...

SGS QUALIFOR FOREST MANAGEMENT CERTIFICATION

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

SGS QUALIFOR FOREST MANAGEMENT CERTIFICATION
SGS QUALIFOR
(Associated Documents)
Doc. Number:
AD36A-12
Doc. Version date:
21 Sept. 2010
Page:
Approved by:
1 of 53
Gerrit Marais
Updated to V12 on 2011.5.12
FOREST MANAGEMENT CERTIFICATION REPORT
森林管理認証審査報告書
SECTION A: PUBLIC SUMMARY 公開概要報告書
Project Nr.:
9043-JP
プロジェクト番号
Non Profit Organisation Midorinodam Kitasagami
Client:
団体名
特定非営利活動法人緑のダム北相模
Web Page:
http://midorinodam.jp
ウェブページ
Address:
30 Wakayanagi, Midori-ku, Sagamihara-city, Kanagawa, Japan
住所
神奈川県相模原市緑区若柳 30 番地
Country:
JAPAN
国
日本
Certificate Nr.
認証番号
Date of Issue
発行日
SGS-FM/COC-002323
Certificate Type:
SLIMF
認証のタイプ
SLIMF 森林管理認証
Date of expiry:
25 October 2010
有効期限
24 October 2015
Evaluation Standard
“SGS Generic Forest Stewardship Standard adapted for Japan V12-0”
審査基準
「日本適用版 SGS 一般森林管理基準 第 12-0 版」
Forest Zone:
Temperate
森林帯:
温帯
Total Certified Area
41.1 ha
合計認証面積
Scope:
認証範囲:
認証範囲
Forest Management of secondary forests and plantations in Sagamihara-city, Kanagawa
prefecture of Japan for the production of softwood and hardwood timber
針葉樹及び広葉樹材の生産のための神奈川県相模原市の二次林及び人工林の森林管理
Location of the FMUs
included in the scope
範囲に含まれる FMU
(森林管理ユニット)
の位置
Company Contact
Person:
Sagamihara-city, Kanagawa, JAPAN
相模原市神奈川県
Mr. Koji Ishimura, representative of the board
代表理事、石村黄仁
SGS services are rendered in accordance with the applicable SGS General Conditions of Service accessible at
http://www.sgs.com/terms_and_conditions.htm
SGS South Africa (Qualifo r Programme)
Systems and Services Certification Divisio n
58 Me lvil le Road, Booysens - PO Box 82582 , So uthdale 2185 -S
S outh A fri ca
Contact Programme Director at t. + 27 11 681- 2500 fo [email protected] m www.sgs.co m/forestry
AD 36A-12
Page 2 of 53
担当者連絡先
担当者 連絡先
Address 住所:
住所
3-35-9 Wakabayashi, Setagaya-ku, Tokyo, JAPAN
〒154-0023 東京都世田谷区若林 3-35-9
Tel:
81-03-3411-1636
Fax
81-03-3411-1636
Email:
None なし
Dates:日付:
日付:
Re- Evaluation
更新審査
Surveillance 1
2010.8.1, 2010.8.15
2011.5.15
第 1 回維持審査
Surveillance 2
第 2 回維持審査
Surveillance 3
第 3 回維持審査
Surveillance 4
第 4 回維持審査
Date the current version of the report
was finalised
2011.7.24
最新版の報告書が完成した日付
Copyright 著作権:
著作権
© 2011 SGS South Africa (Pty) Ltd-revised on 2011
All rights reserved
AD 36A-12
Page 3 of 53
TABLE OF CONTENTS 目次
1.
SCOPE OF CERTIFICATE 認証範囲 ..................................................................................................... 6
2.
COMPANY BACKGROUND 組織の背景................................................................................................
8
組織の背景
所有権 ..................................................................................................................... 8
2.1
Ownership
2.2
Company Key Objectives 組織の主な目的 .................................................................................. 8
2.3
Company History 組織の沿革 ...................................................................................................... 9
2.4
Organisational Structure 組織構成 .............................................................................................. 9
2.5
Ownership and Use Rights 所有及び使用権
所有及び使用権 ............................................................................... 9
2.6
Legislative, Administrative and Land Use Context (not applicable to SLIMF)法律規制上、行
法律規制上、行
政上及び土地利用上の背景(SLIMF
は適用外) ...................................................................................10
政上及び土地利用上の背景(
2.7
Other Land Uses その他の土地利用 ...........................................................................................10
2.8
Non-certified Forests 非認証の森林 ...........................................................................................10
3.
FOREST MANAGEMENT SYSTEM .................................................................................................... 10
自然環境(not
自然環境(
required for SLIMF)
) .....................................................10
3.1
Bio-physical setting
3.2
History of use 利用の歴史(not
required for SLIMF)
) ..............................................................11
利用の歴史(
3.3
Planning process 計画プロセス .................................................................................................11
3.4
Harvest and regeneration 収穫及び更新.....................................................................................11
収穫及び更新
3.5
Monitoring processes モニタリングプロセス ............................................................................12
SOCIO-ECONOMIC AND ENVIRONMENTAL CONTEXT 社会経済及び環境の状況 ........................... 13
4.
4.1
Social aspects 社会的側面 ..........................................................................................................13
5.
CHANGES IN MANAGEMENT, HARVESTING, SILVICULTURE AND MONITORING 管理、収穫、
造林及びモニタリングに関する変更点 .......................................................................................................... 14
6.
PREPARATION FOR THE EVALUATION
6.1
Schedule 日程 .............................................................................................................................15
6.2
Team 審査チーム .........................................................................................................................15
6.3
Checklist Preparation チェックリストの準備 ...........................................................................15
6.4
Stakeholder notification 利害関係者への通知 ............................................................................16
THE EVALUATION 審査 ...................................................................................................................... 16
7.
8.
審査準備 ......................................................................... 15
7.1
Opening meeting オープニングミーティング ............................................................................16
7.2
Document review 文書レビュー ..................................................................................................16
7.3
Sampling and Evaluation Approach サンプリング及び評価手法 ..............................................16
7.4
Field assessments 現地審査 .......................................................................................................17
7.5
Stakeholder interviews 利害関係者へのインタビュー ...............................................................17
7.6
Summing up and closing meeting 概要とり
概要とりまとめ
とりまとめ及び
まとめ及びクロ
及びクロージングミーティング
クロージングミーティング.................18
ージングミーティング
EVALUATION RESULTS 審査結果 ..................................................................................................... 19
AD 36A-12
Page 4 of 53
8.1
Findings related to the general QUALIFOR Programme QUALIFOR プログラムの一般要求
事項に関連した審査結果 ........................................................................................................................19
認証の決定 .......................................................................................... 39
9.
CERTIFICATION DECISION
10.
MAINTENANCE OF CERTIFICATION 認証の維持 .............................................................................. 40
11.
RECORD OF CORRECTIVE ACTION REQUESTS (CARs) 是正処置要求の記録 ............................... 42
12.
RECORD OF OBSERVATIONS 観察事項の記録.................................................................................
43
観察事項の記録
前回の 2009 年の維持審査(文書審査
年の維持審査 文書審査)からの継続中の観察事項はなかった。
文書審査 からの継続中の観察事項はなかった。 ........................................43
13.
RECORD OF STAKEHOLDER COMMENTS AND INTERVIEWS 利害関係者からのコメント及びイ
ンタビューの記録 .......................................................................................................................................... 47
14.
RECORD OF COMPLAINTS 苦情の記録
52
苦情の記録.............................................................................................
の記録
ASSOCIATED DOCUMENTS 付属文書 (not part of the Public Summary 以下は公開概
要報告書には含まない)
AD 20:
Evaluation Itinerary
日程表
AD 21:
Attendance Record
出席者リスト
AD 26:
Corrective Action Requests
AD 36-B:
Evaluation - Observations and Information on Logistics
評価
AD 40:
-
是正処置要求書
所見及び現地審査詳細情報
Stakeholder Reports
Evaluation team CV’s
利害関係者報告書
審査チーム履歴書
List of stakeholders contacted
利害関係者連絡先一覧
AD 36A-12
Page 5 of 53
Complaints and Disputes 苦情及び紛争
Procedures for submitting complaints, appeals and disputes, and the SGS processing of such are
published on www.sgs.com/forestry. This information is also available on request – refer contact
details on the first page.
苦情、主張及び論争を提出する手順、及び SGS によるそれらの処理はwww.sgs.com/forestryにて公開
されている。この情報は要望に応じて提供可能である―1 ページの連絡先参照。
AD 36A-12
Page 6 of 53
INTRODUCTION 概要
The purpose of the evaluation was to evaluate the operations of Non Profit Organisation
Midorinodam Kitasagami against the requirements of the QUALIFOR Programme, the SGS
Group’s forest certification programme accredited by Forest Stewardship Council.
審査目的は、森林管理協議会(Forest Stewardship Council)から認定されている SGS グル
ープの森林認証プログラム(QUALIFOR プログラム)の要求事項に対して、特定非営利活動
法人緑のダム北相模の森林管理オペーレーションを評価することである。
1.
SCOPE OF CERTIFICATE 認証範囲
The scope of the certificate falls within the Temperate Forest Zone and is owned by the land
owner as described below.
認証範囲に含まれる森林は温帯地域に位置しており、下記の所有者により所有されている。
Description of FMUs:
Description
内容
森林管理ユニットの詳細
Ownership
Mixture of plantation
and secondary
forests
所有者
Area 面積(ha)
面積
Suzuki Family
41.1
鈴木家により所有されている
Longitude 経度
E/W
Latitude 緯度 N/S
E 143º 54’- 144
º 20
N 43 º 35’ - 43 º
53’
人工林及び二次林
Total 合計
41.1
Size of Group Members グループメンバーの規模:
グループメンバーの規模
Nr of Group members
Area
グループメンバー数
面積(ha)
面積
1
41.1
0
0
1001~10000 ha
0
0
More than 10000 ha in area 10000ha 以上
0
0
1
41.1
Less than 100ha
100ha 以下
100 to 1000 ha in area
100~
~ 1000ha
1001 to 10000 ha in area
Total
合計
Total Area in the Scope of the Certificate that is: 認証範囲の全森林の内訳
Area 面積(ha)
面積
Privately managed
State Managed
私有林
41.1
国有林
Community Managed
0
共同体(市町村)有林
Composition of the Certified Forest(s)
0
認証森林の構成
Area 面積(ha)
面積
AD 36A-12
Page 7 of 53
認証森林の構成
Composition of the Certified Forest(s)
Area 面積(ha)
面積
14.8
Area of forest protected from commercial harvesting of timber and managed primarily for
conservation objectives
木材の商業的生産を行わず主に保護目的で管理されている森林面積
木材の商業的生産 を行わず主に保護目的で管理されている森林面積
0
Area of forest protected from commercial harvesting of timber and managed primarily for
production of NTFPs or services
木材の商業的生産を行わず主に非木材林産物の生産やその他のサービスを目的に管理されている
森林面積
0
Area of forest classified as “high conservation value forest”
「保護価値の高い森林」として分類されている森林面積
0
Area of non-forest managed primarily for conservation objectives
主として保全目的で管理されている非森林区域
26.3
Total area of production forest (i.e. forest from which timber may be harvested)
生産林の総面積(木材生産が可能な森林面積)
21.5
Area of production forest classified as “plantation”
「人工林」に分類される森林面積
1.6*
Area of production forest regenerated primarily by replanting or copicing
主に植栽又は萌芽により更新される生産林面積
0
Area of production forest regenerate primarily by natural regeneration
主に天然更新される生産林面積
*Final harvest and replanting is not planed at present. 現在、主伐及び植栽は計画されていない。
List of High Conservation Values
Description
高い保護価値の一覧
内容
Notes
備考
No high conservation values are identified in the forests.
-
対象森林内で高い保護価値は特定されていない。
List of Timber Product Categories 木材製品カテゴリー一覧
Product Class
Product Type
Trade Name
Category
Species
製品分類
製品タイプ
商取引上の名称
分類
種
Wood in the
rough 素材
Logs of coniferous
wood 針葉樹原木
Cedar logs スギ
原木
Conifer 針葉樹
Cryptomeria japonica
Wood in the
rough 素材
Logs of coniferous
wood 針葉樹原木
Cypress logs
ヒノキ原木
Conifer 針葉樹
Chamaecyparis
obtuse
Annual Timber Production
年間木材生産量
Species (botanical name)
Species (common name)
樹種名(学名)
樹種名(一般名)
Area
面積(ha)
面積
Maximum Annual Sustainable Yield
3
年間許容伐採量(m
)
年間許容伐採量
Projected
Cryptomeria japonica
Chamaecyparis obtuse
Japanese cedar and
Japanese
Cypress(mainly)
スギ及びヒノキ(主と
21.5
計画
5
Actual
実際
Last shipping
4.237 m 3
(2009)
AD 36A-12
Page 8 of 53
年間木材生産量
Annual Timber Production
Species (botanical name)
Species (common name)
樹種名(学名)
樹種名(一般名)
Area
Maximum Annual Sustainable Yield
3
面積(ha)
面積
年間許容伐採量(m
)
年間許容伐採量
Projected
計画
実際
Actual
して)
Totals
合計
21.5
5
4.237
Approximate Annual Commercial Production of Non-Timber-Forest-Products
非木材林産物の商業的年間生産量
Species 種類
Product
製品
Species (botanical name)
Species (common name)
樹種名(学名)
樹種名(一般名)
Unit of measure
Total units
単位
合計
No commercial production of NTFP.
商業的な非木材林産物の生産は行われていない。
Lists of Pesticides
農薬一覧
製品名
Product Name
Quantity Used
RA
SA1
SA2
SA3
使用量 kg
SA4
Area of application
MA
SA1
SA2
散布面積 ha
SA3
SA4
None. なし
2.
COMPANY BACKGROUND 組織の背景
2.1
Ownership
所有権
The scope forest is owned by one family in the city and the NPO conducts the forest management
activities based on the agreement with the land owner.
審査対象の森林は、同市内の一家族により所有されており、特定非営利活動法人緑のダム北相模
は土地所有者との合意に基づき森林管理活動を実施している。
Currently there are no plans for land sale, acquisition and extension of area by the NPO and the
owner..
現在、同会及び所有者による土地の販売、入手及び範囲の拡大の計画はない。
2.2
Company Key Objectives 組織の主な目的
Objective
目的
Commercial
経済
Establishing partnership between forests with cities and systems which makes the urban people understand
the forest issues such as forest decline in watershed areas and support forest management through
purchasing of forest products.
森林と都市とをつなぐ活動を推進し、都市住民が水源の森林荒廃に目を向け、生産物を購入することで健全
な森林の維持・管理を支えるシステムを構築すること。
Commercializing various forest products in order to enhance the economical viability of the NPO.
会の運営の継続的な持続性を確保するために、多様な林産物の商品化を行うこと。
AD 36A-12
Objective
Social
Page 9 of 53
目的
社会
Communicating with local people and participating local events actively in order to contribute local
revitalization.
地域住民との交流や地域の行事への参加を通じ、地域の活性化に貢献すること。
Obtaining understanding and supports from urban people for forest management, providing opportunities
participating forest operation for them.
都市住民に対し森林整備に参加する場を提供することにより、森林管理への理解及び支援を得ること。
Expanding forest management activities by citizens around the country by active communication through its
web site and/or other tools. Ensuring transparency of its activities and management, and obtaining broad
participation and cooperation in the activities.
公益性、透明性の高い会の運営や活動を保証し、幅広い参加や協力を求めるために、会のホームページ等を
通じ積極的に情報発信を行い、活動を全国的に広げていくこと。
Environmental
環境
Implementing maintenance activities for inadequately managed forests by citizens and
enhancing/maintaining various forest services such as watershed protection, under the severe condition of
forestry that forest owners and forestry people can not manage their forests well because of timber price
slump and labour aging.
材価の低迷や高齢化などにより、所有者や林業者により適切な森林管理を実施することが難しい状況下にお
いて、手入れの行き届いていない森林の整備を市民の手で実施し、水源涵養など森林の持つ多様な機能を維
持・増進すること。
2.3
Company History 組織の沿革
The NPO is a volunteer forestry group, who started its activities in 1998, aiming at promotion of
forestry maintenance by citizen. It was legally registered as a Non Profit Organisation in February
2002. The forest in the assessment scope is a privately owned forest (41.1ha), located in
Wakayanagi, Midori-ku, Sagamihara-city, Kanagawa Pref. Japan. The NPO made a contract with
the owner for using the forest; and the NPO is conducting the forest management activities.
特定非営利活動法人緑のダム北相模は、市民による森林整備事業の推進を目的として 1998 年よ
り活動を開始した森林ボランティアグループである。2002 年 2 月に特定非営利活動法人として法
的に登録された。審査対象の森林は神奈川県相模原市緑区若柳に所在する 41.1ha の私有林である。
同会は、所有者と森林使用契約を締結し、対象森林において森林管理活動を実施している。
2.4
Organisational Structure 組織構成
The NPO’s article of association defines the NPO’s organisation consisting of eight responsible
personnel: one representative of board members, five board members and two internal auditors.
These core members take lead in managing the NPO by taking in other members’ requests and
opinions.
Currently, there are around ninety registered members in the NPO and they conduct forest
maintenance and operation works and also monitoring activities. There are no contractors
involved in the forest management by the NPO .
同会の定款は、8 名の責任者、代表理事、5 名の理事、そして 2 名の監事による組織構成を示して
いる。これらの中心会員は他の会員の要望や意見を受け付け、同会の管理において中心的役割を
果たしている。
現在、同会の登録会員は 90 名程度であり、それらの会員により森林整備、施業、及びモニタリン
グ活動が実施されている。同会による森林管理に請負業者は関与していない。
2.5
Ownership and Use Rights 所有及び使用権
The forest is owned by one family, who has permanent ownership of the forest. The NPO has use
right of the forests based on a forest use contract with land owners.
AD 36A-12
Page 10 of 53
対象森林は、一家族によって所有され、所有者は永続的に森林を所有する権利を持っている。一
方、同会は土地所有者との森林使用契約に基づき当該森林の使用権を保持している。
The NPO conducts various activities that mainly focus on providing members opportunities to do
field work, nature observation and forestry experience in the forest. As the forest management
objective of the NPO is protecting forest resources and enhancing various forest services through
their activities, harvesting timbers is conducted in very limited scale.
同会は会員に森林での野外活動や自然観察、林業体験をする機会を提供することを主眼に、様々
な活動を実施している。同会の森林管理の目的は、活動を通じ森林資源の保全及び様々な森林の
サービスの増進を行うことであるため、木材生産は非常に限定的な規模で実施されている。
2.6
Legislative, Administrative and Land Use Context (not applicable to SLIMF)法律規制上、行
法律規制上、行
政上及び土地利用上の背景(SLIMF
は適用外)
政上及び土地利用上の背景(
Not applicable as this is a SLIMF scheme.
SLIMF(Small and Low Intensity Managed Forest:小規模及び低負荷管理森林)のため適用外。
2.7
Other Land Uses その他の土地利用
The first objective of the NPO’s forest management is not timber production but forest
maintenance by citizens. Therefore, the NPO conducts various activities such as production of
charcoal and honey and recreations including environmental education programs. Meanwhile,
there is a trail, named Tokai Nature Path, in the forest and many hikers visit the forest.
同会による森林管理の主目的は木材生産ではなく、市民による森林整備である。そのため、同会
は、木炭や蜂蜜生産等の生産活動及び、環境教育も含めたレクリエーション活動等の様々な活動
を対象森林内で実施している。一方、対象森林には東海自然歩道が通じ、ハイカー等の利用も多
い。
2.8
Non-certified Forests 非認証の森林
The NPO manages “Obara Honjin Forest“(about 80ha) located in the same city. The forest has not
been included in the assessment scope since MA in 2005 and remains out of the scope area. The
main reason why the area is excluded from scope is that it is difficult to gain understanding of over
thirty forest owners on FSC certification.
Nevertheless, the NPO undertakes the forest management activities in Obara Honjin Forest under
the same forest management policy committing to FSC P&C as in the scope forest.
同会は同市内の「小原本陣の森」(約 80ha)を管理している。この森林は 2005 年の本審査以降
審査範囲に含まれておらず、引き続き含まれていない。この森林が認証範囲から除外されている
主な理由は、30 を超える森林所有者から FSC 認証に対する理解を得ることが難しいことである。
一方、同会は、FSC 原則と規準の遵守を約束した、認証森林と同じ森林管理方針に基づく森林管
理活動を小原本陣の森で実施している。
The NPO rarely harvests timbers; therefore certified and non-certified timers are not handled at
the same time. The NPO makes clear which log is harvested from the FSC-FM certified forest and
which is from non-certified forests during harvest and transport by using transport documents.
同会は木材の収穫をほとんど行っていないため、認証及び非認証木材が同時期に取り扱うことは
ない。又、同会では、輸送文書により、収穫時及び輸送中に、FSC 認証森林からの木材と非認証
森林からの木材を明確に区別している。
3.
FOREST MANAGEMENT SYSTEM
3.1
Bio-physical setting
自然環境(
)
自然環境(not required for SLIMF)
Not applicable as this is a SLIMF scheme.
AD 36A-12
Page 11 of 53
SLIMF(Small and Low Intensity Managed Forest:小規模及び低負荷管理森林)のため適用外。
3.2
History of use 利用の歴史(
利用の歴史(not required for SLIMF)
)
Not applicable as this is a SLIMF scheme.
SLIMF(Small and Low Intensity Managed Forest:小規模及び低負荷管理森林)のため適用外。
3.3
Planning process 計画プロセス
The NPO has the forest management plan, named “Sagami-lake Wakayanagi and Arashiyama
Forest, Forest Management Plan” (last update in August 2010). The plan includes background
information of the forest, applicable environmental regulations, long term management policy and
short term operating plan, various social activities of the NPO, ecological survey and monitoring
programs. The plan is consistent with “Kanagawa Prefecture Regional Forest Plan” and
“Sagamiko Town Forest Maintenance Plan”, however, it has not sought approval from the local
government as an official forest operational plan. Because the NPO does not rely on subsidy from
the local government and uses their own fund such as membership fees at implementing forest
management activities. The plan is reviewed every 5 years. The plan is uploaded on the NPO’
web site.
同会は「相模湖若柳・嵐山の森/森づくり計画書」(最終更新 2010 年 8 月)を作成している。
この計画書には、対象森林の概要、環境保全上の適用を受ける規制、長期的な管理方針及び短期
的な作業計画、同会が実施している様々な社会的活動、生態系調査及びモニタリング事業が含ま
れている。本計画書は、神奈川県地域森林計画及び相模湖町森林整備計画への整合性を図りつつ
作成されているが、公式な「森林施業計画」として行政に対し、認定を申請してはいない。この
理由は、同会は行政からの補助金に頼らず、会費等の自らの資金で森林管理活動を実施している
ためである。この計画書は 5 年毎に見直されている。又、同計画書は同会のホームページ上で公
開されている。
Progress and deviation from management plan are identified through monitoring during monthly
field work. Monitoring results on operation are shared among NPO members during morning and
closing meeting held at the beginning and end of the NPO’s field work. The progress and deviation
from initial forest management plans and financial plans are compiled into annual report, and
discussed and approved at the NPO’s annual general assembly. . The NPO has internal audit for
spending, which is conducted every year before the general assembly.
管理計画からの進捗及び逸脱は月例の野外活動中のモニタリングを通じて特定される。施業に関
するモニタリングの結果は NPO の野外作業の始めと終わりに開かれる朝礼と終了の会合におい
て、NPO 会員間で共有される。当初の森林管理計画及び予算計画に対する進捗と逸脱は年次報告
書にまとめられ、同会の年次総会にて議論、承認されている。NPO は総会前に毎年行われる、支
出に対する内部監査を行っている。
Currently there are three sub teams; 1) Inochi no Mori Sengen (Declaration on Forest of Life), 2)
Forest Nova, 3) Bosei no Mori in the NPO and each team is allocated a responsible area and
conducts forest management activities at each allocated area.
現在、同会においては、3 つのサブチーム、1)命の森宣言、2)フォレストノバ、3)望星の森が構成
されており、それぞれ担当区域を設け、森林管理を実施している。
3.4
Harvest and regeneration 収穫及び更新
The NPO prepared its own forest resource database (Shinrin Chosa-bo) based on the forest
resource database of the prefecture regional forest plan, on-site survey and interviews with
landowners and/or neighbours. The database consists of “Polygon” as the minimum unit of
compartments and the polygon map is prepared. The stand volume and growth based on this
polygon is estimated from “Simplified Stand Yield Table (former Sagamiko town and former Fujino
town, both of which are currently Sagamihara-city)” prepared by the prefecture and used as the
basis of planning.
AD 36A-12
Page 12 of 53
The forest management objectives of the NPO is not timber production but forest maintenance by
citizens, therefore, they do not produce timbers intensively. At present, thinning and other
silvicultural operations are implemented in the forest. Timbers are only produced from thinning
operation and the amount is very small. As for 21.5 ha plantation in the forest, the NPO plans to
conduct thinning and/or selective cutting for creating multi-storied stands or mixed stands. Since
the certificate was issued, no clear cutting has been conducted in the scope and the NPO does not
have any plan of clear cutting. At some small bare areas created from landslide, the NPO
planted chestnut (Aesculus turbinata) trees. There is no new plantation in the scope except the
plantation of chestnut. Although there is no forest and operational road in the scope, the NPO
conducts trail maintenance operations to minimize negative environmental impact (mainly soil
erosion) from degradation of trails.
同会では、神奈川県地域森林計画における森林簿を基礎とし、現地踏査、所有者や近隣土地所有
者への聞き取り調査を実施し、独自の森林簿を作成している。森林簿では、神奈川県地域森林計
画と同様に、林分データの最小単位を「ポリゴン」とし、ポリゴン図が作成されている。このポ
リゴンを単位として、神奈川県作成の「簡易林分収穫予想表(共に現在は相模原市である旧相模
湖町・旧藤野町)」より、各林分の材積及び生長量を推定し、計画の基礎としている。
secondary forest
plantation
-1
0
-1
5
-2
0
-2
5
-3
0
-3
5
-4
0
-4
5
-5
0
-5
5
-6
0
-6
ov 5
er
65
18
16
14
12
10
8
6
4
2
0
-5
ha
同会の活動目的は、木材生産ではなく、市民による森林整備であるために、現在のところ、活発
な木材生産活動は行われておらず、間伐及び保育作業のみが実施されている。木材は、間伐作業
からのみ生産されており、その数量は非常に少ない。対象森林内の 21.5ha の人工林について択伐
又は間伐施業による、複層林化もしくは混交林化が計画されている。認証取得以降、皆伐は実施
されておらず、又、今後も、皆伐の計画はない。又、崩落等により生じた小面積の無立木地では、
トチノキが植栽されている。このトチノキの植栽以外に、新しい植林は対象範囲にない。対象森
林には林道・作業道はないが、同会は歩道の劣化による環境への悪影響(主として土壌浸食)を
最小にするため歩道維持作業を実施している。
age band (years old)
3.5
Monitoring processes モニタリングプロセス
The NPO conducts monitoring activities at monthly field work, which is usually held on the second
Sunday of the month. Changes to note, such as new damage or discovery of unknown species,
etc. are shared by the NPO members during after work meetings and discussed to determine what
actions the NPO should take.
同会では、通常第二日曜日に行われる、月例の野外活動時にモニタリングを実施している。新た
な被害や知られていない種の発見など、特に留意すべき変化は作業後の会合において会員間で共
有され、対応策を決めるため議論される。
In addition to this monthly monitoring, there are various research conducted by NPO members and
external research institutes, including activities mentioned below.
AD 36A-12
Page 13 of 53
この月例モニタリングに加えて、会員及び外部研究機関によって以下を含む様々な調査が行われ
ている。
(1) Bose no Mori: The Bosei high school team has been conducting vegetation survey on the area
since 2009. They are going to survey the area again this summer and compare the results with last
year.
(1) 望星の森:望星高校チームはこの地区で植生調査を 2009 年から行っている。彼らはこの地区
を再調査し、昨年の結果と比較する予定である。
(2) Forest Nova: the team also has conducted vegetation survey on their operation area
(2) フォレストノバ:このチームもまた彼らの施業区域について植生調査を実施してきた。
(3) Research lab of a local university: the lab uses the assessment scope for field research and
provides results to the NPO.
(3) 地元大学の研究室:その研究室は対象森林において野外調査を実施しており、その結果を同会
に提供している。
Social impact is monitored through various channels, for example, communication with local
communities, feed back from field work participants, the number of participants in the events held
by the NPO (workshops, eco-tours, nature festivals, etc.), the number of visitors to the NPO’s
website, etc. In general, the NPO is having positive social impact in promoting public awareness
on forest protection.
社会的影響は様々な手段、例えば、地域社会との交流、野外活動参加者からのフィードバック、
NPO が催したイベント(ワークショップ、エコツアー、ネーチャーフェスティバル、など)の参加
者数、などによりモニタリングされている。一般に NPO は森林保護に対する市民の理解向上に
良い社会的影響をもたらしている。
4.
SOCIO-ECONOMIC AND ENVIRONMENTAL CONTEXT 社会経済及び環境の状況
4.1
Social aspects 社会的側面
Male 男性
Number of own workers(volunteer)
Number of contract workers
職員数(ボランティア)
職員数 (ボランティア)
請負業者数
Minimum daily wage for agricultural/forestry workers
農林業労働者の最低賃金
Female 女性
45*
45*
None
None
789yen/hr**
789 円/時間**
Infant mortality rates (under 5 years)
3/1000**
乳児死亡率(5
乳児死亡率 歳以下)
歳以下
Proportion of workers employed from the local population (%)
100%
作業員に占める地域居住者の割合(%)
* the group members fluctuates as it is a voluntary NPO.
**: As of 2009.10.25 Kanagawa Beauro of Labour
2009.10.25 時点 神奈川労働局
http://www.kana-rou.go.jp/users/kijyun/index.html
**as of 2008 statistics from WHO in 2010
2008 年時点、WHO2010 年統計より
http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2010_infant_mortality_rate.php
Most residents are of Japanese nationality and share the same cultural background as
homogenous Japanese.
AD 36A-12
Page 14 of 53
大部分の住民は日本国民であり、同様な日本人としての文化的背景を共有する。
The scope forest is in Sagamihara-city, which is located at the northern part of Kanagawa
prefecture and near the border with Yamanashi prefecture.
認証林は、山梨県境に近い、神奈川県北部の相模原市に位置する。
Sagamihara-city has a population of around 70,000 as of Jan 2010. While significant proportion of
the working class population commutes to Tokyo and Yokohama, the city has industry of
specialised vehicle and electronics as well as agriculture as major sources of employment.
相模原市は 2010 年 1 月時点で約 7 万人の人口である。大部分の労働人口が東京や横浜に通勤す
る一方で、市内には主要な雇用源として農業及び特殊車両や電子産業がある。
There are many private forests in the town, however, ownership of forests is small and forest
owners have other income sources except forestry generally. At present, abandonment of forest
management because of timber price slump and labour aging is recognized as common issues
around the country and the same issue occurs in the region. Meanwhile, there is a dam named
Sagamiko Dam in the town and maintenance and enhancement of forest services is considered
important in the region as water source for urban area of the prefecture. In addition, many urban
people visit forests in the town for recreation purpose because the city is easily accessible from
urban areas and there are trails such as Tokai Nature Path.
同町内の森林の多くは私有林であるが、一般的に所有規模が小さく所有者は林業以外の収入によ
り生計を得ている。現在、材価低迷や林業従事者の高齢化による森林管理の放棄が日本全国に共
通する問題となっているが、同地域においても同様の状況が見られる。一方、同町には相模湖ダ
ムがあり、神奈川県都市部に対する水源域として、森林の持つ公益的な機能の維持・発揮に対す
る期待が高い地域である。又、都市部からのアクセスが容易であり、東海自然歩道等のハイキン
グコースもあるため、都市住民によるレクリエーション目的の森林の利用が活発である。
No particular social problems are recognized in the city.
相模原市において、特有の社会問題は認識されていない。
5.
CHANGES IN MANAGEMENT, HARVESTING, SILVICULTURE AND MONITORING
管理、収穫、造林及びモニタリングに関する変更点
変更点
管理、収穫、造林及びモニタリングに関する
The following table shows significant changes that took place in the management, monitoring,
harvesting and regeneration practices of the certificate holder over the certificate period.
下表に、認証期間中の認証取得者の管理、モニタリング、収穫及び更新の実施上の重要な変化に
ついて記載する。
Description of Change 変化の状況
Notes
備考
RE ASSESSMENT 更新審査
No significant change on forest management system.
N/A
森林管理体制について重大な変化はなかった。
SURVEILLANCE 1
No significant change on forest management system.
第2回維持審査
N/A
森林管理体制について重大な変化はなかった。
SURVEILLANCE 3
第3回維持審査
SURVEILLANCE 4
第4回維持審査
AD 36A-12
Page 15 of 53
6.
PREPARATION FOR THE EVALUATION 審査準備
6.1
Schedule 日程
Key stakeholders were re-identified prior to re-assessment.
重要な利害関係者は更新審査の前に再度特定された。
6.2
Team 審査チーム
The table below shows the team that conducted the re- evaluation.
下表に更新審査を担当した審査チームを示す。
Evaluation Team
Notes
備考
審査チーム
Team Leader under
supervision
実習チームリーダー
Has a Bachelors and Masters degrees in forestry, over seven years’ experience in
regional forestry administration, over 25 days of FSC auditing, speaks local language
Japanese
林学学士号及び修士号、7 年以上の地域の林野行政及び 25 日を超える FSC 審査経験
を持ち、地元言語日本語を使用。
Team member
supervisor
監督チームメンバー
Has a honorary Ph.D. in education of environmental science, a forest instructor of the
association of National Forest Recreation and an ISO14001(Environmental
Management Systems) lead auditor, over eight years’ experience of forest
management and CoC certification assessments, over 300 days of FSC auditing,
speaks local language Japanese
環境教育学の名誉博士号、全国森林レクリエーション協会の森林インストラクター、
及び ISO14001(環境マネジメントシステム)主任審査員。8 年間以上の国際的森林
管理及び CoC 認証審査、300 日を越える FSC 審査の経験を持ち、地元言語日本語を
使用。
6.3
Checklist Preparation チェックリストの準備
A checklist was prepared that consisted of the documents listed below. This checklist was
prepared by adapting the QUALIFOR generic forest management checklist.
審査用チェックリストは下記文書を参考とし、QUALIFOR プログラム森林管理認証審査用共通チ
ェックリストを修正して準備された。
This adaptation included canvassing comments from stakeholders 4 weeks before the field
evaluation. Comments were received from two Academics. A copy of this checklist is available on the
SGS Qualifor website, www.sgs.com/forestry.
このチェックリストの修正は、現場審査の 4 週間前に行われ、2 件の学術関係者よりコメントが
寄せられた。このチェックリストは SGS QUALIFOR のホームページwww.sgs.com/forestry か
ら入手可能である。
Standard Used in Evaluation
Effective Date
Version Nr
Changes to Standard
審査で使用されたチェックリスト
発行日
版
チェックリストの変更
SGS Qualifor: Generic Forest
Management Standard (AD33)
adapted for Japan
2010.5.29
5
None.
SGS QUALIFOR プログラム森林管
理認証審査用共通チェックリスト
(AD33)の日本用修正版
2010.9.21
12
FSC Draft National Standard for
Japan
Sep. 2007
08
該当なし。
2007 年 9 月
The official Japanese working group
has been set up in 2007. The draft
was used as a reference document.
AD 36A-12
Page 16 of 53
Standard Used in Evaluation
Effective Date
Version Nr
Changes to Standard
審査で使用されたチェックリスト
発行日
版
チェックリストの変更
日本国内基準の草案
6.4
日本国内では 2007 年に FSC に承認さ
れたワーキンググループ発足した。草
案は参考文書として使用された。
Stakeholder notification 利害関係者への通知
As this is the SLIMF scheme, the NPO conducted stakeholder consultation 6 weeks before the
planned evaluations to inform a wide range of stakeholders of the evaluation and ask for their
views on relevant forest management issues. These included environmental interest groups,
local government agencies and forestry authorities, forest user groups, and workers’ unions. All
responses were reported to the audit team prior the re-assessment and examined by the audit
team. Responses received and comments from interviews are recorded at the end of this Public
Summary.
SLIMF 制度に基づく審査のため、同会が審査の 6 週間前に利害関係者協議を行い、広範な利害関
係者に対し審査計画の告知、当該森林管理の問題点に関する意見の聴取を行った。利害関係者に
は環境保護団体、地方自治体、林業関係団体、森林利用者グループ、労働組合などが含まれる。
全ての回答は、更新審査前に審査チームに報告され、審査チームより分析された。アンケートの
回答及びインタビューで得たコメントについては、本公開概要報告書の末尾を参照。
7.
THE EVALUATION 審査
The Re- Evaluation was conducted in the steps outlined below.
更新審査は以下に示した手順で執り行われた。
7.1
Opening meeting オープニングミーティング
An opening meeting was held at morning meeting of monthly regular activity of the NPO,
conducted in the forest located in Wakayanagi, Midori-ku, Sagamihara-city. The scope of the
evaluation was explained and schedules were determined. Record was kept of all persons that
attended this meeting.
審査対象の相模湖若柳に所在する森林において、2010 年 8 月度の同会定例活動日の朝礼にて、オ
ープニングミーティングが行われ、審査の範囲が説明され、審査日程が決定された。又、オープ
ニングミーティングの全出席者が記録された。
7.2
Document review 文書レビュー
文書レビュー
A review of the main forest management documentation was conducted to evaluate the adequacy
of coverage of the QUALIFOR Programme requirements. This involved examination of policies,
management plans, systems, procedures, instructions and controls. The document review was
conducted prior to the field visit in SGS Japan Office.
QUALIFOR プログラムの要求範囲への適格性を評価するため、主要な森林管理文書が審査された。
方針、管理計画、システム、手順、指示、管理などに関する文書の検証が含まれた。この文書審
査は、現地審査に先立ち、SGS ジャパン㈱事務所にて実施された。
7.3
Sampling and Evaluation Approach サンプリング及び評価手法
サンプリング及び評価手法
A detailed record of the following is available in section B of the evaluation report. This section
does not form part of the public summary, but includes information on:
Sampling methodology and rationale;
FMUs included in the sample;
Sites visited during the field evaluation; and
AD 36A-12
Page 17 of 53
Man-day allocation.
以下の項目についての詳細の記録は審査報告書のセクション B に含まれている。このセクション
は公開概要版報告書には含まれない、しかし、次の情報を含む:
サンプリングの手法及び考え方
サンプルとして選定された森林管理ユニット
現場審査で訪問したサイト
審査工数の配分
0.5 day was used for thorough document review and interviews with NPO’s core members.
1.0 day was used for on-site inspection on foot by two audit teams. Interviews with a land owner
and NPO’s members were also conducted during the visit. On-going and finished operation sites
were visited.
0.5 日が入念な文書レビュー及び NPO の中心会員へのインタビューに費やされた。
2 つの審査チームによる徒歩による現場視察が 1.0 日間にて実施された。土地所有者及び NPO 会
員へのインタビューも現場視察中に実施された。作業中及び完了済みの作業箇所が訪問された。
7.4
Field assessments 現地審査
Field assessments aimed to determine how closely activities in the field complied with
documented management systems and QUALIFOR Programme requirements. Interviews with
staff, operators and contractors were conducted to determine their familiarity with and their
application of policies, procedures and practices that are relevant to their activities. A carefully
selected sample of sites was visited to evaluate whether practices met the required performance
levels.
現地審査はマネジメントシステム文書や QUALIFOR プログラムの要求事項に対する現地活動の適
合状況を確認する目的で行われた。スタッフやオペレーターそして請負業者に対して、彼らの活
動に関連する方針、手順と作業への理解度や適応度を評価するために、インタビューが実施され
た。要求されるパフォーマンスレベルに作業や現地状況が達しているかを審査するため、サンプ
リングにより厳選したサイトにおいて現地審査を実施した。
7.5
Stakeholder interviews 利害関係者へのインタビュー
Meetings or telephone interviews were held with stakeholders as determined by the responses to
notification letters and SGS discretion as to key stakeholders that should be interviewed. These
aimed to:
clarify any issues raised and the company’s responses to them;
obtain additional information where necessary; and
obtain the views of key stakeholders that did not respond to the written invitation sent out
before the evaluation.
通知文書(アンケート)への回答内容に基づき、対応が必要と判断されたものに対し、利害関係者との面談
もしくは電話でのインタビューを実施した。この目的は、以下の 3 点である。
利害関係者から提起された問題点及びそれらへの組織の対応について明確化すること
必要に応じ追加的な情報を得ること、及び
審査前のアンケートに回答しなかった主要な利害関係者の見解を得ること
Nr of Stakeholders
contacted
Nr of Interviews with
インタビュー数
連絡した利害関係者数
NGOs
Government
Other
行政
その他
AD 36A-12
Nr of Stakeholders
contacted
Page 18 of 53
Nr of Interviews with
インタビュー数
連絡した利害関係者数
Government
Other
行政
その他
NGOs
RE EVALUATION
344
更新審査
更新審査
2(those
participating
in the NPO’s
activities)
0
同会の活動
への参加者
SURVEILLANCE 1
9
6
1 (land
owner,
also the
NPO’s
member)
同会の会
員でもあ
る土地所
有者
第 1 回維持審査
0
SURVEILLANCE 2
第 2 回維持審査
SURVEILLANCE 3
第 3 回維持審査
SURVEILLANCE 4
第 4 回維持審査
3
Responses received and comments from interviews are recorded under paragraph 13 of this
Public Summary.
アンケートの回答及びインタビューで得たコメントについては、本公開概要報告書の 14 項を参照。
There were no major negative issues raised from the stakeholders on the management of the
scope forests in response to the notification by SGS. The stakeholders include major NGOs, such
as FSC Japan, WWF Japan and government agencies, such as Hyogo prefectural government
and local municipalities.
SGS による連絡に対し、認証森林の管理に関し、否定的で重大な問題は利害関係者から提起され
なかった。利害関係者には FSC ジャパン、WWF ジャパンなどの主要 NGO 及び地元行政などの
政府機関が含まれる。
7.6
Summing up and closing meeting 概要とり
概要とりまとめ
とりまとめ及び
まとめ及びクロージングミーティング
及びクロージングミーティング
At the conclusion of the field evaluation, findings were presented to company management at a
closing meeting. Any areas of non-conformance with the QUALIFOR Programme were raised as
one of two types of Corrective Action Request (CAR):
Major CARs - which must be addressed and re-assessed before certification can proceed
Minor CARs - which do not preclude certification, but must be addressed within an agreed
time frame, and will be checked at the first surveillance visit
A record was kept of persons that attended this meeting.
文書・現地審査の終了時、クロージングミーティングにおいて組織マネジメントへ対し審査チー
ムより審査結果を報告した。下記、2 種類の是正処置要求のうち、QUALIFOR プログラムに不適
合なものとして、軽微な是正処置要求が幾つかの領域で、指摘された。
AD 36A-12
Page 19 of 53
重大な是正処置要求 -認証書の発行の前に是正処置、再審査が必要。
軽微な是正処置要求 - 認証書の発行の妨げにならないが、所定の期間中に是正処置が必要で
第一回維持審査にてチェックされる。
クロージングミーティングの出席者は記録された。
8.
EVALUATION RESULTS 審査結果
Detailed evaluation findings are included in Section B of the evaluation report. This does not form
part of the public summary. For each QUALIFOR requirement, these show the related findings,
and any observations or corrective actions raised. The main issues are discussed below.
審査結果の詳細は審査報告書のセクション B に記載され、公開概要版報告書には含まれない。セ
クション B には QUALIFOR プログラムのチェックリストの各要求事項についての審査結果及び
提起された観察事項又は是正処置要求が記載される。以下は主要部分の抜粋である。
8.1
Findings related to the general QUALIFOR Programme
事項に関連した審査結果
QUALIFOR プログラムの一般要求
PRINCIPLE 1: COMPLIANCE WITH LAW AND FSC PRINCIPLES
原則 1.法規制及び
.法規制及び FSC 原則の遵守
Criterion 1.1
基準 1.1
Respect for national and local laws and administrative requirements
国内法規制、地域の法規制及び行政の要求事項の遵守
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
No evidence of non-compliance with relevant laws and regulations was confirmed during the
course of audit as well as through stakeholder consultation conducted prior to this reassessment.
基準への適合
審査中及びこの更新審査の前に実施された利害関係者協議を通じて関連法及び規制への不
遵守の証拠は確認されなかった。
The NPO has regular communication with Sagamihara city office and other forestry experts
and organizations to ask for advice on regulatory requirements. NPO’s leading members
interviewed had understanding of relevant regulations, codes of practice, guidelines, etc.
規制上の要求事項に関する助言を得るため、同会は相模原市役所、その他の林業の専門家
や組織と定期的な連絡を取っている。審査にてインタビューした同会の中心会員は関連の
規制、実施規定、ガイドラインを理解していた。
Criterion 1.2
基準 1.2
Payment of legally prescribed fees, royalties, taxes and other charges
法的に規定される全ての料金、使用料、税金及びその他の費用の支払い
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has paid required payments. No evidence of non-payment was confirmed through
audit and stakeholder consultation conducted prior to this assessment.
AD 36A-12
基準への適合
Page 20 of 53
同会は必要な支払いを支払っていた。不払いの証拠は審査及びこの審査の前に実施された
利害関係者協議では確認されなかった。
The NPO holds general assembly every year and provisions for future forest management
activities are discussed and approved by the meeting. As an NPO, future cost is provided
from membership fees and other funds from companies who support the NPO.
同会は毎年総会を開き、将来の森林管理活動のための費用負担はその会で議論され承認さ
れる。NPO 組織として、将来の費用は会費及び NPO 賛助企業からの資金で賄われてい
る。
Criterion 1.3
基準 1.3
Respect for provisions of international agreements
国際協定の要求事項の遵守
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
While the NPO core members are aware of CITES, no local species listed on CITES have
been identified.
基準への適合
同会の中心会員は CITES を知っているが、地元種で CITES 掲載種は特定されていない。
There is no employer and employee in the NPO and all members come voluntarily to
participate in the NPO’s activities based on acceptance of participation conditions by their
own free will.
同会においては雇用者と従業員はなく、すべての会員が自由意志に基づき参加条件に同意
の上、同会の活動に自主的に参加している。
Criterion 1.4
基準 1.4
Conflicts between laws and regulations, and the FSC P&C
法規制及び FSC の原則並びに規準との不整合
Strengths
None
評 価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Audit team did not find any conflicts between laws, regulations and the FSC Principles and
Criteria through interviews with NPO members and a forest owner as well as through
stakeholder consultation conducted prior to this re-assessment. There were no such
conflicts during the current certification period from 2005.
基準への適合
NPO 会員及び森林所有者とのインタビュー及び更新審査前に実施された利害関係者協議を
通じ、審査チームは法規制と FSC 原則と基準の間の不一致を特定しなかった。2005 年か
らの認証期間中、そのような不一致はなかった。
Criterion 1.5
基準 1.5
Protection of forests from illegal activities
不法行為からの森林保護
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Procedures to detect and control illegal activities are available and implemented. No illegal
AD 36A-12
Page 21 of 53
activities have taken place since certification in 2005.
基準への適合
違法行為を発見し管理する手順が利用可能であり、実行されていた。違法行為は 2005 年の
認証取得以降発生していない。
The NPO’s field work itself functions as regular surveillance. The land owner, who is a
member of the NPO, lives next to the scope forest and provides surveillance.
同会による野外活動それ自体がが定期的な監視として機能している。また、同会会員でも
ある土地所有者は認証森林の隣に在住しており監視している。
Criterion 1.6
規準 1.6
Demonstration of a long-term commitment to the FSC P&C
FSC の原則と規準の長期的遵守の表明
の原則と規準の長期的遵守の表明
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The policy statement of the NPO is included in the forest management plan, which is
publicly available upon request and on the NPO’s website
(http://midorinodam.jp/actions/index.html). The policy statement includes clear longterm commitment to the FSC P&C.
基準への適合
同会の方針書は要望に応じて公開可能であり、同会のホームページ
(http://midorinodam.jp/actions/index.html)に掲載されている森林計画書に含まれてい
る。方針書には、FSC 原則と規準の長期的な遵守の約束が明確に含まれている。
The NPO manages “Obara Honjin Forest“located in the same city. The main reason why
the area is excluded from scope is that it is difficult to gain understanding of over thirty
forest owners on FSC certification.
Nevertheless, the NPO undertakes the forest management activities in Obara Honjin Forest
under the same forest management policy committing to FSC P&C as in the scope forest.
同会は同市内の「小原本陣の森」を管理している。この森林が認証範囲から除外されてい
る主な理由は、30 を超える森林所有者から FSC 認証に対する理解を得ることが難しいこと
である。
一方、同会は、FSC 原則と規準の遵守を約束した、認証森林と同じ森林管理方針に基づく
森林管理活動を小原本陣の森で実施している。
PRINCIPLE 2: TENURE AND USE RIGHTS AND RESPONSIBILITIES
原則2.
原則2
保有権及び使用権に係る責務
Criterion 2.1
Demonstration of land tenure and forest use rights
規準 2.1 長期に亘る土地所有権及び森林使用権
長期に亘る土地所有権及び森林使用権の明示
使用権の明示
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has use contract with the landowner, who is also a member of the NPO, and
reports regularly on the activities conducted by the NPO to the landowners.
基準への適合
同会は会員でもある土地所有者と使用契約書を交わしており、土地所有者に同会の活動を
定期的に報告している。
The NPO and the landowner have agreed to manage the forest continuously with the long
AD 36A-12
Page 22 of 53
term view for a hundred years.
同会及び土地所有者は 100 年程度の長期的な視野の下、森林管理を継続的に実施すること
に同意している。
Observation02: Record filing should be improved so that all forest usage contracts can be
easily confirmed.
観察事項 02:全ての森林使用契約書は容易に確認できるよう保管に関し改善の余地があ
る。
SA1-2011
Follow up Observation02: Auditor confirmed the following forest usage contract, which was readily
available during audit:
“Forest Use Contract” 2003.3.29
フォローアップ観察事項
フォローアップ観察事項 02:審査員は次の森林使用契約書を確認した。契約書は審査中に
容易に確認可能だった。:「森林使用契約書」2003.3.29
Criterion 2.2
規準 2.2
Local communities’ legal or customary tenure or use rights
地域社会の法的又は
地域社会の法的又は慣習的な保有権
法的又は慣習的な保有権或いは
慣習的な保有権或いは使用権
或いは使用権
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The scope forest has been owned by the land owner for years, no specific use rights of local
communities are currently identified. Forest management by the NPO is conducted under
agreement with the forest owners.
基準への適合
対象森林は、長年に亘り所有者により所有されており、現在、地域社会による使用権は特
定されていない。同会による森林管理は森林所有者との合意に基づき実施されている。
The general public has open access to a public hiking trail, “Tokaido Nature Trail”, which
passes through the scope forest. Through monitoring by the NPO, there have been no
identified incidents whereby the forests’ ecological function was jeopardised by the public
hiking “Tokaido Nature Trail”.
一般市民は、対象森林を通過する、公のハイキング歩道である「東海道自然歩道」を自由
に利用することができる。同会によるモニタリングにおいて、「東海道自然歩道」をハイ
キングする市民により森林の生態学的機能が損なわれた事例は特定されていない。
Criterion 2.3
規準 2.3
Disputes over tenure claims and use rights
保有権及び
保有権及び使用権に関する紛争
及び使用権に関する紛争
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
No on-going disputes over tenure and use rights were confirmed through interviews with
NPO members and a land owner as well as through stakeholder consultation conducted
prior to this assessment.
基準への適合
係争中の保有権及び使用権に関する紛争は、同会の会員及び土地所有者へのインタビュ
ー、及びこの審査の前に実施された利害関係者協議を通じ、確認されなかった。
The NPO defines the procedure for responding constructively in coordination with land
owners should they receive tenure claims, use right claims, requests and complaints and
recording the entire process of dispute resolution.
AD 36A-12
Page 23 of 53
同会では、保有権及び使用権に関する主張、要望や苦情を受けた場合、彼らが土地所有者
と協力して紛争解決の全工程を記録するための手順を規定している。
PRINCIPLE 3: INDIGENOUS PEOPLES’ RIGHTS
原則3.
原則3
先住民の権利
Criterion 3.1
規準 3.1
Indigenous peoples’ control of forest management
先住民による森林管理のコントロール
Not applicable as there is no indigenous people in the region of Japan.
日本の当該地域には先住民がいないため適用外。
Criterion 3.2
規準 3.2
Maintenance of indigenous peoples’ resources or tenure rights
先住民の資源又は
先住民の資源又は保有権
又は保有権の維持
保有権の維持
Not applicable as there is no indigenous people in the region of Japan.
日本の当該地域には先住民がいないため適用外。
Criterion 3.3
規準 3.3
Protection of sites of special cultural, ecological, economic or religious
significance to indigenous peoples
先住民の特別な文化的、生態的、経済的
先住民の特別な文化的、生態的、経済的又は
文化的、生態的、経済的又は宗教的
又は宗教的重要性
宗教的重要性を持つ
重要性を持つサイトの保護
を持つサイトの保護
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has identified culturally, historically, ecologically, economically or religiously
significant sites through on-site research and interviews with local residents and these areas
are demarcated on a map included in the forest management plan. The sites are protected
to maintain their value.
基準への適合
NPO は現地調査及び地域住民のインタビューを通じ文化的、歴史的、生態学的、経済的に
または宗教上重要な箇所を特定し、これらの箇所は森林管理計画に含まれる地図に表示さ
れている。これらの箇所はその価値を維持するため保護されている。
Criterion 3.4
規準 3.4
Compensation of indigenous peoples for the application of their traditional
knowledge
先住民の伝統的な知識の使用に対する補償
先住民の伝統的な知識の使用に対する補償
Not applicable as there is no indigenous people in the region of Japan.
日本の当該地域には先住民がいないため適用外。
PRINCIPLE 4: COMMUNITY RELATIONS AND WORKERS RIGHTS
規準 4.2
地域社会との関係及び労働者の権利
Criterion 4.1
規準 4.1
Strengths
Employment, training, and other services for local communities
地域社会に対する
地域社会に対する雇用
に対する雇用、訓練及びその他のサービスを受ける機会
雇用、訓練及びその他のサービスを受ける機会
None
AD 36A-12
Page 24 of 53
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
There are no employees in the NPO and all members work in the fields out of voluntary will
of individual participants. Local residents can participate in the NPO.
基準への適合
同会に従業員はなく、全ての会員は各参加者の自発的な意思により現場で作業する。地域
住民も同会への参加は可能である。
The NPO contributes to edification and education for forest management in the region by
active communication and events, under cooperation with local public administration.
Also, the NPO contributes to a local market by purchasing goods necessary for their
activities.
同会は地域行政とも協力し、積極的に情報発信、イベントなどを通じ、当該地域での森林
管理に関連した啓蒙や教育に貢献している。又、会の活動に必要な物品の調達を通じて地
元の商店に貢献している。
Criterion 4.2
規準 4.2
Compliance with health and safety regulations
労働安全衛生に関する法
労働安全衛生に関する法規則への適合
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has safety procedures for field works and conducts meeting before field work to
reconfirm safety precaution for each scheduled work. It is mandatory for field work
participants to be covered by voluntary insurance.
基準への適合
同会は安全作業手順を持ち、予定される各作業の安全面の配慮事項を再確認するために現
場作業前に会合を開いている。現場作業参加者はボランティア保険に加入することが義務
付けられている。
Operations with significant risk, such as cutting down trees, are restricted to those members
who have the required qualifications and experience to do them. Leading members of the
NPO survey the forests during field day and check equipments used by each member to
ensure safe operation.
伐採など、大きな危険を伴う作業の実施は、必要な資格と経験を持つ会員に限定されてい
る。同会の指導メンバーが野外活動日に森林を巡視し、会員の安全を確実にするため各会
員が使用している装備を確認している。
There have been no accidents that require treatment in hospitals since the main
assessment was conducted in 2005.
2005 年の本審査以降病院での処置を要する事故は発生していなかった。
Criterion 4.3
規準 4.3
Workers’ rights to organise and negotiate with employers
労働組合を組織し、雇用主と交渉を行う労働者の権利
労働組合を組織し、雇用主と交渉を行う労働者の権利
Strengths
N/A.
適用外。
N/A.
適用外。
評価される点
Weaknesses
改善が必要な点
Compliance
N/A. All participants come to NPO’s activities voluntarily.
基準への適合
適用外。全ての参加者は自発的に同会の活動に参加している。
AD 36A-12
Criterion 4.4
規準 4.4
Page 25 of 53
Social impact evaluations and consultation
社会的影響の評価と協議
Strengths
評価される点
It is highly appreciated that the NPO publish the information regarding details of their
activities to stakeholder actively, thorough monthly newsletter upgraded this year.
毎月発行のニュースレターが今年から更にバージョンアップし会の活動に関し詳細な情報
を積極的に利害関係者に対し情報発信している点は評価される。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO’s activities are uploaded on its website and it welcomes comments to improve its
activities. Stakeholders can contact them via contact details are posted on their website.
基準への適合
同会の活動は会のウェブサイトに掲示され、活動の改善のためにコメントを歓迎してい
る。利害関係者は会のウェブサイトに掲載されている連絡先を通じて連絡できる。
Audit team confirmed through interviews with NPO and stakeholder consultation conducted
prior to this re-assessment that no negative social impact has been identified since main
assessment was conducted in 2005.
審査チームは NPO 会員とのインタビュー及びこの更新審査に先立って行われた利害関係者
協議を通じて 2005 年の本審査以降、悪い社会的影響が特定されていないことを確認した。
Observation01:Stakeholder lists are now controlled in several different files. Improvement
should be made by compiling different stakeholders list into one and control the list in order
to easily confirm that all major stakeholders are identified.
観察事項 01:.現在利害関係者リストは複数のファイルに分けて管理されている。主要な利
害関係者が確実に網羅されていることを容易に確認するために利害関係者リストを一つに
まとめ管理するなど改善の余地がある。
SA1-2011
Follow up Observation01:Audit team confirmed that the NPO has put together different
files of stakeholder list into one.
フォローアップ観察事項 01:審査チームは NPO が異なる利害関係者のファイルを一つに
まとめたことを確認した。
Criterion 4.5
規準 4.5
Resolution of grievances and settlement of compensation claims
苦情の処理及び補償要求の解決
苦情の処理及び補償要求の解決
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
While no issues have been raised by stakeholders since main assessment was conducted
in 2005, the NPO maintains procedures to treat issues raised from stakeholders
constructively and search for resolution.
基準への適合
2005 年の本審査以降利害関係者から提起された問題はないが、同会は利害関係者から提起
された問題を建設的に処理し、解決を探る手順を維持している。
No potential issues were identified, through the re-assessment.
更新審査を通じ、潜在的な問題は特定されなかった。
PRINCIPLE 5: BENEFITS FROM THE FOREST
AD 36A-12
原則5.
森林のもたらたす便益
Criterion 5.1
規準 5.1
Page 26 of 53
Economic viability taking full environmental, social, and operational costs
into account
環境、社会、管理費用を考慮した上での経済的な継続性
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO takes account of environmental, social and operational cost in managing the
forest and has conducted operations to recover, maintain and enhance ecological functions
of the forest.
基準への適合
同会は森林を管理する際に環境、社会及び施業面の費用を考慮し、森林の生態学的機能を
回復させ、維持し及び向上させるための施業を行ってきた。
The financial statement of the NPO, which is discussed and agreed at annual general
assembly of the NPO, is balanced. The NPO’s budget includes costs on environmental,
social and operational aspects.
同会の年次総会で議論され承認される財務諸表は収支が均衡していた。NPO の予算には環
境、社会、及び施業に関する分野の費用が含まれていた。
Criterion 5.2
規準 5.2
Optimal use and local processing of forest products
林産物の最大限の活用と地域での加工
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Currently, production of timbers and NTFPs are very limited, however, the forest owner and
the NPO are open to offers from local communities to use the forest products. In the mean
time, there has been not interest shown from the local communities till now.
基準への適合
現在のところ生産される木材及び非木材生産物は非常に限られているが、森林所有者と同
会は地域社会からの林産物利用の申し入れがあった場合、応じる用意がある。一方、地域
社会から関心を示されたことは今に至るまでない。
Criterion 5.3
規準 5.3
Waste minimisation and avoidance of damage to forest resources
廃材の最少化及び森林資源へのダメージの回避
廃材の最少化及び森林資源へのダメージの回避
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Timber production is not actively conducted and the damages to forest by harvesting
operation are limited. Appropriate procedure for avoiding damages to other forest
resources through forestry operations is defined. Members who conduct operations are
trained and conduct operations under supervision of leading member of the NPO. No
damage to forests resources from forestry operations were confirmed during field audit.
基準への適合
木材生産は積極的に行われておらず収穫作業による森林への悪影響は限定されている。施
AD 36A-12
Page 27 of 53
業による他の森林資源への損害を回避するための適切な施業手順が作成されており、実施
担当者は訓練を受け、同会の指導的メンバーによって監督の下、施業を実施している。現
場審査で施業による森林資源に対する被害は確認されなかった。
Criterion 5.4
規準 5.4
Forest management and the local economy
森林管理と地域経済
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
As the scale of the forest is small, no NTFPs to be utilised by the local community have
been identified so far. Meanwhile, the forest owner and NPO remain open to cooperation
with the local community when they will receive any request.
基準への適合
森林の規模が小さいため、現在のところ地域社会が利用可能な非木材林産物は特定されて
いない。一方、森林所有者及び同会は地域社会から要望がある場合、協力に応じる用意が
ある。
Criterion 5.5
規準 5.5
Maintenance of the value of forest services and resources
森林からのサービス及び資源の価値の維持
Strengths
評価される点
It is appreciated that the NPO has interactions with external parties through proactively
accepting domestic and foreign visitors to its certified forests, as a part of activities for
promoting understanding of various forest services to the general public.
森林の多様なサービスへの理解を広める普及活動の一環として、国内外からの視察団を積
極的に認証森林に受入、外部との交流を図っている点は評価される。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO members are highly aware of the range of forest services and resources such as
water resource, prevention of soil erosion, habitat for wildlife, timber, employment through
forestry operation, CO2 absorption, etc.
基準への適合
同会の会員は、水資源、土壌浸食の防止、野生生物の生息地、木材、森林施業を通じた雇
用、二酸化炭素の吸収などの森林の多様なサービス及び資源について十分に認識してい
る。
The NPO has conducted a recovery operation on a damaged site and conducted various
operations to maintain the forests in healthy condition, which will lead to enhancement of
the forest services. No degradation of forest services and resources has been confirmed,
through various surveys conducted by the NPO in the forest.
同会は、森林のサービスの向上に繋がる、被害を受けた箇所で復旧作業や、森林を健全な
状態に保つための様々な施業を実施している。 同会による認証森林で様々な調査を通じ、
森林の機能と資源の劣化は確認されていない。
Criterion 5.6
規準 5.6
Harvest levels
収穫レベル
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
AD 36A-12
Page 28 of 53
The timber harvest volume has been well below the growth rate for the past 5 years and the
NPO plans to maintain the harvest level in the current forest management plan.
Compliance
基準への適合
木材収穫量は過去 5 年間、成長率を大きく下回っており、同会は現行の森林管理計画にお
いてその収穫レベルを維持する計画である。
PRINCIPLE 6: ENVIRONMENTAL IMPACT
原則6.
原則6.
環境への影響
Criterion 6.1
規準 6.1
Environmental impacts evaluation
環境影響評価
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO assess environmental impact of each operation during the planning phase.
Operations are planned and implemented to minimize negative environmental impact
according to the NPO’s procedures and guidelines on mitigating environmental impact.
基準への適合
同会では、各施業の環境影響評価を計画段階で行っている。施業は環境影響を緩和ための
手順及びガイドラインに従い、環境への悪影響を最小にとどめるよう計画され、実行され
ている。
Criterion 6.2
規準 6.2
Protection of rare, threatened and endangered species
希少種、危急種、絶滅危惧種の保護
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The guideline on protection of rare species is included in the management plan.
基準への適合
The local species specialist, who is a member of the NPO, patrols the scope forest every
time the NPO holds field work day and monitors the condition of rare species. The NPO
members know which species are rare through field training provided by the NPO and are
trained to protect rare species during field work. So far, no negative impact on the rare
species attributed to the NPO’s operations have been found.
希少種の保護に関するガイドラインは管理計画に含まれている。同会のメンバーである地
域種の専門家が、毎回の野外活動日に認証森林を巡回し希少種の状態を監視している。会
員はどの種が希少種か同会の実地研修により理解しており、現場作業中に希少種を保護す
るよう訓練されている。これまでのところ NPO の施業が原因とされる希少種への悪影響は
確認されていない。
Criterion 6.3
規準 6.3
Maintenance of ecological functions and values
生態的機能及び価値の維持
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
AD 36A-12
Compliance
基準への適合
Page 29 of 53
Through various surveys, ecological characteristics and values of the forest have been
identified and the NPO established the forest zoning and the management plan based on
the information.
The NPO has continued its recovery program to re-establish a forest in an area that was
damaged by a landslide. In the rest of the scope forests, the NPO has maintained
ecological functions through appropriate management. The NPO continues monitoring of
the forest conditions and provides operations as necessary.
Currently there is no degraded site identified.
様々な調査活動を通じ、対象森林の持つ生態的な特徴及び価値は既に特定されており、そ
の情報に基づき、対象森林のゾーニング及び管理計画の策定が行われている。
同会では地滑りにより被害を受けた区域で森林を再度成林させる復旧作業を続けている。
残りの対象森林では生態学的機能を良好に維持している。同会は森林の状態のモニタリン
グを続けており、必要に応じ施業を実施している。
現在、劣化した箇所は特定されていない。
Criterion 6.4
規準 6.4
Protection of representative samples of existing ecosystems
現存する代表的生態系の保全
Strengths
None
評価される点
評価 される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO established its own zoning system at the forest management and conservation
forest (about 15 ha) for representative samples of existing ecosystems is set up in the
scope. The NPO has zoned the scope forests into zones A-J according to the existing
condition and the type of forest that they aim to lead the forest zone to.
基準への適合
同会は対象森林の管理において、独自のゾーニングシステムを策定しており、そのゾーニ
ングに基づき、既存の生態系のサンプルの保護林(約 15ha)を設定している。現在の林相
及び将来の目標としている林相によって対象森林はゾーン A-J に区域分けされている。
Criterion 6.5
規準 6.5
Protection against damage to soils, residual forest and water resources
during operations
施業中の土壌、残される森林、及び水資源の保全
Strengths
評価される点
It is expected that the soil retention work made by placing logs in echelons, which forest
maintenance team had come up with in order to prevent rain water to erode soil on a hiking
trail in streaks, would be effective.
雨水により登山道の表面が筋状に侵食されるのを防ぐために、森林整備班が独自に考案し
た雁行型に丸太を設置した土留め工法は効果が期待される。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has written guidelines on protection of forest, including protection of water
resources and soil. The NPO’s management plan also includes specifications on ecosystem
conservation.
基準への適合
同会は水資源及び土壌の保護を含む森林保護に関する文書化されたガイドラインを持って
いる。同会の管理計画もまた生態系保全に関する詳細の指示を含む。
NPO members understand the guidelines and specification on protecting forests and abide
by them during field work. The leading members of the NPO ensures implementation of the
guidelines and specifications by surveying the forest during field day and supervising each
team and giving advice and instructions as necessary.
AD 36A-12
Page 30 of 53
会員は森林保護に関するガイドライン及び指示を理解しており、現場作業時にそれに従っ
ている。同会の指導的会員は現場作業日に林内を巡回し各チームを監督し、必要に応じて
助言や指導をすることでガイドライン及び指示の実施を確実にしている。
Observation03: The NPO should improve consistency between the definition of buffer
zones in “Operation Rules and Conservation of Streamline Buffer Zones” and actual
definition used in operations, by careful considering actual geographical condition.
観察事項 03: 「渓流沿いのバッファーゾーンの保全及び作業ルール」におけるバッファー
ゾーンの定義に関し、現地の地形条件も十分加味し、実際に運用している定義との整合性
を図るなど改善の余地がある。
SA1-2011
Follow up Observation03: The NPO revised the documented procedures “Operation Rules
and Conservation of Streamline Buffer Zones” in regards to better reflect the definition of
buffer zones set by the NPO and to better incorporate actual field conditions.
フォローアップ観察事項
フォローアップ観察事項 03: NPO は NPO が設定したバッファーゾーンの定義をより的確
に反映させ、及び、現場の状況をより的確に取り込む観点から文書化された手順「渓流沿
いのバッファーゾーンの保全及び作業ルール」改訂した。
Criterion 6.6
規準 6.6
Chemical pest management
化学物質による病害虫管理
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO does not use any pesticides and no pest problem has been identified in the scope
forest.
基準への適合
NPO は農薬を一切使用しておらず、害虫獣の問題は対象森林内で特定されていない。
Criterion 6.7
規準 6.7
Use and disposal of chemicals, containers, liquid and solid non-organic
wastes
化学物質、容器、液体及び固体の非有機廃棄物の使用及び処理
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Empty containers of fuel and chainsaw oil are collected, disposed and recycled where
possible accordingly by the manufacturer.
基準への適合
All other waste is brought back to NPO members’ homes and disposed according to the
rules of the local municipality and recycled where possible.
燃料及びオイルの空き容器は製造元により適切に回収され、処分され、可能な場合リサイ
クルされる。
その他の廃棄物は会員の自宅に持ち帰られ、地元行政のルールに則り処分され、可能な場
合リサイクルされている。
Criterion 6.8
規準 6.8
Use of biological control agents and genetically modified organisms
生物的防除及び遺伝子組換生物の使用
N/A. There is no use of biological control agents and genetically modified organisms in scope forests.
AD 36A-12
Page 31 of 53
適用外。認証森林内での生物学的防除及び遺伝子組換生物の使用はない。
Criterion 6.9
規準 6.9
The use of exotic species
外来種の使用
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
There is no use of exotic species in the scope forest.
基準への適合
対象森林内で外来種の使用はない。
The NPO use exotic gardening plants in an area called “Flower garden”, which is not a
forested area and where NPO members plant flowers and use as an area for having lunch
and meetings with local communities, NPO members and other participants.
同会は外来の園芸用植物を「お花畑」と呼ばれる区域で使用しているが、その区域は森林
ではなく、会員が花を植え、地域社会、会員及びその他の参加者と昼食をとったり、会合
を開くのに使用している。
No unwanted regeneration or spread of exotic species has been identified through
monitoring by the NPO.
外来種の意図しない更新または拡散はモニタリングを通じ特定されていない。
Criterion 6.10 Forest conversion to plantations or non-forest land uses
規準 6.10
人工林又は森林以外の土地利用への転換
Strengths
None
評価される点
評価され る点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
There has been no forest conversion to plantations or non-forest land uses since NOV
1994. The NPO and forest owner have no plans for conversion.
基準への適合
1994 年 11 月以降に行われた人工林や森林以外の用途への転換はなかった。同会及び森林
所有者に転換の計画はない。
PRINCIPLE 7: MANAGEMENT PLAN
原則 7.
管理計画
Criterion 7.1
規準 7.1
Management plan requirements
管理計画に対する要求事項
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has a management plan consisting of “Sagami-lake Wakayanagi and Arashiyama
Forest Forest Management Plan” and its supporting documents, which cover elements
required by criterion 7.1.;
基準への適合
AD 36A-12
Page 32 of 53
同会は規準 7.1 で要求される要素を含む「相模湖 若柳・嵐山の森 森づくり計画書」及
びその支持文書から構成される管理計画を持っている。
Observation04: Major forestry operations are conducted in 3 areas, i.e.1) Inochi no Mori
Sengen(Declaration on Forest of Life), 2) Forest Nova, 3) Bosei no Mori. The NPO should
improve its forest management plan to more clearly document information of those areas in
its forest management plan.
観察事項 04:主要な森林施業は 1)命の森宣言、2)フォレストノバ、3)望星の森、の 3 区域
で行われており、それら区域に関する情報を NPO の森林管理計画書により明確に記載する
など改善の余地がある。
SA1-2011
Follow up Observation04: The NPO established additional 3 forest operation plans for the
3 major operation area designated for the 3 operation teams. Interview with NPO members
confirmed that the NPO has annual review procedures for the operation plans.
フォローアップ観察事項
フォローアップ観察事項 04:NPO は追加で 3 つの主要な作業区域に関する 3 つの森林施
業計画書を作成した。NPO メンバーに対するインタビューにより NPO が施業計画に関し
て年次レビューの手順があることを確認した。
Criterion 7.2
規準 7.2
Management plan revision
管理計画の見直し
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO is revising its management plans in response to the changes in social, economic
environment and the forest condition.
基準への適合
同会は社会、経済環境及び森林の状態の変化に応じ、管理計画を更新している。
The NPO holds meetings after the monthly field activity and annual general assemblies to
discuss, share information and opinions and decide management plans. The NPO also
considers external input, such as field trip to other forestry entities and advice from external
researchers, in revising its forest management plans.
月例の現地作業の後の会合、及び年次総会において、管理計画について議論し、情報や意
見を共有し決定している。NPO はまた、その森林管理計画を更新するのに他の林業事業体
への視察及び外部研究者からの助言など、外部からの情報を考慮している。
SA1-2011
Observation07: The organization could review its procedures on annual review and updating
of forest operation plans for each operation group.
観察事項 07:活動グループ別の森林施業計画については年次のレビューと更新について検討
の余地がある。
Criterion 7.3
規準 7.3
Training and supervision of forest workers
森林作業者の訓練及び監督
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
As a voluntary organization, the NPO puts top priority on safety of the members. Only
AD 36A-12
Page 33 of 53
trained members with necessary certificates are allowed to conduct high risk operations
using machines. The NPO checks relevant qualifications for all members.
基準への適合
It ensures each member understands safe work procedures for the work the member take
part in through training and by checking qualifications and licenses as necessary.
ボランティア団体として、同会では会員の安全を最優先としている。必要な資格を保持し
訓練を受けている会員のみが、機械を使用するリスクの高い作業を実施することが許され
ている。同会では全ての会員の関連資格を確認している。
Experienced NPO board members patrol the scope forest during the course of field work
time to ensure all teams are working safely and in accordance with the defined procedures,
and advise and instruct the team when necessary.
経験豊かな理事会員が現場作業時に対象森林を巡回し、全ての班が安全に作業を行い、会
の定めた作業手順に従っていることを確実にし、必要であれば助言及び指導をしている。
Criterion 7.4
規準 7.4
Public availability of the management plan elements
管理計画の概要の公開
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO’s forest management plan including the elements required by criterion 7.1 is
publicly available upon request.
基準への適合
規準 7.1 により求められている内容を含む同会の森林管理計画は、要望に応じ公開可能で
ある。
PRINCIPLE 8: MONITORING AND EVALUATION
原則 8.
モニタリング及び評価
Criterion 8.1
Frequency, intensity and consistency of monitoring
規準 8.1.
モニタリングの頻度、程度及び一貫性
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO monitors the scope forest through patrols at its monthly field work. Changes to
note, such as new damage or observations of unknown species, etc. is shared by the NPO
members during after work meetings and discussed to determine action plan when
necessary. .
基準への適合
同会では対象森林を月例現場作業の際の巡視活動を通じ監視している。新しい被害や知ら
れていない種の目撃など、特筆すべき変化は作業後の会合において、会員間で共有され、
必要に応じ対応策を決定するため議論される。
In addition, the NPO use results of various researches conducted by NPO members and
external researchers in the scope forests as parts of its own monitoring.
更に、会員及び外部研究者による対象森林内での様々な調査の結果を同会によるモニタリ
ングの一環として活用している。
Criterion 8.2
Research and data collection for monitoring
AD 36A-12
Page 34 of 53
規準 8.2
モニタリングに関する調査及びデータ収集
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO’s monitoring activities and researches included data collection of all indicators
required in criterion 8.2. The NPO is collecting and updating information necessary to keep
track of their progress towards its objectives and to adjust operations and forest
management accordingly.
基準への適合
同会のモニタリング活動及び調査には、規準 8.2 にて要求されている全ての指標に関する
情報収集が含まれていた。同会は目的に対する把握し、施業及び森林管理を必要に応じ調
整するために必要な情報を収拾し、更新している。
No negative impact by the NPO’s activities has been identified, through monitoring
activities.
同会の活動による悪影響はモニタリング活動を通じ特定されていなかった。
SA1-2011
Observation06: The organisation could consider recording annual harvest (the amount of
harvest and the amount actually carried out from forest [per species, number of trees or in
m3]) per group.
観察事項 06:年間の収穫量(伐採量、搬出量[樹種別、本数または m3])についてはグルー
プ別にその数量を記録として残すことに関し、検討の余地がある。
Criterion 8.3
Chain of custody
規準 8.3
CoC 管理(認証木材の
管理(認証木材の管理
(認証木材の管理)
管理)
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
Minor CAR: The use of FSC trademark was not in accordance with FSC logo usage rules
and had not been approved by SGS Japan.
改善が必要な点
軽微不適合:FSC
トレードマークの使用が FSC 使用ルールに従っておらず、及び SGS ジ
軽微不適合
ャパンにより承認されていなかった。
Compliance
基準への適合
The NPO maintains procedures to segregate FSC certified timber from other timber and
indicate its FM/CoC certificate number and “FSC Pure” on sales documents for FSC
certified timber, which include location of origin and species information.
NPO は FSC 認証木材をその他の木材と分離し、FM/CoC 認証番号及び「FSC Pure」を産
地及び樹種情報を含む FSC 認証木材の販売文書に表示する手順を維持している。
SA1-2010
Close out Minor CAR01 New business card with the correct FSC trademark had been
approved by SGS. Audit team confirmed correct labelling on business card for one of the
NPO’s board members.
軽微不適合 01 完了:正しい
FSC トレードマーク入りの新しい名刺は SGS により承認され
完了:
ていた。審査チームは理事のうち 1 名の名刺の FSC ラベルが正しいことを確認した。
Observation05: New FSC trademark use rules (FSC-STD-50-001V1) becomes effective
from 2011.7.1 for all certificate holders. FSC trademark use under new trademark use rules
will be confirmed at the next audit. Stock of business cards of NPO members, which bears
FSC trademarks under former FSC trademark rules, will be confirmed at the next audit.
観察事項 05:
:新しい FSC トレードマーク使用規則(FSC-STD-50-001V1)が全ての認証
取得者に対し 2011.7.1 より適用となる。新しい FSC トレードマーク使用規則に基づく
AD 36A-12
Page 35 of 53
FSC トレードマークの使用を次回審査で確認する。過去のトレードマークを使用した会員
の名刺については次回審査で確認する。
Criterion 8.4
Incorporation of monitoring results into the management plan
規準 8.4
モニタリング結果の管理計画への利用
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO discusses about information obtained through monitoring/research and
communications with external parties among members at meetings after the monthly field
activity and annual general assemblies, and revised their forest management plan and
operation schedule where necessary.
基準への適合
同会では、モニタリング及び調査活動、外部機関とのコミュニケーションにより入手した
情報について、月例の現地作業の後の会合、及び年次総会において会員間で議論し、必要
に応じ、管理計画、作業スケジュールの見直しを行っていた。
Criterion 8.5
Publicly available summary of monitoring
規準 8.5
モニタリング概要の公開
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Summary of monitoring results, including the indicators required in criterion 8.1, are publicly
available from the NPO upon request.
基準への適合
規準 8.1 で要求されている指標を含むモニタリング結果の概要は求めに応じ公開可能であ
る。
PRINCIPLE 9: HIGH CONSERVATION VALUE FORESTS
原則 9.
保護価値の高い森林の保存
Criterion 9.1
Evaluation to determine high conservation value attributes
規準 9.1.
保護価値の高い森林
保護価値の高い森林の特性
価値の高い森林の特性の
の特性の評価
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO conducted initial review of the forest resources before the main assessment in
2005 based on research of flora, fauna and historically important sites in the scope.
Experts in the NPO and also outside of the NPO participated in the process and no HCV
was identified, while some conservation areas were set up.
基準への適合
Any adverse opinion to this conclusion has not been raised from stakeholders through
stakeholder consultation conducted prior to this audit and through regular communications
with external organisations such as local government entities and research institutes.
2005 年に実施された本審査の前に、同会では、対象森林動植物及び歴史的に重要なサイトに関する調
AD 36A-12
Page 36 of 53
査に基づく森林資源の評価を実施していた。そのプロセスには同会の内外の専門家が参加し、高い保
護価値は特定されなかったが、一方で、いくつかの保護区域が設定された。
この審査に先立って行われた利害関係者協議及び、地元行政や研究機関などの外部組織との定期的な
協議と通じ、上記結論に対する反対意見は提起されていない。
Criterion 9.2
Consultation process
規準 9.2.
協議プロセス
協議プロセス
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
No HCVFs are identified in the forest.
基準への適合
保護価値の高い森林は特定されていない。
Criterion 9.3
Measures to maintain and enhance high conservation value attributes
規準 9.3.
高い保護特性の維持
高い保護特性の維持及び増進のための措置
維持及び増進のための措置
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
No HCVFs are identified in the forest.
基準への適合
保護価値の高い森林は特定されていない。
Criterion 9.4
Monitoring to assess effectiveness
規準 9.4.
措置の有効性を評価する年次モニタリング
措置の有効性を評価する年次モニタリング
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
No HCVFs are identified in the forest.
基準への適合
保護価値の高い森林は特定されていない。
PRINCIPLE 10:
原則 10.
PLANTATIONS
植林
Criterion 10.1 Statement of objectives in the management plan
規準 10.1
管理計画における目的記述
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
AD 36A-12
Compliance
基準への適合
Page 37 of 53
The forest management plan verified at criterion 7.1 includes management objectives
specific to plantation forest zones in the scope forest. The NPO plans to gradually lead
some of the current plantations into semi-natural forests.
規準 7.1 で検証された森林管理計画は認証森林内の人工林森林区域固有の管理目的を含
む。同会では徐々に現在の人工林の一部を二次林に導く計画である。
Criterion 10.2 Plantation design and layout
規準 10.2
人工林の計画と配置
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO's forest management plan, which is implemented, is developed to protect, restore
and conserve existing semi-natural forests. The NPO protects natural vegetation and
streamline buffer zones. The NPO plans to lead existing plantations into more natural state
by enhancing intrusion by broadleaves species. The NPO’s management plan aims to
achieve mosaic of plantations and semi-natural forests with different stand age and rotation
periods.
基準への適合
実行されている同会の森林管理計画は現存する二次林を保護、回復及び保全することを目
的として作成されている。同会は天然の植生及び沢沿いのバッファーゾーンを保護してい
る。既存の人工林に広葉樹の侵入を促すことで、より自然な状態に導く予定である。森林
管理計画は異なる林齢及び伐期からなる人工林及び二次林のモザイクを達成することを目
標としている。
Criterion 10.3 Diversity in composition
規準 10.3
構成の多様性
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO's forest management plan, which is implemented, aims to enhance biodiversity of
the scope forests.
基準への適合
実行されている同会の森林管理計画は対象森林の生物多様性を向上させることを目的とし
ている。
The NPO’s management plan aims to achieve mosaic of plantations and semi-natural
forests with different stand age and rotation periods. The NPO plans to lead existing
plantations into more natural state by enhancing intrusion by broadleaves species. The
NPO protects natural vegetation and streamline buffer zones, which also contributes to
diversity at a compartment level.
同会の森林管理計画は異なる林齢及び伐期からなる人工林及び二次林のモザイクを達成す
ることを目標としている。既存の人工林に広葉樹の侵入を促すことで、より自然な状態に
導く予定である。同会では、林班レベルの多様性に寄与する天然の植生及び沢沿いのバッ
ファーゾーンを保護している。
Criterion 10.4 Species selection
規準 10.4
樹種の選択
Strengths
None
AD 36A-12
Page 38 of 53
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
While no replanting is conducted except recovery operation, the NPO has chosen native
species best suited for the environment and management objective at the recovery
operation.
基準への適合
復旧作業以外で植栽は行われていないが、復旧作業において、同会は環境及び管理目的に
最も適した固有種樹種を選択していた。
The saplings that had been used since certification are all from Kanagawa prefecture.
認証以降に使用された苗木は全て神奈川県産である。
Criterion 10.5 Restoration of natural forest
規準 10.5
天然林の復元
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The NPO has managed some of the plantations to lead them into semi-natural forests with
more native deciduous trees and rich forest floor vegetation by providing appropriate
thinning of plantation species. The NPO plans to continue such operation.
基準への適合
同会は人工林樹種の適切な間伐実施を通じ、より多くの自生広葉樹及び豊かな下層植生が
導入されるように人工林の一部を管理してきた。このような施業を今後も継続して実施す
る計画である。
Criterion 10.6 Impacts on soil and water
規準 10.6
土壌及び水への影響
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
The environmental safeguards verified at criterion 6.1 and 6.5 are applied to plantations as
well as other areas in scope.
基準への適合
The NPO protects soil and water resources during harvesting and other operations.
規準 6.1 及び 6.5 で検証された環境上の保護措置は対象区域内の他の区域同様人工林につい
ても適用されている。収穫及び他の施業中、土壌及び水資源は保護されている。
Criterion 10.7 Pests and diseases
規準 10.7
病虫害
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
There are no identified pests and diseases in the assessment scope and forests around the
AD 36A-12
Page 39 of 53
scope. While there has been no disease or pest damage, audit team confirmed through
interviews with NPO members that they will take remedial actions against such damage
should there be any.
基準への適合
審査対象及び周辺森林で特定されている病害虫はない。病害虫による被害がなかった一
方、審査チームは会員へのインタビューを通じ、そのような被害が発生する場合、同会と
して対応策を講じることを確認した。
There has been no forest fire since the main assessment in 2005. NPO members contract
local fire station should they find any forest fire.
2005 年の本審査以降森林火災は発生していない。森林火災を発見した場合、会員は地域の
消防署に連絡する。
Criterion 10.8 Monitoring of impacts, species testing and tenure rights
規準 10.8
影響、樹種試験及び所有権のモニタリング
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Procedures and monitoring activities verified at criteria 2.1 and 2.2 (land use and tenure
rights), 6.1(environmental impacts assessment) and 6.5 (protection against damage during
operation). 10.4(species selection) are applicable for plantations as well.
基準への適合
規準 2.1 及び 2.2(土地の使用と使用権)、6.1(環境影響評価)及び 6.5(施業中の被害に対す
る保護)、10.4(種の選択)において検証した手順及びモニタリング活動は人工林に対しても
適用される。
Environmental and social impacts from activities of the NPO are monitored and no negative
impacts have been identified so far.
同会の活用による環境及び社会面での影響は管理されており、今までのところ悪影響は特
定されていなかった。
Criterion 10.9 Plantations established in areas converted from natural forests after
November 1994
規準 10.9
1994 年 11 月以降の天然林の人工林への転換
Strengths
None
評価される点
特に無い。
Weaknesses
None
改善が必要な点
特に無い。
Compliance
Audit team confirmed that the scope area does not include areas converted from natural
forests to plantations since NOV 1994.
基準への適合
審査チームは認証区域が 1994 年 11 月以降に天然林から人工林に転換された区域を含まな
いことを確認した。
9.
CERTIFICATION DECISION 認証の決定
SGS considers that Non Profit Organisation Midorinodam Kitasagami’s forest management of
forests located in Wakayanagi, Midori-ku, Sagamihara-city, Kanagawa Pref. Japan can be certified
as:
i.
There are no outstanding Major Corrective Action Requests
AD 36A-12
Page 40 of 53
ii.
The management system, if implemented as described, is capable of ensuring that all
of the requirements of the applicable standard(s) are met over the whole forest area
covered by the scope of the evaluation;
iii.
The certificate holder has demonstrated, that the described system of management is
being implemented consistently over the whole forest area covered by the scope of
the certificate.
SGS は以下により特定非営利活動法人緑のダム北相模による神奈川県相模原市緑区若柳に所在す
る私有林に対する森林管理が認証され得ることを認める。
i.
未解決の重大な是正処置要求がない。
ii.
森林管理システムは、ここに記述されたように実行される限り、適用される基準の全て
の要求事項が審査対象範囲の森林全体について満たされていることを確実にしている。
iii. 認証取得者は、記述された管理システムが認証対象範囲の森林全体について一貫して実
施されていることを実証していた。
10.
MAINTENANCE OF CERTIFICATION 認証の維持
During the surveillance evaluation, it is assessed if there is continuing compliance with the
requirements of the Qualifor Programme. Any areas of non-conformance with the QUALIFOR
Programme are raised as one of two types of Corrective Action Request (CAR):
01.
Major CARs - which must be addressed and closed out urgently with an agreed short time
frame since the organisation is already a QUALIFOR certified organisation. Failure to close
out within the agreed time frame can lead to suspension of the certificate.
02.
Minor CARs - which must be addressed within an agreed time frame, and will normally be
checked at the next surveillance visit
The full record of CARs raised over the certification period is listed under section 11 below.
The table below provides a progressive summary of findings for each surveillance. A complete
record of observations demonstrating compliance or non-compliance with each criterion of the
Forest Stewardship Standard is contained in a separate document that does not form part of the
public summary.
維持審査においては、QUALIFOR プログラムの要求事項への継続的に適合しているかについて評
価される。QUALIFOR プログラムの要求事項に対する不適合は以下の 2 種類の是正処置要求のい
ずれかとして指摘される。
01.
重大な是正処置要求 -既に認証取得しているために、合意に基づき設定された短い期間で、早
急に対応され完了することが要求される。合意された期間内に完了することが出来ない場合
は、認証の一時停止となり得る。
02.
軽微な是正処置要求 - 合意された期間内に対応することが要求され、通常、次回の維持審査
において確認される。
認証期間中に提起された CAR に関する記録は後方セクション 12 にリストアップされている。
下記表は各維持審査における所見の進行中の概要である。FSC の各規準への遵守を立証する観察
事項または不適合の完全な記録は公開概要の一部ではない別の文書に含まれる。
RE EVALUATION 更新審査
Issues that were hard to
assess
評価において課題となった問
題点
Number of CARs closed
There were no issues that were hard to assess.
評価が難しい問題点はなかった。
N/A
AD 36A-12
完了された是正処置要求の件
数
該当なし
Nr of CARs remaining open
None
未完了となった是正処置要求
の件数
なし。
New CARs raised
1 minor CAR.
新規是正処置要求の件数
Page 41 of 53
1 件の軽微な不適合。
SURVEILLANCE 1
Issues that were hard to
assess
評価において課題となった問
題点
第 1 回維持審査
There were no issues that were hard to assess.
評価が難しい問題点はなかった。
Number of CARs closed
1 Outstanding CAR was closed.
完了された是正処置要求の件
数
1 件の是正処置要求が完了した。
Nr of CARs remaining open
0 Outstanding CARs from previous evaluations were not closed.
未完了となった是正処置要求
の件数
0 件の先の審査での是正処置要求が完了されなかった。
New CARs raised
0 New Major CARs and 0 Minor CARs were raised.
新規是正処置要求の件数
Recommendation
推薦
The forest management of the forests of Non Profit Organisation
Midorinodam Kitasagami remains certified as:
The management system is capable of ensuring that all of the
requirements of the applicable standard(s) are met over the whole forest
area covered by the scope of the evaluation; and
The certificate holder has demonstrated, subject to the specified corrective
actions, that the described system of management is being implemented
consistently over the whole forest area covered by the scope of the
certificate.
SURVEILLANCE 2
第 2 回維持審査
SURVEILLANCE 3
第 3 回維持審査
Issues that were hard to
assess
評価において課題となった問
題点
Number of CARs closed
完了された是正処置要求の件
数
Nr of CARs remaining open
未完了となった是正処置要求
の件数
New CARs raised
新規是正処置要求の件数
Recommendation
推薦
Issues that were hard to
assess
評価において課題となった問
AD 36A-12
Page 42 of 53
題点
Number of CARs closed
完了された是正処置要求の件
数
Nr of CARs remaining open
未完了となった是正処置要求
の件数
New CARs raised
新規是正処置要求の件数
Recommendation
推薦
SURVEILLANCE 4 第 4 回維持審査
Issues that were hard to
assess
評価において課題となった問
題点
Number of CARs closed
完了された是正処置要求の件
数
Nr of CARs remaining open
未完了となった是正処置要求
の件数
New CARs raised
新規是正処置要求の件数
Recommendation
推薦
11.
RECORD OF CORRECTIVE ACTION REQUESTS (CARS) 是正処置要求の記録
There were no open CARS from the last SA(document review) in 2009
前回の 2009 年の維持審査(文書審査)からの継続中の是正処置要求はなかった。
CAR #
番号
01
Indicator
指標
8.3.5
CAR Detail 是正処置要求の内容
Date
Recorded>
発行日
15 AUG 10
Due Date>
期限
Next
surveillanc
e
Date Closed>
完了日
15 MAY 11
Non-Conformance 不適合:
不適合
The use of FSC trademark was not in accordance with FSC logo usage rules and
had not been approved by SGS Japan.
FSC トレードマークの使用が FSC 使用ルールに従っておらず、及び SGS ジャパン
により承認されていなかった。
Objective Evidence 客観的証拠:
客観的証拠
Business cards used by some members of the NPO
NPO 会員が使用していた名刺
Close-out evidence 完了の証拠:
完了の証拠
AD 36A-12
CAR #
番号
Indicator
指標
Page 43 of 53
CAR Detail 是正処置要求の内容
New business card with the correct FSC trademark had been approved by SGS.
Audit team confirmed correct labeiling on business card for Mr. Miyamura, one of the
NPO’s board members. Auditor confirmed with the FM secretariat that another board
member, Mr. Uchino’s business was also re- printed with the correct FSC trademark.
Verified records: business card of Mr. Miyamura
正しい FSC トレードマーク入りの新しい名刺は SGS により承認されていた。審査
チームは理事の 1 人である宮村氏の名刺の FSC ラベルが正しいことを確認した。審
査員は FM 事務局に別な理事の内野氏の名刺が正しい FSC トレードマークで再印刷
されたことを確認した。
検証記録:宮村氏の名刺
Date
Recorded>
発行日
dd mmm
yy
Due Date>
期限
dd mmm
yy
Date Closed>
完了日
dd mmm yy
Non-Conformance 不適合:
不適合
No CARs in SA1
Objective Evidence 客観的証拠:
客観的証拠
Close-out evidence 完了の証拠:
完了の証拠
12.
RECORD OF OBSERVATIONS 観察事項の記録
There were no open observations from the last SA(document review) in 2009
前回の 2009 年の維持審査(文書審査)からの継続中の観察事項はなかった。
OBS #
Indicator
01
4.4.3
Observation Detail
Date Recorded>
観察事項詳細
Date Closed>
15 AUG 10
報告日
確認日
15 MAY 11
Observation:観察事項
観察事項
Stakeholder lists are now controlled in several different files. Improvement should be
made by compiling different stakeholders list into one and control the list in order to
easily confirm that all major stakeholders are identified.
現在利害関係者リストは複数のファイルに分けて管理されている。主要な利害関係
者が確実に網羅されていることを容易に確認するために利害関係者リストを一つに
まとめ管理するなど改善の余地がある。
Follow-up evidence:フォローアップ証拠
フォローアップ証拠
Audit team confirmed that the NPO has put together different files of stakeholder list into one.
Stakeholder list Ver6 2011.4.1.
審査チームは NPO が異なる利害関係者のファイルを一つにまとめたことを確認した。
利害関係者リスト
02
2.1.1
第 6版
20111.4.1
Date Recorded>
報告日
Observation:観察事項
観察事項
Date Closed>
15 AUG 10
確認日
15 MAY 11
AD 36A-12
OBS #
Indicator
Page 44 of 53
Observation Detail
観察事項詳細
Record filing should be improved so that all forest usage contracts can be easily
confirmed.
全ての森林使用契約書は容易に確認できるよう保管に関し改善の余地がある。
Follow-up evidence:フォローアップ証拠
フォローアップ証拠
Auditor confirmed the following forest usage contract, which was readily available during audit:
“Forest Use Contract” 2003.3.29
審査員は次の森林使用契約書を確認した。契約書は審査中に容易に確認可能だっ
た。:
「森林使用契約書」2003.3.29
03
6.5.1
Date Recorded>
報告日
Date Closed>
15 AUG 10
確認日
15 MAY 11
Observation:観察事項内容
The NPO should improve consistency between the definition of buffer zones in
“Operation Rules and Conservation of Streamline Buffer Zones” and actual definition
used in operations, by careful considering actual geographical condition.
「渓流沿いのバッファーゾーンの保全及び作業ルール」におけるバッファーゾーン
の定義に関し、現地の地形条件も十分加味し、実際に運用している定義との整合性
を図るなど改善の余地がある。
Follow-up evidence:フォローアップ証拠
The NPO revised the documented procedures “Operation Rules and Conservation of
Streamline Buffer Zones” in regards to better reflect the definition of buffer zones set
by the NPO and to better incorporate actual field conditions.
Verification: “Operation Rules and Conservation of Streamline Buffer Zones” revised
in 2011 May. (includes map of buffer zone),
On-site observation confirmed that buffer zones were marked on tree trunk using red
paint.
Interviews with NPO members confirmed they understood what the markings were
and the operation procedures in buffer zone.
NPO は NPO が設定したバッファーゾーンの定義をより的確に反映させ、及び、現
場の状況をより的確に取り込む観点から文書化された手順「渓流沿いのバッファー
ゾーンの保全及び作業ルール」改訂した。
検証:「渓流沿いのバッファーゾーンの保全及び作業ルール」2011 年 5 月改訂(バ
ッファーゾーンの地図を含む)、
現場観察によりバッファーゾーンが樹幹に赤ペンキで印付けられていることを確認
した。
NPO 会員とのインタビューにより彼らがマーキングの意味を理解し、バッファーゾ
ーン内での作業手順を理解していることを確認した。
04
7.1.1
Date Recorded>報告
報告
日
Observation 観察事項:
観察事項
15 AUG 10
Date Closed>確認日
確認日
15 MAY 11
AD 36A-12
OBS #
Indicator
Page 45 of 53
Observation Detail
観察事項詳細
Major forestry operations are conducted in 3 areas, i.e.1) Inochi no Mori
Sengen(Declaration on Forest of Life), 2) Forest Nova, 3) Bosei no Mori. The NPO
should improve its forest management plan to more clearly document information of
those areas in its forest management plan.
主要な森林施業は 1)命の森宣言、2)フォレストノバ、3)望星の森、の 3 区域で行わ
れており、それら区域に関する情報を NPO の森林管理計画書により明確に記載する
など改善の余地がある。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
The NPO established additional 3 forest operation plans for the 3 major operation
area designated for the 3 operation teams. Interview with NPO members confirmed
that the NPO has annual review procedures for the operation plans.
Verified records:
1 Forest operation plan for “Inochi no Mori Sengen(Declaration on Forest of Life)”
2011
2 Forest operation plan for “Forest Nova” 2011
3 Forest operation plan for “Bosei no Mori” including the new project “Namisuke no
Mori” 2011
NPO は追加で 3 つの主要な作業区域に関する 3 つの森林施業計画書を作成した。
NPO メンバーに対するインタビューにより NPO が施業計画に関して年次レビュー
の手順があることを確認した。
検証記録:
1 「生命の森宣言」を対象とする施業計画 2011
2「フォレスト NOVA」を対象とする施業計画 2011
3「望星の森」を対象とする施業計画 2011、新規プロジェクト「なみすけの森」を
含む
Positiv
e
observ
ation
6.5.2
Date Recorded>報告
報告
日
15 AUG 10
Date Closed>確認日
確認日
N/A
Observation 観察事項:
観察事項
肯定的
観察事
項
It is expected that the soil retention work made by placing logs in echelons, which
forest maintenance team had come up with in order to prevent rain water to erode
soil on a hiking trail in streaks, would be effective.
雨水により登山道の表面が筋状に侵食されるのを防ぐために、森林整備班が独自に
考案した雁行型に丸太を設置した土留め工法は効果が期待される。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
N/A
Positiv
e
observ
ation
肯定的
観察事
項
4.4.4
Date Recorded>報告
報告
日
15 AUG 10
Date Closed>確認日
確認日
N/A
Observation 観察事項:
観察事項
It is highly appreciated that the NPO publish the information regarding details of their
activities to stakeholder actively, thorough monthly newsletter upgraded this year.
毎月発行のニュースレターが今年から更にバージョンアップし会の活動に関し詳細
な情報を積極的に利害関係者に対し情報発信している点は評価される。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
N/A
AD 36A-12
OBS #
Indicator
Positiv
e
observ
ation
5.5.1
Page 46 of 53
Observation Detail
Date Recorded
>報告日
報告日
15 AUG 10
観察事項詳細
Date Closed>確認日
確認日
N/A
Observation 観察事項:
観察事項
肯定的
観察事
項
It is appreciated that the NPO has interactions with external parties through
proactively accepting domestic and foreign visitors to its certified forests, as a part of
activities for promoting understanding of various forest services to the general public.
森林の多様なサービスへの理解を広める普及活動の一環として、国内外からの視察
団を積極的に認証森林に受入、外部との交流を図っている点は評価される。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
N/A
05
8.3.5
Date Recorded
>報告日
報告日
15 MAY 11
Date Closed>確認日
確認日
dd MMM yy
Observation 観察事項:
観察事項
New FSC trademark use rules (FSC-STD-50-001V1) becomes effective from
2011.7.1 for all certificate holders. FSC trademark use under new trademark use
rules will be confirmed at the next audit. Stock of business cards of NPO members,
which bears FSC trademarks under former FSC trademark rules, will be confirmed at
the next audit.
新しい FSC トレードマーク使用規則(FSC-STD-50-001V1)が全ての認証取得者に
対し 2011.7.1 より適用となる。新しい FSC トレードマーク使用規則に基づく FSC
トレードマークの使用を次回審査で確認する。過去のトレードマークを使用した会
員の名刺については次回審査で確認する。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
06
8.2.1
Date Recorded
>報告日
報告日
15 MAY 11
Date Closed>確認日
確認日
dd MMM yy
Observation 観察事項:
観察事項
The organisation could consider recording annual harvest (the amount of harvest and
the amount actually carried out from forest [per species, number of trees or in m3])
per group.
年間の収穫量(伐採量、搬出量[樹種別、本数または m3])についてはグループ別に
その数量を記録として残すことに関し、検討の余地がある。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
07
7.2.3,
7.2.4
Date Recorded
>報告日
報告日
15 MAY 11
Date Closed>確認日
確認日
dd MMM yy
Observation 観察事項:
観察事項
The organization could review its procedures on annual review and updating of forest
operation plans for each operation group.
活動グループ別の森林施業計画については年次のレビューと更新について検討の余
地がある。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
AD 36A-12
OBS #
Indicator
Positiv
e
observ
ation
general
Page 47 of 53
Observation Detail
Date Recorded
15 MAY 11
>報告日
報告日
観察事項詳細
Date Closed>確認日
確認日
dd MMM yy
Observation 観察事項:
観察事項
肯定的
観察事
項
[team: Forest Nova] Forest Nova has developed a manual for flora research and
established procedures to hand over the research to the next generation. Audit team
recognise this as highly valuable in terms of continual forest management.
[フォレストノバ]植生調査のマニュアルを作成し、次世代に手順を引き継ぐ体制がで
きたことは持続的な森林管理の観点から、評価される。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
N/A
Positiv
e
observ
ation
general
Date Recorded
15 MAY 11
>報告日
報告日
Date Closed>確認日
確認日
dd MMM yy
Observation 観察事項:
観察事項
肯定的
観察事
項
[team: Bosei no Mori] Audit team highly values the effort in launching a new project
“Nurturing Namisuke no Mori”, which is based on Bosei no Mori.
[望星の森]望星の森を中心とするなみすけの森づくりプロジェクトを新たに立ち上げ
たことは評価できる。
Follow-up evidence フォローアップ証拠:
フォローアップ証拠
N/A
13.
RECORD OF STAKEHOLDER COMMENTS AND INTERVIEWS 利害関係者からのコメ
ント及びインタビューの記録
Nr
Comment コメント
Response 対応
Re Evaluation
1
更新審査
(also member of the NPO):
The audit team confirmed that the NPO and the
owner of the forest maintain good communications
and relationship for years through interview.
He mentioned that he is grateful for the
various activities including forest
maintenance work done by the NPO for his
forest.
審査チームはインタビューを通じ、同会と対象森林
の土地所有者が良好なコミュニケーションと関係を
維持していることを確認した。
A land owner of the scope area.
対象区域の土地所有者(NPO 会員でもあ
る):
同会が所有林にて実行してきた森林整備作
業を含む様々な活動に対し感謝の意を表し
た。
AD 36A-12
Nr
Page 48 of 53
Comment コメント
Response 対応
Re Evaluation
2
NPO member, RTE specialist:
He mentioned that he did not see any
negative change on forest ecosystem from
the NPO’s operations in the assessment
scope.
NPO 会員、希少種の専門家:
審査対象林において同会の活動による森林
生態系へのマイナスの影響を確認していな
いことを述べた。
3
Instructor for a group of local school
children and parents who were visiting the
forest during this re-assessment, also local
chamber of commerce member:
He mentioned that he feels proud that the
NPO working in the forest in the local area
and he sympathizes with the policy and
objectives of the NPO. He appreciated the
NPO for providing his group of children and
their parents an opportunity to visit the
forest and participate in some of the field
work.
地元の学校児童及びその親のグループの引
率者(地元の商工会議所の会員):
同会が地元の森林で活動していることを誇
りに感じ、同会の方針や目的に賛同すると
述べた。彼の地元学校児童とその親のグル
ープに対し、森林を訪問し野外作業の一部
に参加する機会を提供してくれたことに謝
意を表した。
更新審査
The audit team confirmed that no negative changes
on forest ecosystem, through interview with other
members, inspection of monitoring records and field
visits.
審査チームは他のグループメンバーへのインタビュ
ー、モニタリング関連の記録類の検証、及び現場審
査を通じ、生態系へのマイナスへの影響が発生して
いないことを確認した。
The audit team confirmed that the NPO has accepted
request for visiting the forest by many groups, when
those group agrees the policy and the guidance set
by the NPO for protecting forest environment and
safe activities. Negative impacts to forest
ecosystem by accepting many visitors in the forests
have not been identified through monitoring activities
of the NPO. One positive observation was reported
regarding this point.
審査チームは、同会の森林環境の保全及び安全作業
に係わるガイドラインに同意する場合に、多数のグ
ループの森林への訪問希望を同会が受け入れてきた
ことを確認した。多数の訪問者を受け入れることに
よる森林生態系へのマイナスの影響は、同会のモニ
タリング活動において特定されていない。この点に
関し、肯定的観察事項が 1 件報告された。
AD 36A-12
Page 49 of 53
Comment コメント
Nr
Response 対応
Re Evaluation
4
Through stakeholder consultation conducted
before the re-assessment, following positive
comments and opportunities for
improvement were reported.
Positive comments:
Through over 10 years activities by the
NPO, current operation of the NPO is
conducted steadily.
Environmental protection such as
protection of streams and rare species
are well maintained through the
operation.
Publicity activities by the NPO,
contributes growing public awareness
for forest issues.
No chemicals are used in the forest.
Organic chainsaw oil is used at
operation.
Young people actively participate in
the NPO’ activities and this is good
environmental education opportunities
for them.
Soil erosion on steep slopes and trails
are well controlled.
Opportunities for improvement:
Thinning and pruning operations are
still needed for improving stand
condition and control of soil erosion.
Safety training and/or meeting should
be periodically held for newcomers.
Periodical check and maintenance
work on trails should be implemented
in order to control of damages by
hikers.
更新審査
The assessment team appreciated many positive
comments from stakeholders.
As for opportunities for improvement, the
assessment team confirmed that the core members
of the NPO understood those opportunities and took
them into account at their planning of activities.
審査チームは、利害関係者より多数の肯定的なコメ
ントが寄せられたことについて高く評価した。
改善の機会について、審査チームは同会の主要メン
バーはそれらについて認識しており、活動の計画策
定時に考慮していることを確認した。
AD 36A-12
Page 50 of 53
Comment コメント
Nr
Response 対応
Re Evaluation
4
更新審査
更新審査前に実施された利害関係者協議に
おいて、以下のような肯定的なコメント及
び改善の機会が報告されていた。
肯定的なコメント:
同会の 10 年以上の活動により、現在
の会の活動は安定的に実行されてい
る。
会の広報活動が森林問題への一般の認
識の醸成に貢献している。
林内で化学薬品は使用されていない。
植物性のチェーンソーオイルが使用さ
れている。
若者が同会の活動に積極的に参加して
おり、よい環境教育の機会となってい
る。
急傾斜地及び歩道の土壌浸食がよく管
理されている。
改善の機会:
林相の改善及び土壌浸食の管理のため
に、更なる間伐及び枝打ちが必要であ
る。
新規参加者のために安全教育やミーテ
ィングは定期的に開催する必要があ
る。
ハイカーによる損傷の管理のために、
歩道に対し、定期的にチェック及び補
修作業を実施する必要がある。
Surveillance 1
1
A land owner of the scope area.
(also member of the NPO):
He mentioned that he appreciates various
activities including forest maintenance work
done by the NPO for his forest.
対象区域の土地所有者(NPO 会員でもあ
る):
同会が所有林にて実行してきた森林整備作
業を含む様々な活動に対し感謝の意を表し
た。
第 1 回維持審査
The audit team confirmed that the NPO and the
owner of the forest maintain good communications
and relationship for years through interview.
審査チームはインタビューを通じ、同会と対象森林
の土地所有者が良好なコミュニケーションと関係を
維持していることを確認した。
AD 36A-12
Nr
Page 51 of 53
Comment コメント
Response 対応
Re Evaluation
2
更新審査
Visitor group to the forest.
Audit team acknowledged their comments.
The group was interested in the activities
the NPO was doing. They thanked the NPO
for accepting them to visit the forests.
審査チームは彼らのコメントを承知した。
森林見学グループ
グループは NPO が行なっている活動に関心
があった。彼らは、自分たちの森林見学を
受け入れてくれた NPO に感謝した。
3
Visitor junior high school students
Audit team acknowledged their comments.
The student group was participating in the
NPO's forest work as part of voluntary afterschool activity with the school and their
parents’ approval.
審査チームは彼らのコメントを承知した。
They said it was interesting for them to work
in the forests.
They took cautions in using tools to cut
down small trees and to take plenty of water
to prevent heat stroke.
An NPO member was with them to keep the
students under watch to prevent safety and
health hazards as well as to assist them.
訪問参加の中学生
学生グループは学校と保護者の承認のもと
NPO の森林作業に課外活動の一環で参加し
ていた。
彼らは林内で作業するのは興味深いと言っ
ていた。
彼らは小さな木を切るために道具を使うに
あたり注意し、熱中症予防のため水を十分
取ることに注意していた。
NPO 会員が安全及び健康上n自己を防止し
彼らをサポートするために彼らと行動を共
にしていた。
Audit team confirmed that sufficient support (support
staff, instructions, tools, etc.) was provided to the
student group by the NPO.
審査チームは NPO により学生グループに十分な支援
(支援スタッフ、指示、道具、など)がなされてい
ることを確認した。
AD 36A-12
Page 52 of 53
Comment コメント
Nr
Response 対応
Re Evaluation
4,5
,6,
7,8
,9
更新審査
NPO members.
Audit team acknowledged their comments.
All teams working in the forests had first aid
kit with them.
審査チームは彼らのコメントを承知した。
Briefing was conducted on the work to be
done on the day and cautions necessary for
safety and health were shared with the
team.
NPO members understood the meaning of
on-site markings for buffer zone and the
applicable procedures on buffer zone.
Observations were raised through this audit and the
NPO accepted them to better improve its forest
management.
観察事項がこの審査で定期され、NPO はその森林管
理を改善するためにそれらを受け入れた。
The NPO members said that they were
happy to participate in this forest
management activity. They mentioned that
they welcome comments from SGS Japan
to improve their forest management.
NPO 会員
林内で作業をしていた全ての班が救急セッ
トを所持していた。
その日に行なう作業の打合せが実施され、
安全及び健康面で必要な注意事項が班で共
有されていた。
NPO 会員はバッファーゾーンの現場でのマ
ーキングの意味とバッファーゾーンに適用
される手順を理解していた
NPO 会員はこの森林管理活動に参加するの
が楽しいと述べた。彼らは森林管理を改善
するために SGS ジャパンからの意見を歓迎
すると述べた。
14.
Surveillance 2
第 2 回維持審査
Surveillance 3
第 3 回維持審査
Surveillance 4
第 4 回維持審査
RECORD OF COMPLAINTS 苦情の記録
Detail 詳細
Nr
Complaint 苦情:
苦情
Date Recorded >
記録日
dd MMM yy
AD 36A-12
Page 53 of 53
Detail 詳細
Nr
The NPO and SGS have not received any complaints on the forest management since the previous
assessment conducted in 2009.
2009 年に実施された前回審査以降、森林管理に関する苦情は NPO 及び SGS において受け付けら
れていない。
SA1-2011
The NPO and SGS have not received any complaints on the forest management since the previous
assessment conducted in 2010.
2010 年に実施された前回審査以降、森林管理に関する苦情は NPO 及び SGS において受け付けら
れていない。
Objective evidence obtained 客観的な証拠:
客観的な証拠
Close-out information 完了の情報:
完了の情報
End of Public Summary
公開概要報告書
完
Date Closed >完
完
了日
dd MMM yy
Fly UP