...

1974年11月号PDF_9

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

1974年11月号PDF_9
し愛
たい
。
’
tt
さ
ん
ち
か
の
姉
妹
タ
ウ
ン
で
シ会
ョが
ン開
はか
宝れ
石た
の。
自新
由作
なコ
楽レ
しク
ー
ビ
ス
セ
ー
ル
や
、
新
作
展
示
感
謝
を
こ
め
て
記
念
の
謝
恩
サ
社
神
戸
︶
が
創
立
加
年
を
迎
え
名
を
知
ら
れ
る
田
崎
真
珠
︵
本
ー
と
し
て
国
内
国
外
に
も
そ
の
出
、
販
売
ま
で
の
一
貫
メ
ー
カ
真
珠
の
養
殖
か
ら
加
工
、
輸
☆
田
崎
真
珠
が
創
立
釦
周
年
は
大
丈
夫
と
い
う
。
一
つ
百
円
。
作
。
生
菓
子
だ
が
夏
で
も
一
月
も
い
え
る
も
の
と
、
自
信
の
新エ☆露
どッンに
お ホア ﹁
し テ﹂ 誕まのシ ドはト しー元2
ゃ ルが 年たぞョ レ、ア いル町4
れ でⅢ サパいン ・今ロ 作・の1
の 開月 ノリてが クパー 品パサ.
季 か理 ヘコごそ レリド がルノ2
節 れ、 秋レらろ ーでの 入マヘ2
は ま躯 のクんっ ジ最ク りンに9
た し日 キシなて ュもレ ま、デ1
け た一 ャョさい の人ー しクザ,
な 。三 ピンいま 一気ジ たレー2
わ サ− タを。す 言のュ 。ーブ2
。ノ
ポ ル集 。 Iあサ ジル9
ヘー フめ い フるノ ュ、2
のト ニて ち ァアヘ のピ
た
こ
れ
は
、
菓
子
の
芸
術
品
と
〒︵
皿有
神︶
戸ス
市ギ
ヤ
葺事
合務
区セ
琴ン
緒タ
町ー
5
丁
目
3
作
る
人
の
心
を
こ
め
て
生
ま
れ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
あ
る
こ
の
﹁
サ
ン
こ
う
べ
﹂
に
る が 間 な 時 象 れ で が い の
一 う
今 も 作 を 人 代 人 て 毎 一 、 展 度 地
の
は 。 品 描 間 の 間 い 回 堂 第 は 、 元
ス
を い 性 中 ﹂ る 多 に 一 、 最 ば
ペ
寄 て を で と 。 く 会 線 そ 近 か
イ
す で れ 作 り
せ 個 原 見 い 第
一 の
ン
る 性 点 失 う 回 期 る 活 ぞ を の
テ
の
観 あ に な ー か 待 と 躍 れ 持 5
鴨
ご る 据 わ マ ら が い す 所 ち 人
居
た 五 え れ は の 寄 う る 属 寄 が
さ
え 作 、 が 、 ﹁ せ こ 5 も る 毎
ん
具 ら と 人 違 こ 年
あ 家 人 ち
ェ アマ ッ 表☆
ア シで ッ 神会フ
チ か ョ﹁ ・ 戸﹂ァ
ピ ら ー私 プ 元がミ
ッ お ﹂年 レ 町神リ
コ し が秋 イ 本戸ア
ル ゃ あの ・ 店との
ッ れ りこ ス で大﹁
ク な 、ど ポ は阪こ
が ド カも ー 加でど
発 レ ジ服 ツ 月。も
表 ス ュ新 ﹂ 哩 服
さ ま ア作 の 日 新
れ で ルフ テ ﹁ 作
ま 可 ウロ ー レ 発
p
33
は
、
U
C
C
上
島
卯
俳
の
喫
茶
き
た
地
下
街
﹁
サ
ン
こ
う
べ
﹂
☆
君
と
く
る
街
l
サ
ン
こ
う
べ
の
新
し
い
名
所
の
資
格
十
分
。
を
売
る
﹁
中
国
街
﹂
も
あ
り
神
戸
河
野
通
紀
、
松
本
宏
さ
ん
と
い
か ら 今
☆定 に 曲 売 ン
中 れ 哩 年 元 今休 も ・ れ こ
る
西 。 月 は 町 年日 人 歌 っ う
勝
1 五 画 も毎 気 と 子 べ
、
日 回 廊 五月 が あ の ﹂
集 っ 小 は
鴨
ま 目 恒 人
て
居
で 、 例 展第 ま 、 坂 神
怜
同 、 の が三 っ こ 明 戸
水て っ 子出
、
画 月 五
曜い ち さ身
西
廊 均 人
る
日。 の んで
村
で 日 展
方 作 今
開 か が
功
と
名
づ
け
ら
れ
、
名
の
と
お
り
菓
子
を
発
売
し
た
。
﹁
果
心
﹂
おにあ ☆
願つっ ト
いいた ア
して事 ロ
まの務 ー
す
ド
。連所
絡が の
は引 ス
次越 ギ
のし ヤ
と、 本
こ事 店
ろ務 二
ま関 階
で係 に
工
芸
品
、
雑
貨
、
食
料
品
な
ど
て
い
て
、
中
国
の
家
具
、
美
術
ア
属
の
﹁
相
思
樹
﹂
も
植
わ
っ
は
、
日
本
で
は
珍
し
い
ア
カ
シ
ぬ
け
に
な
っ
た
中
央
プ
ラ
ザ
に
が
キ
ャ
ッ
チ
フ
レ
ー
ズ
。
吹
き
は
﹁
空
の
あ
る
街
﹂
と
い
う
の
国
鉄
神
戸
駅
前
に
新
し
く
で
神戸百店会
だより
tp
さ
、
象
牙
や
紫
檀
な
ど
と
共
に
店
﹁
カ
フ
ェ
メ
ル
カ
ー
ド
﹂
、
お
せ
て
本
高
砂
屋
が
m
月
新
し
い
の
技
術
と
ま
ど
こ
ろ
を
結
晶
さ
お
か
し
づ
く
り
百
年
、
伝
統
ョか
ー らプど
な 妬ラち
ど 日ンら
も まドも
あ でウ一
っ 5ブ人
て 時ラ一
一 かン万
人 らで円
八 。は。
千 や哩
円 は月
。 り虹
シ日
ゼ
ン
ト
の
あ
た
る
抽
選
も
あ
り
ま
す
。
味
。
み
出
さ
れ
た
あ
ん
の
上
品
な
甘
る
高
砂
き
ん
つ
ば
製
法
か
ら
生
手
よ
り
の
大
納
言
と
伝
統
を
誇
ま
に
、
﹁
庵
﹂
は
厳
選
さ
れ
た
O
B
g
0
Q
、
﹁
心
﹂
は
お
茶
の
香
り
そ
の
ま
っ
ぱ
い
香
り
が
さ
わ
や
か
左
、
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
細
工
し
た
素
材
の
自
由
さ
、
形
も
ち
ゃ
の
﹁
カ
メ
ャ
﹂
﹁
コ
ー
ベ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
の
自
由
さ
が
新
鮮
だ
っ
た
。
フ
ラ
ン
ス
の
西
村
さ
ん
か
ら
の
ブ
ッ
ク
ス
﹂
な
ど
が
入
っ
て
い
の食かラらーク★
豪事らン妬テラレ
華と︵︶日ィブス
シ有ナ、まは北ト
ョ名イ迦で、野ラ
ー︵ト日午そクン
、外クか後れラ北
シ
ナら5ぞブ野
ョ人
錨
の
ー︶プ日時れクク
ラ
タタ︶まか、
イレ、でら哩リブ
ス
︵
、
月
お
ン
ム
午
、トい後レ皿マナ
プ出し6ス日スイ
レ演い時トかパト
本高砂屋の自信作「果心」
マ紀
スさ
もお
豪り
華シ
なョ
気ー
分﹄
で。
いホ
いテ
ル
での
すク
ねリ
。ス
リースま ル★
ス﹂マず ホ来
マ、ス哩 テ月
ス羽ー月 ルは
グ日ア塑 のク
ラ︵ル日 クリ
リス
ン月プ︵
日
︶
ド﹁ス︶ スマ
パオの﹁ マス
ス。
ーリ
ハち パオ
テエ
び
ィンイっ ーリ
汎タジこ テエ
lルシク ィン
由クョリ はタ
p
作
品
も
楽
し
み
で
あ
る
。
tp
☆
新
し
い
三
つ
の
味
ht
﹁
果
﹂
は
赤
じ
そ
と
梅
の
酸
る
。
ht
神戸の新名所rサンこうべ』
も
う
ひ
と
つ
の
話
題
は
テ
ー
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
マ
ソ
ン
グ
。
﹁
君
と
く
る
街
l
サ
生各タッーオの★
命店イグトカ日冬
ピののシン、取の
ル参元ラ、舶がラ
狸加町サ洋来決ウ
Fでバ、傘服定ン
、、ザ洋の飾しド
、皿ー品オ雑まシ
時月、のカ貨しョ
12宝スダヱたッ
5日飾ギ、ス。プ
時3タヤハタ靴バ
。
日ジ、ンーのザ
明マネドニヨー
治のクバュシル
●
シ
ョ
ッ
プ
ト
ピ
ッ
ク
ス
郎
氏
︵
会
社
役
員
・
ウ
エ
イ
ト
高
教
諭
・
陸
上
競
技
︶
白
石
市
個
人
/
定
田
章
氏
︵
夙
川
学
院
東
口
の
ス
ク
ラ
ン
ブ
ル
交
差
点
渡
れ
る
よ
う
に
と
、
元
町
通
り
な
人
で
も
安
心
し
て
交
差
点
が
九
月
二
十
一
日
、
目
の
不
自
由
秋
の
交
通
安
全
運
動
が
始
っ
た
受
賞
者
は
次
の
と
お
り
。
信
号
機
誕
生
ン
部
門
と
既
製
服
デ
ザ
イ
ン
部
は
オ
ー
ト
ク
チ
ュ
ー
ル
デ
ザ
イ
た
。
コ
ン
テ
ス
ト
の
応
募
部
門
賞
作
品
二
十
八
点
が
発
表
さ
れ
ン
デ
ザ
イ
ン
コ
ン
テ
ス
ト
の
入
作
品
に
ま
じ
っ
て
フ
ァ
ッ
シ
ョ
線
で
活
躍
す
る
デ
ザ
イ
ナ
ー
の
日
神
戸
文
化
ホ
ー
ル
で
開
か
れ
フ
ェ
ア
魁
の
シ
ョ
ー
が
十
﹃
月
五
目
指
す
コ
ウ
ベ
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
フ
ー
ノ
ッ
シ
ョ
ン
都
市
神
戸
を
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
コ
ン
テ
ス
ト
会
賞
と
と
も
に
表
彰
さ
れ
る
。
の
日
に
文
化
賞
、
科
学
賞
、
社
団
体
は
、
十
一
月
三
日
の
文
化
十
九
年
度
の
受
賞
者
四
個
人
二
三
団
体
が
受
賞
し
て
い
る
。
四
さ
れ
、
今
年
で
三
十
七
個
人
十
ツ
賞
は
昭
和
三
十
九
年
に
制
定
体
が
決
っ
た
。
兵
庫
県
ス
ポ
ー
ツ
賞
の
受
賞
者
お
よ
び
受
賞
団
め
た
人
に
贈
る
兵
庫
県
ス
ポ
ー
く
し
た
り
優
秀
な
成
績
を
お
さ
☆
ス 決 兵
ポ 定 庫
県
ー
ス
ツ
ポ
の
ー
普
ツ
及
賞
振
受
興
賞
に
尽
者
た
。
ン
サ
ン
ブ
ル
が
大
賞
を
盤
得
し
ら
滝
内
美
鈴
さ
ん
の
コ
ー
ト
ア
る
。
約
五
百
点
の
応
募
作
品
か
☆
元
町
入
口
に
音
楽
の
流
れ
る
彫
刻
が
増
え
た
。
;
神
戸
国
際
会
館
一
階
郵
便
局
の
前
tt
p
電
話
二
五
’
八
一
六
一
l
内
線
三
一
六
神
戸
市
葺
合
区
御
幸
通
八
の
九
の
一
誕
生
日
あ
り
が
と
う
運
動
本
部
意
義
に
し
よ
う
と
い
う
運
動
で
す
。
め
ぐ
ら
せ
、
年
に
一
度
の
誕
生
日
を
有
け
が
え
の
な
い
生
命
に
つ
い
て
思
い
を
げ
る
と
同
時
に
、
ひ
と
り
ひ
と
り
の
か
︵
者
︶
を
あ
た
た
か
く
包
む
雰
囲
気
を
広
た
し
た
ち
す
べ
て
が
、
粘
神
薄
弱
児
こ
の
こ
と
を
手
が
か
り
と
し
て
、
わ
さ
い
。
い
て
話
し
合
う
機
会
を
つ
く
っ
て
く
だ
い
た
だ
く
。
各
家
庭
で
こ
の
問
題
に
つ
蕊蕊
おごそかに除幕式
ら
意
識
的
に
百
円
節
約
し
て
貯
金
し
て
み
な
さ
ん
の
誕
生
日
の
お
祝
の
中
か
精
神
薄
弱
問
題
の
啓
発
運
動
で
す
。
憩
い
の
場
に
ま
た
一
つ
楽
し
い
た
。
今
年
の
シ
ョ
ー
は
、
第
一
値
の
高
い
も
の
。
神
戸
市
民
の
﹁ ◇
﹁
﹁
﹁
誕 三 毎 福 N ・ 毎心 ・ 毎 精 時 毎重
生 ○ 週 祉 H 一 週身 五 週 薄 週い
月 の K 五 火障 五 金 児 土障
日
咽時 教
あ
蝋筈
曜害 曜の
教
日代 育
り
n者 日 育 日児
午﹂ テ
の
腿
が
午用 午 ﹂ 午た
レ
後
と
後め
後の 後
ビ
四
う
七に
六広 八
・
連
・﹂
・場 ・
○
動
○
三
○﹂ 四
と
’
○
○
○
は
四
’
’
’
・
八
八
六
の
で
、
環
境
彫
刻
と
し
て
も
価
五
裁
断
す
る
型
紙
を
形
ど
っ
た
も
彫
刻
の
デ
ザ
イ
ン
は
洋
服
を
﹁ ◇
毎精
週薄
月相
談
曜室
日﹂
午
後
七
・
三
○
’
四
☆
美
を
創
る
ま
ち
神
戸
の
ン
研
究
所
所
長
︶
が
概
評
で
あ
tp
に
音
楽
信
号
機
が
と
り
つ
け
ら
リ
フ
テ
ィ
ン
グ
︶
吹
田
大
輔
氏
門
に
分
れ
、
﹁
前
者
で
は
フ
ェ
っ
て
除
幕
式
が
行
な
わ
れ
た
。
同
組
合
の
メ
ン
バ
ー
た
ち
が
集
十
月
八
日
神
戸
洋
服
商
工
業
協
地
﹂
顕
彰
碑
と
し
て
完
成
し
、
れ
が
﹁
日
本
近
代
洋
服
発
祥
の
制
作
を
つ
づ
け
て
き
た
が
、
こ
氏
が
東
遊
園
地
で
コ
ッ
コ
ッ
と
田
正
和
、
小
林
陸
一
朗
︶
の
三
ル
ー
プ
Q
﹂
︵
山
口
牧
生
、
増
て
き
た
石
材
を
、
﹁
彫
刻
家
グ
の
北
木
島
か
ら
神
戸
へ
運
ば
れ
今
年
の
四
月
十
日
、
岡
山
県
彰
碑
が
完
成
☆
日
本
近
代
洋
服
発
祥
の
地
顕
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
れ
た
。
︵
会
社
役
員
・
水
泳
︶
高
田
耕
ミ
ニ
ン
な
ク
ラ
シ
ッ
ク
調
が
、
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
こ
の
信
号
機
は
歩
行
信
号
が
治
氏
︵
質
商
・
登
山
︶
後
者
で
は
ヤ
ン
グ
指
向
の
コ
ー
組
﹁ ◇ 視関
日 三 再・ 毎精 N 聴 係 ラ 紹障
本 ○ 放三 週神 H を の ジ 介害
短
送○ 月薄 K お 定 オ 児
時や
波
関
火 曜弱 ラ す
す
放
係
テ
今 日児 ジ め 番
組レ
オ
送
の
後 午の
た 第 しが
二 後め 二 ま あ ビ ラ
ジ
な
・ 七に
すり
オ
○ ・﹂
。まど
・
で
○ ○
す
テ
の、
’ ○
レ
障
で
二 ’
ビ
、害
・ 七
番
児
p
ht
青
に
変
る
と
、
交
差
点
の
四
方
団
体
/
尼
崎
市
立
尼
崎
高
等
学
デ
ィ
ネ
イ
ト
さ
れ
た
カ
ジ
ュ
ア
ht
校
運
動
部
報
徳
学
園
高
等
学
tp
校
野
球
部
ル
も
の
が
優
勢
で
あ
っ
た
。
﹂
tt
結婚をテーマにしたショー
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
︵
佐
野
正
男
鐘
紡
フ
ァ
ッ
シ
ョ
連 あ 誕
動 り 生
が 日
と
う
13
4
分
が
日
本
人
で
あ
る
こ
と
を
痛
で
持
ち
た
い
と
い
う
。
︿
ぱ
ぴ
る
す
B
O
O
K
S
﹀
の
の
女
流
執
筆
陣
を
網
羅
す
る
の
各
分
野
・
第
一
線
で
活
躍
中
井
ふ
く
子
著
︶
な
ど
現
代
日
本
リ
サ
イ
タ
ル
を
ど
ん
ど
ん
地
元
ン
コ
の
﹁
ア
シ
と
驚
く
よ
う
な
﹂
れ
ば
本
場
で
吸
収
し
た
フ
ラ
メ
う
束
仲
さ
ん
、
踊
る
場
さ
え
あ
年
、今
踊回
りの
は日
自本
己滞
表在
現予
だ定
とは
い一
し
て
今
回
の
新
聞
が
発
刊
さ
れ
﹃
幸
せ
っ
て
た
ん
だ
ろ
う
﹄
︵
石
ン
を
打
ち
立
て
る
メ
デ
ィ
ア
と
ッ
シ
ョ
ン
的
な
方
向
で
ビ
ジ
ョ
め
て
い
る
が
、
ラ
イ
フ
・
フ
ァ
実
行
団
体
と
し
て
の
活
動
を
始
が
れ
る
か
﹄
︵
下
垂
暁
子
著
︶
ル
﹄
が
、
﹃
な
ぜ
結
婚
に
あ
こ
ん
の
著
書
﹃
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ナ
ブ
デ
ザ
イ
ナ
ー
の
案
砂
丘
子
さ
に
帰
国
、
元
気
な
顔
を
見
せ
た
。
矩
さ
ん
︵
犯
歳
︶
が
胴
年
ぶ
り
ラ
メ
ン
コ
ダ
ン
サ
ー
、
束
仲
一
活
躍
し
て
い
た
神
戸
出
身
の
フ
ン
と
は
何
か
を
ア
ピ
ー
ル
す
る
担
い
手
と
な
っ
て
フ
ァ
ッ
シ
ョ
っ
ぽ
さ
を
創
る
本
が
出
版
☆
案
砂
丘
子
さ
ん
の
お
し
ゃ
れ
の
一
員
と
し
て
ヨ
ー
ロ
ッ
パ
で
デ
・
コ
ル
ド
バ
﹂
の
グ
ル
ー
プ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
’
ョ
ン
都
市
神
戸
の
街
づ
く
り
の
ま
で
︶
ス
ペ
イ
ン
の
﹁
ラ
フ
ァ
エ
ル
・
こ
の
K
F
S
は
、
フ
ァ
ッ
シ
魚
崎
北
8
の
3
の
、
木
村
哲
生
神
戸
っ
子
が
帰
っ
て
き
た
が
発
刊
さ
れ
た
。
︵
連
絡
先
〒
6
5
8
束
灘
区
☆
フ
ラ
メ
ン
コ
を
引
っ
さ
げ
て
ら
機
関
紙
K
F
S
ジ
ャ
ー
ナ
ル
○
○
○
円
、
月
謝
一
○
○
○
円
F
S
/
会
長
・
中
村
武
志
︶
か
い
か
が
で
し
ょ
う
。
入
会
金
一
ァ
ッ
シ
ョ
ン
ソ
サ
エ
テ
ィ
︵
K
一
度
本
格
的
に
習
っ
て
み
て
は
去
る
六
月
に
誕
生
し
た
神
戸
フ
聞
く
だ
け
で
身
体
の
動
く
人
は
学
一
期
生
の
卒
業
生
に
よ
っ
て
し
て
大
い
に
楽
し
め
る
。
音
を
神
戸
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
市
民
大
バ
ッ
チ
リ
R
&
B
ダ
ン
サ
ー
と
穂
董鍵
日ファッショナブルⅢ
☆
K
F
S
か
ら
機
関
紙
発
刊
神
の
各
デ
ィ
ス
コ
で
研
修
、
と
た
。
る
と
応
用
コ
ー
ス
と
し
て
京
阪
変
え
る
素
敵
左
も
の
。
に
手
に
参
加
し
、
完
成
を
祝
っ
教
え
て
く
れ
る
。
基
本
を
終
え
十
人
が
カ
ラ
フ
ル
な
風
船
を
手
ウ
ル
フ
ル
な
踊
り
を
基
本
か
ら
生
田
老
人
ク
ラ
ブ
の
人
た
ち
数
る
。
と
て
も
フ
ァ
ン
キ
ー
で
ソ
力
障
害
者
福
祉
協
会
の
会
員
や
光
の
丘
幼
稚
園
で
開
か
れ
て
い
く
だ
け
で
あ
な
た
の
セ
ン
ス
を
は
、
小
脇
に
か
か
え
て
街
を
歩
を
表
わ
し
た
シ
ン
プ
ル
な
装
丁
言
を
主
張
す
る
著
者
の
セ
ン
ス
渡
り
初
め
式
に
は
神
戸
市
視
唯
日
の
夜
六
時
か
ら
北
野
町
の
集
。
感
覚
的
色
彩
論
、
黒
党
宣
関
係
で
あ
る
た
め
の
詔
の
秘
訣
の
協
力
で
完
成
し
た
。
ブ
と
三
宮
ラ
イ
オ
ン
ズ
ク
ラ
ブ
る
と
い
う
も
の
で
、
木
曜
ク
ラ
ッ
シ
ョ
ナ
ブ
ル
“
の
し
ゃ
れ
た
お
し
ゃ
れ
の
エ
ス
プ
リ
〃
フ
ァ
12111111雲1 1ユエユ11211111111道1111展ユ2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 11畠1211
////会////////展///////////////
tt
p
1622148 L13 0 1 6 2 2 5 ユ81142 9 1 4 3 2 6 1 9 1 2 5 2 6 ユ 9 1 1 3 2 4 2 4 エ5 1 0
p
で
も
耳
で
確
か
め
な
が
ら
渡
れ
が
見
え
な
い
目
の
不
自
由
な
人
音
楽
が
三
○
秒
間
流
れ
、
信
号
カ
ー
か
ら
﹁
お
馬
の
親
子
﹂
の
に
設
置
さ
れ
た
五
つ
の
ス
ピ
ー
ワンツースリーフオーソウルノ
お
し
ゃ
れ
ぽ
い
あ
な
た
と
、
古グ日絵平池本汁創兵★漣虹第第第★兵兵★関水ラ人新☆技エオ私☆秋☆白★フマ☆
伊ル本画野水出ギ元庫ぎ美の9233K庫庫K西彩オ形協ギ能マi立さ季南鶴白ジイ兵
寓i海グ小玲雅ヤ会県や術会回回回C県県C版連ス展美ヤフウス大ん特蛮秋鶴タヨ庫
里プ事ルP子子ラ会日る研絵井三北C日文C画盟写術ラエスト学ち別美季美のl県
展躍検IT陶クリ員本り究画本筆郡ギ本化ア連神真秋リスパラ展か展術展術時ル立
べ定プA芸ラI赤面I所展恵社家ヤ画賞I盟戸展季Iテザリ広司館−,館代展近
油芙展O展フ新木選神絵裕展族ラ30受卜展会展さイ1ア場南中代
絵 術 B 卜 光 蘇 抜 戸 画 日 水 リ 入 賞 ギ 展 ん パ フ 蛮 国 美
1 1 1 1 展1 1 部1 1 有10展11夫1 1 作11展1 ユ 1 1 本1 1 1 0 塁111辰1 1 作ヤユ1 1 1 1 1 1 1 1 0 ち11ル1 1 1 1 エ119美9のユ0 エ 0 術
///展/志//二/家///画//画//家ラ/////か///ア//術/青//館
2 4 1 6 92−,2 625個4展261912個529.161美リ28211473121146122展15銅1610
1111彩’’展Illl展11書11術IllllIllIll吟l器’1
tt
35
外
国
に
い
て
、
い
よ
い
よ
自
ひ
と
つ
と
し
て
出
版
さ
れ
た
。
今
後
と
も
K
F
S
広
報
委
員
会
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
案
砂
丘
子
さ
ん
は
、
大
阪
に
か
ら
定
期
的
に
出
る
予
定
。
tp
生
れ
、
神
戸
女
学
院
大
学
文
学
☆
鳴
々
、
つ
い
に
貴
方
も
幸
せ
で
も
あ
る
。
・
エ
デ
ィ
タ
ー
ス
賞
の
受
賞
者
○
年
度
の
日
本
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
し
て
活
躍
中
で
あ
り
、
一
九
七
ザ
イ
ナ
ー
、
カ
ラ
ー
リ
ス
ト
と
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
部
を
卒
業
し
現
在
ニ
ッ
ト
・
デ
に
な
れ
る
ソ
ウ
ル
ス
テ
ッ
プ
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
バ
ザ
ー
ル
の
ht
ス
テ
ー
ジ
で
大
活
躍
だ
っ
た
神
tp
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
一
戸
R
&
B
フ
ァ
ン
ク
ラ
ブ
の
ソ
ht
ウ
ル
ス
テ
ッ
プ
教
室
が
毎
週
木
ガ
イ
ド
美
術
し
た
石
津
謙
介
氏
は
こ
の
フ
み
に
し
て
い
る
。
し
に
成
長
す
る
こ
と
を
楽
し
ー
ル
が
円
本
の
代
表
的
な
催
こ
の
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
パ
ザ
相
楽
園
会
館
1
F
で
擬
大
に
開
か
れ
ま
催
〃
ク
リ
ス
マ
ス
慈
善
バ
ザ
ー
“
が
、
シ
ョ
ー
が
ひ
ら
か
れ
て
い
ジ
ー
ン
ズ
の
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
会
場
の
と
ん
ぼ
広
場
で
は
理
解
の
深
さ
を
証
明
し
て
み
市
民
の
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
へ
の
全
期
間
に
わ
た
っ
て
、
神
戸
そ
し
て
、
こ
の
パ
ザ
ー
ル
し
た
。
さ
ん
が
、
ア
メ
リ
カ
か
ら
帰
国
さ
れ
ま
同
﹂
で
お
な
じ
み
の
神
大
の
野
口
武
彦
醤
縄
鰐
9
tt
p
り
ま
し
た
。
す
の
で
御
来
場
を
、
と
お
知
ら
せ
が
あ
午
後
3
時
ま
で
、
日
英
協
会
婦
人
部
主
★
、
月
釦
日
︵
土
︶
、
午
前
n
時
か
ら
☆
本
誌
﹁
弔
画
○
句
博
同
○
の
減
○
国
秋の夜とマリンバと
で
集
ま
っ
た
。
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ナ
ブ
ル
な
感
じ
な
連
れ
だ
ち
も
、
す
べ
て
が
若
い
カ
ッ
プ
ル
か
ら
家
族
的
せ
て
い
た
。
シ
ョ
ン
レ
ベ
ル
の
高
さ
を
見
う
が
神
戸
の
市
民
の
フ
ァ
ッ
催
し
の
せ
い
も
あ
る
だ
ろ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
︵
K
︶
せ
た
。
た
花時計
帰
国
さ
れ
て
い
ま
す
。
☆
パ
リ
か
ら
画
家
の
松
谷
武
判
さ
ん
が
さ
れ
ま
し
た
。
お
め
で
と
う
ノ
.
さ
ん
と
オ
リ
エ
ン
タ
ル
ホ
テ
ル
で
結
婚
う
言
葉
の
持
味
も
あ
っ
て
か
ァ
ッ
シ
ョ
ン
バ
ザ
ー
ル
と
い
息
づ
い
た
l
や
は
り
、
フ
の
力
は
発
揮
さ
れ
た
。
シ
ョ
ン
コ
ン
テ
ス
ト
で
も
そ
実
際
に
行
わ
れ
た
フ
ァ
ッ
川
謎
さ
ん
が
、
九
月
二
十
四
日
恵
美
子
★
セ
ン
タ
ー
街
中
川
衣
裳
店
の
子
息
中
際
ホ
テ
ル
で
結
婚
式
を
挙
げ
ま
し
た
。
月
十
九
日
上
野
千
代
子
さ
ん
と
神
戸
国
が
十
六
ス
テ
ー
ジ
に
く
り
ひ
ろ
の
一
流
演
奏
者
の
べ
二
十
三
名
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ァ
ッ
シ
ョ
ン
シ
ョ
ー
の
観
衆
☆
神 考 フ
ァ
戸
ッ
の
シ
街
ョ
角
ン
に
バ
三
ザ
色
ー
雄
ル
が
会
﹄
が
開
か
れ
協
会
メ
ン
バ
ー
﹃
第
Ⅳ
回
選
抜
マ
リ
ン
バ
演
奏
協
会
阪
神
支
部
の
主
催
に
よ
る
か
ら
県
民
小
劇
場
で
日
本
木
琴
十
一
月
十
七
日
︵
日
︶
二
時
☆
芸
術
の
秋
に
木
琴
の
音
色
を
躍
が
楽
し
み
で
あ
る
。
ま
す
ま
す
意
気
盛
ん
な
彼
の
活
を
か
し
げ
た
そ
う
だ
。
と
ま
れ
て
い
る
様
子
に
、
ち
ょ
っ
と
首
ま
り
に
毎
日
を
急
い
で
暮
ら
し
り
の
日
本
に
は
、
み
ん
な
が
あ
感
し
た
と
い
う
彼
も
、
久
し
ぶ
tp
こ
の
シ
ョ
ー
に
特
別
参
加
の
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ナ
ブ
ル
な
い
ひ
る
が
え
り
、
十
月
五
日
か
葉蕊誠蝋錨”…蕊
議溌護鵜
謡がパと先。し木し性だ四冊目の本
祉
施
設
﹂
の
著
者
橋
本
明
さ
ん
が
、
十
☆
本
誌
繍
集
部
員
で
あ
り
﹁
世
界
の
福
七 甲
六 南 ︵
町
四
丁
目
セ
ノ
八
画
狐
’
三
○
二
二
︶
二
四
七
一
迎
絡
先
東
灘
区
マ
ン
シ
ョ
ン
R
N
川
濁
○
七
九
七
ま
す
。
芦
屋
市
松
之
内
町
加
ノ
刀
幸
楽
ジ
ル
﹂
の
教
室
を
皿
月
か
ら
開
い
て
い
ん
が
阪
急
芦
屋
川
近
く
で
﹁
ア
ト
リ
ェ
☆
彫
金
デ
ザ
イ
ナ
ー
の
古
賀
佐
和
子
さ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ら
十
日
ま
で
六
日
間
、
フ
ァ
〒
師
長
田
区
本
庄
町
4
丁
目
4
ノ
4
画
Ⅷ
︵
七
三
二
︶
五
五
六
五
電
話
が
変
更
し
ま
し
た
。
p
ッ
シ
ョ
ン
バ
ザ
ー
ル
イ
ン
ジ
ht
ht
ャ
パ
ン
が
華
や
か
に
開
催
さ
で
た
ち
に
、
さ
す
が
は
神
戸
tp
だ
と
賞
讃
し
て
い
た
。
会
場
の
束
遊
園
地
一
帯
は
れ
た
。
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
界
隈
と
し
て
★
独
立
美
術
の
吉
見
敏
治
さ
ん
の
自
宅
3
国
叩
︵
八
八
一
︶
二
一
六
一
〒
町
神
戸
市
灘
区
篠
原
北
町
4
ノ
4
ノ
の
自
宅
電
話
番
号
が
か
わ
り
ま
し
た
。
★
大
阪
フ
ィ
ル
の
朝
比
奈
隆
・
千
足
氏
︻
○
画
向
も
○
m
目
1
3
8
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
瀞蜜灘蕊灘;
額橡絵画・洋画材料
召“e 蝿壁識静騨癖謡醗…i J
末積製 額
tp
誓灘
ht
ht
tp
室内工芸品
三宮・大丸北
くつ甲美術品とアクセサリーの専門店
太田篭甲店
トァ・ロード
3311309.6243
元町1丁目TEL( 3 3 1 ) 6 1 9 5
AUTUMNKOBESHOPPING
*ご進物に…………
バウムクーヘン・クッキー
ユーノLイム. コンフェクト
△ ▲ ▲ 且 ▲ _
tt
p
国本社・工場・熊内店挿戸市葺合区熊内町I< 市立美術鮪東隣)さ2 2 ; ・ 【1 6 4
m 三宮センター街本店神戸三宮センター袴( 洋栗子・喫茶・レストラン〕金3 3 1 - 2 4 2 1
回さんちか店、 神戸大丸、 そごう・阪急店、三越・ 元町店、神戸デパート内
ハイセンスの紳士服で最高のおしゃれを/
三恵洋服店
元町4丁目TEL( 3 4 1 ) 7 2 9 0
p
13
7
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
北欧の銘菓、
鋸
嘱
桐
需
珊
咽
岬
馳
’
岬
誰
雛
露
頭
難
い
翫
僻
郷
郷
雑
諦
諏
搾
騨
砿
癖
翻
諦
癖
叫
蛎
飛
岬
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
マドレーヌ・ユーコン・ブイ
クリームシモン・ユーパン
その他各種洋菓子
をどうぞ/
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
高級紳士服専門店
お慶びの日に力メヤの
心からの贈りものを/
華
元
三
お
も
ち
ゃ
の
カ 霞
メ
ヤ
説
ht
ht
tp
神
サ戸バ元町 三さ 宮
宮 方
ン駅ン町方
面 ん面
こ プ店で 店ち で
前
う ウ元の 市か の
お街 お
べに店
元 買 店買
店幻町町物 地フ 物
神月通通は 改ァ は
戸113⋮ 造ミ ⋮
の
駅日丁丁 たリ
前オ目目 駒ー
地ー不山 仮タ
下プ二側 店ウ
街ン家
瓢 舗ン
弧・前
迎0 に湖
6 0
て4
0 70 営0
9
0 6
蕊4
2 80 ︲5
tp
神戸テーラー
さんちかメンズタウンTEL( 3 9 1 ) 0 3 8 8
生田区北長狭通2 ( 阪急西1 . 1 ) TEL< 3 3 1 ) 2 8 1 7 . 3 1 7 3
鯉, 生
参
︵
第
3
水
曜
日
休
み
︶
︵
毎
週
水
曜
日
休
み
︶
T
E
L
︵
皿
︶
弱
師
”
池
1
4
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
皿
’
○
六
三
円
ム茎
支
店
さ
Tん
E
Lち
︵か
湖味
︶の
5
2の
3れ
3ん
街
壱
観
特
涌
本
店
大
丸
前
。
三
宮
神
社
東
13
8
営業時間
A , M、 1 1 . 3 0 ∼P. M、 9 . 0 0
p
tt
p
皿
’
○
六
三
丘
で
ん
わ
.
知
’
三
七
ヒ
ー
むや
さっ
しぱ
の
とり
んう
かま
つい
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
AUTUMNKOBESHOPPING
う
と
、
戸
波
は
六
甲
山
頂
の
ホ
テ
ル
へ
タ
ク
シ
ー
を
飛
ば
し
た
。
を
流
し
た
も
の
の
、
答
え
よ
う
と
し
な
い
亜
紀
子
を
誘
い
、
二
人
だ
け
の
夜
を
持
と
亜
紀
子
に
疑
惑
を
持
っ
た
戸
波
は
、
あ
る
夜
、
亜
紀
子
を
問
い
つ
め
る
。
一
筋
、
涙
戸
波
と
の
接
触
の
内
容
を
会
社
の
花
房
総
務
部
長
に
遂
一
連
絡
し
て
い
る
こ
と
で
戸
波
は
思
う
。
こ
の
ホ
テ
ル
の
閉
ざ
さ
れ
た
空
間
に
、
い
ま
亜
紀
聞
に
対
し
広
告
の
掲
戦
を
取
り
や
め
る
な
ど
圧
力
工
作
を
は
じ
め
る
。
会
見
も
実
現
す
る
が
、
会
社
側
は
高
姿
勢
の
答
弁
を
つ
づ
け
る
。
そ
し
て
、
毎
朝
新
ざ
ら
ざ
ら
し
た
世
間
と
結
び
つ
く
の
は
、
こ
の
窓
だ
け
だ
、
と
公
害
告
発
の
取
材
は
大
詰
め
を
迎
え
、
兵
鉄
の
和
久
井
社
長
、
大
北
専
務
ら
と
の
で
届
い
て
い
る
。
相
次
い
で
戸
波
に
知
ら
せ
、
唇
を
与
え
て
﹁
好
き
だ
﹂
と
告
げ
た
り
す
る
。
け
る
。
後
日
、
亜
紀
子
は
、
会
社
首
脳
ら
が
協
議
し
た
新
聞
社
対
策
な
ど
の
内
容
を
宝
石
の
よ
う
な
夜
の
ま
た
た
き
が
、
休
み
な
く
六
甲
の
屋
根
に
ま
そ
の
直
前
、
戸
波
は
酔
客
に
か
ら
ま
れ
て
い
た
兵
鉄
秘
書
課
の
細
川
亜
紀
子
を
助
﹁
百
万
ド
ル
の
夜
景
﹂
な
ど
と
、
誰
が
形
容
し
た
の
だ
ろ
う
か
、
局
長
た
ち
の
企
画
し
た
公
害
キ
ャ
ン
ペ
ー
ン
に
参
加
す
る
。
兵
庫
製
鉄
︵
兵
鉄
︶
の
公
害
で
ユ
カ
た
ち
が
苦
し
ん
で
い
る
こ
と
を
知
り
、
石
津
支
そ
の
窓
か
ら
、
は
る
か
下
界
が
見
え
た
。
情
な
日
常
の
中
で
バ
ー
の
女
ユ
カ
と
の
情
事
に
溺
れ
て
い
た
が
、
地
元
の
大
手
企
業
︿
あ
ら
す
じ
﹀
昭
和
四
十
五
年
秋
1
.
毎
朝
新
聞
神
戸
支
局
の
戸
波
峻
記
者
は
、
怠
和
室
の
八
畳
一
間
。
窓
際
の
縁
側
に
三
点
セ
ッ
ト
。
食
﹀
霧
の
夜
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
子
と
二
人
だ
け
の
世
界
が
あ
る
。
え
・
小
西
保
文
愚
字
も
︶
葉
月
一
郎
*
溌
輝
口
連
載
小
説
tp
向
か
い
の
椅
子
に
腰
を
お
ろ
し
た
亜
紀
子
に
、
あ
ら
た
め
て
視
く
ぢ
&r,
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
l
そ
ん
宏
状
秘
な
の
に
、
二
人
を
包
む
空
気
に
硬
さ
は
消
え
て
線
を
送
っ
た
。
神
い
た
。
も
う
何
回
か
、
こ
こ
へ
泊
っ
た
こ
と
の
あ
る
夫
婦
の
よ
う
亜
紀
子
は
、
さ
っ
き
か
ら
、
じ
っ
と
戸
波
を
み
つ
め
て
い
た
ら
p
tt
p
神
1
そ
れ
が
、
戸
波
の
心
を
一
層
ほ
ぐ
し
て
く
れ
た
。
な
日
常
性
さ
え
感
じ
ら
れ
る
。
し
い
。
二
人
の
視
線
が
か
ら
み
あ
い
、
瞬
間
に
な
ど
ん
だ
。
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
1
3
9
そ
の
ま
ま
立
ち
上
が
る
。
亜
紀
子
の
前
に
進
む
。
両
手
を
さ
し
︵
と
う
と
う
、
来
た
ん
だ
な
︶
ht
ht
の
べ
る
。
︵
や
っ
と
、
二
人
き
り
に
な
れ
ま
し
た
ね
︶
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
声
の
な
い
会
話
が
、
ま
る
や
か
に
流
れ
た
よ
う
な
気
が
す
る
。
tp
ほ
か
に
誰
も
い
な
い
。
し
よ
う
と
思
え
ば
、
な
ん
で
も
で
き
る
。
十
分
前
、
あ
つ
い
キ
ス
を
か
わ
し
た
前
後
と
く
ら
べ
て
、
口
調
﹁
さ
、
飲
み
な
が
ら
、
取
材
を
進
め
て
く
だ
さ
い
よ
、
ね
﹂
の
コ
ッ
プ
に
注
い
で
ゆ
く
。
二
つ
を
取
り
出
し
た
。
栓
を
抜
き
、
テ
ー
ブ
ル
に
置
い
て
、
戸
波
な
戸
波
を
尻
目
に
背
後
の
冷
蔵
庫
を
あ
け
て
、
ビ
ー
ル
と
コ
ッ
プ
意
表
を
衝
か
れ
た
か
た
ち
で
、
苦
笑
す
る
。
亜
紀
子
は
、
そ
ん
こ
ろ
を
吸
い
こ
み
つ
づ
け
る
。
掘
り
、
真
実
を
追
及
し
な
き
ゃ
.
.
⋮
・
﹂
の
持
つ
意
味
を
、
い
ま
唇
に
結
び
つ
け
な
が
ら
、
戸
波
は
女
の
こ
﹁
あ
な
た
、
新
聞
記
者
で
し
よ
。
も
っ
と
徹
底
的
に
、
根
掘
り
葉
亜
紀
子
は
、
精
い
っ
ぱ
い
そ
う
い
い
た
か
っ
た
の
だ
ろ
う
。
涙
思
い
が
け
ず
、
強
い
口
調
が
返
っ
て
き
た
。
︵
個
人
的
感
情
と
、
会
社
が
ら
み
の
一
連
の
行
為
と
は
別
で
す
︶
﹁
よ
く
な
い
わ
﹂
p
tt
涙
1
.
そ
し
て
、
こ
の
く
ち
づ
け
。
情
念
を
つ
か
ん
だ
想
い
が
す
る
。
ず
逆
に
戸
波
を
求
め
て
き
た
。
そ
の
激
し
さ
の
中
に
、
亜
紀
子
の
し
か
し
、
こ
の
違
い
は
何
と
説
明
し
た
ら
い
い
の
か
。
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
関
心
は
、
持
っ
て
い
た
。
広
い
意
味
の
好
感
と
い
っ
て
も
い
い
い
て
ゆ
く
。
星
あ
か
り
を
う
け
て
、
眼
を
閉
じ
た
亜
紀
子
の
顔
が
静
か
に
仰
向
す
な
し
﹁ か ﹁ ﹁
﹁ 夜 い
横 ﹁ っ 椅 て 振 声 ふ 気 ま じ
あ ﹂ も つ
ね
た
を
、
づ 顔
、
っ き を 、 。 子 ま り か ろ が ま っ
に
返
へ 包 で と
あ
と ? 見 食
腰 た り け 行 ん 戸 窓
れ
私 ﹂ せ 事
を ゆ 、 な か で 波 外
か
の
を
た と
お っ 視 が な い の を
。
、
ま き
ろ く 線 ら い
み
そ
問
? る 腕
ま の
し り が 近
ん
の つ
い
﹂
I
寄
、 話
な
て と あ る
つ
。 中 め
亜 の
こ
、 顔 う 。
に た
め
紀
を
と
つ
戸
と
い ま
る
子
窓
は
づ
波
亜
た ま
つ
が
に
、
き
は
紀
細 の
も
つ
寄
も
、
女
子
い 亜
り
ぶ し
せ
う
を た は
肩 紀
だ
や ま
、
斜 。 微
を 子
っ
く せ
い
め
笑
、 に
た
。 ん
い
に
を
霧 気
ん
﹂
?
見
つ
ま 付
じ
﹂
上
く
じ く
ゃ
り 。
げ
っ
な
い
の た
る
た
ん
鋭 っ
形
。
で
い た
に
そ
部
屋
か
ら
消
え
た
。
つ
い
さ
っ
き
、
海
辺
の
レ
ス
ト
ラ
ン
で
、
ふ
と
見
せ
た
一
筋
の
息
苦
し
さ
に
耐
え
き
れ
ず
離
れ
か
け
た
女
の
唇
が
、
時
を
置
か
あ
の
と
き
か
ら
何
ほ
ど
も
経
っ
て
い
な
い
。
同
じ
行
為
な
の
に
、
か
ら
想
い
起
こ
す
。
須
磨
の
海
辺
で
か
わ
し
た
初
め
て
の
く
ち
づ
け
を
、
遠
い
記
憶
か
に
震
え
を
帯
び
た
下
半
身
を
、
力
を
こ
め
て
ひ
き
寄
せ
て
ゆ
く
。
湿
り
を
帯
び
た
体
温
が
、
胸
か
ら
胸
へ
伝
わ
っ
て
き
た
。
か
す
次
第
に
荒
ら
あ
ら
し
く
、
く
ち
づ
け
が
つ
づ
く
。
た
。
な
に
か
も
の
い
い
た
げ
に
端
ぎ
は
じ
め
た
唇
に
、
唇
を
合
わ
せ
tp
そ
し
て
、
そ
れ
が
い
ま
、
ま
さ
し
く
愛
と
呼
べ
る
も
の
に
昇
華
し
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
も
表
情
も
、
す
っ
か
り
変
わ
っ
て
い
る
の
に
戸
披
は
気
付
く
。
た
と
い
え
な
く
も
な
い
。
長
く
、
し
な
や
か
な
髪
ご
と
、
抱
き
寄
せ
る
。
頬
い
つ
ぱ
い
に
丁
寧
に
、
そ
し
て
事
務
的
に
頭
を
下
げ
る
と
、
ボ
ー
イ
た
ち
が
て
、
白
い
頬
が
戸
波
の
腕
の
中
に
落
ち
た
。
っ
た
・
・
⋮
・
︶
影
も
迷
い
も
、
も
う
な
い
。
ほ
の
か
に
恥
じ
ら
い
の
色
を
の
せ
︵
こ
ん
な
情
感
は
、
い
つ
ご
ろ
か
ら
か
忘
れ
て
し
ま
っ
た
ま
ま
だ
す
っ
と
亜
紀
子
も
立
っ
た
。
か
し
い
、
席
を
外
し
た
く
な
る
よ
う
な
気
分
に
襲
わ
れ
る
。
っ
た
。
そ
し
て
、
閃
光
の
よ
う
に
消
え
た
。
ま
ぶ
し
そ
う
に
、
戸
波
は
、
そ
の
作
業
を
目
で
追
う
。
気
恥
ず
戸
波
を
追
っ
て
い
た
亜
紀
子
の
瞳
に
、
一
瞬
、
灰
色
の
影
が
走
し
か
も
無
表
情
に
、
二
組
の
ふ
と
ん
を
並
べ
て
敷
く
。
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ht
︵
ま
る
で
、
別
人
で
は
な
い
か
︶
皮
肉
を
、
運
命
の
め
ぐ
り
あ
わ
せ
’
を
ど
と
い
う
こ
と
は
、
p
も
う
考
え
ま
い
。
ht
ド
ア
が
ノ
ッ
ク
さ
れ
た
。
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
﹁
お
ふ
と
ん
、
敷
か
せ
て
頂
き
ま
す
﹂
tp
折
目
正
し
い
ボ
ー
イ
が
二
人
、
部
屋
へ
入
っ
て
き
た
。
手
早
く
、
1
4
0
し
た
こ
と
に
は
、
問
題
が
残
っ
た
。
た
し
か
に
、
常
識
的
に
は
、
司
直
の
取
調
べ
以
前
に
記
事
を
出
﹁
敗
北
﹂
と
い
う
結
論
が
出
た
の
で
あ
る
。
お
ぼ
え
て
は
り
ま
す
か
﹂
読
者
か
ら
み
れ
ば
、
あ
き
ら
か
に
新
聞
の
い
さ
み
足
で
あ
り
﹁
れ
、
戸
波
さ
ん
。
あ
な
た
、
九
州
の
市
長
汚
職
誤
報
事
件
っ
て
、
担
当
記
者
と
支
局
長
の
戒
告
処
分
と
左
遷
人
事
1
.
亜
紀
子
が
、
コ
ッ
プ
を
握
っ
た
ま
ま
切
り
出
し
た
。
全
面
訂
正
記
事
の
掲
戦
。
慎
重
に
振
る
舞
い
が
ち
で
あ
る
。
と
不
利
に
な
っ
て
い
っ
た
。
愛
は
、
男
を
し
ば
し
ば
性
急
に
さ
せ
る
。
反
対
に
女
は
憶
病
に
、
た
ち
は
取
材
の
と
き
の
メ
モ
を
柵
に
反
論
し
た
が
、
形
勢
は
刻
々
い
針
で
刺
さ
れ
た
よ
う
な
:
.
⋮
。
市
長
は
、
逆
に
新
聞
社
を
名
誉
毅
損
で
告
訴
し
て
き
た
。
記
者
の
愛 戸
の 波
中 の
に 心
ま に
じ 、
っ さ
て ざ
い 波
る の
不 よ
確 う
か な
であ 動
暖いま 揺
昧い が
な 起
部 き
分 る
を 。
、 亜
細 紀
く 子
鋭 へ
い
た
。
領
収
書
の
原
簿
ま
で
、
い
つ
の
間
に
か
別
も
の
に
す
り
か
わ
っ
て
い
影
が
走
っ
て
消
え
た
。
最
大
の
証
拠
だ
っ
た
領
収
書
の
コ
ピ
ー
も
な
く
な
っ
て
い
た
。
る
で
対
決
す
る
か
の
よ
う
に
姿
勢
を
示
す
。
そ
の
瞳
に
、
暗
く
深
を
か
ば
う
発
言
を
繰
り
返
し
た
。
ゆ
っ
く
り
と
、
亜
紀
子
が
正
面
へ
向
き
直
っ
た
。
戸
波
と
、
ま
全
く
シ
ラ
を
切
り
は
じ
め
た
。
新
聞
の
デ
ッ
チ
上
げ
だ
、
と
市
長
﹁
君
の
こ
と
?
﹂
知
っ
て
ほ
し
い
﹂
い
や
、
第
一
ヒ
ン
ト
を
記
者
に
教
え
て
く
れ
た
助
役
ま
で
が
、
市
長
も
業
者
も
、
頭
か
ら
贈
収
賄
の
容
疑
を
否
認
し
た
の
で
あ
る
。
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
﹁
誤
報
・
・
・
:
.
?
あ
あ
、
た
し
か
、
僕
が
入
社
す
る
前
、
も
う
十
﹁
愛
し
て
く
だ
さ
る
ん
だ
っ
た
ら
、
も
っ
と
も
っ
と
私
の
こ
と
、
﹁
で
も
・
・
・
⋮
ど
う
し
た
っ
て
、
い
う
の
﹂
る
。
そ
の
せ
い
か
ど
う
か
、
急
に
戸
波
の
背
筋
に
悪
感
が
走
っ
た
。
だ
が
、
よ
う
や
く
捜
査
を
は
じ
め
た
警
察
の
調
べ
に
対
し
て
、
に
届
い
た
。
市
長
排
斥
の
世
論
が
わ
き
立
っ
た
。
シ
リ
の
重
い
警
察
を
潮
笑
す
る
よ
う
に
、
特
ダ
ネ
記
事
が
市
民
移 た
れ だ
窓 し 。 そ し と ﹁
私
た
か 。 そ こ い い 、
ら
っ
し で ん
で
戸
流
て 一 す て 波
れ
、 呼 。 、 さ
こ
部 吸 で こ ん
む
屋 お も こ の
六
に く . ま 気
甲
並 と ⋮ で 持
の
誘 ち
べ 、 :
﹂
夜
っ 、
て 亜
気
て う
敷 紀
に
く れ
か 子
、
だ し
れ は
冬
さ い
た 戸
の
っ と
ふ 波
い
た 思
と に
る
こ っ
ん ビ
が
と て
の ー
ま
、 ま
方 ル
じ
本 す
へ を
っ
当 。
視 す
て
に 好
線 す
い
う き
を め
事
実
を
告
白
し
た
。
業
者
も
、
包
み
き
れ
ず
に
白
状
し
た
。
だ
。
領
収
書
の
コ
ピ
ー
ま
で
示
さ
れ
た
。
市
長
は
記
者
の
追
及
に
そ
の
席
に
立
ち
会
っ
た
助
役
が
新
聞
社
へ
情
報
を
流
し
た
の
い
﹄
フ
。
と
建
築
業
者
か
ら
た
の
ま
れ
、
現
金
百
万
円
を
受
け
と
っ
た
、
と
報
道
し
た
。
市
庁
舎
建
設
を
め
ぐ
っ
て
便
宜
を
は
か
っ
て
ほ
し
い
保
守
系
の
市
長
が
収
賄
し
て
い
る
事
実
を
毎
朝
新
聞
が
大
き
く
た
。
九
州
の
あ
る
県
庁
所
在
地
都
市
1
.
亜
紀
子
は
、
自
ら
も
ビ
ー
ル
を
あ
お
る
と
、
こ
と
ば
を
つ
づ
け
た
。
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
だ
が
、
こ
の
封
建
的
な
土
地
柄
で
、
行
政
と
警
察
と
の
癒
着
は
二
、
三
年
に
な
る
か
を
。
記
者
が
自
殺
し
て
か
ら
真
実
が
わ
か
っ
tp
想
像
以
上
の
も
の
が
あ
り
、
市
長
ら
の
告
白
が
あ
る
か
ら
に
は
記
た
と
い
う
話
だ
ね
﹂
神
者
の
正
義
感
が
そ
の
ま
ま
活
字
に
結
び
つ
い
て
も
不
思
議
は
な
か
﹁
よ
か
っ
た
。
知
っ
て
く
れ
て
た
ん
で
す
ね
﹂
p
っ
た
。
か
す
か
に
白
い
頬
へ
血
の
い
る
が
昇
っ
た
。
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
tt
p
神
1
4
処
分
発
表
の
三
日
後
、
記
者
は
自
殺
し
た
。
記
事
に
対
す
る
自
﹁
そ
り
ゃ
、
ま
あ
ね
。
第
一
、
う
ち
の
社
の
出
来
ご
と
だ
か
ら
ね
﹂
ht
ht
信
を
書
き
綴
っ
た
遺
書
が
あ
っ
た
。
新
聞
記
者
を
夢
み
て
、
ま
だ
大
学
で
法
律
を
専
攻
し
て
い
た
こ
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ろ
の
話
で
あ
る
。
当
時
、
週
刊
誌
で
よ
く
書
か
れ
た
し
、
入
社
し
tp
て
か
ら
も
宿
直
の
夜
な
ど
に
先
輩
か
ら
真
実
を
聞
か
さ
れ
も
し
そ
ん
な
デ
タ
ラ
メ
を
ま
し
た
。
だ
っ
て
、
貫
し
て
兄
を
信
じ
て
で
し
た
。
で
も
、
一
﹁
私
、
ま
だ
中
学
生
と
同
姓
で
あ
る
。
と
い
っ
た
。
亜
紀
子
死
ん
だ
記
者
は
細
川
も
た な 戸
し い
。 波
か
は
に
、
、
こ
あ
と
の
ば
か
。
な
に
苦
し
ん
だ
こ
と
で
、
こ
の
女
が
ど
ん
そ
ん
な
運
命
の
中
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
出
さ
れ
、
あ
ら
た
め
て
汚
職
事
件
が
半
年
ぶ
り
に
白
日
の
も
と
に
ht
tp
さ
ら
さ
れ
た
。
新
聞
に
対
す
る
強
い
関
心
、
戸
波
の
仕
事
へ
の
理
解
と
協
力
l
・
少
し
ず
つ
、
疑
惑
の
黒
い
影
が
溶
け
て
ゆ
く
。
︵
そ
う
だ
っ
た
の
か
︶
よ
う
に
み
つ
め
る
。
助
役
の
二
度
目
の
造
反
。
問
題
の
領
収
書
が
地
方
検
察
庁
へ
提
深
い
憂
愁
の
底
に
漂
っ
て
い
る
亜
紀
子
の
表
情
を
、
突
き
刺
す
冊
分
す
べ
て
新
し
く
書
き
替
え
ら
れ
た
、
と
い
う
。
う
つ
と
息
手
琶
の
む
。
現
金
で
助
役
の
口
を
封
じ
、
逆
の
証
言
を
さ
せ
た
。
領
収
書
も
一
﹁
あ
の
と
き
自
殺
し
た
記
者
、
私
の
一
番
上
の
兄
で
す
﹂
記
事
が
出
た
あ
と
、
元
知
事
や
国
会
議
員
ら
の
長
老
が
多
額
の
そ
し
て
、
か
す
れ
た
声
で
告
げ
た
。
事
実
だ
っ
た
の
だ
。
亜
紀
子
は
、
か
す
か
に
吐
息
を
つ
い
た
。
市
長
の
座
を
狙
っ
て
い
た
助
役
が
、
新
聞
社
に
洩
ら
し
た
の
は
た
。
か
ら
の
こ
と
だ
っ
た
。
か
。
戸
波
は
、
亜
紀
子
の
く
ら
い
瞳
を
の
ぞ
き
こ
む
姿
勢
に
な
っ
す
べ
て
の
カ
ラ
ク
リ
が
明
ら
か
に
な
っ
た
の
は
、
半
年
も
し
て
い
っ
た
い
亜
紀
子
と
ど
う
い
う
関
係
が
あ
る
と
い
う
の
だ
ろ
う
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
書
く
よ
う
な
軽
率
な
し
か
し
、
あ
の
若
い
担
当
記
者
の
い
の
ち
は
、
二
度
と
よ
み
が
神
人
間
じ
ゃ
な
い
。
む
勤
務
先
か
ら
新
聞
社
の
動
き
を
さ
ぐ
る
よ
う
に
指
示
さ
れ
て
い
え
っ
て
こ
た
い
⋮
⋮
。
p
p
tt
し
ろ
鈍
重
な
ぐ
ら
い
る
と
す
れ
ば
、
そ
れ
は
何
と
い
う
皮
肉
な
め
ぐ
り
合
わ
せ
だ
ろ
う
。
﹁
あ
の
事
件
、
ず
い
ぶ
ん
、
い
ろ
ん
な
形
で
、
僕
ら
も
教
訓
を
受
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ノ
ン
ピ
リ
屋
だ
っ
た
神
ん
で
す
も
の
・
⋮
:
﹂
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ht
tp
け
た
な
あ
。
で
も
、
そ
れ
が
⋮
⋮
︲
一
’
42
︵
い
ま
、
そ
こ
ま
で
い
っ
て
し
ま
っ
て
い
い
の
だ
ろ
う
か
︶
﹁
戸
波
さ
ん
た
ち
の
、
い
ま
の
仕
事
、
と
て
も
意
義
が
あ
る
と
思
を
望
ん
で
い
る
の
で
は
.
な
い
の
か
。
た
い
の
で
は
な
か
ろ
う
か
。
は
っ
き
り
と
戸
波
の
側
に
つ
く
こ
と
亜
紀
子
は
、
会
社
と
戸
波
と
の
間
で
揺
れ
動
く
日
常
か
ら
脱
し
情
で
こ
と
ば
を
続
け
た
。
激
し
い
く
ち
づ
け
の
中
で
、
戸
波
の
思
考
が
停
止
す
る
。
し
か
し
、
亜
紀
子
は
、
ど
こ
か
肩
の
荷
を
お
ろ
し
た
よ
う
な
表
に
、
亜
紀
子
は
唇
を
求
め
て
き
た
。
神
グー、
つ
づ
く
tt
p
、 −ノ
し
ら
じ
ら
と
部
屋
の
中
央
を
占
領
い
で
は
な
い
か
。
し
て
心
の
底
に
あ
る
一
種
の
卑
し
さ
は
、
ど
う
否
定
し
よ
う
も
左
抱
き
し
め
る
。
額
に
唇
を
当
て
る
。
そ
れ
を
は
ね
の
け
る
よ
う
は
じ
め
て
、
名
前
を
呼
ん
だ
。
亜
紀
子
に
近
づ
い
た
の
は
仕
事
の
た
め
で
あ
る
。
だ
が
、
男
と
|
亜
紀
ち
ゃ
ん
﹂
一
戸
波
は
、
あ
わ
て
て
首
を
振
っ
た
。
紀
子
の
肢
態
に
ま
と
わ
り
つ
く
よ
う
に
濃
さ
を
増
し
て
い
る
。
:
。
﹂
乳
色
の
霧
が
、
窓
か
ら
流
れ
こ
ん
で
き
た
。
震
え
を
帯
び
た
派
し
い
と
思
っ
て
る
ん
だ
も
の
。
だ
か
ら
、
こ
こ
に
、
こ
う
し
て
⋮
﹁
。
。
:
・
・
・
。
:
。
。
﹂
﹁
い
い
ん
で
す
。
私
、
戸
波
さ
ん
と
め
ぐ
り
あ
っ
た
こ
と
、
う
れ
﹁
い
ろ
い
ろ
、
疑
っ
た
り
し
て
、
済
ま
な
か
っ
た
ね
﹂
﹁
お
願
い
、
抱
い
て
。
強
く
、
抱
い
て
﹂
い
で
戸
波
の
胸
に
身
体
ご
と
ぶ
つ
つ
け
て
き
た
。
な
い
幕
が
、
つ
ぎ
つ
ぎ
と
取
り
払
わ
れ
て
ゆ
く
想
い
だ
っ
た
。
戸
波
は
、
亜
紀
子
と
の
間
に
わ
だ
か
ま
っ
て
い
た
得
体
の
知
れ
と
ば
り
お
も
顔
を
上
げ
る
と
、
亜
紀
子
は
急
に
立
ち
上
が
っ
た
。
激
し
い
勢
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
い
ま
す
。
私
、
立
場
を
離
れ
て
、
や
り
と
げ
て
ほ
し
い
と
、
い
つ
ば
は
、
や
は
り
真
実
の
声
だ
っ
た
と
い
う
こ
と
だ
ろ
う
。
須
磨
、
そ
し
て
、
三
宮
の
夜
。
亜
紀
子
が
洩
ら
し
た
愛
の
こ
と
と
同
じ
く
ら
い
で
、
は
じ
め
か
ら
他
人
と
は
思
え
な
か
っ
た
わ
﹂
tp
も
願
っ
て
る
ん
で
す
﹂
か
ら
、
き
っ
と
、
何
か
:
⋮
・
﹂
﹁
毎
日
の
よ
う
に
、
そ
の
こ
と
で
、
会
議
が
開
か
れ
て
ま
す
。
だ
く
髪
が
揺
れ
た
。
亜
紀
子
は
、
う
な
だ
れ
た
ま
ま
首
を
振
っ
た
。
新
聞
記
者
な
の
。
そ
う
、
ち
ょ
う
ど
年
齢
も
、
生
き
て
い
た
ら
兄
﹁
具
体
的
に
、
ど
ん
な
・
・
・
⋮
﹂
﹁
戸
波
さ
ん
、
あ
な
た
は
、
あ
れ
以
来
、
私
が
出
会
っ
た
最
初
の
長
い
髪
が
、
膝
に
届
く
ほ
ど
垂
れ
て
揺
れ
た
。
﹁
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
﹂
蚊
の
な
く
よ
う
な
、
細
い
声
だ
っ
た
。
ら
ず
っ
と
私
の
胸
の
中
に
生
き
て
る
み
た
い
で
⋮
:
.
﹂
か
も
し
れ
ま
せ
ん
わ
﹂
ん
の
十
日
ほ
ど
前
で
し
た
。
兄
や
父
の
無
念
さ
が
、
そ
の
と
き
か
﹁
そ
れ
だ
け
じ
ゃ
な
い
。
も
っ
と
も
っ
と
圧
力
が
か
か
っ
て
来
る
﹁
心
筋
こ
う
そ
く
で
死
ん
だ
の
は
、
す
べ
て
の
真
実
が
わ
か
る
ほ
く
め
、
そ
し
て
眼
を
伏
せ
な
が
ら
つ
ぶ
や
い
た
。
っ
た
。
戸
波
の
こ
と
ば
に
、
亜
紀
子
は
一
瞬
お
び
え
た
よ
う
に
身
を
す
た
。 兄
旧 の
軍 遺
人 骸
だ が
っ 西
た 宮
父 の
は 実
、 家
そ に
の 届
日 い
か た
ら 日
唖 おし 、
の は
よ じ
う め
に て
沈 父
黙 が
を 泣
守 い
﹁
そ
う
そ
う
。
広
告
の
差
し
と
め
、
と
う
と
う
来
た
よ
﹂
心
の
中
を
少
し
ず
つ
吐
き
出
し
て
い
た
。
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
’
43
主
の
な
い
二
組
の
夜
具
が
、
﹁
わ
か
っ
て
る
。
本
当
に
、
あ
り
が
と
う
﹂
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
し
て
い
る
の
に
戸
波
は
気
付
い
た
。
﹁
い
や
、
あ
り
が
と
う
だ
な
ん
て
.
.
⋮
・
・
私
な
ん
か
が
お
手
伝
い
ひ
と
き
わ
大
き
神
で
き
る
こ
と
は
、
し
れ
て
る
し
、
そ
れ
に
、
会
社
に
も
あ
る
程
度
p
は
義
理
を
果
た
さ
な
い
と
い
け
な
い
し
⋮
⋮
﹂
ht
ht
公
害
工
場
の
従
業
員
と
し
て
の
心
の
屈
折
。
た
と
え
五
年
あ
ま
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
り
と
は
い
え
勤
め
て
き
た
企
業
に
対
す
る
愛
社
心
め
い
た
も
の
。
tp
﹁
う
ま
く
い
え
な
い
け
れ
ど
.
⋮
:
﹂
と
断
り
な
が
ら
需
亜
紀
子
は
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
柏嘉嘉金小小岡
小小小楠貝
青朝安
牛榎石石乾
安☆
発
鴨
砂
曽
行
泉林磯本原 井納納井野 尾並野野 木比部
部
に
根崎
居
野
豊
健
正
徳芳良憲六 毅正元一真 吉 成信 重奈正 い
正
一夫平吉一
玲一六治彦夫造忠朗一明一彦
仁雄隆夫 ろい
サ 愛
ロ 読
ン 者
黄
誌
の
こ
と
を
知
り
ま
し
た
。
と
い
う
ょ
諾
翰
螺
畷
坤
侭
牽
鵡
毒
つ
い
つ
い
古
い
雑
誌
を
見
て
い
る
う
ち
に
生
で
す
。
〃
心
の
ふ
れ
合
う
ま
ち
を
“
本
★
た
だ
い
ま
試
験
中
の
身
で
あ
り
な
が
ら
の
し
く
美
し
く
エ
ン
ジ
ョ
イ
す
る
の
が
入
〃
コ
ウ
ペ
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
フ
ェ
ア
別
“
た
神ラ文南北本小甲
戸ン洋天村山原南
図書 荘書宝光堂
書房堂書店盛文国
生葺新店東 堂
館国鉄
田合聞阪
急灘 鉄
区区会六区東住本
古布 甲御灘吉山
湊引館駅影区駅駅
通町12中本北北
14階階町山口口
歩
き
ま
し
た
。
学
生
時
代
に
歩
い
た
自
然
☆
十
年
ぶ
り
に
信
州
の
高
原
と
湖
を
訪
ね
の
短
い
地
術
期
間
で
あ
り
な
が
ら
、
フ
ァ
は
、
各
方
面
の
ご
協
力
に
よ
っ
て
、
一
カ
月
ッ
シ
ョ
ン
・
パ
ザ
ー
ル
・
イ
ン
・
ジ
ャ
パ
ン
る
健
康
的
な
神
戸
っ
子
群
。
第
一
回
フ
ァ
★
秋
空
の
下
、
東
遊
園
地
の
芝
生
に
集
ま
で
い
る
よ
う
デ
ス
。
有
難
う
。
︿
川
崎
啓
一
﹀
る そ ウ ☆ に 人 ロ気 ☆ う 番 周 や 室 本 ☆
の フ ン 神 ド 間 パか 星 な だ り か は 明 あ
デ ァ ド 戸 キ に なな を い ろ は し こ 兄 さ
ス ッ と の ッ は い? み で う ち て の が っ
。 シ ち 街 と ﹃ よ石 て し ﹂ ょ も 間 ご て
素 ョ が の さ 精 うを 感 ょ 。 っ ち か 結 ﹁
っら婚世
敵 ナ う 音 れ 神 にみ じ う と と
、シ
な ブ で 楽 ま の して る 橋 ラ と 毛 な 界
音 ル 、 は す 冒 な感 。 本 ケ も の さ の
の な と そ 。 険 けじ こ ﹂ さ て こ 話 る 福
芽 都 いこ ︿ ﹄ れ と︿ん 、 た ば の 祉
る
が 市 えら 中 と ば l井﹁ ﹁ え か で 施
ふ 神 る へ 村 い 。こ あ 上 い 次 な り す 設
く 戸 と ん 雅 う 単と し 久 や は い で 。 ﹂
ら に き の 子 言 細l た 代 、 誰 彼 、 編 の
ん な こ サ ﹀ 葉 胞コ 天 ﹀ も の に 冷 集 橋
酒
飲
メ
、
酪
町
酪
町
亦
酪
町
。
︿
S
﹀
酒
を
く
ら
う
し
か
な
い
の
だ
。
酒
飲
〆
、
う
色
の
彼
方
に
種
ん
で
し
ま
っ
て
、
最
早
ア
ラ
ゴ
ン
も
南
京
も
、
海
岸
通
り
の
ぷ
ど
み
下
さ
い
。
さ
っ
そ
く
お
送
り
し
ま
す
。
な
り
た
い
方
は
、
編
集
室
あ
て
に
お
申
込
お
友
達
に
、
神
戸
の
香
り
を
お
と
ど
け
に
た
い
皆
さ
ま
.
ま
た
神
戸
を
離
れ
て
い
る
tt
p
神
神
振
替雪 戸
市
口
座 “1 生
田
神 2大 区
戸 2神 東
四 4ビ 町
6
頒 五 ル皿
価一 ︵ の
畑 九 代8 1
円 六 ︶階
☆ ☆☆
発 編発
行集
所 ・行
・ 発/
神 甥
戸 行年
っ /n
子小
編 泉月
集 康1
室 夫日
神
戸
っ
子
N
O
・
咽
子
編
集
室
内
に
あ
り
ま
す
。
☆
神
戸
百
店
会
の
事
務
局
は
月
刊
神
戸
っ
の
方
は
編
集
室
へ
お
申
し
込
み
下
さ
い
。
神
戸
っ
子
ご
あ
ん
な
い
☆
月
刊
神
戸
っ
子
を
毎
月
お
読
み
に
な
り
★
月
刊
神
戸
っ
子
に
広
告
を
掲
戦
ご
希
望
コ
ー
日流
泉ベ
東書ブッ
ク
館房
セス
さ
大ンんち
か
丸タ
ータ
前街ウン
神秋漢陸宝海漢
戸田口司文文口
書百堂書館堂堂
林文書房元元三
板館
店
長
宿田湊新町町宮
バ区川開通通店
ス腕商地53京
停塚店本丁丁町
前町街通目目筋
が
と
う
ご
ざ
い
ま
し
た
。
︿
小
泉
美
喜
子
﹀
シ
ョ
ー
進
行
係
の
告
白
l
ご
協
力
あ
り
が
つ
い
た
の
デ
ス
ー
連
日
フ
ァ
ッ
シ
ョ
ン
天
を
気
に
す
る
こ
と
な
の
だ
と
初
め
て
気
の
六
日
間
、
一
喜
一
憂
。
お
天
気
と
は
、
日
毎
に
神
戸
へ
の
憧
れ
が
、
夢
が
ふ
く
ら
共
感
し
ま
し
た
。
︿
宝
塚
市
丸
本
明
子
﹀
本
康
子
︶
☆
秋
ら
し
い
気
候
に
な
り
ま
し
た
。
芸
術
第
で
す
。
オ
ー
バ
ー
で
は
あ
り
ま
す
が
、
間
の
心
の
奥
底
の
愛
、
祈
り
の
表
現
・
・
・
。
は
も
う
直
ち
に
現
金
封
筒
を
手
に
し
た
次
の
相
互
関
係
の
思
考
と
、
川
上
さ
ん
の
人
よ
う
か
と
考
え
て
お
り
ま
し
た
が
、
今
回
が
好
き
で
す
。
小
泉
さ
ん
の
文
化
と
産
業
︵
当
然
ノ
.
︶
男
心
と
秋
の
空
、
バ
ザ
ー
ル
て
神
戸
ま
つ
り
に
匹
敵
す
る
秋
祭
り
へ
と
み
な
企
画
と
い
う
声
も
多
く
、
積
み
重
ね
し
て
ス
タ
ー
ト
し
ま
し
た
。
来
年
が
楽
し
り
思
い
出
し
ま
し
た
。
以
前
も
お
願
い
し
の
鈴
木
氏
の
思
考
の
動
き
の
デ
リ
カ
シ
ー
tp
ん
で
き
︸
て
い
る
︵の
福で
し
岡よ
市︾
ク
川。
ht
☆
﹁
神
戸
っ
子
﹂
9
月
号
あ
り
が
と
う
ご
麺
砺
岬
津
燕
洲
ツ
麺
跡
録
識
崎
唖
認
識
唾
☆
晴
れ
た
り
、
曇
っ
た
り
、
雨
だ
っ
た
り
盛
り
あ
げ
た
い
も
の
で
す
。
︿
小
泉
康
夫
﹀
ッ
シ
ョ
ン
都
市
神
戸
に
ふ
さ
わ
し
い
催
と
少少久
頃
で
す
が
、
お
変
り
ご
ざ
い
ま
せ
ん
か
。
★
す
っ
か
り
秋
に
な
り
さ
わ
や
か
な
こ
の
︵
尼
崎
市
茂
川
秀
子
︶
親
友
の
一
人
︵
?
︶
な
ん
で
す
ョ
。
一
人
で
す
。
愛
犬
の
サ
ン
ち
ゃ
ん
も
私
の
事
も
全
て
忘
れ
て
し
ま
え
る
私
の
友
達
の
な
ん
で
す
。
心
が
落
ち
着
く
し
、
イ
ヤ
な
後編
記集
〔
,
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
6
カ
月
分
一
三
○
○
円
ざ
い
ま
し
た
。
撮
影
の
時
は
と
て
も
い
い
秋
。
秋
に
な
る
と
と
っ
て
も
楽
し
く
な
り
神
1
年
分
二
五
○
○
円
︵
送
料
共
︶
気
分
で
し
た
。
私
の
好
き
な
武
庫
川
で
し
ま
す
。
今
年
の
秋
は
、
何
キ
ロ
増
え
る
か
p
☆
月
刊
神
戸
っ
子
を
お
賃
求
め
の
時
に
は
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
左
の
本
屋
さ
ん
へ
ど
う
ぞ
。
た
し
、
愛
犬
と
も
一
緒
で
し
た
か
ら
。
私
な
。
夏
ヤ
セ
す
る
体
質
な
の
で
、
そ
の
分
tt
ht
tp
夫ろ
小お
世
雀
田
津
滝
上
小話
田
田滝 竹角砂塩新白阪坂古後 林
高
陳
玉
高 辺 中宮川川 南田路谷 部 井林藤林林 い
た
昌
秀
川
橋舜聖井健
中
本
和
清
英
勝
時
末
虎
猛重義秀 之 喜 秀 だ
一
い
一
孟臣子操郎彦二一郁夫民孝雄渥介勝忠楽二一雄
雄た
竹方
が
た
神
馬
村
野
直
竹
南
行
光
宮
深
外
福
松
百
宮
畑
元
戸
難中中
西
西木 準
上田地崎井冨水専沢部
青吉
永
島馬
崎
年
太
準
正
幸波
村一健之
巻
脇
会哉
定辰二顕聖辰高芳惣一二圭 西
之
議
正雄郎司二雄男美吉郎郎三
還勝弘
功郎吉助
親
助
所女
すの
。休
日
何を
故過
かご
す
﹃の
川は
﹄い
をつ
も
見武
る庫
の川
で
が秋
大に
好挽
き回
す
︿る
長の
田で
す
区。
中
田
照
子
﹀
三
十
年
代
が
ロ
ー
マ
ン
・
エ
ィ
ジ
な
ら
、
☆
後
向
き
に
明
日
を
生
き
よ
う
’
一
九
集
部
一
同
︶
さ
ぞ
さ
ぞ
熱
か
っ
た
こ
と
で
し
ょ
う
。
編
の
に
気
分
だ
し
て
る
の
ダ
ー
レ
ノ
.
信
州
は
︵
影
の
声
/
ま
だ
結
婿
式
も
あ
げ
て
な
い
デは
少
シし
も
タ変
ら
。ず
︿、
変
橋っ
た
本の
は
明私
だ
﹀け
’
44
・TEL341−O240
熱蝋墓棚脚擢磯二雛
味 酉
お茶漬・ おむすび、
鍋もの心、
る 里
神戸市生田区北長挟通2の1
TEL331−5535
た こ 焼 た ち ば な
神戸市葺合区磯辺通4−61
三宮・生田新道
TEL3 3 1 - 9 5 5 4
串かつ店禾ロ雷陀屋
TEL321−6363
とスト。 ラ ー ン アポロン
プイーハーフー
神戸市葺合区八’筋通5丁目6
TEL2 5 1 - 3 2 3 1
" …′晶馬戸謹田維建
TEL2 2 1 - 8 5 4 7 . 2 3 1 - 3 3 1 5
4 機I i f 冊u : ESAN−MON三門
神戸市生田区中山手通二丁目98ノ99
TEL331−5817
ス テ ー キ ハ ウ ス れんが亭
神戸市生田区下山手通2丁目34
TEL3 3 1 - 7 1 6 8
レ ス ト ラ ン セ 神戸市生田区北野町1
ン ト ジ ョ 丁目1
ージ
3 0
TEL2 4 2 - 1 2 3 4
生田区元町通3丁目
TEL331−2108
レストランノ、イウエイ
神戸市生田区下山手2−20
TEL3 3 1 - 7 6 2 2
ビッ ツ ア ハウスピノッキオ
神戸市生田区中山手2−101
TEL3 3 1 - 3 5 4 5
レ ストランフツク東店
神戸市生田区栄町l−5−3
ピザ&
スパゲティ
TEL321−3207
ガ ル の 店
葺合区琴緒町5丁目1−7
西山ビル1 FTEL241−9025
レ ストランミリオナーークラブ、
生田区山本通2丁目5 0 の2
レストラン2 3 1 - 9 3 9 3 ∼5
メンバーズ2 2 1 - 1 1 6 2
C l u b T E L 3 3 1 - 0 1 5 7
ク
T E L 2 4 2 - 0 0 4 3
ラ プ る ふ ら /
L
神戸市生田区北長穆麺1丁目53TEL3 3 1 - 2 8 5 4
ス タ ン ド 英 国 屋
生田区下山手通2−6相互タクシー横
TEL331−1100.331−6600
中山手店・神戸市生田区中山手通1丁目70
TEL2 2 1 - 1 8 7 2 . 2 3 1 - 9 5 2 4
洋 酒 ハ ウ ス 雑 貨 屋
TEL391−O669
(生田新道相互タクシー横上る)TEL3 2 1 - 0 2 6 0
生田区下山手通2丁目8の6
センター街店。神戸市生田区三宮閲J2丁目35
北野店・山本通2丁目9TEL2 4 2 - 2 4 6 7
(会員制)3F事務所TEL2 4 2 - 1 8 8 0
喫茶.
スタンドグラムーノレ
生田筋岸ピル地階TEL3 3 1 - 4 6 3 7
レストランバロン
神戸三宮サンプラザ地下TEL391−1758
トアロード店TEL391−1210
sNAcKMATSUMOTO
神戸市生田区中山手通1丁目32−3
曽根ビルIFTEL241−5470
喫 茶 ガ − デ イ ニ フ ァ
神戸市生田区東町113−1大神ビル1 F
カ ク テ ル ラ ウ ン シ ゙ サヴオイ
TEL321−5114
神戸市生田区山本通2‘丁目98グランドマンションIF
TEL241−396I
く ら ぷ 阿 似 子
神戸市生田区中山手2丁目89
TEL331−6069
o l o b 飛 鳥
神戸市生田区中山手1丁目117
TEL331−7627
。 ’ 。 ’ , 小 万
神戸市生田区束門筋中島ピル3F
TEL39] −0638.4386
c l u b さ ち
神戸市生田区中山手皿2丁目75
TEL3 3 1 - 7 1 2 0
ス タ ン ド く る 実
生田区中山手通1の72
TEL3 3 1 - 6 9 8 5
洋 酒 の 店 キ ャ ン テ イ
神戸市生田区北長狭通2丁目3
TEL3 9 1 - 3 0 6 0 . 3 9 1 - 3 0 1 0
スープとパン店キヤンテイゴヒ店
神戸市生田区下山手通3 丁目8−9T E L 3 3 1 - 3 6 6 1
D R I N K スネカジリッ子
SNACK神戸市生田区下山手通2丁目
永晃ピルB1T E L 3 9 1 - 8 7 0 8
S t a n d & S n a c k サントノ一レ
テイー&ドリンク生田区下山手う唖2丁目トア.ロード
鴬' ・乎僅f o u ¥ t 煙サントノーレ
ルーレット教室神戸市生田区中山手通1丁目24−7
ダイワナイトプラザ6 FTEL2 4 1 - 1 7 1 0 . 2 2 1 - 3 8 8 6
素 舌 洞 で っ さ ん
神戸市生田区北長挟通1 丁目2 5 8
TEL331−6778
STANDマシュケナダ
生田区下山手通2丁目ちやいなタウン地下
TEL331−5587
ス ナ ッ ク G A S T R O
神戸市生田区中山手通3−20
トーアマ ン シ ョ ン TEL231−0723
スタンドクラブ、 。力. −デニア
神戸市生田区中山手通1丁目エユ5
束門筋中島ピル2FTEL391−3329
S N A C K 山 の 手
スタンド晴海(S e i生 田-区 北k長 狭a迩 2i− M)
1
ソネピル1面TEL2 2 1 - 3 6 3 7
TEL321−2250
☆club
生田区中山手通1丁目28
シャトウコトプキビルTEL242−3567
寓架山側テキの」 苫北
TEL331−2615
靭 誹 モ ー ツ ア ノ レ 卜
サ ロ ン 神 戸 時 代
TEL391−3822
☆STAND&SNACK
☆喫茶
喜一水上2にしむら加誹店
イタリア料理ドンナロイヤ
神戸市生田区明石町32
明海ビル地階TEL331−7158
A “;MoonLight
BARTEL331- 0 8 8 6 . 3 9 1 - 2 6 9 6
生田区北長狭通6丁目39
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神戸市生田区北長狭通1丁目18
三宮阪急西口北側レインポープラザ1.2F
B
B E C U E 六段
& S TA
E A KR
神
カニ料理婆裟羅(ばさら)
神戸市生田区北長狭通1 - 2 4
生田神社前T E L 3 3 1 - 2 5 0 9
缶
メ キ シ コ 小科理亭テイファ−ナ
TEL3 2 1 - 0 2 3 0
月
TEL33] −8593
哩
B
神戸市生田区中山手通1 丁目4 ノ1 2 パールコーポラスピルI F
三宮相互タクシー北入
グリル・ 鉄板焼
ら ぷ ぶ ( ず 、 ん
二宮生田新道浜側中央KCBピル5F
TEL2 4 2 - 0 1 3 1
TEL371−OO86
レストランムーーンライト
く
生田区山本通3丁目18回教寺院前
TEL3 3 1 - 5 6 6 4
、き〉
神戸市生田区下山手通2丁目TEL391−1515
ゴックスタッド
誉熱ふう圏コーベ。ローレライ
生田新道新世紀南
p
TEL331-7770
神戸市生田区三富町3丁目22
胃湧と臭男井戸のある家
tt
蝿醗陶黙燃醗撚
&BAR
TEL221−3774
三宮センター街( 旧柳筋)TEL331−0572
北海道郷土料理蝦夷
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神戸市生田区花隅町4 5
RESTAURANT
神戸市生田区北長狭通2 - 2 2
レストランキングスアーームス
ub蕗くず3
同
TEL331−3770
鉄板グリルきやんどる
TEL3 3 1 - 1 1 8 3
口 一 ス ト シ テ イ
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
か っ ぽ う 花 〈 ま
ウ エ ス タ ン
tp
三宮生田新道浜側中央
KCBピル2FTEL331−0494
TEL2 5 1 - 2 1 0 9
神戸市生田区北艮挟通2の1TEL331−8626
フ ォ 一 ク
ANARTOFLIFE・ウッドハウス
DRINKINGIS
神戸市生田区下山手通1丁目32
PHONEO78−241−7320
スナック
ビ ジ ー ビ ー
神戸市生田区中山手2丁目
TEL391−4582
居 i 酉 屋 ボ ル ド ー
生田新道浜側中央KCBビルBIF
神
和 食 く れ な し 、
三宮フラワーロード市役所前
・ b な ぎ さ
C
・TEL331−3575
wjneand
something
p
トアロード店TEL391−2538
兵庫駅前店TEL5 7 5 - 5 3 0 6
花 屋 敷
TEL391−1077
ht
神戸市毎合区旗塚通7−5TEL231−6300
laImde
神戸市生田区下山手通り2丁目21
TEL321−5677
tt
TEL242−2858
讃岐名代うどんあこや亭
maisonde
tp
神戸市生田区中山手通2丁目3−17
ht
そ ぱ 吾 作
神戸市生田区中山手1−181
山手第一ビルlFTEL241−0778
ラ ブ 千
ク
神戸市生H J I z 中山手通2丁目1 0 1 大洋ビル2F
レ ス ト ラ ン 男 爵
☆日本料理
☆西洋料理
“ン ト 考警ベルビュ・ドール
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
ン キング
の うま
と ドリン
まい も ん と
神戸の
、
珍 地 理 屋
神戸市生田区中山手通1丁目24−7
大和ナイトプラザlFTEL242←0288
神戸市生田区中山手通1丁目
画 ふ 雑 上 ヒ神戸市生田区北野町1丁目I43
゚ 奈古多
TeL241−1306
サロンアノレノベトロス
生田区中山手通り1丁目2 4 の7
大和ナイトプラザ2F−BTEL( 2 3 1 ) 3 3 0 0
ス ナ ッ ク エ ノ レ ソ タ ノ
神戸市生田区下山手逓TEL3 3 1 - 6 6 2 0
ス ナ ッ ク 山 荘
神戸市生田区北長峡通1丁目22
TEL391−5823
ス タ ン ド 紋
村1戸市生田区北長狭辺1丁目41−1レンガ筋
TEL331−8858
★モーツァルト、
.‐東天閣☆
弄ゼントジヨージ
ミリオナークラプ
ゼミ*罰……参順一' ……→
★神戸時代.
回教寺院
・ に★珍地理屋( IF)
し☆アルバドロス( 2F)..
☆吾作
★比・ 祭古多
栄光教会
ガスドP
:零つ本☆☆サントノーレ(6F)
中山手Z丁目
あこや率☆
.、布引ピル
★
↓中山手3丁目☆ビノ・ 寿オいF)
(る実
★ ★ ¥
梁
☆
‘
・
毒
考
テ離
北
麿
帰
☆
ハィゥェィ露
姦
ジ
ユ様
ナ
ダ
悪
翼
螺
*
カ
ル
の
唐
;
☆
縛
仙
闇
奮
〒
”
嗣
陀
塵
裟
沌
W
A
M
,
帯
繊
☆
鈴
tp
tp
にしむら瑚鮮北野店
太
陽
補
声
銀
行
☆
(崎
_アマンシ雪
ン!質
ル
フロィンド
リープ
☆
ン
鯨
Hu獄
カ
ゼ
¥骨
☆
べ
ルピ
ェド
ール(2F)
…
’
三
門
☆
;
シ
ー
ザ
ー
エルソタノ子・さiも
兵庫県庁.
ht
☆エルヴL f ノ.
:卜
ア
ht
☆
K
O
B
E
p
L
A
Y
G
U
1
D
E
N
I
賑
栽
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
レストラン
ナ
イ
ト
ク
ラ
ブ
★
☆
北
野
ク
ラ
ブ
北野クラ、 プ
イ北店
★ビジービー
新
ド
…雪錨雀誤鴬繍些_ 域" ☆農惑☆☆…
川
:
筋
瀕卜齢蕊: 鷲蝋蟹。”
★
多謬
瓢釘目
零交通センター
百コ 瓢苫
★パロン
鴇』鼻、 *鳶*
大↓i
t蕊
前家堂スカルゴ
聯
.
鰯
鶴
齢
一
…
;
…
急
栄町4 丁目栄町3 丁目ピ神戸国際会館
元町4
元町3
センター街
●. ★ハ ゙ ロ ン に
テ
;事.‘駒
・ 三宮神社
し
‘
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
祇
謬
と
創
懇
京
神戸国際ホテル
三宮町
生田署
.、ダイエー2丁目生田署
京
栄町. 2 丁目☆フブク東店ジ.、大
′
具 テ
昔
, 鞠
町キ サ ス
費 ☆
明海ピル 識閣☆店.前タパーン
......、賃
ドンナロイヤ★
(地下)
市
役
所
神戸
一 ;
★花屋敷
☆アポロソ
…‘琴殻諦蕊蝋"。;撫今環〆貰
ホテル
鍵瀧諭戸淘遠1
号鞍…?
:
堤 ン ド
ボ『
セ
☆神戸タワーサイドホテル
ポ
神
ヲ狐
6
酉
る ん
か
メ波.
I関西汽船
p
元町5
阪神元町
右 '
国鉄元町口●ば声
.’
tt
孝鱗
壷少,鑑:鳶‘・
鱗三富萄震識圃会鯖
#;,ン ブラ 関酢.〃モこう
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
凋逗花限駅
花隅駐車堀
神
☆コーペ・ローレライ
☆
p
穆
・亨.富☆:鳶′
蓄蓋屋
tt
’
'1
噌
ディスコテイック頓
☆☆花籍くま
☆松の家
関電. ビル
ン
タ
ホ
ア
ル
ピ
ル
一
ぁ
こ
や
亨
●
]■1!
r ﹁
L J
Ⅷ
エ
Ⅱ
1
二m
。、
』
Ⅲ
ロ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
←
-蔭
cc ブ
o.
co
m
p
tt
L
1 座
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
p
tt
百
1
1
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
tp
ht
■
︲
︲
叩
︲
︲
︲
1
0
.
●
1
.
0
.
.
日
4
つ
。
■
口
晒
口
周
ヨ
ユ
咽
姻
﹃
胴
岨
覗
哩
一
喝
〃
〆
〆
I
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
ノ
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
tp
ht
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
一 一
1蕊
雪
雲
蓋
9
需琴薯謹雲
tp
1
− −
ht
か −
』 す
炉
』
ill懲
簡
ー
I
’醇騒
I
ク
親
し
ま
れ
る
店
に
育
ち
ま
し
た
。
ht
品Ⅲ賑
こ
れ
か
ら
も
よ
ろ
し
く
お
願
い
し
ま
す
。
tp
L
、
‘
】
.
I軍土
お
か
げ
さ
ま
で
皆
ざ
ま
に
愛
さ
れ
ざ
ん
プ
ラ
ザ
の
バ
ロ
ン
は
オ
ー
プ
ン
し
て
は
や
三
年
。
tt
|
﹄
﹃
﹃
一
瞬
畷
蕊郷画ン
★英国風喫茶・レストラン三宮さんプラザ店
TEL3 9 1 - 1 7 5 8 AM11gOO∼PM9:00迄
一
一
写
一
垂
︾
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
−
p
F
一
一
一
百
●
★コーヒーショ、 ソ プトア・ロード店
TEL391−1210AM10:O0−PM9:00迄
三
一
一
戸
彰
☆コーヒーショップセンター街店
TEL3 9 1 - 1 3 7 5 AM10:00∼PM9:00迄
p
一
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
無
F
ノ
神
I
h
、
1
1
M
IlI’
Ii
1’
、Ⅷ
'''1
い
,
il
k
rlI
l
1
ー
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
k1
(I,カ
o1
be イ
c ブ
‘
X
M
I
Ico
.c
om
p
tt
I
神
r『『
①
h
『
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
lr
be イ
cc ブ
o.
co
m
p
tt
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
tp
ht
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
tp
ht
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
「
神戸のくらぶ山川が淡路島にオールシーズンロツジをオープンしました。
−、
只今会員募集中です。お問合せはo f f i c e へどうぞ/
, 〃
、
一
一
一 = 竃 =
ht
tp
1
'
ht
tp
AWAJl
1
1
一
1 階応接室
2
兵庫県津名郡芳佳町都志角川宇土井越1 4 6 7 番
階和室
P H O N E O 7 9 9 3 - 3 - O 3 5 2 0 F F l C E O 7 8 - 391−1958
私とくらぶ山川く2>
私達のように昼間仕事に追いまわされてい
る者にとって、夜の社交場は憩いの場でもあ
り明日の活力を蓄える場でもある訳です。
だからこそ三宮で数多くあるクラブの中か
ら皆んなそれぞれ自分に合う、安心して遊べ
tt
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
p
自分の行きつけの店が、良い店であり評判
が良く人気があると言う事は、私達客にとっ
ても嬉しい事です。
協同商事株式会社社長山田健次
,
。
’
神戸市生田区北長狭通1丁闇28の1(ホワイトローズビル3F)
電話( 0 7 8 ) 3 3 1 . 3 2 2 5 . 9 3 2 7
神
4−
ママさんが経験も豊富だし苦労人で安心し
て遊べる店だと思います。
ノ
p
神
〈らぶaL
私も何軒かのホームグランドの中の1粁と
してクラブ、 A 山川〃を良く利用します。
tt
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
る店を選ぶのだと思います。
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
います。 いいものをとり入れるこ
とに癖路してはダメですよ。GS
は水商売の救吐主、といっていま
すが、確かにそうです向決して大
袈裟じゃありませんね。
(ガストロ)
噸
I
藩
粒
鈴
tp
熱
雷
ht
ht
鞍禦灘『
F ,
、里
週
,一
二
霊
│識
、l旨
rN
一
i 鍵劉
為尋
( DlllIm呂
■
狐駁
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
1m蕊
I
D l l l 【■│ 仁
罰
K
首の呈尋識
葛
Tomorrow,sWorldToday
●この秋の不景気をのりきる
●償却は1週間、 そ の 後 は 利
利益
益ア
アッ
ップ
プ1
1本
本
●現在一流店、有名店ではすでに使用中
●GS会員にはアイディアや新製品をコンサルテ
ティ
ィン
ング
●GS会員にはアイディアや新製品をコンサルティング
神
p
綴
ONCOINC、
KANSAIDlVISlONCOINC・
KANSAIDlVISlON
GS事業部TEL、
G
S事業部TEL、 0 70 87 -7828--4214-1 毒
3 38833 0
tt
tt
p
神
●欧米では常識、インテリアにアクション
< 総発売元>
鯵
毒
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
埋醗園
蝿
〃
、
軟
'111水
『
一ミ ぞ
i繁亜丞雲重鍾
0
『
鯛
罰
鑑
■
tp
認
; 1,Rn
61麹. - 11−(
、
巳
宕
、
ザ胃0
貯画
4
蕊
脅
画
水割の出は戦水を使っているか
ど
ずう
うか
かに
にか
かか
かっ
って
てい
いま
ます
すね 。 だ っ
つ
てど、、誰
誰で
でも
も口
口ざ
ざわ
わり
りが
がよ
よけ
けれ ば 、
ど
fん
んど
どん
ん空
空け
けて
て下
下き
きい
いま
ます
すか ら ね 。
c
頼同り
りに
にな
なり
りま
ます 。
((ミヨコ)
ミヨコ)
i
倒濃
l 』
ゲジ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
『
型
懐ノ
…キー胃諦詫
神
p
tt
うどんすき.- ……・¥1,200
寄せ鍋・ …………・ ・ ¥1,20o
すき焼- …・ …・ ……¥1,500
しゃぶしゃぶ・ …..¥|,500
かにちり…………¥1,500
魚ちり……・ …・ …・ ¥1,500
●ランチタイム…定食二富l 弓I
※御宴会は8 0 名様迄.ご家
族様の小部屋もございま謀
tp
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
師
曲
=圭一
’
﹄
唖
"当
J。
l ‐
I
p
寺p島削
畦
蔓
1
〃
‘
綴職
鷲
一
一
辱
︾
神
1
=
I
店
急西ロ 店
三宮阪急
a3 2 1 唾5 2 0ロ0 ( 代 表
p
PJ
夕
ソ
ロ
p〆
3
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
1
1
言
蓄
図
の
落
ち
着
い
た
大
小
の
ht
お
座
敷
と
、
お
気
軽
な
tt
ht
tp
テ
ー
ブ
ル
の
御
食
事
処
詞
』
ご賞味いただく和風レストラン・ ・ ・
ご商談.ご宴会. ご家族連れまで
あらゆる集いにご利用ください
’
瞳
ht
tp
灘蕊嘉
テーーーョー垂竺
鰹
識
遡
一
一
・
塀
︾
一
F
二言室毒. ■===
一一ぞ・ ・ 凸一一甲p
=
一
宇
一
奇
子
−
−
。ー三
・
一薯了一蔀
早
p●
一
●
一
け
●
‐
一
凹
む
"
一一項
一
そ
の
一
土
者
と
い
え
ま
し
ょ
う
。
tp
“婆裟羅" はかに料理を中心に
四季おりおりの旬の味覚を存分に
、
ht
旬の味覚を誇淵・ I‐
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
/四季おりおりの
ノ
」
=雪壱
日
本
也
栂
の
カ
ニ
の
味
岬
寛
こ
そ
な味
かわ
でえ
もる
季
牌
即
:
⋮
か
ず
か
ず
〃
の
﹄
栂
の
恵
み
が
一
浄書垂露
F
P
神戸・ 三宮阪急西口北側レインボープラザ1 . 2 F
盆( 0 7 8 ) 321−⑤363
蚕
カクテルサルーン
そろえて信じられない程安い価格
神
でお楽しみいただけます。
▲メンバーボトルも御利用下さい。
tt
p
L
h
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
各種洋酒、その他料理も多くとり
P
寧議笛〆仲
神
ゴージャスな雰囲気〃
訂昼.Ⅷノノ
■
可
p
貨物船ムードノ
tt
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
琴/ VM言ノ i / 、Clル C 1 / は
ア
ネ 申戸のオアシスノ
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
門
LO
b
;
d
、 盈函〆キ シ コ 料…生田区中山手…
パールコーポラスピル1 F
TIごUANA蜜2 4 2 - 。 " ,
、
tp
嘗鐘
i
−
;
ht
ht
tp
AP円
S n a c k &B O u t i q u e 生田区再度筋町35−1
LOTIE壷3 4 , - 5 2 2 3
KOBEDRR lNKlNGGUlDE
DRINKlNGISANARTOFLIFE生田区中山手通1丁目3 2
鰯
1
−
割
.
f
ッ
リ
リ
踊
駕
﹄
盃
F且
8
5
ご
写
■
可
凸
1
r
I
序若角
︲丸屋
炭垂x
神
一
−
﹃
可
雪
雲
I
ロ
p
tt
p
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
織
騨
・
毎
軍
可
tt
昭
l
器
垂
恋2 3 1 - 6 1 3 7 ∼8
〆
日
Ⅲ
1
ヨ
ヂ
﹄
』
塁
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
血方
生 田 区 山 本 通 4 丁 目 97
一
一
災
ゴ
画
r
d
L
−
⋮
F
且
﹂
﹄
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
弾いて、 唄って、 飲んで、 愉快なお店
太陽の国‘‘メキシコ,, 、情熱と音楽の町‘‘メヒコ,' 、
タコスを片手にテキーラを飲み、アミーゴ( 友) と共に
それがp e t i t e なLOTIEです。
唄おうじゃないか. ノ
サルー( カンパイ)/メヒコ. ノサルー. ノハポ
o男性のお客様には洋酒各種
ンノ
o純伽排党のお客様には手挽一品瑚誹
そんなムードが店全体に満ちているティファーナ。
貴方達も一度、ティファーナに来てみませんか。そし
て、アミーゴをつくり、また、恋人との語らいに愛の
セレナーデを聞き、二人のムードを楽しんで下さい。
○舶来ネクタイ各種
o女性のお客様にロティーのプライベートファッション
☆平日5:00P. M, ∼12:00A. M・
木脈日休み
ht
ht
tp
土晒日、日1 1 , 日、祭日は1:OOP. M・∼12:00A. M・
6:00P. M、 ∼2:00A. M、火曜日休み
tp
☆タコス¥500チリコンカルネ¥600テキーラ¥500
」
ア
テイファーナ
ロ
備
二
刃
旦
ロテイー
バス停イ
ー
)
y
1
/
=ラ瀧
宮→
l え
ド
ニ
山手
諏訪山マンション
一
一
戸
一
[]
│屋
歯科医師会館
「
】H
●揖万B■
(⑳
雌的玩一学
長い夜を語り明かせる何かがある。
11月の“ウッドハウス,、 。長い長い夜がアッという間に過ぎてしまう
楽しさがある、何かがある。クリスマスにはまだ早い……。あと1ヵ月
で新しい年というほどあわただしさもなし、ただあるのは長い長い夜の
一日、何かがある。歌がある。 笑いがある。 何かがある“ウッドハウス,. 。
☆昼( 11:30A . M・∼7:O O P . M) コーヒー¥1 5 0 紅茶¥150ピラフ¥2 5 0
サービスランチ¥3 0 0 夜( 7:O O P . M・∼4:3 0 A . M) ビール( 小> ¥3 0 0
水割り(OLD) ¥4 0 0 フィズ¥5 0 O おつまみ¥1 0 0 平日11;3 0 A. M∼
tt
p
4:30A . M、日曜5:OOPM. ∼O:0 0 A . M、第1.3日11,日休み
衿
│一
’
中山子通り
│ 「
☆たとえば彼女と食事をしようとしてクルマに乗ったとする。さて、ど
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
神
:/ 戸
/k っ
ob 子
e- アー
ko カ
be イ
cc ブ
o.
co
m
☆白い息からのがれて、. ‘ウッドハウス,.のドアに手をふれてみると、
カルバドス
こへ行くか?静かな場所で、ムードのあるところというと・ ・ ・ …。仲々
決まらない。が、もし、君が一度でも“カルバドス”へ行ったことがあ
るのなら、迷わず、クルマは諏訪山へ.…・ ・ ・ 閑静な周囲にうまくマッチ
した欧風調のシャレたレストラン“カルパドス“・ ピアノの音色と甘い
ボーカルがきっと彼女を魅了するだろう。君が洗練されたセンスを誇る
なら、“カルパドス”こそ君にピッタリの店なのだ。〈ピアノ&ボーカ
ル>月・水・金・土曜日山本憲一、羽岡利幸、火・日曜日阪本完
二、レギュラー高橋真知子
☆ヘレミニッツステーキー¥2 , 0 0 0 ピーフシチュ
¥1 , 5 0 0
エビとパンのフライー¥800ミートボールシチューー¥
¥1 , 3 0 0
サラダと¥500タンシチューー
パレンタイン¥500バレンタインボトル¥7 , 0 0 0
7:00P . M・ ∼2:00A . M,木曜日休み
p
ウッドハウス
tt
’二一=
¥1 , 3 0 0
Fly UP