...

Smart View

by user

on
Category: Documents
23

views

Report

Comments

Transcript

Smart View
Oracle® Hyperion Smart View for Office
User's Guide
リリース 11.1.2.2
Smart View User's Guide, 11.1.2.2
Copyright © 2004, 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
著者: EPM 情報開発チーム
Oracle および Java は Oracle Corporation およびその関連企業の登録商標です。その他の名称は、それぞれ
の所有者の商標または登録商標です。
このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、
知的財産に関する法律により保護されています。ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしく
は法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、
翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。
このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律
によって規定されている場合を除き、禁止されています。
ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたし
かねます。誤りを見つけた場合は、オラクル社までご連絡ください。
このソフトウェアまたは関連ドキュメントを、米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフ
トウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供する場合は、次の通知が適用されます。
U.S. GOVERNMENT RIGHTS:
Programs, software, databases, and related documentation and technical data delivered to U.S. Government customers
are "commercial computer software" or "commercial technical data" pursuant to the applicable Federal Acquisition
Regulation and agency-specific supplemental regulations. As such, the use, duplication, disclosure, modification, and
adaptation shall be subject to the restrictions and license terms set forth in the applicable Government contract, and,
to the extent applicable by the terms of the Government contract, the additional rights set forth in FAR 52.227-19,
Commercial Computer Software License (December 2007). Oracle America, Inc., 500 Oracle Parkway, Redwood City,
CA 94065.
このソフトウェアもしくはハードウェアは様々な情報管理アプリケーションでの一般的な使用のために
開発されたものです。このソフトウェアもしくはハードウェアは、危険が伴うアプリケーション(人的
傷害を発生させる可能性があるアプリケーションを含む)への用途を目的として開発されていません。
このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する際、安全に使用する
ために、適切な安全装置、バックアップ、冗長性(redundancy)
、その他の対策を講じることは使用者の
責任となります。このソフトウェアもしくはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用したこ
とに起因して損害が発生しても、オラクル社およびその関連会社は一切の責任を負いかねます。
このソフトウェアまたはハードウェア、そしてドキュメントは、第三者のコンテンツ、製品、サービス
へのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供することがあります。オラクル社およびその関連会
社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスに関して一切の責任を負わず、いかなる保証もいたしませ
ん。オラクル社およびその関連会社は、第三者のコンテンツ、製品、サービスへのアクセスまたは使用
によって損失、費用、あるいは損害が発生しても一切の責任を負いかねます。
目次
ドキュメントのアクセシビリティについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
第 1 章 Smart View の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
Smart View のコンポーネント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
リボン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
Smart View パネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
第 2 章 データ・ソース接続の管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
共有接続とプライベート接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
データ・ソースへの接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
データ・ソースからの切断 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
プライベート接続の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
共有接続のプライベート接続としての保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
第 3 章 次元とメンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
次元とメンバーについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
メンバー・セレクタからのメンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
POV ツールバーからのメンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
Essbase での POV ツールバーからのメンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
フリーフォーム・モードでのメンバーの入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
属性によるフィルタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
サブセットによるフィルタ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
期間累計メンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
重複メンバー名 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
メンバー・パースペクティブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
別名および別名テーブル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
別名テーブルの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
別の別名テーブルからの別名 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
メンバー名とその別名の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
メンバー情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
POV マネージャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
目次
iii
デフォルト POV のメンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
POV のコピーと貼付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
POV の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
第 4 章 データおよびデータ・セル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
データの取得 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
データの送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
データの計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Financial Management および Hyperion Enterprise でのデータの計算 . . . . . . . 37
Essbase でのデータの計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
データの集計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
通貨の処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
Financial Management および Hyperion Enterprise での通貨の換算 . . . . . . . . 38
Planning での通貨の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
データ・セルでの値の調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
データ・パースペクティブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ドリルスルー・レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
リンク・レポート・オブジェクト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
データ・セルへのリンク・レポート・オブジェクトの添付 . . . . . . . . . . . . 42
データ・セルからのリンク・レポート・オブジェクトの起動 . . . . . . . . . . . 44
リンク・パーティション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
セル・コメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
Planning でのセル・コメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
Financial Management でのセル・コメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
添付ファイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
セルの履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
第 5 章 アド・ホック分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
アド・ホック分析について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
アド・ホック分析の開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
アド・ホック・グリッドでの Excel 式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
アド・ホック・グリッドのフォーマット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
Smart View フォーマットの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
Excel フォーマットの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
ズーム・インおよびズーム・アウト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
ズーム・イン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
ズーム・アウト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
デフォルト・ズーム・レベルの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
ズーム時に表示するメンバーの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
ダブルクリックによるズームの有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
iv
目次
ズームとフォーマット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
式を含むセルでのズーム操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
ピボット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
選択したメンバーのグリッドからの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
行と列の挿入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
ワークシート上の複数のグリッド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
複数グリッド・ワークシートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
アド・ホック・ワークシートの複数グリッド・ワークシートへの変換 . . . 57
複数グリッド・ワークシートでの接続の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
複数のグリッドの例: バタフライ・レポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
レポートおよびアド・ホック・グリッドのカスケード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
代替変数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
第 6 章 データ・フォーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
Excel でのフォームの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
Excel でフォームを開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
フォームでの Excel 式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
Planning フォーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
Smart View での Planning フォームの動作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
アド・ホック・グリッドをフォームとして保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
<xref linkend="forms_237" xrefstyle="HeadingPage">Planning フォームでのア
ド・ホック分析の実行</xref> . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 63
Financial Management データ・フォーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
Financial Management メンバーについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
Financial Management メンバーの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
Financial Management のリンク・フォームの使用方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
第 7 章 Smart View の一般的な操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
Smart View の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
「元に戻す」と「やり直し」の使用方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
コピーと貼付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
コピーしたワークシートへのメタデータのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . 68
Excel、Word、および PowerPoint 間でのデータのコピー . . . . . . . . . . . . . . . 69
自動列幅調整の有効化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
シート情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
Smart View の使用可能/使用不可 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
Smart View 内での Smart View の使用不可 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
Microsoft Office での Smart View の使用可能/使用不可 . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
Smart View での検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
共有ワークブック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
目次
v
ヘッダーおよびフッターへの POV メンバーの印刷 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
第 8 章 スマート・クエリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
スマート・クエリーについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
スマート・クエリーの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
セットの定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
セットのフィルタの定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
スマート・クエリーの構築 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
スマート・クエリーの完了 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
スマート・クエリーを開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
コピーと貼付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
Excel でのスマート・クエリー定義のコピー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
スマート・クエリーのセットおよびフィルタのコピー . . . . . . . . . . . . . . . . 79
Word および PowerPoint へのスマート・クエリー・レポートのコピー . . . . 79
第 9 章 スマート・スライス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
スマート・スライスについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
スマート・スライスを使用したレポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
レポートの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
スライダ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
スマート・スライス、アド・ホック分析、およびフォーム . . . . . . . . . . . . . . . 85
スマート・スライスの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
スマート・スライスのデータ境界の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
スマート・スライスのプリファレンスの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
第 10 章 クエリー・デザイナおよび MDX クエリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
クエリー・デザイナ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
クエリーの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
クエリーの編集およびレポートの再実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
データのフィルタ処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
クエリー・デザイナでの時間関連データの分析 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
MDX クエリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
第 11 章 タスク・リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
タスク・リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
Smart View パネルからのタスクの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
タスク・リストを開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
タスク・リストの表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
タスクの実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
タスクの完了 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
タスク・リスト・レポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
vi
目次
タスク・リストと Microsoft Outlook の統合 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
第 12 章 Smart View および Planning . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
Planning の承認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
プランニング・ユニットのステータスの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
プランニング・ユニットの検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
プランニング・ユニットの移動パス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
プランニング・ユニットの注釈 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
不在時のアシスタント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
Planning のジョブ・ステータスの監視 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
Planning でのページの検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
バージョンのコピー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
複合フォーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
Planning ビジネス・ルールの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
Excel でのビジネス・ルールの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
実行時プロンプトへの入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
「フォームの計算」および「通貨の計算」ビジネス・ルールの実行 . . . . . 107
期間に対するデータの分散 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107
特定セルをロックしたデータの分散 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
グリッド分散を使用した値の分散 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
一括割当てを使用した値の分散 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
メンバー式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
サポート詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
サポート詳細の追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
サポート詳細の階層における作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
サポート詳細の表示または変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
サポート詳細と Essbase の同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
Planning のプリファレンスの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
オフライン作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
フォームのオフライン化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
オフラインでのフォームの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
Planning サーバーに対するデータの同期 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
オフラインのフォーム定義およびデータのリフレッシュ . . . . . . . . . . . . . 116
第 13 章 Smart View と Reporting and Analysis . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
Reporting and Analysis ドキュメントのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
ドキュメントの編集およびリフレッシュ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
Reporting and Analysis ドキュメントのリフレッシュ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
Financial Reporting と Web Analysis のインポート・フォーマット . . . . . . . . . . . 120
Interactive Reporting ドキュメントのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
目次
vii
Excel への Interactive Reporting ドキュメントのインポート . . . . . . . . . . . . . 121
Word および PowerPoint への Interactive Reporting ドキュメントのインポー
ト」 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
Interactive Reporting ドキュメントの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
Financial Reporting ドキュメントのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
Excel への Financial Reporting ドキュメントのインポート . . . . . . . . . . . . . . 124
Word および PowerPoint への Financial Reporting ドキュメントのインポー
ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125
Financial Reporting ドキュメントの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
PowerPoint ドキュメントでのテンプレートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
PowerPoint テンプレートのリフレッシュ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
Production Reporting ドキュメントのインポート」 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
Excel への Production Reporting ジョブのインポート . . . . . . . . . . . . . . . . . 128
Word および PowerPoint への Production Reporting ジョブのインポー
ト」 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
Word および PowerPoint への Production Reporting ジョブ出力のインポー
ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
Production Reporting ジョブの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
Web Analysis ドキュメントのインポート」 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131
Web Analysis ドキュメントまたはドキュメント・オブジェクトのインポー
ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131
Web Analysis ドキュメントの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
スマート・タグを使用した、Reporting and Analysis ドキュメントのインポー
ト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
第 14 章 Smart View のオプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
Smart View のオプションの設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
グローバル・オプションとシート・レベル・オプション . . . . . . . . . . . . . . . . 135
メンバー・オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
データ・オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 137
詳細オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
フォーマット・オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
セルのスタイル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
拡張機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
第 15 章 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
関数の使用方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
関数の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
関数ビルダーでの関数の作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
関数の手動作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 147
関数の実行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
viii
目次
関数の説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
HsGetValue . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
HsSetValue . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
HsGetSheetInfo . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
HsCurrency . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151
HsDescription . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151
HsLabel . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
HsGetText . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
HsSetText . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
HsGetVariable . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
スマート・タグを使用した関数へのアクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154
一般的な関数エラー・コード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154
第 16 章 VBA 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
Smart View での VBA 関数について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
必要な知識 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
Smart View VBA 関数ファイルの場所 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 157
関数の宣言 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
VBA のパラメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
VBA の戻り値 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 159
VBA 関数タイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 161
一般関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162
接続関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
アド・ホック関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
フォーム関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206
セル関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207
POV 関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
計算スクリプトおよびビジネス・ルール関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235
計算、集計、および変換関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 244
メンバー・クエリー関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 251
オプション関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 271
MDX クエリー関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
メニュー関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 284
動的リンク関数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 309
Smart View での Spreadsheet Toolkit VBA アプリケーションの使用 . . . . . . . . . . 326
第 17 章 フリー・フォーム・モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 327
フリーフォーム・モードについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 327
フリーフォームのガイドライン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 328
フリー・フォーム・グリッドの例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 329
目次
ix
簡易グリッド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 329
列次元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 329
スタック次元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 330
フリーフォーム・グリッドのコメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 330
空白の行および列のコメント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 331
複雑なコメントを含むグリッド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 331
コメントの無効な配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 332
フリー・フォーム・グリッドの式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 332
フリー・フォーム・グリッドの属性次元 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 332
フリー・フォーム・レポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 333
フリーフォーム・モードでの属性次元の取得 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 333
非対称レポートの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 334
予期しない動作の原因となるアクション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 335
付録 A. Smart View での他のアプリケーションの使用方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
Crystal Ball EPM . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
Crystal Ball EPM ワークブックの操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 337
ツールバー操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 338
Smart View および Spreadsheet Add-in . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 338
関数の移行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 339
ワークブックの移行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 339
1 つのワークブックの変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 340
複数のワークブックの変換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 340
関数の接続の移行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 340
付録 B. 情報の検索 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
データ・ソースおよびその他の製品に関する情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
Oracle User Productivity Kit の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 343
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 349
x
目次
ドキュメントのアクセシビリティにつ
いて
Oracle のアクセシビリティについての詳細情報は、Oracle Accessibility Program の Web サイト http://
www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=docacc を参照してください。
Access to Oracle Support
Oracle サポート・サービスでは、My Oracle Support を通して電子支援サービスを提供していま
す。詳細情報は http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=info か、聴覚に障害のあるお客
様は http://www.oracle.com/pls/topic/lookup?ctx=acc&id=trs を参照してください。
11
12
ドキュメントのアクセシビリティについて
1
Smart Viewの概要
この章の内容
概要 .................................................................................................. 13
Smart View のコンポーネント ................................................................. 13
リボン ............................................................................................... 13
Smart View パネル ................................................................................. 14
概要
Oracle Hyperion Smart View for Office は、Oracle Essbase、Oracle Hyperion Financial
Management、Oracle Hyperion Planning、Oracle Hyperion Enterprise Performance
Management Workspace、Oracle Hyperion Reporting and Analysis、Oracle Hyperion
Financial Close Management および Oracle's Hyperion Enterprise(R)のデータ・ソース
用に、共通の Microsoft Office インタフェースを提供します。Smart View を使用す
ることで、Microsoft Excel、Word、Outlook および PowerPoint でこれらのデータ・
ソースからのデータの表示、インポート、操作、配布、共有が可能になります。
Smart View のコンポーネント
Smart View インタフェースの基本コンポーネントはリボンと Smart View パネルで、
データ・ソースへの接続や Smart View 機能へのアクセスが可能です。
表示されるコンポーネントは、開いている Microsoft Office アプリケーションによっ
て異なります。
リボン
注: Smart View は、Microsoft Office 2007 以上のリボン構造で最も適切に動作する
ように設計されていますが、Office 2003 でも Smart View のメニューを介し
て使用できます。このメニュー上の項目の編成は、リボン構造と同様です。
Office アプリケーションで Smart View 機能にアクセスするには、リボンのコマン
ドを使用します。Smart View のリボンは常に存在し、Smart View の共通操作と、
Reporting and Analysis の操作に関するコマンドが含まれています。Reporting and
Analysis または Financial Close Management 以外のデータ・ソースに接続すると、
概要
13
対応するデータ・ソースのリボンも表示されます。各リボンには、そのデータ・
ソースとモードでサポートされているコマンドのみが表示されます。
Planning、Financial Management および Hyperion Enterprise の場合、アド・ホック
分析を使用すると(第 5 章参照)、データ・ソースのリボンはそのアド・ホックに
置き換わります。リボンは次のとおりです:
l
Smart View
l
Essbase
l
Planning
l
Planning アド・ホック
l
HFM (Financial Management)
l
HFM アド・ホック
l
Enterprise (Hyperion Enterprise)
l
Enterprise アド・ホック
l
その他: 管理者が Smart View システムを拡張機能付きでインストールおよび構
成した場合は、その他のリボンがある場合があります。たとえば、スマート・
クエリーや Oracle Hyperion Disclosure Management などです。
Smart View パネル
Smart View パネルから、データ・ソース接続を管理し、データおよびタスク・リ
ストにアクセスし、レポートを作成し、Oracle Crystal Ball Enterprise Performance
Management ワークブックを開く(Crystal Ball EPM または関連製品のライセンスが
ある場合)ことができます。
Smart View パネルは Smart View のリボンから開かれ、デフォルトでは Microsoft
Office アプリケーションの右側に表示されます。タイトル・バーの下矢印から、
Smart View パネルを移動、サイズを変更、閉じることができます。
Smart View パネルには次のペインが含まれます:
l
l
l
l
l
14
ホーム: 共有接続およびプライベート接続へのリンクと最後に使用した項目(ア
ド・ホック・グリッド、フォーム、タスク)のリストを表示します。この項目
をクリックすると接続を確立できます。
共有接続: Oracle Hyperion Shared Services から使用できる接続のドロップダウ
ン・メニューと、現在選択されている接続のコンテンツのツリー表示です。
プライベート接続: ローカル・コンピュータに保存されている使用可能な接続
のドロップダウン・メニューと、現在選択されている接続のコンテンツのツ
リー表示です。ここで URL を入力してデータ・ソースに直接接続することも
できます。
タスク・リスト: タスクのツリー・リストです。ここでタスクを管理できます。
このペインが開くのは、「共有接続」または「プライベート接続」からタス
ク・リストを選択したときのみです。
アクション・パネル: 共有接続、プライベート接続またはタスク・リストのツ
リー・リストでの選択に基づき使用可能な操作のリストです。
Smart View の概要
l
その他: 管理者が Smart View システムを拡張機能付きでインストールおよび構
成した場合は、その他のパネルがある場合があります。たとえば、スマート・
クエリーや Crystal Ball EPM ワークブックなどです。
Smart View パネル
15
16
Smart View の概要
データ・ソース接続の管理
2
この章の内容
接続 .................................................................................................. 17
共有接続とプライベート接続 ............................................................... 17
データ・ソースへの接続...................................................................... 17
データ・ソースからの切断................................................................... 18
プライベート接続の作成...................................................................... 19
共有接続のプライベート接続としての保存 ............................................ 19
接続
データ・ソースへの接続や接続の管理、さらにグリッド、フォームおよびタスク・
リストのオープンをすべて Smart View パネルから行えます。
Smart View を管理者がどのように構成したかに応じて、データ・プロバイダおよ
び Office アプリケーションを変更するときに、ユーザー名とパスワードの入力が
必要な場合と不要な場合があります。
共有接続とプライベート接続
データ・ソースへの接続には、共有接続またはプライベート接続を使用します。
l
共有接続
共有接続は中央位置に保管されており、Smart View パネルから複数のユーザー
が使用できます。ユーザーは、共有接続の追加、編集または名前変更を行え
ませんが、共有接続をプライベート接続として保存し、編集および名前変更
することができます。
l
プライベート接続
プライベート接続とは、共有接続をローカル・コンピュータに保存する、ま
たは共有接続に構成されていないプロバイダへの URL を入力することにより
作成する接続です。プライベート接続は、作成するとアクティブな接続にな
ります。
データ・ソースへの接続
Essbase 接続を除き、1 つのワークシートにつき 1 つのデータ・ソースを接続でき
ます。
接続
17
ä データ・ソースに接続するには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」をクリックします。
2
Smart View ホームから、または
の横の矢印をクリックしたときに表示されるメ
ニューから、次のいずれかを実行します:
l
l
l
l
「最近使用」の下にある接続名をクリックします。
アイテムをこのリストに固定できます。
をクリックすると、
「共有接続」を選択して、「共有接続」パネルを開き、ドロップダウン・メ
ニューからデータ・ソースを選択します。選択したデータ・ソースに使用
可能な接続がツリー・リストに表示されます。
「プライベート接続」をクリックして、「プライベート接続」パネルを開
き、ドロップダウン・メニューから接続を選択します。
「プライベート接続」をクリックします。フィールドに URL を入力し、
[Enter]キーを押します。使用する URL 構文の例は、19 ページの「プライ
ベート接続の作成」を参照してください。
3 「データ・ソースに接続」で、そのデータ・ソース用のユーザー名およびパスワー
ドを入力します。
4
Smart View パネルのツリー・リストで、開くアイテム(フォーム、アド・ホック・
グリッド、スマート・スライスまたはタスク・リスト)をダブルクリックします。
アイテムはグリッドで開くとツリー・ビューで簡単に見つけられるようにな
の横にある矢印をクリックして、「ワークシート接続の検索」を
ります。
選択します。
注: Essbase のみ: 同じサーバー上の別のアプリケーションに接続する場合でも、
外部認証が使用不可の場合は、セキュリティ上の理由から接続のたびにユー
ザー名とパスワードを指定する必要があります。
データ・ソースからの切断
現在の接続またはすべての接続から切断できます。
ä 現在の接続のみから切断するには:
1
2
3
Smart View パネルのツリー・リストで、現在開いている接続を選択します。
オプション: この接続を簡単に検索するには、
「ワークシート接続の検索」を選択します。
の横にある矢印をクリックし、
右クリックして「切断」を選択します。
現在の接続から切断しても、シングル・サインオン(SSO)は無効になりません。
ä 接続されているすべての共有接続およびプライベート接続から切断するには:
1
Smart View パネルで、
をクリックします。
2 「すべて切断」を選択します。
18
データ・ソース接続の管理
これを選択すると SSO が無効になり、次回接続するときには再度ログインが
必要になります。
プライベート接続の作成
URL がわかれば、共有接続にリストされていない接続からプライベート接続を作
成できます。
ä URL を使用して接続を追加するには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」をクリックします。
2
Smart View パネルから、
を選択します。
3
テキスト・ボックスに、接続先データ・ソースの URL またはローカル・ストレー
ジ・ディレクトリを入力します。各データ・ソースの URL 構文は次のとおりです。
使用する URL については、システム管理者に問い合せてください。
の横にある矢印をクリックして、「プライベート接続」
Financial Management: http(s)://servername:port/hfmofficeprovider/
hfmofficeprovider.aspx
Hyperion Enterprise: http://servername:port/heofficeprovider/
heofficeprovider.aspx
Planning: http(s)://servername:port/HyperionPlanning/SmartView
Essbase: http(s)://servername:port/aps/SmartView
Reporting and Analysis: http(s)://サーバー名:ポート/raframework/browse/
listxml
Financial Close Management: http://servername:port/fcc/servlets/
smartview/fcmsvservlet
Oracle Hyperion Strategic Finance: http://servername:port/
StrategicPlanning/SmartView
4
をクリックします。
プライベート接続リストの削除
プライベート接続のリスト全体を削除するには、
の横にある矢印をクリックし
て、「手動で入力した URL エントリの消去」を選択します。
共有接続のプライベート接続としての保存
管理権限なしに共有接続を作成することはできませんが、共有接続がプライベー
ト接続に対して使用可能である場合、プライベート接続として保存できます。
プライベート接続の作成
19
ä プライベート接続を作成するには:
1 「共有接続」ツリー・リストから、プライベート接続として保存するアイテムを選
択します。
2
アクション・パネルで、「プライベート接続への追加」を選択します。このオプ
ションは、選択したアイテムをプライベート接続として保存可能である場合のみ
使用可能です。
3
オプション: 「プライベート接続として保存」で、接続の名前と説明を編集しま
す。
4 「OK」をクリックします。
5
20
接続名が次の場所に表示されます:
l
「共有接続」ツリー・リストに小さい矢印でプライベートとして示される
l
「プライベート接続」ドロップダウン・メニュー
データ・ソース接続の管理
3
次元とメンバー
この章の内容
次元とメンバーについて...................................................................... 21
メンバー・セレクタからのメンバーの選択 ............................................ 21
POV ツールバーからのメンバーの選択 ................................................... 23
Essbase での POV ツールバーからのメンバーの選択 .................................. 25
フリーフォーム・モードでのメンバーの入力 ......................................... 26
属性によるフィルタ ............................................................................ 26
サブセットによるフィルタ................................................................... 27
期間累計メンバーの選択...................................................................... 28
重複メンバー名 .................................................................................. 28
メンバー・パースペクティブ ............................................................... 29
別名および別名テーブル...................................................................... 30
メンバー情報...................................................................................... 32
POV マネージャ ................................................................................... 32
次元とメンバーについて
次元は、ビジネス・データを整理して値の取得と保存ができるようにするために
使用するデータ・カテゴリです。次元には通常、内部でグループ化された関連メ
ンバーの階層が含まれています。たとえば、年次元には、四半期や月など期間ご
とのメンバーが含まれています。
グリッドのメンバーは、データ・ソースのリボンにある「メンバー選択」ダイア
ログ・ボックスから、または POV ツールバーから選択するか、フリーフォーム・
モードを使用してメンバー名を入力します。
メンバー・セレクタからのメンバーの選択
Smart View でメンバーを選択する用途には、アド・ホック・グリッド、関数、POV
マネージャでの使用や、Planning フォームのオフライン化での使用があります。
「メンバー選択」ダイアログ・ボックスには、これら使用する場面によって少しず
つ異なるバリエーションがあり、オプションによっては使用できないものもあり
ます。1 つの次元のメンバーを一度に選択できます。
図 1 は、「年」次元とそのメンバーが例として表示された「メンバー選択」ダイア
ログ・ボックスを示しています。
次元とメンバーについて
21
図 1 「メンバー選択」ダイアログ・ボックス
ä メンバーを選択するには:
1
選択した次元で使用可能なメンバーのツリー・リストを含む「メンバー選択」ダ
イアログ・ボックスを表示するには、次のいずれかを行います:
l
グリッドの次元またはメンバーを選択し、「アド・ホック」データ・ソー
スのリボンから、「メンバー選択」をクリックします。
l
メンバーの選択が使用可能な「開く」ダイアログ・ボックスで、「メンバー
選択」をクリックします。
l
空のワークシートで、Smart View パネルから、キューブ名を右クリックし
て「メンバー選択」を選択します。このメソッドを使用して、関数と参照
のメンバーを選択します(第 15 章「関数」を参照)。
2 「メンバー選択」で次元を変更するには、「次元セレクタ」ボタン(たとえば、
)をクリックして、次元を選択します。
3
オプション: ツリー・リストで特定のメンバーを検索するには、検索フィールドに
メンバー名を入力して、
4
をクリックします。
オプション: ツリー・リストで特定のメンバーまたはメンバー・グループを検索す
るには、
をクリックして、次のフィルタのいずれかを選択します(フィル
タ・オプションはデータ・ソース・タイプによって異なる可能性があります):
22
l
「子」は、選択したメンバーの子のみを選択します。
l
「子孫」は、選択したメンバーのすべての子孫を選択します。
次元とメンバー
l
l
l
「レベル」は、メンバー階層の 1 レベルを選択する「レベル」を表示しま
す。
「世代」は、メンバー階層の 1 世代を選択する「世代」を表示します。
「UDA」は、ユーザー定義属性(管理者が定義した場合にのみ使用可能)を選
択する「UDA」を表示します。
注: 26 ページの「属性によるフィルタ」
、27 ページの「サブセットによる
フィルタ」、および28 ページの「期間累計メンバーの選択」も参照し
てください。
5 「メンバー」で、使用するメンバーを選択します。
6
をクリックします。
メンバーは、右側のペインでメンバー・ツリー・リストから選択ツリー・リ
ストに移動されます。
7
オプション: 空のワークシートで初めてメンバー選択を行う場合は、次のいずれか
のボタンを選択します:
l
を選択して、選択したメンバーを列に縦に表示します
l
を選択して、選択したメンバーを行に横に表示します
8 「OK」をクリックします。
選択したメンバーがグリッドに表示されます。
9
リボンから「リフレッシュ」をクリックすると、データは選択したメンバーに対
応して更新されます。
POV ツールバーからのメンバーの選択
Essbase 接続については、25 ページの「Essbase での POV ツールバーからのメン
バーの選択」を参照してください。
POV とは、データ・ソース接続における次元のデフォルトの開始点です。POV
ツールバーから、グリッドに追加する各次元のメンバーとフィルタを選択し、グ
リッドに、またはグリッドからメンバーを移動できます。
各接続に関連付けられるのは 1 つの POV のみですが、ワークブックの複数のワー
クシートに対する 1 つの接続で、異なる POV を設定することは可能です。
POV は、32 ページの「POV マネージャ」の説明に従って管理できます。
注: Financial Management には、デフォルトでユーザーの POV が表示されます。
詳細は、Oracle Hyperion Financial Management User's Guide を参照してくださ
い。
POV ツールバーからのメンバーの選択
23
POV ツールバーからグリッドへのメンバーと次元の配置
ä POV ツールバーから次元とメンバーを選択するには:
1
次のいずれかの操作を行います:
l
l
2
POV ツールバーでメンバーの名前を対応する次元の上に入力して、POV
ツールバーで「リフレッシュ」をクリックします。
POV ツールバーで次元の横にある下矢印をクリックし、21 ページの「メ
ンバー・セレクタからのメンバーの選択」の説明に従ってメンバーを選択
します。
POV ツールバーでメンバーの横にある下矢印を右クリックし、それをグリッドに
ドラッグします。
メンバーまたは次元を編集するために POV ツールバーに移動するには、その
セルを右クリックして POV ツールバーにドラッグします。
3
必要に応じて繰り返して、グリッドに追加するすべての次元とメンバーを配置し
ます。
4
これらの POV 選択をワークシートに保存するには、ワークシートの保存前にリフ
レッシュする必要があります。
POV ツールバーの非表示
POV ツールバーでの作業を終了後、再び必要になるまで非表示にしておくことが
できます。POV ツールバーを非表示にするには、データ・ソースのリボンで
「POV」をクリックします。「POV」ボタンにより、POV ツールバーの表示と非表
示が切り替わります。
注: Essbase のリボンでは、
「POV」ボタンの操作は異なります。25 ページの
「Essbase での POV ツールバーからのメンバーの選択」を参照してください。
例
図 2 には、左から右に、次の条件で POV が表示されます:
l
l
l
24
「Product」、「Market」および「Scenario」は開始次元です。
「Colas」は、「Product」のメンバーとして選択されています(次元から一度に複
数のメンバーを選択できます)。
「Colas」はグリッドに移動されています(次元を編集するために戻すこともで
きます)。
次元とメンバー
図2
POV
Essbase での POV ツールバーからのメンバー
の選択
注: このセクションの情報は、Essbase 11.1.2.1.102 以降の接続にのみ適用されま
す。前のリリースの Essbase を使用している場合、POV ボタンは POV ツー
ルバーの非表示に記述されているように動作します。
Essbase では、グリッドにすべてのメンバーを表示して POV ツールバーを非表示
にするか、POV メンバーを含む POV ツールバーを表示するかを選択できます。
デフォルトでは、すべてのメンバーがグリッドに表示され、POV ツールバーは非
表示になっています。このモードでは、他のメンバーやデータ・セルと同じよう
に POV メンバー・セルをフォーマットして、リボンからメンバーを選択できま
す。
POV メンバーを含む POV ツールバーを表示する場合、POV ツールバーを使用し
てメンバーを選択し、それらのメンバーを 23 ページの「POV ツールバーからの
メンバーの選択」の説明に従ってグリッドに移動またはグリッドから移動するこ
とができます。
POV ツールバーを表示するには、Essbase のリボンから「POV」を選択します。
POV ツールバーを非表示にして、すべてのメンバーをグリッドに表示するには、
「POV」をオフに切り替えます。
注: 複数のグリッドを含むワークシートでは、
「POV」ボタンは使用不可です。
これらのワークシートでは、POV ツールバーは非表示で、すべてのメンバー
がグリッドに表示されます。
図 3 では、「POV」ボタンはオフで、POV ツールバーは非表示になっており、す
べてのメンバーがグリッドに表示されています。
図 4 では、POV ツールバーがグリッドに表示されています。「メジャー」と「年」
がグリッドに表示され、POV メンバー「製品」、「市場」および「シナリオ」が
POV ツールバーに表示されています。
Essbase での POV ツールバーからのメンバーの選択
25
図3
すべてのメンバーをグリッドに表示
図4
POV ツールバーの表示
フリーフォーム・モードでのメンバーの入力
データベースの次元とメンバーを詳しく把握している場合、フリーフォーム・モー
ドを使用して、これらの名前を直接セルに入力できます。フリーフォーム・モー
ドでは、現在のグリッドに関連付けられている別名テーブルからの別名を使用で
きます。別の別名テーブルの別名を入力すると、現在の別名テーブルの別名に戻
されます。
データ・ソースへの接続後、次のようにメンバー名を入力できます。
l
メンバー名を空白のセルに入力します
l
セル内のメンバー名を、同じ次元の別のメンバーに置き換えます
POV、メンバー選択およびフリーフォーム・グリッドでのその他のアド・ホック
操作も引き続き使用できます。第 17 章「フリー・フォーム・モード」を参照して
ください。
属性によるフィルタ
データ・ソース・タイプ: Essbase
属性メンバーを含む次元では属性によるフィルタが可能です。
26
次元とメンバー
ä 属性によってフィルタするには:
1
グリッドの属性次元を選択し、21 ページの「メンバー・セレクタからのメンバー
の選択」の説明に従って「メンバー選択」を開きます。
2
をクリックし、「属性」を選択します。
3 「属性」から、
をクリックします。
4 「次元」の「サブセット」から、次元を選択します。たとえば、「Ounces」を選択
します。
5 「メンバー」で、属性メンバーを選択します。たとえば、「Ounces_16」を選択しま
す。
6
7
をクリックして、属性を表示します。
オプション: 表示された属性を変更するには、「次元」および「属性」の選択項目
を変更して、「設定」をクリックします。
8 「OK」をクリックします。
選択した項目が「メンバー選択」のツリー・リストに表示され、その中から
グリッドに追加する項目を選択できます。
サブセットによるフィルタ
データ・ソース・タイプ: Essbase
属性メンバーを含む次元の場合、属性を選択してその条件を設定し、これらの条
件を満たすメンバーのみを表示できます。
ä 条件によってフィルタするには:
1
グリッドの属性メンバーを選択し、21 ページの「メンバー・セレクタからのメン
バーの選択」の説明に従って「メンバー選択」を開きます。
2
をクリックし、「サブセット」を選択します。
3 「次元」の「サブセット」から、属性次元を選択します。たとえば、「Ounces」を
選択します。
4 「メンバー」で、属性メンバーを選択します。たとえば、「True」を選択します。
5
をクリックします。
6 「次元」で、別の属性次元を選択します。たとえば、「Pkg Type」を選択します。
7 「メンバー」で、別の属性メンバーを選択します。たとえば、「Bottle」を選択しま
す。
8
をクリックします。
AND 条件文が作成されます。たとえば、[True] AND [Bottle]などです。
サブセットによるフィルタ
27
9
オプション: 条件文を変更するには、AND 条件文をハイライト表示して「演算子」
を選択し、「AND」または「OR」を選択します。
10 オプション: 他の属性を選択し、「追加」、「ルート」の順に選択することで、条件
をネストします。
11 「OK」をクリックします。
選択した項目が「メンバー選択」のツリー・リストに表示され、その中から
グリッドに追加する項目を選択できます。
期間累計メンバーの選択
データ・ソース・タイプ: Essbase
時間次元では、
「動的時系列」メンバーと呼ばれる期間累計メンバーを設定できま
す。たとえば、8 月末の年次累計データを表示するには、1 月から 8 月までのデー
タを含む「動的時系列」メンバーを設定します。
ä 「動的時系列」メンバーを選択するには:
1
グリッドの時間次元を選択し、21 ページの「メンバー・セレクタからのメンバー
の選択」の説明に従って「メンバー選択」を開きます。
2
をクリックし、「動的時系列」を選択して、使用可能な時系列メンバーを
メンバー・ツリー・リストに表示します。
3
メンバー・ツリー・リストから時系列メンバーを選択し、
す。
をクリックしま
4 「DTS メンバーの選択」から、累計計算を実行する最新の期間を選択します; たと
えば、「Aug」です。
5 「OK」をクリックします。
6
オプション: 必要に応じて手順 3 から手順 5 を繰り返して、他の動的時系列メン
バーを追加します。
7 「OK」をクリックします。
時系列メンバーが、この例のように「Y-T-D(Aug)」としてグリッドに表示さ
れます。リフレッシュすると、8 月までの年次累計データが表示されます。
重複メンバー名
データ・ソース・タイプ: Essbase
異なるメンバーに同じ名前が付けられていることがあります。たとえば、データ
ベースに、1 つはニューヨーク市、もう 1 つはニューヨーク州の、2 つの"ニュー
ヨーク"という名前のメンバーが存在することがあります。グリッドではどちらの
メンバーも"ニューヨーク"と表示できますが、両者を区別する場合は、名前のか
わりに修飾名を表示できます。修飾名には、[Market].[New York]など、メンバー
名と、そのメンバーを一意に定義するレベルまでの祖先の名前が含まれます。
28
次元とメンバー
ä 重複するメンバーの修飾名を表示するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「メンバー・
オプション」を選択します。
2 「メンバー名の表示」ドロップダウン・メニューから、「個別のメンバー名」を選
択します。
3 「OK」をクリックします。
4
グリッドをリフレッシュします。
グリッドで重複するメンバーが、修飾名で表示されます。この例では、ニュー
ヨーク市は[East].[New York]と表示されます。ニューヨーク州は East、
West、South の兄弟として、[Market].[New York]と表示されます。
メンバー・パースペクティブ
可変属性フィルタを使用してメンバーを選択している場合に、可変属性のメン
バー・パースペクティブを指定できます。
注: メンバー・パースペクティブは、Smart View システムでは使用可能にできま
せん。メンバー・パースペクティブのオプションは、管理者が使用可能に
し、構成します。
ä メンバー・パースペクティブを指定するには:
1 「メンバー選択」の「フィルタ」で、「可変属性」を選択します。
2 「フィルタ引数」で、
3
属性を指定してパースペクティブを設定し、「OK」をクリックします。
4 「可変属性の引数」(「可変属性」の下)で、省略記号ボタンをクリックします。
5 「サブセット」の「次元」で、属性次元を入力します。
6 「メンバー」に属性メンバーを入力し、「設定」をクリックします。
7 「OK」をクリックします。
8 「可変属性の引数」の「パースペクティブ」で、省略記号ボタンをクリックしま
す。
メンバー・パースペクティブ
29
9 「パースペクティブ」で、次のいずれかを選択します:
l
l
「スナップショット」
。可変属性に関連付けられている基本次元のメンバー
を識別する、一連の独立次元メンバー。ここでは、開始タプルと終了タプ
ルは同じです。
「範囲」。」独立次元メンバーの確定範囲。範囲は、連続する独立次元(たと
えば"Year")に対してのみ指定できます。個別の独立次元の場合は、1 つの
選択のみ行うことができます。
10 「OK」をクリックします。
別名および別名テーブル
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management
注: Financial Management では、別名は"説明"と呼ばれます。
別名は、データベース・メンバー名の代替名です。データベース・メンバー名は
多くの場合、ストック番号や製品コードで、別名はより記述的に指定できます。
たとえば、Sample Basic データベースでは、データベース・メンバー 100 の別名は
Cola です。別名は、データベースの一部として、別名テーブルに保管されます。
次元は、複数の別名テーブルに関連付けることができます。
現在のワークシートまたは接続の別名テーブルを選択できます。
別名テーブルの選択
データベースで複数の別名テーブルが作成されている場合、現在のワークシート
またはプライベート接続の別名テーブルを選択できます。
現在のワークシートまたは接続の別名テーブルを選択できま
す。
ここで選択する別名テーブルは現在のワークシートにのみ適用され、将来の接続
には適用されません。
ä 現在のワークシートの別名テーブルを選択するには:
1
ワークシートから、データ・ソースに接続します。
2
Essbase またはアドホック・リボンから「別名の変更」を選択すると、使用可能な
別名テーブルのリストが表示されます。
3
ワークシートの別名テーブルを選択します。
新しい別名テーブルが自動的に適用されます。
30
次元とメンバー
接続の別名テーブルの選択
別名テーブルを選択できるのは、プライベート接続のみです。共有接続の別名テー
ブルを選択する場合は、まず共有接続をプライベート接続として保存します。19
ページの「共有接続のプライベート接続としての保存」を参照してください。
プライベート接続に選択された別名テーブルは変更されるまで永久的であり、こ
の接続を使用するたびに使用されます。
ä 接続の別名テーブルを選択するには:
1
ワークシートから、データ・ソースに接続します。
2
Smart View パネルのプライベート接続で、接続名を右クリックして「別名テーブル
の設定」を選択します。
3
接続の別名テーブルを選択します。
次回接続を開くときに、新しい別名テーブルが適用されます。
別の別名テーブルからの別名
データ・ソース・タイプ: Essbase
現在のグリッドに関連付けられていない別名テーブルから名前を入力すると、リ
フレッシュ後に、現在のグリッドに関連付けられている別名テーブルから対応す
る別名が表示されます。たとえば、ロング名別名に関連付けられているグリッド
に Qtr1 と入力すると、リフレッシュ後に、Quarter1 が表示されます。
メンバー名とその別名の表示
データ・ソース・タイプ: Essbase
Essbase データ・ソースに接続されている場合、メンバー名と現在選択されている
別名テーブルからの別名を同じ行に表示できます。
注: この機能は行メンバーにのみ適用され、列メンバーには適用されません。
ä メンバー名と別名の両方を表示するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「メンバー・
オプション」を選択します。
2 「全般」の「メンバー名の表示」で、「メンバー名と別名」を選択します。
行メンバーについて、メンバー名と対応する別名が表示されます。次の例で
は、Product データベース・メンバー名が列 A に、その別名が列 B に表示され
ています。
別名および別名テーブル
31
メンバー情報
データ・ソース・タイプ: Essbase
グリッド上に、任意のメンバーの詳細情報を表示できます。
ä メンバー情報を表示するには:
1
グリッドでメンバーを選択します。
2
データ・ソース・アド・ホックのリボンから、「メンバー情報」を選択します。情
報が次のタブに表示されます。メンバーおよび接続に適用できるタブのみが表示
されます。
l
l
l
「別名」: メンバーに関連付けられている別名テーブルおよび対応する別名
のリスト
「属性」: メンバーに関連付けられている属性の次元、メンバーおよびタイ
プのテーブル
l
「式」: メンバーに関連付けられている式
l
「コメント」: メンバーに関連付けられているコメントのリスト
l
3
「情報」: 次元、レベル、世代など、メンバーに関する一般情報のリスト
「ユーザー定義属性」: ユーザー定義属性のリスト(管理者によって定義され
たメンバーの属性)
オプション: Excel ファイルに情報を保存するには、「保存」を選択します。
4 「閉じる」をクリックします。
POV マネージャ
POV マネージャで実行できる操作は、次のとおりです:
l
デフォルト POV のメンバーを選択し、デフォルト POV を編集
l
POV をワークブックに保存
l
POV をコピーし、別のワークブックに貼付け
l
POV の編集
l
POV を削除
32
次元とメンバー
デフォルト POV のメンバーの選択
POV マネージャでは、次のようにメンバーを選択できます:
l
l
指定された接続のアド・ホック・グリッドのデフォルト POV として使用する
ため
関数使用時の次元のバックグラウンド POV として
アド・ホック POV のメンバーは 1,000 以下にすることをお薦めします。
アド・ホック・グリッドでの作業を開始する前に、POV のメンバーを選択する
か、POV を編集します。
ä デフォルト POV のメンバーを選択するには:
1
Smart View のリボンから、「関数」、「POV の管理」の順に選択します。
2
POV のリストを展開します。
3 「アクティブ」POV リストで、POV を変更するアクティブな接続を選択します。
4 「メンバー・セレクタ」をクリックし、POV に使用するメンバーを選択します。21
ページの「メンバー・セレクタからのメンバーの選択」を参照してください。
POV マネージャでは、次元ごとに 1 つのメンバーのみを選択できます。別名
を使用している場合は、選択したメンバーが失われます。
5 「閉じる」をクリックします。
6
ワークシートをリフレッシュするには、「リフレッシュ」を選択します。
7
ワークブックに POV を保存するには、ワークブックを保存します。
注: アド・ホック・グリッドで作業を開始した後、21 ページの「メンバー・セ
レクタからのメンバーの選択」の説明に従ってメンバーを選択または変更
します。
POV のコピーと貼付け
両方のワークブックのデータ・ソースが完全に同じである場合、POV マネージャ
を使用してワークブック間で POV をコピーして貼り付けることができます。コ
ピーした POV は接続されていないワークシートに貼り付ける必要があります。そ
れ以外の場合、POV は効力を持ちません。
ä POV をコピーして貼り付けるには:
1
Smart View のリボンから、「関数」、「POV の管理」の順に選択します。
2
POV マネージャの左側のウィンドウで「アクティブ」を展開して、コピーするア
プリケーション接続を選択します。
3
POV マネージャのツールバーで、「メンバー・セレクタ」をクリックして POV のメ
ンバーを選択します。
4
ワークブックを保存します。
POV マネージャ
33
5
POV マネージャのツールバーで、「コピー」をクリックします。
6
POV マネージャの左側のウィンドウで、「保存済」を展開して、POV に貼り付ける
ワークブックおよびワークシート(空白かつ未接続である必要があります)を選択
します。
7 「貼付け」を選択します。
8
コピーした POV を含むワークシートをリフレッシュします。
POV の削除
ä ワークブックに保存されている POV を削除するには:
1
Smart View のリボンから、「関数」、「POV の管理」の順に選択します。
2
POV のリストを展開します。
3 「POV」ドロップダウン・リストから、削除する POV を含むワークシートを選択し
ます。
4
削除する POV を選択します。
5 「削除」をクリックします。
6 「閉じる」をクリックします。
7
34
ワークシートをリフレッシュするには、「リフレッシュ」を選択します。
次元とメンバー
データおよびデータ・セル
4
この章の内容
データの取得...................................................................................... 35
データの送信...................................................................................... 35
データの計算...................................................................................... 36
データの集計 ..................................................................................... 37
通貨の処理......................................................................................... 38
データ・セルでの値の調整................................................................... 39
データ・パースペクティブ................................................................... 39
ドリルスルー・レポート...................................................................... 41
リンク・レポート・オブジェクト ......................................................... 42
リンク・パーティション...................................................................... 44
セル・コメント .................................................................................. 44
添付ファイル...................................................................................... 46
セルの履歴......................................................................................... 48
データの取得
データ・ソース・タイプ: すべて
Excel では、現在のワークシートまたはワークブック内のすべてのワークシートの
データを取得してリフレッシュできます。複数のグリッドを含む Essbase ワーク
シートでは、選択したセル範囲のみをリフレッシュすることもできます(56 ペー
ジの「ワークシート上の複数のグリッド」を参照)。現在のワークシート全体をリ
フレッシュするには、任意のリボンから「リフレッシュ」をクリックします。現
在のワークブックのすべてのワークシートをリフレッシュするには、「リフレッ
シュ」の横の矢印をクリックして、「すべてのワークシートのリフレッシュ」を選
択します。
Word または Powerpoint では、「リフレッシュ」をクリックすると、ドキュメント
またはプレゼンテーションにコピーされたすべてのデータ・ポイントがリフレッ
シュされます。
データの送信
データ・ソース・タイプ: すべて
データの取得
35
変更されたデータをアド・ホック・グリッドおよびフォームから送信することに
より、データ・ソースのデータ(すべてのタイプ)を更新できます。接続していな
いときに行った変更は、再接続した後に送信できます。
Essbase 以外のデータ・ソースの場合、フリー・フォーム・モードを使用している
ときは、データを変更する前にグリッドをリフレッシュする必要があります。
Essbase 接続の場合、リフレッシュせずにデータを送信できます。35 ページの「デー
タの取得」を参照してください。
注: 複数のグリッドをサポートするワークシートでは、一度に 1 つのグリッドで
のみデータを送信できます。複数のグリッドまたはワークシート全体のデー
タを送信しようとすると、データは送信されません。
フォームからデータを送信する場合:
l
l
Planning、Financial Management または Hyperion Enterprise のフォームでは、セ
ルまたはセル範囲をロックして、データがリフレッシュまたは送信されるま
でデータを保護できます。Financial Management では、セルをロックしても実
際のデータ・キューブはロックされません。ロックされるのはフォームのセ
ルのみです。データをリフレッシュまたは送信すると、セルのロックは解除
されます。
一部のセルがすでにフォーム定義に存在しない場合もあります。この動作は、
フォームの定義またはアクセス権を変更した場合や、行または列を非表示に
した場合に起きる可能性があります。そのような場合は、フォームの新しい
定義に存在する書込み可能なセルのみが保存されます。この動作は、オンラ
イン・モード、オフライン・モードにかかわらず、セルとサポート詳細の両
方の変更に適用されます。
ä データを送信するには:
1
データ・ソースに接続します。Essbase を使用している場合は、手順 3 に進みま
す。それ以外の場合は、手順 2 に進みます。
2
フリーフォーム・モードで作業している場合には、任意のリボンから「リフレッ
シュ」を選択します。
3
必要に応じてデータを変更します。
4
任意のリボンから「データの送信」を選択します。
データの計算
新しいまたは変更されたデータを送信した後、データベースでデータを計算して
その変更を反映する必要があります。データの計算のオプションはデータ・ソー
スにより異なります。データを計算するには、データのセキュリティ・アクセス
権が必要です。
Planning フォームにおけるビジネス・ルールの計算の詳細は、107 ページの
「「フォームの計算」および「通貨の計算」ビジネス・ルールの実行」を参照して
ください。
36
データおよびデータ・セル
Financial Management および Hyperion Enterprise での
データの計算
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
ä データを計算するには:
1
データを計算するセルまたはセル範囲を選択します。
2
データ・ソースまたはデータ・ソース・アド・ホックのリボンから「計算」を選
択し、次のいずれかのオプションを選択します:
l
l
選択したセルを計算するには、「計算」を選択します。
セル・ステータスにかかわらず選択したすべてのセルに強制的に計算を実
行するには、「計算」、「強制計算」の順に選択します。
Essbase でのデータの計算
データ・ソース: Essbase
Essbase で、データベースを計算する計算スクリプトを選択します。計算スクリプ
トは特定のシステム向けに管理者が作成します。
ä 計算スクリプトを選択するには:
1
Essbase のリボンから、「計算」を選択します。
「計算スクリプト」ダイアログ・ボックスを開きます。
2 「キューブ」の下で、このアプリケーションが属するデータベースのリストから
データベースを選択します。
3 「計算スクリプト」で、スクリプトを選択します。
4 「起動」をクリックします。
ステータス・メッセージにより、計算が成功したかどうかが示されます。計
算に失敗した場合は、Essbase 管理者に問い合せてください。
データの集計
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
集計とは、従属エンティティのデータを、親エンティティに集約することです。
データを集計するには、そのデータへのセキュリティ・アクセス権を持ち、集計
のセキュリティの役割を割り当てられている必要があります。すべてのデータを
集計するには、すべて集計のセキュリティの役割を割り当てられている必要があ
ります。
ä データを集計するには:
1
集計を実行するセルまたはセル範囲を選択します。
データの集計
37
2
データ・ソース・アド・ホックのリボンから「集計」を選択し、次のいずれかの
オプションを選択します:
l
「集計」は、選択したエンティティのデータを集計します。
l
「すべて集計」は、データが含まれているかどうかにかかわらず、すべて
のエンティティのデータを集計します。
l
「データを含むすべてを集計」は、選択したエンティティを、データが含
まれている場合にのみ集計します。
l
「コントリビューションの計算」は、すべての従属エンティティのコント
リビューション値を計算します。
l
「コントリビューションの強制計算」は、選択したすべてのコントリビュー
ション値について、計算を強制実行します。
通貨の処理
Financial Management および Hyperion Enterprise での
通貨の換算
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
Financial Management では、通貨の換算は"データの換算"と呼ばれます。エンティ
ティの入力通貨から、アプリケーションで定義されている別の通貨にデータを換
算できます。通貨は、親子エンティティの組合せとは関連付けられないため、連
結プロセスとは別個に、必要に応じてデータを換算できます。
ä アド・ホック・グリッドでは、データへのセキュリティ・アクセス権を持っ
ている場合、ある通貨から別の通貨に値を変換または換算できます。データ
を換算するには:
1
セルまたはセルの範囲を選択します。
2
データ・ソース・アド・ホックのリボンから「計算」を選択し、次のいずれかの
オプションを選択します:
l
l
選択したセルを換算するには、「換算」を選択します。
選択したすべてのセルを強制的に換算するには、「換算の強制」を選択し
ます。
Planning での通貨の変更
通貨換算が使用可能になっているフォームでは、セルの基本通貨以外の通貨でデー
タを入力できます。現地通貨として、ドロップダウン・リストの通貨を指定でき
ます。
38
データおよびデータ・セル
注: エンティティの基本通貨を変更するためには、セルが現地通貨建てで表示
されており、そのバージョンがボトムアップである必要があります。また、
アプリケーションが複数通貨に対応したアプリケーションであり、フォー
ムが複数通貨をサポートしている必要があります。
ä 基本通貨以外の現地通貨でセルにデータを入力するには:
1
フォームで、セルの現地通貨メンバーを選択します。
2 「オプション」: 通貨コードを参照するには、「表示」、「通貨」の順に選択します。
「使用可能な通貨」に、アプリケーションの通貨が表示されます。操作する通
貨の通貨コードをメモし、ウィンドウを閉じます。
3
右の列、HSP_InputCurrency で、データ・セルに新しい通貨コードを入力します。
データ・セルに通貨コードを入力することで、エンティティの基本通貨が変
更されます。
4 「送信」をクリックして、新しい通貨コードを Planning サーバーに送信します。
5
左の列、HSP_InputValue に、データ・セルの通貨値を入力します。
6 「フォームに関する規則」をクリックして、新しい通貨値を計算して保存するため
の「通貨の計算」ルールを選択します。
フォームの保存時に「通貨の計算」計算スクリプトが実行されるように設定
されており、フォームで複数通貨が使用可能になっている場合は、選択した
通貨コードの通貨でデータ値が表示されます。
データ・セルでの値の調整
データ・ソース・タイプ: すべて
セルに数値データが含まれている場合は、1 つ以上のデータ・セルの値を、指定
した数値またはパーセンテージによって調整できます。Excel の式を含むセルの値
を調整する場合、調整した値により式が上書きされます。
ä データの値を調整するには:
1
調整する値を含むデータ・セルをクリックします。
2
データ・ソースのリボンから、「調整」を選択します。
3 「データの調整」で、次のいずれかのオプションを選択し、セルの値を調整する数
値またはパーセンテージを入力します。
4 「データの調整」をクリックします。
データ・パースペクティブ
データ・ソース・タイプ: Essbase
データ・セルでの値の調整
39
注: データ・パースペクティブは、Smart View システムでは使用可能にできませ
ん。データ・パースペクティブのオプションは、管理者が Oracle Essbase
Administration Services で使用可能にし、構成します。
データ・パースペクティブにより、独立した連続および個別次元との関連で異な
る次元属性である可変属性のデータの表示に使用する視点を指定できます。たと
えば、コーラ製品が年間を通じて複数の異なる地域の市場で缶と瓶の両方で販売
されるとします。パッケージ(缶または瓶)が市場によって異なる場合、または 1
年の間に一方のタイプからもう一方のタイプに変更される場合、パッケージ・タ
イプは可変属性です。コーラに関連付けられているデータは、1 年のうちの時期
と市場によって異なります。
ä データ・パースペクティブを指定するには:
1 「Essbase」のリボンから、「データ・パースペクティブ」を選択します。
2 「パースペクティブ」の「選択」で、オプションを選択します(オプションの例は、
データ・パースペクティブの実例を参照してください):
l
l
l
l
「現実」は、パースペクティブのないデータを表示します。
「最後」は、連続する独立した各次元の最後のレベル 0 メンバーのデータ
を表示します。たとえば、Year が連続次元で、December が Year の最後の
メンバーの場合は、December のデータが表示されます。
「開始」は、連続する独立した各次元の最初のレベル 0 メンバーのデータ
を表示します。たとえば、Year が連続次元で、January が Year の最初のメ
ンバーの場合は、January のデータが表示されます。
「カスタム」は、連続メンバーと個別メンバーの両方を指定する場合に使
用します。このオプションでは、ドロップダウン・リストから「可変属
性」を選択します。次に、
「独立次元」にリストされている次元について、
「メンバー」でメンバーを選択します。「次元のみ設定」を選択した場合
は、すべての可変属性のすべての独立次元が表示され、共通のパースペク
ティブをすべてに適用できます。
3 「OK」をクリックし、グリッドをリフレッシュします。
データ・パースペクティブの実例
缶と瓶で販売されるコーラの例では、管理者がコーラのパッケージ・タイプに次
の属性を指定して、コーラが 1 年間にテキサスとカリフォルニアの市場でどのよ
うに販売されたかを反映しました:
l
缶: カリフォルニア、1 月-12 月
l
缶: テキサス、6 月-12 月
l
瓶: テキサス、1 月-6 月
図 5 に、「現実」パースペクティブを示します。カリフォルニアとテキサスについ
て示されているデータは、年全体のデータです。瓶はカリフォルニアでは販売さ
れていないため、データは戻されません(ここでは#Meaningless で示されていま
す)。
40
データおよびデータ・セル
図5
データ・パースペクティブ: 現実
図 6 に、「最後」パースペクティブを示し、カリフォルニアとテキサスの缶のデー
タを表示します。瓶はテキサスでは 1 月から 6 月にのみ販売されているため、瓶
のデータはありません。
図6
データ・パースペクティブ: 最後
図 7 に、「開始」パースペクティブを示し、1 月のデータを表示します。1 月にテ
キサスでは瓶が販売されていますが、缶は販売されていないため、瓶のデータの
み表示されています。1 月にカリフォルニアでは缶が販売され、瓶は販売されて
いないため、瓶のデータのみ表示されています。
図7
データ・パースペクティブ: 開始
ドリルスルー・レポート
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management
データベースの詳細データにドリルスルーするには、次の操作を実行します:
l
l
l
Smart View を介して Planning または Financial Management に接続している場合
は、Smart View のドリルスルー機能を使用して、Planning または Financial
Management アプリケーションから Oracle Hyperion Financial Data Quality
Management ERP Integration Adapter for Oracle Applications または Oracle Hyperion
Financial Data Quality Management のデータ・ソースにある詳細データまでドリ
ルスルーできます。
Oracle Essbase Administration Services で作成したアプリケーションの場合は、
Oracle General Ledger にドリル・スルーできます。
Oracle Essbase Studio または Oracle Essbase Integration Services で作成したアプリ
ケーションの場合は、リレーショナル・データベースにドリルスルーできま
す。Oracle Essbase Studio で作成したアプリケーションの場合は、管理者が構成
した URL にもドリルスルーできます。
ドリルスルー・レポート
41
管理者により事前定義されたドリルスルー・レポートを、ユーザーは指定された
個々のメンバー・セルおよびデータ・セルから使用できます。1 つのセルを複数
のドリルスルー・レポートと関連付けることができます。ドリルスルー・レポー
トを含むセルはセルのスタイルによりグリッドで表示することができます(142
ページの「セルのスタイル」参照)。
ドリルスルー・レポートに表示されるデータは動的です。
注: ドリルスルーには別名テーブルを使用できません。メンバー名を使用する
必要があります。
ä ドリルスルー・レポートにアクセスするには:
1
ドリルスルー・レポートに関連付けられているメンバーまたはデータ・セルを選
択します。
セルの上にマウスを置いたときに使用可能なドリルスルー・レポートのリス
トを表示する場合は、「オプション」ダイアログ・ボックスの「詳細」ページ
で「ドリル・スルー・レポートのツールチップの表示」を選択します。
2
データ・ソースのリボンで「ドリルスルー」を選択し、セルに関連付けられてい
るレポートのリストを表示します。
3
レポートを選択し、「起動」をクリックします。
リンク・レポート・オブジェクト
データ・ソース・タイプ: Essbase
リンク・レポート・オブジェクトとは、Essbase データベース内のデータ・セルに
リンクされるセル・ノート、外部ファイルまたは URL のことであり、Smart View
ユーザーが Excel で取得できます。
セルのスタイルを設定して(142 ページの「セルのスタイル」を参照)、リンク・
レポート・オブジェクトに関連付けられているセルを識別できます。
44 ページの「リンク・パーティション」も参照してください。
データ・セルへのリンク・レポート・オブジェク
トの添付
1 つまたは複数のリンク・レポート・オブジェクトをデータ・セルに添付できま
す。
ä リンク・レポート・オブジェクトをデータ・セルに添付するには:
1
データ・セルを選択します。
2
Essbase のリボンから、「リンク・オブジェクト」を選択します。
3 「リンク・レポート・オブジェクト」から
かを選択します:
42
データおよびデータ・セル
をクリックして、次のいずれ
l
「セル・ノート」を選択すると、データ・セルに注釈を添付できます
l
「ファイル」を選択すると、データ・セルに外部ファイルを添付できます
l
「URL」を選択すると、データ・セルに URL を添付できます
選択内容に対応するダイアログ・ボックスが表示されます。
4
次の情報を入力します:
l
l
l
5
「セル・ノート」: ノートのテキストを入力します。「閉じる」をクリック
します。ノートの最初のいくつかの単語が「リンク・レポート・オブジェ
クト」リストの「説明」列に表示されます。
「ファイル」: 「参照」ボタンを使用して、データ・セルに添付するファイ
ルに移動します。ファイルの簡単な説明を追加できます。「閉じる」をク
リックします。
「URL」: 「URL」には、Web サイト、ネットワークまたはローカル・ディ
レクトリ、あるいはネットワークまたはローカル・ディレクトリのドキュ
メントの URL を入力します。URL の簡単な説明を追加できます。「閉じ
る」をクリックします。
必要に応じて手順を繰り返して、他のリンク・レポート・オブジェクトを添付し
ます。
作成したオブジェクトが、次に示すように「リンク・レポート・オブジェク
ト」リストに表示されます:
6
グリッドをリフレッシュして、セル・スタイル(指定されている場合)をセルに適
用します。
リンク・レポート・オブジェクトを編集または削除するには、「編集」ボタン
または「削除」ボタン
スから削除されます。
を使用します。オブジェクトを削除すると、データベー
リンク・レポート・オブジェクト
43
データ・セルからのリンク・レポート・オブジェ
クトの起動
ä リンク・レポート・オブジェクトをデータ・セルから起動するには:
1
起動するリンク・オブジェクトに関連付けられているデータ・セルを選択します。
2
Essbase のリボンから「リンク・オブジェクト」を選択して、「リンク・レポート・
オブジェクト」を表示します。
3 「リンク・レポート・オブジェクト」から、起動するリンク・オブジェクトを選択
します。
4
をクリックします。リンク・レポート・オブジェクトが次のように起動しま
す:
l
セル・ノートが「セル・ノート」ダイアログ・ボックスに表示されます。
l
ファイルが開かれます。
l
URL オブジェクトがデフォルトの Web ブラウザに開かれます。
l
リンク・パーティション - リンク・パーティションを参照してください
リンク・パーティション
リンク・パーティションは、データ・セルによって 2 つのデータベースに接続し
ます。リンク・パーティションに関連付けられているデータ・セルを使用して、
現在のグリッドに接続されているデータベースから 2 つめのデータベースに移動
できます。2 つのデータベースは次元が異なる可能性があるため、データが異な
るコンテキストで表示されることがあります。リンク・パーティションを起動す
ると、リンクされたデータベースの次元を表示する新しいスプレッドシートが開
きます。ここから、リンクされたデータベースの次元にドリル・ダウンできます。
ä リンク・パーティションを起動するには:
1
リンク・パーティションに関連付けられているデータ・セルを選択します。
2
Essbase のリボンから、「リンク・オブジェクト」を選択します。
3 「リンク・レポート・オブジェクト」から、リンク・パーティションを選択します
(リストに「リンク」と表示されています)。
4
をクリックします。
リンク・パーティションが新しいスプレッドシートに起動します。このスプ
レッドシートから、リンクされたデータベースのデータにドリル・ダウンで
きます。
セル・コメント
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management
Planning および Financial Management のデータ・セルにコメントを追加できます。
44
データおよびデータ・セル
Planning でのセル・コメント
データ・セルごとに 1 つまたは複数のコメントを追加できます。各データ・セル
には、複数のユーザーのコメントを格納できます。管理者から割り当てられた権
限レベルに応じて、データ・セルで次のいずれかの操作を実行できます:
l
コメントを追加します。
l
自分や他のユーザーが追加したコメントを表示します。
l
入力したコメントを削除します。他のユーザーによって追加されたコメント
は削除できません。
コメントを含んでいるセルは、セルのスタイルに関連付けることができます(142
ページの「セルのスタイル」を参照)。
ä データ・セルにコメントを追加するには:
1
アド・ホック・グリッドで、1 つのデータ・セルまたはデータ・セルの範囲を選
択します。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「セルのアクション」、「コメ
ント」の順に選択します。
3 「コメント」で、
4
手順 1 でセルの範囲を選択した場合は、一度に 1 つのセルに対するコメントを入
力するか、選択したすべてのセルにコメントを適用できます。
l
l
5
6
をクリックします。
1 つのセルのコメントを入力するには、ドロップダウン・メニューからセ
ルを選択します。
選択したすべてのセルに対するコメントを入力するには、「選択したセル
すべてに適用」を選択します。
右側のフィールドにコメントを入力します。コメントを書式設定する場合は、HTML
タグを使用します。
をクリックしてコメントを保存します。
コメントはコメント・フィールドの左側にあるコメントのリストに表示され
ます。このリストには、すべてのユーザーが入力したコメントがあります。
7 「OK」をクリックします。
8
オプション: コメントを削除するには、
メントのみを削除できます。
をクリックします。自分が入力したコ
Financial Management でのセル・コメント
アド・ホック・グリッド、フォーム、スマート・スライスおよびクエリー・デザ
イナのセルには、複数のコメントを含めることができます。セル内のコメントは、
Financial Management で定義されたラベルによって区別されます。Smart View で
は、ラベルを作成できません。
セル・コメント
45
これらの定義済みラベルから選択し、Smart View に追加して表示します。ラベル
を編集または削除することはできませんが、コメントは編集および削除できます。
セル・コメントの表示および追加
ä Financial Management でセル・コメントの表示または追加を行うには:
1
グリッドのセルを選択します。
2
リボンから、「セル・コメント」を選択します。
セルに現在関連付けられているコメントが、「セル・コメント」リストに表示
されます。
3
コメントを追加するには、「セル・コメント」でドロップダウン・メニューからラ
ベルを選択します。
4
をクリックします。
選択したセル・テキスト・ラベルがラベルのリストに追加されます。
5 「セル・テキスト」の下にあるフィールドをクリックし、コメントを追加します。
6
必要に応じて繰り返して、他のラベルを追加します。
7 「OK」をクリックします。
リストのラベルが、新たにセルに関連付けられます。
セル・コメントの編集および削除
ä Financial Management でセル・コメントを編集または削除するには:
1
グリッドのセルを選択します。
2
HFM のリボンから、「セル・コメント」を選択します。
3 「セル・コメント」からリスト内のコメントを選択して、次のいずれかを実行しま
す:
l
l
コメントを編集するには、
ます。
を選択します。編集後に、
をクリックし
セルからコメントを削除するには、「削除」ボタンを選択します。コメン
トがリストから削除されます。コメントを削除しても、選択したセルから
削除されるだけで、ドロップダウン・メニューの選択肢としては残りま
す。
4 「OK」をクリックします。
注: Financial Management では、関数 HsSetText および HsGetText を使用してデー
タ・ソースとの間でセル・テキストを送受信できます。第 15 章「関数」を
参照してください。
添付ファイル
データ・ソース・タイプ: Planning
46
データおよびデータ・セル
ドキュメントは、URL を使用して個々のデータ・セルに添付できます。各デー
タ・セルには、1 人以上のユーザーによって添付された複数のドキュメントを含
めることができます。管理者から割り当てられた権限レベルに応じて、データ・
セルで次のいずれかの操作を実行できます:
l
ドキュメントの添付。
l
自分や他のユーザーが添付したドキュメントの表示。
l
添付したドキュメントの編集および削除。他のユーザーが添付したドキュメ
ントは編集または削除できません。
添付を含んでいるセルは、セルのスタイルに関連付けることができます(142 ペー
ジの「セルのスタイル」を参照)。
ä データ・セルにドキュメントを添付するには:
1
Planning アド・ホック・グリッドで 1 つのセルまたはデータ・セル範囲を選択しま
す。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「セルのアクション」、「添付
ファイル」の順に選択して「添付ファイル」ダイアログ・ボックスを表示します。
3
手順 1 でセルの範囲を選択した場合は、一度に 1 つのセルにドキュメントを添付
するか、選択したすべてのセルに同じドキュメントを添付できます。
l
l
4
1 つのセルのドキュメントを添付するには、ドロップダウン・メニューか
らセルを選択します。
選択したすべてのセルに 1 つのドキュメントを添付するには、「選択した
セルすべてに適用」を選択します。
を選択します。
5 「説明」の下のセルをクリックして、簡単な説明を追加します。
6 「参照」の下のセルをクリックして、添付するドキュメントの URL を入力します。
7
必要に応じて手順を繰り返して、添付ファイルを追加します。
8
添付ファイルの選択を保存するには、
9
オプション: 「参照」エントリを編集するには、
てから、
をクリックします。
をクリックし、参照を編集し
をクリックします。
10 オプション: 添付ファイルを削除するには、リスト内の添付ファイルを選択し、
をクリックします。
11 「閉じる」をクリックします。
添付ファイルの起動
ä 添付ドキュメントを新しいブラウザで起動するには:
1
添付ファイルが含まれるセルを選択します。
添付ファイル
47
2
3
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「セルのアクション」、「添付
ファイル」の順に選択します。
をクリックします。
セルの履歴
データ・ソース・タイプ: Planning (アド・ホックのみ)
データ・セルまたはデータ・セルの範囲に加えられた変更の履歴を表示できます。
リストされた変更ごとに、変更を行ったユーザー、変更日、古い値および新しい
値が表示されます。
注: セル履歴は、Planning 管理者によって有効にされている場合にのみ使用でき
ます。
ä セルの履歴を表示するには:
1
Planning アド・ホック・グリッドで 1 つのデータ・セルまたはセル範囲を選択しま
す。
2 「Planning アド・ホック」のリボンから、「セルのアクション」、「セルの履歴」の順
に選択して「変更履歴」画面を表示します。
3
48
手順 1 で複数のセルを選択した場合は、「変更履歴」のドロップダウン・メニュー
から一度に 1 つのセルを選択して、その履歴を表示します。
データおよびデータ・セル
5
アド・ホック分析
この章の内容
アド・ホック分析について................................................................... 49
アド・ホック分析の開始...................................................................... 49
アド・ホック・グリッドでの Excel 式..................................................... 50
アド・ホック・グリッドのフォーマット................................................ 50
ズーム・インおよびズーム・アウト ...................................................... 52
ピボット ............................................................................................ 55
選択したメンバーのグリッドからの削除................................................ 55
行と列の挿入...................................................................................... 56
ワークシート上の複数のグリッド ......................................................... 56
レポートおよびアド・ホック・グリッドのカスケード............................. 58
代替変数 ............................................................................................ 59
アド・ホック分析について
アド・ホック分析では、Smart View 機能を Excel スプレッドシートと使用して、メ
ンバーの選択、関数の使用、レポートを設計するためのフォーマットを含む様々
な操作を実行することにより、データを取得および分析します。
アド・ホック分析は、Essbase、Planning、Hyperion Enterprise および Financial
Management で実行できます。
アド・ホック分析の開始
Essbase では、すべてのアド・ホック機能を、Essbase に接続すると表示される
Essbase のリボンから使用できます。Planning、Hyperion Enterprise および Financial
Management のデータ・プロバイダでは、アド・ホック分析を開始するとアド・
ホックのリボンが表示されます。
ä Essbase 以外のデータ・ソースでアド・ホック分析を開始するには:
1
Smart View パネルの「最近使用」、「共有接続」または「プライベート接続」から、
次のいずれかの操作を行います:
l
l
アド・ホック・グリッドまたはスマート・スライスを開きます。
管理者によってアド・ホックが使用可能に設定されているフォームを開き
ます。データ・プロバイダのリボンから「分析」をクリックします。「分
アド・ホック分析について
49
析」が使用不可の場合、フォームのアド・ホック分析が使用可能に設定さ
れていません。
元のリボンにかわって、データ・ソースの「アド・ホック」リボンが表示さ
れます。
2
リボン・ボタンを使用して、現在のワークシートでアド・ホック分析を実行しま
す。
データベースの次元とメンバーを詳しく把握している場合には、次元名とメンバー
名を直接セルに入力してフリーフォーム・モードを使用し、アド・ホック・グリッ
ドの設計と作成を行うことができます。第 17 章「フリー・フォーム・モード」を
参照してください。
アド・ホック・グリッドでの Excel 式
Excel の数式にアド・ホック・グリッドのメンバー・セルを関連付けて、このよう
なセルを識別するセル・スタイルを設定できます(142 ページの「セルのスタイ
ル」を参照)。
デフォルトでは、アド・ホック操作の実行時に式は保存されます(「ピボット」は
除く)。クエリーを高速に実行するために、式およびコメントの保存を使用不可に
することができます。ただし、このオプションを選択すると、アド・ホック操作
の実行時に式は上書きされます。
ä アド・ホック・グリッドで式の保存を指定するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「メンバー・
オプション」を選択します。
2
次のいずれかの操作を行います:
l
l
アド・ホック・グリッドで式を保存するには、「アドホック操作の式とコ
メントを保存(ピボットを除く)」を選択します。
式の保存を使用不可にするには、「アドホック操作の式とコメントを保存
(ピボットを除く)」の選択を解除します。この操作は、式を保存する必要
がなく、クエリーを高速に実行したい場合にのみ行います。
3 「OK」をクリックします。
アド・ホック・グリッドのフォーマット
Smart View または Excel でグリッド・フォーマットを制御できます。
Smart View フォーマットの使用
Smart View フォーマットは、「オプション」ダイアログ・ボックスの「セルのスタ
イル」および「フォーマット」ページで行われたフォーマットの選択で構成され
ます。
50
アド・ホック分析
ä Smart View フォーマット・オプションを設定するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」をクリックします。
2
セルのスタイルを設定するには、「オプション」から、左側のパネルで「セルのス
タイル」を選択します。
3
他の Smart View フォーマット・オプションを設定するには、左側のペインから
「フォーマット」を選択します(このページの「Excel フォーマットの使用」は Smart
View フォーマット・オプションではありません)。
オプションの説明については、第 14 章「Smart View のオプション」を参照し
てください。
4 「OK」をクリックします。
Excel フォーマットの使用
Excel フォーマットを使用する場合、条件付きフォーマットを含むフォーマット選
択は、リフレッシュするか、「ピボット」以外のアドホック操作を実行すると、グ
リッドに適用し、保持することができます。
Excel のフォーマットを使用する場合は、Smart View は、ユーザーのグリッド操作
に基づいたセルの再フォーマットを行わず、また、ユーザーがデータ値を変更し
たときにセルをダーティ・セルとしてマークしません。Smart View は、操作と操
作の間はワークシートのフォーマットを保持します。
高度にフォーマットされたレポートについては、一般に Excel フォーマットの使用
が推奨されます。また、データ・ソースのアプリケーション固有の色が Excel のカ
ラー・パレットでサポートされていない場合は、Excel フォーマットを使用する必
要があります。
ä アド・ホック・グリッドで Excel フォーマットを使用するには:
1
Smart View の帯グラフから、「オプション」を選択します。
2 「オプション」から、左側のペインで「フォーマット」を選択します。
3 「Excel フォーマットの使用」を選択します。
4 「OK」をクリックします。
Excel フォーマットとマージされたセル
アド・ホック操作(ピボットを除く)中にマージされたセルのフォーマットを保存
するには、「Excel フォーマットの使用」と「アドホック操作の式とコメントを保
存」の両方のオプションを選択する必要があります。
アド・ホック操作(ピボットを除く)中にマージされたセルのフォーマットを複製
するには、「Excel フォーマットの使用」、「アドホック操作の式とコメントを保
存」
、および「フォーマットの充てん」のすべてのオプションを選択する必要があ
ります。
アド・ホック・グリッドのフォーマット
51
ズーム・インおよびズーム・アウト
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
グリッドのメンバーをズーム・インして、その子および子孫のデータを表示でき
ます。
Essbase 接続では、次のデータをズームして表示することもできます。
l
選択したメンバーと同じレベル、同じ世代または兄弟レベルのメンバー
l
選択したメンバーの式によって定義されたメンバー
ズーム・イン
Essbase では、セルの範囲にズーム・インできます。他のデータ・ソースでは、一
度に 1 つのセルにズーム・インできます。
デフォルト・レベルへのズーム・イン
53 ページの「デフォルト・ズーム・レベルの設定」に記載されているとおりに
指定されたデフォルト・ズーム・レベルにズーム・インするには、次のいずれか
を実行します:
l
l
メンバーを選択して、データ・ソースのリボンで「ズーム・イン」をクリッ
クします。Essbase では、メンバーの範囲を選択できます。
メンバーをダブルクリックします(ダブルクリックによるズームが使用可能で
ある必要があります。54 ページの「ダブルクリックによるズームの有効化」
を参照してください)。
選択したレベルへのズーム・イン
ä 選択したレベルにズーム・インするには:
1
メンバーを選択します。Essbase では、メンバーの範囲を選択できます。
2
データ・ソースのリボンから、「ズーム・イン」の横にある下矢印をクリックし
て、次のいずれかのオプションを選択します。
l
「次のレベル」を選択すると、選択したメンバーの子のデータが取得され
ます
l
「すべてのレベル」を選択すると、選択したメンバーのすべての子孫のデー
タが取得されます。
l
「最下位レベル」を選択すると、次元内の最下位レベルのメンバーのデー
タが取得されます。
l
「同一レベル」を選択すると、選択したメンバーと同じレベルのすべての
メンバーのデータを取得できます(Essbase のみ)
l
「兄弟レベル」を選択すると、選択したメンバーの兄弟のデータを取得で
きます(Essbase のみ)
l
52
「同世代」を選択すると、選択したメンバーと同じ世代のすべてのメンバー
のデータを取得できます Essbase のみ)
アド・ホック分析
l
「式」を選択すると、選択したメンバーの式で定義されたすべてのメンバー
のデータを取得できます。式は、メンバーの等式または親への集計です
(Essbase のみ)
注: ページ次元にズーム・インすると、ページ次元は行次元にピボットされま
す。
ズーム・アウト
ズーム・アウトすると、53 ページの「デフォルト・ズーム・レベルの設定」に
記載されているとおりに指定された「ズーム・イン・レベル」オプションに従っ
て、ビューが縮小します。
ä ズーム・アウトするには:
1
メンバーを選択します。Essbase では、メンバーの範囲を選択できます。
2
データ・ソースのリボンから、「ズーム・アウト」をクリックします。
デフォルト・ズーム・レベルの設定
ズーム操作のデフォルト・レベルを指定できます。この設定は、「ズーム・イン」
ボタンおよびダブルクリックによるズーム(使用可能な場合)に適用されます(54
ページの「ダブルクリックによるズームの有効化」を参照)。
ä 「ズーム・イン」のデフォルト・レベルを設定するには:
1
Oracle Hyperion Smart View for Office のリボンから「オプション」を選択し、左側のパ
ネルで「メンバー・オプション」を選択します。
2 「ズーム・イン・レベル」ドロップダウン・メニューから、52 ページの「ズーム・
イン」に記載されているレベルを選択します。
3 「OK」をクリックします。
ズーム時に表示するメンバーの選択
オプションを設定して、ズーム・インおよびズーム・アウト時に保持および表示
するメンバーを指定できます。
ä ズームのメンバー表示オプションを設定するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「メンバー・
オプション」を選択します。
2 「メンバー選択」で、次を選択します。
l
「選択を含める」選択すると、選択したメンバーと、ズームの結果として
取得されたメンバーの両方が表示されます。たとえば、選択したメンバー
Qtr1 にズーム・インすると、Jan、Feb、Mar および Qtr1 のデータが取得
されます。選択されていない場合、ズームの結果として取得されたメン
バー、Jan、Feb および Mar のみが表示されます。
ズーム・インおよびズーム・アウト
53
l
l
「選択したグループ内」を選択すると、選択したセル・グループのみにズー
ム・インし、選択していないセルはそのままになります。この設定は、グ
リッドの下に行として、またはグリッドを超えて列として、複数の次元が
ある場合にのみ有用です。(この設定は、「選択項目のみ保持」および「選
択項目のみ削除」にも適用されます。)
「選択されていないグループの削除」を選択すると、選択したメンバー、
およびズームの結果として取得されたメンバーを除くすべての次元とメン
バーが削除されます。
3 「OK」をクリックします。
ダブルクリックによるズームの有効化
アドホック操作に対するダブルクリックが使用可能になっている場合、メンバー・
セルをダブルクリックして、デフォルト・ズーム・レベルへのズーム・インおよ
びズーム・アウトを行うことができます。
ä ダブルクリックによるズームを使用可能にするには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「詳細」を選
択します。
2 「モード」の下にある「操作に対するダブルクリック」を選択します。
「操作に対するダブルクリック」を選択しない場合、ダブルクリックは Excel
機能のままで、セルは編集モードになります。
3 「OK」をクリックします。
注: 空のワークシートで初めてダブルクリックするとデフォルトのグリッド
が取得され、以後、ズーム・インまたはズーム・アウトできます。
ズームとフォーマット
ズーム・インするセルのフォーマットを、ズームで作成したセルに適用できます。
Smart View フォーマットでは、この機能はデータ・セルに適用されます。Excel
フォーマットでは、この機能はメンバー・セルに適用されます。
Smart View フォーマット
Smart View フォーマットをズームで作成されたデータ・セルに適用するには、
Essbase、Planning アド・ホックまたは Hyperion Enterprise のリボンから「フォー
マットの保存」を選択します。
Excel フォーマット
Excel フォーマットをズームで作成されたメンバー・セルに適用するには、Smart
View のリボンから「オプション」を選択します。その後、次のすべてのオプショ
ンを選択します。
l
54
「フォーマット」ページから、「Excel フォーマットの使用」を選択します
アド・ホック分析
l
l
「メンバー・オプション」ページから、「アドホック操作の式とコメントを保
存(ピボットを除く)」を選択します
「メンバー・オプション」ページから、「式の充てん」を選択します
式を含むセルでのズーム操作
データ・ソース: Essbase
メンバー・セルが式に関連付けられている場合、これらの式をズーム・インの結
果として取得されたメンバーに伝播できます。たとえば、メンバー Qtr1 が式に関
連付けられている場合、Qtr1 にズーム・インするときに、式を Jan、Feb および
Mar に伝播できます。
ä 式を伝播するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」をクリックし、左側のパネルで「メン
バー・オプション」を選択します。
2 「コメントと式」で、「アドホック操作の式とコメントを保存(ピボットを除く)」が
選択されていることを確認します。
3 「式の充てん」を選択します。
4 「OK」をクリックします。
ピボット
ピボットする次元を含む行または列に 2 つ以上の次元がある場合は、行および列
間で次元をピボットできます。メンバーをピボットすることも可能です; その場
合、そのグループの他のメンバーもピボットされます。
ä 次元またはメンバーをピボットする手順は:
1
次元またはメンバーを選択します。
2
データ・ソースのリボンから、「ピボット」をクリックします。
行次元が一番上の列次元にピボットされます。
列次元が一番左の行次元にピボットされます。
注: Excel フォーマットはピボット時に失われます。
選択したメンバーのグリッドからの削除
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
メンバーおよびそれに関連付けられたデータは、次のようにしてグリッドから削
除できます:
ピボット
55
l
l
現在選択されているメンバーのみを保持するには、保持するメンバー・セル
を選択します。その後、データ・ソースのリボンから「選択項目のみ保持」
をクリックします。次元のその他のメンバーは削除されます。
現在選択されているメンバー・セルを除く全メンバーを削除するには、削除
するセルを選択します。その後、データ・ソースのリボンから、
「選択項目の
み削除」をクリックします。
「選択項目のみ保持」および「選択項目のみ削除」は、グリッドの選択したメン
バーのすべてのインスタンスで操作できます。
行と列の挿入
アド・ホック・グリッドでは、計算列と非計算列および計算行と非計算行をグリッ
ドの中または外に挿入できます。挿入された行と列には、式、テキストまたは
Excel コメントが含まれる場合があり、リフレッシュまたはズーム・インしたとき
に保持されます。
グリッドは、行または列を挿入する前に必ずリフレッシュしてください。
ワークシート上の複数のグリッド
データ・ソース・タイプ: Essbase
Essbase では、1 つのワークシートに複数のグリッドを作成できます。これらのグ
リッドは、同じデータ・ソースまたは別の Essbase データ・ソースに接続できま
す。これらのグリッド内のデータを取得して、ワークシート上でシフトできます。
複数のグリッドをサポートするワークシートには、次の制限事項があります:
l
データを送信できるのは、一度に 1 つのグリッドのみです。複数のグリッド
またはワークシート全体のデータを送信しようとすると、データは送信され
ません。
l
ダーティ・セルにセル・スタイルを設定することはできません。
l
コメントは入力できません。
l
Essbase リボンの次のボタンは使用不可になっています。
m
「元に戻す」
m
「やり直し」
m
「POV にピボット」
m
「POV」
複数グリッド・ワークシートの作成
データ・ソース・タイプ: Essbase
ä 複数グリッド・ワークシートを作成するには:
1
56
Excel で、Essbase データ・ソースに接続します。
アド・ホック分析
2
ワークシートの任意の場所から、セルの範囲を選択します(1 つのセルでなく、範
囲を選択する必要があります)。
3
Smart View パネルから、アプリケーションを右クリックして「アドホック分析」を
選択します。
4
ワークシートを変更して複数のグリッドをサポートするよう求められたら、「は
い」を選択します。
5
ワークシート上に 2 つめのグリッドを作成するには:
1. 別のセル範囲を選択します。
2. Smart View パネルから、アプリケーションを右クリックして「アドホック
分析」を選択します。
6
必要に応じて手順 5 を繰り返して、ワークシートにグリッドを追加します。
アド・ホック・ワークシートの複数グリッド・ワー
クシートへの変換
ä 既存のアド・ホック・ワークシートを複数のグリッドをサポートするワーク
シートに変換するには:
1
ワークシートの任意の場所から、セルの範囲を選択します(1 つのセルでなく、範
囲を選択する必要があります)。
2
Smart View パネルから、アプリケーションを右クリックして「アドホック分析」を
選択します。
複数グリッド・ワークシートでの接続の変更
ä 複数グリッド・ワークシートでグリッドの接続を変更するには:
1
接続を変更するグリッドで、セルの範囲を選択します(1 つのセルでなく、範囲を
選択する必要があります)。
2
Excel の「名前の管理」を使用して、関連する名前付き範囲を削除します。
3
Smart View パネルから、接続するアプリケーションを右クリックして「アドホック
分析」を選択します。
複数のグリッドの例: バタフライ・レポート
データ・ソース・タイプ: Essbase
通常、Smart View のグリッドでは、メンバー名がデータ・グリッドの左上の行列
にあります。複数のグリッドに対して使用可能になっているワークシートの範囲
取得機能を使用すると、別のレイアウトのグリッドを作成できます。
たとえば、2 列のデータ・セルの間にメンバー列を入れた、"バタフライ"レポート
を作成できます。
ワークシート上の複数のグリッド
57
図8
バタフライ・レポート
レポートおよびアド・ホック・グリッドのカ
スケード
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
アド・ホック・グリッドまたはスマート・スライス・クエリーに基づくレポート
で、1 つの次元の任意のメンバーまたはすべてのメンバーについて個別のレポー
トを作成し、それらのレポートを Excel ワークブックの複数のワークシートに渡っ
てカスケードすることができます。レポート・デザイナで作成されたレポートの
場合、PowerPoint プレゼンテーションの複数のスライドに渡ってレポートをカス
ケードすることもできます。必要に応じて、すべてのレポートを収容するワーク
シートまたはスライドが作成されます。
式、コメントなどのテキスト、スマート・スライス関数グリッド、チャート、テー
ブル、およびスライドは、カスケードされるレポートに含まれます。
ä アド・ホック・グリッドまたはスマート・スライス・レポートをカスケード
するには:
1
ワークシートで、アド・ホック・グリッドまたはスマート・スライス・レポート
を開きます。
2
Essbase またはデータ・ソース・アド・ホックのリボンから、「カスケード」を選
択し、次のいずれかを選択します。
l
58
現在のワークブック・レポートを使用する場合は、「同一ワークブック」
を選択します
アド・ホック分析
l
新しいワークブックを使用する場合は、「新規ワークブック」を選択しま
す
l
各レポートを別々のワークブックにカスケードする場合は、「異なるワー
クブック」を選択します
3 「メンバー選択」の「次元」で、レポートの基準として使用する POV 次元を選択し
ます。
4 「メンバー」で、レポートを作成する次元のメンバーをすべて選択します。選択し
たメンバーごとに 1 つのレポートが作成されます。
5 「OK」をクリックすると、カスケードが開始されます。
手順 2 での選択内容に応じて、レポートは現在のワークブックまたは新しい
ワークブックで独立したワークシートとして作成されます。各ワークシート・
タブには、レポートの次元とメンバーの名前が付けられます。
注: ワークシート・タブの名前指定を使用可能にするためには、次元名また
はメンバー名を 31 文字以内にし、また、( ) : ¥ / ? * [ ]の文字を使用しな
いようにします。
注: 大きいグリッドでは、カスケードが非常に遅くなる可能性があります。
代替変数
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning
代替変数は、変数値を表すグローバルなプレースホルダです。たとえ
ば、"&CurMnth"は現在の月を表す代替変数です。アプリケーション・デザイナま
たは管理者は、代替変数とそれに対応する値を定義および管理します。Smart View
ユーザーは、代替変数をグリッドに入力し、リフレッシュしてその値を取得でき
ます。
たとえば、代替変数"&CurMnth"の値が「August」であるとします。グリッドに
&CurMnth と入力すると、リフレッシュ後に Smart View に「August」と表示され
ます。その後、値を「September」に変更した場合、&CurMnth と入力してリフレッ
シュすると、「September」と表示されます。
代替変数の詳細は、EPM ドキュメント・ライブラリで入手可能な Essbase と
Planning のドキュメントを参照してください。このライブラリを開くには、Smart
View のリボンから、「ヘルプ」の隣にある矢印、「EPM ドキュメント」の順に選択
します。
ä 代替変数の値を取得するには:
1
グリッドのセルに代替変数を入力します。
注: 代替変数の名前はアンパサンド(&)で始まる必要があります。
2
任意のリボンから、「リフレッシュ」を選択します。
代替変数
59
代替変数に定義されている現在の値によって、セル(および現在のワークシー
ト内の&CurMnth を含むすべてのセル)の代替変数が置き換えられます。
60
アド・ホック分析
データ・フォーム
6
この章の内容
Excel でのフォームの操作 ..................................................................... 61
Excel でフォームを開く ........................................................................ 61
フォームでの Excel 式 ........................................................................... 62
Planning フォーム ................................................................................. 62
Financial Management データ・フォーム .................................................... 64
Excel でのフォームの操作
フォームは、Excel からデータベースにデータを入力でき、データまたは関連テキ
ストを表示して分析できるグリッド表示です。一部の次元メンバー値は固定され、
データが特定の視点から表示されます。
Smart View を使用して、Planning、Financial Management および Hyperion Enterprise
のフォームを Excel で操作できます。
注: 読取り専用セルにデータを入力できないように、Excel ワークシートは常に
保護されます。そのため、オート SUM や[F9]などの一部の Excel 機能は使用
不可にされています。
Smart View で開かれたフォームでは:
l
l
l
フォームのデータ値は変更できますが、フォーム構造は変更できません。
Excel からデータベースに送信する値は、フォーマットされていないデータに
する必要があります。
フォームを Excel にロードした後で、管理者がサーバー側でフォームの定義を
変更した場合は、いったんフォームを閉じてリロードすることをお薦めしま
す。このアクションによってフォームの最新の定義が表示されます。
フォームに対して行われたカスタマイズが保存時またはリフレッシュ時に維持さ
れるのは、グリッドの外部に対して、または 3 桁ごとの区切り文字と小数点に対
して行われた場合のみです。
Excel でフォームを開く
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Hyperion Enterprise
Excel でのフォームの操作
61
ä フォームを開くには:
1
データ・ソースに接続します。
2
Smart View パネルで、次のいずれかを実行します:
l
l
3
1 つのフォームを開くには、ツリー・リストを展開し、開くフォームを選
択します。その後、アクション・パネルで「フォームを開く」をクリック
します。
複数のフォームを開くには、ツリー・リストを展開し、フォーム・フォル
ダを選択します。その後、アクション・パネルで「フォームを開く」をク
リックします。「フォームの選択」で、1 つ以上のフォームを開く手順に従
います。
(Planning のみ)フォームに関連付けられている説明を表示するには、Planning のリボ
ンから「詳細」、「指示」の順に選択します。
フォームでの Excel 式
セルが読取り専用ではない、またはロックされていない場合、Excel 式を、グリッ
ドの内部または外部のフォームのセルに作成できます。セル・テキストを含むセ
ルには、Excel 式を含めることができますが、サポート詳細(Planning)またはライ
ン・アイテム詳細(Financial Management)を含むセルには含めることはできません。
データを保存せずにフォームをリフレッシュし、後で保存されたワークシートを
開いた場合、および行や列を展開または縮小した場合、式はフォーム内に保持さ
れます。
参照式を移動した場合、そのセル参照は、新しい位置を反映するように更新され
ます。式は、同じグリッド内のデータを参照できません。
フォームでは、次のいずれかを行うとワークブックを Excel ファイルとして保存す
るよう求めるメッセージが表示されます(ただし、一時的にアクセス権を失いま
す):
l
現在のページを変更する
l
Planning フォームをオフライン化する
l
別のフォームを選択する
l
別のデータ・ソースに接続する
Planning フォーム
Smart View での Planning フォームの動作
Smart View と Planning では、フォームの動作は次のように異なります:
l
l
62
Planning フォームの属性は、Smart View には表示されません。
アウトラインの複数のレベルを Smart View で表示する場合と、Planning Web
アプリケーションでページとして表示する場合とでは、表示が異なります。
データ・フォーム
Smart View では最大で 4 レベルが表示されるのに対し、Web アプリケーショ
ンでは最大 2 レベルの表示となります。
l
Planning の管理者が、Planning フォームの行の軸で次元を非表示にしている場
合は、Smart View で、その次元にはフォームの行ヘッダーが表示されません。
アド・ホック・グリッドをフォームとして保存
アド・ホック・グリッド作成者の役割が割り当てられている場合は、Planning の
アド・ホック・グリッドをフォームとして保存できます。
ä Planning のアド・ホック・グリッドをフォームとして保存するには:
1
Planning のアド・ホック・グリッドがアクティブな状態で、Planning アド・ホック
のリボンから「アド・ホック・グリッドの保存」をクリックします。
2 「グリッドに名前を付けて保存」で、名前、グリッドを保存する場所のパス、およ
びグリッドの説明を入力します。
3 「OK」をクリックします。
保存されたグリッドが、手順 2 で選択した場所の「Smart View パネル」ツ
リー・リストに表示されます。
<xref linkend="forms_237"
xrefstyle="HeadingPage">Planning フォームでのア
ド・ホック分析の実行</xref>
管理者によってアド・ホック・ユーザーの役割を割り当てられているユーザーで
あれば、管理者によってアド・ホックが使用可能に設定されている Planning の
フォームで、アド・ホック分析を実行できます。
ä Planning のフォームでアド・ホック分析を実行するには:
1
フォームを開きます。
2
次のいずれかの操作を行います:
l
l
3
Smart View のリボンから、「分析」をクリックします。このボタンは、現
在のフォームでアド・ホック分析が使用可能な場合に使用可能になりま
す。
Smart View パネルでフォームを選択し、アクション・パネルで「アド・
ホック分析」をクリックします。
アド・ホック分析の実行については、第 5 章「アド・ホック分析」を参照してく
ださい。
Planning フォーム
63
Financial Management データ・フォーム
Financial Management に詳しくない場合は、EPM ドキュメント・ライブラリで入
手可能な Financial Management のドキュメントを参照してください。このライブ
ラリを開くには、Smart View のリボンから、「ヘルプ」の隣にある矢印、続いて
「EPM ドキュメント」をクリックします。
Financial Management メンバーについて
Financial Management では、データ・フォームで@CUR 機能を使用している場合
に、フォームを Smart View にインポートすると、@CUR メンバーは、選択したア
プリケーションのバックグラウンド POV から取得されます。
「アクティブ・メンバー」オプションは、アプリケーションで期間別組織が設定さ
れている場合にのみ使用できます。期間別組織の詳細は、Financial Management の
ドキュメントを参照してください。
Financial Management メンバーの追加
管理者によって使用可能に設定されている場合、メンバーとデータの追加行を挿
入して保存できます。新しいデータを反映して合計が更新されます。
たとえば、IC1、IC2、および IC4 に取引を設定した勘定科目のデータ・フォーム
を定義したとします。IC3 および IC5 のメンバーをフォームに挿入するよう選択
できます。フォームが新しいデータでリフレッシュされ、新規の行が適切な階層
順で表示されます。
ä データ・フォームにメンバーを追加するには:
1
データ・フォームを開きます。
2 「HFM」のリボンから、「メンバーの追加」をクリックします。
「メンバーの追加」で、セルのスタイル(142 ページの「セルのスタイル」を参
照)を指定できます。
3
メンバー・セレクタで、データを入力するメンバーを選択します。
4 「OK」をクリックします。
新しいメンバーがメンバー・リストに表示されます。
Financial Management のリンク・フォームの使用方
法
管理者は、あるフォームからさらに詳細なデータ入力ビューにドリルスルーでき
る別のフォームへのリンクを定義できます。たとえば、要約勘定科目残高が含ま
れているフォームは、勘定の詳細を持つ該当フォームへリンクできます。ある
フォームから別のフォームへのリンクは、行全体に適用されます。1 つのフォー
ムに最大 64 個のリンク・フォームを含めることができます。
64
データ・フォーム
ä リンク・フォームを使用するには:
1
データ・フォームで、リンクされたフォームが含まれている行を選択します。リ
ンクされたフォームはアイコン で示されます。
2
右クリックして「HFM リンク・フォーム」を選択し、フォーム名を選択します。
ブラウザで別のウィンドウが開き、リンク先のフォームが表示されます。
3
リンク・フォームの使用が終わったら、「閉じる」をクリックします。
Financial Management データ・フォーム
65
66
データ・フォーム
7
Smart Viewの一般的な操作
この章の内容
Smart View の操作 ................................................................................. 67
「元に戻す」と「やり直し」の使用方法 ................................................ 67
コピーと貼付け .................................................................................. 68
自動列幅調整の有効化 ......................................................................... 70
シート情報......................................................................................... 71
Smart View の使用可能/使用不可 ............................................................. 71
Smart View での検索 .............................................................................. 72
共有ワークブック ............................................................................... 72
ヘッダーおよびフッターへの POV メンバーの印刷 ................................... 72
Smart View の操作
Smart View を使用すると、基本的な操作、関数、プリファレンス設定機能など、
すべてのデータ・ソース・タイプに共通する一連の操作を行うことができます。
「元に戻す」と「やり直し」の使用方法
Smart View の「元に戻す」と「やり直し」の操作は、接続しているデータ・ソー
スによって動作が異なります。
l
l
Essbase、Financial Management または Hyperion Enterprise のデータ・ソースで
アド・ホック分析を使用する場合、ズーム・イン、ズーム・アウト、選択項
目のみ保持、選択項目のみ削除、リフレッシュの各コマンドを「元に戻す」
によって取り消し、グリッドを以前のデータベース表示に戻すことができま
す。メンバー・データを変更した後で「元に戻す」を実行すると、シートは、
データの変更前の状態ではなく、最後のリフレッシュを行う前の状態に戻り
ます。
Financial Management、Hyperion Enterprise または Planning のデータ・ソースの
フォームでは、「元に戻す」を実行すると、セルでの最後のユーザー・アク
ションが元に戻されます。
注: 算出ステータスなど、Smart View ではなくサーバー上で実行される操作は、
元に戻すことができません。
Smart View の操作
67
ä 元に戻す操作およびやり直し操作について許可される回数を指定するには:
1
Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「詳細」を選
択します。
2 「元に戻す処理の数」で、「元に戻す」操作が許可される回数を、0 から 100 の間
で指定します。これは、「やり直し」操作を許可する回数でもあります。
3 「OK」をクリックします。この設定は、リフレッシュを行うか、ドリル操作を実行
すると有効になります。
コピーと貼付け
コピーしたワークシートへのメタデータのインポー
ト
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Reporting and
Analysis、Hyperion Enterprise
Excel ワークシートをコピーするとき、データはコピーされますがメタデータはコ
ピーされません(メタデータは POV、別名テーブル、接続情報などで構成されま
す)。そのかわりに、データのコピー後にこのメタデータを元のワークシートから
新しいワークシートにインポートすることができます。
メタデータは次の場合にインポートできます:
l
アドホック・モード(スマート・スライスを含む)
l
フォーム
l
関数
m
m
l
Smart View のコピーと貼付けによって作成された、シート内のクエリーに
バインドされた関数
関数ビルダーで作成された、クエリーにバインドされていない関数
Reporting and Analysis のプロバイダからインポートされたレポートを含むワー
クシート
レポート・デザイナ・オブジェクトを含むワークシートではメタデータをインポー
トできませんが、これらのワークシートは 58 ページの「レポートおよびアド・
ホック・グリッドのカスケード」で説明されているカスケードによって複製でき
ます。
注: この手順は、上級ユーザーのみが実行するようにしてください。
ä コピーしたワークシートにメタデータをインポートするには、次の手順を実
行します(この操作は元に戻せません):
1
作業をバックアップします。
2
Smart View のメニューから「オプション」、「詳細」の順に選択し、「向上したメタ
データ・ストレージ」が選択されていることを確認します。
68
Smart View の一般的な操作
3
Excel を使用してワークシートをコピーします。この操作では、ソース・ワーク
シートにある表示可能なコンテンツはコピーされますが、メタデータ(接続情報、
POV 選択、別名テーブルなど)は宛先のワークシートにコピーされません。
4
コピー先のワークシートがアクティブな状態で、Smart View のメニューから「詳
細」
、「メタデータのインポート」の順に選択して、開いているすべてのワークブッ
クと、それらに対応する開いているワークシートのリストを表示します。
5
リストから、宛先のワークシートにインポートするメタデータが含まれているワー
クシートを選択します。
6 「OK」をクリックします。選択内容を確認するメッセージが表示されます。
7
リフレッシュを行います。
Excel、Word、および PowerPoint 間でのデータのコ
ピー
Smart View で Excel からデータをコピーし、Word または PowerPoint に貼り付けら
れます。Office アプリケーション間では、コピーして貼り付けるデータは動的で
す。次のアプリケーション間でコピーと貼付けが可能です。
l
Excel から Word および PowerPoint へ
l
Word から Word および PowerPoint へ
l
PowerPoint から Word および PowerPoint へ
データ・ポイントは、元の Excel ベースのクエリー情報を保持するため、ユーザー
はデータ分析を実行できます。Word および PowerPoint は、1 つのドキュメント内
に Essbase、Financial Management、Hyperion Enterprise など複数のデータ・ソース
のデータ・ポイントを含めることができます。
注意:
l
l
l
動的データ・ポイントは、Word と PowerPoint でのみ保持されます。Excel 内
でデータ・ポイントをコピーして貼り付けた場合、データ・ポイントは Excel
グリッドにリンクされません。
Word から PowerPoint へ、またはその逆方向にコピーして貼り付けた場合、
データは一直線に表示されます。表フォーマットは、Excel から Word または
PowerPoint にデータをコピーする場合にのみ保持されます。
データが Word および PowerPoint に貼り付けられたときに、Excel のフォーマッ
トは保持されます。データをコピーして貼り付ける前に、Excel でフォーマッ
トを適用してください。
注: データ・ソースへの接続の名前にセミコロン(;)が含まれている場合は、関数
データ・ポイントを貼り付けることができません。
コピーと貼付け
69
ä Excel から Word または PowerPoint からデータをコピーして Word または
PowerPoint に貼り付けるには:
1
データ・セルまたは範囲を選択します(メンバーを含めることも、含めないことも
できます)。
2
Smart View のリボンから、「データ・ポイントのコピー」を選択します。
3
Word または PowerPoint ドキュメントを開きます。
4
接続を作成するかどうかを確認された場合は、「はい」をクリックします。
5
Smart View のリボンから、「データ・ポイントの貼付け」を選択します。
6
リフレッシュします。
注: Word ドキュメントにデータを貼り付け、.htm または.mht などの異なる
形式で保存すると、それらの形式のデータはリフレッシュできません。
7
オプション: データを貼り付けた後、Word または PowerPoint の POV を変更するに
は、「POV の管理」をクリックし、33 ページの「デフォルト POV のメンバーの選
択」の手順に従います。
データ・ポイントのコピー元スプレッドシートの取得
ä データ・ポイントのコピー元の Excel スプレッドシートを取得するには:
1
Excel データ・ポイントが貼り付けられた Word または PowerPoint ドキュメントで、
データ・セルを選択します。
2
データ・ソースのリボンから、「視覚化」、「Excel で視覚化」の順に選択します。
3
データ・ソースへのログオンを求められた場合は、ユーザー名とパスワードを入
力します。
Excel に、データ・セルに関連付けられているスプレッドシートが表示されま
す。データに対してアド・ホック分析を実行できます。
自動列幅調整の有効化
ä メンバー・セルおよびデータ・セルの内容にあわせた、Excel の列幅の自動調
整を使用可能にするには:
1
Smart View の帯グラフから、「オプション」を選択します。
2 「オプション」で、左側のパネルから「フォーマット」を選択します。
3 「列幅の調整」を選択します。
4 「OK」をクリックします。
5
任意のリボンから、「リフレッシュ」を選択して、現在のグリッドの列を調整しま
す。
「列幅の調整」が選択されていない場合、手動で列幅を調整できます。
70
Smart View の一般的な操作
シート情報
ä 現在のワークシートについて接続およびその他の詳細を表示するには:
1
Smart View のリボンから、「シート情報」を選択します。
2
オプション: 必要に応じて次のオプションを選択します。
l
l
3
Smart View メタデータを削除するための選択肢のリストを表示するには、
「削除」をクリックします。
「シート情報」のコンテンツを Excel スプレッドシートに保存するには、「保
存」をクリックします。
オプション: 選択したリスト内のアイテムをクリップボードにコピーするには、
[Ctrl]を押しながら[C]を押します。
4 「OK」をクリックします。
Smart View の使用可能/使用不可
Smart View は、デフォルトではインストール後に使用可能にされています。コン
ピュータ上のすべての Microsoft Office アプリケーションに対して、または Outlook
のみに対して、Smart View を使用不可にできます。
Smart View は Office アプリケーションを介して使用可能/使用不可にすることもで
きます。
Smart View 内での Smart View の使用不可
ä Smart View をすべての Microsoft Office アプリケーション(Outlook を含む)に対
して使用不可にするには:
1
Smart View のリボンから、「ヘルプ」を選択します。
2 「バージョン情報」を選択します。
3 「アドインの使用可能」を選択解除し、Office アプリケーションを次に開いた際に
Smart View を使用不可にします。
ä Smart View を Outlook に対してのみ使用不可にするには:
1
Excel 内の Smart View のリボンから、「オプション」を選択し、左側のパネルで「詳
細」を選択します。
2 「その他」で、「Outlook で Smart View アドインを無効にする」を選択します。
シート情報
71
Microsoft Office での Smart View の使用可能/使用不
可
Excel のオプションの「アドイン」から、Smart View を使用可能または使用不可に
できます。
Smart View での検索
Essbase では、*、/、?をワイルド・カードとして使用します。
共有ワークブック
Smart View は Excel の共有ワークブックをサポートしません。
ヘッダーおよびフッターへの POV メンバーの
印刷
ä Excel 2007 以前を使用する場合は、次のように Excel ドキュメントのヘッダー
またはフッターにアクティブな POV メンバーを印刷できます:
1
Excel で、ヘッダーまたはフッター・セクションを挿入します。
2
ヘッダーまたはフッターに、POV:{}を含む文を入力します。
Excel ドキュメントを印刷すると、指定したヘッダーまたはフッターに POV メ
ンバーが印刷されます。
72
Smart View の一般的な操作
スマート・クエリー
8
この章の内容
スマート・クエリーについて ............................................................... 73
スマート・クエリーの作成................................................................... 73
スマート・クエリーを開く................................................................... 78
コピーと貼付け .................................................................................. 78
スマート・クエリーについて
データ・ソース・タイプ: Essbase
スマート・クエリーは、複数セットのメンバーおよびフィルタから作成された多
次元分析およびレポート・ツールです。
スマート・クエリーの作成
スマート・クエリーは、アプリケーションの次元から 1 つ以上のメンバー・セッ
トを定義することで作成します。それぞれのメンバー・セットに対して、複合フィ
ルタを定義および適用して、スマート・クエリーから戻されるデータをさらに絞
り込むことができます。これらのセットとそのフィルタを使用して、別のセット
のデータの和集合、補集合および交差を定義することで非常に複雑なクエリーを
作成できます。
スマート・クエリーが作成されたら、それをアド・ホック・レポートおよび分析
に使用できます。スマート・クエリーは保存、再利用、および共有できます。セッ
トおよびフィルタを個別に保存して、他のスマート・クエリーで使用できます。
スマート・クエリーを作成するには、次の手順を実行します:
1. 73 ページの「セットの定義」
2. 75 ページの「セットのフィルタの定義」
3. 75 ページの「スマート・クエリーの構築」
4. 77 ページの「スマート・クエリーの完了」
セットの定義
ä セットを定義するには:
1
Smart View のリボンから、「パネル」を選択して Smart View パネルを開きます。
スマート・クエリーについて
73
2
Smart View パネルから、Essbase キューブまたはアプリケーションに接続します。
3
アクション・パネルで、「新しいスマート・クエリー・シート」を選択して Smart
View パネルのかわりにスマート・クエリー・パネルを表示します。(
る矢印を選択して、Smart View パネルに戻ることができます。)
の横にあ
スマート・クエリー・パネルとワークシートに表示される接続のデフォルト
次元。スマート・クエリーのリボンが表示されます。
4
オプション: 次元をスマート・クエリー・パネルのある領域から別の領域にドラッ
グして、その次元をピボットします。
5 「行」、「列」または「視点(POV)」の下で次元の名前を選択し、セットを定義する
「...のセット」の下に表示します。
6 「...のセット」で、次元名の横の矢印をクリックし、「基本メンバーの選択」を選
択します。
POV 次元の場合、この手順で指定したメンバーは、「視点(POV)」セクション
のドロップダウン・メニューから選択して使用できます。これらの名前を直
接入力することもできます。
7
メニューから、セットに含めるメンバー・レベルを選択するか、「その他」を選択
して「メンバー・セレクタ」を開き、そこで特定のメンバーを選択します。
8
次元名の横にある矢印をクリックし、「カスタム・メンバーの追加」を選択します
(「視点(POV)」次元には使用できません)。
9
セットに対して指定した値から選択します。
オプション: 「その他」を選択して、「カスタム・メンバー式」で MDX 式を使
用してメンバーを定義します(Essbase のドキュメントを参照)。最も単純なメ
ンバー式(たとえば、2 つのオペランドと演算子)を収容できるように、MDX
クエリーは少なくとも 3 文字にする必要があります。ここに表示される「OK」
ボタンは、入力した式が検証された後でのみ使用可能になります。
10 オプション: セット内で重複メンバーを許可するには、セット名の横にある矢印を
クリックし、「セット内の重複を許可」を選択します(POV 次元では使用できませ
ん)。
これは、この設定が選択されているセットにのみ適用されます。スマート・
クエリーに複数のセットがある場合は、「セット内の重複を許可」が選択され
ていなくても、メンバーが選択されているすべてのセットのグリッドにメン
バーが表示されます。たとえば、あるセットに 1 月、2 月、3 月がメンバーと
して選択されていて、Year のレベル 0 メンバーが同じクエリーの別のセット
で選択されている場合、1 月、2 月、3 月は両方のセットのメンバーであるた
め、グリッドに 2 回表示されます。
11 オプション: セットの名前を変更するには、セット名の横にある矢印をクリック
し、「名前変更」を選択します。
12 セットを保存するには、セット名の横にある矢印をクリックし、「リポジトリ」、
「セットの保存」の順に選択します。「リポジトリ」で、セットの名前と説明を入
力し、「OK」をクリックします。
13 オプション: この次元の追加セットを追加するには、セット名の横にある矢印をク
リックし、「新規セットの追加」を選択して手順を繰り返します。
74
スマート・クエリー
14 スマート・クエリー・パネルから他の次元を選択し、必要に応じて手順を繰り返
して他の次元のメンバーを追加します。
セットのフィルタの定義
ä セットのフィルタを定義するには:
1 「...のセット」で、セット名の横の矢印をクリックし、「フィルタの追加」を選択
します。
新しいフィルタが「セット...のフィルタ」の下に表示されます
2
フィルタ名の横にある矢印をクリックし、次のいずれかを選択してフィルタを定
義します:
l
上位/下位の選択
l
値に基づく選択
l
メンバーによって指定された値に基づく選択
l
文字列の一致(このオプションでは、修飾メンバー名はサポートされませ
ん。)
カスタム・メンバー名に次の文字を使用することはできません:
m
m
m
3
大カッコ([ ])
二重引用符(”)または XML でエンコードされた表現
("&quot;"、"&#34;"、"&#0034;"、"&#x22;"、"&#x0022;")
一重引用符(')または XML でエンコードされた表現("&apos;"、"&#39;"、
"&#0039;"、"&#x27;"、"&#x0027;")
セットにさらにフィルタを追加するには、必要に応じてこの手順を繰り返します。
スマート・クエリーの構築
スマート・クエリーを構築するには、複合フィルタを適用して、別のセットのメ
ンバーの和集合、補集合および交差を選択します。和集合は、2 つのセットの両
方ではなく一方にのみ属するメンバーの選択です。交差は、指定したすべてのセッ
トに属するメンバーの選択です。補集合は、指定した別のセットのメンバーには
なっていない、指定した 1 つのセットのメンバーの選択です。
セットと複合フィルタを任意の組合せで使用して、非常に複雑なスマート・クエ
リーを作成できます。
セットの和集合
両方のセットではなく一方のセットに属するメンバーを選択するには、75 ページ
の「セットのフィルタの定義」の説明に従って、「...のセット」の次元から 2 つ以
上のフィルタを定義します。たとえば、図 9 では、クエリーは缶にパッケージ化
された(製品 = Can)かカフェイン入り(製品 = Caffeinated_True)の「製品、レベル 0」
メンバーのみ戻します。
スマート・クエリーの作成
75
図9
セットの和集合
セットの交差
交差には、指定したすべてのセットに共通するメンバーのみ含まれます。
ä 指定したすべてのセットに共通するメンバーを選択するには:
1
75 ページの「セットのフィルタの定義」の説明に従って、セットのフィルタを定
義します。
2
フィルタ名の横にある矢印をクリックし、「フィルタの追加」を選択します。
3 「追加フィルタ」とサブセット・フィルタが表示されます。
4
2 番目のフィルタを定義します。
図 10 では、クエリーはカフェイン入りで缶にパッケージ化された「製品、レベル
0」メンバーのみ戻します。
図 10
セットの交差
セットの補集合
ä 指定した別のセットのメンバーではないセットのメンバーのみ選択するには:
1 「フィルタ...」で、フィルタ名の横にある矢印をクリックし、「フィルタの追加」
を選択します。
「追加フィルタ」とサブセット・フィルタが表示されます。
76
スマート・クエリー
2
2 番目のフィルタを定義します。
3 「追加フィルタ」の横にある矢印をクリックし、「除外」を選択します。
図 11 では、クエリーはカフェイン入りで缶にはパッケージ化されていない「製
品、レベル 0」メンバーのみ戻します。
図 11
セットの補集合
スマート・クエリーの完了
ä スマート・クエリーを完了するには:
1
スマート・クエリーのリボンから、次のようにスマート・クエリーのオプション
を選択します:
l
l
l
2
インデント(136 ページの「メンバー・オプション」を参照)
個々のメンバー名を表示する(136 ページの「メンバー・オプション」を参
照)
データなしの行の抑制(137 ページの「データ・オプション」を参照)
オプション: 別名テーブルを選択する場合は、「別名の変更」を選択します。
重複メンバーのフル・ネームは、選択された別名テーブル(存在する場合)に関
係なく表示されます。選択した別名テーブルに応じて、その他すべてのメン
バー名が表示されます。
3
スマート・クエリー定義全体を保存するには、スマート・クエリーのリボンから
「保存」を選択します。
4 「リポジトリ」で、スマート・クエリーの名前と説明を入力します。
5 「OK」をクリックします。
スマート・クエリーはワークブックにも保存されるため、ワークブックを保
存すると、その中のスマート・クエリーも保存されます。
6
オプション: アド・ホック分析を実行するには、スマート・クエリーのリボンから
「分析」を選択します。
スマート・クエリーの作成
77
スマート・クエリーを開く
新しいワークシートから開く
ä 既存のスマート・クエリーを開くには:
1
Smart View のリボンから、「パネル」を選択して Smart View パネルを開きます。
2
Smart View パネルで、
選択します。
3
スマート・クエリー・パネルで、「定義を開く」を選択して、使用可能なスマー
ト・クエリーの「リポジトリ」リストを表示します。
4
リストからスマート・クエリーを選択します。
の横にある矢印をクリックし、「スマート・クエリー」を
5 「OK」をクリックします。
既存のスマート・クエリー・ワークシートから開く
ä 既存のスマート・クエリーを開くには:
1
スマート・クエリーのリボンで、「開く」を選択して、使用可能なスマート・クエ
リーの「リポジトリ」リストを表示します。
2
リストからスマート・クエリーを選択します。
3 「OK」をクリックします。
4
ワークシートの既存のスマート・クエリーを破棄するかどうかを尋ねられたら、
「はい」をクリックします。
スマート・クエリーが現在のワークシートに開きます。
コピーと貼付け
Excel で、あるワークシートから別のワークシートにスマート・クエリー定義全体
をコピーし、他のスマート・クエリーにセットとフィルタをコピーできます。
Excel でのスマート・クエリー定義のコピー
スマート・クエリー定義は、現在のワークブック内の別のワークシートまたは別
のワークブック内のワークシートにコピーできます。定義を貼り付けるワークシー
トにスマート・クエリー定義がすでに含まれている場合は、貼り付けられた定義
で置換されます。
ä スマート・クエリー定義をあるワークシートから別のワークシートにコピー
するには:
1
コピーするスマート・クエリー・ワークシートを開きます。
2
スマート・クエリーのリボンから、「コピー」を選択します。
3
新しいワークシートを開きます。
78
スマート・クエリー
4
次のいずれかの操作を行います:
l
定義全体を空のワークシートにコピーするには、スマート・クエリー・パ
ネルから「定義の貼り付け」を選択します。
l
スマート・クエリー定義を置換するには、置換するワークシートのスマー
ト・クエリーのリボンから、「貼付け」を選択します。
スマート・クエリーのセットおよびフィルタのコ
ピー
セットをコピーするには、「...のセット」で、セット名の横にある矢印をクリック
し、「セットのコピー」を選択します。同じメニューの「セットの貼付け」を使用
して、現在のスマート・クエリー内で、または別のスマート・クエリーにセット
をコピーできます。
フィルタをコピーするには、「セット...のフィルタ」で、フィルタ名の横にある矢
印をクリックし、「フィルタのコピー」を選択します。同じメニューの「フィルタ
の貼付け」を使用して、現在のスマート・クエリー内で、または別のスマート・
クエリーにセットをコピーできます。
Word および PowerPoint へのスマート・クエリー・
レポートのコピー
Excel から Word または PowerPoint にスマート・クエリー定義を直接コピーするこ
とはできませんが、スマート・クエリーで定義されたグリッドまたはグリッドの
一部を Excel から Word または PowerPoint にコピーすることはできます。そのた
めには、スマート・クエリーのリボンから「分析」を選択します。次に、69 ペー
ジの「Excel、Word、および PowerPoint 間でのデータのコピー」の説明に従って
データをコピーします。
コピーと貼付け
79
80
スマート・クエリー
9
スマート・スライス
この章の内容
スマート・スライスについて ............................................................... 81
スマート・スライスを使用したレポートの作成 ...................................... 81
スマート・スライス、アド・ホック分析、およびフォーム ...................... 85
スマート・スライスの作成................................................................... 85
スマート・スライスについて
スマート・スライスは、Essbase または Financial Management データ・ソースの再
利用可能なパースペクティブです。単一のメンバー、単一メンバーの組合せ、フィ
ルタまたは単一メンバーとフィルタの任意の順序での組合せから構成されます。
これらのコンポーネントは、ユーザーがスマート・スライスを表示および操作で
きるデータへの境界となります。Smart View で実行できる操作は、スマート・ス
ライスの領域内でも実行できます。
1 つの組織が、ユーザーの特定のデータ要件に応じて、異なるスマート・スライ
スをいくつでも使用できます。たとえば、異なる販売地域、異なる製品ライン、
異なるタイム・フレームまたはこれらの次元の任意の組合せに対してスマート・
スライスを作成できます。
スマート・スライスの境界内では、あらゆるデータに対して表示および操作を行
えますが、境界外のデータに対しては行えません。たとえば、販売データを米国
西部地域に限定するスマート・スライスでは、カリフォルニアまたはロサンゼル
スのデータをドリルダウンできますが、ニューヨークのデータに移動することは
できません。
スマート・スライスを使用したレポートの作
成
データ・ソース・タイプ: Essbase、Financial Management
スマート・スライスは一元的に管理され、Smart View パネルから利用できます。
レポート全体は、Excel ワークブック、Word 文書、PowerPoint プレゼンテーショ
ンと関連付けられます。1 つのレポートは、1 つの Excel ワークシート、1 つの Word
ページ、1 つの PowerPoint スライドに関連付けられます。PowerPoint プレゼンテー
ションの場合は、スライドごとにレポートのタイプを 1 つのみにすることをお薦
めします。
スマート・スライスについて
81
スマート・スライス全体、またはスマート・スライスのデータのサブセットから
レポートを作成することができ、作成したレポートは Excel スプレッドシート、
Word 文書、PowerPoint スライドで表示できます。シート上のスペースが許すかぎ
り、いくつのデータ・ソースからでも、いくつのレポートでも表示が可能です。
ä スマート・スライスからレポートを作成するには:
1
Smart View のリボンから、「パネル」を選択します。
2
Smart View パネルからスマート・スライスを選択します。
3
アクション・パネルから次のいずれかを実行します。
l
l
スマート・スライスをそのまま操作するには、「スマート・スライスのレ
ポートへの挿入」をクリックします。レポート・デザイナの下方にある
「Smart View」パネルに、スマート・スライスが表示されます。
ローカル・ストレージ用にスマート・スライスのサブセットを作成するに
は、「スマート・スライスの変更およびレポートへの挿入」をクリックし、
スマート・スライスの作成の説明に従ってスマート・スライス・デザイナ
を使用します。
注: 「スマート・スライスの変更」を使用してスマート・スライスを作成
する場合は、アド・ホック分析を実行する前に、新しく作成された
スマート・スライスを「Smart View パネル」ツリー・リストから選
択する必要があります。
4
5
をクリックします。
ドロップダウン・メニューから、グリッドに配置するレポート・タイプを選択し
ます:
l
関数グリッド - 動的グリッド・フォーマット
関数グリッドは Word、PowerPoint および Excel で使用できます。関数グ
リッドをリフレッシュすると、データ・セルはリフレッシュされますが、
メンバーはリフレッシュされません。データとメンバーの両方をリフレッ
シュするためには、関数グリッドをシートに挿入し直す必要があります。
このため、関数グリッドは、メンバーが適度に静的であるレポートの場合
に最も有用です。メンバーが頻繁に変更される可能性があるレポートの場
合は、レポート・タイプとしてテーブルおよびチャートがより適していま
す。ワークシートに複数のレポートを含めることはできますが、関数グ
リッドは 1 つのみです。
関数グリッドでは、SUM などの Excel の式を使用できます。そのような式
を関数グリッドの一部として保持するためには、式を含むセルとグリッド
の間に空の行を 1 行開けておき、式の定義で選択するセル範囲にその空の
行を含める必要があります。これにより、データをリフレッシュした結
果、グリッド内の行数が変わった場合でも、式を保持できるようになりま
す。
関数グリッドにフォーマットを設定するには、Excel のフォーマット機能
を使用します。
l
82
テーブル
スマート・スライス
テーブルは、PowerPoint および Excel で使用できます。テーブル・レポー
トは、文書内で位置が固定されておらず移動やサイズ変更が可能なグリッ
ド・フォーマットで、結果を表示します。テーブルをリフレッシュすると
メンバーとデータの両方がリフレッシュされます。テーブルは、小さいス
ペースに大きいグリッドを表示する場合に有用です。スクロールバーを使
用して、行や列にすばやくアクセスできます。
テーブル・レポートでは、ズーム・インおよびズーム・アウトが可能です
が、その他のアド・ホック操作を実行したり、フリー・フォームを使用し
たりすることはできません。
l
チャート
チャートは PowerPoint および Excel で使用できます。PowerPoint では、
チャートとテーブルのコンテンツはプレゼンテーション・モードでのみ表
示されます。チャート・レポートは、文書内で位置が固定されておらず移
動やサイズ変更が可能なチャート・フォーマットで、結果を表示します。
チャートをリフレッシュするとメンバーとデータの両方がリフレッシュさ
れます。
6
オプション: テーブルやチャートを移動またはサイズ変更するには、
クしてから、移動またはサイズ変更します。
7
レポート・コントロールを挿入するには、
8
ドロップダウン・メニューからいずれかのレポート・コントロール・タイプを選
択します:
l
l
をクリッ
をクリックします。
POV (1 つのレポートには 1 つの POV のみ含めることが可能)
スライダ (1 つのレポートには複数のスライダを含めることが可能)。84
ページの「スライダ」を参照してください。
レポートには 1 つの POV かスライダを含めることができ、両方を含めること
はできません。
9
リフレッシュを行います。
10 オプション: レポートにおける 1 つの次元の任意のメンバーまたはすべてのメン
バーについて個別のレポートを作成し、それらのレポートをワークブックの各ワー
クシートにカスケードする方法については、58 ページの「レポートおよびアド・
ホック・グリッドのカスケード」を参照してください。
注: チャートおよびテーブルを含むレポートでは、カスケード操作により、
次回そのワークブックを開いた際に、チャートとテーブルが重なって表
示されることがあります。
レポートの削除
をクリックしてから削除します。関数グリッド、
レポートを削除するには、
テーブル、またはチャートの全体を文書から削除するには、オブジェクトを選択
して[Del]キーを押します。削除は、レポート・デザイナに反映されます。
スマート・スライスを使用したレポートの作成
83
スライダ
図 12 はスライダを表示します。スライダはクエリーの次元メンバーから選択され
たセットを表示します。スライダ・マーカーをメンバーまでドラッグすると、シー
ト上で当該クエリーに関連付けられているすべてのレポートに、そのメンバーの
データが表示されます。レポート・デザイナの複数のクエリーからの次元をスラ
イダに含めることが可能です(次元の境界が同じである場合)。
図 12
スライダ
1 つのクエリーからのスライダの作成
ä スライダを作成するには:
1
スライダを作成するクエリーについて、ワークシートに 1 つ以上のレポート・タ
イプが挿入されていることを確認します。
2
レポート・デザイナから「クエリー・ビュー」 、 「クエリー・ビュー」の順に選
択します。
3
レポート・デザイナで、スライダの基になるクエリーを選択します。
4
をクリックし、「スライダ」を選択して「メンバー選択」を開きます。
5
スライダの次元、メンバー、およびフィルタを選択し、「OK」をクリックします。
スライダがシート上に表示されます。
6
オプション: スライダを移動またはサイズ変更するには、
ら、移動またはサイズ変更します。
をクリックしてか
結合クエリーからのスライダの作成
クエリーの境界がまったく同じである場合に限り、複数のクエリーの次元を含む
スライダを作成できます。
ä 複数のクエリーの次元を使用してスライダを作成するには:
1
スライダを作成するクエリーについて、ワークシートに 1 つ以上のレポート・タ
イプが挿入されていることを確認します。
2 「クエリー・ビュー」をクリックし、「次元ビュー」を選択します。レポート・デ
ザイナのツリー・ビューは、クエリーごとにではなく次元ごとにグループ化され
ていることに注意してください。各次元の下には、その次元を含むクエリーが表
示されます。次元の境界が同じでない場合は、それぞれに対応する複数のスライ
ダが作成されます。たとえば、あるクエリーの「市場」次元に子のフィルタが 1
つ含まれており、別のクエリーの「市場」次元には子孫のフィルタが 1 つ含まれ
ている場合は、2 つの「市場」スライダが作成されることになります。
84
スマート・スライス
3
レポート・デザイナで、クエリーの基になる次元を選択します。
4
をクリックし、「スライダ」を選択して「メンバー選択」を開きます。
5
スライダの次元、メンバー、およびフィルタを選択し、「OK」をクリックします。
スライダがシート上に表示されます。
6
オプション: スライダを移動またはサイズ変更するには、
ら、移動またはサイズ変更します。
をクリックしてか
スマート・スライス、アド・ホック分析、お
よびフォーム
Excel でスマート・スライスに対するアド・ホック分析を実行するには(Essbase、
Financial Management)、Smart View パネルでスマート・スライスを選択し、アク
ション・パネルで「アドホック分析」をクリックします。そのスマート・スライ
スのデータおよび POV がワークシートに入力され、アド・ホック分析を実行でき
ます。
フォームを使用するには、Smart View パネルでスマート・スライスを選択し、ア
クション・パネルで「フォームを開く」をクリックします。アド・ホック分析に
は、管理者が使用可能にしたフォームのみを使用できます。
アド・ホック・グリッドのデータのソースとなったスマート・スライスを特定し
をクリックし、「ワークシート接続の検索」を選択します。該当
たい場合は、
するスマート・スライスが Smart View パネルで強調表示されます。
スマート・スライスの作成
データ・ソース: Essbase、Financial Management
管理者とデータベース管理者は、スマート・スライスを作成、変更および削除で
きます。Essbase で、管理者が有効にしている場合は、すべてのユーザーがスマー
ト・スライスを作成、変更および削除できます。
スマート・スライスの作成では、スマート・スライスのデータ境界の設定と、ス
マート・スライスのプリファレンスの設定を行います。
スマート・スライスのデータ境界の設定
ä スマート・スライスを作成するには:
1
Smart View のリボンから、「パネル」を選択します。
2
Smart View パネルを開いて Essbase または Financial Management データ・ソースに接
続します。
3
次のいずれかの操作を行います:
スマート・スライス、アド・ホック分析、およびフォーム
85
l
l
アクション・パネルで「新規スマート・スライスを作成」をクリックし、
別名テーブルのリストから別名テーブルを選択します。
アド・ホック・グリッドが開いた状態で、データ・ソースのリボンから
「スマート・スライス」を選択します。
スマート・スライス・デザイナと「新規スマート・スライス - 設計」ワーク
シートが表示されます。スマート・スライス・デザイナでスマート・スライ
スを設計すると、結果がワークシートに表示されます。
スマート・スライス・デザイナには行、列、POV、属性の各次元に対する
「行」、「列」、「POV」、「属性」のセクションがあります。
4
スマート・スライス・デザイナで、次のオプションのいずれかを使用して、スマー
ト・スライスの境界を作成します。
l
l
l
行または列の境界のメンバーを選択するには、スマート・スライス・デザ
イナで必要に応じて「POV」から「行」または「列」へメンバーをドラッ
グします。行または列のメンバーを削除するには、「POV」へドラッグし
ます。変更はグリッド上でただちに反映されます。
「行」、「列」または「属性」のセクションで次元のメンバーを選択するに
は、次元の名前をクリックして「メンバー選択」ダイアログ・ボックスを
開きます。
スマート・スライス・デザイナで POV のメンバーを選択するには、次元
名の隣にある矢印をクリックして省略記号を選択し、「メンバー選択」ダ
イアログ・ボックスを開きます。
5 「オプション」をクリックし、86 ページの「スマート・スライスのプリファレン
スの設定」の説明に従ってプリファレンスを設定します。
6 「完了」をクリックします。「メンバー選択」が表示されます。
7 「メンバー選択」で、デフォルトの POV として使用する次元メンバーを選択し、
「OK」をクリックします。
8
Smart View パネルで、「新規の名前を入力」にスマート・スライスの名前を入力し
ます。
9 「OK」をクリックします。Smart View パネルのツリー・ビューで、該当するデータ・
ソースの下にスマート・スライスが表示されます。
スマート・スライスのプリファレンスの設定
指定したプリファレンスは、スマート・スライス定義の一部として格納され、「オ
プション」ダイアログ・ボックスで設定したグローバルなプリファレンスよりも
優先されます。
ä スマート・スライスのプリファレンスを指定するには:
1
スマート・スライス・デザイナで「オプション」をクリックします。
2
各オプションについて、プリファレンスを入力するか、ドロップダウン・メニュー
から選択します。
86
スマート・スライス
ユーザーは、ここで使用可能になっているオプションを選択できます。各オ
プションの詳細は、第 14 章「Smart View のオプション」を参照してください。
スマート・スライスの作成
87
88
スマート・スライス
10
クエリー・デザイナおよび
MDXクエリー
この章の内容
クエリー・デザイナ ........................................................................... 89
クエリーの作成 .................................................................................. 89
クエリーの編集およびレポートの再実行................................................ 91
データのフィルタ処理 ........................................................................ 91
クエリー・デザイナでの時間関連データの分析 ...................................... 92
MDX クエリー...................................................................................... 92
クエリー・デザイナ
クエリー・デザイナは Smart View のツールで、1 つのインタフェースから行、列
および POV の次元、メンバー、属性を選択してレポートのレイアウトを設計でき
ます。クエリー・デザイナを使用して、空の接続されたワークシートからクエリー
を作成できます。このワークシートでは、開始点としてデフォルトのレポートが
使用されるか、保存したレポートからクエリーが抽出されます。クエリー・デザ
イナは、アド・ホック・ワークシートにのみ使用可能です。
クエリーの作成
データ・ソース・タイプ: Essbase、Financial Management、Hyperion Enterprise
ä クエリー・レポートを作成するには:
1
Excel でワークシートまたは既存のレポートを開き、データ・ソースに接続しま
す。
注: ワークブックには、複数のデータ・ソースからのクエリー・デザイナ・
ワークシートを表示できます。ただし、ワークシートに関連付けること
ができるのは、1 つのデータ・ソースのみです。
2
データ・ソースのリボンから、「クエリー」
、「クエリー・デザイナ」の順に選択し
ます。
クエリー・デザイナ、および"シート名 - クエリー"という名前のクエリー・
ワークシート(シート 1 - クエリーなど)が表示されます。クエリーはこのワー
クシートで設計します。
クエリー・シートでは次の操作が使用不可になっていますが、レポートを実
行すると再度使用可能になります:
クエリー・デザイナ
89
l
式
l
非対称型レポート
l
コメント
l
空白の行または列
l
別名テーブルに対する変更
l
ズーム・イン、ズーム・アウト、選択項目のみ保持、選択項目のみ削除、
およびダブルクリックといったアド・ホック処理
クエリー・シートとレポート・シートのどちらでも、次の操作は行えません:
3
l
列のメンバーのフィルタ処理
l
データ・ソースの変更
クエリーを設計するには、次のいずれかの操作を実行します:
l
l
l
l
l
l
4
クエリー・デザイナに表示されている「行」および「列」次元のメンバー
を選択するには、次元名をクリックして「メンバー選択」ダイアログ・
ボックスを開きます。
クエリー・デザイナに表示されている「POV」次元のメンバーを選択する
には、次元名の隣にある矢印をクリックして省略記号を選択し、「メンバー
選択」ダイアログ・ボックスを開きます。
「POV」からグリッドに次元を移動するには、クエリー・デザイナで
「POV」セクションから「列」または「行」セクションに、次元をドラッ
グ・アンド・ドロップします。
グリッドから次元を削除するには、クエリー・デザイナで「列」または
「行」セクションから「POV」セクションに次元をドラッグ・アンド・ド
ロップします。
属性次元を追加または削除するには、「属性」ドロップダウン・メニュー
から次元を選択し、クエリー・デザイナの「行」または「列」セクション
にドラッグ・アンド・ドロップします。
メンバーを直接グリッドに入力します。
クエリー・デザイナで「クエリーを適用」をクリックします。結果として生成さ
れたレポートは、"シート名 - レポート"という名前の新しいレポート・シート(シー
ト 1 - レポートなど)に表示されます。手順 2 で一時的に使用不可になっていた操
作が再度使用可能になります。
クエリー・シートがレポート・シートに置き換えられますが、手順 2 を繰り
返せばクエリー・シートは取得可能です。
5
レポートを保存するには、Essbase または Hyperion Enterprise をデータ・ロード・デー
タ・ソースとして使用可能な、Excel.xls や.xlsx ファイルとして保存します。
注: クエリー・デザイナはスマート・スライスと連携できるようには設計され
ていません。
90
クエリー・デザイナおよび MDX クエリー
クエリーの編集およびレポートの再実行
クエリーを再実行するとレポートが再生成されます; ズーム、コメントおよび式な
ど、元のレポートに対する変更は失われます。フォーマットも失われます。
レポートをリフレッシュできますが、データがリフレッシュされるのみで、レポー
トは再実行されません。
ä クエリーを編集してレポートを再実行するには:
1
クエリー・デザイナの編集するクエリー・シートを開きます。クエリー・シート
が表示されていない場合は、データ・ソースのリボンから、「クエリー」、「クエ
リー・デザイナ」の順に選択します。
2
クエリーを編集します。
3 「クエリー」、「レポートの実行」の順に選択します。
レポートが更新されます。
データのフィルタ処理
データ・ソース・タイプ: Essbase
データをフィルタ処理すると、戻されるデータ量が指定された上位または下位基
準に制限されます。上位または下位ランキングによって、たとえば特定地域の売
上の上位 10 製品を表示できます。
ä データをフィルタ処理するには:
1
クエリー・デザイナのレポート・ワークシートで次元を選択します。
2
Essbase のリボンから、「クエリー」、「データ・フィルタ」の順に選択します。
3 「データ・フィルタ」の「カウント」で、「上」または「下」を選択し、数値を指
定します。
4 「設定」で
5 「メンバー選択」でランキングの行メンバーを選択し、「OK」をクリックして「デー
タ・フィルタ」に戻ります。
6 「値」で次のボタンをクリックします:
7 「メンバー選択」でランキングの実行対象の列メンバーを選択し、「OK」をクリッ
クして「データ・フィルタ」ダイアログ・ボックスに戻ります。
8 「OK」をクリックします。
データ・フィルタ処理設定を表す TopCount( { [Qtr3] }, 10, [Measures].[Profit])
という形式の MDX クエリーが、グリッドに挿入されます。例では、第 3 四半
期の利益が最も高かった上位 10 製品が戻されます。
9 「クエリーを適用」をクリックして、クエリー結果を表示します。
クエリーの編集およびレポートの再実行
91
クエリー・デザイナでの時間関連データの分
析
データ・ソース・タイプ: Essbase
Smart View を使用して、時間ベースのメトリックに対して、売上原価に対する売
上などのフラッシュ・メトリックを分析できます。これにより、トレンドを参照
したり、異なる期間の平均を調べたりできます。この操作を行うには、メンバー
の周期性を使用可能にするリンク属性を使用します。周期性は、時間ベースの分
析を有意義なものにする時間次元メンバー間の共有パターンです(たとえば、1 月
と 4 月は四半期の最初の月として周期性を共有します)。月単位の日、週単位の
日、年単位の週は、リンク属性の例です。リンク属性の範囲を設定し、フィルタ
を適用することもできます。
ä クエリー・デザイナで時間関連データを分析するには:
1
クエリーを作成します。
2
クエリー・デザイナ・ツールバーから、「日時」次元を選択し、グリッドまたは
ツールバー内にドラッグします。
3
クエリー・デザイナ・ツールバーの「日時」をクリックし、「メンバー選択」を開
きます。ここで、メンバーを選択し、「期間」
、「範囲」およびその他のフィルタを
適用できます。
4
クエリー・デザイナ・ツールバーの「属性」で、ドロップダウン・メニューの属
性またはリンク属性を選択し、グリッドまたはツールバー内にドラッグします。
必要に応じて、他の属性について繰り返します。
5
メンバーを選択し、属性にフィルタを適用するには、クエリー・デザイナ・ツー
ルバーで属性名をクリックして「メンバー選択」を開きます。
6
POV ツールバーの
をクリックします。
MDX クエリー
データ・ソース・タイプ: Essbase
MDX ユーザーは、クエリー・デザイナ・インタフェースを使用せずに、クエ
リー・シートまたは「MDX の実行」ダイアログ・ボックスに MDX コマンドを入
力できます。
ä MDX クエリーを実行するには:
1
Excel で、Essbase データ・ソースに接続します。
2
Essbase のリボンから、「クエリー」、「MDX の実行」の順に選択します。
3 「フリー・フォームの MDX クエリーの実行」で、MDX クエリーを入力します。
例:
SELECT {[Sales], [Cogs]} on columns, Filter ([Product].Levels( 2 ).Members,
92
クエリー・デザイナおよび MDX クエリー
AVG([Year].CHILDREN, 9001.0) > 9000.00) on rows
4 「実行」をクリックします。
MDX クエリー
93
94
クエリー・デザイナおよび MDX クエリー
11
タスク・リスト
この章の内容
タスク・リスト .................................................................................. 95
Smart View パネルからのタスクの操作..................................................... 95
タスク・リストと Microsoft Outlook の統合................................................ 98
タスク・リスト
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Financial Close
Management
データ・ソースに応じて、Excel または Outlook の Smart View パネルからタスクを
開いて管理したり、データ・ソースのタスク・リストを Outlook に統合し、Outlook
の機能を使用してタスクを管理できます。
l
l
Planning および Financial Management では、Excel および Outlook の両方で
Smart View パネルからタスクを管理し、95 ページの「Smart View パネルから
のタスクの操作」の説明に従って、タスク・リストを Outlook に統合できま
す。
Financial Close Management では、98 ページの「タスク・リストと Microsoft
Outlook の統合」の説明に従って、タスク・リストを Outlook に統合できま
す。
Smart View パネルからのタスクの操作
タスク・リストを開く
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management
ä Excel からタスク・リストを開くには:
1
Smart View のリボンまたはメニューから、「パネル」をクリックします。
2
プロンプトされたら、ユーザー名とパスワードを入力します。
3
Smart View パネルから、次のいずれかを実行します:
l
「Smart View ホーム」の「最近使用」で、タスク・リストの名前をクリッ
クします。
タスク・リスト
95
l
「共有接続」または「プライベート接続」から、開くタスク・リストに移
動して、アクション・パネルで「タスク・リストを開く」をクリックしま
す。
ä Outlook からタスク・リストを開くには:
1
Outlook に Smart View メニューが表示されていることを確認します。そうでない場
合は、次を実行します:
1. Outlook を閉じます。
2. Excel で、Smart View のリボンから「オプション」をクリックし、左側のパ
ネルで「詳細」をクリックします。
3. 「Outlook で Smart View アドインを無効にする」の選択を解除します。
4. 「OK」をクリックします。
5. Outlook を再度開きます。
2
第 2 章「データ・ソース接続の管理」で説明されているように、データ・ソース
に接続していることを確認します。
3
Outlook ツールバーで「Smart View」をクリックし、「パネル」を選択すると、Smart
View パネルが表示されます。
4
Smart View パネルから、次のいずれかを実行します:
l
l
「Smart View ホーム」の「最近使用」で、タスク・リストの名前をクリッ
クします。
「共有接続」または「プライベート接続」から、開くタスク・リストに移
動して、アクション・パネルで「タスク・リストを開く」をクリックしま
す。
タスク・リストの表示
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management
Smart View パネルの「タスク・リスト」ペイン内に開かれるタスク・リストには、
次のものが表示されます:
l
タスク・リスト内の個々のタスク。個々のタスクには、下位タスクが含まれ
る場合もあります。タスクのステータス(完了、未完、遅滞)は、カラー・コー
ディングで示されます。
l
現在のアプリケーションに関連付けられている他のタスク・リストを選択で
きるドロップダウン・メニュー
l
選択されたタスクに対して実行可能なアクションを表示するアクション・パ
ネル
l
二重矢印をクリックすると表示される「タスクの詳細」
l
色分けされたタスク・リストのステータス・バー
96
タスク・リスト
タスクの実行
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management
ä タスクを実行するには:
1
実行するタスクが含まれているタスク・リストを開きます。
2
アクション・パネルで「タスクの実行」をクリックします。
3
タスクの実行は、タスクとデータ・ソースによって異なります。
タスクの完了
データ・ソース・タイプ: Planning
ä タスクの要件を完了した後、タスクを完了済としてマークします。タスクを
完了するには:
1
タスクの要件を完了します。
2
完了するタスクが含まれているタスク・リストを開きます。
3
すべての従属タスクが完了していることを確認します。
4
完了済としてマークするタスクを選択します。
5
アクション・パネルで「完了をマーク」をクリックします。
タスク・リスト・レポートの作成
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management
プロセスのステータスをレビューするために、アプリケーションの 1 つ以上のタ
スク・リストの詳細レポートを PDF または Excel ワークシートのフォーマットで
作成できます。
ä タスク・リスト・レポートを作成するには:
1
Smart View パネルから、タスク・リストを開きます。
2
タスクを右クリックして「レポートの作成」を選択します。
3
レポート・ウィザードで、矢印キーを使用して、レポートに含める必要があるす
べてのタスク・リストを、「使用可能なタスク・リスト」から「選択したタスク・
リスト」に移動します。
4 「次」をクリックします。
5
矢印キーを使用して、ステータスを表示するユーザーを「使用可能なユーザー」
から「選択したユーザー」に移動します。
6 「次」をクリックします。
7
レポートの作成に関するオプションを選択します。
8 「終了」をクリックします。
Smart View パネルからのタスクの操作
97
手順 7 で選択したオプションに応じて、レポートが PDF または Excel で作成さ
れます。
タスク・リストと Microsoft Outlook の統合
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Oracle Hyperion Financial
Close Management
タスク・リストを Microsoft Outlook にインポートし、Outlook の機能を使用して
タスクを管理できます。タスクのステータスが変わるとデータ・ソースに送信さ
れますが、Outlook のタスクは削除できません。
ä タスク・リストを Microsoft Outlook にインポートするには:
1
Outlook に Smart View メニューが表示されていることを確認します。そうでない場
合:
1. Outlook を閉じます。
2. Excel で、Smart View のリボンから「オプション」をクリックし、左側のパ
ネルで「詳細」をクリックします。
3. 「Outlook で Smart View アドインを無効にする」の選択を解除します。
4. 「OK」をクリックします。
2
Outlook を開きます。
3 「Smart View」をクリックして、「タスク・リスト」を選択します。
4 「共有接続」または「プライベート接続」を選択します。
5 「タスク・リスト」で、「アプリケーションの選択」をクリックします。
6 「アプリケーションの選択」で、ドロップダウン・メニューから、インポートする
タスク・リストに関連付けられているサーバーとアプリケーションを選択します。
7 「OK」をクリックします。
選択したアプリケーションに関連付けられているすべてのタスク・リストが
「タスク・リスト」に表示されます。
8
タスク・リストをダブルクリックすると、タスク・リスト内の個々のタスクが
Outlook の仕事リストに表示されます。
ここから、Outlook の機能をタスクに適用できます。Outlook でのタスク(仕
事)の操作方法の詳細は、Outlook の製品ドキュメントを参照してください。
98
タスク・リスト
12
Smart ViewおよびPlanning
この章の内容
Planning の承認 .................................................................................... 99
Planning のジョブ・ステータスの監視................................................... 103
Planning でのページの検索 .................................................................. 104
バージョンのコピー .......................................................................... 104
複合フォーム.................................................................................... 105
Planning ビジネス・ルールの操作 ........................................................ 105
期間に対するデータの分散................................................................. 107
メンバー式....................................................................................... 110
サポート詳細.................................................................................... 110
Planning のプリファレンスの設定 ......................................................... 112
オフライン作業 ................................................................................ 113
このガイドには、Smart View でサポートされる Planning の機能を使用するための
手順情報のみが記載されています。Planning の詳細は、EPM ドキュメント・ライ
ブラリで入手可能な Oracle Hyperion Planning User's Guide を参照してください。こ
のライブラリを開くには、Smart View のリボンから、「ヘルプ」の隣にある矢印、
続いて「EPM ドキュメント」をクリックします。
Planning の承認
データ・ソース・タイプ: Planning
Planning の承認は、プランニング・ユニットの送信、確認、承認プロセスです。
承認の役割が割り当てられている場合、ここで説明する承認関数を実行できます。
役割の詳細は、管理者に問い合せてください。
プランニング・ユニットのステータスの変更
1 つ以上のプランニング・ユニットのステータスを一度に変更できます。
ä プランニング・ユニットのステータスを表示または変更するには:
1
適切なフォームを開きます。
2
Planning のリボンから、「承認」を選択します。
Planning の承認
99
3 「承認の管理」から、「シナリオ」および「バージョン」を選択します。
4
をクリックして、アクセス権を持つプランニング・ユニットのリストを表示し
ます。
5
オプション: 表示モード・ボタンで、次のいずれかを選択します:
l
l
「フラット・ビュー」: プランニング・ユニットをリストとして表示しま
す。
「ツリー・ビュー」では、プランニング・ユニットが階層形式で表示され
ます(管理者のみが使用可能)。
ツリー・ビューで「開始」を選択すると、プランニング・ユニットが開始
され、「除外」を選択すると、プランニング・ユニットがプロセスから除
外されます。
l
「マイ・プランニング・ユニット」では、自分が所有するプランニング・
ユニットのみが表示されます。
6
ステータスを変更するプランニング・ユニットまたはユニットを選択します。リ
ストが長すぎてプランニング・ユニットが簡単に検索できない場合は、100 ペー
ジの「プランニング・ユニットの検索」の説明に従って、リストを検索したり、
リストにフィルタを適用できます。
7
選択したプランニング・ユニットの詳細を表示するには、「プランニング・ユニッ
トの詳細」をクリックします。
「承認ステータス」タブには、プロセスのステータス、所有者、とられたアク
ション、およびステータスの変更日時の履歴が表示されます。
「注釈」タブには、プランニング・ユニット用に入力されたすべての注釈が表
示されます。102 ページの「プランニング・ユニットの注釈」を参照してくだ
さい。
8
プランニング・ユニットのステータスを変更するには、「ステータスの変更」をク
リックします。
注: 親エンティティのステータスを変更すると、子が「第 1 パス」状態時に
除外されているかまたはすでに承認されている場合を除いて、親エン
ティティのすべての子もステータスが変更されます。
9 「承認 - エンティティのステータスの変更」からアクション、およびプランニン
グ・ユニットの次の所有者を選択します。
10 「オプション」: 「注釈の入力」の下に注釈を入力します。
11 「「送信」をクリックします。
12 オプション: 変更したプランニング・ユニットを検証するには、
をクリックし
ます。一度に検証できるのは 1 つのプランニング・ユニットのみです。
プランニング・ユニットの検索
「承認の管理」で、プランニング・ユニットのリストを検索したり、フィルタを適
用することで、プランニング・ユニットを簡単に検索できます。フィルタ条件と
して、自動フィルタ、メンバーの選択、または世代を使用できます。
100 Smart View および Planning
ä プランニング・ユニットのリストをフィルタ処理するには:
1 「承認の管理」を開き、99 ページの「プランニング・ユニットのステータスの変
更」の説明に従って、シナリオとバージョンを選択します。
2
をクリックして、フィルタ処理を使用可能にします。
フィルタ処理ツールを含むフィルタ・バーが、プランニング・ユニット・リ
ストのすぐ上に表示されます。
3
次の手順のいずれかを使用します:
検索
特定のプランニング・ユニットを検索するには、その名前を「プランニング・
ユニット」フィールドに入力し、
をクリックします。
自動フィルタ処理
1. フィルタ・バーで、「承認ステータス」、「サブステータス」または「現在
の所有者」の列ヘッダーの矢印をクリックします。
2. フィルタ条件となる列の値を選択します。これらの列の複数に自動フィル
タを適用できます。
メンバー選択によるフィルタ
1. フィルタ・バーで
2.
3.
をクリックし、「メンバー・セレクタ」を選択します。
をクリックし、21 ページの「メンバー・セレクタからのメンバーの選
択」の説明に従って、プランニング・ユニット・リストのメンバーを選択
します。
をクリックして、リストをフィルタ処理します。
世代によるフィルタ
1. フィルタ・バーで
2.
3.
をクリックし、「世代」を選択します。
をクリックし、プランニング・ユニット・リストに表示する 1 つ以上
の世代を選択します。
をクリックして、リストをフィルタ処理します。
4. 「OK」をクリックします。
4
オプション: フィルタを適用する前にフィルタ選択を元に戻すには、
クします。
をクリッ
プランニング・ユニットの移動パス
プランニング・ユニットは、次に基づいて個人から個人、および部署から部署へ
移動します:
l
プランニング・ユニットに割り当てられた所有者と確認者
l
階層内のプランニング・ユニットの場所
Planning の承認 101
ä プランニング・ユニットの移動パスをグラフィカルな形式で表示するには:
1
Planning のリボンから、「承認」を選択します。
2 「承認の管理」から、「シナリオ」および「バージョン」を選択します。
3 「実行」をクリックして、アクセス権を持つプランニング・ユニットのリストを表
示します。
4
5
プランニング・ユニットを選択します。
をクリックします。
プランニング・ユニットの注釈
開始したプランニング・ユニットのデータに関するコメントを追加または表示で
きます。注釈は、シナリオ、バージョンおよびエンティティ・メンバーの組合せ
などによって異なります。
ä プランニング・ユニットの注釈を追加するには:
1
Planning のリボンから、「承認」を選択します。
2 「承認の管理」から、「シナリオ」および「バージョン」を選択します。
3 「実行」をクリックして、アクセス権を持つプランニング・ユニットのリストを表
示します。
4
注釈を追加するプランニング・ユニットを選択します。リストをフィルタ処理す
る方法は、100 ページの「プランニング・ユニットの検索」を参照してください。
5
オプション: 選択したプランニング・ユニットに対する既存の注釈を表示するに
は、「プランニング・ユニットの詳細」、「注釈」タブの順にクリックします。
6
をクリックします。
7 「承認 - 注釈の追加」で、タイトルおよび注釈を入力します(1,500 文字以内)。マル
チバイト・システムでは、注釈を 750 文字以内することをお薦めします。URL、リ
ンクおよびテキストを入力できます。
8 「送信」をクリックします。
不在時のアシスタント
不在時のアシスタントを設定して、不在中に届いたプランニング・ユニットを再
割当てできます。
ä 不在時のアシスタントを設定するには:
1
Planning のリボンから、「承認」を選択します。
2 「承認の管理」から、「不在時のアシスタント」を選択します。
3 「不在時のアシスタント」から、「現在不在です」を選択します。
102 Smart View および Planning
4 「アクションの選択」からアクション、および不在中に届くプランニング・ユニッ
トの次の所有者を選択します。
5
オプション: 注釈を入力します。
6 「送信」をクリックします。
Planning のジョブ・ステータスの監視
ä Planning ジョブ・タイプの実行ステータスを表示し、必要に応じて、ジョブ・
コンソールで削除します。ジョブの実行ステータスをチェックするには:
1
Planning または Planning アド・ホックのリボンで、「詳細」
、「ジョブ・コンソール」
の順に選択します。
2
デフォルトで、すべてのジョブが表示されます。ジョブのリストをフィルタする
には、「フィルタ条件」から、次のジョブ条件のいずれかを選択します:
l
l
タイプ: ドロップダウン・メニューから、次のいずれかを選択します:
m
ビジネス・ルール
m
ルールセット(Calculation Manager)
m
シーケンス(Business Rule)
m
セル詳細の消去
m
データのコピー
m
データのプッシュ
ステータス: ドロップダウン・メニューから、「処理中」、「完了」、「エ
ラー」のいずれかを選択します。
l
ジョブ名
l
ユーザー名
l
開始日
l
終了日
3 「実行」をクリックします。ジョブ・コンソールが選択条件に合うジョブを表示し
ます。
4
オプション: ジョブ名およびジョブのプラン・タイプを表示するには、ジョブを選
択して「詳細の表示」をクリックします。
5
オプション:ジョブを削除するには、ジョブを選択して「削除」をクリックしま
す。
Planning のジョブ・ステータスの監視 103
Planning でのページの検索
ä Planning の管理者が 1 つのフォームに対して複数のページ次元を設定している
場合は、必要なデータが含まれるページを、ページのドロップダウン・リス
トから選択します。Planning でページを検索するには:
1
検索したいページ次元をクリックして強調表示します。
2
ドロップダウン・メニューから、操作したいデータが含まれるページ名を選択し
ます。
バージョンのコピー
データ・ソース・タイプ: Planning
データを 1 つのボトムアップまたは選択済シナリオのターゲット・バージョンか
ら他のボトムアップまたは同じシナリオ内のターゲット・バージョンへコピーし
ます。たとえば、「ベスト・ケース」バージョンを作成し、そのバージョンの一部
またはすべてのデータを「ワースト・ケース」バージョンへコピーし、新規バー
ジョンの開始点をすばやく作成できます。
ボトムアップ・バージョンとターゲット・バージョン間でのコピーは可能ですが、
l
ボトムアップ・バージョンにコピーすると、選択したレベル 0 のメンバーの
みがコピーされます。
l
ターゲット・バージョンにコピーすると、選択したすべてのメンバーがコピー
されます。
l
承認済プランニング・ユニット内のデータ保護のため、バージョンのコピー
を行っても承認済のプランニング・ユニットにはコピーされません。
注: データをコピーするには、コピーするデータの基準を指定するときに、シ
ナリオ、勘定科目、エンティティ、期間およびバージョン次元の少なくと
も 1 つのメンバーを選択する必要があります。
ä バージョンをコピーするには、次の手順に従います。
1
Planning または Planning アド・ホックのリボンから「バージョンのコピー」を選択
します。
2 「シナリオ」から、コピーするシナリオを選択します。
3 「コピー元」から、ソース・バージョンを選択します。
4 「コピー先」から、コピー先のバージョンを選択します。
5 「実行」をクリックし、選択したソース・バージョンの使用可能なエンティティ
(プランニング・ユニット)を表示します。
6
矢印キーを使用して、「使用可能なエンティティ」から、エンティティを選択しま
す。「プロセス・ステータス」が、「開始していません」または「第 1 パス」のエ
ンティティをコピーできます。
104 Smart View および Planning
7
オプション: 関連した情報をコピーするには、次のオプションのいずれかを選択し
ます:
l
勘定科目注釈のコピー。選択されたエンティティの注釈のみがコピーされ
ます。ボトムアップ・バージョンにコピーする場合は、レベル 0 のエン
ティティ(およびその注釈)のみがコピーされます。
l
セル・テキストおよびドキュメント・リンクのコピー
l
サポート詳細のコピー
8 「データのコピー」をクリックします。
注: 他の Web ページをロードする前に、
「バージョンのコピー」の完了メッセー
ジが表示されるのを待ちます。
複合フォーム
データ・ソース・タイプ: Planning
ä Planning の複合フォームを開くには:
1
複合フォームを含む Planning データ・ソースに接続します。
2 「接続」ツリー・リストから、複合フォーム(
で示されています)をダブルクリッ
クします。
複合フォームが新規の Excel ワークブックで開き、各サブフォームが個別の
ワークシートに表示されます。
Smart View では、Planning マスター複合フォームがサポートされます。
Planning ビジネス・ルールの操作
Planning のフォームおよびアド・ホック・グリッドで、ビジネス・ルールを使用
して Essbase のデータを計算できます。ビジネス・ルールの中には情報の入力を促
すものがあります。これは実行時プロンプトと呼ばれます。
Excel でのビジネス・ルールの起動
ä Excel でビジネス・ルールを起動して Essbase のデータを再計算するには:
1
Planning のアド・ホック・グリッドまたはフォーム(単一または複合)を開きます。
2
未保存のすべてのデータを保存します。
ビジネス・ルールを起動すると、未保存のデータは失われます。
3
Planning のリボンから、「計算」、「ビジネス・ルール」の順に選択します。
4 「ビジネス・ルール」の「プランのタイプ」で、使用するルールに関連付けられて
いるプラン・タイプを選択します。
複合フォーム 105
5
そのプラン・タイプについて一覧表示されたルールの中からルールを選択し、「起
動」をクリックします。
ビジネス・ルールに実行時プロンプトが含まれている場合、106 ページの「実
行時プロンプトへの入力」の手順 2 で説明されている情報を入力します。
計算が正常に処理されると、計算結果が Essbase データベースの値に反映され
ます。
6 「閉じる」をクリックします。
7
Smart View のリボンから、「リフレッシュ」を選択します。
実行時プロンプトへの入力
起動時に、ビジネス・ルールが変数情報を入力するように指示することができま
す。いわゆる実行時プロンプトです。ビジネス・ルールのデザイナが実行時プロ
ンプトを設定します。
ä 実行時プロンプトを入力するには、次の手順に従います。
1
実行プロンプトがあるビジネス・ルールを起動します。
2
実行時プロンプトにより指定された入力タイプを入力または選択します。次の表
は入力タイプをまとめたものです:
アイコン
予想される入力タイプ
1 つのメンバー選択
複数メンバー選択
数値(入力するか、セルのドロップダウン・メニューから選択する)
テキスト値 - 高度な計算スクリプトのみで使用し、グラフィック表示のスクリプトでは使用
しません
データベースからの次元 - 高度な計算スクリプトのみで使用し、グラフィック表示のスクリ
プトでは使用しません
Calculation Manager のビジネス・ルールのみ: デザイナが実行時プロンプトに対して設定した
各次元から 1 つのメンバーのみを含むメンバーまたはメンバーの組合せ(たとえば、「売上->
実績->1 月」は売り上げ、実績および 1 月のメンバー交差を参照しています)
Calculation Manager のビジネス・ルールのみ: デザイナが実行時プロンプトに対して設定した
各次元から選択可能なメンバーの範囲(IDescendants("Marketing"),FY08 など)
実行時プロンプトが有効であることを確認してください。すべての実行時プ
ロンプト値が有効になるまで、ビジネス・ルールを起動できません。
106 Smart View および Planning
3 「起動」をクリックします。
計算が正常に処理されると、データベースの値に計算結果が反映されます。
「フォームの計算」および「通貨の計算」ビジネ
ス・ルールの実行
「フォームの計算」ビジネス・ルールは、小計を計算する各フォーム用に作成され
ています。「通貨の計算」ビジネス・ルールは、行、列またはページに複数の通貨
が含まれるフォーム用に作成され、使用可能な通貨間で値を換算できます。
ビジネス・ルールを起動する順序は、データに影響を与える場合もあるので重要
です。「データ・フォームの計算」ビジネス・ルールと「通貨の計算」ビジネス・
ルールの両方を起動する場合は、フォームの小計を計算する前に、必ず換算を実
行する必要があります。
ä 「データ・フォームの計算」および「通貨の計算」のビジネス・ルールを Excel
で起動するには:
1
フォームを開きます。
ビジネス・ルールを起動すると、スプレッドシートの未保存のデータは失わ
れます。
2
Planning のリボンから、「計算」、「フォームに関する規則」の順に選択します。
フォームに関連付けられたビジネス・ルールが、「ビジネス・ルール」ダイア
ログ・ボックスに表示されます。
3
次のいずれかまたは両方を実行します:
l
通貨を換算するには、「通貨の計算」を選択します。
l
小計を計算するには、データ・フォームの計算を選択します。
4 「起動」をクリックします。
計算が正常に処理されると、計算結果が Essbase データベースの値に反映され
ます。
期間に対するデータの分散
データ・ソース・タイプ: Planning
Excel では、次のようないくつかの方法で値を分散(配分)できます:
l
l
l
l
要約期間の値を基本期間に戻す分散、または要約期間の値を親期間の最初の
親または最初の子に戻す分散
親子間の既存の配分に基づく比例分散
予算管理者により 4-4-5、5-4-4、4-5-4 または「なし」のいずれかに設定され
ている、カレンダの四半期ごとの週次配布に基づく値の分散
特定のセルの値を一時的にロックした状態での、期間に対するデータの分散
期間に対するデータの分散 107
注: 複数の通貨が混在するメンバーが含まれる要約期間のデータは分散でき
ません。
注: 子セル内の Excel 式は、分散時には無視されます。
ä 期間に対してデータを分散するには:
1
フォームを開きます。
2
セルを選択し、新しい値を入力します。
Oracle Hyperion Planning User's Guide のデータの調整と分散に関する項に示さ
れたルールに従い、値が配分されます
3 「保存」をクリックします。
特定セルをロックしたデータの分散
期間に対してデータを分散する場合、他の値の再計算時に、1 つ以上のセルを一
時的にロックしてそれらのセルの値を保護できます。様々な計算を基に期間上に
データを分散し、変化を確認してからデータベースに確定できます。セルをロッ
クした分散の例は、Oracle Hyperion Planning User's Guide を参照してください。
ä 値を一時的にロックするには:
1
フォームを開きます。
2
フォームで、ロックするセルまたはセルのグループを選択します。
3
Planning のリボンから、「ロック」を選択します。
色の変化は、セルがロックされたことを示します。これで、ロックされたセ
ルに影響を与えることなく、他のセルのデータを自由に分散または操作でき
ます。
4
セルのロックを解除するには、グリッドをリフレッシュします。
グリッド分散を使用した値の分散
管理者が「グリッド分散」を使用可能にしている場合、対象セルの既存の値に基
づいて、グリッド上の複数の次元にわたって値を増減する量またはパーセンテー
ジを指定することができます。分散データを計算する場合、読取り専用のセルと
ロックされたセル、およびサポート詳細の付いたセルは無視されます。アクセス
できるセルのみに値を分散することで、データの整合性が保証されます。
ä グリッド分散を使用した値を分散するには、次の手順に従います。
1
ターゲット・セルに分散したい小計または合計ソース・セル値にカーソルを置き
ます。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「調整」、「グリッド分散」の
順に選択します。
3
ドロップダウン・メニューから、次のいずれかを選択します:
108 Smart View および Planning
l
値: 指定した量で値を増減します。
l
パーセンテージ: パーセンテージで値を増減します。
4 「指定値ずつ増やす」または「指定値ずつ減らす」を選択して値を入力します。
5
分散パターンを選択します。
l
比例分散: ターゲット・セルの既存値に基づいて、値を比例分散します(デ
フォルト)。
l
均等分割: ターゲット・セル間で均等に値を分散します。
l
入力: すべてのターゲット・セル内の値を置換します。
管理者は他の分散パターンを追加することができます。
6 「分散」をクリックします。指定した値またはパーセンテージがターゲット・セル
全体に分散され、前の値を新しい値に置換します。
7
新しい値を保存するには、「保存」をクリックします。
一括割当てを使用した値の分散
一括割当てを使用して、すべてのソース・セルの子孫およびすべての次元でデー
タを分散できます。一括割当てによる分散は、グリッドに表示されないセルにデー
タを分散し、対象セルへのアクセス権を持つ必要はありません。
一括割当てはフォームでのみ可能で、管理者が一括割当てを使用可能にしておく
必要があります。一括割当てを使用するには一括割当ての役割でプロビジョニン
グされる必要があります。
注: 一括割当ては元に戻せません。
ä 一括割当てを使用して値を分散するには:
1
分散する小計または合計セルにカーソルを置きます。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「調整」、「一括割当て」に順
に選択します。
3 「分散値」に新しい値を入力して現在の値を置き換えるか、ドロップダウン・メ
ニューから、次のいずれかを選択します:
l
値: 指定した量で値を増減します。
l
パーセンテージ: パーセンテージで値を増減します。
4 「指定値ずつ増やす」または「指定値ずつ減らす」を選択して値を入力します。
5
指定した値またはパーセンテージをターゲット・セル全体に分散するには、「分散
タイプ」を選択します:
l
比例分散: ターゲット・セルの既存値に基づいて、値を比例分散します(デ
フォルト)。
l
均等分割: ターゲット・セル間で均等に値を分散します。
l
入力: すべてのターゲット・セル内の値を置換します。
期間に対するデータの分散 109
l
リレーショナル分散: 様々なソースの場所に存在する値に基づいて、選択
されたセルに分散します。このオプションを選択すると、「選択済」列に
各次元に対して現在選択されているメンバーが表示されます。
管理者は他の分散パターンを追加することができます。
6 「分散」をクリックします。新しい値は自動的に Essbase に保存されます。
メンバー式
ä 式を含むセル内の式を表示できます。このようなセルは、「オプション」ウィ
ンドウで指定されたセル・スタイルによりグリッドで示すことができます。
メンバー式を表示するには:
1
表示する式を含むメンバーを選択します。
2
Planning または Planning アド・ホック・リボンから、「詳細」、「メンバー式」の順
に選択します。
式の詳細が表示されます。
サポート詳細
サポート詳細は、メンバー・アウトラインに含まれないデータを作成するための、
組込み型の計算機として機能します。データの集約方法を定義するテキスト、値、
および演算子を含めることができます。
サポート詳細の追加
「サポート詳細」ウィンドウを使用して、詳細アイテムがフォーム内のセルの値に
集約される方法を設定します。
ä 値を計算するサポート詳細をフォームまたはアド・ホック・グリッド内に追
加するには:
1
フォームを開き、セルを選択します。
1 つの行また列内で、1 つのセルを選択するかまたは複数のセルを続けて選択
できます。このセクションに行または列の組合せを含められません。書き込
めるように、現地通貨のセルを選択してください。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「セルのアクション」
、「サポー
ト詳細」の順に選択します。
サポート詳細ウィンドウに選択したセルが反映されます。
3 「タイトルなし」テキストについての説明を入力します。
テキストとそれに関連する演算子は、同じ親の下にいる子の間で同じものは
使用できません。デフォルトでは、最大 1,500 文字入力できます。
4
ボタンを使用して、インデントされた階層を作成または変更し、目的の構造と計
算を反映します。
110 Smart View および Planning
たとえば、「子の追加」をクリックして、選択したアイテムの直下にライン・
アイテムを追加します。
5
アイテムごとに演算子を選択して、ライン・アイテム間の演算関係を設定します。
演算子は、+(加算)、-(減算)、*(乗算)、/(除算)および~(無視)から選択します。
6
データを入力して設定または計算をします。
フォームで設定したものと同じ倍率を使用して、数字を入力します。
7 「保存」をクリックします。
値は動的に計算され、データを保存する前に集約されます。フォーム上のデー
タも保存されます。
サポート詳細の階層における作業
サポート詳細の階層は、適切な関係を作成するセルの値と算術演算子をサポート
する情報のタイプを反映しています。
ä サポート詳細の階層を作成または変更するには、次の手順に従います。
1
フォームで、サポート詳細のセルを選択します。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「サポート詳細」を選択しま
す。
3
データ値の詳細が含まれる階層内でアイテム上にカーソルを置き、次の表のオプ
ションをクリックして行を作成または変更します:
オプション
結果
子の追加
選択されたセルの 1 レベル下にアイテムを追加します。子は無制限に追加できますが、
パフォーマンスに与える影響を考慮してください。
兄弟の追加
選択されたセルと同じレベルにアイテムを追加します。兄弟は無制限に追加できますが、
パフォーマンスに与える影響を考慮してください。
削除
選択されたアイテムの削除
すべて削除
すべてのサポート詳細を同時に削除
上位へ移動
選択されたアイテムを 1 つ上のレベルに移動
下位へ移動
選択されたアイテムを 1 つ下のレベルに移動
上へ移動
選択したアイテムをその兄弟の先祖より前に移動します
下へ移動
選択したアイテムをその兄弟の子孫より後に移動します
行の重複
選択アイテムの下に行を追加してテキスト、演算子、値などをコピーします。
入力
行内の現在のセルからその右のセルにデータをコピーします。
リフレッシュ
保管されたデータベースの最新の値を取得し、すでに保存された値を復元し、変更内容
を上書きします。
4 「保存」をクリックします。
保存操作により、詳細テキスト、値および集約値が保管されます。
サポート詳細 111
サポート詳細の表示または変更
サポート詳細を含むセルは、「オプション」ダイアログ・ボックスで指定されたセ
ル・スタイルによって、グリッドで示すことができます。
ä 計算またはサポート・データの表示または変更を行うには:
1
フォームを開き、詳細を表示または追加するセルを選択します。
1 つの行また列内で、1 つのセルを選択するかまたは複数のセルを続けて選択
できます。このセクションに行または列の組合せを含められません。書き込
めるように、現地通貨のセルを選択してください。
2
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「サポート詳細」を選択しま
す。
3
選択したセル内のデータを集約するライン・アイテムまたは計算を表示または変
更します。
サポート詳細と Essbase の同期
Planning アプリケーションでは、セルのサポート詳細を削除すると、リレーショ
ナル・データベース内の関連する値に影響が及びます。保管されている Essbase の
値をどのように処理するかを指定します。値を#Missing に設定するか、サポート
詳細を削除する前の状態のまま残しておくことができます。この機能は、サポー
ト詳細をメモ帳や計算機として使用する場合に有用です。
ä サポート詳細と Essbase を同期するには:
1
フォームを開きます。
2
フォームで、削除するサポート詳細が含まれるセルをクリックします。
3
Planning または Planning アド・ホックのリボンから、「サポート詳細」を選択しま
す。
4 「サポート詳細」ウィンドウで、情報を削除して「OK」をクリックします。
5
表示されるメッセージでオプションを選択して、 Essbase に保管されている削除済
のサポート詳細の集約値をどのように処理するかを指定します:
l
l
値を Essbase から削除するには、
「値を#Missing に設定してください」をク
リックします。
値をそのまま Essbase に残すには、「値をそのままにしてください」をク
リックします。
Planning のプリファレンスの設定
ä Planning アプリケーションのユーザー・プリファレンスを設定するには:
1
Smart View パネルのツリー・リストでアプリケーションを選択します。
2
右クリックして「ユーザー・プリファレンス」を選択します。
112 Smart View および Planning
3 「プリファレンス」で次のオプションを指定します。
アプリケーション設定: 「電子メール」、「別名」および「ワークフロー」
オプション。
l
表示設定: 「フォーマット」、「ページ」および「その他」オプション。
l
ユーザー変数: 大きいフォームやグリッドのナビゲートに役立つように
Planning で設定される変数。
l
注: オフライン・モードではプリファレンスを設定できません。
オフライン作業
システムに Planning のオフライン・コンポーネントがインストールおよび構成さ
れている場合は、オフラインでフォームを取得し、基本的に、Planning サーバー
に接続されている場合と同じ操作を実行できます。オフラインのフォームに行っ
た変更は、サーバーに同期できます。
フォームのオフライン化
同じ Excel ワークブックにオンラインとオフラインの両方のフォームを含めること
ができます。
注: 通貨換算はオフラインではサポートされません。
ä フォームをオフライン化するには:
1
Excel で、オフラインにするフォームを含む Planning データ・ソースに接続します。
2
Planning のリボンから、「詳細」、「オフライン化」の順に選択します。
オフライン化ウィザードが表示されます; オフラインにできるすべてのフォー
ムが一覧に表示されます。
3 「使用可能なフォーム/フォルダ」を開き、オフラインにするフォルダおよびフォー
ムを選択します。
4 「次」をクリックします。
5
次元をダブルクリックします。選択できる次元は 1 つのみです。
複数のフォームを選択した場合、選択したフォームで使用可能な次元がマー
ジされて表示されます。
6 「メンバー選択」ページから、メンバーおよびシステム変数を選択します。
メンバー・リレーションシップについて:
表1
メンバー・リレーションシップ
リレーションシッ
プ
フォームに含まれるメンバー
メンバー
選択したメンバー
オフライン作業 113
リレーションシッ
プ
フォームに含まれるメンバー
子孫
選択したメンバーの下にあるすべてのメンバー
子孫(含む)
選択したメンバーとそのすべての子孫
祖先
選択したメンバーの上にあるすべてのメンバー
祖先(含む)
選択したメンバーとそのすべての祖先
兄弟
選択したメンバーと同じ階層レベルのすべてのメンバー(選択したメンバーは除く)
兄弟(含む)
選択したメンバーとそのすべての兄弟
親
選択したメンバーより上のレベルのメンバー
親(含む)
選択したメンバーとその親
子
選択したメンバーのすぐ下のレベルのメンバー
子(含む)
選択したメンバーとそのすべての子
レベル 0 の子孫
選択したメンバーの子孫のうち子を持たないすべての子孫
注: 複数の異なるフォームでは、子およびページメンバーの選択肢が存在す
る場合があります。「ページ」ドロップダウン・リストには、各次元の
フォームごとに少なくとも 1 つのメンバーが表示されます。
7 「OK」をクリックします。
8
ステップ 5 から 7 を繰り返して、リスト内の次元ごとにメンバーまたはシステム
変数を選択します。
9 「次」をクリックします。
10 オフライン接続に固有の名前と説明を入力します。
11 「終了」をクリックして、選択したフォームとメンバーをダウンロードします。
12 「OK」、「完了」の順にクリックします。
オフラインでのフォームの操作
ä フォームをオフラインで操作するには:
1
Excel で、Smart View のリボンから「パネル」を選択します。
2
Smart View パネルから、オフライン接続を選択します。
オンライン接続では、「プロバイダ」列の「プランニング」を指定します。オ
フライン接続では、「オフライン・プランニング」を指定します。
3
右クリックして「接続」を選択します。
4
右クリックして「フォームを開く」を選択します。
114 Smart View および Planning
注: Planning サーバーへの直接接続中にフォームを開いていた場合、その
フォームをオフラインで操作するためには、同じセッション中にフォー
ムをオフライン化してから、オフライン接続からそのフォームを再び開
く必要があります。
5
オフラインのフォームで、データを追加または変更します。
6
Planning のメニューから、「データの送信」を選択します。
変更したデータがローカルに保存されます。Excel を終了しても、変更したデー
タは失われません。
Planning サーバーに対するデータの同期
サーバーに同期する際は、オフライン化したフォーム内の、そのセッションの開
始以降に変更されたすべてのデータがサーバーに保存されます。すべてのフォー
ムのデータを一度に同期することも、選択したフォームおよびメンバーのデータ
を同期することもできます。
ä オフライン化したすべてのフォームおよびメンバーについて、変更したデー
タを Planning サーバーに保存するには:
1
Planning のリボンから、「フォーム」
、「サーバーと同期」の順に選択します。
2
Planning サーバーにログインします。
3 「すべて同期」をクリックします。
4 「OK」をクリックします。
ä オフライン化したフォームおよびメンバーのうち選択したものについて、変
更したデータを Planning サーバーに保存するには:
1
Planning のリボンから、「フォーム」、「サーバーと同期」の順に選択します。
2
Planning サーバーにログオンします。
3 「次へ」をクリックします。
4
次元をダブルクリックします。
5 「メンバー選択」ページから、メンバーおよびシステム変数を選択します。
6 「OK」をクリックします。
7
ステップ 4 から 6 を繰り返して、リスト内の次元ごとにメンバーまたはシステム
変数を選択します。
8 「終了」選択してデータを保存します。
9 「OK」、「完了」の順にクリックします。
ヒント:
サーバーに再び接続した後、オフラインで行った作業がデータベースに
正しく反映されているかチェックします。フォームをリフレッシュした
ときにデータの行または列が消失した場合は、管理者に連絡してくださ
い。
オフライン作業 115
オフラインのフォーム定義およびデータのリフレッ
シュ
オフラインのフォーム定義をリフレッシュするには:
l
オンラインのフォームの最新の値で、オフラインのフォームのデータを更新
します。
l
オフライン・セッション中に使用可能なメンバーまたはフォームを追加また
は削除します。
ä オフラインのデータおよびオフラインのフォーム定義を更新するには:
1
Smart View のメニューで、「パネル」を選択します。
2
Smart View パネルから、現在のオフライン・セッションに関連付けられている接続
を選択します。
3
Planning のメニューから、「詳細」、「オフライン」の順に選択します。
注: オフライン接続を使用しているのに「オフライン定義のリフレッシュ」
オプションを選択できない場合は、Planning の管理者に連絡してくださ
い。このオプションは、オンライン接続の使用中は選択できません。
4
オンラインのデータ・ソース用のユーザー名とパスワードを入力します。
Planning サーバーからオフラインのデータをリフレッシュするため、サーバー
にログオンする必要があります。
5
次のいずれかの操作を行います:
l
l
6
オフライン化したすべてのメンバーおよびフォームを、最新のオンライン
の値および定義で更新するには、「すべてリフレッシュ」をクリックしま
す。「すべてリフレッシュ」では、現在のオフラインのフォーム定義が保
持されます。手順 10 に進みます。
「次へ」をクリックして、更新するフォーム、メンバーおよびシステム変
数を選択します。この選択により、フォーム定義が変更されます。ユー
ザーが選択したメンバーおよびフォームのみが、定義の一部として残りま
す。選択しなかったメンバーおよびフォームは、オフラインで使用できな
くなります。手順 6 に進みます。
次元をダブルクリックします。
7 「メンバー選択」ページから、メンバーおよびシステム変数を選択します。
リストには、選択した次元のメンバーとシステム変数が表示されます。
「選択したメンバー」リストにメンバーおよびシステム変数を移動するか、こ
のリストからそれらを移動するには、矢印キーを使用します。
8 「OK」をクリックします。
9
ステップ 6 から 8 を繰り返して、リスト内の次元ごとにメンバーまたはシステム
変数を選択します。
10 「終了」をクリックしてリフレッシュを開始します。
11 リフレッシュが完了したら、「OK」、「完了」の順にクリックします。
116 Smart View および Planning
13
Smart ViewとReporting and
Analysis
この章の内容
Reporting and Analysis ドキュメントのインポート ..................................... 117
ドキュメントの編集およびリフレッシュ.............................................. 118
Reporting and Analysis ドキュメントのリフレッシュ .................................. 118
Financial Reporting と Web Analysis のインポート・フォーマット .................. 120
Interactive Reporting ドキュメントのインポート ........................................ 120
Financial Reporting ドキュメントのインポート.......................................... 124
Production Reporting ドキュメントのインポート」 .................................... 128
Web Analysis ドキュメントのインポート」 ............................................. 131
スマート・タグを使用した、Reporting and Analysis ドキュメントのインポート
....................................................................................................... 133
Reporting and Analysis ドキュメントのインポー
ト
Smart View を使用して、Reporting and Analysis ドキュメントを Microsoft Excel、
Word または PowerPoint にインポートできます。
表2
Reporting and Analysis アプリケーション
Reporting and Analysis アプリケーショ
ン
インポートできるドキュメント
Oracle Hyperion Financial Reporting
レポート
Oracle Hyperion Web Analysis
レポート
Oracle Hyperion Interactive Reporting
レポート
チャート
ダッシュボード
最新の BQY ジョブを使用すると、Interactive Reporting でリフレッシュ機能
がサポートされます
Oracle Hyperion SQR Production Reporting
ジョブ
ジョブの出力
l
124 ページの「Financial Reporting ドキュメントのインポート」
l
131 ページの「Web Analysis ドキュメントのインポート」」
Reporting and Analysis ドキュメントのインポート 117
l
120 ページの「Interactive Reporting ドキュメントのインポート」
l
128 ページの「Production Reporting ドキュメントのインポート」」
l
133 ページの「スマート・タグを使用した、Reporting and Analysis ドキュメン
トのインポート 」
ドキュメントの編集およびリフレッシュ
Office では、以前に EPM Workspace からインポートされたドキュメントを編集お
よびリフレッシュすることができます。Smart View のリボンまたはメニューには、
次の編集およびリフレッシュ・オプションがあります。
l
l
l
編集 - 埋込み EPM Workspace ドキュメントのフィルタ、POV またはパラメー
タを変更します。
リフレッシュ - 選択したジョブを最新の EPM Workspace データでリフレッシュ
します。Office ドキュメント全体ではなく、Office で選択されているジョブの
み更新されます。
すべてリフレッシュ - Office ドキュメントのすべてのジョブを更新します。
一般的な編集とリフレッシュの動作
l
l
l
l
ページが削除されているインポート済みドキュメントをリフレッシュすると、
残っているページのみがリフレッシュされます。削除されたページは復元さ
れません。
編集またはリフレッシュした結果、インポート済みドキュメントのページ数
が減った場合、削除されたページは Office に空白のページとして表示されま
す。
編集またはリフレッシュした結果、インポート済みドキュメントのページ数
が増えた場合、これらのページは Office のドキュメントに追加されます。
Word と PowerPoint でリフレッシュした場合、フォーマット見出しとコメント
は保持されますが、Excel でリフレッシュした場合は保持されません。
ドキュメントのリフレッシュ時のセル参照の維持
Excel では、インポートされたドキュメント・セルまたは範囲を参照するカスタマ
イズされたワークシートは、インポートされたドキュメントで「すべてリフレッ
シュ」を実行すると更新されます。たとえば、インポートされたワークシート A
および B は、カスタマイズされたワークシート C で参照されています。ワーク
シート A および B で「すべてリフレッシュ」を実行すると、ワークシート C が
ワークシート A および B の更新済データでリフレッシュされます。
Reporting and Analysis ドキュメントのリフレッ
シュ
リフレッシュでは、レポートが EPM Workspace の最新データで更新されます。
118 Smart View と Reporting and Analysis
Production Reporting および Interactive Reporting でのリフレッシュの動作は、次の
とおりです:
l
l
Word では、レポートが選択されている場合はレポート全体がリフレッシュさ
れます。レポートが選択されていない場合は、ドキュメント内で最初に見つ
かったレポートがリフレッシュされます。最初のレポートは、必ずしもドキュ
メントの先頭にあるレポートではありません。
PowerPoint では、レポートが選択されていない場合は、スライド内で最初に
見つかったレポートが更新されます。
Production Reporting のジョブ出力をリフレッシュすると、EPM Workspace の新し
い出力が更新されます。
Financial Reporting および Web Analysis でのリフレッシュの動作は、次のとおりで
す:
l
l
レポートで、リフレッシュするページを選択する必要があります。Word およ
び PowerPoint では、リフレッシュ時にページが選択されていないと、ページ
が更新されないことを示すメッセージが表示されます。
「リフレッシュ」を選択した場合は、レポートのすべてのページがリフレッ
シュされます。「すべてリフレッシュ」を選択した場合は、ドキュメント内の
すべてのレポートがリフレッシュされます。
Excel、Word または PowerPoint で EPM Workspace ドキュメントをリフレッシュす
るには、次のアクションを実行します:
l
l
選択した Reporting and Analysis ドキュメントを、そのドキュメントに関連付け
られているすべてのページも含めて更新するには、Smart View のリボンで「リ
フレッシュ」を選択します。
Reporting and Analysis のドキュメントをすべて更新するには、Smart View のリ
ボンで「すべてリフレッシュ」を選択します。
Essbase または Financial Management 接続に対する Reporting and Analysis ドキュメ
ントのリフレッシュ
注: これは、クエリー準備 HTML にインポートされた Financial Reporting および
Web Analysis レポートに適用されます。
Essbase または Financial Management 接続に対してリフレッシュを行うと、レポー
トが Analytic Services の最新データで更新され、Reporting and Analysis ドキュメン
トに対してデータの取得、ズーム、ピボットなどのアド・ホック分析を実行でき
ます。
クエリー準備 HTML でインポートされたレポートのリフレッシュは、すべての
ページではなく現在のページに適用されます。
重要なタスク:
l
123 ページの「Interactive Reporting ドキュメントの編集」
l
126 ページの「Financial Reporting ドキュメントの編集」
Reporting and Analysis ドキュメントのリフレッシュ 119
l
130 ページの「Production Reporting ジョブの編集 」
l
133 ページの「Web Analysis ドキュメントの編集」
Financial Reporting と Web Analysis のインポー
ト・フォーマット
Financial Reporting および Web Analysis ドキュメントは、Excel で表示できる完全
フォーマット HTML、または Financial Management または Essbase データ・ソース
に接続してクエリーを実行できるクエリー準備 HTML としてインポートできま
す。
Reporting and Analysis ドキュメントをクエリー準備 HTML としてインポートする
場合は、現在のデータ・オブジェクトの選択されたページが HTML に変換され、
Smart View 固有のフォーマットは削除されます。このため、Smart View は、Web
アプリケーションからは独立してデータ・ソースを再クエリーできます。
Reporting and Analysis ドキュメントを完全フォーマット HTML としてインポート
する場合は、現在のデータ・オブジェクトの選択されたページが HTML に変換さ
れ、Smart View フォーマット定義と計算済メンバーが保持されます。このため、
Smart View ではデータ・ソースを直接クエリーできませんが、Smart View コンテ
ンツは Microsoft Office アプリケーションで利用できます。
ヒント:
Word または PowerPoint にイメージをインポートした後で、Office の
「図の書式設定」オプションを使用してフォーマットします。たとえば、
トリミングやサイズ変更を行います。「図の書式設定」設定は、イメー
ジをリフレッシュした後も保持されます。
Interactive Reporting ドキュメントのインポート
121 ページの「Excel への Interactive Reporting ドキュメントのインポート」
l
122 ページの「Word および PowerPoint への Interactive Reporting ドキュメント
のインポート」」
l
123 ページの「Interactive Reporting ドキュメントの編集」
l
インポートされた Interactive Reporting ドキュメントは、セクションに固有です。
表3
Interactive Reporting のインポート・オブジェクト・タイプ
セクション
Excel
Word、PowerPoint
テーブル
フォーマットされたデータ
該当なし
結果
フォーマットされたデータ
該当なし
チャート
フォーマットされたデータ
イメージ
ピボット
フォーマットされたデータ
該当なし
120 Smart View と Reporting and Analysis
セクション
Excel
Word、PowerPoint
レポート
フォーマットされたデータ
イメージ
ダッシュボード
イメージ
イメージ
クエリー
該当なし
該当なし
CubeQuery
クエリー準備(Internet Explorer のみで、Firefox ではサポートされない)
該当なし
フォーマットされたデータ
データ・モデル
該当なし
該当なし
次の制限は、Interactive Reporting ドキュメントが Excel にインポートされるときに
適用されます:
l
l
l
l
l
l
インポート時に非表示セクションが表示されます。
ダッシュボード・セクションを Excel にインポートすると、A1 セルがサイズ
変更されます。
レポート・セクションを Excel にインポートすると、チャート・イメージが表
の前に配置されます。
Excel へのインポートでは、色が正しく保持されないことがあります。
ユーロ通貨フォーマットを含む結果セクションは、Excel にインポートされま
せん。
名前に+(プラス記号)を含む結果セクションはインポートされません。
Excel への Interactive Reporting ドキュメントのイン
ポート
ä Interactive Reporting ドキュメントを Excel にインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Interactive Reporting ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部のウィザード画面は、一部のドキュメントに適用されません。
5 「セクション」で、インポートするセクションを選択します。
6 「アクション」で、オプションを選択します:
l
l
リフレッシュとプレビュー: ドキュメントをプレビューする前にフィルタ
または値を変更します
プレビュー: デフォルト設定でドキュメントをプレビューします
Interactive Reporting ドキュメントのインポート 121
CubeQuery セクションをクエリー準備フォーマットでインポートする場合
は、このオプションを選択しないでください。
7 「次」をクリックします。
8
手順 6 で「プレビュー」を選択した場合は、手順 11 にスキップします。「リフレッ
シュとプレビュー」を選択した場合は、次のステップに進みます。
9
ドキュメントの設定の変数、値、オプションなどのフィルタを変更するためにユー
ザー認証が必要な場合は、「データベース・ログイン情報の指定」で「ユーザー
名」および「パスワード」を入力し、「次へ」を選択します。
接続名がカッコ内に表示されます(たとえば、Sample.oce など)。
10 「フィルタの指定」で、値を選択し、「次へ」をクリックします。
11 ドキュメントのすべてのページをインポートするには、「すべてのページ」フィー
ルドのチェックを有効なままにします。
12 ドキュメントに複数のページが含まれている場合は、「ワークシート全体でページ
を分割」を選択して、各ページを別々の Excel ワークシートに表示します。
13 「セクションのインポート形式」ドロップダウンから、次のいずれかを選択しま
す:
l
l
コンテンツをクエリー対応 HTML としてインポートする場合は、「データ」
を選択します。現在の CubeQuery セクションの現在のページが HTML に
変換され、Smart View のフォーマットが削除されます。これにより、Web
アプリケーションから独立したデータ・ソースを再度クエリーできます。
コンテンツをフォーマット済 HTML としてインポートする場合は、「イメー
ジ」を選択します。CubeQuery セクションの現在のページが Smart View
フォーマット定義および計算済メンバーとともに HTML に変換されます。
Smart View では、データ・ソースへの直接の問合せは行われません。この
オプションは、「リフレッシュ」および「プレビュー」の」CubeQuery セ
クションにのみ使用可能です。
14 「終了」をクリックします。
ドキュメントが Excel に表示されます。
Word および PowerPoint への Interactive Reporting ド
キュメントのインポート」
ä Interactive Reporting ドキュメントを Word にインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Interactive Reporting ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部のウィザード画面は、一部のドキュメントに適用されません。
122 Smart View と Reporting and Analysis
5 「アクションの選択」で、オプションを選択します:
l
l
リフレッシュとプレビュー: ドキュメントをプレビューする前にフィルタ
または値を変更します
プレビュー: デフォルト設定でドキュメントをプレビューします
6 「次」をクリックします。
7 「リフレッシュとプレビュー」を選択した場合:
1. ドキュメント設定の変数、値、オプションなどのフィルタを変更するため
にユーザー認証が必要な場合は、「データベース・ログイン情報の指定」
で、ユーザー名およびパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
接続名がカッコ内に表示されます(たとえば、Sample.oce など)。
2. 「フィルタの指定」で、値を選択します。
8 「適用」をクリックし、「次へ」をクリックします。
9 「プレビュー」で、ページをインポートするには、データ・オブジェクトの左上に
あるドロップダウン・リストからページを選択します。:
10 オプション: ドキュメントのすべてのページをインポートするには、「すべてのペー
ジ」を選択します。
11 「終了」をクリックします。
ドキュメントがインポートされます。
Interactive Reporting ドキュメントの編集
ä Excel、Word および PowerPoint で Interactive Reporting ドキュメントを編集す
るには:
1
編集する Interactive Reporting ドキュメントを開きます。
2
Smart View のリボンから、「パネル」、「Reporting and Analysis ドキュメント」、「編集」
の順に選択します。
3
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部のウィザード画面は、一部のドキュメントに適用されません。
4 「リフレッシュとプレビュー」を選択した場合:
1. ドキュメント設定の変数、値、オプションなどのフィルタを変更するため
にユーザー認証が必要な場合は、「データベース・ログイン情報の指定」
で、ユーザー名およびパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。
接続名がカッコ内に表示されます(たとえば、Sample.oce など)。
2. 「フィルタの指定」で、値を選択します。
5 「適用」をクリックし、「次へ」をクリックします。
6 「プレビュー」で、ページをインポートするには、データ・オブジェクトの左上に
あるドロップダウン・リストからページを選択します。
7 「終了」をクリックします。
Interactive Reporting ドキュメントのインポート 123
Financial Reporting ドキュメントのインポート
120 ページの「Financial Reporting と Web Analysis のインポート・フォーマッ
ト」。
l
124 ページの「Excel への Financial Reporting ドキュメントのインポート」
l
125 ページの「Word および PowerPoint への Financial Reporting ドキュメント
のインポート」
l
126 ページの「Financial Reporting ドキュメントの編集」
l
表4
Financial Reporting のインポート・ドキュメント・タイプ
ドキュメントのタイプ
Excel
Word、PowerPoint
レポート
完全フォーマット、クエリー準備
イメージ
スナップショット・レポート
完全フォーマット
イメージ
ブック
該当なし
該当なし
スナップショット・ブック
該当なし
該当なし
バッチ
該当なし
該当なし
グリッド・オブジェクト
該当なし
該当なし
イメージ・オブジェクト
該当なし
該当なし
チャート・オブジェクト
該当なし
該当なし
テキスト・オブジェクト
該当なし
該当なし
行と列のテンプレート
該当なし
該当なし
Excel への Financial Reporting ドキュメントのイン
ポート
ä Financial Reporting ドキュメントを Excel にインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Financial Reporting ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部のウィザード画面は、一部のドキュメントに適用されません。
5 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Financial Reporting ドキュメント
を選択して「OK」をクリックします。
ドキュメントが Workspace ドキュメントのインポート・ウィンドウにプレ
ビューされます。
124 Smart View と Reporting and Analysis
注: 一部のオプションは、一部のドキュメントに対して使用できない場合が
あります。
6 「ユーザーの POV のプレビュー」が表示されている場合は、現在の POV をプレビュー
するか、POV のメンバーを変更します。
注: この画面を表示するには、EPM Workspace プリファレンスで「ユーザー
POV」に対して「プレビュー」を選択します。
7 「次」をクリックします。
8
オプション: デフォルト値を変更する場合は、「プロンプトに応答」でプロンプト
の選択を行い、「次へ」をクリックします。
注: この画面は、ドキュメントにプロンプトが含まれている場合にのみ表示
されます。
9
オプション:「グリッドの POV」の「プレビュー」で、POV を選択して POV を変更
します。
10 「ページ」を選択してページ次元を変更します。
11 ドキュメントのすべてのページをインポートするには、「すべてのページ」を選択
して、ドキュメントのすべてのページをインポートします。
12 各ページを別々の Excel ワークシートに表示するには、「ワークシート全体でペー
ジを分割」を選択します。
13 「次のフォーマットでドキュメントをインポート」で、オプションを選択します:
l
l
l
完全フォーマット(レポートを完全フォーマット HTML で表示します)
クエリー準備(Financial Management および Essbase データ・ソースに接続す
るときに、レポートに対してアド・ホック分析を実行できます)
関数グリッド(動的グリッド形式)
14 「終了」をクリックします。
ドキュメントが Excel にインポートされます。「フォーマット済」オプション
を使用した場合は、Reporting and Analysis ドキュメントのみ表示できます。「ク
エリー準備」オプションを使用した場合は、Financial Management または
Essbase データ・ソースに接続し、データの取得、ズーム、ピボットなどのア
ド・ホック分析を実行できます。
Word および PowerPoint への Financial Reporting ド
キュメントのインポート
ä Financial Reporting ドキュメントを Word および PowerPoint にインポートする
には:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Financial Reporting ドキュメントに移動します。
Financial Reporting ドキュメントのインポート 125
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部のウィザード画面は、一部のドキュメントに適用されません。
5 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Financial Reporting ドキュメント
を選択して「OK」をクリックします。
ドキュメントが Workspace ドキュメントのインポート・ウィンドウにプレ
ビューされます。
注: 一部の画面は、一部のドキュメントに適用されません。
6 「ユーザーの POV のプレビュー」画面が表示されている場合は、現在の POV をプレ
ビューするか、POV のメンバーを選択して変更します。
注: この画面を表示するには、EPM Workspace プリファレンスで「ユーザー
POV」に対して「プレビュー」を選択します。
7
オプション: デフォルト値を変更する場合は、「プロンプトに応答」でプロンプト
の選択を行い、「次へ」をクリックします。
注: この画面は、ドキュメントにプロンプトが含まれている場合にのみ表示
されます。
8 「グリッドの POV」の「プレビュー」で、POV を選択して変更します。
9 「ページ」を選択してページ次元を変更します。
10 「すべてのページ」を選択して、ドキュメントのすべてのページをインポートしま
す。
11 「次のフォーマットでドキュメントをインポート」で、「イメージ」を選択してド
キュメントをイメージとしてインポートします。
12 「終了」をクリックします。
ドキュメントがインポートされます。
Financial Reporting ドキュメントの編集
ä Excel、Word および PowerPoint で Financial Reporting ドキュメントを編集する
には:
1
Smart View のリボンから、「パネル」、「Reporting and Analysis ドキュメント」、「編集」
の順に選択します。
2 「ユーザーの POV のプレビュー」画面が表示されている場合は、現在の POV をプレ
ビューするか、POV のメンバーを変更します。
注: この画面を表示するには、EPM Workspace プリファレンスで「ユーザー
POV」に対して「プレビュー」を選択します。
126 Smart View と Reporting and Analysis
3
オプション: プロンプトを含むドキュメントで、デフォルト値を変更するには、「プ
ロンプトに応答」でプロンプトの選択を行い、「次へ」をクリックします。
注: 「プロンプトに応答 m」は、ドキュメントにプロンプトが含まれている
場合にのみ表示されます。
4
POV を変更する場合は、「グリッドの POV」の「プレビュー」で、POV を選択しま
す。
5 「終了」をクリックします。
PowerPoint ドキュメントでのテンプレートの作成
1 つ以上の Financial Reporting レポートをプレゼンテーションにインポートするこ
とにより、保存可能な PowerPoint テンプレート・ドキュメントを作成できます。
「テンプレートの作成」アクションのたびに新しい PowerPoint スライドが作成さ
れ、「テンプレートのリフレッシュ」が使用されたときにどこに配置されるかを示
すレポート名が付けられます。
ä テンプレートを作成するには:
1
PowerPoint を開きます。
2
Reporting and Analysis プロバイダに接続します。
3
Smart View のリボンから、「パネル」
、「Reporting and Analysis ドキュメント」
、「テンプ
レートの作成」の順に選択します。
4 「Workspace ドキュメントのインポート」で、Financial Reporting ドキュメントを選択
します。
l
l
オプション: ドキュメントのすべてのページをインポートするには、「すべ
てのページ」を選択します。ページごとに別のスライドが作成されます。
現在の画面のプレゼンテーションをインポートするには、「すべてのペー
ジ」を選択解除します。
5 「オプション:」 ワークスペースの視点(POV)を使用するには、「ワークスペース POV
を使用してリフレッシュ」を選択します。
6 「OK」をクリックします。ドキュメント名が PowerPoint プレゼンテーションにイン
ポートされます。
PowerPoint テンプレートのリフレッシュ
ä テンプレートをリフレッシュするには:
1
テンプレートを含む PowerPoint プレゼンテーションを開きます。
2
Reporting and Analysis プロバイダに接続します。
3
Smart View のリボンから、「パネル」
、「Reporting and Analysis ドキュメント」
、「テンプ
レートのリフレッシュ」の順に選択します。
4
必要に応じて、PowerPoint プレゼンテーションを編集および保存します。
Financial Reporting ドキュメントのインポート 127
Production Reporting ドキュメントのインポー
ト」
Production Reporting ドキュメントは、Excel、Word および PowerPoint にインポー
トできるジョブとジョブ出力から構成されます。
128 ページの「Excel への Production Reporting ジョブのインポート」
l
129 ページの「Word および PowerPoint への Production Reporting ジョブのイ
ンポート」」
l
130 ページの「Word および PowerPoint への Production Reporting ジョブ出力
のインポート」
l
130 ページの「Production Reporting ジョブの編集 」
l
表5
Production Reporting のインポート・オブジェクト・タイプ
オブジェクト・タイプ
Excel
Word、PowerPoint
ジョブ
フォーマットされたデータ
イメージ
ジョブの出力
フォーマットされたデータ
イメージ
インポートには、いくつかの制限があります:
l
l
イメージとチャートは Excel にインポートされません。
セキュア・ジョブはサポートされますが、汎用ジョブとしてインポートされ
たジョブはサポートされません。
Excel への Production Reporting ジョブのインポート
ä Production Reporting ジョブを Excel にインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Oracle Hyperion Interactive Reporting ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
5 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Production Reporting ジョブを選択
して「OK」をクリックします。
インポート・ウィザード画面が表示されます。
注: ドキュメントによっては、一部の画面は適用されない場合があります。
6 「パラメータを指定する」画面が表示されている場合は、ジョブ・パラメータを定
義し、「次へ」をクリックします。
128 Smart View と Reporting and Analysis
注: この画面は、ジョブにパラメータが含まれている場合にのみ表示されま
す。
7 「プレビュー」で、ページをインポートするには、データ・オブジェクトの左上に
あるドロップダウン・リストからページを選択します。
8
ジョブのすべてのページをインポートするには、「すべてのページ」を選択しま
す。
9 「ワークシート全体でページを分割」を選択して、各ページを別々の Excel ワーク
シートに表示します。
10 「終了」をクリックします。
ドキュメントが Excel に表示されます。
Word および PowerPoint への Production Reporting
ジョブのインポート」
Production Reporting ジョブを Word および PowerPoint にインポートする手順も同
様です。
ä Production Reporting ジョブを Word および PowerPoint にインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Production Reporting ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
5 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Reporting and Analysis ドキュメン
トを選択して「OK」をクリックします。
インポート・ウィザードが表示されます。
注: 一部の画面は、一部のドキュメントに適用されない場合があります。
6 「パラメータを指定する」画面が表示されている場合は、ジョブ・パラメータを定
義し、「次へ」をクリックします。
注: この画面は、ジョブにパラメータが含まれている場合にのみ表示されま
す。
7 「プレビュー」で、ページをインポートするには、データ・オブジェクトの左上に
あるドロップダウン・リストからページを選択します。
8
ジョブのすべてのページをインポートするには、「すべてのページ」を選択しま
す。
Word の場合は、
「ページをまたがってページを分割」が使用不可になります。
PowerPoint の場合は、
「スライドをまたがってページを分割」が選択され、使
用不可になります。デフォルトでは、ジョブまたはジョブ出力のページはペー
ジとスライドに常にまたがるためです。
Production Reporting ドキュメントのインポート」 129
9 「終了」をクリックします。
ジョブがインポートされます。
Word および PowerPoint への Production Reporting
ジョブ出力のインポート
ä Production Reporting ジョブの出力を Excel、Word および PowerPoint にイン
ポートするには:
1
EPM Workspace データ・ソースに接続します。
2
Smart View のリボンから、「パネル」、「Reporting and Analysis ドキュメント」、「イン
ポート」の順に選択します。
「Workspace ドキュメントのインポート」ダイアログ・ボックスが表示されま
す。
3 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Production Reporting ジョブの出力
を選択して「OK」をクリックします。
ジョブの出力がインポートされます。
Production Reporting ジョブの編集
インポートされた Production Reporting ジョブは編集できますが、ジョブ出力は編
集できません。ジョブ・パラメータのみ編集できます。
ä Production Reporting ジョブを編集するには:
1
インポートされた Oracle Hyperion SQR Production Reporting ドキュメントを開きます。
2
Smart View のリボンから、「パネル」、「Reporting and Analysis ドキュメント」、「編集」
の順に選択します。
「Workspace ドキュメントのインポート」ダイアログ・ボックスが表示されま
す。
3 「パラメータを指定する」画面が表示されている場合は、ジョブ・パラメータを定
義し、「次へ」をクリックします。
注: この画面は、ジョブにパラメータが含まれている場合にのみ表示されま
す。
4 「プレビュー」で、ジョブを表示します。
注: インポートされたページを削除した場合、編集ではジョブの残りのペー
ジのみ更新されます。
5 「終了」をクリックします。
ジョブが更新されます。
130 Smart View と Reporting and Analysis
Web Analysis ドキュメントのインポート」
Web Analysis には、5 つのデータ・オブジェクト表示タイプが含まれますが、Smart
View は、3 つ(スプレッドシート、チャートおよびピンボード)のみインポートで
きます。Smart View は、フリー・フォーム・グリッドおよび SQL スプレッドシー
トをインポートできません。120 ページの「Financial Reporting と Web Analysis の
インポート・フォーマット」を参照してください。
131 ページの「Web Analysis ドキュメントまたはドキュメント・オブジェクト
のインポート」
l
133 ページの「Web Analysis ドキュメントの編集」
l
表6
Web Analysis のインポート・ドキュメント・タイプ
ドキュメントのタイプ
Excel
Word、PowerPoint
レポート
完全フォーマット、クエリー準備
イメージ
表7
Web Analysis のインポート・データ・オブジェクト・タイプ
データ・オブジェクト
Excel
Word、PowerPoint
スプレッドシート
データ + フォーマット
イメージ
チャート
データ + フォーマット
イメージ
ピン・ボード
データ + フォーマット
イメージ
Web Analysis ドキュメントまたはドキュメント・オ
ブジェクトのインポート
Smart View を Excel で使用して、1 つまたはすべてのドキュメント・ページまたは
複数のデータ・オブジェクトを Workspace リポジトリ内の Web Analysis ドキュメ
ントの 1 つ以上のページとともにインポートできます。すべての Web Analysis デー
タ・オブジェクト(スプレッドシート、チャート、ピンボード)が、Excel スプレッ
ドシートとしてインポートされます。フリーフォーム・グリッドおよび SQL スプ
レッドシートはインポートできません。
ä Web Analysis データ・オブジェクトをインポートするには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2 「Smart View パネル」で、EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
インポートする Web Analysis ドキュメントに移動します。
4
アクション・パネルで、「開く」をクリックします。
Workspace ドキュメントのインポート・ウィザードが表示されます。
5 「ドキュメントの選択」で、リポジトリを展開し、Web Analysis ドキュメントを選択
して「OK」をクリックします。
6
データベース・ログイン情報が Web Analysis ドキュメントとともに保存されていな
い場合は、「データベース・ログイン情報の指定」ページが表示されます。この
Web Analysis ドキュメントのインポート」 131
ページで、レポートで使用されるデータ・ソースへの有効なログイン情報を入力
する必要があります。レポートにデータ・ソースが 1 つしかなく、ログイン情報
の入力をスキップした場合は、レポートがインポートされません。1 つのレポー
トに異なるデータ・ソースを持つデータ・オブジェクトがあり、データ・オブジェ
クトの 1 つのみインポートする場合は、インポートするデータ・オブジェクトの
ログイン情報を入力し、インポートしないデータ・オブジェクトのログイン情報
はスキップできます。ユーザー名とパスワードを入力するか、「スキップ」を選択
して任意のデータ・ソースに対するログイン情報の入力をスキップし、「次へ」を
クリックします。
ヒント: 「ログイン情報の保存」を選択して、Web Analysis ドキュメントとと
もにログイン情報を保存します。これにより、インポートされたド
キュメントを後でリフレッシュできます。現在は、ログイン情報を
保存しないとインポートされたドキュメントをリフレッシュできま
せん。
7 「プレビュー」で、Microsoft Excel、Word および Powerpoint に対してインポートする
オブジェクトを選択するときに、次の操作を行います:
l
l
l
l
各レポート・オブジェクトの左上隅にあるチェック・ボックスをクリック
して個々のデータ・オブジェクトを選択するか、「すべてのオブジェクト」
チェック・ボックスをクリックしてすべてのデータ・オブジェクトを選択
します。
「ワークシート全体でオブジェクトを分割」を選択して各レポート・オブ
ジェクトに新しいワークシートを作成するか、「ワークシート全体でオブ
ジェクトを分割」を選択解除して同じワークシートにすべてのレポート・
オブジェクトを配置します。
インポートすることを選択された各データ・オブジェクトの上にあるド
ロップダウン・リストからインポートするページを選択するか、「すべて
のページ」を選択して、インポートすることを選択されたすべてのデー
タ・オブジェクトのすべてのページをインポートします。
「ワークシート全体でページを分割」を選択して各インポート・ページに
新しいワークシートを作成するか、「ワークシート全体でページを分割」
を選択解除して、各データ・オブジェクトのすべてのインポート済ページ
を同じワークシートに配置します。
8 「プレビュー」で、Microsoft Word および PowerPoint に対してインポートするオブジェ
クトを選択するときに、「インポート画面」を選択してレポート全体の画面プリン
トをインポートします。
9
Microsoft Excel の場合は、「次のフォーマットでドキュメントをインポート」でオプ
ションを選択します:
l
l
完全フォーマット(完全フォーマット HTML でレポートをインポートしま
す)。いつでも Oracle Enterprise Performance Management System に接続して、
インポートされたドキュメントをリフレッシュしてデータを最新にできま
す。
クエリー準備(クエリー準備 HTML でレポートをインポートします)。
Financial Management または Essbase データ・ソースに接続してデータを直
接取得し、データの取得、ズーム、ピボットなどのアド・ホック分析を実
行できます。
132 Smart View と Reporting and Analysis
10 「終了」をクリックします。ドキュメントがインポートされます。その後、いつで
も EPM System に接続し、インポートされたドキュメントを最新のデータでリフレッ
シュできます。
Web Analysis ドキュメントの編集
ä Web Analysis ドキュメントを編集するには:
1
ページ(Excel)またはイメージ(Word または PowerPoint)を選択します。
2
Smart View のリボンから、「パネル」、「Reporting and Analysis ドキュメント」、「編集」
の順に選択します。
3
データベース・ログイン情報が Web Analysis ドキュメントとともに保存されていな
い場合は、「データベース・ログイン情報の指定」ページが表示されます。「デー
タベース・ログイン情報の指定」で、ユーザー名とパスワードを入力するか、「ス
キップ」を選択して「次へ」をクリックします。
ヒント: 「ログイン情報の保存」を選択して、Oracle Hyperion Web Analysis ド
キュメントとともに保存できます。
4
インポートするスプレッドシート、チャートまたはピンボードを選択します。
5 「プレビュー」で、ページをインポートするには、データ・オブジェクトの左上に
あるドロップダウン・リストからページを選択します。
6
ドキュメントのすべてのページをインポートするには、「すべてのページ」を選択
します。現在のページのみインポートするには、ボックスを選択解除したままに
します。
7 「ワークシート全体でページを分割」を選択して、各ページを別々のワークシート
に表示します(Excel のみ)。
8 「次のフォーマットでドキュメントをインポート」で、次の項目を選択します:
l
完全フォーマット(Excel のみ)
l
クエリー準備(Excel のみ)
l
イメージ(Word および PowerPoint)
9 「終了」をクリックします。
スマート・タグを使用した、Reporting and
Analysis ドキュメントのインポート
Microsoft スマート・タグを使用して、Reporting and Analysis のドキュメントをイ
ンポートできます。
ä スマート・タグを使用して Reporting and Analysis ドキュメントをインポートす
るには:
1
Microsoft Office ドキュメントを開きます。
スマート・タグを使用した、Reporting and Analysis ドキュメントのインポート 133
2
EPM Workspace データ・ソースに接続します。
3
Excel でスマート・タグが使用可能であることを確認します。
4
ドキュメントの任意の場所に smartview と入力し、その上にマウスを重ねます。
スマート・タグ・アクション・アイコンが表示されます。
5
スマート・タグのアイコンをクリックして「Reporting and Analysis コンテンツ」を選
択すると、「Workspace ドキュメントのインポート」が表示され、ドキュメントを
インポートすることができます。
134 Smart View と Reporting and Analysis
14
Smart Viewのオプション
この章の内容
Smart View のオプションの設定 ............................................................ 135
グローバル・オプションとシート・レベル・オプション ....................... 135
メンバー・オプション ....................................................................... 136
データ・オプション .......................................................................... 137
詳細オプション ................................................................................ 139
フォーマット・オプション................................................................. 141
セルのスタイル ................................................................................ 142
拡張機能 .......................................................................................... 143
Smart View のオプションの設定
Oracle Hyperion Smart View for Office のリボンで「オプション」をクリックして開
く「オプション」ダイアログ・ボックスで、Smart View のオプションを設定しま
す。
グローバル・オプションとシート・レベル・
オプション
Smart View には、グローバル・オプションとシート・オプションの 2 つのタイプ
のオプションがあります。
l
l
グローバル・オプションは、現在のワークブック全体および今後作成される
すべてのワークブックおよびワークシートに適用されるオプションです。グ
ローバル・オプションは次のとおりです:
m
詳細オプション
m
拡張機能
m
セルのスタイル
シート・レベル・オプションは、設定しているワークシートに固有のオプショ
ンです。また、現在のワークブックおよび新しいワークブックの新規ワーク
シートの、オプションのデフォルトの設定です。シート・レベル・オプショ
ンの設定を変更しても、既存のワークシートまたはワークブックには影響し
ません。シート・レベル・オプションは次のとおりです:
m
メンバー・オプション
m
データ・オプション
Smart View のオプションの設定 135
m
フォーマット・オプション
メンバー・オプション
「メンバー・オプション」はシート・レベルのオプションで、設定しているワーク
シートに固有です。また、現在のワークブックまたは新しいワークブックの新規
ワークシートの、メンバー・オプションのデフォルトの設定です。メンバー・オ
プションの設定を変更しても、既存のワークシートまたはワークブックには影響
しません。
表 8 に記載されているメンバー・セルの表示オプションを設定するには、Smart
View のリボンで「オプション」をクリックし、左ペインで「メンバー・オプショ
ン」を選択します。完了したら、「OK」をクリックします
このページで選択した内容をデフォルト設定として指定するには、「OK」ボタン
の矢印をクリックして、「デフォルト・オプションとして設定」を選択します。
注: すべてのデータ・プロバイダで、テーブルに表示されているすべてのオプ
ションがサポートされているわけではありません。
表8
メンバー・オプション
オプション
説明
一般
一般
ズーム・イ
ン・レベル
ドロップダウン・メニューから次のいずれかを選択し、アド・ホック分析のデフォルトの
ズーム・レベルを指定します:
l
l
「すべてのレベル」を選択すると、選択したメンバーのすべての子孫のデータが取得され
ます
l
「最下位レベル」を選択すると、次元内の最下位レベルのメンバーのデータが取得されま
す。
l
「兄弟レベル」を選択すると、選択したメンバーと同一レベルのすべてのメンバーのデー
タが取得されます
l
メンバー名の
表示
「次のレベル」を選択すると、選択したメンバーの子のデータが取得されます
「同一レベル」を選択すると、選択したメンバーの兄弟のデータが取得されます
l
「同世代」を選択すると、選択したメンバーと同じ世代のすべてのメンバーのデータが取
得されます
l
「式」を選択すると、選択したメンバーの式で定義されたすべてのメンバーのデータを取
得できます。式は、親へのメンバー式あるいは連結でも可能です。
ドロップダウン・メニューから次のいずれかを選択し、セルのメンバー名の表示方法を指定
します:
l
「メンバー名のみ」を選択すると、メンバー名が表示されます
l
「個別のメンバー名のみ」を選択すると、完全修飾名が表示されます
l
「メンバー名と別名」を選択すると、メンバー名とその別名が表示されます
l
「説明のみ」を選択すると、別名が表示されます
136 Smart View のオプション
オプション
説明
インデント
ドロップダウン・メニューから次のいずれかを選択し、階層レベルのインデント方法を指定
します:
l
l
l
祖先の位置
なし
「サブアイテム」を選択すると、子孫がインデント表示されます。祖先は列内で左寄せに
なります。
「合計」を選択すると、祖先がインデント表示されます。子孫は列内で左寄せになります。
ドロップダウン・メニューから次のいずれかを選択し、階層内の祖先の位置を指定します:
l
「最上位」を選択すると、最上位レベルから最下位レベルの順序で階層が表示されます。
l
「最下位」を選択すると、最下位レベルから最上位レベルの順序で階層が表示されます。
メンバーの保
持
メンバーの保持
選択を含める
選択したメンバーと、操作の結果として取得されたメンバーを表示します。
選択したグ
ループ内
選択したセル・グループでのみアド・ホック操作が実行され、選択していないセル・グルー
プはそのまま残ります。この設定は、グリッドの下に行として、またはグリッドを超えて列
として、複数の次元がある場合にのみ有用です。「ズーム」、「選択項目のみ保持」、および
「選択項目のみ削除」で使用します。
選択されてい 「ズーム・イン」または「ズーム・アウト」では、選択したメンバー、およびズームの結果
ないグループ として取得されたメンバーを除くすべての次元とメンバーが削除されます。
の削除
コメントと式
コメントと式
アドホック操 クエリー中に、グリッドに式とコメントが保存されます。このオプションをクリアにする
作の式とコメ と、クエリーを高速で実行できますが、式とコメントは削除または無視されます。
ントを保存(ピ
「式の充てん」または「拡張コメント処理を有効にする」が選択されている場合は、このオ
ボットを除く)
プションを選択する必要があります。
式の充てん
メンバー・セルに関連付けられている式を、ズーム・インの結果として取得されたメンバー
に伝播します。
「アドホック操作の式とコメントを保存(ピボットを除く)」と「Excel フォーマットの使用」
の両方が選択されている場合、セルのフォーマットがズーム・インの結果として取得された
メンバーに伝播されます
拡張コメント
処理を有効に
する
コメントが含まれているアド・ホック・グリッドでコメントとメンバー名をレビューし、修
正できます。
POV 変更時に
式を保存
リフレッシュしたり、POV に変更を加えると、セルの式が保存されます。それ以外の場合、
グリッドの式は失われます。
データ・オプション
「データ・オプション」はシート・レベル・オプションで、設定しているワーク
シートに固有です。また、現在のワークブックまたは新しいワークブックの新規
ワークシートの、データ・オプションのデフォルトの設定です。データ・オプショ
ンの設定を変更しても、既存のワークシートまたはワークブックには影響しませ
ん。
データ・オプション 137
表 9 に記載されているデータ・セルの表示オプションを設定するには、Smart View
のリボンで「オプション」をクリックし、左ペインで「データ・オプション」を
選択します。完了したら、「OK」をクリックします。
このページで選択した内容をデフォルト設定として指定するには、「OK」ボタン
の矢印をクリックして、「デフォルト・オプションとして設定」を選択します。
注: すべてのデータ・プロバイダで、テーブルに表示されているすべてのオプ
ションがサポートされているわけではありません。
表9
データ・オプション
オプション
説明
行の抑制
グリッドを見やすくするために、表示する必要のないデータ・タイプを含む行を非表示
にできます。
注: 非表示の行では、セルによる Excel の式の参照は更新されません。
データなし/欠落
データベース内にデータが存在しないセルを含む行が非表示になります(データなしはゼ
ロとは異なります。ゼロはデータ値です)。
後で「データなし/欠落」の選択を解除すると、非表示になっていた値は、その時点以
降に入力された場合にのみ表示されます。このオプションを選択していた間に非表示に
なっていた値を取得するためには、ズーム・アウトしてからズーム・インする必要があ
ります。
ゼロ
ゼロのみを含む行が非表示になります。
アクセス権なし
行に含まれるデータを表示するためのセキュリティ・アクセスをユーザーが持っていな
い場合に、その行が非表示になります。
無効
無効な値のみを含む行が非表示になります。
アンダースコア文
字
メンバー名にアンダースコア文字を含む行が非表示になります(スマート・スライス操作
では使用不可)。
繰返しメンバー
グリッドの方向にかかわらず繰り返されるメンバー名を含む行が非表示になります。
列の抑制
グリッドを見やすくするために、表示する必要のないデータ・タイプを含む列を非表示
にできます。
注: 非表示の列では、セルによる Excel の式の参照は更新されません。
データなし/欠落
データベース内にデータが存在しないセルを含む列が非表示になります(データなしはゼ
ロとは異なります。ゼロはデータ値です)。
後で「データなし/欠落」の選択を解除すると、非表示になっていた値は、その時点以
降に入力された場合にのみ表示されます。このオプションを選択していた間に非表示に
なっていた値を取得するためには、ズーム・アウトしてからズーム・インする必要があ
ります。
ゼロ
ゼロのみを含む列が非表示になります。
アクセス権なし
列に含まれるデータを表示するためのセキュリティ・アクセスをユーザーが持っていな
い場合に、その列が非表示になります。
置換
置換
138 Smart View のオプション
オプション
説明
#NoData/Missing ラ
ベル
データ・セルには、データが欠落している、または無効である、あるいは表示権限のな
いデータが含まれている場合があります。Smart View では、このようなセルにはデフォ
ルトで#Missing、#Invalid、#No Access とそれぞれ表示されますが、これらのラベル
の変更は可能です。変更するには、これらのフィールドで次のいずれかを入力します:
#NoAccess ラベル
#Invalid/
#Meaningless
l
l
任意のテキスト(またはデフォルトのまま)。テキスト・ラベルは説明的であるという
利点がありますが、Excel 関数の失敗の原因になります。
#NumericZero は、数値ゼロ(0)の置換ラベルを指定します。#NumericZero とともに
関数を使用できますが、「ゼロを送信」を選択しないかぎり、(ゼロが置換ラベルで
はなく実際のゼロである場合でも)データベースにゼロを送信することはできません。
数値ゼロのラベルを含むセルに依存している計算が正しく行われ、セルの値がゼロ
として使用されます。
ゼロを送信
上で#NumericZero を入力し、データベースにゼロを送信できるようにする場合に選択
します。
無効なデータを表
示
実際のデータが無効な場合でも、「#Invalid/#Meaningless」やその他の置換テキストでは
なく、実際のデータを表示します。データが存在しない場合、セルは空白のままです。
Essbase フォーマッ
ト文字列を有効に
する
数値データを表示する特定のフォーマットを管理者が作成している場合、このフォー
マットのデータを表示します。
モード
モード
セルの表示
実際のデータを表示するかわりに、セルの計算またはプロセス・ステータスを表示でき
ます:
l
l
l
「データ」を選択すると、実際のデータが表示されます。
「計算ステータス」を選択すると、データの計算、変換、集計を行う必要があるかど
うかが表示されます。
「プロセス管理」を選択すると、プロセス・ユニットと呼ばれるデータの組合せに対
するエンティティ・レベル(Financial Management)、または承認レベル(Planning)が表示さ
れます。
データなし操作
ナビゲート中にソース・データを計算しないようにしてピボット、ズーム、選択項目の
み保持、選択項目のみ削除などの操作を高速化します。データを取得できるようになっ
たら、「データなし操作」の選択を解除します。
欠落ブロックの抑
制
データベースにデータが存在しないセルのブロックを非表示にします。
詳細オプション
「詳細」オプションはグローバル・オプションで、現在のワークブック全体、およ
び今後作成されるすべてのワークブックおよびワークシートに適用されます。
表 10 に記載されている管理タスクおよびその他の高度なタスクのオプションを設
定するには、Smart View のリボンで「オプション」をクリックし、左ペインで「詳
細」を選択します。完了したら、「OK」をクリックします。
注: すべてのデータ・プロバイダで、テーブルに表示されているすべてのオプ
ションがサポートされているわけではありません。
詳細オプション 139
表 10
詳細オプション
オプション
説明
一般
一般
共有接続 URL
すべての接続に対するデフォルトの URL を指定します。構文 http://<server>:19000/
workspace/SmartViewProviders を使用します。
注: Smart View のオンライン・ヘルプを使用可能にするには、このフィールドに EPM
Workspace の URL を指定する必要があります。
元に戻す処理の数
1 回の操作で許可される元に戻す処理とやり直し処理の数(0 から 100)。67 ページの「
「元
に戻す」と「やり直し」の使用方法 」を参照してください。
最後に使用したア 「Smart View ホーム」、および Smart View のリボンの「開く」メニューに表示される、最後
イテム数
に使用した接続の数(15 以下)。
すべての MRU アイ
テムの削除
最後に使用したアイテム・リストの全アイテム(リストに固定されたアイテムを含む)を
削除します。
ロギング
ロギング
ログ・メッセージ
表示
接続されたデータ・ソースからのすべてのエラー、警告および情報メッセージが、それ
ぞれの発生時に表示されますが、どのメッセージ・レベルをログ・ファイルに記録する
かを選択できます。表示および記録のメッセージ・レベルを選択します:
l
情報: 警告とエラーを含むすべてのメッセージ。これは、問題を診断する場合に推奨
される選択です。パフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性があります。
l
警告: 警告およびエラーのレベルのメッセージ。パフォーマンスに悪影響を及ぼす可
能性があります。
l
エラー: エラー・メッセージのみ - 一般的な用途に推奨されます。パフォーマンスに
わずかな影響があります。
l
l
l
なし: すべてのメッセージが非表示になります。
拡張情報: 情報レベル・メッセージおよびサーバーのすべてのレスポンスとリクエス
ト。パフォーマンスが低下します。
プロファイル: 拡張情報ログ・エントリとほとんどの関数呼出し。アクティブな Smart
View で各 Office アプリケーションの XML ファイルを作成します。デバッグを目的とし
ています。パフォーマンスに大きく影響します。
メッセージをファ
イルに送る
ログ・メッセージをファイルに保存します。ログ・ファイルの場所を変更するには、省
略記号ボタンをクリックします。
次回起動時にロ
グ・ファイルを消
去
Excel が閉じた後に表示される次のログ・メッセージの生成が開始されると、ログ・ファ
イルがクリアされます。
表示
表示
言語
Smart View を表示する言語を選択します。言語を変更したら、Office アプリケーションを
再起動する必要があります。「デフォルト」は、Smart View のインストール時に指定した
言語です。
Smart View ショート
カット・メニュー
のみを表示
ショートカット・メニューに Smart View のメニュー・アイテムのみを表示します。この
オプションを設定しない場合、ショートカット・メニューには Excel と Smart View の両方
のアイテムが表示されます。
Outlook で Smart
View を無効にする
Outlook で Smart View タスク・リストを使用しない場合に、Outlook で Smart View を使用不可
にします。
140 Smart View のオプション
オプション
説明
リボン・コンテキ
ストの変更を有効
にする
Smart View のリボンのボタンを使用した後に、アクティブなデータ・プロバイダのリボン
を自動的に表示します。
アクティブな接続
に対して無効なオ
プションを使用不
可にする
アクティブな接続に対して無効な「オプション」ダイアログ・ボックスのオプションを
使用不可にします。
ドリル・スルー・
レポートのツール
チップの表示
セル上にマウスを移動したときに使用可能なドリルスルー・レポートのリストをデフォ
ルトで表示します。
互換性
互換性
Excel ファイル・サ
イズの縮小
消去する必要のある次の場合を除き、常に選択する必要があります:
l
9.3.1.6 以前の Smart View リリースのユーザー、または Smart View リリースに関係なく
Microsoft Office のユーザーに Excel ワークブックを送信する場合。これらのワークブッ
クでは:
m
m
l
向上したメタデー
タ・ストレージ
関数を含むグリッドは、データを表示する前にリフレッシュする必要があります。
アド・ホック・モードで、POV 設定が失われます。この動作は、新規のアド・ホッ
ク・グリッドの動作と同じです。
9.3.1.6 以前の Smart View リリースのユーザー、または Smart View リリースに関係なく
Microsoft Office のユーザーから送信されたワークブックを開きます
消去する必要のある次の場合を除き、常に選択する必要があります:
l
9.3.1.6 以前の Smart View リリースのユーザー、または Smart View リリースに関係なく
Microsoft Office のユーザーに Excel ワークブックを送信します
l
9.3.1.6 以前の Smart View リリースのユーザー、または Smart View リリースに関係なく
Microsoft Office のユーザーから送信されたワークブックを開きます
選択した関数とそ
の従属をリフレッ
シュ
選択した関数を実行する前に、従属関数を同じシートで実行します。
モード
モード
操作にダブルク
リックを使用
ダブルクリックすると空のワークシートにデフォルトのグリッドが取得され、セル・コ
ンテンツがズーム・インまたはズーム・アウトされます。選択しない場合、ダブルク
リックは標準の Excel 機能のままで、セルは編集モードになります。
Oracle Essbase Spreadsheet Add-in と Smart View が同じコンピュータにインストールされてお
り、まだ338 ページの「Smart View および Spreadsheet Add-in」の手順を完了していない場
合は、ダブルクリックすると、Spreadsheet Add-in にログインするようプロンプトが表示
されます。
フォーマット・オプション
「フォーマット」オプションは、シート・レベル・オプションで、設定している
ワークシートに固有です。また、現在のワークブックまたは新しいワークブック
の新規ワークシートの、フォーマット・オプションのデフォルトの設定です。
フォーマット・オプションの設定を変更しても、既存のワークシートまたはワー
クブックには影響しません。
フォーマット・オプション 141
表 11 に記載されている数値のフォーマット・オプションを設定するには、Smart
View のリボンで「オプション」をクリックし、左側のパネルで「詳細」を選択し
ます。完了したら、「OK」をクリックします。
このページで選択した内容をデフォルト設定として指定するには、「OK」ボタン
の矢印をクリックして、「デフォルト・オプションとして設定」を選択します。
注: すべてのデータ・プロバイダで、テーブルに表示されているすべてのオプ
ションがサポートされているわけではありません。
表 11 「数値のフォーマット」オプション
オプション
説明
3 桁ごとの区切り文
字の使用
数値データでカンマまたは他の 3 桁区切り文字を使用します。Excel の「オプション」
の「インターナショナル」タブで、桁区切り記号として#または$を使用しないでくだ
さい。
セルのスタイルの使 「セルのスタイル」(142 ページの「セルのスタイル」を参照)またはデータ・プロバイ
用
ダによって定義されているフォーマットを使用します。ユーザー・フォーマットを上
書きします。
Excel フォーマットの
使用
Smart View フォーマットではなく Excel フォーマットを使用して、ピボットを除くすべ
てのアド・ホック操作に Excel フォーマットを保持します。
操作時にフォーマッ
トを移動
親セル・フォーマットをコピーしてセルでズームインし、操作後にセルの場所が変更
された場合でもこのフォーマットを保持します。
数値のフォーマット
を保持
次元をドリルダウンする際、「スケール」から選択したスケール、または「列幅の調
整」の下の「小数点以下の桁数」から選択した桁数(あるいはその両方)をデータで使
用します。
列幅の調整
セルの内容に合せて列の幅を自動的に調整します。
セルのスタイル
「セルのスタイル」オプションはグローバル・オプションで、現在のワークブック
全体、および今後作成されるすべてのワークブックおよびワークシートに適用さ
れます。
「セルのスタイル」ページで、特定のタイプのメンバーやデータ・セルを示すため
のフォーマットを指定できます。
メンバーやデータ・セルのタイプを示すためのスタイルを指定することができま
す。1 つのメンバー・セルが親と子の両方になれるなど、セルが 1 つ以上のタイ
プに属する可能性があるため、セルのスタイルが適用される優先順位を設定する
こともできます。
ä スタイルを指定するには:
1
使用可能なセル・タイプのリストを展開します。
2
セル・タイプを選択します。
3 「プロパティ」を選択し、フォント、背景色、または枠線を指定します。
142 Smart View のオプション
4
セルのスタイルの優先順位を変更するには、「上へ移動」および「下へ移動」ボタ
ンを使用するか、セルのスタイルをドラッグ・アンド・ドロップします。
5 「OK」をクリックします。この設定は、リフレッシュを行うか、ドリル操作を実行
すると有効になります。
6
オプション: セルのスタイルまたは優先順位を、接続された Smart View プロバイダ
のデフォルトのスタイルに戻すには、「デフォルトのスタイル」をクリックしま
す。
7
オプション: このページで選択した内容をデフォルト設定として指定するには、
「OK」ボタンの矢印をクリックして、「デフォルト・オプションとして設定」を選
択します。
拡張機能
「拡張機能」オプションはグローバル・オプションで、現在のワークブック全体、
および今後作成されるすべてのワークブックおよびワークシートに適用されます。
「拡張機能」ページには、他の Oracle 製品で Smart View の機能を利用するために
インストールされている拡張機能がリストされています。このページから、次の
操作が可能です:
l
拡張機能を使用可能/使用不可にする。
l
拡張機能の更新をチェック。
l
拡張機能のインストールのロギングを使用可能にする。
Smart View では、次のものに対する拡張がサポートされます。
l
Oracle Hyperion Disclosure Management
l
Oracle Hyperion Financial Reporting
l
Oracle Hyperion Strategic Finance
l
Planning の予測プランニング機能
l
Crystal Ball EPM
l
スマート・クエリー
このページで選択した内容をデフォルト設定として指定するには、「OK」ボタン
の矢印をクリックして、「デフォルト・オプションとして設定」を選択します。
拡張機能 143
144 Smart View のオプション
15
関数
この章の内容
関数の使用方法 ................................................................................ 145
関数の作成....................................................................................... 145
関数の実行....................................................................................... 148
関数の説明....................................................................................... 149
スマート・タグを使用した関数へのアクセス ....................................... 154
一般的な関数エラー・コード ............................................................. 154
関数の使用方法
データベースの内容を詳しく把握している場合は、次に説明する Smart View の関
数を使用して、Excel のセルにある特定のデータを操作できます。
l
HsGetValue: データ・ソースからデータを取得します。
l
HsSetValue: 値をデータ・ソースに送信します。
l
HsCurrency: 選択したメンバーのエンティティ通貨を取得します。
l
HsDescription: デフォルト・メンバーの説明を表示します。
l
HsLabel: デフォルト・メンバーのラベルを表示します。
l
HsGetText: データ・ソースからセル・テキストを取得します。
l
HsSetText: データ・ソースにセル・テキストを送信します。
l
HsGetVariable: 代替変数の関連する値を取得します。
l
HsGetSheetInfo: 現在のワークシートに関する詳細情報を取得します。
関数の作成
関数は手動で、または関数ビルダーを使用して作成できます。
関数ビルダーでの関数の作成
関数ビルダーで、関数を選択し、関数で使用する接続とメンバーを指定します。
これにより、関数ビルダーが適切な構文を使用して関数を作成し、選択したセル
にその関数を入力します。これらの関数は編集が可能です。
関数の使用方法 145
関数ビルダーの特定のフィールドで使用可能な選択内容は、関数ビルダーの他の
フィールドでの選択内容によって限定されてきます。たとえば、選択したデータ・
ソースでサポートされる関数のみが表示され、選択した関数でサポートされる次
元のみが表示されます。
ä 関数ビルダーを使用して関数を作成するには:
1
接続がプライベート接続であることを確認します。共有接続の場合、接続する前
にプライベート接続として保存します。
2
関数を入力するセルをクリックします。
3
Smart View のリボンから、「関数」、「関数ビルダー」の順に選択します。
4 「接続の選択」「」で、データ・ソースを選択します。
5 「関数の選択」で、関数を選択します。
6 「メンバーの選択」で、次元を選択します。
7 「メンバー」列で、「メンバーの選択」をクリックしてメンバーを選択します。(POV
のデフォルト・メンバーを次元に使用する場合は、メンバーを選択しません。)
列をダブルクリックして、メンバー名またはセル参照を入力することもでき
ます。
146 関数
8 「メンバー・タイプ」列をダブルクリックし、ドロップダウン・リストから「メン
バー」または「セル参照」を選択します(セル参照は HsLabel では使用できません)。
「セル参照」を選択した場合は、参照されるセルの値が関数内で使用されま
す。
9 「HsSetValue」のみ: 「データ」または「セル参照」を選択し、送信する値を入力し
ます。
10 「HsGetText」および「HsSetText」のみ:
l
「コメント」または「セル参照」を選択し、送信するセル・テキストを入
力します
l
「セル・テキスト・ラベル」を選択して、ドロップダウン・メニューから
ラベルを選択します。
11 必要に応じて、手順 6 から手順 10 までを繰り返します。
12 「関数に追加」をクリックします。
13 「オプション: 」別の関数を追加するには、「関数に追加」をクリックします。
14 「オプション: 」「関数」フィールドで関数を手動で編集した場合は、ワークシート
に挿入する前に関数構文を検証するために「構文の検証」をクリックします。
注: 「構文の検証」では、その関数に使用している構文のみが検証されます。
選択したメンバーは検証されません。構文が無効な場合、または構文が
まだ検証されていない場合のみ使用可能です。
15 「OK」をクリックして、選択したセルに関数を挿入します。
「OK」ボタンは、最初に「関数に追加」を選択した場合にのみ使用可能になり
ます。
16 関数を実行するには、148 ページの「関数の実行」の手順に従います。
関数の手動作成
Excel 2003 では、関数で使用できる文字数は 255 文字までです。Excel の文字およ
びその他の制限の詳細は、Microsoft のドキュメントとサポート・サイトを参照し
てください。
ä 関数を手動で作成するには、次の手順を実行します:
1
Excel で、関数を入力するセルをクリックします。
2
= (等号)を入力します。
3
関数名(HsSetValue など)を入力します。
4
149 ページの「関数の説明」で示されている各関数固有の情報を使用して、関数
のパラメータを入力します。
接続パラメータには次の値を指定できます:
l
「空」: デフォルト接続
l
「HsActive」: 関連するアクティブな接続
関数の作成 147
l
5
プライベート接続のユーザー定義名
ワークシートをリフレッシュするには、Smart View のメニューから「リフレッ
シュ」を選択します。
関数は、リフレッシュしたときに検証されます。
構文のガイドライン
個々の関数の構文は、149 ページの「関数の説明」を参照してください。
l
POV は、dimension#member のペア(Entity#Connecticut など)から構成されます。
l
接続名を指定する場合は、POV の前に置く必要があります。
l
親子関係は、ピリオドで指定します(Entity#UnitedStates.Maine など)。
l
接続と POV は 1 つのパラメータとしてグループ化できます。たとえ
ば、"My_connection;Entity#UnitedStates"です。
または、複数の関数パラメータに分割することもできます。たとえ
ば、"My_connection"、"Entity#UnitedStates"、"Account#Sales"です。
l
分割することもできます。接続と POV を同じ関数パラメータとして扱う場合、
接続と dimension#member の各ペアをセミコロン(;)で区切ります。たとえば、
My_connection;Entity#UnitedStates;Account#Sales のようになります。
関数の実行
保存された関数を含むワークシートが、そのワークシートを作成したコンピュー
タとは異なるコンピュータで開かれた場合、関数には元のコンピュータへのフル
パスが含まれます。次の 3 つの条件をすべて満たしている場合、ワークシートを
開いたときに、Smart View によってこれらの関数のパスが自動的に更新されます。
条件を満たしていない場合は、Excel の「リンク」オプションを使用して関数を手
動で更新する必要があります。
l
l
l
ワークシートが保護されていない
Excel のオプションで「リンクの自動更新前にメッセージを表示する」が選択
解除されている
ワークブックを開いて、リンクを自動的に更新するというプロンプトが表示
された場合に、
「続行」または「取消し」を選択している。リンクの編集は選
択しないでください。
ä 関数を実行して値を取得するには:
1
実行する関数を含むワークシートを開きます。
2
次のいずれかの操作を行います:
l
l
HsSetValue の場合、Smart View のリボンから「データの送信」を選択しま
す。
他の関数の場合、いずれかを選択します。
148 関数
m
m
関数を実行し、ワークブックのすべてのワークシートを更新するには、
Smart View のリボンから「すべてのワークシートのリフレッシュ」を
選択します
関数を実行してアクティブなワークシートのみを更新するには、「リフ
レッシュ」を選択します。
関数の説明
HsGetValue
データ・ソース: Financial Management、Hyperion Enterprise、Essbase
HsGetValue は、選択した次元のメンバーのデータ・ソースからデータを取得しま
す。
HsGetValue でデータが取得されない場合、#NoData/Missing ラベル置換オプション
で指定された値が使用されます(表 9 を参照してください)。
ユーザーが「リフレッシュ」または「すべてリフレッシュ」を選択した場合は、
HsGetValue のみ呼び出されます。ユーザーが「送信」を選択した場合は、最初に
HsSetValue が呼び出され、HsSetValue が正常に戻った場合にのみ HsGetValue が呼
び出されます。
構文
HsGetValue(“Connection”,”POV”)
例
次の例では、HsGetValue でデフォルトの POV に関して HFM01 アプリケーション
から値を戻します。
HsGetValue(“HFM01”;”Scenario#Actual;Year#2004;Period#July;View#YTD;
Entity#UnitedStates.Connecticut;Value#USD;Account#Sales;ICP#[ICP
None];Custom1#GolfBalls;Custom2#Customer2;Custom3#[None];Custom4#
Increases”)
HsSetValue
データ・ソース: Financial Management、Hyperion Enterprise、Essbase
HsSetValue は、ワークシートから、データ・ソースで選択した次元のメンバーに
データ値を送信します。データ・ソースにデータを送信するには、データ・ソー
スに関する適切なロード・ルールと書込みアクセス権が必要です。
関数の説明 149
構文
HsSetValue (
dollar amount,“Connection”,”POV”
)
例
次の例では、HsSetValue でセル H4 から HFM01 アプリケーションに値を送信しま
す。
HsSetValue(H4, "HFM01","Scenario#Actual;Year#2004;Period#"&B$2&";View#<Scenario
View>;Entity#UnitedStates.Connecticut;Value#<Entity Currency>;Account#"&
$A4&";ICP#[ICP None];Custom1#GolfBalls;Custom2#Customer2;Custom3#[None];Custom4#
Increases")
HsGetSheetInfo
データ・ソース: すべて
HsGetSheetInfo は、表 12 に説明されているように、現在のワークシートに関する
詳細情報を取得します。
表 12
HsGetSheetInfo の詳細
数値等価
文字列等価
シート情報
1
接続済
接続ステータス
2
シート・タイプ
アド・ホックまたはフォーム
3
サーバー
シートの接続先のサーバー
4
アプリケーション
シートの接続先のアプリケーション
5
キューブ
シートの接続先のキューブ
6
URL
シートの接続先の URL
7
プロバイダ
シートの接続先のデータ・ソース・タイプ
8
プロバイダ URL
シートの接続先のプロバイダ; Oracle Hyperion Provider Services 接続に適用されま
す
9
わかりやすい名前
データ・ソース接続名
10
別名テーブル
現在の別名テーブル
11
ユーザー
ユーザー名
12
説明
接続の説明
150 関数
構文
HsGetSheetInfo("<string equivalent>")
HsGetSheetInfo("<numerical equivalent>")
例
この例では、HsGetSheetInfo により、ワークシートにアド・ホック・グリッドま
たはフォームが含まれるかどうかが示されます。
HsGetSheetInfo("Sheet Type")
HsCurrency
データ・ソース: Financial Management、Hyperion Enterprise
HsCurrency は、指定された次元メンバーの通貨値を取得します。HsCurrency 関数
では、Entity および Value のみが有効なメンバーです。
構文
HsCurrency (
“Connection,Entity;Value”
)
注: Hyperion Enterprise では、Value 次元は使用されません
例
次の例では、EastSales エンティティの通貨が USD で、UKSales エンティティの通
貨が GBR である場合に、HsCurrency がエンティティ通貨を取得します。EastSales
エンティティは USD を表示し、UKSales は GBR を表示します。
HsCurrency(“Comma”,”Entity#EastRegion.EastSales;Value#<Entity Currency>.”)
HsCurrency(“Comma”,”Entity#EastRegion.UKSales;Value#<Entity Currency>.”)
HsDescription
データ・ソース: Essbase、Financial Management、Hyperion Enterprise
HsDescription は、指定された次元メンバーの別名を表示します。
関数の説明 151
構文
HsDescription (
“Connection”,”Dimension#Member”
)
例
次の例では、HsDescription で Custom 4 の説明を表示します。
HsDescription("HFM01","Custom4#Increases")
HsLabel
データ・ソース: Financial Management、Hyperion Enterprise
HsLabel は、指定された次元メンバーのデフォルトのメンバー・ラベルを表示しま
す。
構文
HsLabel (
“Connection,Dimension#”
)
例
次の例では、HsLabel 関数で Comma アプリケーションの Scenario 次元のラベルを
取得します:
HsLabel (“Comma”,”Scenario#”)
HsGetText
データ・ソース: Financial Management
HsGetText は、次元メンバー、セル参照、デフォルトの POV、またはこれら 3 つ
の組合せのデータ・ソースからセル・テキストを取得します。
構文
HsGetText (
“Connection”,”POV”,”CellTextLabel”
)
152 関数
例
次の例では、HsGetText 関数でデフォルトの POV に関して HFM01 データ・ソー
スからセル・テキストを戻します。
HsGetText(“HFM01”,"Scenario#Actual;Year#2004;Period#"&B$2&";View#
<Scenario View>;Entity#UnitedStates.Connecticut;Value#<Entity Currency>;Account#"&
$A3&";ICP#[ICP None];Custom1#GolfBalls;Custom2#Customer2;Custom3#[None];Custom4#
Increases")
HsSetText
データ・ソース: Financial Management
HsSetText は、セル・テキストをデータ・ソースに送信します。すべての次元メン
バー、セル参照、デフォルトの POV を使用できます。また、これらすべてを組み
合せて使用することもできます。
構文
HsSetText(
“Cell Text Comments”,”Connection;POV
”)
例
次の例では、HsSetText でセル H3 から HFM01 アプリケーションにテキストを送
信します。
HsSetText(“H3”,”HFM01;Scenario#Actual;Year#2004;Period#"&B$2&";View#<Scenario
View>;Entity#UnitedStates.Connecticut;Value#<Entity Currency>;Account#"&
$A3&";ICP#[ICP None];Custom1#GolfBalls;Custom2#Customer2;Custom3#[None];Custom4#
Increases")
HsGetVariable
データ・ソース: Essbase
HsGetVariable は、代替変数の関連する値を取得します。
HsGetVariable はスマート・スライスで使用できません。
構文
HsGetVariable では、次のようにデフォルト接続名、プライベート接続名、または
複数の範囲のグリッドでの Excel 名前付き範囲を使用できます。
l
デフォルト接続: HsGetVariable("代替変数名")
l
プライベート接続: HsGetVariable("プライベート接続名","代替変数名")
関数の説明 153
l
複数の範囲のグリッドでの名前付き範囲: HsGetVariable("範囲名","代替変数
名")
例
l
デフォルト接続: HsGetVariable("CurMonth")
l
プライベート接続: HsGetVariable("stm10026_Sample_Basic","CurMonth")
l
名前付き範囲: HsGetVariable("stm10026_Sample_Basic","CurMonth")
注: アンパサンド(&)は通常、代替変数への参照に使用されますが、この関数で
はオプションです。
スマート・タグを使用した関数へのアクセス
Microsoft Office のスマート・タグを使用して、HsGetValue、HsGetText、HsCurrency
および HsDescription 関数にアクセスできます(スマート・タグの詳細は、Microsoft
のドキュメントを参照してください)。Smart View のスマート・タグは smartview
です。
ä スマート・タグを使用して関数にアクセスするには:
1
Excel でスマート・タグが使用可能であることを確認します。
2
データ・ソースに接続されていることを確認します。
3
文書の任意の場所に smartview と入力し、その上にマウスを置くとスマート・タ
グ・アクション・アイコン
4
が表示されます。
をクリックすると「Smart View」メニューが表示されます。
5 「関数」、「接続名」、関数名の順に選択します。
6
21 ページの「メンバー・セレクタからのメンバーの選択」の説明に従って、「メ
ンバー選択」からメンバーを選択します
選択した関数の結果が表示されます。
一般的な関数エラー・コード
関数で表示される一般的なエラー・コードの一部を示します:
#NO CONNECTION - データ・ソースに接続されていないか、またはログオンして
いません。
#INVALID - 無効なメタデータ。値を含む無効なセルで、値がゼロとして表示され
ます。
#LOCKED - セルがロックされています。
#NO ACCESS - このセルのアクセス権がありません。
154 関数
#NO DATA - セルに NoData が含まれています。NoData のかわりに 0 と表示する
こともできます。セルには、「オプション」ダイアログ・ボックスで指定した置換
テキストが表示されます。
#INVALID INPUT - テキスト文字列など、HsSetValue データ値が有効ではありませ
ん。
#READ ONLY - セルが読み取り専用である場合に HsSetValue 関数に対してのみ表
示されます。
#NO ROLE ACCESS - Financial Management LoadExcelData のセキュリティの役割を
持っていません。
#NEEDS REFRESH - データをリフレッシュする必要があります。
#INVALID DIMENSION - 関数で指定された次元が無効です。
#INVALID MEMBER - 関数で指定された次元メンバー名が無効です。
#NAME - Excel が式中のテキストを認識しません。関数を含むワークシートを、
Smart View がインストールされていないユーザーに転送した場合、ユーザーは同
じデータを関数としてワークシート上に表示できます。ユーザーが関数を編集ま
たはリフレッシュすると、関数は#Name に変わります。
一般的な関数エラー・コード 155
156 関数
16
VBA関数
この章の内容
Smart View での VBA 関数について ......................................................... 157
Smart View での Spreadsheet Toolkit VBA アプリケーションの使用.................. 326
Smart View での VBA 関数について
Smart View では、Excel の Visual Basic Editor を使用して、Visual Basic for Applications
(VBA)関数を用いた一般的なタスクのカスタマイズおよび自動化が可能です。
l
157 ページの「必要な知識」
l
158 ページの「VBA のパラメータ」
l
159 ページの「VBA の戻り値」
l
161 ページの「VBA 関数タイプ」
l
326 ページの「Smart View での Spreadsheet Toolkit VBA アプリケーションの使
用」
必要な知識
この章の情報を使用して Smart View の VBA アプリケーションの開発するには、次
が必要です:
l
Smart View および Smart View が組織でどのように使用されるかについて、熟
知している
l
Visual Basic または VBA プログラミング言語についての実務的な知識
l
VBA 開発環境としての Excel Visual Basic Editor についての理解
Smart View VBA 関数ファイルの場所
Smart View VBA 関数はすべて、smartview.bas ファイルに格納されており、デ
フォルトでは EPM_ORACLE_HOME/smartview/bin にあります。smartview.bas を
Visual Basic Editor モジュールにインポートし、このモジュールを使用して VBA 関
数をプログラムにコピーおよび貼付けします。
Smart View での VBA 関数について 157
関数の宣言
すべての Smart View VBA 関数を宣言するには、Excel Visual Basic Editor で、
smartview.bas(デフォルトの場所は、EPM_ORACLE_HOME/smartview/bin)をモ
ジュールにインポートします。これですべての Smart View Excel VBA 関数をプロ
グラムで使用できます。不要な宣言は削除できます。
個々の Smart View VBA 関数を宣言するには、161 ページの「VBA 関数タイプ」の
説明を使用して、smartview.bas から適切な宣言を入力します
VBA のパラメータ
ほとんどの VBA 関数は、1 つ以上のパラメータを指定する必要があります。表 13
に、パラメータのタイプと、各タイプに有効な値を示します:
表 13
VBA のパラメータ
パラメータ
値
テキスト
二重引用符で囲んだ単語、句または名前。例:
Smart View
[Book2.xls]Sheet1
ブール
True
False
範囲オブジェ
クト
1 つのセル、行、または列、1 つ以上のセルの選択、または 3 次元範囲アドレスを、二重引
用符で囲んだもの。例:
RANGE("A1")
RANGE("A1:B2")
RANGE("A1:B2")
RANGE("G:G,I:I,K:K")
RANGE("A1:B5,C1:C10,D5:L8")
RANGE("Sheet1!C3:R20,Sheet2!C3:R20")
数値
二重引用符もカンマもない 1 つの数値。例:
1
2.5
50000
文字列のリス
ト
カンマで区切られたテキスト値のリスト。例:
定数
smartview.bas で定義済の値。
158 VBA 関数
"Qtr1", "Actual", "Oregon"
パラメータ
値
デフォルト値
Null
Empty
注: 多くのパラメータには、Null または Empty が指定された際に使用されるデフォルト値ま
たはデフォルト動作があります。そのようなパラメータに値を指定しない場合は、Null また
は Empty を使用します。そのようなパラメータのデフォルト値については、各関数の説明を
参照してください。
VBA の戻り値
Smart View VBA 関数は、関数が成功したか失敗したかを示す次のいずれかの値を
戻します。負数はクライアントの問題を表し、正数はサーバーの問題を表します。
表 14 に、戻り値をリストします。
表 14
VBA の戻り値
戻り値
定義
0
関数の正常実行
1
通常は、ユーザーが[Esc]キーを押したか、ダイアログ・ボックスで「取消し」をクリックしたこ
とを示す。
正の大き
な数値
サーバーの問題による失敗。たとえば、サーバーが稼働していない、ユーザー名が無効である、
など。
-1
有効な戻り値、True
-2
終了エラー
-3
初期化エラー
-4
スプレッドシートがサーバーに未接続
-6
未使用
-7
スプレッドシートが不安定
-8
元に戻す操作の情報が存在しない
-9
操作が取り消された
-12
元に戻す操作が使用可能ではない
-13
利用可能なメモリー・リソースが不足している
-14
適切なダイアログ・ボックスが表示されなかった
-15
関数に無効なパラメータが含まれている
-16
計算の実行中
-17
古い設定
-18
スプレッドシートが式の保持モードであるため操作を実行できない
Smart View での VBA 関数について 159
戻り値
定義
-19
指定したシートでは操作を実行できない
-20
現行シートを判別できない
-21
スプレッドシート名が指定されずアクティブなシートが選択されていない
-22
計算が実行されていないため計算を取り消せない
-23
選択パラメータが無効
-25
カスケード・リスト・ファイルを作成できない、またはスプレッドシートを他の文書に埋め込ん
だ状態でカスケードを試行している
-26
ライセンスによりスプレッドシート・マクロが実行できない
-27
ライセンスの制約により、データベースを更新するスプレッドシート・マクロを実行できない
-28
データベースの読取り専用ライセンスであるためデータベースを更新できない
-29
古い設定
-30
メニューはすでに削除されている
-31
メニューはすでに追加されている
-39
指定されたワークシートは保護されている。ワークシートの保護を解除して操作を再試行する必
要がある。
-40
計算スクリプトが見つからない。
-41
プロバイダがサポートされていない
-42
別名が無効
-43
接続が見つからない
-44
Provider Services 接続が見つからない
-45
Provider Services が接続されていない
-46
Provider Services が接続できない
-47
接続がすでに存在している
-48
Provider Services URL が保存されていない
-49
接続の移行が許可されない
-50
接続マネージャが初期化されていない
-51
Provider Services の上書きプロパティの取得に失敗した
-52
Provider Services の上書きプロパティの設定に失敗した
-53
Provider Services URL の取得に失敗した
-54
Provider Services の切断に失敗した
160 VBA 関数
戻り値
定義
-55
操作が失敗した
-56
シートと接続を関連付けできない
-57
シートのリフレッシュが必要
-58
シートにグリッド・オブジェクトがない
-59
接続が関連付けられていない
-60
データ・セルが渡されていない
-61
データ・セルに書込みできない
-62
シートに Smart View コンテンツがない
-63
Office オブジェクトの取得に失敗した
-64
チャートが選択されているため操作が失敗した
-65
Excel が編集モードになっている
-66
シートに Smart View との互換性がない
-67
アプリケーションがスタンドアロンではない
-68
Smart View が使用不可です。
-69
関数が非推奨。
-70
演算子は複数グリッド・モードのワークシートではサポートされません。
VBA 関数タイプ
l
l
l
l
l
l
一般関数は、通常は Smart View のリボンまたは「オプション」ダイアログ・
ボックスから実行されるアクションの実行、オプションの設定または情報の
取得を行います。162 ページの「一般関数」を参照してください
接続関数は、データ・ソースへの接続に関連するアクションを実行します。
176 ページの「接続関数」を参照してください
アド・ホック関数は、ズーム、データの取得と送信、ピボットなどのアド・
ホック操作を実行します。192 ページの「アド・ホック関数」を参照してくだ
さい。
フォーム関数は、データ・フォームを開きます。206 ページの「フォーム関
数」を参照してください
セル関数は、データ・セルとその内容に関する操作の実行と情報の取得を行
います。207 ページの「セル関数」を参照してください
POV 関数は、POV の設定を指定または取得します。223 ページの「POV 関
数」を参照してください
Smart View での VBA 関数について 161
l
l
l
l
l
l
l
計算スクリプトおよびビジネス・ルール関数は、計算スクリプトとビジネス・
ルールのリストの取得または実行を行います。235 ページの「計算スクリプト
およびビジネス・ルール関数」を参照してください
計算、集計、および変換関数は、Financial Management および Hyperion
Enterprise アプリケーションのデータに対してこれらの操作を実行します。244
ページの「計算、集計、および変換関数」を参照してください
メンバー・クエリー関数は、メンバーに関する世代、レベル、属性およびそ
の他の情報を取得します。251 ページの「メンバー・クエリー関数」を参照し
てください
オプション関数は、グローバル・オプションとシート・オプション、あるい
はその両方に関する情報を設定および取得し、MRU アイテムの削除を可能に
します。271 ページの「オプション関数」を参照してください
MDX クエリー関数は、結果がワークシートに表示されない MDX クエリーを
実行します。281 ページの「MDX クエリー関数」を参照してください
メニュー関数は、Smart View のメニューおよびリボンのコマンドに相当しま
す。284 ページの「メニュー関数」を参照してください。
動的リンク関数は、動的リンクを介して別のウィンドウに表示されるデータ・
ポイント詳細を設定または取得します。309 ページの「動的リンク関数」を参
照してください
注: VBA 関数のアルファベット順のリストについては、索引を参照してくださ
い。
一般関数
l
163 ページの「HypShowPOV」
l
163 ページの「HypSetMenu」
l
164 ページの「HypCopyMetaData 」
l
165 ページの「HypDeleteMetadata」
l
166 ページの「HypIsDataModified」
l
167 ページの「HypIsSmartViewContentPresent 」
l
168 ページの「HypIsFreeForm」
l
169 ページの「HypUndo」
l
170 ページの「HypRedo」
l
170 ページの「HypPreserveFormatting」
l
171 ページの「HypRemovePreservedFormats」
l
173 ページの「HypSetAliasTable」
l
173 ページの「HypGetSubstitutionVariable」
l
175 ページの「HypSetSubstitutionVariable」
162 VBA 関数
HypShowPOV
データ・ソース・タイプ: すべて
説明
HypShowPOV()は、POV ツールバーの表示/非表示を決定します。
構文
HypShowPov(bShowPov)
ByVal bShowPov As Boolean
パラメータ
bShowPov: TRUE に設定すると、POV ツールバーは表示されます。
戻り値
ブール。POV が表示されている場合、戻り値は TRUE で、それ以外の場合の戻り
値は FALSE です。
例
Public Declare Function HypShowPov Lib "HsAddin" (ByVal bShowPov As Boolean) As
Long
Sub DisConn()
X=HypShowPov(True)
End Sub
HypSetMenu
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetMenu()は、Smart View メニューを Excel から削除または復元します。
構文
HypSetMenu(bSetMenu)
ByVal bSetMenu As Boolean
Smart View での VBA 関数について 163
パラメータ
bSetMenu: Excel 用の Smart View メニューの削除または復元を示すブール値。TRUE
は、メニューを復元することを示します。FALSE は、メニューを削除することを
示します。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻します。メニューを設定できない場合は、エラー・
コードを戻します。
例
Declare Function HypSetMenu Lib "HsAddin" (ByVal bSetMenu As Boolean) As Long
Sub SetMyMenu()
X=HypSetMenu(TRUE)
End Sub
HypCopyMetaData
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypCopyMetaData()はメタデータのエクスポートを実行します。
構文
HypCopyMetaData (vtSourceSheetName, vtDestinationSheetName)
ByVal vtSourceSheetName As Variant
ByVal vtDestinationSheetName As Variant
パラメータ
vtDestinationSheetName: カスタム・プロパティのコピー先となるシートの名前。
(必須)
vtDestinationSheetName: カスタム・プロパティのコピー先となるシートの名前。
(必須)
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
164 VBA 関数
例
Public Declare Function HypCopyMetaData Lib "HsAddin" (ByVal vtSourceSheetName As
Variant, ByVal vtDestinationSheetName As Variant) As Long
Sub Sample_HypCopyMetaData()
Dim LRet As Long
LRet = HypCopyMetaData (Empty, “Sheet1(2)”)
End Sub
HypDeleteMetadata
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise、Reporting and Analysis
説明
HypDeleteMetadata()は、次の 3 つのいずれかのモードで、ワークブックから Smart
View メタデータを削除します:
l
l
l
モード 1 - 指定されたワークシート・ストレージについてのみ、すべての Smart
View メタデータを削除します
モード 2 - 指定されたワークブック・ストレージからのみ、すべての Smart View
メタデータを削除します
モード 3 - 指定されたワークブック・ストレージとすべてのワークシート・ス
トレージから、すべての Smart View メタデータを削除します
構文
HypDeleteMetadata(vtDispObject, vtbWorkbook, vtbClearMetadataOnAllSheets)
vtDispObject As Variant
vtbWorkbook As Variant
vtbClearMetadataOnAllSheetsWithinWorkbook AsVariant
パラメータ
vtbClearMetadataOnAllSheetsWithinWorkbook: Smart View メタデータをワークブッ
ク内のすべてのシートから削除するかどうかを示すブール・フラグ。このフラグ
は、vtbWorkbook フラグが True の場合にのみ使用されます。
vtbClearMetadataOnAllSheetsWithinWorkbook: Smart View メタデータをワークブッ
ク内のすべてのシートから削除するかどうかを示すブール・フラグ。このフラグ
は、vtbWorkbook フラグが True の場合にのみ使用されます。
vtbClearMetadataOnAllSheetsWithinWorkbook: Smart View メタデータをワークブッ
ク内のすべてのシートから削除するかどうかを示すブール・フラグ。このフラグ
は、vtbWorkbook フラグが True の場合にのみ使用されます。
Smart View での VBA 関数について 165
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
例
Public Declare Function HypDeleteMetaData Lib "HsAddin" (ByVal vtDispObject As
Variant, _
ByVal vtbWorkbook As Variant, _
ByVal vtbClearMetadataOnAllSheetsWithinWorkbook As Variant) As Long
Sub TestDeleteMetadata()
Dim oRet As Long
Dim oWorkbook As Workbook
Dim oSheet As Worksheet
Set oWorkbook = ActiveWorkbook
Set oSheet = ActiveSheet
oRet = HypDeleteMetaData(oSheet, False, True)
‘ Mode 1
'oRet = HypDeleteMetaData(oWorkbook, True, False) ‘ Mode 2
'oRet = HypDeleteMetaData(oWorkbook, True, True) ‘ Mode 3
MsgBox
(oRet)
End Sub
HypIsDataModified
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypIsDataModified()は、変更されたものの送信されていないデータ・セルがない
かどうかをチェックします。
構文
HypIsDataModified (vtSheetName [in])
By Val vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
166 VBA 関数
戻り値
更新されたものの送信されていないデータ・セルがシートに含まれている場合は
VARIANT_TRUE を戻し、それ以外の場合は VARIANT_FALSE を戻します。
例
Public Declare Function HypIsDataModified Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant) As Boolean
Sub TestIsSheetDirty()
Dim oRet As Boolean
oRet = HypIsDataModified(Empty)
MsgBox (oRet)
End Sub
HypIsSmartViewContentPresent
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypIsSmartViewContentPresent()はシートに Smart View コンテンツが含まれている
かどうかをチェックします。
構文
HypIsSmartViewContentPresent(vtSheetName [in], pContentType [out])
ByVal vtSheetName As Variant
ByRef vtTypeOfContentsInSheet
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
pContentType: 関数によってシート上の適切なタイプのコンテンツが戻されます。
値は次のような列挙型で戻されます。
Enum TYPE_OF_CONTENTS_IN_SHEET
EMPTY_SHEET
ADHOC_SHEET
FORM_SHEET
INTERACTIVE_REPORT_SHEET
Smart View での VBA 関数について 167
End Enum
戻り値
ワークシートに Smart View コンテンツが含まれている場合は VARIANT_TRUE を
戻し、それ以外の場合は VARIANT_FALSE を戻します。
例
Public Declare Function HypIsSmartViewContentPresent Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName
As Variant, _
ByRef vtTypeOfContentsInSheet As TYPE_OF_CONTENTS_IN_SHEET) As Boolean
Sub TestIsSVCContentOnSheet()
Dim
Dim
Dim
Dim
oRet As Boolean
oContentType As TYPE_OF_CONTENTS_IN_SHEET
oSheetName As String
oSheetDisp As Worksheet
oSheetName = Empty
Set oSheetDisp = Worksheets(Empty)
oRet = HypIsSmartViewContentPresent (Empty, oContentType)
End Sub
HypIsFreeForm
データ・ソース: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion Enterprise
説明
HypIsFreeForm()は、ワークシートがフリー・フォーム・モードかどうかをチェッ
クします。
構文
HypIsFreeForm (vtSheetName [in])
By Val vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
168 VBA 関数
戻り値
セルがフリー・フォーム状態の場合、つまりメンバー・セルまたはコメント・セ
ルのいずれかが変更されておりシートがリフレッシュされていない場合は
VARIANT_TRUE を戻し、それ以外の場合は VARIANT_FALSE を戻します。
例
Public Declare Function HypIsFreeForm Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant) As
BooleanSub TestIsSheetFreeForm()
Sub HypIsFreeForm()
Dim oRet As Boolean
oRet = HypIsFreeForm(Empty)
MsgBox (oRet)
End Sub
HypUndo
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypUndo()は、直前のビューを復元します。データベース・ビューは、「ズーム・
イン」、「ズーム・アウト」、「選択項目のみ保持」、「選択項目のみ削除」、または
「リフレッシュ」の各コマンドの実行後に表示されるスプレッドシートのビューで
す。
構文
HypUndo (vtSheetName)
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 169
例
Declare Function HypUndo Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant) As Long
Sub Undo()
X=HypUndo(Empty)
End Sub
HypRedo
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ) Financial Management
(アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypRedo()は、元に戻す操作を実行する前の状態にデータベース・ビューを復元し
ます。
構文
HypRedo (vtSheetName)
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRedo Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant) As Long
Sub Redo()
X=HypRedo(Empty)
End Sub
HypPreserveFormatting
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
170 VBA 関数
説明
HypPreserveFormatting()はズーム・インによって作成されたセルにグリッドのフォー
マットを適用します。
構文
HypHypPreserveFormatting (vtSheetName [in], vtRange [in])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: フォーマットを設定するセル(複数可)の範囲。(複数の範囲がサポートさ
れます)
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
例
Public Declare HypPreserveFormatting Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtSelectionRange As Variant) As Long
Sub TestPreserveFormatting()
Dim oRet As Long
Dim oSheetName As String
Dim oSheetDisp As Worksheet
oSheetName = Empty
Set oSheetDisp = Worksheets(oSheetName$)
oRet = HypPreserveFormatting ("", oSheetDisp.Range("B2"))
MsgBox (oRet)
End Sub
HypRemovePreservedFormats
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 171
説明
HypRemovePreservedFormats()は設定されているフォーマットを削除します。
注: 元のフォーマットが適用される前にリフレッシュする必要があります。
構文
HypRemovePreservedFormats (vtSheetName [in], vtRemoveAllPreservedFormats
[in],vtSelectionRange [in])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtbRemoveAllPreservedFormats As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtbRemoveAllPreservedFormats: グリッド上のすべての保持されているフォーマッ
トを削除すべきかどうかを示すブール。(このパラメータが true の場合、次のパラ
メータ値は使用されず、ユーザーは vtSelectionRange に NULL を渡すことができま
す。)
vtSelectionRange: フォーマットを保持する必要のあるセル(複数可)の範囲。(複数の
範囲がサポートされます)
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
例
Public Declare Function HypRemovePreservedFormats Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtbRemoveAllPreservedFormats As Variant, ByVal vtSelectionRange As
Variant) As Long
Sub TestRemovePreservedFormatting()
Dim oRet As Long
Dim oSheetName As String
Dim oSheetDisp As Worksheet
oSheetName = "Sheet1"
Set oSheetDisp = Worksheets(oSheetName)
'oRet = HypRemovePreservedFormats(Empty, False, oSheetDisp.Range("B2"))
oRet = HypRemovePreservedFormats(Empty, True, Null)
MsgBox (oRet)
172 VBA 関数
End Sub
HypSetAliasTable
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning
説明
HypSetAliasTable()を使用すると、別名テーブルを設定できます。
構文
HypSetAliasTable (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal vtAliasTableName As Variant)
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtAliasTableName: 別名テーブルの、テキストによる名前。vtAliasTableName の形式
には、"Default"、"Long Names"などがあります。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数の値を戻します。
例
Public Declare Function HypSetAliasTable Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtAliasTableName As Variant) As Long
Sub Sample_SetActiveConnection
sts = HypSetAliasTable(Empty,"Long Name")
End sub
HypGetSubstitutionVariable
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetSubstitutionVariable()は、Essbase から代替変数およびその現在の値を取得し
ます。
Smart View での VBA 関数について 173
構文
HypGetSubstitutionVariable (vtSheetName, vtApplicationName, vtDatabaseName,
vtVariableNameList, vtVariableValueList)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtVariableName As Variant
ByRef vtVariableNameList As Variant
ByRef vtVariableValueList As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtApplicationName: 指定したアプリケーションについて検出された変数を戻すため
のアプリケーション名。vtApplicationName が NULL 値であるか空である場合は、
すべてのアプリケーションが考慮されます。
vtDatabaseName: 指定したデータベースについて検出された変数を戻すためのデー
タベース名。vtDatabaseName が NULL 値であるか空である場合は、すべてのデー
タベースが考慮されます。
vtVariableName: 取得する変数の名前。vtVariableName が NULL 値であるか空であ
る場合は、変数のリスト全体が戻されます。
vtVariableNameList: 変数名のリストを格納する出力結果ベクトル。マクロが正常
に終了しなかった場合、コンテンツは不明になります。
vtVariableValueList: 戻される各変数に対応する変数値のリストを格納する出力結果
ベクトル。マクロが正常に終了しなかった場合、コンテンツは不明になります。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetSubstitutionVariable Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtApplicationName As Variant, ByVal vtDatabaseName As Variant, ByVal
vtVariableName As Variant, ByRef vtVariableNames As Variant, ByRef vtVariableValues
As Variant) As Long
Sub Sample_HypGetSubstitutionVariable
Dim vtVarNameList as Variant
Dim vtVarValueList as Variant
Dim vtVarVal as Variant
Dim vtVar as Variant
X = HypGetSubstitutionVariable (Empty, "Sample", "Basic",
174 VBA 関数
Empty, vtVarNameList, vtVarValueList)
If IsArray (vtVarNameList) Then
For i = LBound (vtVarNameList) To UBound (vtVarNameList)
vtVar = vtVarNameList (i)
Next
End If
If IsArray (vtVarValueList) Then
For i = LBound (vtVarValueList) To UBound (vtVarValueList)
vtVarVal = vtVarValueList (i)
Next
End If
End Sub
HypSetSubstitutionVariable
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypSetSubstitutionVariable()は、Essbase に代替変数を作成します。変数がすでに存
在する場合は、その値が、新しく指定された値に設定されます。
構文
HypSetSubstitutionVariable (vtSheetName, vtApplicationName, vtDatabaseName,
vtVariableName, vtVariableValue)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtVariableName As Variant
ByVal vtVariableValue As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtApplicationName: 新しい変数のスコープを定義するためのアプリケーション名。
vtApplicationName が Null 値であるか空である場合は、作成される変数のスコープ
はグローバルになります。
vtDatabaseName: 新しい変数のスコープを定義するためのデータベース名。
vtDatabaseName が Null 値であるか空である場合は、作成される変数のスコープ
は、指定されたアプリケーション内でグローバルになります。
vtVariableName: 作成する変数の名前。必須。
vtVariableValue: 変数に割り当てる値。必須。
Smart View での VBA 関数について 175
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetSubstitutionVariable Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtApplicationName As Variant, ByVal vtDatabaseName As Variant, ByVal
vtVariableName As Variant, ByVal vtVariableValue As Variant) As Long
Sub Sample_HypSetSubstitutionVariable
Dim X as Long
X = HypSetSubstitutionVariable (Empty, "Sample", "Basic",
"Account", "100")
End Sub
接続関数
接続関数は、データ・ソースへの接続に関連するアクションを実行します。
l
177 ページの「HypConnect」
l
178 ページの「HypConnected」
l
179 ページの「HypConnectionExists」
l
179 ページの「HypCreateConnection」
l
181 ページの「HypCreateConnectionEx」
l
183 ページの「HypDisconnect」
l
184 ページの「HypDisconnectAll」
l
184 ページの「HypDisconnectEx」
l
185 ページの「HypGetSharedConnectionsURL」
l
186 ページの「HypSetSharedConnectionsURL」
l
187 ページの「HypIsConnectedToSharedConnections」
l
187 ページの「HypRemoveConnection」
l
188 ページの「HypInvalidateSSO」
l
189 ページの「HypResetFriendlyName」
l
189 ページの「HypSetActiveConnection」
l
190 ページの「HypSetAsDefault」
l
191 ページの「HypSetConnAliasTable」
176 VBA 関数
HypConnect
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypConnect()は、データ・ソース・プロバイダにログインし、ワークシートをそ
の接続に関連付けます。接続をシートに関連付けるためには、シートごとに
HypConnect()を呼び出す必要があります。
構文
HypConnect(vtSheetName, vtUserName, vtPassword, vtFriendlyName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtUserName As Variant
ByVal vtPassword As Variant
ByVal vtFriendlyName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtUserName: そのデータ・ソース・プロバイダに対して有効なユーザーの、テキス
トによる名前。
vtPassword: このユーザーのパスワードの、テキストによる名前。
vtFriendlyName: データ・ソース・プロバイダのわかりやすい接続名。これは、
HypCreateConnection によって作成された接続名です。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypConnect Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtUserName As Variant, ByVal vtPassword As Variant, ByVal vtFriendlyName As Variant)
As Long
Sub Conn()
X=HypConnect(Empty, username, password, “My Sample Basic”)
End Sub
Smart View での VBA 関数について 177
HypConnected
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypConnected()は、シートの接続ステータスを戻します。値が TRUE の場合は、
シートがプロバイダに接続されていることを示します。値が FALSE の場合は、
シートが接続されていないことを示します。
構文
HypConnected (vtSheetName)
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypConnected Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant) As
Variant
Sub Sample_HypConnected
Dim X as Variant
X = HypConnected(Empty)
End sub
シートに接続している場合、値が-1 の変数が戻され、VBA では True として解釈
されます。戻り値として-1 を取得するには、変数(戻り値を取るもの)をメンバー・
タイプ(Long、Integer、Double など)として宣言する必要があります。次に示すス
クリプトでこれを説明します:
Dim X as Integer 'Can also be Long or Double
X = HypConnected (Empty) 'Value of X will become -1
'if Sheet1 is connected
変数 X が定義されていない場合、VBA では(定義されていないその他の変数も)
Variant として解釈されます。その後、Sheet1 が接続すると、X は True と同等のも
のになります。
178 VBA 関数
変数 X が Variant として定義されている場合、戻り値は正確に True と表示されま
す。
HypConnectionExists
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypConnectionExists()は、Smart View パネルで表示されるすべての接続のリストに
特定の接続名が存在するかどうかをチェックするために使用します。特定の接続
は、アクティブ(すなわち接続済の状態)であってもなくても関係ありません。
構文
HypConnectionExists(vtConnectionName)
ByVal vtConnectionName as Variant
パラメータ
vtConnectionName: すべての接続のリストで検索する接続の名前。大文字と小文字
は区別されません。
戻り値
ブール。正常に終了した場合は TRUE を戻し、それ以外の場合は FALSE を戻しま
す。
例
Declare Function HypConnectionExists Lib "HsAddin" (ByVal vtConnectionName As
Variant) As Variant
Sub Sample_SetActiveConnection
Dim bIsConnection as Boolean
bIsConnection = HypConnectionExists (“Demo_Basic”)
End sub
HypCreateConnection
データ・ソース・タイプ: Essbase、Financial Management、Hyperion Enterprise
Smart View での VBA 関数について 179
説明
HypCreateConnection()は、指定された情報からデータ・ソース・プロバイダへの
接続を作成します。HypCreateConnectionEX も参照してください。
注: Smart View パネルでデータ・ソースを追加する Planning ユーザーは、
HypCreateConnectionEX を使用する必要があります。
注: 接続を確立するには、HypConnect を使用します。
構文
HypCreateConnection(vtUserName, vtPassword, vtProvider, vtProviderURL,
vtServerName, vtApplicationName, vtDatabaseName, vtFriendlyName, vtDescription)
ByVal vtSheetName As Variant - 未使用
ByVal vtUserName As Variant
ByVal vtPassword As Variant
ByVal vtProvider As Variant
ByVal vtProviderURL As Variant
ByVal vtServerName As Variant
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtFriendlyName As Variant
ByVal vtDescription As Variant
パラメータ
vtUserName:サーバー上の有効なユーザーの、テキストによる名前。
vtPassword: このユーザーのパスワードの、テキストによる名前。
vtProvider: データ・ソース・プロバイダの説明。サポートされる vtProvider のタイ
プは次のとおりです:
l
新規: Global Const HYP_ESSBASE = "Essbase"
l
新規: Global Const HYP_ENTERPRISE = "Hyperion Enterprise"
l
Global Const HYP_FINANCIAL_MANAGEMENT = "Hyperion Financial
Management"
l
新規: Global Const HYP_PLANNING = "Planning"
l
非推奨: Global Const HYP_ANALYTIC_SERVICES = "Analytic Provider Services"
vtProviderURL: 接続先のデータ・ソース・プロバイダの URL。
vtServerName: アプリケーションがインストールされているサーバーの名前。
180 VBA 関数
vtApplication: アプリケーションの名前。
vtDatabase: データベースの名前。
vtFriendlyName: データ・ソース・プロバイダの接続名。
vtDescription: データ・ソース・プロバイダの説明。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypCreateConnection Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtUserName As Variant, ByVal vtPassword As Variant, ByVal vtProvider As
Variant, ByVal vtProviderURL As Variant, ByVal vtServerName As Variant, ByVal
vtApplicationName As Variant, ByVal vtDatabase As Variant, ByVal vtFriendlyName As
Variant, ByVal vtDescription As Variant) As Long
Sub Conn()
X=HypCreateConnection(Empty, username, password, HYP_ANALYTIC_SERVICES,
"http://localhost:13080/smartview/SmartView", “localhost”, “Sample”,
“Basic”, “My Connection”, “Analytic Provider Services”)
End Sub
HypCreateConnectionEx
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise、Reporting and Analysis
説明
HypCreateConnectionEx は、HypCreateConnection の上位集合です; Smart View パネ
ルを使用可能にする追加パラメータがあります。Smart View パネルでデータ・ソー
スを追加する Planning ユーザーは、HypCreateConnectionEx を使用する必要があり
ます。
Essbase、Planning および Financial Management の場合、HypCreateConnectionEx を
使用して、ワークスペース URL を使用したプライベート接続を作成できます。
構文
HypCreateConnectionEx(vtUserName, vtPassword, vtProvider, vtProviderURL,
vtServerName, vtApplicationName, vtDatabaseName, vtFriendlyName, vtDescription)
ByVal vtProviderType As Variant
ByVal vtServerName As Variant
Smart View での VBA 関数について 181
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtFormName As Variant
ByVal vtProviderURL As Variant
ByVal vtFriendlyName As Variant
ByVal vtUserName As Variant
ByVal vtPassword As Variant
ByVal vtDescription As Variant
ByVal vtReserved1 As Variant(将来の使用のために予約済)
ByVal vtReserved2 As Variant(将来の使用のために予約済)
パラメータ
vtProvider: データ・ソース・プロバイダの説明。サポートされる vtProvider のタイ
プは次のとおりです:
l
Global Const HYP_ESSBASE = "Essbase"
l
Global Const HYP_PLANNING = "Planning"
l
l
Global Const HYP_FINANCIAL_MANAGEMENT = "Hyperion Financial
Management"
Global Const HYP_RA = "Hyperion Smart View Provider for Hyperion Reporting and
Analysis
vtServerName: アプリケーションがインストールされているサーバーの名前。
vtApplication: アプリケーションの名前。
vtDatabase: データベースの名前。
vtFormName: データ・フォームの名前。Smart View パネルの「お気に入り」に
Planning の接続を作成する際に必要です。
vtUserName:サーバー上の有効なユーザーの、テキストによる名前。
vtPassword: このユーザーのパスワードの、テキストによる名前。
vtProviderURL: 接続先のデータ・ソース・プロバイダの URL。Smart View パネル
で Planning の接続を作成する際に必要です。
vtFriendlyName: データ・ソース・プロバイダの接続名。
vtDescription: データ・ソース・プロバイダの説明。
注: Oracle Hyperion Reporting and Analysis の場合は、プロバイダ URL、プロバイ
ダ・タイプおよび接続名のみが必要です。
182 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypCreateConnectionEx Lib "HsAddin" (ByVal vtProviderType
As Variant, ByVal vtServerName As Variant,ByVal vtApplicationName As Variant,ByVal
vtDatabaseName As Variant, ByVal vtFormName As Variant, ByVal vtProviderURL As
Variant, ByVal vtFriendlyName As Variant, ByVal vtUserName As Variant, ByVal
vtPassword As Variant, ByVal vtDescription As Variant, ByVal vtReserved1 As Variant,
ByVal vtReserved2 As Variant) As Long
Sub CreateConnExTest()
Dim lRet As Long
lRet = HypCreateConnectionEx("Essbase", "server12", "Demo", "Basic", "", "", "My
Demo", "system", "password", "", "", "")
lRet = HypCreateConnectionEx("Planning", "planqe14", "TotPlan", "", "/Forms/Smart
View Forms/01 Product Revenue", "http://planqe14:8300/HyperionPlanning/SmartView",
"My Planning VBA Conn", "admin", "password", "", "", "")
End Sub
HypDisconnect
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypDisconnect()は、データ・ソース・プロバイダからログアウトします。
構文
HypDisconnect(vtSheetName, bLogoutUser)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal bLogoutUser As Boolean
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
bLogoutUser: オプション。プロバイダ・セッションを切断してログアウトする場
合は、True に設定します。デフォルト値は False です。
Smart View での VBA 関数について 183
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypDisconnect Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
bLogoutUser As Boolean) As Long
Sub DisConn()
X=HypDisconnect(Empty, True)
End Sub
HypDisconnectAll
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypDisconnectAll は、接続されているすべてのユーザーを切断し、SSO を無効化す
る安全対策です。「すべて切断」ショートカット・メニュー・アイテムに相当しま
す。
構文
HypDisconnectAll()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypDisconnectAll Lib "HsAddin" () As Long
Sub SubDisconnectExTest()
End Sub
HypDisconnectEx
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
184 VBA 関数
説明
HypDisconnectEx は、引数として渡される接続の(わかりやすい)名前を使用して、
接続を切断します。切断する接続は、HypDisconnect でのように関連付けられてい
る必要はありません。
構文
HypDisconnectEx (vtConnFriendlyName)
ByVal vtConnFriendlyName as Variant
パラメータ
vtConnFriendlyName: わかりやすい接続名
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypDisconnectEx Lib "HsAddin" (ByVal vtConnFriendlyName As
Variant) As Long
Sub SubDisconnectExTest()
Dim lRet As Long
lRet = HypDisconnectEx("My Sample")
End Sub
HypGetSharedConnectionsURL
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
説明
HypGetSharedConnectionsURL()は、使用される共有接続 URL を戻します(「オプ
ション」ダイアログ・ボックスにも表示されます)。
構文
HypGetSharedConnectionsURL (vtSharedConnURL As Variant)
ByRef vtSharedConnURL As Variant
Smart View での VBA 関数について 185
パラメータ
vtSharedConnURL: 正常に終了した場合に Oracle Hyperion Shared Services の URL を
格納する出力パラメータ。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetSharedConnectionsURL Lib "HsAddin" (ByRef vtSharedConnURL
As Variant) As Long
Sub SubHypGetURL()
Dim lRet As Long
Dim conn As Variant
lRet = HypGetSharedConnectionsURL(conn)
MsgBox (lRet)
MsgBox (conn)
End Sub
HypSetSharedConnectionsURL
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetSharedConnectionsURL()は、構成ファイルおよび「オプション」ダイアロ
グ・ボックスに共有接続 URL を設定します。
構文
HypSetSharedConnectionsURL (vtDefaultURL As Variant)
ByVal vtAPSURL As Variant)
パラメータ
vtDefaultURL: 設定される新しい Shared Services URL。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
186 VBA 関数
例
Declare Function HypSetSharedConnectionsURL Lib "HsAddin" (ByVal vtAPSURL
As Variant) As Long
Sub SubHypSetSharedConnectionsURLTest()
Dim lRet As Long
lRet = HypSetSharedConnectionsURL("http://<server>:19000/workspace/
SmartViewProviders")
End Sub
HypIsConnectedToSharedConnections
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypIsConnectedToSharedConnections()は、SmartView が共有接続に接続されている
かどうかを確認します。
構文
HypIsConnectedToSharedConnections ()
戻り値
戻り値: Smart View が共有接続に接続されている場合は true、それ以外の場合は
false。
例
Declare Function HypIsConnectedToSharedConnections Lib "HsAddin" () As Variant
Sub SubIsSharedConnectedTest()
Dim vtRet As Variant
vtRet = HypIsConnectedToSharedConnections ()
MsgBox(vtRet)
End Sub
HypRemoveConnection
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 187
説明
HypRemoveConnection()は、Smart View パネルでの利用可能なすべての Smart View
接続の一覧から、指定した接続を削除します。
構文
HypRemoveConnection(vtFriendlyName)
ByVal vtFriendlyName As Variant
パラメータ
vtFriendlyName: データ・ソース・プロバイダのわかりやすい接続名
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRemoveConnection Lib "HsAddin" (ByVal vtFriendlyName As
Variant) As Long
Sub RConn()
X=HypRemoveConnection("My Connection")
End Sub
HypInvalidateSSO
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypInvalidateSSO()は既存の SSO トークンを破棄します。
例
Declare Function HypInvalidateSSO Lib "HsAddin" () As Long
Sub HypInvalidateSSO()
End Sub
188 VBA 関数
HypResetFriendlyName
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypResetFriendlyName は、新しい名前が存在しない場合でも、わかりやすい名前
を別のわかりやすい名前に設定しなおします。Smart View パネルでわかりやすい
接続名を変更するためには、Smart View が Oracle Hyperion Provider Services に接続
されている必要があります。
構文
HypResetFriendlyName (vtOldFriendlyName, vtNewFriendlyName)
By Val vtOldFriendlyName as Variant
By Val vtNewFriendlyName as Variant
パラメータ
vtOldFriendlyName: 元のわかりやすい接続名。
vtNewFriendlyName: 新しいわかりやすい接続名。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypResetFriendlyName Lib "HsAddin" (ByVal vtOldFriendlyName As
Variant, ByVal vtNewFriendlyName As Variant) As Long
Sub SubHypResetFriendlyNameTest()
Dim lRet As Long
lRet = HypResetFriendlyName("server2_Sample_Basic", "My Sample Basic")
End Sub
HypSetActiveConnection
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 189
説明
HypSetActiveConnection()は、現在のアクティブなワークシートを、アクティブ接
続のうちのいずれかに関連付けるために使用します。
注: HypSetActiveConnection は、レポート・デザイナのオブジェクトを含むワー
クシートでは使用できません。
構文
HypSetActiveConnection (vtConnectionName)
ByVal vtConnectionName as Variant
パラメータ
vtConnectionName: 現在のアクティブなワークシートに関連付けるアクティブな接
続の名前。大文字と小文字は区別されません。
戻り値
長整数。正常に終了した場合は 0 を戻します。それ以外の場合は、該当するエ
ラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypSetActiveConnection Lib "HsAddin" (ByVal vtConnectionName As
Variant) As Long
Sub Sample_SetActiveConnection
sts = HypSetActiveConnection (“Demo_Basic”)
End sub
HypSetAsDefault
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetAsDefault()は、接続デフォルトを作成するために使用されます。
構文
HypSetAsDefault (vtConnectionName)
ByVal vtConnectionName as Variant
190 VBA 関数
パラメータ
vtConnectionName: デフォルトにする、アクティブなプライベート接続の名前。渡
すパラメータは、レジストリの次の場所に値があるプライベート接続名である必
要があります: - HKCU¥Software¥Hyperion Solutions¥HyperionSmartView¥Connections
戻り値
長整数。正常に終了した場合は 0 を戻します。それ以外の場合は、該当するエ
ラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypSetAsDefault Lib "HsAddin" (ByVal
vtConnectionName As Variant) As Variant
Sub Sample_ SetAsDefault
sts = HypSetAsDefault("buildtie7_w32Simple_w32Simple")
MsgBox (sts)
End sub
HypSetConnAliasTable
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning
説明
HypSetConnAliasTable()を使用すると、接続用の別名テーブルを設定できます。
構文
HypSetConnAliasTable (ByVal vtConnName As Variant, ByVal vtAliasTableName As
Variant)
パラメータ
vtConnName: 接続のテキストによる名前。vtConnName の形式
は、"SampleBasic"です。vtConnName が Null 値であるか空である場合は、エラー
を戻します。この関数の基本要件は、アクティブな接続が存在することです。ア
クティブな接続についてのみ、別名テーブルを変更できます。
vtAliasTableName: 別名テーブルのテキストによる名前。vtAliasTableName の形式に
は、"Default"、"Long Names"、"None"などがあります。このパラメータを NULL
値または空にすることはできません。別名を適用する必要がない場合は、その目
的でパラメータ"None"を使用できます。
Smart View での VBA 関数について 191
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypSetConnAliasTable Lib "HsAddin" (ByVal vtConnName As
Variant, ByVal vtAliasTableName As Variant) As Long
Sub Sample_SetAliasTableForConnection
sts = HypSetConnAliasTable("SampleBasic","Long Name")
End sub
アド・ホック関数
アド・ホック関数は、ズーム、データの取得と送信、ピボットなどのアド・ホッ
ク操作を実行します。
l
192 ページの「HypRetrieve」
l
193 ページの「HypRetrieveRange」
l
194 ページの「HypRetrieveNameRange」
l
196 ページの「HypGetNameRangeList」
l
196 ページの「HypRetrieveAllWorkbooks」
l
197 ページの「HypExecuteQuery」
l
198 ページの「HypSubmitData」
l
199 ページの「HypPivot」
l
200 ページの「HypPivotToGrid」
l
201 ページの「HypPivotToPOV」
l
202 ページの「HypKeepOnly」
l
203 ページの「HypRemoveOnly」
l
204 ページの「HypZoomIn」
l
205 ページの「HypZoomOut」
HypRetrieve
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypRetrieve()は、データベースからデータを取得します。
192 VBA 関数
構文
HypRetrieve(vtSheetName)
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRetrieve Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtRange As Variant, ByVal vtLock As Variant) As Long
Sub RetData()
X=HypRetrieve(Empty)
If X = 0 Then
MsgBox("Retrieve successful.")
Else
MsgBox("Retrieve failed.")
End If
End Sub
HypRetrieveRange
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypRetrieveRange()を使用すると、グリッド内またはワークシート内の選択したセ
ル範囲または名前付きセル範囲をリフレッシュできます。この関数に渡された範
囲が、実際のグリッドにある行または列の数を超えている場合は、超過した行お
よび列にはコメントとして扱われ、グリッドの一部となります。
範囲の取得を行うと、「元に戻す」操作のバッファが消去されるため、それ以降は
「元に戻す」操作を使用できません。
構文
HypRetrieveRange(vtSheetName,vtRange,vtConnName)
ByVal vtSheetName As Variant
Smart View での VBA 関数について 193
ByVal vtRange As Variant
ByVal vtConnectionName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtConnectionName: リフレッシュする対象の単一の連続的な範囲。vtRange が NULL
値である場合は、ワークシート全体がリフレッシュされ、リフレッシュする範囲
を取得するために、指定されたワークシートで GetUsedRange が使用されます。
vtConnectionName: 範囲のリフレッシュに使用される接続の、わかりやすい名前。
vtConn が NULL 値である場合は、ワークシート上の範囲をリフレッシュするため
に、そのワークシートに関連付けられたアクティブな接続が使用されます。接続
が関連付けられていない場合は、エラーが戻されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRetrieveRange Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtRange As Variant, ByVal vtConnName As Variant) As Long
Worksheets("Sheet2").Names.Add name:="MyRange", RefersTo:="=$E$11:$F$28"
Sub Sample_RetrieveRange
Worksheets(Empty).Names.Add name:="MyRange", RefersT o:="=$E$11:$
$28"
sts = HypRetrieveRange("Empty, range("E11:F28"), "Samp1")
'retrieve by regular range
sts = HypRetrieveRange(Empty, range("MyRange"), "Samp1")
'retrieve by named range
End sub
HypRetrieveNameRange
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypRetrieveNameRange は、HypRetrieveRange で作成されたグリッドをリフレッシュ
します。
194 VBA 関数
F
構文
HypRetrieveNameRange (vtSheetName, vtGridName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtGridName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtGridName: 入力変数。リフレッシュする名前付き範囲またはグリッドの名前が含
まれます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
例1
Public Declare Function HypRetrieveNameRange Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtGridName As Variant) As Long
Sub RetrieveAllRange()
'connect all required connections
sts = HypConnect("Sheet1", "admin", "password", "stm10026_Sample_Basic")
'get list of named grids available
sts = HypGetNameRangeList("Sheet1", "", vtList)
'refresh each range one by one
For i = 0 To 2
sts = HypRetrieveNameRange("Sheet1", vtList(i))
Next i
End Sub
例2
Public Declare Function HypRetrieveNameRange Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtGridName As Variant) As Long
Sub RefreshNameRange()
sts = HypRetrieveNameRange("Sheet1", "DMDemo_Basic_2")
‘if you know the name of the grid, you can pass it directly
End Sub
Smart View での VBA 関数について 195
HypGetNameRangeList
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetNameRangeList は、指定された接続の名前付きグリッドのリストを戻しま
す。
構文
HypGetNameRangeList (vtSheetName, vtConnName, vtNameList)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtConnName As Variant
ByRef vtNameList As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtConnName: 入力パラメータ。固有の名前範囲リストを取得する必要のある接続
名が含まれます。空白の場合、シート内のすべての名前範囲リストが取得されま
す。
vtNameList: リスト出力が含まれます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Sub HypGetNameRangeList()
sts = HypGetNameRangeList("Sheet1", "stm10026_Sample_Basic", vtList)
End Sub
HypRetrieveAllWorkbooks
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypRetrieveAllWorkbooks()は、Excel の同じインスタンスから開いているすべての
ワークブックをリフレッシュします。
196 VBA 関数
構文
HypRetrieveAllWorkbooks()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRetrieveAllWorkbooks Lib () As Long
Sub Sample_HypRetrieveAllWorkbooks()
X=HypRetrieveAllWorkbooks()
End Sub
HypExecuteQuery
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypExecuteQuery()は、MDX クエリーを実行し、結果をワークシート上に表示し
ます。(クエリー結果をワークシート上に表示したくない場合は、かわりに
HypExecuteMDXEx を使用します。)
構文
HypExecuteQuery (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal vtMDXQuery As Variant) As
Long
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMDXQuery
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMDXQuery: ワークシート上で実行する MDX クエリー・ステートメント。
戻り値
長整数。正常に終了した場合は 0 を戻します。それ以外の場合は、該当するエ
ラー・コードを戻します。
Smart View での VBA 関数について 197
例
Declare Function HypExecuteQuery Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtMDXQuery As Variant) As Long
Sub Sample_HypExecuteQuery ()
Dim vtQuery As Variant
vtQuery = "SELECT {([Jan])} on COLUMNS, {([East])} on ROWS from
Sample.Basic"
sts = HypConnect (Empty, "system", "password", "Sample_Basic")
sts = HypExecuteQuery (Empty, vtQuery)
sts = HypDisconnect (Empty, True)
End sub
HypSubmitData
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSubmitData()は、指定したスプレッドシートの変更されたデータでデータベー
スを更新します。
注: HypSubmitData()は、集約ストレージ・データベースおよびクラスタ環境で
はサポートされません。
注: データベースを更新できるかどうかは、送信者のアクセス権によって異な
ります。データを更新するためには、データベースに対して、少なくとも
書き込みアクセス権を持っている必要があります。
構文
HypSubmitData(vtSheetName)
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
戻り値
フォームの場合: フォームが正常に送信された場合は 0 を戻します; それ以外の場
合は該当するエラー・コードを戻します。
アド・ホックの場合: アド・ホック・グリッドが正常に送信され、HsSetVal 関数(存
在する場合)が実行されていた場合は 0 を戻します。シートは接続されていないが
198 VBA 関数
HsSetVal 関数(存在する場合)が実行されていた場合は 1 を戻します。シートにア
ド・ホック・グリッドが存在せず、HsSetVal 関数(存在する場合)が実行されてい
た場合は 2 を戻します。それ以外の場合は、該当するエラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypSubmitData Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant) As
Long
Worksheets(Empty).range("B2").value = 8023
Worksheets(Empty).range("B2").Select
sts = HypSubmitData(Empty)
HypPivot
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypPivot()は、選択した次元に基づいて、スプレッドシートの行と列を入れ替えま
す。
構文
HypPivot(vtSheetName, vtStart, vtEnd)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtStart As Variant
ByVal vtEnd As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtStart: ピボットの開始点となる単一セルを参照する範囲オブジェクト。
vtEnd: ピボットの終点となる単一セルを参照する範囲オブジェクト
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypPivot Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtStart As Variant, ByVal vtEnd As Variant) As Long
Smart View での VBA 関数について 199
Sub DoPivot()
X=HypPivot(Empty, RANGE("B2"), RANGE("D1"))
If X = 0 Then
MsgBox("Pivot successful.")
Else
MsgBox("Pivot failed.")
End If
End Sub
HypPivotToGrid
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypPivotToGrid()は、選択した次元およびメンバーを、POV からスプレッドシー
トのグリッドに移動します。
構文
HypPivotToGrid (vtSheetName, vtDimensionName, vtSelection)
ByVal vtSheetName as Variant
ByVal vtDimensionName as Variant
ByVal vtSelection as Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtDimensionName: ツールバーで現在選択されている次元。
vtSelection: ピボットの開始点となる単一セルを参照する範囲オブジェクト。向き
は、選択に基づいて計算されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypPivotToGrid Lib “HsAddin” (By Val vtSheetName As Variant,
ByVal vtDimensionName as Variant, ByVal vtSelection as Variant) As Long
Sub DoPivotGrid()
200 VBA 関数
X=HypPivotToGrid(Empty, “Product”, RANGE("E6"))
If X = 0 Then
MsgBox("Pivot to grid successful.")
Else
MsgBox("Pivot to grid failed.")
End If
End Sub
HypPivotToPOV
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypPivotToPOV()は、グリッドから POV にピボットします。
構文
HypPivotToPOV (vtSheetName, vtSelection)
ByVal vtSheetName as Variant
ByVal vtSelection as Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelection: ピボットの開始点となる単一セルを参照する範囲オブジェクト。向き
は、選択に基づいて計算されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypPivotToPOV Lib “HsAddin” (By Val vtSheetName As Variant,
ByVal vtSelection as Variant) As Long
Sub DoPivotPOV()
X=HypPivotToPOV(Empty, RANGE("E6"))
If X = 0 Then
MsgBox("Pivot to POV successful.")
Else
MsgBox("Pivot to POV failed.")
End If
End Sub
Smart View での VBA 関数について 201
HypKeepOnly
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypKeepOnly()は、シートで選択されたメンバーのみを保持し、選択されていない
メンバーを削除します。
この選択はメンバー・セルにのみ限定され、データ・セルは選択できません。
構文
HypKeepOnly(vtSheetName, vtSelection)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelection As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelection: 保持するメンバーを参照する範囲オブジェクト。選択が NULL 値であ
るか空である場合は、アクティブなセルが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypKeepOnly Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtSelection As Variant) As Long
Sub KOnly()
' Keep Only on one member name
X=HypKeepOnly(Empty, RANGE("D2"))
If X = 0 Then
MsgBox("Keep Only successful.")
Else
MsgBox("Keep Only failed." + X)
End If
' Keep Only on two member names
X=HypKeepOnly(Empty, RANGE("D2:A5"))
If X = 0 Then
MsgBox("Keep Only successful.")
Else
MsgBox("Keep Only failed." + X)
End If
202 VBA 関数
End Sub
HypRemoveOnly
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypRemoveOnly()は、シートで選択されたメンバーのみを削除し、選択された次
元の選択されていないメンバーを保持します。
選択にはメンバー・セルのみを含めます。データ・セルは選択できません。
構文
HypRemoveOnly(vtSheetName, vtSelection)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelection As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelection: 削除するメンバーを参照する範囲オブジェクト。選択が NULL 値であ
るか空である場合は、アクティブなセルが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypRemoveOnly Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtSelection As Variant) As Long
Sub ROnly()
' Remove Only on one member name
X=HypRemoveOnly(Empty, RANGE("D2"))
If X = 0 Then
MsgBox("Remove Only successful.")
Else
MsgBox("Remove Only failed." + X)
End If
' Remove Only on two member names
X=HypRemoveOnly(Empty, RANGE("D2, A5"))
If X = 0 Then
MsgBox("Remove Only successful.")
Smart View での VBA 関数について 203
Else
MsgBox("Remove Only failed." + X)
End If
End Sub
HypZoomIn
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypZoomIn()は、選択したメンバーに基づいて、Smart View からデータを取得し
て展開表示します。
構文
HypZoomIn(vtSheetName, vtSelection, vtLevel, vtAcross)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelection As Variant
ByVal vtLevel As Variant
ByVal vtAcross As Variant(未使用)
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelection: ズームするメンバーを参照する範囲オブジェクト。選択が NULL 値で
あるか空である場合は、アクティブなセルが使用されます
vtLevel: ズームの度合いを示す数値。次のリストに、有効な数値とそれぞれのアク
ションを示します:
0=子
1 = 子孫
2 = 最下位レベル
NULL の場合は、空の値または正しくない値が渡され、現在選択されているオプ
ションが使用されます。
vtAcross: 未使用。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
204 VBA 関数
例
Declare Function HypZoomIn Lib "HsAddin" (ByVal sheetName As Variant, ByVal
vtSelection As Variant, ByVal vtLevel As Variant, ByVal vtAcross As Variant) As Long
Sub ZoomData()
X=HypZoomIn(Empty, RANGE("B3"), 1, FALSE)
If X = 0 Then
MsgBox("Zoom successful.")
Else
MsgBox("Zoom failed.")
End If
End Sub
HypZoomOut
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypZoomOut()は、選択したメンバーに基づいて、データを縮小表示します。
構文
HypZoomOut(vtSheetName, vtSelection)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelection As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelection: ズーム・アウトするメンバーを参照する範囲オブジェクト。選択が
NULL 値であるか空である場合は、アクティブなセルが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypZoomOut Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtSelection As Variant) As Long
Sub UnZoomData()
X=HypZoomOut(Empty, RANGE("B3"))
Smart View での VBA 関数について 205
If X = 0 Then
MsgBox("Zoom out successful.")
Else
MsgBox("Zoom out failed.")
End If
End Sub
フォーム関数
HypOpenForm
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Hyperion Enterprise
説明
HypOpenForm()はフォームを開きます。
構文
HypOpenForm (vtSheetName, vtFolderPath, vtFormName, vtDimensionList(),
vtMemberList())
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtFolderPath As Variant
ByVal vtFormName As Variant
ByRef vtDimensionList() As Variant
ByRef vtMemberList() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtFolderPath: フォルダのパス名
vtFormName: データ・フォームの名前
vtDimensionList(): 未使用
vtMemberList(): 未使用
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
206 VBA 関数
例
Public Declare Function HypOpenForm Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtFolderPath As Variant, ByVal vtFormName As Variant, ByRef vtDimensionList()
As Variant, ByRef vtMemberList() As Variant) As Long
Sub getpagepovchoices_test()
Dim DimList As Variant
Dim MemList As Variant
sts = HypOpenForm(Empty, "/Forms/data1", "data1", DimList, MemList)
MsgBox (sts)
End Sub
セル関数
セル関数は、データ・セルとその内容に関する操作の実行と情報の取得を行いま
す。
l
207 ページの「HypGetDimMbrsForDataCell」
l
209 ページの「HypCell」
l
211 ページの「HypFreeDataPoint」
l
211 ページの「HypGetCellRangeForMbrCombination」
l
213 ページの「HypGetDataPoint」
l
214 ページの「HypIsCellWritable 」
l
215 ページの「HypSetCellsDirty」
l
215 ページの「HypDeleteAllLROs」
l
216 ページの「HypDeleteLROs」
l
217 ページの「HypAddLRO」
l
218 ページの「HypUpdateLRO」
l
219 ページの「HypListLROs」
l
220 ページの「HypRetrieveLRO」
l
221 ページの「HypExecuteDrillThroughReport」
l
222 ページの「HypGetDrillThroughReports」
HypGetDimMbrsForDataCell
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 207
説明
HypGetDimMbrsForDataCell()はデータ・セルに対する次元メンバーのセット全体
を取得します。
構文
HypGetDimMbrsForDataCell (vtSheetName [in], vtCellRange [in], vtServerName [out],
vtAppName [out], vtCubeName [out], vtFormName [out], vtDimensionNames [out],
vtMemberNames [out])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtCellRange As Variant
ByRef vtServerName As Variant
ByRef vtAppName As Variant
ByRef vtCubeName As Variant
ByRef vtFormName As Variant
ByRef vtDimensionNames As Variant
ByRef vtMemberNames As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtCellRange: 書込み可能かどうかをチェックする必要のあるセルの範囲(1 セルの
み)。
pvtServerName: シート上の関連する接続が接続しているサーバーの名前
pvtApplicationName: シート上の関連する接続が接続しているアプリケーションの
名前
pvtCubeName: シート上の関連する接続が接続しているキューブ/データベース
(Planning の場合はプラン・タイプ)の名前
pvtFormName: シート上の関連する接続が接続しているフォームの名前(アド・ホッ
ク・グリッドの場合、これは空の文字列として戻されます)
pvtDimensionNames: 次元名の配列
pvtMemberNames: メンバー名の配列
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
208 VBA 関数
例
Public Declare Function HypGetDimMbrsForDataCell Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtCellRange As Variant, _ ByRef vtServerName As Variant, ByRef
vtAppName As Variant, _ ByRef vtCubeName As Variant, ByRef vtFormName As Variant, _
ByRef vtDimensionNames As Variant, ByRef vtMemberNames As Variant) As Long
Sub TestGetDimMbrsForDataCell()
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
oRet As Long
oSheetName As String
oSheetDisp As Worksheet
vtDimNames As Variant
vtMbrNames As Variant
vtServerName As Variant
vtAppName As Variant
vtCubeName As Variant
vtFormName As Variant
lNumDims As Long
lNumMbrs As Long
sPrintMsg As String
oSheetName = Empty
Set oSheetDisp = Worksheets(oSheetName$)
oRet = HypGetDimMbrsForDataCell("", oSheetDisp.Range("B2"), vtServerName, vtAppName,
vtCubeName, vtFormName, vtDimNames, vtMbrNames)
If (oRet = SS_OK) Then
If IsArray(vtDimNames) Then
lNumDims = UBound(vtDimNames) - LBound(vtDimNames) + 1
End If
If IsArray(vtMbrNames) Then
lNumMbrs = UBound(vtMbrNames) - LBound(vtMbrNames) + 1
End If
sPrintMsg = "Number of Dimensions = " & lNumDims & " Number of Members = " &
lNumMbrs & " Cube Name - " & vtCubeName
MsgBox (sPrintMsg)
End If
End Sub
HypCell
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypCell()は、単一のメンバーの組合せについてセル値を取得します。
Smart View での VBA 関数について 209
構文
HypCell(vtSheetName, ParamArray MemberList())
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal ParamArray MemberList() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
MemberList: データ値を取得するメンバーの組合せを説明する文字列のリスト。
MemberList が NULL または空である場合は、最上位レベルの値が使用されます。
メンバーは"Dimension#Member"の形式で表されます。たとえ
ば、"Year#Jan"や"Market#East"のようになります。
戻り値
正常に終了した場合は、データ・ポイントの値を戻します。シートを判別できな
い場合、またはシートがデータ・ソースに接続されていない場合は、#No Connection
を戻します。メンバーが正しくない場合は、「無効なメンバー メンバー名」また
は「次元 次元名」という文字列を戻します。
例
Declare Function HypCell Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ParamArray
MemberList() As Variant) As Variant
Sub InCell()
Dim X As String
X=HypCell(Empty, "Year#Qtr1", "Scenario#Actual", "Market#Oregon")
If X = "#No Connection" Then
MsgBox("Not logged in, or sheet not active.")
Else
If Left(X, 15) = "#Invalid member" then
MsgBox("Member name incorrect.")
Else
MsgBox(X + " Value retrieved successfully.")
End If
End If
End Sub
注: 戻されたデータ・ポイントの値が、自動的にスプレッドシート内のセルに
配置されることはありません。この値をセルに配置するには、Visual Basic
の選択メソッドおよび ActiveCell プロパティを使用します。詳細は、Visual
Basic のドキュメントを参照してください。
210 VBA 関数
HypFreeDataPoint
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypFreeDataPoint()は、HypGetDataPoint で割り当てられたメモリーを解放します。
構文
HypFreeDataPoint()
ByRef vtInfo As Variant
パラメータ
vtInfo: HypGetDataPoint から戻される Variant 型の配列。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻します。正常に終了しなかった場合は-15 を戻しま
す。
例
HypFreeDataPoint の例は、213 ページの「HypGetDataPoint」を参照してください。
HypGetCellRangeForMbrCombination
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
説明
HypGetCellRangeForMbrCombination()は選択したメンバーの組合せのセル範囲を取
得します。
構文
HypGetCellRangeForMbrCombination (vtSheetName [in], ppvtDimNames [in],
ppvtMbrNames [in], pvtCellIntersectionRange [out])
By Val vtSheetName As Variant
ByRef vtDimNames As Variant
ByRef vtMbrNames As Variant
ByRef vtCellIntersectionRange As Variant
Smart View での VBA 関数について 211
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
ppvtDimNames: 次元名の配列
ppvtMbrNames: 次元に対応するメンバー名の配列(同じ順序)
pvtCellIntersectionRange: グリッド上のセル(複数可)の範囲
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
例
Public Declare Function HypGetCellRangeForMbrCombination Lib "HsAddin" (ByVal
vtSheetName As Variant, ByRef vtDimNames() As Variant, ByRef vtMbrNames() As Variant,
ByRef vtCellIntersectionRange As Variant) As Long
Sub GetCellRangeForMbrCombination()
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
oRet As Long
oSheetName As String
oSheetDisp As Worksheet
vtDimNames(3) As Variant
vtMbrNames(3) As Variant
vtReturnCellRange As Variant
oRange As Range
'oSheetName = Empty
'Set oSheetDisp = Worksheets(oSheetName$)
vtDimNames(0) = "Measures"
vtDimNames(1) = "Market"
vtDimNames(2) = "Year"
vtDimNames(3) = "Product"
'vtDimNames(4) = ""
vtMbrNames(0) = "Sales"
vtMbrNames(1) = "New York"
vtMbrNames(2) = "Year"
vtMbrNames(3) = " Product"
'vtMbrNames(4) = ""
oRet = HypGetCellRangeForMbrCombination ("", vtDimNames, vtMbrNames,
vtReturnCellRange)
If (oRet = 0) Then
Set oRange = vtReturnCellRange
End If
212 VBA 関数
HypGetDataPoint
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypGetDataPoint()は、単一データ・セルのメンバー情報を取得します。たとえば、
セル B6 におけるデータの交差を構成するメンバーを見つける場合、
HypGetDataPoint は、メンバーである January、California、Actual、Root Beer、
Profit を戻します。
構文
HypGetDataPoint (vtSheetName, vtCell)
By Val vtSheetName As Variant
By Val vtCell As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtCell: メンバーの組合せ情報を取得する参照セルを示すセル(範囲)。
戻り値
メンバー名の配列を戻します。
例
Declare Function HypGetDataPoint Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal cell As Variant) As Variant
Sub DataPointsSub()
Dim vt As Variant
Dim cbItems As Variant
Dim i As Integer
Dim pMember As String
vt = HypGetDataPoint(Empty, range (“B3”)).
If IsArray(vt) Then
cbItems = UBound(vt) - LBound(vt) + 1
MsgBox ("Number of elements = " + Str(cbItems))
For i = LBound(vt) To UBound(vt)
MsgBox ("Member = " + vt(i))
Next
X = HypFreeDataPoint(vt)
Else
MsgBox ("Return Value = " + Str(vt))
End If
Smart View での VBA 関数について 213
End Sub
HypIsCellWritable
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypIsCellWritable()はセルが書込み可能かどうかをチェックします。
構文
HypIsCellWritable (vtSheetName [in], vtCellRange [out])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtCellRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtCellRange: 書込み可能かどうかをチェックする必要のあるセルの範囲(1 セルの
み)。
戻り値
セルが書込み可能な場合は VARIANT_TRUE を戻し、それ以外の場合は
VARIANT_FALSE を戻します。
例
Public Declare Function HypIsCellWritable Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtCellRange As Variant) As Boolean
Sub TestIsCellWritable()
Dim oRet As Boolean
Dim oSheetName As String
Dim oSheetDisp As Worksheet
oSheetName = Empty
Set oSheetDisp = Worksheets(oSheetName$)
oRet = HypIsCellWritable (Empty, oSheetDisp.Range("G2"))
End Sub
214 VBA 関数
HypSetCellsDirty
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetCellsDirty()は、送信データの選択したデータ範囲にダーティというマーク
を付けます。
構文
HypSetCellsDirty (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: ダーティのマークを付ける Variant 型のデータ範囲。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetCellsDirty Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtRange As Variant) As Long
Sub SetDirtyCells()
X=HypSetCellsDirty (Empty, Range (“A3:B3”)
End Sub
HypDeleteAllLROs
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypDeleteAllLROs()は、すべてのリンク・レポート・オブジェクトを
vtSelectionRange パラメータで指定されたセルから削除します。
Smart View での VBA 関数について 215
構文
HypDeleteAllLROs (vtSheetName,vtSelectionRange)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelectionRange: このセル範囲からすべてのリンク・レポート・オブジェクトを削
除します
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypDeleteAllLROs Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant) As Long
Sub HypDeleteAllLROs
sts = HypDeleteAllLROs("Sheet1", Range("B3"))
End Sub
HypDeleteLROs
説明
HypDeleteLROs()は、1 つ以上のリンク・レポート・オブジェクトを vtSelectionRange
パラメータで指定されたセルから削除します。
構文
HypDeleteLROs (vtSheetName,vtSelectionRange,vtLROIDs())
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByRef vtLROIDs() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
216 VBA 関数
vtSelectionRange: 入力パラメータ。このセル範囲からすべてのリンク・レポート・
オブジェクトを削除します
vtLROIDs(): 入力パラメータ。削除する LRO ID の配列。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypDeleteLROs Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant) As Long
Sub HypDeleteLROs()
sts = HypDeleteLROs("Sheet1", Range("B3"), LROIDs)
End Sub
HypAddLRO
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypAddLRO()は、リンク・レポート・オブジェクトを vtSelectionRange パラメータ
で指定されたセルに追加します。
構文
HypAddLRO(vtSheetName, vtSelectionRange, vtlType, vtName, vtDescription)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByVal vtlType As Variant
ByVal vtName As Variant
ByVal vtDescription As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelectionRange: 入力パラメータ。リンク・レポート・オブジェクトに関連付ける
セルの範囲。
vtlType: 入力パラメータ。定数として表されるリンク・レポート・オブジェクト
l
1 - セル・ノート
Smart View での VBA 関数について 217
l
2 - ファイル
l
3 - URL
vtName: 入力パラメータ。ファイルの場所とファイル名と URL 情報。セル・ノー
トには使用されません。
vtDescription: 入力パラメータ。セル・ノート、ファイルまたは URL の説明。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypAddLRO Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, _
ByVal vtSelectionRange As Variant, _ ByVal vtlType As Variant, _ByVal vtName As
Variant, _ ByVal vtDescription As Variant) As Long
Sub HypAddLRO()
sts = HypAddLRO("Sheet1", Range("B3"), 1, "", "Hello World")
End Sub
HypUpdateLRO
説明
HypUpdateLRO()は、vtSelectionRange パラメータで指定されたセルに関連付けられ
ているリンク・レポート・オブジェクトを更新します。
構文
HypUpdateLRO(vtSheetName, vtSelectionRange, vtID,vtlType, vtName, vtDescription)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByVal vtID As Variant
ByVal vtlType As Variant
ByVal vtName As Variant
ByVal vtDescription As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
218 VBA 関数
vtSelectionRange: 入力パラメータ。リンク・レポート・オブジェクトに関連付ける
セルの範囲。
vtID: 入力パラメータ。更新するリンク・レポート・オブジェクトの ID
vtlType: 入力パラメータ。定数として表されるリンク・レポート・オブジェクトの
タイプ
l
1 - セル・ノート
l
2 - ファイル
l
3 - URL
vtName: 入力パラメータ。ファイルの場所とファイル名と URL 情報。セル・ノー
トには使用されません。
vtDescription: 入力パラメータ。セル・ノート、ファイルまたは URL の説明。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypUpdateLRO Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant,ByVal vtID As Variant,ByVal vtlType As
Variant,ByVal vtName As Variant,ByVal vtDescription As Variant) As Long
Sub HypUpdateLRO
sts = HypUpdateLRO("Sheet1", Range("B3"), "2", 2, "d:\test2.txt", "linked object")
End Sub
HypListLROs
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypListLROs()は、vtSelectionRange パラメータで指定されたセルに関連付けられて
いるすべてのリンク・レポート・オブジェクトを表示します。
構文
HypListLROs (vtSheetName,vtSelectionRange,vtLRO As LRO_Info)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByRef vtLRO As LRO_Info
Smart View での VBA 関数について 219
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelectionRange: 入力パラメータ。このセル範囲からすべてのリンク・レポート・
オブジェクトを表示します
vtLRO: 出力パラメータ。リンク・レポート・オブジェクトの 2 次元配列
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypListLROs Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant,ByRef vtLRO As LRO_Info) As Long
Dim
Sub
sts
End
ObjectList As LRO_Info
HypListLROs()
= HypListLROs("Sheet1", Range("B3"), ObjectList)
Sub
HypRetrieveLRO
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypRetrieveLRO()は、vtSelectionRange パラメータで指定されたセルに関連付けら
れているリンク・レポート・オブジェクトを取得します。
構文
HypRetrieveLRO(vtSheetName, vtSelectionRange, vtID,vtlType, vtName, vtDescription)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByVal vtID As Variant
ByVal vtName As Variant
ByVal vtDescription As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelectionRange: 入力パラメータ。リンク・レポート・オブジェクトに関連付ける
セルの範囲。
220 VBA 関数
vtID: 入力パラメータ。取得するリンク・レポート・オブジェクトの ID。これは
HypListLROs の実行時に指定されます。
vtName: 出力パラメータ。リンク・レポート・オブジェクトの名前
vtDescription: 出力パラメータ。取得したリンク・レポート・オブジェクトの説明。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypRetrieveLRO Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant,ByVal vtID,ByRef vtName,ByRef
vtDescription) As Long
Sub HypRetrieveLRO
sts = HypRetrieveLRO("Sheet1", Range("B3"), "1", vtName, vtDescription)
End Sub
HypExecuteDrillThroughReport
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypExecuteDrillThroughReport()は、指定されたドリルダウン・レポートを実行し
ます。222 ページの「HypGetDrillThroughReports」も参照してください。
構文
HypExecuteDrillThroughReport(vtSheetName,vtSelectionRange,vtID,vtName,vtURL,vtU
RLTemplate,vtType)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByVal vtID As Variant
ByVal vtName As Variant
ByVal vtURL As Variant
ByVal vtURLTemplate As Variant
ByVal vtType As Variant
Smart View での VBA 関数について 221
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtSelectionRange: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートを実行するセルの範囲
vtID: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートの実行 ID。これは
HypGetDrillThroughReport の実行時にサーバーから戻されます。
vtName: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートの名前。これは
HypGetDrillThroughReport の実行時にサーバーから戻されます。
vtURL: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートの URL。これは
HypGetDrillThroughReport の実行時にサーバーから戻されます。
vtURLTemplate: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートの URL テンプレート。
これは HypGetDrillThroughReport の実行時にサーバーから戻されます。
vtType: 入力パラメータ。ドリルダウン・レポートのタイプ。これは
HypGetDrillThroughReport の実行時にサーバーから戻されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypExecuteDrillThroughReport Lib "HsAddin" (ByVal
vtSheetName As Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant,ByVal vtID As Variant,ByVal
vtName As Variant,ByVal vtURL As Variant,ByVal vtURLTemplate As Variant,ByVal vtType
As Variant) As Long
Sub HypExecuteDrillThroughReport()
sts = HypExecuteDrillThroughReport("Sheet3", Range("B3"), ids(0), names(0), "", "",
"")
End Sub
HypGetDrillThroughReports
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetDrillThroughReports()は、ドリルスルー・レポートのリストを取得します。
221 ページの「HypExecuteDrillThroughReport」も参照してください。
構文
HypGetDrillThroughReports(vtSheetName,vtSelectionRange,vtIDs,vtNames,vtURLs,vtU
RLTemplates,vtTypes)
222 VBA 関数
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtSelectionRange As Variant
ByVal vtIDs As Variant
ByVal vtNames As Variant
ByVal vtURLs As Variant
ByVal vtURLTemplates As Variant
ByVal vtTypes As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます
vtSelectionRange: ドリルスルー・レポートを実行するセルの範囲
vtIDs: 出力パラメータ。サーバーから戻された ID の配列
vtNames: 出力パラメータ。サーバーから戻された名前の配列
vtURLs:出力パラメータ。サーバーから戻された URL の配列
vtURLTemplates: 出力パラメータ。サーバーから戻された URL テンプレートの配
列
vtTypes: 出力パラメータ。サーバーから戻されたタイプの配列
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypGetDrillThroughReports Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName
As Variant,ByVal vtSelectionRange As Variant,ByRef vtIDs As Variant,ByRef vtNames As
Variant,ByRef vtURLs As Variant,ByRef vtURLTemplates As Variant,ByRef vtTypes As
Variant) As Long
Sub HypGetDrillThroughReports()
sts = HypGetDrillThroughReports("Sheet3", Range("B3"), ids, names, urls,
urltemplates, types)
End Sub
POV 関数
POV 関数は、POV の設定を指定または取得します。
l
224 ページの「HypSetPOV」
l
225 ページの「HypGetBackgroundPOV」
Smart View での VBA 関数について 223
l
226 ページの「HypSetBackgroundPOV」
l
226 ページの「HypGetPagePOVChoices」
l
227 ページの「HypSetPages」
l
228 ページの「HypGetMembers」
l
229 ページの「HypSetMembers 」
l
230 ページの「HypGetActiveMember」
l
231 ページの「HypSetActiveMember」
l
232 ページの「HypGetDimensions」
l
233 ページの「HypSetDimensions」
HypSetPOV
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetPOV()は、選択したシートの POV を設定します。
構文
HypSetPOV(vtSheetName ParamArray MemberList())
ByVal vtSheetName As Variant
ParamArray MemberList() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
MemberList: データ値を取得するメンバーの組合せを説明する文字列のリスト。
MemberList が NULL 値であるか空である場合は、最上位レベルの値が使用されま
す。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetPOV Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName, ParamArray
MemberList() As Variant) As Long
Sub SetPOV()
X=HypSetPOV (Empty,”Year#Qtr1”, “Market#East”)
224 VBA 関数
End Sub
HypGetBackgroundPOV
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypGetBackgroundPOV()は、バックグラウンド POV メンバーのリストを 2 つの文
字列配列として戻します。一方の文字列配列には POV 次元名が含まれます; もう
一方にはメンバー名が含まれます。
構文
HypGetBackgroundPOV (vtFriendlyName, vtDimensionNames, vtMemberNames)
ByVal vtFriendlyName As Variant
ByRef vtDimensionNames As Variant
ByRef vtMemberNames As Variant
パラメータ
vtFriendlyName: 入力変数。データ・ソース・プロバイダの接続名です。
vtDimensionNames: 出力変数。次元名配列が含まれます。
vtMemberNames: 出力変数。メンバー名配列が含まれます(POV 次元当たり 1 メン
バー)
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。
Public Declare Function HypGetBackgroundPOV Lib "HsAddin" (ByVal vtFriendlyName As
Variant, ByRef vtDimensionNames As Variant, ByRef vtMemberNames As Variant) As Long
Sub GetBackgroundPOV()
sts = con = HypGetBackgroundPOV("stm10026_Sample_Basic", vtDim, vtMem)
End Sub
Smart View での VBA 関数について 225
HypSetBackgroundPOV
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetBackgroundPOV()は、POV マネージャの接続オブジェクト用の POV を設定
します。
構文
HypSetBackgroundPOV(vtFriendlyName, ParamArray MemberList())
ByVal vtFriendlyName As Variant
ParamArray MemberList() As Variant
パラメータ
vtFriendlyName: データ・ソース・プロバイダの接続名。
MemberList: データ値を取得するメンバーの組合せを説明する文字列のリスト。
MemberList が NULL または空である場合は、最上位レベルの値が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetBackgroundPOV Lib "HsAddin" (ByVal vtFriendlyName,
ParamArray MemberList() As Variant) As Long
Sub SetBGPOV()
X=HypSetBackgroundPOV (“My Connection”,”Year#Qtr1”, “Market#East”)
End Sub
HypGetPagePOVChoices
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypGetPagePOVChoices()は、特定の次元で使用可能なメンバー名およびメンバー
の説明を戻します。
226 VBA 関数
構文
HypGetPagePOVChoices(vtSheetName, vtDimensionName, vtMbrNameChoices,
vtMbrDescChoices)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByRef vtMbrNameChoices As Variant
ByRef vtMbrDescChoices As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtDimensionName: POV の次元名
vtMbrNameChoices: 正常に終了した場合にメンバー名の配列を格納する出力パラ
メータ
vtMbrDescChoices: 正常に終了した場合にメンバーの説明の配列を格納する出力パ
ラメータ
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypGetPagePOVChoices Lib "HsAddin As Long
Sub getpagepovchoices_test()
Dim mbrName As Variant
Dim mbrDesc As Variant
sts = HypGetPagePOVChoices("Sheet7", "Entity", mbrName, mbrDesc)
MsgBox (sts)
End Sub
HypSetPages
データ・ソース・タイプ: Planning (フォームのみ)、Financial Management (フォー
ムのみ)、Hyperion Enterprise (フォームのみ)
説明
HypSetPages()は、選択したシートのページ・メンバーを設定します。
Smart View での VBA 関数について 227
構文
HypSetPages (ByVal vtSheetName, ParamArray MemberList())
ByVal vtSheetName As Variant
ParamArray MemberList() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
ParamArray MemberList(): 必要なページ・メンバー・アイテムのリストを
Dimension#Current Member のフォーマットで表したもの。MemberList が NULL
または空である場合は、最上位レベルの値が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypSetPages Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName, ParamArray
MemberList() As Variant) As Long
Sub SetPages()
X=HypSetPages (Empty,”Entity#Operations”,”Scenario#Current”
End Sub
HypGetMembers
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypGetMembers()は、グリッドに存在する特定の次元に対して選択または使用し
たメンバーのリストを取得します。
Essbase および Planning の場合、メンバー名は選択した別名テーブルに基づきま
す。
Financial Management の場合、2 番目の配列は説明を戻します。
POV (フォーム)、ページ(アド・ホック)およびユーザー変数の場合は、単一メン
バーが戻されます。
ユーザー変数を一意に識別するには、次元名ではなくユーザー変数名を指定しま
す。
228 VBA 関数
構文
HypGetMembers (vtSheetName, vtDimensionName, vtMbrNameChoices,
vtMbrDescChoices)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByRef vtMbrNameChoices As Variant
ByRef vtMbrDescChoices As Variant
パラメータ
vtSheetName: 入力変数。リストを取得する必要のあるシート名が含まれます。
vtDimensionName: 入力変数。使用または選択したメンバー・リストを戻す必要の
ある次元名が含まれます
vtMbrNameChoices: 出力変数。使用するメンバー名の配列です。
vtMbrDescChoices: 出力変数。メンバー名の説明の配列です。Essbase および
Planning の場合、これはメンバー名と同じです。このリストは、次元が行/列タイ
プの場合に空になります。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。
Public Declare Function HypGetMembers Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtDimensionName As Variant, ByRef vtMbrNameChoices As Variant, ByRef
vtMbrDescChoices As Variant) As Long
Sub GetDimensionsMemberList()
sts = HypGetMembers("Sheet1", "Year", vtMbr, vtDes)
End Sub
HypSetMembers
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetMembers()は、アド・ホック・グリッドの POV 次元の選択リスト、および
Financial Management フォームの「ページ」リストを設定します。
Smart View での VBA 関数について 229
この関数は、Planning フォームの「ページ」リストの設定には使用できず、行ま
たは列メンバーの設定にも使用できません。
ユーザーが送信したメンバー・リストは、設定前に検証されます。
構文
HypSetMembers (vtSheetName, vtDimensionName, ParamArray MemberList())
ByVal vtSheetName
ByVal vtDimensionName As Variant
ParamArray MemberList() As Variant
パラメータ
vtSheetName: 入力変数。リストを取得する必要のあるシート名が含まれます
vtDimensionName: 入力変数。使用または選択したメンバー・リストを設定する必
要のある次元名が含まれます
MemberList: 入力変数。選択肢として設定するメンバー名の配列です
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。注意: InvalidMember はエンティティ次元に属さないため、次元選択
のリストには含まれません。
Public Declare Function HypSetMembers Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName, ByVal
vtDimensionName As Variant, ParamArray MemberList() As Variant) As Long
Sub SetPOVChoices()
sts = HypSetMembers("Sheet1", "Entity", "Regional", "InvalidMember", "None")
End Sub
HypGetActiveMember
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypGetActiveMember()は、特定の次元のアクティブ・メンバー名を戻します。ペー
ジ次元、POV 次元およびユーザー変数のアクティブ・メンバーは、アド・ホック
またはフォーム・ワークシートで取得できます。行次元と列次元は戻されません。
230 VBA 関数
構文
HypGetActiveMember (vtDimName, vtMember)
ByVal vtDimName As Variant
ByRef vtMember As Variant
パラメータ
vtDimName: 入力変数。アクティブ・メンバーを取得する必要のある次元名です。
vtMember: 出力変数。戻されるアクティブ・メンバー名です。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。
Public Declare Function HypGetActiveMember Lib "HsAddin" (ByVal vtDimName As
Variant, ByRef vtMember As Variant) As Long
Sub GetActiveMemberName()
sts = HypGetActiveMember("Market", vtMem)
End Sub
HypSetActiveMember
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetActiveMember()は、次に示す特定次元のアクティブ・メンバーを設定しま
す: ページ、POV およびユーザー変数。行次元と列次元には適用されません。
構文
HypSetActiveMember (vtDimName, vtMember)
ByVal vtDimName As Variant
ByVal vtMember As Variant
Smart View での VBA 関数について 231
パラメータ
vtDimName: 入力変数。アクティブ・メンバーを変更または設定する必要のある次
元名です。
vtMember: 入力変数。設定するアクティブ・メンバーです。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。
Public Declare Function HypSetActiveMember Lib "HsAddin" (ByVal vtDimName As
Variant, ByVal vtMember As Variant) As Long
Sub SetActiveMemberName()
sts = HypSetActiveMember("Market", “Washington”)
End Sub
HypGetDimensions
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
HypGetBackgroundPOV()は、バックグラウンド POV メンバーのリストを 2 つの文
字列配列として戻します。一方の文字列配列には POV 次元名が含まれます; もう
一方にはメンバー名が含まれます。
説明
HypGetDimensions()は、グリッド内の次元名を含む配列と、対応するそれらのタ
イプを含む配列を戻します。
タイプ配列には、次の列挙を使用して識別できる 5 つの可能なタイプ(行、列、
ページ、POV、ユーザー変数)があります:
Enum DIMENSION_TYPE
ROW_DIM = 0
COL = 1
POV = 2
PAGE = 3
USERVAR = 5
End Enum
ユーザー変数を一意に識別するには、次元名ではなくユーザー変数名を使用しま
す。
232 VBA 関数
構文
HypGetDimensions (vtSheetName, vtDimNames, vtType)
ByVal vtSheetName
ByRef vtDimNames As Variant
ByRef vtType As Variant
パラメータ
vtSheetName: 入力変数。リストを取得する必要のあるシート名が含まれます。
vtDimNames: 出力変数。グリッドに存在する次元名の配列が含まれます。
vtType: 出力変数。それぞれの次元のタイプ情報が含まれます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることと、グリッドがあることを想定
しています。
Public Declare Function HypGetDimensions Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName, ByRef
vtDimNames As Variant, ByRef vtType As Variant) As Long
Sub GetDimensionsOnGrid()
sts = HypGetDimensions("Sheet1", vtDim, vtType)
End Sub
HypSetDimensions
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypSetDimensions()を使用すると、グリッド内の次元名を含む配列や、対応するそ
れらのタイプを含む配列を指定できます。
この関数は、グリッドのメタデータを再調整します。デフォルト・グリッドでは
なく特定のレイアウトでアド・ホックを開始する場合に、グリッド・レイアウト
の設定に使用します。これをすでに使用されているか確立されているアド・ホッ
ク・レポートで使用すると、次の効果があります:
l
グリッド全体のレイアウトが再配置されます
l
コメント、式およびフォーマットは失われます
Smart View での VBA 関数について 233
タイプ配列には、次の列挙を使用して指定できる 5 つの可能なタイプ(行、列、
ページ、POV、ユーザー変数)があります:
Enum DIMENSION_TYPE
ROW_DIM = 0
COL = 1
POV = 2
PAGE = 3
USERVAR = 5
End Enum
構文
HypSetDimensions(vtSheetName, vtDimNames(), vtType())
ByVal vtSheetName
ByRef vtDimNames() As Variant
ByRef vtType() As Variant)
パラメータ
vtSheetName: 入力変数。リストを取得する必要のあるシート名が含まれます。
vtDimNames(): 入力変数。グリッドに存在する次元名の配列が含まれます。
vtType(): 入力変数。それぞれの次元のタイプ情報が含まれます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
この例では、ワークシートが接続されていることを想定しています。
Public Declare Function HypSetDimensions Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName, ByRef
vtDimNames() As Variant, ByRef vtType() As Variant) As Long
Sub test()
'assumption: sheet already connected and has a grid
Dim dims(3) As Variant
Dim types(3) As Variant
dims(0) = "Product"
dims(1) = "Market"
dims(2) = "Scenario"
dims(3) = "Measures"
types(0) = ROW_DIM
types(1) = COL
types(2) = POV
types(3) = POV
sts = HypSetDimensions("Sheet2", dims, types)
234 VBA 関数
End Sub
計算スクリプトおよびビジネス・ルール関数
計算スクリプトおよびビジネス・ルール関数は、計算スクリプトおよびビジネス・
ルールを取得または実行します。
l
235 ページの「HypListCalcScripts」
l
236 ページの「HypListCalcScriptsEx 」
l
237 ページの「HypExecuteCalcScript」
l
238 ページの「HypExecuteCalcScriptEx」
l
243 ページの「HypDeleteCalc」
HypListCalcScripts
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypListCalcScripts()は、Essbase サーバーに存在するすべての計算スクリプトをリ
ストします。
構文
HypListCalcScripts (vtSheetName, vtScriptArray)
ByVal vtSheetName As Variant
ByRef vtScriptArray As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtScriptArray: この配列にはビジネス・ルール・スクリプトが戻されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypListCalcScripts Lib "HsAddin" (ByVal sheetName As
Variant,ByRef scriptArray) As Long
Dim sts As Long
Dim paramList As Variant
Smart View での VBA 関数について 235
sts=HypListCalcScripts (Empty,paramList)
If IsArray(paramList) Then
cbItems = UBound(paramList) - LBound(paramList) + 1
MsgBox ("Number of elements = " + Str(cbItems))
For i = LBound(paramList) To UBound(paramList)
MsgBox ("Member = " + paramList(i))
Next
Else
MsgBox ("Return Value = " + sts))
End If
HypListCalcScriptsEx
データ・ソース: Essbase、Planning
説明
HypListCalcScriptsEx()はすべてのビジネス・ルールをリストします。
注: 詳細および例は、HypExecuteCalcScriptsEx の使用方法を参照してください。
構文
HypListCalcScriptsEx (vtSheetName [in], vtbRuleOnForm [in], pvtArCubeNames [out],
pvtArBRNames [out], pvtArBRTypes [out], pvtArBRHasPrompts [out],
pvtArBRNeedPageInfo [out], pvtArBRHidePrompts [out])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtbRuleOnForm As Variant
ByRef vtCubeNames As Variant
ByRef vtBRNames As Variant
ByRef vtBRTypes As Variant
ByRef vtBRHasPrompts As Variant
ByRef vtBRNeedsPageInfo As Variant
ByRef vtBRHidePrompts As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtbRuleOnForm: ユーザーが、シート上の開いているフォームにのみ関連付けられ
ているビジネス・ルールをリストするよう求めているかどうかを示すブール値。
この引数が FALSE の場合、アプリケーションに関連付けられているすべてのビジ
ネス・ルールが戻されます。
pvtArCubeNames: ビジネス・ルールに関連付けられているキューブ名(Planning の
場合はプラン・タイプ)の配列
236 VBA 関数
pvtArBRNames: ビジネス・ルール名の配列
pvtArBRTypes: ビジネス・ルール・タイプの配列
pvtArBRHasPrompts: - ビジネス・ルールに実行時のプロンプトがあるかどうかを
示すブール値の配列
pvtArBRNeedPageInfo: ビジネス・ルールの実行にシート上のページ情報が必要か
どうかを示すブール値の配列
pvtArBRHidePrompts: そのビジネス・ルールの RTP が非表示となっているかどう
かを示すブール値の配列
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
HypExecuteCalcScript
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypExecuteCalcScript()は、計算スクリプト(ビジネス・ルール・スクリプト)を使用
して、サーバー側での計算を開始します。
構文
HypExecuteCalcScript (vtSheetName, vtCalcScript, bSynchronous)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtCalcScript As Variant
ByVal bSynchronous As Boolean
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtCalcScript: Analytic Server 上のデータベース・ディレクトリ内で実行する計算ス
クリプトの、テキストによる名前。デフォルトの計算スクリプトを実行するに
は、"Default"を使用します。
bSynchronous: 計算スクリプトを同時に実行するかどうかを示すブール値。同期が
NULL 値であるか空である場合は、TRUE が使用されます。現在このフラグは使用
されていません。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 237
例
Declare Function HypExecuteCalcScript Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtCalcScript As Variant, ByVal bSynchronous As Variant) As Long
Sub RunCalculate()
X = HypExecuteCalcScript (Empty, "Default", False)
If X = 0 Then
MsgBox("Calculation complete.")
Else
MsgBox("Calculation failed.")
End If
End Sub
HypExecuteCalcScriptEx
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning
説明
HypExecuteCalcScriptEx()は選択されたビジネス・ルールを起動します。
構文
HypExecuteCalcScriptEx(vtSheetName [in], vtCubeName [in], vtBRName [in], vtBRType
[in], vtbBRHasPrompts [in], vtbBRNeedPageInfo [in], vtRTPNames() [in], vtRTPValues()
[in], vtbShowRTPDlg [in], vtbRuleOnForm [in], vtbBRRanSuccessfuly [out], vtCubeName
[out], vtBRName [out], vtBRType [out], vtbBRHasPrompts [out], vtbBRNeedPageInfo
[out], vtbBRHidePrompts [out], vtRTPNamesUsed [out], vtRTPValuesUsed [out])
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtCubeName As Variant
ByVal vtBRName As Variant
ByVal vtBRType As Variant
ByVal vtbBRHasPrompts As Variant
ByVal vtbBRNeedPageInfo As Variant
ByRef vtRTPNames() As Variant
ByRef vtRTPValues() As Variant
ByVal vtbShowRTPDlg As Variant
ByVal vtbRuleOnForm As Variant
ByRef vtbBRRanSuccessfuly As Variant
ByRef vtCubeName As Variant
ByRef vtBRName As Variant
238 VBA 関数
ByRef vtBRType As Variant
ByRef vtbBRHasPrompts As Variant
ByRef vtbBRNeedPageInfo As Variant
ByRef vtbBRHidePrompts As Variant
ByRef vtRTPNamesUsed As Variant
ByRef vtRTPValuesUsed As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtCubeName: ビジネス・ルールが関連付けられているキューブ名(Planning の場合
はプラン・タイプ)
vtBRName: 実行する BR のビジネス・ルール名
vtBRType: 実行する BR のビジネス・ルール・タイプ
vtbBRHasPromps: ビジネス・ルールに RTP があるかどうかを示すブール値
vtbNeedPageInfo: ビジネス・ルールの実行にページ情報が必要かどうかを示すブー
ル値(この情報は HypListCalcScriptsEx から、または前回の HypExecuteCalcScriptEx
の実行結果から取得します)
ppRTPNames: ビジネス・ルールに関連付けられている RTP 名の配列
ppRTPValues: RTP 名に対応する RTP 値の配列
vtbShowBRDlg:「ビジネス・ルール」ダイアログ・ボックスを表示してユーザーに
実行するビジネス・ルールを選択させるか、BR を自動実行するかを指定するブー
ル値。このフラグが TRUE の場合、その BR に関連するすべての入力パラメータ
は無視されます。推奨事項: BR の初回実行時にはこのフラグを TRUE に設定し、
出力パラメータを使用して 2 回目以降から同じ BR の実行を自動化してください。
その場合、このフラグを 2 回目以降は FALSE に設定する必要があります
vtbRuleOnForm: アクティブ・シート上で開いているフォームにビジネス・ルール
が関連付けられているかどうかを示すブール値
pvtbBRRanSuccessfully: 前回のビジネス・ルールの実行が正常に行われたかどうか
を示すブール値を戻します
pvtCubeNameUsed: 最終実行ビジネス・ルールに関連付けられているキューブ名
(Planning の場合はプラン・タイプ)
pvtBRNameUsed: 最終実行ビジネス・ルールのビジネス・ルール名
pvtBRTypeUsed: 最終実行ビジネス・ルールのビジネス・ルール・タイプ
pvtbBRHasPrompts: 最終実行ビジネス・ルールが RTP を有していたかどうかを示
すブール値
pvtbBRNeedPageInfo: 最終実行ビジネス・ルールがページ情報を必要としたかどう
かを示すブール値
Smart View での VBA 関数について 239
pvtbBRHidePrompts: 最終実行ビジネス・ルールが非表示の RTP を有していたかど
うかを示すブール値
pvtRTPNamesUsed: 最終実行ビジネス・ルールの実行に使用された RTP 名の配列
pvtRTPValuesUsed: 最終実行ビジネス・ルールの実行に使用された RTP 名に関連
付けられている RTP 値の配列
戻り値
正常に終了した場合は SS_OK を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コード
を戻します。
例
Declare Function HypListCalcScriptsEx Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtbRuleOnForm As Variant, ByRef vtCubeNames As Variant, ByRef vtBRNames As
Variant, ByRef vtBRTypes As Variant, ByRef vtBRHasPrompts As Variant, ByRef
vtBRNeedsPageInfo As Variant, ByRef vtBRHidePrompts As Variant) As Long
Declare Function HypExecuteCalcScriptEx Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtCubeName As Variant, ByVal vtBRName As Variant, ByVal vtBRType As Variant,
ByVal vtbBRHasPrompts As Variant , ByVal vtbBRNeedPageInfo As Variant, ByRef
vtRTPNames() As Variant, ByRef vtRTPValues() As Variant, ByVal vtbShowRTPDlg As
Variant, ByVal vtbRuleOnForm As Variant, ByRef vtbBRRanSuccessfuly As Variant, ByRef
vtCubeName As Variant, ByRef vtBRName As Variant, ByRef vtBRType As Variant, ByRef
vtbBRHasPrompts As Variant, ByRef vtbBRNeedPageInfo As Variant, ByRef
vtbBRHidePrompts As Variant, ByRef vtRTPNamesUsed As Variant, ByRef vtRTPValuesUsed
As Variant) As Long
Sub TestListAndExecuteCalcScriptsEx()
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
oRet As Long
oSheetName As String
oSheet As Worksheet
vtCubeNames As Variant
vtBRNames As Variant
vtBRTypes As Variant
vtBRHasPrompts As Variant
vtBRNeedsPageInfo As Variant
vtBRHidePrompts As Variant
sAllCalcs As String
sCalcName As String
bNeedPageInfo As Variant
vtInRTPNames() As Variant
vtInRTPValues() As Variant
vtOutRTPNames As Variant
vtOutRTPValues As Variant
vtbBRRanSuccessfully As Variant
vtbBRRanSuccessfully2 As Variant
vtOutCubeName As Variant
vtOutBRName As Variant
vtOutBRType As Variant
240 VBA 関数
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
bBRHasPrompts As Variant
bBRNeedPageInfo As Variant
bBRHidePrompts As Variant
bShowDlg As Variant
bRuleOnForm As Variant
'Set oSheet = ActiveSheet
'oSheetName = oSheet.Name
oSheetName = "Sheet3"
oRet = HypListCalcScriptsEx (oSheetName, False, vtCubeNames, vtBRNames, vtBRTypes,
vtBRHasPrompts, vtBRNeedsPageInfo, vtBRHidePrompts)
If (oRet = 0) Then
If IsArray(vtBRNames) Then
lNumMbrs = (UBound(vtBRNames) - LBound(vtBRNames) + 1)
End If
sPrintMsg = "Number of Calc Scripts = " & lNumMbrs
MsgBox (sPrintMsg)
'Start Executing the Calc Script
bShowDlg = True
bRuleOnForm = False
iScript = 1
oRet = HypExecuteCalcScriptEx (oSheetName, vtCubeNames(iScript),
vtBRNames(iScript), vtBRTypes(iScript), vtBRHasPrompts(iScript),
vtBRNeedsPageInfo(iScript), vtInRTPNames, vtInRTPValues, bShowDlg, bRuleOnForm,
vtbBRRanSuccessfully, vtOutCubeName, vtOutBRName, vtOutBRType,bBRHasPrompts,
bBRNeedPageInfo, bBRHidePrompts, vtOutRTPNames, vtOutRTPValues)
If (oRet = 0) Then
MsgBox ("Last BR ran successfully - " & vtbBRRanSuccessfully)
If (vtbBRRanSuccessfully = True) Then
bShowDlg = False
bRuleOnForm = False
If IsArray(vtOutRTPNames) And IsArray(vtOutRTPValues) Then
lNumRTPNames = (UBound(vtOutRTPNames) - LBound(vtOutRTPNames) + 1)
lNumRTPVals = (UBound(vtOutRTPValues) - LBound(vtOutRTPValues) + 1)
End If
If (lNumRTPNames > 0) Then
ReDim vtInRTPNames(lNumRTPNames - 1) As Variant
ReDim vtInRTPValues(lNumRTPNames - 1) As Variant
For iRTPs = 0 To lNumRTPNames - 1
sBRName = vtOutRTPNames(iRTPs)
sBRVal = vtOutRTPValues(iRTPs)
vtInRTPNames(iRTPs) = sBRName
vtInRTPValues(iRTPs) = sBRVal
Next iRTPs
End If
oRet = HypExecuteCalcScriptEx (oSheetName, vtOutCubeName, vtOutBRName,
Smart View での VBA 関数について 241
vtOutBRType, bBRHasPrompts , bBRNeedPageInfo, vtInRTPNames, vtInRTPValues, bShowDlg,
bRuleOnForm, vtbBRRanSuccessfully2, vtOutCubeName, vtOutBRName, vtOutBRType,
bBRHasPrompts, bBRNeedPageInfo, bBRHidePrompts, vtOutRTPNames, vtOutRTPValues)
MsgBox ("Automated BR ran successfully - " & vtbBRRanSuccessfully2)
End If
Else
sPrintMsg = "Error - " & oRet
MsgBox (sPrintMsg)
End If
Else
sPrintMsg = "Error - " & oRet
MsgBox (sPrintMsg)
End If
End Sub
使用方法
HypExecuteCalcScriptEx の前に HypListCalcScriptsEx が呼び出されたかどうかに応じ
て、HypExecuteCalcScriptEx は 4 つのモードで使用できます。
HypExecuteCalcScriptEx の前に HypListCalcScriptsEx を呼び出していない場合は、
HypListCalcScriptsEx を初めて呼び出す際に、初回の使用のために vtbShowBRDlg 引
数を TRUE に設定し、その後で FALSE に設定する必要があります。
l
vtbShowBRDlg 引数が TRUE の場合(モード 1):
m
m
m
l
入力引数: vtSheetName、vtCubeName、vtbRuleOnForm が使用されます。
vtBRName、vtBRType、vtbBRHasPrompts、vtbNeedPageInfo、ppRTPNames、
ppRTPValues は無視されます。
動作: vtbRuleOnForm の値に応じて「ビジネス・ルール」ダイアログ・ボッ
クスに使用可能なすべてのルールが表示されます。ユーザーが「ビジネ
ス・ルール」ダイアログ・ボックスでビジネス・ルールを選択して実行
し、ダイアログを終了すると、そのビジネス・ルールの詳細が出力引数に
設定され呼び出し側に戻されます。
出力引数: すべての出力引数に値が設定されて呼び出し側に戻され、呼び
出し側はそれらを後続の呼び出しで使用できるようになります。
vtbShowBRDlg 引数が FALSE の場合(モード 2):
m
m
m
入力引数: すべての入力引数が使用されます。
動作: ビジネス・ルールは「ビジネス・ルール」ダイアログ・ボックスを
表示せずに実行され、該当するステータスが呼び出し側に戻されます。
出力引数: 呼び出し側はその特定のビジネス・ルールの実行に必要な全情
報をすでに有しており、呼び出し側に情報を渡す必要がないため、すべて
の出力引数は未変更のままとなります。
HypExecuteCalcScriptEx の前に HypListCalcScriptsEx を呼び出す場合、
HypListCalcScriptsEx が呼び出された時点で、ユーザーはすべてのビジネス・ルー
ルと実行時プロンプト(RTP)に関する情報を取得します(該当する場合)。
242 VBA 関数
ユーザーが RTP のないビジネス・ルールを実行する場合、vtbShowBRDlg 引数に
FALSE を設定して HypExecuteCalcScriptEx を呼び出し、他のすべての情報を入力引
数として提供できます。
ユーザーが RTP のあるビジネス・ルールを実行する場合は、ビジネス・ルールと
その RTP を表示してユーザーがそのビジネス・ルールを実行するための RTP 値を
選択できるよう、vtbShowBRDlg に TRUE を設定して HypExecuteCalcScriptEx を呼
び出す必要があります。(注意: Planning では、表示される RTP がない場合はビジ
ネス・ルールの RTP フラグを TRUE に設定しても差し支えありません。)
l
l
キューブ名、ビジネス・ルール名、およびビジネス・ルール・タイプが空と
して HypExecuteCalcScriptEx で渡された場合(モード 3)、「ビジネス・ルール」
ダイアログ・ボックスが表示され、vtbRuleOnForm 引数に応じてすべてのビジ
ネス・ルールが表示されます。それ以外はすべてモード 1 と同じ動作になり
ます。
キューブ名、ビジネス・ルール名、およびビジネス・ルール・タイプの値が
指定されて HypExecuteCalcScriptEx で渡された場合(モード 4)、「ビジネス・
ルール」ダイアログ・ボックスが表示され、渡されたビジネス・ルール(指定
されたキューブ名に対するビジネス・ルール名)のみがその RTP とともに表示
されます。それ以外はすべてモード 1 と同じ動作になります。
HypDeleteCalc
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypDeleteCalc()は、Essbase サーバーから計算スクリプトを削除します。
構文
HypDeleteCalc (vtSheetName, vtApplicationName, vtDatabaseName, vtCalcScript)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtCalcScript As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtApplicationName: 計算スクリプトを含むアプリケーションの名前。
vtDatabaseName: 計算スクリプトを含むデータベースの名前。
vtCalcScript: 削除する計算スクリプトの名前。
Smart View での VBA 関数について 243
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypDeleteCalc Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtApplicationName As Variant, ByVal vtDatabaseName As Variant, ByVal vtCalcScript As
Variant) As Long
Sub Sample_HypDeleteCalc
Dim X as Long
X = HypDeleteCalc (Empty,”Sample”,”Basic”,”CalcYear”)
End Sub
計算、集計、および変換関数
計算、集計、および変換関数は、Financial Management および Hyperion Enterprise
アプリケーションのデータに対してこれらの操作を実行します。244 ページの「計
算、集計、および変換関数」を参照してください
l
244 ページの「HypCalculate」
l
245 ページの「HypCalculateContribution」
l
246 ページの「HypConsolidate」
l
247 ページの「HypConsolidateAll」
l
247 ページの「HypConsolidateAllWithData」
l
248 ページの「HypForceCalculate」
l
249 ページの「HypForceCalculateContribution」
l
250 ページの「HypForceTranslate」
l
250 ページの「HypTranslate」
HypCalculate
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
説明
HypCalculate()は、Financial Management および Hyperion Enterprise データ・ソース
用の「計算」メソッドを呼び出します。
構文
HypCalculate (vtSheetName, vtRange)
244 VBA 関数
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypCalculate Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtRange As Variant) As Long
sts = HypCalculate (Empty, Empty)
HypCalculateContribution
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)
説明
HypCalculateContribution()は、Financial Management および Hyperion Enterprise
データ・ソース用の「コントリビューションの計算」メソッドを呼び出します。
構文
HypCalculateContribution (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
Smart View での VBA 関数について 245
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypCalculateContribution Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypCalculateContribution (Empty, Empty)
HypConsolidate
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)、Hyperion
Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypConsolidate は、データ・ソース用の「集計」メソッドを呼び出します。
構文
HypConsolidate (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypConsolidate Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtRange As Variant) As Long
sts = HypConsolidate (Empty, Empty)
246 VBA 関数
HypConsolidateAll
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)、Hyperion
Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypConsolidateAll()は、「すべて集計」メソッドを呼び出します。
構文
HypConsolidateAll (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypConsolidateAll Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypConsolidateAll (Empty, Empty)
HypConsolidateAllWithData
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)、Hyperion
Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypConsolidateAllWithData は、「データを含むすべてを集計」メソッドを呼び出し
ます。
構文
HypConsolidateAllWithData (vtSheetName, vtRange)
Smart View での VBA 関数について 247
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypConsolidateAllWithData Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypConsolidateAllWithData (Empty, Empty)
HypForceCalculate
データ・ソース・タイプ: Financial Management
説明
HypForceCalculate()は、Financial Management データ・ソース用の「計算の強制」
メソッドを呼び出します。
構文
HypForceCalculate(vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
248 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypForceCalculate Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypForceCalculate (Empty, Empty)
HypForceCalculateContribution
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)
説明
HypForceCalculateContribution は、Financial Management データ・ソース用の「コ
ントリビューションの計算の強制」メソッドを呼び出します。
構文
HypForceCalculateContribution (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypForceCalculateContribution Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant, ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypForceCalculateContribution (Empty, Empty)
Smart View での VBA 関数について 249
HypForceTranslate
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)
説明
HypForceTranslate は、Financial Management データ・ソース用の「換算の強制」メ
ソッドを呼び出します。
構文
HypForceTranslate (vtSheetName, vtRange)
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypForceTranslate Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtRange As Variant) As Long
sts = HypForceTranslate (Empty, Empty)
HypTranslate
データ・ソース・タイプ: Financial Management (アド・ホックのみ)、Hyperion
Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypTranslate()は、Financial Management データ・ソース用の「換算」メソッドを
呼び出します。
構文
HypTranslate (vtSheetName, vtRange)
250 VBA 関数
ByVal vtSheetName As Variant
By Val vtRange As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtRange: 使用するデータを参照する範囲オブジェクト。空または NULL 値のパラ
メータが渡された場合は、シートでの現在の選択範囲が使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypTranslate Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtRange As Variant) As Long
sts = HypTranslate (Empty, Empty)
メンバー・クエリー関数
メンバー・クエリー関数は、メンバーに関する世代、レベル、属性およびその他
の情報を取得します。
メンバー・クエリー関数:
l
252 ページの「HypFindMember」
l
253 ページの「HypFindMemberEx」
l
254 ページの「HypGetAncestor」
l
255 ページの「HypGetChildren」
l
256 ページの「HypGetParent」
l
257 ページの「HypIsAttribute」
l
258 ページの「HypIsDescendant」
l
259 ページの「HypIsAncestor」
l
260 ページの「HypIsExpense」
l
261 ページの「HypIsParent」
l
262 ページの「HypIsChild」
l
262 ページの「HypIsUDA」
l
263 ページの「HypOtlGetMemberInfo」
l
265 ページの「HypQueryMembers」
Smart View での VBA 関数について 251
l
268 ページの「HypGetMemberInformation」
l
270 ページの「HypGetMemberInformationEx」
HypFindMember
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypFindMember()は、次元や別名、世代、レベル番号などのメンバー情報を取得
します。
構文
HypFindMember (vtSheetName, vtMemberName, vtAliasTable, vtDimensionName,
vtAliasName, vtGenerationName, vtLevelName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtAliasTable As Variant
ByRef vtDimensionName As Variant
ByRef vtAliasName As Variant
ByRef vtGenerationName As Variant
ByRef vtLevelName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバーの名前。このパラメータにはデフォルト値がないため、
指定は必須です。
vtAliasTable: 別名の検索に使用する別名テーブルの名前。NULL 値の場合は、デ
フォルトの別名テーブルが検索されます。
vtDimensionName: 正常に終了した場合に次元を格納する出力パラメータ。
vtAliasName: 正常に終了した場合にメンバーの別名を格納する出力パラメータ。
vtGenerationName: 正常に終了した場合にメンバーの世代名を格納する出力パラ
メータ。
vtLevelName: 正常に終了した場合にメンバーのレベル名を格納する出力パラメー
タ。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
252 VBA 関数
例
Declare Function HypFindMember Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal vtAliasTable As Variant, ByRef vtDimensionName as
Variant, ByRef vtAliasName As Variant, ByRef vtGenerationName As Variant, ByRef
vtLevelName As Variant) As Long
Sub FindMember()
X = HypFindMember(Empty, "100", "Default", dimName, aliasName,
genName, levelName)
MsgBox (dimName)
MsgBox (aliasName)
MsgBox (genName)
MsgBox (levelName)
End Sub
HypFindMemberEx
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypFindMemberEx()は、次元や別名、世代、レベル名などのメンバー情報を取得
します。
構文
HypFindMember (vtSheetName, vtMemberName, vtAliasTable, vtDimensionName,
vtAliasName, vtGenerationName, vtLevelName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtAliasTable As Variant
ByRef vtDimensionName As Variant
ByRef vtAliasName As Variant
ByRef vtGenerationName As Variant
ByRef vtLevelName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバーの名前。このパラメータにはデフォルト値がないため、
指定は必須です。
vtAliasTable: 別名の検索に使用する別名テーブルの名前。NULL 値の場合は、デ
フォルトの別名テーブルが検索されます。
vtDimensionName: 正常に終了した場合に次元を格納する出力パラメータ。
Smart View での VBA 関数について 253
vtAliasName: 正常に終了した場合にメンバーの別名を格納する出力パラメータ。
vtGenerationName: 正常に終了した場合にメンバーの世代名を格納する出力パラ
メータ。
vtLevelName: 正常に終了した場合にメンバーのレベル名を格納する出力パラメー
タ。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypFindMember Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal vtAliasTable As Variant, ByRef vtDimensionName as
Variant, ByRef vtAliasName As Variant, ByRef vtGenerationName As Variant, ByRef
vtLevelName As Variant) As Long
Sub FindMember()
X = HypFindMember(Empty, "100", "Default", dimName, aliasName,
genName, levelName)
MsgBox (dimName)
MsgBox (aliasName)
MsgBox (genName)
MsgBox (levelName)
End Sub
HypGetAncestor
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetAncestor()は、指定したメンバーの、任意の特定世代/レベルの祖先を戻し
ます。
構文
HypGetAncestor (vtSheetName, vtMemberName, vtLayerType, intLayerNum, vtAncestor)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtLayerType As Variant
ByVal intLayerNum As Integer
ByRef vtAncestor As Variant
254 VBA 関数
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名を指定します。必須フィールドです。
vtMemberName: メンバー名を指定します。必須フィールドです。
intLayerNum: レベル/世代番号を指定します。必須フィールドです。
vtAncestor: 出力です。マクロが正常に実行されたときに、祖先の名前を格納しま
す。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetAncestor Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal vtLayerType As Variant, ByVal intLayerNumber As
Integer, ByRef vtAncestor As Variant) As Long
Sub Sample_HypGetAncestor
Dim X as Long
Dim vtAncestor as Variant
X = HypGetAncestor (Empty, "100-20", "Level", 1, vtAncestor)
End Sub
HypGetChildren
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetChildren()は、指定したメンバーの子を戻します。
構文
HypGetChildren (vtSheetName, vtMemberName, intChildCount, vtChildArray)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal intChildCount As Integer
ByRef vtChildArray As Variant
Smart View での VBA 関数について 255
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名を指定します。必須フィールドです。
intChildCount: 戻す子の数を制限します。
l
l
ChildCount <=0。すべての子が戻されます。
ChildCount >0。結果セットは、引数として指定された数に制限されます。指
定された引数よりも結果セットが少ない場合は、すべての結果が戻されます。
vtChildArray: 子のリストを格納する出力結果ベクトル。マクロが正常に終了しな
かった場合、コンテンツは不明になります。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetChildren Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal intChildCount As Integer, ByRef vtChildNameArray As
Variant) As Long
Sub Sample_HypGetChildren
Dim vtChildren as Variant
Dim vtChild as Variant
Dim X as Long
X = HypGetChildren (Empty, "Market", 0, vtChildren)
If IsArray (vtChildren) Then
For i = LBound (vtChildren) To UBound (vtChildren)
VtChild = vtChildren (i)
Next
End If
End Sub
HypGetParent
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetParent()は、指定したメンバーの親の名前を戻します。
構文
HypGetParent(vtSheetName, vtMemberName, vtParentName)
ByVal vtSheetName As Variant
256 VBA 関数
ByVal vtMemberName As Variant
ByRef vtParentName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名を指定します。必須フィールドです。
vtParentName: 出力です。マクロが正常に実行されたときに、親の名前を格納しま
す。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetParent Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByRef vtParentName As Variant) As Long
Sub Sample_HypGetParent
Dim vtParent as Variant
X = HypGetParent (Empty, "East", vtParent)
End sub
HypIsAttribute
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypIsAttribute()は、指定したメンバーが特定の属性を持つかどうかを確認します。
構文
HypIsAttribute(vtSheetName, vtDimensionName, vtMemberName, vtAttributeName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtAttributeName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
Smart View での VBA 関数について 257
vtDimensionName: メンバーが属する次元の名前。
vtMemberName: 条件をテストする必要があるメンバーの名前。
vtAttributeName: メンバーの属性と比較する文字列を入力します。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsAttribute Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtDimensionName As Variant, ByVal vtMemberName As Variant, ByVal vtAttribute As
Variant) As Variant
Sub CheckAttribute()
vtret = HypIsAttribute(Empty, "Market", "Connecticut", “MyAttribute”)
If vtret = -1 Then
MsgBox ("Found MyAttribute")
ElseIf vtret = 0 Then
MsgBox ("MyAttribute not available for Connecticut")
Else
MsgBox ("Error value returned is" & vtret)
End If
End Sub
HypIsDescendant
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypIsDescendant()は、指定したメンバーが、指定したもう 1 つのメンバーの子孫
かどうかを確認します。
構文
HypIsDescendant(vtSheetName, vtMemberName, vtAncestorName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtAncestorName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名。必須。
258 VBA 関数
vtAncestorName: 祖先のメンバー名。必須。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsDescendant Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtMemberName As Variant, ByVal vtDescendantName As Variant) As Boolean
Sub Sample_HypIsDescendant
Dim b as Boolean
b = HypIsDescendant (Empty, "Year", "Jan")
End sub
HypIsAncestor
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypIsAncestor()は、指定したメンバーが、指定したもう 1 つのメンバーの祖先か
どうかを確認します。
構文
HypIsAncestor(vtSheetName, vtMemberName, vtAncestorName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtAncestorName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名。必須。
vtAncestorName: 祖先のメンバー名。必須。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
Smart View での VBA 関数について 259
例
Declare Function HypIsAncestor Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal vtAncestorName As Variant) As Variant
Sub Sample_HypIsAncestor
Dim b as Variant
b = HypIsAncestor (Empty, "Year", "Jan")
End sub
HypIsExpense
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypIsExpense()は、指定したメンバーが「支出」タグを持っているかどうかを確認
します。
構文
HypIsExpense(vtSheetName, vtDimensionName, vtMemberName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtDimensionName: メンバーが属する次元の名前。vtDimensionName が NULL 値で
あるか空である場合は、アクティブな次元が使用されます。
vtMemberName: 指定したメンバーの名前。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsExpense Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtDimensionName As Variant, ByVal vtMemberName As Variant) As Variant
Sub CheckExpense()
vtret = HypIsExpense(Empty, "Measures", "Opening Inventory")
260 VBA 関数
If vtret = -1 Then
MsgBox ("Opening Inventory has expense flag set")
ElseIf vtret = 0 Then
MsgBox ("Expense flag has not been set")
Else
MsgBox ("Error value returned is" & vtret)
End If
End Sub
HypIsParent
データ・ソース・タイプ: Essbase
HypIsParent()は、指定したメンバーが、指定したもう 1 つのメンバーの親かどう
かを確認します。
構文
HypIsParent(vtSheetName, vtMemberName, vtParentName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtParentName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: メンバー名。必須。
vtParentName: 親のメンバー名。必須。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsParent Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtMemberName As Variant, ByVal ParentName As Variant) As Boolean
Sub Sample_HypIsParent
Dim b as Boolean
b = HypIsParent (Empty, "East", "Market")
End Sub
Smart View での VBA 関数について 261
HypIsChild
データ・ソース・タイプ: Essbase
HypIsChild()は、指定した子メンバーが、指定した親メンバーの子かどうかを確認
します。HypIsChild による確認の対象は子のみであり、すべての子孫が確認され
るわけではありません。
構文
HypIsChild(vtSheetName, vtParentName, vtChildName)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtParentName As Variant
ByVal vtChildName As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtParentName: 親のメンバー名。必須。
vtChildName: 子のメンバー名。必須。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsChild Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtParentName As Variant, ByVal ParentName As Variant) As Variant
Sub Sample_HypIsChild
Dim b as Boolean
b = HypIsChild ("Sheet1", "Year", "Qtr1")
End Sub
HypIsUDA
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypIsUDA()は、指定したメンバーが特定の UDA を持つかどうかを確認します。
262 VBA 関数
構文
HypIsUDA (vtSheetName, vtDimensionName, vtMemberName, vtUDAString)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtUDAString As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtDimensionName: メンバーが属する次元の名前。
vtMemberName: 条件をテストする必要があるメンバーの名前。
vtUDAString: メンバーの属性と比較する文字列を入力します。
戻り値
Variant を戻します。-1 は TRUE、0 は FALSE です。それ以外の場合は、該当する
エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypIsUDA Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant, ByVal
vtDimensionName As Variant, ByVal vtMemberName As Variant, ByVal vtUDAString As
Variant) As Variant
Sub CheckUDA()
vtret = HypIsUDA(Empty, "Market", "Connecticut", “MyUDA”)
If vtret = -1 Then
MsgBox ("Found MyUDA")
ElseIf vtret = 0 Then
MsgBox ("Did not find MyUDA")
Else
MsgBox ("Error value returned is" & vtret)
End If
End Sub
HypOtlGetMemberInfo
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypOtlGetMemberInfo()は、メンバーのコメント、式、UDA、属性など、メンバー
選択に関連する情報を戻します。
Smart View での VBA 関数について 263
構文
HypOtlGetMemberInfo (vtSheetName, vtDimensionName, vtMemberName, vtPredicate,
vtMemberArray)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtPredicate As Variant
ByRef vtMemberArray As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtDimensionName: 次元の名前。NULL 値を指定できます; NULL 値の場合、アウト
ライン全体で predicate を検索します。クエリーの範囲を制限する次元です。
vtMemberName: 情報を検索する対象のメンバー名。
vtPredicate: メンバー選択条件:
1 HYP_COMMENT
2 HYP_FORMULA
3 HYP_UDA
4 HYP_ATTRIBUTE
vtMemberArray: クエリーの結果を格納する出力。マクロが正常に終了しなかった
場合、コンテンツは不明になります。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypOtlGetMemberInfo Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtMemberName As Variant, ByVal vtPredicate As Variant, ByRef vtMemberArray As
Variant) As Long
Sub HypOtlGetMemberInfo()
vtRet = HypOtlGetMemberInfo (Empty, “Year”, “Jan”,
HYP_COMMENT, vt)
If IsArray(vt) Then cbItems = UBound(vt) + 1
MsgBox ("Number of elements = " + Str(cbItems))
For i = 0 To UBound(vt)
MsgBox ("Member = " + vt(i))
Next
Else
264 VBA 関数
MsgBox ("Return Value = " + vtRet)
End If
End Sub
HypQueryMembers
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypQueryMembers()は、メンバー選択クエリーを実行します。
構文
HypQueryMembers (vtSheetName, vtMemberName, vtPredicate, vtOption,
vtDimensionName, vtInput1, vtInput2, vtMemberArray)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtPredicate As Variant
ByVal vtOption As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ByVal vtInput1 As Variant
ByVal vtInput2 As Variant
ByRef vtMemberArray As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: クエリーを実行する対象のメンバー名(文字列)。
vtPredicate: メンバー選択条件(整数):
1 HYP_CHILDREN
2 HYP_DESCENDANTS
3 HYP_BOTTOMLEVEL
4 HYP_SIBLINGS
5 HYP_SAMELEVEL
6 HYP_SAMEGENERATION
7 HYP_PARENT
8 HYP_DIMENSION
9 HYP_NAMEDGENERATION
Smart View での VBA 関数について 265
10 HYP_NAMEDLEVEL
11 HYP_SEARCH
12 HYP_WILDSEARCH
13 HYP_USERATTRIBUTE
14 HYP_ANCESTORS
15 HYP_DTSMEMBER
16 HYP_DIMUSERATTRIBUTES
vtOption: predicate に依存するオプション(整数):
predicate の値が HYP_SEARCH および HYP_WILDSEARCH の場合は、次のクエ
リー・オプションを指定します: HYP_MEMBERSONLY
HYP_ALIASESONLY
HYP_MEMBERSANDALIASES
vtDimensionName: クエリーの範囲を制限する次元(文字列)。このフィールドは、
次のクエリー・オプションで使用され、それ以外では無視されます:
HYP_NAMEDGENERATION、HYP_NAMEDLEVEL、HYP_USERATTRIBUTE
HYP_SEARCH(Null に設定するとすべての次元が検索されます)、
HYP_WILDSEARCH(Null に設定するとすべての次元が検索されます)。
vtInput1: オプションによって決まる入力文字列(文字列)。このフィールドは、次
のクエリー・オプションで使用され、それ以外では無視されます:
l
HYP_NAMEDGENERATION(世代名)
l
HYP_NAMEDLEVEL(レベル名)
l
HYP_SEARCH(検索する文字列。この文字列は完全一致です)
l
l
HYP_WILDSEARCH(検索する文字列。この文字列は、末尾にオプションの'*'が
付いた完全一致検索文字列として指定され、'*'部分は任意の文字の組合せが可
能です)
HYP_USERATTRIBUTE(ユーザー定義属性)
vtInput2: オプションによって決まる入力文字列(文字列)。このフィールドは、次
のクエリー・オプションで使用され、それ以外では無視されます:
l
l
HYP_USERATTRIBUTE(ユーザー定義属性)
HYP_SEARCH、HYP_WILDSEARCH(オプションの設定で別名テーブルを検索
するようになっている場合、この文字列では検索する別名テーブルを指定し
ます。文字列が Null の場合、すべての別名テーブルが検索されます)
vtMemberArray: クエリーの結果を格納する出力。正常に終了しなかった場合は、
コンテンツは不明になります。
266 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypQueryMembers Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtMemberName As Variant, ByVal vtPredicate As Variant, ByVal vtOption As
Variant, ByVal vtDimensionName As Variant, ByVal vtInput1 As Variant, ByVal vtInput2
As Variant, ByRef vtMemberArray As Variant) As Long
Sub QueryMembersEmptyValues()
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
"Cola", Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
Market", Empty, vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
vArray)
' sts = HypQueryMembers(Empty,
"Profit", HYP_CHILDREN, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Profit", HYP_DESCENDANTS, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Profit", HYP_BOTTOMLEVEL, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Sales", HYP_SIBLINGS, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Sales", HYP_SAMELEVEL, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Sales", HYP_SAMEGENERATION, Empty, Empty, Empty,
"Sales", HYP_PARENT, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Sales", HYP_DIMENSION, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Year", HYP_NAMEDGENERATION, Empty, "Year", "Quarter",
"Product", HYP_NAMEDLEVEL, Empty, "Product", "SKU",
"Product", HYP_SEARCH, HYP_ALIASESONLY, "Product",
"Year", HYP_WILDSEARCH, HYP_MEMBERSONLY, "Year", "J*",
"Market", HYP_USERATTRIBUTE, Empty, "Market", "Major
"Sales", HYP_ANCESTORS, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Jan", HYP_DTSMEMBER, Empty, Empty, Empty, Empty,
"Product", Empty, Empty, Empty, Empty, vArray)
If IsArray(vt) Then
cbItems = UBound(vt) + 1
MsgBox ("Number of elements = " + Str(cbItems))
For i = 0 To UBound(vt)
MsgBox ("Member = " + vt(i))
Next
Else
MsgBox ("Return Value = " + Str(vt))
End If
Smart View での VBA 関数について 267
End Sub
HypGetMemberInformation
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetMemberInformation は、選択したメンバーのプロパティを戻します。
構文
HypGetMemberInformation (vtSheetName, vtMemberName,
vtPropertyName,vtPropertyValue,vtPropertyValuesString)
ByVal vtMemberName As Variant
ByVal vtPropertyName As Variant
ByVal vtPropertyValue As Variant
ByRef vtPropertyValuesString As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: 入力パラメータ。プロパティを戻すメンバーの名前。
vtPropertyName: 出力パラメータ。情報が必要なプロパティの名前。表 15 を参照
してください。
vtPropertyValue: 入力パラメータ。サーバーから数値として戻されるメンバーのプ
ロパティ配列。
vtPropertyValuesString: 出力パラメータ。数値が意味をなさないプロパティについ
て、数値に対応する文字列として戻されるメンバーのプロパティ配列。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
HypGetMemberInformation Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,ByVal
vtMemberName As Variant,ByVal vtPropertyName As Variant,
ByRef vtPropertyValue As Variant,ByRef vtPropertyValuesString As Variant) As Long
Sub HypGetMemberInformation
sts = HypGetMemberInformation("Sheet1", "Jan", HYP_MI_NAME, vtValues,
vtPropertyValuesString)
268 VBA 関数
End Sub
表 15
メンバー情報の定数
メンバー情報の定数
Global Const HYP_MI_NAME = "Name"
Global Const HYP_MI_DIM = "Dim"
Global Const HYP_MI_LEVEL = "Level"
Global Const HYP_MI_GENERATION = "Generation"
Global Const HYP_MI_PARENT_MEMBER_NAME = "ParentMbrName"
Global Const HYP_MI_CHILD_MEMBER_NAME = "ChildMbrName"
Global Const HYP_MI_PRVIOUS_MEMBER_NAME = "PrevMbrName"
Global Const HYP_MI_NEXT_MEMBER_NAME = "NextMbrName"
Global Const HYP_MI_CONSOLIDATION = "Consolidation"
Global Const HYP_MI_IS_TWO_PASS_CAL_MEMBER = "IsTwoPassCalcMbr"
Global Const HYP_MI_IS_EXPENSE_MEMBER = "IsExpenseMbr"
Global Const HYP_MI_CURRENCY_CONVERSION_TYPE = "CurrencyConversionType"
Global Const HYP_MI_CURRENCY_CATEGORY = "CurrencyCategory"
Global Const HYP_MI_TIME_BALANCE_OPTION = "TimeBalanceOption"
Global Const HYP_MI_TIME_BALANCE_SKIP_OPTION = "TimeBalanceSkipOption"
Global Const HYP_MI_SHARE_OPTION = "ShareOption"
Global Const HYP_MI_STORAGE_CATEGORY = "StorageCategory"
Global Const HYP_MI_CHILD_COUNT = "ChildCount"
Global Const HYP_MI_ATTRIBUTED = "Attributed"
Global Const HYP_MI_RELATIONAL_DESCENDENT_PRESENT = "RelDescendantPresent"
Global Const HYP_MI_RELATIONAL_PARTITION_ENABLED = "RelPartitionEnabled"
Global Const HYP_MI_DEFAULT_ALIAS = "DefaultAlias"
Global Const HYP_MI_HIERARCHY_TYPE = "HierarchyType"
Global Const HYP_MI_DIM_SOLVE_ORDER = "DimSolveOrder"
Global Const HYP_MI_IS_DUPLICATE_NAME = "IsDuplicateName"
Global Const HYP_MI_UNIQUE_NAME = "UniqueName"
Global Const HYP_MI_ORIGINAL_MEMBER = "OrigMember"
Smart View での VBA 関数について 269
メンバー情報の定数
Global Const HYP_MI_IS_FLOW_TYPE = "IsFlowType"
Global Const HYP_MI_AGGREGATE_LEVEL = "AggLevel"
Global Const HYP_MI_FORMAT_STRING = "FormatString"
Global Const HYP_MI_ATTRIBUTE_DIMENSIONS = "AttributeDims"
Global Const HYP_MI_ATTRIBUTE_MEMBERS = "AttributeMbrs"
Global Const HYP_MI_ATTRIBUTE_TYPES = "AttributeTypes"
Global Const HYP_MI_ALIAS_NAMES = "AliasNames"
Global Const HYP_MI_ALIAS_TABLES = "AliasTables"
Global Const HYP_MI_FORMULA = "Formula"
Global Const HYP_MI_COMMENT = "Comment"
Global Const HYP_MI_LAST_FORMULA = "LastFormula"
Global Const HYP_MI_UDAS = "Udas"
HypGetMemberInformationEx
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetMemberInformationEx は、配列内のメンバーに関するすべての情報を戻し
ます。
構文
HypGetMemberInformationEx (vtSheetName, vtMemberName, vtPropertyNames,
vtPropertyValues, vtPropertyValueStrings)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtMemberName As Variant
ByRef vtPropertyNames As Variant
ByRef vtPropertyValues As Variant
VtPropertyValueStrings As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtMemberName: プロパティを戻すメンバーの名前。
270 VBA 関数
vtPropertyNames: プロパティ名の配列
vtPropertyValues: プロパティ値の配列
vtPropertyValueStrings: プロパティ文字列値の配列
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypGetMemberInformationEx Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As
Variant,ByVal vtMemberName As Variant, ByRef vtPropertyNames As Variant, ByRef
vtPropertyValues As Variant, ByRef vtPropertyValueStrings As Variant) As Long
sub HypGetMemberInformationEx()
sts = HypGetMemberInformationEx(Empty, "100-10", proper
propertyvaluestrings)
End Sub
tynames, propertyvalues,
オプション関数
オプション関数は、グローバル・オプションとシート・オプション、あるいはそ
の両方に関する情報を設定および取得し、MRU アイテムの削除を可能にします。
オプション関数:
l
271 ページの「HypGetGlobalOption」
l
273 ページの「HypSetGlobalOption」
l
274 ページの「HypGetSheetOption」
l
276 ページの「HypSetSheetOption」
l
277 ページの「HypGetOption」
l
280 ページの「HypSetOption」
l
281 ページの「HypDeleteAllMRUItems」
HypGetGlobalOption
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 271
説明
HypGetGlobalOption()は、個別の Smart View ワークスペース・オプションに関す
る情報を戻します。
注: オプションの説明は、第 14 章「Smart View のオプション」を参照してくだ
さい。
構文
HypGetGlobalOption(vtItem)
ByVal vtItem As Long
パラメータ
vtItem: 取得するオプションを示す番号。
表 16 に、オプション番号とそれぞれの戻りデータ型の一覧を示します。
表 16
HypGetGlobalOption のパラメータ番号およびオプション
vtItem
オプション
戻りデータ型
1
Excel のフォーマットの使用可能化
ブール
2
アド・ホック操作に対するダブルクリックの使用可能化
ブール
3
「元に戻す」の使用可能化
ブール
4
未使用
ブール
5
メッセージ・レベルの設定:
数値
0 情報メッセージ
1 警告メッセージ
2 エラー・メッセージ
3 メッセージなし
4 デバッグ
6
3 桁ごとの区切り文字の使用
ブール
7
ログ・ファイルへのメッセージの転送
ブール
8
次回起動時にログ・ファイルを消去
ブール
9
「データなし操作」の使用可能化
ブール
10
メンバー選択の表示
ブール
11
ダブルクリックによる LRO 参照の使用可能化
ブール
12
無意味ラベルの指定
テキスト
13
Excel ファイル・サイズの縮小
ブール
272 VBA 関数
vtItem
オプション
戻りデータ型
14
フォーマット済文字列の使用可能化
ブール
15
数値のフォーマットを保持
ブール
16
拡張コメント処理の使用可能化
ブール
17
18
「リボンのコンテキストを保持」の使用可能化
ブール
起動時に Smart View パネルを表示
ブール
戻り値
要求されたオプションの状態を示す数値またはブール値を戻します。パラメータ・
アイテムの値が範囲外である場合は、エラー・コードを戻します。
例
次の例では、オプションの設定によりメッセージ・レベルを指定して、値の設定
が有効かどうかを確認します。
Declare Function HypGetGlobalOption Lib "HsAddin" (ByVal vtItem As Long) As
Variant
Sub GetGlobal()
sts = HypGetGlobalOption(5)
If sts = -15 then
Msgbox ("Invalid Parameter")
Else
Msgbox ("Message level is set to" & sts)
End Sub
HypSetGlobalOption
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetGlobalOption()は、ワークスペースのオプションを個別に設定します。オプ
ションの説明は、第 14 章「Smart View のオプション」を参照してください。
注: 一度に設定できるオプションは 1 つのみです。
構文
HypSetGlobalOption(vtItem, vtGlobalOption)
ByVal vtItem As Long
Smart View での VBA 関数について 273
ByVal vtGlobalOption As Variant
パラメータ
vtItem: 取得するオプションを示す番号。値については、表 16 を参照してくださ
い。
vtGlobalOption: vtItem に設定されるオプションを示すブール値または数値。
vtGlobalOption が NULL 値であるか空である場合は、何も実行されません。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
次の例では、エラー・メッセージのみを表示するオプションを設定します。
Declare Function HypSetGlobalOption Lib "HsAddin" (ByVal vtItem As Long, ByVal
vtGlobalOption As Variant) As Long
Sub SetGlobal()
X=HypSetGlobalOption(5, 3)
If X=0 Then
MsgBox("Message level is set to 3 - No messages")
Else
MsgBox("Error. Message level not set.")
End If
End Sub
HypGetSheetOption
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning、Financial Management、 Hyperion
Enterprise
説明
HypGetSheetOption()は、個々のスプレッドシートのオプションに関する情報を戻
します。
構文
HypGetSheetOption(vtSheetName, vtItem)
ByVal vtSheetName As Variant ByVal vtItem As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
274 VBA 関数
vtItem: 取得するオプションを示す番号。値のリストは、表 17 を参照してくださ
い。
表 17
vtItem のオプション
vtItem
オプション
データ型と値
1
ズーム・イン・レベルの設定:
数値
0 次のレベル
1 すべてのレベル
2 最下位レベル
3 兄弟レベル
4 同一レベル
5 同世代
6式
2
「選択を組み込む」の設定の使用可能化
ブール
3
「選択したグループ内」の設定の使用可能化
ブール
4
「選択されていないグループの削除」の設定の使用可能化
ブール
5
「インデント」設定の指定:
数値
0 インデントなし
1 サブ項目のインデント
2 合計のインデント
6
欠落の抑制の設定の使用可能化
ブール
7
ゼロの抑制の設定の使用可能化
ブール
8
アンダースコアの抑制の設定の使用可能化
ブール
9
「アクセス権なし」の設定の使用可能化
ブール
10
重複したメンバーの設定の使用可能化
ブール
11
無効な設定の使用可能化
ブール
12
祖先の位置:
数値
0 最上位
1 最下位
13
「不足しているテキスト」のラベルの指定
テキスト
14
「アクセス権なし」のラベルの指定
テキスト
15
セル・ステータス:
数値
0 データ
1 計算ステータス
2 プロセス管理
Smart View での VBA 関数について 275
vtItem
オプション
データ型と値
16
メンバー名の表示オプション:
数値
0 名前のみ
1 名前と説明
2 説明のみ
戻り値
現在の設定値を、文字列、数値、またはブール値として戻します。パラメータ・
アイテムの値が範囲外である場合は、エラー・コードを戻します。
例
Declare Function HypGetSheetOption Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtItem As Variant) As Variant
Sub GetSheet()
sts = HypGetSheetOption(“Sheet”, 5)
If sts = -15 then
Msgbox ("Invalid Parameter")
Else
Msgbox ("Indentation is set to" & sts)
End Sub
HypSetSheetOption
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypSetSheetOption()は、スプレッドシート・オプションを個別に設定します。
注: 一度に設定できるオプションは 1 つのみです(この関数は複数に対応してい
ません)。
構文
HypSetSheetOption(vtSheetName, vtItem, vtOption)
ByVal vtSheetName As Variant
ByVal vtItem As Variant
ByVal vtOption As Variant
276 VBA 関数
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtItem: 設定するオプションを示す番号。値のリストは、表 17 を参照してくださ
い。
vtOption: アイテムの新しい値を示すブール値。
表 17 に、オプションに設定されている数値および想定されているデータ型を示し
ます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetSheetOption Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtItem As Variant, ByVal vtOption As Variant) As Long
Sub SetSheet()
X=HypSetSheetOption(Empty, 6, FALSE)
If X=0 Then
MsgBox("#Missing values will appear. ")
Else
MsgBox("Error. #Missing option not set.")
End If
End Sub
HypGetOption
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypGetOption()では、デフォルトおよびシート固有の両方の Smart View オプショ
ンを取得できるため、2 つのオプション・タイプで VBA を区別する必要はありま
せん。
構文
HypGetOption (vtItem,vtRet,vtSheetName)
ByVal vtItem As Variant
ByRef vtRet As Variant
ByVal vtSheetName As Variant
Smart View での VBA 関数について 277
パラメータ
vtItem: 特定のオプションを参照するインデックス/定数。表 18 を参照してくださ
い。
vtRet: 出力変数
vtSheetName: シート・レベル・オプションのシート名。指定されていない場合、
デフォルト・オプションが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypGetOption Lib "HsAddin" (ByVal vtItem As Variant, ByRef
vtRet As Variant, ByVal vtSheetName As Variant) As Long
Sub getOption()
sts = HypGetOption(HSV_ZOOMIN, Var, "Sheet2") ‘get zoom in option for sheet2
sts = HypGetOption(1, Var, "") ‘get default zoom in option
End Sub
表 18
HypGetOption と HypSetOption のオプション定数
HypGetOption と HypSetOption のオプション定数
HSV_ZOOMIN = 1
HSV_INCLUDE_SELECTION
HSV_WITHIN_SELECTEDGROUP
HSV_REMOVE_UNSELECTEDGROUP
HSV_INDENTATION
HSV_SUPPRESSROWS_MISSING
HSV_SUPPRESSROWS_ZEROS
HSV_SUPPRESSROWS_UNDERSCORE
HSV_SUPPRESSROWS_NOACCESS
HSV_SUPPRESSROWS_REPEATEDMEMBERS
HSV_SUPPRESSROWS_INVALID
HSV_ANCESTOR_POSITION
278 VBA 関数
HypGetOption と HypSetOption のオプション定数
HSV_MISSING_LABEL
HSV_NOACCESS_LABEL
HSV_CELL_STATUS
HSV_MEMBER_DISPLAY
HSV_INVALID_LABEL
HSV_SUBMITZERO
HSV_19 今後に備えて予約済
HSV_20 今後に備えて予約済
HSV_PRESERVE_FORMULA_COMMENT
HSV_22 今後に備えて予約済
HSV_FORMULA_FILL
HSV_EXCEL_FORMATTING = 30
HSV_RETAIN_NUMERIC_FORMATTING
HSV_THOUSAND_SEPERATOR
HSV_NAVIGATE_WITHOUTDATA
HSV_ENABLE_FORMATSTRING
HSV_ENHANCED_COMMENT_HANDLING
HSV_ADJUSTCOLUMNWIDTH
HSV_DOUBLECLICK_FOR_ADHOC = 101
HSV_UNDO_ENABLE
HSV_103 今後に備えて予約済
HSV_LOGMESSAGE_DISPLAY
HSV_ROUTE_LOGMESSAGE_TO_FILE
HSV_CLEAR_LOG_ON_NEXTLAUNCH
HSV_REDUCE_EXCEL_FILESIZE
HSV_ENABLE_RIBBON_CONTEXT
HSV_DISPLAY_HOMEPANEL_ONSTARTUP
HSV_SHOW_COMMENTDIALOG_ON_REFRESH
HSV_NUMBER_OF_UNDO_ACTION
Smart View での VBA 関数について 279
HypGetOption と HypSetOption のオプション定数
HSV_NUMBER_OF_MRU_ITEMS
HSV_ROUTE_LOGMESSAGE_FILE_LOCATION
HSV_DISABLE_SMARTVIEW_IN_OUTLOOK
HSV_DISPLAY_SMARTVIEW_SHORTCUT_MENU_ONLY
HSV_DISPLAY_DRILL_THROUGH_REPORT_TOOLTIP
HypSetOption
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypSetOption()では、Smart View オプションをデフォルトとしておよびシート固有
として設定できるため、2 つのオプション・タイプで VBA を区別する必要はあり
ません。
構文
HypSetOption (vtItem,vtOption,vtSheetName)
ByVal vtItem As Variant
ByVal vtOption As Variant
ByVal vtSheetName As Variant
パラメータ
vtItem: 特定のオプションを参照するインデックス/定数。定数のリストについて
は、表 18 を参照してください。
vtOption: オプションに設定する入力値
vtSheetName: シート・レベル・オプションを設定するシート名。指定されていな
い場合、デフォルト・オプションが使用されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypSetOption Lib "HsAddin" ( ByVal vtItem As Variant,ByVal
vtOption As Variant, ByVal vtSheetName As Variant) As Long
280 VBA 関数
Sub setOption()
sts = HypSetOption(HSV_ZOOMIN, 2, "Sheet2") ") ‘set zoom in option for sheet2
sts = HypSetOption(HSV_ZOOMIN, 1, "") ‘set default zoom in
sts = HypSetOption(HSV_INVALID_LABEL, "#InvalidTest", "Sheet2") ‘set invalid label
for sheet2
sts = HypSetOption(17, "#globalinvalid", "") ‘set default invalid label, numbers can
be used instead of declared constants
End Sub
HypDeleteAllMRUItems
データ・ソース・タイプ: すべて
説明
HypDeleteAllMRUItems ()は、最後に使用したアイテム・リストの全アイテム(リス
トに固定されたアイテムを含む)を削除します。
構文
HypDeleteAllMRUItems Lib "HsAddin" () As Long
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypDeleteAllMRUItems Lib "HsAddin" () As Long
Sub HypDeleteAllMRUItems ()
sts = HypDeleteAllMRUItems()
End Sub
MDX クエリー関数
HypExecuteMDXEx
データ・ソース・タイプ: Essbase
Smart View での VBA 関数について 281
説明
HypExecuteMDXEx()は、結果をデータ構造に出力するがワークシート上には表示
しない MDX クエリーを実行します。(クエリー結果をワークシート上に表示した
い場合は、かわりに HypExecuteQuery を使用します。)
構文
HypExecuteMDXEx
(
ByVal vtSheetName As Variant,
ByVal vtQuery As Variant,
ByVal vtBoolHideData As Variant,
ByVal vtBoolDataLess As Variant,
ByVal vtBoolNeedStatus As Variant,
ByVal vtMbrIDType As Variant,
ByVal vtAliasTable As Variant,
ByRef outResult As MDX_AXES_NATIVE
) As Long
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtQuery: 実行する MDX クエリー。
vtBoolHideData: 結果でデータを非表示にするか表示するかを示すブール・フラ
グ。
vtBoolDataless: 結果でデータを取得するか回避するかを示すブール・フラグ。
vtBoolNeedStatus: 結果でステータス情報を取得するか回避するかを示すブール・
フラグ。
vtMbrIDType: 結果のメンバー・タイプ識別子(名前または別名)
vtAliasTable: 使用する別名テーブル。
outResult: タイプが MDX_AXES の構造へのポインタ。クエリーの出力を含みます。
(この API でのデータ型およびサポートされる関数については、HypExecuteMDXEx
に固有のデータ型を参照してください)
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
HypExecuteMDXEx に固有のデータ型
次のデータ型は、HypExecuteMDXEx にのみ適用されます:
MDX_CELL: セルに対応するデータ型
282 VBA 関数
MDX_PROPERTY: メンバーおよび次元に関するプロパティを含むデータ型
MDX_MEMBER: メンバー情報のデータ型
MDX_DIMENSION: 次元情報のデータ型
MDX_CLUSTER: クラスタ情報のデータ型
MDX_AXIS: 軸を表すデータ型
MDX_AXES: 軸およびセルの集合を含む、ルート・レベル構造
MDX_AXES_NATIVE: HypExecuteMDXEx の出力パラメータとして使用されるデー
タ型。この構造は、GetVBCompatibleMDXStructure を使用して MDX_AXES に変換
する必要があります。
例
Sub GetVBCompatibleMDXStructure (ByRef inStruct As MDX_AXES_NATIVE, ByRef
outStruct As MDX_AXES)
Public Declare Function HypExecuteMDXEx Lib "HsAddin"
(ByVal vtSheetName As Variant, ByVal vtQuery As Variant, ByVal vtBoolHideData As
Variant, ByVal vtBoolDataLess As Variant, ByVal vtBoolNeedStatus As Variant, ByVal
vtMbrIDType As Variant, ByVal vtAliasTable As Variant, ByRef outResult As
MDX_AXES_NATIVE) As Long
Sub Example_HypExecuteMDXEx ()
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Dim
Query As Variant
vtBoolHideData As Variant
vtBoolDataLess As Variant
vtBoolNeedStatus As Variant
vtMbrIDType As Variant
vtAliasTable As Variant
result_Native As MDX_AXES_NATIVE
result_VBCompatible As MDX_AXES
Query = "select {Jan} on COLUMNS, {Profit} on ROWS from Sample.Basic"
vtBoolHideData = True
vtBoolDataLess = True
vtBoolNeedStatus = True
vtMbrIDType = "alias"
vtAliasTable = "none"
sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "SB")
If sts = 0 Then
sts = HypExecuteMDXEx (Empty, Query, vtBoolHideData, vtBoolDataLess,
vtBoolNeedStatus, vtMbrIDType, vtAliasTable, result_Native)
sts = GetVBCompatibleMDXStructure (result_Native, result_VBCompatible) --- New
support function … More Info under Notes section
sts = HypDisconnect(Empty, True)
Smart View での VBA 関数について 283
Else
End If
End Sub
メニュー関数
VBA メニュー関数は、Smart View のメニューおよびリボンのコマンドに相当しま
す。関数の要件は、メニュー・コマンドの要件と同じです。たとえば、あるメ
ニュー・コマンドを使用するために Essbase サーバーへのログインが必要な場合
は、同等の VBA を使用する際にも Essbase サーバーへのログインが必要です。
同等のメニュー関数:
l
HypMenuVAbout
l
HypMenuVAdjust
l
HypMenuVBusinessRules
l
HypMenuVCalculation
l
HypMenuVCascadeNewWorkbook
l
HypMenuVCascadeSameWorkbook
l
HypMenuVCellText
l
HypMenuVCollapse
l
HypMenuVConnect
l
HypMenuVCopyDataPoints
l
HypMenuVExpand
l
HypMenuVFunctionBuilder
l
HypMenuVInstruction
l
HypMenuVKeepOnly
l
HypMenuVLRO
l
HypMenuVMemberInformation
l
HypMenuVMemberSelection
l
HypMenuVMigrate
l
HypMenuVOptions
l
HypMenuVPasteDataPoints
l
HypMenuVPivot
l
HypMenuVPOVManager
l
HypMenuVQueryDesigner
l
HypMenuVRedo
284 VBA 関数
l
HypMenuVRefresh
l
HypMenuVRefreshAll
l
HypMenuVRefreshOfflineDefinition
l
HypMenuVRemoveOnly
l
HypMenuVRulesOnForm
l
HypMenuVRunReport
l
HypMenuVSelectForm
l
HypMenuVShowHelpHtml
l
HypMenuVSubmitData
l
HypMenuVSupportingDetails
l
HypMenuVSyncBack
l
HypMenuVTakeOffline
l
HypMenuVUndo
l
HypMenuVVisualizeinExcel
l
HypMenuVZoomIn
l
HypMenuVZoomOut
HypMenuVAbout
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVAbout()は、著作権情報、バージョンおよびシステム情報が表示される
「バージョン情報」ボックスを開きます。
構文
HypMenuVAbout()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVAbout Lib "HsAddin () As Long
Sub MAbout()
X=HypMenuVAbout()
Smart View での VBA 関数について 285
End Sub
HypMenuVAdjust
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVAdjust()で、データ・セルの値を調整できます。
構文
HypMenuVAdjust()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVAdjust Lib "HsAddin" () As Long
Sub MAdjust()
X=HypMenuVAdjust()
End Sub
HypMenuVBusinessRules
データ・ソース・タイプ: Planning
説明
HypMenuVBusinessRules()を使用すると、Planning データ・フォームのビジネス・
ルールを選択できます。
構文
HypMenuVBusinessRules()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
286 VBA 関数
例
Public Declare Function HypMenuVBusinessRules Lib "HsAddin" () As Long
Sub MBusinessRules()
X=HypMenuVBusinessRules()
End Sub
HypMenuVCalculation
データ・ソース・タイプ: Essbase、Financial Management (アド・ホックのみ)、
Hyperion Enterprise
説明
HypMenuVCalculation()を使用すると、「計算スクリプト」ダイアログ・ボックス
を開き、アクティブなデータベースの計算を実行するか、アクティブなデータベー
ス計算のステータスを確認することができます。
構文
HypMenuVCalculation()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVCalculation Lib "HsAddin"() As Long
Sub MCalc()
X=HypMenuVCalculation()
End Sub
HypMenuVCascadeNewWorkbook
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Hyperion Enterprise
説明
HypMenuVCascadeNewWorkbook()は、新たに開いた Excel ワークブックの複数の
ワークシートに渡って、1 つの次元のメンバーの別個のレポートをカスケードし
ます。
Smart View での VBA 関数について 287
構文
HypMenuVCascadeNewWorkbook()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVCascadeNewWorkbook Lib "HsAddin" () As Long
Sub MCascadeNewWorkbook()
X=HypMenuVCascadeNewWorkbook()
End Sub
HypMenuVCascadeSameWorkbook
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Hyperion Enterprise
説明
HypMenuVCascadeSameWorkbook()は、現在の Excel ワークブックの複数のワーク
シートに渡って、1 つの次元のメンバーの別個のレポートをカスケードします。
構文
HypMenuVCascadeSameWorkbook()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVCascadeSameWorkbook Lib "HsAddin" () As Long
Sub MCascadeSameWorkbook()
X=HypMenuVCascadeSameWorkbook()
End Sub
288 VBA 関数
HypMenuVCellText
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Hyperion Enterprise
(フォームのみ)
説明
HypMenuVCellText()を使用すると、セルでバックグラウンド・コメントを入力、
表示、編集し、データベースに保存できます。
構文
HypMenuVCellText()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVCellText Lib "HsAddin" () As Long
Sub MCellText()
X=HypMenuVCellText()
End Sub
HypMenuVCollapse
データ・ソース・タイプ: Planning (フォームのみ)
説明
HypMenuVCollapse()は、選択したセルの全レベルの詳細を縮小します。
構文
HypMenuVCollapse()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVCollapse Lib "HsAddin" () As Long
Smart View での VBA 関数について 289
Sub MHypMenuVCollapse()
X=HypMenuVCollapse()
End Sub
HypMenuVConnect
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVConnect()を使用すると、データ・ソースのインスタンスに接続できま
す。
構文
HypMenuVConnect()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVConnect Lib "HsAddin"() As Long
Sub MConn()
X=HypMenuVConnect()
End Sub
HypMenuVCopyDataPoints
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVCopyDataPoints()は、Word または PowerPoint に貼り付けるデータ・ポ
イントを Excel からコピーします。
構文
HypMenuVCopyDataPoints()
290 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVHypMenuVCopyDataPoints Lib "HsAddin" () As Long
Sub MCopyDataPoints()
X=HypMenuVCopyDataPoints()
End Sub
HypMenuVExpand
データ・ソース・タイプ: Planning (フォームのみ)
説明
HypMenuVExpand()は、選択したセルの全レベルの詳細を表示します。
構文
HypMenuVExpand()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVExpand Lib "HsAddin" () As Long
Sub MExpand()
X=HypMenuVExpand()
End Sub
HypMenuVFunctionBuilder
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVFunctionBuilder()は、関数を作成および検証する関数ビルダーを開きま
す。
Smart View での VBA 関数について 291
構文
HypMenuVFunctionBuilder()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVFunctionBuilder Lib "HsAddin" () As Long
Sub MFunctionBuilder()
X=HypMenuVFunctionBuilder()
End Sub
HypMenuVInstruction
データ・ソース・タイプ:Planning (フォームのみ)、Financial Management (フォーム
のみ)、Hyperion Enterprise (フォームのみ)
説明
HypMenuVInstruction()は、Planning データ・フォームに関連付けられている手順
を表示します。
構文
HypMenuVInstruction()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVInstruction Lib "HsAddin" () As Long
Sub MInstruction()
X=HypMenuVInstruction()
End Sub
292 VBA 関数
HypMenuVKeepOnly
データ・ソース・タイプ: Essbase (アド・ホックのみ)、Planning (アド・ホックの
み)、Financial Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホック
のみ)
説明
HypMenuVKeepOnly()は、シート内で選択したメンバー(アクティブ・セル)または
メンバー範囲のみを保持します。
構文
HypMenuVKeepOnly()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVKeepOnly Lib "HsAddin"() As Long
Sub MKeepOnly()
X=HypMenuVKeepOnly()
End Sub
HypMenuVLRO
データ・ソース・タイプ: Essbase
説明
HypMenuVLRO()は、リンク・オブジェクトを編集するセルを選択したときに、「リ
ンク・オブジェクト」ダイアログ・ボックスを開きます。
構文
HypMenuVLRO()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 293
例
Public Declare Function HypMenuVLRO Lib "HsAddin" () As Long
Sub MLRO()
X=HypMenuVLRO()
End Sub
HypMenuVMemberInformation
説明
HypMenuVMemberInformation()は、メンバーの詳細情報を示す「メンバー情報」
ダイアログ・ボックスを開きます。
構文
HypMenuVMemberInformation()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVMemberInformation Lib "HsAddin" () As Long
Sub MMemberInformation()
X=HypMenuVMemberInformation()
End Sub
HypMenuVMemberSelection
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVMemberSelection()で、メンバーの選択とフィルタが可能です。
構文
HypMenuVMemberSelection()
294 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVMemberSelection Lib "HsAddin" () As Long
Sub MMemberSelection()
X=HypMenuVMemberSelection()
End Sub
HypMenuVMigrate
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
説明
HypMenuVMigrate()を使用すると、Financial Management および Hyperion Enterprise
のアクティブ・ワークブックの移行やバッチの移行を行うための移行ユーティリ
ティを起動できます。
構文
HypMenuVMigrate (vtOption, vtOutput)
ByVal vtOption As Variant
ByRef vtOutput As Variant
パラメータ
vtOption: 起動される移行ユーティリティを示す数。
l
1. Financial Management のアクティブ・ワークブックの移行
l
2. Financial Management のバッチの移行
l
3. Hyperion Enterprise のアクティブ・ワークブックの移行
l
4. Hyperion Enterprise のバッチの移行
vtOutput: 出力パラメータ。移行結果を戻します。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 295
例
Public Declare Function HypMenuVMigrate Lib "HsAddin" (ByVal vtOption As Variant,
ByRef vtOutput As Variant) As Long
Sub MigrateHFM()
sts = HypMenuVMigrate(1, out)
MsgBox (out)
MsgBox (sts)
End Sub
HypMenuVOptions
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVOptions()を使用すると、「オプション」ダイアログ・ボックスを使用し
て、アクティブなシートのオプションを選択し、Smart View の動作をカスタマイ
ズできます。
構文
HypMenuVOptions()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVOptions Lib "HsAddin"() As Long
Sub MOptions()
X=HypMenuVOptions()
End Sub
HypMenuVPasteDataPoints
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
296 VBA 関数
説明
HypMenuVPasteDataPoints()は、Excel から Word または PowerPoint にデータ・ポイ
ントを貼り付けます。
構文
HypMenuVPasteDataPoints()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVPasteDataPoints Lib "HsAddin" () As Long
Sub MVPasteDataPoints()
X=HypMenuVPasteDataPoints()
End Sub
HypMenuVPivot
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVPivot()は、アクティブなセルに関連付けられたメンバーのグループの
方向(行から列または列から行の方向)を変更します。
構文
HypMenuVPivot()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVPivot Lib "HsAddin"() As Long
Sub MPivot()
X=HypMenuVPivot()
Smart View での VBA 関数について 297
End Sub
HypMenuVPOVManager
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVPOVManager()は、POV に対する操作を実行できる POV マネージャを
開きます。
構文
HypMenuVPOVManager()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVPOVManager Lib "HsAddin" () As Long
Sub MPOVManager()
X=HypMenuVPOVManager()
End Sub
HypMenuVQueryDesigner
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVQueryDesigner()は、クエリー・デザイナを開きます。
構文
HypMenuVQueryDesigner()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻します。負の数値は、ローカル障害を示します。ゼ
ロより大きい戻り値は、サーバーの障害を示します。
298 VBA 関数
例
Declare Function HypMenuVQueryDesigner Lib "HsAddin"() As Long
Sub MDesigner()
X=HypMenuVQueryDesigner ()
End Sub
HypMenuVRedo
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVRedo()は「元に戻す」の逆の操作です。
構文
HypMenuVRedo()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVRedo Lib "HsAddin" () As Long
Sub MRedo()
X=HypMenuVRedo()
End Sub
HypMenuVRefresh
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVRefresh()は、データをアクティブなシートに取得し、そのデータをアク
ティブなワークシートの先頭に配置します。
Smart View での VBA 関数について 299
構文
HypMenuVRefresh()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVRefresh Lib "HsAddin"() As Long
Sub MRetrieve()
X=HypMenuVRefresh()
End Sub
HypMenuVRefreshAll
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVRefreshAll()は、Excel ワークブックのすべてのワークシートのデータを
リフレッシュします。
構文
HypMenuVRefreshAll()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVRefreshAll Lib "HsAddin" () As Long
Sub MRefreshAll()
X=HypMenuVRefreshAll()
End Sub
300 VBA 関数
HypMenuVRefreshOfflineDefinition
データ・ソース・タイプ: Planning
説明
HypMenuVRefreshOfflineDefinition()は、オフライン・データ・フォームの定義と
データをリフレッシュします。
構文
HypMenuVRefreshOfflineDefinition()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVRefreshOfflineDefinition Lib "HsAddin" () As Long
Sub MRefreshOfflineDefinition()
X=HypMenuVRefreshOfflineDefinition()
End Sub
HypMenuVRemoveOnly
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVRemoveOnly()は、シート内で選択したメンバー(アクティブなセル)また
はメンバー範囲のみを削除します。
構文
HypMenuVRemoveOnly()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 301
例
Declare Function HypMenuVRemoveOnly Lib "HsAddin"() As Long
Sub MRemoveOnly()
X=HypMenuVRemoveOnly()
End Sub
HypMenuVRulesOnForm
データ・ソース・タイプ: Planning (フォームのみ)
説明
HypMenuVRulesOnForm()を使用すると、「フォームの計算」および「通貨の計算」
ビジネス・ルールを実行できます。
構文
HypMenuVRulesOnForm()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVRulesOnForm Lib "HsAddin" () As Long
Sub MRulesOnForm()
X=HypMenuVRulesOnForm()
End Sub
HypMenuVRunReport
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVRunReport()は、クエリー・デザイナで設計したレポートを実行します。
構文
HypMenuVRunReport()
302 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVRunReport Lib "HsAddin" () As Long
Sub MRunReport()
X=HypMenuVRunReport()
End Sub
HypMenuVSelectForm
データ・ソース・タイプ: Planning、Financial Management、Hyperion Enterprise
説明
HypMenuVSelectForm()を使用すると、Financial Management のデータ・フォームを
選択できます。
構文
HypMenuVSelectForm()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVSelectForm Lib "HsAddin" () As Long
Sub MSelectForm()
X=HypMenuVSelectForm()
End Sub
HypMenuVShowHelpHtml
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVShowHelpHtml()は、オンライン・ヘルプを起動します。
Smart View での VBA 関数について 303
構文
HypMenuVShowHelpHtml()
パラメータ
vtHelpPage: ヘルプを起動する HTML ファイルの名前。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVShowHelpHtml Lib "HsAddin" (ByVal vtHelpPage As
Variant) As Long
Sub MDisConn()
X=HypMenuVShowHelpHtml(launch.html)
End Sub
HypMenuVSubmitData
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
説明
HypMenuVSubmitData()は、シートで変更されたデータ、または SetCellsDirty の呼
出しを使用して「ダーティ」とマークされたデータで、サーバーのアクティブな
データベースを更新します。
構文
HypMenuVSubmitData()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVSubmitData Lib "HsAddin"() As Long
Sub MSubmit()
X=HypMenuVSubmitData()
304 VBA 関数
End Sub
HypMenuVSupportingDetails
データ・ソース・タイプ: Planning
説明
Planning のデータ・ソースに対して HypMenuVSupportingDetails()を使用すると、
1 次元のセル範囲に対する補足的な計算を行うことができます。
構文
HypMenuVSupportingDetails()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVSupportingDetails Lib "HsAddin" () As Long
Sub MSupportingDetails()
X=HypMenuVSupportingDetails()
End Sub
HypMenuVSyncBack
データ・ソース・タイプ: Planning
説明
HypMenuVSyncBack()は、オフライン Planning データ・フォームからサーバーに
データを同期します。
構文
HypMenuVSyncBack()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 305
例
Public Declare Function HypMenuVSyncBack Lib "HsAddin" () As Long
Sub MSyncBack()
X=HypMenuVSyncBack()
End Sub
HypMenuVTakeOffline
データ・ソース・タイプ: Planning
説明
HypMenuVTakeOffline()を使用すると、Planning のデータ・フォームをオフライン
にすることができます。
構文
HypMenuVTakeOffline()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVTakeOffline Lib "HsAddin" () As Long
Sub MTakeOffline()
X=HypMenuVTakeOffline()
End Sub
HypMenuVUndo
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVUndo()は、直前のデータベース・ビューを復元します。
構文
HypMenuVUndo()
306 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVUndo Lib "HsAddin" () As Long
Sub MUndo()
X=HypMenuVUndo()
End Sub
HypMenuVVisualizeinExcel
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVVisualizeinExcel()は、現在接続しているデータベースとの接続を切断し
ます。
構文
HypMenuVVisualizeinExcel()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Public Declare Function HypMenuVVisualizeinExcel Lib "HsAddin" () As Long
Sub MVisualizeinExcel()
X=HypMenuVVisualizeinExcel()
End Sub
HypMenuVZoomIn
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
Smart View での VBA 関数について 307
説明
HypMenuVZoomIn()は、「オプション」ダイアログ・ボックスで指定されたオプ
ションに従って、データを展開表示します。
構文
HypMenuVZoomIn()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVZoomIn Lib "HsAddin"() As Long
Sub MZoomIn()
X=HypMenuVZoomIn()
End Sub
HypMenuVZoomOut
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypMenuVZoomOut()は、「オプション」ダイアログ・ボックスで指定されたオプ
ションに従って、データを縮小表示します。
構文
HypMenuVZoomOut()
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypMenuVZoomOut Lib "HsAddin"() As Long
Sub MZoomOut()
X=HypMenuVZoomOut()
308 VBA 関数
End Sub
動的リンク関数
静的または動的リンク・ビューを使用して、メイン・ウィンドウのコンテンツに
影響を与えずに、隣接するウィンドウにデータ・ポイントに関する詳細を表示で
きます。静的リンク・ビューは事前定義済で、Smart View に組み込まれています。
動的リンク・ビューでは、この項の VBA 関数を使用して、行、列、POV および
接続情報を変更できます。
動的リンク・クエリーが初期化されると、後続のすべての setinfo、getinfo、
displaytolinkview 呼出しは、保存された動的リンク・クエリーに対して実行されま
す。ユーザーがシート上のグリッドを変更し、新しいグリッドによって動的リン
クのアクションを実行したい場合は、利用可能なさまざまな setinfo 呼出しを使用
してクエリーを再び初期化する必要があります。
動的リンク関数:
l
310 ページの「HypUseLinkMacro」
l
311 ページの「HypSetLinkMacro」
l
312 ページの「HypGetLinkMacro」
l
313 ページの「HypGetSourceGrid」
l
313 ページの「HypDisplayToLinkView」
l
315 ページの「HypGetConnectionInfo」
l
316 ページの「HypSetConnectionInfo」
l
318 ページの「HypGetRowCount」
l
318 ページの「HypGetColCount」
l
319 ページの「HypGetPOVCount」
l
320 ページの「HypGetRowItems」
l
321 ページの「HypSetRowItems」
l
322 ページの「HypGetColItems」
l
323 ページの「HypSetColItems」
l
324 ページの「HypGetPOVItems」
l
325 ページの「HypSetPOVItems」
動的リンク・ビューの設定
動的リンク・ビューを使用して、要件に従ってリンクの動作をカスタマイズでき
ます。動的リンク・ビューを使用すると、行、列、POV、および列情報や、接続
情報を変更できます。
Smart View での VBA 関数について 309
ä 動的リンク・ビューを設定するには:
1
HypUseLinkMacro フラグを TRUE に設定します。(HypUseLinkMacro フラグを FALSE に設
定している場合は、事前定義されたリンク・クエリーが実行されます。)
2
実行するマクロ名を設定します。
設定するマクロ名には、グリッドを初期化するため、および接続、行、POV、
列のアイテムを必要に応じて設定するための、すべての関数呼出しを含める
必要があります。
3
シートを接続し、適切なグリッドをシート上に取得します。
4
シート上でデータ・ポイントを選択します。
5
Essbase のリボンから、「視覚化」、「Excel で視覚化」の順に選択します。
手順 2 で設定したマクロ名が実行され、リンク・アクションが実行されます。
マクロの自動実行
Smart View メニューからのマクロの実行を自動化できます。
ä Smart View メニューから手動で実行するマクロを設定するには:
1
HypUseLinkMacro フラグを FALSE に設定します。
2
シートに接続してグリッドを取得します。
3
シート上でデータ・ポイントを選択します。
4
グリッドを初期化するため、および接続、行、列、POV のアイテムを設定するた
めのすべての関数呼出しを含むマクロを実行します。
HypUseLinkMacro
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypUseLinkMacro()は、リンク・ビューのタイプ(静的または動的)を指定するフラ
グを設定するために使用されます。
注: 静的リンク・ビューおよび動的リンク・ビューは、同じメニュー項目を共
有します。したがって、動的リンク・クエリーを実行する前にこのフラグ
をオンにする必要があります。動的リンク・ビューでの実行が済んだら、
フラグをオフにします。
構文
HypUseLinkMacro (bSetView)
ByVal bSetView as Boolean
310 VBA 関数
パラメータ
bSetView: フラグが TRUE に設定されている場合は、動的リンクが実行されます。
フラグが FALSE に設定されている場合は、静的リンクが実行されます。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypUseLinkMacro Lib "HsAddin" (ByVal bUse As Boolean) As Long
Sub Macro()
Sts = HypUseLinkMacro(True)
End sub
HypSetLinkMacro
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypSetLinkMacro()は、動的リンク・クエリーのアクションを実行するために使用
されるマクロ名を設定します。
注: 「Excel での視覚化」メニュー・アイテムからリンク・アクションが開始され
ると、この関数名によって設定されたマクロ名が実行されます。
構文
HypSetLinkMacro (vtMacroName)
ByVal vtMacroName As Variant
パラメータ
vtMacroName: 実行するマクロの名前。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
Smart View での VBA 関数について 311
例
Declare Function HypSetLinkMacro Lib "HsAddin" (ByVal vtMacroName As Variant) As
Long
Sub Auto_Open()
Sts = HypUseLinkMacro(True)
Sts = HypSetLinkMacro(“Sheet1.Macro8”)
End Sub
HypGetLinkMacro
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetLinkMacro()は、動的リンク・クエリーを実行するため使用される、現在設
定されているマクロ名を戻します。
構文
HypGetLinkMacro (vtMacroName)
ByRef vtMacroName As Variant
パラメータ
vtMacroName: 出力。現在設定されているマクロ名を戻します。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetLinkMacro Lib "HsAddin" (ByRef vtMacroName As Variant) As
Long
Sub Auto_Open()
Dim Macroname as Variant
Sts = HypUseLinkMacro(True)
Sts = HypSetLinkMacro(“Sheet1.Macro8”)
Sts = HypGetLinkMacro(Macroname)
If (StrComp(MacroName, "Sheet1.Macro8")) Then
MsgBox ("Error Occurred")
End If
End Sub
312 VBA 関数
HypGetSourceGrid
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetSourceGrid()は、動的リンク・クエリーのソース・グリッドからクエリーを
作成します。
この関数は、静的リンク・ビューと動的リンク・ビューに適用されます。
HypGetSourceGrid の前提条件として、接続されたグリッドがアクティブなシート
上に存在し、有効なデータ・ポイントが選択される必要があります。
注: この呼出しを行う前に、グリッド内のセルを選択する必要があります。
構文
HypGetSourceGrid(vtSheetName, vtGrid)
ByVal vtSheetName As Variant
ByRef vtGrid As Variant
パラメータ
vtSheetName: 将来使用されます。現行ではアクティブなシートが使用されます。
vtGrid: 正常に終了した場合はグリッド XML を戻します。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetSourceGrid Lib "HsAddin" (ByVal vtSheetName As Variant,
ByRef vtGrid As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Range ("B2").Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
End sub
HypDisplayToLinkView
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning、Financial Management、Hyperion
Enterprise
Smart View での VBA 関数について 313
説明
HypDisplayToLinkView()は、Office ドキュメントを Word または Excel に表示する
か、グリッドを Excel に表示します。
注: 動的リンク・クエリーの最新のコンテンツに従って、リンク・アクション
が実行されます。
注: この関数は、
「動的リンク・ビュー」で説明されているように、特に動的リ
ンク・ビューと関連して使用されます
構文
HypDisplayToLinkView (vtDocumentType, vtDocumentPath)
ByVal vtDocumentType As Variant
vtDocumentPath As Variant
パラメータ
vtDocumentType: リンク・ビューの宛先を指定します。有効な値は次のとおりで
す:
l
EXCEL_APP
l
WORD_APP
l
PPOINT_APP
vtDocumentPath: ドキュメントへのパス。WORD_APP または PPOINT_APP の場合
にのみ必要です。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数のエラー・コードを戻し
ます。
例
Declare Function HypDisplayToLinkView Lib "HsAddin" (ByVal vtDocumentType As
Variant, ByVal vtDocumentPath As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypSetColItems (1, "Market", "East", "West", "South", "Central",
"Market")
Sts = HypDisplayToLinkView ("EXCEL_APP", "")
314 VBA 関数
End sub
HypGetConnectionInfo
データ・ソース・タイプ:Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetConnectionInfo()は、動的リンク・クエリーの接続情報を戻します。
HypGetConnectionInfo は、動的リンク・クエリーを初期化するために
HypGetSourceGrid の呼び出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソー
スおよびシート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
注: 呼出し後は、パスワードは実際には戻されませんが、セキュリティ上の理
由から、空の状態で戻されます。
構文
HypGetConnectionInfo(vtServerName,
vtUserName,vtApplicationName,vtDatabaseName,vtFriendlyName,vtURL,vtProviderTyp
e)
ByRef vtServerName As Variant
ByRef vtUserName As Variant
ByRef vtApplicationName As Variant
ByRef vtDatabaseName As Variant
ByRef vtFriendlyName As Variant
ByRef vtURL As Variant
ByRef vtProviderType As Variant
パラメータ
vtServerName: 出力。動的リンク・クエリーのサーバー名を格納します。
vtUserName: 出力。動的リンク・クエリーのユーザー名を格納します。
vtApplicationName: 出力。動的リンク・クエリーのアプリケーション名を格納しま
す。
vtDatabaseName: 出力。動的リンク・クエリーのデータベース名を格納します。
Smart View での VBA 関数について 315
vtFriendlyName: 出力。動的リンク・クエリーのわかりやすい接続名を格納しま
す。
vtURL: 出力。動的リンク・クエリーの URL を格納します。
vtProviderType: 出力。動的リンク・クエリーのプロバイダ・タイプを格納します。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypGetConnectionInfo Lib "HsAddin" (ByRef vtServerName As
Variant, ByRef vtUserName As Variant, ByRef vtApplicationName As Variant, ByRef
vtDatabaseName As Variant, ByRef vtFriendlyName As Variant, ByRef vtURL As Variant,
ByRef vtProviderType As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Dim server As Variant
Dim user As Variant
Dim app As Variant
Dim db As Variant
Dim provider As Variant
Dim conn As Variant
Dim url As Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetConnectionInfo(server,user, app, db, conn, url, provider)
End sub
HypSetConnectionInfo
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypSetConnectionInfo()は、クエリー内の接続情報を変更するために使用します。
HypSetConnectionInfo()に渡されるパラメータは、当該の接続名に保管されている
接続情報と一致している必要があります。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
316 VBA 関数
構文
HypSetConnectionInfo (vtServerName, vtUserName, vtPassword, vtApplicationName,
vtDatabaseName, vtFriendlyName, vtURL, vtProviderType)
ByVal vtServerName As Variant
ByVal vtUserName As Variant
ByVal vtPassword As Variant
ByVal vtApplicationName As Variant
ByVal vtDatabaseName As Variant
ByVal vtFriendlyName As Variant
ByVal vtURL As Variant
ByVal vtProviderType As Variant
パラメータ
vtServerName: クエリー内のサーバー名。
vtUserName: クエリー内のユーザー名。
vtPassword: クエリー内のユーザー・パスワード。
vtApplicationName: クエリー内のアプリケーション名。
vtDatabaseName: クエリー内のデータベース名。
vtFriendlyName: クエリー内のわかりやすい接続名。
vtURL: クエリー内のプロバイダ URL。
vtProviderType: クエリー内のプロバイダ・タイプ。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コードを戻
します。
例
Declare Function HypSetConnectionInfo Lib "HsAddin" (ByVal vtServerName As
Variant, ByVal vtUserName As Variant, ByVal vtPassword As Variant, ByVal
vtApplicationName As Variant, ByVal vtDatabaseName As Variant, ByVal vtFriendlyName
As Variant, ByVal vtURL As Variant, ByVal vtProviderType As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "DemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypSetConnectionInfo(“localhost”, “system”,
Smart View での VBA 関数について 317
“password”,
“Sample”, “Basic”, “SampleBasic”,
“http://localhost:13080/aps/SmartView”, provider)
End sub
HypGetRowCount
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetRowCount()は、行の次元の数を戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetRowCount()
戻り値
正常に終了した場合は行の次元の数を戻します。それ以外の場合は負数のエラー・
コードを戻します。
例
Declare Function HypGetRowCount Lib "HsAddin" () As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetRowCount ()
End sub
HypGetColCount
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
318 VBA 関数
説明
HypGetColCount()は、列の次元の数を戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetColCount()
戻り値
正常に終了した場合は列の次元の数を戻します。それ以外の場合は負数のエラー・
コードを戻します。
例
Declare Function HypGetColCount Lib "HsAddin" () As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetColCount ()
End sub
HypGetPOVCount
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetPOVCount()は、動的リンク・クエリーから POV 内の次元数を戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetPOVCount()
Smart View での VBA 関数について 319
戻り値
正常に終了した場合は列の次元の数を戻します。それ以外の場合は負数のエラー・
コードを戻します。
例
Declare Function HypGetPOVCount Lib "HsAddin" () As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetPOVCount ()
End sub
HypGetRowItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetRowItems()は、動的リンク・クエリー内の n 番目の行の次元に存在するメ
ンバーを戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetRowItems(vtRowID, vtDimensionName, vtMemberNames)
ByVal vtRowID As Variant
ByRef vtDimensionName As Variant
ByRef vtMemberNames As Variant
パラメータ
vtRowID: 行番号 n。
vtDimensionName: n 番目の行の次元名を戻します。
vtMemberNames: n 番目の行の次元のメンバーを戻します。
320 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数のエラー・コードを戻し
ます。
例
Declare Function HypGetRowItems Lib "HsAddin" (ByVal rowID As Variant, ByRef
vtDimensionName As Variant, ByRef vtMemberNames As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Dim vtDimName as Variant
Dim vtMembers as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "DemoBasic_Connection")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetRowItems(1, vtDimName, vtMembers)
End sub
HypSetRowItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
動的リンク・クエリーの n 番目の行の次元のメンバーを設定します。n 番目の列
が存在しない場合は、新しい行が追加されます。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypSetRowItems (vtRowID, vtDimensionName, ppMemberList())
ByVal vtRowID As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ParamArray ppMemberList() As Variant
パラメータ
vtRowID: 行番号 n。
vtDimensionName: 次元の名前。
ppMemberList: メンバー名の一覧。
Smart View での VBA 関数について 321
戻り値
長整数。正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コー
ドを戻します。
例
Declare Function HypSetRowItems Lib "HsAddin" (ByVal vtRowID As Variant, ByVal
vtDimensionName As Variant, ParamArray MemberList() As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "DemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypSetRowItems(1, "Product", "100", "200", "300", "400", "Diet", "Product")
End sub
HypGetColItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetColItems()は、n 番目の列の次元への動的リンク・ビューに表示されるメン
バーを戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetColItems(vtColumnID, vtDimensionName, vtMembers)
ByVal vtColumnID As Variant
ByRef vtDimensionName As Variant
ByRef vtMembers As Variant
パラメータ
vtColumnID: 列番号 n。
vtDimensionName: n 番目の列の次元名を戻します。
vtMembers: n 番目の列の次元のメンバーを戻します。
322 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数のエラー・コードを戻し
ます。
例
Declare Function HypGetColItems Lib "HsAddin" (ByVal vtColID As Variant, ByRef
vtDimensionName As Variant, ByRef vtMembernames As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Dim vtDimensionName as Variant
Dim vtMembers as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "AnamikaDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetColItems(1, vtDimensionName, vtMembers)
End sub
HypSetColItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypSetColItems()は、動的リンク・クエリーの n 番目の列の次元のメンバーを設定
します。n 番目の列が存在しない場合は、新しい列が追加されます。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypSetColItems (vtColumnID, vtDimensionName, ppMemberList())
ByVal vtColumnID As Variant
ByVal vtDimensionName As Variant
ParamArray ppMemberList() As Variant
パラメータ
vtColumnID: 列番号 n。
vtDimensionName: 次元の名前。
ppMemberList: メンバー名の一覧。
Smart View での VBA 関数について 323
戻り値
長整数。正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は該当するエラー・コー
ドを戻します。
例
Declare Function HypSetColItems Lib "HsAddin" (ByVal vtColID As Variant, ByVal
vtDimensionName As Variant, ParamArray MemberList() As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "SalesDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypSetColItems (1, "Market", "East", "West", "South",
"Central", "Market")
End sub
HypGetPOVItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypGetPOVItems()は、POV 内の次元と、各次元で現在選択されているメンバーを
戻します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypGetPOVItems(vtDimensionNames, vtPOVNames)
ByRef vtDimensionNames As Variant
ByRef vtPOVNames As Variant
パラメータ
vtDimensionNames: POV 内の次元名
vtPOVNames: POV 内の各次元で現在選択されているメンバー。
324 VBA 関数
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数のエラー・コードを戻し
ます。
例
Declare Function HypGetPOVItems Lib "HsAddin" (ByRef vtDimensionNames As Variant,
ByRef vtPOVNames As Variant) As Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Dim vtDimNames As Variant
Dim vtPOVNames As Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypGetPOVItems (vtDimNames, vtPOVNames)
End sub
HypSetPOVItems
データ・ソース・タイプ: Essbase、Planning (アド・ホックのみ)、Financial
Management (アド・ホックのみ)、Hyperion Enterprise (アド・ホックのみ)
説明
HypSetPOVItems()は、動的リンク・クエリーの POV 次元を設定します。
注: これは、動的リンク・クエリーを初期化するために HypGetSourceGrid の呼
出しがすでに実行されており、アクティブなデータ・ソースおよびワーク
シート上のグリッドに関する情報が格納されていることを前提とします。
構文
HypSetPOVItems (ppMemberList())
ParamArray ppMemberList() As Variant
パラメータ
ppMemberList: 目的の POV アイテムの一覧を、Dimension#Current Member 形式
で表したもの。
戻り値
正常に終了した場合は 0 を戻し、それ以外の場合は負数のエラー・コードを戻し
ます。
Smart View での VBA 関数について 325
例
Declare Function HypSetLinkMacro Lib "HsAddin" (ByVal vtMacroName As Variant) As
Long
Sub Macro()
Dim vtGrid as Variant
Sts = HypConnect(Empty, "system", "password", "MyDemoBasic")
Sts = HypRetrieve(Empty)
Range (“B2”).Select
Sts = HypGetSourceGrid (Empty, vtGrid)
Sts = HypSetPOVItems ("Scenario#Scenario", "Measures#Measures")
End sub
Smart View での Spreadsheet Toolkit VBA アプリ
ケーションの使用
Oracle Hyperion Essbase Spreadsheet Toolkit で作成された VBA アプリケーションは、
次の変更を行うことで、Smart View に変換できます:
l
l
l
Spreadsheet Toolkit 関数の EssV 接頭辞を、Hyp に置き換えます; たとえば、
EssVRemoveOnly を HypVRemoveOnly に変更します。
Oracle Hyperion Essbase Spreadsheet Toolkit メニュー関数の EssMenuV 接頭辞を、
HypMenuV に置き換えます; たとえば、EssMenuVZoomIn を HypMenuVZoomIn に
変更します。
essxlvba.txt の宣言を smartview.bas の宣言に置き換えます。
326 VBA 関数
フリー・フォーム・モード
17
この章の内容
フリーフォーム・モードについて ....................................................... 327
フリーフォームのガイドライン .......................................................... 328
フリー・フォーム・グリッドの例 ....................................................... 329
フリーフォーム・グリッドのコメント................................................. 330
フリー・フォーム・グリッドの式 ....................................................... 332
フリー・フォーム・グリッドの属性次元.............................................. 332
フリー・フォーム・レポートの作成 .................................................... 333
フリーフォーム・モードでの属性次元の取得 ....................................... 333
非対称レポートの作成 ....................................................................... 334
予期しない動作の原因となるアクション.............................................. 335
フリーフォーム・モードについて
アド・ホック分析では、データベースの次元とメンバーを詳しく把握している場
合に、次元名とメンバー名を直接セルに入力することにより、フリーフォーム・
モードを使用できます。POV、メンバー選択およびフリーフォーム・グリッドで
のその他のアド・ホック操作も引き続き使用できます。
Smart View グリッドのコンポーネントについて表 19 で説明します。
表 19
Smart View のグリッド・コンポーネント
グリッド構成要素
説明
行次元
ワークシートの行にまたがって 1 列に配置される次元またはメンバー
列次元
ワークシートの行にまたがって 1 列に配置される次元またはメンバー
ページ次元
ページ全体に適用される次元(Essbase のみ)
コメント
ユーザーが追加したテキスト
データ領域
次元またはメンバーのデータを含むグリッドの領域
空白領域
ワークシートでエントリを含まない領域
フリーフォーム・モードについて 327
フリーフォームのガイドライン
l
グリッドは、セル A1 で始まる必要はありません。
l
グリッドには少なくとも 1 つの行次元と 1 つの列次元が必要です。
l
l
l
l
l
l
l
l
各行次元は 1 つの次元のみのメンバーを含むことができます。各列次元は 1 つ
の次元のみのメンバーを含むことができます。
1 つの次元のメンバーは、次の領域のうちの 1 つのみに入力できます:
m
同じ行
m
同じ列
m
ページ次元の領域の任意の場所
ページ次元領域は異なる次元のメンバーを含むことができますが、ページ次
元領域の 2 つのメンバーが同じ次元に属することはできません。
ページ次元領域に入力された次元はページ次元領域で対応するデフォルトの
次元または既存の次元を上書きします。たとえば、ページ次元に Year 次元が
含まれている場合、Qtr1 を入力すると、Qtr はページ次元の Year を置き換え
ます。
Smart View オプションの「データ・オプション」ページで指定した置換ラベル
はフリーフォーム・モードで適用されます。
数字エントリはデータ領域ではデータとして、データ領域外ではコメントと
して識別されます。数字をメンバー名として使用する場合は、前に一重引用
符を付けます; たとえば'100 のようにします。
単語間にスペースを含むメンバー名の前には一重引用符を付けます。
重複メンバーを持つ Essbase データ・ソースに接続するときは、Smart View の
「オプション」ダイアログ・ボックスの「メンバー・オプション」ページで
「メンバー名のみ」を選択し、ワークシートで完全修飾名を表示します。重複
メンバーを入力するには、修飾メンバー名に次のような構文を使用します:
[Income].[Other]
[Expenses].[Other]
l
l
l
現在の別名テーブルからの別名はフリーフォーム・グリッドに使用できます
が、その他の別名テーブルからの別名はコメントとして扱われます。
Hyperion Enterprise データ・ソースでは、フリーフォーム・グリッドに次元名
を入力できません。メンバー名のみ入力できます。
動的時系列メンバー(Essbase の場合)は、次のいずれかのフォーマットを使用
する必要があります:
m
Q-T-D(1 月)
m
Y-T-D(3 月)
m
M-T-D(6 月)
328 フリー・フォーム・モード
フリー・フォーム・グリッドの例
簡易グリッド
図 13 は、Year が行次元、Measures が列次元、Product がページ次元である、有効
な簡易グリッドを示しています。
図 13
簡易グリッド
図 14 は、基本的な 2 行 2 列レイアウトで、最初の行と列に Product 次元と Market
次元が、2 番目の行と列に Sales と Year のメンバーが表示されています。
図 14
2 行 2 列レイアウト
列次元
ページ次元と解釈される列次元
最上位の同じ行に、1 つの行次元と複数のメンバー(すべて異なる次元)がある場
合、行の一番左の次元が列次元として扱われ、その他はページ次元として扱われ
ます。図 15 は、Year が行次元、Measures が列次元、Product と Market がページ次
元である、有効なグリッドを示しています。
図 15
1 行目の列次元およびページ次元
各列次元の最初のメンバーは同じ列に配置し、各行次元の最初のメンバーは同じ
行に配置する必要があります。図 16 では、セル B2 が列次元の最初の列にあり、
Measures 次元のメンバーである必要があるにもかかわらず、コメントであるため
に無効になっています。
フリー・フォーム・グリッドの例 329
図 16
列での無効な配置
スタック次元
同じ次元の複数のメンバーが含まれる最初の行は、列次元です。この行の上に配
置された次元は、ページ次元のルールに従っていれば、すべてページ次元候補で
す。ただし、この列次元の上にある次元で、同じ列にあり(スタックされている)、
かつ他のメンバーを持たない次元は、ページ次元ではなく列次元です。このよう
なグリッドは有効ではありません。
図 17 において、Product は Profit の上にスタックされた列次元です; Market は Profit
の上にスタックされていないためページ次元です。Scenario は、Profit の上にス
タックされていますが、その行がページ次元の上にあるため、ページ次元になり
ます。
図 17
ページ次元としてのスタック次元
図 18 では、Product と Market が列次元の上にスタックされ、他のメンバーを持っ
ていません。このため、このグリッドは有効ではありません。
図 18
無効なスタック列
フリーフォーム・グリッドのコメント
データ・ソース・タイプ: Essbase
注: 複数のグリッドが有効なワークシートにはコメントを追加できません。
コメントは次の場所に配置できます:
l
行次元の間
l
列次元の間
l
ページ次元の間
330 フリー・フォーム・モード
l
次元とデータ・セルの間
l
ページ次元のメンバーと交互に
l
行、列、ページの各次元のメンバーと交互に
l
グリッドの上下左右。
コメント行とコメント列は、行次元および列次元と交互に配置できます。
データ・セル、または行次元と列次元が交差する右上のセルには、コメントを配
置できません。
発生する可能性がある予期しない動作の詳細は、335 ページの「予期しない動作
の原因となるアクション」を参照してください。
空白の行および列のコメント
図 19 は、セル A5、A6、C1、C2、C10、D1、D2、D10、H5 および H6 にコメント
のあるグリッドを示しています。このようなコメントは取得操作とズーム操作を
実行しても保持されます。
図 19
空白の行および列のコメント
複雑なコメントを含むグリッド
図 20 は、1 つのグリッドでページ領域、属性、コメントを組み合せて使用した例
を示しています。
図 20
複雑なコメントを含むグリッド
フリーフォーム・グリッドのコメント 331
コメントの無効な配置
行と列の次元領域には、コメント行とコメント列を交互に配置できます。図 21
は、セル C2 のコメントがコメント行とコメント列のいずれにも属さないため無
効なグリッドを示しています。(行 2 と列 C の両方が次元メンバーを持っていま
す。)
図 21
コメントの無効な配置
フリー・フォーム・グリッドの式
コメントを入力できるセルには、Excel の式を入力できます。図 22 は、セル C8 と
F8 に Excel の式が入力されているグリッドを示しています。発生する可能性があ
る予期しない動作の詳細は、335 ページの「予期しない動作の原因となるアクショ
ン」を参照してください。
図 22
フリー・フォーム・グリッドの式
フリー・フォーム・グリッドの属性次元
図 23 は、ページ領域と属性の使用方法の両方の例を示しています。この例では、
Pkg Type (基本メンバー Product に添付されている属性次元)と Budget がページ次
元です。Pkg Type をドリルダウンすると、特定の Product 属性に関連する、属性
を使用した Measures の分析ができます。さらにこれを使用して、属性別の製品在
庫保管単位(SKU)のクロス集計分析を行うこともできます。
332 フリー・フォーム・モード
図 23
フリー・フォーム・グリッドの属性次元
フリー・フォーム・レポートの作成
データ・ソース・タイプ: Essbase、Financial Management、Hyperion Enterprise
ä フリーフォーム・レポートを作成するには:
1
ワークシートを開き、データ・ソースに接続します。
2
ワークシートで、328 ページの「フリーフォームのガイドライン」に指定された
ルールに従ってメンバー名を入力します。
3
メンバー名は重複している場合があります(たとえば、East と West 両方のマーケッ
トに Portland という名前(Maine と Oregon)が含まれる)。重複するメンバー名を入力
するには:
l
l
Essbase で、「メンバー選択」を使用してメンバーを選択します。
入力したメンバーに重複がある場合、Financial Management でメンバー名
の解決ウィンドウが表示されます。ドロップダウン・リストから、入力し
たメンバーの次元を選択し、
「OK」をクリックします。必要に応じて繰り
返します。
4
グリッドをリフレッシュします。
5
必要に応じてアド・ホックの操作とフォーマットを実行します。
フリーフォーム・モードでの属性次元の取得
構造化グリッドを処理するときは、属性次元は表示されません。フリーフォーム
では、グリッドに属性次元のメンバーを入力して、処理し検証できます。処理と
検証にあたっては、追加した属性次元のメンバーのみが表示され使用されます。
他の属性次元のメンバーは対象になりません。このフリーフォーム要求の後、構
造化グリッド操作を行っても、属性次元のメンバーは保持されます。
ワークシートに基本次元が存在する場合は、ワークシートに名前を直接入力して
属性メンバーを取得することもできます。
注: Hyperion Enterprise は、属性次元をサポートしません。
フリー・フォーム・レポートの作成 333
ä メンバー選択機能を使用してフリーフォームで属性次元を取得するには:
1
空のワークシートで、セルを選択します。(ワークシートは空である必要がありま
す。)
2
データ・ソースのリボンから、「メンバー選択」を選択します。
3 「次元名の解決」ダイアログ・ボックスで、属性次元を選択します。
4
ワークシートでメンバーの向きを手順 3 で選択したセルから縦方向にするには、
「垂直方向」チェック・ボックスを選択します。
このチェック・ボックスはデフォルトで選択解除されます。つまり、メンバー
の向きは手順 3 で選択したセルから横方向になります。
5 「OK」をクリックして、「メンバー選択」ダイアログ・ボックスを開きます。
6
ワークシートに配置するメンバーを選択します。
注: シートに属性次元およびメンバーを追加することも可能です。
非対称レポートの作成
Essbase レポートには、対称または非対称の列グループを入れることができます。
Essbase では、選択したメンバーに基づいて列グループの対称性を自動的に決定し
ます。
対称レポートは、図 24 に示すように、同じメンバーのグループが繰り返されるの
が特徴です。
図 24
対称レポート
非対称レポートは、図 25 に示すように、ネストしているグループのメンバーの内
容が、少なくとも 1 つ異なることが特徴です。メンバーの数が異なる場合と、メ
ンバーの名前が異なる場合があります。
図 25
非対称レポート
非対称レポートは、次のようにして作成できます:
l
l
l
フリー・フォーム・モードでメンバー名を入力します。
「オプション」ダイアログ・ボックスの「メンバー・オプション」ページで、
「選択したグループ内」を選択した状態でズーム・インします。
データ取得時に、#Missing 値、ゼロ値またはアンダースコア文字を含む行を抑
制します。
334 フリー・フォーム・モード
注: データを非対称型レポートに取得する際、レポートが大きい場合には長時
間かかることがあります。
予期しない動作の原因となるアクション
Smart View では、コメント、式、カスタマイズしたレポート・レイアウトは極力
保持されます。例外として、予想外の振る舞いをする可能性があるのは、次のア
クションを実行した場合です:
l
ページ次元にズーム・インする
l
POV から行または列に次元をピボットする
l
POV からワークシートに次元をドラッグ・アンド・ドロップする
l
行次元を列次元にピボットする
l
行次元の位置を別の行に切り替える
l
列次元の位置を別の列に切り替える
l
l
「別名テーブルの変更」コマンドを使用してメンバーの別名を変更する
Essbase または Hyperion Enterprise データ・ソースでは、Microsoft Word から
Excel ワークシートに切り取って貼り付けると、隠し文字が原因で予期しない
動作をすることがあります。そのような場合は、ログから問題を特定できる
管理者に連絡してください。
予期しない動作の原因となるアクション 335
336 フリー・フォーム・モード
Smart Viewでの他のアプリ
ケーションの使用方法
A
この付録の内容
Crystal Ball EPM ................................................................................... 337
Smart View および Spreadsheet Add-in ....................................................... 338
関数の移行....................................................................................... 339
適切なライセンスを保有している場合には、Smart View とともに次のアプリケー
ションを使用できます。
Crystal Ball EPM
Crystal Ball EPM は、Smart View データ・ソースのデータをシミュレーションおよ
び予測のワークブックで分析するために使用します。これは Crystal Ball EPM モデ
ルを伴う 1 つ以上のワークシートで構成される Excel ワークブックであり、各ワー
クシートはサポートされている任意のデータ・ソースに接続することができます。
これらは EPM Workspace リポジトリに一元的に格納され、Smart View パネルを通
じてアクセスと管理が可能です。
詳細は、Crystal Ball EPM のドキュメント・セットを参照してください。
Crystal Ball EPM ワークブックの操作
Smart View パネルから実行できるシミュレーションおよび予測のワークブックの
操作は、EPM Workspace 管理者が設定する権限によって異なります。
ä Crystal Ball EPM ワークブックのデータを操作するには:
1
Smart View のリボンで、「パネル」を選択します。
2
Smart View パネルで
します。
3
をクリックし、要求された場合には Crystal Ball EPM リポジトリにログインしま
す。そのユーザーが権限を持つワークブックのツリー・リストが表示されます。
4
ワークブックをダブルクリックして開きます。
5
Crystal Ball EPM 製品ドキュメントでの説明に従って、Crystal Ball EPM の操作を実行
します。
をクリックし、「ワークブックのシミュレーション」を選択
Crystal Ball EPM 337
ワークシート上の Oracle Crystal Ball Enterprise Performance Management モデル
は、データ・ソースのワークシートとは別に保管することをお薦めします。
6
必要に応じて「データの送信」をクリックします。
ツールバー操作
「ワークブックのシミュレーション」ツールバーのボタンを使用して、ツリー・リ
ストのワークブックおよびフォルダに対して次の操作を実行します。
l
リポジトリへの接続
l
ワークブックの追加、保存、削除
l
フォルダの追加と名前変更
l
ツリー・リストのリフレッシュ
l
ワークブック・ファイルを格納する場所と、通信する EPM Workspace エージェ
ントを指定するオプションを設定します(これらのオプションは、サーバーで
実行されるすべてのセッションにわたって適用されます)。これには、「オプ
ション」をクリックして次の情報を入力します。
m
URL: Web サービス・エージェントの URL。次の構文を使用します:
http://<host>/raframework/services/BiPlus
m
フォルダ: ワークブック・ファイルを保存するリポジトリ・フォルダの名
前
Smart View および Spreadsheet Add-in
Smart View および Spreadsheet Add-in の両方が同じコンピュータ上にインストール
されている場合、マウス・アクションは Spreadsheet Add-in のコマンドと解釈され
ます。Smart View でマウス・コマンドを制御する場合は、Spreadsheet Add-in を介
して確立された Essbase 接続でのみ、コマンドに対応するよう Spreadsheet Add-in
に指示できます。
ä Smart View でマウス・コマンドを制御できるようにするには:
1
Excel を起動します。
2 「Essbase」、「オプション」、「グローバル」の順に選択します。
3 「接続されているシートに制限」を選択します。
4 「OK」をクリックします。
Oracle Essbase への接続が、Smart View ではなく Spreadsheet Add-in を介して確
立されている場合以外、Smart View がマウス・コマンドを制御します。
注: 同じワークブック内で Smart View および Spreadsheet Add-in からデータ・
ソースに接続することは可能ですが、同じワークシート上では接続できま
せん。
338 Smart View での他のアプリケーションの使用方法
関数の移行
Financial Management と Hyperion Enterprise Oracle Essbase Spreadsheet Add-in の関数
は、移行ユーティリティを使用して現在の Smart View 構文に変換することができ
ます。
ワークブックの移行
移行ユーティリティを使用すると、Financial Management のデータ取得関数または
Hyperion Enterprise の HP 取得関数および VBA 取得関数を含むワークブックを変
換することができます。たとえば、HFMVal、HFMLnk、HFMLab、HFMDes およ
び HFMCur などの Financial Management 関数や、HPVal、HPLnk、HPCur、
HPHea、HPCde および HPFul などの Hyperion Enterprise 関数が該当します。
ユーティリティでは変換できない関数もあります。一部の関数は手動で調整する
必要があります。
セル参照を使用する関数については、次の関数が変換されます。
l
l
関数のすべてのパラメータがセル参照である場合。たとえば、次のように指
定できます: =HFMVal($B$1&$C$1&$B$2&$C$3&$B$5&$C$5&$B$6&$C$6)
関数で次元パラメータが指定されていて、メンバーがセル参照で、ピリオド
区切り記号がハード・コード化されている場合。たとえば、次のように指定
できます: =HFMVal("S#"&D2&".Y#"&D3&".VW#"&D5&".')
セル参照を使用する次の関数は変換されません。
l
l
l
l
関数で次元パラメータが指定されていて、メンバーおよびピリオド区切り記
号がセル参照である場合。たとえば、次のように指定できます: =HFMVal("S#"
&E2& "Y#&E3& VW#" &E5), where E2=Actual, E3=2004, E5=<Scenario View>.
関数で次元パラメータが指定されていて、メンバーがセル参照で、ピリオド
区切り記号が個別のセル内にある場合、関数は変換されません。たとえば、
次のように指定できます: =HFMVal("S#"&F2&C1&"Y#"&F3&C1&"VW#&F5&C1),
where C1=.(ピリオド区切り)
関数で指定されているアプリケーションがセル参照である場合。
ワークブックのセルに 1024 文字を超える文字が含まれている場合、ワークブッ
クは正しく変換されません。セルに含まれるデータのサイズを小さくするに
は、複数の関数を参照するか、バックグラウンド POV で設定できる次元を除
去します。
移行ユーティリティを実行する前に、パスが正しいことを確認します(デフォル
ト・パスは MIDDLEWARE_HOME¥EPMSystem11R1¥common¥empstatic¥wsspace¥で
す)。移行中には、Excel によってアドイン・ファイルの元のパスが関数に挿入さ
れます。そのため関数が長くなりすぎ、エラーになることがあります。Excel の制
限上、Smart View の関数は 256 文字を超えることができません。
関数の移行 339
1 つのワークブックの変換
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
ä ワークブックを変換するには:
1
Smart View のリボンから、「詳細」を選択し、「アクティブ・ワークブックの移行
(Financial Management)」または「アクティブなワークブックの移行(Hyperion
Enterprise)」を選択します。
関数にアプリケーション参照が含まれている場合は、アプリケーションを対
応する接続にマップする必要があります。
2 「変換」、「OK」の順にクリックします。
3
移行結果が表示されます。これには、変換できなかった関数の一覧が含まれます。
これらの関数は手動で調整できます。
4
変換結果を保存するには、「結果の保存」をクリックします。
5
結果ファイルの保管場所を選択し、「保存」をクリックします。
6 「閉じる」をクリックします。
複数のワークブックの変換
データ・ソース・タイプ: Financial Management、Hyperion Enterprise
ä 複数のワークブックを変換するには:
1
Smart View のリボンから「詳細」を選択し、「移行のバッチ処理(Financial
Management)」または「バッチの移行(Hyperion Enterprise)」を選択します。
2 「移行ウィザード」で「追加」をクリックし、変換するワークブックを選択しま
す。
3 「次」をクリックします。関数にアプリケーション参照が含まれている場合は、ア
プリケーションを接続にマップする必要があります。
移行結果が表示されます。これには、変換できなかった関数の一覧が含まれ
ます。これらの関数は手動で調整できます。
4
Oracle Hyperion Enterprise(R)の場合は、変換されたワークブックが自動的に元のワー
クブックの保存場所に保存されます。Financial Management の場合は、「結果の保
存」をクリックします。
5
結果ファイルの場所を選択し、「保存」をクリックします。
6 「完了」をクリックします。
関数の接続の移行
Financial Management では、Smart View に移行するときに、アプリケーション参照
を含まない関数に対して接続または接続参照を選択できます。
340 Smart View での他のアプリケーションの使用方法
ä 関数の接続を移行するには:
1
Smart View のリボンから、「詳細」、「アクティブ接続の移行」の順に選択します。
2 「関数移行 - アプリケーション参照」で、いずれかのオプションを選択します。
l
l
l
l
「関数を接続参照で更新しない」。
「接続名を既存関数に追加」を選択し、「接続名」リストから接続名を選択
します。この場合、指定された接続名を使用するすべての関数が更新され
ます。
「選択したワークシート内の接続リストを参照して関数を更新」を選択し、
「セルの参照」で参照するセル(例: A2)を入力します。この場合、現在のワー
クシートのセルを参照するすべての関数が更新されます。
「新ワークシートの接続リストを参照して関数を更新」を選択し、「ワーク
シート名」と「セルの参照」を入力します。この場合、ワークブック内の
別のワークシートのセルを参照するすべての関数が更新されます。
ヒント:
関数で接続名を参照するためのドロップダウン・リストを任意のセ
ルに作成できます。Smart View のリボンから、「詳細」、「接続リス
トの挿入」の順に選択すると、現在のセルで選択できる接続のリス
トが表示されます。
3 「OK」をクリックします。
関数の移行 341
342 Smart View での他のアプリケーションの使用方法
B
情報の検索
この付録の内容
データ・ソースおよびその他の製品に関する情報 ................................. 343
Oracle User Productivity Kit の使用 ............................................................. 343
データ・ソースおよびその他の製品に関する
情報
一般に、このガイドには、Smart View でサポートされるデータ・プロバイダの機
能を使用するための手順情報のみが記載されています。データ・プロバイダおよ
び他の製品の詳細は、EPM ドキュメント・ライブラリで入手可能な製品ドキュメ
ントを参照してください。このライブラリを開くには、Smart View のリボンから、
「ヘルプ」の隣にある矢印、続いて「EPM ドキュメント」をクリックします。
Oracle User Productivity Kit の使用
Oracle User Productivity Kit (UPK)が配置されており、管理者によって Oracle Hyperion
Enterprise Performance Management Workspace に UPK Player パッケージの有効な
URL が構成されている場合、ユーザーは EPM System の UPK コンテンツにアクセ
スできます。UPK の構成の詳細は、Oracle Hyperion Enterprise Performance
Management Workspace Administrator's Guide の Workspace サーバーの設定に関する
項、およびアプリケーション・サポート・ガイドの Oracle User Productivity Kit に
関する項を参照してください。
注: 事前構築済の UPK コンテンツ・モジュールが使用可能です。Oracle.com
(http://www.oracle.com/us/products/applications/tutor-upk/064788.html)で入手
可能な Oracle Enterprise Performance Management System の UPK を含むデー
タ・シートを参照してください。Financial Management および Planning モ
ジュールには、Smart View および Oracle Hyperion Financial Reporting Studio
の該当するコンテンツが含まれます。Oracle Hyperion Financial Management
および Oracle Hyperion Planning では、コンテキストに依存した UPK コンテ
ンツの呼出しがサポートされています。Smart View または Reporting Studio
から起動される UPK コンテンツでは、コンテキストでフィルタ処理されて
いない完全プレーヤ・パッケージのアウトラインが起動されます。Reporting
Studio および Smart View のユーザーは、役割フィルタを使用して、Oracle
Hyperion Smart View for Office または Oracle Hyperion Financial Reporting Studio
のコンテンツのみを表示できます。
データ・ソースおよびその他の製品に関する情報 343
UPK ヘルプを開くには、Smart View のリボンで「ヘルプ」の隣にある矢印をク
リックし、「Oracle User Productivity Kit」を選択します。
344 情報の検索
用語集
MDX (多次元式) 多次元準拠データベースでクエリー
欠落データ(#MISSING) ラベル付けされた場所のデー
と計算に使用される言語です。
タが存在しないか、値が含まれていないか、データ
が入力されていないか、またはロードされていない
ことを示すマーカーです。たとえば、勘定科目に当
期ではなく過去または将来の期間のデータが含まれ
ている場合は、欠落データが存在します。
POV(視点) 行、列またはページ軸に割り当てられて
いないメンバーを選択することにより、データ・
フォーカスを設定する機能です。たとえば、FDM
での POV の選択項目には、場所、期間、カテゴリ、
およびターゲット・カテゴリが含まれる可能性があ
ります。また、Smart View で POV をフィルタとし
て使用すると、通貨次元を POV に割り当て、ユー
ロのメンバーを選択できます。データ・フォームで
この POV を選択すると、ユーロの値にデータが表
示されます。
アド・ホック・レポート エンド・ユーザーが動的に
作成するオンライン分析クエリーです。
アプリケーション 1)特定のタスクまたはタスクのグ
ループを実行するために設計されたソフトウェア・
プログラムです(スプレッドシート・プログラム、
データベース管理システムなど)。2)必要とされる
特定の分析またはレポート、あるいはその両方に対
応するために使用される、次元および次元メンバー
の関連するセットです。
基本次元 1 つ以上の属性次元に関連付けられている
標準次元です。たとえば、製品に味があるとする
と、Product 次元が Flavors 属性次元の基本次元とな
ります。
キューブ 3 つ以上の次元を含むデータのブロックで
す。Essbase データベースはキューブです。
兄弟 他の子メンバーと同世代で、すぐ上に同じ親
を持つ子メンバーです。たとえば、メンバー Florida
とメンバー New York はメンバー East の子であり、
互いの兄弟です。
最新 最新の期間として定義されたメンバーからデー
タ値を取得するために使用される、スプレッドシー
トのキーワードです。
サポート詳細 セルの値を算出した計算および仮定で
す。
式の保持 データ取得中にワークシート内に保持さ
れる、ユーザーが作成した式です。
子孫 データベース・アウトラインで親の下に位置
するメンバーです。たとえば、年、四半期および月
を含む次元では、メンバー第 2 四半期およびメン
バー 4 月がメンバー年の子孫となります。
シナリオ データを分類するための次元です(実績、
予算、予測 1、予測 2 など)。
修飾名 定まったフォーマットのメンバー名です。
重複メンバーのアウトラインにおいて、重複メン
バー名を区別します。([Market].[East].[State].[New
York]、[Market].[East].[City].[New York]など。)
次元 ビジネス・データを整理して値の取得や保持
のために使用されるデータ・カテゴリです。通常、
次元には関連するメンバーをグループ化した階層が
含まれます。たとえば、年次元には、四半期や月な
ど期間ごとのメンバーが含まれています。
実行時プロンプト ビジネス・ルールが実行される前
にユーザーが入力または選択する変数です。
行の抑制 欠落値を含む行を除外し、スプレッドシー
ト・レポートからの文字にアンダースコアを付ける
設定です。
用語集 345
重複メンバー名 データベース内に複数存在する、そ
タスク・リスト 特定のユーザーについて、タスクの
れぞれ異なるメンバーを表す同一のメンバー名で
す。たとえば、ニューヨーク州を示すメンバーと
ニューヨーク市を示すメンバーが存在する場合、
データベースに New York という名前のメンバーが
詳細ステータスを示すリストです。
2 つ含まれることがあります。データベースに New
York という名前のメンバーが 2 つ含まれることが
あります。
スマート・スライス Smart View で、データ・ソース
の再利用可能なパースペクティブです。次元または
次元メンバーの限定的なセットを含みます。
スマート・タグ「スマート・タグ」メニューで使用
可能な、事前定義されたアクションに関連付けられ
た Microsoft Office アプリケーションのキーワード
データ・フォーム Web ブラウザなどのインタフェー
スからデータベースにデータを入力でき、データま
たは関連テキストを表示して分析できるグリッド表
示です。一部の次元メンバー値は固定され、データ
が特定の視点から表示されます。
時系列レポート作成 カレンダの日付(年、四半期、
月、週など)に基づくデータのレポート作成プロセ
スです。
動的時系列 ブロック・ストレージ・データベース
で、期間累計のレポート作成を実行するプロセスで
す。
です。Oracle EPM System 製品でも、スマート・タ
ドリルスルー あるデータ・ソースの値から別のソー
グを使用して Reporting and Analysis のコンテンツの
スの対応するデータに移動することです。
インポートや Financial Management および Essbase
ネスト列見出し 複数の次元からのデータを表示する
の機能へのアクセスが可能です。
レポート列の列見出しのフォーマットです。たとえ
ば、Year と Scenario のメンバーが含まれる列ヘッ
世代 データベースにおけるメンバーの関係を定義
する階層ツリー構造内のレイヤーです。各世代は、
次元の最上位メンバー(世代 1)から子メンバーへと
ダーはネスト列です。ネスト列ヘッダーでは、ヘッ
ダーの一番上の行の Q1 (Year 次元)が、ヘッダーの
1 世代ずつ下に配置されていきます。一意の世代名
一番下の行の Actual および Budget (Scenario 次元)で
を使用すると、階層ツリー内のレイヤーを特定でき
ます。
ビジネス・ルール 期待される一連の結果値を生成す
セル 1)多次元データベースの次元の交差を表すデー
タ値です; ワークシート上の行および列の交差を指
修飾されます。
るためにアプリケーション内に作成される論理式ま
たは式です。
します; 2)管理ドメインに属するノードの論理グルー
ピボット 取得したデータのパースペクティブを変
プです。
更します。Essbase では、まず次元が取得され、デー
セル・ノート Essbase データベースでセルに付けら
タが行に展開されます。その後、データのピボット
(並べ替え)を行うことにより、異なる視点を得られ
れるテキスト注釈です。セル・ノートは LRO の一
種です。
祖先 その下にメンバーを含む分岐メンバーです。
たとえば、メンバー Qtr2 とメンバー 2006 はメン
バー April の祖先です。
属性 次元メンバーの特性です。たとえば、従業員
次元メンバーには、名前、年齢、または住所の各属
性がある場合があります。製品次元のメンバーはサ
イズ、味などの複数の属性を持つ可能性がありま
す。
属性次元 次元の一種です。次元のメンバーの属性
や特質に基づいて分析できます。
属性レポート 基本次元メンバーの属性に基づくレ
ポート作成プロセスです。「基本次元」も参照して
ください。
346 用語集
ます。
フリーフォーム・グリッド 動的計算のために、複数
のソースからのデータを提示、入力、および統合す
るためのオブジェクトです。
フリーフォーム・レポート作成 ワークシートに次元
メンバーまたはレポート・スクリプト・コマンドを
入力することにより、レポートを作成することを指
します。
ページ グリッドまたはテーブルでの情報表示の一
種です。しばしば Z 軸により示されます。ページ
には、1 つのフィールドからのデータ、計算により
得られるデータまたはテキストを含めることができ
ます。
ページ見出し レポートの現在のページで表示されて
いるメンバーをリストした、レポート見出しの一種
です。ページ上のすべてのデータ値には、ページ見
出し内のメンバーが共通属性として適用されていま
す。
ページ・メンバー ページ軸を決定するメンバーで
す。
メタデータ データベースに保管された、またはアプ
リケーションにより使用されるデータのプロパティ
と属性を定義および説明するデータ・セットです。
メタデータには、次元名、メンバー名、プロパ
ティ、期間およびセキュリティなどが含まれます。
メンバー 次元内の個別のコンポーネントです。メ
ンバーにより、類似する単位の集まりが個別に特定
および区別されます。たとえば、時間次元には 1
月、2 月、および第 1 四半期などのメンバーが含ま
れることがあります。
ユーザー変数 ユーザーのメンバー選択に基づいて
データ・フォームを動的に配置し、指定されたエン
ティティのみを表示する変数です。たとえば、
Department というユーザー変数を使用すると、特
定の部署および従業員を表示できます。
リンク・パーティション データ・セルを使用して 2
つのデータベースをリンクするための共有パーティ
ションです。ワークシートのリンク・セルをクリッ
クすると、リンク・データベースの次元を示す新し
いシートが開きます。これにより、表示される次元
をドリル・ダウンできます。
ルート・メンバー 次元分岐における最上位のメン
バーです。
レベル 階層ツリー構造において、データベース・
メンバーの関係を定義するレイヤーです。レベルは
一番下の次元メンバー(レベル 0)から上位の親メン
バーへと並べられます。
レベル 0 のメンバー 子の存在しないメンバーです。
レポート・オブジェクト レポートの設計において、
テキスト・ボックス、グリッド、イメージ、チャー
トなどの動作や外観を定義するプロパティを持つ基
本要素です。
用語集 347
348 用語集
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
索引
A-Z
Crystal Ball, 337
Financial Reporting
Excel へのインポート, 124
Word および PowerPoint へのインポート,
125
テンプレート, 127
ドキュメントのインポート, 124
フォーマット, 120
編集, 126
HsCurrency 関数
構文, 151
HsDescription 関数
構文, 151
HsGetSheetInfo 関数, 150
HsGetText 関数
構文, 152
HsGetValue 関数
構文, 149
HsGetVariable 関数, 153
HsLabel 関数, 152
HsSetText 関数, 153
HsSetValue 関数, 149
Interactive Reporting
Excel へのインポート, 121
Word および PowerPoint へのインポート,
122
ドキュメントのインポート, 120
編集, 123
MDX クエリー, 92
Oracle User Productivity Kit (UPK)
使用, 343
Planning
オフライン, 113
承認, 99
バージョンのコピー, 104
フォーム, 62
プリファレンス, 112
POV
コピー, 33
削除, 34
ヘッダーおよびフッターへの印刷, 72
POV ツールバー, 23
Essbase メンバーの選択, 25
非表示, 24
メンバーの選択, 23
POV マネージャ, 32, 33
メンバーの選択, 33
Production Reporting
Excel へのインポート, 128
Word および PowerPoint へのインポート,
129, 130
ドキュメントのインポート, 128, 131
編集, 130, 133
Reporting and Analysis
ドキュメントのインポート, 117
ドキュメントの編集およびリフレッシュ,
118
Reporting and Analysis ドキュメント
更新, 118
リフレッシュ, 118
Reporting and Analysis ドキュメントのリフレッ
シュ, 118
Smart View
使用可能, 71
使用不可, 71
Smart View の使用可能, 71
Smart View の使用不可, 71
Smart View パネル
概要, 14
Spreadsheet Add-in, 338
URL
Planning セルへのリンク, 46
およびデータ・セル, 46
セルからの起動, 46
User Productivity Kit, 343
索引 349
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
VBA 関数
HypExecuteDrillThroughReport, 221
HypForceCalculateContribution, 249
HypGetCellRangeForMbrCombination, 211
HypIsConnectedToSharedConnections, 187
HypIsSmartViewContentPresent, 167
HypMenuVRefreshOfflineDefinition, 301
HypMenuVCascadeSameWorkbook, 288
HypGetSharedConnectionsURL, 185
HypGetSubstitutionVariable, 173
HypMenuVCascadeNewWorkbook, 287
HypSetSharedConnectionsURL, 186
HypSetSubstitutionVariable, 175
HypAddLRO, 217
HypCalculate, 244
HypCalculateContribution, 245
HypCell, 209
HypConnect, 177
HypConnected, 178
HypConnectionExists, 179
HypConsolidateAll, 247
HypConsolidateAllWithData, 247
HypCopyMetaData, 164
HypCreateConnection, 179
HypCreateConnectionEX, 181
HypDeleteAllLROs, 215
HypDeleteAllMRUItems, 281
HypDeleteCalc, 243
HypDeleteLROs, 216
HypDeleteMetadata, 165
HypDisconnect, 183
HypDisconnectAll, 184
HypDisconnectEx, 184
HypDisplayToLinkView, 313
HypExecuteCalcScript, 237
HypExecuteCalcScriptEx, 238
HypExecuteQuery, 197
HypFindMember, 252
HypFindMemberEx, 253
HypForceCalculate, 248
HypForceTranslate, 250
HypFreeDataPoint, 211
HypGetActiveMember, 230
HypGetAncestor, 254
HypGetBackgroundPOV, 225
HypGetChildren, 255
HypGetColCount, 318
350 索引
HypGetColItems, 322
HypGetConnectionInfo, 315
HypGetDataPoint, 213
HypGetDimensions, 232
HypGetDimMbrsForDataCell, 207
HypGetDrillThroughReports, 222
HypGetGlobalOption, 271
HypGetLinkMacro, 312
HypGetMemberInformation, 268
HypGetMemberInformationEX, 270
HypGetMembers , 228
HypGetNameRangeList, 196
HypGetOption, 277
HypGetPagePOVChoices, 226
HypGetParent, 256
HypGetPOVCount, 319
HypGetPOVItems, 324
HypGetRowCount, 318
HypGetRowItems, 320
HypGetSheetOption, 274
HypGetSourceGrid, 313
HypInvalidateSSO, 188
HypIsAncestor, 259
HypIsAttribute, 257
HypIsCellWritable, 214
HypIsChild, 262
HypIsDataModified, 166
HypIsDescendant, 258
HypIsExpense, 260
HypIsFreeForm, 168
HypIsParent, 261
HypIsUDA, 262
HypKeepOnly, 202
HypListCalcScripts, 235
HypListCalcScriptsEx, 236
HypListLROs, 219
HypMenuVAboutt, 285
HypMenuVAdjust, 286
HypMenuVBusinessRules, 286
HypMenuVCalculation, 287
HypMenuVCellText, 289
HypMenuVCollapse, 289
HypMenuVConnect, 290
HypMenuVCopyDataPoints, 290
HypMenuVExpand, 291
HypMenuVFunctionBuilder, 291
HypMenuVInstruction, 292
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
HypMenuVKeepOnly, 293
HypMenuVLRO, 293
HypMenuVMemberInformation, 294
HypMenuVMemberSelection, 294
HypMenuVMigrate, 295
HypMenuVOptions, 296
HypMenuVPasteDataPoints, 296
HypMenuVPivot, 297
HypMenuVPOVManager, 298
HypMenuVQueryDesigner, 298
HypMenuVRedo, 299
HypMenuVRefresh, 299
HypMenuVRefreshAll, 300
HypMenuVRemoveOnly, 301
HypMenuVRulesOnForm, 302
HypMenuVRunReport, 302
HypMenuVSelectForm, 303
HypMenuVShowHelpHtml, 303
HypMenuVSubmitData, 304
HypMenuVSupportingDetails, 305
HypMenuVSyncBack, 305
HypMenuVTakeOffline, 306
HypMenuVUndo, 306
HypMenuVVisualizeinExcel, 307
HypMenuVZoomIn, 307
HypMenuVZoomOut, 308
HypOpenForm, 206
HypOtlGetMemberInfo, 263
HypPivot, 199
HypPivotToGrid, 200
HypPivotToPOV, 201
HypPreserveFormatting, 170
HypQueryMembers, 265
HypRedo, 170
HypRemoveConnection, 187
HypRemoveOnly, 203
HypRemovePreservedFormats, 171
HypResetFriendlyName, 189
HypRetrieve, 192
HypRetrieveAllWorkbooks, 196
HypRetrieveLRO, 220
HypRetrieveNameRange, 194
HypRetrieveRange, 193
HypSetActiveConnection POV, 189
HypSetActiveMember, 231
HypSetAliasTable, 173
HypSetAsDefault, 190
HypSetBackgroundPOV, 226
HypSetCellsDirty, 215
HypSetColItems, 323
HypSetConnAliasTable, 191
HypSetConnectionInfo, 316
HypSetDimensions, 233
HypSetGlobalOption, 273
HypSetLinkMacro, 311
HypSetMembers , 229
HypSetMenu, 163
HypSetOption, 280
HypSetPages, 227
HypSetPOV, 224
HypSetPOVItems, 325
HypSetRowItems, 321
HypSetSheetOption, 276
HypShowPOV, 163
HypSubmitData, 198
HypTranslate, 250
HypUndo, 169
HypUpdateLRO, 218
HypUseLinkMacro, 310
HypZoomIn, 204
HypZoomOut, 205
VBA 関数、操作
Smart View での関数にシヨウ, 157
関数の宣言, 158
旧来の VBA アプリケーションの移行, 326
パラメータ, 158
メニュー関数, 284
戻り値, 159
Web Analysis
ドキュメントのインポート, 131
フォーマット, 120
あ行
値の調整, 39
アド・ホック分析
開始, 49
概要, 49
動的時系列メンバー, 28
フリーフォーム, 327
メンバーの選択, 21
移行
移行ユーティリティ, 339
考慮事項, 339
索引 351
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
接続, 340
複数のワークブックの変換, 340
ワークブックの変換, 340
「上へ移動」オプション, 111
オフライン。「オフライン・プランニング」を
参照
オフライン、Planning, 113
フォーム, 113
オフライン・フォーム
操作, 114
リフレッシュ, 116
オフライン・プランニング
作業, 114
データのリフレッシュ, 116
オプション
詳細, 139
セルのスタイル, 142
データ, 137
フォーマット, 141
メンバー, 136
か行
拡張機能, 143
カスケード, 58
関数
エラー・コード, 154
概要, 145
作成, 145
手動作成, 147
実行, 148
関数ビルダー, 145
期間、データの分散, 107
共有接続, 17
共有ワークブック, 72
クエリー
作成, 89
編集, 91
クエリー・デザイナ, 89
時間関連データ, 92
グリッド、複数, 56
作成, 56
計算, 110。「サポート詳細およびビジネス・ルー
ル」も参照
計算スクリプト。「ビジネス・ルール」を参照
計算行、挿入, 56
検索
ページ次元のメンバーの, 104
352 索引
コピー
データ・ポイント, 69
ワークシート, 68
コメント, 44
コメント、追加
プランニング・ユニット, 102
コンポーネント
Smart View, 13
さ行
サポート詳細
階層, 111
概要, 110
追加, 110
表示, 112
変更, 112
サポート詳細ウィンドウ
使用, 110
サポート詳細の階層, 111
式
Excel
アド・ホック・グリッド, 50
フォーム, 62
ズーム, 55
「下へ移動」オプション, 111
承認, 99
シート情報, 71
時間関連データ
クエリー・デザイナ, 92
次元, 21
概要, 21
次元間の実行時プロンプト, 106
実行時プロンプト
タイプ, 106
情報、検索, 343
ジョブ・コンソール, 103
スマート・クエリー, 73
構築, 75
コピーと貼付け, 78
作成, 73, 75
セットの定義, 73
セットのフィルタの定義, 75
開く, 78
スマート・スライス
概要, 81
境界, 85
作成, 85
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
スライダ, 84
プリファレンス, 86
レポートの削除, 83
レポートの作成, 81
スライダ, 84
クエリーからの作成, 84
結合クエリーからの作成, 84
ズーム
式, 55
ダブルクリック, 54
表示設定, 53
フォーマット, 54
ズーム・アウト, 53
ズーム・イン, 52
ズーム・インおよびズーム・アウト, 52
ズーム・レベル
デフォルトの設定, 53
接続
共有接続, 17
検索, 18
データ・ソース, 17
プライベート、削除, 19
プライベート、作成, 19
プライベート接続, 17
保存, 19
セル・コメント, 44
Financial Management, 45
Planning, 45
セル・テキスト, 44
セルのスタイル, 142
セルの履歴, 48
選択項目のみ削除, 55
選択項目のみ保持, 55
「選択したグループ内」オプション, 334
属性次元、フリーフォームグリッド, 333
た行
タスク・リスト, 95
Outlook との統合, 98
概要, 95
実行, 97
タスクの完了, 97
表示, 96
開く, 95
レポートの作成, 97
代替変数, 59
注釈, 102
プランニング・ユニット, 102
通貨, 38
換算, 38
変更, 38
通貨コード
場所, 39
「通貨の計算」ビジネス・ルール, 107
データ
計算, 36
集計, 37
送信, 35
調整, 39
リフレッシュ, 35
データ・ソース
接続, 17
切断, 18
データ・ソースの接続, 17
データの計算, 36
データの集計, 37
データの取得, 35
データの送信, 35
データの同期, 115
データのフィルタ処理, 91
データの分散
期間に対する, 107
データのリフレッシュ
オフライン作業中, 116
データ・パースペクティブ, 39
動的データ・ポイント, 69
ドキュメントの添付, 46
ドリルスルー・レポート, 41
は行
バージョンのコピー, 104
非計算行、挿入, 56
非対称型レポート, 334
表示
サポート詳細, 112
ビジネス・ルール
概要, 105
起動, 105
実行時プロンプト, 106
通貨の計算, 107
フォームの計算, 107
ピボット, 55
フォーマット
Excel, 51
索引 353
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
Smart View, 50
アド・ホック・グリッド, 50
ズーム, 54
フォーム
Financial Management, 64
Planning, 62
Planning の属性, 62
アド・ホック分析, 62
オフラインでの操作, 114
オフラインでのリフレッシュ, 116
概要, 61
開く, 61
複合, 105
リンク・フォーム, 64
「フォームでメンバーを使用」オプション
実行時プロンプトを使用, 106
フォーム、データ
オフラインでの操作, 114
オフラインでのリフレッシュ, 116
リンク・フォームの使用, 64
「フォームに関する規則」ダイアログ・ボック
ス, 107
「フォームの計算」ビジネス・ルール, 107
複合フォーム, 105
フリーフォーム, 327
ガイドライン, 328
属性次元、操作, 333
非対称型レポート, 334
フリー・フォームでの予期しない動作, 335
フリーフォーム・モード
メンバーの入力, 26
フリーフォーム・レポートのガイドライン,
328
プライベート接続, 17
次としての共有接続の保存, 19
プランニング・ユニット
移動パス, 101
検索, 100
ステータスの変更, 99
注釈, 102
不在時のアシスタント, 102
プランニング・ユニットの送信, 100
プリファレンス
Planning, 112
別名, 30
メンバー名, 31
別名テーブル, 30, 31
354 索引
現在のワークシートの選択, 30
接続の選択, 31
ページ次元
メンバーの検索, 104
ま行
マージされたセル
Excel フォーマット, 51
メタデータのインポート, 68
メンバー, 21
Financial Management のフォームでの選択,
64
Financial Management のフォームでの追加,
64
POV ツールバーからの選択, 23
概要, 21
期間累計, 28
サブセットによるフィルタ, 27
情報, 32
選択, 21
属性によるフィルタ, 26
メンバー情報, 32
メンバー選択
実行時プロンプト用, 106
メンバー範囲の実行時プロンプト, 106
メンバー・パースペクティブ, 29
メンバー名
重複、表示, 28
元に戻す, 67
オプション, 68
や行
やり直し, 67
オプション, 68
ら行
ライン・アイテムの詳細, 110
リフレッシュ, 35
リボン, 13
履歴
セル, 48
リンク・パーティション, 44
リンク・フォーム, 64
リンク・レポート・オブジェクト, 42
起動, 44
添付, 42
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
レポート
カスケード, 58
フリーフォーム, 327
わ行
ワイルド・カード検索, 72
ワークブック
共有, 72
ワークブックのシミュレーション, 337
ツールバー, 338
索引 355
A - Z あ行 か行 さ行 た行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
356 索引
Fly UP