...

科学研究費助成事業(基盤研究(S))公表用資料

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

科学研究費助成事業(基盤研究(S))公表用資料
科学研究費助成事業(基盤研究(S)
)公表用資料
〔平成28年度研究進捗評価用〕
平成25年度採択分
平成28年3月31日現在
わが国における都市史学の確立と展開にむけての基盤研究
Establishment and Development of Urban Historical
Studies in Japan
課題番号:25220909
伊藤
毅(ITO TAKESHI)
東京大学・大学院工学系研究科・教授
研究の概要
わが国における都市史研究の第一人者を組織し、従来個別分散的に進んでいた都市史学をひと
つの堅固なプラットフォーム上に確立させ、わが国ではじめての都市史学に関する中核組織を
形成する。居住の基礎学たる都市史学の拡がりを示すために広汎な研究論題を設定し、その成
果を広く国内外に発信し、当該分野の飛躍的な展開を目指す。
研
究
分
野 :建築学
キ ー ワ ー ド :都市史学
1.研究開始当初の背景
わが国で都市史学が学融合をともないつ
つ本格化したのは比較的近年のことである。
人類の居住の基礎学たる都市史学を推進す
るための学的基盤はいまだ確立されていな
い。諸外国ではアーバン・ヒストリーの重要
性には共通理解がすでに成立しており、学会
ないし協会として堅固な組織が多様な学際
的活動をともなって稼働しているのに対し、
わが国の都市史学の重要性に対する認識は
不十分な段階にとどまっている。
伊藤毅(建築史)と吉田伸之(日本史)は
四半世紀に及ぶ研究連携の実績と、その一つ
の到達点としての『伝統都市1~4』
(東京
大学出版会、2010 年)の出版を対象として
2012 年日本建築学会賞(業績)
「学融合によ
る都市史研究プラットフォームの構築」を受
賞した。この受賞理由のなかに、都市史学の
今後の展開のための基盤形成について大い
に期待する文言が含まれていた。各研究分担
者はすでに高度な学的達成を行い、その下で
有力な若手都市史研究者が分厚い裾野を形
成している。いまこそ都市史学統合の好機が
到来したというべきである。
2.研究の目的
1980 年代以降本格化したわが国における
都市史学は、いまだ個別分散的であり一つの
学問領域に統合されるには至っていない。都
市史学は学的融合が不可欠な分野であり、こ
れを実質的に担いうる研究者が限定される
ことがひとつの原因である。本研究はわが国
における学際的都市史学の牽引者・第一人者
が一堂に会し、この間蓄積してきた学的達成、
人的ネットワーク、国際的連携実績を一挙に
結集し、わが国における都市史学の組織基盤
を確立するとともに、このプラットフォーム
上で最先端の研究論題を全面展開し、成果を
社会化することを目的とする。都市史学はい
まや全世界が直面する都市的危機の淵源を
再考する基礎的・総合的学問領域である。こ
の基盤形成と研究展開を通して、若手研究者
の育成および研究成果の国内外への発信と
還元をはかる。
3.研究の方法
本研究はわが国最初の都市史学の学的基
盤を確立すること(A 組織)と従来の膨大な
研究蓄積の上に立った新たな都市史学を展
望するための独自の研究論題群の提示(R 研
究)
、そしてその結果として国内外に広く発
信しうる良質のアウトプット(O 成果)の3
軸が相互に密接な連関をもちつつ、
実現可能なかたちで位置づける。わが国にお
ける居住の基礎学として都市史学の基盤を
つくり、国内外への発信と若手研究者の育成
を通して、今後の都市のあり方を現代都市の
問題と対峙しつつ提示することを目指す。
4.これまでの成果
以下の組織を立ち上げ、研究部ごとに下記
に示す研究論題に取り組んだ。
A 研究組織
A0 都市史研究センター=都市史学会(東京大
学内に設置、全体を統括)
A1 地域学研究部(飯田市歴史研究所内に設置、
代表吉田)
A2 アジア学研究部(花園大学文化遺産学科内
に設置、代表高橋)
A3 テリトリオ学研究部(東京大学内に設置、
代表伊藤)
A4 東京学研究部(法政大学エコ研究所内に設
置、代表陣内)/A5 欧米学研究部(樺山研究
室内に設置、代表樺山)
R 研究論題
R0 統合都市史学 都市社会史/都市空間史
/都市文化史
R1 伝統都市論(吉田・伊藤)社会=空間構造
論/権力・ヘゲモニー論/イデア=インフラ
論
R2 宗教都市論(高橋・樺山)日本宗教都市論
/アジア宗教都市論/欧米イスラム宗教都
市論
R3 領域景観論(伊藤・陣内)テリトリオ=セ
グメント論/景観構成論/沼地・荒地論
R4 居住環境論(陣内・高橋)居住類型論/環
境文化論/危機都市論/小規模場所論
R5 比較類型論(樺山・陣内)地域=文化構造
論/首都・世界都市論/水都・ネットワーク
論
・若手研究者育成プログラムとしてオラン
ダ・フランス・イタリア・アイルランド調査
研究の実施と国際研究者交流を積極的に推
進した。
O 成果として都市史研究センター=都市史学
会の学術誌として O0『都市史研究』
(山川出
版社)の刊行(すでに第 1 号、2 号公刊済み)
と国際シンポジウムの開催とその成果刊行
が過去 3 年次に実現した(2013 年 11 月日仏
国際シンポジウム「空間・身分・制度」
、2014
年 10 月日仏国際シンポジウム「中近世ラン
グドックの領域史」、2016 年 2 月「中近世ヴ
ェネトの領域史」)
。
5.今後の計画
研究論題のなかで東京研究を進めるとと
もに、国内外の都市史研究交流と若手を中心
とした調査研究を進めつつ、以下の成果を公
刊するためのまとめと準備に専念する。
O1『都市史叢書』
(上記 R1~R5 の成果を統合
した R0 の論集、2018 年度刊行予定、A0 担当)
O2『都市史事典』(上記のうち日本都市史に
関するわが国初の事典編纂、2017 年度刊行予
定 A0 担当)
O3『東京の歴史』
(全 10 巻、吉川弘文館、現
在吉田・陣内を中心に 2017 年度から順次出
版開始、R1・R4、A1・A4)
O4『都市史図集』(科研組織の下に若手研究
者を組織し、編集スタート、R1・R4・A1・A4
担当)
O5『都市史研究国際ケーススタディ』(2017
年度刊行開始)
アメリカ都市史学会、イギリス都市史学会、
フランス都市史学会、イタリア都市史学会、
ロイヤル・アイリッシュ・アカデミー、ィン
ランド都市史学会等の国際学会との密接な
連携を確立・保持する。
最終年度には過去 5 年間の研究成果を総合化
し、大規模な国際研究集会を東京で実施し、
成果物の出版につなげるとともに、これらの
達成点を広く国内外に発信する。
6.これまでの発表論文等(受賞等も含む)
①伊藤毅編『中近世ヴェネトの領域史
Territorial History of Veneto during the
Medieval and Periods』(東京大学大学院工
学系研究科建築学専攻伊藤研究室、2016 年)
②都市史学会編『都市史研究 2』(山川出版
社、2015 年)
③樺山紘一『描かれたオランダ黄金世紀』
(京
都大学学術出版会、2015 年)
④陣内秀信『イタリア都市の空間人類学』
(弦
書房、2015 年)
⑤吉田伸之『都市―江戸に生きる』
(岩波書店、
2015 年)
⑥高橋康夫『海の『京都』―日本琉球都市史
研究』(京都大学学術出版会、2015 年)
⑦伊藤毅編『中近世フランス・ラングドック
の 領 域 史 Histoire de territoires dans le
Languedoc médiéval et moderne』
(東京大学
大学院工学系研究科建築学専攻伊藤研究室、
2014 年)
⑧都市史学会編『都市史研究 1』(山川出版
社、2014 年)
⑨伊藤毅「近世都市の成立」『岩波講座日本
歴史第 10 巻 近世 1』
(岩波書店、239-276
頁、2014 年)
⑩伊藤毅編『空間・身分・制度 日仏都市史
のパ ースペク ティヴ Espaces, Statuts et
Institutions:Perspectives
Franco-Japonaises en Histoire Urbaine 』
(東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
伊藤研究室、2013 年)
ホームページ等
・都市史学会ホームページ http://suth.jp
・伊藤研究室ホームページ http://itolab.org
Fly UP