...

東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)

by user

on
Category: Documents
36

views

Report

Comments

Transcript

東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)
東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)
~東京都レッドリスト~
2010 年版
東京都環境局
まえがき
本書は、平成 10 年に作成した「東京都の保護上重要な野生生物種(1998 年版)
」のうち、
本土部について、平成 20 年度から平成 21 年度まで 2 ヵ年をかけて改定作業を実施した結
果をとりまとめたものです。
本書の改定は、刻々と変化する自然環境の現況を把握することで、開発規制等に適切に
対応をすることを主な目的としたものです。
東京都が自然環境行政を推進していくための基礎的資料となることはもちろん、都民や
企業など多くの主体が自然環境の保全活動を実施するために活用していただきたいと考え
ています。
本書をまとめるにあたり、限られた時間のなか、情報収集作業と検討作業を行っていた
だいた各専門部会委員の先生方、情報提供などにご協力いただいた専門家、都民の方をは
じめとする多くの方々や専門機関に、心より感謝を申し上げます。
平成 22(2010)年 3 月
東京都環境局
目
次
まえがき
Ⅰ 選定・評価方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
1.調査の体制・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
(1)
「東京都の保護上重要な野生生物の種に関する検討会(本土部)
」の設置
(2)
「専門部会」の設置
2.対象分類群と対象とする生物の範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3
3.対象地域と地域区分・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3
4.調査方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5
(1)文献調査及びヒアリング調査
(2)現地調査
5.選定及び評価の手順・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5
6.評価の基準・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5
Ⅱ 選定・評価結果の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
Ⅲ 自然環境の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
Ⅳ 保護上重要な野生生物種・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
1.植物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
2.哺乳類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
3.鳥類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
4.爬虫類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 52
5.両生類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 55
6.淡水魚類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 58
7.昆虫類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 62
(1)トンボ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 63
(2)カマキリ目・バッタ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 67
(3)カメムシ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 71
(4)ヘビトンボ目・アミメカゲロウ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 74
(5)コウチュウ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 78
(6)ハチ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 85
(7)ハエ目・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 87
(8)チョウ目チョウ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 91
(9)チョウ目ガ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 94
8.甲殻類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 97
9.クモ類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 101
10.貝類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 104
和名索引(植物)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 108
和名索引(動物)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 115
Ⅰ 選定・評価方法
本書は、
「東京都の保護上重要な野生生物種 1998 年版」(以下、1998 年版という)の改
定版であるが、選定・評価方法については 1998 年版からいくつか改正を行った。
まず、評価の基準については、1998 年版では環境庁版レッドデータブック(当時)を参
考にしながらも、カテゴリーは独自に A~D ランクとして設定していたが、改定版では最新
の環境省レッドリストカテゴリー(2007)に準拠し、可能な限り定量的な要件も取り入れ
て評価を行った。また、評価対象とする分類群についても、1998 年版で対象としていた分
類群に加えて、甲殻類、クモ類、貝類を新たに対象とした。
なお、今回の改定では東京都の本土部と島しょ部(伊豆諸島、小笠原諸島)を別々に検
討しており、本書は本土部の改定版である。
1.調査の体制
(1)
「東京都の保護上重要な野生生物の種に関する検討会(本土部)
」の設置
調査実施にあたり、情報収集、選択、調査計画の作成、調査遂行上の課題と対応策の検
討、調査成果の確認、選定基準の検討、掲載種の選定などを行うため、検討会を設置した。
検討会の委員構成は、次の通りである。
座長 大場秀章 東京大学名誉教授
委員 石井信夫 東京女子大学教授
金井 裕 財団法人日本野鳥の会 東京港野鳥公園チーフレンジャー
福山欣司 慶応義塾大学准教授
矢島 稔 群馬県立ぐんま昆虫の森園長
武田正倫 帝京平成大学教授((独)国立科学博物館名誉研究員)
(2)
「専門部会」の設置
上記検討会の下に、専門分野における情報収集、選択、調査計画の作成、調査遂行上の
課題と対応策の検討、調査成果の確認、選定基準の検討、掲載種の選定などを行う専門部
会を設置した。
専門部会は、
「植物」
、
「哺乳類」
、
「鳥類」、
「爬虫類・両生類・淡水魚類」、「昆虫類」、
「その
他無脊椎動物」の 6 部会を設置し、
「その他無脊椎動物」では、甲殻類、クモ類、貝類を対
象とした。
各専門部会の委員構成と担当分類群は次の通りである。
1
<植物部会>
座長 大場秀章 東京大学名誉教授
委員 畔上能力 (社)日本植物友の会理事
奥田重俊 横浜国立大学名誉教授
池田 博 東京大学総合研究博物館准教授
加藤英寿 首都大学東京理学研究科牧野標本館助教
<哺乳類部会>
座長 石井信夫 東京女子大学教授
委員 土屋公幸 東京農業大学客員教授
安藤元一 東京農業大学教授
<鳥類部会>
座長 金井 裕 財団法人日本野鳥の会 東京港野鳥公園チーフレンジャー
委員 川内 博 日本野鳥の会東京支部幹事
粕谷和夫 八王子・日野カワセミ会会長
<爬虫類・両生類・淡水魚類部会>
座長 福山欣司 慶応義塾大学准教授
(両生類)
委員 草野 保 首都大学東京理学研究科助教 (両生類)
長坂拓也 江戸川区自然動物園
(爬虫類)
丸山 隆 東京海洋大学助教
(淡水魚類)
山崎充哲 川崎河川漁業協同組合総代
(淡水魚類)
<昆虫類部会>
座長 矢島 稔 群馬県立ぐんま昆虫の森園長
委員 高桑正敏 神奈川県立生命の星・地球博物館
福田晴男 八王子市教育センター研究主事
岸田泰則 日本蛾類学会会長
須田真一 東京大学大学院特任研究員
<その他無脊椎動物部会>
座長 武田正倫 帝京平成大学教授((独)国立科学博物館名誉研究員)
(甲殻類)
委員 小野展嗣 (独)国立科学博物館研究主幹
黒住耐二 千葉県立中央博物館上席研究員
2
(クモ類)
(貝類)
また、掲載種(亜種・変種を含む。以下同じ)の選定及び評価は、基本的にそれぞれの専
門部会の委員が行ったが、昆虫類については委員の他にも、次の 3 名の協力者に選定・評価
作業を担当していただいた。
岸本年郎 (財)自然環境研究センター上席研究員 コウチュウ目ハネカクシ科担当
高橋秀男 日本昆虫学会会員
ハチ目担当
伊東憲正 (株)地域環境計画
ハエ目担当
なお、各種調査のとりまとめ等については、 (財)自然環境研究センターが東京都から業
務を受託して実施した。
2.対象分類群と対象とする生物の範囲
1998 年版で対象としていた植物(維管束植物)、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、淡水魚
類、昆虫類のほかに、甲殻類、クモ類、貝類を新たに追加した。また、昆虫類については、
1998 年版で対象としていなかったカマキリ目、ヘビトンボ目、アミメカゲロウ目、ハチ目、
ハエ目を追加対象としたほか、チョウ目ではチョウ類だけでなくガ類も対象とするなど、
前回対象としていた目についてもさらに幅広いグループを含めた。また、原則として、植
物では種・亜種・変種を、動物では種・亜種を評価の対象とした。
なお、これらの分類群において生息が確認されている種であっても、東京都の本土部が
本来の生息域ではない外来種(国内外来種含む)や、迷鳥*1 及び偶産種*2 等については評価
対象外とした。
各分類群における調査対象の詳細については、それぞれの分類群ごとの総説に記述され
ているので、これを参照されたい。
*1
*2
台風やその他偶然の機会により、本来の分布域や渡りのコースを外れて現れた鳥。
その地域では定着していないと判断される種。台風や季節風などによって偶発的に飛来する種などが
該当する。
3.対象地域と地域区分
東京都に属する地域のうち、島しょ部を除いた本土部を対象とした。また、本土部は地
域によって環境が大きく異なることから、区部、北多摩、南多摩、西多摩の 4 地域に区分
し、それぞれの地域区分ごとに評価を行った。さらに、昆虫類、甲殻類、クモ類、貝類に
ついては、4 つの地域区分ごとの評価のほかに、これら 4 地域を総合的にとらえた本土部全
体としての評価も行った。
東京都の地域区分図及び地形概略図は、それぞれ図 1(P.4)、図 2(P.20)に示した。
3
4
西多摩
奥多摩町
檜原村
八王子市
あきる野市
日の出町
青梅市
北多摩
清瀬市
南多摩
町田市
多摩市 稲城市
府中市
狛江市
三鷹市
武蔵野市
調布市
小金井市
図1 地域区分図
日野市
国立市
国分寺市
東村山市
武蔵村山市
東久留米市
東大和市
西東京市
小平市
立川市
昭島市
福生市
羽村市
瑞穂町
目黒区
大田区
品川区
港区
中央区
区部
江戸川区
葛飾区
江東区
台東区
墨田区
荒川区
足立区
千代田区
新宿区
文京区
北区
豊島区
渋谷区
中野区
世田谷区
杉並区
練馬区
板橋区
4.調査方法
(1)文献調査及びヒアリング調査
都内本土部全域における生物の生育・生息情報について既存文献の収集を行った。調査対
象文献は、東京都や都内区市町村の発行する自然環境調査報告書、研究機関等の報告書、
学会誌、専門雑誌等、あらゆる文献・資料を対象に情報の把握を行った。収集は、1998 年版
の発行後に発表されたものを中心としたが、必要に応じてさらに古い年代にさかのぼって
収集を行った。
また、研究者や市民団体、NPO 法人等が所有する未発表データや標本等については、個別
にヒアリング調査を実施するなどして情報を収集した。
さらに、東京都環境局公式ホームページ上で一般の方々からの情報募集も行った。
(2)現地調査
既存文献や資料による情報が著しく不足している種のうち、実際に調査を行うことで評
価の精度が高められる可能性があるものについて、現地調査を実施した。
5.選定及び評価の手順
掲載種の選定・評価にあたっては、まず「東京都の野生生物種目録 1998 年版」
(以下、
「1998
年版目録」という)を基に、その後新たに確認された種を追加したり、最新の分類学的知
見を反映させるなどして、各分類群ごとに作業用リストを作成した。その上で、1998 年版
の掲載種全種と、その他に新たに掲載候補となる種を「検討対象種」として抽出した。な
お、昆虫類については専門部会の判断により、1998 年版目録のほかに、1998 年以降に都以
外が作成した目録をもとに検討対象種の抽出を行った。また、1998 年版目録では扱われて
いない甲殻類、クモ類、貝類については、専門部会の委員がそれぞれの担当分類群につい
て、専門的知見による判断のもとで検討対象種を挙げる形とした。
このような手順で抽出した検討対象種について、1 種 1 地域ごとに評価を行い、評価作業
の際には、カテゴリーを判定するに至った根拠を記録用紙に残した。
本書には、少なくとも1つの地域区分(あるいは本土部全体)で、「絶滅(EX)」、「野生
絶滅(EW)
」
、
「絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
」、「絶滅危惧ⅠA 類(CR)」、
「絶滅危惧ⅠB 類(EN)
」
、
「絶滅危惧Ⅱ類(VU)
」
、
「準絶滅危惧(NT)」、
「情報不足(DD)
」及び「留意種」のいずれか
に評価されたものを掲載した。
6.評価の基準
評価の基準は、原則として環境省版レッドリストカテゴリー(2007)に準拠し、
「絶滅(EX)」
、
「野生絶滅(EW)
」
、
「絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
」、
「絶滅危惧ⅠA 類(CR)」、
「絶滅危惧ⅠB 類(EN)
」
、
「絶滅危惧Ⅱ類(VU)
」
、
「準絶滅危惧(NT)
」、
「情報不足(DD)」を用い(表 1)
、評価にあた
っては定性的要件と定量的要件を併用した。
また、絶滅危惧Ⅰ類についてはそれぞれの評価対象ごとに、可能な限り絶滅危惧ⅠA 類
5
(CR)と絶滅危惧ⅠB 類(EN)に分けることとし、それが困難な場合には絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)
としてまとめることとした。
今回の本土部の改定では、東京都独自のカテゴリーとして「留意種」を新たに設けた。
留意種は、当面は絶滅のおそれがないため上記カテゴリーには該当しないものの、留意が
必要と考えられるとして選定されたものである。具体的には表 1 に示す①~⑧の選定理由
のうちのいずれかの基準に該当するものであるが、必ずしも基準に該当するもの全てが留
意種となっているわけでない。なお、孤立個体群であることに留意が必要な場合は留意種
に含み、環境省版で用いられている「絶滅のおそれのある地域個体群(LP)
」のカテゴリー
は用いないこととした。
表1 カテゴリー区分と基本概念
カテゴリー名称
絶滅
表示
EX
基本概念
当該地域において、過去に生息していたことが確認されて
おり、飼育・栽培下を含めすでに絶滅したと考えられるもの
野生絶滅
EW
当該地域において、過去に生息していたことが確認されて
おり、飼育・栽培下では存続しているが、野生ではすでに絶滅
したと考えられるもの
絶滅危惧Ⅰ類
CR+EN
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場
合、野生での存続が困難なもの
絶滅危惧ⅠA 類
CR
ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い
もの
絶滅危惧ⅠB 類
EN
ⅠA 類ほどではないが、近い将来における野生での絶滅の危
険性が高いもの
絶滅危惧Ⅱ類
VU
現在の状態をもたらした圧迫要因が引き続き作用する場
合、近い将来「絶滅危惧Ⅰ類」のランクに移行することが確
実と考えられるもの
準絶滅危惧
NT
現時点での絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっ
ては「絶滅危惧」として上位ランクに移行する要素を有する
もの
情報不足
DD
環境条件の変化によって、容易に絶滅危惧のカテゴリーに
移行し得る属性を有しているが、生息状況をはじめとして、
ランクを判定するに足る情報が得られていないもの
留意種
*
または
*1
現時点では絶滅のおそれはないと判断されるため、上記カ
テゴリーには該当しないものの、次の①~⑧の選定理由のい
ずれかに該当し、留意が必要と考えられるもの
<選定理由>
①準絶滅危惧(NT)に準ずる
6
(現時点では絶滅のおそれはないが、生息環境が減少してい
ることから動向に留意する必要がある)
②過去の環境改変により、生息地が限定されていたり、孤立
個体群がある
③人為的な環境配慮により個体群が維持されている
④外来種の影響に注意する必要がある
⑤生活史の一部または全部で特殊な環境条件を必要としてい
る
⑥自然の回復状況をあらわしている
⑦良好な環境の指標となる
⑧タイプロカリティ(基準産地、模式産地)*3
ランク外
○
当該地域で生育・生息が確認されているが、上記カテゴリー
に該当しないもの
データ無し
-
当該地域において生育・生息している(していた)可能性が
あるが、確実な記録や情報が得られなかったもの
非分布
・
生態的、地史的な理由から、もともと当該地域には分布し
ないと考えられるもの。
但し、鳥類では、確認記録があっても当該地域が主たる生
息域ではないと判断される場合*4 は、非分布として扱った。
*3
分類・命名に使用した基準となる標本を採集した地点。
*4
鳥類は、移動能力が大きいため通常の生息地域を離れて偶発的に飛来する場合がある。そのため、都内
で生息記録があっても、記録回数が少なくかつ既知の生息地域から大きく外れているなど、主たる分布
域ではないと判断された場合には「非分布」とした。
7
<参考>
環境省版レッドリストカテゴリー(2007)のカテゴリー定義
区分及び基本概念
定性的要件
絶滅
過去に我が国に生息したことが確認されており、
飼育・栽培下を含め、我が国ではすでに絶滅し
たと考えられる種
Extinct (EX)
我が国ではすでに絶滅した
と考えられる種(注1)
野生絶滅
Extinct in the Wild (EW)
飼育・栽培下でのみ存続し
ている種
定量的要件
過去に我が国に生息したことが確認されており、
飼育・栽培下では存続しているが、我が国にお
いて野生ではすでに絶滅したと考えられる種
【確実な情報があるもの】
①信頼できる調査や記録により、すでに野生で
絶滅したことが確認されている。
②信頼できる複数の調査によっても、生息が確
認できなかった。
【情報量が少ないもの】
③過去50年間前後の間に、信頼できる生息の情
報が得られていない。
絶滅危惧Ⅰ類
次のいずれかに該当する種
(CR+EN)
絶
滅
危
惧
T
H
R
E
A
T
E
N
E
D
絶滅の危機に瀕して
いる種
現在の状態をもたら
した圧迫要因が引き
続き作用する場合、
野生での存続が困難
なもの。
【確実な情報があるもの】
①既知のすべての個体群で、
危機的水準にまで減少し
ている。
②既知のすべての生息地で、
生息条件が著しく悪化し
ている。
③既知のすべての個体群が
その再生産能力を上回る
捕獲・採取圧にさらされ
ている。
④ほとんどの分布域に交雑
のおそれのある別種が侵
入している。
絶滅危惧ⅠA類
Critically
Endangered (CR)
ごく近い将来にお
ける野生での絶滅
の危険性が極めて
高いもの。
【情報量が少ないもの】
⑤それほど遠くない過去
(30年~50年)の生息記録
以後確認情報がなく、そ
の後信頼すべき調査が行
われていないため、絶滅
したかどうかの判断が困
難なもの。
絶滅危惧ⅠA類(CR)
A.次のいずれかの形で個体群の減少が見られ
る場合。
1.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間(注2。以下同じ)を通じて、90%
以上の減少があったと推定され、その原
因がなくなっており、且つ理解されてお
り、且つ明らかに可逆的である。
2.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間を通じて、80%以上の減少があっ
たと推定され、その原因がなくなってい
ない、理解されていない、あるいは可逆
的でない。
3.今後10年間もしくは3世代のどちらか長
期間を通じて、80%以上の減少があると
予測される。
4.過去と未来の両方を含む10年間もしくは
3世代のどちらか長い期間において80%
以上の減少があると推定され、その原因
がなくなっていない、理解されていない、
あるいは可逆的でない。
B.出現範囲が100k㎡未満もしくは生息地面積
が10k㎡未満であると推定されるほか、次の
うち2つ以上の兆候が見られる場合。
1.生息地が過度に分断されているか、ただ
1カ所の地点に限定されている。
2.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
継続的な減少が予測される。
3.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
極度の減少が見られる。
(注1)種:動物では種及び亜種、植物では種、亜種及び変種を示す。
(注2)最近10年間もしくは3世代:1世代が短く3世代に要する期間が10年未満のものは年数を、
1世代が長く3世代に要する期間が10年を超えるものは世代数を採用する。
8
区分及び基本概念
定性的要件
定量的要件
C.個体群の成熟個体数が250未満であると推定
され、さらに次のいずれかの条件が加わる
場合。
1.3年間もしくは1世代のどちらか長い期
間に25%以上の継続的な減少が推定される。
2.成熟個体数の継続的な減少が観察、もし
くは推定・予測され、かつ次のいずれか
に該当する。
a)個体群構造が次のいずれかに該当
i)50以上の成熟個体を含む下位個体群
は存在しない。
ii)1つの下位個体群中に90%以上の成
熟個体が属している。
b)成熟個体数の極度の減少
D.成熟個体数が50未満であると推定される個
体群である場合。
絶
滅
危
惧
T
H
R
E
A
T
E
N
E
D
E.数量解析により、10年間、もしくは3世代
のどちらか長い期間における絶滅の可能性
が50%以上と予測される場合。
絶滅危惧ⅠB類
絶滅危惧ⅠB類 (EN)
Endangered (EN)
ⅠA類ほどではな
いが、近い将来に
おける野生での絶
滅の危険性が高い
もの
A.次のいずれかの形で個体群の減少が見られ
る場合。
1.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間を通じて、70%以上の減少があっ
たと推定され、その原因がなくなってお
り、且つ理解されており、且つ明らかに可
逆的である。
2.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間を通じて、50%以上の減少があっ
たと推定され、その原因がなくなってい
ない、理解されていない、あるいは可逆
的でない。
3.今後10年間もしくは3世代のどちらか長
期間を通じて、50%以上の減少があると
と予測される。
4.過去と未来の両方を含む10年間もしくは
3世代のどちらか長い期間において50%
以上の減少があると推定され、その原因
がなくなっていない、理解されていない、
あるいは可逆的でない。
B.出現範囲が5,000k㎡未満もしくは生息地面
積が500k㎡未満であると推定されるほか、
次のうち2つ以上の兆候が見られる場合。
1.生息地が過度に分断されているか、5以
下の地点に限定されている。
2.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
継続的な減少が予測される。
3.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
極度の減少が見られる。
9
区分及び基本概念
定性的要件
定量的要件
C.個体群の成熟個体数が2,500未満であると推
定され、さらに次のいずれかの条件が加わる
場合。
1.5年間もしくは2世代のどちらか長い期
間に20%以上の継続的な減少が推定される。
2.成熟個体数の継続的な減少が観察、もし
くは推定・予測され、かつ次のいずれか
に該当する。
a)個体群構造が次のいずれかに該当
i)250以上の成熟個体を含む下位個体群
は存在しない。
ii)1つの下位個体群中に95%以上の成
熟個体が属している。
b)成熟個体数の極度の減少
D.成熟個体数が250未満であると推定される個
体群である場合。
E.数量解析により、20年間、もしくは5世代
のどちらか長い期間における絶滅の可能性
が20%以上と予測される場合。
絶
滅
危
惧
T
H
R
E
A
T
E
N
E
D
絶滅危惧Ⅱ類
Vulnerable (VU)
絶滅の危険が増大し
ている種
現在の状態をもたら
した圧迫要因が引き
続き作用する場合、
近い将来「絶滅危惧
Ⅰ類」のランクに移
行することが確実と
考えられるもの。
次のいずれかに該当する種
絶滅危惧Ⅱ類 (VU)
【確実な情報があるもの】
①大部分の個体群で個体数が大幅に減少してい
る。
②大部分の生息地で生息条件が明らかに悪化し
つつある。
③大部分の個体群がその再生産能力を上回る捕
獲・採取圧にさらされている。
④分布域の相当部分に交雑可能な別種が侵入し
ている。
A.次のいずれかの形で個体群の減少が見られ
る場合。
1.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間を通じて、50%以上の減少があっ
たと推定され、その原因がなくなってお
り、且つ理解されており、且つ明らかに
可逆的である。
2.過去10年間もしくは3世代のどちらか長
い期間を通じて、30%以上の減少があっ
たと推定され、その原因がなくなってい
ない、理解されていない、あるいは可逆
的でない。
3.今後10年間もしくは3世代のどちらか長
期間を通じて、30%以上の減少があると
と予測される。
4.過去と未来の両方を含む10年間もしくは
3世代のどちらか長い期間において30%
以上の減少があると推定され、その原因
がなくなっていない、理解されていない、
あるいは可逆的でない。
B.出現範囲が20,000k㎡未満もしくは生息地面
積が2,000k㎡未満であると推定され、また
次のうち2つ以上の兆候が見られる場合。
1.生息地が過度に分断されているか、10以
下の地点に限定されている。
2.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
ついて、継続的な減少が予測される。
3.出現範囲、生息地面積、成熟個体数等に
極度の減少が見られる。
10
区分及び基本概念
定性的要件
定量的要件
C.個体群の成熟個体数が10,000未満であると
推定され、さらに次のいずれかの条件が加
わる場合。
1.10年間もしくは3世代のどちらか長い期
間に10%以上の継続的な減少が推定され
る。
2.成熟個体数の継続的な減少が観察、もし
くは推定・予測され、かつ次のいずれか
に該当する。
a)個体群構造が次のいずれかに該当
i)1,000以上の成熟個体を含む下位個体
群は存在しない。
ii)1つの下位個体群中にすべての成熟
個体が属している。
b)成熟個体数の極度の減少
絶
滅
危
惧
T
H
R
E
A
T
E
N
E
D
D.個体群が極めて小さく、成熟個体数が1,000
未満と推定されるか、生息地面積あるいは
分布地点が極めて限定されている場合。
E.数量解析により、100年間における絶滅の可
能性が10%以上と予測される場合。
準絶滅危惧
Near Threatened (NT)
存続基盤が脆弱な種
現時点での絶滅危険度は小
さいが、生息条件の変化に
よっては「絶滅危惧」とし
て上位ランクに移行する要
素を有するもの。
情報不足
Data Deficient (DD)
評価するだけの情報が不足
している種
次に該当する種
生息状況の推移から見て、種の存続への圧迫
が強まっていると判断されるもの。具体的に
は、分布域の一部において、次のいずれかの傾
向が顕著であり、今後さらに進行するおそれが
あるもの。
a)個体数が減少している。
b)生息条件が悪化している。
c)過度の捕獲・採取圧による圧迫を受けて
いる。
d)交雑可能な別種が侵入している。
次に該当する種
環境条件の変化によって、容易に絶滅危惧の
カテゴリーに移行し得る属性(具体的には、次
のいずれかの要素)を有しているが、生息状況
をはじめとして、ランクを判定するに足る情報
が得られていない種。
a)どの生息地においても生息密度が低く希少
である。
b)生息地が局限されている。
c)生物地理上、孤立した分布特性を有する
(分布域がごく限られれた固有種等)。
d)生活史の一部または全部で特殊な環境条件
を必要としている。
※準拠にあたり、表における「我が国」は、
「東京都」あるいは「当該地域」と読み替えた。また、表の定
量的要件については、基本的に日本国土全体を想定したものであるため、項目の中には参考として用いた
ものもある。
11
Ⅱ 選定・評価結果の概要
それぞれの分類群における検討対象種の種数、及び評価の結果選定された本レッドリス
ト掲載種の種数を表 2 に記した。さらに、カテゴリー別の種数の内訳を表 3~23 に記した。
表 2 では、1998 年版に掲載されておらず今回新たに掲載された種を新規掲載種、1998 年
版に掲載されていて今回の改定によりレッドリストから外れた種を削除種として示した。
なお、1998 年版と本書の掲載種数を比較する際には、評価基準が必ずしも同じではない
ことに留意されたい。また今回は、分類群ごとに過去の記録をどの年代までさかのぼった
かが異なっているため、分類群間の単純比較はできないことにも注意が必要である。分類
群ごとの評価方法の詳細については、それぞれの総説を参照していただきたい。
表 2 検討対象種及び掲載種の種数 (注 1)検討対象種には、1998 年版掲載種が全て含まれている。
項目
1998 年版
掲載種
検討対象種
2010 年版
掲載種
新規
掲載種
削除種
(注 1)
642
899
800
208
50
31
40
37
10
4
107
178
162
68
13
爬虫類
13
14
14
1
0
両生類
14
15
15
1
0
淡水魚類
37
41
38
4
3
459
592
394
128
193
67
79
59
10
18
対象外
3
3
3
-
22
29
28
7
1
8
23
19
15
4
ヘビトンボ目
対象外
5
5
5
-
アミメカゲロウ目
対象外
1
1
1
-
308
359
195
51
164
ハチ目
対象外
18
15
15
-
ハエ目
対象外
12
12
12
-
54
56
50
2
6
対象外
7
7
7
-
甲殻類
対象外
15
15
15
-
クモ類
対象外
33
33
33
-
貝類
対象外
71
71
71
-
合計
1303
1898
1579
539
263
分類群
植物
哺乳類
鳥類
昆虫類
トンボ目
カマキリ目
バッタ目
カメムシ目
コウチュウ目
チョウ目チョウ類
チョウ目ガ類
12
表 3 植物の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
区部
EW
CR
EN
VU
NT
DD
留意種
合計
168
8
28
13
60
35
36
0
348
北多摩
90
1
56
23
99
40
42
0
351
南多摩
47
2
109
46
191
74
11
0
480
西多摩
25
1
155
62
230
79
26
0
578
表 4 哺乳類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
区部
EW
CR
EN
VU
NT
DD
留意種
合計
19
0
0
0
1
2
1
2
25
北多摩
1
0
0
3
1
4
1
0
10
南多摩
1
0
1
0
4
4
1
1
12
西多摩
2
0
0
1
4
13
1
0
21
VU
NT
DD
表 5 鳥類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
留意種
合計
区部
5
0
27
24
0
33
13
12
2
116
北多摩
0
0
16
13
0
52
28
12
0
121
南多摩
0
0
14
13
0
47
35
12
0
121
西多摩
0
0
12
8
0
45
47
6
0
118
表 6 爬虫類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
5
0
3
3
1
2
0
14
北多摩
0
0
3
0
1
5
1
2
1
13
南多摩
0
0
1
0
2
5
4
1
1
14
西多摩
0
0
1
1
1
1
8
1
1
14
表 7 両生類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
4
2
0
0
1
0
0
7
北多摩
0
0
2
4
0
3
1
0
0
10
南多摩
0
0
1
6
0
5
1
0
0
13
西多摩
0
0
0
2
0
3
9
0
0
14
13
表 8 淡水魚類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
7
0
3
0
4
7
7
2
7
37
北多摩
5
0
1
0
4
6
2
1
5
24
南多摩
2
0
0
1
3
6
3
2
4
21
西多摩
1
0
2
1
2
6
4
1
1
18
表 9 昆虫類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳(各目の合計)
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
73
0
50
33
6
35
40
72
6
315
北多摩
41
0
28
17
2
35
44
55
9
231
南多摩
25
0
18
10
3
28
48
41
12
186
西多摩
14
0
9
6
5
18
23
36
12
123
本土部
38
0
40
22
4
31
64
72
15
286
表 10 トンボ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
区部
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
18
0
11
4
0
5
7
5
0
50
北多摩
7
0
8
5
0
9
2
8
0
39
南多摩
4
0
3
4
0
7
9
5
0
32
西多摩
0
0
2
3
0
8
9
6
0
28
本土部
8
0
9
12
0
6
8
5
0
48
表 11 カマキリ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
0
0
0
0
0
2
0
2
北多摩
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
2
0
2
西多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
本土部
0
0
0
0
0
0
0
3
0
3
14
表 12 バッタ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
2
0
6
0
0
1
0
17
0
26
北多摩
2
0
7
0
0
2
1
9
0
21
南多摩
1
0
8
0
0
2
0
8
0
19
西多摩
0
0
3
0
0
1
0
9
0
13
本土部
1
0
8
0
0
2
0
10
0
21
表 13 カメムシ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
4
0
3
0
0
0
3
5
0
15
北多摩
3
0
2
1
0
2
1
0
0
9
南多摩
1
0
1
2
0
2
0
2
0
8
西多摩
1
0
0
1
0
2
0
1
0
5
本土部
2
0
3
1
0
2
0
6
0
14
表 14 ヘビトンボ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
1
0
0
0
0
2
0
3
北多摩
1
0
0
0
0
0
1
3
0
5
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
3
0
3
西多摩
0
0
1
0
0
0
0
2
0
3
本土部
0
0
1
0
0
0
0
2
0
3
表 15 アミメカゲロウ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
北多摩
1
0
0
0
0
0
0
0
0
1
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
西多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
本土部
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1
15
表 16 コウチュウ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
27
0
29
29
0
28
30
23
2
168
北多摩
10
0
11
11
0
19
39
17
1
108
南多摩
6
0
7
4
0
13
38
12
2
82
西多摩
1
0
3
2
0
4
14
9
3
36
本土部
8
0
19
9
0
17
55
28
3
139
表 17 ハチ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
4
0
0
0
0
0
0
7
0
11
北多摩
5
0
0
0
0
0
0
7
0
12
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
6
0
6
西多摩
0
0
0
0
0
0
0
3
0
3
本土部
4
0
0
0
0
0
0
11
0
15
表 18 ハエ目の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
0
0
0
0
0
0
2
2
北多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
5
5
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
8
8
西多摩
0
0
0
0
1
0
0
0
7
8
本土部
0
0
0
0
2
0
0
0
10
12
表 19 チョウ目チョウ類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
区部
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
17
0
0
0
3
0
0
11
2
33
北多摩
9
0
0
0
1
0
0
10
3
23
南多摩
11
0
0
0
3
3
1
3
2
23
西多摩
11
0
0
0
4
2
0
6
2
25
本土部
12
0
0
0
2
3
1
6
2
26
16
表 20 チョウ目ガ類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
1
0
0
0
3
1
0
0
0
5
北多摩
3
0
0
0
1
3
0
0
0
7
南多摩
2
0
0
0
0
1
0
0
0
3
西多摩
1
0
0
0
0
1
0
0
0
2
本土部
3
0
0
0
0
1
0
0
0
4
表 21 甲殻類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
0
0
0
0
0
0
0
0
15
15
北多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
2
2
南多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
5
5
西多摩
0
0
0
0
0
0
0
0
4
4
本土部
0
0
0
0
0
0
0
0
15
15
表 22 クモ類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
区部
1
0
0
0
0
7
3
5
0
16
北多摩
0
0
0
0
0
0
7
9
0
16
南多摩
1
0
0
0
0
2
9
11
0
23
西多摩
0
0
0
0
0
3
9
20
0
32
本土部
0
0
0
0
0
3
13
17
0
33
表 23 貝類の地域区分及びカテゴリー別種数内訳
EX
区部
EW
CR
EN
CR+EN
VU
NT
DD
留意種
合計
10
0
0
0
11
4
7
6
3
41
北多摩
0
0
0
0
0
1
1
0
2
4
南多摩
0
0
0
0
3
7
5
2
3
20
西多摩
0
0
0
0
1
5
15
7
1
29
本土部
10
0
0
0
14
11
20
11
5
71
17
Ⅲ 自然環境の概要
【地形の概略】
東京都の本土部(島しょ部を除く地域)は、日本最大の平野である関東平野の南西部を
占め、その西端は関東山地に達する。東側には沖積層が堆積した沖積低地が広がり、江戸
川を境に千葉県に接する。沖積低地は荒川、多摩川の流域にも広がり、概ね区部の全域に
広がる。
区部とその西側に広がる「山の手」は海岸段丘原由来の洪積台地で、その東あるいは南
端は沖積低地の間に指状に広がっている。東京都の平野部の特色は洪積台地の面積が広い
ことである。台地は、表面を関東ローム層と呼ぶ、那須、男体、赤城、榛名、浅間、箱根、
富士などの諸火山の噴火物起源の土壌で被われている。雑木林や屋敷林の点在する畑地の
広がるかつての武蔵野の風景は、この台地を中心に形成されたものである。海岸段丘の形
成には年代に相違があり、西側の段丘ほど標高が高くなり地形は丘陵状となる。
雲取山など、最西部の山地は、白亜紀から古第三紀に形成された四万十帯と呼ぶ砂岩や
泥岩からなる山地で、その東側の日原などの奥多摩は、秩父帯というチャートや石灰岩体
を含むジュラ紀の泥質堆積物からなる。そのため、奥多摩には各地に石灰岩体が露出した
岩塊が点在し、好石灰岩植物が出現する。
東京都本土部の自然景観は、概ね低地、台地、丘陵地、山地の 4 つに類型区分されるが、
行政区分上の区部は低地と台地、北多摩は台地と丘陵地、南多摩は丘陵地と山地、西多摩
は山地を主要部分とし、行政区分は自然景観上の区分を反映したものとなっている。
【植生の概略】
植生とは、植物学的な地球表層の様相をいうが、それは温度・水・栄養塩類の資源量と
いう自然環境の相違を反映して成り立っている。植生の違いは植生を構成する植物相の違
いを反映したものであり、生態系の生産者としての植生の違いは消費者である動物の生存
にもその影響が及ぶ。
東京都の植生帯は、低地から丘陵地、山地の低山にかけての地域は照葉樹林帯に、山地
の中腹や低い稜線部分は夏緑林帯に含まれる。照葉樹林帯の主要となる森林植生はスダジ
イ林で、台地や丘陵地にはシラカシ林があったと推定されるが、現在はほとんど残ってい
ない。南多摩や西多摩での丘陵地や山麓の開発は、ウラジロガシ林などの北限に近い山地
性の照葉樹林の植物相に大きな影響を及ぼし、絶滅種や危惧種が集中する。台地は人の手
で管理された雑木林と呼ぶ、コナラ、クヌギ、クリを主体とした落葉性の二次林が最近ま
で広範囲に見られたが、今はほとんど見られない。照葉樹林帯は、都市化の中核として、
家屋が密集し、その間に都市公園や人工緑地が点在する、きわめて人工的な植生が占めて
いる。田畑も存在したかつての低地には湿生地の植生も広く見られたが、今や保全緑地な
どにわずかに残るだけである。
18
夏緑林帯は面積的には小規模であるが、ブナ林とミズナラ林が卓越する。ブナ林は林床
にスズタケが生える、太平洋型のブナ林である。ミズナラ林の多くは二次林の放置に起源
をもつ林であり、その由来と組成は一様ではない。スギやヒノキの植林地が広い範囲に広
がる。竹林もあるが面積的には少ない。
高尾山、御岳山などの山地では、照葉樹林帯と夏緑林帯の境界付近は斜面が急で土壌が
薄くなる。そのような貧栄養土壌の急斜面にモミとツガからなる温帯性針葉樹林やイヌブ
ナ林が出現する。一方、夏緑林帯の上方にはシラビソ、オオシラビソ、コメツガを主とす
る亜高山性針葉樹林が出現するが、東京都の場合はその面積は限られている。中部地方な
どで亜高山針葉樹林帯を抜け出た山頂付近に発達する、ハイマツやチングルマなどの高山
植生は東京都には見られない。
19
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図 50m メッシュ(標高)を使用した。(承認番号 平 21 業使、第 725 号)
また、
「国土数値情報(行政区域データ、河川データ) 国土交通省」を使用して作成した。
図2 地形概略図
Ⅳ 保護上重要な野生生物種
1.植物
【選定・評価方法の概要】
絶滅や絶滅が危惧される種の選定と評価は、原則として環境省版レッドリストカテゴリ
ー(2007)の定量的要件を用いた。その際、IUCN(2003)による「地域レベルでレッドリ
スト基準を適用する場合のガイドライン」
(Guidelines for Application of IUCN Red List
Criteria at Regional Levels, Version3.0)を参考に、隣接地域にふつうに生育する種に
ついては、当該地域での生育状況について得られるランクから1ないし 2 段階下げて評価
した。
なお動物の一部で行われた本土部全体のランク付けを植物では見送った。その理由は、
区分された 4 地域が、低平地(区部)、丘陵地(北多摩)、丘陵地(南多摩)
、山地(西多摩)
と地域ごとに主要な植生帯を異にしており、全体としてのランク付けの意義を見出すこと
ができないとの判断によるものである。
検討対象種は、東京都(本土部)に野生する植物全種の一覧を含む『東京都の野生生物
種目録 1998 年版』を基礎に、前回(1998 年版)の掲載種 642 種に 257 種を加えた計 899
種とした。
【選定・評価結果の概要】
検討対象種 899 種について、1 種ずつ評価を行った結果、本書に掲載される絶滅または絶
滅が危惧される種として選定されたのは 800 種で、その数は前回(1998 年)の調査での選
定に比べて 158 種増加した。
種数の増加は、主に各種の開発による自然環境のかく乱と破壊が 1998 年以降も進行し、
生育場所の環境の劣化によっている。酸性雨や大気汚染、あるいは温暖化など自然環境自
体の変化が、絶滅やその危惧の増大の原因と考えられるケースは見出せなかった。副次的
ではあるが、環境省基準の採用によって前回とは異なった評価を行ったことも選定数の増
加をもたらしている。また、現地情報が前回に比べ格段に増加し、絶滅に瀕している現状
を明らかにしたことも選定種の増加に関係している。
こうした評価方法の客観性の向上と現地情報の増加にみる絶滅危惧種への関心の高まり
は、前回調査に比べ絶滅や絶滅危惧種に関する情報の精度と信頼度を大幅に高めている。
現地情報の増加は、主に植物愛好家や各種団体によって行われてきた自発的な小地域ごと
の克明な植物相調査の結果によるものであることを記しておく。
今回新たにキレハオオクボシダ、アズマギク、ツルカコソウなどの絶滅が確認され、都
における絶滅(EX)は 68 種になった。
区部ではヒキノカサ、マツモ、ハナムグラなど、絶滅種が 168 種ときわめて多い。区部
21
の植物相全体をまとめた資料はないが、
『日本産物志・武蔵部(上・下巻)
』
(伊藤圭介,1873.
文部省)や「東京近郊植物採集地」
(著者不明,1888.植物学雑誌 2 巻,pp.89-90,119-120.)
は最初期のものである。その後、
『武蔵野植物記』(檜山庫三,1953.内田老鶴圃)と『武蔵
野の植物』
(檜山庫三,1965.井上書店)が出版され、後者は評価に際して、区部と北多摩地
域での主な対照データとして用いた。
区部と北多摩地域では、かつては丘陵地だけでなく、低地においても豊かな自然が存在
したことが示され、上記地区における植生復元を考えるうえでも檜山(1953、1965)は重
要な情報である。北多摩についてはそれ以降の開発が著しく、現状に関する調査が特に望
まれるところである。
南多摩地域は、高地性の種を欠くものの、低平地から山地にいたる植生帯の広がりを反
映した、多様性の高い植物相が発達している。宅地等の開発が進み、立地の分断が急速に
進んだが、都心からわずか約 50km の距離にある高尾山をはじめとして、植物相は今なお良
好な状態で維持され、高い種多様性を維持している。一方、準絶滅危惧(NT)
、情報不足(DD)
まで含めると 431 種に達する絶滅危惧種が生育しており、1 千 3 百万人の人口を抱える首都
東京の一部ともいえるこの地域の多様性とその維持が世界的にも注目される所以である。
西多摩地域は、低平地も含むが、主要な植生帯は丘陵地と関東山地の一部をなす山地の
森林植生である。南多摩地域同様に植物相の種多様性は高く、1 千 3 百万都市に接する立地
として驚異的である。また、山地を中心に石灰岩が露出した立地が散見し、石灰岩地に特
有な好石灰岩性植物が生育する。絶滅危惧種(CR、EN、VU)が 447 種、準絶滅危惧(NT)
が 79 種あり、東京都の生物多様性保全のうえからは特に重要な地域である。なお、亜高山
性のタカネバラ、ウラジロヒカゲツツジ、カモメランなどは、山頂部や尾根の高所に少な
い個体数が見出されるに過ぎない。
前回の評価から削除またはランクが下がった種は、基準が異なり、単純に比べることは
できないが、タコノアシやミゾコウジュなどはランクが下がった。いずれの場合も生育状
況が改善された結果ということもあるが、調査が進んで分布についての情報が増加した結
果とも考えられる。西多摩地域を中心に分布域の拡大と個体数の増加が顕著なニホンジカ
により、植物相は影響を受けている。このことに限らず、現在のところ絶滅の危惧の程度
が高くなく選定から漏れている種が、今後、気づかないうちに広範囲から消失する可能性
もないとはいえない。比較的良好な環境が保たれていることを指標する種の動向も注目さ
れる。
今回は主に既存の資料を用いて評価がなされたが、水生植物を中心に分布の実態や分類
学的な同定がほとんど行われていない分類群も多くある。
(大場 秀章)
22
植物(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
学名
区部
PTERIDOPHYTA
シダ植物門
Psilotaceae
マツバラン科
Psilotum nudum
マツバラン
Lycopodiaceae
ヒカゲノカズラ科
Lycopodium chinense
ヒメスギラン
Lycopodium clavatum
ヒカゲノカズラ
Lycopodium cryptomerinum
スギラン
Lycopodium obscurum
マンネンスギ
Lycopodium serratum
トウゲシバ,ホソバトウゲシバ
Selaginellaceae
イワヒバ科
Selaginella helvetica
エゾノヒメクラマゴケ
Selaginella nipponica
タチクラマゴケ
Selaginella shakotanensis
ヒモカズラ
Selaginella tamamontana
ヤマクラマゴケ
Isoetaceae
ミズニラ科
Isoetes japonica
ミズニラ
Equisetaceae
トクサ科
Equisetum palustre
イヌスギナ
Ophioglossaceae
ハナヤスリ科
Botrychium nipponicum
アカハナワラビ
Botrychium virginianum
ナツノハナワラビ
Ophioglossum petiolatum
コヒロハハナヤスリ
Ophioglossum thermale var.
コハナヤスリ
nipponicum
Ophioglossum vulgatum
ヒロハハナヤスリ
Osmundaceae
ゼンマイ科
Osmunda cinnamomea var. fokiensis
ヤマドリゼンマイ
Osmunda claytoniana
オニゼンマイ
Osmunda lancea
ヤシャゼンマイ
Plagiogyriaceae
キジノオシダ科
Plagiogyria euphlebia
オオキジノオ
Plagiogyria japonica
キジノオシダ
Gleicheniaceae
ウラジロ科
Dicranopteris linearis
コシダ
Gleichenia japonica
ウラジロ
Hymenophyllaceae
コケシノブ科
Crepidomanes amabile
ヒメハイホラゴケ
Crepidomanes birmanicum
ハイホラゴケ
Crepidomanes latealatum
アオホラゴケ
Crepidomanes minutum
ウチワゴケ
Crepidomanes schmidtianum
チチブホラゴケ
Hymenophyllum wrightii
コケシノブ
Dennstaedtiaceae
コバノイシカグマ科
Dennstaedtia scabra
コバノイシカグマ
Dennstaedtia wilfordii
オウレンシダ
Hypolepis punctata
イワヒメワラビ
Microlepia pseudostrigosa
フモトカグマ
Monachosorum maximowiczii
フジシダ
Lindsaeaceae
ホングウシダ科
Sphenomeris chinensis
ホラシノブ
Davalliaceae
シノブ科
23
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
-
-
○
EN
NT
・
-
-
-
EN
-
-
-
-
-
-
EN
VU
EN
NT
CR
CR
VU
EN
NT
VU
・
CR
・
・
・
-
・
・
・
VU
・
・
EX
VU
CR
NT
DD
EX
VU
VU
EN
-
EN
-
-
CR
VU
-
-
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
EN
VU
-
EN
EN
VU
EN
-
・
EN
-
・
-
VU
-
VU
VU
EN
NT
・
・
・
・
EN
VU
EN
VU
・
・
・
DD
NT
VU
VU
NT
・
・
・
DD
・
・
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
VU
-
-
VU
○
○
VU
・
NT
VU
・
DD
DD
・
・
CR
EX
NT
・
・
CR
VU
○
○
○
○
EX
・
・
VU
DD
DD
VU
-
NT
和名
シノブ
ホウライシダ科
ミズワラビ
ヒメウラジロ
ミヤマウラジロ
イワウラジロ
カラクサシダ
シシラン科
シシラン
ナカミシシラン
イノモトソウ科
アマクサシダ
オオバノハチジョウシダ
マツザカシダ
チャセンシダ科
ヒメイワトラノオ
トキワトラノオ
オクタマシダ
クモノスシダ
イチョウシダ
コタニワタリ
トキワシダ
シシガシラ科
オサシダ
シシガシラ
コモチシダ
オシダ科
カナワラビ
ホソバカナワラビ
ホソバナライシダ
ナンゴクナライシダ
シノブカグマ
ミドリカナワラビ
オニカナワラビ
キヨスミヒメワラビ
メヤブソテツ
ミヤコヤブソテツ
イワヘゴ
サイゴクベニシダ
オオクジャクシダ
マルバベニシダ
サクライカグマ
ギフベニシダ
トウゴクシダ
ミヤマクマワラビ
ワカナシダ
ヒメイタチシダ
ナガバノイタチシダ
タニヘゴ
ホソイノデ
アスカイノデ
チャボイノデ
アイアスカイノデ
トヨグチイノデ
オニイノデ
シムライノデ
学名
Davallia mariesii
Parkeriaceae
Ceratopteris thalictroides
Cheilanthes argentea
Cheilanthes brandtii
Cheilanthes krameri
Pleurosoriopsis makinoi
Vittariaceae
Vittaria flexuosa
Vittaria fudzinoi
Pteridaceae
Pteris dispar
Pteris excelsa
Pteris nipponica
Aspleniaceae
Asplenium capillipes
Asplenium pekinense
Asplenium pseudowilfordii
Asplenium ruprechtii
Asplenium ruta-muraria
Asplenium scolopendrium
Asplenium yoshinagae
Blechnaceae
Blechnum amabile
Blechnum niponicum
Woodwardia orientalis
Dryopteridaceae
Arachniodes amabilis var. fimbriata
Arachniodes aristata
Arachniodes borealis
Arachniodes miqueliana
Arachniodes mutica
Arachniodes nipponica
Arachniodes simplicior var. major
Ctenitis maximowicziana
Cyrtomium caryotideum
Cyrtomium fortunei var. intermedium
Dryopteris atrata
Dryopteris championii
Dryopteris dickinsii
Dryopteris fuscipes
Dryopteris gymnophylla
Dryopteris kinkiensis
Dryopteris nipponensis
Dryopteris polylepis
Dryopteris pycnopteroides
Dryopteris sacrosancta
Dryopteris sparsa
Dryopteris tokyoensis
Polystichum braunii
Polystichum fibrillosopaleaceum
Polystichum igaense
Polystichum longifrons
Polystichum ohmurae
Polystichum rigens
Polystichum shimurae
24
区部
-
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
EX
VU
NT
EW
DD
・
・
・
-
-
・
・
・
-
VU
-
・
VU
-
VU
NT
CR
VU
・
・
・
・
-
-
EN
CR
EX
・
・
・
・
・
NT
VU
EN
・
CR
EN
・
・
・
DD
-
CR
・
・
・
・
・
-
・
・
・
NT
・
VU
-
CR
・
VU
NT
VU
NT
CR
CR
VU
・
-
DD
・
DD
-
・
NT
○
○
VU
VU
・
・
EN
・
・
・
・
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
DD
・
・
DD
・
EX
・
VU
・
VU
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
-
・
・
・
・
-
-
EX
-
・
-
・
VU
・
EN
・
・
・
VU
VU
VU
VU
EN
CR
EN
VU
VU
NT
VU
VU
CR
EN
VU
EN
NT
NT
・
VU
・
NT
EN
VU
EN
VU
NT
○
CR
EN
VU
VU
VU
CR
VU
CR
EN
DD
-
NT
○
・
○
○
CR
-
CR
VU
VU
・
・
VU
VU
VU
○
○
・
VU
・
DD
DD
CR
VU
EN
和名
ヒメカナワラビ,キヨズミシダ
オオキヨズミシダ
ヒメシダ科
コハシゴシダ
タチヒメワラビ
ハシゴシダ
ハリガネワラビ
イワデンダ科
ウスヒメワラビ
テバコワラビ
カラクサイヌワラビ
サトメシダ
ミヤコイヌワラビ
ホソバイヌワラビ
イワイヌワラビ
タカネサトメシダ
カラフトミヤマシダ
イッポンワラビ
タカオシケチシダ
ヤマヒメワラビ
セイタカシケシダ
フモトシケシダ
ミヤマシケシダ
ミドリワラビ
イワヤシダ
ヒカゲワラビ
シロヤマシダ
オニヒカゲワラビ
ヘラシダ
イワウサギシダ
エビラシダ
キンモウワラビ
コガネシダ
ウラボシ科
ミヤマウラボシ
マメヅタ
ホテイシダ
サジラン
クリハラン
オシャグジデンダ
アオネカズラ
ミョウギシダ
ヤツシロヒトツバ
イワオモダカ
ヒトツバ
ヒメウラボシ科
キレハオオクボシダ
オオクボシダ
デンジソウ科
デンジソウ
サンショウモ科
サンショウモ
アカウキクサ科
学名
区部
Polystichum tsussimense var.
tsussimense
Polystichum tsussimense var.
mayebarae
Thelypteridaceae
Thelypteris angustifrons
Thelypteris bukoensis
Thelypteris glanduligera
Thelypteris japonica
Woodsiaceae
Acystopteris japonica
Athyrium atkinsonii
Athyrium clivicola
Athyrium deltoidofrons
Athyrium frangulum
Athyrium iseanum
Athyrium nikkoense
Athyrium pinetorum
Athyrium spinulosum
Cornopteris crenulatoserrulata
Cornopteris decurrenti-alata var.
pilosella
Cystopteris sudetica
Deparia dimorphophylla
Deparia pseudoconilii
Deparia pycnosora var. pycnosora
Deparia viridifrons
Diplazium cavalerianum
Diplazium chinense
Diplazium hachijoense
Diplazium nipponicum
Diplazium subsinuatum
Gymnocarpium jessoense
Gymnocarpium oyamense
Hypodematium crenatum subsp.
fauriei
Woodsia macrochlaena
Polypodiaceae
Crypsinus veitchii
Lemmaphyllum microphyllum
Lepisorus annuifrons
Loxogramme duclouxii
Neocheiropteris ensata
Polypodium fauriei
Polypodium niponicum
Polypodium someyae
Pyrrosia × nipponica
Pyrrosia hastata
Pyrrosia lingua
Grammitidaceae
Ctenopteris sakaguchiana
Xiphopteris okuboi
Marsileaceae
Marsilea quadrifolia
Salviniaceae
Salvinia natans
Azollaceae
25
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
VU
VU
・
・
VU
DD
・
・
DD
CR
・
・
-
CR
VU
・
・
VU
○
○
○
○
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
DD
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
VU
CR
VU
VU
・
・
・
・
EN
CR
VU
EN
VU
VU
EN
EN
DD
NT
・
・
VU
VU
・
DD
VU
・
・
・
・
・
EX
・
・
・
・
-
-
-
・
・
・
・
・
・
・
・
・
NT
NT
NT
VU
EX
-
CR
・
VU
・
VU
VU
NT
-
VU
・
VU
・
DD
・
CR
VU
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
・
DD
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
-
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
VU
○
○
・
EN
DD
EN
・
・
・
・
・
VU
VU
CR
EN
CR
EX
DD
CR
VU
・
・
・
・
・
・
EX
CR
EN
CR
-
・
・
VU
DD
DD
DD
-
VU
VU
○
VU
EN
和名
オオアカウキクサ
種子植物門
裸子植物亜門
マツ科
イラモミ,マツハダ
トウヒ
ハリモミ,バラモミ
ヒノキ科
ミヤマビャクシン
ネズ,ムロ,ネズミサシ
被子植物亜門
双子葉植物綱
離弁花亜綱
ヤナギ科
ジャヤナギ
ネコヤナギ
シバヤナギ
オノエヤナギ
コゴメヤナギ
シライヤナギ
チチブヤナギ
カバノキ科
ハンノキ
チチブミネバリ
ヤエガワカンバ,コオノオレ
ジゾウカンバ,イヌブシ
オノオレカンバ
ツノハシバミ
ブナ科
ナラガシワ(アオナラガシワ,
アオミズナラを含む)
イラクサ科
トキホコリ
カテンソウ
タチゲヒカゲミズ
ミズ
コケミズ
コバノイラクサ
ヤドリギ科
マツグミ
ツチトリモチ科
ミヤマツチトリモチ
タデ科
ナガバノヤノネグサ
ヒメタデ(ホソバイヌタデを含
む)
ヤナギヌカボ
ナガバノウナギツカミ
シロバナサクラタデ
サデクサ
サクラタデ
ヌカボタデ,コヌカボタデ
ナデシコ科
ナンバンハコベ
カワラナデシコ,ナデシコ
学名
Azolla japonica
SPERMATOPHYTA
GYMNOSPERMAE
Pinaceae
Picea bicolor
Picea jezoensis var. hondoensis
Picea polita
Cupressaceae
Juniperus chinensis var. sargentii
Juniperus rigida
ANGIOSPERMAE
DICOTYLEDONEAE
ARCHICHLAMYDEAE
Salicaceae
Salix eriocarpa
Salix gracilistyla
Salix japonica
Salix sachalinensis
Salix serissaefolia
Salix shiraii var. shiraii
Salix shiraii var. kenoensis
Betulaceae
Alnus japonica
Betula chichibuensis
Betula davurica
Betula globispica
Betula schmidtii
Corylus sieboldiana
Fagaceae
Quercus aliena
Urticaceae
Elatostema densiflorum
Nanocnide japonica
Parietaria micrantha var. coreana
Pilea hamaoi
Pilea peploides
Urtica laetevirens
Loranthaceae
Taxillus kaempferi
Balanophoraceae
Balanophora nipponica
Polygonaceae
Persicaria breviochreata
Persicaria erectominor
Persicaria foliosa var. paludicola
Persicaria hastatosagittata
Persicaria japonica
Persicaria maackiana
Persicaria macrantha subsp.
conspicua
Persicaria taquetii
Caryophyllaceae
Cucubalus baccifer var. japonicus
Dianthus superbus var. longicalycinus
26
区部
DD
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
-
DD
VU
EN
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
VU
VU
VU
・
・
・
・
・
CR
CR
EN
NT
VU
・
NT
・
・
・
VU
VU
・
NT
VU
・
・
VU
VU
VU
VU
○
○
VU
・
・
VU
CR
VU
VU
・
・
・
・
VU
VU
・
・
・
・
VU
VU
・
CR
・
VU
VU
CR
CR
CR
VU
○
○
・
・
EN
EN
EX
VU
・
EX
VU
・
CR
VU
・
NT
VU
・
CR
CR
○
○
・
NT
VU
・
CR
NT
VU
VU
・
VU
VU
VU
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
CR
EX
・
・
VU
CR
EX
EN
VU
EX
・
VU
CR
EX
・
VU
CR
・
・
VU
CR
VU
NT
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
・
VU
VU
NT
VU
NT
VU
○
VU
EN
NT
VU
VU
VU
VU
1
和名
ワチガイソウ
ヒナワチガイソウ
ワダソウ
ヒゲネワチガイソウ
フシグロセンノウ
アカザ科
ミドリアカザ
ヒユ科
ヤナギイノコズチ
マツブサ科
チョウセンゴミシ
クスノキ科
シロモジ
カゴノキ
キンポウゲ科
フジレイジンソウ
アズマレイジンソウ
ルイヨウショウマ
フクジュソウ
ニリンソウ
キクザキイチゲ
アズマイチゲ
レンゲショウマ
ヤマオダマキ
サラシナショウマ
フジセンニンソウ
ミヤマハンショウヅル
カザグルマ
トリガタハンショウヅル
ウスギオウレン
バイカオウレン,ゴカヨウオウ
レン
トウゴクサバノオ
ミスミソウ
オキナグサ
バイカモ,ウメバチモ
ヒキノカサ
シギンカラマツ
ミョウギカラマツ
ノカラマツ
メギ科
ヒロハヘビノボラズ
ルイヨウボタン
イカリソウ
ツヅラフジ科
コウモリカズラ
スイレン科
ジュンサイ
オニバス
コウホネ
ヒメコウホネ
ヒツジグサ
マツモ科
マツモ,キンギョモ
学名
区部
Pseudostellaria heterantha var.
heterantha
Pseudostellaria heterantha var.
linearifolia
Pseudostellaria heterophylla
Pseudostellaria palibiniana
Silene miqueliana
Chenopodiaceae
Chenopodium bryoniifolium
Amaranthaceae
Achyranthes longifolia
Schisandraceae
Schisandra chinensis
Lauraceae
Lindera triloba
Litsea coreana
Ranunculaceae
Aconitum fudjisanense
Aconitum pterocaule
Actaea asiatica
Adonis ramosa
Anemone flaccida
Anemone pseudoaltaica
Anemone raddeana
Anemonopsis macrophylla
Aquilegia buergeriana
Cimicifuga simplex
Clematis fujisanensis
Clematis ochotensis var. japonica
Clematis patens
Clematis tosaensis
Coptis lutescens
Coptis quinquefolia
Dichocarpum trachyspermum
Hepatica nobilis var. japonica
Pulsatilla cernua
Ranunculus nipponicus var. submersus
Ranunculus ternatus
Thalictrum actaeifolium
Thalictrum minus var. chionophyllum
Thalictrum simplex var. brevipes
Berberidaceae
Berberis amurensis
Caulophyllum robustum
Epimedium grandiflorum var.
thunbergianum
Menispermaceae
Menispermum dauricum
Nymphaeaceae
Brasenia schreberi
Euryale ferox
Nuphar japonica
Nuphar subintegerrima
Nymphaea tetragona
Ceratophyllaceae
Ceratophyllum demersum
27
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
CR
CR
-
CR
-
-
EX
・
EX
CR
・
CR
CR
・
VU
・
CR
VU
・
・
・
CR
VU
VU
VU
VU
・
・
・
EX
・
・
・
・
・
NT
CR
NT
・
・
・
・
NT
・
EX
・
・
・
・
・
EX
・
・
・
・
・
・
NT
・
VU
・
・
NT
・
・
CR
・
・
CR
VU
・
CR
・
VU
CR
CR
○
○
CR
VU
CR
EX
CR
VU
VU
VU
・
○
○
CR
・
CR
・
・
CR
CR
CR
CR
CR
・
・
CR
・
・
EX
EX
EX
EX
・
EX
・
・
EX
EX
・
・
・
・
VU
EX
EW
EX
・
CR
・
・
VU
・
EW
CR
・
CR
CR
・
・
・
・
・
・
VU
CR
VU
EN
EN
VU
VU
EX
EX
CR
CR
EX
CR
VU
CR
CR
・
EX
VU
・
EX
EX
・
VU
・
EW
・
・
VU
・
EX
EX
EX
EX
EX
VU
CR
2
NT
NT
VU
VU
CR
VU
VU
VU
3
和名
ドクダミ科
ハンゲショウ,カタシログサ
ウマノスズクサ科
ウマノスズクサ
ランヨウアオイ
ウスバサイシン
タマノカンアオイ
ボタン科
ヤマシャクヤク
ベニバナヤマシャクヤク
マタタビ科
ウラジロマタタビ
オトギリソウ科
トモエソウ
アゼオトギリ
ミズオトギリ
モウセンゴケ科
ムジナモ
モウセンゴケ
ケシ科
キケマン
ナガミノツルケマン
ヤマブキソウ
オサバグサ
アブラナ科
エゾハタザオ
シコクハタザオ
コンロンソウ
ミズタガラシ
キバナハタザオ
ハタザオ
ベンケイソウ科
ショウドシマベンケイソウ
マツノハマンネングサ
アズマツメクサ
ユキノシタ科
チダケサシ
ネコノメソウ,ミズネコノメソウ
ヤマネコノメソウ
オオコガネネコノメ
ウメウツギ
シラヒゲソウ
ウメバチソウ
ヤワタソウ
タコノアシ
ヤシャビシャク
ヤブサンザシ
ザリコミ
ジンジソウ
ダイモンジソウ
クロクモソウ
イワユキノシタ
バラ科
チョウセンキンミズヒキ
ザイフリボク
ヤブザクラ
学名
区部
Saururaceae
Saururus chinensis
Aristolochiaceae
Aristolochia debilis
Asarum blumei
Asarum sieboldii
Asarum tamaense
Paeoniaceae
Paeonia japonica
Paeonia obovata
Actinidiaceae
Actinidia arguta var. hypoleuca
Guttiferae
Hypericum ascyron
Hypericum oliganthum
Triadenum japonicum
Droseraceae
Aldrovanda vesiculosa
Drosera rotundifolia
Papaveraceae
Corydalis heterocarpa var. japonica
Corydalis raddeana
Hylomecon japonica
Pteridophyllum racemosum
Cruciferae
Arabis pendula
Arabis serrata var. shikokiana
Cardamine leucantha
Cardamine lyrata
Sisymbrium luteum
Turritis glabra
Crassulaceae
Hylotelephium verticillatum var.
lithophilos
Sedum hakonense
Tillaea aquatica
Saxifragaceae
Astilbe microphylla
Chrysosplenium grayanum
Chrysosplenium japonicum
Chrysosplenium pilosum var. fulvum
Deutzia uniflora
Parnassia foliosa
Parnassia palustris
Peltoboykinia tellimoides
Penthorum chinense
Ribes ambiguum
Ribes fasciculatum
Ribes maximowiczianum
Saxifraga cortusifolia
Saxifraga fortunei var. alpina
Saxifraga fusca var. kikubuki
Tanakaea radicans
Rosaceae
Agrimonia coreana
Amelanchier asiatica
Cerasus hisauchiana
28
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
CR
CR
CR
・
VU
・
・
DD
VU
・
・
CR
VU
CR
・
VU
VU
・
CR
・
VU
・
・
・
・
CR
CR
CR
CR
NT
VU
・
・
VU
VU
EX
CR
EX
EX
EX
EX
VU
EX
CR
VU
・
・
EW
EX
・
EX
・
EX
・
DD
EX
・
CR
・
・
・
CR
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
VU
・
・
・
・
・
EX
・
・
・
VU
・
VU
・
・
CR
・
CR
VU
VU
NT
CR
・
CR
VU
・
・
・
VU
・
EX
・
EX
・
EN
CR
EN
EN
VU
VU
・
・
・
・
・
NT
・
・
・
・
・
・
・
EN
VU
VU
・
・
・
・
・
NT
・
・
・
・
・
・
・
NT
NT
NT
・
・
・
EN
・
NT
・
CR
・
・
・
・
・
NT
NT
NT
VU
CR
CR
EN
CR
NT
CR
CR
CR
EN
EN
CR
CR
・
・
・
EN
・
・
EN
EX
VU
EN
CR
VU
EN
CR
NT
VU
NT
VU
NT
NT
VU
EN
和名
ブコウマメザクラ
エドヒガン
タマノホシザクラ,ホシザクラ
オオダイコンソウ
リンボク
ズミ
シウリザクラ
カワラサイコ
ギンロバイ
ヒロハノカワラサイコ
タカネバラ
エゾキイチゴ,カナヤマイチ
ゴ
エビガライチゴ,ウラジロイチ
ゴ
サナギイチゴ
コジキイチゴ
アイズシモツケ
イワシモツケ
カナウツギ
コキンバイ
マメ科
クサネム
ホドイモ
モメンヅル
カワラケツメイ
ノアズキ,ヒメクズ
イワオウギ,タテヤマオウギ
レンリソウ
キハギ
イヌハギ
マキエハギ
タンキリマメ
ヨツバハギ
オオバクサフジ
カタバミ科
カントウミヤマカタバミ
オオヤマカタバミ
フウロソウ科
グンナイフウロ
タチフウロ
アサマフウロ
コフウロ
アマ科
マツバニンジン,マツバナデ
シコ
トウダイグサ科
ニシキソウ
ノウルシ
マルミノウルシ
センダイタイゲキ
ミカン科
オオバノキハダ,オオバキハ
ダ
ヒメハギ科
ヒメハギ
ヒナノキンチャク
学名
Cerasus incisa var. bukosanensis
Cerasus spachiana
Cerasus tamaclivorum
Geum aleppicum
Laurocerasus spinulosa
Malus toringo
Padus ssiori
Potentilla chinensis
Potentilla fruticosa var. leucantha
Potentilla niponica
Rosa nipponensis
区部
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
CR
EN
・
VU
VU
・
CR
・
CR
4
・
・
VU
・
VU
VU
VU
VU
VU
・
・
DD
VU
VU
VU
・
・
CR
・
VU
VU
VU
・
・
CR
Rubus idaeus
・
・
・
VU
Rubus phoenicolasius
・
NT
NT
NT
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EN
・
VU
CR
VU
VU
・
CR
VU
・
・
EX
・
・
EX
VU
VU
EX
VU
・
・
VU
VU
・
VU
VU
・
EN
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
NT
EX
VU
VU
・
VU
・
NT
・
VU
VU
CR
VU
○
○
VU
VU
・
VU
VU
VU
VU
・
VU
VU
EW
・
CR
・
NT
CR
NT
CR
・
EX
・
・
・
CR
・
・
EX
EN
・
・
EX
EN
EN
EN
・
・
EX
・
CR
NT
EX
・
EX
NT
・
・
・
VU
・
CR
・
VU
・
CR
CR
NT
NT
NT
・
・
CR
CR
VU
EX
○
○
○
・
・
CR
Rubus pungens
Rubus sumatranus
Spiraea chamaedryfolia var. pilosa
Spiraea nipponica
Stephanandra tanakae
Waldsteinia ternata
Leguminosae
Aeschynomene indica
Apios fortunei
Astragalus reflexistipulus
Chamaecrista nomame
Dunbaria villosa
Hedysarum vicioides subsp. japonicum
Lathyrus quinquenervius
Lespedeza buergeri
Lespedeza tomentosa
Lespedeza virgata
Rhynchosia volubilis
Vicia nipponica
Vicia pseudo-orobus
Oxalidaceae
Oxalis griffithii var. kantoensis
Oxalis obtriangulata
Geraniaceae
Geranium eriostemon var. reinii
Geranium krameri
Geranium soboliferum
Geranium tripartitum
Linaceae
Linum stelleroides
Euphorbiaceae
Chamaesyce humifusa
Euphorbia adenochlora
Euphorbia ebracteolata
Euphorbia sendaica
Rutaceae
Phellodendron amurense var.
japonicum
Polygalaceae
Polygala japonica
Polygala tatarinowii
29
VU
VU
VU
NT
EN
和名
ドクウツギ科
ドクウツギ
ツリフネソウ科
ツリフネソウ
ニシキギ科
イワウメヅル
オオツルウメモドキ,シタキツ
ルウメモドキ
モクレイシ
ツゲ科
ツゲ,アサマツゲ
クロウメモドキ科
ミヤマクマヤナギ
ヨコグラノキ
クロカンバ
クロツバラ
シナノキ科
シナノキ
ジンチョウゲ科
チョウセンナニワズ
コガンピ
グミ科
ニッコウナツグミ,ツクバグミ
スミレ科
キバナノコマノツメ
ヒゴスミレ
サクラスミレ
イブキスミレ
シロスミレ,シロバナスミレ
タチスミレ
ナガハシスミレ
ミヤマスミレ
シコクスミレ
エゾノアオイスミレ
ゲンジスミレ
シハイスミレ
マキノスミレ
ヒメスミレサイシン
ヒカゲスミレ,エゾコスミレ
ミゾハコベ科
ミゾハコベ
ウリ科
ゴキヅル
ミヤマニガウリ
ミソハギ科
エゾミソハギ
ミズマツバ
ヒシ科
ヒシ
アカバナ科
ヤナギラン
ミズユキノシタ
ミズキンバイ
アリノトウグサ科
タチモ
フサモ
学名
区部
Coriariaceae
Coriaria japonica
Balsaminaceae
Impatiens textorii
Celastraceae
Celastrus flagellaris
Celastrus stephanotifolius
Microtropis japonica
Buxaceae
Buxus microphylla var. japonica
Rhamnaceae
Berchemia pauciflora
Berchemiella berchemiifolia
Rhamnus costata
Rhamnus davurica var. nipponica
Tiliaceae
Tilia japonica
Thymelaeaceae
Daphne pseudomezereum var. koreana
Diplomorpha ganpi
Elaeagnaceae
Elaeagnus montana var. ovata
Violaceae
Viola biflora
Viola chaerophylloides var.
sieboldiana
Viola hirtipes
Viola mirabilis var. subglabra
Viola patrinii
Viola raddeana
Viola rostrata var. japonica
Viola selkirkii
Viola shikokiana
Viola teshioensis
Viola variegata var. nipponica
Viola violacea var. violacea
Viola violacea var. makinoi
Viola yazawana
Viola yezoensis
Elatinaceae
Elatine triandra var. pedicellata
Cucurbitaceae
Actinostemma tenerum
Schizopepon bryoniifolius
Lythraceae
Lythrum salicaria
Rotala mexicana
Trapaceae
Trapa japonica
Onagraceae
Chamaenerion angustifolium
Ludwigia ovalis
Ludwigia peploides subsp. stipulacea
Haloragaceae
Myriophyllum ussuriense
Myriophyllum verticillatum
30
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
EX
EX
CR
CR
NT
NT
○
○
EX
CR
EN
NT
・
EN
VU
VU
・
・
CR
・
・
・
・
VU
・
・
・
EX
・
・
・
CR
・
・
・
CR
CR
CR
CR
CR
・
CR
VU
VU
・
EX
・
CR
・
CR
CR
CR
・
・
・
VU
・
・
・
EN
・
DD
VU
VU
・
・
・
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
DD
・
EX
・
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
CR
CR
CR
・
・
CR
・
・
CR
CR
NT
CR
・
CR
・
CR
・
・
VU
VU
CR
CR
NT
VU
CR
○
○
EX
CR
CR
CR
VU
・
VU
・
CR
・
CR
VU
EX
CR
EX
CR
・
CR
DD
CR
CR
EX
・
DD
・
EX
EX
・
EX
・
EX
EX
・
VU
EX
・
EX
EX
EX
EX
・
・
・
DD
VU
VU
VU
VU
NT
和名
ウコギ科
ミヤマウド
セリ科
イワニンジン(ノダケモドキを
含む)
ハナビゼリ
エキサイゼリ
ミシマサイコ
ホタルサイコ
ドクゼリ
シムラニンジン
ムカゴニンジン
ヌマゼリ
ヒロハヌマゼリ
ミヤマウイキョウ,イワウイキョ
ウ
合弁花亜綱
イワウメ科
ヒメイワカガミ
コイワウチワ,カントウイワウチ
ワ
イチヤクソウ科
ウメガサソウ
シャクジョウソウ
ギンリョウソウモドキ,アキノギ
ンリョウソウ
コバノイチヤクソウ
ベニバナイチヤクソウ
イチヤクソウ
ツツジ科
サラサドウダン
ベニドウダン,チチブドウダン
ハナヒリノキ
アズマツリガネツツジ
アズマシャクナゲ
レンゲツツジ
ヒカゲツツジ
ウラジロヒカゲツツジ
アカヤシオ
シロヤシオ,ゴヨウツツジ
サクラソウ科
ノジトラノオ
サワトラノオ,ミズトラノオ
ヤナギトラノオ
クサレダマ,イオウソウ
コイワザクラ
サクラソウ
マチン科
アイナエ
リンドウ科
コケリンドウ
ハルリンドウ
ハナイカリ
ホソバノツルリンドウ
学名
区部
Araliaceae
Aralia glabra
Umbelliferae
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
・
CR
・
・
NT
NT
EX
EX
・
EX
EX
EX
CR
・
EX
EN
・
EX
・
EN
VU
VU
EX
EX
EX
・
EX
EX
EX
EX
・
EX
・
・
CR
DD
・
DD
・
DD
DD
・
・
・
・
CR
・
・
・
VU
・
・
VU
NT
Pyrolaceae
Chimaphila japonica
Monotropa hypopithys
EX
-
EN
VU
NT
VU
NT
VU
Monotropa uniflora
-
VU
VU
VU
・
・
NT
・
・
NT
・
・
EN
VU
○
○
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EN
・
・
・
・
・
・
EN
・
NT
VU
NT
CR
VU
VU
VU
・
・
・
CR
・
・
・
EN
・
・
・
VU
EW
EX
CR
EX
・
EX
VU
EX
・
EN
・
EX
VU
・
・
EN
・
・
VU
・
・
EN
CR
・
EX
EN
EN
EN
EX
EX
・
・
EN
・
・
・
EN
・
・
・
EN
・
CR
CR
Angelica hakonensis
Angelica inaequalis
Apodicarpum ikenoi
Bupleurum falcatum
Bupleurum longiradiatum var.
breviradiatum
Cicuta virosa
Pterygopleurum neurophyllum
Sium sisarum
Sium suave var. nipponicum
Sium suave var. ovatum
Tilingia tachiroei
SYMPETALAE
Diapensiaceae
Schizocodon ilicifolius
Shortia uniflora var. kantoensis
Pyrola alpina
Pyrola asarifolia subsp. incarnata
Pyrola japonica
Ericaceae
Enkianthus campanulatus
Enkianthus cernuus f. rubens
Leucothoe grayana
Menziesia multiflora f. brevicalyx
Rhododendron degronianum
Rhododendron japonicum
Rhododendron keiskei var. keiskei
Rhododendron keiskei var.
hypoglaucum
Rhododendron pentaphyllum var.
nikoense
Rhododendron quinquefolium
Primulaceae
Lysimachia barystachys
Lysimachia leucantha
Lysimachia thyrsiflora
Lysimachia vulgaris var. davurica
Primula reinii
Primula sieboldii
Loganiaceae
Mitrasacme pygmaea
Gentianaceae
Gentiana squarrosa
Gentiana thunbergii
Halenia corniculata
Pterygocalyx volubilis
31
NT
VU
VU
VU
CR
VU
EN
VU
NT
VU
和名
アケボノソウ
センブリ
ムラサキセンブリ
イヌセンブリ
ツルリンドウ
ミツガシワ科
ミツガシワ
ガガブタ
アサザ
キョウチクトウ科
チョウジソウ
ガガイモ科
クサタチバナ
フナバラソウ
ツルガシワ
スズサイコ
ジョウシュウカモメヅル
アズマカモメヅル
コイケマ
コカモメヅル
アカネ科
キクムグラ
ヤブムグラ
ハナムグラ
ホソバノヨツバムグラ
クルマムグラ
カワラマツバ(キバナカワラマ
ツバを含む)
フタバムグラ
ツルアリドオシ
イナモリソウ
シロバナイナモリソウ
オオアカネ
ヒルガオ科
マメダオシ
ムラサキ科
サワルリソウ
オオルリソウ
ムラサキ
ホタルカズラ
ヤマルリソウ
ルリソウ
クマツヅラ科
カリガネソウ
アワゴケ科
ミズハコベ
シソ科
カワミドリ
カイジンドウ
ヒイラギソウ
タチキランソウ
ツルカコソウ
ツクバキンモンソウ
タニジャコウソウ
学名
Swertia bimaculata
Swertia japonica
Swertia pseudochinensis
Swertia tosaensis
Tripterospermum japonicum
Menyanthaceae
Menyanthes trifoliata
Nymphoides indica
Nymphoides peltata
Apocynaceae
Amsonia elliptica
Asclepiadaceae
Cynanchum ascyrifolium
Cynanchum atratum
Cynanchum grandifolium
Cynanchum paniculatum
Cynanchum sublanceolatum var.
macranthum f. auriculatum
Cynanchum sublanceolatum var.
sublanceolatum f. albiflorum
Cynanchum wilfordii
Tylophora floribunda
Rubiaceae
Galium kikumugura
Galium niewerthii
Galium tokyoense
Galium trifidum var.
brevipedunculatum
Galium trifloriforme var. nipponicum
区部
・
EX
・
EX
EX
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
CR
CR
CR
CR
EN
VU
EX
CR
CR
NT
EX
・
・
VU
○
○
VU
CR
EX
VU
・
DD
・
・
・
・
・
・
・
NT
NT
EW
EX
・
・
NT
・
・
・
EX
・
VU
・
CR
・
EN
・
EN
VU
EN
CR
EN
NT
VU
EX
DD
CR
EX
EX
EX
CR
EX
・
-
EX
-
VU
EN
VU
-
VU
EX
EX
-
CR
EX
VU
VU
・
VU
-
・
EX
CR
CR
EN
EX
-
CR
VU
Galium verum subsp. asiaticum
EX
CR
CR
CR
Hedyotis diffusa
Mitchella undulata
Pseudopyxis depressa
Pseudopyxis heterophylla
Rubia hexaphylla
Convolvulaceae
Cuscuta australis
Boraginaceae
Ancistrocarya japonica
Cynoglossum zeylanicum
Lithospermum erythrorhizon
Lithospermum zollingeri
Omphalodes japonica
Omphalodes krameri
Verbenaceae
Caryopteris divaricata
Callitrichaceae
Callitriche palustris
Labiatae
Agastache rugosa
Ajuga ciliata var. villosior
Ajuga incisa
Ajuga makinoi
Ajuga shikotanensis
Ajuga yesoensis var. tsukubana
Chelonopsis longipes
EX
・
・
・
・
EX
CR
・
・
・
VU
VU
VU
CR
・
-
NT
VU
・
EN
EX
EX
EX
EX
・
・
EX
・
・
EX
・
CR
EX
VU
VU
EX
CR
CR
CR
VU
CR
CR
CR
VU
○
○
DD
DD
EW
CR
CR
DD
EX
EX
EN
EN
・
・
・
・
EX
・
・
EX
EX
・
・
EX
EX
・
CR
EX
・
・
・
EN
CR
CR
EX
CR
CR
・
EN
CR
32
NT
VU
VU
CR
EN
VU
EN
NT
VU
NT
和名
アシタカジャコウソウ
ミズネコノオ
ミズトラノオ,ムラサキミズトラ
ノオ
ヒキオコシ
ヤマジオウ
キセワタ
シロネ
ラショウモンカズラ
ヒメハッカ
シラゲヒメジソ,ヒカゲヒメジソ
ヤマジソ
トラノオジソ,レモンエゴマ
キバナアキギリ
ミゾコウジュ,ユキミソウ
ヤマジノタツナミソウ
オカタツナミソウ
ヒメナミキ
トウゴクシソバタツナミソウ
ナス科
イガホオズキ
アオホオズキ
ヤマホオズキ
ヤマホロシ
タカオホロシ
ゴマノハグサ科
サワトウガラシ
アブノメ
タチコゴメグサ
オオアブノメ
学名
区部
・
CR
Chelonopsis yagiharana
Eusteralis stellata
Eusteralis yatabeana
Isodon japonicus
Lamium humile
Leonurus macranthus
Lycopus lucidus
Meehania urticifolia
Mentha japonica
Mosla hirta
Mosla japonica
Perilla frutescens var. hirtella
Salvia nipponica
Salvia plebeia
Scutellaria amabilis
Scutellaria brachyspica
Scutellaria dependens
Scutellaria laeteviolacea var.
abbreviata
Solanaceae
Physaliastrum echinatum
Physaliastrum japonicum
Physalis chamaesarachoides
Solanum japonense var. japonense
Solanum japonense var. takaoyamense
Scrophulariaceae
Deinostema violaceum
Dopatrium junceum
Euphrasia maximowiczii
Gratiola japonica
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
VU
・
・
・
NT
EX
EX
EX
EX
EX
・
EX
VU
EW
EX
NT
EX
・
NT
NT
EX
EX
EX
EX
・
EX
VU
DD
EX
NT
EX
・
NT
NT
EX
VU
EX
VU
・
EN
VU
NT
CR
EN
VU
○
○
・
NT
・
CR
・
NT
CR
・
○
○
NT
CR
VU
EX
NT
-
VU
EX
・
・
VU
VU
EX
・
・
・
・
CR
・
・
・
・
NT
・
CR
NT
NT
NT
CR
CR
NT
NT
EX
EN
・
EX
DD
EN
・
CR
CR
VU
CR
・
-
VU
EN
CR
・
・
EN
VU
VU
VU
NT
NT
NT
VU
EN
VU
ヤマウツボ(ケヤマウツボを含
む)
Lathraea japonica
シソクサ
Limnophila chinensis subsp. aromatica
EX
CR
VU
VU
キクモ
Limnophila sessiliflora
VU
VU
VU
VU
スズメノトウガラシ(エダウチス
ズメノトウガラシ,ヒロハスズメ
ノトウガラシを含む)
Lindernia antipoda
EX
DD
CR
-
EX
・
VU
・
VU
CR
VU
EN
EX
VU
VU
VU
・
・
・
CR
EX
EX
CR
CR
EX
EX
・
・
EN
・
CR
EN
・
CR
EN
・
CR
EN
EN
CR
VU
・
CR
EN
VU
CR
VU
EN
VU
EX
・
・
・
EN
DD
-
○
○
クチナシグサ
ハンカイシオガマ
シオガマギク
トモエシオガマ
ヒメトラノオ
ゴマノハグサ
オオヒナノウスツボ
サツキヒナノウスツボ
オオヒキヨモギ
イヌノフグリ
クガイソウ
ヒシモドキ科
ヒシモドキ
キツネノマゴ科
ハグロソウ
Monochasma sheareri
Pedicularis gloriosa
Pedicularis resupinata subsp.
oppositifolia
Pedicularis resupinata subsp.
teucriifolia var. caespitosa
Pseudolysimachion rotundum var.
petiolatum
Scrophularia buergeriana
Scrophularia kakudensis
Scrophularia musashiensis
Siphonostegia laeta
Veronica polita subsp. lilacina
Veronicastrum japonicum
Trapellaceae
Trapella sinensis
Acanthaceae
Peristrophe japonica
33
VU
VU
和名
ハマウツボ科
オオナンバンギセル
ハマウツボ(オカウツボを含
む)
キヨスミウツボ
タヌキモ科
イヌタヌキモ
ミミカキグサ
ヒメタヌキモ
シャクジイタヌキモ
ムラサキミミカキグサ
スイカズラ科
ニッコウヒョウタンボク
ハヤザキヒョウタンボク
ダイセンヒョウタンボク
カンボク
ゴマキ,ゴマギ
ミヤマシグレ
カリヨセウツギ,ニシキビロー
ドウツギ
キバナウツギ
イワツクバネウツギ
レンプクソウ科
レンプクソウ
オミナエシ科
オミナエシ
キンレイカ
ツルカノコソウ
マツムシソウ科
ナベナ
マツムシソウ
キキョウ科
フクシマシャジン
ミョウギシャジン
ソバナ
ツルギキョウ
バアソブ,ヒメツルニンジン
サワギキョウ
タニギキョウ
キキョウ
キク科
ノコギリソウ,ハゴロモソウ
ヤマハハコ
カワラハハコ
ヤハズハハコ
イヌヨモギ
サガミギク
タテヤマギク
ヒメシオン
カワラノギク
サワシロギク
ウラギク
ハコネギク,ミヤマコンギク
オケラ
タウコギ
学名
区部
Orobanchaceae
Aeginetia sinensis
Orobanche coerulescens
Phacellanthus tubiflorus
Lentibulariaceae
Utricularia australis
Utricularia bifida
Utricularia minor
Utricularia siakujiiensis
Utricularia uliginosa
Caprifoliaceae
Lonicera mochidzukiana
Lonicera praeflorens var. japonica
Lonicera strophiophora var. glabra
Viburnum opulus var. calvescens
Viburnum sieboldii
Viburnum urceolatum f. procumbens
Weigela floribunda var. versicolor
Weigela maximowiczii
Zabelia integrifolia
Adoxaceae
Adoxa moschatellina
Valerianaceae
Patrinia scabiosifolia
Patrinia triloba var. palmata
Valeriana flaccidissima
Dipsacaceae
Dipsacus japonicus
Scabiosa japonica
Campanulaceae
Adenophora divaricata
Adenophora nikoensis var. petrophila
Adenophora remotiflora
Campanumoea javanica var. japonica
Codonopsis ussuriensis
Lobelia sessilifolia
Peracarpa carnosa var. circaeoides
Platycodon grandiflorum
Compositae
Achillea alpina
Anaphalis margaritacea var.
margaritacea
Anaphalis margaritacea var. yedoensis
Anaphalis sinica
Artemisia keiskeana
Aster ageratoides subsp. leiophyllus
var. harae
Aster dimorphophyllus
Aster fastigiatus
Aster kantoensis
Aster rugulosus
Aster tripolium
Aster viscidulus
Atractylodes ovata
Bidens tripartita
34
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
DD
VU
VU
・
CR
・
・
・
・
VU
CR
DD
・
EX
EW
・
DD
・
・
・
・
VU
EX
・
・
EX
VU
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
・
・
・
・
DD
VU
・
・
・
・
・
VU
・
VU
EN
VU
・
・
VU
・
・
VU
VU
・
・
・
・
・
・
VU
VU
・
CR
VU
VU
EX
・
EX
DD
・
VU
VU
・
VU
VU
○
○
EX
・
DD
DD
VU
EN
VU
EN
・
・
EX
・
EX
DD
・
EX
・
・
DD
・
DD
DD
DD
CR
VU
・
VU
CR
EN
VU
VU
CR
EN
CR
NT
・
CR
EN
VU
CR
EX
DD
CR
VU
EX
CR
VU
NT
EX
・
EX
VU
・
EX
VU
EX
NT
VU
CR
NT
・
・
NT
NT
・
EX
EX
EX
EN
・
EX
CR
・
DD
CR
・
・
・
VU
DD
CR
VU
CR
EX
・
・
・
・
VU
・
・
VU
○
○
DD
・
VU
NT
NT
NT
VU
VU
VU
VU
NT
VU
NT
和名
キクタニギク,アワコガネギ
ク,アブラギク
モリアザミ,ヤブアザミ
フジアザミ
キセルアザミ,マアザミ
クサノオウバノギク
アズマギク
フジバカマ
アキノハハコグサ
ヤナギタンポポ
オグルマ
ホソバオグルマ
カセンソウ
タカネニガナ(ホソバノタカネ
ニガナを含む)
タカサゴソウ
カイタカラコウ
オオモミジガサ,トサノモミジ
ガサ
オクヤマコウモリ
ヤマタイミンガサ,タイミンガ
サモドキ
ナガバノコウヤボウキ
オオニガナ
コウシュウヒゴタイ
ミヤコアザミ
ヒメヒゴタイ
タカオヒゴタイ
セイタカトウヒレン,アキノヤ
ハズアザミ
ヤハズヒゴタイ
キクアザミ
コウリンカ
オカオグルマ
サワオグルマ
タムラソウ
ハチジョウナ
オナモミ
単子葉植物綱
オモダカ科
ヘラオモダカ
サジオモダカ
トウゴクヘラオモダカ
マルバオモダカ
アギナシ
ウリカワ
トチカガミ科
スブタ
ヤナギスブタ
クロモ
トチカガミ
ミズオオバコ
コウガイモ
セキショウモ
ヒルムシロ科
学名
区部
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
Chrysanthemum indicum var. boreale
EX
VU
VU
VU
Cirsium dipsacolepis
Cirsium purpuratum
Cirsium sieboldii
Crepidiastrum chelidoniifolium
Erigeron thunbergii
Eupatorium japonicum
Gnaphalium hypoleucum
Hieracium umbellatum
Inula britannica subsp. japonica
Inula britannica subsp. linariifolia
Inula salicina var. asiatica
EX
・
EX
・
EX
DD
EX
・
-
EX
CR
EX
・
EX
・
EX
DD
CR
・
VU
-
CR
VU
VU
CR
・
EX
CR
CR
・
CR
-
VU
VU
VU
・
CR
・
CR
CR
VU
CR
-
VU
・
・
・
EX
EX
・
EX
・
EX
・
・
CR
Miricacalia makineana
・
・
・
CR
Parasenecio maximowicziana var.
alata
・
・
・
CR
Parasenecio yatabei
・
・
・
VU
EX
・
・
EX
EX
・
○
○
○
CR
・
EX
・
・
CR
・
CR
CR
VU
CR
CR
CR
CR
VU
・
EX
CR
CR
・
・
・
EX
EX
・
VU
EX
・
EX
・
DD
EX
CR
・
EX
・
VU
EX
CR
・
CR
・
DD
VU
VU
VU
CR
・
VU
・
VU
NT
NT
NT
NT
EX
DD
DD
DD
DD
EX
CR
DD
DD
・
CR
DD
VU
・
CR
DD
DD
・
DD
DD
VU
VU
NT
EX
EX
NT
EX
VU
CR
EX
DD
EX
VU
VU
VU
VU
EN
EX
EN
VU
・
VU
VU
EN
EX
・
-
・
・
VU
EN
VU
Ixeris alpicola
Ixeris chinensis subsp. strigosa
Ligularia kaialpina
Pertya glabrescens
Prenanthes tanakae
Saussurea amabilis
Saussurea maximowiczii
Saussurea pulchella
Saussurea sinuatoides
Saussurea tanakae
Saussurea triptera
Saussurea ussuriensis
Senecio flammeus subsp. glabrifolius
Senecio integrifolius subsp. fauriei
Senecio pierotii
Serratula coronata subsp. insularis
Sonchus brachyotus
Xanthium strumarium
MONOCOTYLEDONEAE
Alismataceae
Alisma canaliculatum
Alisma plantago-aquatica var.
orientale
Alisma rariflorum
Caldesia parnassiifolia
Sagittaria aginashi
Sagittaria pygmaea
Hydrocharitaceae
Blyxa echinosperma
Blyxa japonica
Hydrilla verticillata
Hydrocharis dubia
Ottelia alismoides
Vallisneria denseserrulata
Vallisneria natans
Potamogetonaceae
35
NT
VU
NT
EN
VU
VU
VU
VU
VU
NT
VU
和名
エビモ
コバノヒルムシロ
ヒルムシロ
センニンモ
ササバモ,サジバモ
オヒルムシロ
ホソバミズヒキモ
ヤナギモ
イトモ
カワツルモ
イバラモ科
イトトリゲモ
イバラモ
トリゲモ
ユリ科
ヒメニラ,ヒメビル
ヤマラッキョウ
アマナ
ヒロハノアマナ
キジカクシ
ステゴビル
アズマシライトソウ
オオチゴユリ,アオチゴユリ
カタクリ
カイコバイモ
ヒメアマナ
キバナノアマナ
シロバナショウジョウバカマ
ゼンテイカ
ムサシノキスゲ
コオニユリ
クルマユリ
ヒメマイヅルソウ,ケマイヅル
ソウ
クルマバツクバネソウ
タカオワニグチソウ
ワニグチソウ
アマドコロ
ヤマトユキザサ,オオバユキ
ザサ
マルバサンキライ
チシマゼキショウ
ヤマジノホトトギス
ホトトギス
タマガワホトトギス
シュロソウ
ヒガンバナ科
キツネノカミソリ
オオキツネノカミソリ
ヤマノイモ科
ニガカシュウ
ミズアオイ科
ミズアオイ
学名
Potamogeton crispus
Potamogeton cristatus
Potamogeton distinctus
Potamogeton maackianus
Potamogeton malaianus
Potamogeton natans
Potamogeton octandrus
Potamogeton oxyphyllus
Potamogeton pusillus
Ruppia maritima
Najadaceae
Najas japonica
Najas marina
Najas minor
Liliaceae
Allium monanthum
Allium thunbergii
Amana edulis
Amana latifolia
Asparagus schoberioides
Caloscordum inutile
Chionographis japonica var.
hisauchiana
Disporum viridescens
Erythronium japonicum
Fritillaria kaiensis
Gagea japonica
Gagea lutea
Heloniopsis orientalis var. flavida
Hemerocallis middendorffii var.
esculenta f. esculenta
Hemerocallis middendorffii var.
esculenta f. musashiensis
Lilium leichtlinii var. tigrinum
Lilium medeoloides
Maianthemum bifolium
Paris verticillata
Polygonatum desoulavyi var. azegamii
Polygonatum involucratum
Polygonatum odoratum var.
pluriflorum
Smilacina hondoensis
Smilax vaginata var. stans
Tofieldia coccinea
Tricyrtis affinis
Tricyrtis hirta
Tricyrtis latifolia
Veratrum maackii var. japonicum
Amaryllidaceae
Lycoris sanguinea var. sanguinea
Lycoris sanguinea var. kiushiana
Dioscoreaceae
Dioscorea bulbifera
Pontederiaceae
Monochoria korsakowii
36
区部
VU
EX
VU
DD
NT
DD
-
-
VU
EX
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
VU
VU
VU
EX
・
・
VU
VU
VU
VU
-
DD
-
NT
NT
NT
-
-
-
DD
-
-
NT
NT
-
VU
VU
・
NT
・
・
・
NT
-
DD
DD
-
-
-
VU
-
-
-
-
-
NT
EX
EX
VU
・
・
・
VU
VU
VU
VU
CR
・
VU
VU
NT
VU
VU
・
VU
VU
NT
CR
DD
VU
・
・
・
CR
VU
・
VU
・
EX
・
EX
・
VU
・
・
・
・
CR
VU
CR
・
EN
CR
CR
NT
・
・
EN
・
EN
EN
・
・
・
VU
・
VU
・
・
・
・
CR
・
VU
・
VU
VU
・
・
・
VU
・
・
VU
・
・
VU
・
CR
NT
VU
・
NT
VU
VU
NT
NT
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
・
・
・
・
NT
VU
・
CR
・
・
NT
VU
・
VU
VU
CR
NT
VU
VU
VU
・
VU
・
NT
VU
NT
VU
EX
VU
NT
NT
CR
EX
EX
・
VU
VU
VU
○
NT
和名
アヤメ科
ヒオウギ
ノハナショウブ
ヒメシャガ
カキツバタ
アヤメ
イグサ科
ハナビゼキショウ
ヒロハノコウガイゼキショウ
タチコウガイゼキショウ
イトイ
アオコウガイゼキショウ,ホソ
バノコウガイゼキショウ
ホソイ
ハリコウガイゼキショウ
イヌイ
ヌカボシソウ,クロボシソウ
ホシクサ科
ホシクサ
コイヌノヒゲ,イトイヌノヒゲ
ニッポンイヌノヒゲ
クロホシクサ
ヒロハイヌノヒゲ
イネ科
ヒメコヌカグサ
セトガヤ
タカネコウボウ
コウヤザサ
ヒメアブラススキ
フサガヤ
ヒナザサ
コメススキ
カリマタガヤ
ミズタカモジ
ムツオレグサ,ミノゴメ
ウキガヤ
コウボウ
アズマガヤ
ハイチゴザサ
カモノハシ
ミノボロ
アシカキ
エゾノサヤヌカグサ
アゼガヤ
ササクサ
ミチシバ,ハナビガヤ
ヌマガヤ
キダチノネズミガヤ
アイアシ
セイタカヨシ,セイコノヨシ
ムカゴツヅリ
ヌメリグサ
アズマザサ
ヒゲシバ
ヒロハノハネガヤ
ハネガヤ
マコモ
学名
区部
Iridaceae
Belamcanda chinensis
Iris ensata var. spontanea
Iris gracilipes
Iris laevigata
Iris sanguinea
Juncaceae
Juncus alatus
Juncus diastrophanthus
Juncus krameri
Juncus maximowiczii
Juncus papillosus
Juncus setchuensis var. effusoides
Juncus wallichianus
Juncus yokoscensis
Luzula plumosa var. macrocarpa
Eriocaulaceae
Eriocaulon cinereum
Eriocaulon decemflorum
Eriocaulon hondoense
Eriocaulon parvum
Eriocaulon robustius
Gramineae
Agrostis valvata
Alopecurus japonicus
Anthoxanthum japonicum
Brachyelytrum japonicum
Capillipedium parviflorum
Cinna latifolia
Coelachne japonica
Deschampsia flexuosa
Dimeria ornithopoda
Elymus humidus
Glyceria acutiflora
Glyceria depauperata var. infirma
Hierochloe odorata var. pubescens
Hystrix longiaristata
Isachne nipponensis
Ischaemum aristatum var. glaucum
Koeleria pyramidata
Leersia japonica
Leersia oryzoides
Leptochloa chinensis
Lophatherum gracile
Melica onoei
Moliniopsis japonica
Muhlenbergia ramosa
Phacelurus latifolius
Phragmites karka
Poa tuberifera
Sacciolepis indica var. oryzetorum
Sasaella ramosa
Sporobolus japonicus
Stipa coreana var. kengii
Stipa pekinensis
Zizania latifolia
37
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
EX
CR
・
EN
EX
EX
CR
・
CR
EW
EN
VU
・
CR
EN
EN
VU
EN
・
EN
DD
-
-
・
VU
NT
VU
・
NT
NT
VU
・
-
-
-
VU
DD
NT
NT
-
NT
・
NT
-
NT
DD
-
-
NT
NT
-
NT
-
-
-
-
EN
EX
EX
-
NT
VU
EN
EN
-
CR
NT
EN
EN
CR
VU
VU
EN
EN
CR
VU
CR
NT
・
・
・
・
・
・
-
-
VU
EX
NT
-
・
EX
VU
NT
NT
NT
NT
・
EX
VU
VU
DD
・
-
-
CR
・
NT
NT
CR
NT
・
・
DD
・
-
・
VU
-
VU
EX
NT
-
VU
・
NT
NT
NT
-
NT
-
EX
EX
・
・
・
NT
NT
EN
・
-
NT
・
・
-
・
EX
・
VU
VU
NT
-
NT
NT
VU
・
NT
NT
NT
-
-
NT
VU
VU
-
VU
-
VU
-
-
VU
・
NT
NT
VU
・
NT
NT
-
-
○
○
-
VU
NT
・
・
・
NT
NT
VU
・
NT
-
NT
・
・
VU
NT
○
-
VU
○
○
○
NT
VU
-
NT
NT
VU
NT
NT
VU
和名
サトイモ科
ショウブ
マイヅルテンナンショウ
ヒメザゼンソウ
ウキクサ科
ヒンジモ
ミクリ科
ミクリ
ヤマトミクリ
ナガエミクリ
ヒメミクリ
カヤツリグサ科
ウキヤガラ
イセウキヤガラ
ハタガヤ
イトハナビテンツキ
トダスゲ
ミノボロスゲ
クロカワズスゲ
マツバスゲ
アワボスゲ
ハリガネスゲ
ジョウロウスゲ
ヌマアゼスゲ
タマツリスゲ
サナギスゲ
ヤマアゼスゲ
ホソバヒカゲスゲ,ヒメヒカゲス
ゲ
ウマスゲ
イセアオスゲ
アズマスゲ
ヒエスゲ(チュウゼンジスゲを
含む)
ヤガミスゲ
タチスゲ
ヒメシラスゲ
ヤチカワズスゲ
オタルスゲ,ヒメテキリスゲ
ホンモンジスゲ
タカネマスクサ
タヌキラン
コウボウシバ
クサスゲ
シオクグ
オニナルコスゲ
クグ,イヌクグ
カンエンガヤツリ
アオガヤツリ,オオタマガヤ
ツリ
シロガヤツリ
ミズハナビ,ヒメガヤツリ
セイタカハリイ
クロハリイ
ヌマハリイ,オオヌマハリイ
コツブヌマハリイ
学名
区部
Araceae
Acorus calamus
Arisaema heterophyllum
Symplocarpus nipponicus
Lemnaceae
Lemna trisulca
Sparganiaceae
Sparganium erectum
Sparganium fallax
Sparganium japonicum
Sparganium subglobosum
Cyperaceae
Bolboschoenus fluviatilis subsp.
yagara
Bolboschoenus planiculmis
Bulbostylis barbata
Bulbostylis densa
Carex aequialta
Carex albata
Carex arenicola
Carex biwensis
Carex brownii
Carex capillacea
Carex capricornis
Carex cinerascens
Carex filipes
Carex grallatoria var. heteroclita
Carex heterolepis
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
VU
EX
・
NT
EX
CR
NT
・
VU
NT
・
VU
VU
EX
EX
・
・
VU
NT
EX
NT
DD
NT
DD
NT
-
NT
-
NT
DD
NT
-
-
-
NT
NT
NT
VU
NT
NT
NT
NT
NT
-
-
VU
EX
EX
EX
VU
EX
・
EX
・
・
・
・
-
NT
・
-
-
VU
VU
・
VU
・
VU
・
・
・
VU
NT
・
EX
EN
NT
VU
・
・
・
VU
・
EN
・
-
NT
・
-
-
VU
VU
・
・
・
NT
VU
NT
Carex humilis var. nana
VU
VU
NT
NT
Carex idzuroei
Carex karashidaniensis
Carex lasiolepis
EX
・
・
DD
・
・
・
・
・
・
VU
EN
・
・
・
VU
Carex maackii
Carex maculata
Carex mollicula
Carex omiana
Carex otaruensis
Carex pisiformis
Carex planata
Carex podogyna
Carex pumila
Carex rugata
Carex scabrifolia
Carex vesicaria
Cyperus cyperoides
Cyperus exaltatus var. iwasakii
NT
-
・
EX
・
VU
EX
・
NT
DD
VU
EX
DD
NT
VU
EN
・
EX
・
VU
VU
CR
・
VU
・
EX
・
NT
VU
EX
VU
EX
EX
NT
VU
・
・
VU
・
・
・
NT
VU
EX
VU
EX
EX
NT
VU
・
・
VU
・
・
・
NT
Cyperus nipponicus
NT
NT
NT
-
Cyperus pacificus
Cyperus tenuispica
Eleocharis attenuata
Eleocharis kamtschatica f. reducta
Eleocharis mamillata var. cyclocarpa
Eleocharis parvinux
VU
-
DD
EX
EX
EX
-
-
NT
・
・
DD
-
EX
NT
・
・
VU
-
-
-
・
・
-
Carex longirostrata
38
CR
VU
VU
VU
VU
和名
シカクイ
サギスゲ
ノテンツキ,ヒラテンツキ
クロテンツキ
ナガボテンツキ
イソヤマテンツキ
アゼテンツキ
メアゼテンツキ
アオテンツキ
コイヌノハナヒゲ
ハタベカンガレイ
ヒメホタルイ
タタラカンガレイ
シズイ,テガヌマイ
コマツカサススキ
マツカサススキ
コシンジュガヤ
ラン科
マメヅタラン
ムギラン
エビネ
キンセイラン
ホテイラン
ギンラン
ユウシュンラン
キンラン
ササバギンラン
アオチドリ
コアツモリソウ
クマガイソウ
アツモリソウ
イチヨウラン
セッコク
ハコネラン
コイチヨウラン
エゾスズラン,アオスズラン
カキラン,スズラン
ツチアケビ
オニノヤガラ
アキザキヤツシロラン
アケボノシュスラン
ベニシュスラン
ツリシュスラン
ヒロハツリシュスラン
ヒメミヤマウズラ
シュスラン,ビロードラン
テガタチドリ,チドリソウ
ミヤマモジズリ
サギソウ
ミズトンボ
ムカゴソウ
カゲロウラン
ヒメノヤガラ
ムヨウラン
クロムヨウラン
学名
Eleocharis wichurae
Eriophorum gracile
Fimbristylis complanata
Fimbristylis diphylloides
Fimbristylis longispica
Fimbristylis sieboldii
Fimbristylis squarrosa
Fimbristylis velata
Fimbristylis verrucifera
Rhynchospora fujiiana
Schoenoplectus gemmifer
Schoenoplectus lineolatus
Schoenoplectus mucronatus var.
tataranus
Schoenoplectus nipponicus
Scirpus fuirenoides
Scirpus mitsukurianus
Scleria parvula
Orchidaceae
Bulbophyllum drymoglossum
Bulbophyllum inconspicuum
Calanthe discolor
Calanthe nipponica
Calypso bulbosa var. speciosa
Cephalanthera erecta var. erecta
Cephalanthera erecta var. subaphylla
Cephalanthera falcata
Cephalanthera longibracteata
Coeloglossum viride var. bracteatum
Cypripedium debile
Cypripedium japonicum
Cypripedium macranthum var.
speciosum
Dactylostalix ringens
Dendrobium moniliforme
Ephippianthus sawadanus
Ephippianthus schmidtii
Epipactis papillosa
Epipactis thunbergii
Galeola septentrionalis
Gastrodia elata
Gastrodia verrucosa
Goodyera foliosa var. maximowicziana
Goodyera macrantha
Goodyera pendula var. pendula
Goodyera pendula var. brachyphylla
Goodyera repens
Goodyera velutina
Gymnadenia conopsea
Gymnadenia cucullata
Habenaria radiata
Habenaria sagittifera
Herminium lanceum var. longicrure
Hetaeria agyokuana
Hetaeria sikokiana
Lecanorchis japonica
Lecanorchis nigricans
39
区部
EX
EX
DD
CR
DD
NT
NT
NT
EX
・
EX
-
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
EX
NT
NT
EX
EX
EX
DD
-
-
EN
VU
NT
・
・
・
・
・
・
NT
NT
NT
NT
NT
NT
DD
・
・
CR
CR
・
・
・
・
VU
DD
-
DD
VU
VU
-
-
EX
VU
VU
・
EX
VU
VU
DD
EX
VU
VU
EX
EX
NT
-
DD
・
・
VU
・
・
VU
EX
VU
VU
・
・
EX
・
・
VU
・
・
VU
-
VU
NT
・
・
CR
・
EN
VU
・
・
VU
NT
VU
NT
・
CR
CR
CR
EN
VU
CR
CR
VU
NT
VU
NT
VU
EN
CR
・
EX
CR
CR
・
・
・
・
・
DD
・
VU
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
VU
・
VU
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
EX
EX
・
・
・
・
・
VU
・
・
VU
EN
VU
NT
VU
CR
VU
・
・
・
VU
・
・
EX
EX
・
EX
CR
VU
VU
VU
VU
CR
CR
VU
DD
VU
NT
・
CR
・
CR
CR
VU
・
VU
VU
EX
EX
DD
・
・
・
VU
NT
NT
NT
VU
EN
VU
VU
NT
VU
VU
VU
EN
NT
VU
EN
NT
VU
和名
ジガバチソウ
スズムシソウ
コクラン
ヒメフタバラン,ムラサキフタ
バラン
アオフタバラン
タカネフタバラン
ホザキイチヨウラン
アリドオシラン
フウラン
サカネラン
ムカゴサイシン
ヨウラクラン
カモメラン
ウチョウラン
コケイラン
ジンバイソウ
ミズチドリ
ツレサギソウ
ヤマサギソウ
キソチドリ
オオヤマサギソウ
オオバナオオヤマサギソウ
コバノトンボソウ
トキソウ
ヤマトキソウ
マツラン,ベニカヤラン
モミラン
カヤラン
クモラン
ヒトツボクロ
イイヌマムカゴ
トンボソウ
ハクウンラン
キバナノショウキラン
学名
区部
EX
・
VU
Liparis krameri
Liparis makinoana
Liparis nervosa
Listera japonica
Listera makinoana
Listera yatabei
Malaxis monophyllos
Myrmechis japonica
Neofinetia falcata
Neottia nidus-avis var. mandshurica
Nervilia nipponica
Oberonia japonica
Orchis cyclochila
Orchis graminifolia
Oreorchis patens
Platanthera florentii
Platanthera hologlottis
Platanthera japonica
Platanthera mandarinorum var.
brachycentron
Platanthera ophrydioides var.
monophylla
Platanthera sachalinensis var.
sachalinensis
Platanthera sachalinensis var.
hondoensis
Platanthera tipuloides var. nipponica
Pogonia japonica
Pogonia minor
Saccolabium matsuran
Saccolabium toramanum
Sarcochilus japonicus
Taeniophyllum glandulosum
Tipularia japonica
Tulotis iinumae
Tulotis ussuriensis
Vexillabium nakaianum
Yoania amagiensis
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
VU
VU
NT
・
VU
VU
VU
NT
VU
・
・
CR
・
・
・
・
・
・
・
CR
DD
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
VU
・
・
・
・
EX
EX
CR
・
・
・
CR
CR
・
VU
・
・
EX
・
EX
EN
CR
CR
VU
EN
・
CR
・
・
CR
CR
CR
EN
EN
EN
・
・
VU
VU
・
・
・
NT
・
・
・
VU
・
・
・
VU
・
・
・
・
・
EX
EX
・
・
・
・
・
・
・
DD
・
・
CR
EX
・
・
DD
・
・
EX
EX
・
CR
・
VU
CR
VU
CR
VU
CR
VU
・
EX
EN
CR
CR
VU
CR
VU
・
VU
CR
VU
種子植物の分類体系は日本で普及しているEnglerの分類体系を採用し、被子植物は主にMelchior(1964)、裸子植物はPilger &
Werdermann(1954) に従った。シダ植物は岩槻(1992)によった。なお、科内の種名の配列は学名のアルファベット順とした。
H. Melchior, 1964. A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien, 12th edition, Vol.2, Angiospermen. Gebrüder Borntraeger, Berlin.
R. Pilger & E. Werdermann, 1954. Gymnospermae. In: H. Melchior & E. Werdermann, A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien, 12th
edition, Vol.1, Allgemeiner Teil Bakterien bis Gymnospermen. Gebrüder Borntraeger, Berlin.
岩槻邦男編,1992.日本の野生植物 シダ.平凡社.
【備考】
1:環境省ランクは、ヒメタデがVU、ホソバイヌタデがNT。
2:栽培、あるいは栽培からの逸出の可能性に注意する。
3:区部で、現在生育しているものが自生であると認められる。
4:ホシザクラの名は江戸時代から栽培されていたヤマザクラの栽培品種の名称に用いられてきた経緯がある。ここで取り上げる
ホシザクラはこの栽培品種とは別であり、名称の混乱を避けるために、川崎哲也画大場秀章編『サクラ図譜』(2010年、アボッ
ク社刊)で提唱された、タマノホシザクラを本リストでも採用することにした。
40
VU
VU
EN
NT
VU
CR
NT
VU
VU
EN
EN
2.哺乳類
【選定・評価方法の概要】
検討対象種は、東京都で生息が確認されているか、明治時代頃まで都内に生息していた
記録がある在来の陸生哺乳類のうち、地域によって絶滅したか絶滅のおそれのある可能性
があるものとした。
絶滅のおそれの評価は、基本的に定量的要件を用い、CR(絶滅危惧ⅠA 類)と EN(絶滅
危惧ⅠB 類)も区別した。ただし、IUCN(2003)による「地域レベルでレッドリスト基準を
適用する場合のガイドライン」
(Guidelines for Application of IUCN Red List Criteria
at Regional Levels, Version3.0)を参考にして、ある地域の生息状況が絶滅危惧カテゴ
リーの数値基準に当てはまる場合でも、その地域で増加しているか、隣接地域に普通に生
息する種については、ランクを1ないし 2 段階下げて評価した。なお哺乳類では、本土部
全体としての評価は行っていないが、4 地域のなかで絶滅のおそれが最も低いランクで代表
させることができると考えた。検討対象種は、前回(1998 年版)の掲載種の 31 種に 10 種
を加え、前回掲載種のカゲネズミはスミスネズミと同一種とみなし、合計 40 種とした。検
討対象種の増加は調査や既存資料探索が進んだためで、絶滅したオオカミとカワウソの 2
種が加わったほか、新たに生息確認されたものが 7 種あり、そのうち特にコウモリ類が 5
種と多い。在来種では、このほかにタヌキがいるが、レッドリストのいずれのランクにも
該当しないと考えられたことから、唯一検討対象種から除外した。タヌキを含め、現在都
内で生息が確認されている在来種の数は、地域別にみると西多摩(39)、南多摩(27)、北
多摩(13)
、区部(8)の順に多い(カッコ内は種数)。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、いずれかの地域において絶滅またはそのおそれがある種(絶滅(EX)
、絶滅
危惧ⅠA 類(CR)
、絶滅危惧ⅠB 類(EN)
、絶滅危惧Ⅱ類(VU)
、情報不足(DD)のどれかに
該当する種)は、全体で 28 種、準絶滅危惧(NT)を含めると 35 種が選定された。このほ
かに留意種としてのみ選定されたものが 2 種(アズマモグラ、アカネズミ)
、どのカテゴリ
ーにも該当せずリストに掲載されないものが 3 種(イエコウモリ、ニホンジカ、スミスネ
ズミ)
、タヌキを含めると 4 種となった。
区部ではカワネズミ、ヒメネズミなど絶滅種が 19 種ときわめて多い。これは岸田久吉
(1934)による昭和初期の調査記録(大東京の哺乳動物に就て.Lanzania,6(52):17-30)に
基づいている。かつては低地においても豊かな自然が存在したことが示され、区部におけ
る生態系復元の目標を考えるうえでも重要な情報である。北多摩地域については情報が乏
しく、
「データ無し」となった種が多い。この地域にはもともと山地性の種は少ないと考え
られるが、ヒメネズミやコウモリ類の一部は生息の可能性があるものの調査データはない。
南多摩地域は、高地性の種を欠くものの多くの種が生息しているが、準絶滅危惧(NT)
、情
41
報不足(DD)まで含めると現在生息する 27 種中 10 種(37.0%)が何らかのランクに該当
している。西多摩地域は、関東山地にみられるほぼすべての哺乳類が確認されている一方
で、絶滅危惧種(EN、VU)が 5 種(現生種の 12.8%)
、準絶滅危惧(NT)が 13 種(33.3%)
あり、東京都の生物多様性保全上重要な地域であることが示されている。なお、高地性の
ミズラモグラ、ヤチネズミなどは、高標高地の小面積でしか確認されていないが、隣接県
に広く分布することを考慮して、直ちに絶滅のおそれが高いとは評価せず、準絶滅危惧(NT)
とした。
基準が異なるので単純に比較することはできないが、西多摩地域で前回(1998 年版)の
評価からカワネズミやリス科 3 種のランクが下がったのは、生息状況が改善されたという
より、調査が進んで分布情報が増加したためと考えられる。一方、西多摩地域のイノシシ
とニホンジカは、分布域の拡大、個体数の増加がみられたことからランク外とした。
留意種についてみると、区部のアズマモグラとアカネズミは、この地域にみられる数少
ない野生哺乳類であり、現在のところ絶滅のおそれが高いとは言えないが、開発の進行と
ともに気づかないうちに広範囲から消失する可能性があり、比較的良好な環境が保たれて
いることを指標する種としても注目される。南多摩地域のムササビは、開発の進行によっ
て生じた孤立個体群がみられ、保護担保されている場所があるものの、今後の動向に注意
が必要であることから選定した。
(石井 信夫)
42
哺乳類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
モグラ目(食虫目)
トガリネズミ科
シントウトガリネズミ
カワネズミ
ニホンジネズミ
モグラ科
ヒメヒミズ
ヒミズ
ミズラモグラ
アズマモグラ
コウモリ目(翼手目)
キクガシラコウモリ科
キクガシラコウモリ
コキクガシラコウモリ
ヒナコウモリ科
モモジロコウモリ
モリアブラコウモリ
ヤマコウモリ
ヒナコウモリ
ウサギコウモリ
テングコウモリ
コテングコウモリ
サル目(霊長目)
オナガザル科
ニホンザル
ネコ目(食肉目)
イヌ科
キツネ
オオカミ
クマ科
ツキノワグマ
イタチ科
テン
イタチ
オコジョ
アナグマ
カワウソ
ウシ目(偶蹄目)
イノシシ科
イノシシ
ウシ科
カモシカ
ネズミ目(齧歯目)
リス科
ニホンリス
ムササビ
ニホンモモンガ
ネズミ科
ヤチネズミ
ハタネズミ
カヤネズミ
学名
区部
INSECTIVORA
Soricidae
Sorex shinto
Chimarrogale platycephala
Crocidura dsinezumi
Talpidae
Dymecodon pilirostris
Urotrichus talpoides
Euroscaptor mizura
Mogera imaizumii
CHIROPTERA
Rhinolophidae
Rhinolophus ferrumequinum
Rhinolophus cornutus
Vespertilionidae
Myotis macrodactylus
Pipistrellus endoi
Nyctalus aviator
Vespertilio sinensis
Plecotus auritus
Murina hilgendorfi
Murina ussuriensis
PRIMATES
Cercopithecidae
Macaca fuscata
CARNIVORA
Canidae
Vulpes vulpes
Canis lupus
Ursidae
Ursus thibetanus
Mustelidae
Martes melampus
Mustela itatsi
Mustela erminea
Meles meles
Lutra lutra
ARTIODACTYLA
Suidae
Sus scrofa
Bovidae
Capricornis crispus
RODENTIA
Sciuridae
Sciurus lis
Petaurista leucogenys
Pteromys momonga
Muridae
Eothenomys andersoni
Microtus montebelli
Micromys minutus
43
・
EX
EX
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
-
-
-
DD
VU
NT
NT
○
○
NT
・
・
-
EX
NT
○
○
・
・
-
NT
*1
○
○
○
EX
EX
-
-
-
-
DD
NT
EX
-
・
・
EX
VU
EX
EX
・
-
-
-
-
-
-
-
-
NT
-
VU
VU
NT
VU
NT
NT
NT
NT
NT
・
・
NT
NT
EX
EN
○
○
・
・
・
EX
・
・
CR
EN
EX
NT
-
NT
○
○
○
○
・
・
・
VU
EX
EX
NT
EX
○
○
EX
EX
EX
-
○
○
・
・
・
VU
EX
EX
EX
EN
DD
-
○
○
*2
NT
○
NT
備考
1
NT
2
1
1
1
EN
NT
3, 4
5
EX
6
NT
EX
○
・
・
・
NT
EX
NT
EN
○
○
VU
VU
7
和名
アカネズミ
ヒメネズミ
ヤマネ科
ヤマネ
ウサギ目(兎目)
ウサギ科
ニホンノウサギ
学名
区部
*3
EX
Apodemus speciosus
Apodemus argenteus
Gliridae
Glirulus japonicus
LAGOMORPHA
Leporidae
Lepus brachyurus
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
○
○
○
-
○
○
・
-
NT
○
DD
VU
○
○
備考
和名、学名、配列は、阿部永(監),2008.日本の哺乳類 改定2版.東海大学出版社.に準拠した。
【備考】
1:西多摩では生息地面積が限られるが、減少傾向がみられないことからNTとした。
2:北多摩では生息地面積が限られるが、減少傾向がみられないことからNTとした。
3:区部では個体数の増加傾向がみられることから、環境省判定基準よりランクを1段階下げた。
4:南多摩および西多摩では生息数が限られるが、減少傾向がみられないことからNTとした。
5:南多摩および西多摩では個体数の増加傾向がみられること、隣県における個体群の安定状況から、環境省判定基準より
ランクを南多摩で1段階、西多摩で2段階下げた。ただし、管理手法によっては絶滅のおそれが高まる。
6:西多摩では隣県における個体群の安定状況から、環境省判定基準よりランクを1段階下げた。
7:区部および北多摩では出現範囲が限られるが、減少傾向がみられないことからNTとした。
【留意種とした理由】
和名
地域区分
留意種とした理由
*1 アズマモグラ
区部
現在は広く分布し、当面の絶滅のおそれはないが、孤立化した個体群が多く、広
範囲から消失するおそれがあるため。
*2 ムササビ
南多摩
地域全体として絶滅のおそれはないが、一部地域で孤立化が進み、消失するお
それがあるため。
*3 アカネズミ
区部
当面の絶滅のおそれはないが、生息は一部地域に限られ、環境改変や孤立化に
よって消失するおそれがあるため。
44
3.鳥類
【選定・評価方法の概要】
鳥類は、東京都の本土部で記録のある種の中から、生息数や生息地域が限られる種を検
討対象種として合計 178 種を抽出し、これらの生息状況を精査して、ランクを判定した。
判定にあたっては定量的要件を用いたが、生息状況についての把握が十分ではない種につ
いては、定性的要件により評価を行った。
鳥類は移動能力が大きいため、本来の生息地から大きく離れて移動し、偶発的に記録さ
れる迷行記録や、安定した生息とはならない不定期記録も多く存在する。このような種は
「非分布」として扱った。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、本レッドリストの掲載種は合計で 162 種となり、前回のリストと比較して
大幅な増加となった。これは、環境省基準の採用により、定量的なデータを精査した結果
によることもあるが、開発や土地利用の変化も要因と考えられる。一方、データの精査の
結果、主要な生息地でないといった理由により「非分布」として除外された種もある。
また、絶滅した鳥類の判定には困難が伴った。日本国内全般において、明治期に狩猟の
ため大型鳥類が大きく減少し、東京地域についてもトキやコウノトリ、ツル類やハクガン
などの生息が消失したと思われる。しかし、これらの記録の精査は困難であるため、日本
野鳥の会 (1975) による「東京の鳥 -東京都産鳥類目録-」の記載を元に、1930 年代以
降に定常的な生息がなくなった種とした。繁殖していた種については、繁殖の記録消失に
よって絶滅とした。
現時点では絶滅のおそれはないが、特定の生息地への集中が強いスズガモ、カンムリカ
イツブリについては、環境条件の変化により生息状況が急変する可能性があるので、注意
喚起のため留意種とした。
絶滅危惧(CR、EN、VU)と判定された種を目別に見ると、チドリ目が 41 種と最も多いほ
か、カイツブリ目やサギ目、ツル目(クイナ科)といった干潟や湿地を生息環境とする鳥
類が多い。また、キジ目の鳥やスズメ目内でも、オオヨシキリやオオジュリンなど湿性草
地(ヨシ原)
、ヒバリやモズなど草地性の鳥が多く含まれ、湿地や草地環境の減少や悪化が、
絶滅のおそれを増大させていることを示唆している。
タカ目、フクロウ目の捕食性鳥類が合わせて 21 種となったことは、食物となる生物が全
体的に減少していることを示唆している。
スズメ目の中では、国外から渡ってくる夏鳥が 20 種も含まれる。都内の生息環境の変化
だけでなく、越冬地や中継地の環境変化などの影響を受けている可能性がある。
地域別にみると、区部が絶滅のおそれの高い種がもっとも多い。開発が進み、鳥類の生
息環境条件の悪化が大きく進行しているといえる。特に湾岸部の干潟や湿地に生息する鳥
45
類が本リストに多く挙げられた。1970 年代に埋め立てが進行し、1980 年代から 1990 年代
前半には埋立地が自然湿地の代替機能をもっていたが、その後土地利用が進み、現在、野
鳥の生息地は東京港野鳥公園や葛西海浜公園などごく一部に限られる。内陸部も畑や未利
用地が減り、宅地化や都市化が進んで緑地が減少している。北多摩地域も区部に続き宅地
化や都市化が進行し、緑地が減少している。南多摩地域は、丘陵地が多く比較的良好な鳥
類生息環境が残っている地域だが、宅地化は進行している。西多摩地域は山地帯が多く、
リストには山林性の種が多い。三多摩地域は水鳥の生息地となっている多摩川を含むため、
シギ・チドリ類がリストに多く含まれる結果となった。
絶滅のおそれをもたらしている原因としては、特に湿地や草地環境が失われるなど生息
環境の減少および悪化が主要なものと考えられる。
(金井 裕)
46
鳥類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
キジ目
キジ科
ウズラ
ヤマドリ
キジ
カモ目
カモ科
ヒシクイ
マガン
オシドリ
ヨシガモ
アメリカヒドリ
シマアジ
トモエガモ
スズガモ
ビロードキンクロ
クロガモ
ホオジロガモ
ミコアイサ
ウミアイサ
カイツブリ目
カイツブリ科
カイツブリ
アカエリカイツブリ
カンムリカイツブリ
ハト目
ハト科
シラコバト
アオバト
ペリカン目
サギ科
サンカノゴイ
ヨシゴイ
オオヨシゴイ
ミゾゴイ
ササゴイ
ダイサギ
チュウサギ
コサギ
トキ科
クロツラヘラサギ
ツル目
クイナ科
クイナ
ヒクイナ
バン
オオバン
カッコウ目
カッコウ科
ジュウイチ
ホトトギス
学名
区部
GALLIFORMES
Phasianidae
Coturnix japonica
Syrmaticus soemmerringii
Phasianus colchicus
ANSERIFORMES
Anatidae
Anser fabalis
Anser albifrons
Aix galericulata
Anas falcata
Anas americana
Anas querquedula
Anas formosa
Aythya marila
Melanitta fusca
Melanitta americana
Bucephala clangula
Mergellus albellus
Mergus serrator
PODICIPEDIFORMES
Podicipedidae
Tachybaptus ruficollis
Podiceps grisegena
Podiceps cristatus
COLUMBIFORMES
Columbidae
Streptopelia decaocto
Treron sieboldii
PELECANIFORMES
Ardeidae
Botaurus stellaris
Ixobrychus sinensis
Ixobrychus eurhythmus
Gorsachius goisagi
Butorides striata
Ardea alba
Egretta intermedia
Egretta garzetta
Threskiornithidae
Platalea minor
GRUIFORMES
Rallidae
Rallus aquaticus
Porzana fusca
Gallinula chloropus
Fulica atra
CUCULIFORMES
Cuculidae
Hierococcyx hyperythrus
Cuculus poliocephalus
47
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
CR
・
EN
CR
DD
VU
CR
EN
NT
CR
VU
NT
VU
EX
EX
EN
CR
EN
DD
CR
*1
DD
DD
VU
EN
DD
・
・
VU
CR
EN
・
CR
・
・
・
VU
VU
・
・
・
VU
CR
EN
・
CR
・
・
・
VU
VU
・
・
・
NT
CR
EN
・
・
・
・
・
NT
NT
・
VU
NT
DD
NT
NT
*2
NT
NT
NT
NT
・
DD
NT
・
・
CR
・
CR
NT
・
NT
・
NT
EN
CR
CR
CR
・
CR
VU
VU
VU
・
EN
・
VU
EN
NT
VU
NT
・
VU
・
EN
VU
NT
NT
NT
・
VU
・
VU
VU
NT
NT
NT
EN
NT
CR
VU
CR
・
・
・
EN
DD
CR
VU
VU
EN
EN
VU
VU
NT
EN
VU
VU
NT
EN
VU
VU
・
・
・
・
・
NT
NT
NT
VU
1
1
NT
1
NT
1
和名
ツツドリ
カッコウ
ヨタカ目
ヨタカ科
ヨタカ
アマツバメ目
アマツバメ科
アマツバメ
ヒメアマツバメ
チドリ目
チドリ科
タゲリ
ケリ
ムナグロ
ダイゼン
イカルチドリ
コチドリ
シロチドリ
メダイチドリ
ミヤコドリ科
ミヤコドリ
セイタカシギ科
セイタカシギ
シギ科
ヤマシギ
アオシギ
オオジシギ
チュウジシギ
タシギ
オオハシシギ
オグロシギ
オオソリハシシギ
チュウシャクシギ
ダイシャクシギ
ホウロクシギ
ツルシギ
アカアシシギ
コアオアシシギ
アオアシシギ
クサシギ
タカブシギ
キアシシギ
ソリハシシギ
イソシギ
キョウジョシギ
オバシギ
コオバシギ
ミユビシギ
トウネン
オジロトウネン
ヒバリシギ
ウズラシギ
サルハマシギ
ハマシギ
ヘラシギ
キリアイ
エリマキシギ
学名
Cuculus optatus
Cuculus canorus
CAPRIMULGIFORMES
Caprimulgidae
Caprimulgus indicus
APODIFORMES
Apodidae
Apus pacificus
Apus nipalensis
CHARADRIIFORMES
Charadriidae
Vanellus vanellus
Vanellus cinereus
Pluvialis fulva
Pluvialis squatarola
Charadrius placidus
Charadrius dubius
Charadrius alexandrinus
Charadrius mongolus
Haematopodidae
Haematopus ostralegus
Recurvirostridae
Himantopus himantopus
Scolopacidae
Scolopax rusticola
Gallinago solitaria
Gallinago hardwickii
Gallinago megala
Gallinago gallinago
Limnodromus scolopaceus
Limosa limosa
Limosa lapponica
Numenius phaeopus
Numenius arquata
Numenius madagascariensis
Tringa erythropus
Tringa totanus
Tringa stagnatilis
Tringa nebularia
Tringa ochropus
Tringa glareola
Heteroscelus brevipes
Xenus cinereus
Actitis hypoleucos
Arenaria interpres
Calidris tenuirostris
Calidris canutus
Calidris alba
Calidris ruficollis
Calidris temminckii
Calidris subminuta
Calidris acuminata
Calidris ferruginea
Calidris alpina
Eurynorhynchus pygmeus
Limicola falcinellus
Philomachus pugnax
48
区部
・
・
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
NT
NT
VU
NT
NT
・
CR
CR
EN
・
VU
・
NT
・
NT
DD
NT
VU
VU
VU
VU
DD
VU
VU
NT
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
DD
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
VU
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
EN
DD
・
・
EN
EN
EN
・
VU
・
VU
DD
VU
CR
EN
EN
VU
CR
CR
CR
EN
EN
NT
EN
EN
VU
VU
VU
VU
EN
CR
EN
NT
VU
VU
VU
CR
NT
CR
CR
CR
VU
DD
VU
DD
VU
・
VU
・
VU
・
・
DD
・
・
NT
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
・
・
VU
VU
VU
VU
・
VU
・
DD
DD
VU
DD
VU
DD
VU
・
VU
・
VU
・
・
DD
・
・
NT
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
・
・
VU
VU
VU
VU
・
VU
・
DD
DD
VU
DD
VU
・
VU
・
・
・
VU
・
・
・
・
・
NT
VU
VU
VU
VU
VU
VU
・
・
・
VU
・
・
・
・
VU
・
・
・
NT
1
DD
1
VU
VU
NT
VU
VU
VU
VU
VU
NT
CR
和名
アカエリヒレアシシギ
ハイイロヒレアシシギ
タマシギ科
タマシギ
カモメ科
コアジサシ
タカ目
ミサゴ科
ミサゴ
タカ科
ハチクマ
トビ
チュウヒ
ハイイロチュウヒ
ツミ
ハイタカ
オオタカ
サシバ
ノスリ
クマタカ
フクロウ目
フクロウ科
オオコノハズク
コノハズク
フクロウ
アオバズク
トラフズク
コミミズク
ブッポウソウ目
カワセミ科
アカショウビン
カワセミ
ヤマセミ
ブッポウソウ科
ブッポウソウ
キツツキ目
キツツキ科
アオゲラ
アカゲラ
オオアカゲラ
タカ目
ハヤブサ科
チョウゲンボウ
コチョウゲンボウ
チゴハヤブサ
ハヤブサ
スズメ目
ヤイロチョウ科
ヤイロチョウ
サンショウクイ科
サンショウクイ
カササギヒタキ科
サンコウチョウ
モズ科
チゴモズ
モズ
アカモズ
学名
Phalaropus lobatus
Phalaropus fulicarius
Rostratulidae
Rostratula benghalensis
Laridae
Sterna albifrons
ACCIPITRIFORMES
Pandionidae
Pandion haliaetus
Accipitridae
Pernis ptilorhynchus
Milvus migrans
Circus spilonotus
Circus cyaneus
Accipiter gularis
Accipiter nisus
Accipiter gentilis
Butastur indicus
Buteo buteo
Nisaetus nipalensis
STRIGIFORMES
Strigidae
Otus lempiji
Otus sunia
Strix uralensis
Ninox scutulata
Asio otus
Asio flammeus
CORACIIFORMES
Alcedinidae
Halcyon coromanda
Alcedo atthis
Megaceryle lugubris
Coraciidae
Eurystomus orientalis
PICIFORMES
Picidae
Picus awokera
Dendrocopos major
Dendrocopos leucotos
FALCONIFORMES
Falconidae
Falco tinnunculus
Falco columbarius
Falco subbuteo
Falco peregrinus
PASSERIFORMES
Pittidae
Pitta nympha
Campephagidae
Pericrocotus divaricatus
Monarchidae
Terpsiphone atrocaudata
Laniidae
Lanius tigrinus
Lanius bucephalus
Lanius cristatus
49
区部
NT
NT
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
NT
NT
NT
NT
NT
・
EN
EN
EN
EN
VU
EN
CR
EN
EN
VU
EN
EN
EN
DD
NT
・
NT
EN
DD
CR
EN
CR
・
EN
・
CR
VU
VU
DD
CR
VU
EN
CR
VU
VU
CR
NT
VU
DD
VU
VU
VU
CR
VU
CR
CR
NT
・
・
VU
VU
VU
CR
VU
CR
NT
・
・
CR
CR
CR
CR
CR
CR
EN
EN
EN
EN
CR
CR
EN
EN
EN
EN
EN
EN
VU
VU
VU
VU
・
VU
・
CR
NT
VU
CR
NT
VU
CR
NT
VU
・
CR
CR
CR
EN
・
・
NT
NT
VU
NT
NT
VU
NT
NT
VU
EN
DD
DD
EN
VU
DD
DD
VU
VU
DD
DD
VU
VU
DD
DD
CR
VU
・
・
・
CR
EN
・
CR
CR
CR
VU
EX
VU
VU
VU
EX
VU
CR
CR
VU
CR
CR
NT
CR
CR
NT
CR
EN
NT
NT
VU
1
EN
1
EN
CR
EN
和名
カラス科
ホシガラス
キクイタダキ科
キクイタダキ
シジュウカラ科
ヤマガラ
ヒバリ科
ヒバリ
ツバメ科
コシアカツバメ
ウグイス科
ヤブサメ
ウグイス
エナガ科
エナガ
ムシクイ科
メボソムシクイ
エゾムシクイ
センダイムシクイ
センニュウ科
オオセッカ
ヨシキリ科
オオヨシキリ
コヨシキリ
ゴジュウカラ科
ゴジュウカラ
キバシリ科
キバシリ
ミソサザイ科
ミソサザイ
カワガラス科
カワガラス
ヒタキ科
マミジロ
トラツグミ
クロツグミ
コマドリ
コルリ
イソヒヨドリ
サメビタキ
コサメビタキ
オオルリ
イワヒバリ科
イワヒバリ
カヤクグリ
セキレイ科
セグロセキレイ
アトリ科
ハギマシコ
オオマシコ
イスカ
ベニマシコ
ウソ
イカル
ホオジロ科
コジュリン
ノジコ
学名
区部
Corvidae
Nucifraga caryocatactes
Regulidae
Regulus regulus
Paridae
Poecile varius
Alaudidae
Alauda arvensis
Hirundinidae
Hirundo daurica
Sylviidae
Urosphena squameiceps
Cettia diphone
Aegithalidae
Aegithalos caudatus
Phylloscopidae
Phylloscopus xanthodryas
Phylloscopus borealoides
Phylloscopus coronatus
Locustellidae
Locustella pryeri
Acrocephalidae
Acrocephalus orientalis
Acrocephalus bistrigiceps
Sittidae
Sitta europaea
Certhiidae
Certhia familiaris
Troglodytidae
Troglodytes troglodytes
Cinclidae
Cinclus pallasii
Muscicapidae
Zoothera sibirica
Zoothera dauma
Turdus cardis
Luscinia akahige
Luscinia cyane
Monticola solitarius
Muscicapa sibirica
Muscicapa dauurica
Cyanoptila cyanomelana
Prunellidae
Prunella collaris
Prunella rubida
Motacillidae
Motacilla grandis
Fringillidae
Leucosticte arctoa
Carpodacus roseus
Loxia curvirostra
Uragus sibiricus
Pyrrhula pyrrhula
Eophona personata
Emberizidae
Emberiza yessoensis
Emberiza sulphurata
50
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
・
VU
・
NT
NT
NT
VU
NT
○
○
VU
VU
VU
NT
VU
VU
NT
NT
・
VU
NT
VU
NT
NT
○
・
NT
○
○
・
・
・
・
・
VU
・
・
VU
VU
VU
VU
CR
・
・
・
VU
EN
VU
NT
VU
NT
NT
NT
・
・
EN
NT
・
・
・
NT
・
NT
NT
NT
・
・
VU
NT
・
VU
・
・
・
DD
・
EX
・
・
VU
NT
・
・
NT
・
VU
VU
・
VU
NT
・
・
NT
・
VU
NT
VU
VU
NT
VU
NT
NT
VU
EN
NT
・
・
・
NT
・
NT
NT
NT
VU
NT
NT
NT
・
・
・
VU
NT
NT
・
・
NT
VU
NT
NT
DD
DD
NT
NT
NT
NT
NT
NT
NT
NT
NT
NT
DD
・
DD
・
DD
・
・
DD
1
○
EN
VU
NT
和名
クロジ
オオジュリン
学名
区部
NT
NT
Emberiza variabilis
Emberiza schoeniclus
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
NT
NT
NT
NT
NT
NT
和名、学名、配列は、日本鳥学会目録編集委員会(編), 2012. 日本鳥類目録 改訂第7版. 日本鳥学会. に準拠した。
【備考】
1:主に繁殖状況を評価した。
【留意種とした理由】
和名
地域区分
留意種とした理由
*1 スズガモ
区部
生息数は多いが、東京湾内では市川・船橋沖と葛西沖に集中している。特定の
場所への集中は、病気の発生など生息保全上のリスクがあるので、生息場所の拡
散状況や病気・事故の発生がないか留意する必要性があるため。
*2 カンムリカイツブリ
区部
かつては生息数が少なかった。近年は生息数が大きく増加しているが、大部分の
個体が葛西海浜公園周辺海上に集中している。特定の場所への集中は、病気の
発生など生息保全上のリスクがあるので、生息場所の拡散状況や病気・事故の発
生がないか留意する必要性があるため。
51
4.爬虫類
【選定・評価方法の概要】
東京都産(本土部)の爬虫類は外来種を除き 14 種であり、その内訳はカメ類 3 種、トカ
ゲ類 3 種、ヘビ類 8 種の合計 14 種である。検討対象種はこれら 14 種全てとした。
絶滅のおそれの評価は、基本的に定性的要件を用いた。東京都産の爬虫類に関しては、
分布、生息状況に関する客観的データが極めて少なかったため、他の専門研究者の助言を
受けて評価作業を行った。
【選定・評価結果の概要】
評価作業の結果、
全 14 種が本レッドリストの掲載種に選定された。クサガメについては、
最新の研究により国内の個体群は古い時代の移入種の可能性が非常に高いことが示唆され
ているが、現時点では判断が困難である。そのため、今回は「情報不足」
(DD)とした。
ニホンイシガメについては、以前からのペット用販売状況などを考慮すると、多くが放
逐個体であると考えられる。しかし、分布域を全て細かく調査することが難しく、在来個
体との見分けが極めて困難であるのが現状である。環境保全の観点からいえば、累代的繁
殖地域などが発見された場合はその個体群の由来に関係なく、その周辺も含めた環境が高
く評価されなくてはならない。このようにニホンイシガメに関しては総合的な判断から評
価した。
ニホンヤモリは、以前は区部で最も多く広範囲に生息していた種で、シナントロープ*の
代表ともいえる生物であったが、区部では明らかに分布域と個体数に減少傾向が見られる。
理由の 1 つに建築物の構造が大きく変化し、古い人家などがなくなったことが容易に想像
がつく。その他には主なエサとなる昆虫類の種数や個体数の変化や減少が考えられる。ニ
ホンヤモリは同じシナントロープのアオダイショウ(幼蛇)のエサとなることが知られて
いるので、区部のアオダイショウの変化とも関係していると考えられる。また以前には分
布していなかったとされる南多摩地域、西多摩地域でも度々観察されており、明らかに分
布を広げている。ニホンヤモリを捕食する可能性があるシロマダラなどのヘビ類の個体数
や分布に変化が出るか留意する必要がある。そのため、ニホンヤモリを留意種としてとり
あげた。
ニホンカナヘビとニホントカゲに関しては 2 種間で生息環境の違いが知られているが、
区部をはじめ多くの地域でニホンカナヘビが好む、陽当たりの良い草原が著しく少なくな
り、かつてはどこにでも普通に生息していたニホンカナヘビも、一般的に考えられている
ほど個体数は多くないと考えられる。それは陽当たりの良い草原と隣接した石垣やガレキ
場、それらをふくむ斜面などを好むニホントカゲにも言えることである。
ヘビ類については、区部で生息環境の悪化が見られ、特にタカチホヘビなど極めて乾燥
に弱い種は特殊性を持った一部の地域を除いて、その生息状況はほぼ壊滅的と考えられる。
45
その他の地域でもシマヘビ、ヤマカガシなど以前は普通に見られた種も著しく減少し、と
くにヤマカガシの減少には注目すべきである。その 1 つの原因として考えられるのは、水
田の急速な減少であるように思える。
またマムシに関しては、以前は区部でも確かな目撃例があったが、現在ではほぼ無くな
っている。生息密度が高いといわれていた南多摩地域、西多摩地域でも、一般的に考えら
れているほど個体数が多かったとは思えない。近県の似たような生息環境と比較しても明
らかに少なく思える。一因に、マムシは水辺を好む種であるために、水辺(水田)の減少
が関係しているのかもしれない。
この生物群は東京都(本土部)では、その多くの種が極めて深刻な状況であると考える。
爬虫類はイノシシを主とした雑食性の大型哺乳類の増加により直接的または間接的なダ
メージを受けやすく、短期間で個体数を激減させる可能性がある。イノシシの他には外来
種のアライグマも被害を与えると考えられる。
また、スッポンではシナスッポンとの交雑が、ニホンイシガメ、クサガメでは、お互い
は無論、特にアジア産淡水ガメとの交雑が容易に行われるため注意を要する。
*
シナントロープ Synanthrope 「人とともに」といった意味の造語で、人間の住居や生活環境を巧みに利用し、
繁栄し、利益を得ている生物のことを指す。代表的な生き物として、スズメ、ツバメ、一部のゴキブリの仲間、ク
マネズミ、ドブネズミなどがある。
(長坂 拓也)
46
爬虫類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
カメ目
イシガメ科
ニホンイシガメ
クサガメ
スッポン科
ニホンスッポン
トカゲ目
ヤモリ科
ニホンヤモリ
トカゲ科
ニホントカゲ
カナヘビ科
ニホンカナヘビ
ナミヘビ科
ジムグリ
タカチホヘビ
アオダイショウ
シマヘビ
ヒバカリ
シロマダラ
ヤマカガシ
クサリヘビ科
ニホンマムシ
学名
区部
TESTUDINES
Geoemydidae
Mauremys japonica
Chinemys reevesii
Trionychidae
Pelodiscus sinensis japonicus
SQUAMATA
Gekkonidae
Gekko japonicus
Scincidae
Plestiodon japonicus
Lacertidae
Takydromus tachydromoides
Colubridae
Euprepiophis conspicillatus
Achalinus spinalis
Elaphe climacophora
Elaphe quadrivirgata
Amphiesma vibakari vibakari
Dinodon orientale
Rhabdophis tigrinus tigrinus
Viperidae
Gloydius blomhoffii
CR
DD
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
CR
DD
CR
DD
CR
DD
CR+EN CR+EN CR+EN CR+EN
VU
*1
*1
*1
CR+EN
VU
VU
NT
VU
VU
NT
NT
CR
DD
NT
CR
VU
CR+EN
CR
CR
-
NT
VU
VU
DD
VU
VU
VU
NT
NT
NT
VU
VU
NT
NT
NT
NT
NT
NT
VU
CR
CR
CR+EN
EN
備考
NT
1
1
DD
1
種名と配列は、日本爬虫両棲類学会による日本産爬虫両生類標準和名(2009年12月6日改訂案)に従った。ただしニホンスッポンについては、
環境省版レッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)(2006年改訂)(報道発表資料)に準じて、亜種名を表記した。
【備考】
1:放流された移入個体も生息しているが、ここでは在来個体群のみを評価対象とした。
【留意種とした理由】
和名
*1 ニホンヤモリ
地域区分
北多摩
南多摩
西多摩
留意種とした理由
急速に都市化が進んでおり、すみかとなる古い家屋などに変化が生じるなどし
て、本種の生息環境が悪化する可能性があるため。
54
5.両生類
【選定・評価方法の概要】
東京都には 2 目 6 科 8 属 15 種の在来両生類の生息が確認されている。今回の改定では、
15 種すべてを検討対象種として、文献調査および実地調査に基づいて生息状況を把握する
ように努めた。その際、分布域の特定や個体群密度の推定が可能な種については、定量的
要件を用い、それが難しい種では定性的要件で評価を行った。
【選定・評価結果の概要】
サンショウウオ目では前回(1998 年版)同様、4 種すべてが本レッドリストの掲載種とな
った。絶滅危惧 IA 類(CR)と判定されたのはトウキョウサンショウウオ(北多摩地域)と
アカハライモリ(区部)の 2 種 2 地域であった。西多摩地域のヒダサンショウウオとハコ
ネサンショウウオ以外はすべて前回と比べランクが上昇した。カエル目では今回新たにニ
ホンアマガエルが加わり、東京都に生息している在来カエル類 11 種すべてが掲載種となっ
た。
今回の改定では、1998 年版と比較して多くの種と地域でランクが上昇した。詳細なデータ
が利用できるトウキョウサンショウウオで、この 10 年間の傾向を概観してみよう。彼らの
主な繁殖場である谷戸田の耕作が放棄され乾燥化が進んだ結果、この 10 年間で繁殖場の約
20%が消失し、さらに生き残った繁殖場でも個体群サイズの縮小が進み、東京都全体で総
産卵メスの個体数は 40%弱減少したと推定された。同じ止水で繁殖するアカハライモリで
も状況は変わらないか、むしろ生息地や個体数の減少は前者より激しいかもしれない。そ
れに対して、西多摩地域の山地渓流で繁殖するヒダサンショウウオやハコネサンショウウ
オでは一部の地域を除き大きな変化は見られていない。
カエル目では水田に生息する種類のランクに大きな変化があった。例えば、前回ランク外
であったニホンアマガエルは、今回、西多摩地域で準絶滅危惧(NT)
、南多摩地域と北多摩
地域で絶滅危惧Ⅱ類(VU)
、区部で絶滅危惧ⅠB 類(EN)と評価された。他にも水田に生息
する種のランクが上がっている。この理由は、最近 10 年間の都内における水田面積の減少
によるものである。一方、水田に依存しない種、例えば、山地渓流性のカジカガエルやタ
ゴガエルなどのランクは前回とそれほど変化しなかった。
地域区分ごとにみてみると、区部では河川敷や水辺公園がおもな生息地になっている。し
かし、いずれの生息地も小規模で孤立している。さらに、以前は良好と考えられていた生
息地の多くにウシガエルが侵入し、在来種に悪影響を及ぼしている。特に水辺から離れな
いツチガエルやトウキョウダルマガエルは壊滅的な影響を受けている。今回、区部におい
てはツチガエルの確実な繁殖場所を確認することができなかった。なお、区部では都外か
ら持ち込まれた複数種のカエル類の生息が確認されている。このうち、ニホンヒキガエル
についてはアズマヒキガエルとの交雑が懸念される。また、サンショウウオ目で唯一区部
55
に生息するアカハライモリについては、信頼できる生息情報がなく、すでに絶滅した可能
性も否定できない。
北多摩地域は区部に次いで生息環境が減少している。水田の減少率は 4 地域区分の中で最
も高いうえ、都市化が急速に進んで緑地も減少している。モリアオガエルを除き、前回 C
ランク*であった種はすべて絶滅危惧Ⅱ類(VU)以上となった。なお、ツチガエルとカジカ
ガエルは前回「非分布」とされたが、その後の調査で分布が確認され、今回の改定でラン
クが付けられた。狭山丘陵にはトウキョウサンショウウオが現在も生息するが、この地域
内の丘陵部の産卵場は 10 か所以下で、いずれも孤立化し、
繁殖個体数も極めて少ないため、
絶滅リスクが他の地域に比べても高いと考えられる。
南多摩地域は丘陵地に水田が残されており、北多摩地域と比較すると環境が維持されてい
る。しかし、水田の減少や耕作放棄が各所で見られ、両生類の生息環境は悪化している。
八王子市西部のヒダサンショウウオの生息環境は現在良好な環境とは決して言えず、生息
分布の縮小が続いている。特に高尾山周辺では最近 20 年間程生息情報がない。
西多摩地域ではハコネサンショウウオやナガレタゴガエルなどの山地性の両生類は前回
と同程度のランクに留まった。しかしながら、丘陵部から平地の止水で繁殖する種に関し
ては他の地域区分と同様、厳しい評価となった種も多い。トウキョウサンショウウオの基
準産地であるあきる野市・日の出町の丘陵部では谷戸田の乾燥化が進み、この 10 年間で多
くの産卵場が消失した。カエル目では前回ランク外であった水田依存の種が準絶滅危惧
(NT)などに位置付けられた。
*
1998 年当時環境庁レッドデータブックの「希少種」に相当
(福山 欣司・草野 保)
56
両生類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
サンショウウオ目
サンショウウオ科
トウキョウサンショウウオ
ヒダサンショウウオ
ハコネサンショウウオ
イモリ科
アカハライモリ
カエル目
ヒキガエル科
アズマヒキガエル
アマガエル科
ニホンアマガエル
アカガエル科
タゴガエル
トウキョウダルマガエル
ツチガエル
ナガレタゴガエル
ニホンアカガエル
ヤマアカガエル
アオガエル科
シュレーゲルアオガエル
モリアオガエル
カジカガエル
学名
区部
CAUDATA
Hynobiidae
Hynobius tokyoensis
Hynobius kimurae
Onychodactylus japonicus
Salamandridae
Cynops pyrrhogaster
ANURA
Bufonidae
Bufo japonicus formosus
Hylidae
Hyla japonica
Ranidae
Rana tagoi tagoi
Rana porosa porosa
Rana rugosa
Rana sakuraii
Rana japonica
Rana ornativentris
Rhacophoridae
Rhacophorus schlegelii
Rhacophorus arboreus
Buergeria buergeri
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
・
CR
・
・
EN
EN
・
EN
NT
NT
VU
NT
CR
EN
EN
EN
NT
NT
○
○
○
EN
VU
VU
NT
・
CR
CR
・
EN
-
・
EN
CR
・
EN
EN
VU
EN
CR
VU
EN
EN
NT
VU
VU
NT
VU
NT
CR
・
・
VU
NT
VU
VU
NT
VU
NT
NT
NT
種名と配列は、日本爬虫両棲類学会による日本産爬虫両生類標準和名(2009年12月6日改訂案)に従った。
57
NT
6.淡水魚類
【選定・評価方法の概要】
東京都の淡水魚類の生息水域は、主に江戸川・隅田川を含む旧利根川水系と、荒川水系、
多摩川水系、鶴見川水系源流部、および神田川、目黒川を始めとする小規模河川群とそれ
らに付随する湧水池や溜池からなる。なお、ここでいう淡水魚は純淡水魚のほか、通し回
遊魚*1 や汽水魚*2 を含んでいる。
旧利根川水系と荒川水系は河川形態Bc型*3 の下流域と感潮域*4 からなり、両岸には切り立
ったコンクリート護岸が施されている。河口部には局所的に干潟や人工干潟が形成されて
おり、狭いながらも汽水魚の生息水域となっている。近年は下水道の整備により水質の改
善が進み、下流域・河口域ともに魚類層に回復の兆しが認められる。
多摩川水系は、Aa型*3 の源流部から感潮域まで多様な河川環境を持つ都内唯一の水系であ
るが、多数のダムや堰などの河川横断構造物によって河道が分断されているために、河川
環境の連続性は絶たれている。
淡水魚類の検討対象種は、前回(1998 年版)の掲載種の 37 種に 4 種を加えた 41 種とし、
絶滅のおそれの評価は、基本的に定性的要件を用いた。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、13 科 38 種が本レッドリストの掲載種に選定された。このうち 5 種は留意種
としてのみ選定された。
奥多摩湖より上流の渓流域にはヤマメ、イワナ、カジカ、アブラハヤ、ウグイなどの生
息域がまだ広く存在するが、河床の荒廃により自然繁殖は困難に陥っている水域が多い。
現在見られるヤマメやイワナの多くは種苗放流によって維持されている個体群であり、天
然個体群はごく限られた水域に残存するのみである。
奥多摩湖下流から日原川合流までの多摩川は、河川流量が非常に少なく、魚類層も貧弱
である。日原川の合流点から羽村堰までは清冽な水が確保されており、ヤマメやウグイ、
カジカなどが生息しているが、河床のアーマー化*5 が進んで河川環境の多様性が乏しいので、
魚類の生息数も限られている。
羽村堰から下流は、この堰からの水道水の取水により下流の河川流量が極端に少なくな
る。さらに下流の多摩大橋付近からは下水処理水が放流されて河川流量は増加するが、水
温や水質が大きく変化するために魚類相や底生動物相は大きく変化する。以前は農繁期限
定で羽村堰から毎秒 2 トンの灌漑用水が下流へ放水されていたが、10 年ほど前から環境維
持用水として年間を通じて毎秒 2 トンが流されるようになり、冬季の生息環境は改善され
ている。
田園調布取水堰より下流の感潮域は、下水道の整備や環境維持用水の確保などにより水
質は高度経済成長期と比較して大幅に改善している。また、田園調布取水堰が平成 18 年よ
58
りアユの遡上期に合わせて堰が開放されるようになったことにより、堰の上流に堆積して
いた土砂が河口域に供給されて河口の干潟が復活した。これらの環境変化を反映し、河口
域における汽水魚の出現種数や生息数は近年増加傾向にある。
このように、多摩川水系の淡水魚の生息状況は近年好転傾向にある。一方で、比較的水
質汚染に強い魚種として、中流域ではウグイ、ギンブナ、モツゴ、河口域ではボラ類、マ
ルタ、マハゼなどが増えている。
また、多摩川水系では、外来種の侵入が影響を及ぼしている。国内外来種としては、近
年、ムギツク、オヤニラミ、スゴモロコなどアユ種苗に混入しにくい魚種の侵入が目立っ
ている。一方、国外外来種も、かつてはカダヤシやオオクチバスなど放流目的の明確な種
が多かったが、最近はグッピーやプレコなどの観賞魚が多くなり、平成 15 年くらいからは
コクチバスやガーパイクなど在来種への食害が懸念される種が増える傾向にある。生息確
認種数は国内・国外外来種の合計で既に 200 種を超え、在来種数よりもはるかに多い。
多摩川以外の河川でも、
下水道等の整備によって昭和 60 年前後を境に水質の改善が進み、
荒川、江戸川、多摩川の下流域や多くの小規模河川では、平成 15 年頃よりアユやウキゴリ
類などの回遊魚の遡上が顕著に回復し、野川や善福寺川などではアブラハヤやギバチなど
比較的きれいな水を好む淡水魚の姿も見られるようになった。
以上のように、都内の淡水魚類の生息状況は近年大きく改善され、種の多様性も高まる
傾向にある。ただし、これは下水道等の整備や、一部の河川で実施されている高度処理水
を利用した流量の確保に依存している。
多摩川や荒川などの大規模河川では、ダムや堰などの河川横断工作物が多数設置されて
いる。これらの工作物には人工魚道が設置されていないか、設置されていても機能的に充
分とは言い難いために、ハゼ類を中心とする多くの回遊魚は生息できる水域が実質的に中
下流域のごく一部に限定されている。
*1
川と海を往来する回遊を行う魚。
*2
河川の河口部周辺など、淡水と海水が混合する汽水域を主な生息場とする魚。
*3
*4
*5
可児藤吉による河川区分で、Bc型とは1蛇行区間に瀬と淵が一つずつあり、瀬と淵の落差が小さくて瀬
から淵へ波立たずに流れ込む場合をいう。Aa型とは1蛇行区間に瀬と淵が複数あり、瀬と淵の落差が大
きい場合をいう。
河川の下流部で海洋の潮汐変動に応じて水位変動が起こる区間。
上流からの細粒の砂礫の供給が減少して河床の表面から細粒の砂礫が失われ、それによって河床が大粒
径の石だけからなるようになること。
(丸山 隆・山崎 充哲)
59
淡水魚類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
ヤツメウナギ目
ヤツメウナギ科
スナヤツメ
ウナギ目
ウナギ科
ウナギ
コイ目
コイ科
キンブナ
ミヤコタナゴ
ヤリタナゴ
タナゴ
アカヒレタビラ
ゼニタナゴ
アブラハヤ
マルタ
シナイモツゴ
カマツカ
ニゴイ
ドジョウ科
シマドジョウ
ホトケドジョウ
ナマズ目
ギギ科
ギバチ
ナマズ科
ナマズ
サケ目
シラウオ科
イシカワシラウオ
サケ科
ニッコウイワナ
サクラマス(降海型),ヤマメ(陸封型)
トゲウオ目
トゲウオ科
ムサシトミヨ
ボラ目
ボラ科
メナダ
ダツ目
メダカ科
メダカ
カサゴ目
カジカ科
カジカ(カジカ大卵型;河川陸封型)
スズキ目
ハゼ科
トビハゼ
ボウズハゼ
シロウオ
ミミズハゼ
学名
区部
PETROMYZONTIFORMES
Petromyzontidae
Lethenteron reissneri
ANGUILLIFORMES
Anguillidae
Anguilla japonica
CYPRINIFORMES
Cyprinidae
Carassius auratus subsp. 2
Tanakia tanago
Tanakia lanceolata
Acheilognathus melanogaster
Acheilognathus tabira subsp. 1
Acheilognathus typus
Phoxinus lagowskii steindachneri
Tribolodon brandti
Pseudorasbora pumila pumila
Pseudogobio esocinus esocinus
Hemibarbus barbus
Cobitidae
Cobitis biwae
Lefua echigonia
SILURIFORMES
Bagridae
Pseudobagrus tokiensis
Siluridae
Silurus asotus
SALMONIFORMES
Salangidae
Salangichthys ishikawae
Salmonidae
Salvelinus laucomaenis pluvius
Oncorhynchus masou masou
GASTEROSTEIFORMES
Gasterosteidae
Pungitius sp.
MUGILIFORMES
Mugilidae
Chelon haematocheilus
BELONIFORMES
Adrianichthyidae
Oryzias latipes
SCORPAENIFORMES
Cottidae
Cottus pollux
PERCIFORMES
Gobiidae
Periophthalmus modestus
Sicyopterus japonicus
Leucopsarion petersii
Luciogobius guttatus
60
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
CR
CR
EN
EN
VU
VU
VU
VU
VU
EN
CR+EN
EX
EX
EX
EX
EX
VU
*1
EX
NT
NT
VU
EX
EX
EX
-
EX
VU
*1
-
NT
NT
VU
-
DD
EX
-
EX
NT
*1
-
NT
NT
VU
-
DD
-
EX
-
CR
・
-
NT
NT
VU
CR
NT
EN
EN
CR
VU
VU
NT
VU
EN
VU
VU
VU
CR+EN CR+EN
CR
VU
VU
VU
*2
*2
*2
*2
*3
・
・
・
・
・
・
CR
CR+EN CR+EN CR+EN CR+EN
EX
EX
・
・
NT
*4
・
・
CR+EN CR+EN CR+EN CR+EN
*5
CR
DD
DD
VU
CR+EN CR+EN
・
DD
・
・
・
DD
・
・
1
1
1
1
1
2
CR
DD
NT
CR
VU
VU
NT
・
-
・
・
NT
VU
3
和名
エドハゼ
ビリンゴ
ジュズカケハゼ
アシシロハゼ
マサゴハゼ
ヒメハゼ
アベハゼ
スジハゼ
ヌマチチブ
チチブ
学名
Gymnogobius macrognathos
Gymnogobius castaneus
Gymnogobius laevis
Acanthogobius lactipes
Pseudogobius masago
Favonigobius gymnauchen
Mugilogobius abei
Acentrogobius pflaumii
Tridentiger brevispinis
Tridentiger obscurus
区部
VU
NT
VU
*6
VU
NT
NT
NT
*7
*8
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 ランク
・
・
・
VU
-
-
・
VU
VU
VU
EN
・
・
・
・
・
・
VU
・
・
・
・
・
・
・
・
・
*7
*7
NT
*8
*8
-
和名、学名、配列は、中坊徹次(編), 2000.日本産魚類検索 全種の同定 第二版.東海大学出版会.に準拠した。
【備考】
1:稀に鑑賞用の遺棄個体などが採れることがある。 2:西多摩では国内外来種のタカハヤの侵入によって、交雑または種間競争による置き換わりが生じている可能性がある。
3:放流された移入個体は多数生息しているが、ここでは在来個体群のみを評価対象とした。
【留意種とした理由】
和名
*1 マルタ
*2 ナマズ
地域区分
区部
北多摩
南多摩
区部
北多摩
南多摩
西多摩
留意種とした理由
かつて減少したが、水質改善に伴って増加傾向にあり、自然の回復状況を
表す。ただし、魚道が機能しなくなると遡上出来なくなり、繁殖できなくなる
ため引き続き留意する必要があるため。
現状では絶滅のおそれは少ないが、産卵場所や仔稚魚の生育場所となる
環境が減少しており、今後の動向に留意する必要があるため。
*3 イシカワシラウオ
区部
一時期は絶滅したと考えられるが、堰の開放による底質改善及び水質改善
に伴って近年確認されるようになってきた。ただし、堰が閉まると再び絶滅
する可能性が高いことから、今後の動向に留意する必要があるため。
*4 メナダ
北多摩
堰が出来たことによって減少したが、環境配慮による魚道の整備や堰の開
放によって近年回復している。ただし、堰が閉まると減少する可能性が高い
ことから、今後の動向に留意する必要があるため。
*5 カジカ(カジカ大卵型;河川陸封型) 区部
かつて生息数・生息水域ともに減少したが、水質・底質改善に伴って区部
まで分布が拡大し、自然の回復状況を表すため。ただし区部のものは繁殖
はしていない。
*6 アシシロハゼ
かつて激減したが、河口干潟の保全に伴って増加傾向にあり、自然の回復
状況を表すため。
*7 ヌマチチブ
*8 チチブ
区部
区部
北多摩
南多摩
区部
北多摩
南多摩
堰が出来たことによって減少したが、環境配慮による魚道の整備や堰の開
放によって近年回復している。ただし、堰が閉まると減少する可能性が高い
ため、今後の動向に留意する必要があるため。
かつて減少したが、水質・底質改善に伴って増加傾向にあり、自然の回復
状況を表すため。
61
7.昆虫類
今日、地球上に分布する昆虫の分類別の目による種類数は、
『日本動物大百科 昆虫Ⅱ・Ⅲ』
(1997・1998,平凡社)によると次のように推定されている。多いものから順に 1.コウチュ
ウ目約 37 万種、2. チョウ目約 20 万種、3.ハチ目約 12 万種以上、4. ハエ目約 11 万種で、
おそらくこれは昆虫類が熱帯原産で降雨林の中で多様化したという事実からの推定と思わ
れる。温帯の日本ではまだ種類のすべてがわかっていないが、上述の種数の比に準じてい
るものと考えられる。
東京都においても昆虫の種数は非常に多く、今回の評価は委員が専門としている目毎に
担当し、記録文献の選択と種ごとのランクの判定にあたった。しかし、この作業は困難を
極めた。客観的な評価を行うためには、過去から現在に至る各種の分布、生息状況、その
変化の把握が不可欠である。隣接する埼玉県、神奈川県、千葉県では、1990 年代以降、相
次いで県単位の昆虫誌や目録が作成され、地域博物館や同好会誌などにも多くの資料や記
録が集積されているために、その概要を知ることができる。しかし、東京都においては、
皇居など、限定された場所についてのまとまった報告は見られるが、比較的最近のものと
して広域を対象としたものは、ごく限られていた。
そのため、定量的評価をしようにも情報量そのものが少なく、定性的評価しかできない
場合が多々あった。結果として、定量的要件と定性的要件の両方を用いて評価を行った。
また、前回(1998 年版)の選定種の中には、分布の根拠となる文献・情報を収集できな
かったものもあるが、これらについては今回収集した文献や情報を優先して評価を行った。
今回の評価に際しても、分布・生息の可能性が十分考えられるものの当該地域の記録が見
当たらなかったものが少なくないが、これらは「データ無し」として扱った。
また、地域区分ごとの情報量の差が大きく、評価できない地域が多くあることが想像さ
れたため、区部、北多摩、南多摩、西多摩の 4 地域区分に加えて、本土部全体のランクを
つけた。なお、本土部全体の評価は、当然のことだが全体的な知見からの評価であるため、
各地域のランクとは必ずしも整合しないが、本土部全体の傾向を示しているため、各地域
のランクの使用にあたっては、地域ごとの評価だけでなく本土部全体の傾向にも配慮する
必要がある。
(矢島 稔)
62
(1)トンボ目
【選定・評価方法の概要】
東京都本土部のトンボ目は古くから記録されており、すでに 1932 年には目録が作成され
ている(奥村定一,1932.東京産蜻蛉目目録.昆虫,5(5):209-215.)。現在までに、東京都本
土部から記録されたトンボ目は 90 種(明らかな偶産種*を除く)である。これは全国的に
も上位に位置する種数であり、面積的に狭小なことを考えると、種多様性の極めて高い地
域であることがうかがえる。しかし、他の分類群同様、高度成長期以降の大規模開発や生
活様式の変化に伴い、多くの種で衰亡が見られ、現存種数や生息状況から見た場合、今や
全国的に最も貧弱な地域の1つとなってしまっている。特に区部や隣接する北多摩の一部
にしか記録のないオオセスジイトトンボ、コバネアオイトトンボ、メガネサナエ、マダラ
ヤンマ、ベッコウトンボ、オオキトンボなどの種では、その多くが絶滅状態となっている。
また、東京で得られた材料を基に記載されたものとして、オオモノサシトンボ(葛飾区水
元)
、グンバイトンボ(三鷹市井の頭)があるが、どちらも東京からの確実な記録が途絶え
て久しい。
比較的最近のものとしては、皇居(友国雅章・斎藤洋一,2000.皇居のトンボ,国立科学博
物館専報,(36):7-18.、斎藤洋一・大和田守・加藤俊一・井上繁一,2006.皇居のトンボ類モ
ニタリング調査(2001-2005).国立科学博物館専報,(43):383-406.)など、限定された場所
についてのまとまった報告が見られる。一方、広域を対象としたものは大森武昭(1983.多
摩 川 水 系 の ト ン ボ 相 と そ の 生 態 . と う き ゅ う 環 境 浄 化 財 団 ( 一 般 ) 研 究 助 成 ,(31) :
1-56+PL12.
)や、1990 年代から都立稲城高校、南多摩高校の部活動として行われ、各部報
等(例えば、都立稲城高校野外活動部・都立南多摩高校生物部,1997.多摩川水系の流水性
トンボ調査.東京トンボ研究会資料.)に報告されている一連の調査程度で、どちらも多摩
川水系流域を対象としており、都レベルとしてはまとまったものはまったくない状況であ
る。しかし、トンボ目は関心の高い分類群であることから、個々の報告や情報は比較的多
く、それらを丹念に拾い集めることによって、区市町村別レベル程度の分布や記録の変遷
などの情報を一定程度把握することが可能であった。
そのため、今回は、より客観的な評価の試みとして、定量的要件による判定を試みた。
基本となるのは既知生息地数に対する現存生息地数であり、これによって算出される減少
率に、生息条件や個体群の維持に重要と考えられる 5 つの補正項の数値を加えた補正減少
率を基にランクを決定した。絶滅危惧Ⅰ類のランクについては、絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶
滅危惧ⅠB 類(EN)を区別した。過去の記録は戦前のものも含めて採用した。生息地の定義
については基本的に区市町村とし、詳細が明らかになっている一部の種については具体的
な生息(記録)地数を用いた。また、一部において現地調査も行った。同様の評価手法は
すでに愛知県と神奈川県で試みられており、今回用いた定義や判定基準等についてはそれ
らを参考として決定した。
63
定量的評価を行うためにはより多くの確実な情報を収集する必要があるため、日本蜻蛉
学会員を中心とした方々に未発表記録や生息状況、文献資料などの提供をして頂いた。
検討対象種は、1998 年版に掲載されている 67 種に、今回新たに検討対象として 12 種を
加えた 79 種とし、これらについて評価を行った。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、59 種が本レッドリストの掲載種に選定された。基本的に定量的判定による
数値によってランク付けをおこなったが、区市町村レベルでは減少が見られない一方で、
個々の生息地レベルでの減少が著しい種や、十分な情報が収集できなかった一部の種につ
いては、定性的要件を用いて最終的なランクを決定したものもある。また、当然のことだ
が、絶滅危惧に該当するかどうかで判定したため、記録がごく少ないなど希少性が高くと
も、現状として生息環境・状況が安定的であると判断された種や、増加傾向にある種につ
いてはランク外とした。
地域区分別では、区部で何らかのランク付けがなされ他地域よりランクが高くなった種、
次いで北多摩地域でランク付けがなされた種が多い。これは区部や北多摩地域での生息環
境の改変の方が南多摩地域や西多摩地域より大きいことを示している。このような種も南
多摩地域や西多摩地域では比較的健在な場合があり、これによって該当地域や本土部全体
ではランクが低い、またはランク外となった種もある。しかし、これは、その地域にしか
安定的な生息地が残されていないことや、生息環境の改変に脆弱であることを示している
ため、ランク外だからといってまったく配慮しなくともよいということではない。
一方、池沼性の種については、区部の方が他地域に比べてランクが低くなったものがみ
られる。これは生息環境としての池沼が区部に多く、公園などに組み入れられて残されて
いるのに対し、多摩地域には元来少なく、現在では極めて限られていることに起因するも
のである。
なお、近年になって、明らかに人為的な放虫に由来すると判断されるものや、その可能
性が強く疑われる記録や個体群も存在している。これらについては、確実性の高いものは
評価から除外した。
*
その地域では定着していないと判断される種。台風や季節風などによって偶発的に飛来する種などが該当
する。
(須田 真一)
64
トンボ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
トンボ目(蜻蛉目)
イトトンボ科
モートンイトトンボ
ヒヌマイトトンボ
キイトトンボ
ベニイトトンボ
ムスジイトトンボ
セスジイトトンボ
オオイトトンボ
オオセスジイトトンボ
モノサシトンボ科
グンバイトンボ
モノサシトンボ
オオモノサシトンボ
アオイトトンボ科
アオイトトンボ
コバネアオイトトンボ
オツネントンボ
ホソミオツネントンボ
カワトンボ科
アオハダトンボ
ハグロトンボ
アサヒナカワトンボ
ニホンカワトンボ
ムカシヤンマ科
ムカシヤンマ
サナエトンボ科
メガネサナエ
ナゴヤサナエ
ヤマサナエ
キイロサナエ
ホンサナエ
コサナエ
ダビドサナエ
ヒメサナエ
アオサナエ
オナガサナエ
コオニヤンマ
ウチワヤンマ
オニヤンマ科
オニヤンマ
ヤンマ科
サラサヤンマ
コシボソヤンマ
ミルンヤンマ
アオヤンマ
ネアカヨシヤンマ
カトリヤンマ
マダラヤンマ
ルリボシヤンマ
オオルリボシヤンマ
学名
区部
ODONATA
Coenagrionidae
Mortonagrion selenion
Mortonagrion hirosei
Ceriagrion melanurum
Ceriagrion nipponicum
Cercion sexlineatum
Cercion hieroglyphicum
Cercion sieboldii
Cercion plagiosum
Platycnemidae
Platycnemis foliacea sasakii
Copera annulata
Copera tokyoensis
Lestidae
Lestes sponsa
Lestes japonicus
Sympecma paedisca
Indolestes peregrinus
Calopterygidae
Calopteryx japonica
Calopteryx atrata
Mnais pruinosa
Mnais costalis
Petaluridae
Tanypteryx pryeri
Gomphidae
Stylurus oculatus
Stylurus nagoyanus
Asiagomphus melaenops
Asiagomphus pryeri
Gomphus postocularis
Trigomphus melampus
Davidius nanus
Sinogomphus flavolimbatus
Nihonogomphus viridis
Onychogomphus viridicostus
Sieboldius albardae
Sinictinogomphus clavatus
Cordulegasteridae
Anotogaster sieboldii
Aeschnidae
Oligoaeschna pryeri
Boyeria maclachlani
Planaeschna milnei
Aeschnophlebia longistigma
Aeschnophlebia anisoptera
Gynacantha japonica
Aeshna mixta soneharai
Aeshna juncea
Aeshna nigroflava
EX
CR
EN
VU
CR
・
NT
-
DD
CR
CR
CR
CR
・
CR
-
DD
CR
EN
・
EX
DD
CR
EX
DD
・
○
VU
・
VU
VU
・
NT
NT
EX
○
EX
EN
NT
65
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
CR
・
EN
-
・
CR
CR
EN
VU
○
○
EN
・
VU
・
EN
EN
CR
EX
DD
・
・
DD
・
EX
DD
CR
○
NT
・
NT
○
NT
EX
VU
NT
NT
EN
NT
○
EX
VU
-
EX
EN
VU
EN
○
○
○
○
-
CR
○
○
○
VU
-
EN
・
VU
EN
EN
EN
EX
DD
EX
EX
CR
CR
EX
EX
EX
NT
NT
・
・
EN
EX
VU
CR
・
・
VU
CR
NT
CR
・
・
VU
-
NT
EN
EX
DD
EN
CR
VU
CR
○
○
○
○
・
VU
NT
○
○
○
VU
NT
VU
○
○
○
○
○
○
○
○
NT
VU
VU
NT
NT
○
○
○
○
CR
EX
DD
EN
CR
CR
EX
・
・
EN
CR
DD
DD
DD
CR
・
-
-
EN
VU
VU
VU
EN
EN
○
○
○
-
DD
VU
・
NT
DD
DD
-
VU
・
NT
DD
EN
CR
EN
EX
NT
DD
EN
NT
EN
EN
NT
VU
VU
NT
NT
NT
NT
和名
エゾトンボ科
トラフトンボ
エゾトンボ
ハネビロエゾトンボ
タカネトンボ
コヤマトンボ
キイロヤマトンボ
トンボ科
ハラビロトンボ
シオヤトンボ
ヨツボシトンボ
ベッコウトンボ
ハッチョウトンボ
ミヤマアカネ
マイコアカネ
ヒメアカネ
リスアカネ
キトンボ
オオキトンボ
チョウトンボ
学名
区部
Corduliidae
Epitheca marginata
Somatochlora viridiaenea
Somatochlora clavata
Somatochlora uchidai
Macromia amphigena
Macromia daimoji
Libellulidae
Lyriothemis pachygastra
Orthetrum japonicum
Libellula quadrimaculata asahinai
Libellula angelina
Nannophya pygmaea
Sympetrum pedemontanum elatum
Sympetrum kunckeli
Sympetrum parvulum
Sympetrum risi
Sympetrum croceolum
Sympetrum uniforme
Rhyothemis fuliginosa
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
CR
EX
EX
・
DD
・
EX
CR
-
DD
EN
・
-
-
-
-
CR
DD
CR
CR
DD
○
○
○
NT
EX
NT
・
NT
EX
VU
VU
EN
EX
-
VU
NT
DD
NT
EX
EX
NT
VU
VU
EN
EX
-
NT
NT
○
○
VU
EX
-
VU
-
-
NT
NT
EN
EX
EX
○
○
○
○
DD
DD
DD
NT
DD
NT
VU
VU
○
○
○
○
EX
EX
VU
EX
-
NT
DD
-
NT
DD
EX
NT
VU
NT
CR
1
EN
和名、学名は、杉村光俊・石田昇三・小島圭三・石田勝義・青木典司,1999.原色日本トンボ幼虫・成虫大図鑑,北海道大学図書刊行会.
に準拠した。ただし、カワトンボ属2種については、二橋亮,2007.カワトンボ属の最新の分類学的知見,昆虫と自然42(9)4-7.に従った。
また、科や種の配列に関しては、石田昇三・石田勝義・小島圭三・杉村光俊,1988.日本産トンボ幼虫・成虫検索図説,東海大学出版会.
に従った。
【備考】
1:東京都における記録は「東京府産」とされる標本写真1例だけであり、具体的な記録が不明である。そのため、地域区分ごとの評価が
できず、本土部全体での判定のみとせざるを得なかった。
66
(2)カマキリ目・バッタ目
【選定・評価方法の概要】
カマキリ目とバッタ目は、共に直翅系昆虫に属する分類群であること、解説に共通する
部分が多いことなどの理由により、ここでまとめて扱う。
東京都本土部のカマキリ目・バッタ目は古くから記録されている。例えば東京府(1938.
武蔵野昆虫誌,194+28pp.
)には武蔵野地域の目録が掲載されており、平山修次郎(1933.原
色千種昆虫図譜.三省堂,東京.186pp.+104PL.、1937.続原色千種昆虫図譜.三省堂,東
京.194pp.+88PL.
)の図版にも多くの東京産の標本が図示されている。その中には全国的に
も近年まったく記録のないアカハネバッタのような種も含まれており、往時の種構成や生
息環境の多様性をうかがい知ることができる。しかし、他の分類群同様、高度成長期以降
の大規模開発や生活様式の変化に伴い、クツワムシやクルマバッタなど、過去には各地で
記録されていた普通種が消えていく一方、アオマツムシやヒメクダマキモドキのように、
分布域、個体数共に増加し、勢力を増している外来種や暖地性の種もみられる。比較的近
年のものとしては、皇居(山崎柄根,2000.皇居で見られた直翅系昆虫.国立科学博物館専
報,(36):19-27.)など、限定された場所についてのまとまった報告は見られるが、広域を
対 象 と し た も の は 、 バ ッ タ 目 で は 和 田 一 郎 ( 1995. 東 京 の 直 翅 目 . ば っ た り ぎ
す,(103):46-65.
、2001.東京 23 区内の直翅類.寄せ蛾記,(103):40-49.
)による報文のみで
あり、カマキリ目では見出せなかった。このように評価に資する基礎的なデータが極めて
不足しているのが現状である。そのため、今回の評価はすべて定性的要件によって行い、
入手できた文献資料のほか、聞き取りなどの情報、隣接県での生息状況なども参考として、
一部、現地調査も実施した。
絶滅危惧Ⅰ類のランクについては、絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶滅危惧ⅠB 類(EN)を区分
した。過去の記録はさかのぼれるものについては戦前のものも含め採用した。
カマキリ目は今回新たに評価対象とした分類群であり、3 種を検討対象種として評価を行
った。バッタ目については、1998 年版に掲載されている 22 種に、今回新たに検討対象とし
た 7 種を加えた 29 種について評価を行った。
なお、評価にあたっては、多くの方から未発表記録や生息状況などについて多数提供し
ていただいた。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、カマキリ目は検討対象種の 3 種全てが、バッタ目では 28 種が本レッドリス
トの掲載種に選定された。
評価にあたっては、過去から現在にいたる減少度合いを基本とし、生息環境の脆弱性、
分布範囲などの情報も加味してランクを決定した。当然のことだが、絶滅危惧に該当する
かどうかで判定したため、記録がごく少ないなど、希少性が高くとも、現状として生息環
67
境・状況が安定的であると判断された種や、増加傾向にある種についてはランク外とした。
全般にわたって「情報不足」(DD)、あるいは「データ無し」と評価されたものが多いが、
これは基礎的な情報が極めて不足していることによるものである。
今回、絶滅危惧種の CR、EN、VU となった種についてみると、河川敷に生息あるいは残存
している種が多い。これはエゾエンマコオロギやカワラバッタなど礫河原に固有な種にと
っては、河川敷が唯一の生息環境となっていること、面積的にも連続した緑地が維持され
ていること、出水などのかく乱によって、様々な植生や環境が創出されることによる。し
かし、河川敷においてもすでに危機的となっている種が多いことは、生息環境としての質
がすでに劣化していることを示している。
なお、バッタ目については近年、分類学的な再検討が盛んに行われ(日本直翅類学会
編,2006.バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑.北海道大学出版会.687pp.)
、複数種に分割
されたものや、新たに記載された種が多い。その中にはイズササキリやコガタカンタンな
ど、東京都から記録されているものもあるが、これらについては分布や生息状況の把握が
十分でないために、今回は検討対象種としなかった。また、オオオカメコオロギ、チョウ
センカマキリなど、確実な記録があまりにも少なく、生息状況(特に近年)が不明なため
に評価が困難な種、ヤマトマダラバッタなど、記録は存在するものの、その真偽が不明な
ものについても同様の扱いとした。さらにスズムシ、マツムシ、ヒガシキリギリスなどで
は、飼育個体の逸出や人為的な放虫に由来すると強く疑われる記録や個体群が存在してお
り、これらについても確実性の高いものは評価の対象から外した。
(須田 真一)
68
カマキリ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
カマキリ目(蟷螂目)
ヒメカマキリ科
ヒメカマキリ
カマキリ科
ヒナカマキリ
ウスバカマキリ
学名
区部
MANTODEA
Acromantidae
Acromantis japonica
Mantidae
Amantis nawai
Mantis religiosa
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
-
DD
-
DD
DD
DD
-
DD
-
DD
-
-
DD
DD
和名、学名、配列は、宮武頼夫・加納康嗣(編著),1992.検索入門セミ・バッタ,保育社.に準拠した。
69
バッタ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
バッタ目(直翅目)
コロギス科
コロギス
ハネナシコロギス
キリギリス科
カヤキリ
シブイロカヤキリ
(シブイロカヤキリモドキ)
クツワムシ科
クツワムシ
ツユムシ科
アシグロツユムシ
ヘリグロツユムシ
コオロギ科
エゾエンマコオロギ
タンボコオロギ
クマコオロギ
ヒメコオロギ
クマスズムシ
マツムシ科
マツムシ
カヤコオロギ
ヒロバネカンタン
ヒバリモドキ科
キンヒバリ
エゾスズ
ヤチスズ
カワラスズ
ヒゲシロスズ
バッタ科
アオフキバッタ
学名
区部
ORTHOPTERA
Gryllacrididae
Prosopogryllacris japonica
Nippancistroger testaceus
Tettigoniidae
Pseudorhynchus japonicus
Xestophrys javanicus
Mecopodidaedae
Mecopoda niponensis
Phaneropteridae
Phaneroptera nigroantennata
Psyrana japonica
Gryllidae
Teleogryllus infernalis
Modicogryllus siamensis
Mitius minor
Comidogryllus nipponensis
Sclerogryllus punctatus
Eneopteridae
Xenogryllus marmoratus
Euscyrtus japonicus
Oecanthus euryelytra
Trigonidiidae
Natula matsuurai
Pteronemobius yezoensis
Pteronemobius ohmachii
Dianemobius furumagiensis
Polionemobius flavoantennalis
Acrididae
Aopodisma subaptera
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
DD
DD
○
○
○
○
○
○
○
○
CR
CR
CR
DD
CR
DD
○
○
○
○
CR
CR
CR
DD
CR
DD
DD
DD
-
○
○
○
○
○
○
-
DD
DD
DD
DD
CR
DD
DD
DD
DD
CR
DD
DD
DD
DD
CR
DD
-
DD
-
CR
DD
DD
DD
DD
CR
DD
DD
CR
-
DD
CR
DD
-
DD
-
DD
CR
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
VU
NT
○
○
DD
DD
VU
○
DD
VU
DD
DD
DD
VU
○
○
○
・
・
DD
○
○
セグロイナゴ
(セグロバッタ)
Shirakiacris shirakii
CR
CR
CR
DD
CR
ショウリョウバッタモドキ
イナゴモドキ
Gonista bicolor
Mecostethus parapleurus
VU
EX
VU
EX
VU
CR
DD
-
VU
CR
ツマグロバッタ
(ツマグロイナゴモドキ)
Stethophyma magister
DD
-
-
-
DD
クルマバッタ
アカハネバッタ
カワラバッタ
Gastrimargus marmoratus
Celes akitanus
Eusphingonotus japonicus
CR
EX
CR
CR
EX
CR
CR
EX
CR
CR
・
CR
CR
EX
CR
和名、学名、配列は、日本直翅類学会(編),2006.バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑,北海道大学出版会.に準拠した。
70
CR
(3)カメムシ目
【選定・評価方法の概要】
東京都本土部のカメムシ目のまとまった記録として、古いものでは東京府(1938.武蔵野
昆虫誌,194+28pp.)による武蔵野地域の目録がある。しかし、その多くは学名・和名のみ
の記述にとどまっており、記録地など具体的な情報が不明な種が多い。平山修次郎(1933.
原色千種昆虫図譜.三省堂,東京.186pp.+104PL.、1937.続原色千種昆虫図譜.三省堂,東
京.194pp.+88PL.
)の図版にも多くの東京産の標本が図示されている。これらには、現在で
は絶滅したタガメやコバンムシなどが掲載されており、記述からは区部周辺にもこれらの
種が生息していたことがうかがえる。
東京都本土部からは、現時点で 1,074 種(東京都本土部昆虫目録作成プロジェク
ト,http://homepage3.nifty.com/TKM/,2010 年 1 月 1 日現在)のカメムシ目が記録されてい
る。極めて種数の多い多様な分類群であることに加え、後述のように基礎的なデータが極
めて不足している現状から、今回の選定にあたっては、前回(1998 年版)評価対象となっ
ていたセミ科と、ある程度現状が把握できた水生カメムシ類について評価を行った。
近年のまとまった報告としては、皇居(友国雅章・林正美・碓井徹,2000.皇居の半翅目
(腹吻群同翅類を除く).国立科学博物館専報,(36):35-55.
)など、限定された場所につい
てはあるものの、今回、評価対象とした科に限定しても広域を対象としたものは見当たら
ず、評価に資する基礎的なデータが極めて不足しているのが現状である。したがって、検
討対象種は 1998 年版の掲載種 8 種に、今回新たに 15 種を加えた 23 種とし、評価はすべて
定性的要件によって行った。評価にあたっては、現地調査の結果や入手できた文献資料の
ほか、聞き取りなどの情報、隣接県での生息状況なども参考とした。
なお、セミ科以外の陸生カメムシ類については、シロヘリツチカメムシなど絶滅危惧に
該当すると考えられる種もあるが、既存情報が不足しているため今回は評価対象外とした。
また、絶滅危惧Ⅰ類のランクについては、絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶滅危惧ⅠB 類(EN)
を区分した。過去の記録は遡れるものについては戦前のものも含め採用した。評価にあた
っては、多くの方から未発表記録や生息状況などについて多数提供して頂いた。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、19 種が本レッドリストの掲載種に選定された。チッチゼミおよび水生カメ
ムシ類で「情報不足」(DD)と評価されたものは、絶滅危惧に該当すると考えられ、確実な
記録も存在するが、評価に資する情報が極めて不足しているものである。
セミ科では、前回(1998 年版)8 種が選定されていたが、半数にあたる 4 種が地域区分・
東京都全体ともにランク外と判定された。これは、今回の評価基準として、過去から現在
にいたる減少度合いを基本とし、生息環境の脆弱性、分布範囲などの情報も加味してラン
クを決定したことによる。エゾハルゼミのように分布は限定されているが、生息地では普
71
通に見られ、現状として生息環境・状況が安定的であると判断された種、コエゾゼミなど
のように記録がごく少ないなど、希少性が高くとも、現状として生息環境・状況が安定的
であると判断された種、クマゼミのように明らかに増加傾向にある種は、この基準を満た
していないためランク外と判定した。
今回新たに評価対象に加えた水生カメムシ類は、池沼や湿地環境に生育しており、生息
環境の改変に脆弱な種が多い。また、丘陵の谷戸や河川敷などの水域だけでなく、区部の
公園などに残されている平地の池沼も重要な生息地となっている。特に、エサキアメンボ、
ババアメンボ、ホッケミズムシなどは区部でしか確認されていない。
(須田 真一)
72
カメムシ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
カメムシ目(半翅目)
セミ科
アカエゾゼミ
ハルゼミ
ヒメハルゼミ
ヒグラシ
チッチゼミ
タイコウチ科
タイコウチ
ミズカマキリ
ヒメミズカマキリ
コオイムシ科
コオイムシ
オオコオイムシ
タガメ
ミズムシ科
ホッケミズムシ
ミヤケミズムシ
コバンムシ科
コバンムシ
アメンボ科
オオアメンボ
ババアメンボ
ハネナシアメンボ
エサキアメンボ
シマアメンボ
学名
区部
HEMIPTERA
Cicadidae
Tibicen flammatus
Terpnosia vacua
Euterpnosia chibensis
Tanna japonensis
Cicadetta radiator
Nepidae
Laccotrephes japonensis
Ranatra chinensis
Ranatra unicolor
Belostomatidae
Appasus japonicus
Appasus major
Lethocerus deyrolli
Corixidae
Hesperocorixa distanti hokkensis
Xenocorixa vittipennis
Naucoridae
Ilyocoris exclamationis
Gerridae
Aquarius elongatus
Gerris argentatus babai
Gerris amenbo
Limnoporus esakii
Metrocoris histrio
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
・
EX
・
NT
・
・
CR
・
NT
・
DD
EN
CR
○
○
○
DD
DD
DD
EX
NT
CR
VU
VU
VU
VU
○
○
○
○
EX
-
-
CR
CR
-
EX
CR
EN
EX
EN
VU
EX
-
VU
EX
CR
VU
EX
VU
DD
DD
-
-
-
-
-
-
DD
DD
NT
NT
EX
EX
・
・
EX
EN
CR
DD
DD
DD
NT
VU
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
DD
DD
DD
○
○
○
○
○
○
EN
・
EN
CR
NT
NT
NT
和名、学名、配列は、セミ科については、宮武頼夫・加納康嗣(編著),1992.検索入門セミ・バッタ,保育社.に準拠した。
その他については、河合禎次・谷田一三(編),2005.日本産水生昆虫,東海大学出版会.に準拠し、一部、評価者の判断により修正を加えた。
73
(4)ヘビトンボ目・アミメカゲロウ目
【選定・評価方法の概要】
ヘビトンボ目とアミメカゲロウ目は、今回新たに評価対象とした分類群である。これら
は、共に脈翅系昆虫に属する分類群であることや、解説に共通する部分が多いことなどの
理由により、ここでまとめて扱う。
東京都本土部からは、
上記 2 目にラクダムシ目を加えた広義のアミメカゲロウ目として、
現 時 点 で 61 種 が 記 録 さ れ て い る ( 東 京 都 本 土 部 昆 虫 目 録 作 成 プ ロ ジ ェ ク
ト,http://homepage3.nifty.com/TKM/,2010 年 1 月 1 日現在)。これらのうち、今回は、あ
る程度現状が把握できたセンブリ科、ヘビトンボ科、ツノトンボ科を評価対象とした。ラ
クダムシ目(確実に記録されているのはラクダムシ 1 種のみ)についても検討を行ったが、
評価に資する基礎的なデータがほとんどないために評価対象外とした。
したがって、検討対象種はヘビトンボ目で 5 種、アミメカゲロウ目では 1 種とした。
東 京 都 に お い て は 、 皇 居 ( 塚 口 茂 彦 ,2000. 皇 居 の 脈 翅 類 . 国 立 科 学 博 物 館 専
報,(36):109-113.)など、限定された場所についてのまとまった報告は見られるものの、
今回対象とした 3 つの科に限定しても、広域を対象としたものは見当たらず、評価に資す
る基礎的なデータが極めて不足しているのが現状である。そのため、今回の評価はすべて
定性的要件によって行い、入手できた文献資料や現地調査結果のほか、聞き取りなどの情
報、隣接県での生息状況なども参考とした。その際、未発表記録や生息状況などについて、
多くの方々から情報提供していただいた。
評価にあたっては、絶滅危惧Ⅰ類を絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶滅危惧ⅠB 類(EN)に区分
し、過去の記録はさかのぼれるものについては戦前のものも含め採用した。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、検討対象としたヘビトンボ目 5 種、アミメカゲロウ目 1 種の計 6 種全てが
本レッドリストの掲載種に選定された。過去から現在にいたる減少度合いを基本とし、生
息環境の脆弱性、分布範囲などの情報も加味してランクを決定した。当然のことだが、絶
滅危惧に該当するかどうかで判定したため、記録がごく少ないなど、希少性が高くとも、
現状として生息環境・状況が安定的であると判断された種や、増加傾向にある種について
はランク外とした。また、全般にわたって「情報不足」
(DD)や「データ無し」と評価され
たものが多いが、これは基礎的な情報が極めて不足していることによるものである。
ヘビトンボ目のセンブリ科とヘビトンボ科は、幼虫が水生であり、今回の掲載種もすべ
て池沼や湿地、小規模な流水に生息する種である。一部の種では区部の公園などの水域に
も残存している。
アミメカゲロウ目のキバネツノトンボでは、確実な記録は平山修次郎(1933.原色千種昆
虫図譜.三省堂.186pp.+104PL.
)に図示されたものしか見出すことができなかった。本種に
74
ついては、昼行性で目立つために記録されやすいことや、生息環境や近隣県の状況などか
ら少なくとも記録地からは絶滅したと判断された。一方、オオツノトンボの場合は現地調
査でも北多摩地域で確認されたが、それを含めても数例の記録のみであり、絶滅危惧にあ
るかを判断できなかった。そのほかにも、例えばウスバカゲロウ科には、河川敷などの砂
礫地に生息するニセコウスバカゲロウ(クロコウスバカゲロウ)やオオウスバカゲロウな
ど、絶滅危惧に該当すると考えられる種もあるが、確実な記録があまりにも少ない、生息
状況(特に近年)が不明、記録は存在するがその真偽が不明、などの理由によって、今回
は評価することができなかった。
上記のように、ヘビトンボ目・アミメカゲロウ目に属していても、今回評価対象としな
かった分類群(科)もあり、この中には絶滅危惧に該当すると考えられる種もある。
(須田 真一)
75
ヘビトンボ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
ヘビトンボ目
(広翅目)
センブリ科
ヤマトセンブリ
ネグロセンブリ
クロセンブリ
ヘビトンボ科
ヤマトクロスジヘビトンボ
クロスジヘビトンボ
学名
区部
MEGALOPTERA
Sialidae
Sialis yamatoensis
Sialis japonica
Sialis melania tohokuensis
Corydalidae
Parachauliodes japonicus
Parachauliodes continentalis
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
DD
・
EX
DD
DD
DD
DD
DD
CR
DD
DD
CR
DD
DD
CR
DD
NT
DD
○
○
○
○
○
○
和名、学名、配列は、河合禎次・谷田一三(編),2005.日本産水生昆虫,東海大学出版会.に準拠した。
76
DD
アミメカゲロウ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
アミメカゲロウ目
(脈翅目)
ツノトンボ科
キバネツノトンボ
学名
区部
NEUROPTERA
Ascalaphidae
Ascalaphus ramburi
-
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
EX
-
-
和名、学名、配列は、伊藤修四郎・奥谷禎一・日浦勇(編著),1977.全改訂新版原色日本昆虫図鑑(下),保育社.に準拠した。
77
DD
(5)コウチュウ目
【選定・評価方法の概要】
コウチュウ目では、1998 年版の掲載種 308 種を再評価するとともに、生息情報が比較的
得られている種類(とくにゲンゴロウ科やクワガタムシ科、カミキリムシ科など)の中か
ら 51 種を新たに検討対象種に加え、評価を行った。
評価方法はすべての種類で定性的要件を用い、入手できた文献資料のほか、聞き取りな
どの情報も参考とした。絶滅危惧Ⅰ類のランクについては、絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶滅危
惧ⅠB 類(EN)を区別した。過去の記録は原則として戦後以降(1945 年以降)としたが、
一部の種類については戦前の文献も用いた(とくに区部と北多摩地域)。これは分布してい
た(あるいは生息している)ことが明らかであるものの、戦後以降の記録を探し出せなか
ったことによる。
また、オサムシ科とホソクビゴミムシ科、数種のカミキリムシ科については、協力者か
ら情報を得て評価を行った。
【選定・評価結果の概要】
『東京都の野生生物種目録 1998 年版』には本土部で 1,130 種のコウチュウ目が記載され
ているが、今回の検討対象種は 359 種であり、そのうち 195 種が本レッドリストの掲載種
に選定された。これらのうち、今回新たにレッドリストに加えられた種類はカミキリムシ
科 24 種をはじめ、合計で 51 種に及ぶ。また、前回(1998 年版)のリストから削除された
種類はオサムシ科 44 種、ハネカクシ科 20 種、カミキリムシ科 73 種をはじめ、合計で 164
種に及ぶが、これは今回の選定方針として希少性(過去の記録がごく少ない)を評価基準
で重要視しなかった点が大きい。
地域区分別では、予想された通り、区部で掲載種が著しく多く、次いで北多摩地域、南
多摩地域、西多摩地域の順となる。これは、区部ではほとんどの地域で生息環境が失われ
てしまっていること、北多摩地域では狭山丘陵以外に広域な生息環境が見あたらないこと、
南多摩地域では八王子市の高尾山の存在と、小仏山地ならびに多摩丘陵の一部に良好な生
息環境を残していること、西多摩地域では奥多摩をはじめとして南多摩地域以上に健全な
地域が広がっていることに起因している。
生息環境別では、ゲンゴロウ科やガムシ科など池沼・湿地性の種類の衰亡が著しく、こ
の傾向は地域区分によらない。また、オサムシ科の多くの種類のように、川原・草地環境
に生息するものも同様で、特に多摩川における河口域と下流部の生息環境の劣化が要因と
考えられる。海浜性の種類も同様であろうが、分布・生息情報がほとんど得られなかった
ので、今回は検討対象種としたもの自体が少ない。以上のような非森林環境と比較する限
りでは、森林環境に生息するものの衰亡は全体として顕著でない。ただし、アトキリゴミ
ムシ類や一部のカミキリムシ類などでは、森林性の種類であっても平地や丘陵部では減少
78
傾向にあるものが多い。これは地域区分別の良好な生息環境の有無・大小・連続性と密接
に関連している。
(高桑 正敏)
79
コウチュウ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
コウチュウ目(鞘翅目)
カワラゴミムシ科
カワラゴミムシ
ハンミョウ科
エリザハンミョウ
コハンミョウ
ニワハンミョウ
ホソハンミョウ
カワラハンミョウ
オサムシ科
クロナガオサムシ
セアカオサムシ
ヒメマイマイカブリ
フタモンマルクビゴミムシ
キベリマルクビゴミムシ
ツヤヒメヒョウタンゴミムシ
ホソチビヒョウタンゴミムシ
ナガチビヒョウタンゴミムシ
オサムシモドキ
クラサワメクラチビゴミムシ
ムツモンコミズギワゴミムシ
アトモンコミズギワゴミムシ
キバネキバナガミズギワゴミムシ
キアシルリミズギワゴミムシ
アオヘリミズギワゴミムシ
ヒラタマルゴミムシ
ルイスオオゴミムシ
オオナガゴミムシ
アシミゾヒメヒラタゴミムシ
コクロツヤヒラタゴミムシ
ヒメクロツヤヒラタゴミムシ
ブリットンツヤヒラタゴミムシ
キアシツヤヒラタゴミムシ
ツヤマルガタゴミムシ
キアシマルガタゴミムシ
ヒョウゴマルガタゴミムシ
タナカツヤハネゴミムシ
トゲアシゴモクムシ
チョウセンゴモクムシ
ヒロゴモクムシ
オオイクビツヤゴモクムシ
キュウシュウツヤゴモクムシ
ヒコサンツヤゴモクムシ
オオクロツヤゴモクムシ
ホソチビゴモクムシ
ムネミゾチビゴモクムシ
ヨツボシゴミムシ
クビナガヨツボシゴミムシ
オオヨツボシゴミムシ
ニッポンヨツボシゴミムシ
イグチケブカゴミムシ
学名
区部
COLEOPTERA
Omophronidae
Omophron aequalis
Cicindelidae
Cicindela elisae
Cicindela specularis
Cicindela japana
Cicindela gracilis
Cicindela laetescripta
Carabidae
Leptocarabus procerulus
Hemicarabus tuberculosus
Damaster blaptoides oxuroides
Nebria pulcherrima
Nebria livida angulata
Clivina castanea
Dyschirius steno
Dyschirius cheloscelis
Craspedonotus tibialis
Kurasawatrechus eriophorus
Paratachys plagiatus shimosae
Tachyura klugi euglypta
Armatocillenus aestuarii
Bembidion trajectum
Bembidion leucolenum
Cosmodiscus platynotus
Trigonotoma lewisii
Pterostichus fortis
Agonum thoreyi nipponicum
Synuchus melantho
Synuchus congruus
Synuchus orbicollis
Synuchus callitheres
Amara obscuripes
Amara ampliata
Amara hiogoensis
Anisodactylus andrewesi
Harpalus calceatus
Harpalus crates
Harpalus corporosus
Trichotichnus nipponicus
Trichotichnus vespertinus
Trichotichnus noctuabundus
Trichotichnus lewisi
Acupalpus sobosanus
Anthracus horni
Panagaeus japonicus
Tinoderus singularis
Dischissus mirandus
Dischissus japonicus
Peronomerus auripilis
80
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
CR
-
EN
-
EN
VU
NT
-
CR
EX
NT
NT
NT
CR
-
NT
NT
NT
○
○
○
NT
EN
-
○
○
・
・
CR
EX
EN
-
NT
-
-
DD
DD
DD
VU
・
DD
DD
CR
EN
NT
NT
NT
NT
EN
VU
NT
NT
NT
NT
EN
DD
CR
DD
CR
NT
NT
VU
DD
CR
DD
DD
VU
-
EN
-
-
NT
DD
○
○
○
-
-
DD
○
○
○
○
EX
EX
-
-
・
VU
・
・
DD
・
-
・
DD
-
-
-
DD
・
-
・
・
-
・
-
-
-
-
・
-
*1
・
CR
CR
・
DD
DD
NT
*1
DD
DD
CR
○
○
○
・
DD
・
○
NT
DD
○
○
-
○
-
-
-
-
NT
NT
DD
-
-
-
DD
NT
○
○
○
VU
NT
VU
○
○
○
○
-
-
○
○
NT
EN
EN
○
VU
○
-
-
DD
VU
-
-
DD
-
-
-
NT
NT
DD
VU
DD
CR
○
○
○
-
-
NT
○
○
○
○
VU
EN
○
○
○
○
-
-
-
・
・
NT
VU
VU
NT
NT
-
-
○
○
○
○
-
・
・
NT
VU
NT
-
・
・
-
・
-
NT
DD
DD
NT
VU
VU
○
○
○
NT
・
NT
DD
VU
DD
NT
和名
ムナビロアオゴミムシ
アカガネアオゴミムシ
コアトワアオゴミムシ
オオヒラタトックリゴミムシ
ニセトックリゴミムシ
ヤマトトックリゴミムシ
トックリゴミムシ
ナカグロキバネクビナガゴミムシ
チャバネクビナガゴミムシ
フタモンクビナガゴミムシ
カタアカアトキリゴミムシ
アトグロジュウジアトキリゴミムシ
キイロアトキリゴミムシ
キイロホソゴミムシ
アオヘリホソゴミムシ
オオアオホソゴミムシ
ミイデラゴミムシ
ゲンゴロウ科
キベリクロヒメゲンゴロウ
シマゲンゴロウ
オオイチモンジシマゲンゴロウ
ウスイロシマゲンゴロウ
マルガタゲンゴロウ
クロゲンゴロウ
コガタノゲンゴロウ
ゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ)
シャープゲンゴロウモドキ
ミズスマシ科
オオミズスマシ
ミズスマシ
コミズスマシ
ヒメミズスマシ
ガムシ科
ヤマトホソガムシ
ガムシ
ヒメガムシ
コガムシ
マメガムシ
ハネカクシ科
オサシデムシモドキ
シラオビシデムシモドキ
オオツノハネカクシ
ウミベアカバハネカクシ
クロガネハネカクシ
キンボシハネカクシ
クシヒゲハネカクシ
クロヒゲオレハネカクシ
チャムネハラホソハネカクシ
クワガタムシ科
ミヤマクワガタ
ノコギリクワガタ
スジクワガタ
ヒラタクワガタ
オオクワガタ
コガネムシ科
マエカドコエンマコガネ
ヤマトケシマグソコガネ
学名
Chlaenius sericimicans
Chlaenius abstersus
Chlaenius hamifer
Oodes virens
Oodes helopioides tokyoensis
Lachnocrepis japonica
Lachnocrepis prolixa
Odacantha puziloi
Odacantha aegrota
Archicolliuris bimaculata nipponica
Cymindis collaris
Lebia idae
Philorhizus optimus
Drypta fulveola
Drypta japonica
Desera geniculata
Pheropsophus jessoensis
Dytiscidae
Ilybius apicalis
Hydaticus bowringi
Hydaticus pacificus conspersus
Hydaticus rhantoides
Graphoderus adamsii
Cybister brevis
Cybister tripunctatus orientalis
Cybister japonicus
Dytiscus sharpi
Gyrinidae
Dineutus orientalis
Gyrinus japonicus
Gyrinus curtus
Gyrinus gestroi
Hydrophilidae
Hydrochus japonicus
Hydrophilus acuminatus
Sternolophus rufipes
Hydrochara affinis
Regimbartia attenuata
Staphylinidae
Apatetica princeps
Nodynus leucofasciatus
Bledius salsus
Phucobius simulator
Platydracus inornatus
Ocypus weisei
Velleius pectinatus
Acylophorus honshuensis
Atanygnathus terminalis
Lucanidae
Lucanus maculifemoratus
Prosopocoilus inclinatus
Macrodorcas striatipennis
Serrognathus platymelus pilifer
Dorcus hopei
Scarabaeidae
Caccobius jessoensis
Psammodius japonicus
81
区部
NT
VU
VU
・
EN
VU
NT
DD
NT
NT
DD
DD
DD
CR
NT
・
CR
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
NT
・
NT
NT
NT
-
NT
-
DD
・
VU
・
EX
・
EX
CR
-
NT
NT
NT
○
○
○
○
NT
・
○
NT
DD
○
○
NT
DD
-
-
・
NT
-
-
-
・
-
・
-
-
-
DD
-
・
○
○
○
○
・
NT
CR
*2
・
*2
CR
NT
EN
EX
-
EN
EX
EX
EX
EX
EX
CR
EX
EX
-
EX
CR
EX
EX
・
-
CR
-
-
EX
-
EX
EX
・
-
-
-
-
-
EN
・
EX
・
CR
CR
EX
EN
EX
CR
EX
EX
EX
VU
NT
VU
VU
CR
EN
CR
EX
-
EN
EN
-
DD
-
VU
-
-
-
NT
-
-
CR
VU
DD
DD
NT
VU
EN
EN
DD
EX
VU
EN
EN
-
CR
DD
VU
VU
-
EN
DD
NT
-
-
-
-
DD
-
DD
EN
DD
NT
VU
NT
NT
-
-
VU
VU
VU
VU
-
NT
-
DD
DD
DD
・
DD
DD
VU
・
○
○
○
○
○
○
NT
-
-
-
NT
NT
-
-
-
-
-
NT
NT
NT
NT
NT
・
NT
VU
VU
CR
-
NT
○
○
○
○
○
○
NT
NT
CR
○
○
○
NT
CR
NT
-
NT
CR
DD
DD
DD
・
DD
・
○
DD
DD
・
○
NT
DD
DD
DD
CR
○
○
・
・
VU
VU
・
EN
NT
NT
EN
DD
DD
VU
和名
ヒゲブトハナムグリ
ヒゲコガネ
ツヤスジコガネ
ハンノヒメコガネ
トラハナムグリ
ヒメトラハナムグリ
クロカナブン
ハナムグリ
シラホシハナムグリ
アカマダラコガネ
(アカマダラハナムグリ)
コカブトムシ
ナガドロムシ科
タマガワナガドロムシ
ヒメドロムシ科
アヤスジミゾドロムシ
タマムシ科
マスダクロホシタマムシ
ウバタマムシ
タマムシ(ヤマトタマムシ)
クロタマムシ
コメツキムシ科
ウバタマコメツキ
ホタル科
ゲンジボタル
ヘイケボタル
ホソカミキリ科
ホソカミキリ
カミキリムシ科
ウスバカミキリ
ノコギリカミキリ
コバネカミキリ
オオマルクビヒラタカミキリ
ケブカヒラタカミキリ
サビカミキリ
クロカミキリ
ホンドニセハイイロハナカミキリ
フタコブルリハナカミキリ
ヒナルリハナカミキリ
ツヤケシハナカミキリ
アカハナカミキリ
ツマグロハナカミキリ
ムネアカクロハナカミキリ
ヨツスジハナカミキリ
オオヨツスジハナカミキリ
カタキハナカミキリ
ベニバハナカミキリ
オニホソコバネカミキリ
アオスジカミキリ
マルクビケマダラカミキリ
ミヤマカミキリ
キマダラヤマカミキリ
キイロミヤマカミキリ
ヨツボシカミキリ
タイワンメダカカミキリ
オダヒゲナガコバネカミキリ
クスベニカミキリ
学名
Anthypna pectinata
Polyphylla laticollis
Mimela dificilis
Anomala puncticollis
Trichius japonicus
Lasiotrichius succinctus
Rhomborrhina polita
Eucetonia pilifera
Protaetia brevitarsis
区部
EN
VU
DD
DD
DD
EN
EN
CR
EX
Poecilophildes rusticola
Eophileurus chinensis
Heteroceridae
Heterocerus japonicus
Elmidae
Graphelmis shirahatai
Buprestidae
Ovalisia vivata
Chalcophora japonica
Chrysochroa fulgidissima
Buprestis haemorrhoidalis japanensis
Elateridae
Cryptoalaus berus
Lampyridae
Luciola cruciata
Luciola lateralis
Disteniidae
Distenia gracilis
Cerambycidae
Megopis sinica
Prionus insularis
Psephactus remiger
Asemum striatum
Nothorhina punctata
Arhopalus coreanus
Spondylis buprestoides
Rhagium femorale
Stenocorus caeruleipennis
Dinoptera minuta
Anastrangalia scotodes
Corymbia succedanea
Leptura modicenotata
Leptura dimorpha
Leptura ochraceofasciata
Megaleptura regalis
Pedostrangalia femoralis
Paranaspia anaspidoides
Necydalis gigantea
Xystrocera globosa
Trichoferus campestris
Massicus raddei
Aeolesthes chrysothrix
Margites fulvidus
Stenygrinum quadrinotatum
Stenhomalus taiwanus
Glaphyra gracilis
Pyrestes nipponicus
82
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
○
○
○
NT
VU
VU
・
VU
○
○
○
○
DD
-
NT
NT
EN
CR
DD
-
NT
-
-
DD
DD
NT
○
○
○
DD
-
○
EN
NT
CR
EX
-
*3
*3
*3
VU
NT
○
○
○
*4
-
-
-
○
*5
・
・
・
○
VU
CR
NT
CR
NT
NT
○
○
○
NT
NT
NT
○
○
○
○
VU
VU
NT
VU
CR
EN
NT
NT
VU
EN
EN
VU
VU
○
○
○
NT
NT
NT
VU
VU
○
○
NT
NT
NT
・
EX
NT
EN
VU
EX
EX
NT
EX
CR
CR
EX
CR
・
-
NT
・
EX
VU
VU
NT
・
EX
VU
・
EN
NT
NT
DD
-
-
EN
NT
-
-
NT
VU
EN
EN
-
EN
・
-
-
・
CR
NT
NT
NT
・
CR
-
-
-
NT
NT
○
○
○
○
○
○
○
○
EX
NT
○
-
○
○
○
○
NT
NT
○
VU
NT
NT
NT
NT
○
○
○
○
○
NT
○
NT
○
○
○
○
○
NT
○
NT
NT
○
○
○
NT
NT
○
NT
NT
○
NT
-
DD
-
-
○
○
○
○
○
VU
CR
NT
NT
・
CR
○
VU
CR
NT
○
○
○
○
○
○
・
VU
DD
EN
○
DD
EN
NT
NT
EN
和名
アオカミキリ
アカアシオオアオカミキリ
ミドリカミキリ
スギカミキリ
ヨツボシヒラタカミキリ
ブドウトラカミキリ
トラフカミキリ
シロオビトラカミキリ
キスジトラカミキリ
タケトラカミキリ
クロトラカミキリ
トウキョウトラカミキリ
ホソトラカミキリ
キイロトラカミキリ
トガリバアカネトラカミキリ
スギノアカネトラカミキリ
ホタルカミキリ
シロオビゴマフカミキリ
キクスイモドキカミキリ
ハイイロヤハズカミキリ
イタヤカミキリ
ヒゲナガカミキリ
ヒメヒゲナガカミキリ
センノカミキリ
ヒメビロウドカミキリ
チャイロヒゲビロウドカミキリ
シロスジカミキリ
ヒゲナガゴマフカミキリ
ネジロカミキリ
フタオビアラゲカミキリ
カッコウカミキリ
ヒゲナガモモブトカミキリ
ナカバヤシモモブトカミキリ
シラオビゴマフケシカミキリ
ハンノキカミキリ
オニグルミノキモンカミキリ
ヤツメカミキリ
アサカミキリ
ヘリグロリンゴカミキリ
アオキクスイカミキリ
ハムシ科
ホソネクイハムシ
ツヤネクイハムシ
スゲハムシ
ハッカハムシ
オオルリハムシ
ドロノキハムシ
ヤナギハムシ
ゾウムシ科
オオアオゾウムシ
学名
Schwarzerium quadricolle
Chloridolum japonicum
Chloridolum viride
Semanotus japonicus
Phymatodes quadrimaculatus
Xylotrechus pyrrhoderus
Xylotrechus chinensis
Clytus raddensis
Cyrtoclytus caproides
Chlorophorus annularis
Chlorophorus diadema inhirsutus
Rhaphuma yedoensis
Rhaphuma xenisca
Grammographus notabilis
Anaglyptus niponensis
Anaglyptus subfasciatus
Dere thoracica
Falsomesosella gracilior
Asaperda rufipes
Niphona furcata
Mecynippus pubicornis
Monochamus grandis
Monochamus subfasciatus
Acalolepta luxuriosa
Acalolepta degener
Acalolepta kusamai
Batocera lineolata
Palimna liturata
Pogonocherus seminiveus
Rhopaloscelis bifasciatus
Miccolamia cleroides
Acanthocinus orientalis
Leiopus guttatus
Exocentrus guttulatus
Cagosima sanguinolenta
Menesia flavotecta
Eutetrapha ocelota
Thyestilla gebleri
Nupserha marginella
Phytoecia coeruleomicans
Chrysomelidae
Donacia vulgaris
Donacia nitidior
Plateumaris sericea
Chrysolina exanthematica
Chrysolina virgata
Chrysomela populi
Chrysomela vigintipunctata
Curculionidae
Chlorophanus grandis
区部
EN
CR
CR
VU
EX
VU
EN
・
VU
NT
CR
-
CR
CR
NT
CR
EN
CR
CR
EN
CR
EX
EN
VU
EX
EN
EN
EX
EN
NT
EX
EN
-
NT
EX
EN
VU
EX
EN
EX
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
○
VU
NT
NT
VU
EN
DD
EN
○
EN
NT
NT
○
○
○
NT
-
CR
-
CR
○
○
NT
NT
○
VU
NT
NT
・
・
DD
DD
○
○
○
NT
NT
NT
NT
NT
-
VU
VU
VU
DD
・
DD
DD
○
○
○
VU
○
○
VU
NT
○
○
○
-
-
-
-
DD
○
NT
NT
NT
○
○
○
-
○
○
○
-
○
○
○
VU
VU
VU
NT
VU
○
-
NT
NT
○
○
○
NT
○
○
○
NT
CR
-
-
CR
NT
-
NT
NT
NT
○
NT
NT
NT
○
○
EX
NT
-
NT
DD
NT
○
○
○
-
○
○
EN
NT
DD
NT
DD
NT
-
VU
VU
VU
○
○
○
-
CR
VU
VU
EN
○
○
-
NT
○
○
NT
NT
EX
CR
CR
CR
VU
○
○
○
VU
EX
EX
-
EX
CR
DD
・
CR
DD
CR
CR
EX
・
*6
CR
-
・
-
EN
・
・
-
DD
・
CR
-
・
VU
-
・
CR
-
EN
*6
EN
DD
CR
CR
EN
DD
DD
DD
-
DD
○
和名、学名については、東京都本土部昆虫目録(東京都本土部昆虫目録作成プロジェクト)http://homepage3.nifty.com/TKM/index.html を基本とし、評価者の判断により修正を加えた。また、配列は、以下の3巻に従った。
上野 俊一・黒沢 良彦・佐藤 正孝(編著),1986.原色日本甲虫図鑑Ⅱ,保育社.
黒沢 良彦・久松 定成・佐々治 寛之(編著),1985.原色日本甲虫図鑑Ⅲ,保育社.
林 匡夫・木元 新作・森本 桂(編著),1984.原色日本甲虫図鑑Ⅳ,保育社.
83
NT
【留意種とした理由】
和名
*1 クラサワメクラチビゴミムシ
*2 ミイデラゴミムシ
地域区分
西多摩
本土部
南多摩
西多摩
留意種とした理由
タイプロカリティであること、また高い採集圧がかかる可能性があるため。
草地環境を指標する種であること、また幼虫はケラの卵塊を食して成長するという
特殊な生態を有するため。
南多摩
西多摩
本土部
幼虫はオオタカをはじめとした猛禽類の残渣に依存して生活することが知られ、そ
の盛衰と密接に関連すると考えられるため。
*4 タマガワナガドロムシ
区部
本州から九州の各地で記録されているが、良好な水環境に生息すると考えられる
ため。また、準絶滅危惧(NT)に準ずると考えられ、動向に注目する必要があるた
め。
*5 アヤスジミゾドロムシ
区部
ほとんど記録のない稀な水生種であるが、顕著な形態を示し、また良好な水環境
を指標すると考えられるため。
*6 ツヤネクイハムシ
北多摩
本土部
本種は良好な湿地に限って分布し、しかも東京都ではごく狭い1か所の湿地から
知られているにすぎないことから、今後の推移を見守る必要があるため。
*3
アカマダラコガネ
(アカマダラハナムグリ)
84
(6)ハチ目
【選定・評価方法の概要】
ハチ目は、前回(1998 年版)の本土部のレッドリストでは対象とされていなかったが、今
回、アリ科を除くハチ目を評価対象とした。ハチ目(アリ科を除く)では東京都全体のま
とまった調査報告はないため、初歩的段階として隣接県での分布及び生息状況等を参考に、
検討対象種として 11 科 18 種を選定し、定性的要件により評価を行った。文献及び標本調
査では、なるべく最近の記録を取り上げるようにしたが、種類や地域区分によっては 1920
年代の文献記録や標本しか見いだせなかった場合がある。なお、ハチ目は上位分類も含め
て、研究途上にある。ここでは、現在広く受け入れられていると考えられる分類を用いた
が、今後の研究の進展により科などの扱いが変わる可能性がある。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、15 種が本レッドリストの掲載種に選定された。ハチ目(アリ科を除く)は、
文献・標本等が限定されていることもあり、本土部全体におけるランクの内訳は、絶滅(EX)
が 5 種、情報不足(DD)が 10 種となった。
区部では 1950 年代まではムツボシクモバチ、キスジクモバチ、ヤマトアシナガバチ、キ
ボシトックリバチの記録があった。河川周辺では最近でもキオビクモバチ、キアシハナダ
カバチモドキの生息が確認されている。絶滅(EX)としたクロマルハナバチであるが、野
生個体群でないハウス内花粉媒介用に放飼されたと考えられる個体が野外で得られており
注意が必要である。
北多摩地域では都内他地域で記録が見い出されなかったヤスマツヒメハナバチ、フルカ
ワフトハキリバチ、ウスルリモンハナバチの記録があった。花蜂と訪花植物の関係では、
ヤスマツヒメハナバチとヤナギ類、フルカワフトハキリバチとキキョウ・アザミ類、ウス
ルリモンハナバチとアキノタムラソウという結びつきがあるので、これらの昆虫がいたと
いうことは、かつて植物相が豊かであったということが想像できる。狭山丘陵には、その
名残があるが、これらの昆虫は絶滅したと考えられる。
南多摩地域では都内他地域で記録のないバラヒラタハバチの記録があるが、これは西多
摩地域でも発見される可能性が高い。南多摩地域及び西多摩地域には山地性の種類が分布
しているが、調査不十分で検討できなかった。今回検討できなかったが、多摩地域の丘陵
部における環境の変化は著しく、かなりの種類が激減または絶滅していると考えられる。
なお、検討対象種としたものの、評価の結果、ランク外とした種にクチナガハバチとヒ
ダクチナガハバチがある。両種は全国的にも記録が少なく、環境省レッドリスト(2007)
では「情報不足」
(DD)に挙げられている。都内においても記録はわずかしかなく、生態情
報が不足しているが、実際には都内の西部に広く分布している可能性がある。
(高橋 秀男)
85
ハチ目(本土部) ※アリ科を除く
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
学名
区部
HYMENOPTERA
ハチ目(膜翅目)
Pamphilidae
ヒラタハバチ科
Pamphilius hilaris
バラヒラタハバチ
Braconidae
コマユバチ科
Euurobracon yokahamae
ウマノオバチ
Chrysididae
セイボウ科
Elampus musashinus
ムサシトゲセイボウ
クモバチ科(ベッコウバチ科) Pompilidae
ムツボシクモバチ
Anoplius viaticus
(ムツボシベッコウ)
キオビクモバチ
(キオビベッコウ)
キスジクモバチ
(キスジベッコウ)
スズメバチ科
キボシトックリバチ
ヤマトアシナガバチ
アナバチ科
フジジガバチ
ギングチバチ科
アカオビケラトリ
キアシハナダカバチモドキ
ヒメハナバチ科
ヤスマツヒメハナバチ
ハキリバチ科
フルカワフトハキリバチ
ミツバチ科
ウスルリモンハナバチ
クロマルハナバチ
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
-
DD
-
DD
DD
DD
DD
DD
DD
NT
DD
DD
-
-
DD
NT
EX
EX
-
-
EX
NT
Batozonellus annulatus
DD
DD
-
-
DD
Batozonellus lacerticida
EX
EX
DD
-
DD
DD
DD
DD
DD
-
DD
-
-
DD
DD
DD
EX
EX
-
-
EX
NT
DD
DD
-
-
DD
-
DD
-
DD
DD
NT
VU
-
DD
-
-
DD
DD
-
EX
-
-
EX
DD
-
EX
EX
DD
-
DD
-
DD
EX
DD
NT
Vespidae
Eumenes fraterculus
Polistes japonicus
Sphecidae
Ammophila atripes japonica
Crabronidae
Larra amplipennis
Stizus pulcherrimus
Andrenidae
Andrena yasumatsui
Megachilidae
Megachile lagopoda furukawai
Apidae
Thyreus centrimacula
Bombus ignitus
和名、学名、配列は基本的に、九州大学農学部昆虫学教室・日本野生生物研究センター(編),1989.日本産昆虫総目録II.を基本とし、
評価者の判断により修正を加えた。
【備考】
1:区部の最近の記録は移入の可能性が高い。
2:野生個体でないものが見つかっている。
86
1
2
(7)ハエ目
【選定・評価方法の概要】
ハエ目は、昆虫類の中ではコウチュウ目、ハチ目、チョウ目に次いで種数が多いグルー
プであり、日本から約 5,300 種、世界では約 11 万種が知られている。なおかつ、周極地域
から熱帯地域まで、海浜から油田や氷河の下の流水中まで、ありとあらゆる環境に適応し
て生息している。このため、生活史は極めて多様であり、特定の環境にはそれに対応した
ハエ目相が見られ、環境指標性は比較的高い。
東京都から記録されたハエ目については古い記録はほとんど見られないが、平成になっ
てからは、
『多摩川中流域の丘陵部における里山昆虫の研究』
(里山昆虫研究会,1995)
、
『皇
居の生物相Ⅲ.昆虫』(2000.国立科学博物館専報No.36.)
、
「狭山丘陵の双翅目(2) 」
(伊東
憲正,2003.はなあぶNo.15-1.)、
『赤坂御用地と常盤松御用邸の動物相』(2005.国立科学博
物館専報No.39.)
、
「森林総合研究所多摩森林科学園の双翅目昆虫相」
(松本和馬・三井偉由・
鳥居隆史,2007.森林総合研究所研究報告No.6(1):77-88.)などのすぐれた報告が公表され
ており、現時点で1,331種(東京都本土部昆虫目録作成プロジェクト,http://homepage3.ni
fty.com/TKM/,2010年1月1日現在)のハエ目が記録されている。この種数は全国の都道府県
の記録を見ても上位に位置する。しかし、その内訳を見るとほとんどが区部の記録に偏っ
ており、本来ハエ目の種数が多いはずの北多摩地域や南多摩地域、西多摩地域の記録は少
なく、中でも東京都最高峰の雲取山を含む東京都の中で一番良好な自然が残っていると考
えられる西多摩地域の記録が最も少ない。
今回のリストは、このような東京都のハエ目の現状をふまえて、現時点で記録されてい
る種の中から、主に環境指標性が高く比較的特徴的であり、なおかつ同定が容易な 12 種を
検討対象種とした。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、本レッドリストの掲載種は 12 種となった。ガガンボ科からは大型種で里山
的な環境との結びつきが強いミカドガガンボ(北多摩地域、南多摩地域、西多摩地域に記
録あり)を、カ科からは良好な樹林環境に生息し幼虫は他種のボウフラを捕食するトワダ
オオカ(南多摩地域、西多摩地域に記録あり)を、ハルカ科からは樹林環境に生息し第三
紀の周北極要素を示す種として学術的にも貴重な種であるハマダラハルカ(南多摩地域、
西多摩地域に記録あり)を留意種に選定した。また、ムシヒキアブ科からは樹林環境に生
息する大型のムシヒキアブであるオオイシアブ(北多摩地域、南多摩地域、西多摩地域に
記録あり)とチャイロオオイシアブ(北多摩地域、南多摩地域、西多摩地域に記録あり)
を、ハナアブ科からは良好な樹林環境に生息するハチモドキハナアブ(北多摩地域、南多
摩地域に記録あり)とクロベッコウハナアブ(区部、北多摩地域、南多摩地域に記録あり)
を留意種とした。さらに、ニクバエ科からは海浜砂丘に生息するハマベニクバエ(区部に
87
記録あり)を、クロバエ科からは湿性草地に生息するショウジョウクロバエ(西多摩地域
に記録あり)と樹林環境に生息するミドリバエ(南多摩地域、西多摩地域に記録あり)を
留意種として選定した。
また、過去に記録があるものの最近の記録が全くない種として、良好な樹林環境に生息
するハナアブ科のオオナガハナアブ(1950 年に日原で採れて以降記録無し)と良好な湿地
環境に生息するクロバエ科のカエルキンバエ(1968 年以前に東京都から記録があるがそれ
以降記録無し)の 2 種を絶滅危惧 I 類(CR+EN)に選定した。
(伊東 憲正)
88
ハエ目(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
ハエ目(双翅目)
ガガンボ科
ミカドガガンボ
ハルカ科
ハマダラハルカ
カ科
トワダオオカ
ムシヒキアブ科
オオイシアブ
チャイロオオイシアブ
ハナアブ科
クロベッコウハナアブ
ハチモドキハナアブ
オオナガハナアブ
クロバエ科
ショウジョウクロバエ
カエルキンバエ
ミドリバエ
ニクバエ科
ハマベニクバエ
学名
区部
DIPTERA
Tipulidae
Ctenacroscelis mikado
Cramptonomyiidae
Haruka elegans
Culicidae
Toxorhynchites towadensis
Asilidae
Laphria mitsukurii
Laphria rufa
Syrphidae
Volucella nigricans
Monoceromyia pleuralis
Spilomyia gigantea
Calliphoridae
Dexopollenia flava
Lucilia chini
Isomyia senomera
Sarcophagidae
Sarcophaga alba
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
*1
*1
*1
*1
-
-
*2
*2
*2
-
-
*3
*3
*3
-
-
*4
*5
*4
*5
*4
*5
*4
*5
*6
-
-
*6
*7
-
*6
*7
-
-
-
-
-
-
-
-
-
*9
*8
-
*9
*8
CR+EN
*9
*10
・
・
・
*10
備考
DD
-
*6
-
*7
CR+EN CR+EN
DD
1
和名、学名は、環境庁(編),1995.日本産野生生物目録無脊椎動物編Ⅱ.に、配列は、石井実・他,1997.日本動物大百科第9巻 昆虫Ⅱ.
平凡社.に準拠した。
ただし、ハマベニクバエの学名は、Pape,T.,1996.Catalogue of the Sarcophagidae of the World (Insecta; Diptera). に準拠した。
【備考】
1:東京都における記録は、Fauna JaponicaにTokyoと記述されているのみで、具体的な記録地が不明である。そのため、地域区分ごとの
評価ができず、本土部全体での判定のみとせざるを得なかった。
Kano,R. and Shinonaga, S.(1968). Calliphoridae(Insecta:Diptera)(Fauna Japonica),Tokyo Biogeographical Society of Japan
【留意種とした理由】
和名
*1 ミカドガガンボ
*2 ハマダラハルカ
*3 トワダオオカ
*4 オオイシアブ
地域区分
北多摩
留意種とした理由
南多摩
西多摩
本土部
南多摩
西多摩
本土部
南多摩
西多摩
本土部
北多摩
幼虫は細流の砂地中に生息することから、里山的な環境を指標する種であり、なお
かつ大型種で確認が容易であるため。
南多摩
西多摩
本土部
成虫、幼虫ともに捕食性であり、幼虫は朽木に生息し、成虫も樹林環境周辺に見ら
れることから、良好な樹林環境を指標する種で、環境指標性が高いため。
幼虫はネムノキの朽木の樹皮下に生育することから、樹林環境を指標する種であり、
なおかつ、第三紀の周北極要素を示す種として学術的にも貴重な種であるため。
幼虫は樹洞内の溜まり水に発生し、他種のボウフラを捕食することから、古い樹木の
残る良好な樹林環境を指標する種であるため。
89
和名
*5 チャイロオオイシアブ
*6 クロベッコウハナアブ
*7 ハチモドキハナアブ
*8 ショウジョウクロバエ
*9 ミドリバエ
*10 ハマベニクバエ
地域区分
北多摩
南多摩
西多摩
本土部
区部
北多摩
南多摩
本土部
北多摩
南多摩
本土部
西多摩
本土部
南多摩
西多摩
本土部
区部
本土部
留意種とした理由
成虫、幼虫ともに捕食性であり、幼虫は朽木に生息し、成虫も樹林環境周辺に見ら
れることから、良好な樹林環境を指標する種で、環境指標性が高いため。
オオイシアブよりも山地に生息する。
本種の幼虫はクロスズメバチ類の巣に寄生することから、クロスズメバチ類が生息して
いる良好な樹林環境の指標となるため。
低地から台地、丘陵地のクヌギを主とした樹林環境を指標する種であり、なおかつ特
徴的で確認が容易であるため。
丘陵地から山地の湿地草原に生息し、環境指標性が高いため。
丘陵地から山地の樹林環境周辺に生息しており、環境指標性が高いため。なお本
種の幼虫は、朽木などに生息するシロアリに寄生する可能性が疑われている。
海岸の砂浜に生息する種で環境指標性が高く、全国的に個体数が減少しているた
め。
90
(8)チョウ目チョウ類
【調査・評価方法の概要】
東京都の蝶類データ集(倉地正・栗山定(編),2007.グループ多摩虫.187pp.)によれば、
戦前(1945 年以前)を含め、2006 年までに記録された東京都本土部のチョウ類の種数は、
アゲハチョウ科 13 種、シロチョウ科 12 種、シジミチョウ科 37 種、テングチョウ科 1 種、
マダラチョウ科 5 種、タテハチョウ科(ジャノメチョウ亜科を含む)52 種、セセリチョウ
科 19 種の合計 139 種に及ぶ。このうち、前回(1998 年版)に選定された本土部のチョウ類
の種数は、アゲハチョウ科 3 種、シロチョウ科 2 種、シジミチョウ科 21 種、テングチョウ
科 1 種、タテハチョウ科(ジャノメチョウ亜科を含む)20 種、セセリチョウ科 7 種、合計
54 種を数える。
今回の改定作業は、文献による情報収集を中心に定性要件を取り入れ評価した。前回、
人為分布の可能性が考えられるとし、評価対象から外したギフチョウを今回は検討対象種
に加え、奥多摩の石灰岩地域に遺存分布するホシミスジも貴重種と判断し、検討対象種に
組み入れた。その結果、今回の改定で検討対象種は 56 種とした。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、本レッドリストの掲載種は 50 種となった。2009 年よりさかのぼっておおむ
ね 30 年以上記録がなく、絶滅したと判断できる場合は絶滅(EX)とした。また、環境の変
化で絶滅した可能性が高いが判断が困難な種は、絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)としたものもある。
区部のオナガアゲハ、ウラナミアカシジミ、南多摩のアイノミドリシジミ、ウラギンスジ
ヒョウモン、西多摩のウスイロオナガシジミ、ウラミスジシジミ、ジョウザンミドリシジ
ミ、ウラギンスジヒョウモン、ウラギンヒョウモンがそれに当たる。また、前回(1998 年
版)掲載種のうち、ベニシジミ、テングチョウ、サカハチチョウ、フタスジチョウ、コミ
スジ、サトキマダラヒカゲの 6 種は今回の改定によりランク外となり、掲載種から外れる
結果となった。
前回、区部で A ランク*であったコミスジが、今回は個体数の増加によりランク外になっ
た。増加の理由はよく分からないが、ニセアカシアの街路樹で発生している点は興味深い。
長いスパンで振り返ると、東京都から大規模な湿地帯が無くなったことで絶滅したので
はないかと思われるチョウがいる。古くは、ヒメシロチョウ、ここ 30 年では、アサマイチ
モンジである。
多摩地域では、森林草地の刈取りが衰退し、奥多摩の尾根に分布していたヒメシジミが
絶滅した。このように、東京都には、人間の営みの中で個体数の増減があるチョウと、奥
多摩の自然林の中で発生するアイノミドリシジミ、キバネセセリのように、人間の営みに
ほとんど影響されないチョウが生息している。今回の掲載種 50 種はこれら両方に関係して
いる。
*
1998 年当時環境庁レッドデータブックの「絶滅危惧種」に相当
(福田 晴男)
91
チョウ目チョウ類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
チョウ目(鱗翅目)
アゲハチョウ科
ギフチョウ
ウスバアゲハ
オナガアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
シロチョウ科
ヒメシロチョウ
ツマグロキチョウ
シジミチョウ科
ゴイシシジミ
ウラゴマダラシジミ
ムモンアカシジミ
アカシジミ
ウラナミアカシジミ
ミズイロオナガシジミ
ウスイロオナガシジミ
ウラミスジシジミ
ハヤシミドリシジミ
オオミドリシジミ
ジョウザンミドリシジミ
ミドリシジミ
アイノミドリシジミ
カラスシジミ
コツバメ
クロシジミ
シルビアシジミ
ヒメシジミ
アサマシジミ
ミヤマシジミ
タテハチョウ科
ヒオドシチョウ
ウラギンスジヒョウモン
オオウラギンスジヒョウモン
クモガタヒョウモン
メスグロヒョウモン
ウラギンヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
ミスジチョウ
オオミスジ
ホシミスジ
イチモンジチョウ
アサマイチモンジ
コムラサキ
オオムラサキ
コジャノメ
ジャノメチョウ
ヒメキマダラヒカゲ
セセリチョウ科
キバネセセリ
ミヤマセセリ
学名
区部
LEPIDOPTERA
Papilionidae
Luehdorfia japonica
Parnassius citrinarius
Papilio macilentus
Papilio maackii
Pieridae
Leptidea amurensis
Eurema laeta
Lycaenidae
Taraka hamada
Artopoetes pryeri
Shirozua jonasi
Japonica lutea
Japonica saepestriata
Antigius attilia
Antigius butleri
Wagimo signatus
Favonius ultramarinus
Favonius orientalis
Favonius taxila
Neozephyrus japonicus
Chrysozephyrus brillantinus
Fixsenia w-album
Callophrys ferrea
Niphanda fusca
Zizina otis
Plebejus argus
Lycaeides subsolanus
Lycaeides argyrognomon
Nymphalidae
Nymphalis xanthomelas
Argyronome laodice
Argyronome ruslana
Nephargynnis anadyomene
Damora sagana
Fabriciana adippe
Fabriciana nerippe
Neptis philyra
Neptis alwina
Neptis pryeri
Ladoga camilla
Ladoga glorifica
Apatura metis
Sasakia charonda
Mycalesis francisca
Minois dryas
Zophoessa callipteris
Hesperiidae
Burara aquilina
Erynnis montanus
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
・
・
CR+EN
DD
・
DD
EX
・
EX
○
○
○
○
○
○
○
DD
○
○
○
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
○
DD
EX
・
DD
CR+EN
*2
・
・
・
DD
・
DD
・
・
EX
EX
EX
・
・
EX
○
○
○
DD
・
○
○
○
DD
DD
DD
○
○
○
○
*1
○
○
○
○
○
○
○
・
・
・
VU
DD
VU
CR+EN
CR+EN
VU
VU
DD
VU
○
○
○
○
・
*3
・
・
DD
EX
EX
・
・
EX
92
・
*5
EN
EN
・
CR+EN CR+EN
*3
*3
*3
CR+EN
DD
DD
NT
DD
NT
○
○
○
EX
EX
・
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
EX
○
○
○
DD
DD
EX
EX
CR+EN CR+EN CR+EN
○
○
○
DD
DD
○
○
○
EX
DD
○
○
○
○
DD
CR+EN CR+EN CR+EN
DD
DD
EX
EX
EX
EX
EX
○
○
○
EX
DD
EX
EX
EX
DD
DD
○
○
・
-
VU
○
○
○
○
DD
EX
EX
EX
EX
EX
○
○
○
○
*4
○
○
○
EX
DD
○
○
○
○
DD
○
○
○
○
EX
○
○
・
・
DD
・
EX
VU
・
VU
VU
○
○
○
EN
EN
NT
EN
EN
VU
CR
NT
1
和名
ホソバセセリ
ホシチャバネセセリ
ヒメキマダラセセリ
コキマダラセセリ
アカセセリ
学名
区部
EX
・
DD
・
・
Isoteinon lamprospilus
Aeromachus inachus
Ochlodes ochraceus
Ochlodes venatus
Hesperia florinda
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
DD
*6
*6
*6
・
・
EX
EX
EN
○
○
○
○
・
・
EX
・
DD
EX
DD
EX
EN
和名、学名、配列は、白水隆,2006.日本産蝶類標準図鑑,学習研究社.に準拠した。
【備考】
1:1970年代前半で絶滅し、その後の記録は他産地の飼育個体由来のものと考えられる。
【留意種とした理由】
和名
地域区分
留意種とした理由
クヌギ林に生息しているが、宅地開発等によりクヌギ林が減少し、絶滅危惧種になる
可能性があるため。
*1 ウラナミアカシジミ
北多摩
*2 ミズイロオナガシジミ
区部
北多摩
公園等のクヌギの減少により、絶滅危惧種になる可能性があるため。
南多摩
西多摩
本土部
湿地のハンノキ林に生息しているが、宅地開発等により湿地が減少し、絶滅危惧種
になる可能性が高いため。
*3 ミドリシジミ
*4 コムラサキ
区部
ヤナギのある良好な水辺環境を指標する種であり、このような環境は区部では残存
的であることから生息地が限定されるため。
*5 ミヤマセセリ
北多摩
クヌギを含めた雑木林に生息しているが、宅地開発等によりクヌギ林を含めた雑木林
が減少し、絶滅危惧種になる可能性があるため。
*6 ホソバセセリ
南多摩
西多摩
本土部
疎林草原の減少により、絶滅危惧種になる可能性があるため。
93
(9)チョウ目ガ類
【選定・評価方法の概要】
昆虫の中でもガ類は、沢山の種類がおり、多種多様で非常に繁栄している仲間である。
日本産蛾類大図鑑(1982,講談社)によると、日本では 4,578 種が知られていた。その後、
新発見などで種類数が増加し、現在では 6,000 種を越える種が日本に産し、将来は 7,000
種以上産するのではないかといわれている。ガ類の多くは、その食性から環境の指標とな
りうるものが多く、環境アセスメントの評価に際し役立っている。東京都のガ類の記録は、
昆虫採集のメッカとして有名だった高尾山をはじめ、奥多摩、多摩川流域などのものがあ
る。しかし、発表されたものは少なく、多くの記録が日の眼を見ないで埋もれてしまって
いる。また、発表も散発的で、東京都全体のまとまった目録は作成されていない。
東京都の 1998 年版レッドリストでは、ガ類は対象外であった。それは、都内で継続して
ガ類の調査が行われることが少なかったこと、ガ類の研究者が減少し調査が行われてない
こと、都市化により灯火が増え、夜間のトラップ採集が難しくなったことなどが理由と考
えられる。今回、ガ類をレッドリストの対象に加えるにあたって、確実に絶滅と考えられ
る種と、大型で目立ち、衰退がある程度認識できる種に絞って検討対象種をリストアップ
した。他にもリストアップすべきと思われる種は多数あったが、調査不足、情報不足から
衰退が不明で、ほとんどが評価できないという結果となってしまうので、やむをえず除外
した。その結果、今回の改定での検討対象種は 7 種とした。
絶滅のおそれの評価は、基本的に定性的要件を用いた。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、本レッドリストの掲載種は 7 種となった。今回、絶滅(EX)と判断したの
は、カバシタムクゲエダシャク、タケウチエダシャク、マエアカヒトリの 3 種である。カ
バシタムクゲエダシャクは小金井市(蛾類大図鑑で清瀬市とあるのは間違い)のクヌギ林
で 1958 年の 3 月に採集された雌 1 個体の記録しかなく、その後の探索でもみつかっていな
い。タケウチエダシャクは、戦前の記録しかなく、国立科学博物館には三鷹で 1941 年 4 月、
高尾山で 1933 年 4 月に採集された個体が所蔵されている。戦後の確実な記録はない。マエ
アカヒトリは、以前は害虫とされており、石神井、清瀬、立川、八王子市などで採集され
ていた。1960 年代以降、急速に減少し、現在では他の多くの地域で絶滅危惧種にリストア
ップされている。イボタガは、区部では大田区、世田谷区などで 1965 年頃までは生息して
いたが、その後の生息は確認されていないので絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)とした。同じくクス
サン、ウスタビガも区部では同様の CR+EN とした。都区内の自然が残っている地として有
名な皇居、赤坂御所などで継続してガ類の調査は行われているが、この 3 種は採集されて
いない。南多摩地域、北多摩地域などの山間部ではこれらの種の衰退ははっきりわかって
いない。オオミズアオは区部で一度非常に減少したが、最近は復活してきたようで皇居な
94
どで生息が確認されている。この種は山間部では普通に産し、問題はない。今回、調査、
情報不足のため検討対象種にリストアップしなかったガ類には、高尾山をタイプロカリテ
ィ*として記載されたタカオキリガ、平地のクヌギ林に生息するヤガ科のシタバ(カトカラ)
類のほか、河川敷、湿地のガ類などがある。また、藁ぶき屋根の家屋がなくなったことに
より、その屋根に生えるコケ類を食すヤネホソバ、シロホソバなどのコケガ類の衰退も注
意が必要である。
*
分類・命名に使用した基準となる標本を採集した地点。
(岸田 泰則)
95
チョウ目ガ類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
チョウ目(鱗翅目)
シャクガ科
カバシタムクゲエダシャク
タケウチエダシャク
イボタガ科
イボタガ
ヤママユガ科
クスサン
ウスタビガ
オオミズアオ
ヒトリガ科
マエアカヒトリ
学名
区部
LEPIDOPTERA
Geometridae
Sebastosema bubonarium
Biston takeuchii
Brahmaeidae
Brahmaea japonica
Saturniidae
Saturnia japonica
Rhodinia fugax
Actias aliena
Arctiidae
Aloa lactinea
・
・
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
EX
EX
CR+EN CR+EN
・
EX
・
・
EX
EX
VU
VU
VU
CR+EN
CR+EN
VU
VU
VU
VU
○
○
○
○
○
○
○
○
○
EX
EX
EX
EX
EX
和名、学名、配列は、神保宇嗣,2004-2008.日本産蛾類総目録.http://listmj.mothprog.com/ に準拠した。
96
CR
8.甲殻類
【選定・評価方法の概要】
甲殻類は、1998 年版では対象とされておらず、今回、初めて対象となった分類群である。
水中あるいは周辺湿地に生息する動物群で、顕微鏡サイズのミジンコ類から節足動物中最
大のタカアシガニまで、大小も形態も生態も著しく変化に富んでいる。河川や湖沼、磯や
干潟から深海まで多くの種が知られているが、エビ類、ヤドカリ類、カニ類(十脚甲殻類)
には水産資源として重要な種が含まれている。
今回、評価対象としたのは十脚甲殻類のみである。ミジンコ類など微小なプランクトン
や湿地性のワラジムシ類なども水質や環境を知るためには重要な指標となること、また、
生息環境が埋め立てや宅地化により失われつつあることは事実であるが、分布記録が少な
いこと、肉眼での観察、種名の決定が困難であることなどの理由で評価対象から除外した。
十脚甲殻類は海水性、汽水性、純淡水性、半陸生性、両側回遊性に分けられる。今回は
海産種以外を評価対象とし、汽水域で記録されている種については、主たる生息地がどこ
かということを考慮した。
東京都から記録されている汽水産、淡水産の十脚甲殻類は、エビ類 6 種、カニ類 12 種で
ある。このうち、エビジャコは汽水域で相当数採集されたことがあるが(国土交通省「平
成 13 年度河川水辺の国勢調査」
)
、本来の生息地は数~十数メートルの海底であるので評価
対象外とした。また、コブシガニは汽水域よりもむしろ遠浅の潟が、イソガニは岩礁がそ
れぞれ本来の生息地であるとして評価対象外とした。そのため、その他のエビ類 5 種、カ
ニ類 10 種を検討対象種とした。
既存の生息記録が少ないことから、個体数や生息地の経年的増減を知ることができない
ため、定性的要件に基づいて評価を行った。
【選定・評価結果の概要】
検討対象種とした 15 種について、
現在の生息環境と他県での生息状況などを考え合わせ、
全ての種において問題のない個体数が維持されていると判断されたが、下記の理由により
留意する必要があるため、留意種とした。
海と陸が隔てられた短い海岸線、大都会を流れている河川、宅地化が進む北多摩地域、
南多摩地域、自然が残る西多摩地域と、東京都は明らかに異なる環境から成る。汽水域か
ら淡水域まで遡上するクロベンケイガニ、多摩地域の渓流に生息するサワガニ、大型河川
の中流域に生息するテナガエビなどの例を見るまでもなく、十脚甲殻類が東京都全域に分
布することはなく、希少種や特定の環境を必要とする種はすでに淘汰され、比較的環境変
化に強い種が生息しているのが現状であると判断される。結果として、現在生息している
種の増減こそが、水域環境の直接的指標となると考えられることから、多くの種を留意種
に指定した。また、2004 年に東京湾で採集されたチュウゴクモクズガニの増殖が危惧され
97
ることから、生態的に競合するモクズガニも留意種とした。
浮遊幼生が他海域から補給される海産甲殻類と比較して、淡水域や汽水域に生息する甲
殻類は水質の状況に応じて個体数は増減し、あるいは宅地造成などによって生息地が失わ
れて絶滅する。十脚甲殻類は水中生活であることから、採集や観察は容易ではないが、い
ずれも環境指標種として有用である。
なお、既刊の図鑑類では未だ見られないが、研究者間では、従来のスナガニ科をオサガ
ニ科やコメツキガニ科など、イワガニ科をモクズガニ科やベンケイガニ科などに細分する
傾向が強く、本書でも科名を最新の研究結果に従って表記した。
(武田 正倫)
98
甲殻類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
エビ目(十脚目)
テナガエビ科
シラタエビ
スジエビ
ユビナガスジエビ
テナガエビ
ヌマエビ科
ヌカエビ
サワガニ科
サワガニ
オサガニ科
ヤマトオサガニ
コメツキガニ科
チゴガニ
コメツキガニ
モクズガニ科
モクズガニ
ケフサイソガニ
ベンケイガニ科
クロベンケイガニ
ベンケイガニ
カクベンケイガニ
アシハラガニ
学名
区部
DECAPODA
Palaemonidae
Palaemon orientis
Palaemon paucidens
Palaemon macrodactylus
Macrobrachium nipponense
Atyidae
Paratya improvisa
Potamidae
Geothelphusa dehaani
Macrophthalmidae
Macrophthalmus japonicus
Dotillidae
Ilyoplax pusilla
Scopimera globosa
Varunidae
Eriocheir japonicus
Hemigrapsus penicillatus
Sesarmidae
Chiromantes dehaani
Sesarmops intermedius
Parasesarma pictum
Helice tridens
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
*1
*2
*3
*4
・
*2
・
・
・
*2
・
*4
・
*2
・
*4
*1
*2
*3
*4
*5
・
*5
*5
*5
*6
*6
*6
*6
*6
*7
・
・
・
*7
*8
*9
・
・
・
・
・
・
*8
*9
*10
*11
・
・
*10
・
・
・
*10
*11
*12
*13
*14
*15
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
*12
*13
*14
*15
和名、学名は三宅貞祥,1983.原色日本大型甲殻類図鑑.保育社.および、Ng, P.K.L., D. Guinot & P.J.F. Davie, 2008.
Systema Brachyurorum: Part I. An Annotated Checklist of Extant Brachyuran Crabs of the World. Raffles Bull. Zool., Suppl. (17), 286 pp.
に準拠した。また、配列は評価者の判断に従った。
【留意種とした理由】
和名
*1 シラタエビ
*2 スジエビ
*3 ユビナガスジエビ
*4 テナガエビ
*5 ヌカエビ
地域区分
区部
本土部
区部
北多摩
南多摩
西多摩
本土部
区部
本土部
区部
南多摩
西多摩
本土部
区部
南多摩
西多摩
本土
留意種とした理由
下流域に生息する汽水性エビ類の代表種で、適度な塩分濃度のある環境の指標
となるため。
典型的な「中流域に生息するエビ」で、緩やかな流れに水草が育つ良好な河川の
指標となるため。
下流域に生息する淡水性エビ類の代表種で、その生息地は汚染の影響を受ける
ため。
緩やかな流れと水草のある河川のやや深みに生息する種で、下流域から中流域
上部まで生息域が広い。大型種で注目度が高いことから、良好な河川環境の指
標として利用しやすいため。
中流域の止水環境に生息する種で、緩やかな流れと水草のある良好な河川の指
標となるため。
99
和名
*6 サワガニ
*7 ヤマトオサガニ
*8 チゴガニ
*9 コメツキガニ
地域区分
区部
北多摩
南多摩
西多摩
本土部
区部
本土部
区部
本土部
区部
本土部
区部
*10 モクズガニ
南多摩
本土部
*11 ケフサイソガニ
*12 クロベンケイガニ
*13 ベンケイガニ
*14 カクベンケイガニ
*15 アシハラガニ
区部
本土部
区部
本土部
区部
本土部
区部
本土部
区部
本土部
留意種とした理由
清流にすむカニであるが、低地では生息環境が失われた地域が多く、山間部で
は樹木の伐採、倒木の放置などにより良好な生息地が狭められつつあるため。
河口の軟泥地に穴居し、干潮時に巣穴の外で活動する。鳥類の餌として重要で
あり、干潟の環境指標としても役立つため。
河口近くの泥まじりの砂地に穴居し、干潮時に活動する。きれいな干潟の象徴と
なるため。
チゴガニよりも岸寄りに生息する。きれいな干潟の象徴となるため。
河川の中流域で生活し、産卵のために降海する両側回遊種であり、稚ガニは海
から遡上するために河口域の汚染の指標となる。また、生態的に競合する特定外
来生物、チュウゴクモクズガニ(シャンハイガニ)の動向とともに個体数の増減に留
意する必要があるため。
生息地はヤマトオサガニよりもやや岸寄りの軟泥地で、河川の汚染を直接受ける
ことから、環境の指標となるため。鳥類の餌としても重要である。
河川の流軸に沿って遡上し、水質の汚染にも比較的強い。過度の汚染の指標と
なるため。
下流域に生息し、流域の土手などに穴居するため、河川改修の影響を強く受け、
環境指標となるため。
流域から離れて、土手から陸上へと進出するが、草地のような生息環境を必要と
するため。
河口域のヨシ原を主生息地とするカニで、河口域の自然植生の指標となるため。
100
9.クモ類
【選定・評価方法の概要】
クモ類(Arachnida)は 1998 年版には取り上げられておらず、今回の改定において初め
て対象に加わった動物群である。クモ類には、いわゆる糸を出すクモ目(Araneae)のほか
ダニ目(Acari)、ザトウムシ目(Opiliones)、カニムシ目(Pseudoscorpiones)など多く
の群を含むが、ダニは保護の観点からの情報に乏しく、また、ザトウムシおよびカニムシ
については差し迫った対象種がなかったため、本土部においてはクモ目のみを評価対象と
した。
クモは日本に約 1,500 種が知られる多様性に富む動物で、個体数も多く、体サイズや生
態学的な特性も変化に富む。生涯を通じて肉食性で、自然環境あるいは市街地の緑地等の
人為環境下の生態系において昆虫類の捕食者として、また、鳥類や両生類、爬虫類などの
小型脊椎動物の食餌動物としても重要な役割を果たしている。
検討に際しては、文献の探索や国立科学博物館が所蔵する標本の再検討のほか、東京都
のクモ類について造詣のある多くのクモ研究者と情報交換を行なった。その過程で、東京
都で確認されているクモ類 600 種近くのうち約 1 割を掲載候補として検討を重ね、最終的
には 33 種を検討対象種として評価を行った。
分類体系や学名および和名は『日本産クモ類』(小野展嗣編,2009.東海大学出版会)に
従い、ランク付けは、環境省の『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物、クモ類・甲殻
類等 2006』を参考に、東京都の特殊性を加味して定性的要件に基づいて行った。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、33 種が本レッドリストの掲載種に選定された。洞窟等暗湿な環境に依存し
ている種(ニッパラマシラグモ等)や分散を歩行に頼る移動能力の低い種(カネコトタテ
グモ等)もあるが、多くは純粋に森林、草原、水辺などの良好な環境を必要としたり、餌
となる昆虫の大きさや多様性に影響されやすい等植生や環境の人為的な改変に敏感に影響
されるクモであり、そうした種々の要因が複合的に働き結果的に個体数を減らしたり希少
となっているものである。
(小野 展嗣)
101
クモ類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
クモ目
ワスレナグモ科
ワスレナグモ
カネコトタテグモ科
カネコトタテグモ
トタテグモ科
キシノウエトタテグモ
キノボリトタテグモ
エンマグモ科
コマツエンマグモ
ユウレイグモ科
アケボノユウレイグモ
マシラグモ科
ヤマトマシラグモ
ニッパラマシラグモ
ヤギヌマグモ科
ヤマトヤギヌマグモ
タナグモ科
ムサシスミタナグモ
ホウシグモ科
ドウシグモ
サシアシグモ科
シノビグモ
コモリグモ科
スズキコモリグモ
サラグモ科
カナコキグモ
ニシキサラグモ
ホラヒメグモ科
トウキョウホラヒメグモ
アシナガグモ科
サンロウドヨウグモ
コガネグモ科
キジロオヒキグモ
コガネグモ
ツシマトリノフンダマシ
マメイタイセキグモ
ムツトゲイセキグモ
トゲグモ
コケオニグモ
ニシキオニグモ
ゴマジロオニグモ
アワセグモ科
アワセグモ
アシダカグモ科
コアシダカグモ
カニグモ科
カトウツケオグモ
ヨコフカニグモ
オビボソカニグモ
アシナガカニグモ
学名
区部
ARANEAE
Calommatidae
Calommata signata
Antrodiaetidae
Antrodiaetus roretzii
Ctenizidae
Latouchia typica
Conothele fragaria
Segestriidae
Segestria nipponica
Pholcidae
Spermophora akebona
Leptonetidae
Falcileptoneta japonica
Masirana nippara
Telemidae
Telema nipponica
Agelenidae
Cryphoeca shinkaii
Zodariidae
Doosia japonica
Trechaleidae
Shinobius orientalis
Lycosidae
Lycosa suzukii
Linyphiidae
Tapinopa guttata
Taranucnus nishikii
Nesticidae
Nesticus shinkaii
Tetragnathidae
Meta japonica
Araneidae
Arachnura logio
Argiope amoena
Paraplectana tsushimensis
Ordgarius hobsoni
Ordgarius sexspinosus
Gasteracantha kuhlii
Araneus seminiger
Araneus variegatus
Mangora herbeoides
Selenopidae
Selenops bursarius
Sparassidae
Sinopoda forcipata
Thomisidae
Phrynarachne katoi
Xysticus transversomaculatus
Xysticus trizonatus
Heriaeus mellottei
102
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
NT
NT
NT
DD
NT
NT
VU
NT
VU
NT
NT
NT
VU
VU
NT
NT
NT
NT
NT
DD
NT
NT
NT
NT
-
-
DD
DD
DD
・
・
・
NT
NT
VU
・
DD
・
DD
・
DD
VU
DD
VU
-
-
-
DD
DD
・
・
・
VU
VU
VU
NT
NT
NT
NT
-
-
-
DD
DD
EX
DD
EX
DD
DD
・
・
・
・
・
・
DD
NT
DD
NT
・
・
・
VU
VU
・
・
・
NT
NT
NT
VU
-
-
-
-
DD
DD
-
DD
NT
-
-
-
-
DD
DD
-
DD
NT
DD
DD
NT
DD
DD
DD
NT
DD
NT
DD
DD
NT
DD
DD
DD
DD
NT
NT
DD
DD
NT
DD
DD
DD
DD
-
-
VU
-
DD
VU
NT
NT
DD
NT
DD
NT
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
DD
NT
DD
DD
DD
NT
DD
DD
DD
NT
DD
和名
イヅツグモ科
ナガイヅツグモ
学名
区部
Anyphaenidae
Anyphaena ayshides
-
和名、学名、配列は、 小野展嗣(編),2009.日本産クモ類.東海大学出版会.に準拠した。
103
東京都ランク
環境省
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
-
-
DD
DD
10.貝類
【選定・評価方法の概要】
貝類は、本土部においては 1998 年版で対象とされておらず、今回、初めて対象となった
分類群である。対象とした範囲は、ほぼ環境省に準拠して、陸域と淡水域を含む陸水域に
生息する種である。陸水域の一部として、いわゆる干潟にも生息する種も対象としたが、
ハマグリ等の種は対象外とした。また、種小名の確定していない種(sp.で表記したもの;
未記載種や現時点で種レベルでの種名の確定が困難なもの)も対象とした。対象種は、こ
れまでに東京都から分布記録が報告されている種か、東京都産の標本が存在するもののみ
とした。
貝類では、分布記録は比較的多いが、高度経済成長期以降のものを除き経時的な密度変
化を示すデータはほとんど存在しないので、評価は定性的要件に基づいた。そのため、基
本的に絶滅危惧ⅠA 類(CR)と絶滅危惧ⅠB 類(EN)の評価を区別しなかった。
対象とした年代は、明治期以降としたが、具体的には報告の増加する昭和初期(およそ
1930 年代)以降である。なお、目名は学術用語集に、科名・学名等はわずかに新しい見解
で変更したが、環境省のレッドリスト(2007)に準拠した。
評価の対象としたものは、およそ陸産種 100 種、淡水産 30 種、汽水・干潟産 20 種程度
で、このうち 71 種を検討対象種とした。
【選定・評価結果の概要】
評価の結果、検討対象種 71 種全てが本レッドリスト掲載種に選定された。区部では、汽
水・干潟産種では、干潟の消失等で多くの種が絶滅と判断され、他の生息場所でも選定さ
れた種数が多かった。一方、北多摩地域では、過去の文献と標本が極めて少なく、掲載種
数はわずかとなった。また、淡水産種も近年の環境調査を含む文献・標本とも少なく、多
くの種が高いランクとなった。
陸産貝類では、小面積でも人為改変が少ないと高い多様性を保っていることは経験的に
も知られており、皇居・高尾山・御岳・日原鍾乳洞付近等がそのような地域と考えられる。
淡水産貝類では、杉並区善福寺公園等でいくつかの種が確認されているが、良好に多数の
種が残存している地域を確認することができなかった。汽水域では、多摩川河口や江戸川
放水路のアシ原やその前面の河口干潟でいくつかの種が生息している。
貝類でも外来種(移入種)が着実に増加しており、移入のタイワンシジミによる土着の
マシジミの激減も知られている。また、意図的な移入(導入)も淡水産種で比較的多く、
例えば皇居外濠のカラスガイも移入と考えられたので今回は評価の対象としていない。
(黒住 耐二)
104
貝類(本土部)
【記号凡例】
[EX]絶滅 [EW]野生絶滅 [CR]絶滅危惧ⅠA類 [EN]絶滅危惧ⅠB類 [CR+EN]絶滅危惧Ⅰ類 [VU]絶滅危惧Ⅱ類 [NT]準絶滅危惧 [DD]情報不足 [ * ]留意種 [○]ランク外 [-]データ無し [ ・ ]非分布
和名
オキナエビス目
ユキノカサ科
ツボミガイ
ヤマキサゴ科
ヤマキサゴ
ニナ目
ヤマタニシ科
サドヤマトガイ
タニシ科
マルタニシ
オオタニシ
ワカウラツボ科
カワグチツボ
カワザンショウガイ科
ムシヤドリカワザンショウ
ヨシダカワザンショウ
ミズゴマツボ科
ウミゴマツボ
(エドガワミズゴマツボ)
ミズゴマツボ
エゾマメタニシ科
マメタニシ
ヘナタリガイ科
クロヘナタリ
フトヘナタリ
ヘナタリ
カワアイ
ウミニナ科
ウミニナ
イボウミニナ
オカミミガイ目
ケシガイ科
ケシガイ
モノアラガイ目
モノアラガイ科
モノアラガイ
ヒラマキガイ科
カワネジガイ
ヒダリマキモノアラガイ
ヒラマキミズマイマイ
ハブタエヒラマキ
ミズコハクガイ
トウキョウヒラマキ
ヒラマキガイモドキ
マイマイ目
オカモノアラガイ科
コウフオカモノアラガイ
ナガオカモノアラガイ
キバサナギガイ科
スナガイ
ナタネキバサナギガイ
キバサナギガイ
学名
区部
ARCHAEOGASTROPODA
Acmaeidae
Patelloida conulus
Helicinidae
Waldemaria japonica
MESOGASTROPODA
Cyclophoridae
Japonia sadoensis
Viviparidae
Cipangopaludina chinensis
Cipangopaludina japonica
Iravadiidae
Iravadia elegantula
Assimineidae
Angustassiminea parasitologica
Angustassiminea yoshidayukioi
Stenothyridae
Stenothyra edogawensis
Stenothyra japonica
Bithyniidae
Parafossarulus manchouricus japonicus
Potamididae
Cerithidea largillierti
Cerithidea rhizophorarum
Cerithideopsilla cingulata
Cerithideopsilla djadjariensis
Batillariidae
Batillaria multiformis
Batillaria zonalis
ARCHAEOPULMONATA
Carychiidae
Carychium pessimum
BASOMMATOPHORA
Lymnaeidae
Radix auricularia japonica
Planorbidae
Camptoceras hirasei
Culmenella prashadi
Gyraulus chinensis spirillus
Gyraulus illibatus
Gyraulus soritai
Gyraulus tokyoensis
Polypylis hemisphaerula
STYLOMMATOPHORA
Succineidae
Neosuccinea kofui
Oxyloma hirasei
Vertiginidae
Gastrocopta armigerella armigerella
Vertigo eogea eogea
Vertigo hirasei
105
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
EX
・
・
・
EX
NT
・
・
VU
NT
NT
CR+EN
-
VU
-
VU
NT
CR+EN
CR+EN
-
-
-
-
DD
-
CR+EN
CR+EN
NT
NT
*1
・
・
・
*1
NT
DD
VU
・
・
・
・
・
・
DD
VU
NT
NT
*2
・
・
・
*2
VU
DD
・
・
・
DD
NT
CR+EN
-
-
-
CR+EN
VU
EX
EX
EX
EX
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
EX
EX
EX
EX
CR+EN
NT
NT
VU
EX
EX
・
・
・
・
・
・
EX
EX
NT
VU
-
-
-
NT
NT
NT
VU
-
-
VU
VU
NT
EX
EX
CR+EN
CR+EN
-
VU
CR+EN
-
-
-
-
-
-
VU
-
-
-
-
CR+EN
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
NT
*3
*4
*3
*4
-
*4
-
-
-
-
-
-
*5
VU
CR+EN
-
-
-
EX
CR+EN
EX
CR+EN
CR+EN
DD
CR+EN
DD
CR+EN
VU
VU
DD
CR+EN
DD
*3
NT
VU
NT
*5
NT
VU
VU
CR+EN CR+EN
和名
キセルガイ科
オオギセル
オクガタギセル
オオトノサマギセル
ツメギセル
ヤグラギセル
ヒロクチコギセル
ベッコウマイマイ科
ヒラベッコウ
カントウベッコウ
スカシベッコウ
ハコネヒメベッコウ
ハクサンベッコウ
キヌツヤベッコウ
ヒゼンキビ
ヒメハリマキビ
カサネシタラガイ
ウメムラシタラガイ
オオウエキビ
タカキビ
ヒメカサキビ
マサトヨキビ
ニッパラキビ
ナンバンマイマイ科
(ニッポンマイマイ科)
ビロードマイマイ
(トウカイビロードマイマイ)
カントウビロードマイマイ
ヤセアナナシマイマイ
オナジマイマイ科
オモイガケナマイマイ
カドコオオベソマイマイ
コケラマイマイ
トウキョウコオオベソマイマイ
コオオベソマイマイ類の一種
ミヤマヒダリマキマイマイ
(タカヤマヒダリマキマイマイ)
カタマメマイマイ
イシガイ目
イシガイ科
タガイ
カラスガイ
ヨコハマシジラガイ
マツカサガイ
ハマグリ目
フナガタガイ科
ウネナシトマヤガイ
シジミ科
ヤマトシジミ
マシジミ
マメシジミ科
マメシジミ類の一種
ハナグモリガイ科
ハナグモリガイ
学名
区部
Clausiliidae
Megalophaedusa martensi
Mundiphaedusa dorcas
Mundiphaedusa rex
Mundiphaedusa rhopalia
Mundiphaedusa yagurai
Reinia variegata
Helicarionidae
Bekkochlamys micrograpta
Bekkochlamys septentrionalis
Bekkochlamys serenus
Japanochlamys hakonensis
Nipponochlamys hakusanus
Nipponochlamys semisericata
Parakaliella hizenensis
Parakaliella pagoduloides
Sitalina insignis
Sitalina japonica
Trochochlamys fraterna
Trochochlamys praealta
Trochochlamys subcrenulata
Trochochlamys sp. 1
Trochochlamys sp. 2
東京都ランク
環境省
備考
北多摩 南多摩 西多摩 本土部 ランク
・
・
・
・
・
DD
・
・
・
・
・
・
VU
VU
-
VU
・
・
VU
NT
NT
-
VU
・
VU
NT
NT
VU
VU
DD
・
・
・
・
・
・
・
NT
・
NT
NT
・
NT
・
・
・
・
・
・
・
-
・
-
・
-
-
-
-
・
・
-
-
-
NT
-
NT
-
-
-
-
-
-
-
VU
-
DD
NT
DD
NT
NT
NT
DD
DD
DD
NT
NT
NT
-
-
NT
DD
NT
DD
NT
NT
NT
DD
NT
DD
NT
NT
NT
NT
VU
NT
DD
DD
NT
DD
DD
DD
NT
NT
NT
NT
DD
NT
NT
DD
-
-
-
DD
DD
-
・
-
・
DD
-
DD
VU
DD
VU
NT
VU
・
・
VU
NT
NT
・
・
・
-
-
・
NT
NT
・
-
・
・
CR+EN
VU
VU
VU
DD
NT
NT
NT
NT
VU
CR+EN
CR+EN
-
CR+EN
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
CR+EN
CR+EN
CR+EN
CR+EN
NT
NT
NT
EX
・
・
・
EX
NT
*6
CR+EN
・
-
・
-
・
-
*6
CR+EN
NT
NT
-
-
DD
-
DD
DD
・
・
・
DD
1
NT
NT
NT
VU
CR+EN
Camaenidae
Nipponochloritis oscitans
Nipponochloritis pumila kantoensis
Satsuma fausta
Bradybaenidae
Aegista inexpectata
Aegista proba goniosoma
Aegista mikuriyensis
Aegista tokyoensis
Aegista sp.
Euhadra scaevola
Lepidopisum verrucosum
UNIONOIDA
Unionidae
Anodonta japonica
Cristaria plicata
Inversiunio jokohamensis
Pronodularia japanensis
VENEROIDA
Trapeziidae
Trapezium liratum
Corbiculidae
Corbicula japonica
Corbicula leana
Pisidiidae
Pisidium sp.
Glauconomidae
Glauconome chinensis
CR+EN CR+EN CR+EN
NT
NT
NT
NT
NT
NT
・
NT
NT
-
NT
目名は、文部省・日本動物学会(編),1988.学術用語集 動物学編(増訂版).丸善. に準拠した。
和名、学名、配列は、基本的に以下に準拠し、一部の種に関しては評価者の見解に従った。
環境省報道発表資料 平成19年8月3日 哺乳類、汽水・淡水魚類、昆虫類、貝類、植物Ⅰ及び植物Ⅱのレッドリストの見直しについて http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8648
106
VU
2
【備考】
1:区部において目黒区内の人家で確認されたことがあるが、移入と考えられるため、評価対象から除外した。
2:区部において皇居で確認されている個体群は移入と考えられているため、評価対象から除外した。
【留意種とした理由】
和名
*1 カワグチツボ
*2
ウミゴマツボ
(エドガワミズゴマツボ)
地域区分
区部
本土部
区部
本土部
留意種とした理由
内湾潮下帯泥底の環境を指標するため。
内湾泥底の指標種である。東京都の個体群は本種の模式産地である千葉県市川市とも
隣接し連続した海域に生息するものである。本種には、分類学的な検討の未了な近縁種
の存在も知られており、模式産地の個体群は貴重であると考えられるため。
北多摩
*3 コウフオカモノアラガイ
*4 ナガオカモノアラガイ
*5 スナガイ
*6 ヤマトシジミ
南多摩
本土部
北多摩
南多摩
西多摩
南多摩
本土部
区部
本土部
河川敷という撹乱程度の大きな水辺の環境を指標するため。
汚染の少ない水際の環境を指標するため。
草原的な環境を指標するため。ただし、国内移入の場合もあるため、今後の動態を見る
必要がある。
河口汽水域の指標種であるため。ただし、移入群も多いと考えられるので、今後の動態を
見る必要がある。
107
和名索引(植物)
和名
アイアシ
アイアスカイノデ
アイズシモツケ
アイナエ
アオガヤツリ
アオコウガイゼキショウ
アオスズラン
アオチゴユリ
アオチドリ
アオテンツキ
アオナラガシワ
アオネカズラ
アオフタバラン
アオホオズキ
アオホラゴケ
アオミズナラ
アカハナワラビ
アカヤシオ
アキザキヤツシロラン
アギナシ
アキノギンリョウソウ
アキノハハコグサ
アキノヤハズアザミ
アケボノシュスラン
アケボノソウ
アサザ
アサマツゲ
アサマフウロ
アシカキ
アシタカジャコウソウ
アスカイノデ
アズマイチゲ
アズマカモメヅル
アズマガヤ
アズマギク
アズマザサ
アズマシャクナゲ
アズマシライトソウ
アズマスゲ
アズマツメクサ
アズマツリガネツツジ
アズマレイジンソウ
アゼオトギリ
アゼガヤ
アゼテンツキ
アツモリソウ
アブノメ
アブラギク
アマクサシダ
アマドコロ
アマナ
アヤメ
アリドオシラン
アワコガネギク
アワボスゲ
イイヌマムカゴ
イオウソウ
イガホオズキ
イカリソウ
イセアオスゲ
イセウキヤガラ
イソヤマテンツキ
イチヤクソウ
イチョウシダ
頁
37
24
29
31
38
37
39
36
39
39
26
25
40
33
23
26
23
31
39
35
31
35
35
39
32
32
30
29
37
33
24
27
32
37
35
37
31
36
38
28
31
27
28
37
39
39
33
35
24
36
36
37
40
35
38
40
31
33
27
38
38
39
31
24
和名
イチヨウラン
イッポンワラビ
イトイ
イトイヌノヒゲ
イトトリゲモ
イトハナビテンツキ
イトモ
イナモリソウ
イヌイ
イヌクグ
イヌスギナ
イヌセンブリ
イヌタヌキモ
イヌノフグリ
イヌハギ
イヌブシ
イヌヨモギ
イバラモ
イブキスミレ
イラモミ
イワイヌワラビ
イワウイキョウ
イワウサギシダ
イワウメヅル
イワウラジロ
イワオウギ
イワオモダカ
イワシモツケ
イワツクバネウツギ
イワニンジン
イワヒメワラビ
イワヘゴ
イワヤシダ
イワユキノシタ
ウキガヤ
ウキヤガラ
ウスギオウレン
ウスバサイシン
ウスヒメワラビ
ウチョウラン
ウチワゴケ
ウマスゲ
ウマノスズクサ
ウメウツギ
ウメガサソウ
ウメバチソウ
ウメバチモ
ウラギク
ウラジロ
ウラジロイチゴ
ウラジロヒカゲツツジ
ウラジロマタタビ
ウリカワ
エキサイゼリ
エゾキイチゴ
エゾコスミレ
エゾスズラン
エゾノアオイスミレ
エゾノサヤヌカグサ
エゾノヒメクラマゴケ
エゾハタザオ
エゾミソハギ
エダウチスズメノトウガラシ
エドヒガン
108
頁
39
25
37
37
36
38
36
32
37
38
23
32
34
33
29
26
34
36
30
26
25
31
25
30
24
29
25
29
34
31
23
24
25
28
37
38
27
28
25
40
23
38
28
28
31
28
27
34
23
29
31
28
35
31
29
30
39
30
37
23
28
30
33
29
和名
エビガライチゴ
エビネ
エビモ
エビラシダ
オウレンシダ
オオアカウキクサ
オオアカネ
オオアブノメ
オオキジノオ
オオキツネノカミソリ
オオキヨズミシダ
オオクジャクシダ
オオクボシダ
オオコガネネコノメ
オオダイコンソウ
オオタマガヤツリ
オオチゴユリ
オオツルウメモドキ
オオナンバンギセル
オオニガナ
オオヌマハリイ
オオバキハダ
オオバクサフジ
オオバナオオヤマサギソウ
オオバノキハダ
オオバノハチジョウシダ
オオバユキザサ
オオヒキヨモギ
オオヒナノウスツボ
オオモミジガサ
オオヤマカタバミ
オオヤマサギソウ
オオルリソウ
オカウツボ
オカオグルマ
オカタツナミソウ
オキナグサ
オクタマシダ
オクヤマコウモリ
オグルマ
オケラ
オサシダ
オサバグサ
オシャグジデンダ
オタルスゲ
オナモミ
オニイノデ
オニカナワラビ
オニゼンマイ
オニナルコスゲ
オニノヤガラ
オニバス
オニヒカゲワラビ
オノエヤナギ
オノオレカンバ
オヒルムシロ
オミナエシ
カイコバイモ
カイジンドウ
カイタカラコウ
ガガブタ
カキツバタ
カキラン
カゲロウラン
頁
29
39
36
25
23
26
32
33
23
36
25
24
25
28
29
38
36
30
34
35
38
29
29
40
29
24
36
33
33
35
29
40
32
34
35
33
27
24
35
35
34
24
28
25
38
35
24
24
23
38
39
27
25
26
26
36
34
36
32
35
32
37
39
39
和名
カゴノキ
カザグルマ
カセンソウ
カタクリ
カタシログサ
カテンソウ
カナウツギ
カナヤマイチゴ
カナワラビ
カモノハシ
カモメラン
カヤラン
カラクサイヌワラビ
カラクサシダ
カラフトミヤマシダ
カリガネソウ
カリマタガヤ
カリヨセウツギ
カワツルモ
カワミドリ
カワラケツメイ
カワラサイコ
カワラナデシコ
カワラノギク
カワラハハコ
カワラマツバ
カンエンガヤツリ
カントウイワウチワ
カントウミヤマカタバミ
カンボク
キキョウ
キクアザミ
キクザキイチゲ
キクタニギク
キクムグラ
キクモ
キケマン
キジカクシ
キジノオシダ
キセルアザミ
キセワタ
キソチドリ
キダチノネズミガヤ
キツネノカミソリ
キハギ
キバナアキギリ
キバナウツギ
キバナカワラマツバ
キバナノアマナ
キバナノコマノツメ
キバナノショウキラン
キバナハタザオ
ギフベニシダ
キヨスミウツボ
キヨズミシダ
キヨスミヒメワラビ
キレハオオクボシダ
キンギョモ
キンセイラン
キンモウワラビ
キンラン
ギンラン
ギンリョウソウモドキ
キンレイカ
109
頁
27
27
35
36
28
26
29
29
24
37
40
40
25
24
25
32
37
34
36
32
29
29
26
34
34
32
38
31
29
34
34
35
27
35
32
33
28
36
23
35
33
40
37
36
29
33
34
32
36
30
40
28
24
34
25
24
25
27
39
25
39
39
31
34
和名
ギンロバイ
クガイソウ
クグ
クサスゲ
クサタチバナ
クサネム
クサノオウバノギク
クサレダマ
クチナシグサ
クマガイソウ
クモノスシダ
クモラン
クリハラン
クルマバツクバネソウ
クルマムグラ
クルマユリ
クロカワズスゲ
クロカンバ
クロクモソウ
クロツバラ
クロテンツキ
クロハリイ
クロホシクサ
クロボシソウ
クロムヨウラン
クロモ
グンナイフウロ
ケマイヅルソウ
ケヤマウツボ
ゲンジスミレ
コアツモリソウ
コイケマ
コイチヨウラン
コイヌノハナヒゲ
コイヌノヒゲ
コイワウチワ
コイワザクラ
コウガイモ
コウシュウヒゴタイ
コウボウ
コウボウシバ
コウホネ
コウモリカズラ
コウヤザサ
コウリンカ
コオニユリ
コオノオレ
コガネシダ
コカモメヅル
ゴカヨウオウレン
コガンピ
ゴキヅル
コキンバイ
コクラン
コケイラン
コケシノブ
コケミズ
コケリンドウ
コゴメヤナギ
コジキイチゴ
コシダ
コシンジュガヤ
コタニワタリ
コツブヌマハリイ
頁
29
33
38
38
32
29
35
31
33
39
24
40
25
36
32
36
38
30
28
30
39
38
37
37
39
35
29
36
33
30
39
32
39
39
37
31
31
35
35
37
38
27
27
37
35
36
26
25
32
27
30
30
29
40
40
23
26
31
26
29
23
39
24
38
和名
コヌカボタデ
コハシゴシダ
コハナヤスリ
コバノイシカグマ
コバノイチヤクソウ
コバノイラクサ
コバノトンボソウ
コバノヒルムシロ
コヒロハハナヤスリ
コフウロ
ゴマキ
ゴマギ
コマツカサススキ
ゴマノハグサ
コメススキ
コモチシダ
ゴヨウツツジ
コンロンソウ
サイゴクベニシダ
ザイフリボク
サカネラン
サガミギク
サギスゲ
サギソウ
サクライカグマ
サクラスミレ
サクラソウ
サクラタデ
ササクサ
ササバギンラン
ササバモ
サジオモダカ
サジバモ
サジラン
サツキヒナノウスツボ
サデクサ
サトメシダ
サナギイチゴ
サナギスゲ
サラサドウダン
サラシナショウマ
ザリコミ
サワオグルマ
サワギキョウ
サワシロギク
サワトウガラシ
サワトラノオ
サワルリソウ
サンショウモ
シウリザクラ
シオガマギク
シオクグ
シカクイ
ジガバチソウ
シギンカラマツ
シコクスミレ
シコクハタザオ
シシガシラ
シシラン
シズイ
ジゾウカンバ
シソクサ
シタキツルウメモドキ
シナノキ
110
頁
26
25
23
23
31
26
40
36
23
29
34
34
39
33
37
24
31
28
24
28
40
34
39
39
24
30
31
26
37
39
36
35
36
25
33
26
25
29
38
31
27
28
35
34
34
33
31
32
25
29
33
38
39
40
27
30
28
24
24
39
26
33
30
30
和名
シノブ
シノブカグマ
シハイスミレ
シバヤナギ
シムライノデ
シムラニンジン
シャクジイタヌキモ
シャクジョウソウ
ジャヤナギ
シュスラン
シュロソウ
ジュンサイ
ジョウシュウカモメヅル
ショウドシマベンケイソウ
ショウブ
ジョウロウスゲ
シライヤナギ
シラゲヒメジソ
シラヒゲソウ
シロガヤツリ
シロスミレ
シロネ
シロバナイナモリソウ
シロバナサクラタデ
シロバナショウジョウバカマ
シロバナスミレ
シロモジ
シロヤシオ
シロヤマシダ
ジンジソウ
ジンバイソウ
スギラン
スズサイコ
スズムシソウ
スズメノトウガラシ
スズラン
ステゴビル
スブタ
ズミ
セイコノヨシ
セイタカシケシダ
セイタカトウヒレン
セイタカハリイ
セイタカヨシ
セキショウモ
セッコク
セトガヤ
センダイタイゲキ
ゼンテイカ
センニンモ
センブリ
ソバナ
ダイセンヒョウタンボク
タイミンガサモドキ
ダイモンジソウ
タウコギ
タカオシケチシダ
タカオヒゴタイ
タカオホロシ
タカオワニグチソウ
タカサゴソウ
タカネコウボウ
タカネサトメシダ
タカネニガナ
頁
24
24
30
26
24
31
34
31
26
39
36
27
32
28
38
38
26
33
28
38
30
33
32
26
36
30
27
31
25
28
40
23
32
40
33
39
36
35
29
37
25
35
38
37
35
39
37
29
36
36
32
34
34
35
28
34
25
35
33
36
35
37
25
35
和名
タカネバラ
タカネフタバラン
タカネマスクサ
タコノアシ
タタラカンガレイ
タチキランソウ
タチクラマゴケ
タチゲヒカゲミズ
タチコウガイゼキショウ
タチコゴメグサ
タチスゲ
タチスミレ
タチヒメワラビ
タチフウロ
タチモ
タテヤマオウギ
タテヤマギク
タニギキョウ
タニジャコウソウ
タニヘゴ
タヌキラン
タマガワホトトギス
タマツリスゲ
タマノカンアオイ
タマノホシザクラ
タムラソウ
タンキリマメ
チシマゼキショウ
チダケサシ
チチブドウダン
チチブホラゴケ
チチブミネバリ
チチブヤナギ
チドリソウ
チャボイノデ
チュウゼンジスゲ
チョウジソウ
チョウセンキンミズヒキ
チョウセンゴミシ
チョウセンナニワズ
ツクバキンモンソウ
ツクバグミ
ツゲ
ツチアケビ
ツノハシバミ
ツリシュスラン
ツリフネソウ
ツルアリドオシ
ツルカコソウ
ツルガシワ
ツルカノコソウ
ツルギキョウ
ツルリンドウ
ツレサギソウ
テガタチドリ
テガヌマイ
テバコワラビ
デンジソウ
トウゲシバ
トウゴクサバノオ
トウゴクシソバタツナミソウ
トウゴクシダ
トウゴクヘラオモダカ
トウヒ
111
頁
29
40
38
28
39
32
23
26
37
33
38
30
25
29
30
29
34
34
32
24
38
36
38
28
29
35
29
36
28
31
23
26
26
39
24
38
32
28
27
30
32
30
30
39
26
39
30
32
32
32
34
34
32
40
39
39
25
25
23
27
33
24
35
26
和名
トキソウ
トキホコリ
トキワシダ
トキワトラノオ
ドクウツギ
ドクゼリ
トサノモミジガサ
トダスゲ
トチカガミ
トモエシオガマ
トモエソウ
トヨグチイノデ
トラノオジソ
トリガタハンショウヅル
トリゲモ
トンボソウ
ナガエミクリ
ナガハシスミレ
ナガバノイタチシダ
ナガバノウナギツカミ
ナガバノコウヤボウキ
ナガバノヤノネグサ
ナガボテンツキ
ナカミシシラン
ナガミノツルケマン
ナツノハナワラビ
ナデシコ
ナベナ
ナラガシワ
ナンゴクナライシダ
ナンバンハコベ
ニガカシュウ
ニシキソウ
ニシキビロードウツギ
ニッコウナツグミ
ニッコウヒョウタンボク
ニッポンイヌノヒゲ
ニリンソウ
ヌカボシソウ
ヌカボタデ
ヌマアゼスゲ
ヌマガヤ
ヌマゼリ
ヌマハリイ
ヌメリグサ
ネコノメソウ
ネコヤナギ
ネズ
ネズミサシ
ノアズキ
ノウルシ
ノカラマツ
ノコギリソウ
ノジトラノオ
ノダケモドキ
ノテンツキ
ノハナショウブ
バアソブ
バイカオウレン
バイカモ
ハイチゴザサ
ハイホラゴケ
ハクウンラン
ハグロソウ
頁
40
26
24
24
30
31
35
38
35
33
28
24
33
27
36
40
38
30
24
26
35
26
39
24
28
23
26
34
26
24
26
36
29
34
30
34
37
27
37
26
38
37
31
38
37
28
26
26
26
29
29
27
34
31
31
39
37
34
27
27
37
23
40
33
和名
ハコネギク
ハコネラン
ハゴロモソウ
ハシゴシダ
ハタガヤ
ハタザオ
ハタベカンガレイ
ハチジョウナ
ハナイカリ
ハナビガヤ
ハナビゼキショウ
ハナビゼリ
ハナヒリノキ
ハナムグラ
ハネガヤ
ハマウツボ
ハヤザキヒョウタンボク
バラモミ
ハリガネスゲ
ハリガネワラビ
ハリコウガイゼキショウ
ハリモミ
ハルリンドウ
ハンカイシオガマ
ハンゲショウ
ハンノキ
ヒイラギソウ
ヒエスゲ
ヒオウギ
ヒカゲスミレ
ヒカゲツツジ
ヒカゲノカズラ
ヒカゲヒメジソ
ヒカゲワラビ
ヒキオコシ
ヒキノカサ
ヒゲシバ
ヒゲネワチガイソウ
ヒゴスミレ
ヒシ
ヒシモドキ
ヒツジグサ
ヒトツバ
ヒトツボクロ
ヒナザサ
ヒナノキンチャク
ヒナワチガイソウ
ヒメアブラススキ
ヒメアマナ
ヒメイタチシダ
ヒメイワカガミ
ヒメイワトラノオ
ヒメウラジロ
ヒメカナワラビ
ヒメガヤツリ
ヒメクズ
ヒメコウホネ
ヒメコヌカグサ
ヒメザゼンソウ
ヒメシオン
ヒメシャガ
ヒメシラスゲ
ヒメスギラン
ヒメスミレサイシン
112
頁
34
39
34
25
38
28
39
35
31
37
37
31
31
32
37
34
34
26
38
25
37
26
31
33
28
26
32
38
37
30
31
23
33
25
33
27
37
27
30
30
33
27
25
40
37
29
27
37
36
24
31
24
24
25
38
29
27
37
38
34
37
38
23
30
和名
ヒメタデ
ヒメタヌキモ
ヒメツルニンジン
ヒメテキリスゲ
ヒメトラノオ
ヒメナミキ
ヒメニラ
ヒメノヤガラ
ヒメハイホラゴケ
ヒメハギ
ヒメハッカ
ヒメヒカゲスゲ
ヒメヒゴタイ
ヒメビル
ヒメフタバラン
ヒメホタルイ
ヒメマイヅルソウ
ヒメミクリ
ヒメミヤマウズラ
ヒモカズラ
ヒラテンツキ
ヒルムシロ
ビロードラン
ヒロハイヌノヒゲ
ヒロハスズメノトウガラシ
ヒロハツリシュスラン
ヒロハヌマゼリ
ヒロハノアマナ
ヒロハノカワラサイコ
ヒロハノコウガイゼキショウ
ヒロハノハネガヤ
ヒロハハナヤスリ
ヒロハヘビノボラズ
ヒンジモ
フウラン
フクシマシャジン
フクジュソウ
ブコウマメザクラ
フサガヤ
フサモ
フジアザミ
フシグロセンノウ
フジシダ
フジセンニンソウ
フジバカマ
フジレイジンソウ
フタバムグラ
フナバラソウ
フモトカグマ
フモトシケシダ
ベニカヤラン
ベニシュスラン
ベニドウダン
ベニバナイチヤクソウ
ベニバナヤマシャクヤク
ヘラオモダカ
ヘラシダ
ホザキイチヨウラン
ホシクサ
ホシザクラ
ホソイ
ホソイノデ
ホソバイヌタデ
ホソバイヌワラビ
頁
26
34
34
38
33
33
36
39
23
29
33
38
35
36
40
39
36
38
39
23
39
36
39
37
33
39
31
36
29
37
37
23
27
38
40
34
27
29
37
30
35
27
23
27
35
27
32
32
23
25
40
39
31
31
28
35
25
40
37
29
37
24
26
25
和名
ホソバオグルマ
ホソバカナワラビ
ホソバトウゲシバ
ホソバナライシダ
ホソバノコウガイゼキショウ
ホソバノタカネニガナ
ホソバノツルリンドウ
ホソバノヨツバムグラ
ホソバヒカゲスゲ
ホソバミズヒキモ
ホタルカズラ
ホタルサイコ
ホテイシダ
ホテイラン
ホドイモ
ホトトギス
ホラシノブ
ホンモンジスゲ
マアザミ
マイヅルテンナンショウ
マキエハギ
マキノスミレ
マコモ
マツカサススキ
マツグミ
マツザカシダ
マツノハマンネングサ
マツバスゲ
マツハダ
マツバナデシコ
マツバニンジン
マツバラン
マツムシソウ
マツモ
マツラン
マメダオシ
マメヅタ
マメヅタラン
マルバオモダカ
マルバサンキライ
マルバベニシダ
マルミノウルシ
マンネンスギ
ミクリ
ミシマサイコ
ミズ
ミズアオイ
ミズオオバコ
ミズオトギリ
ミズキンバイ
ミズタカモジ
ミズタガラシ
ミズチドリ
ミズトラノオ
ミズトラノオ
ミズトンボ
ミズニラ
ミズネコノオ
ミズネコノメソウ
ミズハコベ
ミズハナビ
ミズマツバ
ミスミソウ
ミズユキノシタ
113
頁
35
24
23
24
37
35
31
32
38
36
32
31
25
39
29
36
23
38
35
38
29
30
37
39
26
24
28
38
26
29
29
23
34
27
40
32
25
39
35
36
24
29
23
38
31
26
36
35
28
30
37
28
40
31
33
39
23
33
28
32
38
30
27
30
和名
ミズワラビ
ミゾコウジュ
ミゾハコベ
ミチシバ
ミツガシワ
ミドリアカザ
ミドリカナワラビ
ミドリワラビ
ミノゴメ
ミノボロ
ミノボロスゲ
ミミカキグサ
ミヤコアザミ
ミヤコイヌワラビ
ミヤコヤブソテツ
ミヤマウイキョウ
ミヤマウド
ミヤマウラジロ
ミヤマウラボシ
ミヤマクマヤナギ
ミヤマクマワラビ
ミヤマコンギク
ミヤマシグレ
ミヤマシケシダ
ミヤマスミレ
ミヤマツチトリモチ
ミヤマニガウリ
ミヤマハンショウヅル
ミヤマビャクシン
ミヤマモジズリ
ミョウギカラマツ
ミョウギシダ
ミョウギシャジン
ムカゴサイシン
ムカゴソウ
ムカゴツヅリ
ムカゴニンジン
ムギラン
ムサシノキスゲ
ムジナモ
ムツオレグサ
ムヨウラン
ムラサキ
ムラサキセンブリ
ムラサキフタバラン
ムラサキミズトラノオ
ムラサキミミカキグサ
ムロ
メアゼテンツキ
メヤブソテツ
モウセンゴケ
モクレイシ
モミラン
モメンヅル
モリアザミ
ヤエガワカンバ
ヤガミスゲ
ヤシャゼンマイ
ヤシャビシャク
ヤチカワズスゲ
ヤツシロヒトツバ
ヤナギイノコズチ
ヤナギスブタ
ヤナギタンポポ
頁
24
33
30
37
32
27
24
25
37
37
38
34
35
25
24
31
31
24
25
30
24
34
34
25
30
26
30
27
26
39
27
25
34
40
39
37
31
39
36
28
37
39
32
32
40
33
34
26
39
24
28
30
40
29
35
26
38
23
28
38
25
27
35
35
和名
ヤナギトラノオ
ヤナギヌカボ
ヤナギモ
ヤナギラン
ヤハズハハコ
ヤハズヒゴタイ
ヤブアザミ
ヤブザクラ
ヤブサンザシ
ヤブムグラ
ヤマアゼスゲ
ヤマウツボ
ヤマオダマキ
ヤマクラマゴケ
ヤマサギソウ
ヤマジオウ
ヤマジソ
ヤマジノタツナミソウ
ヤマジノホトトギス
ヤマシャクヤク
ヤマタイミンガサ
ヤマトキソウ
ヤマトミクリ
ヤマトユキザサ
ヤマドリゼンマイ
ヤマネコノメソウ
ヤマハハコ
ヤマヒメワラビ
ヤマブキソウ
ヤマホオズキ
ヤマホロシ
ヤマラッキョウ
ヤマルリソウ
ヤワタソウ
ユウシュンラン
ユキミソウ
ヨウラクラン
ヨコグラノキ
ヨツバハギ
ラショウモンカズラ
ランヨウアオイ
リンボク
ルイヨウショウマ
ルイヨウボタン
ルリソウ
レモンエゴマ
レンゲショウマ
レンゲツツジ
レンプクソウ
レンリソウ
ワカナシダ
ワダソウ
ワチガイソウ
ワニグチソウ
114
頁
31
26
36
30
34
35
35
28
28
32
38
33
27
23
40
33
33
33
36
28
35
40
38
36
23
28
34
25
28
33
33
36
32
28
39
33
40
30
29
33
28
29
27
27
32
33
27
31
34
29
24
27
27
36
和名索引(動物)
和名
アイノミドリシジミ
アオアシシギ
アオイトトンボ
アオカミキリ
アオキクスイカミキリ
アオゲラ
アオサナエ
アオシギ
アオスジカミキリ
アオダイショウ
アオバズク
アオハダトンボ
アオバト
アオフキバッタ
アオヘリホソゴミムシ
アオヘリミズギワゴミムシ
アオヤンマ
アカアシオオアオカミキリ
アカアシシギ
アカエゾゼミ
アカエリカイツブリ
アカエリヒレアシシギ
アカオビケラトリ
アカガネアオゴミムシ
アカゲラ
アカシジミ
アカショウビン
アカセセリ
アカネズミ
アカハナカミキリ
アカハネバッタ
アカハライモリ
アカヒレタビラ
アカマダラコガネ
アカマダラハナムグリ
アカモズ
アケボノユウレイグモ
アサカミキリ
アサマイチモンジ
アサマシジミ
アシグロツユムシ
アシシロハゼ
アシナガカニグモ
アシハラガニ
アシミゾヒメヒラタゴミムシ
アズマヒキガエル
アズマモグラ
アトグロジュウジアトキリゴミムシ
アトモンコミズギワゴミムシ
アナグマ
アブラハヤ
アベハゼ
アマツバメ
アメリカヒドリ
アヤスジミゾドロムシ
アワセグモ
イカル
イカルチドリ
イグチケブカゴミムシ
イシカワシラウオ
イスカ
イソシギ
イソヒヨドリ
頁
92
48
65
83
83
49
65
48
82
54
49
65
47
70
81
80
65
83
48
73
47
49
86
81
49
92
49
93
44
82
70
57
60
82
82
49
102
83
92
92
70
61
102
99
80
57
43
81
80
43
60
61
48
47
82
102
50
48
80
60
50
48
50
和名
イタチ
イタヤカミキリ
イチモンジチョウ
イナゴモドキ
イノシシ
イボウミニナ
イボタガ
イワヒバリ
ウグイス
ウサギコウモリ
ウスイロオナガシジミ
ウスイロシマゲンゴロウ
ウスタビガ
ウスバアゲハ
ウスバカマキリ
ウスバカミキリ
ウズラ
ウズラシギ
ウスルリモンハナバチ
ウソ
ウチワヤンマ
ウナギ
ウネナシトマヤガイ
ウバタマコメツキ
ウバタマムシ
ウマノオバチ
ウミアイサ
ウミゴマツボ
ウミニナ
ウミベアカバハネカクシ
ウメムラシタラガイ
ウラギンスジヒョウモン
ウラギンヒョウモン
ウラゴマダラシジミ
ウラナミアカシジミ
ウラミスジシジミ
エサキアメンボ
エゾエンマコオロギ
エゾスズ
エゾトンボ
エゾムシクイ
エドガワミズゴマツボ
エドハゼ
エナガ
エリザハンミョウ
エリマキシギ
オオアオゾウムシ
オオアオホソゴミムシ
オオアカゲラ
オオアメンボ
オオイクビツヤゴモクムシ
オオイシアブ
オオイチモンジシマゲンゴロウ
オオイトトンボ
オオウエキビ
オオウラギンスジヒョウモン
オオウラギンヒョウモン
オオカミ
オオギセル
オオキトンボ
オオクロツヤゴモクムシ
オオクワガタ
オオコオイムシ
オオコノハズク
115
頁
43
83
92
70
43
105
96
50
50
43
92
81
96
92
69
82
47
48
86
50
65
60
106
82
82
86
47
105
105
81
106
92
92
92
92
92
73
70
70
66
50
105
61
50
80
48
83
81
49
73
80
89
81
65
106
92
92
43
105
66
80
81
73
49
和名
オオジシギ
オオジュリン
オオセスジイトトンボ
オオセッカ
オオソリハシシギ
オオタカ
オオタニシ
オオツノハネカクシ
オオトノサマギセル
オオナガゴミムシ
オオナガハナアブ
オオハシシギ
オオバン
オオヒラタトックリゴミムシ
オオマシコ
オオマルクビヒラタカミキリ
オオミズアオ
オオミスジ
オオミズスマシ
オオミドリシジミ
オオムラサキ
オオモノサシトンボ
オオヨシキリ
オオヨシゴイ
オオヨツスジハナカミキリ
オオヨツボシゴミムシ
オオルリ
オオルリハムシ
オオルリボシヤンマ
オクガタギセル
オグロシギ
オコジョ
オサシデムシモドキ
オサムシモドキ
オシドリ
オジロトウネン
オダヒゲナガコバネカミキリ
オツネントンボ
オナガアゲハ
オナガサナエ
オニグルミノキモンカミキリ
オニホソコバネカミキリ
オニヤンマ
オバシギ
オビボソカニグモ
オモイガケナマイマイ
カイツブリ
カエルキンバエ
カクベンケイガニ
カサネシタラガイ
カジカ(カジカ大卵型;河川陸封型)
カジカガエル
カタアカアトキリゴミムシ
カタキハナカミキリ
カタマメマイマイ
カッコウ
カッコウカミキリ
カトウツケオグモ
カドコオオベソマイマイ
カトリヤンマ
カナコキグモ
カネコトタテグモ
カバシタムクゲエダシャク
カマツカ
頁
48
51
65
50
48
49
105
81
106
80
89
48
47
81
50
82
96
92
81
92
92
65
50
47
82
80
50
83
65
106
48
43
81
80
47
48
82
65
92
65
83
82
65
48
102
106
47
89
99
106
60
57
81
82
106
48
83
102
106
65
102
102
96
60
和名
ガムシ
カモシカ
カヤキリ
カヤクグリ
カヤコオロギ
カヤネズミ
カラスガイ
カラスシジミ
カワアイ
カワウソ
カワガラス
カワグチツボ
カワセミ
カワネジガイ
カワネズミ
カワラゴミムシ
カワラスズ
カワラバッタ
カワラハンミョウ
カントウビロードマイマイ
カントウベッコウ
カンムリカイツブリ
キアシシギ
キアシツヤヒラタゴミムシ
キアシハナダカバチモドキ
キアシマルガタゴミムシ
キアシルリミズギワゴミムシ
キイトトンボ
キイロアトキリゴミムシ
キイロサナエ
キイロトラカミキリ
キイロホソゴミムシ
キイロミヤマカミキリ
キイロヤマトンボ
キオビクモバチ
キオビベッコウ
キクイタダキ
キクガシラコウモリ
キクスイモドキカミキリ
キジ
キシノウエトタテグモ
キジロオヒキグモ
キスジクモバチ
キスジトラカミキリ
キスジベッコウ
キツネ
キトンボ
キヌツヤベッコウ
キノボリトタテグモ
キバサナギガイ
キバシリ
ギバチ
キバネキバナガミズギワゴミムシ
キバネセセリ
キバネツノトンボ
ギフチョウ
キベリクロヒメゲンゴロウ
キベリマルクビゴミムシ
キボシトックリバチ
キマダラヤマカミキリ
キュウシュウツヤゴモクムシ
キョウジョシギ
キリアイ
キンヒバリ
116
頁
81
43
70
50
70
43
106
92
105
43
50
105
49
105
43
80
70
70
80
106
106
47
48
80
86
80
80
65
81
65
83
81
82
66
86
86
50
43
83
47
102
102
86
83
86
43
66
106
102
105
50
60
80
92
77
92
81
80
86
82
80
48
48
70
和名
キンブナ
キンボシハネカクシ
クイナ
クサガメ
クサシギ
クシヒゲハネカクシ
クスサン
クスベニカミキリ
クツワムシ
クビナガヨツボシゴミムシ
クマコオロギ
クマスズムシ
クマタカ
クモガタヒョウモン
クラサワメクラチビゴミムシ
クルマバッタ
クロカナブン
クロガネハネカクシ
クロカミキリ
クロガモ
クロゲンゴロウ
クロジ
クロシジミ
クロスジヘビトンボ
クロセンブリ
クロタマムシ
クロツグミ
クロツラヘラサギ
クロトラカミキリ
クロナガオサムシ
クロヒゲオレハネカクシ
クロベッコウハナアブ
クロヘナタリ
クロベンケイガニ
クロマルハナバチ
グンバイトンボ
ケシガイ
ケブカヒラタカミキリ
ケフサイソガニ
ケリ
ゲンゴロウ
ゲンジボタル
コアオアシシギ
コアジサシ
コアシダカグモ
コアトワアオゴミムシ
ゴイシシジミ
コウフオカモノアラガイ
コオイムシ
コオオベソマイマイ類の一種
コオニヤンマ
コオバシギ
コガタノゲンゴロウ
コガネグモ
コカブトムシ
コガムシ
コキクガシラコウモリ
コキマダラセセリ
コクロツヤヒラタゴミムシ
コケオニグモ
コケラマイマイ
コサギ
コサナエ
コサメビタキ
頁
60
81
47
54
48
81
96
82
70
80
70
70
49
92
80
70
82
81
82
47
81
51
92
76
76
82
50
47
83
80
81
89
105
99
86
65
105
82
99
48
81
82
48
49
102
81
92
105
73
106
65
48
81
102
82
81
43
93
80
102
106
47
65
50
和名
コシアカツバメ
コシボソヤンマ
コジャノメ
ゴジュウカラ
コジュリン
コチドリ
コチョウゲンボウ
コツバメ
コテングコウモリ
コノハズク
コバネアオイトトンボ
コバネカミキリ
コハンミョウ
コバンムシ
ゴマジロオニグモ
コマツエンマグモ
コマドリ
コミズスマシ
コミミズク
コムラサキ
コメツキガニ
コヤマトンボ
コヨシキリ
コルリ
コロギス
サクラマス(降海型)
ササゴイ
サシバ
サドヤマトガイ
サビカミキリ
サメビタキ
サラサヤンマ
サルハマシギ
サワガニ
サンカノゴイ
サンコウチョウ
サンショウクイ
サンロウドヨウグモ
シオヤトンボ
シナイモツゴ
シノビグモ
シブイロカヤキリ
シブイロカヤキリモドキ
シマアジ
シマアメンボ
シマゲンゴロウ
シマドジョウ
シマヘビ
ジムグリ
シャープゲンゴロウモドキ
ジャノメチョウ
ジュウイチ
ジュズカケハゼ
シュレーゲルアオガエル
ジョウザンミドリシジミ
ショウジョウクロバエ
ショウリョウバッタモドキ
シラオビゴマフケシカミキリ
シラオビシデムシモドキ
シラコバト
シラタエビ
シラホシハナムグリ
シルビアシジミ
シロウオ
117
頁
50
65
92
50
50
48
49
92
43
49
65
82
80
73
102
102
50
81
49
92
99
66
50
50
70
60
47
49
105
82
50
65
48
99
47
49
49
102
66
60
102
70
70
47
73
81
60
54
54
81
92
47
61
57
92
89
70
83
81
47
99
82
92
60
和名
シロオビゴマフカミキリ
シロオビトラカミキリ
シロスジカミキリ
シロチドリ
シロマダラ
シントウトガリネズミ
スカシベッコウ
スギカミキリ
スギノアカネトラカミキリ
スゲハムシ
スジエビ
スジクワガタ
スジハゼ
スズガモ
スズキコモリグモ
スナガイ
スナヤツメ
セアカオサムシ
セイタカシギ
セグロイナゴ
セグロセキレイ
セグロバッタ
セスジイトトンボ
ゼニタナゴ
センダイムシクイ
センノカミキリ
ソリハシシギ
タイコウチ
ダイサギ
ダイシャクシギ
ダイゼン
タイワンメダカカミキリ
タガイ
タカキビ
タカチホヘビ
タカネトンボ
タカブシギ
タガメ
タカヤマヒダリマキマイマイ
タケウチエダシャク
タケトラカミキリ
タゲリ
タゴガエル
タシギ
タナカツヤハネゴミムシ
タナゴ
ダビドサナエ
タマガワナガドロムシ
タマシギ
タマムシ
タンボコオロギ
チゴガニ
チゴハヤブサ
チゴモズ
チチブ
チッチゼミ
チャイロオオイシアブ
チャイロヒゲビロウドカミキリ
チャバネクビナガゴミムシ
チャムネハラホソハネカクシ
チュウサギ
チュウジシギ
チュウシャクシギ
チュウヒ
頁
83
83
83
48
54
43
106
83
83
83
99
81
61
47
102
105
60
80
48
70
50
70
65
60
50
83
48
73
47
48
48
82
106
106
54
66
48
73
106
96
83
48
57
48
80
60
65
82
49
82
70
99
49
49
61
73
89
83
81
81
47
48
48
49
和名
チョウゲンボウ
チョウセンゴモクムシ
チョウトンボ
ツキノワグマ
ツシマトリノフンダマシ
ツチガエル
ツツドリ
ツボミガイ
ツマグロイナゴモドキ
ツマグロキチョウ
ツマグロバッタ
ツマグロハナカミキリ
ツミ
ツメギセル
ツヤケシハナカミキリ
ツヤスジコガネ
ツヤネクイハムシ
ツヤヒメヒョウタンゴミムシ
ツヤマルガタゴミムシ
ツルシギ
テナガエビ
テン
テングコウモリ
トウカイビロードマイマイ
トウキョウコオオベソマイマイ
トウキョウサンショウウオ
トウキョウダルマガエル
トウキョウトラカミキリ
トウキョウヒラマキ
トウキョウホラヒメグモ
ドウシグモ
トウネン
トガリバアカネトラカミキリ
トゲアシゴモクムシ
トゲグモ
トックリゴミムシ
トビ
トビハゼ
トモエガモ
トラツグミ
トラハナムグリ
トラフカミキリ
トラフズク
トラフトンボ
ドロノキハムシ
トワダオオカ
ナガイヅツグモ
ナガオカモノアラガイ
ナカグロキバネクビナガゴミムシ
ナガチビヒョウタンゴミムシ
ナカバヤシモモブトカミキリ
ナガレタゴガエル
ナゴヤサナエ
ナタネキバサナギガイ
ナマズ
ナミゲンゴロウ
ニゴイ
ニシキオニグモ
ニシキサラグモ
ニセトックリゴミムシ
ニッコウイワナ
ニッパラキビ
ニッパラマシラグモ
ニッポンヨツボシゴミムシ
118
頁
49
80
66
43
102
57
48
105
70
92
70
82
49
106
82
82
83
80
80
48
99
43
43
106
106
57
57
83
105
102
102
48
83
80
102
81
49
60
47
50
82
83
49
66
83
89
103
105
81
80
83
57
65
105
60
81
60
102
102
81
60
106
102
80
和名
ニホンアカガエル
ニホンアマガエル
ニホンイシガメ
ニホンカナヘビ
ニホンカワトンボ
ニホンザル
ニホンジネズミ
ニホンスッポン
ニホントカゲ
ニホンノウサギ
ニホンマムシ
ニホンモモンガ
ニホンヤモリ
ニホンリス
ニワハンミョウ
ヌカエビ
ヌマチチブ
ネアカヨシヤンマ
ネグロセンブリ
ネジロカミキリ
ノコギリカミキリ
ノコギリクワガタ
ノジコ
ノスリ
ハイイロチュウヒ
ハイイロヒレアシシギ
ハイイロヤハズカミキリ
ハイタカ
ハギマシコ
ハクサンベッコウ
ハグロトンボ
ハコネサンショウウオ
ハコネヒメベッコウ
ハタネズミ
ハチクマ
ハチモドキハナアブ
ハッカハムシ
ハッチョウトンボ
ハナグモリガイ
ハナムグリ
ハネナシアメンボ
ハネナシコロギス
ハネビロエゾトンボ
ババアメンボ
ハブタエヒラマキ
ハマシギ
ハマダラハルカ
ハマベニクバエ
ハヤシミドリシジミ
ハヤブサ
バラヒラタハバチ
ハラビロトンボ
ハルゼミ
バン
ハンノキカミキリ
ハンノヒメコガネ
ヒオドシチョウ
ヒクイナ
ヒグラシ
ヒゲコガネ
ヒゲシロスズ
ヒゲナガカミキリ
ヒゲナガゴマフカミキリ
ヒゲナガモモブトカミキリ
頁
57
57
54
54
65
43
43
54
54
44
54
43
54
43
80
99
61
65
76
83
82
81
50
49
49
49
83
49
50
106
65
57
106
43
49
89
83
66
106
82
73
70
66
73
105
48
89
89
92
49
86
66
73
47
83
82
92
47
73
82
70
83
83
83
和名
ヒゲブトハナムグリ
ヒコサンツヤゴモクムシ
ヒシクイ
ヒゼンキビ
ヒダサンショウウオ
ヒダリマキモノアラガイ
ヒナカマキリ
ヒナコウモリ
ヒナルリハナカミキリ
ヒヌマイトトンボ
ヒバカリ
ヒバリ
ヒバリシギ
ヒミズ
ヒメアカネ
ヒメアマツバメ
ヒメカサキビ
ヒメカマキリ
ヒメガムシ
ヒメキマダラセセリ
ヒメキマダラヒカゲ
ヒメクロツヤヒラタゴミムシ
ヒメコオロギ
ヒメサナエ
ヒメシジミ
ヒメシロチョウ
ヒメトラハナムグリ
ヒメネズミ
ヒメハゼ
ヒメハリマキビ
ヒメハルゼミ
ヒメヒゲナガカミキリ
ヒメヒミズ
ヒメビロウドカミキリ
ヒメマイマイカブリ
ヒメミズカマキリ
ヒメミズスマシ
ヒョウゴマルガタゴミムシ
ヒラタクワガタ
ヒラタマルゴミムシ
ヒラベッコウ
ヒラマキガイモドキ
ヒラマキミズマイマイ
ビリンゴ
ビロードキンクロ
ビロードマイマイ
ヒロクチコギセル
ヒロゴモクムシ
ヒロバネカンタン
フクロウ
フジジガバチ
フタオビアラゲカミキリ
フタコブルリハナカミキリ
フタモンクビナガゴミムシ
フタモンマルクビゴミムシ
ブッポウソウ
ブドウトラカミキリ
フトヘナタリ
ブリットンツヤヒラタゴミムシ
フルカワフトハキリバチ
ヘイケボタル
ベッコウトンボ
ヘナタリ
ベニイトトンボ
119
頁
82
80
47
106
57
105
69
43
82
65
54
50
48
43
66
48
106
69
81
93
92
80
70
65
92
92
82
44
61
106
73
83
43
83
80
73
81
80
81
80
106
105
105
61
47
106
106
80
70
49
86
83
82
81
80
49
83
105
80
86
82
66
105
65
和名
ベニバハナカミキリ
ベニマシコ
ヘラシギ
ヘリグロツユムシ
ヘリグロリンゴカミキリ
ベンケイガニ
ボウズハゼ
ホウロクシギ
ホオジロガモ
ホシガラス
ホシチャバネセセリ
ホシミスジ
ホソカミキリ
ホソチビゴモクムシ
ホソチビヒョウタンゴミムシ
ホソトラカミキリ
ホソネクイハムシ
ホソバセセリ
ホソハンミョウ
ホソミオツネントンボ
ホタルカミキリ
ホッケミズムシ
ホトケドジョウ
ホトトギス
ホンサナエ
ホンドニセハイイロハナカミキリ
マイコアカネ
マエアカヒトリ
マエカドコエンマコガネ
マガン
マサゴハゼ
マサトヨキビ
マシジミ
マスダクロホシタマムシ
マダラヤンマ
マツカサガイ
マツムシ
マミジロ
マメイタイセキグモ
マメガムシ
マメシジミ類の一種
マメタニシ
マルガタゲンゴロウ
マルクビケマダラカミキリ
マルタ
マルタニシ
ミイデラゴミムシ
ミカドガガンボ
ミコアイサ
ミサゴ
ミズイロオナガシジミ
ミズカマキリ
ミズゴマツボ
ミズコハクガイ
ミスジチョウ
ミズスマシ
ミズラモグラ
ミゾゴイ
ミソサザイ
ミドリカミキリ
ミドリシジミ
ミドリバエ
ミミズハゼ
ミヤケミズムシ
頁
82
50
48
70
83
99
60
48
47
50
93
92
82
80
80
83
83
93
80
65
83
73
60
47
65
82
66
96
81
47
61
106
106
82
65
106
70
50
102
81
106
105
81
82
60
105
81
89
47
49
92
73
105
105
92
81
43
47
50
83
92
89
60
73
和名
ミヤコタナゴ
ミヤコドリ
ミヤマアカネ
ミヤマカミキリ
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマクワガタ
ミヤマシジミ
ミヤマセセリ
ミヤマヒダリマキマイマイ
ミユビシギ
ミルンヤンマ
ムカシヤンマ
ムササビ
ムサシスミタナグモ
ムサシトゲセイボウ
ムサシトミヨ
ムシヤドリカワザンショウ
ムスジイトトンボ
ムツトゲイセキグモ
ムツボシクモバチ
ムツボシベッコウ
ムツモンコミズギワゴミムシ
ムナグロ
ムナビロアオゴミムシ
ムネアカクロハナカミキリ
ムネミゾチビゴモクムシ
ムモンアカシジミ
メガネサナエ
メスグロヒョウモン
メダイチドリ
メダカ
メナダ
メボソムシクイ
モートンイトトンボ
モクズガニ
モズ
モノアラガイ
モノサシトンボ
モモジロコウモリ
モリアオガエル
モリアブラコウモリ
ヤイロチョウ
ヤグラギセル
ヤスマツヒメハナバチ
ヤセアナナシマイマイ
ヤチスズ
ヤチネズミ
ヤツメカミキリ
ヤナギハムシ
ヤブサメ
ヤマアカガエル
ヤマカガシ
ヤマガラ
ヤマキサゴ
ヤマコウモリ
ヤマサナエ
ヤマシギ
ヤマセミ
ヤマトアシナガバチ
ヤマトオサガニ
ヤマトクロスジヘビトンボ
ヤマトケシマグソコガネ
ヤマトシジミ
ヤマトセンブリ
120
頁
60
48
66
82
92
81
92
92
106
48
65
65
43
102
86
60
105
65
102
86
86
80
48
81
82
80
92
65
92
48
60
60
50
65
99
49
105
65
43
57
43
49
106
86
106
70
43
83
83
50
57
54
50
105
43
65
48
49
86
99
76
81
106
76
和名
ヤマトタマムシ
ヤマトトックリゴミムシ
ヤマトホソガムシ
ヤマトマシラグモ
ヤマトヤギヌマグモ
ヤマドリ
ヤマネ
ヤマメ(陸封型)
ヤリタナゴ
ユビナガスジエビ
ヨコハマシジラガイ
ヨコフカニグモ
ヨシガモ
ヨシゴイ
ヨシダカワザンショウ
ヨタカ
ヨツスジハナカミキリ
ヨツボシカミキリ
ヨツボシゴミムシ
ヨツボシトンボ
ヨツボシヒラタカミキリ
リスアカネ
ルイスオオゴミムシ
ルリボシヤンマ
ワスレナグモ
頁
82
81
81
102
102
47
44
60
60
99
106
102
47
47
105
48
82
82
80
66
83
66
80
65
102
121
2010 Red List of Threatened Species in Tokyo:
23-ward and Tama area version
Edited and published March 2010 by:
Natural Environment Division, Bureau of Environment
Tokyo Metropolitan Government
2-8-1 Nishi-shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo 163-8001 Japan
Compilation commissioned to:
Japan Wildlife Research Center
3-10-10 Shitaya, Taito-ku, Tokyo 110-8676 Japan
平成 22 年 3 月発行
環境資料第 20083 号
平成 20 年度
登録番号 166
平成 25 年 5 月 一部修正
東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)
~東京都レッドリスト~ 2010 年版
編集・発行 東京都環境局自然環境部
〒163-8001 新宿区西新宿 2-8-1
電話 03-5388-3548
業 務 受 託 財団法人自然環境研究センター
〒110-8676 台東区下谷 3-10-10
電話 03-5824-0960
Fly UP