...

第57回年次学術講演会プログラム 第6部門 1/23

by user

on
Category: Documents
190

views

Report

Comments

Transcript

第57回年次学術講演会プログラム 第6部門 1/23
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-001 25 08:45∼
10:15
VI-002 25 08:45∼
10:15
VI-003 25 08:45∼
10:15
VI-004 25 08:45∼
10:15
VI-005 25 08:45∼
10:15
VI-006 25 08:45∼
10:15
VI-007 25 08:45∼
10:15
VI-008 25 10:30∼
12:00
VI-009 25 10:30∼
12:00
VI-010 25 10:30∼
12:00
VI-011 25 10:30∼
12:00
VI-012 25 10:30∼
12:00
VI-013 25 10:30∼
12:00
VI-014 25 10:30∼
12:00
VI-015 25 13:00∼
14:30
VI-016 25 13:00∼
14:30
VI-017 25 13:00∼
14:30
VI-018 25 13:00∼
14:30
VI-019 25 13:00∼
14:30
VI-020 25 13:00∼
14:30
VI-021 25 13:00∼
14:30
会場 教室
座 長
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 栗木 実
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 斎藤 正幸
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
VI-1 E301 高松 伸行
セッション
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(1)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(2)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
シールドトンネル
(3)
ポリプロピレン樹脂シート内面被覆RCセグメントの
開発
増締め可能な内面平滑型継手の要素試験
会
講演者
員
正 石井 清
清水建設
正 尾上 聡
ジオスター
特殊合金シート内面被覆RCセグメントの開発
正 入田 健一郎 清水建設
入田 健一 勝山 吉彦
郎
吉田 健太 鈴木 義信 古市 耕輔 永森 邦博
郎
石井 清
三橋 章
金子 憲史
DRCセグメントの外郭放水路第4工区トンネルへの
適用 ∼外郭放水路第4工区トンネル新設工事(そ
の1)∼
DRCセグメントの性能確認試験 −外郭放水路第
4工区トンネル新設工事(その2)−
DRCセグメントの要素組立試験 ∼外郭放水路第4
工区トンネル新設工事(その3)∼
DRCセグメントの施工実績 ∼外郭放水路第4工
区トンネル新設工事(その4)∼
昆陽泉町雨水幹線築造工事におけるHDライニング
の施工実績(その1)
昆陽泉町雨水幹線築造工事におけるHDライニング
の施工実績(その2)
下水汚泥焼却灰を用いた高流動コンクリートセグメ
ントの開発
ラッピング工法用可とうセグメントの開発(その1:技
術の概要)
ラッピング工法用可とうセグメントの開発(その2:性
能確認実験)
高水圧対応シール材を考慮したセグメント試験(セ
グメント継手締結試験、リング継手締結試験)
高水圧対応シール材を考慮したセグメント試験
(ジャッキ推力試験、リング継手曲げ試験)
QBセグメントの実証試験 ∼春日井共同溝大泉寺
工事∼
セグメント間ボルトレス継手「Tロック」の開発
正 鈴木 義信
鹿島建設
白土 正美 向野 勝彦 滝本 邦彦 佐藤 宏志
正 吉田 健太郎 鹿島建設
白土 正美 滝本 邦彦 古市 耕輔 渡邉 崇志
正 辻本 和則
クボタ
正 吉迫 和生
鹿島建設
白戸 正美 鈴木 義信 吉田 健太 青木 敏行
郎
白土 正美 原 廣
早川 康之 吉田 英信
正 北澤 良平
鹿島建設
正 田中 禎
石川島建材工業
中出 正孝 荒木田 武 染谷 洋樹 宇田川 徳
生
彦
中川 雅由 戸田 幸夫 藤野 豊
笹山 広治
正 弘中 義昭
佐藤工業
小幡 靖
秋田谷 聡
正 島田 哲治
大成建設
原 修一
畑山 栄一 北脇 道夫
正 三澤 孝史
奥村組
正 藤本 直昭
フジタ
芳賀 由紀 松岡 義治 田中 健
夫
米山 利行 森 俊之
笹谷 輝勝 舩木 暁啓
正 貴志 公一
フジタ
米山 利行 宮崎 利明 和気 輝幸 本田 和之
正 齊藤 祐輔
鹿島建設
小木曽 繁 辻井 孝
正 前島 稔
住友金属工業
岩橋 正佳 石倉 洋一 古川 和義
リング間ボルトレス継手「Iロック」の開発
正 岩橋 正佳
住友金属工業
前島 稔
SGジョイントの開発(その1)-概要および単体引張
試験SGジョイントの開発(その2)−継手挿入・引張せん
断試験−
SGジョイントの開発(その3)−セグメント組立試験
−
経済性と高耐久性を追求した新型継手の開発
正 近藤 二郎
須川 智久 金子 正士 相良 拓
正 西川 和良
住建コンクリ−ト工
業
住友建設
正 杉本 雅人
日本国土開発
正 峯﨑 晃洋
石川島建材工業
講 演 題 目
1/23
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
古市 耕輔 佐久間 靖
石倉 洋一 古川 和義
高橋 直樹 長井 信行 植竹 克利
渡邊 恵一 竹村 恭二 大久保 洋
介
橋本 博英 小林 一博
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-022 25 14:45∼
16:15
VI-023 25 14:45∼
16:15
VI-024 25 14:45∼
16:15
VI-025 25 14:45∼
16:15
VI-026 25 14:45∼
16:15
VI-027 25 14:45∼
16:15
VI-028 25 14:45∼
16:15
VI-029 25 14:45∼
16:15
VI-030 25 14:45∼
16:15
VI-031 26 08:45∼
10:15
VI-032 26 08:45∼
10:15
VI-033 26 08:45∼
10:15
VI-034 26 08:45∼
10:15
VI-035 26 08:45∼
10:15
VI-036 26 08:45∼
10:15
VI-037 26 08:45∼
10:15
VI-038 26 08:45∼
10:15
VI-039 26 10:30∼
12:00
VI-040 26 10:30∼
12:00
VI-041 26 10:30∼
12:00
VI-042 26 10:30∼
12:00
会場 教室
座 長
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 木村 定雄
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 清水 満
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 岡留 孝一
セッション
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(4)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(5)
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(6)
講 演 題 目
会
講演者
員
正 高橋 浩一
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
臨海大井町駅新設に伴う地中掘削工事(解析結果
と動態観測結果の比較)
臨海大井町駅新設に伴う地中掘削工事のFEM解析
(二次元と三次元の比較)
臨海大井町駅新設に伴う地中掘削工事の三次元
FEM解析
大断面シールドの縦列近接施工と異径断面シール
ドによる地中接合の成果
軟弱地盤開削工事における既設シールドの挙動と
計測管理
多連形泥土圧(DOTシールド工法)による、曲線
(R=200m)施工
親子シールド工法による渡り線区間施工の検討
正 小嶋 勉
挿入式拡径泥水シールド機の開発(5)
正 富田 浩士
中央復建コンサルタ 北嶋 武彦
ンツ
佐藤工業
藤田 一昭 大井 和憲
拡大縮小シールド工法の開発
正 阿曽 利光
清水建設
超大断面扁平シールドの施工過程を考慮した数値
解析
超大断面扁平シールドの設計法
正 鈴木 久尚
正 金井 誠
パシフィックコンサル 牧浦 信一 橋本 正
タンツ
大林組
牧浦 信一 橋本 正
野本 寿
超大断面扁平シールドの掘削機械設備
正 北川 滋樹
前田建設工業
井田 隆久
超大断面扁平シールドの計画と適用性
正 久保井 泰博 日本道路公団
牧浦 信一 児玉 輝明
超大断面扁平シールドの施工方法について
F 高木 攻
大成建設
牧浦 信一 中尾 努
MMST工法によるトンネル構造の課題と実験(その
1)
MMST工法によるトンネル構造の課題と実験(その
2)
MMST工法によるトンネル構造の課題と実験(その
3)
4分割3ヒンジ構造セグメントのリング載荷試験に関
する一考察
開口部を有する4分割3ヒンジ構造セグメントのリン
グ載荷試験
内圧を作用させたリング載荷試験時における4分割
3ヒンジ構造セグメントの挙動について
4分割3ヒンジ構造セグメントの現場計測計画につい
て
正 内海 和仁
首都高速道路公団 森 健太郎 田中 充夫 安部 吉生 服部 佳文
正 服部 佳文
大成建設
2/23
正 松本
正 深沢
正 石塚
正 荻野
正 尾畑
日本鉄道建設公団 深沢 成年 龍岡 文夫 大河内 保
彦
伸
大林組
高橋 浩一 小林 素一 龍岡 文夫 大河内 保
彦
成年
日本鉄道建設公団 高橋 浩一 阿部 敏夫 龍岡 文夫 大河内 保
彦
義男
大林戸田東急特定 大井 和憲 深沢 成年 阿部 敏夫
建設工事共同企業
竹敏
帝都高速度交通営 藤木 育雄 野焼 計史 岡田 龍二 山本 省吾
団
喜代和 清水建設
河村 忠
西川 泰司 高木 律
正 三桶 達夫
正
正
正
正
細井 元規
牧浦 信一 加島 豊
趙 唯堅
田中 充夫 森 健太郎 安部 吉生
大成・鹿島・戸田特 趙 唯堅
松葉 保孝 内海 和仁 森 健太郎
定建設工事共同企
寺田 武彦
佐藤工業
前田 正博 松浦 将行 武田 邦夫 宇田川 徳
彦
守屋 洋一
大林組
串山 宏太 高久 節夫 須藤 賢
田中 秀樹
郎
宇田川 徳彦 ジオスター
前田 正博 串山 宏太 北野 良典 桐谷 祥冶
郎
田中 秀樹
ジオスター
松浦 将行 高久 節夫 増沢 伸司 守屋 洋一
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-043 26 10:30∼
12:00
VI-044 26 10:30∼
12:00
VI-045 26 10:30∼
12:00
VI-046 27 08:45∼
10:15
VI-047 27 08:45∼
10:15
VI-048 27 08:45∼
10:15
VI-049 27 08:45∼
10:15
VI-050 27 08:45∼
10:15
VI-051 27 08:45∼
10:15
VI-052 27 08:45∼
10:15
VI-053 27 08:45∼
10:15
VI-054 27 08:45∼
10:15
VI-055 27 10:30∼
12:00
VI-056 27 10:30∼
12:00
VI-057 27 10:30∼
12:00
VI-058 27 10:30∼
12:00
VI-059 27 10:30∼
12:00
VI-060 27 10:30∼
12:00
VI-061 27 10:30∼
12:00
VI-062 27 13:00∼
14:30
VI-063 27 13:00∼
14:30
会場 教室
座 長
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 岡留 孝一
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 小西 真治
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 粥川 幸司
VI-1 E301 片岡 希誉
司
VI-1 E301 片岡 希誉
司
セッション
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(6)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(7)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(8)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
講 演 題 目
会
講演者
員
正 菊池 幸雄
コマツ
平峯 正六 増澤 伸司 木戸 義和 早川 淳一
正 木戸 義和
熊谷組
藤崎 満
正 千代 啓三
熊谷組
鎌形 洋一 勝沼 清
正 田中 耕一
鹿島建設
江崎 太一 山田 知裕 風野 裕明
正 寺田 昌弘
新日本製鐵
三宅 正人 田中 耕一 小坂 琢郎
正 三宅 正人
新日本製鐵
寺田 昌弘 江崎 太一 鶴田 浩一
正 中谷 孝司
大阪市
隅野 洋治 太田 拡
坂東 克巳 荒川 賢治
正 柳原 純夫
奥村組
隅野 洋治 太田 拡
島 拓造
寺田 幸
佐野 満
寺田 幸紀
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
後方設備内包型3分割シールドによる分割発進方
法−立坑におけるシールドの逐次接合発進実績−
3分割シールドの初期掘進時における推進反力の
計測結果について
後方設備内包型3分割シールドの初期掘進時にお
ける土砂・資機材の搬送実績について
オクトパス工法の開発(その9)−中柱基部構造の
検討−
オクトパス工法の開発(その10)−中柱基部半剛構
造の解析的検討−
オクトパス工法の開発(その11)−中柱基部半剛構
造の基礎実験−
ハニカムセグメントリング載荷試験 −横断方向耐
震性能確認−
ハニカムセグメントリング載荷試験シミュレーション
−ハニカムセグメントの三次元解析−
ハニカムセグメント縦断方向の耐震性能 −地下
鉄構造物への適用−
上向きシールド工法の開発と実証施工
正 奥野 三郎
奥村組
隅野 洋治 太田 拡
正 栄 毅熾
大成建設
伊東 憲
伊藤 広幸 近藤 文夫
分岐が可能な非円形シールドに関する考察
正 井上 隆広
ハザマ
名倉 浩
野口 隆
シールド掘進における新たな支障物撤去工法の実
用化 ∼営団11号線隅田川土木工事∼
岩盤対応型泥水加圧式シールド工法を用いた海底
トンネルの掘進実績
海底岩盤シールドトンネルの地質調査と設計(その
1)
海底岩盤シールドトンネルの地質調査と設計(その
2)
長距離シールド工事におけるシールド機械・設備の
不具合分析について
長距離シールドにおける高速化及び急勾配施工
正 中川 雅由
鹿島建設
小坂 彰洋 大塚 努
正 西田 勝幸
北陸電力
大坂 和弘 土屋 敬
正 小林 茂雄
新日本製鐵
上野 陽一 西本 英高 下川 司
山本 征彦 増澤 伸司 勝沼 清
北野 良典 武田 邦夫
萩原 政弘
小土井 満 齊藤 祐輔
治
永田 健二
正 小畑 三四郎 新日本製鐵
溝口 和彦 住 健太郎 下田 和敏
正 西充
関西電力
梅田 和俊 田中 一雄 深海 仁司 室田 高志
正 原 昌広
戸田建設
長距離シールドにおけるカッタビットの摩耗について 正 深海 仁司
関西電力
杉本 伊佐 木下 聖司
夫
梅田 和俊 田中 一雄 西 充
シールド機内からカッタービット交換が可能なテレス 正 松原 健太
ポークビット工法の開発
リアルタイム切羽安定管理システム(1)
正 市川 政美
大林組
宮清
戸田建設
中村 太三
リアルタイム切羽安定管理システム(2)
戸田建設
松永 勝美 舘川 裕次 中村 太三
3/23
連名者4
正 田畑 覚士
北岡 隆司 上田 尚輝 田中 淳一
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-064 27 13:00∼
14:30
VI-065 27 13:00∼
14:30
VI-066 27 13:00∼
14:30
VI-067 27 13:00∼
14:30
VI-068 27 13:00∼
14:30
VI-069 27 13:00∼
14:30
VI-070 27 13:00∼
14:30
VI-071 27 14:45∼
16:15
VI-072 27 14:45∼
16:15
VI-073 27 14:45∼
16:15
VI-074 27 14:45∼
16:15
VI-075 27 14:45∼
16:15
VI-076 27 14:45∼
16:15
VI-077 27 14:45∼
16:15
VI-078 25 08:45∼
10:15
VI-079 25 08:45∼
10:15
VI-080 25 08:45∼
10:15
VI-081 25 08:45∼
10:15
VI-082 25 08:45∼
10:15
会場 教室
座 長
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 片岡
司
VI-1 E301 守屋
希誉
セッション
VI-2 E302 小西 康人
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(9)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
シールドトンネル
(10)
地下構造物(1)
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-083 25 08:45∼ VI-2 E302 小西 康人
10:15
VI-084 25 08:45∼ VI-2 E302 小西 康人
10:15
地下構造物(1)
希誉
希誉
希誉
希誉
希誉
希誉
洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
VI-1 E301 守屋 洋一
地下構造物(1)
講 演 題 目
高被圧水下における泥水推進施工時のバック現象
防止対策
2自由面掘削シールドの切削性能実験
会
講演者
員
正 近 信明
竹中土木
正 山下 健司
大林組
田村 義明 橋本 良治 小岩 征義 小國 智一
郎
守屋 洋一 近藤 由也 土屋 清
深井 政和
正 伊東 憲
大成建設
栄 毅熾
中根 隆
正 落合 正水
戸田建設
伊東 憲
細川勝己 松浦 將行 入出 巧
正 真鍋 智
鹿島建設
正 名倉 浩
ハザマ
五十嵐 寛 青山 要
脇山 哲也
昌
三木 章生 千葉 慎也
一原 正道 北川 滋樹
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
ツインスクリュシールド工法による砂礫地盤での実
証施工
シールド工事から発生する建設泥土改良システム
の開発
凍結地盤内に注入するシールド裏込注入材の強度
発現に関する検討
二重構造シールド機を利用したパイプルーフ工法に
関する考察
シールドトンネルのライフサイクルコストに関する基
礎的研究
RCセグメントの加熱後物性に関する基礎実験
正 宮澤 昌弘
前田建設工業
正 角田 浩
首都高速道路公団 田嶋 仁志 川田 成彦 神田 亨
耐火被覆材(DEFIMA1200)の開発とその耐火試験
正 稲田 文展
大豊建設
ダクタイルセグメントの耐火性能確認試験
正 野村 智之
クボタ
RCセグメントの耐火における熱伝導解析の検討
正 田嶋 仁志
首都高速道路公団 角田 浩
アクリル樹脂防食被覆を施した管路の粗度係数に
ついて
シールド工事用セグメント表面の微細構造に関する
調査(1)
シールド工事用セグメント表面の微細構造に関する
調査(2)
HEP&JES工法による営業線直下での長距離・円形
大断面トンネルの施工(試験施工)
HEP&JES工法による営業線直下での長距離・円形
大断面トンネルの施工(本施工)
HEP&JES工法による大規模駅構内の線路下横断
構造物の施工
大口径アーバンリング工法による軟弱粘性土及び
砂礫地盤の大深度掘削
ニューマチックケーソン連続施工時の周辺地盤挙動
について(その1)− ニューマチックケーソン沈設時
における地盤変位計測 −
ニューマチックケーソン連続施工時の周辺地盤挙動
について(その2)
非対称形ニューマチックケーソン沈設時における位
置修正影響の一考察
正 小林 修
戸田建設
松下 清一 請川 誠
学 木谷 理志
金沢工業大学
木村 定雄 清水 幸範 児玉 敏雄
正 清水 幸範
佐藤工業
正 小泉 秀之
JR東日本
正 早川 和利
JR東日本
正 横山 力
JR東日本
木村 定雄 岡村 直利 宇野
城
羽生 健
樋原 敏美 酒井
郎
奥田 敏明 荒川 栄佐 町永
夫
辻 浩一
山中 正
桑原
正 大塚 努
正 桑原 清
帝都高速度交通営 入江 健二 三ヶ月 守 荻野 竹敏 原 忠
団
JR東日本
本多 伸弘 藤井 直
田村 武
正 古髙 昇始
JR東日本
正 高橋 正則
JR東日本
4/23
常松 優
春田 耕平 大久保 健 長谷川 春
治
生
今野 勉
浜田 要
松尾 幸久 入谷 孝
川田 成彦 神田 亨
溝部 有人
斉藤 弘志 宇野 祐一
洋志
喜市
俊洋
清
加茂野 耕 田中 博章 増子 康之
太郎
石田 芳行 下間 充
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-085 25 08:45∼
10:15
VI-086 25 08:45∼
10:15
VI-087 25 10:30∼
12:00
VI-088 25 10:30∼
12:00
VI-089 25 10:30∼
12:00
VI-090 25 10:30∼
12:00
VI-091 25 10:30∼
12:00
VI-092 25 10:30∼
12:00
VI-093 25 10:30∼
12:00
VI-094 25 10:30∼
12:00
VI-095 25 13:00∼
14:30
VI-096 25 13:00∼
14:30
VI-097 25 13:00∼
14:30
VI-098 25 13:00∼
14:30
VI-099 25 13:00∼
14:30
VI-100 25 13:00∼
14:30
VI-101 25 13:00∼
14:30
VI-102 25 13:00∼
14:30
VI-103 25 14:45∼
16:15
VI-104 25 14:45∼
16:15
VI-105 25 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
セッション
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-2 E302 小西 康人
地下構造物(1)
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
VI-2 E302 齋藤 隆
講 演 題 目
大深度立坑工事における盤ぶくれの計測管理と安
全対策
凍結工法による地中拡幅工事の施工実績
会
講演者
員
正 甘利 裕二
戸田建設
山久 芳伸 小泉 克志
正 日比 康生
鹿島建設
宮嶋 澄夫 多田 幸夫 玉田 康一
正 加藤 精亮
JR東日本
清水 満
正 田辺 将樹
帝都高速度交通営 宮田 信裕 武藤 義彦 小野 重剛
団
日本鉄道建設公団 内田 雅洋
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
地下構造物(2)
大規模地下駅における防水工の施工(MM21線横
浜地下駅建設工事)
地下鉄営業線の配線替えに伴う構築改良方法の一
考察
重要構造物直下における角形鋼管推進工法に関す
る検討
推進立坑を兼用するレジンブロックマンホールの開
発
LPガスの水封式地下岩盤貯槽方式について
正 大竹 健司
NTTアクセスサービ 日野 英則
スシステム研究所
石油公団
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
共同溝でのゴム製止水継手部のねじり解析
学 榊原 大志
早稲田大学
清宮 理
中野 圭崇
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
合成構造トンネル部材の耐火性評価
正 松尾 幸久
黒崎播磨
清宮 理
木村 秀雄 溝部 有人
VI-2 E302 齋藤 隆
地下構造物(2)
正 野口 利雄
CRCソリューションズ 高橋 修
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 須田 久美
子
VI-2 E302 山縣 琢己
リニューアル(1)
地下構造物の三次元設計時における土圧の評価に
関する考察
劣化を考慮した常時・地震時のLCC評価モデルの
基礎研究
岐阜県のコンクリート構造物健全度管理システムの
構築に関する基礎的研究
構造物のライフサイクルを反映した財務管理手法の
提案
リスクをベースとした橋梁維持管理対策の選定
正 吉田 郁政
東電設計
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(1)
リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
鉄道構造物の維持管理におけるデータベースの活
用に関する一事例(その1)
鉄道構造物の維持管理におけるデータベースの活
用に関する一事例(その2)
都市高速道路高架橋における資産管理システムに
関する検討
遺伝的アルゴリズムを用いたコンクリート橋梁群の
最適維持管理計画の策定
コンクリートのひびわれ評価に及ぼす光源の影響
対話型遺伝的アルゴリズムによるひび割れ抽出シ
ステムの開発
城郭石垣管理における画像情報の活用について
5/23
正 下田 勝彦
正 北川 英晃
連名者4
西澤 政晃 渡辺 弘美
正 小澤 満津雄 岐阜大学
赤石沢 総 鈴木 修一
光
森本 博昭 内田 裕市 斉藤 哲朗 細江 育男
学 能勢 和彦
東京大学
藤野 陽三 阿部 雅人
正 今野 将顕
日本電子計算
宮本 文穂 中村 秀明
正 中川 元宏
アーバン・エース
越智 厚
竹原 孝弘 大植 康弘
正 大植 康弘
アーバン・エース
越智 厚
竹原 孝弘 中川 元宏
正 鈴木 直人
建設技術研究所
金冶 英貞 東 貞夫
正 中原 耕一郎 鹿島建設
正 市坪 誠
古田 均
小松 郁夫 美濃 智広
伊藤 弘之
正 佐藤 亮
呉工業高等専門学 竹村 和夫 小松 孝二
校
アーバン・エース
樋口 陽一 河村 圭
宮本 文穂
正 笠 博義
ハザマ
黒台 昌弘 平井 光之 大澤 克比
古
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-106 25 14:45∼
16:15
VI-107 25 14:45∼
16:15
VI-108 25 14:45∼
16:15
VI-109 25 14:45∼
16:15
VI-110 25 14:45∼
16:15
VI-111 25 14:45∼
16:15
VI-112 26 08:45∼
10:15
VI-113 26 08:45∼
10:15
VI-114 26 08:45∼
10:15
VI-115 26 08:45∼
10:15
VI-116 26 08:45∼
10:15
VI-117 26 08:45∼
10:15
VI-118 26 08:45∼
10:15
VI-119 26 08:45∼
10:15
VI-120 26 08:45∼
10:15
VI-121 26 10:30∼
12:00
VI-122 26 10:30∼
12:00
VI-123 26 10:30∼
12:00
VI-124 26 10:30∼
12:00
VI-125 26 10:30∼
12:00
VI-126 26 10:30∼
12:00
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
会
講演者
員
東海道新幹線コンクリート構造物に対する赤外線シ 正 小澤 弘章
ステムの適用性の検討
トンネル覆工劣化度評価のためのデータ解析の試 F 亀村 勝美
み
Webシステムを用いた橋梁維持管理における協同 正 水野 裕介
作業支援環境
のり面のモニタリングにおける光ファイバーセンサ
学 玉尾 由享
の設置方法の検討
光ファイバセンサを利用したのり面コンクリート小段 正 大西 邦晃
の挙動測定
インターネットを利用した斜面維持管理のための計 正 武石 朗
測評価システム
トンネル覆工におけるFRP剥落対策工の現地施工 正 吉川 和行
試験
箱型トンネル構造物のリフレッシュ対策としての中
正 菅原 孝男
柱間補強方法について
トンネル覆工コンクリート剥落対策工の検討
正 荒木 弘祐
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
トンネルの補修材の現地耐久性試験
正 岡田 岳彰
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
正 松尾 庄二
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
正 岩井 孝幸
熊谷組
森 康雄
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
正 小寺 満
木戸 義和 山森 規安
リニューアル(3)
土田 伸治 小寺 満
森 康雄
VI-2 E302 浅沼 潔
リニューアル(3)
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
学 柴田 賢吾
日本コンクリート工
業
日本コンクリート工
業
鉄道総合技術研究
所
名城大学
土田 伸治 森 薫
VI-2 E302 浅沼 潔
ビニロン繊維マットを用いたトンネル覆工補修・補強
方法の開発
トンネル補強工事の開発(その1)トンネル覆工補強
工法の設計・施工にかかわる実証的検討
トンネル補強工法の開発(その2)模擬トンネルの載
荷試験
トンネル補強工法の開発 (その3)トンネル覆工板
背面に用いる裏込め充てんモルタルの開発
開削トンネルにおける列車走行時振動の測定
鉄道総合技術研究 小西 真治 津野 究
所
鉄建建設
土井 至朗 松岡 茂
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
正 山辺 一正
徳倉建設
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
正 徳丸 秀幸
近大ユニット
新井 宗之 三ツ井 達
也
石丸 政吉 中村 正博 遠近 恭孝 小嶋 敦
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
正 吉田 光秀
富士ピー・エス
坂上 悟
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
正 筑摩 栄
JR東海
野室 明久 成瀬 雅也
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
正 野室 明久
JR東海
丹間 泰郎 塚田 光司
会場 教室
座 長
セッション
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
VI-2 E302 山縣 琢己 リニューアル(2)
講 演 題 目
流砂によるコンクリート磨耗における細骨材率の影
響と粒子衝突時間
ポリマーモルタルを使用したコンクリートの補修工事
と粗度係数の関係
一材型ポリマーセメントモルタルの補修・補強・リ
ニューアルへの適用
供用中のプレテンションPC桁橋に対する電気化学
的脱塩の適用
表面保護工の塗膜亀裂に対する補修材料に対する
実験
表面保護工塗装材のひび割れ追従性に関する実
験
6/23
正 菊 広樹
正 津野 究
所 属
JR東海
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
大成建設
森川 昌司 樋口 邦寛 渡邊 裕一 佐久間 光
政
須藤 敏明
東京大学大学院
阿部 雅人 藤野 陽三 阿部 允
長岡技術科学大学 内田 純二 大西 邦晃 前田 信行
日本道路公団
内田 純二 粥川 幸司
国際航業
岩崎 智治 清水 則一 武智 国加
鉄道総合技術研究 小島 芳之 六車 崇司 佐野 力
所
帝都高速度交通営 佐藤 幸雄 仲野 紀久
団
JR西日本
櫟田 正人
佐藤 寛治
新治 均
荒生 博夫 斉藤 孝志 小寺 満
戸上 郁
英
小西 真治
新井 宗之
原 与司人 宮本 正尊
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-127 26 10:30∼
12:00
VI-128 26 10:30∼
12:00
VI-129 27 08:45∼
10:15
VI-130 27 08:45∼
10:15
VI-131 27 08:45∼
10:15
VI-132 27 08:45∼
10:15
会場 教室
座 長
セッション
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
VI-2 E302 岩井 孝幸
リニューアル(4)
VI-2 E302 近藤 悦郎
リニューアル(5)
VI-2 E302 近藤 悦郎
リニューアル(5)
VI-2 E302 近藤 悦郎
リニューアル(5)
VI-2 E302 近藤 悦郎
リニューアル(5)
VI-133 27 08:45∼ VI-2 E302 近藤 悦郎
10:15
リニューアル(5)
VI-134 27 08:45∼ VI-2 E302 近藤 悦郎
10:15
リニューアル(5)
VI-135 27 08:45∼ VI-2 E302 近藤 悦郎
10:15
リニューアル(5)
VI-136 27 08:45∼ VI-2 E302 近藤 悦郎
10:15
リニューアル(5)
VI-137 27 10:30∼
12:00
VI-138 27 10:30∼
12:00
VI-139 27 10:30∼
12:00
VI-140 27 10:30∼
12:00
VI-141 27 10:30∼
12:00
VI-142 27 10:30∼
12:00
VI-143 27 10:30∼
12:00
VI-144 27 10:30∼
12:00
VI-145 27 10:30∼
12:00
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
VI-2 E302 大江 慎一
会
講演者
員
正 小牧 秀之
講 演 題 目
緩衝材を用いた炭素繊維シート接着工法による管
渠の補強に関する研究
粘性土を主成分とした地盤空隙充填材料の充填性 正 渡邊 明之
に関する研究
下水道更生管の長期寿命予測手法の提案
学 北川 英二
所 属
日石三菱
JR東日本
連名者1
連名者2
連名者3
高木 秀敏 坪内 賢太 前田 敏也
郎
板橋 利昭
正 森田 大
京都工芸繊維大学 濱田 泰以 溝口 真知 清水 正良
大学院
子
東京電力
今井 澄雄 橋本 博文 松田 敏
宇波 邦宣
正 鈴木 修一
東電設計
正 上出 定幸
オーデックス
赤石沢 総 吉田 郁政
光
中嶋 健治 粕谷 剛
田口 雅章
正 粕谷 剛
中央開発
中嶋 健治 田口 雅章 今野 路行
正 田口 雅章
東京ソイルリサーチ 上出 定幸 東瀬 康孝 岡本 栄
正 東瀬 康孝
パシフィックコンサル 岡本 栄
タンツ
正 今野 路行
ニア・エンジニアリン 中嶋 健治 粕谷 剛
グ
正 吉川 紀
大阪工業大学
中井 博
正 尾高 達男
JR東日本
青山 正博 内山 昭一 増井 徹
リニューアル(6)
調査・診断・施工を一体化した橋梁改修方法に関す
る一提案
地中RC構造物の劣化を考慮した常時・地震時の信
頼性評価に関する基礎研究
地中構造物の損傷劣化度および位置・寸法形状に
関する技術開発(その1) −技術開発の目的とそ
の評価法−
地中構造物の損傷劣化度および位置・形状寸法に
関する技術開発(その2) −損傷劣化度調査による
健全度評価と予測−
地中構造物の損傷劣化度および位置・形状寸法に
関する技術開発(その3) −インティグリティ試験の
適用性−
地中構造物の損傷劣化度および位置・形状寸法に
関する技術開発(その4) −間接的な地中探査技術
の適用性とその問題点について−
地中構造物の損傷劣化度および位置・形状寸法に
関する技術開発(その5) −非破壊・地中探査技
術、リニューアル計画から維持管理への一提案−
供用後92年経過した鉄道橋の耐荷力に関する実験
的研究
交差型単弦アーチ橋(非対称構造)の維持管理
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
錬鉄ピントラス橋のアイバー短縮による延命化
正 三宅 浩一郎 JR東日本
茂木 初邦 浅岡 敏明
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
正 秋本 丈司
石丸 政吉 中村 正博 秋本 孝
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
VI-2 E302 大江 慎一
リニューアル(6)
変形追従性を有する部材を用いた橋梁用外装板取
付方法
磁性複合型制振材の騒音低減効果に対する基礎
実験
軸力下で施工する既設鋼管柱補強工事の施工試
験について
鉄道用工事桁におけるゴム支承アンカーの変状に
ついて
樹脂を併用したボルト継手による鋼トラス橋の補修
とその性能評価
溶融亜鉛メッキ劣化部の補修に関する検討
7/23
連名者4
ケーワン
上出 定幸 中嶋 健治
田口 雅章
三村 啓介 富樫 房夫 藤田 英樹
正 長谷川 昌弘 大阪工業大学
吉川 紀
正 金子 達哉
JR東日本
佐藤 清一
正 後藤 貴士
JR東日本
佐藤 清一 伊藤 昭夫 村井 進
正 水野 光一朗 JR東日本
正 大西 貴浩
松原 洋輔
井上 英一 浅岡 敏明 大谷 直生
本州四国連絡橋公 帆足 博明
団
中嶋 健治
丸山 孝
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-146 27 13:00∼
14:30
VI-147 27 13:00∼
14:30
VI-148 27 13:00∼
14:30
VI-149 27 13:00∼
14:30
VI-150 27 13:00∼
14:30
VI-151 27 13:00∼
14:30
VI-152 27 13:00∼
14:30
VI-153 27 14:45∼
16:15
VI-154 27 14:45∼
16:15
VI-155 27 14:45∼
16:15
VI-156 27 14:45∼
16:15
VI-157 27 14:45∼
16:15
VI-158 27 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
セッション
会
講演者
員
正 齋藤 聡
JR東日本
正 奥田 健二
戸田建設
東洋建設
阪井田 茂 後藤 清
戸田建設
坂本 昭則 中村 真之
住友建設
小川 幸久 青木 孝典 左子 斉
ハザマ
鎌田 賢児
電源開発
橋本 長幸 佐藤 俊哉
大林組
十河 茂幸
徳島大学
滑川 達
山中 英生
学 中津 功一朗 関西大学大学院
古田 均
森野 由敬
学 馬場 健
熊本大学大学院
小林 一郎 星野 裕司 邵 兵
正 江頭 正州
清水建設
八戸 秀保
正 藤田 淳
清水建設
今井 淳次 多田 誠
郎
今井 淳次 多田 誠
郎
正 中辻 栄愼
清水建設
今井 淳次 多田 誠
郎
神崎 一
正 渡邊 邦男
関西電力
山田 敏之 松本 卓也 葛原 茂
正 釜谷 薫幸
住友建設
谷井 敬春 高橋 浩
正 来田 正人
不動建設
永原 民雄 福間 昌巳 植月 輝郎
正 若林 宏彰
鴻池組
向井 盛夫 大内 浩之 山田 浩幸
250㎡を超える超々大断面(集塵機坑)の施工にお 正 井上 雅人
ける一考察
山岳トンネル工法で既設地下河川ボックスとの超近 正 橘高 豊明
接交差部を施工
鴻池組
向井 盛夫 大内 浩之 村上 孝男 山田 浩幸
講 演 題 目
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
分割架設, 一括架設における枕木抱き込み式工事
桁の施工上の問題点及び改善策の検討
鋼製セメントサイロ築造方法の検討
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
DM改良部とSD改良部の境界付近における沈下
正 岸本 和重
状況
軟弱地盤における大規模ニューマチックケーソンの 正 若林 秀夫
施工
低空頭下における鋼管矢板基礎の施工
正 水本 雅夫
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
既設鋼管基礎杭の引抜工事
VI-2 E302 西垣 和弘
施工計画(1)
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
希少猛禽類の生息を配慮した放水路トンネル工事 正 嶋田 善多
の合理化設計と施工
イントラネットを活用したコンクリート工事における意 正 高橋 敏樹
思決定方法
GAを用いた工事用資源配分モデル
学 吉田 健
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
VI-2 E302 白砂 健
施工計画(2)
VI-159 27 14:45∼ VI-2 E302 白砂 健
16:15
施工計画(2)
VI-160 25 08:45∼
10:15
VI-161 25 08:45∼
10:15
VI-162 25 08:45∼
10:15
VI-163 25 08:45∼
10:15
VI-164 25 08:45∼
10:15
VI-165 25 08:45∼
10:15
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
正 内田 雅博
今西進化論を用いた多目的遺伝的アルゴリズムに
よる最適施工計画に関する基礎的研究
コラボレーション型設計・施工における3次元地形モ
デルについて
橋梁基礎杭の復旧計画とその施工について− 道
央自動車道 有珠山噴火災害復旧工事(その1)−
床版付き鋼桁橋の線形移動計画とその施工につい
て− 道央自動車道 有珠山噴火災害復旧工事(そ
の2)−
上部工を残置した状態での既設橋台の解体計画と
その施工について− 道央自動車道 有珠山噴火災
害復旧工事(その3)−
大阪北部での膨張性地山のトンネル掘進について
記録的な大崩落とその対策 -上信越自動車道日
暮山トンネルⅡ期線坑道跡が介在する地すべり地帯を山岳トンネルで
突破
急峻地形におけるトンネル坑口部の設計と施工
8/23
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
黒崎 文雄
相川 秀一
松原 博
入江 正樹
石川 恭義
桑原 秀樹 菊地 裕一
奥村・戸田・竹中土 兼島 方昭 竹内 克幸 岡村 正典 横山 哲哉
木JV
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-166 25 08:45∼
10:15
VI-167 25 08:45∼
10:15
VI-168 25 08:45∼
10:15
VI-169 25 10:30∼
12:00
VI-170 25 10:30∼
12:00
VI-171 25 10:30∼
12:00
VI-172 25 10:30∼
12:00
VI-173 25 10:30∼
12:00
VI-174 25 10:30∼
12:00
VI-175 25 10:30∼
12:00
VI-176 25 10:30∼
12:00
VI-177 25 13:00∼
14:30
VI-178 25 13:00∼
14:30
VI-179 25 13:00∼
14:30
VI-180 25 13:00∼
14:30
VI-181 25 13:00∼
14:30
VI-182 25 13:00∼
14:30
VI-183 25 13:00∼
14:30
VI-184 25 13:00∼
14:30
VI-185 25 14:45∼
16:15
VI-186 25 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
既設水路トンネル直下7mで交差するトンネルの施
工報告
既設導水路トンネルに近接したトンネルの施工
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 木梨 秀雄
山岳トンネル(1)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 重田 佳幸
山岳トンネル(2)
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
既設圧力水路トンネル直下を掘削するための制限
発破について
未固結地山におけるめがねトンネルの変位予測解
析
現場計測結果によるセンターピラーに作用する地山
領域の推定
長大メガネトンネルにおけるセンターピラー作用荷
重に関する検討
市街地における都市NATM(長田トンネル)の設
計・施工に関する検討
低土被り住宅密集地直下における双設トンネル掘
削−各種計測による変状管理−
地表面掘削が施工中のトンネルに与える影響に関
する予測と実際
供用開始後の地下水位上昇に起因するトンネル変
状発生可能性の検討
有珠山噴火による洞爺トンネルの変状と復旧につ
いて
円筒殻理論を用いたトンネル支保工曲線について
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
VI-3 E303 土門 剛
会
講演者
員
正 金丸 信一
西松建設
内田 裕二 柳澤 修
正 鈴木 雅行
間組
阿曽 正明
正 今林 達雄
九州電力
正 山田 文孝
三井建設
河原田 寿 古川 洋一
紀
澤木 真次 柴田 和則 中込 正貴
学 中野 聡昭
山口大学大学院
上村 正人 中川 浩二 青木 宏一 若狭 紘也
正 杉山 裕樹
阪神高速道路公団 関本 宏
藤井 康男
正 石橋 照久
阪神高速道路公団 関本 宏
丸山 悟
正 後藤 直人
鹿島建設
石橋 弘志 梅野 純一
正 鈴木 昌次
大本組
大久保 雅 丸山 功
憲
堀井 秀之
所 属
正 椛島 祐一郎 東京大学
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
高木 雄一 前 啓一
郎
浜手 慎也 中川 浩二
正 日向 哲朗
ハザマ
F 三上 隆
北海道大学
NATM支保工選定の合理化に関する検討
正 濱手 慎也
山岳トンネル(3)
海底下におけるNATM施工の合理化の研究
学 三村 聡
パシフィックコンサル 足立 幸郎 藤井 康男 吉村 敏志 川端 康夫
タンツ
金沢工業大学
土屋 敬
小笠原 功 黒川 健治
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
第二東名・名神トンネルの支保のマルチ化検討
正 赤木 渉
日本道路公団
伊藤 哲男
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
大断面トンネルにおける支保効果の評価手法
正 伊藤 文雄
大成建設
柴田 勝実 赤木 渉
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
学 青木 宏一
山口大学大学院
中川 浩二 嵯峨 正信 進士 正人 岩井 勝彦
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
正 木下 泰範
マシノスチール
竹田 稔
VI-3 E303 土門 剛
山岳トンネル(3)
合理的なII期線トンネルの支保設計のためのI・II期
線施工結果の比較
砂・礫を充填したYMウイングパイプ支保工の地山
支持力
支保部材としての長尺先受け工の評価
正 大原 誠
清水建設
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
新しいトンネル掘削方法の取組み(その1)―施工
正 山田 謙二
機械の開発―
新しいトンネル掘削方法の取組み(その2)―切羽
正 萩原 智寿
集塵換気方式による粉じんガイドラインの達成実績
9/23
鹿島建設
鹿島建設
今井 淳次 多田 誠
鈴木 雅行 志賀 正延
郎
佐藤 京
小池 明夫
堀井 秀之
西原 直哉
反り目 好 釼持 昇
萩原 智寿
男
山田 謙二 反り目 好 釼持 昇
男
内藤 圭一
郎
内藤 圭一
郎
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-187 25 14:45∼
16:15
VI-188 25 14:45∼
16:15
VI-189 25 14:45∼
16:15
VI-190 25 14:45∼
16:15
VI-191 25 14:45∼
16:15
VI-192 25 14:45∼
16:15
VI-193 25 14:45∼
16:15
VI-194 26 08:45∼
10:15
VI-195 26 08:45∼
10:15
VI-196 26 08:45∼
10:15
VI-197 26 08:45∼
10:15
VI-198 26 08:45∼
10:15
VI-199 26 08:45∼
10:15
VI-200 26 08:45∼
10:15
VI-201 26 08:45∼
10:15
VI-202 26 10:30∼
12:00
VI-203 26 10:30∼
12:00
VI-204 26 10:30∼
12:00
VI-205 26 10:30∼
12:00
VI-206 26 10:30∼
12:00
VI-207 26 10:30∼
12:00
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
山岳トンネルの活線拡幅
会
講演者
員
正 多寳 徹
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
トンネル合流部活線下の施工
正 遠田 康英
地崎工業
小川 修
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
拡幅トンネルの発破振動について
正 桜沢 雅志
福田組
福島 洋一 杉本 光隆
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
正 丸山 功
大本組
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
正 岡本 哲也
熊谷組
大久保 雅 鈴木 昌次 松岡 秀之 中川 浩二
憲
岡田 喬
広瀬 俊文 畔高 伸一
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
正 中野 信一
VI-3 E303 山田 浩幸
山岳トンネル(4)
大成・大日本・技建 中塚 静夫 吉富 幸雄 西村 隆次
特定建設工事企業
鹿島建設
石橋 弘志 梅野 純一
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
地表面での盤下げ発破に対するトンネル坑内での
振動計測結果に関する一考察
山岳トンネル発破掘削における爆薬装填作業の安
全性向上と効率化
発破掘削の道路トンネルにおける連続ベルトコンベ
ヤずり出しシステム
長大トンネルにおける大型自由断面掘削機と連続
ベルトコンベヤずり出し工法
連続穿孔検層に基づく地山情報の先取りと実施工
への応用
トモグラフィ的弾性波探査解析を用いた波線通過状
況の把握
前方探査データを用いた非常駐車帯位置決定への
活用例
ノンコアボーリング削孔情報によるトンネル地質の
把握について
インターネットを用いた切羽観察システムの開発と
現場適用例
改築トンネルにおける既設覆工背面地山状況の推
定と施工実績
可塑性裏込め注入材の長距離圧送実験
VI-3 E303 太田 裕之
山岳トンネル(5)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
無機系材料を用いた1液性可塑状のトンネル裏込
め注入工法の開発
鋼繊維を用いたNew PLS工法用スリットコンクリート
の特性
鋼繊維補強スリットコンクリートを用いたNew PLS工
法の施工試験
アルカリフリー液体急結剤を用いる吹付けコンク
リートの小断面トンネルにおける適用性試験結果
エアレス吹付の現場試験施工
正 扇 裕次
正 福田 博之
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
間組
鈴木 雅行 前原 建一 赤沢 英明 禿 和英
小野寺 剛 河村 巧
学 寅岡 千丈
鹿島・大成建設工事 井手口 昭 小池 健夫
JV
山口大学大学院
三木 茂
中川 浩二 進士 正人 重田 佳幸
正 山本 浩之
間組
笠 博義
正 大沼 和弘
間組
山本 浩之 多宝 徹
正 藤多 真也
フジタ
藤田 昌啓 加藤 卓朗 中地 厚元 渡辺 正
正 浅井 律宏
大本組
後藤 賢治 神田 裕明 鈴木 昌次 古川 浩平
正 面高 安志
住友大阪セメント
新堀 敏彦 松田 芳範 川上 明大 北村 哲也
正 新村 亮
大林組
田中 将希 青木 茂
F 喜多 達夫
ハザマ
谷口 裕史 長沢 教夫 鈴木 雅行 荒木田 憲
正 荒木田 憲
ハザマ
谷口 裕史 長沢 教夫 割田 巳好 青山 昌二
正 坂口 和雅
鴻池組
奈良 正吾 川上 正史 岩田 文吾 川添 純雄
正 鈴木 裕一
フジタ
土屋 敏郎 野間 達也 門倉 智
飛島建設
平間 昭信 大窪 克己 白畑 智幸 岩城 圭介
飛島建設
緒方 正則 周藤 昭夫 岩城 圭介 安野 孝生
スラリー急結剤を用いた吹付けコンクリートの粉じん 正 藤本 克郎
低減効果の評価
石炭灰を用いた吹付けコンクリートの現場適用につ 正 山本 修
いて
10/23
所 属
大沼 和弘 寺嶋 正章
小西 真治 小島 芳之
白谷 幹雄
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-208 26 10:30∼
12:00
VI-209 26 10:30∼
12:00
VI-210 26 10:30∼
12:00
VI-211 27 08:45∼
10:15
VI-212 27 08:45∼
10:15
VI-213 27 08:45∼
10:15
VI-214 27 08:45∼
10:15
VI-215 27 08:45∼
10:15
VI-216 27 08:45∼
10:15
VI-217 27 08:45∼
10:15
VI-218 27 08:45∼
10:15
VI-219 27 08:45∼
10:15
VI-220 27 10:30∼
12:00
VI-221 27 10:30∼
12:00
VI-222 27 10:30∼
12:00
VI-223 27 10:30∼
12:00
VI-224 27 10:30∼
12:00
VI-225 27 10:30∼
12:00
VI-226 27 10:30∼
12:00
VI-227 27 10:30∼
12:00
VI-228 27 13:00∼
14:30
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 伊藤 哲男
山岳トンネル(6)
VI-3 E303 安田 敏夫
検査技術・診断(1) 超音波法による鉄筋コンクリート診断技術の適用性
に関する実験的検討
検査技術・診断(1) 導電塗料によるひび割れ検知システムに関する実
験的研究
検査技術・診断(1) 電子タグや音声技術等を用いた土木構造物の点検
情報システム
検査技術・診断(1) 寒冷期の赤外線カメラによるコンクリート構造物剥
離診断調査
検査技術・診断(1) 赤外線放射温度計による複合構造物の健全性評
価に関する研究
検査技術・診断(1) 小径コアによるコンクリート部材の現有応力測定法
に関する試験研究
検査技術・診断(1) EMセンサによるプレストレス力の計測
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 安田 敏夫
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 岡野 法之
VI-3 E303 江渡 正満
会
講演者
員
正 安田 敏夫
膨張材を用いた高流動コンクリートのトンネル2次
覆工への適用に関する研究
都市山岳工法トンネルの二次覆工挙動に関する一 正 栗山 廣志
考察
スクィ−ズィング地山における二次覆工の設計事例 正 小出 孝明
11/23
大林組
連名者1
連名者2
連名者3
大浦 道哉 礒嵜 正哉 青木 茂
連名者4
赤井 知司
中央復建コンサルタ 川野 貴志 清松 和麻 猪口 光行
ンツ
住友建設
廣田 政矢 高橋 浩
釜谷 薫幸 松原 博
正 小松 秀一
NTT
学 中西 芳之
立命館大学大学院 深川 良一 小西 真治 建山 和由 毛利 豊重
学 植田 国彦
室蘭工業大学
正 上北 正一
ドーコン
学 大村 隆夫
大阪工業大学
正 野永 健二
錢高組
正 黒川 章二
木更津工業高等専 羅 黄順
Wong Mi 嶋野 慶次
門学校
ng
前田建設工業
本間 政幸 大川 尚哉 三島 徹也 羅 黄順
検査技術・診断(1) EM(Elasto-Magnetic)センサーによる鉄筋現有応 正 眞岸 徹
力測定技術の開発(その1)試験による基礎的検討
検査技術・診断(1) EM(Elasto-Magnetic)センサーによる鉄筋現有応 正 鈴木 顕彰
力測定技術の開発(その2)実規模実験によるRC
構造物への適用性の検討
検査技術・診断(2) トンネル覆工検査の精度向上等の取り組み
正 松尾 廣和
検査技術・診断(2) トンネル覆工打音検査自動化システムの動作性能
確認
検査技術・診断(2) 遠赤外線照射法によるトンネル覆工の変状検知(そ
の1:基礎的検討)
検査技術・診断(2) 遠赤外線照射装置を用いたトンネル覆工の変状検
知(その2:検査装置の構想)
検査技術・診断(2) 遠赤外線照射装置を用いたトンネル覆工の変状検
知(その3:現地適用試験)
検査技術・診断(2) デジタル画像によるトンネル覆工コンクリートひび割
れ点検システム
検査技術・診断(2) 既設トンネル背面地盤の緩み領域の簡易な探針調
査法について
検査技術・診断(2) 既設トンネル背面地盤の緩み領域の探針調査法に
ついて
検査技術・診断(3) 重錘打撃試験を用いた損傷検知に関する一考察
所 属
永島 裕二 菊地 真人
矢吹 信喜 齊藤 大輔 嶋田 善多 富田 紀久
夫
池田 憲二 外川 勝
佐々木 聡 加藤 久和
木地谷 暁 吉川 紀
美
深沢 且典 伊藤 始
中村 有日 黒崎 剛史
子
佐原 晴也 関塚 真
前田建設工業
三島 徹也 手塚 広明 眞岸 徹
JR西日本
櫟田 正人
正 篠川 俊夫
佐藤工業
歌川 紀之 伴 享
正 吉田 幸司
鉄道総合技術研究 鳥取 誠一 栗田 耕一 大澤 純一
所
郎
三菱重工業
井上 政雄 菅原 孝男 鳥取 誠一
正 栗田 耕一
北川 真也
正 柳沢 有一郎 帝都高速度交通営 古谷 兼市 東川 孝治 栗田 耕一
団
正 小出 博
ニコン技術工房
朝倉 俊弘 東田 正樹
正 齊藤 豪
正 辻野 修一
ジェイアール東日本 土井 博己 辻野 修一 岡村 直利
コンサルタンツ
佐藤工業
土井 博己 岡村 直利 武井 秀永
正 山﨑 裕史
神戸大学大学院
庄 健介
北村 泰寿
羅 黄順
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-229 27 13:00∼
14:30
VI-230 27 13:00∼
14:30
VI-231 27 13:00∼
14:30
VI-232 27 13:00∼
14:30
VI-233 27 13:00∼
14:30
VI-234 27 13:00∼
14:30
VI-235 27 13:00∼
14:30
VI-236 27 14:45∼
16:15
VI-237 27 14:45∼
16:15
VI-238 27 14:45∼
16:15
VI-239 27 14:45∼
16:15
VI-240 27 14:45∼
16:15
VI-241 27 14:45∼
16:15
VI-242 27 14:45∼
16:15
VI-243 27 14:45∼
16:15
VI-244 25 08:45∼
10:15
VI-245 25 08:45∼
10:15
VI-246 25 08:45∼
10:15
VI-3 E303 江渡 正満
会
講演者
員
検査技術・診断(3) 重錘打撃試験を用いた橋脚の構造同定における解 正 庄 健介
析モデルに関する研究
検査技術・診断(3) 橋脚の健全性一次診断へのニューラルネットワーク 学 平塚 元康
適用に関する研究
検査技術・診断(3) 桁下診断システムの開発
正 荒居 祐基
VI-3 E303 江渡 正満
検査技術・診断(3) 赤外線カメラを用いた高架橋の剥離検査
VI-3 E303 江渡 正満
検査技術・診断(3) Paint Viewシステムを用いた鋼橋塗膜の劣化予測
手法の検討
検査技術・診断(3) リフトオフの影響を受けないプローブを用いた渦流
探傷法鋼構造物溶接部探傷への適用の検討
検査技術・診断(3) 鋼箱けた支承部の検査着眼点
会場 教室
座 長
VI-3 E303 江渡 正満
VI-3 E303 江渡 正満
VI-3 E303 江渡 正満
VI-3 E303 江渡 正満
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-3 E303 松田 敏
VI-4 E318 角 哲也
VI-4 E318 角 哲也
VI-4 E318 角 哲也
VI-247 25 08:45∼ VI-4 E318 角 哲也
10:15
VI-248 25 08:45∼ VI-4 E318 角 哲也
10:15
VI-249 25 08:45∼ VI-4 E318 角 哲也
10:15
セッション
講 演 題 目
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
アーバン・エース
吉本 博昭 北村 泰寿
神戸大学大学院
庄 健介
住友重機械工業
諸隈 成幸 池田 茂
正 松沼 政明
JR東日本
小泉 正人 宮西 正人 島津 優
正 岡本 拓
日本道路公団
正 廣島 龍夫
マークテック
羽田野 和 用害 比呂 本村 均
久
之
星川 洋
小山 潔
正 横山 雅樹
JR東海
北村 泰寿
秦 扶士雄
検査技術・診断(4) インティグリティ試験によるマイクロパイルの品質管 正 井谷 雅司
理の適用性検討
検査技術・診断(4) 磁歪式応力測定法による水圧鉄管製作過程におけ 正 織田 卓哉
る残留応力の測定
検査技術・診断(4) 曲管の断面扁平量を用いた応力管理法
正 飯村 正一
小野寺 誠 河村 敏伸 大下 武志
一
中電技術コンサルタ 松岡 敬
池田 誠
安福 精一
ント
東京ガス
検査技術・診断(4) 磁歪応力測定法の曲管偏平応力評価への適用検 正 境 禎明
討
検査技術・診断(4) 共振現象を利用した吹付コンクリート法面の老朽化 正 山西 霜野子
診断 その2
検査技術・診断(4) 道路高速診察システム(VIMS)の開発
学 河野 整
エンジニアリング研 飯村 正一
究所
日特建設
榎園 正義 牛込 敏幸 池永 清人
検査技術・診断(4) 老朽化石垣の非破壊探査技術による計測精度の
検証
検査技術・診断(4) 誘電率方式を用いたフレッシュコンクリートの水分量
管理誤差に関する研究
ダム(1)
アースフィルダム耐震補強工事における間隙水圧
計測結果−山口貯水池堤体強化工事(その5)−
ダム(1)
アースフィルダム耐震補強工事における沈下計測
結果 −山口貯水池堤体強化工事(その6)−
ダム(1)
アースフィルダム耐震補強工事中の堤体安定性に
着目した情報化施工−山口貯水池堤体強化工事
(その7)−
ダム(1)
アースフィルダム耐震補強工事下のオオタカ保護対
策 −山口貯水池堤体強化工事(その8)−
ダム(1)
合理的かつ環境にやさしい施工をめざしたグラウチ
ングシステムの開発
ダム(1)
基礎処理工事の合理化を目指した高所ボーリング
マシン「キツツキ」の開発
12/23
連名者4
八島 博昭
土木研究所
東京大学
阿部 雅人 藤野 陽三
正 疋田 喜彦
大林組
古屋 弘
学 山口 斉
九州工業大学
山崎 竹博 浅野 晶子
正 藤崎 勝利
鹿島建設
長岡 敏和 高田 武
濱 建樹
正 神戸 隆幸
鹿島建設
長岡 敏和 田原 功
藤崎 勝利 岡本 道孝
正 村上 武志
鹿島建設
長岡 敏和 森川 誠司 菅原 俊幸 岡本 道孝
正 向山 公人
東京都
長岡 敏和 高田 武
正 景山 学
関電興業
手塚 昌信 岩澤 隆
正 秋田 真良
間組
森 秀文
前川 聡
神戸 隆幸
田原 功
隈本 開男 谷田部 好 上山 廣美
信
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-250 25 08:45∼
10:15
VI-251 25 08:45∼
10:15
VI-252 25 10:30∼
12:00
VI-253 25 10:30∼
12:00
VI-254 25 10:30∼
12:00
VI-255 25 10:30∼
12:00
VI-256 25 10:30∼
12:00
VI-257 25 10:30∼
12:00
VI-258 25 10:30∼
12:00
VI-259 25 13:00∼
14:30
VI-260 25 13:00∼
14:30
VI-261 25 13:00∼
14:30
VI-262 25 13:00∼
14:30
VI-263 25 13:00∼
14:30
VI-264 25 13:00∼
14:30
VI-265 25 14:45∼
16:15
VI-266 25 14:45∼
16:15
VI-267 25 14:45∼
16:15
VI-268 25 14:45∼
16:15
VI-269 25 14:45∼
16:15
VI-270 25 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
セッション
会
講演者
員
フィルダム・コア材料のリアルタイム品質管理システ 正 豊田 光雄
ムの開発
リアルタイム品質管理システムの試行事例
正 町田 宗久
講 演 題 目
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
VI-4 E318 角 哲也
ダム(1)
VI-4 E318 角 哲也
ダム(1)
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 入矢
郎
VI-4 E318 溝淵
桂史
ダム(2)
桂史
ダム(2)
桂史
ダム(2)
桂史
ダム(2)
桂史
ダム(2)
桂史
ダム(2)
砂礫とセメントの自重落下による混合方法に関する 正 楠見 正之
模型実験
伐採木の処理と法的規制(札内川ダムで実施した
正 藤田 司
伐採木処理の例)
面状工法ダムリフトスケジュールプログラムの開発 正 山下 雄一
桂史
ダム(2)
H形鋼のコンクリート引き抜き試験と考察
正 橋村 潔
利明
ダム(3)
正 市原 裕之
VI-4 E318 溝淵 利明
ダム(3)
重力式コンクリートダムの横継目の揚圧力低減効
果に関する解析的検討
ダム基礎岩盤の揚圧力調査について
正 森田 覚
VI-4 E318 溝淵 利明
ダム(3)
ダム堆砂を用いた粒状化処理試験
正 大矢 通弘
VI-4 E318 溝淵 利明
ダム(3)
袋詰め処理工法によるダム浚渫粘性土の有効利用 正 車田 佳範
五洋建設
VI-4 E318 溝淵 利明
ダム(3)
VI-4 E318 溝淵 利明
ダム(3)
ダム基礎グラウチングの規定孔(3次孔)省略の可
能性に関する一考察
パルス注入による効率的な基礎処理の実現
正 我妻 敏昭
中電技術コンサルタ 佐々並 敏 岡田 洋志 森 真樹
ント
明
大成建設
進藤 彰久
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
MD材を用いたプレキャストアーチトンネルの開発
正 國藤 崇
石川島建材工業
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
正 中山 壮一郎 石川島建材工業
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
狭隘地区におけるプレキャスト部材を用いた大規模
開削トンネルの施工報告
地下鉄13号線の建設における既設路線のアンダー
ピニング計画
地下鉄直上での大規模開削工事におけるリバウン
ド対策
鋼管矢板山留め壁を本体利用した堀割構造の開発
VI-4 E318 河野 重行
開削トンネル
混和材の種類と置換率がコンクリートの性状に及ぼ 正 金子 裕司
す影響
単位セメント量を低減したダム用高流動コンクリート 正 小堀 俊秀
の性状
砂礫とセメントの簡易混合試験機開発基礎実験
正 岡谷 豊
都市部における全旋回ボーリング工法による仮設
立坑の施工
13/23
正 山下 雅彦
正 沼田 敦
正 川田 成彦
正 大熊 英二
正 金倉 隆志
連名者4
土木研究所
土木研究所
金子 裕司
豊田 光雄
土木研究所
山口 嘉一 佐々木 隆 町田 宗久
土木研究所
山口 嘉一 佐々木 隆 町田 宗久
大成建設
高橋 義春 道場 信昌 楠見 正之
大成建設
大友 健
ハザマ
志賀 正延
ハザマ
天明 敏行 冨森 淳
平川 勝彦 道場 信昌
藤田 司
八千代エンジニヤリ 坪井 隆一
ング
土木研究所
山口 嘉一 佐々木 隆
八千代エンジニヤリ 村瀬 俊彦 松野 慎一
ング
ハザマ
内藤 斉
本田 章人 高橋 博
上原 史洋 藤井 準
杉山 徹
佐々木 良 寒川 美樹 岩角 仁夫
作
帝都高速度交通営 桒田 幸男 白子 慎介
団
首都高速道路公団 角田 浩
國井 一史 中出 剛
岩波 基
建設企画コンサルタ 西尾 清
武 伸明
石橋 幸治 國友 良真
ント
熊谷組
落合 栄司 山田 真大 中出 剛
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-271 26 08:45∼
10:15
VI-272 26 08:45∼
10:15
VI-273 26 08:45∼
10:15
VI-274 26 08:45∼
10:15
VI-275 26 08:45∼
10:15
VI-276 26 08:45∼
10:15
VI-277 26 08:45∼
10:15
VI-278 26 08:45∼
10:15
VI-279 26 08:45∼
10:15
VI-280 26 10:30∼
12:00
VI-281 26 10:30∼
12:00
VI-282 26 10:30∼
12:00
VI-283 26 10:30∼
12:00
VI-284 26 10:30∼
12:00
VI-285 26 10:30∼
12:00
VI-286 26 10:30∼
12:00
VI-287 27 08:45∼
10:15
VI-288 27 08:45∼
10:15
VI-289 27 08:45∼
10:15
VI-290 27 08:45∼
10:15
VI-291 27 08:45∼
10:15
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
会
講演者
員
正 並川 賢治
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
異形式鋼管接着継手を有するパイプルーフ工法
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
鋼管埋設工事の進捗向上を目的とした新工法の開 正 橋口 成人
発および検証
Tヘッドバーを用いた鉄筋工事の生産性
正 瀧諭
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
VI-4 E318 廣長 周治
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
首都高速道路公団 栗原 敏夫 川端 規之 大場 新哉
川崎製鉄
新海 元
西村 暢明 飯塚 昇
清水建設
椚隆
熊田 昭彦
斉藤 隆
阪神高速道路公団 水田 博昭 石井 博典 吉川 紀
施工技術(1)
すみ肉溶接部への接着剤塗布による疲労寿命の延 正 石崎 嘉明
命に関する実験的研究
小口径動的圧入推進工法の開発
正 高梨 敏彦
NTT
日野 英則
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
小口径推進機の自動方向制御システムの開発
正 粟田 輝久
NTT
日野 英則 杁山 義弘 吉田 耕一
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
正 山根 寛
JR東日本
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
盛土耐震補強工事における永久アンカー施工につ
いて
パイルベント橋脚の耐震補強
正 松村 暢彦
ショーボンド建設
久保木 利 笹川 貴生
明
横山 広
山田 宗明 堀口 淳
VI-4 E318 廣長 周治
施工技術(1)
正 中村 裕一
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 千葉 博治
八代工業高等専門 薮 健二
学校
錢高組
高階 守
手塚 教雄 佐藤 常雄 原田 尚幸
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 鈴木 雅博
錢高組
手塚 教雄 岩崎 則夫 原田 尚幸
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 志岐 秀信
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 小谷 美佐
奥村・戸田・竹中土 兼島 方昭 尾園 克憲 竹内 克幸
木JV
JR東日本
渡邉 康夫
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 田中 浩
栗本鐵工
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
学 松田 貴之
早稲田大学大学院 清宮 理
VI-4 E318 柄 登志彦
施工技術(2)
正 飯田 憲
明電セラミックス
荻田 清文
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
正 奥村 一郎
NTTインフラネット
川野 勝
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
正 秋山 康敏
NTTインフラネット
鳥越 寿彦 吉田 幸美
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
正 奥野 正富
NTTインフラネット
鎌田 敏正 松下 晃
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
正 鳥越 寿彦
NTTインフラネット
秋山 康敏
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
エーティック
共 放鳴
爆破に伴う応力波とき裂の連続可視化観察とき裂
制御への応用
膨張材を用いた高流動コンクリートによる高速道路
直下のボックスカルバート施工
フロンテジャッキング工法の函体閉合部における充
てんコンクリートの配合検討
マスコンクリートのひび割れに関する簡易予測の提
案
膨張コンクリートと短繊維を用いたひび割れ防止対
策について
低温環境下におけるコンクリート打設時の保温養生
シートの効果
トンネル内の車両火災における耐火被覆材の効果
に関する一考察
セラミックス材料を用いた耐火被覆材の開発
光ファイバを用いた落石検知計測システム(OTDR
方式)
光ファイバセンサ(FBG)を用いた管路撤去工の安
全監視計測
光ファイバセンサを用いたトンネル監視システム
(B-OTDR方式)
光ファイバセンサ(FBG)を用いたトンネル挙動計測
ニューラルネットワークを用いた光ファイバFBG歪計 正 日向 洋一
測システムの検討
14/23
高階 守
椎屋 英孝
小村 辰彦
桐谷 能生 山本 雅昭 松永 博文
山口 佳起 吉武 勇
津田 久嗣 浜田 純夫
関 孝二郎 坂田 栄治
佐藤 信也 今井 正明
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-292 27 08:45∼
10:15
VI-293 27 08:45∼
10:15
VI-294 27 08:45∼
10:15
VI-295 27 10:30∼
12:00
VI-296 27 10:30∼
12:00
VI-297 27 10:30∼
12:00
VI-298 27 10:30∼
12:00
VI-299 27 10:30∼
12:00
VI-300 27 10:30∼
12:00
VI-301 27 10:30∼
12:00
VI-302 27 13:00∼
14:30
VI-303 27 13:00∼
14:30
VI-304 27 13:00∼
14:30
VI-305 27 13:00∼
14:30
VI-306 27 13:00∼
14:30
VI-307 27 13:00∼
14:30
VI-308 27 13:00∼
14:30
VI-309 27 13:00∼
14:30
VI-310 27 13:00∼
14:30
VI-311 27 14:45∼
16:15
VI-312 27 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
セッション
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
VI-4 E318 中村 秀明
測量・計測(1)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 川崎 廣貴
測量・計測(2)
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
VI-4 E318 三浦 悟
講 演 題 目
光ファイバセンサを用いた鋼管杭のひずみ測定(そ
の2)
BOTDRを利用した光ファイバ水位計の開発(その
2)
光ファイバジャイロによる小口径推進マシンの連続
高精度位置検知システム
CCDカメラ斜面監視システムによる地すべり動態観
測に関する研究
解析写真測量によるデジタルカメラを用いた三次元
測量システムの開発に関する研究
精密写真測量による壁状構造物などのクラック開閉
量の測定における基礎実験
奥行き方向に広がる長大切土法面の挙動監視への
精密写真測量の適用
弱中心投影モデルによる三次元画像計測法の基礎
的研究
円形ターゲットの高精度自動計測
カラー画像を用いた斜面監視システムのターゲット
レス化に関する研究
三次元レーザースキャナーを用いたプラント配管図
作成システムの開発
三次元レーザースキャナーによる道路付帯物の位
置・形状計測
マルチビーム測深システムの深浅測量精度に関す
る一考察
深浅測量の層厚・沈下管理システムの検証
会
講演者
員
正 只野 暁
所 属
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
正 西村 友宏
KGエンジニアリング 日下部 祐 池田 憲二 冨澤 幸一 寺岡 伸幸
基
NTTアクセスサービ 奥津 大
加藤 俊二 金野 和也
スシステム研究所
NTTアクセスサービ 日野 英則
スシステム研究所
三菱重工工事
宮木 康幸 鳥居 邦夫
正 竹田 喜彦
長岡技術科学大学 宮木 康幸 鳥居 邦夫
正 阿保 寿郎
飛島建設
近久 博志 中原 博隆 筒井 雅行
正 筒井 雅行
飛島建設
堺 道夫
学 稲垣 徳馬
京都大学
小野 徹
正 福田 大輔
京都大学
小野 徹
学 佐藤 誠二
横河ブリッジ
宮木 康幸 鳥居 邦夫
正 大津 愼一
三井建設
佐田 達典 村山 盛行
正 村山 盛行
フィールドテック
清水 哲也 佐田 達典 大津 慎一
正 栗原 正美
大林組
山口 裕紹 松尾 宏之 立野 雅人 秋浜 政弘
正 永瀬 勝彦
正 藤橋 一彦
正 杁山 義弘
阿保 寿郎 谷 明
正 森 俊之
測量・計測(3)
AEによる大深度シールドのマシン到達誘導システ
ム
岩盤部における大規模垂直掘削工事の計測結果
西松・国土総合・熊 兒玉 龍一 朝比奈 哲 立野 雅人 秋浜 政弘
谷・戸田・錢高JV
也
フジタ
米山 利行 吉野 広司 渋谷 光男 高橋 繁夫
正 寺田 彰
北陸電力
橋本 徹
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
TDR法を利用した砂面位置計測装置の開発
正 佐藤 晃一
日本海工
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
近接工事における計測データの評価手法について
正 渡辺 泰孝
JR東日本
岡山 義邦 岩田 孝三 福田 甲子 齋藤 良二
郎
桑原 清
宮崎 裕道 近藤 高弘
VI-4 E318 三浦 悟
測量・計測(3)
正 市村 広行
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
ジェイアール東海コ 市居 勉
川村 卓爾
ンサルタンツ
みらい建設工業
岡本 正広 小寺 秀則 三浦 仁
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
シールド通過に伴う軌道路盤の挙動についての考
察
サンドマットに替わる帯状水平ドレーンとプラスチッ
クボードドレーンによる軟弱地盤対策例
地盤改良におけるコスト縮減と改良効果の確認
15/23
正 池畑 伸一
正 市川 忠久
JR東海コンサルタン 浅野 幹史
ツ
森田 浩二
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間 会場 教室
座 長
番号
VI-313 27 14:45∼ VI-4 E318 金倉 隆志
16:15
セッション
地盤改良
VI-314 27 14:45∼
16:15
VI-315 27 14:45∼
16:15
VI-316 27 14:45∼
16:15
VI-317 27 14:45∼
16:15
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
VI-4 E318 金倉 隆志
地盤改良
VI-318 25 08:45∼
10:15
VI-319 25 08:45∼
10:15
VI-320 25 08:45∼
10:15
VI-321 25 08:45∼
10:15
VI-322 25 08:45∼
10:15
VI-323 25 08:45∼
10:15
VI-324 25 08:45∼
10:15
VI-325 25 10:30∼
12:00
VI-326 25 10:30∼
12:00
VI-327 25 10:30∼
12:00
VI-328 25 10:30∼
12:00
VI-329 25 10:30∼
12:00
VI-330 25 10:30∼
12:00
VI-331 25 10:30∼
12:00
VI-332 25 13:00∼
14:30
VI-5 E319 伊藤 浩二
講 演 題 目
深層混合処理工法の方向制御システムの開発
(その1 システムの概要と試作機による制御手法
確認実験)
深層混合処理工法の方向制御システムの開発(そ
の2 実用機の検討と性能確認実験)
営業線架道橋改築工事における動的注入工法現
場実験
既設軌道下における動的注入工法の適用
会
講演者
員
正 大西 常康
竹中土木
森田 英仁 山本 光起
正 廣渡 智晶
竹中土木
太田 恵智 藤井 卓美
正 坂本 寛章
JR西日本
森 満夫
村田 修
駒延 勝広
正 小松 徹
JR北海道
吉野 伸一 村田 修
駒延 勝広
土田 茂
所 属
連名者1
連名者2
東 健一
連名者3
連名者4
前田建設工業
石黒 健
港湾・海洋(1)
正 髙橋 浩
既存廃棄物焼却灰処分場の地中加熱による地盤
改良および重金属の不溶化効果に関する基礎的研
究
滑動抑止シート付きケーソン岸壁の静的模型実験 正 矢澤 岳
五洋建設
新明 克洋 亀山 和弘 中野 正之 田村 保
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
滑動抑止シート付きケーソン岸壁の振動台実験
正 水流 正人
五洋建設
中野 正之 矢澤 岳
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
関西電力
八木 誠吾 坪田 健一
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
五洋建設
吉田 誠
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
軟弱地盤上へのケーソン仮置におけるコスト低減対 正 中島 寿
策について
背後地盤の拘束圧の増大により耐震性能を向上さ 正 田村 保
せた重力式護岸に関する実験
深層混合処理工法における盛り上り特性について 正 吉野 洋一
東洋建設
阪井田 茂 岸本 和重 後藤 清
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
杭式長大桟橋の地震応答解析
学 横井 孝征
早稲田大学大学院 清宮 理
VI-5 E319 伊藤 浩二
港湾・海洋(1)
正 浅沼 丈夫
東亜建設工業
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
鋼矢板岸壁の耐震性に関する実物大実験−タイ
ロッドとタイワイヤーの比較−
潜水式可動型枠支保工(TSM-W)を用いた揚炭桟
橋上部工の施工
供用施設に隣接した大型施設構築におけるプレ
キャスト化
新形式の取水管敷設工事の施工
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
VI-5 E319 東江 隆夫
港湾・海洋(2)
VI-5 E319 東江 隆夫
VI-5 E319 黒田 一郎
田村 保
亀山 和弘
鶴田 直樹
河辺 知之 柴田 清二 鈴木 昌次 芥川 博昭
正 秋里 乃武宏 大成建設
寺田 昌史 大村 啓一
正 遠藤 和雄
清水建設
篠田 善朗 内田 謙二 安岡 智彦 堤 洋一
正 米山 英明
大成建設
松木田 正 三浦 久
義
土運船投入位置決め手法の定量化
正 田渕 弘
西松・国土総合・熊 堀井 隆弘 立野 雅人 秋浜 政弘
谷・戸田・錢高JV
水深による底開式土運船堆積形状の変化について 正 斎藤 禎二郎 西松建設
堀井 隆弘 田渕 弘
立野 雅人 秋浜 政弘
正 熊谷 兼太郎 近畿地方整備局
横田 弘
北山 斉
港湾・海洋(2)
沈埋トンネルの新型継手構造の検討と性能確認実
験(報告)
沈埋トンネル用新型内蔵継手の開発
正 新明 克洋
五洋建設
羽田 宏
城戸 哲哉 清宮 理
港湾・海洋(3)
衝撃的波圧を受ける鉄筋コンクリートの挙動
学 伊藤 公一
早稲田大学大学院 清宮 理
16/23
嶋倉 康夫 岩波 光保
下迫 健一 大木 泰憲
郎
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-333 25 13:00∼
14:30
VI-334 25 13:00∼
14:30
VI-335 25 13:00∼
14:30
VI-336 25 13:00∼
14:30
VI-337 25 13:00∼
14:30
VI-338 25 13:00∼
14:30
VI-339 25 14:45∼
16:15
VI-340 25 14:45∼
16:15
VI-341 25 14:45∼
16:15
VI-342 25 14:45∼
16:15
VI-343 25 14:45∼
16:15
VI-344 25 14:45∼
16:15
VI-345 25 14:45∼
16:15
VI-346 25 14:45∼
16:15
VI-347 25 14:45∼
16:15
VI-348 26 08:45∼
10:15
VI-349 26 08:45∼
10:15
VI-350 26 08:45∼
10:15
VI-351 26 08:45∼
10:15
VI-352 26 08:45∼
10:15
VI-353 26 08:45∼
10:15
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
南北備讃瀬戸大橋船舶緩衝工の衝突検証
会
講演者
員
正 大江 慎一
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
明石海峡大橋主塔基礎の洗掘防止工の状況確認
正 弓山 茂樹
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
アンカーブロックに作用する負圧力に関する実験
正 草野 博哉
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
VI-5 E319 黒田 一郎
港湾・海洋(3)
高潮対策のための箱型浮体式大型水門に関する
正 真壁 知大
初期検討
石炭灰を大量に利用したコンクリートの寒冷地消波 正 斉藤 知秀
ブロックへの適用について
ノッチ岩礁から学ぶ自然の防災技術
正 竹鼻 直人
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
新材料・新素材
VI-5 E319 上原 匠
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
本州四国連絡橋公
団
本州四国連絡橋公
団
東洋建設
三菱重工業
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
長谷川 芳 小林 克己
己
栗野 純孝
相川 秀一 角谷 竜二 田中 悟
東北電力
長澤 大次 太田 真
土屋 美和
郎
内海 博
斉藤 栄一 福留 和人
神戸製鋼所
濱崎 義弘 市川 靖生 奥村 昌好 菊池 昭男
大成建設
亀村 勝美 須藤 敏明 小池 真史
大成建設
田中 良弘 岡本 修一
正 斉藤 栄一
ハザマ
斉藤 直
正 江口 正勝
間組
天明 敏行 望月 武
正 竹下 治之
高松高専
松原 三郎 吉田 信行
正 滝澤 清
クラレ
正 久保 征則
大林組
岩崎 嘉宏 人見 祥徳 馬屋原 光 浜田 敏裕
郎
福井 真男 新村 亮
青木 茂
滝沢 清
合成繊維を用いた短繊維補強コンクリートの力学特 正 加藤 隆
性
ポリプロピレン繊維の形状とRC梁の曲げ特性
正 藤井 祐紀
ネオ・アッシュクリート(NAクリート)を用いた消波ブ
ロックの現地耐久性について
粒鉄を用いた超硬練り重量セメント硬化体
(Cemented Heavy Slag)の開発
コンクリート用人工骨材の粒形粒度の改善に関する
研究
PVA繊維補強高靭性セメントボード
所 属
半沢 稔
浜田 純夫 松尾 栄治
正 鈴木 博之
明星大学
並木 宏徳 武田 紘治
新材料・新素材
高じん性セメントボードを使用した複合供試体の耐
久性に関する実験的研究
モルタルの破壊に及ぼすマイクロ波、雲母粉、モル
タル強度および水分量の影響
ペレット混入モルタルのマイクロ波による破砕条件
正 並木 宏徳
京橋工業
鈴木 博之 日下 貴之 堀川 教世 多田 幸生
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
SEB工法による立体交差事業の急速化施工
正 佐野 演秀
鹿島建設
吉川 正
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
セルフクライミングによる大型インクラインの設置
正 菅原 尚也
清水建設
畠山 誠司 末宗 仁吉 村上 邦夫
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
高架橋用ウォータージェットはつりシステムの開発
正 井上 英司
JR西日本
長田 文博 永井 克司
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
電気衝撃力を利用したコンクリート破砕機の開発
正 永田 考
横河ブリッジ
小櫻 義隆 秋山 秀典
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
学 菊田 勝之
フジタ
奥野 忠良 性田 学
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
強制曝気自然ろ過方式除鉄装置の建設工事への
適用について
除雪機械の操舵支援技術に関する研究開発
正 吉田 正
土木研究所
荒井 猛
17/23
小滝 裕
大澤 一郎 相沢 旬
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-354 26 08:45∼
10:15
VI-355 26 08:45∼
10:15
VI-356 26 08:45∼
10:15
VI-357 26 10:30∼
12:00
VI-358 26 10:30∼
12:00
VI-359 26 10:30∼
12:00
VI-360 26 10:30∼
12:00
VI-361 26 10:30∼
12:00
VI-362 26 10:30∼
12:00
VI-363 26 10:30∼
12:00
VI-364 26 10:30∼
12:00
VI-365 26 10:30∼
12:00
VI-366 27 08:45∼
10:15
VI-367 27 08:45∼
10:15
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
既設杭の水平切断に関する一考察
会
講演者
員
正 目時 政紀
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
粘性物質を用いた長距離圧送実験
正 小川 元
佐伯建設工業
古野 武秀
VI-5 E319 青木 茂
技術開発(1)
学 近藤 邦仁
名城大学
小林 亮
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
正 風間 広志
清水建設
佐藤 峰生 西澤 信二 勝谷 雅彦
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
正 沖 誠一
大林組
風間 広志 三谷 靖
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
発光ダイオード(LED)と蓄光材料を用いた標示板の
光学特性
鋼管矢板複合基礎工法の開発(その1) −工法概
要と高耐力継手現場施工実験−
鋼管矢板複合基礎工法の開発(その2) −鋼管コ
ンクリートおよび下部場所打ち杭の施工実験−
鋼管矢板複合基礎工法の開発(その3) −高耐力
継手のせん断性能−
鋼管矢板複合基礎工法の開発(その4)複合杭の曲
げ性能
盤ぶくれ防止工法の開発 ― 盤ぶくれ防止工法の
概要と設計の考え方 ―
盤ぶくれ防止工法(ZAOS-phm)の開発 −ジェット
グラウト改良体とスクリューパイルの引抜き試験−
小口径鋼管杭による組杭形式のり面抑止工法の開
発(削孔試験)
地下水流動保全工法の試験施工例
VI-5 E319 松崎 勝
技術開発(2)
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-368 27 08:45∼ VI-5 E319 原田 光男
10:15
特殊構造物
VI-369 27 08:45∼
10:15
VI-370 27 08:45∼
10:15
VI-371 27 08:45∼
10:15
VI-372 27 08:45∼
10:15
VI-373 27 08:45∼
10:15
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
VI-5 E319 原田 光男
特殊構造物
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
軟弱地盤上に建設された土構造物の新しい施工・
沈下安定管理法
LNG地下タンク周辺盛土のL2地震時の動的変形解
析
RC非線形解析手法を用いたLNG地下式貯槽躯体
の設計に関する一考察 −レベル2耐震性能照査
試設計及び実務設計における問題点と課題−
RC非線形解析手法を用いたLNG地下式貯槽躯体
の設計に関する一考察 −安全係数の考慮方法に
ついて−
地下式貯槽底版の水圧試験時の変位挙動
LNG地下式貯槽の屋根コンクリート打設時の変位
計測管理手法
急斜面でのコンクリート打設手法−埋設式LNG地下
式貯槽RCドーム屋根
実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)によ
る液体タンクの実大破壊実験計画
LHG地下タンク剛結構造底版のせん断耐力の研究
18/23
所 属
連名者1
連名者2
JR東日本
竹石 峰也 目黒 雅
連名者3
連名者4
藤田 晃弘
勝谷 雅彦
正 大久保 浩弥 川崎製鉄
水谷 慎吾 宮川 昌宏 谷 和男
正 南部 俊彦
NKK
正 深田 和志
錢高組
大久保 浩 佐藤 純哉 古荘 伸一
弥
郎
森 正嗣
前嶋 匡
山下 坦良 田中 良一
正 竹中 計行
錢高組
大和 真一 谷室 裕久 菊地 将郎
正 前田 忠重
利根地下技術
堀 孝夫
正 佐藤 常雄
錢高組
正 保坂 嘉彦
東亜建設工業
早瀬 隆幸 松田 義則 神永 三代
吉
水上 純一 深沢 健
鈴木 隆
正 川村 佳則
東京ガス
中野 正文 深田 敦宏 松田 隆
正 常見 昌朗
大成建設
中野 正文 川村 佳則 山本 平
正 山本 平
大成建設
中野 正文 川村 佳則 常見 昌朗
正 齋藤 隆
大林組
山下 博文 嶋田 洋一
正 遠藤 秀彰
大林組
青木 浩之 渡部 隆行
正 佐藤 健人
大林・三井・竹中JV 中野 正文 畔柳 智純 干川 修吾
正 岡 正治郎
科学技術振興事業 梶原 浩一 山下 信雄 伊藤 智博
団
清水建設
川村 佳則 若林 雅樹
正 伊藤 健二
井上 武
福富 泰
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-374 27 10:30∼
12:00
VI-375 27 10:30∼
12:00
VI-376 27 10:30∼
12:00
VI-377 27 10:30∼
12:00
VI-378 27 10:30∼
12:00
VI-379 27 10:30∼
12:00
VI-380 27 10:30∼
12:00
VI-381 27 10:30∼
12:00
VI-382 27 10:30∼
12:00
VI-383 27 13:00∼
14:30
VI-384 27 13:00∼
14:30
VI-385 27 13:00∼
14:30
VI-386 27 13:00∼
14:30
VI-387 27 13:00∼
14:30
VI-388 27 13:00∼
14:30
VI-389 27 13:00∼
14:30
VI-390 27 13:00∼
14:30
VI-391 25 08:45∼
10:15
VI-392 25 08:45∼
10:15
VI-393 25 08:45∼
10:15
VI-394 25 08:45∼
10:15
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
つくばエクスプレス、荒川橋梁の架設計画
会
講演者
員
正 綿貫 正明
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
最大スパン150mの3径間連続下路トラス橋の架設
正 野澤 憲士
JR北海道
埜林 久人 吉野 伸一
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
正 滝谷 正幸
熊谷組
土屋 哲夫 沼口 宜久 細川 清
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
RCバランスドアーチ橋側径間のPC鋼材による応
力改善
明石海峡大橋ケーブルバンドボルトの軸力管理
正 池田 秀継
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
鋼・コンクリート混合連続橋(宮野目橋)の実橋計測 正 波田 匡司
本州四国連絡橋公 栗野 純孝
団
熊谷組
菅原 徳夫 村田 信之 松川 史章 岩船 創
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
鋼道路橋における塗装の実態調査
正 田中 和嗣
土木研究所
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
鋼橋の補強工事における施工管理要領の提案
正 松本 巧
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
橋梁添架管路の振動計測について
正 中平 伸治
三井造船鉄構工事 後藤 由成 木原 通太 福田 啓
郎
NTT
玉井 賀行 深瀬 秋稔
VI-5 E319 町田 文孝
橋梁
水中不分離性コンクリートの流動性試験
正 岩村 栄世
鹿島建設
VI-5 E319 内山 伸
土留めおよび基礎 超低空頭条件下における等厚式地下連続壁の施
工実績
土留めおよび基礎 地中連続壁の施工により自立式土留の受働側抵抗
が部分的に解放される場合の設計及び施工上の対
策
土留めおよび基礎 大型LNG地下式貯槽における地中連続壁の内部掘
削時挙動
土留めおよび基礎 根入れのない地下連続壁円筒土留めの設計と計測
正 浅村 忠文
鹿島建設
正 生田 正洋
阪神高速道路公団 佐々木 嘉 杉山 和久 姫野 敬行 飯田 裕彦
仁
正 仙名 宏
大林組
中野 正文 竹村 哲
正 渡辺 伸和
大林組
西川 直仁 吉田 陽一 喜多 直之
住友建設
山地 斉
フジタ
米山 利行 森 紘一
会場 教室
座 長
VI-5 E319 内山 伸
VI-5 E319 内山 伸
VI-5 E319 内山 伸
VI-5 E319 内山 伸
セッション
講 演 題 目
所 属
連名者1
日本鉄道建設公団 後藤 光理
連名者2
連名者3
吉田 正
田公 雅比 長谷川 憲 松浦 啓介 木山 晴夫
古
孝
清水 一郎 西野 佳夫
VI-5 E319 内山 伸
土留めおよび基礎 コンクリ−ト充填角形鋼管連続壁工法の開発と現場 正 諸田 元孝
施工試験
土留めおよび基礎 コンクリートカッティング式地中連続壁工の安定液
正 渋谷 光男
管理に2つの品質管理手法を適用
土留めおよび基礎 営業線近接工事における土留杭の施工
正 諌山 吾郎
VI-5 E319 内山 伸
土留めおよび基礎 杭頭拡幅リバース杭に関する工事費比較
正 松田 一史
VI-6 E202 大津 宏康
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
学 中西 雅通
佐久間 誠 荒井 外茂 宮地 弘
也
治
パシフィックコンサル 中村 兵次
タンツ
東京大学
小澤 一雅
学 渡邊 知英
武蔵工業大学
草柳 俊二
正 谷本 泰雄
大阪大学大学院
市坪 誠
VI-5 E319 内山 伸
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 大津 宏康
わが国の公共事業にかかわる予算制度とその運用
方法
実際の設計変更データを用いた公共工事標準請負
契約約款の論理性と透明性に関する研究
公共事業における合意形成のための住民参加支援
システムの開発について
公共工事において短い間隔で部分払を行うことによ
る効果について
19/23
連名者4
峯村 智也 土井 秀人 二村 五郎
森 俊之
ハザマ
長町 三生
正 瀬ノ田 明敏 国土交通省国土技 溝口 宏樹 中嶋 雅幸 谷口 拓也
術政策総合研究所
茂呂 晴夫
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-395 25 08:45∼
10:15
VI-396 25 08:45∼
10:15
VI-397 25 08:45∼
10:15
VI-398 25 08:45∼
10:15
VI-399 25 10:30∼
12:00
VI-400 25 10:30∼
12:00
VI-401 25 10:30∼
12:00
VI-402 25 10:30∼
12:00
VI-403 25 10:30∼
12:00
VI-404 25 10:30∼
12:00
VI-405 25 10:30∼
12:00
VI-406 25 10:30∼
12:00
VI-407 25 13:00∼
14:30
VI-408 25 13:00∼
14:30
VI-409 25 13:00∼
14:30
VI-410 25 13:00∼
14:30
VI-411 25 13:00∼
14:30
VI-412 25 13:00∼
14:30
VI-413 25 13:00∼
14:30
VI-414 25 13:00∼
14:30
VI-415 25 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 大津 宏康
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 豊福 俊泰
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 山口 真司
VI-6 E202 三輪 晴文
セッション
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(1)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(2)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設マネジメント
(3)
建設CALS
講 演 題 目
設計・施工一括発注方式の運用方法の検討
アメリカ連邦道路庁(FHWA)のVE成果に関する考
察
中国における建設事業の分類と手順について
会
講演者
員
正 桑邊 和幸
国土交通省
F 小泉 泰通
日本水工
学 崔 金栄
康昭 小林
三浦 慎也
所 属
連名者1
連名者2
土木構造物の建設コスト縮減のための新たな方策
に関する調査結果
NPM理論に基づくインフラ資産マネジメントに関す
る検討
道路橋の資産価値評価
正 市村 靖光
コンストラクションマネジメント(CM)契約におけるマ
ネジメントコストの課題
鉄道土木工事の諸経費に関する一考察
正 小林 康昭
正 菅原 学
JR東日本
補修工事における外部コスト
正 齊藤 展生
JR東日本東京工事事務所におけるビジネスモデル
について
Applicability of Multi-party Risk Management
Process (MRMP)
土壌汚染対策工事において発生した事例によるリ
スクマネジメントについて
臨海部低未利用地の有効利用と土壌汚染リスクマ
ネジメントに関する意識調査
臨海部低未利用地における土壌汚染浄化事業ス
キームに関する一考察
性能発注のためのプロダクトモデルを用いた設計照
査方法に関する基礎的検討
VRMLを活用した協調設計支援システムの構築
正 吉田 一
パシフィックコンサル 上泉 俊雄 藤本 吉一
タンツ
JR東日本
三輪 渡
西村 公孝
現在のセメント消費量および過去からの累積量の
国際比較
効果的なCM(施工編)のあり方の一例
正 渡邊 法美
正 神山 守
正 大村 修
正 重松 勝司
学 Pipattanapiw 高知工科大学
ong Jirapong
正 下池 季樹
国際航業
正 奥谷 丈
正 前田 泰芳
正 矢吹 信喜
正 齋藤 匡也
20/23
關豊
溝口 宏樹
鈴木 啓司
玉越 隆史 廣松 新
渡邊 法美 草柳 俊二
尾崎 哲二 山内 仁
笠水上 光
博
港湾空港建設技術 前田 泰芳 湊 隆幸
サービスセンター
港湾空港建設技術 奥谷 丈
湊 隆幸
サービスセンター
室蘭工業大学
松井 健一 加藤 佳孝 横田 勉
正 大内 雅博
新東京国際空港公 皆川 勝
団
高知工科大学
正 舘上 和史
建設技術研究所
鋼部材3次元プロダクトモデルの開発に関する研究 学 志谷 倫章
室蘭工業大学
連名者4
松井 健一 山口 真司
足利工業大学大学 藤島 博英
院
高知工科大学
Chatanant
avet
国土交通省国土技 岸田 真
術政策総合研究所
国土交通省国土技 溝口 宏樹
術政策総合研究所
パシフィックコンサル 横山 正樹
タンツ
国土交通省国土技 中谷 昌一
術政策総合研究所
足利工業大学
Fundamental Study on Evaluation of Concrete
Practices in Thai Public Works
総合的な建設事業コスト評価指針(試案)について
連名者3
矢吹 信喜
戸谷 彰吾
古川 将也
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-416 25 14:45∼
16:15
VI-417 25 14:45∼
16:15
VI-418 25 14:45∼
16:15
VI-419 25 14:45∼
16:15
VI-420 25 14:45∼
16:15
VI-421 25 14:45∼
16:15
VI-422 25 14:45∼
16:15
VI-423 25 14:45∼
16:15
VI-424 26 08:45∼
10:15
VI-425 26 08:45∼
10:15
VI-426 26 08:45∼
10:15
VI-427 26 08:45∼
10:15
VI-428 26 08:45∼
10:15
VI-429 26 08:45∼
10:15
VI-430 26 08:45∼
10:15
VI-431 26 10:30∼
12:00
VI-432 26 10:30∼
12:00
VI-433 26 10:30∼
12:00
VI-434 26 10:30∼
12:00
VI-435 26 10:30∼
12:00
VI-436 26 10:30∼
12:00
会場 教室
座 長
セッション
講 演 題 目
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
鋼橋3次元製品モデルの開発
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
大規模プロジェクトの協働プラットフォーム
(JRNC.net)の構築について
電子国土に向けた道路の測量業務とデータモデル
の構築
建設現場との情報共有及び工事実績D/Bの構築
事例
PPI(入札情報サービス)を活用した営業情報システ
ムの構築について
地方自治体維持管理業務におけるCALS/ECの適
用に関する研究
中山組のIT化への取組み
VI-6 E202 三輪 晴文
建設CALS
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
情報化施工(1)
VI-6 E202 菊池 英明
設計照査エージェントとプロダクトモデルを用いた
CAD環境に関する基礎的検討
土工事における情報化施工(デジタル写真測量によ
る情報化施工事例)
大規模土工事における精密施工法の導入・運用と
その効果
土運船による直接投入における情報化施工
会
講演者
員
正 栗原 薫
正 長山 喜則
所 属
日立造船
連名者1
連名者2
連名者3
連名者4
永井 昭弘 北川 勝也
学 中村 修策
ジェイアール西日本 中山 忠雅
コンサルタンツ株式
関西大学大学院
三上 市藏 田中 成典 窪田 諭
正 藤田 輝幸
石川島播磨重工業 金子 昌次 額谷 仁博 加藤 正雄
正 五十嵐 善一 奥村組
学 辻岡 伸也
関西大学
古田 均
古賀 健士 佐藤 郁
正 藤田 真一
中山組
学 小谷 隼
室蘭工業大学
矢吹 信喜
F 早崎 勉
鹿島建設
越谷 信行
正 大前 延夫
ハザマ
正 川俣 奨
五洋建設
建山 和由 海老原 雄 沖 政和
須田 清隆
志
中西 祐一 植田 弘
前田 博志 立野 雅人
正 澤 正樹
ハザマ
建山 和由 大前 延夫 黒台 昌弘 小野 正樹
正 黒川 敏広
住友建設
印南 修三 山地 斉
正 須川 智久
住友建設
榊原 和成 横田 聖哉 黒川 幸彦 今田 博
情報化施工(1)
SS無線を用いた重機稼動監視システムの開発・導
入
道路土工トータル管理システムの現場への適用(そ
の1)
道路土工トータル管理システムの現場への適用(そ
の2)
3次元GISを用いた精密施工支援システムの開発
正 黒台 昌弘
ジオスケープ
建山 和由 大前 延夫 奥村 敬司 須田 清隆
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
ASPを利用した施工管理情報の共有化
正 近藤 次郎
大林組
岡井 大八 川崎 浩司 高橋 寛
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
鹿島建設
向井 昭弘 飯塚 一人 江藤 隆志
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
ハザマ
鶴田 正治 西村 毅
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
大規模アスファルトフェ―シングダム工事への情報 正 菅野 義人
化施工(IT施工)の適用
地下掘削工事における岩盤計測管理システムの開 正 丸山 能生
発・導入
ボーリングデータベースとリンクしたWebGISの開発 正 王寺 秀介
中央開発
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
PC橋架設時における事故の原因推定へのSOMの
適用に関する研究
地中音による地すべり予知システム開発のための
振動基礎実験
21/23
三上 博
学 楠瀬 芳之
関西大学
黒田 真一 後藤 晃治
郎
広兼 道幸 古田 均
奥地 圭介
正 丹羽 康修
上木建設
宮木 康幸 鳥居 邦夫
林田 岳士
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-437 26 10:30∼
12:00
VI-438 27 08:45∼
10:15
VI-439 27 08:45∼
10:15
VI-440 27 08:45∼
10:15
VI-441 27 08:45∼
10:15
VI-442 27 08:45∼
10:15
VI-443 27 08:45∼
10:15
VI-444 27 08:45∼
10:15
VI-445 27 08:45∼
10:15
VI-446 27 08:45∼
10:15
VI-447 27 10:30∼
12:00
VI-448 27 10:30∼
12:00
VI-449 27 10:30∼
12:00
VI-450 27 10:30∼
12:00
VI-451 27 10:30∼
12:00
VI-452 27 10:30∼
12:00
VI-453 27 10:30∼
12:00
VI-454 27 10:30∼
12:00
VI-455 27 10:30∼
12:00
VI-456 27 13:00∼
14:30
会場 教室
座 長
セッション
VI-6 E202 鎌田 文男
情報化施工(2)
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 深川 良一
知的情報処理
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 長峯 洋
GIS
VI-6 E202 鳥井原 誠
リモートセンシン
グ・GPS
講 演 題 目
技術シーズと問題ニーズに関するマネジメントシス
テムの基礎的研究
データマイニングにおけるGA・情報エントロピーの
適用について
土石流氾濫シミュレーションへのセルオートマタの
適用に関する研究
斜面崩壊危険度診断事例からの支持度と条件数に
基づく決定アルゴリズムの導出
豪雨による道路災害軽減のための事前通行規制基
準雨量の設定について
デ−タマイニングによる橋梁伸縮継手の損傷に関
する知識の獲得
ラフ集合を用いた土石流発生・非発生における地形
の規則性に関する研究
斜面崩壊誘因の広域逆推定における教師データの
影響分析
市街地変遷形態予測支援を目的としたDLAモデル
とCAモデルの併用について
階層化意思決定法に基づく土地分級評価における
土地利用シナリオの取り込み方について
高解像度衛星データを用いた3次元動画シミュレー
ションシステム構築に関する基礎研究
土地利用データを用いた緑地空間分布の長期時系
列解析に関する研究 ―水戸市中心部を対象とし
て―
GISを用いた国土管理基盤データの抽出と概念モデ
ル構築(その1)
GISを用いた国土管理基盤データの抽出と概念モデ
ル構築(その2)
案内図作成支援システムの研究開発
橋梁部材の陸上輸送計画におけるGISの適用に関
する研究
航空写真を用いた建物特性の自動判別
会
講演者
員
学 阿部 敦壽
東京大学
松本 高志
正 須藤 敦史
地崎工業
星谷 勝
正 広兼 道幸
関西大学
古田 均
学 西村 文宏
関西大学
広兼 道幸 古田 均
正 倉本 和正
正 佐藤 丈晴
中電技術コンサルタ 瀬口 武三 古川 浩平 須藤 孝行 荒川 雅生
ント
郎
山口大学
加賀山 泰 田中 信也
一
エイトコンサルタント 荒木 義則 中山 弘隆 水山 高久 古川 浩平
正 大林 成行
東京理科大学
小島 尚人 青木 太
宮澤 啓之
正 小島 尚人
東京理科大学
大林 成行 齊藤 勤
鴫原 雄一
学 清宮 大輔
東京理科大学
小島 尚人 大林 成行 荻 高大
学 田代 拓
茨城大学
小柳 武和 志摩 邦雄 桑原 祐史
学 木村 誉
茨城大学
小柳 武和 志摩 邦雄 桑原 祐史
正 青山 憲明
国土交通省
光橋 尚司 奥谷 正
正 光橋 尚司
国土交通省
青山 憲明 奥谷 正
正 宮本 文穂
22/23
連名者1
連名者2
田中 成典 古田 均
正 保田 敬一
三雲 是宏 古田 均
ニュージェック
正 小檜山 雅之 東京大学
学 MIGUEL
ESTRADA
連名者3
連名者4
島田 良範 内藤 一馬
学 物部 寛太郎 関西大学大学院
数値地図とリモートセンシングによる地すべり危険 正 常松 直志
地帯調査
土石流検知センサー最適配置支援システムの開発 正 堀井 宣幸
Evaluation of the Capability of Landsat 7/ETM+
Imagery for Damage Detection due to 2001 Atico,
Peru Earthquake
所 属
原川 浩一
二階堂 義
則
二階堂 義
則
横田 哲也
國分 桂子 山崎 文雄
東北大学大学院
沢本 正樹 風間 聡
産業安全研究所
豊澤 康男 玉手 聡
東京大学
小檜山 雅 山崎 文雄
之
佐口 治
第57回年次学術講演会プログラム 第6部門
講演
日 時間
番号
VI-457 27 13:00∼
14:30
VI-458 27 13:00∼
14:30
VI-459 27 13:00∼
14:30
VI-460 27 13:00∼
14:30
VI-461 27 13:00∼
14:30
VI-462 27 13:00∼
14:30
VI-463 27 14:45∼
16:15
VI-464 27 14:45∼
16:15
VI-465 27 14:45∼
16:15
VI-466 27 14:45∼
16:15
VI-467 27 14:45∼
16:15
VI-468 27 14:45∼
16:15
VI-469 27 14:45∼
16:15
VI-470 27 14:45∼
16:15
会場 教室
座 長
VI-6 E202 鳥井原 誠
セッション
VI-6 E202 川端 淳一
リモートセンシン
グ・GPS
リモートセンシン
グ・GPS
リモートセンシン
グ・GPS
リモートセンシン
グ・GPS
リモートセンシン
グ・GPS
リモートセンシン
グ・GPS
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 川端 淳一
建設環境
VI-6 E202 鳥井原 誠
VI-6 E202 鳥井原 誠
VI-6 E202 鳥井原 誠
VI-6 E202 鳥井原 誠
VI-6 E202 鳥井原 誠
講 演 題 目
衛星リモートセンシングデータの濃度変換システム
に関する一考察
GPS施工規定方式における転圧判定の合理化
会
講演者
員
正 桑原 祐史
茨城大学
湊淳
正 森下 裕史
清水建設
阿部 秀徳 小池 正己 皿海 章雄
所 属
連名者1
連名者2
小澤 哲
連名者3
連名者4
小柳 武和 志摩 邦雄
RTK-GPSとWeb3Dを用いた盛土管理システムの開
発
GPS仮想基準点方式の低速移動体走行計測実験
正 藤原 祐一郎 鴻池組
谷村 泰裕 市埜 順也
正 佐田 達典
三井建設
大津 愼一 清水 哲也
油圧ショベル掘削指示システムの開発
正 先村 律雄
トプコン
江藤 隆志
関空2期用地造成工事における埋立層厚管理シス
テムの開発
焼却施設解体に伴う高濃度ダイオキシン類含有排
水の処理事例について
ダム堆砂と流木チップを用いた焼成体の水質浄化
特性について
藻類等の繁殖増進効果を有するコンクリートに関す
る研究
泥水式シールド工法における建設汚泥の発生抑制
正 鈴木 隆
関西国際空港
水上 純一
正 橘 敏明
鴻池組
川西 順次 網本 博孝 縁田 正美 赤坂 文昭
正 野村 和弘
ハザマ
内藤 斉
正 槙島 修
飛島建設
大城 武
正 田中 孝
戸田建設
諸喜田 茂 田中 斉
充
浅井 康彦 小山 正幸 香西 利幸
正 小山 秀紀
熊谷組
猪狩 直人 平松 一樹 野中 英
正 森 雄治
大成建設
臼井 直人 樋口 雄一 藤原 斉郁 檜垣 貫司
正 杉本 英夫
大林組
辻 博和
正 渡辺 輝文
熊谷組
伊藤 洋
天然系ワックスエマルションの粉塵防止効果につい
て
アスファルト・ベントナイト混入遮水材の開発 −現
場敷設1年後の状況
建設副産物の緑化利用に関する研究(2)−木片コ
ンクリート板の特性−
油汚染土の磨砕による浄化プラントの機能について
23/23
本田 章人 大矢 通弘
川口 謙治
Fly UP