...

4.水道橋病院 - 東京歯科大学

by user

on
Category: Documents
87

views

Report

Comments

Transcript

4.水道橋病院 - 東京歯科大学
Title
Journal
URL
東京歯科大学研究年報 : 平成13年度
東京歯科大学研究年報, (): http://hdl.handle.net/10130/373
Right
Posted at the Institutional Resources for Unique Collection and Academic Archives at Tokyo Dental College,
Available from http://ir.tdc.ac.jp/
1.保
存
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
槇石
武美
炭酸ガスレーザー装置(Panalas10)による硬組織治療の臨床的研究
講
師
近藤
祥弘
歯内療法処置に応用される剤(材)品に関する研究
野呂
明夫
新規口腔リハビリ器具による表情筋(口輪筋・頬筋)機能療法の基礎と臨床
森山
貴史
口臭
渡部
光弘
歯髄 ― 材(剤)品の接触界面に関する臨床的検討
廣瀬
理子
歯周炎局所のサイトカインおよび iNOS 発現と特定細菌に関する研究
助
手
2.成果の概要
新規口腔リハビリ器具による表情筋(口輪筋・頬筋)機能療法の基礎と臨床
若年者から高齢者までの口唇閉鎖力の経年変化を調べるために,若年者(3歳∼19歳)3,
172名,成人(20
歳∼59歳)761名,高齢者(6
0歳∼89歳)170名の合計4,
103名について,口唇力測定器を用いて測定を実施
した.
3歳∼6歳までは男女ともに同様の口唇閉鎖力の上昇が認められたが,それ以降は男性が女性に比較して
優位になり,男女ともに1
8∼20歳頃に口唇閉鎖力はほぼでき上がり,男性は約1
4N を女性は約1
2N を示し
た.年齢別による口唇閉鎖力の推移から男性の口唇閉鎖力は,2
0歳代(約1
4N)と30∼40歳代(約16N)と
でピーク値は異なっていた.男女ともに60歳位より老化によって口唇閉鎖力は下降しはじめ,80歳代での口
唇閉鎖力は,5∼7N であり3歳児とほぼ同じ値まで下降した.成人男性健康者の口唇閉鎖力は約1
4∼17N
あるのに対して,成人男性有病者の口唇閉鎖力は約10∼14N であった.一方,成人女性健康者の口唇閉鎖力
は約12∼14N あるのに対して,成人有病者の口唇閉鎖力は約8∼1
0N であった.3歳∼59歳の男女におい
て,口呼吸・扁桃炎・咽頭炎・アトピー・喘息・鼻炎・イビキ・生活習慣病などの疾病や症状を持つ有病者
は,健康者に比較して口唇閉鎖力が男女ともに各年齢帯で約3∼4N 低い値を示した.健康者群と有病者群
との間において,男女ともに各年齢帯で統計学的な有意差(p<0.
05,Mann-Whitney test)を認めた.健康
者・有病者の割合は,どの年代においても女性の有病者率は男性よりも高率に存在した.また,男女共にど
の年代においても,口唇閉鎖力の弱い有病者が10∼40%の割合で存在し,加齢に伴い有病者の比率が増加し
た.大病をすると同年代の人と比較して顕著に,口唇閉鎖力の低下傾向が認められた.口唇閉鎖力は呼吸器
系と免疫系疾患の傾向をみるうえで有効な数値で,口腔環境の健康度を表す一つの指標となる可能性が高い
と考えられる.
―2
9
5―
論
文
1.野呂明夫:口腔リハビリ器具
「パタカラ」を利用した口腔筋機能療法,日歯東洋医会誌 20
(1・2),6∼24,
2001.原著
2.伊藤
修",西本幸仁#,野呂明夫,高橋一祐,砂川正隆$,福岡博史$,小山悠子$,福岡
明$:顎関節症患
者に対する「ボニートベルデ」
(緑の塩)の効果と評価,日歯東洋医会誌 20
(1・2),25∼31,2001.原著 "漢
方健康センター,#水病・総合歯科,$医療法人明徳会福岡歯科東洋医学研究所
解
説
1.森山貴史,山田
了":音波歯ブラシおよび電動歯ブラシが歯肉縁下細菌叢に及ぼす効果走査型電子顕微鏡
を用いた被検者8名に対する臨床比較研究,Quintessence 21#,429∼437,2002."保存Ⅱ
単行図書
「くちびる体操」
,マキノ出版,東
1.秋廣良昭",野呂明夫,高橋潤一#:共著:アトピー・歯周病がよくなる
京,2
001.脳科学研"水病・総合歯科,#保存Ⅱ
2.山 田
了",中 川 種 昭",角 田 正 健",渋 川 義 宏",小 宮 明 代",高 橋 潤 一",太 田 幹 夫",関 口 一 実",
杉戸博記",伊藤太一",森山貴史,廣瀬理子:共著:やさしい説明,上手な治療[3]細菌から体を守るプ
ラークコントロール,永末書店,京都市,2001."保存Ⅱ
3.槇石武美!:著分担:歯科臨床研修マニュアル 起こりうる問題点と解決法 !
連事項
そ
第4章
知っておくべき関
5.健康保険制度における診療324∼329頁,永末書店,京都市,2002.
の 他
1.秋廣良昭",野呂明夫,高橋潤一#:シワ・イビキ・脳溢血・顔面麻痺まで効く,安心 19",125∼143,
2001."水病・総合歯科,#保存Ⅱ
2.秋廣良昭",野呂明夫:イビキ・口臭を消去する
「くちびる体操」
,安心 19%,201∼216,2001."水病・総
合歯科
3.森山貴史:歯周病・最新事情,忍びよる歯周病菌,きょうの健康 1,72∼75,2002.
4.森山貴史:歯周病・最新事情,最新の治療法,きょうの健康 1,76∼79,2002.
5.森山貴史:歯周病・最新事情,Q&A,きょうの健康 1,80,2002.
学会抄録
1.西本幸仁",高橋潤一#,野呂明夫,秋廣良昭",細川伊平$,槇石武美,平井義人$:新規口腔リハビリ器具
による表情筋(口輪筋・頬筋)機能療法の基礎と臨床(第5報)社会人から老人までの口唇閉鎖力の評価,日
歯保存誌 44
(春季特別号),108,2001.(第114回日本歯科保存学会春季学会,横須賀市)"東京都,#保存Ⅱ,
$保存Ⅲ
―2
9
6―
2.野呂明夫,高橋潤一!,秋廣良昭",西本幸仁",槇石武美,平井義人#:新規口腔リハビリ器具による表情筋
(口輪筋/頬筋)機能療法の基礎と臨床(第6報)
『パタカラ』の使用による口唇閉鎖力の変化と効能,日歯保
存誌 44
(春季特別号)
,109,2001.(第114回日本歯科保存学会春季学会,横須賀市)!保存Ⅱ,"東京都,#保
存Ⅲ
3.Takahashi,J.!, Noro, A., Akihiro, Y.", Hirai,Y.# : Evaluation of lip−closedown−strength in young persons, J
Dent Res 80
(Special Issue),776,2001.(79th International Association for Dental Rsearch,Chiba,Japan)
!保存Ⅱ,"東京都,#保存Ⅲ
4.槇石武美:社会保険診療の現状と将来
(特別講演)
,歯科学報 101&,556,2001.(第271回東京歯科大学学会
例会,千葉市)
5.Hirose, M., Moriyama, T., Tsunoda, M.!, Yamada, S.! : Deodorizing effects of various herb oils, 5 th International Conference on Breath Odor Abstracts,75,2001.(5th International Conference on Breath Odor Abstracts,Tokyo,Japan)!保存Ⅱ
6.森山貴史,近藤祥弘,野呂明夫,渡部光弘,廣瀬理子,槇石武美:東京歯科大学水道橋病院保存科2000年度
新患における歯周治療の現状,歯科学報 101*,943,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)
7.青 木
聡!,大 多 和 由 美",谷 田 部 賢 一#,柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓$,槇 石 武 美,安 達
康%,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第1報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,200
1.(第272回
東京歯科大学学会例会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・小児歯科,#水病・矯正科,$水病・口外科,%水
病・補綴科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
8.廣 瀬 理 子,森 山 貴 史,角 田 正 健!,山 田
了!:各種ハーブオイルの消臭効果,歯科学報 101*,96
4,
2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!保存Ⅱ
9.高橋潤一!,野呂明夫,秋廣良昭",西本幸仁",加藤嘉哉#,細川壮平#,槇石武美,平井義人$:新規口腔リ
ハビリ器具による表情筋(口輪筋/頬筋)機能療法の基礎と臨床(第7報)若年者(幼児から成年)口唇閉鎖力
の成長発育,日歯保存誌 44
(秋季特別号),114,2001.(第115回日本歯科保存学会秋季学会,福岡市)!保存
Ⅱ,"東京都,#水病・総合歯科,$保存Ⅲ
10.野呂明夫,高橋潤一!,秋廣良昭",西本幸仁",保坂
誠#,細川壮平$,槇石武美#,平井義人#:新規口腔
リハビリ器具による表情筋(口輪筋/頬筋)機能療法の基礎と臨床(第8報)成人における口唇閉鎖力の経年
変化と疾病との関連性,日歯保存誌 44
(秋季特別号),115,2001.(第115回日本歯科保存学会秋季学会,福岡
市)!保存Ⅱ,"東京都,#保存Ⅲ,$水病・総合歯科
―2
9
7―
2.総
合
歯
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
槇石
武美
講
師
青木
聡
総合診療実践のための診査・診断・治療計画の検討
助
手
鈴木
聡
歯牙漂白の経過観察
奥川
裕司
コンピューター支援歯科用切削装置「セレック2」の臨床使用経過観察
伊藤
義尚
総合歯科の臨床統計
市川
信明
病院助手
大山口
総合診療の進め方の検討
譲
康
明美
小林
武士
鈴木
憲子
加藤
嘉哉
木村
哲也
細川
壮平
松井みちる
2.成果の概要
総合診療を進めるにあたっては,!患者中心の診療を行うこと,"計画診療を行うこと,#診療の流れのパ
ターンを作ることが必要である.
そのためには診療内容の改革が必要と考えられ,受診者来院時からのステップをひとつひとつ検討してい
る.
―2
9
8―
論
文
1.Suzuki, S.!, Onodera, K.", Aoki, S., Sato, S.! : Treatment of hyperdivergent type class Ⅱ malocculusion with
dysfunction of craniomandibular system, Bull Kanagawa Dent Coll 29",89∼98,2001.原著!神歯大・
矯正,"東京都
解
説
1.Ishikawa, T.!, Tokiwa, O.", Aoki, S., Sato, S.# : Correspondence to an occlusion−related syndorome founding the future, Bull Kanagawa Dent Coll 29",131∼138,2001.!保存Ⅲ,"東京都,#神歯大・矯正
プロシーディングス
1.Aoki,S.:Diagnosis for the cases with dysfunction of craniomandibular system−Case presentation,Thera
func dis CM MS,2001.(Therapies for functionally disturbed craniofacial and masticatory systems,Yokosuka,Japan)
学会抄録
1.青木
聡,高階博文!,佐藤貞雄!,斎藤大輔",寺中敏夫":不正咬合を有する歯周病患者の診断と治療法に
ついて 第1報 診査項目と分析法,日歯保存誌 44
(春季特別号),71,2001.(第114回日本歯科保存学春季大
会,横須賀市)!神歯大・矯正,"神歯大・保存
2.青木
聡,佐藤貞雄!:顎機能障害を有する患者の診断法と治療の実際第1報診査・診断について,第1
9回
日本口腔健康医学会学術大会・総会抄録集,96,2001.(第19回日本口腔健康医学会学術大会・総会,東京)!
神歯大・矯正
3.Aoki, S. : Non−surgical treatment of skeletal class Ⅲ malocclusion using MEAW technic., MEAW Tec Res
Foun,27,2001.(5th International Biennial meeting,Ontario,Canada)
4.青木
聡,槇石武美,高階博文!,佐藤貞雄!:不正咬合を有する歯周病患者の診断と治療法について 第2
報治療方針と手順について,日歯保存誌 44
(春季特別号)
,48,2001.(第115回日本歯科保存学秋季大会,福
岡市)!神歯大・矯正
5.青木
聡,槇石武美:顎機能を考慮した不正咬合治療における診査・診断法について,歯科学報 101
*,9
55,2001.(第272回東京歯科大学学会例会,千葉市)
6.青 木
聡,大 多 和 由 美!,谷 田 部 賢 一",柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓#,槇 石 武 美$,安 達
康%,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第1報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,200
1.(第272回
東京歯科大学学会例会,千葉市)!水病・小児歯科,"水病・矯正科,#水病・口外科,$水病・保存科,%水病・
補綴科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
7.大 多 和 由 美!,青 木
聡,鈴 木
近藤祥弘&,古賀正忠%,金子
聡,島 田
淳",望 月 清 志!,高 野 正 行#,堀 田 宏 巳$,末 石 研 二%,
譲':東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨
床能力試験
(OSCE)の実施第二報ポストアンケートとその結果についての検討,歯科学報 101*,957,
2001.(第272回東京歯科大学学会例会,千葉市)!水病・小児歯科,"水病・スポーツ歯科,#水病・口外科,$水
病・補綴科,%水病・矯正科,&水病・保存科,'歯麻
―2
9
9―
8.鈴木
聡,伊藤義尚,小林武士,木村哲也,松井みちる,奥川裕司,青木
聡,槇石武美:東京歯科大学水
道橋病院総合歯科における臨床統計第1報平成12年度下半期の外注技工物の状況より,歯科学報 101
%,9
70,2001.(第272回東京歯科大学学会例会,千葉市)
9.高橋潤一!,野呂明夫",秋廣良昭#,西本幸仁#,加藤嘉哉,細川壮平,槇石武美$,平井義人$:新規口腔リ
ハビリ器具による表情筋(口輪筋・頬筋)機能療法の基礎と臨床(第7報)若年者(幼児から成人)における口
唇閉鎖力の成長発育,日歯保存誌 44
(秋季特別号)
,114,2001.(第115回日本歯科保存学会秋季学会,福岡
市)!保存 II,"水病・保存科,#東京都,$保存Ⅲ
10.野呂明夫!,高橋潤一",秋廣良昭#,西本幸仁#,保坂
誠$,細川壮平,槇石武美$,平井義人$:新規口腔
リハビリ器具による表情筋(口輪筋/頬筋)機能療法の基礎と臨床(第8報)成人における口唇閉鎖力の経年
変化と疾病との関連性,日歯保存誌 44
(秋季特別号),115,2001.(第115回日本歯科保存学会秋季学会,福岡
市)!水病・保存科,"保存 II,#東京都,$保存Ⅲ
11.青木
聡,槇石武美,高階博文!,佐藤貞雄!:さまざまな症状を訴える不正咬合患者の診断法と治療 第1
報診査項目と分析法,第11回日本全身咬合学会学術大会プログラム・抄録集,3
8,2001.(第11回日本全身
咬合学会学術大会,千葉市)!神歯大・矯正
―3
0
0―
3.補
綴
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
安達
康
骨結合インプラントの基礎的臨床的研究(A83‐0530‐1)
講
師
堀田
宏巳
骨結合インプラントの基礎的臨床的研究(A83‐0530‐1)
助
手
三宅菜穂子
補綴材料への口腔内細菌の吸着に関する実験的研究(A91‐0520‐2)
野村
貴生
骨結合インプラントの基礎的臨床的研究(A83‐0530‐1)
浅田
智宏
有床義歯の重合方法(A96‐0510‐2)
金井
由起
歯冠色修復材料の表面処理方法と接着性に関する研究(A99‐0520‐1)
2.成果の概要
1)補綴材料への口腔内細菌の吸着に関する実験的研究(A91‐0520‐2)
補綴材料表面に対する口腔内細菌の吸着の機序を明らかにすることを目的とし,口腔内細菌と補綴材料の
界面化学的性質をゼータ電位の測定によって調べ,補綴材料への吸着実験によって,界面における口腔内細
菌の初期挙動を明らかにしそれぞれのゼータ電位の所見との関連を考察してきた.本年度は歯冠用硬質レジ
ン6種のゼータ電位測定を行った.その結果,歯冠用硬質レジンのゼータ電位は−1
3mV を示した1種以外
いずれも−20mV 前後であり各材料間で大きな差が認められなかった.
2)歯冠色修復材料の表面処理方法と接着に関する研究(A99‐0520‐1)
硬質レジンに関しての基礎的性質として陶材表面の粗さと表面処理の違いによる陶材と硬質レジンとの接
着強さの検討を行った.陶材表面に対してはダイヤモンドポイント等の粗い切削器具の使用による新鮮面の
露出および表面処理としてはシランカップリング剤またはボンディング材を併用することで高い接着強さが
得られた.
3.科学研究費補助金・各種補助金
研究代表者
研 究 課 題
研 究 費
三宅菜穂子
pH タイトレーションを用いた補綴材料への口腔内細菌の 科学研究費・奨励(A)
吸着性および洗浄効果
金井
陶材と硬質レジンの接着力の向上および陶材へのレジン系 科学研究費・奨励(A)
セメントの接着力に関する研究
由起
―3
0
1―
論
文
1.佐藤雄大",堀田宏巳,岸
正孝":直接リライニングによる適合性の改善に関する研究,歯科学報 101%,
388∼403,2001.原著 A85−0530−1,学位論文 保情研"補綴Ⅲ
2.赤堀仁則",安達
康:マイクロ CT を用いたイヌ下顎骨内部構造の観察−チタンインプラント周囲海綿骨
の形態学的評価−,歯科学報 101&,457∼470,2001.原著 A83−0530−1,HRC961D01,HRC992C01,学位
論文 分析生研 実動施設 "補綴Ⅲ
3.森下亜矢子",鈴木浩樹",宮下有恒",野村貴生,堀田宏巳,嶋村一郎",安達
grated
康,岸
正孝":Osseointe-
implant における上部構造の適合性向上に対する鑞付け法の評価,日口腔インプラント会誌 14
#,1
97∼204,2001.原著 A−83−0530−1 "補綴Ⅲ
4.矢 野 慎 二",高 崎 美 喜 夫#,熱 田 俊 一$,鈴 木 浩 樹#,辻
岸
吉 純#,堀 田 宏 巳,嶋 村 一 郎#,安 達
康,
正孝 :骨結合インプラント周囲骨の剛性の部位差と応力分布,歯科学報 102$,219∼226,2002.
#
原著 A8
3−0
5
3
0−1 "愛媛県,#補綴Ⅲ,$千葉県
プロシーディングス
1.Akahori,Y.", Adachi, Y., Kishi, M.", Abe, S.#, Ide, Y.# : Observation of internal structure of the canine mandible by microcomputed tomography, Proceedings of 5th World Congress for Oral Implantology−
Biomechanics and Tissue Engineering−,226∼229,2001.(5th World Congress for Oral Implantology, Tokyo, Japan)A8
3−0
5
3
0−1,HRC9
6
1D0
1,HRC9
9
2C0
1分析生研実動施設 "補綴Ⅲ,#解剖
2.Miyashita, Y.", Nomura, T., Suzuki, H.", Adachi, Y., Kishi, M." : A 15−year retrospective study of osseointegrated implants in Tokyo Dental College Chiba hospital, Proceedings of 5th World Congress for Oral
Implantology−Biomechanics and Tissue Engineering−,470∼471,2001.
(5th World Congress for Oral Implantology, Tokyo, Japan)A8
3−0
5
3
0−1 "補綴Ⅲ
そ
の 他
3年度
1.三宅菜穂子:pH タイトレーションを用いた補綴材料への口腔内細菌の吸着性および洗浄効果,平成1
文部省科学研究費奨励研究!研究実績報告書,2001.文部省科学研究費 12771196,A91−0520−2
2.金井由起:陶材と硬質レジンの接着力の向上および陶材へのレジン系セメントの接着力に関する研究,平成
13年度文部省科学研究費 奨励研究!研究実績報告書,2001.文部省科学研究費 12771198,A99−0520−1
学会抄録
1.猪狩弓彦",関根秀志",安達
康,岸
正孝":重合・填入方法の差異が局部義歯床の変形及び人工歯の変
位に及ぼす影響に関する研究,日補綴歯会誌 45
(105回特別号),53,2001.(第105回日本補綴歯科学会学術
大会総会,東京)"補綴Ⅲ
2.野 坂 祐 介",相 原 一 之",三 穂 乙 暁",金 井 由 起,鈴 木 雅 亨",佐 藤
小田
亨",腰 原
好",河 田 英 司#,
豊#:陶材焼付鋳造冠の陶材面破折修理における一考表面の粗さと処理の違いが接着に及ぼす影
響,日補綴歯会誌 45
(105回特別号),115,2
001.(第105回日本補綴歯科学会学術大会総会,東京)A99−0520
−1 細形研"補綴Ⅱ,#理工
―3
0
2―
3.冨田友美子!,三宅菜穂子:ヒト耳下腺唾液中の脂質および脂肪酸,口腔衛会誌 51,376∼377,2001.(第
5
0回日本口腔衛生学会,名古屋市)A8
9−0
1
2
0−1 細形研,生素研 !生化学
4.猪狩弓彦!,関根秀志!,安達
康,岸
正孝!:重合・填入方法の差異が局部義歯床の人工歯の変位に及ぼ
す影響に関する研究,日補綴歯会誌 45
(106回特別号),53,2001.(第106回日本補綴歯科学会学術大会総会,
東京)!補綴Ⅲ
5.鈴 木 浩 樹!,赤 堀 仁 則!,森 下 亜 矢 子!,宮 下 有 恒!,野 村 貴 生,辻
岸
吉 純!,堀 田 宏 巳,安 達
康,
!
正孝 :インプラントの印象における手技の改良印象精度の確保と患者のストレス軽減,日口腔イン
プラント会誌 15",275,2002.(第21回日本口腔インプラント学会関東・甲信越支部総会・学術大会,東京)
!補綴Ⅲ
6.早川正哉!,荒瀧友彦!,野村貴生,嶋村一郎!,安達
康,岸
正孝!:咬合面を介して伝達される衝撃とそ
の緩和−衝撃吸収シートの有用性について−,日補綴歯会誌 46#,424,2002.(平成13年度日本補綴歯科
学会東関東支部総会・第5回学術大会,水戸市)!補綴Ⅲ
7.荒瀧友彦!,関根秀志!,辻
吉純!,堀田宏巳,嶋村一郎!,岸
正孝!,川越元久":咬合面を介して伝達さ
れる衝撃とその緩和−衝撃緩和シートの力学的特性について−,日補綴歯会誌 46#,424,2002.(平成
1
3年度日本補綴歯科学会東関東支部総会・第5回学術大会,水戸市)!補綴Ⅲ,"東京都
8.Akahori, Y.!, Adachi, Y., Kishi,M.!, Abe, S.", Ide, Y." : Observation of internal structure of the canine mandible by micro computed tomography, 5th World Congress for Oral Implantology Program and Abstracts,81,2002.(5th World Congress for Oral Implantology,Tokyo)実動施設 !補綴Ⅲ,"解剖
9.Miyashita, Y.!, Nomura, T., Suzuki, H.!, Adachi, Y. Kishi, M.! : A 15−year retrospective study of osseointegrated implants in Tokyo Dental College Chiba Hospital, 5th World Congress for Oral Implantology
Program and Abstracts,132,2002.(5th World Congress for Oral Implantology, Tokyo)!補綴Ⅲ
10.青 木
聡!,大 多 和 由 美",谷 田 部 賢 一#,柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓$,槇 石 武 美%,安 達
康,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第1報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,200
2.(第272回
東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・小児歯科,#水病・矯正科,$水病・口外科,%水
病・保存科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
11.大 多 和 由 美!,青 木
聡",鈴 木
近藤祥弘&,古賀正忠%,金子
聡",島 田
淳#,望 月 清 志!,高 野 正 行$,堀 田 宏 巳,末 石 研 二%,
譲':東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨
床能力試験
(OSCE)の実施第2報ポストアンケートとその結果についての検討,歯科学報 101*,957,
2002.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・小児歯科,"水病・総合歯科,#水病・スポーツ歯科,$
水病・口外科,%水病・矯正科,&水病・保存科,'歯麻
12.Suzuki, H.!, Baek, S.!, Miyashita, Y.!, Yamakura, D.!, Shimamura, I.!, Adachi, Y., Kishi, M.! : An improved
impression procedure in implant prostheses for edentulous jaw, 2001 The Korea Academy of Prosthodontics,94,2002.(2001The Korea Academy of Prosthodontics, Seoul, Korea) !補綴Ⅲ
―3
0
3―
4.小
児
歯
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
講
師
大多和由美
外傷幼若永久歯における電気的閾値の経時的変化(A87‐0450‐4)
講
師
望月
永久歯萌出遅延歯の処置法
助
手
辻野啓一郎
乳歯形態異常,歯数異常が永久歯列に及ぼす影響
北村
小児歯科来院患者動態について
病院助手
清志
智子
2.成果の概要
歯科大学病院小児歯科における平成8∼10年度初診患児の実態調査
わが国は近年急速に少子高齢社会に変化している.その中で今後の小児歯科の役割は,少子時代故に重要
性を増していると思われる.また,定住人口の減少が進んでいる都心部では地域医療需要にも変化が生じて
おり,小児歯科医療を取りまく環境には変化が生じていると思われる.この点を明らかにする目的で,平成
8年4月から平成11年3月までの3年間に東京歯科大学水道橋病院小児歯科に初診で来院した患児8
70名に
ついて,来院時年齢,来院動機,居住地域,紹介状の有無について調査を行うとともに,過去に当講座で実
施した同様の調査と比較・検討を行った.
その結果,年齢別にみた初診患児の割合は幼児および児童がそれぞれほぼ40%を占めており,残りは中学
校あるいは高等学校の生徒であった.齲蝕治療を来院動機とする患児は減少傾向にあり,低年齢児では歯牙
外傷,永久歯萌出開始期以降からは,歯列異常や萌出異常に関する訴えが増加していた.紹介状を持って来
院した患児では,歯数異常や萌出異常,軟組織異常が多くみられた.以上の結果から,歯科大学病院小児歯
科の役割として,低年齢児の歯牙外傷に対する管理,歯列異常,萌出異常や歯数異常を有する患児に対する
咬合誘導処置,あるいは一般歯科診療所からの歯科的管理の依頼に対し,適切に対応することが求められて
いるものと思われた.
小児歯誌 40,148∼154,2002.
―3
0
4―
論
文
1.島 田
淳!,横 山 葉 子",小 川 欽 也",福 田 謙 一#,野 間 智 子#,渡 辺
末石研二$,喜田賢司$,山
満%,堀田宏巳&,武田友孝!,村松
一",望 月 清 志,辻 野 啓 一 郎,
淳#,石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症
診査,診断および治療,歯科学報 101%,415∼435,2001.臨床!水病・スポーツ歯科,"水病・口外科,#
水病・麻酔科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
2.島 田
淳!,横 山 葉 子",小 川 欽 也",福 田 謙 一#,野 間 智 子#,渡 辺
末石研二$,喜田賢司$,山
満%,堀田宏巳&,武田友孝!,村松
一",望 月 清 志,辻 野 啓 一 郎,
淳#,石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症
診査、診断および治療
(その2),歯科学報 101&,491∼505,2001.臨床!水病・スポーツ歯科,"水病・
口外科,#水病・麻酔科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
3.Mochizuki, K., Ootawa, Y., Kubo, S.!, Machida, Y.!, Yakushiji, M.! : Bifurcation, birooted primary canines :
a case report, Int J Pediatr Dent 11%,380∼385,2001.症例 !小児歯
4.辻野啓一郎,藥師寺
仁!:上顎洞内に萌出した過剰歯の1例,小児歯誌 39$,901∼907,2001.症例 !小
児歯
5.今村治代,辻野啓一郎,望月清志,大多和由美,藥師寺
仁!:歯科大学病院小児歯科における平成8−1
0
年度初診患児の実態調査,小児歯誌 40!,148∼154,2002.臨床 !小児歯
6.辻野啓一郎,望月清志,大多和由美,藥師寺
仁!,井上
孝":乳歯に由来した線維性骨形成性エプーリス
の2例,小児歯誌 40!,198∼203,2002.症例 !小児歯,"臨検査
学会抄録
1.Inoue, T.!, Shimono, M.", Matsuzaka, K.!, Muramatsu, T.", Miyakoshi, S.", Murakami, S.", Abe, S.#, Agematsu, H.#, Yanagisawa, T.$, Miake, Y.$, Tazaki, M.%, Kato, T.&, Ishihara, K.&, Yoshinari, M.', Hasegawa,
K.', Shintani, M.(, Asai, Y.), Furusawa, N.), Yoshida, T.), Suzuki, M.*, Ishikawa, T.+, Takase, Y.+, Aoki,
S.+, Yoshida, M.,, Ootawa, Y., Kubo, S.-, Yajima, Y.., Shibahara, T.., Shigematsu, T./:Development of
Smart Biomaterials for the Dentin/Pulp Complex,Bull Tokyo Dent Coll 42",117∼118,2001.(平成
1
2年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ,Chiba)HRC9
8
2A0
1 !臨検査,"病理,#解剖,$超微
構造,%生理,&微生物,'理工,(脳科学研究施設,)保存 I,*保存 II,+保存Ⅲ,,補綴 I,-小児歯,.口外
I,/口外Ⅱ
2.青 木
聡!,大 多 和 由 美,谷 田 部 賢 一",柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓#,槇 石 武 美$,安 達
康%,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第一報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,2001.(第272回
東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・矯正科,#水病・口外科,$水病・保存科,%水病・
補綴科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
3.大 多 和 由 美,青 木
聡!,鈴 木
近藤祥弘&,古賀正忠%,金子
聡!,島 田
淳",望 月 清 志,高 野 正 行#,堀 田 宏 巳$,末 石 研 二%,
譲':東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨
床 能 力 試 験(OSCE)の 実 施 第 二 報 ポ ス ト ア ン ケ ー ト と そ の 結 果 に つ い て の 検 討,歯 科 学 報 101
*,957,2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・スポーツ歯科,#水病・口
外科,$水病・補綴科,%水病・矯正科,&水病・保存科,'歯麻
―3
0
5―
4.望月清志,辻野啓一郎,藥師寺仁",土屋喜子#,末石研二#,山口秀晴$:Osteopathia striata with cranial sclerosis−megalencephaly の歯科学的所見,障害者歯 22%,362,2001.(第18回日本障害者歯科学会総会およ
び学術大会,宜野湾市)"小児歯,#水病・矯正科,$矯正
5.Mochizuki, K., Fujii, H.", Mizuguchi, Y.#, Machida, Y.", Yakushiji, M." : An element analyses from prenatal
period to early childfood : Tetracycline teeth interaction, Amr Pediatric Dentistry,29,2001.(54th Annual Session of American Academy of Pediatric Dentistry, Atlanta, USA)実動施設 "小児歯,#東京都
6.Mochizuki, M.", Ogawa, M.", Mochizuki, K., Yakushiji, M.# : Comparison of T. M. J of children and adults affected by Violin practice, Program and abstract booklet of International Assosiation of Pediatric Dentistry 18 th Annual,115,2001.(18th Congress of the International Association of Pediatric Dentistry, Paris,
France)"東京都,#小児歯
7.北村智子,辻野啓一郎,望月清志,大多和由美,藥師寺
仁":平成12年度における東京歯科大学水道橋病
院小児歯科来院患者の実態調査,歯科学報 101+,971,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)"
小児歯
8.小川
学",望月三香",望月清志,藥師寺
仁#:バイオリン演奏が小児と成人の顎関節に及ぼす影響につ
いての比較,小児歯誌 40",215,2002.(第16回日本小児歯科学会関東地方会,東京)"東京都,#小児歯
9.望 月 清 志,久 保 周 平",黒 須 美 佳",藥 師 寺
仁",田 崎 雅 和#,阿 部 伸 一$,山 倉 大 紀%,末 石 研 二&,
坂本輝雄',中野洋子(:成長発達期における口腔内圧受容と大脳皮質感覚野の関連について,平成13年度
東京歯科大学口腔科学センターワークショッププログラムおよび抄録集,2
4∼25,2002.(平成13年度東京
歯科大学口腔科学センターワークショップ,千葉市)脳科学研 "小児歯,#生理,$解剖,%補綴Ⅲ,&水病・矯正
科,'矯正,(口外Ⅱ
10.井 上
孝",下 野 正 基#,松 坂 賢 一",村 松
敬#,宮 越 照 一#,村 上
聡#,阿 部 伸 一$,上 松 博 子$,
!澤孝彰%,見明康雄%,田崎雅和&,加藤哲男',石原和幸',吉成正雄(,長谷川晃 嗣(,新谷益朗),
淺 井 康 宏*,古 澤 成 博*,吉 田
隆*,鈴 木 道 子+,石 川 達 也,,高 瀬 保 晶,,青 木
聡,,吉 田 元 治-,
大多和由美,久保周平.,矢島安朝/,柴原孝彦/,重松司朗0:口腔・顎顔面機能再構築のための生物高機
能素材の開発,歯科学報 102$,174∼176,2002.(平成12年度東京歯科大学口腔科学研究センターワーク
ショップ,千葉市)
A8
6−1
6
0−3
8,HRC9
8
2A0
1 細形研 実動施設 "臨検査,#病理,$解剖,%超微構造,&生理,
'微生物,(理工,)脳科学研究施設,*保存 I,+保存Ⅱ,,保存Ⅲ,-補綴 I,.小児歯,/口外 I,0口外Ⅱ
11.辻野啓一郎,藥師寺
仁":上顎洞内に萌出した過剰歯の1例,小児口腔外 12",30,2002.(第13回小児口
腔外科学会総会,札幌市)"小児歯
12.辻野啓一郎,望月清志,大多和由美,藥師寺
仁":乳歯に由来した線維性骨形成性エプーリスの2例,小
児口腔外 12",40,2002.(第13回小児口腔外科学会総会,札幌市)"小児歯
13.末石研二",清本一成",大多和由美,谷田部賢一":脳性巨人症の2症例について,第6
0回日本矯正歯科学
会大会プログラム・抄録集,272,2002.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)"水病・矯正科
―3
0
6―
14.田 中 賦 彦!,西 村 滋 美!,吉 田 裕 司!,南
篠塚
誠 二!,櫛 淵 武 久!,小 池
修!,一 戸 達 也",大 多 和 由 美,
修#,深山治久$:障害者(児)歯科診療所におけるモニター使用率,第11回日本有病者歯科医療学会
総会抄録集,6
4,2002.(第11回日本有病者歯科医療学会総会,鹿児島市)!東京都練馬区歯科医師会,"歯麻,
#東医歯大・大学院・障害者歯科,$東医歯大・大学院・麻酔生体管理学
―3
0
7―
5.矯
正
歯
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
谷田部賢一
矯正術後の長期安定性について
講
師
古賀
正忠
PPAS における bracket position の検討
助
手
末石
研二
不正咬合の各種治療法における手順と期間ならびに効果に関する研究
(A91‐0590‐1)
助
手
宮崎
晴代
8020達成に向けて咬合状態が残存歯数におよぼす影響について
矯正治療後の歯列の安定性について(A90‐0590‐1)
助
手
長谷部利一
変形性顎関節症と顎顔面形態及び不正咬合の関連について
2.成果の概要
1)PPAS における Bracket Position の検討
Programmed and Preadjuusted Appliance System(PPAS)の効果を最大限に発揮させるための的確な
bracket position の情報を得るため,一定規格で正常咬合に配列した不正咬合の診断用 set up model を用い
て bracket position の標準値,Bracket Placement Height 標準値を算出した.さらに bracket position
に
関する種々の考察を行い,この値が bracket position を決定する上で極めて有用である事が示唆された.
Angle News letter 12!,2002.
2)カウンターフォースアーチを用いた矯正治療前後における顆頭の位置変化と治療効果について
straight wire appliance 法に reverse curveof Spee が付与されたワイヤーを用いた際におこる治療効果に
ついて咬合器 Panadent 社製 condylar positioning indicator(C. P. I.),及び側貌頭部エックス線規格写真を
使用して検討した.矯正治療による顆頭の位置変化を C. P. I. を用いて調査した結果,顆頭の偏位量の減少
を Lancer 社製 counter
force(CF)を用いて矯正治療を行った CF 群,ステンレススチールワイヤ ー
(SS)を用いて矯正治療を行った SS 群共に認めなかった.しかし,SS 群では顆頭偏位量の収束を認めた.
矯正治療による骨格的変化を,側貌セファロを用いて調査した結果,CF 群における臼歯部の挺出量が大き
くこのため下顎体部の下後方への回転を認めた.
歯科学報 101",1025∼1032,2001.
3)8020達成に向けて咬合状態残存歯数におよぼす影響について
研究目的はカリエスや歯周病の罹患率を減少させ,歯牙喪失を防ぎ歯科医療に貢献する矯正治療のあり方
を探ることである.筆者は平成10年度から5年間にわたり千葉市および千葉市歯科医師会と協力して千葉市
長生き良い歯のコンクールに応募した8020達成者の診査を行い,8020達成者は歯並びが比較的整っ
ているとの結論を得た.さらに水道橋来院不正咬合者の不正咬合状態と歯科疾患状況について調査した結
果,顎変形症は喪失歯や修復歯が多かった.
Orthodontic Waves 60,118∼125,2001.
―3
0
8―
3.研究活動の特記すべき事項
学会招待講演
講演者
年月日
講演演題
学会・研究会名
開催地
古賀
正忠
2002.3.
22 Bracket Placement Diagram and
Quick Indirect Bonding System
for PPAS
Edward H. Angle Society Pasadena,
of Orthodontists meeting
U. S.A.
宮崎
晴代
2001.8.
26 矯正治療の安定性について
― Stability of Orthodontic treatment ―
第19回日本Tip−Edge矯正
研究会
東京
シンポジウム
シンポジスト
末石
研二
年月日
演
題
学 会 名
2001.5.
10 外科的矯正治療前後における機 第11回日本顎変形症学会
能の変化 ― 口腔周囲筋の姿勢
位について ―
―3
0
9―
開催地
東京
論
文
1.宮崎晴代,茂木悦子!,斉藤千秋,原崎守弘!,一色泰成!,鈴木伸宏",関口
基",湯浅太郎":8020達成者
の口腔内模型および頭部 X 線規格写真分析結果について,日矯歯会誌 60",118∼125,2001.原著!矯
正,"千葉市歯科医師会
2.島 田
淳!,横 山 葉 子",小 川 欽 也",福 田 謙 一#,野 間 智 子#,渡 辺
末石研二,喜田賢司,山
%
&
!
満 ,堀田宏巳 ,武田友孝 ,村松
一",望 月 清 志$,辻 野 啓 一 郎$,
#
淳 ,石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症診
査,診断および治療,歯科学報 101%,415∼435,2001.臨床 !水病・スポーツ歯科,"水病・口外科,#水
病・麻酔科,$水病・小児歯科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
3.島 田
淳!,横 山 葉 子",小 川 欽 也",福 田 謙 一#,野 間 智 子#,渡 辺
末石研二,喜田賢司,山
満%,堀田宏巳&,武田友孝!,村松
一",望 月 清 志$,辻 野 啓 一 郎$,
淳#,石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症診
査,診断および治療(その2),歯科学報 101&,491∼505,2001.臨床 !水病・スポーツ歯科,"水病・口
外科,#水病・麻酔科,$水病・小児歯科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
4.伊藤
綾!,喜田賢司,宮崎晴代,末石研二,古賀正忠,坂本輝雄",野嶋邦彦",原崎守弘",谷田部賢一,
一色泰成":東京歯科大学水道橋病院矯正歯科における過去1
0年間の新規来院患者の動向について,歯科
学報 101&,542∼550,2001.原著 !埼玉県,"矯正
5.樋口和彦!,渡木澄子",末石研二,谷田部賢一,一色泰成#:カウンターフォースアーチを用いた矯正治療
前後における顆頭の位置変化と治療効果について,歯科学報 101(,1025∼1032,2001.原著 !東京都,
"群馬県,#矯正
6.Watanabe, K.!, Kaga, M. : A morphometric study with setup models for bracket,Angle Ortho 71,499∼
511,2001.原著 !東京都
7.望月清志!,辻野啓一郎!,藥師寺
仁",土屋喜子,末石研二,山口秀晴#:線状骨症−頭蓋骨硬化症−大脳
症の歯科学的所見,小児歯誌 40#,571∼575,2002.臨床 !水病・小児歯科,"小児歯,#矯正
8.田中千元,荒川知久!,篠原嘉和!,片田英憲",山口秀晴":下顎側方偏位の三次元有限要素法による解析,
顎顔面バイオメカニクス学会誌 7!,122∼125,2002.原著 !千葉県,"矯正
そ
の 他
9,
1.宮崎晴代,茂木悦子!:8020達成者に学ぶ口腔育成のあり方について,矯正臨床ジャーナル 4,79∼8
2001.!矯正
2.宮崎晴代:Class Ⅲの口腔育成・現状と未来展望−ガイドラインと仙台宣言−,矯正臨床ジャーナル 6,11
∼32,2001.
3.伊 藤 学 而!,渡 辺 和 宏",伊 藤 智 恵#,北 川 原
健$,浅 井 保 彦%,山 田 恵 子&,小 椋
正',曽 谷 猛 美#,
宮崎晴代:class3の口腔育成・現状と未来展望−ガイドラインと仙台宣言−,矯正臨床ジャーナル 6,
11
∼32,2001.!鹿大・歯・矯,"埼玉県,#宮城県,$長野県,%岐阜県,&東北大・歯・児歯,'鹿大・歯・児歯
―3
1
0―
4.Kaga, M. : Bracket plalcement diagram and quick indirect bonding system for PPAS, On−site program :
Edward H. Angle Society of Orthodontists meeting,2002.
学会抄録
1.Motegi, E.!, Nomura, M.!, Miyazaki, H., Kaneko, Y.!, Yamaguchi, H.! : Gingival recession in long−term post
−orthodontic patients, J Dent Res 81,3
72,2001.(80th International Association for Dental Research, San
Diego, USA)!矯正
2.茂木悦子!,野村真弓!,勝村さくら!,山口大輔!,宮崎晴代,成宮幸枝!,一色泰成!:下顎頭変形を有する
不正咬合者の臨床調査,日顎関節会誌 13!,102∼103,2001.(第13回日本顎関節学会総会,福岡市)!矯正
3.茂木悦子!,野村真弓!,勝村さくら!,山口大輔!,宮崎晴代,成宮幸枝!,一色泰成!:不正咬合者における
下顎頭形態の観察,日顎関節会誌 13!,102∼103,2001.(第13回日本顎関節学会総会,福岡市)!矯正
4.山口大輔!,野村真弓!,茂木悦子!,勝村さくら,成宮幸枝!,加治初彦",渡辺和也",一色泰成!:TMJ Scale
を用いた当科における TMD 特別外来,日顎関節会誌 13!,121∼122,2001.(第13回日本顎関節学会総
会,福岡市)!矯正,"東京都
5.野村真弓!,茂木悦子!,山口大輔!,勝村さくら,成宮幸枝!,加治初彦",渡辺和也",一色泰成!:TMJ Scale
を用いた当科における,日顎関節会誌 13!,122,2001.(第13回日本顎関節学会総会,福岡市)!矯正,"東
京都
6.勝村さくら,成宮幸枝!,山口大輔!,野村真弓!,茂木悦子!,一色泰成!:本学矯正歯科における”TMJ 特
別外来”受診者の問診調査−Part2既往歴ならびに習癖を中心に−,日顎関節会誌 13!,122∼123,
2001.(第13回日本顎関節学会総会,福岡市)!矯正
7. Imai, T.! , Takane, Y.! , Tanaka, C., Tsuchiya, Y., Hayakawa, K.! , Fukui, T.! , Matsumura, E.! , Yamaguchi, H.! :
Case report of angle class Ⅲ Malocclusion from the Postgraduate Course, On−site program, 6
1,
2001.(101 st American Association of Orthodontics, Annual session, Tronto, Canada)!矯正
8.Imai, T.!, Takane, Y.!, Tanaka, C., Tsuchiya, Y., Hayakawa, K.!, Fukui, T.!, Matsumura,E.!, Muraki, K.",
Wachi, S., Yamaguchi, D.! : Case reports of retention from the post−graduate course, On−site program,61,2001.(101st American Association of Orthodontics,Annual session,Tronto,Canada)!矯正,"
神奈川県
9.Nomura, M.! , Motegi, E.! , Yamaguchi, D.! , Miyazaki, H., Kaji, H." , Watanabe, K." , Harazaki, M.! , Isshiki,Y.! :
The effectiveness of TMJ Scale in TMD diagnosis for orthodontic patients, On−site program,6
2,
2001.(101 st American Association of Orthodontics,Annual session, Tronto, Canada)!矯正,"東京都
10.山 口 尊 生!,茂 木 悦 子!,副 島 詩 子!,佐 々 木 美 央!,金 子 幸 生!,清 水 貴 子!,竹 内 史 江!,野 村 真 弓!,
宮崎晴代,鳥養智子!:8020達成者の超音波骨密度測定による骨密度の検討,歯科学報 101#,597,
2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)生素研 !矯正
―3
1
1―
11.金 子 幸 生!,茂 木 悦 子!,宮 崎 晴 代,野 村 真 弓!,副 島 詩 子!,佐 々 木 美 央!,清 水 貴 子!,竹 内 史 江!,
山口尊生!,海老原
依田
環!,鳥 養 智 子!,山口大輔!,原崎守弘!,一色泰成!,平井基之",松原
真",
泰":8020達成者の模型分析による歯列弓,歯槽弓の検討,歯科学報 101$,598,2001.(第271回
東京歯科大学学会例会,千葉市)!矯正,"東京都
12.清 水 貴 子!,野 村 真 弓!,茂 木 悦 子!,宮 崎 晴 代,副 島 詩 子!,佐 々 木 美 央!,金 子 幸 生!,竹 内 史 江!,
山口尊生!,海老原
環!,山口大輔!,原崎守弘!,一色泰成!,平井基之",松原
真",依田
泰":8
020
達成者の頭部 X 線規格写真による顎骨の検討,歯科学報 101$,599,2001.(第271回東京歯科大学学会例
会,千葉市)!矯正,"東京都
13.三宅晶子!,安部輝美!,山口秀晴!,末石研二,神保芳之":成人正常咬合者の口蓋前方部に加わる最大舌圧
と嚥下時舌圧の測定,歯科学報 101$,602,2001.(第271回東京歯科大学学会,千葉市)!矯正,"神奈川県
14.小貫暁美,黒柳和佳子!,西井
康!,野嶋邦彦!,一色泰成!:下顎後方移動術前後における下顎部顔面領域
の三次元変化,日顎変形会誌 11",132,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)A96−0590−1 保情研
!矯正
15.末石研二:シンポジウムⅡ外科的矯正治療前後における機能の変化口腔周囲筋の姿勢位について,日顎変形
会誌 11",109,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)
16.石山知香子!,末石研二,鈴木敏正",山口秀晴!,一色泰成!:外科的矯正治療の長期観察,日顎変形会誌
11",119,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)脳科学研 !矯正,"千葉県
17.斉藤千秋,宮崎晴代,伊藤
綾!,喜田賢司,末石研二,古賀正忠,渡辺和也",坂本輝雄#,野嶋邦彦#,
原崎守弘#,谷田部賢一,一色泰成#:東京歯科大学水道橋病院歯科矯正科における顎変形症患者の臨床統
計的検討,日顎変形会誌 11",156,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)!埼玉県,"東京都,#矯
正
18.宮 崎 晴 代,斉 藤 千 秋,茂 木 悦 子!,原 崎 守 弘!,谷 田 部 賢 一,一 色 泰 成!,鈴 木 伸 宏",関 口
基",
湯浅太郎":8020達成者の口腔と全身の健康に関する研究―第3報正面頭部 X 線規格写真分析―,第6
0回
日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,1
50,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正,"千
葉市歯科医師会
19.小貫暁美,西井
康!,黒柳和佳子!,野嶋邦彦!:下顎前突者の顎外科手術による下顔面軟組織の三次元的
形態変化,第6
0回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,1
61,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,
6−0
5
9
0−1保情研 !矯正
東京)A−9
20.安部輝美!,三宅晶子!,三代真義!,末石研二,山口秀晴!,神保芳之":口蓋前方部に加わる最大舌圧と嚥
下時圧の測定,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,1
66,2001.(第60回日本矯正歯科学会大
会,東京)!矯正,"神奈川県
21.山 口 尊 生!,茂 木 悦 子!,副 島 詩 子!,佐 々 木 美 央!,金 子 幸 生!,清 水 貴 子!,竹 内 史 江!,野 村 真 弓!,
宮崎晴代,海老原
環!,鳥養智子!,山口大輔!,一色泰成!,平井基之",松原
真":8020達成者の超音
波骨密度測定装置計測による骨密度の検討,第6
0回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
0
9,
2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)生素研 !矯正,"東京都
―3
1
2―
22.成瀬魅和子!,土屋喜子,末石研二,田中千元,荒川幸雄!,山口秀晴",今村雅郎#,大川由一$:不正状態
の咬合指数による検査者間の比較,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
13,2001.(第60
回日本矯正歯科学会大会,東京)!東京都,"矯正,#神奈川県,$千葉県
23.今村雅朗!,荒川幸雄",成瀬魅和子",土屋喜子,田中千元,末石研二,山口秀晴#:咬合指数を利用して矯
正歯科治療の必要性を客観的に評価する−臨床的評価,第6
0回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録
集,218,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!神奈川県,"東京都,#矯正
24.野 村 真 弓!,茂 木 悦 子!,山 口 大 輔!,成 宮 幸 枝!,宮 崎 晴 代,加 治 初 彦",渡 辺 和 也",原 崎 守 弘!,
一色泰成!:TMJ
Scale を用いた,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
34,2001.(第60
回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正,"東京
25.清 水 貴 子!,野 村 真 弓!,茂 木 悦 子!,宮 崎 晴 代,佐 々 木 美 央!,副 島 詩 子!,金 子 幸 生!,竹 内 史 江!,
山口尊生!,海老原
環!,鳥養智子!,山口大輔!,原崎守弘!,一色泰成!,平井基之":8020達成者の側
面頭部エックス線規格写真を用いた顔面形態の検討,第6
0回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録
集,255,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正,"東京都
26.竹 内 史 江!,宮 崎 晴 代,清 水 貴 子!,金子幸生!,山口尊生!,佐々木美央!,副 島 詩 子!,海 老 原
山口大輔!,野村真弓!,茂木悦子!,一色泰成!,平井基之",依田
環!,
泰":8020達成者の感圧シートを用い
た咬合力および咬合接触面積の検討,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
55,2001.(第
6
0回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正,"東京都
27.金 子 幸 生!,茂 木 悦 子!,宮 崎 晴 代,野 村 真 弓!,副 島 詩 子!,佐 々 木 美 央!,山 口 尊 生!,清 水 貴 子!,
竹内史江!,海老原
環!,鳥養智子!,山口大輔!,原崎守弘!,一色泰成!,斉藤猛博":8020達成者の模
型分析による歯列弓,歯槽弓の検討,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
56,2001.(第
6
0回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正,"千葉県
28.小 林
誠!,吉 井 賢 一 郎!,成 宮 幸 枝!,上田起望子,小貫暁美,小野恭介!,勝村さくら,河村光輝!,
清本一成,根津麻里子!,西井
康!:卒後研修課程第24期生による症例展示,第60回日本矯正歯科学会大
会プログラム・抄録集,267,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正
29.小 林
誠!,吉 井 賢 一 郎!,成 宮 幸 枝!,上田起望子,小貫暁美,小野恭介!,勝村さくら,河村光輝!,
清本一成,根津麻里子!,西井
康!:卒後研修課程第24期生による症例展示−リテンションケース−,第
60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,277,2001.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!矯正
30.青 木
聡!,大 多 和 由 美",谷 田 部 賢 一,柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓#,槇 石 武 美$,安 達
康%,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第一報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,2001.(第272回
東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・小児歯科,#水病・口外科,$水病・保存科,%水
病・補綴科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
―3
1
3―
31.大 多 和 由 美!,青 木
聡",鈴 木
近藤祥弘&,古賀正忠,金子
聡",島 田
淳#,望 月 清 志!,高 野 正 行$,堀 田 宏 巳%,末 石 研 二,
譲':東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨床
能力試験(OSCE)の実施第二報ポストアンケートとその結果についての検討,歯科学報 101(,957,
2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・小児歯科,"水病・総合歯科,#水病・スポーツ歯科,$
水病・口外科,%水病・補綴科,&水病・保存科,'歯麻
32.小林
誠!,上田起望子,小貫暁美,小野恭介!,勝村さくら,河村光輝!,清本一成,成宮幸枝!,根津麻里子!,
矢田亮子!,吉井賢一郎!,西井
康!,山口秀晴!:卒後研修課程第24期生による症例展示,歯科学報 101
(,973,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!矯正
33.小林
誠!,上田起望子,小貫暁美,小野恭介!,勝村さくら,河村光輝!,清本一成,成宮幸枝!,根津麻里子!,
矢田亮子!,吉井賢一郎!,西井
康!,山口秀晴!:卒後研修課程第24期生による症例展示−リテンション
ケース−,歯科学報 101(,974,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!矯正
34.山 口 尊 生!,茂 木 悦 子!,野 村 真 弓!,宮 崎 晴 代,成 宮 幸 枝!,竹 内 史 江!,金 子 幸 生!,清 水 貴 子!,
副島詩子!,佐々木美央!,海老原
環!,山口大輔!,原崎守弘!,山口秀晴!:千葉県館山市生涯大学校に
おける検診結果について,第1
1回日本全身咬合学会プログラム・抄録集,4
7,2001.(第11回日本全身咬合
学会,千葉市)!矯正
35.望月清志!,辻野啓一郎!,藥師寺
仁",土屋喜子,末石研二,山口秀晴#:Osteopathia striata with cranial
sclerosis−megalencephaly の歯科学的所見,障害者歯 22$,362,2001.(第18回日本障害者歯科学会総会お
よび学術大会,宜野湾市)!水病・小児歯科,"小児歯,#矯正
36.Yamaguchi, T.!, Motegi, E.!, Nomura, M.!, Miyazaki, H., Takeuchi, H.!, Simizu, T.!, Yamaguchi, H.!, Hirai,M." :
Bone mineral density of elder with more than 20 teeth, J Dent Res 81,265∼372,2002.(80th International Association for Dental Research, San Diego, USA)生素研!矯正,"東京都
37.竹 内 史 江!,宮 崎 晴 代,清 水 貴 子!,金子幸生!,山口尊生!,佐々木美央!,副 島 詩 子!,海 老 原
!
!
!
!
"
"
環!,
"
山口大輔 ,野村真弓 ,茂木悦子 ,一色泰成 ,平井基之 ,松原真 ,依田秦 :8020達成者の感圧シー
トを用いた咬合力および咬合接触面積の検討,歯科学報 101&,600,2002.(第271回東京歯科大学学会例
会,千葉市)!矯正,"東京都
38.田中千元,土屋喜子,成瀬魅和子!,今村雅郎",荒川幸雄!,大川由一#,山口秀晴$:咬合指数による不正
咬合の評価,第60回日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集,2
14,2002.(第60回日本矯正歯科学会大
会,東京)脳科学研 !東京都,"神奈川県,#千葉県立衛生短期大学,$矯正
39.末石研二,清本一成,大多和由美!,谷田部賢一:脳性巨人症の2症例について,第6
0回日本矯正歯科学会
大会プログラム・抄録集,272,2002.(第60回日本矯正歯科学会大会,東京)!水病・小児歯科
―3
1
4―
6.口
腔
外
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
柿澤
卓
非進展口腔癌に対する予後推測因子(A98‐0470‐8)
講
師
松井
隆
口腔外科領域における偶発症の検討
高野
正行
粘膜染色による口腔粘膜疾患の診断(A98‐0470‐13)
横山
葉子
症候群と顎嚢胞との関連(A98‐0470‐11)
高崎
義人
末梢神経の障害と再生に関する研究
渡辺
一
松田
玉枝
顎変形症患者の術前術後の心理変化の比較
秋元
善次
顎変形症患者における咬合平面と頚椎との関連について
野村
幸恵
口腔前癌病変の病態と診断
瀬田
修一
顎顔面外傷の原因による臨床的特徴
有明
大
池田
博康
顎骨良性腫瘍の臨床的研究
小泉
陽子
ヒト口腔カンジダ菌に関する検出・同定に関する研究
助
手
病院助手
水道橋病院口腔外科における高齢者の臨床統計
水道橋病院口腔外科における口腔良性腫瘍の臨床統計
高久勇一朗
歯科入院患者の感染症に関する統計
菊地
徹行
顎変形症患者におけるオトガイ神経知覚鈍麻に関する研究
奥田
泰光
外来口腔外科処置の臨牀統計
2.成果の概要
1)歯科医療における院内感染制御への取り組み
現在,歯科医療の現場において HBV,HCV,HIV などの感染予防がクローズアップされている.歯科医
師の HBV,HCV の感染率は他の職業より明らかに高い.これらの疾患は血液が媒介となり感染するため
Standard Precaution で感染予防可能である.2000年1月に東京都エイズ診療従事者海外派遣事業に参加し
アメリカのエイズ患者に対する診療の視察・調査を行った.HIV が血液媒介感染であることから非差別・
プライバシー・Standard Precaution を指針としエイズの非差別診療の重要性が認識されていた.水道橋病
院においては平成10年12月東京都エイズ診療連携病院の指定を受け,以来拠点病院として患者を受け入れて
いる.また,年2回の東京都エイズ診療従事者歯科研修会の実施・感染予防委員会および感染予防実施評価
委員会を設置し感染対策の履行状況を評価・監視している.我が国では全ての歯科医院で受け入れられる状
況ではなく,エイズの歯科診療に協力してくれる歯科診療所のネットワークを構築する事業を試みた.本
ネットには54の歯科診療所が参加し平成11年から施行平成13年から本格実施の運びである.
歯科学報 101,557,2001.
―3
1
5―
論
文
1.Hatada, K.!, Noma, H.!, Katakura, A.!, Yama, M.!, Takano, M.!, Ide, Y.!, Takagi, T.!, Yajima, Y.!, Shibahara, T.!, Kakizawa, T.!, Tonogi, M.", Yamane, G." : Clinicostatistical study of ameloblastoma treatment,
Bull Tokyo Dent Coll 42",87∼95,2001.臨床 !口外 I,"市病・オーラルメディシン
淳!,横 山 葉 子,小 川 欽 也,福 田 謙 一",野 間 智 子",渡 辺
2.島 田
$
$
末石研二 ,喜田賢司 ,山
%
&
!
満 ,堀田宏巳 ,武田友孝 ,村松
一,望 月 清 志#,辻 野 啓 一 郎#,
"
淳 ,石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症
診査,診断および治療,歯科学報 101%,415∼435,2001.臨床 !水病・スポーツ歯科,"水病・麻酔科,
#水病・小児歯科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
淳!,横 山 葉 子,小 川 欽 也,福 田 謙 一",野 間 智 子",渡 辺
3.島 田
末石研二$,喜田賢司$,山
満%,堀田宏巳&,武田友孝!,村松
一,望 月 清 志#,辻 野 啓 一 郎#,
淳",石上惠一!,中沢勝宏':顎関節症
診査,診断および 治 療(そ の2)
,歯科学報 101&,491∼505,2001.臨 床 !水 病・ス ポ ー ツ 歯 科,"水
病・麻酔科,#水病・小児歯科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
4.柿澤
卓:歯科医療における院内感染制御への取り組み,歯科学報 101&,557,2001.臨床
5.藤川真紀!,野間弘康!,高崎義人!:下顎枝矢状分割術後の知覚障害に関する臨床的研究,日口腔外会誌47
(,495∼506,2002.原著 A97−0470−2!口外 I
学会抄録
1.笠 原 清 弘!,武 田 栄 三!,宮 尾
柿澤
孝!,畑 田 憲 一!,片 倉
朗!,高 木 多 加 志!,矢 島 安 朝!,柴 原 孝 彦!,
!
卓,野間弘康 :口腔癌手術における SIRS と術後合併症についての検討,日本口腔腫瘍学会総会
プログラム・抄録集,117,2001.(第19回日本口腔腫瘍学会総会,宇都宮市)平成12年度分 !口外 I
2.有明
大,野上宏明,野村幸恵,高野正行,柿澤
卓,村上
聡!:ニフェジピン歯肉増殖症に併発した ver-
ruciform xanthoma の1例,日口腔外会誌 47#,207∼208,2001.(第46回社団法人日本口腔外科学会総会・
学術大会,鹿児島市)!病理
3.Takano, M., Kakizawa, T., Nomura, S., Muramatsu, T.!, Shimono, M.! : Iodine−toluidine blue staining to indicate precancerous stage, J Dent Res 80(Special Issue),529,2001.(IADR79th General Session & Exhibition, Chiba, Japan)!病理
4.Yoshinari, M.! , Hattori, M.! , Inoue, T." , Matsuzaka,K." , Minaguchi, K.# , Miake,Y.$ , Yanagisawa, T.$ , Kato,T.% ,
Tazaki, M.&, Tazaki, Y.&, Suzuki, T.&, Hirayama, A.', Hirai, Y.(,S hibahara, T.), Yajima, Y.), Yama, M.,
Yamauchi, T.), Furuya, Y.), Takagi, T.), Oohata, H.*, Ikumoto, H.*, Yamanaka, S.+, Matsukubo, T.+,
Maki, Y.+, Sugihara, N.+, Abe, S.,, Ide, Y.,, Shibuya, E.,, Takahashi, M.-, Satou, T.., Nomura, T.+,
Katiuska, P./ : Development of Smart Biomaterials for Oral and Maxillofacial Implants, Bull Tokyo Dent
Coll 42",120∼124,2001.(平成12年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ,Chiba)HRC992C
0
1 !理工,"臨検査,#法歯,$超微構造,%微生物,&生理,'RI 研,(保存Ⅲ,)口外 I,*口外 II,+衛生,
,解剖,-市病・整外科,.補綴Ⅱ,/補綴 I
―3
1
6―
5. Yajima, Y.! , Takeda, E.! , Katakura, A.! , Tazaki, M." , Inoue, T.# , Abe, S.$ , Ide, Y.$ , Satou, T.% , Kakizawa,T.:
The primary gustatory area in the human cerebral cortex investigated by magnetoencephalography
(MEG) : Differences caused by gustatory qualities, stimulus densities, thermal stimuli in the active location and variations in reaction time, Bull Tokyo Dent Coll 42",130∼131,2001.(平成12年度東京歯科大
学口腔科学研究センターワークショップ,Chiba)
脳科学研 HRC3A0
2 !口外 I,"生理,#臨検査,$解剖,%補綴Ⅱ
6.高崎義人,野間弘康!,山根源之",柴原孝彦!,片倉
朗!,藤川真紀!:下歯槽神経再建手術後の知覚回復
過程に関する臨床的検討,日本頭頸部腫瘍学会プログラム・予稿集 27",349,2001.(第25回頭頸部腫瘍
学会,札幌市)!口外 I,"市病・オーラルメディシン
7.高野正行,柿澤
卓,高崎義人,瀬田修一,野村幸恵,野間弘康!:ヨード・トルイジンブルー生体染色に
よる口腔前癌病変の臨床変化,日本頭頸部腫瘍学会プログラム・予稿集 27",570,2001.(第25回日本頭
頸部腫瘍学会,札幌市,札幌市)!口外 I
8.池田博康,野上宏明,瀬田修一,松田玉枝,高崎義人,高野正行,柿澤
卓,松坂賢一!:下顎骨に発生し
た中心性巨細胞肉芽腫の2例,日口腔外会誌 47&,472∼473,2001.(第46回社団法人日本口腔外科学会総
会・学術大会,鹿児島市)!病理
9.松田玉枝,柿澤
卓,高野正行,小泉陽子,高久勇一郎,宮川泰郎!:外科的急速拡大法と下顎枝矢状分割
法を併用した顎変形症の1例,日顎変形会誌 11",125∼126,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東
京)!神奈川県
10.神尾
崇!,椎木さやか!,藤波
淳!,田村耕一郎!,秋元善次,高木多加志!,野間弘康!,村本睦司":顔
面軟組織形態の三次元分析・評価システムの開発第一報・計測用頭部固定ジグの開発,日顎変形会誌 11
",152,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)A01−0470−01 !口外 I,"(株)ユニスン
11.秋 元 善 次,柿 澤
卓,高 野 正 行,高 崎 義 人,横 山 葉 子,渡 辺
一,松 田 玉 枝,瀬 田 修 一,小 泉 陽 子,
高久勇一郎,池田博康:当科における最近1
0年間の顎矯正手術症例の検討,日顎変形会誌 11",156,
2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)
12.藤川真紀!,高崎義人,野間弘康!:下顎枝矢状分割法術後の知覚障害に関する臨床的研究静的触覚と動的触
覚について,日顎変形会誌 11",158,2001.(第11回日本顎変形症学会総会,東京)A97−0470−2 !口外 I
13.藤川真紀!,野間弘康!,高木多加志!,高崎義人,渡邊
裕",外木守雄",山根源之":下顎枝矢状分割法術
後のオトガイ神経知覚検査に関する臨床的臨床的研究−第4報−自覚症状について,第46回日本口腔外科
学会総会プログラム・抄録集,3
9,2001.(第46回日本口腔外科学会総会,鹿児島市)A3−2−3 !口外 I,"
市病・オーラルメディシン
14.仙 波 寿 利!,萩 田 恵 子!,川 原 由 里 香!,秦
内山健志#,柿澤
暢 宏!,才 籐 純 一!,松 坂 賢 一!,井 上
孝!,下 野 正 基",
卓,野間弘康$:外築性発育を示す口腔粘膜病変からの細胞像の特徴,歯科学報 101
',55,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)!臨検査,"病理,#口外Ⅱ,$口外 I
―3
1
7―
15.青 木
聡!,大 多 和 由 美",谷 田 部 賢 一#,柿 澤
井出吉信(,石井拓男),金子
卓,槇 石 武 美$,安 達
康%,石 上 惠 一&,福 田 謙 一',
譲*,石川達也+:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第一報評価結果とその分析,歯科学報 101*,956,2001.(第272回
東京歯科大学学会総会,千葉市)!水病・総合歯科,"水病・小児歯科,#水病・矯正科,$水病・保存科,%水
病・補綴科,&水病・スポーツ歯科,'水病・麻酔科,(解剖,)社会歯,*歯麻,+保存Ⅲ
16.大 多 和 由 美!,青 木
聡",鈴 木
近藤祥弘&,古賀正忠%,金子
聡",島 田
淳#,望 月 清 志!,高 野 正 行,堀 田 宏 巳$,末 石 研 二%,
譲':東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨
床能力試験
(OSCE)の実施第二報ポストアンケートとその結果についての検討,歯科学報 101*,957,
2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)!水病・小児歯科,"水病・総合歯科,#水病・スポーツ歯科,$
水病・補綴科,%水病・矯正科,&水病・保存科,'歯麻
17.井上吉登!,内村
登!,久保寺友子",三穂蓉子",高橋摩理",山口敏雄",池田正一",柿澤
卓:極低出
生体重児の歯科的所見側面頭部エックス線規格写真分析,障害者歯 22$,340,2001.(第18回日本障害者
歯科学会学術大会,那覇市)!神歯大・小児歯科,"神奈川県立こども医療センター歯科
18.久保寺友子!,三穂蓉子!,高橋摩理!,山口敏雄!,池田正一!,井上吉登",内村
登",柿澤
卓:極低出
生体重児の歯科的所見歯列模型分析,障害者歯 22$,340,2001.(第18回日本障害者歯科学会学術大会,那
覇市)!神奈川県立こども医療センター歯科,"神歯大・小児歯科
19.武 田 栄 三!,片 倉
朗!,高 木 多 加 志!,矢 島 安 朝!,柴 原 孝 彦!,柿 澤
卓,野 間 弘 康!,小 澤 靖 弘",
山根源之 ,下野正基 :当講座における悪性唾液腺腫瘍の臨床的検討,日口腔科会誌 50&,429,2001.
"
#
(第5
5回日本口腔科学会総会・学術大会,盛岡市)!口外 I,"市病・オーラルメディシン,#病理
20.古谷義隆!,山内智博!,高野正行,矢島安朝!,柴原孝彦!:血管柄付移植骨内へのインプラント埋入実験に
関する検討,第5回日本顎顔面インプラント学会総会プログラム集,3
1,2001.(第5回日本顎顔面インプ
ラント学会総会,京都市)A9
6−0
4
7
0−4 実動施設 !口外 I
21.笠原清弘!,武田栄三!,矢島安朝!,柴原孝彦!,柿澤
卓,野間弘康!:口腔癌手術における SIRS と術後
合併症についての検討,日口外会誌 47,,50,2001.(第46回日本口腔外科学会総会,鹿児島市)!口外 I
22.藤 川 真 紀!,野 間 弘 康!,高 崎 義 人,高 木 多 加 志!,清 水 英 孝",京 本 博 行",森
後藤昌昭#,香月
武#,渡邊
悦 秀",野 口 信 宏#,
裕$,外木守雄$,山根源之$:下顎枝矢状分割法術後のオトガイ神経知覚
検査に関する臨床的研究,日口腔外会誌 47,,63,2001.(第46回,鹿児島市)A97−0470−2 !口外 I,"阪
大・大学院・口外2,#佐賀医大・口外,$市病・オーラルメディシン
23.古谷義隆!,山内智博!,高野正行,矢島安朝!,野間弘康!:血管柄付再植骨内へのインプラント埋入後の骨
形成過程に関する実験的研究,日口腔外会誌 47,,207,2001.(第46回日本口腔外科学会総会,鹿児島市)
A9
6−0
4
7
0−4 実動施設 !口外 I
24.菊地徹行,高久勇一朗,藤川真紀!,秋元善次,松田玉枝,横山葉子,高崎義人,高野正行,柿澤
卓,
!
野間弘康 :オトガイ神経支配領域における知覚検査法についての臨床的研究第2報:動的触覚検査と二
点識別閾検査の正常値について,日口腔外会誌 47,,1053,2001.(第46回社団法人日本口腔外科学会総会・
学術大会,鹿児島市)!口外 I
―3
1
8―
25.神尾
崇",椎木さやか",田村耕一郎",秋元善次,高木多加志",野間弘康",村本睦司#:顔面軟組織形態
の三次元分析・評価システムの開発−第2報・計測用頭部固定用ジグの精度検証,日口腔外会誌 47
.,1054,2001.(第46回日本口腔外科学会総会,鹿児島市)A01−0470−04 "口外 I,#(株)ユニスン
26.小泉陽子,柿澤
卓,高野正行,池田博康,野村幸恵":高感度 ELISA 法による口腔唾液中のカンジダマ
ンナン抗原の疾患特異性に関する研究,日口腔外会誌 47.,1078,2001.(第46回日本口腔外科学会総会,
鹿児島市)"口外 I
27.Hatada, K.", Noma, H.", Katakura, A.", Yama, M., Takano, M., Takagi, T.", Yajima, Y.", Shibahara, T.",
Kakizawa, T. : Clinicostatistical study of ameloblastoma treatment, J Dent Res 81,A−288,2002.(80th
General Session of the IADR, San Diego, California, USA)"口外 I
28.Furuya, Y.", Yamauchi, T.", Takano, M., Yajima, Y.", Noma, H." : Experimental studies on the osteogenesis
process around dental implants in vascularized bone replantations, J Dent Res 81,A−367,2002.
(8
0th
General Session Of the IADR,San Diego,California,USA)A9
6−0
4
7
0−4 細形研実動施設 "口外 I
29.吉 成 正 雄",服 部 雅 之",井 上
孝#,松 坂 賢 一#,水 口
田 崎 雅 和',田 崎 裕 紀',鈴 木
*
*
清$,見 明 康 雄%,!澤 孝 彰%,加 藤 哲 男&,
隆',平 山 明 彦(,平 井 義 人),柴 原 孝 彦*,矢 島 安 朝*,山
*
山内智博 ,古谷義隆 ,高木多加志 ,大畠
+
+
満,
仁 ,幾本英之 ,山中すみへ ,松久保隆 ,眞木吉信,,
杉原直樹,,阿部伸一-,井出吉信-,渋谷英介-,高橋正憲.,佐藤
,
,
亨/,野村登志夫0,K.Piquer0:口
腔・顎顔面機能再構築のための人工高機能素材の開発,歯科学報 102$,178∼183,2002.(平成12年度東
京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ,千葉市)RI 研 細形研,保情研,分子生研,細生研,分析生研,
生 素 研,実 動 施 設 "理 工,#病 理,$法 歯,%超 微 構 造,&微 生 物,'生 理,(RI 研,)保 存 Ⅲ,*口 外 I,
+口外Ⅱ,,衛生,-解剖,.市病・整外科,/補綴Ⅱ,0PF
30.高木多加志",神尾
"
崇",椎木さやか",藤川真紀",田村耕一 郎",秋元善次,片倉
"
矢島安朝 ,柴原孝彦 ,柿澤
朗",高野正行,
卓,野間弘康 :外科的矯正治療の臨床的検討,日口腔外会誌 47.,
"
1058,2002.(第46回日本口腔外科学会総会,鹿児島市)A98−0470−2 "口外 I
31.Nomura, T.", Shibahara, T.", Katakura, A.", Akimoto, Y., Kamiyama, I.", Takagi, R.", Yamamoto, N.",
Yakushiji, T.", Numasawa, H.", Noma, H." : Establishment of bone invasion model by oral cancer in mice
J Dent Res 81,A−203,2002.(80th General Session of the IADR,San Diego,California,USA)細生研 実動
施設 "口外 I
―3
1
9―
7.歯
科
麻
酔
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
助
手
福田
謙一
神経因性疼痛に対するアデノシン三燐酸の鎮痛作用
助
手
笠原
正貴
口腔外科手術後の知覚神経障害における直線偏光近赤外線星状神経節照射の有用性
の検討
2.成果の概要
1)神経因性疼痛に対するアデノシン三燐酸の鎮痛作用
アデノシン複合体であるアデノシン三燐酸を口腔顔面神経因性疼痛患者数十名(幻歯痛,complex regional
pain syndrome,帯状疱疹後神経痛,三叉神経痛,求心路遮断性疼痛)に,持続静注及び経口投与にて応用
し,その鎮痛効果を visual analogue scale によって判定した.幻歯痛,complex regional pain syndrome の
ほとんどの患者にその効果が認められた.
神経因性疼痛は多くの薬物に抵抗する極めて難治性疼痛だけに,アデノシン三燐酸の鎮痛効果は,今後大
いに期待できる.そのメカニズムや副作用などについて,現在検討中である.
東京都歯医師会誌 49,159∼171,2001.
日本歯科評論増刊,148∼154,2001.
2)口腔外科手術後の知覚神経障害における直線偏光近赤外線星状神経節照射の有用性の検討
三叉神経知覚障害には星状神経節ブロック療法の有用性が報告されているが,本法は生体に対して侵襲的
である.一方で非侵襲,かつ生体深達度の高い近赤外線を高出力で照射できる直線偏光型近赤外線治療器を
用いた星状神経節照射が行われている.当科における本法の臨床応用では,その有用性が認められている
が,三叉神経知覚障害の回復過程に対する研究はまだない.
現在,星状神経節ブロックとの比較において,口腔粘膜血流量,顔面温度変化の比較,回復過程などを検
討中である.
3.科学研究費補助金・各種補助金
研究代表者
福田
謙一
研 究 課 題
研 究 費
アデノシン三燐酸のニューロパシックペインに対する鎮痛
作用
学長奨励研究
4.研究活動の特記すべき事項
シンポジスト
シンポジスト
年月日
演
題
学 会 名
福田
謙一
2001.
12.
18 ニューロパチー性歯痛
笠原
正貴
2002.
03.
01 口腔・顎顔面機能の中枢制御に 平成13年度東京歯科大学口腔 千葉市
関 す る 研 究 ― MEG で 何 が わ 科 学 研 究 セ ン タ ー ワ ー ク
かったか? ― 2.顎顔面領域 ショップ
の慢性難治性疼痛に対する治療
方針の検討
―3
2
0―
第2回口腔顔面痛懇談会
開催地
東京
論
文
1.加 納 美 穂 子",笠 原 正 貴,縣
金子
秀 栄",間 宮 秀 樹",野 村
仰",阿 部 耕 一 郎",櫻 井
学",一 戸 達 也",
譲":東京歯科大学千葉病院麻酔科外来における麻酔症例の臨床統計−1997年1月∼1999年12
月−,歯科学報 101&,471∼478,2001.臨床 "歯麻
2.櫻井
誠",一戸達也#,野村
仰#,高北義彦,金子
譲#:顎変形症患者における術前不安の心理学的評価
について,日歯麻誌 29#,229∼232,2001.臨床 "千葉県,#歯麻
3.笠原正貴,松木由起子",一戸達也",金子
譲":悪性症候群既往患者に対する全身麻酔経験,日歯麻誌 29
!,245∼246,2001.症例 "歯麻
4.福田謙一:口腔顔面領域における難治性疼痛の診断と治療,東京歯医師会誌 49%,3∼15,2001.総説
5.島 田
淳",横 山 葉 子#,小 川 欽 也#,福 田 謙 一,野 間 智 子,渡 辺 一#,望 月 清 志$,辻 野 啓 一 郎$,
末石研二%,喜田賢司%,山
満&,堀田宏巳',武田友孝",村松
淳,石上惠一",中沢勝宏(:顎関節症
診査,診断および治療,歯科学報 10
1&,415∼435,2001.臨床 "水病・スポーツ歯科,#水病・口外科,
$水病・小児歯科,%水病・矯正科,&千葉大・医・歯口外,'水病・補綴科,(東京都
6.島 田
淳",横 山 葉 子#,小 川 欽 也#,福 田 謙 一,野 間 智 子,渡 辺 一#,望 月 清 志$,辻 野 啓 一 郎$,
末石研二%,喜田賢司%,山
満&,堀田宏巳',武田友孝",村松
淳,石上惠一",中沢勝宏(:顎関節症
診査,診断および治療
(その2),歯科学報 101',491∼505,2001.臨床 "水病・スポーツ歯科,#水病・
口外科,$水病・小児歯科,%水病・矯正科,&千葉大・医・歯口外,'水病・補綴科,(東京都
7.笠原正貴,福田謙一,野村
仰",一戸達也",金子
譲":口腔顎顔面領域の慢性疼痛患者への漢方薬の応
用,Pharmacoanesthesiology 13#,124∼126,2001.臨床 "歯麻
8.福田謙一,野間智子,村松
淳,笠原正貴,一戸達也",金子
譲":経口アデノシン三燐酸
(ATP)とリド
カイン局所塗布とによってコントロールされた口腔顔面神経因性疼痛の一症例,Pharmacoanesthesiology
13#,127∼129,2001.症例 "歯麻
9.雨宮
啓",福田謙一,加納美穂子",上谷陽一郎",野村
仰",野間智子,高北義彦,金子
譲":東京歯
科大学水道橋病院における手術室および多機能診療室症例の臨床統計,歯科学報 102",50∼56,200
2.
臨床 "歯麻
単行図書
1.高北義彦!:著分担:金子
譲,大曽根洋編日本歯科評論増刊/2001最新・歯科局所麻酔ハンドブック!
局所麻酔薬の種類と特徴 6
0∼65頁,ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京,2001.
2.福田謙一!:著分担:金子
譲,大曽根洋編日本歯科評論増刊/2001最新・歯科局所麻酔ハンドブック!
ペインクリニックのポイント 148∼154頁,ヒョーロン・パブリッシャーズ,東京,2001.
そ
の 他
1.福田謙一,金子
譲":非歯原性歯疼痛の発生メカニズムと治療,東京歯医師会誌 49%,2001."歯麻
―3
2
1―
学会抄録
1.Fukuda, K., Kasahara, M., Noma, T., Ichinohe, T.!, Kaneko, Y.! : Analgesic effect of adenosine for phantom
tooth pain, J Dent Res 80,666,2001.(IADR79th General Session & Exhibition, Chiba)!歯麻
2.Kasahara, M., Fukuda, K., Ichinohe, T.!, Kaneko, Y.! : Effect of kampo medicine on chronic oral pain, J Dent
Res 8
0,666,2001.(IADR79th General Session & Exhibition, Chiba)!歯麻
3.Nomura, K.!, Kasahara, M., Ichinohe, T.!, Kaneko, Y.! : Stellate ganglion block for improving symptoms of
acute myofacial pains, J Dent Res 80,666,2001.(IADR79th General Session & Exhibition,Chiba)!歯麻
4.Noma, T., Fukuda, K., Ichinohe, T.!, Koukita, Y., Kaneko, Y.! : Is propofol effective for intravenous conscious sedation in elderly patients?, J Dent Res 80,667,2001.(IADR 79th General Session & Exhibition,
Chiba)!歯麻
5.笠原正貴,福田謙一,一戸達也!,金子
譲!:口腔内慢性疼痛患者に対する疼痛治療−漢方薬の応用につい
ての考察,J Anesth 15,41,2001.(日本麻酔科学会第48回大会,神戸市)!歯麻
6.福田謙一,笠原正貴,高北義彦,一戸達也!,金子
譲!:口腔顔面神経因性疼痛に対するアデノシン三燐酸
持続静脈内投与の鎮痛効果,J Anesth 15,44,2001.(日本麻酔科学会第48回大会,神戸市)!歯麻
7.笠原正貴,福田謙一,村松
淳,半田俊之!,一戸達也!,金子
譲!:下歯槽神経ニューロパチーが舌神経
へ拡大した一症例,口腔顔面痛懇談会第2回研究会プログラム・抄録集,2
001.(口腔顔面痛懇談会第2回
研究会,東京)!歯麻
8.福田謙一:シンポジウムニューロパシー性歯痛,口腔顔面痛懇談会第2回研究会プログラム・抄録集,
2001.(口腔顔面痛懇談会第2回研究会,東京)
9.福田謙一,野間智子,笠原正貴,一戸達也!,金子
譲!:非定型歯痛はニューロパシックペインか,日本麻
酔・薬理学会プログラム 13!,97,2001.(日本麻酔・薬理学会第23回学術大会,東京)!歯麻
10.笠原正貴,福田謙一,村松
淳,一戸達也!,金子
譲!:口腔顎顔面痛に対して漢方薬を応用した一症例,
日本麻酔・薬理学会プログラム 13!,98,2001.(日本麻酔・薬理学会第23回学術大会,東京)!歯麻
11.間宮秀樹!,奥田みのり!,阿部耕一郎!,笠原正貴,松木由起子!,一戸達也!,金子
譲!:全身麻酔後に肺
水腫がみられた一症例,第1
8回関東臨床歯科麻酔懇話会抄録集,4,2001.(第18回関東臨床歯科麻酔懇話
会,東京)!歯麻
12.笠原正貴,一戸達也!,五十嵐朋子!,中川寛一",金子
譲!:根管治療によって生じたオトガイ神経麻痺の
一症例,第18回関東臨床歯科麻酔懇話会抄録集,2001.(第18回関東臨床歯科麻酔懇話会,東京)!歯麻,"保
存I
13.半田俊之!,野間智子,福田謙一,高北義彦,松浦信幸!,雨宮
啓!,笠原正貴,一戸達也!,金子
譲!:
東京歯科大学水道橋病院歯科麻酔科管理症例の臨床統計−特に歯科恐怖症,異常絞扼反射の管理について
−,歯科学報 101#,565,2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)!歯麻
―3
2
2―
14.福田謙一:アデノシン三燐酸のニューロパシックペインに対する鎮痛作用,歯科学報 101',565,2001.
(第
2
7
1回東京歯科大学学会例会,千葉市)
15.福田謙一,笠原正貴,野間智子,村松
淳,一戸達也",金子
譲":口腔内ステントを用いたカプサイシン
局所塗布によって除痛し得た難治性口腔顔面神経因性疼痛の一症例,日歯麻誌 29%,519,2001.(第29
回日本歯科麻酔学会総会,福岡市)"歯麻
秀栄",中田真理",塩崎由美子",笠原正貴,金子
16.縣
譲":フェリプレッシンは血小板停滞率を亢進させ
ない,日歯麻誌 29%,552,2001.(第29回日本歯科麻酔学会総会,福岡市)"歯麻
17.Muramatsu, J. : Long−term observation of chronic myofacial pain patients treated by tricyclic antidepressant medication, ICCMO,2001.(12th International Convocation of ICCMO, Bad Homburg, Germany)
18.松 浦 信 幸",縣
秀 栄",間 宮 秀 樹",野 村
仰",阿 部 耕 一 郎",櫻 井
学",一 戸 達 也",金 子
譲",
笠原正貴:2000年1月∼12月の1年間に東京歯科大学千葉病院歯科麻酔科外来において麻酔科管理下に診
療を行った症例の臨床統計,歯科学報 101+,952,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)"歯麻
19.青 木
聡",大 多 和 由 美#,谷 田 部 賢 一$,柿 澤
井出吉信),石井拓男*,金子
卓%,槇 石 武 美&,安 達
康',石 上 惠 一(,福 田 謙 一,
譲+,石川達也,:東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施 第一報 評価結果とその分析,歯科学報 101+,956,2001.(第272
回東京歯科大学学会総会,千葉市)"水病・総合歯科,#水病・小児歯科,$水病・矯正科,%水病・口外科,&水
病・保存科,'水病・補綴科,(水病・スポーツ歯科,)解剖,*社会歯,+歯麻,,保存Ⅲ
20.平 山
明",武 田
康",荒 井 泰 子",村 山 秀 雄",岩 城
順",斉 藤
浩",細 井 裕 介",武 井 裕 一",
村田洋之",武田
岳",西内千明",横山世明",宍倉邦明",湯浅太郎",騎馬博美#,宇恵野加代子#,
福田謙一,金子
譲$:障害者外来全身麻酔下歯科治療の内容と予後に関する検討,障害者歯 22%,
353,2001.(第18回日本障害者歯科学会総会および学術大会,那覇市)"千葉市歯科医師会,#(財)千葉市保健医
療事業団,$歯麻
21.福 田 謙 一,平 山
明",武 田
"
"
武 井 裕 一 ,村 田 洋 之 ,武 田
康",荒 井 泰 子",村 山 秀 雄",岩 城
宇恵野加代子#,金子
"
"
"
順",斉 藤
浩",細 井 裕 介",
"
岳 ,西 内 千 明 ,横 山 世 明 ,宍 倉 邦 明 ,湯 浅 太 郎",騎 馬 博 美#,
譲$:障害者外来全身麻酔のおける笑気−セボフルランと笑気−プロポフォール麻
酔の比較,障害者歯 22%,357,2001.(第18回日本障害者歯科学会総会および学術大会,那覇市)"千葉市歯科
医師会,#!千葉市保健医療事業団,$歯麻
22.塚越完子",福田謙一:病院歯科口腔外科における障害者の日帰り全身麻酔下歯科治療管理,障害者歯 22
%,357,2001.(第18回日本障害者歯科学会総会および学術大会,那覇市)"東京都立豊島病院歯科口腔外科
23.福田謙一,笠原正貴,村松
淳,半田俊之",一戸達也",金子
譲":東京歯科大学水道橋病院歯科麻酔
科・口腔顔面痛みセンターにおける診療の動向,口腔顔面痛懇談会 第2回研究会プログラム・抄録
集,2001.(口腔顔面痛懇談会第2回研究会,東京)"歯麻
24.野村
仰",高北義彦,一戸達也",金子
譲":プロポフォールは喘息発作の引き金となるか,Pharmacoanes-
thesiology 14",148∼149,2002.(日本麻酔・薬理学会第23回学術大会,東京)"歯麻
―3
2
3―
25.伊 藤
卓!,白 鳥
修!,松 岡 秀 明!,喜 多 詰 規 雄!,地 主 明 弘!,土 田 和 由!,篁
一 則!,衣 松 勍 生!,
横山世明!,宍倉邦明!,湯浅太郎!,杉原直樹",眞木吉信",高江洲義矩",福田謙一,金子
譲#:千葉
市における在宅要介護高齢者歯科診療事業定点・訪問両方式の現状,老年歯科 16#,439∼440,2002.
(第
1
2回日本老年歯科医学総会,大阪市)!千葉市歯科医師会,"衛生,#歯麻
26.一 戸 達 也!,金 子
譲!,間 宮 秀 樹!,縣
秀 栄!,笠 原 正 貴,川 口
充",柴 原 孝 彦#,米 津 博 文$,
澁川義幸%:顎顔面領域の慢性難治性疼痛に対する治療指針の検討,平成1
3年度東京歯科大学口腔科学研
究センターワークショップ抄録集,13∼14,2002.(平成13年度東京歯科大学口腔科学研究センターワーク
7 脳科学研 !歯麻,"薬理,#口外 I,$口外Ⅱ,%生理
ショップ,千葉市)3A0
27.笠 原 正 貴,一 戸 達 也!,金 子
譲!,間 宮 秀 樹!,縣
秀 栄!,松 浦 信 幸!,川 口
充",柴 原 孝 彦#,
米津博文$,澁川義幸%,新谷益朗&:シンポジウムプロジェクト3:口腔・顎顔面機能の中枢制御に関す
る研究−MEG で何がわかったか?PART Ⅱ−顎顔面領域の慢性難治性疼痛に対する治療指針の検討,平
成13年度東京歯科大学口腔科学研究センターワークショップ抄録集,2002.(平成13年度東京歯科大学口腔科
学研究センターワークショップ,千葉市)3A0
7 脳科学研 !歯麻,"薬理,#口外 I,$口外Ⅱ,%生理,&脳科学
研究施設
―3
2
4―
8.ス ポ ー
ツ
歯
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
教
授
石上
惠一
咬合と重心動揺(A98‐0508‐1)
講
師
武田
友孝
マウスガードの衝撃吸収能について(A00‐0790‐2)
島田
淳
手
中島
一憲
病院助手
小川
透
深町
元秀
マウスガードの装着が身体運動反応時間に及ぼす影響(A00‐0790‐13)
清川
由紀
スポーツ選手の外傷認識度(A00‐0790‐10)
助
大学院生
顎関節症と全身状態との関連について(A00‐0790‐6)
咬合と運動パフォーマンス(A98‐0508‐2)
スポーツと咬合の関連について(A00‐0790‐8)
川村慎太郎
スポーツにおける身体運動時の口腔内状態(A00‐0790‐12)
小島
一郎
ガム咀嚼が全身運動能力に及ぼす影響(A00‐0790‐7)
半田
潤
渋沢
真美
マウスガードのデザインが頭頸部の安全性に及ぼす影響(A00‐0790‐14)
保科
早苗
マウスガードの厚径変化に関する研究(A00‐0790‐5)
頭部に生ずる加速度に対する噛みしめ,マウスガードの影響(A00‐0790‐11)
2.成果の概要
1)咬合と全身状態,スポーツパフォーマンスについて
スポーツにおいて生ずる頭部への加速度は,頭位・姿勢の変化を惹起しスポーツパフォーマンスに影響
し,またその値がある閾値を超えた場合には脳震盪などの脳傷害,頸椎への損傷の原因となる.この加速度
の発生に影響する因子としては,頸部の長さ,太さ,アライメントなどの解剖学的個体差,頸部の筋力,外
来刺激に対する反応時間などの運動能力などが挙げられる.したがって,頭部への加速度の軽減のための顎
口腔系の条件として,咬合の確立,正しい咬合を有するマウスガード,スプリントの装着,すなわち,顎口
腔系の状態の改善,適切なマウスガードの装着によるかみ締め力の増大および早期の筋活動が,頭頸部の固
定の増強に寄与し,スポーツパフォーマンスの向上,頭頸部の損傷予防に有効と考えられる.
2)マウスガードの安全性について
種々のスポーツ,特にコンタクトスポーツにおける顎顔面領域への障害防止対策として,マウスガードの
使用が注目され,実際様々なタイプものが使用されつつある.しかしカスタムメイドタイプと現在多くの選
手に使用されている市販のタイプとでは,装着感はもとよりその安全性においても大きな隔たりがある.す
なわち,不適切なタイプでは異物感が強く,会話等を阻害し使用が不可能であったり,また外傷の予防に十
分な衝撃吸収能を得るだけの厚みを確保するのは難しい.さらに,適切な咬合関係の付与がなされていない
マウスガードでは,顎関節症を誘発してしまうケースが多く認められるばかりか,外力が加わった際に早期
接触部位が支点となりかえって骨折の可能性を増大してしまう事になる.そこで,適切なマウスガードの啓
発,普及が必要と考えられる.
3)マウスガードの物性に関して
適切なマウスガードは,十分な衝撃吸収能を有しかつ製作過程および使用により変形,損傷等起こしては
ならない.衝撃吸収能は,その能力が高いほど歯牙および粘膜の保護,また下顎へ加わった衝撃の上顎歯列
および頭蓋への緩衝に有効と考えられる.そこで,衝撃吸収能測定およびより高い安全な材料の開発を進
め,さらに製作過程および加圧などの条件下における厚みの減少および変形量についても検討を行ってい
る.また,若年者においてはマウスガードの装着が成長発育を阻害してはならないことより,この時期に適
―3
2
5―
したマウスガード材の開発も行っている.さらにラミネートタイプのマウスガードの耐久性は,材料そのも
のの機械的強度もさる事ながら十分な接着強度が必要でありその定量および接着性の向上に及ぼす溶剤の使
用,接着面の削合,加熱条件などについても多方面より検討している.
Dental Materials 18!,211∼215,2002.
3.学外共同研究
学 外 研 究 施 設
担当者
研究課題
研究施設
所在地
責任者
石上
惠一
スポーツ選手の外傷認識度
日本大学歯学部
東京
月村
直樹
石上
武田
惠一
友孝
スポーツ選手の外傷認識度
慶煕大学
韓国
崔大
均
石上
惠一
マウスガード材の開発とその
衝撃吸収能について
自衛隊仙台病院
仙台市
片山幸太郎
石上
惠一
ラミネートマウスガードの接
着強さについて
モルテンメディカル
東京
播戸日出男
石上
惠一
聴 性 脳 幹 反 応(ABR)と 顎
関節の形態について
日本大学歯学部
東京
篠田
石上
武田
惠一
友孝
A study on the shock absorption ability of the
mouthguard materials
シドニー大学歯学部バイ
オマテリアル研究室
オーストラリア
Michael
Swain
香港大学保存学教室
中国
Danny Low
宏司
4.研究活動の特記すべて事項
学会招待講演
講演者
年月日
講演演題
学会・研究会名
開催地
石上
惠一
2001.9.
15 スポーツ歯学
新潟県歯科医学会学術大会
新潟市
石上
惠一
2001.9.
30 小児のためのスポーツ歯学
日本小児歯科医学会認定医
講習会
横浜市
石上
惠一
2001.
11.
11 小児のためのスポーツ歯学
日本小児歯科医学会認定医
講習会
札幌市
石上
惠一
2001.
11.
17 Yonsei Dental Research Day
The1st Yonsei Dental Congress
Seoul ,
Korea
―3
2
6―
5.教育講演等教育に関する業績,活動
教育講演
講演者
年月日
演
題
学会・研究会名
開催地
石上
惠一
2001.4.8 スポーツ歯学
医療器材研究会
東京
石上
惠一
2001.5.9 スポーツ歯学
市川市歯科医師会
市川市
石上
惠一
2001.6.2 スポーツ歯学
東京歯科大学同窓会愛媛
県支部
松山市
石上
惠一
2001.6.9 スポーツ歯学
三鷹市民祭り
東京
石上
深町
惠一
元秀
2001.6.
10 スポーツ歯学
宮城県歯科医師会
仙台市
石上
惠一
2001.6.
20 スポーツ歯学
東京歯科大学同窓会
市川市
石上
惠一
2001.7.
19 スポーツ歯学
臨床歯学研究機関月例講
習会
東京
石上
惠一
2001.7.
25 スポーツ歯学
福島県福島市歯科医師会
学術講演会
福島市
石上
武田
惠一
友孝
2001.7.
28 ラミネートタイプマウスガー
ドの作り方
福島県福島市歯科医師会
実習セミナー
福島市
石上
惠一
2001.8.2 スポーツ歯学
広島県賀茂東広島地区歯
科衛生連絡協議会研修会
東広島市
石上
武田
惠一
友孝
2001.8.
26 スポーツ歯学
沖縄県歯科医師会実習セ
ミナー
浦添市
石上
惠一
2001.8.
28 スポーツ歯学
新潟県母子歯科保険指導
者講習会
新潟市
石上
惠一
2001.8.
31 スポーツ歯学
市川市歯科医師会学術講
演
市川市
石上
惠一
2001.9.2 スポーツ歯学
栃木県下都賀支部歯科医
師会学術講演
栃木県下都賀郡
石上
惠一
2001.9.
20 スポーツ歯学
東京歯科大学千葉県同窓
会
千葉市
石上
惠一
2001.
10.4 スポーツ歯学
天童市・東村山歯科医師
会学術大会
天童市
石上
惠一
2001.
10.6 スポーツ歯学
宮城県仙南4歯科医師会
学術講演会
仙台市
石上
惠一
2001.
10.
11 スポーツ歯学
銚子市歯科医師会学術大
会
銚子市
石上
惠一
2001.
10.
13 スポーツ歯学
静岡県富士歯科医師会学
術講演会
富士市
石上
惠一
2001.
10.
20 スポーツ歯学
東京歯科大学同窓会島根
県支部及び歯科医師会学
術講演会
松江市
石上
惠一
2001.
11.
18 スポーツ歯学
三重県伊勢市歯科医師会
学術大会
伊勢市
―3
2
7―
講演者
年月日
演
題
学会・研究会名
開催地
石上
惠一
2001.
11.
22 スポーツ歯学
三重県松阪市東京歯科大
学同窓会
松阪市
石上
惠一
2001.
11.
24 スポーツ歯学
旭川スポーツ歯学研究会
公開講座
旭川市
石上
惠一
2001.
11.
28 スポーツ歯学
東京歯科大学同窓会渋谷
支部
東京
石上
惠一
2002.1.
16 スポーツ歯学
国立市歯科医師会学術講
演
国立市
石上
中島
惠一
一憲
2002.1.
19 スポーツ歯学
∼20
スポーツ 歯 科 医 学 講 演
会・マウスガード研修会
広島市
石上
惠一
2002.1.
31 スポーツ歯学
三重県学校歯科衛生大会
津市
石上
惠一
2002.
2.
16
神奈川県鎌倉市歯科医師
会学術大会
鎌倉市
スポーツ歯学
―3
2
8―
論
文
1.島 田
淳,横 山 葉 子!,小 川 欽 也!,福 田 謙 一",野 間 智 子",渡 辺
末石研二$,喜田賢司$,山
一!,望 月 清 志#,辻 野 啓 一 郎#,
満%,堀田宏巳&,武田友孝,村松淳",石上惠一,中沢勝宏':顎関節症診
査,診断および治療,歯科学報 101%,415∼435,2001.臨床 !水病・口外科,"水病・麻酔科,#水病・小
児歯科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
2.島 田
淳,横 山 葉 子!,小 川 欽 也!,福 田 謙 一",野 間 智 子",渡 辺
末石研二$,喜田賢司$,山
満%,堀田宏巳&,武田友孝,村松
一!,望 月 清 志#,辻 野 啓 一 郎#,
淳",石上惠一,中沢勝宏':顎関節症診
査,診断および治療(その2),歯科学報 101&,491∼505,2001.臨床 !水病・口外科,"水病・麻酔科,
#水病・小児歯科,$水病・矯正科,%千葉大・医・歯口外,&水病・補綴科,'東京都
3.武 田 友 孝,石 上 惠 一,ド ル ネ ィ ブ レ ッ ト!,島 田
"
#
月村直樹 ,石川達也 ,佐藤
淳,中 島 一 憲,小 川
透,保 科 早 苗,深 町 元 秀,
$
亨 :改良2層タイプラミネートマウスガードの製作法,臨床スポーツ医
学 9",210∼218,2001.総説 !ピムデントノミニース,N. S. W, Australia,"日大・歯・補綴Ⅱ,#保存Ⅲ,
$補綴Ⅱ
4.Low, D.!, Sumii,T.", Swain, M.#, Ishigami, K., Takeda, T. : Instrumented indentation characterization of
mouth−guard materials, Dental Materials 18#,211∼215,2002.原著 !香港大・歯・保存,シドニー大・
歯・バイオマテリアル,"シドニー大・歯・バイオマテリアル,#シドニー大・工・機械工学
5.Ishigami, K., Takeda, T., Ishikawa, T.! : Sports dentistry : for the future, Dentistry in Japan 38,19
5∼
202,2002.原著 !保存Ⅲ
解
説
1.石上惠一,川村慎太郎:スポーツと歯なぜ,スポーツ歯学が脚光を浴びてきたのか?,歯医者さんの待合室
4!,42∼43,2001.平成12年度分
2.石上惠一,小島一郎:スポーツと歯のケガ安全の中で行われてこそ健康スポーツ,歯医者さんの待合室 4
",4
0∼41,2001.平成12年度分
3.石上惠一,長谷川英美:スポーツとアゴの骨折・脱臼スポーツ外傷は子供たちにとっても問題!,歯医者さ
んの待合室 4#,40∼41,2001.平成12年度分
4.石上惠一,深町元秀:スポーツ選手と顎関節症“顎関節症”では選手自身の能力を十分に発揮できない,歯
医者さんの待合室 4$,40∼41,2001.
5.石上惠一,島田耕輔:スポーツによる脳振盪∼マウスガード使用は脳振盪を予防する∼,歯医者さんの待合
室 4%,40∼41,2001.
6.石上惠一,保科早苗:マウスガードへの認識と効果は?∼マウスガード装着で外傷は激減!∼,歯医者さん
の待合室 4&,40∼41,2001.
7.石上惠一,半田
潤:マウスガードの種類は?∼タイプごとの特徴をよく理解して使用を!∼,歯医者さん
の待合室 4',42∼43,2001.
―3
2
9―
8.石上惠一,澁澤真美,清川由紀:マウスガードに対する認識度合∼女子ラクロス競技におけるマウスガード
とその実態∼,歯医者さんの待合室 4$,42∼43,2001.
9.石上惠一,小川
透:咬み合わせとスポーツパフォーマンス∼重心動揺を測定し,平衡機能を客観的に評価
する∼,歯医者さんの待合室 4%,38∼39,2001.
10.石上惠一,中島一憲:咬み合わせとスポーツパフォーマンス∼歯が欠損していると力が出せない∼,歯医者
さんの待合室 4&,38∼39,2001.
11.石上惠一,高山和比古:ガムとスポーツパフォーマンス,歯医者さんの待合室 4',36∼37,2001.
12.石上惠一:スポーツ歯学からみたマウスガードの必要性,デンタルダイヤモンド 369,64∼67,2001.
13.石上惠一,島田
淳:マウスガード装着と頸椎損傷の予防,歯医者さんの待合室 4(,36∼37,2001.
14.石上惠一:We love american football!We guard mouths!,Christmas Bowl ⅩⅩⅩⅡ,26∼27,2001.
単行図書
1.石上惠一,武田友孝,島田
淳,中島一憲,小川
山田純子",佐藤華子",生澤
操",林
透,深町元秀,保科早苗,前田芳信",米畑有理",
恭平#:共著:アドバンス・スポーツ歯学(初版),医学情報社,
東京,2001."阪大・歯・口腔総合診療,#京都府医大・公衆衛生
学会抄録
1.Ishigami, K. : Oxygen uptake, New and improved mouthguard materials, and the effect of mouthguards on
performance, Dentistry and Sport, Conference Book,
12∼13,
2001.
(1st International symposium on dentistry
and sport, Cologne, Germany)
2.Takeda, T. : The Prevention/Reduction of tooth and jaw fracture and concussion,and mouthguards design,
fabrication hint, Dentistry and Sport, Conference Book,14∼15,2001.
(1st International symposium on dentistry and sport, Cologne, Germany)
3.小川
島田
透,中島一憲,深町元秀,小島一郎,川村慎太郎,保科早苗,高田英記,塩野英昭,月村直樹",
淳,武田友孝,石上惠一:支台築造体の違いが歯の破折に及ぼす影響,日補綴歯会誌 45(105回特
別号),44,2001.(第105回日本補綴歯科学会学術大会,東京)"日大・歯・補綴Ⅱ
4.Nakajima, K., Tsukimura, N.", Kawamura, S., Shimada, A., Takeda, T., Ishigami, K. : Influence of mouthguard shock absorption ability against traumatic jaw closing, IADT & ASD, Official Program of
Events,17,2001.(World Congress on sports dentistry and dental traumatology, Boston, Massachusetts, USA)
"日大・歯・補Ⅱ
5.Tsukimura, N.", Nakajima, K., Kawamura, S., Tiba, S. H.#, Shiono, H., Ogawa, T., Takeda, T., Ishigami, K. :
Effect of mouthguards on shock absorption ability in restored teeth, IADT & ASD, Official Program of
Events,30,2001.(World Congress on sports dentistry and dental traumatology, Boston, Massachusetts, USA)
"日大・歯・補Ⅱ,#サンパウロ大
―3
3
0―
6.武田友孝:マウスガードの種類,咬合挙上量および咬合関係の相違が顎顔面頭蓋の衝撃吸収能に及ぼす影
響,歯科学報 101',558,2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)
7.川村慎太郎,小川
透,武田友孝,小島一郎,深町元秀,塩野英昭,中島一憲,島 田
淳,石上惠一,
保科早苗,高田和明 :試作マウスガード用材の衝撃吸収ならびに拡散能について,歯科学報 101',
"
563,2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉市)"!クラレ
8.島田
淳,小島一郎,川村慎太郎,深町元秀,小川
透,中島一憲,武田友孝,石上惠一,保科早苗:顎関
節症における顎関節症状と重心動揺との関係,歯科学報 101',592,2001.(第271回東京歯科大学学会例
会,千葉市)
9.Takayama, K., Takayama, M.", Shimada, A., Takeda, T., Ishigami, K. : The investigation about the mouthguards, FDI, Final Programme,79,2001.
(FDI annual world dental congress, Ruala Lumpur, Malaysia)"東
京都
10.中島一憲,小川
透,深町元秀,長谷川英美,川村慎太郎,島田
淳,武田友孝,石上惠一,蒲原
敬",
竹下隆晴":新開発のマウスガード材(GM−α)の特性,日補綴歯会誌 45
(1
0
6回特別号)
,8
8,2
0
0
1.(第1
0
6回
日本補綴歯科学会学術大会,盛岡市)"ジーシー研究所
11.島田
淳,中島一憲,保科早苗,小島一郎,清川由紀,武田友孝,石上惠一,石川達也":耳鼻科受診患者
における歯科的アンケート調査,日補綴歯会誌 45
(106回特別号)
,149,2001.(第106回日本補綴歯科学会
学術大会,盛岡市)"保存Ⅲ
12.武田友孝,小川
透,中島一憲,島田
淳,石上惠一:スポーツ選手の顎関節症に対する低出力レーザーの
有用性,第5回日本レーザースポーツ医学会学術大会・プログラム・抄録集,1
9,2001.(第5回日本レー
ザースポーツ医学会学術大会,東京)
13.高田英記",原
俊浩",李
順基",井出吉信",武田友孝,石上惠一:マイクロ CT を用いた下顎角部内部
構造の三次元的観察,歯科学報 101+,929,2001.(第272回東京歯科大学学会総会,千葉市)脳科学研 分析
生研"解剖
14.青 木
聡",大 多 和 由 美#,谷 田 部 賢 一$,柿 澤
)
*
井出吉信 ,石井拓男 ,金子
+
卓%,槇 石 武 美&,安 達
康',石 上 惠 一,福 田 謙 一(,
,
譲 ,石川達也 :東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対す
る客観的臨床能力試験(OSCE)の実施第一報評価結果とその分析,歯科学報 101+,956,2001.(第272回
東京歯科大学学会総会,千葉)"水病・総合歯科,#水病・小児歯科,$水病・矯正科,%水病・口外科,&水病・
保存科,'水病・補綴科,(水病・麻酔科,)解剖,*社会歯,+歯麻,,保存Ⅲ
15.大 多 和 由 美",青 木
'
聡#,鈴 木
聡#,島 田
&
(
近藤祥弘 ,古賀正忠 ,金子
淳,望 月 清 志",高 野 正 行$,堀 田 宏 巳%,末 石 研 二&,
譲 :東京歯科大学水道橋病院における歯科臨床研修医に対する客観的臨
床能力試験
(OSCE)の実施第二報ポストアンケートとその結果についての検討,歯科学報 101+,957,
2001.(第271回東京歯科大学学会例会,千葉)"水病・小児歯科,#水病・総合歯科,$水病・口外科,%水病・補
綴科,&水病・矯正科,'水病・保存科,(歯麻
16.中島一憲,小川
透,島田
淳,武田友孝,石上惠一:咬合挙上が身体運動反応時間に及ぼす影響,臨床ス
ポーツ医学 9%,106,2001.(第12回日本臨床スポーツ医学会学術集会,つくば市)
―3
3
1―
17.島田
淳,中島一憲,武田友孝,石上惠一:耳鼻科受診患者における歯科的アンケート調査(その2),第6
回日本頭蓋下顎障害学会学術大会プログラム・抄録集,2
1,2001.(第6回日本頭蓋下顎障害学会学術大会,
東京)
18.島田
淳,中島一憲,小川
透,武田友孝,石上惠一,石川達也":耳疾患と歯科との関連,第1
1回日本全
身咬合学会学術大会プログラム・抄録集,43,2001.(第11回日本全身咬合学会学術大会,千葉市)"保存Ⅲ
19.小川
透,深町元秀,中島一憲,保科早苗,塩野英昭,島田
淳,武田友孝,石上惠一:マウスガードの装
着が歯の破折に及ぼす影響,スポーツ歯誌 5",66∼67,2002.(第12回日本スポーツ歯科医学会学術大会,
名古屋市)
20.深町元秀,武田友孝,長谷川英美,小島一郎,小川
透,中島一憲,島田
淳,石上惠 一,保科早苗,
"
高田英記,開内正則 :バキュームタイプ成型器を用いたラミネートマウスガードの接着性,スポーツ歯
誌 5",73∼74,2002.(第12回日本スポーツ歯科医学会学術大会,名古屋市)"!モルテンメディカル
21.小島一郎,川村慎太郎,高田英記,小川透,中島一憲,島田
淳,武田友孝,石上惠一:ガム咀嚼が下肢の
筋力に及ぼす影響,スポーツ歯誌 5",75∼76,2002.(第12回日本スポーツ歯科医学会学術大会,名古屋
市)
22.島田耕輔,小川
透,深町元秀,川村慎太郎,中島一憲,島田
淳,武田友孝,石上惠一:マウスガードに
関する評価,スポーツ歯誌 5",80,2002.(第12回日本スポーツ歯科医学会学術大会,名古屋市)
23.月村直樹",武田友孝,宇都宮幸正",額賀康之",大山秀元":平成11年度より関東医歯薬大学ラグビーリー
グで施行されたマウスガードの義務化におけるアンケート調査,スポーツ歯誌 5",82,2002.(第12回
日本スポーツ歯科医学会学術大会,名古屋市)"関東ラグビーフットボール協会メディカルソサエティ歯科委員会
24.前 田 芳 信",山 田 純 子",十 河 基 文",安 井 利 一#,石 上 惠 一,武 田 友 孝,石 島
堤
勉$,平 井 敏 博$,
定美%,住吉周平&,本田武司&,前田憲昭':顎顔面領域における外傷のリスクファクター分析−ス
ポーツ外傷を中心として−,日歯医学会誌 21,118,2002.(歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する
集い,東京)"阪大・歯・口腔総合診療,#明海大・歯・口腔衛生,$北医療大・歯・補綴Ⅰ,%京大・再生医療工
学研究センター,&福岡歯大・口腔・顎顔面外科,'大阪府
25.島田
淳,小川
透,中島一憲,武田友孝,石上惠一,本田和也",篠田宏司":聴性脳幹反応
(ABR)と下
顎頭形態との関連
(その2),日顎関節会誌 14",67,2002.(第14回日本顎関節学会総会・学術大会,神戸
市)"日大・歯・放
26.塩野英昭,保科早苗,小川
透,中島一憲,大津王公滋,佐藤武司,島田
"
淳,武田友 孝,石上惠一,
長谷川晃嗣 :支台築造の違いが衝撃応力に及ぼす影響Ⅰ−1解析システムについて,日補綴歯会誌 46
$,4
19,2002.(日本補綴歯科学会東京支部総会・第5回学術大会,東京)"理工
―3
3
2―
9.眼
科
プロフィール
1.教室員と主研究テーマ
助 教 授
ビッセン宮島弘子
固視像および瞳孔径観察可能なビデオ pupillometer の開発(A01‐0791‐2)
助
手
大橋
由枝
角膜 iron line の病理組織像
病院助手
伊藤
志奈
鈴木慎太郎
2.成果の概要
1)固視像および瞳孔径観察可能なビデオ pupillometer の開発
屈折矯正手術や白内障手術,特に遠近両方に焦点を合わせる多焦点眼内レンズ挿入術後の視機能の評価
に,瞳孔径が重要である.現在ある測定装置は,測定時に眼を遮蔽してしまうため,固視条件やまわりの環
境を変えることは不可能である.今後,夜間や光源のある状態での視力と瞳孔径の関係を調べるにあたっ
て,これらの条件下で測定可能で,かつ解析可能な装置が望まれる.すでに患者がカメラを通して固視して
いる画像と瞳孔径および瞳孔の動きを観察できるポータブルビデオ pupillometer のプロトタイプが完成し
ている.これを用いて,屈折矯正手術の中で,LASIK(laser in situ keratomileusis)術前術後,および多
焦点眼内レンズ挿入後の瞳孔径の測定を行っている.現在,この測定結果を直接コンピューターに入力し,
解析ソフトを検討中である.解析ソフト完成後,実際の検査時に使用し,視機能との関連などを検討する予
定である.
2)角膜 iron line の病理組織像
屈折矯正手術である LASIK(laser in situ keratomileusis)において,手術後数ヶ月で術中作成した flap
下に鉄錆様の沈着物をみとめる症例がある.これは,近視・遠視症例ともにみられるが,この鉄錆様物質自
体の組成は何であるか未だ不明であり,また,どうして沈着するのかもわかっていない.LASIK に使用す
るエキシマレーザーでは角膜組織に熱障害を加えることなく,角膜を切除することが可能ということになっ
ているが,この鉄錆様沈着物はエキシマレーザーに起因するものなのか,また ocular surface の関係も考慮
し,これを検討する予定である.
―3
3
3―
3.研究活動の特記すべき事項
シンポジウム
シンポジスト
年月日
演
題
学会名
IMPACT
開催地
ビッセン宮島弘子
2001.6.
22 Single piece acrysof with International
the Monarch! injector Meeting
system
ビッセン宮島弘子
2001.8.4 LASIK and Dry eye
ビッセン宮島弘子
2001.9.2 Use of phacoemulsification Main Symposium−New
in Japan
Developments in Phacoemulsification
Amsterdam,
The Netherlands
ビッセン宮島弘子
2001.
11.
24 小切開白内障手術 Update
第2回白内障手術講演会
名古屋市
ビッセン宮島弘子
2002.1.
26 LASIK の未解決問題
第25回日本眼科手術学会
シンポジウム
広島市
Surgical Strategies for
Success Symposium
Sydney,
Australia
札幌市
学会招待講演
講演者
年月日
演
題
学会・研究会名
開催地
ビッセン宮島弘子
2001.4.
14 最近の白内障・IOL 手術
第291回岩手眼科集談会
盛岡市
ビッセン宮島弘子
2001.5.
19 最近の LASIK
埼玉県眼科医会・大宮赤
十字病院合同眼科懇話会
大宮市
ビッセン宮島弘子
2001.6.
28 屈折矯正手術「LASIK」
第4回 大 田,品 川 サ ー 東京
ジャンの会
ビッセン宮島弘子
2001.
11.
28 レーザーによる角膜治療
第3回先進レーザー応用 東京
技術セミナー
ビッセン宮島弘子
2002.2.
22 LASIK におけるフラ ッ プ 白内障,IOL,角膜屈折 盛岡市
下の反応
手術セミナー安比クリス
タル倶楽部2002
ビッセン宮島弘子
2002.3.
17 エキシマレーザー屈折矯正
手術
群馬県眼科医会春季集談
会
前橋市
4.教育講演等教育に関する業績,活動
教育講演
講演者
年月日
演
題
学会・研究会名
開催地
ビッセン宮島弘子
2001.5.
13 初心者が起こし易いマイク
ロケラトームトラブルと予
防/解決方法
第7回マイクロケラトー
ムトレーニングコース
大阪市
ビッセン宮島弘子
2001.5.
18 最近の白内障手術と近視矯
正レーザー手術
東京歯科大学同窓会浅草
支部第1回学術講演会
東京
ビッセン宮島弘子
2001.7.
12 眼科治療の最前線
第175回丸の内歯科医師 東京
会学術講演会
ビッセン宮島弘子
2001.7.
13 水道橋病院眼科の特徴
東京歯科大学理工懇談会
―3
3
4―
東京
講演者
年月日
演
題
学会・研究会名
開催地
ビッセン宮島弘子
2001.7.
21 どうすれば合併症の発生率
を抑えることができるか
ビッセン宮島弘子
2001.9.
22 マイクロケラトーム
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
11 弱視眼に行われた遠視矯正
LASIK とその後の問題
第16回 AMIS の会
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
13 K−3000ノモグラムに関し
て
第1回 BD マイクロケラ 京都市
トームK−3000ユーザー
ミーティング
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
14 LASIK を始める
臨床眼科学会インストラ 京都市
クションコース
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
19 歯科医師のための最近の眼
科
東京都港区芝歯科医師会 東京
学術・公衆衛生共催講習会
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
24 ここまで進んだ近視矯正手
術と白内障手術
東京歯科大学渋谷支部学 東京
術講演会
ビッセン宮島弘子
2001.
10.
25 LASIK の臨床結果と限界
第53回東京医科大学眼科
臨床懇話会
東京
ビッセン宮島弘子
2001.
11.
27 歯科医師のための最近の眼
科
東京都三鷹市歯科医師会
第2回学術講演会
東京
ビッセン宮島弘子
2002.1.
12 屈折矯正誤差
第8回 リ フ ラ ク ト サ ー
ジャリー研究会
東京
ビッセン宮島弘子
2002.1.
25 2002年における多焦点眼内
レンズの位置
第25回日本眼科手術学会
イブニングセミナー
広島市
ビッセン宮島弘子
2002.1.
26 Wave front technology update
第25回日本眼科手術学会
イブニングセミナー
広島市
―3
3
5―
第1回 LASIK 関 西 研 究 京都市
会
第67回日本中部眼科学会
ランチョンセミナー
「LASIK」
金沢市
京都市
解
説
1.ビッセン宮島弘子:第54回日本臨床眼科学会印象記,眼科 43%,567∼569,2001.
2.ビッセン宮島弘子:歯科医師のための最近の眼科,日歯医師会誌 54&,19∼27,2001.
3.ビッセン宮島弘子:どのようなマイクロケラトームがあるのですか,あたらしい眼科 18,109∼112,2001.
4.ビッセン宮島弘子:許可されているエキシマレーザーについて教えてください,あたらしい眼科 18,109∼
112,2001.
5.ビッセン宮島弘子:日本における LASIK の展望,Ocular Surgery News 2,1∼6,2002.
6.ビッセン宮島弘子:ストリエ,メタル,夜間視力低下,IOL&RS 16,32∼36,2002.
7.鈴木慎太郎,ビッセン宮島弘子:白内障・眼内レンズ,治療 84,55∼60,2002.
単行図書
1.ビッセン宮島弘子":著分担:眼科レーザー治療のすべて"LASIK の考え方と手技168∼172頁,文光堂,
東京,2001.
2.ビッセン宮島弘子":著分担:眼科・実戦レーザー治療"LASIK1381∼1390頁,金原出版,東京,2001.
3.伊藤志奈",ビッセン宮島弘子":著分担:ドクターの目にやさしい歯科医療を求めて"白内障・緑内障122
∼126頁,デンタルダイヤモンド社,東京,2001.
4.ビッセン宮島弘子監修:単著:矯正手術で近視を治す,医学芸術社,東京,2002.
学会抄録
1.ビッセン宮島弘子,平
容子#,中村雅胤$,南慶一郎$:エンドトキシンによる家兎眼の DLK 様変化,第
55回日本臨床眼科学会講演抄録集,62,2001.(第55回日本臨床眼科学会,京都市)#埼玉県,$参天製薬!
2.ビッセン宮島弘子,三宅みのり,大沼一彦#:瞳孔および固視画面の同時撮影可能なポータブル video pupillometer,第40回日本白内障学会・第1
6回日本眼内レンズ屈折手術学会講演抄録集,9
7,2001.(第40回日
本白内障学会・第1
6回日本眼内レンズ屈折手術学会総会,福岡市)#千葉大・大学院・自然科学研究
3.三宅みのり,ビッセン宮島弘子:再燃を繰り返し治療に抵抗した DLK の一例,第40回日本白内障学会・第
16回日本眼内レンズ屈折手術学会抄録集,1
12,2001.(第40回日本白内障学会・第16回日本眼内レンズ屈折手
術学会総会,福岡市)
4.伊藤志奈,ビッセン宮島弘子,三宅みのり:ヒンジを小さく設定した全自動マイクロケラトーム,第40回日
本白内障学会・第1
6回日本眼内レンズ屈折手術学会抄録集,1
14,2001.(第40回日本白内障学会・第16回日
本眼内レンズ屈折手術学会総会,福岡市)
―3
3
6―
5.Bissen−Miyajima, H., Miyake, M., Onuma, K." : Newly developed video pupilometer for patients following
IOL implantation and LASIK, 14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery Program,145,2001.(14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery, San Diego, USA)"千葉大・大学院・自然科学研究
6.Kato, S., Bissen−Miyajima, H., Taira, Y." : The results of ITI microkeratome K−3000 in Japanese eyes,
14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery Abstracts,160,2001.(14th
Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery, San Diego, USA)"埼玉県
7.Bissen−Miyajima, H., Miyake, M., Onuma, K." : The use of a newly developed video pupilometer for patients following multifocal IOL implantation and LASIK, 14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery Abstracts,164,2001.(14th Symposium on American Society of Cataract and
Refractive Surgery, San Diego, USA)"千葉大・大学院・自然科学研究
8.Miyake, M., Bissen−Miyajima, H., Taira, Y." : Multipath−multizone LASIK with VISX STAR Smooth Scan
in patients with high myopia,14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery
Abstracts,198,2001.(14th Symposium on American Society of Cataract and Refractive Surgery, San Diego,
USA)"埼玉県
9.Bissen−Miyajima, H., Miyake, M., Onuma, K." : Newly developed video pupillometer in patients following
multifocal IOL and LASIK, 19th European Society of Cataract and Refractive Surgeons Program,
261,2001.(19th European Society of Cataract and Refractive Surgeons, Amsterdam, Netherland)"千葉大・大
学院・自然科学研究
10.鹿島みのり",ビッセン宮島弘子,平
容子#,中村正胤$,南慶一郎$:エンドトキシンによる家兎眼の DLK
様変化
(第2報:経時的変化),第24回日本眼科手術学会総会講演抄録集,196,2002.(第24回日本眼科手術
学会総会,広島市)"市病・眼科,#埼玉県,$参天製薬!
11.平
容子",ビッセン宮島弘子:白内障術後30分の視力の検討,第2
4回日本眼科手術学会総会講演抄録
集,245,2002.(第24回日本眼科手術学会総会,広島市)"埼玉県
―3
3
7―
Fly UP