...

日本エマージェンシーアシスタンス|6063

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

日本エマージェンシーアシスタンス|6063
R
LAST UPDATE【2015/09/28】
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Research Report by Shared Research Inc.
当レポートは、掲載企業のご依頼により株式会社シェアードリサーチが作成したものです。投資家
用の各企業の『取扱説明書』を提供することを目的としています。正確で客観性・中立性を重視し
た分析を行うべく、弊社ではあらゆる努力を尽くしています。中立的でない見解の場合は、その見
解の出所を常に明示します。例えば、経営側により示された見解は常に企業の見解として、弊社に
よる見解は弊社見解として提示されます。弊社の目的は情報を提供することであり、何かについて
説得したり影響を与えたりする意図は持ち合わせておりません。ご意見等がございましたら、
[email protected] までメールをお寄せください。ブルームバーグ端末経由でも受け付
けております。
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
LAST UPDATE【2015/09/28】
目次
主要経営指標の推移 -------------------------------------------------------------------------------------------------- 3
直近更新内容 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 4
概略 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 4
業績動向 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 6
四半期実績推移------------------------------------------------------------------------------------------------------- 6
2015年 12 月期会社予想 ---------------------------------------------------------------------------------------- 11
長期見通し ---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 13
事業内容 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 15
事業概要 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 15
SW(Strengths, Weaknesses)分析 -------------------------------------------------------------------------- 25
市場とバリュー・チェーン -------------------------------------------------------------------------------------- 26
経営戦略 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 31
過去の財務諸表 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 32
損益計算書 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 48
貸借対照表 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------- 49
キャッシュフロー計算書 ----------------------------------------------------------------------------------------- 50
その他情報 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 51
沿革 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 51
ニュース&トピックス -------------------------------------------------------------------------------------------- 52
大株主 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 56
トップ経営者-------------------------------------------------------------------------------------------------------- 56
グループ会社-------------------------------------------------------------------------------------------------------- 56
従業員 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 56
企業概要 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 57
www.sharedresearch.jp
02/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>主要経営指標の推移
LAST UPDATE【2015/09/28】
主要経営指標の推移
FY12/09
損益計算書
(百万円)
単体
1,133
売上高
28.4%
YoY
売上総利益
226
YoY
52.5%
利益率
20.0%
営業利益
-15
YoY
利益率
-1.3%
経常利益
-33
YoY
利益率
-2.9%
当期純利益
-21
YoY
利益率
-1.9%
一株当たりデータ(株式分割調整後)
期末発行済株式数(千株)
1,038.0
EPS
-59.4
EPS (潜在株式調整後)
DPS
BPS
66.6
貸借対照表 (百万円)
現金・預金・有価証券
259
流動資産合計
569
有形固定資産
35
投資その他の資産計
34
無形固定資産
54
資産合計
692
買掛金
2
208
短期有利子負債
流動負債合計
407
長期有利子負債
199
固定負債合計
209
負債合計
616
純資産合計
77
有利子負債(短期及び長期)
407
キャッシュフロー計算書 (百万円)
-58
営業活動によるキャッシュフロー
投資活動によるキャッシュフロー
-20
財務活動によるキャッシュフロー
57
財務指標
総資産利益率(ROA)
自己資本利益率(ROE)
自己資本比率
11.1%
FY12/10
連結
1,357
19.8%
379
67.4%
27.9%
106
7.8%
91
6.7%
79
5.8%
FY12/11
連結
1,611
18.7%
466
23.1%
29.0%
172
62.9%
10.7%
164
80.2%
10.2%
167
112.2%
10.3%
FY12/12
連結
1,893
17.5%
506
8.4%
26.7%
148
-14.1%
7.8%
129
-21.3%
6.8%
75
-54.7%
4.0%
FY12/13
連結
1,984
4.8%
435
-14.1%
21.9%
36
-75.8%
1.8%
25
-80.3%
1.3%
14
-81.1%
0.7%
FY12/14
連結
2,200
10.9%
418
-3.8%
19.0%
-25
-1.1%
-26
-1.2%
-36
-1.6%
1,038.0
75.7
143.7
1,038.0
160.5
301.5
1,189.4
67.7
65.9
0.0
468.9
1,205.0
11.9
11.5
10.0
506.4
1,213.4
-29.4
10.0
489.7
303
738
29
32
36
835
2
303
507
175
179
686
149
479
526
957
40
25
32
1,054
34
357
632
108
108
741
313
465
423
948
46
34
25
1,053
3
127
486
8
9
495
558
135
476
1,457
66
34
38
1,594
4
518
919
63
65
984
610
582
682
1,691
105
305
160
1,996
5
680
1,212
184
189
1,401
595
864
0
-16
63
290
-40
-26
121
-45
-192
-370
-76
456
20
-217
353
11.9%
69.6%
17.9%
17.4%
72.1%
29.7%
12.3%
17.3%
53.0%
1.9%
2.4%
38.3%
-1.5%
-5.9%
29.8%
FY12/15
会社予想
2,500
13.6%
90
3.6%
80
3.2%
65
2.6%
53.5
出所:会社資料よりSR作成
www.sharedresearch.jp
03/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>直近更新内容
概略
LAST UPDATE【2015/09/28】
直近更新内容
2015年9月28日、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社が開発し
た外国人旅行者向け「訪日旅行保険」の国内アシスタンス業務を受注したことを発表した。同社が提供するサー
ビスは、医療機関手配サービス、医療通訳サービス(英語・中国語・韓国語)、キャッシュレス治療サービス(大
都市・観光地を中心とした約800の協力医療機関)。同商品は2016年2月以降に販売が開始される予定である。
「訪日旅行保険」について
訪日外国人旅行者は過去最高のペースで増加傾向にあり、海外旅行保険が普及していない国・地域も多数存在し、
観光庁調査によると旅行保険に加入していない外国人旅行者の割合は全体の30%にものぼるという。「訪日旅行
保険」はこうした状況を背景に開発されたインターネット加入専用商品で、英語・中国語・韓国語に対応する。
外国人旅行者が自国で旅行保険に加入せずに日本に入国した場合でも、入国後にスマートフォン等からインター
ネットを通じて簡便な加入を可能にしている。
(リリースへのリンクはこちら)
2015年8月18日、同社への取材を踏まえてレポートを更新した。
2015年8月14日、同社は株式分割について発表した。
(リリースへのリンクはこちら)
同社によれば、2015年8月31日を基準日、2015年9月1日を効力発生日として、1株につき2株の割合をもって分割
するとのことである。株式分割前の発行済株式総数1,222,200株に対して、株式分割後の発行済株式総数は
2,444,400株となる。
2015年8月12日、同社は2015年12月期第2四半期決算を発表した。
(決算短信へのリンクはこちら、詳細は2015年12月期第2四半期決算の項目を参照)
2015年7月22日、同社は2015年12月期上期及び通期業績の上方修正を発表した。
(リリースへのリンクはこちら)。
修正の理由
上期においては、1)医療アシスタンス売上が好調であったこと、2)毎年3月に売上を年に一度計上する国際医療
事業における官公庁受注ビジネス売上が寄与したこと、などから、売上高・利益ともに上方修正となったもの。
しかしながら、下期においては円安及び海外不安の継続による出国者数の大幅減少が見込まれることから売上の
伸び悩みを想定したとのこと。また、期初想定以上の円安による海外センターのコスト上昇、人件費やIT投資の継
続的実施で一層のコスト増が見込まれることから、利益面では伸長な見通しを立てているとのこと。
www.sharedresearch.jp
04/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>直近更新内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
そのため、通期計画においては、業績は堅調に推移しているものの、売上高は前回予想通り、利益に関しては上
期実績を若干上回る程度と見込んだとしている。
通期修正計画
(百万円)
売上高
YoY
営業利益
YoY
利益率
経常利益
YoY
利益率
当期純利益
YoY
FY12/15新予想
上期会予
下期会予
1,154
1,346
20.2%
6.8%
78
12
5.8%
1.0%
77
3
5.7%
0.3%
63
2
-
通期会予
2,500
13.6%
90
3.6%
80
3.2%
65
-
FY12/15前回予想
上期会予
下期会予
1,280
1,220
14.3%
13.0%
-50
80
-3.9%
6.6%
-55
80
-4.3%
6.6%
-60
70
-
通期会予
2,500
13.6%
30
1.2%
25
1.0%
10
-
差異
上期会予
66
下期会予
-66
通期会予
-
128
-68
60
132
-77
55
123
-68
55
出所:会社資料よりSR作成
3ヵ月以上経過した会社発表はニュース&トピックスへ
www.sharedresearch.jp
05/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
業績動向
四半期実績推移
四半期業績推移
LAST UPDATE【2015/09/28】
FY12/14
FY12/13
FY12/15
FY12/15
Q3
473
386
87
5.7%
7.4%
-1.1%
Q4
515
423
92
12.9%
16.3%
-0.2%
Q1
627
527
100
14.3%
15.2%
9.7%
Q2
493
390
103
10.3%
8.2%
19.2%
Q3
524
419
105
10.8%
8.6%
20.9%
Q4
556
442
114
7.9%
4.5%
23.3%
Q1
753
648
105
20.2%
23.1%
5.1%
Q2
593
490
103
20.3%
25.7%
0.0%
売上総利益
YoY
売上総利益率
販管費
YoY
販管費比率
106
114
88
-17.6% -18.6% -13.0%
20.7% 19.8% 22.4%
106
93
96
10.0% -6.0% 13.3%
16.9% 21.5% 22.3%
127
-7.8%
24.6%
104
33.3%
20.3%
105
-7.6%
16.8%
109
17.6%
17.4%
91
3.2%
18.5%
104
8.0%
21.0%
113
109
2.9% -11.0%
20.8% 20.3%
116
114
8.3% 10.9%
21.8% 20.8%
163
55.3%
21.6%
115
5.4%
15.3%
138
51.7%
23.3%
108
3.8%
18.2%
営業利益
医療アシスタンス
ライフアシスタンス
消去又は全社
YoY
医療アシスタンス
ライフアシスタンス
営業利益率
医療アシスタンス
ライフアシスタンス
-12
-5
-3
48
31
-4
21
-8
0
22
88
37
53
51
107
69
74
50
64
48
35
28
26
31
28
26
22
15
25
30
-89
-87
-84
-85
-77
-84
-78
-83
-77
-74
- -98.7% -62.4%
-61.1%
-33.1% -30.8% -17.1% -18.5% -21.9% -23.5% -22.5% -31.0% 113.6% 141.8%
2.0% 24.5% 71.7% 41.8% -9.3% -4.5%
10.4% -6.3% -32.8% -16.0%
6.4%
5.2%
3.8% -1.7%
0.1%
4.3% -0.6% -2.5% -1.0% -0.6%
7.4% 10.2%
9.2% 14.2% 14.9%
8.0%
11.7% 10.7% 14.6% 14.4%
4.9%
6.3%
3.7%
4.5%
5.0%
4.8%
4.9%
5.6%
5.5%
3.1%
経常利益
YoY
経常利益率
18
-65.8%
3.3%
-13
-2.9%
-1
21
- -65.3%
4.2%
-0.3%
-6
-1.0%
-16
-3.3%
-8
4
- -79.3%
0.8%
-1.5%
45
6.0%
32
5.4%
96.4%
80
3.2%
当期利益
YoY
当期利益率
12
-63.6%
2.1%
-9
1
11
- -93.7% -67.9%
2.2%
-2.1%
0.2%
-5
-0.8%
-10
-2.1%
-5
-0.9%
-15
-2.8%
39
5.2%
24
4.1%
97.6%
65
2.6%
(百万円)
売上高
医療アシスタンス
ライフアシスタンス
YoY
医療アシスタンス
ライフアシスタンス
Q1
548
457
91
-1.0%
-2.6%
7.9%
Q2
447
360
87
2.7%
3.2%
0.6%
出所:会社資料よりSR作成
注:表の数値が会社資料と異なる場合があるが、四捨五入により生じた相違であることに留意
海外出国者数と医療アシスタンス案件発生数
(前年同月比)
1月
2月
海外出国者数
2011年
1%
8%
2012年
4% 13%
2013年
2% -9%
2014年 -8% -2%
2015年 -1% -11%
同社案件発生数
2012年
1% 21%
2013年 40%
7%
2014年
3%
8%
3月
4月
5月
6月
-9% -8% -9% -3%
22% 27% 24% 17%
-5% -12% -12% -12%
-3% -4%
1% -1%
-4% -4% -1% -8%
19% 11% 29% 14%
6% 13%
0%
2%
9%
14%
2%
9%
進捗率 通期会予
53.9% 2,500
13.6%
87.7%
90
3.6%
7月
4%
9%
-9%
-3%
8月
9%
10%
-6%
-3%
9月 10月 11月 12月
6%
6%
7% 12%
-1% -3% -4% -2%
-4%
2% -2%
3%
-2% -5% -3% -5%
17%
13%
11%
15%
20%
20%
0%
-4%
-8%
30%
11%
29%
5%
32%
-1%
0% -12%
-3%
出所:日本政府観光局(JNTO)、同社資料によりSR作成
注;案件数は、新年度に入り新たに契約したビジネスを除いた既存ビジネス対比
四半期業績の傾向として、第1四半期は官公庁向けの案件が集中する傾向にある。そのため、医療アシスタンス部門の売上高が他四半期比で
膨らみ、結果、第2四半期は第1四半期比で減収となっている。
2015年12月期第2四半期決算実績(2015年8月12日発表)
事業環境
同社主要事業の業績に影響を与える海外出国者数は、2015年12月期第2四半期(Q2)においては、円安の影響も
www.sharedresearch.jp
06/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
あって前年同月比での減少が続き、Q2は前同比4.3%減の3,596千人となった。一方、海外からの訪日外客数は、
円安、東南アジアでの査証免除に加え、免税対象品目の拡充、継続的な訪日旅行プロモーション等の効果もあり、
Q2は前同比48.0%増で過去最高の5,009千人となった。
日本人出国者数及び訪日外客数推移
6,000
42.3%
5,000
29.3%
29.8%
60%
48.0%
43.7%
39.6%
38.4%
40%
28.8%27.5%
26.8%
25.4%25.3%
21.8%
17.5%18.4%
4,000
10.6%9.3%
3,000
18.9%
4.7%
4.2%
-16.0%
-16.3%0.8%
-4.1%-6.4%
-5.5%
-9.9%-9.6%-27.2%
-30.1%
-14.4%
2,000
4.7% 5.6%-13.3%
-0.6%
-6.7%
13.4%
6.5% 8.0%
-13.5%
6.1%
-3.0%-4.2%
-6.5%
-11.9%
-31.4%
1,000
20%
9.1%
22.3%
8.8%
2.3%
-2.0%
0.7%
0%
-1.3%-2.6%
-4.2%
-4.6%-5.4%-4.3%
-20%
-40%
-50.3%
0
-60%
Q1
CY08
Q1
CY09
Q3
Q3
Q1
CY10
日本人出国者(千人)
Q3
Q1
CY11
Q3
Q1
CY12
訪日外客数(千人)
出所:法務省、日本政府観光局よりSR作成
Q3
Q3
Q1
CY13
Q1
CY14
Q3
日本人出国者(YoY)
Q1
CY15
Q3
訪日外客数(YoY)
業績推移
800
600
40%
753
700
627
554
548
500
456
448
435
515
473
447
493
35%
593
556
524
30%
25%
400
20%
300
15%
200
100
10%
54
0
29
6
59
21
0
22
-4
-8
-100
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
出所:会社資料よりSR作成
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
48
Q3
Q4
営業利益
Q1
-5
-12
Q2
Q3
5%
31
0%
-3
Q4
-5%
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
業績概要
Q2は、医療アシスタンス事業において、海外出国者数の減少という厳しい事業環境下であったものの、海外旅行
保険の付帯サービス、事業法人や大学等公的機関向けアシスタンスサービス及びセキュリティサービス等が比較
的好調に推移したことから、連結売上高は前同比20.3%増となった。Q1比で売上高が減少しているが、これはQ1
に搬送案件が多かったことによるもの(Q2の搬送案件は平均的水準)。
ライフアシスタンス事業においても、既存顧客へのコンシェルジュサービスの着実な提供で売上高は順調に推移
した。
「EAJリエンジニエアリング」の取組も効果を表しつつある
利益面では、2014年12月期において、2014年9月からの損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注において相当の
業務量増加が予想されたことから、それに備えて、グローバルな能力を持つ社員の増員と教育、医療機関とのネッ
トワークの拡大、アシスタンスインフラ強化のためのIT投資等を積極的に実施した。そのため、オペレーショ
ン費用が増加するとともに、円安の影響による円貨換算額も膨らみ、費用が増加している。
www.sharedresearch.jp
07/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
しかしながら、2015年12月期に経営施策として進めている「EAJリエンジニアリング(円安等の厳しい環境の中で
も利益を着実に出す組織改築の取組)」が効果を表しつつあり、費用総額は人件費を中心に同社想定以下に抑制
されたと同社ではコメントしている。
「EAJリエンジニアリング」効果は人件費の効率化による効果が大きいとみられる
同社の2014年12月期における単体売上原価の構成は、人件費が38.5%(単体売上比31.6%)、外注費が41.8%(同
34.2%)を占める。外注費は海外における人件費が多く占めており、「EAJリエンジニアリング」の取組によって、
これらの人件費を中心に効率化が図られたものとSR社ではみている。引き続き各海外拠点を仮想的に一つの海外
センターとして運営し効率化を図る取組など、業務効率化は更に強化していく考えとみられる。
また、ライフアシスタンス事業は売上高がQ2は前同比横ばい、営業利益は減益となった。同社では、セグメント
における費用等の調整によるもので、収益性は維持していると述べている。SR社では、値下げ圧力が強いなか「EAJ
リエンジニアリング」の取組等の努力によるものとみている。
販管費及び原価率推移(百万円)
140
95%
販管費
120
為替(四半期末、円/$)
100
82
80
79
78
60
103
80.2%
121
101
120
90%
85%
80%
81.5%
79.2%
77.6%
123
109
79.7%
78.4%
75.4%
75%
76.7%
70%
72.8%
69.9%
20
0
98
75.1%
40
105
83.2%
79.3%
75.1%
99
94
87
売上原価率(右軸)
65%
84
102
93
78
93
96
106
104
109
104
114
116
115
108
Q1
FY12/12
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/13
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/14
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/15
Q2
Q3
Q4
60%
出所:会社資料よりSR作成
第2四半期のトピックス
同社はQ2のトピックスとして、1)上期及び通期業績予想を上方修正(7月22日発表)したこと、2)「EAJリエン
ジニアリング」の推進、をあげている。
医療アシスタンス事業
主力の海外旅行保険付帯サービスは厳しい環境下、損害保険ジャパン日本興亜効果で増収
医療アシスタンス事業は、海外出国者数の減少という厳しい事業環境下であったが、海外旅行保険の付帯サービ
ス、事業法人や大学等公的機関向けアシスタンスサービス及びセキュリティサービス等が比較的好調に推移した
ことから、売上高は前同比25.7%増となった。Q1比で売上高が減少しているが、これはQ1に搬送案件が通常より
多く発生したことによるもの。
事業法人向けアシスタンスサービスも増加
事業法人向けアシスタンスサービスは同社が注力している分野だが、営業強化を図るとともに、実績も出つつあ
るとみられる。法人向けは年間の契約料に加えてサービス利用時に利用料がかかる料金体系になっていることが
多い。そのため、売上よりも利益への影響が大きく利益の下支え効果がある。SR社では引き続き動向には注目を
していきたいと考えている。
www.sharedresearch.jp
08/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
同社では上場企業(2015年8月現在約3,600社。JPX、名証、福証)におけるアシスタンスサービスの利用率は約15%
と推定(市場全体)しており、引き続き同市場における営業強化を図っていきたいとしている。
外国人患者受入(インバウンド)も増加基調を継続
また、外国人患者受入に係る売上(インバウンド売上)は堅調に推移し、上期6か月では前同比2%増となったと
のこと。引き続き増加基調が続いているとみられる。
医療アシスタンス事業、四半期業績推移(百万円)
700
500
527
469
457
400
364
360
349
16%
423
386
360
20%
15%
15%
200
10%
8%
7%
96
25%
26%
490
23%
442
419
390
300
100
30%
648
600
91
83
69
64
0
74
69
3%
48
50
37
9%
5%
51
53
5%
107
88
0%
-5%
-3%
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
FY12/13
売上高
出所:会社資料よりSR作成
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
営業利益
日本人出国者数と医療アシスタンス事業売上高(百万円)
7,000
医療アシスタンス売上高(右軸)
日本人出国者数(千人)
6,000
600
527
469
5,000
4,000
457
349
360
364
700
648
360
386
423
490
390
419
500
442
400
1Q
FY12/10
3Q
Q1
FY12/11
Q3
Q1
FY12/12
Q3
Q1
FY12/13
Q3
Q1
FY12/14
Q3
Q1
FY12/15
3,596
4,027
4,171
4,719
3,759
4,255
4,373
4,847
3,809
4,444
4,341
5,185
4,324
4,641
4,477
4,889
0
3,534
100
4,094
1,000
4,143
200
4,589
2,000
3,788
300
4,117
3,000
0
Q3
出所:同社及び法務省資料よりSR作成
www.sharedresearch.jp
09/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
ライフアシスタンス事業、四半期業績推移(百万円)
120
100
25%
114
92
88
86
84
91
92
87
87
105
103
100
19%
80
105
103
23%
20%
21%
15%
60
10%
40
27
24
22
29
10%
8%
30
20
22
1%
0
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
Q4
出所:会社資料よりSR作成
Q1
Q2
FY12/13
売上高
25
31
35
28
26
28
5%
5%
26
15
-1%
Q3
0%
0%
-0%
-5%
Q4
営業利益
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
2015年12月期会社計画(7月22日修正)に対する考え方
同社は7月22日に2015年12月期会社計画の上方修正を発表した。上期においては、1)医療アシスタンス売上が好
調であったこと、2)毎年3月に売上を年に一度計上する国際医療事業における官公庁受注ビジネス売上が寄与し
たこと、などから、売上高・利益ともに上方修正となったもの。
しかしながら、下期においては円安及び海外不安の継続による出国者数の大幅減少が見込まれることから売上の
伸び悩みを想定したとのこと。また、期初想定以上の円安による海外センターのコスト上昇、人件費やIT投資の継
続的実施で一層のコスト増が見込まれることから、利益面では慎重な見通しを立てている。同社では、将来的な
成長に向けた費用・投資に振り向けたものとしている。加えて、ライフアシスタンス事業における値下げ圧力も
強い模様だ。
そのため、通期計画においては、業績は堅調に推移しているものの、売上高は前回予想通り、利益に関しては上
期実績を若干上回る程度と見込んだと述べている。
通期修正計画
(百万円)
売上高
YoY
営業利益
YoY
利益率
経常利益
YoY
利益率
当期純利益
YoY
FY12/15新予想
上期会予
下期会予
1,346
1,154
20.2%
6.8%
78
12
5.8%
1.0%
77
3
5.7%
0.3%
63
2
-
通期会予
2,500
13.6%
90
3.6%
80
3.2%
65
-
FY12/15前回予想
上期会予
下期会予
1,280
1,220
14.3%
13.0%
-50
80
-3.9%
6.6%
-55
80
-4.3%
6.6%
-60
70
-
通期会予
2,500
13.6%
30
1.2%
25
1.0%
10
-
差異
上期会予
66
下期会予
-66
通期会予
-
128
-68
60
132
-77
55
123
-68
55
出所:会社資料よりSR作成
過去の四半期実績と通期実績は、過去の財務諸表へ
www.sharedresearch.jp
10/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
2015年12月期会社予想
FY12/12
上期
989
743
247
24.9%
186
18.8%
60
6.1%
42
4.3%
26
-
(百万円)
売上高
YoY
売上原価
売上総利益
YoY
利益率
販管費
売上比
営業利益
YoY
利益率
経常利益
YoY
利益率
当期純利益
YoY
下期
904
645
259
28.7%
172
19.0%
88
9.7%
87
9.6%
50
-
通期
1,893
17.5%
1,387
506
8.4%
26.7%
358
18.9%
148
-14.1%
7.8%
129
-21.3%
6.8%
75
-54.7%
FY12/13
上期
995
0.6%
793
202
-18.1%
20.3%
189
19.0%
13
-78.0%
1.3%
5
-87.4%
0.5%
2
-91.6%
下期
989
9.4%
756
233
-10.2%
23.5%
210
21.2%
23
-74.2%
2.3%
20
-76.9%
2.0%
12
-75.7%
通期
1,984
4.8%
1,549
435
-14.1%
21.9%
399
20.1%
36
-75.8%
1.8%
25
-80.3%
1.3%
14
-81.1%
FY12/14
上期
1,120
12.5%
924
196
-2.9%
17.5%
213
19.0%
-17
-1.5%
-23
-2.0%
-15
-
下期
1,080
9.3%
858
222
-4.7%
20.5%
230
21.3%
-8
-0.8%
-4
-0.3%
-20
-
通期
2,200
10.9%
1,782
418
-3.8%
19.0%
443
20.1%
-25
-1.1%
-26
-1.2%
-36
-
FY12/15
上期
1,346
20.2%
1,045
301
53.6%
22.4%
223
16.5%
79
5.9%
77
5.7%
63
-
下期会予 通期会予
1,154
2,500
6.8%
13.6%
11
1.0%
3
0.2%
2
-
90
3.6%
80
3.2%
65
-
出所:会社資料よりSR作成
2015年12月期会社計画は2015年7月22日に下表のように修正された。以下は修正前の会社計画の概要である。
通期修正計画
(百万円)
売上高
YoY
営業利益
YoY
利益率
経常利益
YoY
利益率
当期純利益
YoY
FY12/15新予想
上期会予
下期会予
1,346
1,154
20.2%
6.8%
78
12
5.8%
1.0%
77
3
5.7%
0.3%
63
2
-
通期会予
2,500
13.6%
90
3.6%
80
3.2%
65
-
FY12/15前回予想
上期会予
下期会予
1,280
1,220
14.3%
13.0%
-50
80
-3.9%
6.6%
-55
80
-4.3%
6.6%
-60
70
-
通期会予
2,500
13.6%
30
1.2%
25
1.0%
10
-
差異
上期会予
66
下期会予
-66
通期会予
-
128
-68
60
132
-77
55
123
-68
55
出所:会社資料よりSR作成
中長期成長に向けた今期の位置づけ
2014年12月期は、大型受注である損害保険ジャパン日本興亜からの業務量を捌くために、人材及び設備などに集
中して投資した結果、インフラの器は整った。同社では、2015年12月期は、1)このインフラを効率よく機能させ
る仕組みを作り、2)インフラの上に乗せる様々なサービスの営業活動を強化させていく期にしようと考えている
とSR社ではみている。
インフラの仕組み作り
同社は2015年を「EAJリエンジニアリング」の年と位置づけ、効率的でコスト競争力ある組織作りに注力すること
で、厳しい環境下でも利益が出る体質にしていく、との目標を掲げている。インフラは前期に整ったものの、ま
だ活かしきれていないと同社では認識しており、2015年はその中身の部分の構造改革を進めていく予定。具体的
には、全業務において、少数精鋭での処理体制を実現し、円安などの厳しい環境下でも利益を生み出せる仕組み
に構造改革をするというもの。同社では秋頃までには改革の道筋をつけたいとしている。
更なる売上成長を目指して
また、整ったインフラに乗せるサービスも強化を図っていく計画。損保ジャパン日本興亜からの業務量が年末に
かけて徐々に増大することや、医療ツーリズムによる外国人患者受入事業(インバウンド事業)の拡大が見込ま
れており、そして、セキュリティ・アシスタンスなどの法人向け営業活動の強化方針も打ち出している。特にセ
キュリティ・アシスタンス関連は、民間企業、官公庁等の公的機関向けに提供可能なサービスの幅も広がってお
www.sharedresearch.jp
11/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
り、SR社では営業活動の成果に注目をしている。
ポジティブ要因をしっかり受け止め、ネガティブ要因に対応する構造改革を断行
業務環境は、1)円安による海外コスト(ドル換算800万ドル弱)の増加、2)円安及びISIS等のテロ懸念から海外
への出国者数が減少、という厳しい環境下ではあるものの、3)2014年に合併した損保ジャパン日本興亜からの受
注がフルに寄与することによる売上増加、4)訪日外客数の増加による国際医療事業の受入外国人患者数の増加、
というポジティブな要因をしっかり受けとめることで、売上高2,500百万円(前期比13.6%増)、営業利益30百万
円(前期は25百万円の損失)を達成していくとしている。
EAJの事業拡大戦略(2015年2月時点)
2003年 ~ 2014年
2015年~
新サービス
新サービス
新サービス
海外医療プロ
在外公館支援
契約規模の拡大
民間委託業務の提案
セキュリティアシスタンス
契約会社数の拡大
訪日医療客サービス(インバウンド)
ビジネスモデルの確定
留学生アシスト
契約学校数の拡大
クレジットカードコンシエルジュ
戦略1
戦略2
フルオペレーション
多言語化(横展開)
(EAJ Inside)
多機能化(縦展開)
契約規模の拡大
中国遺棄化学兵器処理事業
ビジネスモデルの活用
海外旅行保健サービス
契約規模の拡大
法人契約
契約会社数の拡大
戦略3
グローバル アシスタンス コーディネーション プラットフォームの完成・拡大・拡充
戦略4
プラットフォームの活用拡大
プラットフォームの活用方法の拡大
出所:会社資料よりSR作成
同社が考える2015年12月期以降の事業拡大について(2014年8月時点)
2014
①海外旅行保険
2015
Sales Trend
損保ジャパン
損保ジャパン + 日本興亜損保
②自社ビジネス
Government New
Medical Tourism
Corporate
Government
University
Tokyo Olympic Medical Assistance
領事支援
Security
Medical Export Support
中国遺棄化学兵器処理
③コンシエルジュ
A
Co Branded
All in one service
All in one service for Main clients
from Entrance to Exit
== EAJ Inside ==
コア部分をEAJが受託
グローバルアシスタンスサービス基盤の構築
基盤活用拡大
顧客の増加
出所:同社資料よりSR作成
www.sharedresearch.jp
基盤活用方法の拡大
多機能化 (タテ展開)
多言語化 (横展開)
12/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
長期見通し
SR社では同社の長期戦略について、既存事業の土台をしっかり固めた後、付加可能なサービスについての基礎を
順次整備して個性的なビジネスを拡大させていく方針にあると理解している。
「EAJ Inside」:全ての損害保険会社の医療アシスタンスにはEAJが入ってる
同社は「EAJ Inside」戦略を掲げている。これは、全ての損害保険会社の医療アシスタンスには同社が受託してい
る、というもの。高品質且つワンストップのサービスで競合他社と差別化を図り、「EAJ Inside」を進めていく考
えにある。2014年12月期にシステム・人材への投資は一段落する予定だが、「EAJ Inside」に対応していくために、
また、更なるビジネス拡大に向けて中期的に投資がなされていくものとSR社ではみている。
2015年12月期の事業インフラ効率化への取り組みにも注目
同社は2015年を「EAJリエンジニアリング」の年と位置づけ、2014年12月期はに整備したインフラの器を、より
効率的でコスト競争力のある、厳しい環境下でも利益が出る体質を目指した構造改革を行っている。そして、そ
の整ったインフラに乗せるサービスも強化を図り、且つ、インフラを活用した新サービスを開始していく計画を
持っている。
SR社では、同社の売上高水準、事業の成長ポテンシャル等を考慮に入れれば、既存サービスの強化と新サービス
の開始がうまく噛み合うことで、売上高で年間二桁成長をこなしていけるとみている。以下にSR社による既存事
業における考え方を記載する。
受託する損害保険会社数の増加
主力の医療アシスタンス・海外旅行保険付帯サービスの売上を占う上では、(損害保険各社の被保険者数や新規
ケース発生率にもよるが)同社がいかに受託する損害保険会社数を増やすか、すなわちシェアアップに負うとこ
ろが大といえよう。本来であれば、スイッチングコストの高さから損害保険会社が委託先を変更するのは容易で
はない。しかし、同社には追い風が吹いている。
競合先International SOS社が日本国内医療アシスタンスサービスを縮小する可能性
一番の競合先であるInternational SOS Ltd.(インターナショナルSOS社)の日本法人であるインターナショナル
SOSジャパン社が日本国内の損害保険会社向け医療アシスタンスサービスを縮小する方向にあるとみられる点。日
本国内での損害保険会社向け医療アシスタンスより収益性の高い分野に経営資源をシフトしている可能性が高
い。
同社受託先の損保ジャパンが2014年9月1日に日本興亜損保と合併
第二に、同社の受託先である株式会社損害保険ジャパン(以下、損保ジャパン)社が2010年4月に、日本興亜損害
保険株式会社(以下、日本興亜損保)とともに、持株会社NKSJホールディングス(東証1部8630)を設立し経営
統合したことである。経営統合後も、持株会社参加で損保ジャパン社、日本興亜損害保険社共に独自ブランドで
の展開を続けてきたが、両社は2014年9月1日に合併し「損害保険ジャパン日本興亜」となることを決定した。そ
の過程で当然ながら海外旅行保険のアシスタンスサービスの委託先も1社に絞られる可能性は高いといえよう。
同社の2012年12月期の損保ジャパン向け売上高は743百万円で同社売上高の39.2%を占めていた。参考までに、
2013年3月期における損保ジャパンの損害保険事業の正味収入保険料合計は1,408,387百万円(うち、その他が
www.sharedresearch.jp
13/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>業績動向
LAST UPDATE【2015/09/28】
172,290百万円)、同日本興亜損保は638,863百万円(同79,861百万円)である。
同社の営業利益率に関していえば、仮に受託する損害保険会社数が増加したとして、当初は人材採用などコスト
が先行するであろうが、装置産業的な収益構造(固定比率が高く、限界利益率が高い)収益構造を踏まえれば、
営業利益率が大幅に改善する局面が来ると考えられる。但し、更なる成長に向けた先行投資・コスト増が続く可
能性もある点は注意をしたい。
自社ブランドでのアシスタンスサービス
医療アシスタンス・自社ブランドアシスタンスサービス(ここでは国際医療交流支援サービスを除く)に関して
は、伸び余地が大きいものと考える。なぜならば、日本企業は生産コストの低減、あるいはより顧客に近接した
地域を求めて海外活動を拡大する傾向にある。また、邦人を巡るトラブルの件数も増加傾向にある。それに対し、
企業が海外に滞在する社員の困難時のための十分なサポート体制が整えられているかといえば、必ずしもそうで
はないというのが実情であろう。例えば、日本の上場会社数(2015年8月時点、JPX、名証、福証)は約3,600社あ
り、その大半が海外に拠点を有している。しかし、同社を始めとしたアシスタンス会社と契約している企業は15%
程度と推測される。アシスタンスサービスの認知度が高くないことが一部企業に契約が留まっている主因と考え
られるが、同社の上場や営業活動、企業間での口コミなどを通じて、そうした認知度の問題も徐々に解消へ向か
う可能性がある。
国際医療交流支援サービス
国際医療交流支援サービスは、国、同社共に取組み始めたばかりではあるが、やはりポテンシャルのある事業と
いえる。売上の拡大ペースを予測するのは困難だが、各省庁の動きをみている限り、国が真剣に「医療の国際化」
を図っていこうとしているのは伝わってくる。メディカルツーリスト数の増加とともに、中心的役割を担う同社
の事業規模は拡大していくことになる。
ライフアシスタンス事業
ライフアシスタンス事業については、安定した収益源とみなすことができよう。もっとも、同社が大手外資系ク
レジットカード会社(A社)のコンシェルジュサービスを担っているという事実が、他のカード会社と同様のサー
ビス契約を結ぶ上で、優位に働くであろうということは想像に難くない。従って、顧客数が更に増加する可能性
も十分にある。
www.sharedresearch.jp
14/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
事業内容
事業概要
アシスタンスサービスの概要
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は、日本で唯一、独立系として世界規模にアシスタンスサービスを
展開している会社である。
同社は医療アシスタンス事業及びライフアシスタンス事業より構成される。さらに、医療アシスタンス事業は1)
海外旅行保険付帯サービス(損害保険会社からの受託)としての医療アシスタンス、2)自社ブランドとしての医
療アシスタンスの2つの業務に大別される。特に損害保険会社からの受託が収益の柱であり、かつ他の業務の基盤
的な業務となっている。
セグメント業績推移
セグメント
(百万円)
売上高
YoY
医療アシスタンス事業
YoY
構成比
ライフアシスタンス事業
YoY
構成比
営業利益
YoY
医療アシスタンス事業
YoY
構成比
ライフアシスタンス事業
YoY
構成比
調整額
FY12/10
連結
1,357
19.8%
1,112
82.0%
245
18.0%
106
-
FY12/11
連結
1,611
18.7%
1,325
19.2%
82.3%
285
16.6%
17.7%
172
62.9%
346
26.1%
59
20.9%
-234
FY12/12
連結
1,893
17.5%
1,542
16.3%
81.5%
351
23.0%
18.5%
148
-14.1%
339
-2.1%
22.0%
103
72.6%
29.2%
-294
FY12/13
連結
1,984
4.8%
1,627
5.5%
82.0%
357
1.7%
18.0%
36
-75.8%
255
-24.8%
15.7%
92
-10.3%
25.8%
-311
FY12/14
連結
2,200
0.0%
1,778
9.3%
80.8%
442
23.9%
20.1%
-25
0.0%
191
-25.0%
10.8%
119
29.4%
26.9%
-25
出所:会社資料よりSR作成
医療アシスタンス事業
事業領域
ターゲッ ト
海外旅行保険付帯サービス 国内外の生損保会社
(エンドユーザーは日本人あるいは外国人)
自社アシスタンス商品
日本人
事業法人
(エンドユーザーは社員)
セキュリティアシスタンス
ライフスタイル事業
商品群
医療系アシスタンス
・コーポレート
・グローバルエグゼ
・チャイナプラン
�中国遺棄化学兵器処理
大学(エンドユーザーは留学生) OSSMA
一般個人
・パーソナルアシスト
・個人向けグローバルエグゼ
留学生
OSSMA(個人留学プラン)
外国人
B to B
・AOR
・在日駐在員の医療アシスト
・医療事務BPO
B to C
・AOR
・国際医療支援
アジア地域に進出する日本企業
・セキュリティ分野の危機管理支援
・クライシスマネージメント
クレジットカード会社
コンシェルジュ系アシスタンス
(エンドユーザーは日本人)
出所:会社データよりSR社作成
www.sharedresearch.jp
15/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
アシスタンスサービスと同社の事業領域
アシスタンスサービスとは、サービス受益者(エンドユーザー)の困難や要望に対し、解決するために様々なコー
ディネートを提供する業務と定義される。
アシスタンスサービスは、医療系、コンシェルジュ系、自動車(ロード)アシスタンス系の3つに分類される。同
社が行っている業務は、医療アシスタンス業務とコンシェルジュ業務(当社のセグメントではライフアシスタン
ス事業)の2つである。
医療系アシスタンス:海外旅行・出張時における医療事象(病気、怪我)発生の際、スムーズな治療が行われるようにコーディネートする
業務
コンシェルジュ系アシスタンス:会食や旅行などの機会で顧客の要望の実現をコーディネートする業務
自動車系アシスタンス:車に関連するトラブルが発生した際(故障、燃料切れ、事故)、修理の手配や事故処理をコーディネートする業務
保険とアシスタンスサービスの違いに関していえば、保険は、アクシデントが起きた後にお金を保証するもので
あるのに対し、アシスタンスは、アクシデントが起きた際に救済活動を提供する。つまり、保険が「金銭面」を
保証するものであるとすれば、アシスタンスはいざという場面での「行動」をサポートするものである。また、
保険は何かアクシデントが起こってしまった「後」の安心を買うものだが、アシスタンスは、アクシデントが起
きた「まさにその時」に機能するものということもできる。
アシスタンスサービスの概念は1950年頃にスペインで生まれたといわれ、その後、旅行中に発生したトラブルを
解決するサービスとして、欧州、特にフランスを中心に発展した。同社によれば、なぜフランスを中心に発展し
たかというと、自国の言葉を大切にする、換言すれば、英語等の外国語を覚えようとしない傾向のあるフランス
人のためのサポートが海外で必要だったからではないかとのことである。つまり、トラブルが起きた際、それを
解決するための「言葉」に問題がある人達を支援するのがアシスタンスサービスの由来であり、この考え方を病
気や事故に当てはめたものが医療系アシスタンスと捉えることができる。
日本におけるアシスタンスサービスの生みの親は、40年以上の歴史を持ち、世界におけるアシスタンス会社の代
名詞ともなっているEurop Assistance社(本社所在地:フランス、以下EA社)である。EA社が日本に進出した理
由の一つとして、日本が先進国でありながら、(フランス同様)英語ができない国であり、ニーズがあるとみた
ためであるという。同社はEA社の日本現地法人として設立され、その後EA社から独立している(現在も事業提携
は行っている)。
各国のアシスタンスサービス事情に関して以下に纏める。
欧州:大規模な保険会社の子会社がアシスタンスサービスを手掛けている。そのため、アシスタンス会社自体が
海外旅行保険を売って、アンダーライティングも行う傾向にある。また、保険料の中にキャンセルフィーが含ま
れている傾向がある(保険に旅行をキャンセルした際に払うキャンセル代を払う仕組みが盛り込まれている)。
日本:保険会社が海外旅行保険を売る際、付帯サービスとして提供しているケースが多い。すなわち、保険会社
がアシスタンス会社にアシスタンスサービスを委託し、保険会社のブランドで保険とそれに付随したアシスタン
スサービスを売っているというのが主流である。
www.sharedresearch.jp
16/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
米国:アンダーライティングは代理店(ブローカー)などが行う一方、アシスタンス会社が自社の名前で保険に
アシスタンスサービスを付けて販売する傾向がある。
中国:日本同様、保険会社が海外旅行保険を売る際、付帯サービスとして提供しているケースが多い。
EAJのネットワーク網
日本
医療機関
プロバイダー
2013年
アジア地域
医療機関
プロバイダー
2013年
(うち中国)
医療機関
プロバイダー
2013年
中東地域
医療機関
プロバイダー
2013年
1,258
134
2,867
820
1,330
676
149
62
2014年
2014年
2014年
1,222
162
欧州地域
医療機関
プロバイダー
2013年
3,814
3,020
NIS諸国
医療機関
プロバイダー
2013年
1,933
2,829
アフリカ地域
医療機関
プロバイダー
2013年
大洋州地域
医療機関
プロバイダー
2013年
2014年
1,487
563
2014年
1,667
468
178
49
429
123
381
53
2014年
2014年
出所:会社資料よりSR作成
注:2013年は2013年12月期決算資料より、2014年は2014年第1四半期決算資料に掲載された数値を使用
北米地域
医療機関
プロバイダー
2013年
中南米地域
医療機関
プロバイダー
2013年
合計
医療機関
プロバイダー
2013年
2,299
115
484
145
2014年
2014年
2,280
143
494
74
453
89
382
45
9,532
2,064
2014年
10,312
4,001
医療アシスタンス事業
医療アシスタンス事業の概要
医療アシスタンス業務は、海外旅行や海外出張、海外赴任中に病気や怪我をしたエンドユーザーが、スムーズな
治療を受けられるように「コーディネート」する業務である。具体的にいえば、同社は緊急時に、適切な医療施
設の紹介、医療措置の評価、モニタリングなどを行うことによって、言語や制度、カルチャーギャップのある海
外環境でも、エンドユーザーが安心して医療サービスを受けることができるようコーディネートを行っている。
海外において問題が発生した場合、1)言語の問題、2)現地の状況や医療機関などに関する情報の不足、3)連絡
相手や入院の際の面倒をみてくれる人の不在等から自身だけで対応することは非常に困難である。医療アシスタ
ンス業務へのニーズはこうした困難によって生じる。
同社は医療アシスタンス業務として、以下1)~9)等の包括的なサービスを提供している。
▶
▶
▶
▶
▶
▶
▶
▶
▶
1)医療機関の選択
2)医療機関への受診予約
3)交通手配
4)減額交渉を含めた支払いのアレンジメント
5)保険請求のための手続き
6)現地医師とのコミュニケーション支援、医療通訳
7)現地治療状況のモニタリング
8)海外医療に詳しい日本人顧問医や該当診療科日本人専門医による現地治療の評価及びセカンドオピニオン提
供
9)アテンダント(付添い人)の派遣
www.sharedresearch.jp
17/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
上記サービス内容は、世界各国、地域を問わず提供されている。例えば、アフリカやアジアの僻地にエンドユー
ザーがいる場合でも、受診が可能な地域まで航空機などを使用し搬送を行う手配をしている。また、重症の場合
は日本人医療者が現地まで出向き、日本人医療者付き添いのもとで日本まで帰国搬送を行っている。
同社の説明を基に同社の医療アシスタンスの主な特徴を纏めると以下の3点が指摘できよう。
1)一気通貫体制を確立
事故発生の受付から医療関連のコーディネートまで1社で完結可能な業務体制を構築。
2)日本人医師によるサービス
同社のサービスでは、救命救急専門の日本人医師が、医療情報を分析している。そのため、医療水準が低く、治
療内容に不安がある地域でも、適切な医療アドバイスを提供することが可能になっていると同社は述べている。
また、特別な事情がない限り、添乗するのは日本人医師や日本人看護師であり、顧客にとって言葉の壁を気にす
る必要はない(状況に応じてまれに現地スタッフの場合がある)。
3)24時間体制で受付
電話発信の時間・地域ごとに、同社及び5つの海外センターにて電話受付及びサービス提供を行なっている。東京
本社では、海外子会社の業務時間外の受電対応に加え、重症者への対応や入院・搬送(帰国を含む)といった高
度なコーディネートを専門部署が行っている。
医療アシスタンス事業の2形態
医療アシスタンス事業は、1)海外旅行保険の付帯サービスとしてアシスタンスサービスを提供する場合(損害保
険会社からの受託による医療アシスタンスサービス)、2)自社ブランドでアシスタンスサービスを提供する場合
の2つの形態に分かれる。2つのサービスの相違点として、こうした受託か自社ブランドかといった点に加え、下
記のように保険適用範囲内かそれ以外も対象としてサービスを行うかといったという点も大きな違いである。
海外旅行保険の付帯サービスとしてアシスタンスサービスを提供する場合、医療アシスタンスサービスを提供す
るのは、初期対応としての援助行為以外は保険適用範囲に限られる。海外旅行保険は、当然ながら保険適用範囲
と認めた場合のみ継続援助活動や治療費用などの金銭を支払う商品である。治療費用、入院費用、通訳費用、付
き添い費用等は一般的に海外旅行保険の適用範囲内(注)であり、損害保険会社が後に金銭を支払う。そうでは
なく、仮に保険適用外と判断されると、治療費用などの金銭のみならず、医療アシスタンスサービスの提供も停
止される。
注:一般的に発生しうるものではあるが、海外旅行保険では保険適用外となるケースが多いのは、1)脳疾患等旅行出発前からある持病の悪
化、2)高血圧や糖尿病等旅行出発前からある持病の悪化、3)歯科の病気、4)妊娠にかかわる病気、5)本人の訴えだけでレントゲン所見
のないムチ打ち症と腰痛、6)登山など危険が伴うスポーツによる怪我・病気・死亡、等である。
一方、自社として医療アシスタンスサービスを提供する場合、保険適用の査定結果に関係なく援助活動を行って
いる。
海外旅行保険の付帯としてのサービス提供
海外旅行保険の被保険者が自国外において被った怪我や病気に対して、電話での対応から医療に関する様々な
www.sharedresearch.jp
18/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
コーディネート業務(病院の紹介から受診支援、治療費用の精算など)に至るまでの一連の業務を損害保険会社
から受託し、行っている。
医療アシスタンスサービスは、基本的に付帯サービスとして海外旅行保険に含まれている。2012年1月時点で、同
社は、日本の大手損害保険会社及びその他数社の保険会社の世界全域、もしくは一部地域におけるサービス提供
を受託しており、損害保険会社より、年間契約料収入と対応件数に応じた収入を得ている。海外旅行保険の被保
険者には旅行目的の短期滞在者から駐在員などの長期滞在者まで含まれる。
同社の体制としては、電話発信の時間・地域ごとに、同社及び5つの海外センターにて電話受付及びサービス提供
を行なっている。東京本社においては、海外子会社の業務時間外の受電対応に加え、重症者への対応や入院・搬
送(帰国を含む)といった高度なコーディネートを専門部署が損害保険会社と連携を取りながら業務を行ってい
る。
また、海外旅行保険の付帯としてのサービス提供では、同社が直接世界各地の医療機関に対して医療費を支払う。
これを「キャッシュレスサービス」と言い、後に保険会社がこの立替金を同社に支払う仕組みとなっている。
海外旅行の付帯としてのサービス提供
海外旅行保険被保険者
購入代金の支払い 保険商品の販売
保険会社
電話 医療アシスタンス
サービスの提供
委託料の支払 アシスタンス業務の委託
アシスタンス業務の委託
EAJ 東京本社
役務・行為の流れ
お金の流れ
電話 医療アシスタンス
サービスの提供
EAJ 海外センター
委託料の支払
出所:同社資料よりSR社作成
自社ブランドアシスタンスサービスの提供
同社が自社ブランドで展開しているサービスであり、更に、「事業法人向けアシスタンスサービス」、「留学生
危機管理サービス」、「官公庁受注に関する医療支援サービス」、「国際医療交流支援サービス」の4つに分けら
れる。
www.sharedresearch.jp
19/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
自社ブランドアシスタンスサービスの提供
サービス受益者(契約邦人及び海外駐在員、留学生)
購入代金の支払い 医療アシスタンス
サービスの販売
電話 医療アシスタンス
サービスの提供
電話 医療アシスタンス
サービスの提供
アシスタンス業務の委託
EAJ 東京本社
役務・行為の流れ
お金の流れ
EAJ 海外センター
委託料の支払
出所:同社資料よりSR社作成
事業法人向けアシスタンスサービス
海外展開している事業法人や官公庁との直接契約で海外派遣者、海外出張者の医療支援を含めた危機管理に関す
るサービスを提供している。顧客企業に代わり、海外にいる顧客企業の社員に対する危機管理業務の一部を代行
する業務であり、社員や家族が海外に滞在している際に怪我や病気、政変などに遭遇した場合に入院管理や帰国
搬送などの手配を行っている。
同社は、本サービスを通じ、契約企業より年間契約料収入及び対応件数に応じた収入を得ている。海外旅行保険
の付帯サービスとは異なり、保険適用に関係なくコーディネートを行うアシスタンスサービスである。
留学生危機管理サービス
海外留学する学生の危機管理として、医療支援をはじめ、連絡が取れない場合や行方不明時の捜索、海外生活に
おける身近な問題の解決支援など、広く留学生活を支援するサービスである。
同社は、契約大学より年間契約料収入及び対応件数に応じた収入を得ている。
官公庁受注に関する医療支援サービス
第二次世界大戦中に日本軍によって中国に遺棄された毒ガス等化学兵器の処理に係る日本政府の一連の事業の医
療支援サービスを内閣府より受託している。この事業は日中間の覚書に基づき、長期間に亘って行われる予定の
国家事業である。具体的には、爆弾処理担当者の健康管理、処理時に万が一被爆した際の必要な作業から搬送手
配まで、同社の医療ネットワークを利用し、医療支援体制を構築し、且つ実際に運営する業務を行っている。
当該サービスは、官公庁からの業務受託料を収入としている。
国際医療交流支援サービス
国際医療交流支援サービスは、同社が今後を有望視している事業である。
日本政府が2009年に発表した日本の新成長戦略における戦略分野のひとつが「ライフ・イノベーションによる健
康大国戦略」、すなわち医療の産業化と国際化である。
医療の産業化と国際化とは、本来は、内視鏡などの先端技術で高度の治療ができる日本の医療システムを輸出し
www.sharedresearch.jp
20/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
(海外での病院の建設や遠隔医療ネットワークの構築等)、自動車産業などに匹敵する大きな産業を生み出そうと
するものである。ただし、米国や欧州に比し、日本の医療自体が海外で高い評価を得ているとはいえない。その
ため、まずは実績を積み上げる必要があるとして、日本の先進医療をメディカルツーリズム(医療サービスの受
診・受療を行う目的で他国を訪問し、併せて国内観光を行うこと)を目的に来日する外国人(高額のコストがか
かることから富裕層と一般的に考えられている)を増やそうとしている。政府は病院の輸出と訪日外国人への医
療サービスの提供を合わせ、2020年までに約1兆円の経済効果を見込んでいる。
もっとも、日本の病院は社会保険制度の下、競争あるいは社会保険制度外の診療に長けているとは言い難い。特
に外国語の問題も大きく、高度な治療能力を有しながらも外国人の受け入れには消極的な病院が大半であった。
そこで、経済産業省が主導する格好で、標準的な受入れ支援機関を作り、その受入れ支援機関が病院を支援し、
また海外からの受診希望患者の窓口となって、病院の選択や、医療ビザの手配、来日の手配等を行うことによっ
て実績を作るというプランを立てた。
その際、受入れ支援機関として白羽の矢が立ったのが同社であり、同社は経済産業省が主導する国際医療交流支
援事業に係るサービスを、国内大手シンクタンクを通じ、受託している。具体的には、外国人患者と日本の医療
機関とのマッチングや医療通訳の派遣など一連の受入手配業務を行っている。また、そうした国家プロジェクト
の受託業務と並行し、国が定める医療滞在ビザの身元保証機関の登録第1号企業として、医療ビザの手配、国内医
療機関とのマッチング、医療通訳派遣等国内医療機関で治療等を受ける外国人に対する一連のコーディネート
サービスを自社ブランドにより展開し、近年ニーズが高まりつつある当該支援サービスの推進を図っている。
ライフアシスタンス事業
同社は、ライフアシスタンス事業において、クレジットカード会社から日本人のカード会員に対する海外コンシェ
ルジュサービスを受託している。ここでいうコンシェルジュサービスとは、海外出張中、海外旅行中の富裕層向
けカード会員に対してより快適に海外での生活を楽しんでもらうための手伝いをする業務である。同社はこの業
務におけるノウハウを大手外資系クレジットカード会社(A社)の顧客向けサービス提供を通じて培ってきた。同
サービスは世界各国、地域を問わず提供されている。
例えば、社会習慣や言語文化の異なる海外では、自国であれば自分自身で予約できるレストランや車の手配、ゴ
ルフ場の予約なども容易ではない。しかし、コンシェルジュサービスが付帯された特別なクレジットカードを有
するエンドユーザーには、同サービスを通じて、パリの三つ星レストランの予約など、仮に言葉が一定程度話せ
たとしても時として困難な諸手配まで行っている。その他コンシェルジュサービスの例としては、エンドユーザー
の買い物支援、突然のスケジュール変更・災害などで運休したフライトの代替交通手段の確保などが挙げられる。
同事業は、クレジットカード会社からの年間契約料が主な収入である。
www.sharedresearch.jp
21/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
ライフアシスタンス事業の概要
クレジットカード会員
利用代金の支払い カードの発行
電話 医療アシスタンス
サービスの提供
クレジットカード会社
業務料の支払 コンシエルジュ業務の委託
EAJ
役務・行為の流れ
お金の流れ
出所:同社資料よりSR社作成
ネットワーク
同社は世界11拠点(米国(ヴァージニア)、英国(ロンドン)、フランス(パリ)、シンガポール、タイ(バン
コク)、中国(北京、上海、広州、大連、深圳、天津))に直営のアシスタンスセンター&オフィスを設置してい
る。また、世界208ヵ国に提携アシスタンスセンター(24時間対応)を構える。
同社は、こうした拠点から現地の定性・定量情報を入手、アシスタンスサービスに活用している。アシスタンス
センター&オフィスが1箇所にあった方が、集中管理が可能となるため、より効率的であるとの見方もできるが、
その場合、現地の定性情報を蓄積することが困難になる。同社は、一定の効率性を踏まえつつ、現地の最新の情
報を入手する目的で、上記のように拠点を設置している。
同社は上記以外にも、世界各地における医療機関、専門医師とのネットワーク網を築いている。SR社の認識では、
同社のネットワーク網は、吉田社長やエーデルスタイン博士(同社の取締役)の人脈、提携先であるEA社のネッ
トワーク等を活用して築き上げられた。
ビジネスモデル
海外旅行保険付帯サービス(損害保険会社からの受託)としての医療アシスタンス
損害保険会社からの受託業務の収入は、「年間契約料」と「ケースフィー」より成り立つ。
年間契約料は固定的な収入であり、損害保険会社の海外旅行保険収入に一定料率を乗じて定まる場合が多い。一
方、ケースフィーは、サービス提供件数に比例した変動的な収入である。ちなみに、ケースフィーは1つの事故、
病気である限り複数の病院で受診したとしても1回しか請求はできない。ケースフィーは提供サービスに応じて単
価が異なる。提供サービスは、「クレームオンリーケース」と「アシスタンスケース」に分類される。
クレームオンリーケースとは、同社が電話による応対をしないで、顧客の病院受診があった場合に同社が損害保
険会社に対価を請求する場合をいう。一方、アシスタンスケースとは、同社のコーディネーターが電話による応
対をし、医療アシスタンスサービスを提供して、顧客が病院受診をし、同社が損害保険会社に対して対価を請求
する場合をいう(提供サービスにより病院受診をしないケースもある)。
www.sharedresearch.jp
22/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
クレームオンリーケースの提供と医療費支払の流れ
海外旅行保険被保険者
1)受診
5)支払明細書の発送と請求 6)立替医療費及び
ケースフィー支払い
4)医療費の立替払い
医療機関
2)医療機関から請求書
3)請求のあった医療費の連絡
EAJ 海外センター
EAJ 東京本社
役務・行為の流れ
お金の流れ
出所:会社資料よりSR作成
アシスタンスケースの提供と医療費支払の流れ
海外旅行保険被保険者
1)電話
4)受診
8)支払明細書の発送と請求 7)医療費の立替払い
医療機関
2)治療の手配
3)医療費の支払保証
9)立替医療費
ケースフィー
支払
5)医療費の請求
6)請求された医療費の連絡
EAJ(海外センターor東京本社)
EAJ 東京本社
役務・行為の流れ
お金の流れ
出所:同社資料よりSR社作成
ケースフィーは以下の計算によって成り立つ。つまり、ケースフィーは海外旅行保険加入状況、損害保険各社の
被保険者数、新規ケース発生率(1つの事故、病気である限り、複数の病院で受診をしてもケースフィーは一回し
か請求できない)、単価(クレームオンリーケースorアシスタンスケース)等の可変要素から決定される。
ケースフィー=(請求可能な)ケース発生数×ケース請求単価
(請求可能な)ケース発生数=損害保険各社の被保険者数×新規ケース発生率
損害保険各社の被保険者数=海外出国者数×海外旅行保険加入率×損害保険各社のシェア
一方、コストはコーディネーター等に係る人件費によって構成されている。つまり、残業代を除けば、概ね固定
費とみなすことができよう。従って、限界利益率は高く、営業利益率は売上高の増減に応じて大きく変動するこ
とになる。
参入障壁が高い事業(「参入障壁」の項を参照)であり、損益分岐点を超えるまでに多額のコストを要する。そ
のため、収益を計上するまでが非常に難しい。一方、大口契約等によってクリティカルマスを超えてしまえば、
参入障壁やスイッチングコストの高さゆえに、安定した収益を計上できるビジネスでもある。
www.sharedresearch.jp
23/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
収益性
LAST UPDATE【2015/09/28】
飽和点
クリテ ィカルマス
損保会社の引受数
( 売上高)
出所:SR社作成
自社ブランドアシスタンスサービス
契約法人からの年間契約料が主な収入である。また、対応件数に応じた収入も得ているため、コスト(人件費等
の固定費が大半)が変動しても、それに応じた収入が入ってくる仕組みとなっている。海外旅行保険付帯サービ
スとは異なり、他の第三者を介さず、同社が直接サービス受益者と契約することになるため、収益性は海外旅行
保険付帯サービスよりも、高いものと推測される。
ライフアシスタンス
クレジットカード会社からの年間契約料、つまり固定収入が主な収入である。一方、コストも人件費等の固定費
が大半を占める。参入障壁の高さなどは医療アシスタンスと同様であり、やはりクリティカルマスを超えてしま
えば、安定した収益を計上できる事業といえよう。
www.sharedresearch.jp
24/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
SW(Strengths, Weaknesses)分析
強み(Strengths)
参入障壁の高い主力ビジネス
同社の主力である「医療アシスタンス」及び「ライフアシスタンス」は、参入障壁が高く、事業としてクリティ
カルマスを超えてしまえば、安定的な収入が期待できる事業といえよう。同社は当該事業で創出したキャッシュ
フローを既存事業の強化や成長分野へ投下してくことができる。
日本国の重要戦略のキープレイヤーであること
メディカルツーリズムなど「医療の国際化」は日本の国策であり、政府主導で伸ばそうとしている市場である。
同社は、日本で唯一の独立系アシスタンス会社として、その中心的役割を担っており、同社は当該市場の拡大の
恩恵を享受することのできるポジションにある。
上場企業であることによる知名度
(下記のように)日本国内におけるアシスタンスサービスへの認知度は低く、そのことが機会損失へとつながって
いるものと推測される。逆にいえば、同社は上場企業であることによって知名度を高め、機会損失の一部をカバー
する、あるいは他社に対する優位性を増やすチャンスを得たともいえる。
弱み(Weaknesses)
アシスタンスサービスに対する認知度の低さ
日本国内においてアシスタンスサービスに対する認知度は低く、そのことが、同社の機会損失に繋がっている側
面があるとSR社は考える。仮に、アシスタンスサービスに対する認知度がより高かったとすれば、同社は積極的
に人材採用を行え、有望なビジネス分野へと積極的に進出できた可能性がある。また、事業法人向けアシスタン
スサービスにおいてもより多くの契約が結ばれていたかもしれない。
相対的な規模の小ささ
規模の大きな企業と違い、同社は相対的な規模の小ささゆえに、吉田社長を始めとする特定人物に、大口顧客の
獲得等の重要な事項を依存する割合が高いものと推測される。また、新規事業分野等に関する投資負担、費用な
どが全社的な収益に及ぼす影響が大きいなど、いわゆる「分散効果」が作用しにくいといえよう。
日本のメジャープレイヤーに留まっていること
同社の売上・利益規模や国内における事業機会を踏まえれば、この考えは時期尚早かもしれない。しかし、将来
的には、日本のみならず、アジア、あるいは世界におけるアシスタンスサービスのメジャープレイヤーをめざす
タイミングが同社にも訪れよう。同社が既に築いているグローバルなネットワークはその際も活用できるだろう
が、世界的なメジャープレイヤーとの間の「障壁」に苦しむ可能性がある。
www.sharedresearch.jp
25/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
市場とバリュー・チェーン
市場概況
医療アシスタンス事業
海外旅行保険の加入者数は減少傾向にある。しかし、海外における援護件数(国在外公館及び財団法人交流協会
が取り扱った事件・事件の件数)が増加傾向にあるなど邦人を巡るトラブルの件数は増加傾向にあるなど、同社
のサービスに対する潜在需要は高まりつつあるといえる(実際、同社のサービス提供件数は増加してきている)。
海外渡航者数の推移は、短期的に為替や景気動向に左される側面がある。ただし、今後の中長期的なトレンドを
みるに際し、生産コストの低減やより顧客に近接した地域を求めて日本企業の海外進出が増加傾向にある点は追
い風といえよう(日本経済という観点からはこれが空洞化の懸念にもつながっている)。
邦人海外渡航者数と海外における援護件数(日本人)
海外出国者数(千人)
YoY
海外援護件数(件)
YoY
海外援護人数(人)
YoY
出所:会社資料よりSR作成
2003
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
2013
2014
13,296 16,831 17,404 17,535 17,295 15,987 15,446 16,637 16,994 18,490 17,473 16,903
-19.5% 26.6%
3.4%
0.8% -1.4% -7.6% -3.4%
7.7%
2.1%
8.8% -5.5% -3.3%
14,472 16,023 15,955 16,523 15,964 16,364 16,963 17,515 17,093 18,219 17,796
0.8% 10.7% -0.4%
3.6% -3.4%
2.5%
3.7%
3.3% -2.4%
6.6% -2.3%
17,426 21,871 19,503 18,771 17,643 18,098 18,843 19,882 19,533 20,378 19,746
2.5% 25.5% -10.8% -3.8% -6.0%
2.6%
4.1%
5.5% -1.8%
4.3% -3.1%
-
邦人海外出国者数及び援護件数推移
20,000
海外出国者数(千人)
海外援護件数(件)
15,000
10,000
5,000
0
1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
出所:会社資料よりSR作成
国際医療交流支援サービス
メディカルツーリズムは世界50カ国以上で実施されている。医療ツーリストの渡航目的を見ると、「最先端の医
療技術」や「より良い品質の医療」を求めて渡航するツーリストが約7割を占めているが(出所:McKinsey「Mapping
the market for medical travel(2008年5月)」)、各国の医療事情に起因する側面もある。例えば、イギリスやカ
ナダでは治療を受けるまで時間がかかるため「待機時間の解消」を目的に渡航するケースが多い。また、米国で
は多数の無保険者がいることに加え、雇用者側が医療保険の負担軽減のため従業員に医療費の低い海外での治療
を推奨しており、「低コストの医療」を求める場合が多い。その他、自国では受けられない治療(例えば臓器移
植など)を求めて渡航する場合もある。
日本においてもメディカルツーリズムに対する取り組みが加速しつつあり、2009年12月に閣議決定された政府の
「新成長戦略(基本方針)」に盛り込まれている。経済産業省が「サービス・ツーリズム研究会」を設置し、健診
www.sharedresearch.jp
26/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
を中心に中国・ロシアの富裕層をターゲットとした実証実験を行うなど、関係各省庁も取り組みを開始している。
2013年度政府補正予算「医療国際展開加速化促進事業」20億円
2013年度の政府補正予算では、「医療国際展開加速化促進事業」として、20億円の予算が2013年12月12日に閣議
決定された。一般社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ。同社は設立当初から参画)は経済産業省から同事業
を受託して、医療サービス等を積極的に海外展開しようとしている医療機関や民間事業者の取り組みについて提
案を募り、日本の医療サービスの国際化や、日本の医療機器ならびに医薬品産業等の国際競争力強化を目指す、
としている。
国内における医療ツーリズムの潜在的な市場規模(2020年時点)
国内における医療ツーリ ズ ム の潜在的な 市場規模( 2 0 2 0 年時点)
医療ツーリズムの市場規模
医療
2020年における
分野
国名
ツーリスト数 (観光を含む)
経済波及効果
うち純医療
(万人)
(億円)
(億円)
(億円)
健診
中国
31.2
758
・
ロシア
5.4
検診
1.3
5,507
2,823
米国
低コストの
4.6
923
医療
合計
42.5
1,681
出所
本政策投資銀行(
年
) り 社作成
出所:日本政策投資銀行(2010年5月26日)よりSR社作成
要国
医療
治療名
較
米国
(千ドル)
心臓弁置換手術
心臓バイパス手術
人口股関節置換手術
膝代替手術
子宮摘出手術
健診・検診
170
144
50
50
15
1
米国
100
100
100
100
100
100
米国=100とした指数
シンガ
日本
韓国
タイ
インド
ポール
25
21
13
8
1
22
17
17
9
6
43
33
28
22
16
21
36
24
22
14
18
60
33
27
37
85
89
19
47
5
出所:日本政策投資銀行(2010年5月26日)よりSR社作成
日本政策投資銀行が、日本へのメディカルツーリズムに対する潜在需要を一定の仮定を置いて試算した結果、2020
年時点で、日本に渡航するメディカルツーリストが年間43万人程度の需要があるとのことである。また、そうし
た潜在需要が実現した場合のメディカルツーリズム(観光を含む)の市場規模は約5,500億円、経済波及効果は約
2,800億円となっている。
インド、シンガポール、韓国、タイなど他のアジア諸国は日本に先駆けてメディカルツーリズムの受け入れを強
化している。加えて、医療コストの相対的な高さ、英語が通じるか否かといった言語の壁等も考慮に入れれば、
日本がメディカルツーリズムに力を入れていく上で全般的な競争優位性を有するとまではいい難い。しかし、1)
最先端の医療技術を求める世界の患者、2)より良い品質の健診・検診を求める新興国富裕層、3)相対的な低コ
ストの医療を求める米国など先進国のツーリスト、等から一定の需要を見込めるとした上記試算は現実に即して
おり、ある意味、妥当といえよう。特に、1)最先端の医療技術に関しては、日本が競争優位性を有している分野
といっても過言ではない。例えば、検査や治療に用いられる内視鏡は、日本のメーカーが世界シェアの9割以上を
占め、そのうち日本3割が日本で用いられている(出所:富士キメラ総研「地域別の内視鏡保有台数(2008年)」。
無論、潜在需要を顕在化させるためには、メディカルツーリズムのコーディネート体制が整備されることが前提
となる。その意味においては、日本へのメディカルツーリズムの市場規模は、同社自身の果たす役割に負うとこ
ろも大きいといえよう。
www.sharedresearch.jp
27/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
顧客
同社のサービスのエンドユーザーは、以下のように提供するサービスによって異なる。
医療アシスタンス事業
海外旅行保険の付帯としてのサービス:海外旅行保険被保険者
自社ブランドアシスタンスサービス:契約法人及び契約法人に属する海外駐在員や留学生
ライフアシスタンス事業
コンシェルジュサービス:クレジットカード会員
同社の主要顧客には大手保険会社や事業会社、大学なども含まれる。同社の顧客実績の一覧は下記のようになる。
保険会社:株式会社損保ジャパン(NKSJホールディングス(東証1部8630)子会社)、エース損害保険株式会社、セゾン自動車火災保険株
式会社、ジェイアイ傷害火災保険株式会社、HS損害保険(澤田ホールディングス株式会社(JASDAQ8699)子会社)、ゼネラリ保険会社、
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(NKSJホールディングス(東証1部8630)子会社)、チューリッヒ保険会社他
企業:株式会社野村総合研究所(東証1部4307)、パナソニック株式会社(東証1部6752)、株式会社ブリヂストン(東証1部5108)、東京
電力株式会社(東証1部9501)、三井造船株式会社(東証1部7003)、JXホールディングス株式会社(東証1部5020)、YKK株式会社、味の
素株式会社(東証1部2802)、コクヨ株式会社(東証1部7984)、日揮株式会社(東証1部1963)、千代田化工建設株式会社(東証1部6366)、
株式会社大林組(東証1部1802)、大成建設株式会社(東証1部1801)、日本水産株式会社(東証1部1332)、大阪瓦斯株式会社(東証1部9532)、
株式会社タクマ(東証1部6013)、ロート製薬株式会社(東証1部4527)、川崎汽船株式会社(東証1部9107)、三菱化学株式会社(株式会
社三菱ケミカルホールディングス(東証1部4188)子会社)、ダイハツ工業株式会社(東証1部7262)、シャープ株式会社(東証1部6753)、
株式会社大創産業他
政府官公庁:内閣府、外務省、経済産業省、国土交通省、観光庁、国際交流サービス協会
カード会社:大手外資系クレジットカード会社他
学校法人:早稲田大学、同志社大学、神戸大学、横浜国立大学他
参入障壁
医療アシスタンス業務への参入障壁は、「インフラ」、「人材」、「金銭」、「実績」等が求められるという点
で高いとSR社は認識している。世界各地における医療機関、専門医師とのネットワーク網の構築(「インフラ」)
や高度な語学力や医療知識を有する人員の確保・教育(「人材」)など、参入に際して多額の投資を必要とする
(「金銭」)。また、収益のベースとなる損害保険会社との契約を獲得するには、そうしたインフラや人材を要し
た上で信頼を勝ち取るための長期の時間が必要となる(「実績」)。
また、損害保険会社やカード会社と一度契約をした後のスイッチングコストも、印刷物や体制変更などが必要と
なり、諸費用が掛かる点を考慮に入れれば、高いといえるだろう。
競合環境
医療アシスタンス
医療アシスタンス事業が欧米で発展した事業であることもあって、International SOS Ltd.(インターナショナル
www.sharedresearch.jp
28/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
SOS社)、EA社、Mondial Assistance社、AXA Assistance社の欧米系4事業者が業界におけるメインプレイヤーであ
る。
日本における医療アシスタンス事業での主な競合相手はインターナショナルSOS社(以下、SOS社。日本現地法人
はインターナショナルSOSジャパン株式会社)であるが、日本国内の損害保険会社向け医療アシスタンス事業は縮
小傾向とみられる。また、独立系のプレステージ・インターナショナル社(以下、PI社)やJTBグローバルアシス
タンス社などがある。ただ、こうした事業社はコールセンター業務が主体であり、医療アシスタンスの各工程は、
同社やインターナショナルSOSジャパン社に取次を行っている。つまり、損害保険会社のニーズが高い事故発生の
受付から医療関連のコーディネートまで1社で完結可能な業務体制を構築しているのは、日本国内においては、同
社とインターナショナルSOSジャパン社のみという状況にある。同社は医療アシスタンス事業を全てワンストップ
で行うことで高品質、且つ、PI社等との差別化を図っていく経営戦略である。
また、インターナショナルSOSジャパン社は同社とほぼ同様の体制を整えているが、クリニック経営を行い自社内
に医師を抱えている点が同社とは異なる。
市場シェア及び受託先
2010年度における医療アシスタンス事業(損害保険会社からの受託)のトップシェアを握るのは、インターナショ
ナルSOSジャパン社であり43%、対する同社は15%のシェアを有している。こうしたシェアは、受託する損害保
険会社の動向を反映している。
すなわち、正味収入保険料ベースでみた海外旅行保険のトップ5は、AIU保険会社、東京海上日動火災保険株式会
社(東京海上ホールディングス社の子会社)、三井住友海上火災保険株式会社(MS&ADインシュアランスグルー
プホールディングス社の子会社)、ジェイアイ傷害火災株式会社(株主はAmerican International Group, Inc.、ジェ
イティービー社等)、損保ジャパン社となる。このうち、同社が受託しているのは、ジェイアイ傷害火災社、損
保ジャパン社である。
日本人コーディネーター数の多さ、搬送を日本人の医師・看護師が実行すること、システムの日本語対応など、
エンドユーザーとして日本人を想定するならば、同社のサービスの優位性が増すとSR社は認識している。一方、
同社は日本人のエンドユーザーを主なターゲットとして、ネットワーク網を築いてきたこともあって、日本人が
あまり頻繁には訪れないような地域に関するネットワークという点では、世界的なメインプレイヤーであるイン
ターナショナルSOSジャパン社の方が勝っている可能性がある。
国際医療交流支援サービス
同社の他にもジェイティービー社等の旅行代理店が、国際医療交流支援事業に係るサービスを行っている。ただ
し、同社はアシスタンス会社としては唯一、国際医療交流支援事業に係るサービスを行っている。SR社は国際医
療交流支援サービスについて、病院とのネットワークやコーディネート能力が問われる点など医療アシスタンス
事業との親和性が高いとみている。従って、同サービスを手掛ける事業会社の中で、同社のスキルは高水準にあ
ると考える。
代替品
海外にある日本領事館は、医療関係、事故などの対応窓口として海外で生活する日本人を保護する業務を行って
www.sharedresearch.jp
29/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
LAST UPDATE【2015/09/28】
いる。ただし、対応が十分かといえば疑問の余地があるといえよう。医療機関の紹介などは行っているが、予約、
治療費用の精算などコーディネート全般を行っているわけではない。この点、領事館と同社の関係は、警察と警
備会社の関係になぞらえることができるとSR社は考える。警察が存在するからといって、セキュリティが十分か
といえば決してそうではなく、民間ゆえの高いレベルのサービスが求められる機会は多い。こうした点を踏まえ
れば、日本領事館は、同社にとっての代替サービスの役割を果たすというよりはむしろ、同社と日本領事館が相
互補完関係にあるという方が適切といえるだろう。
www.sharedresearch.jp
30/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>事業内容
LAST UPDATE【2015/09/28】
経営戦略
同社は、アシスタンスサービスという参入障壁の高い、ユニークなビジネスの拡大を通じて収益基盤を強化する
とともに、アシスタンスサービスに付随するサービスの開発・提供をすることにより、成長を追求していく方針
である。
これまでは日本から国外というアウトバウンド中心のビジネスを展開してきた。しかし、国家が戦略として国際
医療交流を本格化させつつなか、メディカルツーリズムに関してのコーディネートサービスを行うなど、インバ
ウンドのビジネスも展開しつつある。
同社は短・中・長期的視点から各成長段階を想定しているようだ。短期的(この場合2-3年程度)には、日本人向
けアシスタンスNo.1企業としてのポジションの確立をめざしている。この場合、海外旅行保険付帯サービスや、
現行インフラを活用したビジネス(自社ブランドアシスタンスサービス、国際医療交流支援サービス等)の拡大
などが追及されることとなろう。
中期的(5-6年程度)なステップとして、グローバルアシスタンス企業への成長をめざしている。その際には、ア
ジア等への横展開や更なる専門性の追求など縦展開(深堀り)が行われるものと考えられる。
最後に、長期的(6年超)には、グローバルライフ支援企業への脱皮を図ることが念頭に置かれている。この段階
で求められるのは、アシスタンス会社としてワールドクラス入りをすること、画期的なサービスを提供していく
ことなどであろう。
2013年~2014年:「効率的な長期的ビジネス拡大の基盤作り」
2013年12月期は「効率的な長期的ビジネス拡大の基盤作りの年」と位置づけられ、グローバル人材の採用と教育、
医療機関ネットワークの拡充、通信システム機器への設備投資が行われた。2014年12月期は「効率的な長期的ビ
ジネス拡大に向けた基盤作りの完成の年」として引き続き基盤強化が行われている。
中長期的なステップに至るまでには、制度や競合、インフラ整備等の各種障害、数多くの困難が待ち受けている
ように思われる。ただし、アシスタンスサービスに関する需要は、グローバル化によって国境の壁が低くなる環
境下、今後もますます拡大していくであろうし、そうした環境下で本格的なアシスタンスサービスを手掛けるこ
とができる企業は少ない。そのため、吉田社長がコメントしているように、「(同社にとっての)ビジネスチャ
ンスが次々と出てくる状況にあること」は想像に難くない。今後の同社の展開は要注目であるとSR社はみている。
www.sharedresearch.jp
31/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
過去の財務諸表
2015年12月期第1四半期決算実績(2015年5月13日発表)
▶
▶
▶
▶
売上高
753百万円 (前年同期比20.2%増)
経常利益
45百万円 (同経常損失6百万円)
営業利益
48百万円 (前年同期は営業損失4百万円)
当期利益
39百万円 (同当期損失5百万円)
事業環境
同社主要事業の業績に影響を与える海外出国者数は、2015年12月期第1四半期においては、円安の影響もあって前
年同月比での減少が続き、2015年12月期第1四半期全体では前年同期比5.3%減の4,028千人となった。一方、海外
からの訪日外客数は、円安、東南アジアでの査証免除に加え、免税対象品目の拡充、桜ツアーなど季節的な訪日
旅行プロモーション等の効果もあり、2015年12月期第1四半期は前年同期比43.7%増で過去最高の4,131千人となっ
た。
日本人出国者数及び訪日外客数推移
6,000
60%
42.3%
5,000
4,000
3,000
2,000
29.3%
43.7%
39.6%
38.4%
29.8%
40%
28.8%27.5%
26.8%
25.4%25.3%
21.8%
17.5%18.4%
10.6% 9.3%
18.9%
4.7%
4.2%
-16.0%
-16.3%0.8%
-4.1%-6.4%
-5.5%
-9.9%-9.6%-27.2%
-30.1%
-14.4%
13.4%
6.5% 8.0%
4.7% 5.6%-13.3%
-13.5%
-0.6%
-6.7%
6.1%
-3.0%-4.2%
-6.5%
-11.9%
-31.4%
1,000
20%
9.1%
22.3%
8.8%
2.3%
-2.0%
0.7%
0%
-1.3%-2.6%
-4.2%
-4.6%-5.3%
-20%
-40%
-50.3%
0
-60%
Q1
CY08
Q3
Q1
CY09
Q3
Q1
CY10
日本人出国者(千人)
Q1
CY11
Q3
Q3
Q1
CY12
訪日外客数(千人)
Q3
Q1
CY13
Q3
Q3
Q1
CY14
日本人出国者(YoY)
Q1
CY15
Q3
訪日外客数(YoY)
出所:法務省、日本政府観光局よりSR作成
業績推移
800
600
25%
753
700
627
554
548
500
456
448
435
515
473
447
493
20%
556
524
15%
400
10%
300
200
100
5%
54
0
29
6
59
21
0
-4
-8
-100
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
出所:会社資料よりSR作成
www.sharedresearch.jp
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
48
22
Q3
Q4
営業利益
Q1
-12
Q2
-5
Q3
0%
-3
Q4
-5%
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
32/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
業績概要
医療アシスタンスの大型搬送案件が業績に貢献
2015年12月期第1四半期業績は、医療アシスタンス事業において、海外出国者数の減少という厳しい事業環境下で
大型搬送案件の発生等が比較的好調に推移したことから、売上高735百万円(前年同期比20.2%増)、営業利益48
百万円(前年同期は営業損失4百万円)と増収増益となった。大型搬送案件は基本的に単発である点を留意したい。
また、ライフアシスタンス事業においても、既存顧客へのコンシェルジュサービスの提供や2014年12月期から実
施している新サービスの提供、新規顧客へのサービス提供効果により、売上高を積み上げた。
「EAJリエンジニエアリング」の取組も効果を表しつつある
利益面では、2014年12月期において、2014年9月からの損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注において相当の
業務量増加が予想されたことから、それに備えて、グローバルな能力を持つ社員の増員と教育、医療機関とのネッ
トワークの拡大、アシスタンスインフラ強化のためのIT投資等を積極的に実施した。そのため、オペレーショ
ン費用が増加するとともに、円安の影響による円貨換算額も膨らみ、費用が増加している。
しかしながら、2015年12月期に経営施策として進めている「EAJリエンジニアリング(円安等の厳しい環境の中で
も利益を着実に出す組織改築の取組)」が効果を表しつつあり、費用総額は同社想定以下に抑制されたと同社で
はコメントしている。
販管費及び原価率推移(百万円)
140
95%
販管費
120
100
為替(四半期末、円/$)
106
102
93
84
93
104
114
116
115
90%
104
85%
80.2%
80%
81.5%
79.2%
77.6%
79.7%
78.4%
75%
75.4%
75.1%
40
109
83.2%
79.3%
60
70%
72.8%
69.9%
20
0
96
78
80
75.1%
売上原価率(右軸)
Q1
FY12/12
Q2
Q3
Q4
65%
Q1
FY12/13
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/14
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/15
Q2
Q3
Q4
60%
出所:会社資料よりSR作成
2016年12月期会社計画に関して
上期は営業黒字化の可能性も
会社計画では上期に営業損失50百万円を予想している。しかしながら、第1四半期の大型案件の貢献や、EAJリエ
ンジニアリングが順調に効果を表していることを考慮すると、営業黒字化の可能性もあるとSR社ではみている。
EAJリエンジニアリングによるコスト改善効果により円安もある程度耐え得る事業体質に
同社では、第2四半期業績へのリスク要因として、MERSコロナウィルス、為替動向をあげている。ただ、1ドル125
円程度であれば、EAJリアンジニアリングによるコスト削減努力の効果もあり、耐え得ることができるとの見方も
示しており、同社事業構造の基礎体力が上がったとの自信の表れといえよう。
www.sharedresearch.jp
33/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
下期に向けては、上期より収益性が落ちる見通しである点に留意
また、中国遺棄化学兵器処理事業の収益性が前期よりも落ちる見通しとなったとのこと。2016年12月期の増益要
因ともいえるが、下期は上期比で収益性が落ちる可能性がある点は留意したい。
第1四半期のトピックス
同社は第1四半期のトピックスとして、1)経済産業省の産油国補助金に係る補助事業者に採択、2)ユナイテッド・
ヘルスケア・グローバル(UGCG)社との業務提携、3)EAJリエンジニアリングの推進、をあげている。
ユナイテッド・ヘルスケア・グローバル(UHCG)社との業務提携
同社は2015年4月にUHCG社と業務提携を行い、従来はアジア地域で事業展開する日本企業に限定して提供してい
たセキュリティ・アシスタンスサービスを、全世界で提供することが可能となった。同社ではこの提携により、
海外医療アシスタンスを通じて培われた同社の危機管理支援ノウハウとUHCG社のセキュリティリスク管理能力
を融合して、海外のあらゆる地域でトータルリスク管理をワンストップで提供することを予定している。
同社が中央司令室の役割を果たし、案件毎に対応をUHCGへ委託する部分をコントロールしながら、ノウハウを得
ていく考えであるとSR社ではみている。今後の展開に注目したい。
医療アシスタンス事業
医療アシスタンス事業は、上述のように大型搬送案件が寄与し、業績を大幅に押し上げた形となった。仮に大型
搬送案件がなかったとしても、業績は順調に推移している模様である。
主力の海外旅行保健サービスは堅調に推移
主力の海外旅行保険サービスは、円安及びISIS等のテロ懸念から海外への出国者が減少、という厳しい環境下では
あるが、「損害保険ジャパン日本興亜」誕生による旧日本興亜損保分の取り込みの追い風もあって、売上高は前
年同期比で減少しておらず、市場シェアは上昇しているとのこと。ただ、市場環境が悪いこともあり同社の想定
ほど旧日本興亜損保分は増加していないとしている。
国際医療交流支援サービスは損益分岐点を超える体質に
国際医療交流支援サービスに関してもインバウンド患者数の増加基調は続いており、同社によると損益分岐点を
超える体質になったとのこと。第2四半期も同様の傾向が続くとみられ、業績貢献が見込まれている。
医療アシスタンス事業、四半期業績推移(百万円)
700
500
16%
469
457
400
364
360
349
423
386
360
300
23%
527
15%
83
69
91
64
-3%
48
15%
10%
9%
5%
5%
3%
96
20%
442
419
390
8%
7%
200
100
25%
648
600
69
74
0%
107
50
37
53
-5%
51
0
-10%
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
出所:会社資料よりSR作成
www.sharedresearch.jp
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
Q3
Q4
営業利益
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
34/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
日本人出国者数と医療アシスタンス事業売上高(百万円)
7,000
700
6,000
600
5,000
500
4,000
400
3,000
300
2,000
200
1,000
100
0
1Q
2Q
3Q
4Q
Q1
Q2
Q3
FY12/11
FY12/10
Q1
Q4
Q2
Q3
Q4
FY12/12
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/13
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
Q1
Q2
Q3
Q4
0
FY12/15
医療アシスタンス売上高(右軸)
日本人出国者数(千人)
出所:同社及び法務省資料よりSR作成
ライフアシスタンス事業、四半期業績推移(百万円)
120
100
25%
114
92
88
86
84
91
92
87
87
105
103
100
19%
80
23%
105
20%
21%
15%
60
40
10%
27
24
22
20
8%
30
29
10%
22
1%
0
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
出所:会社資料よりSR作成
25
31
35
28
26
5%
28
5%
15
-1%
Q3
0%
-0%
-5%
Q4
営業利益
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/15
売上高 前年同期比(右軸)
2014年12月期通期決算実績(2015年2月13日発表)
▶
▶
▶
▶
売上高
2,200百万円
(前年同期比10.9%増)
経常損失
26百万円
(同経常利益25百万円)
営業損失
四半期純損失
25百万円
36百万円
(前年同期は営業利益36百万円)
(同四半期純利益14百万円)
事業環境
同社主要事業の業績に影響を与える海外出国者数は、2014年は円安の影響もあり5月を除いて前年同月比で減少、
2014年全体では前年比3.3%減の16,903千人となった。一方、海外からの訪日外客数は、円安、東南アジアでの査
証免除に加え、免税対象品目の拡充、訪日旅行プロモーション等の効果もあり、2014年は前年比29.4%増で過去
最高の13,414千人となった。
www.sharedresearch.jp
35/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
日本人出国者数及び訪日外客数推移
6,000
60%
42.3%
5,000
4,000
3,000
2,000
29.3%
39.6%
38.4%
29.8%
26.8%
17.5% 18.4%
10.6% 9.3%
4.7%
4.2%
-16.0%
-16.3%0.8%
-4.1%-6.4%
-5.5%
-9.9%-9.6%-27.2%
-30.1%
-14.4%
9.1%
8.8%
18.9%
2.3%
-2.0%
28.8% 27.5%
25.4%25.3%
6.1%
4.7% 5.6%-13.3%
-0.6%
-6.7%
0.7%
-1.3%-2.6%
-3.0%-4.2%
-4.2%
-4.6%
-6.5%
-11.9%
-31.4%
40%
20%
22.3%
13.4%
6.5% 8.0%
-13.5%
1,000
21.8%
0%
-20%
-40%
-50.3%
0
-60%
Q1
CY08
Q3
Q1
CY09
Q3
Q1
CY10
日本人出国者(千人)
Q3
Q1
CY11
Q1
CY12
Q3
訪日外客数(千人)
出所:法務省、日本政府観光局よりSR作成
Q3
Q1
CY13
Q3
日本人出国者(YoY)
Q1
CY14
Q3
訪日外客数(YoY)
業績推移
800
16%
700
600
14%
627
554
548
500
456
448
435
515
473
447
556
524
493
12%
10%
400
8%
300
6%
200
4%
100
54
6
0
29
59
21
0
-4
-8
-100
Q1
FY
12/12
Q2
出所:会社資料よりSR作成
Q3
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
営業利益
2%
22
Q3
Q4
Q1
-5
-12
Q2
Q3
-3
0%
-2%
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
業績概要
先行費用が増加
同社にとって好悪入り混じった外部環境の中、2014年12月期の売上高は1,782百万円と10.9%の増収となった。費
用面では、9月からの損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注において相当の業務量増加が予想されたことか
ら、それに備えて、グローバルな能力を持つ社員の増員と教育、医療機関とのネットワークの拡大、アシスタン
スインフラ強化のためのIT投資等を積極的に実施した。そのため、オペレーション費用が増加するとともに、
円安の影響による円貨換算額も膨らみ、費用が増加した。
また、将来の成長分野として捉えている国際医療事業分野は、依然として投資先行の状況にあり、企業向けセキュ
リティ・アシスタンス商品においても、現在はプロモーション活動への投資が先行している。
これらの要因から、売上原価は1,782百万円(前年同期比15.0%増)、販管費は443百万円(前年同期比11.1%増)、
営業損失24百万円(前年同期は営業利益35百万円)となった。
www.sharedresearch.jp
36/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
販管費及び原価率推移(百万円)
140
95%
販管費
120
為替(四半期末、円/$)
売上原価率(右軸)
106
102
100
93
84
93
109
104
96
83.2%
79.3%
60
75.1%
80.2%
80%
81.5%
79.2%
77.6%
79.7%
75%
75.4%
75.1%
72.8%
40
90%
104
85%
78
80
114
116
70%
69.9%
20
0
65%
Q1
FY12/12
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/13
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/14
Q3
Q2
Q4
60%
出所:会社資料よりSR作成
大型案件の本格化の遅れ
損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注については、売上の増加は遅行したものの先行費用は予定通り発生し
た。同社では2015年12月期は年末にかけ徐々に本格化するとみている。
新会社との契約が業績に与える影響
投資フェーズ
収穫フェーズ
FY12/2014
FY02/2015
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
売上高
新会社からの受注による業務規模拡大分が4Qから計上
新会社からの受注による業務規模拡大分が1Qより計上予定
人件費
事前の人材採用のため、人件費が先行的に発生
人件費の増加は売上増に比例(変動費的側面)
IT投資
高機能電話システムの整備
基幹業務システムの改修
投資が先行するために、低調
通常のシステム関連オペレーティングコストが発生
利益
売上の増加に連れて営業利益率は改善する見通し
出所:同社資料よりSR作成
損保ジャパン及び日本興亜損保の正味収入保険料の内訳(十億円)
海上保険
海上保険
29.7
その他
15.9
2%
170.4
2%
傷害保険
傷害保険
12%
134.5
9%
損保ジャパン
火災保険
総計1,413.8
184.4
13%
自賠責保険
その他
自動車保険
688.7
49%
50.4
7%
火災保険
99.1
15%
85
13%
日本興亜損保
総計668.3
自動車保険
325.4
49%
自賠責保険
205.9
92.3
15%
14%
出所:会社資料よりSR作成
円安が与える二つの影響
為替の影響については、2013年12月期における日本円以外の他通貨でのコストはドル換算で概ね550万ドルであっ
たとみられるが、2014年12月期は先行投資もあって同700万ドルに増加したとSR社では推定する。そのため、足
www.sharedresearch.jp
37/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
許の円安傾向が与える影響は大きい。
円安は企業体質を強化する好機
同社では、円安傾向は懸念ではあるものの、コスト改革の好機として利益体質の強化を図っていく方針であると
している。また、2014年12月期に導入した新基幹システム「NEO」はアシスタンス体制に柔軟性を持たせること
が可能であり、円安対応策の一つでもある。海外人員を減少させて国内人員を増員するといった対応が理論的に
は速やかに実行することができる。ただ、減少させる地域での人員削減も伴うことからやや時間は必要であると
みられる。
2015年12月期は事業インフラの構造改革の進捗、各サービスの売上成長に注目したい
2015年12月期に向けては、2014年12月期に構築した事業インフラの効率化「EAJリエンジニアリング」における
構造改革の進捗にSR社では注目している。
そして、その上に乗るサービスでは、1)損害保険ジャパン日本興亜からの業務量の本格的増加、2)インバウン
ド等国際医療事業分野の拡大、3)ライフアシスタンスサービスの成長、4)セキュリティサービスなど法人向け
サービスの営業強化など、引き続き売上成長が見込まれる点にSR社では期待をしている。
ただ一方で、円安による海外コスト増(ドル換算で同社推定800万ドル弱)、円安及びテロ懸念等からの海外出国
者減少が予想される点は留意したい。
以下はセグメント別の概要である。
医療アシスタンス事業
▶
▶
売上高
1,778百万円
営業利益
(前年同期比9.3%増)
191百万円
(同25.0%減)
四半期業績推移(百万円)
600
500
16%
469
457
400
364
360
349
360
300
15%
10%
9%
83
69
91
-3%
64
48
5%
5%
3%
96
15%
442
419
390
8%
7%
200
100
423
386
20%
527
69
74
50
37
53
51
0
0%
-5%
-10%
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
出所:会社資料よりSR作成
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
営業利益
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
海外旅行保険付帯サービス
円安やテロ、エボラ出血熱等への不安から海外出国者数が減少する中、第3四半期に入りアシスタンスサービス提
供数が減少傾向となったが、9月1日に誕生した損害保険ジャパン日本興亜からの医療アシスタンス業務を一手に
受注したことで、大幅な業務量増が予想された。
www.sharedresearch.jp
38/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
本格的な業務量増加は想定より遅行したものの、同社ではこれに対応すべく上期から積極的な先行投資を実施し
ており、費用が先行的に発生したことで営業利益の減少につながった。
同社は従来株式会社損害保険ジャパンから医療アシスタンス業務を受注していたが、9月1日に株式会社損害保険ジャパンと日本興亜損害
保険株式会社が合併するのに伴い、新会社である損害保険ジャパン日本興亜株式会社から引き続き医療アシスタンス業務の受注に成功した。
アシスタンスサービス提供体制に関しては、全社的に高機能電話システムの導入及び基幹業務システムの改修プ
ロジェクトを進行させるとともに、全社最適の観点から本社及び海外センターにおいて人材獲得を進め、全世界
においてサービス品質の強化を図り、海外医療機関とのネットワークの強化を進めた。
また、6月にはアシスト・カード・インターナショナル社と包括業務提携をし、ブラジルやメキシコなど中南米
におけるアシスタンスサービス体制を強化した。
日本人出国者数と医療アシスタンス事業売上高(百万円)
5,000
500
4,000
400
3,000
300
2,000
200
1,000
100
0
1Q
2Q
3Q
4Q
FY12/10
出所:同社及び法務省資料よりSR作成
Q1
FY12/11
Q2
Q3
Q4
Q1
FY12/12
日本人出国者数(千人)
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
FY12/13
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
0
FY12/14
医療アシスタンス売上高(右軸)
国際医療事業分野
国際医療支援事業分野における外国人患者の受入数は順調に増加した。官公庁受注業務も売上は順調に推移して
おり、着実な業務遂行により、国際医療コンサルティング業務のノウハウの蓄積が進んでいる。2014年12月期第4
四半期の外国人患者成約数は120人超となり、受入を始めてから過去最高の人数となった。
国際医療コンサルティング業務とは医療の輸出において、当社が現地医療情報の調査や医療従事者の交流や技術移転等のコーディネート等
を実施する業務の総称
また、経済産業省の公募にも採択され、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール国と日本の医療分野における協力強
化事業をサポートするとともに、社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ)からの受託事業としてカザフスタン
での医療事業展開のサポートを予定している。海外との顧客・ネットワーク作りに尽力し、2015年1月にはアブダ
ビ国営石油会社と医療協力についての覚書を締結している。アブダビの案件におけるインバウンド効果は未知数
ながら、富裕層からの評判が高まることでの集客増に繋がる可能性もあるとSR社ではみている。
また、海外における総合的リスク管理の整備と強化に対する要請が高まるなか、積極的な営業活動を実施し、法
人及び大学との新規契約及びセキュリティ商品の契約が順調に増加した。
www.sharedresearch.jp
39/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
外国人患者受入数の推移(人)
150
100
50
0
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/11
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/12
Q1
Q2
Q3
Q1
Q4
Q2
Q3
Q4
FY12/14
FY12/13
出所:会社資料よりSR作成
ライフアシスタンス事業
▶
▶
売上高
422百万円 (前年同期比18.3%増)
営業利益
119百万円 (同29.4%増)
既存顧客へのコンシェルジュサービスの着実な提供で、売上高は順調に推移した。業務実績を積み重ねることで
同社サービスに対する評価と認知度が高まり、一休(東証1部2450)から海外ホテル予約に関する海外チェックイ
ンアシスタンスサービス業務の受注を獲得した。同サービスは2014年10月から提供中である。
四半期業績推移(百万円)
120
100
25%
114
92
88
86
84
91
92
87
87
105
103
100
23%
19%
80
21%
20%
15%
60
10%
40
27
24
22
29
8%
30
20
10%
22
1%
0
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
営業利益
出所:会社資料よりSR作成
25
31
28
35
26
15
-1%
Q3
5%
0%
-0%
-5%
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
2014年12月期第3四半期決算実績(2014年11月14日発表)
▶
▶
▶
▶
売上高
1,644百万円
(前年同期比12.0%増)
経常損失
31百万円
(前年同期は経常利益4百万円)
営業損失
四半期純損失
22百万円
20百万円
(前年同期は営業利益14百万円)
(前年同期は四半期純利益3百万円)
事業環境
同社主要事業の業績に影響を与える海外出国者数は、1~9月は前年同期比で2.8%の減少となった(1~3月は同4.2%
www.sharedresearch.jp
40/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
減、4~6月が1.3%減、7~9月が2.6%減)。一方、海外からの訪日外客数は、円安、東南アジアでの査証免除に加
え、訪日旅行プロモーション等の効果もあり、1~9月は前年同期比で26.0%増(1~3月は同27.5%増、4~6月25.4%
増、7~9月が25.3%増)となった。
日本人出国者数及び訪日外客数推移
6,000
60%
42.3%
5,000
4,000
3,000
2,000
29.3%
38.4%
29.8%
26.8%
17.5% 18.4%
10.6% 9.3%
4.7%
4.2%
-16.0%
-16.3%0.8%
-4.1%-6.4%
-5.5%
-9.9%-9.6%-27.2%
-30.1%
-14.4%
9.1%
8.8%
18.9%
2.3%
-2.0%
28.8% 27.5%
25.4%25.3%
6.1%
4.7% 5.6%-13.3%
-0.6%
-6.7%
0.7%
-1.3%-2.6%
-3.0%-4.2%
-4.2%
-6.5%
-11.9%
-31.4%
40%
20%
22.3%
13.4%
6.5% 8.0%
-13.5%
1,000
21.8%
0%
-20%
-40%
-50.3%
0
-60%
Q1
CY08
Q1
CY09
Q3
Q3
Q1
CY10
日本人出国者(千人)
Q3
Q1
CY11
Q3
Q1
CY12
訪日外客数(千人)
出所:法務省、日本政府観光局よりSR作成
Q1
CY13
Q3
Q3
日本人出国者(YoY)
Q1
CY14
Q3
訪日外客数(YoY)
業績推移
800
16%
700
600
14%
627
554
548
500
456
448
435
515
473
447
12%
524
493
10%
400
8%
300
6%
200
4%
100
54
6
-
29
59
21
0
-4
-8
-100
Q1
FY
12/12
Q2
出所:会社資料よりSR作成
Q3
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
営業利益
2%
22
Q3
Q4
Q1
Q2
0%
-5
-12
Q3
-2%
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
業績概要
先行費用が引き続き増加
同社にとって好悪入り混じった外部環境の中、第3四半期累計売上高は1,644百万円と12.0%増収となった。費用面
では、9月からの損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注において相当の業務量増加が予想されたことから、そ
れに備えて、グローバルな能力を持つ社員の増員と教育、医療機関とのネットワークの拡大、アシスタンスイン
フラ強化のためのIT投資等を積極的に実施した。そのため、オペレーション費用が増加するとともに、円安の
影響による円貨換算額も膨らみ、費用が増加した。
また、将来の成長分野として捉えている国際医療事業分野は、依然として投資先行の状況にあり、企業向けセキュ
リティ・アシスタンス商品においても、現在はプロモーション活動への投資が先行している。
これらの要因から、売上原価は1,339百万円(前年同期比15.4%増)、販管費は327百万円(前年同期比11.1%増)、
営業損失22百万円(前年同期は営業利益14百万円)となった。
www.sharedresearch.jp
41/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
通期会社計画との対比
同社は通期会社計画に幅をもたせる形で公表しているが、営業利益は第3四半期累計で21百万円の営業損失であ
り、会社計画(15~110百万円)の達成はハードルが高いとSR社ではみている。というのは、1) 大型案件である
損害保険ジャパン日本興亜からの業務量の増加ペースが遅く、まだ本格的に同社に切り替わっていないとみられ
ること、2) 円安傾向によるコスト増及び海外旅行者数の減少に対する懸念があるため、である。
大型案件の本格化の遅れ
前者の損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注については、上述のように先行費用は予定通り発生しているも
のの、売上の増加が計画に遅れているとみられる。同社では2015年12月期上期には本格化してくると現時点では
予想している。
新会社との契約が業績に与える影響
投資フェーズ
収穫フェーズ
FY12/2014
FY02/2015
Q1
Q2
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
売上高
新会社からの受注による業務規模拡大分が4Qから計上
新会社からの受注による業務規模拡大分が1Qより計上予定
人件費
事前の人材採用のため、人件費が先行的に発生
人件費の増加は売上増に比例(変動費的側面)
IT投資
高機能電話システムの整備
基幹業務システムの改修
投資が先行するために、低調
通常のシステム関連オペレーティングコストが発生
利益
売上の増加に連れて営業利益率は改善する見通し
出所:同社資料よりSR作成
損保ジャパン及び日本興亜損保の正味収入保険料の内訳(十億円)
海上保険
海上保険
29.7
その他
15.9
2%
170.4
2%
傷害保険
傷害保険
12%
134.5
9%
損保ジャパン
火災保険
総計1,413.8
184.4
13%
自賠責保険
その他
自動車保険
688.7
49%
50.4
7%
火災保険
99.1
15%
85
13%
日本興亜損保
総計668.3
自動車保険
325.4
49%
自賠責保険
205.9
92.3
15%
14%
出所:会社資料よりSR作成
円安が与える二つの影響
為替の影響については、2013年12月期における日本円以外の他通貨でのコストはドル換算で概ね550万ドルであっ
たとみられるが、2014年12月期は先行投資もあって同700万ドルに増加している模様である。そのため、足許の円
安傾向が与える影響は大きい。
円安は企業体質を強化する好機
同社では、円安傾向は懸念ではあるものの、コスト改革の好機として利益体質の強化を図っていく方針であると
している。また、2014年12月期に導入した新基幹システム「NEO」はアシスタンス体制に柔軟性を持たせること
www.sharedresearch.jp
42/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
が可能であり、円安対応策の一つでもある。海外人員を減少させて国内人員を増員するといった対応が理論的に
は速やかに実行することができる。ただ、減少させる地域での人員削減も伴うことからやや時間は必要であると
みられる。
来期は引き続き売上成長が見込めよう
来期に向けては、円安対応が一段落したとするならば、損害保険ジャパン日本興亜からの業務量の本格的増加、
ライフアシスタンスサービスの成長など、引き続き売上成長が見込まれる点にSR社では期待をしている。
医療アシスタンス事業
▶
▶
売上高
1,336百万円
営業利益
(前年同期比11.0%増)
140百万円
(同22.6%減)
四半期業績推移(百万円)
600
500
16%
469
457
400
364
360
349
360
300
15%
15%
419
390
10%
8%
7%
9%
5%
3%
200
100
423
386
20%
527
96
83
69
91
-3%
64
48
0%
69
74
50
37
-5%
53
0
-10%
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
出所:会社資料よりSR作成
Q4
Q1
Q2
FY12/13
売上高
営業利益
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
海外旅行保険付帯サービス
円安やテロ、エボラ出血熱等への不安から海外出国者数が減少する中、第3四半期に入りアシスタンスサービス提
供数が減少傾向となったが、9月1日に誕生した損害保険ジャパン日本興亜からの医療アシスタンス業務を一手に
受注したことで、大幅な業務量増が予想された。
本格的な業務量増加は遅れ気味である模様であるが、同社ではこれに対応すべく上期から積極的な先行投資を実
施しており、費用は先行的に発生していることで営業利益の減少につながったとみられる。
同社は従来株式会社損害保険ジャパンから医療アシスタンス業務を受注していたが、9月1日に株式会社損害保険ジャパンと日本興亜損害
保険株式会社が合併するのに伴い、新会社である損害保険ジャパン日本興亜株式会社から引き続き医療アシスタンス業務の受注に成功した。
アシスタンスサービス提供体制に関しては、全社的に高機能電話システムの導入及び基幹業務システムの改修プ
ロジェクトを進行させるとともに、全社最適の観点から本社及び海外センターにおいて人材獲得を進め、全世界
においてサービス品質の強化を図り、海外医療機関とのネットワークの強化を進めた。
また、6月にはアシスト・カード・インターナショナル社と包括業務提携をし、ブラジルやメキシコなど中南米
におけるアシスタンスサービス体制を強化した。
www.sharedresearch.jp
43/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
日本人出国者数と医療アシスタンス事業売上高(百万円)
5,000
500
4,000
400
3,000
300
2,000
200
1,000
100
-
1Q
2Q
3Q
4Q
FY12/10
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/11
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/12
Q2
Q3
Q4
FY12/13
日本人出国者数(千人)
出所:同社及び法務省資料よりSR作成
Q1
Q1
Q2
Q3
Q4
-
FY12/14
医療アシスタンス売上高(右軸)
国際医療事業分野
国際医療支援事業分野における外国人患者の受入数は順調に増加した。官公庁受注業務も売上は順調に推移して
おり、着実な業務遂行により、国際医療コンサルティング業務のノウハウの蓄積が進んでいる。
国際医療コンサルティング業務とは医療の輸出において、当社が現地医療情報の調査や医療従事者の交流や技術移転等のコーディネート等
を実施する業務の総称
経済産業省の公募にも採択され、アラブ首長国連邦(UAE)、カタール国と日本の医療分野における協力強化事業
をサポートするとともに、社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ)からの受託事業としてカザフスタンでの医
療事業展開のサポートを予定している。
また、海外における総合的リスク管理の整備と強化に対する要請が高まるなか、積極的な営業活動を実施し、法
人及び大学との新規契約及びセキュリティ商品の契約が順調に増加した。
外国人患者受入数の推移(人)
120
98
100
80
71
59
60
40
20
-
31
7
8
Q1
Q2
32
39
38
39
Q2
Q3
Q4
39
36
Q1
Q2
67
74
15
Q3
Q4
FY12/11
Q1
FY12/12
FY12/13
Q3
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
出所:会社資料よりSR作成
ライフアシスタンス事業
▶
▶
売上高 308百万円 (前年同期比16.5%増)
営業利益
84百万円 (同24.8%増)
既存顧客へのコンシェルジュサービスの着実な提供で、売上高は順調に推移した。業務実績を積み重ねることで
www.sharedresearch.jp
44/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
同社サービスに対する評価と認知度が高まり、一休(東証1部2450)から海外ホテル予約に関する海外チェックイ
ンアシスタンスサービス業務の受注を獲得した。同サービスは2014年10月から提供中である。
四半期業績推移(百万円)
120
100
92
88
86
84
91
92
87
87
19%
80
25%
105
103
100
20%
21%
15%
60
40
10%
27
24
29
22
8%
30
20
10%
1%
0
Q1
FY
12/12
Q2
Q3
Q4
出所:会社資料よりSR作成
Q1
25
22
Q2
31
28
5%
26
15
-1%
Q3
FY12/13
営業利益
売上高
0%
-0%
-5%
Q4
Q1
Q2
Q3
Q4
FY12/14
売上高 前年同期比(右軸)
2013年12月期通期決算実績
2014年2月14日、同社は2013年12月期通期決算を発表した。
売上高は1,984百万円(前年比4.8%増)、営業利益36百万円(同75.8%減)、経常利益25百万円(同80.3%減)、
当期純利益は14百万円(同81.1%減)であった。
海外出国者数:前年比5.5%減
同社業績に影響を与える海外出国者数は、円安の影響等により2013年2月以降は前年同月比で減少が続き、2013
年全体では前年比5.5%減となった。(日本政府観光局(JNTO)調べ。2013年12月はJNTO推計値)。一方、海外
からの訪日外客数は、円安による旅行費用の割安感の浸透、2013年7月より開始された東南アジア諸国の査証緩和
措置等もあり、過去最高となる10,364千人(前年比24%増)となった。
営業利益:積極的な投資・円安による海外コストの増加の影響で75.8%減益
同社の業績は、アシスタンスサービス提供数が順調に増加し売上高は前期比4.8%増収の1,983百万円となったもの
の、営業利益は、積極的な投資、海外センター経費の増加、円安の影響を受けた円貨換算経費の膨らみ等による
費用増から同75.8%減益の35百万円となった。但し、2013年7月16日公表の会社計画に対しては、営業利益は5百
万円、経常利益は3百万円、当期利益は2百万円上回って着地した。
各セグメントの概況は以下の通り。
医療アシスタンス事業:売上高1,626百万円(前年比5.5%増)、セグメント利益255百万円(同24.8%減)
主力事業の海外旅行保険付帯サービスは海外出国者数が減少する中で、アシスタンスサービス提供数は順調に推
移した。また、今後の収益の柱と位置付けられている国際医療事業分野は、官公庁事業の受託、外国人患者受入
事業を着実に実施しているものの依然として投資先行の状況となった。2013年の外国人患者受入数は205名で、
2012年の148名、2011年の61人から着実に増加している。
www.sharedresearch.jp
45/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
ライフアシスタンス事業:売上高357百万円(前年比1.7%増)、セグメント利益92百万円(同10.3%減)
顧客へのコンシェルサービスの提供、新規業務の受託活動の遂行により、売上は順調に推移した。また、業務実
績の積み重ねにより同社サービスに対する信頼が高まりつつあると同社はコメントしている。
2012年12月期通期決算実績
2013年2月14日、同社は2012年12月期通期決算を発表した。
売上高は1,893百万円(前年比17.5%増)、営業利益148百万円(同14.1%減)、経常利益129百万円(同21.3%減)、
当期純利益は75百万円(同54.7%減)であった。
同社業績に影響を与える海外出国数(日本人出国者数)は、2012年年間でみれば過去最高を更新し、1,849万人に
なったと推計されている(日本政府観光局(JINTO)調べ)。同社は、円高による海外旅行者数の増加及び企業に
よる生産拠点の海外シフトが大きな流れになった点をその要因として挙げている。2012年9月以降は領土問題を巡
る国際関係の緊張に伴い、日本から近隣国への旅行者数は減少したが、同社サービス利用件数には影響がなく、
同社のサービス提供数は順調に増加、前年比36%増になったとのことだ。結果として、売上高は二桁の伸びとなっ
た。
一方、2012年6月にジャスダック市場に上場したことに伴う費用増に加え、将来を見据えた事業拡大のための積極
的な投資を前倒しで実施した結果、営業利益は減益となったという。積極的な投資の例として、同社は、東南ア
ジアのタイセンターを大幅拡張し、24時間のオペレーション体制としたほか、世界各地の有力医療機関との提携
によるグローバル医療ネットワーク網の構築、国際医療支援事業分野への本格参入、バングラデシュでの合弁会
社(出資比率51%)の設立などを挙げている。
同社によれば、各セグメントの概況は以下の通り。
医療アシスタンス事業:売上高1,541百万円(前年比16.3%増)、セグメント利益339百万円(同2.1%減)
既存事業である損害保険会社向け海外旅行保険付帯向けのサービス件数が、海外出国者数の増加などによって増
加した。加えて、同社が今後の収益柱として期待している国際医療交流支援業務については、広く東欧、アジア
諸国において広告宣伝活動を実施し、日本の医療を世界に紹介した結果もあって、海外からの受け入れ患者数は
148件(2011年12月期は61件)になったとのことだ。
ライフアシスタンス事業:売上高350百万円(前年比23.0%増)、セグメント利益102百万円(同72.6%増)
既存顧客からの受託範囲が拡大し、海外だけでなく国内での新規業務も獲得したことが寄与、増収増益となった。
トピックス
バングラデシュに合弁会社を設立
同社は、2012年10月11日付でEMERGENCY ASSISTANCE BANGLADESH COMPANY LIMITED(バングラデシュ人民
共和国、略称:EAB)に対して、事業資本の払込み(5,100千タカ、日本円で約4,830千円)を行った。本出資によっ
て、2012年12月期第4四半期よりEAB社は同社子会社となった。
www.sharedresearch.jp
46/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
LAST UPDATE【2015/09/28】
EAB社は2012年3月に設立されたものの、バングラデシュの法人設立手続きの関係上、外国法人からの出資金受入
に一定の期間が必要であったこと、EAB社による出資金の受入体制が整ったことにより、10月11日付で出資を行
うことになったとのことだ。同社はEAB社設立の目的として、以下3点を挙げている。
1)日本での治療ニーズの高まりに対する体制の強化
同社によれば、バングラデシュには、医療を目的にタイ、シンガポール、インドへ渡航する富裕層が多く存在す
る模様。世界第8位の人口約1.5億人(出所:総務省統計局、2011年)を有していることや経済成長スピードを考
慮すると、バングラデシュは医療国際化市場において高いポテンシャルを持つという。今後、EAB社を窓口として、
バングラデシュから日本への患者受入体制強化を図っていくとしている。
2)日本人駐在員に対するアシスタンスサービスの提供
バングラデシュは製造業の生産拠点として世界的に注目を集めており、今後は進出する日本企業の増加が見込ま
れるという。医療アシスタンスサービスへの需要の高まりが予想されるため、EAB社をバングラデシュでビジネス
を行う日本人駐在員を支援する拠点としても活用していく意向だという。
3)バングラデシュ国民と日本人駐在員を対象とするクリニックの開設を検討
EAB社代表のSheikh Aleemuzzaman氏は、日本とバングラデシュ両国の医師免許を有する。上記1)及び2)のビ
ジネス展開のサポートとして、その資格を活かし、バングラデシュ国民と日本人駐在員を対象に診療を行うクリ
ニックの開設などを検討している模様である。
2011年12月期通期実績
売上高は1,610百万円(前年比18.7%増)、営業利益171百万円(同62.9%増)、経常利益163百万円(同80.2%増)、
当期純利益は166百万円(同112.2%増)であった。
同社によれば、各セグメントの概況は以下の通り。
医療アシスタンス事業:売上高1,325百万円(前年比19.2%増)、セグメント利益346百万円(同20.4%増)
業績に影響を及ぼす海外出国者数は、東日本大震災に伴う旅行自粛ムードの広がりなどもあったが、市場最高水
準の円高の影響等で、2011年8月には出国日本人数がそれまでの単月過去最高を記録するなど、最終的には2011
年暦年ベースで前年比2.1%増の1,699万人と2年連続で前年を上回る結果となった(出所:日本政府観光局)。
同社の損害保険会社向け海外旅行保険付帯サービスは、海外渡航者の回復に伴いアシスタンスサービスの提供件
数が増加したほか、中国遺棄化学兵器処理事業に関する医療支援サービスにおいては現地での処理事業が本格化
したことで取引額が増加。また、2012年12月期より新たに国際医療交流支援サービスに関する売上高が加わった。
同社は、2012年12月期より新たな試みとして国家戦略である国際医療交流の分野におけるアシスタントサービス
を本格的に開始している。
ライフアシスタンス事業:売上高285百万円(前年比16.6%増)、セグメント利益59百万円(同177.2%増)
クレジットカード会社向けコンシェルジュサービスは、クレジットカード会社との年間契約料が増加したことな
どが寄与した格好。
www.sharedresearch.jp
47/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
損益計算書
損益計算書
(百万円)
売上高
YoY
売上原価
売上総利益
YoY
利益率
販管費
販管費比率
営業利益
YoY
利益率
営業外収益
営業外費用
経常利益
YoY
利益率
特別利益
特別損失
法人税等
当期純利益
YoY
利益率
FY12/09
単体
1,133
28.4%
906
226
52.5%
20.0%
242
21.3%
-15
5
23
-33
17
0
6
-21
-
FY12/10
連結
1,357
19.8%
978
379
67.4%
27.9%
273
20.1%
106
7.8%
3
17
91
6.7%
1
8
6
79
5.8%
LAST UPDATE【2015/09/28】
FY12/11
連結
1,611
18.7%
1,144
466
23.1%
29.0%
295
18.3%
172
62.9%
10.7%
4
12
164
80.2%
10.2%
0
6
-9
167
112.2%
10.3%
FY12/12
連結
1,893
17.5%
1,387
506
8.4%
26.7%
358
18.9%
148
-14.1%
7.8%
1
20
129
-21.3%
6.8%
0
0
53
75
-54.7%
4.0%
FY12/13
連結
1,984
4.8%
1,549
435
-14.1%
21.9%
399
20.1%
36
-75.8%
1.8%
1
11
25
-80.3%
1.3%
0
0
11
14
-81.1%
0.7%
FY12/14
連結
2,200
10.9%
1,782
418
-3.8%
19.0%
443
20.1%
-25
-169.9%
-1.1%
7
9
-26
-204.1%
-1.2%
1
10
-36
-1.6%
出所:会社資料よりSR作成
売上高は、新規顧客の獲得や新サービスの提供とともに順調に拡大傾向にある。一方、同社の営業利益をみる際
に注意が必要なのは、大口契約の獲得によって、場合によっては先行投資・費用の計上が必要となる点である。
例えば、2008年12月期、2009年12月期は営業損失を計上しているが、これはそのためである。2013年12月期もグ
ローバル人材の採用と教育や、高機能通信機器への設備投資などの先行投資が行われた。
ただし、一旦先行投資を終えてしまえば、その後は参入障壁やスイッチングコストの高さゆえに、安定した収益
を計上できるビジネスでもある。
また、海外拠点の拡充に伴い海外での経費も増加しているが、円貨換算額時に為替の影響も受け易くなっている
点は注意したい。
www.sharedresearch.jp
48/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
貸借対照表
貸借対照表
(百万円)
資産
現金・預金
売掛金
立替金
その他
流動資産合計
有形固定資産合計
投資その他の資産合計
ソフトウエア
その他
無形固定資産合計
固定資産合計
資産合計
負債
買掛金
短期有利子負債
前受収益
その他
流動負債合計
長期有利子負債
その他
固定負債合計
負債合計
純資産
資本金
資本剰余金
利益剰余金
評価換算差額等
純資産合計
運転資金
有利子負債合計
ネット・デット
LAST UPDATE【2015/09/28】
08年12月期
FY12/09
FY12/10
FY12/11
FY12/12
FY12/13
FY12/14
単体
単体
連結
連結
連結
連結
連結
243
93
138
44
518
28
82
59
0
59
169
687
259
95
181
35
569
35
34
43
11
54
123
692
303
106
275
54
738
29
32
32
4
36
97
835
526
82
202
147
957
40
25
31
1
32
97
1,054
423
123
301
101
948
46
34
23
2
25
105
1,053
476
148
680
153
1,457
66
34
33
5
38
137
1,594
682
160
717
132
1,691
105
305
133
27
160
305
1,996
9
237
102
112
459
138
16
154
613
2
208
108
89
407
199
10
209
616
2
303
109
92
507
175
4
179
686
34
357
121
121
632
108
1
108
741
3
127
148
208
486
8
1
9
495
4
518
159
237
919
63
1
65
984
5
680
163
364
1,212
184
5
189
1,401
174
139
-240
213
139
-266
-10
77
165
407
148
213
139
-188
-16
149
270
479
176
213
139
-21
-19
313
130
465
-61
290
216
54
-3
558
273
135
-288
295
221
67
-0
610
665
582
106
297
211
31
54
595
709
864
182
74
120
375
131
出所:会社資料よりSR作成
同社の資産の大半は現預金、立替金等の流動資産が占める。同社のビジネスは、世界各地における医療機関、専
門医師とのネットワーク網の構築(「インフラ」)や高度な語学力や医療知識を有する人員の確保・教育(「人
材」)などへの先行投資負担が生じるものの、大規模な設備を要するというわけではない。
立替金は、海外旅行保険の付帯としてのサービス提供において、同社が直接世界各地の医療機関に対して医療費
を立替払いする、いわゆる「キャッシュレスサービス」を行っていることにより生じる。医療アシスタンスサー
ビス事業の規模(2013年12月期売上高の82%を占める)が拡大するにつれて立替金が増加する傾向にある。
www.sharedresearch.jp
49/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>過去の財務諸表
キャッシュフロー計算書
キャッシュフロー計算書
(百万円)
営業活動によるキャッシュフロー (1)
投資活動によるキャッシュフロー(2)
FCF (1+2)
財務活動によるキャッシュフロー
減価償却費及びのれん償却費 (A)
設備投資 (B)
運転資金増減 (C)
単純FCF (NI+A+B-C)
FY12/09
単体
-58
-20
-78
57
32
-16
45
-50
FY12/10
連結
0
-16
-16
63
33
-17
105
-10
LAST UPDATE【2015/09/28】
FY12/11
連結
290
-40
251
-26
31
-38
-140
299
FY12/12
連結
121
-45
76
-192
31
-28
142
-65
FY12/13
連結
-370
-76
-447
456
37
-66
393
-407
FY12/14
連結
20
-217
-196
353
54
-190
44
-217
出所:会社資料よりSR作成
同社の営業キャッシュフローは立替金の影響を大きく受ける傾向が強い。立替金は2~3ヶ月で回収するケースが
一般的である。
www.sharedresearch.jp
50/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
LAST UPDATE【2015/09/28】
その他情報
沿革
同社設立以前
現代表取締役社長の吉田氏が大手証券会社の社員としてフランスに在住していた際、取引先であったフランスの
アシスタンス会社が日本進出を図りたいと相談してきたことが、吉田氏がアシスタンス業務に足を踏み入れる、
そもそものきっかけとなった。
吉田氏は、1992年より日本に戻り、CICユニオンヨーロピエンヌ銀行駐日代表を務めていたが、その際の契約が金
融業務以外は兼任できるという内容であった。そのため、吉田氏は日本進出を果たした上記フランスのアシスタ
ンス会社の社長も兼任していた。その後、そのアシスタンス会社は日本から撤退したが、吉田氏は1994年よりワー
ルドアクセスジャパン株式会社(現ミレア・モンディアル株式会社)の代表取締役を務めることとなった。当時
のワールドアクセスジャパン社は、現在同社の取締役を務めるエーデルスタイン博士が代表取締役兼オーナーで
あったワールドアクセス社の日本法人であり、安田火災海上保険株式会社(現株式会社損保ジャパン)よりアシ
スタンス業務を受託していた。
同社設立以降
同社は、2003年1月に吉田氏、EA社、Vanter Cruise Hearlth Services, Inc.の共同出資によって設立された(EA社の
日本法人、連結子会社(出資比率60%)として設立)。EA社は日本独特のカルチャーとのギャップ等から日本市
場において苦しんでいたが、ワールドアクセス社で経営ノウハウ等を培った吉田氏を同社代表取締役に就任させ
ることによって状況を打開しようとした。また、Vanter Cruise Hearlth Services, Inc.はエーデルスタイン博士の資
産管理会社であり、エーデルスタイン博士はワールドアクセス社の株式を売却した後、同社に資金を投じたとい
える。
2005年は同社にとって激動の年となった。2005年1月より同社は、損保ジャパン社に対して、海外旅行保険付帯サー
ビスとして医療アシスタンスサービスの提供を開始。以後、同社の売上高は大きく増加、損益分岐点を超え利益
を創出することとなった。しかし、一方で、親会社であったEA社が日本市場からの撤退を決意する。そこで、2005
年6月に吉田氏を始め、東京中小企業投資育成株式会社、ジャフコ投資事業有限責任組合、ニッセイ・キャピタル
投資事業有限責任組合等がEA社から株式取得を行うことで資本関係を解消。同社は、独立系アシスタンス会社、
あるいは日本人による日本人のためのアシスタンスサービス提供会社としての体制が確立した。ちなみにEA社と
同社は2012年6月現在においても業務提携を継続している。
その後、同社は2007年5月にクレジットカード会社からの受託業務として海外コンシェルジュサービスの提供を開
始。2010年10月には医療アシスタンス事業の一環としての国家事業関連業務の受託をする等、新たな事業展開な
どを進めてきた。
2003年1月
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社設立
2004年7月
米 国 に 北 中 南 米 大 陸 で の 医 療 ア シ ス タ ン ス サ ー ビ ス 提 供 を 事 業 目 的 と し て EMERGENCY
4月
11月
24時間体制による医療アシスタンスサービス開始
ASSISTANCE JAPAN (U.S.A), INC.を設立(現連結子会社)
シンガポールセンターにアジア・オセアニアでの医療アシスタンスサービス事業提供を事業目的
www.sharedresearch.jp
51/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
2005年1月
2月
6月
12月
2006年10月
2007年5月
2008年4月
2010年10月
2011年2月
2012年6月
10月
10月
2013年9月
LAST UPDATE【2015/09/28】
としてEMERGENCY ASSISTANCE JAPAN (SINGAPORE) PTE. LTD.を設立(現連結子会社)
国内損害保険会社に対し、海外旅行保険付帯サービスとして医療アシスタンスサービスの提供を
開始
ロンドンに欧州・アフリカでの医療アシスタンスサービス提供を目的としてイギリスセンターを
提携プロバイダー社内に設置
吉田一正代表取締役等により、EA社が保有する全ての株式を取得し、EA社との資本関係を解消、
EA社の連結子会社から外れる。
中国での医療アシスタンスサービス提供を事業目的として北京威馬捷国際旅行援助有限責任公
司を設立(現連結子会社)
国家事業である第二次大戦中に日本軍によって中国国内に遺棄された化学兵器処理事業に係る
医療支援サービスを内閣府から受託を受けた建設コンサルティング会社より受託(現在は内閣府
と直接契約)
バンコクにタイ国及び周辺地域でのアシスタンスサービス提供を事業目的としてEMERGENCY
ASSISTANCE (THAILAND) COMPANY LIMITEDを設立(現連結子会社)
外資系クレジットカード会社との提携によるコンシェルジュサービスの開始
留学生危機管理サービス「OSSMA」のサービス提供を開始
国家戦略プロジェクトである国際医療交流支援事業(外国人患者の受入れ)に関連した支援業務
を経済産業省から受託を受けた国内シンクタンク会社より受託
国際医療交流支援事業のサービス強化のため、外務省より医療滞在ビザの身元保証機関として認
定される
JASDAQ市場へ株式公開
東南アジア地域のサービス強化を目的に、タイ子会社アシスタンスセンターの営業時間を拡張
(24時間365日)
バングラデシュに合弁会社を設立
業務提携関係にあるHill & Associates社とアジア地域におけるセキュリティ・アシスタンス商品
を開発し、販売
ニュース&トピックス
2015年5月8日、同社は、資源エネルギー庁の2015年度産油国石油精製技術等対策事業費補助金(産油・産ガス
国開発支援等事業のうち産油・産ガス国産業協力等事業に係るもの)に係る補助事業者の公募に採択されたこと
を発表した。
事業内容:アラブ首長国連邦アブダビ首長国と日本の医療分野における協力強化事業
同社は、現地における日本の高度医療に関するセミナー運営や医療に関する国際交流を進めるなど、協力強化事
業の管理全般を担い、日本の優れた医療サービスの継続的な訴求を行う予定である。
また、日本の医療サービスの認知度を高めることで、アウトバウンド事業(医療技術・機器等の輸出)及びイン
バウンド事業(外国人患者の受入サポート等)を増やし、アラブ首長国連邦の医療の高度化に貢献し、同国と日
本との関係強化を図るとともに、あわせて日本の医療の国際展開を支援するとしている。
www.sharedresearch.jp
52/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
LAST UPDATE【2015/09/28】
2015年2月17日、同社は「資本準備金の額の減少及びその他資本剰余金への振替に関するお知らせ」を発表した。
2015年3月25日開催予定の第12回定時株主総会に下記について付議する予定である(効力発生予定日2015年3月25
日)。
目的
今後の経営環境の変化に対応した機動的な資本政策に備えるため、会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準
備金の額を減少させ、「その他資本剰余金」に振り替えるもの。
要領
2014年12月31日現在の資本準備金の額123,483,400円のうち、40,000,000円を減少させ、83,483,400円とする。資
本準備金の減少額40,000,000円は、「その他資本剰余金」に振替えるとしている。
今後の見通し
今回の振替は、貸借対照表の純資産の部における資本準備金をその他資本剰余金の勘定とする振替処理であり、
これによる純資産額の変動はなく業績に与える影響はないと、同社ではコメントしている。
2015年1月20日、同社はアブダビ国営石油会社と医療協力についてのMOU締結について発表した。
概要
同社は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国100%出資の国営石油会社であるアブダビ国営石油会社(ADNOC:
Abu Dhabi National Oil Company、総裁: アブドゥル・ナセル・アル・スウェイディ)との間で、1月18日、宮沢
経済産業大臣同席のもと医療協力についてのMOU(Memorandum of Understanding)を締結した。
アブダビ国営石油会社の社員及び家族の日本における治療受入業務受託、及びアブダビへの日本医師派遣等医療
協力事業について合意したものである。同社は、外国人患者に日本の医療を紹介するインバウンド業務に注力し
ており、国内はもとより世界中の医師・医療機関と親密なネットワークを構築している。今回合意した業務は同
社のインバウンド業務のノウハウと医療機関のネットワークを生かした事業となる。
同社では、経済産業省の補助事業として進めてきたアブダビ首長国への医療協力事業の成果であるとしている。
2015年1月20日、同社は2014年12月期の業績予想の修正を発表した。修正内容は以下。
www.sharedresearch.jp
53/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
会社計画
(百万円)
売上高
YoY
売上原価
売上総利益
YoY
利益率
販管費
売上比
営業利益
YoY
利益率
経常利益
YoY
利益率
当期純利益
YoY
13年12月期
上期実績
995
0.6%
793
202
-18.1%
20.3%
189
19.0%
13
-78.0%
1.3%
5
-87.4%
0.5%
2
-91.6%
出所:会社資料よりSR作成
下期実績
989
9.4%
756
233
-10.2%
23.5%
-189
-19.1%
23
-74.2%
2.3%
20
-76.9%
2.0%
12
-75.7%
通期実績
1,984
4.8%
1,549
435
-14.1%
21.9%
36
-75.8%
1.8%
25
-80.3%
1.3%
14
-81.1%
LAST UPDATE【2015/09/28】
14年12月期 15年1月20日発表修正計画
上期実績
下期会予
通期会予
1,120
1,078
2,198
12.5%
9.1%
10.8%
924
196
-2.9%
213
19.0%
-17
-1.5%
-23
-2.0%
-15
-
-14
-1.3%
-15
-1.4%
-30
-
-31
-1.4%
-38
-1.7%
-45
-
14年2月14日発表期初計画
14年12月期
上期会予
下期会予
通期会予
1,060~1,150 1,070~1,400 2,220~2,460
6.5%~15.6%
8.2%~41.6% 11.9%~24.0%
-67~-5
20~177
15~110
- -11.4%~684.5% -58.1%~207.5%
-72~-10
18~175
8~103
- -10.3%~772.6% -68.5%~305.7%
-77~-12
12~127
0~50
- -0.7%~950.9% -100%~250.6%
修正理由
営業利益は、1)2014年9月からの損害保険ジャパン日本興亜からの大型受注において相当の業務量増加が予想さ
れたことから、それに備えてグローバルな能力を持つ社員の増員と教育、医療機関とのネットワークの拡大、ア
シスタンスインフラ強化のためのIT投資、海外センターの強化等を積極的に実施したものの、売上増が同社の
想定より遅れていること、2)円安による海外センターにおける円貨建て経費の増加、3)上記大型案件に備えた
体制強化による海外センターの現地通貨建て経費の増加、が主な要因である。
また、経常利益においては、海外センター経費の支払期日のズレによる為替差損の発生により損失が拡大した。
修正を踏まえて
同社では、通期業績の下方修正を行ったものの、1)同社業務に対する社会的ニーズは増加しており売上高は前期
比10.8%増が見込まれるなど事業は拡大基調にあること、2)これに対応するための体制強化は継続し、効率的な
業務運営体制の確立に取り組む予定である、としている。
また、配当予想については前回発表の1株あたり期末配当10円の予想は変更していない。同社ではこの理由につい
て、配当の継続的実施を基本方針としており予定通り配当を実施したいとしている。配当によるキャッシュフロー
の低下についても、軽微であることから今後のビジネス拡大で吸収可能であるとのこと。
2014年10月6日、同社は、株式会社一休(東証1部 2450)より、海外ホテル予約に関する海外チェックインアシ
スタンスサービス業務を受注し、同サービスの提供を2014年10月から開始したことを発表した。
業績への影響と、今後の展開
同社では、業績への影響については軽微であり、また、同サービスにかかるコスト負担は大きくないとコメント
している。また、ライフアシスタンス部門において、1) コンシェルジェ事業の顧客層が強化されたこと、2) 今後、
新たなサービスや顧客の開拓につながる可能性がある点に、今回のサービス業務受注の意義があるとしている。
提供するサービスの概要
一休は高級ホテルやレストランのインターネット予約サイトを展開しており、主力の「一休.com」では日本にお
ける高級ホテル・旅館に特化した宿泊予約サイトとして、国内系及び外資系一流ホテルを主なクライアントとし
たブランドを構築している。このたび、海外ホテル予約サイト「一休.com 海外」を開設し、世界各地の高級ホテ
www.sharedresearch.jp
54/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
LAST UPDATE【2015/09/28】
ルの宿泊予約を日本語で行えるサービスの提供を開始するにあたり、関連するサービスを同社が受注したもので
ある。
同社では、一休の予約サイトで海外ホテルを予約した顧客に対して、「海外チェックインアシスタンス」サービ
スを提供する会社として指名され、10月からサービスを提供するとしている。具体的には、チェックイン時のト
ラブル対応(ホテルの予約状況、サービス内容の確認、代替案の提供など)や、顧客が病気・怪我等を発症した
際の医療機関情報の提供などを行うとしている。
2014年6月23日、同社は、アシスト・カード・インターナショナル社(ASSIST CARD International S.A.。本社はス
イスのジュネーブ、以下ACI)との包括業務提携に関する覚書(Memorandum of Understanding. 以下、MOU)
の締結を発表した。
目的
今後、ACIとは、アシスタンスサービス資源の相互提供・相互利用による世界規模での協業はもとより、新商品の
共同開発及び販売等にも着手することで、双方の事業拡大を目指す、としている。今回、ACIのアジア地域での事
業拡大を図るという戦略と、同社の中南米におけるアシスタンスサービス強化を志向する利益が一致して、MOU
締結となった。同社では、中南米地域は市場として高い可能性を秘めているとみている。
同社は既にブラジルにおいてACIの事業資源を活用した医療アシスタンスサービス体制を構築、運用している。ま
た、日本においても、ACIの顧客に対して同社の医療アシスタンスサービスの提供・支援が既に開始されている。
ACIについて
ACIは1972年設立のアシスタンス会社。医療及び旅行関連アシスタンス事業を世界116カ国で展開している。特に、
中南米におけるアシスタンス提供は高い品質と安定性を誇っているとのこと。ブラジル・サンパウロ及びペルー・
リマにおいて、日本語による24時間365日連続操業のアシスタンスセンターを配置し、日本の顧客特性にあった医
療アシスタンスサービスを提供している。
2014年6月10日、同社への取材を踏まえて2014年12月期第1四半期決算の内容を更新した。(詳細は2014年12月
期第1四半期決算の項目を参照)
www.sharedresearch.jp
55/58
R
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
LAST UPDATE【2015/09/28】
大株主
大株主上位10名
吉田 一正
ヴァンタークルーズヘルスサービスインク
白水 秀樹
日本証券金融株式会社
近藤 定典
千々石 寛
スティーブ・アール
株式会社SBI証券
重松 佳
マネックス証券株式会社
所有株式数 所有株式数
の割合
(千株)
426.0
35.11%
147.2
12.13%
60.9
5.01%
29.8
2.45%
16.3
1.34%
10.1
0.83%
9.6
0.79%
9.3
0.76%
9.2
0.75%
9.0
0.74%
出所:会社資料よりSR作成
注:2014年12月31日現在
トップ経営者
吉田一正代表取締役社長
1955年4月生まれ。仏・エックスマルセイユ大学1981年卒。山一證券国際部証券アナリスト、CICユニオンヨーロ
ピエンヌ銀行駐日代表、ワールドアクセスジャパン社代表取締役を歴任。現在は、日本エマージェンシーアシス
タンス株式会社代表取締役社長のほか、観光庁「インバウンド医療観光に関する研究会」研究会委員、経済産業
省「サービス・ツーリスム(高度健診医療分野)研究会」オブザーバーとして活動。
グループ会社
同社グループは純粋持株会社と連結子会社、関係会社によって構成されている。主な連結子会社は以下の通りで
ある。
◤
◤
◤
◤
◤
EMERGENCY ASSISTANCE JAPAN (U.S.A), INC.(100%):北中南米大陸で医療アシスタンスサービスを行う
EMERGENCY ASSISTANCE JAPAN (SINGAPORE) PTE. LTD.(100%):アジア・オセアニアでの医療アシスタ
ンスサービスを行う
北京威馬捷国際旅行援助有限責任公司(100%):中国で医療アシスタンスサービスを行う
EMERGENCY ASSISTANCE (THAILAND) COMPANY LIMITED(100%):バンコクにタイ国及び周辺地域でのア
シスタンスサービスを行う
Emergency Assistance Bangladesh Co., Ltd.(51%):バングラデシュで医療アシスタンスサービスを行う
従業員
2014年12月末時点で、連結従業員数は274人(ほか、平均臨時雇用者数18人)、単体従業員数は170人(ほか、平
均臨時雇用者数14人)である。単体従業員の平均年齢は39.2歳、平均勤続年数は4.0年であり、平均年間給与は4,229
千円である。
www.sharedresearch.jp
56/58
R
日本エマージェンシーアシスタンス|6063|
Shared Research Report
日本エマージェンシーアシスタンス>その他情報
LAST UPDATE【2015/09/28】
企業概要
企業正式名称
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
代表電話番号
本社所在地
112-0002 東京都文京区小石川1-21-14
NRK小石川ビル
上場市場
03-3811-8121
JASDAQスタンダード
2003年1月16日
2012年6月20日
http://emergency.co.jp/
12月
設立年月日
HP
IRコンタクト
IRメール
www.sharedresearch.jp
上場年月日
決算月
IRページ
http://www.emergency.co.jp/ir/
IR電話
57/58
R
Shared Research Report
株式会社シェアードリサーチについて
株式会社シェアードリサーチは今までにない画期的な形で日本企業の基本データや分析レポートのプラットフォーム提供を目指しています。さら
に、徹底した分析のもとに顧客企業のレポートを掲載し随時更新しています。SR社の現在のレポートカバレッジは以下の通りです。
株式会社アイスタイル
ケネディクス株式会社
あい ホールディングス株式会社
株式会社ゲームカード・ジョイコホールディングス 日進工具株式会社
ナノキャリア株式会社
株式会社アクセル
株式会社ココカラファイン
日清紡ホールディングス株式会社
アクリーティブ株式会社
コムシスホールディングス株式会社
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社
アズビル株式会社
サトーホールディングス株式会社
日本駐車場開発株式会社
アズワン株式会社
株式会社サニックス
株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ
アニコムホールディングス株式会社
株式会社サンリオ
伯東株式会社
株式会社アパマンショップホールディングス
株式会社ザッパラス
株式会社ハーツユナイテッドグループ
アンジェスMG株式会社
シップヘルスケアホールディングス株式会社
株式会社ハピネット
アンリツ株式会社
シンバイオ製薬株式会社
ピジョン株式会社
アートスパークホールディングス株式会社
株式会社ジェイアイエヌ
フィールズ株式会社
株式会社イエローハット
Jトラスト株式会社
株式会社フェローテック
イオンディライト株式会社
株式会社じげん
フリービット株式会社
株式会社伊藤園
ジャパンベストレスキューシステム株式会社
株式会社ベネフィット・ワン
伊藤忠エネクス株式会社
GCAサヴィアン株式会社
株式会社ベリテ
株式会社インテリジェント ウェイブ
スター・マイカ株式会社
株式会社ベルパーク
株式会社インフォマート
株式会社スリー・ディー・マトリックス
株式会社VOYAGE GROUP
株式会社イード
ソースネクスト株式会社
松井証券株式会社
株式会社Aiming
株式会社髙島屋
株式会社マックハウス
株式会社エス・エム・エス
タキヒヨー株式会社
株式会社マネースクウェアHD
SBSホールディングス株式会社
株式会社多摩川ホールディングス
株式会社 三城ホールディングス
エヌ・ティ・ティ都市開発株式会社
株式会社ダイセキ
株式会社ミライト・ホールディングス
エレコム株式会社
株式会社チヨダ
株式会社メディネット
エン・ジャパン株式会社
株式会社ティア
株式会社夢真ホールディングス
株式会社オンワードホールディングス
DIC株式会社
株式会社ラウンドワン
亀田製菓株式会社
株式会社デジタルガレージ
株式会社ラック
株式会社ガリバーインターナショナル
株式会社TOKAIホールディングス
リゾートトラスト株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
株式会社ドリームインキュベータ
株式会社良品計画
KLab株式会社
株式会社ドンキホーテホールディングス
レーザーテック株式会社
株式会社クリーク・アンド・リバー社
内外トランスライン株式会社
株式会社ワイヤレスゲート
グランディハウス株式会社
長瀬産業株式会社
※投資運用先銘柄に関するレポートをご所望の場合は、弊社にレポート作成を受託するよう各企業に働きかけることをお勧めいたします。また、弊社に直接レポート作成
をご依頼頂くことも可能です。
ディスクレーマー
本レポートは、情報提供のみを目的としております。投資に関する意見や判断を提供するものでも、投資の勧誘や推奨を意図したものでもありま
せん。SR Inc.は、本レポートに記載されたデータの信憑性や解釈については、明示された場合と黙示の場合の両方につき、一切の保証を行わない
ものとします。SR Inc.は本レポートの使用により発生した損害について一切の責任を負いません。
本レポートの著作権、ならびに本レポートとその他Shared Researchレポートの派生品の作成および利用についての権利は、SR Inc.に帰属します。
本レポートは、個人目的の使用においては複製および修正が許されていますが、配布・転送その他の利用は本レポートの著作権侵害に該当し、固
く禁じられています。
SR Inc.の役員および従業員は、SR Inc.の調査レポートで対象としている企業の発行する有価証券に関して何らかの取引を行っており、または将来
行う可能性があります。そのため、SR Inc.の役員および従業員は、該当企業に対し、本レポートの客観性に影響を与えうる利害を有する可能性が
あることにご留意ください。
金融商品取引法に基づく表示
本レポートの対象となる企業への投資または同企業が発行する有価証券への投資についての判断につながる意見が本レポートに含まれている場
合、その意見は、同企業からSR Inc.への対価の支払と引き換えに盛り込まれたものであるか、同企業とSR Inc.の間に存在する当該対価の受け取り
についての約束に基づいたものです。
連絡先
株式会社シェアードリサーチ/Shared Research.inc
東京都文京区千駄木3-31-12
http://www.sharedresearch.jp
TEL:(03)5834-8787
Email: [email protected]
www.sharedresearch.jp
58/58
Fly UP