...

(2010.9)*Night

by user

on
Category: Documents
24

views

Report

Comments

Transcript

(2010.9)*Night
眠れない夜 (2001.9)
「何か顔についてるか?」
消灯間際、305号室に帰ったオレは、宿題をするべく机に向かった。だが、託生の視線を背中に感
じ、ペンを置いて振り返った。
「え、あ………なんでもない」
何か言いた気な顔を赤くして、託生が視線を外す。
「託生は宿題終わったのか?」
「うん」
「じゃ、先に風呂入ってきたらどうだ?オレ、もう少しかかりそうだから」
「うん」
言葉短めに応え、託生はタンスから着替えを取り出して、風呂に向かった。そのわずかな間でさえ、
託生はオレを見ている。
「何か悩んでる事でもあるのか?」
不安になったオレは託生へと歩み寄り、驚かさないように優しく抱き締めた。
「な………なんでもないんだ」
「本当に?」
「うん」
顔を覗き込むと、また視線を外してしまう。
「………それならいいけど。風呂ゆっくり浸かってこいよ」
オレは託生の額にキスすると、風呂場に送り出した。
なんか違うんだよな。悩んでるのなら、相談してくれたらいいのに。あいつ肝心な事は閉じ込めちまうか
ら、オレが聞き出してやらないとな。
………いや、そんなの口実だ。オレこそ託生の心も体も、全部知っておきたいんだ。
人間、人に言いたくない事があるってのはわかってはいるが、こと託生に関する限り、寛容になれない
自分がある。
SEXにしても、もっと別の表情が見てみたいという欲求で、託生が嫌がっても最後まで突っ走ってしま
う。託生の気持ちを優先しないといけないのに、理性がそれに追い付かない。
「いいかげんにしないと、いつか捨てられちまうかもな」
風呂場を見ながら、ポツリと呟いた。
宿題を片付け終わった時、託生が風呂から出てきた。石鹸の香りがふわりと漂いドキリとしたオレは、
吸い寄せられるように託生を抱き締め、髪にキスを落とす。
冷たい髪の感触に、ハッと我に帰った。
「ギイ?」
ダメだ。さっき託生の気持ちを優先すると決めたのに。
「オレ、風呂に入ってくるから、先に寝てていいぞ」
言い置いて、そそくさと風呂場に向った。
オレにしては珍しく、ゆっくりと時間を掛けて風呂に浸かった後、タオルで雫を拭きながら深い溜息を吐
いた。
託生、寝ててくれ。今のままじゃ、今夜もお前を抱いてしまいそうだ。
祈るような気持ちでドアを開けると、期待は空しく託生は自分のベッドに転がって、本を読んでいた。
動揺を隠し、何気無く話し掛ける。
「まだ、寝てなかったのか?」
「うん」
「本、まだ読むのか?」
「ううん、もう寝るよ」
部屋の電気を消し、いつのまにか恒例になっている、おやすみのキスをしようと、託生の側に寄ると、
託生は布団に潜ってオレに背中を向けた。
「託生?」
やっぱり今日の託生は変だ。何かがおかしい。付き合いだして3ヶ月ちょっと。しかし、こんな託生は初
めてだ。
やはり、無理をして辛い思いをさせてきたのか?
「今夜はしないから。せめて、おやすみのキスくらいさせてくれよ」
オレはベッドに腰掛け、託生の頬に手を当て顔をこちらに向けさせた。
闇になれてない目には、託生の表情が伺えない。でも、託生の口唇がどこにあるかは、目を瞑ってで
もわかる。
「おやすみ、託生」
呟いて触れるだけのキスをする。
いつもなら「おやすみ」と言葉が返るのに、託生は何も言わないままだ。
「………そんなに嫌なのか?」
泣きたくなるような気持ち抑え、託生に問い掛ける。
「………違う」
消え入るような声で、託生が首を横に振った。
「じゃ、何だ?」
目が闇に慣れてくる。託生の表情がどんどん鮮明になってきた。
潤んだ瞳。濡れたような口唇。顔色までは読めないが、手の感触から、頬を赤く染めているだろうこと
がわかった。
もしかして………。
もう一度、口唇を塞ぐ。薄く開いた口唇に舌先を差し込むと、おずおずとそれが絡んできた。
託生の両腕をオレの首に廻して、口づけを深いものへと変えていくと、託生の掌がオレの髪に絡まる。
「託生………」
口唇を離すと、わずかばかりの力が入り託生がキスを強請った。誘われるまま口唇を重ねる。いつも
なら逃げるそれも、今日はされるがまま悩ましく絡み、オレはあっけなく煽られてしまった。
恥かしがり屋の託生の、精一杯の誘い。わからないはずだ。こんな風に、オレを欲しがる託生を初めて
見たのだから。
「前言撤回するぞ」
「………うん」
乱暴に布団を蹴飛ばし、託生にのしかかる。初めての誘いに、オレの理性などとっくの昔に吹き飛んで
しまった。
「愛してるよ、託生」
もどかしく託生と自分のパジャマを取り去り、床に放り投げる。
吐息までも奪うように深く口づけ、オレは手加減など出来ないまま、託生の体を自分の物にするべく、
シーツに押し付ける。
そして、二人快楽の海に身を投げた。
腕の中で放心したような託生の額に軽くキスをすると、ピクリと託生の体が弾み小さな溜息が漏れ
た。
「愛してるよ」
託生は瞳を閉じたまま、かすかに頷いた。
自分から誘った事に、気恥ずかしい思いをしているのか、事が終わってから託生はオレの目を見ない。
恥かしがる事じゃないのにな。オレにとっては両手を挙げたいくらい、嬉しい出来事だと言うのに。
ま、ここでからかうと、もう二度と誘ってもらえないのは事実だろうし、今日はオレの我慢が効かなかった
事にしてやるよ。
だから………。
「え………何?」
突然枕に押さえつけられた託生は、素っ頓狂な声を出してオレを見上げた。
「今夜は、寝させてやんない」
ニヤリと笑うオレに、赤面した顔をさらに赤くして、
「ちょっ……ギイ………!」
抵抗らしきものをするが、許してなどやらない。
こんな日に眠るなんて、そんな勿体無い事できるか!
「ギイ………今夜は………もう…………」
「ダメだ………愛してるよ、託生」
「ギ………!……あ………ん…………」
二人の夜は、まだ始まったばかりだ………。
目で誘う託生くんって、どんなんだろうと作ったのがこのお話です。
そりゃ、もうギイ君ノックアウトだよね~。
一体何時まで起きていたんだろうと、気になっていたりします(笑)
(2002.9.4)
Sweet (2001.9)
託生と同室になって、初めての日曜日。朝から快晴。オレの心も快晴。
今日、初めて託生と街に出る。
大それた事ではないが、オレにとって夢にまで見た二人きりの外出。昨晩は、遠足を待つ子供のよう
に、なかなか寝付けなかった。
笑っちまうよな。
苦笑を漏らし、隣のベッドでまだ眠る託生に声を掛けた。
「託生、そろそろ起きようぜ」
「うーん。もう少しだけ………」
眠たそうな声と共に、シーツを胸に抱き込んでしまう。
ぼよぽよとした託生は、いつまでも見ていたい程かわいい。だが、今日だけは別。
一刻も早く夢をかなえたいオレは、託生のシーツを盛大に剥がした。
「起きろ、託生」
近付き過ぎないように距離を測り、瞳を開けるのを待つ。瞬きをして、オレの顔を見付けたとたん、託
生はどっと赤面した。
「おはよう、託生」
「お……おは………よう、ギイ」
「今日は街に出る約束だろ?早くメシ食って、行こうぜ」
にっこり笑ってやると、託生は耳まで真っ赤に染めて、小さく小さく頷いた。
「どこに行くんだい?」
バスに揺られながら、隣に座る託生が訊いた。ときおり当たる託生の肩が愛しい。
「デパートで買い物」
オレの二つ目の夢。アメリカ仕込みのコーヒーを託生に飲んでもらう事だった。
今日はペアのマグカップと、ポットやらドリッパーなどを買う予定だ。
「託生は何か買う予定でもあるのか?」
「ううん。別にこれと言ってないよ」
たわいない話をしながら、一時間掛けて麓の街に着いた。
「なぁ、託生」
「何?」
「これって、デートだよな?」
余りの嬉しさについ軽口を叩くと、
「もう!何をバカな事言ってるんだよ!」
顔を真っ赤にさせて託生は怒鳴った。
そういう顔も可愛いんだよな。
去年は睨みつけた顔しか見る事がなかったが、この1週間託生のいろんな表情を見る事が出来た。
これからは、もっと託生の事が解かってくるだろう。
『浮かれてるぞ』
あぁ、そうだな、章三。
今まで生きてきた中で、一番浮かれてる。
それは、そうだろ?オレはこの為に、はるばる日本に来たのだから。
開店直後の時間だからか、日曜にも関わらずデパートの中はそれ程混んではいなかった。
早く託生を起こしたのは正解だったな。人込みが苦手な託生には、丁度いい。
エスカレーターを上って、食器売り場に足を踏み入れる。
所狭しと並んでいる食器の中から、カップのコーナーを探し出し、端から順番に吟味していく。
託生と一緒に使うものだから、妥協なんてしたくない。
「あ、これ」
オレに黙って付いていた託生が声を上げた。
「どうした?」
「このカップ、かっこいいね」
託生が指差したマグカップは、黒地に金色のラインが入ったシンプルな物。隣には白の色違いがある。
この白のカップ、託生に似合いそうだな。
「よし!これにするか」
「え?!そんな、よく考えて決めた方がいいよ」
「いーや、オレもこれが気に入った」
あたふたと言い募る託生を尻目に、さっさと二つのカップを手に取ったオレは、レジに向かった。
託生が選んでくれたのはもちろん、オレもこのカップが気に入った。
何の飾りっ気のない、シンプルなデザイン。
もしかしたらオレと託生の趣味は、似ているのかもしれない。
機会があったら、実家の託生の部屋に遊びに行こう。とても居心地のいい部屋であろう事が想像で
きる。
またひとつ、託生の事を知った。
早めに買い物を終え、305号室に着くと、託生に給湯室でお湯を汲んでくることを命じ、早速オレは
買い物の包みを開け、コーヒーを入れる準備にかかった。
色違いのカップを並べて、託生の帰りを待つ。
「特別美味いコーヒー、入れてやるからな」
帰ってきた託生にそう告げて、お湯を注いでいく。託生は黙ってベッドに腰掛け、オレを見ていた。
託生の分にだけミルクを半分入れ、
「どうぞ」
わざと恭しく渡すと、託生はクスリと笑って、
「いただきます」
口をつけた。
「どうだ。美味いか?」
「うん。すごくおいしいよ」
託生は満足そうな笑顔を向け、もう一度カップに口を付けた。お互い無言のまま、コーヒーの香りだけ
が部屋に満ちている。
こんなに暖かい沈黙があるなんて、今まで知らなかった。
満ち足りた二人だけの時間。これを幸せって言うんだろうな。
ぼんやりと考え一口飲むと、苦いはずのコーヒーが初めて甘く感じた。
「何笑ってるんだよ?」
コーヒーを注ぎ入れているオレに、不思議そうな顔をして託生が尋ねた。
「昔の事を思い出しただけ」
「思い出し笑い?ギイのスケベ」
託生はクスクス笑いながら、差し出した白いカップを受け取った。
天井まである窓の前、暖かい日差しの当たるソファに二人並んで腰掛ける。
あの頃と変わらない穏やかな時間。
変わったのは、ここがNYの二人のマンションだという事。………こうやって、託生に触れられる事。
「コーヒー、零れちゃうよ」
口唇を離すと、潤んだ瞳の託生が睨んだ。
託生の手からカップを奪い、オレのカップの横に置く。
もう一度確かめるように、託生の口唇を覆った。されるがままに体を預けてくる託生に、愛しさが募っ
てくる。
「もう、せっかくのコーヒーが冷めちゃうよ」
ひとしきりのキスのあと、腕の中に収まったまま託生が呟いた。
「そうだな」
オレはまだ白い湯気を上げているカップを手に取り、片方を託生に手渡す。託生は、はにかむような
笑顔を浮かべ、口をつけた。
誰にも邪魔されない、二人きりの時間。託生が隣にいる、今のオレにはごく自然な事だ。
何気ないひと時が幸せだと感じた時、喉を通る苦い液体が甘く変わった。
これは私の4作目にあたるお話です。(「Memory」の前ですね)
いろんな事があって、お蔵入りさせていたのですが、ここまで書いてるのだから仕上げてしまおうと、
修正を入れてみたのですが、どこをどう直せばいいのやら………。
で、もういいやとアップしてみました(笑)
古い話ですし、個人的理由から、投稿はしません。
(2002.9.4)
face (2001.9)*Night*
「託生………」
ギイの口唇が降りてくる。
「ん………」
しっとりと口付けながら、頬を辿るギイの指先がパジャマの襟元に掛かった。とたん、脳裏にあの写真
が浮かんだ。
「や、やだ!ギイ」
ぼくは寝返りを打ち、ギイの腕を逃れて反対側を向いた。背中から大きな溜息が聞こえた。
「今日もお預けなのか?」
「ごめん………ギイ」
シーツを胸にギュっと握り締めながら、身動き一つしないぼくの頭をポンと一つ軽く叩くと、
「お休み」
ギイは自分のベッドに帰った。
ごめんね、ギイ。でも………。
それは、ギイに頼まれて311号室の中村君の部屋に行った時のことだった。
「はーい、開いてるよ」
勝手に入れってことだよね。
ぼくはドアを開き部屋に入ると、中村君始め2-Dのクラスの数人がベッドを囲んでいた。
「中村君、これギイに頼まれて持ってきたんだけど」
「おぉ、サンキュ」
中村君は封筒の中身を確かめて受け取った。
「ところで、何してるの?」
肩を寄せ合ってスクラムを組んでるようなその様に、ぼくは疑問を抱き訊いてみる。
「葉山も見るか?」
その中の一人が振り返り、人ひとり入れるだけのスペースを作って、ぼくを手招いた。
「何、見てるんだよ」
ぼくは開けられたスペースから、顔を覗かせた。
………え?
「な、すっげーだろ?」
「やっぱ、こっちの女の方がいいぜ」
「俺は巨乳より、この子が好みだな」
な、な、な、な!
「葉山は、どの子が好み?」
「あ………いや………ぼくは………」
あまりのショックに言葉が出ない。広げられたヌード写真集。二年生になるまで友達を作らなかったぼ
くは、男共が廻し読みしているであろうこういう類の本を、今まで見たことがなかったのだ。
「なんだなんだ。葉山、一人でする時のおかずにしないのか?」
「え………?!」
一人でするって………?
瞬間、ぼくの顔が火を噴いたように赤くなった。
「ご、ごめん。ぼく、まだ用事残ってたんだ」
「え、もういいのか?」
声に追われながら、苦笑いを浮かべ、そそくさと部屋を後にした。
まだ、ドキドキが収まらない。
ぼくは、落ち着かせようと寮の屋上に上った。
「びっくりした」
大きく溜息を吐き、フェンスに持たれかかる様に座り込む。
男ならあれが普通だもんね。
そう考えながら、でもぼくは違う意味で写真を見てしまった。
いやらしい誘うような表情。性欲の塊みたいな、男に媚を売るような………。
抱かれてる時、ぼくもあんな顔をしてるのだろうか。ギイにあんな恥かしい顔を見られてるのだろうか。
だとしたら………。
「もう、ギイの顔見れないよ」
それから一週間。ぼくはギイの誘いを断り続けた。ギイは好きでも、あんな顔をしているぼくを見られた
くない。
もやもやした気持ちを抱きながら、今日はどうやって断ろうかと305号室のドアをノックした。
「ただいま」
小さな声で、部屋に入るとギイはベッドに寝転がったまま、ぼくを見ずに
「お帰り」
と答えた。
余りにも禁欲させていたせいか、ギイは背中に怒りを漂わせ、無言で何かの本に熱中していた。
「何、読んでるの?」
シンとした室内に絶えきれず、ぼくが話しかけると、ギイは視線をぼくに向け軽く手招いた。
腕をつかまれ、ベッドに腰を降ろす。
そして本に目を向けると………。
ぼくの顔が一気に赤くなった。ギイの手元には、いつぞやの写真集があったからだ。
「ギイ………これ………」
「中村に借りてきた」
「そう………」
ぼくが相手をしなかったから、これを見て………。
「ギイも興味あるの?」
動揺を隠しながら問い掛ける。
その為の本。男だったら、興味あって当たり前だよね。
「オレ?生憎と全然ない」
予想に反して、初めから用意していたように間髪入れずに否定した。ギイはベッドから起き上り、隣に
腰かける。
「これ、託生も見たんだろ?」
「………うん」
「やっぱ、女の方がいい?」
「え?!」
驚いてギイの顔を仰ぎ見ると、ギイは憮然とした表情の中に傷付いたような瞳をしてぼくを見ていた。
「だって、普通はそう考えるだろ。この写真集見てからじゃないのか?託生がオレに抱かれるの嫌がるよ
うになったのは」
「………違う」
「じゃ、オレのことが嫌いになったのか?」
「そんなことない!」
「じゃ、どうしてだ?オレだって嫌がる託生を無理に抱こうとは考えてない。でも、毎晩一緒にいるの
に………もう、限界なんだ」
言葉通り、ギイの瞳が熱い。ぎりぎり理性で押し留めているその様子に、ぼくは意を決して口を開い
た。
「顔が………」
「顔?」
「ぼくも、そんないやらしい顔してるのかなって思って。ギイにそんな恥ずかしい顔見られてるのかなって
思ったら堪らなくなって………」
「託生の顔がこんなんだって?似てたら今頃反応してるだろ」
ギイは言いながら、ぼくの手を彼の下腹部に導いた。
「どうだ?」
「小さいね」
とたんポカンと後頭部をはたかれた。
「痛!」
「託生、言葉に気をつけろ。男に小さいはタブーだぜ」
禁欲生活を強いられた挙句、不能にしたいのかよ?
「ごめん」
横目でチラリと睨んで、ギイは本に目を落とした。
「全然似て無い」
「ほんと?」
「託生は比べもんにならない位綺麗だよ」
「そそそ、そんなこと言うから、信じられないんじゃないか!」
叫んだぼくに、
「だったら見せてやるよ」
「え?ちょっ、ギイ!」
言うが早いか、ギイはぼくを押し倒し、ぽいぽいと服を剥ぎ取っていく。そして、ぼくにまたがったまま、自
分の服も脱ぎ捨てた
「ギイ!」
ぼくの腕をつかみ有無を言わせないままバスルームに向かう。
「寒いよな」
独り言のように言い、ぼくの体に当たるようにシャワーを調整して、
「ん………!」
唇をふさいだ。
久しぶりに触れ合う素肌に、安堵の吐息が漏れる。でも………。
「やだ………ギイ」
「ダメだ………!限界だって言っただろ?」
ギイの舌がぼくの口内を愛撫し、背中に廻された右の掌は背骨に沿ってくすぐる。ぐっと腰を押し付け
ながら左の掌は、ぼくの胸を弄った。
「は………あ…………」
「託生………」
うっとりと名前を呼ぶギイの口唇が、ぼくの一番弱い所をきつく吸うと、ぼくの腰が崩れ落ちた。
ギイは支えながら、くるりとぼくを反転させて後ろから腰を抱きこむ。
「あ………ダ………メ………あぁ…………!」
余りに逞しく熱い衝撃に、ぼくの手が空中を彷徨う。その腕をも抱きこんで、ギイが激しく腰を進めた。
「託生………託生………」
耳たぶを含みながら、ギイが囁き続ける。もう、どうにかなりそうだ………!
「ギイ………も………う…………」
うめく様に顔を反らすと、ギイは動きを止めぼくごと床に座り込んだ。
「託生、顔を上げて」
「いや………」
「いいから、上げて見てみろ」
顎に手を掛けて、ぼくの顔を正面に向けさせ、曇った鏡にシャワーを掛けた。
ざっと流れる液体に、鏡がゆらゆらとぼく達を写す。
「や………!」
「恥かしくないから、目を開けて」
頬に口唇を寄せて優しくギイが囁いた。恐る恐る目を開けてみる。
「綺麗だろ………?」
後ろからギイに抱かれているぼく。その顔は………とても幸せそうな顔。
ぼく、こんな顔していたんだ。
「全然似てないよ。託生は誰よりも綺麗だ」
鏡越しに視線が絡まる。ギイは満足そうな微笑を浮かべ、肩口にキスを落とした。
「ほんとに、似てない?」
「似てない。オレだけしか知らない託生だよ」
託生ですら、今まで知らなかったろ?
クスリと笑うと、ギイはシャワーのノズルを壁に掛けた。今までの悩みを洗い流すように、熱いお湯が降
り注ぐ。
ホッと溜息を吐いたぼくの顔を覗き見ながら、
「もうこれで解禁だよな。一週間分、今日はやりまくるぞ」
嬉々としてギイがとんでもない事を口にした。
「もう!なんでギイはそうスケベなんだよ?!」
「じゃ、言い方を変えよう。オレを嘘つき呼ばわりした罰だ」
「嘘つきなんて言ってないじゃないか!」
「言ったも同然なんだよ、託生くん。似てないって言ったのに、オレを信じなかっただろ?」
「それはそうだけど………」
「だから、今日は一晩中託生の顔を見せてもらおう」
「やだ!」
ギイは不敵に笑うと、髪にキスをしてぼくを抱えなおした。
そして、予告通り実行に移したのだった。
今回の教訓。ギイに禁欲生活をさせると、あとが怖い。
ぼくはひとつ学習した。
勘違い (2002.2)
消灯を迎え電気も消えた305号室。
今日は体育があった為、おとなしくお互いのベッドに横になり、オレはうとうとと眠りに引きずり込まれそ
うになった時、隣のベッドから小さな声が上がった。
「ね、ギイ。まだ起きてる?」
「起きてるよ。何だ、眠れないのか?」
託生の方へ寝返りを打った。
「あのさ」
「うん?」
「そっち、行ってもいい?」
お?やっとその気になってくれたか。
オレがNOと言うわけないじゃないか!
「いいよ。どうぞ」
上ずった声にならないよう努めて平然に応え、オレはシーツの端を捲った。
託生はゆっくり起き上がり、オレのベッドに腰掛けると、シーツの中に潜り込んだ。
さて、託生からの誘いなんて滅多にない事だから、じっくり時間を掛けた方がいいかな、などと考えてい
るオレの気持ちを知ってか知らずか、託生はごそごそとオレに擦り寄ってきた。
今夜は、珍しく積極的だな。
嬉しさに顔が緩み、託生に口を寄せた時、今度は下の方にずりずりと降りていく。
ん?
託生はオレの胸の辺りに頬を寄せ、横向きのまま背中に腕を廻すと、大きく息を吐き瞳を閉じた。
「おい」
「なに?」
「キスできないじゃないか」
「え?」
「そのつもりで、来たんだろ?」
きょとんと見上げた託生の顔が赤く染まった。
「そんなつもりないよ!ただ、寒かったから………」
「寒かったから、オレをカイロにしたのか?」
「うん」
「おまえなぁ」
「だって、ギイ暖かいんだもん」
どっと脱力する。
こんなにぺったりと抱きつかれて、オレに我慢しろと言うのか?!
「暖房代は、体で支払ってもらおうか」
「やだよ。昨日もしたし、今日は体育で疲れてるんだよ。ぼく、もう眠たい」
言うなり、託生は瞳を閉じて
「おやすみ」
眠りの世界に引き込まれていった。
「託生~~」
呼びかけようが、何をしようが、目を覚ます気配はない。オレはというと、下半身がすっかり起きてしまっ
て、眠れる状態ではなくなってしまった。
バスルームで処理してこようかと、託生の腕を外しにかかると、反対にぎゅっとしがみつかれてしまう。
「おまえな、これは拷問だぞ」
深い溜息を付き、託生の頭をこづく。
「う~ん」
安心しきった顔ですやすやと寝息を立てる託生に、苦笑が漏れる。
「しょうがないな」
託生の背中に腕を廻し、寒くないようにシーツを整えた。
今日の代償は明日払ってもらうとして、これから寒さが厳しくなるのに、毎晩こうだったら幾らなんでも
理性が持たない。何か対策を考えないとな。
しかし、オレも少し眠くなってきた。暖かいと眠りやすいんだな。
対策は明日にして、心地よい眠りに身を任せることにしよう。
「おやすみ、託生。オレの夢を見ろよ」
託生の髪にキスを落とし、オレも瞳を閉じた。
たまには我慢する日があってもいいでしょ?と絶倫ギイを懲らしめるために書きました(笑)
いや~、ギイをいじめるのが楽しく楽しくて♪(性格悪)
こういうギャグ話は、顔をにやけさせながら楽しんで書いてます。
(2002.9.4)
朝の風景(2003.4)
オレの起床時間は6時。
目覚ましなしで起きちまう。
尤も、目覚ましなぞ無粋なものをかけて、託生を起こしてしまってはオレの楽しみが減ってしまうのだ
が。
託生をオレのキスで起こすのが、恋人の特権というものだ。
真面目な託生のこと。
寝る前にしっかり目覚ましをセットしているのだが、それを止める事は許さない。
託生の可愛らしい寝顔を見ながら、静かにスイッチをOFFにする。
物音をたてないように洗面所のドアを開け、顔を洗い、着替えを済ませて6時15分。
託生を起こすには、15分早い。
その間、自分のベッドに腰掛け、薄暗い室内に浮かぶ天使の寝顔を充分に楽しむのだ。
6時半。
ゆっくり託生のベッドに移動し、シーツの端を捲り、体重をかけない様に託生の上に体を滑らす。 「託生、朝だぞ」 柔らかな頬に、キス。
前髪をかきあげ、キス。
そして、食べてしまいたい位、可愛らしい口唇にキス。 「ん~~~~」
眠りを妨害された託生は、小さく唸り、寝返りを打とうとする。 「託生、そろそろ起きろ。6時半だぞ」
最初に見るものがオレであるように、少し顔を離して目を開けるのを待つ。
パチパチと瞬きを繰り返し、託生の焦点がオレに合う。
とたん、ボッと顔を赤くしてオロオロと視線を彷徨わせる。 「おはよう、託生」
「お………おはよう………ギイ」 にっこり笑って体をずらし、起き上がるのを手伝ってやると、素直に体を持たせかけベッドに上体を起こ
した。
寝癖で跳ねている髪も、目を擦っている子供っぽい仕草も、全てが無防備で愛しくて、つい抱き締め
て口付けてしまう。 「ギイ………!もう、起きるから」 止まらないキスの雨に、託生が根を上げて洗面所に駆け込んだら、オレの朝の楽しみは終了。
そして、愛しい恋人がドアから出てくるまで、窓を全開して煙草を咥える。
毎朝託生くんを起こしているギイは、一体起こすまでの間、何をしているんだろう・・・・・と、書いてみまし
た。
プラトニックな時でも、結構キスとかしてそうだ(笑)
タダより高いものはない? (2003.5)
夕食もお風呂も済み、只今夜の10時。
後は寝るだけと明日の用意をしていて気が付いた。
「英語の宿題、忘れてた………」
ベッドに寝転がって液晶テレビを見ていたギイが、あんぐり口を開ける。
「お前、あれだけ時間があったのに、何やってたんだ?」
委員会も元から予定なんて入っていなくて、今日一日ぼくは部屋でうだうだと過ごしていたのだ。
ギイはと言えば、松本先生の用事やら何やら、一日中学校内を走り回ってついさっき帰ってきたとこ
ろ。
心配だからといつもぼくを連れ回していたが、珍しく今日の行動は別々だった。
ギイの言い分は尤である。
「だって、忘れてたんだから、しょうがないだろ?」
でも、そう言われれば、反論したくなるのが世の常で。
翻訳5ページ分の宿題を手に、思わず口調が強くなってしまった。
「ほぉ、託生は一人で宿題がしたいんだな」
「え?」
「そうか。せっかく、オレが見てやろうと思ったのに、残念だな」
「あ……いや………その………」
「頑張れよ」
「ギイ!」
液晶テレビに視線を戻したギイのパジャマの裾を、遠慮がちに引っ張る。
「なんだ?」
「ぼくが悪かったです。ごめんなさい。教え下さい」
消灯まで1時間。英語が苦手なぼくとしては、頑張っても2ページが限界だ。
と、百も承知のギイはチラリとぼくを見て、
「タダより高いものはないんだよ、託生くん」
ぼそりと呟き体を起こした。
「え?」
「ま、託生のお願いだからな、仕方がない。見てあげよう」
素直に謝ったぼくに満足したのか、やれやれとスリッパを履いた。
「だから、ここがこうなって、助動詞が………」
「あ………あのね、ギイ」
「なんだ?」
「教えてくれるのは嬉しいんだけど、普通に教えてくれない?」
「普通に教えているじゃないか。どこか不満か?」
「不満じゃなくて………」
ギイはぼくの背後に立ち、背中に覆い被さって、教えてくれていた。
ギイが喋るたび、わざと寄せられた頬に熱い息がかかり、心臓がドキドキと跳ね上がって英語どころで
はない。
「あの、だから、ギイも椅子に座って………」
「ヤダ」
「はぁ?」
間髪いれずに即答したギイを振り返り、マジマジと見詰めてしまった。
ギイは屈めていた体を伸ばし、腰に手を当て上から拗ねた表情でぼくを見下ろす。
「椅子に座るって事は、託生から離れろって事だろ?」
「離れろ………って、数センチの距離じゃないか」
「例え何ミリでも、離れたくない。それが空気でも託生との間を邪魔する奴は、許さない」
…………呆れてしまう。単なる、駄々っ子じゃないか。
「ギイ、もしかして子供?」
頬を膨らませても可笑しくないギイの態度にクスリと笑うと、ギイはじろりと睨んだ。
その表情が、いつもの超然とした態度から余りにもかけ離れていて、笑いが止まらない。
ギイってば、可愛い。
不服な顔でぼくを見ていたギイが、何かを思いついたように不敵な笑みを浮かべた。
「オレ、子供か?」
え………?
「ギ………ギイ?」
身動きが出来ないようぼくを椅子ごと抱き締め、そのままぼくの首筋をきつく吸って、ゆっくりと舐め上げ
る。
「ちょっと、待っ………んっ!」
背筋にゾクリと電流が流れ、仰け反って露わになった喉元にキスを落としながらギイはシャツのボタン
に手を掛けた。
「子供はこんな事しないよな、託生」
「わかった!わかったから!……ぁ………」
「だから、なに?」
シャツに滑り込んだ悪戯な指先が、ぼくの乳首を掠める。
ぼくの思考に霧が掛かっていく。
「愛してるよ、託生」
「ん………」
ぼくの顎に手を掛け、真上から口唇を重ねる。
いつもとは違うキスの角度に、戸惑うぼくの下唇を舐め、上唇を啄ばみ、ゆるくなった隙間から熱い塊
が遠慮なく入ってきた。
くすぐる様に舌先を玩び、徐々に息が出来ないくらい深く絡め、ぼくの口唇から甘い雫が零れ落ち喉
元を濡らしていく。
「ギ………イ………」
それを追って頬を口唇で辿りながら、シャツのボタンを全部外し、パジャマのズボンに手を入れた。
「あ……ダメ………」
「ダメじゃないだろ?………託生、こんなになってる」
少し息の乱れたギイの言葉に、体が熱くなっていく。
ゆうるりとなぞられビクリと跳ねた瞬間、机からバラバラと音を立ててペンが転がり落ちた。
今までの甘い空気に似つかわしくない大きな音に、一気に頭が覚醒する。
「ギイ!まだ宿題終わってない!」
突然叫んで腕を振り解いたぼくを、あっけに取られたようにギイが見下ろす。
「お前、ここまできてお預けかよ?!」
「明日、ぼくが当たったら、どう責任取ってくれるんだよ?!」
「お前なぁ………」
宿題を忘れていたのはぼくの責任で、ギイには何の責任もありません。わかってはいるけど、このまま流
されると明日地獄を見るかもしれない。
呆れ返って眺めるギイを他所に、乱れたシャツを調え椅子を引く。
「自分でするから、もういい!」
「はいはい、わかりました。でも、託生一人じゃ明日の朝になっても終わらないだろうから、手伝ってやる
よ」
言いながら自分の椅子を引っ張ってくると、ぼくの横にすとんと座る。
散々文句を言いながらも、相変わらずぼくに甘いんだから。
「ありがとう、ギ………」
「その代わり、今日は5回な」
「へ?」
ボソリと呟かれた言葉に、ぼくはシャーペンをぽろりと落とした。
「タダより、高いものはないんだよ」
ニヤリと笑ったギイの横顔に、
「悪魔!!!」
と叫んだのは、無意識のことであった………。
タダより、高いものはない。
どうせ身を持って経験するなら、別の事柄で知りたかった。
次からは、宿題忘れないぞ!!!
なんとな~く、椅子ごと抱き締めている状態が思い浮かびまして、こんなギャグになってしまいました(笑)
って、これくらいなら、充分オモテだよね?
キスしかしてないし。あ、ちょっとお触りもしてるか(爆)
さて、この夜、託生くんは眠ることが出来たのか、否か………。
一度、訊いてみたい(爆)
(2003.5.7)
ポジション(2003.7)
託生と同室になって、早2週間。
初めの頃はお互いの生活のペースが掴めず、オレはともかく託生は戸惑っていたようだが、今では一
日の時間の流れを共有できるようになった。
そして、1年の頃は授業が終わると、食事以外は部屋から出なかった託生を事あるごとに連れ出し、
疲れない程度に他人と接触させるようにしている。
基となる原因は、まだわからない。
しかし、少しでも本当の託生に戻したい。
その思いから、章三の訝しげな視線を受けながら、託生を副級長に任命した。
側に居たいという感情も、もちろん入っていたが。
でもな、章三。
お前も、本当の託生を知らない。
託生は「無関心」と言われているが、結構責任感が強いんだぞ。出来ない人間を、オレが指名する
はずないだろう?
6時間目の終わりのチャイムが鳴り、HRまでの空き時間。
松本が来るまでの間、それぞれが帰りの用意や友人と話をしたりと、教室内がざわざわと喧騒に包ま
れていた。
今日の日直は、託生。
人の間を泳ぐように抜け、チョークの粉に少しむせながら黒板を消している。
その顔が妙に子供のように見えて、クスリと笑いを零した。
「おい、ギイ。何がおかしい」
おっと、章三の存在を忘れていた。
この2週間、託生を連れての行動にはどうしても制限があり、オレが動けない分、章三が走り回って
いた。
「人を使い走りにしてるんなら、話くらいちゃんと聞け」
「すまん」
片手を上げて拝み、目の端で託生を捕えながら、章三の話に耳を傾けたその時。
自分の席に戻ろうと河合の後ろを通り抜けた託生の顔面に、河合の振り上げた手が、バシッと音を
立ててヒットした。
反射的に立ち上がり託生の側に駆け寄ろうとしたオレに、章三が「ちょっと待て」と押し留める。
「邪魔するな!」
章三にしか聞こえない程の小声で睨みつけるオレに、
「自分の努力の結果を見るのも、いいんじゃないか?」
と、章三はニヤリと笑った。
託生は一瞬自分に起こった事がわからず、目を白黒させながら、殴られた鼻を右手で押さえて立ち
尽くす。
「ごめん!!」
振り向きながら謝った河合の顔が、相手が『葉山託生』だと知って変化する。面倒臭いやつに当たっ
ちまったなというような、表情だ。
クラス内のやつらも、黙ってその成り行きを見ていた。
しかし、過失ではあるが殴った事には変わりはない。
「葉山、ごめん」
口だけとも受け止めるような口調で、もう一度謝った河合に、
「あ、ぼくもぼーっとしていたから………。大丈夫だから気にしないで」
痛みに目を潤ませながら、それでも相手を労う託生に、その場に居る全員が驚きに息を飲む。
オレでさえも、驚いた。
今までの託生なら、相手をちらっと見て、無言でその場を離れただろう。その託生が相手の言葉に応
え、その上「気にするな」と相手を思いやっている。
たったそれだけの事なのに、オレは感動で胸が痛んだ。
「たまには、放っておくのもいいもんだろ?」
章三の言葉に、素直に頷いた。
託生は、変わっていたんだな。
変化の影に、オレが関わっている事が誇らしい。
感動に浸っていたその時、託生の右手から赤い液体がポトリと落ちた。
「葉山、鼻血!!」
今度こそ、オレは走った。
しかし、託生の席とは端と端。
しかも、全員が揃っている教室内を横切るのは至難の業で、教卓の前を通ろうとしたオレの目に、
「とりあえず、座れ!」
と、席を譲りブレザーを引っ張って託生を座らせる中川や、
「ティッシュ!ティッシュくれ!!」
と、みんなに叫んでいる河合や、その声に応えるまでもなく、ティッシュを投げつけている皆の姿が映
る。
「託生!」
「ギイ」
言われるまま座り、渡されるままティッシュを鼻に当てながら、でも、皆の反応に付いていけなくておど
おどとオレと見た託生に、心配ないと微笑んでみせた。
「大丈夫か?」
「うん………」
頭を上に向けさせ、血が止まるのを待つ。
「ギイ、ほら」
しばらく消えていた章三が、ハンカチを数枚濡らして持ってきた。
「サンキュ、章三」
託生の右手を開けさせ血を拭う。
「止まったか?」
顔を正面に向け、そっとティッシュを外す。汚れている顔を拭き、様子を見ると、鼻血は止まったよう
だった。
「大丈夫そうだな」
「うん」
オレの声に、クラスの空気がほっとしたものに変わる。
心配そうに立ち尽くしていた河合も、安堵の溜息を吐いた。
「葉山、ごめんな」
「え、あ、もう、大丈夫だし………あの………」
何度も謝られてどうしようと、縋るような目でオレを見た託生に、
「河合。この後、用事あるか?」
と助け舟を出した。
「いや、何も入ってないけど」
「じゃ、託生の掃除当番代わってやってくれないか?」
「え?!」
「OK、わかった。場所はどこだ?」
「裏庭」
「そ………そんな、いいよ、ギイ」
託生にしてみれば、そんなつもりでオレを見たんじゃないと思っているだろうが、不可抗力とは言え、河
合は怪我をさせたのだ。このくらい、当たり前だよな。
それに、
「葉山は気にしないでくれ。掃除は俺が引き受けた」
笑顔で応える河合の表情も、今までと違っている。
出来る事なら関わりたくないといった状態から、ごくごく普通のクラスメイトに話すような気軽さだ。
「ギイ。級長。今日のHRなしとの、松本先生からの伝言だ」
割って入った章三の声に、皆が手持ち無沙汰で待っているのを思い出した。
慣れない雰囲気に小さくなっている託生の為にも、ここは早く帰ってもらった方がいい。
「おぅ!ってことでHRはなし。皆、解散してくれ」
オレの一声に、目を見合わせながら、ざわざわと散っていく。
「じゃあ、河合も頼むな」
「任せとけ」
いつの間にか自分そっちのけで話が進み、あたふたと慌てている託生に、
「託生も帰るぞ」
と、促した。
「え?!あ………うん。あの………河合君、ごめんね」
「気にするなって。俺が悪かったんだから、当たり前だよ」
謝る必要はないのに、本来の託生の性格が出たのか、申し訳なさそうに言って自分の鞄を手に取
る。
そして、教室を後にした。
夕食の席では、何人ものクラスメイトに声を掛けられ、どぎまぎしながらも少し顔を赤らめて「ありがと
う。大丈夫」と言葉を返し、食べ終わるのにいつもの倍の時間がかかってしまった。
「託生、疲れてないか?」
小声で問うたオレに、託生は一瞬きょとんとした顔をし、
「うん。大丈夫」
無意識の事だろうが、ふわりと微笑んだ。
ドキリとした。
何もかも包み込んでくれるような笑顔に、託生は何も変わっていないと、改めて確信する。
嬉しさに、抱き締めたい衝動を押さえ込み、ポーカーフェースを作ったオレの目に映ったのは、箸を止め
こちらを凝視してる奴らが数人。
それも、驚いた表情ではなく、これは………。
「託生、帰るぞ」
「え、うん」
突然立ち上がったオレに、託生が慌てて後に続く。
そして、託生を急かしてトレーを返し、急いで食堂を後にした。
託生の原因を取り除き、元に戻ってほしい。そして、二人の関係をもっと深く築いていきたい。
しかし、託生が元通りになったら、オレの周り、ライバルだらけになるんじゃないか?!
「ギイ、さっきから黙って、どうしたの?」
食堂を出てから一言も喋っていないオレに、託生が覗き込む。
「託生!!」
託生に向き直ると、託生はビクリと一歩下がり、
「な………なに、突然?」
訝しげに、問う。
「オレ、お前の恋人だよな」
「な!………こんな所で、なに言ってるんだよ」
そそくさと小声で言って、耳まで真っ赤にして託生が足早に廊下を進む。
「なぁ。オレの事、好き?」
「ギ………ギイ!!」
追いかけて耳元で聞くと、真っ赤な顔を更に赤くして、ジロリと睨んだ。
睨んだ顔も、可愛い。
と、思った瞬間、オレは託生の口唇を塞いでいた。
死角部分とは言え、誰も来ない保証などない往来。
「だ………だ………だ………大っ嫌いだ!!」
託生は口唇を両手で押さえ、脱兎のごとく逃げ出す。
「託生~~~~~~~」
名前を呼びながら、これからの事を考える。
恋人の位置を維持するには、どうしたらいいか。早急な検討が必要なようだ。
嫌悪症時代を書くのは、1年10ヶ月ぶり………ってか、一度しか書いた事がないけど;(Sweet)
CDが届いて、改めて嫌悪症時代の話を読んで、思いつきました。
でも、実際はどうだったんだろうなぁ。
(2003.7.3)
Secret(2003.11)
ギイが友人に呼び出され、帰りは消灯間際だろうなぁと考えたぼくは、少し時間が早かったのだが、お
風呂に入る事にした。
いつもなら、順番を待っているギイに気を使い、ゆっくりと浸かる事が出来ないのだが、今日は別。
温いお湯に体を沈め、眠るように目を閉じて、ホッと溜息を吐いた時、突然ピンポンパーンポーンと、お
気楽な放送が鳴った。
『今から、3階の持ち物検査を行います。各自、自室に戻ってください』
うわっ。
別に隠すような物はないのだけど、とりあえずお風呂から出なければならない。バスルームも検査対象
になっているのだから。
ついでに、自室で待機というのは、廻ってくる間に別の階にブツを持っていかせない為のものである。
ぼくは、お風呂のお湯を抜き、脱衣所で体を拭っていると、
「託生!!」
突然、ドアが開きギイが飛び込んできた。
「ギイ、寒い!!」
慌てて体を隠し、ギイを睨む。
「あ、悪い」
悪いと思っていないような表情で、口だけ謝罪を言い、
「それより、隠すものあるか?」
と、慌てた様子でぼくに問う。
「ギイじゃあるまいし、何もないよ。それより、寒いからドア閉めて」
「わかった」
バタンとドアを閉めた向こう側からは、なにやらバタバタと物音が聞こえる。
それは、そうだろう。
酒、煙草、携帯電話。
エッチな本は持っていないだろうが、見つかれば数日停学処分を受けるものが、この部屋にはあるの
だ。
「隠すくらいなら、止めればいいのに」
呆れながらぼくは身支度を整えドアを開けると、既にギイは自分のベッドに腰掛け、雑誌を読んでい
た。
さすが、ギイ。素早い………。
そう思った矢先、ノックが響いた。
「やれやれ、いつもの事ながら疲れるなぁ」
にこやかに島田先生及び風紀委員の面々を見送り、ギイはベッドにゴロンと横になる。
「確かに、物々しいよね」
検査と言えども、やはり自分の荷物をひっくり返されるのはいい気がするものじゃない。
しかし、これがなければ、寮内は無法地帯になってしまうだろう。
「ところで、ギイ。一体、どこに隠したのさ?」
向こうも、プロ。与えられた部屋の中で隠せる場所というのは限られているもので、もちろんそれを把握
されている。
隠し場所に窮した人達が、どうしようもなく窓の外に投げ捨てる選択をするのは日常茶飯事。
しかし、ギイのことだ。
捨てるなんて、勿体無いことは絶対しない。
「あ?………あぁ」
ギイは、ニヤリと笑うとカーテンを開け、窓も開けた。
「ここ」
窓を乗り出して指差す所を見ると………。
呆れた。
いつのまに窓枠に釘なんか………。
「窓の外までは見ないだろ?纏めて、ここにかけておけばOK」
まさか窓の外にぶら下げているとは、誰も思わないだろう。
しかし………。
「ギイって、大胆」
「今に始まったことじゃないだろ?」
飄々とのたまって、「それより、託生」と背後から抱き締めた。
「もう今日は部屋から出て行けないし、客が来る事もない」
首筋に口唇を押し付け、チュッと音を立ててキスをする。
くすぐったさに首を捩ると、まだ湿った髪に口唇を移動させた。
「見つかったらヤバイ事、しようか?」
悪戯っぽく目を細めたギイの頬に同意のキスを返すと、ギイはぼくを抱き締めたまま、開けっ放しの窓と
カーテンを閉めた。
一体、何を書きたかったのか?!
当分書いてなかったので、リハビリみたいなもんで;
珍しく、ちゃんとキスしてないギイタクでした。
(2003.11.30)
日常会話(2004.1)
ギイと交代でシャワーを浴びバスルームを出ると、部屋の電気は消え、月明かりがカーテンの隙間か
ら、ほんのりと差し込んでいた。
暗闇に慣れない目には、ギイの姿が映らない。 「ギイ………?」
もう、眠ってしまっているかもしれないので、小さく呼びかけてみる。
「ここだよ、託生」 「どうしたの?スタンドくらいつけたら?」
ギイのベッドに近寄ったぼくの腕を掴み、ぐっと引っ張ると、ぼくを押し倒し自分の下に組み引いた。 「うわっ」 「つけていいのか?」 笑いを含み、耳元で囁く声に、ズンと背筋に覚えのある感覚が走る。
が、このまま流されてしまうのも癪に触るので、ギイから逃れるように身じろぎをし、
「今日は、ダメだよ」
ギイの肩を、押し返した。
「どうして?」
「だって………昨日もしたじゃないか」
「昨日は昨日。今日は今日。明日は土曜で半ドンなんだから、いいだろ?」
「でも………ん…………」
ぼくの抗議を聞く事なんて、最初っから考えもしないように、ギイの細長い指がパジャマのボタンにか
かった。
ストレス解消(2004.3)
第一校舎と第二校舎を繋ぐ渡り廊下。
スキップをしそうなくらい上機嫌で歩くギイと、泣き出しそうなくらい顔を赤くしてその後ろを歩く託生。 「ね………ねぇ。もう、離してよ」
「や~だね。約束だろ、託生?」
「あんな、一方的な約束!」
二人の間には、しっかりと恋人繋ぎをした手が存在していた。
「………お前ら、何やってるんだ?」
世間の迷惑を考えろ!と言外に含ませ、反対側から歩いてきた章三が目を細め睨む。
「ほ………ほら、赤池君も怒ってるじゃないか」
あからさまにホッとした顔をして、託生は繋がれた自分の手を取り返すがごとく引っ張った。
「大胆だなぁ、託生。なに?そんなにオレとくっ付きたかった?」
「ちがっ………違う!!」
繋いだ手を外すこともなく、べったりと託生に擦り寄るギイに、章三のこめかみに青筋が浮かぶ。
「ギイ………」
「なんだよ。別にいいじゃん」
「じゃなくって、そんなにベタベタしたいのなら、僕の目の届かない所でしてくれ!葉山も!嫌なら嫌で、
はっきりギイに抵抗しろ!」
びしっと人差し指を立て指摘する章三に、ぶんぶんと手を振りほどこうとする託生と、めげずにぎゅっと力
を入れるギイ。
「違うぞ、章三。託生は了承してくれたんだぞ。な、託生?」
「でもでも、もう充分だろ?」
ちらちらと章三の顔色を見ながら、泣きそうな顔をする託生にギイはひょいと眉を上げ、仕方がないな
とすんなり手を外した。
「お前ら、時と場所を考えて行動しろ」
「って言ってもなぁ。約束だし?」
「っ!」
「葉山………お前なんの弱み握られたんだ?」
「な………なんでもないよ」
言える訳がない。
章三の目を盗んで、ピーマンとニンジンをギイに食べてもらったことなんて。
「ふ~ん?」
「そ………それより、5時間目始まっちゃうよ。次、移動だろ?」
「だな。オレたち、先に教室戻ってるからな」
と、歩き出した二人を、章三が呼び止めた。
「あ、葉山」
「なに?」
振り返った託生に、にっこりと微笑み、
「今日の夕食、青椒牛肉だそうだ。6時半に305号室に行くから、3人で食おう」
ざーーーっと青ざめた託生を尻目に、章三は颯爽とブレザーを翻し第一校舎に向かった。
「これ以上、楽しいおもちゃはないよな」
バカップルのフォローをするのだから、これくらい遊ばせてもらわないと。
いい根性をした章三であった。
意味わからん………;
残骸(2004.3)
「それでね、ギイ」
興奮気味に話す託生に相槌を打ちながら、オレの意識はさくらんぼ色をした口唇に釘付けになる。
赤く色づき艶やかに光を反射して、存在を知らしめる。
あの口唇は、どれだけ柔らかいだろう。
その奥に息づいた熱い塊は、どれだけ溶け合うだろう。
考えるだけでオレの体は逆流して、身を焦がすほど熱く変化していく。
「ギイ?」
そして、オレの名前を紡ぐとき。
その熱は頂点に達し、理性と言う名のダムにせき止められていた流れは激流に変わり、託生を自分
の物にするべく新しい道を作っていく。
「愛してる、託生」
突然の抱擁に意味がわからず、あたふたと慌てる託生の体を腕の中に閉じ込め、色づいた口唇にそ
れを重ねる。
予想通りの柔らかさに笑みが漏れ、吐息さえ逃さぬように深く深く追い求めると、脱力したように託生
が身を任せた。
「託生………」
「…………馬鹿ギイ」
目尻を赤く染めながら、潤んだ瞳を隠しもせず、正面から射抜いた視線に、理性などと言う人間らし
い感情は飛んでしまった。
残ったのは………白いシーツに汗ばんだ熱い体と白い液体だけ。
I'm Getting Sentimental Over You(2007.7)
ベッドのスプリングが跳ねたような感覚と、肩に掛かったシーツが引っ張られたような気がして、目が覚
めた。
真夜中の3時過ぎ。
隣に眠っているはずの託生を見ると、暑かったのかシーツを蹴飛ばし、事が終わったあと寒いだろうと
着せ掛けたオレの上着を、胸の辺りまで捲し上げていた。
「おい、こら、風邪引くだろう」
苦笑をもらしつつ、上着を整え、シーツをふわりと掛けると、
「うーん」
眉間に皺を寄せ、せっかく被せたシーツをまた蹴り飛ばしてしまう。
「おまえは、子供か………」
半ば呆れながら、もう一度シーツに手を伸ばすオレの方に、コロリと寝返りを打ち、ふいに素足をオレ
の足に絡ませた。
しっとりと濡れたような感触に、オレの体が目覚めていく。子供のような邪気のない寝顔が、たまらなく
色っぽく変化していく。
「託生、これはオレのせいじゃないからな」
呟いて、背中に廻した手に力を込めると、託生が少しばかり抵抗した。
軽く開いた唇に触れるだけのキス。
輪郭をなぞるように舌先で遊んでやると、託生の唇がオレを誘うようにかすかに動き、絡んだ足が強請
るように膝の裏を引っかいた。
「誘われたら断るのは悪いよな」
一気に熱くなった体に言い訳をし、パジャマのボタンを一つ一つ外していく。
数時間前につけた赤い印が、鮮やかに浮かび上がり、うっとりと目を細めた。
「託生………」
吸い寄せられるように首筋に唇を落とし、晒された胸の飾りを指で挟んだ。
「ん………あ…………」
徐々に高くなる体温と桜色に変化する肌を楽しみながら、反対の赤い実に唇を寄せる。
「な………に………?」
自分の身に起こっている違和感に気付いたのか、託生がうっすらと覚醒した。
「おはよう、託生」
「ギイ………って、何してるんだよ?!」
「ん~、おしおき」
「は?!」
「せっかく風邪を引かないように、オレがシーツをかけてやったのに、託生蹴り落とすんだからなぁ。だか
ら、おしおき」
言いながら、胸にあった手を託生の下半身に這わす。
「んんっ!もう、ギイ、意味わかんないよ」
「わかんなくても。第一誘ったのは託生だし」
「誘ってない!」
「もう、黙れよ」
唇を合わせ舌を絡めながら、右手の動きに勢いをつけると、託生の抵抗が薄れ腰が怪しく揺らめい
た。
「愛しているよ、託生」
柔らかく濡れたままの蕾にそっと指を這わして、託生の足を腰に絡ませる。
託生は諦めたように「もう」と小さく睨んで、
「スケベ、我侭御曹司!」
最後の抵抗を試みる。
そんな潤んだ目をして文句を言っても、可愛いだけだぞ?
「はいはいはい。そのとおり」
プイッと視線を外した託生の頬に口付けながら、愛しい体を貫いた。
「寝ている所を襲うなんて、信じられない!」
呼吸が落ち着いて発した第一声に、思わず苦笑い。
「悪かった」
「どうして、そんなに自分勝手なのさ!」
「だって、託生の体が『美味しいよ~』って誘ってくるんだよな」
「な………な………」
金魚のように口を開けたり閉じたりしている託生を胸に抱きこみ、
「スケベな我侭御曹司でも、好きだろ?」
好きだと言ってくれ。
「…………朝きちんと起こしてくれるなら、もっと好き」
ボソッと呟いて、真っ赤になった顔を隠すように、胸に押し付ける。
その可愛らしい仕草と欲しい台詞をくれた託生に破顔し、
「任せろ。責任持って起こす」
さらさらの髪にキスを送った。
「もう、シーツ蹴飛ばすなよ」
「………うん」
「蹴飛ばしたら、もう一回襲うからな」
「…………うん」
「愛しているよ」
「……………」
寝息を立て始めた託生におやすみのキスを落とし、わずかな睡眠時間を取るべくオレも目を閉じた。
なんとなく書きたくなって、たまたまギイくんの誕生日だったもんで、書いてしまいました(意味不明)
「I'm Getting Sentimental Over You(センチになって)」は トミー・ドーシー楽団のテーマミュージックから。
ほぼ毎日BGMでJAZZをかけてるので、こちらもなんとなく。
あぁ、ギイタク読みたいな………。
(2007.7.29)
Call Me(2007.7)
授業が始まって第一日目。
託生を副級長に任命し、しかし託生だけ指名するわけにもいかず、全委員を独断で決め、とりあえず
本日の級長としての仕事を終えたオレは、託生が待っている(であろう)305号室のドアを開けた。
「託生、ただいま!」
ベッドに腰掛けた託生は、ノックもなしに開けたドアにギョッとしつつ、
「お………かえり………」
と、言葉を返してくれた。
ジーーーーン。
託生に「おかえり」と言ってもらえる幸せを噛み締めながら、ポーカーフェイスを装い荷物を机に置く。
託生を見ると、風呂以外のすべての用事は終わらせたようだ。
「先に風呂使ってもいいぞ」
「え?あ、昨日先に入らせてもらったから、今日は崎君」
「ギ、イ!」
「!!ギ………ギイからどうぞ」
「なあ。そんなに呼びにくいか?」
「そういう………わけでは………」
「片倉んこと利久って呼んでるのに、オレは駄目なのかよ?利久は4文字だけど、ギイはたった2文字だ
ぞ?」
「だって…………」
緊張するんだよ。
俯き加減でボソッと呟く託生に片目を瞑り、「うーん」と天井を見上げた。
まだまだオレと一緒にいるだけで緊張してしまう託生。
二人でいるのが当たり前の関係になってほしいが、名前すら呼んでもらえない今の状況からは、程遠
い。
せめて名前だけでも、普通に呼んでもらいたい。
どうしたものかと考えていたオレは、ひらめいた。
「託生、じゃんけん!」
「…………は?」
目の前に出された拳とオレの顔を交互に見ながら、
「じゃんけん……」
掛け声に素直に反応して、慌てて右手を出した。
「ポン!」
よっし、オレの勝ち。
「あっち向いて、託生!」
そのままの勢いで左に向けたオレの人差し指に釣られて、託生が左を向く。
数秒そのまま固まり、呆然とオレに向き直って、
「………なに、今の?」
素朴な疑問をした。
「あっち向いてホイ」
「じゃなくて」
「………の、変形。『ホイ』を名前に変えるんだ。しかも別の奴の名前で首を動かすとNG」
ポカンと呆れた顔をしている託生に、押しが肝心とばかりに、
「よし、もう1回!じゃんけん、ポン!」
と声をかけると、じゃんけんをする必要もないのに、条件反射で右手を出した。
今度は、託生の勝ち。
「あ……あっち向いて………」
「おい、そこで止めるな」
「あ、ごめん」
「リズムのノリが大切なんだぞ」
クソ真面目な顔をして、まるで託生が悪いことをしたように畳み掛ける。
「ほら、続き続き」
「あ………あっちむいて、ギイ」
消極的な声と共に下に向けた。
「残念。託生の負け~」
託生の指と反対に顔を向けたオレは、ニヤリと笑って挑発した。
本来負けず嫌いの託生が挑発に乗らないわけがない。
案の定、ムッとした顔をして、
「もう1回!」
と右手を出してくる。
「「じゃんけん、ポン!」」
「あっち向いて、ギイ!」
「「じゃんけん、ポン!」」
「あっち向いて、章三!」
「えぇぇぇぇぇっ?!」
「わはは、ひっかっかった」
『あっちむいてホイ』の変形と称して誘ったのは、正解だった。誘ったというより、勝手に始めたものだ
が。
一喜一憂しコロコロと変わる表情を楽しみつつ、オレも子供のようにはしゃいでみせた。
「25勝5敗か。まだまだだな、託生くん?」
「次は絶対、ギイに勝つんだからね!………あ」
咄嗟に口に手をあて、上目遣いに見やる様は、抱きしめたいくらい可愛い。
「さてと、風呂でも入ってくるとするか」
そんな託生にキスしたいのは山々なれど、自然体で「ギイ」と呼んでくれるこの空気を壊したくなかった
オレは、ウインクをひとつ決めてバスルームのドアを開けた。
託生がオレの名前を呼んだ夜。
オレの願いがかなった、ひとつの夜。
「困っていたんです」カテゴリーの『実は困っていたんです』に続きます。
ただいま、ギイタクが頭ん中でマラソンをしております。
もう、なんかわけがわからないくらい、ドタバタと。
ということで(?)、閉鎖しているにもかかわらずまたもや更新しました。
「Call Me」はボサノバの名曲から。
………って、よくありそうなタイトルだな。
………と、実はアップして数時間後に少しゲームの内容を変えました。
こっちの方が、すんなり行くかなぁなんて思って。
(2007.7.31)
Black & White (2007.8)*Night*
Pipipipi
最小にした目覚し時計の音で、目が覚めた。
隣で寝ている託生を起こさないよう、素早く電子音を消し、そのまま大きく伸びをして、ゆっくり起き上
がる。
あどけない寝顔の託生に小さなキスを送り、ベッドに腰掛けたそのとき、
「う………ん…………」
オレの方に寝返りを打ち、託生が後ろから抱き付いてきた。
「託生………?」
肩越しに振り返ると、腰のあたりに顔を埋めたまま、規則正しい寝息の託生。
しかし………。
朝一番は、確かに握りやすい。
オレ的には、とても嬉しい事だ。
証拠に目覚めたばかりだというのに、あらぬ熱が体の中心から湧き上がっている。
「どうしたものかな」
オレは託生の握り込んだ手を見ながら、真剣に悩んでしまった。
託生を起こすには、まだ早い時間だ。それに、この可愛い寝顔を堪能したい。
しかし、このままだとオレの理性はガタガタに崩れ落ちるだろう。
仕方がない。
「託生………託生?」
振り返りつつ、託生の背中を軽く叩いた。
「う~ん………」
少し離れてくれれば事が終わるのに、あろう事か託生は抱きつく腕に力を込め、嫌々をするように腰
に顔を摺り寄せる。
「託生~~」
SEXに突入して怒るのはお前だろうが。それとも、このまま託生の手で抜いてやろうか。
いらぬ欲望が頭の中を過ぎる。
そして、その欲望は意思で押さえ込むのが難しいほど、甘美な香りを纏っていた。
オレを握っている託生の手に右手を重ね、ゆっくりとスライドさせる。
動かしているのはオレなのに、触れているのが託生の手だというだけで、一気にボルテージが上がった。
未だに寝息を立てている託生に安心し、スピードが増していく。
「く………」
包み込む柔らかな託生の手。
体を重ねるときは、まるで愛撫するようにオレの髪をかき上げ、言葉とは裏腹に引き寄せ強請る。
オレだけの託生。
オレの前だけ淫らに乱れ、濡れた裸体を惜しげもなく晒し、熱く包み込む。
「たくみ………た………くみ…………うっ!」
性が迸る。
目を閉じて、快感の余韻に浸りそうになったとき、手の上を滑った白い液体の感触に、我を取り戻し
た。
咄嗟に振り返ると、託生は天使のような顔で寝息を立てていた………。
まだまだ妄想期間続行中?!
ということで、日記に途中まで書いて放っておいたものをアップ。
元々はバカ話だったような気がするんだけど、何故かこのようになってしまいました。
Nightというには、ちょっとお粗末でした。
(2007.8.2)
天使の矢(2007.9)
世界が終わりを告げるとき
天使の歌声が地上に鳴り響き朝の光差す所
我がたから封印す――――――――
バレンタイン騒動も一段落し、束の間の平穏な日がやってきた。
ぼくは2-D担当最後の図書当番に任命され、喜んで図書館にいた。
どうして喜んでいるのかと言うと、寮は小さな電気ストーブ一つしか暖房器具がないが、校舎は温泉
を利用した空調施設が整っている。
そういうことだ。
しかし、閉館間近のこの時間、もう図書館には誰もいなかった。
「葉山君、ちょっと用事があるから、戸締りお願いできる?」
司書室から顔を出した中山先生が、のんびりと図書カードの整理をしていたぼくに話しかけた。
「いいですよ。鍵は職員室に返せばいいんですよね?」
「えぇ。じゃ、宜しくね」
慌しく中山先生が出ていき、本当に一人きりになったぼくは、カウンターに突っ伏した。
「はぁ、このまま寝てしまいたい」
寮とは大違いの暖かさに、自然に目が閉じてくる。
窓の下に置かれた、小さな電気ストーブの電熱線が赤くなるのを、手をかざしながら待っている時間
は寒くて長くて。
『託生、暖めてやろうか』
ギイが背中から覆いかぶさるように抱きしめる暖かさに、溶けそうになって………。
じゃなくて!
誰もいないのに慌てて周りを見回し、熱くなった頬に手を当てたとき、
「お、今日は葉山が当番か」
野太い声が入り口から響き、飛び上がらんくらい驚いた。
「ま………つもと先………生」
「な………なんだ?そんなに驚かしたか?」
「いぃぃいぃぃいぃえっ!!」
挙動不審なぼくに眉を寄せながら「そうか?」と、松本先生はカウンターに分厚い本を置いた。
「すまん、これ戻しておいてほしいんだが」
「わかりました。お預かりします」
誤魔化すように努めて(ぼくなりに)平静を装い、その重い本をカウンター内に引き寄せる。
「じゃあ、頼んだぞ。お前も食いっぱぐれない程度に戻れよ」
大きな体を揺らしながら、担任らしく一言言い置いて出て行った。
「………びっくりした」
やましい事はないけれど(いや、バレたら退学なのだけど)、やはり恋人の事を考えていたと知られるの
は恥ずかしい。
それよりも、四六時中一緒にいるのに、少し別行動をしているだけで思い浮かべてしまうのは、3年に
進級した時の事を考えると。
「ヤバイよね」
今年のように、べったりできる事は、どう考えてもありえない。
同じ部屋は絶対無理だけど(どうせギイは階段長に選ばれてしまうだろうし)、同じクラスだったらいい
な。
と、先の事を考えても仕方がない。
さてと。
「この本は………と、書庫か」
誰もいないのだから、少しくらい受付を外してもいいだろう。
勝手に自己完結し、ぼくは書庫のドアを開けた。
「んん、なかなか入らないなぁ」
どうして、こんな重い本を本棚の一番上に決めるかなぁ。
背伸びをして左手で隙間を開けながら、押し込もうと躍起になっていると、
「うわぁぁぁ!」
本が反乱を起こした。
バサバサッ!
降り積もる、本の山。
「………やっちゃったよ」
なんたる失態。
もうもうと舞う埃と周りに散らばる本に溜息が出てくる。
と、その時、
「何してるんだ?」
待っていました!のレインボーボイス。
相変わらず神出鬼没だね、ギイ。
でも、
「見たらわかるだろ?」
そこで立っているなら、助けてくれたっていいじゃないか。
無言の訴えを間違えず汲み取ったギイは、ぼくの姿に笑いを噛み殺していても、
「怪我はないか?」
頭から被った埃を手ではらってくれた。
「どうして、ここに?」
「託生の事だから、暖かい図書室から極寒の外になかなか出てこないだろうから、人間カイロのオレが迎
えに来たわけだ」
と、腕を広げるギイに、ぼくが急遽図書当番に任命された理由がわかった。
相変わらず、ぼくに甘いんだから。嬉しいけど。
ギイは、床に散らばった本を拾い手際よく"上段"に並べていった。松本先生が返しに来た、あの重い
本もだ。
むむむ。この身長差が悔しい。
数ヶ月前は、同じくらいだったのに………!
「日が暮れてきたな」
「そうだね」
窓から差し込む夕暮れを、目を細めて眺めるギイの端正な横顔に鼓動が跳ね上がる。
徐々に日が落ち書庫の中が薄暗くなっていく。
「ギイ、戻らないの?」
「ん~、これはチャンスかなと思って」
「なんの………んんっ!」
突然の抱擁にギュッと目を瞑って体を硬くしたぼくに二度三度軽くキスをし、舌で軽くノックする。
おずおずと力を抜いて唇を薄く開けると、待っていたようにギイの舌が絡み付いてきた。
ここは、書庫なのに。理性をも揺さぶられるようなキスに、ココロもカラダも落ちていく。
「託生………」
「ダ……メ………だよ。もう………戻らない………と………あぁ!」
正面に座り込んだギイの手が、服の上からぼくを撫で上げる。
「こんなになってる」
耳元で囁く掠れたギイの声に電流が走り、反論の言葉が吸い込まれていく。
意図を持った悪戯な手を止めようと、目を開けた視界に小さな紙片が映り、ぼくの思考がクリアに
なった。
「ギイ、何か落ちてる」
「落とし物は、落とし主が勝手に探しに来るだろ?そんなことより、託生………」
もう一度唇を寄せてきたギイの口を両手で押しやる。
「ダメだってば!本を落としたときに、ページが破れたのかもしれないだろ?」
ギイは、睨んだぼくにガックリ肩を落とし、
「せっかく、いい雰囲気だったのに………」
溜息を一つ吐いて、でも、あっさりぼくを放すと、折れ曲がった紙片を拾った。
「これ、何かのメモのようだぞ」
『世界が終わりを告げるとき
天使の歌声が地上に鳴り響き朝の光差す所
我がたから封印す』
「本に挟まっていたのかな?」
「だろうな」
「これって、宝探しのヒントに見えないか?」
言われてみれば、時と場所のようなものが書かれてある。
「紙も文字もかなり古いから、何十年も前の卒業生が残したものだろうな………ということは、祠堂の
中ってことか」
それはそうだろうけど、ギイの顔を見ていると、ぼくは嫌な予感がしてならないんだよ。
「もしかして、ギイ探すつもり?」
「おや、好奇心旺盛な託生くん。気にならないのか?」
「気になると言えば気になるけど………」
「けど?」
場所が祠堂の中と言われると、何故か尻ごみしてしまう。
「今は、冬なんだよ?」
それが、どうした?というようなギイの視線に、
「校舎や寮の中だと限定されているならいいけど、祠堂全体を対象にしているのなら雪だらけじゃない
か!」
こんな寒い中を探すほど、ぼくは酔狂じゃありません!
「まぁまぁ」
「ギイ!」
「まずは、時と場所を特定しないといけないだろ?祠堂の中を探すのはその後だから、大丈夫だって」
探す気満々のギイには、何を言っても通じない。
「それにしても、何故かこの時期は、宝探し話が出てくるよな」
「そうなの?」
ギイは目を見張り、ふっと優しげに笑った。
「託生、オレと宝探ししないか?」
「というか、そのつもりだったんだろ?」
「や、そうだけど、一応託生くんの許可を取ろうと思って」
「でも、寒いだろ?」
寒いのは苦手なんだよ。
「オレが人間カイロになってやるから、オレと宝探ししよう。な?」
「………うん」
とたんギイは破顔し「約束の印」と口唇を落とした。
図書室から極寒のグラウンドを横切って(ギイが人間カイロをしてくれたけど)、寮の玄関に入ったと
き、
「先に部屋に戻っておいてくれ」
と言われ、さっさと305号室の電気ストーブを独り占めしていると、小脇に何かを抱えギイが帰ってき
た。
「ギイ、それ何?」
「天使がいそうな場所を探そうと思って、業務員室から借りてきた」
誰もが一度はお世話になる『校内見取り図』。
改めて見ると、あまりの広さにくらくらしてくる。この中を探すのか………。
気乗りしていないぼくを知ってか知らずか、ギイはぼくを椅子に座らせ、温めるように背中から抱きしめ
た。
「天使と言えば相場は教会だが、十数年前に取り壊されているしな」
「そうなんだ」
「他にあったか?」
「もしかしたらレリーフかもしれないよ?あの窓枠のように」
「窓枠に何かあるのか?」
「え、角に祠堂の『S』の文字が彫られてるじゃないか」
ぼくの言葉に、ギイは窓枠をじっと凝視して
「知らなかった」
と呟いた。
「すごいぞ、託生」
ギイに褒められて満更でもない、ぼく。
「しかし『天使の歌声が地上に鳴り響く』んだろ?もう少し大きいと思うぞ」
そりゃ、こんな小さくはないだろうけど。
「『歌声』なら、音楽室か………音楽堂かな?」
「音楽堂か。ゆっくり見たこともなかったな。明日の放課後にでも行ってみるか」
う………あの雪の中を歩くのか。
尻込みしそうになったぼくに気付いたギイは、「一緒に行こうな、託生」とニヤリと笑って先手を打った。
「大丈夫か、託生?」
言いながら、ギイはぼくを自分のコートでくるむように、肩に腕を回した。
ホワホワのセーターが暖かい。
「うん、大丈夫。雪が止んでよかったね」
「あぁ、滑りやすくなっているから、気をつけろよ」
翌日の放課後、寮の部屋に荷物を置き、ぼくとギイは雪だらけの道を音楽堂に向かって歩いていた。
「ねぇ、結局、天使って、校舎内にはなかったの?」
「あぁ、一応島田御大にも聞いてみたんだが、それらしきものはないとおっしゃっていた」
「そうなんだ」
学園長よりも、誰よりもこの学院のことに詳しい島田先生がそう言うなら、間違いはないだろう。
しばらく歩くと白くキラキラした風景が開き、古びた音楽堂の影が見えてきた。
閉じ込められたこともあり、黒くて怖い印象の音楽堂であったが、ここから始まったんだと思うと、今は
愛おしささえ感じる。
ぼくが感慨に浸っていると、
「託生、あれ!」
ギイが、指を差して叫んだ。
なんと音楽堂の屋根の中央部、塔の上に天使の像が一つ立っていたのだ。太陽に反射して黒く見
えるけど、間違いなく天使の像だ。
でも。
「『天使の歌声が地上に鳴り響き朝の光差す所』だろ?あの天使像が歌うわけがないよね」
「んー、じゃなくて、あの天使像そのものが、針の役目をしているんじゃないか?」
「どういうこと?」
「だから、見たところ、あの天使像に光を通す穴はないし、第一に朝日があの天使像に当たったとき、
角度的に光は斜め上になるだろ?だが天使像に反射した光は、もしかしたら地上を差すかもしれない
じゃんか」
なるほど。
「でも、そんなに上手く反射するかな?」
「それはわからないが、反射はすると思うぞ。あの矢の部分、少し光ってるし」
「そう?」
「あぁ」
目をこらして見るのだが、ぼくには矢しか見えない。
でも、視力のいいギイが言うのなら、そうなのだろう。
「ということで、天使の確認もできたし、寮に戻って前半の謎解きをするか」
託生が凍っちゃう前に。
からかうギイに、
「ぼく、ギイのコーヒーが飲みたいな」
ちょっと我侭を言ってみると、嬉しそうに「了解」と髪にキスを落とした。
貧乏臭いギイが、文句も言わずにコーヒーを入れてくれるなんて、何か裏がありそうで、少し怖い。
「おい、葉山」
夕食後、ギイが評議委員に呼び出され、305号室で一人宿題と格闘していると、軽やかなノックの
音と共に、章三部屋に入ってきた。
「赤池君?」
「ギイ、どうしたんだ?」
「ギイなら、評議委員に呼ばれて………」
「それは知っている。じゃなくて、あの浮かれようは何だ?見ているほうが恥ずかしい」
「ギイ、浮かれてる?」
「あぁ、あれは4月以来の浮かれようだぞ。葉山以外に原因は考えられん」
「人聞き悪いこと言わないでよ。何もしてな………あ」
「やっぱりか」
「や、でも、………っていうか、ギイ話してない?」
「何を」
宝探しなんて面白いことを、ギイが相棒の章三に言わないわけがない。なので、問われるがまま、ぼく
は宝探しの件を話したのだった。
「なるほど。それなら奴が浮かれるのは当たり前だ。だが僕は不参加だな」
「あれ、赤池君、興味ない?」
「そうじゃなく、僕はギイに恨まれたくないってことだ」
「どうして?あ、そうだ!去年、この時期に宝探しの話あった?」
とたん、章三は冷たい眼差しで、
「………葉山、記憶障害か?」
と、支局極まりないことをのたまった。
「もう、失礼しちゃうな。自分で宝探ししていたら1年前のことくらい覚えてるよ」
「『祠を一緒に探す約束をした』と、麻生先輩から聞いたがな」
「麻生先輩って………卒業した?………うーん」
そういえば、人間接触嫌悪症のぼくに、適度に距離を置いて話しかけていた麻生先輩が、言ってい
たような気がする。
『俺と一緒に祠を探そう。きみの接触嫌悪症、なおしてくださいって』
「………言われたような気がする」
「ほら、記憶障害じゃないか」
「でも!約束してないし、祠探しもしてない!」
「………と誘えたことが、あいつには羨ましかったんだろうさ」
「はい?」
「そういうことだから、興味深いが宝探しは二人でしてくれ。じゃ」
あっさりと納得して、章三はさっさと部屋を出ていった。
事件があれば、どこにでも参上!な章三にしては、らしくない。なので、ぼくは章三の言葉を反復して
みた。
誘えたことが羨ましい?
もしかして、去年ギイは祠探しにぼくを誘いたかった?
でも、あの頃のぼくは、ギイが話しかける素振りをすると、近づく前に逃げていたのだ。
「ただいま!」
「あ、お帰り、ギイ」
そんなぼくでも、誘いたかった。
「ん、どうした?」
「なんでもない。ね、ギイ、宝が見つかるといいね」
「そうだな。どんなお宝が眠っているか楽しみだな」
「お宝って………そんなにすごいものだとは限らないし、もう誰かが見つけているかもしれないよ」
「だとしても、その探す過程が面白いんじゃないか」
鬱陶しがられても、ぼくをずっと想っていてくれたギイ。
ぼくは、ギイの首に抱きついて、左肩に頬を寄せた。
「ギイ、好きだよ」
「おいおい、今日はやけに積極的だな、託生くん」
からかい混じりの声なのに、ギイの鼓動が一気に速くなったのが聞こえる。
「うん、昨日よりも、好きになった」
「なんだ、そりゃ」
ぼくの髪を梳く優しい指が、明確な意図を持って頬に移動する。
「愛しているよ、託生」
「うん、ぼくも」
近づくギイに目を閉じ、熱い吐息を口唇に感じた。
昼休み、寒いグラウンドを突っ切って食堂に行くのが億劫なぼくに付き合って弁当を食べていたギイ
は、メモを片手に眉間に皺を寄せた。
「『世界が終わりを告げるとき』ってのが、ネックだよな」
「それって"日にち"を表しているんじゃないのかい?」
「そうだと思うが。今の日の出時刻が大体6時半頃だろ?けど、毎日1分ほどのずれが出てくる。それ
に、方角も二日に1度位動いているはずだ。現に、今光が反射している場所は、ただの木だった」
「え、ギイ見に行ったの?」
「一応な」
「声かけてくれればよかったのに」
「そういうわけにはいかないだろう?寒がりの託生くん」
朝の寒さじゃ、凍えるぞ。
「そうだけど………」
ギイはくしゃとぼくの髪を撫でて、
「そのときは、容赦なく起こすから」
綺麗に微笑んだ。
未だに慣れない絶品の笑顔に、赤面してしまった顔を誤魔化そうと、
「ギイは」
「んー?」
「ギイは、世界が終わると感じるのは、どういうときだと思う?」
話題転換を試みる。
「………託生は?」
「ぼく?うーん、日本沈没とか宇宙戦争とか?」
「お前っ、映画の影響受けすぎ!」
「もう、赤池君に言ってくれよ。それにギイだって一緒に行ったじゃないか」
「あぁ、そう言えば、章三が面白そうな映画があるから、週末に行かないかって言ってたな」
「ほんと、赤池君、映画好きだね」
「一種の趣味だからな………っと、それ貸せよ」
タイミングよく予鈴がなり、ギイは二人分の空になった弁当を手に席を立った。
あれ、何か誤魔化されたような気が?
でも、追求するのを忘れてしまいそうな自信がある。
「おい、葉山!」
「森山先輩?」
「今、暇か?そこでコーヒー飲もうぜ。おごってやるよ」
森山先輩は、ぼくの返事を待たずに談話室に入り、ミルク増量、砂糖抜きの100円コーヒーを入れて
くれる。
「ほい」
「ありがとうございます」
ぼくが受け取ったのを確認し、自分の分のコーヒーを入れて、手近なソファに座った。
先輩方の中で、少しだけ親しい森山先輩と話をするのも、これが最後かもしれない。
この頃のぼくは、少し感傷的。
「もう受験は終わったんですか?」
「あぁ、とりあえず全部終わった。晴れて自由の身だぞ」
「おめでとうございます!」
「サンキュー………って、合格発表はまだなんだがな」
苦笑いをしながら、でもすっきりとした表情の森山先輩は、見ているだけで清清しい。
「来年は、葉山の番だな」
「あー、それは言わないでくださいよ。まだ3年生ではないんですし」
「葉山が3年生か。不思議な感じがする」
「ぼくも、そう思います」
ぼくの答えに爆笑しながら、来年の為にと、受験に関する色々な話を聞かせてくれた後、森山先輩
は大きな溜息を吐いた。
「しかし、とうとう俗世間に戻る日が来たか」
「はい?」
「いや、祠堂って隔離されているから、ここと外とは別世界って感じがしねぇか?」
「別世界………」
世界が終わりを告げるとき――――――――――
「あーーーーーーっ!!」
「わっ!な、なんだよ、急に?!」
「森山先輩!ありがとうございます!!」
「お………おい、葉山?」
祠堂で世界が終わるのは、あれしかないじゃないか。どうして、気付かなかったんだろう。
ぼくは、ギイが帰っているはずの305号室に飛び込んだ。
「ギイ!ギイ!!」
「託生、どこ行ってたんだ?今から探しに行こうと」
「わかったんだ、世界の終わりが!!」
「なんだって?!」
「卒業式だよ!森山先輩が言ったんだ。『ここと外とは別世界だ』って」
「なーるほど」
「ね、卒業式だろ?」
「だな。………で?」
ギイは、拗ねたような顔で、ぼくを見た。
「何が、で、なの?」
キョトンとしてしまうぼく。
「あのなぁ。お前、今、浮気をしてきましたって、宣言したようなものなんだぞ」
「なんだよ、それ!」
「森山先輩といたんだろ?」
「そうだけど」
「話をしていたんだろ?」
「………そうだけど」
「恋人のオレを放っておいて」
「放っておいたわけじゃ………ギイ、ヤキモチ?」
「悪いか」
ムッとしているギイには悪いけど、嬉しくなってしまう。
そっと顎を上げて、ギイにキスをした。
「こら、キスで誤魔化すなよ」
小突く真似をしながら、でも瞬時に機嫌がよくなったギイに、笑ってしまった。
「こら、笑うな」
言いつつ、ギイもつられて笑う。
「ま、今回は、世界の終わりを教えてくれたんで、これで妥協いたしましょう」
悪戯っぽく片目を瞑り、ギイは自分の口唇を指差した。
3月1日、卒業式。
「託生、起きろよ」
「う………ん」
「そろそろ用意しないと、日の出に間に合わないぞ」
その言葉に、一気に思考がクリアになる。
「ギイ、今何時?!」
「しーっ、5時半過ぎだよ。今日の日の出は6時16分だから、今から着替えたらちょうどいい時間だ」
完全装備して、まだまだ静かな寮の廊下を足音を殺して歩き、玄関へ行った。
ドアを開けると、冬特有の凛とした空気が頬を撫で、眠気を吹き飛ばしてくれる。
音楽堂にたどり着いた頃には、東の空が紺色から薄い水色、そして暖かなオレンジ色へと帯を作って
いた。
「日の出だ」
それは、幻想的な光景だった。
塔の上に立つ天使の矢が太陽の光を反射し、跳ね返った光は音楽堂への道なりの街頭、更に反
射して林の中に続いていた。
ギイが、光を追いかけて駆け出す。
その後ろを追いかけるぼくの目に、まるで光の矢が、刺さっているような1本の木が映った。
「あれだ、託生」
「うん!」
林の中の、どこにでもあるような目立たない木。しかし、よく見てみると、幹と枝の分かれ目に、自然に
できたのであろう小さな穴があった。
「ギイ、何か入ってる」
ギイは頷くと、穴の中に手を入れ小さな木箱を取り出した。
目と目を合わせ、ゆっくりと蓋を開けてみる。
そこには、2つずつ赤い糸で結ばれた、無数の校章が入っていた。
「これが"たから"?」
「どういうことだ?」
「あ、また、メモがあるよ」
校章の下から、書庫で見つけたのと同じようなメモが覗いている。
『二人がこの祠堂で出会い愛しあい、そしてこれからも愛し続けることを、この証を持って、ここに誓う。
新しい世界で肉体が離れようとも、心は永遠に傍にある。我等に、天使の加護を………。』
「だから"宝"ではなく"たから"だったんだな」
「うん」
あのメモに気付き、この場所を探し当てた恋人同士は、誓いを残して祠堂を旅立ったのだ。新しい世
界でも、愛し合うことを誓って。
ギイは、箱の中に紙片を入れ、元通りに穴の中に仕舞いこんだ。
もう光の矢は、消えていた。
ギイはぼくに向き直ると、強く抱きしめ、
「卒業式の日、二人でここに来ようか」
「ギイ」
ぼくも思ってた。
「託生を愛し続けることを、ここで誓うよ」
「うん」
ギイを愛し続けることを、ぼくも誓うよ。
ココロの声が聞こえたかのように、ギイは優しく微笑むとゆっくりと口唇を重ねた。
「でも、オレは世界を終わらせない」
口唇が離れると、ギイは真剣な顔をして言った。
「え………?」
「オレの世界は一年前に始まったばかりだからな」
「それって………」
「"オレの世界が終わるとき"は、託生がいなくなるときだ。だから、絶対終わらせない………離さないか
らな、託生」
覚悟しろ。
脅しにも似た台詞は、長いキスにかき消された。
まだ卒業後の事は考えてないけど、もしかしたら離れ離れになるかもしれないけど、心は繋がっている
と信じたい。
ぼくは、ぼくの世界を終わらせない。
ギイを愛し続けることを誓います。
やっぱり、最後は駆け足になってしまいました;
えっと、本当は何十年も前の暦を知りたかったのだけど、国立天文台のサイトで1997年が一番古かっ
たので、その年の静岡県の日の出時間を採用しております。
が、難しいことはよくわからないので、その辺りのことはスルーしてくださいませ。
ついでに、毎年太陽の高度と方位も変わっているので、『たからを隠した年』と『見つけた年』は、本当
なら微妙に太陽の位置が違いますが、その辺りもスルーで(以下略)
えー、実はこれ、2002年頃に書き始め、書いては放り、書いては放りを繰り返していたんです。
なので、『夏の残像』でお宝探しが始まって、どうしようかなぁと思っていたら、『暁を待つまで』で、本当に
この時期のお宝探しが書かれていて、ありゃりゃ。
ここまでくりゃ、原作のエピソードも入れるか、と考え方を変えたのでありました。
ということで、最初のプロットからかけ離れたものになってしまいましたが、ラストはそのままで。
あんまりラブラブじゃなかったかな?
(2007.9.11)
三夜(2010.9)*Night*
バスルームから出たぼくを迎えたのは、月の光が差し込む薄暗い室内だった。
「ギイ?」
ぼくの声に応えるように、ベッドの軋む音。
「託生………」
声と共に、ギイのコロンと優しい腕に包まれ、ぼくの心臓がドキンと鳴った。
初めて抱かれてから、3日目の夜。
昨晩も、ギイとベッドを共にした。
ギイはぼくの気持ちを最優先にし、ぼくに負担を掛けないように、二人の気持ちを確かめるように、優
しく………とても優しく抱いてくれた。
でも、今ギイの腕の中にいると、もっとギイに触れたい、もっとギイに触れられたいという欲求が湧き上
がってくる。
なのに、どうしたらいいのかわからないのだ。
心に、体に、感じたことを封印しなくてもいいのだと、そのまま素直に表してもいいのだと、ギイはぼくに
教えてくれた。
でも、頭の中では理解できても、染み付いた感覚はぼくに戸惑いと躊躇いを与えるのだ。
ギイにどうやったら伝えられるのか、それとも伝えない方がいいのか。理性と欲望の狭間、どっちの波に
任せればいいのか、ぼくにもわからない。
そんなぼくの葛藤に気付かず、ギイはぼくを抱き上げ優しくベッドに横たえた。
そして少し骨ばった大きな手でぼくの頬を包み込み、欲望を乗せた目でぼくを見つめた。
「愛してるよ」
「………うん」
目を閉じると、口唇を柔らかく包み込まれる。
上唇、そして下唇を舐められて自然開いた口に、熱い塊が入り込んできた。頬から滑るように回され
た手が頭の後ろに移動し、深く深く舌が絡まりあう。
息が乱れる。鼓動が早くなる。
「ギ………イ………」
ひとしきり唾液を交換し満足したギイは、少し体を離しぼくのパジャマを脱がせ、素早く自分のパジャ
マも脱いだ。
重ねられた人肌にホッと溜息を吐いたぼくに、安心したように、満足したように、また口唇を熱く重ね
てくる。
その熱い思いに、ぼくの心が強く揺さぶられた。
ギイが、ぼくを求めている。
そのことが、ぼくに自信と勇気を与えてくれる。
ギイの背中に回した腕に力を込めると驚いたようにギイは動きを止め、瞬時かき抱くようにぼくを抱きし
めた。
「愛してる………愛してるよ、託生」
「うん……ぼくも………」
少し掠れたギイの声が、愛おしくて嬉しくて、ギイの口唇にそれを重ねた。
交じり合う熱い吐息。交じり合うぼく達のカラダ。
「託生………」
「ん!あ、やっ………」
焦らすようなその動きに、漏れる声を抑えようと咄嗟に手で口を塞ぐも、ギイが強い力でシーツに縫い
付けた。
「ギイ………?」
「託生の声が聞きたい」
「え………ギ………イ……っ!」
「オレを感じてくれてるんだろ?」
だから、声を聞かせてくれ。
口唇を啄ばみながら、ギイが囁く。
「で………も………あっ!」
「オレも、託生を感じたいんだ」
「ぼく……を………?」
「そう」
うっとりと目を細めて、熱く少し汗ばんだ手が優しくぼくの体を撫でる。触れる手の熱さが、そのままぼく
の肌に移ろい、全身に広がっていく。
「託生がオレを感じてくれるように、オレの手も口唇も目も耳も………全てで託生を感じてる」
「ギ……イ………っ」
証明するように、ギイは下半身をぼくのモノにこすり付けた。
「熱……い………」
「あぁ………もっと熱くさせて?」
甘えるようにぼくの胸に頬を摺り寄せ、乳首を口唇に含む。
とたん、ジンジンと熱が集まり、そこが硬くしこってくるのがわかった。
そして、ぼくの後ろに腕を回し、ジェルに濡れた指を探るように奥へと突き刺す。
1本、2本………そしてバラバラに動く指。
「あ………んぁ…………」
「もっと、感じて………託生………」
「ギイ……ギイ………も………ぅ…………!」
感じすぎて疼くソコに耐え切れず、ギイにカラダを摺り寄せる。
「託生、愛してる」
ギイは、満足そうに笑うと、彼の欲望でぼくを一気に貫いた。
激しい嵐が過ぎ去った静けさのような、ゆったりとした時間。
髪を撫でるギイの優しい手に、意識が遠ざかっていく。
「オレが全部受け止めてやるからな、託生………」
母親の子宮にいるような絶対的な安心感の中、ぼくは眠りに落ちた。
えー、フォルダにあったものです。
たぶん、エッチ続けるつもりだったのでしょう(爆)
でも、これもゴミ箱に行きそうな状態なので、アップします。
しかし生温いエッチだなぁ。
(2010.9.19)
今ここにある幸せ(2010.10)
「たまには、オレが膝枕してやるよ」
「い………いいよ、そんな」
「遠慮すんなよ。ギイ君特製膝枕だぜ」
ポンポンと膝を叩くオレの顔と足を不安そうに交互に眺め、託生は恐る恐る横になりオレの太腿に頭
を乗せた。
しかし不自然なほど頭が浮き上がり、見るからに首と肩が力んでいる姿を見て眉間に皺が寄る。
「力抜けよ」
「そう思うんだけど、なんだか力が抜けないんだよ」
変に体が緊張させているせいか、声を震わせながら応え、
「やっぱり、止めとく」
と、頭を上げた。
そして申し訳なさそうな顔をして「ごめんね」と呟く。
力を抜いて恋人に寄りかかれない、ともすれば信頼していないとも受け取れる自分の状態に顔を曇
らせる。
困らせたいわけじゃないのに。
託生には、笑っていてほしいのに。
だから、
「じゃあ、オレが膝枕してもらおうかな」
気にしてない風を装い場所を代えると、託生はあからまさまにホッと表情を緩ませ「うん」と言って、足
を伸ばした。
「じゃあ、交代」
ゆっくりと託生の足に頭を乗せ、体の力を抜く。この風景を見るのは何度目だろう。
後頭部から託生の体温をほのかに感じ、あまりの気持ちよさに目を閉じた。
「気持ちいいな」
「そう?今日は、このまま寝ないでよ、ギイ」
「わかってるよ」
言いながら、ひたひたと近づく睡魔に負けてしまう自信がある。
心地よい風と恋人の膝枕。
これで、寝るなという方が可笑しいじゃないか。
「ギイ?」
託生の声が段々遠くなっていく。
「ギイ、寝ちゃったの?」
風に溶けて柔らかくオレを包んでいく。
「もう、仕方ないなぁ」
すまない、託生。もう少しだけ、このまま………。
『恋人の膝枕で寝る』
巷にありふれた、なんてことはないシチュエーション。
しかし、オレにとっては嫌悪症の託生に触れられる、数少ないシチュエーション。
永遠に続いてほしいと願った、とても幸せな時間だったんだ。
冷やりとした一陣の風に、意識が浮上した。
「夢………か?」
あれは春が終わり、新緑が眩しい暖かな日の事だ。
やっと託生がオレに慣れてくれ、たまに………ごくたまに託生に触れることが許された5月。
懐かしい夢を見たもんだ。
上半身を起こし、足の上の愛しい重さに目をやると、あの日と同じ陽だまりで、託生が気持ちよさそう
にオレの膝枕で寝ている。
「う………ん………」
オレの足の上でコロリと寝返りを打ち、子供のような無防備な寝顔を見せた。
「あの時は、ガチガチだったのにな」
さらさらの黒髪をかきあげるように右手で撫でると、気持ちよさそうな微笑を浮かべ、寝息を深くする。
安心しきったその寝顔に、「猫の日向ぼっこみたいだ」と笑った。
あれから4ヶ月。
心も体も結びつき、名実共に恋人となった。
託生は、章三が呆れるくらい素直にオレを信用し、そして甘えてくれる。そんな託生に、日ごと愛しさ
は増すばかりだ。
こんな幸せな日々が訪れる事を、あの湖の淵で立っていたオレに教えてやりたい。
想いを馳せている内に、日が少し西に陰り風が強くなってきた。
これ以上風が冷たくならないうちに、託生を起こして寮に帰るか。
「託生………託生?そろそろ起きろよ」
「う………ん、ギイ?」
「気温が下がってきた。風邪ひくぞ」
「………うん」
オレの声に、託生はいつものようにゆっくりと起き上がり、両手を上げて伸びをする。
先ほど見た夢のせいか、今では見慣れた姿が、涙が出そうなくらいとても愛しく感じた。
「託生………」
背後から抱きしめて、触れるだけのキスをする。
口唇を離すと、託生は小首を傾げ、
「どうしたの、ギイ?」
不安げに聞く。
「なにが?」
「泣きそうな顔してる」
柔らかく、ほんの少しオレより体温の低い託生の手が、オレの頬を包む。
こんなに近付くこと、できなかったよな。ましてや、託生からオレに触れてくれるなんて、滅多になかっ
た。
鼻の頭をぶつけ、
「幸せを噛み締めてたんだ」
「え?」
託生が傍にいてくれる幸せ、託生に触れられる幸せ、託生に愛される幸せ。
一度味わってしまったら、どれも、もう手放すことなどできやしない。
「愛してる」
もう一度、託生に口付ける。
この幸せが永遠に続くようにと………。
ゴールデンウィーク最終日(2010.10)
GW最終日。時間を合わせたわけでもないのに、早い時間に戻ったギイと託生。
「3日も離れていて、寂しかったよ、託生」
「………ぼくは、寂しくなかったよ」
「託生くんの、NOはYESだからな」
嬉しそうに、うんうんと一人納得するギイ。
「だから、違うってば!」
むきになって言い返す託生の声も、いまいち説得力がない。
「体調壊してなかったか?電話の声が少し元気がないように聞こえたんだが」
「………大丈夫だよ」
心配げに尋ねるギイの整った顔に、託生は頬を赤く染め俯き加減に応えた。
そんな可愛らしい託生の仕草に、ギイが反応しないわけがない。
「託生、愛してる………」
「ギイ………」
甘い甘い甘ったるすぎる空気に満たされた305号室に………。
「ギイーーーーーーーーー!!!!!」
「「うわっ!!」」
唐突にドアが開き、黒い影がギイに飛び掛る。
勢いのままウエスタンラリアートを掛けた闖入者に、
「何しやがる、章三!!」
右ストレートをぶっ放すギイ。
いきなり始まってしまった乱闘に、託生はベッドに腰掛けたまま、唖然、呆然、彫刻のように固まってし
まった。
「お前、奈美に何を言った?!」
「はぁ?!何も言ってないぞ!!」
「んなわけあるか!絶対、何か言っただろう!!」
「言ってない!!」
家具が壊れそうな勢いの乱闘騒ぎを見ているうちに、徐々に冷静さを取り戻した託生。
二人の怒鳴りあいから、ギイが章三の恋人(?)の奈美子に何かを言ったらしいと察した託生の機嫌
はみるみる下降線をたどり、そして、取っ組み合いを続ける二人を置いて、静かに305号室を後にし
た。
数分後、章三の首を右腕で締め上げたギイの目に、誰も座っていないベッドが写る。
「託生は?!」
「葉山ぁ?」
「託生がいない!せっかく、いい雰囲気だったのに、章三のせいだぞ!」
「なにが、いい雰囲気だ?!僕の前で、恥を知れ!」
「託生ーーーーーー!!」
慌てふためいて飛び出していったギイに呆れながらも、多少の責任を感じた章三はギイの後を追う。
入寮日よろしく、相変わらず祠堂を走り回る二人であった。
補完話ついでに、短いですけど上げちゃいます。
「それらすべて愛しき日々」のその後ですね。
こういうのが、フォルダ内にパラパラあるんですけどorz
アップする気がなかったから、はちゃめちゃな作りですね。
タイトル思いつかないんで、まんまで。
(2010.10.4)
ある秋の日の一幕(2010.11)
まだ高校生なのに、ギイはたまに仕事で外泊をする事がある。できる限り日帰りにしたいそうなのだけ
ど、遠ければどうしようもない。
そんな時、「留守番、お疲れさん」と必ず食べられるお土産を買ってきて、離れている間の話をしなが
ら二人で食べるのだ。
そして、今日も。
「託生、お土産」
「あ、ありがとう」
渡された紙袋を開けて………ん?
「ギイ、これ、なに?」
「箕面名物、もみじの天ぷら」
「………もみじって、食べられるの?」
「食用だよ、これは」
掌に乗る小さな紅葉型の天ぷら。
「食べてみろよ」
言われて一口かじってみると、サクサクとした食感に混ざるほのかな甘さに驚いた。断面を覗き、少し
膨らんだ衣の中に赤い紅葉の葉を見つける。
「あ、本当に、紅葉の葉っぱが入ってるんだ。………味はかりんとうみたい?」
「だろ?天ぷらっていうより、お菓子だよな」
ネクタイと上着を自分のベッドに放り、ギイはぼくの持っている袋から一つ取り出し、口に放り込んだ。
もう一つ食べようとして、ふと思いつき、半分に割って中の葉っぱを指で摘みちぎってみる。
「………なに、してんだ?」
「もみじの葉っぱって、どんな味がするんだろって思って」
「味するか?」
「うーーーーーん、わかんない」
お前、子供みたいだな。
ギイはクスクスと笑いながら、ぼくの隣に腰掛けた。
「でも、秋らしいよね」
祠堂の敷地内も赤や黄に染まり、もうすぐ訪れる厳しい冬の前に、彩りもあざやかな優しい表情を見
せてくれていた。
絶え間なく落ちてくる葉っぱは、掃除の外当番の時にはうんざりするけれど、まるで絨毯のように敷き
詰められ、歩くたびに足元から鳴る音は楽しい。
「来週、紅葉狩りに行かないか?」
「紅葉なら、祠堂にもあるよ?」
「所変われば品変わる、だよ」
ウインクを決めて、ギイが誘う。
ここの所、中間テストに、文化祭、体育祭と、ギイが忙しく走り回っていた為、なかなか二人きりで外
出すことはできなかった。そして、今回の仕事。
ギイなりの、フォローのつもりなのかもしれない。
期待の篭った目に見詰められ「うん」と頷くと、
「んじゃ、約束のキスな」
軽くキスを落とし、ギイは微笑んだ。
「楽しみだなぁ、紅葉狩り」
鼻歌でも歌い始めそうなご機嫌なギイを横目に、もみじの天ぷらを口に入れる。
ギイと二人で迎える初めての秋は、かりんとう風味の甘い時間。
短いし、オチないし、まぁ、たまたま紅葉のニュースを見たんで;
某番組で知られるようになったかもの、大阪箕面名物もみじの天ぷら。
特別美味しいわけではないけど、秋らしいアイテムだと思いまして使ってみました。
ただ、この時期に箕面(の滝)に行くのは大変なんですよ。渋滞して。
駐車場は狭いし、猿は凶暴だし。電車で行って歩くのが得策かも。
紅葉は、綺麗ですけどね。
(2010.11.20)
めぐる季節の向こう側(2011.3)
朝の空気が頬を撫で、ぼんやりと意識が浮上した。目を開けて飛び込んできたのは、いつもどおりの
見慣れた409号室の古ぼけた天井。
「あぁ、もう、朝か」
時計を見ようとぐるりと首を捻り、しかし、カーテンの隙間から差し込む強い光に眉を寄せた。日が落
ちるのが早く昇るのが遅いこの季節に、こんなに明るいんじゃ一体今何時なんだ?
章三、起こしやがれ。あの薄情者。
相棒の無慈悲な仕打ちに、どんな報復をしてやろうかと考えながら、空のはずの隣のベッドに目をやる
と、こんもりと丸まった塊に目を見張る。
「はぁ?章三まで寝坊してるのか?」
慌てて枕元の時計を覗き、
「6時半?」
時計、止まってないだろうな。
あまりにも不可解な現象に、机の上にあるはずの腕時計を見ようと立ち上がったオレの背後から、
「う………ん………」
衣擦れの音に紛れて聞き慣れない微かな声がし、オレの頭も体も液体窒素をぶっかけられたように
凍りついた。ギギギと、まるでロボットのようにぎこちなく 振り返り、隣のベッドで眠っている人物に目を向
けると、シーツの先から黒髪が少しはみ出しパッと見には誰だかわからない状態ではあったものの、オレ
にはわ かった。この人物の声なら、どんなに小さくても拾える自信がある。
壁側を向いて寝ている顔を、気配を消して覗きこみ息を飲んだ。
「葉………山…………」
そんなバカな。どうして葉山が章三のベッドに寝ているんだ?!
手負いの獣のように、いつも真正面から睨みつける瞳は閉じられ、小さな口唇が微かに開き、ほんの
少し赤みが差した頬は絹のようにすべらかだ。
なんて、綺麗なんだろう。天使みたいだ………。
初めて見た葉山の寝顔から目が離せない。
でも、これは、夢に違いない。
昨日の葉山は、助けに入ったつもりのオレを、そこに存在していない人間のように見なし、視線はおろ
か一言も言葉を発せずに行ってしまった。
思い出して、またどっぷり落ち込む。視界にさえ入れてもらえない自分が情けなくて。
それでも、葉山に恋する自分を止める事ができない。ごめんな。葉山に必要のない人間なのに、諦め
ることができなくて。
すやすやと安らかな寝息を立てる葉山を、このまま寝かせてやりたい。これが夢であっても、そこが章
三のベッドであろうとも、葉山にとって安らぎの空間となるのであれば。
そう結論付けようとした耳に、
「んん………ギイ?」
葉山の寝ぼけたような甘えたような、この1年聞いた事がない親しげにオレを呼ぶ声に、心臓が飛び
上がらんくらい驚いた。
ギイ………ギイと呼んだのか?!
葉山はコロリと寝返りを打ち、目元を手でこすってパチパチと瞬きをした。そして固まったまま身動き一
つできないオレの顔を見つけると、
「おはよう、ギイ」
無防備とも無邪気とも形容できる可愛らしい表情で、にっこりと笑った。
「あ………あぁ、おはよう」
条件反射のように朝の挨拶を交わしたのだが、オレの心は感動でいっぱいだった。
オレを見て、葉山が笑った。いや、笑ってくれた。
これが今すぐ覚める夢だとしても、オレはこの笑顔を見れた事だけで十分だ。
そう思っていたのに。
葉山は起き上がると両手を上げて欠伸をし、ベッドの脇に立ったままのオレをキョトンと見て、
「ギイ、どうしたの?」
小首を傾げた。
鼻血が出そうなくらい可愛い!
こんなに出血大サービスの夢を見て、現実とのギャップに耐えられるのか、オレ?!
「いや、なんでも」
ぽっかりと見惚れてしまい、間抜けな返答をしたオレに、
「変な、ギイ」
まっとうな答えを口にし、
「先に洗面所使うね」
そう言いながら、呆然としているオレの横を通り、葉山は欠伸をかみ殺しながらドアを開け入っていっ
た。続けて聞こえてきた水音に、止まっていた思考が動き始める。
オレの目の前を通り抜けるときに触れた葉山の腕。
夢………じゃないのか?
ふらふらと部屋の奥に行き、机の上に乗っている教科書を見て愕然とした。
「オレ、二年なのか?!」
卓上カレンダーは6月。
半年先の未来に飛んだ………なんて、現実的に考えてありえない。それなら、オレの記憶がすっぽり
と半年ほど抜けたと考えるほうが妥当だ。
「でも、そんな事が本当に?」
ルームメイトが章三じゃなく葉山なのはわかった。葉山が「ギイ」と呼ぶのも、ルームメイトになって3ヶ月
経った今なら、十分考えられる。
しかし。
「オレ、葉山の事、なんて呼んでたんだ?」
もしも………もしもルームメイトになれたのならば、『託生』と呼びたいと思っていた。葉山がオレの事
を「ギイ」と呼ぶように、3ヶ月も経っていれば『託生』と呼んでいたのかもしれない。
オレの都合のいい、妄想かもしれないが。
「ギイ、洗面所空いたよ」
「あ………あぁ」
すっきりとした葉山が顔を覗かせ、オレを見て顔を曇らせた。
「もしかして、気分悪い?熱でもある?」
そう言いながら、葉山はオレの額に手をあて熱を測った。
ちょ………ちょっと待て。人間接触嫌悪症は?!こんなに接近して大丈夫なのか?!
葉山は「うーん」と小首を傾げ、
「熱はなさそうだね」
それでも心配そうに、オレを見上げる。
熱はないはずなのに、想い人のこんな急接近にどんどん上がってきそうだ。
「あ、あのな」
「うん?」
「今日は、何日だった?」
「……………」
葉山の視線が痛い。6月なのはわかってはいるが、生憎日にちまではわからないんだよ。
「今日は、6月23日、月曜日だよ」
「あ、そうか、そうだな」
葉山の訝しげな視線から逃れるように「オレも顔洗ってくる」と洗面所に逃げ込み、鏡に写した自分
が少しだけ成長しているのを目の当たりにし、
「夢じゃないんだな」
複雑な心境にかられた。
額にあてられた葉山の少し低い体温が、じんわりと拡大し幸せが心を包み込んでいく。
「葉山と同室なんだ………」
口に出して潔く実感し自分の幸運に叫びそうになったオレは、外から葉山に呼ばれるまで、熱を冷ま
すように冷水を顔に叩きつけていた。
ベタベタになったパジャマの襟元に葉山が呆れた目を向けたのも、オレにとってはただただ幸せな出来
事だった。
葉山が、オレだけを見てくれていたのだから。
「赤池君、ギイが変なんだ」
「こいつが変なのは、いつもの事だろうが」
「おい」
ごったがえした食堂で章三を見つけ三人で空いた席に座ったとたん、葉山が章三に切々と訴え始め
た。普通に話しかけているところを見ると、葉山の嫌悪症は すっかり治っているらしい。それどころか友
人も多いように見受けられる。まるで嫌悪症なんてものは、初めから存在しなかったかのように、周囲の
人間もごく 普通に話しかけ葉山もそれに受け答えしていた。
あれだけ頑なに閉じこもっていた心を、どうやって解き放ったんだ。
「朝から『今日は何日だった?』って、真面目な顔して聞くんだよ」
「とうとう頭が錆びてきたんじゃないのか?」
「お前らな」
観察していたオレを置いて、無責任に話を進めている二人に抗議するものの、
「洗面所に入ったら全然出てこないし。早く起きたのにギリギリの時間だよ」
葉山の苦情に、言葉が詰まる。
それは、悪かったって。こんなに混んだ時間帯、葉山が好むわけがない。
「それより、葉山、人参残ってるぞ」
章三の指摘に葉山は決まり悪そうに顎を引き、助けを求めるようにオレを上目遣いに見た。
うわ、なんだ、この可愛い生き物は!
「オ………オレが食べてやろうか?」
「ギイ、甘やかすな」
思わず口から滑り出た申し出に 間髪入れず章三がクレームをつける。
うるさいぞ、章三。葉山の願いなら、なんでも聞いてやりたいんだ。
ピシャリと言われ葉山は恨めしそうに章三を見、渋々小鉢を引き寄せ細切りにした人参一本を箸で
摘んだ。………一本だけなのか?
緑黄色野菜が苦手な事はもちろん知ってはいるが、これは章三が黙っていないだろうな。
「食べ終わるのに何分かけるつもりだ?」
案の定、突っ込んできた章三の言葉に、葉山はムッとした表情のまま小鉢の中身の半分を口に突っ
込み、一気に水で流し込んだ。
葉山、喉を詰めるぞ。
ハラハラとしたオレの気持ちも知らず、残りの半分も水で流し込んで、
「食べた!」
「自慢にもならん」
章三に報告する様は、まるで保護者と子供のようだ。
涙目になって尖らせた口唇が、摘みたくなるくらい可愛い。
「どうした、ギイ?」
「いや、なんでもない」
緩みそうになった口元を隠し味噌汁をぐいっと飲み干そうとして、喉にわかめが引っかかって勢いよくむ
せた。
「ね、ギイ、変だろ?」
でも、葉山。そろそろ「変だ」と連呼するの止めてくれないか。恋する男は、かっこいい所を見せたいも
のなんだ。
一日の授業を終え、葉山は「図書当番だから」と早々に教室を後にし、オレは章三に誘われ校舎の
屋上に来ていた。
雪だらけの祠堂が、一夜にして初夏の日差しになっているのは、やはり不思議な光景だ。
缶コーヒーのプルトップを開け、一口飲むのを待っていたかのように、
「ギイ、もしかして、お前、記憶がおかしいんじゃないか?」
章三が、あっけらかんと疑問を口にした。
さすが相棒。オレの今日の言動から、きっちり答えを導き出していやがる。
「そ。どうも半年分なくなっているらしい」
「なにか拾い食いでもしたか?」
「知るかよ」
例え拾い食いしてたって、昨日の事など記憶にない。
「ま、それも、そうか」
章三はあっさりと納得し現実を受け入れた。
相変わらず、適応能力抜群だな。
「半年と言うと、今年の1月あたりで止まっているのか」
「たぶんな。隣で寝ているの章三だと思っていたし」
あれには、驚いた。葉山の寝顔が、あんなに可愛いとは。
思い出して顔がにやけそうになり、慌ててポーカーフェイスを被りなおす。章三相手と言えども、こいつ
にはまだオレの気持ちを気付かれていないのだから。
「それでか」
「なにが?」
「今日一度も、葉山の名前呼ばなかったからな」
「それだ!オレ、葉山の事、なんて呼んでたんだ?」
章三なら、知ってるよな。
「『託生』だよ」
「託生………」
託生………たくみ………オレ、そう呼んでいたのか。そう呼ぶ事を許してもらっていたんだな。
当たり前のように「託生」と呼んでいた片倉に、どれだけ嫉妬心を燃やしたか。オレもいつか「託生」と
呼びたいと、ずっと心の底で願っていた。
記憶にないけれど、この3ヶ月オレ頑張ったんだな。
感動に浸っていると、
「全部忘れているのか?」
確認の為か、章三が問いかけた。
オレのフォローに回るにも、程度のほどを知らなければ動きづらいという所だろう。
「授業についていけるところを見ると知識は覚えているようだが」
「友人関係も、以前とは変わらんしな」
オレの事だ。たった半年くらいじゃ、変わらないだろうな。
「違うのは、葉山の事だけか」
溜息交じりに言われた言葉にドキリとする。
ルームメイト、だよな。まさか、オレの片思いに託生が気づいているわけがない。あれだけ嫌われていた
んだ。それを、たった3ヶ月で普通に接してくれている事自体、奇跡みたいなもんだ。
「葉山には言わないのか?」
「記憶がない事を?このままでいい。余計な心配はかけさせたくない」
あの笑顔を曇らせたくはない。
「僕は言った方がいいと思うが?」
「大丈夫だ」
そのくらいなんとかしてやる。
「それで、託生の嫌悪症はいつ治ったんだ」
早速葉山から託生に呼び方を変えたオレに呆れた目を向けたものの、
「二年になってから、随分ましにはなっていたんだけどな。完治したのはちょうど2週間前だと思う」
章三は正確な情報を教えてくれた。
「2週間前………」
まだ、治ってからそんなに経っていなかったのか。
それなら、なおさらの事、オレの記憶がない事を知られないほうがいい。普通に話ができる状態であっ
ても、やはり今までとは違う環境では疲れてしまうだろう。余計な心労をかけさせたくはない。
そんなオレを、物言いたげに章三が見ていた事に、オレは気づかなかった。
「託生、だよな。託生。託生」
名前を噛み締めながら人気のない廊下を歩き、図書室の前で立ち止まった。
想い人の名前を遠慮なく呼べる日が来るなんて、なんて幸せなんだ。
「託生」
閉館間際の図書室のドアから顔を覗かせると、図書カードを整理していた託生が顔を上げた。
「ギイ、どうしたの?」
ふわりと微笑んだ優しい表情に、思わずオレの顔も緩む。締まりのない顔をしているのだろうが、託生
を前にするとどうしようもない。
「迎えに来た」
言いながらカウンターの中に入り、託生の隣に置いてあった丸椅子に座ると、
「あ、もしかして、お腹空いたとか?」
手にした図書カードを揃えて、所定の位置に戻しながら託生が聞く。
………どう思われてたんだよ、記憶にないオレ。
少しがっくりしながらも、それもジョークに紛らわせ、
「実は、そう」
空腹を訴えるように腹を撫でると、クスクス笑いながら、
「戸締りしてくるよ。待ってて」
託生は図書室の奥に消えた。
ずっと望んでいた託生の声も笑顔も、こんなに惜しげもなく見れる日が来るなんて。
寮への帰り道、当たり前のように託生の隣で歩ける事に感動しつつ、オレは記憶にないオレに嫉妬し
た。
努力をした結果なのだろうが、記憶にないオレはなんて幸せな日々を送っていたんだ。
あれから五日。
元々優秀な頭脳のおかげで、周囲に感づかれず溶け込むのも簡単なことだった。
しかし。
「だから、言っただろうが。葉山には言ったほうがいいって」
「でもな」
託生に心配させたくなかったんだ。
オレに笑いかけてくれたんだぞ。あの笑顔をずっと見ていたいと思ったんだ。だから、ルームメイトとして、
託生の負担にならないように心を配っていたつもりが、日に日に託生の機嫌が悪くなり、ついには平手
打ちされて逃げ出されてしまった。
「もう、ぼくに構うな!」
一年の頃、何度言われた台詞だろう。
殴られて呆然としていたオレを寮の屋上に連れて行き、「それ、見たことか」とここぞとばかりに小言を
言う章三に反論する気力もない。オレの対応のどれが原因だったのだろう。己の言動をスライドショーの
ように思い出すものの、引っかかるものはなかった。
ズンと落ち込んだオレに大きな溜息を吐き、
「今のお前らの方が、風紀委員として取り締まらなくてもいいのは楽だがな」
言い聞かせるように放った章三の言葉に、固まった。
風紀に引っかかるような行為を、オレ達はしていたのか?オレじゃなく、オレ達?
「どういう意味だ、章三?」
「そのままの意味だよ」
僕のポリシーを曲げて、見逃してやっているのに。
苦々しげに続けられた言葉を最後まで聞かず、オレは階段に続くドアを開け全速力で駆け下りた。
章三の言葉から察すると、オレと託生は恋人だということじゃないか。
同室で恋人。肌を重ねる仲なのかどうかはわからないが、この一週間のオレは自分の恋心を悟られ
ぬように、友人としての距離感を保っていたのだ。オレの対応全て、託生が不安になって当たり前のも
のじゃないか。
「託生!」
305号室に飛び込んだオレの目に入ったのは、こちらに顔を向ける事もなく黙々と机に向かっている託
生の姿だった。
「託生………」
肩に置いた手をはたき落とし、オレの反対に視線を向ける。
「託生!」
託生の両肩に手をやり無理矢理体をこちらに向け、
「ごめん、託生」
心から謝ると、キッと託生が睨みつけた。その目は赤く充血し、どれだけオレが託生を傷つけていたの
か思い知らされるものだった。
「もう、いいよ」
震えを抑えた硬い声。
「本気に取ったぼくがバカだったんだ。ぼくの事は気にしなくていいから、ギイはギイの好きなようにすれば
いい」
「オレが悪かった!話を聞いてくれ!」
「だから、もうぼくの事は気にしなくていいんだってば!」
オレから顔を隠すように俯いたとたん、膝の上にポツリポツリ水滴が落ちていく。
笑顔でいてほしかったのに、泣かせてしまった。
ごめん。オレの片思いだと思っていたんだ。まさか託生が恋人になってくれているなんて、砂の粒ほども
考え付かなかった。
その場にひざまずいて、膝の上に置かれた拳を掌で包み、
「記憶がないんだ」
正直に託生に伝えた。恋人に隠し事をするなんて、許されない事だもんな。
「え?」
俯いていた託生が顔を上げ、まじまじとオレを見た。
キスしそうなくらいの至近距離に心臓がドキリとなったが、今はそれどころじゃない。
「記憶がない?」
「半年ほど」
「………どうして、言ってくれなかったんだよ!」
ポカンとした託生が「半年」と口の中で何度か繰り返しようやく理解したのか、最大級の怒りを爆発さ
せた。
「ごめん」
言えなかったんだよ。あまりに驚いて。託生が笑いかけてくれて、それだけで胸がいっぱいになって。
そして、ずっと、笑っていてほしかったんだ。
大きな溜息を吐いた拍子に零れた涙を見て、オレは慌てて上着のポケットからハンカチを出し託生の
顔にあてた。
素直にハンカチに手を添え涙を拭いた託生は、
「じゃあ、今ここにいるのは、半年前のギイ?」
素朴な疑問を口にする。
「そ………うなるかな」
過去から未来に飛んできたつもりはないが、そう言われればそうかもしれない。
「それなら、仕方ないね」
呟かれた言葉に、冷水をぶっかけられたように熱が冷めていく。
章三の言葉どおり、託生とオレは恋人だったのだろう。けれども、それはオレであって、オレじゃない。こ
の3ヶ月、託生の側で努力した記憶にないオレだ。半年前のオレなんて、視界にも入れてもらえなかっ
たのだから。
「ギイ?」
「ごめんな。早く思い出すように努力するから」
だから、嫌わないでくれ。笑ってくれなくてもいいから、オレを拒絶しないでくれ。祈るように願ったその
時。
「そうだよね。記憶がないのギイ大変だよね」
「え?」
託生は椅子に座ったまま上半身を屈めてオレの頭を抱き締め、「よしよし」とまるで子供を慰めるよう
に撫でた。
「た………託生………」
「ん?」
鼻先から漂う託生の甘い匂いが。オレの髪を梳く優しい手の動きが。都合のいい空想を思い浮かべ
てしまいそうで恐ろしくなった。
「オ………オレの事、イヤじゃないのか?」
「どうして?」
頭から降る心底わけがわからないという声色に、
「半年前、託生はオレを嫌ってたんじゃないのか?」
聞きたくない現実を問いながら、またもや地の果てまで落ち込んだ。
わかってはいるけれども、これから託生に恋人として認められるようにがんばるから。
オレの言葉に、託生は考え込むように撫でていた手を止め、
「………そんなことないよ」
ポツリと言った。
「え?」
「ギイを嫌った事なんて一度もないよ」
………これは都合のいい空耳か?
「わっ、ギイ?!」
ガバッと体を起こして託生の両腕を掴み、
「本当に?!」
「…………うん」
噛みつくように問うと、頬を赤く染めた託生がこっくりと頷いた。
「ギ………ギイ?」
「力が抜けた………」
その場に胡坐をかいて座りこんだオレに、「ごめんね」と慌てる託生に力なく片手で制する。嫌われて
いなかったとわかっただけで十分だ。
しかし。
「必ず記憶は取り戻す」
これだけは約束する。
この3ヶ月の間に、二人にとってとても大切な何かがあったのは、今の託生を見れば明白だから。
「絶対に」
二度と託生を泣かせたりはしない。
キョトンとオレを見つめている託生の頬に手をやり、
「託生、待っててくれ」
「うん」
オレの言葉に何の疑いもなく素直に頷く託生が愛おしくて、今のオレには権利などないのは承知して
いるがどうしても言いたくて、
「愛してるよ、託生」
初めてオレの気持ちを告白すると、託生はオレが見た中で最高の笑顔を見せてくれた。
あれ、オレ、昨日託生のベッドに泊まったか?
にしては、二人ともパジャマを着ているのは何故だ?何もせずに、そのまま寝ちまったのか?
枕元の時計を見ると6時半。そろそろ託生を起こすか。
「託生、起きろよ」
「んー、もう少し………」
「託生、今日は月曜日だぞ。起きろ」
もぞもぞと動いていた託生がピタと動きを止め、「ギイ?!」驚いたように飛び起きた。
「どうした?」
「ギイ、記憶は?!」
「記憶?」
なんだ、それ?
「今日は何日?」
「なに言ってるんだよ。6月23日だろ?」
そう言うと、託生はポスンと枕に頭をつっぷつし、
「ギイ、今日は6月29日、日曜日だよ」
ボソボソとこもった声で、力なく答えた。
「ようするに、半年間の記憶がなかったわけだ」
「そう言ってたよ」
昨日のギイ。
オレの記憶の中でぶっ飛んだ一週間の話を託生から聞き、改めて自分がどういう状態だったのか認
識したのだが、オレの事なのに第三者の話のような気がする。しかしこの一週間の記憶がオレにはない
のだから、事実なのだろう。
「でも、どうして急に記憶なんか、なくなったんだろうね」
「さぁ?」
と答えつつ、ふとある事を思い出した。
名実共に恋人になり、オレは幸せの絶頂期の真っ只中にいた。
託生に触れ、託生の声を聞き、託生の笑顔を見れる、生きてきた中で一番幸せな日々を現在送っ
ている。
それを、極寒の先が見えない吹雪の中にいただろう昔のオレに、伝えたいと思っていた。暖かな春の
日差しに似た季節はもうすぐだと。
託生に拒絶されて、オレらしくもなく消えてしまいたくなったこともあったんだ。それでも、がんばれば、こ
んなに幸せな日々が待っているんだと、伝える術はないけれど教えたくなった。
その願望が、今回の事態を引き起こしたのかもしれない。
「でも、よかった。記憶が戻って」
にっこり笑った託生の口唇にそっとキスをした。昔のオレと今のオレの想いを込めて。
「愛してるよ、託生」
最高の笑顔を見せてくれた恋人に。
オレの想いを込めて、深く口唇を重ねた。
二年のギイ………と言いつつ、一年のギイでありました。
ツイッターでは「ナニのギイだけど、違うギイ」と言ってましたが(笑)
ふと一年のギイと今の託生くんが絡んでる(エッチな意味ではなく;)のが思い浮かびまして、ぽつぽつと
書いていたのですが、なにしろアラサーばっかり書いていたので、どうにも違和感が拭えませんでした。
高2そのものも久しぶりですし;
暇つぶしくらいなったらいいなぁと言う事で(笑)
(2011.3.2)
めぐる季節の向こう側~そのあとに~ (2012.4)
記憶喪失の間の話を聞き、昔のオレと今のオレの想いを込めて口唇を重ねたとたん、自覚はしていな
かったのだが、一気に体の中を熱い欲望が渦巻いた。
あぁ、昔のオレ、必死で我慢していたんだな。
なんて同情心が一瞬頭を過ったものの、珍しく積極的に応えてくれる託生に煽られ深くベッドに沈ん
だ。
喘ぐように呼吸を繰り返す託生の汗ばむ額に軽くキスを落とし、託生の隣に体を移す。
オレとしては二日ぶりなのだが、肉体的には一週間ぶり。心地よい疲労が包み込む中、なぜか見過
ごせない何かがあるような気がする。託生の話の中に、その何かがあったはずだ。
どうしても託生に聞いておかなければいけない、オレにとってとても大切な何か。
託生との会話を思い出そうとしたオレの肩に、額をぶつけて目を瞑る託生の顔を見ていたら、あっさり
とその何かを思い出した。
とたん、ふつふつと剣呑な怒りが沸きあがる。
「託生」
「なに?」
ぼんやりと返事した託生の上にもう一度体を滑らせ、やんわりと退路を絶つ。しっとりとした肌の感触
にもう一度重なりあいたいと訴える本能を叱咤し、目と目と合わせるように託生の頬を両手で包んだ。
「オレ、今朝、このベッドで起きたんだよな」
「うん?そうだね」
「でも、昨日のオレは、半年前のオレだったんだよな?」
そうだ。オレには昨晩の記憶なんてない。どうやって、このベッドに入ったかなんて、昔のオレと託生しか
知らない。
キョトンと意味がわからないと顔に書いた託生に、
「半年前のオレが、託生のベッドに自ら潜り込むなんてこと、どう考えてもありえないんだけど」
ゆっくり言い聞かせるように言葉を続けると、首を傾げていた託生が、ハッとした様にオレを見、そしてう
ろたえた様に視線を彷徨わせた。
やっとオレが怒っているのに気が付いたか。
「たーくーみーー?」
「えっとね」
「なぁ、昔のオレをベッドに誘ったのか?」
オレではないオレを、このベッドに入れたのか?
「………違うよ。一緒に寝る?って言っただけ………」
視線も合わせず、しどろもどろにボソボソと言い訳しつつ、オレの腕の中からどうやって逃げ出そうかと
考えているように動く足を、がっしりと挟みこむ。
「どっからどう見ても、誘ってるんじゃないか!」
「誘ってない!」
「昨日のオレは、オレであってオレじゃないんだぞ!」
「そんなことない!ギイはギイ!」
「だいたい昨日のオレをオレだって言ってもな、今までオレはベッドに誘われたことは一度もない!」
託生にベッドに誘われるなんて………。
くーーーーっ、オレが楽しみに待っていた初めての誘いを………!
こんなことなら情け心を起こさず、昔のオレに「教えてやりたい」なんて同情するんじゃなかった!
「なぁ、オレも誘って?」
「ヤダ」
「昨日、オレを誘ったんだろ?」
「誘ってないってば」
「一緒に寝る?なんて、誘っているのと同じだろうが」
「ぼくにとっては違うの!」
「どこが?!」
いつか託生がベッドに誘ってくれることを夢見ていたオレの純情を返せ!
「託生、一緒に寝る?って言ってみてくれ」
「………しつこ……いっ!」
「ぐっ!」
蹴飛ばされて転がり落ちたオレの体を飛び越え、洗面所に向かった託生の背中に、
「なぁ、昔のオレと今のオレとどっちが好き?」
なんて、情けない台詞が零れ落ちた。
自分に嫉妬するなんて馬鹿らしいことこの上ないが、こと託生に関しては今のオレが一番でないと気
がすまないようだ。
オレの言葉に振り返った託生は、呆れたような眼差しで、
「どっちも同じギイだろ!」
言い捨ててドアの中に消えた。
冷たい床の上。託生の言葉を繰り返しその意味するところに気付いくと、自然笑いが込み上げてき
た。
昔のオレも、今のオレも、託生に言わせれば同じオレ。
裏を返せば、半年前のオレも当時から託生に愛されていたのかもしれない。その頃から実は両想い
だったのだ、と。
本心を聞いても、恥ずかしがり屋の託生は素直に答えてくれないかもしれないが、いつか聞き出して
やる。
いつ、オレに恋したのか、と。
Blogより加筆転載。
(2012.4.16)
小さな記憶(2011.4)
スキー合宿から戻って2週間。
帰ってきた直後はギイにあれもこれもお世話になっていたのだけれど、足の裏の水泡も消え包帯グル
グル巻きの生活から開放されて、普通に授業を受けられるようになっていた。
「週末、買出しに行く予定なんだが託生はどうする?足が大丈夫そうなら、一緒に行かないか?」
夕食を終え、珍しく来客もなくギイと二人で305号室でのんびりしていた時、ギイが話を振った。
「じゃ、ぼくも行こうかな。買いたい物もあるし」
そう言うと、ギイは驚いた顔をして、まじまじとぼくの顔を見詰めた。
「なんだよ?」
今、誘ったのはギイだろ?それにYESと答えただけじゃないか。
「いや、寒くなってから、誘ってもいつも『寒いから』って断られて、必要最低限の買い出しも渋々行って
ただろ?」
どういう風の吹き回しだ、大雪警報出ているんじゃないか?
窓の外を見ながら大げさに驚くギイに、
「失礼な」
ムッとして言い返す。
そりゃ、この寒い中、好んで外出したいとは思わないけど、ぼくには買っておきたい物があるのだ。購買
部に売っていないのだから仕方がない。
ギイは、窓際からぼくのベッドに移動し、
「ごめん。デートの誘いを断られなくて嬉しかったんだよ」
弾むようなキスを頬にした。
これだけで、なんとなく許してしまうぼくも現金なものだ。
「どこの店に行くんだ?」
あらためてぼくの隣に腰かけ、ギイが聞く。
「ん………と、文房具店………かな?」
「かなって?」
「うん、たぶん、文房具店」
「たぶん?」
「アルバムが欲しいんだよ」
そう。なんやかんやで、この1年に溜まった写真が引き出しの中で束になってしまって、さすがにこの保
管方法はまずいだろうと思っていたのだ。
察しのいいギイは「あぁ」と頷き、
「どういうのが欲しいんだ?」
と、話を先に進めてくれたのだが。
「わかんない」
「はぁ?」
「アルバムを買った事がないから、どういうのがいいのか見てみないと」
ギイと付き合うようになるまで、利久くらいしか友達なんていなかった。ましてや写真を撮るくらいの至
近距離にぼくが耐えられるはずもなく、スナップ写真を撮る事もなかったのだ。
ぼくの実家の部屋にあるのは、4月に恒例のように取るクラス写真のみで、しかも全て袋に入ったまま
置いてある。
それがアルバムを買わなければいけないほど、この一年で写真が溜まった事に自分自身が驚いてい
たりする。
「ギイは?どんなの使ってるんだい?」
「オレ?………使ってない」
「へ?多少はあるだろ?」
ギイの写真嫌いは有名だけど、ぼくと違って友人が多いギイのことだ。それなりに数があるのだと思うの
だけど。
疑いの眼差しを向けたぼくに、
「本当にアルバムはないよ。箱にどさりと入れてあるだけだ」
ギイは苦笑いをした。
「ふうん」
整理する方法なんて十人十色。人によってはそういう方法もあるかもしれない。特に写真嫌いのギイ
なら。
参考にさせてもらおうと思ったのだけど、箱に入れておくだけなら今と一緒だ。
けれども、ぼくはきちんとアルバムに入れたかった。どの写真も大切な思い出で、あの小さな四角の紙
に納まる事ができるようになった自分が少し誇らしかったりする。ギイのおかげだけどね。
何もかもを諦めてその日その日を乱暴に生きてきた頃は、思い出なんて必要ではなかった。でも、今
では例え喧嘩した日でさえも大切なぼくの記憶だから。
そう思えるようになったのは、ギイがぼくの過去を認めてくれたからだ。だからこそ、きちんとアルバムに収
めたかった。
「なぁ、オレとの写真もアルバムに貼るのか?」
「そのつもりだけど………」
先日のスキー合宿の時に、各部屋をカメラマンが回り撮っていった二人の写真。
「焼き増しがオレと託生の2枚だけと確約できるなら」
自分の写真が出回るのを嫌がって、毎年恒例になっているであろうルームメイトとの写真でさえも、カ
メラマンに誓約書を書かせるような勢いですごみ、少し居心地の悪いような気分で撮ってもらったスナッ
プ写真。
それでも、二人で写った唯一の大切な写真。
ぼくのアルバムだけど、やっぱり他人のアルバムに自分の写真を貼られるのはイヤなのだろうか。
「アルバムに貼られたりするの、イヤ?」
「別にそれはいいんだが、託生、そのアルバム見たりするのか?」
「そりゃ、たまには見るだろうけど………」
それすらも止めてくれとは言わないよね。長期休暇の時、ギイの写真があったらいいなと密かに思って
いたのだから。
ギイは、ぼくの言葉にしばし思案し、
「オレも買おうかな」
ポツリと言った。
「アルバム?」
「そ」
ついさっき箱に入れていると言っていたのに、これこそ、どんな風の吹き回しだろう。
「本当に買うの?」
「あぁ、託生のアルバム」
「うん?ぼくは自分でアルバム買うよ?」
「違うって。託生だけを集めたアルバム」
「なっ?!そんな恥ずかしい事しないでよ!」
ぼくは、ギイと違って観賞に耐えられる顔なんてしてないんだから。
「どうして?恋人のアルバムを作って何が悪い」
真面目な顔をして言い切るギイに、ぼくは言葉を詰まらせた。
悪くはないけど、ちょっと恥ずかしいような。
そんなぼくの内心に気付いているのか否か、 「1ページ目は、1年時のクラス写真だな」
ギイは、さっさと話を進めてきた。
まるで、これ以上、アルバムを作る事に突っ込んでくれるなと言いたそうに。
「それ、箱から探さなきゃ」
つい条件反射のようにぼくが言うと、ギイはふと視線をそらした。
「ギイ、もしかして………」
「託生の写真だぞ?別に置いてるに決まってるじゃないか」
振り向きざま力説するギイに、嬉しさと恥ずかしさが入り混じって頬が熱くなる。確かあのクラス写真
は、端と端とで離れていた。しかもとても小さく。
今しがた、全部、箱の中に入れてると言ったのに、ぼくが写っているからだけの理由で、写真を別に保
管しておくなんて、ギイ、可愛いかも。
………言ったら怒られるから言わないけど。
「じゃあ、明日の行き先は文房具店に決定!」
子供のようにはしゃぐギイに、微笑が漏れる。
まっさらなアルバムの1ページ目には、ギイとぼくの写真を貼ろう。
そして、いつか2冊3冊と増えるように、笑顔の写真が貼れるように、二人で思い出を作っていこう。
数週間くらい前から書いてはいたのですが、なかなか書けなくてですね。短いのですが、一応アップしま
す。
で、これのアフター。
一つに絞り切れなくて「Destiny」「Reset」「Secret内Life」に、それぞれのアフターを載せています。
けれども、こちらは、もっと短いです;
違いを楽しんでもらえたら、嬉しいのですが、どうでしょう?
(2011.4.1)
Hot Limit(2012.6)*Night*
確かに言われた。
「雨が降りそうだから傘を持っていけ」と。
でも、そのときは、晴れてたんだ。雲ひとつない青空。
梅雨の真っ只中とは言え、こんなにいい天気で、しかも天気予報さえも晴れマークだったから、傘なん
て荷物にしかならないと思ってこっそり置いていった。
ギイが一緒なら気付いただろうし、それこそギイが持ってきていたかもしれないけれど、生憎彼は評議
委員会の打ち合わせが長引き、土曜日の午後は丸つぶれ。
なので、買い置きも兼ねて、一人で麓の街まで降りていったんだ。
一人で街まで出るのは久しぶりだったものだから、ぶらぶらとその辺りを歩いたり楽器店に寄ったりし
て、でも、夕食を一人で食べるのは寂しいからと夕方バスに乗った。
そのときも晴れていた。少し雲があったけど。
それなのに、街を外れ山道に差し掛かった辺りから雲行きが怪しくなり、ポツリポツリと雨粒が窓を叩
き始めたと思ったら、一気に土砂降りの雨。
「嘘だろ……?」
できることなら止んでほしい。それが無理なら、せめてギイにバレずに帰れますように!
それなのに、ぼくの願いも空しく寮の玄関でばったりギイと会ってしまい、ずぶ濡れのぼくの姿を見たとた
ん、ギイはすっと目を細めた。
「あ……あの………」
無言のままぼくの荷物を奪い、室内履きに足を突っ込んだだけの状態で、ぐいぐいと305号室まで
引っ張っていく。
そして自分とぼくの荷物を乱暴にベッドに放り、有無を言わさず洗面所のドアを開け、「自分で脱げ
る」と訴えるぼくを無視して次々と服を剥ぎ取り、バスルームに押し込んで頭から熱いお湯を浴びせかけ
た。
とたん狭いバスルームの中を、白い蒸気が包み込む。
「オレ、言ったよな?」
「うん」
「傘、持っていけって」
「ごめん、ギイ」
「………自分が悪かったとは思ってるんだ?」
「うん」
今回は全面的にぼくが悪い。ちゃんとギイは忠告した。なのに、聞かなかったのはぼくだ。荷物になる
からって。
「ごめんね、ギイ」
「わかってるんならいいよ。あんな天気予報だったし仕方ないさ」
しゅんとしたぼくに大きく溜息を吐いて、ギイはあっさりと釈放した。
しかし、あまりにも早い解放に長いお小言を覚悟していたぼくは、ギイを疑いの眼差しで見上げたらし
い。
「……怒られたいのか?」
「いいえ、遠慮します」
怒られたいなんて思う人間が、この世にいるはずがない。
それよりも、そこに突っ立ったままのギイに居心地の悪さを感じ、
「じゃ、じゃあ、シャワーするから」
シャワーヘッドの角度を直す振りをして、暗に出て行ってくれと言ったつもりで壁側を向いたとたん、背
後から腕が伸びてぼくを捕まえた。
「オレが暖めてやるよ」
「へ?」
意味を聞こうと振り返った視界には、シャワーの雨を頭から被ったギイが、やけに楽しげな笑みを浮か
べていた。
だからって。
「ギイ……や………」
「体が冷えてるから暖めてやってるだけだろ?」
「う……そだ………」
含み笑いを滲ませながら、口唇で、手で、言葉通りぼくの体の熱を高めていく。雨で冷え切っていた
体はとうの昔に熱を取り戻し、今は熱いくらいだ。
流れるシャワーに紛れ込ませ、ギイの指先が胸の先端を掠める。知らぬ間に尖っていた感触を自覚
し、カッと頬に赤が散った。
立ったまま腕ごと背後から抱きしめられ、ぼくには逃げる隙間さえない。
ぼく達を包み込む蒸気も肌を流れるシャワーの雫も、ねっとりと絡みあい、肌をすべり落ちていく。
首筋から肩口に舌を這わし、両の手は執拗なほど胸のしこりを愛撫し、痛いほど敏感になっているの
がわかる。
「濡れる……よ、……ギイ……」
「今更。一緒に濡れような」
「ちが………っ!」
ぼくをバスルームに放り込んだ時、ギイは制服のままだった。そして、今、背中にあたる布地の感触と
左胸に時折あたる時計の固さに、ギイが未だ服を着込んでいることがわかる。
こんな煌々と照明がついているところで、自分一人だけ裸体を晒すなんて、頭が沸騰しそうだ。
「大声出すなよ。換気口は繋がってるんだ。託生の声が聞こえるぞ?」
「っ……!」
だったら!
ギイの悪戯に動く右手を握り、文句を言おうと振り向いた口唇が、被さるように深い口付けで塞がれ
る。唾液と水滴が混ざり合い、呼吸がしにくいせいで開いてしまった口唇から熱い塊が侵入し、ぼくの舌
先を強く吸い淫らに絡めあう。
降り注ぐシャワーの湯よりも、熱い。
思わず力が抜けてしまったぼくの手から己の手を取り戻し、ギイが撫でるように下半身に滑らした。
白い蒸気で隠れて見えなくとも、すでに形を変え張り詰めたモノを迷うことなく握りこまれて、その衝撃
に腰を引く。
「ぁ……ん…………」
「託生……」
とたん、予期せず後ろをギイ自身に摺り合わせる形となり、ギイが満足そうな吐息を耳に吹きかけた。
その熱い囁きに背中をざわざわと快感が駆け上っていく。期待と喜びが渦巻き、ギイの軌跡を体が自
然追いかけ始め、思考が霞んでいく。
どこもかしこも、肌にあたるシャワーでさえも快感を増幅させ、ぼくの体が小刻みに震えだした。
強弱をつけてスライドさせ、時折親指で包み込むように先端を丸くなぞり、その不規則な動きに、ギイ
の手中でコントロールさせられているような気分になる。
いや、実際そうなんだろう。快楽の深さも知らず零れる吐息も、ギイの思い通りだ。
いつもぼくのことを最優先に考えてくれるギイだけれど、こればかりは容赦がない。どれだけぼくが懇願
したって、主導権はいつもギイにある。……今のように。
散々喘がされ、泣かされ、翻弄され、息絶え絶えに解放を強請って、ようやく納得したのかギイの手
の動きが早くなり一気に上り詰めた。
ぼくの荒い息遣いとシャワーの音が、バスルームに響いている。
ギイが包み込むように抱きしめ頬を摺り寄せた。「愛してる」と囁いて何度もキスを落とし、愛しげにぼ
くの体をまさぐっていく。
ぼんやりと開いた目が、ギイの視線と絡み合った。とたん、まだくすぶっている欲望の火が大きくなる。
まだ足りないと、ぼくの体が訴えている。
「ギイ………」
呼ぶと、コクリと喉を鳴らし、
「託生、手をついて」
有無を言わさぬように命令した。
熱っぽいギイの声に、素直に壁に手をついた背後からギイが固定するように両手を腰に回す。
すると、あり得ない場所にギイの舌を感じ、驚いて振り向いた視界には、ギイが戸惑いもなく後ろに顔
をうずめている姿があった。
「ギイ……!」
「ここにはジェルがないんだ」
「やだ……ギイ、放して………!」
気を失いたくなるほどの羞恥に逃げ出そうとするも、がっしりと腰を固定され阻まれた。
熱い舌で唾液を送り、指先が解すようにぼくの中をかき回す。しばらくすると圧迫感が増え、衝撃に
息が詰まったぼくを宥めるように熱いぬめりがぬちゃりと塗り込められた。
「んっ!……や………あ………」
「もう少し、我慢……な?」
上ずったギイの声と指と舌に恥ずかしさを上回る快感を感じ、また羞恥がぼくを包み込む。内側から
溶けてしまいそうな感覚に抗うこともできないまま、目の前にある壁を掴むように拳を握った。
ぼくを受け入れられるに十分なほど解して、ギイが強請るように耳に口唇を寄せる。
「託生………」
コクコクと頷く背後からベルトを外す音がした。
「は……ぁ……んんっ……!」
そして、熱い塊が窄みにあてられ、ぼくが息を吐いたのを見計らって、ギイが潜りこむ。
知らず逃げそうになった腰を捕らえ、深く腰を進めた。そうして、味わうようにゆっくりと引き、また深く突
き上げる。
吐息も鼓動も、全てがギイと交じり合っているような不可思議な感覚。
背中で擦れるギイのシャツが、まとわりつくように肌をくすぐり、頬にあたるギイの濡れた髪がキスを思い
出させる。体全体でギイを感じていた。
「託生……託生………」
「ギ………やぁ……」
あまりの激しさに、がくがくと震える足を支えきれず、頭と腕も壁にぶつけた。瞬間ヒヤリと身がすくんだ
けれども、壁の冷たさを持ってしても、この燃えるような熱さを冷ますことは、もうできやしない。
けれども、まともに立っていることが出来ず膝が落ちそうになったとき、ふいにギイが動きを止め退いた。
ホッと息を吐いたのも束の間、くるりと向かい合わせに反転させられ、力の入らないぼくの左足を自分
の腰に巻きつける。
「ギイ、無理………」
涙まじりの言葉を無視し、腰を抱いたギイが再度貫き、咄嗟にギイの背中にしがみついたけど、不安
定な体勢に体が強張った。
「も……や………放して………」
「わかってるって」
ギイはバスタブの淵にぼくごと座り、ぼくの右足までも腰に巻きつける。
「あぅ……っ!」
とたん自分の重さに沈んだ体が、えぐられるように一層深くギイを奥へと導いた。恐ろしいほどの圧迫
感と快感。
足は宙に浮き、ギイの成すがままに揺さぶられ、止め処なく喘ぎが口から零れ落ちる。すがりつけるの
はギイだけ。
ぼくの名前を呼ぶ声も、ただただ煽るための道具にしかならず、反響する二人の乱れた息遣いが四
方八方から包み込んだ。
「ギ……ギ……ィ………!」
「一緒に……たくみ………」
「も……ダメ………っ………あぁ……」
「くっ……愛してる、託生………っ」
白い火花が散ると同時に、ぼくの奥深くにほとばしるギイを感じた。
訪れる静粛。
心地よい疲労感と満足感がぼくを包み込んだ。
くたりと力が抜けたぼくを器用に抱えなおし、ついでにシャワーも止めて、ギイが優しく口付ける。さきほ
どの熱情が嘘のような、穏やかなキス。
「ん……」
「託生……」
目を開けるとギイの薄茶色の瞳が優しく微笑んでいた。その笑顔にホッとする。
でも、なぜか黒いもやが出てきたような気がした。目を閉じていないのに、ギイの笑顔が黒く塗りつぶさ
れていく。それに、なんだかくらくらする?蒸気がもや変わることなんてあるのだろうか。
「ギイ……」
「うん?」
愛しげに小さなキスを繰り返すギイの声が遠くな……る………。
「あつい……」
「え、託生?おい、託生?!」
焦ったようなギイの声を最後に、ぼくは意識を失った。
結果、ぼくはのぼせたようだ。
サウナとまでは言わないけど、あんな高温多湿のバスルームなんかで、しかもシャワーを浴びながらした
ものだから、当たり前と言えばそうなんだけど。
土下座する勢いで平謝りしたギイは、その後、学食に走ったり売店に走ったりと急がしそうだった。
だって、夕食を食べようと思って寮に帰ってきたのに、ギイの悪乗りでこういう事態になり食べにいけなく
なったのだから、しっかり責任を取ってもらっただけの話。
もちろん、スポーツ飲料もアイスクリームもギイのおごりで。
「今度は、シャワーを止めないとな」
ぼくの服よりもびしょびしょになった制服を手に取りながら、ボソリと呟いたギイの後頭部を遠慮なく殴
らせてもらった。
二度と、バスルームなんかでするもんか!
BLお題ったーで『あなたは万が一 10RTされたら シャワールームで恥心プレイな託生を 描(書)きましょ
う。』というのがありまして、10RTはなかったんですけど、読みたいとおっしゃってくださる方がいたので書い
てはみたのですが………ぬるいっすね;
やっぱり18禁って、苦手です。
それを再確認したような話でした。
(2012.6.26)
kiss(2013.5)
ぼくがギイを受け入れられるまで、キスをしなかったわけではない。
あの薄暗い音楽堂で、ギイの告白と一緒に訪れた最初のキスから、何度もギイの口唇を受けてい
る。
でも、ほとんど、ギイがタイミングを見計らって掠めるような不意打ちのキスで、ぼくの状態によっては数
日キスをしないことだってあった。
それが、今はどうだろう。
おはようのキスに、おやすみのキス。いってきますのキスに、ただいまのキス。
もちろん、それ以外にも、部屋で二人きりになると、ぼくを抱き締めて何度も何度もキスをする。
まるで今までの分を取り戻すかのようにキスするギイに、なにも言う気はないけれど。それに、キスが嫌
いなわけじゃなく、それこそギイとキスをするのは嬉しいことなんだけど。
でも、ギイにキスされるたびに、素朴な疑問が頭に浮かぶ。
キスって、こんなに何回もするものなのだろうか………。
そして、今日も。
「託生、ただいま!」
「お帰り、ギイ」
条件反射で答えてドアを振り返ったときには、もうすでにベッドに座っていたぼくの側まで来ていて、ギ
イがただいまのキスをした。口唇が重なってから目を閉じたくらいの早業。
いつものただいまのキスより深く求めてきたギイに気付き、素直に口唇を緩める。とたん角度を変え、
舌先が忍び込んできた。
今日は、放課後から今まで別々に行動をしていたから、朝から数時間ぶりのキス。だから、少し長い
のかなと一瞬頭を過ぎったものの、すぐにギイのキスに翻弄されてしまう。
上手すぎるんだよ、ギイ。
頭の芯がボーっと霞んできたとき、満足したのか、ゆっくりと柔らかな口唇が離れ、ぼくの頬にチュッと音
を立てておまけのキスをしながら、ギイはぼくの隣に腰を下ろした。
乱暴に座ったわけでもないのに、ベッドが古いからかギシリと鈍い音を立て、回されたギイの腕の中で、
ぼんやりとキスの余韻に浸っていたぼくの頭をクリアにする。
今日、何回目のキスだっけ?
「託生、どうかしたのか?」
なんとなく回数を数えて、押し黙ったぼくを、ギイが心配そうに覗き込む。
「ギイってさ、どうしてキスするの?」
「……………は?」
ずっと疑問に思っていたからか、するりと出た言葉に、ギイは鳩が豆鉄砲を食らったような顔をしてポカ
ンと口を開け、そして、
「もしかして、託生、オレとキスするの嫌なのか?!我慢してるとか?!」
慌ててぼくの肩を両手で掴み、噛み付くような勢いで尋問する。
ちょっと、ギイ、痛い痛いっ!
「や……そういう意味じゃなくて!」
嫌とか我慢じゃなくてっ!
自分の言葉足らずを呪いつつ、おろおろと言葉を探し出したぼくをどう思ったのか、さっきの勢いはどこ
へやら、あっさりと掴んでいた両肩を開放し、
「なら、いいじゃん。キスしても」
ギイはひょいと片眉を上げ、いつもの飄々とした態度に戻った。
けれども、見慣れた表情なのに、なんとなく違和感を感じて首を傾げた。ギイが表情を作っているよう
に見えて。
一瞬、ホッとしたような表情が垣間見えたのは、気のせいなのかな。
「じゃなくて、多くない?」
でも、ずっともやもやした状態なのも嫌なので疑問をぶつけてみると、とたん、呆れた表情でギイがぼく
を見た。
変なこと言ったかな?
「託生、オレの恋人だよな?」
「うん」
「恋人にキスするのに回数が関係あるか?」
「ないと思うけど、でも………」
思い返してみると、起きた瞬間から寝る瞬間まで、ギイとキスをしているような気がするのだ。
こんな環境初めてだから、ギイにキスされるたびに戸惑ってしまう。いつか、ギイが飽きそうで。
口篭ったぼくに、ギイは顎に手を当てて宙を睨み、もう一度ぼくに視線を戻した。
「託生は、キスが多いと思ってるのか?疑問はそれだけか?」
確認するように慎重に聞いてきたギイに、こっくりと頷く。
「あ……朝起きたときもそうだし、今もそうだし」
「おはようのキスに、ただいまのキスだろ?」
「………夜寝るときも、部屋を出ていくときも」
「おやすみのキスに、いってきますのキスだな」
うん、それはわかる。わかるんだけど、それだけじゃないよね。気付けばキスされてるのだから。
ぼくの言葉を聞いて、一つ溜息を吐き、
「託生。その4つは挨拶のキス。恋人間のキスとは別」
暗にカウントには入らないのだと指摘した。
あまりにも日本語が堪能だから、つい忘れているけれど、ギイ、アメリカ人だし。親子や友人でも、頬
にキスして挨拶するらしいから、ギイにとってはキスにならないのか。ぼくが思っているほど、深い意味はな
いと。
じゃ、1年の頃、章三に挨拶のキ………。
「託生。気持悪いこと考えるなよ」
口に出さずとも、ぼくの思考がギイにはわかったらしい。
ジロリと睨まれ、うっと顎を引く。
だって、ギイが挨拶のキスって言うから、そうなのかなって思っただけじゃないか。だからと言って、章三に
挨拶のキスをしていたのなら、ものすごく複雑な気分になるだろうけど。
「挨拶のキスなのはわかったけど、でも、ここ日本だよね?」
ギイが章三に挨拶のキスをしていなかったということは、当時は日本式に言葉だけの挨拶をしていたわ
けだ。
それを、どうして急にアメリカ式に変える必要があったのか。
「………男心の妙がわからないやつだな」
大きな溜息を一つ吐きボソリと呟かれた台詞に、ムッとする。
「なんだよ、それ」
ぼくだって男なのに。
ギイが顔を近づけてきたと思ったら、触れるだけのキスをして、ぼくの体に腕を回した。
「オレが、託生に触れていたいんだよ」
包み込むように抱き締め、指で愛しそうに髪を梳く。
それほど腕に力は入っていないのに、大きな肩に頬を寄せると、この腕の中から逃げ出せないような
錯覚になる。
「ずっと、こうやって託生を抱き締めていたいんだ」
「うーん、それは、ちょっと困るかも」
四六時中こんな状態じゃ、なにもできない。
ぼくの答えにクスリと笑い、
「だからキスで我慢してる」
と、右耳にキスをされ、そのくすぐったさに肩を竦める。
なにが「だから」なのか、キスで我慢なのか、わからないけれど。
でも、ギイのコロンに包まれていたら、回数なんてどうでもいいような気がしてきた。
「託生、愛してるよ」
「うん、ぼくも………」
キスをする直前、夢を見るように幸せそうに微笑んだギイを目に焼きつけ、ぼくは今日何度目かのキス
を口唇に感じた。
先日見つけた2003年マイドキュメントのバックアップCD-ROMに入っていたものです。
キスキスと、何度キスという文字を書いていたのか(笑)
いや、数えてないですけどね。
かれこれ10年前のファイルなんで、当時なにを思い浮かべて書いたのかは記憶に残っていません。
しかし、昔に書いた物ってのは、読み返すのが恥ずかしい………。
(2013.5.26)
奥付
穏やかな時間の中で
りか
URL http://greem.shop-pure.net
MAIL [email protected]
Fly UP