...

ONTAP 9 OnCommand System Managerを使用したクラスタ

by user

on
Category: Documents
806

views

Report

Comments

Transcript

ONTAP 9 OnCommand System Managerを使用したクラスタ
ONTAP® 9
OnCommand® System Managerを使
用したクラスタ管理
2017年1月 | 215-11660_C0
[email protected]
ONTAP 9.1用に更新
目次 | 3
目次
OnCommand System Managerのヘルプにようこそ ............................. 17
お気に入りのトピックへのアクセス ................................................................... 17
System Managerの概要 .............................................................................
アプリケーション インターフェイスで使用されるアイコン .............
ウィンドウ レイアウトのカスタマイズ .................................................
サポート ダッシュボード .........................................................................
ONTAPの詳細情報の入手方法 ................................................................
クラスタ環境のセットアップ ..................................................................
18
19
20
21
22
23
OnCommand System Managerを使用したクラスタのセットアップ ................. 23
テンプレート ファイルを使用したクラスタのセットアップ .............. 23
クラスタの手動セットアップ ................................................................... 25
OnCommand System Managerのブラウザベースのグラフィカル インター
フェイスを使用したクラスタへのアクセス ................................................. 29
System Managerオプションの設定 ........................................................................ 30
OnCommand System Managerログ ファイルの表示 ............................................ 30
システム ロギングの仕組み ...................................................................... 31
System Managerを使用したクラスタの設定 ........................................................ 31
OnCommand System Managerのブラウザベースのグラフィカル イ
ンターフェイスを使用したクラスタへのアクセス ......................... 31
クラスタのセットアップ ........................................................................... 32
ネットワークのセットアップ ................................................................... 38
物理ストレージのセットアップ ............................................................... 39
論理ストレージのセットアップ ............................................................... 44
クラスタの管理 .......................................................................................... 59
クラスタとは ........................................................................................................... 59
クォーラムとイプシロンについて ....................................................................... 59
クラスタ内のノードとは ....................................................................................... 60
[ダッシュボード]ウィンドウ ................................................................................ 60
ダッシュボードを使用したクラスタの監視 ........................................... 62
設定の更新 ............................................................................................................... 62
SVM管理の詳細の設定 .............................................................................. 62
[設定の更新]ウィンドウ ............................................................................ 63
サービス プロセッサ .............................................................................................. 64
サービス プロセッサへのIPアドレスの割り当て .................................. 64
サービス プロセッサ設定の編集 .............................................................. 65
サービス プロセッサの概要 ...................................................................... 65
[サービス プロセッサ]ウィンドウ ........................................................... 66
クラスタ ピア .......................................................................................................... 67
クラスタ ピアの前提条件 .......................................................................... 67
クラスタ ピア関係の作成 .......................................................................... 68
4 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
クラスタ ピア パスフレーズの変更 ......................................................... 69
ピア ネットワーク パラメータの変更 ..................................................... 69
クラスタ ピア関係の削除 .......................................................................... 70
クラスタ ピアとは ...................................................................................... 70
クラスタ ピア クラスタ間接続とは ......................................................... 70
クラスタのピア関係での相互接続 ........................................................... 71
[ピア]ウィンドウ ........................................................................................ 71
ハイアベイラビリティ ........................................................................................... 72
HAペアの概要 ............................................................................................. 72
[ハイアベイラビリティ]ウィンドウ ........................................................ 72
ライセンス ............................................................................................................... 73
ライセンスの削除 ....................................................................................... 73
ライセンスの管理 ....................................................................................... 74
ライセンス タイプおよび使用権のリスク .............................................. 75
[ライセンス]ウィンドウ ............................................................................ 76
クラスタの更新 ....................................................................................................... 78
クラスタの無停止での更新 ....................................................................... 79
クラスタを無停止で更新する方法 ........................................................... 81
[クラスタの更新]ウィンドウ .................................................................... 82
日付および時刻 ....................................................................................................... 83
クラスタ時間の管理 ................................................................................... 84
[日時]ウィンドウ ........................................................................................ 85
SNMP ........................................................................................................................ 85
SNMPの有効化と無効化 ............................................................................ 85
SNMP情報の設定 ........................................................................................ 85
SNMPトラップの有効化と無効化 ............................................................ 86
トラップ ホストの設定のテスト .............................................................. 86
SNMPの設定時に使用するオプション .................................................... 87
クラスタ上のSNMPの管理 ........................................................................ 87
[SNMP]ウィンドウ ..................................................................................... 87
LDAP ......................................................................................................................... 88
LDAPクライアント設定の表示 ................................................................. 88
LDAPサービスの使用 ................................................................................. 89
[LDAP]ウィンドウ ...................................................................................... 89
ユーザ ....................................................................................................................... 89
クラスタ ユーザ アカウントの追加 ......................................................... 89
クラスタ ユーザ アカウントの編集 ......................................................... 90
クラスタ ユーザ アカウントのパスワードの変更 ................................. 90
クラスタ ユーザ アカウントのロックとロック解除 ............................. 90
ユーザ アカウント(クラスタ管理者のみ) .......................................... 91
ロール ........................................................................................................... 91
[ユーザ]ウィンドウ .................................................................................... 91
ロール ....................................................................................................................... 92
ロールの追加 ............................................................................................... 92
目次 | 5
ロールの編集 ............................................................................................... 93
ロールと権限 ............................................................................................... 93
クラスタ管理者の事前定義されたロール ............................................... 93
[ロール]ウィンドウ .................................................................................... 94
ネットワークの管理 .................................................................................. 96
IPspace ...................................................................................................................... 96
IPspaceの編集 .............................................................................................. 96
IPspaceの削除 .............................................................................................. 96
IPspaceの設定 .............................................................................................. 96
IPspaceの標準プロパティ .......................................................................... 97
ブロードキャスト ドメイン .................................................................................. 98
ブロードキャスト ドメインの編集 .......................................................... 98
ブロードキャスト ドメインの削除 .......................................................... 98
ブロードキャスト ドメインの設定 .......................................................... 99
サブネット ............................................................................................................... 99
サブネットの編集 ....................................................................................... 99
サブネットの削除 ..................................................................................... 100
ネットワーク インターフェイス ........................................................................ 100
ネットワーク インターフェイスの作成 ................................................ 100
ネットワーク インターフェイスの編集 ................................................ 102
ネットワーク インターフェイスの削除 ................................................ 102
LIFの移行 ................................................................................................... 103
LIFとは ....................................................................................................... 103
LIFのロール ............................................................................................... 104
LIF作成のガイドライン ........................................................................... 105
イーサネット ポート ............................................................................................ 105
インターフェイス グループの作成 ........................................................ 105
VLANインターフェイスの作成 .............................................................. 106
イーサネット ポートの設定の編集 ........................................................ 107
インターフェイス グループの設定の編集 ............................................ 107
VLANのMTUサイズの編集 ..................................................................... 107
VLANの削除 .............................................................................................. 108
ポートおよびアダプタ ............................................................................. 108
ネットワーク ポートの種類 .................................................................... 108
VLANの仕組み .......................................................................................... 109
FC / FCoEアダプタ ................................................................................................ 110
FC / FCoEアダプタの速度の編集 ............................................................ 110
サブネットの設定 ..................................................................................... 110
[ネットワーク]ウィンドウ .................................................................................. 110
物理ストレージの管理 ............................................................................ 119
アグリゲート ......................................................................................................... 119
アグリゲートの編集 ................................................................................. 119
アグリゲートの削除 ................................................................................. 120
アグリゲート作成時のRAID設定の変更 ............................................... 120
6 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
SSDの追加によるキャッシュのプロビジョニング .............................. 121
データ ディスクの追加 ............................................................................ 123
データ ディスクを追加する際のRAIDグループの変更 ...................... 125
FlexVolの移動 ............................................................................................ 125
アグリゲートのミラーリング ................................................................. 126
アグリゲート情報の表示 ......................................................................... 126
アグリゲートとは ..................................................................................... 126
RAIDグループの命名規則 ....................................................................... 127
FlexVolの移動 ............................................................................................ 127
Flash Poolアグリゲートの機能 ................................................................ 127
ONTAPの実質的ディスク タイプを使用してHDDを混在させる方
法 ........................................................................................................... 128
互換性のあるスペア ディスクとは ........................................................ 128
System Managerとホット スペアとの相互運用性 ................................. 129
ディスク タイプおよびディスクrpmの表示ルール ............................. 130
Infinite Volumeのアグリゲートに関する要件 ........................................ 130
ミラーされたアグリゲートの機能 ......................................................... 131
[アグリゲート]ウィンドウ ...................................................................... 132
ストレージ プール ................................................................................................ 135
ストレージ プールの作成 ........................................................................ 135
ストレージ プールへのディスクの追加 ................................................ 136
ストレージ プールの削除 ........................................................................ 137
SSDストレージ プールの使用法 ............................................................. 137
Flash Pool SSDパーティショニングでFlash Poolアグリゲートの
キャッシュ割り当ての柔軟性を拡張する方法 ............................... 138
SSDストレージ プールを使用する際の要件およびベストプラク
ティス ................................................................................................... 139
SSDストレージ プールを使用するケースに関する考慮事項 ............. 140
SSDを既存のストレージ プールに追加する場合と新規作成する場
合の考慮事項 ....................................................................................... 140
ストレージ プールにディスクを追加する理由 .................................... 141
ストレージ プールの仕組み .................................................................... 141
[ストレージ プール]ウィンドウ ............................................................. 141
ディスク ................................................................................................................. 142
ノードへのディスクの再割り当て ......................................................... 143
ディスク情報の表示 ................................................................................. 143
RAIDドライブ タイプの概要 .................................................................. 144
ONTAPで使用されるディスク タイプ名 ............................................... 144
ホット スペア ディスクの機能 ............................................................... 146
アレイLUNのRAID保護 ........................................................................... 146
最低限必要なホット スペアの数 ............................................................ 146
マルチディスク キャリアのディスクのスペアに関する要件 ............ 147
マルチディスク キャリアのストレージ シェルフのシェルフ構成
に関する要件 ....................................................................................... 147
目次 | 7
マルチディスク キャリアを安全に取り外せるかどうかを確認す
る方法 ................................................................................................... 147
RAIDグループのサイジングに関する考慮事項 ................................... 148
アレイLUNのONTAP RAIDグループに関する考慮事項 ..................... 149
[ディスク]ウィンドウ .............................................................................. 149
アレイLUN ............................................................................................................. 152
アレイLUNの割り当て ............................................................................. 152
ノードへのスペア アレイLUNの再割り当て ........................................ 152
スペア アレイLUNの初期化 .................................................................... 153
ディスクおよびアレイLUNについて ..................................................... 153
ディスクとアレイLUNを使用できるようにする方法 ......................... 154
種類の異なるアレイLUNをアグリゲート内に混在させる場合の
ルール ................................................................................................... 155
[アレイLUN]ウィンドウ .......................................................................... 155
ノード ..................................................................................................................... 156
ComplianceClock時間の初期化 ................................................................ 156
[ノード]ウィンドウ .................................................................................. 157
Flash Cache ............................................................................................................. 158
Flash Cacheの有効化と無効化 ................................................................. 158
Flash Cacheの仕組み ................................................................................. 158
[Flash Cache]ウィンドウ ........................................................................... 158
イベント ................................................................................................................. 159
[イベント]ウィンドウ .............................................................................. 159
システム アラート ................................................................................................ 160
システム ヘルスの監視 ............................................................................ 160
システム ヘルス アラートの承認 ........................................................... 161
システム ヘルス アラートの抑制 ........................................................... 161
システム ヘルス アラートの削除 ........................................................... 161
使用可能なクラスタ ヘルスモニタ ........................................................ 162
システム ヘルス アラートへの対応方法 ............................................... 162
[システム アラート]ウィンドウ ............................................................. 163
AutoSupport通知 .................................................................................................... 164
AutoSupport通知の設定 ............................................................................ 164
AutoSupport設定の有効化と無効化 ........................................................ 164
AutoSupport Eメール受信者の追加 ......................................................... 165
AutoSupportの設定のテスト .................................................................... 165
AutoSupportデータの生成 ........................................................................ 165
AutoSupportの概要の表示 ........................................................................ 166
AutoSupportの重大度のタイプ ................................................................ 166
[AutoSupport]ウィンドウ .......................................................................... 166
ジョブ ..................................................................................................................... 167
ジョブ ......................................................................................................... 167
[ジョブ]ウィンドウ .................................................................................. 168
Flash Pool統計情報 ................................................................................................ 168
8 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
Flash Poolアグリゲートの統計情報ウィンドウ .................................... 169
論理ストレージの管理 ............................................................................ 170
SVM ........................................................................................................................ 170
SVMの[ダッシュボード]ウィンドウ ...................................................... 170
SVMの監視 ................................................................................................ 170
SVM設定の編集 ........................................................................................ 171
SVMの削除 ................................................................................................ 172
SVMの開始 ................................................................................................ 173
SVMの停止 ................................................................................................ 173
SVMとは .................................................................................................... 173
SVMの管理 ................................................................................................ 175
SVMの種類 ................................................................................................ 175
SVMの使用目的 ........................................................................................ 176
ONTAPのネーム サービス スイッチ設定の仕組み .............................. 177
[Storage Virtual Machine]ウィンドウ ....................................................... 178
ボリューム ............................................................................................................. 180
ボリューム プロパティの編集 ................................................................ 180
データ保護ボリュームの編集 ................................................................. 182
ボリュームの削除 ..................................................................................... 183
FlexCloneボリュームの作成 .................................................................... 183
FlexCloneファイルの作成 ........................................................................ 184
親ボリュームからのFlexCloneボリュームのスプリット .................... 185
FlexCloneボリューム階層の表示 ............................................................ 185
ボリュームのステータス変更 ................................................................. 186
Snapshotコピーの表示 .............................................................................. 186
Snapshotコピーの作成 .............................................................................. 187
Snapshotコピー リザーブの設定 ............................................................. 188
Snapshotコピー ディレクトリの非表示 ................................................. 188
自動Snapshotコピーのスケジュール設定 .............................................. 189
Snapshotコピーからのボリュームのリストア ...................................... 189
Snapshotコピーの有効期限の延長 .......................................................... 190
Snapshotコピーの名前変更 ...................................................................... 191
Snapshotコピーの削除 .............................................................................. 191
ボリュームのサイズ変更 ......................................................................... 192
ボリュームでのStorage Efficiencyの有効化 ........................................... 193
重複排除スケジュールの変更 ................................................................. 194
重複排除処理の実行 ................................................................................. 194
アグリゲート間またはノード間でのFlexVolの移動 ............................ 195
ストレージQoSへのボリュームの割り当て .......................................... 196
ソースSVMからのミラー関係の作成 .................................................... 197
ソースSVMからのバックアップ関係の作成 ........................................ 200
ソースSVMからのミラーとバックアップ関係の作成 ........................ 203
VMware用NFSデータストアの作成 ....................................................... 205
FlexGroupボリュームの作成 .................................................................... 205
目次 | 9
FlexGroupボリュームの編集 .................................................................... 206
FlexGroupボリュームのサイズ変更 ........................................................ 206
FlexGroupボリュームのステータス変更 ................................................ 207
FlexGroupボリュームの削除 .................................................................... 208
FlexGroupボリューム情報の表示 ............................................................ 208
ボリュームのきめ細かい暗号化とは ..................................................... 209
FlexVolの機能 ............................................................................................ 209
Infinite Volumeとは .................................................................................... 209
SnapMirrorの元のボリュームまたはデスティネーション ボリュー
ムからFlexCloneボリュームを作成する際の考慮事項 .................. 210
Snapshot設定 .............................................................................................. 210
Infinite VolumeのSnapshotコピーの操作に関するガイドライン ......... 210
Infinite VolumeのSnapshotコピーにアクセスできる状況 ..................... 211
FlexVolのボリューム ギャランティの動作 ........................................... 212
増分テープ バックアップでのSnapDiffとSnapshotコピーの使用方
法 ........................................................................................................... 213
FlexCloneボリュームとスペース ギャランティ ................................... 213
FlexVolを使用したシンプロビジョニングによる効率化 .................... 214
FlexVolでのスペース リザベーションの使用 ....................................... 214
Infinite Volumeでシンプロビジョニングを使用する場合の考慮事
項 ........................................................................................................... 215
Storage Efficiencyの利点 ........................................................................... 216
データ圧縮と重複排除 ............................................................................. 217
重複排除の使用に関するガイドライン ................................................. 218
ボリュームのサイズ変更のオプション ................................................. 219
ボリュームを移動する際の考慮事項 ..................................................... 219
FlexVolの移動 ............................................................................................ 220
[ボリューム]ウィンドウ .......................................................................... 220
アプリケーション プロビジョニング ................................................................ 228
NFS経由のOracleアプリケーション用ストレージのプロビジョニ
ング ....................................................................................................... 228
ネームスペース ..................................................................................................... 232
ボリュームのマウント ............................................................................. 232
FlexVolのアンマウント ............................................................................ 233
エクスポート ポリシーの変更 ................................................................ 233
[ネームスペース]ウィンドウ .................................................................. 233
共有 ......................................................................................................................... 234
CIFS共有の作成 ........................................................................................ 234
共有アクセスの停止 ................................................................................. 235
ホーム ディレクトリ共有の作成 ............................................................ 236
共有の設定の編集 ..................................................................................... 236
ONTAPにおける動的ホーム ディレクトリの仕組み ........................... 237
[共有]ウィンドウ ...................................................................................... 238
LUN ......................................................................................................................... 240
10 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
FC SAN向けに最適化されたLUNの作成 ............................................... 240
アプリケーション固有のLUN設定 ......................................................... 241
LUNの作成 ................................................................................................. 245
LUNの削除 ................................................................................................. 247
イニシエータ グループの作成 ................................................................ 247
イニシエータ グループの削除 ................................................................ 248
イニシエータの追加 ................................................................................. 248
イニシエータ グループからのイニシエータの削除 ............................ 248
ポートセットの作成 ................................................................................. 249
ポートセットの削除 ................................................................................. 249
LUNのクローニング ................................................................................. 249
LUNの編集 ................................................................................................. 250
LUNのオンライン化 ................................................................................. 250
LUNのオフライン化 ................................................................................. 251
LUNの移動 ................................................................................................. 251
ストレージQoSへのLUNの割り当て ...................................................... 252
イニシエータ グループの編集 ................................................................ 253
イニシエータの編集 ................................................................................. 253
ポートセットの編集 ................................................................................. 254
LUN情報の表示 ......................................................................................... 254
イニシエータ グループの表示 ................................................................ 254
LUNを含むFlexVolの操作に関するガイドライン ................................ 255
LUNのサイズとタイプ ............................................................................. 255
LUNのスペース リザベーションについて ............................................ 256
LUNマルチプロトコル タイプの使用に関するガイドライン ............ 256
LUNクローンの概要 ................................................................................. 257
LUNのサイズ変更 ..................................................................................... 258
イニシエータ ホスト ................................................................................ 258
VMware RDM ............................................................................................. 258
igroupとは .................................................................................................. 258
igroupの作成に必要な情報 ...................................................................... 259
igroup名 ...................................................................................................... 259
igroupタイプ .............................................................................................. 259
igroupのostype ............................................................................................ 259
ポートセットとigroupによってLUNアクセスを制限する方法 .......... 259
[LUN]ウィンドウ ...................................................................................... 260
qtree ......................................................................................................................... 263
qtreeの作成 ................................................................................................. 264
qtreeの削除 ................................................................................................. 265
qtreeの編集 ................................................................................................. 265
qtreeへのエクスポート ポリシーの割り当て ........................................ 266
qtree情報の表示 ......................................................................................... 266
qtreeとは ..................................................................................................... 266
qtreeのオプション ..................................................................................... 267
目次 | 11
セキュリティ形式 ..................................................................................... 267
[qtree]ウィンドウ ...................................................................................... 268
クォータ ................................................................................................................. 269
クォータの作成 ......................................................................................... 269
クォータの削除 ......................................................................................... 270
クォータの上限の編集 ............................................................................. 270
クォータのアクティブ化と非アクティブ化 ......................................... 271
クォータのサイズ変更 ............................................................................. 271
クォータ情報の表示 ................................................................................. 272
クォータのタイプ ..................................................................................... 272
クォータ制限 ............................................................................................. 273
クォータの管理 ......................................................................................... 273
qtreeの変更がクォータに与える影響 ..................................................... 273
qtreeのセキュリティ形式の変更がユーザ クォータに与える影響 .... 273
ユーザおよびグループとクォータの動作 ............................................. 274
[クォータ]ウィンドウ .............................................................................. 274
CIFSプロトコル .................................................................................................... 276
CIFSのセットアップ ................................................................................ 276
CIFSの一般プロパティの編集 ................................................................ 277
ホーム ディレクトリ パスの追加 ........................................................... 278
ホーム ディレクトリ パスの削除 ........................................................... 278
CIFSドメイン コントローラのリセット ............................................... 278
CIFSのグループ ポリシー設定の更新 ................................................... 279
CIFSのグループ ポリシー設定の有効化と無効化 ............................... 279
CIFSグループ ポリシーのリロード ....................................................... 279
BranchCacheのセットアップ ................................................................... 280
BranchCache設定の変更 ........................................................................... 281
BranchCache設定の削除 ........................................................................... 281
優先ドメイン コントローラの追加 ........................................................ 282
優先ドメイン コントローラの編集 ........................................................ 282
優先ドメイン コントローラの削除 ........................................................ 282
CIFSドメイン情報の表示 ........................................................................ 283
SMBの概念 ................................................................................................ 283
ONTAPを使用してUNIXシンボリック リンクへのSMBクライアン
ト アクセスを提供する方法 .............................................................. 283
BranchCacheを使用したブランチ オフィスでのSMB共有のコンテ
ンツのキャッシュ ............................................................................... 284
BranchCache設定を削除したときの動作 ............................................... 285
[CIFS]ウィンドウ ...................................................................................... 285
NFSプロトコル ...................................................................................................... 287
NFS設定の編集 .......................................................................................... 287
ONTAPによるNFSクライアント認証の処理 ......................................... 287
[NFS]ウィンドウ ....................................................................................... 288
iSCSIプロトコル ................................................................................................... 288
12 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
iSCSIエイリアスの作成 ........................................................................... 289
ストレージ システム インターフェイスでのiSCSIサービスの有効
化と無効化 ........................................................................................... 289
iSCSIイニシエータに対するセキュリティ方式の追加 ....................... 290
デフォルト セキュリティ設定の編集 .................................................... 290
イニシエータ セキュリティの編集 ........................................................ 291
iSCSIイニシエータのデフォルトの認証方式の変更 ........................... 291
iSCSIイニシエータに対するデフォルト セキュリティの設定 .......... 292
iSCSIサービスの開始と停止 ................................................................... 292
イニシエータ セキュリティ情報の表示 ................................................ 292
iSCSIとは ................................................................................................... 293
iSCSIノードとは ....................................................................................... 293
イニシエータ セキュリティ .................................................................... 293
CHAP認証とは .......................................................................................... 294
[iSCSI]ウィンドウ ..................................................................................... 294
FC / FCoEプロトコル ............................................................................................ 295
FC / FCoEサービスの開始と停止 ............................................................ 295
FCまたはFCoEのノード名の変更 ........................................................... 295
FCとは ........................................................................................................ 296
FCノードとは ............................................................................................ 296
FCoEプロトコル ........................................................................................ 296
[FC / FCoE]ウィンドウ ............................................................................. 296
エクスポート ポリシー ........................................................................................ 297
エクスポート ポリシーの作成 ................................................................ 297
エクスポート ポリシーの名前の変更 .................................................... 297
エクスポート ポリシーの削除 ................................................................ 298
エクスポート ポリシーへのルールの追加 ............................................ 298
エクスポート ポリシー ルールの変更 ................................................... 299
エクスポート ポリシー ルールの削除 ................................................... 300
エクスポート ポリシーがボリュームまたはqtreeへのクライアン
ト アクセスを制御する仕組み .......................................................... 300
[エクスポート ポリシー]ウィンドウ ..................................................... 300
効率化ポリシー ..................................................................................................... 302
効率化ポリシーの追加 ............................................................................. 302
効率化ポリシーの編集 ............................................................................. 303
効率化ポリシーの削除 ............................................................................. 303
効率化ポリシーの有効化と無効化 ......................................................... 303
効率化ポリシーとは ................................................................................. 304
事前定義された効率化ポリシーの概要 ................................................. 304
[効率化ポリシー]ウィンドウ .................................................................. 304
保護ポリシー ......................................................................................................... 305
保護ポリシーの作成 ................................................................................. 306
保護ポリシーの削除 ................................................................................. 306
保護ポリシーの編集 ................................................................................. 307
目次 | 13
SnapMirrorポリシーを使用したデータ保護の管理 .............................. 307
[保護ポリシー]ウィンドウ ...................................................................... 307
QoSポリシー グループ ......................................................................................... 308
QoSポリシー グループの作成 ................................................................. 308
QoSポリシー グループの削除 ................................................................. 309
QoSポリシー グループの編集 ................................................................. 309
ストレージQoSを使用したワークロード パフォーマンスの管理 ..... 309
ストレージQoSの仕組み .......................................................................... 310
最大スループット制限の仕組み ............................................................. 311
ポリシー グループへのストレージ オブジェクトの割り当てに関
するルール ........................................................................................... 311
[QoS ポリシー グループ]ウィンドウ ..................................................... 313
NISサービス .......................................................................................................... 314
NISドメインの追加 .................................................................................. 314
NISドメインの編集 .................................................................................. 314
NISドメインの管理 .................................................................................. 314
[NIS]ウィンドウ ........................................................................................ 315
LDAPクライアント サービス .............................................................................. 315
LDAPクライアント設定の追加 ............................................................... 315
LDAPクライアント設定の削除 ............................................................... 316
LDAPクライアント設定の編集 ............................................................... 316
[LDAP クライアント]ウィンドウ ........................................................... 317
LDAP設定サービス ............................................................................................... 317
アクティブなLDAPクライアントの編集 ............................................... 317
アクティブなLDAPクライアントの削除 ............................................... 318
[LDAP設定]ウィンドウ ............................................................................ 318
Kerberos Realmサービス ....................................................................................... 319
Kerberos Realm設定の作成 ....................................................................... 319
Kerberos Realmの設定の編集 ................................................................... 320
Kerberos Realm設定の削除 ....................................................................... 320
NFSでのKerberos使用によるセキュリティ強化 ................................... 321
CIFSのKerberos認証 .................................................................................. 321
[Kerberos Realm]ウィンドウ .................................................................... 321
Kerberosインターフェイス サービス ................................................................. 322
Kerberos設定の編集 .................................................................................. 322
[Kerberos インターフェイス]ウィンドウ ............................................... 323
DNS / DDNSサービス ........................................................................................... 323
DNSとDDNSの有効化と無効化 .............................................................. 323
DNSおよびDDNSの設定の編集 .............................................................. 324
[DNS / DDNS サービス]ウィンドウ ....................................................... 325
ユーザ ..................................................................................................................... 325
SVMユーザ アカウントの追加 ............................................................... 325
SVMユーザ アカウントのパスワードの変更 ....................................... 325
SVMユーザ アカウントの編集 ............................................................... 326
14 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
SVMユーザ アカウントのロックとロック解除 ................................... 326
[ユーザ]ウィンドウ .................................................................................. 326
ロール ..................................................................................................................... 327
ロールの追加 ............................................................................................. 328
ロールの編集 ............................................................................................. 328
SVM管理者の事前定義されたロール .................................................... 328
[ロール]ウィンドウ .................................................................................. 330
UNIX ....................................................................................................................... 331
[UNIX]ウィンドウ .................................................................................... 331
Windows .................................................................................................................. 332
Windowsローカル グループの作成 ......................................................... 332
Windowsローカル グループのプロパティの編集 ................................. 333
Windowsローカル グループへのユーザ アカウントの追加 ................ 334
Windowsローカル グループの名前変更 ................................................. 335
Windowsローカル グループの削除 ......................................................... 336
Windowsローカル ユーザ アカウントの作成 ........................................ 337
Windowsローカル ユーザのプロパティの編集 ..................................... 338
ユーザ アカウントへのグループ メンバーシップの割り当て ........... 338
Windowsローカル ユーザの名前変更 ..................................................... 339
Windowsローカル ユーザのパスワードのリセット ............................. 340
Windowsローカル ユーザ アカウントの削除 ........................................ 341
ローカル ユーザおよびローカル グループを使用した認証と許可 ... 341
ローカル ユーザとローカル グループの概念 ....................................... 342
ローカル ユーザおよびローカル グループを作成する理由 ............... 342
ローカル権限とは ..................................................................................... 343
サポートされる権限の一覧 ..................................................................... 343
事前定義のBUILTINグループとそのデフォルトの権限 ..................... 344
[Windows]ウィンドウ ............................................................................... 345
ネーム マッピング ................................................................................................ 347
ネーム マッピングの使用方法 ................................................................ 348
ネーム マッピングの仕組み .................................................................... 348
ネーム マッピングの変換ルール ............................................................ 349
グループのマッピングによるInfinite Volumeへのマルチプロトコ
ル アクセスのサポート方法 .............................................................. 350
[ネーム マッピング]ウィンドウ ............................................................. 352
データ保護の管理 .................................................................................... 354
ミラー関係 ............................................................................................................. 354
デスティネーションSVMからのミラー関係の作成 ............................ 354
ミラー関係の削除 ..................................................................................... 357
ミラー関係の編集 ..................................................................................... 358
ミラー関係の初期化 ................................................................................. 359
ミラー関係の更新 ..................................................................................... 360
ミラー関係の休止 ..................................................................................... 360
ミラー関係の再開 ..................................................................................... 361
目次 | 15
SnapMirror関係の解除 .............................................................................. 361
ミラー関係の再同期 ................................................................................. 362
ミラー関係の逆再同期 ............................................................................. 363
ミラー転送の中止 ..................................................................................... 364
ミラー関係のボリュームのリストア ..................................................... 364
ミラー関係のコンポーネント ................................................................. 365
SnapMirrorの動作 ...................................................................................... 366
データ保護ミラー コピーの用途 ............................................................ 366
Infinite Volumeでのミラーリング テクノロジを使用したディザス
タ リカバリの実現 .............................................................................. 366
バックアップ関係 ................................................................................................. 366
デスティネーションSVMからのバックアップ関係の作成 ................ 367
バックアップ関係の削除 ......................................................................... 370
バックアップ関係の編集 ......................................................................... 370
バックアップ関係の初期化 ..................................................................... 371
バックアップ関係の更新 ......................................................................... 372
バックアップ関係の休止 ......................................................................... 372
バックアップ関係の再開 ......................................................................... 373
Snapshotコピーの転送中止 ...................................................................... 373
バックアップ関係のボリュームのリストア ......................................... 374
SnapVaultバックアップとは .................................................................... 375
SnapVaultバックアップの仕組み ............................................................ 376
SnapVaultバックアップでバックアップおよびリストアされるデー
タ ........................................................................................................... 377
SnapVaultバックアップとデータ圧縮機能との相互運用性 ................ 377
SnapVaultバックアップの制限 ................................................................ 377
SnapVaultバックアップのSnapshotコピー スケジュールと保持に関
するガイドライン ............................................................................... 378
SVMのネームスペースとルートの情報のデータ保護 ........................ 379
ミラーとバックアップ関係 ................................................................................. 379
デスティネーションSVMからのミラーとバックアップ関係の作
成 ........................................................................................................... 379
ミラーとバックアップ関係の削除 ......................................................... 382
ミラーとバックアップ関係の編集 ......................................................... 383
ミラーとバックアップ関係の初期化 ..................................................... 384
ミラーとバックアップ関係の更新 ......................................................... 384
ミラーとバックアップ関係の休止 ......................................................... 385
ミラーとバックアップ関係の再開 ......................................................... 385
ミラーとバックアップ関係の解除 ......................................................... 386
ミラーとバックアップ関係の再同期 ..................................................... 386
ミラーとバックアップ関係の逆再同期 ................................................. 387
ミラーとバックアップ関係の中止 ......................................................... 387
ミラーとバックアップ関係のボリュームのリストア ......................... 388
遅延時間とは ......................................................................................................... 389
16 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
データ保護ポリシーの種類 ................................................................................. 389
[保護]ウィンドウ .................................................................................................. 390
Snapshotポリシー .................................................................................................. 392
Snapshotポリシーの作成 .......................................................................... 392
Snapshotポリシーの編集 .......................................................................... 393
Snapshotポリシーの削除 .......................................................................... 393
Snapshotポリシーについて ...................................................................... 393
[Snapshot ポリシー]ウィンドウ ............................................................... 394
スケジュール ......................................................................................................... 395
スケジュールの作成 ................................................................................. 395
スケジュールの編集 ................................................................................. 395
スケジュールの削除 ................................................................................. 396
スケジュール ............................................................................................. 396
[スケジュール]ウィンドウ ...................................................................... 396
著作権に関する情報 ................................................................................
商標に関する情報 ....................................................................................
マニュアルの更新について ....................................................................
索引 ............................................................................................................
398
399
400
401
17
OnCommand System Managerのヘルプにようこそ
このヘルプには、Data ONTAPを実行するストレージ オブジェクトおよびストレージ システ
ムについて、OnCommand System Manager(System Manager)を使用して構成、管理、および
監視する方法が記載されています。
目次、検索、インデックス、およびお気に入りの機能を利用して、作業に必要な関連情報を
見つけることができます。
ヘルプの構造は、UIの構造と似ています。ヘルプを表示するには、[ヘルプ] > [OnCommand
System Managerヘルプ]をクリックします。
お気に入りのトピックへのアクセス
頻繁に参照するトピックは、ヘルプ システムの[お気に入り]タブでブックマークを設定する
とすぐにアクセスできます。
18
System Managerの概要
System Managerは、グラフィカルな管理インターフェイスで、ストレージ システムおよびス
トレージ オブジェクト(ディスク、ボリューム、アグリゲートなど)の管理やストレージ
システムに関連する一般的な管理作業をWebブラウザから実行できます。クラスタ管理者
は、クラスタとそのリソースをSystem Managerですべて管理できます。
重要:System Managerは実行ファイルとしては提供されなくなりました。Webサービスと
してONTAPソフトウェアに搭載されており、デフォルトで有効になっていて、ブラウザ
からアクセスできます。
System Managerでは、次のような多くの一般的な作業を実行できます。
•
クラスタの作成、ネットワークの設定、およびクラスタ用のサポート情報の設定を行う。
•
ディスク、アグリゲート、ボリューム、qtree、クォータなどのストレージ オブジェクト
を構成し、管理する。
•
CIFSおよびNFSなどのプロトコルを設定し、ファイル共有をプロビジョニングする。
•
FC、FCoE、iSCSIなどのプロトコルをブロック アクセス用に設定する。
•
サブネット、ブロードキャスト ドメイン、データ / 管理インターフェイス、インターフェ
イス グループなどのネットワーク コンポーネントを作成および設定する。
•
ミラーリング関係とバックアップ関係をセットアップおよび管理する。
•
クラスタ管理、ストレージ ノード管理、およびStorage Virtual Machine(SVM、旧
Vserver)管理の操作を実行する。
•
SVMの作成と設定、SVMに関連付けられたストレージ オブジェクトの管理、およびSVM
サービスの管理を行う。
•
クラスタでHA構成を監視および管理する。
•
サービス プロセッサを設定して、ノードに対してその状態に関係なくログイン、管理、
および監視を実行する。
19
アプリケーション インターフェイスで使用されるア
イコン
インターフェイスのアイコンからは、システムや処理に関する情報を一目で把握できます。
[ダッシュボード]ウィンドウのアイコン
ストレージ システムのダッシュボードを表示すると、次のアイコンが表示されます。
アイコン
名前
説明
警告
重要度の低い問題がありますが、すぐに対処が
必要な問題はありません。
エラー
予期しないダウンタイムが生じる可能性のある
問題があり、注意が必要です。
重大
ストレージ システムが機能していないか、アク
セスできません。ただちに対処する必要があり
ます。
リンク矢印
このアイコンがダッシュボード ペイン内の行
アイテムの横に表示された場合、そのリンクを
クリックすると、その行アイテムに関する詳細
情報のページや、行アイテムの変更が可能な別
のページが開きます。
20
ウィンドウ レイアウトのカスタマイズ
System Managerを使用して、ウィンドウ レイアウトをカスタマイズできます。ウィンドウを
カスタマイズすることによって、表示するデータやその表示方法を制御できます。
ソート
列エントリのソート順序を変更するには、列見出しをクリックします。列見出し
をクリックすると、その列のソート用矢印(
と
)が表示されます。
フィルタ
フィルタ アイコン(
)をクリックすると、指定された条件に一致するエント
リのみを表示できます。その後、文字フィルタ(?)または文字列フィルタ(*)
を使用して、検索を絞り込むことができます。列見出しの上にポインタを移動す
ると、フィルタ アイコンが表示されます。
フィルタは1つ以上の列に適用できます。
注:物理サイズまたは使用可能なサイズのフィールドにフィルタを適用すると、
単位なしで入力した値はバイト単位とみなされます。たとえば、物理サイズの
フィールドに単位を指定せずに「1000」を入力すると、1000バイトと自動的に
判断されます。
列の非表示または再表示
列表示アイコン(
)をクリックすると、表示する列を選択できます。
レイアウトのカスタマイズ
オブジェクトのリスト領域の下部を上下にドラッグすると、ウィンドウのメイン
領域のサイズを変更できます。関連オブジェクトのリスト パネルやビューのリス
ト パネルの表示または非表示を切り替えることもできます。垂直方向の分割線を
ドラッグすると、列の幅やウィンドウの他の領域のサイズを変更できます。
検索
検索ボックスを使用して、ボリューム、LUN、qtree、ネットワーク インターフェ
イス、Storage Virtual Machine(SVM)、アグリゲート、ディスク、またはイーサ
ネット ポート、あるいはこれらのすべてのオブジェクトを検索できます。結果を
クリックすると、そのオブジェクトの場所に移動することができます。
注:
•
名前に{ \ ? ^ > |を含むオブジェクトを検索した場合、結果は正しく表示され
ますが、ページ内の正しい行に移動できません。
•
オブジェクトを検索するときは、疑問符(?)を使用しないでください。
21
サポート ダッシュボード
サポート ダッシュボードを使用して、製品ドキュメントやAutoSupportツールを利用したり、
ソフトウェアをダウンロードしたりできます。また、追加の情報を提供するコミュニティや
NetApp Universityなどのサイトにアクセスすることもできます。
サポート ダッシュボードでは、次の情報を参照できます。
コミュニティ
ネットアップ製品に関するオンラインのコラボレーション リソースを利用できます。
ネットアップ サポート サイト
技術アシスタント、トラブルシューティング ツール、Interoperability Matrix Toolを利用でき
ます。
NetApp University
ネットアップ製品のコース教材を利用できます。
ダウンロード
ダウンロード可能なネットアップのファームウェアやソフトウェアを利用できます。
ドキュメント
ネットアップ製品のドキュメントを利用できます。
My AutoSupport
MyAutoSupportポータルやManual AutoSupport Uploadツールを利用できます。
22
ONTAPの詳細情報の入手方法
System Managerヘルプには、System Managerを使用した作業の実行に役立つONTAPの基本的
な概念が記載されています。ストレージ オブジェクトとストレージ システムを設定、監視、
および管理するための詳細な概念については、ネットアップ サポート サイトで入手できる
ONTAPのマニュアルを参照してください。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
23
クラスタ環境のセットアップ
クラスタは、System Managerまたはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して作
成できます。System Managerを使用してクラスタを作成するには、クラスタ ネットワークの
いずれかのノードでノード管理IPアドレスを設定する必要があります。CLIを使用してクラ
スタを作成した場合、設定にSystem Managerを使用できます。
OnCommand System Managerを使用したクラスタのセット
アップ
ONTAP 9.1以降では、OnCommand System Managerを使用して、クラスタの作成、ノード管理
ネットワークやクラスタ管理ネットワークのセットアップ、およびAutoSupportメッセージや
イベント通知のセットアップを行うことにより、クラスタをセットアップできます。
開始する前に
•
少なくとも1つのノードのノード管理IPアドレスを設定しておく必要があります。
•
ノードがデフォルトのHAモードになっている必要があります。
•
ノードでONTAP 9.1以降が実行されている必要があります。
•
ノードのモデルが同じである必要があります。
•
すべてのノードが正常であり、ノードのケーブル接続が完了している必要があります。
•
ケーブル配線と接続がクラスタ構成に対応していることを確認します。
•
十分な数のクラスタ管理、ノード管理、サービス プロセッサのIPアドレスがあり、ゲー
トウェイとネットマスクの詳細が設定されている必要があります。
•
クラスタ インターフェイスがポートに対するものである場合は、そのポートがクラスタ
IPSpaceに属している必要があります。
タスク概要
クラスタを作成するには、コンソールからログインし、クラスタ ネットワークのいずれか
のノードでノード管理IPアドレスを設定する必要があります。いずれかのノードでノード
管理IPアドレスを設定したら、OnCommand System Managerで他のノードを追加してクラス
タを作成できます。
クラスタ セットアップは、ONTAPソフトウェアのMetroCluster構成ではサポートされませ
ん。
クラスタのセットアップは、テンプレート ファイルを使用して行うことも、ガイド付きセッ
トアップで値を手動で入力して行うことも可能です。
操作
• テンプレート ファイルを使用したクラスタのセットアップ(23ページ)
• クラスタの手動セットアップ(25ページ)
テンプレート ファイルを使用したクラスタのセットアップ
System Managerに組み込みのテンプレート ファイルを使用してクラスタをセットアップで
きます。クラスタを作成し、ノード管理ネットワークとクラスタ管理ネットワークのセット
24 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
アップ、およびAutoSupportメッセージとイベント通知のセットアップを行います。テンプ
レート ファイルは、.xlsxまたは.csvのいずれかの形式でダウンロードできます。
タスク概要
•
ONTAP 9.1以降をサポートするクラスタの場合、ONTAP 9.1以降を実行しているストレー
ジ システムのみを追加できます。
•
ファイルのアップロード時にすべてのフィールドが自動で入力されるわけではありませ
ん。
パスワードやクラスタ管理ポートなど、一部のフィールドの値は手動で入力する必要が
あります。
手順
1. Webブラウザを開き、設定しておいたノード管理IPアドレスを入力します。https://
node-management-IP
•
クラスタにクレデンシャルを設定している場合は、[ログイン]ページが表示されます。
ログインするにはクレデンシャルを入力する必要があります。
•
クラスタにクレデンシャルを設定していない場合は、[セットアップ ガイド]ページが
表示されます。
2. .xlsxテンプレート ファイルまたは.csvテンプレート ファイルをダウンロードします。
3. テンプレート ファイルに必要な値をすべて指定し、ファイルを保存します。
注:
•
テンプレートの[値]以外の列は編集しないでください。
•
テンプレート ファイルのバージョンは変更しないでください。
4. [参照]をクリックし、更新したテンプレート ファイルを選択します。
•
テンプレート ファイルは、.csv形式でのみアップロードできます。テンプレート
ファイルを.xlsx形式でダウンロードした場合は、ファイルを.csv形式で保存してか
らアップロードする必要があります。
•
このファイルのエンコードにはUTF8を使用する必要があります。それ以外のエン
コードを使用した場合、値は読み取られません。
5. [アップロード]をクリックします。
テンプレート ファイルで指定した詳細を使用して、セットアップ ガイドのプロセスが実
行されます。
6. [セットアップ ガイド]アイコンをクリックして、クラスタの詳細を表示します。
7. [クラスタ]ウィンドウで詳細を確認し、[送信]をクリックします。
必要に応じてクラスタの詳細を編集できます。
[クラスタ]ウィンドウへの次回ログイン時、[機能ライセンス]フィールドはデフォルトで
有効になります。新しい機能ライセンス キーを追加することも、事前に入力されたライ
センス キーをそのまま使用することもできます。
8. [ネットワーク]ウィンドウで詳細を確認し、[送信]をクリックします。
必要に応じてネットワークの詳細を編集できます。
クラスタ環境のセットアップ | 25
9. [サポート]ウィンドウで詳細を確認し、[送信]をクリックします。
必要に応じてサポートの詳細を編集できます。
10. [概要]ページで詳細を確認し、[クラスタの管理]をクリックします。クラスタ セットアッ
プ プロセスが完了し、System Managerが起動します。
クラスタの手動セットアップ
System Managerを使用してクラスタを手動でセットアップできます。クラスタを作成し、
ノード管理ネットワークとクラスタ管理ネットワークのセットアップ、およびAutoSupport
メッセージとイベント通知のセットアップを行います。
クラスタの作成
OnCommand System Managerを使用して、データセンターのクラスタを作成およびセット
アップできます。
タスク概要
ONTAP 9.1以降をサポートするクラスタの場合、ONTAP 9.1以降を実行しているストレージ
システムのみを追加できます。
手順
1. Webブラウザを開き、設定しておいたノード管理IPアドレスを入力します。https://
node-management-IP
•
クラスタにクレデンシャルを設定している場合は、[ログイン]ページが表示されます。
ログインするにはクレデンシャルを入力する必要があります。
•
クラスタにクレデンシャルを設定していない場合は、[セットアップ ガイド]ページが
表示されます。
クラスタをセットアップするには、[セットアップ ガイド]アイコンをクリックしま
す。
2. [クラスタ]ページで、クラスタの名前を入力します。
注:検出されないノードがある場合は、[リフレッシュ]をクリックします。
そのクラスタ ネットワークに含まれるノードが[ノード]フィールドに表示されます。
3. オプション:必要に応じて、[ノード]フィールドでノード名を更新します。
4. 2ノード クラスタ構成の場合は、ハードウェアの接続やケーブル配線に基づいて、スイッ
チ クラスタまたはスイッチレス クラスタのどちらかを選択します。
5. クラスタのパスワードを入力します。
6. オプション:クラスタ ベース ライセンス キーを入力します。
注:クラスタ ベース ライセンス キーは、機能ライセンス キーを入力する場合は必須
です。
7. オプション:機能ライセンス キーを入力します。
8. [送信]をクリックします。
次のタスク
クラスタ セットアップの[ネットワーク]ページに進み、ネットワークの詳細を入力します。
26 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[ライセンス]ウィンドウ(76ページ)
[設定の更新]ウィンドウ(63ページ)
ネットワークの設定
ネットワークを設定して、クラスタ、ノード、およびサービス プロセッサを管理できます。
また、ネットワーク ウィンドウを使用して、DNSおよびNTPの詳細も設定できます。
開始する前に
クラスタのセットアップが完了している必要があります。
タスク概要
•
クラスタの作成画面には、稼働しているノードのみが表示されます。
それらのノードに対してLIFを作成することができます。
•
IPアドレス範囲を無効にして、クラスタ管理、ノード管理、およびサービス プロセッサ
管理に使用する各ネットワークのIPアドレスを個別に入力することもできます。
IPアドレス範囲を有効にした状態でのネットワークの設定
IPアドレス範囲を有効にしてネットワークを設定することができます。IPアドレス範囲を
使用すると、同じネットマスク範囲または異なるネットマスク範囲のIPアドレスを入力でき
ます。
手順
1. [IPアドレス範囲]フィールドにIPアドレスの範囲を入力し、[適用]をクリックします。
オプション
説明
同じネットマスクのIPアド
レスの範囲を使用する
IPアドレス範囲を入力し、[適用]をクリックします。
異なるネットマスクのIPア
ドレスの範囲を使用する
IPアドレス範囲を順番に入力し、[適用]をクリックします。
IPアドレスがクラスタ管理、ノード管理、およびサービス プロセッ
サ管理のネットワークに順番に適用されます。
最初のIPアドレスがクラスタ管理に適用され、残りのIPアドレスが
ノード管理とサービス プロセッサ管理のネットワークに順番に適
用されます。
注:クラスタ管理、ノード管理、およびサービス プロセッサ管理のIPアドレス範囲を
入力した場合、それらのフィールドのIPアドレスの値をあとで手動で変更することは
できません。すべてのIPアドレスにIPv4アドレスを指定する必要があります。
2. ネットマスクとゲートウェイの詳細を入力します。
3. [ポート]フィールドで、クラスタ管理用のポートを選択します。
4. ノード管理の[ポート]フィールドにe0Mが入力されていない場合は、ポートの詳細を入力
します。
注:デフォルトでは、[ポート]フィールドにe0Mが表示されます。
5. サービス プロセッサ管理のデフォルト値を上書きする場合は、必須の項目であるゲート
ウェイの詳細が入力してあることを確認します。
6. [DNSの詳細]フィールドを有効にした場合は、DNSサーバの詳細を入力します。
クラスタ環境のセットアップ | 27
7. [NTPの詳細]フィールドを有効にした場合は、NTPサーバの詳細を入力します。
注:代替NTPサーバの詳細は必要に応じて入力します。
8. [送信]をクリックします。
次のタスク
クラスタ セットアップの[サポート]ページに進み、AutoSupportメッセージの詳細とイベント
通知を入力します。
関連情報
ネットアップの技術情報アーティクル3012997:「What is a Service Processor and how do I
use it?」
ネットアップの技術情報アーティクル1014787:「How to configure and troubleshoot NTP on
clustered Data ONTAP 8.2 and later using CLI」
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
IPアドレス範囲を無効にした状態でのネットワークの設定
IPアドレス範囲を無効にしてネットワークを設定することができます。この場合、クラスタ
管理、ノード管理、およびサービス プロセッサ管理に使用する各ネットワークのIPアドレス
を個別に入力します。
タスク概要
[ネットワーク]ページで、[IPアドレス範囲]を無効にする場合は、クラスタ管理、ノード管
理、およびサービス プロセッサ管理に使用する各ネットワークのIPアドレスを個別に入力し
ます。
手順
1. [クラスタ管理IPアドレス]フィールドに、クラスタ管理IPアドレスを入力します。
2. クラスタ管理のネットマスクの詳細を入力します。
3. オプション:クラスタ管理のゲートウェイの詳細を入力します。
4. [ポート]フィールドで、クラスタ管理用のポートを選択します。
5. ノード管理用のネットマスクとゲートウェイの詳細を指定する場合は、[クラスタ管理の
ネットマスクとゲートウェイの設定を保持します]チェック ボックスを選択解除し、ネッ
トマスクとゲートウェイの詳細を入力します。
6. [ノード管理]フィールドに、ノード管理IPアドレスを入力します。
7. ノード管理の[ポート]フィールドにe0Mが入力されていない場合は、ポートの詳細を入力
します。
注:デフォルトでは、[ポート]フィールドにe0Mが表示されます。
8. サービス プロセッサ管理用のネットマスクとゲートウェイの詳細を入力します。
9. [サービス プロセッサ管理]フィールドに、サービス プロセッサ管理IPアドレスを入力し
ます。
10. [DNSの詳細]フィールドを有効にした場合は、DNSサーバの詳細を入力します。
11. [NTPの詳細]フィールドを有効にした場合は、NTPサーバの詳細を入力します。
28 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
注:代替NTPサーバの詳細は必要に応じて入力します。
12. [送信]をクリックします。
次のタスク
クラスタ セットアップの[サポート]ページに進み、AutoSupportメッセージの詳細とイベント
通知を入力します。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
[設定の更新]ウィンドウ(63ページ)
[日時]ウィンドウ(85ページ)
[サービス プロセッサ]ウィンドウ(66ページ)
関連情報
ネットアップの技術情報アーティクル3012997:「What is a Service Processor and how do I
use it?」
ネットアップの技術情報アーティクル1014787:「How to configure and troubleshoot NTP on
clustered Data ONTAP 8.2 and later using CLI」
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
サポート ページのセットアップ
クラスタ セットアップの最後のステップはサポート ページのセットアップです。このス
テップでは、AutoSupportメッセージとイベント通知を設定し、シングルノード クラスタの
場合はシステム バックアップも設定します。
開始する前に
クラスタとネットワークのセットアップが完了している必要があります。
タスク概要
[AutoSupport]ボタンを有効にした場合、そのクラスタ内のすべてのノードでAutoSupportメッ
セージの送信が有効になります。[AutoSupport]ボタンを無効にした場合は、そのクラスタ内
のすべてのノードでAutoSupportメッセージの送信が無効になります。
手順
1. [AutoSupport]ボタンを有効にした場合は、[プロキシURL]フィールドにプロキシのURLを
入力してAutoSupportメッセージを設定します。
注:プロキシのURLは、username:[email protected]:portの形式で指定する必要が
あります。
2. メールホスト、SNMPトラップ ホスト、またはsyslogサーバを使用して、イベント通知を
設定します。
注:少なくとも1つはイベント通知システムを設定する必要があります。
3. シングルノード クラスタの場合は、FTPサーバまたはHTTPサーバにシステム バックアッ
プを設定します。
注:システム バックアップはシングルノード クラスタでのみ利用できます。
4. [送信]をクリックします。
クラスタ環境のセットアップ | 29
次のタスク
指定した詳細を[概要]ページで確認し、[クラスタの管理]をクリックしてSystem Managerを起
動します。
関連資料
[AutoSupport]ウィンドウ (166ページ)
関連情報
NetApp AutoSupport
OnCommand System Managerのブラウザベースのグラフィカ
ル インターフェイスを使用したクラスタへのアクセス
コマンドライン インターフェイス(CLI)ではなくグラフィカル インターフェイスを使用し
てクラスタにアクセスして管理するには、OnCommand System Managerを使用します。
OnCommand System ManagerはONTAPに搭載されているWebサービスでデフォルトで有効に
なっており、ブラウザを使用してアクセスできます。
開始する前に
adminロール、およびhttp、ontapi、consoleの各アプリケーション タイプが設定されたク
ラスタ ユーザ アカウントが必要です。
タスク概要
OnCommand System Managerには、クラスタ管理LIFとノード管理LIFのどちらかを使用して
アクセスできます。ただし、OnCommand System Managerに無停止でアクセスするには、ク
ラスタ管理LIFを使用する必要があります。
手順
1. Webブラウザで、クラスタ管理LIFを次のいずれかの形式で指定してアクセスします。
•
https://cluster-mgmt-LIF(IPv4を使用する場合)
•
https://[cluster-mgmt-LIF](IPv6を使用する場合)
cluster-mgmt-LIFには、クラスタ管理LIFのIPアドレスを指定します。
OnCommand System Managerのブラウザ アクセスでサポートされるのはHTTPSのみです。
自己署名のデジタル証明書がクラスタで使用されている場合、信頼されていない証明書
であることを伝える警告がブラウザ画面に表示されることがあります。危険を承諾して
アクセスを続行するか、認証局(CA)の署名のあるデジタル証明書をクラスタにインス
トールしてサーバを認証します。
2. クラスタ管理者のクレデンシャルを使用してOnCommand System Managerにログインし
ます。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
30 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
System Managerオプションの設定
System Managerアプリケーションに対して、ロギングを有効にし、非アクティブ時のタイム
アウト値を指定できます。
タスク概要
オプションは、System Managerのログイン ウィンドウからも設定できます。ただし、非アク
ティブ時のタイムアウト値を指定するためにはログインが必要です。
手順
1. System Managerアプリケーション ウィンドウで、[管理] > [設定]をクリックします。
2. [設定]ダイアログ ボックスで、必要なログ レベルを選択します。
3. 非アクティブ時のタイムアウト値を分単位で指定します。
4. [OK]をクリックします。
OnCommand System Managerログ ファイルの表示
System Managerの使用中に問題が発生したときは、テクニカル サポートにログ ファイルを
送信して問題解決を手助けしてもらうことができます。System Managerのログ ファイルは、
Data ONTAPのログ ファイルと同じmlogディレクトリに保存されています。
開始する前に
クラスタ管理LIFをホストしているノードがどれかを把握しておく必要があります。
手順
1. Webブラウザに次のURLを入力します。
https://cluster-mgmt-LIF/spi
cluster-mgmt-LIFには、クラスタ管理LIFのIPアドレスを指定します。
2. クラスタ管理者のクレデンシャルを入力し、[OK]をクリックします。
3. [Clustered Data ONTAP - Root Volume File Access]ウィンドウで、クラスタ管理LIFをホス
トしているノードの[logs]リンクをクリックします。
4. mlogディレクトリに移動してSystem Managerログ ファイルにアクセスします。
ログ ファイルには次のものがありますが、どのログ ファイルが必要かは問題の種類に
よって異なります。
•
sysmgr.log
このファイルには、System Managerの最新のログが含まれます。
•
mgwd.log
•
php.log
•
apache_access.log
•
messages.log
クラスタ環境のセットアップ | 31
システム ロギングの仕組み
システム ロギングは、アプリケーションのトラブルシューティングに欠かせないツールで
す。システム ロギングを有効にすると、アプリケーションに問題があるときに、その問題
を特定するのに役立ちます。アプリケーション バイナリを変更することなく、System
Managerのロギングを実行時に有効化できます。
ログ出力は膨大な量になることがあるため、管理が困難になる可能性があります。System
Managerでは、出力するログ ステートメントのタイプを選択することにより、ロギングの出
力を絞り込むことができます。デフォルトでは、システム ロギングはINFOに設定されます。
次のいずれかのログ レベルを選択できます。
•
OFF
•
ERROR
•
WARN
•
INFO
•
DEBUG
これらのレベルは階層的に機能します。ログ レベルをOFFに設定すると、メッセージがロギ
ングされません。
System Managerを使用したクラスタの設定
System Managerを使用してクラスタを設定するには、一定の前提条件を満たしている必要が
あります。
•
クラスタを作成しておく必要があります。
•
クラスタが設定されていない状態である必要があります。
OnCommand System Managerのブラウザベースのグラフィカル インターフェ
イスを使用したクラスタへのアクセス
コマンドライン インターフェイス(CLI)ではなくグラフィカル インターフェイスを使用し
てクラスタにアクセスして管理するには、OnCommand System Managerを使用します。
OnCommand System ManagerはONTAPに搭載されているWebサービスでデフォルトで有効に
なっており、ブラウザを使用してアクセスできます。
開始する前に
adminロール、およびhttp、ontapi、consoleの各アプリケーション タイプが設定されたク
ラスタ ユーザ アカウントが必要です。
タスク概要
OnCommand System Managerには、クラスタ管理LIFとノード管理LIFのどちらかを使用して
アクセスできます。ただし、OnCommand System Managerに無停止でアクセスするには、ク
ラスタ管理LIFを使用する必要があります。
手順
1. Webブラウザで、クラスタ管理LIFを次のいずれかの形式で指定してアクセスします。
•
https://cluster-mgmt-LIF(IPv4を使用する場合)
32 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
https://[cluster-mgmt-LIF](IPv6を使用する場合)
cluster-mgmt-LIFには、クラスタ管理LIFのIPアドレスを指定します。
OnCommand System Managerのブラウザ アクセスでサポートされるのはHTTPSのみです。
自己署名のデジタル証明書がクラスタで使用されている場合、信頼されていない証明書
であることを伝える警告がブラウザ画面に表示されることがあります。危険を承諾して
アクセスを続行するか、認証局(CA)の署名のあるデジタル証明書をクラスタにインス
トールしてサーバを認証します。
2. クラスタ管理者のクレデンシャルを使用してOnCommand System Managerにログインし
ます。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
クラスタのセットアップ
クラスタのセットアップでは、設定情報を収集し、クラスタ管理インターフェイスとノード
管理インターフェイスを作成します。さらに、ライセンスの追加、クラスタ時間の設定、
HAペアの監視を行います。
クラスタ名の更新
System Managerを使用して、必要に応じてクラスタ名を変更することができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [クラスタ名の更新]をクリックします。
4. [クラスタ名の更新]ダイアログ ボックスで、新しいクラスタ名を入力し、[送信]をクリッ
クします。
クラスタのパスワードの変更
System Managerを使用して、クラスタのパスワードを変更することができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [パスワードの変更]をクリックします。
4. [パスワードの変更]ダイアログ ボックスで、新しいパスワードを入力して確認し、[変更]
をクリックします。
DNS設定の編集
System Managerを使用して、DNSを一元管理するためのホスト情報を追加できます。ドメイ
ン名やIPアドレスを変更する場合に、DNSの詳細を変更できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
クラスタ環境のセットアップ | 33
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [DNS設定の編集]をクリックします。
4. [DNS設定の編集]ダイアログ ボックスで、[DNSサービス]チェック ボックスを選択して
DNSを有効にします。
5. [DNSドメイン]領域で、DNSドメイン名を追加または変更します。
6. [ネーム サーバ]領域で、IPアドレスを追加または変更します。
7. [OK]をクリックします。
クラスタ管理インターフェイスの作成
System Managerを使用して、クラスタ管理インターフェイス、つまりLIFを作成し、クラス
タ全体に単一の管理インターフェイスを提供することができます。このLIFは、クラスタ全
体のあらゆるアクティビティの管理に使用できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [クラスタ管理LIFの作成]をクリックします。
4. [クラスタ管理LIFの作成]ダイアログ ボックスで、クラスタ管理LIFの名前を指定します。
5. 次のいずれかの方法を使用して、IPアドレスを割り当てます。
状況
作業
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
34 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状況
作業
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
6. ポートの詳細領域から必要なポートを選択します。
7. [作成]をクリックします。
次のタスク
クラスタ管理用の既存のインターフェイスまたはLIFを削除する場合は、コマンドライン イ
ンターフェイス(CLI)を使用する必要があります。
ノード名の編集
System Managerを使用して、必要に応じてノード名を変更することができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [ノード]タブで、ノードを選択してから[ノード名の編集]をクリックします。
4. [ノード名の編集]ダイアログ ボックスで、新しいノード名を入力し、[送信]をクリックし
ます。
ノード管理インターフェイスの作成
System Managerを使用して、クラスタ内の特定のノードを管理するための専用のIPアドレス
を作成できます。このLIFは、特定のノードのシステム メンテナンスを管理するために使用
できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [ノード]タブでノードを選択し、[ノード管理LIFの作成]をクリックします。
4. [ノード管理LIFの作成]ダイアログ ボックスで、ノード管理LIFの名前を指定します。
5. 次のいずれかのオプションを選択して、IPアドレスを割り当てます。
クラスタ環境のセットアップ | 35
オプション
作業
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
6. ポートの詳細領域から必要なポートを選択します。
7. [作成]をクリックします。
次のタスク
ノード管理用の既存のインターフェイスまたはLIFを削除する場合は、コマンドライン イン
ターフェイス(CLI)を使用する必要があります。
AutoSupport設定の編集
System Managerを使用してAutoSupport設定を変更し、Eメールによる通知の送信に使うEメー
ル アドレスを指定したり、複数のEメール ホスト名を追加したりできます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [ノード]タブで、ノードを選択してから[AutoSupportの編集]をクリックします。
4. [Eメール受信者]タブで、Eメール通知を送信するEメール アドレスを入力し、Eメール受
信者と各Eメール受信者へのメッセージの内容を指定してから、メール ホストを追加し
ます。
ホスト名のEメール アドレスは5つまで追加できます。
36 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
5. [その他]タブで、Eメール メッセージを配信する転送プロトコルを選択してから、HTTP
またはHTTPSプロキシ サーバの詳細を指定します。
6. [OK]をクリックします。
ライセンスの追加
ストレージ システム ソフトウェアが工場出荷時にインストールされている場合は、System
Managerによってそのソフトウェアがライセンスのリストに自動的に追加されます。ソフト
ウェアが工場出荷時にインストールされていない場合や他のソフトウェア ライセンスを追
加する場合は、System Managerでソフトウェア ライセンスを追加できます。
開始する前に
該当するData ONTAPサービスのソフトウェア ライセンス コードを用意しておく必要があ
ります。
タスク概要
•
MetroCluster構成でライセンスを新規追加するときは、セカンダリ サイトのクラスタにも
ライセンスを追加することを推奨します。
•
System Managerを使用してクラウド ライセンスを追加することはできません。
クラウド ライセンスは、ライセンス ページに表示されません。System Managerでは、ク
ラウド ライセンスのライセンス使用権リスクに関するアラートは通知されません。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[ライセンス]をクリックします。
3. [ライセンス]ウィンドウで、[追加]をクリックします。
4. [ライセンスの追加]ダイアログ ボックスで、ソフトウェア ライセンス キーを入力し、[追
加]をクリックします。
ソフトウェア ライセンス キーをカンマで区切って入力することで複数のライセンスを
追加できます。
新しいライセンスが追加されます。
[追加ライセンスのステータス]ダイアログ ボックスに、追加されたライセンスのリスト
が表示されます。このウィンドウには、追加されなかったライセンスのライセンス キー
もその理由とともに表示されます。
5. [閉じる]をクリックします。
タスクの結果
ソフトウェア ライセンスがストレージ システムに追加され、[ライセンス]ウィンドウのライ
センスのリストに表示されます。
関連資料
[ライセンス]ウィンドウ(76ページ)
クラスタ環境のセットアップ | 37
クラスタの時刻の設定
System Managerの[日時の編集]ダイアログ ボックスを使用して、クラスタのタイムゾーンを
手動で設定または変更できます。クラスタにタイム サーバを追加することもできます。
タスク概要
クラスタではNetwork Time Protocol(NTP;ネットワーク タイム プロトコル)が常に有効に
なっています。NTPを無効にするには、テクニカル サポートに連絡してください。ただし、
NTPを無効にすることは推奨されません。
サイトのNTPサーバのIPアドレスを追加できます。このサーバは、クラスタ全体で時間を同
期するために使用されます。
タイム サーバにはIPv4アドレスまたはIPv6アドレスを指定できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[日時]をクリックします。
3. [編集]をクリックします。
4. [日時の編集]ダイアログ ボックスで、タイムゾーンを選択します。
5. タイム サーバのIPアドレスを指定し、[追加]をクリックします。
6. [OK]をクリックします。
7. [日時]ウィンドウで行った日時設定の変更を確認します。
関連タスク
Kerberos Realm設定の作成(319ページ)
関連資料
[日時]ウィンドウ(85ページ)
HAペアの監視
クラスタ内のすべてのHAペアについて、System Managerを使用して、状態とインターコネク
トのステータスを監視できます。テイクオーバーやギブバックが有効になっているかどう
かや発生したかどうかの情報のほか、現在実行できない場合はその理由を確認できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[ハイアベイラビリティ]をクリックします。
3. [ハイアベイラビリティ]ウィンドウで、詳細を表示するHAペアの図をクリックします。
それぞれのノードについて、クラスタのHAステータス、ノードのステータス、インター
コネクトのステータス、ハードウェア モデルなどを確認できます。
ノードのクラスタ管理LIFやデータLIFがホーム ノードにない場合は、一部のLIFがホーム
ノードにないことを示す警告メッセージが表示されます。
関連資料
[ハイアベイラビリティ]ウィンドウ(72ページ)
38 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ネットワークのセットアップ
ネットワークのセットアップでは、IPspace、ブロードキャスト ドメイン、およびサブネッ
トを作成します。
IPspaceの作成
System Managerを使用してIPspaceを作成すると、管理上分離された複数のネットワーク ドメ
インから、複数のクライアントが(同じIPアドレス範囲を使用している場合も)同じData
ONTAPクラスタにアクセスできるようになります。 その結果、クライアント トラフィック
を分離してプライバシーとセキュリティを確保することができます。
タスク概要
IPspaceの名前はクラスタ内で一意である必要があります。システムで予約されている名前
(local、localhostなど)を使用することはできません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [IPspace]タブで、[作成]をクリックします。
3. [IPspaceの作成]ダイアログ ボックスで、作成するIPspaceの名前を指定します。
4. [作成]をクリックします。
ブロードキャスト ドメインの作成
System Managerを使用してブロードキャスト ドメインを作成すると、コンピュータ ネット
ワークを論理的に分割することができます。あるブロードキャスト ドメインに関連付けら
れたノードには、すべてデータリンク層のブロードキャストを介してアクセスすることがで
きます。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ブロードキャスト ドメイン]タブで、[作成]をクリックします。
3. [ブロードキャスト ドメインの作成]ダイアログ ボックスで、作成するブロードキャスト
ドメインの名前、MTUサイズ、IPspace、およびポートを指定します。
4. [作成]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
サブネットの作成
System Managerを使用してサブネットを作成し、IPアドレスを事前に割り当てるためのIP
ネットワークを論理的に分割できます。サブネットでは、IPアドレスやネットワーク マスク
値を指定する代わりにサブネット名を指定して、インターフェイスを簡単に作成できます。
開始する前に
サブネットを使用するブロードキャスト ドメインを作成しておく必要があります。
クラスタ環境のセットアップ | 39
タスク概要
サブネットを作成するときにゲートウェイを指定した場合、そのサブネットを使用してLIF
を作成すると、そのゲートウェイへのデフォルト ルートがSVMに自動的に追加されます。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [サブネット]タブで、[作成]をクリックします。
3. [サブネットの作成]ダイアログ ボックスで、名前、サブネットIPアドレスまたはサブネッ
ト マスク、IPアドレスの範囲、ゲートウェイ アドレス、およびブロードキャスト ドメイ
ンなど、サブネットの詳細を指定します。
IPアドレスは、範囲で、複数の値をカンマで区切って、または両方の方法を併用して指
定できます。
4. [作成]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
物理ストレージのセットアップ
物理ストレージのセットアップでは、ノードにディスクを割り当て、スペア ディスクを初
期化し、アグリゲートを作成します。
ノードへのディスクの割り当て
System Managerを使用して未割り当てディスクの所有権を特定のノードに割り当てること
で、アグリゲートやストレージ プールの容量を拡張することができます。
タスク概要
•
ディスクの割り当ては、次の条件に当てはまる場合に実行できます。
◦ 選択したディスクのコンテナ タイプが「未割り当て」である。
◦ ディスクがHAペア内のノードに接続されている。
◦ ディスクがノードで認識されている。
•
MetroCluster構成の場合、System Managerでディスクを割り当てることはできません。
代わりにコマンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ディスク]をクリックします。
2. [ディスク]ウィンドウで、[インベントリ]タブを選択します。
3. 割り当てるディスクを選択し、[割り当て]をクリックします。
4. [ディスクの割り当て]ダイアログ ボックスで、ディスクを割り当てるノードを選択しま
す。
5. [割り当て]をクリックします。
40 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
スペア ディスクの初期化
System Managerを使用して、スペア ディスクに0を書き込むことで、ディスクのすべてのデー
タを消去してフォーマットすることができます。これらのディスクは新しいアグリゲート
で使用できます。
タスク概要
スペア ディスクを初期化すると、スペア アレイLUNも含め、クラスタ内のすべてのスペア
が初期化されます。特定のノードまたはクラスタ全体について、スペア ディスクを初期化
することができます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ディスク]をクリックします。
2. [ディスク]ウィンドウで、[インベントリ]タブを選択します。
3. [スペアの初期化]をクリックします。
4. [スペアの初期化]ダイアログ ボックスで、ディスクを初期化する対象として、ノードま
たは「すべてのノード」を選択します。
5. [初期化されていないすべてのスペアを初期化します]チェック ボックスを選択して初期
化操作を確定します。
6. [スペアの初期化]をクリックします。
アグリゲートを使用してストレージをプロビジョニングする
System Managerを使用して、1つ以上のボリュームにストレージを提供するためのアグリ
ゲートまたはFlash Poolアグリゲートを作成できます。
開始する前に
アグリゲートを作成するための十分なスペア ディスクが必要です。
タスク概要
System Managerを使用してアグリゲートを作成する場合、次の操作は実行できません。
•
サイズが異なるディスクを組み合わせる。これは、サイズが異なるスペア ディスクが十
分にある場合でも同様です。
最初は同じサイズのディスクでアグリゲートを作成しておき、あとでサイズが異なる
ディスクを追加します。
•
チェックサム タイプが異なるディスクを組み合わせる。
最初は単一のチェックサム タイプのアグリゲートを作成しておき、あとで別のチェック
サム タイプのストレージを追加します。
関連資料
[アグリゲート]ウィンドウ(132ページ)
アグリゲートの作成によるストレージのプロビジョニング
HDDのみまたはSSDのみで構成されるアグリゲートは、System Managerで作成できます。
開始する前に
ディスクはすべて同じサイズである必要があります。
クラスタ環境のセットアップ | 41
タスク概要
•
ONTAP Selectで4ノード クラスタのアグリゲートを作成する場合、デフォルトではミラー
アグリゲートのオプションが選択されます。
•
ONTAP 9.0以降では、ディスク サイズが10TB以上のアグリゲートを作成できます。
•
アグリゲート ディスクのディスク タイプがFSASまたはMSATAで、ディスク サイズが
10TB以上の場合、選択できるRAIDタイプはRAID-TECのみです。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [作成]をクリックします。
3. [アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. アグリゲート名、ディスク タイプ、およびアグリゲートに含めるディスクまたはパー
ティションの数を指定します。
ディスク サイズが最大のディスク グループに対して、最小限のホット スペアのルー
ルが適用されます。
b. オプション:次の手順で、アグリゲートのRAID構成を変更します。
i. [変更]をクリックします。
ii. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAIDグループ サイズを
指定します。
共有ディスクの場合、RAIDタイプとしてRAID-DPのみがサポートされます。
iii. [保存]をクリックします。
c. アグリゲートをミラーする場合は、[このアグリゲートをミラーする]チェック ボック
スを選択します。
MetroCluster構成の場合、ミラーされていないアグリゲートは作成できないため、ミ
ラーリング オプションがデフォルトで有効になります。
4. [作成]をクリックします。
タスクの結果
指定した構成でアグリゲートが作成され、[アグリゲート]ウィンドウのアグリゲート リスト
に追加されます。
Flash Poolアグリゲートの作成によるストレージのプロビジョニング
System Managerを使用して、Flash Poolアグリゲートを作成したり、SSDを追加して既存の
HDDアグリゲートをFlash Poolアグリゲートに変換することができます。新しいHDDアグリ
ゲートを作成する場合、SSDキャッシュをプロビジョニングして、Flash Poolアグリゲートを
作成できます。
開始する前に
•
Flash PoolアグリゲートのSSD層のサイズと構成について、プラットフォームとワーク
ロードそれぞれに固有なベストプラクティスに注意する必要があります。
•
すべてのHDDを初期化する必要があります。
•
アグリゲートにSSDを追加する場合は、既存および専用のSSDがすべて同じサイズである
必要があります。
42 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
タスク概要
•
Flash Poolアグリゲートの作成にはパーティショニングされたSSDは使用できません。
•
キャッシュ ソースがストレージ プールの場合、アグリゲートをミラーすることはできま
せん。
•
ONTAP Selectで4ノード クラスタのアグリゲートを作成する場合、デフォルトではミラー
アグリゲートのオプションが選択されます。
•
ONTAP 9.0以降では、ディスク サイズが10TB以上のアグリゲートを作成できます。
•
アグリゲート ディスクのディスク タイプがFSASまたはMSATAで、ディスク サイズが
10TB以上の場合、選択できるRAIDタイプはRAID-TECのみです。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [作成]をクリックします。
3. [アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスで、アグリゲートの名前、ディスク タイプ、
およびアグリゲートに追加するHDDディスクまたはパーティションの数を指定します。
4. アグリゲートをミラーする場合は、[このアグリゲートをミラーする]チェック ボックス
を選択します。
MetroCluster構成の場合、ミラーされていないアグリゲートは作成できないため、ミラー
リング オプションがデフォルトで有効になります。
5. [このアグリゲートでFlash Poolキャッシュを使用する]をクリックします。
6. 次のいずれかの操作を選択して、キャッシュ ソースを指定します。
キャッシュ ソース
作業
ストレージ プール
a.
[ストレージ プール]を[キャッシュ ソース]として選択します。
b.
キャッシュを提供するストレージ プールを選択し、キャッシュ
サイズを指定します。
c.
必要に応じてRAIDタイプを変更します。
a.
[専用SSD]を[キャッシュ ソース]として選択します。
b.
アグリゲートに追加するSSDのサイズと数を選択します。
c.
必要に応じてRAID設定を変更します。
専用SSD
i.
[変更]をクリックします。
ii.
[RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプと
RAIDグループ サイズを指定します。
iii.
[保存]をクリックします。
7. [作成]をクリックします。
タスクの結果
指定した構成でFlash Poolアグリゲートが作成され、[アグリゲート]ウィンドウのアグリゲー
トのリストに追加されます。
クラスタ環境のセットアップ | 43
関連概念
ストレージ プールの仕組み(141ページ)
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート4070:『Flash Pool Design and Implementation Guide』
SnapLockアグリゲートの作成によるストレージのプロビジョニング
System Managerを使用して、SnapLock ComplianceアグリゲートまたはSnapLock Enterpriseア
グリゲートを作成できます。これらのアグリゲートには、「Write Once Read Many」
(WORM)機能を備えたSnapLockボリュームを作成できます。
開始する前に
SnapLockライセンスが追加されている必要があります。
タスク概要
•
MetroCluster構成では、SnapLock Enterpriseアグリゲートのみを作成できます。
•
アレイLUNについては、SnapLock Enterpriseのみがサポートされます。
•
ONTAP Selectで4ノード クラスタのSnaplock Enterpriseアグリゲートを作成する場合、デ
フォルトではミラー アグリゲートのオプションが選択されます。
•
ONTAP 9.0以降では、ディスク サイズが10TB以上のアグリゲートを作成できます。
•
アグリゲート ディスクのディスク タイプがFSASまたはMSATAで、ディスク サイズが
10TB以上の場合、選択できるRAIDタイプはRAID-TECのみです。
•
ONTAP 9.1以降では、All Flash FASプラットフォームでSnapLockアグリゲートを作成でき
ます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [作成]をクリックします。
3. [アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. アグリゲート名、ディスク タイプ、およびアグリゲートに含めるディスクまたはパー
ティションの数を指定します。
SnapLock Complianceアグリゲートの名前は、作成後に変更することはできません。
ディスク サイズが最大のディスク グループに対して、最小限のホット スペアのルー
ルが適用されます。
b. オプション:次の手順で、アグリゲートのRAID構成を変更します。
i. [変更]をクリックします。
ii. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAIDグループ サイズを
指定します。
共有ディスクではRAIDタイプとしてRAID-DPとRAID-TECの2つのみがサポート
されます。
iii. [保存]をクリックします。
c. SnapLockタイプを指定します。
44 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
d. システムのComplianceClockを初期化していない場合は、[ComplianceClockの初期化]
チェック ボックスを選択します。
このオプションは、ComplianceClockがすでにノードで初期化されている場合は表示さ
れません。
注:現在のシステム時間が正しいことを確認してください。ComplianceClockはシス
テム時間に基づいて設定され、設定後に変更または停止することはできません。
e. オプション:アグリゲートをミラーする場合は、[このアグリゲートをミラーする]
チェック ボックスを選択します。
MetroCluster構成の場合、ミラーされていないアグリゲートは作成できないため、ミ
ラーリング オプションがデフォルトで有効になります。
ミラーリング オプションは、SnapLock Complianceアグリゲートに対しては無効にな
ります。
4. [作成]をクリックします。
論理ストレージのセットアップ
論理ストレージのセットアップでは、Storage Virtual Machine(SVM)とボリュームを作成し
ます。
SVMの作成
System Managerを使用してすべての構成を設定してStorage Virtual Machine(SVM)を作成す
ると、そのSVMですぐにデータを提供することができます。各クラスタには、FlexVolを備
えたSVMとInfinite Volumeを備えたSVMを1つ以上配置できます。
開始する前に
•
クラスタには、ルートではないオンライン状態のアグリゲートが少なくとも1つ必要で
す。
•
アグリゲートには、SVMのルート ボリューム用の十分なスペースが必要です。
•
CIFSの作成および認証エラーを回避するために、NTPを設定して有効にし、クラスタ内
で時間を同期させておく必要があります。
•
SVMで設定するプロトコルのライセンスが必要です。
•
セキュアなDDNSを使用するためにCIFSプロトコルを設定しておく必要があります。
タスク概要
•
SVMを作成する際、次の作業を実行できます。
◦ SVMを作成し、完全に設定する。
◦ SVMで許可するボリューム タイプを設定する。
◦ SVMを作成し、最小限のネットワーク設定だけを行う。
◦ SVM管理者に管理を委譲する。
•
SVMの名前には、英数字と特殊文字「.」(ピリオド)、「-」(ハイフン)、および「_」(ア
ンダースコア)を使用できます。
SVM名の1文字目はアルファベットまたは「_」(アンダースコア)にする必要がありま
す。最大文字数は47文字です。
クラスタ環境のセットアップ | 45
注:SVM名には、vs0.example.comのような一意のFully Qualified Domain Name(FQDN;
完全修飾ドメイン名)を使用します。
•
SnapMirror関係は、言語設定が同じボリューム間でのみ確立できます。
SVMの言語によって、SVM内のすべてのNASボリュームのファイル名とデータの表示に
使用される文字セットが決まります。
•
SnapLockアグリゲートをSVMのルート アグリゲートとして使用することはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. [作成]をクリックします。
3. [Storage Virtual Machine(SVM)のセットアップ]ウィンドウで、次の項目を指定しま
す。
•
SVM名
•
SVMに割り当てられているIPspace
•
許可されているボリューム タイプ
•
許可されているプロトコル
•
SVMの言語
•
ルート ボリュームのセキュリティ形式
•
ルート アグリゲート
SVMのデフォルトの言語設定はC.UTF-8です。
デフォルトでは、空きスペースが最も多いアグリゲートがSVMのルート ボリュームのコ
ンテナとして選択されます。デフォルトのセキュリティ形式とルート アグリゲートは、
選択したプロトコルに基づいて選択されます。
CIFSプロトコル、またはCIFSプロトコルと他のプロトコルの組み合わせを選択した場合
は、セキュリティ形式はNTFSに設定されます。NFS、iSCSI、FC / FCoEの各プロトコル、
またはそれらのプロトコルの組み合わせを選択した場合は、セキュリティ形式はUNIXに
設定されます。
MetroCluster構成では、クラスタに含まれるアグリゲートだけが表示されます。
4. DNSドメインの名前とネーム サーバのIPアドレスを指定してDNSサービスを設定しま
す。
デフォルトでは、既存のSVM設定の値が選択されます。
5. オプション:プロトコルを使用してデータにアクセスするようにデータLIFを設定する場
合は、ターゲット エイリアス、サブネット、およびノードあたりのLIF数を指定します。
LIFのポートセット数を変更するには、[LIFの設定の確認と変更(詳細設定)]チェック
ボックスを選択します。
特定のノードのポートセットの詳細を編集するには、詳細領域のノード リストからノー
ドを選択します。
6. オプション:SVMのクレデンシャルの詳細を指定して、SnapDriveやSnapManagerなどの
ホスト側アプリケーションをSVM管理者に対して有効にします。
46 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
7. オプション:[SVM管理用に新しいLIFを作成する]をクリックして、SVM管理用の新しい
LIFを作成し、新しい管理LIFのポートセットとIPアドレス(サブネットは任意)を指定
します。
CIFSプロトコルとNFSプロトコルのデータLIFには、デフォルトで管理アクセスが付与さ
れます。新しい管理LIFは必要な場合にのみ作成してください。iSCSIプロトコルおよび
FCプロトコルの場合、データ プロトコルと管理プロトコルで1つのLIFを共有できないた
め、専用のSVM管理LIFが必要になります。
8. [送信して続行]をクリックします。
指定した設定でSVMが作成されます。
タスクの結果
作成したSVMは自動的に開始します。ルート ボリューム名は自動的にSVM name_rootとし
て生成されます。デフォルトでは、vsadminユーザ アカウントが作成されてロック状態にな
ります。
次のタスク
•
SVMで少なくとも1つのプロトコルを設定してデータ アクセスを許可する必要がありま
す。
•
Infinite Volumeを備えたSVMを作成したあと、SVM用のInfinite Volumeを作成する必要が
あります。
SVMでのCIFSプロトコルとNFSプロトコルの設定
System ManagerでStorage Virtual Machine(SVM)のCIFSプロトコルおよびNFSプロトコルを
設定して、NASクライアントにファイルレベルのデータ アクセスを提供できます。CIFSプ
ロトコルを有効にする場合は、データLIFとCIFSサーバを作成する必要があります。NFSプ
ロトコルを有効にする場合は、データLIFとNISの詳細を指定できます。
開始する前に
•
SVM上で設定または許可するプロトコルは、ライセンス取得済みである必要があります。
SVMでプロトコルが許可されていない場合は、[Storage Virtual Machineの編集]ウィンドウ
でSVMに対してプロトコルを有効にできます。
•
CIFSプロトコルを設定するには、Active Directory、組織単位、および管理用アカウント
のクレデンシャルが必要です。
タスク概要
SnapLockアグリゲートは、ボリュームの自動作成の対象としては考慮されません。
手順
1. SVMの作成時にプロトコルを設定していない場合は、[SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、設定するプロトコルをクリックします。
5. CIFSとNFSの両方に対して同じデータLIFの設定を使用する場合は、[データLIFの設定]セ
クションで[NFSクライアント用にCIFSデータLIFの設定を保持します]チェック ボック
スを選択します。
クラスタ環境のセットアップ | 47
CIFSとNFSの両方に対して同じデータLIFの設定を使用しない場合は、CIFSとNFSのそれ
ぞれについて、IPアドレスとポートを個別に指定する必要があります。
6. 次のいずれかのオプションを選択して、IPアドレスを指定します。
オプション
作業
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
7. データLIFを作成するポートを指定します。
a. [参照]をクリックします。
b. [ネットワーク ポートまたはアダプタの選択]ダイアログ ボックスで、ポートを選択し
ます。
c. [OK]をクリックします。
8. 次の手順を実行してCIFSサーバを設定します。
a. 次の情報を指定し、CIFSサーバを作成します。
•
CIFSサーバ名
•
CIFSサーバを関連付けるActive Directory
•
CIFSサーバを関連付けるActive Directoryドメイン内の組織単位(OU)
デフォルトでは、このパラメータはCN=Computersに設定されます。
•
OUにCIFSサーバを追加するための十分な権限がある管理用アカウントのクレデ
ンシャル
48 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
b. オプション:[このSVM内のすべての共有へのアクセス時にデータを暗号化する]を選
択して、SVMのすべての共有に対してSMB 3.0暗号化を有効にします。
c. プロトコルを設定する際に、共有名とそのサイズ、およびアクセス権を指定してCIFS
ストレージ用のボリュームをプロビジョニングします。
d. オプション:[この共有へのアクセス時にデータを暗号化する]を選択して、特定の共
有に対してSMB 3.0暗号化を有効にします。
9. オプション:NISサービスを設定します。
a. SVMのNISサービスを設定する場合は、NISサーバのIPアドレスとNISドメイン名を指
定します。
b. 「nis」ネーム サービス ソースを追加するデータベース タイプを選択します。
c. エクスポート名、サイズ、およびアクセス権を指定してNFSストレージ用のボリュー
ムをプロビジョニングします。
10. [送信して続行]をクリックします。
タスクの結果
指定した設定でCIFSサーバとNISドメインが設定され、データLIFが作成されます。データ
LIFには、デフォルトで管理アクセスが付与されます。設定の詳細は概要ページで確認でき
ます。
SVMでのiSCSIプロトコルの設定
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)でiSCSIプロトコルを設定して、
ブロックレベルのデータ アクセスを提供できます。iSCSI LIFとポートセットを作成し、LIF
をポートセットに追加できます。最適なアダプタでLIFが作成され、データ パスの冗長性を
確保するためにポートセットに割り当てられます。
開始する前に
•
クラスタでiSCSIライセンスが有効になっている必要があります。
SVMでプロトコルが許可されていない場合は、[Storage Virtual Machineの編集]ウィンドウ
でSVMに対してプロトコルを有効にできます。
•
クラスタのすべてのノードが正常である必要があります。
•
各ノードに稼働状態のデータ ポートが少なくとも2つ必要です。
タスク概要
•
iSCSIプロトコルは、SVMの作成時に設定することも、あとで設定することもできます。
•
SnapLockアグリゲートは、ボリュームの自動作成の対象としては考慮されません。
手順
1. SVMの作成時にプロトコルを設定していない場合は、[SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. オプション:[ネットワーク アクセス]セクションで、iSCSIターゲットのエイリアスを指
定します。
クラスタ環境のセットアップ | 49
エイリアス名の最大文字数は128文字です。ターゲットのエイリアスを指定しないと、
SVM名がエイリアスとして使用されます。
6. 単一のノードに割り当てることができるiSCSI LIFの数を指定します。
ノードあたりのLIFの最小数は1です。最大数は、すべてのノードのうち、稼働状態のポー
ト数が最も少ないノードのポート数です。最大値が奇数の場合は、1つ前の偶数が最大値
とみなされます。最小値と最大値の間の任意の偶数を選択できます。
例
4ノード クラスタで、node1、node2、およびnode3にはそれぞれ稼働状態のポートが6つあ
り、node4には稼働状態のポートが7つあるとします。この場合、クラスタに実際に設定可
能な最大値は6です。
ノードにLIFを3個以上割り当てる場合、各LIFに少なくともポートセットを1つ割り当て
る必要があります。
7. サブネットの詳細も含めて、iSCSI LIFを作成するためのネットワークの詳細を指定しま
す。
状況
作業
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
8. ブロードキャスト ドメインを選択します。
9. アダプタ タイプを選択します。
クラスタでNICカードを設定している場合は、[NIC]を選択します。
クラスタでCNSカードを設定している場合は、[CNA]を選択します。
クラスタでifgrpを設定している場合は、[インターフェイス グループ]を選択します。
50 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
注:ifgrpポートはブロードキャスト ドメインに追加する必要があります。
10. オプション:iSCSIプロトコルを設定する際に、LUNサイズ、LUNのOSタイプ、およびホ
スト イニシエータの詳細を指定してiSCSIストレージ用のLUNをプロビジョニングしま
す。
11. 自動で生成されたiSCSI LIFの設定を確認または変更するには、[LIFの設定の確認と変更
(詳細設定)]を選択します。
変更できるのは、LIF名とホーム ポートだけです。ポートセットは、デフォルトでは最小
値に設定されます。一意のエントリを指定する必要があります。重複したLIF名を指定
すると、System Managerによって数値が付加されます。
選択したポートセットに基づいて、LIFがラウンドロビン方式でポートセットに割り当て
られます。これにより、ノードまたはポートで障害が発生した場合の冗長性が確保され
ます。
12. [送信して続行]をクリックします。
タスクの結果
指定した設定でiSCSI LIFとポートセットが作成され、LIFが適宜ポートセットに割り当てら
れます。すべてのLIFが正常に作成されると、iSCSIサービスが開始されます。
LIFの作成に失敗した場合は、[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウでLIFを作成し、
[LUN]ウィンドウでポートセットに割り当てて、[iSCSI]ウィンドウでiSCSIサービスを開始で
きます。
SVMでのFCプロトコルとFCoEプロトコルの設定
SVMでSANホスト用にFCプロトコルおよびFCoEプロトコルを設定できます。最適なアダ
プタでLIFが作成され、データ パスの冗長性を確保するためにポートセットに割り当てられ
ます。要件に応じて、System Managerを使用してFC、FCoE、またはその両方を設定できま
す。
開始する前に
•
クラスタでFCPライセンスが有効になっている必要があります。
•
クラスタのすべてのノードが正常である必要があります。
•
各ノードで少なくとも2つのポート(FCプロトコル用とFCoEプロトコル用)が正しく設
定されている必要があります。
タスク概要
•
FCプロトコルとFCoEプロトコルは、SVMの作成時に設定することも、あとで設定するこ
ともできます。SVMでプロトコルが許可されていない場合は、[Storage Virtual Machineの
編集]ウィンドウでSVMに対してプロトコルを有効にできます。
•
SnapLockアグリゲートは、ボリュームの自動作成の対象としては考慮されません。
手順
1. SVMの作成時にプロトコルを設定していない場合は、[SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[FC / FCoE]をクリックします。
クラスタ環境のセットアップ | 51
5. [データ インターフェイス(LIF)の設定]セクションで、FCプロトコルおよびFCoEプロ
トコルのデータLIFを設定するための対応するオプションを選択します。
6. それぞれのプロトコルについて、ノードあたりのデータLIFの数を指定します。
ノードあたりのLIFの最小数は1です。 最大数は、すべてのノードのうち、up状態のポー
ト数が最も少ないノードのポート数です。最大値が奇数の場合は、1つ前の偶数が最大値
とみなされます。最小値と最大値の間の任意の偶数を選択できます。
例
4ノード クラスタで、node1、node2、およびnode3にはそれぞれup状態のポートが6つあ
り、node4にはup状態のポートが7つあるとします。この場合、クラスタに実際に設定可
能な最大値は6です。
ノードにLIFを3個以上割り当てる場合、各LIFに少なくともポートセットを1つ割り当て
る必要があります。
7. 自動で生成されるLIFの設定を確認または変更する場合は、[インターフェイスの関連付
けの確認と編集]を選択します。
変更できるのは、LIFの名前とホーム ポートだけです。重複したエントリを指定しないよ
うに注意してください。
8. オプション:プロトコルを設定する際に、LUNサイズ、LUNのOSタイプ、およびホスト
イニシエータの詳細を指定してFCまたはFCoEストレージ用のLUNをプロビジョニング
します。
9. [送信して続行]をクリックします。
タスクの結果
指定した設定でデータLIFとポートセットが作成され、 LIFがポートセットにそれぞれ割り
当てられます。少なくとも1つのプロトコルについてすべてのLIFが正常に作成されると、
FCPサービスが開始されます。
LIFの作成に失敗した場合は、[FC / FCoE]ウィンドウでLIFを作成してFCPサービスを開始で
きます。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
SVM管理者への管理の委譲
Storage Virtual Machine(SVM)を最終的な運用状態に、または基本的なネットワーク設定ま
でセットアップしたら、必要に応じてその管理をSVM管理者に委譲できます。
タスク概要
SVM管理者は、System Managerを使用して委譲されたSVMを管理することはできません。委
譲されたSVMを管理するにはCLIを使用する必要があります。
手順
1. [管理者の詳細]セクションで、vsadminユーザ アカウントのパスワードを設定します。
2. SVMの管理に専用のLIFを使用する場合は、[SVM管理用に新しいLIFを作成する]を選択
し、ネットワークの詳細を指定します。
データ プロトコルと管理プロトコルでは同じLIFを共有できないため、SANプロトコルで
は専用のSVM管理LIFが必要になります。SVM管理LIFは、データ ポート上にのみ作成で
きます。
52 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
3. サブネットの詳細も含めて、iSCSI LIFを作成するためのネットワークの詳細を指定しま
す。
目的
操作
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
4. データLIFを作成するポートを指定します。
a. [参照]をクリックします。
b. [ネットワーク ポートまたはアダプタの選択]ダイアログ ボックスからポートを選択
します。
c. [OK]をクリックします。
タスクの結果
vsadminアカウントのロックが解除され、パスワードが設定されます。
vsadminアカウントのデフォルトのアクセス方法は、Data ONTAP API(ontapi)およびSSH
(ssh)です。SVM管理者は、管理IPアドレスを使用してストレージ システムにログインで
きます。
次のタスク
[Storage Virtual Machineの編集]ダイアログ ボックスを使用して、SVMにアグリゲートを割り
当てる必要があります。
注:SVMにアグリゲートが割り当てられていないと、SVM管理者はボリュームを作成でき
ません。
クラスタ環境のセットアップ | 53
SVMへのアグリゲートの割り当て
Infinite VolumeのSVMを作成したら、特定のアグリゲートを割り当てます。これにより、作
成したInfinite Volumeで使用するアグリゲートを、クラスタ内のすべてのアグリゲートでは
なく、割り当てたアグリゲートだけに限定することができます。
開始する前に
使用可能なアグリゲートを確認し、SVMで使用するアグリゲートを決めておきます。
タスク概要
Infinite Volumeで使用するアグリゲートを指定するには、対応するInfinite Volumeを備えた
SVMにアグリゲートを割り当てます。Infinite Volumeを備えたSVMに対してアグリゲート
リストを指定しない場合、Infinite Volumeはクラスタ内のすべてのアグリゲートを使用する
ことが可能です。
手順
1. [アグリゲートの選択]セクションで、SVMに割り当てるアグリゲートを選択します。
デフォルトでは、ノードのルート アグリゲートは選択されません。パフォーマンスや安
定性の点で問題になることがあるため、ルート アグリゲートのボリュームのプロビジョ
ニングは行わないでください。
2. [送信して続行]をクリックします。
FlexVolの作成
System Managerの[ボリュームの作成]ダイアログ ボックスを使用して、データ用のFlexVolを
作成できます。ルート ボリュームにデータを格納するのではなく、データ用のボリューム
を必ず別に作成してください。
開始する前に
•
クラスタにルート以外のアグリゲートとStorage Virtual Machine(SVM)が含まれている
必要があります。
•
読み書き可能(rw)ボリュームを作成する場合は、SVM用のプロトコルを設定し、
SnapMirrorまたはSnapVaultのライセンスをインストールしておく必要があります。
プロトコルが未設定で、いずれかのライセンスをインストールしている場合は、データ
保護(DP)ボリュームだけを作成できます。
タスク概要
•
ストレージQoSを有効にできるのでは、読み書き可能(rw)ボリュームだけです。
•
MetroCluster構成の同期元のSVMでDPボリュームを作成した場合、そのボリュームは同期
先のSVMにレプリケートされません。
•
MetroCluster構成でDPボリュームを作成した場合、そのソース ボリュームは同期先の
SVMにレプリケート(ミラーまたはバックアップ)されません。
•
MetroCluster構成では、System Managerにはボリューム作成用に次のアグリゲートが表示
されます。
◦ 通常モードの場合:プライマリ サイトの同期元SVMまたはデータ提供用SVMにボ
リュームを作成する場合、プライマリ サイトのクラスタに属しているアグリゲートの
みが表示されます。
54 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
◦ 切り替えモードの場合:フェイルオーバー先のサイトの同期先SVMまたはデータ提供
用SVMにボリュームを作成する場合、切り替えられたアグリゲートのみが表示されま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [作成]をクリックします。
5. デフォルトの名前を変更する場合は、[ボリュームの作成]ダイアログ ボックスで新しい
名前を指定します。
6. ボリュームの包含アグリゲートを選択します。
7. このボリュームを作成するストレージの種類を選択します。
SnapMirrorデスティネーション ボリュームを作成する場合は、[データ保護]を選択しま
す。このボリュームに読み取り専用でアクセスできるようになります。
8. ボリュームのサイズと、Snapshotコピー用に確保するパーセンテージ(合計ボリューム
サイズに対する割合)を指定します。
Snapshotコピー用にデフォルトで予約されているスペースは、SANボリュームとVMware
ボリュームについては0%です。NASボリュームについては、デフォルトでは5%です。
9. ボリュームに対して[シンプロビジョニング]、[シックプロビジョニング]、または[デフォ
ルト]を選択します。
シンプロビジョニングが有効になっている場合は、データの書き込みが行われたときの
み、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。
注:All Flash FAS(AFF)ストレージ システムの場合はシンプロビジョニングが「デ
フォルト」で、その他のストレージ システムではシックプロビジョニングが「デフォ
ルト」です。
10. このボリュームに対して重複排除を有効にする場合は、[Storage Efficiency]タブで必要な
変更を行います。
System Managerでは、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボ
リューム サイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは
作成されますが、重複排除は有効になりません。
オールフラッシュで最適化されたシステムでは、インライン圧縮はデフォルトで有効に
なっています。
11. ワークロードのパフォーマンスを管理するためにFlexVolに対してストレージQoSを有効
にする場合は、[QoS]タブで[ストレージ QoS の管理]チェック ボックスを選択します。
12. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループ
を選択し、FlexVolの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
クラスタ環境のセットアップ | 55
状況
操作
新しいポリシー グループ
を作成する
a.
ポリシー グループの名前を指定します。
b.
最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含
まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限
を超えないように制限されます。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限な
しと設定され、指定した単位は無視されることとなります。
既存のポリシー グループ
を選択する
[既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリ
シー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グ
ループを選択します。
選択したポリシー グループの最大スループットを変更することも
できます。
ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場
合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計ス
ループットです。
13. [作成]をクリックします。
14. [ボリューム]ウィンドウで、作成したボリュームがボリュームのリストに含まれているこ
とを確認します。
作成されるボリュームにはUNIX形式のセキュリティが設定され、所有者にはUNIXの700
(「読み取り、書き込み、実行」)権限が付与されます。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Infinite Volumeの作成
System ManagerでInfinite Volumeを作成して、単一のネームスペースと単一のマウント ポイ
ントを使用する大規模でスケーラブルなデータ コンテナを提供できます。Infinite Volumeに
は、一度書き込まれたあとはほとんど使用されないプライマリ データの大規模な非構造化
リポジトリを格納することができます。
開始する前に
•
Infinite Volumeのアグリゲート要件に従ってアグリゲートを作成しておく必要がありま
す。
•
Infinite Volumeを含むことができるSVMを作成しておく必要があります。
•
読み書き可能(rw)ボリュームを作成する場合は、SVM用のプロトコルを設定し、
SnapMirrorまたはSnapVaultのライセンスをインストールしておく必要があります。
プロトコルが未設定で、いずれかのライセンスをインストールしている場合は、データ
保護(DP)ボリュームだけを作成できます。
タスク概要
System Managerを使用して作成できるのは、ストレージ クラスを使用しないInfinite Volume
だけです。ストレージ クラスを含むInfinite Volumeを作成する場合は、System Managerは使
用できません。代わりに、OnCommand Workflow Automationを使用する必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
56 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [作成]をクリックします。
5. デフォルトの名前を変更する場合は、新しい名前を指定します。
6. ボリュームをマウントするジャンクション パスを指定します。
7. SnapMirrorデスティネーション ボリュームを作成する場合は、[データ保護]を選択しま
す。
このボリュームに読み取り専用でアクセスできるようになります。
ボリュームがまたがるアグリゲートの数が表示されます。
8. Infinite Volumeで使用可能なアグリゲートのリストを変更する場合は、[編集]をクリック
します。
9. ボリュームのサイズと、Snapshotコピー用に確保するパーセンテージ(合計ボリューム
サイズに対する割合)を指定します。
ボリュームのサイズは、使用するノード1つにつき少なくとも1.33TB必要です。Snapshot
コピー用にデフォルトで予約されているスペースは5%です。
10. オプション:ボリュームの増分テープ バックアップを有効にする場合は、[SnapDiff を有
効にする]を選択します。
SnapDiffを有効にできるのは、読み取り / 書き込みボリュームだけです。
11. このボリュームに対して重複排除を有効にする場合は、[Storage Efficiency]タブで必要な
変更を行います。
ストレージ効率化の設定を有効にできるのは、読み取り / 書き込みボリュームだけです。
System Managerでは、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボ
リューム サイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは
作成されますが、重複排除は有効になりません。
12. [作成]をクリックします。
13. 作成したボリュームが[Infinite Volume]ウィンドウに表示されているかを確認します。
作成されるボリュームにはunified形式のセキュリティが設定され、所有者にはUNIXの
700(「読み取り、書き込み、実行」)権限が付与されます。
関連概念
Infinite Volumeのアグリゲートに関する要件(130ページ)
SnapLockボリュームの作成
System Managerを使用して、SnapLock ComplianceボリュームやSnapLock Enterpriseボリュー
ムを作成できます。ボリュームの作成時に、保持期間を設定したり、ボリュームのデータを
自動的にWORM状態に設定するかどうかを選択したりすることもできます。
開始する前に
•
SnapLockライセンスがインストールされている必要があります。
•
SnapLockアグリゲートがオンラインになっている必要があります。
クラスタ環境のセットアップ | 57
タスク概要
•
SnapLock Enterpriseボリューム全体またはSnapLock Enterpriseボリュームのファイルは削
除できますが、SnapLock Enterpriseボリュームのファイル内のデータだけを削除すること
はできません。
•
SnapLock Complianceボリュームは、データがボリュームにコミットされている場合は削
除できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [作成]をクリックします。
5. ボリュームのデフォルトの名前を変更する場合は、[ボリュームの作成]ダイアログ ボッ
クスで新しい名前を指定します。
SnapLock Complianceボリュームの名前は、作成後に変更することはできません。
6. ボリュームの包含アグリゲートを選択します。
SnapLockボリュームを作成するには、SnapLock ComplianceアグリゲートまたはSnapLock
Enterpriseアグリゲートを選択する必要があります。ボリュームのSnapLockタイプはアグ
リゲートから継承され、ボリュームの作成後は変更できないため、適切なアグリゲート
を選択する必要があります。
7. このボリュームを作成するストレージの種類を選択します。
SnapMirrorデスティネーション ボリュームを作成する場合は、[データ保護]を選択する必
要があります。このボリュームに読み取り専用でアクセスできるようになります。
8. ボリュームのサイズと、Snapshotコピー用に確保するパーセンテージ(合計ボリューム
サイズに対する割合)を指定します。
Snapshotコピー用にデフォルトで予約されているスペースは、SANボリュームとVMware
ボリュームについては0%です。NASボリュームについては、デフォルトでは5%です。
9. オプション:ボリュームに対してシンプロビジョニングを有効にする場合は、[シンプロ
ビジョニング]を選択します。
シンプロビジョニングが有効になっている場合は、ボリュームへのデータの書き込みが
行われたときのみ、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。
10. オプション:ボリュームに対して重複排除を有効にする場合は、[Storage Efficiency]タブ
で必要な変更を行います。
System Managerでは、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボ
リューム サイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは
作成されますが、重複排除は有効になりません。
11. [SnapLock]タブを選択し、次の手順を実行します。
a. オプション:自動コミット期間を指定します。
ボリューム内のファイルに変更がなかった場合にWORM状態にコミットされるまで
の期間です。ファイルを手動でWORM状態に設定するには、自動コミット設定で[指
定なし]を選択する必要があります。
b. 最小保持期間と最大保持期間を指定します。
1日から70年までの任意の値、または[制限なし]に指定できます。
58 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
c. デフォルトの保持期間を選択します。
デフォルトの保持期間は、最小保持期間と最大保持期間の間の値に設定します。
12. オプション:FlexVolのストレージQoSを有効にしてワークロードのパフォーマンスを管
理するには、[QoS]タブで[ストレージQoSの管理]チェック ボックスを選択します。
13. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループ
を選択し、FlexVolの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
状況
操作
新しいポリシー グループ
を作成する
a.
ポリシー グループの名前を指定します。
b.
最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含
まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限
を超えないように制限されます。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限な
しと設定され、指定した単位は無視されることとなります。
既存のポリシー グループ
を選択する
[既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリ
シー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グ
ループを選択します。
選択したポリシー グループの最大スループットを変更することも
できます。
ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場
合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計ス
ループットです。
14. [作成]をクリックします。
15. [ボリューム]ウィンドウで、作成したボリュームがボリュームのリストに含まれているこ
とを確認します。
タスクの結果
作成されるボリュームにはUNIX形式のセキュリティが設定され、所有者にはUNIXの700
(「読み取り、書き込み、実行」)権限が付与されます。
59
クラスタの管理
System Managerを使用して、クラスタを管理できます。
クラスタとは
クラスタは、グループにまとめられた1つ以上のノードで構成され(HAペア)、拡張可能で
す。クラスタを作成すると、ノードでリソースをプールし、作業をクラスタに分散しなが
ら、管理者には管理対象の1つのエンティティとして表示されます。また、個々のノードが
オフラインになった場合でも、エンド ユーザに対する継続的なサービスが可能になります。
•
1つのクラスタ内の最大ノード数は、プラットフォーム モデルおよびライセンス プロト
コルによって異なります。
•
クラスタ内の各ノードでは、クラスタ内の他のノードと同じボリュームを表示および管
理できます。
ファイルシステム全体のネームスペースは、すべてのボリュームとそれらの結果のパス
で構成され、クラスタ全体にまたがります。
•
クラスタ内のノードは、物理的に分離されたセキュアな専用イーサネット ネットワーク
を介して通信を行います。
クラスタ内の各ノード上のクラスタのLogical Interface(LIF;論理インターフェイス)は、
同じサブネット上にある必要があります。
•
クラスタに新しいノードを追加したときに、新しいノードを指すようにクライアントを
更新する必要はありません。
新しいノードの追加は、クライアントに対して透過的です。
•
2ノード クラスタ(単一のHAペア)がある場合は、クラスタ ハイアベイラビリティ(HA)
を構成する必要があります。
•
スタンドアロン ノードにクラスタを作成できます(シングルノード クラスタと呼ばれま
す)。
この構成ではクラスタ ネットワークは必要なく、クラスタ ポートを使用してデータ トラ
フィックを処理できます。ただし、シングルノード クラスタでは、ノンストップ オペ
レーションはサポートされていません。
クォーラムとイプシロンについて
クォーラムとイプシロンは、クラスタの健常性と機能を判断するための重要な基準で、通信
および接続に関する潜在的な問題へのクラスタの対応を決定します。
クォーラムは、クラスタが完全に機能するための前提条件です。クラスタがクォーラムを構
成している場合は、過半数のノードが正常で、相互に通信可能です。クォーラムが失われる
と、クラスタは通常のクラスタ処理を実行できなくなります。すべてのノードが1つのまと
まりとしてデータの単一のビューを共有するため、任意の時点において1つのノードの集ま
りだけがクォーラムを構成することができます。つまり、通信が確立されていない2つの
ノードが異なる方法でデータを変更できる場合には、データを1つのデータ ビューに表示で
きなくなります。
クラスタ内の各ノードはノード マスターを選出する投票プロトコルに属しており、マス
ター以外の各ノードはセカンダリとなります。 マスター ノードは、クラスタ内に情報を同
期する役割を担います。形成されたクォーラムは継続的な投票によって維持されます。マ
60 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
スター ノードがオフラインになった場合、クラスタでクォーラムが維持されていれば、オ
ンラインのノードの投票によって新しいマスターが選出されます。
ノード数が偶数のクラスタの場合は同票となる可能性があるため、イプシロンと呼ばれる追
加の投票荷重が設定されたノードが1つあります。大規模なクラスタの同じ数のノード間で
接続障害が発生した場合、すべてのノードが正常であることを条件に、イプシロンが設定さ
れたノードのグループがクォーラムを維持します。たとえば、次の図では、4ノード クラス
タの2つのノードで障害が発生しています。ただし、残りのノードの1つにイプシロンが設定
されているため、正常なノードが過半数に満たなくてもクォーラムが維持されます。
クラスタが作成されると、自動的に最初のノードにイプシロンが割り当てられます。 イプ
シロンを保持しているノードで障害が発生したり、高可用性 パートナーをテイクオーバー
したり、高可用性 パートナーにテイクオーバーされた場合、イプシロンは別のHAペアの正
常なノードに自動的に割り当てられます。
ノードをオフラインにすると、クラスタがクォーラムを維持できるかどうかに影響すること
があります。そのため、クラスタのクォーラムが失われたり、あと1つのノード障害によっ
てクォーラムが失われるような処理を実行しようとすると、警告メッセージが表示されま
す。クォーラムに関する警告メッセージを無効にするには、advanced権限レベルでcluster
quorum-service options modifyコマンドを使用します。
一般的に、クラスタのノード間に信頼性のある接続が確立されている場合には、小規模のク
ラスタよりも大規模のクラスタの方が安定します。ノードの半数にイプシロンを加えた過
半数のクォーラムの要件は、2ノードのクラスタよりも24ノードのクラスタの方が簡単に維
持できます。
2ノードのクラスタでは、クォーラムの維持に独特な課題が存在します。2ノード クラスタ
ではクラスタHAが使用され、どちらのノードにもイプシロンは設定されません。代わりに、
両方のノードが継続的にポーリングされ、1つのノードに障害が発生した場合には、もう一
方のノードが、論理インターフェイスと管理機能へのアクセスに加えてデータへの完全な読
み取り / 書き込みアクセスを提供します。
クラスタ内のノードとは
ノードとは、クラスタ内のコントローラのことです。専用の管理クラスタ ネットワークを
介してクラスタ内の他のノードに接続されます。また、Data ONTAPシステムの物理スト
レージを提供するディスク シェルフや、Data ONTAPで使用するアレイLUNを提供するサー
ドパーティ製ストレージ アレイにも接続されます。
「ノードStorage Virtual Machine(SVM)」は、クラスタ内のノードを表します。ノードSVM
は、クラスタのセットアップ プロセスで、クラスタ内の各ノードに対して自動的に作成さ
れます。
[ダッシュボード]ウィンドウ
[ダッシュボード]ウィンドウは、システムとそのパフォーマンスについての累積情報をわか
りやすく表示した複数のパネルで構成されます。
[ダッシュボード]ウィンドウでは、重要なアラートと通知、アグリゲートおよびボリューム
の効率性と容量、クラスタで使用可能なノード、高可用性(HA)ペアを構成するノードの
クラスタの管理 | 61
ステータス、最もアクティブなオブジェクト、クラスタやノードのパフォーマンス指標に関
する情報を確認できます。
アラートと通知
すべてのアラートは赤色で表示されます。これには、緊急EMSイベント、オフラ
インのノードの詳細、破損ディスクの詳細、リスクが「高」のライセンス使用権、
オフラインのネットワーク ポートの詳細などの情報が含まれます。また、すべて
の通知は黄色で表示されます。これには、24時間以内にクラスタ レベルで発生し
たヘルスモニタ通知、リスクが「中」のライセンス使用権、未割り当てディスク
の詳細、移行されたLIFの数、失敗したボリューム移動処理、24時間以内に発生し
た管理者による操作が必要なボリューム移動処理などの情報が含まれます。
このパネルに表示されるアラートおよび通知は3つまでです。それよりも多い場
合は、[すべて表示]リンクが表示されます。[すべて表示]リンクをクリックする
と、アラートと通知の詳細が表示されます。
このパネルの更新間隔は1分です。
効率性と容量
容量の上限に近づいているアグリゲートやボリューム、およびクラスタやノード
のストレージ効率が表示されます。
[効率性]タブには、クラスタまたはノードについてのStorage Efficiencyによる削減
効果が表示されます。使用済み論理スペースの合計、使用済み物理スペースの合
計、Storage Efficiencyによる削減量の合計、ボリューム データの削減率、アグリ
ゲート データの削減率、FlexCloneボリュームとSnapshotコピーの割合を確認でき
ます。クラスタまたは特定のノードを選択して、そのStorage Efficiencyによる削減
効果を表示できます。
注:テイクオーバー処理やギブバック処理の実行中は、正確なストレージ効率
データが報告されないことがあります。その場合、しばらくすると、該当する
処理について報告されたストレージ効率データが修正されます。正しいデータ
が表示されるまでの時間は、ノード内のすべてのボリュームのSnapshotコピーの
数によって異なります。
[アグリゲート]タブには、容量の上限に近づいている上位5つのオンライン アグリ
ゲートが、使用済み容量の多い順にグラフに表示されます。[すべて表示]リンクを
クリックすると、[アグリゲート]インベントリ ページが表示されます。
次の「使用容量を超えているボリューム」フィールドに有効な値を入力すると、
[ボリューム]タブには、使用済み容量が多いボリュームを格納する上位3つのSVM
(ディザスタ リカバリ用のデスティネーションSVMおよびロック状態のSVMを含
む)が表示されます。[すべて表示]リンクをクリックすると[ボリューム]ダイアロ
グ ボックスが表示され、[ボリューム]ページに移動できます。
このパネルの更新間隔は15分です。
ノード
クラスタで使用可能なノードの数と名前、およびHAペアを構成するノードのス
テータスが表示されます。HAペアのノードのステータスは、表示されたノードに
カーソルを合わせると表示されます。
[ノード]リンクを使用すると、すべてのノードに関する情報を確認できます。さら
に、表示されたノードをクリックすると、そのノードのモデルに関する情報が表
示され、ノードで使用できるアグリゲート、ストレージ プール、シェルフ、およ
びディスクの数を確認できます。[ノードの管理]リンクを使用してノードの管理
も可能です。HAペアのノードの管理には、[HAの管理]リンクを使用します。
このパネルの更新間隔は15分です。
62 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
上位のオブジェクト
クラスタ内の上位5つのアクティブなクライアントとファイルに関する情報が表
示されます。IOPSまたはスループットを基準に、上位5つのアクティブなクライア
ントとファイルを表示できます。
このパネルの更新間隔は1分です。
パフォーマンス
レイテンシ、IOPS、およびスループットを基準に、クラスタの平均パフォーマン
ス指標、読み取りパフォーマンス指標、書き込みパフォーマンス指標が表示され
ます。平均パフォーマンス指標はデフォルトで表示されます。[読み取り]または
[書き込み]をクリックすると、読み取りまたは書き込みのパフォーマンス指標を表
示できます。クラスタとノードの両方のパフォーマンス指標を確認することがで
きます。
ONTAPからクラスタのパフォーマンス情報を取得できない場合は、対応するグラ
フは参照できません。この場合、System Managerはエラー メッセージを表示しま
す。
このタブのグラフの更新間隔は15秒です。
ダッシュボードを使用したクラスタの監視
System Managerのダッシュボードを使用すると、クラスタの健常性とパフォーマンスを監視
できます。また、ハードウェアやストレージ構成の問題を特定することもできます。
手順
1. [ダッシュボード]タブをクリックします。健常性とパフォーマンスに関するダッシュ
ボード パネルが表示されます。
設定の更新
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)の管理の詳細を設定できます。
SVM管理の詳細の設定
System Managerを使用して、SVM管理の詳細を簡単に設定することができます。必要に応じ
て、SVMの管理をSVM管理者に委譲することもできます。
タスク概要
SVM管理者は、委譲されたSVMの管理にSystem Managerを使用できません。委譲された
SVMを管理するにはCLIを使用する必要があります。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[設定の更新]をクリックします。
3. [SVM]タブで、ノードを選択し、[管理の詳細の設定]をクリックします。
4. [管理者の詳細]セクションで、vsadminユーザ アカウントのパスワードを設定します。
5. SVMの管理に専用のLIFを使用する場合は、[SVM管理用に新しいLIFを作成する]を選択
し、ネットワークの詳細を指定します。
クラスタの管理 | 63
データ プロトコルと管理プロトコルでは同じLIFを共有できないため、SANプロトコルで
は専用のSVM管理LIFが必要になります。SVM管理LIFは、データ ポート上にのみ作成で
きます。
6. ネットワークの詳細を指定します。
状況
手順
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
7. データLIFを作成するポートを指定します。
a. [参照]をクリックします。
b. [ネットワーク ポートまたはアダプタの選択]ダイアログ ボックスで、ポートを選択
し、[OK]をクリックします。
[設定の更新]ウィンドウ
[設定の更新]ウィンドウを使用して、クラスタ、Storage Virtual Machine(SVM)、ノード設定
の詳細を更新することができます。
タブ
ノード
ノードの詳細を設定できます。
SVM
SVMの詳細を設定できます。
64 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[ノード]タブ
コマンド ボタン
ノード名の編集
[ノード名の編集]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックス
で、ノード名を変更できます。
ノード管理LIFの作成
[ノード管理LIFの作成]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ
ボックスで、特定のノードの管理に使うノード管理LIFを作成できます。
AutoSupportの編集
[AutoSupport設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスで、Eメール通知の送信元のEメール アドレスを指定したり、ホスト名の複数
のEメール アドレスを追加したりできます。
[SVM]タブ
コマンド ボタン
管理の詳細の設定
[管理の詳細の設定]ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボック
スで、SVMの管理の詳細を設定できます。
関連タスク
クラスタの作成(25ページ)
IPアドレス範囲を無効にした状態でのネットワークの設定(27ページ)
サービス プロセッサ
System Managerでサービス プロセッサを使用して、ストレージ システムの温度、電圧、電
流、ファン速度などのパラメータを監視および管理できます。
サービス プロセッサへのIPアドレスの割り当て
System Managerを使用してIPアドレスをすべてのサービス プロセッサに同時に割り当て、こ
れらのサービス プロセッサを使用して、ストレージ システムの各システム パラメータを監
視および管理することができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[サービス プロセッサ]をクリックします。
3. [サービス プロセッサ]ウィンドウで、[グローバル設定]をクリックします。
4. [グローバル設定]ダイアログ ボックスで、IPアドレスを割り当てるソースを選択します。
状況
オプション
IPアドレスをDHCPサーバ
から自動的に割り当てる
DHCP
IPアドレスをサブネットか
ら割り当てる
サブネット
クラスタの管理 | 65
状況
オプション
IPアドレスを手動で割り当
てる
手動割り当て
5. [保存]をクリックします。
サービス プロセッサ設定の編集
IPアドレス、ネットワーク マスクまたはプレフィックス長、ゲートウェイ アドレスなどの
サービス プロセッサ属性は、System Managerを使用して変更できます。IPアドレスが割り当
てられていないサービス プロセッサにIPアドレスを割り当てることもできます。
タスク概要
•
IPアドレスが手動で割り当てられているサービス プロセッサの設定を編集できます。
•
DHCPサーバまたはサブネットからIPアドレスが割り当てられているサービス プロセッ
サの設定は編集できません。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[サービス プロセッサ]をクリックします。
3. [サービス プロセッサ]ウィンドウで、サービス プロセッサを選択して[編集]をクリック
します。
4. [サービス プロセッサの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を加えて[保存して閉じ
る]をクリックします。
サービス プロセッサの概要
サービス プロセッサは、ストレージ システム上のシステムに依存しないリソースであり、
温度、電圧、電流、ファン速度などのストレージ システム パラメータを監視および管理で
きます。
サービス プロセッサがいずれかのストレージ システム パラメータの異常な状態を検出す
ると、イベントを記録し、問題をData ONTAPに通知して、AutoSupportメッセージを生成し
ます(EメールまたはSNMPトラップを使用)。
サービス プロセッサは、watchdogメカニズムを介してData ONTAPを監視し、パートナー
ノードへの即座のフェイルオーバーを可能にします。サービス プロセッサは多数のシステ
ム イベントも追跡し、ログ ファイルに保存します。イベントには、ブートの進行状況、Field
Replaceable Unit(FRU;フィールド交換可能ユニット)の交換、Data ONTAPが生成するイベ
ント、ユーザ トランザクション履歴が含まれます。
サービス プロセッサを使用すると、ストレージ システムの状態に関係なくリモートからロ
グインして、システムの診断、シャット ダウン、電源の再投入、リブートを実行できます。
さらにサービス プロセッサにはリモート診断機能もあります。
監視機能と管理機能が統合されているサービス プロセッサを使用すると、障害発生時にス
トレージ システムを評価して、効果的な保守操作を即座に実行できます。
66 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[サービス プロセッサ]ウィンドウ
[サービス プロセッサ]ウィンドウを使用して、IPアドレス、ネットワーク マスク(IPv4)ま
たはプレフィックス長(IPv6)、ゲートウェイなどのサービス プロセッサ属性を表示および
変更したり、サービス プロセッサのIPソースを設定できます。
•
コマンド ボタン(66ページ)
•
サービス プロセッサ リスト(66ページ)
•
詳細領域(66ページ)
コマンド ボタン
編集
[サービス プロセッサの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、サービス プロセッサのIPアドレス、ネットワーク マスク(IPv4)ま
たはプレフィックス長(IPv6)、およびゲートウェイ情報を変更できます。
グローバル設定
[グローバル設定]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
すべてのサービス プロセッサに対してIPアドレスのソースを設定できます
(DHCP、サブネット、手動のいずれか)。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
サービス プロセッサ リスト
ノード
サービス プロセッサが配置されるノードを指定します。
IPアドレス
サービス プロセッサのIPアドレスを指定します。
ステータス
サービス プロセッサのステータスを表示します。オンライン、オフライン、デー
モン オフライン、ノード オフライン、デグレード、リブート、または不明のいず
れかです。
MAC アドレス
サービス プロセッサのMACアドレスを指定します。
詳細領域
サービス プロセッサ リストの下の領域には、ネットワークの詳細を含む、サービス プロ
セッサの情報が表示されます。これには、ファームウェアのバージョンおよび自動更新が有
効になっているかどうかなどの一般的な情報に加えて、IPアドレス、ネットワーク マスク
(IPv4)またはプレフィックス長(IPv6)、ゲートウェイ、IPソース、MACアドレスなどの
ネットワークの詳細情報が含まれます。
関連タスク
IPアドレス範囲を無効にした状態でのネットワークの設定(27ページ)
クラスタの管理 | 67
クラスタ ピア
System Managerを使用して、2つのクラスタ間にピア関係を設定できます。2つのクラスタを
連携させて、クラスタ間でリソースを共有できるようになります。
クラスタ ピアの前提条件
クラスタ ピアリングを設定する前に、接続、ポート、IPアドレス、サブネット、ファイア
ウォール、およびクラスタの命名要件が下記の条件を満たしているか確認してください。
接続要件
クラスタ間通信で各クラスタが使用するサブネットは、次の要件を満たしている必要があり
ます。
•
サブネットがクラスタ間通信で使用するポートを含むブロードキャスト ドメインに属し
ている。
•
インタークラスタLIFで使用されるIPアドレスがすべて同じサブネットに含まれている
必要はないが、構成としてはよりシンプルである。
•
サブネットをクラスタ間通信専用にするか、データ通信との共有にするかを決定済みで
ある。
クラスタ間ネットワークでは、ノードごとにインタークラスタLIFとIPアドレスが必要です。
クラスタ間ネットワークは、クラスタ ピアどうしが該当するIPspace内でペアワイズのフル
メッシュ接続状態になるように構成する必要があります。具体的には、クラスタ ピア関係
にある各クラスタ ペアの、すべてのインタークラスタLIFの間に接続が確立されている必要
があります。
クラスタのインタークラスタLIFのアドレスはIPv4またはIPv6のいずれかです。
ポート要件
クラスタ間通信で使用されるポートは、次の要件を満たす必要があります。
•
特定のリモート クラスタとの通信に使用するすべてのポートのIPspaceが同じである。
複数のクラスタとのピア関係の作成には複数のIPspaceを使用できます。ペアワイズのフ
ルメッシュ接続はIPspace内でのみ必要になります。
•
クラスタ間通信で使用されるブロードキャスト ドメインに、1ノードあたり最低2つの
ポートがあり、クラスタ間通信で別のポートへのフェイルオーバーが可能になっている。
ブロードキャスト ドメインに追加できるポートは、物理ネットワーク ポート、VLAN、
インターフェイス グループ(ifgrps)です。
•
すべてのポートが接続されている。
•
すべてのポートが正常な状態である。
•
ポートのMTU設定が一貫している。
•
クラスタ間通信に使用するポートをデータ通信と共有するかどうかを決定する。
ファイアウォールの要件
ファイアウォールとクラスタ間ファイアウォール ポリシーでは、以下のプロトコルを許可
する必要があります。
68 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
ICMPサービス
•
ポート10000、11104、および11105経由でのすべてのインタークラスタLIFのIPアドレス
へのTCP接続
•
HTTPS
デフォルトのクラスタ間ファイアウォール ポリシーは、HTTPSプロトコル経由のアクセス、
およびすべてのIPアドレス(0.0.0.0/0)からのアクセスを許可しますが、このポリシーは変
更したり置き換えることができます。
クラスタの要件
クラスタは、次の要件を満たす必要があります。
•
クラスタ ピア関係にあるクラスタどうしは、300秒(5分)以内の時間差で同期する。
クラスタ ピアは、異なるタイム ゾーンにあってもかまいません。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
クラスタ ピア関係の作成
認証されたクラスタ ピア関係を作成してクラスタを接続し、ピア関係にあるクラスタ間で
安全に通信できるようにすることができます。ローカル クラスタにクラスタ間インター
フェイスが設定されていない場合は、System Managerを使用して設定できます。
開始する前に
この作業を実行する前に、要件を確認しておく必要があります。
クラスタ ピアの前提条件(67ページ)
タスク概要
•
Data ONTAP 8.2.2以前を実行するクラスタとの間にピア関係を作成する場合は、CLIを使
用する必要があります。
•
MetroCluster構成のプライマリ クラスタと外部クラスタの間にピア関係を作成する場合、
セカンダリ サイトのクラスタと外部クラスタの間にもピア関係を作成することを推奨し
ます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[クラスタ ピア]をクリックします。
3. [作成]をクリックします。
4. [ローカル クラスタの詳細]領域で、クラスタ ピア関係のIPspaceを指定します。
選択したIPspaceに使用できる動作しているクラスタ間インターフェイスが表示されま
す。
5. オプション:ノードに機能しているクラスタ間インターフェイスがない場合は、[クラス
タ間LIFの作成]をクリックしてノードのLIFを設定します。
6. [ピア関係を確立するリモート クラスタの詳細]領域で、クラスタ ピア関係のパスフレー
ズを指定します。
クラスタの管理 | 69
認証されたクラスタ ピア関係を確立するために、入力したパスフレーズがピア クラスタ
のパスフレーズに照らして検証されます。
パスフレーズのデフォルトの最小文字数は8文字です。
ローカル クラスタとリモート クラスタの名前が同じ場合、リモート クラスタのエイリア
スが作成されます。
ローカル クラスタとリモート クラスタの名前が同じ場合、またはローカル クラスタが同
じ名前の別のリモート クラスタとピア関係にある場合は、[クラスタのエイリアス名の入
力]ダイアログ ボックスが表示されます。
7. リモート クラスタのエイリアス名を入力します。
8. リモート クラスタのクラスタ間インターフェイスIPアドレスを入力します。
9. [作成]をクリックします。
10. リモート クラスタにログインし、上記の手順を実行して、ローカル クラスタとリモート
クラスタ間にピア関係を確立します。
クラスタ ピア パスフレーズの変更
セキュリティ上の理由から、クラスタ ピアの作成中に提供されたパスフレーズはSystem
Managerを使用して変更できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[クラスタ ピア]をクリックします。
3. ピア クラスタを選択して、[パスフレーズの変更]をクリックします。
4. [パスフレーズの変更]ダイアログ ボックスで、新しいパスフレーズを入力して[変更]をク
リックします。
注:パスフレーズのデフォルトの最小文字数は8文字です。
5. リモート クラスタにログインし、手順1~4を実行して、リモート クラスタのパスフレー
ズを変更します。
リモート クラスタでパスフレーズを変更するまで、ローカル クラスタの認証ステータス
はok_and_offerと表示されます。
ピア ネットワーク パラメータの変更
System Managerを使用して、リモート クラスタ用に設定されているIPspaceおよびクラスタ間
論理インターフェイス(LIF)を変更できます。クラスタ間IPアドレスの新規追加や既存の
IPアドレスの削除が可能です。
開始する前に
クラスタ ピア関係を作成するために、クラスタ間IPアドレスが少なくとも1つ必要です。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[クラスタ ピア]をクリックします。
3. ピア クラスタを選択し、[ピア ネットワーク パラメータの変更]をクリックします。
70 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
4. [ピア ネットワーク パラメータの変更]ダイアログ ボックスで、IPspaceを選択し、クラス
タ間IPアドレスを追加または削除します。
複数のIPアドレスを追加する場合は、カンマで区切ります。
5. [変更]をクリックします。
6. [ピア]ウィンドウで変更内容を確認します。
クラスタ ピア関係の削除
System Managerを使用して、不要になったクラスタ ピア関係を削除できます。クラスタ ピ
ア関係は、ピア関係に含まれるそれぞれのクラスタから削除する必要があります。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[クラスタ ピア]をクリックします。
3. 削除するクラスタ ピアを選択し、[削除]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
5. リモート クラスタにログインし、手順1~4を実行して、ローカル クラスタとリモート ク
ラスタ間のピア関係を削除します。
ローカル クラスタとリモート クラスタの両方から関係が削除されるまで、ピア関係のス
テータスは「unhealthy」と表示されます。
クラスタ ピアとは
クラスタ ピア機能により、2つのクラスタが連携し、それらの間でリソースを共有できるよ
うになります。
クラスタ ピア クラスタ間接続とは
クラスタ ピア クラスタ間接続を構成するインターフェイスおよびポートと、それらがどの
ように使用されるかを理解しておくと、 クラスタ ピア クラスタ間接続の作成にかかる時間
を短縮できます。
クラスタ ピア クラスタ間接続は、ネットワーク ポートに割り当てられたインタークラスタ
LIF(論理インターフェイス)で構成されます。クラスタ間接続は2つの異なるクラスタ間の
レプリケーションに使用されるネットワークで、インタークラスタLIFの作成時に定義され
ます。2つのクラスタ間のレプリケーションは、クラスタ間接続でのみ発生します。これは、
同じクラスタ内のデータ ネットワークと同じサブネットにクラスタ間接続があるかどうか
に依存しません。
インタークラスタLIFには、データLIFと同じサブネット内や、別のサブネット内のIPアドレ
スを割り当てることができます。インタークラスタLIFの作成時には、そのインタークラス
タLIFを含むシステムSVMに属するルートが使用されます。
System Managerでは、Data ONTAP 8.3以降を実行しているクラスタ間に、認証されたクラス
タ ピア関係を作成できます。認証されたクラスタ ピア関係では、パスフレーズを使用して
クラスタ間通信が保護されます。
クラスタの管理 | 71
クラスタのピア関係での相互接続
情報を共有し、ピア クラスタ上の処理へのアクセスを提供するために、クラスタをクラス
タ ピア関係で相互接続します。
タスク概要
クラスタを相互接続するには、ネットワーク ポートと、クラスタ間ロールで構成されたネッ
トワーク インターフェイスが必要であり、クラスタ ピア関係を作成する必要があります。
[ピア]ウィンドウ
[ピア]ウィンドウではピア関係を管理でき、クラスタ間でデータを移動できます。
コマンド ボタン
作成
[クラスタ ピアの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、リモート クラスタとの関係を作成できます。
パスフレーズの変更
[パスフレーズの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、ローカル クラスタの新しいパスフレーズを入力できます。
ピア ネットワーク パラメータの変更
[ピア ネットワーク パラメータの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、IPspaceの変更、クラスタ間IPアドレスの新規追加、既存の
IPアドレスの削除を実行できます。
複数のIPアドレスを追加する場合は、カンマで区切ります。
削除
[クラスタ ピア関係の削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、選択したピア クラスタ関係を削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ピア クラスタ リスト
ピア クラスタ
関係内のピア クラスタの名前を示します。
可用性
ピア クラスタを通信に利用できるかどうかを示します。
認証ステータス
ピア クラスタが認証済みかどうかを示します。
IPspace
クラスタ ピア関係に関連付けられているIPspaceが表示されます。
詳細領域
詳細領域には、選択したピア クラスタ関係に関する詳細情報が表示されます。これには、
クラスタ間ネットワークを設定するためにシステムで検出されたアクティブなIPアドレス
や最終更新日時などの情報が含まれます。
72 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ハイアベイラビリティ
System Managerを使用して、ノンストップ オペレーションやフォールト トレランスに不可
欠なハードウェアの冗長性を確保するためのハイアベイラビリティ(HA)ペアを作成でき
ます。
HAペアの概要
HAペアでは、無停止操作やフォールト トレランスのために必要なハードウェアの冗長性が
確保されます。ペアの各ノードでソフトウェア機能を使用して、パートナーのストレージを
テイクオーバーし、そのストレージをギブバックすることができます。
[ハイアベイラビリティ]ウィンドウ
[ハイアベイラビリティ]ウィンドウには、clustered Data ONTAPのすべてのHAペアについて、
HAの状態、インターコネクトのステータス、およびテイクオーバーやギブバックのステー
タスが表示されます。テイクオーバーやギブバックの処理を手動で開始することもできま
す。
HAペアの図をクリックすると、テイクオーバー / ギブバックのステータスやインターコネ
クトのステータスなどの詳細を確認できます。
HAペアのステータスは色で示されます。
•
グリーン:HAペアとインターコネクトが最適に構成されており、テイクオーバーやギブ
バックが可能であることを示します。テイクオーバーを実行中、ギブバックを実行中、
およびギブバックを待機中の状態のときもこの色になります。
•
レッド:ダウングレード状態であることを示します(テイクオーバーの失敗など)。
•
イエロー:インターコネクトのステータスが停止中であることを示します。
クラスタの複数のHAペアで同時にストレージ フェイルオーバー処理を実行中の場合、表示
されるクラスタのステータスはHAペアのステータスと重大度に基づいて決まります。クラ
スタのステータス表示の優先順位は、テイクオーバー実行中、ギブバック実行中、ギブバッ
ク待機中の順となります。
操作
HAペアのノードのステータスに基づいて、テイクオーバーやギブバックなどの作業を実行
できます。
•
node_nameのテイクオーバー
パートナー ノードで保守を行う必要があるときにテイクオーバー処理を実行できます。
•
node_nameのギブバック
テイクオーバーされたパートナー ノードがギブバック待機状態または部分的なギブバッ
ク状態になったときにギブバックを実行できます。
•
自動ギブバックの有効化と無効化
自動ギブバック処理を有効または無効にします。
注:自動ギブバックはデフォルトでは有効になります。
クラスタの管理 | 73
コマンド ボタン
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
注:[ハイアベイラビリティ]ウィンドウに表示される情報は、60秒ごとに自動的
にリフレッシュされます。
関連タスク
HAペアの監視(37ページ)
ライセンス
System Managerを使用して、クラスタまたはノードにインストールされているソフトウェア
ライセンスを表示、管理、削除できます。
ライセンスの削除
System Managerの[ライセンス]ウィンドウを使用して、クラスタまたはノードにインストー
ルされているソフトウェア ライセンスを削除することができます。
開始する前に
削除するソフトウェア ライセンスがどのサービスまたは機能でも使用されていないことを
確認しておく必要があります。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[ライセンス]をクリックします。
3. [ライセンス]ウィンドウで、該当する操作を実行します。
状況
操作
ノードの特定のライセンス
パッケージまたはマスター
ライセンスを削除する
[詳細]タブをクリックします。
クラスタ内のすべてのノー
ドから特定のライセンス
パッケージを削除する
[パッケージ]タブをクリックします。
4. 削除するソフトウェア ライセンス パッケージを選択し、[削除]をクリックします。
ライセンス パッケージは一度に1つずつしか削除できません。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
タスクの結果
ソフトウェア ライセンスがストレージ システムから削除されます。削除したライセンス
は、[ライセンス]ウィンドウのライセンスのリストにも表示されなくなります。
関連資料
[ライセンス]ウィンドウ(76ページ)
74 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ライセンスの管理(クラスタ管理者のみ)
ライセンスには、ソフトウェアの使用権が1つ以上記録されています。ライセンス キー(ラ
イセンス コードとも呼ばれます)をインストールすることで、クラスタ上の特定の機能や
サービスを使用できるようになります。Data ONTAPで、機能ライセンスを管理したり、機
能の使用状況やライセンス使用権のリスクを監視したりすることができます。
クラスタごとにクラスタ ベースのライセンス キーが必要になります。このライセンス
キーは、クラスタのセットアップ中またはセットアップ後にインストールできます。一部の
機能には追加のライセンスが必要です。Data ONTAPの機能ライセンスはパッケージとして
発行されます。各パッケージには複数または単一の機能が含まれます。パッケージにはラ
イセンス キーが必要であり、キーをインストールすることで、パッケージのすべての機能
にアクセスできるようになります。Data ONTAPでは、先にクラスタ ベースのライセンス
キーをインストールしないと、機能ライセンスをインストールできません。
Data ONTAP 8.2以降、すべてのライセンス キーは28文字です。Data ONTAP 8.2より前にイン
ストールされたライセンスは、Data ONTAP 8.2以降のリリースでも有効です。 ただし、ライ
センスを再インストールする場合(たとえば、以前のリリースでインストールしたライセン
スを削除してData ONTAP 8.2以降で再インストールする場合、またはData ONTAP 8.2以降を
実行するクラスタのノードのコントローラを交換する場合)は、ライセンス キーを28文字
で入力する必要があります。
初回購入のソフトウェアまたはアドオン ソフトウェアのライセンス キーは、ネットアップ
サポート サイトの[My Support] > [Software Licenses]で入手できます(ログインする必要が
あります)。[Software Licenses]ページでライセンス キーを見つけられない場合は、営業また
はサポート担当者にお問い合わせください。
Data ONTAPでは、次の方法で機能ライセンスを管理できます。
•
1つ以上のライセンス キーを追加する(system license add)
•
インストール済みのライセンスに関する情報を表示する(system license show)
•
ライセンスが必要なパッケージと、クラスタ上でのそのパッケージの現在のライセンス
ステータスを表示する(system license status show)
•
シリアル番号を指定してクラスタまたはノードからライセンスを削除する(system
license delete)
クラスタが機能するためには、クラスタ ベースのライセンスが必要です。ユーザはクラ
スタ ライセンスを削除できません。
•
期限切れのライセンスまたは未使用のライセンスを表示または削除する(system
license clean-up)
Data ONTAPでは、次の方法で機能の使用状況やライセンス使用権のリスクを監視できます。
•
•
クラスタでの機能の使用状況の概要をノード単位で表示する(system feature-usage
show-summary)
この概要には、機能の使用週数、機能の最後の使用日時などのカウンタ情報が含まれま
す。
クラスタでの機能の使用ステータスをノード単位および週単位で表示する(system
feature-usage show-history)
機能の使用ステータスは、not-used、configured、in-useのいずれかで示されます。
使用状況の情報がない場合は、ステータスにnot-availableと表示されます。
•
各ライセンス パッケージについて、ライセンス使用権のリスクをステータスで表示する
(system license entitlement-risk show)
クラスタの管理 | 75
リスク ステータスは、low、medium、high、unlicensed、unknownのいずれかで示され
ます。リスク ステータスはAutoSupportメッセージにも記載されます。ライセンス使用
権のリスクは基本ライセンス パッケージには該当しません。
ライセンス使用権のリスクは、以下に挙げるような複数の要因に基づいて評価されます。
◦ 各パッケージのライセンスの状態
◦ 各ライセンスの種類と有効期限ステータス、およびクラスタ全体でのライセンスの統
一性
◦ ライセンス パッケージに関連付けられた機能の使用状況
評価プロセスでクラスタにライセンス使用権のリスクがあると判断された場合、推奨さ
れる対処方法も出力されます。
関連情報
ネットアップの技術情報アーティクル3013749:「Data ONTAP 8.2 and 8.3 Licensing
Overview and References」
ネットアップの技術情報アーティクル1014509:「How to verify Data ONTAP Software
Entitlements and related License Keys using the Support Site」
ネットアップ:Data ONTAP Entitlement Risk Status
ライセンス タイプおよび使用権のリスク
ライセンス タイプと使用権のリスクを理解することは、クラスタのライセンスに関連する
リスクを管理する際に役立ちます。
ライセンス タイプ
パッケージには次のライセンス タイプが1つ以上含まれ、クラスタにインストールされま
す。
•
ノード ロック ライセンスまたは標準ライセンス
ノード ロック ライセンスは、特定のシステム シリアル番号(コントローラのシリアル番
号とも呼ばれる)を持つノードに対して発行されます。このライセンスは、シリアル番
号が一致するノードに対してのみ有効です。
ノード ロック ライセンスをインストールすると、ライセンスされた機能の使用権がノー
ドに対して与えられます。ライセンスされた機能をクラスタで使用するには、少なくと
も1つのノードで、その機能のライセンスが有効になっている必要があります。ライセン
スされた機能の使用権がないノードでその機能を使用すると、ライセンス違反になる可
能性があります。
Data ONTAP 8.2以降のリリースでは、Data ONTAP 8.2より前にインストールされたライセ
ンスは標準ライセンスとして扱われます。したがって、Data ONTAP 8.2以降のリリース
では、クラスタ内のノードはすべて自動的に、以前ライセンスされた機能が含まれてい
るパッケージの標準ライセンスを保有していることになります。
•
マスター ライセンスまたはサイト ライセンス
マスター ライセンスやサイト ライセンスは、特定のシステムのシリアル番号には関連付
けられません。サイト ライセンスをインストールすると、クラスタ内のすべてのノード
で、ライセンスされた機能を使用できるようになります。
マスター ライセンスがあるクラスタからノードを削除した場合、そのノードはサイト ラ
イセンスを保持できず、ライセンスされた機能を使用できなくなります。また、マスター
ライセンスのあるクラスタにノードを追加した場合、そのノードには自動的にサイト ラ
イセンスが付与され、ライセンスされた機能を使用できるようになります。
•
デモ ライセンスまたは一時ライセンス
デモ ライセンスまたは一時ライセンスは、一定期間が経過すると失効します。このライ
センスを使用すれば、ライセンスを購入せずに特定のソフトウェア機能を試すことがで
76 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
きます。一時ライセンスはクラスタ規模のライセンスであり、ノードの特定のシリアル
番号には関連付けられません。
パッケージの一時ライセンスがあるクラスタからノードを削除した場合、そのノードは
評価用ライセンスを保持できません。
•
容量ライセンス
容量ライセンスは、ONTAP Selectインスタンスに現在接続されているストレージの総容
量に基づいて発行されます。容量ライセンスはデータの要件に基づいて購入できます。
1つのONTAP Selectインスタンスに接続できるストレージの容量は、容量ライセンスあた
り最大2TBです。この最大容量を超える場合は、追加の容量ライセンスを購入する必要が
あります。
使用権のリスク
使用権のリスクは、ノード ロック ライセンスがさまざまな方法でインストールされること
が原因で発生します。ノード ロック ライセンスがすべてのノードにインストールされてい
る場合には、使用権のリスクは発生しません。
使用権のリスクは、特定の条件に応じて、高、中、なし、または不明のいずれかになりま
す。
•
高
◦ 特定のノードでライセンスが使用されているにもかかわらず、そのノード上にノード
ロック ライセンスがインストールされていない場合
◦ クラスタにインストールされていたデモ ライセンスが失効し、いずれかのノードでラ
イセンスが使用されている場合
注:クラスタにマスター ライセンスがインストールされている場合、使用権のリスク
が高になることはありません。
•
中
◦ ノードでライセンスが使用されていて、クラスタ上にサイト ライセンスのみがインス
トールされている場合
◦ ノードでライセンスは使用されていないが、これらのノードにノード ロック ライセ
ンスがインストールされていない場合
◦ クラスタ内のノードに、サイト ライセンスがインストールされておらず、ノード ロッ
ク ライセンスが一部のノードにのみインストールされている場合
•
なし
使用状況に関係なく、ノード ロック ライセンスがすべてのノードにインストールされて
いる場合には、使用権のリスクは発生しません。
•
不明
APIが、クラスタまたはクラスタ内のノードに関連付けられた使用権のリスクに関係する
データを取得できないことがある場合、そのリスクは不明です。
[ライセンス]ウィンドウ
ストレージ システムは、ソフトウェアが事前にインストールされた状態で納品されます。
ストレージ システムを受け取ったあとでソフトウェア ライセンスを追加または削除する場
合は、[ライセンス]ウィンドウを使用します。
注:System Managerでは、評価用ライセンスは監視されず、評価用ライセンスの期限が近
づいても警告は表示されません。評価用ライセンスは、一定期間が経過すると失効する一
時的なライセンスです。
クラスタの管理 | 77
•
コマンド ボタン(77ページ)
•
[パッケージ]タブ(77ページ)
•
パッケージの詳細領域(77ページ)
•
[詳細]タブ(77ページ)
コマンド ボタン
追加
[ライセンスの追加]ウィンドウを開きます。このウィンドウで、新しいソフトウェ
ア ライセンスを追加できます。
削除
ソフトウェア ライセンス リストから選択したソフトウェア ライセンスを削除し
ます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[パッケージ]タブ
ストレージ システムにインストールされているライセンス パッケージに関する情報が表示
されます。
パッケージ
ライセンス パッケージの名前が表示されます。
使用権のリスク
クラスタのライセンス使用権に関連する問題を原因とする、リスクのレベルを示
します。使用権のリスク レベルは、高い(
(
)、中(
)、なし(
)、不明
)、ライセンスなし(-)のいずれかになります。
説明
クラスタのライセンス使用権に関連する問題を原因とする、リスクのレベルが表
示されます。
ライセンス パッケージの詳細領域
ライセンス パッケージのリストの下の領域には、選択したライセンス パッケージに関する
詳細情報が表示されます。この領域には、ライセンスがインストールされているクラスタま
たはノードに関する情報、ライセンスのシリアル番号、前週の使用状況、ライセンスがイン
ストールされているかどうか、ライセンスの有効期限、およびライセンスが旧ライセンスか
どうかが表示されます。
[詳細]タブ
ストレージ システムにインストールされているライセンス パッケージに関する詳細情報が
表示されます。
パッケージ
ライセンス パッケージの名前が表示されます。
クラスタ / ノード
ライセンス パッケージがインストールされているクラスタまたはノードが表示さ
れます。
78 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
シリアル番号
クラスタまたはノードにインストールされているライセンス パッケージのシリア
ル番号が表示されます。
タイプ
ライセンス パッケージの種類として、次のいずれかが表示されます。
•
一時:デモ期間中にのみ使用できる一時的なライセンスです。
•
マスター:クラスタ内のすべてのノードにインストールされているマスター ラ
イセンスです。
•
ノード ロック:クラスタ内の1つのノードにインストールされているノード
ロック ライセンスです。
•
容量:ONTAP Selectインスタンスに現在接続されているストレージの総容量に
基づいて発行される容量ライセンスです。
状態
ライセンス パッケージの状態として、次のいずれかが表示されます。
•
評価:評価用ライセンスがインストールされています。
•
インストール済み:購入した有効なライセンスがインストールされています。
•
警告:購入した有効なライセンスがインストールされていますが、最大容量に
近づいています。
•
適用:購入した有効なライセンスがインストールされていますが、有効期限を
過ぎています。
•
ライセンスを待機中:ライセンスがインストールされていません。
レガシー
ライセンスが旧ライセンスかどうかが表示されます。
最大容量
ONTAP Selectインスタンスに接続できるストレージの最大容量が表示されます。
現在の容量
ONTAP Selectインスタンスに現在接続されているストレージの総容量が表示され
ます。
有効期限
ソフトウェア ライセンス パッケージの有効期限が表示されます。
関連タスク
ライセンスの追加(36ページ)
ライセンスの削除(73ページ)
クラスタの作成(25ページ)
クラスタの更新
System Managerを使用して、HAペアのクラスタまたは個々のノードを更新できます。
クラスタの管理 | 79
クラスタの無停止での更新
System Managerを使用して、クライアント データへのアクセスを中断することなく、Data
ONTAP 8.3.1を実行しているHAペアのクラスタまたは個別のノードを特定のバージョンの
ONTAPソフトウェアに更新できます。
開始する前に
•
すべてのノードがHAペア構成になっている必要があります。
シングルノード クラスタは更新できません。
•
すべてのノードが正常である必要があります。
•
クラスタでData ONTAP 8.3.1が実行されている必要があります。
System Managerを使用した場合、Data ONTAP 8.3.1よりあとのバージョンにのみ更新でき
ます。
•
ネットアップ サポート サイトからネットワーク上のHTTPサーバまたはFTPサーバにソ
フトウェア イメージをコピーしておき、ノードからイメージにアクセスできるようにす
る必要があります。
Data ONTAPソフトウェア イメージの取得(81ページ)
タスク概要
•
クラスタ管理LIFをホストしているノードの更新中にSystem Managerからその他のタスク
を実行しようとすると、エラー メッセージが表示される場合があります。
更新が終了してから、他の処理を実行してください。
•
クラスタに含まれるノードが7つ以下の場合はローリング更新が実施され、クラスタ内の
ノードが8つ以上の場合は、一括更新が実施されます。
ローリング更新では、クラスタ内のノードが一度に1つずつ更新されます。一括更新で
は、複数のノードが同時に更新されます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ設定]ペインで、[クラスタの更新]をクリックします。
3. [クラスタの更新]タブで、次のいずれかの処理を実行します。
状況
作業
新しいソフトウェア イメージを追 a. [追加]をクリックします。
加する
b. [新しいソフトウェア イメージの追加]ダイア
ログ ボックスで、ネットアップ サポート サイ
トからダウンロードしたイメージを保存して
あるHTTPサーバまたはFTPサーバのURLを入
力します。
匿名FTPのURLは、ftp://
[email protected]の形式で入力します。
c. [追加]をクリックします。
使用可能なイメージを選択する
表示されたイメージから1つ選択します。
4. [検証]をクリックして更新前の検証チェックを実行し、クラスタを更新する準備ができて
いるかどうかを確認します。
80 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
クラスタ コンポーネントについて更新を無停止で完了できるかどうかが検証され、エ
ラーや警告があれば、ソフトウェアの更新前に実施する必要がある修復アクションと一
緒に表示されます。
重要:更新を実行する前に、エラーに対して必要な修復アクションをすべて実施する必
要があります。警告の修復アクションは無視できますが、更新に進む前にそれらのア
クションも実行することを推奨します。
5. [次へ]をクリックします。
6. オプション:[詳細オプション]をクリックし、次の手順を実行します。
a. [詳細オプション]領域で、次のいずれかの処理を実行します。
状況
作業
クラスタ全体を更新する
[クラスタ全体を更新]チェック ボックス
を選択します。
このチェック ボックスは、デフォルトで
選択されています。
特定のHAペアを更新する
[クラスタ全体を更新]チェック ボックス
を選択解除し、更新するHAペアを選択し
ます。
b. クライアントが安定するために必要な時間を調整する必要がある場合は、待機時間を
変更します。
待機時間は、クライアント アプリケーションがリカバリできるよう、更新プロセスが
1つのタスクの完了後に待機する時間です。1~60分の範囲で指定します(デフォルト
は8分)。
c. 主な手順が終わるたびに更新を自動的に一時停止するには、[手順の完了時(非推奨)]
チェック ボックスを選択します。
主な手順が終わるごとに更新を一時停止すると、更新ステータスを確認してから更新
を手動で再開できます。このオプションは、デフォルトでは無効になっていて、エ
ラーが発生したり、更新が手動で停止されないかぎり、更新は停止されません。
d. ローリング更新を実行するには、[ローリング更新を実行]チェック ボックスを選択し
ます。
このチェック ボックスは、クラスタが8つ以上のノードで構成されている場合にのみ
表示されます。
更新対象としてクラスタ全体を選択している場合、または4つ以上のHAペアがある場
合、このオプションを有効にできます。
7. [更新]をクリックします。
再び検証が実施されます。
•
検証が完了すると、エラーや警告があれば、ソフトウェアの更新前に実施する必要が
ある修復アクションと一緒にテーブルに表示されます。
•
検証は完了したが警告が生成された場合は、[警告が発生しても更新を続行]チェック
ボックスを選択して[続行]をクリックできます。
検証が完了し、更新が開始されたあと、エラーが発生して更新が中断される場合があり
ます。その場合、エラーをクリックして詳細を表示し、修復アクションを実施してから
更新を再開できます。
更新が完了すると、System Managerのログイン ページが表示されます。
クラスタの管理 | 81
8. [クラスタ] > [クラスタの更新] > [更新履歴]をクリックして、クラスタが目的のバージョ
ンに更新されていることを確認します。
関連概念
クラスタを無停止で更新する方法(81ページ)
ONTAPソフトウェア イメージの取得
ノードからソフトウェア イメージにアクセスできるようにするために、ソフトウェア イ
メージをネットアップ サポート サイトから、ネットワーク上のHTTPサーバまたはFTPサー
バにコピーする必要があります。
タスク概要
クラスタをONTAPの目的のリリースにアップグレードするには、ソフトウェア イメージが
必要です。ソフトウェア イメージ、ファームウェアのバージョン情報、プラットフォーム
モデルの最新のファームウェアは、ネットアップ サポート サイトで入手できます。次の重
要情報に注意してください。
•
ソフトウェア イメージは、プラットフォーム モデルに固有です。
ご使用のクラスタに対応するイメージを取得してください。
•
ソフトウェア イメージには、ONTAPの特定のバージョンのリリース時点でのシステム
ファームウェアの最新バージョンが含まれています。
手順
1. ネットアップ サポート サイトの[Software Downloads]領域で目的のONTAPソフトウェア
を見つけます。
2. ネットアップ サポート サイトから、イメージを提供するHTTPサーバまたはFTPサーバ上
のディレクトリにソフトウェア イメージ(アップグレードの場合は900_q_image.tgz、
リバートの場合は832_q_image.tgzなど)をコピーします。
クラスタを無停止で更新する方法
System Managerを使用して、クラスタを特定のバージョンのData ONTAPに無停止で更新でき
ます。無停止での更新では、Data ONTAPイメージを選択し、クラスタを更新する準備がで
きているかどうかを確認してから、更新を実行します。
無停止での更新では、クラスタをオンラインにしたまま更新が実行され、更新中もデータの
提供が継続されます。
更新の計画と準備
クラスタの更新の計画および準備として、クラスタを更新する新しいバージョンのData
ONTAPイメージをネットアップ サポート サイトから取得し、ソフトウェア イメージを選択
して、検証を実行する必要があります。更新前の検証では、クラスタを選択したバージョン
に更新する準備ができているかどうかを確認します。
検証でエラーや警告が報告された場合は、修復アクションを実行してそれらを解決し、クラ
スタ コンポーネントを更新する準備ができているかどうかを確認する必要があります。た
とえば、更新前チェックで、オフライン アグリゲートがクラスタ内に存在するという警告
が表示された場合は、アグリゲート ページに移動して、すべてのオフライン アグリゲート
のステータスをオンラインに変更する必要があります。
82 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
更新の実行
クラスタを更新すると、クラスタ全体またはHAペアのノードが更新されます。更新の一環
として、クラスタを更新する準備ができているかどうかの検証がもう一度実行されます。
クラスタ内のノード数に応じて、ローリング更新または一括更新が実行されます。
ローリング更新
1つのノードをオフラインにして更新し、その間、パートナー ノードがそのノード
のストレージをテイクオーバーします。
ローリング更新は、2つ以上のノードで構成されるクラスタに対して実行されま
す。これは、デフォルトで、8ノード未満のクラスタのみを対象とした更新方法で
す。
一括更新
それぞれ複数のHAペアを含む2つのバッチにクラスタを分けて更新します。
一括更新は、8つ以上のノードで構成されるクラスタに対して実行されます。8つ
以上のノードで構成されるクラスタでは、一括更新かローリング更新のどちらか
を実行できます。デフォルトでは、一括更新が実行されます。
関連タスク
クラスタの無停止での更新(79ページ)
[クラスタの更新]ウィンドウ
[クラスタの更新]ウィンドウを使用して、クライアント データへのアクセスを中断せずに、
クラスタの自動アップグレードを実行できます。
•
タブ(82ページ)
•
[クラスタの更新]タブ(82ページ)
•
[更新履歴]タブ(83ページ)
タブ
クラスタの更新
クラスタの無停止アップグレード(NDU)を実行できます。
更新履歴
クラスタの以前の更新の詳細を表示します。
[クラスタの更新]タブ
コマンド ボタン
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
選択
更新に使用するソフトウェア イメージのバージョンを選択できます。
•
[クラスタのバージョンの詳細]:現在使用中のクラスタ バージョンと、ノード
またはHAペアのバージョンの詳細を表示します。
•
[利用可能なソフトウェア イメージ]:更新に使用可能な既存のソフトウェア イ
メージを選択します。または、ネットアップ サポート サイトからソフトウェ
ア イメージをダウンロードして、アップデート用に追加することもできます。
クラスタの管理 | 83
検証
クラスタを表示し、更新に使用するソフトウェア イメージのバージョンに対して
検証します。クラスタが更新できる状態になっているかどうかを確認するため
の、更新前検証です。検証の結果エラーが出た場合、各コンポーネントのステー
タスと、エラーへの対処方法が表に表示されます。
更新は、検証が正常に完了した場合にのみ実行できます。
更新
クラスタ内のすべてのノード、またはHAペアを、ソフトウェア イメージで選択し
たバージョンに更新できます。更新の実行中に、処理を一時停止して更新をキャ
ンセルまたは再開することが可能です。
エラーが発生した場合、更新は一時停止され、修復手順を含むエラー メッセージ
が表示されます。修復手順の実行後に更新を再開するか、または更新をキャンセ
ルすることができます。更新が正常に完了すると、ノード名、アップタイム、状
態、およびData ONTAPのバージョンを確認できます。
[更新履歴]タブ
[更新履歴]リスト
イメージのバージョン
ノードを更新する、Data ONTAPイメージのバージョンです。
ソフトウェア更新のインストール場所
更新をインストールするディスクのタイプを指定します。
ステータス
ソフトウェア イメージの更新ステータス(成功またはキャンセル)です。
開始時間
更新が開始された時間です。
完了時間
更新が完了した時間です。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
更新の所要時間
更新が完了するのにかかった時間です。
更新前のバージョン
更新前のノードのData ONTAPバージョンです。
更新後のバージョン
更新後のノードのData ONTAPバージョンです。
日付および時刻
System Managerを使用して、クラスタ時間を管理できます。
84 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
クラスタ時間の管理(クラスタ管理者のみ)
クラスタ時間が不正確だと問題が発生する可能性があります。Data ONTAPではクラスタの
タイム ゾーン、日付、時刻を手動で設定できますが、クラスタ時間を同期する場合はネッ
トワーク タイム プロトコル(NTP)サーバを設定する必要があります。
NTPは常に有効です。ただし、NTPを有効にしただけでは、クラスタは外部の時間ソースと
同期されません。Data ONTAPでは、次の方法でクラスタのNTP設定を管理できます。
•
最大10台の外部NTPサーバをクラスタに関連付けることができます(cluster timeservice ntp server create)
。
◦ タイム サービスの冗長性と品質を高めるためには、最低3台の外部NTPサーバをクラ
スタに関連付ける必要があります。
◦ NTPサーバはIPv4またはIPv6アドレス、あるいは完全修飾ホスト名で指定できます。
◦ 使用するNTPバージョン(v3またはv4)を手動で指定できます。
デフォルトでは、Data ONTAPは指定された外部NTPサーバでサポートされているNTP
バージョンを自動的に選択します。
指定したNTPバージョンがNTPサーバでサポートされていない場合は、時間を同期で
きません。
◦ advanced権限レベルでは、クラスタに関連付けられている外部NTPサーバを、クラス
タ時間を修正、調節するための主要時間ソースとして指定できます。
•
クラスタに関連付けられているNTPサーバを表示できます(cluster time-service
ntp server show)
。
•
クラスタのNTP設定を変更できます(cluster time-service ntp server modify)。
•
クラスタと外部NTPサーバの関連付けを解除できます(cluster time-service ntp
server delete)
。
•
advanced権限レベルでは、クラスタに関連付けられているすべての外部NTPサーバをクリ
アすることで、設定をリセットできます(cluster time-service ntp server reset)。
クラスタを統合しているノードは、自動的にクラスタのNTP設定を取り込みます。
Data ONTAPでは、NTPを使用できるだけでなく、クラスタ時間を手動で管理できます。こ
の機能は、間違った時間を修正するときに便利です(リブート後にノードの時間が著しくず
れた場合など)。その場合は、NTPが外部の時間サーバと同期できるようになるまで、クラ
スタのおよその時間を指定します。手動で設定した時間は、クラスタ上のすべてのノードに
反映されます。
クラスタ時間を手動で管理するには、次の方法があります。
•
•
クラスタのタイムゾーン、日付、時刻を設定または変更できます(cluster date
modify)
。
クラスタの現在のタイムゾーン、日付、時刻の設定を表示できます(cluster date
show)
。
注:手動でのクラスタの日付や時刻変更は、ジョブ スケジュールには反映されません。
ジョブは、ジョブが作成された時点または最後に実行された時点のクラスタの時刻に基づ
いて実行されます。そのため、クラスタの日付や時刻を手動で変更した場合は、job show
コマンドおよびjob history showコマンドを使用して、スケジュール済みのすべての
ジョブが必要に応じて適切にキューに格納されているか完了していることを確認する必
要があります。
クラスタの管理 | 85
関連情報
Network Time Protocol(NTP;ネットワーク タイム プロトコル)のサポート
[日時]ウィンドウ
[日時]ウィンドウでは、ストレージ システムの現在の日時設定を確認し、必要に応じて設定
を変更できます。
コマンド ボタン
編集
[日時の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、スト
レージ システムの日付、時刻、およびタイムゾーンを手動で設定できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
詳細領域
詳細領域には、ストレージ システムの日付、時刻、タイムゾーン、NTPサービス、およびタ
イム サーバに関する情報が表示されます。
関連タスク
クラスタの時刻の設定(37ページ)
IPアドレス範囲を無効にした状態でのネットワークの設定(27ページ)
SNMP
System Managerを使用して、クラスタ内のSVMを監視するようにSNMPを設定できます。
SNMPの有効化と無効化
System Managerを使用して、ストレージ システムでSNMPを有効または無効にすることがで
きます。SNMPを使用すると、クラスタのStorage Virtual Machine(SVM)を監視して、問題
を発生前に回避したり、発生時に対応したりすることができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [サービス]ペインで、[SNMP]をクリックします。
3. [SNMP]ウィンドウで、[有効化]または[無効化]をクリックします。
SNMP情報の設定
System Managerの[SNMP設定の編集]ダイアログ ボックスを使用して、ストレージ システム
の場所や担当者についての情報を更新し、システムのSNMPコミュニティを指定できます。
タスク概要
System Managerは、SNMPプロトコルSNMPv1とSNMPv2c、およびSNMPコミュニティを使用
して、ストレージ システムを検出します。
86 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [サービス]ペインで、[SNMP]をクリックします。
3. [編集]をクリックします。
4. [全般]タブで、ストレージ システムの担当者と場所、およびSNMPコミュニティを指定し
ます。
コミュニティ名の最大文字数は32文字です。特殊文字, / : " ' |は使用できません。
5. [OK]をクリックします。
6. [SNMP]ウィンドウで行ったSNMP設定の変更を確認します。
関連資料
[SNMP]ウィンドウ(87ページ)
SNMPトラップの有効化と無効化
SNMPトラップを使用すると、ストレージ システムのさまざまなコンポーネントのヘルスと
状態を監視できます。System Managerの[SNMP設定の編集]ダイアログ ボックスを使用し
て、ストレージ システムでSNMPトラップを有効または無効にできます。
タスク概要
SNMPはデフォルトで有効ですが、トラップはデフォルトでは無効です。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [サービス]ペインで、[SNMP]をクリックします。
3. [SNMP]ウィンドウで、[編集]をクリックします。
4. [SNMP設定の編集]ダイアログ ボックスで、[トラップ ホスト]タブを選択し、[トラップ
を有効にする]チェック ボックスを選択または選択解除します。
5. SNMPトラップを有効にする場合は、トラップの送信先であるホストのホスト名またはIP
アドレスを追加します。
6. [OK]をクリックします。
関連資料
[SNMP]ウィンドウ(87ページ)
トラップ ホストの設定のテスト
System Managerを使用して、トラップ ホストが正しく設定されているかどうかをテストでき
ます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [サービス]ペインで、[SNMP]をクリックします。
3. [SNMP]ウィンドウで、[トラップ ホストのテスト]をクリックします。
クラスタの管理 | 87
4. [OK]をクリックします。
SNMPの設定時に使用するオプション
SNMPの設定時に設定可能な必須のオプションは次のとおりです。
場所
SNMPエージェントの場所を入力します。
コンタクト
SNMPエージェントの担当者を入力します。
コミュニティ名
SNMPv1およびSNMPv2の単一の読み取り専用コミュニティ スト
リングを入力します。
ユーザ名、エンジン
ID、および認証プロ
トコル
SNMPv3で使用するユーザ名、SNMPエージェントのエンジンID、
および認証タイプを入力します。
トラップ
SNMPトラップを有効または無効にします。
ホスト
デスティネーション ホストのIPアドレスを入力します。
注:エンジンIDのデフォルト値(推奨値)はlocal EngineIDです。
クラスタ上のSNMPの管理(クラスタ管理者のみ)
クラスタのSVMを監視するようにSNMPを設定すると、問題を発生前に回避したり、発生時
に対応したりすることができます。SNMPを管理するには、SNMPユーザを設定し、すべて
のSNMPイベントのSNMPトラップの送信先(管理ワークステーション)を設定する必要が
あります。データLIFでは、SNMPはデフォルトで無効になっています。
データSVMに、読み取り専用SNMPユーザを作成して管理できます。データLIFは、SVMで
SNMP要求を受信するように設定する必要があります。
SNMPネットワーク管理ワークステーションまたはマネージャは、SVM SNMPエージェント
に情報を照会できます。SNMPエージェントは情報を収集し、SNMPマネージャに転送しま
す。SNMPエージェントはまた、特定のイベントの発生時にトラップ通知を生成します。
SVM上のSNMPエージェントの権限は読み取り専用権限であるため、設定操作や、トラップ
に応答して対処するために使用することはできません。Data ONTAPはSNMPバージョンv1、
v2c、およびv3と互換性のあるSNMPエージェントを備えています。SNMPv3は、パスフレー
ズと暗号化を使用して高度なセキュリティを提供します。
clustered Data ONTAPシステムのSNMPサポートの詳細については、ネットアップ サポート
サイトのTR-4220を参照してください。
mysupport.netapp.com
[SNMP]ウィンドウ
[SNMP]ウィンドウでは、システムの現在のSNMP設定を表示できます。システムのSNMP設
定の変更、SNMPプロトコルの有効化、およびトラップ ホストの追加も行うことができま
す。
コマンド ボタン
有効化 / 無効化
SNMPを有効または無効にします。
編集
[SNMP設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、ストレージ システムのSNMPコミュニティを指定したり、トラップを有効ま
たは無効にしたりできます。
88 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
トラップ ホストのテスト
設定済みのすべてのホストにテスト トラップを送信し、すべてのホストにテスト
トラップが到達するかどうか、およびSNMPが正しく設定されているかどうかを確
認します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
詳細
詳細領域には、ストレージ システムのSNMPサーバとトラップ ホストに関する次の情報が
表示されます。
SNMP
SNMPが有効になっているかどうかが表示されます。
トラップ
SNMPトラップが有効になっているかどうかが表示されます。
場所
SNMPサーバのアドレスが表示されます。
コンタクト
SNMPサーバの連絡先の詳細が表示されます。
トラップ ホストのIPアドレス
トラップ ホストのIPアドレスが表示されます。
コミュニティ名
SNMPサーバのコミュニティ名が表示されます。
セキュリティ名
SNMPサーバのセキュリティ形式が表示されます。
関連タスク
SNMP情報の設定(85ページ)
SNMPトラップの有効化と無効化(86ページ)
LDAP
System Managerを使用して、ユーザ情報を一元的に管理するLDAPサーバを設定できます。
LDAPクライアント設定の表示
System Managerを使用して、クラスタ内のStorage Virtual Machine(SVM)に対して設定され
ているLDAPクライアントを表示することができます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [サービス]ペインで、[LDAP]をクリックします。
[LDAP]ウィンドウにLDAPクライアントの一覧が表示されます。
クラスタの管理 | 89
LDAPサービスの使用
LDAPサーバを使用すると、ユーザ情報を一元的に管理できます。ユーザ データベースを
LDAPサーバに保存する場合、既存のLDAPデータベースのユーザ情報を検索するように
Storage Virtual Machine(SVM)を設定できます。
タスク概要
Data ONTAPは、NFSとCIFS間のユーザ認証、ファイル アクセス認証、ユーザ検索、および
マッピング サービスでLDAPをサポートしています。
[LDAP]ウィンドウ
[LDAP]ウィンドウを使用して、ユーザ認証、ファイル アクセス許可、ユーザ検索、および
NFSとCIFS間のマッピング サービスのためのLDAPクライアントを作成できます。
[LDAP]ウィンドウは、クラスタ レベルでは参照専用として表示されます。ただし、Storage
Virtual Machine(SVM)レベルからは、LDAPクライアントを作成、編集、および削除でき
ます。
コマンド ボタン
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
LDAPクライアント リスト
LDAPクライアントの情報を表形式で表示します。
LDAPクライアント設定
指定したLDAPクライアント設定の名前を表示します。
Storage Virtual Machine
LDAPクライアント設定ごとにSVMの名前を表示します。
Active Directory ドメイン
LDAPクライアント設定ごとにActive Directoryドメインを表示します。
Active Directory サーバ
LDAPクライアント設定ごとにActive Directoryサーバを表示します。
優先される Active Directory サーバ
LDAPクライアント設定ごとに優先されるActive Directoryサーバを表示します。
ユーザ
System Managerを使用して、クラスタ ユーザ アカウントを追加、編集、管理し、ユーザが
ストレージ システムにアクセスする際のログイン方法を指定できます。
クラスタ ユーザ アカウントの追加
System Managerを使用してクラスタ ユーザ アカウントを追加し、ストレージ システムへの
ログイン ユーザのアクセス方法を指定できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
90 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
3. [追加]をクリックします。
4. 新規ユーザのユーザ名を入力します。
5. ストレージ システムへの接続にユーザが使用するパスワードを入力し、確認のためにも
う一度入力します。
6. ユーザのログイン方法を1つ以上追加し、[追加]をクリックします。
クラスタ ユーザ アカウントの編集
System Managerを使用して、クラスタ ユーザ アカウントを編集し、ストレージ システムに
アクセスするためのユーザのログイン方法を変更できます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
3. [ユーザ]ウィンドウで、変更するユーザ アカウントを選択し、[編集]をクリックします。
4. [ユーザの変更]ダイアログ ボックスで、ユーザのログイン方法を変更し、[変更]をクリッ
クします。
クラスタ ユーザ アカウントのパスワードの変更
System Managerを使用して、クラスタ ユーザ アカウントのパスワードをリセットできます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
3. パスワードを変更するユーザ アカウントを選択し、[パスワードの変更]をクリックしま
す。
4. [パスワードの変更]ダイアログ ボックスで、新しいパスワードを入力して確認し、[変更]
をクリックします。
クラスタ ユーザ アカウントのロックとロック解除
System Managerを使用して、クラスタ ユーザ アカウントをロックしたりロックを解除した
りできます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
3. ステータスを変更するユーザ アカウントを選択し、[ロック]または[ロック解除]をクリッ
クします。
クラスタの管理 | 91
ユーザ アカウント(クラスタ管理者のみ)
ユーザ アカウントを作成、変更、ロック、ロック解除、または削除したり、ユーザのパス
ワードをリセットしたり、すべてのユーザ アカウントに関する情報を表示したりできます。
次の方法でクラスタのユーザ アカウントを管理できます。
•
ユーザのアカウント名、アクセス方法、認証方法、およびユーザに割り当てられている
アクセス制御ロール(必要に応じて)を指定することによって、ユーザのログイン方法
を作成する
•
アカウント名、許可されたアクセス方法、認証方法、アクセス制御ロール、アカウント
ステータスなど、ユーザのログイン情報を表示する
•
ユーザのログイン方法に関連付けられているアクセス制御ロールを変更する
注:ユーザ アカウントのすべてのアクセス方法と認証方法で1つのロールを使用するこ
とがベスト プラクティスです。
•
アクセス方法や認証方法など、ユーザのログイン方法を削除する
•
ユーザ アカウントのパスワードを変更する
•
ユーザがシステムにアクセスできないように、ユーザ アカウントをロックする
•
ユーザが再びシステムにアクセスできるように、以前にロックしたユーザ アカウントを
ロック解除する
ロール
アクセス制御ロールを使用して、システムに対するユーザのアクセス レベルを制御できま
す。事前に定義されたロールを使用するだけでなく、アクセス制御ロールの新規作成、変
更、または削除を行ったり、ロールのユーザのアカウント制限を指定したりすることができ
ます。
関連概念
クラスタ管理者の事前定義されたロール(93ページ)
SVM管理者の事前定義されたロール(328ページ)
[ユーザ]ウィンドウ
[ユーザ]ウィンドウを使用して、ユーザ アカウントの管理やユーザ パスワードのリセットを
行ったり、すべてのユーザ アカウントに関する情報を表示したりすることができます。
コマンド ボタン
追加
[ユーザの追加]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ アカウントを追加できます。
編集
[ユーザの変更]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ ログイン方法を変更できます。
注:1つのユーザ アカウントのすべてのアクセス方法および認証方法に対して、
単一のロールを使用するのが理想的です。
削除
選択したユーザ アカウントを削除できます。
92 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
パスワードの変更
[パスワードの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ パスワードをリセットできます。
ロック
ユーザ アカウントをロックします。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ユーザ リスト
ユーザ リストの下の領域には、選択したユーザに関する詳細情報が表示されます。
ユーザ
ユーザ アカウントの名前を表示します。
アカウントはロックされています
ユーザ アカウントがロックされているかどうかを表示します。
[ユーザのログイン方法]領域
アプリケーション
ユーザがストレージ システムにアクセスするために使用できるアクセス方法を表
示します。サポートされるアクセス方法は次のとおりです。
•
システム コンソール(console)
•
HTTP(S)(http)
•
Data ONTAP API(ontapi)
•
サービス プロセッサ(service-processor)
•
SSH(ssh)
認証
デフォルトのサポート対象認証方法(「パスワード」)を表示します。
ロール
選択したユーザのロールを表示します。
ロール
System Managerを使用して、アクセス制御ユーザ ロールを作成できます。
ロールの追加
System Managerを使用してアクセス制御ロールを追加し、そのロールのユーザがアクセスで
きるコマンドまたはコマンド ディレクトリを指定できます。また、ロールに付与するコマ
ンドやコマンド ディレクトリへのアクセス レベルを制御したり、コマンドやコマンド ディ
レクトリに適用されるクエリを指定したりすることもできます。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ロール]をクリックします。
クラスタの管理 | 93
3. [ロール]ウィンドウで、[追加]をクリックします。
4. [ロールの追加]ダイアログ ボックスで、ロール名を入力してロールの属性を追加します。
5. [追加]をクリックします。
ロールの編集
System Managerを使用して、アクセス制御ロールのコマンドまたはコマンド ディレクトリへ
のアクセスを変更して、指定したコマンド セットのみにユーザのアクセスを制限できます。
また、デフォルトのコマンド ディレクトリへのロールのアクセスを削除することもできま
す。
手順
1. [設定]タブをクリックします。
2. [クラスタ ユーザの詳細]ペインで、[ロール]をクリックします。
3. [ロール]ウィンドウで、変更するロールを選択し、[編集]をクリックします。
4. [ロールの編集]ダイアログ ボックスで、ロール属性を変更し、[変更]をクリックします。
5. [ロール]ウィンドウで変更内容を確認します。
ロールと権限
クラスタ管理者は、制限されたアクセス制御ロールを作成してユーザに割り当てることで、
ユーザのアクセスを指定した一連のコマンドのみに制限できます。
アクセス制御ロールは、次の方法で管理できます。
•
アクセス制御ロールを作成し、そのロールのユーザがアクセスできるコマンドまたはコ
マンド ディレクトリを指定する
•
コマンドまたはコマンド ディレクトリに対するロールのアクセス レベルを制御し、コマ
ンドまたはコマンド ディレクトリに適用されるクエリを指定する
•
アクセス制御ロールのコマンドまたはコマンド ディレクトリへのアクセスを変更する
•
ロール名、ロールがアクセスできるコマンドまたはコマンド ディレクトリ、アクセス レ
ベル、クエリなど、アクセス制御ロールに関する情報を表示する
•
アクセス制御ロールを削除する
•
ユーザのアクセスを指定した一連のコマンドのみに制限する
•
Data ONTAP APIとそれに対応するCLIコマンドを表示する
クラスタ管理者の事前定義されたロール
Data ONTAPには、クラスタ管理者用にほとんどのニーズに合わせて事前定義されたロール
が用意されています。必要に応じて、カスタム ロールを作成することもできます。
次の表に、クラスタ管理者用の事前定義されたロールを示します。
ロール
アクセス レベル
admin
all
コマンドまたはコマンド ディレクトリ
すべてのコマンド ディレクトリ(デフォル
ト)
94 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ロール
アクセス レベル
コマンドまたはコマンド ディレクトリ
autosupport
all
•
•
none
backup
その他のすべてのコマンド ディレクトリ
(デフォルト)
vserver services ndmp
readonly
volume
all
none
readonly
none
system node autosupport
all
none
readonly
set
none
その他のすべてのコマンド ディレクトリ
(デフォルト)
•
•
security login password
set
security
その他のすべてのコマンド ディレクトリ
(デフォルト)
すべてのコマンド ディレクトリ(デフォル
ト)
注:autosupportロールは、事前定義されたautosupportアカウントに割り当てられ、
AutoSupport OnDemandで使用されます。Data ONTAPでは、autosupportアカウントを変
更または削除することはできません。また、autosupportロールを他のユーザ アカウント
に割り当てることもできません。
関連概念
ロール(91ページ)
[ロール]ウィンドウ
[ロール]ウィンドウを使用して、ユーザ アカウントのロールを管理できます。
コマンド ボタン
追加
[ロールの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ア
クセス制御ロールを作成したり、作成したロールのユーザがアクセスできるコマ
ンドやコマンド ディレクトリを指定したりすることができます。
編集
[ロールの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ロールの属性を追加したり変更したりすることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ロール リスト
ロール リストには、ユーザに割り当てることができるロールの一覧が表示されます。
クラスタの管理 | 95
[ロール属性]領域
詳細領域には、選択したロールがアクセスできるコマンドやコマンド ディレクトリ、アク
セス レベル、コマンドやコマンド ディレクトリに適用されるクエリなど、ロールの属性が
表示されます。
96
ネットワークの管理
System Managerを使用して、IPspace、ブロードキャスト ドメイン、サブネット、ネットワー
ク インターフェイス、イーサネット ポート、FC / FCoEアダプタを作成および管理すること
で、ストレージ システムのネットワークをすることができます。
IPspace
System Managerを使用して、IPspaceを作成および管理できます。
IPspaceの編集
System Managerを使用して、既存のIPspaceの名前を変更できます。
タスク概要
•
IPspaceの名前はクラスタ内で一意である必要があります。システムで予約されている名
前(local、localhostなど)を使用することはできません。
•
システムで定義された「デフォルト」IPspaceと「クラスタ」IPspaceは変更できません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [IPspace]タブで、変更するIPspaceを選択し、[編集]をクリックします。
3. [IPspaceの編集]ダイアログ ボックスで、IPspaceの名前を変更します。
4. [名前変更]をクリックします。
IPspaceの削除
System Managerを使用して、不要になったIPspaceを削除できます。
開始する前に
削除するIPspaceに関連付けられているブロードキャスト ドメイン、ネットワーク インター
フェイス、ピア関係、またはSVMがないようにします。
タスク概要
システムで定義された「デフォルト」IPspaceと「クラスタ」IPspaceは削除できません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [IPspace]タブで、削除するIPspaceを選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[はい]をクリックします。
IPspaceの設定(クラスタ管理者のみ)
IPspaceを使用すると、単一のData ONTAPクラスタを設定し、複数の管理上分離されたネッ
トワーク ドメインのクライアントが、たとえ同じIPアドレス範囲を使用している場合でもア
ネットワークの管理 | 97
クセスできるようにすることができます。 これにより、クライアント トラフィックを分離
してプライバシーとセキュリティを確保することができます。
IPspaceは、Storage Virtual Machine(SVM)が実装される、個別のIPアドレス スペースを定
義します。あるIPspaceに対して定義されたポートとIPアドレスは、そのIPspace内でのみ有効
です。IPspace内のSVMごとに個別のルーティング テーブルが保持されるため、SVMや
IPspaceをまたがってトラフィックがルーティングされることはありません。
注:IPspaceのルーティング ドメインでは、IPv4およびIPv6のアドレスがサポートされま
す。
単一の組織のストレージを管理する場合は、IPspaceを設定する必要はありません。単一の
Data ONTAPクラスタで複数企業のストレージを管理していて、ユーザ間のネットワーク設
定がないことが確実な場合も、IPspaceを使用する必要はありません。多くの場合、Storage
Virtual Machine(SVM)を専用のIPルーティング テーブルと一緒に使用することで、IPspace
を使用しなくても固有のネットワーク設定を分離できます。
IPspaceの標準プロパティ
クラスタの初回作成時に、特別なIPspaceがデフォルトで作成されます。さらに、IPspaceご
とに特別なStorage Virtual Machine(SVM)が作成されます。
クラスタの初期化中に2つのIPspaceが自動的に作成されます。
• 「デフォルト」IPspace
このIPspaceは、ポート、サブネット、およびデータ提供元SVMのコンテナです。クライ
アントごとに固有のIPspaceを作成する必要がない設定であれば、すべてのSVMをこの
IPspaceに作成できます。このIPspaceには、クラスタ管理ポートとノード管理ポートも含
まれます。
• 「クラスタ」IPspace
このIPspaceにはクラスタ内の全ノードのクラスタ ポートが含まれ、クラスタの作成時に
自動的に作成されます。このIPspaceは、内部のプライベート クラスタ ネットワークへの
接続を提供します。ノードをクラスタに追加すると、追加したノードのクラスタ ポート
が「クラスタ」IPspaceに追加されます。
IPspaceごとに「システム」SVMが1つ存在します。IPspaceを作成すると、デフォルトのシス
テムSVMがIPspaceと同じ名前で作成されます。
• 「クラスタ」IPspaceのシステムSVMは、内部プライベート クラスタ ネットワークのノー
ド間でクラスタ トラフィックを伝送します。
このSVMの管理はクラスタ管理者が担当し、「Cluster」という名前が割り当てられます。
• 「デフォルト」IPspaceのシステムSVMは、クラスタ間トラフィックを含め、クラスタと
ノードの管理トラフィックをクラスタ間で伝送します。
このSVMの管理はクラスタ管理者が担当し、クラスタと同じ名前が使用されます。
•
ユーザが作成するカスタムIPspaceのシステムSVMは、このSVMの管理トラフィックを伝
送します。
このSVMの管理はクラスタ管理者が担当し、IPspaceと同じ名前が使用されます。
1つのIPspaceには、クライアントのSVMが1つ以上存在できます。各クライアントSVMは固
有のデータ ボリュームと設定を持ち、他のSVMからは独立して管理されます。
98 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ブロードキャスト ドメイン
System Managerを使用して、ブロードキャスト ドメインを作成および管理できます。
ブロードキャスト ドメインの編集
System Managerを使用して、名前、MTUサイズ、ブロードキャスト ドメインに関連付けら
れているポートなどのブロードキャスト ドメインの属性を変更できます。
タスク概要
•
管理ポートe0Mが関連付けられているブロードキャスト ドメインのMTUサイズは変更
しないでください。
•
System Managerを使用して、クラスタIPspace内のブロードキャスト ドメインは編集でき
ません。
代わりにコマンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ブロードキャスト ドメイン]タブで、変更するブロードキャスト ドメインを選択し、[編
集]をクリックします。
3. [ブロードキャスト ドメインの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ブロードキャスト ドメインの削除
不要になったブロードキャスト ドメインは、System Managerを使用して削除できます。
開始する前に
削除するブロードキャスト ドメインに関連付けられているサブネットがないようにしま
す。
タスク概要
•
ブロードキャスト ドメインを削除すると、関連付けられているポートにはデフォルト
IPspaceが割り当てられ、ポートのMTU設定は変更されません。
•
System Managerを使用して、クラスタIPspace内のブロードキャスト ドメインを削除する
ことはできません。
代わりにコマンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ブロードキャスト ドメイン]タブで、削除するブロードキャスト ドメインを選択し、[削
除]をクリックします。
ネットワークの管理 | 99
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ブロードキャスト ドメインの設定(クラスタ管理者のみ)
ブロードキャスト ドメインを使うと、同じレイヤ2ネットワークに属するネットワーク ポー
トをグループ化できます。グループ化したポートは、データまたは管理トラフィック用の
Storage Virtual Machine(SVM)で使用できます。
ブロードキャスト ドメインはIPspace内に配置されます。クラスタを初期化すると、デフォ
ルトのブロードキャスト ドメインが2つ作成されます。
• 「デフォルトの」ブロードキャスト ドメインには、
「デフォルトの」IPspace内にあるポー
トが含まれています。
これらのポートは、主にデータの提供に使用されます。クラスタ管理ポートとノード管
理ポートも、このブロードキャスト ドメインに含まれています。
• 「クラスタの」ブロードキャスト ドメインには、
「クラスタの」IPspace内にあるポートが
含まれています。
これらのポートはクラスタ通信に使われ、クラスタの全ノードのすべてのクラスタ ポー
トが含まれています。
クライアント トラフィックを分離するために独自のIPspacesを作成した場合は、作成した
個々のIPspaces内にブロードキャスト ドメインを作成する必要があります。
サブネット
System Managerを使用して、サブネットを管理できます。
サブネットの編集
System Managerを使用して、名前、サブネット アドレス、IPアドレスの範囲、およびサブ
ネットのゲートウェイ アドレスなどのサブネットの属性を変更できます。
タスク概要
•
クラスタIPspace内のサブネットの編集はSystem Managerでは実行できません。
代わりにコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してください。
•
ゲートウェイ アドレスを変更してもルートは更新されません。
CLIを使用してルートを更新してください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [サブネット]タブで、変更するサブネットを選択し、[編集]をクリックします。
サブネット内のLIFを使用中でも、そのサブネットを変更できます。
3. [サブネットの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
100 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
サブネットの削除
System Managerを使用して、不要になったサブネットを削除したり、そのサブネットに割り
当てられていたIPアドレスを再割り当てしたりすることができます。
開始する前に
削除するサブネット内のIPアドレスを使用するLIFがないことを確認しておきます。
タスク概要
クラスタIPspaceのサブネットの削除はSystem Managerでは実行できません。代わりにコマ
ンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [サブネット]タブで、削除するサブネットを選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ネットワーク インターフェイス
System Managerを使用して、ネットワーク インターフェイスを作成および管理できます。
ネットワーク インターフェイスの作成
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)からのデータ アクセス、SVMの
管理、クラスタ間接続を行うためのネットワーク インターフェイスまたはLIFを作成できま
す。
開始する前に
サブネットに関連付けたブロードキャスト ドメインにポートを割り当てておきます。
タスク概要
•
LIFの作成時には、Dynamic DNS(DDNS;動的DNS)がデフォルトで有効になります。
ただし、クラスタ間通信用のLIF、iSCSIおよびFC / FCoEプロトコル用のLIF、または管理
アクセスのみを対象としたLIFを設定する場合には、DDNSは無効になります。
•
IPアドレスは、サブネットを使用しても使用しなくても指定できます。
•
ポートがデグレード状態の場合、System Managerでネットワーク インターフェイスを作
成することはできません。
コマンドライン インターフェイスを使用してネットワーク インターフェイスを作成し
てください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ネットワーク インターフェイス]タブで、[作成]をクリックします。
ネットワークの管理 | 101
3. [ネットワーク インターフェイスの作成]ダイアログ ボックスで、インターフェイス名を
指定します。
4. インターフェイス ロールを指定します。
状況
ネットワーク インター
フェイスのデータLIFとの
関連付け
ネットワーク インター
フェイスのクラスタ間LIF
との関連付け
作業
a.
[データ提供]を選択します。
b.
ネットワーク インターフェイスのSVMを選択します。
a.
[クラスタ間接続]を選択します。
b.
ネットワーク インターフェイスのIPspaceを選択します。
5. 適切なプロトコルを選択します。
インターフェイスは、このプロトコルを使用して、SVMからデータにアクセスします。
6. データLIFで管理アクセスを有効にする場合は、[管理アクセスを有効化する]チェック
ボックスを選択します。
クラスタ間LIF、またはFC / FCoEプロトコルやiSCSIプロトコルを使用するLIFでは、管理
アクセスを有効にすることはできません。
7. 次のいずれかの方法を使用して、IPアドレスを割り当てます。
状況
作業
サブネットを使用してIPア
ドレスを指定する
a.
[サブネットを使用する]を選択します。
b.
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、割り当てるIPアドレスを
含むサブネットを選択します。
クラスタ間LIFの場合、選択したIPspaceに関連付けられている
サブネットだけが表示されます。
c.
インターフェイスに特定のIPアドレスを割り当てる場合は、[特
定のIPアドレスを使用する]を選択してIPアドレスを入力しま
す。
指定したIPアドレスがサブネット内にない場合、追加されます。
d.
[OK]をクリックします。
サブネットを使用せずに手
a.
動でIPアドレスを指定する
b.
[サブネットを使用しない]を選択します。
[詳細を追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
i.
IPアドレスとネットワーク マスクまたはプレフィックスを
指定します。
ii.
必要に応じて、ゲートウェイを指定します。
IPアドレス ファミリーに基づいて、デスティネーション
フィールドにデフォルト値が設定されます。
iii.
デフォルト値を使用しない場合は、新しいデスティネー
ションの値を指定します。
ルートが存在しない場合は、ゲートウェイとデスティネーショ
ンに基づいて新しいルートが自動的に作成されます。
c.
[OK]をクリックします。
8. ポートの詳細領域から必要なポートを選択します。
102 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
データLIFの場合、詳細領域には、SVMのIPspaceに関連付けられたブロードキャスト
ドメインにあるすべてのポートが表示されます。
•
クラスタ間LIFの場合、詳細領域には、要求されたIPspaceに関連付けられたブロード
キャスト ドメインにあるすべてのポートが表示されます。
9. オプション:[動的DNS(DDNS)]チェック ボックスを選択してDDNSを有効にします。
10. [作成]をクリックします。
関連タスク
SVMでのiSCSIプロトコルの設定(48ページ)
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ネットワーク インターフェイスの編集
System Managerを使用してネットワーク インターフェイスを変更することで、データLIFの
管理アクセスを有効にすることができます。
タスク概要
•
System Managerを使用して、クラスタLIF、クラスタ管理LIF、またはノード管理LIFを変
更することはできません。
•
クラスタ間LIFの管理アクセスは有効にできません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ネットワーク インターフェイス]タブで、変更するインターフェイスを選択し、[編集]を
クリックします。
3. [ネットワーク インターフェイスの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ネットワーク インターフェイスの削除
System Managerを使用してネットワーク インターフェイスを削除し、そのインターフェイス
のIPアドレスを解放して、別の用途に使用できます。
開始する前に
ネットワーク インターフェイスのステータスを無効にしておきます。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ネットワーク インターフェイス]タブで、削除するインターフェイスを選択し、[削除]を
クリックします。
ネットワークの管理 | 103
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
LIFの移行
ポートで障害が発生した場合やメンテナンスが必要な場合は、System Managerを使用して、
データLIFまたはクラスタ管理LIFを同じノードの別のポートやクラスタ内の別のノードに
移行できます。
開始する前に
デスティネーションのノードおよびポートが動作していて、ソース ポートと同じネット
ワークにアクセスできる必要があります。
タスク概要
•
ノードからNICを削除する場合は、NICに属しているポートでホストされているLIFをク
ラスタ内の他のポートに移行する必要があります。
•
iSCSIまたはFCのLIFは移行できません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [ネットワーク インターフェイス]タブで、移行するインターフェイスを選択し、[移行]を
クリックします。
3. [インターフェイスの移行]ダイアログ ボックスで、LIFを移行するデスティネーション
ポートを選択します。
4. オプション:デスティネーション ポートをLIFの新しいホーム ポートとして設定する場
合は、[完全に移行]チェック ボックスを選択します。
5. [移行]をクリックします。
LIFとは
Logical Interface(LIF;論理インターフェイス)は、ロール、ホーム ポート、ホーム ノード、
フェイルオーバー先のポートのリスト、ファイアウォール ポリシーなどの特性が関連付け
られているIPアドレスまたはWWPNです。LIFは、クラスタでネットワーク経由の通信の送
受信に使用されるポートに設定できます。
LIFをホストできるポートは次のとおりです。
•
インターフェイス グループに属していない物理ポート
•
インターフェイス グループ
•
VLAN
•
VLANをホストする物理ポートまたはインターフェイス グループ
LIFでFCなどのSANプロトコルを設定するときは、WWPNに関連付けられます。
FCプロトコルを使用するLIFに対するWWPNの設定については、
『clustered Data ONTAP SAN
アドミニストレーション ガイド』を参照してください。
次の図に、clustered Data ONTAPシステムのポート階層を示します。
104 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
LIF
LIF
LIF
LIF
LIF
VLAN
VLAN
ポート
LIF
ポート
LIF
インターフェイス
グループ
ポート
ポート
LIF
LIF
LIF
LIF
VLAN
VLAN
インターフェイス
グループ
ポート
LIF
LIF
LIF
ポート
LIFのロール
LIFのロールにより、LIFでサポートされるトラフィックの種類のほか、適用されるフェイル
オーバー ルールや適用されるファイアウォールの制限が決まります。LIFのロールには、
ノード管理、クラスタ管理、クラスタ、クラスタ間、およびデータの5種類があります。
ノード管理LIF
クラスタ内の特定のノードを管理するために専用のIPアドレスを提供するLIFで
す。クラスタの作成時またはクラスタへのノードの追加時に作成されます。ノー
ド管理LIFは、クラスタからノードにアクセスできなくなった場合など、システム
のメンテナンスに使用されます。
クラスタ管理LIF
クラスタ全体に対する単一の管理インターフェイスを提供するLIFです。
クラスタ管理LIFは、クラスタ内の任意のノード管理ポートまたはデータ ポートに
フェイルオーバーできます。クラスタ ポートまたはクラスタ間ポートにはフェイ
ルオーバーできません。
クラスタLIF
クラスタ内のノード間トラフィックに使用されるLIFです。必ず10GbEのネット
ワーク ポートに作成する必要があります。
クラスタLIFは、同じノードのクラスタ ポート間でフェイルオーバーできますが、
リモート ノードに移行またはフェイルオーバーすることはできません。新しい
ノードがクラスタに追加されるとIPアドレスは自動的に生成されます。クラスタ
ネットワークの管理 | 105
LIFにIPアドレスを手動で割り当てる場合は、新しいIPアドレスが既存のクラスタ
LIFと同じサブネット範囲に含まれるようにする必要があります。
データLIF
Storage Virtual Machine(SVM)に関連付けられたLIFで、クライアントとの通信に
使用します。
1つのポートに複数のデータLIFを設定できます。これらのインターフェイスは、
クラスタ全体で移行またはフェイルオーバーが可能です。ファイアウォール ポリ
シーをmgmtに変更すると、データLIFをSVM管理LIFとして使用できます。
データLIFは、NIS、LDAP、Active Directory、WINS、およびDNSの各サーバに対
するセッションで使用されます。
クラスタ間LIF
クラスタ間の通信、バックアップ、およびレプリケーションに使用されるLIFで
す。クラスタ ピア関係を確立するには、クラスタ内の各ノードにクラスタ間LIFを
作成しておく必要があります。
クラスタ間LIFは、同じノードのポートにのみフェイルオーバーできます。クラス
タ内の別のノードに移行またはフェイルオーバーすることはできません。
LIF作成のガイドライン
LIFを作成する前に考慮する必要がある一定のガイドラインがあります。
•
各Storage Virtual Machine(SVM)には、DNS、LDAP、Active Directory、NISなどの外部
サービスにアクセスするように設定されたSVM管理LIFが少なくとも1つ必要です。
SVM管理LIFは、データの提供と外部サービスへのアクセス用に設定する(dataprotocol=nfs,cifs,fcache)ことも、外部サービスへのアクセスのみを行うように設定する
(data-protocol=none)こともできます。
•
1つのノードに作成できるLIFの最大数は、クラスタを構成するプラットフォーム モデル
によって異なります。クラスタに種類の異なるプラットフォームが混在している場合、
作成可能なLIF数が最も少ないノードの要件が、クラスタ内のすべてのノードに適用され
ます。クラスタでサポートされるLIFの最大数は、network interface capacity show
コマンドで確認できます。各ノードでサポートされるLIFの最大数は、network
interface capacity details showコマンド(advanced権限レベル)で確認できます。
•
FC LIFはFCポートにのみ設定できます。iSCSI LIFを他のプロトコルと共存させること
はできません。
SAN管理
•
NASプロトコルとSANプロトコルを同じLIFに共存させることはできません。
•
LIFの名前には、ONTAPでサポートされている有効な文字を使用する必要があります。
•
Unicode基本多言語面以外の文字は使用しないようにしてください。
イーサネット ポート
System Managerを使用して、イーサネット ポートを作成および管理できます。
インターフェイス グループの作成
System Managerを使用してインターフェイス グループ(シングルモード、スタティック マ
ルチモード、またはダイナミック マルチモード[LACP])を作成することで、集約されたネッ
106 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
トワーク ポートの機能を組み合わせて1つのインターフェイスとしてクライアントに提供
することができます。
開始する前に
ブロードキャスト ドメインまたはインターフェイス グループに属さない空きポート、ある
いはVLANをホストする空きポートを用意しておく必要があります。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]タブで、[インターフェイス グループの作成]をクリックします。
3. [インターフェイス グループの作成]ダイアログ ボックスで、次の設定を指定します。
•
インターフェイス グループの名前
•
ノード
•
インターフェイス グループに含めるポート
•
ポートの使用モード(単一、複数、またはLACP)
•
ネットワークの負荷分散(IPベース、MACアドレス ベース、シーケンシャル、また
はポート)
•
インターフェイス グループのブロードキャスト ドメイン(必要な場合)
4. [作成]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
VLANインターフェイスの作成
同じネットワーク ドメイン内の分離されたブロードキャスト ドメインを管理するための
VLANを作成するには、System Managerを使用します。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]タブで、[VLAN の作成]をクリックします。
3. [VLAN の作成]ダイアログ ボックスで、ノード、物理インターフェイス、およびブロー
ドキャスト ドメインを選択します(必要な場合)。
物理インターフェイスのリストには、イーサネットポートまたはインターフェイス グ
ループだけが表示されます。このリストには、別のインターフェイス グループや既存の
VLANにあるインターフェイスは表示されません。
4. VLANタグを入力し、[追加]をクリックします。
一意のVLANタグを追加する必要があります。
5. [作成]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ネットワークの管理 | 107
イーサネット ポートの設定の編集
System Managerを使用して、二重モードや速度の設定など、イーサネット ポートの設定を編
集することができます。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]をクリックします。
3. 物理ポートを選択し、[編集]をクリックします。
4. [イーサネット ポートの編集]ダイアログ ボックスで、二重モードと速度設定をmanualま
たはautomaticに変更します。
5. [編集]をクリックします。
インターフェイス グループの設定の編集
System Managerを使用して、インターフェイス グループに対するポートの追加や削除、イン
ターフェイス グループ内のポートの使用モードや負荷分散パターンの変更を行うことがで
きます。
タスク概要
ブロードキャスト ドメインに割り当てられているインターフェイス グループのMTUの設
定を変更することはできません。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]をクリックします。
3. インターフェイス グループを選択し、[編集]をクリックします。
4. 必要な変更を加え、[保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
VLANのMTUサイズの編集
ブロードキャスト ドメインの一部ではないVLANインターフェイスのMTUサイズを変更す
るには、System Managerを使用します。
タスク概要
管理ポートe0MのMTUサイズは変更しないでください。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]をクリックします。
3. 変更するVLANを選択し、[編集]をクリックします。
4. [VLANの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を加えて[保存]をクリックします。
108 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
VLANの削除
System Managerを使用して、ネットワーク ポートに設定されているVLANを削除することが
できます。NICをスロットから取り外す前に、VLANの削除が必要になることがあります。
VLANを削除すると、そのVLANを使用しているすべてのフェイルオーバー ルールとフェイ
ルオーバー グループから自動的に削除されます。
開始する前に
そのVLANに関連付けられているLIFがないようにします。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [イーサネット ポート]をクリックします。
3. 削除するVLANを選択し、[削除]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
ポートおよびアダプタ
ポートはノード下でグループ化され、ノードは選択したプロトコル カテゴリに基づいて表
示されます。たとえば、データがFCプロトコルを使用して提供される場合、FCPアダプタを
持つノードのみが表示されます。負荷が少ないポートを選択する際には、ホストされている
インターフェイス数が参考になります。
ネットワーク ポートの種類
ネットワーク ポートには、物理ポートと仮想ポートがあります。仮想ポートはVLANとイン
ターフェイス グループ(ifgrp)で構成されます。インターフェイス グループは複数の物理
ポートを1つのポートとして扱い、VLANは1つの物理ポートを複数の異なる論理ポートに分
割します。
物理ポート
物理ポートにはLIFを直接構成できます。
インターフェイス グループ
複数の物理ポートを含むポート アグリゲートで、1つのトランク ポートとして機
能します。インターフェイス グループには、シングルモード、マルチモード、ま
たはダイナミック マルチモードという3つのモードがあります。
VLAN
VLANタグ付き(IEEE 802.1Q規格)トラフィックを送受信する論理ポートです。
VLANポートの特徴の1つにポートのVLAN IDがあります。基になる物理ポート
またはインターフェイス グループ ポートはVLANトランク ポートとみなされる
ため、接続するスイッチ ポートはVLAN IDをトランクするように構成する必要が
あります。
VLANポートの基になる物理ポートまたはインターフェイス グループ ポートは引
き続きLIFをホストし、タグなしのトラフィックを送受信できます。
ポートの命名規則は「e<数字>アルファベット」です。
•
最初の文字はポートの種類です。
ネットワークの管理 | 109
「e」はイーサネットを表します。
•
•
2文字目は、ポート アダプタのスロットを示します。
3文字目は、複数ポート アダプタ上のポートの位置を示します。
「a」は最初のポート、「b」は2番目のポートを示し、以下同様です。
たとえばe0bという名前は、イーサネット ポートで、ノードのマザーボード上にある2番目
のポートであることを示します。
VLANの名前は、「port_name-vlan-id」という形式にする必要があります。「port_name」
は物理ポートまたはインターフェイス グループの名前、
「vlan-id」はネットワーク上のVLAN
IDです。たとえば、e1c-80は有効なVLAN名です。
VLANの仕組み
複数のVLANからのトラフィックは、VLANタギングを使用して2つのスイッチを相互接続す
るリンクを経由できます。VLANタグは、フレームが属するVLANを示す固有の識別子です。
VLANタグは、VLAN上のエンドステーションから送信されるすべてのフレームのヘッダー
に含まれています。
タグ付きフレームを受信したスイッチは、フレームのヘッダーを調べ、VLANタグに基づい
てVLANを特定します。フレームは、特定されたVLAN内の宛先に転送されます。宛先の
MACアドレスが不明な場合、フレームは、特定されたVLANが所属するポートだけにフラッ
ディングされます。
たとえば、前の図で、フロア1のVLAN 10のメンバーからフロア2のVLAN 10のメンバーにフ
レームが送信されると、スイッチ1はそのフレーム ヘッダーで(VLANを特定するための)
VLANタグと宛先MACアドレスを調べます。宛先MACアドレスがスイッチ1では不明だっ
たため、 スイッチ1はVLAN 10に所属する他のすべてのポート(スイッチ2とスイッチ3の
ポート4)にフレームを転送します。スイッチ2とスイッチ3も同様にフレーム ヘッダーを調
べます。いずれかのスイッチでVLAN 10上の宛先MACアドレスが認識されると、フレーム
はその宛先に転送されます。最終的に、フロア2のエンドステーションがフレームを受信し
ます。
110 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
FC / FCoEアダプタ
System Managerを使用して、FC / FCoEアダプタを作成および管理できます。
FC / FCoEアダプタの速度の編集
FC / FCoEアダプタの速度設定は、System Managerの[FC / FCoEアダプタの設定の編集]ダイア
ログ ボックスで変更できます。
手順
1. [ネットワーク]タブをクリックします。
2. [FC / FCoEアダプタ]タブで、編集するアダプタを選択し、[編集]をクリックします。
3. [FC / FCoEアダプタの設定の編集]ダイアログ ボックスで、アダプタの速度を「手動」ま
たは「自動」に設定し、[編集]をクリックします。
関連資料
[ネットワーク]ウィンドウ(110ページ)
サブネットの設定(クラスタ管理者のみ)
サブネットを使用すると、Data ONTAPネットワーク設定用のIPアドレスの特定のブロック
またはプールを割り当てることができます。そのため、network interface createコマン
ドを使用するときに、IPアドレスやネットワーク マスク値を指定する代わりにサブネット名
を指定して、LIFを簡単に作成できます。
サブネットはブロードキャスト ドメイン内に作成され、同じレイヤ3サブネットに属するIP
アドレスのプールを含んでいます。サブネット内のIPアドレスは、LIFの作成時にブロード
キャスト ドメインのポートに割り当てられます。LIFを削除すると、そのIPアドレスはサブ
ネット ブールに返され、以降のLIFで使用できるようになります。
IPアドレスの管理が容易になり、LIFを簡単な手順で作成できるようになるため、サブネッ
トを使用することをお勧めします。さらに、サブネットを定義するときにゲートウェイを指
定した場合、そのサブネットを使用してLIFを作成すると、そのゲートウェイへのデフォル
ト ルートがSVMに自動的に追加されます。
[ネットワーク]ウィンドウ
[ネットワーク]ウィンドウでは、サブネット、ネットワーク インターフェイス、イーサネッ
ト ポート、ブロードキャスト ドメイン、FC / FCoEアダプタ、IPspaceなどのネットワーク コ
ンポーネントのリストを確認し、ストレージ システムのそれらのコンポーネントを作成、
編集、削除できます。
•
タブ(111ページ)
•
[サブネット]タブ(111ページ)
•
[ネットワーク インターフェイス]タブ(112ページ)
•
[イーサネット ポート]タブ(114ページ)
•
[ブロードキャスト ドメイン]タブ(115ページ)
•
[FC / FCoE アダプタ]タブ(116ページ)
ネットワークの管理 | 111
•
[IPspace]タブ(117ページ)
タブ
サブネット
サブネットのリストを確認し、ストレージ システムのサブネットを作成、編集、
削除できます。
ネットワーク インターフェイス
ネットワーク インターフェイスのリストを確認し、ストレージ システムのネット
ワーク インターフェイスを作成、編集、削除できます。また、LIFを移行したり、
インターフェイスのステータスを変更したり、インターフェイスをホーム ポート
に戻したりできます。
イーサネット ポート
クラスタのポートを確認して編集できます。また、インターフェイス グループや
VLANポートを作成、編集、削除できます。
ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインのリストを確認し、ストレージ システムのドメインを
作成、編集、削除できます。
FC / FCoEアダプタ
クラスタのポートを確認し、FC / FCoEアダプタの設定を編集できます。
IPspace
IPspaceとブロードキャスト ドメインのリストを確認し、ストレージ システムの
IPspaceを作成、編集、削除できます。
[サブネット]タブ
コマンド ボタン
作成
[サブネットの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、ネットワーク インターフェイスを作成するための設定情報を含む新しいサブ
ネットを作成できます。
編集
[サブネットの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、サブネットの名前、サブネット アドレス、IPアドレスの範囲、ゲートウェイ
の詳細など、サブネットの特定の属性を変更できます。
削除
選択したサブネットを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
サブネットのリスト
名前
サブネットの名前を示します。
サブネット IP / サブネット マスク
サブネット アドレスの詳細を示します。
ゲートウェイ
ゲートウェイのIPアドレスを示します。
112 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
利用可能
サブネット内の使用可能なIPアドレスの数を示します。
使用済み
サブネット内の使用済みのIPアドレスの数を示します。
総数
サブネット内のIPアドレスの総数(使用可能および使用済みの合計)を示します。
ブロードキャスト ドメイン
サブネットが属しているブロードキャスト ドメインを示します。
IPspace
サブネットが属しているIPspaceを示します。
詳細領域
サブネット リストの下の領域には、選択したサブネットに関する詳細情報が表示されます。
これには、サブネットの範囲や、IPアドレスの使用可能数、使用済み数、総数を比較したグ
ラフなどが含まれます。
[ネットワーク インターフェイス]タブ
•
クラスタLIFとノード管理LIFに対しては、System Managerを使用して次の処理を実行する
ことはできません。
◦ LIFを作成、編集、削除、有効化、無効化する
◦ LIFを移行する、またはLIFをホーム ポートに戻す
•
クラスタ管理LIFの場合は、System Managerを使ってLIFを移行したり、LIFをホーム ポー
トに戻したりできます。
ただし、LIFを作成、編集、削除、有効化、無効化することはできません。
•
インタークラスタLIFに対しては、System Managerを使ってLIFを作成、編集、削除、有効
化、無効化できます。
ただし、LIFを移行したり、LIFをホーム ポートに戻したりすることはできません。
•
次の構成では、ネットワーク インターフェイスを作成、編集、削除できません。
◦ MetroCluster構成
◦ ディザスタ リカバリ(DR)用に構成されたSVM
コマンド ボタン
作成
[ネットワーク インターフェイスの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、SVMへのデータの提供とそれらの管理に使用するネット
ワーク インターフェイスおよびインタークラスタLIFを作成できます。
編集
[ネットワーク インターフェイスの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、データLIFの管理アクセスを有効にできます。
削除
選択したネットワーク インターフェイスを削除します。
このボタンは、データLIFが無効になっている場合にのみ使用できます。
ネットワークの管理 | 113
ステータス
選択したネットワーク インターフェイスを有効、無効にするオプションを選択で
きるドロップダウン メニューを開きます。
移行
データLIFまたはクラスタ管理LIFを同じノードの別のポートやクラスタ内の別の
ノードに移行できます。
ホームに送信
LIFのホストをホーム ポートに戻すことができます。
このコマンド ボタンは、選択したインターフェイスがホーム以外のポートでホス
トされていて、かつホーム ポートが使用可能である場合にのみ使用できます。
クラスタのいずれかのノードが停止している場合は使用できません。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
インターフェイスのリスト
色分けされたアイコンの上にポインタを移動すると、インターフェイスの動作ステータスが
表示されます。
•
緑 - インターフェイスが有効になっていることを示します。
•
赤 - インターフェイスが無効になっていることを示します。
インターフェイス名
ネットワーク インターフェイスの名前を示します。
Storage Virtual Machine
インターフェイスが属しているSVMを示します。
IP アドレス / WWPN
インターフェイスのIPアドレスまたはWWPNを示します。
現在のポート
インターフェイスがホストされているノードおよびポートの名前を示します。
データ プロトコル アクセス
データへのアクセスに使用するプロトコルを示します。
管理アクセス
インターフェイスで管理アクセスが有効になっているかどうかを示します。
サブネット
インターフェイスが属しているサブネットを示します。
ロール
インターフェイスのロールを示します。データ、クラスタ間、クラスタ、クラス
タ管理、ノード管理のいずれかになります。
詳細領域
インターフェイス リストの下の領域には、選択したインターフェイスに関する詳細情報が
表示されます。これには、ホーム ポート、現在のポート、ポートの速度、フェイルオーバー
ポリシー、フェイルオーバー グループ、フェイルオーバー状態などのフェイルオーバーの
プロパティと、管理ステータス、ロール、IPspace、ブロードキャスト ドメイン、ネットワー
ク マスク、ゲートウェイ、DDNSステータスなどの全般的なプロパティが含まれます。
114 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[イーサネット ポート]タブ
コマンド ボタン
インターフェイス グループの作成
[インターフェイス グループの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、ポートを選択し、ポートの用途とネットワーク トラフィックの
分散方法を設定して、インターフェイス グループを作成できます。
VLAN の作成
[VLAN の作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
イーサネット ポートまたはインターフェイス グループを選択し、VLANタグを追
加して、VLANを作成できます。
編集
次のいずれかのダイアログ ボックスを開きます。
•
[イーサネット ポートの編集]ダイアログ ボックス:イーサネット ポートの設
定を変更できます。
•
[VLAN の編集]ダイアログ ボックス:VLANの設定を変更できます。
•
[インターフェイス グループの編集]ダイアログ ボックス:インターフェイス
グループを変更できます。
VLANは、ブロードキャスト ドメインと関連付けられていないVLANのみが編集
できます。
削除
次のいずれかのダイアログ ボックスを開きます。
•
[VLAN の削除]ダイアログ ボックス:VLANを削除できます。
•
[インターフェイス グループの削除]ダイアログ ボックス:インターフェイス
グループを削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ポートのリスト
色分けされたアイコンの上にポインタを移動すると、ポートの動作ステータスが表示されま
す。
•
緑 - ポートが有効になっていることを示します。
•
赤 - ポートが無効になっていることを示します。
ポート
物理ポート、VLANポート、またはインターフェイス グループのポート名が表示
されます。
ノード
物理インターフェイスが配置されているノードが表示されます。
ブロードキャスト ドメイン
ポートのブロードキャスト ドメインが表示されます。
IPspace
ポートが属しているIPspaceが表示されます。
ネットワークの管理 | 115
タイプ
インターフェイスのタイプ(インターフェイス グループ、物理インターフェイス、
VLANなど)が表示されます。
詳細領域
ポート リストの下の領域には、ポートのプロパティに関する詳細情報が表示されます。
[詳細]タブ
管理や動作の詳細が表示されます。
動作の詳細の1つとして、ポートのヘルス ステータスが表示されます。これは、正
常またはデグレード状態のどちらかになります。ポートがデグレード状態になる
のは、ネットワークの変動が継続的に発生している場合、または同じブロードキャ
スト ドメインの他のポートに接続されていない場合です。
このタブには、ほかにも、選択したポートでホストされているネットワーク イン
ターフェイスのインターフェイス名、SVMの詳細、IPアドレスの詳細が表示され
ます。また、そのインターフェイスがホーム ポートにあるかどうかも表示されま
す。
[パフォーマンス]タブ
エラー率やスループットなど、イーサネット ポートのパフォーマンス指標のグラ
フが表示されます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表
示を更新してください。
[ブロードキャスト ドメイン]タブ
コマンド ボタン
作成
[ブロードキャスト ドメインの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、ポートを含める新しいブロードキャスト ドメインを作成できま
す。
編集
[ブロードキャスト ドメインの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、ブロードキャスト ドメインの名前、MTUサイズ、関連付けられ
ているポートなどの属性を変更できます。
削除
選択したブロードキャスト ドメインを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ブロードキャスト ドメインのリスト
ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインの名前を示します。
MTU
MTUサイズを示します。
IPspace
IPspaceを示します。
116 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ポートの更新ステータス
ブロードキャスト ドメインの作成、編集時にポートの更新ステータスを示します。
ポートの更新エラーがある場合は、該当するリンクをクリックすると別ウィンド
ウに表示されます。
詳細領域
ブロードキャスト ドメイン リストの下の領域には、ブロードキャスト ドメインに含まれる
すべてのポートが表示されます。デフォルト以外のIPspace内のブロードキャスト ドメイン
の場合は、更新エラーが発生しているポートは詳細領域に表示されません。色分けされたア
イコンの上にポインタを移動すると、ポートの動作ステータスが表示されます。
•
緑 - ポートが有効になっていることを示します。
•
赤 - ポートが無効になっていることを示します。
[FC / FCoE アダプタ]タブ
コマンド ボタン
編集
[FC / FCoE の設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスで、アダプタの速度を変更できます。
ステータス
アダプタをオンラインまたはオフラインにすることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
FC / FCoEアダプタのリスト
WWNN
FC / FCoEアダプタの一意の識別子を示します。
ノード名
アダプタを使用しているノードの名前を示します。
スロット
アダプタを使用しているスロットを示します。
WWPN
アダプタのFC World Wide Port Name(WWPN)を示します。
ステータス
アダプタのステータスがオンラインとオフラインのどちらであるかを示します。
速度
速度の設定が自動と手動のどちらであるかを示します。
詳細領域
FC / FCoEアダプタ リストの下の領域には、選択したアダプタに関する詳細情報が表示され
ます。
[詳細]タブ
メディア タイプ、ポート アドレス、データ リンク速度、接続ステータス、処理ス
テータス、ファブリック ステータス、速度など、アダプタの詳細情報が表示され
ます。
ネットワークの管理 | 117
[パフォーマンス]タブ
IOPSや応答時間など、FC / FCoEアダプタのパフォーマンス指標のグラフが表示さ
れます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表
示を更新してください。
[IPspace]タブ
コマンド ボタン
作成
[IPspace の作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、新
しいIPspaceを作成できます。
編集
[IPspace の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、既
存のIPspaceの名前を変更できます。
削除
選択したIPspaceを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
IPspaceのリスト
名前
IPspaceの名前を示します。
ブロードキャスト ドメイン
ブロードキャスト ドメインを示します。
詳細領域
IPspaceリストの下の領域には、選択したIPspace内のStorage Virtual Machine(SVM)のリス
トが表示されます。
関連タスク
ネットワーク インターフェイスの作成(100ページ)
ネットワーク インターフェイスの編集(102ページ)
ネットワーク インターフェイスの削除(102ページ)
サブネットの作成(38ページ)
サブネットの編集(99ページ)
サブネットの削除(100ページ)
VLANインターフェイスの作成(106ページ)
インターフェイス グループの作成(105ページ)
FC / FCoEアダプタの速度の編集(110ページ)
インターフェイス グループの設定の編集(107ページ)
VLANの削除(108ページ)
ブロードキャスト ドメインの作成(38ページ)
ブロードキャスト ドメインの編集(98ページ)
ブロードキャスト ドメインの削除(98ページ)
118 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
IPアドレス範囲を無効にした状態でのネットワークの設定(27ページ)
119
物理ストレージの管理
System Managerを使用して、アグリゲート、ストレージ プール、ディスク、アレイLUN、
ノード、Flash Cache、イベント、システム アラート、AutoSupport通知、ジョブ、Flash Pool
統計情報など、物理ストレージを管理できます。
アグリゲート
System Managerを使用して、セキュリティ、バックアップ、パフォーマンス、およびデータ
共有に関するさまざまなニーズに対応するアグリゲートを作成できます。
アグリゲートの編集
System Managerを使用して、既存のアグリゲートのアグリゲート名、RAIDタイプ、RAIDグ
ループ サイズを必要に応じて変更できます。
開始する前に
アグリゲートのRAIDタイプをRAID4からRAID-DPに変更するには、十分な数の互換性のあ
るスペア ディスク(ホット スペアを除く)がアグリゲートに含まれている必要があります。
タスク概要
•
アレイLUNをサポートするONTAPシステムのRAIDグループは変更できません。
使用できるオプションはRAID 0のみです。
•
パーティショニングされたディスクのRAIDタイプは変更できません。
パーティショニングされたディスクに対して選択できるオプションはRAID-DPのみで
す。
•
SnapLock Complianceアグリゲートの名前は変更できません。
•
ストレージ プールのSSDで構成されるアグリゲートの場合、変更できるのはアグリゲー
ト名だけです。
•
トリプル パリティ ディスクのサイズが10TBで、他のディスクのサイズが10TB未満の場
合、RAIDタイプとしてRAID-DPまたはRAID-TECを選択できます。
•
トリプル パリティ ディスクのサイズが10TBで、他のディスクのサイズが1つでも10TBを
超えている場合、選択できるRAIDタイプはRAID-TECのみです。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、編集するアグリゲートを選択し、[編集]をクリックしま
す。
3. [アグリゲートの編集]ダイアログ ボックスで、アグリゲート名、RAIDタイプ、および
RAIDグループ サイズを必要に応じて変更します。
4. [保存]をクリックします。
120 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連概念
互換性のあるスペア ディスクとは(128ページ)
関連資料
[アグリゲート]ウィンドウ(132ページ)
アグリゲートの削除
アグリゲート内のデータが不要になったときは、System Managerを使用してそのアグリゲー
トを削除できます。ただし、ルート アグリゲートは、システム構成情報が含まれているルー
ト ボリュームがあるため、削除できません。
開始する前に
•
アグリゲートに含まれているFlexVolまたはInfinite Volume、および関連付けられている
Storage Virtual Machine(SVM)をすべて削除する必要があります。
•
アグリゲートをオフラインにする必要があります。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. 削除するアグリゲートを1つ以上選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
4. 削除したアグリゲートが[アグリゲート]ウィンドウに表示されていないことを確認しま
す。
関連資料
[アグリゲート]ウィンドウ(132ページ)
アグリゲート作成時のRAID設定の変更
新しいアグリゲートを作成するときに、そのアグリゲートのRAIDタイプやRAIDグループ サ
イズのオプションのデフォルト値をSystem Managerで変更することができます。
タスク概要
アグリゲート ディスクのディスク タイプがFSASまたはMSATAで、ディスク サイズが10TB
以上の場合、選択できるRAIDタイプはRAID-TECのみです。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
3. [アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. [変更]をクリックします。
b. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAIDグループ サイズを指
定します。
共有ディスクの場合、RAIDタイプとしてRAID-DPのみがサポートされます。
物理ストレージの管理 | 121
推奨されるRAIDグループ サイズはHDDの場合が12~20ディスク、SSDの場合が20~
28ディスクです。
c. [保存]をクリックします。
SSDの追加によるキャッシュのプロビジョニング
System Managerでは、SSDをストレージ プールまたは専用SSDとして追加してキャッシュを
プロビジョニングできます。SSDを追加することで、パーティショニングされたディスクを
含まない非ルート アグリゲートまたはルート アグリゲートをFlash Poolアグリゲートに変
換したり、既存のFlash Poolアグリゲートのキャッシュ サイズを増やすことができます。
タスク概要
•
追加されたSSDキャッシュはアグリゲートのサイズには反映されず、アグリゲートが最
大サイズのときでもSSD RAIDを追加できます。
•
System Managerを使用してキャッシュを追加する場合、パーティショニングされたSSDは
使用できません。
関連概念
ストレージ プールの仕組み(141ページ)
SSDの追加によるアグリゲートへのキャッシュのプロビジョニング
System Managerで、ストレージ プールまたは専用SSDを追加してキャッシュをプロビジョニ
ングするには、パーティションに分割されたディスクを含まないルート以外の既存のHDDア
グリゲートまたはルート アグリゲートをFlash Poolアグリゲートに変換します。
開始する前に
•
アグリゲートがオンラインになっている必要があります。
•
キャッシュ ディスクとして割り当てることができる十分な数のスペアSSDまたは割り当
て単位がストレージ プールに必要です。
•
クラスタ内のすべてのノードでONTAP 8.3以降が実行されている必要があります。
クラスタに複数のバージョンが混在している場合は、コマンドライン インターフェイス
を使用してFlash Poolアグリゲートを作成し、SSDキャッシュを提供してください。
•
Flash Poolアグリゲートに変換できる、HDDで構成された、ルートではない有効な64ビッ
トのアグリゲートを特定しておく必要があります。
•
アレイLUNを含むアグリゲートは使用できません。
•
ストレージをInfinite Volumeにプロビジョニングするアグリゲートは使用できません。
•
Flash PoolアグリゲートのSSD層のサイズと構成について、プラットフォームとワーク
ロードそれぞれに固有なベストプラクティスに注意する必要があります。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、アグリゲートを選択し、[キャッシュの追加]をクリックし
ます。
3. [キャッシュの追加]ダイアログ ボックスで、該当する操作を実行します。
122 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
選択したキャッシュ ソー
ス
ストレージ プール
専用SSD
操作
a.
キャッシュを提供するストレージ プールを選択します。
b.
キャッシュ サイズを指定します。
c.
必要に応じてRAIDタイプを変更します。
使用するSSDのサイズと数を選択し、必要に応じてRAID構成を変
更します。
a.
[変更]をクリックします。
b.
[RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、RAIDタイプとRAID
グループ サイズを指定して、[保存]をクリックします。
4. [追加]をクリックします。
ミラーされたアグリゲートの場合、[キャッシュの追加]ダイアログ ボックスに、選択し
た数の2倍のディスクが追加されることを示す情報が表示されます。
5. [キャッシュの追加]ダイアログ ボックスで、[はい]をクリックします。
タスクの結果
選択したアグリゲートにキャッシュ ディスクが追加されます。更新された情報が[アグリ
ゲート]ウィンドウの[詳細]タブに表示されます。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート4070:『Flash Pool Design and Implementation Guide』
SSDの追加によるFlash Poolアグリゲートのキャッシュの拡張
System Managerを使用して、ストレージ プールまたは専用SSDとしてSSDを追加し、Flash
Poolアグリゲートのサイズを拡張できます。
開始する前に
•
Flash Poolアグリゲートをオンラインにする必要があります。
•
キャッシュ ディスクとして割り当てることができる十分な数のスペアSSDまたは割り当
て単位がストレージ プールに必要です。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、Flash Poolアグリゲートを選択し、[キャッシュの追加]をク
リックします。
3. [キャッシュの追加]ダイアログ ボックスで、該当する操作を実行します。
選択したキャッシュ ソー
ス
操作
ストレージ プール
キャッシュを提供するストレージ プールを選択し、キャッシュ サ
イズを指定します。
専用SSD
追加するSSDのサイズと数を選択します。
4. [追加]をクリックします。
物理ストレージの管理 | 123
ミラーされたアグリゲートの場合、[キャッシュの追加]ダイアログ ボックスに、選択し
た数の2倍のディスクが追加されることを示す情報が表示されます。
5. [キャッシュの追加]ダイアログ ボックスで、[はい]をクリックします。
タスクの結果
選択したFlash Poolアグリゲートにキャッシュ ディスクが追加されます。更新された情報が
[アグリゲート]ウィンドウの[詳細]タブに表示されます。
データ ディスクの追加
データ ディスクを追加することによって、既存のルート以外のアグリゲートまたはディス
クを含むルート アグリゲートのサイズを拡張できます。System Managerを使用して、選択し
たONTAPディスク タイプのHDDまたはSSDを追加したり、RAIDグループ オプションを変更
したりできます。
開始する前に
•
アグリゲートがオンラインになっている必要があります。
•
十分な数の互換性のあるスペア ディスクが必要です。
タスク概要
•
アグリゲート内の他のディスクとサイズが同じディスクを追加することを推奨します。
アグリゲート内の他のディスクよりも小さいディスクを追加すると、アグリゲートが最
適な構成にならず、パフォーマンスの問題が生じることがあります。
アグリゲート内の既存のRAIDグループに含まれるディスクよりも大きいディスクを追
加した場合は、データ ディスクのサイズが縮小されて、そのRAIDグループ内の他のディ
スクと同じスペースになります。アグリゲートに新しいRAIDグループを作成し、新しい
RAIDグループに同等のサイズのディスクが残っている場合、ディスクのサイズは縮小さ
れません。
アグリゲート内の他のディスクと違うサイズのディスクを追加すると、選択したディス
クは追加されずに、使用可能サイズが指定したサイズの90~105%に該当する他のディス
クが自動的に追加されることがあります。たとえば、744GBのディスクの場合は、669~
781GBのディスクが選択対象となります。サイズがこの範囲内のすべてのスペア ディス
クのうち、最初にパーティショニングされたディスクのみが選択され、次にパーティショ
ニングされていないディスクのみが選択されて、最後にパーティショニングされたディ
スクとパーティショニングされていないディスクの両方が選択されます。
•
System Managerを使用して次の構成にHDDを追加することはできません。
◦ SSDだけで構成されるアグリゲート
◦ パーティショニングされたディスクを含むルート アグリゲート
これらの構成にHDDを追加する場合は、コマンドライン インターフェイスを使用してく
ださい。
•
共有ディスクの場合、RAIDタイプとしてRAID-DPのみがサポートされます。
•
ストレージ プールのSSDは使用できません。
•
RAIDタイプがRAID-DPの場合、FSASまたはMSATAタイプの10TB以上のディスクは、[特
定のRAIDグループ]にのみ追加できます。これらのディスクを[新しいRAIDグループ]また
は[すべてのRAIDグループ]に追加することはできません。
ディスクは、既存のアグリゲート内の既存のRAIDグループに含まれるディスクと同じサ
イズに縮小されてから追加されます。
124 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
RAIDグループがRAID-TECの場合は、FSASまたはMSATAタイプの10TB以上のディスク
を[すべてのRAIDグループ]、[新しいRAIDグループ]、および[特定のRAIDグループ]のいずれ
にも追加できます。
ディスクは、既存のアグリゲート内の既存のRAIDグループに含まれるディスクと同じサ
イズに縮小されてから追加されます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、データ ディスクを追加するアグリゲートを選択し、[容量
の追加]をクリックします。
3. [容量の追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. [追加するディスク タイプ]オプションを使用して、データ ディスクのディスク タイ
プを指定します。
b. [ディスクまたはパーティションの数]オプションを使用して、データ ディスクの数を
指定します。
4. [ディスクの追加先]オプションを使用して、データ ディスクを追加するRAIDグループを
指定します。
System Managerのデフォルトの設定では、[すべてのRAIDグループ]にデータ ディスクが追
加されます。
a. [変更]をクリックします。
b. [RAIDグループの選択]ダイアログ ボックスで、[ディスクの追加先]オプションを使用
して、RAIDグループを[新しいRAIDグループ]または[特定のRAIDグループ]として指定
します。
共有ディスクは[新しいRAIDグループ]オプションにのみ追加できます。
c. [保存]をクリックします。
5. [追加]をクリックします。
ミラーされたアグリゲートの場合、[容量の追加]ダイアログ ボックスに、選択した数の2
倍のディスクが追加されることを示す情報が表示されます。
6. [容量の追加]ダイアログ ボックスで、[はい]をクリックしてデータ ディスクを追加しま
す。
タスクの結果
選択したアグリゲートにデータ ディスクが追加され、アグリゲートのサイズが拡張されま
す。更新された情報が[アグリゲート]ウィンドウの[詳細]タブに表示されます。
関連概念
互換性のあるスペア ディスクとは(128ページ)
物理ストレージの管理 | 125
データ ディスクを追加する際のRAIDグループの変更
アグリゲートにデータ ディスク(HDD)を追加するときに、ディスクを追加するRAIDグ
ループをSystem Managerで変更することができます。
タスク概要
•
RAIDタイプがRAID-DPの場合、FSASまたはMSATAタイプの10TB以上のディスクは、[特
定のRAIDグループ]にのみ追加できます。これらのディスクを[新しいRAIDグループ]また
は[すべてのRAIDグループ]に追加することはできません。
これらのディスクは、既存のアグリゲートのサイズにダウンサイズされて追加されます。
•
RAIDグループがRAID-TECの場合は、FSASまたはMSATAタイプの10TB以上のディスク
を[すべてのRAIDグループ]、[新しいRAIDグループ]、および[特定のRAIDグループ]のいずれ
にも追加できます。
これらのディスクは、既存のアグリゲートのサイズにダウンサイズされて追加されます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. [アグリゲート]ウィンドウで、データ ディスクを追加するアグリゲートを選択し、[容量
の追加]をクリックします。
3. [容量の追加]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. [変更]をクリックします。
b. [RAID構成の変更]ダイアログ ボックスで、データ ディスクを追加するRAIDグループ
を指定します。
デフォルト値の[すべてのRAIDグループ]を[特定のRAIDグループ]または[新しいRAIDグ
ループ]に変更できます。
c. [保存]をクリックします。
FlexVolの移動
System Managerを使用して、容量利用率やパフォーマンスを向上させるために、別のアグリ
ゲートまたはノードに無停止でFlexVolを移動できます。
開始する前に
データ保護ボリュームを移動する場合は、ボリュームを移動する前にデータ保護のミラー関
係を初期化する必要があります。
タスク概要
•
Flash Poolアグリゲートでホストされているボリュームを移動する場合は、HDD階層に格
納されているデータのみがデスティネーション アグリゲートに移動されます。
このボリュームに関連付けられているキャッシュ データはデスティネーション アグリ
ゲートに移動されません。そのため、ボリュームの移動後にパフォーマンスが低下する
可能性があります。
System ManagerではInfinite Volumeのコンスティチュエントは移動できないため、アグリ
ゲートにInfinite Volumeのコンスティチュエントが含まれていても、ウィザードには表示
されません。
•
SnapLockアグリゲートからはボリュームを移動できません。
126 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. ボリュームが含まれているアグリゲートを選択し、[ボリューム移動]をクリックします。
3. ウィザードの指示に従って、情報を入力または選択します。
4. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
アグリゲートのミラーリング
System Managerを使用して単一のアグリゲート内のデータをリアルタイムでミラーするこ
とで、データを保護し、耐障害性を高めることができます。アグリゲートをミラーすると、
ディスクおよびアレイLUNへの接続における単一点障害が排除されます。
開始する前に
アグリゲートをミラーするには、他のプールに十分な空きディスクが必要です。
タスク概要
キャッシュ ソースがストレージ プールの場合、Flash Poolアグリゲートをミラーすることは
できません。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. ミラーするアグリゲートを選択し、[ミラー]をクリックします。
3. [このアグリゲートをミラーする]ダイアログ ボックスで、[ミラー]をクリックしてミラー
リングを開始します。
アグリゲート情報の表示
System Managerの[アグリゲート]ウィンドウで、アグリゲートの名前、ステータス、および
スペース情報を表示できます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アグリゲート]をクリックします。
2. 表示されているアグリゲートのリストから、情報を表示するアグリゲートを選択します。
3. [アグリゲート]ウィンドウで、アグリゲートの詳細を確認します。
アグリゲートとは
セキュリティ、バックアップ、パフォーマンス、およびデータ共有に関するさまざまなユー
ザ要求をサポートするために、ストレージ システムの物理的なデータ ストレージ リソース
を1つ以上のアグリゲートにグループ化できます。アグリゲートは、適切なレベルのパ
フォーマンスと冗長性を提供するように設定できます。
各アグリゲートには、独自のRAID構成、プレックス構造、および割り当てられた一連のド
ライブまたはアレイLUNがあります。アグリゲートは、その構成に応じて、関連付けられた
FlexVolボリュームまたはInfinite Volumeボリュームにストレージを提供します。
アグリゲートには次のような特徴があります。
•
ドライブまたはアレイLUNで構成できます。
物理ストレージの管理 | 127
•
ドライブで構成される場合、単一層(HDDのみ、またはSSDのみで構成)のアグリゲー
トと、HDD RAIDグループとSSDキャッシュの両方を含むFlash Poolアグリゲートがあり
ます。
クラスタ管理者は1つのStorage Virtual Machine(SVM)に1つ以上のアグリゲートを割り当て
ることができます。その場合、そのSVMで使用できるのは割り当てたアグリゲートのボ
リュームのみです。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート3437:『Storage Subsystem Resiliency Guide』
RAIDグループの命名規則
各アグリゲート内のRAIDグループは、rg0、rg1、rg2のように、作成順に名前が付けられま
す。RAIDグループの名前は指定できません。
FlexVolの移動
FlexVolの移動の仕組みを理解しておくと、ボリュームの移動がサービスレベル契約を満たす
かの判断や、ボリューム移動がボリュームの移動プロセスのどの段階にあるかを把握するの
に役立ちます。
1つのアグリゲートまたはノードから同じStorage Virtual Machine(SVM)内の別のアグリゲー
トまたはノードにFlexVolを移動できます。ボリュームを移動しても、移動中にクライアント
アクセスが中断されることはありません。
ボリュームの移動は次のように複数のフェーズで行われます。
•
新しいボリュームがデスティネーション アグリゲート上に作成されます。
•
元のボリュームのデータが新しいボリュームにコピーされます。
この間、元のボリュームはそのままで、クライアントからアクセス可能です。
•
移動プロセスの最後に、クライアント アクセスが一時的にブロックされます。
この間にソース ボリュームからデスティネーション ボリュームへの最後のレプリケー
ションが実行され、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームのIDがスワップ
され、デスティネーション ボリュームがソース ボリュームに変更されます。
•
移動が完了すると、クライアント トラフィックが新しいソース ボリュームにルーティン
グされ、クライアント アクセスが再開されます。
クライアント アクセスのブロックはクライアントが中断とタイムアウトを認識する前に終
了するため、移動によってクライアント アクセスが中断されることはありません。デフォ
ルトでは、クライアント アクセスは35秒間ブロックされます。アクセスがブロックされて
いる間にボリューム移動操作が完了しなかった場合、この最終フェーズは中止されてクライ
アント アクセスが許可されます。デフォルトでは、最終フェーズは3回試行され、それでも
成功しなかった場合、1時間待ってからもう一度最終フェーズのシーケンスが繰り返されま
す。ボリューム移動操作の最終フェーズは、ボリューム移動が完了するまで実行されます。
Flash Poolアグリゲートの機能
Flash Poolアグリゲートは、一般的に、標準のアグリゲートと同じ方法で使用、管理します。
ただし、SSDグループおよびHDD RAIDグループの相互作用と、システムのその他の要素に
及ぼす影響を理解しておく必要があります。
SSD RAIDグループはSSDキャッシュとも呼ばれ、物理SSDまたはSSDストレージ グループ
からの割り当て単位で構成できます(ただし両方で構成することはできません)。
SSDキャッシュは、最大アグリゲート サイズの算出に使用されるアグリゲート サイズには
算入されません。たとえば、最大アグリゲート サイズに達しているアグリゲートにもSSD
128 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
RAIDグループを追加できます。ただし、ノード全体またはHAペア全体のドライブ数の制限
にはカウントされます。
Flash PoolアグリゲートのHDD RAIDグループの動作は標準のアグリゲートのHDD RAIDグ
ループと同じで、異なるディスク タイプ、サイズ、速度、チェックサムを混在させる場合
のルールも同じです。たとえば、パフォーマンス ディスクとデータ ディスクをFlash Poolア
グリゲートのHDD RAIDグループに混在させることはできません。
チェックサム方式、RAIDタイプ、およびRAIDグループ サイズの値は、SSDキャッシュRAID
グループ用とHDD RAIDグループ用に別々に設定できます。Flash PoolアグリゲートがSSD
キャッシュにSSDストレージ プールを使用する場合、キャッシュRAIDタイプは最初のSSD
RAIDグループの追加時にのみ変更可能であり、そのSSD RAIDグループのサイズは、スト
レージ プール内のSSDの数によって決まります。
Flash Poolアグリゲートに含まれるボリュームに対して手動でデータ圧縮を有効にすると、
デフォルトで適応圧縮が有効になります。
SSDキャッシュにはプラットフォーム依存の最大サイズがあります。
関連情報
NetApp Hardware Universe
ONTAPの実質的ディスク タイプを使用してHDDを混在させる方法
Data ONTAP 8.1から、ONTAPの特定のディスク タイプは、アグリゲートの作成、アグリゲー
トへの追加、およびスペアの管理を行う目的において同じタイプとみなされます。ONTAP
は、各ディスク タイプに実質的ディスク タイプを割り当てます。実質的ディスク タイプが
同じHDDを混在させることができます。
raid.disktype.enableオプションをoffに設定した場合、特定タイプのHDDを同じアグリ
ゲートに混在させることができます。raid.disktype.enableオプションをonに設定した
場合、実質的ディスク タイプはONTAPのディスク タイプと同じです。アグリゲートの作成
には、1つのディスク タイプしか使用できません。raid.disktype.enableオプションのデ
フォルト値はoffです。
Data ONTAP 8.2以降では、BSAS、FSAS、およびATAのディスクを混在させる場合、
raid.mix.hdd.disktype.capacityオプションをonに設定する必要があります。また、
FCALおよびSASのディスクを混在させる場合は、raid.mix.hdd.disktype.performance
オプションをonに設定する必要があります。
次の表に、ディスク タイプと実質的ディスク タイプの対応を示します。
ONTAPディスクのタイプ
実質的ディスク タイプ
FCAL
SAS
SAS
SAS
ATA
FSAS
BSAS
FSAS
FCALおよびSAS
SAS
MSATA
MSATA
FSAS
FSAS
互換性のあるスペア ディスクとは
System Managerでは、互換性のあるスペア ディスクとは、アグリゲート内の他のディスクと
プロパティが一致するディスクです。HDD(データ ディスク)を追加して既存のアグリゲー
物理ストレージの管理 | 129
トのサイズを増やす場合、またはアグリゲートのRAIDタイプをRAID4からRAID-DPに変更
する場合は、十分な数の互換性のあるスペア ディスクがアグリゲートに含まれている必要
があります。
一致する必要のあるディスク プロパティは、ディスク タイプ、ディスク サイズ(同じディ
スク サイズを使用できない場合は、より大きなサイズ)、ディスクのrpm、チェックサム、
ノードの所有者、プール、および共有ディスクです。大きいサイズのディスクを使用する場
合、ディスクがダウンサイズされ、すべてのディスクのサイズが最もサイズの小さいディス
クに合わせて縮小されることに注意してください。既存のディスクはそれよりもサイズの
大きい非共有ディスクに合わせられ、非共有ディスクが共有ディスクに変換されてスペアと
して追加されます。
RAIDの混在オプション(ディスク タイプの混在やディスクのrpmの混在など)がRAIDグ
ループに対して有効になっている場合は、アグリゲートの既存ディスクのディスク タイプ
とrpmが、スペア ディスクの有効なディスク タイプおよびrpmと比較されて、互換性のある
スペアが取得されます。
関連タスク
データ ディスクの追加(123ページ)
アグリゲートの編集(119ページ)
System Managerとホット スペアとの相互運用性
ホット スペアは、ストレージ システムに割り当てられているものの、他のRAIDグループに
よって使用されていないディスクです。ホット スペアはデータを含んでおらず、RAIDグ
ループで障害が発生したときにそのRAIDグループに割り当てられます。System Managerは、
最大のディスクをホット スペアとして使用します。
RAIDグループに複数のディスク タイプがある場合、それぞれのディスク タイプでサイズの
一番大きなディスクがホット スペアとして確保されます。たとえば、RAIDグループにSATA
ディスクとSASディスクがそれぞれ10本ずつある場合、最大サイズのSATAディスクと最大
サイズのSASディスクがホット スペアになります。
最大サイズのディスクがパーティショニングされている場合、パーティショニングされてい
るRAIDグループとされていないRAIDグループそれぞれにホット スペアが提供されます。
最大サイズのディスクがパーティショニングされていない場合、1本のスペア ディスクが提
供されます。
ディスク グループにルート パーティションがある場合は、最大サイズのパーティショニン
グされていないディスクがホット スペアとして確保されます。同じサイズのパーティショ
ニングされていないディスクを使用できない場合は、スペア ルート パーティションがルー
ト パーティション グループのホット スペアとして確保されます。
1本のスペア ディスクを複数のRAIDグループのホット スペアとして使用することができま
す。System Managerは、ノード レベルでオプションraid.min_spare_countに設定した値に
基づいてホット スペア数を計算します。たとえば、SSD RAIDグループにSSDが10本あり、
オプションraid.min_spare_countがノード レベルで1に設定されている場合、System
Managerは1本のSSDをホット スペアとして残し、他の9本をSSD関連の処理に使用します。
同様に、HDD RAIDグループにHDDが10本あり、オプションraid.min_spare_countがノー
ド レベルで2に設定されている場合、System Managerは2本のHDDをホット スペアとして残
し、他の8本をHDD関連の処理に使用します。
アグリゲートの作成、編集、およびアグリゲートへのHDDまたはSSDの追加を行う際に、
System Managerは、SSD RAIDグループにホット スペア ルールを適用します。ホット スペア
ルールは、ストレージ プールの作成時、または既存のストレージ プールへのディスクの追
加時にも使用されます。
System Managerには、ホット スペア ルールの例外があります。
130 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
MSATAまたはマルチディスク キャリアのディスクの場合、ホット スペアの数は、ノー
ド レベルで設定した値の2倍、かつ2本を下回ることがないようにする必要があります。
•
ディスクがアレイLUNまたは仮想ストレージ アプライアンスの一部である場合、ホット
スペアは使用されません。
ディスク タイプおよびディスクrpmの表示ルール
アグリゲートを作成してデータ ディスクを追加する際には、ディスク タイプとディスクrpm
の表示に関するルールを理解しておく必要があります。
ディスク タイプの混在オプションとディスクrpmの混在オプションが有効でない場合は、実
際のディスク タイプとディスクrpmが表示されます。
これらの混在オプションが有効な場合は、実際のディスク タイプとディスクrpmではなく、
有効な(実質的)ディスクタイプとディスクrpmが表示されます。たとえば、ディスクの混
在オプションが有効になっている場合、System ManagerではBSASディスクがFSASと表示さ
れます。同様に、ディスクrpmの混在オプションが有効になっている場合、ディスクのrpm
が10Kと15Kであれば、System Managerでは実質的なrpmとして10Kと表示されます。
Infinite Volumeのアグリゲートに関する要件
Infinite Volume が使用するアグリゲートは、サイズが100TB以上であり、1.1TB以上の空きス
ペースが存在する必要があります。Infinite Volumeでストレージ クラスを使用する場合は、
ストレージ クラスの要件も満たす必要があります。
アグリゲートの空きスペースが1.1TBに満たない場合、そのアグリゲートはInfinite Volumeを
備えたStorage Virtual Machine(SVM)で使用されません。
Infinite Volumeでストレージ クラスを使用する場合は、それらのストレージ クラスの要件を
満たす必要があります。たとえば、SASタイプのアグリゲートを使用するように指定された
ストレージ クラスを使用する場合、そのストレージ クラス用のアグリゲートはSASディスク
だけで構成する必要があります。
関連タスク
Infinite Volumeの作成(55ページ)
ネームスペース コンスティチュエントとは
Infinite Volumeには、それぞれ1つのネームスペース コンスティチュエントがあります。これ
は、ディレクトリ情報およびファイル名をInfinite Volume内のファイルの物理的な場所に
マッピングするコンスティチュエントです。
ネームスペース コンスティチュエントはクライアントには認識されず、クライアントが直
接操作することはありません。ネームスペース コンスティチュエントは、Infinite Volumeの
内部コンポーネントです。
デスティネーションInfinite Volumeのアグリゲートに関する要件
データ保護ミラー関係のデスティネーションInfinite Volumeを作成する前に、デスティネー
ションInfinite Volumeで使用する十分なアグリゲート スペースをデスティネーション クラ
スタで確保しておく必要があります。
Infinite Volumeは複数のアグリゲートにまたがっており、デスティネーションInfinite Volume
のアグリゲートは、データ保護ミラー関係を初期化すると自動的に選択されます。十分なア
グリゲート スペースがないためにデータ保護ミラー関係を初期化できない場合は、アグリ
ゲート スペースを調整してからもう一度実行するように求めるエラー メッセージが表示さ
れ、その方法が示されます。
物理ストレージの管理 | 131
デスティネーションInfinite Volumeのアグリゲートを作成するときは、次のガイドラインに
従います。
•
デスティネーションInfinite VolumeとソースInfinite Volumeでアグリゲートの数を同じに
します。
たとえば、ソースInfinite Volumeでアグリゲートを4つ使用している場合は、デスティネー
ションInfinite Volumeのアグリゲートを4つ作成します。ソースとデスティネーションの
Infinite Volumeでアグリゲートの数を同じにすることは推奨事項であり、必須ではありま
せん。
•
デスティネーションInfinite Volumeのアグリゲートには、ソースInfinite Volumeのミラー
コピーを格納できるだけの十分なスペースが必要です。
•
ソースInfinite Volumeでストレージ クラスが使用されている場合は、ソースInfinite
Volumeで使用されているストレージ クラスの要件を満たす必要があります。
注:データ保護ミラー関係が正しく作成されるようにするには、デスティネーション
Infinite VolumeのサイズをソースInfinite Volumeと同じかそれよりも大きくする必要があり
ます。
ミラーされたアグリゲートの機能
ミラーされたアグリゲートには、2つのプレックス(データ コピー)が含まれます。これら
のプレックスは、SyncMirror機能を使用したデータ複製により、冗長性を提供します。
ミラーされたアグリゲートが作成されると(または既存のミラーされていないアグリゲート
に2つ目のプレックスが追加されると)、Data ONTAPは元のプレックス(plex0)のデータを
新しいプレックス(plex1)に複製します。プレックスは物理的に分離されていて(各プレッ
クスには独自のRAIDグループおよび独自のプールがあり)、同時に更新されます。これによ
り、アグリゲートのRAIDレベルで保護されるよりも多くのディスクで障害が発生した場合
や接続が解除された場合に、影響を受けないプレックスでデータ サービスを継続しながら
障害の原因を修正できるため、データ損失を防止できます。問題のあるプレックスが修正さ
れたら、2つのプレックスが再同期化され、ミラー関係が再確立されます。
注: 2つのプレックスの再同期化にかかる時間は、アグリゲートのサイズ、システムの負
荷、変更されたデータ量などの多くの変数によって異なります。
システム上のディスクとアレイLUNは2つのプール(pool0とpool1)に分割されます。plex0
はpool0からストレージを取得し、plex1はpool1からストレージを取得します。
次の図は、SyncMirrorを有効にして実装したディスクで構成されるアグリゲートを示してい
ます。アグリゲートのplex1用に2つ目のプレックスが作成されています。plex1のデータは
plex0のデータの複製であり、RAIDグループも同じです。32本のスペア ディスクがpool0また
はpool1に割り当てられます(各プールに16本)。
132 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
アグリゲート
plex0(pool0)
plex1(pool1)
rg0
rg1
rg2
rg3
rg0
rg1
rg2
rg3
pool0
凡例
pool1
スペア ディスク
データ ディスク
パリティ ディスク
dParityディスク
RAIDグループ
次の図は、SyncMirrorを有効にして実装したアレイLUNで構成されるアグリゲートを示して
います。アグリゲートのplex1用に2つ目のプレックスが作成されています。plex1はplex0の
複製であり、RAIDグループも同じです。
アグリゲート
plex0(pool0)
rg0
rg1
plex1(pool1)
rg0
rg1
アグリゲート内のアレイLUN
Data ONTAP RAIDグループ
[アグリゲート]ウィンドウ
[アグリゲート]ウィンドウを使用して、アグリゲートの作成、表示やアグリゲートに関する
情報の管理ができます。
•
[アグリゲート]ウィンドウ(132ページ)
•
アグリゲート リスト(133ページ)
•
詳細領域(134ページ)
•
コマンド ボタン(133ページ)
System Managerを使用して、MetroCluster構成のアグリゲートを作成または編集することはで
きません。ただし、MetroCluster構成のアグリゲートの管理(アグリゲート情報の表示、ア
グリゲートの削除、アグリゲートのステータスの変更、FlexVolの移動)は可能です。
物理ストレージの管理 | 133
コマンド ボタン
作成
[アグリゲートの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、アグリゲートを作成できます。
編集
[アグリゲートの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、アグリゲートの名前、またはこのアグリゲートのRAID保護レベルを変更でき
ます。
容量の追加
[容量の追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、既存
のアグリゲートにデータ ディスク(HDDまたはSSD)を追加できます。
キャッシュの追加
[キャッシュの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、既存のHDDアグリゲートまたはFlash Poolアグリゲートにキャッシュ ディスク
(SSD)を追加できます。
このボタンは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用
できません。
削除
選択したアグリゲートを削除します。
注:このボタンは、ルート アグリゲートの場合は無効です。
ステータス
選択したアグリゲートのステータスを表示します。ステータスは、次のいずれか
になります。
•
オンライン
このアグリゲートに含まれるボリュームへの読み取りおよび書き込みアクセ
スが許可されます。
•
オフライン
パリティの再構築などの一部の処理は許可されますが、データ アクセスは許可
されません。
•
制限
読み取りまたは書き込みアクセスが許可されません。
ボリューム移動
ボリューム移動ウィザードを開始します。このウィザードで、FlexVolを移動でき
ます。
ミラーリング
[ミラーリング]ダイアログ ボックスが開き、アグリゲートをミラーするかどうか
を確認するメッセージが表示されます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
アグリゲート リスト
各アグリゲートの名前とスペース使用量情報が表示されます。
名前
アグリゲートの名前が表示されます。
134 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ノード
アグリゲートのディスクが割り当てられているノードの名前が表示されます。
このフィールドは、クラスタ レベルでのみ使用できます。
タイプ
アグリゲートのタイプが表示されます。
このフィールドは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタに対
しては表示されません。
使用済み(%)
アグリゲートで使用されているスペースの割合が表示されます。
使用可能なスペース
アグリゲートの使用可能なスペースが表示されます。
使用済みスペース
アグリゲートでデータに使用されているスペースの量が表示されます。
使用済みの物理スペース
アグリゲートに接続されたすべてのファイルとLUNで使用されている物理容量の
合計が表示されます。
合計スペース
アグリゲートの合計スペースが表示されます。
ボリューム数
アグリゲートに関連付けられているボリュームの数が表示されます。
ディスク数
アグリゲートの作成に使用されているディスクの数が表示されます。
Flash Pool
Flash Poolアグリゲートの合計キャッシュ サイズが表示されます。そのアグリ
ゲートがFlash Poolアグリゲートでない場合は[NA]と表示されます。
このフィールドは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタに対
しては表示されません。
ミラーリング
アグリゲートがミラーリングされているかどうかが表示されます。
SnapLockタイプ
アグリゲートのSnapLockタイプが表示されます。
詳細領域
アグリゲート リストの下の領域には、選択したアグリゲートに関する詳細情報が表示され
ます。
[詳細]タブ
選択したアグリゲートに関する詳細情報(アグリゲートの名前、ステータス、RAID
タイプ、ルート アグリゲートかどうか、アグリゲート内のファイル数、アグリゲー
ト内のファイルの最大数、チェックサム、合計キャッシュ サイズ、64ビット アグ
リゲートかどうか、Flash Poolアグリゲートかどうか、など)が表示されます。
[ボリューム]タブ
アグリゲート上の総ボリューム数、アグリゲートの合計スペース、およびアグリ
ゲートにコミット済みのスペースについての詳細が表示されます。合計コミット
済みスペースは、すべてのボリューム(オンラインおよびオフライン)の合計サ
イズとオンライン ボリュームのSnapshotリザーブ スペースの合計です。
物理ストレージの管理 | 135
また、アグリゲート上のボリュームの名前、Storage Virtual Machine(SVM)、使用
可能なスペース、合計スペース、および選択したアグリゲートにある各ボリュー
ムのスペース使用量の割合についての詳細も表示されます。
[ディスクのレイアウト]タブ
ディスクのレイアウト情報(ディスクの名前、ディスク タイプ、物理サイズ、使
用可能なサイズ、ディスクの位置、ディスク ステータス、プレックス名、プレッ
クス ステータス、RAIDグループ、RAIDタイプ、選択したアグリゲートのストレー
ジ プール[ある場合]など)が表示されます。ディスクのプライマリ パスに関連付
けられたディスク ポート、およびマルチパス設定の場合はディスクのセカンダリ
パスに関連付けられたディスク名も表示されます。
[パフォーマンス]タブ
合計転送回数、IOPS、書き込みワークロードの影響など、アグリゲートのパフォー
マンス指標を示すグラフが表示されます。読み取り、書き込み、および合計転送
回数のパフォーマンス指標データが、SSDとHDDで別々に表示されます。「nvlog」
やダーティ バッファへの書き込みワークロードの影響に関するパフォーマンス指
標データも表示されます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表
示を更新する必要があります。
[効率性]タブ
アグリゲートについてのStorage Efficiencyによる削減効果が表示されます。使用
済み論理スペースの合計、使用済み物理スペースの合計、Storage Efficiencyによる
削減量の合計、ボリューム データの削減率、アグリゲート データの削減率、
FlexCloneボリュームとSnapshotコピーの割合を確認できます。
関連タスク
アグリゲートを使用してストレージをプロビジョニングする(40ページ)
アグリゲートの削除(120ページ)
アグリゲートの編集(119ページ)
ストレージ プール
System Managerを使用して、ストレージ プールを作成できます。これにより、複数のFlash
PoolアグリゲートでSSDを共有できるようになります。
ストレージ プールの作成
ストレージ プールはSSD(キャッシュ ディスク)の集合です。System Managerを使用して複
数のSSDを組み合わせてストレージ プールを作成すると、HAペア間でSSDとSSDスペアを共
有し、2つ以上のFlash Poolアグリゲートに同時に割り当てることができます。
開始する前に
•
ストレージ プール経由でSSDとSSDスペアを割り当てるためには、HAペアの両方のノー
ドが稼働している必要があります。
•
ストレージ プールには、少なくとも3本のSSDが必要です。
•
ストレージ プール内のすべてのSSDは、同じHAペアによって所有されている必要があり
ます。
136 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
タスク概要
ストレージ プールへのディスクの追加にSSDを使用する際、System Managerは、SSD RAID
グループにホット スペア ルールを適用します。 たとえば、SSD RAIDグループにSSDが10本
あり、オプションraid.min_spare_countがノード レベルで1に設定されている場合、System
Managerは1本のSSDをホット スペアとして残し、他の9本をSSD関連の処理に使用します。
System Managerを使用してストレージ プールを作成する場合、パーティショニングされた
SSDを使用することはできません。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ストレージ プール]をクリックします。
2. [ストレージ プール]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
3. [ストレージ プールの作成]ダイアログ ボックスで、ストレージ プールの名前、ディスク
サイズ、およびディスク数を指定します。
4. [作成]をクリックします。
関連資料
[ストレージ プール]ウィンドウ(141ページ)
ストレージ プールへのディスクの追加
System Managerを使用して、既存のストレージ プールにSSDを追加してキャッシュ サイズを
拡張できます。
開始する前に
ストレージ プール経由でSSDとSSDスペアを割り当てるためには、HAペアの両方のノード
が稼働している必要があります。
タスク概要
•
ストレージ プールに追加したSSDは、ストレージ プール キャッシュを使用する各アグリ
ゲートと、残りはストレージ プールの空きスペースとして、均等に分散されます。
•
ストレージ プールへのディスクの追加にSSDを使用する際、System Managerは、SSD
RAIDグループにホット スペア ルールを適用します。
たとえば、SSD RAIDグループにSSDが10本あり、オプションraid.min_spare_countが
ノード レベルで1に設定されている場合、System Managerは1本のSSDをホット スペアと
して残し、他の9本をSSD関連の処理に使用します。
•
System Managerを使用してディスクをストレージ プールに追加する場合、パーティショ
ニングされたSSDを使用することはできません。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ストレージ プール]をクリックします。
2. [ストレージ プール]ウィンドウで、ストレージ プールを選択し、[ディスクの追加]をク
リックします。
3. [ディスクの追加]ダイアログ ボックスで、追加するディスクの数を指定します。
4. [次へ]をクリックします。
物理ストレージの管理 | 137
5. [概要]ダイアログ ボックスで、各アグリゲートとストレージ プールの空きスペースにど
のようにキャッシュが分散されたかを確認します。
6. [追加]をクリックします。
関連資料
[ストレージ プール]ウィンドウ(141ページ)
ストレージ プールの削除
ストレージ プールのキャッシュが最適でない場合や、アグリゲートまたはFlash Poolアグリ
ゲートでストレージ プールが不要になった場合など、ストレージ プールを削除したいこと
があります。ストレージ プールはSystem Managerの[ストレージ プールの削除]ダイアログ
ボックスを使用して削除できます。
開始する前に
ストレージ プールを使用しているアグリゲートがないことを確認してください。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ストレージ プール]をクリックします。
2. [ストレージ プール]ウィンドウで、削除するストレージ プールを選択し、[削除]をクリッ
クします。
3. [ストレージ プールの削除]ダイアログ ボックスで、[削除]をクリックします。
関連資料
[ストレージ プール]ウィンドウ(141ページ)
SSDストレージ プールの使用法
SSDを複数のFlash Poolアグリゲートで共有できるようにするには、ストレージ プールに配
置します。ストレージ プールに追加したSSDは、スタンドアロンでは管理できなくなりま
す。そのSSDのストレージは、ストレージ プールから割り当てる必要があります。
特定のHAペア用にストレージ プールを作成できます。作成したら、そのストレージ プール
から、同じHAペアが所有する1つ以上のFlash Poolアグリゲートに割り当て単位を追加しま
す。アグリゲートに割り当てるディスクがアグリゲートを所有するノードに所有されてい
る必要があるのと同様に、ストレージ プールは、そのストレージ プールが所属するいずれ
かのノードに所有されているFlash Poolアグリゲートにのみストレージを提供できます。
システムのFlash Poolキャッシュの量を拡張するには、ストレージ プールにSSDを追加しま
す。SSDは、そのストレージ プールを使用するFlash PoolキャッシュのRAIDタイプの最大
RAIDグループ サイズまで追加できます。SSDを既存のストレージ プールに追加すると、
Flash Poolアグリゲートに割り当て済みの割り当て単位も含めて、ストレージ プールの割り
当て単位が拡張されます。
ストレージ プールに使用できるスペアSSDは1本のみです。スペアSSDを用意しておけば、
ストレージ プール内のSSDに障害が発生した場合に、正常に機能しないSSDのパーティショ
ンをそのスペアSSDから再構築できます。割り当て単位をスペア容量として確保する必要
はありません。Data ONTAPは、ストレージ プール内のパーティショニングされていない完
全なSSDのみをSSDのスぺアとして使用できます。
アグリゲートからディスクを削除できないのと同様に、いったんストレージ プールに追加
したSSDは削除できません。ストレージ プール内のSSDを単独のドライブとして再度使用
138 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
するには、ストレージ プールの割り当て単位が割り当てられているFlash Poolアグリゲート
をすべて破棄してから、ストレージ プールを破棄する必要があります。
Flash Pool SSDパーティショニングでFlash Poolアグリゲートのキャッシュ割
り当ての柔軟性を拡張する方法
Flash Pool SSDパーティショニング(アドバンスト ドライブ パーティショニング)では、複
数のFlash Poolアグリゲートに割り当て可能なSSDストレージ プールに、SSDをグループ化す
ることができます。これにより、より多くのアグリゲートにおけるパリティSSDのコストを
抑え、SSD割り当ての柔軟性を増し、SSDのパフォーマンスを最大限に高めます。
ストレージ プールはHAペアに関連付けられており、HAペアのノードによって所有される
SSDで構成できます。
SSDをストレージ プールに追加すると共有SSDとなり、4つのパーティションに分割されま
す。
SSDストレージ プールからのストレージは割り当て単位に分割され、各割り当て単位はスト
レージ プールの合計容量の25%を表します。割り当て単位は、ストレージ プール内の各SSD
から1つのパーティションを含み、単一RAIDグループとしてFlash Poolキャッシュに追加され
ます。デフォルトでは、HAペアに関連付けられたストレージ プールについて、2つの割り当
て単位が各HAパートナーに割り当てられますが、これらの割り当て単位は、必要に応じて、
他のHAパートナーに再割り当てすることができます(割り当て単位は、アグリゲートを所
有するノードによって所有されている必要があります)。
SSDストレージ プールにはRAIDタイプはありません。割り当て単位をFlash Poolアグリ
ゲートに追加すると、適切な数のパーティションが、そのRAIDグループにパリティを提供
するように指定されます。
次の図は、Flash Pool SSDパーティショニングの例を示しています。この図のSSDストレージ
プールは、2つのFlash Poolアグリゲートにキャッシュを提供します。
ストレージ プールSP1は5本のSSDで構成されており、さらに、いずれかのSSDの障害発生時
に代替するホット スペアSSDが1本あります。ストレージ プールの割り当て単位2つがFlash
Pool FP1に割り当てられ、2つがFlash Pool FP2に割り当てられます。FP1にはRAID4のCache
RAIDがあるため、FP1に提供された割り当て単位には、そのパリティに指定されたパーティ
ションが1つだけ含まれます。FP2にはRAID-DPのCache RAIDがあるため、FP2に提供された
物理ストレージの管理 | 139
割り当て単位には、パリティ パーティションとダブルパリティ パーティションが含まれま
す。
この例では、2つの割り当て単位が各Flash Poolアグリゲートに割り当てられますが、1つの
Flash Poolアグリゲートにより大きなキャッシュが必要な場合、そのFlash Poolアグリゲート
に3つの割り当て単位を割り当て、他のアグリゲートには1つだけ割り当てることができま
す。
SSDストレージ プールを使用する際の要件およびベストプラクティス
一部のテクノロジは、SSDストレージ プールを使用するFlash Poolアグリゲートと組み合わ
せることができません。
下記のテクノロジは、SSDストレージ プールをキャッシュ ストレージに使用するFlash Pool
アグリゲートでは使用できません。
•
MetroCluster
•
SyncMirror
ミラーされたアグリゲートとストレージ プールを使用するFlash Poolアグリゲートは一
緒に使用できますが、Flash Poolアグリゲートはミラーできません。
•
物理SSD
Flash Poolアグリゲートでは、SSDストレージ プールまたは物理SSDのいずれか一方を使
用できますが、両方は使用できません。
SSDストレージ プールは次のルールに従う必要があります。
•
SSDストレージ プールにはSSDのみを含めることができます。HDDはSSDストレージ
プールに追加できません。
•
SSDストレージ プールに含めることができるSSDの数は、3~28です。
RAID 4の最大RAIDグループ サイズを超えるSSDが含まれるSSDストレージ プールは、
RAID 4タイプのキャッシュを使用するFlash Poolアグリゲートには使用できません。
•
SSDストレージ プール内のすべてのSSDは、同じHAペアに所有されている必要がありま
す。
•
ストレージ プールでは、ルートデータのパーティショニング用にパーティショニングさ
れたSSDは使用できません。
単一のストレージ プールからRAIDタイプが異なる2つのキャッシュにストレージを提供し、
ストレージ プールのサイズをRAID 4の最大RAIDグループ サイズよりも大きく拡張した場
合、RAID 4割り当て単位内の余分なパーティションは使われません。このため、ストレージ
プール内のキャッシュRAIDタイプは統一することを推奨します。
ストレージ プールから割り当てられているキャッシュRAIDグループのRAIDタイプは変更
できません。最初の割り当て単位を追加する前にキャッシュのRAIDタイプを設定すると、
あとから変更できません。
ストレージ プールを作成したり、SSDを既存のストレージ プールに追加するときは、同じ
サイズのSSDを使用する必要があります。障害発生時に適切なサイズのスペアがない場合、
Data ONTAPでは、より大きな容量のSSDを使用して障害の発生したSSDを交換できます。た
だし、交換後のSSDはストレージ プール内の他のSSDと同じサイズに調整されるため、SSD
の容量が失われることになります。
ストレージ プールに使用できるスペアSSDは1本のみです。HAペアの両方のノードが所有
するFlash Poolアグリゲートにストレージ プールが割り当て単位を提供する場合は、どちら
のノードでもスペアSSDを所有できます。ただし、HAペアの一方のノードが所有するFlash
Poolアグリゲートにのみストレージ プールが割り当て単位を提供する場合は、その同じノー
ドがスペアSSDを所有する必要があります。
140 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
SSDストレージ プールを使用するケースに関する考慮事項
SSDストレージ プールにはさまざまな利点がありますが、SSDストレージ プールと専用SSD
のどちらを使用するかを決定する際には、考慮すべき制限事項がいくつかあります。
SSDストレージ プールは、2つ以上のFlash Poolアグリゲートにキャッシュを提供する場合に
のみ効果を発揮します。SSDストレージ プールには次の利点があります。
•
Flash Poolアグリゲートで使用されるSSDのストレージ利用率の向上
SSDストレージ プールは、2つ以上のFlash PoolアグリゲートでパリティSSDを共有できる
ため、パリティに必要なSSDの全体的な割合が下がります。
•
HAパートナー間でのスペアの共有
ストレージ プールはHAペアによって所有されるため、HAパートナーのいずれかに所有
される1つのスペアが、必要に応じてSSDストレージ プール全体のスペアとして機能しま
す。
•
SSDパフォーマンスの有効利用
SSDが提供するハイパフォーマンスによって、HAペアの両方のコントローラからのアク
セスがサポートされます。
SSDストレージ プールを使用する際のこのような利点について、以下の欠点も含めて、その
利用コストと比較する必要があります。
•
障害の切り分けが困難
1つのSSDの損失が、そのパーティションに含まれるすべてのRAIDグループに影響しま
す。この場合、影響を受けるSSDを含むSSDストレージ プールからキャッシュが割り当
てられているすべてのFlash Poolアグリゲートで、1つ以上のRAIDグループが再構築され
ます。
•
パフォーマンスの分離が困難
Flash Poolキャッシュのサイジングが適切でないと、共有しているFlash Poolアグリゲート
間のキャッシュで競合が発生する可能性があります。このリスクは、適切なサイジング
とQoS管理によって緩和できます。
•
管理の柔軟性の低下
ストレージをストレージ プールに追加すると、そのストレージ プールから容量が割り当
てられているすべてのFlash Poolキャッシュのサイズが増大します。追加容量の配分方法
は指定できません。
SSDを既存のストレージ プールに追加する場合と新規作成する場合の考慮事項
SDDキャッシュのサイズを拡張する方法は2つあります。SSDを既存のSSDストレージ プー
ルに追加する方法と、SSDストレージ プールを新規作成する方法です。最適な方法は、スト
レージの構成とプランに依存します。
ストレージ プールを新規作成するか既存のストレージ プールにストレージ容量を追加する
かを選択するには、RAIDグループを新規作成するか既存にストレージを追加するかどうか
を決定することに似ています。
•
多数のSSDを追加する場合、ストレージ プールを新規作成すると新規のストレージ プー
ルを既存とは別の方法で割り当てることができるため、柔軟性が増します。
•
追加するSSDが少数であり、既存のFlash Poolキャッシュのサイズ増加が問題にならない
場合は、SSDを既存のストレージ プールに追加すると、スペアとパリティのコストを抑
制し、また、新規ストレージを自動的に割り当てることができます。
物理ストレージの管理 | 141
キャッシュのRAIDタイプが異なるFlash Poolアグリゲートにストレージ プールが割り当て
単位を提供し、RAIDグループ(RAID4)の最大サイズを超えてストレージ プールを拡張す
る場合、そのRAID4割り当て単位に新しく追加されたパーティションは使用されません。
ストレージ プールにディスクを追加する理由
既存のストレージ プールにSSDを追加してプールのキャッシュ サイズを増やすことができ
ます。割り当て単位がFlash Poolアグリゲートにすでに割り当てられているストレージ プー
ルにSSDを追加すると、これらのアグリゲートそれぞれのキャッシュ サイズと、ストレージ
プール全体のキャッシュ サイズが増加します。
割り当て単位がまだ割り当てられていないストレージ プールにSSDを追加した場合、SSDの
キャッシュ サイズに変化はありません。
既存のストレージ プールにSSDを追加する場合は、プール内の既存のSSDを所有するノード
と同じHAペアのどちらかのノードが所有するSSDを追加する必要があります。HAペアの
どちらのノードが所有するSSDでも構いません。
ストレージ プールの仕組み
ストレージ プールはSSDの集まりです。複数のSSDからストレージ プールを作成すると、複
数のFlash Poolアグリゲート間でSSDとSSDスペアを同時に共有できます。
ストレージ プールは複数の割り当て単位で構成されます。割り当て単位を使用して、SSDお
よびSSDスペアをアグリゲートに提供したり、既存のSSDサイズを拡張したりできます。
ストレージ プールに追加したSSDは、個別のディスクとして使用することはできません。
そのSSDからストレージを割り当てるには、ストレージ プールを使用する必要があります。
関連タスク
Flash Poolアグリゲートの作成によるストレージのプロビジョニング(41ページ)
SSDの追加によるキャッシュのプロビジョニング(121ページ)
[ストレージ プール]ウィンドウ
[ストレージ プール]ウィンドウでは、ストレージ プールと呼ばれる専用のSSDキャッシュを
作成、表示、管理できます。ストレージ プールはルート以外のアグリゲートに関連付けて
SSDキャッシュを提供したり、Flash Poolアグリゲートに関連付けてサイズを拡張したりでき
ます。
このウィンドウは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できま
せん。
•
コマンド ボタン(141ページ)
•
ストレージ プールのリスト(142ページ)
•
[詳細]タブ(142ページ)
コマンド ボタン
作成
[ストレージ プールの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、ストレージ プールを作成できます。
ディスクの追加
[ディスクの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ストレージ プールにキャッシュ ディスクを追加できます。
142 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
削除
選択したストレージ プールを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ストレージ プールのリスト
名前
ストレージ プールの名前が表示されます。
合計キャッシュ
ストレージ プールの合計キャッシュ サイズが表示されます。
スペア キャッシュ
ストレージ プールの利用可能なスペア キャッシュ サイズが表示されます。
使用済みキャッシュ(%)
ストレージ プールの使用済みのキャッシュ サイズの割合が表示されます。
割り当て単位
ストレージ プールのサイズ拡張に使用できる合計キャッシュ サイズの最小割り
当て単位が表示されます。
所有者
ストレージ プールが関連付けられているHAペアまたはノードの名前が表示され
ます。
状態
ストレージ プールの状態が表示されます。正常、デグレード、作成中、削除中、
拡張中のいずれかです。
正常
ストレージ プールが正常であるかどうかが表示されます。
[詳細]タブ
選択したストレージ プールに関する詳細情報が表示されます。これには、名前、健常性、
ストレージ タイプ、ディスク数、合計キャッシュ、スペア キャッシュ、使用済みのキャッ
シュ サイズ(%)、割り当て単位などの情報が含まれます。このタブには、ストレージ プー
ルによってプロビジョニングされるアグリゲートの名前も表示されます。
[ディスク]タブ
選択したストレージ プールのディスクに関する詳細情報が表示されます。これには、名前、
ディスク タイプ、使用可能なサイズ、合計サイズなどの情報が含まれます。
関連タスク
ストレージ プールへのディスクの追加(136ページ)
ストレージ プールの作成(135ページ)
ストレージ プールの削除(137ページ)
ディスク
System Managerを使用して、ディスクを管理できます。
物理ストレージの管理 | 143
ノードへのディスクの再割り当て
System Managerを使用してスペア ディスクを別のノードに再割り当てすることで、アグリ
ゲートやストレージ プールの容量を拡張することができます。
タスク概要
•
ディスクの再割り当ては、次の条件に当てはまる場合に実行できます。
◦ 選択したディスクのコンテナのタイプが「スペア」または「共有」である。
◦ ディスクがHA構成内のノードに接続されている。
◦ ディスクがノードで認識されている。
•
次の条件に当てはまる場合は、ディスクの再割り当てを実行できません。
◦ 選択したディスクのコンテナのタイプが「共有」であるが、データ パーティションが
スペアでない。
◦ ディスクがストレージ プールに関連付けられている。
•
共有ディスクに関連付けられたノードでストレージ フェイルオーバーが有効になってい
ない場合は、共有ディスクのデータ パーティションを再割り当てすることはできません。
•
パーティション ディスクについては、ディスクのデータ パーティションのみを再割り当
てできます。
•
MetroCluster構成の場合、System Managerでディスクを再割り当てすることはできません。
MetroCluster構成用にディスクを再割り当てする場合は、コマンドライン インターフェイ
スを使用してください。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ディスク]をクリックします。
2. [ディスク]ウィンドウで、[インベントリ]タブを選択します。
3. 再割り当てするディスクを選択し、[割り当て]をクリックします。
4. [警告]ダイアログ ボックスで、[続行]をクリックします。
5. [ディスクの割り当て]ダイアログ ボックスで、ディスクを再割り当てするノードを選択
します。
6. [割り当て]をクリックします。
ディスク情報の表示
System Managerの[ディスク]ウィンドウを使用して、ディスクの名前、サイズ、コンテナの
詳細を、データ ディスクおよびキャッシュ ディスクのグラフィカル情報とともに表示でき
ます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ディスク]をクリックします。
2. 表示されているディスクのリストから、情報を表示するディスクを選択します。
3. ディスクの詳細を確認します。
144 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[ディスク]ウィンドウ(149ページ)
RAIDドライブ タイプの概要
Data ONTAPでは、RAIDのドライブ(パーティショニングされたドライブの場合は、パー
ティション)をデータ、ホット スペア、パリティ、dParityの4タイプに分類します。ディス
クは、スペアであるかアグリゲートで使用されるかによって管理方法が異なります。
RAIDのドライブ タイプは、RAIDでのドライブまたはパーティションの使用方法によって決
まります。Data ONTAPのディスク タイプとは異なります。
ドライブのRAIDタイプを変更することはできません。RAIDタイプは、各種のストレージ コ
マンドのPosition列に表示されます。
ルートデータのパーティショニングおよびストレージ プールのSSDを使用するドライブの
場合は、1つのドライブをRAIDに対して複数の用途で使用できます。たとえば、パーティ
ショニングされたドライブのルート パーティションをスペア パーティションとして使用
し、データ パーティションをパリティに使用することができます。このため、パーティショ
ニングされたドライブおよびストレージ プール内のSSDについては、RAIDドライブ タイプ
は単にsharedと表示されます。
データ ディスク
RAIDグループ内でクライアント用に格納されたデータ(および誤動作の結果、ス
トレージ システムの状態に関して生成されるデータ)を保持します。
スペア ディスク
使用可能なデータは保持しませんが、アグリゲート内のRAIDグループへの追加
ディスクとして使用できます。アグリゲートには割り当てられておらず、ホット
スペア ディスクとしてシステム機能に割り当てられている、すべての正常なディ
スクを指します。
パリティ ディスク
RAIDグループ内の単独のディスク ドライブに障害が発生した場合にデータの再
構築に使用する、行パリティ情報を格納します。
dParityディスク
RAID DPが有効になっている場合、RAIDグループ内の2つのディスク ドライブに
障害が発生した場合にデータの再構築に使用する、対角線パリティ情報を格納し
ます。
ONTAPで使用されるディスク タイプ名
ONTAPでは、各ディスクにディスク タイプが関連付けられます。ONTAPでは、一部のディ
スク タイプについて業界標準とは違う名称を使用します。ONTAPのディスク タイプと業
界標準のディスク タイプとの対応を確認し、混乱しないようにしてください。
ONTAPのマニュアルでは、特に指定がないかぎり、ディスク タイプとはONTAPで使用する
ディスク タイプを指します。RAIDディスク タイプは、あるディスクがRAIDで果たす役割
を表しています。ONTAPのディスク タイプとは関係ありません。
システム構成でサポートされるディスク タイプは、ストレージ システム モデル、ディスク
シェルフ タイプ、およびシステムにインストールされているI/Oモジュールなどによって決
まります。
以下の表に、SASストレージとFCストレージの接続タイプ、およびストレージ アレイのそ
れぞれについて、ONTAPのディスク タイプと業界標準のディスク タイプとの対応を示しま
す。
物理ストレージの管理 | 145
SAS接続ストレージ
ONTAPのディス
ク タイプ
ディスク クラス
業界標準のディス
ク タイプ
説明
BSAS
データ
SATA
SAS接続ストレージ
シェルフへの接続を可能
にする追加ハードウェア
を搭載したブリッジ
SAS-SATAディスク
FSAS
データ
NL-SAS
ニアラインSAS
MSATA
データ
SATA
マルチディスク キャリ
アのストレージ シェル
フのSATAディスク
SAS
パフォーマンス
SAS
Serial-Attached SCSI
SSD
ウルトラパフォーマ
ンス
SSD
ソリッドステート ドラ
イブ
FC接続ストレージ
ONTAPのディスク タ
イプ
ディスク クラス
業界標準のディスク タイプ
ATA
データ
SATA
FCAL
パフォーマンス
FC
ストレージ アレイ
ONTAPのディス
ク タイプ
ディスク クラス
業界標準のディスク タ
イプ
説明
LUN
N/A
LUN
ストレージ アレ
イでバッキングさ
れ、ONTAPでディ
スクとして使用さ
れる論理ストレー
ジ デバイス
ONTAPがクライ
アントに提供する
LUNと区別するた
め、これらのLUN
をアレイLUNと呼
びます。
関連情報
NetApp Hardware Universe
ネットアップ テクニカル レポート3437:『Storage Subsystem Resiliency Guide』
146 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ホット スペア ディスクの機能
ホット スペア ディスクとは、ストレージ システムに割り当てられているディスクで、RAID
グループでは使用されていないディスクを指します。データは格納されていませんが、すぐ
に使用できる状態になっています。
RAIDグループ内でディスク障害が発生すると、RAIDグループにホット スペア ディスクが
自動的に割り当てられ、障害ディスクと交換されます。障害ディスクのデータは、RAIDパ
リティ ディスクから交換されたホット スペアディスク上にバックグラウンドで再構築され
ます。再構築処理は/etc/messageファイルにログが記録され、AutoSupportメッセージが送
信されます。
障害ディスクと同じサイズのホット スペア ディスクがない場合、次に大きなサイズのディ
スクが選択され、交換対象のディスクのサイズに合わせて縮小されます。
アレイLUNのRAID保護
Data ONTAPで使用できるアレイLUNのRAID保護は、ストレージ アレイによって提供されま
す。Data ONTAPではRAID保護は提供されません。
Data ONTAPはアレイLUNにRAID 0(ストライピング)を使用します。Data ONTAPでは、ス
トレージ アレイにさまざまなRAIDタイプを使用できますが、ストレージ保護を提供しない
RAID 0だけはサポートされていません。
ストレージ アレイにRAIDグループを作成するときは、ディスク障害によってデータが失わ
れたりデータにアクセスできなくなったりしないように、ストレージ アレイのベンダーの
ベスト プラクティスに従って、ストレージ アレイに対する十分なレベルの保護を行うよう
にしてください。
注:
•
ストレージ アレイ上のRAIDグループは、複数のディスクの配列で、定義されたRAID
レベルを形成します。
各RAIDグループがサポートするRAIDタイプは1つだけです。RAIDグループに対して
選択したディスク数によって、そのRAIDグループがサポートするRAIDタイプが決定
します。このエンティティを表す用語はストレージ アレイ ベンダーごとに異なり、
RAIDグループ、パリティ グループ、ディスク グループ、パリティRAIDグループなど
と呼ばれます。
•
Data ONTAPでのネイティブ ディスク シェルフではRAID 4とRAID-DPがサポートされ
ますが、アレイLUNではRAID 0のみがサポートされます。
最低限必要なホット スペアの数
十分なスペアを用意しておかないと、ディスクで障害が発生したときにスペアを利用でき
ず、RAIDグループがデグレード モードになる危険が高まります。また、コントローラが停
止した場合にテクニカル サポートに重要な情報(コア ファイル)を提供するためのスペア
ディスクも必要です。
MSATAディスクまたはマルチディスク キャリアのディスクの場合、安定した状態では4つの
ホット スペアを用意し、MSATAホット スペアの数が2つを下回ることがないようにする必
要があります。
SSDで構成されるRAIDグループの場合は、少なくとも1つのスペア ディスクを用意しておく
必要があります。
それ以外のData ONTAPのディスク タイプについては、ストレージ システムに設置されてい
るディスクの種類ごとに、少なくとも1つの一致するホット スペアまたは適切なホット スペ
アを用意しておく必要があります。すべてのディスクに対して2つのホット スペアを用意
物理ストレージの管理 | 147
しておくと、ディスク障害に対する最良の保護を実現できます。2つ以上のホット スペアを
用意すると、次のような利点があります。
•
データ ディスクのホット スペアが2つ以上あれば、必要に応じてデータ ディスクに対し
てMaintenance Centerのテストを実施できます。
Data ONTAPでは、Maintenance Centerを使用して疑いのあるディスクをテストし、問題の
あるディスクをオフラインにします。
•
ホット スペアが2つあれば、1つのディスクに障害が発生し、そのディスクを交換する前
に別のディスクに障害が発生しても、スペアを使用できます。
1本のスペア ディスクを複数のRAIDグループのホット スペアとして使用することができま
す。しかし、これらのRAIDグループのいずれかのディスクで障害が発生すると、スペアを
交換するまでの間にさらにディスクに障害が発生した場合や、コア ファイル用に使用でき
るスペアがありません。そのため、2つ以上のスペアを用意することを推奨します。
マルチディスク キャリアのディスクのスペアに関する要件
ストレージの冗長性を最適化し、Data ONTAPによるディスク コピーの所要時間を最小限に
抑えて、最適なディスク レイアウトを実現するためには、マルチディスク キャリアのディ
スクに対して適切な数のスペアを用意しておくことが不可欠です。
マルチディスク キャリアのディスクに対しては、常に2つ以上のホット スペアを用意してお
く必要があります。Maintenance Centerを使用できるようにし、同時に複数のディスク障害が
発生した場合の問題を回避するには、4つ以上のホット スペアを用意して安定した運用を確
保し、障害が発生したディスクを迅速に交換するようにします。
Data ONTAPでは、同時に2つのディスクで障害が発生した場合に利用できるホット スペアが
2つしかないと、障害が発生したディスクとそのキャリア メイトの両方のコンテンツをスペ
ア ディスクにスワップできないことがあります。このような状況を「ステールメイト」と
呼びます。この状況が発生すると、EMSメッセージとAutoSupportメッセージで通知されま
す。交換用キャリアが使用できるようになったら、EMSメッセージの説明に従うかテクニカ
ル サポートに問い合わせて、ステールメイトからリカバリする必要があります。
マルチディスク キャリアのストレージ シェルフのシェルフ構成に関する要件
マルチディスク キャリアのディスク シェルフとシングルディスク キャリアのディスク
シェルフ(標準のディスク シェルフ)を、同じストレージ システムの同じスタック内に混
在させることができます。
マルチディスク キャリアを安全に取り外せるかどうかを確認する方法
マルチディスク キャリアを安全に取り外す準備ができる前に取り外すと、RAIDグループが
デグレード状態になったり、ストレージが停止してしまうこともあります。System Manager
を使用すると、マルチディスク キャリアを安全に取り外せるかどうかを確認することがで
きます。
マルチキャリア ディスクの交換が必要なときは、キャリアを取り外す前に、次のことを確
認する必要があります。
•
キャリアを取り外す準備ができたことを示すAutoSupportメッセージが記録されている。
•
キャリアを取り外す準備ができたことを示すEMSメッセージが記録されている。
•
[ディスク]ウィンドウで、キャリアの両方のディスクの状態がbrokenになっている。
障害が発生したディスクのキャリア メイトを退避してからでないと、ディスクを取り外
すことはできません。ディスクの退避ステータスは、[詳細]をクリックして、[ディスク]
ウィンドウの[プロパティ]タブで確認できます。
148 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
キャリアのフォールトLED(アンバー)が点灯している(取り外す準備ができたことを
示す)。
•
アクティビティLED(緑)が消灯している(ディスクのアクティビティがないことを示
す)。
•
シェルフのデジタル ディスプレイにシェルフのID番号だけが表示されている。
注意:障害が発生したディスクのキャリア メイトを再利用することはできません。障害が
発生したディスクを含むマルチキャリア シェルフを取り外した場合は、新しいキャリア
に交換する必要があります。
RAIDグループのサイジングに関する考慮事項
最適なRAIDグループ サイズを設定するには、さまざまな要素について優先度を考慮する必
要があります。設定するアグリゲートにとって最も重要な要素を、RAIDのリカバリ速度、
ドライブ障害によるデータ損失のリスクに対する保証、I/Oパフォーマンスの最適化、デー
タ ストレージ スペースの最大化の中から決定する必要があります。
作成するRAIDグループのサイズを大きくすれば、パリティに使用されるストレージ容量
(「パリティの負荷」)は同じでも、データ ストレージに使用できるスペースを最大化するこ
とができます。 一方、大規模なRAIDグループでディスク障害が発生した場合、再構築の時
間は増加し、パフォーマンスへの影響が長時間に及びます。 さらに、RAIDグループ内のディ
スク数が増えると、そのRAIDグループ内で複数のディスクに障害が発生する可能性が高く
なります。
HDDまたはアレイLUN RAIDグループ
HDDまたはアレイLUNを構成するRAIDグループのサイジングを行う際は、次のガイドライ
ンに従う必要があります。
•
アグリゲート内のすべてのRAIDグループを同様のディスク数で構成する必要がありま
す。
RAIDグループは完全に同じサイズにする必要はありませんが、可能な場合は、同じアグ
リゲート内の別のRAIDグループの半分未満のRAIDグループが存在しないようにしま
す。
•
RAIDグループ サイズの推奨範囲は12~20です。
信頼性の高いパフォーマンス ディスクを使用する場合は、RAIDグループのディスク数を
必要に応じて最大28まで増やすことができます。
•
上記の2つのガイドラインを満たすRAIDグループ サイズが複数ある場合は、より大きい
サイズを選択します。
Flash PoolアグリゲートのSSD RAIDグループ
SSD RAIDグループ サイズは、Flash PoolアグリゲートのHDD RAIDグループのRAIDグルー
プ サイズと同じである必要はありません。通常は、パリティに必要なSSDの数を最小限にす
るために、Flash PoolアグリゲートのSSD RAIDグループは1つだけにします。
SSDアグリゲートのSSD RAIDグループ
SSDを構成するRAIDグループのサイジングを行う際は、次のガイドラインに従う必要があ
ります。
•
アグリゲート内のすべてのRAIDグループを同数のディスクで構成する必要があります。
RAIDグループは完全に同じサイズにする必要はありませんが、可能な場合は、同じアグ
リゲート内の別のRAIDグループの半分未満のRAIDグループが存在しないようにしま
す。
物理ストレージの管理 | 149
•
RAID-DPの場合、RAIDグループ サイズの推奨範囲は20~28です。
アレイLUNのONTAP RAIDグループに関する考慮事項
アレイLUNのONTAP RAIDグループを設定する際には、必要な数とサイズのアレイLUNを
ONTAPで使用できるようストレージ アレイ管理者と計画を立てて調整する必要がありま
す。
アレイLUNの場合、ONTAPは、RAID0 RAIDグループを使用して、ストレージ アレイ上で
LUNにデータを割り当てる場所を決定します。RAID0 RAIDグループは、RAIDデータ保護に
は使用されません。RAIDデータ保護はストレージ アレイによって提供されます。
注:ONTAP RAIDグループの概念は、ストレージ アレイ ベンダーがRAIDグループ、パリ
ティ グループ、ディスク グループ、パリティRAIDグループなどの用語で呼んでいるもの
と同様です。
アレイLUNのONTAP RAIDグループを計画する場合は、次の手順に従います。
1. データの要件に最も合うアグリゲートのサイズを計画します。
2. アグリゲートのサイズに対して、必要なRAIDグループの数とサイズを計画します。
注:アレイLUNのデフォルトのRAIDグループ サイズを使用することを推奨します。デ
フォルトのRAIDグループ サイズは、ほとんどの組織に適しています。デフォルトの
RAIDグループ サイズは、アレイLUNとディスクによって異なります。
3. RAIDグループで必要なLUNのサイズを計画します。
•
パフォーマンスへの影響を回避するために、特定のRAIDグループに含まれるすべて
のアレイLUNのサイズを同じにします。
•
LUNのサイズは、アグリゲート内のすべてのRAIDグループで同じにします。
4. ストレージ アレイ管理者に、アグリゲートで必要なサイズと数のLUNを作成するよう依
頼します。
パフォーマンス向上のために、ストレージ アレイのベンダーから提供されるドキュメン
トの説明に従ってLUNを最適化してください。
5. アグリゲート内のすべてのRAIDグループを同時に作成します。
注:
•
同じONTAP RAIDグループ内に、特性の異なるストレージ アレイのアレイLUNを混
在させないでください。
•
既存のアグリゲートに新しいRAIDグループを作成する場合は、新しいRAIDグルー
プのサイズがアグリゲート内の他のRAIDグループと同じになるようにし、アレイ
LUNがアグリゲート内の他のRAIDグループのLUNと同じサイズになるようにして
ください。
[ディスク]ウィンドウ
[ディスク]ウィンドウを使用して、ストレージ システム内のすべてのディスクを表示できま
す。
•
コマンド ボタン(150ページ)
•
概要(150ページ)
•
インベントリ(150ページ)
150 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
インベントリの詳細領域(152ページ)
コマンド ボタン
割り当て
ディスクの所有権をノードに割り当てまたは再割り当てします。
このボタンは、選択したディスクのコンテナのタイプが「未割り当て」、
「スペア」、
または「共有」の場合にのみ有効になります。
スペアの初期化
スペア ディスクおよびスペア アレイLUNのすべてのデータを消去してフォー
マットします。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
タブ
概要
クラスタ内のディスクに関する詳細情報(スペア ディスクと割り当て済みディスクのサイ
ズなど)が表示されます。このタブには、HDDのスペア ディスク、アグリゲート、および
ルート アグリゲートに関する情報と、キャッシュ ディスク(SSD)のスペア ディスク、ス
トレージ プールのディスク、アグリゲート、Flash Poolアグリゲート、およびルート アグリ
ゲートに関する情報も表示されます。
オールフラッシュで最適化されたシステムの場合は、HDDパネルは表示されません。
詳細パネルには、パーティショニングされたスペア ディスクとパーティショニングされて
いないスペア ディスクに関するその他の情報(ディスク タイプ、ノード、ディスク サイ
ズ、rpm、チェックサム、利用可能なディスクの数、スペア容量)がタブに分けて表示され
ます。
インベントリ
名前
ディスクの名前が表示されます。
コンテナのタイプ
ディスクの用途が表示されます。
「アグリゲート」、
「切断」、
「外部」、
「ラベルのメ
ンテナンス」、
「メンテナンス」、
「共有」、
「スペア」、
「未割り当て」、
「ボリューム」、
「不明」、「サポート対象外」のいずれかです。
パーティション タイプ
ディスクのパーティション タイプが表示されます。
ノード名
アグリゲートが含まれるノードの名前が表示されます。
このフィールドは、クラスタ レベルでのみ使用できます。
ホーム所有者
このディスクが割り当てられているホーム ノードの名前が表示されます。
現在の所有者
このディスクを現在所有しているノードの名前が表示されます。
ルート所有者
このディスクのルート パーティションを現在所有しているノードの名前が表示さ
れます。
物理ストレージの管理 | 151
データ所有者
このディスクのデータ パーティションを現在所有しているノードの名前が表示さ
れます。
Data1 所有者
ディスクのdata1パーティションを現在所有しているノードの名前が表示されま
す。
Data2 所有者
ディスクのdata2パーティションを現在所有しているノードの名前が表示されま
す。
ストレージ プール
ディスクが関連付けられているストレージ プールの名前が表示されます。
タイプ
ディスクの種類が表示されます。
ファームウェアのバージョン
ディスクのファームウェアのバージョンが表示されます。
モデル
ディスクのモデルが表示されます。
rpm
オプションraid.mix.hdd.rpm.capacityを有効にした場合はディスク ドライブ
の実効速度が表示され、オプションraid.mix.hdd.rpm.capacityを無効にした場
合はディスク ドライブの実際の速度が表示されます。
SSDの場合はこのフィールドは表示されません。
有効なサイズ
ディスク上で使用可能なスペースが表示されます。
物理スペース
ディスクの合計物理スペースが表示されます。
シェルフ
物理ディスクがあるシェルフが表示されます。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
ベイ
物理ディスクのシェルフ内のベイが表示されます。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
プール
選択したディスクが割り当てられているプールの名前が表示されます。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
チェックサム
チェックサムの種類が表示されます。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
キャリアID
指定したマルチディスク キャリア内のディスクに関する情報が表示されます。
IDの値は64ビットです。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
152 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
インベントリの詳細領域
[インベントリ]タブの下の領域には、アグリゲートまたはボリュームに関する情報(該当す
る場合)、ベンダーID、初期化の状態(%)、ディスクのシリアル番号、障害が発生したディ
スクのエラーの詳細など、選択したディスクに関する詳細情報が表示されます。共有ディス
クの場合、インベントリの詳細領域には、ルート アグリゲートとルート以外のアグリゲー
トを含むすべてのアグリゲートの名前が表示されます。
関連タスク
ディスク情報の表示(143ページ)
アレイLUN
System Managerを使用して、既存のアグリゲートにアレイLUNを割り当てたり、アレイLUN
を管理したりできます。
アレイLUNの割り当て
System Managerを使用して既存のアグリゲートに未割り当てのアレイLUNを割り当てるこ
とで、アグリゲートのサイズを拡張することができます。
タスク概要
•
アレイLUNの割り当ては、次の条件に当てはまる場合に実行できます。
◦ 選択したアレイLUNのコンテナ タイプが「未割り当て」である。
◦ ディスクがHAペア内のノードに接続されている。
◦ ディスクがノードで認識されている。
•
MetroCluster構成の場合、System ManagerでアレイLUNをスペアとして割り当てることは
できません。
代わりにコマンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アレイLUN]をクリックします。
2. アレイLUNを選択し、[割り当て]をクリックします。
3. [アレイLUNの割り当て]ダイアログ ボックスで、アレイLUNを割り当てるノードを選択
します。
4. [割り当て]をクリックします。
ノードへのスペア アレイLUNの再割り当て
System Managerを使用してスペア アレイLUNを別のノードに再割り当てすることで、アグリ
ゲートの容量を拡張することができます。
タスク概要
•
アレイLUNの再割り当ては、次の条件に当てはまる場合に実行できます。
◦ 選択したアレイLUNのコンテナ タイプが「スペア」である。
◦ ディスクがHAペア内のノードに接続されている。
物理ストレージの管理 | 153
◦ ディスクがノードで認識されている。
•
MetroCluster構成の場合、System ManagerでアレイLUNをスペアとして再割り当てするこ
とはできません。
代わりにコマンドライン インターフェイスを使用してください。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アレイLUN]をクリックします。
2. 再割り当てするスペア アレイLUNを選択し、[割り当て]をクリックします。
3. [警告]ダイアログ ボックスで、[続行]をクリックします。
4. [アレイLUNの割り当て]ダイアログ ボックスで、スペア アレイLUNを再割り当てする
ノードを選択します。
5. [割り当て]をクリックします。
スペア アレイLUNの初期化
System Managerを使用して、スペア アレイLUNに0を書き込むことで、アレイLUNのすべて
のデータを消去してフォーマットすることができます。これらのアレイLUNは新しいアグ
リゲートで使用できます。
タスク概要
スペア アレイLUNを初期化すると、スペア ディスクも含め、クラスタ内のすべてのスペア
が初期化されます。特定のノードまたはクラスタ全体について、スペア アレイLUNを初期
化することができます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [アレイLUN]をクリックします。
2. [スペアの初期化]をクリックします。
3. [スペアの初期化]ダイアログ ボックスで、アレイLUNを初期化する対象として、ノード
または「すべてのノード」を選択します。
4. [初期化されていないすべてのスペアを初期化します]チェック ボックスを選択して初期
化操作を確定します。
5. [スペアの初期化]をクリックします。
ディスクおよびアレイLUNについて
ディスクは、Data ONTAPを使用してネイティブなディスク シェルフにアクセスする、スト
レージ システムの基本的なストレージ ユニットです。アレイLUNは、サードパーティのス
トレージ アレイがData ONTAPを実行するストレージ システムに提供する基本的なスト
レージ ユニットです。
Data ONTAPでは、ディスクおよびアレイLUNに所有権を割り当てて、それらをアグリゲー
トに追加できます。Data ONTAPには、ディスクの削除、交換、消去など、ディスクを管理
するさまざまな方法も用意されています。アレイLUNはサードパーティのストレージ アレ
イによって提供されるため、アレイLUNに関する他のすべての管理タスクにはサードパー
ティのストレージ アレイを使用します。
アグリゲートはディスクまたはアレイLUNのどちらかを使用して作成できます。作成した
アグリゲートは、ディスクまたはアレイLUNのどちらから作成したかにかかわらず、Data
ONTAPを使用してまったく同じ方法で管理できます。
154 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ディスクとアレイLUNを使用できるようにする方法
Data ONTAPを実行しているシステムにディスクまたはアレイLUNを追加すると、ディスク
またはアレイLUNは、いくつかの段階を経て、Data ONTAPでデータやパリティ情報の格納
に使用できるようになります。
ディスクを使用できるようにするための手順は、アレイLUNを使用できるようにするための
手順とは少し異なります。次の図に、両方の手順を示します。
ディスク向けの手順では、次の作業を実行します。
1. 管理者がディスクをディスク シェルフに物理的に取り付けます。
ディスクはData ONTAPで認識されますが、所有権はまだ設定されていません。
2. ディスクの自動割り当てをサポートするようにシステムを設定している場合、Data
ONTAPによってディスクの所有権が割り当てられます。それ以外の場合は、管理者が手
動でディスクの所有権を割り当てる必要があります。
ディスクはスペア ディスクになります。
3. 管理者またはData ONTAPがディスクをアグリゲートに追加します。
ディスクはそのアグリゲートで使用されるようになります。ディスクにはデータやパリ
ティ情報を格納できます。
アレイLUN向けの手順では、次の作業を実行します。
1. ストレージ アレイ管理者がアレイLUNを作成して、Data ONTAPで使用できるようにしま
す。
アレイLUNはData ONTAPで認識されますが、所有権はまだ設定されていません。
2. Data ONTAP管理者がそのアレイLUNの所有権をData ONTAPシステムに割り当てます。
アレイLUNはスペア アレイLUNになります。
3. Data ONTAP管理者が、アレイLUNをアグリゲートに追加します。
アレイLUNはアグリゲートによって使用されるようになり、データの格納に使用されま
す。
物理ストレージの管理 | 155
種類の異なるアレイLUNをアグリゲート内に混在させる場合のルール
Data ONTAPでは、パフォーマンスが低下するため、異なる種類のストレージを同じアグリ
ゲート内に混在させることはサポートされていません。
同じアグリゲート内に混在させることができるアレイLUNの種類には制限があります。ア
グリゲートにアレイLUNを追加する場合は、これを順守する必要があります。Data ONTAP
では、異なる種類のアレイLUNを混在させることはできますが、同じアグリゲートにネイ
ティブ ディスクとアレイLUNを混在させることはできません。
同じアグリゲート内に、次の種類のアレイLUNを混在させることはできません。
•
異なるベンダーから提供されているストレージ アレイのアレイLUN
•
同じベンダーから提供されていても、異なるストレージ アレイ ファミリーに属している
ストレージ アレイのアレイLUN
注:同じファミリーに属しているストレージ アレイは、同じ特性(たとえば、同じパ
フォーマンス特性)を持っています。Data ONTAPでストレージ アレイが属するベン
ダーのファミリーがどのように定義されるかについては、 『FlexArray仮想化実装ガイ
ド(サードパーティ製ストレージ)』を参照してください。
•
ドライブ タイプが異なるアレイLUN(FCとSATAなど)
ドライブ タイプが異なるアレイLUNは、シリーズやベンダーが同じであっても、同じア
グリゲート内に混在させることはできません。この種の構成を設定する前に、認定代理
店に相談して、ご使用の環境に最も適した実装を計画してください。
[アレイLUN]ウィンドウ
[アレイLUN]ウィンドウでは、所有権をアレイLUNに割り当てて、それらのアレイLUNをア
グリゲートに追加できます。
左ナビゲーション ペインの[アレイLUN]リンクは、スペア アレイLUNがある場合と
V_StorageAttachライセンスがインストールされている場合にのみ表示されます。
•
コマンド ボタン(155ページ)
•
アレイLUNリスト(155ページ)
•
詳細領域(156ページ)
コマンド ボタン
割り当て
アレイLUNの所有権をノードに割り当てまたは再割り当てできます。
スペアの初期化
スペア アレイLUNおよびスペア ディスクのすべてのデータを消去してフォー
マットします。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
アレイLUNリスト
各アレイLUNの名前、状態、およびベンダーなどの情報が表示されます。
名前
アレイLUNの名前です。
156 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状態
アレイLUNの状態です。
ベンダー
ベンダーの名前です。
使用済みスペース
アレイLUNで使用されているスペースです。
合計サイズ
アレイLUNのサイズです。
コンテナ
このアレイLUNが属するアグリゲートです。
ノード名
このアレイLUNが属するノードの名前です。
ホーム所有者
このアレイLUNが割り当てられているホーム ノードの名前が表示されます。
現在の所有者
このアレイLUNを現在所有しているノードの名前が表示されます。
アレイ名
アレイの名前です。
プール
選択したアレイLUNが割り当てられているプールの名前が表示されます。
詳細領域
アレイLUNリストの下の領域には、選択したアレイLUNの詳細情報が表示されます。
ノード
System Managerを使用して、クラスタ内のノードの詳細を表示できます。
ComplianceClock時間の初期化
System Managerを使用して、ComplianceClock時間を現在のクラスタ時間に初期化できます。
SnapLockアグリゲートを作成するには、ComplianceClock時間を初期化しておく必要があり
ます。
開始する前に
SnapLockライセンスがインストールされている必要があります。
タスク概要
初期化したComplianceClock時間は、変更または停止することはできません。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [ノード]をクリックします。
2. ノードを選択し、[ComplianceClockの初期化]をクリックします。
物理ストレージの管理 | 157
3. [ComplianceClockの初期化]ダイアログ ボックスで、[はい]をクリックして
ComplianceClock時間を現在のクラスタ時間に初期化します。
[ノード]ウィンドウ
[ノード]を使用すると、クラスタ内のノードの詳細を表示できます。
•
コマンド ボタン(157ページ)
•
ノード リスト(157ページ)
コマンド ボタン
ComplianceClockの初期化
選択したノードのComplianceClockをシステム クロックの現在の値に初期化しま
す。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ノード リスト
名前
ノードの名前が表示されます。
状態
ノードが稼働しているかどうかの状態が表示されます。
アップタイム
ノードの稼働期間が表示されます。
Data ONTAPのバージョン
ノードにインストールされているData ONTAPのバージョンが表示されます。
モデル
ノードのプラットフォーム モデル番号が表示されます。
システムID
ノードのIDが表示されます。
シリアル番号
ノードのシリアル番号が表示されます。
オールフラッシュで最適化
このノードがオールフラッシュで最適化されているかどうかが表示されます。
詳細領域
選択したノードに関する詳細情報が表示されます。
[詳細]タブ
選択したノードに関する情報が表示されます。これには、ノードの名前、ノード
の状態、ノードの稼働期間などの情報が含まれます。
[パフォーマンス]タブ
選択したノードのスループット、IOPS、レイテンシが表示されます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。更新されたグラフを表示するには、ブラウザ
の表示を更新します。
158 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
Flash Cache
System Managerを使用して、Flash Cacheを管理できます。
Flash Cacheの有効化と無効化
System Managerを使用して、PAM IIカードまたはFlash Cacheモジュールがインストールされ
ているストレージ システムに対して、WAFLの外部キャッシュ機能を有効または無効にでき
ます。 Flash Cacheは、ストレージ システムのワークロード要件に基づいて有効にすること
ができます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [Flash Cache]をクリックします。
2. ノードを選択します。
3. 必要に応じて、[有効化]または[無効化]をクリックします。
Flash Cacheの仕組み
Flash Cacheを使用すると、ストレージ システムのパフォーマンスが向上します。
Flash Cacheとディスクは、ストレージ システムのワークロード要件に基づいて設定すること
ができます。Flash Cacheとディスクで処理する読み取りワークロード(読み取り操作の数)
を特定することで、ストレージ システムのパフォーマンスを分析できます。
ストレージ システムのブート時や、テイクオーバー後にストレージ システムに制御が戻っ
た時点では、Flash Cacheにはデータが格納されていません。そのため、ストレージ システム
のその時点のデータ読み取り要求はすべてディスクで処理されます。
Flash Cacheモジュールには、データ読み取り要求が処理されるに従って 少しずつデータが取
り込まれます。データ読み取り要求の処理は、Flash Cacheの方がディスクよりも高速である
ため、 Flash Cacheを利用するとストレージ システムのパフォーマンスが向上します。
Flash Cacheモジュールで処理されるデータ読み取り要求は、ディスクで処理されるデータ読
み取り要求に代わるものであるため、ストレージ システムのパフォーマンスがどの程度向
上するかは、代わりに処理されるディスク読み取りによって決まります。ストレージ シス
テムのパフォーマンスに対するFlash Cacheによる影響を判断するには、Flash Cacheにデータ
が格納されているときの読み取りワークロードのグラフを確認する必要があります。
[Flash Cache]ウィンドウ
[Flash Cache]ウィンドウでは、Flash Cacheモジュールがインストールされているストレージ
システムに対してFlash Cacheを有効または無効にできます。また、読み取りワークロードの
統計情報も確認できます。
このウィンドウは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できま
せん。
コマンド ボタン
有効化 / 無効化
Flash Cacheを有効または無効にします。
物理ストレージの管理 | 159
Flash Cacheの読み取りワークロード
ディスクとFlash Cacheモジュールで処理される読み取りワークロードの割合を示すグラフ
が表示されます。この情報から、ストレージ システムのパフォーマンスがわかります。
詳細領域
システムの読み取り遅延(秒)、キャッシュの設定を規定するキャッシュ モード、Flash Cache
の状態(有効または無効)、およびFlash Cacheのサイズ(GB)についての情報が表示されま
す。Flash Cacheカードが複数ある場合は、すべてのカードのキャッシュ サイズの合計が表示
されます。
イベント
System Managerを使用して、イベント ログやイベント通知を表示できます。
[イベント]ウィンドウ
[イベント]ウィンドウを使用して、イベント ログやイベント通知を表示できます。
コマンド ボタン
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
イベント リスト
時間
イベントが発生した時刻を表示します。
ノード
イベントが発生したノードおよびクラスタを表示します。
重大度
イベントの重大度を表示します。重大度レベルは次のとおりです。
•
緊急
イベント ソースが予期せず停止し、回復不能なデータ損失がシステムで発生し
たことを示します。長時間のダウンタイムを回避するために、すぐに対処する
必要があります。
•
アラート
イベント ソースにアラートが発生し、ダウンタイムを回避するために対処が必
要であることを示します。
•
重要
イベント ソースがクリティカルな状態であり、すぐに対処しないとサービスが
停止する可能性があることを示します。
•
エラー
イベント ソースが実行中ではあるものの、サービスの停止を回避するために対
処が必要であることを示します。
•
警告
イベント ソースに注意が必要なアラートが発生したことを示します。この重
大度のイベントではサービスは停止しませんが、対処する必要があります。
•
通知
160 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
イベント ソースは正常ですが、重大度は重要な状態にあり、注意が必要である
ことを示します。
•
情報
イベント ソースに注意が必要であることを示します。対処は不要です。
•
デバッグ
イベント ソースにデバッグ メッセージが含まれることを示します。
デフォルトでは、重大度がアラート、緊急、およびエラーのイベントが表示され
ます。
ソース
イベントのソースを表示します。
イベント
イベントの説明を表示します。
詳細領域
イベントの説明、メッセージ名、シーケンス番号、メッセージの説明、および選択されたイ
ベントの対処方法など、イベントの詳細を表示します。
システム アラート
System Managerを使用して、クラスタのさまざまな要素を監視できます。
システム ヘルスの監視
ヘルスモニタは、クラスタ内の特定のクリティカルな状態をプロアクティブに監視します。
アクティブなアラートがある場合、クラスタのヘルス ステータスはデグレードとレポート
されます。アラートには、デグレードのシステム ヘルスへの対処に必要な情報が含まれて
います。
ステータスがデグレードになっている場合は、考えられる原因や推奨されるリカバリ アク
ションなど、問題の詳細を表示できます。問題を解決すると、システム ヘルス ステータス
は自動的にOKに戻ります。
システム ヘルス ステータスには、複数の異なるヘルスモニタの結果が反映されます。1つの
ヘルスモニタのステータスがデグレードになると、システム ヘルス全体のステータスがデ
グレードになります。
クラスタ内のシステム ヘルスの監視では、次のクラスタ スイッチがサポートされます。
•
NetApp CN1601
•
NetApp CN1610
•
Cisco Nexus 5010
•
Cisco Nexus 5020
•
Cisco Nexus 5596
•
Cisco Catalyst 2960-24TT-L
物理ストレージの管理 | 161
システム ヘルス アラートの承認
System Managerを使用して、サブシステムのシステム ヘルス アラートについて承認して対
応することができます。表示される情報に基づいて、推奨される方法で対処し、アラートに
よって報告された問題を修正できます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [システム アラート]をクリックします。
2. [システム アラート]ウィンドウで、サブシステム名の横にある矢印アイコンをクリック
します。
3. 承認するアラートを選択し、[承認]をクリックします。
4. 名前を入力し、[承認]をクリックします。
関連資料
[システム アラート]ウィンドウ(163ページ)
システム ヘルス アラートの抑制
System Managerを使用して、対応が不要なシステム ヘルス アラートが通知されないように
(抑制)することができます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [システム アラート]をクリックします。
2. [システム アラート]ウィンドウで、サブシステム名の横にある矢印アイコンをクリック
します。
3. 抑制するアラートを選択し、[抑制]をクリックします。
4. 名前を入力し、[抑制]をクリックします。
関連資料
[システム アラート]ウィンドウ(163ページ)
システム ヘルス アラートの削除
System Managerを使用して、対応済みのシステム ヘルス アラートを削除できます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [システム アラート]をクリックします。
2. [システム アラート]ウィンドウで、サブシステム名の横にある矢印アイコンをクリック
します。
3. 削除するアラートを選択し、[削除]をクリックします。
4. [OK]をクリックします。
関連資料
[システム アラート]ウィンドウ(163ページ)
162 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
使用可能なクラスタ ヘルスモニタ
ヘルスモニタは複数あり、それぞれがクラスタの異なる部分を監視します。ヘルスモニタ
は、イベント検出、アラート送信、およびクリアされたイベントの削除を行い、Data ONTAP
サブシステム内で発生したエラーからのリカバリに役立ちます。
ヘルスモニタ名 サブシステム名
(識別子)
(識別子)
検証目的
クラスタ スイッ スイッチ
温度、利用率、インターフェイスの設定、冗長性(ク
(Switch-Health) ラスタ ネットワーク スイッチのみ)、ファンおよび
チ
電源の動作に関して、クラスタ ネットワーク スイッ
(cluster-switch)
チと管理ネットワーク スイッチを監視します。ク
ラスタ スイッチ ヘルスモニタはSNMPでスイッチ
と通信します。デフォルトの設定はSNMPv2cです。
MetroCluster
ファブリック
スイッチ
MetroClusterヘ
ルス
インターコネク FC-VIアダプタ、FCイニシエータ アダプタ、取り残
ト、RAID、およ されたアグリゲートやディスク、およびクラスタ間
びストレージ
ポートを監視します。
ノード接続
(node-connect)
CIFSの無停止運 SMB接続を監視して、Hyper-Vアプリケーションへの
用(CIFS-NDO) 無停止運用を維持します。
ストレージ
(SAS-connect)
システム
利用不可
システム接続
ストレージ
(SAS-connect)
(system-connect)
MetroCluster構成のバックエンド ファブリック トポ
ロジを監視して、間違ったケーブル接続およびゾー
ニングなどの設定ミスや、ISLの障害を検出します。
ノード レベルでシェルフ、ディスク、およびアダプ
タを監視して、適切なパスと接続を維持します。
他のヘルスモニタからの情報を集約します。
クラスタ レベルでシェルフを監視して、2つのHAク
ラスタ ノードへの適切なパスを維持します。
システム ヘルス アラートへの対応方法
システム ヘルス アラートが発生したら、承認(応答)し、その詳細を調べ、原因となって
いる状況を修正して、再発しないようにします。
ヘルスモニタからアラートが発せられた場合、次のいずれかの方法で対応できます。
•
影響を受けるリソース、アラートの重大度、考えられる原因、考えられる影響、対処方
法など、アラートに関する情報を入手する
•
アラートが発せられた時間、すでに誰かが承認しているかどうかなど、アラートに関す
る詳細情報を入手する
•
特定のシェルフやディスクなど、影響を受けるリソースまたはサブシステムの状態に関
するヘルス関連の情報を入手する
•
アラートを承認してその問題に対応中であることを示し、自分自身を「承認者」として
特定する
•
ケーブル配線を修正して接続の問題を解決するなど、アラートで指定された対処方法を
実施することによって、問題を解決する
•
アラートが自動的に解除されない場合は、そのアラートを削除する
•
サブシステムのヘルスの状態に影響しないようにアラートを抑制する
物理ストレージの管理 | 163
問題を把握した場合は、抑制が役に立ちます。アラートを抑制すると、そのアラートは
引き続き発生する可能性がありますが、その場合もサブシステムのヘルスは「ok-withsuppressed」と 表示されます。
[システム アラート]ウィンドウ
[システム アラート]ウィンドウでは、システム ヘルス アラートの詳細を確認できます。ま
た、アラートの承認、削除、および抑制もこのウィンドウから実行できます。
コマンド ボタン
承認
選択したアラートを承認し、問題に対処中であることを示すことができます。こ
のボタンをクリックしたユーザが「承認者」に設定されます。
抑制
選択したアラートを抑制し、同じアラートが今後通知されないようにすることが
できます。クリックしたユーザが「抑制者」に設定されます。
削除
選択したアラートを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
アラートのリスト
サブシステム (アラート数)
アラートが生成されるサブシステム(SAS接続、スイッチ ヘルス、CIFS NDO、
MetroClusterなど)の名前を表示します。
アラートID
アラートIDが表示されます。
ノード
アラートが生成されるノードの名前を表示します。
重大度
アラートの重大度(不明、その他、情報、デグレード、マイナー、メジャー、ク
リティカル、致命的のいずれか)が表示されます。
リソース
特定のシェルフやディスクなど、アラートを生成したリソースが表示されます。
時刻
アラートが生成された時刻が表示されます。
詳細領域
詳細領域には、アラートが生成された時刻や、そのアラートが承認されているかどうかな
ど、アラートに関する詳細な情報が表示されます。 また、考えられる原因、アラートによっ
て発生する状態が与えるかもしれない影響、およびアラートによって報告された問題を修正
するための推奨アクションなども、この領域に表示されます。
関連タスク
システム ヘルス アラートの承認(161ページ)
システム ヘルス アラートの抑制(161ページ)
システム ヘルス アラートの削除(161ページ)
164 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
AutoSupport通知
System Managerを使用して、ストレージ システムのヘルス モニタリングに役立つ
AutoSupport通知を設定できます。
AutoSupport通知の設定
System Managerの[AutoSupport設定の編集]ダイアログ ボックスを使用して、AutoSupport通知
を設定できます。Eメール通知の送信元のEメール アドレスを指定したり、複数のEメール
ホスト名を追加したりできます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[編集]をクリックします。
3. [Eメール受信者]タブで、Eメール通知を送信するEメール アドレスを入力し、Eメール受
信者と各Eメール受信者へのメッセージの内容を指定して、メール ホストを追加します。
ホスト名のEメール アドレスは5つまで追加できます。
4. [その他]タブで、Eメール メッセージを配信する転送プロトコルをドロップダウン リスト
から選択し、HTTPまたはHTTPSプロキシ サーバの詳細を指定します。
5. [OK]をクリックします。
6. [AutoSupport]ウィンドウで、AutoSupport通知の設定が正しく反映されていることを確認
します。
AutoSupport設定の有効化と無効化
System Managerを使用して、ストレージ システムでAutoSupport設定を有効または無効にする
ことができます。AutoSupportメッセージを使用すると、ストレージ システムのヘルスを監
視したり、テクニカル サポートや社内のサポート部門に通知を送信したりできます。
タスク概要
AutoSupportオプションは、デフォルトで有効に設定されています。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[有効化]または[無効化]をクリックします。
3. [OK]をクリックします。
4. 表示されるAutoSupportのステータスで変更内容が正しく反映されていることを確認しま
す。
物理ストレージの管理 | 165
AutoSupport Eメール受信者の追加
System Managerの[AutoSupport設定の編集]ダイアログ ボックスで、[Eメール受信者]タブを使
用してAutoSupport通知の受診者のEメール アドレスを追加できます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[編集]をクリックします。
3. [Eメール受信者]タブで、Eメール受信者のアドレスを入力し、受信者に完全なメッセー
ジと短いメッセージのどちらを送るかを指定して、[追加]をクリックします。
4. [OK]をクリックします。
5. 指定した詳細が[AutoSupport]ウィンドウに表示されていることを確認します。
AutoSupportの設定のテスト
System Managerの[AutoSupportのテスト]ダイアログ ボックスを使用して、AutoSupportが正し
く設定されているかどうかをテストできます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[テスト]をクリックします。
3. [AutoSupportのテスト]ダイアログ ボックスで、AutoSupportの件名として「Test
AutoSupport」か、またはAutoSupportの設定テストであることを受信者に知らせる任意の
テキストを入力します。
4. [テスト]をクリックします。
指定した受信者に、件名が「Test AutoSupport」または[AutoSupportの件名]ボックスに入
力したテキストのEメール メッセージが送信されます。
AutoSupportデータの生成
System Managerを使用して1つまたは複数のノードのAutoSupportデータを生成することで、
それらのヘルスを監視したり、テクニカル サポートに通知を送信したりできます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[AutoSupport 要求] > [AutoSupport の生成]をクリックします。
デフォルトでは、すべてのノードのAutoSupportデータが生成されます。
3. [AutoSupportの生成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. 特定のノードのAutoSupportデータを生成する場合は、[すべてのノードに対して
AutoSupport データを生成する]チェック ボックスをオフにし、ノードを選択します。
b. ケース番号を入力します。
4. [生成]をクリックします。
5. [確認]ダイアログ ボックスで、[OK]をクリックします。
166 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
AutoSupportの概要の表示
System Managerを使用して以前のすべてのAutoSupportデータのステータスと詳細を表示す
ることで、テクニカル サポートに送信したデータを確認することができます。また、スト
レージ システムのヘルスやパフォーマンスに関する情報も確認できます。
手順
1. [ハードウェアおよび診断] > [AutoSupport]をクリックします。
2. ノードを選択し、[AutoSupport 要求] > [前の概要を表示]をクリックします。
すべてのノードのAutoSupportデータが表示されます。
3. [OK]をクリックします。
AutoSupportの重大度のタイプ
AutoSupportメッセージには、各メッセージの目的を示す重大度のタイプが設定されます。こ
れにより、たとえば、すぐに対処する必要がある緊急の問題を示すメッセージなのか、情報
提供のみを目的としたメッセージなのかがわかります。
メッセージには次のいずれかの重大度が設定されます。
•
アラート:アラート メッセージは、何らかの対処を行わないと、より重大度の高いイベ
ントが発生する可能性があることを示します。
アラート メッセージに対しては、24時間以内に対処を行う必要があります。
•
緊急:システム停止が発生した場合は、緊急メッセージが表示されます。
緊急メッセージに対しては、即時に対処を行う必要があります。
•
エラー:エラー メッセージは、そのメッセージを無視した場合に発生する可能性のある
問題を示します。
•
通知:通常の状態だが重要な状態。
•
情報:情報メッセージは、問題に関する詳細情報を示します。このメッセージは無視し
てかまいません。
•
デバッグ:デバッグレベルのメッセージは、実行する必要のある手順を示します。
社内のサポート部門がAutoSupportメッセージをEメールで受信する場合、重大度はEメール
メッセージの件名に表示されます。
[AutoSupport]ウィンドウ
[AutoSupport]ウィンドウでは、システムの現在のAutoSupport設定を表示できます。システム
のAutoSupport設定を変更することもできます。
コマンド ボタン
有効化
AutoSupport通知を有効にします。
無効化
AutoSupport通知を無効にします。
編集
[AutoSupport設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスで、Eメール通知の送信元のEメール アドレスを指定したり、ホスト名の複数
のEメール アドレスを追加したりできます。
物理ストレージの管理 | 167
テスト
[AutoSupportのテスト]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、AutoSupportのテスト メッセージを生成できます。
AutoSupport 要求
次のAutoSupport要求を行います。
AutoSupport の生成
選択したノードまたはすべてのノードのAutoSupportデータを生成します。
前の概要を表示
以前のすべてのAutoSupportデータのステータスと詳細を表示します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
詳細領域
詳細領域には、ノード名、AutoSupportのステータス、使用される転送プロトコル、プロキシ
サーバの名前など、AutoSupportの設定情報が表示されます。
関連タスク
サポート ページのセットアップ(28ページ)
ジョブ
System Managerを使用して、ジョブ情報の表示やジョブの進捗状況の監視などのジョブ タス
クを管理できます。
ジョブ
ジョブは非同期タスクであり、データのコピー、移動、ミラーリングなど、一般的に長時間
実行されるボリューム処理です。ジョブはジョブ キューに配置され、リソースが利用可能
になると実行されます。クラスタ管理者は、ジョブ管理に関連するすべてのタスクを実行で
きます。
ジョブは、次のいずれかのカテゴリに分類されます。
•
サーバ関連ジョブは、特定のノードで実行される管理フレームワークによってキューに
入れられます。
•
クラスタ関連ジョブは、クラスタ内の任意のノードで実行される管理フレームワークに
よってキューに入れられます。
•
プライベート ジョブはノードに固有で、レプリケートされたデータベース(RDB)また
はその他のクラスタ メカニズムを使用しません。
プライベート ジョブの管理コマンドを実行するには、advanced特権レベル以上が必要で
す。
ジョブは、次の方法で管理できます。
•
次のようなジョブ情報を表示する
◦ ノードごとのジョブ
◦ クラスタ関連ジョブ
◦ 完了したジョブ
168 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
◦ ジョブ履歴
•
ジョブの進捗状況を監視する
•
ジョブ マネージャの初期化状態に関する情報を表示する
完了したジョブの結果は、イベント ログで確認できます。
[ジョブ]ウィンドウ
[ジョブ]ウィンドウを使用して、ジョブ情報の表示やジョブの進捗状況の監視などのジョブ
タスクを管理できます。
コマンド ボタン
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
タブ
現在のジョブ
このタブには、実行中のジョブ タスクに関する情報が表示されます。
ジョブ履歴
このタブには、すべてのジョブに関する情報が表示されます。
ジョブ リスト
ジョブ ID
ジョブのIDを表示します。
開始時間
ジョブの開始時間を表示します。
ジョブ名
ジョブの名前を表示します。
ノード
ノードの名前を表示します。
状態
ジョブの状態を表示します。
ジョブの説明
ジョブの説明を表示します。
進捗状況
ジョブの状態を表示します。
スケジュール名
スケジュールの名前を表示します。
Flash Pool統計情報
System Managerを使用して、選択したFlash PoolアグリゲートのSSD層に対する読み取り / 書
き込みワークロードをリアルタイムで表示できます。
物理ストレージの管理 | 169
Flash Poolアグリゲートの統計情報ウィンドウ
選択したFlash PoolアグリゲートのSSD階層に対する、リアルタイムの読み取り / 書き込み
ワークロードを表示できます。
このウィンドウは、オールフラッシュで最適化されたノードを含むクラスタでは使用できま
せん。
Flash Poolアグリゲートの統計情報の表示
Flash Poolアグリゲートのリストから、統計情報を表示するFlash Poolアグリゲート
を選択できます。
SSD キャッシュの読み取りワークロード
Flash Poolアグリゲートに送信されたすべての読み取り要求のうち、SSD階層で実行された読
み取り処理の割合をグラフに表示します。
SSD キャッシュの書き込みワークロード
Flash Poolアグリゲートに送信されたすべての書き込み要求のうち、SSD階層で実行された書
き込み処理の割合をグラフに表示します。
170
論理ストレージの管理
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)、ボリューム、qtree、プロトコ
ル、ポリシーなど、論理ストレージを管理できます。
SVM
System Managerを使用して、クラスタ内のSVMを管理できます。
SVMの[ダッシュボード]ウィンドウ
ダッシュボードは、SVMとそのパフォーマンスについての累積情報をわかりやすく表示しま
す。[ダッシュボード]ウィンドウを使用して、SVMに関する重要な情報を確認できます。こ
れには、設定されているプロトコル、容量の上限に近づいているボリューム、パフォーマン
スなどの情報が含まれます。
SVMの詳細
このウィンドウでは、SVMのプロトコルのステータス、容量の上限に近づいているボリュー
ム、パフォーマンスなど、SVMに関する詳細が各パネルに表示されます。
プロトコルのステータス
SVM用に設定されているプロトコルの概要が表示されます。プロトコル名をク
リックすると設定を確認できます。
プロトコルが設定されていない場合やSVM用のプロトコルのライセンスがない場
合は、プロトコル名をクリックして、プロトコルを設定したりプロトコルのライ
センスを追加したりできます。
容量の上限に近いボリューム
容量の使用率が80%以上になっていてすぐに対処が必要なボリュームの詳細情報
が表示されます。
SVMパフォーマンス
レイテンシやIOPSなど、SVMのプロトコルのパフォーマンス指標が表示されま
す。
Data ONTAPからSVMのパフォーマンス情報を取得できない場合は、対応するグラ
フを表示できません。この場合、System Managerはエラー メッセージを表示しま
す。
このパネルの更新間隔は15秒です。
SVMの監視
System Managerのダッシュボードを使用すると、Storage Virtual Machine(SVM)の健常性と
パフォーマンスを監視できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. ダッシュボード パネル内の詳細情報を確認します。
論理ストレージの管理 | 171
SVM設定の編集
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)のプロパティ(ネーム サービス
スイッチ、ネーム マッピング スイッチ、アグリゲート リストなど)を編集できます。
タスク概要
•
次のSVMプロパティの値を編集できます。
◦ ネーム サービス スイッチ
◦ データのやり取りに使用できるプロトコル
注:SVMにCIFSプロトコルが設定されている場合、そのSVMでCIFSプロトコルを禁
止しても引き続きデータ処理に使用されます。
◦ ボリュームの作成に使用可能なアグリゲートのリスト
Infinite Volumeを備えたSVMでアグリゲートを指定しないと、Infinite Volumeはクラス
タ内のすべてのアグリゲートにまたがって作成されます。
注:FlexVolの場合、アグリゲートを割り当てることができるのは、SVM管理者に管
理を委譲している場合だけです。
•
System Managerでは、CLIを使用して作成されたSVMや、Data ONTAPによってサービス
が設定されておらず、デフォルト値に設定されていないSVMについては、ネーム サービ
ス スイッチおよびネーム マッピング スイッチの値は表示されません。
[サービス]タブは無効になっているため、サービスを表示するにはCLIを使用します。
System Managerでネーム サービス スイッチおよびネーム マッピング スイッチが表示さ
れるのは、SVMをSystem Managerで作成した場合と、SVMのサービスがData ONTAPでデ
フォルト値に設定されている場合だけです。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [詳細]タブで、必要なデータ プロトコルを変更します。
4. [リソースの割り当て]タブで、ボリューム作成を委譲する方法を選択します。
ボリューム作成をプロビ
ジョニングするアグリゲー
ト
作業
すべてのアグリゲート
[ボリューム作成を委譲しない]オプションを選択します。
特定のアグリゲート
a.
[ボリューム作成を委譲する]オプションを選択します。
b.
ボリューム作成を委譲するアグリゲートを選択します。
5. [サービス]タブで、必要なデータベース タイプに対するネーム サービス スイッチ ソー
ス、およびネーム サービス情報取得時の各ソースの参照順序を指定します。
各データベース タイプのデフォルト値は次のとおりです。
•
hosts:files、dns
•
namemap:files
•
group:files
172 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
netgroup:files
•
passwd:files
6. [保存して閉じる]をクリックします。
関連概念
ONTAPのネーム サービス スイッチ設定の仕組み(177ページ)
SVMの削除
System Managerを使用して、不要になったStorage Virtual Machine(SVM)をストレージ シス
テム構成から削除できます。
開始する前に
次の作業を完了しておきます。
1. すべてのボリュームのSnapshotコピー、データ保護(DP)ミラー、および負荷共有(LS)
ミラーを無効にします。
注:LSミラーはCLIを使用して無効にする必要があります。
2. FlexVolを備えたSVMを削除する場合は、SVMに属するigroupを手動ですべて削除します。
3. ポートセットをすべて削除します。
4. ルート ボリュームを含め、SVM内のボリュームをすべて削除します。
5. LUNのマッピングを解除し、オフラインにして削除します。
6. FlexVolを備えたSVMを削除する場合は、CIFSサーバを削除します。
7. SVMに関連付けられている、カスタマイズされたユーザ アカウントとロールをすべて削
除します。
8. SVMを停止します。
タスク概要
SVMを削除すると、SVMに関連付けられている次のオブジェクトも削除されます。
•
LIF、LIFフェイルオーバー グループ、およびLIFルーティング グループ
•
エクスポート ポリシー
•
効率化ポリシー
Kerberosを使用するように設定されているSVMを削除したり、別のService Principal Name
(SPN;サービス プリンシパル名)を使用するようにSVMを変更したりした場合、SVMの元の
サービス プリンシパルは自動的に削除されず、またKerberos Realmからも無効になりませ
ん。元のプリンシパルは、手動で削除するか、無効にする必要があります。プリンシパルを
削除または無効にするためには、Kerberos Realm管理者のユーザ名とパスワードが必要です。
あるSVMを削除する前に別のSVMにそのSVMのデータを移動しておく場合は、SnapMirrorテ
クノロジを使用します。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. 削除するSVMを選択し、[削除]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 173
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
SVMの開始
System Managerを使用してStorage Virtual Machine(SVM)を開始することで、SVMからデー
タにアクセスできるようになります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. 開始するSVMを選択し、[開始]をクリックします。
タスクの結果
SVMによるクライアントへのデータの提供が開始されます。
SVMの停止
Storage Virtual Machine(SVM)の問題のトラブルシューティングを行う場合、SVMを削除す
る場合、またはSVMからのデータ アクセスを停止する場合は、System Managerを使用して
SVMを停止できます。
開始する前に
SVMに接続されているすべてのクライアントを切断する必要があります。
注意:SVMの停止時にSVMにクライアントが接続されていると、データの損失が発生する
可能性があります。
タスク概要
•
Storage Failover(SFO;ストレージ フェイルオーバー)中はSVMを停止できません。
•
SVMを停止すると、SVM管理者はSVMにログインできなくなります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. 停止するSVMを選択し、[停止]をクリックします。
タスクの結果
SVMによるクライアントへのデータの提供が停止します。
SVMとは
Storage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)には、複数のデータ ボリュームと、クライアン
トへのデータの提供に使用するLIFが1つ以上含まれます。clustered Data ONTAP 8.1.1以降の
SVMには、1つ以上のFlexVol、または1つのInfinite Volumeを含めることができます。
SVMは共有されている仮想データ ストレージおよびネットワークを安全に分離し、クライ
アントにはそれぞれのSVMが単一の専用サーバとして認識されます。各SVMには独立した
管理者認証ドメインがあり、SVM管理者による個別管理が可能です。
クラスタでは、SVMがデータ アクセスを提供します。データをやり取りするために、クラ
スタでは少なくとも1つのSVMが必要です。SVMでは、クラスタのストレージ リソースと
ネットワーク リソースが使用されます。ただし、ボリュームとLIFはSVM専用です。1つの
174 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
クラスタ内に複数のSVMが共存でき、クラスタ内のどのノードにバインドされることもあり
ません。ただし、所属している物理クラスタには紐付けられます。
各クラスタには、FlexVolを備えたSVMとInfinite Volumeを備えたSVMを1つ以上配置できま
す。
FlexVolを備えたSVM
データLIF
管理
LIF
SVM管理者
複数のFlexVol
NFS、
CIFS、
iSCSI、
および
FC
クライアント アクセス
FlexVolを備えたSVM
NAS環境内のFlexVolを備えたSVMは、それぞれが1つのディレクトリ階層として表示され、
一意のネームスペースが割り当てられます。ネームスペースを使用することで、NASクライ
アントはデータの物理的な場所を指定することなくデータにアクセスできます。また、クラ
スタおよびSVMの管理者は、分散されたデータ ストレージを、複数の階層からなる単一の
ディレクトリとして管理できます。
NASの各SVM内のボリュームはジャンクションによって相互に関連付けられ、ジャンクショ
ン パスにマウントされます。これらのジャンクションは、各ボリューム内のファイルシス
テムを表します。SVMのルート ボリュームはネームスペース階層の最上位に位置する
FlexVolで、その他のボリュームはSVMのルート ボリュームにマウントされてネームスペー
スを拡張します。SVMにボリュームが作成されると、SVMのルート ボリュームにジャンク
ション パスが追加されます。
FlexVolを備えたSVMには、ファイルとLUNを含めることができます。このSVMは、NASク
ライアントにはNFSプロトコルとCIFSプロトコルを使用してファイルレベルのデータ アク
セスを提供し、SANホストにはiSCSIプロトコルとFibre Channel(FC;ファイバチャネル)プ
ロトコル(FCoEが含まれる)を使用してブロックレベルのデータ アクセスを提供します。
Infinite Volumeを備えたSVM
データLIF
管理
LIF
SVM管理者
Infinite Volume
NFSおよび
CIFS
クライアント アクセス
Infinite Volumeを備えたSVM
Infinite Volumeを備えたSVMには、データを提供するInfinite Volumeを1つだけ含めることが
できます。Infinite Volumeを備えたSVMに含まれるジャンクション パスは1つで、デフォルト
論理ストレージの管理 | 175
値は/NSです。このジャンクションは、Infinite Volumeを備えたSVMが提供する大規模なネー
ムスペースに対して単一のマウント ポイントを提供します。Infinite Volumeを備えたSVMに
ジャンクションを追加することはできません。 ただし、Infinite Volumeのサイズを拡張する
ことはできます。
Infinite Volumeを備えたSVMが格納できるのはファイルだけです。このタイプのSVMは、
NFSプロトコルとCIFSプロトコルを使用してファイルレベルのデータ アクセスを提供しま
す。Infinite Volumeを備えたSVMにLUNを含めることはできず、ブロックレベルのデータ ア
クセスは提供されません。
注:Data ONTAPのコマンドライン インターフェイス(CLI)では、コマンドやパラメータ
名がvserverのまま変更されておらず、出力にもこれまでどおりVserverと表示されます。
SVMの管理
Storage Virtual Machine(SVM)管理者は、クラスタ管理者によって割り当てられた権限に応
じて、SVMおよびそのリソース(ボリューム、プロトコル、サービスなど)を管理できま
す。SVM管理者は、SVMを作成、変更、または削除できません。
注:SVM管理者は、System Managerにログインできません。
SVM管理者は、次に示す管理作業のすべてまたは一部を実施できます
•
データ アクセス プロトコルの設定
SVM管理者は、NFS、CIFS、iSCSI、およびFibre Channel(FC、FCoEを含む)などのデー
タ アクセス プロトコルを設定できます。
•
サービスの設定
SVM管理者は、LDAP、NIS、DNSなどのサービスを設定できます。
•
ストレージ管理
SVM管理者は、ボリューム、クォータ、qtree、およびファイルを管理できます。
•
SAN環境でのLUN管理
•
ボリュームのSnapshotコピーの管理
•
SVMの監視
SVM管理者は、ジョブ、ネットワーク接続、ネットワーク インターフェイス、および
SVMのヘルスを監視できます。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
SVMの種類
クラスタは、クラスタとそのリソースの管理、およびクライアントとアプリケーションへの
データ アクセスを支援する3種類のSVMで構成されます。
クラスタには、次の種類のSVMが含まれます。
•
管理SVM
クラスタのセットアップ プロセスでは、クラスタ用の管理SVMが自動的に作成されま
す。管理SVMはクラスタを表します。
•
ノードSVM
ノードSVMは、ノードがクラスタに追加されると作成され、ノードSVMはクラスタの個
別のノードを表します。
•
システムSVM(アドバンスト)
176 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
システムSVMは、クラスタレベルの通信用にIPspace内に自動的に作成されます。
•
データSVM
データSVMは、データを提供するSVMを表します。クラスタのセットアップ後、クラス
タ管理者はデータSVMを作成し、作成したSVMにボリュームを追加して、クラスタから
のデータ アクセスを可能にする必要があります。
クラスタがクライアントにデータを提供するためには、少なくとも1つのデータSVMが必
要です。
注:特に指定がないかぎり、SVMという用語はデータ(データ提供用)SVMを指します。
これは、FlexVolを備えたSVMとInfinite Volumeを備えたSVMの両方に適用されます。
CLIでは、SVMはVserverと表示されます。
SVMの使用目的
Storage Virtual Machine(SVM、旧Vserver)は、他のあらゆるストレージ システムと同様に、
物理ストレージかコントローラかにかかわらず、クライアントにデータ アクセスを提供し
ます。SVMには、ノンストップ オペレーション、優れた拡張性、セキュリティ、ユニファ
イド ストレージなどの利点があります。
SVMには次の利点があります。
•
マルチテナンシー
SVMは、セキュア マルチテナンシーの基本ユニットであり、ストレージ インフラをパー
ティショニングすることで、複数の独立したストレージ システムが存在するように見せ
ることができます。これらのパーティションでは、データと管理が分離されます。
•
ノンストップ オペレーション
SVMは、必要なかぎり継続的に無停止で稼働できます。SVMを使用すると、ソフトウェ
アとハードウェアのアップグレード、ノードの追加と削除、およびすべての管理操作中
もクラスタを継続的に稼働できるようになります。
•
優れた拡張性
SVMは、オンデマンド データ スループットなどのストレージ要件を満たします。
•
セキュリティ
SVMはそれぞれ単一の独立したサーバとみなされるため、複数のSVMを相互にデータフ
ローがない状態でクラスタ内に共存させることができます。
•
ユニファイド ストレージ
SVMは、複数のデータ アクセス プロトコルを使用して同時にデータをやり取りできま
す。SVMは、CIFSやNFSなどのNASプロトコルでファイルレベルのデータ アクセスを提
供し、iSCSIやFC(FCoEを含む)などのSANプロトコルでブロックレベルのデータ アク
セスを提供します。SVMは、SANクライアントとNASクライアントそれぞれに同時に
データを提供できます。
注:Infinite Volumeを備えたSVMで使用できるのは、NFSおよびCIFSプロトコルのみで
す。
•
管理の委譲
SVMには、それぞれにユーザおよび管理者認証を設定できます。SVM管理者は、自身が
アクセス権を付与されているSVMを管理できます。ただしSVM管理者には、クラスタ管
理者によって割り当てられた権限があります。
•
大規模なデータセットの管理が簡単
Infinite Volumeを備えたSVMを使用すると、SVM管理者がデータ コンテナを複数ではな
く1つだけ管理すれば済むため、大規模な非構造化データの管理が簡単になります。
論理ストレージの管理 | 177
ONTAPのネーム サービス スイッチ設定の仕組み
ONTAPでは、UNIXシステムの/etc/nsswitch.confファイルに相当するテーブルにネーム
サービス設定情報が格納されます。このテーブルを環境に応じて適切に設定するためには、
その機能とONTAPでテーブルがどのように使用されるかを理解しておく必要があります。
ネーム サービス スイッチ テーブルは、ONTAPが特定の種類のネーム サービス情報を取得
する際にどのネーム サービス ソースをどの順番で参照するかを決定します。ネーム サー
ビス スイッチ テーブルは、Storage Virtual Machine(SVM)ごとに作成および保存されます。
データベース タイプ
テーブルには、次の各データベース タイプについてネーム サービスのリストが格納されま
す。
データベー
ス タイプ
ネーム サービス ソースの用途
有効なソース
hosts
ホスト名のIPアドレスへの変換
files、dns
group
ユーザ グループ情報の検索
files、nis、ldap
passwd
ユーザ情報の検索
files、nis、ldap
netgroup
ネットグループ情報の検索
files、nis、ldap
namemap
ユーザ名のマッピング
files、ldap
ソース タイプ
ソース タイプによって、該当する情報を取得するために使用するネーム サービス ソースが
決まります。
ソース
タイプ
情報の検索先
files
ローカルのソース ファイル
使用するコマンド
vserver services nameservice unix-user
vserver services nameservice unix-group
vserver services nameservice netgroup
vserver services nameservice dns hosts
nis
SVMのNISドメイン設定で指定された外
部のNISサーバ
vserver services nameservice nis-domain
ldap
SVMのLDAPクライアント設定で指定さ
れた外部のLDAPサーバ
vserver services nameservice ldap
dns
SVMのDNS設定で指定された外部のDNS
サーバ
vserver services nameservice dns
データ アクセスとSVM管理者の両方の認証にNISまたはLDAPを使用する場合も、NIS認証
またはLDAP認証が失敗した場合に備え、filesでローカル ユーザも設定しておく必要があ
ります。
178 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連タスク
SVM設定の編集(171ページ)
[Storage Virtual Machine]ウィンドウ
[Storage Virtual Machine]ウィンドウを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)を管理した
り、SVMに関する情報を表示したりできます。
System Managerを使用して、ディザスタ リカバリ(DR)用に設定されたSVMを管理(作成、
編集、削除、開始、または停止)することはできません。 また、アプリケーション インター
フェイスでは、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMに関連付けられたストレージ オブ
ジェクトを表示することもできません。
コマンド ボタン
作成
Storage Virtual Machine(SVM)のセットアップウィザードを表示します。このウィ
ザードで、新しいSVMを作成できます。
編集
[Storage Virtual Machine の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、選択したSVMのプロパティ(ネーム サービス スイッチ、ネーム マッ
ピング スイッチ、アグリゲート リストなど)を変更できます。
削除
選択したSVMを削除します。
開始
選択したSVMを起動します。
停止
選択したSVMを停止します。
管理
選択したSVMのストレージ、ポリシー、および設定を管理します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
SVMリスト
SVMリストには、各SVMの名前と、そのSVMで使用可能なプロトコルが表示されます。
System Managerで表示できるのはデータSVMだけです。
名前
SVMの名前が表示されます。
状態
SVMの状態(実行中、起動中、停止、停止中など)が表示されます。
サブタイプ
SVMのサブタイプが表示されます。サブタイプは次のいずれかになります。
•
default
SVMがデータ提供用SVMであることを示します。
•
dp-destination
SVMがディザスタ リカバリ用に設定されていることを示します。
•
sync-source
論理ストレージの管理 | 179
SVMがMetroCluster構成のプライマリ サイト内にあることを示します。
•
sync-destination
SVMがMetroCluster構成のセカンダリ サイト内にあることを示します。
許可されたプロトコル
各SVMで許可されているプロトコル(CIFSやNFSなど)が表示されます。
IPspace
関連付けられたSVMのIPspaceが表示されます。
ボリュームの種類
各SVMで許可されているボリューム タイプ(FlexVolやInfinite Volumeなど)が表
示されます。
設定状態
SVMの設定状態がロックされているかどうかが表示されます。
詳細領域
SVMのリストの下の領域には、選択したSVMに関する詳細情報が表示されます。これには、
許可されているボリュームのタイプ、言語、Snapshotポリシーなどの情報が含まれます。
このSVMで許可されるプロトコルを設定することもできます。SVMの作成時にプロトコル
を設定していない場合は、プロトコルのリンクをクリックしてプロトコルを設定できます。
System Managerを使用して、ディザスタ リカバリ用に設定されたSVMのプロトコルを設定す
ることはできません。
注:SVMに対してすでにFCPサービスが開始されている場合は、FCおよびFCoEのリンク
をクリックすると[ネットワーク インターフェイス]ウィンドウが開きます。
プロトコルの設定のステータスが色で示されます。
ステータス
説明
緑
LIFが存在し、プロトコルが設定されていま
す。
リンクをクリックして設定の詳細を確認で
きます。
注:設定は完全には完了していない可能性
があります。ただし、サービスは実行さ
れています。LIFを作成し、設定を完了す
るには、[ネットワーク インターフェイ
ス]ウィンドウを使用します。
黄
グレー
次のいずれかを示します。
•
LIFが存在します。サービスは作成され
ていますが実行されていません。
•
LIFが存在します。サービスは作成され
ていません。
•
サービスが作成されています。LIFは存
在しません。
プロトコルが設定されていません。プロト
コルのリンクをクリックしてプロトコルを
設定できます。
180 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ステータス
説明
グレーの枠線
プロトコルのライセンスがないか期限が切
れています。プロトコルのリンクをクリッ
クして、[ライセンス]ページでライセンスを
追加できます。
[ピア Storage Virtual Machine]領域
選択したSVMとピア関係にあるSVMのリストと、それらのピア関係を使用しているアプリ
ケーションの詳細が表示されます。
ボリューム
System Managerを使用して、ボリュームを作成、編集、削除できます。
クラスタのすべてのボリュームにアクセスする場合は[ボリューム]タブを使用し、SVMに固
有のボリュームにアクセスする場合は[SVM] > [ボリューム]を使用します。
注:[ボリューム]タブは、CIFSおよびNFSのライセンスが有効になっている場合にのみ表
示されます。
ボリューム プロパティの編集
System Managerを使用して、ボリューム名、セキュリティ形式、フラクショナル リザーブ、
スペース ギャランティなどのボリューム プロパティを変更できます。また、Storage
Efficiencyの設定(重複排除スケジュールとポリシー、圧縮)、およびスペース再生利用の設
定も変更できます。さらに、Infinite Volumeのエクスポート ポリシーや増分テープ バック
アップの設定も編集できます。
タスク概要
•
フラクショナル リザーブは0%または100%のどちらかに設定できます。
•
データ圧縮は、32ビット ボリュームではサポートされていません。
•
Infinite Volumeのセキュリティ形式は変更できません。
•
Data ONTAP 8.3.1クラスタの場合は、ONTAP Cloud for Amazon Web Services(AWS)に対
してインライン圧縮とバックグラウンド圧縮の両方を有効にすることができます。
ただし、Data ONTAP Edgeでは圧縮がサポートされません。
•
ストレージ クラスを使用するInfinite Volumeの次のプロパティについては、System
Managerでは変更できません。
◦ SnapDiffの設定
◦ Storage Efficiencyの設定
◦ スペース ギャランティの設定
•
SnapLock Complianceボリュームの名前は変更できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 181
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 変更するボリュームを選択し、[編集]をクリックします。
[ボリュームの編集]ダイアログ ボックスが表示されます。
5. [全般]タブで、必要に応じて次のプロパティを変更します。
•
ボリューム名
•
ボリュームのセキュリティ形式
•
シンプロビジョニング
6. [Storage Efficiency]タブをクリックし、次のプロパティを設定してStorage Efficiencyを有
効にします。
•
重複排除
•
データ圧縮
オールフラッシュで最適化されたアグリゲートに含まれるボリュームでバックグラウン
ド圧縮を有効にすることはできません。このようなボリュームで有効にできるのは、イ
ンライン圧縮のみです。
インライン重複排除を有効にできるのは、オールフラッシュで最適化されたアグリゲー
トに含まれるボリュームとFlash Poolアグリゲートに含まれるボリュームだけです。
7. SnapLockボリュームの場合、[SnapLock]タブをクリックし、次の手順を実行します。
a. 自動コミット期間を指定します。
自動コミット期間は、そのボリューム内のファイルに変更がなかった場合にWORM状
態にコミットされるまでの期間です。
b. 最小保持期間と最大保持期間を指定します。
1日から70年までの任意の値、または[制限なし]に指定できます。
c. デフォルトの保持期間を選択します。
デフォルトの保持期間は、最小保持期間と最大保持期間の間の値に設定します。
8. [アドバンスト]タブをクリックし、次のプロパティを有効にします。
•
ボリュームの使用済みスペースが拡張しきい値を超えた場合にボリュームを自動的
に拡張するには、[拡張]を選択します。
•
ボリュームのサイズを使用済みスペースの増減に合わせて拡張または縮小するには、
[拡張または縮小]を選択します。
a. ボリュームを拡張できる最大サイズを指定します。
b. ボリュームを拡張できる増分サイズを指定します。
•
次のいずれかのオプションを選択して、古いSnapshotコピーの自動削除を有効にしま
す。
◦ 試行
他のサブシステムによってロックされていないSnapshotコピーを削除します。
◦ 破棄
データ バックアップ機能によってロックされているSnapshotコピーを削除します。
◦ 中断
データ転送を中断する可能性のあるSnapshotコピーを削除します。
182 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
ボリュームに割り当てるキャッシング ポリシーを選択します。
このオプションは、Flash Poolアグリゲートに含まれるFlexVolに対してのみ使用でき
ます。
•
ボリュームのキャッシュ データの保持優先度を選択します。
このオプションは、Flash Poolアグリゲートに含まれるFlexVolに対してのみ使用でき
ます。
•
ボリュームに設定するフラクショナル リザーブを指定します。
•
ファイルの読み取りに適用するアクセス時間を更新します。
このオプションは、SnapLockボリュームに対しては無効になります。
9. [保存して閉じる]をクリックします。
関連タスク
CIFSのセットアップ(276ページ)
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
データ保護ボリュームの編集
System Managerを使用して、データ保護(DP)ボリュームのボリューム名を変更することが
できます。ソース ボリュームでStorage Efficiencyが有効になっていない場合に、デスティ
ネーション ボリュームでのみStorage Efficiencyを有効にすることもできます。
タスク概要
ミラーDPボリュームのStorage Efficiencyを変更することはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. プロパティを編集するデータ保護ボリュームを選択し、[編集]をクリックします。
5. [データ保護ボリュームの編集]ダイアログ ボックスで、ボリューム名を変更します。
6. [Storage Efficiencyを有効にする]を選択します。
ボリュームでStorage Efficiencyがすでに有効になっている場合、このチェック ボックスは
自動的にオンになります。
7. オプション:[アドバンスト]タブをクリックし、次の手順を実行します。
a. ボリュームに割り当てるキャッシング ポリシーを選択します。
b. ボリュームのキャッシュ データの保持優先度を選択します。
これらのオプションは、Flash Poolアグリゲートに含まれるデータ保護FlexVolに対しての
み使用できます。
8. [保存]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 183
ボリュームの削除
ボリュームに含まれているデータが不要になった場合、またはボリュームに含まれている
データを別の場所にコピーした場合は、System Managerを使用してFlexVolまたはInfinite
Volumeを削除できます。ボリュームを削除すると、そのボリューム内のすべてのデータが破
棄され、そのデータは回復できません。
開始する前に
•
FlexVolがクローンされている場合、FlexCloneボリュームを親ボリュームからスプリット
するか、破棄する必要があります。
•
ボリュームをアンマウントし、オフライン状態にする必要があります。
•
ボリュームでSnapMirror関係が確立されている場合は、そのSnapMirror関係を削除してお
く必要があります。
•
SnapLock Enterpriseボリューム全体またはSnapLock Enterpriseボリュームのファイルは削
除できますが、SnapLock Enterpriseボリュームのファイル内のデータだけを削除すること
はできません。
•
SnapLock Complianceボリュームは、データがボリュームにコミットされている場合は削
除できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 削除するボリュームを選択し、[削除]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
FlexCloneボリュームの作成
既存のFlexVolの書き込み可能なポイントインタイム コピーが必要なときは、System Manager
を使用してFlexCloneボリュームを作成できます。たとえば、テスト用にボリュームのコピー
を作成したり、他のユーザに本番環境のデータへのアクセスは許可せずにテスト用のボ
リュームへのアクセスを提供したりすることができます。
開始する前に
•
ストレージ システムにFlexCloneライセンスがインストールされている必要があります。
•
クローニングするボリュームがオンラインであり、ルート以外のボリュームである必要
があります。
タスク概要
SnapMirrorデスティネーションのFlexCloneボリュームの作成に使用されるベースのSnapshot
コピーは、ビジー状態としてマークされて削除できません。最新のSnapshotコピー以外の
SnapshotコピーからFlexCloneボリュームを作成する場合に、そのSnapshotコピーがすでに
184 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ソース ボリュームからなくなっていると、SnapMirrorによるデスティネーション ボリューム
の更新はすべて失敗します。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリューム リストからボリュームを選択します。
5. [クローン] > [作成] > [ボリューム]をクリックします。
6. [FlexCloneボリュームの作成]ダイアログ ボックスで、作成するFlexCloneボリュームの名
前を入力します。
7. オプション:新しいFlexCloneボリュームに対してシンプロビジョニングを有効にする場
合は、[シンプロビジョニング]を選択します。
デフォルトでは、この設定は親ボリュームの設定と同じになります。
8. 新しいSnapshotコピーを作成するか既存のSnapshotコピーを選択して、新しいFlexCloneボ
リュームを作成するためのベースのSnapshotコピーとして使用します。
9. [クローン]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
FlexCloneファイルの作成
System Managerを使用して、親ファイルの書き込み可能なコピーであるFlexCloneファイルを
作成できます。これらのコピーを使用して、アプリケーションをテストできます。
開始する前に
•
クローニングするファイルは、アクティブなファイルシステムの一部である必要があり
ます。
•
ストレージ システムにFlexCloneライセンスがインストールされている必要があります。
タスク概要
•
FlexCloneファイルがサポートされるのはFlexVolのみで、Infinite Volumeではサポートされ
ません。
親ボリュームからではなく、親ファイルが配置されているボリュームから親ファイルに
アクセスすると、ボリューム内の親ファイルのFlexCloneファイルを作成できます。
•
FlexCloneファイルをSnapLockボリューム上に作成することはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリューム リストからボリュームを選択します。
論理ストレージの管理 | 185
5. [クローン] > [作成] > [ファイル]をクリックします。
6. [FlexCloneファイルの作成]ダイアログ ボックスで、クローニングするファイルを選択し、
FlexCloneファイルの名前を指定します。
7. [クローン]をクリックします。
タスクの結果
親ファイルと同じボリューム内にFlexCloneファイルが作成されます。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
親ボリュームからのFlexCloneボリュームのスプリット
FlexCloneボリュームで親ボリュームのディスク スペースではなく独自のディスク スペース
を使用する場合、System Managerを使用してFlexCloneボリュームを親からスプリットできま
す。スプリットしたFlexCloneボリュームは通常のFlexVolになります。
開始する前に
FlexCloneボリュームはオンラインである必要があります。
タスク概要
クローン スプリット処理では、クローンの既存のSnapshotコピーがすべて削除されます。
SnapMirror更新に必要なSnapshotコピーも削除されます。そのため、以降のSnapMirror更新は
失敗する可能性があります。
ボリュームで他の処理を実行する必要がある場合、クローン スプリット処理を一時停止で
きます。他の処理の完了後にクローン スプリット処理を再開できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 親ボリュームからスプリットするFlexCloneボリュームを選択します。
5. [クローン] > [スプリット]をクリックします。
6. 確認ダイアログ ボックスでクローン スプリット処理を確認し、[スプリットの開始]をク
リックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
FlexCloneボリューム階層の表示
System Managerを使用してFlexCloneボリュームとその親ボリュームの階層を表示できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
186 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリューム リストからボリュームを選択します。
5. [クローン] > [階層の表示]をクリックします。
少なくとも1つのFlexClone子ボリュームを持つボリュームが表示されます。FlexCloneボ
リュームは、それぞれの親ボリュームの子として表示されます。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
ボリュームのステータス変更
ボリュームをオフラインにするとき、オンラインに戻すとき、またはボリュームへのアクセ
スを制限するときに、System Managerを使用して、FlexVolまたはInfinite Volumeのステータス
を変更できます。ただし、ルート ボリュームをオフラインにすることはできません。
開始する前に
•
ボリュームをボリューム コピーまたはSnapMirrorレプリケーション操作のターゲットに
する場合は、ボリュームを制限状態にする必要があります。
•
NASボリュームの場合は、オフラインにする前にボリュームをアンマウントする必要が
あります。
タスク概要
ボリュームの保守、移動、または削除を実行するには、ボリュームをオフラインにします。
オフラインにした場合は、クライアントからボリュームへの読み取り、または書き込みはで
きません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ステータスを変更するボリュームを選択します。
5. [ステータス]メニューで、目的のボリューム ステータスをクリックします。
6. 確認のダイアログ ボックスで、目的のボリューム ステータスのボタンをクリックしま
す。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピーの表示
System Managerを使用して、[ボリューム]ウィンドウまたは[Infinite Volume]ウィンドウの下
部ペインにある[Snapshotコピー]タブから、選択したボリュームについて、すべての保存さ
論理ストレージの管理 | 187
れたSnapshotコピーのリストを表示できます。このリストを使用して、選択したSnapshotコ
ピーの名前変更、リストア、または削除を実行できます。
開始する前に
ボリュームはオンラインになっている必要があります。
タスク概要
一度に表示できるSnapshotコピーのボリュームは1つだけです。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [Infinite Volume]ウィンドウの上部ペインで、Snapshotコピーを表示するボリュームを選
択します。
5. 下部ペインで、[Snapshotコピー]をクリックします。
選択したボリュームで利用できるSnapshotコピーのリストが表示されます。
Snapshotコピーの作成
System Managerを使用して、指定されたスケジュール以外の時間にボリュームのSnapshotコ
ピーを作成して、特定の時点のファイルシステムの状態をキャプチャすることができます。
タスク概要
Infinite VolumeのSnapshotコピーを作成する場合、Infinite VolumeはFlexVolよりも大きいため、
FlexVolのSnapshotコピーを作成する場合よりも時間がかかります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. Snapshotコピーを作成するボリュームを選択します。
5. [Snapshotコピー] > [作成]をクリックします。
6. デフォルト名を変更する場合は、[Snapshotコピーの作成]ダイアログ ボックスダイアロ
グ ボックスで、Snapshotコピーの新しい名前を指定します。
有効な文字は、ASCII文字、数字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)、
およびプラス記号(+)です。
Snapshotコピーのデフォルト名は、ボリューム名とタイムスタンプから構成されます。
7. [作成]をクリックします。
8. 作成したSnapshotコピーが[Snapshotコピー]タブのSnapshotコピーのリストに表示されて
いることを確認します。
188 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピー リザーブの設定
System Managerを使用して、Snapshotコピー用にボリュームのスペース(%)を予約できま
す。Snapshotコピー リザーブを設定すると、Snapshotコピー用ディスク スペースが十分に確
保され、アクティブなファイルシステムのスペースがSnapshotコピーによって使用されるこ
とがなくなります。
タスク概要
•
Snapshotコピー用にデフォルトで予約されているスペースは、SANボリュームとVMware
ボリュームについては5%です。
•
ストレージ クラスを含むInfinite VolumeのSnapshotコピー リザーブの設定については、
System Managerでは変更できません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. Snapshotコピー リザーブを設定するボリュームを選択します。
5. [Snapshotコピー] > [設定]をクリックします。
6. Snapshotコピー用にリザーブするボリューム スペースのパーセントを入力または選択
し、[OK]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピー ディレクトリの非表示
System Managerでは、Snapshotコピー ディレクトリ(.snapshot)を非表示にして、ボリュー
ム ディレクトリを表示したときに表示されないようにすることができます。デフォルトで
は、.snapshotディレクトリは表示されます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 非表示にするSnapshotコピー ディレクトリのボリュームを選択します。
5. [Snapshotコピー] > [設定]をクリックします。
6. [Snapshotディレクトリ(.snapshot)を表示する]が選択されていないことを確認し、[OK]
をクリックします。
論理ストレージの管理 | 189
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
自動Snapshotコピーのスケジュール設定
System Managerを使用して、ボリュームの自動Snapshotコピーを作成するスケジュールを設
定できます。コピーを実行する時間と頻度および保存するSnapshotコピーの数を指定できま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [Snapshotコピー] > [設定]をクリックします。
5. [ボリュームのSnapshotコピーの設定]ダイアログ ボックスで、[スケジュールされた
Snapshotコピーの有効化]を選択します。
6. Snapshotポリシーを選択します。
選択できるのは、ポリシー ベースのSnapshotポリシーのみです。
7. [OK]をクリックすると、変更が保存され、Snapshotコピーのスケジュールが開始されま
す。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピーからのボリュームのリストア
System Managerを使用すると、以前に作成したSnapshotコピーに記録されている状態にボ
リュームをリストアして、失われた情報を取得できます。Snapshotコピーをリストアすると、
既存のボリューム構成は上書きされます。Snapshotコピーの作成後にボリューム内のデータ
に加えた変更はすべて失われます。
開始する前に
•
SnapRestoreのライセンスをシステムにインストールしておく必要があります。
•
リストアするFlexVolにLUNが含まれている場合、LUNをアンマウントまたはマッピング
解除する必要があります。
•
リストアしたボリューム用の十分な空きスペースが必要です。
•
ボリュームにアクセスしているユーザに、ボリュームを元に戻すこと、および選択した
Snapshotコピーのデータによってボリューム内の現在のデータが置換されることを通知
する必要があります。
•
Infinite Volumeをリストアする場合は、Snapshotコピーが有効であり、Infinite Volumeがオ
ンラインである必要があります。
タスク概要
•
ボリュームに他のボリュームに対するジャンクション ポイントが含まれている場合、そ
れらのジャンクション ポイントにマウントされているボリュームはリストアされませ
ん。
190 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
Infinite Volumeの場合は、ボリューム全体をリストアする必要があります。単一のファイ
ルまたはファイルの一部をリストアすることはできません。
•
SnapLock ComplianceボリュームのSnapshotコピーはリストアできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. Snapshotコピーからリストアするボリュームを選択します。
5. [Snapshot コピー] > [リストア]をクリックします。
6. 適切なSnapshotコピーを選択し、[リストア]をクリックします。
7. 確認のチェック ボックスを選択し、[リストア]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピーの有効期限の延長
System Managerを使用して、ボリューム内のSnapshotコピーの有効期限を延長できます。
開始する前に
SnapLockライセンスがインストールされている必要があります。
タスク概要
有効期限を延長できるのは、SnapLock for SnapVault関係のデスティネーションとして設定さ
れているデータ保護(DP)ボリューム内のSnapshotコピーだけです。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリュームを選択します。
5. [Snapshotコピー]タブをクリックします。
6. Snapshotコピーを選択し、[有効期限の延長]をクリックします。
7. [有効期限の延長]ダイアログ ボックスで、有効期限を指定します。
1日から70年までの任意の値、または[制限なし]に指定できます。
8. [OK]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 191
Snapshotコピーの名前変更
整理や管理をしやすくするため、System Managerを使用してSnapshotコピーの名前を変更で
きます。
タスク概要
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーの名前は変更できません。
•
SnapVault関係にあるWORMにコミットされている場合、SnapLock DPボリュームの
Snapshotコピーの名前は変更できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 名前を変更するSnapshotコピーが含まれているボリュームを選択します。
5. [ボリューム]ウィンドウの下部ペインで、[Snapshot コピー]をクリックします。
6. ウィンドウの下部ペインで、名前を変更するSnapshotコピーを選択し、[名前変更]をク
リックします。
7. 新しい名前を指定し、[名前変更]をクリックします。
有効な文字は、ASCII文字、数字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、ピリオド(.)、
およびプラス記号(+)です。
8. [ボリューム]ウィンドウの[Snapshotコピー]タブでSnapshotコピーの名前を確認します。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
Snapshotコピーの削除
ディスク スペースを節約したり解放したりする場合、System Managerを使用してSnapshotコ
ピーを削除できます。また、不要になったSnapshotコピーを削除することもできます。
開始する前に
使用中またはロック状態のSnapshotコピーを削除する場合は、Snapshotコピーを使用してい
るアプリケーションからそのコピーを解放しておく必要があります。
タスク概要
•
FlexCloneボリュームが親ボリューム内のベースのSnapshotコピーを使用している場合、
そのSnapshotコピーは削除できません。
ベースのSnapshotコピーは、FlexCloneボリュームの作成に使用されたSnapshotコピーで
す。親ボリュームでは、ベースのSnapshotコピーのステータスは「busy」、アプリケー
ション依存関係は「busy,vclone」と常に表示されます。
•
SnapMirror関係で使用されているロックされたSnapshotコピーは削除できません。
このSnapshotコピーはロックされており、次回の更新に必要です。
•
SnapVault関係で使用されているSnapLock DPボリュームのSnapshotコピーは、Snapshotコ
ピーの有効期限を過ぎるまでは削除できません。
192 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
SnapVault関係にあるSnapLock DPボリュームのWORMにコミットされたSnapshotコピー
は、Snapshotコピーの有効期限を過ぎるまでは削除できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 削除するSnapshotコピーが含まれているボリュームを選択します。
5. [ストレージ] > [ボリューム]または[Infinite Volume]をクリックし、下部ペインで
[Snapshotコピー]をクリックします。
6. 削除するSnapshotコピーを選択します。
7. [削除]をクリックします。
8. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
ボリュームのサイズ変更
ボリュームがいっぱいになってきたら、ボリュームのサイズを増やすか、いくつかのSnapshot
コピーを削除するか、またはSnapshotリザーブを調整します。System Managerの[ボリューム
のサイズ変更]ウィザードを使用して、空きスペースを増やすことができます。
タスク概要
•
自動拡張が設定されたボリュームの場合、ボリュームの増大分に基づいて、ボリューム
の自動拡張の上限を変更できます。
•
Infinite Volumeのサイズを縮小することはできません。
•
ストレージ クラスを含むInfinite Volumeのサイズについては、System Managerでは変更で
きません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
•
データ保護ボリュームのサイズは、ミラー関係が解除されている場合やボリュームに対
して逆再同期が実行された場合は変更できません。
代わりにCLIを使用してください。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. サイズを変更するボリュームを選択します。
5. [サイズ変更]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 193
6. ウィザードの指示に従って、情報を入力または選択します。
7. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
8. ボリュームの使用可能なスペースと合計スペースに対する変更内容を[ボリューム]ウィ
ンドウで確認します。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
ボリュームでのStorage Efficiencyの有効化
System Managerを使用してStorage Efficiencyを有効にして、ボリュームでの重複排除やデータ
圧縮を設定したり、重複排除のみを設定したりして、ストレージ スペースを節約できます。
ボリュームの作成時に有効にしなくても、あとからボリュームを編集してStorage Efficiency
を有効にすることができます。
開始する前に
•
ボリュームはオンラインになっている必要があります。
•
ポリシーベースの重複排除スケジュールを使用する場合、効率化ポリシーを作成してお
く必要があります。
タスク概要
•
バックアップ圧縮を有効にするには、バックグラウンド重複排除機能が有効になってい
る必要があります。
•
インライン圧縮は、バックアップ圧縮の有効、無効に関係なく有効にすることができま
す。同様に、インライン重複排除機能も、バックグラウンド重複排除機能の有効、無効
に関係なく有効にすることができます。
•
インライン圧縮を有効にするには、そのボリュームがオールフラッシュで最適化された
アグリゲートまたはFlash Poolアグリゲートに含まれている必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. Storage Efficiencyを有効にするボリュームを選択して、[編集]をクリックします。
5. [ボリュームの編集]ダイアログ ボックスペインで、[Storage Efficiency]をクリックしま
す。
6. [バックグラウンドの重複排除]チェック ボックスを選択します。
7. 次のいずれかの方法を選択して、重複排除を実行します。
方法
作業
Storage Efficiencyポリシー
に基づく
a.
[ポリシー ベース]オプションを選択します。
b.
[選択]をクリックして、Storage Efficiencyポリシーを選択しま
す。
c.
[OK]をクリックします。
194 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
方法
作業
必要に応じて
[オンデマンド]オプションを選択します。
8. オプション:[バックグラウンド圧縮]チェック ボックスを選択してバックグラウンド圧
縮を有効にします。
オールフラッシュで最適化されたアグリゲートに含まれるボリュームでバックグラウン
ド圧縮を有効にすることはできません。
9. オプション:[インライン圧縮]チェック ボックスを選択して、ボリュームへの書き込み
中にデータを圧縮します。
デフォルトで、インライン圧縮は、オールフラッシュで最適化されたアグリゲートに含
まれるボリュームで有効になります。
10. オプション:[インラインの重複排除機能]チェック ボックスを選択して、ディスクにデー
タを書き込む前に重複排除を実行します。
デフォルトで、インライン重複排除機能は、オールフラッシュで最適化されたアグリゲー
トに含まれるボリュームで有効になります。
11. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
重複排除スケジュールの変更
System Managerを使用して、重複排除を手動で実行するか、自動で実行するか、指定したス
ケジュールで実行するかを選択して、重複排除スケジュールを変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 重複排除スケジュールを変更する読み取り / 書き込みボリュームを選択します。
5. [編集]をクリックし、[Storage Efficiency]をクリックします。
6. 重複排除スケジュールを必要に応じて変更します。
7. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
重複排除処理の実行
System Managerを使用すると、重複排除をFlexVolまたはInfinite Volumeを作成した直後に実行
するか、またはスケジュールを設定して、指定した時間に実行することができます。
開始する前に
•
ボリュームで重複排除が有効になっている必要があります。
•
ボリュームは、オンラインでマウントされている必要があります。
論理ストレージの管理 | 195
タスク概要
重複排除は、処理中にシステム リソースを消費するバックグラウンド プロセスであるため、
実行中の他の処理に影響を与える可能性があります。他の処理を実行する前に、重複排除を
キャンセルする必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 重複排除を実行するボリュームを選択します。
5. [Storage Efficiency]をクリックします。
6. ボリュームで重複排除を初めて実行する場合は、[Storage Efficiency]ダイアログ ボックス
で[ボリューム全体をスキャンする]を選択し、ボリューム データ全体に対して重複排除
を実行します。
7. [開始]をクリックします。
8. [ボリューム]ウィンドウの[Storage Efficiency]タブで、前回実行された重複排除処理の詳
細情報を確認します。
関連資料
[ボリューム]ウィンドウ (220ページ)
アグリゲート間またはノード間でのFlexVolの移動
System Managerを使用して、容量利用率やパフォーマンスを向上させるために、別のアグリ
ゲートまたは別のノードに無停止でFlexVolを移動できます。
開始する前に
データ保護ボリュームを移動する場合は、ボリュームを移動する前にデータ保護のミラー関
係を初期化する必要があります。
タスク概要
SnapLockボリュームは、アグリゲート間およびノード間で移動することはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. 移動するボリュームを選択し、[移動]をクリックします。
5. [ボリュームの移動]ダイアログ ボックスで、ボリュームのデスティネーション アグリ
ゲートを選択します。
6. [移動]をクリックします。
196 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ボリューム移動のための手動でのカットオーバーのトリガー
ボリューム移動操作でボリュームがカットオーバー保留フェーズになったときに、System
Managerを使用して手動でカットオーバーをトリガーすることができます。カットオーバー
の時間を設定し、その時間内にカットオーバーの操作が完了しなかった場合にシステムで実
行する処理を設定できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリューム移動操作を開始したボリュームを選択します。
5. [ボリューム移動の詳細]タブで、[カットオーバー]をクリックします。
6. [カットオーバー]ダイアログ ボックスで、[アドバンスト オプション]をクリックします。
7. オプション:カットオーバー操作とカットオーバー時間を指定します。
8. [OK]をクリックします。
ストレージQoSへのボリュームの割り当て
LUNをストレージQoSポリシー グループに割り当てることで、FlexVolのスループットを制
限することができます。System Managerを使用して、新しいボリュームに対するストレージ
QoSを割り当てたり、すでにポリシー グループに割り当てられているボリュームに対するス
トレージQoSの詳細を変更したりできます。
タスク概要
•
ストレージQoSを割り当てることができるのは、オンラインの読み書き可能(rw)ボ
リュームだけです。
•
ポリシー グループに次のストレージ オブジェクトが割り当てられている場合、ボリュー
ムにストレージQoSを割り当てることはできません。
◦ ボリュームの親Storage Virtual Machine(SVM)
◦ ボリュームの子LUN
◦ ボリュームの子ファイル
•
ストレージQoSの割り当てやQoSの詳細の変更は、最大10個のボリュームについて同時に
実行できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ストレージQoSを割り当てるボリュームを1つ以上選択します。
5. [ストレージ QoS]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 197
6. FlexVolのワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、[QoSの詳細]ダイアログ
ボックスで[ストレージQoSの管理]チェック ボックスを選択します。
選択したボリュームの一部がすでにポリシー グループに割り当てられている場合、変更
内容によってはそれらのボリュームのパフォーマンスに影響する可能性があります。
7. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループ
を選択し、FlexVolの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
状況
操作
新しいポリシー グループ
を作成する
a.
ポリシー グループの名前を指定します。
b.
最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含
まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限
を超えないように制限されます。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限な
しと設定され、指定した単位は無視されることとなります。
既存のポリシー グループ
を選択する
[既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリ
シー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グ
ループを選択します。
選択したポリシー グループの最大スループットを変更することも
できます。
ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場
合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計ス
ループットです。
8. オプション:ボリューム数が表示されたリンクをクリックして、選択したボリュームの
リストを確認します。リストからボリュームを削除する場合は[破棄]をクリックします。
このリンクは、複数のボリュームを選択した場合にのみ表示されます。
9. [OK]をクリックします。
ソースSVMからのミラー関係の作成
System Managerを使用して、ミラー関係をソースStorage Virtual Machine(SVM)から作成
し、ミラー ポリシーとスケジュールをそのミラー関係に割り当てることができます。ミ
ラー コピーを作成しておけば、ソース ボリュームのデータが破損した場合や失われた場合
でも、データをすぐに使用することができます。
開始する前に
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタでSnapMirrorライセンスが有効になって
いる必要があります。
•
ボリュームのミラーリングでSnapLockボリュームを作成する場合、ソース クラスタとデ
スティネーション クラスタの両方にSnapMirrorライセンスとSnapLockライセンスがイン
ストールされている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
Infinite Volumeについては、デスティネーションStorage Virtual Machine(SVM)が読み書
き可能なInfinite Volumeまたはストレージ クラスを含むInfinite Volumeを含むことはでき
ません。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能な空きスペースを確保しておく必要があり
ます。
198 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
ソースとデスティネーションのInfinite Volumeが同じクラスタ内の他のInfinite Volumeま
たはFlexVolとアグリゲートを共有する場合は、デスティネーションInfinite Volume用に十
分な共有アグリゲート スペースが必要です。
ソースとデスティネーションのInfinite Volumeが同じクラスタ内の他のInfinite Volumeま
たはFlexVolとアグリゲートを共有しない場合は、ソース ボリュームで使用されるのと同
じ数およびサイズのアグリゲートをデスティネーション ボリューム用に作成できます。
•
他のミラー関係のデスティネーションになっている既存のボリュームをデスティネー
ション ボリュームにすることはできません。
•
デスティネーション ボリュームの容量は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上で
ある必要があります。
•
自動拡張が無効になっている場合は、デスティネーション ボリュームに、ソース ボ
リュームで使用されているスペースよりも少なくとも5%多い空きスペースが必要です。
タスク概要
•
ソース ボリュームがストレージ クラスを含むInfinite Volumeの場合、System Managerでミ
ラー関係を作成することはできません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
•
ミラー関係は、同じタイプのSnapLockボリューム間にのみ作成できます。
たとえば、ソース ボリュームがSnapLock Enterpriseボリュームの場合は、デスティネー
ション ボリュームもSnapLock Enterpriseボリュームでなければなりません。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ミラー関係を作成するボリュームを選択し、[保護]をクリックします。
[保護]オプションは、読み書き可能ボリュームでのみ使用できます。
5. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから[ミ
ラー]を選択します。
6. オプション:[バージョンに依存しないミラー関係を作成します]チェック ボックスを選
択して、ソース クラスタとデスティネーション クラスタで実行されているONTAPのバー
ジョンに依存しないミラー関係を作成し、ソース ボリュームからSnapshotコピーをバッ
クアップします。
このオプションを選択すると、SnapLockボリュームは表示されなくなります。
7. クラスタ、SVM、およびデスティネーション ボリュームを指定します。
8. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
9. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
論理ストレージの管理 | 199
10. FlexVolの場合、新しいデスティネーション ボリュームを作成するか既存のボリュームを
選択します。
状況
操作
新しいボリュームを作成す デフォルトの名前
る
(source_SVM_name_source_volume_name_mirror)を変更する
場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボリュームの
包含アグリゲートを選択します。
既存のボリュームを選択す
る
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
注:言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示
されます。
Infinite Volumeの場合は、デスティネーションSVMにボリュームが格納されていない場合
にかぎりデスティネーション ボリュームを作成できます。
11. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
リストからミラー ポリシーを選択します。
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
[ソースの Snapshot コピーをすべて転送]チェック ボックスを
選択して、ソース ボリュームからすべてのSnapshotコピーを
バックアップする「all_source_snapshots」ルールをミラー ポリ
シーに追加します。
d.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
e.
[作成]をクリックします。
12. 関係のスケジュールを指定します。
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]のどちらかを選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
200 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
13. [関係の初期化]を選択します。
14. [作成]をクリックします。
タスクの結果
dpタイプの新しいデスティネーション ボリュームが作成されます。デフォルトの設定は次
のとおりです。
•
自動拡張は有効になります。
•
圧縮は無効になります。
•
言語属性はソース ボリュームと同じになります。
デスティネーションFlexVolがソースとは異なるSVMにある場合は、2つのSVM間のピア関係
が作成されます(まだ存在しない場合)。
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間のミラー関係が作成されます。関
係を初期化するように選択した場合は、ベースSnapshotコピーがデスティネーション ボ
リュームに転送されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ソースSVMからのバックアップ関係の作成
System Managerを使用して、バックアップ関係をソースStorage Virtual Machine(SVM)から
作成し、そのバックアップ関係にバックアップ ポリシーを割り当ててSnapVaultを作成する
ことができます。システムでデータの損失や破損が発生した場合、SnapVaultデスティネー
ションからバックアップ データをリストアできます。
開始する前に
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタの両方でSnapVaultライセンスまたは
SnapMirrorライセンスが有効になっている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。
•
ソース アグリゲートとデスティネーション アグリゲートはどちらも64ビットである必
要があります。
•
バックアップ(XDP)ポリシーが存在する必要があります。
バックアップ ポリシーが存在しない場合は、新規に作成するか、自動的に割り当てられ
るデフォルトのバックアップ ポリシー(XDPDefault)を使用する必要があります。
•
デスティネーション ボリュームの容量は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上で
ある必要があります。
•
自動拡張が無効になっている場合は、デスティネーション ボリュームに、ソース ボ
リュームで使用されているスペースよりも少なくとも5%多い空きスペースが必要です。
タスク概要
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
論理ストレージの管理 | 201
•
バックアップ関係は、SnapLock以外のボリューム(プライマリ)とSnaplockのデスティ
ネーション ボリューム(セカンダリ)の間でのみ作成できます。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. バックアップ関係を作成するボリュームを選択し、[保護]をクリックします。
[保護]オプションは、読み書き可能ボリュームでのみ使用できます。
5. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから
[バックアップ]を選択します。
6. クラスタ、SVM、およびデスティネーション ボリュームを指定します。
7. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
8. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
9. 新しいデスティネーション ボリュームを作成するか、既存のボリュームを選択します。
状況
操作
新しいボリュームを作成す
a.
る
b.
既存のボリュームを選択す
る
デフォルトの名前
(source_SVM_name_source_volume_name_vault)を変更す
る場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボリュー
ムの包含アグリゲートを選択します。
新しいデスティネーション ボリュームで重複排除を有効にす
る場合は、[重複排除を有効にする]を選択します。
ソース ボリュームで重複排除が無効になっている場合、新しい
ボリュームではこのチェック ボックスが自動的にオンになり
ます。
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
注:言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示
されます。
10. SnapLockボリュームを作成する場合は、デフォルトの保持期間を指定します。
デフォルトの保持期間は、1日から70年までの任意の値、または[制限なし]に指定できま
す。
11. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
リストからバックアップ ポリシーを選択します。
ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多く
のラベルが一致するポリシーを選択できます。
202 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状況
操作
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
d.
[作成]をクリックします。
バックアップ ポリシーでは、SnapMirrorラベルとデスティネーショ
ンの保持数も指定できます。新しいSnapMirrorラベルを有効にす
るには、同じラベルのSnapshotコピーをソース ボリュームに作成す
る必要があります。
12. 関係のスケジュールを指定します。
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]を選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
13. オプション:[関係の初期化]を選択します。
14. [作成]をクリックします。
タスクの結果
新しいデスティネーション ボリュームを作成するように選択した場合は、dpタイプのボ
リュームが作成されます。デフォルトの設定は次のとおりです。
•
自動拡張は有効になります。
•
重複排除はユーザの設定に従って有効または無効になります。設定しない場合は、ソー
ス ボリュームの設定と同じになります。
•
圧縮は無効になります。
•
言語属性はソース ボリュームと同じになります。
デスティネーション ボリュームがソース ボリュームとは異なるSVMにある場合は、2つの
SVM間のピア関係が作成されます(存在しない場合)。
論理ストレージの管理 | 203
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間のバックアップ関係が作成されま
す。関係を初期化するように選択した場合は、ベースSnapshotコピーがデスティネーション
ボリュームに転送されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ソースSVMからのミラーとバックアップ関係の作成
System Managerを使用して、ミラーとバックアップ関係をソースStorage Virtual Machine
(SVM)から作成することができます。この関係を作成すると、ソース ボリュームからデス
ティネーション ボリュームにデータを定期的に転送して、データの保護を強化できます。
また、ソース ボリュームのバックアップを作成して、データを長期にわたって保持するこ
ともできます。
開始する前に
•
ソース クラスタでONTAP 8.3.2以降が実行されている必要があります。
•
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームを含むソース クラスタとデスティ
ネーション クラスタの両方で、SnapMirrorライセンスが有効になっている必要がありま
す。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。
•
ソース アグリゲートとデスティネーション アグリゲートはどちらも64ビットである必
要があります。
•
他の保護関係のデスティネーションになっている既存のボリュームをデスティネーショ
ン ボリュームにすることはできません。
•
デスティネーション ボリュームの容量は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上で
ある必要があります。
•
自動拡張が無効になっている場合は、デスティネーション ボリュームに、ソース ボ
リュームで使用されているスペースよりも少なくとも5%多い空きスペースが必要です。
タスク概要
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
•
ミラーとバックアップ関係用に作成されたデスティネーション ボリュームはシンプロビ
ジョニングされません。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ミラーとバックアップ関係を作成するボリュームを選択し、[保護]をクリックします。
204 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[保護]オプションは、読み書き可能ボリュームでのみ使用できます。
5. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから[ミ
ラーとバックアップ]を選択します。
6. クラスタ、SVM、およびデスティネーション ボリュームを指定します。
7. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
8. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
9. 新しいデスティネーション ボリュームを作成するか、既存のボリュームを選択します。
状況
操作
新しいボリュームを作成す
a.
る
b.
既存のボリュームを選択す
る
デフォルトの名前
(source_SVM_name_source_volume_name_mirror_vault)を
変更する場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボ
リュームの包含アグリゲートを選択します。
新しいデスティネーション ボリュームで重複排除を有効にす
る場合は、[重複排除を有効にする]を選択します。
ソース ボリュームで重複排除が無効になっている場合、新しい
ボリュームではこのチェック ボックスが自動的にオンになり
ます。
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
注:言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示
されます。
10. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
[参照]をクリックし、既存のミラー バックアップ ポリシーを選択
します。
ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多く
のラベルが一致するポリシーを選択できます。
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
d.
[作成]をクリックします。
ポリシーでは、SnapMirrorラベルとデスティネーションの保持数も
指定できます。新しいSnapMirrorラベルを有効にするには、同じラ
ベルのSnapshotコピーをソース ボリュームに作成する必要があり
ます。
11. 関係のスケジュールを指定します。
論理ストレージの管理 | 205
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]を選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
12. オプション:関係を初期化する場合は、[関係の初期化]を選択します。
13. [作成]をクリックします。
VMware用NFSデータストアの作成
System ManagerのVMware用NFSデータストアの作成ウィザードを使用して、VMware用の
NFSデータストアを作成できます。NFSデータストアのボリュームを作成し、NFSデータス
トアにアクセスするESXサーバを指定できます。
開始する前に
NFSサービスのライセンスが必要です。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. ボリュームを選択し、[VMware用のストレージのプロビジョニング]をクリックします。
5. VMware用NFSデータストアの作成ウィザードで、ウィザードの指示に従って、情報を入
力または選択します。
6. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
FlexGroupボリュームの作成
System Managerを使用して、特定のアグリゲートを選択するかシステムで推奨されるアグリ
ゲートを選択してFlexGroupボリュームを作成できます。
タスク概要
作成できるのは読み書き可能(rw)FlexGroupボリュームのみです。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
206 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. [作成]をクリックします。
6. [FlexGroupの作成]ウィンドウで、FlexGroupボリュームの名前を指定します。
7. オプション:スペース リザベーションを選択します。
8. 目的のアグリゲートを選択するか、[ベストプラクティスに準ずる]を選択します。
9. FlexGroupボリュームのサイズを指定します。
10. [保存]をクリックしてFlexGroupボリュームを作成します。
FlexGroupボリュームの編集
System Managerを使用して、既存のFlexGroupボリュームのプロパティを編集できます。
開始する前に
FlexGroupボリュームはオンラインである必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. 変更するFlexGroupボリュームを選択し、[編集]をクリックします。
6. FlexGroupボリュームのセキュリティ形式を選択します。
7. FlexGroupボリュームに対してフラクショナル リザーブを有効にする場合は、[フラク
ショナル リザーブ(100%)を有効にする]をクリックします。
8. ファイル読み取り時にアクセス時間を指定する場合は、[ファイルの読み取り時にアクセ
ス時間を更新する]を有効にします。
9. [変更を保存]をクリックして変更を保存します。
FlexGroupボリュームのサイズ変更
System Managerを使用して、既存のリソースのサイズを変更するか新しいリソースを追加し
てFlexGroupボリュームのサイズを変更できます。
開始する前に
•
FlexGroupボリュームのサイズを変更するには、既存のアグリゲートに十分な空きスペー
スが必要です。
•
FlexGroupボリュームを拡張するには、拡張に使用するアグリゲートに十分な空きスペー
スが必要です。
論理ストレージの管理 | 207
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. サイズを変更するFlexGroupボリュームを選択し、[操作] > [サイズ変更]をクリックしま
す。
6. サイズ変更オプションを選択します。
状況
作業
既存のリソースを使用して
a.
サイズを変更する
[既存のリソースを使用してサイズを変更する]をクリックしま
す。
b.
FlexGroupボリュームのサイズ変更後のサイズを指定します。
c.
Snapshotリザーブの割合を指定します。
新しいリソースを追加して
a.
拡張する
b.
c.
[新しいリソースを追加して拡張する]をクリックします。
リソースを追加するために使用するアグリゲートを選択しま
す。
FlexGroupボリュームの拡張後のサイズを指定します。
7. [サイズ変更]をクリックしてFlexGroupボリュームのサイズを変更します。
FlexGroupボリュームのステータス変更
FlexGroupボリュームをオフラインにするとき、オンラインに戻すとき、またはFlexGroupボ
リュームへのアクセスを制限するときに、System Managerを使用して、FlexGroupボリューム
のステータスを変更できます。
タスク概要
System Managerでは、FlexGroupボリュームのコンスティチュエント レベルの管理はサポー
トされません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. ステータスを変更するFlexGroupボリュームを選択します。
6. [操作] > [ステータスを変更]をクリックし、任意のステータスを選択してFlexGroupボ
リュームのステータスを更新します。
208 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
FlexGroupボリュームの削除
System Managerを使用して、不要になったFlexGroupボリュームを削除できます。
開始する前に
•
FlexGroupボリュームのジャンクション パスがアンマウントされている必要があります。
•
FlexGroupボリュームがオフラインになっている必要があります。
タスク概要
System Managerでは、FlexGroupボリュームのコンスティチュエント レベルの管理はサポー
トされません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. 削除するFlexGroupボリュームを選択し、[削除]をクリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[OK]をクリックします。
FlexGroupボリューム情報の表示
System Managerを使用してFlexGroupボリュームに関する情報を確認できます。FlexGroupボ
リュームの割り当てスペース、保護ステータス、およびパフォーマンスがグラフィカルに表
示されます。
タスク概要
また、FlexGroupボリュームに使用できるSnapshotコピーやFlexGroupボリュームのデータ保
護関係のほか、レイテンシ、IOPS、およびスループットを基準に、FlexGroupボリュームの
平均パフォーマンス指標、読み取りパフォーマンス指標、書き込みパフォーマンス指標も確
認できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ボリューム]タブをクリックします。
4. [FlexGroup]タブをクリックします。
5. 表示されたFlexGroupボリュームのリストで、情報を表示するFlexGroupボリュームを展開
します。
FlexGroupボリュームに関する情報、FlexGroupボリュームに割り当てられているスペー
ス、FlexGroupボリュームの保護ステータス、およびFlexGroupボリュームに関するパ
フォーマンス情報が表示されます。
6. FlexGroupボリュームに関する詳細を確認するには、[詳細を表示]リンクをクリックしま
す。
論理ストレージの管理 | 209
7. FlexGroupボリュームのSnapshotコピーを確認するには、[Snapshotコピー]タブをクリック
します。
8. FlexGroupボリュームのデータ保護関係を確認するには、[データ保護]タブをクリックし
ます。
9. レイテンシ、IOPS、およびスループットを基準に、FlexGroupボリュームの平均パフォー
マンス指標、読み取りパフォーマンス指標、書き込みパフォーマンス指標を確認するに
は、[パフォーマンス]タブをクリックします。
ボリュームのきめ細かい暗号化とは
ボリュームのきめ細かい暗号化(VGE)は、ユーザ データ(メタデータを含む)をディス
クに格納する前に暗号化することでデータを保護するプロセスです。データは復号化され、
正しい認証情報が入力された場合にのみユーザに提供されます。データを暗号化するには
暗号化キーが必要です。各ボリュームには、データの暗号化 / 復号化処理に使用する暗号化
キーが割り当てられます。
FlexVolの機能
FlexVolを使用すると、ファイルシステムの論理レイヤを、ストレージの物理レイヤから切り
離して管理できます。ディスクおよびRAIDグループで構成される、独立した単一の物理的
に定義されたアグリゲート構造内に、複数のFlexVolが存在できます。同じアグリゲートに含
まれるFlexVolは、そのアグリゲートの物理ストレージ リソース、RAID構成、およびプレッ
クス構造を共有します。
複数のFlexVolを使用すると、次の作業を実行できます。
•
1つの大きなファイルシステムではなく、個々のFlexVolで、管理作業と保守作業(バック
アップやリストアなど)を実行する。
•
個々のFlexVolで異なるサービス(Snapshotコピーのスケジュールなど)設定を行う。
•
個々のFlexVolをオフラインにして管理作業を実行する際に他のFlexVolはオンラインにし
ておくことで、データの可用性の中断を最小限にする。
•
アグリゲートに含まれるすべてのファイルシステムではなく個々のFlexVolをバックアッ
プおよびリストアすることによって、時間を節約する。
Infinite Volumeとは
Infinite Volumeは、単一のボリュームで最大で20億のファイル、容量にして数十ペタバイト
のデータを格納可能な、スケーラブルなボリュームです。
Infinite Volumeを使用すると、数ペタバイトのデータを大規模な1つの論理エンティティで管
理することができ、クライアントは数ペタバイトのデータをボリューム全体に対する1つの
ジャンクション パスから取得できます。
Infinite Volumeは、複数のノードにまたがる複数のアグリゲートをストレージとして使用し
ます。最初は小規模な構成から始めて、アグリゲートにディスクを追加したり、使用するア
グリゲートを増やしたりすることで、無停止で拡張することができます。
210 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
SnapMirrorの元のボリュームまたはデスティネーション ボリュームから
FlexCloneボリュームを作成する際の考慮事項
既存のVolume SnapMirror関係を構成するソース ボリュームまたはデスティネーション ボ
リュームから、FlexCloneボリュームを作成できます。この操作を行うことで、以降に行う
SnapMirrorのレプリケーション処理が正常に完了しないことがあります。
FlexCloneボリュームを作成すると、SnapMirrorによって使用されるSnapshotコピーがロック
されることがあり、これによりレプリケーションが正常に実行されない可能性があります。
この場合、対象のFlexCloneボリュームが削除されるか、または親ボリュームからスプリット
されるまで、SnapMirrorはデスティネーション ボリュームへのレプリケーションを停止しま
す。この問題には、次の2つの方法で対処できます。
•
FlexCloneボリュームが一時的に必要で、SnapMirrorレプリケーションが一時的に停止さ
れても構わない場合は、FlexCloneボリュームを作成し、可能となった時点で削除するか
親からスプリットします。
FlexCloneボリュームが削除または親からスプリットされた時点で、SnapMirrorレプリ
ケーションが正常に続行されます。
•
SnapMirrorレプリケーションの一時的な停止を許容できない場合は、SnapMirrorソース ボ
リュームでSnapshotコピーを作成し、そのSnapshotコピーを使用してFlexCloneボリューム
を作成します(FlexCloneボリュームをデスティネーション ボリュームから作成している
場合、SnapshotコピーがSnapMirrorデスティネーション ボリュームにレプリケートされる
まで待機する必要があります)。
この方法でSnapMirrorソース ボリュームでSnapshotコピーを作成すると、SnapMirrorに
よって使用されているSnapshotコピーをロックすることなくクローンを作成できます。
Snapshot設定
既存のSnapshotポリシーにスケジュールを設定することで、Snapshotコピーを設定できます。
FlexVolのSnapshotコピーの最大数は255個です。Snapshotコピーの最大数はSnapshotポリシー
のスケジュールごとに変更できます。
Infinite VolumeのSnapshotコピーの操作に関するガイドライン
Infinite VolumeのSnapshotコピーを作成、管理、およびリストアできます。ただし、Snapshot
コピーの作成プロセスに影響する要素とSnapshotコピーを管理およびリストアするための要
件を把握しておく必要があります。
Infinite VolumeのSnapshotコピーの作成に関するガイドライン
•
ボリュームはオンラインになっている必要があります。
•
Snapshotコピーは、1時間以上間隔を空けてスケジュールする必要があります。
Infinite VolumeのSnapshotコピーの作成には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
Infinite VolumeのSnapshotコピーを1時間以上間隔を空けずにスケジュールした場合、試行
はされますが、スケジュールどおりに作成されないことがあります。前のSnapshotコピー
の作成が完了していないと、その次にスケジュールされたSnapshotコピーは作成されませ
ん。
•
Infinite Volumeがまたがるすべてのノードで時間を同期するようにしてください。
時間が同期されていれば、Snapshotコピーがスケジュールどおりに円滑に実行され、
Snapshotコピーのリストアも適切に機能するようになります。
•
Snapshotコピーの作成ジョブはバックグラウンドで実行できます。
論理ストレージの管理 | 211
Infinite VolumeのSnapshotコピーを作成するジョブは、ボリュームレベルで実行されます
(FlexVolでの同じ操作の場合とは異なります)。そのため、クラスタ内の複数のノードに
わたって処理が実行されます。
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーの作成後に、そのコピーの名前、コメント、SnapMirrorラ
ベルを変更することはできません。
Snapshotコピーによるディスク使用の管理に関するガイドライン
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーを削除した場合に再利用できるディスク スペースの量は
計算できません。
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーのサイズにネームスペース ミラー コンスティチュエン
トのサイズは含まれません。
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーで使用されているディスク スペースを再利用するには、
コピーを手動で削除する必要があります。
Snapshotコピーの自動削除機能を使用してInfinite VolumeのSnapshotコピーを自動的に削
除することはできません。ただし、Infinite VolumeのSnapshotコピーを手動で削除するこ
とや、削除操作をバックグラウンドで実行することはできます。
Infinite VolumeのSnapshotコピーのリストアに関するガイドライン
•
Infinite VolumeのSnapshotコピーをリストアするときは、全体をリストアする必要があり
ます。
単一のファイルまたはファイルの一部をリストアすることはできません。また、単一の
コンスティチュエントのSnapshotコピーをリストアすることもできません。
•
Snapshotコピーが有効な状態である必要があります。
Infinite VolumeのSnapshotコピーが部分的な状態または無効な状態の場合は、コマンドの
実行にdiagnostic権限が必要になるため、admin権限ではリストアできません。この場合
は、テクニカル サポートに連絡してコマンドの実行を依頼してください。
•
リストアしたSnapshotコピーには、Infinite Volumeの現在の効率化設定が継承されます。
Infinite VolumeのSnapshotコピーにアクセスできる状況
Infinite VolumeのSnapshotコピーをリストアしてクライアントから完全にアクセスできるの
は、Snapshotコピーが有効な状態のときだけです。
Infinite VolumeのSnapshotコピーは、複数のアグリゲートの複数の構成要素の情報で構成され
ます。Snapshotコピーは、オフラインの構成要素がある場合には作成できません。Snapshot
コピーの作成後に、構成要素が削除されたり、オフラインになったりする場合があります。
Infinite VolumeのSnapshotコピーが参照している構成要素がオフラインになったり削除され
たりすると、クライアントがSnapshotコピーの一部にアクセスできなくなったり、リストア
できなくなったりすることがあります。
次の表に、Infinite VolumeのSnapshotコピーを利用できるかどうかについて、状態ごとに示し
ます。
状態
説明
Snapshotコピーへのクラ
イアント アクセス
リストアへの影響
有効
完全な状態のコピーで
す。
クライアントから完全に
アクセスできる
リストアできる
部分
的
データがないか不完全
な状態です。
クライアントから部分的
にアクセスできる
テクニカル サポートに連絡
しないとリストアできない
212 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状態
説明
Snapshotコピーへのクラ
イアント アクセス
リストアへの影響
無効
ネームスペース情報が
ないか不完全な状態で
す。
クライアントからアクセ
スできない
リストアできない
Snapshotコピーの有効性は、Infinite Volumeの状態とは直接関連しません。Infinite Volumeが
オフラインの状態でも有効なSnapshotコピーを保持できるかどうかは、Infinite Volumeがいつ
オフラインになったかではなく、Snapshotコピーがいつ作成されたかによって決まります。
たとえば、有効なSnapshotコピーがすでにある状態で新しい構成要素を作成するとします。
新しい構成要素はオフラインのため、Infinite Volumeもオフライン状態になります。ただし、
Snapshotコピーは、既存の有効な構成要素を参照しているため、有効なままです。既存の
Snapshotコピーは、新しいオフラインの構成要素を参照しません。
FlexVolのボリューム ギャランティの動作
ボリューム ギャランティ(スペース ギャランティとも呼ばれます)の設定により、ボリュー
ムのスペースを包含アグリゲートから割り当てる方法が決まります。ボリュームに対して
スペースを事前に割り当てるか、または事前割り当てを行わないオプションがあります。
ギャランティ設定はボリュームの属性です。
ギャランティは、新しいボリュームを作成するときに設定します。また、新しいギャラン
ティ用の十分な空きスペースがある場合、既存のボリュームのギャランティを変更すること
もできます。
ボリューム ギャランティは、volume(デフォルト)、noneの2種類です。
•
ギャランティ タイプをvolumeに指定すると、ボリュームの作成時に、アグリゲートのス
ペースがボリューム全体に割り当てられます。そのスペースが実際にデータに使用され
るかどうかは考慮されません。
割り当てられたスペースは、同じアグリゲート内の別のボリュームに提供したり、割り
当てたりすることはできません。
•
ギャランティをnoneにすると、ボリュームで必要になったときにのみアグリゲートから
スペースが割り当てられます。
このギャランティ タイプのボリュームで使用されるスペースの量は、ボリュームの初期
サイズで決まるのではなく、データが追加されるに従って増えていきます。ボリューム
のデータが初期サイズに達しないかぎり、スペースは未使用のままになります。ギャラ
ンティがnoneに設定されたボリュームの最大サイズは、アグリゲートの空きスペースの
量に制限されません。そのため、アグリゲートに関連付けられたすべてのボリュームの
合計サイズがアグリゲートの空きスペースの量を超えることがあります(ただし、実際
に使用されるスペースはアグリゲートのサイズによって制限されます)。
書き込みに対応できる十分なスペースが包含アグリゲートにない場合、そのボリューム
に格納されたLUNまたはファイル(スペースが予約されたLUNやファイルを含む)への
書き込みが失敗することがあります。
アグリゲート内のスペースが既存のボリュームのvolumeギャランティ用に割り当てられて
いる場合、実際にはまだ使用されていなくても、そのスペースはアグリゲート内で空きス
ペースとみなされません。アグリゲートSnapshotコピーの作成や包含アグリゲートでの新し
いボリュームの作成など、アグリゲートの空きスペースを消費する操作は、そのアグリゲー
トに十分な空きスペースがある場合にのみ行うことができます。これらの操作では、すでに
別のボリュームに割り当てられているスペースは使用できません。
アグリゲートに空きスペースが残っていない場合、成功が保証される操作は、そのアグリ
ゲート内のスペースが事前に割り当てられているボリュームまたはファイルへの書き込み
だけです。
論理ストレージの管理 | 213
ギャランティはオンライン ボリュームについてのみ適用されます。ボリュームをオフライ
ンにした場合、そのボリュームに対して割り当てられた未使用のスペースは、同じアグリ
ゲート内の他のボリュームで使用可能になります。ボリュームを再びオンラインにすると
きに、そのギャランティに対応できるだけの十分なスペースがアグリゲートにないと、ボ
リュームはオフラインのままになります。この場合、ボリュームを強制的にオンラインにす
る必要がありますが、その時点でボリュームのギャランティは無効になります。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート3965:『NetApp Thin Provisioning Deployment and
Implementation Guide Data ONTAP 8.1 (7-Mode)』
増分テープ バックアップでのSnapDiffとSnapshotコピーの使用方法
ストレージ容量が大きいInfinite Volumeの場合、ファイル スキャンによる従来のバックアッ
プ アプリケーションでバックアップするには時間がかかりすぎることがあります。このよ
うな大規模なInfinite Volumeに対応できる唯一のソリューションとして、SnapDiffとSnapshot
コピーを使用したInfinite Volumeの増分テープ バックアップがあります。
SnapDiffとは
SnapDiffは、2つのSnapshotコピー間のファイルやディレクトリの差異を迅速に識別するData
ONTAPの内部エンジンです。
SnapDiffは2つのSnapshotコピー間の差異を検出するため、従来のバックアップ アプリケー
ションと違い、増分バックアップの際にファイルをスキャンする必要がありません。そのた
め、バックアップ処理の所要時間が、変更または追加されたデータを書き込む時間だけで済
みます。
SnapDiffを使用してInfinite Volumeの増分テープ バックアップを実行すると、バックアップ
アプリケーションはSnapDiffアプリケーション プログラミング インターフェイス(API)を
使用してSnapDiffエンジンとやり取りし、Infinite Volume内のアクティブなファイルシステム
の2つのSnapshotコピー間で新たに追加されたファイル、変更されたファイル、削除された
ファイルを識別します。この差分プロセスはInfinite Volumeのネームスペース コンスティ
チュエントとネームスペース ミラー コンスティチュエントを使用して、新規ファイル、変
更ファイル、および削除ファイルの名前を特定します。これらの変更が特定されると、バッ
クアップ アプリケーションは差分プロセスが生成したリストに基づいて、特定されたデー
タをバックアップします。
FlexCloneボリュームとスペース ギャランティ
FlexCloneボリュームの初期スペース保証は親ボリュームから継承されます。たとえば、ス
ペース保証がvolumeに設定された親ボリュームからFlexCloneボリュームを作成する場合、
FlexCloneボリュームの初期スペース保証もvolumeになります。 FlexCloneボリュームのス
ペース保証は変更できます。
たとえば、スペース保証が volumeに設定された100MBのFlexVolを、新しいFlexCloneボ
リュームの親ボリュームとして使用するとします。100MBのうち、使用済みスペースは
70MB、空きスペースは30MBです。新しいFlexCloneボリュームには初期のスペースギャラ
ンティとしてvolumeになりますが、アグリゲートに対して100MBの全スペースを要求する
わけではありません(ボリュームを複製した場合には必要になります)。 代わりに、アグリ
ゲートはクローンに30MBの空きスペース(= 100MB - 70MB)を割り当てれば済むようにな
ります。
親ボリュームが同じクローンが複数ある場合にスペース保証をvolumeに設定すると、それ
らのすべてのクローンで同じ親のスペースが共有されるため、スペースの削減効果がさらに
高まります。
214 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
注:共有するスペースは、共有するSnapshotコピー(FlexCloneボリュームの作成に使用す
るベースSnapshotコピー)が存在するかどうかによって異なります。この共有Snapshotコ
ピーを削除した場合、FlexCloneボリュームによるスペースの削除効果は得られません。
FlexVolを使用したシンプロビジョニングによる効率化
シンプロビジョニングでは、ボリュームやLUNを特定のアグリゲート内に作成する場合に、
それらに対して事前にスペースが割り当てられません。スペースは、ボリュームまたはLUN
にデータが書き込まれるときに割り当てられます。
アグリゲートの未使用のスペースは、他のボリュームやLUNに使用できます。シンプロビ
ジョニングを使用すると、プロビジョニングとスペース再生が必要に応じて行われるため、
ストレージ利用率が向上し、ストレージ コストを削減できます。
FlexVolは、その包含アグリゲートを他のFlexVolと共有できます。したがって、1つのアグリ
ゲートが、それに含まれるFlexVolで使用されるすべてのストレージのソースとして共有され
ます。フレキシブル ボリュームは、所属するディスクの制限に制約されなくなります。
FlexVolのサイズは、ディスクのサイズではなく、格納するデータの量に基づいて変更できま
す。この柔軟性により、ストレージ システムのパフォーマンスと容量利用率を最大限に高
めることができます。FlexVolはシステム内の使用可能なすべての物理ストレージにアクセ
スできるため、ストレージ利用率の改善を実現できます。
例
500GBのボリュームが割り当てられていますが、実際のデータは100GBだけで、残り
の400GBにはデータが格納されていません。この未使用の容量はビジネス アプリケー
ションに割り当てられていますが、今のところ、このアプリケーションで400GBすべ
てが必要になることはありません。未使用の状態で割り当てられている400GBは余剰
な容量であり、当面は無駄になってしまいます。
そのため、ストレージ管理者は、シンプロビジョニングを使用してビジネス アプリ
ケーション用に500GBをプロビジョニングし、そのうちの100GBだけをデータ用に使
用しています。シンプロビジョニングが異なるのは、未使用の400GBを他のアプリ
ケーションで使用できる点です。この方法では、アプリケーションが透過的に拡張さ
れ、アプリケーションで実際に必要となった場合にのみ物理ストレージが割り当てら
れます。残りのストレージは空きプールに残り、必要に応じて使用できます。
FlexVolでのスペース リザベーションの使用
スペース リザベーションを使用してFlexVolをプロビジョニングすることができます。シン
プロビジョニングを使用すると、すべてのストレージが使用中でないかぎり、アグリゲート
の実際の使用可能容量よりも多くのストレージを割り当てることが可能です。
シックプロビジョニングでは、ボリューム内のブロックにいつでも書き込むことができるよ
うに、アグリゲートの十分なストレージが確保されます。
アグリゲートは、複数のStorage Virtual Machine(SVM)に含まれるボリュームにストレージ
を提供できます。シンプロビジョニングを使用していて、SVMどうしを厳密に分離する必要
がある場合(たとえば、マルチテナンシー環境でストレージを提供している場合など)、全
容量が割り当てられたボリューム(シックプロビジョニング)を使用するか、テナント間で
アグリゲートが共有されないようにする必要があります。
スペース予約を「デフォルト」に設定すると、ONTAPのスペース リザベーション設定がボ
リュームに適用されます。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート3563:『NetApp Thin Provisioning Increases Storage
Utilization With On Demand Allocation』
論理ストレージの管理 | 215
ネットアップ テクニカル レポート3483:『NetAppのSANまたはIP SAN構成のエンタープ
ライズ環境におけるシン・プロビジョニング』
Infinite Volumeでシンプロビジョニングを使用する場合の考慮事項
Infinite Volumeでシンプロビジョニングを使用すると、利用可能な物理ストレージよりも多
くのストレージをユーザに提供することができます。シンプロビジョニングを使用する前
に、機能の概要、設定する状況とその方法、および利点と欠点について理解しておく必要が
あります。
シンプロビジョニングとは
シンプロビジョニングでは、関連付けられたアグリゲートのサイズによってInfinite Volume
のサイズが制限されることがありません。少ない容量のストレージに大容量ボリュームを
作成し、必要になったときにディスクを追加していくことができます。たとえば、使用可能
なスペースが250TBしかないアグリゲートを使用して500TBのボリュームを作成できます。
アグリゲートが提供するストレージは、データが書き込まれたときにのみ使用されます。シ
ンプロビジョニングは「アグリゲート オーバーコミット」とも呼ばれます。
シンプロビジョニングに代わるもう1つの方法にシックプロビジョニングがあります。シッ
クプロビジョニングは、スペースがすぐにデータに使用されるかどうかに関係なく、物理ス
ペースを最初から割り当てます。割り当てられたスペースを他のボリュームで使用するこ
とはできません。シックプロビジョニングを使用すると、ボリュームに必要なすべてのス
ペースは、ボリュームの作成時にアグリゲートから割り当てられます。
シンプロビジョニングは、Infinite Volumeのデータ コンスティチュエントにのみ影響します。
Infinite Volumeのネームスペース コンスティチュエントとネームスペース ミラー コンス
ティチュエントでは、常にシックプロビジョニングが使用されます。たとえば、10TBのネー
ムスペース コンスティチュエントが含まれる新しいInfinite Volumeを作成してシンプロビ
ジョニングを使用した場合、Infinite Volumeにデータがまったくない状態でもネームスペー
ス コンスティチュエントで10TBのスペースが使用されます。
シンプロビジョニングを設定する状況とその方法
Infinite Volumeに対してシンプロビジョニングを設定する方法は、Infinite Volumeでストレー
ジ クラスを使用するかどうかによって異なります。
ストレージ クラスを使用しないInfinite Volumeの場合、シックプロビジョニングとシンプロ
ビジョニングをボリューム レベルで次のように設定します。
•
Infinite Volumeを作成した時点では、シンプロビジョニングが使用されます。
•
Infinite Volumeの作成後に、シックプロビジョニングとシンプロビジョニングを切り替え
ることができます。
ボリュームをシンプロビジョニングからシックプロビジョニングに変更する場合は、プ
ロビジョニングするサイズに対応できる物理ストレージを用意する必要があります。
ストレージ クラスを使用するInfinite Volumeの場合、シックプロビジョニングとシンプロビ
ジョニングをストレージ クラス レベルで次のように設定します。
•
シックプロビジョニングとシンプロビジョニングのどちらを使用するかについて、スト
レージ クラスごとに個別に設定することができます。
たとえば、Infinite Volumeのあるストレージ クラスではシンプロビジョニングを使用し、
同じInfinite Volumeの別のストレージ クラスではシックプロビジョニングを使用するこ
とができます。
•
シックプロビジョニングとシンプロビジョニングの設定は、すべてOnCommand Workflow
Automationのワークフローを使用して行います。
216 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
Infinite Volumeでストレージ クラスを使用する場合、シックプロビジョニングまたはシン
プロビジョニングをInfinite Volumeレベルで設定することはできません。
シンプロビジョニングの利点
Infinite Volumeでシンプロビジョニングを使用する利点は次のとおりです。
•
物理ストレージのコストを、実際にストレージが必要になったときまで先延ばしにでき
ます。
ユーザに必要な容量が割り当てられ、一方で価値のあるリソースが使用されないままに
なることはありません。
•
アグリゲートの使用状況を監視できます。
シンプロビジョニングを使用すると、Used Size、Used Percentage、Available Size
などのアグリゲートの使用状況に関する情報に、データの格納に使用されている実際の
スペースが反映されます。シックプロビジョニングを使用した場合、アグリゲートの使
用状況は割り当てられたスペースを基に表示されます。このスペースは、実際にデータ
の格納に使用されているスペースとは異なる場合がほとんどです。
•
ディスクを追加してもボリューム サイズの変更が必要ない場合があります。
既存のアグリゲートにディスクを追加した場合、Infinite Volumeに関連付けられたアグリ
ゲートの合計サイズがInfinite Volumeのサイズを超えないかぎり、追加した容量を使用す
るためにInfinite Volumeのサイズを変更する必要はありません。
シンプロビジョニングの欠点
シンプロビジョニングには次の欠点があります。
•
アグリゲートをオーバーコミットした場合、利用可能なスペースを監視し、必要に応じ
てアグリゲートにストレージを追加して、スペース不足による書き込みエラーを回避す
る必要があります。
•
マルチテナンシー環境において、シンプロビジョニングを使用する複数のボリュームで
アグリゲートを共有する場合、別のテナントのボリュームでデータが増加したときに、
テナントで使用可能なアグリゲート スペースが少なくなることがあります。
•
Infinite Volumeでシンプロビジョニングを使用する場合、報告される使用済みスペースの
割合に物理的な使用済みスペースが反映されるとはかぎらないため、データ コンスティ
チュエント間での受信ファイルの分散プロセスはあまり効果的ではありません。
シンプロビジョニングに関する詳細情報
シンプロビジョニングの詳細については、『Thin Provisioning Deployment and Implementation
Guide』(TR-3965)を参照してください。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート3965:『NetApp Thin Provisioning Deployment and
Implementation Guide Data ONTAP 8.1 (7-Mode)』
Storage Efficiencyの利点
Storage Efficiencyを使用すると、低コストで最大限のデータを格納し、スペースを節約しつ
つ、急増するデータに対応することができます。RAID-DP、FlexVol、Snapshotコピー、重複
排除、データ圧縮、SnapMirror、FlexCloneなどのテクノロジを使用してストレージ利用率を
高め、ストレージ コストを削減できます。これらのテクノロジを組み合わせて使用すると、
パフォーマンスが向上します。
•
Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ドライブなどの高密度ディスク ドライブ
とRAID-DPテクノロジを組み合わせると、効率や読み取りパフォーマンスが向上します。
論理ストレージの管理 | 217
•
RAID-DPは、ダブルパリティのRAID6実装であり、二重のディスク ドライブ障害からシ
ステムを保護します。
•
シンプロビジョニングを使用すると、必要に応じて他のアプリケーションですぐに使用
できる未割り当ての共通ストレージ スペースを確保できます。
シンプロビジョニングは、FlexVolテクノロジに基づいています。
•
Snapshotコピーは、データ ボリュームのある時点における読み取り専用のコピーで、最
小限のストレージ スペースしか消費しません。
連続して作成された2つのSnapshotコピーで異なるのは、2つのコピーの間に追加または更
新されたブロックのみです。この増分ブロックを使用することにより、コピーによって
消費されるストレージ容量が抑えられます。
•
重複排除は、FlexVol内の冗長データ ブロックを排除して、ストレージ スペースを節約し
ます。
•
データ圧縮は、より少ないスペースにより多くのデータを格納し、Volume SnapMirror転
送でデータをレプリケートするために必要な時間と帯域幅を削減する機能です。
それぞれの要件やストレージ システムの設定に基づいて圧縮形式(インラインまたは
バックグラウンド)を選択する必要があります。インライン圧縮では、データが圧縮可
能かどうかが確認されたあとにデータが圧縮され、ボリュームにデータが書き込まれま
す。バックグラウンド圧縮は、すべてのデータがボリュームに書き込まれたあとに、ファ
イルが圧縮可能かどうかに関係なく、すべてのファイルで実行されます。
•
SnapMirrorはLAN、WAN、およびFibre Channelネットワークを介してデータをレプリケー
トするための柔軟なソリューションです。
企業のデータ保護戦略を実行する場合に、中心的な役割を果たすことができます。ユー
ザはデータを1つ以上のストレージ システムにレプリケートすることにより、本番環境サ
イトに障害が発生した場合のダウンタイム コストを最小にすることができます。また、
SnapMirrorテクノロジを使用することにより、データのバックアップ先を複数のデータセ
ンターからディスクに統合することもできます。
•
FlexCloneテクノロジはデータ ボリューム、ファイル、およびLUNの仮想コピーを瞬時の
仮想コピーとして作成します。
FlexCloneボリューム、ファイルまたはLUNは、FlexVol、別のFlexCloneボリューム、ファ
イル、またはLUNの、任意の時点の書き込み可能なイメージです。このテクノロジを使
用すると、スペースを効率的に使用し、親とクローンで異なっているデータのみを格納
することができます。
•
ユニファイド アーキテクチャは、マルチプロトコル サポートを統合して、ファイルベー
スとブロックベースの両方のストレージを単一のプラットフォームで使用できるように
します。
FlexArray仮想化を使用している場合は、ストレージ インフラ全体を1つのインターフェ
イスを通して仮想化し、ネットアップ以外のシステムでも上記の効率化をすべて実現す
ることができます。
データ圧縮と重複排除
Data ONTAP 8.0.1以降では、重複排除とともにデータ圧縮がサポートされています。
FlexVolに対してデータ圧縮と重複排除の両方を有効にすると、最初にデータが圧縮されてか
ら重複が排除されます。このため、FlexVol内の重複するブロックが重複排除によって削除さ
れ、スペースがさらに削減されます。
FlexVolに対してデータ圧縮と重複排除の両方を有効にした場合の削減効果は、この2つを
データセットに対して個別に実行した場合の合計になるとはかぎりません。組み合わせて
実行すると、重複排除やデータ圧縮を個別に実行した場合よりも高い効果が得られることが
あります。
218 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
データ圧縮スキャンを実行してから重複排除を実行すると、より高い削減効果を得ることが
できます。データ圧縮スキャンは重複排除でロックされたデータに対しては実行できませ
んが、重複排除は圧縮されたデータに対しても実行できます。
次の図に、データを圧縮してから重複を排除する仕組みを示します。
圧縮されたデータ
圧縮および重複排
除されたデータ
生データ
圧縮されていないデータを含むFlexVolに対して重複排除を実行すると、FlexVol内の圧縮さ
れていないブロックがすべてスキャンされ、それらのブロックのそれぞれについてデジタル
フィンガープリントが作成されます。
注:圧縮されたデータがFlexVolに含まれている場合に、そのボリュームに対する圧縮オプ
ションが無効になっていると、sis undoコマンドを実行したときのスペースの削減効果
が得られないことがあります。
重複排除の使用に関するガイドライン
重複排除を使用する場合は、システム リソースおよび空きスペースに関する特定のガイド
ラインに留意する必要があります。
ガイドラインは、次のとおりです。
•
パフォーマンス重視のソリューションでは、重複排除機能を使用する前に、重複排除に
よるパフォーマンスへの影響を慎重に検討し、テスト セットアップで影響を測定する必
要があります。
•
重複排除は、実行中にシステム リソースを消費するバックグラウンド プロセスです。
FlexVol内のデータの変更頻度があまり高くない場合は、重複排除の実行頻度を低くする
ことを推奨します。ストレージ システムで複数の重複排除処理が同時に実行されると、
システム リソースの消費量が増加します。
•
ボリュームおよびアグリゲート内に重複排除のメタデータ用の十分な空きスペースが存
在することを確認します。
•
ソース ボリュームで重複排除が使用されている場合は、デスティネーション ボリューム
でも重複排除を使用します。
•
可能なかぎり自動モードを使用し、大量の追加データが各FlexVolに書き込まれた場合に
のみ重複排除機能が実行されるようにします。
•
最大限に節約するために、Snapshotコピーの作成前に重複排除機能を実行します。
•
Snapshotコピーを使用する場合は、Snapshotリザーブを0より大きい値に設定します。
論理ストレージの管理 | 219
ボリュームのサイズ変更のオプション
[ボリュームのサイズ変更]ウィザードを使用して、ボリュームのサイズ変更、Snapshotリザー
ブの調整、およびSnapshotコピーの削除を行い、またこれらの変更による結果をその場で確
認できます。
[ボリュームのサイズ変更]ウィザードには、ボリューム内の現在のスペース割り当てを示す
棒グラフが表示されます。このグラフには、使用スペースと空きスペースの容量も表示され
ます。ボリュームのSnapshotリザーブのサイズを変更すると、このグラフは変更を反映して
動的に更新されます。
また、[スペースの計算]ボタンを使用すると、選択したSnapshotコピーを削除することによっ
てできる空きスペースの量を判断することもできます。 この操作はInfinite Volumeではサ
ポートされていません。
ストレージ クラスを含むInfinite Volumeのサイズについては、System Managerでは変更でき
ません。代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
[ボリュームのサイズ変更]ウィザードを使用して、次の変更をボリュームに加えることがで
きます。
ボリューム サイズを変更する
ボリュームの合計サイズを変更して、ストレージ スペースを増加または減少させ
ることができます。Infinite Volumeのサイズを縮小することはできません。
Snapshotリザーブを調整する
Snapshotコピー用に予約されているスペースの量を調整して、ストレージ スペー
スを増加または減少させることができます。
Snapshotコピーを削除する
Snapshotコピーを削除してボリューム スペースを再利用できます。
注:使用中のSnapshotコピーは削除できません。
Infinite Volumeを備えたStorage Virtual Machine(SVM)にアグリゲートを割り当てる
SVMに特定のアグリゲートを割り当てることができます。これにより、Infinite
Volumeで使用するアグリゲートを、クラスタ内の任意のアグリゲートではなく、
割り当てたアグリゲートに限定することができます。
自動拡張
必要に応じて、ボリュームの自動拡張に上限を指定できます。
ボリュームを移動する際の考慮事項
ボリュームを移動するときは、移動するボリュームやシステム構成に応じて、さまざまな考
慮事項や推奨事項について検討する必要があります。ここでは、ボリュームの移動に関する
考慮事項を示します。
•
インライン重複排除が有効になっているボリュームをオールフラッシュで最適化が実装
されたアグリゲートまたはFlash PoolアグリゲートからHDDアグリゲートに移動した場
合、移動後のボリュームではインライン重複排除が無効になります。
•
バックグラウンド重複排除およびインライン圧縮が有効になっているボリュームをオー
ルフラッシュで最適化が実装されたアグリゲートからHDDアグリゲートに移動した場
合、移動後のボリュームではバックグラウンド圧縮、バックグラウンド重複排除、およ
びインライン圧縮が自動的に有効になります。
•
バックグラウンド圧縮が有効になっているボリュームをHDDアグリゲートからオールフ
ラッシュで最適化が実装されたアグリゲートに移動した場合、移動後のボリュームでは
バックグラウンド圧縮が無効になります。
220 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
ボリュームをFlash PoolアグリゲートからFlash Poolアグリゲート以外のアグリゲートに
移動した場合、キャッシング ポリシーおよび保持優先度は無効になります。
•
ボリュームをFlash Poolアグリゲート以外のアグリゲートからFlash Poolアグリゲートに
移動した場合、移動後のボリュームにdefaultキャッシング ポリシーおよびdefault保
持優先度が自動的に割り当てられます。
FlexVolの移動
FlexVolの移動の仕組みを理解しておくと、ボリュームの移動がサービスレベル契約を満たす
かの判断や、ボリューム移動がボリュームの移動プロセスのどの段階にあるかを把握するの
に役立ちます。
1つのアグリゲートまたはノードから同じStorage Virtual Machine(SVM)内の別のアグリゲー
トまたはノードにFlexVolを移動できます。ボリュームを移動しても、移動中にクライアント
アクセスが中断されることはありません。
ボリュームの移動は次のように複数のフェーズで行われます。
•
新しいボリュームがデスティネーション アグリゲート上に作成されます。
•
元のボリュームのデータが新しいボリュームにコピーされます。
この間、元のボリュームはそのままで、クライアントからアクセス可能です。
•
移動プロセスの最後に、クライアント アクセスが一時的にブロックされます。
この間にソース ボリュームからデスティネーション ボリュームへの最後のレプリケー
ションが実行され、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームのIDがスワップ
され、デスティネーション ボリュームがソース ボリュームに変更されます。
•
移動が完了すると、クライアント トラフィックが新しいソース ボリュームにルーティン
グされ、クライアント アクセスが再開されます。
クライアント アクセスのブロックはクライアントが中断とタイムアウトを認識する前に終
了するため、移動によってクライアント アクセスが中断されることはありません。デフォ
ルトでは、クライアント アクセスは35秒間ブロックされます。アクセスがブロックされて
いる間にボリューム移動操作が完了しなかった場合、この最終フェーズは中止されてクライ
アント アクセスが許可されます。デフォルトでは、最終フェーズは3回試行され、それでも
成功しなかった場合、1時間待ってからもう一度最終フェーズのシーケンスが繰り返されま
す。ボリューム移動操作の最終フェーズは、ボリューム移動が完了するまで実行されます。
[ボリューム]ウィンドウ
[ボリューム]ウィンドウを使用して、FlexVolおよびInfinite Volumeを管理したり、それらのボ
リュームの情報を表示したりできます。 また、[FlexGroup]タブを使用して、FlexGroupボ
リュームの管理やFlexGroupボリュームに関する情報の表示も可能です。
ディザスタ リカバリ(DR)用に設定されたStorage Virtual Machine(SVM)のボリュームに
ついては、System Managerで表示したり管理したりすることはできません。代わりにコマン
ドライン インターフェイスを使用してください。
•
[ボリューム]タブ(221ページ)
•
[FlexGroup]タブ(226ページ)
論理ストレージの管理 | 221
[ボリューム]タブ
コマンド ボタン
作成
[ボリュームの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、FlexVolやInfinite Volumeを追加できます。
このボタンは、Infinite Volumeがすでに存在する場合は無効になります。
編集
[ボリュームの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、選択したボリュームの設定を変更できます。
削除
選択したボリューム(複数可)を削除します。
クローン
以下を含むクローン関連の処理オプションを一覧表示します。
•
作成
選択したボリュームのクローン、または選択したボリュームのファイルのク
ローンを作成します。
•
スプリット
親ボリュームからクローンをスプリットします。
•
階層の表示
クローン階層の情報を表示します。
クローン オプションは、Infinite Volumeに対しては使用できません。
ステータス
選択したボリュームのステータスを次のいずれかに変更します。
•
オンライン
•
オフライン
•
制限
Infinite Volumeは、混在状態(異なる状態のコンスティチュエントが含まれる状況)
になる可能性があります。ただし、混在状態は読み取り専用であり、Infinite Volume
のステータスをこの状態に設定することはできません。混在状態は、複数のコン
スティチュエントのうち1つのコンスティチュエントがオフラインで、残りのコン
スティチュエントがオンラインのときに主に発生します。たとえば、アグリゲー
トをオフラインにすると、そのコンスティチュエントもオフラインになります。
Infinite Volumeのステータスを変更すると、各コンスティチュエントのステータス
が順に変更されます。そのため、Infinite Volumeは処理が完了するまでは混在状態
になります。
Snapshotコピー
以下のSnapshotオプションを表示します。
•
作成
[Snapshotコピーの作成]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ
ボックスで、選択したボリュームのSnapshotコピーを作成できます。
•
設定
Snapshotの設定を構成します。
222 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
リストア
選択したボリュームのSnapshotコピーをリストアします。
サイズ変更
[ボリュームのサイズ変更]ウィザードを開きます。このウィザードで、ボリューム
サイズを変更できます。
このオプションは、ストレージ クラスを含むInfinite Volumeに対しては使用できま
せん。
Storage Efficiency
[Storage Efficiency]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
重複排除処理を手動で開始したり、実行中の重複排除処理を中止することができ
ます。このボタンが表示されるのは、ストレージ システムで重複排除処理が有効
にされている場合のみです。
このオプションは、ストレージ クラスを含むInfinite Volumeに対しては使用できま
せん。
SnapLockタイプ
ボリュームのSnapLockタイプが表示されます。
マウント
Infinite Volumeを備えたStorage Virtual Machine(SVM)のネームスペースにInfinite
Volumeをマウントできます。
アンマウント
ジャンクション パスを変更したりInfinite Volumeを削除したりする場合に、Infinite
Volumeを事前にアンマウントできます。
ストレージQoS
[QoSの詳細]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、新規
または既存のポリシー グループにボリュームを割り当てることができます。
このオプションは、Infinite Volumeに対しては使用できません。
移動
[ボリュームの移動]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、1つのSVM内のアグリゲート間またはノード間でボリュームを移動できます。
保護
[保護関係の作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ソース ボリュームとデスティネーション ボリューム間にデータ保護関係を作成
できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ボリューム リスト
各ボリュームの名前とストレージ情報が表示されます。
名前
ボリュームの名前が表示されます。
アグリゲート
アグリゲートの名前が表示されます。
ステータス
ボリュームのステータスが表示されます。
論理ストレージの管理 | 223
シンプロビジョニング
選択したボリュームにスペース ギャランティが設定されているかどうかが表示さ
れます。オンライン ボリュームの有効な値は「はい」と「いいえ」です。
タイプ
ボリュームのタイプ(「rw」は読み書き可能、
「ls」はロード シェアリング、
「dp」
はデータ保護)が表示されます。
ルート ボリューム
ボリュームがルート ボリュームかどうかが表示されます。
使用済み(%)
ボリューム内で使用されているスペース(割合)が表示されます。
使用可能なスペース
ボリューム内の使用可能なスペースが表示されます。
合計スペース
Snapshotコピー用に確保されたスペースを含むボリュームの合計スペースが表示
されます。
Storage Efficiency
選択したボリュームで重複排除処理が有効か無効かが表示されます。
ポリシー グループ
ボリュームが割り当てられているストレージQoSポリシー グループの名前が表示
されます。デフォルトでは、この列は表示されません。
ボリューム移動中
ボリュームをアグリゲート間またはノード間で移動しているかどうかが表示され
ます。
暗号化
ボリュームが暗号化されているかどうかが表示されます。
クローン
ボリュームがFlexCloneボリュームかどうかが表示されます。
詳細領域
ボリューム リストの下の領域には、選択したボリュームに関する詳細情報が表示されます。
[詳細]タブ
選択したボリュームに関する全般的な情報が表示されます。これには、ボリュー
ムの最大ファイル数と現在のファイル数、Flash Poolアグリゲートでホストされて
いるボリュームのキャッシュ ポリシー、ボリュームが割り当てられているポリ
シー グループ、ポリシー グループの最大スループット、エクスポート ポリシーな
どの情報が含まれます。また、Infinite Volumeがストレージ クラスに関連付けられ
ているかどうかも表示されます。
SnapLockボリュームについては、SnapLockの詳細情報が表示されます。これには、
有効期限、ComplianceClock時間、最大保持期間、最小保持期間、デフォルトの保
持期間、自動コミット期間などの情報が含まれます。
[スペースの割り当て]タブ
ボリューム内のスペースの割り当て量が表示されます。
•
棒グラフ
ボリューム スペースに関する詳細がグラフ形式で表示されます。
•
ボリューム
224 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ボリュームの合計データ スペースとSnapshotコピー用に確保されたスペース
が表示されます。
•
利用可能
データおよびSnapshotコピー用に利用可能なボリューム内のスペースの量と、
ボリューム内で利用可能な合計スペースが表示されます。
•
使用済み
データおよびSnapshotコピー用に使用されているボリューム内のスペースの量
と、ボリューム内で使用済みのスペースの合計が表示されます。
[スペースの割り当て]タブに表示される情報は、ボリュームがNASまたはSANのど
ちらの用途向けに構成されているかによって異なります。NASボリュームの場
合、以下の情報が表示されます。
•
使用済みのデータ スペース
•
利用可能なデータ スペース
•
使用済みのSnapshotリザーブ スペース
•
利用可能なSnapshotリザーブ スペース(Snapshotリザーブがゼロより大きい場
合のみ表示されます)
SANボリュームの場合、以下の情報が表示されます。
•
LUN内のデータで使用されているスペース
•
使用可能なスペース
•
Snapshotコピーで使用されているスペース
[Snapshotコピー]タブ
選択したボリュームのSnapshotコピーが表形式で表示されます。このタブには以
下のコマンド ボタンがあります。
•
作成
[Snapshotコピーの作成]ダイアログ ボックスを開きます。ここでは、選択した
ボリュームのSnapshotコピーを作成できます。
•
名前変更
[Snapshotコピーの名前変更]ダイアログ ボックスを開きます。ここでは、選択
したSnapshotコピーの名前を変更できます。
•
削除
選択したSnapshotコピーを削除します。
•
リストア
Snapshotコピーをリストアします。
•
有効期限の延長
Snapshotコピーの有効期限を延長します。
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[Storage Efficiency]タブ
次のペインに情報が表示されます。
•
棒グラフ
論理ストレージの管理 | 225
データとSnapshotコピーで使用されているボリューム スペースがグラフ形式
で表示されます。Storage Efficiency削減を適用した前後のスペース使用の詳細
を確認できます。
•
詳細
重複排除処理がボリュームで有効かどうか、重複排除モード、重複排除処理の
ステータス、タイプ、インライン圧縮またはバックグラウンド圧縮がボリュー
ムで有効かどうかなど、重複排除処理プロパティに関する情報が表示されま
す。
•
前回の実行の詳細
ボリュームで前回実行された重複排除処理に関する詳細情報が表示されます。
ボリューム上のデータに適用した圧縮および重複排除処理によるスペース削
減量も確認できます。
[データ保護]タブ
ボリュームに関するデータ保護情報が表示されます。
ソース ボリューム(読み取り / 書き込みボリューム)が選択されている場合は、
デスティネーション ボリューム(DPボリューム)に関連するすべてのミラー関
係、バックアップ関係、ミラーとバックアップ関係がタブに表示されます。デス
ティネーション ボリュームが選択されている場合は、ソースとの関係の詳細がタ
ブに表示されます。
•
デスティネーションStorage Virtual Machine
関係におけるデータのミラー先またはバックアップ先のボリュームを含む
SVMが表示されます。
•
デスティネーション ボリューム
関係におけるデータのミラー先またはバックアップ先のボリュームが表示さ
れます。
•
正常
関係のヘルス(正常かどうか)が表示されます。
•
関係の状態
関係の状態(SnapMirror済み、未初期化、または切断)が表示されます。
•
転送ステータス
関係のステータス(アイドル、転送中、中止中など)が表示されます。
•
タイプ
ミラー、バックアップ、バージョンに依存しないミラー、ミラーとバックアッ
プなど、関係のタイプが表示されます。
•
遅延時間
現在の時刻と、デスティネーション ストレージ システムに転送された最後の
Snapshotコピーのタイムスタンプとの差異が表示されます。遅延時間は、現在
ソース システムにあるデータと、デスティネーション システムに格納された
最新データとの時間差を示します。表示される値は、正または負です。デス
ティネーション システムのタイムゾーンがソース ストレージ システムのタイ
ムゾーンよりも遅い場合、値は負になります。
•
ポリシー
関係に割り当てられている保護ポリシーが表示されます。
ローカル クラスタのクラスタ ピア関係の一部またはすべてが正常な状態でなく
なった場合、正常なクラスタ ピア関係に関連する保護関係が[データ保護]タブに
表示されるまでにしばらく時間がかかる可能性があります。正常でないクラスタ
ピアに関連する保護関係は表示されません。
226 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[ボリューム移動の詳細]タブ
ボリュームの移動に関する情報が表示されます。これには、ボリューム移動の状
態とフェーズ、ボリュームの移動先のノードとアグリゲート、ボリューム移動の
進行状況(%)、ボリューム移動操作が完了するまでの推定時間、ボリューム移動
操作の詳細などの情報が含まれます。
このタブには次のコマンド ボタンがあります。
カットオーバー
[カットオーバー]ダイアログ ボックスを開きます。ここでは、カットオー
バーを手動でトリガーできます。
[カットオーバー]コマンド ボタンは、ボリューム移動操作が「レプリケーション」
または「保留中(永続的)」の状態にある場合にだけ表示されます。
[パフォーマンス]タブ
スループット、IOPS、レイテンシなど、選択したボリュームのパフォーマンス指
標に関する情報が表示されます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表
示を更新する必要があります。
[FlexGroup]タブ
コマンド ボタン
作成
[FlexGroupの作成]ウィンドウを開きます。ここでは、FlexGroupボリュームを作成
できます。
編集
[FlexGroupの編集]ウィンドウを開きます。このウィンドウで、選択したFlexGroup
ボリュームのプロパティを編集できます。
削除
選択したFlexGroupボリュームを削除します。
操作
次のAutoSupport要求を行います。
ステータスを変更
選択したFlexGroupボリュームのステータスを次のいずれかに変更します。
•
オンライン
•
オフライン
•
制限
サイズ変更
[FlexGroupのサイズを変更]ウィンドウを開きます。このウィンドウで、既存
のリソースのサイズを変更してFlexGroupボリュームのサイズを変更したり、
新しいリソースを追加してFlexGroupボリュームを拡張したりできます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
論理ストレージの管理 | 227
FlexGroupリスト
ステータス
FlexGroupボリュームのステータスが表示されます。
名前
FlexGroupボリュームの名前が表示されます。
SVM
FlexGroupボリュームが属するStorage Virtual Machine(SVM)の名前が表示されま
す。
この情報は、ナビゲーションで[ボリューム] > [FlexGroup]の順に選択して
FlexGroupボリュームにアクセスした場合にのみ表示されます。
アグリゲート
FlexGroupボリュームに属するアグリゲートの名前が表示されます。
シンプロビジョニング
選択したFlexGroupボリュームにスペース ギャランティが設定されているかどう
かが表示されます。オンラインのFlexGroupボリュームの有効な値は「はい」と
「いいえ」です。
タイプ
FlexGroupボリュームのタイプ(「rw」は読み書き可能、
「dp」はデータ保護)が表
示されます。
使用可能なスペース
FlexGroupボリューム内の使用可能なスペースが表示されます。
合計スペース
Snapshotコピー用に確保されたスペースを含むFlexGroupボリュームの合計スペー
スが表示されます。
使用済み(%)
FlexGroupボリューム内で使用されているスペース(割合)が表示されます。
詳細領域
FlexGroupボリュームを展開すると、選択したFlexGroupボリュームに関する情報を確認でき
ます。選択したFlexGroupボリュームに関する詳細を確認するには、[詳細を表示]をクリック
します。
[概要]タブ
選択したFlexGroupボリュームに関する全般的な情報が表示されます。これには、
FlexGroupボリュームのスペース割り当て、FlexGroupボリュームの保護ステータ
ス、FlexGroupボリュームのパフォーマンスなどの情報が含まれます。
パフォーマンス データの更新間隔は15秒です。
[Snapshotコピー]タブ
選択したFlexGroupボリュームのSnapshotコピーが表示されます。
[データ保護]タブ
FlexGroupボリュームに関するデータ保護情報が表示されます。
ボリュームが選択されている場合は、そのボリュームに関連するすべてのミラー
関係が表示されます。
228 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[パフォーマンス]タブ
スループット、IOPS、レイテンシなど、選択したFlexGroupボリュームの平均パ
フォーマンス指標、読み取りパフォーマンス指標、書き込みパフォーマンス指標
が表示されます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。最新のグラフを表示するには、ブラウザの表
示を更新する必要があります。
関連タスク
FlexVolの作成(53ページ)
FlexCloneボリュームの作成(183ページ)
FlexCloneファイルの作成(184ページ)
ボリュームの削除(183ページ)
Snapshotコピー リザーブの設定(188ページ)
Snapshotコピーの削除(191ページ)
Snapshotコピーの作成(187ページ)
ボリューム プロパティの編集(180ページ)
ボリュームのステータス変更(186ページ)
ボリュームでのStorage Efficiencyの有効化(193ページ)
重複排除スケジュールの変更(194ページ)
重複排除処理の実行(194ページ)
親ボリュームからのFlexCloneボリュームのスプリット(185ページ)
ボリュームのサイズ変更(192ページ)
Snapshotコピーからのボリュームのリストア(189ページ)
自動Snapshotコピーのスケジュール設定(189ページ)
Snapshotコピーの名前変更(191ページ)
Snapshotコピー ディレクトリの非表示(188ページ)
FlexCloneボリューム階層の表示(185ページ)
アプリケーション プロビジョニング
System Managerを使用して、Oracleアプリケーション用のストレージをNFS経由でプロビ
ジョニングできます。
NFS経由のOracleアプリケーション用ストレージのプロビジョニング
System Managerを使用して、単一インスタンスまたは複数インスタンス(Oracle RAC)の
Oracleデータベース用にNFS経由で1つ以上のボリュームを作成してエクスポートすること
で、All Flash FASプラットフォームのNAS向けに最適化されたクラスタ用のストレージをプ
ロビジョニングできます。
開始する前に
•
クラスタ内のすべてのノードでData ONTAP 8.3.2が実行されている必要があります。
•
Storage Virtual Machine(SVM)にNFSサービスのライセンスが設定されており、サービ
スが開始されている必要があります。
•
ストレージをプロビジョニングするSVMにNFS用のデータLIFを作成しておく必要があ
ります。
論理ストレージの管理 | 229
•
データベース情報として、Oracleデータベース名、データベース インスタンスID、サー
バ名、データファイルに必要な容量、Redoログに必要な容量、Redoログの数、アーカイ
ブ ログに必要な容量を確認しておく必要があります。
タスク概要
•
ボリュームはシンプロビジョニングされます。
•
障害が発生してもロールバック処理はサポートされていません。
この作業を再度実行する場合は、途中まで作成されたボリュームを手動で削除する必要
があります。
•
クラスタのほとんどの設定は出荷時点で完了しており、ストレージ効率とパフォーマン
スが最大になるように最適化されています。
これらの設定は変更しないでください。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [アプリケーション プロビジョニング]タブをクリックします。
4. [アプリケーション プロビジョニング]ウィンドウで、該当するアプリケーションの種類
に応じて次のいずれかを実行します。
アプリケーションの種類
作業
NFS Oracle単一
データベース名、データベース サーバ、データファイルのサイズ、
Redoログの容量、Redoコピーの数、アーカイブ ログのサイズ、
Oracleバイナリ用のボリュームのサイズ、HAコントローラ ノード
のスパニング、エクスポート ポリシー名、ボリューム エクスポー
ト ポリシー ルールなど、必要な情報を指定します。
NFS Oracle RAC(複数イン
スタンス)
データベース名、データファイルのサイズ、Redoログの容量、Redo
コピーの数、アーカイブ ログのサイズ、HAコントローラ ノードの
スパニング、必要なデータベース インスタンスのデータベース イ
ンスタンスIDとサーバ名、エクスポート ポリシー名、ボリューム
エクスポート ポリシー ルール、一意のOracleクラスタ名、Oracleバ
イナリ用のボリュームのサイズ、Gridバイナリ用のボリュームのサ
イズ、CRS / Voting用のボリュームのサイズ、CRSボリュームの数
など、必要な情報を指定します。
5. [ストレージのプロビジョニング]をクリックします。
ボリューム名、ボリューム サイズ、ボリュームを構成するアグリゲート、ジャンクショ
ン パス、ローカル ノードのIPアドレス、エクスポート ポリシーが表示されます。
6. 概要を確認し、[完了]をクリックします。
関連資料
アプリケーション固有のボリューム設定の例(229ページ)
アプリケーション固有のボリューム設定の例
ボリュームは、データベースの要件に応じて自動的に作成およびエクスポートされます。使
用されるボリューム設定は、各アプリケーションに固有のルールに従って決まります。ここ
230 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
では、Oracleアプリケーション用およびOracle RACアプリケーション用のスペースのプロビ
ジョニング例を示します。
各ノードにデータ アグリゲートが作成され、それらのアグリゲートに作成されたボリュー
ムがシンプロビジョニングされます。
Storage Efficiencyポリシーはデフォルトで有効になり、スケジュールは「daily」、サービス品
質(QoS)は「best_effort」に設定されます。また、インライン圧縮とインライン重複排除が
デフォルトで有効になり、ボリュームの自動拡張が有効になります。クラスタではアクセス
時間(atime)の更新が有効になりますが、 ボリュームの作成時はSystem Managerによって
無効に設定されます。したがって、ファイルの読み取りや書き込みが実行されてもディレク
トリのアクセス時間フィールドは更新されません。
注意:アクセス時間の更新を有効にすると、クラスタのデータ提供パフォーマンスが低下
する原因になります。
Oracleのボリューム設定の例(インスタンスが1つの場合)
次の表に、Oracle用のスペースのプロビジョニング例を示します。この例で使用した設定は
次のとおりです。
•
ノード数:2
•
データベース名:dbname
•
データベース インスタンスID(SID):db
•
データベース サーバ名:dbserver
•
データファイルのサイズ:10TB
•
Redoログのサイズ:5GB
•
Redoログの数:2
•
アーカイブ ログ用のスペースのプロビジョニング:有効
•
アーカイブ ログのサイズ:5TB
•
Oracleバイナリ用のスペースのプロビジョニング:有効
•
Oracleバイナリのサイズ:16GB
•
HAノード スパニング:有効
HAノード スパニングを無効に設定すると、すべてのボリュームが一方のノードに作成さ
れます。
ノード
データの種類
ボリューム名
ボリューム サイズ
node1
Oracleバイナリ
oracle_binary_dbserver
16GB
データファイル
oracledata1_dbname
5TB
Redoログ
redo_mirror1_dbname
5GB
アーカイブ ログ
oracle_archive1_dbname
5TB
データファイル
oracledata2_dbname
5TB
Redoログ
redo_mirror2_dbname
5GB
node2
アーカイブ ログは、node1またはnode2のどちらかに作成できます。
論理ストレージの管理 | 231
Oracle RACのボリューム設定の例(インスタンスが2つの場合)
次の表に、データベース インスタンスが2つあるOracle RAC用のスペースのプロビジョニン
グ例を示します。この例で使用した設定は次のとおりです。
•
ノード数:2
•
データベース名:dbname
•
インスタンス1のデータベースSID:db01
•
インスタンス1のデータベース サーバ名:dbserver01
•
インスタンス2のデータベースSID:db02
•
インスタンス2のデータベース サーバ名:dbserver02
•
データファイルのサイズ:30TB
•
Redoログのサイズ:10GB
•
Redoログの数:2
•
アーカイブ ログ用のスペースのプロビジョニング:有効
•
アーカイブ ログのサイズ:10TB
•
Oracleバイナリ用のスペースのプロビジョニング:有効
•
Oracleバイナリのサイズ:32GB
•
Gridバイナリ用のスペースのプロビジョニング:有効
•
Gridバイナリのサイズ:32GB
•
CRS / Voting用のスペースのプロビジョニング:有効
•
CRS / Votingのサイズ:6GB
•
一意のOracleクラスタ名:oracluster
•
HAノード スパニング:有効
HAノード スパニングを無効に設定すると、すべてのボリュームが一方のノードに作成さ
れます。
ノード
データの種類
ボリューム名
ボリューム サイズ
node1
Oracleバイナリ
oracle_binary_dbser
ver01
16GB
Gridバイナリ
oracle_grid_dbserve
r01
16GB
CRS / Voting
voting0_oracluster
2GB
CRS / Voting
voting2_oracluster
2GB
データファイル
oracledata1_dbname
15TB
Redoログ
redo_mirror1_dbna
me_db01
10GB
Redoログ
redo_mirror1_dbna
me_db02
10GB
232 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ノード
node2
データの種類
ボリューム名
ボリューム サイズ
アーカイブ ログ
oracle_archive_dbna
me
10TB
Oracleバイナリ
oracle_binary_dbser
ver02
16GB
Gridバイナリ
oracle_grid_dbserve
r02
16GB
CRS / Voting
voting1_oracluster
2GB
データファイル
oracledata2_dbname
15TB
Redoログ
redo_mirror2_dbna
me_db01
10GB
Redoログ
redo_mirror2_dbna
me_db02
10GB
関連タスク
NFS経由のOracleアプリケーション用ストレージのプロビジョニング(228ページ)
ネームスペース
System Managerの[ネームスペース]ウィンドウで、SVMネームスペースのジャンクションに
対してFlexVolをマウントまたはアンマウントできます。
ボリュームのマウント
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)のネームスペースのジャンク
ションにボリュームをマウントできます。
タスク概要
•
ジャンクション パスにボリュームをマウントする際に、言語設定がそのパスの直接の親
ボリュームと異なっていると、一部の文字が正しくデコードされないためにNFSv3クラ
イアントから一部のファイルにアクセスできないことがあります。
直接の親ディレクトリがルート ボリュームの場合は、この問題は発生しません。
•
SnapLockボリュームはSVMのルートにしかマウントできません。
•
通常のボリュームをSnapLockボリュームにマウントすることはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ネームスペース]タブをクリックします。
4. [マウント]をクリックし、マウントするボリュームを選択します。
5. オプション: デフォルトのジャンクション名を変更する場合は、新しい名前を指定しま
す。
6. [参照]をクリックし、ボリュームをマウントするジャンクション パスを選択します。
論理ストレージの管理 | 233
7. [OK]をクリックし、[マウント]をクリックします。
8. [詳細]タブで、新しいジャンクション パスを確認します。
FlexVolのアンマウント
System Managerの[ネームスペース]ウィンドウで、Storage Virtual Machine(SVM)のネーム
スペースのジャンクションからFlexVolをアンマウントできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ネームスペース]タブをクリックします。
4. アンマウントするボリュームを選択し、[アンマウント]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[アンマウント]をクリックします。
エクスポート ポリシーの変更
ボリュームの作成時には、Storage Virtual Machine(SVM)のルート ボリュームのデフォル
トのエクスポート ポリシーが自動的に継承されます。System Managerを使用して、ボリュー
ムに関連付けられているデフォルトのエクスポート ポリシーを変更して、データにアクセ
スするクライアントを再定義できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [ネームスペース]タブをクリックします。
4. ボリュームを選択し、[エクスポート ポリシーの変更]をクリックします。
5. エクスポート ポリシーを選択し、[変更]をクリックします。
6. ボリュームに適用したエクスポート ポリシーが[ネームスペース]ウィンドウの[エクス
ポート ポリシー]列に表示されていることを確認します。
タスクの結果
デフォルトのエクスポート ポリシーが新しいカスタム ポリシーで置き換えられます。
[ネームスペース]ウィンドウ
[ネームスペース]ウィンドウを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)のNASネームスペー
スを管理します。
コマンド ボタン
マウント
[ボリュームのマウント]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボッ
クスでは、SVMネームスペースのジャンクションにボリュームをマウントできま
す。
234 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
アンマウント
[ボリュームのアンマウント]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ
ボックスでは、親ボリュームからボリュームをアンマウントできます。
エクスポート ポリシーの変更
[エクスポート ポリシーの変更]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアロ
グ ボックスでは、ボリュームの既存のエクスポート ポリシーを変更できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ネームスペース リスト
パス
マウントされたボリュームのジャンクション パスを指定します。ジャンクション
パスを展開して、関連するボリュームとqtreeを表示できます。
ストレージ オブジェクト
ジャンクション パスにマウントされたボリュームの名前を指定します。ボリュー
ムに含まれるqtreeを表示することもできます。
エクスポート ポリシー
マウントされたボリュームのエクスポート ポリシーを指定します。
セキュリティ形式
ボリュームのセキュリティ形式を指定します。指定できる値は、UNIX(UNIXモー
ド ビット)、NTFS(CIFS ACL)、Mixed(NFS権限とCIFS権限の混合)です。
[詳細]タブ
選択したボリュームまたはqtreeに関する、名前、ストレージ オブジェクトの種類、マウン
ト オブジェクトのジャンクション パス、エクスポート ポリシーなどの基本的な情報が表示
されます。選択したオブジェクトがqtreeの場合、スペースのハード リミット、ソフト リミッ
ト、および使用状況が表示されます。
共有
System Managerを使用して、共有を作成、編集、管理できます。
CIFS共有の作成
System Managerを使用して共有を作成し、CIFSユーザがアクセス可能なフォルダ、qtree、ま
たはボリュームを指定できます。
開始する前に
CIFSをセットアップして開始するには、CIFSライセンスがインストールされている必要が
あります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [共有]タブをクリックします。
4. [共有の作成]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 235
5. [共有の作成]ウィンドウで、[参照]をクリックし、共有するフォルダ、qtree、またはボ
リュームを選択します。
6. 新しいCIFS共有の名前を指定します。
7. オプション:[Hyper-V および SQL の継続的可用性を有効にする]チェック ボックスを選
択し、SMB 3.0以降の対応するクライアントでノンストップ オペレーション時に継続し
てファイルを開いておけるようにします。
このオプションを使用して開いたファイルは、フェイルオーバー、ギブバック、LIFの移
行など、システムを停止させるイベントから保護されます。
8. [この共有へのアクセス時にデータを暗号化する]チェック ボックスを選択して、SMB 3.0
暗号化を有効にします。
9. 共有の説明またはコメントを入力し、[作成]をクリックします。
タスクの結果
共有が作成され、グループの「すべてのメンバーにフル コントロール」のアクセス権限が
設定されます。
関連タスク
CIFSのセットアップ(276ページ)
関連資料
[共有]ウィンドウ (238ページ)
共有アクセスの停止
フォルダ、qtree、またはボリュームへの共有ネットワーク アクセスを削除するときには、
System Managerを使用して共有を停止できます。
開始する前に
CIFSライセンスをインストールしておく必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [共有]タブをクリックします。
4. 共有のリストから、共有を停止する共有を選択し、[共有の停止]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[停止]をクリックします。
6. 共有が[共有]ウィンドウに表示されなくなったことを確認します。
関連資料
[共有]ウィンドウ (238ページ)
236 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ホーム ディレクトリ共有の作成
System Managerを使用して、ホーム ディレクトリ共有を作成し、ホーム ディレクトリ検索
パスを管理できます。
開始する前に
CIFSがセットアップされて開始されている必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [共有]タブをクリックします。
4. [ホーム ディレクトリの作成]をクリックし、ユーザをディレクトリにマッピングする際
のパターン情報を指定します。
5. [作成]をクリックします。
6. 作成したホーム ディレクトリが[共有]ウィンドウに表示されることを確認します。
共有の設定の編集
System Managerを使用して、シンボリック リンクの設定、共有に対するユーザやグループの
アクセス権、共有へのアクセスの種類など、共有設定を変更することができます。また、
Hyper-Vによる共有の継続的可用性やAccess-Based Enumeration(ABE;アクセスベースの列
挙)を有効または無効にすることもできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [共有]タブをクリックします。
4. 変更する共有を共有のリストから選択し、[編集]をクリックします。
5. [共有の設定の編集]ダイアログ ボックスで、共有設定を必要に応じて変更します。
a. [全般]タブで、Hyper-Vによる共有の継続的可用性を有効にします。
継続的可用性を有効にすると、SMB 3.0をサポートするSMB 3.0以降のクライアント
で、無停止運用時にファイルを継続して開いておくことができます。 継続して開いて
いるファイルは、フェイルオーバー、ギブバック、LIFの移行など、システムを停止
させるイベントから保護されます。
b. [権限]タブで、ユーザまたはグループを追加して権限を割り当て、アクセスの種類を
指定します。
c. [オプション]タブで、共有に対する次の操作を行います。
•
シンボリック リンクの設定を選択します。
•
便宜的ロック(oplock)を有効にします。
•
クライアントで共有を参照できるようにします。
•
Snapshotコピーを表示します。
論理ストレージの管理 | 237
•
変更を通知します。
•
ABEを有効にします。
•
BranchCacheを有効にします。
•
この共有へのアクセス時にSMB 3.0を使用してデータが暗号化されるようにしま
す。
6. [保存して閉じる]をクリックします。
7. 選択した共有に加えた変更を[共有]ウィンドウで確認します。
関連資料
[共有]ウィンドウ (238ページ)
ONTAPにおける動的ホーム ディレクトリの仕組み
ONTAPのホーム ディレクトリを使用すると、SMB共有を設定し、ユーザと一連の変数に基
づいてさまざまなディレクトリにマッピングすることができます。ユーザごとに別個の共
有を作成するのではなく、1つの共有を設定し、いくつかのホーム ディレクトリ パラメータ
を指定して、エントリ ポイント(共有)とホーム ディレクトリ(Storage Virtual Machine
(SVM)上のディレクトリ)間の関係をユーザ単位で定義します。
ゲスト ユーザとしてログインしたユーザは、ホーム ディレクトリを持ちません。また、他
のユーザのホーム ディレクトリにアクセスすることはできません。ユーザとディレクトリ
のマッピング方法を指定する4つの変数があります。
共有名
ユーザの接続先として作成する共有の名前です。この共有にはホーム ディレクト
リのプロパティを設定する必要があります。
共有名には、次の動的な名前を使用できます。
•
%w(ユーザのWindowsユーザ名)
•
%d(ユーザのWindowsドメイン名)
•
%u(ユーザのマッピングされたUNIXユーザ名)
すべてのホーム ディレクトリ間で一意になるように、共有名には%wまたは%u変数
を使用する必要があります。共有名には%d変数と%w変数の両方を使用することも
(%d/%wなど)、固定部分と変数部分で構成することも(home_%wなど)できます。
共有パス
共有によって定義される、つまり、共有名の1つに関連付けられる相対パスです。
各検索パスに付加されて、SVMのルートからのユーザのホーム ディレクトリの完
全パスを生成します。静的(例:home)、動的(例:%w)、またはこの2つの組み合
わせ(例:eng/%w)で指定できます。
検索パス
SVMのルートからの絶対パスのセットで、ONTAPではこのパスに基づいてホーム
ディレクトリが検索されます。vserver cifs home-directory search-path
addコマンドを使用して1つ以上の検索パスを指定できます。複数の検索パスを指
定すると、有効なパスが見つかるまで、指定された順に各検索パスが試行されま
す。
238 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ディレクトリ
ユーザに対して作成する、そのユーザのホーム ディレクトリです。通常はユーザ
名がディレクトリ名として使用されます。ホーム ディレクトリは、検索パスで定
義されるいずれかのディレクトリに作成する必要があります。
たとえば、次のように設定します。
•
ユーザ:John Smith
•
ユーザのドメイン:acme
•
ユーザ名:jsmith
•
SVM名:vs1
•
ホーム ディレクトリ共有名#1:home_%w - 共有パス:%w
•
ホーム ディレクトリ共有名#2:%w - 共有パス:%d/%w
•
検索パス#1:/aggr0home/home
•
検索パス#2:/aggr1home/home
•
検索パス#3:/aggr2home/home
•
ホーム ディレクトリ:/aggr1home/home/jsmith
シナリオ1:ユーザは\\vs1\home_jsmithに接続します。これは最初のホーム ディレクトリ
共有名に一致し、相対パスjsmithが生成されます。各検索パスが順に確認され、jsmithと
いう名前のディレクトリが検索されます。
•
/aggr0home/home/jsmithは存在しないので、検索パス#2に進みます。
•
/aggr1home/home/jsmithは存在します。したがって、検索パス#3は確認されません。
これでユーザは自分のホーム ディレクトリに接続されました。
シナリオ2:ユーザが\\vs1\jsmithに接続します。これは、2番目のホーム ディレクトリの
共有名に一致し、相対パスacme/jsmithが生成されます。各検索パスが順に確認され、acme/
jsmithという名前のディレクトリが検索されます。
•
/aggr0home/home/acme/jsmithは存在しないので、検索パス#2に進みます。
•
/aggr1home/home/acme/jsmithは存在しないので、検索パス#3に進みます。
•
/aggr2home/home/acme/jsmithも存在しません。ホーム ディレクトリが存在しないた
め、接続は失敗します。
[共有]ウィンドウ
[共有]ウィンドウでは、共有を管理したり共有に関する情報を表示したりできます。
•
コマンド ボタン(238ページ)
•
共有リスト(239ページ)
•
詳細領域(239ページ)
コマンド ボタン
共有の作成
共有を作成できる[共有の作成]ダイアログ ボックスを開きます。
論理ストレージの管理 | 239
ホーム ディレクトリの作成
新しいホーム ディレクトリ共有を作成できる[ホーム ディレクトリ共有の作成]ダ
イアログ ボックスを開きます。
編集
[設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択
した共有のプロパティを変更できます。
共有の停止
選択したオブジェクトが共有されないようにします。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
共有リスト
共有リストには、各共有の名前とパスが表示されます。
共有名
共有の名前が表示されます。
パス
共有されている既存のフォルダ、qtree、またはボリュームの完全なパス名が表示
されます。パスの区切り文字には、スラッシュまたはバックスラッシュを使用で
きますが、Data ONTAPでは、どちらもスラッシュとして表示されます。
ホーム ディレクトリ
ホーム ディレクトリ共有の名前が表示されます。
コメント
共有の説明が表示されます。
共有の継続的な可用性
共有が継続的に利用できる設定になっているかどうかが表示されます。
詳細領域
共有リストの下の領域には、共有プロパティと各共有のアクセス権が表示されます。
プロパティ
•
名前
共有の名前が表示されます。
•
oplockステータス
共有で便宜的ロック(oplock)を使用するかどうかを示します。
•
参照可能
Windowsクライアントから共有を参照できるかどうかを示します。
•
Snapshotの表示
クライアントでSnapshotコピーを表示できるかどうかを示します。
•
共有の継続的な可用性
共有が継続的に利用できる設定になっているかどうかを示します。
•
アクセス ベースの列挙
共有でアクセスベースの列挙(ABE)が有効になっているかどうかを示しま
す。
•
BranchCache
共有でBranchCacheが有効になっているかどうかを示します。
240 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
SMB暗号化
SMB 3.0を使用したデータ暗号化がSVMレベルまたは共有レベルで有効になっ
ているかどうかを示します。SMB暗号化がSVMレベルで有効になっている場
合は、すべての共有にSMB暗号化が適用され、
(SVMレベルで)
「有効」という
値が表示されます。
共有のアクセス制御
共有のドメイン ユーザおよびグループとローカル ユーザおよびグループのアク
セス権が表示されます。
関連タスク
CIFS共有の作成(234ページ)
共有アクセスの停止(235ページ)
共有の設定の編集(236ページ)
LUN
System Managerを使用して、LUNを管理できます。
クラスタのすべてのLUNにアクセスする場合は[LUN]タブを使用し、SVMに固有のLUNにア
クセスする場合は[SVM] > [LUN]を使用します。
注:[LUN]タブは、FC / FCoEおよびiSCSIのライセンスが有効になっている場合にのみ表
示されます。
FC SAN向けに最適化されたLUNの作成
All Flash FASプラットフォームでのクラスタの初期セットアップ時に、System Managerを使
用してFC SAN向けに最適化されたLUNを作成できます。
開始する前に
•
LUNを含まないAFF_SAN_DEFAULT_SVMという名前のStorage Virtual Machine(SVM)
を1つだけ作成しておく必要があります。
•
ハードウェアのセットアップが完了していることを確認しておく必要があります。
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
タスク概要
•
この方法は、2つ以上のノードで構成されるクラスタの初期セットアップでのみ使用でき
ます。
System Managerでは、最初の2つのノードだけを使用してLUNが作成されます。
•
各LUNは別々のボリュームに作成されます。
•
ボリュームはシンプロビジョニングされます。
•
作成されるLUNのスペース リザベーションは無効になります。
•
クラスタのほとんどの設定は出荷時点で完了しており、ストレージ効率とパフォーマン
スが最大になるように最適化されています。
これらの設定は変更しないでください。
手順
1. クラスタ管理者のクレデンシャルを使用してSystem Managerにログインします。
論理ストレージの管理 | 241
この方法でLUNを作成したあとに、再度この方法を使用することはできません。
LUNを作成せずにダイアログ ボックスを閉じた場合、ダイアログ ボックスにもう一度ア
クセスするには、[LUN]タブに移動して[作成]をクリックする必要があります。
2. [LUN を作成]ダイアログ ボックスのLUNの詳細領域で、アプリケーションの種類を指定
します。
アプリケーションの種類
Oracle
作業
a.
データベースの名前とサイズを指定します。
b.
Oracle Real Application Cluster(RAC)を導入している場合は、
[Oracle RAC]チェック ボックスを選択します。
サポートされるRACノード数は2つです。イニシエータ グルー
プに少なくとも2つのイニシエータが追加されていることを確
認してください。
SQL
データベースの数と各データベースのサイズを指定します。
その他
a.
各LUNの名前とサイズを指定します。
b.
続けてLUNを作成する場合は、[LUN を追加]をクリックし、各
LUNの名前とサイズを指定します。
選択したアプリケーションの種類に基づいて、データLUN、ログLUN、バイナリLUN、
および一時的なLUNが作成されます。
3. [以下のイニシエータにマッピング]領域で、次の手順を実行します。
a. イニシエータ グループの名前とオペレーティング システムのタイプを指定します。
b. ホスト イニシエータのWWPNをドロップダウン リストから選択するかテキスト
ボックスにイニシエータを入力して追加します。
イニシエータ グループが1つだけ作成されます。
4. [作成]をクリックします。
作成するLUNの情報が表示されます。
5. [閉じる]をクリックします。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
アプリケーション固有のLUN設定
System Managerでは、All Flash FASクラスタでFC SAN向けに最適化されたLUNを作成する
際、OracleやSQLなどのアプリケーションがサポートされます。LUNサイズなどのLUN設定
は、各アプリケーションに固有なルールに従って決まります。SQLおよびOracleの場合、LUN
設定は自動的に作成されます。
クラスタに複数のノードがある場合、System ManagerはAPIで選択された最初の2つのノード
だけを使用してLUNを作成します。2つのノードにはそれぞれデータ アグリゲートがあら
かじめ作成され、 アグリゲートの使用可能な容量と同じサイズのボリュームがそれぞれ作
成されます。作成されるボリュームはシンプロビジョニングされ、LUNのスペース リザ
ベーションは無効に設定されます。
ストレージ効率化ポリシーはデフォルトで有効になり、スケジュールは「daily」、サービス
品質(QoS)は「best_effort」に設定されます。クラスタでは、アクセス時間(atime)の更
新がデフォルトで有効になっていますが、ボリュームの作成時にSystem Managerによって無
242 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
効に設定され、ファイルの読み取りや書き込みが実行されてもディレクトリのアクセス時間
フィールドは更新されません。
注:アクセス時間の更新を有効にすると、クラスタのデータ提供パフォーマンスが低下す
る原因になります。
SQLのLUN設定
デフォルトでは、LUNとボリュームは1つのSQL Serverインスタンス用にプロビジョニング
され、それぞれ1TBの2つのデータベースと24個の物理コアで構成されます。SQL Server用の
一定のルールに従ってLUNとボリュームのスペースがプロビジョニングされます。HAペア
間でLUNの負荷分散が実行されます。データベースの数は変更できます。データベースご
とに8つのデータLUNと1つのログLUNが作成され、 SQLインスタンスごとに一時LUNが1つ
作成されます。
次の表に、SQLのデフォルト設定でスペースがどのようにプロビジョニングされるかを示し
ます。
ノード
アグリ
ゲート
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
node1
node1_aggr
1
データ
db01_data0
1
db01_data0
1
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
2
db01_data0
2
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
3
db01_data0
3
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
4
db01_data0
4
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
1
db02_data0
1
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
2
db02_data0
2
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
3
db02_data0
3
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
4
db02_data0
4
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
ログ
db01_log
db01_log
データ
ベース サ
イズ ÷ 20
50
一時
sql_temp
sql_temp
データ
ベース サ
イズ ÷ 3
330
論理ストレージの管理 | 243
ノード
アグリ
ゲート
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
node2
node2_aggr
1
データ
db01_data0
5
db01_data0
5
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
6
db01_data0
6
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
7
db01_data0
7
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db01_data0
8
db01_data0
8
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
5
db02_data0
5
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
6
db02_data0
6
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
7
db02_data0
7
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
データ
db02_data0
8
db02_data0
8
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
125
ログ
db02_log
db02_log
データ
ベース サ
イズ ÷ 20
50
OracleのLUN設定
デフォルトでは、LUNとボリュームは2TBの1つのデータベース用にプロビジョニングされ
ます。Oracle用の一定のルールに従ってLUNとボリュームのスペースがプロビジョニング
されます。デフォルトでは、Oracle Real Application Cluster(RAC)は選択されません。
次の表に、Oracleのデフォルトの設定でスペースがどのようにプロビジョニングされるかを
示します。
ノード
アグリ
ゲート
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
node1
node1_aggr
1
データ
ora_vol01
ora_lundata
01
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol02
ora_lundata
02
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
244 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ノード
node2
アグリ
ゲート
node2_aggr
1
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
データ
ora_vol03
ora_lundata
03
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol04
ora_lundata
04
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
ログ
ora_vol05
ora_lunlog1 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
バイナリ
ora_vol06
ora_orabin1 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
データ
ora_vol07
ora_lundata
05
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol08
ora_lundata
06
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol09
ora_lundata
07
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol10
ora_lundata
08
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
ログ
ora_vol11
ora_lunlog2 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
Oracle RACについては、LUNはグリッド ファイル用にプロビジョニングされます。Oracle
RACでサポートされるRACノード数は2つだけです。
次の表に、Oracle RACのデフォルト設定でスペースがどのようにプロビジョニングされるか
を示します。
ノード
アグリ
ゲート
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
node1
node1_aggr
1
データ
ora_vol01
ora_lundata
01
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol02
ora_lundata
02
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol03
ora_lundata
03
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
論理ストレージの管理 | 245
ノード
node2
アグリ
ゲート
node2_aggr
1
LUNタイ
プ
ボリュー
ム名
LUN名
LUNサイ
ズの計算
式
LUNサイ
ズ(GB)
データ
ora_vol04
ora_lundata
04
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
ログ
ora_vol05
ora_lunlog1 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
バイナリ
ora_vol06
ora_orabin1 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
グリッド
ora_vol07
ora_lungrid
1
10GB
10
データ
ora_vol08
ora_lundata
05
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol09
ora_lundata
06
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol10
ora_lundata
07
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
データ
ora_vol11
ora_lundata
08
データ
ベース サ
イズ ÷ 8
250
ログ
ora_vol12
ora_lunlog2 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
バイナリ
ora_vol13
ora_orabin2 データ
ベース サ
イズ ÷ 40
50
その他の種類のアプリケーションのLUN設定
各LUNがボリューム内にプロビジョニングされます。LUNのスペースは指定したサイズに
基づいてプロビジョニングされます。ノード間ですべてのLUNの負荷分散が実行されます。
LUNの作成
空きスペースがある場合、System Managerを使用して、既存のアグリゲート、ボリューム、
またはqtreeのLUNを作成できます。既存のボリュームにLUNを作成したり、LUNに対する新
しいFlexVolを作成したりすることができます。また、ワークロードのパフォーマンスを管理
するためにストレージQoSを有効にすることもできます。
タスク概要
LUN IDを指定した場合、System ManagerはLUNを追加する前にIDの有効性をチェックしま
す。LUN IDの指定を省略すると、Data ONTAPにより自動的にLUN IDが割り当てられます。
246 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
LUNマルチプロトコル タイプを選択する際は、各タイプの使用に関するガイドラインを考
慮する必要があります。
MetroCluster構成の場合、LUNのFlexVol作成時にSystem Managerに表示されるのは以下のア
グリゲートのみです。
•
通常モードの場合:プライマリ サイトの同期元SVMまたはデータ提供用SVMにボリュー
ムを作成する場合、プライマリ サイトのクラスタに属しているアグリゲートのみが表示
されます。
•
切り替えモードの場合:フェイルオーバー先のサイトの同期先SVMまたはデータ提供用
SVMにボリュームを作成する場合、切り替えられたアグリゲートのみが表示されます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN 管理]タブで、[作成]をクリックします。
3. [参照]をクリックし、LUNを作成するSVMを選択します。
4. LUN作成ウィザードで、LUNの名前、サイズ、タイプ、および説明を指定し、[スペース
リザベーション]を選択してから、[次へ]をクリックします。
5. LUNの新しいFlexVolを作成するか、既存のボリュームまたはqtreeを選択し、[次へ]をク
リックします。
6. ホストによるLUNへのアクセスを制御する場合は、イニシエータ グループを追加し、[次
へ]をクリックします。
7. LUNのワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、[ストレージ QoS の管理]
チェック ボックスを選択します。
8. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループ
を選択し、LUNの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
状況
操作
新しいポリシー グループ
を作成する
a.
ポリシー グループの名前を指定します。
b.
最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含
まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限
を超えないように制限されます。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限な
しと設定され、指定した単位は無視されることとなります。
c.
[次へ]をクリックします。
a.
[既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポ
リシー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー
グループを選択します。
選択したポリシー グループの最大スループットを変更するこ
ともできます。
b.
[次へ]をクリックします。
既存のポリシー グループ
を選択する
ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場
合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計ス
ループットです。
9. [LUN の概要]ウィンドウで指定した詳細を確認し、[次へ]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 247
10. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
関連概念
LUNマルチプロトコル タイプの使用に関するガイドライン(256ページ)
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
LUNの削除
System Managerでは、LUNを削除して、LUNで使用されていたスペースを包含アグリゲート
や包含ボリュームに戻すことができます。
開始する前に
•
LUNをオフラインにします。
•
LUNをすべてのイニシエータ ホストからマッピング解除します。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN 管理]タブで、削除するLUNを1つ以上選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
イニシエータ グループの作成
System Managerを使用して、イニシエータ グループを作成できます。イニシエータ グルー
プを使用すると、特定のLUNへのホスト アクセスを制御できます。イニシエータがアクセ
スできるLIFを制限するには、ポートセットを使用します。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [イニシエータ グループ] タブで、[作成]をクリックします。
3. [イニシエータ グループの作成]ダイアログ ボックスの[全般]タブで、イニシエータ グ
ループ名、オペレーティング システム、ポートセット、およびグループでサポートされ
るプロトコルを指定します。
4. [作成]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
248 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
イニシエータ グループの削除
System Managerの[イニシエータ グループ]タブを使用してイニシエータ グループを削除で
きます。
開始する前に
イニシエータ グループにマッピングされているLUNは、すべて手動でマッピング解除する
必要があります。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [イニシエータ グループ]タブで、削除するイニシエータ グループを1つ以上選択し、[削
除]をクリックします。
3. [削除]をクリックします。
4. 削除したイニシエータ グループが[イニシエータ グループ]タブに表示されていないこと
を確認します。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
イニシエータの追加
System Managerを使用して、イニシエータ グループにイニシエータを追加できます。所属先
のイニシエータ グループがLUNにマッピングされると、イニシエータはそのLUNにアクセ
スできるようになります。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN 管理]タブで、イニシエータを追加するイニシエータ グループを選択し、[編集]を
クリックします。
3. [イニシエータ グループの編集]ダイアログ ボックスで、[イニシエータ]をクリックしま
す。
4. [追加]をクリックします。
5. イニシエータ名を指定し、[OK]をクリックします。
6. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
イニシエータ グループからのイニシエータの削除
System Managerの[イニシエータ グループ]タブを使用してイニシエータを削除できます。
開始する前に
イニシエータを含むイニシエータ グループにマッピングされているLUNは、すべて手動で
マッピング解除する必要があります。
論理ストレージの管理 | 249
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [イニシエータ グループ]タブで、削除するイニシエータを1つ以上選択し、[削除]をクリッ
クします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
ポートセットの作成
System Managerでは、ポートセットを作成してLUNへのアクセスを制限することができま
す。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [ポートセット]タブで、[作成]をクリックします。
3. [ポートセットの作成]ダイアログ ボックスで、プロトコルのタイプを選択します。
4. ポートセットに関連付けるネットワーク インターフェイスを選択します。
5. [作成]をクリックします。
ポートセットの削除
System Managerを使用して、不要になったポートセットを削除できます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [ポートセット]タブで、ポートセットを1つ以上選択し、[削除]をクリックします。
3. [削除]をクリックして削除を確認します。
LUNのクローニング
LUNクローンを使用すると、LUNの読み書き可能なコピーを複数作成できます。System
Managerを使用して、テスト用にLUNの一時的なコピーを作成できます。また、追加のユー
ザに本番環境のデータへのアクセスを許可することなく、それらのユーザが利用できるデー
タのコピーを作成することも可能です。
開始する前に
•
ストレージ システムにFlexCloneライセンスがインストールされている必要があります。
•
LUNでスペース リザベーションが無効になっている場合、格納先のボリュームにクロー
ンへの変更に対応できる十分なスペースが必要です。
タスク概要
•
LUNクローンの作成時、System ManagerではLUNクローンの自動削除がデフォルトで有
効になっています。そのため、Data ONTAPでスペースの節約のために自動削除がトリ
ガーされると、LUNクローンが削除されます。
•
SnapLockボリュームのLUNのクローンは作成できません。
250 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN管理]タブで、クローンを作成するLUNを選択し、[クローン]をクリックします。
3. オプション:デフォルトの名前を変更する場合は、新しい名前を指定します。
4. [クローン]をクリックします。
5. 作成したLUNクローンが[LUN]ウィンドウに表示されることを確認します。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
LUNの編集
System Managerの[LUNのプロパティ]ダイアログ ボックスを使用して、LUNの名前、説明、
サイズ、スペース リザベーション設定、またはマッピングされたイニシエータ ホストを変
更できます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN管理]タブで、編集するLUNをLUNのリストから選択し、[編集]をクリックします。
3. 必要な変更を加えます。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
LUNのオンライン化
System Managerの[LUN管理]タブを使用して、選択したLUNをオンラインにし、ホストから
使用できるようにすることができます。
開始する前に
LUNにアクセスしているすべてのホスト アプリケーションを、停止または同期させる必要
があります。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN 管理]タブで、オンラインにするLUNを1つ以上選択します。
3. [ステータス] > [オンライン]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
論理ストレージの管理 | 251
LUNのオフライン化
System Managerの[LUN管理]タブを使用して、選択したLUNをオフラインにし、ブロック プ
ロトコル アクセスに利用できないようにすることが可能です。
開始する前に
LUNにアクセスしているすべてのホスト アプリケーションを、停止または同期させる必要
があります。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN管理]タブで、オフラインにするLUNを1つ以上選択します。
3. [ステータス] > [オフライン]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
LUNの移動
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)内で、あるボリュームのLUNを
別のボリュームまたはqtreeに移動できます。高速なディスクを含むアグリゲートでホスト
されているボリュームに移動すれば、LUNへのアクセス速度が向上します。
タスク概要
•
同じボリューム内のqtreeにLUNを移動することはできません。
•
CLIを使用してファイルから作成したLUNは、System Managerを使用して移動することは
できません。
•
LUNの移動処理は無停止で実行でき、移動中もLUNはオンラインでデータを提供するこ
とができます。
•
移動先のボリュームに割り当てられているスペースがLUNの格納に十分でない場合は、
System Managerを使用してLUNを移動することはできません。ボリュームで自動拡張が
有効になっていても同様です。
代わりにCLIを使用する必要があります。
•
SnapLockボリュームのLUNは移動できません。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN管理]タブで、移動するLUNをLUNのリストから選択し、[移動]をクリックします。
3. オプション:[LUNの移動]ダイアログ ボックスの[移動オプション]領域で、デフォルトか
ら変更する場合は新しいLUN名を指定します。
4. LUNの移動先のストレージ オブジェクトを選択し、次のいずれかの操作を実行します。
252 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
LUNの移動先
作業
新しいボリューム
a.
新しいボリュームを作成するアグリゲートを選択します。
b.
ボリュームの名前を指定します。
a.
LUNを移動するボリュームを選択します。
b.
選択したボリュームにqtreeが含まれている場合、LUNを移動す
るqtreeを選択します。
既存のボリュームまたは
qtree
5. [移動]をクリックします。
6. LUNの移動処理を確定し、[続行]をクリックします。
ごく短時間、移動したLUNが元のボリュームと移動後のボリュームの両方に表示されま
す。移動処理が完了すると、移動後のボリュームにLUNが表示されます。
移動先のボリュームまたはqtreeが、LUNの新しいコンテナ パスとして表示されます。
ストレージQoSへのLUNの割り当て
System Managerを使用してLUNをストレージQoSポリシー グループに割り当てることで、
LUNのスループットを制限できます。新しいLUNにストレージQoSを割り当てたり、すでに
ポリシー グループに割り当てられているLUNに対するストレージQoSの詳細を変更したり
できます。
タスク概要
•
ポリシー グループに次のストレージ オブジェクトが割り当てられている場合、LUNにス
トレージQoSを割り当てることはできません。
◦ LUNの親ボリューム
◦ LUNの親Storage Virtual Machine(SVM)
•
ストレージQoSの割り当てやQoSの詳細の変更は、最大10個のLUNについて同時に実行で
きます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN 管理]タブで、ストレージQoSを割り当てるLUNを1つ以上選択します。
3. [ストレージ QoS]をクリックします。
4. LUNのワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、[QoS の詳細]ダイアログ ボッ
クスで[ストレージ QoS の管理]チェック ボックスを選択します。
選択したLUNの一部がすでにポリシー グループに割り当てられている場合、変更内容に
よってはそれらのLUNのパフォーマンスに影響する可能性があります。
5. 新しいストレージQoSポリシー グループを作成するか、または既存のポリシー グループ
を選択し、LUNの入出力(I/O)のパフォーマンスを制御します。
論理ストレージの管理 | 253
状況
操作
新しいポリシー グループ
を作成する
a.
ポリシー グループの名前を指定します。
b.
最大スループット制限を指定します。ポリシー グループに含
まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限
を超えないように制限されます。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限な
しと設定され、指定した単位は無視されることとなります。
既存のポリシー グループ
を選択する
[既存のポリシー グループ]を選択して[選択]をクリックし、[ポリ
シー グループの選択]ダイアログ ボックスで既存のポリシー グ
ループを選択します。
選択したポリシー グループの最大スループットを変更することも
できます。
ポリシー グループが複数のオブジェクトに割り当てられている場
合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計ス
ループットです。
6. オプション:LUNの数を示すリンクをクリックして、選択したLUNのリストを確認しま
す。リストからLUNを削除する場合は[破棄]をクリックします。
このリンクは、複数のLUNを選択した場合にのみ表示されます。
7. [OK]をクリックします。
イニシエータ グループの編集
System Managerの[イニシエータ グループの編集]ダイアログ ボックスを使用して、既存のイ
ニシエータ グループとそのオペレーティング システムの名前を変更できます。イニシエー
タをイニシエータ グループに追加したりイニシエータ グループから削除したりすることが
できます。また、イニシエータ グループに関連付けられているポートセットを変更するこ
ともできます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [イニシエータ グループ]タブで、変更するイニシエータ グループを選択し、[編集]をク
リックします。
3. 必要な変更を行います。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
5. [イニシエータ グループ]タブで、イニシエータ グループに加えた変更を確認します。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
イニシエータの編集
System Managerの[イニシエータ グループの編集]ダイアログ ボックスを使用して、イニシ
エータ グループ内の既存のイニシエータの名前を変更できます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
254 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. [イニシエータ グループ]タブで、イニシエータが属するイニシエータ グループを選択し、
[編集]をクリックします。
3. [イニシエータ グループの編集]ダイアログ ボックスで、[イニシエータ]をクリックしま
す。
4. 編集するイニシエータを選択し、[編集]をクリックします。
5. 名前を変更し、[OK]をクリックします。
6. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[LUN]ウィンドウ(260ページ)
ポートセットの編集
System Managerの[ポートセット]タブを使用して、ポートセットに関連する設定を編集でき
ます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [ポートセット]タブで、編集するポートセットを選択し、[編集]をクリックします。
3. [ポートセットの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
4. [保存して閉じる]をクリックします。
関連タスク
SVMでのiSCSIプロトコルの設定(48ページ)
LUN情報の表示
System Managerの[LUN管理]タブを使用して、名前、ステータス、サイズ、およびタイプな
どのLUNの詳細を表示できます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [LUN管理]タブで、情報を表示するLUNをLUNのリストから選択します。
3. [LUN]ウィンドウでLUNの詳細を確認します。
イニシエータ グループの表示
System Managerの[イニシエータ グループ]タブを使用して、すべてのイニシエータ グルー
プ、それらのイニシエータ グループにマッピングされたイニシエータ、およびイニシエー
タ グループにマッピングされたLUNとLUN IDを表示できます。
手順
1. [LUN]タブをクリックします。
2. [イニシエータ グループ]をクリックし、上のペインに一覧表示されているイニシエータ
グループを確認します。
論理ストレージの管理 | 255
3. イニシエータを表示するイニシエータ グループを選択します。イニシエータは下部ペイ
ンの[イニシエータ]タブに一覧表示されます。
4. マッピングされているLUNを表示するイニシエータ グループを選択します。LUNは下
部ペインの[マッピングされたLUN]に一覧表示されます。
LUNを含むFlexVolの操作に関するガイドライン
LUNを含むFlexVolを操作する場合、Snapshotコピーのデフォルト設定を変更する必要があり
ます。LUNのレイアウトを最適化して管理を簡素化することもできます。
Snapshotコピーは、SnapMirror、SyncMirror、ダンプとリストア、ndmpcopyなど、多くのオ
プション機能で必要となります。
ボリュームを作成すると、Data ONTAPによって次の処理が自動的に実行されます。
•
Snapshotコピー用にスペースの5%をリザーブ
•
Snapshotコピーのスケジュールを設定
Data ONTAPでSnapshotコピーを作成する内部スケジュール メカニズムでは、LUN内のデー
タの整合性が保証されません。したがって、次のタスクを実行して、Snapshotコピーの各設
定を変更する必要があります。
•
Snapshotコピーの自動スケジュールをオフにします。
•
既存のSnapshotコピーをすべて削除します。
•
Snapshotコピー用のリザーブ スペースの割合をゼロに設定します。
LUNを含むボリュームを作成するときは、次のガイドラインに従う必要があります。
•
システムのルート ボリュームにはLUNを作成しないでください。
Data ONTAPは、このボリュームを使用してストレージ システムを管理します。デフォル
トのルート ボリュームは/vol/vol0です。
•
SANボリュームを使用してLUNを格納します。
•
LUNを含むボリュームに、他のファイルやディレクトリが存在しないようにします。
これができず、LUNとファイルを同じボリュームに格納する場合は、別個のqtreeを使用
してLUNを格納します。
•
複数のホストが同じボリュームを共有する場合は、そのボリュームにqtreeを作成し、同
じホストのすべてのLUNを格納します。
これは、LUNの管理と追跡を簡素化するためのベスト プラクティスです。
•
管理しやすくするために、LUNおよびボリュームに、それらの所有権または使用方法を
反映した名前を付けます。
関連情報
ネットアップのマニュアル:ONTAP 9
LUNのサイズとタイプ
LUNを作成するときは、LUNのサイズと、ホスト オペレーティング システムのタイプを指
定する必要があります。
LUNマルチプロトコル タイプ、すなわちオペレーティング システムのタイプにより、LUN
上のデータのレイアウト、およびLUNの最小サイズと最大サイズが決まります。LUNが作成
されたあとで、LUNのホストOSのタイプを変更することはできません。
256 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
LUNのスペース リザベーションについて
スペース リザベーション設定(ボリューム ギャランティとの組み合わせ)とLUNのスペー
ス予約の関係を知っておくと、スペース リザベーションを無効にした場合の影響や、LUN
設定とボリューム設定の特定の組み合わせが有用でない理由を理解することができます。
ボリューム ギャランティが設定されているボリュームにスペース リザベーションを有効に
してLUN(スペース リザーブLUN)を作成すると、作成時にボリュームの空きスペースが
LUN用に確保されます。この予約スペースのサイズはLUNのサイズで決まります。ボ
リュームの他のストレージ オブジェクト(他のLUN、ファイル、Snapshotコピーなど)はこ
のスペースを使用できません。
スペース リザベーションを無効にしてLUN(スペース リザーブなしのLUN)を作成した場
合は、LUN用のスペースは確保されません。LUNへの書き込み処理に必要なストレージは、
ボリュームに十分な空きスペースがある場合にかぎり、必要な時点で割り当てられます。
ギャランティがnoneのボリュームにスペース リザーブLUNを作成した場合の動作は、ス
ペース リザーブなしのLUNと同じです。ギャランティがnoneのボリュームは、ボリューム
自体、書き込み時に初めてスペースが割り当てられるため、LUNに割り当てられるスペース
はありません。このため、ギャランティがnoneのボリュームにスペース リザーブLUNを作
成することは推奨されません。この組み合わせは、書き込みが保証されているような誤解を
与えますが、実際には保証されていません。
スペース リザベーションを「デフォルト」に設定すると、ONTAPのスペース リザベーショ
ン設定がLUNに適用されます。新しいボリュームを作成する場合、コンテナ ボリュームに
もONTAPのスペース リザベーション設定が適用されます。
LUNマルチプロトコル タイプの使用に関するガイドライン
LUNマルチプロトコル タイプ(オペレーティング システムのタイプ)は、LUNにアクセス
するホストのオペレーティング システムを指定します。また、LUNのデータ レイアウト、
およびLUNの最小サイズと最大サイズも決定します。
注:Data ONTAPのすべてのバージョンがすべてのLUNマルチプロトコル タイプをサポー
トするわけではありません。最新の情報については、Interoperability Matrixを確認してくだ
さい。
次の表に、LUNマルチプロトコル タイプの値と各タイプの使用に関するガイドラインを示
します。
LUNマルチプロトコル タイプ
使用する場面
AIX
ホスト オペレーティング システムがAIXの場合。
HP-UX
ホスト オペレーティング システムがHP-UXの場合。
Hyper-V
Windows Server 2008またはWindows Server 2012のHyperVを使用していて、LUNに仮想ハード ディスク(VHD)
が格納されている場合に使用します。LUNタイプに
hyper_vを使用している場合は、igroupのOSタイプにも
hyper_vを使用する必要があります。
注:raw LUNの場合、子オペレーティング システムの
タイプをLUNマルチプロトコル タイプとして使用で
きます。
Linux
ホスト オペレーティング システムがLinuxの場合。
NetWare
ホスト オペレーティング システムがNetWareの場合。
OpenVMS
ホスト オペレーティング システムがOpenVMSの場合。
論理ストレージの管理 | 257
LUNマルチプロトコル タイプ
使用する場面
Solaris
ホスト オペレーティング システムがSolarisであり、
Solaris EFIラベルを使用していない場合。
Solaris EFI
Solaris EFIラベルを使用している場合。
注:Solaris EFIラベルと他のLUNマルチプロトコル タ
イプを併用すると、LUNが正しくアライメントされな
くなることがあります。
VMware
ESX Serverを使用していて、LUNにVMFSを設定する予
定がある場合。
注:LUNにRDMを設定する場合は、ゲスト オペレー
ティング システムをLUNマルチプロトコル タイプと
して使用できます。
Windows 2003 MBR
ホスト オペレーティング システムがMBRパーティショ
ニング方法を使用するWindows Server 2003の場合。
Windows 2003 GPT
GPTパーティショニング方法を使用する必要があり、
GPTを使用する機能がホストにある場合。Windows
Server 2003 Service Pack 1以降は、GPTパーティショニン
グ方法を使用できます。また、64ビット バージョンの
Windowsはすべて、GPTパーティショニング方法をサ
ポートしています。
Windows 2008以降
ホスト オペレーティング システムがWindows Server
2008以降であり、MBRパーティショニング方法とGPT
パーティショニング方法の両方がサポートされている
場合。
Xen
Xenを使用していて、LUNにDom0を使用してLinux LVM
を設定する予定がある場合。
注:raw LUNの場合、ゲスト オペレーティング システ
ムのタイプをLUNマルチプロトコル タイプとして使
用できます。
関連タスク
LUNの作成(245ページ)
関連情報
NetApp Interoperability
Solaris Host Utilities 6.1 Installation and Setup Guide
Solaris Host Utilities 6.1 Quick Command Reference
Solaris Host Utilities 6.1 Release Notes
LUNクローンの概要
LUNクローンは、親LUNの書き込み可能でスペース効率の高いクローンです。クローニング
処理ではデータの物理的なコピーは実行されないため、LUNクローンは、スペースを効率的
に使用して短時間で作成されます。クローンを使用することで、物理的なアグリゲート ス
ペースを効率的に使用することができます。
SAN環境でSnapshotコピーのバックアップを作成することなく、LUN全体のクローンを作成
できます。クローニング処理は瞬時に行われ、親LUNにアクセスしているクライアントに
258 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
サービスの中断や停止といった影響が及ぶことはありません。クライアントはすべての標
準的なLUN処理を、親エンティティおよびクローン エンティティの両方に対して実行でき、
親LUNとクローンLUNの両方に読み取り / 書き込みアクセスを実行することができます。
クローンは親LUNのデータ ブロックを他のクローンと共有します。親ファイルまたはク
ローンに新規データが書き込まれるまではほとんどスペースを占有しません。デフォルト
では、LUNクローンは親LUNのスペース リザーブ設定を継承します。たとえば、親LUNで
スペース リザベーションが無効になっている場合、LUNクローンのスペース リザベーショ
ンも無効になります。
注:LUNのクローンを作成するときは、ボリュームにLUNクローンを格納できるだけの十
分なスペースがあることを確認する必要があります。
LUNのサイズ変更
LUNのサイズは元のサイズから拡張または縮小して変更できます。LUNのサイズを変更す
るときは、そのLUNを使用しているホストのタイプやアプリケーションに対して推奨されて
いる手順をホスト側で実行する必要があります。
イニシエータ ホスト
イニシエータ ホストは自身にマッピングされたLUNにアクセスできます。ストレージ シス
テム上のLUNをigroupにマッピングすると、グループ内のすべてのイニシエータからその
LUNへのアクセスを許可することになります。LUNにマッピングされているigroupのメン
バーでないホストは、LUNにアクセスできません。
VMware RDM
VMwareでRaw Device Mapping(RDM;rawデバイス マッピング)を実行するときは、LUNの
オペレーティング システム タイプがゲスト オペレーティング システムのオペレーティン
グ システム タイプである必要があります。
igroupとは
initiator group(igroup;イニシエータ グループ)は、FCプロトコル ホストWWPNまたはiSCSI
ホスト ノード名のテーブルです。igroupを定義してLUNにマッピングし、どのイニシエータ
がLUNにアクセスできるかを制御できます。
通常は、ホストのイニシエータ ポートまたはソフトウェア イニシエータがすべてLUNにア
クセスできることが必要とされます。マルチパス ソフトウェアを使用しているか、または
クラスタ ホストがある場合、各イニシエータ ポートまたは各クラスタ ホストのソフトウェ
ア イニシエータは同じLUNへの冗長パスを必要とします。
LUNにアクセスできるイニシエータを指定するigroupはLUNの作成前後どちらでも作成で
きますが、LUNをigroupにマッピングするためにはigroupを作成しておく必要があります。
igroupには複数のイニシエータを含めることができ、複数のigroupに同じイニシエータを含
めることができます。ただし、同じイニシエータを持つ複数のigroupに1つのLUNをマッピン
グすることはできません。1つのイニシエータを、ostypeが異なる複数のigroupのメンバーに
することはできません。
論理ストレージの管理 | 259
igroupの作成に必要な情報
igroupの作成時には、igroup名、igroupタイプ、ostype、iSCSI igroupのiSCSIノード名、FCP
igroupのWWPNなど、いくつかの属性が必要になります。
igroup名
igroup名は、大文字と小文字を区別した名前で、次のいくつかの条件を満たす必要がありま
す。
igroup名:
•
1~96文字で指定します。スペースは使用できません。
•
A~Zとa~zのアルファベット、0~9の数字、ハイフン(-)、アンダースコア(_)、コロ
ン(:)、およびピリオド(.)を使用できます。
•
1文字目はアルファベットか数字にする必要があります。
igroupに割り当てる名前は、ホストOS、ホスト ファイル、Domain Name Service(DNS;ドメ
イン ネーム サービス)によって使用されるホストの名前とは関係ありません。たとえば、
igroupにaix1という名前を付けても、aix1は、ホストの実際のIPホスト名(DNS名)にマッピ
ングされません。
注:igroupには、マッピングされたLUNにアクセスできるホストについて説明するわかり
やすい名前を指定すると便利です。
igroupタイプ
igroupタイプは、mixedタイプ、iSCSI、またはFC / FCoEに設定できます。
igroupのostype
ostypeは、igroupのすべてのイニシエータによって使用されるホストOSのタイプを表します。
igroupのすべてのイニシエータは、同じostypeにする必要があります。イニシエータのostype
の値は、solaris、windows、hpux、aix、netware、xen、hyper_v、vmware、およびlinux
です。
igroupのostypeを選択する必要があります。
ポートセットとigroupによってLUNアクセスを制限する方法
Selective LUN Map(SLM;選択的なLUNマップ)に加えて、igroupおよびポートセットを使用
してLUNへのアクセスを制限することもできます。
ポートセットとSLMを併用すると、特定のターゲットのアクセスを特定のイニシエータのみ
に制限できます。SLMとポートセットを併用する場合、LUNには、そのLUNを所有するノー
ドおよびHAパートナーのポートセットに含まれる一連のLIF経由でアクセス可能になりま
す。
次の例で、initiator1にはポートセットがありません。ポートセットがない場合、initiator1は
LIF1とLIF2の両方を経由してLUN1にアクセスできます。
260 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
initiator1
igroup1
initiator1
LUN1
LIF1
LIF2
ポートセットを使用すると、LUN1へのアクセスを制限できます。次の例では、initiator1は
LIF1経由でのみLUN1にアクセスできます。ただし、LIF2はportset1に含まれないため、LIF2
経由でLUN1にアクセスすることはできません。
[LUN]ウィンドウ
[LUN]ウィンドウを使用して、LUNを作成および管理したり、LUNに関する情報を表示でき
ます。イニシエータ グループおよびイニシエータIDを追加、編集、または削除することも
できます。
•
[LUN管理]タブ(260ページ)
•
[イニシエータ グループ]タブ(262ページ)
•
[ポートセット]タブ(262ページ)
[LUN管理]タブ
このタブでは、LUNの作成、クローニング、削除、移動、およびそれらの設定の編集を行う
ことができます。また、LUNをストレージQoSポリシー グループに割り当てることもできま
す。
コマンド ボタン
作成
LUN作成ウィザードを開きます。このウィザードで、LUNを作成できます。
既存のLUNがないAll Flash FASプラットフォームのクラスタでは、[FC SAN向けに
最適化されたLUNを作成]ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボッ
クスで、FC SAN向けに最適化されたLUNを設定できます。
クローン
[LUNのクローニング]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、選択したLUNをクローニングできます。
編集
[LUNの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択
したLUNの設定を編集できます。
論理ストレージの管理 | 261
削除
選択したLUNを削除します。
ステータス
選択したLUNのステータスを[オンライン]または[オフライン]に変更できます。
移動
[LUNの移動]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択
したLUNを新しいボリュームや既存のボリューム、または同じStorage Virtual
Machine(SVM)内のqtreeに移動できます。
ストレージQoS
[QoSの詳細]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、新規
または既存のポリシー グループにLUNを割り当てることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
LUNリスト
名前
LUNの名前が表示されます。
コンテナ パス
LUNが含まれているファイルシステム(ボリュームまたはqtree)の名前が表示さ
れます。
スペース リザベーション
スペース リザベーションが有効になっているかどうかを示します。
利用可能なサイズ
LUNで使用可能なスペースが表示されます。
合計サイズ
LUNの合計スペースが表示されます。
%使用済み
使用中の合計スペース(割合)が表示されます。
タイプ
LUNタイプを示します。
ステータス
LUNのステータスを示します。
ポリシー グループ
LUNが割り当てられているストレージQoSポリシー グループの名前が表示されま
す。デフォルトでは、この列は表示されません。
詳細領域
LUNリストの下の領域には、選択したLUNに関する詳細が表示されます。
[詳細]タブ
LUNに関する詳細が表示されます。これには、シリアル番号、クローンかどうか、
説明、割り当てられているポリシー グループ、ポリシー グループの最大スルー
プット、LUNの移動処理の詳細などの情報が含まれます。また、選択したLUNに
関連付けられているイニシエータ グループとイニシエータに関する詳細も表示で
きます。
262 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[パフォーマンス]タブ
データ速度、IOPS、応答時間など、LUNのパフォーマンス指標のグラフが表示さ
れます。
クライアントのタイムゾーンやクラスタのタイムゾーンを変更すると、パフォー
マンス指標のグラフも変わります。更新されたグラフを表示するには、ブラウザ
の表示を更新します。
[イニシエータ グループ]タブ
イニシエータ グループやイニシエータIDの作成、削除、およびそれらの設定の編集を行う
ことができます。
コマンド ボタン
作成
[イニシエータ グループの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、ホストによる特定のLUNへのアクセスを制御するイニシエータ グ
ループを作成できます。
編集
[イニシエータ グループの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、選択したイニシエータ グループの設定を編集できます。
削除
選択したイニシエータ グループを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
イニシエータ グループ リスト
名前
イニシエータ グループの名前が表示されます。
タイプ
イニシエータ グループでサポートされるプロトコルのタイプを示します。サポー
トされるプロトコルは、iSCSI、FC / FCoE、Mixed(iSCSIおよびFC / FCoE)です。
オペレーティング システム
イニシエータ グループのオペレーティング システムを示します。
ポートセット
イニシエータ グループに関連付けられているポートセットが表示されます。
イニシエータ数
イニシエータ グループに追加されているイニシエータの数が表示されます。
詳細領域
イニシエータ グループ リストの下の領域には、選択したイニシエータ グループに追加され
ているイニシエータと、イニシエータ グループにマッピングされているLUNに関する詳細
が表示されます。
[ポートセット]タブ
ポートセットの作成と削除、およびそれらの設定の編集を行うことができます。
論理ストレージの管理 | 263
コマンド ボタン
作成
[ポートセットの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、LUNへのアクセスを制限するためのポートセットを作成できます。
編集
[ポートセットの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、ポートセットに関連付けるネットワーク インターフェイスを選択できます。
削除
選択したポートセットを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ポートセット リスト
ポートセット名
ポートセットの名前が表示されます。
タイプ
ポートセットでサポートされるプロトコルのタイプを示します。サポートされる
プロトコルは、iSCSI、FC / FCoE、Mixed(iSCSIおよびFC / FCoE)です。
インターフェイス数
ポートセットに関連付けられているネットワーク インターフェイスの数が表示さ
れます。
イニシエータ グループ数
ポートセットに関連付けられているイニシエータ グループの数が表示されます。
詳細領域
ポートセット リストの下の領域には、選択したポートセットに関連付けられているネット
ワーク インターフェイスとイニシエータ グループに関する詳細が表示されます。
関連タスク
LUNの作成(245ページ)
LUNの削除(247ページ)
イニシエータ グループの作成(247ページ)
イニシエータ グループの削除(248ページ)
イニシエータの追加(248ページ)
イニシエータ グループからのイニシエータの削除(248ページ)
LUNの編集(250ページ)
イニシエータ グループの編集(253ページ)
イニシエータの編集(253ページ)
LUNのオンライン化(250ページ)
LUNのオフライン化(251ページ)
LUNのクローニング(249ページ)
qtree
System Managerを使用して、qtreeを作成、編集、削除できます。
264 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
qtreeの作成
qtreeを使用すると、ボリューム内のデータを管理およびパーティショニングできます。
System Managerの[qtree の作成]ダイアログ ボックスを使用して、ストレージ システム上のボ
リュームに新しいqtreeを追加できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [qtree]タブをクリックします。
4. [作成]をクリックします。
5. [qtree の作成]ダイアログ ボックスの[詳細]タブで、qtreeの名前を入力します。
6. このqtreeを追加するボリュームを選択します。
ボリューム参照リストには、オンラインになっているボリュームのみが表示されます。
7. qtreeのoplockを無効にする場合は、[この qtree のファイルおよびディレクトリに対して
oplock を有効にする]チェック ボックスを選択解除します。
デフォルトでは、oplockは各qtreeで有効になっています。
8. デフォルトで継承されるセキュリティ形式を変更する場合は、新しいセキュリティ形式
を選択します。
qtreeのデフォルトのセキュリティ形式は、qtreeが含まれるボリュームのセキュリティ形
式です。
9. デフォルトで継承されるエクスポート ポリシーを変更する場合は、既存のエクスポート
ポリシーを選択するか、新しいエクスポート ポリシーを作成します。
qtreeのデフォルトのエクスポート ポリシーは、qtreeが含まれるボリュームに割り当てら
れているエクスポート ポリシーです。
10. ディスク スペース使用量を制限する場合は、[クォータ]タブをクリックします。
a. qtreeにクォータを適用する場合は、[qtree クォータ]をクリックし、ディスク スペー
スの制限を指定します。
b. qtreeのすべてのユーザにクォータを適用する場合は、[ユーザ クォータ]をクリック
し、ディスク スペースの制限を指定します。
11. [作成]をクリックします。
12. [qtree]ウィンドウで、作成した新しいqtreeがqtreeのリストに含まれていることを確認し
ます。
関連資料
[qtree]ウィンドウ(268ページ)
論理ストレージの管理 | 265
qtreeの削除
System Managerでqtreeを削除し、ボリューム内でqtreeが使用しているディスク スペースを再
利用することができます。qtreeを削除すると、そのqtreeに適用されているすべてのクォータ
がData ONTAPによって適用されなくなります。
開始する前に
•
qtreeステータスは正常である必要があります。
•
LUNを含むqtreeに対しては実行できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [qtree]タブをクリックします。
4. [qtree]ウィンドウで、削除するqtreeを1つ以上選択し、[削除]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
6. [qtree]ウィンドウで、削除したqtreeがqtreeのリストに含まれていないことを確認します。
関連資料
[qtree]ウィンドウ(268ページ)
qtreeの編集
System Managerを使用して、セキュリティ形式、便宜的ロック(oplock)の有効化と無効化、
新規または既存のエクスポート ポリシーの割り当てなどのqtreeのプロパティを変更できま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [qtree]タブをクリックします。
4. 編集するqtreeを選択し、[編集]をクリックします。
5. [qtreeの編集]ダイアログ ボックスで、次のプロパティを編集します。
•
oplock
•
セキュリティ形式
•
エクスポート ポリシー
6. [保存]をクリックします。
7. [qtree]ウィンドウで、選択したqtreeに加えた変更を確認します。
関連資料
[qtree]ウィンドウ(268ページ)
266 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
qtreeへのエクスポート ポリシーの割り当て
ボリューム全体をエクスポートする代わりに、ボリュームの特定のqtreeをエクスポートして
クライアントから直接アクセスできるようにすることができます。System Managerを使用
すると、qtreeにエクスポート ポリシーを割り当ててqtreeをエクスポートできます。[qtree]
ウィンドウで1つまたは複数のqtreeにエクスポート ポリシーを割り当てることができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [qtree]タブをクリックします。
4. エクスポート ポリシーを割り当てるqtreeを1つ以上選択し、[エクスポート ポリシーの変
更]をクリックします。
5. [エクスポート ポリシー]ダイアログ ボックスで、新しいエクスポート ポリシーを作成す
るか、既存のエクスポート ポリシーを選択します。
エクスポート ポリシーの作成(297ページ)
6. [保存]をクリックします。
7. qtreeに割り当てたエクスポート ポリシーとその関連エクスポート ルールが該当する
qtreeの[詳細]タブに表示されていることを確認します。
qtree情報の表示
System Managerの[qtree]ウィンドウを使用して、qtreeを含むボリューム、qtree名、qtreeのセ
キュリティ形式、qtreeのステータス、およびoplockのステータスを表示できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [qtree]タブをクリックします。
4. 表示されているqtreeのリストから、情報を表示するqtreeを選択します。
5. [qtree]ウィンドウで、qtreeの詳細を確認します。
qtreeとは
qtreeとは、論理的に定義されたファイル システムで、FlexVol内のルート ディレクトリに特
別なサブディレクトリとして作成できます。ボリュームごとに最大4995個のqtreeを作成で
きます。ストレージ システム全体では無制限に作成できます。ボリューム内のデータの管
理およびパーティショニングを行うためにqtreeを作成できます。qtreeを使用できるのは
FlexVolのみで、Infinite Volumeには使用できません。
一般に、qtreeはボリュームに似ています。ただし、次の主な違いがあります。
•
Snapshotコピーの有効化または無効化を個々のボリュームに対して行うことはできるが、
個々のqtreeに対して行うことはできない。
•
qtreeでは、スペース リザベーションまたはスペース ギャランティはサポートされない。
論理ストレージの管理 | 267
qtreeで使用できるディスク スペースの容量、またはqtreeに含めることができるファイル数
に制限はありません。
qtreeのオプション
qtreeとは、論理的に定義されたファイル システムで、FlexVolボリューム内のルート ディレ
クトリの特別なサブディレクトリとして、ボリューム内のデータの管理やパーティショニン
グに使用できます。
注:qtreeはInfinite Volumeでは使用できません。
qtreeの作成時に使用できるオプションは次のとおりです。
•
qtreeの名前
•
qtreeを配置するボリューム
•
oplock
デフォルトでは、qtreeのoplockは有効になっています。ストレージ システム全体のoplock
を無効にすると、個々のqtreeでoplockを有効にしても、oplockは設定されません。
•
セキュリティ形式
セキュリティ形式には、UNIX、NTFS、Mixed(UNIXおよびNTFS)のいずれかを指定で
きます。デフォルトでは、qtreeのセキュリティ形式は、選択したボリュームのものと同
じになります。
•
エクスポート ポリシー
新しいエクスポート ポリシーを作成するか、既存のポリシーを選択します。デフォルト
では、qtreeのエクスポート ポリシーは、選択したボリュームのものと同じになります。
•
qtreeとユーザ クォータのスペース使用制限
関連概念
セキュリティ形式(267ページ)
セキュリティ形式
Data ONTAPオペレーティング システムを実行するストレージ システムのストレージ オブ
ジェクトには、さまざまなタイプのセキュリティ形式がサポートされます。デフォルトで
は、qtreeのセキュリティ形式はボリュームのルート ディレクトリのセキュリティ形式と同
じです。
UNIX
ユーザのUIDとGID、およびファイルまたはディレクトリのUNIX形式の権限ビッ
トにより、ユーザのアクセスが判別されます。NFS要求とCIFS要求で判別方法は
同じです。
qtreeまたはボリュームのセキュリティ形式をNTFSからUNIXに変更した場合、
qtreeまたはボリュームがNTFSセキュリティ形式を使用していたときに確立され
たWindows NTアクセス権は無視されます。
NTFS
CIFS要求の場合、Windows NTのアクセス権によってユーザのアクセスが判別され
ます。NFS要求の場合、Windows NTのアクセス権と同等以上の制限を持つ、一連
のUNIX形式の権限ビットが生成して格納されます。
NFSアクセスは、UNIX形式の権限ビットがユーザ アクセスを許可している場合に
のみ許可されます。
268 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
qtreeまたはボリュームのセキュリティ形式をUNIXからNTFSに変更した場合、変
更前に作成されたファイルにはWindows NTのアクセス権は設定されていません。
これらのファイルでは、UNIX形式の権限ビットのみを使用してアクセスが判別さ
れます。
Mixed
qtreeまたはボリュームに、UNIXセキュリティ形式を使用するファイルとNTFSセ
キュリティ形式を使用するファイルが混在します。ファイルのセキュリティ形式
は、最後に権限を設定したのがCIFSからかNFSからかによって異なります。
たとえば、ファイルで現在UNIXセキュリティ形式を使用していて、そのファイル
にCIFSユーザがset-ACL要求を送信した場合、ファイルのセキュリティ形式は
NTFSに変更されます。ファイルで現在NTFSセキュリティ形式を使用していて、
そのファイルにNFSユーザがset-permission要求を送信した場合、ファイルのセキュ
リティ形式はUNIXに変更されます。
関連概念
qtreeのオプション(267ページ)
[qtree]ウィンドウ
[qtree]ウィンドウでは、qtreeに関する情報を作成、表示、および管理できます。
•
コマンド ボタン(268ページ)
•
qtreeのリスト(268ページ)
•
詳細領域(269ページ)
コマンド ボタン
作成
[qtreeの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、新し
いqtreeを作成できます。
編集
[qtreeの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、セ
キュリティ形式を変更したり、qtreeに対するoplock(便宜的ロック)を有効または
無効にしたりできます。
エクスポート ポリシーの変更
[エクスポート ポリシー]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスで、新規または既存のエクスポート ポリシーにqtreeを割り当てることができ
ます。
削除
選択したqtreeを削除します。
このボタンは、qtreeのステータスが正常な場合にのみ有効になります。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
qtreeのリスト
qtreeのリストには、qtreeが属するボリュームとqtreeの名前が表示されます。
名前
qtreeの名前が表示されます。
論理ストレージの管理 | 269
ボリューム
qtreeが属するボリュームの名前が表示されます。
セキュリティ形式
qtreeのセキュリティ形式を示します。
ステータス
qtreeの現在のステータスを示します。
oplock
qtreeに対してoplockの設定が有効になっているか無効になっているかを示します。
エクスポート ポリシー
qtreeが割り当てられているエクスポート ポリシーの名前が表示されます。
詳細領域
[詳細]タブ
選択したqtreeに関する詳細情報が表示されます。これには、qtreeが含まれている
ボリュームのマウント パス、エクスポート ポリシーの詳細、エクスポート ポリ
シー ルールなどの情報が含まれます。
関連タスク
qtreeの作成(264ページ)
qtreeの削除(265ページ)
qtreeの編集(265ページ)
クォータ
System Managerを使用して、クォータを作成、編集、削除できます。
クォータの作成
クォータを使用すると、ユーザ、グループ、またはqtreeによって使用されるディスク スペー
スやファイル数を制限したり、追跡したりできます。System Managerの[クォータの追加]
ウィザードを使用して、クォータを作成し、そのクォータを特定のボリュームまたはqtreeに
適用できます。
タスク概要
System Managerを使用する場合、クォータで所有できるファイル数のハード リミットとソフ
ト リミットに指定できる最小値は1,000です。1,000未満の値を指定する場合は、CLIを使用
してください。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. [ユーザ定義のクォータ]タブで[作成]をクリックします。
クォータの作成ウィザードが表示されます。
5. ウィザードの指示に従って、情報を入力または選択します。
270 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
6. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
次のタスク
ローカルのユーザ名またはRIDを使用してユーザ クォータを作成できます。ユーザ名また
はグループ名を使用してユーザ クォータまたはグループ クォータを作成した場合、/etc/
passwdファイルおよび/etc/groupファイルをそれぞれ手動で更新する必要があります。
関連資料
[クォータ]ウィンドウ (274ページ)
クォータの削除
System Managerを使用して、ユーザやユーザのストレージ要件および制限の変更に伴い、1
つ以上のクォータを削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. 削除するクォータを1つ以上選択し、[削除]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
関連資料
[クォータ]ウィンドウ (274ページ)
クォータの上限の編集
System Managerを使用して、ディスク スペースのしきい値、クォータ ターゲットで使用で
きるディスク スペースの容量のハード リミットとソフト リミット、およびクォータ ター
ゲットで所有できるファイル数のハード リミットとソフト リミットを編集できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. 編集するクォータを選択し、[制限の編集]をクリックします。
5. [制限の編集]ダイアログ ボックスで、必要に応じてクォータの設定を編集します。
クォータで所有できるファイル数のハード リミットとソフト リミットに指定できる最
小値は100です。100未満の値を指定する場合は、CLIを使用してください。
6. [保存して閉じる]をクリックします。
7. [ユーザ定義のクォータ]タブで、選択したクォータに加えた変更を確認します。
関連資料
[クォータ]ウィンドウ (274ページ)
論理ストレージの管理 | 271
クォータのアクティブ化と非アクティブ化
System Managerを使用して、ユーザやユーザのストレージ要件および制限の変更に伴い、ス
トレージ システム上の選択した1つ以上のボリュームでクォータをアクティブ化または非
アクティブ化できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. [ボリュームのクォータ ステータス]タブで、クォータをアクティブ化または非アクティ
ブ化するボリュームを1つ以上選択します。
5. [アクティブ化]または[非アクティブ化]をクリックします。
6. クォータを非アクティブ化する場合は、確認のチェック ボックスを選択し、[OK]をク
リックします。
7. [ステータス]列で、ボリュームのクォータ ステータスを確認します。
関連資料
[クォータ]ウィンドウ (274ページ)
クォータのサイズ変更
System Managerの[クォータのサイズ変更]ダイアログ ボックスを使用すると、指定したボ
リューム内のアクティブなクォータを調整して、あるクォータに加えた変更を反映させるこ
とができます。
開始する前に
クォータのサイズを変更するボリュームで、クォータが有効になっている必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. [クォータ]ウィンドウの[ボリュームのクォータ ステータス]タブで、クォータのサイズを
変更するボリュームを1つ以上選択します。
5. [サイズ変更]をクリックします。
関連資料
[クォータ]ウィンドウ (274ページ)
272 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
クォータ情報の表示
System Managerの[クォータ]ウィンドウを使用して、クォータが適用されているボリューム
およびqtree、クォータのタイプ、クォータが適用されているユーザまたはグループ、スペー
スおよびファイルの利用率など、クォータの詳細を表示できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [クォータ]タブをクリックします。
4. 適切な処理を実行します。
状況または条件
作業
作成したすべてのクォータ
の詳細を表示する
[ユーザ定義のクォータ]タブをクリックします。
現在アクティブなクォータ
の詳細を表示する
[クォータ レポート]タブをクリックします。
5. 表示されているクォータのリストから、情報を表示するクォータを選択します。
6. クォータの詳細を確認します。
クォータのタイプ
クォータは、適用先のターゲットに基づいて分類できます。
適用先のターゲットに基づくクォータのタイプを次に示します。
ユーザ クォータ
ターゲットはユーザです。
ユーザは、UNIXユーザ名、UNIX UID、Windows SID、UIDがユーザに一致する
ファイルまたはディレクトリ、Windows 2000より前の形式のWindowsユーザ名、お
よびユーザのSID所有のACLが設定されたファイルまたはディレクトリによって
表すことができます。ユーザ クォータはボリュームまたはqtreeに適用できます。
グループ クォータ
ターゲットはグループです。
グループは、UNIXグループ名、GID、またはGIDがグループに一致するファイル
またはディレクトリで表されます。Data ONTAPでは、Windows IDに基づいてグ
ループ クォータを適用しません。ユーザ クォータはボリュームまたはqtreeに適
用できます。
qtreeクォータ
ターゲットはqtreeであり、qtreeへのパス名によって指定されます。
ターゲットqtreeのサイズを決定できます。
デフォルト クォータ
ターゲットごとに個別のクォータを作成することなく、大量のクォータ ターゲッ
トにクォータ制限を自動的に適用します。
デフォルト クォータは、3種類のクォータ ターゲット(ユーザ、グループ、およ
びqtree)のすべてに適用できます。クォータのタイプはtypeフィールドの値によっ
て決まります
論理ストレージの管理 | 273
クォータ制限
クォータ タイプごとにディスク スペース制限を適用するか、ファイル数を制限できます。
クォータの制限を指定しない場合は、何も適用されません。
ディスク スペースのソフト リミット
ソフト クォータに適用されるディスク スペース制限。
ディスク スペースのハード リミット
ハード クォータに適用されるディスク スペース制限。
しきい値制限
しきい値クォータに適用されるディスク スペース制限。
ファイルのソフト リミット
ソフト クォータの最大ファイル数。
ファイルのハード リミット
ハード クォータの最大ファイル数。
クォータの管理
System Managerにはクォータを作成、編集、削除する機能がいくつかあります。ユーザ、グ
ループ、またはツリーのクォータを作成し、ディスクおよびファイル レベルでクォータ制
限を指定できます。すべてのクォータは、ボリューム単位で設定されます。
クォータの作成後、次のタスクを実行できます。
•
クォータを有効または無効にする
•
クォータのサイズを変更する
qtreeの変更がクォータに与える影響
qtreeを削除したり、名前やセキュリティ形式を変更したりすると、現在適用されている
クォータに応じて、Data ONTAPが適用するクォータが変更される場合があります。
qtreeのセキュリティ形式の変更がユーザ クォータに与える影響
アクセス制御リスト(ACL)は、NTFSまたは混合のセキュリティ形式ではqtreeに適用でき
ますが、UNIXセキュリティ形式では適用できません。そのため、qtreeのセキュリティ形式
を変更すると、クォータの計算方法が変わる可能性があります。qtreeのセキュリティ形式を
変更した場合は、必ずクォータを再初期化してください。
qtreeのセキュリティ形式をNTFS形式または混合形式からUNIX形式に変更した場合、その
qtree内のファイルに適用されたACLはすべて無視され、ファイルの使用量はUNIXユーザID
に基づいて加算されるようになります。
qtreeのセキュリティ形式をUNIX形式から混合形式またはNTFS形式に変更した場合は、それ
まで非表示だったACLが表示されるようになります。また、無視されていたACLが再び有効
になり、NFSユーザ情報が無視されます。既存のACLがない場合、NFS情報がクォータの計
算で引き続き使用されます。
注:qtreeのセキュリティ形式を変更したあとは、UNIXユーザとWindowsユーザ両方の
クォータの使用が正しく計算されるように、そのqtreeを含むボリュームのクォータを再初
期化する必要があります。
274 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
例
qtreeのセキュリティ形式の変更によって、特定のqtree内のファイルの使用量を加算さ
れるユーザがどのように変わるかについての例を次に示します。
qtree AではNTFSセキュリティが有効であり、ACLによってWindowsユーザcorp\joeに
5MBのファイルの所有権が与えられているとします。ユーザcorp\joeには、qtree Aにつ
いて5MBのディスク スペース使用量が加算されています。
ここで、qtree Aのセキュリティ形式をNTFS形式からUNIX形式に変更します。クォー
タの再初期化を行うと、Windowsユーザcorp\joeに対して、このファイルが加算されな
くなります。代わりに、ファイルのUIDに対応するUNIXユーザに対して、このファイ
ルが加算されます。UIDは、corp\joeにマッピングされたUNIXユーザまたはルート
ユーザになります。
ユーザおよびグループとクォータの動作
あるユーザまたはグループをクォータのターゲットとして指定すると、そのクォータの制限
がそのユーザまたはグループに適用されます。ただし、一部の特殊なグループとユーザにつ
いては処理が異なります。ユーザのIDを指定する方法は環境によって異なります。
[クォータ]ウィンドウ
[クォータ]ウィンドウでは、クォータに関する情報を作成、表示、および管理できます。
•
タブ(274ページ)
•
コマンド ボタン(274ページ)
•
ユーザ定義のクォータのリスト(275ページ)
•
詳細領域(275ページ)
タブ
ユーザ定義のクォータ
[ユーザ定義のクォータ]タブでは、作成するクォータの詳細を確認できます。ま
た、クォータを作成、編集、削除できます。
クォータ レポート
[クォータ レポート]タブでは、スペースとファイルの使用量を確認できます。ま
た、アクティブなクォータのスペースやファイル数の制限を編集できます。
ボリュームのクォータ ステータス
[ボリュームのクォータ ステータス]タブでは、クォータのステータスを確認でき
ます。また、クォータのオンとオフを切り替えたり、クォータのサイズを変更し
たりできます。
コマンド ボタン
作成
クォータの作成ウィザードを開きます。このウィザードで、クォータを作成でき
ます。
制限の編集
[制限の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、選択
したクォータの設定を編集できます。
論理ストレージの管理 | 275
削除
選択したクォータをクォータのリストから削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ユーザ定義のクォータのリスト
クォータのリストには、それぞれのクォータについて、名前とストレージの情報が表示され
ます。
ボリューム
クォータが適用されるボリュームを示します。
qtree
クォータに関連付けられているqtreeを示します。
「すべてのqtree」の場合は、この
クォータがすべてのqtreeに関連付けられていることを示します。
タイプ
クォータのタイプがユーザ、グループ、またはツリーのいずれであるかを示しま
す。
ユーザ / グループ
クォータに関連付けられているユーザまたはグループを示します。[すべての
ユーザ]の場合は、このクォータがすべてのユーザに関連付けられていることを示
します。[すべてのグループ]の場合は、このクォータがすべてのグループに関連付
けられていることを示します。
クォータ ターゲット
クォータの割り当て先のターゲットの種類を示します。qtree、ユーザ、またはグ
ループです。
スペースのハード リミット
ハード クォータに適用されるディスク スペース制限を示します。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
スペースのソフト リミット
ソフト クォータに適用されるディスク スペース制限を示します。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
しきい値
しきい値クォータに適用されるディスク スペース制限を示します。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
ファイルのハード リミット
ハード クォータの最大ファイル数を示します。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
ファイルのソフト リミット
ソフト クォータの最大ファイル数を指定します。
このフィールドはデフォルトでは非表示になっています。
詳細領域
クォータのリストの下の領域には、クォータの詳細が表示されます。これには、クォータ エ
ラー、スペースの使用量と制限、ファイルの使用量と制限などの情報が含まれます。
276 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連タスク
クォータの作成(269ページ)
クォータの削除(270ページ)
クォータの上限の編集(270ページ)
クォータのアクティブ化と非アクティブ化(271ページ)
クォータのサイズ変更(271ページ)
CIFSプロトコル
System Managerを使用して、CIFSサーバを有効にして、CIFSクライアントがクラスタ内の
ファイルにアクセスできるようにすることができます。
CIFSのセットアップ
System Managerを使用して、CIFSサーバを有効にして、CIFSクライアントがクラスタ内の
ファイルにアクセスできるようにすることができます。
開始する前に
•
ストレージ システムにCIFSのライセンスがインストールされている必要があります。
•
Active DirectoryドメインでCIFSを設定する場合には、次の要件を満たす必要があります。
◦ DNSが有効になっていて、正しく設定されている必要があります。
◦ ストレージ システムが、完全修飾ドメイン名(FQDN)を使用してドメイン コント
ローラと通信できる必要があります。
◦ クラスタとドメイン コントローラ間の時間差(クロック スキュー)が5分以内である
必要があります。
•
Storage Virtual Machine(SVM)に設定されているプロトコルがCIFSのみの場合は、次の
要件を満たす必要があります。
◦ ルート ボリュームのセキュリティ形式はNTFSである必要があります。
デフォルトでは、System Managerにより、セキュリティ形式がUNIXに設定されます。
◦ CIFSプロトコルの場合、スーパーユーザ アクセスはAnyに設定する必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [設定]タブで、[セットアップ]をクリックします。
5. [CIFS サーバのセットアップ]ダイアログ ボックスの[全般]タブで、NetBIOS名および
Active Directoryドメインの詳細を指定します。
6. [オプション]タブをクリックして、次の操作を行います。
•
[SMB 設定]領域で、SMB署名とSMB暗号化のチェック ボックスを必要に応じて選択
または選択解除します。
•
デフォルトのUNIXユーザを指定します。
論理ストレージの管理 | 277
•
[WINS サーバ]領域で、必要なIPアドレスを追加します。
7. [セットアップ]をクリックします。
関連タスク
CIFS共有の作成(234ページ)
ボリューム プロパティの編集(180ページ)
エクスポート ポリシー ルールの変更(299ページ)
関連資料
[CIFS]ウィンドウ (285ページ)
CIFSの一般プロパティの編集
System Managerを使用して、デフォルトのUNIXユーザやWindowsユーザなど、CIFSの一般プ
ロパティを変更できます。CIFSサーバのSMB署名を有効または無効にすることもできま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [設定]タブで、[オプション]をクリックします。
5. [CIFS のオプション]ダイアログ ボックスで、CIFSサーバの次のプロパティを必要に応じ
て変更します。
•
UNIXユーザ
•
Windowsユーザ
•
IPアドレス
•
SMB署名の有効化と無効化
SMB署名を有効にすると、データの侵害防止に役立ちます。ただし、ネットワーク ト
ラフィックは同じですが、クライアントとサーバの両方でCPU使用率の増加という形
でパフォーマンスの低下が発生する場合があります。リプレイ アタックに対する保
護を必要としないWindowsクライアントについては、SMB署名を無効にすることがで
きます。
WindowsクライアントでのSMB署名の無効化については、Microsoft Windowsのマニュ
アルを参照してください。
•
SMB 3.0暗号化の有効化と無効化
6. [保存]または[保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[CIFS]ウィンドウ (285ページ)
278 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ホーム ディレクトリ パスの追加
System Managerを使用して、ストレージ システムがユーザのCIFSホーム ディレクトリの場
所を解決するために使用するパスを1つ以上指定できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [設定]タブの[ホーム ディレクトリ]領域で、[管理]をクリックします。
5. [ホーム ディレクトリの管理]ダイアログ ボックスで、ストレージ システムがユーザの
CIFSホーム ディレクトリの検索に使用するパスを指定します。
6. [追加]をクリックし、[保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[CIFS]ウィンドウ (285ページ)
ホーム ディレクトリ パスの削除
ストレージ システムで、ホーム ディレクトリ パスを使用してユーザのCIFSホーム ディレク
トリの場所が解決されないようにするには、System Managerでそのホーム ディレクトリ パ
スを削除します。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [設定]タブの[ホーム ディレクトリ]領域で、[管理]をクリックします。
5. [ホーム ディレクトリの管理]ダイアログ ボックスで、削除するホーム ディレクトリ パス
を選択し、[削除]をクリックします。
6. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[CIFS]ウィンドウ (285ページ)
CIFSドメイン コントローラのリセット
System Managerを使用して、指定したドメインについて、ドメイン コントローラへのCIFS接
続をリセットできます。ドメイン コントローラ情報をリセットしないと、接続エラーが発
生します。
タスク概要
優先ドメイン コントローラのリストにドメインを追加したり、リストからドメインを削除
したりした場合は、ストレージ システムの使用可能なドメイン コントローラの検出情報を
論理ストレージの管理 | 279
更新する必要があります。Data ONTAPでは、CLIを使用して、ストレージ システムの使用
可能なドメイン コントローラの検出情報を更新できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブで[リセット]をクリックします。
関連資料
[CIFS]ウィンドウ (285ページ)
CIFSのグループ ポリシー設定の更新
CLIを通じてポリシー設定を変更した場合は、変更後にグループ ポリシーを更新する必要が
あります。System Managerの[CIFS]ウィンドウでグループ ポリシーを更新できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブをクリックします。
5. [グループ ポリシー]領域で、更新するグループ ポリシー設定を選択し、[更新]をクリッ
クします。
CIFSのグループ ポリシー設定の有効化と無効化
CIFSのグループ ポリシー設定は、System Managerの[CIFS]ウィンドウを使用して有効または
無効にできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブをクリックします。
5. [グループ ポリシー]領域で、有効または無効にするグループ ポリシー設定を選択し、[有
効化]または[無効化]をクリックします。
CIFSグループ ポリシーのリロード
CIFSグループ ポリシーのステータスが変更になった場合は、ポリシーをリロードする必要
があります。System Managerの[CIFS]ウィンドウでグループ ポリシーをリロードできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
280 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブをクリックします。
5. [グループ ポリシー]領域で、リロードするグループ ポリシー設定を選択し、[リロード]
をクリックします。
BranchCacheのセットアップ
System Managerを使用して、CIFS対応のStorage Virtual Machine(SVM)にBranchCacheを設
定し、要求元のクライアントのローカル コンピュータにコンテンツをキャッシュすること
ができます。
開始する前に
•
CIFSのライセンスが有効になっていて、CIFSサーバが設定されている必要があります。
•
BranchCacheバージョン1の場合、SMB 2.1以降が有効になっている必要があります。
•
BranchCacheバージョン2の場合、SMB 3.0が有効になっていて、リモートのWindowsクラ
イアントでBranchCache 2がサポートされている必要があります。
タスク概要
•
BranchCacheはFlexVolを備えたSVMで設定できます。
•
CIFSサーバ上のすべてのSMB共有に格納されたすべてのコンテンツに対してキャッシュ
サービスを提供する場合は、すべての共有のBranchCache設定を作成できます。
•
CIFSサーバ上の選択したSMB共有に格納されたコンテンツに対してキャッシュ サービ
スを提供する場合は、共有ごとのBranchCache設定を作成できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [BranchCache]タブで、[セットアップ]をクリックします。
5. [BranchCacheセットアップ]ダイアログ ボックスで、次の情報を入力します。
a. ハッシュ ストアのパスを指定します。
ハッシュ データを格納する既存のディレクトリのパスを指定できます。デスティ
ネーション パスは読み取り / 書き込み可能である必要があります。Snapshotディレク
トリなどの読み取り専用パスは指定できません。
b. ハッシュ データ ストアの最大サイズ(KB、MB、GB、TB、またはPB)を指定しま
す。
ハッシュ データがこの値を超えると、古いハッシュが削除されて新しいハッシュを格
納するスペースが確保されます。ハッシュ ストアのデフォルト サイズは1GBです。
c. BranchCache設定の動作モードを指定します。
デフォルトの動作モードはすべての共有に設定されています。
d. クライアントがBranchCacheサーバを偽装できないようにするためのサーバ キーを指
定できます。
論理ストレージの管理 | 281
サーバ キーを特定の値に設定すると、複数のサーバが同じファイルのBranchCache
データを提供している場合に、クライアントがその同じサーバ キーを使用してサーバ
のハッシュを使用できるようになります。サーバ キーにスペースを含める場合は、
サーバ キーを引用符で囲む必要があります。
e. 必要なBranchCacheのバージョンを選択します。
デフォルトでは、クライアントでサポートされるすべてのバージョンが選択されま
す。
6. [セットアップ]をクリックします。
BranchCache設定の変更
System Managerの[CIFS]ウィンドウを使用して、CIFS対応のStorage Virtual Machine(SVM)
に対して設定されているBranchCache設定を変更することができます。ハッシュ ストアのパ
ス、ハッシュ ストアのサイズ、動作モード、およびサポートするBranchCacheのバージョン
を変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [BranchCache]タブで、[編集]をクリックします。
5. [BranchCache 設定の変更]ダイアログ ボックスで、該当する情報を変更します。
•
ハッシュ ストア パス
ハッシュ ストアのパスを変更する際、前のハッシュ ストアのキャッシュ済みハッ
シュ データを保持することもできます。
•
ハッシュ ストア サイズ
•
動作モード
•
BranchCacheバージョン
6. [変更]をクリックします。
BranchCache設定の削除
BranchCache用に設定されたStorage Virtual Machine(SVM)でキャッシュ サービスを提供す
る必要がなくなった場合、System Managerを使用してBranchCache設定を削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [BranchCache]タブで、[削除]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
ハッシュ ストアから既存のハッシュを削除することもできます。
282 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連タスク
BranchCache設定を削除したときの動作(285ページ)
優先ドメイン コントローラの追加
System Managerでは、DNSを介してドメイン コントローラが自動的に検出されます。必要に
応じて、特定のドメインに対する優先ドメイン コントローラのリストにドメイン コント
ローラを追加することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブで、[優先されるドメイン コントローラ]領域の[追加]をクリックします。
5. 追加するドメイン コントローラの完全修飾ドメイン名(FQDN)およびIPアドレスを入
力します。
IPアドレスをカンマで区切って入力することで複数のドメイン コントローラを追加でき
ます。
6. [保存]をクリックします。
7. 追加したドメイン コントローラが優先ドメイン コントローラのリストに表示されてい
ることを確認します。
優先ドメイン コントローラの編集
System Managerを使用して、特定のドメインに対して設定されている優先ドメイン コント
ローラのIPアドレスを変更することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブの[優先されるドメイン コントローラ]領域で、編集するドメイン コント
ローラをダブルクリックします。
5. ドメイン コントローラのIPアドレスを変更し、[保存]をクリックします。
優先ドメイン コントローラの削除
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)が関連付けられている優先ドメ
イン コントローラを削除することができます。これは特定のドメイン コントローラが不要
になった場合に便利です。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
論理ストレージの管理 | 283
4. [ドメイン]タブで、[優先されるドメイン コントローラ]領域から削除するドメインを選択
し、[削除]をクリックします。
5. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
CIFSドメイン情報の表示
System Managerを使用して、ストレージ システムに接続されているドメイン コントローラ
とサーバに関する情報を表示できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ドメイン]タブをクリックします。
5. 接続されているドメイン コントローラとサーバに関する情報を確認します。
SMBの概念
Data ONTAPがユーザを正しく認証できる場合、クライアントはSMBプロトコルを使用して
Storage Virtual Machine(SVM)上のファイルにアクセスできます。
SMBクライアントがCIFSサーバに接続する場合、Data ONTAPはWindowsドメイン コント
ローラを使用してユーザを認証します。Data ONTAPは、次の2つの方法を使用して、認証に
使用するドメイン コントローラを取得します。
•
CIFSサーバが使用されるように設定されているドメイン内のDNSサーバに対し、ドメイ
ン コントローラ情報を照会する。
•
オプションで指定できる優先されるドメイン コントローラのリストを照会する。
次に、Data ONTAPはユーザのUNIXクレデンシャルを取得する必要があります。これは、
SVMのマッピング ルールを使用するか、デフォルトのUNIXユーザを使用して取得されま
す。SVMに対して、使用するマッピング サービス(ローカル ファイルまたはLDAP)や、
マッピング サービスを検索する順序を指定することができます。また、デフォルトのUNIX
ユーザを指定することもできます。
Data ONTAPは、SVMのネーム サービスの設定に応じて、複数のネーム サービスをチェック
してユーザのUNIXクレデンシャルを取得します。指定できるオプションは、ローカルUNIX
アカウント、NISドメイン、およびLDAPドメインです。少なくとも1つを設定して、Data
ONTAPがユーザを認証できるようにする必要があります。複数のネーム サービスと検索順
序を指定できます。
ONTAPを使用してUNIXシンボリック リンクへのSMBクライアント アクセスを
提供する方法
ONTAPでシンボリック リンクがどのように扱われるかについて、その概念を理解しておく
必要があります。Storage Virtual Machine(SVM)に接続しているSMBユーザにシンボリック
リンクへのアクセスを提供する際に重要となります。
シンボリック リンクはUNIX環境で作成されるファイルで、別のファイルまたはディレクト
リへの参照が含まれます。シンボリック リンクにアクセスしたクライアントは、シンボ
リック リンクが参照するターゲット ファイルまたはディレクトリにリダイレクトされま
す。
284 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ONTAPには、SMBクライアントがSVMで設定されているUNIXのシンボリック リンクをた
どるための機能が用意されています。この機能は任意で、次の設定のいずれかを使用して、
共有ごとに設定できます。
•
読み取り / 書き込みアクセスで有効化
•
読み取り専用アクセスで有効化
•
SMBクライアントに対してシンボリック リンクを非表示にして無効化
•
SMBクライアントからシンボリック リンクへのアクセス権なしで無効化
シンボリック リンクには、相対シンボリック リンクと絶対シンボリック リンクの2つのタ
イプがあります。
相対
相対シンボリック リンクには、親ディレクトリに対して相対的なファイルまたは
ディレクトリへの参照が含まれています。したがって、参照しているファイルの
パスの先頭はスラッシュ(/)ではありません。共有でシンボリック リンクを有効
にした場合、相対シンボリック リンクは追加の設定なしで機能します。
絶対
絶対シンボリック リンクには、ファイルまたはディレクトリへの参照が絶対パス
の形式で含まれています。したがって、参照しているファイルのパスの先頭はス
ラッシュ(/)です。ファイルシステムのルートからの、ファイルの絶対パスの場
所として扱われます。絶対シンボリック リンクは、シンボリック リンクのファイ
ルシステム内外のファイルまたはディレクトリを参照できます。ターゲットが同
じローカル ファイルシステムにないシンボリック リンクは、ワイドリンクと呼ば
れます。共有でシンボリック リンクを有効にしただけでは、絶対シンボリック リ
ンクは機能しません。最初に、シンボリック リンクのUNIXパスからデスティネー
ションCIFSパスへのマッピングを作成する必要があります。絶対シンボリック
リンクのマッピングを作成する際、ローカル リンクかワイドリンクかを指定でき
ます。ローカル共有外のファイルまたはディレクトリへの絶対シンボリック リン
クを作成しても、局所性をローカルに設定すると、ONTAPはターゲットへのアク
セスを許可しません。
クライアントがローカル シンボリック リンク(絶対または相対)を削除しようと
した場合、シンボリック リンクのみが削除され、ターゲット ファイルまたはター
ゲット ディレクトリは削除されません。それに対して、クライアントがワイドリ
ンクを削除しようとした場合には、ワイドリンクが参照する実際のターゲット
ファイルやターゲット ディレクトリが削除されることがあります。クライアント
はSVM外のターゲット ファイルまたはディレクトリを明示的に開いて削除でき
るため、ONTAPではこの操作を制御できません。
BranchCacheを使用したブランチ オフィスでのSMB共有のコンテンツのキャッ
シュ
BranchCacheは、要求元のクライアントのローカル コンピュータにコンテンツをキャッシュ
できるようにするためにMicrosoftが開発した機能です。Data ONTAPにBranchCacheを実装
すると、Storage Virtual Machine(SVM)に格納されたコンテンツにSMBを使用してブランチ
オフィスのユーザがアクセスする際に、Wide-Area Network(WAN;広域ネットワーク)の使
用量を抑え、アクセス応答時間を短縮することができます。
BranchCacheを設定すると、Windows BranchCacheクライアントはまずSVMのコンテンツを取
得し、次に取得したコンテンツをブランチ オフィスのコンピュータにキャッシュします。
ブランチ オフィスの別のBranchCache対応クライアントが同じコンテンツを要求すると、
SVMは最初に要求元ユーザの認証と許可を実行します。次にSVMは、キャッシュされたコ
ンテンツが最新のものであるかどうかを確認し、最新のものである場合はそのコンテンツに
論理ストレージの管理 | 285
関するメタデータをクライアントに送信します。クライアントは、そのメタデータを使用し
て、ローカルのキャッシュから直接コンテンツを取得します。
BranchCache設定を削除したときの動作
BranchCacheを設定したあとに、Storage Virtual Machine(SVM)からのキャッシュされたコ
ンテンツの提供を中止する場合は、CIFSサーバでBranchCache設定を削除します。設定を削
除するときは、それを実行した場合の動作について理解しておく必要があります。
設定を削除すると、そのSVMの設定情報がクラスタから削除され、BranchCacheサービスが
停止します。SVMのハッシュ ストアについては、削除するかどうかを選択することができ
ます。
BranchCache設定を削除しても、BranchCache対応クライアントによるアクセスは中断されま
せん。以降に、BranchCache対応クライアントから既存のSMB接続でキャッシュ済みのコン
テンツのメタデータ情報を要求すると、Microsoftのエラーが返されます。この場合は、クラ
イアントでもう一度要求を送信して、実際のコンテンツを要求します。これに対する応答と
して、CIFSサーバからSVMに格納されている実際のコンテンツが送信されます。
BranchCache設定を削除すると、SMB共有でBranchCacheの機能がアドバタイズされなくなり
ます。キャッシュされていないコンテンツに新しいSMB接続でアクセスするには、通常の
SMB読み取り要求を行います。
関連タスク
BranchCache設定の削除(281ページ)
[CIFS]ウィンドウ
[CIFS]ウィンドウでは、CIFSサーバの設定、ドメイン コントローラの管理、UNIXシンボリッ
ク リンクのマッピングの管理、およびBranchCacheの設定を行うことができます。
[設定]タブ
このタブでは、CIFSサーバの作成と管理を行うことができます。
サーバ
CIFSサーバのステータス、サーバの名前、認証モード、およびActive Directoryド
メインの名前を示します。
ホーム ディレクトリ
ホーム ディレクトリのパス、およびPCのユーザ名とホーム ディレクトリのマップ
方法を決定する形式を示します。
コマンド ボタン
•
セットアップ
CIFS セットアップ ウィザードを開きます。このウィザードで、Storage Virtual
Machine(SVM)のCIFSを設定できます。
•
オプション
[CIFSのオプション]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、SMB 3.0署名の有効化と無効化、SMB 3.0暗号化の有効化と無効化、およ
びWindows Internet Name Service(WINS)サーバの追加を行うことができます。
SMB署名は、CIFSサーバとクライアント間のネットワーク トラフィックを侵
害から保護します。
•
削除
CIFSサーバを削除できます。
286 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[ドメイン]タブ
このタブでは、CIFSドメイン コントローラの確認とリセット、優先ドメイン コントローラ
の追加と削除を行うことができます。このタブを使用して、CIFSグループ ポリシーの設定
も管理できます。
サーバ
CIFS対応のSVMの検出された認証サーバと優先ドメイン コントローラに関する
情報が表示されます。
検出された情報のリセット、優先ドメイン コントローラの追加、ドメイン コント
ローラの削除、ドメイン コントローラのリストの更新も可能です。
グループ ポリシー
CIFSサーバのグループ ポリシーの設定を確認し、それらを有効または無効にでき
ます。グループ ポリシーのステータスが変わった場合にリロードすることもでき
ます。
[シンボリック リンク]タブ
このタブでは、CIFSユーザに対するUNIXシンボリック リンクのマッピングを管理できま
す。
パス マッピング
CIFS用のシンボリック リンクのマッピングのリストが表示されます。
コマンド ボタン
•
作成
[新しいシンボリックリンク パス マッピングの作成]ダイアログ ボックスを開
きます。このダイアログ ボックスで、UNIXシンボリック リンクのマッピング
を作成できます。
•
編集
[シンボリックリンク パス マッピングの編集]ダイアログ ボックスを開きま
す。このダイアログ ボックスで、CIFS共有およびパスを変更できます。
•
削除
シンボリック リンクのマッピングを削除できます。
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[BranchCache]タブ
このタブでは、FlexVolを備えた、CIFS対応のSVMのBranchCacheの設定と管理を行うことが
できます。
BranchCacheサービスのステータス、ハッシュ ストアのパス、ハッシュ ストアのサイズのほ
か、BranchCacheの動作モード、サーバ キー、バージョンなどを確認できます。
コマンド ボタン
•
セットアップ
[BranchCache セットアップ]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、CIFSサーバのBranchCacheを設定できます。
•
編集
論理ストレージの管理 | 287
[BranchCache 設定の変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、BranchCache設定のプロパティを変更できます。
•
削除
BranchCache設定を削除できます。
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
関連タスク
CIFSのセットアップ(276ページ)
CIFSの一般プロパティの編集(277ページ)
ホーム ディレクトリ パスの追加(278ページ)
ホーム ディレクトリ パスの削除(278ページ)
CIFSドメイン コントローラのリセット(278ページ)
NFSプロトコル
System Managerを使用して、SVMのデータにアクセスするNFSクライアントを認証できま
す。
NFS設定の編集
System Managerを使用して、NFS設定を編集できます。たとえば、NFSv3、NFSv4、および
NFSv4.1を有効または無効にしたり、NFSv4クライアントに対して読み取り委譲および書き
込み委譲を有効または無効にしたり、NFSv4 ACLを有効にしたりすることができます。ま
た、デフォルトのWindowsユーザを編集することもできます。
タスク概要
Infinite Volumeでは、NFSv4はサポートされていません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[NFS]をクリックします。
5. [NFS]ウィンドウで、[編集]をクリックします。
6. [NFS設定の編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
7. [保存して閉じる]をクリックします。
関連資料
[NFS]ウィンドウ(288ページ)
ONTAPによるNFSクライアント認証の処理
NFSクライアントからStorage Virtual Machine(SVM)上のデータにアクセスするためには、
NFSクライアントが正しく認証されている必要があります。ONTAPでは、UNIXクレデン
288 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
シャルを設定されたネーム サービスに照らしてチェックすることで、そのクライアントを
認証します。
NFSクライアントがSVMに接続すると、ONTAPは、SVMのネーム サービス設定に応じて複
数のネーム サービスをチェックし、そのユーザのUNIXクレデンシャルを取得します。
ONTAPでチェックできるのは、ローカルのUNIXアカウント、NISドメイン、およびLDAPド
メインのクレデンシャルです。ONTAPがユーザを認証できるように、このうちの少なくと
も1つを設定しておく必要があります。複数のネーム サービスと検索順序を指定できます。
UNIXのボリューム セキュリティ形式のみを使用するNFS環境の場合、この設定だけでNFS
クライアントから接続するユーザが認証され、適切なファイル アクセスが提供されます。
ボリュームのセキュリティ形式がMixed、NTFS、またはUnifiedの場合、ONTAPがUNIXユー
ザをWindowsドメイン コントローラで認証するためにはCIFSユーザ名を取得する必要があ
ります。そのためには、ローカルのUNIXアカウントまたはLDAPドメインを使用して個々の
ユーザをマッピングするか、代わりにデフォルトのCIFSユーザを使用します。ONTAPが検
索するネーム サービスの種類と検索順序を指定するか、またはデフォルトのCIFSユーザを
指定します。
[NFS]ウィンドウ
[NFS]ウィンドウを使用して、NFS設定の表示と構成を行うことができます。
サーバ ステータス
NFSサービスのステータスが表示されます。このサービスは、Storage Virtual
Machine(SVM)でNFSプロトコルが設定されている場合に有効になります。
注:Data ONTAP 8.1.xを実行するNFS対応のストレージ システムからData
ONTAP 8.3以降にアップグレードした場合、Data ONTAP 8.3以降でNFSサービス
が有効になります。 ただし、NFSv2のサポートは廃止されたため、NFSv3また
はNFSv4のサポートを有効にする必要があります。
コマンド ボタン
有効化
NFSサービスを有効にします。
無効化
NFSサービスを無効にします。
編集
[NFS設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
NFSの設定を編集できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
関連タスク
NFS設定の編集(287ページ)
iSCSIプロトコル
System Managerを使用して、iSCSIプロトコルを設定できます。これにより、TCP / IPでSCSI
プロトコルを使用してブロック データをホストに転送できます。
論理ストレージの管理 | 289
iSCSIエイリアスの作成
iSCSIエイリアスは、ユーザ インターフェイスでiSCSIターゲット デバイス(この場合はス
トレージ システム)を識別しやすくするために、そのターゲット デバイスに割り当てるわ
かりやすい識別子です。System Managerを使用して、iSCSIエイリアスを作成できます。
タスク概要
iSCSIエイリアスは、1~128の出力可能文字で構成される文字列で、スペースは使用できま
せん。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [iSCSI]ウィンドウの[サービス]タブで、[編集]をクリックします。
6. [iSCSIサービス設定の編集]ダイアログ ボックスで、[ターゲット エイリアス]フィールド
にiSCSIエイリアスを入力し、[OK]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
ストレージ システム インターフェイスでのiSCSIサービスの有効化と無効化
System Managerを使用してネットワーク インターフェイスを有効または無効にすることで、
iSCSI通信に使用するネットワーク インターフェイスを制御できます。iSCSIサービスが有
効な場合、iSCSIの接続と要求は、iSCSIに対して有効になっているネットワーク インター
フェイス上で許可されますが、無効になっているインターフェイス上では許可されません。
開始する前に
インターフェイスを使用中のiSCSI接続およびiSCSIセッションをすべて終了しておく必要
があります。デフォルトでは、iSCSIライセンスを有効にすると、すべてのイーサネット イ
ンターフェイスでiSCSIサービスが有効になります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [iSCSI インターフェイス]領域で、iSCSIサービスを有効または無効にするインターフェ
イスを選択します。
6. 必要に応じて、[有効化]または[無効化]をクリックします。
290 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連タスク
SVMでのiSCSIプロトコルの設定(48ページ)
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
iSCSIイニシエータに対するセキュリティ方式の追加
System Managerを使用して、イニシエータを追加し、イニシエータの認証に使用されるセ
キュリティ方式を指定できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [iSCSI]ウィンドウで、[イニシエータ セキュリティ]タブをクリックします。
6. [イニシエータ セキュリティ]領域で[追加]をクリックします。
7. イニシエータを認証するためのイニシエータ名とセキュリティ方式を指定します。
CHAP認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用に
パスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、ログイン情報
はオプションです。
8. [OK]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
デフォルト セキュリティ設定の編集
System Managerの[デフォルト セキュリティの編集]ダイアログ ボックスを使用して、スト
レージ システムに接続されているiSCSIイニシエータのデフォルト セキュリティ設定を編
集できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [イニシエータ セキュリティ]タブの[デフォルト セキュリティ]領域で、[編集]をクリック
します。
6. [デフォルト セキュリティの編集]ダイアログ ボックスで、セキュリティ タイプを変更し
ます。
CHAP認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用に
パスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、ログイン情報
はオプションです。
論理ストレージの管理 | 291
7. [OK]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
イニシエータ セキュリティの編集
イニシエータに対して設定されるセキュリティ形式によって、iSCSI接続のログインでその
イニシエータに対して実行される認証方法が決まります。System Managerを使用して選択
したiSCSIイニシエータのセキュリティ形式を変更することで、そのイニシエータの認証方
式を変更することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [イニシエータ セキュリティ]タブで、イニシエータ リストからイニシエータを1つ以上選
択し、[イニシエータ セキュリティ]領域の[編集]をクリックします。
6. セキュリティ タイプを変更します。
CHAP認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用に
パスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、これはオプ
ションです。
7. [OK]をクリックします。
8. [イニシエータ セキュリティ]タブで行った変更の内容を確認します。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
iSCSIイニシエータのデフォルトの認証方式の変更
System Managerを使用して、特定の認証方式が設定されていないiSCSIイニシエータに対して
使用されるデフォルトの認証方式を変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [イニシエータ セキュリティ]タブで、[デフォルト セキュリティ]領域の[編集]をクリック
します。
6. セキュリティ タイプを変更します。
CHAP認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用に
パスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、これはオプ
ションです。
292 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
7. [OK]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
iSCSIイニシエータに対するデフォルト セキュリティの設定
System Managerを使用して、イニシエータの認証設定を削除し、イニシエータの認証にデ
フォルトのセキュリティ方法を使用できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [イニシエータ セキュリティ]タブで、セキュリティ設定を変更するイニシエータを選択
します。
6. [イニシエータ セキュリティ]領域で[デフォルトに設定]をクリックし、確認ボックスで
[デフォルトに設定]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
iSCSIサービスの開始と停止
System Managerを使用して、ストレージ システムでiSCSIサービスを開始または停止できま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. 必要に応じて、[開始]または[停止]をクリックします。
関連資料
[iSCSI]ウィンドウ (294ページ)
イニシエータ セキュリティ情報の表示
System Managerを使用して、デフォルトの認証情報、およびイニシエータ固有のすべての認
証情報を表示できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 293
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[iSCSI]をクリックします。
5. [iSCSI]ウィンドウの[イニシエータ セキュリティ]タブで、詳細を確認します。
iSCSIとは
iSCSIプロトコルは、ストレージ システムでライセンス供与されるサービスです。TCP / IP上
でSCSIプロトコルを使用し、ブロック データをホストに転送できます。iSCSIプロトコル標
準は、RFC 3270で定義されています。
iSCSIネットワークにおいて、ストレージ システムはLUN(論理ユニット)と呼ばれるスト
レージ ターゲット デバイスを含むターゲットです。iSCSI Host Bus Adapter(HBA;ホスト バ
ス アダプタ)を含むホスト、つまりiSCSIイニシエータ ソフトウェアを実行するホストは、
iSCSIプロトコルを使用してストレージ システム上のLUNにアクセスします。iSCSIプロト
コルは、ストレージ システムの標準イーサネット インターフェイス上でソフトウェア ドラ
イバを使用して実装されます。
イニシエータとターゲットの間の接続には、標準TCP / IPネットワークを使用します。iSCSI
トラフィックをサポートするために、特別なネットワーク設定は必要ありません。ネット
ワークは専用のTCP / IPネットワークでも、通常のパブリック ネットワークでもかまいませ
ん。ストレージ システムは、TCPポート3260でiSCSI接続をリスンします。
関連情報
RFC 3270:www.ietf.org/rfc/rfc3270.txt
iSCSIノードとは
iSCSIネットワークには、ターゲットとイニシエータという2種類のノードがあります。ター
ゲットはストレージ システムで、イニシエータはホストです。スイッチ、ルータ、および
ポートは単なるTCP / IPデバイスで、iSCSIノードではありません。
イニシエータ セキュリティ
次のいずれかの認証方法を選択できます。
•
none
イニシエータの認証は行われません。
•
deny
イニシエータがストレージ システムへの認証を試みた場合、アクセスは拒否されます。
•
CHAP
イニシエータはChallenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)のユーザ名とパスワー
ドを使用してログインします。CHAPパスワードを指定するか、またはランダムなパス
ワードを生成できます。
•
default
イニシエータはデフォルトのセキュリティ設定を使用します。初期設定は「none」です。
CHAP認証では、ストレージ システムがイニシエータにチャレンジ値を送信します。イニシ
エータは、ワンウェイ ハッシュ関数で算出した値で応答します。ストレージ システムは、
同じワンウェイ ハッシュ関数で算出した値に照らして応答を確認します。値が一致した場
合、認証は成功します。
294 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
CHAP認証とは
Challenge Handshake Authentication Protocol(CHAP)により、iSCSIイニシエータとターゲッ
トの間で認証に基づいたやり取りが可能になります。CHAP認証を使用する場合は、イニシ
エータとストレージ システムの両方で、CHAPユーザ名およびパスワードを定義します。
iSCSIセッションの第1段階では、イニシエータがストレージ システムにログイン要求を送信
して、セッションを開始します。ログイン要求には、イニシエータのCHAPユーザ名および
CHAPアルゴリズムが含まれています。これに対し、ストレージ システムはCHAPチャレン
ジで応答します。イニシエータはCHAP応答を送信します。ストレージ システムはCHAP応
答を検証し、イニシエータを認証します。CHAPパスワードは、応答の算出に使用されます。
[iSCSI]ウィンドウ
[iSCSI]ウィンドウでは、iSCSIサービスの開始と停止、ストレージ システムのiSCSIノード名
の変更、およびストレージ システムのiSCSIエイリアスの作成と変更を行うことができます。
また、ストレージ システムに接続されているiSCSIイニシエータのイニシエータ セキュリ
ティ設定の追加や変更も実行できます。
タブ
サービス
[サービス]タブでは、iSCSIサービスの開始と停止、ストレージ システムのiSCSI
ノード名の変更、およびストレージ システムのiSCSIエイリアスの作成と変更を行
うことができます。
イニシエータ セキュリティ
[イニシエータ セキュリティ]タブでは、ストレージ システムに接続されている
iSCSIイニシエータのイニシエータ セキュリティ設定を追加したり変更したりで
きます。
コマンド ボタン
編集
[iSCSIサービス設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、ストレージ システムのiSCSIノード名やiSCSIエイリアスを変更でき
ます。
開始
iSCSIサービスを開始します。
停止
iSCSIサービスを停止します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
詳細領域
詳細領域には、iSCSIサービスのステータス、iSCSIターゲット ノード名、およびiSCSIター
ゲット エイリアスに関する情報が表示されます。この領域で、ネットワーク インターフェ
イスに対してiSCSIサービスを有効にしたり無効にしたりできます。
関連タスク
iSCSIエイリアスの作成(289ページ)
ストレージ システム インターフェイスでのiSCSIサービスの有効化と無効化(289ページ)
iSCSIイニシエータに対するセキュリティ方式の追加(290ページ)
論理ストレージの管理 | 295
デフォルト セキュリティ設定の編集(290ページ)
イニシエータ セキュリティの編集(291ページ)
iSCSIイニシエータのデフォルトの認証方式の変更(291ページ)
iSCSIイニシエータに対するデフォルト セキュリティの設定(292ページ)
iSCSIサービスの開始と停止(292ページ)
FC / FCoEプロトコル
System Managerを使用して、FC / FCoEプロトコルを設定できます。
FC / FCoEサービスの開始と停止
FCサービスを使用すると、LUNで使用するFCターゲット アダプタを管理できます。System
Managerを使用してFCサービスを開始して、アダプタをオンラインにし、ストレージ システ
ム上のLUNにアクセスできるようにすることができます。FCサービスを停止するとFCアダ
プタはオフラインになり、LUNにアクセスできなくなります。
開始する前に
•
FCライセンスがインストールされている必要があります。
•
ターゲット ストレージ システムにFCアダプタが存在する必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[FC / FCoE]をクリックします。
5. 必要に応じて、[開始]または[停止]をクリックします。
6. FCまたはFCoEサービスを停止する場合は、[停止]をクリックします。
関連資料
[FC / FCoE]ウィンドウ (296ページ)
FCまたはFCoEのノード名の変更
ストレージ システム シャーシを交換し、同じファイバチャネルSANで再利用した場合、状
況によっては、交換したストレージ システムのノード名が重複することがあります。スト
レージ システムのノード名はSystem Managerを使用して変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [プロトコル]ペインで、[FC / FCoE]をクリックします。
5. [編集]をクリックします。
296 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
6. 新しい名前を入力し、[OK]をクリックします。
関連資料
[FC / FCoE]ウィンドウ (296ページ)
FCとは
FCとは、ストレージ システムでライセンス供与されるサービスです。FCを使用すると、ファ
イバチャネル ファブリックでSCSIプロトコルを使用してLUNをエクスポートし、ブロック
データをホストに転送できます。
FCノードとは
FCネットワークのノードにはターゲット、イニシエータ、およびスイッチが含まれます。
ターゲットはストレージ システムで、イニシエータはホストです。ノードをFCスイッチに
接続すると、ファブリック ネーム サーバにノードが登録されます。FCPサービスのある各
Storage Virtual Machine(SVM)は、それぞれ異なるFCターゲット ノードです。
FCoEプロトコル
Fibre Channel over Ethernet(FCoE)は、ストレージ システムにホストを接続するための新し
いモデルです。従来のFCプロトコルと同様、FCoEは既存のFC管理と制御を維持しますが、
10ギガビットのイーサネット ネットワークをハードウェア トランスポートとして使用しま
す。
FCoE接続を設定するには、サポートされるConverged Network Adapter(CNA;統合ネットワー
ク アダプタ)がホストに1つ以上あり、サポートされるData Center Bridging(DCB)イーサ
ネット スイッチに接続されている必要があります。CNAは統合ポイントであり、HBAと
イーサネット アダプタの両方として機能します。
一般には、従来のFC接続を使用するときと同じ方法で、FCoE接続を構成して使用できます。
[FC / FCoE]ウィンドウ
[FC / FCoE]ウィンドウを使用して、FCサービスを開始または停止できます。
コマンド ボタン
編集
[ノード名の編集]ダイアログ ボックスが開きます。このダイアログ ボックスで、
FCやFCoEのノード名を変更できます。
開始
FC / FCoEサービスを開始します。
停止
FC / FCoEサービスを停止します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
FC / FCoEの詳細
詳細領域には、FC / FCoEサービスのステータス、ノード名、およびFC / FCoEアダプタに関
する情報が表示されます。
論理ストレージの管理 | 297
関連タスク
FC / FCoEサービスの開始と停止(295ページ)
FCまたはFCoEのノード名の変更(295ページ)
SVMでのFCプロトコルとFCoEプロトコルの設定(50ページ)
エクスポート ポリシー
System Managerを使用して、エクスポート ポリシーを作成、編集、管理できます。
エクスポート ポリシーの作成
System Managerを使用して、クライアントが特定のボリュームにアクセスできるように、エ
クスポート ポリシーを作成できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
5. [作成]をクリックします。
6. [エクスポート ポリシーの作成]ダイアログ ボックスで、エクスポート ポリシーの名前を
指定します。
7. 既存のエクスポート ポリシーのルールをコピーして新しいエクスポート ポリシーを作
成する場合は、[次のソースからルールをコピーする]チェック ボックスを選択し、SVM
とエクスポート ポリシーを選択します。
エクスポート ポリシーを作成する場合には、ディザスタ リカバリのデスティネーション
SVMは選択しないでください。
8. [エクスポート ルール]領域で[追加]をクリックして、エクスポート ポリシーにルールを
追加します。
9. [作成]をクリックします。
10. 作成したエクスポート ポリシーが[エクスポート ポリシー]ウィンドウに表示されている
ことを確認します。
エクスポート ポリシーの名前の変更
System Managerでは、既存のエクスポート ポリシーの名前を変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
298 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
5. 名前を変更するエクスポート ポリシーを選択し、[ポリシーの名前変更]をクリックしま
す。
6. [ポリシーの名前変更]ダイアログ ボックスで、新しいポリシー名を指定して[変更]をク
リックします。
7. [エクスポート ポリシー]ウィンドウで変更内容を確認します。
エクスポート ポリシーの削除
System Managerを使用して、不要になったエクスポート ポリシーを削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
5. 削除するエクスポート ポリシーを選択し、[ポリシーの削除]をクリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
エクスポート ポリシーへのルールの追加
System Managerを使用してエクスポート ポリシーにルールを追加して、データへのクライア
ント アクセスを定義できます。
開始する前に
エクスポート ルールを追加するエクスポート ポリシーを作成しておく必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
5. エクスポート ポリシーを選択し、[エクスポート ルール]タブで[追加]をクリックします。
6. [エクスポート ルールの作成]ダイアログ ボックスで、次の手順を実行します。
a. データへのアクセスを必要とするクライアントを指定します。
カンマで区切って複数のクライアントを指定できます。
クライアントは次のいずれかの形式で指定できます。
•
ホスト名(例:host1)
•
IPv4アドレス(例:10.1.12.24)
•
IPv4アドレスとネットワーク マスク(例:10.1.16.0/255.255.255.0)
•
IPv6アドレス(例:FE80::0202:B3FF:FE1E:8329)
•
IPv6アドレスとネットワーク マスク(例:2001:db8::/32)
論理ストレージの管理 | 299
•
アットマーク(@)で始まるネットグループ名(例:@netgroup)
•
ピリオド(.)で始まるドメイン名(例:.example.com)
注:10.1.12.10-10.1.12.70のように、IPアドレスの範囲を入力することはできません。
この形式のエントリはテキスト文字列と解釈され、ホスト名として扱われます。
すべてのホストへのアクセスを許可する場合は、IPv4アドレスとして0.0.0.0/0と入
力します。
b. ルール インデックス番号を変更する場合は、適切なルール インデックス番号を選択
します。
c. 1つ以上のアクセス プロトコルを選択します。
アクセス プロトコルを指定しない場合は、デフォルト値である「いずれか」がエクス
ポート ルールに割り当てられます。
d. 1つ以上のセキュリティ タイプおよびアクセス ルールを選択します。
7. [OK]をクリックします。
8. 選択したエクスポート ポリシーの[エクスポート ルール]タブで、追加したエクスポート
ルールが表示されていることを確認します。
エクスポート ポリシー ルールの変更
System Managerを使用して、指定したクライアントのアクセス プロトコル、およびエクス
ポート ポリシー ルールのアクセス権を変更することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
5. [エクスポート ポリシー]ウィンドウで、エクスポート ルールを編集するエクスポート ポ
リシーを選択し、[エクスポート ルール]タブで、ルールを選択して[編集]をクリックしま
す。
6. 必要に応じて次のパラメータを変更します。
•
クライアント仕様
•
アクセス プロトコル
•
アクセス詳細
7. [OK]をクリックします。
8. エクスポート ポリシーの変更内容が[エクスポート ルール]タブに表示されていることを
確認します。
関連タスク
CIFSのセットアップ(276ページ)
300 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
エクスポート ポリシー ルールの削除
System Managerを使用して、不要になったエクスポート ポリシー ルールを削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[エクスポート ポリシー]をクリックします。
5. ルールを削除するエクスポート ポリシーを選択します。
6. [エクスポート ルール]タブで、削除するエクスポート ルールを選択し、[削除]をクリッ
クします。
7. 確認用のボックスで、[削除]をクリックします。
エクスポート ポリシーがボリュームまたはqtreeへのクライアント アクセスを
制御する仕組み
エクスポート ポリシーには、各クライアント アクセス要求を処理するエクスポート ルール
が1つ以上含まれています。この処理の結果によって、クライアント アクセスを許可するか
どうか、およびアクセスのレベルが決定します。クライアントがデータにアクセスするに
は、エクスポート ルールを備えたエクスポート ポリシーがSVM上に存在する必要がありま
す。
ボリュームまたはqtreeへのクライアント アクセスを設定するには、各ボリュームまたは
qtreeにポリシーを1つ関連付けます。SVMには複数のエクスポート ポリシーを含めること
ができます。これにより、複数のボリュームまたはqtreeを含むSVMに対して次の操作を実行
できます。
•
SVMのボリュームまたはqtreeごとに異なるエクスポート ポリシーを割り当て、SVMの各
ボリュームまたはqtreeへのクライアント アクセスを個別に制御する。
•
SVMの複数のボリュームまたはqtreeに同じエクスポート ポリシーを割り当て、同一のク
ライアント アクセス制御を実行する。ボリュームまたはqtreeごとに新しいエクスポート
ポリシーを作成する必要はありません。
クライアントが適用可能なエクスポート ルールで許可されていないアクセス要求を行う
と、権限拒否のメッセージが表示され、その要求は失敗します。クライアントがエクスポー
ト ポリシーのどのルールにも一致しない場合、アクセスは拒否されます。エクスポート ポ
リシーが空の場合は、すべてのアクセスが暗黙的に拒否されます。
エクスポート ポリシーは、Data ONTAPが実行されているシステム上で動的に変更できます。
[エクスポート ポリシー]ウィンドウ
[エクスポート ポリシー]ウィンドウでは、エクスポート ポリシーに関する情報および関連す
るエクスポート ルールを作成、表示、および管理できます。
エクスポート ポリシー
[エクスポート ポリシー]ウィンドウで、Storage Virtual Machine(SVM)用に作成したエクス
ポート ポリシーを表示および管理できます。
論理ストレージの管理 | 301
コマンド ボタン
•
作成
[エクスポート ポリシーの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、エクスポート ポリシーを作成し、エクスポート ルールを追
加できます。また、既存のSVMからエクスポート ルールをコピーすることも
できます。
•
名前変更
[ポリシーの名前変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスで、選択したエクスポート ポリシーの名前を変更できます。
•
削除
[エクスポート ポリシーの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、選択したエクスポート ポリシーを削除できます。
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[エクスポート ルール]タブ
[エクスポート ルール]タブでは、特定のエクスポート ポリシー用に作成したエクスポート
ルールに関する情報を表示できます。ルールを追加、編集、または削除することもできま
す。
コマンド ボタン
•
追加
[エクスポート ルールの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアロ
グ ボックスで、選択したエクスポート ポリシーにエクスポート ルールを追加
できます。
•
編集
[エクスポート ルールの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアロ
グ ボックスで、選択したエクスポート ルールの属性を変更できます。
•
削除
[エクスポート ルールの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアロ
グ ボックスで、選択したエクスポート ルールを削除できます。
•
上へ
選択したエクスポート ルールのルール インデックスを上に移動します。
•
下へ
選択したエクスポート ルールのルール インデックスを下に移動します。
•
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
エクスポート ルールのエクスポート
•
ルール インデックス
エクスポート ルールを処理する優先順位を指定します。[上へ]ボタンと[下へ]
ボタンを使用して優先順位を指定できます。
•
クライアント
ルールを適用するクライアントを指定します。
•
アクセス プロトコル
エクスポート ルールに対して指定されているアクセス プロトコルが表示され
ます。
302 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
アクセス プロトコルを指定しないと、デフォルト値の「いずれか」が使用され
ます。
•
読み取り専用ルール
読み取り専用アクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。
•
読み取り / 書き込みルール
読み取り / 書き込みアクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。
•
スーパーユーザ アクセス
スーパーユーザ アクセスのセキュリティ タイプを1つ以上指定します。
[割り当て済みオブジェクト]タブ
[割り当て済みオブジェクト]タブでは、選択したエクスポート ポリシーに割り当てられてい
るボリュームやqtreeを表示できます。ボリュームが暗号化されているかどうかも確認でき
ます。
効率化ポリシー
System Managerを使用して、効率化ポリシーを作成、編集、削除できます。
効率化ポリシーの追加
System Managerを使用して効率化ポリシーを追加し、指定したスケジュールやボリューム
データの変更率が指定したしきい値に達したときに、ボリュームに対する重複排除処理を実
行することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[効率化ポリシー]をクリックします。
5. [追加]をクリックし、ポリシー名を指定します。
6. ストレージ効率化ポリシーの実行方法を指定します。
•
[スケジュール]を選択し、スケジュールの名前と詳細を指定します。
必要に応じて、効率化ポリシーの最大実行時間を指定できます。
•
[変更ログのしきい値]を選択し、ボリューム データの変更率のしきい値を指定しま
す。
7. オプション:クライアント処理へのパフォーマンスの影響を軽減するには、[QoS ポリ
シーをバックグラウンドに設定]チェック ボックスを選択します。
8. [追加]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 303
効率化ポリシーの編集
System Managerを使用して、効率化ポリシーの属性(ポリシー名、スケジュール名、最大実
行時間など)を変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[効率化ポリシー]をクリックします。
5. [効率化ポリシー]ウィンドウで、編集するポリシーを選択し、[編集]をクリックします。
6. [効率化ポリシーの編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行います。
7. [保存]をクリックします。
効率化ポリシーの削除
System Managerを使用して、不要になった効率化ポリシーを削除できます。
開始する前に
削除する効率化ポリシーは無効にしておく必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[効率化ポリシー]をクリックします。
5. 削除する効率化ポリシーを選択し、[削除]をクリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
効率化ポリシーの有効化と無効化
System Managerを使用して効率化ポリシーを有効または無効にできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[効率化ポリシー]をクリックします。
5. 有効または無効にする効率化ポリシーを1つ以上選択します。
6. 必要に応じて、[ステータス] > [有効化]または[ステータス] > [無効化]の順にクリックし
ます。
304 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
7. 効率化ポリシーを無効にする場合は、確認のチェック ボックスを選択し、[OK]をクリッ
クします。
効率化ポリシーとは
効率化ポリシーは、FlexVolまたはInfinite Volumeに対する重複排除処理のジョブ スケジュー
ルです。
FlexVolまたはInfinite Volumeに対する重複排除処理は、特定の時間に処理を開始するように
スケジュールを設定するか、しきい値(%)を指定して処理がトリガーされるようにするこ
とができます。重複排除処理のスケジュールは、ジョブ スケジュールを作成して効率化ポ
リシーに含めるか、新規データが特定の割合を超えた時点で重複排除をトリガーするしきい
値(%)を指定できます。ボリューム効率化ポリシーは、タイプがcronのジョブ スケジュー
ルのみをサポートします。
事前定義された効率化ポリシーの概要
Data ONTAP 8.3以降では、効率化ポリシーをボリュームに設定して、より多くのスペースを
削減できます。ボリュームでインライン圧縮を実行するように設定でき、スケジュール設定
または手動開始によるバックグラウンドの効率化処理を設定する必要はありません。
Storage Virtual Machine(SVM)を作成した場合は、次の効率化ポリシーが自動的に作成され
ます。これらのポリシーは削除できません。
•
デフォルト
スケジュール設定した重複排除処理をボリュームで実行するには、この効率化ポリシー
をボリュームに設定します。
•
インラインのみ
スケジュール設定または手動開始によるバックグラウンドの効率化処理を実行せずにボ
リュームのインライン圧縮を実行するには、インラインのみの効率化ポリシーをボ
リュームに設定し、インライン圧縮を有効にします。
インラインのみおよびデフォルトの効率化ポリシーの詳細については、マニュアル ページ
を参照してください。
[効率化ポリシー]ウィンドウ
[効率化ポリシー]ウィンドウでは、効率化ポリシーに関する情報を作成、表示、および管理
できます。
コマンド ボタン
追加
[効率化ポリシーの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、ボリュームに対する重複排除処理を指定した期間にわたって実行(スケ
ジュールベース)したり、ボリューム データの変更率が指定したしきい値に達し
たときに実行(しきい値ベース)したりできます。
編集
[効率化ポリシーの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、重複排除処理のスケジュール、しきい値、QoSタイプ、最大実行時間を変更
できます。
削除
[効率化ポリシーの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、選択した効率化ポリシーを削除できます。
論理ストレージの管理 | 305
ステータス
ドロップダウン メニューを開きます。選択した効率化ポリシーを有効または無効
にするオプションがあります。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
効率化ポリシーのリスト
ポリシー
効率化ポリシーの名前を指定します。
ステータス
効率化ポリシーのステータスを指定します。ステータスは、次のいずれかになり
ます。
•
有効
効率化ポリシーを重複排除処理に割り当て可能であることを示します。
•
無効
効率化ポリシーが無効であることを示します。[ステータス]ドロップダウン
メニューでポリシーを有効にしておくと、あとで重複排除処理に割り当てるこ
とができます。
実行基準
ストレージ効率化ポリシーをスケジュールとしきい値(変更ログのしきい値)の
どちらに基づいて実行するかを指定します。
QoS ポリシー
ストレージ効率化ポリシーのQoSタイプを指定します。QoSタイプは、次のいずれ
かになります。
•
背景
QoSポリシーをバックグラウンドで実行するように指定します。このタイプを
使用すると、クライアント処理へのパフォーマンスの影響を軽減できます。
•
ベストエフォート
QoSポリシーをベストエフォートで実行するように指定します。このタイプを
使用すると、システム リソースが最大限使用されます。
最大実行時間
効率化ポリシーの最大実行時間を指定します。この値を指定しないと、処理が完
了するまで効率化ポリシーが実行されます。
詳細領域
効率化ポリシーのリストの下の領域には、選択した効率化ポリシーに関する詳細情報が表示
されます。スケジュールベースのポリシーの場合はスケジュールの名前と詳細、しきい値
ベースのポリシーの場合はしきい値などの情報です。
保護ポリシー
System Managerを使用して、保護ポリシーを作成、編集、削除できます。
306 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
保護ポリシーの作成
System Managerを使用して、非同期ミラー、バックアップ、またはミラー バックアップのポ
リシーを作成し、作成したポリシーをデータ保護関係に適用することができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[保護ポリシー]をクリックします。
5. [作成]をクリックします。
6. [ポリシーの作成]ダイアログ ボックスで、作成するポリシー タイプを選択します。
7. ポリシー名と転送の優先順位を指定します。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優先順位が「通常」の転送
よりもあとにスケジュールされます。デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されま
す。
8. オプション:非同期ミラー タイプのポリシーの場合は、[ソースのSnapshotコピーをすべ
て転送]チェック ボックスを選択して、「all_source_snapshots」ルールをミラー ポリシー
に含めます。このルールは、ソース ボリュームからすべてのSnapshotコピーをバック
アップするためのものです。
9. オプション: データ転送中に転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を
有効にする]チェック ボックスを選択します。
10. オプション:[コメントを追加]をクリックしてポリシーのコメントを追加します。
11. バックアップまたはミラー バックアップ タイプのポリシーの場合は、SnapMirrorラベル
とデスティネーションの保持数を指定します。
12. [作成]をクリックします。
保護ポリシーの削除
保護ポリシーが不要になった場合は、System Managerを使用して削除できます。
タスク概要
クラスタ レベルのミラー ポリシーやバックアップ ポリシーは表示されません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[保護ポリシー]をクリックします。
5. [保護ポリシー]ウィンドウで、削除するポリシーを選択し、[削除]をクリックします。
6. [ポリシーの削除]ダイアログ ボックスで、[削除]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 307
保護ポリシーの編集
System Managerを使用して、保護ポリシーを変更し、変更後のポリシーをデータ保護関係に
適用することができます。
タスク概要
保護ポリシーはクラスタ レベルでは表示されません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[保護ポリシー]をクリックします。
5. 変更する保護ポリシーを選択し、[編集]をクリックします。
6. 転送の優先順位を変更するか、ネットワーク圧縮を有効または無効にします。
7. 非同期ミラー ポリシーの場合は、すべてのソースSnapshotコピーをバックアップします。
8. バックアップ ポリシーまたはミラー バックアップ ポリシーの場合は、SnapMirrorラベル
と保持数を変更します。
ミラー バックアップ ポリシーのsm_createdラベルは削除できません。
9. [保存]をクリックします。
SnapMirrorポリシーを使用したデータ保護の管理
データ保護のミラー関係、バックアップ関係、ミラーとバックアップ関係を管理するには、
関係にポリシーを割り当てる必要があります。ポリシーを使用して、バックアップ セカン
ダリへの転送の効率を最大限に高めたり、SnapVaultバックアップの更新処理を管理したりで
きます。
SVMのディザスタ リカバリ関係では、SnapMirrorポリシーのみがサポートされます。
FlexVolでは、データ保護のミラー関係、バックアップ関係、およびミラーとバックアップ関
係とそれらのポリシーがサポートされます。
[保護ポリシー]ウィンドウ
[保護ポリシー]ウィンドウでは、ミラー ポリシー、バックアップ ポリシー、ミラー バック
アップ ポリシーに関する情報を作成、管理、表示できます。
•
コマンド ボタン(307ページ)
•
保護ポリシーのリスト(307ページ)
•
詳細領域(308ページ)
コマンド ボタン
作成
[ポリシーの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ミラー ポリシー、バックアップ ポリシー、またはミラー バックアップ ポリシー
を作成できます。
308 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
編集
[ポリシーの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ポリシーを編集できます。
削除
[ポリシーの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ポリシーを削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
保護ポリシーのリスト
名前
保護ポリシーの名前が表示されます。
タイプ
ポリシーのタイプ(バックアップ、ミラー バックアップ、非同期ミラー)が表示
されます。
コメント
ポリシーに対して指定されている説明が表示されます。
転送の優先順位
データ転送の優先順位(通常や低など)が表示されます。
詳細領域
[ポリシーの詳細]タブ
保護ポリシーの詳細(ポリシーの作成者、ルール数、保持数、ネットワーク圧縮
のステータスなど)が表示されます。
[ポリシー ルール]タブ
ポリシーに適用されるルールの詳細が表示されます。[ポリシー ルール]タブは、
選択したポリシーにルールが含まれる場合にのみ表示されます。
QoSポリシー グループ
System Managerを使用して、QoSポリシー グループを作成、編集、削除できます。
QoSポリシー グループの作成
System ManagerでストレージQoSポリシー グループを作成して、ワークロードのスループッ
トを制限したり、ワークロードのパフォーマンスを監視したりすることができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[QoSポリシー グループ]をクリックします。
5. [QoSポリシー グループ]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
6. [ポリシー グループの作成]ダイアログ ボックスで、ポリシー グループの名前と最大ス
ループット制限(IOPS、バイト/秒、KB/秒、MB/秒など)を指定します。
論理ストレージの管理 | 309
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限なしと設定され、指定した単
位は無視されることとなります。
7. [OK]をクリックします。
QoSポリシー グループの削除
System Managerを使用して、不要になったストレージQoSポリシー グループを削除できま
す。
開始する前に
ポリシー グループに割り当てられているすべてのストレージ オブジェクトの割り当てを解
除しておく必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[QoSポリシー グループ]をクリックします。
5. [QoSポリシー グループ]ウィンドウで、削除するポリシー グループを選択し、[削除]をク
リックします。
6. 確認のダイアログ ボックスで、[削除]をクリックします。
QoSポリシー グループの編集
System Managerの[ポリシー グループの編集]ダイアログ ボックスを使用して、既存のスト
レージQoSポリシー グループの名前や最大スループットを変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ポリシー]ペインで、[QoSポリシー グループ]をクリックします。
5. 編集するQoSポリシー グループを選択し、[編集]をクリックします。
最大スループット制限値を指定しないとスループット制限なしと設定され、指定した単
位は無視されることとなります。
6. [ポリシー グループの編集]ダイアログ ボックスで、QoSポリシー グループの詳細を編集
し、[保存]をクリックします。
ストレージQoSを使用したワークロード パフォーマンスの管理
ストレージQuality of Service(QoS;サービス品質)は、パフォーマンス目標の達成に伴うリ
スクへの対応に役立ちます。ストレージQoSを使用してワークロードに対するスループッ
トを制限し、ワークロードのパフォーマンスを監視します。パフォーマンスに関する問題に
310 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
対処するために事後対応としてワークロードを制限することも、パフォーマンスに関する問
題を防ぐために事前対応としてワークロードを制限することもできます。
ワークロードとは、次のいずれかの種類のストレージ オブジェクトに対する入出力(I/O)
操作のことです。
•
FlexVol
•
LUN
ストレージ オブジェクトをポリシー グループに割り当てて、ワークロードの制御と監視を
行います。ワークロードを制御せずに監視することもできます。
次の図は、ストレージQoSの使用前と使用後の環境の例を示しています。左の図では、複数
のワークロードがI/Oを送信するためにクラスタ リソースを奪い合っています。これらの
ワークロードのパフォーマンスは「ベスト エフォート」によって決まるため、パフォーマ
ンスを予測することは困難です(たとえば、あるワークロードのパフォーマンスが高くなる
と、他のワークロードが悪影響を受ける場合があります)。右の図は、同じワークロードを
ポリシー グループに割り当てた状態を表しています。ポリシー グループによって最大ス
ループット制限が適用されています。
ストレージ
リソース
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
最大スループット:
5,000 IOPS
最大スループット:
3,000 IOPS
最大スループット:
6,000 IOPS
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
クライアント
アプリケーション
ストレージQoSの仕組み
ストレージQoSは、クライアント処理(SANおよびNASデータ要求)とシステム処理のス
ロットリングと優先順位付けを行うことで、ポリシー グループに割り当てられるワーク
ロードを制御します。
次の図は、ストレージQoSの使用前と使用後の環境の例を示しています。左の図では、複数
のワークロードがI/Oを送信するためにクラスタ リソースを奪い合っています。これらの
ワークロードのパフォーマンスは「ベスト エフォート」によって決まるため、パフォーマ
ンスを予測することは困難です(たとえば、あるワークロードのパフォーマンスが高くなる
と、他のワークロードが悪影響を受ける場合があります)。右の図は、同じワークロードを、
最大スループットを適用するポリシー グループにそれぞれ割り当てた状態を示していま
す。
論理ストレージの管理 | 311
ストレージ
リソース
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
最大スループット:
5,000 IOPS
最大スループット:
3,000 IOPS
最大スループット:
6,000 IOPS
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
ストレージ
オブジェクト
クライアント
アプリケーション
最大スループット制限の仕組み
ストレージQoSポリシー グループには、1つのサービス レベル目標、つまり最大スループッ
ト制限を指定できます。最大スループット制限は、IOPS、Mbps、またはその両方の単位で
定義します。ポリシー グループ内のすべてのワークロードのスループットの合計がこの値
を超えることはできません。
あるポリシー グループに最大スループットを指定すると、ストレージQoSは、そのポリシー
グループ内のすべてのワークロードの合計スループットがこの最大スループットを超える
ことがないように、クライアント処理を制御します。
たとえば、「untested_apps」というポリシー グループを作成し、最大スループットとして
300Mbpsを指定したとします。このポリシー グループに3つのボリュームを割り当てます。
3つのボリュームを合わせたスループットが300Mbpsを超えることはできません。
注:あるポリシー グループ内の各ワークロードの合計スループットは、最大スループット
を10%までは超えることができます。このような例外的な状況は、あるワークロードのス
ループットが急激に変化(「ワークロードの集中」)した場合に発生することがあります。
最大スループットの指定については、次の点に注意してください。
•
クラスタの利用率が十分に上がらないことがあるため、低すぎる設定は避ける。
•
制限を適用しないワークロードに対して確保しておくべき最低限のスループット量を考
慮する。
たとえば、クリティカルでないワークロードを制限することにより、クリティカルなワー
クロードに必要なスループットを確保できます。
•
スループットの増加に対応できる余地を残す。
たとえば、平均的な利用率が500IOPSの場合は、制限を1,000IOPSに指定することが考え
られます。
ポリシー グループへのストレージ オブジェクトの割り当てに関するルール
ストレージQoSポリシー グループにストレージ オブジェクトを割り当てる際のルールを把
握しておく必要があります。
ストレージ オブジェクトとポリシー グループは同じSVMに属していなければならない
ストレージ オブジェクトは、ポリシー グループが属しているStorage Virtual Machine(SVM)
に含まれている必要があります。ポリシー グループが属するSVMは、ポリシー グループを
作成するときに指定します。同じSVMに複数のポリシー グループを作成することができま
す。
312 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
次の図では、ポリシー グループpg1がSVM vs1に属しています。ボリュームvol2とボリュー
ムvol3は別のSVMに含まれているため、これらのボリュームをポリシー グループpg1に割り
当てることはできません。
SVM「vs1」
SVM「vs2」
ポリシー グループ「pg1」
vol1
vol2
vol3
ネストされたストレージ オブジェクトはポリシー グループに追加できない
下位のオブジェクトまたは子オブジェクトがポリシー グループに属している場合、そのス
トレージ オブジェクトをポリシー グループに割り当てることはできません。次の表に、詳
しく記載します。
割り当て内容
以下のオブジェクトはポリシー グループに
割り当てできない
ボリューム
そのボリュームを含むSVMまたは子LUN
LUN
そのLUNを含むボリュームまたはSVM
次の図では、SVM vs3がポリシー グループpg2に割り当てられています。ストレージ階層の
オブジェクト(SVM vs3)がポリシー グループに割り当てられているため、ボリュームvol4
またはボリュームvol5をポリシー グループに割り当てることはできません。
ポリシー グループ「pg2」
SVM「vs3」
vol4
vol5
一部のボリューム タイプはストレージQoSでサポートされない
FlexVolはポリシー グループに割り当てることができます。Infinite VolumeはストレージQoS
ではサポートされていません。
ストレージQoSでサポートされないFlexVolの種類は次のとおりです。
•
データ保護ミラー
•
負荷共有ミラー
論理ストレージの管理 | 313
•
ノードのルート ボリューム
[QoS ポリシー グループ]ウィンドウ
ストレージQuality of Service(QoS;サービス品質)は、パフォーマンス目標の達成に伴うリ
スクへの対応に役立ちます。ストレージQoSにより、ワークロードのスループットを制限し
たり、ワークロードのパフォーマンスを監視したりすることができます。[QoS ポリシー グ
ループ]ウィンドウを使用して、ポリシー グループを管理したり、ポリシー グループに関す
る情報を確認したりできます。
•
コマンド ボタン(313ページ)
•
QoSポリシー グループのリスト(313ページ)
•
詳細領域(313ページ)
コマンド ボタン
作成
[QoS ポリシー グループの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、新しいポリシー グループを作成できます。
編集
[QoS ポリシー グループの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、選択したポリシー グループを変更できます。
削除
選択したポリシー グループを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
QoSポリシー グループのリスト
QoSポリシー グループのリストには、各ポリシー グループの名前と最大スループットが表
示されます。
名前
QoSポリシー グループの名前が表示されます。
最大スループット
ポリシー グループに対して指定されている最大スループット制限が表示されま
す。
最大スループット制限を指定していない場合は[無制限]と表示されます。
ストレージ オブジェクト数
ポリシー グループに割り当てられているストレージ オブジェクトの数が表示さ
れます。
詳細領域
QoSポリシー グループのリストの下の領域には、選択したポリシー グループに関する詳細
情報が表示されます。
[割り当てられているストレージ オブジェクト]タブ
選択したポリシー グループに割り当てられているストレージ オブジェクトの名
前とタイプが表示されます。
314 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
NISサービス
System Managerを使用して、Network Information Service(NIS)ドメインを追加、編集、管理
できます。
NISドメインの追加
NISを使用すると、ホスト情報を一元的に管理できます。System Managerを使用して、スト
レージ システムのNISドメイン名を追加できます。Storage Virtual Machine(SVM)で同時に
アクティブにできるNISドメインは1つだけです。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[NIS]をクリックします。
5. [作成]をクリックします。
6. NISドメイン名を入力し、1つ以上のNISサーバを追加します。
7. [作成]をクリックします。
NISドメインの編集
System Managerを使用し、Storage Virtual Machine(SVM)の認証および許可の必要性に基づ
いてNISドメインを変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[NIS]をクリックします。
5. NISドメインを選択し、[編集]をクリックします。
6. 必要な変更を加え、[編集]をクリックします。
NISドメインの管理
Network Information Service(NIS)ドメインは、ネットワーク上のホスト名とIPアドレスか
らなるディレクトリです。Storage Virtual Machine(SVM)管理者は、NISドメインに関する
情報を作成、変更、削除、または表示することによって、NISドメインを管理できます。NIS
ドメインは、クラスタ管理サーバに対しては構成できません。
1つのSVMに対して複数のNISドメインを構成できますが、SVMで同時にアクティブにでき
るNISドメインは1つだけです。1つのNISドメインを複数のSVMに対して構成することもで
きます。
論理ストレージの管理 | 315
[NIS]ウィンドウ
[NIS]ウィンドウで、ストレージ システムの現在のNIS設定を表示できます。
コマンド ボタン
作成
NISドメインを作成できる[NISドメインの作成]ダイアログ ボックスを開きます。
編集
NISサーバを追加、削除、または変更できる[NISドメインの編集]ダイアログ ボッ
クスを開きます。
削除
選択したNISドメインを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
LDAPクライアント サービス
System Managerを使用して、LDAPクライアント設定を作成、編集、削除できます。
LDAPクライアント設定の追加
System Managerでは、LDAPクライアント設定を追加してLDAPサービスを使用できます。
LDAPサーバを使用すると、ユーザ情報を一元的に管理できます。LDAPサービスを使用する
には、最初にLDAPクライアントを設定する必要があります。
タスク概要
LDAPクライアント設定は、クラスタ レベルでは表示のみで編集はできません。LDAPクラ
イアントの追加はStorage Virtual Machine(SVM)レベルで行う必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[LDAPクライアント]をクリックします。
5. [LDAPクライアント]ウィンドウで、[追加]をクリックします。
6. LDAPクライアントの名前を入力します。
7. Active DirectoryドメインまたはActive Directoryサーバのいずれかを追加します。
8. [バインド]をクリックし、認証の詳細を指定します。
9. [保存して閉じる]をクリックします。
10. 追加したLDAPクライアントが[LDAPクライアント]ウィンドウに表示されていることを
確認します。
316 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
LDAPクライアント設定の削除
Storage Virtual Machine(SVM)にLDAPクライアント設定を関連付けない場合、System
ManagerでLDAPクライアント設定を削除できます。
タスク概要
LDAPクライアント設定は、クラスタ レベルでは表示のみで編集はできません。LDAPクラ
イアントの削除はSVMレベルで行う必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[LDAPクライアント]をクリックします。
5. LDAPクライアントを選択し、[削除]をクリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
7. 削除したLDAPクライアントが[LDAPクライアント]ウィンドウに表示されていないこと
を確認します。
LDAPクライアント設定の編集
System Managerの[LDAP クライアントの編集]ウィンドウを使用して、LDAPクライアント設
定を編集できます。
タスク概要
LDAPクライアント設定は、クラスタ レベルでは表示のみで編集はできません。LDAPクラ
イアントの編集はStorage Virtual Machine(SVM)レベルで行う必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[LDAPクライアント]をクリックします。
5. [LDAPクライアント]ウィンドウで、LDAPクライアントを選択し、[編集]をクリックしま
す。
6. [LDAPクライアントの編集]ダイアログ ボックスで、必要に応じてLDAPクライアント設
定を編集します。
7. [保存して閉じる]をクリックします。
8. LDAPクライアントへの変更が[LDAPクライアント]ウィンドウに表示されることを確認
します。
論理ストレージの管理 | 317
[LDAP クライアント]ウィンドウ
[LDAP クライアント]ウィンドウを使用して、ユーザ認証、ファイル アクセス許可、ユーザ
検索、およびNFSとCIFS間のマッピング サービスのためのLDAPクライアントをStorage
Virtual Machine(SVM)レベルで作成できます。
コマンド ボタン
追加
[LDAPクライアントの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、LDAPクライアントを作成および設定できます。
編集
[LDAP クライアントの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、LDAPクライアント設定を編集できます。また、アクティブなLDAP
クライアントを編集することもできます。
削除
[LDAP クライアントの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ
ボックスで、LDAPクライアント設定を削除できます。また、アクティブなLDAP
クライアントを削除することもできます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
LDAPクライアント リスト
LDAPクライアントの情報を表形式で表示します。
LDAPクライアント設定
指定したLDAPクライアント設定の名前を表示します。
Active Directory ドメイン
LDAPクライアント設定ごとにActive Directoryドメインを表示します。
Active Directory サーバ
LDAPクライアント設定ごとにActive Directoryサーバを表示します。
優先される Active Directory サーバ
LDAPクライアント設定ごとに優先されるActive Directoryサーバを表示します。
LDAP設定サービス
System Managerを使用して、LDAP設定を管理できます。
アクティブなLDAPクライアントの編集
System ManagerでアクティブなLDAPクライアントをStorage Virtual Machine(SVM)に関連
付けると、LDAPをネーム サービスとして使用したり、ネーム マッピングに使用したりする
ことができます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
318 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[LDAP構成]をクリックします。
5. [LDAP設定]ウィンドウで、[編集]をクリックします。
6. [アクティブなLDAPクライアント]ダイアログ ボックスで、編集するLDAPクライアント
を選択して次の処理を実行します。
•
LDAPクライアントを有効または無効にする。
•
Active Directoryドメイン サーバを変更する。
•
優先されるActive Directoryサーバを変更する。
7. [OK]をクリックします。
8. [LDAP設定]ウィンドウで行った変更内容が更新されていることを確認します。
アクティブなLDAPクライアントの削除
Storage Virtual Machine(SVM)をアクティブなLDAPクライアントに関連付けないようにす
る場合は、System Managerを使用して、そのクライアントを削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[LDAP構成]をクリックします。
5. [削除]をクリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
[LDAP設定]ウィンドウ
[LDAP設定]ウィンドウを使用して、アクティブなLDAPクライアントをStorage Virtual
Machine(SVM)レベルで編集または削除できます。
コマンド ボタン
編集
[アクティブな LDAP クライアント]ダイアログ ボックスを開きます。このダイア
ログ ボックスで、状態、Active Directoryドメイン サーバ、優先されるActive
Directoryサーバなど、アクティブなLDAPクライアントのプロパティを編集できま
す。
削除
[アクティブな LDAP クライアントの削除]ダイアログ ボックスを開きます。この
ダイアログ ボックスで、アクティブなLDAPクライアントを削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
[LDAP 設定]領域
アクティブなLDAPクライアントの詳細を表示します。
論理ストレージの管理 | 319
LDAP クライアント名
アクティブなLDAPクライアントの名前を表示します。
状態
アクティブなLDAPクライアントが有効になっているかどうかを表示します。
Active Directoryドメイン サーバ
アクティブなLDAPクライアント設定のActive Directoryドメインを表示します。
優先される Active Directory サーバ
アクティブなLDAPクライアントの優先されるActive Directoryサーバを表示しま
す。
Kerberos Realmサービス
System Managerを使用して、Kerberos Realmサービスを作成および管理できます。
Kerberos Realm設定の作成
クライアント アクセスにKerberos認証を使用する場合は、既存のKerberos Realmを使用する
ようにStorage Virtual Machine(SVM)を設定する必要があります。System Managerを使用し
てKerberos Realm設定を作成し、SVMがNFSにKerberosセキュリティ サービスを使用できる
ようにすることができます。
開始する前に
•
CIFS共有を使用する場合はCIFSライセンス、LDAPサーバを使用する場合はNFSライセン
スがインストールされている必要があります。
•
Active Directory(Windows 2003またはWindows 2008)とDES MD5暗号化機能が使用可能
である必要があります。
•
NTPを設定することで、タイムゾーンを設定し、クラスタ内で時間を同期させておく必
要があります。
これにより、認証エラーを回避できるほか、ログ ファイルにクラスタ全体で一貫したタ
イムスタンプが記録されるようになります。
タスク概要
Kerberos Realmを作成するときは、Kerberos Realmの作成ウィザードで次の属性を設定する必
要があります。
•
Kerberos Realm
•
KDCのIPアドレスとポート番号
デフォルトのポート番号は88です。
•
Kerberos Key Distribution Center(KDC;キー配布センター)ベンダー
•
管理サーバのIPアドレス(KDCベンダーがMicrosoft以外の場合)
•
パスワード サーバのIPアドレス
•
Active Directoryサーバの名前とIPアドレス(KDCベンダーがMicrosoftの場合)
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
320 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[Kerberos Realm]をクリックします。
5. [Kerberos Realm]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
6. ウィザードの指示に従って、情報を入力または選択します。
7. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
関連タスク
クラスタの時刻の設定(37ページ)
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート4073:『Secure Unified Authentication for NFS Kerberos,
NFSv4, and LDAP in Clustered Data ONTAP』
Kerberos Realmの設定の編集
System Managerを使用して、Kerberos Realmの設定をStorage Virtual Machine(SVM)レベル
で編集できます。
タスク概要
Kerberos Realm編集ウィザードを使用して、次の属性を変更できます。
•
KDCのIPアドレスとポート番号
•
管理サーバのIPアドレス(KDCベンダーがMicrosoft以外の場合)
•
パスワード サーバのIPアドレス
•
Active Directoryサーバの名前とIPアドレス(KDCベンダーがMicrosoftの場合)
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[Kerberos Realm]をクリックします。
5. [Kerberos Realm]ウィンドウで、変更するKerberos Realmの設定を選択し、[編集]をクリッ
クします。
6. ウィザードの指示に従って、情報を入力または選択します。
7. 詳細を確認し、[終了]をクリックしてウィザードを完了します。
Kerberos Realm設定の削除
System Managerを使用してKerberos Realm設定を削除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
論理ストレージの管理 | 321
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[Kerberos Realm]をクリックします。
5. [Kerberos Realm]ウィンドウで、削除するKerberos Realm設定を1つ以上選択し、[削除]を
クリックします。
6. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
NFSでのKerberos使用によるセキュリティ強化
Kerberosを使用してSVMとNFSクライアント間の認証を強化すると、セキュアなNFS通信を
実現することができます。NFSにKerberosを設定すると、NFSクライアントとストレージ シ
ステム間の通信の整合性とセキュリティが向上します。
CIFSのKerberos認証
Kerberos認証では、クライアントはCIFSサーバへの接続時に使用可能な最も高いセキュリ
ティ レベルをネゴシエートします。クライアントがKerberos認証を使用できない場合は、
Microsoft NTLMまたはNTLM V2を使用してCIFSサーバでの認証が行われます。
[Kerberos Realm]ウィンドウ
[Kerberos Realm]ウィンドウを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)とNFSクライアント
間の認証を提供すると、セキュアなNFS通信を実現することができます。
コマンド ボタン
作成
Kerberos Realm作成ウィザードを開きます。このウィザードで、ユーザ情報を取得
するようにKerberos Realmを設定できます。
編集
Kerberos Realm編集ウィザードを開きます。このウィザードで、SVMの認証と許可
に必要なKerberos Realmの設定を編集できます。
削除
[Kerberos Realmの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、Kerberos Realmの設定を削除できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
Kerberos Realmリスト
タブ形式でKerberos Realmの詳細を表示します。
Realm
Kerberos Realmの名前を示します。
KDC ベンダー
Kerberos KDC(キー配布センター)ベンダーの名前を示します。
KDC IP アドレス
設定で使用されるKDC IPアドレスを示します。
322 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
詳細領域
詳細領域には、KDC IPアドレスとポート番号、KDCベンダー、管理サーバIPアドレスとポー
ト番号、Active Directoryサーバと選択したKerberos Realm設定のサーバIPアドレスなどの情報
が表示されます。
Kerberosインターフェイス サービス
System Managerを使用して、Kerberosインターフェイス サービスを管理できます。
Kerberos設定の編集
System Managerを使用して、Kerberosを有効にしたり、Storage Virtual Machine(SVM)に関
連付けられたKerberosの設定を編集したりできます。これにより、SVMで、NFSのKerberos
セキュリティ サービスを使用できます。
開始する前に
•
SVMレベルでKerberos Realmを少なくとも1つ設定しておく必要があります。
•
SVM上に少なくとも2つのデータLIFが必要です。
データLIFの1つは、SPNがUNIXとCIFS関連のKerberosトラフィック両方に使用します。
もう1つのデータLIFは、Kerberos以外のトラフィックのアクセス用に使われます。
注:CIFSサーバは、基本のNFS Kerberosアクセスには必要ありません。マルチプロトコ
ル アクセス時、または名前のマッピングのためにActive DirectoryをLDAPサーバとして
使用するときに必要になります。
タスク概要
Microsoft Active Directory Kerberosを使用する場合は、ドメインで使用するSPNの最初の15文
字は一意である必要があります。Microsoft Active Directoryでは、SPNに最大15文字の制限が
あり、重複するSPNは許可されません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[Kerberosインターフェイス]をクリックします。
5. [Kerberosインターフェイス]ウィンドウで、インターフェイスを選択し、[編集]をクリッ
クします。
6. [Kerberos設定の編集]ダイアログ ボックスで、必要な変更を行い、[OK]をクリックしま
す。
関連情報
ネットアップ テクニカル レポート4073:『Secure Unified Authentication for NFS Kerberos,
NFSv4, and LDAP in Clustered Data ONTAP』
論理ストレージの管理 | 323
[Kerberos インターフェイス]ウィンドウ
[Kerberos インターフェイス]ウィンドウを使用して、Kerberosを有効にし、Storage Virtual
Machine(SVM)のKerberos設定を編集できます。
コマンド ボタン
編集
[Kerberos 設定の編集]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボック
スを使用して、Kerberosを有効にし、SVMに関連付けられたKerberos 設定を編集で
きます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
Kerberosインターフェイス リスト
Kerberos設定の詳細を表示します。
インターフェイス名
SVMのKerberos設定に関連付けられている論理インターフェイスを示します。
サービス プリンシパル名
Kerberos設定に一致するSPN(サービス プリンシパル名)を示します。
Realm
Kerberos設定に関連付けられているKerberos Realmの名前を示します。
Kerberos のステータス
Kerberosが有効になっているかどうかを示します。
DNS / DDNSサービス
System Managerを使用して、DNS / DDNSサービスを管理できます。
DNSとDDNSの有効化と無効化
System Managerを使用して、ストレージ システム上のDNSを有効または無効にできます。
DNSを有効にしたあとに、DDNSを有効にすることができます。
開始する前に
DDNSの機能を使用するには、DNSサーバ管理者がDNSサーバで必要な変更を行っておく必
要があります。
タスク概要
DNSおよびDDNSはデフォルトで無効になっています。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[DNS / DDNS]をクリックします。
324 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
5. [DNS / DDNSサービス]ウィンドウで、[編集]をクリックします。
6. [DNS / DDNS設定の編集]ダイアログ ボックスで、DNSサービスとDDNSサービスを有効
にします。
a. [DNS サービス]チェック ボックスを選択します。
b. [DDNS サービス]チェック ボックスを選択します。
DNSとDDNSを無効にするには、対応するチェック ボックスの選択を解除します。
7. [OK]をクリックします。
関連資料
[DNS / DDNS サービス]ウィンドウ (325ページ)
DNSおよびDDNSの設定の編集
DNSを使用すると、ホスト情報を一元的に管理できます。System Managerを使用して、スト
レージ システムのDNSドメイン名を追加または変更できます。ストレージ システムで
DDNSを有効にして、DNSサーバのネーム サーバを自動的に更新することもできます。
開始する前に
•
セキュアなDDNSを使用するために、Storage Virtual Machine(SVM)用のCIFSサーバま
たはActive Directoryアカウントをセットアップしておく必要があります。
•
DDNSの機能を使用するには、DNSサーバ管理者がDNSサーバで必要な変更を行っておく
必要があります。
Data ONTAPとDNSサーバの両方でセキュアなDDNSを有効にする必要があります。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [サービス]ペインで、[DNS / DDNS]をクリックします。
5. [編集]をクリックします。
6. [DNS / DDNS設定の編集]ダイアログ ボックスで、[DNSサービス]チェック ボックスを選
択してDNSを有効にします。
7. [DNSドメイン]領域と[ネーム サーバ]領域で、DNSドメイン名およびIPアドレスを追加ま
たは変更します。
8. [DDNS サービス]チェック ボックスを選択してDDNSを有効にします。
DDNSを有効にすることができるのは、DNSが有効な場合だけです。
a. [セキュアな DDNS を有効にする]チェック ボックスを選択してセキュアなDDNSを有
効にします。
b. DDNSサービスのFQDNとTTLの値を指定します。
デフォルトでは、TTLは24時間、FQDNはSVM name. domain nameに設定されます。
9. [OK]をクリックします。
論理ストレージの管理 | 325
関連資料
[DNS / DDNS サービス]ウィンドウ (325ページ)
[DNS / DDNS サービス]ウィンドウ
[DNS / DDNS サービス]ウィンドウでは、システムの現在のDNSおよびDDNSの設定を確認で
きます。
コマンド ボタン
編集
[DNS / DDNS 設定の編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボッ
クスを使用してDNSやDDNSの詳細を追加または変更できます。DNSやDDNSを
有効または無効にすることもできます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
関連タスク
DNSとDDNSの有効化と無効化(323ページ)
DNSおよびDDNSの設定の編集(324ページ)
ユーザ
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)のユーザ アカウントを作成およ
び管理できます。
SVMユーザ アカウントの追加
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)ユーザ アカウントを追加して、
そのユーザがストレージ システムにアクセスする際のログイン方法を指定できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
5. [追加]をクリックします。
6. ストレージ システムへの接続にユーザが使用するユーザ名およびパスワードを入力し、
確認のためにパスワードをもう一度入力します。
7. ユーザのログイン方法を1つ以上追加し、[追加]をクリックします。
SVMユーザ アカウントのパスワードの変更
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)ユーザ アカウントのパスワード
をリセットできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
326 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
5. パスワードを変更するユーザ アカウントを選択し、[パスワードのリセット]をクリック
します。
6. [パスワードのリセット]ダイアログ ボックスで、新しいパスワードを入力して確認し、
[変更]をクリックします。
SVMユーザ アカウントの編集
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)ユーザ アカウントを編集し、ス
トレージ システムにアクセスするためのユーザのログイン方法を変更できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
5. 変更するユーザ アカウントを選択し、[編集]をクリックします。
6. 1つ以上のユーザのログイン方法を変更し、[変更]をクリックします。
SVMユーザ アカウントのロックとロック解除
Storage Virtual Machine(SVM)ユーザ アカウントは、System Managerを使用して、必要に応
じてロックまたはロック解除できます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ユーザ]をクリックします。
5. [ユーザ]ウィンドウで、アカウント ステータスを変更するユーザ アカウントを選択し、
必要に応じて[ロック]または[ロック解除]をクリックします。
[ユーザ]ウィンドウ
[ユーザ]ウィンドウを使用して、ユーザ アカウントの管理やユーザ パスワードのリセットを
行ったり、すべてのユーザ アカウントに関する情報を表示したりすることができます。
コマンド ボタン
追加
[ユーザの追加]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ アカウントを追加できます。
論理ストレージの管理 | 327
編集
[ユーザの変更]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ ログイン方法を変更できます。
注:1つのユーザ アカウントのすべてのアクセス方法および認証方法に対して、
単一のロールを使用するのが理想的です。
削除
選択したユーザ アカウントを削除できます。
パスワードの変更
[パスワードの変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで
は、ユーザ パスワードをリセットできます。
ロック
ユーザ アカウントをロックします。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ユーザ リスト
ユーザ リストの下の領域には、選択したユーザに関する詳細情報が表示されます。
ユーザ
ユーザ アカウントの名前を表示します。
アカウントはロックされています
ユーザ アカウントがロックされているかどうかを表示します。
[ユーザのログイン方法]領域
アプリケーション
ユーザがストレージ システムにアクセスするために使用できるアクセス方法を表
示します。サポートされるアクセス方法は次のとおりです。
•
システム コンソール(console)
•
HTTP(S)(http)
•
Data ONTAP API(ontapi)
•
サービス プロセッサ(service-processor)
•
SSH(ssh)
認証
デフォルトのサポート対象認証方法(「パスワード」)を表示します。
ロール
選択したユーザのロールを表示します。
ロール
System Managerを使用して、ロールを作成および管理できます。
328 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ロールの追加
System Managerを使用してアクセス制御ロールを追加し、そのロールのユーザがアクセスで
きるコマンドまたはコマンド ディレクトリを指定できます。 また、ロールに付与するコマ
ンドやコマンド ディレクトリへのアクセス レベルを制御したり、コマンドやコマンド ディ
レクトリに適用されるクエリを指定したりすることもできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ロール]をクリックします。
5. [追加]をクリックします。
6. [ロールの追加]ダイアログ ボックスで、ロール名を指定してロールの属性を追加します。
7. [追加]をクリックします。
ロールの編集
System Managerを使用して、アクセス制御のロールのコマンドまたはコマンド ディレクトリ
へのアクセスを変更して、指定したコマンド セットのみにユーザのアクセスを制限できま
す。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [SVMユーザの詳細]ペインで、[ロール]をクリックします。
5. 編集するロールを選択し、[編集]をクリックします。
6. ロールの属性を変更して、[変更]をクリックします。
SVM管理者の事前定義されたロール
SVM管理者用に、ほとんどのニーズに合わせて事前定義されたロールが用意されています。
必要に応じて、カスタム ロールを作成することもできます。デフォルトでは、SVM管理者
は、事前定義されたvsadminロールに割り当てられます。
次の表に、SVM管理者向けの事前定義されたロールを示します。
論理ストレージの管理 | 329
ロール名
機能
vsadmin
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
vsadmin-volume
•
•
•
•
•
•
•
•
vsadmin-protocol
•
•
•
•
•
•
vsadmin-backup
•
•
•
•
•
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
ボリュームの管理(ボリュームの移動を除く)
クォータ、qtree、Snapshotコピー、およびファイルの管理
LUNの管理
SnapLock処理の実行(privileged deleteを除く)
プロトコルの設定:NFS、CIFS、iSCSI、FC (FCoEを含
む)
サービスの設定:DNS、LDAP、NIS
ジョブの監視
ネットワーク接続とネットワーク インターフェイスの
監視
SVMの健常性の監視
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
ボリュームの管理(ボリュームの移動も含む)
クォータ、qtree、Snapshotコピー、およびファイルの管理
LUNの管理
プロトコルの設定:NFS、CIFS、iSCSI、FC(FCoEを含
む)
サービスの設定:DNS、LDAP、NIS
ネットワーク インターフェイスの監視
SVMの健常性の監視
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
プロトコルの設定:NFS、CIFS、iSCSI、FC(FCoEを含
む)
サービスの設定:DNS、LDAP、NIS
LUNの管理
ネットワーク インターフェイスの監視
SVMの健常性の監視
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
NDMP処理の管理
リストアしたボリュームの読み取り / 書き込み許可
SnapMirror関係とSnapshotコピーの管理
ボリュームとネットワーク情報の表示
330 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ロール名
機能
vsadmin-snaplock
•
•
•
•
•
•
•
•
vsadmin-readonly
•
•
•
•
•
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
ボリュームの管理(ボリュームの移動を除く)
クォータ、qtree、Snapshotコピー、およびファイルの管理
SnapLock処理の実行(privileged deleteも含む)
プロトコルの設定:NFS、CIFS
サービスの設定:DNS、LDAP、NIS
ジョブの監視
ネットワーク接続とネットワーク インターフェイスの
監視
自身のユーザ アカウントのローカル パスワードとキー
情報の管理
SVMの健常性の監視
ネットワーク インターフェイスの監視
ボリュームとLUNの表示
サービスとプロトコルの表示
関連概念
ロール(91ページ)
[ロール]ウィンドウ
[ロール]ウィンドウを使用して、ユーザ アカウントのロールを管理できます。
コマンド ボタン
追加
[ロールの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、ア
クセス制御ロールを作成したり、作成したロールのユーザがアクセスできるコマ
ンドやコマンド ディレクトリを指定したりすることができます。
編集
[ロールの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ロールの属性を追加したり変更したりすることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ロール リスト
ロール リストには、ユーザに割り当てることができるロールの一覧が表示されます。
[ロール属性]領域
詳細領域には、選択したロールがアクセスできるコマンドやコマンド ディレクトリ、アク
セス レベル、コマンドやコマンド ディレクトリに適用されるクエリなど、ロールの属性が
表示されます。
論理ストレージの管理 | 331
UNIX
System Managerを使用して、各Storage Virtual Machine(SVM)のローカルUNIXユーザおよ
びグループのリストを管理できます。
[UNIX]ウィンドウ
[UNIX]ウィンドウを使用して、各Storage Virtual Machine(SVM)のローカルUNIXユーザお
よびグループのリストを管理できます。ローカルUNIXユーザおよびグループは、認証や
ネーム マッピングに使用できます。
[グループ]タブ
[グループ]タブを使用して、SVMに対してローカルなUNIXグループを追加、編集、削除で
きます。
コマンド ボタン
グループの追加
[グループの追加]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、SVMに対してローカルなUNIXグループを作成できます。ローカルUNIXグ
ループはローカルUNIXユーザとともに使用します。
編集
[グループの編集]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、グループIDを編集できます。
削除
選択したグループを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
グループ リスト
グループ名
グループの名前が表示されます。
グループID
グループのIDが表示されます。
[ユーザ]タブ
[ユーザ]タブを使用して、SVMに対してローカルなUNIXユーザを追加、編集、および削除
できます。
コマンド ボタン
ユーザの追加
[ユーザの追加]ダイアログ ボックスを表示します。このダイアログ ボックスで
は、SVMに対してローカルなUNIXユーザを作成できます。
編集
[ユーザの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスでは、
ユーザID、ユーザが属するUNIXグループ、およびユーザのフルネームを編集でき
ます。
332 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
削除
選択したユーザを削除します。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ユーザ リスト
ユーザ名
ユーザの名前が表示されます。
ユーザID
ユーザのIDが表示されます。
フルネーム
ユーザのフルネームが表示されます。
プライマリ グループID
ユーザが属するグループのIDが表示されます。
プライマリ グループ名
ユーザが属するグループの名前が表示されます。
Windows
System Managerを使用して、Windowsのグループやユーザ アカウントを作成および管理でき
ます。
Windowsローカル グループの作成
System Managerを使用して、Storage Virtual Machine(SVM)に格納されたデータへのSMB接
続を介したアクセスの認証に使用できるWindowsローカル グループを作成できます。また、
管理アクティビティの実行時にグループのメンバーが利用できるユーザ権限と機能を定義
した権限を割り当てることができます。
開始する前に
SVM用にCIFSサーバが設定されている必要があります。
タスク概要
•
グループ名を指定する際、ローカル ドメイン名は指定してもしなくても構いません。
ローカル ドメインはSVMのCIFSサーバの名前です。たとえば、SVMのCIFSサーバの名
前が「CIFS_SERVER」で、
「engineering」というグループを作成する場合は、グループ名
として「engineering」または「CIFS_SERVER\engineering」を指定できます。
ローカル ドメインをグループ名の一部として使用するときのルールは次のとおりです。
◦ 指定できるのは、グループを適用するSVMのローカル ドメイン名だけです。
たとえば、ローカルのCIFSサーバの名前が「CIFS_SERVER」の場合に、
「CORP_SERVER
\group1」というグループ名を指定することはできません。
◦ 「BUILTIN」という語をグループ名のローカル ドメインとして使用することはできま
せん。
たとえば、「BUILTIN\group1」という名前のグループは作成できません。
◦ Active Directoryドメインをグループ名のローカル ドメインとして使用することはで
きません。
論理ストレージの管理 | 333
たとえば、
「AD_DOM\group1」
(「AD_DOM」はActive Directoryドメインの名前)とい
うグループは作成できません。
•
すでに存在するグループ名は使用できません。
•
グループ名は次の要件を満たす必要があります。
◦ 256文字以内にする必要があります。
◦ 末尾をピリオドにすることはできません。
◦ カンマを含めることはできません。
◦ 次の印刷可能文字を含めることはできません:"、/、\、[、]、:、|、<、>、+、=、;、?、
*、@。
◦ ASCII文字の1~31は印刷できない制御文字のため、使用できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [グループ]タブで、[作成]をクリックします。
6. [グループの作成]ダイアログ ボックスで、グループの名前とこの新しいグループの特定
に役立つ説明を指定します。
7. グループに一連の権限を割り当てます。
サポートされる定義済みの権限の中から選択できます。
8. [追加]をクリックしてこのグループにユーザを追加します。
9. [グループへのメンバーの追加]ダイアログ ボックスで、次のいずれかを実行します。
•
特定のローカル グループに追加するActive DirectoryユーザまたはActive Directoryグ
ループを指定します。
•
SVMの使用可能なローカル ユーザのリストからユーザを選択します。
•
[OK]をクリックします。
10. [作成]をクリックします。
タスクの結果
Windowsローカル グループが作成され、[グループ]ウィンドウに表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル グループのプロパティの編集
System Managerを使用して、ローカル ユーザ、Active Directoryユーザ、Active Directoryグルー
プを追加または削除して、ローカル グループのメンバーシップを管理することができます。
334 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
グループに割り当てられる権限を変更したり、グループを識別しやすいようにその説明を変
更したりできます。
タスク概要
Windowsローカル グループのメンバーを追加または削除する際は、次の点に注意する必要が
あります。
•
特殊なグループであるEveryoneについては、ユーザを追加または削除することはできま
せん。
•
Windowsローカル グループを別のWindowsローカル グループに追加することはできませ
ん。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [グループ]タブで、[編集]をクリックします。
6. グループの名前とこの新しいグループを特定するための説明を指定します。
7. グループに一連の権限を割り当てます。
サポートされる定義済みの権限の中から選択できます。
8. [追加]をクリックしてこのグループにユーザを追加します。
9. [メンバーの追加]ウィンドウで、次のいずれかを実行します。
•
特定のローカル グループに追加するActive DirectoryユーザまたはActive Directoryグ
ループを指定します。
•
SVMの使用可能なローカル ユーザのリストからユーザを選択します。
10. [編集]をクリックします。
タスクの結果
Windowsローカル グループの設定が変更され、変更後の内容が[グループ]タブに表示されま
す。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル グループへのユーザ アカウントの追加
System Managerを使用して、ローカル ユーザ、Active Directoryユーザ、Active Directoryグルー
プをグループに追加して、そのグループに関連付けられた権限を割り当てることができま
す。
開始する前に
•
ユーザを追加するグループがすでに存在している必要があります。
•
グループに追加するユーザがすでに存在している必要があります。
論理ストレージの管理 | 335
タスク概要
Windowsローカル グループのメンバーを追加する際は、次の点に注意する必要があります。
•
特殊なグループであるEveryoneにユーザを追加することはできません。
•
Windowsローカル グループを別のWindowsローカル グループに追加することはできませ
ん。
•
ユーザ名にスペースを含むユーザ アカウントは、System Managerでは追加できません。
それらのユーザ アカウントについては、名前を変更するか、コマンドライン インター
フェイス(CLI)を使用して追加してください。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [グループ]タブで、ユーザを追加するグループを選択し、[メンバーの追加]をクリックし
ます。
6. [メンバーの追加]ウィンドウで、次のいずれかを実行します。
•
特定のローカル グループに追加するActive DirectoryユーザまたはActive Directoryグ
ループを指定します。
•
SVMの使用可能なローカル ユーザのリストからユーザを選択します。
7. [OK]をクリックします。
タスクの結果
追加したユーザが[グループ]タブの[ユーザ]タブに表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル グループの名前変更
System Managerを使用して、Windowsローカル グループの名前をわかりやすい名前に変更で
きます。
タスク概要
•
新しいグループ名のドメインは変更前と同じにする必要があります。
•
グループ名は次の要件を満たす必要があります。
◦ 256文字以内にする必要があります。
◦ 末尾をピリオドにすることはできません。
◦ カンマを含めることはできません。
◦ 次の印刷可能文字を含めることはできません:"、/、\、[、]、:、|、<、>、+、=、;、?、
*、@。
336 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
◦ ASCII文字の1~31は印刷できない制御文字のため、使用できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [グループ]タブで、名前を変更するグループを選択し、[名前変更]をクリックします。
6. [グループの名前変更]ウィンドウで、グループの新しい名前を指定します。
タスクの結果
ローカル グループの名前が変更され、[グループ]ウィンドウに新しい名前が表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル グループの削除
Storage Virtual Machine(SVM)に格納されたデータへのアクセス権の定義やグループ メン
バーへのSVMのユーザ権限の割り当てに使用するWindowsローカル グループが不要になっ
た場合は、System Managerを使用してSVMから削除することができます。
タスク概要
•
ローカル グループを削除すると、そのメンバーシップのレコードが削除されます。
•
ファイルシステムは変更されません。
このグループを参照するファイルやディレクトリに対するWindowsセキュリティ記述子
は調整されません。
•
特殊なグループである「Everyone」は削除できません。
•
組み込みのグループ(BUILTIN\AdministratorsやBUILTIN\Usersなど)は削除できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [グループ]タブで、削除するグループを選択し、[削除]をクリックします。
6. [削除]をクリックします。
タスクの結果
ローカル グループとそのメンバーシップのレコードが削除されます。
論理ストレージの管理 | 337
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル ユーザ アカウントの作成
System Managerを使用してWindowsローカル ユーザ アカウントを作成し、Storage Virtual
Machine(SVM)に格納されたデータにSMB接続経由でアクセスする際の認証に使用できま
す。Windowsローカル ユーザ アカウントは、CIFSセッションを作成する際の認証にも使用
できます。
開始する前に
•
SVM用にCIFSサーバが設定されている必要があります。
タスク概要
Windowsローカル ユーザの名前は次の要件を満たす必要があります。
•
20文字以内にする必要があります。
•
末尾をピリオドにすることはできません。
•
カンマを含めることはできません。
•
次の印刷可能文字を含めることはできません:"、/、\、[、]、:、|、<、>、+、=、;、?、
*、@。
•
ASCII文字の1~31は印刷できない制御文字のため、使用できません。
パスワードは次の基準を満たしている必要があります。
•
6文字以上である必要があります。
•
ユーザ アカウント名を含めることはできません。
•
次の4種類のうちの3種類以上の文字を含める必要があります。
◦ 大文字のアルファベット(A~Z)
◦ 小文字のアルファベット(a~z)
◦ 数字(0~9)
◦ 特殊文字:~ ! @ # 0 ^ & * _ - + = ` \ | ( ) [ ] : ; " ' < > , . ? /
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、[作成]をクリックします。
6. ローカル ユーザの名前を指定します。
7. ローカル ユーザのフルネームとこの新しいユーザの特定に役立つ説明を指定します。
8. ローカル ユーザのパスワードを入力し、確認のためにもう一度入力します。
パスワードの要件を満たすパスワードを指定する必要があります。
338 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
9. [追加]をクリックして、このユーザにグループ メンバーシップを割り当てます。
10. [グループの追加]ウィンドウで、SVMで使用可能なグループのリストからグループを選
択します。
11. ユーザの作成後にこのアカウントを無効にする場合は、[このアカウントを無効にする]を
選択します。
12. [作成]をクリックします。
タスクの結果
Windowsローカル ユーザ アカウントが作成され、選択したグループのメンバーシップが割
り当てられます。ユーザ アカウントが[ユーザ]タブに表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル ユーザのプロパティの編集
System Managerでは、Windowsローカル ユーザ アカウントを編集して、既存のユーザのフル
ネームや説明を変更したり、ユーザ アカウントを有効または無効にしたりできます。また、
ユーザ アカウントに割り当てられたグループ メンバーシップを変更することもできます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、[編集]をクリックします。
6. [ユーザの変更]ウィンドウで、必要な変更を行います。
7. [変更]をクリックします。
タスクの結果
Windowsローカル ユーザ アカウントの属性が変更され、[ユーザ]タブに表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
ユーザ アカウントへのグループ メンバーシップの割り当て
System Managerを使用してユーザ アカウントにグループ メンバーシップを割り当てること
で、そのグループに関連付けられている権限をユーザに付与することができます。
開始する前に
•
ユーザを追加するグループが存在している必要があります。
•
グループに追加するユーザが存在している必要があります。
論理ストレージの管理 | 339
タスク概要
特殊なグループであるEveryoneにユーザを追加することはできません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、グループ メンバーシップを割り当てるユーザ アカウントを選択し、[グ
ループに追加]をクリックします。
6. [グループの追加]ウィンドウで、ユーザ アカウントを追加するグループを選択します。
7. [OK]をクリックします。
タスクの結果
選択したすべてのグループのメンバーシップがユーザ アカウントに割り当てられ、それら
のグループに関連付けられている権限が付与されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル ユーザの名前変更
System Managerを使用して、Windowsローカル ユーザ アカウントの名前をわかりやすい名前
に変更できます。
タスク概要
•
新しいユーザ名は変更前と同じドメインに作成する必要があります。
•
ユーザ名は次の要件を満たす必要があります。
◦ 20文字以内にする必要があります。
◦ 末尾をピリオドにすることはできません。
◦ カンマを含めることはできません。
◦ 次の印刷可能文字を含めることはできません:"、/、\、[、]、:、|、<、>、+、=、;、?、
*、@。
◦ ASCII文字の1~31は印刷できない制御文字のため、使用できません。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、名前を変更するユーザを選択し、[名前変更]をクリックします。
340 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
6. [ユーザの名前変更]ウィンドウで、ユーザの新しい名前を指定します。
7. 新しい名前を確認のためにもう一度入力し、[名前変更]をクリックします。
タスクの結果
ユーザ名が変更され、[ユーザ]タブに新しい名前が表示されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
Windowsローカル ユーザのパスワードのリセット
System Managerを使用して、Windowsローカル ユーザのパスワードをリセットできます。パ
スワードのリセットは、たとえば、パスワードが漏れた場合やパスワードを忘れた場合など
に行います。
タスク概要
パスワードは次の基準を満たしている必要があります。
•
6文字以上である必要があります。
•
ユーザ アカウント名を含めることはできません。
•
次の4種類のうちの3種類以上の文字を含める必要があります。
◦ 大文字のアルファベット(A~Z)
◦ 小文字のアルファベット(a~z)
◦ 数字(0~9)
◦ 特殊文字:~ ! @ # 0 ^ & * _ - + = ` \ | ( ) [ ] : ; " ' < > , . ? /
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、パスワードをリセットするユーザを選択し、[パスワードの設定]をク
リックします。
6. [パスワードのリセット]ダイアログ ボックスで、ユーザの新しいパスワードを設定しま
す。
7. 新しいパスワードを確認のためにもう一度入力し、[リセット]をクリックします。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
論理ストレージの管理 | 341
Windowsローカル ユーザ アカウントの削除
Storage Virtual Machine(SVM)のCIFSサーバへのローカルのCIFS認証やSVMに格納された
データへのアクセス権の定義に使用するWindowsローカル ユーザ アカウントが不要になっ
た場合は、System Managerを使用してSVMから削除することができます。
タスク概要
•
標準のユーザ(Administratorなど)は削除できません。
•
ユーザを削除すると、ローカル グループ データベース、ローカル ユーザ メンバーシッ
プ データベース、およびユーザ権限データベースから、そのユーザへの参照が削除され
ます。
手順
1. [SVM]タブをクリックします。
2. SVMを選択し、[管理]をクリックします。
3. [SVM設定]タブをクリックします。
4. [ホストのユーザとグループ]ペインで、[Windows]をクリックします。
5. [ユーザ]タブで、削除するユーザ アカウントを選択し、[削除]をクリックします。
6. [削除]をクリックします。
タスクの結果
ローカル ユーザ アカウントとそのグループ メンバーシップのエントリが削除されます。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
ローカル ユーザおよびローカル グループを使用した認証と許可
Storage Virtual Machine(SVM)では、ローカル ユーザやローカル グループを作成すること
ができます。CIFSサーバでのCIFS認証にローカル ユーザを使用すると、共有やファイルお
よびディレクトリに対する許可をローカル ユーザとローカル グループに基づいて決定でき
ます。
ローカル グループには、ローカル ユーザ、ドメイン ユーザ、ドメイン グループ、およびド
メイン マシン アカウントを含めることができます。
ローカル ユーザとローカル グループには権限を割り当てることもできます。SVMリソース
へのアクセスを制御するこれらの権限は、オブジェクトに対して設定されているアクセス許
可よりも優先されます。権限が割り当てられたユーザまたはグループのメンバーには、その
権限で許可される特定の権利が付与されます。
注:clustered Data ONTAPの全般的な管理機能は権限では付与されません。
関連資料
[Windows]ウィンドウ(345ページ)
342 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ローカル ユーザとローカル グループの概念
ローカル ユーザとローカル グループを設定して使用するかどうかを決定する前に、ローカ
ル ユーザとローカル グループの定義を理解し、基本的ないくつかの情報を理解しておく必
要があります。
ローカル ユーザ
一意のSecurity Identifier(SID;セキュリティ識別子)を持つユーザ アカウント。そ
のユーザ アカウントを作成したStorage Virtual Machine(SVM)上でのみ認識され
ます。ローカル ユーザ アカウントには、ユーザ名やSIDなどの一連の属性があり
ます。このアカウントは、NTLM認証を使用してCIFSサーバ上でローカルに認証
されます。
ユーザ アカウントには、次に示すいくつかの用途があります。
•
ユーザ権限の管理が可能な権限をユーザに付与する。
•
SVMが保有するファイル リソースおよびフォルダ リソースに対する共有レベ
ルとファイルレベルのアクセスを制御する。
ローカル グループ
一意のSIDを持つグループ。そのグループを作成したSVM上でのみ認識されます。
グループは複数のメンバーで構成されます。このメンバーになれるのは、ローカ
ル ユーザ、ドメイン ユーザ、ドメイン グループ、ドメイン マシンの各アカウン
トです。グループは、作成、変更、削除することができます。
グループには、次に示すいくつかの用途があります。
•
ユーザ権限の管理が可能な権限をグループのメンバーに付与する。
•
SVMが保有するファイル リソースおよびフォルダ リソースに対する共有レベ
ルとファイルレベルのアクセスを制御する。
ローカル ドメイン
ローカル スコープを持つドメイン。SVMによりバインドされています。ローカ
ル ドメインの名前はCIFSサーバの名前になります。ローカル ユーザとローカル
グループはローカル ドメイン内に配置されます。
Security Identifier(SID;セキュリティ識別子)
Windows形式のセキュリティ プリンシパルを識別する可変長の数値。たとえば、
通常のSIDの場合は、次のような形式になります。
S-1-5-21-3139654847-1303905135-2517279418-123456。
NTLM認証
CIFSサーバ上のユーザの認証で使用する、Microsoft Windowsのセキュリティ方式。
複製されたクラスタ データベース(RDB)
クラスタ内の各ノードのインスタンスを持つ複製されたデータベース。ローカル
ユーザとローカル グループの各オブジェクトは、このRDBに格納されます。
ローカル ユーザおよびローカル グループを作成する理由
Storage Virtual Machine(SVM)でローカル ユーザやローカル グループを作成する理由はい
くつかあります。たとえば、ドメイン コントローラを使用できないときでも、ローカル ユー
ザ アカウントを使用すればCIFSサーバにアクセスできます。また、ローカル グループを使
用して権限を割り当てることもできます。
ローカル ユーザ アカウントを作成する理由には、次のようなものがあります。
論理ストレージの管理 | 343
•
ドメイン コントローラを使用できないときに、CIFSサーバで認証してログインできるよ
うにする。
ドメイン コントローラがダウンしている場合や、ネットワークの問題によってCIFSサー
バからドメイン コントローラに接続できない場合でも、ローカル ユーザであれば、
NTLM認証を使用してCIFSサーバに認証できます。
•
ユーザ権限の管理が可能な権限をローカル ユーザに割り当てる。
ユーザ権限の管理は、ユーザやグループに付与するSVMの権限をCIFSサーバ管理者が制
御できる機能です。ユーザに権限を割り当てるには、ユーザのアカウントにそれらの権
限を割り当てるか、ユーザをそれらの権限が割り当てられたローカル グループのメン
バーにします。
注:CIFSサーバは、Active Directoryドメインまたはワークグループに属することができ、
Active Directoryドメインのメンバー サーバとして動作します。
ローカル グループを作成する理由には、次のようなものがあります。
•
共有やファイル アクセスの制御にローカル グループを使用して、ファイルやフォルダの
リソースへのアクセスを制御する。
•
カスタマイズしたユーザ権限の管理権限を持つローカル グループを作成する。
権限があらかじめ定義された組み込みのユーザ グループがいくつか用意されています。
カスタマイズした一連の権限を割り当てるには、ローカル グループを作成し、そのグルー
プに必要な権限を割り当てます。そのあとで、作成したローカル グループに、ローカル
ユーザ、ドメイン ユーザ、およびドメイン グループを追加します。
ローカル権限とは
権限とは、CIFSサーバでユーザ権限の管理作業を実行するためにローカルおよびドメインの
ユーザやグループに割り当てることができるアクセス権です。権限を独自に作成すること
はできず、既存の権限の追加または削除だけが可能です。
サポートされる権限の一覧
Data ONTAPには、一連のサポートされる権限が事前に定義されています。特定の事前定義
されたローカル グループには、これらの権限の一部がデフォルトで設定されています。事
前定義グループの権限は追加、削除できます。また、新規のローカル ユーザまたはローカ
ル グループを作成して、そのグループや、既存のドメイン ユーザおよびグループに権限を
追加することもできます。
次の表に、Storage Virtual Machine(SVM)でサポートされる権限の一覧と、その権限が割り
当てられているBUILTINグループを示します。
権限の名前
デフォルトのセキュリティ設
定
説明
なし
オペレーティング シ
ステムの一部として機
能
SeBackupPrivilege
BUILTIN\Administrators,
BUILTIN\Backup Operators
ACLを無視してファイ
ルとディレクトリを
バックアップ
SeRestorePrivilege
BUILTIN\Administrators,
BUILTIN\Backup Operators
ACLを無視してファイ
ルおよびディレクトリ
をリストア
SeTcbPrivilege
344 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
権限の名前
デフォルトのセキュリティ設
定
SeTakeOwnershipPrivilege
BUILTIN\Administrators
SeSecurityPrivilege
BUILTIN\Administrators
SeChangeNotifyPrivilege
BUILTIN\Administrators,
BUILTIN\Backup
Operators, BUILTIN\Power
Users, BUILTIN\Users,
Everyone
説明
ファイルなどの、オブ
ジェクトの所有権を取
得
監査の管理
セキュリティ ログの
表示、ダンプ、消去な
ど。
トラバース チェック
のバイパス
この権限を持つユーザ
は、フォルダ、シンボ
リックリンク、ジャン
クションを経由するた
めのトラバース(x)権
限は必要ありません。
事前定義のBUILTINグループとそのデフォルトの権限
ローカル ユーザまたはドメイン ユーザのメンバーシップを、Data ONTAPの事前定義された
一連のBUILTINグループに割り当てることができます。BUILTINグループには、事前定義さ
れた権限が割り当てられています。
次の表に、事前定義グループを示します。
事前定義のBUILTINグループ
デフォルトの権限
BUILTIN\Administrators
•
SeBackupPrivilege
RID 544
•
RIDが500のローカルAdministratorアカウ
ントは、最初に作成された時点で自動的にこ •
のグループのメンバーになります。Storage
Virtual Machine(SVM)がドメインに参加す •
ると、domain\Domain Adminsグループがこ
•
のグループに追加されます。SVMがドメイ
ンから削除されると、domain\Domain
Adminsグループも、このグループから削除さ
れます。
BUILTIN\Power Users
RID 547
このグループには、最初に作成された時点で
はメンバーがありません。このグループの
メンバーには次のような特徴があります。
•
ローカル ユーザとローカル グループを作
成、管理できます。
•
自身や他のオブジェクトをBUILTIN
\Administratorsグループに追加するこ
とはできません。
SeRestorePrivilege
SeSecurityPrivilege
SeTakeOwnershipPrivilege
SeChangeNotifyPrivilege
SeChangeNotifyPrivilege
論理ストレージの管理 | 345
事前定義のBUILTINグループ
デフォルトの権限
BUILTIN\Backup Operators
•
SeBackupPrivilege
RID 551
•
このグループには、最初に作成された時点で
はメンバーがありません。このグループの
•
メンバーは、バックアップ目的で開いたファ
イルやフォルダの読み取りおよび書き込み
権限を上書きできます。
BUILTIN\Users
SeRestorePrivilege
SeChangeNotifyPrivilege
SeChangeNotifyPrivilege
RID 545
このグループには、最初に作成された時点で
は(暗黙のAuthenticated Users特殊グルー
プ以外には)メンバーがありません。SVMが
ドメインに参加すると、domain\Domain
Usersグループがこのグループに追加されま
す。SVMがドメインから削除されると、
domain\Domain Usersグループも、このグ
ループから削除されます。
Everyone
SeChangeNotifyPrivilege
SID S-1-1-0
このグループには、ゲストを含むすべての
ユーザが含まれます(ただし匿名ユーザは除
く)。このグループは、暗黙のメンバーシッ
プを持つ暗黙のグループです。
[Windows]ウィンドウ
[Windows]ウィンドウを使用して、クラスタ上の各Storage Virtual Machine(SVM)のローカ
ルWindowsユーザおよびグループのリストを管理できます。Windowsのローカル ユーザお
よびローカル グループは、認証やネーム マッピングに使用できます。
•
[ユーザ]タブ(345ページ)
•
[グループ]タブ(346ページ)
[ユーザ]タブ
[ユーザ]タブには、SVMに対してローカルなWindowsユーザが表示されます。
コマンド ボタン
作成
[ユーザの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
SVMに格納されたデータへのSMB接続を介したアクセスの認証に使用できる
Windowsローカル ユーザ アカウントを作成できます。
編集
[ユーザの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
Windowsローカル ユーザのプロパティ(グループ メンバーシップやフルネームな
ど)を編集できます。ユーザ アカウントを有効または無効にすることもできます。
削除
[ユーザの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、不
要になったWindowsローカル ユーザ アカウントをSVMから削除できます。
346 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
グループに追加
[グループの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ユーザ アカウントにグループ メンバーシップを割り当てることで、そのグループ
に関連付けられている権限をユーザに付与することができます。
パスワードの設定
[パスワードのリセット]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボック
スで、Windowsローカル ユーザのパスワードをリセットできます。パスワードの
リセットは、たとえば、パスワードが漏れた場合やパスワードを忘れた場合など
に行います。
名前変更
[ユーザの名前変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、Windowsローカル ユーザ アカウントの名前をわかりやすい名前に変更できま
す。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ユーザ リスト
名前
ローカル ユーザの名前が表示されます。
フルネーム
ローカル ユーザのフルネームが表示されます。
アカウント無効
ローカル ユーザ アカウントが有効になっているか無効になっているかが表示さ
れます。
説明
このローカル ユーザの説明が表示されます。
[ユーザ]の詳細領域
グループ
ユーザが属しているグループのリストが表示されます。
[グループ]タブ
[グループ]タブでは、SVMに対してローカルなWindowsグループを追加、編集、削除できま
す。
コマンド ボタン
作成
[グループの作成]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
SVMに格納されたデータへのSMB接続を介したアクセスの認証に使用できる
Windowsローカル グループを作成できます。
編集
[グループの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
Windowsローカル グループのプロパティ(グループに割り当てられた権限やグ
ループの説明など)を編集できます。
削除
[グループの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
不要になったWindowsローカル グループをSVMから削除できます。
論理ストレージの管理 | 347
メンバーの追加
[メンバーの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスで、
ローカル ユーザ、Active Directoryユーザ、Active DirectoryグループをWindowsロー
カル グループに追加できます。
名前変更
[グループの名前変更]ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックス
で、Windowsローカル グループの名前をわかりやすい名前に変更できます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
グループ リスト
名前
ローカル グループの名前が表示されます。
説明
このローカル グループの説明が表示されます。
[グループ]の詳細領域
権限
選択したグループに関連付けられている権限のリストが表示されます。
ユーザ
選択したグループに関連付けられているローカル ユーザのリストが表示されま
す。
関連概念
ローカル ユーザおよびローカル グループを使用した認証と許可(341ページ)
関連タスク
Windowsローカル グループの作成(332ページ)
Windowsローカル グループのプロパティの編集(333ページ)
Windowsローカル グループへのユーザ アカウントの追加(334ページ)
Windowsローカル グループの名前変更(335ページ)
Windowsローカル グループの削除(336ページ)
Windowsローカル ユーザ アカウントの作成(337ページ)
Windowsローカル ユーザのプロパティの編集(338ページ)
ユーザ アカウントへのグループ メンバーシップの割り当て(338ページ)
Windowsローカル ユーザの名前変更(339ページ)
Windowsローカル ユーザのパスワードのリセット(340ページ)
Windowsローカル ユーザ アカウントの削除(341ページ)
ネーム マッピング
System Managerを使用して、ネーム マッピング エントリを指定し、異なるプラットフォー
ムのユーザどうしをマッピングできます。
348 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ネーム マッピングの使用方法
Data ONTAPでは、ネーム マッピングを使用して、CIFS IDをUNIX IDに、Kerberos IDをUNIX
IDに、UNIX IDをCIFS IDにマッピングします。この情報は、NFSクライアントからの接続か
CIFSクライアントからの接続かに関係なく、ユーザ クレデンシャルを取得して適切なファ
イル アクセスを提供するために必要になります。
通常、ネーム マッピングは、Data ONTAPがマルチプロトコル対応であり、同じデータへの
CIFSクライアントとNFSクライアントのアクセスをサポートすることが理由で必要となり
ます。FlexVolを備えたStorage Virtual Machine(SVM)に格納されているデータでは、UNIX
またはNTFS形式のアクセス権が使用されます。クライアントが許可されるには、クレデン
シャルがセキュリティ形式と一致する必要があります。次のシナリオを考えてみましょう。
CIFSクライアントがUNIX形式のアクセス権を使用するデータにアクセスしようとする場
合、UNIX形式のアクセス権に対してCIFSクレデンシャルを使用することはできないため、
Data ONTAPではクライアントを直接許可できません。クライアント要求を適切に許可する
には、Data ONTAPではまず、CIFSクレデンシャルを適切なUNIXクレデンシャルにマッピン
グし、UNIXクレデンシャルを使用してUNIX形式のアクセス権と比較できるようにする必要
があります。
NFSクライアントがNTFS形式のアクセス権を使用するデータにアクセスしようとする場
合、NTFS形式のアクセス権に対してUNIXクレデンシャルを使用することはできないため、
Data ONTAPではクライアントを直接許可できません。クライアント要求を適切に許可する
には、Data ONTAPではまず、UNIXクレデンシャルを適切なNTFSクレデンシャルにマッピ
ングし、NTFSクレデンシャルを使用してNTFS形式のアクセス権と比較できるようにする必
要があります。
ネーム マッピングを使用する必要がない例外が2つあります。
•
純粋なUNIX環境を構成しており、ボリュームに対してCIFSアクセスまたはNTFSセキュ
リティ形式を使用する予定がない場合。
このシナリオでは、NFSクライアントのUNIXクレデンシャルを使用してUNIX形式のア
クセス権と直接比較できるため、ネーム マッピングは必要ありません。
•
代わりにデフォルト ユーザが使用されるように設定している場合。
このシナリオでは、すべてのクライアント クレデンシャルをそれぞれマッピングするの
ではなく、すべてのクライアント クレデンシャルが同じデフォルト ユーザにマッピング
されるため、ネーム マッピングは必要ありません。
ネーム マッピングはユーザに対してのみ使用でき、グループに対しては使用できません。
CIFSユーザをGroup ID(GID;グループID)にマッピングしたり、UNIXユーザをActive
Directory(AD)内のグループにマッピングしたりすることはできません。同様に、GIDを
AD内のグループまたはユーザにマッピングしたり、ADグループをUNIX UIDまたはGIDに
マッピングしたりすることもできません。
ただし、個々のユーザのグループを特定のユーザにマッピングすることはできます。たとえ
ば、SALESという単語が先頭または末尾に付くすべてのADユーザを、特定のUNIXユーザお
よびそのユーザのUIDにマッピングできます。そのため、AD内の特定のユーザの名前を変
更し、正規表現を使用してグループ アクションを効果的にエミュレートすることができま
す。このようなマッピングは、逆方向に行うこともできます。
ネーム マッピングの仕組み
Data ONTAPは、ユーザ名をマッピングするときにいくつかの手順を実行します。具体的に
は、ローカルのネーム マッピング データベースおよびLDAPのチェック、ユーザ名の試行、
(設定済みの場合は)デフォルト ユーザの使用です。ネーム マッピングがパターンに一致し
論理ストレージの管理 | 349
ても、リプレースメント文字列がnullであれば、マッピングはユーザに対して明示的に拒否
されます。
Data ONTAPがあるユーザのクレデンシャルをマッピングする必要がある場合、最初に、ロー
カルのネーム マッピング データベースおよびLDAPサーバで既存のマッピングの有無を
チェックします。一方をチェックするか両方をチェックするか、およびそのチェック順序
は、Storage Virtual Machine(SVM)のネーム サービスの設定で決まります。
•
WindowsからUNIXへのマッピングの場合
マッピングが見つからなかった場合、小文字のWindowsユーザ名がUNIXドメインで有効
なユーザ名かどうかを確認します。無効だった場合、デフォルトのUNIXユーザを使用し
ます(設定済みの場合)。デフォルトのUNIXユーザが設定されておらず、この方法でも
Data ONTAPがマッピングを取得できない場合、マッピングは失敗し、エラーが返されま
す。
•
UNIXからWindowsへのマッピングの場合
マッピングが見つからなかった場合、CIFSドメインでUNIX名と一致するWindowsアカウ
ントを探します。見つからない場合、デフォルトのCIFSユーザを使用します(設定済み
の場合)。デフォルトのCIFSユーザが設定されておらず、この方法でもData ONTAPが
マッピングを取得できない場合、マッピングは失敗し、エラーが返されます。
ネーム マッピングの変換ルール
Data ONTAPシステムは、Storage Virtual Machine(SVM)ごとに一連の変換ルールを使用し
ます。各ルールは、パターンとリプレースメントという2つの要素で構成されます。変換は
該当するリストの先頭から開始され、最初に一致したルールに基づいて実行されます。パ
ターンはUNIX形式の正規表現です。リプレースメントは、UNIXのsedプログラムと同様に、
パターンの部分式を表すエスケープ シーケンスを含む文字列です。
適切なマッピング ルールがあれば、ストレージ システムとは異なるドメインに属するユー
ザに対して、NTFSセキュリティ形式のボリュームへのNFSアクセスを付与することが可能
です。ネーム マッピングがパターンに一致しても、リプレースメント文字列がnullであれ
ば、マッピングはユーザに対して明示的に拒否されます。
あるユーザがルールに一致して別のドメインのユーザにマッピングされる場合、そのドメイ
ンは信頼されている必要があります。SMBアクセスとNFSアクセス両方に関して、他のドメ
インのユーザにマッピングするためには、ドメイン間に双方向の信頼関係が必要です。
ユーザがルールに一致しても、ドメインが信頼されていないために認証できない場合、マッ
ピングは失敗します。
SVMでは、双方向の信頼関係が確立されたすべてのドメインが自動的に検出され、それらを
使用してマルチドメインのユーザ マッピングの検索が行われます。自動的に検出された信
頼できるドメインではなく、信頼できるドメインのリストを独自に設定してネーム マッピ
ングの検索に使用することもできます。
WindowsからUNIXへのマッピングでは、正規表現の大文字と小文字は区別されません。た
だし、KerberosからUNIXへのマッピングと、UNIXからWindowsへのマッピングでは、大文
字と小文字が区別されます。
たとえば、次のルールでは、「ENG」というドメインの「jones」というWindowsユーザが、
「jones」というUNIXユーザに変換されます。
パターン
リプレースメント
ENG\\jones
jones
バックスラッシュは正規表現の特殊文字であるため、バックスラッシュを1つ追加してエス
ケープする必要があります。
350 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
変換後のパターンには、キャレット(^)、アンダースコア(_)、アンパサンド(&)といっ
た記号を、プレフィックスとして文字に付加できます。これらの記号はそれぞれ、すべて大
文字、すべて小文字、1文字目だけを大文字を意味します。たとえば次のように指定できま
す。
•
元のパターンが(.+)で、変換後のパターンが\1の場合、文字列jOeはjOeにマッピングされ
ます(変更されません)。
•
元のパターンが(.+)で、変換後のパターンが\_1の場合、文字列jOeはjoeにマッピングされ
ます。
•
元のパターンが(.+)で、変換後のパターンが\^1の場合、文字列jOeはJOEにマッピングさ
れます。
•
元のパターンが(.+)で、変換後のパターンが\&1の場合、文字列jOeはJoeにマッピングさ
れます。
バックスラッシュとアンダースコア(\_)、バックスラッシュとキャレット(\^)、またはバッ
クスラッシュとアンパサンド(\&)のシーケンスに続く文字が数字でない場合は、バックス
ラッシュのあとの文字がそのまま使用されます。
次の例では、
「ENG」というドメインの任意のWindowsユーザが、NISで同じ名前のUNIXユー
ザに変換されます。
パターン
リプレースメント
ENG\\(.+)
\1
2つのバックスラッシュ(\\)は、1つのバックスラッシュに一致します。丸かっこは部分式
を表しますが、それ自体はどの文字にも一致しません。ピリオドは任意の1文字に一致しま
す。アスタリスクは、直前の式の0回以上の繰り返しに一致します。上記の例では、ENG\の
あとに1文字以上の任意の文字が続く文字列が一致します。変換後の\1は、最初に一致した
部分式を表します。つまり、Windowsユーザ名がENG\jonesであるとすると、変換後はjones、
つまりENG\のあとの名前の部分になります。
注:
•
CLIを使用している場合は、すべての正規表現を二重引用符(")で囲む必要がありま
す。
たとえば、CLIで正規表現(.+)を入力するには、コマンド プロンプトで"(.+)"と入力しま
す。Web UIでは引用符は必要ありません。
•
ENG\\John$というパターンのネーム マッピングを作成してユーザ マッピングを実行
しても、「ENG\\John$」というWindowsアカウントには一致しません。
このパターンはUNIXの正規表現であり、
「$」は文字列の末尾に一致するパターンであ
るためです。この場合、リテラルのドル記号($)と一致する必要があるため、ENG\
\John\$のように、バックスラッシュ(\)をプレフィックスとして使用してエスケープ
する必要があります。正規表現で特別な意味を持つ逐語的なネーム マッピング パ
ターンには、いずれもエスケープ シーケンス(\)が必要になります。
正規表現の詳細については、UNIXシステムの管理マニュアル、UNIXのsedまたはregexの
オンライン マニュアル、または『Mastering Regular Expressions』
(O'Reilly and Associates)を
参照してください。
グループのマッピングによるInfinite Volumeへのマルチプロトコル アクセスの
サポート方法
グループ マッピングを使用すると、NFSv4.1クライアントでNTFSファイル アクセス権を持
つファイルまたはディレクトリのACLを表示したときに示されるアクセス権の精度が向上
論理ストレージの管理 | 351
します。Infinite VolumeでNFSv4.1 ACLとSMBの両方がサポートされている場合は、グループ
マッピングを設定する必要があります。グループ マッピングはユーザ マッピングに似た機
能です。
グループ マッピングが必要な理由
グループは、セキュリティ管理を簡易化するためにACLでよく使用されます。ただし、複数
のWindowsドメイン内のグループを単一のNFSv4.1ドメインのグループに変換することは容
易ではありません。
グループをWindowsからUNIXにマッピングすると、NFSv4.1クライアントにNFSv4.1 ACLが
表示されるときにグループ名が示されるようになります。
WindowsグループがUNIXグループにマッピングされておらず、デフォルトのUNIXグループ
が設定されていない場合は、NFSv4.1クライアントにはWindowsグループがnobody(具体的
には[email protected])として表示されます。
必要となるグループ マッピング
Infinite VolumeでSMBとNFSv4.1 ACLの両方がサポートされている場合は、次の設定を行う必
要があります。
•
WindowsグループごとにWindowsからUNIXへのマッピングを作成します。
•
Windowsグループのマッピングが存在せず、Windowsグループの小文字の名前がUNIXド
メインで有効なグループ名ではない場合に使用されるデフォルトのUNIXグループを定
義します。
ユーザ マッピングとグループ マッピングの比較
グループ マッピングとユーザ マッピングには次の共通点があります。
•
どちらもData ONTAPまたはLDAPを使用して定義できます。
•
Data ONTAPを使用して定義する場合は、同じような方法で同じ変換ルールを使用して定
義します。
ユーザ マッピングとグループ マッピングの変換ルールの詳細については、『NFS
Reference』または『CIFS Reference』を参照してください。
グループ マッピングに固有の特徴は次のとおりです。
•
Infinite Volumeを備えたStorage Virtual Machine(SVM)でのみ使用でき、FlexVolを備えた
SVMでは使用できません。
•
SVMでSMBとNFSv4.1(NFSv4.1 ACLを含む)の両方が設定されている場合にのみ必要で
す。
•
アクセスには影響せず、NFSv4.1クライアントでの表示内容にのみ影響します。
アクセス チェック時には、ユーザのグループ メンバーシップがすべてのSVMで同じ方法
で判別されます。
•
WindowsからUNIXへの一方向でのみ必要です。
UNIXグループをWindowsグループにマッピングする必要はありません。
352 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
[ネーム マッピング]ウィンドウ
[ネーム マッピング]ウィンドウでは、異なるプラットフォーム間でユーザをマッピングする
ためのネーム マッピング エントリを指定できます。Infinite VolumeでNFSv4.1 ACLとSMBの
両方がサポートされている場合は、グループ マッピングの設定も行うことができます。
ネーム マッピング
ネーム マッピングを作成して使用することにより、UNIXユーザからWindowsユーザ、
WindowsユーザからUNIXユーザ、KerberosユーザからUNIXユーザへのマッピングが可能で
す。
コマンド ボタン
追加
[ネーム マッピング エントリの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダイ
アログ ボックスで、Storage Virtual Machine(SVM)のネーム マッピングを作成で
きます。
編集
[ネーム マッピング エントリの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダイ
アログ ボックスで、SVMのネーム マッピングを編集できます。
削除
[ネーム マッピング エントリの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダイ
アログ ボックスで、ネーム マッピング エントリを削除できます。
スワップ
[ネーム マッピング エントリのスワップ]ダイアログ ボックスを開きます。この
ダイアログ ボックスで、選択した2つのネーム マッピング エントリの位置を入れ
替えることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
ネーム マッピングのリスト
位置
優先順位リスト内でのネーム マッピングの位置を示します。ネーム マッピング
は、優先順位リストの順序に従って適用されます。
パターン
照合するユーザ名のパターンを示します。
リプレースメント
変換後のユーザ名のパターンを示します。
方向
ネーム マッピングの方向を示します。KerberosからUNIXへのネーム マッピング
の場合はkrb_unix、WindowsからUNIXへのネーム マッピングの場合はwin_unix、
UNIXからWindowsへのネーム マッピングの場合はunix_winになります。
グループ マッピング
Infinite VolumeでNFSv4.1 ACLとSMBの両方がサポートされている場合は、グループ マッピ
ングを作成して使用することにより、UNIXグループからWindowsグループ、Windowsグルー
プからUNIXグループ、KerberosグループからUNIXグループへのマッピングが可能です。
論理ストレージの管理 | 353
コマンド ボタン
追加
[グループ マッピング エントリの追加]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、SVMのグループ マッピングを作成できます。
編集
[グループ マッピング エントリの編集]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、SVMのグループ マッピングを編集できます。
削除
[グループ マッピング エントリの削除]ダイアログ ボックスを開きます。このダ
イアログ ボックスで、グループ マッピング エントリを削除できます。
スワップ
[グループ マッピング エントリのスワップ]ダイアログ ボックスを開きます。こ
のダイアログ ボックスで、選択した2つのグループ マッピング エントリの位置を
入れ替えることができます。
リフレッシュ
ウィンドウ内の情報を更新します。
グループ マッピングのリスト
位置
優先順位リスト内でのグループ マッピングの位置を示します。グループ マッピ
ングは、優先順位リストの順序に従って適用されます。
パターン
照合するユーザ名のパターンを示します。
リプレースメント
変換後のユーザ名のパターンを示します。
方向
グループ マッピングの方向を示します。KerberosからUNIXへのグループ マッピ
ングの場合はkrb_unix、WindowsからUNIXへのグループ マッピングの場合は
win_unix、UNIXからWindowsへのグループ マッピングの場合はunix_winになりま
す。
354
データ保護の管理
System Managerを使用して、ミラー関係、バックアップ関係、ミラーとバックアップ関係を
作成および管理し、データを保護することができます。また、Snapshotポリシーとスケジュー
ルを作成および管理することもできます。
ミラー関係
System Managerを使用して、ミラー ポリシーに基づいてミラー関係を作成および管理できま
す。
デスティネーションSVMからのミラー関係の作成
System Managerを使用して、ミラー関係をデスティネーションStorage Virtual Machine
(SVM)から作成し、ポリシーとスケジュールをそのミラー関係に割り当てることができま
す。ミラー コピーを作成しておけば、ソース ボリュームのデータが破損した場合や失われ
た場合でも、データをすぐに使用することができます。
開始する前に
•
ソース クラスタでONTAP 8.2.2以降が実行されている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタでSnapMirrorライセンスが有効になって
いる必要があります。
•
ボリュームのミラーリングでSnapLockボリュームを作成する場合、ソース クラスタとデ
スティネーション クラスタの両方にSnapMirrorライセンスとSnapLockライセンスがイン
ストールされている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能な空きスペースを確保しておく必要があり
ます。
•
読み書き可能(rw)タイプのソース ボリュームを用意しておく必要があります。
•
デスティネーション ボリュームが存在する場合、デスティネーション ボリュームの容量
は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上である必要があります。
•
他のミラー関係のデスティネーションになっている既存のボリュームをデスティネー
ション ボリュームにすることはできません。
•
デスティネーション ボリュームをストレージ システムのルート ボリュームにすること
はできません。
•
Infinite Volumeについては、デスティネーションSVMが読み書き可能なInfinite Volumeまた
はストレージ クラスを含むInfinite Volumeを含むことはできません。
•
ソースとデスティネーションのInfinite Volumeが同じクラスタ内の他のInfinite Volumeま
たはFlexVolとアグリゲートを共有する場合は、デスティネーションInfinite Volume用に十
分な共有アグリゲート スペースが必要です。
ソースとデスティネーションのInfinite Volumeが同じクラスタ内の他のInfinite Volumeま
たはFlexVolとアグリゲートを共有しない場合は、ソース ボリュームで使用されるのと同
じ数およびサイズのアグリゲートをデスティネーション ボリューム用に作成できます。
データ保護の管理 | 355
タスク概要
•
ソース ボリュームがストレージ クラスを含むInfinite Volumeの場合、System Managerで
SnapMirror関係を作成することはできません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVMと同期先のSVMの間にミラー関係を作成することはで
きません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVM間にはミラー関係を作成できます。
•
同期元のSVMのボリュームからデータ提供用のSVMのボリュームへのミラー関係を作
成できます。
•
データ提供用のSVMのボリュームから同期元のSVMのデータ保護(DP)ボリュームへの
ミラー関係を作成できます。
•
ミラー関係は、同じタイプのSnapLockボリューム間にのみ作成できます。
たとえば、ソース ボリュームがSnapLock Enterpriseボリュームの場合は、デスティネー
ション ボリュームもSnapLock Enterpriseボリュームでなければなりません。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. [関係]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
3. [SVMを参照]ダイアログ ボックスで、デスティネーション ボリューム用のSVMを選択し
ます。
4. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから[ミ
ラー]を選択します。
5. オプション:[バージョンに依存しないミラー関係を作成します]チェック ボックスを選
択して、ソース クラスタとデスティネーション クラスタで実行されているONTAPのバー
ジョンに依存しないミラー関係を作成し、ソース ボリュームからSnapshotコピーをバッ
クアップします。
このオプションを選択すると、SnapLockボリュームは表示されなくなります。
6. クラスタ、SVM、およびソース ボリュームを指定します。
7. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
ローカルSVMとリモートSVMの名前が同じ場合、ローカルSVMが同じ名前の別のリモー
トSVMとすでにピア関係にある場合、ローカルSVMに同じ名前のデータSVMが含まれて
いる場合は、[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスが表示されます。
8. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
9. FlexVolの場合、新しいデスティネーション ボリュームを作成するか既存のボリュームを
選択します。
356 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状況
操作
新しいボリュームを作成す
る
•
デフォルトの名前
(source_SVM_name_source_volume_name_mirror)を変更
する場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボ
リュームの包含アグリゲートを選択します。
•
ボリュームに対して[シンプロビジョニング]、[シックプロビ
ジョニング]、または[デフォルト]を選択します。
注:AFFストレージ システムの場合はシンプロビジョニング
がデフォルトで、その他のストレージ システムではシックプ
ロビジョニングがデフォルトです。
既存のボリュームを選択す
る
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示されま
す。
Infinite Volumeの場合は、デスティネーションSVMにボリュームが格納されていない場合
にかぎりデスティネーション ボリュームを作成できます。
10. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
リストからミラー ポリシーを選択します。
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
[ソースの Snapshot コピーをすべて転送]チェック ボックスを
選択して、ソース ボリュームからすべてのSnapshotコピーを
バックアップする「all_source_snapshots」ルールをミラー ポリ
シーに追加します。
d.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
e.
[作成]をクリックします。
11. 関係のスケジュールを指定します。
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
データ保護の管理 | 357
状況
操作
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]を選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
12. オプション:ミラー関係を初期化する場合は、[関係の初期化]を選択します。
13. [作成]をクリックします。
タスクの結果
新しいデスティネーション ボリュームを作成するように選択した場合は、言語属性がソー
ス ボリュームと同じ、dpタイプの新しいデスティネーション ボリュームが作成されます。
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間のミラー関係が作成されます。関
係を初期化するように選択した場合は、ベースSnapshotコピーがデスティネーション ボ
リュームに転送されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の削除
ミラー関係を削除して、ボリュームのソースとデスティネーションの間のミラー関係を完全
に終了できます。ミラー関係を削除すると、ソース ボリュームのベースSnapshotコピーが削
除されます。
タスク概要
ミラー関係を削除する前に、その関係を解除することが推奨されます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 削除するミラー関係を選択し、[削除]をクリックします。
3. ミラー関係の削除とベースSnapshotコピーの解放に関する確認のチェック ボックスをそ
れぞれ選択し、[削除]をクリックします。
4. オプション:Infinite Volume間のミラー関係を削除する場合は、[バックグラウンドで実
行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
タスクの結果
関係が削除され、ソース ボリュームのベースSnapshotコピーが削除されます。
358 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の編集
System Managerを使用して、クラスタの既存のポリシーまたはスケジュールを選択するか、
新しいポリシーまたはスケジュールを作成して、ミラー関係を編集することができます。た
だし、既存のポリシーやスケジュールのパラメータを編集することはできません。
タスク概要
•
Data ONTAP 8.2.1のボリュームとData ONTAP 8.3以降のボリュームの間に作成されたミ
ラー関係は編集できません。
•
バージョンに依存しないミラー関係、バックアップ関係、またはミラーとバックアップ
関係について、ポリシーのタイプを変更することで関係のタイプを変更することができ
ます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. ポリシーまたはスケジュールを変更するミラー関係を選択し、[編集]をクリックします。
3. [関係の編集]ダイアログ ボックスで、既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを
作成します。
目的
操作
既存のポリシーを選択する
[参照]をクリックし、既存のポリシーを選択します。
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシーの名前を指定します。
c.
スケジュールされた転送の優先順位を設定します。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
d.
[ソースのSnapshotコピーをすべて転送]チェック ボックスを選
択して、ソース ボリュームからすべてのSnapshotコピーをバッ
クアップする「all_source_snapshots」ルールをミラー ポリシー
に追加します。
e.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
f.
[作成]をクリックします。
4. 関係のスケジュールを指定します。
状況または条件
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
データ保護の管理 | 359
状況または条件
操作
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]のどちらかを選択します。
•
[基本]を選択した場合は、曜日、時刻、および転送間隔だけ
を指定します。
•
[アドバンスト]を選択すると、cron形式のスケジュールを指
定できます。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
5. [OK]をクリックして変更を保存します。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の初期化
ミラー関係を初めて使う場合は、関係を初期化する必要があります。関係を初期化すると、
ソース ボリュームからデスティネーションへの全データのベースライン転送が実行されま
す。System Managerを使用して、作成時に初期化していないミラー関係を初期化することが
できます。
タスク概要
ストレージ クラスを含むInfinite Volumeの場合はミラー関係を初期化できません。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 初期化するミラー関係を選択します。
3. [操作] > [初期化]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[初期化]をクリックします。
5. オプション:Infinite Volume間のミラー関係を初期化する場合は、[バックグラウンドで実
行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
6. [保護]ウィンドウでミラー関係のステータスを確認します。
タスクの結果
Snapshotコピーが作成されてデスティネーションに転送されます。 このSnapshotコピーは、
以降の差分Snapshotコピーのベースラインとして使用されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
360 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ミラー関係の更新
スケジュールされていないデスティネーションのミラー更新を開始できます。 予定された
停電、スケジュールされた保守、またはデータ移行によるデータ損失を防ぐために、手動更
新が必要になる場合があります。
開始する前に
ミラー関係はSnapMirror済みの状態である必要があります。
タスク概要
ストレージ クラスを含むInfinite Volumeで、ミラー関係の作成後に新しいコンスティチュエ
ントがソースInfinite Volumeに追加されている場合は、System Managerを使用してデスティ
ネーションInfinite Volumeの更新を実行することはできません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. データを更新するミラー関係を選択し、[操作] > [更新]をクリックします。
3. 次のいずれかのオプションを選択します。
•
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間の最も新しい共通の
Snapshotコピーに基づく差分転送を実行するには、[ポリシーに従う]を選択します。
•
[Snapshot コピーの選択]を選択し、転送するSnapshotコピーを指定します。
4. オプション:転送に使用するネットワーク帯域幅を制限する場合は、[転送帯域幅の制
限]を選択し、最大転送速度を指定します。
5. [更新]をクリックします。
6. オプション:Infinite Volumeのデータ転送を開始する場合は、[バックグラウンドで実行]
をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
Infinite Volumeの更新には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
7. [詳細]タブで、転送ステータスを確認します。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の休止
System Managerを使用して、Snapshotコピーを作成する前にミラー デスティネーションを休
止して、安定した状態にします。休止処理を実行すると、アクティブなミラー転送が完了し
たあと、ミラーリング関係の以降の転送が実行されなくなります。
タスク概要
休止できるのは、SnapMirror済み状態のミラー関係のみです。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
データ保護の管理 | 361
2. 休止するミラー関係を選択します。
3. [操作] > [休止]をクリックします。
4. 確認のチェックボックスを選択して[休止]をクリックします。
5. オプション:Infinite Volumeのデータ転送を休止する場合は、[バックグラウンドで実行]
をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
Infinite Volumeのデータ転送の休止には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の再開
休止していたミラー関係を再開することができます。関係を再開すると、ミラー デスティ
ネーションへの通常のデータ転送が再開され、ミラー処理もすべて再開されます。
タスク概要
解除されたミラー関係をコマンドライン インターフェイス(CLI)で休止した場合は、System
Managerで再開することはできません。CLIを使用して関係を再開してください。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 再開するミラー関係を選択します。
3. [操作] > [再開]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[再開]をクリックします。
5. オプション:Infinite Volumeのデータ転送を再開する場合は、[バックグラウンドで実行]
をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
Infinite Volumeのデータ転送の再開には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
タスクの結果
選択したミラー関係のミラー デスティネーションへのデータ転送が再開されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
SnapMirror関係の解除
ミラー ソースを使用できなくなり、クライアント アプリケーションからミラー デスティ
ネーションのデータにアクセスできるようにする場合は、ミラー関係を解除する必要があり
ます。ミラー関係を解除すると、デスティネーション ボリュームのタイプがDPからRWに変
わります。
開始する前に
•
SnapMirrorデスティネーションが休止状態またはアイドル状態になっている必要があり
ます。
•
デスティネーション ボリュームをStorage Virtual Machine(SVM)ネームスペースに事前
にマウントしておく必要があります。
362 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
タスク概要
デスティネーション ボリュームでデータを提供しながら、ソースを修理または交換したり、
ソースを更新したり、システムの元の構成を再確立したりできます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 解除するミラー関係を選択します。
3. [操作] > [解除]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[解除]をクリックします。
タスクの結果
データ保護SnapMirror関係が解除されます。デスティネーション ボリュームのタイプが
データ保護(DP)の読み取り専用から読み書き可能に変更されます。あとで使用できるよ
うに、データ保護ミラー関係のベースのSnapshotコピーが保存されます。
Infinite Volumeでは、ネームスペース ミラー コンスティチュエントがない場合には新しいミ
ラーが作成されます。デスティネーション ボリュームには、ネームスペース コンスティ
チュエントのデータを保護するためにネームスペース ミラー コンスティチュエントが必要
です。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の再同期
以前に解除したミラー関係を再確立できます。再同期操作を実行して、災害によってソース
ボリュームが機能しなくなった状態からリカバリできます。Infinite Volumeの場合、再同期
操作を実行すると、ボリュームとそのコンスティチュエントがリカバリされます。
開始する前に
ソースとデスティネーションのクラスタ、およびソースとデスティネーションのStorage
Virtual Machine(SVM)でピア関係が確立されている必要があります。
タスク概要
•
再同期操作を実行すると、ミラー デスティネーションの内容がソースの内容で上書きさ
れます。
注意:再同期操作によって、ベースのSnapshotコピーが作成されたあとにデスティネー
ション ボリュームに書き込まれた新しいデータが失われる可能性があります。
•
[保護]ウィンドウの[前回の転送エラー]フィールドで再同期操作を実行するように推奨
された場合は、最初に関係を解除してから再同期操作を実行する必要があります。
•
ストレージ クラスを含むInfinite Volumeで、ミラー関係の作成後に新しいコンスティチュ
エントがソースInfinite Volumeに追加されている場合は、System Managerでミラー関係の
再同期を実行することはできません。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
データ保護の管理 | 363
2. 再同期するミラー関係を選択します。
3. [操作] > [再同期]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[再同期]をクリックします。
5. オプション:Infinite Volume間のミラー関係を再同期する場合は、[バックグラウンドで実
行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係の逆再同期
System Managerを使用して、以前に解除したミラー関係を再確立できます。逆再同期操作を
実行すると、ソースとデスティネーションの機能が入れ替わります。
開始する前に
ソース ボリュームはオンライン状態である必要があります。
タスク概要
•
デスティネーション ボリュームでデータを提供しながら、ソースを修理または交換した
り、ソースを更新したり、システムの元の構成を再確立したりできます。
•
逆再同期を実行すると、ミラー ソースのコンテンツがデスティネーションのコンテンツ
によって上書きされます。
注意:この操作によってソースのデータが失われる可能性があります。
•
逆再同期の実行時は、関係のミラー ポリシーがDPDefaultに設定され、ミラー スケジュー
ルがNoneに設定されます。
•
次の場合は、System Managerを使用して逆再同期操作を実行できません。
◦ ストレージ クラスを含むInfinite Volumeで、ミラー関係の作成後に新しいコンスティ
チュエントがソースInfinite Volumeに追加されている場合。
代わりにOnCommand Workflow Automationを使用してください。
◦ Infinite Volume間のミラー関係で、クラスタ ピア関係が正常な状態でない場合。
代わりにコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用してください。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 機能を逆にするミラー関係を選択します。
3. [操作] > [逆再同期]をクリックします。
4. 確認のチェック ボックスを選択し、[逆再同期]をクリックします。
5. オプション:Infinite Volume間のミラー関係を逆再同期する場合は、[バックグラウンドで
実行]をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
364 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
ミラー転送の中止
データ転送が完了する前に、ボリュームのレプリケーション操作を中止できます。スケ
ジュールされた更新、手動更新、または最初のデータ転送を中止できます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. データ転送を停止する関係を選択し、[操作] > [中止]をクリックします。
3. [転送を中止する]チェック ボックスを選択して操作を確定します。
4. オプション:デスティネーション ボリュームに転送済みのデータを保持する場合は、[転
送済みのデータは保持する]チェック ボックスを選択します。
5. [中止]をクリックします。
6. オプション:Infinite Volumeのデータ転送を中止する場合は、[バックグラウンドで実行]
をクリックしてバックグラウンドで処理を実行します。
Infinite Volumeのデータ転送の中止には、FlexVolの場合よりも時間がかかります。
転送ステータスは、処理が完了するまでは「中止中」と表示され、処理が完了すると「ア
イドル」と表示されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
ミラー関係のボリュームのリストア
バージョンに依存しないミラー関係の場合、ソース データが破損して使用できなくなった
場合は、System Managerを使用して、ソースまたはその他のボリュームにSnapshotコピーを
リストアできます。元のデータをデスティネーション ボリュームのSnapshotコピーで置き
換えることができます。
開始する前に
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタの両方、またはソース ボリュームを含む
ノードとデスティネーション ボリュームを含むノードの両方で、SnapMirrorライセンス
が有効になっている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
ソース アグリゲートやリストア処理の対象となるその他のアグリゲートがすべて64ビッ
トである必要があります。
タスク概要
•
MetroCluster構成のソースのStorage Virtual Machine(SVM)とデスティネーションのSVM
の間でミラー関係が確立されたボリュームはリストアできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVM間のミラー関係はリストアできます。
•
同期元のSVMのボリュームからデフォルトのSVMへのミラー関係はリストアできます。
•
デフォルトのSVMのボリュームから同期元のSVMのDPボリュームへのミラー関係はリ
ストアできます。
データ保護の管理 | 365
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. ミラー関係を選択し、[操作] > [リストア]をクリックします。
3. [リストア]ダイアログ ボックスで、ミラー関係のソース ボリュームにデータをリストア
するか、他のボリュームを選択します。
リストア先
操作
ソース ボリューム
a.
[ソース ボリューム]を選択します。
b.
手順7に進みます。
その他のボリューム
[他のボリューム]を選択し、リストからクラスタとSVMを選択しま
す。
4. データを新しいボリュームまたは既存のボリュームにリストアします。
リストア先
新しいボリューム
既存のボリューム
操作
デフォルトの名前
(destination_SVM_name_destination_volume_name_res
tore)を変更する場合は、新しい名前を指定し、ボリュームの包
含アグリゲートを選択します。
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
ソース ボリューム以外のボリュームの中から、一部のデータだけ
を含み、残りは共通のSnapshotコピーを使用する読み書き可能ボ
リュームを選択する必要があります。
言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示されま
す。
5. 最新のSnapshotコピーを選択するか、リストアする特定のSnapshotコピーを選択します。
6. 確認のチェック ボックスをオンにし、Snapshotコピーからボリュームをリストアします。
7. オプション:リストア処理中に転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮
を有効にする]チェック ボックスを選択します。
8. [リストア]をクリックします。
ミラー関係のコンポーネント
ミラー関係の最も単純な構成では、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの
間でミラー関係を作成し、Snapshotコピーを使用してデスティネーション ボリュームにデー
タをレプリケートします。
通常、ソース ボリュームは、クライアントがアクセスして変更できる読み書き可能ボリュー
ムです。デスティネーション ボリュームは、Snapshotコピーをクライアントに読み取り専用
アクセスでエクスポートする読み取り専用ボリュームです。ソース ボリュームが唯一読み
書き可能ボリュームにならないのは、カスケード構成において、ミラー関係のソースである
と同時に、別のミラー関係のデスティネーションでもある場合です。
Snapshotコピーは、デスティネーション ボリュームを更新するためにソース ボリュームで使
用されます。ソース ボリュームからディステーション ボリュームへのSnapshotコピーの転
送は、スケジュールに従って自動で行われるか手動で行われるため、ミラー コピーは非同
期的に更新されます。
366 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
SnapMirrorの動作
データを保護するクラスタ内のデスティネーションに対するデータ保護ミラー関係を作成
することができます。また、災害に対する保護を強化するために、別の場所にある異なるク
ラスタ内のデスティネーションに対するミラー関係も作成できます。
データ保護ミラーは、1つ以上のデスティネーション ボリュームにレプリケートできるソー
ス ボリュームで構成されます。データ保護ミラー関係はそれぞれ独立しており、他のミ
ラー関係には依存しません。
注:デスティネーション ボリュームでは、ソース ボリュームと同じかそれよりも新しい
バージョンのData ONTAPを実行している必要があります。
デスティネーション ボリュームは、Snapshotコピーを使用して更新されます。ソース ボ
リュームからディステーション ボリュームへのSnapshotコピーの転送は、スケジュールに
従って自動で行われるか手動で行われるため、ミラーは非同期的に更新されます。
データ保護ミラー関係は、ソース ボリュームと同じアグリゲートにあるデスティネーショ
ン、および同じStorage Virtual Machine(SVM)または異なるSVMのデスティネーションに対
して作成できます。保護を強化するには、別のアグリゲートにあるデスティネーションに対
する関係を作成します。これにより、ソース ボリュームのアグリゲートで障害が発生して
もデータをリカバリできます。ただし、これらの構成は、どちらもクラスタの障害に対する
保護にはなりません。
クラスタの障害からデータを保護するには、ソース ボリュームとは異なるクラスタにある
デスティネーション ボリュームを指定してデータ保護ミラー関係を作成します。ソース ボ
リュームがあるクラスタで障害が発生しても、ソース ボリュームが再び使用できるように
なるまで、ユーザ クライアントにクラスタ ピアのデスティネーション ボリュームからデー
タを提供できます。
データ保護ミラー コピーの用途
データ保護ミラー コピーを作成すると、アーカイブ用のデータのバックアップ、障害発生
時のデータのリカバリ、さまざまなサイトへのデータの分散などに対応できます。
Infinite Volumeでのミラーリング テクノロジを使用したディザスタ リカバリの
実現
ストレージに格納されたデータは、ハードウェア障害や自然災害といった災害の影響を大き
く受けます。Infinite Volumeでミラーリング テクノロジを使用することにより同一のセカン
ダリ データセットを作成できるため、プライマリ データセットに問題が発生した場合にプ
ライマリ データセットと置き換えることができます。
別々のクラスタにあるソースInfinite VolumeとデスティネーションInfinite Volumeの間でデー
タ保護ミラー関係を作成することで、非同期のディザスタ リカバリを実現できます。Infinite
Volumeは、2つのサイト間、および複数ミラーのファンアウト構成間での双方向のデータ交
換をサポートします。
同じクラスタにある2つのInfinite Volume間でデータ保護ミラー関係を作成することはでき
ません。また、FlexVolとInfinite Volumeの間でデータ保護ミラー関係を作成することもでき
ません。
バックアップ関係
System Managerを使用して、バックアップ ポリシーに基づいてバックアップ関係を作成およ
び管理できます。
データ保護の管理 | 367
デスティネーションSVMからのバックアップ関係の作成
System Managerを使用して、バックアップ関係をデスティネーションStorage Virtual Machine
(SVM)から作成し、バックアップ ポリシーを割り当ててSnapVaultを作成することができま
す。システムでデータの損失や破損が発生した場合、SnapVaultデスティネーションからバッ
クアップ データをリストアできます。
開始する前に
•
ソース クラスタでONTAP 8.2.2以降が実行されている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタの両方でSnapVaultライセンスまたは
SnapMirrorライセンスが有効になっている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。
•
ソース アグリゲートとデスティネーション アグリゲートはどちらも64ビットである必
要があります。
•
バックアップ(XDP)ポリシーが存在する必要があります。
バックアップ ポリシーが存在しない場合は、新規に作成するか、自動的に割り当てられ
るデフォルトのバックアップ ポリシー(XDPDefault)を使用する必要があります。
•
デスティネーション ボリュームの容量は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上で
ある必要があります。
•
自動拡張が無効になっている場合は、デスティネーション ボリュームに、ソース ボ
リュームで使用されているスペースよりも少なくとも5%多い空きスペースが必要です。
タスク概要
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVMと同期先のSVMの間にバックアップ関係を作成するこ
とはできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVM間にはバックアップ関係を作成できます。
•
同期元のSVMのボリュームからデータ提供用のSVMのボリュームへのバックアップ関
係を作成できます。
•
データ提供用のSVMのボリュームから同期元のSVMのデータ保護(DP)ボリュームへの
バックアップ関係を作成できます。
•
バックアップ関係は、SnapLock以外のボリューム(プライマリ)とSnaplockのデスティ
ネーション ボリューム(セカンダリ)の間でのみ作成できます。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. [関係]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
368 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
3. [SVMを参照]ダイアログ ボックスで、デスティネーション ボリューム用のSVMを選択し
ます。
4. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから
[バックアップ]を選択します。
5. クラスタ、SVM、およびソース ボリュームを指定します。
6. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
ローカルSVMとリモートSVMの名前が同じ場合、ローカルSVMが同じ名前の別のリモー
トSVMとピア関係にある場合、ローカルSVMに同じ名前のデータSVMが含まれている場
合は、[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスが表示されます。
7. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
8. 新しいデスティネーション ボリュームを作成するか、既存のボリュームを選択します。
状況
操作
新しいボリュームを作成す
a.
る
b.
既存のボリュームを選択す
る
デフォルトの名前
(source_SVM_name_source_volume_name_vault)を変更す
る場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボリュー
ムの包含アグリゲートを選択します。
新しいデスティネーション ボリュームで重複排除を有効にす
る場合は、[重複排除を有効にする]を選択します。
ソース ボリュームで重複排除が無効になっている場合、新しい
ボリュームではこのチェック ボックスが自動的にオンになり
ます。
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
注:言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示
されます。
9. SnapLockボリュームを作成する場合は、デフォルトの保持期間を指定します。
デフォルトの保持期間は、1日から70年までの任意の値、または[制限なし]に指定できま
す。
10. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
リストからバックアップ ポリシーを選択します。
ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多く
のラベルが一致するポリシーを選択できます。
データ保護の管理 | 369
状況
操作
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
d.
[作成]をクリックします。
バックアップ ポリシーでは、SnapMirrorラベルとデスティネーショ
ンの保持数も指定できます。新しいSnapMirrorラベルを有効にす
るには、同じラベルのSnapshotコピーをソース ボリュームに作成す
る必要があります。
11. 関係のスケジュールを指定します。
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]を選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
12. オプション:バックアップ関係を初期化する場合は、[関係の初期化]を選択します。
13. [作成]をクリックします。
タスクの結果
新しいデスティネーション ボリュームを作成するように選択した場合は、dpタイプのボ
リュームが作成されます。デフォルトの設定は次のとおりです。
•
自動拡張は有効になります。
•
重複排除はユーザの設定に応じて有効または無効になります。設定しない場合は、ソー
ス ボリュームの設定と同じになります。
•
圧縮は無効になります。
•
言語属性はソース ボリュームと同じになります。
デスティネーション ボリュームとソース ボリュームの間のバックアップ関係が作成されま
す。関係を初期化するように選択した場合は、ベースSnapshotコピーがデスティネーション
ボリュームに転送されます。
370 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の削除
System Managerを使用して、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間の
バックアップ関係を終了し、ソースからSnapshotコピーを解放できます。
タスク概要
関係を解放すると、バックアップ関係で使用されているベースSnapshotコピーがソース ボ
リュームから完全に削除されます。バックアップ関係を再作成するには、CLIを使用して、
ソース ボリュームから再同期操作を実行する必要があります。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. バックアップ関係を削除するボリュームを選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
ベースSnapshotコピーを解放するチェック ボックスを選択すると、バックアップ関係に
使用されているベースSnapshotコピーもソース ボリュームから削除できます。
関係を解放せずに、バックアップ関係に対して作成されたベースSnapshotコピーをソース
ボリュームから削除するには、CLIを使用してソース クラスタに対して解放処理を実行
する必要があります。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の編集
System Managerを使用して、クラスタの既存のポリシーまたはスケジュールを選択するか、
新しいポリシーまたはスケジュールを作成して、バックアップ関係を編集することができま
す。ただし、既存のポリシーやスケジュールのパラメータを編集することはできません。
開始する前に
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必要が
あります。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. ポリシーまたはスケジュールを変更するバックアップ関係を選択し、[編集]をクリックし
ます。
3. [関係の編集]ダイアログ ボックスで、適切な処理を選択します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
[参照]をクリックし、既存のポリシーを選択します。
ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多く
のラベルが一致するポリシーを選択できます。
データ保護の管理 | 371
状況
操作
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシーの名前を指定します。
c.
スケジュールされた転送の優先順位を設定します。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
d.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
e.
バックアップ ポリシーのSnapMirrorラベルとデスティネーショ
ンの保持数を指定します。
新しいSnapMirrorラベルを有効にするには、同じラベルの
Snapshotコピーをソース ボリュームに作成する必要がありま
す。
f.
[作成]をクリックします。
4. 関係のスケジュールを指定します。
状況または条件
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
リストから既存のスケジュールを選択します。
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
次のいずれかのオプションを選択します。
•
基本
曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に選択し
ます。
•
アドバンスト
cron形式のスケジュールを指定する場合に選択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
5. [OK]をクリックします。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の初期化
System Managerを使用して、作成時に初期化していないバックアップ関係を初期化すること
ができます。ソースFlexVolからデスティネーションFlexVolへのベースライン転送が開始さ
れます。
開始する前に
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必要が
あります。
372 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 初期化する関係を選択し、[操作] > [初期化]をクリックします。
3. [初期化]ウィンドウで、[初期化]をクリックします。
タスクの結果
Snapshotコピーが作成されてデスティネーションに転送されます。
このSnapshotコピーは、以降の差分Snapshotコピーのベースラインとして使用されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の更新
System Managerを使用して、スケジュールされていない差分更新を手動で開始できます。予
定された停電、スケジュールされた保守、またはデータ移行によるデータ損失を防ぐため
に、手動更新が必要になる場合があります。
開始する前に
バックアップ関係を初期化しておく必要があります。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. データを更新する関係を選択し、[操作] > [更新]をクリックします。
3. 次のいずれかのオプションを選択します。
•
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間の最も新しい共通の
Snapshotコピーに基づく差分転送を実行するには、[ポリシーに従う]を選択します。
•
[Snapshot コピーの選択]を選択し、転送するSnapshotコピーを指定します。
4. オプション:転送に使用するネットワーク帯域幅を制限する場合は、[転送帯域幅の制
限]を選択し、最大転送速度を指定します。
5. [更新]をクリックします。
6. [詳細]タブで、転送ステータスを確認します。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の休止
System Managerを使用してバックアップ関係を休止することで、デスティネーションFlexVol
へのデータ転送を無効にできます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
データ保護の管理 | 373
2. スケジュールされたデータ転送を中止する関係を選択し、[操作] > [休止]をクリックしま
す。
3. [休止]ウィンドウで、[休止]をクリックします。
タスクの結果
実行中の転送がない場合、転送ステータスは[休止]と表示されます。実行中の転送がある場
合、転送はそのまま続行され、完了するまで転送ステータスは[休止中]と表示されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係の再開
System Managerを使用して、休止中のバックアップ関係を再開できます。関係を再開する
と、デスティネーションFlexVolへの通常のデータ転送が再開され、バックアップ アクティ
ビティもすべて再開されます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. データ転送を再開する関係を選択し、[操作] > [再開]をクリックします。
3. [再開]ウィンドウで、[再開]をクリックします。
タスクの結果
通常のデータ転送が再開されます。関係に対して転送がスケジュールされている場合、その
転送は次回のスケジュールから再開されます。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
Snapshotコピーの転送中止
System Managerを使用して、現在実行中のデータ転送を中止または停止することができま
す。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. データ転送を停止する関係を選択し、[操作] > [中止]をクリックします。
3. [転送を中止する]チェック ボックスを選択して操作を確定します。
4. オプション:デスティネーション ボリュームに転送済みのデータを保持する場合は、[転
送済みのデータは保持する]チェック ボックスを選択します。
5. [中止]をクリックします。
タスクの結果
転送ステータスは、処理が完了するまでは「中止中」と表示され、処理が完了すると「アイ
ドル」と表示されます。
374 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
バックアップ関係のボリュームのリストア
ソース データが破損して使用できなくなった場合は、System Managerを使用して、ソースま
たはその他のボリュームにSnapshotコピーをリストアします。元のデータをデスティネー
ション ボリュームのSnapshotコピーで置き換えることができます。
開始する前に
•
ソース ストレージ システムとデスティネーション ストレージ システムの両方、または
ソース ボリュームを含むノードとデスティネーション ボリュームを含むノードの両方
で、SnapMirrorライセンスが有効になっている必要があります。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
ソース アグリゲートやリストア処理の対象となるその他のアグリゲートは64ビットであ
る必要があります。
タスク概要
•
MetroCluster構成のソースのStorage Virtual Machine(SVM)とデスティネーションのSVM
の間でバックアップ関係が確立されたボリュームはリストアできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVM間のバックアップ関係はリストアできます。
•
同期元のSVMのボリュームからデフォルトのSVMへのバックアップ関係はリストアで
きます。
•
デフォルトのSVMのボリュームから同期元のSVMのDPボリュームへのバックアップ関
係はリストアできます。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. バックアップ関係を選択し、[操作] > [リストア]をクリックします。
3. [リストア]ダイアログ ボックスで、バックアップ関係のソース ボリュームにデータをリ
ストアするか、他のボリュームを選択します。
リストア先
操作
ソース ボリューム
a.
[ソース ボリューム]を選択します。
b.
手順6に進みます。
その他のボリューム
[他のボリューム]を選択し、リストからクラスタとSVMを選択しま
す。
4. データを新しいボリュームにリストアするか、既存のボリュームを選択します。
状況
操作
新しいボリュームを作成す デフォルトの名前
る
(destination_SVM_name_destination_volume_name_resto
re)を変更する場合は、新しい名前を指定し、ボリュームの包含ア
グリゲートを選択します。
データ保護の管理 | 375
状況
操作
既存のボリュームを選択す
る
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
ソース ボリューム以外のボリュームの中から、一部のデータだけ
を含み、残りは共通のSnapshotコピーを使用する読み書き可能ボ
リュームを選択する必要があります。
言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示されま
す。
5. 最新のSnapshotコピーを選択するか、リストアする特定のSnapshotコピーを選択します。
6. 確認のチェック ボックスをオンにし、Snapshotコピーからボリュームをリストアします。
7. オプション:リストア処理中に転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮
を有効にする]チェック ボックスを選択します。
8. [リストア]をクリックします。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
SnapVaultバックアップとは
SnapVaultバックアップは、プライマリ データを使用できない場合にデータのリストアに使
用できるFlexVol上のSnapshotコピーの集まりです。Snapshotコピーは、Snapshotポリシーに基
づいて作成され、スケジュールおよびSnapVaultポリシー ルールに基づいてバックアップさ
れます。
SnapVaultバックアップは、テープ バックアップの代わりとしても使用できるディスクツー
ディスクのバックアップ ソリューションです。システムでデータの消失や破損が発生した
場合、SnapVaultのセカンダリ ボリュームからバックアップ データをリストアできます。従
来のテープによるバックアップ / リストア操作に比べてダウンタイムを短縮でき、不確定要
素も削減されます。
SnapVaultバックアップの説明には、次の用語が使用されます。
ベースライン転送
プライマリ ストレージの最初の完全バックアップ。セカンダリ システム上の対
応するボリュームに格納されます。
セカンダリ ボリューム
プライマリ ボリュームのデータのバックアップ先のボリューム。このボリューム
は、カスケード構成やファンアウト構成では、セカンダリまたは三番目(および
それ以降)のデスティネーションにもなります。SnapVaultセカンダリ システムに
は、長期のデータ保存と予期されるリストアに備えて、複数のSnapshotコピーが維
持されます。
差分転送
2回目以降のセカンダリ システムへのバックアップ。前回の転送以降に行われた
プライマリ データに対する変更内容のみが含まれます。
SnapMirrorラベル
Snapshotコピーを識別する属性。SnapVaultバックアップでSnapshotコピーを選択
したり 保持したりする際に使用します。 各SnapVaultポリシーで、プライマリ ボ
リュームのSnapshotコピーを選択するルールや、特定のSnapMirrorラベルに一致す
るSnapshotコピーを転送するルールを設定します。
376 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
Snapshotコピー
ソース ボリュームのバックアップ イメージ。手動で作成することも、割り当てた
ポリシーのスケジュールに従って自動で作成することもできます。ベースライン
Snapshotコピーには保護対象のソース データ全体のコピーが含まれ、以降の
Snapshotコピーにはソース データの差分コピーが含まれます。Snapshotコピーは、
ソース ボリュームのほか、別のStorage Virtual Machine(SVM)またはクラスタの
デスティネーション ボリュームにも格納できます。
Snapshotコピーには、各ソース システム上のボリューム データの状態がキャプ
チャされます。SnapVault関係およびミラー関係では、このデータがデスティネー
ション ボリュームに転送されます。
プライマリ ボリューム
バックアップするデータを含むボリューム。カスケード構成またはファンアウト
構成では、チェーン内でのSnapVaultソースの位置に関係なく、SnapVaultバックアッ
プにバックアップされるボリュームがプライマリ ボリュームです。たとえば、あ
るカスケード チェーン構成で、AからBへのミラー関係、BからCへのSnapVault関
係が確立されている場合、Bはチェーン内ではセカンダリ デスティネーションで
すが、SnapVaultバックアップのソースとして機能します。
SnapVault関係
プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間のバックアップ関係。
関連資料
[保護]ウィンドウ(390ページ)
SnapVaultバックアップの仕組み
SnapVaultバックアップへのボリュームのバックアップ機能には、ベースライン転送の開始、
定期的な差分転送の実行、要求に応じたデータのリストアが含まれます。
ベースライン転送
ベースライン転送の一般的な仕組みは次のとおりです。
ベースライン転送はSnapVault関係の初期化時に実行されます。初期化を行うと、Data
ONTAPで新しいSnapshotコピーが作成され、そのSnapshotコピーがプライマリ ボリュームか
らセカンダリ ボリュームに転送されます。これは転送時のボリュームのベースライン
Snapshotコピーであり、差分ではなく全体が転送されます。そのため、SnapVaultポリシーで
指定されたルールに一致するものがあるかどうかに関係なく、最初のSnapVault転送でプライ
マリ ボリューム上の他のSnapshotコピーが転送されることはありません。
差分転送
ソース システムでは、プライマリ ボリュームに割り当てられたSnapshotポリシーに従って、
ソース ボリュームの差分Snapshotコピーが作成されます。各Snapshotコピーには、どのボ
リュームのものかを識別できるようにラベルが付けられます。
SnapVaultセカンダリ システムでは、SnapVault関係に割り当てられたSnapVaultポリシーに対
して設定されたルールに従って、指定されたラベルの差分Snapshotコピーが取得されます。
バックアップSnapshotコピーを識別できるようにSnapshotのラベルが保持されます。
Snapshotコピーは、データ保護の要件を満たすために必要な期間にわたってSnapVaultバック
アップに保持されます。保持スケジュールをSnapVault関係で設定するのではなく、保持する
Snapshotコピーの数をSnapVaultポリシーで指定します。
データ保護の管理 | 377
SnapVaultバックアップの更新
Snapshotコピーの転送の各セッション(1回のセッションで複数のSnapshotコピーを転送する
ことも可能)の終了時に、SnapVaultバックアップの最新の差分Snapshotコピーを使用してプ
ライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間の共通のSnapshotコピーが新たに作成さ
れ、アクティブなファイルシステムとしてエクスポートされます。
データのリストア
プライマリ ボリュームまたは新しいボリュームへのデータのリストアが必要になった場合
は、指定したデータがSnapVaultセカンダリのSnapVaultバックアップから転送されます。
SnapVaultバックアップでバックアップおよびリストアされるデータ
SnapVault関係を作成してボリュームのバックアップとリストアを行うことができます。
SnapVault関係でボリュームのバックアップとリストアに使用するSnapshotコピーは選択す
ることができます。
SnapVault処理では、プライマリ システム上の特定のボリュームがSnapVaultセカンダリ シス
テム上の関連付けられたボリュームにバックアップされます。必要に応じて、SnapVaultセカ
ンダリ ボリュームから関連付けられたプライマリ ボリュームまたは別のボリュームにデー
タがリストアされます。
ソース ボリュームに割り当てるSnapshotポリシーで、Snapshotコピーをいつ実行するかを指
定し、SnapVault関係に割り当てるSnapVaultポリシーで、SnapVaultバックアップにレプリケー
トするソース ボリュームのSnapshotコピーを指定します。
デスティネーション ボリュームがFlexCloneボリュームの場合は、保持されるSnapshotコピー
の数がポリシーで設定した数よりも2つ多くなります。これは、FlexCloneのSnapshotコピー
とエクスポート済みSnapshotコピーが保持されるためです。たとえば、Snapshotコピーを3つ
保持するようにポリシーで指定した場合は、5つのSnapshotコピーが保持されます(指定した
Snapshotコピーが3つ、FlexCloneのSnapshotコピーとエクスポート済みSnapshotコピーが1つず
つ)。
SAN環境では、SnapVaultセカンダリ ボリュームでLUN識別子が保持されます。
セカンダリ システムで使用されるディスク スペースとディレクトリは、ソース システムよ
りも若干多くなります。
SnapVaultバックアップとデータ圧縮機能との相互運用性
SnapVault関係でソース ボリュームからSnapVaultセカンダリ ボリュームにデータをレプリ
ケートする際は、他のデータ圧縮機能が有効になっている場合を除き、ストレージ効率が維
持されます。
SnapVaultセカンダリ ボリュームで他の圧縮機能が有効になっている場合、ストレージ効率
は次のようになります。
•
プライマリ ボリュームとセカンダリ ボリュームの間のデータ転送時にストレージ効率
が維持されません。
•
データのレプリケート時にストレージ効率を維持するように戻すには、他のデータ圧縮
機能を無効にしてから、-enable-storage-efficiencyパラメータをtrueに設定して
snapmirror updateコマンドを実行します。
SnapVaultバックアップの制限
SnapVault関係を計画するときは、サポートされる範囲に注意が必要です。
SnapVaultバックアップには次の制限があります。
•
32ビット アグリゲートはサポートされません。
378 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
clustered Data ONTAPシステムでは、32ビット アグリゲートのボリュームに対しては
SnapVaultバックアップ機能がサポートされません。
•
SnapVaultセカンダリ ボリュームを複数のプライマリ ボリュームに対するセカンダリ ボ
リュームにすることはできません。
1つのボリュームは1つのSnapVault関係のセカンダリにしかできませんが、同じボリュー
ムを他の関係のソースにすることはできます。
•
Infinite Volumeでは、SnapVaultバックアップはサポートされていません。
SnapVaultバックアップのSnapshotコピー スケジュールと保持に関するガイド
ライン
SnapVaultバックアップを使用する際は、Snapshotコピーの転送スケジュールと保持について
計画することが重要です。
SnapVault関係について計画する際のガイドラインを次に示します。
•
SnapVaultポリシーを作成する前に、どのSnapshotコピーをSnapVaultセカンダリ ボリュー
ムにレプリケートし、それぞれいくつ保持するかを計画して表にまとめます。
次に例を示します。
◦ 時間単位(1日の間に数回、定期的に作成)
1日の間にデータが頻繁に変更され、毎時間、2時間ごと、または4時間ごとなどの頻
度でSnapshotコピーをレプリケートする必要があるかどうかを確認します。
◦ 夜間
Snapshotコピーを毎晩、または平日の夜間にのみレプリケートするかどうかを決めま
す。
◦ 週単位
何週間分のSnapshotコピーをSnapVaultセカンダリ ボリュームに保持すれば効果的か
を検討します。
•
プライマリ ボリュームに割り当てるSnapshotポリシーで、指定した間隔でSnapshotコピー
を作成し、各Snapshotコピーに適切なsnapmirror-label属性の名前を使用してラベルを
付けるように設定します。
•
SnapVault関係に割り当てるSnapVaultポリシーで、プライマリ ボリュームからレプリケー
トするSnapshotコピー(snapmirror-label属性の名前で識別)を選択し、それぞれの
SnapshotコピーをSnapVaultセカンダリ ボリュームにいくつ保持するかを指定します。
転送スケジュールと保持数の例
snapmirrorlabel属性の値
weekly
nightly
ソース ボリュー
プライマリ ボ
SnapVaultセカンダ
ム:Snapshotコピー リューム:Snapshot リ ボリューム:
スケジュール
コピーの保持数
Snapshotコピーの保
持数
毎週土曜日の19:00
4
8
月曜日から金曜日
までの19:00
10
60
hourly
7:00から18:00まで1 11
時間ごと
120
合計
なし
188
25
データ保護の管理 | 379
SVMのネームスペースとルートの情報のデータ保護
FlexVol間のSnapVault関係におけるセカンダリ ボリュームへのバックアップでは、ボリュー
ムのデータのみがレプリケートされ、Storage Virtual Machine(SVM)のネームスペース(ルー
ト)情報はレプリケートされません。
SnapVault関係では、ボリューム データのみがレプリケートされます。SnapVaultセカンダリ
ボリュームにSVM全体をバックアップする場合は、まずSVMのすべてのボリュームに対し
てSnapVault関係を作成する必要があります。
SVMネームスペース情報を保護するには、SVMのすべてのボリュームに対する最初のデー
タ転送の完了直後、ソースのSVMボリュームがまだアクティブなうちに、SnapVaultセカン
ダリにネームスペースを手動で作成する必要があります。以降ソースSVMのネームスペー
スに対して変更が行われた場合は、デスティネーションSVMのネームスペースを手動で更新
する必要があります。
SVMボリュームの一部しかSnapVault関係に含まれていない場合やSVMボリュームの一部で
しか最初のデータ転送が完了していない場合は、SnapVaultセカンダリ ボリュームにSVMの
ネームスペースを作成することはできません。
ミラーとバックアップ関係
System Managerを使用して、ミラーとバックアップ ポリシーに基づいてミラーとバックアッ
プ関係を作成および管理できます。
デスティネーションSVMからのミラーとバックアップ関係の作成
System Managerを使用して、ミラーとバックアップ関係をデスティネーションStorage Virtual
Machine(SVM)から作成することができます。この関係を作成すると、ソース ボリューム
からデスティネーション ボリュームにデータを定期的に転送して、データの保護を強化で
きます。また、ソース ボリュームのバックアップを作成して、データを長期にわたって保
持することもできます。
開始する前に
•
デスティネーション クラスタでONTAP 8.3.2以降が実行されている必要があります。
•
ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームを含むソース クラスタとデスティ
ネーション クラスタの両方で、SnapMirrorライセンスが有効になっている必要がありま
す。
•
ソース クラスタとデスティネーション クラスタで正常なピア関係が確立されている必
要があります。
•
デスティネーション アグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。
•
ソース アグリゲートとデスティネーション アグリゲートはどちらも64ビットである必
要があります。
•
読み書き可能(rw)タイプのソース ボリュームを用意しておく必要があります。
•
デスティネーション ボリュームが存在する場合、デスティネーション ボリュームの容量
は、ソース ボリュームの容量と同じかそれ以上である必要があります。
•
デスティネーション ボリュームをストレージ システムのルート ボリュームにすること
はできません。
•
他のミラー関係のデスティネーションになっている既存のボリュームをデスティネー
ション ボリュームにすることはできません。
380 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
•
自動拡張機能が無効になっている場合は、デスティネーション ボリュームに、ソース ボ
リュームで使用されているスペースよりも少なくとも5%多い空きスペースが必要です。
タスク概要
•
System Managerではカスケード関係はサポートされません。
たとえば、関係のデスティネーション ボリュームを別の関係のソース ボリュームにする
ことはできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVMと同期先のSVMの間にミラーとバックアップ関係を作
成することはできません。
•
MetroCluster構成の同期元のSVM間にはミラーとバックアップ関係を作成できます。
•
同期元のSVMのボリュームからデータ提供用のSVMのボリュームへのミラーとバック
アップ関係を作成できます。
•
データ提供用のSVMから同期元のSVMのDPボリュームへのミラーとバックアップ関係
を作成できます。
•
ミラー関係用に作成されたデスティネーション ボリュームはシンプロビジョニングされ
ません。
•
FlexGroupボリューム関係については、System Managerでは表示のみが可能です。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. [関係]ウィンドウで、[作成]をクリックします。
3. [SVMを参照]ダイアログ ボックスで、デスティネーション ボリューム用のSVMを選択し
ます。
4. [保護関係の作成]ダイアログ ボックスで、[関係のタイプ]ドロップダウン リストから[ミ
ラーとバックアップ]を選択します。
5. クラスタ、SVM、およびソース ボリュームを指定します。
6. 選択したSVMにピア関係が設定されていない場合は、[認証]リンクを使用してリモート
クラスタのクレデンシャルを入力し、SVMのピア関係を作成します。
ローカルSVMとリモートSVMの名前が同じ場合、ローカルSVMが同じ名前の別のリモー
トSVMとすでにピア関係にある場合、ローカルSVMに同じ名前のデータSVMが含まれて
いる場合は、[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスが表示されます。
7. オプション:[SVM のエイリアス名の入力]ダイアログ ボックスで、リモートSVMのエイ
リアス名を入力します。
8. 新しいデスティネーション ボリュームを作成するか、既存のボリュームを選択します。
データ保護の管理 | 381
状況
操作
新しいボリュームを作成す
a.
る
b.
既存のボリュームを選択す
る
デフォルトの名前
(source_SVM_name_source_volume_name_mirror_vault)を
変更する場合は、新しい名前を指定し、デスティネーション ボ
リュームの包含アグリゲートを選択します。
新しいデスティネーション ボリュームで重複排除を有効にす
る場合は、[重複排除を有効にする]を選択します。
ソース ボリュームで重複排除が無効になっている場合、新しい
ボリュームではこのチェック ボックスが自動的にオンになり
ます。
[ボリュームの選択]オプションを選択します。
注:言語属性がソース ボリュームと同じボリュームだけが表示
されます。
9. 既存のポリシーを選択するか、新しいポリシーを作成します。
状況
操作
既存のポリシーを選択する
[参照]をクリックし、既存のミラー バックアップ ポリシーを選択
します。
ソース ボリュームに関連付けられたSnapshotポリシーと最も多く
のラベルが一致するポリシーを選択できます。
新しいポリシーを作成する
a.
[ポリシーの作成]をクリックします。
b.
ポリシー名を指定し、転送スケジュールの優先順位を設定しま
す。
転送の優先順位を「低」にすると優先順位が最も低くなり、優
先順位が「通常」の転送よりもあとにスケジュールされます。
デフォルトでは、優先順位は「中」に設定されます。
c.
転送されるデータを圧縮する場合は、[ネットワーク圧縮を有効
にする]チェック ボックスを選択します。
d.
[作成]をクリックします。
ポリシーでは、SnapMirrorラベルとデスティネーションの保持数も
指定できます。新しいSnapMirrorラベルを有効にするには、同じラ
ベルのSnapshotコピーをソース ボリュームに作成する必要があり
ます。
10. 関係のスケジュールを指定します。
状況
操作
既存のスケジュールを割り
当てる
スケジュールのリストから既存のスケジュールを選択します。
382 | OnCommand System Managerを使用したクラスタ管理
状況
操作
新しいスケジュールを作成
a.
する
b.
c.
d.
スケジュールを割り当てな
い
[スケジュールの作成]をクリックします。
スケジュールの名前を指定します。
[基本]または[アドバンスト]を選択します。
•
基本:曜日、時刻、および転送間隔だけを指定する場合に
選択します。
•
アドバンスト:cron形式のスケジュールを指定する場合に選
択します。
[作成]をクリックします。
[なし]を選択します。
11. オプション:関係を初期化する場合は、[関係の初期化]を選択します。
12. [作成]をクリックします。
ミラーとバックアップ関係の削除
System Managerを使用して、ソース ボリュームとデスティネーション ボリュームの間のミ
ラーとバックアップ関係を終了し、ソースからSnapshotコピーを解放できます。
タスク概要
•
ミラーとバックアップ関係を削除する前に、その関係を解除することが推奨されます。
•
関係を再作成するには、CLIを使用して、ソース ボリュームから再同期操作を実行する
必要があります。
手順
1. [保護] > [関係]をクリックします。
2. 削除するミラーとバックアップ関係を選択し、[削除]をクリックします。
3. 確認のチェック ボックスを選択し、[削除]をクリックします。
ベースSnapshotコピーを解放するチェック ボックスを選択すると、ミラーとバッ