別する機能。ローカライズ
されたメッセージ カタログもサポートされる。
ストレージ検出API
仮想環境に含まれるアレイと、それに関連づけられ
た物理ストレージ デバイスや論理ストレージ デバイ
スに関する情報を提供する機能。
ステータスAPI
ストレージ構成またはシステムの可用性の変更に関
する情報を提供する機能。
VASAの導入
VASAは、R32から始まるVNXでネイティブにサポートされるため、特別なライセンスは必要
ありません。Unisphereの場合、VP(VASA Vendor Provider)はControl Stationとスト
レージ プロセッサの両方でアレイに組み込まれます。vSphereユーザーは、各アレイの
VASA情報のプロバイダとしてこれらのVPイスタンスを構成する必要があります。これは、
VM情報の取得元のターゲット サーバの構成と似ています。
各vCenterインスタンスは、複数のサーバとその関連リソースを管理します。アレイの視
点から見ると、異なるvCenterインスタンスによって管理されるサーバにストレージ デバ
イスを公開することができます。VASA APIでは、要求元である特定のvCenterの「コンテ
キスト」を基にして、返されるデータにVPでフィルタを適用する必要があります。vCenter
は、接続を確立した直後にコンテキストをVPに説明し、コンテキストの変更を検出するた
びにコンテキストを更新します。
ストレージ トポロジーの情報
VASA APIは、アレイとそのストレージ デバイスに関する基本的な情報を、ベンダーに依
存しない方法で提供すること目的としています。これにより、vSphereユーザーは、VMイ
142
VNX for Blockの概念
vStorage API for Storage Awareness
ンフラストラクチャによって日常的なモニタリングやトラブルシューティングのために使
用される、基盤となるストレージの状況を調べることができます。たとえば、ストレージ
デバイスの稼働状態が提供されると、vSphereユーザーは指定されたVMに影響を及ぼして
いる問題をより簡単に特定できます。
稼働状態に関するアラーム
VASAでは、さまざまなストレージ オブジェクトの稼働状態を取得するため、稼働状態の
アラームが定義されます。
VNXは、これらのVASA稼働状態アラームをUnisphereの各オブジェクトの稼働状態と連携さ
せます。
これらのアラートは情報提供のみを目的としており、vSphereの[ホーム]>[イベント]に表
示されます。
容量に関するアラーム
VASAで定義されている「容量」に関するアラートを使用して、シンプロビジョニングされ
たLUNやファイル システムのスペースが不足している状況を把握することができます。
VMwareでは、これらのアラームと「オブジェクトの状態」のアラームが独立した概念とし
て見なされます。LUNは、オブジェクトの状態が正常(緑)である場合に、赤の「容量」
アラームを発生させることがあります。
VNXは、VASAの容量アラームとUnisphereのプール スペースの閾値アラートを連携させま
す。
Storage DRSにおけるこれらのアラームの使用例については、Storage DRSとの統合(146
ページ)の「SDRSの推奨事項」セクションを参照してください。
これらのアラームは、vSphereの関連するデータストアとそのコンテナの[アラーム]タ
ブに表示されます。
ストレージ機能
ストレージ機能は、LUNまたはFS(ファイル システム)の基になる属性を要約した単純な
ラベルです。VASAストレージ機能を使用すると、ストレージ ベンダーはLUNの機能を説明
できるようになります。各LUNまたはFSは、単一の機能のみを報告します。vSphereは、こ
れを各データストアとともに「システム ストレージ機能」として表示します。
ストレージ機能は、VMwareのSPBM(ポリシー ベースのストレージ管理)機能の構築ブロッ
クです。ストレージによって(VASAを介して)提供される機能は、vSphereユーザーが定
義する「プロファイル」にマップされます(たとえば、最適なストレージ プロファイルはEMC
のソリッド ステート ストレージ機能に割り当てられます)。抽象化のレイヤーを追加すると、ス
トレージ ベンダーに固有の特徴がvSphereユーザーから見えなくなり、より細かい機能を
高いレベルのプロファイルにグループ化できるようになります。
稼働状態に関するアラーム
143
vStorage API for Storage Awareness
サブコンポーネント
各機能は、次の領域を記述するテキストで構成されます(該当する場合)。
●
ドライブ階層: どのストレージの階層がこのLUN/FSをバックアップするか。
●
FAST Cacheのオンとオフ: LUN/FSでFAST Cacheが有効になっているか。
●
アロケーション ポリシー: LUN/FSがシン プロビジョニングされるか。
●
リモート レプリケーション: LUN/FSがリモートに複製されるか。
●
スペースの効率性: LUN/FSが圧縮または重複排除されるか。
例
これらの領域または機能のサブコンポーネントは、各LUN/FSに対応する単一のテキス
ト文字列に組み合わせられます。以下にいくつかの機能の例を示します。
●
例1: 自動階層ストレージ
●
例2: 自動階層ストレージ、シン、リモート レプリケーション
●
例3: SASまたはファイバ ストレージ、FAST Cache、シン、リモート レプリケー
ション、ストレージの効率性
サブコンポーネント名
次の表に、各サブコンポーネントでサポートされる値を一覧表示します。各列の1つの
値は、該当する場合に連結されて機能名を形成します(例(144ページ)を参照)。機
能名は、データストアのシステム ストレージ機能としてvSphereの複数の画面に表示
されます。
表 8. サブコンポーネント名
ドライブの種類
FAST Cache
アロケーション ポ レプリケーション
リシー
スペースの効率
性
自動階層ストレージ
FAST Cache
Thin
リモート・レプリ
ケーション
ストレージの効率
性
<存在しない>
<存在しない>
ソリッド ステート ストレー <存在しない> <存在しない>
ジ/SAS Flash VP
SAS/ファイバ ストレージ
NL-SAS/SATAストレージ
144
VNX for Blockの概念
vStorage API for Storage Awareness
ドライブ階層
この機能のサブコンポーネントは、基盤となるドライブ タイプLUNまたはFSにのみ基
づいています。LUN/FSが複数のドライブ タイプを基にしている場合、次のルールが適
用されます。
●
システムでFAST VPがサポートされて有効化されており、LUN/FSで使用可能な場合
は、自動階層ストレージが報告される。
●
それ以外の場合は、最下位の適用可能なドライブ階層が報告される。
注: 複数のドライブ タイプにバックアップされる場合、ファイル システムは常に自動階層ス
トレージを報告します。
このサブコンポーネントは基盤となるドライブ タイプを基にしているので、この値は
以下の状況で変化する可能性があります。
●
たとえば、SASからNL-SASのように、LUN/FSが異なるドライブ階層のRAIDグループ
またはプールに移行される。
●
LUN/FSの親プールが、FAST VPを使用して単一の階層から複数の階層に拡張される。
FAST Cacheのオン/オフ
この機能のサブコンポーネントは、LUNまたはファイル システムのFAST Cacheが有効
になっているかどうかに基づいています。RAIDグループベースのLUNの場合、FAST Cache
はLUNレベルで有効になります。プールベースのLUNの場合、FAST Cacheはプール レベ
ルで有効になります。FAST CacheライセンスのないVNXシステムの場合、このサブコン
ポーネントは報告されません。
注: キャッシュ処理が実行されるには、FAST Cacheが存在している(作成される)必要があり
ます。ただし、Unisphereとの整合性を維持するために、システムレベルのFAST Cacheの存在や
状態に関係なく、LUN/FSレベルのFAST Cache設定のみを報告します。
アロケーション ポリシー
この機能のサブコンポーネントは、LUNまたはFSがシン デバイスとして割り当てられ
ているかどうかに基づいています。
次の状況では、ファイル システムは「シン」サブコンポーネントを報告します。
●
状況1: ファイル システムの基盤となるLUNがシン プロビジョニングされている。
●
状況2: ファイル システムが「-thin yes」を指定して作成されている。関連する
CLIコマンドは「nas_fs -create -auto_extend yes -thin yes」。
ストレージ機能
145
vStorage API for Storage Awareness
リモート・レプリケーション
この機能のサブコンポーネントは、LUNまたはFSに(アレイベースの)リモート ミラー
が同期または非同期で構成され、正常に稼働しているかどうかに基づいています。リ
モート ミラーがフラクチャされるかダウンすると、このサブコンポーネントは報告さ
れず、その結果としてVMのストレージ プロファイルの定義に応じて、vSphereで非互
換性アラートが発生する可能性があります。
MirrorViewまたはReplicationV2のライセンスがないVNXシステムは、この機能のサブ
コンポーネントを報告しません。
ファイル システムは、「リモート レプリケーション」サブコンポーネントが
ReplicationV2セッションのソースである場合に、これらを報告します。
スペースの効率性
この機能のサブコンポーネントは、LUNで圧縮が有効になっているかどうか、または
ファイル システムで重複排除が有効になっているかどうかに基づいています。
特別なケース
次の特別なLUN/FSタイプは、以下の方法で機能を報告します。
●
スナップLUN: 一部のデータ、共有されないデータが異なるクラスのストレージに保
存される場合でも、ソースLUNの機能が報告されます。
Storage DRSとの統合
SDRS(Storage DRS)は、VMの基盤となるストレージをあるデータストアから別のデータ
ストアへ自動的に移行するVMware機能です。これは、Storage VMotionの自動化された形
式です。
VASAは、次の2種類の方法でSDRSをサポートします。
●
均質なPOD(データストアのプール)の作成
●
実行中のVMのストレージ移行先に関するヒント
データストア クラスタの作成
Storage DRSは、「データストア クラスタ」と呼ばれるデータストアのグループを操
作します。SDRSは、これらのデータストアの機能が似ている場合に最も大きな効果を
発揮します。たとえば、データストア クラスタに、高パフォーマンスなデータストア
と低パフォーマンスなデータストアの両方が含まれている場合、SDRSの最適な動作は
実現できません。
データストア クラスタの作成中、Storage DRSは、VASA検出で取得された候補のデー
タストアのストレージ機能をユーザーに提示できます。これは、ユーザーが均質なデー
タストア クラスタを作成するために役立ちます。
146
VNX for Blockの概念
vStorage API for Storage Awareness
SDRSのヒント
Storage DRSは、容量とI/O動作を考慮して、指定したデータストアの再バランシング
が有効かどうかを判断します。ただし、特定の状況では、Storage DRSによるアレイへ
の介入が必要または有効であると考えられない場合があります。たとえば、アレイが
内部で再バランシング(継続的または1回限り)を実行している場合や、LUNがスピン
ドルを共有していることをアレイが認識し、SDRSによる介入の効果がない場合があり
ます。
SDRSの機能
VASAインタフェースは、LUNのSDRS管理機能に関する情報を提供します。
VASAが構成されたVNXシステムを使用すると、以下を除く、VMwareに公開されたすべて
のストレージ ボリュームについて、SDRSによるパフォーマンスベースの再バランシン
グを実行できます。
●
自動階層化(FAST VP)が有効になったLUN
理由: 自動階層化によるデータの内部再バランシンングは、SDRSによる移行と競合
する場合があります。SDRSがVMのストレージを移行し、その直後にFAST VPが同じ
結果の実現を目的としてストレージを再バランシングすることがあります。
SDRSの推奨事項
VASAが構成されたVNXシステムは、2個のLUN間でVMDKファイルの移行が推奨されるかど
うかを示すこともできます。
次の場合、LUNでの移行は推奨されません。
●
ソースLUNとデスティネーションLUNが同じドライブ スピンドル(同じRAIDグルー
プまたはストレージ プール)を共有している
次の場合、ファイル システムでの移行は推奨されません。
●
ソースとデスティネーションが1個のブロックLUN(ディスク ボリューム)を共有
している
●
ソースまたはデスティネーションのいずれかが自動階層化が有効になったLUNを使
用している(「nas_disk -l」の出力でディスク ボリューム タイプに「mixed」が
含まれている)
上記以外のすべてのケースでは( metaLUN、VNXスナップショットなど)、移行が許可
されると見なされます。
容量に関するアラームをSDRS移行の入力として使用することができます。SDRSでは、
容量ステータスが黄色または赤のLUN内にVMを移動することは検討されません。ただ
し、それらのLUNからVMを移動することが検討される場合があります。
Storage DRSとの統合
147
vStorage API for Storage Awareness
148
VNX for Blockの概念
付録 A
CLIエラー コード
この付録では、Secure CLIで返されるエラー コードの一覧を示します。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コードも含まれますが、これらのア
プリケーションについては他のマニュアルで説明されています。
主要なトピックは以下のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
Secure CLIエラー コード(150ページ)
SAN Copy CLIエラー コード(165ページ)
VNXスナップショット エラー コード(169ページ)
ストレージ グループ コマンド エラー コード(173ページ)
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード(176ページ)
機能コマンド エラー コード(192ページ)
VNX for Blockの概念
149
CLIエラー コード
Secure CLIエラー コード
汎用機能のコマンドエラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
0
0x0000
CLIに成功しました。
1
0x0001
無効な引数です。
19712
0x4D00
管理サーバが使用できません。
19713
0x4D01
コマンドの実行中にエラーが発生しました。
19714
0x4D02
無効なコマンドが入力されました。
19715
0x4D03
コマンドは実行中です。クライアントはステータス ポー
リングが必要です。
19717
0x4D05
無効な速度がユーザーにより供給されています。
19718
0x4D06
このポートでは、Speed(速度)がサポートされていま
せん。
19728
0x4D10
CIM APIインスタンスはNULLです。
19920
0x4DD0
無効なコマンドです。
ドメイン エラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21408
0x53A0
ディレクトリに関する無効なコマンドです。
21409
0x53A1
ディレクトリ機能が使用できません。
21410
0x53A2
ディレクトリ実行エラー。
SnapViewクローン エラー コード
150
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19264
0x4B40
トランス オブジェクトの作成に失敗しました。
19265
0x4B41
トランス オブジェクトの失効例外
19266
0x4B42
トランザクション例外
19267
0x4B43
指定したインスタンスを取得できません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19268
0x4B44
使用できるLUN番号がありません。
19269
0x4B45
汎用例外。
19270
0x4B46
Cloneview名はすでに使用されています。
19271
0x4B47
保護リストアが有効になっていません。
19272
0x4B48
Cloneviewにおける高速リストアを無効にできません。
19273
0x4B49
ソースまたはクローンLUが上限を超えました。
19274
0x4B4A
LUをプライベートに変更できません。
19275
0x4B4B
クローン ドライバをLU外部属性に追加できません。
19276
0x4B4C
LU外部属性からクローン ドライバを削除できません。
19277
0x4B4D
LUは使用できません。
19279
0x4B4F
CPL metaLUNはサポートされていません。
19264
0x4B40
SPはプライマリではないか、制御していません。
19265
0x4B41
Source LUはロール バックしています。
19276
0x4D40
無効なスナップ クローン コマンドです。
19777
0x4D41
無効化が必要です。
19778
0x4D42
予期せぬクローン エラーが発生しました。
19779
0x4D43
クローン機能のオブジェクトは使用できません。
19780
0x4D44
クローン有効化ソフトウェアがインストールされていません。
19781
0x4D45
指定されたCloneGroupは使用できません。
19782
0x4D46
指定したクローンは使用できません。
19783
0x4D47
システム上でのクローン作成に使用できるLUが存在しま
せん。
19784
0x4D48
指定したLUはクローン作成に使用できません。
19785
0x4D49
クローン プライベートLUNが配置されていません。
19792
0x4D50
保護リストアはサポートされていません。
19793
0x4D51
オプションの高速リカバリはサポートされていません。
19794
0x4D52
クローンを追加できません。クローンはすでに最大数
CloneGroupに存在します。
19795
0x4D53
クローンを追加できません。これは、クローン グループ内
のクローンが同期の状態または逆同期の状態となってい
るからです。
19796
0x4D54
クローンがフラクチャされる前にそのクローンを同期の状
態または逆同期の状態にできません。
Secure CLIエラー コード
151
CLIエラー コード
152
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19797
0x4D55
クローンはOut-Of-Sync状態となっているために逆同期の
状態にできません。
19798
0x4D56
クローンを逆同期できません。これは、そのCloneGroup内
の特定のクローンが同期または逆同期のいずれかの状態
だからです。
19799
0x4D57
クローンを同期できません。これは、そのCloneGroup内の
特定のクローンが逆同期または逆Out-Of-Syncのいずれ
かの状態だからです。
19800
0x4D58
クローンが存在している間はCPLの配置を解除できませ
ん。
19801
0x4D59
CPLの移行中は、LUで作成、クローン作成、配置を実行で
きません。
19808
0x4D60
metaLUNをクローン プライベートLUNとして使用できませ
ん。
19809
0x4D61
指定したLUNはソースLUNと一致しません。LUNは、ソース
LUNと同じ容量とする必要があります。
19810
0x4D62
LUがプライベートの間はsetfeatureを実行できません。
20032
0x4E40
NAVIALU MR名はすでに存在します。
20033
0x4E41
NAVIALU MR LUはダーティ状態です。
20034
0x4E42
NAVIALUの汎用例外
20035
0x4E43
NAVIALUのトランザクション例外
20036
0x4E44
NAVIALU MR Luはプライベートです。
20037
0x4E45
NAVIALU MRは全体で使用されています。
20038
0x4E46
NAVIALU MRの別のドライバが見つかりません。
20039
0x4E47
NAVIALU MR LUは拡張状態です。
20040
0x4E48
NAVIALU MR LUはシャットダウン中です。
20041
0x4E49
NAVIALU MR ALU(最大)
20042
0x4B4A
NAVIALU MR ALU(全体の最大)
20043
0x4E4B
NAVIALU MR ALU(全体の最大)
1898348624
0x71268050
CloneViewの既存のクローンが、リバースOut of sync状態
かリバース同期中です。新しいクローンを追加できません。
1898348625
0x71268051
指定したCloneViewと同じ名前のCloneViewがすでに存在
します。
1898348965
0x712681A5
固定クローンへのCODリソースの割り当て中にエラーが発
生しました。
1898349113
0x71268239
クローンはすでに管理フラクチャされています。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
1898349116
0x7126823C
現在のクローン イメージのコンディションからは同期また
はリバース同期操作を開始できません。
1898349123
0x71268243
少なくとも1つのクローンが含まれるCloneViewを破棄しよ
うとしました。
1898349127
0x71268247
同期中またはリバース同期中のクローンを削除しようとし
ました。
1898349135
0x7126824F
CloneViewのクローンが現在リバースOut of sync状態で
す。
1898349137
0x71268251
CloneViewの既存のクローンがリバース同期中です。
エラー コード
エラー値
概要
1
無効なコマンド ライン パラメータです。
2
パラメータが少なすぎます。
3
パラメータが多すぎます。
5
無効なLUN番号です。
30
LUNが存在しません。
39
デバイスにアクセスできません。
41
コマンドはサポートされていません。
66
エージェントから返されたエラーです。
89
無効なスイッチの組み合わせです。
123
スナップショットは存在しません。
125
無効なSP名です。
127
無効なパッケージ番号です。
128
このバージョンのFLAREソフトウェアでは無停止のソフトウェア インストール(NDU)
をサポートしていません。
129
このファイルは開けません。
130
ファイルは存在しません。
131
RAIDタイプは、r1(RAID 1)、r3(RAID 3)、r5(RAID 5)、r1_0(RAID 1/0)のいずれか
を選択してください。
132
複数のサブコマンドが指定されています。構文をチェックしてください。
133
PSMのディスクは、バス0のDPEに割り当てる必要があります。
134
構成が存在しません。
135
構成はすでに存在しています。
Secure CLIエラー コード
153
CLIエラー コード
154
エラー値
概要
136
指定したサイズは小さ過ぎます。
137
構成が存在しません。navicliのinitializearrayコマンドを実行してシステムの構成を
行ってください。
138
1番目のオプションはサブコマンドとしてください。
139
PSM(Persistent Storage Manager)のRAIDグループを作成できません。
140
名前またはUID(一意のID)が要求されています。
141
無効な名前が指定されました。
142
イメージUIDが要求されています。
143
名前およびLUNが要求されています。
144
ストレージ システムのUID(一意のID)とLUN UIDが要求されています。
145
ミラーが見つかりません。
146
イメージが見つかりません。
147
入力イメージがプライマリであるために同期率を変更できません。
148
-uidと-filenameを両方同時に指定できません。
149
無効なキャッシュです。
150
無効なセッションです。
151
セッションが存在しません。
152
セッションを停止しています。
153
無効なスナップショットです。
154
スナップショットは存在しません。
155
-oオプションには-filenameが必要です。
156
ファイルを格納するためのパスが必要です。
157
-allと-filenameを両方一度に指定できません。
158
ファイル インデックスかquitを入力してください。
159
無効な入力です。
160
インデックスが範囲外です。
161
ファイルが見つかりません。
162
ファイルの取得にスペースは使用できません。
163
指定した機能はサポート対象外です。
164
機能を指定してください。
165
「-lun」と「-lunuid」を両方一度に指定できません。
166
無効なSP名です。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
167
PSM(Persistent Storage Manager)は破損していません。
168
PSM(Persistent Storage Manager)が破損しています。PSMの一覧表示または作成
が行えません。
169
LUNをバインド解除できません。
170
処理は、このタイプのストレージ システムにおいてサポートされていません。
171
互換性のない引数です。ストレージ システムのシリアル番号が無効です。
172
ディレクトリが指定されていません。
173
無効なブロックの数です。
174
ブロックの数が指定されていません。
175
このストレージ システムでデータの読み込みがサポートされていません。
176
無効なスナップショットWWN(World Wide Name)です。
177
ストレージ システムのシリアル番号が無効です。
178
ファイルへのデータの格納には、Navicli '-f'オプションが必要です。
179
無効なIPアドレスの形式です。
180
ストレージ グループを共有できません。
181
無効なHLU番号です。
182
無効なALU番号です。
183
無効なポートIDです。
184
リモート サーバは管理できません。
185
メールのレスポンス テストに失敗しました。
186
メール ページのレスポンス テストに失敗しました。
187
モデム ページのレスポンス テストに失敗しました。
188
SNMPのレスポンス テストに失敗しました。
189
コール ホームのレスポンス テストに失敗しました。
190
メールまたはメールページの必須スイッチ
191
モデム ページの必須スイッチ
192
SNMPの必須スイッチ
193
指定できるのは、1つのメッセージまたはファイルのみとなります。
194
有効な電話番号には数値、丸括弧、ハイフンのみを含みます。
195
ファイルが存在しないか、開けません。
196
指定したユーザーはすでに存在します。
197
このストレージ システムではオフセット スイッチをサポートしていません。
Secure CLIエラー コード
155
CLIエラー コード
156
エラー値
概要
198
有効なCOMポート番号は1、2、3、4のいずれかとなります。
199
有効なダイヤル コマンドはatd、atDp、atDのいずれかとなります。
200
有効なメッセージ遅延には、「,,,」(1つ以上のコンマ)のみが含まれます。
202
ターゲットLUN番号が失われています。
203
セッション名が失われています。
204
SnapViewでは、複数セッションをサポートしていません。
205
スナップショットの名前とIDの両方を一度に指定できません
206
-modeと-simulationを両方一度に指定できません。
207
このコマンドはリモート サーバで使用できません。
208
スイッチ-pathnameを指定してください。
209
ローカル サーバ属性の取得に失敗しました。
210
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、Hi5 RAIDタイプをサポートしていません。
211
スイッチ-snapshotid、-snapshotname、-lunのいずれか1つのみを指定してください。
212
指定したセッションとスナップショットは、同一のソースLUNに基づく必要があります。
215
指定したHLU(サーバLUN)番号が見つかりません。
216
このコマンドは、LUNがトレスパスするSPから発行しなければなりません。
217
無効なバスまたはエンクロージャの番号です。
218
無効なWWNシードです。
219
無効なEMCパーツ番号です。
220
このRAIDグループにはすでにLUNが最大数含まれています。
223
配置ログには、有効なオーナーでLUNを指定する必要があります。
224
この要求は、対象のLUNの現在のオーナーではないSPを介して発行されています。
225
同じターゲットLUNに、シミュレートされたセッションとシミュレートされていないセッ
ションが混在しています。
234
LUNはストレージ グループに所属しています。
262
このバージョンのFLAREソフトウェアではロールバックをサポートしていません。
263
-rateスイッチを指定する必要があります。
264
無効なロールバック レートです。有効な値は、high、medium、lowです。
265
ロールバック レートを変更できません。指定したセッションはロールバック中ではあ
りません。
266
ロールバック オペレーションを開始できません。指定したセッションは永続的ではあ
りません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
267
ロールバック オペレーションを開始できません。指定したセッションはロールバック
中です。
268
ロールバック オペレーションを開始できません。少なくとも1つのソースLUNが別の
ロールバック オペレーションに関与しています。
269
リカバリ セッションを作成できません。少なくとも1つのソースLUNに、すでに最大数
のセッションがあります。
270
SnapViewセッション名が無効です。
271
このリビジョンでは、シミュレーション モードはサポートされていません。
272
このリビジョンでは、スナップショット キャッシュのチャンク サイズを変更できません。
273
ロールバック中のセッションは停止できません。
274
セッションのロールバック中は、セッション上のスナップショットをアクティブ化できま
せん。
275
セッションのロールバック中は、セッション上でアクティブ化されているスナップショッ
トを非アクティブ化できません。
276
同じ名前の複数のミラーが見つかりました。ミラーを指定するにはUIDを使用してく
ださい。
294
この要求は、セッションを所有するSPから発行しなければなりません。
295
この要求は、スナップショットがアクティブ化されているセッションを所有するSPから
発行しなければなりません。
296
スナップショットはすでに非アクティブです。
297
先頭または末尾に空白文字を含むスナップショット名は無効です。
298
プライベートLUN(ホット スペア、スナップ キャッシュ、PSMなど)ではスナップショッ
トを作成できません。
337
リモート ミラーのライト インテント ログのサイズが小さすぎます。
352
このリビジョンでは、コンシステント モードはサポートされていません。
414
ミラーがパスを解決できません。
433
LUNは使用中です。
0x6201
ポーリングに失敗しました。
0x6202
255文字を超える名前のセッションは作成できません。
0x6203
ロールバック中の別のセッションがあるLUNではセッションを開始できません。
0x6205
スナップショット名が長すぎます。
0x6207
SnapCopyドライバをソースLUNのドライバ スタックに追加できなかったため、スナッ
プショットを作成できませんでした。
0x6209
この属性はプライベートLUNには設定できません。
0x620A
SnapViewドライバをLUNスタックに追加できませんでした。
Secure CLIエラー コード
157
CLIエラー コード
エラー値
概要
0x620B
不正なデフォルト オーナーが指定されています。
0x620C
このSnapCopyセッションは現在ロールバック中ではありません。
0x620D
このSnapCopyセッションのLUNが現在ロールバック中です。
0x620E
SnapCopyロールバックはサポートされていません。
0x620F
ミラーまたはクローンが原因でこのセッションをロールバックできません。ロールバッ
クの開始前にミラーまたはクローンがコンシステント状態または同期済み状態であ
る場合は、ミラーまたはクローンを管理フラクチャする必要があります。
0x6210
スナップショットがソースLUNに関連づけられていません。
0x6211
セッション リストにセッションが見つかりません。
0x6212
Snap Copyセッションは移行中です。
0x6213
Snap LUN領域が見つかりません。
0x6214
このスナップショットはセッションが多すぎます。
0x6216
このスナップショットからSAN Copyドライバを削除できませんでした。
0x6217
LUはストレージ グループに所属しています。
0x6218
スナップショットはすでに非アクティブです。
0x6219
リザーブドLUNプールに追加するLUがありません(または)サポートされるLUNの最
大数を超えようとしています(または)LUはリザーブドLUNプールにすでに存在して
います(または)LUは移行中です(または)LUはストレージ グループに所属していま
す(または)LUはアレイ機能で使用中です。
0x621A
LUは現在割り当てられているため削除できません。(または)リザーブドLUNプール
にLUが存在しません(または)
0x621F
SnapViewセッションのLUN上で実行されているアクティブなSAN Copyセッションが
あります。セッションが完了するのを待ってからロール バックしてください。
0x6221
LUを使用できません。
NQMエラー コード
158
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19856
0x4D90
NPO機能のオブジェクトは使用できません。
19857
0x4D91
NPOドライバはインストールされていません。
19858
0x4D92
CIMAPIコールにおける不明な例外。
19859
0x4D93
指定したCIMクラス オブジェクトは、存在しないか、見つ
かりません。
19860
0x4D94
CIMコールからNULLが返されます。NPOオブジェクトは
存在しないか、メソッドがサポートされていません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19861
0x4D95
NPOがサポートする最大クラス番号に達しています。
19862
0x4D96
Cloneview名はすでに使用されています。
19863
0x4D97
無効なNPOコマンド ライン スイッチです。
19864
0x4D98
無効なNPOコマンド ライン スイッチの値です。
19865
0x4D99
LUNは、WWNまたはLUNの番号で指定する必要があり
ます。
19866
0x4D9A
パラメータが少なすぎます。
19867
0x4D9C
パラメータが多すぎます。
19868
0x4D9D
アーカイブを作成中です。
19869
0x4D9E
NPOを停止する必要があります。
MirrorViewエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19872
0x4DA0
無効な同期ミラーコマンドです。
19873
0x4DA1
無効な非同期ミラーコマンドです。
19874
0x4DA2
同期ミラー機能のオブジェクトは使用できません。
19875
0x4DA3
非同期機能のオブジェクトは使用できません。
19876
0x4DA4
同期有効化ソフトウェアがインストールされていません。
19877
0x4DA5
非同期有効化ソフトウェアがインストールされていません。
19878
0x4DA6
予期せぬ同期ミラー エラーが発生しました。
19879
0x4DA7
予期せぬ非同期エラーが発生しました。
19880
0x4DA8
システム上でのミラーリングに使用できるLUが存在しませ
ん。
19881
0x4DA9
指定したLUはクローン作成に使用できません。
19882
0x4DAA
指定したミラー ソースは使用できません。
19883
0x4DAB
Mirrorviewでは、ミラー化したイメージで同一のLUNサイズ
が要求されます。
19884
0x4DAC
LUNはストレージ グループ内に存在します。
19885
0x4DAD
複数のエラーが発生しました。
19886
0x4DAE
インテントログ配置エラー。
19887
0x4DAF
インテントログ配置解除エラー。
19888
0x4DB0
無効パスのエラー。
Secure CLIエラー コード
159
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19889
0x4DB1
階層化ドライバをLUスタックに追加できません。
19890
0x4DB2
階層化ドライバをLUスタックに追加するのに失敗しまし
た。
19891
0x4DB3
階層化ドライバをLUスタックから削除するのに失敗しまし
た。
19892
0x4DB4
ミラーをアクティブにできません。
19893
0x4DB5
ミラーを非アクティブ(アクティブではない)にできません。
19894
0x4DB6
フラクチャ イメージにおけるエラー。
19895
0x4DB7
同期イメージにおけるエラー。
19896
0x4DB8
プロモート イメージにおけるエラー。
19897
0x4DB9
要求されたイメージが見つからなかった/存在しなかった。
19898
0x4DBA
削除イメージにおけるエラー。
19899
0x4DBB
指定したLUで発生するエラーは別の機能で使用されます
が、ミラーLUとして選択することはできません。
19900
0x4DBC
移行中、セカンダリ イメージの作成および追加を実行で
きないか、LUにおいてWILの配置が行えません。
19901
0x4DBD
LUがプライベートの間はsetfeatureを実行できません。
19902
0x4DBE
無効なイメージです。
19903
0x4DBF
setfeatureはシンLUNではサポートされていません。
MirrorView/Aエラー コード
160
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
20288
0x4F40
汎用例外。
20289
0x4F41
ミラー名が最大長を超えています。
20290
0x4F42
ミラー名はすでに使用されています。
20291
0x4F43
LUの無効なミラー番号です。
20292
0x4F44
ミラー グループ名が最大長を超えています。
20293
0x4F45
ミラー グループ名はすでに使用しています。
20294
0x4F46
ドライバを追加できません。
20295
0x4F47
ドライバを削除できません。
20296
0x4F48
SPはプライマリではないか、制御していません。
20297
0x4F49
ミラー グループ名の無効な文字です。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
20298
0x4F4A
LUはミラーに含まれています。
20299
0x4F4B
ミラーのポーリングに失敗しました。
MirrorView/Sエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
20544
0x5040
汎用例外。
20545
0x5041
ミラーのポーリングに失敗しました。
20546
0x5042
ミラー名が最大長を超えています。
20547
0x5043
ミラー名はすでに使用されています。
20548
0x5044
LUの無効なミラー番号です。
20549
0x5045
ミラー グループ名が最大長を超えています。
20550
0x5046
ミラー グループ名はすでに使用しています。
20551
0x5047
ミラーLUNの準備が整っていません。
20552
0x5048
ミラーのセカンダリはすでに存在しています。
20553
0x5049
ミラーのセカンダリはプライマリと同じです。
20554
0x504A
ミラーのプライマリはロールバックしています。
20555
0x504B
ミラー グループ名は無効です。
20556
0x504C
ミラー グループの説明は無効です。
20557
0x504D
WILのmetaLUNはサポートされていません。
MirrorViewのコンシステンシ グループのエラー コード
エラー値(10進数) エラー値(16進数)
概要
21312
0x5340
グループの最大数はすでに定義されています。
21313
0x5341
指定したグループを配置できません。
21314
0x5342
以下のグループは破棄できません。これは、グループ内に依
然としてミラー メンバーを含んでいるからです。
21315
0x5343
指定したミラーを配置できません。
21316
0x5344
このミラーはグループに追加できません。これは、ミラーに1つ
のセカンダリ イメージが正しく含まれていないからです。
Secure CLIエラー コード
161
CLIエラー コード
エラー値(10進数) エラー値(16進数)
概要
21317
0x5345
-remoteuidまたは-remoteaddressのいずれかのスイッチを使
用する必要があります。これは、ミラーにはセカンダリ イメー
ジが複数枚含まれているためです。
21318
0x5346
remoteuidは、グループが存在するアレイと同じアレイにするこ
とはできません。
21319
0x5347
指定したリモート アレイのミラーにはイメージが存在しません。
21320
0x5348
ミラーはすでにグループのメンバーであるため、このグループ
に追加できません。
21321
0x5349
指定したリモート イメージは、残りのグループのメンバーと同
じアレイに存在しません。
21338
0x535A
指定したミラーはグループのメンバーではありません。
21339
0x535B
指定の失われたミラーは、グループのメンバーではありませ
ん。
21340
0x535C
グループ名はすでに使用されています。
iSCSI(接続)エラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21280
0x5320
無効な接続コマンドです。
21281
0x5321
接続機能オブジェクトは使用できません。
21282
0x5322
接続有効化ソフトウェアはインストールされていま
せん。
21283
0x5323
予期せぬ接続エラーが発生しました。
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21456
0x53D0
無効なiSNSコマンドです。
21457
0x53D1
iSNS機能のオブジェクトは使用できません。
21458
0x53D2
iSNS有効化ソフトウェアはインストールされていま
せん。
21459
0x53D3
iSNSの予期せぬエラーが発生しました。
iSNSエラー コード
162
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
LUN移行のエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21248
0x5300
無効なLUN移行コマンドです。
21249
0x5301
LUN移行機能が使用できません。
21250
0x5302
LUN移行機能がサポートされていません。
21251
0x5303
LUN移行実行エラー。
21252
0x5304
LUN移行で指定した移行が使用できません。
21253
0x5305
LUN移行で指定した移行元が使用できません。
21254
0x5306
ホット スペアはLUN移行ベースにできません。
21255
0x5307
LUN移行の移行先が使用できません。
21256
0x5308
LUN移行エラー コードの宛先LUは内部です。
21257
0x5309
LUN移行エラー コードの宛先LUは外部です。
arrayconfigのエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21536
0x5420
CLIユーティリティ キャプチャ機能は使用できませ
ん。
21537
0x5421
CLIキャプチャ実行エラー
21538
0x5422
複製機能は使用できません。
21539
0x5423
複製実行エラー
21540
0x5424
無効なコマンドです。
25864
0x6508
修正が実施できません。
25865
0x6509
ルール例外
25866
0x650a
アクセス レベル違反
25867
0x650b
依存性が一致しません。
25868
0x650C
ルールにより例外を実行します。
25869
0x650D
インスタンスの列挙はサポートされていません。
25870
0x650E
タスクがまだ実行中です。
25871
0x650F
タスクの限界に到達しました。
25872
0x6510
パッケージに誤りがあります。
Secure CLIエラー コード
163
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
25873
0x6511
シングル タスクの制限
イベント モニタ(emconfig)エラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
22272
0x5700
EMCONFIGコードにより使用法を取得します。
22273
0x5701
EMCONFIGコードの無効な引数
22274
0x5702
EMCONFIGコードのパラメータが少なすぎます
22275
0x5703
EMCONFIGコードのパラメータが多すぎます
22276
0x5704
EMCONFIGコードの不正な第1オプション
22277
0x5705
EMCONFIGコードの不明なオプション
22278
0x5706
EMCONFIGコードを使用してファイルをロードできます。
22279
0x5707
EMCONFIGコードのアクセスできないコマンド。
22280
0x5708
EMCONFIGコードがサポートされていません。
22281
0x5709
EMCONFIGコードのコマンドが有効ではありません。
22282
0x570A
EMCONFIGコードのEMSAが見つかりません。
22283
0x570B
EMCONFIGコードのEMSAの構成保存時に失敗しました。
22284
0x570C
EMCONFIGコードの無効なテンプレート名です。
22285
0x570D
EMCONFIGコードの従来のサブコマンドの正当性を解析
します。
22286
0x570E
EMCONFIGコードの従来のサブコマンドの障害を解析し
ます。
metaLUNエラー コード
164
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19840
0x4D80
無効なmetaLUNコマンドです。
19841
0x4D81
MetaLUN機能のオブジェクトは使用できません。
19842
0x4D82
MetaLUN機能が有効ではありません。
19843
0x4D83
metaLUNコマンドの実行中に予期せぬエラーが発生
しました。
19844
0x4D84
指定したmetaLUNは使用できません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19845
0x4D85
指定したベースLUは使用できません。
19846
0x4D86
指定したLUは使用できません。
19847
0x4D87
複数のALUの破棄に失敗しました。
19848
0x4D88
複数のALUの破棄は、一部だけが成功しました。
不良ブロック レポート作成(BRT)エラー/プラグイン エラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
22016
0x5600
BRTコードにアクセスできません。
22017
0x5601
無効です。パラメータが不足しています。
22018
0x5602
BRTコードの無効なコマンドです。
22019
0x5603
BRTコードの無効な日付形式です。
22020
0x5604
BRTコードの無効な終了日です。
22021
0x5605
BRTコードに不良ブロックがありません。
22022
0x5606
BRTコードの出力ファイルが作成できませんでした。
22023
0x5607
BRTコードの無効な入力ファイルです。
22024
0x5608
BRTコードの無効なファイルを開くことができませんで
した。
22025
0x5609
LUNでBRTコードのクリーンに失敗しました。
22026
0x560a
BRTコードのエラーによるイベント取得中。
22027
0x560b
BRTコードの入力ファイルに誤りがあります。
22028
0x560c
BRTコードの不明な例外です。
22029
0x560d
BRTコードのエラーを伴う成功です。
22030
0x560e
BRTコードのクリーン セッションがタイムアウトしました。
SAN Copy CLIエラー コード
エラー値
概要
236
このバージョンのFLAREソフトウェアは、Open SAN Copyをサポートして
いません。
237
sancopy –createコマンドに最低限必要な入力です。
238
コピー ディスクリプタの名前とUIDの両方が指定されています。
Secure CLIエラー コード
165
CLIエラー コード
エラー値
166
概要
239
コピー ディスクリプタの名前またはUIDが必要です。
240
指定されたデスティネーションLUNは存在しません。
241
コピー先LUNのWWNと番号の両方が指定されています。
242
指定されたコピー ディスクリプタ名は、このSPで一意ではありません。
243
指定されたコピー ディスクリプタは存在しません。
244
環境の一覧表示と設定を同時に行うことはできません。
245
-throttleスイッチを指定する必要があります。
246
有効なスロットルは1~10です。
247
有効なセッション最大数は1~16です。
248
有効なチェックポイント間隔は5で割り切れる5~90の値、またはチェッ
クポイントを無効にするdisableです。
249
ソースのWWNと番号の両方が指定されています。
250
デスティネーションLUNのサイズがソースLUNのサイズよりも小さいで
す。
251
ピアSPは使用可能です。このコマンドは、ピアSPが停止中のみ動作し
ます。
252
ソースまたはすべてのデスティネーションがホストSP上に存在する必要
があります。
253
複数のディスクリプタが同じ名前です。
254
デスティネーションLUNと同じLUN IDを複数回入力してください。
255
指定されたデスティネーションLUNは、このディスクリプタにデスティネー
ションとしてすでに存在します。
256
コピー長をゼロよりも大きくしてください。
257
選択されたソースLUNは、プライベートLUNであるか処理中の状態であ
るため、SAN Copyセッションの一部とすることができません。
258
選択されたデスティネーションLUNの1つは、プライベートLUNであるか
処理中の状態であるため、SAN Copyセッションの一部とすることができ
ません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
259
少なくとも1つのデスティネーションLUNの容量が、ソースLUNよりも小さ
いです。
260
ピアSP上のソースLUNとのSAN Copyセッションを持つことはできませ
ん。
261
ピアSP上のデスティネーションLUNとのSAN Copyセッションを持つこと
はできません。
299
-srclunスイッチに指定されたスナップショット名のLUN番号が無効です。
300
スイッチに指定されたSPの名前またはIPアドレスが無効です。
301
インクリメンタルコピー ディスクリプタを複製することはできません。
302
このコマンドは、インクリメンタルSAN Copyセッションのみに使用可能で
す。
303
すでにマークが付いているセッションにマークをづけることはできませ
ん。
304
すでにマークが解除されているセッションからマークを解除することは
できません。
305
セッションにマークが付けられている場合、-nomarkスイッチを指定する
ことはできません。
306
セッションにマークが付けられている場合、-copywholelunスイッチを指
定することはできません。
307
インクリメンタル ディスクリプタのソースLUNは、ターゲットSP上に存在
するようにしてください。
308
スナップショットLUNを、インクリメンタルコピー ディスクリプタのソースに
することはできません。
309
-changesonlyスイッチを指定できるのは、インクリメンタル コピー ディス
クリプタの場合のみです。
310
-copywholelunスイッチを指定できるのは、インクリメンタル コピー ディ
スクリプタの場合のみです。
311
-nomarkスイッチを指定できるのは、インクリメンタル コピー ディスクリ
プタの場合のみです。
312
-chgtypeスイッチに無効な値が指定されています。
SAN Copy CLIエラー コード
167
CLIエラー コード
エラー値
概要
313
-changesonlyと-copywholelunの両方のスイッチを指定することはでき
ません。
314
-nomarkスイッチに無効な値が指定されています。
315
このバージョンのFLARE(コア)ソフトウェアは、インクリメンタルSAN Copy
をサポートしていません。
316
リンク帯域幅の値が無効です。
317
リンク帯域幅の値が無効です。有効な値は、0.016~2048です。
318
遅延値が無効です。
319
グラニュアリティ値が無効です。有効な値は、2、4、8、16、32、64です。
320
インクリメンタル コピー ディスクリプタを作成するには、少なくとも以下
のパラメータを入力する必要があります。
321
●
-nameスイッチおよび新しいコピー ディスクリプタに与えられた名前
●
-srcwwnスイッチとその内容、または-srclunスイッチとその内容
●
-destwwnスイッチとその内容、または-destlunnumberスイッチとそ
の内容
●
スイッチ-incremental
●
-linkbwスイッチとその値
ディスクリプタのタイプをインクリメンタルに変更するには、以下を指定
する必要があります。
-linkbwスイッチとその値
168
322
インクリメンタルセッションの名前を変更することはできません。
323
完全ディスクリプタの遅延値を指定することはできません。
324
完全コピー ディスクリプタのグラニュアリティ値を指定することはできま
せん。
325
完全コピー ディスクリプタのリンク帯域幅を指定することはできません。
339
インクリメンタルセッションのソースLUNを変更することはできません。
340
ディスクリプタに指定された新しいディスクリプタ タイプが現在のディス
クリプタ タイプと同じです。
341
このSPにはコピー ディスクリプタがありません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
342
次のディスクリプタの削除中にエラーが発生しました。
343
遅延値を4294967よりも大きくすることはできません。
354
無効なautorestart値 — OnまたはOffを使用してください。
363
指定されたSAN Copyデスティネーションは存在しません。
367
ソースLUNはSAN Copy/Eストレージ システムに存在している必要があ
ります。
368
無効なポートWWNまたはLUN番号です。
369
ソースLUNを変更するには、次のパラメータのうち1つだけを使用してく
ださい。-chgsrcbywwn、-chgsrcbylun、-chgsrcbyportwwn
407
名前またはディスクリプタIDのどちらか一方だけを指定してください。
410
指定したデスティネーションLUNは存在しません。
411
新しい接続タイプが、現在の接続タイプと同じです。
439
ソースLUNがThinです。このバージョンのFLARE(コア)ソフトウェアは、
SAN CopyセッションでシンLUNをサポートしていません。
440
デスティネーションLUNの1つがThinです。このバージョンのFLARE(コ
ア)ソフトウェアは、SAN CopyセッションでシンLUNをサポートしていま
せん。
441
SPと通信できません。SPが管理できない可能性があります。
VNXスナップショット エラー コード
エラー値(16進数)
概要
0x8900
スナップショットを作成できない。指定されたLUNが有効なプー
ルLUNではない。
0x8901
リストアするLUN上で実行されているアクティブなSAN Copyセッ
ションまたはSnapViewセッションがある。リストアするLUN上の
任意のSnapViewとSAN Copyのいずれか、または両方のセッショ
ンの組み合わせを停止して、再試行する。
0x8902
追加するLUN上で実行されているアクティブなSAN Copyセッショ
ンまたはSnapViewセッションがある。追加するLUN上の任意の
SnapViewとSAN Copyのいずれか、または両方のセッションの
組み合わせを停止して、再試行する。
VNXスナップショット エラー コード
169
CLIエラー コード
エラー値(16進数)
概要
0x8903
スナップショットを作成できない。
0x8904
スナップショットをコピーできない。指定されたスナップショットが
存在しない。
0x8905
スナップショットを破棄できない。指定されたスナップショットが存
在しない。
0x8906
スナップショットを接続または接続解除できない。指定されたス
ナップショットが存在しない。
0x8907
LUNをリストアできない。指定されたスナップショットが存在しな
い。
0x8908
スナップショット マウント ポイントが見つかない。
0x8909
スナップショット マウント ポイントを削除できない。
0x890A
内部エラーが発生したので、後で再試行する。問題が解決しな
い場合は、SP Collectを収集し、サービス プロバイダに問い合
わせる。
0x890B
リストアするスナップショットのサイズとLUNの現在のサイズが異
なっており、またLUNが1個以上の次のストレージ機能に参加し
ているため、LUN をリストアできない。
1. クローン
2. MirrorView
3. SnapView
ストレージ機能をLUNから削除して再試行する。
0x890C
コンシステンシ グループ名を空白にすることはできない。
0x890D
コンシステンシ グループが見つからない。
0x890E
メンバーLUNが指定されていない。コンシステンシ グループで
追加、削除、またはリプレース操作を実行するには、1個以上の
メンバーLUNを指定する。
0x890F
プライベートLUNを使用してスナップショットを作成することはで
きない。
0x8910
無効なリソース タイプ。有効な値は次のとおり。(cg, lun)
0x8911
スナップショットを作成できない。指定した保存期間が無効。期
間は、年、月、日、または時間で定義できる。値の形式は次のと
おり。<value><qualifier>
各項目の意味は以下のとおり。
170
VNX for Blockの概念
●
value:整数値。qualifierがh(時間)の場合、有効な範囲は1
~87600。qualifierがd(日)の場合、有効な範囲は1~3650。
qualifierがm(月)の場合、有効な範囲は1~120。qualifierが
y(年)の場合、有効な範囲は1~10。
●
qualifier:値の修飾子。有効な値(大文字と小文字は区別さ
れない)は、h(時間)、d(日)、m(月)、y(年)。
CLIエラー コード
エラー値(16進数)
概要
0x8912
スナップショットを作成できない。指定されたリソースが存在しな
い。
0x8913
スナップショットを作成できない。指定されたLUNが存在しない。
0x8914
スナップショットを作成できない。指定されたコンシステンシ グ
ループが存在しない。
0x8915
内部エラーが発生した(スナップセットLUNが一致しない)ので、
後で再試行する。問題が解決しない場合は、SP Collectを収集
し、サービス プロバイダに問い合わせる。
0x8916
スナップショットに有効期限日が設定されている。
0x8917
スナップショットが期限切れになったので、接続解除後に削除さ
れる。
0x8918
内部エラーが発生した(コピーのスナップショットが存在しない)
ので、後で再試行する。問題が解決しない場合は、SP Collect
を収集し、サービス プロバイダに問い合わせる。
0x8919
スナップショットは、移行の最後に重複排除の有効化または無
効化の一部として削除される。
0x891A
スナップショットの(作成)プライマリLUNを移行中。移行が完了
するとスナップショットが削除される。
0x891B
スナップショットの(コピー)プライマリLUNを移行中。移行が完了
するとスナップショットが削除される。
0x891C
スナップショット マウント ポイントは移行中のため接続解除でき
ない。移行が完了すると自動的に接続解除され、削除される。
0x891D
スナップショットを含むスナップショット マウント ポイントの接続
解除を試みている。マウント ポイントのスナップショットは、接続
解除されるスナップショットのソースによって継承される。
0x891E
LUNは移行中のためリストアできない。
0x891F
コンシステンシ グループ メンバーのサブセットをリストアすると、
他のメンバーとの整合性が失われる。
0x8920
重複排除を有効または無効にしている間は、スナップショットを
リストアできない。
0x8921
LUNにSnapViewセッションがあるため、LUNを削除できない。リ
ストアするLUN上のすべてのSnapViewセッションを停止して再
試行する。
0x8922
LUNにSnapViewセッションがあるため、コンシステンシ グループ
の操作を完了できない。SnapViewセッションがないときに再試
行する。
0x8923
ミラーまたはクローンが原因でこの操作を実行できないため、リ
ストアできない。場合によっては、この操作を完了するためにミ
ラー/クローンを管理フラクチャまたは削除する必要がある。
VNXスナップショット エラー コード
171
CLIエラー コード
172
エラー値(16進数)
概要
0x8924
接続操作を実行するためにホストで使用可能な、スナップショッ
ト マウント ポイントの空きが不足している。新しいスナップショッ
ト マウント ポイントを作成してそれらをホストで使用可能にする
か、ホストで使用可能ないくつかの既存のスナップショット マウ
ント ポイントを接続解除した後で再試行する。
0x8925
内部エラーが発生した(スナップショット ホスト アクセスを取得し
た)ので、後で再試行する。問題が解決しない場合は、SP Collect
を収集し、サービス プロバイダに問い合わせる。
0x8926
内部エラーが発生した(スナップショットをホストにプロモートさせ
るスナップLUNを取得した)ので、後で再試行する。問題が解決
しない場合は、SP Collectを収集し、サービス プロバイダに問い
合わせる。
0x8927
ミラー セカンダリ イメージであるプライマリLUNに、スナップショッ
トをリストアすることはできない。
0x8928
LUNが移行中であるため、LUNをコンシステンシ グループに追
加できない。移行が完了するまで待って、操作を再試行する。
0x8929
LUNはストレージ システムの機能で使用されているため、LUN
をコンシステンシ グループに追加できない。
0x892A
LUNが存在しないため、LUNをコンシステンシ グループに追加
できない。
0x892B
スナップショットを接続できない。
0x892C
スナップショットを接続解除できない。
0x892D
LUNをリストアできない。
0x892E
コンシステンシ グループを作成できない。
0x892F
コンシステンシ グループにメンバーを追加できない。
0x8930
コンシステンシ グループからメンバーを削除できない。
0x8931
コンシステンシ グループのメンバーをリプレースできない。
0x8932
リストアするLUN上で実行されているSnapViewセッションまたは
インクリメンタルSAN Copyセッションがある。セッションを削除し
て再試行する。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
ストレージ グループ コマンド エラー コード
エラー値
概要
82
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、Access
Logix(SANまたは共有ストレージ)システムをサート
していません。
83
入力したグループ名は、このストレージ システムの
どのストレージ グループにも一致しません。
84
指定したHBA UIDは、このストレージ システムで認
識されません。
85
指定したLUN番号は、バインドされたLUN番号では
ありません。
86
フェアネスはサポートされていません。
87
再入力したパスワードは一致しません(大文字と小
文字の違いはチェックされていません)。
88
サーバが見つからないか、サーバでエージェントが
実行されていません。
89
無効なスイッチの組み合わせです。
90
入力したUID(一意のID)は、このストレージ システム
のどのストレージ グループにも一致しません。
91
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、ウォーム
再起動機能をサポートしていません。
92
固有のデフォルト ストレージ グループへのマッピン
グにsetpathを使用できません。
93
RAIDグループ内のディスクの数が無効です。
94
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、二重同時
アクセスをサポートしていません。
95
この名前では、複数のストレージ グループが該当し
ます。一意のID(UID)によりこの処理を実行するスト
レージ グループを確認してください。
96
アクセスできないコマンドです。
ストレージ グループ コマンド エラー コード
173
CLIエラー コード
エラー値
174
概要
97
新しいストレージ システムのシリアル番号は、12文
字またはそれ以下の英数字としてください。
98
問い合わせを実行できません。
99
ブロック データを読み込めません。
100
ファイルへの書き込みが行えません。
101
パイプを開けません。
102
指定したホストは、このストレージ システムで認識さ
れません。
103
ネットワーク名の長さが大き過ぎます。
104
ネットワーク管理者が設定されていません。
105
権限が与えられたユーザーではありません。
106
読み取り専用のアクセスです。
176
無効な連絡先です。
108
無効なホストの説明です。
109
無効な自動構成です。
110
無効な権限付与ユーザー リストです。
111
無効なインターバルです。
112
無効なボー レートです。
113
無効なログ サイズです。
114
無効な管理対象のデバイスです。
115
ストレージ システムのオプションが使用できません。
116
無効なmegapoll値です。
117
このバージョンのエージェントでは、リモート エージェ
ント構成をサポートしていません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
118
登録デバイス名の無効な使用です。
119
ボー レートの有効値は9600または19200です。
120
このオプションはサポートされていません。
121
ファイルの解析エラーが発生しました。
122
指定したユーザーはすべて権限付与ユーザー リス
トに存在します。
ストレージ グループ コマンド エラー コード
175
CLIエラー コード
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
エラー値
176
説明
123
スナップショットは存在しません。
124
このバージョンのFLAREソフトウェアではSnapViewを
サポートしていません。
125
無効なSP名です。
126
予約済みLUNプールが存在しません。
127
無効なパッケージ番号です。
128
このバージョンのFLAREソフトウェアでは無停止のソ
フトウェア インストール(NDU)をサポートしていませ
ん。
129
このファイルは開けません。
130
ファイルは存在しません。
131
RAIDタイプは、r1(RAID 1)、r3(RAID 3)、r5(RAID
5)、r1_0(RAID1/0)のいずれかを選択してください。
132
複数のサブコマンドが指定されています。構文を
チェックしてください。
133
PSMのディスクは、バス0のDPEに割り当てる必要が
あります。
134
構成が存在しません。
135
構成はすでに存在しています。
136
指定したサイズは小さ過ぎます。
137
構成が存在しません。navicliのinitializearrayコマンド
を実行してシステムの構成を行ってください。
138
1番目のオプションはサブコマンドとしてください。
139
PSM(Persistent Storage Manager)のRAIDグループ
を作成できません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
140
名前またはUID(一意のID)が要求されています。
141
無効な名前が指定されました。
142
イメージUIDが要求されています。
143
名前およびLUNが要求されています。
144
ストレージ システムのUID(一意のID)とLUN UIDが
要求されています。
145
ミラーが見つかりません。
146
イメージが見つかりません。
147
入力イメージがプライマリであるために同期率を変
更できません。
148
名前とUIDの両方が指定されています。
149
無効な予約済みLUNプールです。
150
無効なセッションです。
151
セッションが存在しません。
152
セッションを停止しています。
153
無効なスナップショットです。
154
スナップショットは存在しません。
155
-oオプションには「-all」か「-filename」が必要です。
156
ファイルを格納するためのパスが必要です。
157
「-all」および「-filename」を両方一度に指定できませ
ん。
158
ファイル インデックスか「quit」を入力してください。
159
無効な入力です。
160
インデックスが範囲外です。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
177
CLIエラー コード
エラー値
178
説明
161
File not found.」
162
ファイルの取得にスペースは使用できません。
163
指定した機能はサポート対象外です。
164
機能を指定してください。
165
「-lun」および「-lunuid」を両方一度に指定できませ
ん。
166位
無効なSP名です。
167
PSM(Persistent Storage Manager)は破損していま
せん。
168
PSM(Persistent Storage Manager)が破損していま
す。PSMの一覧表示または作成が行えません。
169
LUNをバインド解除できません。
170
処理は、このタイプのストレージ システムにおいて
サポートされていません。
171
互換性のない引数です。ストレージ システムの無効
なシリアル番号です。
172
ディレクトリが指定されていません。
173
無効なブロックの数です。
174
ブロックの数が指定されていません。
175
このストレージ システムでデータの読み込みがサ
ポートされていません。
176
無効なスナップショットWWN(World Wide Name)です。
177
ストレージ システムの無効なシリアル番号です。
178
ファイルへのデータの格納には、Navicli '-f'オプショ
ンが必要です。
179
無効なIPアドレスの形式です。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
180
ストレージ グループを共有できません。
181
無効なHLU番号です。
182
無効なALU番号です。
183
無効なポートIDです。
184
リモート サーバは管理できません。
185
メールのレスポンス テストに失敗しました。
186
メールページのレスポンス テストに失敗しました。
187
モデムページのレスポンス テストに失敗しました。
188
SNMPのレスポンス テストに失敗しました。
189
コール ホームのレスポンス テストに失敗しました。
190
メールまたはメールページの必須スイッチ
191
モデムページの必須スイッチ
192
SNMPの必須スイッチ
193
指定できるのは、1つのメッセージまたはファイルの
みとなります。
194
有効な電話番号には数値、丸括弧、ハイフンのみを
含みます。
195
ファイルが存在しないか、開けません。
196
指定したユーザーはすでに存在します。
197
このストレージ システムではオフセット スイッチをサ
ポートしていません。
198
有効なCOMポート番号は1、2、3、4のいずれかとな
ります。
199
有効なダイヤル コマンドはatd、atDp、atDのいずれ
かとなります。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
179
CLIエラー コード
エラー値
180
説明
200
有効なメッセージ遅延には、「,,,」(1つ以上のコンマ)
のみが含まれます。
202
ターゲットLUN番号が失われています。
203
セッション名が失われています。
204
SnapViewでは、複数セッションをサポートしていませ
ん。
205
スナップショットの名前とIDの両方を一度に指定でき
ません
206
-modeと-simulationを両方一度に指定できません。
207
このコマンドはリモート ホストで使用できません。
208
スイッチ-pathnameを指定してください。
209
ローカル サーバ属性の取得に失敗しました。
210
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、Hi5 RAID
タイプをサポートしていません。
211
スイッチ-snapshotid、-snapshotname、-lunのいずれ
か1つのみを指定してください。
212
指定したセッションとスナップショットは、同一のター
ゲットLUNに基づく必要があります。
213
LUNを予約済みLUNプールに追加できません。最大
数の予約済みLUNが割り当てられています。
214
LUNを予約済みLUNプールに追加できません。追加
できる予約済みLUNの最大数はnです。
215
指定したHLU(ホストLUN)番号が見つかりません。
216
このコマンドは、LUNがトレスパスするSPから発行し
なければなりません。
217
無効なバスまたはエンクロージャの番号です。
218
無効なWWNシードです。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
219
無効なEMCパーツ番号です。
220
このRAIDグループにはすでにLUNが最大数含まれ
ています。
221
指定したSPの予約済みLUNプールには、予約済み
LUNが十分な数存在しません。
222
このLUNはリモート ミラーに所属しているため、スト
レージ グループに追加できません。
223
配置ログには、有効なオーナーでLUNを指定する必
要があります。
224
この要求は、対象のLUNの現在のオーナーではない
SPを介して発行されています。
226
無効なNDBパスワードです。
227
テスト イベントの挿入に失敗しました。
228
非破壊的なバインドの場合にのみ-addroffsetスイッ
チが有効となります。
229
-addroffsetスイッチは、非破壊的なバインドについて
適用する必要があります。
230
LUN、二重障害が発生していないPSM LUNをバイン
ド解除できません。
231
LUNは、アクティブなホット スペアとして使用されて
いるため、バインド解除できません。
232
LUNは、ストレージ システムの機能で使用している
ため、バインド解除できません。
233
LUNは、ストレージ グループ内に含まれているため、
バインド解除できません。
234
ストレージ グループ内のLUNが間違っています。
235
LUN WWNの表示とLUNマップ情報の更新は同時に
行えません。
236
このDMFはサポートされていません。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
181
CLIエラー コード
エラー値
182
説明
237
DMF作成中にパラメータの誤りがありました。
238
DMFに対して指定した名前とUIDに誤りがあります。
239
DMFに対して名前またはUIDの入力が必要です。
240
指定されたDMFが削除され、デスティネーションがあ
りません。
241
デスティネーションLUN WWNと指定された数に誤り
があります。
242
DMF名が一意ではありません。
243
DMFのディスクリプタが不明です。
244
DMFに対して指定された一覧表示および設定に誤り
があります。
245
DMFのスロットル スイッチがありません。
246
DMFのスロットル スイッチが無効です。
247
DMFの最大値が無効です。
248
DMFのポーリング値が無効です。
249
ソースのLUN、WWN、数値の指定に誤りがあります。
250
DMFのデスティネーションがソースより小さくなってい
ます。
251
ピアSPは使用可能です。
252
指定されたDMFがソースでもデスティネーションでも
ありません。
253
DMFの指定されたディスクリプタ名が重複していま
す。
254
重複しています。DMFのLUN ID。
255
そのデスティネーションDMFは存在します。
256
DMFのコピー長が0です。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
257
DMFに対して指定されたソースがプライベートLUNで
す。
258
DMFに対して指定されたデスティネーションがプライ
ベートLUNです。
259
DMF変更のデスティネーションがソースより小さくなっ
ています。
260
指定されたDMFソースがピア上にありません。
261
指定されたDMFデスティネーションがピア上にありま
せん。
262
SNAPロールバックはサポートされていません。
263
SNAPに対するフラッシュの割合がありません。
264
SNAPに対するフラッシュの割合が無効です。
265
SNAPセッションがロールバックされていません。
266
SNAPセッションが持続的ではありません。
267
SNAPセッションがロールバック中です。
268
SNAPセッションのソースがロールバック中です。
269
SNAPセッションには上限があります。
270
SNAPのセッション名が無効です。
271
シミュレーションはサポートされていません。
272
SNAPのチャンク サイズは変更できません。
273
セッションがロールバック中であり、中止できません。
274
セッションがロールバック中でアクティブ化できませ
ん。
275
セッションがロールバック中で非アクティブ化できま
せん。
276
同じ名前のミラーがあります。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
183
CLIエラー コード
エラー値
184
説明
277
エラー: 対象のエージェントでは、-phonehomeのレス
ポンス テストをサポートしていません。代わりに-ipconnecthomeまたは-mdmconnecthomeを使用してく
ださい。
278
SPでエージェントからモデムを使用するレスポンス
はサポートされていません。
279
エラー: -ipconnecthomeのレスポンス テストに失敗
しました。
280
エラー: -ipconnecthomeはサポートされていません。
281
エラー: -mdmconnecthomeのレスポンス テストに失
敗しました。
282
エラー: -mdmconnecthomeはサポートされていませ
ん。
283
エラー: -connectoと-routeripは必須です。
284
エラー: -modemnum、-connectto、-methodはいず
れも必須です。
285
エラー: -smtpmailserver、-destaddress、-serialnumberはいずれも必須です。
286
エラー: -emailhomeのレスポンス テストに失敗しまし
た。
287
エラー: 無効なモデム方式です。有効な方式は、
\"Direct Dial\"、\"UUNET WAN\"、\"UUNET
SYM\"、\"UUNET EQN\"、\"UUNET JTO\"、
\"UUNET EQT\"、\"UUNET GEN\"、\"UUNET
GRC\"のいずれかであり、大文字と小文字が区別さ
れます。
288
ホット スペアをストレージ グループに追加すること
はできません。
289
非FLAREのLUNでは、Chglunパラメータをサポートし
ていません。
290
metaLUNをバインドできません。代わりにCLEコマン
ドmetalun -destroyを使用してください。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
291
このバージョンのFLAREソフトウェアでは、metaLUN
でgetsnifferやsetsnifferをサポートしていません。
292
Verifyが実行されるLUNを所有するSPからこのコマ
ンドを発行する必要があります。
293
-featureと-featurenameは一度に両方指定できませ
ん。
294
Snap_sp_does_not_own_session
295
Snap_sp_does_not_own_snapshot
296
Snap_inactive_snapshot
297
Snap_invalid_snapshot_name
298
Snap_bad_lun_for_snapshot
299
dmf_invalid_lun_or_slu
300
dmf_invalid_sp_name
301
Dmf_dupl_isc_not_supported
302
Dmf_command_not_supported_on_isc
303
Dmf_cannot_mark_if_marked
304
Dmf_cannot_unmark_if_unmarked
305
Dmf_err_nomark_if_marked
306
Dmf_err_copywholelun_if_marked
307
Dmf_err_isc_srclun_not_on_sp
308
Dmf_err_isc_snap_src
309
Dmf_changesonly_isc_not_supported
310
Dmf_copywholelun_isc_not_supported
311
Dmf_nomark_isc_not_supported
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
185
CLIエラー コード
エラー値
186
説明
312
Dmf_chgtype_invalid_value
313
Dmf_both_switches_error
314
Dmf_nomark_invalid_value
315
Dmf_isc_not_supported
316
Dmf_invalid_linkbw_value
317
Dmf_invalid_linkbw_value_range
318
Dmf_invalid_latency_value
319
Dmf_invalid_granularity_value
320
Dmf_create_isc_params
321
Dmf_modify_isc_params
322
Dmf_isc_name_change
323
Dmf_non_isc_latency_change
324
Dmf_non_isc_granularity_change
325
Dmf_non_isc_linkbw_change = 325,
326
Reserved_snap_sess_invalid_switch = 326,
327
予約済みスナップLUNについて無効なスイッチが指
定されています。
328
予約済みスナップショットLUNをアクティブにできませ
ん。
329
予約済みスナップショットLUNを非アクティブにできま
せん。
330
予約済みセッションを停止できません。
331
予約済みスナップショットLUNを削除できません。
332
予約済みスナップショットLUNを修正できません。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
333
予約済みセッションでロールバックを開始できませ
ん。
334
ロールバック セッションが予約済みの場合にその
セッションを変更できません。
335
指定した10進数の値の形式は対応していません。
336
指定した10進数の値の精度が、nの最大精度を上
回っています(nはその状況に応じて変化します)。
338
指定したスナップショットは予約済みのため、ストレー
ジ グループに追加できません。
344
SPS時間を設定している場合にエージェントのバー
ジョンが最低でもバージョン6.5ではないときは-nolocal
スイッチを使用してください。
345
SPS時間を設定している場合にエージェントのバー
ジョンが6.5以上の場合は-nolocalスイッチを使用し
ないでください。ストレージ システムでは、いかなる
NVRAMカードもサポートしていません。
346
ストレージ システムでは、いかなるNVRAMカードも
サポートしていません。
347
ストレージ システムでは、アレイのシャットダウン中
はいかなる操作もサポートしていません。
348
ストレージ システムでは、LUNキャッシュのダーティ
状態中はいかなる操作もサポートしていません。
349
.lstファイルの解析中にエラーが発生しました。
350
.lstファイルを開けません。
351
.lstファイル内で構文エラーが発生しました。
352
コンシステントを保ったままのスナップの開始をサ
ポートしていません。
353
LUNリストに重複したLUN番号が存在します。
354
DMFの無効なAutorestartの値です。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
187
CLIエラー コード
エラー値
188
説明
355
スナップ セッション用のスナップ移行LUNです。
356
スナップショット用のスナップ移行LUNです。
357
スイッチは同時に操作できません。
358
addluntocacheに操作するホットスペアが存在しませ
ん。
359
スナップショット名が長すぎます。
360
managedbyはサポートされていません。
361
cachecardはサポートされていません。
362
AXの無効なSQフラグです。
363
DMFデスティネーションが存在しません。
364
無効なディスクHAです。
365
無効なディスクNONHAです。
366
ホストにアクセスできません。
367
DMF liteのソースがローカルではありません。
368
DMFの無効なポートWWNです。
369
DMF変更ソースのマルチ スイッチ。
370
ポートremovedHBAにログインした状態です。
371
キャッシュがダーティ状態ではないLuncache。
372
ホストに接続されていないSG。
373
多重DB障害のためバインド解除できません。
374
Luncacheがデフォルト オーナーではありません。
375
スナップ永続的なセッションのみ。
376
DMF DESTPORTWWN DESTWWNおよびDESTLUN
が指定されています。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
377
さらなる監査が必要です。
378
RGにLUNが存在しません。
379
RGが存在しません。
380
SIWルールの実行に失敗しました。
381
RGでターゲットに所属するLUNが存在しません。
382
ターゲットが所有しているLUNは存在しません。
383
RGの重複したRAIDグループ番号を削除します。
384
スニファ ホット スペアが存在しません。
385
SIW jreが見つかりません。
386
SIWルールのセキュリティ。
387
RAID RebootPeerSPコマンド。
388
不明なSIWエラー。
389
不正なエラー。
390
SIWルールのログインに失敗しました。
391
リジューム機能をサポートしていません。
392
RAIDリセットおよびホールド コマンド。
393
無効なパリティ エレメント ホールド値です。
394
無効なディスクFWです。
395
Snapcopy globalcacheがコミットされません。
396
Snapcopy globalcacheがサポートされていません。
397
非冗長RAIDグループです。
398
ディスクが見つかりません。
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
189
CLIエラー コード
エラー値
190
説明
399
予約済みスナップはプライベートLUNを追加できませ
ん。
400
予約済みスナップの最大許容値を超えています。
401
無効なRGタイプのフラグです。
402
RAIDタイプがサポートされています。
403
RAIDタイプをサポートしていません。
404
RAIDタイプとディスクが一致していません。
405
ディスク番号が偶数です。
406
無効なRgタイプ フラグ2です。
407
DMF名およびdescriptorIDが指定されています。
408
スナップは、アクティブなスナップショットを削除しま
す。
409
アクティブなスナップショット。
410
デスティネーションLUNが存在しません。
411
同じ接続タイプが指定されています。
412
無効なストレージ グループ名です。
413
無効な接続です。
414
リモート サブシステムを検索できません。
415
スイッチが重複しています。
416
最大で240文字が許可されます。
417
値が数値ではありません。
418
イベントの挿入に失敗しました。
419
要求された速度は無効です。
420
スピード デュプレックスは無効です。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
説明
421
コロン区切りの16進数形式のIPv6アドレスである必
要があります。
422
SPポートがありません。
423
ディスクが重複しています。
424
Secure CLIの実行プログラムが見つかりません。
425
Cannot_unbind_thinlun
426
Switch_not_supported_metalun
427
Switch_not_supported_thinlun
428
rg_is_private
429
Eprivate_not_supported
430
Luncache_not_supported_metalun
431
Luncache_not_supported_thinlun
432
Not_support_sniffer_on_thinlun
433
Lun_is_in_use
434
Setfeature_sancopy_on_thinlun_not_supported
435
Netadmin_community_too_short
436
Netadmin_community_too_long
SnapViewおよびMirrorViewのエラー コード
191
CLIエラー コード
機能コマンド エラー コード
次の表は、機能コマンド エラーの10進数/16進数値と、それらの説明の一覧です。これに
は、割り当て済みRAIDエラー、LUN移行エラー、接続/iSNS(iSCSI)エラー、ドメイン/セ
キュリティ エラーが含まれます。
汎用機能のコマンドエラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19713
0x4D01
コマンドの実行中にエラーが発生しました。
19714
0x4D02
無効なコマンドが入力されました。
19715
0x4D03
コマンドは実行中です。クライアントはステータス
ポーリングが必要です。
割り当て済みRAIDエラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
19840
0x4D80
無効なmetaLUNコマンドです。
19841
0x4D81
MetaLUN機能のオブジェクトは使用できません。
19842
0x4D82
MetaLUN機能が有効ではありません。
19843
0x4D83
metaLUNコマンドの実行中に予期しないエラーが発生
しました。
19844
0x4D84
指定したmetaLUNは使用できません。
19845
0x4D85
指定したベースLUは使用できません。
19846
0x4D86
指定したLUは使用できません。
19847
0x4D87
複数のALUの破棄に失敗しました。
19848
0x4D88
複数のALUの破棄は、一部だけが成功しました。
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21248
0x5300
無効なLUN移行コマンドです。
21249
0x5301
LUN機能オブジェクトが使用できません。
LUN移行エラー
192
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21250
0x5302
LUN移行機能が有効ではありません。
21251
0x5303
metaLUNコマンドの実行中に予期しないエラーが発生
しました。
21252
0x5304
LUN移行オブジェクトが使用できません。
21253
0x5305
LUN移行の移行元LUが使用できません。
21254
0x5306
ホット スペアはLUN移行ベースにできません。
21255
0x5307
LUN移行の宛先LUが使用できません。
接続およびiSNS(iSCSI)エラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21280
0x5320
無効な接続コマンドです。
21281
0x5321
接続機能オブジェクトは使用できません。
21282
0x5322
接続ソフトウェアが有効化されていません。
21283
0x5323
接続コマンドの実行中に予期しないエラーが発生しま
した。
21456
0x53D0
無効なiSNSコマンドです。
21457
0x53D1
iSNS機能のオブジェクトは使用できません。
21458
0x53D2
iSNS有効化ソフトウェアはインストールされていませ
ん。
21459
0x53D3
iSNSコマンドの実行中に予期しないエラーが発生しま
した。
ドメインおよびセキュリティのエラー
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
21408
0x53A0
無効なドメイン コマンドです。
21409
0x53A1
ドメイン機能のオブジェクトは使用できません。
21410
0x53A2
ドメイン コマンドの実行中に予期しないエラーが発生しま
した。
21488
0x53F0
セキュリティ エラー コードの無効なコマンドです。
21489
0x53F1
セキュリティ エラー コードの機能を利用できません。
21490
0x53F2
セキュリティ エラー コードの実行エラーです。
機能コマンド エラー コード
193
CLIエラー コード
194
エラー値(10進数)
エラー値(16進数)
概要
16492
0x406C
コミット前にFIPSモードが変更されました。
16493
0x406D
FIPSモードの変更に失敗しました。
16485
0x4065
navisecシステム ユーザーはすでに存在しています。
16486
0x4066
navisecユーザー スコープの役割タイプが一致しません。
16487
0x4067
navisecのアカウント タイプの値が無効です。
17200
0x4330
e navidirエラー リカバリControl Stationで障害が発生しま
した。
17201
0x4331
e navidirエラー リカバリpeerspが失敗しました。
17202
0x4332
e navidirエラー リカバリlocalspが失敗しました。
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
シン プロビジョニング エラー
注: 解析エラーが発生すると、CLIにはパラメータが表示されます。表示されるエラーの形式は次
のとおりです。<Parameter Name>: <Error Message>
エラー値(10
進数)
エラー値(16進
数)
概要
28049
0x6D91
内部エラー。ルール入力メッセージを作成できませんでした。再試行して
ください。
28050
0x6D92
ストレージ プールの作成のベスト プラクティス チェックが正常に終了しま
せんでした。ストレージ プールは作成されません。
28051
0x6D93
内部エラー。ディスク リスト内の一部のディスクの参照名を取得できませ
んでした。再試行してください。
28052
0x6D94
このストレージ プールにはLUNが定義されているため破棄できません。
LUNを破棄してからストレージ プールを破棄してください。
28053
0x6D95
ストレージ プールの拡張のベスト プラクティス チェックが正常に終了しま
せんでした。ストレージ プールは拡張されません。
28054
0x6D96
プロパティを設定できませんでした(%s)。
[パラメータ1: 設定できなかったすべてのプロパティのユー
ザー表示名のコンマ区切りのリスト]
28055
0x6D97
LUN IDのリストが空です。少なくとも1つのLUNを指定する必要がありま
す。
28056
0x6D98
次のLUNを破棄できませんでした (%s)。これらのすべてのLUNが存在す
ること、プライベートFlare LUNであること、指定したストレージ プールに属
していることを確認してください。
[パラメータ1: 正常に破棄できなかったLUN IDのコンマ区
切りのリスト]
28057
0x6D99
RAIDグループIDのリストが空です。少なくとも1つのRAIDグループを指定
する必要があります。
28058
0x6D9A
次のRAIDグループを破棄できませんでした(%s)。これらのすべてのRAID
グループが存在すること、プライベートRAIDグループであること、指定し
たストレージ プールに属していることを確認してください。
[パラメータ1: 正常に破棄できなかったRG IDのコンマ区切
りのリスト]
28059
0x6D9B
このコマンドは、シンLUNのみに使用可能です。LUN(%d)はシンLUNでは
ありません。
[パラメータ1: LUNのID]
機能コマンド エラー コード
195
CLIエラー コード
エラー値(10
進数)
エラー値(16進
数)
概要
28060
0x6D9C
次のいずれかのメッセージが表示されます。
1. LUNは、二重障害が発生していないPSM LUNであるため、バ
インド解除できません。
2. LUNは、アクティブなホット スペアとして使用されている
ため、バインド解除できません。
3. LUNは、ストレージ システムの機能で使用されているた
め、バインド解除できません。
4. LUNは、ストレージ グループに含まれているため、バイン
ド解除できません。
5. データベース ドライブに二重障害が発生しているため、
LUNをバインド解除できません。
28061
0x6D9D
シンLUN用にデフォルト名を作成できません。シンLUNは作成されません
でした。名前パラメータを指定してシンLUNを作成してください。
28288
0x6E80
内部エラー。取得できませんでした。(%s)
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
28289
0x6E81
内部エラー。取得できませんでした。(%s)
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
28290
0x6E82
指定した(%s)を取得できませんでした。(%s)が存在しない可能性があり
ます。
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
[パラメータ2: パラメータ1と同じ]
28291
0x6E83
内部エラー。指定した(%s)を取得できませんでした。(%s)が存在しない可
能性があります。
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
[パラメータ2: パラメータ1と同じ]
28293
0x6E85
ディスク名の形式が正しくないため、(%s)からバス、エンクロージャ、ディ
スク位置の情報を取得できませんでした。
[パラメータ1: エラーの原因となった文字列]
28294
0x6E86
次のディスクを取得できませんでした(%s)。
[パラメータ1: 入力として渡された有効なディスクのB_E_D
文字列]
196
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値(10
進数)
エラー値(16進
数)
概要
19720
0x4D08
取得できませんでした。(%s)
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
19721
0x4D09
指定した(%s)を取得できませんでした。(%s)が存在しない可能性があり
ます。
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
[パラメータ2: パラメータ1と同じ]
19722
0x4D0A
内部エラー。指定した(%s)を取得できませんでした。(%s)が存在しない可
能性があります。
[パラメータ1: オブジェクト クラスのユーザー表示名]
[パラメータ2: パラメータ1と同じ]
19723
0x4D0B
内部エラー。解析中に不明な例外が発生しました。
19719
0x4D07
このコマンドではサポートされていないオプションが使用されています。こ
れらを使用すると、通常のシステム操作が中断されたり、データが使用で
きない/データが失われる(DU/DL)状況が発生したりする可能性があり
ます。この操作を実行しますが、よろしいですか?(y/n)
19729
0x4D11
一致しない引用符が見つかりました (%s)。
[パラメータ1: 終了の引用符のない文字列]
19731
0x4D13
内部エラー。解析を終了できません
19732
0x4D14
内部エラー。ファクトリが(%s)で初期化されていません。
[パラメータ1: ファクトリ クラスの変更が試行されたトー
クン]
19733
0x4D15
内部エラー。オプション ハンドラが(%s)で初期化されていません。
[パラメータ1: オプション ハンドラが見つからなかった
トークン]
19734
0x4D16
内部エラー。パラメータ ハンドラが(%s)で初期化されていません。
[パラメータ1: パラメータ ハンドラ オブジェクトが見つ
からなかったトークン]
19735
0x4D17
オプションを認識できません: (%s)。
[パラメータ1: オプションまたは以前のオプションのパラ
メータとして認識されなかったトークン]
19736
0x4D18
文字列が長すぎます。<Usage>
19737
0x4D19
文字列が短すぎます。<Usage>
機能コマンド エラー コード
197
CLIエラー コード
エラー値(10
進数)
エラー値(16進
数)
概要
19738
0x4D1A
使用できない文字が文字列に含まれています。<Usage>
19739
0x4D1B
文字列%sのパターンが無効です。<Usage>
[パラメータ1: 間違ったパターンを含む文字列]
19740
0x4D1C
範囲外の値(%s)です。有効な値(それぞれの値を指定できるのは1回の
み)*は (%s)。その他の有効な値は(%s)です。
[パラメータ1: 有効なリストの範囲外の文字列。
パラメータ2: 有効な文字列値のコンマ区切りのリスト
パラメータ3: 使用可能かつ有効な文字列値のコンマ区切り
のリスト(複製が許可されていないパラメータの場合)
*-->角括弧内のこのステートメントが表示されるのは、文字
列値の入力中に複製が許可されていない場合のみです]
19741
0x4D1D
文字列(%s)の先頭がスペースです。
[パラメータ1: スペースで始まる文字列]
19742
0x4D1E
文字列(%s)の末尾がスペースです。
[パラメータ1: スペースで終わる文字列]
19743
0x4D1F
内部エラー。パターンの初期化が不明です
19744
0x4D20
値%sは数値ではありません。
[パラメータ1: 数値であると想定されていた文字列]
19745
0x4D21
最小値より小さい値%lluが指定されています。最小値は%lluです
[パラメータ1: 最小値より小さい数値
パラメータ2: 許容できる最小の数値]
19746
0x4D22
最大値より大きい値%lluが指定されています。最大値は%lluです
[パラメータ1: 許容できる最大値より大きい数値
パラメータ2: 許容できる最大の数値]
19749
0x4D25
次のオプションのうち少なくとも1つを指定する必要があります(%s)。
[パラメータ1: 少なくとも1つを指定する必要のあるオプ
ションのコンマ区切りのリスト]
198
19750
0x4D26
19751
0x4D27
VNX for Blockの概念
次のオプションのうち最大で1つを指定する必要があります (%s)。
次のオプションのうち1つを指定する必要があります (%s)。
CLIエラー コード
エラー値(10
進数)
エラー値(16進
数)
概要
[パラメータ1: 1つを指定できるオプションのコンマ区切り
のリスト]
19752
0x4D28
次のすべてのオプションを指定する必要があります (%s)。
[パラメータ1: すべてを指定する必要のあるオプションの
コンマ区切りのリスト]
19753
0x4D29
パラメータが少なすぎます。少なくとも%d個のパラメータが必要です。
[パラメータ1: オプションの許容できるパラメータの最小
数]
19754
0x4D2A
パラメータが多すぎます。指定できるパラメータは最大で%d個です。
[パラメータ1: オプションの許容できるパラメータの最大
数]
19755
0x4D2B
内部エラー。解析中に次の値を保存することはできません %s。
[パラメータ1: 保存する必要のあった値のコンマ区切りの
リスト]
autotieringとプールLUNのエラー
エラー値
概要
0x6D20
Provisioning_autotiering_unknown_exception
0x6D21
Provisioning_autotiering_unsupported
0x6D22
Provisioning_autotiering_max_schedules_reached
0x6D23
Provisioning_autotiering_invalid_start_offset
0x6D24
Provisioning_autotiering_invalid_duration
0x6D25
Provisioning_autotiering_invalid_day
0x6D26
Provisioning_autotiering_invalid_throttle
0x6D27
Provisioning_autotiering_psm_error
0x6D28
Provisioning_autotiering_schedule_not_found
0x6D29
Provisioning_autotiering_default_schedule_not_found
0x6D2A
Provisioning_autotiering_unsupported_schedule_class
0x6D2B
Provisioning_autotiering_navi_instance_not_found
0x6D2C
Provisioning_autotiering_psmerror_flare_uncommitted
機能コマンド エラー コード
199
CLIエラー コード
エラー値
200
概要
0x6D2D
Provisioning_autotiering_instancename_ie
0x6D2E
Provisioning_autotiering_system_init_ie
0x6D2F
Provisioning_autotiering_invalid_tasktype
0x6D30
Provisioning_autotiering_pe_capabilities_unavailable
0x6D31
Provisioning_autotiering_invalid_pool_index
0x6D32
Provisioning_autotiering_invalid_task_index
0x6D33
Provisioning_autotiering_invalid_tier_index
0x6D34
Provisioning_autotiering_pool_not_found
0x6D35
Provisioning_autotiering_missing_required_argument
0x6D36
Provisioning_autotiering_addpool_partial_success
0x6D37
Provisioning_autotiering_addpool_failed
0x6D38
Provisioning_autotiering_removepool_partial_success
0x6D39
Provisioning_autotiering_removepool_failed
0x6D3A
Provisioning_autotiering_psm_db_mismatch
0x6D3B
Provisioning_autotiering_max_scheduled_obj_reached
0x6D3C
Provisioning_autotiering_get_tier_drives_failed
0x6D3D
Provisioning_autotiering_schedname_len_exceeds_max
0x6D3E
Provisioning_autotiering_del_def_sched_not_allowed
0x6D3F
Provisioning_autotiering_no_def_sched_case
0x6D7F
Provision_invalid_rules_xml
0x6DBC
Provision_navi_pool_instance_not_found
0x6DBD
Provision_task_not_found
0x6DBE
Provision_pool_must_be_inactive
0x6DBF
Provision_thinpool_unable_to_set_efdcache
0x7240
アラート名: Alert_autotiering_scheduled_relocation_failed
0x7468
Alert_faulted_missing_critical_disk
0x7469
Alert_faulted_critical_foreign_disks
0x7481
Alert_faulted_critical_disk
0x7482
Alert_faulted_foreign_disk
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
0x7486
Alert_mlun_recovery_required
0x7487
Alert_mlun_expand_failed
0x7488
Alert_mlun_shrink_failed
イベント モニタ エラー
エラー値(16進数)
概要
0x5460
情報
0x5461
実行エラー
0x5462
機能を使用できません。
0x5463
システムがありません。
0x5464
ポータルがありません。
0x5465
ホスト エージェントがありません。
0x5466
ポータル構成がすでに割り当てられています。
0x5467
ポータル構成がありません。
0x5468
ポータル構成が最新バージョンではありません。
0x5469
集中型モニタがありません。
0x546A
分散型モニタがありません。
0x546B
EMSAがありません。
0x546C
不正なテンプレート名です。
0x546D
テンプレートはすでに存在しています。
0x546E
テンプレートが適用されていません。
0x546F
システムが監視されていません。
0x5470
EMSA構成を取得できません。
0x5471
EMSA構成を更新できません。
0x5472
新しいテンプレート名がデータベースに存在します。
0x5473
新しいテンプレート名が構成に存在します。
0x5474
オートコール テンプレートを削除できません。
0x5481
コマンドが無効です。
0x5482
不正なテンプレート ファイルです。
0x5483
ファイルをアップロードできません。
機能コマンド エラー コード
201
CLIエラー コード
エラー値(16進数)
概要
0x5484
ファイルをダウンロードできません。
0x5485
ファイル パスがありません。
0x5486
テンプレート ファイルはすでに存在しています。
仮想サーバCLIエラー
エラー値(16進数)
概要
0x7800
ESXの成功
0x7801
ESXの失敗
0x7802
VCの成功
0x7803
VCの失敗
0x7804
エージェント成功
0x7805
エージェントの失敗
0x7806
不明な例外。
0x7807
PSMからの仮想構成の読み込み失敗
0x7808
サーバのポーリング失敗。
0x7809
サーバのポーリング成功。
0x780a
PSMでの仮想構成の初期化失敗
0x780b
接続失敗、VMware VCではありません
0x780c
接続失敗、VMware ESXではありません
0x780d
VMware ESXポーリング自動プッシュ成功
0x780e
VMware ESXポーリング自動プッシュ失敗
0x7900
サポートされていないコマンド。
0x7901
ESXサーバ接続がありません
0x7902
サーバが存在しません
0x7903
Virtual Centerではありません
圧縮エラー
202
エラー値
概要
0x7A00
Compression_error_feature_paused
VNX for Blockの概念
CLIエラー コード
エラー値
概要
0x7A01
Compression_error_feature_not_paused
0x7A02
Compression_error_feature_not_enabled
0x7A03
Compression_error_lun_not_exist
0x7A04
Compression_error_lun_not_compressed
0x7A05
Compression_error_lun_already_compressed
0x7A06
Compression_error_cannot_compress_migrating_lun
0x7A07
Compression_error_cannot_migrate
0x7A08
Compression_error_unsupported_lun_type
0x7A09
Compression_error_session_not_paused
0x7A0A
Compression_error_session_already_paused
0x7A0B
Compression_error_cannot_compress
0x7A0C
Compression_error_session_initializing
0x7A0D
Compression_error_session_faulted
0x7A0E
Compression_error_session_migrating_faulted
0x7A0F
Compression_error_invalid_compression_rate
0x7A10
Compression_error_migration_faulted
0x7A11
Compression_error_compressin_faulted
0x7A12
Compression_error_dest_pool_needed_for_tradtional_lun
0x7A13
Compression_error_dest_pool_not_allowed_for_pool_lun
0x7A14
Compression_error_dest_pool_not_found
0x7A15
Compression_error_wrong_dest_pool_for_pool_lun
0x7A17
Compression_error_override_system_pause_not_allowed
0x7A18
Compression_error_cannot_pause
0x7A19
Compression_error_cannot_pause_migration
0x7A1A
Compression_error_cannot_compress_private_lun
0x7A1B
Compression_error_cannot_compress_binding_lun
0x7A1C
Compression_error_cannot_compress_transitioning_lun
0x7A1D
Compression_error_too_many_thin_luns
0x7A1E
Compression_error_too_many_compression_sessions
0x7A1F
Compression_error_already_overridden
0x7A80
Compression_error_internal
機能コマンド エラー コード
203
CLIエラー コード
FAST Cacheエラー
204
エラー値
概要
0x7B80
fc_error_no_disks
0x7B81
fc_error_disks_unequal_capacities
0x7B82
fc_error_disk_duplicates
0x7B83
fc_error_unsupported_configuration
0x7B84
fc_error_efds_unavailable
0x7B85
fc_error_feature_not_enabled
0x7B86
fc_error_no_valid_cache_modes
0x7B87
fc_error_no_valid_raid_types
0x7B88
fc_error_no_valid_disk_counts
0x7B89
fc_error_no_valid_efds
0x7B8A
fc_error_no_efds_available
0x7B8B
fc_error_cmd_running_or_failed
0x7B8C
fc_error_fc_already_created
0x7238
FAST Cacheホット スペアが利用できません
0x7477
Alert_fcache_creation_failed
0x7478
Alert_fcache_destroy_failed
0x7479
Alert_fcache_thinpool_modification_failed
VNX for Blockの概念
付録 B
CLIコマンドの役割サポート
この付録では、さまざまなCLIコマンドでサポートされている役割につい
て説明します。
注: localdataprotection、dataprotection、datarecoveryの役割は、レプリカ
以外のコマンド用にoperatorの役割にマップされます。たとえば、データ保護権
限を持つユーザーは、getrgコマンドを実行できます。
トピック :
●
CLIコマンドの役割のサポート(206ページ)
VNX for Blockの概念
205
CLIコマンドの役割サポート
CLIコマンドの役割のサポート
コマンド
役割
alpa
alpa -get
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
alpa -set
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
analyzer
次に指定するものを除くすべて
administrator、sanadmin、storageadmin
analyzer -get
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
analyzer -status
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
arraycommpath
arraycompath
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
arraycommpath -set
administrator、sanadmin、storageadmin
arrayconfg
arrayconfg -capture
administrator、sanadmin、storageadmin
duplicate -input (start)
administrator、sanadmin、storageadmin
duplicate -stop
administrator、sanadmin、storageadmin
duplicate -recover
administrator、sanadmin、storageadmin
duplicate -rollback
administrator、sanadmin、storageadmin
duplicate -status
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
duplicate -logfile
administrator、sanadmin、storageadmin
arrayname
administrator、sanadmin、storageadmin
arraysernum -set
administrator、sanadmin、storageadmin
autotiering(-info以外のすべて)
administrator、sanadmin、storageadmin
autotiering -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
backendbus(-get以外のすべて)
administrator、sanadmin、storageadmin
backendbus -get
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
badblocks
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
baseuuid
baseuuid(引数なしはget)
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
baseuuid -set
administrator、sanadmin、storageadmin
バインド
administrator、sanadmin、storageadmin
キャッシュ
206
VNX for Blockの概念
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
cache -create
administrator、sanadmin、storageadmin
cache -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
cache -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
chgemcpartnumber(eng. Mode cmd)
chgemcpartnumber -currentemcpart- administrator、sanadmin、storageadmin、operator
number
chgemcpartnumber -newemcpartnum- administrator、sanadmin、storageadmin
ber
chglun
administrator、sanadmin、storageadmin
chgrg
administrator、sanadmin、storageadmin
chgwwnseed
chgwwnseed -currentwwnseed
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
chgwwnseed -newwwnseed
administrator、sanadmin、storageadmin
clearlog
administrator、securityadministrator
clearstats
administrator、sanadmin、storageadmin
クローン
clone -listclonefeature
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
clone -listclonegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
clone -listclone
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
clone -createclonegroup
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -destroyclonegroup
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -changeclonegroup
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -addclone
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -removeclone
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -changeclone
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -fractureclone
administrator、sanadmin、storageadmin、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
clone -consistentfractureclones
administrator、sanadmin、storageadmin、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
clone -reversesyncclone
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
clone -syncclone
administrator、sanadmin、storageadmin、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
CLIコマンドの役割のサポート
207
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
clone -resetfracturelog
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -allocatecpl
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -deallocatecpl
administrator、sanadmin、storageadmin
clone -changeclonefeature
administrator、sanadmin、storageadmin
圧縮
compression -on
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -off
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
compression -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -pause
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -resume
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -pauseall
administrator、sanadmin、storageadmin
compression -resumeall
administrator、sanadmin、storageadmin
接続
208
connection -getuser
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -adduser
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -deleteuser
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -getport
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
connection -setport
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -delport
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -route
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
connection -pingnode
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -traceroute
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -setsharedauth
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -delsharedauth
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -getsharedauth
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
connection -addset
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -delset
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -getset
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
connection -modifyset
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -addpath
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -delpath
administrator、sanadmin、storageadmin
VNX for Blockの概念
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
connection -modifypath
administrator、sanadmin、storageadmin
connection -verifypath
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
copytohotspare
administrator、sanadmin、storageadmin
createrg
administrator、sanadmin、storageadmin
domain
domain -add
administrator、securityadministrator
domain -remove
administrator、securityadministrator
domain -setmaster
administrator、securityadministrator
domain -list
administrator、securityadministrator、operator
emconfiguration
emconfiguration -reloadconfig
administrator、sanadmin、storageadmin
emconfiguration -enableresponse
administrator、sanadmin、storageadmin
emconfiguration -disableresponse
administrator、sanadmin、storageadmin
eventmonitor
下記に指定するものを除くすべて
administrator、sanadmin、storageadmin
eventmonitor -portal -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
eventmonitor -template -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
eventmonitor -monitor -listmapping
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
eventmonitor -monitor -getlogsize
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
eventmonitor -getlog
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
failovermode
failovermode(引数なしはlist)
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
failovermoade -set
administrator、sanadmin、storageadmin
faults -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
ファームウェア
administrator、sanadmin、storageadmin
flash(すべてのオプション)
administrator、sanadmin、storageadmin
flashleds
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
get* commands(指定しない場合)
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
getlog
administrator、securityadministrator、sanadmin、storageadmin、
operator
getsptime
administrator、securityadministrator、sanadmin、storageadmin、
operator
inserttestevent
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
CLIコマンドの役割のサポート
209
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
insertmsgevent
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
isns
isns -listserver
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
isns -addserver
administrator、sanadmin、storageadmin
isns -deleteserver
administrator、sanadmin、storageadmin
isns -setprimatryserver
administrator、sanadmin、storageadmin
lun
set commands
administrator、sanadmin、storageadmin
get commands
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
luncache
luncache -clear
administrator、sanadmin、storageadmin
luncache -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
metalun
-infoおよび-list以外のすべて
administrator、sanadmin、storageadmin
metalun -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
metalun -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
managefiles
managefiles -retrieve
administrator、sanadmin、storageadmin
managefiles -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
managefiles -put
administrator、sanadmin、storageadmin
managefiles -delete
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
移行
migrate -start
administrator、sanadmin、storageadmin
migrate -cancel
administrator、sanadmin、storageadmin
migrate -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
migrate -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
MirrorView
mirrorview -sync commands
210
mirrorview -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -enablepath
administrator、sanadmin、storageadmin
VNX for Blockの概念
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
mirrorview -create
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -activate
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -deactivate
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -change
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -addimage
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -removeimage
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -changeimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -promoteimage
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -fractureimage
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -syncimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -allocatelog
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -deallocatelog
administrator、sanadmin、storageadmin
mirroview -listlog
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -listsyncprogress
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -setfeature
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -creategroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -destroygroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -addtogroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -removefromgroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -changegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -syncgroup
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -fracturegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -promotegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -listgroups
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -async commands
mirrorview -create
administrator、sanadmin、storageadmin
CLIコマンドの役割のサポート
211
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
mirrorview -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -change
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -setfeature
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -fractureimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -removeimage
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -syncimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -promoteimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -changeimage
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -addimage
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
mirrorview -creategroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -destroygroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -addtogroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -removefromgroup
administrator、sanadmin、storageadmin
mirrorview -changegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -syncgroup
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
mirrorview -fracturegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -promotegroup
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
mirrorview -listgroups
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
modepassthru
there are only set commands
administrator、sanadmin、storageadmin
modeselect
administrator、sanadmin、storageadmin
ndu(-listおよび-status以外のすべて) administrator、sanadmin、storageadmin
ndu -list & -status
networkadmin
212
VNX for Blockの概念
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
networkadmin -get
administrator、sanadmin、storageadmin、networkadmin、operator
networkadmin -set
administrator、networkadmin、sanadmin、storageadmin
networkadmin -route
administrator、sanadmin、storageadmin、networkadmin
networkadmin -pingnode
administrator、sanadmin、storageadmin、networkadmin
networkadmin -traceroute
administrator、sanadmin、storageadmin、networkadmin
networkadmin -mib
administrator、networkadmin、sanadmin、storageadmin
nqm
nqm -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
nqm -ioclass -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
nqm -ioclass -create
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -ioclass -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -ioclass -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -policy -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
nqm -policy -create
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -policy -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -policy -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -schedule -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
nqm -schedule -create
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -schedule -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -schedule -suspend
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -schedule -resume
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -schedule -destroy
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -run
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -measure
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -stop
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -off
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -setfailback
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -setoptions
administrator、sanadmin、storageadmin
nqm -getlatestreport
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
CLIコマンドの役割のサポート
213
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
nqm -archive
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
ntp
ntp -list
administrator、securityadministrator
ntp -set
administrator、securityadministrator
port(-list以外のすべて)
administrator、sanadmin、storageadmin
port -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
portal -add
administrator、sanadmin、storageadmin
powersaving
powersaving -globalsettings
administrator、sanadmin、storageadmin
powersaving -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
rebootsp
administrator、sanadmin、storageadmin
rebootpeersp
administrator、sanadmin、storageadmin
remoteconfig(-getconfig以外のすべ
て)
administrator、securityadministrator、sanadmin、storageadmin
remoteconfig -getconfig
administrator、securityadministrator、manager、monitor、operator
removerg
administrator、sanadmin、storageadmin
reserved -lunpool
reserved -lunpool -addlun
administrator、sanadmin、storageadmin
reserved -lunpool -rmlun
administrator、sanadmin、storageadmin
reserved -lunpool -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、dataprotection、
localdataprotection、datarecovery
responsetest(すべてのサブコマンド)
administrator、sanadmin、storageadmin
実行
administrator、sanadmin、storageadmin
sancopy
214
sancopy -create
administrator、sanadmin、storageadmin
sancopy -modify
administrator、sanadmin、storageadmin
sancopy -duplicate
administrator、sanadmin、storageadmin
sancopy -mark
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -unmark
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -start
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
VNX for Blockの概念
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
sancopy -stop
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -pause
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -transfer
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -throttle
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -remove
administrator、sanadmin、storageadmin
sancopy -info
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
sancopy -destinfo
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
sancopy -settingslist
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
sancopy -verify
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
sancopy -updateconnections
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
セキュリティ[セキュリティ]
all except -listrole
administrator、securityadministrator
security -listrole
任意の役割
security –fipsmode -get
administrator、securityadministrator
security –fipsmode -set
administrator、securityadministrator
server(-volmap -host以外のすべて) administrator、sanadmin、storageadmin
volmap -host
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
sc_off
administrator、sanadmin、storageadmin
set* command(指定を除く)
administrator、sanadmin、storageadmin
setsptime
administrator、securityadministrator、sanadmin、storageadmin
snapview
snapview -lunpool
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -listsnapableluns
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -get
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
CLIコマンドの役割のサポート
215
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
snapview -listsessions
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -startsession
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
snapview -stopsession
administrator、sanadmin、storageadmin、dataprotection、datarecovery
snapview -listsnapshots
administrator、sanadmin、storageadmin、operator、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -createsnapshot
administrator、sanadmin、storageadmin
snapview -rmsnapshot
administrator、sanadmin、storageadmin
snapview -chgsnapshot
administrator、sanadmin、storageadmin
snapview -activatesnapshot
administrator、sanadmin、storageadmin、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -deactivatesnapshot
administrator、sanadmin、storageadmin、localdataprotection、dataprotection、datarecovery
snapview -startrollback
administrator、sanadmin、storageadmin、datarecovery
snapview -chgrollback
administrator、sanadmin、storageadmin
spcollect
spcollect -set
administrator、sanadmin、storageadmin
spcollect -info
administrator、sanadmin、storageadmin
spportspeed
spportspeed -get
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
spportspeed -set
administrator、sanadmin、storageadmin
storagegroup(指定したもの以外のす
べて)
administrator、sanadmin、storageadmin
storagegroup -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
systemtype(no subcmd以外のすべて) administrator、sanadmin、storageadmin
systemtype(引数なしはget)
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
thinlun
216
下記に指定するものを除くすべて
administrator、sanadmin、storageadmin
storagepool -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
lun -list
administrator、sanadmin、storageadmin、operator
trace
administrator、sanadmin、storageadmin
trespass
administrator、sanadmin、storageadmin
バインド解除
administrator、sanadmin、storageadmin
VNX for Blockの概念
CLIコマンドの役割サポート
コマンド
役割
unitserialnumber
administrator、sanadmin、storageadmin
zerodisk
administrator、sanadmin、storageadmin
CLIコマンドの役割のサポート
217
CLIコマンドの役割サポート
218
VNX for Blockの概念
Fly UP