...

IC-2730 IC-2730D 取扱説明書

by user

on
Category: Documents
28

views

Report

Comments

Transcript

IC-2730 IC-2730D 取扱説明書
取扱説明書
DUAL BAND TRANSCEIVER
i2730
i2730D
この無線機を使用するには、総務省のアマチュア無線局の免許が必
要です。
また、アマチュア無線以外の通信には使用できません。
この取扱説明書には、別売品のことも記載していますので、お読み
になったあとも大切に保管してください。
はじめに
このたびは、本製品をお買い上げいただきまして、まことにあり
がとうございます。
本製品は、FM/AM(受信のみ)を搭載したデュアルバンド(VHF/
UHF)のトランシーバーです。
ご使用の前に、この取扱説明書をよくお読みいただき、本製品の
性能を十分に発揮していただくとともに、末長くご愛用くださいま
すようお願い申し上げます。
取扱上のご注意
◎使用できるのは、日本国内に限られています。
◎本製品は、厳重な品質管理のもとに、生産・出荷されていますが、
万一ご不審な点、お気づきの点などがございましたら、お買い上
げいただいた販売店、または弊社サポートセンターへお問い合わ
せください。
◎電 源を接続する前に、必ずこの取扱説明書をよく読んで、電源
電圧を確認してください。
登録商標/著作権について
アイコム株式会社、アイコム、Icom Inc.、アイコムロゴ、ポケット
ビープは、アイコム株式会社の登録商標です。
Bluetoothのワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG、Inc. が
所有する登録商標であり、アイコム株式会社はこれらのマークをラ
イセンスに基づいて使用しています。
その他、本書に記載されている会社名、製品名は、各社の商標およ
び登録商標です。
本書の内容の一部、または全部を無断で複写/転用することは、禁止
されています。
i
付属品について
DC電源ケーブル
(約3m)
コントローラー
ケーブル
(約3.5m)
マイクロホン
(HM-207)
□ 取扱説明書(本書)
□ 愛用者カード
□ 保証書
ユーザー登録について
本製品のユーザー登録は、アイコムホームページでお受けしています。
インターネットから、http://www.icom.co.jp/にアクセスしてい
ただき、ユーザー登録用フォーム(サポート情報→ユーザー登録)に
したがって必要事項を入力してください。
個人情報の取り扱いについて
弊社が個人情報を利用する場合、事前に明確にした利用目的達成の
必要範囲内にて利用し、範囲を超えての利用はいたしません。
弊社の個人情報保護方針については、弊社ホームページhttp://
www.icom.co.jp/ をご覧ください。
はじめに
本製品は、VHF(144MHz帯)とUHF(430MHz帯)のそれぞれによ
る電波伝搬の特長を生かした交信が楽しめます。
VHF帯/UHF帯の電波は直進性が高く、建物や山岳などによる減衰や
反射で電波の強度が変化し、通信状態に影響を与えます。
通信状態への影響はバンドによっても異なり、ビルの中や市街地などで
は影響を受けやすく、通信距離が大きく変化する場合があるので、相
手局に対して見通しのよい場所で運用することをおすすめします。
■ 144MHz帯の特長
VHF帯のメインストリートと言われています。
全国どこへ移動しても交信相手には困りません。
また、仲間との通話や連絡用としても役立ちます。
■ 430MHz帯の特長
レピータを使用すれば、電波が直接届かない局とも交信できます。
電波法についてのご注意
電波法第59条で 「特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受し
てその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。」
と通信の秘密について定められています。
電波を発射する前に
はじめに
本製品のおもな特長と楽しみかた
アマチュア局は、自局の発射する電波が、テレビやラジオの受信に
障害を与えたり、障害を受けているとの連絡を受けたりした場合
は、ただちに電波の発射を中止して、障害の有無や程度を確認して
ください。
参考 無線局運用規則 第8章 アマチュア局の運用
第258 条 アマチュア局は、自局の発射する電波が他の
無線局の運用又は放送の受信に支障を与え、若しくは与え
るおそれがあるときは、すみやかに当該周波数による電波
の発射を中止しなければならない。
以下省略
障害が自局の電波によるものと確認された場合、無線機やアンテナ
系を点検(☞P61)して、障害に応じて弊社サポートセンターやお
買い上げの販売店などに相談して、適切な処置をしてください。
受信側に原因がある場合、障害対策は単に技術的な問題に止まら
ず、ご近所付き合いなどで、むずかしい場合もあります。
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)では、電波障害の対
策と防止についての相談窓口を開設しておりますので、対策にお困
りの場合はご相談ください。
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)
〒170-8073 東京都豊島区南大塚3-43-1 大塚HT ビル
TEL 03-3988-8754
※無
線機の取り扱いには十分配慮して、電波法を守ってください。
※ 使用できるのは、日本国内に限られています。
ii
はじめに
モービル運用上のご注意
◎本
製品を自動車に取り付けたあと、本製品の電源を入れた状態
で、自動車のブレーキランプ、ヘッドライト、ウインカー、ワイ
パーなどが正常に動作することを確認してください。
◎ 自 動車の板金部に沿って DC電源ケーブルを通す場合、保護用
テープを巻くことをおすすめします。
DC電源ケーブルと板金部がこすれると、外被が破れ、ショート
の原因となることがあります。
◎ ア ンテナの同軸ケーブルからは電波がふく射されるので、自動
車のコンピューター(コントロールユニット)、およびハーネスか
ら遠ざけ、ハーネスと交差する場合は、ハーネスと直角になるよ
うに取り付けてください。
◎ 自動車のコンピューター(コントロールユニット)に影響をおよ
ぼさないようにするため、無線機、アンテナ、同軸ケーブルなど
は、次のような電波障害留意機器より20cm以上はなして取り
付けてください。
 エンジン関係 :燃
料噴射装置/エンジンコントロールユニット(ガソリ
ン車)、グローコントロールユニット(ディーゼル車)
 トランスミッション関係
:電子制御式変速機/4WDコントロールユニット
 その他
:E
CS/EPS/ABS/ETACS/フルオートエアコン/オート
ヒーターコントロールユニット/Gセンサー
◎本
製品を操作中、自動車のコンピューター(コントロールユニッ
ト)に影響をおよぼしていることがわかった時点で、本製品の電
源を切り、DC電源ケーブルを本製品から抜いてください。
◎ 自動車に本製品、および別売品を取り付けるときは、前方の視界
や運転操作を妨げる場所など、運転に支障をきたす場所、同乗
者に危険をおよぼす場所などには絶対取り付けないでください。
交通事故やけがの原因になります。
iii
◎本
製品、および別売品を取り付ける場合、安全運転に支障がない
ように(ケーブル等が絡まらないように)配線してください。
◎モ
ービル運用では、できるだけ送信出力を下げてお使いください。
送信により、多くの電流が流れると、バッテリー上がりの原因に
なります。
◎ エアバッグシステム装備車に本製品、および別売品を取り付ける
ときは、このシステムの動作に影響をおよぼす取り付けかたはし
ないでください。
◎ 安 全運転のため、運転中に無線機を操作したり、無線機の表示
部を注視(表示部を見つづける行為)したりしないでください。
無線機を操作、または表示部を注視する場合は、必ず安全な場所
に自動車を停車させてください。
◎ 安 全運転に必要な外部の音が聞こえない状態で自動車を運転し
ないでください。
一部の都道府県では、運転中にイヤホンやヘッドホンなどを使
用することが規制されています。
内部スプリアスについて
本製品の内部発振(スプリアス)により、受信できなかったり、雑音
が発生したりする周波数もありますが、故障ではありません。
このような場合は、MENUモードの「IF-EXC」(IF周波数入れ替え )項
目の設定を変更すると回避することがあります。(☞P14)
電磁ノイズについて
以下に示すようなインバーター内蔵の電子機器の近くで使用すると、
電磁ノイズの影響を受けて、正常に受信できないことがあります。
【インバーター内蔵のおもな電子機器】
◎LED照明器具
◎電磁調理器
◎自動車に搭載された電子機器 ◎太陽光発電装置
もくじ
4
5
6
7
8
9
メモリーチャンネルの使いかた…………
■ メモリーチャンネルについて… ………
■ チャンネルの呼び出しかた… …………
■ メモリー (M-CH/CALL-CH)への
書き込みかた… …………………………
■メ
モリーチャンネル(M-CH)に
バンクを割り当てる… …………………
■ メモリー /バンクネームの入力…………
■ メモリークリア(消去)のしかた… ……
スキャンについて…………………………
■ スキャンについて… ……………………
■ プログラムスキャンエッジの新規登録……
■ VFOモードのスキャン… ………………
■ スキップ周波数の登録と解除について……
■ メモリーモードのスキャン… …………
■ スキップチャンネルの指定と
解除について… …………………………
■ 一時スキップの指定のしかた… ………
プライオリティースキャン………………
■ プライオリティースキャンについて……
■ VFOとプライオリティーチャンネル……
■ VFOとメモリー /バンクスキャン… …
レピータ/デュプレックス運用について……
■ オートレピータ機能での交信… ………
■ デュプレックス運用について… ………
■ 送信時のオフバンド表示について… …
各種機能の使いかた………………………
■ ホームCHビープ機能について…………
■ DTMFメモリー機能の使いかた… ……
■ DTMFコードの送出のしかた… ………
■ トーンスケルチ機能… …………………
■ クローニングについて… ………………
設置と接続…………………………………
■ コントローラーと本体の接続のしかた……
■ マイクロホンの接続… …………………
■ 安定化電源装置の接続… ………………
■ コントローラーの設置… ………………
24
24
25
26
28
30
31
32
32
34
37
38
39
40
40
41
41
42
43
44
44
46
47
48
48
49
50
52
55
57
57
57
58
58
■ 車内への設置場所について… …………
■ アンテナの接続… ………………………
■ 電源の接続… ……………………………
10 別売品について……………………………
■ 別売品についてのご注意… ……………
■ 別売品一覧… ……………………………
11 BluetoothⓇの使いかた… …………………
■ BluetoothⓇでできること………………
■ 電波干渉についてのご注意… …………
■ 電波法についてのご注意… ……………
■ 2.4GHz現品表示記号の意味について……
■ UT-133の取り付けかた… ……………
■ ペアリングのしかた… …………………
■ VOX機能の使いかた……………………
■ その他のヘッドセット設定… …………
■ 最大ペアリング数について… …………
■ 切断のしかた… …………………………
■ ペアリング登録機器の削除のしかた…
■ 初期化のしかた… ………………………
12 定格…………………………………………
■ 一般仕様… ………………………………
■ 送信部… …………………………………
■ 受信部… …………………………………
13 リセット/困ったときは… …………………
■ リセットについて… ……………………
■ トラブルシューティング… ……………
■ アフターサービスについて… …………
■ パワープロテクト機能について… ……
■ ヒューズの交換… ………………………
14 免許申請について…………………………
■ 無線局事項書の書きかた… ……………
■ 工事設計書の書きかた… ………………
■ バンドの使用区別(バンドプラン)
について… ………………………………
さくいん…………………………………………
MENUモードのさくいん… ……………………
60
61
62
63
63
63
64
64
65
65
65
66
67
68
70
71
71
71
71
72
72
72
73
74
74
75
77
78
78
79
79
79
もくじ/はじめに
はじめに…………………………………………… i
取扱上のご注意…………………………………… i
登録商標/著作権について… ……………………… i
付属品について…………………………………… i
ユーザー登録について…………………………… i
個人情報の取り扱いについて…………………… i
本製品のおもな特長と楽しみかた……………… ii
電波法についてのご注意………………………… ii
電波を発射する前に……………………………… ii
モービル運用上のご注意………………………… iii
内部スプリアスについて………………………… iii
安全上のご注意(必ずお読みください )…………… v
1 各部の名称と機能…………………………… 1
■ 前面パネル
(コントローラー)
… ………… 1
■ ディスプレイ… …………………………… 2
■ 本体部… …………………………………… 4
■ HM-207
(リモコンマイク)について…… 5
2 MENUモードについて… …………………… 8
■ MENUモードの画面……………………… 8
■ MENUモードの階層……………………… 8
■ 設定項目の選択方法… ………………… 10
■ 各設定項目について… ………………… 11
■ MENU項目について…………………… 16
3 基本操作のしかた………………………… 20
■ MAINバンドの選びかた… …………… 20
■ 運用モード[VFO/メモリー /コールチャン
ネル]の切り替えかた…………………… 20
■ 運用バンド
(周波数帯)について… …… 20
■ 周波数を設定する… …………………… 21
■ 音量とスケルチを調整する… ………… 22
■ ロック機能の使いかた… ……………… 22
■ 送信出力を設定して交信する… ……… 22
■ 受信モード
(電波型式)を設定する… … 23
■ 受信モニター機能について… ………… 23
■ マイクゲインの設定… ………………… 23
81
82
85
iv
安全上のご注意(必ずお読みください )
安全にご使用いただくために、
必ずお読みください。
■ 本製品とUT-133(別売品)について
◎使
用者、および周囲の人への危害や財産への損害を未然に防ぎ、
製品を安全に正しくお使いいただくために、守っていただきた
い注意事項を示しています。
◎ 次 の『R危険』
『R警告』
『R注意』の内容をよく理解してから、本
文をお読みください。
R 危険
これを無視して誤った取り扱いをすると「使用者、
および周囲の人が、死亡または重傷を負う危険が
差し迫って生じることが想定される内容」を示して
います。
R 警告
これを無視して誤った取り扱いをすると「使用者、お
よび周囲の人が、死亡または重傷を負う可能性が
想定される内容」を示しています。
R 注意
これを無視して誤った取り扱いをすると「人が傷害
を負う可能性が想定される内容、および物的損害
のみの発生が想定される内容」を示しています。
【免責事項について】
お客様、または第三者が、取扱説明書記載の使用方法とは異なる
使用方法で本製品を使用したことにより生じた故障、ならびに本
製品の違法な使用により生じた故障につきましては、当社は一切
責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。
本製品の使用により本製品以外に生じた損害につきましては、法
令上の賠償責任が認められる場合を除き、当社は一切責任を負い
ませんので、あらかじめご了承ください。
v
R 危険
◎ 送信中は絶対にアンテナに触れないでください。
感電、けが、故障の原因になります。
◎ 引火性ガスの発生する場所では絶対に使用しないでください。
引火、火災、爆発の原因になります。
◎ 自動車などの運転中は、本製品を操作しないでください。
交通事故の原因になります。
◎液
晶ディスプレイが破損した場合は、液もれした液に触れないでく
ださい。
液もれした液が目に入ったり、皮膚や衣服に付着したりしたときは、こ
すったり、触れたりしないでください。
失明、皮膚障害のおそれがありますので、すぐにきれいな水で洗い流し
たあと、ただちに医師の治療を受けてください。
R 警告
◎民間航空機内、空港敷地内、新幹線車両内、これらの関連施設周辺
では絶対に使用しないでください。
交通の安全や無線局の運用などに支障をきたす原因になります。
運用が必要な場合は、使用する区域の管理者から許可が得られるまで電
源を入れないでください。
◎電子機器の近く
(特に医療機器のある病院内)では絶対に使用しな
いでください。
電波障害により電子機器が誤動作、故障する原因になりますので、電源
を切ってください。
◎湿気やホコリの多い場所、風通しの悪い場所に設置しないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
◎水などでぬれやすい場所(加湿器のそばなど)に設置しないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
◎ 定格以外の電圧は使用しないでください 。
火災、感電、故障の原因になります。
安全上のご注意
R 警告
◎D
C電源ケーブルを接続するときは、⊕(プラス)と⊖(マイナス)
の極性を間違えないように十分注意してください。
火災、
感電、
故障の原因になります。
また、別売品の取り付けやヒューズを交換するとき以外には、絶対に分
解しないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
火災、
感電、
故障の原因になります。
◎DC電源ケーブルのヒューズホルダーは、絶対に取りはずさないでください。
◎電
源ケーブルや接続ケーブルの上に重いものを載せたり、挟んだ
りしないでください。
◎指定以外のヒューズを使用しないでください。
ショートして発火、火災などの原因になります。
傷ついて破損して、
火災、感電、故障の原因になります。
火災、故障の原因になります。
◎電
源ケーブルや接続ケーブルを無理に曲げたり、ねじったり、引っ
張ったり、加熱や加工をしたりしないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
傷ついて破損して、
火災、感電、故障の原因になります。
◎電
源ケーブルや接続ケーブルを抜き差しするときは、ケーブルを
引っ張らないでください。
火災、感電、故障の原因になりますので、プラグ、またはコネクターを
持って抜いてください。
◎製品の中に線材のような金属物や水を入れないでください。
◎大きな音量でヘッドホンやイヤホンなどを使用しないでください。
大きな音を連続して聞くと、耳に障害を与える原因になります。
◎別売品を組み込む前やヒューズを交換する前に、電源ケーブルや
接続ケーブルをはずしてください。
火災、感電、故障の原因になります。
◎電
源ケーブルや接続ケーブルが傷ついたり、DC電源コネクターの
差し込みがゆるかったりするときは使用しないでください。
◎別売品を組み込むときやヒューズを交換するときは、説明と異な
る取り付けをしないでください。
火災、
感電、
故障の原因になります。
ケーブルに不具合が生じたときは、お買い上げの販売店、または弊社サ
ポートセンターにご連絡ください。
◎雷鳴が聞こえたときは使用しないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
発熱、
火災の原因になります。
本製品にDC電源装置を接続しているときは、安全のためACコンセント
から電源プラグを抜いてください。
また、アンテナには絶対触れないでください。
火災、感電、故障の原因になります。
◎電
源プラグのピン、およびその周辺にホコリが付着している場合
は、乾いた布でよくふき取ってください。
◎赤ちゃんや小さなお子さまの手が届かない場所に設置、使用して
ください。
火災、
感電、
故障の原因になります。
感電、けがの原因になります。
◎長
時間使用しないときは、DC電源コネクターに接続している、DC
電源ケーブルを抜いてください。
安全上のご注意
◎付
属、または指定以外の DC電源ケーブルを使用しないでください。
◎ この製品は完全調整していますので、改造しないでください。
◎アンテナを接続しないで送信したり、送信しながらアンテナを接続
したりしないでください。
感電、
故障の原因になります。
vi
安全上のご注意
R警告(つづき)
◎万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常がある場
合は、使用しないでください。
そのまま使用すると、
火災、感電、故障の原因になります。
すぐにDC電源ケーブルを確実に抜いてください。原因等につきまして
は、煙が出なくなるのを確認してから、お買い上げの販売店、または弊社
サポートセンターにお問い合わせください。
R 注意
◎ぐらついた台の上や、 傾いたり振動の多い場所に設置したりしな
いでください。
落ちたり、
倒れたりして火災、けが、故障の原因になることがあります。
◎機器用プラグに金属片やゴミを付着させないでください。
ショートして発火の原因になるおそれがあります。
◎直射日光の当たる場所に設置しないでください。
火災、
故障、
変形、
変色の原因になることがあります。
◎テレビやラジオの近くで送信しないでください。
電波障害を与えたり、
受けたりする原因になることがあります。
◎容易に人が触れることができる場所にアンテナを設置しないでください。
送信中のアンテナは高電圧(数kV)になることがあるため、感電、けが、故
障の原因になることがあります。
◎マイクロホンを接続するときは、指定以外のマイクロホンを使用
しないでください。
故障の原因になることがあります。
◎ぬれた手で電源プラグやコネクターなどを絶対に触れないでください。
感電の原因になることがあります。
◎放熱部に触れないでください。
長時間使用すると放熱部の温度が高くなり、やけどの原因になることが
あります。
vii
◎長時間の連続送信はしないでください。
故障、やけどの原因になることがあります。
◎製品を落としたり、強い衝撃を与えたりしないでください。
けが、故障の原因になることがあります。
◎製品の上に乗ったり、重いものを載せたり、挟んだりしないでください。
故障の原因になることがあります。
◎別売品を組み込むとき以外は、製品のケースを開けないでください。
感電、けが、故障の原因になることがあります。
◎清掃するときは、洗剤や有機溶剤(シンナー、ベンジンなど)を絶
対に使用しないでください。
ケースが損傷したり、塗装がはがれたりする原因になることがあります。
ふだんは、乾いたやわらかい布でふき、汚れのひどいときは、水を含ませ
たやわらかい布をかたく絞ってふいてください。
各部の名称と機能
1
■ 前面パネル(コントローラー)
ディスプレイ(☞P2)
w
e
r
w
e
r
t
t
y
u
i o
uy
マイクコネクター
(☞P4)
q 電源 ミュートキー [ ]( )
キーを長く押すごとに、電源を ON/OFFします。
キーを短く押すと、ミュート機能(消音)が動作します。
w メイン バンドキー [MAIN BAND]
キーを短く押すと、メインバンドを設定します。
 VFOモード時の操作
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、バンド切り替え表
示に切り替わります。(☞P20)
 メモリーモード時の操作
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、バンク切り替え表
示になります。(☞P29)
e VFO/MHzステップ スキャンキー [V/MHz SCAN]
キーを短く押すと、VFOモードになります。(☞P20)
VFOモード時にもう一度短く押すと、1MHzステップ表示に切
り替わります。(☞P21)
キーを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押すと、各種スキャンの選択
画面が表示されます。(☞P32)
各部の名称と機能
q
1
r メモリー コールキー [MR CALL]
キーを短く押すと、メモリーモードになります。(☞P25)
キーを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押すと、コールチャンネル
モードになります。(☞P25)
t 音量ツマミ[VOL](☞P22)
y ダイヤルツマミ[DIAL]
V
FOモード時の操作(☞P21)
周波数が変わります。
メ
モリーモード時の操作(☞P25)
メモリーチャンネルが切り替わります。
ス
キャン中の操作(☞P33)
スキャンの方向が変わります。
 MENUモード時の操作(☞P10)
設定項目、設定値が切り替わります。
u スケルチツマミ[SQL]
スケルチレベルを調整するツマミです。(☞P22)
i モニター デュプレックスキー [MONI DUP]
キーを短く押すごとに、モニター機能を ON/OFFします。(☞P23)
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、DUP選択画面を表示
します。(☞P46)
o ローパワー DTMFキー [LOW DTMF]
キーを短く押すと、送信出力を選択します。(☞P22)
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、DTMFの選択画面を表
示します。(☞P49、P50)
【ご参考】
どちらのバンドを操作しているかがわかるように、左側バンドの
操作音は低く、右側バンドの操作音は高く設定されています。
1
1
各部の名称と機能
■ 前面パネル(コントローラー)(つづき)
■ ディスプレイ
q
w e
r
t
y
u
!6
!0 !1
!0 メモリーライトキー [MW]
 VFOモード時の操作
キ ー を短 く押 すと、 メ モ リ ー 書 き込 み画 面 が表 示 されます。
(☞P26)
キーを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押すと、VFO周波数が空い
ているチャンネルに書き込まれます。(☞P26)
 メモリーモード時の操作
キ ー を短 く押 すと、 メ モ リ ー 編 集 画 面 が表 示 されます。
(☞P27)
]
!1 メニュー ロックキー[MENU
キーを短く押すと、MENUモードに入ります。(☞P8)
キーを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押すごとに、ロック機能を
ON/OFFします。(☞P22)
2
i
o
!5
!4
!3
!9
!2
!8
!1 !0
!7
q メインバンド表示
メイン側のバンドに表示されます。(☞P20)
メイン側のバンドだけ、送信ができます。
MENUモードは、MAINバンドに対して動作します。
w 送信表示(☞P22)
送信中に表示されます。
e デュプレックス表示
デュプレックスモード時に表示されます。(☞P46)
r 各種トーン機能表示(☞P52)
t Bluetooth®表示
別売品の UT-133(Bluetooth®ユニット)を搭載した本製品が
Bluetooth®ヘッドセットと Bluetooth®接続しているときに表
示されます。(☞P64)
y ロック表示
ロック機能ON時に表示されます。(☞P22)
u 運用周波数表示部(☞P21、P25)
各部の名称と機能
1
i メモリーチャンネル番号表示部
メ モ リ ー チ ャ ン ネ ル、 メ モ リ ー バ ン ク、 コ ー ル チ ャ ン ネ ル、
MENUモードの項目などが表示されます。(☞P25)
o プライオリティー表示
プライオリティースキャン中に表示されます。(☞P41)
!0 スキップ表示
スキップが指定されたチャンネル(周波数)を選択時に表示しま
す。(☞P38)
!1 受信モード表示(☞P23)
運用している受信モード(電波型式)を表示します。
!2 送信出力表示(☞P22)
送信出力の設定を3段階「LOW(低)」、「MID(中)」、「消灯(高)」
で表示します。
!3 VOX表示
本製品と別売品の VS-3(Bluetooth®ヘッドセット)が Bluetooth®
接続をしているとき、VOX機能をONにすると表示します。(☞P68)
!4 メモリーモード表示(☞P20、P24)
メモリーモード時に表示されます。
!5 S/RFメーター表示
受信時は、受信した信号の強さを表示します。
送信時は、RFレベルメーターとして表示します。(☞P22)
!6 ビジー表示
受信状態でスケルチが開いているときに点灯します。
モニター機能動作中は点滅します。(☞P23)
各部の名称と機能
1
以下の4つの表示は、MENUモードやメモリー書き込み画面で表示
され、画面の下にあるキーを押して操作します。
2
3
4
5
6
!7 クリア表示[CLR]
 MENUモード時の操作:
[MENU
]を押すと、1つ上の階層に戻ります。
 文字入力モード時の操作:
[MENU
]を短く押すと、選択した文字を消去します。
]を長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押すと、カーソ
[MENU
ルで選択した文字と、それより右にあるすべての文字を消去し
ます。
!8 エンター表示[ï]
[MW]を押すと、MENUモードの選択内容を確定します。
!9 左右表示[]/[]
:[MONI DUP]を押すと、MENUモードの1つ上の階層に戻
ります。
:[LOW DTMF]を押すと、MENUモードの1つ下の階層に進
みます。
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
3
1
各部の名称と機能
■ 本体部
前面
w
q
後面
u
e
r
t y
t SP1(外部スピーカー )ジャック
y SP2(外部スピーカー )ジャック
外部スピーカーを接続するジャックです。
インピーダンスは8Ωです。
スピーカーの接続と音声出力の関係は、下表をご覧ください。
外部スピーカー
接続条件
SP-1+SP-2
SP-1のみ
SP-2のみ
q マイクコネクター
付属のマイクロホン(HM-207)、または別売品のノイズキャンセ
リングマイクロホン(HM-209)を接続するコネクターです。
w コントロールコネクター (☞P57)
付属のコントローラーケーブルを接続するコネクターです。
e アンテナコネクター [ANT](☞P61)
アンテナを接続するコネクターです。インピーダンスが50Ωの
アンテナを、M型コネクターで接続します。
本製品はデュプレクサーを内蔵していますので、市販のデュアル
バンドアンテナ(144/430MHz帯)を、そのまま接続できます。
詳しくは、
「内蔵のデュプレクサーについて」(☞P61)をご覧くだ
さい。
r 空冷ファン
放熱用のファンです。
送信時自動的に動作させるオートと、電源ONと同時に動作する
連続動作が、MENUモードで選択できます。(☞P13)
4
音声出力
外部スピーカー
内部スピーカー
SP-1
SP-2
左バンド
右バンド
–
両バンド
–
–
–
右バンド
左バンド
u 電源コネクター
DC13.8Vの電源を接続するコネクターです。(☞P62)
DDマイクコネクター結線図
(正面から見た図) q + 8V
i∼q
wMIC U/D
eM8V SW
rPTT
tGND
yMIC
uGND
iDATA IN
+ 8V/最大10mAの出力
マイクアップ/ダウン信号入力
HM-207の接続判断信号入力
PTTスイッチの信号入力
マイクのアース
マイクの信号入力
PTTのアース
HM-207の制御信号入力
各部の名称と機能
1
■ HM-207(リモコンマイク)について
t
r
e
w
q
y
u
i
o
!0
マイク部
q LED 1
マイクロホンの [PTT]で送信すると、赤色に点灯します。
w アップ ダウンキー [Y]/[Z]
キーを押すと、周波数やメモリーチャンネルが切り替わります。
キーを押しつづけると、連続で切り替わります。
e PTTスイッチ[PTT]
押しているあいだは送信状態、はなすと受信状態に戻ります。
各部の名称と機能
HM-207は、手元で周波数やメモリーチャンネルの設定ができ、
音量やスケルチの調整なども簡単に操作できるマイクロホンです。
1
]
r VFO メモリーキー [VFO/MR
キーを押すごとに、VFOモードとメモリーモードが切り替わり
ます。
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すごとに、ロック機能が
ON/OFFします。
t ホーム コールキー [HOME CALL]
キーを押すと、登録したホームCHを表示します。
キーを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すごとに、コールチャンネ
ルモードが ON/OFFします。
y メイン デュアルキー [MAIN DUAL]
キーを押すと、メインバンドを設定します。
u [F-1]キー
[F-1]キーに設定している機能を呼び出します。
(初期設定値 受信待機中:BND.BNK、送信中:T-CALL)
[F-2]キー
[F-2]キーに設定している機能を呼び出します。
(初期設定値 受信待機中:MONI、送信中:---)
※ [ F-1]/[F-2]キーは、MENUモードでほかの機能に設定できま
す。(☞P9)
各機能の詳細については、7ページをご覧ください。
i クリアキー [CLR]
MENUモードが表示されているときは、キーを押すと、MENU
モードを解除します。
o エンターキー [ENT]
VFOモードの周波数やメモリーモードのチャンネル入力後、確定
します。
!0 LED 2
電源ON時、緑色に点灯します。
5
1
各部の名称と機能
■ HM-207(リモコンマイク)について(つづき)
!1
!7
!2
!3
!6
!4
!5
!6 [Q .]キー
周波数入力画面で押すと、デシマルポイントが入力されます。
DTMF入力時に押すと「*」が入力されます。
※ 画面上では、DTMFコードの「*」は「E」と表示されます。
!7 [0] ~ [9]キー
周波数入力画面、または DTMF入力時に押すと、「0」~「9」が入
力されます。
DD周波数とメモリーチャンネル(M-CH)設定のしかた
!1 [VOL∫ A]キー
押すと、受信時の音量が上がります。
DTMF入力時に押すと「A」が入力されます。
!2 [VOL√ B]キー
押すと、受信時の音量が下がります。
DTMF入力時に押すと「B」が入力されます。
!3 [SQL∫ C]キー
押すと、スケルチレベルが上がります。
DTMF入力時に押すと「C」が入力されます。
!4 [SQL√ D]キー
押すと、スケルチレベルが下がります。
DTMF入力時に押すと「D」が入力されます。
!5 [# CE]キー
周波数入力画面で押すと、入力している周波数が消去されます。
DTMF入力時に押すと「#」が入力されます。
※ 画面上では、DTMFコードの「#」は「F」と表示されます。
6
〔周波数設定の入力例〕
]を押して、VFOモードにします。
[VFO/MR
◎435.680MHzの設定
[4] [3] [5] [6] [8] [0] と押す
◎439.680MHz→439.540MHzの設定
[.] [5] [4] [0] と押す
◎433.000MHzの設定
[4] [3] [3] [ENT]と押す
〔M-CH選択の入力例〕
]を押して、メモリーモードにします。
[VFO/MR
◎5CH
[5] [ENT]と押す
〔CALL-CH選択の入力例〕
[HOME CALL]を長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押して、コールチャ
ンネルモードにします。
◎C1
[Y]を押して C1を選ぶ
◎C0
C1選択時に、[Z]を押して C0を選ぶ
各部の名称と機能
1
1
各部の名称と機能
【ご参考】リモコンマイク(HM-207)の [F-1]/[F-2]キーに設定できる機能一覧です。(☞P13)
受信/待機中
機能
(表示名)
--MONI
※ [F-2]キー初期設定
機能
(表示名)
動作内容
割り当てなし
押すごとに、スケルチが開いたり閉じたりする
MR000
M-CH"000"を選択する
MR001
M-CH"001"を選択する
◎ VFOモード:運用バンドを切り替える
◎ メモリーモード
BND.BNK
※ [F-1]キー初期設定 :バンクOFF、(A ~ J)を選択する
※ 登録しているバンクだけが表示されます。
SCAN
押すごとに、スキャンを開始したり停止したりする
T-SKIP
スキャン中、スキャンの対象から一時的にはずす
(スキップする)ようにメモリーに登録する
MODE
受信モード(電波型式)を切り替える
LOW
送信出力を切り替える
DUP
デュプレックスモードの ON/OFFと、シフト方向
(DUP+/DUP-)を切り替える
PRIO
プライオリティースキャンのON/OFFを切り替える
TONE
各種トーン機能を切り替える (☞P52)
動作内容
VFOモードで長く (ピッ、ピピッと鳴るまで )押
すと、メインバンドで表示している周波数をメモ
リーチャンネルに書き込む
MW
※ 自動的に空きチャンネルを選択して書き込みます。
MUTE
ミュート(消音)機能の ON/OFFを切り替える
DTMFTX
DTMFコードダイレクト入力画面を表示する
T-CALL
T-CALL*を送出する
送信中
機能
(表示名)
---
※ [F-2]キー初期設定
LOW
T-CALL
※ [F-1]キー初期設定
動作内容
割り当てなし
送信出力を切り替える
T-CALL*を送出する
* T-CALL: 1750Hzトーン信号
7
2
MENUモードについて
MENUモードでは、初期設定されている運用条件を運用する状況
やお好みの使いかたに応じて変更できます。
MENUモードは、MAINバンドに対して動作します。
【ご参考】MENUモードの画面
■ MENUモードの階層
各設定項目内に、さらに設定項目が配置されています。これを「階層」
といいます。階層を移動するときは、[CLR]D、[ï]D、または [Ω]
MENU項目
選択肢/設定値
左 側 に、MENU項 目
が表示されます。
右 側 に、MENU項 目
の選択肢や設定値が
表示されます。
D/[≈]Dを押します。(+P10)
MENU
TONE
8
EXMENU
OFF/TONE/TSQL
/TSQL/DTCS
/
DTCS/TSQL-R/DTCS-R/DTC.OFF/TON.
DTC/DTC.TSQ/TON.TSQ
OFFSET
0.000 ~ 59.995
R TONE
67.0 ~ 254.1
C TONE
67.0 ~ 254.1
CODE
023 ~ 754
DTCS-P
BOTH N/TN-RR/TR-RN/BOTH R
TS
5.0 ~ 50.0/AUTO
LIGHT
1~4
PRIO
OFF/ON/BELL
PAUSE
2 ~ 20SEC/HOLD
RESUME
0SEC/1 ~ 5SEC/HOLD
MODE
FM/FM-N AM/AM-N
HOME CH
SET.FREQ/SET MR
EXMENU
右に EXMENUの階層を記載しています。
MOD.TS
MODE
TS
DUP.T
TONE
OFFSET
R TONE
C TONE
TBURST
CODE
DTCS-P
SCAN
PRIO
PAUSE
RESUME
TEMP
P-SKIP
B-LINK
P-EDGE
P-LINK
FM/FM-N/AM/AM-N
5.0 ~ 50.0/AUTO
OFF/TONE/TSQL
/TSQL/DTCS
/
DTCS/TSQL-R/DTCS-R/DTC.OFF/TON.
DTC/DTC.TSQ/TON.TSQ
0.000 ~ 59.995
67.0 ~ 254.1
67.0 ~ 254.1
OFF/ON
023 ~ 754
BOTH N/TN-RR/TR-RN/BOTH R
OFF/ON/BELL
2 ~ 20SEC/HOLD
0SEC/1 ~ 5SEC/HOLD
5MIN/10MIN/15MIN
OFF/ON
BANK-A ~ J
OFF/ON
PROG00 ~ 24
NAME/FREQ L/FREQ H/
TS/MODE/WRITE
PLINK0 ~ 9
LINK/NAME/ADD/CLEAR
MENUモードについて
2
EXMENU(つづき )
DISP
LIGHT
AT-DIM
DIM TM
CONT
OPN.MSG
NAME
AIR
OFF/S SQL/ATT
SHORT/LONG
SLOW/MID/FAST/AUTO
OFF/ON
OFF/ON
RX/TX
F-1/F-2
RX/TX
UP/DN
PUSH/HOLD
OFF/ON
OFF/ON
OFF/1 ~ 30MIN
SINGLE/ALL/HAM
1~4
OFF/30 ~ 120MIN
01 ~ DF
4800 ~ 19200/AUTO
OFF/ON
OFF/ON
1~4
OFF/AT-OFF/AT-1 ~ 3
5SEC/10SEC
1 ~ 10
OFF/ON
OFF/ON
CH ID/FREQ
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
SOUNDS
BEEPLV
KEY B
HOME B
EDGE B
STOP B
SUBMUT
0~9
OFF/ON
OFF/ON
OFF/ON
OFF/ON
OFF/MUTE/BEEP/MUT.BP
HOMECH
SET.FRQ SET CH/CLEAR
BT SET
BT
AT CON
CONNEC
/DISCON
PAIR
HS SET
OFF/ON
OFF/ON
AF OUT
HSFUNC
VOX
ICOMHS
INITBT
OTHERS
INFO
CLONE
RESET
YES/NO
VOLT/VER
CLONE
MASTER
PART
ALL
2
モードについて
MENU
FUNC
SQLTYP
SQL-DL
FAN
DIAL S
AUTORP
RMTMIC
UDMIC
PTT
PTT LK
LK OUT
TOT
ACTIVE
MIC G
AP OFF
CI-V
CIVADR
CIVBAU
CIVTRN
IF-EXC
HS/HS+SP
NORMAL/MIC/P-AMAN
/P-ACON
VOX
OFF/ON
VOX LV
OFF/1 ~ 10
VOX.DLY
0.5 ~ 3.0
VOX.TOT
OFF/1 ~ 15MIN
PoSAVE
OFF/ON
PTT
PUSH/HOLD
PTT B
OFF/ON
CUST B
OFF/ON
CUST K
PLAY/FWD/RWD
NO/YES
NO/YES
NO/YES
NO/YES
9
2
MENUモードについて
■ 設定項目の選択方法
このページと併せて、各設定項目について(+P11 ~ P15)をご覧
ください。
【ご参考】
各設定項目からその下の設定項目移動することを、「1つ下の階層
に進む」、その逆を「1つ上の階層に戻る」と記載しています。
《例》 チューニングステップを設定する
q チューニングステップを設定するバンドの [MAIN BAND]Sを
短く押す。
 MAINバンドを設定します。
w [MENU]Cを短く押す。
 MENU項目が表示されます。
e
[DIAL]Sで、「TS」(チューニングステップ)項目を選択する。
r [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
t [DIAL]Sで、設定したい周波数ステップを選択する。
 選択できるチューニングステップ:
5.0、6.25、8.33、10.0、12.5、15.0、20.0、25.0、
30.0、50.0(kHz)、AUTO(オート)
※「8.33」
が選択できるのは、AIRバンドだけです。
AIRバンドの設定範囲は、8.33、25.0(kHz)、AUTOです。
y [ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
 [ CLR]D、または [Ω]Dを押しても、1つ上の階層に戻ります。
u [MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
 [V/MHz SCAN]S、または [MR CALL]Sを短く押しても、
MENUモードが解除されます。
【ご参考】初期値に戻すには
手順rのあと、[MR CALL]Sを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す
と、初期値に戻ります。
※EXMENU項 目についてのさらに詳しい説 明 は、 弊 社ホームペ ージ
http://www.icom.co.jp/ で「EXMENU項目」を検索し、
「EXMENU
項目とCI-Vについて」をご覧ください。
※ [≈]Dを押しても、1つ下の階層に進みます。
Display
Side
10
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
MENUモードについて
2
■ 各設定項目について
DDMENU項目
トーン選択
各種トーン機能を設定します
オフセット周波数
デュプレックス運用時の送信周波数と受信周波数の差(シフト幅)を設
定します
レピータトーン周波数
レピータアクセスに必要なトーン信号の周波数(トーンエンコーダー )
を設定します
TSQL周波数
FMモードで、特定の相手局とだけ通信したいときに使うアナログ方
式のトーンスケルチ機能で使用する、
トーンエンコーダー/デコーダー
の周波数を設定します
DTCSコード
FMモードで、特定の相手局とだけ通信したいときに使うデジタル方
式のスケルチ機能で使用する、DTCSエンコーダー /デコーダーの
コードを設定します
DTCS極性
DTCSエンコーダー /デコーダーで使うDTCSコードの極性を設定します
チューニングステップ
[DIAL]を回して目的とする電波にチューニング(同調)するときの周波
数が変化する幅(kHz)を設定します
バックライト
バックライトの明るさを調整します
プライオリティースキャン
プライオリティースキャンをスタートします
2
スキャン一時停止時間
信号を受信したとき、スキャンを一時停止させる時間を設定します
スキャン再開時間
スキャン一時停止後、受信していた信号が消えてから再開する条件
(時間)を設定します
モード選択
入力した周波数の受信モード(電波型式)を設定します
ホームCH設定
VFOモード、
またはメモリーモードのホームCHを設定します
EXMENU
[ï]D、または [≈]Dを押すと、EXMENU項目を表示します
モードについて
MENU
各項目について詳しくは、16ページ~ 19ページをご覧ください。
※操
作例については、設定項目の選択方法(+P10)をご覧ください。
DDEXMENU項目
EXMENU項目についてのさらに詳しい説明は、弊社ホームページ
http://www.icom.co.jp/ をご覧ください。
※操
作例については、設定項目の選択方法(+P10)をご覧ください。
モード/チューニングステップ選択
受信モードやチューニングステップを設定します
モード選択★
受信モード(電波型式)を設定します
チューニングステップ★
[DIAL]を回して目的とする電波にチューニング(同調)するときの周
波数が変化する幅(kHz)を設定します
★MENU項目でも設定できます。
11
2
MENUモードについて
■ 各設定項目について(つづき)
※ 操作例については、設定項目の選択方法
(+P10)をご覧ください。
DUP/トーン設定
レピータ運用、デュプレックス運用や各種トーン機能を運用するとき
に設定します
トーン選択★
各種トーン機能を設定します
オフセット周波数★
デュプレックス運用時の送信周波数と受信周波数の差(シフト幅)を
設定します
レピータトーン周波数★
レピータアクセスに必要なトーン信号の周波数(トーンエンコー
ダー )を設定します
TSQL周波数★
FMモードで、特定の相手局とだけ通信したいときに使うアナログ
方式のトーンスケルチ機能で使用する、
トーンエンコーダー /デコー
ダーの周波数を設定します
トーンバースト
ト ーンスケルチ機能を使った交信で、[PTT] をはなしたとき、相手
局のスピーカーから一瞬出る「ザッ」というノイズ(雑音)を抑えたいと
き、設定します
DTCSコード★
FMモードで、特定の相手局とだけ通信したいときに使うデジタル
方式のスケルチ機能で使用する、DTCSエンコーダー /デコーダー
のコードを設定します
DTCS極性★
DTCSエンコーダー /デコーダーで使うDTCSコードの極性を設定
します
★MENU項目でも設定できます。
12
スキャン設定
スキャンをするときに設定します
プライオリティースキャン★
プライオリティースキャンをスタートします
スキャン一時停止時間★
信号を受信したとき、スキャンを一時停止させる時間を設定します
スキャン再開時間★
スキャン一時停止後、受信していた信号が消えてから再開する条
件(時間)を設定します
一時スキップ時間
スキャン中に停止した周波数を、一時的にスキップさせる時間を設
定します
プログラムスキップスキャン
VFOスキャン時、特定の周波数を飛び越す (スキップする)機能を
設定します
バンクリンク
複数のバンクを連続してスキャンする
(バンクリンクスキャン)機能
を設定します
プログラムスキャンエッジ
プログラムスキャン範囲を設定します
プログラムスキャン
25組のプログラムスキャンを表示します
ネーム
各プログラムスキャンのネームを編集します
下限周波数
各プログラムスキャンの下限周波数を設定します
上限周波数
各プログラムスキャンの上限周波数を設定します
チューニングステップ
各プログラムスキャンのチューニングステップを設定します
MENUモードについて
機能設定
各種機能を設定します
スケルチ/ATT選択
Sメータースケルチ、アッテネーターを設定します
スケルチ遅延時間
受信時のスケルチディレイ(遅延)の制御時間を設定します
空冷ファン設定
冷却ファンの動作を設定します
ダイヤル加速
[DIAL]を速く回したとき、周波数の可変速度を一気に速くする機
能を設定します
オートレピータ
レピータ運用のための、トーンエンコーダーとデュプレックスを自動
的に設定します
リモコンマイクキー
付属の HM-207の [F-1]/[F-2]に割り当てる機能を設定します
受信/待機中
受信や待ち受け時に操作できる機能を設定します
送信中
送信時に操作できる機能を設定します
UP/DNマイクキー
別売品の HM-209の [UP]/[DN]に割り当てる機能を設定します
受信/待機中
受信や待ち受け時に操作できる機能を設定します
送信中
送信時に操作できる機能を設定します
ワンタッチPTT
HM-207の [PTT]を押すたびに送信/受信を切り替える、ワンタッ
チPTT機能を設定します
PTTロック
[PTT]による送信を禁止します
ビジーロックアウト
信号を受信しているときだけ、[PTT]による送信を禁止します
タイムアウトタイマー
連続送信時間を制限する機能を設定します
運用バンド
[DIAL]で選択できる周波数範囲を、運用バンド内に固定します
マイクゲイン
マイクのゲイン
(感度)を設定します
オートパワーオフ
キーやダイヤル操作が一定時間なかったときに、自動で電源を
OFFする機能を設定します
2
モードについて
MENU
スキャン設定(つづき)
モード
各プログラムスキャンの受信モード
(電波型式)
を設定します
プログラムリンク
複数のプログラムスキャン範囲を連続してスキャンする
(プログラム
リンクスキャン)機能を設定します
スキャンリンクチャンネル
10件のスキャンリンクメモリーを表示します
リンク
プログラムリンクスキャン運用時にリンクするプログラムスキャ
ンを確認できます
ネーム
各スキャンリンクメモリーのネームを編集します
追加
プログラムリンクスキャン運用時にリンクするプログラムスキャ
ンを追加します
クリア
プログラムリンクスキャン運用時にリンクしているプログラムス
キャンを解除します
2
13
2
MENUモードについて
■ 各設定項目について(つづき)
※ 操作例については、設定項目の選択方法
(+P10)をご覧ください。
CI-V
CI-Vアドレス
CI-Vシステムを利用して、本製品を外部コントロールするときの
アドレスを設定します
CI-Vボーレート
CI-Vシステムを利用して、本製品を外部コントロールするときの
データ通信速度を設定します
CI-Vトランシーブ
CI-Vシステムを利用して、本製品を外部コントロールするとき、ほか
の無線機と設定の変更を連動させるトランシーブ機能を設定します
IF周波数入れ替え
中間周波数を左右で入れ替えるときに設定します
ディスプレイ設定
14
表示関係を変更するときに設定します
バックライト★
バックライトの明るさを調整します
オートディマー
一定時間操作しないときの、バックライトの点灯状態を設定します
オートディマータイマー
オートディマーが動作するまでの時間を設定します
LCDコントラスト
ディスプレイのコントラストを調整します
オープニングメッセージ
オープニングメッセージ(電源を入れた直後に表示される、
「ICOM」
と電源電圧値)を表示するかしないか設定します
メモリーネーム表示
メモリーモードでメモリーネームを表示するかしないか設定します
AIRバンド表示
AIRバンド周波数の入力、
または表示形式を設定します
サウンド設定
操作音などを変更するときに設定します
ビープレベル
キー操作音とビープ音のレベルを設定します
操作音
操作音や各種機能動作時のビープ音を鳴らす機能を設定します
※左右のバンドで、音の高さが異なります
ホームCHビープ
ホームCHを表示したときに、ビープ音を鳴らす機能を設定します
バンドエッジビープ
バンドが切り替わったときに、ビープ音を鳴らす機能を設定します
スキャンストップビープ
スキャン動作中に信号を受信してスキャンが一時停止したときに、
ビープ音を鳴らす機能を設定します
サブバンドミュート
「MAIN」表示がないほうのバンドの受信音をミュートしたり、受信
終了時にビープを鳴らす機能を設定します
ホームCH設定★
VFOモード、
またはメモリーモードのホームCHを設定します
設定
選択している周波数、
または M-CHをホームCHに設定します
解除
現在設定しているホームCHを解除します
※ ホームCHを登録していないときは、表示されません
Bluetooth設定
Bluetooth®ヘッドセットを使用するときに設定します
Bluetooth®
Bluetooth®機能をON/OFFします。
★MENU項目でも設定できます。
MENUモードについて
パワーセーブ
パワーセーブモードで運用するかどうかを設定します
ワンタッチPTT [PTT]を押すたびに送信/受信を切り替える、ワンタッチPTT機能
を設定します
PTTビープ
[PTT]を押したときにビープ音を鳴らす機能を設定します
カスタマイズキービープ
カスタマイズキーを使用したときにビープ音を鳴らす機能を設定します
カスタマイズキー
カスタマイズキーに機能を割り当てます
初期化
Bluetooth®ユニット(UT-133)の接続情報や機器名称などを初期化します
2
モードについて
MENU
Bluetooth設定(つづき)
自動接続
ペアリング済みの Bluetooth®ヘッドセットと自動で接続する機能を
設定します
接続
ペアリング済みの Bluetooth®ヘッドセットを表示して、選択した
Bluetooth®ヘッドセットと接続します
切断
接続済みの Bluetooth®ヘッドセットをペアリングさせたまま切断します
ペアリング
Bluetooth®ヘッドセットとペアリングします
ヘッドセット設定
AF出力切替
ヘッドセット使用時、無線機本体からの AF出力を設定します
ヘッドセット機能設定
Bluetoothヘッドセットおよび本体、またはコントローラーにマイクロ
ホンを接続したときの送信操作と送信する音声について設定します。
VOX
VOX機能
ヘッドセット使用時、[PTT]を押さなくても、マイクロホンからの音
声によって送受信を自動的に切り替える、VOX機能を設定します
VOXゲイン
入力音声により送信に切り替わる感度を設定します
VOXディレイ
VOX機能により送信状態に切り替わったあと、音声入力がなく
なっても送信状態を保持する時間を設定します
VOXタイムアウトタイマー
VOX機能使用時、連続して送信できる時間を設定します
アイコムヘッドセット
別売品の VS-3を使用するときの設定です
2
その他
本体情報表示、クローン、リセット操作についてまとめています
INFORMATION
電圧表示
本製品の電圧を確認できます
バージョン情報
本製品のファームウェアや、別売品の UT-133(Bluetooth ®ユ
ニット)のバージョンを確認できます
CLONE
クローン書き込み、読み込みをするための画面を表示します
クローンモード
データを受け取る側(子機)に設定します
クローンマスターモード
データを送る側(親機)に設定します
リセット
パーシャルリセット
オールリセット
15
2
MENUモードについて
■ MENU項目について
※ 操作例については、設定項目の選択方法
(+P10)をご覧ください。
トーン選択 (初期設定:OFF)
トーン機能を設定します。
:トーン機能を使用しない。
¡¡ OFF
:
「レピータトーン周波数」
(MENU-R TONE)項目
¡¡ TONE
で設定したトーン周波数を搬送波に重畳して送
信する。
」点灯):ト ーンスケルチ機能のポケットビープをONに
¡¡ TSQL(「
する。
:トーンスケルチ機能をONにする。
¡¡ TSQL
送信時には、
「TSQL周波数」
(MENU-C TONE)
項目で設定したトーン周波数を搬送波に重畳する。
受信時には、信号に含まれるトーン周波数が一致
したときだけ、スケルチが開いて受信できる。
(ス
ピーカーから音が出る)
」点灯):D TCSコードスケルチ機能のポケットビープを
¡¡ DTCS(「
ONにする。
:DTCSコードスケルチ機能をONにする。
¡¡ DTCS
送信時には、設定したDTCSコードを付加する。
受信時には、信号に含まれるDTCSコードと極性
が一致したときだけ、スケルチが開いて受信でき
る。
(スピーカーから音が出る)
:逆トーンスケルチをONにする。
¡¡ TSQL-R
受信信号に含まれるトーン周波数が一致したと
きだけ、スケルチが開かない。
(スピーカーから音
が出ない)
※ 特定の局からの音声をミュートするときに使
います。
16
:逆DTCSスケルチをONにする。
¡¡ DTCS-R
受信信号に含まれるDTCSコードと極性が一致し
たときだけ、スケルチが開かない。
(スピーカーか
ら音が出ない)
※ 特定の局からの音声をミュートするときに使い
ます。
:送信時には、設定したDTCSコードを付加し、受信
¡¡ DTC.OFF
時にはトーンスケルチ機能を使用しない。
:送信時には、
「レピータトーン周波数」(MENU-R
¡¡ TON.DTC
TONE)項目で設定したトーン周波数を搬送波に重
畳する。
受信時には、信号に含まれるDTCSコードと極性
が一致したときだけ、スケルチが開いて受信でき
る。
(スピーカーから音が出る)
:送信時には、設定したDTCSコードを付加する。
¡¡ DTC.TSQ
受 信 時 に は、信 号 に 含 ま れ る ト ー ン 周 波 数 が
「TSQL周波数」(MENU-C TONE)項目で設定した
周波数と一致したときだけ、スケルチが開いて受
信できる。
(スピーカーから音が出る)
¡¡ TON.TSQ
:送 信時には、
「レピータトーン周波数」(MENU-R
TONE)項目で設定したトーン周波数を搬送波に重
畳する。
受 信 時 に は、信 号 に 含 ま れ る ト ー ン 周 波 数 が
「TSQL周波数」(MENU-C TONE)項目で設定し
た周波数と一致したときだけ、スケルチが開い
(スピーカーから音が出る)
て受信できる。
MENUモードについて
オフセット周波数 (初期設定:5.000)
(初期設定:023)
DTCSスケルチ運用で使用する DTCSエンコーダー /デコーダーの
コードを設定します。
¡¡ 設定範囲:023〜754(104コード)(下表参照)
DTCSコード
023 054 125 165 245 274 356 445 506 627 732
025 065 131 172 246 306 364 446 516 631 734
レピータトーン周波数 (初期設定:88.5)
レピータにアクセスするためのレピータトーン(トーンエンコー
ダー)周波数(Hz)を設定します。
¡¡ 設定範囲:67.0〜254.1(Hz)(下表参照)
TSQL周波数 (初期設定:88.5)
トーンスケルチ運用で使用するトーンエンコーダー/デコーダーの
周波数(Hz)を設定します。
¡¡ 設定範囲:67.0〜254.1(Hz)(下表参照)
トーン周波数(Hz)
67.0
85.4
107.2 136.5 165.5 186.2 210.7 254.1
69.3
88.5
110.9 141.3 167.9 189.9 218.1
71.9
91.5
114.8 146.2 171.3 192.8 225.7
74.4
94.8
118.8 151.4 173.8 196.6 229.1
77.0
97.4
123.0 156.7 177.3 199.5 233.6
79.7
100.0 127.3 159.8 179.9 203.5 241.8
82.5
103.5 131.8 162.2 183.5 206.5 250.3
026 071 132 174 251 311 365 452 523 632 743
031 072 134 205 252 315 371 454 526 654 754
2
モードについて
MENU
デュプレックス運用時に使用するシフト幅を設定します。
(MHz)
¡¡ 設定範囲: 0.000~59.995
※ シ フト方向(DUP+/DUP–)は、VFOモードで [MONI DUP]を
長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと表示される画面で設定しま
す。(+P46)
DTCSコード 2
032 073 143 212 255 325 411 455 532 662
036 074 145 223 261 331 412 462 546 664
043 114 152 225 263 332 413 464 565 703
047 115 155 226 265 343 423 465 606 712
051 116 156 243 266 346 431 466 612 723
053 122 162 244 271 351 432 503 624 731
DTCS極性 (初期設定:BOTH N)
送信側、受信側それぞれの組み合わせで、コードの送出、または検出
の位相を設定します。
¡¡ BOTH N:送信/受信とも反転しない
¡¡ TN-RR :送信側は反転しないで、受信側を反転する
¡¡ TR-RN :送信側を反転し、受信側は反転しない
¡¡ BOTH R:送信/受信とも反転する
17
2
MENUモードについて
■ MENU項目について(つづき)
※ 操作例については、設定項目の選択方法
(+P10)をご覧ください。
チューニングステップ (初期設定:AUTO)
チューニングステップ(TS)とは、[DIAL]を回してチューニング(同
調)するときの周波数が変化する幅(kHz)のことです。
周波数を自動的に切り替えるVFOスキャンについても同じステッ
プ幅で動作します。
¡¡ 144MHz/430MHz
:5 . 0 、 6 . 2 5 、 1 0 . 0 、 1 2 . 5 、 1 5 . 0 、 2 0 . 0 、
25.0、30.0、50.0(kHz)、AUTO
、AUTO
¡¡AIRバンド:8.33、25.0(kHz)
※ AIRバンドの初期設定は25.0kHzです。
バックライト (初期設定:4)
バックライトの明るさを設定します。
¡¡ 設定範囲 :1(暗い) ~4(明るい)
プライオリティースキャン (初期設定:OFF)
プライオリティースキャンをスタート/ストップします。
:プライオリティースキャンをストップします。
¡¡ OFF
:プライオリティースキャンをスタートします。
¡¡ ON
プライオリティーチャンネルで信号を受信すると、
指定のチャンネルに切り替わります。
¡¡ BELL :プライオリティースキャンをスタートします。
プライオリティーチャンネルで信号を受信するとベル
」が点滅します。
音が鳴り、VFO画面で「
18
停止時間 (初期設定:10SEC*)
スキャン中に信号を受信すると、
スキャンは一時停止します。
ここでは、一時停止する時間を設定します。
設定時間だけ受信をつづけ、設定時間を過ぎると再開します。
¡¡ 2SEC ~20SEC(2SECステップ)
¡¡ HOLD:信号を受信中は一時停止をつづけ、信号がなくなると、
「再開時間」の条件で再開する
再開時間 (初期設定:2SEC*)
スキャンが一時停止後、信号がなくなってからの再開の条件(時間)
を設定する項目です。
¡¡ 0SEC:信号がなくなると同時に再開する
¡¡ 1SEC ~5SEC
:信 号がなくなると1秒〜5秒の各設定時間後に、再開
する
¡¡ HOLD:信号がなくなっても一時停止状態を保持する
※ 再開するときは、[DIAL]を操作します。
~ 20SECの場合、停止時間を
※「停止時間」が2SEC
優先して再開します。
*SEC: 秒
MENUモードについて
モード選択 (初期設定:FM)
ホームCH設定 、
EXMENUに移行します。
EXMENUで設定できる項目については、11ページ~ 15ページの
リストをご覧ください。
EXMENU項目についてのさらに詳しい説明は、弊社ホームページ
http://www.icom.co.jp/ をご覧ください。
2
モードについて
MENU
本製品には、4つの受信モード(FM/FM-N/AM/AM-N)があります。
表示周波数によって、選択できる受信モードが異なります。
¡¡ 144MHz/430MHz:FM、FM-Nから選択する
:AM、AM-Nから選択する
¡¡ AIRバンド
※ AIRバンドの初期設定はAMです。
※ FM-Nモ ー ド は、ア マ チ ュ ア バ ン ド の 送 信 デ ビ エ ー シ ョ ン
(周波数偏移)をナロー対応の約2.5kHzに設定します。
EXMENU 2
ホームCHに周波数を登録しておくと、HM-207の[HOME CALL]
キーを短く押すだけで、その周波数を表示できます。
ホームCHは、VFOモード、メモリーモードごとに登録できます。
:V FOモ ー ド で 選 択 し て い る 周 波 数 を
¡¡ SET.FRQ
ホームCHに設定する
:メ モリーモードで選択しているチャン
¡¡ SET CH
ネル周波数をホームCHに設定する
ホームCH解除 [ï](D)を短く押すと、登録したホームCHを解除します。
19
3
基本操作のしかた
■ MAINバンドの選びかた
選択する側の[MAIN BAND]Sを押して、右側、または左側のバンド
を選択する。
 MAINバンド側に「MAIN」が表示されます。
M
AINバンド側だけ、送信ができます。
■ 運用モード[VFO/メモリー/コールチャンネル]
の切り替えかた
コールチャンネルモードとは
コールチャンネル(CALL-CH)とは、各バンドで決められた呼出周
波数を意味し、メインチャンネルとも呼ばれています。
[MR CALL]Sを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
「C0」、
「C1」表示が点灯します。
C
ALL-CHモード選択時は、

[DIAL]Sを回して CALL-CHを選択します。
■ 運用バンド
(周波数帯)
について
DD運用バンドの選択
運用バンドは3バンドにわかれています。
 MAINバンドに関係なく、左側と右側の両バンドで操作ができます。
DDVFOモードにするには
VFOモードとは
[DIAL]Sで、周波数を設定するモードです。
[V/MHz SCAN]Sを短く押す。

VFOモードになります。

[DIAL]Sで、周波数を設定します。
DDメモリーモード/コールチャンネルモードにするには
メモリーモードとは
あらかじめ記憶させたメモリーチャンネル(M-CH)を呼び出して運
用するモードです。
[MR CALL]Sを短く押す。

メモリーモードになります。

[DIAL]Sで、M-CHを選択します。
20
バンド
設定できる周波数範囲
AIR
118.000MHz〜136.99166MHz
144
137.000MHz〜174.000MHz
430
375.000MHz〜550.000MHz
※ 送信できる周波数は、アマチュアバンドに限られます。
q [V/MHz SCAN]Sを押す。
VFOモードになります。
w [MAIN BAND]Sを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 バンド切り替え表示に切り替わります。
e [DIAL]Sで、運用したいバンドを選択する。
r [MAIN BAND]Sを押す。
 周波数表示に戻ります。
基本操作のしかた
3
■ 周波数を設定する
VFOモードでの操作を説明します。
 メ モリーモード、コールチャンネルモードを選択しているとき
は、[V/MHz SCAN]Sを短く押してください。
周波数を大きく変えるときに便利な機能です。
q [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
1MHzステップ表示に切り替わります。
w [DIAL]Sを回す。
1MHzステップで周波数が変化します。
e [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
1MHzステップ表示が解除されます。
DDチューニングステップを変えるには
3
r [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
t [DIAL]Sで、設定したいチューニングステップを選択する。
チューニングステップ(kHz)
5.0
6.25
8.33※
10.0
12.5
20.0
25.0
30.0
50.0
Auto
※「8.33」
が選択できるのは、AIRバンドだけです。
AIRバンドでは、
「8.33」、
「25.0」、
「Auto」だけ選択できます。
y [ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
u [MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
i [DIAL]Sを回す。
設
定したチューニングステップで周波数が変化します。
チューニングステップ(TS)とは、[DIAL]Sで周波数を設定すると
きの、周波数の変化幅です。
チューニングステップは、VFOスキャン(+P37)にも適応されます。
q [MAIN BAND]Sを短く押して、チューニングステップを設定し
たいバンドをMAINバンドに設定する。
w [MENU
]Cを短く押す。
 MENUモードが表示されます。
15.0
基本操作のしかた
DD1MHzステップにするには
e [DIAL]Sで、「TS」(チューニングステップ)項目を選択する。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
21
3
基本操作のしかた
■ 音量とスケルチを調整する
■ 送信出力を設定して交信する
 MAINバンドに関係なく、左側と右側の両バンドで操作ができます。
q [VOL]Sで、音量を調整する。
※ BEEP(操作音)の音量を変更したいときは、MENUモードの
「BEEPLV」(ビープレベル)項目で変更できます。(+P14)
(MENU-EXMENU > EXMEN-SOUNDS >
SOUND-BEEPLV)
w[SQL]Sで、信号を受信していない状態で雑音が消えて「BUSY」
表示が消灯する位置にセットする。
 [SQL]Sを右方向に回しすぎると、スケルチレベルが深くな
り、弱い信号が受信できなくなります。
DDアマチュアバンドの運用
■ ロック機能の使いかた
不用意に [DIAL]Sやキーに触れても、周波数や運用状態が変わら
ないようにする機能です。
]Cを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押します。
[MENU
 ロック表示が点灯します。
送信する前に、その周波数を他局が使用していないか確認し、混信
や妨害を与えないようにご注意ください。
また、バンドの使用区別(バンドプラン)を厳守のうえ、運用してく
ださい。(+P81)
源電圧は、定格範囲で使用してください。(+P62)
※電
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
 MAINバンド側だけ、送信ができます。
q [LOW DTMF]Cを短く押すごとに、送信出力が切り替わります。
送
信出力表示が「LOW」、
「MID」、
「(消灯)」と切り替わります。
HIGH出力のとき、送信出力表示が消灯します。
※交信相手との距離に応じて、送信出力を切り替えます。
w [ PTT]を押しながら、マイクに向かって話します。
 設
定した送信出力が S/RFメーターに表示されます。
e [PTT]をはなすと、受信状態に戻ります。
 ロック機能を解除するときも、同じ操作をします。
 ロック機能を設定しても、[ ]、[MONI DUP]C(モニターのみ )、
[PTT]、[MAIN BAND]S(MAINバンド切り替えのみ )、[MENU
]C(ロック解除のみ )、[SQL]S、[VOL]Sはロックされません。
Display
Side
22
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
基本操作のしかた
3
■ 受信モード(電波型式)を設定する
■ 受信モニター機能について
本製品には、4つの受信モード(FM/FM-N/AM/AM-N)があります。
初期状態では「FM」に設定されています。
受信信号が弱かったり、途切れたりして聞きとりにくい場合に使用します。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
[MONI DUP]Cを短く押すごとに、MAINバンド側のスケルチが強
制的に開閉します。
モニター動作中
w [MENU
]Cを短く押す。
M
ENUモードが表示されます。
e [DIAL]Sで、「MODE」(モード)項目を選択する。
■ マイクゲインの設定
r
t
y
u
点滅
[ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
[DIAL]Sで、設定したい受信モードを選択する。
 144/430バンド選択時
FM/FM-N
 AIRバンド選択時
AM/AM-N
※ FM-Nモードは、送信/受信の周波数偏移をナロー対応の約
2.5kHzに設定します。
※ EXMENUで AIRバンド表示が「CH ID」に設定されているとき
は、AIRバンドの受信モードを変更できません。(+P14)
[ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
3
基本操作のしかた
 左側と右側の両バンドで個別に設定できます。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
q 受信モードを設定するバンドの[MAIN BAND]Sを短く押して、
MAINバンドを設定します。
MENUモードでマイクのゲイン(感度)を設定できます。
ご使用のマイクロホンに合わせて設定してください。
 設定内容は、MAINバンドに対して動作します。
q
w
e
r
t
y
[MENU
]Cを短く押す。
[DIAL]Sで、「MIC G」(マイクゲイン)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-FUNC > FUNC-MIC G)
[ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
[DIAL]Sで、ゲインを設定する。
 マイクゲインを上げる (数値を大きくする )と、比較的小さな
声でも送信できますが、まわりの音も拾いやすくなります。
[ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
23
4
メモリーチャンネルの使いかた
■ メモリーチャンネルについて
よく使用する周波数などを、あらかじめメモリーチャンネル(以下、
M-CHと略記します )に記憶させておき、すばやく呼び出して運用で
きます。
DD本製品が搭載しているM-CH
チャンネルのタイプ
チャンネル数
通常のメモリーチャンネル 1000チャンネル(000〜999)
運用バンドの区別はなく、左側/右側の
(M-CH)
両バンドで共用
コールチャンネル
(CALL-CH)
2チャンネル
(C0: 144、C1: 430)
DDM-CHの詳細
チャンネル
お も な 用 途
チャンネル
 通常の M-CHとして使用
 工場出荷時に記憶している内容
000:145.000MHz、001:433.000MHz
C0
C1
24
コ
ールチャンネルの呼出周波数を記憶
工
場出荷時に記憶している内容
C0:145.000MHz
C1:433.000MHz
DD1つのM-CHが記憶できる内容
運用周波数
チューニングステップ(TS)
デュプレックスの ON/OFF
受信モード(電波型式)
シフト方向( + /−)
トーンスケルチ設定とトーン周波数
オフセット周波数
レピータアクセス用トーン周波数
メモリーネーム
DTCSのコードと極性
スキップチャンネル設定
メモリーバンク
メモリーチャンネルの使いかた
4
■ チャンネルの呼び出しかた
DDコールチャンネル(CALL-CH)の呼び出しかた
メモリーモードで [DIAL]Sを回して選択できます。
 左側と右側の両バンドで個別に呼び出しができます。
q [MR CALL]Sを短く押す。
 メモリーモードになります。
w [DIAL]Sで、M-CHを選択する。
※ ブランクチャンネルは表示されません。
コールチャンネルモードで [DIAL]Sを回して選択できます。
CALL-CHとは、呼出周波数を意味し、メインチャンネルとも呼ば
れています。
通常の M-CHと同様に、自由にメモリー内容を書き換え (+P26)で
きるので、使用頻度の高い周波数を記憶させておくと便利です。
初期設定値
 C0:145.000MHz
 C1:433.000MHz
※「C0」は VHF帯、AIR帯に限ります。
※「C1」は UHF帯に限ります。
点灯
【ご参考】マイクロホン(HM-207)で呼び出すには (+P5)
q [VFO/MR
]を短く押して、メモリーモードにする。
w チャンネル番号を入力し、[ENT]を押す。
※ メモリーチャンネルを3桁入力する場合は、[ENT]は不要です。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
 左側と右側の両バンドで個別に呼び出しができます。
q [MR CALL]Sを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 CALL-CHモードになります。
w [DIAL]Sで、CALL-CHを選択する。
4
メモリーチャンネルの使いかた
DDM-CHの呼び出しかた
CALL-CH番号を表示
【ご参考】マイクロホン(HM-207)で呼び出すには (+P5)
q [HOME CALL]を長く(ピッ、ピーと鳴るまで )押して、CALL-CH
モードにする。
w [Y]、または [Z]キーを押して、CALL-CHを選択する。
25
4
メモリーチャンネルの使いかた
■ メモリー(M-CH/CALL-CH)への書き込みかた
VFOモードで周波数を設定したあと、書き込み操作をします。工
場出荷時は、チャンネル「2」〜「999」がブランクです。
チャンネルを指定して書き込む方法と、空いているチャンネルに自
動で書き込む方法があります。
なお、運用バンドによる M-CHの区別はなく、左側と右側の両バン
ドで共有します。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
y [DIAL]Sで、チャンネル「11」を選択する。
 書き込み先のチャンネルとして、CALL-CHも選択できます。
 [ MAIN BAND]を長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、書き込
み先のチャンネルとして、BANKからも選択できます。
チ ャ ン ネ ルを
選択
DDチャンネルを指定して書き込む
《例》
「434.100MHz」
をチャンネル「11」に書き込む
q メモリーモード、またはCALL-CHモードを選択しているときは、
[V/MHz SCAN]Sを短く押す。
 VFOモードになります。
w 周波数を「434.100MHz」にする。
e [ MW]Cを短く押す。
 MRが点滅します。
u [ï]Dを押す。
i [DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
o [ï]Dを押す。
「WRITE?」
が表示されます。
 上書きする場合は、
「OVERW?」が表示されます。
!0 [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
!1 [ï]Dを押す。
ピ
ピッと鳴ってメモリーが書き込まれ、VFOモードに戻ります。
点滅
r [DIAL]Sで「CH SEL」を選択する。
t [ï]Dを押す。
 チャンネル選択画面が表示されます。
 [Ω]Dを押すと、前の画面に戻ります。
【ご注意】
すでに内容が登録されているM-CHを選択した場合は上書きされます。
26
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
メモリーチャンネルの使いかた
DD空いているチャンネルに自動で書き込む
書 き込 んだ CHを
約2秒表示
DDメモリー内容をほかのチャンネルへコピーする
《例》M-CH「011」の内容を「012」へコピーする
q コピー元の M-CHを選択する。(+P25)
w [MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
e [DIAL]Sで、
「COPY」を選択する。
r [ï]Dを押す。
t [DIAL]Sで、コピー先のチャンネルを選択する。
 コピー先のチャンネルにメモリーが書き込まれている場合は、
その内容を表示します。
DDメモリー内容をVFOに転送して使う
使用している M-CH、または CALL-CHの周辺に周波数を移して、
交信する場合などに便利な機能です。
q M-CHを選択する。(+P25)
w [MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
e [DIAL]Sで、
「TO VFO」を選択する。
チャンネルを
選択
4
メモリーチャンネルの使いかた
《例》
「434.100MHz」をブランクチャンネルに書き込む
q メモリーモード、またはCALL-CHモードを選択しているときは、
[V/MHz SCAN]Sを短く押す。
 VFOモードになります。
w 周波数を「434.100MHz」にする。
e [MW]Cを長く (ピッ、ピピッと鳴るまで )押す。
 空いているチャンネルに自動で書き込まれます。
※ 空いているチャンネルがない場合は、
「MEMORY FULL」を
表示します。
4
y [ï]Dを押す。
 ピピッと鳴ってメモリー内容がコピーされます。
 コピー先のチャンネルにメモリーが書き込まれている場合は、
「OVERW?」が表示されます。
[DIAL]Sで「YES」を選択し、[ï]Dを押すと、上書きされま
す。
r [ï]Dを押す。
 ピピッと鳴って M-CHの内容が VFOモードに転送され、VFO
モードに戻ります。
27
4
メモリーチャンネルの使いかた
■ メモリーチャンネル(M-CH)にバンクを割り当てる
本製品に書き込んだ M-CH(最大1000CH)を、10個のバンク(A
〜J)に分けて管理できます。
各バンクには、最大100CHまで割り当てできます。
M-CHの種類や用途ごとにバンクで整理しておくと便利です。
また、指定したバンク内の M-CHだけをスキャンの対象とする、バ
ンクスキャン(+P32)も使用できます。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
【ご注意】
メモリーバンクは、M-CHを整理するために使用します。
編集元の M-CH自体を書き換えると、メモリーバンクの内容も変
更されます。
【ご参考】編集後、書き込みをキャンセルするには
q 編集後、[Ω]D、または [CLR]Dを短く押す。
「CANCEL?」
が表示されます。
w [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
e[ï]Dを短く押す。
28
DDバンクの割り当てかた
q
w
e
r
t
y
u
ンクを割り当てたい M-CHを選択する。(+P25)
バ
[MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
[DIAL]Sで、
「EDIT」を選択する。
[ï]Dを押す。
[DIAL]Sで、
「BANK」を選択する。
[ï]Dを押す。
[ DIAL]Sで、チャンネルに割り当てるバンクを選択する。
バンクを選択
i [ï]Dを押す。
o [DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
!0 [ï]Dを押す。
「OVERW
?」が表示されます。
!1 [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
!2 [ï]Dを押す。
 ピピッと鳴って M-CHにバンクが割り当てられます。
メモリーチャンネルの使いかた
4
DDメモリーバンクにM-CHを直接書き込む
DDメモリーバンクモードへの表示切り替え
メモリーバンクを選んでから M-CHを登録することもできます。
バンクに書き込むと同時に、番号の小さいブランクチャンネルを自
動で割り当て、メモリーに書き込みます。
メモリーチャンネルモードからメモリーバンクモードに表示を切り
替えると、選択したバンク内の M-CHだけが選択できるようになり
ます。
バンクを選択
u
i
o
!0
!1
[ ï]Dを押す。
[DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
[ï]Dを押す。
「WRITE?」
が表示されます。
[DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
[ï]Dを押す。
ピ
ピッと鳴ってメモリーが書き込まれ、VFOモードに戻ります。
q [MR CALL]Sを短く押す。
 メモリーチャンネルモードになります。
w [MAIN BAND]Sを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
e [DIAL]Sで、任意のメモリーバンクを選択する。
※ バンクネームを登録すると、ネームで表示します。
r [MAIN BAND]Sを短く押す。
 メモリーバンクモードになります。
t [DIAL]Sで、バンクチャンネルを選択します。
※ ブランクチャンネルは表示されません。
※ メ モリーバンクモードを解除したい場合は、手順eでメモ
リーチャンネルを選択してください。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
4
メモリーチャンネルの使いかた
《例》バンク「A」に「434.100MHz」を書き込む
q [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
 VFOモードになります。
w 周波数を「434.100MHz」にする。(+P26)
e [MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
r [DIAL]Sで、
「BANK」を選択する。
t [ï]Dを押す。
y [DIAL]Sで、バンク「A」を選択する。
29
4
メモリーチャンネルの使いかた
■ メモリー/バンクネームの入力
メモリーに書き込んでいる、すべてのチャンネルとバンクに、名前
(ネーム)を入力できます。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
q ネームを編集する M-CHを選択する。(+P25)
 バンクネームを入力するときは、ネームを編集するバンクを選
択します。(+P29)
w [MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
e [DIAL]Sで、
「EDIT」を選択する。
r [ï]Dを押す。
t [DIAL]Sで、
「NAME」を選択する。
 バンクネームを入力するときは、
「B NAME」を選択します。
y [ï]Dを押す。
u [DIAL]Sで、1文字目の文字を選択する。(例 A)
メモリーネーム入力時
バンクネーム入力時
入
力できる文字一覧:
[A]
[B]
[C]
[D]
[E]
[F]
[G]
[H]
[I]
[J]
[K]
[L]
[M]
[N]
[O]
[P]
[Q]
[R]
[S]
[T]
[U]
[V]
[W]
[X]
[Y]
[Z]
[0]
[1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]
[7]
[8]
[9]
[!]
[”]
[#]
[$]
[%]
[&]
[’]
[(]
[)]
[∗]
[+]
[,]
[-]
[.]
[/]
[:]
[㧧]
[<]
[=]
[>]
[?]
[@] [ [ ]
[\]
[]]
[^]
[スペース ]
 [CLR]Dを押すと、選択した文字が削除されます。
文
字を選択せずに [≈]Dを押すと、スペースが挿入されます。
i [Ω]、または [≈]Dを押して、カーソルを移動させる。
 文字を入力する桁を選択します。
o 手順u、iを繰り返し、6文字以内(スペースを含む)でネームを
入力する。
!0 ネームを入力したら、[ï]Dを押す。
!1 [DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
!2 [ï]Dを押す。
「OVERW?」
が表示されます。
!3 [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
!4 [ï]Dを押す。
 ピピッと鳴ってネームが保存され、VFOモードに戻ります。
【メモリーネームを表示させるには】
メモリーネームを表示させるには、EXMENUの
「NAME」
(メモリー
ネーム表示)
項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMENU-DISP > DISP-NAME)
30
メモリーチャンネルの使いかた
4
■ メモリークリア(消去)のしかた
不要になった M-CHや CALL-CHは消去できます。
【ご注意】
消去した内容は復活できません。
 設定操作は、MAINバンドに対して動作します。
4
メモリーチャンネルの使いかた
q [ MR CALL]Sを短く押す。
 メモリーモードになります。
 CALL-CHを消去するときは、[MR CALL]Sを長く (ピッ、ピー
と鳴るまで )押して、CALL-CHモードにします。
w [MW]Cを短く押して、メモリー編集画面を表示する。
e [DIAL]Sで、
「CLEAR」を選択する。
r [ï]Dを短く押す。
t [DIAL]Sで、消去するチャンネルを選択する。
チャンネルを
選択
y [ï]Dを押す。
「CLEAR?」
が表示されます。
u [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
i [ï]Dを押す。
 ピピッと鳴ってメモリーが消去されます。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
31
5
スキャンについて
■ スキャンについて
DDVFOスキャン

ALL(フルスキャン) +P37
本製品の受信可能周波数範囲をすべてスキャンします。
受信周波数
下限
(118MHz)
受信周波数
上限
(550MHz)
P SKIP スキャン
P SKIP
ジャンプ

BAND(バンドスキャン) +P37
表示している運用バンドの周波数範囲をスキャンします。
バンド下限周波数
バンド上限周波数
スキャン
ジャンプ

PROG 0 ~ 24(プログラムスキャン) +P37
プログラムスキャンエッジに書き込んだ周波数範囲をスキャンします。
ジャンプ
DDメモリースキャン
 ALL(メモリーフルスキャン) +P39
すべての M-CHをスキャンします。
 BAND(バンドメモリースキャン) +P39
表示している運用バンドの M-CHをスキャンします。
 MODE(モードメモリースキャン) +P39
表示している受信モードを書き込んでいる M-CHをスキャンします。
DDメモリーバンクスキャン
スタート
下限周波数
【ご参考】
「PSKIP」(+12)に指定された周波数は、スキャンから除外されます。
※ プログラムスキャンを動作させるには、EXMENUの「P-EDGE」
(プログラムスキャンエッジ)項目から周波数を登録してください。
(+34)
上限周波数
スキャン

ALL(フルバンクスキャン) +P39
すべてのバンクをスキャンします。

B-LINK(バンクリンクスキャン) +P39
EXMENUの 「B-LINK」(バンクリンク)項目(+P12)で指定した
バンクを連続してスキャンします。

BANK-A〜J(バンクスキャン) +P39
指定したバンクの M-CHをスキャンします。
ジャンプ

P-LINK0〜9(プログラムリンクスキャン) +P37
EXMENUの「P-LINK」(プログラムリンク)項目(+P13)で指定し
たプログラムスキャンの範囲を、連続してスキャンします。
32
【ご参考】
「PSKIP」、または「SKIP」が指定された M-CHは、スキャン対象か
ら除外されます。(+P40)
※ メモリースキャンを動作させるには、2つ以上の「M-CH」に、周
波数を書き込んでください。
スキャンについて
5
1
【デュプレックス(DUP)スキャン】
VFOモード、またはメモリーモードで、デュプレックス運用
(+P46)のとき、その周波数(送信/受信の2波)をスキャンできま
す。
※「DUP−」
、または「DUP」表示の点灯をご確認ください。
※ オフセット周波数が「0.000MHz」のときは動作しません。
ス
キャンをスタートするとアップスキャンを開始します。
ス
キャン中に[DIAL]Sを回すと、回す方向によってアップスキャン
とダウンスキャンを切り替えできます。

信 号を受信してスキャンを一時停止しているときに[DIAL]Sを回
すと、即時再開します。
DDチューニングステップについて(VFOスキャン)
スキャン中に周波数が切り替わるステップ幅は、設定されている
チューニングステップです。
プログラムスキャン、プログラムリンクスキャンの場合は、EXMENU
の「P-EDGE」(プログラムスキャンエッジ)項目で設定した、チューニ
ングステップにしたがいます。
5
スキャンについて
【トーンスキャン】
トーンスケルチ機能を使用して交信している局が、どのトーン周
波数、または DTCSコードを使用しているかを検出するスキャン
です。

VFO/メモリー /CALL-CHモードに関係なく動作します。
トーン機能については、「トーンスケルチ機能」(+P52)をご覧
ください。
DDスキャン中の[DIAL]操作について
DD一時スキップ機能について
スキャン中に一時停止した周波数、または M-CHを、設定した時間、ス
キャンから除外する
「一時スキップ」の指定ができます。設定した時間を
経過するかスキャンを解除すると、一時スキップ指定は解除されます。
※ 設定については40ページをご覧ください。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
【ご参考】
VFOスキャン時に、
「スキップ」を指定した周波数も含めてスキャ
ンする場合は、EXMENUの「P-SKIP」(プログラムスキップ)項目の
設定を「OFF」にします。この設定を「OFF」にすると、スキップ機
能は動作しません。(+P12)
33
5
スキャンについて
■ スキャンについて
(つづき)

VFOスキャン時は、VFOモ−ドで設定している電波型式で動作し
ます。

メモリー /バンクスキャン時は、メモリーされている電波型式で
動作します。
スキャン中
DDスキャンストップ時のビープ音設定
信号を受信してスキャンが一時停止したとき、ビープ音を鳴らせます。
EXMENUの「STOP B」(スキャンストップビープ)項目で設定でき
ます。(+P14)
■ プログラムスキャンエッジの新規登録
点滅
点滅 スキャンタイプを表示します
DD信号を受信すると
約10秒(初期値)経過すると、自動的に再開します。
また、途中で信号がなくなると、約2秒(初期設定)後に再開します。

上記のタイマーは、MENUモードの、「PAUSE」(停止時間)項目
プログラムスキャンのスキャン範囲を登録できます。
登録するプログラムスキャンごとにスキャンネームやチューニング
ステップを設定できます。
出荷時の状態では、下記のプログラムスキャンが登録されていま
す。プログラムスキャンは、P00 ~ P24の25件登録できます。
工場出荷時に記憶している内容
¡00:118.000 ~ 550.000
¡01:144.000 ~ 146.000
¡02:430.000 ~ 440.000
と、「RESUME」(再開時間)項目で変更できます。(+P18)
DDスキャンネームについて(VFOスキャン)
プ ロ グ ラ ム ス キ ャ ン ごとに、 ス キ ャ ン ネ ー ム を登 録 できます。
(+P35)
登録すると、スキャンタイプ選択時、スキャンネームを表示します。
Display
Side
34
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
スキャンについて
5
1
1. スキャンネームの登録
q [ MENU]Cを短く押す。
w [DIAL]Sで、EXMENUの「P-EDGE」(プログラムスキャンエッジ)
項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-SCAN > SCAN-P-EDGE)
t[ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
 [Ω]Dを押すと、前の画面に戻ります。
y [DIAL]Sで、
「NAME」を選択する。
u [ï]Dを押して、スキャンネームの登録画面を表示する。
i [DIAL]Sで、1文字目の文字を選択する。
(例 SCAN03)
 入力できる文字一覧:
2
[A]
[B]
[C]
[D]
[E]
[F]
[G]
[H]
[I]
[J]
[K]
[L]
[M]
3
[N]
[O]
[P]
[Q]
[R]
[S]
[T]
[U]
[V]
[W]
[X]
[Y]
[Z]
4
[0]
[1]
[2]
[3]
[4]
[5]
[6]
[7]
[8]
[9]
[!]
[”]
[#]
5
[$]
[%]
[&]
[’]
[(]
[)]
[∗]
[+]
[,]
[-]
[.]
[/]
[:]
6
[㧧]
[<]
[=]
[>]
[?]
[@] [ [ ]
[\]
[]]
[^]
[スペース ]
 [CLR]Dを押すと、選択した文字が削除されます。
 文字を選択せずに [≈]Dを押すと、スペースが挿入されます。
o [Ω]、または [≈]Dを押して、カーソルを移動させる。
 文字を入力する桁を選択します。
!0 手順u、iを繰り返し、6文字以内(スペースを含む)でネームを
入力する。
!1 ネームを入力したら、[ï]Dを押す。
2. プログラムスキャンエッジの登録
【ご注意】
[下限周波数]と[上限周波数]には、必ず異なる周波数を入力してく
ださい。同じ周波数を入力したときは、プログラムスキャンが動作し
ません。
スキャンネーム入力時
!2[DIAL]Sで、
「FREQ L」を選択する。
!3[ï]Dを押して、スキャンの下限周波数の登録画面を表示する。
スキャンについて
e [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、登録したいプログラムスキャン番号を選択する。
(例:P03)
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
35
5
スキャンについて
■ プログラムスキャンエッジの新規登録
!4 [ DIAL]Sで、1桁目の数字を選択する。
!5 [Ω]D、または [≈]Dを押して、カーソルを移動させる。
 数字を入力する桁を選択します。
!6 手順!4を繰り返し、6桁の周波数を入力します。
!7 周波数を入力したら、[ï]Dを押す。(例:375.000)
チューニングステップ(kHz)
5.0
20.0
6.25
25.0
8.33※
30.0
10.0
50.0
12.5
Auto
15.0
※「8.33」
が選択できるのは、AIRバンドだけです。
AIRバンドでは、
「8.33」、
「25.0」、
「Auto」だけ選択できます。
@3 [ï]Dを押す。
l
チューニングステップが登録されます。
4. 受信モード(電波型式)の登録
スキャン下限周波数入力時
!8 [DIAL]Sで、
「FREQ H」を選択し、!3 ~ !7と同じ手順でスキャ
ン上限周波数を入力する。
!9 周波数を入力したら、[ï]Dを押す。
3. チューニングステップの登録
【ご注意】
[下限周波数]と[上限周波数]で異なるバンドの周波数を設定すると、
チューニングステップの登録画面は表示されません。
VFOモードで設定したそれぞれのバンドのチューニングステップで
動作します。
@0 [DIAL]Sで、
「TS」を選択する。
チューニングステップの登録画面を表示する。
@1 [ï]Dを押して、
@2 [DIAL]Sで、登録したいチューニングステップを選択する。
36
【ご注意】
 [下限周波数]と[上限周波数]で異なるバンドの周波数を設定する
と、受信モードの登録画面は表示されません。
VFOモードで設定したそれぞれのバンドの受信モードで動作します。
 AIRバンドを設定した場合は、モードが固定されるので、受信モー
ドの登録画面は表示されません。
@4
@5
@6
@7
[DIAL]Sで、
「MODE」を選択する。
[ï]Dを押して、受信モードの登録画面を表示する。
[DIAL]Sで、登録したいモードを選択する。
[ï]Dを押す。
l
モードが登録されます。
5. プログラムスキャンの登録
@8 [DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
@9 [ï]Dを押す。
「WRITE?」
が表示されます。
#0 [DIAL]Sを回して、
「YES」を選択する。
#1 [ï]Dを押す。
l スキャンエッジが登録されます。
l「ピピッ」
と鳴って、登録したスキャンエッジを選択した画面
に戻ります。
スキャンについて
5
■ VFOモードのスキャン
1
VFOモードのスキャンには、フルスキャン、バンドスキャン、プロ
グラムスキャン、プログラムリンクスキャン、デュプレックススキ
ャン、トーンスキャンがあります。
点滅
2
3
点滅
信号強度に応じて Sメーターが振れる
6
7
q [V/MHz SCAN]Sを長く押す。
w [DIAL]Sで、スキャンタイプを選択します。

ALL
:フルスキャン

BAND
:バンドスキャン

P–LINK0〜9
:プログラムリンクスキャン

PROG00〜PROG24:プログラムスキャン

DUP
:デュプレックススキャン(+P46)
(デュプレックス設定時のみ )

TONE
:トーンスキャン
e [V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャンがスタートします。
r [ V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャン動作が解除されます。
Side
Center
Side
5
スキャン中
DDVFOスキャンの操作
Display
4
スキャンについて
※「PSKIP」
(+P12)に指定された周波数は、スキャンから除外さ
れます。
※ EXMENUの「P-SKIP」(プログラムスキップ)項目の設定を「OFF」
にすると、「PSKIP」に指 定 された周 波 数 もス キ ャ ン します。
(+P12)
信号を受信すると
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
点滅
点滅
スキャンタイプを表示します
スキャンネームが登録されている場合
スキャンネームが登録されている場合、スキャンタイプの選択時、
スキャンネームが表示されます。
 スキャンネームの登録について:P35
プログラムリンクネームが登録されている場合
プログラムリンクネームが登録されている場合、スキャンタイプの
選択時、プログラムリンクネームが表示されます。
 プログラムリンクネームの登録について:P13
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
37
5
スキャンについて
■ スキップ周波数の登録と解除について
DDスキップ周波数の登録
DDスキップ周波数の解除
VFOスキャン中に一時停止した周波数を、スキップする (スキャン
の対象からはずれる )ように M-CHに登録する機能です。
q [MR CALL]Sを押す。
w [DIAL]Sで、スキップを解除するM-CHを選択する。
(例 999)
例:FMモードでバンドスキャン中
q VFOスキャン(+P37)を開始します。

信号を受信すると、スキャンが一時停止します。
w スキャンが一時停止している状態で、[MW]Cを長く(ピッ、ピピッ
と鳴るまで )押す。

一時停止した周波数を、スキップ周波数として M-CHの末尾チ
ャンネル「999」から順に書き込みます。
点滅
スキップ周波数が書き込まれる M-CHが点滅
※す
でに M-CHの末尾にチャンネルが登録されている場合は、
自動的にブランクチャンネルを探してそこに書き込みます。
ブランクチャンネルがない場合はエラービープが鳴り、書き
込まれません。
e 書き込みが完了すると、スキャンが再開します。
【ご参考】
スキップ周波数が書き込まれた M-CH自体を消去することで、スキッ
プ設定を解除することもできます。(+P40)
38
e
r
t
y
u
i
o
!0
!1
!2
[MW]Cを押して、メモリー編集画面を表示する。
[DIAL]Sで、
「EDIT」を選択する。
[ï]Dを押す。
[DIAL]Sで、
「SKIP」を選択する。
[ï]Dを押す。
[DIAL]Sで、
「OFF」を選択する。
[ï]Dを押す。
[DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。

「OVERW?」が表示されます。
[DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
[ï]Dを押す。

ピピッと鳴ってスキップ周波数が解除されます。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
スキャンについて
5
■ メモリーモードのスキャン
メモリーモードのスキャンは大きく分けて、「メモリースキャン」と
「メモリーバンクスキャン」があります。
※ メモリースキャンを動作させるには、スキップ設定されていない
M-CHを2つ以上書き込んでください。
DDメモリースキャンの操作
q [MR CALL]Sを短く押す。
w [V/MHz SCAN]Sを長く(ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 スキャンタイプの選択画面が表示されます。
e [DIAL]Sで、スキャンタイプを選択する。

ALL
:フルスキャン

BAND
:バンドスキャン
M
ODE
:モードスキャン
D
UP
:デュプレックススキャン(+P46)
(デュプレックス設定時のみ )

TONE
:トーンスキャン
r [V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャンがスタートします。
t [ V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャン動作が解除されます。
【ご参考】
バンクネームが登録されている場合、スキャンタイプを選択する
と、バンクネームが表示されます。
※ スキャン中は、バンクネームは表示されません。
DDメモリーバンクスキャンの操作
メモリーバンクスキャンは、メモリーバンクに登録している M-CH
を順次切り替えて、信号を探し出す機能です。
※ バンクスキャンを動作させるには、バンクに M-CHが2つ以上登
録されている必要があります。
q [MR CALL]Sを短く押す。
w [MAIN BAND]Sを長く押す。
(BANK-A〜BANK-J)を選択する。
e [DIAL]Sを回して、バンク
r [MAIN BAND]Sを短く押す。
 メモリーバンクモードになります。
t [V/MHz SCAN]Sを長く押す。
y [DIAL]Sで、スキャンタイプを選択する。

ALL
: フルバンクスキャン

B-LINK
: バンクリンクスキャン

BANK-A〜BANK-J: バンクスキャン
(M-CHが登 録 されているバ ン ク だけ
が表示されます )

DUP
: デュプレックススキャン(+P46)
(デュプレックス設定時のみ )

TONE
: トーンスキャン
u [V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャンがスタートします。
i [V/MHz SCAN]Sを短く押すと、スキャン動作が解除されます。
2
3
4
5
スキャンについて
メモリースキャンは、周波数を記憶している M-CHを順次切り替え
て、信号を探し出す機能です。
1
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
39
5
スキャンについて
■ スキップチャンネルの指定と解除について
■ 一時スキップの指定のしかた
任意のチャンネルにスキップを設定することで、スキャンの対象か
ら除外できます。
スキャン中に一時停止した周波数を、設定した時間スキップする
(スキャンの対象からはずれる )ように指定する機能です。
スキップ周波数の登録はしたくないが、一時的にスキャン対象から
はずしたいときに便利です。
※ 付属のマイクロホン(HM-207)、または別売品のノイズキャン
セリングマイクロホン(HM-209)や Bluetooth® ヘッドセット
(VS-3)を接続しているときに操作できる機能です。
q [MR CALL]Sを短く押す。
w [DIAL]Sで、指定したいチャンネルを表示します。
e [MW]Sを長く押して、メモリー編集画面を表示する。
r [ï]Dを押す。
t [DIAL]Sで、
「SKIP」を選択する。
y [ï]Dを押す。
u [DIAL]Sで、設定したい項目を選択する。

OFF :スキップ設定を解除します。

SKIP :メモリーモード時のスキャン範囲から除外されます。

PSKIP:VFOモード時とメモリーモード時の両方のスキャン
範囲から除外されます。
i [DIAL]Sで、
「WRITE」を選択する。
「OVERW?」
が表示されます。
o [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
!0 [ï]Dを押す。

ピピッと鳴って、チャンネルにスキップが設定、または解除さ
れます。
「SKIP」が設定されます
40
q VFOスキャン(+P37)を開始します。

信号を受信すると、スキャンが一時停止します。
wス
キャン一時停止中に、マイクロホンの [一時スキップ]機能が割
り当てられているキーを押します。

一時スキップが設定されます。
e 設定が完了すると、スキャンが再開します。
設
定時間を経過するか、スキャンを解除すると一時スキップ指
定が解除されます。
【ご参考】
 一時スキップは最大5件設定できます。
 メモリースキャン中に、上記手順w ~ eの操作をすると、一時
停止したM-CHを、設定した時間(初期値:5分)
スキップできます。
 初期設定では、一時スキップ時間が「5分」に設定されています。
EXMENUの
「TEMP」
(一時スキップ時間)項目で、
「10分」
「
、15
分」に変更できます。(+P12)
6
プライオリティースキャン
■ プライオリティースキャンについて
プライオリティースキャンは、受信やスキャンをしながら指定のプ
ライオリティーチャンネル(M-CH/バンクCH/CALL-CH)を一定間
隔でワッチ(信号の有無を確認)する機能です。
左
側/右側の両バンドでプライオリティースキャンができます。
 この章では、MAINバンド側の操作を説明しています。
DDVFOとプライオリティーチャンネル(+P42)
M-CHを指定
VFO
周波数
(約5秒受信、
またはスキャン)
VFO周波数を受信、または VFOスキャンしながら、M-CH/バンク
CHを順番にワッチ(信号の有無を確認)します。
メモリースキャンとバンクスキャンが指定できます。
メモリースキャンを指定
VFO
周波数
(約5秒受信、
またはスキャン)
バンクチャンネルを指定
指定
M-CH
VFO
周波数
(約5秒受信、
またはスキャン)
SKIP
バンクスキャンを指定
0
1
VFO
周波数
2
(約5秒受信、
またはスキャン)
999
M-CH
SKIP
00
01
02
99
バンクCH
指定
バンクCH
コールチャンネルを指定
VFO
周波数
(約5秒受信、
またはスキャン)
6
プライオリティースキャン
VFO周波数を受信、または VFOスキャンしながら、指定したプライ
オリティーチャンネルをワッチ(信号の有無を確認)します。ワッチ
するチャンネルは、M-CH、バンクCH、CALL-CHから指定できます。
DDVFOとメモリー/バンクスキャン(+P43)
指定
CALL-CH
(約5秒スキャン)
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
41
6
プライオリティースキャン
■ VFOとプライオリティーチャンネル
DDVFO周波数とプライオリティーチャンネル
VFO周波数を受信しながら、指定したプライオリティーチャンネ
ルを約5秒に1回、ワッチ(信号の有無を確認)します。
qV
FOモードで周波数を設定する。(+P21)
w ワッチしたいプライオリティーチャンネルを選択する。(+P25、
P29)
 M-CH、バンクチャンネル、または CALL-CHを選択します。
e [MENU]Cを短く押す。
 MENUモードが表示されます。
r [DIAL]Sで、「PRIO」を選択する。
t [ï]Dを短く押す。
y [DIAL]Sで、
「ON」、または「BELL」を選択する。
 ON :プ ライオリティーチャンネルで信号を受信すると、
指定のチャンネルに切り替わります。
 BELL:プ ライオリティーチャンネルで信号を受信するとベ
」が点滅します。
ル音が鳴り、VFO画面で「
u [ï]Dを短く押す。
i [MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
「PRIO」
表示が点灯して、VFO周波数を受信しながら、プライ
オリティースキャンがスタートします。
※ プ ライオリティースキャンを解除したい場合は、手順yで
「OFF」を選択してください。
42
例:VFOモード433.920MHzとプライオリティーチャンネルに
指定した M-CH
「11」をワッチする時の表示
点灯
ワッチする
M-CH
約5秒に1回、M-CHをワッチ
DDVFOスキャンとプライオリティーチャンネル
VFOスキャンしながら、指定したプライオリティーチャンネルを
約5秒に1回、ワッチ(信号の有無を確認)します。
q 左記、「VFO周波数とプライオリティーチャンネル」の手順q ~
iを操作する。
「PRIO」
表示が点灯して、プライオリティースキャンがスター
トします。
w [V/MHz SCAN]Sを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押す。
e [DIAL]Sで、スキャンしたいタイプを選択する。
r [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
 プライオリティースキャンしながら、VFOスキャンがスター
トします。
プライオリティースキャン
■ VFOとメモリー/バンクスキャン
6
例:VFOモード433.920MHzと M-CHを順番にワッチする時の表示
DDVFO周波数とメモリー/バンクスキャン
2
VFO周波数を受信しながら、メモリーチャンネル/バンクチャンネル
を約5秒に1回、順番にワッチ(信号の有無を確認)します。
点灯
3
4
M-CHが順番
に切り替わる
約5秒に1回、M-CHを順番にワッチ
5
6
プライオリティースキャン
q VFOモードで周波数を設定する。(+P21)
w メモリーモードを選択する。(+P25)
e [V/MHz SCAN]Sを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押す。
r [DIAL]Sで、スキャンしたいタイプを選択する。
t [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
メモリースキャンがスタートします。
y [MENU]Cを短く押す。
 MENUモードが表示されます。
u [DIAL]Sで、「PRIO」を選択する。
i [ï]Dを短く押す。
o [DIAL]Sで、
「ON」、または「BELL」を選択する。
 ON :プ ライオリティーチャンネルで信号を受信すると、
指定のチャンネルに切り替わります。
 BELL:プ ライオリティーチャンネルで信号を受信するとベ
」が点滅します。
ル音が鳴り、VFO画面で「
!0 [ï]Dを短く押す。
!1 [MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
「PRIO」
表示が点灯して、メモリースキャンしながら、プライ
オリティースキャンがスタートします。
※ プ ライオリティースキャンを解除したい場合は、手順oで
「OFF」を選択してください。
1
DDVFOスキャンとメモリー/バンクスキャン
7
VFOスキャンしながら、メモリーチャンネル/バンクチャンネルを
約5秒1回、順番にワッチ(信号の有無を確認)します。
8
q左
記、
「VFO周波数とメモリー /バンクスキャン」の手順q ~ !1を
操作する。
「PRIO」
表示が点灯して、プライオリティースキャンがスター
トします。
w [V/MHz SCAN]Sを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押す。
e [DIAL]Sで、スキャンしたいタイプを選択する。
r [V/MHz SCAN]Sを短く押す。
プライオリティースキャンしながら、VFOスキャンがスタート
します。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
9
10
11
12
13
14
15
16
17
43
7
レピータ/デュプレックス運用について
■ オートレピータ機能での交信
本製品は、オートレピータ機能を搭載しています。
設定するレピータ周波数が、439MHz ~ 440MHzである場合、
自動的にトーンエンコーダー (88.5Hz)とデュプレックスが設定さ
れ、レピータ運用できます。
◎初
期設定では、オートレピータ機能が「ON」に設定されています。
MENUモードの「AUTORP」(オートレピータ)項目で「OFF」に設
定できます。(+P13)
◎ ト ーン周波数(初期値:88.5Hz)とオフセット周波数(初期値:
5MHz)は、MENUモードの 「R TONE」(レピータトーン周波数)
項 目、「OFFSET」(オ フ セ ッ ト 周 波 数)項 目 で変 更 できます。
(+P17)
DDレピータ周波数の設定
 MAINバンド側の操作を説明しています。
q レピータを運用するバンドの [MAIN BAND]Sを短く押す。
 MAINバンドを設定します。
※ 設 定した MAINバンドがメモリー モ ード のときは、[V/MHz
SCAN]Sを短く押して、VFOモードにします。
w [MAIN BAND]Sを長く
(ピッ、ピーと鳴るまで)押して、運用バン
ドの選択状態にします。
e [DIAL]Sで、アマチュアバンドの430Mバンドを選択します。
r [MAIN BAND]Sを短く押して、周波数表示に戻します。
t [DIAL]Sで、交信する周波数を設定します。
 439.000MHz ~ 440.000MHzに合わせます。
「DUP- T」を表示して、トーン周波数(88.5Hz/初期値)とオフ
※
セット周波数(5,000MHz/初期値)が自動的に設定されます。
レピータ局
434.540MHzの電波を受信し
439.540MHzに変換して送信
A局
B局
[B局]
[A局]
受信:439.540MHz
受信:439.540MHz
送信:434.540MHz
:434.540MHz各地域にレピータが設置されています。
◎ 送信
430MHz帯では、
レピータ局の周波数は、運用の前にJARLのホームページや各専
門誌、インターネットなどでご確認ください。
44
【ご参考】
レピータアクセス用トーン周波数(+P17)とオフセット周波数
(+P46)を変更すると、オートレピータ機能のトーン周波数とオ
フセット周波数も変更されます。
レピータ/デュプレックス運用について
7
1
DDレピータ局を経由して交信する
DDレピータ局の中継が必要かどうか確認する
q 約2秒、マイクロホンの [PTT]を押す。

発射した電波がレピータ局に届いていれば、[PTT]をはなした
直後に、自動的にレピータのコールサイン(ID信号)がモール
ス符号、または音声で受信できます。
w シ ンプレックス運用と同様に、送信と受信を交互に繰り返しな
がら交信します。
レピータ局の運用中に、レピータを中継しなくても交信できるかど
うか確認できます。
[MONI DUP]Cを短く押して、レピータにアクセスする周波数を
モニターします。
この状態で相手局の信号を受信できれば、その局とはレピータを使
用しなくても交信できます。
の電波
から
ータ
ピ
レ
←
レピータ局
[PTT]を約2秒押す
レピータ局
モールス符号、または音声
の ID信号を受信する
※モ
ニター動作中は、
「BUSY」表示が点滅します。
※ モ ニターしているあいだも、周波数表示がオフセット周波数分
だけシフトします。
※ 交信相手の信号が受信できるときは、439.000MHz以下の周波
数に移ってシンプレックスで交信してください。
※ アッテネーター (減衰器)が動作している場合は、モニター機能を
動作させても正しく確認できません。
事前にアッテネーター (減衰器)機能を解除してください。
モニター中の画面
受信するときの周波数
–5MHzシフトする
送信するときの周波数
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
7
レピータ/デュプレックス運用について
セス→
アク
タに
ー
ピ
レ
45
7
レピータ/デュプレックス運用について
■ デュプレックス運用について
デュプレックス運用とは、通常の交信(シンプレックス)とは異なり、
同一バンド内で送信と受信の周波数をオフセット周波数分ずらし
て交信することです。
設定するレピータ周波数が、439MHz ~ 440MHz以外の場合は、
手動でデュプレックスを設定してレピータ運用します。
DDオフセット周波数の設定
q [MENU]Cを短く押して、MENUモードを表示する。
「MENU-OFFSET」(オフセット周波数)項目を選択す
w [DIAL]Sで、
る。
e [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
DDデュプレックスモードの設定
 MAINバンド側の操作を説明しています。
q [MONI DUP]Cを長く(ピッ、ピーと鳴るまで)押す。
 DUP/TONE項目が表示されます。
w [DIAL](S)で、デュプレックスモードを選択する。
 OFF
:シンプレックス運用をします。
D
UP–(マイナス) :送信周波数が、受信周波数よりオフセッ
ト周波数分低くなります。
 DUP+(プラス) :送信周波数が、受信周波数よりオフセッ
ト周波数分高くなります。
※ 設
定すると、ディスプレイに「DUP–」、
または「DUP」が表示されます。
(設定例:DUP-(マイナス))
r [DIAL]Sで、設定したいオフセット周波数を設定する。
0
.000MHz ~ 59.995MHzの範囲で設定します。
 設定しているチューニングステップ(TS)で切り替わります。
 [ V/MHz SCAN]Sを短く押すと、1MHzステップで周波数が
切り替わります。
t [ï]Dを押す。
選
択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
y[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
46
レピータ/デュプレックス運用について
7
■ 送信時のオフバンド表示について
DDデュプレックスモードで交信する
q 交
信の前に [MONI DUP]Cを短く押して、他局が送信周波数
を使用していないか確認します。
 設定しているオフセット周波数分、受信周波数がシフトします。
w 送信と受信を交互に繰り返しながら交信します。
レピータ局にアクセスしたときや、デュプレックスモードで送信し
たとき、下のような表示になる場合は、オフセット周波数(+P46)
を設定しなおしてください。
※ア
マチュアバンドからはずれるようなオフセット周波数(シフト幅)
に設定されているため、送信できないことを知らせる表示です。
1
2
3
4
5
6
7
レピータ/デュプレックス運用について
【ご注意】
オートレピータ機能(+P13)が、「ON」に設定されている場合で
も、439.000MHz〜440.000MHz以 外 の周 波 数 に変 更 すると、
デュプレックスモードは解除されます。
8
オフバンド表示
9
10
11
12
13
14
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
15
16
17
47
8
各種機能の使いかた
■ ホームCHビープ機能について
[DIAL]Sを回して、特定の周波数やメモリーチャンネルに切り替
わったときに、ビープ音を鳴らす機能です。
画面を見なくても、音で確認できるので便利です。
※A
IRバンドでは、ホームCHに設定している周波数だけでなく、運用
モード(AM/AM-N)も一致したときだけ、ビープ音が鳴ります。
[DIAL]Sを回して登録した周波数や M-CHに切り替わったときに、
「プッ」というビープ音が鳴ります。
【ご参考】
DDホームCHを設定する
付属のマイクロホン(HM-207)の [HOME CALL]を短く押す
VFOモードとメモリーモード、それぞれにホームCHを設定できます。
q MAINバンド側で、ホームCHビープを鳴らしたい周波数、または
M-CHを設定する。
w [MENU]Cを短く押す。
 MENUモードが表示されます。
e [DIAL]Sで、
「HOMECH」(ホームCH)項目を選択する。
と、ホームCHに切り替わります。
EXMENUの「HOME B」(ホームCHビープ)項目で、ビープ音が鳴
らないように設定できます。(☞P14)
【ご参考】登録したホームCHを削除したいときは
左 記 の 手 順t で、
「CLEAR」を選 択 し、
[ï]Dを短く押します。
r [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
t [DIAL]Sで、「SET.FRQ」
(周波数設定)項目、または「SET CH」
(チャンネル設定)項目を選択する。
VFO周波数の場合
M-CHの場合
y [ï]Dを押す。
「ピピッ」
と鳴り、選択されている周波数、または M-CHがホー
ムチャンネルとして登録され、MENUモードが解除されます。
48
DDホームCHビープ機能を使う
各種機能の使いかた
8
■ DTMFメモリー機能の使いかた
最大24桁の DTMFコードを、16チャンネルの DTMFメモリーに
記憶させられます。
「#」は「F」と表示されます。
※画
面上では、DTMFコードの「*」は「E」、
y [DIAL]Sで文字を選択、[≈]Dで確定を繰り返し、コードを入力
する。
DDDTMFメモリーの書き込みかた
q [LOW DTMF]Cを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 DTMFメニューに切り替わります。
w [DIAL]Sで、「MEMORY」(DTMFメモリー )項目を選択する。
DTMFチャンネル
t [ï]Dを押す。
 DTMFメモリー編集モードに入ります。

[Ω]D、または [≈]Dを押すとカーソルが移動し、コードを入れ
る桁が選択できます。

[CLR]Dを押すと、カーソルで選択した文字と、それより右に
あるすべてのコードを削除できます。
※ カーソルが行端(右端)にあるときは、左隣りの文字が削除
されます。
※ [CLR]Dを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押すと、すべての
コードを削除できます。
u すべてのコードを入力したら、[ï]Dを押す。
「ピピッ」
と鳴り、入力したチャンネルに DTMFコードが書き
込まれ、DTMFメモリー選択画面に戻ります。
i [MAIN BAND]Sを短く押す。
 DTMFメニューが解除されます。
8
各種機能の使いかた
e [ï]Dを押す。
 DTMFメモリー選択画面になります。
r [DIAL]Sで、DTMFコードを書き込むチャンネルを選択する。
点滅
Display
点滅
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
49
8
各種機能の使いかた
■ DTMFコードの送出のしかた
DDDTMFメモリーに登録したコードを送出する
DD送出するコードを直接入力する
q [ LOW DTMF]Cを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
D
TMFメニューに切り替わります。
w [DIAL]Sで、「TX」(DTMF送信)項目を選択する。
q [LOW DTMF]Cを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 DTMFメニューに切り替わります。
w [DIAL]Sで、「TX」(DTMF送信)項目を選択する。
e [ï]Dを押す。
 DTMFメモリー選択画面になります。
r [DIAL]Sで、送出したい DTMFメモリーチャンネルを選択する。
t [ï]Dを押す。
D
TMFコードが送出され、DTMFメニューが解除されます。
Display
Side
50
e [ï]Dを押す。
 DTMFメモリー選択画面になります。
r [DIAL]Sで、
「DIRECT」(DTMFダイレクト入力)項目を選択する。
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
t [ï]Dを押す。
 DTMFコード編集モードに入ります。
y 前ページの「DTMFコードの書き込みかた」と同様に DTMFコー
ドを編集します。
u[ï]Dを押す。
入
力されたコードが送出され、DTMFメニューが解除されます。
【ご参考】
DTMFの送出中に [LOW DTMF]Cを短く押すと、送出が停止し
ます。
各種機能の使いかた
8
DDDTMFスピードの設定
DTMFコードの1桁あたりの送出スピードは約100ミリ秒に初期
設定されていますが、変更できます。
q [LOW DTMF]Cを長く (ピッ、ピーと鳴るまで )押す。
 DTMFメニューに切り替わります。
w [DIAL]Sで、「SPEED」(DTMFスピード)項目を選択する。
8
各種機能の使いかた
e [ï]Dを押す。
 DTMFスピード選択画面になります。
 [≈]Dを押しても、1つ下の階層に進みます。
 1つ上の階層に戻るには、[Ω]Dを押します。
r [DIAL]Sで、送出スピードを選択する。
 100 : 1桁あたり約100ミリ秒で送出(初期値)
 200 : 1桁あたり約200ミリ秒で送出
 300 : 1桁あたり約300ミリ秒で送出
 500 : 1桁あたり約500ミリ秒で送出
t [ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
y [MAIN BAND]Sを短く押す。
 DTMFメニューが解除されます。
51
8
各種機能の使いかた
■ トーンスケルチ機能
 OFF
:トーンスケルチ機能を使用しない。
 TONE
:レピータトーン(トーンエンコーダー)機能を設定する。
 TSQL((•)) :ト ーンスケルチ機能を設定する。(ポケットビ
ープ機能ON)
 TSQL
:トーンスケルチ機能を設定する。
 DTCS((•)) :DTCSコードスケルチ機能を設定する。(ポケ
ットビープ機能ON)
 DTCS
:DTCSコードスケルチ機能を設定する。
 TSQL–R :逆トーンスケルチ機能を設定する。
 DTCS–R :逆DTCSスケルチ機能を設定する。
 DTC.OFF :送 信 時 には設 定 した DTCSコ ー ド を付 加 し、
受信時にはトーン機能を使用しない。
 TON.DTC :送信時にはレピータトーン周波数を搬送波に重畳
し、受信時にはその信号に含まれる DTCSコード
と極性が一致したときだけ、スケルチが開く。
 DTC.TSQ :送 信 時 には設 定 した DTCSコ ー ド を付 加 し、
受信時にはその信号に含まれる CTCSSトーン
周波数が一致したときだけ、スケルチが開く。
 TON.TSQ :送信時にはレピータトーン周波数を搬送波に重畳
し、受信時にはその信号に含まれる CTCSSトー
ン周波数が一致したときだけ、スケルチが開く。
自局が設定したトーンと同じ周波数、またはコードを受信したとき
だけ、スケルチが開いて受信できる機能です。
特定の相手局と交信するときにこの機能を設定することで、他局の信
号の受信によりスケルチが開かず、快適な待ち受け受信ができます。
また、自局が設定したトーンを受信したときだけ、スケルチが開か
ない逆トーンスケルチ
(TSQL–R:受信時だけ)も用途にあわせて
お使いください。
送信と受信で異なるトーン周波数、またはコードを使用することもで
きます。
DDトーンスケルチの操作
1. トーン機能を設定する
]Cを短く押す。
q [MENU
M
ENUモードが表示されます。
w [DIAL]Sで、「TONE」(トーン)項目を選択する。
e [ï]Dを押す。
 1つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、トーンスケルチのタイプを選択する。
(右記参照)
※ト
ーンスケルチ機能を使用するには、
「OFF」、
「TONE」、また
は「DTC.OFF」以外を選択します。
52
t
y
[ï]Dを押す。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
 必要に応じて、トーン周波数、DTCSコードなどを設定してくだ
(☞P53 ~ P54)
さい。
2. 交信する
[PTT]を押しながら、相手局を呼び出して、トーンスケルチ機能を
使用していないときと同様に交信します。
各種機能の使いかた
DDトーン周波数を設定するには
DDレピータトーン周波数を設定するには
q [MENU
]Cを短く押す。
M
ENUモードが表示されます。
w [DIAL]Sで、「C TONE」(CTCSSトーン)項目を選択する。
q [MENU
]Cを短く押す。
M
ENUモードが表示されます。
w [DIAL]Sで、「R TONE」(レピータトーン)項目を選択する。
e [ï]Dを押す。
1
つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、トーン周波数を選択する。
e [ï]Dを押す。
1
つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、トーン周波数を選択する。
8
t
y
 67.0Hz ~ 254.1Hzの範囲で設定します。
[ï]Dを押す。
選
択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
t
y
 67.0Hz ~ 254.1Hzの範囲で設定します。
[ï]Dを押す。
 選択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[ MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
各種機能の使いかた
8
53
8
各種機能の使いかた
DDDTCSコードを設定するには
DDDTCSの極性を設定するには
q [MENU
]Cを短く押す。
M
ENUモードが表示されます。
w [DIAL]Sで、「CODE」(DTCSコード)項目を選択する。
q [MENU
]Cを短く押す。
M
ENUモードが表示されます。
w [DIAL]Sで、「DTCS-P」(DTCS極性)項目を選択する。
e [ï]Dを押す。
1
つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、DTCSコードを選択する。
e [ï]Dを押す。
1
つ下の階層に進みます。
r [DIAL]Sで、DTCS極性を選択する。
t
y
 023 ~ 754の範囲で設定します。
[ï]Dを押す。
選
択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
Display
Side
54
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
BOTH N
TN–RR
TR–RN
BOTH R
:
:
:
:
送信/受信とも反転しない。
送信側は反転しないで、受信側は反転する。
送信側は反転し、受信側は反転しない。
送信/受信とも反転する。




t
y
[ï]Dを押す。
選
択内容を確定し、1つ上の階層に戻ります。
[MAIN BAND]Sを短く押す。
 MENUモードが解除されます。
各種機能の使いかた
8
■ クローニングについて
クローニングとは、1台の IC-2730のメモリーチャンネルや設定内容
を、ほかの IC-2730にコピーする機能です。
クローニングには、CS-2730(クローニングソフトウェア)とクローニ
ングケーブル(別売品)を使ってパソコンからクローニングする方法と、
別売品のクローニングケーブルを使って、無線機間でクローニングす
る方法があります。
DDクローニングソフトウェアを使ったPC間クローニング
CS-2730(クローニングソフトウェア)とクローニングケーブル(別
売品)を使って、パソコンでクローニングできます。
詳しくは、CS-2730の取扱説明書をご覧ください。
1. 親機と子機の接続
q 親機(クローニングデータを送る側)と子機(受ける側)の電源を切
ります。
w OPC-474(別売品)で親機と子機を図のように接続します。
親機(後面)
OPC-474
[SP2]ジャックへ
子機(後面)
]Cを短く押す。
r 子機の [MENU
t [DIAL]Sで、「CLONE」(クローン)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-OTHERS > OTHER-CLONE)
y [ï]Dを押す。
u [DIAL]Sで、「CLONE」(クローンモード)項目を選択する。
i [ï]Dを押す。
「CLONE?」が表示されます。
o [DIAL]Sで、「YES」を選択する。
8
!0 [ï]Dを押す。
 クローンモード画面が表示されます。
3. 親機側の設定
!1 親機の [MENU
]Cを短く押す。
!2 [DIAL]Sで、「CLONE」(クローン)項目を選択する。
各種機能の使いかた
DD無線機間クローニング
2. 子機側の設定
(MENU-EXMENU > EXMEN-OTHERS > OTHER-CLONE)
!3 [ï]Dを押す。
!4 [DIAL]Sで、「MASTER」(クローンマスターモード)項目を選択す
る。
[SP2]ジャックへ
e 親機と子機の [ ]を長く押して、電源を入れます。
55
8
各種機能の使いかた
DD無線機間クローニング(つづき)
!5 [ï]Dを押す。
「MASTER?」が表示されます。
!6 [DIAL]Sで、「YES」を選択する。
!7 [ï]Dを押す。
「CLONE
M」(クローンモード)画面が表示されます。
!8 [ï]Dを押すと、クローニングが始まります。
親
機側では「CLONE OUT」が表示されます。
子
機側では「CLONE IN」が表示されます。
!9 ク
ローニングが完了すると、クローンモード画面に戻ります。
 子機の電源を入れなおすと、クローニングした内容で運用でき
ます。
親
機の電源を入れなおすと、クローンモードが解除されます。
56
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
設置と接続
■ コントローラーと本体の接続のしかた
コントローラーと本体を、付属のコントローラーケーブルで接続します。
※ 設置条件(座席の下、またはトランクルームなど )により、下記の
別売品を用意しています。
 OPC-440 :マイク延長ケーブル(5m)
 OPC-647 :マイク延長ケーブル(2.5m)
 OPC-1156:コントローラー延長ケーブル(3.5m)
(中継コネクター付き)
 SP-35
:外部スピーカー (2m)
 SP-35L
:外部スピーカー (6m)
 SP-30
:外部スピーカー (2.8m)
本体
コントローラー後面
9
eM
BA-4に付属のケーブルをコントローラーの後面に接続する。
ネジ
(MBA-4 に付属 )
ケーブル (MBA-4 に付属 )
コントローラー後面
MBA-4
r 手順eで接続したケーブルの片側を本体に接続する。
t MBA-4の突起部を本体にはめ込む。(下図参照)
y 左にスライドして、固定する。(下図参照)
t
y
9
6ピンコネクター
※取りはずすときは、コントローラーを持って右にスライドさせて
から、ゆっくりとケーブルを抜いてください。
DDMBA-4(コンビネーションブラケット)の取り付けかた
別売品の MBA-4(コンビネーションブラケット)で、コントロー
ラーと本体を一体化します。
q コ ントローラーと本体を接続している6ピンコネクターケーブ
ルを取りはずす。
w MBA-4をコントローラーに取り付ける。
 MBA-4に付属のネジ
(M2.6X6:2本)を使用して、MBA-4を
コントローラーの後面に固定します。
設置と接続
6ピンコネクター
【ご注意】
ケーブルを無理に引っ張っぱらないでください。
傷ついて破損して、火災、感電、故障の原因になります。
57
9
設置と接続
■ マイクロホンの接続
■ コントローラーの設置
本体、またはコントローラーの8ピンコネクターにマイクロホンを接続します。
DDコントローラーを車内に固定するには
本体に接続するとき
コントローラー後面
コントローラーに
接続するとき
マイクロホン
マイクロホン
本体
コントローラーブラケット
(別売品:MBA-5)
とマウントベース
(別売
品:MBF-1)
を利用することで、コントローラーをダッシュボードやコ
ンソールに固定(☞P59)
できます。
q MBF-1をダッシュボードやコンソールに固定する。
 固定のしかたは、MBF-1の説明書をご覧ください。
コントローラー
吸盤部
MBF-1(別売品)
着脱レバー
■ 安定化電源装置の接続
DC13.8V(IC-2730 は 7.5A、IC本体後面
2730Dは13A以上)の安定化電源
装置をお使いください。
※必 ず、安定化電源装置の電源ス
イッチが切れていることを確認して
ACコンセントへ
から、本製品と接続してください。
安定化電源
(13.8 V)
付属の DCケーブルの黒色を_(マ
イナス)端子に、赤色を+(プラス)
端子に接続します。
R警告
DC電源ケーブルのヒューズホル
ダーは絶対に取りはずさないでく
ださい。
58
w MBA-5をコントローラーに取り付ける。
 MBA-5に付属のネジ
(M2.6X8:2本)を使用して、MBA-5を
コントローラーの裏面に固定します。
コントローラー
マグネット
ブラケット
黒 −
⊕赤
ネジ
15Aヒューズ
MBA-5(別売品)
設置と接続
9
■ コントローラーの設置 (つづき)
e MBA-5のガイドを MBF-1のブラケットフックに差し込む。
※ブ ラケットフックの向きにあわせて、ガイドに差し込んでく
ださい。
r 固定ナットを締めて、ブラケットフックに固定する。
t 調整ツマミで、見えやすい位置に調整する。
ガイド
MBF-1のブラケットフック
DDコントローラーを壁面に取り付けるには
別売品の MBA-5(コントローラーブラケット)で、ブラケットを壁
などに固定し、コントローラーを壁面に取り付けできます。
※壁面に取り付ける場合は、市販のタッピングネジをご用意ください。
マグネットをコントローラー
ブラケットに取り付ける
MBA-5
マグネット
MBA-5 に付属
コントローラーブラケットを
壁などに固定して使用するとき
9
設置と接続
固定ナット
ネジ
調整ツマミ
φ3mm
マグネット吸着部(円形)を
手前に向ける
MBA-5
コントローラーブラケット
(別売品)
※中 央のネジ穴を使用する場合は、
φ4mmのタッピングネジをご用意く
ださい。
59
9
設置と接続
■ 車内への設置場所について
R注意
 安全運転に支障のない場所に設置してください。
別売品の MBF-4(車載ブラケット)を使用して、ブラケットがしっ
かりと固定される場所に取り付けます。
直
射日光のあたる場所、ヒーターやクーラーの吹き出し口など
温度変化の激しい場所へ設置しないでください。
 本製品を踏んだり、ものを置いたりしない場所へ設置してください。
あらかじめブラケットの取り付け位置に、5.5mm∼5.6mm程度の
穴を4ケ所あけておきます。
タッピングネジの場合は3mm程度の穴を開けておきます。
ナット
Sワッシャー
コ
ントローラーの設置例
コントローラー
フランジボルト
平ワッシャー
本
体の設置例
コントローラー
ブラケット取り付けネジ
25˚
本体
バッテリー
コントローラーケーブル
電源ケーブル
電源ケーブルを車に配線するには専門技術と経験が必要です。
安全のため、お買い上げの販売店、または専門業者に依頼されるこ
とをおすすめします。
60
R注意
ブラケット取り付け時、別売品の MBF-4に付属しているネジ以外
は、使用しないでください。
設置と接続
9
■ アンテナの接続
 アンテナの取り付け場所
q ルーフサイド型
w ルーフトップ型
e トランクリッド型
DD同軸ケーブルについて
q
w
e
アンテナの給電点インピーダンスと同軸ケーブルの特性インピーダ
ンスは、50Ωのものをお使いください。
同軸ケーブルには各種ありますが、できるだけ損失の少ないケーブ
ルを、できるだけ短くしてお使いください。
DD内蔵のデュプレクサーについて
本製品はデュプレクサ―を内蔵していますので、市販のデュアルバン
ドアンテナを接続することにより、配線がきわめて簡単にできます。
なお、144MHzバンド、430MHzバンド専用アンテナをそれぞれ
同時に接続される場合は、市販のデュプレクサーをお使いください。
 VHF/UHF専用アンテナ接続時
IC-2730
( デュプレクサ―内蔵 )
DD固定運用時のアンテナについて
市販のアンテナには、無指向性のアンテナと指向性のアンテナがあ
りますので、用途や設置スペースに合わせてお使いください。
q 無指向性アンテナ(グランドプレーンなど )
ローカル局やモービル局との交信に適しています。
w 指向性アンテナ(八木アンテナなど )
遠距離局や特定局との交信に適しています。
9
設置と接続
無線機の性能は、使用するアンテナの良否によって大きく左右されます。
目的に合ったアンテナを、正しい状態で使用することがアンテナの効
率を上げることになります。
qア
ンテナは、本体後面パネルのアンテナコネクターに接続してくだ
さい。
w 同軸ケーブルは、
できるだけ短くなるように配線してください。
e 同 軸ケーブルの引き込み口から、雨水が入らないようにご注意く
ださい。
デュプレクサ―
[ANT]
( アンテナ共用器 )
61
9
設置と接続
■ 電源の接続
電源は、付属の DC電源ケーブルを使って、車のバッテリー(12V系)
に直接接続してください。
また、DC電源ケーブルを車に配線するときは、車両ディーラーや
本製品をお買い上げの販売店にご相談ください。
 電源接続時のご注意
24V
Ciga
24V系バッテリーの車は、そ
のままでは接続できません。
DC-DCコンバーター(24V
を13.8Vに変換する)が必
要です。
お買い上げの販売店にご相
談ください。
シガレットライターから電源
を取っても電流容量が足り
ません。
また、容量が足りても、誤動
作を生ずる原因になります。
R警告(DC電源ケーブルについて )
 配 線時は、極性(赤色が⊕(プラス)、黒色が⊖(マイナス))を
間違えないでください。
 配 線時、DC電源ケーブルのヒューズホルダーは、絶対に取り
はずさないでください。
 DC電源ケーブルを無理に引っ張ったり、曲げたりしないでく
ださい。
また、DC電源ケーブルの上にものを載せたり、踏みつけたり
しないところに配線してください。
 付属、または指定以外のDC電源ケーブルを使用しないでください。
 車内からエンジンルームへの配線
電源ケーブルを車に配線するには専門技術
と経験が必要です。
安全のため、お買い上げの販売店、または専
門業者に依頼されることをおすすめします。
D 固定運用時の電源について
本 機 を固 定 局 として運 用 される場
合、DC13.8V(IC-2730 は 7.5A、IC2730Dは13A以上)の安定化電源装置
をお使いください。
※必ず、安定化電源装置の電源スイッチ
が切れていることを確認してから、本
製品と接続してください。
 本機とバッテリーの接続
OPC-345A
R警告
ヒューズホルダー
は、絶対に取りはず
さないでください。
62
ヒューズ
DC電源ケーブルの
⊕赤
−黒
12V系
バッテリー
別売品について
10
■ 別売品についてのご注意
弊社製別売品は、本製品の性能を十分に発揮できるように設計されていますので、必ず弊社指定の別売品をお使いください。
弊社指定以外の別売品とのご使用が原因で生じる無線機の破損、故障あるいは動作や性能については、保証対象外とさせていただきますので、
あらかじめご了承ください。
■ 別売品一覧
多機能ハンドマイクロホン(補修用)
¡¡HM-209
ノイズキャンセリングマイクロホン
※通話する音声に含まれるノイズを軽減し
ます。
¡¡SP-30
外部スピーカー
(20W/4Ω、ケーブル長:約2.8m)
¡¡OPC-345ADC電源ケーブル
(3mタイプ:補修用)
¡¡OPC-440マイクロホン延長ケーブル(約5m)
¡¡OPC-647マイクロホン延長ケーブル(約2.5m)
¡¡CS-2730クローニングソフトウェア
(フリーウェア)
¡¡SP-35
外部スピーカー
(車載用 5W/4Ω、ケーブル長:約2m)
¡¡MBF-1
マウントベース(MBA-5用)
¡¡MBF-4
車載ブラケット
¡¡MBA-4
コンビネーションブラケット
¡¡OPC-1156コントローラー延長ケーブル(約3.5m)
(中継コネクター付き)
¡¡MBA-5
コントローラー用ブラケット
¡¡UT-133
Bluetooth®ユニット
¡¡VS-3
Bluetooth®ヘッドセット
¡¡OPC-589変換ケーブル
(モジュラー 8ピンマイクコネクター )
¡¡OPC-474
¡¡OPC-478UC
クローニングケーブル
(無線機間用)
別売品について
¡¡HM-207
10
クローニングケーブル
¡¡OPC-837コントロールケーブル
(3.5mタイプ:補修用)
63
11
BluetoothⓇの使いかた
■ BluetoothⓇでできること
本製品に別売品の UT-133(BluetoothⓇユニット)を取り付けると、
別売品の VS-3(BluetoothⓇ ヘッドセット)とのワイヤレス接続が
できます。
本章では、別売品の UT-133(BluetoothⓇユニット)を取り付けた
あとの IC-2730/IC-2730Dは、本製品と記載します。
本製品と別売品の VS-3を BluetoothⓇで接続することで、マイクロ
ホンの音声をワイヤレスで送信できます。
VS-3には、[PTT]ボタンが付いているため、無線機のマイクロホ
ンと同じ感覚で送信できます。
また、
[PTT]ボタンを押さなくても、VS-3からの音声によって送受
信を自動的で切り替える VOX機能も使用できます。
VS-3の側面にある3つのキーは、本製品でお好みの機能に変更し
て、リモコン操作することもできます。
BluetoothⓇの通信範囲は、約10m(目安)です。
UT-133
Bluetooth®
Bluetooth®
ユニット搭載
無線機
64
別売品VS-3
(Bluetooth®ヘッドセット)
Bluetooth 接続のイメージ図です。
Ⓡ
BluetoothⓇ の通信においては、周辺機器の影響で通信距離が著
しく変化します。
¡電子レンジなどによる妨害
¡無線LANによる妨害
このような場合は、ほかのワイヤレス通信を停止させたり、電子
レンジなどの使用を中止したり、周辺機器との距離をはなすなど
してください。
ま
た、BluetoothⓇヘッドセットと本製品の距離をできるだけ近づ
けると、通信状況が改善することがあります。
BluetoothⓇの使いかた
11
■ 電波法についてのご注意
2.4GHz帯の Bluetooth で通信をするときは、次のことがらに注
意してください。
この機器の使用周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療用機
器のほか工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の構内無
線局(免許を必要とする無線局)および特定小電力無線局(免許を必要と
しない無線局)並びにアマチュア無線局(免許を必要とする無線局)が運
用されています。
◎ この機器を使用する前に、近くで移動体識別用の構内無線局お
よび特定小電力無線局並びにアマチュア無線局が運用されてい
ないことをご確認ください。
◎ 万一、この機器から移動体識別用の構内無線局に対して有害な電
波干渉の事例が発生した場合には、速やかに使用周波数を変更
するか、または電波の発射を停止した上、下記のサポートセン
ターにご連絡いただき、混信回避のための処置等についてご相
談ください。
◎ その他、この機器から移動体識別用の特定小電力無線局あるいは
アマチュア無線局に対して有害な電波干渉の事例が発生した場
合など、何かお困りのことが起きたときは、下記へお問い合わ
せください。
◎ 本製品を使用できるのは、日本国内に限られています。
本製品は、日本国内での使用を目的に設計・製造しています。
したがって、日本国外で使用された場合、本製品およびその他の
機器を壊すおそれがあります。
また、その国の法令に抵触する場合があるので、使用できません。
◎ 心 臓ペースメーカーを使用している人の近くで、本製品を使用し
ないでください。
心臓ペースメーカーに電磁妨害を与え、生命に危険をおよぼすお
それがあります。
◎ 医療機器の近くで本製品を使用しないでください。
医療機器に電磁妨害を与え、生命に危険をおよぼすおそれがあります。
◎ 電子レンジの近くで本製品を使用しないでください。
電子レンジを使用すると電磁波の影響により、本製品の無線通信
が妨害されるおそれがあります。
◎ 本 製品は電波法に基づいて、技術基準適合証明(工事設計認証)
を受けた製品です。
分解や改造をしないでください。
Ⓡ
お問い合わせ先
アイコム株式会社 サポートセンター
0120-156-313 (フリーダイヤル)
◆ 携帯電話・PHS・公衆電話からのご利用は、
06-6792-4949 (通話料がかかります )
受付 (平日 9:00〜17:00)
® 使いかた
Bluetoothの
■ 電波干渉についてのご注意
11
■ 2.4GHz現品表示記号の意味について
「2.4」: 2.4GHz帯を使用する無線設備
「FH」 : FHSS方式
「1」 : 想定干渉距離が10m以下
」: 全
帯域を使用し、かつ移動体識別用の構
「
内無線局および特定小電力無線局並びに
アマチュア無線局の帯域を回避可能
65
11
BluetoothⓇの使いかた
■ UT-133の取り付けかた
別売品の UT-133(BluetoothⓇユニット)を本製品に取り付けるこ
とで、BluetoothⓇを使用できます。
e UT-133のコネクターを下にして、IC-2730/IC-2730Dのフ
ロント部にあるくぼみに挿入します。
フロントパネル側
R警告
UT-133を取り付ける前に、電源ケーブルをはずしてください。
火災、感電、故障の原因になります。
【ご注意】
静電気による破損を防ぐため、IC-2730/IC-2730Dや UT-133
に触れる前に、身近な金属(ドアノブやアルミサッシなど)に手を
触れて、身体の静電気を取り除くようにしてください。
人体からの静電 気は、IC-2730/IC-2730Dや UT-133を破損、
またはデータを消失させるおそれがあります。
qIC-2730/IC-2730Dの本 体 を裏 返 し、 底 面 カ バ ー から3本、
両側面から4本、計7本のネジをはずします。
w前 面部の開口部に差し込まれているツメに注意して底面カバー
をゆっくり取りはずします。
ツメ
UT-113
コネクター
r UT-133のコネクターをIC-2730/IC-2730Dのコネクターには
め込みます。
t 底 面カバーのツメを前面部の開口部に差し込んでから取り付け、
計7本のネジで締めます。
ツメ
底面カバー
底面カバー
66
BluetoothⓇの使いかた
11
■ ペアリングのしかた
BluetoothⓇヘッドセットは、以下の手順でペアリングしてください。
1. BluetoothⓇ機能をONにする
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、
「BT」(BluetoothⓇ)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-BT)
e [DIAL]Sで、「ON」を選択する。
r [ï]Dを押す。
ペアリングモードの操作のしかたは、VS-3の取扱説明書でご確認
ください。
3. 本製品をペアリングモードにする
t [DIAL]Sで、「PAIR」を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-PAIR)
y [ï]Dを押す。
¡「PAIRING」
が点滅し、ペアリングを開始します。
¡ 接 続 中 は、「CONNECTING」が点 滅 します。 接 続 すると、
「CONNECTED」が表示されます。
u [MAIN BAND]Cを短く押す。
¡ EXMENUモードを解除します。
¡ 接
続中は、下図のようにBluetoothⓇのアイコンが表示されます。
この場合は、[ï]表示の下にある [MW]キーを押して、再検索を
してください。
また、64ページで記載している周辺機器の影響についてもあわせ
てご確認ください。
【ご参考】自動接続するには
本製品の「AT CON」
( 自動接続機能)を ONに設定しておいた状態
で、本製品の電源を入れると、ヘッドセットの電源を入れただけで
(☞P15)
自動で接続します。(初期設定値:ON) ® 使いかた
Bluetoothの
2. VS-3(別売品)をペアリングモードにする
「FAILED」と表示されるときは
ヘッドセットが見つからないときに表示されます。
11
点灯
67
11
BluetoothⓇの使いかた
■ VOX機能の使いかた
DDVOXゲイン(感度)の設定のしかた
送信ボタンを押さなくても、ヘッドセットからの音声によって送受信を自
動的に切り替えるVOX機能を搭載しています。
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「VOX LV」(VOXゲイン)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-HS SET
> HSSET-VOX > VOX-VOX LV)
e [ï]Dを押す。
r [DIAL]Sで、VOX感度を選択する。
 ヘ ッドセットに向かって、通話するときと同じ大きさの声を
出しながら [DIAL]Sを回して設定します。
 送 信 になるレ ベ ル の音 声 入 力 があると、 デ ィ ス プ レ イ に
「VOX」が表示されます。
※ VOX感度を上げる (数値を大きくする )と、比較的小さな声で
も送信できますが、回りの雑音でも送信しやすくなりますの
で、ご注意ください。
t [MAIN BAND]Cを短く押す。
 EXMENUを解除します。
※ S/RFメーターが継続して振らない場合は、EXMENUの
「VOX.DLY」
(VOXディレイ)項目で、遅延時間を十分な長
さに設定してください。
※ VOX機能使用時、送信中に[DIAL]Sを回すとVOX感度が
切り替わります。
【ご参考】
VOX機能は、BluetoothⓇヘッドセットを使っているときだけ動
作する機能です。
本製品に接続しているマイクロホンでは動作しません。
DDVOX機能の設定のしかた
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「VOX」(VOX機能)を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-HS SET
> HSSET-VOX > VOX-VOX)
e [ï]Dを押す。
r [DIAL]Sで、「ON」を選択する。
t [MAIN BAND]Cを短く押す。
 EXMENUモードを解除します。
点灯
Display
Side
68
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
BluetoothⓇの使いかた
11
DDVOX機能の詳細設定について
VOX機能の詳細は、EXMENUの「VOX.DLY」(VOXディレイ)項目、
「VOX.TOT」(VOXタイムアウトタイマー )項目で設定できます。
使用環境やヘッドセットにあわせて変更してください。(☞P15)
® 使いかた
Bluetoothの
¡ VOXディレイ「VOX.DLY」
送信停止までの遅延時間を設定します。
¡ VOXタイムアウトタイマー「VOX.TOT」
連続して送信できる時間を制限します。
11
【ご注意】
BluetoothⓇユニット搭載無線機側で、受信中、またはビープ音が
鳴っているときは VOX送信を禁止します。
【ご注意】
VOXゲイン(感度)は、マイクゲイン(感度)の影響を受けます。
VOX機能を使用するときは、EXMENUの「VOX LV」(VOXゲイン)
項目で VOX感度を設定する前に、
「MIC G」(マイクゲイン)項目、ま
たは BluetoothⓇヘッドセット本体でマイク感度を調整することを
おすすめします。
69
11
BluetoothⓇの使いかた
■ その他のヘッドセット設定
DDAF出力切替について
Bluetooth ヘッドセット接続時、ヘッドセットのイヤホン以外に
無線機のスピーカーから受信音を聴きたいときは、「AF OUT」
(AF
出力切替)項目を「HS+SP」(ヘッドセット&スピーカー )に設定す
ることで、受信音を同時に聴くことができます。
Ⓡ
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「AF OUT」(AF出力切替)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-HS SET
> HSSET-AF OUT)
e [ï]Dを押す。
r [DIAL]Sで、「HS+SP」を選択する。
t [MAIN BAND]Cを短く押す。
 EXMENUを解除します。
 受信時は、ヘッドセットと本製品から音声が出力されます。
DDVS-3について
別売品の VS-3(BluetoothⓇヘッドセット)の詳細な設定ができます。
また、VS-3の [PLAY]ボタン、[FWD]ボタン、[RWD]ボタンは、
「ICOMHS」
(アイコムヘッドセット)設定の中の「CUST K」(カスタ
マイズキー )項目で機能を割り当てできます。(☞P15)
¡パワーセーブ「PoSAVE」
受信音がないとき、VS-3への接続を一時的に切り VS-3の電池
を長持ちさせる機能です。
※ VOX運用時は動作しません。(☞P68)
70
¡ワンタッチPTT「PTT」
VS-3の [PTT]ボタンを押すご
とに、送信/受信を切り替える
機能です。(☞P15)
¡PTTビープ「PTT B」
[PTT]ボ タ ン を押 したときに
ヘッドセット側でビープ音を
鳴らす /鳴らさないの設定をす
る機能です。
無線機本体のビープ設定とは
独立しており、両方ONに設定
している場合、どちらも鳴ります。
(☞P15)
[FWD]ボタン
[PLAY]ボタン
[RWD]ボタン
別売品VS-3
(BluetoothⓇヘッドセット)
¡ カスタマイズキービープ「CUST B」
[PLAY]ボタン、[FWD]ボタン、[RWD]ボタンを押したときに、
ヘッドセット側でビープ音を鳴らすか、鳴らさないかを設定す
る機能です。
無線機本体側のビープ設定とは独立しており、両方ONに設定し
ている場合、どちらも鳴ります。(☞P15)
¡ カスタマイズキー「CUST K」
[PLAY]ボタン、[FWD]ボタン、[RWD]ボタンに機能を割り当
てできます。(☞P15)
※ 送信中での機能を割り当てることはできません。
BluetoothⓇの使いかた
■ 最大ペアリング数について
本製品にペアリング登録できる BluetoothⓇヘッドセットは、最大
7台までです。
■ 切断のしかた
BluetoothⓇ接続を切断するときは、BluetoothⓇヘッドセットの電
源を切るだけで切断できますが、本製品から切断するときは、下記
の手順で操作してください。
■ ペアリング登録機器の削除のしかた
ペアリングした BluetoothⓇヘッドセットの登録情報を本製品から
削除できます。
接続中の BluetoothⓇヘッドセットを削除したい場合は、上記の「■
切断のしかた」に示す手順で先に切断してから、削除してください。
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「CONNEC」(接続)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-CONNEC)
e [ï]Dを押す。
r [DIAL]Sで、削除したい BluetoothⓇヘッドセットを選択する。
t[CLR]Dを押す。
「DELETE
?」が表示されます。
y [DIAL]Sで、「YES」を選択する。
u[ï]Dを押す。
 ペアリングリストから削除されます。
i[MAIN BAND]Sを短く押す。
 EXMENUモードを解除します。
■ 初期化のしかた
BluetoothⓇの各機能設定は、パーシャルリセットやオールリセッ
ト操作で初期化できますが、機器名称とペアリング情報を初期化す
るときは、以下の手順で操作してください。
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「INITBT」(初期化)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-INITBT)
r [ï]Dを押す。
「INITBT
?」が表示されます。
t [DIAL]Sで、「YES」を選択する。
y [ï]Dを押す。
 初期化されて、運用画面が表示されます。
Display
Side
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
® 使いかた
Bluetoothの
]Cを短く押す。
q [MENU
w [DIAL]Sで、「DISCON」(切断)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-BT SET > BTSET-DISCON)
e [ï](D)を押す。
「DISCONNECT」
が点滅します。
r [MAIN BAND]Sを短く押す。
 EXMENUモードを解除します。
11
11
71
12
定格
■ 一般仕様
 送 信 周 波 数 範 囲:
144.000〜146.000MHz
430.000〜440.000MHz
 受 信 周 波 数 範 囲:
(FM/FM-N)
137.000〜174.000MHz
375.000〜379.895MHz
382.100〜411.895MHz
415.100〜550.000MHz
(AM/AM-N)
118.000〜136.99166MHz
※ 組み合わせによっては、サブバンドがミュートされます。
 使 用 温 度 範 囲:−10〜+ 60℃
★
 周 波 数 安 定 度:±2.5ppm以内 (−10〜+ 60℃ )
★ 25℃を基準とする
 周 波 数 分 解 能:5、6.25、8.33、10、12.5、15、
20、25、30、50kHz
※ 運用バンドや、運用モードによって
は、選択できない場合があります。
 メ モ リ ー チ ャ ン ネ ル 数:1000チャンネル
 プログラムチャンネル数:50チャンネル(2チャンネル×25組)
 コ ー ル チ ャ ン ネ ル 数:2チャンネル
電
源
電
圧:DC 13.8V
(外部電源端子)
72
消
費
電
流:
待ち受け時
1.2A
受信最大出力時
1.8A
送信最大出力時
7.5A(IC-2730)
13.0A(IC-2730D)
接
地
方
式:マイナス接地
 ア ン テ ナ イ ン ピ ー ダ ン ス:50Ω 不平衡(M型) 外
形
寸
法:
コントローラー150.0(W)×50.0(H)×27.2(D)mm
150.0(W)×40.0(H)×151.0(D)mm
本体
(突起物を除く )
重
量:
コントローラー
約140g
本体
約1.2kg
■ 送信部
電
波
型
式:F2D、F3E
変
調
方
式:FMリアクタンス変調(FM、FM-N)
 最 大 周 波 数 偏 移:±5.0kHz以下(FM)
±2.5kHz以下(FM-N)
マ
イクロホンインピーダンス:600Ω
 ス プ リ ア ス 発 射 強 度:−60dBc以下
(スプリアス領域/帯域外領域)
送
信
出
力:20、10、2.0W(IC-2730)
50、15、5.0W(IC-2730D)
定格
12
■ 受信部
受
信
方
中 間 周 波
(左側バンド)
(右側バンド)
式:ダブルスーパーヘテロダイン
数:
38.85MHz(1st IF)
450kHz(2nd IF)
46.35MHz(1st IF)
450kHz(2nd IF)
定格
受
信
感
度:(スプリアスポイントは除く )
−15dBμ以下(12dB SINAD)
(FM/FM-N)
FM/FM-N 12dB SINAD
(アマチュア帯を除く)
137.000〜159.995MHz−10dBμ以下
160.000〜174.000MHz−5dBμ以下
375.000〜399.995MHz−5dBμ以下
400.000〜499.995MHz−10dBμ以下
500.000〜550.000MHz−5dBμ以下
AM/AM-N(10dB S/N)
118.000 ~ 136.99166MHz
0dBμ以下
 ス ケ ル チ 感 度:−18dBμ以下(Threshold)
選
択
度:
(FM)
60dB以上
(FM-N)
55dB以上
 ス プ リ ア ス 妨 害 比:60dB以上
(Aバンド UHF:55dB以上)
 低 周 波 出 力:2.0W以上(8Ω負荷、10%歪時)
 低周波負荷インピーダンス:8Ω
12
73
13
リセット/困ったときは
■ リセットについて
静電気などによる外部要因で、本製品の動作や表示内容に異常があ
ると思われた場合は、いったん電源を切り、数秒後にもう一度電源
を入れてください。
それでも改善しない場合は、次のようにパーシャルリセット、また
はオールリセット操作をしてください。
DDパーシャルリセットのしかた
◎パ
ーシャルリセット操作をしても、下記のデータはそのまま残
ります。

メモリーチャンネルデータ
スキャンエッジ
コールチャンネル
DTMFメモリー
DDオールリセットのしかた
オールリセット操作をしたときは
記憶されているデータはすべて消去され、変更した設定はすべて初
期設定に戻ります。
メモリーチャンネルの内容もすべて消去されるので、もう一度運用
に必要な周波数や運用モードなどを書き込んでください。
q [MENU]Cを短く押す。
w [DIAL]Sで、「RESET-ALL」(オールリセット)項目を選択する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-OTHERS >
OTHER-RESET > RESET-ALL)
q [MENU]Cを短く押す。
w [DIAL]Sで、「RESET-PART」(パーシャルリセット)項目を選択
する。
(MENU-EXMENU > EXMEN-OTHERS >
OTHER-RESET > RESET-PART)
e [ï]Dを短く押す。
「RESET?」
が表示されます。
r [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
t [ï]Dを短く押す。
 オールリセットしたあと、初期画面を表示します。
e [ï]Dを短く押す。
「RESET?」
が表示されます。
r [DIAL]Sで、
「YES」を選択する。
t [ï]Dを短く押す。
 パーシャルリセットしたあと、初期画面を表示します。
Display
Side
74
Center
Side
説 明 文 中 のC、S、ま た はD
は、コントローラーの操作部
分を示しています。
C: Center (中央)
S: Side (サイド)
★
D: Display (表示部)
★
表示の下にあるキーを押す
リセット/困ったときは
13
■ トラブルシューティング
下記の現象は故障ではありませんので、修理に出す前にもう一度点検してください。
それでも異常があるときは、弊社サポートセンターまで、お問い合わせください。
現 象
 電源が入らない
処 置
◎ 電源ケーブルの接触不良
' 接続をやりなおす
-
◎ヒ
ューズの断線
' 原因を取り除き、ヒューズを取り替える
-
◎電
源電圧が適切でない
' 電源電圧を13.8Vに調整する
-
◎ [ VOL]を反時計方向に回し切っている
' [VOL]を回して、音量を設定しなおす
P22
◎外
部スピーカーの接続ケーブルが切れて ' 接続ケーブルを点検して、正常にする
いる
'ミ
ュート機能を解除する
-
P1
◎ア
ンテナの不良、または同軸ケーブルの ' ア
ンテナと同軸ケーブルを点検し、正常 -
ショート・断線
にする
◎ア
ッテネーター機能がONに設定されている ' ア
ッテネーター機能をOFFにする
困
\ ったときは
◎ミ
ュート機能が動作している
 感度が悪く、強い局しか聞こえない
参 照
リセット
 音が出ない
原 因
P13
◎ [SQL]ツマミを時計方向に回し切っている ' [SQL]ツマミを反時計方向に回して、ス P22
ケルチを調整する
 送信しても応答がない
◎デ
ュプレックス運用になっていて、送受信 ' デ
ュプレックス運用を解除し、送受信の P46
の周波数が違っている
周波数を同じにする
 周波数が異常な表示になっている
◎ CPUが誤動作している
' リセットする
P74
◎ 静電気などによる外部要因
' 電源を接続しなおす
-
13
75
13
リセット/困ったときは
現 象
 電波が出ないか、電波が弱い
原 因
処 置
参 照
◎ LOW/MID出力のいずれかの設定になっ ' HIGH出力にする
ている
P22
◎ PTTロック機能が動作している
' PTTロック機能を解除する
P13
◎ビ
ジーロックアウト機能が動作している
' ビジーロックアウト機能を解除する
P13
◎ 送信時、アマチュアバンド以外に設定され ' ア
マチュアバンド以外は送信できないので、 P21
周波数をアマチュアバンドに設定する
ている
 周波数の設定ができない
◎ ロック機能が動作している
' ロック機能を解除する
P22
◎メ
モリーモード、またはコールチャンネル ' [V/MHz SCAN]を短く押して、
VFOモー P20
モードになっている
ドにする
 プログラムスキャンが動作しない
◎ VFOモードになっていない
VFOモー P20
' [V/MHz SCAN]を短く押して、
ドにする
◎プ
ログラムスキャンエッジの上限周波数 ' 上
限周波数と下限周波数に違う周波数を P35
と下限周波数に同じ周波数が書き込まれ
書き込む
ている
 メモリースキャンが動作しない
◎ メモリーモードになっていない
' [MR CALL]を短く押して、メモリーモー P20
ドにする
◎M
-CHに2CH以上書き込まれていない
' 2CH以上をM-CHに書き込む
 受信信号が途切れる
◎マ
イクロホンからの音声レベルが大きす ' 普通の大きさの声で送信する
ぎる
P22
 サブバンドが受信できない
◎サ
ブバンドミュート機能が動作している
P14
' サブバンドミュート機能をOFFにする
 送信しても、途中で受信状態になる ◎ タ
イムアウトタイマー機能が動作している ' タ
イムアウトタイマー機能をOFFにする
76
P26
P13
リセット/困ったときは
13
■ アフターサービスについて
75ページの「■トラブルシューティング」にしたがって、もう一度、
本製品の設定などを調べていただき、それでも異常があるときは、次
の処置をしてください。
保証期間中は
お買い上げの販売店にお問い合わせください。
保証規定にしたがって修理させていただきますので、保証書を
添えてご依頼ください。
保証期間後は
弊
社製品の故障診断、持ち込み修理などの修理受付窓口は、別
紙の 「サービス受付窓口一覧」、または弊社ホームページ http://
www.icom.co.jp/ をご覧ください。
困
\ ったときは

保証書について
保証書は販売店で所定事項(お買い上げ日、販売店名)を記入のう
えお渡しいたしますので、記載内容をご確認いただき、大切に
保管してください。
リセット
お買い上げの販売店にお問い合わせください。
修理することにより機能を維持できる製品については、ご希望に
より有料で修理させていただきます。

弊社製品のお問い合わせ先について
お買い上げいただきました弊社製品の技術サポートなどご不明
な点がございましたら、下記のサポートセンターにお問い合わ
せください。
お問い合わせ先
アイコム株式会社 サポートセンター
0120-156-313(フリーダイヤル)
◆携帯電話•PHS•公衆電話からのご利用は、
06-6792-4949
(通話料がかかります)
受付 (平日 9:00〜17:00)
電子メール:[email protected]
アイコムホームページ:http://www.icom.co.jp/
13
77
13
リセット/困ったときは
■ パワープロテクト機能について
■ ヒューズの交換
連続送信などにより内部温度が上昇すると、本体保護のために強制
的にLOWパワー設定となる機能です。
パワープロテクト機能が動作するときは、電源電圧、接続しているア
ンテナを確認、
または本体が冷めてから運用してください。
※過 電 圧 が印 加 された場 合 は、「OVER V」と表 示 され、 警 告 音
(ビー)
を鳴らします。
印加電圧によっては、本製品が破損していることがありますので、異
常があるときは、弊社サポートセンターまでお問い合わせください。
ヒューズが切れ、本製品が動作しなくなった場合は、原因を取り除
いた上で、定格のヒューズと交換してください。
q DC電源ケーブルのヒューズホルダーを下図のように開きます。
w 切 れたヒューズを取り出し、新しいヒューズを元どおりに取り付け
ます。
ヒューズの定格
IC-2730/IC-2730D:15A
ヒューズ交換のしかた
【ご注意】
ヒューズを交換するときは、必ず DC電源ケーブルを電源から取
りはずしてください。
R警告
指定以外のヒューズは絶対に使用しないでください。
また、ヒューズホルダーを切断して接続しないでください。
発火、火災などの原因となります。
78
免許申請について
14
本製品は技術基準適合証明(工事設計認証)を受けた 「技術基準適合送受信機」です。
免許の申請書類のうち 「無線局事項書及び工事設計書」は、下記の要領で記入してください。なお、総務省のホームページ「電波利用 電子申請・
届出システム」http://www.denpa.soumu.go.jp/public/index.html でも免許申請できます。
■ 無線局事項書の書きかた
第3級アマチュア無線技士以上のかたがIC-2730Dを申請する場合
希望する
空中線
周波数帯
電力
W □ 1200M
W □ 2400M
希望する
電波の型式
13 電波の型式並び
周波数帯
に希望する周波数
□ 1.9M A1A
及び空中線電力
□ 3.5M □ 3HA □ 4HA □
□ 50M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □ 4VF □
✔ 144M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □
✔ 4VF □
□
✔ 430M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □
✔ 4VF □
□
第4級アマチュア無線技士のかたがIC-2730を申請する場合
希望する
空中線
周波数帯
電力
W □ 1200M
W □ 2400M
希望する
電波の型式
13 電波の型式並び
周波数帯
に希望する周波数
□ 1.9M A1A
及び空中線電力
□ 3.5M □ 3HA □ 4HA □
W □
50W □
50W □4630kHz
□ 50M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □ 4VF □
✔ 144M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □
✔ 4VF □
□
✔ 4VF □
✔ 430M □ 3VA □ 4VA □ 3VF □
□
W □
20W □
20W □4630kHz
終段管の名称と個数、電圧については、送信機系統図(☞P80)
に記載され
た、
PWR AMPの名称と個数、電圧を記入してください。
■ 工事設計書の書きかた
※ 整理番号
装置の区別
技術基準適合証明番号
□ 取替 □ 増設
□ 撤去 □ 変更
発射可能な電波の型式及び周波数の範囲
144MHz帯
工事設計認証番号
(認証番号)を記入
430MHz帯
認証番号 本体に貼られたシリアルナ
ンバーシールに記載してい
る認証番号を記入してくだ
さい。
必ず申請に使用する無線機
本体をご確認ください。
D保証認定の申請について
終段管
定格出力
(W)
電圧
IC-2730Dの場合
144MHz帯:
430MHz帯:
50W
V
V
周波数測定装置の有無
✔
□ 送信機系統図
名称個数
F2D,F3E:
FMリアクタンス変調
F2D,F3E
送信空中線の型式
添付図面
変調方式
その他の工事設計
移動する局(空中線
電力が50W以下の
局)は記入の必要は
ありません。
IC-2730の場合
144MHz帯:
430MHz帯:
20W
✔
□ 有
(誤差0.
025%以内)
□ 無
✔
□ 法第3章に規定する条件に合致する。
認証番号を記入しているときは、記入する必要はありません。
付属装置(パソコンや外部インターフェースなど)、
または付加装置(トランスバーターやパワ
ーブースターなど)を付ける場合は、非技術基準適合送受信機となりますので、一般財団法
人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)、
またはTSS株式会社の保証認定を受ける必要
があります。
したがって、網かけ部分に発射可能な電波型式などを追記し、お使いになる装置を含めた送
信機系統図を添付して申請してください。
※工事設計書には、一括記載コードではなく、個別の電波型式を記入してください。
免許申請について
第1送信機
変更の種別
14
必要事項を記入した「アマチュア無線局の無線設備の保証願書」を「無線局申請書」に添えて、下記のどちらかに申請してください。
一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)JARD保証事業センター
〒170-8088 東京都豊島区巣鴨3丁目36番6号 共同計画ビル
TEL:03-3910-7241
TSS株式会社 〒113-0034 東京都文京区湯島3-20-12 ツナシマ第2ビル TSS株式会社 保証事業部 TEL:03-6803-0322
79
14
免許申請について
 送信機系統図
12.50V(IC-2730D)
13.26V(IC-2730)
TX
MIC
MIC AMP
NJM2746
VCO
2SC5231
RUM002N02
BBY57-02 x2
1SV323
1SS390
DTMF
DRIVE AMP
MT3S20P
PWR AMP
RA60H4047M (IC-2730D)
RA30H4047M (IC-2730)
430MHz BAND
PWR DET
LRB706 x2
Audio signal
Xtal
15.3MHz
APC CTRL
NJM2904
LDTA144EE x2
PLL IC
AK1542A
Bluetooth
UNIT
UT-133
PWR DET
LRB706 x2
オプション
Xtal
12.8MHz
PLL IC
AK1542A
VCO
2SC5231
1SV323 x3
RUM002N02
1SS390
144MHz BAND
DRIVE AMP
MT3S20P
PWR AMP
RA60H1317M (IC-2730D)
RA30H1317M (IC-2730)
12.62V(IC-2730D)
13.20V(IC-2730)
80
免許申請について
14
■ バンドの使用区別(バンドプラン)について
電波を発射するときは、下記の使用区別図にしたがって運用してください。
なお、バンドプランは、改定される場合があります。
最新の情報は、JARLニュースや JARLホームページなどでご確認ください。
144MHz帯
周波数:MHz
.02
EME
狭帯域データ
.10
CW
VoIP
CW、狭帯域の電話
㺃電信㺃画像 (注1、注2)
144.00
広帯域
データ
.40
.50 .60
非常通信周波数
145.00
全電波型式
(実験㺃 研究用)
広帯域の電話㺃電信㺃画像
.70
.50
非常通信周波数
衛星
.80
.65
146.00
呼出周波数(F3E、
F2Aのみ※)㺃非常通信周波数
※平成21年総務省告示第179号注22
430MHz帯
狭帯域データ
.10
.50
周波数:MHz
CW
VoIP
CW、狭帯域の
電話㺃電信㺃画像
430.00
広帯域
データ
広帯域の電話
㺃電信㺃画像
EME
.90
.70 431.00 .40
非常通信周波数
.50
432.10
広帯域の電話
㺃電信㺃画像
レピータ 衛星
433.00 434.00
非常通信周波数
全電波型式
(実験㺃 研究用)
435.00 438.00
レピータ
439.00
440.00
呼出周波数(F3E、
F2Aのみ※)㺃非常通信周波数
※平成21年総務省告示第179号注22
狭帯域:占有周波数帯幅3kHz以下(A3Eを除く)、
広帯域:3kHzを超える
1200MHz帯
免許申請について
【注1】144.10MHzから144.20MHzまでの周波数は、外国のアマチュア局と月面反射通信にも使用できる。
この場合の電波の占有周波数帯幅の許容値は3kHz以下のものに限る。
【注2】144.30MHzから144.50MHzまでの周波数は、国際宇宙ステーションとの交信に限って広帯域の電話、電信および画像通
信にも使用することができる。
狭帯域:占有周波数帯幅3kHz以下(A3Eを除く)、
広帯域:3kHzを超える
14
周波数:MHz
ATVࠊ高速データ (注)
レピータ
衛 星
1260.00
1270.00
1273.00
1294.00
データ
CW、狭帯域の電話
1295.00
ビーコン VoIP
レピータ
1290.00
広帯域の電話
1293.00
1300.00
81
1296.20
EME
全電波型式(実験㺃 研究用)
レピータ
さくいん
番号
1MHzステップにするには… ……………… 21
1つのM-CHが記憶できる内容……………… 24
2.4GHz現品表示記号の意味について……… 65
144MHz帯の特長… …………………………… ii
430MHz帯の特長… …………………………… ii
アルファベット
AF出力切替について… ……………………… 70
BluetoothⓇでできること… ……………… 64
DTCSコードを設定するには… …………… 54
DTCSの極性を設定するには… …………… 54
DTMFコードの送出のしかた… …………… 50
DTMFスピードの設定… …………………… 51
DTMFメモリー機能の使いかた… ………… 49
DTMFメモリーに登録したコードを送出する…
50
DTMFメモリーの書き込みかた… ………… 49
EXMENU項目………………………………… 11
HM-207
(リモコンマイク)について… ……… 5
JARL……………………………………………… ii
MAINバンドの選びかた……………………… 20
MBA-4(コンビネーションブラケット)の取り付
けかた………………………………………… 57
M-CHの詳細…………………………………… 24
M-CHの呼び出しかた………………………… 25
メモリークリア(消去)のしかた……………… 31
MENU項目… ………………………………… 11
MENU項目について… ……………………… 16
MENUモードについて… ……………………… 8
MENUモードの階層… ………………………… 8
UT-133の取り付けかた… ………………… 66
VFO周波数とプライオリティーチャンネル… 42
VFO周波数とメモリー/バンクスキャン…… 43
VFOスキャン… ……………………………… 32
82
VFOスキャンとプライオリティーチャンネル…
VFOスキャンとメモリー/バンクスキャン…
VFOスキャンの操作… ………………………
VFOとプライオリティーチャンネル… ……
VFOとメモリー/バンクスキャン……… 41,
VFOモードにするには… ……………………
VFOモードのスキャン… ……………………
VOX感度の設定のしかた… …………………
VOX機能の詳細設定について… ……………
VOX機能の設定のしかた… …………………
VOX機能の使いかた… ………………………
VS-3について…………………………………
42
43
37
41
43
20
37
68
69
68
68
70
あ
アイコム株式会社…………………………… 77
アイコムホームページ……………………… 77
空いているチャンネルに自動で書き込む… 27
アフターサービスについて………………… 77
アマチュアバンドの運用…………………… 22
安全上のご注意(必ずお読みください)……
iv, v
安定化電源装置の接続……………………… 58
アンテナの接続……………………………… 61
お
オートレピータ機能での交信………………
オールリセットのしかた……………………
オフセット周波数の設定……………………
音量とスケルチを調整する…………………
44
74
46
22
か
各種機能の使いかた………………………… 48
各設定項目について………………………… 11
各部の名称と機能……………………………… 1
き
基本操作のしかた……………………………
20
く
クローニングソフトウェアを使ったPC間クロー
ニング………………………………………… 55
クローニングについて……………………… 55
こ
一時スキップ機能について………………… 33
一時スキップの指定のしかた……………… 40
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)… ii
一般仕様……………………………………… 72
工事設計書の書きかた……………………… 79
コールチャンネル(CALL-CH)の呼び出しかた… 25
個人情報の取り扱いについて………………… i
固定運用時のアンテナについて…………… 61
コントローラーと本体の接続のしかた…… 57
コントローラーの設置……………………… 58
コントローラーを車内に固定するには…… 58
コントローラーを壁面に取り付けるには… 59
う
さ
い
運用バンド(周波数帯)について……………… 20
運用バンドの選択…………………………… 20
運用モード[VFO/メモリー/コールチャンネル]
の切り替えかた……………………………… 20
最大ペアリング数について…………………
さくいん………………………………………
サポートセンター……………………………
71
82
77
さくいん
その他のヘッドセット設定…………………
し
車内への設置場所について………………… 60
周波数とM-CH設定のしかた…………………… 6
周波数を設定する…………………………… 21
受信部………………………………………… 73
受信モード
(電波型式)
を設定する…………… 23
受信モード(電波型式)の登録………………… 36
受信モニター機能について………………… 23
初期化のしかた……………………………… 71
信号を受信すると…………………………… 34
す
スキップ周波数の解除………………………
スキップ周波数の登録………………………
スキップ周波数の登録と解除について……
スキップチャンネルの指定と解除について…
スキャン周波数の登録………………………
スキャンストップ時のビープ音設定………
スキャン中の[DIAL]操作について… ………
スキャンについて……………………………
スキャンネームについて(VFOスキャン)……
スキャンネームの登録………………………
38
38
38
40
35
34
33
32
34
35
せ
切断のしかた………………………………… 71
設置と接続…………………………………… 57
設定項目の選択方法………………………… 10
前面パネル
(コントローラー)
…………………… 1
そ
送出するコードを直接入力する……………
送信時のオフバンド表示について…………
送信出力を設定して交信する………………
送信部…………………………………………
50
47
22
72
70
ち
チャンネルの呼び出しかた…………………
チャンネルを指定して書き込む……………
チューニングステップについて(VFOスキャン)…
チューニングステップの登録………………
チューニングステップを変えるには………
25
26
33
36
21
て
定格…………………………………………… 72
ディスプレイ…………………………………… 2
デュプレックス運用について……………… 46
デュプレックス(DUP)スキャン… ………… 33
デュプレックスモードで交信する………… 47
デュプレックスモードの設定……………… 46
電源の接続…………………………………… 62
電波干渉についてのご注意………………… 65
電波法についてのご注意………………… ii, 65
電波を発射する前に…………………………… ii
と
問い合わせ先………………………………… 77
同軸ケーブルについて……………………… 61
登録商標/著作権について… …………………… i
トーン周波数を設定するには……………… 53
トーンスキャン……………………………… 33
トーンスケルチ機能………………………… 52
トーンスケルチの操作……………………… 52
トラブルシューティング…………………… 75
取扱上のご注意………………………………… i
な
は
パーシャルリセットのしかた……………… 74
はじめに………………………………………… i
パワープロテクト機能について…………… 78
バンクスキャン……………………………… 32
バンクの割り当てかた……………………… 28
バンクリンクスキャン……………………… 32
バンドスキャン……………………………… 32
バンドの使用区別(バンドプラン)について… 81
バンドプラン………………………………… 81
バンドメモリースキャン…………………… 32
ひ
ヒューズの交換………………………………
78
ふ
付属品について………………………………… i
プライオリティースキャン………………… 41
プライオリティースキャンについて……… 41
フルスキャン………………………………… 32
フルバンクスキャン………………………… 32
プログラムスキャン………………………… 32
プログラムスキャンエッジの新規登録…… 34
プログラムスキャンエッジの登録………… 36
プログラムリンクスキャン………………… 32
へ
ペアリング登録機器の削除のしかた………
ペアリングのしかた…………………………
別売品一覧……………………………………
別売品について………………………………
別売品についてのご注意……………………
71
67
63
63
63
内蔵のデュプレクサーについて…………… 61
内部スプリアスについて……………………… iii
83
さくいん
ほ
ホームCHビープ機能について……………… 48
ホームCHビープ機能を使う………………… 48
ホームCHを設定する………………………… 48
本製品が搭載しているM-CH………………… 24
本製品とUT-133(別売品)について…………… v
本製品のおもな特長と楽しみかた…………… ii
本体部…………………………………………… 4
ま
マイクゲインの設定………………………… 23
マイクコネクター結線図……………………… 4
マイクロホンの接続………………………… 57
む
無線機間クローニング………………………
無線局事項書の書きかた……………………
55
79
め
メモリークリア(消去)のしかた……………… 31
メモリースキャン…………………………… 32
メモリースキャンの操作…………………… 39
メモリーチャンネルについて……………… 24
メモリーチャンネル(M-CH)にバンクを割り当て
る……………………………………………… 28
メモリーチャンネルの使いかた…………… 24
メモリー内容をVFOに転送して使う… …… 27
メモリー内容をほかのチャンネルへコピーする… 27
メモリーバンクスキャン…………………… 32
メモリーバンクスキャンの操作…………… 39
メモリーバンクにM-CHを直接書き込む…
29
メモリー/バンクネームの入力… …………… 30
メモリーバンクモードへの表示切り替え… 29
メモリーフルスキャン……………………… 32
84
メモリー(M-CH/CALL-CH)への書き込みかた… 26
メモリーモード/コールチャンネルモード
にするには…………………………………… 20
メモリーモードのスキャン………………… 39
免許申請について…………………………… 79
免責事項について……………………………… v
も
モードメモリースキャン…………………… 32
モービル運用上のご注意……………………… iii
ゆ
ユーザー登録について…………………………
i
り
リセット/困ったときは… ……………………
リセットについて……………………………
74
74
れ
レピータ局の中継が必要かどうか確認する…
レピータ局を経由して交信する……………
レピータ周波数の設定………………………
レピータトーン周波数を設定するには……
45
45
44
53
ろ
ロック機能の使いかた………………………
22
MENUモードのさくいん
お
A
P
AF出力切替.................................. 15
AIRバンド表示............................ 14
ATT選択....................................... 13
PTTビープ................................... 15
PTTロック................................... 13
B
TSQL周波数................ 11, 12, 17
Bluetooth................................... 14
Bluetooth設定........................... 14
C
CI-V..............................................
CI-Vアドレス...............................
CI-Vトランシーブ.......................
CI-Vボーレート...........................
CLONE........................................
T
14
14
14
14
15
D
DTCS極性................... 11, 12, 17
DTCSコード............... 11, 12, 17
DUP/トーン設定........................ 12
E
EXMENU............................ 11, 19
EXMENU項目............................. 11
U
UP/DNマイクキー..................... 13
V
VOX.............................................
VOX機能......................................
VOXゲイン..................................
VOXタイムアウトタイマー.......
VOXディレイ..............................
15
15
15
15
15
14
15
13
13
い
I
一時スキップ時間........................ 12
INFORMATION......................... 15
IF周波数入れ替え........................ 14
INFORMATION......................... 15
う
L
LCDコントラスト....................... 14
M
MENU項目.................................. 11
MENU項目について................... 16
14
14
13
13
14
15
17
か
下限周波数(プログラムスキャン)
...................................................... 12
カスタマイズキー........................ 15
カスタマイズキービープ............ 15
き
機能設定....................................... 13
あ
IF周波数入れ替え........................
アイコムヘッドセット................
ATT(アッテネーター)選択.........
UP/DNマイクキー.....................
オートディマー...........................
オートディマータイマー............
オートパワーオフ........................
オートレピータ...........................
オープニングメッセージ............
オールリセット...........................
オフセット周波数........ 11, 12,
く
空冷ファン設定........................... 13
クリア(スキャンリンクチャンネル)
...................................................... 13
CLONE........................................ 15
クローンマスターモード............ 15
クローンモード........................... 15
さ
運用バンド................................... 13
サウンド設定............................... 14
サブバンドミュート.................... 14
え
し
AIRバンド表示............................ 14
AF出力切替.................................. 15
CI-V.............................................. 14
CI-Vアドレス............................... 14
CI-Vトランシーブ....................... 14
CI-Vボーレート........................... 14
自動接続(Bluetooth)................. 15
受信/待機中(UP/DNマイクキー)... 13
受信/待機中(リモコンマイクキー).. 13
上限周波数(プログラムスキャン).12
初期化(Bluetooth)..................... 15
す
スキャン一時停止時間. 11, 12,
スキャン再開時間........ 11, 12,
スキャンストップビープ............
スキャン設定...............................
スキャンリンクチャンネル........
スケルチ/ATT選択.....................
スケルチ遅延時間........................
18
18
14
12
13
13
13
せ
接続(Bluetooth)........................ 15
切断(Bluetooth)........................ 15
そ
操作音........................................... 14
送信中(UP/DNマイクキー)......... 13
送信中(リモコンマイクキー)........ 13
た
タイムアウトタイマー................ 13
ダイヤル加速............................... 13
ち
チューニングステップ........ 11, 18
チューニングステップ(プログラムス
キャン)......................................... 12
85
MENUモードのさくいん
つ
ふ
追加(スキャンリンクチャンネル)
...................................................... 13
て
DTCS極性................... 11, 12,
DTCSコード............... 11, 12,
ディスプレイ設定........................
DUP/トーン設定........................
電圧表示.......................................
17
17
14
12
15
と
TSQL周波数................ 11, 12, 17
トーン選択................... 11, 12, 16
トーンバースト........................... 12
ね
ネーム(スキャンリンクチャンネル)
...................................................... 13
ネーム(プログラムスキャン)..... 12
は
パーシャルリセット....................
バージョン情報...........................
バックライト............... 11, 14,
パワーセーブ...............................
バンクリンク...............................
バンドエッジビープ....................
15
15
18
15
12
14
ひ
PTTビープ...................................
PTTロック...................................
ビープレベル...............................
ビジーロックアウト....................
86
15
13
14
13
プライオリティースキャン
...................................... 11, 12,
Bluetooth...................................
Bluetooth設定...........................
プログラムスキップスキャン....
プログラムスキャン....................
プログラムスキャンエッジ........
プログラムリンク........................
も
18
14
14
12
12
12
13
へ
モード(プログラムスキャン)..... 13
モード選択........................... 11, 19
モード/チューニングステップ選択
...................................................... 11
り
リセット....................................... 15
リモコンマイクキー.................... 13
リンク(スキャンリンクチャンネル)
...................................................... 13
ペアリング(Bluetooth)............. 15
ヘッドセット機能設定................ 15
ヘッドセット設定........................ 15
レピータトーン周波数. 11, 12, 17
ほ
わ
ホームCH解除.............................
ホームCH設定............. 11, 14,
ホームCHビープ.........................
VOX.............................................
VOX機能......................................
VOXゲイン..................................
VOXタイムアウトタイマー.......
VOXディレイ..............................
19
19
14
15
15
15
15
15
ま
マイクゲイン............................... 13
め
メモリーネーム表示.................... 14
れ
ワンタッチPTT................... 13, 15
MEMO
87
A-7193H-1J-q
Printed in Japan
© 2014–2015 Icom Inc.
547ー0003 大阪市平野区加美南1ー1ー32
Fly UP