...

Veritas Storage Foundation™ and High Availability インストールガイド

by user

on
Category: Documents
28

views

Report

Comments

Transcript

Veritas Storage Foundation™ and High Availability インストールガイド
Veritas Storage Foundation™
and High Availability インス
トールガイド
Solaris
5.1
Veritas Storage Foundation™ インストールガイド
このマニュアルで説明するソフトウェアは、使用許諾契約に基づいて提供され、その内容に同意す
る場合にのみ使用することができます。
Product version: 5.1
Document version: 5.1.0
法的通知と商標登録
Copyright © 2008 Symantec Corporation.All rights reserved.
Symantec、Symantec ロゴ、Veritas、Veritas Storage Foundation は、Symantec Corporation
または同社の米国およびその他の国における関連会社の商標または登録商標です。その他の会社
名、製品名は各社の登録商標または商標です。
このシマンテック製品には、サードパーティ(「サードパーティプログラム」)の所有物であることを示す
必要があるサードパーティソフトウェアが含まれている場合があります。一部のサードパーティプログ
ラムは、オープンソースまたはフリーソフトウェアライセンスで利用できます。本ソフトウェアに含まれ
る本使用許諾契約は、オープンソースのフリーソフトウェアライセンスでお客様が有する権利または
義務は変更されないものとします。サードパーティプログラムについて詳しくは、この文書のサード
パーティの商標登録の付属資料、またはこのシマンテック製品に含まれる TRIP ReadMe File を参
照してください。
本書に記載する製品は、使用、コピー、頒布、逆コンパイルおよびリバース・エンジニアリングを制限
するライセンスに基づいて頒布されています。Symantec Corporation からの書面による許可なく本
書を複製することはできません。
Symantec Corporation が提供する技術文書は Symantec Corporation の著作物であり、Symantec
Corporation が保有するものです。保証の免責: 技術文書は現状有姿のままで提供され、Symantec
Corporation はその正確性や使用について何ら保証いたしません。技術文書またはこれに記載さ
れる情報はお客様の責任にてご使用ください。本書には、技術的な誤りやその他不正確な点を含
んでいる可能性があります。Symantec は事前の通知なく本書を変更する権利を留保します。
ライセンス対象ソフトウェアおよび資料は、FAR 12.212 の規定によって商業用コンピュータソフトウェ
アとみなされ、場合に応じて、FAR 52.227-19 「Commercial Computer Licensed Software Restricted Rights」、DFARS 227.7202 「Rights in Commercial Computer Licensed Software
or Commercial Computer Licensed Software Documentation」、その後継規制の規定により制
限された権利の対象となります。
Symantec Corporation
20330 Stevens Creek Blvd.
Cupertino, CA 95014
http://www.symantec.com
弊社製品に関して、当資料で明示的に禁止、あるいは否定されていない利用形態およびシステム
構成などについて、これを包括的かつ暗黙的に保証するものではありません。また、弊社製品が稼
動するシステムの整合性や処理性能に関しても、これを暗黙的に保証するものではありません。これ
らの保証がない状況で、弊社製品の導入、稼動、展開した結果として直接的、あるいは間接的に発
生した損害等についてこれが補償されることはありません。製品の導入、稼動、展開にあたっては、
お客様の利用目的に合致することを事前に十分に検証および確認いただく前提で、計画および準
備をお願いします。
テクニカルサポート
ご購入先にお問い合わせください。
目次
テクニカルサポート .............................................................................................. 4
第1章
Storage Foundation and High-Availability Solutions
について ..........................................................................
17
Veritas Storage Foundation の製品スイート ........................................ 17
I/O フェンシングについて ................................................................. 19
Veritas 製品のライセンスについて ...................................................... 20
第2章
Storage Foundation and High Availability 製品のイ
ンストール計画 ............................................................... 23
Storage Foundation のインストールの計画について ...............................
インストールと設定の方法について .....................................................
システム準備の評価 .......................................................................
Veritas Operations Services .....................................................
Veritas Volume Replicator のインストール前計画またはアップグレード計
画 ........................................................................................
前の VVR バージョンからのアップグレードの計画 ..............................
ローカライズ環境で VVR を使うための追加設定 ...............................
Storage Foundation and High Availability ソフトウェアのダウンロー
ド .........................................................................................
第3章
システム必要条件
23
24
25
25
25
26
27
28
............................................................... 29
ハードウェアとソフトウェアの必要条件 ..................................................
I/O フェンシングの必要条件 .............................................................
I/O フェンシングに必要なコーディネータディスクの条件 ......................
CP サーバーの必要条件 ............................................................
Veritas File System の必要条件 .......................................................
リリースノート .................................................................................
Sun Cluster 用のクラスタ環境必要条件 ...............................................
サポート対象 Solaris オペレーティングシステム ......................................
データベースの必要条件 .................................................................
ディスク領域必要条件 .....................................................................
29
30
30
30
32
33
33
34
35
35
6
目次
第4章
システムでのインストールの準備 ..................................... 37
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設
定 ........................................................................................
ssh の設定と有効化 ..................................................................
ssh の再起動 ..........................................................................
Solaris での RSH の有効化/無効化 ..............................................
共有ストレージの設定 .....................................................................
共有ストレージの設定: SCSI ディスク .............................................
共有ストレージの設定: ファイバーチャネル ......................................
/opt ディレクトリの作成 ....................................................................
環境変数の設定 ............................................................................
ソフトウェアディスクのマウント .............................................................
第5章
共通の製品インストーラを使った Storage
Foundation and High Availability Solutions の
インストール .................................................................... 51
インストールのクイックリファレンス ........................................................
共通製品インストーラについて ...........................................................
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation のインストー
ル ........................................................................................
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High
Availability Solutions のインストール ...........................................
言語パッケージのインストール ...........................................................
第6章
37
38
42
43
44
44
47
48
48
49
51
52
53
56
59
Web ベースのインストーラを使った Storage
Foundation and High Availability Solutions の
インストール .................................................................... 61
Web ベースのインストーラについて .....................................................
Web ベースのインストーラでサポートされる機能 .....................................
Web ベースのインストーラでサポートされない機能 ..................................
Veritas の Web ベースインストーラを使う前に ........................................
Veritas の Web ベースインストーラの起動 ............................................
Mozilla Firefox のセキュリティ例外の取得 ...........................................
Veritas の Web ベースインストーラを使ったプレインストールチェックの実
行 ........................................................................................
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のイン
ストール .................................................................................
61
62
63
63
63
64
64
65
目次
第7章
第8章
オペレーティングシステムの方法を使った Storage
Foundation のインストール .......................................... 69
JumpStart でのインストール .............................................................
JumpStart インストール操作の概要 ..............................................
終了スクリプトの生成 .................................................................
インストールリソースの準備 .........................................................
終了ファイルへの言語パッケージ情報の追加 ...................................
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール ...................
69
69
70
72
73
74
Storage Foundation and High Availability の設定
の準備 .............................................................................
77
セキュアモードでクラスタを設定する準備 .............................................. 77
セキュリティインフラのためのルートブローカーのインストール ................ 81
ルートブローカーシステムへの認証ブローカーアカウントの作成 ............ 82
セキュリティインフラの暗号化ファイルの作成 .................................... 83
セキュリティインフラのためのインストールシステムの準備 ..................... 85
データ整合性のための Storage Foundation クラスタの設定について .......... 86
I/O フェンシングのコンポーネントについて ............................................ 87
データディスクについて ............................................................. 87
コーディネーションポイントについて ............................................... 87
I/O フェンシングの設定ファイルについて .............................................. 88
I/O フェンシング設定の計画について .................................................. 91
サーバーベースの I/O フェンシングを使った SF HA クラスタ の標準
設定 ............................................................................... 93
推奨される CP サーバーの設定 .................................................... 93
サーバー型 I/O フェンシングの設定について ........................................ 95
CP サーバーの設定 ........................................................................ 96
インストーラを使った CP サーバーのインストール .............................. 97
CP サーバーのセキュリティの設定 ................................................. 98
CP サーバーデータベースの共有ストレージの設定 ............................ 99
設定ユーティリティを使った CP サーバーの設定 ............................... 99
CP サーバーの手動設定 .......................................................... 106
CP サーバーの設定の確認 ....................................................... 107
第9章
Storage Foundation and High Availability 製品の
設定 ................................................................................ 109
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定 ................ 109
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定に必
要な情報 ....................................................................... 110
installsf を使った Storage Foundation High Availability の設
定 ................................................................................ 111
7
8
目次
Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation High
Availability の設定 ..........................................................
Veritas Volume Manager の設定 ....................................................
設定デーモンの起動と有効化 ....................................................
ボリューム I/O デーモンの起動 ..................................................
vxinstall を使った Veritas Volume Manager の設定 ......................
VxVM が使うデバイスのパス、またはマルチパス化の無効化 ..............
VxVM でのクラスタサポートの有効化(オプション) ...........................
Veritas File System の設定 ...........................................................
ファイルシステムモジュールのロードとアンロード ..............................
vxtunefs コマンド権限と Cached Quick I/O ..................................
SFDB リポジトリデータベースの設定 ..................................................
インストール後の Veritas Volume Replicator および Volume Manager
の設定 ................................................................................
キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更 ..........................
Veritas 製品のライセンスキーのインストール ........................................
第 10 章
125
128
128
129
130
131
133
137
137
138
138
139
139
140
データ整合性のための Storage Foundation High
Availability の設定 ...................................................... 141
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定 .........................
VxVM ディスクとしてのディスクの初期化 .......................................
I/O フェンシング用の共有ディスクの確認 ......................................
installsf を使ったディスクベースの I/O フェンシングの設定 ...............
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定 ......................................
通信の権限の削除 .................................................................
コーディネータディスクとして使うディスクの特定 ..............................
コーディネータディスクグループの設定 .........................................
I/O フェンシングの設定ファイルの作成 .........................................
I/O フェンシングを使うための VCS 設定の修正 ...............................
I/O フェンシング設定の確認 ......................................................
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定 .......................
コーディネーションポイントに CP サーバーを使うための SF HA クラス
タ のセキュリティ設定の確認 ................................................
サーバーベースの I/O フェンシングの設定 ....................................
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定 ....................................
CP サーバーを SF HA クラスタで使用するための手動による準備 .........
SF HA クラスタ上での手動によるサーバーベースのフェンシングの設
定 ................................................................................
コーディネーションポイントを監視するためのコーディネーションポイン
トエージェントの設定 .........................................................
サーバーベースの I/O フェンシングの設定の検証 ...........................
141
141
142
146
149
149
149
150
151
152
154
154
154
155
162
162
166
170
171
目次
第 11 章
Storage Foundation のアップグレード ........................... 173
Storage Foundation 製品またはオペレーティングシステムのアップグレー
ド .......................................................................................
アップグレードの計画 ....................................................................
アップグレード前のシステム情報の保存 ........................................
SFDB の 5.1 へのアップグレードについて .....................................
ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認 .......................
Storage Foundation 5.1 のアップグレードパス ...............................
インストール前の確認と設定の実行 .............................................
SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード前のタ
スク ..............................................................................
VCS エージェントがある場合の VVR のアップグレードの準備 ..............
ファイルシステムが正常にマウント解除されていることの確認 ...............
アレイサポートのアップグレード ..................................................
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage
Foundation のアップグレード ....................................................
製品インストーラでの Veritas Storage Foundation のアップグレード
(OS のアップグレードが必要ない場合) ..................................
手動手順での Veritas Storage Foundation のアップグレード(OS の
アップグレードが必要ない場合) ...........................................
アップグレードスクリプト(OS のアップグレードやカプセル化ルートディ
スク)を使用した 4.x からの 5.1 への Veritas Storage Foundation
のアップグレード ..............................................................
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアッ
プグレード ............................................................................
Solaris OS のみのアップグレード ......................................................
Veritas Volume Replicator のアップグレード ......................................
レプリケーションを中断しない VVR のアップグレード ........................
言語パッケージのアップグレード .......................................................
アップグレード後のタスク ................................................................
オプションの設定手順 ..............................................................
自動アップグレードが失敗した場合の VVR のリカバリ .......................
VCS Agents for VVR が設定されている場合のアップグレード後のタ
スク ..............................................................................
ディスクレイアウトバージョンのアップグレード ..................................
SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード後のタ
スク ..............................................................................
VxVM ディスクグループのバージョンのアップグレード ......................
変数の更新 ..........................................................................
デフォルトディスクグループの設定 ..............................................
ASL のアップグレード ..............................................................
QuickLog から Multi Volume Support への変換 ...........................
173
174
175
175
176
176
181
183
184
187
188
189
190
192
194
198
199
202
202
203
203
203
204
205
208
208
214
215
215
215
224
9
10
目次
Veritas Storage Foundation アップグレードの確認 .............................. 226
第 12 章
Live Upgrade を使ったアップグレード ............................ 227
Live Upgrade について .................................................................
Veritas Volume Replicator(VVR)環境の Live Upgrade につい
て ................................................................................
Live Upgrade のサポート対象アップグレードパス ..................................
Solaris ゾーン環境での Live Upgrade の実行 .....................................
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの
前に ...................................................................................
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレー
ド .......................................................................................
代替ブートディスクでの新しいブート環境の作成 .............................
インストーラを使った Storage Foundation のアップグレード ...............
SF の手動アップグレード ..........................................................
Live Upgrade の完了 ..............................................................
Storage Foundation の Live Upgrade の確認 ...............................
Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード ..................................
インストーラを使った Storage Foundation の削除と再インストー
ル ................................................................................
Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレード .................
ブート環境の管理 .........................................................................
プライマリブート環境への復帰 ....................................................
Solaris SPARC のブート環境の切り替え .......................................
Solaris x64 のブート環境の切り替え ...........................................
第 13 章
227
228
229
230
231
234
235
236
238
240
241
242
243
244
245
245
245
247
Storage Foundation High Availability の段階的アッ
プグレードの実行 ......................................................... 251
段階的アップグレードについて .........................................................
段階的アップグレードの前提条件 ...............................................
段階的なアップグレードの計画 ...................................................
段階的アップグレードの制限事項 ...............................................
段階的アップグレードの例 ........................................................
段階的アップグレードの例についての概要 ....................................
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行 ............
2 番目のサブクラスタへのサービスグループの移動 ..........................
1 番目のサブクラスタでのオペレーティングシステムのアップグレー
ド .................................................................................
1 番目のサブクラスタのアップグレード ..........................................
2 番目のサブクラスタの準備 ......................................................
1 番目のサブクラスタのアクティブ化 .............................................
251
251
252
252
252
253
254
254
259
259
261
266
目次
2 番目のサブクラスタでのオペレーティングシステムのアップグレー
ド ................................................................................. 267
2 番目のサブクラスタのアップグレード .......................................... 267
段階的アップグレードの終了 ..................................................... 269
第 14 章
Storage Foundation インストールの確認 ...................... 273
製品がインストールされたことの確認 ..................................................
インストールログファイル .................................................................
インストールログファイルの使用 ..................................................
概略ファイルの使用 ................................................................
Veritas 製品のプロセスの開始と停止 ................................................
Volume Manager プロセスのチェック ................................................
Veritas File System のインストールの確認 .........................................
カーネルインストールの確認 ......................................................
コマンドインストールの確認 .......................................................
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について ............
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化 .................
LLT と GAB の設定ファイルについて .................................................
LLT、GAB、VCS の各設定ファイルの確認 ...........................................
LLT、GAB、クラスタの動作の検証 .....................................................
LLT の検証方法 ....................................................................
クラスタの検証方法 .................................................................
クラスタノードの検証 ................................................................
第 15 章
273
274
274
274
274
275
275
275
275
276
278
284
286
286
287
290
291
Storage Foundation and High Availability クラスタ
でのノードの追加および削除 ..................................... 295
ノードの追加と削除について ............................................................
Storage Foundation インストーラを使ったノードの追加 ..........................
手動によるクラスタへのノードの追加 ..................................................
ハードウェアの設定 .................................................................
ノード追加時の手動による Storage Foundation ソフトウェアのインス
トール ...........................................................................
セキュアモードで実行するノードの設定 ........................................
LLT と GAB の設定 .................................................................
新しいノードでの I/O フェンシングの設定 ......................................
既存のクラスタへのノードの追加 .................................................
Storage Foundation の起動とクラスタの検証 .................................
クラスタからのノードの削除 ..............................................................
ノードとサービスグループの状態の確認 ........................................
Storage Foundation 設定から切り離されるノードの削除 ...................
残りの各ノードでの設定ファイルの修正 .........................................
CP サーバーからのノード設定の削除 ...........................................
295
295
298
299
301
301
303
306
310
311
311
312
313
316
316
11
12
目次
削除するノードからセキュリティのクレデンシャルを削除する ................
切り離されるノードでの LLT と GAB のアンロードと VCS の削除 ...........
シングルノードクラスタへのノードの追加 ..............................................
シングルノードクラスタと結合させるノードの設定 ..............................
プライベートネットワーク用のイーサネットカードの取り付けと設定 .........
共有ストレージの設定 ..............................................................
既存ノードの起動 ...................................................................
ノードをシングルノードクラスタに追加する場合の Storage Foundation
ソフトウェアの手動インストール .............................................
設定ファイルの作成 ................................................................
LLT と GAB の起動 .................................................................
既存ノードでの Storage Foundation の再設定 ..............................
両方のシステムでの設定の検証 .................................................
第 16 章
323
323
324
324
325
Storage Foundation のアンインストール ....................... 327
Veritas Storage Foundation の削除について .....................................
Solaris のアンインストールの必要条件 ...............................................
リモートアンインストール ...........................................................
Veritas Volume Manager の削除の準備 .....................................
Veritas File System の削除の準備 .............................................
システムでのエージェントの無効化 ....................................................
RDS の削除 ................................................................................
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のア
ンインストール .......................................................................
スクリプトベースのインストーラを使った Storage Foundation パッケージの
アンインストール .....................................................................
pkgrm コマンドを使った Storage Foundation のアンインストール .............
pkgrm コマンドによる言語パッケージのアンインストール ...................
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除 ...................................
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for Databases)リポジトリの削
除 ......................................................................................
付録 A
317
317
319
320
321
322
322
327
328
328
328
336
336
337
339
340
341
342
343
346
インストールスクリプト ....................................................... 349
インストールスクリプトについて ......................................................... 349
インストールスクリプトオプション ........................................................ 350
付録 B
応答ファイル
....................................................................... 355
応答ファイルについて ....................................................................
インストールシミュレータについて ......................................................
応答ファイルを使った Storage Foundation のインストール ......................
応答ファイルを使った Storage Foundation の設定 ...............................
355
356
357
357
目次
応答ファイルを使った Storage Foundation のアップグレード ...................
応答ファイルを使った Storage Foundation のアンインストール .................
応答ファイルに使われる構文 ...........................................................
応答ファイルの変数の定義 .............................................................
SFHA 設定の応答ファイルサンプル ..................................................
SFHA インストールの応答ファイルサンプル .........................................
SF アップグレードの応答ファイルサンプル ...........................................
SFHA アップグレードの応答ファイルサンプル .......................................
付録 C
応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定 ............. 369
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変
数 ......................................................................................
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの例 .........
応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定 ......................................
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変
数 ......................................................................................
付録 D
Storage Foundation and High Availability コンポー
ネント ..............................................................................
Veritas Storage Foundation インストールパッケージ .............................
Veritas Cluster Server インストールパッケージ ....................................
中国語パッケージ .........................................................................
日本語パッケージ .........................................................................
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッ
ケージ .................................................................................
付録 E
369
370
371
372
375
375
377
378
378
379
インストール問題のトラブルシューティング ................... 383
接続に失敗した後のインストーラの再起動 ...........................................
ライセンス通知が表示されたときの対応 ...............................................
トラブルシューティング情報 .............................................................
リモートシステムの root に対する不正な操作権限 .................................
アクセスできないシステム ................................................................
Storage Foundation Cluster File System の問題 ................................
高可用性に関する問題 ............................................................
付録 F
358
359
359
359
366
367
368
368
383
383
384
384
385
385
386
クラスタのインストールのトラブルシューティング ......... 387
マウント解除の失敗 .......................................................................
コマンドの失敗 ............................................................................
インストーラでクラスタの UUID を作成できない .....................................
SCSI TEST UNIT READY コマンドが失敗すると、vxfentsthdw ユーティ
リティが失敗する ....................................................................
387
387
388
388
13
14
目次
CP サーバーのトラブルシューティング ................................................
CP サーバーのサービスグループの問題 .......................................
CP サーバーの接続性のテスト ...................................................
SF HA クラスタサーバーベースの I/O フェンシングのトラブルシューティン
グ ......................................................................................
SF HA クラスタノードでのサーバー型のフェンシングの起動時の問
題 ................................................................................
コーディネーションポイントのオンライン移行中の問題 .......................
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング .........
vxfen_mechanism の設定値が cps の場合のコーディネーションポイ
ント上のキーの確認 ..........................................................
付録 G
390
390
391
392
397
CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA
クラスタ設定例 .............................................................. 399
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図 ......................
3 台の CP サーバーによって機能する 2 つの一意なクライアントクラス
タ .................................................................................
高可用性 CPS と 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能するクライアント
クラスタ ..........................................................................
リモート CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する 2 ノー
ドキャンパスクラスタ ...........................................................
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する複
数のクライアントクラスタ ......................................................
付録 H
389
389
390
399
400
401
403
404
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の
一致 ................................................................................ 407
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致 .......................... 407
ディスクパーティションのメジャー番号とマイナー番号の確認 ............... 407
VxVM ボリュームのメジャー番号とマイナー番号の確認 .................... 411
付録 I
IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定 .......................... 415
LLT での UDP 層の使用 ................................................................
UDP 上で LLT を使う状況 ........................................................
UDP 上での LLT の設定 ................................................................
/etc/llttab ファイルのブロードキャストアドレス ................................
/etc/llttab ファイルの link コマンド .............................................
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンド .......................................
UDP ポートの選択 ..................................................................
LLT でのサブネットマスクの設定 .................................................
LLT のためのブロードキャストアドレスの設定 ..................................
設定例: 直接接続リンク ............................................................
415
415
415
416
417
417
418
419
419
420
目次
設定例: IP ルーター越しのリンク ................................................. 421
付録 J
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定 .......................... 425
LLT 用の IPv6 の UDP レイヤーの使用 ..............................................
UDP 上で LLT を使う状況 ........................................................
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定 ..............................................
設定例: 直接接続リンク ............................................................
設定例: IP ルーター越しのリンク .................................................
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定 ..............................................
/etc/llttab ファイルの link コマンド .............................................
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンド .......................................
UDP ポートの選択 ..................................................................
索引
425
425
430
426
428
430
431
431
432
.................................................................................................................... 435
15
16
目次
1
Storage Foundation and
High-Availability Solutions
について
この章では以下の項目について説明しています。
■
Veritas Storage Foundation の製品スイート
■
I/O フェンシングについて
■
Veritas 製品のライセンスについて
Veritas Storage Foundation の製品スイート
次の表は、各 Veritas Storage Foundation の製品スイートで利用可能なシマンテック
製品と省略可能なオプションとしてライセンスがある機能を一覧表示したものです。
Storage Foundation の 5.1 リリースでは、データベースユーティリティはオプションとして
ではなく Storage Foundation リリースに含まれています。
表 1-1
Veritas Storage Foundation の製品の内容
Storage Foundation バージョン
製品と機能
Storage Foundation Basic
Veritas File System
Veritas Volume Manager
18
第 1 章 Storage Foundation and High-Availability Solutions について
Veritas Storage Foundation の製品スイート
Storage Foundation バージョン
製品と機能
Storage Foundation Standard
Veritas File System
Veritas Volume Manager
Veritas Quick I/O オプション
Veritas Extension for Oracle Disk Manager オプ
ション
省略可能なオプションとしてライセンスがある機能:
Veritas Volume Replicator
Storage Foundation Standard HA
Veritas File System
Veritas Volume Manager
Veritas Quick I/O オプション
Veritas Extension for Oracle Disk Manager オプ
ション
Veritas Cluster Server
省略可能なオプションとしてライセンスがある機能:
Veritas Volume Replicator
Storage Foundation Enterprise
Veritas File System
Veritas Volume Manager
Veritas Quick I/O オプション
Veritas Storage Checkpoint オプション
Veritas Extension for Oracle Disk Manager オプ
ション
省略可能なオプションとしてライセンスがある機能:
Veritas Volume Replicator
第 1 章 Storage Foundation and High-Availability Solutions について
I/O フェンシングについて
Storage Foundation バージョン
製品と機能
Storage Foundation Enterprise HA
Veritas File System
Veritas Volume Manager
Veritas Quick I/O オプション
Veritas Storage Checkpoint オプション
Veritas Extension for Oracle Disk Manager オプ
ション
Veritas Cluster Server
省略可能なオプションとしてライセンスがある機能:
Veritas Volume Replicator
I/O フェンシングについて
I/O フェンシングは、クラスタ内のノードがスプリットブレイン状態を示すクラスタメンバー
シップの変更を検出するとき、共有ディスクのデータを保護します。
『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
フェンシング操作で次のノードが決まります。
■
共有ストレージへのアクセスを保持しなければならないノード
■
クラスタから取り出されなければならないノード
この決定によってデータ破損を防ぎます。installsf は、Storage Foundation I/O フェン
シングドライバ VRTSvxfen をインストールします。共有ディスク上のデータを保護するに
は、Storage Foundation をインストールして設定した後、I/O フェンシングを設定する必
要があります。
I/O フェンシング技術では、ネットワークを分割する場合、コーディネーションポイントを
使って調停を行います。
コーディネーションポイントとして次のコンポーネントの 1 つまたは両方を使うように I/O
フェンシングを設定できます。
コーディネータディスク
コーディネータディスクを使う I/O フェンシングはディ
スク型の I/O フェンシングと呼ばれます。
ディスク型の I/O フェンシングは単一クラスタでデータ
整合性を保証します。
19
20
第 1 章 Storage Foundation and High-Availability Solutions について
Veritas 製品のライセンスについて
コーディネーションポイントサーバー(CP
サーバー)
少なくとも 1 つの CP サーバーシステムを使う I/O フェ
ンシングはサーバー型の I/O フェンシングと呼ばれま
す。
サーバー型の I/O フェンシングは複数のクラスタで
データ整合性を保証します。
Veritas 製品のライセンスについて
このリリースの Veritas 製品では、ライセンスキーなしでインストールできるオプションが用
意されました。キーレスライセンス方式では、ライセンスを入手する必要がなくなるわけで
はありません。ソフトウェアライセンスは、著作権によって保護されているソフトウェアの使
用法または再配布について規定する法的文書です。管理者と企業の担当者は、インス
トールする製品に見合ったレベルのライセンスの権利がサーバーまたはクラスタに付与さ
れていることを確認する必要があります。シマンテック社は、監査により権利と遵守につい
て確認できる権利を留保します。
この製品のライセンス取得中に問題が発生した場合は、シマンテック社ライセンスサポー
ト Web サイトを参照してください。
Veritas 製品インストーラでは、次のいずれかのライセンス交付方法を選択するように求
めるメッセージが表示されます。
■
インストールする製品と機能のライセンスキーをインストール。
シマンテック製品を購入すると、ライセンスキー証明書が付属しています。証明書に
は、製品キーと購入した製品ライセンス数が明確に記されています。
■
ライセンスキーなしでインストールを続行。
インストーラによって、インストールする製品モードとオプションの入力を求めるプロン
プトが表示され、必要な製品レベルが設定されます。
このオプションを選択してから 60 日以内に、権利を付与されたライセンスレベルに対
応した有効なライセンスキーをインストールするか、管理サーバーでサーバーまたは
クラスタを管理することによってキーレスライセンス状態で利用し続ける必要がありま
す。前述の条項に従わない場合、Veritas 製品を使い続けることはエンドユーザー使
用許諾契約違反となるため、警告メッセージが表示されます。
キーレスライセンスの詳しい説明については、次の URL を参照してください。
http://go.symantec.com/sfhakeyless
以前のリリースの Veritas ソフトウェアからのこのリリースにアップグレードする場合、製品
インストーラによって、インストール済みのライセンスキーが変更されることはありません。
このリリースの新しい機能が既存のライセンスキーによってアクティブにされないことがあ
ります。
第 1 章 Storage Foundation and High-Availability Solutions について
Veritas 製品のライセンスについて
製品インストーラを使ってアップグレードするか、製品インストーラを使わない方法でイン
ストールまたはアップグレードする場合は、次のいずれかの方法で製品のライセンスを付
与する必要があります。
コマンドを実行して、購入した製品の製品レベルを設定。このオプション
では、管理サーバーでサーバーまたはクラスタを管理する必要もあります。
p.139 の 「キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更」 を参照してくださ
い。
vxkeyless(1m) のマニュアルページを参照してください。
■ vxkeyless
コマンドを使って、購入した 5.1 製品の有効な製品ライセンスキーをイン
ストール。
p.140 の 「Veritas 製品のライセンスキーのインストール」 を参照してください。
vxlicinst(1m) のマニュアルページを参照してください。
■ vxlicinst
使用が許可された別のレベルに製品レベルを変更するためにこれらのオプションを使う
こともできます。たとえば、インストールされた製品にレプリケーションオプションを追加で
きます。使用中の製品レベルとオプションの適切なライセンスを有することを確認する必
要があります。
メモ: 製品スタックを変更する場合は、追加手順が必要になることがあります。
次の理由により、キーレスライセンス付与に更新することを推奨します。
■
5.1 の機能が有効になる。
■
製品レベルを簡単に変更できる。
21
22
第 1 章 Storage Foundation and High-Availability Solutions について
Veritas 製品のライセンスについて
2
Storage Foundation and
High Availability 製品のイ
ンストール計画
この章では以下の項目について説明しています。
■
Storage Foundation のインストールの計画について
■
インストールと設定の方法について
■
システム準備の評価
■
Veritas Volume Replicator のインストール前計画またはアップグレード計画
■
Storage Foundation and High Availability ソフトウェアのダウンロード
Storage Foundation のインストールの計画について
続行する前に、このマニュアルの最新版を使用していることを確認してください。このマ
ニュアルはオンラインで提供されています。
http://sfdoccentral.symantec.com/sf/5.1/sol/sf_install.pdf
このマニュアルのバージョンは 5.1.0 です。
このインストールガイドは、基本的な UNIX システムおよびネットワーク管理の知識をすで
に持っているシステム管理者のために設計されています。基本的な知識とは、tar、mkdir
のようなコマンド、および単純なシェルスクリプトを含みます。さらに、Storage Foundation
がインストールされる、特定のプラットフォームとオペレーティングシステムに精通しておく
必要もあります。
シマンテック社の Veritas Storage Foundation 製品の 1 つをインストールする場合は、
インストール前の手順に従ってください。
24
第 2 章 Storage Foundation and High Availability 製品のインストール計画
インストールと設定の方法について
シマンテック社の次の Veritas Storage Foundation 製品は、この手順でインストールし
ます。
■
Veritas Storage Foundation Basic
■
Veritas Storage Foundation(Standard Edition と Enterprise Edition)
■
Veritas Storage Foundation High Availability (HA) (Standard Edition と
Enterprise Edition)
これらの各 Storage Foundation 製品には、いくつかのコンポーネント製品がバンドルさ
れています。
p.17 の 「Veritas Storage Foundation の製品スイート」 を参照してください。
インストールと設定の方法について
Veritas のインストールプログラムまたはネーティブオペレーティングシステムの方法を
使って Storage Foundation をインストールし、設定できます。
次の方法のいずれかを使って Storage Foundation をインストール、設定します。
■
Veritas 製品インストーラ(推奨)
共通の製品インストーラでは、インストールオプションの選択を簡略化するメニューが
表示されます。
p.52 の 「共通製品インストーラについて」 を参照してください。
■
製品固有のインストールスクリプト
インストールスクリプトには、特定の製品をインストールするための CLI(Command
Line Interface)があります。製品固有のスクリプトを使うと、いくつかの追加コマンドラ
インオプションを指定できます。その他の点では、インストールスクリプトを使ったイン
ストールは、共通の製品インストーラメニューから Storage Foundation を指定するこ
とと同じです。
■
Web ベースの Veritas インストーラ
このインストーラには、標準の Web ブラウザを使ってリモートサイトからインストールを
管理するためのインターフェースがあります。
このリリースでは、Web ベースのインストーラにいくつかの制限事項があります。
p.61 の 「Web ベースのインストーラについて」 を参照してください。
■
応答ファイルを使ったサイレントインストール
前述のオプションのいずれかを使って応答ファイルを生成できます。その後、応答ファ
イルを別のシステム用にカスタマイズできます。他の 1 つ以上のシステムにサイレント
にインストールするには、応答ファイルを使って製品インストールスクリプトを実行しま
す。
p.355 の 「応答ファイルについて」 を参照してください。
■
JumpStart
第 2 章 Storage Foundation and High Availability 製品のインストール計画
システム準備の評価
Veritas 製品インストーラまたは製品固有のインストールスクリプトを使うと、Jumpstart
スクリプトファイルを生成できます。生成されたスクリプトを使って、Jumpstart サーバー
から Veritas パッケージをインストールします。
システム準備の評価
システムが Storage Foundation 5.1 のインストールの必要条件を満たしていることを確
認するために、シマンテック社はシステムを評価する次のツールを提供します。
Veritas Operations Services
Veritas Operations Services(VOS) は Veritas
Storage Foundation and High Availability 製
品専用に設計されている Web ベースアプリケー
ションです。
p.25 の 「Veritas Operations Services」 を参
照してください。
Veritas 製品インストーラのシミュレーションオプ Veritas 製品インストーラはプレチェックなどのイ
ション
ンストール処理を完全にシミュレーションします。
シミュレーションではプレチェックを実行するの
みでなく、インストール処理のプレビューも行い
ます。
p.356 の 「インストールシミュレータについて」 を
参照してください。
Veritas Operations Services
Veritas Operations Services(VOS) は Veritas Storage Foundation and High
Availability 製品専用に設計されている Web ベースアプリケーションです。VOS は操
作効率を高め、アプリケーションの可用性を改善するのに有効です。
広い機能セットの中で、VOS は環境のシステムを評価して、Storage Foundation and
High Availability の製品をインストールまたはアップグレードする準備ができているかど
うかを判断します。
VOS にアクセスするには、次に移動してください。
http://go.symantec.com/vos
Veritas Volume Replicator のインストール前計画また
はアップグレード計画
VVR をインストールまたはアップグレードする前に、次の手順を実行します。
25
26
第 2 章 Storage Foundation and High Availability 製品のインストール計画
Veritas Volume Replicator のインストール前計画またはアップグレード計画
■
システムに VVR をインストールするための十分な空きディスク領域があることを確認
します。
■
root 権限があることを確認します。インストールとアップグレード手順を実行するには
root 権限が必要です。
次の関連マニュアルを使用できます。
Veritas Volume Replicator 計 VVR チューニングパラメータについて詳細に説明しています。
画およびチューニングガイド
Veritas Volume Replicator 管 チューニングパラメータ値の変更方法を説明しています。
理者ガイド
詳しくは『スタートガイド』を参照してください。
前の VVR バージョンからのアップグレードの計画
VVR を以前の VVR バージョンからアップグレードする場合、ホストを個別の時間にアッ
プグレードすることによって、アプリケーション停止時間を減らして、VVR をアップグレー
ドできます。プライマリがアップグレードされる間、アプリケーションはセカンダリに移行さ
れるので、ダウンタイムを削減できます。プライマリをアップグレードすると、VVR のバー
ジョンがセカンダリと異なるものになりますが、それでも複製は可能です。この機能により、
両方のノード上で VVR アップグレードが完了しなくても、高可用性を保つことができま
す。セカンダリホストは、RDS のプライマリホストより前にアップグレードすることをお勧め
します。
VVR は VVR 5.1 と VVR 4.1 MP1 以降の間のデータのレプリケートをサポートします。
異なるバージョン間でレプリケートするのは、プライマリとセカンダリを同時にアップグレー
ドすることの制限を取り除くためです。VVR はアップグレードするシステムで RVG のある
既存の RDS をレプリケートし続けることができます。プライマリとセカンダリが異なるバー
ジョンであるとき、VVR は vradmin コマンドでの設定の変更、または新しい RDS の作成
をサポートしません。
メモ: VVR の異なるバージョン間で複製する場合、新しい機能に関連するコマンドを使用
しないでください。前のバージョンは新しい機能をサポートしない場合があり、問題が起き
る可能性があります。
RDS のすべてのホストを同時にアップグレードする必要がないのであれば、1 台のホスト
をアップグレードした後、バージョン間の複製を使用できます。その後、都合のよい時点
で、RDS の他のホストをアップグレードできます。
第 2 章 Storage Foundation and High Availability 製品のインストール計画
Veritas Volume Replicator のインストール前計画またはアップグレード計画
メモ: クラスタを設定している場合、クラスタ内のすべてのノードを同時にアップグレードす
る必要があります。
接続プロトコルとして IPv6 を使うための VVR の計画とアップグレー
ド
Storage Foundation High Availability では、接続プロトコルとして IPv6 を使うことがで
きます。
このリリースでは、VVR の次の設定をサポートしています。
■
インターネットプロトコルとして IPv4 を使った IPv4 専用ノード間のレプリケーションを
引き続きサポートする
■
インターネットプロトコルとして IPv4 を使った IPv4 専用ノードと IPv4/IPv6 デュアル
スタックノード間のレプリケーションをサポートする
■
インターネットプロトコルとして IPv6 を使った IPv6 専用ノードと IPv4/IPv6 デュアル
スタックノード間のレプリケーションをサポートする
■
IPv6 専用ノード間のレプリケーションをサポートする
■
IPv4/IPv6 デュアルスタックノードから、1 つ以上の IPv6 専用ノードおよび 1 つ以上
の IPv4 専用ノードへのレプリケーションをサポートする
■
ディスクグループを共有するクラスタ内のすべてのノードが IPv4 または IPv6 である
場合にのみ、共有ディスクグループのレプリケーションをサポートする
ローカライズ環境で VVR を使うための追加設定
VVR 用の言語パッケージがインストールされている場合、クライアントロケールがサポー
トされている非英語ロケールであれば、VVR はローカライズされたメッセージを表示しま
す。クライアントロケールは、そこから VVR コマンドラインまたは GUI にアクセスするロ
ケールです。たとえば、VVR の日本語バージョンがインストールされている場合、クライア
ントロケールが日本語であれば、メッセージは日本語ロケールで表示されます。
適切なロケールが、VVR RDS 設定の一部となるように意図されているすべてのホスト上
にインストールされていることを確認します。そうでない場合、VVR エラーメッセージが英
語(デフォルトロケール)で表示されます。次の設定が RDS の一部になるよう意図されて
いるすべてのホスト上でなされていることを確認します。
■
必要なクライアントロケールをオペレーティングシステムディスクからインストールしま
す。
■
必要な Volume Manager と VVR ローカライズパッケージをインストールします。VVR
VEA を使うには、確実に VEA クライアントのローカライズパッケージをインストールし
ます。
■
クライアントロケールを、VVR インターフェースのいずれかを使う前に設定します。
27
28
第 2 章 Storage Foundation and High Availability 製品のインストール計画
Storage Foundation and High Availability ソフトウェアのダウンロード
■
VVR コマンドラインまたは VVR VEA に対し、オペレーティングシステムに応じた
適切な手段を使ってロケールを設定します。VVR VEA を起動すると、GUI はクラ
イアントロケールを検出してそれを使います。
■
VRW に対して、VRW ログインページからロケールを選択します。
Storage Foundation and High Availability ソフトウェア
のダウンロード
Storage Foundation and High Availability ソフトウェアを取得する 1 つの方法は、シ
マンテック Web サイトからローカルシステムにダウンロードすることです。
スタンドアロン Veritas 製品をダウンロードする場合、単一製品のダウンロードファイルに
は一般製品のインストーラは含まれません。特定の製品をインストールするには、その製
品のインストールスクリプトを使います。
p.349 の 「インストールスクリプトについて」 を参照してください。
ソフトウェアをダウンロードするには
1
ダウンロードしたソフトウェアを格納する十分な容量がファイルシステム上にあること
を確認します。
ダウンロードに必要な推定容量は 5 GB です。
ソフトウェアを同じシステムにインストールする場合、インストールするソフトウェア用
に十分な容量があることも確認します。
p.35 の 「ディスク領域必要条件」 を参照してください。
2
使用可能な空き領域を見るには、ソフトウェアをダウンロードしようとしているローカル
ファイルシステムの名を指定して df コマンドを使用することもできます。
# df -b filesystem
注意: ファイルをダウンロードする場所を選択するときに、以前のリリースまたはメンテ
ナンスパックの Veritas 製品が含まれるディレクトリを選択しないでください。Veritas
5.0 ソフトウェアと Veritas 5.1 ソフトウェアは別々のディレクトリにダウンロードする必
要があります。
3
十分な容量のあるファイルシステムを指定して、ソフトウェアをダウンロードします。
3
システム必要条件
この章では以下の項目について説明しています。
■
ハードウェアとソフトウェアの必要条件
■
I/O フェンシングの必要条件
■
Veritas File System の必要条件
■
リリースノート
■
Sun Cluster 用のクラスタ環境必要条件
■
サポート対象 Solaris オペレーティングシステム
■
データベースの必要条件
■
ディスク領域必要条件
ハードウェアとソフトウェアの必要条件
ハードウェア互換性リストには、サポート対象のハードウェアについての情報が含まれ、
定期的に更新されます。Storage Foundation and High Availability Solutions をイン
ストール、またはアップグレードする前に、最新の互換性リストをチェックして、ハードウェ
アとソフトウェアの互換性を確認してください。
サポートされるハードウェアの最新情報については、次の URL を参照してください。
http://entsupport.symantec.com/docs/330441
特定の HA 設定の必要条件について詳しくは、『Veritas Cluster Server インストールガ
イド』を参照してください。
30
第 3 章 システム必要条件
I/O フェンシングの必要条件
I/O フェンシングの必要条件
ディスクベースのフェンシングまたはサーバーベースのフェンシングのどちらの設定を計
画しているかに応じて、コーディネーションポイントの必要条件を満たしていることを確認
してください。
■
コーディネータディスク
p.30 の 「I/O フェンシングに必要なコーディネータディスクの条件」 を参照してくださ
い。
■
CP サーバー
p.30 の 「CP サーバーの必要条件」 を参照してください。
I/O フェンシングに必要なコーディネータディスクの条件
I/O フェンシングのコーディネータディスクが次の必要条件を満たすことを確認します。
■
ディスクベースの I/O フェンシングの場合は、3 つのコーディネータディスクが必要で
す。
■
コーディネータディスクは RAW デバイス、DMP デバイス、iSCSI デバイスのいずれ
かです。
iSCSI ベースのコーディネータディスクの場合は、DMP ディスクポリシーを使う必要が
あります。
サポートされるハードウェアの最新情報については、次の URL を参照してください。
http://entsupport.symantec.com/docs/283161
■
各コーディネータディスクは物理的に個別のディスクまたは LUN を使う必要がありま
す。
コーディネータディスクには、最小の LUN を使うことをお勧めします。
■
各コーディネータディスクは、異なるディスクアレイに配置してください(可能な場合)。
■
コーディネータディスクは、SCSI-3 Persistent Reservation をサポートしている必要
があります。
■
コーディネータディスクは、ハードウェア単位でミラー化することをお勧めします。
■
コーディネータディスクをデータ格納に使用したり、ユーザーデータを格納するディス
クグループに含めることはできません。
■
アレイベンダーが使う特殊なデバイスをコーディネータディスクとして使うことはできま
せん。たとえば、EMC のゲートキーパーデバイスをコーディネータディスクとしては使
えません。
CP サーバーの必要条件
CP サーバーをインストールするには、次の必要条件を満たしている必要があります。
第 3 章 システム必要条件
I/O フェンシングの必要条件
■
CP サーバーのハードウェア固有の必要条件
■
OS の必要条件
■
ネットワークの必要条件(および推奨事項)
■
セキュリティの必要条件
CP サーバーをホストする VCS/SFHA クラスタの基本的なハードウェアの必要条件につ
いては、適切な VCS または SFHA のインストールと設定ガイドを参照してください。
表 3-1 に、CP サーバーをホストするための追加の必要条件を示します。
表 3-1
CP サーバーのハードウェアの必要条件
必要なハードウェア
説明
ディスク領域
VCS クラスタまたは SFHA クラスタで CP サーバーをホストするに
は、各ホストに次のファイルシステム領域が必要です。
/opt ディレクトリに 550 MB(さらに、言語パッケージに追加の
15 MB が必要)
■ /usr に 300 MB
■
■
/var に 20 MB
ストレージ
CP サーバーが SFHA クラスタでホストされるとき、CP サーバー
間に共有ストレージが存在する必要があります。
RAM
各 CP サーバーに少なくとも 512 MB が必要です。
CP サーバーとクライアントノー
ド間の物理リンク
CP サーバーを SF HA クラスタに接続するには、安全な TCP/IP
の接続が必要です。
表 3-2 に、CP サーバーがサポートするオペレーティングシステムとバージョンを示しま
す。
表 3-2
CP サーバーがサポートするオペレーティングシステムとバージョン
CP サーバー
オペレーティングシステムとバージョン
VCS 単一ノードクラスタでホストされる CP サー
バー、または
■
Solaris 9(SPARC)
■
Solaris 10(SPARC または x86)
SFHA クラスタでホストされる CP サーバー
■
Linux(RHEL5、SLES10、SLES11)
ネットワークの必要条件については、SF HA クラスタから CP のサーバーへのネットワー
クアクセスの高可用性と冗長性が実現されるようにすることをお勧めします。ネットワーク
接続には安全な LAN または VPN が必要です。
CP サーバーは、これらのネットワークパス上の SF HA クラスタとの接続と通信のために
TCP/IP プロトコルを使います。CP サーバーは TCP ポート 14250 を使って SF HA クラ
31
32
第 3 章 システム必要条件
Veritas File System の必要条件
スタからのメッセージの応答を準備します。これは CP サーバーの設定中に変更できるデ
フォルトのポートです。
メモ: CP サーバーは、SF HA クラスタと通信を行うときは IPv4 または IPv6 アドレスのい
ずれかをサポートします。CP サーバーが IPv6 仮想 IP アドレスを使うように設定されてい
る場合、SF HA クラスタは CP サーバーがホストされている IPv6 ネットワークにも存在す
る必要があります。
CP サーバーを特定のネットワーク設定内に配置する場合、異なる SF HA クラスタノード
から CP サーバーへのホップ数を考慮に入れる必要があります。最善の手順として、SF
HA クラスタ各ノードから CP サーバーへのホップ数を等しくすることをお勧めします。これ
により、結果として I/O フェンシングのシナリオになるイベントが発生した場合に、競争に
ノード間のホップの数によるバイアスがないことが保証されます。
VCS クラスタと CP サーバー間の安全な通信のためには、次の必要条件と提案事項を必
ず考慮してください。
■
セキュリティが設定されている場合は、VCS とカスタマイズされたフェンシングフレー
ムワークの両方で通信用のセキュアチャネルを使うことができます。VCS をセキュア
モードで設定し、CP サーバーまたは SF HA クラスタを非セキュアモードで設定する
ことはサポートされていますが、VCS を非セキュアモードで設定し、CP サーバーをセ
キュアモードで設定することはサポートされていません。
■
安全な通信環境では、SF HA クラスタで使われるすべての CP サーバーはセキュリ
ティを有効に設定する必要があります。SF HA クラスタが使用する CP サーバーのう
ち、一部はセキュリティが有効になった状態で実行され、その他はセキュリティが無効
になった状態で実行されるという構成は、サポートされていません。
■
また、CP サーバーと SF HA クラスタは同じルートブローカーを使う必要があります。
同じルートブローカーが使われていない場合は、安全な通信のためにクラスタノード
と CP サーバー間に信頼関係を確立できます。信頼関係はフェンシングを設定すると
きにインストーラによって確立できます。
■
CP サーバーと SF HA クラスタが非セキュアモードで通信する場合、Symantec
Product Authentication Service を設定する必要はありません。非セキュアモード
では、SF HA クラスタユーザーとしての認証は引き続き CP サーバーによって提供さ
れます。実行される認証は、権限があるユーザーが CP サーバーでのユーザー権限
に応じて適切な操作を実行できることのみを保証します。
追加情報については、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
Veritas File System の必要条件
Veritas File System では、Solaris の変数 lwp_default_stksize と
svc_default_stksize の値が少なくとも 0x6000 である必要があります。Veritas File
第 3 章 システム必要条件
リリースノート
System の VRTSvxfs パッケージをインストールすると、VRTSvxfs のパッケージスクリプ
トによりカーネルのこれらの変数値がチェックされます。この値が必要な値よりも小さい場
合、VRTSvxfs は値を大きくし、/etc/system ファイルを必要な値に修正します。
VRTSvxfs スクリプトがこの値が大きくすると、インストールプログラムの再起動と再起動を
除いて、インストールは通常どおり処理されます。再起動が必要な場合はメッセージが表
示されます。
予期せず再起動しないようにするには、Veritas File System をインストールする前にこ
の変数値を検証します。次のコマンドを使ってこの変数の値を確認します。
# echo "lwp_default_stksize/X" | mdb -k
lwp_default_stksize:
lwp_default_stksize:
6000
# echo "svc_default_stksize/X" | mdb -k
svc_default_stksize:
svc_default_stksize:
6000
示された値が 6000 未満の場合、インストール後に再起動することがあります。
メモ: svc_default_stksize 変数のデフォルト値は 0(ゼロ)です。これは、この値が
lwp_default_stksize 変数の値に設定されていることを表します。この場合、
lwp_default_stksize 変数の値が小さすぎない限り、再起動の必要はありません。
インストール後の再起動を避けるため、/etc/system ファイルを適切な値に修正できま
す。パッケージをインストールする前にシステムを再起動します。次の例では、/etc/system
ファイルに適した値を示します。
set lwp_default_stksize=0x6000
set rpcmod:svc_default_stksize=0x6000
リリースノート
この製品に含まれている全製品のリリースノートに目を通してください。
製品のマニュアルは次の場所の Web で利用可能です。
http://www.symantec.com/business/support/index.jsp
Sun Cluster 用のクラスタ環境必要条件
クラスタ(一連のディスクを共有する一連のホスト)が設定されている場合は、次の手順を
実行します。
33
34
第 3 章 システム必要条件
サポート対象 Solaris オペレーティングシステム
クラスタを設定する方法
1
Sun 製品の購入先から、Sun Cluster 用のオプションの VxVM クラスタ機能に関す
るライセンスを取得します。
2
root ディスクグループをカプセル化する場合は、クラスタ内のノードごとにその配置
場所を決定します。ルートディスクグループ(通常 bootdg というエイリアスが設定さ
れる)には、システムの起動に使われるボリュームが含まれます。ルートディスクが制
御下に入ると、VxVM は該当するディスクグループを bootdg に設定します。それ
以外の場合、bootdg は nodg に設定されます。このディスクグループの名前を確認
する場合は、次のコマンドを入力します。
# vxdg bootdg
3
共有ディスクグループのレイアウトを決定します。共有ディスクグループの数は 1 つ
でも複数でも問題ありません。必要な数を指定してください。
4
クラスタ内の VxVM でダーティリージョンログ(DRL)を使う予定がある場合は、この
ログ用に少量のディスク領域を確保しておいてください。ログサイズはボリュームサイ
ズとノード数に比例します。DRL の詳細については、『Veritas Volume Manager
管理者ガイド』および『Veritas Storage Foundation Cross-Platform Data Sharing
管理者ガイド』を参照してください。
5
クラスタ内の各ノードにライセンスをインストールします。
サポート対象 Solaris オペレーティングシステム
Veritas 製品のこのリリースは次の Solaris オペレーティングシステムでサポートされま
す。
■
Solaris 9(32 ビットと 64 ビット SPARC プラットフォーム)
■
Solaris 10(SPARC または x64 プラットフォーム 64 ビット)
必要に応じて、Veritas 製品をインストールする前に Solaris をアップグレードしてくださ
い。
製品の『リリースノート』に列挙されている、最新の必須 Solaris パッチをすべてインストー
ルしてください。
Solaris x64 上の VMware 環境でのこの製品の使用について詳しくは、
http://entsupport.symantec.com/docs/289033 を参照してください。
このリリースに関する重要な更新については、シマンテック社テクニカルサポート Web サ
イトの最新 TechNote を確認してください。
http://entsupport.symantec.com/docs/334829
第 3 章 システム必要条件
データベースの必要条件
データベースの必要条件
次の TechNote は、サポート対象のデータベースとオペレーティングシステムの最新情
報を提供します。
http://entsupport.symantec.com/docs/331625
メモ: Storage Foundation は VxFS と VxVM で Oracle、DB2、Sybase の実行をサポー
トします。
Storage Foundation は DB2 と Sybase で SFDB ツールの実行をサポートしません。
ディスク領域必要条件
Veritas Storage Foundation 製品をインストールする前に、システムに十分な空き領域
があることを確認してください。
製品インストーラの[プレインストールチェックの実行(Perform a Preinstallation Check)]
(P)メニューまたは -precheck オプションを使って、十分な空き領域があるかどうかを確
認します。
# ./installer -precheck
35
36
第 3 章 システム必要条件
ディスク領域必要条件
4
システムでのインストールの
準備
この章では以下の項目について説明しています。
■
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
■
共有ストレージの設定
■
/opt ディレクトリの作成
■
環境変数の設定
■
ソフトウェアディスクのマウント
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)または
リモートシェルの設定
Veritas ソフトウェアをリモートシステムからインストールしたり、クラスタをインストールして
設定するには、ノード間で通信を確立する必要があります。インストールユーティリティが
実行されるノードは、rsh(リモートシェル)または ssh(セキュアシェル)ユーティリティを実
行するための権限を持つ必要があります。これらのユーティリティは、すべてのクラスタ
ノードまたはリモートシステム上で、root として動作する必要があります。
セキュアシェル(ssh)またはリモートシェル(rsh)を使用して、製品をリモートシステムにイ
ンストールできます。ssh は rsh のプロトコルよりも高いセキュリティを実現するため、リモー
ト通信に適した方法です。
この項では、パスワードを使用せずに ssh の通信を設定する方法を説明します。この例
では、インストールディレクトリのあるソースシステム(system1)と、ターゲットシステム
(system2)の間に ssh を設定します。この手順は、ターゲットシステムが複数ある場合に
も当てはまります。
38
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
ssh の設定と有効化
ssh プログラムは、リモートシステムへのログインと、コマンドの実行を可能にします。ssh
はセキュアでないネットワーク上のトラステッドでない 2 つのホスト間で、暗号化された通
信および認証処理を可能にします。
この手順では、最初に DSA キーペアを作成します。キーペアから、ソースシステムからの
公開キーを、ターゲットシステム上の authorized_keys ファイルに追記します。
図 4-1 はこの手順を示します。
DSA キーペアの作成およびターゲットシステムへの追記
図 4-1
ソースシステム: system1
秘密
キー
ターゲットシステム:
system2
公開
キー
authorized_keys
ファイル
ssh を有効にする前に、ssh の文書およびオンラインマニュアルを読みます。ssh 設定に
関する問題については、オペレーティングシステムのサポートプロバイダにお問い合わせ
ください。
http://openssh.org にある OpenSSH Web サイトから、オンラインマニュアルおよび他
のリソースにアクセスします。
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
DSA キーペアを作成する方法
1
ソースシステム(system1)上で、root としてログインし、ルートディレクトリに移動しま
す。
system1 # cd /
2
ソースシステム上に DSA キーペアを生成するため、次のコマンドを入力します。
system1 # ssh-keygen -t dsa
以下に類似したシステム出力が表示されます。
Generating public/private dsa key pair.
Enter file in which to save the key (//.ssh/id_dsa):
3
Enter キーを押して /.ssh/id_dsa のデフォルトの場所を受け入れます。
4
プログラムがパスフレーズを入力するよう求めたときは、Enter キーを 2 回押します。
Enter passphrase (empty for no passphrase):
パスフレーズを入力しません。Enter キーを押します。
Enter same passphrase again:
再度 Enter キーを押します。
5
/.ssh ディレクトリがすべてのターゲットインストールシステム(この例では system2)
にあることを確認します。このディレクトリが存在しないならば、ターゲットシステムす
べてにそれを作成し、root のみに書き込み権限を設定します。
system2 # cd /
system2 # mkdir /.ssh
このディレクトリを安全にするために、このディレクトリの操作権限を変更します。
system2 # chmod go-w /.ssh
39
40
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
安全なファイル転送を使って、公開キーをソースシステムからターゲットシステム上の
authorized_keys ファイルに追記する方法
1
セキュアファイル転送プログラム(SFTP)が、ターゲットインストールシステムすべて
(この例では system2)で有効になっていることを確認します。
SFTP を有効にするには、/etc/ssh/sshd_config ファイルが次の 2 行を含んで
いる必要があります。
PermitRootLogin
Subsystem
2
yes
sftp
/usr/lib/ssh/sftp-server
これらの行がなければ、追加して SSH を再起動します。
Solaris 10 上で SSH を再起動するには、次のコマンドを入力します。
system1 # svcadm restart ssh
Solaris 9 上で再起動するには、次のコマンドを入力します。
system1 # /etc/init.d/sshd stop
system1 # /etc/init.d/sshd start
3
ソースシステム(system1)から、公開キーをターゲットシステム(system2)上の一時
ファイルに移動します。
SFTP(secure file transfer program)を使います。
この例では、ルートディレクトリ内のファイル名 id_dsa.pub は公開キー用の一時ファ
イルの名前です。
安全なファイル転送には次のコマンドを使います。
system1 # sftp system2
このシステムで最初に安全なファイル転送が設定されている場合、次の行のような
出力が表示されます。
Connecting to system2 ...
The authenticity of host 'system2 (10.182.00.00)'
can't be established. DSA key fingerprint is
fb:6f:9f:61:91:9d:44:6b:87:86:ef:68:a6:fd:88:7d.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
4
「yes」と入力します。
以下のような出力が表示されます。
Warning: Permanently added 'system2,10.182.00.00'
(DSA) to the list of known hosts.
[email protected] password:
5
system2 の root パスワードを入力します。
6
sftp プロンプトに、次のコマンドを入力します。
sftp> put /.ssh/id_dsa.pub
次の出力が表示されます。
Uploading /.ssh/id_dsa.pub to /id_dsa.pub
7
SFTP セッションを終了するため、次のコマンドを入力します。
sftp> quit
8
ターゲットシステム(この例では system2)で ssh セッションを開始するため、system1
上で次のコマンドを入力します。
system1 # ssh system2
プロンプトで、system2 の root パスワードを入力します。
password:
9
system2 にログインした後、次のコマンドを入力して、id_dsa.pub ファイルを認証
キーファイルに追記します。
system2 # cat /id_dsa.pub >> /.ssh/authorized_keys
10
id_dsa.pub パブリックキーファイルがターゲットシステム(system2)にコピーされ、
authorized_keys ファイルに追加された後、それを削除します。id_dsa.pub パブ
リックキーファイルを削除するため、system2 で次のコマンドを入力します。
system2 # rm /id_dsa.pub
11
ssh セッションからログアウトするには、次のコマンドを入力します。
system2 # exit
41
42
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
12 インストールターゲットでもあるソースシステムからインストールするときは、ローカル
システムの id_dsa.pub キーもローカル authorized_keys ファイルに追加します。
インストールソースシステムが認証されない場合、インストールは失敗することがあり
ます。
ローカルシステムの id_dsa.pub キーをローカル authorized_keys ファイルに追
加するため、次のコマンドを入力します。
system1 # cat /.ssh/id_dsa.pub >> /.ssh/authorized_keys
13 ソースインストールシステム上で次のコマンドを実行します。ssh セッションが期限切
れまたは停止した場合も、これらのコマンドを実行してセッションを更新できます。こ
れらのコマンドは専用キーをシェル環境に取り込み、キーをユーザー root が広域
的に使用できるようにします。
system1 # exec /usr/bin/ssh-agent $SHELL
system1 # ssh-add
Identity added: //.ssh/id_dsa
このシェル特有の手順はシェルがアクティブな間のみ有効です。セッション中にシェ
ルを閉じた場合は、手順をもう一度実行する必要があります。
ターゲットシステムに接続できることを検証する方法
1
ソースシステム(system1)上で次のコマンドを入力します。
system1 # ssh -l root system2 uname -a
ここで system2 はターゲットシステムの名前です。
2
システムがパスフレーズまたはパスワードを要求することなく、コマンドはソースシス
テム(system1)からターゲットシステム(system2)に動作します。
3
各ターゲットシステムに対してこの手順を繰り返します。
ssh の再起動
この手順を完了した後、ssh は次のシナリオのいずれかで再起動できます。
■
端末セッションが閉じた後
■
新しい端末セッションが開いた後
■
システムが再起動した後
■
長時間が経過した後、ssh を更新するため
第 4 章 システムでのインストールの準備
製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定
ssh を再起動する方法
1
インストール元システム(system1)上で、専用キーをシェル環境に取り込みます。
system1 # exec /usr/bin/ssh-agent $SHELL
2
キーをユーザー root が広域的に使用できるようにします。
system1 # ssh-add
Solaris での RSH の有効化/無効化
次の項では Solaris システムでリモートシェルを有効にする方法を説明します。
Veritas は Veritas ソフトウェアインストールにセキュアシェル環境を設定するよう推奨し
ます。
p.38 の 「ssh の設定と有効化」 を参照してください。
リモートシェルの設定について詳しくは、オペレーティングシステムの文書を参照してくだ
さい。
rsh を有効にする方法
1
rsh と rlogin の現在の状態を判断するには、次のコマンドを入力します。
# inetadm | grep -i login
サービスが有効化されている場合、次の行が表示されます。
enabled online svc:/network/login:rlogin
サービスが有効化されていない場合、次の行が表示されます。
disabled disabled svc:/network/login:rlogin
2
無効な rsh/rlogin サービスを有効にするには、次のコマンドを入力します。
# inetadm -e rlogin
3
有効な rsh/rlogin サービスを無効にするには、次のコマンドを入力します。
# inetadm -d rlogin
43
44
第 4 章 システムでのインストールの準備
共有ストレージの設定
4
.rhosts ファイルを修正します。別の .rhosts ファイルが各ユーザーの $HOME ディ
レクトリにあります。このファイルは RSH を使用してシステムにリモートにアクセスす
るユーザーごとに変更する必要があります。.rhosts ファイルの各行には、ローカル
システムへのアクセス権限を持つ各リモートシステムの完全修飾ドメイン名または IP
アドレスがあります。たとえば、root ユーザーが system2 からリモートで system1
にアクセスする必要がある場合、system2.companyname.com のエントリを system1
の .rhosts ファイルに追加する必要があります。
# echo "system2.companyname.com" >> $HOME/.rhosts
5
インストール手順を完了した後、.rhosts ファイルを各ユーザーの $HOME ディレクト
リから削除して、安全性を確保します。
# rm -f $HOME/.rhosts
共有ストレージの設定
次のセクションでは、クラスタシステムが共有する SCSI およびファイバーチャネルのデバ
イスの設定方法について説明します。Storage Foundation の I/O フェンシングでは、
データディスクが SCSI-3 Persistent Reservation をサポートしている必要があります。
SCSI-3 PR をサポートするコーディネータディスクグループを設定し、それが機能するこ
とを確認する必要があります。
I/O フェンシングの説明については、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』も参照して
ください。
共有ストレージの設定: SCSI ディスク
共有ストレージに SCSI デバイスを使う場合は、各ノードの SCSI アドレスまたは SCSI イ
ニシエータ ID を一意にする必要があります。一般に各ノードのデフォルト SCSI アドレス
は「7」であるため、1 台以上のノードのアドレスを変更して競合を避ける必要があります。
次の例では、2 台のノードで SCSI デバイスを共有します。nvedit コマンドを使って
nvramrc スクリプトを編集して、1 台のノードの SCSI アドレスを「5」に変更します。
複数のシステムで SCSI バスを共有する場合は、次の操作を実行します。
■
同じ手順を使って、共有ストレージを設定します。
■
次の必要条件を満たしていることを確認してください。
■
システムのいずれかの電源を入れる前に、ストレージデバイスの電源を入れてい
る
■
各ノードのアドレスを一意の値に設定するまで、同時に 1 台のノードのみを実行
している
第 4 章 システムでのインストールの準備
共有ストレージの設定
共有ストレージを設定するには
1
ストレージに接続する各ノードに必須の SCSI ホストアダプタをインストールし、スト
レージにケーブルを接続します。
ホストアダプタ、ストレージ、システムに付属するマニュアルを参照してください。
2
両方のノードの電源を切った状態で、ストレージデバイスの電源を入れます。
3
システムの電源を入れます。ただし、ブートは許可しないでください。必要に応じて、
ok プロンプトが使えるようにシステムを停止します。
アドレス競合を避けるには、同時に 1 台のみのシステムを実行する必要があることに
注意してください。
4
ホストアダプタへのパスを見つけます。
{0} ok show-disks
...b) /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/sd
この出力例では、1 つのホストアダプタへのパスを示しています。nvramrc スクリプト
に、「/sd」ディレクトリがないパス情報を追加する必要があります。パス情報はシステ
ムごとに異なります。
5
nvramrc スクリプトを編集して scsi-initiator-id を「5」に変更します。(『Solaris
OpenBoot 3.x Command Reference Manual』には、nvedit コマンドとキーストロー
クの完全リストが記載されています。)次に例を示します。
{0} ok nvedit
スクリプトを編集するときは、次の点に注意してください。
■ nvedit
■
コマンドを入力すると、各行に 0、1、2 などと番号が付けられます。
scsi-initiator-id が設定された行で、最初の引用符と scsi-initiator-id の間に
1 つのスペースを正確に挿入します。
この例では、次のように nvramrc スクリプトを編集します。
0:
1:
2:
3:
4:
5:
6:
probe-all
cd /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000
5 " scsi-initiator-id" integer-property
device-end
install-console
banner
<CTRL-C>
45
46
第 4 章 システムでのインストールの準備
共有ストレージの設定
6
nvramrc スクリプトへの変更を保存します。保存するまでは、変更は一時的なもので
す。
{0} ok nvstore
変更が不確実な場合は、危険性のない状態でスクリプトを再編集してから保存しま
す。次のように入力すると、nvramrc スクリプトの内容を表示できます。
{0} ok printenv nvramrc
ファイルを再編集して修正できます。
{0} ok nvedit
または、必要に応じて、次のように入力して変更を破棄します。
{0} ok nvquit
7
ノードで nvramrc スクリプトを使うように OpenBoot PROM Monitor に指示します。
{0} ok setenv use-nvramrc? true
8
ノードを再ブートします。必要に応じて、ok プロンプトが使えるようにシステムを停止
します。
第 4 章 システムでのインストールの準備
共有ストレージの設定
9
scsi-initiator-id が変更されたことを確認します。ok プロンプトに移行します。
show-disks コマンドの出力を使って、ホストアダプタのパスを見つけます。次に、そ
のパスのプロパティを表示します。次に例を示します。
{0} ok show-disks
...b) /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/sd
{0} ok cd /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000
{0} ok .properties
scsi-initiator-id
00000005
ブートの続行をシステムに許可します。
10 2 台目のノードをブートします。必要に応じて、ok プロンプトが使えるようにシステム
を停止します。scsi-initiator-id が「7」であることを確認します。show-disks コマン
ドの出力を使って、ホストアダプタのパスを見つけます。次に、そのパスのプロパティ
を表示します。次に例を示します。
{0} ok show-disks
...b) /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/sd
{0} ok cd /[email protected],0/QLGC,[email protected],10000
{0} ok .properties
scsi-initiator-id
00000007
ブートの続行をシステムに許可します。
共有ストレージの設定: ファイバーチャネル
ファイバーチャネルを設定するには、次の手順を実行します。
共有ストレージを設定するには
1
必須の FC-AL コントローラをインストールします。
2
FC-AL コントローラと共有ストレージデバイスを同じハブまたはスイッチに接続しま
す。
すべてのシステムで、重要なアプリケーションの実行に必要な共有デバイスがすべ
て表示される必要があります。ファイバースイッチのゾーン化を実装する場合は、ゾー
ン化してもすべてのシステムでこれらの共有デバイスすべてが表示されることを確認
してください。
3
デバイスの再設定オプションを指定して、各システムをブートします。
ok boot -r
4
すべてのシステムのブートが完了したら、format(1m) コマンドを使って、各システ
ムですべての共有デバイスが表示できることを確認します。
47
48
第 4 章 システムでのインストールの準備
/opt ディレクトリの作成
Volume Manager が使われる場合は、外部ディスクデバイスで同じ番号が表示され
る必要がありますが、デバイスノード(c#t#d#s#)は異なる場合があります。
Volume Manager が使われない場合は、次の必要条件を満たしている必要があり
ます。
■
外部ディスクデバイスで同じ番号が表示される必要があります。
■
デバイスノードは、すべてのシステム上のすべてのデバイスで同じである必要が
あります。
/opt ディレクトリの作成
/opt ディレクトリがシステム内に存在し、書き込み可能であり、シンボリックリンクではない
ことを確認します。
アップグレードしている場合、/opt から変換されないボリュームに対してシンボリックリン
クを持つことはできません。変換されないボリュームに対してシンボリックリンクがある場
合、そのシンボリックリンクはアップグレード中は機能せず、/opt 内の項目はインストール
されません。
/opt ディレクトリがあり、root への書き込み権限があることを確認します。
環境変数の設定
インストールに使うコマンドの大多数は、/sbin または /usr/sbin ディレクトリにあります。
この 2 つのディレクトリを必要に応じて PATH 環境変数に追加します。
インストール後、Veritas Storage Foundation のコマンドは /opt/VRTS/bin に格納さ
れ、HA のコマンドは /opt/VRTSvcs/bin に格納されます。Storage Foundation HA
のマニュアルページは /opt/VRTS/man に格納されます。
PATH と MANPATH 環境変数に次のディレクトリを追加します。
■
Bourne または Korn シェル(sh または ksh)を使っている場合は、次を入力します。
$ PATH=$PATH:/usr/sbin:/opt/VRTS/bin:/opt/VRTSvcs/bin
$ MANPATH=/usr/share/man:/opt/VRTS/man:$MANPATH
$ export PATH MANPATH
■
C シェル(csh または tcsh)を使っている場合は、次を入力します。
% set path = ( $path /usr/sbin /opt/VRTS/bin /opt/VRTSvcs/bin )
% setenv MANPATH /usr/share/man:/opt/VRTS/man:$MANPATH
HA 製品をインストールしない場合は、/opt/VRTSvcs/bin を省略できます。
第 4 章 システムでのインストールの準備
ソフトウェアディスクのマウント
ソフトウェアディスクのマウント
Veritas ソフトウェアは DVD 形式のディスクで提供されます。メディアキットをお持ちの場
合、メディアキットからソフトウェアディスクを取得します。
CD-ROM をマウントするには
1
スーパーユーザーとしてログインします。
2
製品が含まれている Veritas ソフトウェアディスクを、システムに接続されている DVD
ドライブに挿入します。
3
システムで Solaris のボリューム管理ソフトウェアが実行されている場合、ソフトウェ
アディスクは /cdrom/cdrom0 として自動的にマウントされます。
4
Solaris のボリューム管理ソフトウェアを使って DVD をマウントできない場合は、手
動でマウントする必要があります。ディスクを挿入し、次のコマンドを入力します。
# mount -F hsfs -o ro /dev/dsk/c0t6d0s2 /cdrom/cdrom0
c0t6d0s2 は、ディスクドライブのデフォルトのアドレスです。
5
適切なディレクトリおよび製品サブディレクトリに移動して、製品リリースノートおよび
インストールガイドを表示するか、または製品をインストールします。
49
50
第 4 章 システムでのインストールの準備
ソフトウェアディスクのマウント
5
共通の製品インストーラを
使った Storage Foundation
and High Availability
Solutions のインストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
インストールのクイックリファレンス
■
共通製品インストーラについて
■
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation のインストール
■
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability
Solutions のインストール
■
言語パッケージのインストール
インストールのクイックリファレンス
製品のインストーラには、インストールまたはアップグレードオプションの選択を簡略化す
るメニューが表示されます。これは推奨のインストール方法です。インストールまたはアッ
プグレードする製品をメニューから選択して、その製品のインストールスクリプトを起動し
ます。
表 5-1 では、製品インストーラを使ったスタンドアロンインストールの概要を説明します。
52
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通製品インストーラについて
表 5-1
インストールの概要
インストールのタスク
詳しくは次の項を参照してください。
製品のライセンスを入手します。
ソフトウェアをダウンロードするか、または製品
DVD を挿入します。
p.28 の 「Storage Foundation and High
Availability ソフトウェアのダウンロード」 を参照
してください。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照
してください。
環境変数を設定します。
p.48 の 「環境変数の設定」 を参照してください。
/opt ディレクトリが存在しない場合は作成しま
す。
p.48 の 「/opt ディレクトリの作成」 を参照してく
ださい。
すべてのノードでセキュアシェル(SSH)を設定
します。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュア
シェル(ssh)またはリモートシェルの設定」 を参
照してください。
ハードウェア、ソフトウェア、オペレーティングシ
ステムの必要条件が満たされていることを確認し
ます。
十分な空きディスク容量があることを確認します。 p.35 の 「ディスク領域必要条件」 を参照してく
ださい。
インストーラを使用して製品をインストールしま
す。
p.53 の 「共通の製品インストーラを使用した
Storage Foundation のインストール」 を参照し
てください。
共通製品インストーラについて
Veritas 製品のライセンスキーを入力してインストールするには、製品インストーラを使う
ことをお勧めします。インストーラを使うと、製品の設定、インストール前の必要条件の確
認、製品の説明の表示を行うこともできます。
スタンドアロン Veritas 製品を Web サイトからダウンロードしてインストールした場合、単
一製品のダウンロードファイルには、一般的な製品インストーラが含まれていません。製
品インストールスクリプトを使って製品をインストールします。
p.349 の 「インストールスクリプトについて」 を参照してください。
インストール中に b([戻る(back)])を入力すると、通常はインストール手順の前のセクショ
ンに戻ることができます。インストールスクリプトの[戻る(back)]機能はコンテキスト依存
であるため、該当する質問群の冒頭まで戻ることになります。インストール手順中にハン
グアップした場合、Ctrl+C を押すとプログラムを停止して終了することができます。短い
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation のインストール
遅延の後、スクリプトが終了します。q を入力してインストーラを終了したり、? を入力して
ヘルプを表示したりすることもできます。
入力要求プロンプトに対するデフォルト値はカッコ内に表示されています。Return キー
を押し、デフォルト値を受け入れることができます。
追加のオプションは共通製品インストーラで利用可能です。
p.350 の 「インストールスクリプトオプション」 を参照してください。
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation
のインストール
Storage Foundation のライセンス取得とインストールに Veritas 製品インストーラを使う
ことをお勧めします。
次の手順は、単一システムへの Storage Foundation のインストールの例です。
Storage Foundation をインストールするには
1
複数のシステムにインストールするには、システム間のコマンドがパスワード入力や
確認なしで動作するよう、システムを設定します。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの
設定」 を参照してください。
2
ソフトウェアディスクをロード、マウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
3
ディスクの最上位ディレクトリに移動します。
# cd /cdrom/cdrom0
4
このディレクトリから、次のコマンドを入力して、ローカルシステムにインストールしま
す。また、セキュアシェル(ssh)またはリモートシェル(rsh)ユーティリティが設定され
ている場合は、このコマンドを使ってリモートシステムにもインストールします。
# ./installer
5
インストールすることを表す「I」を入力して Return キーを押します。
6
使用可能な製品の一覧が表示されたら、Storage Foundation を選択し、対応する
番号を入力して Return キーを押します。
7
メッセージが表示されたら、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の条件を受け入
れるかどうかを指定します。
Do you agree with the terms of the End User License Agreement as
specified in the EULA.pdf file present on the media?[y,n,q,?] y
53
54
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation のインストール
8
次のいずれかのインストールオプションを選択します。
■
最小限のパッケージ: 選択した製品の基本機能のみをインストールします。
■
推奨のパッケージ: オプションのパッケージを除いたすべての機能のセットをイン
ストールします。
■
すべてのパッケージ: すべての利用可能なパッケージをインストールします。
各オプションはインストールに必要なディスク容量を表示します。どのオプションをイ
ンストールするかを選択し、Return キーを押します。
たとえば、次のような出力が表示されます。
1) Install minimal Storage Foundation packages 306 MB required
2) Install recommended Storage Foundation packages 531 MB required
3) Install all Storage Foundation packages 647 MB required
4) Display packages to be installed for each option
Select the packages to be installed on all systems?
[1-4,q,?] (1) 2
9
ソフトウェアがインストールされるシステム名(次の例では「host1」)を入力するよう求
められます。システム名(1 つまたは複数)を入力し、Return キーを押します。
Enter the platform system names separated by spaces: host1
ここで、platform はオペレーティングシステムを示します。
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使用した Storage Foundation のインストール
55
10 ライセンス方法を選択するように求めるメッセージが表示されます。
To comply with the terms of Symantec's End User License Agreement,
you have 60 days to either:
* Enter a valid license key matching the functionality in use on the
systems
* Enable keyless licensing and manage the systems with a
Management Server. For more details visit
http://go.symantec.com/sfhakeyless. The product is fully functional
during these 60 days.
1) Enter a valid license key
2) Enable keyless licensing and complete system licensing later
How would you like to license the systems? [1-2,q] (2)
有効なライセンスキーがあれば、1 を選択し、プロンプトでライセンスキーを入力しま
す。手順 13 へ進みます。
キーレスライセンスを使ってインストールするには、2 を選択します。製品モードとイ
ンストールしてライセンスを取得するオプションを求めるメッセージが表示されます。
メモ: キーレスライセンスオプションを使うと、キーを入力せずにインストールできます。
ただし、コンプライアンスを確保するには、管理サーバーでシステムを管理する必要
があります。
詳しくは次の Web サイトにアクセスしてください。
http://go.symantec.com/sfhakeyless
11 製品モードが Standard か Enterprise かを指定するように求めるメッセージが表示
されます。
1) SF Standard
2) SF Enterprise
b) Back to previous menu
Select product mode to license: [1-2,b,q,?] (1) 1
12 Veritas Volume Replicator を使う予定の場合は、次のメッセージで y と入力しま
す。
Would you like to enable Veritas Volume Replicator [y,n,q] (n) y
56
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
13 インストールと設定は自動的に完了します。製品プロセスが開始します。
必要に応じて、ログファイルをチェックしてインストールおよび設定を確認します。
Installation log files, summary file, and response file
are saved at:
/opt/VRTS/install/logs/installer-****
14 メッセージが表示されたら、インストール情報をシマンテック社に送信するかどうかを
指定します。
Would you like to send the information about this installation to Symantec
to help improve installation in the future? [y,n,q,?] (y) y
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation
and High Availability Solutions のインストール
次の手順例は、2 ノード(host1 と host2)の Storage Foundation Enterprise High
Availability(SF/HA)クラスタのインストールに基づくものです。
Storage Foundation and High Availability 製品をインストールするには
1
複数のシステムにインストールするには、システム間のコマンドがパスワード入力や
確認なしで動作するよう、システムを設定します。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの
設定」 を参照してください。
2
ソフトウェアディスクをロード、マウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
3
ディスクの最上位ディレクトリに移動します。
# cd /cdrom/cdrom0
4
このディレクトリから、次のコマンドを入力して、ローカルシステムにインストールしま
す。また、セキュアシェル(ssh)またはリモートシェル(rsh)ユーティリティが設定され
ている場合は、このコマンドを使ってリモートシステムにもインストールします。
# ./installer
5
インストールすることを表す「I」を入力して Return キーを押します。
6
利用可能な製品の一覧が表示されたら、Veritas Storage Foundation High
Availability(SF HA)を選択し、対応する番号を入力して Return キーを押します。
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
7
メッセージが表示されたら、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の条件を受け入
れるかどうかを指定します。
Do you agree with the terms of the End User License Agreement as
specified in the EULA.pdf file present on the media?[y,n,q,?] y
8
次のいずれかのインストールオプションを選択します。
■
最小限のパッケージ: 選択した製品の基本機能のみをインストールします。
■
推奨のパッケージ: オプションのパッケージを除いたすべての機能のセットをイン
ストールします。
■
すべてのパッケージ: すべての利用可能なパッケージをインストールします。
各オプションはインストールに必要なディスク容量を表示します。どのオプションをイ
ンストールするかを選択し、Return キーを押します。
たとえば、次のような出力が表示されます。
1) Install minimal Storage Foundation HA packages 554 MB required
2) Install recommended Storage Foundation HA packages 798 MB required
3) Install all Storage Foundation HA packages 845 MB required
4) Display packages to be installed for each option
Select the packages to be installed on all systems?
[1-4,q,?] (1) 2
9
ソフトウェアをインストールするシステム名(次の例では「host1」と「host2」)を入力す
るように求めるメッセージが表示されます。システム名(1 つまたは複数)を入力し、
Return キーを押します。
Enter the platform system names separated by spaces: host1 host2
ここで、platform はオペレーティングシステムを示します。
10 初期システムチェック中にインストーラはシステム間の通信が設定されていることを
確認します。
インストーラが異常停止する、またはログインパスワードを尋ねる場合、インストーラ
を停止し、ssh または rsh を設定します。それからインストーラを再び実行します。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの
設定」 を参照してください。
11 システムチェックが完了した後、インストールされるパッケージの一覧が表示されま
す。Enter キーを押して、インストールを続行します。
57
58
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
12 ライセンス方法を選択するように求めるメッセージが表示されます。
To comply with the terms of Symantec's End User License Agreement,
you have 60 days to either:
* Enter a valid license key matching the functionality in use on the
systems
* Enable keyless licensing and manage the systems with a
Management Server. For more details visit
http://go.symantec.com/sfhakeyless. The product is fully functional
during these 60 days.
1) Enter a valid license key
2) Enable keyless licensing and complete system licensing later
How would you like to license the systems? [1-2,q] (2)
有効なライセンスキーがあれば、1 を選択し、プロンプトでライセンスキーを入力しま
す。手順 16 へ進みます。
キーレスライセンスを使ってインストールするには、2 を選択します。製品モードとイ
ンストールしてライセンスを取得するオプションを求めるメッセージが表示されます。
メモ: キーレスライセンスオプションを使うと、キーを入力せずにインストールできます。
ただし、Veritas 製品をインストールして使用するには、有効なライセンスが必要で
す。
キーレスライセンスを使う場合は、管理サーバーでシステムを管理する必要がありま
す。
13 製品モードが Standard か Enterprise かを指定するように求めるメッセージが表示
されます。
1)
2)
b)
SF Standard HA
SF Enterprise HA
Back to previous menu
Select product mode to license: [1-2,b,q,?] (1) 1
14 Veritas Volume Replicator を使う予定の場合は、次のメッセージで y と入力しま
す。
Would you like to enable Veritas Volume Replicator [y,n,q] (n) y
15 Global Cluster Option を使う予定の場合は、次のメッセージで y と入力します。
Would you like to enable Global Cluster option?
[y,n,q] (n) y
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
言語パッケージのインストール
59
16 製品のインストールが完了します。
メッセージが表示されたら、Storage Foundation and High Availability(SF と
VCS)を設定します。
Would you like to configure SFHA on host1 host2? [y,n,q] (n) y
y を選択すると、メッセージに応答してクラスタを設定します。
p.109 の 「Storage Foundation and High Availability Solutions の設定」 を参照
してください。
n を選択すると、インストールは完了します。
メモ: 製品を使う前に、Storage Foundation High Availability を設定する必要が
あります。
17 必要に応じて、ログファイルを表示し、インストールを確認します。
Installation log files, summary file, and response file are saved at:
/opt/VRTS/install/logs/installer-****
18 メッセージが表示されたら、インストール情報をシマンテック社に送信するかどうかを
指定します。
Would you like to send the information about this installation
to Symantec to help improve installation in the future?[y,n,q,?]
y
言語パッケージのインストール
Veritas Storage Foundation 製品を英語以外の言語でインストールする場合は、英語
パッケージをインストールしてから、必要な言語パッケージをインストールします。
サーバーに言語パッケージをインストールするには
1
VEA サービスが実行中でないことを確認します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl status
Current state of server : RUNNING
2
VEA サービスが実行されている場合は、vxsvcctrl stop コマンドを使って VEA
サービスを終了します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl stop
60
第 5 章 共通の製品インストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
言語パッケージのインストール
3
言語 CD を DVD-ROM または CD-ROM ドライブに挿入します。Solaris ボリューム
管理ソフトウェアを使っている場合、ディスクは /cdrom/cdrom0 に自動的にマウン
トされます。
4
install_lp コマンドを使って言語パッケージをインストールします。
# cd /cdrom/cdrom0
# ./install_lp
5
必要に応じて VEA サービスを再起動します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl start
6
Web ベースのインストーラを
使った Storage Foundation
and High Availability
Solutions のインストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
Web ベースのインストーラについて
■
Web ベースのインストーラでサポートされる機能
■
Web ベースのインストーラでサポートされない機能
■
Veritas の Web ベースインストーラを使う前に
■
Veritas の Web ベースインストーラの起動
■
Mozilla Firefox のセキュリティ例外の取得
■
Veritas の Web ベースインストーラを使ったプレインストールチェックの実行
■
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインストール
Web ベースのインストーラについて
Web ベースのインストーラは、Veritas 製品をインストールするための便利な GUI 機能
です。また、Web ベースのインストーラを使うと、製品を設定し、インストール前の必要条
件を確認することができます。
62
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Web ベースのインストーラでサポートされる機能
webinstaller スクリプトは、Veritas XPortal Server プロセス(xprtld)の起動と停止
を行うために使われます。webinstaller スクリプトを使って、XPortal Server の状態を
調べることもできます。
webinstaller スクリプトで xprtld プロセスを起動すると、URL が表示されます。この
URL を使って、Internet Explorer または Firefox などの Web ブラウザから Web ベー
スのインストーラにアクセスします。
Web インストーラが動作しているときは常に、Web インストーラでログファイルが作成され
ます。インストール処理が実行されているときは、ログファイルは /var/tmp ディレクトリの
下にあるセッションベースのディレクトリに配置されます。インストール処理が完了した後
は、ログファイルは /opt/VRTS/install/logs ディレクトリに配置されます。監査、デバッ
グ、今後の使用のために、ファイルを保存することをお勧めします。
Veritas XPortal Server の設定ファイルの場所は
/var/opt/webinstaller/xprtlid.conf です。
Web ベースのインストーラでサポートされる機能
Web ベースのインストーラはスクリプトのインストーラと同様に機能します。初期リリースで
は、スクリプトのインストーラで使用可能な新機能や拡張機能の中には、Web ベースのイ
ンストーラで使用できないものもあります。
次の機能が Web ベースのインストーラでサポートされます。
■
製品のインストール
■
製品のアンインストール
■
製品のアップグレード
■
次のようなクラスタ化製品の設定
必須の VCS の設定 - クラスタ名、クラスタ ID、ハートビート NIC
省略可能な VCS の設定 - ユーザー、SMTP 通知、SNMP 通知、GCO、仮想 IP
SFCFS の設定 - フェンシングが有効な場合の質問
このリリースではインストーラを使って Veritas Volume Manager と Veritas Volume
Replicator を設定する必要はありません。
■
製品の起動
■
製品の停止
■
製品のライセンス交付
■
インストールプレチェックの実行
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Web ベースのインストーラでサポートされない機能
Web ベースのインストーラでサポートされない機能
このリリースでは、次の機能はスクリプトインストーラを使って実行できますが、Web ベー
スのインストーラでは使用できません。
■
前述のタスクのシミュレーション
■
認証(AT)の設定
■
VCS の VxSS セキュリティの設定
■
クラスタへのノードの追加
■
I/O フェンシング機能の設定
■
メディアからではなくインストールサーバーからのアンインストールまたは設定
■
言語パッケージのインストール
■
SFRAC のインストール
■
SFRAC の設定
■
VCS のアップグレード
■
SFHA のアップグレード
Veritas の Web ベースインストーラを使う前に
Veritas の Web ベースのインストーラには次の設定が必要です。
表 6-1
Web ベースのインストーラの必要条件
システム
機能
必要条件
ターゲットシステム
Veritas 製品がインストールされるシステ Storage Foundation 5.1
ム。
のサポート対象のプラット
フォームである必要があり
ます。
インストールサーバー
インストールを開始するサーバー。インス インストール先のシステムと
トールメディアがマウントされていて、イン 同じ OS である必要があり
ストールサーバーからアクセス可能です。 ます。
管理システム
インストールを実行するために Web ブラ Web ブラウザ
ウザを実行するシステム。
Veritas の Web ベースインストーラの起動
この項では Veritas の Web ベースインストーラの起動について説明します。
63
64
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Mozilla Firefox のセキュリティ例外の取得
Veritas の Web ベースインストーラを起動するには
1
インストールサーバーで Veritas XPortal Server プロセス(xprtld)を起動します。
# ./webinstaller start
webinstaller スクリプトを実行すると URL が表示されます。
2
管理サーバーで Web ブラウザを起動します。
3
手順 1 で表示された URL に移動します。
4
ブラウザに次のメッセージが表示されることがあります。
Secure Connection Failed
ブラウザのセキュリティ例外を取得します。
5
メッセージが表示されたら、root とインストールサーバーの root パスワードを入力
します。
Mozilla Firefox のセキュリティ例外の取得
Mozilla Firefox のセキュリティ例外を取得する必要がある場合もあります。
セキュリティ例外を取得するには
1
[例外として扱うこともできます...(Or you can add an exception)]リンクをクリックし
ます。
2
[例外を追加(Add Exception)]ボタンをクリックします。
3
[証明書を取得(Get Certificate)]ボタンをクリックします。
4
[Permanently Store this exception checkbox (recommended)]チェックマーク
をはずします。
5
[セキュリティ例外を承認(Confirm Security Exception)]ボタンをクリックします。
6
[ユーザー名(User Name)]フィールドに root と入力し、[パスワード(Password )]
フィールドに Web サーバーの root パスワードを入力します。
Veritas の Web ベースインストーラを使ったプレインス
トールチェックの実行
この項では Veritas の Web ベースインストーラを使ったプレインストールチェックの実行
について説明します。
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインストール
プレインストールチェックを実行するには
1
Web ベースのインストーラを起動します。
p.63 の 「Veritas の Web ベースインストーラの起動」 を参照してください。
2
[タスクと製品を選択します(Select a task and a product)]ページの[タスク(Task)]
ドロップダウンリストから[プレインストールチェックの実行(Perform a Pre-installation
check)]を選択します。
3
[製品(Product)]ドロップダウンリストから製品を選択し、[次へ(Next)]をクリックし
ます。
4
プレチェックを実行するシステムを指定します。1 つ以上のシステム名をスペースで
区切って入力します。[検証(Validate)]をクリックします。
5
インストーラによってプレチェックが実行され、結果が表示されます。
6
検証が正常に完了したら、[次へ(Next)]をクリックします。インストーラによってイン
ストールの開始を求めるメッセージが表示されます。[OK]をクリックして、選択したシ
ステムに Storage Foundation をインストールします。後でインストールするときは
[キャンセル(Cancel)]をクリックします。
7
[完了(Finish)]をクリックします。別のタスクを求めるメッセージが、インストーラに表
示されます。
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage
Foundation のインストール
この項では Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインス
トールについて説明します。
Storage Foundation をインストールするには
1
準備の手順を実行します。
2
Web ベースのインストーラを起動します。
p.63 の 「Veritas の Web ベースインストーラの起動」 を参照してください。
3
[タスクと製品を選択します(Select a task and a product)]ページの[タスク(Task)]
ドロップダウンリストから[製品のインストール(Install a Product)]を選択します。
4
[製品(Product)]ドロップダウンリストから Storage Foundation または Storage
Foundation High Availability を選択し、[次へ(Next)]をクリックします。
5
[使用許諾契約(License agreement)]ページで、エンドユーザー使用許諾契約
(EULA)の条件を受け入れるかどうかを選択します。続行するには、[はい、同意し
ます(Yes, I agree)]を選択し、[次へ(Next)]をクリックします。
65
66
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインストール
6
最小、推奨、すべてのパッケージのいずれかを選択します。[次へ(Next)]をクリッ
クします。
7
インストールするシステムを指定します。1 つ以上のシステム名をスペースで区切っ
て入力します。[検証(Validate)]をクリックします。
8
検証が正常に完了した後に、[次へ(Next)]をクリックして、選択したシステムに
Storage Foundation をインストールします。
9
インストールが完了した後に、ライセンス交付の方法を選択する必要があります。
[ライセンス(license )]ページで、次のタブのいずれかを選択します。
■
キーレスライセンス(Keyless licensing)
メモ: キーレスライセンスオプションを使うと、キーを入力しなくてもインストールで
きます。ただし、コンプライアンスを保証するため、管理サーバーでシステムを管
理する必要があります。
詳しくは次の Web サイトを参照してください。
http://go.symantec.com/sfhakeyless
次の情報を指定します。
標準モードとエンタープライズモードのどちらをインストールするのかを選択しま
す。
Veritas Volume Replicator を有効にするかどうかを選択します。
Storage Foundation High Availability の場合は、グローバルクラスタオプショ
ンを有効にするかどうかを選択します。
[登録(Register)]をクリックします。
■
ライセンスキーの入力(Enter license key)
有効なライセンスキーがある場合は、このタブをクリックします。各システムのライ
センスキーを入力します。[登録(Register)]をクリックします。
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインストール
10 Storage Foundation の場合は、[次へ(Next)]をクリックして設定を完了し、製品
プロセスを起動します。
Storage Foundation High Availabillity の場合は、インストーラによって、クラスタ
の設定を求めるメッセージが表示されます。
[n]を選択すると、インストーラを終了できます。Storage Foundation を使う前に、
製品を設定する必要があります。
インストールが完了した後に、インストーラによってログと概略ファイルの場所が表示
されます。必要に応じて、ファイルを表示してインストール状態を確認します。
11 シマンテック社にインストール情報を送るかどうかを指定するには、次のチェックボッ
クスを選択します。
Would you like to send the information about this installation
to Symantec to help improve installation in the future?
[完了(Finish)]をクリックします。別のタスクを求めるメッセージが、インストーラに表
示されます。
67
68
第 6 章 Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation and High Availability Solutions のインストール
Veritas の Web ベースインストーラを使った Storage Foundation のインストール
7
オペレーティングシステムの
方法を使った Storage
Foundation のインストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
JumpStart でのインストール
■
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール
JumpStart でのインストール
この JumpStart 手順は、JumpStart に関する実用的な知識があることを前提とします。
JumpStart の使用方法について詳しくは、オペレーティングシステムに付属の JumpStart
のマニュアルを参照してください。JumpStart を使う場合、Storage Foundation の新規
インストールのみがサポートされます。アップグレードはサポートされていません。次の手
順はスタンドアロン構成を前提とします。
言語パッケージについては、JumpStart を使ってパッケージをインストールできます。言
語パッケージをスクリプトに追加して、それらのファイルを JumpStart サーバーのディレ
クトリに配置します。
JumpStart インストール操作の概要
JumpStart のインストールを実行する前にタスクの概略を確認します。
1
クライアントを追加します(JumpStart サーバーに登録します)。 詳しくは、オペレーティ
ングシステムに付属の JumpStart のマニュアルを参照してください。
2
JumpStart のインストール手順を読みます。
70
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
JumpStart でのインストール
終了スクリプトを生成します。
3
p.70 の 「終了スクリプトの生成」 を参照してください。
共有ストレージのインストールリソースを準備します。
4
p.72 の 「インストールリソースの準備」 を参照してください。
JumpStart 用のルールファイルを変更します。
5
詳しくは、オペレーティングシステムに付属の JumpStart のマニュアルを参照してくだ
さい。
6
JumpStart を実行して Veritas 製品をインストールします。製品のインストール後に
JumpStart がシステムを再起動する場合があることに注意してください。
7
ディスクから、またはディレクトリ /opt/VRTS/install からインストーラのコマンドを実行
し、Veritas ソフトウェアを設定します。
# /opt/VRTS/install/installer -configure
終了スクリプトの生成
Storage Foundation をインストールするための終了スクリプトを生成するには、次の手
順を実行します。
スクリプトを生成するには
1
インストーラプログラムを実行します。
installprod -jumpstart directory_to_generate_scripts
installprod は製品のインストールコマンドであり、directory_to_generate_scripts
はスクリプトを置く場所です。例を次に示します。
# ./installsf -jumpstart /js_scripts
2
ルートディスクを自動的にカプセル化するようにメッセージが表示されます。自動的
にカプセル化する場合は、yes を選択します。自動的にカプセル化しない場合は、
no を選択し、6 の手順に進みます。
3
ルートディスクのディスクグループ名を指定します。
Specify the disk group name of the root disk to be encapsulated:
rootdg
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
JumpStart でのインストール
4
71
プライベートリージョンサイズを指定します。
Specify the private region length of the root disk to be
encapsulated: (65536)
5
カプセル化するルートディスクのディスクメディア名を指定します。
Specify the disk media name of the root disk to be encapsulated:
(rootdg_01)
6
JumpStart の終了スクリプト、インストーラのスクリプト、カプセル化のスクリプトが、手
順 1 で指定したディレクトリに生成されます。出力は次のようになります。
The finish scripts for SF51 is generated at /js_scripts/
jumpstart_sf51.fin
The installer script to configure SF is generated at /js_scripts/
installsf
The installer script to uninstall SF is generated at /js_scripts/
uninstallsf
The encapsulation boot disk script for VM is generated at
/js_scripts/encap_bootdisk_vm51.fin
js_scripts のディレクトリをリストします。
# ls /js_scripts
出力は次のようになります。
encap_bootdisk_vm51.fin installsf jumpstart_sf51.fin uninstallsf
7
必要条件に従って JumpStart のスクリプトを修正します。BUILDSRC と ENCAPSRC
の値を修正する必要があります。リソースの場所の値で調整された値はそのままに
します。
p.72 の 「インストールリソースの準備」 を参照してください。
BUILDSRC="hostname_or_ip:/path_to_pkgs_patches_scripts"
// If you don't want to encapsulate the root disk automatically
// comment out the following line.
ENCAPSRC="hostname_or_ip:/path_to_encap_script"
8
異なる製品をインストールする場合には、その製品のシーケンスを取得する次のコ
マンドを使います。次のコマンドでは、変数 prod を製品の略称で置き換えます。詳
しくは、製品のマニュアルを参照してください。
■
最小パッケージセットの場合は、次を使用します。
72
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
JumpStart でのインストール
# installprod -minpkgs
■
推奨パッケージの場合は、次を使用します。
# installprod -recpkgs
このコマンドの例は次のとおりです。
# ./installsf -minpkgs
SF: PKGS: VRTSvlic VRTSperl VRTSvxvm VRTSaslapm VRTSvxfs
生成されるパッケージのリストを使って、終了スクリプトのパッケージリストを置換しま
す。
インストールリソースの準備
JumpStart のインストールのリソースを準備します。
リソースを準備するには
1
共有ストレージにインストールディスクの内容をコピーします。
# cd /cdrom/cdrom0
# cp -r * BUILDSRC
2
Generate the response file for the package list that you found in 「終了スクリ
プトの生成」 step 8. In this example the packages are: VRTSaslapm, VRTScutil,
VRTSdbac, and VRTSvxvm.
# cd BUILDSRC/pkgs/
# pkgask -r package_name.response -d /BUILDSRC/pkgs/packages_name.pkg
3
BUILDSRC/pkgs/ ディレクトリの下に adminfile ファイルを作成します。adminfile
ファイルの内容は次のとおりです。
mail=
instance=overwrite
partial=nocheck
runlevel=quit
idepend=quit
rdepend=nocheck
space=quit
setuid=nocheck
conflict=nocheck
action=nocheck
basedir=default
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
JumpStart でのインストール
4
/opt/VRTS/install から設定またはアンインストールを行う場合は、「終了スクリプト
の生成」の手順 6 で生成したインストールとアンインストールのスクリプトを、BUILDSRC
にコピーします。そうでない場合は、ディスクから設定およびアンインストールする必
要があります。
5
JumpStart のインストールを実行するときにルートディスクを自動的にカプセル化す
る場合には、「終了スクリプトの生成」の手順 6 で生成されるスクリプト
encap_bootdisk_vm51.fin を ENCAPSRC にコピーします。
終了ファイルへの言語パッケージ情報の追加
言語パッケージ用に、言語パッケージのインストールディスクから共有ストレージに言語
パッケージをコピーします。
# cd /cdrom/cdrom0/pkgs
# cp -r * BUILDSRC/pkgs
言語パッケージの行を終了スクリプトに追加します。終了ファイルが次のような内容である
とします。
. . .
for PKG in VRTSperl VRTSvlic VRTSicsco . . .
do
.
.
.
done
VCS パッチ情報の後に言語パッケージ用の次の行を追加します。「do」から「done」の間
のコマンド構文をコピーして、それを言語パッケージの行に同様に追加します。このマニュ
アルでは、「for PKG」で始まる行は 2 行で示されていますが、ファイル内では 1 行にす
る必要があります。
. . .
for PKG in VRTSmulic VRTSatJA VRTSjacav VRTSjacs VRTSjacse
VRTSjacsu VRTSjadba VRTSjafs VRTSjavm VRTSjadbe VRTSjaodm
VRTSatZH VRTSzhvm
do
.
.
.
done
73
74
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインス
トール
Sun Microsystems 社を通してVeritas Volume Manager を購入された場合、Veritas
パッケージおよびパッチは圧縮されていません。
Solaris 10 では、グローバルゾーン内でパッケージをインストールする必要があります。
この手順では、スタンドアロンホストにソフトウェアをインストールする方法について説明し
ます。システムは Storage Foundation Manager によって管理されるホストに後で変換
できます。
SF Manager の取得とインストールについては、『Veritas Storage Foundation Manager
インストールガイド』を参照してください。
pkgadd コマンドを使って Storage Foundation をインストールするには
1
ソフトウェアディスクをマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
2
pkgadd には -a adminfile オプションを指定します。この adminfile は現在のディ
レクトリで作成し、次のエントリを含める必要があります。
mail=
instance=overwrite
partial=nocheck
runlevel=quit
idepend=quit
rdepend=nocheck
space=quit
setuid=nocheck
conflict=nocheck
action=nocheck
basedir=default
3
パッケージとパッチのリストと、インストールする順序を判断するには、製品インストー
ルスクリプトを使います。
たとえば、Storage Foundation のすべてのパッケージをインストールするには、次
のコマンドを使います。
./installsf -allpkgs
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール
4
手順 3 で一覧表示されたパッケージをインストールします。
Solaris 10 では、グローバルゾーンにある間にこれらのパッケージをインストールす
る必要があります。パッケージの pkginfo ファイルに含まれる変数
SUNW_PKG_ALLZONES が true 以外の値に設定されている場合、-G オプション
を pkgadd コマンドに指定します。
5
各パッケージがインストールされていることを検証します。
# pkginfo -l packagename
6
必要に応じて VEA サーバーを起動します。
# /opt/VRTSob/bin/vxsvcctrl start
7
Veritas 製品を設定し、プロセスを開始するために製品インストーラを使ってくださ
い。
p.109 の 「Storage Foundation and High Availability Solutions の設定」 を参照
してください。
75
76
第 7 章 オペレーティングシステムの方法を使った Storage Foundation のインストール
pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール
8
Storage Foundation and
High Availability の設定の
準備
この章では以下の項目について説明しています。
■
セキュアモードでクラスタを設定する準備
■
データ整合性のための Storage Foundation クラスタの設定について
■
I/O フェンシングのコンポーネントについて
■
I/O フェンシングの設定ファイルについて
■
I/O フェンシング設定の計画について
■
サーバー型 I/O フェンシングの設定について
■
CP サーバーの設定
セキュアモードでクラスタを設定する準備
クラスタの Symantec Product Authentication Service(AT)は、Storage Foundation
の設定時または設定後に設定できます。
オンラインのクラスタで AT の有効と無効を切り替える場合には、次のコマンドを実行しま
す。
# /opt/VRTS/install/installsf -security
手順について詳しくは、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
クラスタをセキュアモードで設定するための前提条件は次のとおりです。
78
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
■
ルートブローカー(RB)として機能するエンタープライズのシステム。
ルートブローカーとして外部システムを使うか、またはルートブローカーとしてクラスタ
ノードの 1 つを使うことができます。
■
外部のルートブローカーを使うには、エンタープライズで既存のルートブローカー
システムを特定するか、または安定したシステムにルートブローカーをインストー
ルし、設定します。
p.81 の 「セキュリティインフラのためのルートブローカーのインストール」 を参照し
てください。
ルートブローカーとしてクラスタノードの 1 つを使うには、インストーラは準備タスク
を要求しません。
installsf を使ってセキュアモードのクラスタを設定するときは、自動モードを選択
し、インストーラでルートブローカーとして設定するために、ノードの 1 つを選択し
ます。
エンタープライズ全体で単一のルートブローカーシステムを設定することをお勧めし
ます。異なるルートブローカーシステムを使う場合、ルートブローカー間の信頼関係
を確立する必要があります。たとえば、管理サーバーとクラスタで異なるルートブロー
カーを使う場合、信頼関係を確立する必要があります。
■
■
外部ルートブローカーの場合、クラスタ内の各ノードの認証ブローカー(AB)のアカウ
ントは、ルートブローカーシステムに設定されます。
p.82 の 「ルートブローカーシステムへの認証ブローカーアカウントの作成」 を参照し
てください。
■
各認証ブローカーと外部ルートブローカーのシステムクロックは同期する必要があり
ます。
installsf に次の設定モードがあります。
自動モード
外部ルートブローカーシステムでは、このモードを使うために、ssh や rsh で
パスワードを要求しないログインを許可する必要があります。
半自動モード
このモードでは、セキュアモードのクラスタを設定するために、AT 管理者か
らの暗号化ファイル(BLOB のファイル)が必要です。
クラスタのノードが ssh や rsh のパスワードを要求しないログインを許可する
必要があります。
手動モード
このモードでは、セキュアモードのクラスタを設定するために、AT 管理者か
らの root_hash のファイルとルートブローカーの情報が必要です。
クラスタのノードが ssh や rsh のパスワードを要求しないログインを許可する
必要があります。
図 8-1 は、セキュアモードでの Storage Foundation クラスタの設定フローを示します。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
セキュアモードの Storage Foundation クラスタを設定するワークフ
ロー
図 8-1
外部システム
ルートブローカー
システム?
クラスタノードのいずれか
インストーラのプロンプトで自動モード
を選択し、クラスタをセキュアモードで
設定する
ルートブローカーシステムを識別するか、
ルートブローカーをシステムに
インストールする
インストーラがルートブローカーとして
設定する必要があるノードを選択する
半自動モード
ルートブローカーシステムで、各ノード
に対する認証ブローカーの ID
を作成する
クラスタをセキュア
モードで設定する
インストーラの
オプション
ルートブローカーシステムで、各ノード
に対する暗号化ファイル(BLOB)を作
成する
ルートブローカーシステムで、各ノード
に対する認証ブローカーの ID
を作成する
自動モード
いいえ
ルートブローカーが
パスワードを要求せ
ずにログインを許可
するかどうか
自動モード
手動モード
はい
インストールシステムに暗号化ファイル
をコピーする
いいえ
ルートブローカーシステムから
インストールシステムに root_hash
ファイルをコピーする
情報を収集し、プロンプトに応答する
操作の必要なし
ノード間でパスワードを要求しない通信
を設定する
ノード間でパスワードを要求しない通信
を設定する
インストーラのプロンプトに従って、クラスタを
セキュアモードで設定する
VCS ユーザーが LDAP ドメインに属している場合、LDAP
認証プラグインを有効にする
79
80
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
表 8-1 には、準備タスクが、AT と VCS の管理者によって実行される順序で一覧表示さ
れています。これらの準備タスクは、クラスタで外部ルートブローカーシステムを使うときの
み適用されます。
表 8-1
セキュアモードのクラスタを設定する準備タスク(外部ルートブロー
カーの場合)
手順
このタスクを実行
する担当者
セキュアモードのクラスタを設定するため、次のいずれかの設定モードを決 VCS 管理者
定します。
■
自動モード
■
半自動モード
■
手動モード
企業の安定したシステムにルートブローカーをインストールします。
AT 管理者
p.81 の 「セキュリティインフラのためのルートブローカーのインストール」 を
参照してください。
半自動モードまたは手動モードを使うには、ルートブローカーシステムに、ク AT 管理者
ラスタ内のノードごとの認証ブローカーのアカウントを作成します。
p.82 の 「ルートブローカーシステムへの認証ブローカーアカウントの作成」
を参照してください。
AT 管理者は VCS の管理者に次の情報を要求します。
■
認証ブローカーとして機能するために指定されるノード名
■
各認証ブローカーのパスワード
半自動モードを使うには、各ノードの暗号化ファイル(BLOB のファイル)を
作成し、VCS の管理者にファイルを提供します。
AT 管理者
p.83 の 「セキュリティインフラの暗号化ファイルの作成」 を参照してください。
AT 管理者は VCS の管理者に次の追加情報を要求します。
■
各認証ブローカーの管理者パスワード
通常、パスワードはすべてのノードで同じです。
手動モードを使うには、ルートブローカーシステムから VCS の管理者に
root_hash のファイル(/opt/VRTSat/bin/root_hash)を提供します。
AT 管理者
Storage Foundation をインストールして設定する予定のシステムから、セ VCS 管理者
キュアモードでクラスタを設定するために必要になるファイルをコピーします。
p.85 の 「セキュリティインフラのためのインストールシステムの準備」 を参照
してください。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
セキュリティインフラのためのルートブローカーのインストール
ルートブローカーをインストールするのは、AT を使ってセキュアモードでクラスタを設定
する場合のみです。クラスタの外部のシステム、またはクラスタ内のシステムのいずれか
をルートブローカーとして使うことができます。外部のルートブローカーを使う予定の場
合、ルートブローカー管理者は、ユーザーが Storage Foundation の Authentication
Service を設定する前に、ルートブローカーのインストールと設定を行う必要があります。
ルートブローカーはクラスタの外部にある安定したシステムにインストールすることをお勧
めします。
データセンターにある既存のルートブローカーシステムを指定して、セキュアモードでク
ラスタを設定することもできます。ルートブローカーシステムは AIX、HP-UX、Linux、
Solaris オペレーティングシステムを実行できます。
詳しくは、Symantec Product Authentication Service のマニュアルを参照してくださ
い。
ルートブローカーをインストールするには
1
製品ディスクをマウントし、インストーラを起動します。
# ./installer
2
タスクメニューから、「製品のインストール」を表す[I]を選択します。
3
表示されたインストールする製品のリストから、Symantec Product Authentication
Service(AT)を選択します。
4
y と入力して、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)に同意します。
5
推奨されるパッケージをインストールするには、「2」と入力します。
6
ルートブローカーをインストールするシステムの名前を入力します。
Enter the operating system system names separated by spaces:
7
インストーラが次を行ったら、出力を確認します。
■
Storage Foundation がそのオペレーティングシステムをサポートしているかどう
かの確認
■
グローバルゾーンからインストールしているかどうかの確認
■
パッケージがすでにシステムに存在するかどうかの確認
インストーラは、プログラムがシステムにインストールしようとしているパッケージを一
覧表示します。Enter キーを押して続行します。
8
インストーラがシステムにルートブローカーをインストールしたら、その出力を確認し
ます。
9
インストール後に、ルートブローカーを設定します。
81
82
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
10 インストーラに表示される 3 つの選択肢から、ルートブローカーの設定を選択しま
す。
1)Root+AB Mode
2)Root Mode
3)AB Mode
Enter the mode in which you would like AT to be configured? [1-3,q] 2
Do you want the installer to do cluster configuration? [y,n,q] (n) n
11 Enter キーを押して続行し、インストーラが Authentication Service を起動したら
出力を確認します。
ルートブローカーシステムへの認証ブローカーアカウントの作成
ルートブローカーシステムで、管理者はクラスタ内の各ノードの認証ブローカー(AB)アカ
ウントを作成する必要があります。
ルートブローカーシステムに認証ブローカーアカウントを作成するには
1
ルートブローカーのドメイン名を調べます。ルートブローカーシステムで、次のコマン
ドを入力します。
> # vssat showalltrustedcreds
たとえば、ドメイン名は「ドメイン名: [email protected]".symantecexample.com」のように出力さ
れます。
2
クラスタ内の各ノードについて、ルートブローカーシステムにアカウントが存在するか
どうか確認します。
たとえば、system01 ノードにアカウントが存在するかどうか確認する場合:
> # vssat showprpl --pdrtype root ¥
--domain [email protected] --prplname system01
■
この出力に、ノード上の認証ブローカーに対するルートブローカーのプリンシパ
ルアカウントが表示された場合は、既存のプリンシパルアカウントを削除します。
次に例を示します。
> # vssat deleteprpl --pdrtype root ¥
--domain [email protected] ¥
--prplname system01 --silent
■
出力に次のエラーが表示された場合、指定の認証ブローカーのアカウントはこ
のルートブローカーで作成されません。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
"Failed To Get Attributes For Principal"
手順 3 に進みます。
3
クラスタ内の各認証ブローカーのプリンシパルアカウントを作成します。次に例を示
します。
> # vssat addprpl --pdrtype root --domain ¥
[email protected] --prplname system01 ¥
--password password --prpltype service
暗号化ファイルの入力ファイルに、作成したこのパスワードを使う必要があります。
セキュリティインフラの暗号化ファイルの作成
暗号化ファイル(BLOB ファイル)は、暗号化ファイルを使って Authentication Service
を設定する半自動モードを選択しようとしている場合にのみ作成します。管理者はルート
ブローカーノードの暗号化ファイルを作成する必要があります。管理者は、ユーザーが
Storage Foundation の Authentication Service を設定する前に、クラスタに含まれる
各ノードの暗号化ファイルを作成する必要があります。
暗号化ファイルを作成するには
1
次のルートブローカー情報を記録します。この情報は暗号化ファイルの入力ファイ
ルに必要です。
hash
40 文字から成るルートハッシュ文字列の値。この値を見つ
けるには、次のコマンドを実行します。
> # vssat showbrokerhash
root_domain
ルートブローカーシステムのドメイン名の値。この値を見つ
けるには、次のコマンドを実行します。
> # vssat showalltrustedcreds
2
各ノードの次の認証ブローカー情報を記録します。この情報は暗号化ファイルの入
力ファイルに必要です。
83
84
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
identity
ルートブローカーシステムの認証ブローカーのプリンシパル
を作成するために提供した認証ブローカーの ID の値。
これは addprpl コマンドの --prplname オプションの値
です。
p.82 の 「ルートブローカーシステムへの認証ブローカーア
カウントの作成」 を参照してください。
password
ルートブローカーシステムの認証ブローカーのプリンシパル
を作成するために提供した認証ブローカーのパスワードの
値。
これは addprpl コマンドの --password オプションの値
です。
p.82 の 「ルートブローカーシステムへの認証ブローカーア
カウントの作成」 を参照してください。
broker_admin_password
3
ノードにある管理者アカウントの認証ブローカーのパスワー
ドの値。このパスワードは少なくとも 5 文字でなければなり
ません。
クラスタ内の各ノードで、暗号化ファイル用の入力ファイルを作成します。
暗号化ファイルを使って Authentication Service を設定するとき、暗号化ファイル
用の入力ファイルのフォーマットがインストーラに表示されます。たとえば、system01
上の認証ブローカー用の入力ファイルは次のようになります。
[setuptrust]
broker=.symantecexample.com
hash=758a33dbd6fae751630058ace3dedb54e562fe98
securitylevel=high
[configab]
identity=system01
password=password
root_domain=vx:[email protected]
root_broker=.symantecexample.com:2821
start_broker=false
enable_pbx=false
4
クラスタ内の各ノード上の認証ブローカー用に作成した、これらの入力ファイルのバッ
クアップを作成します。
セキュリティ上の理由により、暗号化ファイルの出力ファイルを作成するコマンドは、
入力ファイルを削除することに注意してください。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
セキュアモードでクラスタを設定する準備
5
次のコマンドを使って、クラスタ内のノードごとに、ルートブローカーシステムから、暗
号化ファイル用の出力ファイルを作成します。
RootBroker> # vssat createpkg ¥
--in /path/to/blob/input/file.txt ¥
--out /path/to/encrypted/blob/file.txt ¥
--host_ctx AB-hostname
次に例を示します。
> # vssat createpkg --in /tmp/system01.blob.in ¥
--out /tmp/system01.blob.out --host_ctx system01
「password=」エントリに間違ったパスワードを指定しても、このコマンドでは暗号化
ファイルが作成されることに注意してください。しかし、このような間違ったパスワード
の暗号化ファイルを、認証ブローカーのノードにインストールすることはできません。
6
暗号化ファイルの出力ファイルの作成が終わったら、これらのファイルをインストーラ
ノードにコピーする必要があります。
セキュリティインフラのためのインストールシステムの準備
VCS 管理者は必要な情報を集め、セキュアモードでクラスタを設定できるようにインストー
ルシステムを準備する必要があります。
セキュリティインフラのためにインストールシステムを準備するには
◆
設定モードに応じて、次のいずれかを実行します。
自動モード
半自動モード
次の処理をおこないます。
■
AT 管理者からルートブローカーのシステム名を収集する。
■
Storage Foundation の設定時に、installsfからプロンプトが表示
されたら、設定オプション 1 を選択する。
次の処理をおこないます。
VCS のインストール元となるシステムに暗号化ファイル(BLOB ファ
イル)をコピーする。
インストールシステムにコピーしたファイルのパスは書き留めてお
く。
■ Storage Foundation の設定時に、installsfからプロンプトが表示
されたら、設定オプション 2 を選択する。
■
85
86
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
データ整合性のための Storage Foundation クラスタの設定について
手動モード
次の処理をおこないます。
VCS のインストール元となるシステムに root_hash ファイルをコピー
する。
インストールシステムにコピーした root hash ファイルのパスは書
き留めておく。
■ AT 管理者の名前、完全修飾ドメイン名、ドメイン、ポートなど、ルー
トブローカーの情報を収集する。
■ 認証ブローカーのアカウントを作成するために AT 管理者に提供
した各認証ブローカーのプリンシパル名とパスワード情報は書き留
めておく。
■ Storage Foundation の設定時に、installsfからプロンプトが表示
されたら、設定オプション 3 を選択する。
■
データ整合性のための Storage Foundation クラスタの
設定について
ノードに障害が起きた場合、Storage Foundation は修正アクションを実行し、変更後の
メンバーシップが反映されるように、そのコンポーネントを設定します。実際のノードに障
害が発生していないのに、障害があるノードと同じ現象が見られる場合、上記の修正アク
ションはスプリットブレインの状況を引き起こします。
そのようなスプリットブレインの状況の原因となるシナリオの例を次に示します。
■
プライベートネットワークの障害
2 ノードクラスタ内のシステムにノード障害が発生すると、システムはプライベート相互
接続を介したノード間のハートビート送信を停止します。次に、存在するノードが修正
アクションを実行します。実際のノードではなくプライベート相互接続に障害が起きた
場合も同じ現象が起こり、これによって各ノードは自分の接続相手が切断されたと判
断します。このような状況では、通常は、両方のノードが無秩序にデータストレージを
制御しようとすることから、データの破損につながります。
■
ハングアップしたように見えるシステム
システムで処理が集中しているために応答していないように見える場合、他のノード
からシステム停止を宣言される可能性があります。この宣言は、「中断」および「再開」
機能をサポートするハードウェアを使用しているノードにも発生する場合があります。
中断機能を使用してノードを PROM レベルに落としてから処理を再開すると、他の
ノードからシステム停止を宣言される場合があります。そのシステムが後で復旧して書
き込み処理を再開しても、他のノードからはシステム停止を宣言される場合がありま
す。
I/O フェンシングは、クラスタ内で通信障害が起きた場合にデータ破損を防止する機能
です。Storage Foundation は I/O フェンシングを使って、スプリットブレインに伴うリスク
を削減します。I/O フェンシングは、アクティブなクラスタのメンバーへの書き込みアクセス
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシングのコンポーネントについて
を許可します。メンバー以外からのストレージへのアクセスはブロックするため、稼動中の
ノードでも障害の原因になることはありません。
Storage Foundation のインストールと設定が終わったら、データ整合性が確保されるよ
うに Storage Foundation の I/O フェンシングを設定する必要があります。
手動またはinstallsf を使って、ディスクベースの I/O フェンシングまたはサーバーベー
スの I/O フェンシングを設定できます。
I/O フェンシングのコンポーネントについて
Storage Foundation の共有ストレージは、I/O フェンシングを有効にするために SCSI-3
Persistent Reservation をサポートしている必要があります。Storage Foundation に
は、次の 2 種類の共有ストレージがあります。
■
データディスク - 共有データを格納します。
p.87 の 「データディスクについて」 を参照してください。
■
コーディネーションポイント - メンバーシップの変更時にグローバルロックとして機能し
ます。
p.87 の 「コーディネーションポイントについて」 を参照してください。
データディスクについて
データディスクは、データストレージに使われる標準ディスクデバイスで、物理ディスクま
たは RAID 論理ユニット(LUN)のいずれかです。これらのディスクは SCSI-3 PR をサポー
トしている必要があり、標準の VxVM または CVM ディスクグループの一部です。
CVM はディスクグループ単位でデータディスクへのアクセスをブロックします。ディスクグ
ループに追加されるディスクと、デバイスの追加によって検出される新しいパスは、自動
的にフェンシングされます。
コーディネーションポイントについて
コーディネーションポイントが提供するロック機構によって、他のノードからのデータドライ
ブへのアクセスをブロックするノードが決定されます。ノードは、ピアをデータドライブから
ブロックする前に、コーディネーションポイントから削除できる必要があります。データディ
スクをフェンシングするコーディネーションポイントの制御をめぐって競合するということが、
フェンシングでスプリットブレインを防止する方法を理解するために重要です。
コーディネーションポイントはディスクまたはサーバーあるいはその両方の場合がありま
す。通常、クラスタに 3 つのコーディネーションポイントがなければなりません。
■
コーディネータディスク
コーディネーションポイントとして機能するディスクは、コーディネータディスクと呼ば
れます。コーディネータディスクは、3 つの標準ディスクまたは LUN で、クラスタの設
87
88
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシングの設定ファイルについて
定時に I/O フェンシングで使うために予約されています。Storage Foundation の設
定では、コーディネータディスクを他の保存目的に使うことはありません。
コーディネータディスクは、Veritas Volume Manager の DMP(Dynamic
Multipathing)機能を使用するように設定できます。DMP(Dynamic Multipathing)
を実行すると、コーディネータディスクは、パスのフェールオーバーを利用したり、DMP
機能の動的な追加および削除を利用することができます。そのため、DMP デバイス
と基本となる RAW 文字型デバイスのどちらを使うかを I/O フェンシングに設定するこ
とができます。I/O フェンシングは、使用するディスクデバイスに応じて RAW と DMP
のどちらかに設定される SCSI-3 ディスクポリシーを使用します。このディスクポリシー
はデフォルトでは DMP です。
『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照してください。
■
コーディネーションポイントサーバー
コーディネーションポイントサーバー(CP サーバー)はリモートシステムまたはクラスタ
で動作するソフトウェアソリューションです。CP サーバーは SF HA クラスタノードが次
のタスクを実行できるようにすることによってアービトレーション機能を提供します。
■
データドライブにアクセスできるアクティブ SF HA クラスタのメンバーになるための
自己登録(CP サーバーで登録される)
■
他のどのノードがこのアクティブ SF HA クラスタのメンバーとして登録されている
かの確認
■
このアクティブ SF HA クラスタからの自己登録解除
このアクティブ SF HA クラスタのメンバーとしての他のノードの登録の強制的解除
(獲得)
つまり、CP サーバーは既存の I/O フェンシングモジュール内で統合する別のアービ
トレーションメカニズムとして機能します。
■
メモ: CP サーバーにより、フェンシングアービトレーションのロジックはまだ SF HA クラ
スタに残ります。
異なるオペレーティングシステムを実行する複数の SF HA クラスタは同時に CP サー
バーにアクセスできます。TCP/IP ベースの通信が CP サーバーと SF HA クラスタの
間で使用されます。
I/O フェンシングの設定ファイルについて
表 8-2 に、I/O フェンシングの設定ファイルを一覧表示します。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシングの設定ファイルについて
表 8-2
ファイル
I/O フェンシングの設定ファイル
説明
/etc/default/vxfen このファイルには I/O フェンシングの起動と停止の環境変数が格納されます。
VXFEN_START - システムの再起動後における I/O フェンシングモジュールの起動動作を定義し
ます。有効な値は次のとおりです。
1 - I/O フェンシングの起動が有効であることを示します。
0 - I/O フェンシングの起動が無効であることを示します。
■ VXFEN_STOP - システムのシャットダウン中における I/O フェンシングモジュールのシャットダウン
動作を定義します。有効な値は次のとおりです。
1 - I/O フェンシングのシャットダウンが有効であることを示します。
0 - I/O フェンシングのシャットダウンが無効であることを示します。
■
Storage Foundation HA の設定の終わりに、インストーラはこれらの変数の値を 1 に設定します。
/etc/vxfendg
このファイルにはコーディネータディスクグループの情報が含まれています。
このファイルはサーバーベースのフェンシングには適用できません。
89
90
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシングの設定ファイルについて
ファイル
説明
/etc/vxfenmode
このファイルには次のパラメータがあります。
■
vxfen_mode
■ scsi3 — ディスクベースのフェンシングの場合
■
customized — サーバーベースのフェンシングの場合
■
disabled — I/O フェンシングドライバを実行するが、フェンシング操作は行わない場合
vxfen_mechanism
このパラメータはサーバーベースのフェンシングにのみ適用できます。値は CP と設定します。
■ scsi3_disk_policy
■ dmp — DMP デバイスを使うように vxfen モジュールを設定します。
このディスクポリシーは、デフォルトでは DMP です。iSCSI のデバイスを使う場合は、ディスクポ
リシーを DMP と設定する必要があります。
■ raw — 基盤となる RAW キャラクタデバイスを使うように vxfen モジュールを設定します。
■
メモ: すべてのノードで同じ SCSI-3 ディスクポリシーを使う必要があります。
■
security
このパラメータはサーバーベースのフェンシングにのみ適用できます。
1 — Symantec Product Authentication Service が CP サーバー通信で使われることを示します。
この設定がデフォルト値です。
0 - CP サーバーとの通信が非セキュアモードで行われることを示します。
メモ: CP サーバーと Storage Foundation HA クラスタのセキュリティ設定は同じである必要があり
ます。
■
コーディネーションポイントのリスト
このリストはサーバーベースのフェンシング設定でのみ必要です。
サーバーベースのフェンシングのコーディネーションポイントには、コーディネータディスク、CP サー
バー、または両方の組み合わせを含めることができます。コーディネータディスクを使う場合は、コー
ディネータディスクの名前と、コーディネータディスクグループ名を記述する必要があります。
コーディネーションポイントを指定する方法について詳しくは、サンプルファイル
/etc/vxfen.d/vxfenmode_cps を参照してください。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシング設定の計画について
ファイル
説明
/etc/vxfentab
I/O フェンシングを起動すると、起動スクリプト vxfen は各ノード上にこの /etc/vxfentab ファイルを作成
します。この起動スクリプトは /etc/vxfendg および /etc/vxfenmode ファイルのコンテンツを使用しま
す。システムが再起動されると必ず、フェンシングドライバによって、すべてのコーディネータポイントの
最新リストで vxfentab ファイルが再初期化されます。
メモ: /etc/vxfentab ファイルは生成ファイルであるため、変更しないでください。
ディスクベースの I/O フェンシングの場合は、各ノード上の /etc/vxfentab ファイルに各コーディネータ
ディスクへのすべてのパスの一覧が含まれます。あるノードでのディスクベースのフェンシングの設定に
おける /etc/vxfentab ファイルの例を次に示します。
■
RAW ディスク:
/dev/rdsk/c1t1d0s2
/dev/rdsk/c2t1d0s2
/dev/rdsk/c3t1d2s2
■
DMP disk:
/dev/vx/rdmp/c1t1d0s2
/dev/vx/rdmp/c2t1d0s2
/dev/vx/rdmp/c3t1d0s2
サーバーベースのフェンシングの場合は、/etc/vxfentab ファイルにセキュリティ設定の情報も含まれま
す。
I/O フェンシング設定の計画について
インストーラを使って Storage Foundation HA を設定した後、インストーラは I/O フェン
シングを無効モードにして Storage Foundation HA を起動します。データ整合性のた
めにクラスタの I/O フェンシングを使うためには、I/O フェンシングを設定する必要があり
ます。
ディスクベースの I/O フェンシングかサーバーベースの I/O フェンシングを設定できま
す。クラスタ化に VCS を使う複数のクラスタが企業環境にある場合、シマンテック社では
サーバーベースの I/O フェンシングを設定することをお勧めします。準備タスクを実行し
た後、installsf を使って I/O フェンシングを設定できます。応答ファイルを使うか、または
手動で I/O フェンシングを設定できます。
図 8-2 は Storage Foundation HA クラスタで I/O フェンシングを設定するための概念
的なフローチャートを説明します。
91
92
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシング設定の計画について
I/O フェンシング設定のワークフロー
図 8-2
SFHA のインストールと設定
ディスクベースの
フェンシングの設定
(scsi3 モード)
3 つのディスク
I/O
フェンシング用調
整ポイント?
少なくとも 1 つの
CP サーバー
サーバーベースの
フェンシングの設定
(カスタムモード)
準備タスク
準備タスク
vxdiskadm または vxdisksetup
ユーティリティ
既存の CP サーバーを識別する
ディスクを VxVM ディスクとして
初期化する
vxfenadm および vxfentsthdw
ユーティリティ
ディスクが I/O
フェンシングに準拠しているかどう
か確認する
CP サーバーと SFHA クラスタ間で TCP/IP
接続を確立する
(または)
CP サーバーを設定する
CP サーバーシステムに VCS または SFHA を
インストールおよび設定する
CP サーバーと SFHA クラスタ間で TCP/IP
接続を確立する
設定タスク
次のいずれかの方法を使用する
installsf -fencing を実行し、オプション 2
を選択してプロンプトに従う
SFHA
クラスタがセキュアモードで設定されている場合、
CP サーバーをセキュアモードで設定する
CP サーバーがクラスタ化されている場合、
CP サーバーの共有ストレージを設定する
作成した応答ファイルを編集し、それらを
installsf -responsefile コマンドで使用する
configure_cps
ユーティリティを実行し、プロンプトに従うか
(または)手動で CP サーバーを設定する
ディスクベース I/O
フェンシングを手動で設定する
ディスクを VxVM ディスクとして初期化し、
ディスクが I/O フェンシングに準拠しているかどうか
確認する
調整ポイントとして機能するディスクの場合
設定タスク
次のいずれかの方法を使用する
installsf -fencing を実行し、オプション 1
を選択してプロンプトに従う
作成した応答ファイルの値を編集し、それらを
installsf -responsefile コマンドで使用する
サーバーベース I/O フェンシングを手動で設定する
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシング設定の計画について
サーバーベースの I/O フェンシングを使った SF HA クラスタ の標準設定
図 8-3 は、SF HA クラスタ(2 つのノードを使用)、単一の CP サーバー、2 つのコーディ
ネータディスクを使った設定を示しています。SF HA クラスタ 内のノードが接続され、LLT
リンクを使って相互に通信します。
CP サーバー、SF HA クラスタ、コーディネータディスク
図 8-3
CPS
コーディネータ
ディスク
TCP/IP
コーディネータ
ディスク
ファイバー
チャネル
クライアント
クラスタ
LLT リンク
ノード 1
ノード 2
アプリケーション
ストレージ
推奨される CP サーバーの設定
この項では次の推奨される CP サーバーの設定について説明します。
■
複数の SF HA クラスタがコーディネーションポイントとして 3 つの CP サーバーを使
用する CP サーバーの設定
■
複数の SF HA クラスタがコーディネーションポイントとして単一の CP サーバーとコー
ディネータディスク(2)の複数のペアを使用する CP サーバーの設定
メモ: 推奨される CP サーバーの設定では 3 つのコーディネーションポイントが使われま
すが、3 つ以上の奇数個のコーディネーションポイントが I/O フェンシングのために使わ
れることがあります 。複数の SF HA クラスタが共通の CP サーバーのコーディネーション
ポイント一式を共有する設定では、CP サーバー同様 VCS SF HA クラスタも、汎用一意
識別子(UUID)を使って SF HA クラスタを識別します。
93
94
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
I/O フェンシング設定の計画について
図 8-4 は、複数の SF HA クラスタに接続されている単一の CP サーバーを使っており、
さらに、それぞれの SF HA クラスタも 2 つのコーディネータディスクを使っている設定を
示しています。
複数の SF HA クラスタに接続している単一の CP サーバー
図 8-4
クライアントクラスタ 1
ファイバー
チャネル
コーディネータディスク
ノード 1
TCP/IP
CP サーバー
TCP/IP
パブリック
ネットワーク
ノード 2
コーディネータディスク
コーディネータディスク
TCP/IP
ノード 1
クライアントクラスタ 2
ノード 2
ファイバー
チャネル コーディネータディスク
図 8-5 は、複数の SF HA クラスタに接続されている 3 つの CP サーバーを使う設定を示
しています。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
サーバー型 I/O フェンシングの設定について
図 8-5
複数の SF HA クラスタに接続している 3 つの CP サーバー
CP サーバー
クライアントクラスタ 1
ノード 1
TCP/IP
TCP/IP
CP サーバー
パブリック
ネットワーク
TCP/IP
ノード 2
TCP/IP
TCP/IP
CP サーバー
ノード 1
クライアントクラスタ 2
ノード 2
サーバーベースのフェンシングの詳しい展開図は、
p.399 の 「サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図」 を参照してくださ
い。
サーバー型 I/O フェンシングの設定について
CP サーバー設定ユーティリティを使用して CP サーバーを設定できます。または、CP
サーバーを手動で設定できます。
図 8-6 CP サーバーを設定ユーティリティを使用して、または手動で設定するために実行
するステップを表示します。
95
96
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
設定ユーティリティを使用してまたは手動でCP サーバーを設定
図 8-6
CP サーバーベースの I/O
フェンシングを設定する準備
CP サーバーシステムに VCS または
SFHA をインストール
TCP/IP ネットワーク接続を確立
セキュリティを設定(クラスタがセキュア
モードで動作する場合)
CP サーバーの共有データストレージを設定
(CP サーバーがクラスタ化される場合)
CP サーバーを設定(手動または設定ユーティリティ)
CP サーバーベースの I/O フェンシングの設定
(手動またはインストーラスクリプト/
応答ファイルを使用)
「CP サーバーの設定」を参照してください。
「installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定」を参照してください。
「サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定」を参照してください。
「応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定」を参照してください。
CP サーバーの設定
次の準備は設定ユーティリティを実行する前に行う必要があります。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
CP サーバーの設定を準備するには
1
シングルノード VCS クラスタまたは SFHA クラスタ上で CP サーバーをホストするた
めの、VCS/SFHA のインストールと設定が済んでいることを確認します。
インストーラを使って VCS または SFHA クラスタを設定するには、VCS または SFHA
の適切なインストールおよび設定ガイドを参照してください。
2
CP サーバーが SFHA クラスタでホストされる場合、インストーラまたは手動で SFHA
を設定しているときに、フェンシングを有効モードに設定してください。
3
Symantec Product Authentication Service(AT)を使って CP サーバーと SF HA
クラスタ間の通信を保護するかどうかを決定してください。
シマンテック社では、CP サーバーと SF HA クラスタ通信のセキュリティを設定するこ
とをお勧めします。
CP サーバーのセキュリティ設定に関する情報については、
p.98 の 「CP サーバーのセキュリティの設定」 を参照してください。
4
CP サーバーの名前を選択します。
CP サーバーの名前に特殊文字を使用してはいけません。
5
CP サーバーのポート番号を選択します。
CP サーバーが使用する TCP/IP ポートを割り当てます。
デフォルトポート番号は 14250 です。または、49152 から 65535 までの有効なポー
ト範囲から有効なポートを指定できます 。
6
CP サーバーを SFHA クラスタでホストする場合は、CP サーバーデータベースの共
有ストレージを設定します。
CP サーバーデータベースの共有ストレージのセットアップについての情報:
p.99 の 「CP サーバーデータベースの共有ストレージの設定」 を参照してください。
7
CP サーバーの有効な仮想 IP アドレス、ネットワークインターフェース、ネットマスク
を選択します。
インストーラを使った CP サーバーのインストール
ここでは、インストーラを使って、CP サーバーをホストするシングルノードまたは SFHA ク
ラスタにすべての CP サーバー関連パッケージをインストールする方法について説明しま
す。このインストール手順では、SF HA クラスタと CP サーバー間の安全な通信を提供す
るために必要なパッケージもインストールします。
インストールは、ユーザーがそのノードまたはクラスタで CP サーバーの設定を続行でき
るように、共通 VCS または SFHA の DVD から実行されます。
次の手順では、シングルノードまたは SFHA クラスタに CP サーバーをインストールする
方法を説明しています。
97
98
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
シングルノードで VCS インストーラを使うか、または SFHA クラスタで SFHA インストーラ
を使って CP サーバーをインストールするには
1
CP サーバーのハードウェアとネットワークの必要条件を確認し、CP サーバーのハー
ドウェアとネットワークを設定します。
2
TCP/IP ネットワークを通した CP サーバーと SF HA クラスタ間のネットワーク接続を
確立します。この手順では、CP サーバーの有効な IP アドレス、ホスト名、ネットマス
クがすでに設定されていることが必要です。
3
シングルノードに CP サーバーをインストールする場合:
■
CP サーバーをインストールするシステムに VCS 5.1 をインストールします。
VCS 5.1 をインストールすると、CP サーバー関連パッケージもシステムにインス
トールされます。
VCS 5.1 のインストール手順については、バージョン 5.1 の『Veritas™ Cluster
Server インストールガイド』を参照してください。
VCS 5.1 をインストールするときは、最小パッケージのインストールオプションではな
く、完全なインストールのオプションを選択します。VRTScps パッケージは完全なイ
ンストールにのみ含まれます。
4
SFHA クラスタでCP サーバー関連パッケージをインストールする場合:
■
クラスタでホストされる CP サーバー関連パッケージをインストールする各システ
ムに SFHA 5.1 をインストールします。
SFHA 5.1 をインストールすると、CP サーバー関連パッケージもシステムにイン
ストールされます。
SFHA 5.1 のインストール手順については『Veritas Storage Foundation™ and
High Availability インストールガイド』を参照してください。
SFHA 5.1 をインストールするときは、最小パッケージのインストールオプションでは
なく、完全なインストールのオプションを選択します。VRTScps パッケージは完全な
インストールにのみ含まれます。
5
CP サーバーのシングルノードまたは SFHA クラスタの設定に進みます。
CP サーバーのセキュリティの設定
この項では、CP サーバーのセキュリティの設定について説明します。CP サーバーと SF
HA クラスタ間の通信を保護する場合にのみ、CP サーバーのセキュリティを設定する必
要があります。
メモ: VCS の設定で Symantec™ Product Authentication Service をすでに設定して
いる場合、この項はスキップしてください。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
CP サーバーのクラスタで Symantec™ Product Authentication Service のセキュリティ
を設定するには、インストーラ(installsf -security コマンド)を使う必要があります。
この手順では、HAD 通信を保護するとともに、サービスグループの設定において、認証
ブローカー(原則的に VxSS サービスグループ)を高可用にするためのサービスグルー
プの設定を保証します。
詳しくは、次を参照してください。
p.77 の 「セキュアモードでクラスタを設定する準備」 を参照してください。
CP サーバーデータベースの共有ストレージの設定
CP サーバーデータベースの共有ストレージを設定するには
1
ディスクが含まれているディスクグループを作成します。ミラーボリュームを作成する
には、2 つのディスクが必要です。
コマンドの例:
# vxdg init cps_dg
2
disk1 disk2
ディスクグループがまだインポートされていない場合は、インポートします。
コマンドの例:
# vxdg import cps_dg
3
ディスクグループ上にミラーボリュームを作成します。
CP サーバーデータベースを利用する場合は、ミラーボリュームをお勧めします。
コマンドの例:
# vxassist -g cps_dg make cps_vol volume size layout=mirror
4
ボリューム上にファイルシステムを作成します。
CP サーバー設定ユーティリティは、vxfs ファイルシステムタイプのみをサポートしま
す。代替のファイルシステムを使う場合は、CP サーバーを手動で設定します。
推奨されるファイルシステムタイプは vxfs です。
CP サーバーが Solaris システムで動作している場合は、次のコマンドを入力します。
# mkfs -F vxfs /dev/vx/rdmp/cps_dg/cps_volume
設定ユーティリティを使った CP サーバーの設定
CP サーバーを設定するための予備手順が実行されたことを確認してください。
99
100
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
設定ユーティリティを使って CP サーバーを設定できます。設定ユーティリティは VRTScps
パッケージの一部です。次の手順では、シングルノードの VCS クラスタまたは SFHA クラ
スタの CP サーバーを設定する方法を説明します。
CP サーバーが SFHA クラスタでホストされている場合、パスワードを使わない ssh または
rsh がクラスタノードで設定されることを確認してください。
メモ: CP サーバーは Linux と Solaris オペレーティングシステムでのみサポートされま
す。
シングルノードの VCS クラスタまたは SFHA クラスタで CP サーバーをホストするように
設定するには
1
設定する CP サーバーを準備するために必要なタスクが完了していることを確認しま
す。
p.96 の 「CP サーバーの設定」 を参照してください。
2
設定スクリプトを実行するには、CP サーバーを設定したいノードで次のコマンドを入
力してください。
# /opt/VRTScps/bin/configure_cps.pl
CP サーバーが SFHA クラスタで設定される場合、ユーティリティは他のノードとの通
信に、デフォルトで ssh を使います。
rsh 通信を使うには -n オプションを使います。
3
Veritas Coordination Point Server 設定ユーティリティに、オプションメニューと注
意が表示されます。
VERITAS COORDINATION POINT SERVER CONFIGURATION UTILITY
=======================================================
Select one of the following:
[1] Configure Coordination Point Server on single node VCS system
[2] Configure Coordination Point Server on SFHA cluster
[3] Unconfigure Coordination Point Server
Enter the option:
NOTE: For configuring CP server on SFHA cluster, the CP server
database should reside on shared storage. Please refer to
documentation for information on setting up of shared storage
for CP server database.
4
設定に応じて、オプション 1 またはオプション 2 を選択します。
次に、設定ユーティリティは次の設定前チェックを実行します。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
5
■
シングルノードの VCS クラスタまたは SFHA クラスタがサポート対象のプラット
フォームで動作しているかどうかを確認します。(Solaris と Linux のプラットフォー
ムのみがサポートされます)
■
CP サーバーがシステムですでに設定されているかどうかを確認します。
CP サーバーがすでに設定されている場合、設定ユーティリティからユーザーに
通知され、ユーザーがサーバーを設定する前に、その設定を解除するように要
求します。
■
VCS がシステムにインストールされていて、設定されているかどうかを確認しま
す。
CP サーバーを設定する前に、VCS がインストールおよび設定されている必要が
あります。
CP サーバーの名前を入力します。
次に例を示します。
Enter the name of the CP Server: system_cp.symantecexample.com
6
CP サーバーのプロセスが使用する有効な仮想 IP アドレスを入力します。
次に例を示します。
Enter a valid Virtual IP address on which
the CP Server process should depend on:
10.209.83.85
7
CP サーバーのポート番号を入力するか、または Enter キーを押してデフォルト値
(14250)を受け入れます。
次に例を示します。
Enter a port number in range [49152 - 65535], or
press <enter> for default port (14250)
101
102
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
8
SF HA クラスタと CP サーバー間の通信が安全である必要があるかどうかを選択し
ます。
これには、Symantec Product Authentication Service が CP サーバーで設定さ
れている必要があります。
次に例を示します。
Veritas recommends secure communication between the CP server and
application clusters. Enabling security requires Symantec Product
Authentication Service to be installed and configured on the cluster.
Do you want to enable Security for the communications? (y/n)
(Default:y) :
この注意は、SF HA クラスタと CP サーバー間の通信のセキュリティを有効にする場
合、Symantec Product Authentication Service(AT)が CP サーバークラスタで
設定されている必要があることを示しています。
セキュリティは選択されていても、システムではまだ設定されていない場合、スクリプ
トはすぐに終了します。設定スクリプトは、VCS でセキュリティを設定してから再度実
行することができます。
シマンテック社では、CP サーバーと SF HA クラスタ間の通信のセキュリティを有効
にすることをお勧めします。
CP サーバーのセキュリティ設定に関する情報については、
p.98 の 「CP サーバーのセキュリティの設定」 を参照してください。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
9
103
CP サーバーデータベースの絶対パスを入力するか、または Enter キーを押してデ
フォルト値(/etc/VRTScps/db)を受け入れます。
設定に応じて、次の例の 1 つが示されます。
CP サーバーでのシングルノード VCS の設定の例:
CP Server uses an internal database to store the client information.
Note: As the CP Server is being configured on a single node VCS,
the database can reside on local file system.
Enter absolute path of the database (Default:/etc/VRTScps/db):
SFHA クラスタで CP サーバーを設定する場合の例:
CP Server uses an internal database to store the client information.
Note: As the CP Server is being configured on SFHA cluster, the
database should reside on shared storage with vxfs file system.
Please refer to documentation for information on setting up of
shared storage for CP server database.
Enter absolute path of the database (Default:/etc/VRTScps/db):
10 表示された CP サーバーの設定情報を確認します。
現在の設定を変更する場合には b キーを押します。続行する場合には Enter キー
を押します。
次に例を示します。
Following is the CP Server configuration information:
------------------------------------------------(a)CP Server Name: system_cp.symantecexample.com
(b)CP Server Virtual IP: 10.209.83.85
(c)CP Server Port: 14250
(d)CP Server Security : 1
(e)CP Server Database Dir: /etc/VRTScps/db
------------------------------------------------Press b if you want to change the configuration, <enter> to continue :
104
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
11 設定ユーティリティによって、設定のプロセスが続けられます。vxcps.conf 設定ファ
イルが作成されます。設定に応じて、次のメッセージの 1 つが表示されます。
CP サーバーでのシングルノード VCS の設定の例:
Successfully generated the /etc/vxcps.conf configuration file.
Successfully created directory /etc/VRTScps/db.
Configuring CP Server Service Group (CPSSG) for this cluster
---------------------------------------------NOTE: Please ensure that the supplied network interface is a
public NIC
SFHA クラスタで CP サーバーを設定する場合の例:
Successfully generated the /etc/vxcps.conf
configuration file.
Successfully created directory /etc/VRTScps/db.
Creating mount point /etc/VRTScps/db on
system_cp.symantecexample.com.
Copying configuration file /etc/vxcps.conf to
system_cp.symantecexample.com
Configuring CP Server Service Group (CPSSG) for this cluster
----------------------------------------------
12 SFHA クラスタ上で CP サーバーを設定する場合、クラスタ内のすべてのシステムの
仮想 IP に対して同じ NIC の名前を使うようにメッセージが表示されます。次に例を
示します。
Is the name of NIC for virtual IP 10.209.83.85 same on all the systems?
[y/n] : y
NOTE: Please ensure that the supplied network interface is a
public NIC
13 CP サーバープロセスの仮想 IP アドレスに有効なインターフェースを入力します。
シングルノード VCS で CP サーバーを構成する場合の例:
Enter a valid network interface for virtual IP 10.209.83.85
on system_cp.symantecexample.com: bge0
SFHA クラスタで CP サーバーを設定する場合の例:
Enter a valid interface for virtual IP 10.209.83.85
on all the systems : bge0
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
14 仮想 IP アドレスのネットマスクを入力します。次に例を示します。
Enter the netmask for virtual IP 10.209.83.85 :
255.255.252.0
15 SFHA クラスタに CP サーバーを設定する場合、CP サーバーデータベースのディス
クグループの名前を入力します。次に例を示します。
Enter the name of diskgroup for cps database :
cps_dg
16 SFHA クラスタ上で CP サーバーを設定する場合、上のディスクグループに作成され
るボリュームの名前を入力します。次に例を示します。
Enter the name of volume created on diskgroup cps_dg :
cps_volume
17 設定プロセスが完了した後、成功メッセージが表示されます。次に例を示します。
Successfully added the CPSSG service group to
VCS configuration. Bringing the CPSSG service
group online. Please wait...
The Veritas Coordination Point Server has been
configured on your system.
18 CPSSG サービスグループが追加されたことを確認するため hagrp
-state コマン
ドを実行します。
次に例を示します。
# hagrp -state CPSSG
#Group
CPSSG
Attribute
State
System
Value
system_cp.symantecexample.com
|ONLINE|
これにより CP サーバーの設定ファイル(/etc/vxcps.conf)も生成されます。
設定ユーティリティは、CP サーバーサービスグループ(CPSSG)の VCS の設定に
vxcpserv プロセスと他のリソースを追加します。
CPSSG についての情報については、『 Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参
照してください。
さらに、main.cf のサンプルには vxcpserv のリソースと依存関係についての詳細が
含まれています。
105
106
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
CP サーバーの手動設定
手動で CP サーバーを設定するには、次の手順を実行します。
手動で CP サーバーを設定するには
1
CP サーバーの準備の手順が実行されたことを確認します。
2
次のコマンドを使用して、各ノードの VCS を停止します。
# hastop -local
3
任意のノードに CPSSG サービスグループを追加するには、main.cf を編集します。
main.cf の CPSSG サービスグループを例として使います。
設定に従って CPSSG サービスグループの下のリソースをカスタマイズします。
4
次のコマンドを使って main.cf を検証します。
# hacf -verify /etc/VRTSvcs/conf/config
検証に成功すれば、続行して他のすべてのクラスタノードにこの main.cf をコピーし
ます。
5
/etc/vxcps/vxcps.conf.sample で提供されるサンプル設定ファイルを使って
vxcps.conf ファイルを作成します。
アプリケーションクラスタと CP サーバーの間で、通信のセキュリティが確立している
ことを確認します。セキュリティを無効にする場合は /etc/vxcps.conf ファイルのセ
キュリティパラメータを 0 に設定します。セキュリティパラメータが 1 に設定され、セ
キュリティがまだ設定されていなければ、CP サーバーの起動が失敗しま
す。/etc/vxcps.conf ファイルでセキュリティパラメータを 1 に設定すると、セキュリ
ティを設定できます。
CP サーバーのセキュリティ設定について詳しくは、
p.98 の 「CP サーバーのセキュリティの設定」 を参照してください。
シマンテック社では、CP サーバーとアプリケーションクラスタ間の通信のセキュリティ
を有効にすることをお勧めします。
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
6
すべてのクラスタノードで VCS を起動します。
次のコマンドを入力します。
# hastart
7
CP サーバーサービスグループ(CPSSG)がオンラインであることを確認します。
次のコマンドを入力します。
# hagrp -state CPSSG
次のような出力が表示されます。
# Group Attribute
CPSSG State
System
Value
system_cp.symantecexample.com |ONLINE|
CP サーバーの設定の確認
CP サーバーの設定プロセス中に、CP サーバーをホストしている(1 つ以上の)ノード上の
ファイルが個別に更新されます。設定の後、CP サーバーノード上の次のファイルを確認
してください。
■
/etc/vxcps.conf(CP サーバーの設定ファイル)
■
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
■
/etc/VRTScps/db(CP サーバーデータベースのデフォルトの場所)
さらに、cpsadm コマンドを使って、vxcpserv プロセスが、設定された仮想 IP をリスニン
グしているかどうかを確認します。たとえば、次のコマンドを実行します。
# cpsadm -s cp_server -a ping_cps
ここで、cp_server は CP サーバーの仮想 IP/仮想ホスト名です。
107
108
第 8 章 Storage Foundation and High Availability の設定の準備
CP サーバーの設定
9
Storage Foundation and
High Availability 製品の設
定
この章では以下の項目について説明しています。
■
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
■
Veritas Volume Manager の設定
■
Veritas File System の設定
■
SFDB リポジトリデータベースの設定
■
インストール後の Veritas Volume Replicator および Volume Manager の設定
■
キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更
■
Veritas 製品のライセンスキーのインストール
Storage Foundation and High Availability Solutions
の設定
インストール後、製品を設定する必要があります。これを行うには、Veritas 製品インストー
ラまたは適切なインストールスクリプトを、-configure オプションを使って実行します。
次の手順を使い、共通の製品インストーラを使って Storage Foundation High
Availability とクラスタを設定します。同じ手順を使って、Storage Foundation for Oracle
High Availability も設定します。
110
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定に必要な情
報
Storage Foundation High Availability または Storage Foundation for Oracle High
Availability を設定するには、次の情報が必要です。
『Veritas Cluster Server インストールガイド』も参照してください。
■
一意のクラスタ名
■
0 から 65535 の一意のクラスタ ID 番号
■
各システムで、2 つ以上のネットワークハートビート用の NIC
1 つ以上のハートビートが、プライベートリンクとして設定されている必要があります。
1 つのハートビートを優先度の低いネットワークハートビートとして設定することも可能
です。
Veritas Storage Foundation で Symantec Security Services を使用するように設定で
きます。
Storage Foundation をセキュアモードで実行すると、システム間のすべての通信の暗号
化およびユーザーに対するセキュリティ信用証明の検証が保証されます。Storage
Foundation をセキュアモードで実行している場合、NIS およびシステムのユーザー名、
パスワードが識別情報を検証する際に使われます。Storage Foundation のユーザー名
とパスワードは、クラスタがセキュアモードで実行されている場合には利用されません。
Symantec Security Services を使って動作するようにクラスタを設定する前に、すでに
Symantec Security Services が別のシステムにインストールされ、ルートブローカーとし
て動作している必要があります。
セキュアクラスタの設定について詳しくは、『Veritas Cluster Server インストールガイド』
を参照してください。
SMTP 通知を設定するためには、次の情報が必要です。
■
ドメインベースの SMTP サーバー名
■
各 SMTP 受信者の電子メールアドレス
■
SMTP で通知されるメッセージレベル(これ以上のメッセージレベルを送信)
SNMP 通知を設定するためには、次の情報が必要です。
■
VCS のトラップメッセージを受け取る SNMP コンソールのシステム名
■
各コンソールの SNMP トラップデーモンのポート番号
■
SNMP で通知されるメッセージレベル(これ以上のメッセージレベルを送信)
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
installsf を使った Storage Foundation High Availability の設定
Storage Foundation HA 設定では、HA(VCS)クラスタを設定する必要があります。次の
タスクを実行してクラスタを設定します。
installsf を使った Storage Foundation HA 設定のタスクの概要
Storage Foundation HA 設定では、HA(VCS)クラスタを設定する必要があります。
Storage Foundation HA の設定に関するタスクは次のとおりです。
■
ソフトウェアの設定の開始
p.111 の 「ソフトウェアの設定の開始」 を参照してください。
■
VCS を設定するシステムの指定
p.112 の 「設定するシステムの指定」 を参照してください。
■
基本クラスタの設定
p.113 の 「基本クラスタの設定」 を参照してください。
■
クラスタの仮想 IP アドレスの設定(オプション)
p.114 の 「クラスタの仮想 IP の設定」 を参照してください。
■
セキュアモードでのクラスタの設定(オプション)
p.116 の 「セキュアモードでのクラスタの設定」 を参照してください。
■
VCS ユーザーの追加(セキュアモードでクラスタを設定しなかった場合は必須)
p.119 の 「VCS ユーザーの追加」 を参照してください。
■
SMTP 電子メール通知の設定(オプション)
p.119 の 「SMTP 電子メール通知の設定」 を参照してください。
■
SNMP 電子メール通知の設定(オプション)
p.121 の 「SNMP トラップ通知の設定」 を参照してください。
■
グローバルクラスタの設定(オプション)
VCS をインストールしたときにグローバルクラスタオプションを有効にしておく必要が
あります。
p.123 の 「グローバルクラスタの設定」 を参照してください。
■
ソフトウェアの設定の完了
p.123 の 「VCS 設定の完了」 を参照してください。
ソフトウェアの設定の開始
Storage Foundation HA は、 製品インストーラまたは installvcs プログラムを使って設
定できます。
111
112
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
製品インストーラを使って Storage Foundation HA を設定するには
1
スーパーユーザーとしてログインし、製品ディスクをマウントしていることを確認しま
す。
2
インストーラを起動します。
# ./installer
インストーラは、著作権情報を表示して製品インストールプログラムを起動し、ログが
作成されるディレクトリを指定します。
3
最初の[タスクメニュー(Task Menu)]で、[C]を選択して、[インストールされた製品
の設定(Configure an Installed Product)]を選択します。
4
表示されるリストから、設定する製品の [Veritas Storage Foundation]を選択しま
す。
installsf を使って Storage Foundation HA を設定するには
1
スーパーユーザーとしてログインしていることを確認します。
2
installsfを起動します。
# /opt/VRTS/install/installsf -configure
インストーラは、著作権情報を表示して起動し、ログが作成されるディレクトリを指定
します。
設定するシステムの指定
インストーラから、Storage Foundation HA を設定するシステムの名前を尋ねるメッセー
ジが表示されます。インストーラは、指定されたシステムの初期チェックを実行します。
インストール用のシステム名を指定するには
1
Storage Foundation HA を設定するシステムの名前を入力します。
Enter the system names separated by spaces:
[q,?]
(system01) system01 system02
2
インストーラが指定したシステムをチェックしたら、その出力を確認します。
インストーラは、次のタスクを行います。
■
インストーラを実行しているローカルノードがリモートノードと通信できることをチェッ
クする
ssh バイナリが検出されると、インストーラは ssh がパスワードやパスフレーズを
要求せずに動作できることを確認します。
■
システムが適切なオペレーティングシステムを使っていることを確認する
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
■
システムがグローバルゾーンからインストールすることを確認する
■
Storage Foundation HA がインストールされているか確認する
■
Storage Foundation 5.1 がインストールされていなければ終了する
113
基本クラスタの設定
インストーラのメッセージが表示されたら、クラスタの情報を入力します。
クラスタを設定するには
1
インストーラによって表示される設定の指示を確認します。
2
一意のクラスタ名とクラスタ ID を入力します。
Enter the unique cluster name: [q,?] clus1
Enter a unique Cluster ID number between 0-65535: [b,q,?] (0) 7
3
インストーラが、最初のシステムで使用可能な NIC を検出してその結果を一覧表示
したら、その NIC を確認します。
プライベートハートビートには NIC または集約インターフェースを使用できます。プ
ライベートハートビートに集約インターフェースを使用するには、集約インターフェー
スの名前を入力します。プライベートハートビートに NIC を使用する場合は、集約イ
ンターフェースに含まれていない NIC を入力します。
4
プライベートハートビートリンクに使用するネットワークインターフェースカードの詳細
を入力します。
インストーラが検出および報告したネットワークインターフェースカードまたは集約イ
ンターフェースを選択する必要があります。インストーラで検出されなかった統合イ
ンターフェースを使うには、Storage Foundation HA を設定した後で、プライベート
リンクとして使う統合インターフェースを手動で追加する必要があります。
Veritas Cluster Server 管理者ガイドを参照してください。
アーキテクチャに応じて、次のプロンプトに回答します。
■
Solaris SPARC の場合:
パブリックネットワークに使われているネットワークインターフェースカード(通常
は bge5)は入力しないでください。
Enter the NIC for the first private heartbeat NIC on system01:
[b,q,?] bge0
Would you like to configure a second private heartbeat link?
[y,n,q,b,?] (y)
Enter the NIC for the second private heartbeat NIC on system01:
[b,q,?] bge1
Would you like to configure a third private heartbeat link?
114
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
[y,n,q,b,?](n)
Do you want to configure an additional low priority heartbeat
link? [y,n,q,b,?] (n)
■
Solaris x64 の場合:
パブリックネットワークに使われているネットワークインターフェースカード(通常
は bge0)は入力しないでください。
Enter the NIC for the first private heartbeat NIC on system01:
[b,q,?] e1000g0
Would you like to configure a second private heartbeat link?
[y,n,q,b,?] (y)
Enter the NIC for the second private heartbeat NIC on system01:
[b,q,?] e1000g1
Would you like to configure a third private heartbeat link?
[y,n,q,b,?](n)
Do you want to configure an additional low priority heartbeat
link? [y,n,q,b,?] (n)
5
同じ NIC の詳細を他のシステムでプライベートハートビートリンクを設定するために
使うかどうか選択します。
Are you using the same NICs for private heartbeat links on all
systems? [y,n,q,b,?] (y)
入力した NIC の詳細を system01 で使用する場合は、同じ NIC が各システムで利
用可能であることを確かめます。次に、プロンプトで y を入力します。
一部のシステムで NIC のデバイス名が異なっていたら、n を入力します。プログラム
のプロンプトに従って、各システムに NIC の詳細を入力します。
6
インストーラが表示する要約された情報を確認します。
クラスタの仮想 IP の設定
Cluster Manager(Java コンソール)への接続、または RemoteGroup リソースでの指定
に使うクラスタの仮想 IP を設定できます。
Cluster Manager について詳しくは、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照し
てください。
RemoteGroup エージェントについて詳しくは、『Veritas Cluster Server 付属エージェ
ントリファレンスガイド』を参照してください。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
クラスタの仮想 IP を設定するには
1
クラスタの仮想 IP を設定するために必要な情報を確認します。
2
仮想 IP を設定するには、プロンプトで y を入力します。
3
最初のシステムで検出されたパブリック NIC を使うかどうかを指定します。
次のいずれかを実行します。
■
検出された NIC を使う場合は、Enter キーを押します。
■
別の NIC を使う場合は、使う NIC の名前を入力して、Enter キーを押します。
Active NIC devices discovered on system01: bge5
Enter the NIC for Virtual IP of the Cluster to use on system01:
[b,q,?](bge5)
4
すべてのノードで同じパブリック NIC を使うかどうかを指定します。
次のいずれかを実行します。
■
すべてのノードで同じパブリック NIC を使う場合は、y を入力します。
■
一意の NIC を使う場合は、n を入力して、各ノードの NIC を入力します。
Is bge5 to be the public NIC used by all systems
[y,n,q,b,?] (y)
5
クラスタの仮想 IP アドレスを入力します。
IPv4 アドレスか IPv6 アドレスのどちらかを入力できます。
IPv4 の場合:
■
仮想 IP アドレスを入力します。
Enter the Virtual IP address for the Cluster:
[b,q,?] 192.168.1.16
■
デフォルトのネットマスクを受け入れるか、または別のネットマスクを入
力します。
Enter the netmask for IP 192.168.1.16: [b,q,?]
(255.255.240.0)
■
クラスタの仮想 IP 情報を検証し、確認します。
Cluster Virtual IP verification:
NIC: bge5
IP: 192.168.1.16
Netmask: 255.255.240.0
Is this information correct? [y,n,q] (y)
115
116
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
IPv6 の場合:
■
仮想 IP アドレスを入力します。
Enter the Virtual IP address for the Cluster:
[b,q,?] 2001:454e:205a:110:203:baff:feee:10
■
入力した仮想 IPv6 アドレスの接頭辞を入力します。次に例を示します。
Enter the Prefix for IP
2001:454e:205a:110:203:baff:feee:10: [b,q,?] 64
■
クラスタの仮想 IP 情報を検証し、確認します。
Cluster Virtual IP verification:
NIC: bge5
IP: 2001:454e:205a:110:203:baff:feee:10
Prefix: 64
Is this information correct? [y,n,q] (y)
セキュアモードでのクラスタの設定
セキュアモードのクラスタを設定する場合は、セキュアクラスタの設定のための前提条件
を満たしていることを確認します。
installsfでは、セキュアクラスタを設定するためのいくつかの設定モードが提供されます。
選択する設定モードの事前設定のタスクを完了したことを確認します。
p.77 の 「セキュアモードでクラスタを設定する準備」 を参照してください。
セキュアモードでクラスタを設定するには
1
Storage Foundation HA が Symantec Product Authentication Service を使う
ように設定するかどうかを選択します。
Would you like to configure VCS to use Symantec Security
Services? [y,n,q] (n) y
■
セキュアモードでクラスタを設定する場合は、前提条件を満たしていることを確認
して、y と入力します。
■
セキュアモードのクラスタを設定しない場合は n を入力します。
設定プログラムがプロンプトを表示するとき VCS のユーザーを追加する必要が
あります。
2
セキュリティを有効にするための次のいずれかのオプションを選択します。
オプションを選択する前に、クラスタのすべてのノードが正常にルートブローカーシ
ステムに ping を実行できることを確認します。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
117
Select the Security option you would like to perform [1-3,b,q,?] (1)
Security
1)
2)
3)
b)
Menu
Configure security completely automatically
Provide AB credentials using BLOBs
Provide AB credentials without using BLOBs
Back to previous menu
次の設定モードを確認します。使う設定に基づいて、次のいずれかの値を入力しま
す。
Option 1。自動設 使うルートブローカーに応じて、次のいずれかを実行します。
定
■ 外部ルートブローカーを使うには
メッセージが表示されたら、ルートブローカーのシステム名を入力
します。
ルートブローカーへのリモートアクセスが必要です。クラスタのすべ
てのノードが正常にルートブローカーシステムに ping を実行でき
ることを確認します。
インストーラがルートブローカーシステムとの通信を検証し、vxatd
プロセスとそのバージョンをチェックし、セキュリティドメインをチェッ
クしたら、その出力を確認します。
■ いずれかのノードをルートブローカーとして設定するには
■ 次のインストーラのプロンプトで Enter キーを押します。
If you already have an external
RB(Root Broker) installed and configured, enter
the RB name, or press Enter to skip: [b]
■
インストーラがルートおよび認証ブローカーとして設定する必要
のあるノードを選択します。インストーラは他のノードを認証ブ
ローカーとして設定します。
インストーラのプロンプトで、クラスタ内の最初のノードを選択し
て RAB として設定することも、n を入力して別のノードを RAB
として設定することもできます。次に例を示します。
Do you want to configure <system01> as RAB,
and other nodes as AB? [y,n,q,b] (y) n
Enter the node name which you want to
configure as RAB: system02
Option 2。半自動 メッセージが表示されたら、各ノードの暗号化ファイル(BLOB ファイル)
のパスを入力します。
設定
118
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
Option 3。手動設 メッセージが表示されたら、次のルートブローカー情報を入力します。
定
Enter root broker name: [b]
east.symantecexample.com
Enter root broker FQDN: [b]
(symantecexample.com)
symantecexample.com
Enter the root broker domain name for the
Authentication Broker's identity: [b]
[email protected]
Enter root broker port: [b] 2821
Enter path to the locally accessible root hash [b]
(/var/tmp/installvcs-200910221810ROA/root_hash)
/var/tmp/installvcs-200910221810ROA/root_hash
各ノードでメッセージが表示されたら、次の認証ブローカー情報を入
力します。
Enter Authentication broker's identity on
system01 [b]
(system01.symantecexample.com)
system01.symantecexample.com
Enter the password for the Authentication broker's
identity on system01:
Enter Authentication broker's identity on
system02 [b]
(system02.symantecexample.com)
system02.symantecexample.com
Enter the password for the Authentication broker's
identity on system02:
3
セキュアモードのクラスタを設定するために必要な情報を入力すると、プログラムは
SMTP 電子メール通知を設定するためのメッセージを表示します。
クラスタをセキュアモードで設定している場合、インストーラは VCS ユーザーを追加
するためのメッセージを表示しません。ただし、後で VCS ユーザーを追加する必要
があります。
詳しくは、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
119
VCS ユーザーの追加
Symantec Product Authentication Service を有効にしている場合は、ここで VCS ユー
ザーを追加する必要はありません。それ以外の場合は、この時点で、VCS ユーザーを追
加できます。
VCS ユーザーを追加するには
1
VCS ユーザーを追加するために必要な情報を確認します。
2
必要に応じて、Admin ユーザーのパスワードをリセットします。
Do you want to set the username and/or password for the Admin user
(default username = 'admin', password='password')? [y,n,q] (n) y
Enter the user name: [b,q,?] (admin)
Enter the password:
Enter again:
3
ユーザーを追加するには、プロンプトで y と入力します。
Do you want to add another user to the cluster? [y,n,q] (y)
4
ユーザーの名前、パスワード、権限のレベルを入力します。
Enter the user name: [b,q,?] smith
Enter New Password:*******
Enter Again:*******
Enter the privilege for user smith (A=Administrator, O=Operator,
G=Guest): [?] a
5
ユーザーの追加を完了したら、プロンプトで n と入力します。
Would you like to add another user? [y,n,q] (n)
6
新しく追加されたユーザーの概略を見直し、その情報を確認します。
SMTP 電子メール通知の設定
SMTP 電子メールサービスにイベント通知を送信するように Storage Foundation HA を
設定することを選択できます。SMTP サーバー名と、通知先のユーザーの電子メールア
ドレスを指定する必要があります。通知はインストールの後でも設定できます。
詳しくは『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
120
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
SMTP 電子メール通知を設定するには
1
SMTP 電子メール通知を設定するために必要な情報を確認します。
2
SMTP 通知を設定するかどうかを指定します。
Do you want to configure SMTP notification? [y,n,q] (n) y
SMTP の通知を設定しない場合は、次の設定オプションにスキップできます。
3
SMTP 通知を設定するための情報を指定します。
次の情報を指定します。
■
NIC 情報を入力します。
Active NIC devices discovered on system01: bge5
Enter the NIC for the VCS Notifier to use on system01:
[b,q,?] (bge5)
Is bge5 to be the public NIC used by all systems?
[y,n,q,b,?] (y)
■
SMTP サーバーのホスト名を入力します。
Enter the domain-based hostname of the SMTP server
(example: smtp.yourcompany.com): [b,q,?] smtp.example.com
■
各受信者の電子メールアドレスを入力します。
Enter the full email address of the SMTP recipient
(example: [email protected]y.com): [b,q,?] [email protected]
■
各受信者に送信するメッセージの最小重要度レベルを入力します。
Enter the minimum severity of events for which mail should be
sent to [email protected] [I=Information, W=Warning,
E=Error, S=SevereError]: [b,q,?] w
4
必要に応じて、SMTP 受信者を追加します。
■
別の SMTP 受信者を追加する場合は、y と入力し、プロンプトで必要な情報を
指定します。
Would you like to add another SMTP recipient? [y,n,q,b] (n) y
Enter the full email address of the SMTP recipient
(example: [email protected]): [b,q,?] [email protected]
Enter the minimum severity of events for which mail should be
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
sent to [email protected]
[I=Information, W=Warning,
E=Error, S=SevereError]: [b,q,?] E
■
追加しない場合は、n と入力します。
Would you like to add another SMTP recipient? [y,n,q,b] (n)
5
SMTP 通知情報を確認します。
NIC: bge5
SMTP Address: smtp.example.com
Recipient: [email protected] receives email for Warning or
higher events
Recipient: [email protected] receives email for Error or
higher events
Is this information correct? [y,n,q] (y)
SNMP トラップ通知の設定
SNMP 管理コンソールにイベント通知を送信するように Storage Foundation HA を設
定することを選択できます。通知先の SNMP 管理コンソールの名前と、メッセージの重要
度レベルを指定する必要があります。
通知はインストールの後でも設定できます。
詳しくは『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
SNMP トラップ通知を設定するには
1
Storage Foundation HA の SNMP 通知機能を設定するために必要な情報を確認
します。
2
SNMP 通知を設定するかどうかを指定します。
Do you want to configure SNMP notification? [y,n,q] (n) y
このオプションをスキップすると、有効な HA/DR のライセンスがインストールされて
いれば、このクラスタをグローバルなクラスタとして設定するオプションが表示されま
す。HA/DR のライセンスをインストールしなかった場合、インストーラは入力された
設定内容に従って Storage Foundation HA を設定します。
3
SNMP トラップ通知を設定するための情報を指定します。
次の情報を指定します。
■
NIC 情報を入力します。
121
122
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
Active NIC devices discovered on system01: bge5
Enter the NIC for the VCS Notifier to use on system01:
[b,q,?] (bge5)
Is bge5 to be the public NIC used by all systems?
[y,n,q,b,?] (y)
■
SNMP トラップデーモンのポートを入力します。
Enter the SNMP trap daemon port: [b,q,?] (162)
■
SNMP コンソールのシステム名を入力します。
Enter the SNMP console system name: [b,q,?] saturn
■
各コンソールに送信するメッセージの最小重要度レベルを入力します。
Enter the minimum severity of events for which SNMP traps
should be sent to saturn [I=Information, W=Warning, E=Error,
S=SevereError]: [b,q,?] E
4
必要に応じて、SNMP コンソールを追加します。
■
別の SNMP コンソールを追加する場合は、y を入力し、プロンプトで必要な情報
を指定します。
Would you like to add another SNMP console? [y,n,q,b] (n) y
Enter the SNMP console system name: [b,q,?] jupiter
Enter the minimum severity of events for which SNMP traps
should be sent to jupiter [I=Information, W=Warning,
E=Error, S=SevereError]: [b,q,?] S
■
追加しない場合は、n と入力します。
Would you like to add another SNMP console? [y,n,q,b] (n)
5
SNMP 通知情報を確認します。
NIC: bge5
SNMP Port: 162
Console: saturn receives SNMP traps for Error or
higher events
Console: jupiter receives SNMP traps for SevereError or
higher events
Is this information correct? [y,n,q] (y)
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
123
グローバルクラスタの設定
グローバルクラスタを設定して、別の場所にあるクラスタをリンクし、広域フェールオーバー
とディザスタリカバリを有効にすることができます。インストーラによりグローバルクラスタの
基本情報が VCS 設定ファイルに追加されます。グローバルクラスタを設定するには、追
加の設定タスクを実行する必要があります。
VCS グローバルクラスタを設定するための手順について詳しくは、『Veritas Cluster
Server 管理者ガイド』を参照してください。
メモ: RDC(Replicated Data Cluster)やキャンパスクラスタを設定するために HA/DR ラ
イセンスをインストールした場合は、このインストールオプションを省略します。
グローバルクラスタオプションを設定するには
1
グローバルクラスタオプションを設定するために必要な情報を確認します。
2
グローバルクラスタオプションを設定するかどうかを指定します。
Do you want to configure the Global Cluster Option? [y,n,q] (n) y
このオプションを省略する場合は、インストーラはユーザーが入力した設定の詳細に
基づいた VCS の設定に進みます。
3
このクラスタをグローバルクラスタとして設定するための情報を入力します。
インストーラから、NIC、仮想 IP アドレス、ネットマスクの値を入力するよう要求されま
す。
仮想 IP アドレスの詳細を入力した場合、インストーラは入力した値を検出します。グ
ローバルクラスタ設定に同じ仮想 IP アドレスを使うことも、別の値を入力することもで
きます。
また、仮想 IP アドレスとして IPv6 アドレスを入力できます。
4
グローバルクラスタの設定を確認します。
Global Cluster Option configuration verification:
NIC: bge5
IP: 192.168.1.16
Netmask: 255.255.240.0
Is this information correct? [y,n,q] (y)
VCS 設定の完了
Storage Foundation HA の設定情報を入力した後、設定プロセスを完了するために
VCS プロセスを停止するように求めるメッセージが表示されます。インストーラは設定ファ
124
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
イルの作成を続け、各システムにコピーします。また、設定の終了時にクラスタのクラスタ
UUID 値も設定します。正常に VCS を設定した後、インストーラは Storage Foundation
HA を再起動します。
セキュアモードでクラスタを設定することにした場合、インストーラはセキュアモードで
Storage Foundation HA を起動する前に、次の操作を行います。
■
認証サービスの設定に選択したセキュリティモードに応じて、インストーラは次のいず
れかを実行します。
■
セキュリティのプリンシパルを作成する
■
クラスタの各ノードでセキュリティのプリンシパルを作成するために暗号化ファイル
を実行する
■
VxSS のサービスグループを作成する
■
クラスタ内で各ノードの認証サーバーの認証情報を作成する
■
Storage Foundation HA ユーザーの Web 認証情報を作成する
■
ルートブローカーとの信頼関係を設定する
VCS 設定を完了するには
1
次のメッセージで Enter キーを押します。
Do you want to stop VCS processes now? [y,n,q,?] (y)
2
インストーラが各種プロセスを停止し設定を実行したら、出力を確認します。インス
トーラは続いて Storage Foundation HA を再起動します。
3
プロンプトで y を入力して、シマンテック社にインストール情報を送信します。
Would you like to send the information about this installation
to Symantec to help improve installation in the future? [y,n,q,?] (y) y
4
インストーラが Storage Foundation HA を正常に設定した後、インストーラが作成
する概略ファイル、ログファイルおよび応答ファイルの場所を書き留めておきます。
これらのファイルが提供する有用な情報は、現在の設定だけでなく、今後の設定に
も役立ちます。
summary ファイル
クラスタとそこに設定されたリソースを説明します。
log ファイル
設定全体の詳細を表示します。
response ファイル
他のシステムでセキュアなインストールや無人インストールを実行する
ために使える設定情報が含まれています。
p.357 の 「応答ファイルを使った Storage Foundation の設定」 を参照
してください。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation High Availability
の設定
この項では、Web ベースのインストーラを使って Storage Foundation High Availability
を設定する手順について説明します。手順を始める前に、Storage Foundation High
Availability を設定する条件を確認してください。
クラスタで Storage Foundation High Availability を設定するには
1
Web ベースのインストーラを開始します。
2
[製品/タスクの選択(Select Product/Task)]画面で次のように選択します。
■
タスクの一覧から、[製品の設定(Configure a Product)]を選択します。
■
製品の一覧から、[Storage Foundation High Availability]を選択します。
■
デフォルトで、システム間の通信には SSH が選択されます。SSH がシステム間
の通信に使われた場合、SSH コマンドはパスワードや確認を求めるプロンプトを
表示せずに実行します。
■
[次へ(Next)]をクリックします。
メモ: 設定プロセス中はいつでも、[終了(Quit)]をクリックして Web インストーラを終
了できます。
3
4
[システムの選択(Select Systems)]画面で次のように選択します。
■
VCS を設定するシステム名を入力してから、[検証(Validate)]をクリックします。
システム名はスペースで区切ります。
例: system01 system02
インストーラは初期システム検証を実行します。システム間の通信が設定されて
いることが確認されます。また、リリース互換性、インストールされている製品バー
ジョン、プラットフォームバージョンを調べ、製品のプレチェックを実行します。
■
インストーラがシステムの検証を正常に完了した後、[次へ(Next)]をクリックしま
す。
[クラスタ名/ID の設定(Set Cluster Name/ ID)]画面で次のように選択します。
■
一意のクラスタ名とクラスタ ID 番号を入力します。
■
ハートビートリンク数を選択します。
■
優先度の低いリンクとして 1 つのハートビートリンクを設定する場合は、[優先度
の低いハートビート NIC(Low priority heartbeat Nic)]を選択します。
125
126
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
5
6
■
他のシステムでのプライベートハートビートリンクの設定に同じ NIC の詳細を使
う予定がない場合は、[システムごとに一意のハートビート NIC(Unique Heartbeat
NICs per system)]を選択します。
■
[次へ(Next)]をクリックします。
[クラスタハートビートの設定(Set Cluster Heartbeat)]画面で次のように選択しま
す。
■
すべてのシステムでプライベートハートビートリンクの設定に同じ NIC を使用し
ている場合、各システムの第 1 のプライベートハートビート NIC に使う NIC を選
択します。
各システムの第 2 のプライベートハートビート NIC に使う NIC を選択します。
■
前の画面で[システムごとに一意のハートビート NIC(Unique Heartbeat NICs
per system)]を選択した場合は、システムごとに NIC の詳細を入力します。
■
[次へ(Next)]をクリックします。
[Storage Foundation High Availability オプションの設定(Storage Foundation
High Availability Optional Configure)]画面では、設定する Storage
Foundation High Availability オプション(仮想 IP、VCS ユーザー、SMTP、SNMP、
GCO)を選択します。選択するオプションに応じて、それぞれのオプションに関する
詳細を入力できます。
■
■
■
仮想 IP を設定するには、次の手順を行います。
■
[仮想 IP を設定する(Configure Virtual IP)]を選択します。
■
それぞれのシステムが個別の NIC を使う場合、[すべてのシステムで NIC を
個別に設定します(Configure NICs for every system)]を選択します。
■
仮想 IP を設定するインターフェースを選択します。
■
ネットマスクの仮想 IP アドレスと値を入力します。
Storage Foundation High Availability ユーザーを設定するには、次の情報
を入力します。
■
必要に応じて、Admin ユーザーのパスワードをリセットします。
■
[追加(Add)]をクリックして、新しいユーザーを追加します。
このユーザーのユーザー名、パスワードおよびユーザー権限を指定します。
SMTP 通知を設定するには、次の情報を入力します。
■
すべてのシステムで同じ NIC を使う場合、すべてのシステムで使う Storage
Foundation High Availability Notifierの NIC を選択します。そうでない場
合は、それぞれのシステムで使う NIC を選択します。
■
SMTP サーバーのドメインベースのホスト名を入力します。例:
smtp.yourcompany.com
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Storage Foundation and High Availability Solutions の設定
■
■
7
■
SMTP 受信者の完全な電子メールアドレスを入力します。例:
[email protected]
■
各受信者に送信するメッセージの最小重要度レベルを選択します。
■
必要に応じて、[追加(Add)]をクリックし、さらに SMTP 受信者を追加しま
す。
SMTP 通知の設定をするため、次の情報を入力します。
■
すべてのシステムで同じ NIC を使う場合、すべてのシステムで使う Storage
Foundation High Availability Notifierの NIC を選択します。そうでない場
合は、それぞれのシステムで使う NIC を選択します。
■
SNMP トラップデーモンのポート(162)を入力します。
■
SNMP コンソールのシステム名を入力します。
■
各コンソールに送信するメッセージの最小重要度レベルを選択します。
■
必要に応じて、[追加(Add)]をクリックし、さらに SNMP コンソールを追加し
ます。
有効な HA/DR のライセンスをインストールしたら、GCO オプションを選択して、
グローバルクラスタとしてこのクラスタを設定できます。
VCS のグローバルクラスタを設定するための手順については、『Veritas Cluster
Server ユーザーズガイド』を参照します。
■
NIC を選択します。
■
ネットマスクの仮想 IP アドレスと値を入力します。
■
[次へ(Next)]をクリックします。
インストーラは、入力した設定の詳細に基づいて、Storage Foundation High
Availability の設定を進めます。
[プロセスを開始しています(Starting Processes)]画面で、インストーラは Storage
Foundation High Availability の設定を完了します。
インストーラは、各システムで Storage Foundation High Availability とそのコン
ポーネントを開始します。
起動プロセスが完了した後、[次へ(Next)]をクリックして次の画面に進みます。
127
128
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
8
[次へ(Next)]をクリックして、Storage Foundation High Availability を設定する
プロセスを完了します。
必要に応じて概略ファイル、ログファイルまたは応答ファイルを調べて、設定を確認
します。
9
インストール情報をシマンテック社に送信するかどうかを指定するチェックボックスに
チェックマークを付けます。
Would you like to send the information about this installation
to Symantec to help improve installation in the future?
[完了(Finish)]をクリックします。別のタスクを行うかどうかを尋ねるメッセージが表
示されます。
Veritas Volume Manager の設定
次の手順を使って Veritas Volume Manager を設定します。製品インストーラを使って
VxVM のインストールと設定を行った場合は、この項の手順を実行する必要はありませ
ん。
インストール後に VxVM のディスクグループとボリュームを設定する方法については、
『VVeritas Volume Manager 管理者ガイド』の「Veritas Volume Manager の設定」を
参照してください。
ディスクのカプセル化や初期化などのタスクについては、『Veritas Volume Manager 管
理者ガイド』を参照してください。
4.0 より前の VxVM(Volume Manager)のリリースでは、VxVM がインストールされたシ
ステムはデフォルトのディスクグループ rootdg で設定され、このディスクグループには少
なくとも 1 つのディスクを含める必要がありました。デフォルトでは、各操作は rootdg ディ
スクグループに対して実行されていました。リリース 4.0 以降では、ディスクグループが 1
つも設定されていない状態でも VxVM は正常に機能します。最初のディスクを制御下に
置くまでは、ディスクグループを設定する必要はありません。ディスクグループに rootdg
という名前を付ける必要はなく、rootdg という名前をディスクグループに付けた場合で
も、この名前によって特殊なプロパティが設定されることはありません。設定手順の実行
中に、デフォルトのディスクグループを作成するかどうかを確認するメッセージが表示さ
れ、作成する場合はその名前を指定できるようになっています。
設定デーモンの起動と有効化
VxVM 設定デーモン(vxconfigd)では、VxVM のディスクおよびディスクグループの設
定が保持されます。vxconfigd によって、設定の変更がカーネルに伝達され、ディスク
に保存されている設定情報が変更されます。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
通常、起動スクリプトは、システムの起動時に vxconfigd を呼び出します。VxVM が正
常に機能するためには、vxconfigd デーモンが起動している必要があります。
次の手順は、vxconfigd が起動していることとそのデーモンが有効か無効かを確認する
方法、デーモンを手動で起動する方法、およびそのデーモンを必要に応じて有効にす
る方法を示しています。
vxconfigd が有効かどうかを確認するには、次のコマンドを使います。
# vxdctl mode
次のメッセージは、vxconfigd デーモンが実行されていて、さらに有効状態であることを
示しています。
mode: enabled
このメッセージは、vxconfigd が実行されていないことを示しています。
mode: not-running
vxconfigd デーモンを起動するには、次のコマンドを入力します。
# vxconfigd
このメッセージは、vxconfigd は実行されていても無効状態であることを示しています。
mode: disabled
ボリュームデーモンを有効にするには、次のコマンドを入力します。
# vxdctl enable
vxconfigd は、起動すると自動的にバックグラウンドプロセスになります。
デフォルトでは、vxconfigd によって、コンソールにエラーメッセージが表示されます。た
だし、このエラーをログファイルに書き込むように設定できます。詳しくは、vxconfigd(1M)
および vxdctl(1M) の各マニュアルページを参照してください。
ボリューム I/O デーモンの起動
ボリューム I/O デーモン(vxiod)を使うと、プロセスの呼び出しをブロックすることなく、I/O
処理を拡張できます。通常、最初のインストール後に、いくつかの vxiod デーモンがシ
ステム起動時に起動します。それらは常時実行されている必要があります。次の手順は、
vxiod デーモンが実行されていることを確認する方法、および必要に応じてこのデーモ
ンを起動する方法です。
vxiod デーモンが実行されていることを確認するには、次のコマンドを入力します。
129
130
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
# vxiod
vxiod デーモンはカーネルスレッドであり、ps コマンドを使っても見ることはできません。
たとえば、16 個の vxiod デーモンが実行されている場合、次のメッセージが表示されま
す。
16 volume I/O daemons running
ここで、16 は現在実行中の vxiod デーモンの個数です。現在 vxiod デーモンが 1 つ
も実行されていない場合は、次のコマンドを入力してデーモンをいくつか起動します。
# vxiod set 16
ここで、16 は必要な vxiod デーモンの個数です。システム内の各 CPU で、vxiod デー
モンを少なくとも 1 つ実行することをお勧めします。
詳しくは、vxiod(1M) マニュアルページを参照してください。
vxinstall を使った Veritas Volume Manager の設定
Veritas インストールメニューまたは installvm スクリプトを使った場合、この項の手順に
従う必要はありません。ライセンス交付、エンクロージャ名に基づく命名の設定、デフォル
トディスクグループの作成は、メニューインストーラおよび installvm スクリプトで管理さ
れます。
VxVM ディスクをすぐに設定する必要がなくなったことにより、vxinstall コマンドで
vxdiskadm プログラムを呼び出す必要がなくなったため、以前のバージョンに比べて大
幅に簡略化されました。
ユーティリティには、次の機能が用意されています。
■
VxVM のライセンス交付
■
システム全体のデフォルトのディスクグループの設定
コマンドを実行するには、次のように入力します。
# vxinstall
ライセンスキーの入力を求めるメッセージが表示されます。
Are you prepared to enter a license key [y,n,q,?] (default: y) y
ライセンスキーがない場合は、サポートの項を参照してください。
特定のハードウェアアレイ(A5000 など)がある場合は、自動的にキーが生成されます。
vxinstall プログラムに、システム全体のデフォルトディスクグループを設定するかどう
かを尋ねるメッセージが表示されます。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
Do you want to setup a system wide default disk group ?
[y,n,q,?] (default: y)
続いて次のメッセージが表示されます。
Which disk group [<group>,list,q,?] ?
デフォルトのディスクグループとして使うディスクグループの名前がわかっている場合は、
プロンプトにその名前を入力するか、または list オプションを使って選択します。
VxVM 4.0 より前のリリースでは、デフォルトのディスクグループは rootdg(ルートディス
クグループ)でした。VxVM が正常に機能するには、rootdg ディスクグループを作成し、
このディスクグループに少なくとも 1 つのディスクを含める必要がありました。4.1 ではこの
必要条件が不要になりましたが、システム全体のデフォルトのディスクグループを作成し
ておくと便利です。VxVM コマンドに -g オプションが指定されていない場合、ディスクグ
ループが必要な操作では、システム全体のデフォルトのディスクグループが使われます。
デフォルトのディスクグループを作成する主な利点は、VxVM コマンドはデフォルトのディ
スクグループを使うため、-g オプションを使う必要がないことです。デフォルトのディスク
グループを作成後に確認するには、次のコマンドを入力します。
# vxdg defaultdg
bootdg、defaultdg、nodg という名前は予約されているため、VxVM のデフォルトのディ
スクグループには使えません。
インストール後、ディスクはエンクロージャ名に基づく命名規則を使います。必要に応じ
て、『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』に記述されているように、インストール後
に命名規則を変更できます。
これで VxVM のインストールは完了です。ディスクのカプセル化や初期化などのタスクに
ついては、『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照してください。
VxVM が使うデバイスのパス、またはマルチパス化の無効化
この項では、VxVM や DMP の制御下にあるデバイスを無効にする方法について説明し
ます。
131
132
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
マルチパス化を無効にする、または VxVM でデバイスが表示されないようにするには
1
次のコマンドを入力します。
# vxdiskadm
2
vxdiskadm メインメニューから、メニュー項目 17(VxVM が使うデバイスのパス、ま
たはマルチパス化の無効化)を選択します。
次のメッセージが表示されます。
VxVM INFO V-5-2-1239 This operation might lead to some devices
being suppressed from VxVM’s view or prevent them from being
multipathed by vxdmp. (This operation can be reversed using the
vxdiskadm command).
Do you want to continue? [y,n,q,?] (default: n) y
3
y と入力します。
4
次の操作を 1 つ選択します。
■
VxVM のビューからコントローラを経由するすべてのパスの無効化
オプション 1 を選択します。
次のメッセージが表示されたら、コントローラ名を入力します。
Enter a controller name:[ctlr_name,all,list,list-exclude,q,?]
■
VxVM ビューからのパスの無効化:
オプション 2 を選択します。
次のメッセージが表示されたら、パスを入力します。
Enter a pathname or pattern:[<Pattern>,all,list,list-exclude,q?]
■
ベンダー ID とプロダクト ID の組を指定することによる VxVM のビューからのディ
スクの無効化
オプション 3 を選択し、画面に表示されるメッセージを読みます。
次のメッセージが表示されたら、ベンダー ID とプロダクト ID の組み合わせを入
力します。
Enter a VID:PID combination:[<Pattern>,all,list,exclude,q,?]
ベンダー ID とプロダクト ID の組み合わせが一致するディスクが、VxVM から無
効にされます。ディスクによって返される SCSI inquiry データから、ベンダー ID
とプロダクト ID を取得します。
■
ディスクへのパスを 1 つを除いてすべて無効化
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
133
オプション 4 を選択し、画面に表示されるメッセージを読んでからパスを指定し
ます。
次のメッセージが表示されたら、パスを入力します。
Enter pathgroup: [<pattern>,list,list-exclude,q,?]
次のオプションを使うと、vxdmp からデバイスを無効にできます。
■
特定のコントローラ上のすべてのディスクのマルチパス化の無効化
オプション 5 を選択し、画面に表示されるメッセージを読んでからコントローラを
指定します。
次のメッセージが表示されたら、コントローラ名を入力します。ここで入力したコン
トローラは、DMP の制御から無効にされます。
Enter a controller name:[<ctlr-name>,all,list,list-exclude,q,?]
■
特定のディスクのマルチパス化の無効化
オプション 6 を選択し、指定したパスをマルチパス化から無効にします。対応す
るディスクは OTHER_DISKS カテゴリとして扱われ、マルチパス化は行われませ
ん。画面に表示されるメッセージを読んでからパスを指定します。
プロンプトでパスを入力します。
Enter a pathname or pattern:[<pattern>,all,list,listexclude,q,?]
■
特定のベンダー ID とプロダクト ID を使って指定されるディスクのマルチパス化
の無効化
オプション 7 を選択すると、特定のベンダー ID とプロダクト ID の組み合わせを
使ってディスクを無効にできます。ベンダー ID とプロダクト ID の組み合わせで
指定されるすべてのディスクは、OTHER_DISKS カテゴリとして扱われ、マルチ
パス化は行われません。画面に表示されるメッセージを読んでからベンダー ID
とプロダクト ID を指定します。
プロンプトで、ベンダー ID とプロダクト ID の組み合わせを入力します。
Enter a VID:PID combination:[<pattern>,all,list,listexclude,q,?]
いずれかのオプションを選択した場合は、システムを再起動してデバイスの無効化
を有効にします。
VxVM でのクラスタサポートの有効化(オプション)
このリリースには、オプションとしてクラスタ機能が含まれています。この機能によって、
VxVM をクラスタ環境で使えるようになります。VxVM のクラスタ機能を利用すると、複数
134
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
のホストで VxVM の制御下にあるディスク一式にアクセスでき、同時にそれらの管理を行
うことができます。クラスタとは、ディスク一式を共有するホスト一式です。各ホストは、クラ
スタ内のノードと呼ばれます。
VxVM のクラスタ機能を利用するには、ライセンスが必要です。ライセンス取得について
は、購入先までお問い合わせください。
VxVM でクラスタ機能を有効にするには
1
VxVM クラスタ機能のライセンスを取得します。
2
クラスタに含める各システム(ノード)に、ソフトウェアパッケージをインストールします。
3
クラスタを形成するために必要な設定ファイルを作成します。
4
クラスタサービスを開始します。
5
共有ディスクを設定します。
『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照してください。
既存の VxVM ディスクグループの共有ディスクグループへの変換
既存の専用ディスクグループを共有ディスクグループに変換する場合には、次の手順を
実行します。シングルノードからクラスタに移動する場合か、すでにクラスタ内で既存の専
用ディスクグループがある場合は、次の手順を使います。
既存のディスクグループを共有ディスクグループに変換するには
1
稼動しているすべてのシステムが、同じクラスタの一部であることを確認します。
2
少なくとも 1 つのノードでクラスタを起動します。
ディスクグループを変換しているすべてのノードでクラスタを起動します。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
3
次の手順を使って、ディスクグループを設定します。
すべてのディスクグループを一覧表示するには、次のコマンドを使います。
# vxdg list
共有するディスクグループをデポートするには、次のコマンドを使います。
# vxdg deport disk_group_name
共有するディスクグループをインポートするには、マスターノードで次のコマンドを使
います。
# vxdg -s import disk_group_name
この手順によって、共有ディスクグループにあるディスクが共有ディスクとして構成さ
れ、クラスタの ID がスタンプされるため、他のノードで共有ディスクを認識できるよう
になります。
ダーティリージョンログが存在する場合は、それを有効にします。有効にできない場
合は、より大きいログに置き換えます。
すべての共有ディスクグループの共有フラグを表示するには、次のコマンドを使い
ます。
# vxdg list
これで、ディスクグループを共有する準備が整いました。
4
クラスタが 1 つのノードでのみ稼動している場合、その他のクラスタノードも起動しま
す。各ノードで vxdg list コマンドを入力し、共有ディスクグループを表示します。
このコマンドを実行すると、前に表示された共有ディスクグループのリストと同じリスト
が表示されます。
共有ディスクの設定
この項では、共有ディスクの設定方法を説明します。VxVM を初めてインストールする、
または既存クラスタにディスクを追加する場合は、新しい共有ディスクを設定する必要が
あります。VxVM をアップグレードする場合は、共有ディスクが存在していることを確認し
ます。
共有ディスクは、はじめは 1 つのノード上のみから設定する必要があります。VxVM ソフ
トウェアからは、ディスクが共有されているかどうかを確認できないため、共有ディスクを指
定する必要があります。
設定時には、共有ディスクが別のノードからアクセスされていないことを確認します。設定
を実行するノード上のみでクラスタを起動する場合は、クォーラム(quorum)制御によっ
て単一ノード用にディスクが予約されるため、他のノードからのディスクへのアクセスを阻
止できます。
135
136
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas Volume Manager の設定
ホットリロケーションを設定することもできます。
既存の共有ディスクの確認
VxVM の前のリリースからアップグレードする場合は、共有ディスクグループが存在する
ことを確認します。
共有ディスクグループが存在することを確認するには
1
すべてのノードでクラスタを起動します。
2
すべてのノードで次のコマンドを入力します。
# vxdg -s list
このコマンドによって、既存の共有ディスクグループが表示されます。
FastResync が設定されたクラスタ環境でのアップグレード
FastResync が設定されたクラスタ環境でのアップグレードには、追加の手順が必要で
す。
この手順は、次のアップグレードシナリオに適用されます。
■
VxVM 3.5 から VxVM 5.1 へのアップグレード
■
VxVM 3.5 Maintenance Pack 4 から VxVM 5.1 へのアップグレード
FastResync が有効(fastresync=on)に設定されているボリュームが共有ディスクグルー
プ内に存在する場合は、アップグレード手順を開始する前に次の手順を実行し、各スナッ
プショットをそれぞれのデータボリュームに再接続する必要があります。
FastResync が設定されている場合にクラスタ環境でアップグレードするには
1
この手順はマスマスターノードで実行する必要があります。現在のノードがマスター
ノードかどうかは、次のコマンドで確認できます。
# vxdctl -c mode
2
マスターノードで次のコマンドを実行して、共有されているディスクグループを一覧
表示します。
# vxdg -s list
3
このコマンドで表示されたディスクグループ名を次のように指定して、FastResync が
有効に設定されているボリュームを持つディスクグループを一覧表示します。
# vxprint -g diskgroup -F "%name" -e "v_fastresync"
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas File System の設定
4
次のコマンドを実行して、各スナップショットを再接続します。
# vxassist -g diskgroup -o nofmr snapback snapshot_volume
5
VxVM 3.5 Maintenance Patch 3 または VxVM 3.2 Maintenance Patch 5 から
アップグレードする場合は、それぞれのボリュームに対し次のコマンドを実行して
FastResync を無効にします。
# vxvol -g diskgroup set fastresync=off volume
Veritas File System の設定
Veritas File System のインストール後、mkfs コマンドを使って、ディスクスライスまたは
Veritas Volume Manager ボリューム上にファイルシステムを作成することができます。
このファイルシステムを使うには、その前に mount コマンドを使ってマウントする必要があ
ります。マウント後は、umount コマンドを使ってファイルシステムをマウント解除できます。
次のファイルに必要なエントリを追加しておくと、システムの起動時にファイルシステムを
自動的にマウントできます。
/etc/vfstab
Veritas 固有のコマンドについては、Veritas File System のガイドとオンラインマニュア
ルページで説明されています。
『Veritas File System 管理者ガイド』を参照してください。
ファイルシステムモジュールのロードとアンロード
Solaris 9 と 10 では、vxfs ファイルシステムモジュールは、VxFS ファイルシステムへの
最初の参照時に自動的にロードされます。モジュールのロードは、VxFS のディスクレイ
アウトをマウントしたときに実行されます。ファイルシステムモジュールを手動でロードした
ほうがよい場合もあります。ファイルシステムモジュールを手動でロードするには、vxfs を
ロードしてから vxportal をロードします。vxportal は、ファイルシステムがシステムに
マウントされていない場合に、VxFS コマンドが VxFS モジュールに ioctl を発行するため
の擬似デバイスドライバです。
# modload /kernel/fs/vxfs
# modload /kernel/drv/vxportal
Veritas Quick I/O 機能のライセンスがある場合は、次のように入力してカーネルモジュー
ルをロードできます。
# modload /usr/kernel/drv/sparcv9/fdd
137
138
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
SFDB リポジトリデータベースの設定
モジュールが正常にロードされたかどうかを確認するには、次のコマンドを入力します。
# modinfo | grep vxportal
# modinfo | grep vxfs
前述のコマンドを実行すると、モジュールに関する情報が表示されます。出力の最初の
フィールドはモジュール ID です。
モジュールをアンロードするには、次のコマンドを入力します。
# modunload -i portal_module_id
# modunload -i vxfs_module_id
マウントされた VxFS ファイルシステムが存在する場合、modunload コマンドは失敗しま
す。VxFS ファイルシステムがマウントされているかどうかを確認するには、次のコマンドを
入力します。
# df -F vxfs
vxtunefs コマンド権限と Cached Quick I/O
デフォルトでは、/opt/VRTS/bin/vxtunefs コマンドを使うには、スーパーユーザー
(root)権限が必要です。vxtunefs コマンドは、キャッシュポリシーを変更できるツール
です。これにより、Cached Quick I/O を有効にし、その他のファイルシステムオプション
を変更することができます。データベース管理者には、ファイルシステムのデフォルトの動
作を変更して、Cached Quick I/O を有効化および無効にする権限を付与できます。シ
ステム管理者は、次のように vxtunefs 実行権限を変更する必要があります。
# chown root /opt/VRTS/bin/vxtunefs
# chgrp dba /opt/VRTS/bin/vxtunefs
# chmod 4550 /opt/VRTS/bin/vxtunefs
/opt/VRTS/bin/vxtunefs の権限を 4550 に設定すると、dba グループ内のすべての
ユーザーが、vxtunefs コマンドを使って、Quick I/O ファイルのキャッシュの動作を変更
できるようになります。
詳しくは『Veritas File System 管理者ガイド』を参照してください。
SFDB リポジトリデータベースの設定
SFDB(Storage Foundation Database)ツールを使う場合は、Storage Foundation の
インストールと設定を行った後に、SFDB リポジトリを設定する必要があります。SFDB リポ
ジトリの設定手順については、
『Veritas Storage Foundation: Storage and Availability Management for Oracle
Databases』を参照してください。
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
インストール後の Veritas Volume Replicator および Volume Manager の設定
インストール後の Veritas Volume Replicator および
Volume Manager の設定
VVR は Veritas Volume Manager(VxVM)に完全に統合されています。VVR を使う前
に、VxVM ボリュームを設定し、初期化する必要があります。
詳細については Volume Manager のマニュアルを参照してください。
キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変
更
キーレスライセンス付与方法では、製品レベルによって、ライセンスが交付される Veritas
製品と機能を決定します。キーレスライセンス付与を使うためには、システムを管理する
ための管理サーバーを設定する必要があります。
管理サーバーとそのダウンロードについて詳しくは、次の URL を参照してください。
http://go.symantec.com/vom
製品のライセンスレベルを初めて設定するときは、そのシステムのキーレスライセンス付
与を有効にします。製品インストーラでインストールする場合にキーレスオプションを選択
すると、ライセンスを交付する製品と機能のレベルを選択するように求めるメッセージが表
示されます。
インストール後、ライセンスを交付する機能と製品を反映するために、製品のライセンスレ
ベルをいつでも変更できます。製品レベルを設定するときは、その機能のライセンスを有
することに同意します。
製品レベルを設定または変更するには
1
現在の製品レベルの設定を表示します。
# vxkeyless [-v] display
2
使用可能な製品レベルの設定を表示します。
# vxkeyless displayall
3
目的の製品レベルに設定します。
# vxkeyless [-q] set prod_levels
prod_levels は、手順 2 で表示されたキーワードのカンマ区切りのリストです。
キーレスライセンス付与を削除してキーを入力する場合は、キーレスライセンスを消去す
る必要があります。システムからすべてのキーを消去するには、NONE キーワードを使い
ます。
139
140
第 9 章 Storage Foundation and High Availability 製品の設定
Veritas 製品のライセンスキーのインストール
警告: キーを消去すると、新しいキーをインストールするか、または新しい製品レベルを設
定するまで、Veritas 製品は無効になります。
製品のライセンスレベルを消去するには
1
現在の製品ライセンスレベルの設定を表示します。
# vxkeyless [-v] display
2
キーレスライセンスがインストールされている場合は、すべてのキーレスライセンスを
削除します。
# vxkeyless [-q] set NONE
vxkeyless ユーティリティの使用について詳しくは、vxkeyless(1m) のマニュアルペー
ジを参照してください。
Veritas 製品のライセンスキーのインストール
VRTSvlic パッケージを使うと、製品のライセンスに関する作業が行えます。VRTSvlic を
インストールすると、次のコマンドとマニュアルページがシステムで使えるようになります。
vxlicinst
Symantec 製品のライセンスキーをインストール
します。
vxlicrep
現在インストールされているライセンスを表示し
ます。
vxlictest
ライセンスキーにエンコードされている機能およ
びその説明を取得します。
同梱のソフトウェアディスクにほかの製品が含まれている場合でも、ライセンスを購入した
シマンテック社のソフトウェア製品のみが使えます。
新しいライセンスをインストールするには
◆
次のコマンドを実行します。クラスタ環境では、クラスタ内のノードごとにコマンドを実
行します。
# cd /opt/VRTS/bin
# ./vxlicinst -k xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxx
10
データ整合性のための
Storage Foundation High
Availability の設定
この章では以下の項目について説明しています。
■
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
■
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
■
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
■
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
installsfの -fencing オプションを使って I/O フェンシングを設定できます。
VxVM ディスクとしてのディスクの初期化
次の手順を実行して VxVM ディスクとしてディスクを初期化します。
ディスクを VxVM ディスクとして初期化するには
1
新しいディスクを認識できるようにします。各ノードで、次のコマンドを入力します。
# devfsadm
2
VxVM ディスクとしてディスクを初期化するには、次のいずれかの方法を使います。
■
対話形式の vxdiskadm ユーティリティを使って、ディスクを VxVM ディスクとし
て初期化します。
142
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
詳しくは『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照してください。
■ vxdisksetup コマンドを使って、ディスクを VxVM ディスクとして初期化します。
vxdisksetup -i device_name
次の例では、CDS 形式を指定しています。
# vxdisksetup -i c2t13d0
コーディネータディスクとして使う各ディスクに対して、このコマンドを繰り返しま
す。
I/O フェンシング用の共有ディスクの確認
Storage Foundation の設定を準備するときに設定した共有ストレージが I/O フェンシン
グの必要条件を満たしていることを確認してください。vxfentsthdw ユーティリティを使用
して共有ディスクをテストできます。2 つのノードには ssh 通信(デフォルト)または rsh 通
信が確立されている必要があります。ディスク(LUN)が SCSI-3 Persistent Reservation
をサポートするどうかを確認するには、2 つのノードが同じディスクに同時アクセスできる
必要があります。共有ディスクの名前は各ノードで異なる可能性があるため、シリアル番
号をチェックしてディスクの ID を確認します。-i オプションを指定して vxfenadm コマン
ドを使います。このコマンドオプションは、LUN の同じシリアル番号が LUN へのすべて
のパスで返されることを確認します。
コーディネータディスクとして動作しているディスクを必ずテストしてください。
vxfentsthdw ユーティリティには、多数のディスクをテストするのに適した追加オプション
があります。ディスクグループをテストするオプション(-g)、ファイルに記述されたディスク
をテストするオプション(-f)などを確認してください。また、-r オプションを使うと、データ
を破棄せずにディスクをテストできます。
『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
そのディスクが SCSI-3 をサポートしているかを調べるには、次のタスクを行います。
■
ASL(Array Support Library)を確認する
p.143 の 「ASL(Array Support Library)の確認」 を参照してください。
■
ノードに同じディスクへのアクセス権限があることを確認する
p.143 の 「ノードに同じディスクへのアクセス権限があることの確認」 を参照してくださ
い。
■
SCSI-3 の共有ディスクをテストする
p.144 の 「vxfentsthdw ユーティリティを使ったディスクのテスト」 を参照してください。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
ASL(Array Support Library)の確認
追加しようとしているアレイの ASL(Array Support Library)がインストールされているこ
とを確認します。
ASL(Array Support Library)を確認するには
1
追加しようとしているアレイの ASL(Array Support Library)がインストールされてい
ない場合は、入手して各ノードにインストールしてから次の手順に進みます。
追加するサポート対象のストレージデバイスの ASL は、ディスクアレイベンダーまた
はシマンテック社のテクニカルサポートから入手できます。
2
ディスクアレイの ASL を各ノードにインストールします。各ノードで次のコマンドを実
行し、その出力を検証して、ASL がインストールされたことを確認します。
次に出力例を示します。
# vxddladm listsupport all
LIBNAME
VID
PID
===========================================================
libvx3par.so
3PARdata
VV
libvxCLARiiON.so
DGC
All
libvxFJTSYe6k.so
FUJITSU
E6000
libvxFJTSYe8k.so
FUJITSU
All
libvxap.so
SUN
All
libvxatf.so
VERITAS
ATFNODES
libvxcompellent.so COMPELNT
Compellent Vol
libvxcopan.so
COPANSYS
8814, 8818
3
すべてのディスクドライブとその属性をスキャンし、VxVM デバイスリストを更新し、
DMP を新しいデバイスで再設定します。次のように入力します。
# vxdisk scandisks
ディスクの追加と設定の方法について、詳しくは Veritas Volume Manager のマ
ニュアルを参照してください。
ノードに同じディスクへのアクセス権限があることの確認
vxfentsthdw ユーティリティを使用して、共有データストレージまたはコーディネータディ
スクとして使うディスクをテストする前に、システムが同じディスクを参照することを確認す
る必要があります。
143
144
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
ノードに同じディスクへのアクセス権限があることを確認するには
1
データ用の共有ストレージが、Storage Foundation がインストールされている 2 つ
のノードと接続されていることを確認します。
2
テスト中に、どちらのノードも同じディスクに接続されることを確認します。ディスクの
シリアル番号を確認するには、vxfenadm コマンドを使います。
vxfenadm -i diskpath
詳しくは vxfenadm(1M)のマニュアルページを参照してください。
ノード A では /dev/rdsk/c1t1d0s2 のパスで、ノード B は /dev/rdsk/c2t1d0s2 パ
スで、EMC のディスクにアクセスできるとします。
ノード A からは、次のように入力します。
vxfenadm -i /dev/rdsk/c1t1d0s2
Vendor id : EMC
Product id : SYMMETRIX
Revision : 5567
Serial Number : 42031000a
/dev/rdsk/c2t1d0s2 パスを使って、同等のコマンドをノード B で入力すると、同じ
シリアル番号情報が表示されます。
Hitachi Data Systems など別の製造元のディスクでは、次のように、出力が異なる
場合があります。
# vxfenadm -i /dev/rdsk/c3t1d2s2
Vendor id
Product id
Revision
Serial Number
:
:
:
:
HITACHI
OPEN-3
0117
0401EB6F0002
-SUN
vxfentsthdw ユーティリティを使ったディスクのテスト
この手順では、/dev/rdsk/c1t1d0s2 ディスクを使います。
ディスクの準備が整っていることを示すメッセージが表示されない場合、テストは失敗で
す。検証が失敗している場合、ディスクアレイの設定が不適切な可能性があります。失敗
は不良ディスクが原因の場合もあります。
失敗の原因が不良ディスクである場合、そのディスクを取り除いて交換します。vxfentsthdw
ユーティリティに次のようなメッセージが表示され、I/O フェンシングにディスクを使えるこ
とを示します。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
145
The disk /dev/rdsk/c1t1d0s2 is ready to be configured for I/O Fencing on
node system01
コーディネータディスクを交換する方法について詳しくは、『Veritas Cluster Server 管
理者ガイド』を参照してください。
vxfentsthdw ユーティリティを使ってディスクをテストするには
1
システム間の通信が適切に機能していることを確認します
2
1 つのノードからユーティリティを開始します。
rsh 通信を使っている場合は、-n オプションを指定して、ユーティリティを実行しま
す。
# vxfentsthdw [-n]
3
このスクリプトは、テストによってディスク上のデータが上書きされることを警告します。
概要と警告を確認してから、プロセス続行を確定してノードの名前を入力します。
警告: -r オプションを使わないと、テストによってディスク上のデータが上書きされ、
破壊されます。
******** WARNING!!!!!!!! ********
THIS UTILITY WILL DESTROY THE DATA ON THE DISK!!
Do you still want to continue : [y/n] (default: n) y
Enter the first node of the cluster: system01
Enter the second node of the cluster: system02
146
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
4
チェックするディスクの名前を入力します。各ノードで、異なる名前が同じディスクに
付けられている場合があります。
Enter the disk name to be checked for SCSI-3 PGR on node
IP_adrs_of_system01 in the format:
for dmp: /dev/vx/rdmp/cxtxdxsx
for raw: /dev/rdsk/cxtxdxsx
Make sure it's the same disk as seen by nodes IP_adrs_ofsystem01 and IP_adr
/dev/rdsk/c2t13d0s2
Enter the disk name to be checked for SCSI-3 PGR on node
IP_adrs_of_system02 in the format:
for dmp: /dev/vx/rdmp/cxtxdxsx
for raw: /dev/rdsk/cxtxdxsx
Make sure it's the same disk as seen by nodes IP_adrs_ofsystem01 and IP_adr
/dev/rdsk/c2t13d0s2
ディスクのシリアル番号が同じではない場合は、テストが終了します。
5
ユーティリティが検査を実行してその活動が報告されたら、出力を確認します。
6
各ノードのディスクが I/O フェンシングを実行できる状態であれば、ユーティリティは
正常終了を報告します。
The disk is now ready to be configured for I/O Fencing on node
system01
ALL tests on the disk /dev/rdsk/c1t1d0s2 have PASSED
The disk is now ready to be configured for I/O Fencing on node
system01
7
検証するディスクごとに vxfentsthdw ユーティリティを実行します。
installsf を使ったディスクベースの I/O フェンシングの設定
メモ: I/O フェンシングの設定を完了させるには、インストーラで Storage Foundation HA
を停止して起動します。インストーラが正常に Storage Foundation HA を停止できるよ
うに、クラスタ内のフリーズした VCS サービスグループを必ずアンフリーズします。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
installsf を使ってディスクベースの I/O フェンシングを設定するには
1
-fencing オプションを指定して installsf を起動します。
# /opt/VRTS/install/installsf -fencing
installsf は著作権情報を表示して起動し、クラスタ情報を検証します。
2
プロンプトで、I/O フェンシングの設定を行うことを確認します。
プログラムにより、スクリプトが動作しているローカルノードがリモートノードと通信でき
ることと、Storage Foundation HA 5.1 が適切に設定されているかどうかをチェック
します。
3
プログラムで表示される I/O フェンシングの設定オプションを確認します。2 を入力
して、ディスクベース I/O フェンシングを設定します。
Select the fencing mechanism to be configured in this
Application Cluster
[1-3,b,q] 2
4
5
設定プログラムにより、VxVM がすでに開始および動作しているかどうかがチェック
されたら、その出力を確認します。
■
チェックに失敗した場合、この手順を繰り返す前に、VxVM を設定して有効にし
ます。
■
チェックにパスした場合、プログラムはコーディネータディスクグループの情報を
要求します。
既存のディスクグループを使うか、またはコーディネータディスクグループとして設定
する新しいディスクグループを作成するかどうかを選択します。
プログラムにより、利用可能なディスクグループ名が列挙され、新しいディスクグルー
プを作成するためのオプションが表示されます。次のいずれかを実行します。
■
既存のディスクグループを使うには、プロンプトでディスクグループに対応する番
号を入力します。
プログラムは、選択したディスクグループに奇数のディスクがあり、3 つ以上のディ
スクがあるかどうかを確認します。
■
新しいディスクグループを作成するには、次の手順を実行します。
■
[新しいディスクグループを作成します(Create a new disk group)] オプショ
ンに対応する番号を入力します。
プログラムは、クラスタ内の CDS ディスク形式の利用可能なディスクをリスト
し、コーディネータディスクとして使われる最低 3 つの奇数のディスクを選択
するよう求めます。
シマンテック社では、ディスクベース I/O フェンシングのコーディネーションポ
イントとして 3 つのディスクを使うことをお勧めします。
147
148
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったディスクベース I/O フェンシングの設定
6
■
コーディネータディスクとして使うディスクに対応する番号を入力します。
■
ディスクグループ名を入力します。
選択したコーディネータディスクが I/O フェンシングの条件を満たすことを検証しま
す。
vxfentsthdw ユーティリティを使って、ディスクが SCSI-3 PR と互換性があることを
検証してから、この設定プログラムに戻る必要があります。
p.142 の 「I/O フェンシング用の共有ディスクの確認」 を参照してください。
7
条件を確認した後、プログラムは、指定した情報でコーディネータディスクグループ
を作成します。
8
使うことを選択した I/O フェンシングのディスクポリシーを入力します。次に例を示し
ます。
Enter fencing mechanism name (raw/dmp): [b,q,?] raw
また、プログラムは、次の処理を行います。
9
■
このディスクグループの情報を /etc/vxfendg ファイルに設定します。
■
I/O フェンシングのモードの情報と SCSI-3 ディスクポリシーの情報を、各クラスタ
ノードの /etc/vxfenmode ファイルに設定します。
インストーラが概略を示した I/O フェンシング設定情報を確認します。
10 設定プログラムが次の処理を実行したら、出力を確認します。
■
各ノードで Storage Foundation HA と I/O フェンシングを停止します。
■
ディスクベース I/O フェンシングを設定し、I/O フェンシングプロセスを開始しま
す。
■
必要に応じて、VCS の設定ファイル main.cf を更新します。
■
/etc/vxfenmode ファイルを、日時がサフィックスとして付けられたファイル
/etc/vxfenmode-date-time にコピーします。このバックアップファイルは、今後
フェンシングの設定に失敗した場合に使用できます。
■
各ノードで Storage Foundation HA を起動し、I/O フェンシング機能を使うよう
Storage Foundation HA が正常に設定されていることを確認します。
11 設定プログラムがログファイル、概略ファイル、応答ファイルの場所を表示したら、そ
の出力を確認します。
12 コーディネータディスクを監視するように、コーディネーションポイントエージェントを
設定します。
p.170 の 「コーディネーションポイントを監視するためのコーディネーションポイント
エージェントの設定」 を参照してください。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
I/O フェンシングの設定に含まれるタスクには次があります。
表 10-1
I/O フェンシングを手動設定するタスク
アクション
説明
VxVM ディスクとしてのディスクの p.141 の 「VxVM ディスクとしてのディスクの初期化」 を参照し
初期化
てください。
コーディネータディスクとして使う p.149 の 「コーディネータディスクとして使うディスクの特定」 を
ディスクの特定
参照してください。
I/O フェンシング用の共有ディス
クの確認
p.142 の 「I/O フェンシング用の共有ディスクの確認」 を参照し
てください。
コーディネータディスクグループ
の設定
p.150 の 「コーディネータディスクグループの設定」 を参照して
ください。
I/O フェンシングの設定ファイルの p.151 の 「I/O フェンシングの設定ファイルの作成」 を参照して
作成
ください。
I/O フェンシングを使うための
p.152 の 「I/O フェンシングを使うための VCS 設定の修正」 を
Storage Foundation 設定の修正 参照してください。
コーディネーションポイントを監視 p.170 の 「コーディネーションポイントを監視するためのコーディ
するためのコーディネーションポ ネーションポイントエージェントの設定」 を参照してください。
イントエージェントの設定
I/O フェンシング設定の確認
p.154 の 「I/O フェンシング設定の確認」 を参照してください。
通信の権限の削除
Storage Foundation のインストールと I/O フェンシングのディスクサポートの検証が完了
していることを確認します。rsh を使っている場合は、ノードに設定した rsh の一時的な
アクセス権限を削除し、パブリックネットワーク接続を復元します。
ノードが ssh を使ってセキュリティで保護された通信を行い、パブリックネットワークへの
接続が一時的に削除されている場合は、接続を復元します。
コーディネータディスクとして使うディスクの特定
ディスクを追加して初期化した後、コーディネータディスクとして使うディスクを特定しま
す。
p.141 の 「VxVM ディスクとしてのディスクの初期化」 を参照してください。
149
150
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
コーディネータディスクを特定するには
1
各ノードのディスクを一覧表示します。
たとえば、次のコマンドを実行すると、ディスクが一覧表示されます。
# vxdisk -o alldgs list
2
コーディネータディスクとして使う SCSI-3 PR 互換共有ディスクを 3 つ選択します。
p.142 の 「I/O フェンシング用の共有ディスクの確認」 を参照してください。
コーディネータディスクグループの設定
1 つのノードで、vxfencoorddg という名前のディスクグループを作成します。このグルー
プには、3 つのディスクまたは LUN を配置する必要があります。コーディネータディスク
グループのコーディネータ属性も設定する必要があります。VxVM は、この属性を使っ
て、コーディネータディスクが他のディスクグループに再度割り当てられるのを防止しま
す。
コーディネータディスクグループを通常のディスクグループとして作成する場合は、コー
ディネータ属性を Volume Manager でオンにできます。
ディスクグループの作成方法について詳しくは、『Veritas Volume Manager 管理者ガ
イド』を参照してください。
次の手順の例では、各ディスクのデバイス名を c1t1d0s2、c2t1d0s2、c3t1d0s2 としま
す。
vxfencoorddg ディスクグループを作成するには
1
いずれかのノードで、次のようにデバイス名を指定して、ディスクグループを作成しま
す。
# vxdg init vxfencoorddg c1t1d0s2 c2t1d0s2 c3t1d0s2
2
コーディネータディスクグループに対して、coordinator 属性の値を "on" に設定し
ます。
# vxdg -g vxfencoorddg set coordinator=on
3
コーディネータディスクグループを次のようにデポートします。
# vxdg deport vxfencoorddg
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
4
ノードが再起動されるときに自動的にインポートされないように、-t オプションを使っ
てディスクグループをインポートします。
# vxdg -t import vxfencoorddg
5
ディスクグループをデポートします。ディスクグループをデポートすることによって、
コーディネータディスクが他の目的に使われないようにします。
# vxdg deport vxfencoorddg
I/O フェンシングの設定ファイルの作成
コーディネータディスクグループを設定したら、次のタスクを実行して I/O フェンシングを
設定する必要があります。
■
I/O フェンシングの設定ファイル /etc/vxfendg を作成する。
■
I/O フェンシングの設定ファイル /etc/vxfenmode を更新する。
I/O フェンシングファイルを更新して I/O フェンシングを開始するには
1
各ノードで、次のコマンドを実行します。
# echo "vxfencoorddg" > /etc/vxfendg
「vxfencoorddg」テキストの引用符の間にはスペースを入れないでください。
このコマンドによって、ファイル /etc/vxfendg が作成されます。このファイルには、
コーディネータディスクグループの名前が記述されています。
2
すべてのクラスタノードで、SCSI-3 機構に応じて、次のいずれかのコマンドを実行し
ます。
■
DMP 設定の場合
# cp /etc/vxfen.d/vxfenmode_scsi3_dmp /etc/vxfenmode
■
RAW デバイス設定の場合
# cp /etc/vxfen.d/vxfenmode_scsi3_raw /etc/vxfenmode
151
152
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
3
更新された /etc/vxfenmode 設定を調べるためには、いずれかのノードで次のコマ
ンドを入力します。次に例を示します。
# more /etc/vxfenmode
4
クラスタ内の各ノードで次のファイルを編集し、環境変数 VXFEN_START と
VXFEN_STOP の値を 1 に変更します。
/etc/default/vxfen
I/O フェンシングを使うための VCS 設定の修正
コーディネータディスクの追加と I/O フェンシングの設定が終了したら、VCS 設定ファイ
ル /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf に UseFence = SCSI3 クラスタ属性を追加しま
す。この属性を UseFence = None にリセットすると、VCS はサービスグループのフェー
ルオーバー中に I/O フェンシング機能を使いません。ただし、I/O フェンシングは、それ
ぞれ無効にする必要があります。
I/O フェンシングを有効にするように VCS 設定を修正するには
1
現在の設定を保存します。
# haconf -dump -makero
2
すべてのノード上で VCS を停止します。
# hastop -all
3
I/O フェンシングドライバ vxfen がすでに実行中の場合は停止します。
クラスタノードの Solaris のバージョンに応じて、次のコマンドを実行します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/vxfen stop
■
Solaris 10:
# svcadm disable vxfen
4
main.cf ファイルのバックアップコピーを作成します。
# cd /etc/VRTSvcs/conf/config
# cp main.cf main.orig
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
ディスクベースの I/O フェンシングの手動設定
5
1 つのノードで、vi などのテキストエディタを使って main.cf ファイルを編集します。
クラスタ属性の一覧を変更するには、UseFence 属性を追加し、その値に SCSI3 を
割り当てます。
cluster clus1(
UserNames = { admin = "cDRpdxPmHpzS." }
Administrators = { admin }
HacliUserLevel = COMMANDROOT
CounterInterval = 5
UseFence = SCSI3
)
6
ファイルを保存して閉じます。
7
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ファイルの構文を検証します。
# hacf -verify /etc/VRTSvcs/conf/config
8
rcp または他のユーティリティを使って、VCS 設定ファイルを system01 などのノー
ドから残りのクラスタノードにコピーします。
たとえば、残りの各ノードで、次のように入力します。
# rcp system01:/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ¥
/etc/VRTSvcs/conf/config
9
I/O フェンシングドライバと VCS を起動します。各ノードで次の手順を実行します。
■
I/O フェンシングドライバを起動します。
この vxfen 起動スクリプトは、vxfenconfig コマンドも呼び出します。このコマン
ドは、/etc/vxfentab に記述されたコーディネータディスクを起動して使用できる
ように vxfen ドライバを設定します。
クラスタノードの Solaris のバージョンに応じて、次のコマンドを実行します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/vxfen start
■
Solaris 10:
# svcadm enable vxfen
■
VCS を起動します。
# /opt/VRTS/bin/hastart
153
154
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
I/O フェンシング設定の確認
SCSI-3 ディスクポリシーが /etc/vxfenmode ファイルの設定を正しく反映していることを
vxfenadm の出力から確認します。
I/O フェンシング設定を確認するには
◆
ノードで、次のコマンドを実行します。
# vxfenadm -d
I/O Fencing Cluster Information:
================================
Fencing Protocol Version: 201
Fencing Mode: SCSI3
Fencing SCSI3 Disk Policy: dmp
Cluster Members:
* 0 (system01)
1 (system02)
RFSM State Information:
node 0 in state 8 (running)
node 1 in state 8 (running)
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設
定
Storage Foundation HA クラスタがセキュアモードで動作するように設定されている場
合は、CP サーバーベース I/O フェンシングを設定する前に、設定が正しいことを確認し
てください。
p.154 の 「コーディネーションポイントに CP サーバーを使うための SF HA クラスタ のセ
キュリティ設定の確認」 を参照してください。
p.155 の 「サーバーベースの I/O フェンシングの設定」 を参照してください。
コーディネーションポイントに CP サーバーを使うための SF HA クラスタ
のセキュリティ設定の確認
installsf -security コマンドを使ってセキュリティを設定した後は、各 SF HA クラス
タノードで次の手順に従って、セキュリティが正しく設定されていることを確認してくださ
い。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
コーディネーションポイントに CP サーバーを使うために SF HA クラスタ のセキュリティ設
定を確認するには
1
次のコマンドを実行します。
# /opt/VRTScps/bin/cpsat listpd -t local
Domain(s) Found 1
****************************
Domain Name HA[email protected]
Expiry Interval 0
****************************
2
次の形式でドメイン名のエントリが存在する必要があります。
[email protected]
または
[email protected]
3
HA_SERVICES ドメインには重複エントリは使えません。
正しくない設定の例は次のとおりです。
showdomains
Domain(s) Found :
3
*************************************
Domain Name:
[email protected]
Domain Type:
vx
*************************************
Domain Name:
[email protected]
Domain Type:
vx
*************************************
Domain Name:
[email protected]
Domain Type:
vx
*************************************
上の例に示すような重複エントリが表示される場合は、セキュリティの再設定に進ん
でください。
サーバーベースの I/O フェンシングの設定
この項では、SF HA クラスタのサーバーベースの I/O フェンシングを設定する方法を説
明します。サーバーベースの I/O フェンシングを使うと、CP サーバーと SCSI-3 対応コー
ディネータディスクの組み合わせが I/O フェンシングのコーディネーションポイントとして
機能します。
155
156
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタを設定するには
1
CP サーバーが設定されていて、クラスタから接続可能であることを確認してくださ
い。コーディネータディスクをコーディネーションポイントとして使う場合、SCSI-3 に
準拠していることを確認してください。
2
installsf -fencing コマンドを実行して、フェンシングを設定します。
次に例を示します。
/opt/VRTS/install/installsf -fencing
インストーラにより、各ノードに vxfenmode ファイルを作成されます。ファイルは
/etc/vxfenmode にあります。
次の手順はサーバーベースの I/O フェンシングを設定するための例として使うことができ
ます。この手順の例では、コーディネーションポイントとして機能する 1 つの CP サーバー
と 2 つのディスクがあります。
インストーラを使ってフェンシングを設定するには - CP クライアントベースのフェンシング
1
SF HA クラスタ上で VCS をインストールして設定した後、次のコマンドを実行して、
フェンシングを設定します。
/opt/VRTS/install/installsf -fencing
2
コマンドを実行した後、インストーラはシマンテック社の著作権情報と設定プロセスの
ログファイルの場所を表示します。
インストール処理に問題がある場合は、これらのログファイルにアクセスし、確認して
ください。コマンドの出力の例を次に示します。
Logs for installsf are being created in /var/tmp/installsf-LqwKwB.
3
次に、インストーラによって現在のクラスタの情報が表示されたら、それを確認しま
す。コマンドの出力の例を次に示します。
Cluster information verification:
Cluster Name: clus1
Cluster ID Number: 4445
Systems: system01 system02
クラスタ名、システム、 ID 番号のすべてが表示されます。
次に、クラスタに I/O フェンシングを設定するかどうかを尋ねられます。設定する場
合、「y」を入力します。次に、クラスタノードとの rsh(または ssh)通信がインストーラ
によって調べられます。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
4
次に、フェンシングの設定オプションを、次から 1 つを選択するようにメッセージが表
示されます。
Fencing configuration
1) Configure CP client based fencing
2) Configure disk based fencing
3) Configure fencing in disabled mode
Select the fencing mechanism to be configured in this
Application Cluster [1-3,q]
CP クライアントベースのフェンシングでは、最初のオプションを選択します。
5
サーバーとディスク両方を含むコーディネーションポイントの合計数を入力します。
この数は 3 以上にしてください。
次に例を示します。
Enter the total number of co-ordination points including both
CP servers and disks: [b] (3)
6
コーディネーションポイントのうちのコーディネータディスクの合計数を入力します。
この例では、2 つのコーディネータディスクがあります。
次に例を示します。
Enter the total number of disks among these:
[b] (0) 2
7
コーディネーションポイントサーバーの仮想 IP アドレスとホスト名を入力します。
メモ: インストーラでは、すべてのクライアントクラスタノードから、これらの値が同一と
認識されると想定します。
次に例を示します。
Enter the Virtual IP address/fully qualified host name
for the Co-ordination Point Server #1::
[b] 10.209.80.197
157
158
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
8
CP サーバーがリスニングするポートを入力します。
次に例を示します。
Enter the port in the range [49152, 65535] which the
Co-ordination Point Server 10.209.80.197
would be listening on or simply accept the default port suggested:
[b] (14250)
9
ディスクのフェンシング機構を入力します。
次に例を示します。
Enter fencing mechanism for the disk(s) (raw/dmp):
[b,q,?] raw
10 インストーラは、コーディネーションポイントとして設定できる利用可能なディスクのリ
ストを表示します。
Select disk number 1 for co-ordination point
1) c3t0d0s2
2) c3t1d0s3
3) c3t2d0s4
Please enter a valid disk which is available from all the
cluster nodes for co-ordination point [1-3,q] 1
表示されたリストからディスクを選択します。
選択したディスクがすべての SF HA クラスタノードから利用できることを確認します。
11 次に進む前に、ディスクの検証を推奨するインストーラのメッセージを読みます。
It is strongly recommended to run the 'VxFen Test Hardware' utility
located at '/opt/VRTSvcs/vxfen/bin/vxfentsthdw' in another window
before continuing. The utility verifies if the shared storage
you intend to use is configured to support I/O
fencing. Use the disk you just selected for this
verification. Come back here after you have completed
the above step to continue with the configuration.
シマンテック社では、コーディネーションポイントとして使うディスクが I/O フェンシン
グをサポートするように設定されていることを検証することをお勧めします。Enter
キーを押して続行します。
次に、「vxfentsthdw」テストを実行した後でディスクの選択を確認するよう、メッセー
ジが表示されます。
デフォルトの(y)を受け入れ、Enter キーを押して続行します。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
159
12 インストーラは、コーディネータポイントとして設定できる利用可能なディスクのリスト
を表示します。
表示されたリストから、2 番目のコーディネータポイントにするディスクを選択します。
選択したディスクがすべての SF HA クラスタノードから利用できることを確認します。
13 次に進む前に、ディスクの検証を推奨するインストーラのメッセージを読みます。
Enter キーを押して続行します。
14 次に、「vxfentsthdw」テストを実行した後でディスクの選択を確認するよう、メッセー
ジが表示されます。
デフォルトの(y)を受け入れ、Enter キーを押して続行します。
15 続行して、コーディネータディスクのディスクグループ名を入力するか、またはデフォ
ルトを受け入れます。
Enter the disk group name for coordinating disk(s):
[b] (vxfencoorddg)
16 これでインストーラはコーディネーションポイントの検証を始めます。確認プロセスの
終わりに、次の情報が表示されます。
■
使われるコーディネーションポイントの合計数
■
CP サーバーの仮想 IP/ホスト名とポート番号
■
SCSI-3 ディスク
■
カスタマイズされたフェンシングのディスクのディスクグループ名
■
カスタマイズされたフェンシングに使われるディスク機構
次に例を示します。
Total number of coordination points being used: 3
CP Server (Port):
1. 10.209.80.197 (14250)
SCSI-3 disks:
1. c3t0d0s2
2. c3t1d0s3
Disk Group name for the disks in customized fencing: vxfencoorddg
Disk mechanism used for customized fencing: raw
次に、上の情報を受け入れるためのメッセージが表示されます。デフォルトの(y)を
受け入れ、Enter キーを押して続行します。
ディスクとディスクグループは初期化され、ディスクグループは SF HA クラスタのノー
ドでデポートされます。
160
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
17 これでインストーラは自動的に CP サーバー側のセキュリティの設定を判断し、適切
な処理を実行します。
■
CP サーバー側がセキュリティのために設定されれば、次に SF HA クラスタ'の側
がセキュリティのために設定されます。
■
CP サーバー側でセキュリティが設定されなければ、SF HA クラスタ'の側でもセ
キュリティは設定されません。
次に例を示します。
While it is recommended to have secure communication
configured between CP Servers and CP client cluster, the client cluster
must be in the same mode (secure or non-secure) as the CP servers are.
Since the CP servers are configured in secure mode, the installer
will configure the client cluster also as a secure cluster.
Press [Enter] to continue:
Trying to configure Security on the cluster:
All systems already have established trust within the
Symantec Product Authentication Service domain
[email protected]
18 CP サーバーと SF HA クラスタに異なるルートブローカーを使うかどうかを入力しま
す。
異なるルートブローカーを使用している場合、インストーラは CP サーバーの認証ブ
ローカーと SF HA クラスタのノード間の通信で信頼関係を確立しようとします。
YES の「y」または NO の「n」を入力した後、Enter キーを押して続行しします。
19 手順 18 で YES の「y」を入力したら、次の情報を求めるメッセージも表示されます。
■
CP サーバーのいずれか 1 つの認証ブローカーのホスト名
■
CP サーバーの認証ブローカーが信頼関係を確立するためにリスニングしている
ポート番号
■
SF HA クラスタノードのいずれか 1 つの認証ブローカーのホスト名
■
SF HA クラスタの認証ブローカーが信頼関係を確立するためにリスニングしてい
るポート番号
Enter キーを押して続行します。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
installsfを使ったサーバーベース I/O フェンシングの設定
161
20 インストーラは次に I/O フェンシングの設定を表示し、表示された I/O フェンシング
の設定情報が正しいかどうかを示すようにとのメッセージを表示します。
情報が正しければ、yes の「y」を入力します。
次に例を示します。
CPS Admin utility location: /opt/VRTScps/bin/cpsadm
Cluster ID: 2122
Cluster Name: clus1
UUID for the above cluster: {ae5e589a-1dd1-11b2-dd44-00144f79240c}
21 インストーラは次に各 CP サーバーの SF HA クラスタの情報を更新して、それらの間
の接続性を確認します。
次に、インストーラは、CP SF HA クラスタの各ノードで上記の詳細情報を使ってファ
イル /etc/vxfenmode を設定します。
次に例を示します。
Updating client cluster information on CP Server 10.210.80.199
Adding the client cluster to the CP Server 10.210.80.199 .................. Done
Registering client node system01 with CP Server 10.210.80.199.............. Done
Adding CPClient user for communicating to CP Server 10.210.80.199 ......... Done
Adding cluster clus1 to the CPClient user on CP Server 10.210.80.199 ... Done
Registering client node system02 with CP Server 10.210.80.199 ............. Done
Adding CPClient user for communicating to CP Server 10.210.80.199 ......... Done
Adding cluster clus1 to the CPClient user on CP Server 10.210.80.199 ... Done
Updating /etc/vxfenmode file on system01 .................................. Done
Updating /etc/vxfenmode file on system02 ......... ........................ Done
ディスクと CP サーバーの混合モードと CP サーバーモードまたは純粋なサーバー
ベースモードの vxfenmode ファイルについて詳しくは、
p.88 の 「I/O フェンシングの設定ファイルについて」 を参照してください。
22 次に、クライアントクラスタに CP エージェントを設定するようにメッセージが表示され
ます。
Do you want to configure CP Agent on the client cluster? [y,n,q]
(y)
Enter a non-existing name for the service group for CP Agent:
[b] (vxfen)
Adding CP Agent via system01 ........................ Done
162
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
23 次に、各 SF HA クラスタノードで VCS とフェンシングプロセスが停止および再起動
され、I/O の設定プロセスが終わります。
Stopping
Stopping
Stopping
Stopping
VCS on system01 ............................
Fencing on system01 ........................
VCS on system02 ............................
Fencing on system02 ........................
Done
Done
Done
Done
24 このプロセスの終わりに、インストーラはログファイル、概略ファイルと応答ファイルの
場所を表示します。
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定には、次のタスクが含まれます。
表 10-2
サーバーベースの I/O フェンシングを手動設定するタスク
アクション
説明
CP サーバーを Storage
Foundation HA クラスタで使用
するための準備
p.162 の 「CP サーバーを SF HA クラスタで使用するための手
動による準備」 を参照してください。
サーバーベースの I/O フェンシン p.166 の 「SF HA クラスタ上での手動によるサーバーベースの
グを設定するための I/O フェンシ フェンシングの設定」 を参照してください。
ングの設定ファイルの修正
コーディネーションポイントを監視 p.170 の 「コーディネーションポイントを監視するためのコーディ
するためのコーディネーションポ ネーションポイントエージェントの設定」 を参照してください。
イントエージェントの設定
サーバーベースの I/O フェンシン p.171 の 「サーバーベースの I/O フェンシングの設定の検証」
グの設定の確認
を参照してください。
CP サーバーを SF HA クラスタで使用するための手動による準備
CP サーバーを SF HA クラスタまたはクラスタで使用するよう手動で準備するには、この
手順を使います。
表 10-3 には、この手順で使われるサンプル値を示します。
表 10-3
手順のサンプル値
CP サーバーの設定コンポーネント
サンプル名
CP サーバー
system_cp.symantecexample.com
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
CP サーバーの設定コンポーネント
サンプル名
ノード #1 - SF HA クラスタ
system01
ノード #2 - SF HA クラスタ
system02
クラスタ名
clus1
クラスタの UUID
{f0735332-1dd1-11b2}
SF HA クラスタで使用する CP サーバーを手動で準備するには
1
SF HA クラスタのクラスタ名と UUID を決定します。
たとえば、SF HA クラスタのノードの 1 つ(system01)で次のコマンドを実行します。
# grep cluster /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
cluster clus1
# cat /etc/vx/.uuids/clusuuid
{f0735332-1dd1-11b2}
2
SF HA クラスタ とノードが CP サーバーにあるかどうかを調べます。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a list_nodes
ClusName UUID
Hostname(Node ID) Registered
clus1 {f0735332-1dd1-11b2} system01(0)
0
clus1 {f0735332-1dd1-11b2} system02(1)
0
出力にクラスタとノードが表示されない場合、次の手順を実行して、それらを追加し
ます。
163
164
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
3
各 CP サーバーに SF HA クラスタとノードを追加します。
たとえば、CP サーバー(system_cp.symantecexample.com)で次のコマンドを実
行しクラスタを追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a add_clus¥
-c clus1
-u {f0735332-1dd1-11b2}
Cluster clus1 added successfully
CP サーバー(system_cp.symantecexample.com)で次のコマンドを実行し、最初
のノードを追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a add_node¥
-c clus1 -u {f0735332-1dd1-11b2} -h system01 -n0
Node 0 (system01) successfully added
CP サーバー(system_cp.symantecexample.com)で次のコマンドを実行し、2 つ
目のノードを追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a add_node¥
-c clus1 -u {f0735332-1dd1-11b2} -h system02 -n1
Node 1 (system02) successfully added
4
セキュリティを有効にする場合、_HA_VCS_ のユーザーが CP サーバーで作成され
るかどうかを確認します。
出力にユーザーが表示されない場合、次の手順を実行して、それらを追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a list_users
Username/Domain Type
Cluster Name / UUID
Role
[email protected][email protected]/vx clus1/{f0735332-1dd1-11b2} Operator
[email protected][email protected]/vx clus1/{f0735332-1dd1-11b2} Operator
セキュリティを無効にする場合、_HA_VCS_ のユーザー(たとえば、
[email protected])の代わりにサーバーにユーザー名「[email protected]」
を追加します。
CP サーバーはセキュアモードまたは非セキュアモードでのみ動作できます。同時に
両方の接続は受け入れられません。
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
5
CP サーバーにユーザーを追加します。
最初に、追加される [email protected] を決定します。
フェンシング対象のユーザーは _HA_VCS_short-hostname の形式にする必要が
あり、ドメイン名はコマンドの出力の HA_SERVICES ユーザーのドメイン名です。
# /opt/VRTScps/bin/cpsat listpd -t local
次に、CP サーバー(system_cp.symantecexample.com)で次のコマンドを実行し
ます。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a add_user -e¥
[email protected][email protected]¥
-f cps_operator -g vx
User [email protected][email protected]
successfully added
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a add_user -e¥
[email protected][email protected]¥
-f cps_operator -g vx
User [email protected][email protected]
successfully added
165
166
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
6
SF HA クラスタ を管理するために CP サーバーのユーザーを認可します。SF HA ク
ラスタの各ノードに対応する CP サーバーのユーザーに対してこのタスクを実行する
必要があります。
たとえば、2 つのノード system01 と system02 から成る SF HA クラスタ clus1 の
CP サーバー(system_cp.symantecexample.com)で次のコマンドを実行します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a¥
add_clus_to_user -c clus1¥
-u {f0735332-1dd1-11b2}¥
-e [email protected][email protected]¥
-f cps_operator -g vx
Cluster successfully added to user
[email protected][email protected] privileges.
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a¥
add_clus_to_user -c clus1¥
-u {f0735332-1dd1-11b2}¥
-e [email protected][email protected]¥
-f cps_operator -g vx
Cluster successfully added to user
[email protected][email protected] privileges.
SF HA クラスタ上での手動によるサーバーベースのフェンシングの設定
CP サーバーをコーディネーションポイントとして使うようにクライアントまたはSF HA クラス
タを設定するには、/etc/vxfenmode ファイルを編集する必要があります。このファイルを
編集して、設定に関する次の情報を指定する必要があります。
■
フェンシングモード
■
フェンシング機構
■
フェンシングのディスクポリシー(I/O フェンシング設定に該当する場合)
■
セキュリティ設定の適切な値
■
CP サーバー(1 つまたは複数)
■
コーディネータディスクグループ(I/O フェンシング設定に該当する場合)
I/O フェンシング設定でコーディネータディスクがコーディネーションポイントとして使われ
る場合は常に、ディスクグループ(vxfendg)を作成する必要があります。このディスクグ
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
ループは /etc/vxfenmode ファイルに指定する必要があります。ディスクグループの作
成については、『Veritas™ Cluster Server インストールガイド』を参照してください。
カスタマイズされたフェンシングフレームワークによって /etc/vxfentab ファイルも生成さ
れます。このファイルには、セキュリティの設定とコーディネーションポイント
(/etc/vxfenmode ファイルに指定されているディスクグループ内のすべての CP サー
バーとディスク)が含まれています。
クラスタ内の各ノードで次のファイルを編集し、環境変数 VXFEN_START と VXFEN_STOP
の値を 1 に変更します。
/etc/default/vxfen
テキストエディタを使って、設定の仕様を満たすように /etc/vxfenmode ファイルの値を
編集します。
次のファイルの出力は、/etc/vxfenmode ファイルの内容の例を示しています。
#
# vxfen_mode determines in what mode VCS I/O Fencing should work.
#
# available options:
# scsi3
- use scsi3 persistent reservation disks
# customized - use script based customized fencing
# disabled
- run the driver but don't do any actual fencing
#
vxfen_mode=customized
# vxfen_mechanism determines the mechanism for customized I/O
# fencing that should be used.
#
# available options:
# cps
- use a coordination point server with optional script
#
controlled scsi3 disks
#
vxfen_mechanism=cps
#
# scsi3_disk_policy determines the way in which I/O Fencing
# communicates with the coordination disks. This field is
# required only if customized coordinator disks are being used.
#
# available options:
# dmp - use dynamic multipathing
# raw - connect to disks using the native interface
#
scsi3_disk_policy=dmp
# security when enabled uses secure communication to the cp server
167
168
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
# using VxAT (Veritas Authentication Service)
# available options:
# 0 - don't use Veritas Authentication Service for cp server
#
communication
# 1 - use Veritas Authentication Service for cp server
#
communication
security=1
#
# Specify 3 or more odd number of coordination points in this file,
# one in each row. They can be all-CP servers, all-SCSI-3 compliant
# coordinator disks, or a combination of CP servers and SCSI-3
# compliant coordinator disks. Please ensure that the CP server
# coordination points are numbered sequentially and in the same
# order on all the cluster nodes.
#
# Coordination Point Server(CPS) is specified as:
#
# cps<number>=<Virtual IP/ Virtual hostname of cp server> in
# square brackets ([]), followed by ":" and CPS port number.
#
# Examples:
# cps1=[192.168.0.23]:14250
# cps2=[mycps.company.com]:14250
#
# SCSI-3 compliant coordinator disks are specified as:
#
# vxfendg=<coordinator disk group name>
# Example:
# vxfendg=vxfencoorddg
#
# Examples of different configurations:
# 1. All CP server coordination points
# cps1=
# cps2=
# cps3=
#
# 2. A combination of CP server and a disk group having two SCSI-3
# coordinator disks
# cps1=
# vxfendg=
# Note: The disk group specified in this case should have two disks
#
# 3. All SCSI-3 coordinator disks
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
# vxfendg=
# Note: The disk group specified in case should have three disks
#
表 10-4 には、編集する必要のある vxfenmode パラメータが定義されています。
表 10-4
vxfenmode ファイルのパラメータ
vxfenmode ファイルのパ 説明
ラメータ
vxfen_mode
フェンシングの動作モード。このパラメータは、「customized」に設
定する必要があります。
vxfen_mechanism
フェンシング機構。このパラメータは、フェンシングに使われる機構
を定義します。3 つのコーディネーションポイントのいずれかが CP
サーバーである場合は、このパラメータを「cps」に設定する必要が
あります。
scsi3_disk_policy
DMP デバイス、「dmp」、基本となる RAW 文字型デバイス「raw」
のいずれを使うかを vxfen モジュールに 設定します。
メモ: 設定されたディスクポリシーはすべてのノードに適用されま
す。
security
security パラメータ 1 は、CP サーバーの通信に Symantec
Product Authentication Service が使われることを示します。
security パラメータ 0 は、CP サーバーとの通信が非セキュアモー
ドで作成されることを示します。
security のデフォルト値は 1 です。
メモ: シマンテック社では、CP サーバー側とクライアント側の両方
が同じセキュリティ設定である場合にのみサポートします。両方の
セキュリティ設定が、有効または無効のどちらかになっている必要
があります。
cps1、cps2、cps3、vxfendg コーディネーションポイントのパラメータ。
CP サーバーの仮想 IP アドレスまたは FQHN(アクセス可能などち
らか)を入力します。
メモ: I/O フェンシング設定でコーディネータディスクが使われる場
合は常に、ディスクグループ(vxfendg)を作成し、それを
/etc/vxfenmode ファイルに指定する必要があります。さらに、カス
タマイズされたフェンシングフレームワークによって、/etc/vxfentab
ファイルが生成されます。このファイルは、セキュリティの設定とコー
ディネーションポイント(/etc/vxfenmode ファイルに指定されてい
るディスクグループ内のすべての CP サーバーとディスク)を指定し
ます。
169
170
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
/etc/vxfenmode ファイルを編集した後、vxfen init スクリプトを実行してフェンシングを
開始します。
次に例を示します。
Solaris 9 システムの場合:
# /etc/init.d/vxfen start
Solaris 10 システムの場合:
# svcadm enable vxfen
コーディネーションポイントを監視するためのコーディネーションポイント
エージェントの設定
次の手順は、コーディネーションポイント(CP サーバーまたは SCSI-3 ディスク)を監視す
るために、コーディネーションポイントエージェントを手動で設定する方法について説明
しています。
エージェントについて詳しくは、『Veritas Cluster Server 付属エージェントリファレンスガ
イド』を参照してください。
コーディネーションポイントを監視するためのコーディネーションポイントエージェントを設
定するには
1
SF HA クラスタが適切にインストールおよび設定されており、フェンシングが有効に
なっていることを確認します。
2
次のようにして、パラレルサービスグループ vxfen を作成し、coordpoint リソースを
vxfen サービスグループに追加します。
#
#
#
#
#
#
#
#
#
#
haconf -makerw
hagrp -add vxfen
hagrp -modify vxfen SystemList system1 0 system2 1
hagrp -modify vxfen AutoFailOver 0
hagrp -modify vxfen Parallel 1
hagrp -modify vxfen SourceFile "./main.cf"
hares -add coordpoint CoordPoint vxfen
hares -modify coordpoint FaultTolerance 1
hares -modify coordpoint Enabled 1
haconf -dump -makero
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
3
hares コマンドを使って、SF HA クラスタ上のエージェントの状態を確認します。
次に例を示します。
# hares -state coordpoint
コマンドと出力の例を次に示します。
# hares -state
# Resource
coordpoint
4
Attribute
State
System
galaxy
Value
ONLINE
エージェントログを表示するために、エンジンログにアクセスします。エージェントロ
グはエンジンログに書き込まれます。
エージェントログには、コーディネーションポイントエージェントの詳しい監視情報
(コーディネーションポイントエージェントがすべてのコーディネーションポイントにア
クセスできているかどうか、どのコーディネーションポイントで、コーディネーションポ
イントエージェントがキーが見つからないことを報告しているのかを確認するための
情報など)が含まれています。
エンジンログのそのような情報をすべて表示するには、次のコマンドを使って、その
ノードの dbg レベルを変更します。
# hatype -modify coordpoint LogDbg 10
これで、次の場所でエージェントログを表示できます。
/var/VRTSvcs/log/engine_A.log
サーバーベースの I/O フェンシングの設定の検証
SF HA クラスタのインストールの間に、インストーラは設定中に受信された入力に基づい
て次のファイルを生成します。
■
/etc/vxfenmode(CP サーバーのために編集される)
■
/etc/vxfentab(CP サーバーのために編集される)
vxfenadm コマンドを実行して、I/O フェンシングの設定が成功したことを検証します。た
とえば、次のコマンドを実行します。
# vxfenadm -d
サーバーベースの I/O フェンシングの設定の問題を解決するには、『Veritas Cluster
Server 管理者ガイド』を参照してください。
vxfenconfig コマンドを実行して、I/O フェンシングが指定のコーディネーションポイント
を使っていることを検証します。たとえば、次のコマンドを実行します。
171
172
第 10 章 データ整合性のための Storage Foundation High Availability の設定
サーバーベースの I/O フェンシングの手動設定
# vxfenconfig -l
11
Storage Foundation のアッ
プグレード
この章では以下の項目について説明しています。
■
Storage Foundation 製品またはオペレーティングシステムのアップグレード
■
アップグレードの計画
■
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation の
アップグレード
■
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアップグレー
ド
■
Solaris OS のみのアップグレード
■
Veritas Volume Replicator のアップグレード
■
言語パッケージのアップグレード
■
アップグレード後のタスク
■
Veritas Storage Foundation アップグレードの確認
Storage Foundation 製品またはオペレーティングシス
テムのアップグレード
システムですでに以前のリリースの Storage Foundation(Foundation Suite)製品が実
行されている場合、この項では、この以前のリリースを Veritas Storage Foundation 5.1
にアップグレードする方法について説明します。オペレーティングシステムはこのアップ
グレードでサポートされているレベルにしておく必要があります。Storage Foundation ま
たはオペレーティングシステム、または両方をアップグレードするためには、次の項の手
174
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
順を実行します。すでに Storage Foundation をインストールしている場合、Veritas 製
品インストーラまたは製品インストールスクリプトを使って、Storage Foundation へのアッ
プグレードを実行できます。
以前のリリースの Veritas Storage Foundation、Veritas Storage Foundation for DB2、
Veritas Storage Foundation for Oracle、Veritas Storage Foundation for Sybase を
実行している場合は、この章で説明する手順に従ってアップグレードを行ってください。
注意: アップグレードに当たっては、Storage Foundation とオペレーティングシステムの
組み合わせがサポート対象であることを確認してください。現行のオペレーティングシス
テムでサポート対象外の Storage Foundation のバージョンにアップグレードしないでく
ださい。
アップグレードの計画
アップグレードを行う管理者が root アクセス権限を保持しており、UNIX 管理の実用知
識を有していることを確認します。
アップグレードの前に、次の作業を行ってください。
■
端末エミュレーションが正常に機能していることを確認します。選択した端末は、
OpenBoot プロンプト、シングルユーザーおよびマルチユーザーの実行レベルで完
全に機能する必要があります。
■
オペレーティングシステムのすべての必須パッチを含め、ソフトウェアとハードウェア
のためのすべての必要条件を満たすことを確認するために最新の『Storage
Foundation リリースノート』を調べます。
■
アップグレードのために十分な停止時間、および VxFS ファイルシステムまたは VxVM
ボリュームを使うすべてのアプリケーションの停止時間をスケジュール設定します。
■
EMC PowerPath を使っている場合、それが少なくとも必須パッチレベル 2.0.3 であ
ることを確認します。
http://entsupport.symantec.com/docs/234374
/etc/system に対してパッチレベルを変更して、vxconfigd のパニックおよび障害
が起こらないようにします。PowerPath をアップグレードすると、システムの再ブート
が必要になる場合があります。
■
ミラーディスクに確実に情報を保存するには、システムを停止して、物理的にミラー
ディスクを取り外します。(これは実用的な方法ではありませんが、こうすることにより、
フェールバックするポイントがわかります)。
■
リモートホストでアップグレードするには、rsh または ssh を設定する必要があります。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設
定」 を参照してください。
■
ルートディスクがカプセル化されているかどうかを確認します。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
p.176 の 「ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認」 を参照してくださ
い。
■
アップグレードする方式を選択します。
p.176 の 「Storage Foundation 5.1 のアップグレードパス」 を参照してください。
アップグレード前のシステム情報の保存
次の手順を使って、アップグレード前にシステム情報を保存します。
アップグレード前にシステム情報を保存するには
1
スーパーユーザーとしてログインします。
2
アップグレードの前に、保持したいすべてのデータのバックアップを作成してあるこ
とを確認します。
また、/etc/system ファイルのバックアップも作成します。
3
vfstab を vfstab.orig にコピーします。
# cp /etc/vfstab /etc/vfstab.orig
4
vxlicrep、vxdisk list、vxprint -ht コマンドを実行し、出力を記録します。こ
の情報を使って、アップグレード後にシステムを再設定します。
5
Veritas Storage Foundation 5.1 ソフトウェアの HA バージョンをインストールして
いる場合、インストール時に VCS 設定を保持する方法については、『Veritas Cluster
Server インストールガイド』と『Veritas Cluster Server リリースノート』を参照してく
ださい。
SFDB の 5.1 へのアップグレードについて
Storage Foundation for Oracle 5.0 または 4.x で使っている SFDB(Storage Foundation
for Databases)ツールを使い続ける予定の場合は、SFDB リポジトリデータベースを 5.1
に移行する必要があります。
SFDB ツールをバージョン 5.1 にアップグレードするタスク
■
Storage Foundation を 5.1 にアップグレードする前のリポジトリデータベースの移行
の準備
p.183 の 「SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード前のタスク」
を参照してください。
■
Storage Foundation 5.1 にアップグレードした後でのリポジトリデータベースの移行。
p.208 の 「SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード後のタスク」
を参照してください。
175
176
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認
アップグレードする前に、次のコマンドを実行して、ルートディスクがカプセル化されてい
るかどうかを確認する必要があります。
# mount | grep "/ on"
このコマンドからの出力に、/dev/vx/dsk/rootvol のように vx や rootvol などのパス
名が含まれている場合、ルートディスクはカプセル化されています。
ルートディスクがカプセル化されている場合、適切なアップグレードの手順に従います。
Storage Foundation 5.1 のアップグレードパス
以前のリリースから Storage Foundation をアップグレードするために使う手順は既存の
Storage Foundation 製品のバージョンや Storage Foundation がインストールされる
Solaris のバージョンを含む複数の要因によって決まります。
Storage Foundation のアップグレードと同時にオペレーティングシステムをアップグレー
ドすることを選択できます。Storage Foundation 5.1 は Solaris のバージョン 9 と 10 で
サポートされます。5.1 でサポートしていない以前のバージョンの Solaris の場合は、オ
ペレーティングシステムをアップグレードする必要があります。
アップグレードを行う前に、ルートディスクがカプセル化されているかどうかを確認する必
要があります。場合によっては、カプセル化ルートディスクは選択するアップグレード手順
に影響することがあります。
p.176 の 「ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認」 を参照してください。
メモ: Solaris 10 の場合、グローバルゾーンの Storage Foundation 製品をアップグレー
ドするために共通の製品インストーラを使用する前に、非グローバルゾーンが起動され、
稼動状態である必要があります。非グローバルゾーンがマウントされていなくて、アップグ
レードのときに動作していない場合、各非グローバルゾーンの各パッケージを手動でアッ
プグレードする必要があります。
表 11-1 では、Solaris Sparc システムでの Storage Foundation のアップグレード手順
を示します。
表 11-2 では、Solaris x64 システムでの Storage Foundation のアップグレード手順を
示します。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
表 11-1
Solaris リリース
Solaris Sparc での Storage Foundation のアップグレードパス
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 2.6、7、8、9 SF 3.5、3.5 MP4、4.0、4.0MP1、
4.0MP2
5.1 へのアップグレードはサポートさ
れていません。
お使いのバージョンの Storage
Foundation インストールガイドの手
順を使って SF をアンインストールす
る必要があります。
Solaris 9 以上に OS をアップグレー
ドします。
続いて、インストールスクリプトを使っ
て 5.1 をインストールします。
Solaris 8
SF 4.1、4.1MP1、4.1MP2
Solaris 9 以上に OS をアップグレー
ドします。次の手順で 5.1 にアップグ
レードします。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS
のアップグレードやカプセル化ルート
ディスク)を使用した 4.x からの 5.1
への Veritas Storage Foundation
のアップグレード」 を参照してくださ
い。
177
178
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
Solaris リリース
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 9、10
SF 4.1、4.1MP1
インストールスクリプトを使って、
4.1MP2 にアップグレードしてから 5.1
にアップグレードします。
OS をアップグレードする予定がない
場合、およびルートディスクがカプセ
ル化されていない場合は、次のいず
れかの手順で 5.1 にアップグレードし
ます。
p.190 の 「製品インストーラでの
Veritas Storage Foundation のアッ
プグレード(OS のアップグレードが必
要ない場合)」 を参照してください。
p.192 の 「手動手順での Veritas
Storage Foundation のアップグレー
ド(OS のアップグレードが必要ない場
合)」 を参照してください。
OS をアップグレードすることを計画す
るかまたはルートディスクがカプセル
化されている場合、次の手順を使い
ます。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS
のアップグレードやカプセル化ルート
ディスク)を使用した 4.x からの 5.1
への Veritas Storage Foundation
のアップグレード」 を参照してくださ
い。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
Solaris リリース
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 9、10
SF 4.1MP2
OS をアップグレードする予定がない
場合、およびルートディスクがカプセ
ル化されていない場合は、次のいず
れかの手順で 5.1 にアップグレードし
ます。
p.190 の 「製品インストーラでの
Veritas Storage Foundation のアッ
プグレード(OS のアップグレードが必
要ない場合)」 を参照してください。
p.192 の 「手動手順での Veritas
Storage Foundation のアップグレー
ド(OS のアップグレードが必要ない場
合)」 を参照してください。
OS をアップグレードすることを計画す
るかまたはルートディスクがカプセル
化されている場合、次の手順を使い
ます。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS
のアップグレードやカプセル化ルート
ディスク)を使用した 4.x からの 5.1
への Veritas Storage Foundation
のアップグレード」 を参照してくださ
い。
Solaris 8
SF 5.0、5.0MP1、5.0MP3
Solaris 9 以上に OS をアップグレー
ドします。次の手順で 5.1 にアップグ
レードします。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS
のアップグレードやカプセル化ルート
ディスク)を使用した 4.x からの 5.1
への Veritas Storage Foundation
のアップグレード」 を参照してくださ
い。
179
180
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
Solaris リリース
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 9、10
SF 5.0、5.0MP1、5.0MP3
OS をアップグレードする予定がない
場合、およびルートディスクがカプセ
ル化されていない場合は、次のいず
れかの手順で 5.1 にアップグレードし
ます。
p.190 の 「製品インストーラでの
Veritas Storage Foundation のアッ
プグレード(OS のアップグレードが必
要ない場合)」 を参照してください。
p.192 の 「手動手順での Veritas
Storage Foundation のアップグレー
ド(OS のアップグレードが必要ない場
合)」 を参照してください。
OS をアップグレードすることを計画す
るかまたはルートディスクがカプセル
化されている場合、次の手順を使い
ます。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS
のアップグレードやカプセル化ルート
ディスク)を使用した 4.x からの 5.1
への Veritas Storage Foundation
のアップグレード」 を参照してくださ
い。
Solaris 9、10
SF 5.1
OS をアップグレードする場合は次の
手順を使います。
p.199 の 「Solaris OS のみのアップグ
レード」 を参照してください。
表 11-2
Solaris x64 での Storage Foundation のアップグレードパス
Solaris リリース
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 10
SF 4.1
5.1 へのアップグレードはサポートさ
れていません。
お使いのバージョンの Storage
Foundation インストールガイドの手
順を使って SF をアンインストールし、
続いてインストールスクリプトを使って
5.1 をインストールする必要がありま
す。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
Solaris リリース
Storage Foundation バージョン アップグレードの手順
Solaris 10
SF 5.0、5.0MP3
次のいずれかの手順で 5.1 にアップ
グレードします。
p.190 の 「製品インストーラでの
Veritas Storage Foundation のアッ
プグレード(OS のアップグレードが必
要ない場合)」 を参照してください。
p.192 の 「手動手順での Veritas
Storage Foundation のアップグレー
ド(OS のアップグレードが必要ない場
合)」 を参照してください。
Solaris 9、10
SF 5.1
OS をアップグレードする場合は次の
手順を使います。
p.199 の 「Solaris OS のみのアップグ
レード」 を参照してください。
インストール前の確認と設定の実行
次の手順を使って、アップグレードの準備をします。
アップグレードを準備するには
1
アップグレードするシステムに有効なバックアップがあることを確認します。
p.175 の 「アップグレード前のシステム情報の保存」 を参照してください。
2
『Veritas Storage Foundation リリースノート』を読み直します。
3
Veritas Storage Foundation のアップグレードに必要な十分なファイルシステム領
域があることを確認します。また、配布ファイルのコピー先を特定します。通常は、
ルートファイルシステムに十分な領域がある場合は /packages/Veritas、/var ファ
イルシステムに十分な領域がある場合は /var/tmp/packages にコピーします。
/tmp にはファイルを置かないでください。また、アップグレードスクリプトを実行する
までアクセスできないファイルシステムには、ファイルを保存しないでください。
アップグレードスクリプトへの変更が必要なければ、Veritas から提供された DVD を
使ってアップグレードすることもできます。/usr/local が最初にスライスとして作成
されていた場合は、変更が必要です。詳しくは、手順 8 を参照してください。
4
/etc/rcS.d 内の起動スクリプトを編集し、ファイルシステムが存在しないと異常終
了することがわかっているアプリケーションのコマンドまたはプロセスをコメントアウト
します。
5
すべてのユーザーがログアウトしていて、すべての主要なユーザーアプリケーション
が適切に停止されていることを確認します。
181
182
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
6
ルートディスク以外の場所にある(したがって起動に必要がない)すべてのファイルシ
ステムのマウントを解除し、/etc/vfstab でこれらのファイルシステムのエントリをコ
メントアウトして、さらに関連付けられているボリュームを停止し、関連付けられている
ディスクグループのデポートを行う必要があります。Solaris オペレーティングシステ
ムまたは Storage Foundation で想定されるすべてのファイルシステムは、rootdg
に存在する必要があります。そうでない場合は、そのファイルシステムのマウントを解
除し、/etc/vfstab 内の関連エントリをコメントアウトする必要があります。
7
rootdg 内にスワップパーティションがない場合は、/etc/vfstab からコメントアウト
する必要があります。可能ならば、ルートディスク上にある以外のスワップパーティ
ションは、/etc/vfstab からコメントアウトされ、アップグレード中にマウントされない
ようにする必要があります。rootdg 内にアクティブなスワップパーティションがない
場合は、upgrade_start は失敗します。
8
ファイルシステムがクリーンであることを確かめます。
p.187 の 「ファイルシステムが正常にマウント解除されていることの確認」 を参照して
ください。
9
必要であれば、サポート対象のバージョンに VxFS のディスクレイアウトをアップグ
レードします。
以前のレイアウトのバージョンは VxFS 5.1 でマウントできません。これらのレイアウト
バージョンは、VxFS 5.1 をインストールする前にオンラインでアップグレードできま
す。または、VxFS 5.1 をインストールしてから、vxfsconvert を使ってアップグレー
ドできます。
10 アレイをアップグレードします(必要な場合)。
11 VVR を使ったレプリケーションが設定されている場合は、5.1 にアップグレードする
前に、ディスクグループバージョンを少なくとも 110 にしておくことをお勧めします。
# vxdg list diskgroup
12 VVR を使ったレプリケーションが設定されている場合、SRL ボリュームのサイズが
110 MB よりも大きいことを確認します。
『Veritas Volume Replicator 管理者ガイド』を参照してください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
13 VVR を使ったレプリケーションが設定されている場合は、すべてのホストで、すべて
のプライマリ RLINK が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
メモ: プライマリ RLINK が最新になるまで処理を続行しないでください。
14 VCS で VVR レプリケーションを管理している場合は、VVR と VCS エージェントを
アップグレードするための準備手順に従います。
SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード前のタス
ク
Storage Foundation for Oracle 5.0 または 4.x で使っている SFDB(Storage Foundation
for Databases)を使い続ける予定の場合は、Storage Foundation for Oracle を 5.1 に
アップグレードする前に、SFDB リポジトリデータベースを 5.1 に移行する準備を行う必要
があります。
メモ: CPI を使って Storage Foundation 5.1 をインストールする場合、VRTSdbms3 パッ
ケージは削除されません。
メモ: クラスタ化された製品の場合、Sfua_Base リポジトリリソースグループは main.cf ファ
イルから削除されます。Storage Foundation 5.1 製品の個別のサービスグループとして
は必要ありません。
Storage Foundation をアップグレードする前に次の手順を実行します。
リポジトリデータベースを移行する準備を行うには
◆
アップグレードする前にすべての既存スナップショットの再同期を行います。Oracle
ユーザーで次を実行します。
$ /opt/VRTS/bin/dbed_vmsnap -S $ORACLE_SID ¥
-f SNAPPLAN -o resync
警告: Database Flashsnap クローンデータベースをアップグレード後に引き継ぐこ
とはできません。5.1 にアップグレードした後、新しい Database Flashsnap クローン
データベースを作成する必要があります。
183
184
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
VCS エージェントがある場合の VVR のアップグレードの準備
VCS Agents for VVR が設定されている場合に VVR のアップグレードを準備するには、
次のタスクをこの順番で実行します。
■
「サービスグループのフリーズとすべてのアプリケーションの停止」
■
「VCS エージェントが設定されている場合のアップグレードの準備」
サービスグループのフリーズとすべてのアプリケーションの停止
この項では、サービスグループをフリーズしてすべてのアプリケーションを停止する方法
について説明します。
サービスグループをフリーズしてアプリケーションを停止するには
プライマリクラスタとセカンダリクラスタに対して次の手順を実行します。
1
スーパーユーザーとしてログインします。
2
製品のコマンドをすべて実行できるように、PATH 環境変数に /opt/VRTS/bin が
含まれていることを確認します。
3
アップグレードの前に、すべてのアプリケーションを確実に終了します。
■
RVG リソースを含んでいないすべてのアプリケーションサービスグループを
OFFLINE にします。RVG のリソースを含んでいるサービスグループは OFFLINE
にしないでください。
■
アプリケーションリソースが、RVG リソースと同じサービスグループに含まれる場
合、アプリケーションリソースのみを OFFLINE にします。つまり、これらの RVG
のオブジェクトを含んでいる専用ディスクグループがデポートされないように RVG
のリソースは ONLINE のままにしてください。
メモ: また、VCS で管理されていない残りのすべてのアプリケーションも停止する必
要があります。
4
クラスタ内の任意のノードで、VCS 設定を書き込み可能にします。
# haconf -makerw
5
クラスタ内の任意のノードで、設定内のグループを一覧表示します。
# hagrp -list
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
6
クラスタ内の任意のノードで、手順 5 の出力に表示された各グループ名に対して次
のコマンドを入力し、ClusterService グループを除くすべてのサービスグループを
フリーズします。
# hagrp -freeze group_name -persistent
メモ: フリーズしたサービスグループの一覧を、後で使うために書き留めておきます。
7
クラスタ内の任意のノードで、フリーズしたグループを含む設定ファイル(main.cf)
を保存します。
# haconf -dump -makero
メモ: 各クラスタに対して手順 3 から手順 7 の実行が完了した場合のみ、処理を続
行してください。
8
クラスタ内の任意のノードで、次のコマンドを入力し、RVG リソースを含むサービスグ
ループと、各サービスグループがオンラインになっているノードのリストを表示します。
# hares -display -type RVG -attribute State
Resource
VVRGrp
ORAGrp
Attribute
State
State
System
system02
system02
Value
ONLINE
ONLINE
メモ: ONLINE になっているリソースについては、出力のシステム(System)列に表
示されてるノードを書き留めておきます。
9
手順 8 を各クラスタに対して繰り返します。
10 専用ディスクグループの場合、ディスクグループのインポート先のホストを確認して
書き留めておきます。
p.186 の 「ディスクグループがオンラインになっているノードの確認」 を参照してくだ
さい。
11 共有ディスクグループの場合、CVM クラスタ内の任意のノードで、次のコマンドを実
行します。
# vxdctl -c mode
後で使うためにマスターを書き留めて記録しておきます。
185
186
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
ディスクグループがオンラインになっているノードの確認
専用ディスクグループの場合、RVG リソースを含むディスクグループのインポート先のホ
ストを確認して書き留めておきます。この情報は、アップグレード後に設定を復元する際
に必要になります。
オンラインのディスクグループを確認する方法
1
クラスタ内の任意のノードで、設定内のディスクグループを一覧表示して、出力に表
示されているディスクグループ名を後で使うために書き留めておきます。
# hares -display -type RVG -attribute DiskGroup
メモ: VCS 制御下に置かれているディスクグループの一覧を書き留めます。
2
手順 1 の出力に表示されたディスクグループごとに、その対応するディスクグルー
プリソース名を一覧表示します。
# hares -list DiskGroup=diskgroup Type=DiskGroup
3
手順 2 の出力に表示されたディスクグループリソース名ごとに、次のコマンドを入力
して、ディスクグループのインポート先のノードを取得して書き留めておきます。
# hares -display dg_resname -attribute State
出力には、VCS 制御下に置かれているディスクグループと、ディスクグループのイン
ポート先のノードが表示されます。
VCS エージェントが設定されている場合のアップグレードの準備
VCS エージェントを設定している場合、/etc/VRTSvcs/conf/config ディレクトリ内に
ある main.cf や types.cf などの設定ファイルのバックアップを作成することをお勧めし
ます。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
VCS エージェントが含まれる設定のアップグレードを準備する方法
1
各ノードで次のコマンドを入力し、各ノードのディスクグループを一覧表示します。
# vxdisk -o alldgs list
出力には、VCS 制御下にあるディスクグループと VCS 制御下にないディスクグルー
プの一覧が表示されます。
メモ: ローカルにインポートされていないディスクグループはカッコ内に表示されま
す。
2
いずれかのノードにインポートされていないディスクグループがある場合、それらを
インポートします。VCS 設定内のディスクグループの場合、任意のノードにインポー
トできます。VCS 制御下にないディスクグループの場合、ディスクグループのインポー
ト先とする適切なノードを選択します。適切なノードで次のコマンドを入力します。
# vxdg -t import diskgroup
3
ディスクグループがすでにインポートされている場合、インポート先のノードで次のコ
マンドを入力し、ディスクグループをリカバリします。
# vxrecover -bs
4
すべてのプライマリ RLINK が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
メモ: プライマリ RLINK が最新になるまで処理を続行しないでください。
ファイルシステムが正常にマウント解除されていることの確認
リリース 5.1 にアップグレードする前に、既存のリリースの File System から fsdb コマン
ドを実行し、すべてのファイルシステムが正常にマウント解除されていることを確認します。
187
188
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレードの計画
ファイルシステムが正常にマウント解除されていることを確認する方法
1
すべてのファイルシステムが正常にマウント解除されたことを確認します。
# echo "8192B.p S" | fsdb -F vxfs <Raw_Device> | grep clean
flags 0 mod 0 clean clean_value
clean_value の値が 0x5a の場合、ファイルシステムは正常にマウント解除されてい
ます。0x3c の場合、ファイルシステムは正常にマウント解除されていません。0x69
の場合、ファイルシステムが正常にマウント解除されたかどうか不明です。正常にマ
ウント解除されたかどうか不明なファイルシステムでは、拡張処理が未完了です。
2
ファイルシステムが正常にマウント解除されていない場合、そのファイルシステムに
対して次のコマンドを実行します。
# fsck -F vxfs filesystem
# mount -F vxfs [Block_Device] [mountpoint]
# umount [mountpoint]
これらのコマンドを実行すると、そのファイルシステム上で未完了であった拡張処理
が完了し、ファイルシステムが正常にマウント解除されます。
umount コマンドの実行が失敗して次のエラーが表示された場合、大きいサイズの
ファイルセットクローンを削除するための拡張処理が完了していない可能性がありま
す。
file system device busy
次のメッセージがコンソールに表示された場合、拡張処理が未完了であると判断で
きます。
Storage Checkpoint asynchronous operation on file_system
file system still in progress.
3
拡張処理が未完了の場合、その拡張処理が完了するまで、そのファイルシステムを
マウントしたままにしておく必要があります。ファイルセットクローンのサイズがきわめ
て大きい場合、削除に数時間かかる可能性があります。
4
手順 1 を再度実行し、ファイルシステムがマウント解除されたことを確認します。
アレイサポートのアップグレード
Storage Foundation 5.1 リリースには、単一のパッケージである VRTSaslapm にすべ
てのアレイサポートが含まれます。アレイサポートパッケージには、以前に VRTSvxvm
パッケージに含まれていたアレイサポートが含まれます。またアレイサポートパッケージに
は、以前に外部アレイサポートライブラリ(ASL)とアレイポリシーモジュール(APM)として
パッケージ化されていたサポートも含まれます。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
サポート対象アレイについて詳しくは、5.1 ハードウェア互換性リストを参照してください。
http://entsupport.symantec.com/docs/330441
製品インストーラで Storage Foundation 製品をアップグレードする場合、インストーラが
自動的にアレイサポートをアップグレードします。手動手順で Storage Foundation 製品
をアップグレードする場合は、以前にシステムにインストールした外部 ASL または APM
をすべて削除してください。外部 ASL または APM が検出された場合、VRTSvxvm パッ
ケージのインストールはエラーになって終了します。
Storage Foundation 5.1 をインストールした後、シマンテック社は VRTSaslapm パッケー
ジへの更新を通して、新しいディスクアレイのサポートを提供します。
アレイサポートについて詳しくは、『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照して
ください。
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への
Veritas Storage Foundation のアップグレード
この項では、旧リリースから 5.1 への Veritas Storage Foundation 製品のアップグレー
ドについて説明します。Veritas Storage Foundation のアップグレードは、シングルユー
ザーモードから実行することをお勧めします。アップグレード時に VxFS ファイルシステム
を使うことはできません。
次に、Veritas Storage Foundation または Veritas Storage Foundation High
Availability での手順を示します。
状況に適した手順を選択してください。
■
■
5.1 でサポートしているオペレーティングシステムに現在の Storage Foundation 製
品がイントールされている場合、オペレーティングシステムをアップグレードする必要
はありません。ルートディスクがカプセル化されていない、そしてオペレーティングシ
ステムをアップグレードすることを計画しない場合は、次のアップグレードの手順の 1
つを使います。
■
製品インストーラで OS ではなく SF をアップグレードします。これは推奨されたアッ
プグレードの手順です。
p.190 の 「製品インストーラでの Veritas Storage Foundation のアップグレード
(OS のアップグレードが必要ない場合)」 を参照してください。
■
手動手順(pkgadd と patchadd コマンド)で OS ではなく SF をアップグレードしま
す。
p.192 の 「手動手順での Veritas Storage Foundation のアップグレード(OS の
アップグレードが必要ない場合)」 を参照してください。
ルートディスクがカプセル化されている、またはオペレーティングシステムをアップグ
レードする計画の場合、アップグレードするために追加手順を実行する必要がありま
189
190
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
す。5.1 でサポートされなくなったオペレーティングシステムに現在の Storage
Foundation 製品がインストールされている場合、オペレーティングシステムをアップ
グレードする必要があります。ルートディスクがカプセル化されている、またはオペレー
ティングシステムをアップグレードする計画の場合、次のアップグレードの手順を使い
ます。
p.194 の 「アップグレードスクリプト(OS のアップグレードやカプセル化ルートディスク)
を使用した 4.x からの 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード」 を
参照してください。
製品インストーラでの Veritas Storage Foundation のアップグレード(OS
のアップグレードが必要ない場合)
この項では、ルートディスクがカプセル化されていない、または Solaris のバージョンを
アップグレードする意図がない場合に、現在の Veritas Storage Foundation にアップグ
レードする方法について説明します。5.1 でサポートされている Solaris のバージョンを
すでに実行している場合にのみこの手順を使います。
p.176 の 「Storage Foundation 5.1 のアップグレードパス」 を参照してください。
この手順は Veritas Storage Foundation または Veritas Storage Foundation High
Availability のアップグレードに使うことができます。
有効なライセンスおよび設定がない場合、「Storage Foundation for Oracle RAC」オプ
ションは選択しないでください。
Veritas Storage Foundation 製品をアップグレードするには
1
スーパーユーザーとしてログインします。
2
ルートディスクがカプセル化されていないことを確認します。
p.176 の 「ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認」 を参照してくださ
い。
3
マウントされている VxFS ファイルシステムのマウントを解除します。
各ホストが VxVM と VxFS の同じバージョンを実行する場合、インストーラは複数の
ホストのアップグレードをサポートします。ホストが異なるバージョンで実行されてい
る場合、個別にアップグレードする必要があります。
QuickLog 機能によってマウントされる VxFS ファイルシステムがある場合は、アップ
グレードする前に QuickLog を無効にする必要があります。詳しくは、『Veritas File
System 管理者ガイド』の「Veritas QuickLog」の章を参照してください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
4
高可用性(HA)製品をアップグレードする場合は、すべてのサービスグループをオ
フラインにします。
すべてのサービスグループを一覧表示します。
# /opt/VRTSvcs/bin/hagrp -list
一覧表示されたそれぞれのサービスグループをオフラインにします。
# /opt/VRTSvcs/bin/hagrp -offline service_group ¥
-sys system_name
5
システムに独立した /opt と /var ファイルシステムがある場合、インストールを続行
する前に、それらがマウントされていることを確認します。
6
VVR を使ったレプリケーションが設定されている場合は、すべてのプライマリ RLINK
が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
メモ: プライマリ RLINK が最新になるまで処理を続行しないでください。
7
ディスクをロードしてマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
8
共通インストーラを起動するには、次の例のように CD-ROM 内の installer コマ
ンドを実行します。
# cd /cdrom/cdrom0
# ./installer
9
アップグレードするには、G を入力して、Return キーを押します。
10 ソフトウェアがインストールされるシステム名(次の例では「host1」)を入力するよう求
められます。システム名(1 つまたは複数)を入力し、Return キーを押します。
Enter the system names separated by spaces on which to
install SF:
host1
既存の設定によっては、各種メッセージやプロンプトが表示される場合があります。
プロンプトに適切に回答します。
191
192
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
11 インストールまたは更新されるパッケージが一覧表示されます。アップグレードする
準備が整ったことを確認するように求めるメッセージが表示されます。
Are you sure you want to upgrade Storage Foundation?[y,n,q] (y) y
y を選択すると、インストーラはアップグレードを行う前に、製品のプロセスを停止し、
いくつかの設定を更新します。
12 インストーラにより、一覧のパッケージがアンインストールされ、再インストールされま
す。
13 Veritas Storage Foundation ソフトウェアは検証、設定されました。
Veritas Storage Foundation プロセスを起動します。
Do you want to start Veritas Storage Foundation processes
now?[y,n,q] (y) y
手動手順での Veritas Storage Foundation のアップグレード(OS のアッ
プグレードが必要ない場合)
この項では、ルートディスクがカプセル化されていなく、Solaris バージョンをアップグレー
ドする意図がない場合に、Veritas Storage Foundation の以前のバージョンから現在の
Veritas Storage Foundation (5.1)にアップグレードする方法について説明します。5.1
でサポートされている Solaris のバージョンをすでに実行している場合にのみこの手順を
使います。
p.176 の 「Storage Foundation 5.1 のアップグレードパス」 を参照してください。
Veritas Storage Foundation 製品をアップグレードするには
1
VEA サービスを停止します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl stop
2
ルートディスクがカプセル化されていないことを確認します。
p.176 の 「ルートディスクがカプセル化されているかどうかの確認」 を参照してくださ
い。
3
マウントされている VxFS ファイルシステムのマウントを解除します。
各ホストが VxVM と VxFS の同じバージョンを実行する場合、インストーラは複数の
ホストのアップグレードをサポートします。ホストが異なるバージョンで実行されてい
る場合、個別にアップグレードする必要があります。
QuickLog 機能によってマウントされる VxFS ファイルシステムがある場合は、アップ
グレードする前に QuickLog を無効にする必要があります。詳しくは、『Veritas File
System 管理者ガイド』の「Veritas QuickLog」の章を参照してください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
4
高可用性(HA)製品をアップグレードする場合は、すべてのサービスグループをオ
フラインにします。
すべてのサービスグループを一覧表示します。
# /opt/VRTSvcs/bin/hagrp -list
一覧表示されたそれぞれのサービスグループをオフラインにします。
# /opt/VRTSvcs/bin/hagrp -offline service_group ¥
-sys system_name
5
VxFS NetBackup ライブラリパッケージ(VRTSfsnbl)がインストールされている場合
は、新しいパッケージをインストールする前に削除します。
このパッケージを削除するには、次のように pkgrm コマンドを使います。
# pkgrm VRTSfsnbl
必要に応じて、システムメッセージに応答します。
このパッケージの中に含まれるライブラリは、5.1 の VRTSvxfs パッケージに含まれ
ています。
6
すべてのホストで、すべてのプライマリ RLINK が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
注意: プライマリ RLINK が最新になるまで処理を続行しないでください。
7
システムに独立した /opt と /var ファイルシステムがある場合、インストールを続行
する前に、それらがマウントされていることを確認します。
8
ディスクをロードしてマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
9
VVR が設定されている場合、すべてのホストで vvr_upgrade_start スクリプトを実
行し、もとの VVR 設定を保存します。
# /dvd_mount/scripts/vvr_upgrade_start
10 既存のインストールから Veritas のパッケージを削除します。
詳しくは、『Storage Foundation インストールガイド』を参照してください。
11 次のコマンドを実行して、インストールするパッケージの一覧を表示します。
./installsf -recpkgs
193
194
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
12
pkgadd コマンドを使って、手順 11 からパッケージをインストールします。
一部のパッケージは pkgadd コマンドにオプションが必要です。
VVR を使ったレプリケーションが設定されている場合、インストールプロセス中にプ
ライマリのコンソールに表示される次のエラーメッセージは無視します。
VxVM VVR vxrlink ERROR V-5-1-3371 Can not recover rlink_name.
rvg_name is in PASSTHRU mode
VxVM VVR vxrlink ERROR V-5-1-3473 Log header I/O error
セカンダリのコンソールに表示される次のエラーメッセージも無視します。
WARNING: VxVM VVR vxio V-5-0-278 Rlink rlink_name is stale and
not replicating
13
installsf -configure コマンドを使用して SF のインストールを設定します。
14 VVR が設定されている場合、すべてのホストで次のコマンドを実行してアップグレー
ドを完了します。ホストにセカンダリ RVG のみが存在する場合、まず次のコマンドを
そのホストで実行することをお勧めします。
# /dvd_mount/scripts/vvr_upgrade_finish
vvr_upgrade_finish スクリプトでは SRL のみがアップグレードされます。その後、
RVG は以前のバージョンの VxVM または VVR で動作できません。
アップグレードスクリプト(OS のアップグレードやカプセル化ルートディス
ク)を使用した 4.x からの 5.1 への Veritas Storage Foundation のアッ
プグレード
この項では、Solaris のバージョンをアップグレードする必要がある、カプセル化ルートディ
スクがある、または両方の場合に、最新の Veritas Storage Foundation へのアップグ
レードについて説明します。オペレーティングシステムがサポート対象の Solaris のバー
ジョンになければ、この手順に従う必要があります。
このアップグレード手順では、既存の VxVM と VxFS の設定を保持することができます。
アップグレード後は、vxinstall を再度実行しなくても、ファイルシステムとボリュームを
アップグレード前のように使えます。
この手順は、必ず指定された順序に従って行ってください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
アップグレードを開始するには
1
VCS Agents for VVR が設定されている場合、開始する前に、アップグレード前の
手順を実行する必要があります。
p.184 の 「VCS エージェントがある場合の VVR のアップグレードの準備」 を参照して
ください。
2
ディスクをロードしてマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
3
システムでアップグレードできることを検証します。次のコマンドを入力します。
# /mount_point/scripts/upgrade_start -check
4
Volume Manager の以前の設定を保持するために upgrade_start スクリプトを実
行します。
# /mount_point/scripts/upgrade_start
5
何らかの理由で upgrade_start スクリプトが失敗する場合、upgrade_finish ス
クリプトを実行してすでに実行したすべての変更を取り消します。システムが復旧さ
れたことを、/etc/system、/etc/vfstab、および format コマンドの出力を比較す
ることにより確認します。次に upgrade_start 障害の理由を判断し、修正します。
適時のやり方で問題を修正できない場合、vfstab ファイルを保存されたバージョン
に復元し、すべての他のアプリケーションを復元し、init 6 を実行してシステムを完
全に復元します。
6
ルートディスクがカプセル化されている場合、コンピュータを再起動します。
7
すべてのホストで、すべてのプライマリ RLINK が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
注意: プライマリ RLINK が最新になるまで処理を続行しないでください。
8
VVR が設定されている場合、すべてのホストで vvr_upgrade_start スクリプトを実
行して、もとの VVR 設定を保存します。
# /mount_point/scripts/vvr_upgrade_start
9
VxFS ファイルシステムが /etc/vfstab ファイルで指定されている場合は、コメント
アウトします。
10 次の方法の 1 つで既存の Storage Foundation のパッケージを削除します。
■
uninstallsf のスクリプトの使用
195
196
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
■
pkgrm の使用
詳しくは、既存の Storage Foundation バージョンの『Storage Foundation インス
トールガイド』を参照してください。
uninstallsf スクリプトを実行した後、すべての VRTS* のパッケージが削除されてい
ることを確認します。削除されていなければ、pkgrm を使って手動で削除してくださ
い。
11 コンピュータを再起動します。
12 オペレーティングシステムをアップグレードしたら、すぐに実行します。
Solaris のインストールマニュアルを参照します。
オペレーティングシステムのアップグレード方法は、このマニュアルには記載されて
いません。
13 次の方法の 1 つで Storage Foundation のパッケージをインストールします。
■
共通インストーラの使用
p.196 の 「製品インストーラで Veritas Storage Foundation のパッケージをアッ
プグレードするには」 を参照してください。
■
手動手順の使用
p.197 の 「手動手順で Veritas Storage Foundation のパッケージをアップグレー
ドするには」 を参照してください。
製品インストーラで Veritas Storage Foundation のパッケージをアップグレードするに
は
1
ディスクをロードしてマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
2
共通インストーラを起動するには、次の例のように CD-ROM 内の installer コマ
ンドを実行します。
# cd /cdrom/cdrom0
# ./installer
3
[I]を選択して製品をインストールし、続いてインストールする製品の番号を選択しま
す。
4
既存の設定によっては、各種メッセージやプロンプトが表示される場合があります。
プロンプトに適切に回答します。
5
アップグレード前の手順 9 で、/etc/vfstab ファイルの VxFS File System エントリ
をコメントアウトした場合は、コメントを外します。
6
設定を復元してアップグレードを完了します。
p.197 の 「設定の復元とアップグレードの完了」 を参照してください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
製品インストーラまたは手動手順を使った 5.1 への Veritas Storage Foundation のアップグレード
手動手順で Veritas Storage Foundation のパッケージをアップグレードするには
1
Veritas Storage Foundation for DB2 または Veritas Storage Foundation for
Oracle をアップグレードしようとしている場合は、アップグレードの前に既存のスナッ
プショットをすべて再同期します。
Veritas Storage Foundation for DB2 の場合
# /opt/VRTS/bin/db2ed_vmsnap -D DB2DATABASE -f SNAPPLAN ¥
-o resync
Veritas Storage Foundation for Oracle の場合
# /opt/VRTS/bin/dbed_vmsnap -S $ORACLE_SID -f SNAPPLAN ¥
-o resync
2
ディスクをロードしてマウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
3
pkgadd コマンドでパッケージを追加します。
4
アップグレード前の手順 9 で、/etc/vfstab ファイルの VxFS File System エントリ
をコメントアウトした場合は、コメントを外します。
5
設定を復元してアップグレードを完了します。
p.197 の 「設定の復元とアップグレードの完了」 を参照してください。
設定の復元とアップグレードの完了
1
upgrade_finish スクリプトを実行し、アップグレードを完了します。
# /mount_point/scripts/upgrade_finish
2
次のコマンドを使って製品を設定します。
# /cdrom/cdrom0/installer -configure
ルートがカプセル化されている場合、上記のコマンドを実行すると、一部の VxVM
プロセスの停止でエラーが起きることがあります。アンロードできない Veritas モジュー
ルがある場合は、次の手順を実行します。
■
システムを再起動します。
■
CVM を設定します。
# cfscluster -config
■
既存のフェンシングキーを消去します。
197
198
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアップグレード
# /opt/VRTSvcs/vxfen/bin/vxfenclearpre
■
フェンシングを設定します。
# /opt/VRTS/install/installvcs -fencing
3
VCS Agents for VVR が設定されている場合は、VCS エージェントに関連している
アップグレード後の手順を実行します。
p.205 の 「VCS Agents for VVR が設定されている場合のアップグレード後のタスク」
を参照してください。
そうでない場合、VVR が設定されていれば、すべてのホストで次のコマンドを実行
してアップグレードを完了します。ホストにセカンダリ RVG のみが存在する場合、ま
ず次のコマンドをそのホストで実行することをお勧めします。
# /disc_path/scripts/vvr_upgrade_finish
vvr_upgrade_finish スクリプトでは SRL のみがアップグレードされます。その後、
RVG は以前のバージョンの VxVM または VVR で動作できません。
4
マシンを再起動します(shutdown などのコマンドを使用)。
この時点で、アップグレード前の設定が有効になり、以前ボリューム上に定義されて
いたファイルシステムを定義してマウントします。
5
旧 5.1 の Veritas Volume Manager ディスクグループをインポートしても、ディスク
グループバージョンは自動的に VxVM 5.1 レベルにはアップグレードされません。
VxVM アップグレードに続いて、手動でディスクグループのそれぞれをアップグレー
ドする必要がある場合があります。
p.214 の 「VxVM ディスクグループのバージョンのアップグレード」 を参照してくださ
い。
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage
Foundation のアップグレード
この項では、Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアッ
プグレードについて説明します。インストーラは、指定のシステム(複数可)で現在インス
トールされている製品を検出し、アップグレードします。別の製品にアップグレードする場
合は、追加手順が必要になることがあります。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Solaris OS のみのアップグレード
Storage Foundation をアップグレードするには
1
保持するデータの保存に必要な手順を実行します。たとえば、設定ファイルのバッ
クアップを作成します。
2
Web ベースのインストーラを開始します。
p.63 の 「Veritas の Web ベースインストーラの起動」 を参照してください。
3
[アップグレード(Updrade)]を選択します。
指定のシステムにインストールされている製品がインストーラによって検出されます。
4
使用許諾契約のページで、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)の条件を受け入
れるかどうかを選択します。続行するには、[はい、同意します(Yes I agree)]を選
択し、[次へ(Next)]をクリックします。
5
アップグレードを行うシステムを指定します。スペースで区切って、1 つ以上のシステ
ム名を入力します。[検証(Validate)]をクリックします。
6
[次へ(Next)]をクリックして、アップグレードを完了します。
アップグレードが完了すると、ログと概略ファイルの場所が表示されます。必要に応
じて、ファイルを調べて、インストールの状態を確認します。
7
[完了(Finish)]をクリックします。別のタスクを行うかどうかを尋ねるメッセージが表
示されます。
4.x からアップグレードしている場合、ネーティブオペレーティングシステムアカウントを
使ったときには、新しい VCS アカウントの作成が必要になることがあります。
Solaris OS のみのアップグレード
古いリリースの Solaris オペレーティングシステムで Storage Foundation 5.1 を実行し
ている場合は、次の手順で Solaris オペレーティングシステムをアップグレードできます。
警告: この手順で Solaris オペレーティングシステムをアップグレードできるのは、Storage
Foundation 5.1 を実行している場合のみです。
/opt ディレクトリがシステム内に存在し、書き込み可能であり、シンボリックリンクではない
ことを確認します。これは、upgrade_start で一時変換されないボリュームは、アップグ
レードプロセスで使えないためです。/opt のシンボリックリンク先が変換されないボリュー
ムである場合、そのシンボリックリンクはアップグレード中は機能せず、/opt 内の項目は
インストールされません。
199
200
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Solaris OS のみのアップグレード
Solaris オペレーティングシステムのみをアップグレードするには
1
次のコマンドを使って、システムをシングルユーザーモードに移行します。
# init S
/opt がそれ自身のパーティションに存在する場合は、/opt を手動でマウントする
必要があります。
2
Storage Foundation の現在インストールされているバージョンからのソフトウェア
CD をロードし、マウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
3
次のコマンドを使って、ディレクトリを変更します。
# cd /mount_point/scripts
4
引数に -check を指定して upgrade_start コマンドを実行すると、正常なアップグ
レード処理を妨げる問題が存在するかどうかを検出できます。現在インストールされ
た SF リリースと供給された upgrade_start のスクリプトを使います。このコマンドの
実行結果が正常であれば upgrade_start スクリプトの実行を継続できますが、エ
ラーが報告された場合は問題を修正して upgrade_start -check を再実行する
必要があります。
# ./upgrade_start -check
5
upgrade_start スクリプトを実行して、システムをパーティションで起動できるように
しますupgrade_start スクリプトにより、ファイルシステムを含むボリュームが検索さ
れ、作成されていた場合はパーティションに変換されます。
# ./upgrade_start
6
システムの実行レベルを 0 に変更します。
# init 0
7
サポート対象の Solaris のバージョンにオペレーティングシステムをアップグレード
します。
p.34 の 「サポート対象 Solaris オペレーティングシステム」 を参照してください。
Solaris のアップグレードに使う手順によっては、システムを実行レベル 0 から起動
する必要があります。Solaris をアップグレードする方法については、Solaris のイン
ストールマニュアルを参照してください。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Solaris OS のみのアップグレード
8
Solaris オペレーティングシステムをインストールした後、Veritas Storage Foundation
5.1 で必要な Solaris パッチをインストールします。
『Veritas Storage Foundation リリースノート』を参照してください。
9
Solaris オペレーティングシステムをアップグレードした後にシステムを起動したら、
次のコマンドを入力してシステムをシングルユーザーモードで再起動します。
# init S
10
/opt がマウントされていることを確認します。
11 Storage Foundation の現在インストールされているバージョンからのソフトウェア
CD をロードし、マウントします。
p.49 の 「ソフトウェアディスクのマウント」 を参照してください。
12 Solaris 10 にアップグレードした場合は、Solaris 10 の機能をサポートするために、
特定の Storage Foundation パッケージとパッチを再インストールする必要がありま
す。
Storage Foundation の場合、VRTSvxvm と VRTSvxfs パッケージを再インストール
する必要があります。
Storage Foundation HA の場合、VRTSvxvm、VRTSvxfs、VRTSvcsag パッケージ
を再インストールする必要があります。
必要なパッケージを再インストールするには、次の手順を実行します。
■
既存のパッケージを削除します。
Storage Foundation の場合:
# pkgrm VRTSvxvm VRTSvxfs VRTSaslapm
Storage Foundation HA の場合:
# pkgrm VRTSvxvm VRTSvxfs VRTSvcs VRTSvxfen VRTSgab VRTSllt
■
Storage Foundation パッケージを含むディレクトリに移動します。
# cd /mount_point/pkgs
■ pkgadd
コマンドを使って 5.1 パッケージをインストールします。
Storage Foundation の場合:
# pkgadd VRTSvxvm VRTSvxfs VRTSaslapm
Storage Foundation HA の場合:
# pkgadd VRTSvxvm VRTSvxfs VRTSvcs VRTSvxfen VRTSgab VRTSllt
201
202
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Veritas Volume Replicator のアップグレード
13 次のように入力して、ソフトウェアディスクからの、現在インストールされているバー
ジョンの Storage Foundation のアップグレードを完了します。
# ./upgrade_finish
14 次のコマンドを使って、再設定のための再起動を実行します。
# reboot -- -r
Veritas Volume Replicator のアップグレード
以前のバージョンの Veritas Volume Replicator(VVR)が設定されている場合、Storage
Foundation 製品をアップグレードすると、製品インストーラが自動的に VVR をアップグ
レードします。
4.1 MP1 以降からアップグレードする場合、レプリケーションを中断させずにアップグレー
ドするオプションが用意されています。
p.202 の 「レプリケーションを中断しない VVR のアップグレード」 を参照してください。
レプリケーションを中断しない VVR のアップグレード
この項では、レプリケーションを実行しているときに以前のバージョンの VVR から現在の
バージョンの VVR にアップグレードする手順について説明します。この方法は、RDS 内
のすべてのホストを一度にアップグレードする必要がないことを前提としています。
バージョン間でレプリケーションの設定が必要になる場合があります。
p.26 の 「前の VVR バージョンからのアップグレードの計画」 を参照してください。
プライマリとセカンダリの両方に以前のバージョンの VVR がインストールされている場合、
アップグレードはプライマリまたはセカンダリで実行できます。セカンダリホストは、RDS の
プライマリホストより前にアップグレードすることをお勧めします。この項では、プライマリの
アップグレード手順とセカンダリのアップグレード手順が別々に記載されています。
メモ: クラスタを設定している場合、クラスタ内のすべてのノードを同時にアップグレードす
る必要があります。
セカンダリでの VVR のアップグレード
セカンダリホストをアップグレードするには次の手順に従います。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
言語パッケージのアップグレード
セカンダリのアップグレード方法
1
次のコマンドを使ってプライマリの一時停止を起動し、セカンダリホストへのレプリケー
ションを停止します。
# vradmin -g diskgroup pauserep local_rvgname
2
セカンダリで VVR 4.1 MP1 から VVR 5.1 にアップグレードします。
3
次のコマンドを使ってプライマリからのレプリケーションを再開します。
# vradmin -g diskgroup resumerep local_rvgname sec_hostname
プライマリでの VVR のアップグレード
セカンダリのアップグレードが終了したら、シマンテック製品インストーラを使ってプライマ
リをアップグレードします。
メモ: アップグレード計画を作成し、アップグレード中のアプリケーションのダウンタイムを
削減します。
p.26 の 「前の VVR バージョンからのアップグレードの計画」 を参照してください。
言語パッケージのアップグレード
Veritas 製品をアップグレードする場合、英語以外の言語では、英語パッケージをインス
トールしてから必要な言語パッケージをインストールする必要があります。続行する前に
英語のインストールが正しいことを確認してください。
言語パッケージを初期インストール用としてインストールしてください。
p.59 の 「言語パッケージのインストール」 を参照してください。
アップグレード後のタスク
アップグレード後、以降の項で説明するタスクを実行して、以前の設定を復元し、Storage
Foundation 5.1 を正しく設定する必要があります。インストールに関連している機能と製
品に必要なタスクを実行します。
オプションの設定手順
アップグレードが完了した後、追加の作業を実行する必要がある場合があります。
次のオプションの設定手順を実行できます。
203
204
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
■
IPv6 を使用する予定の場合、プライマリ/セカンダリノードでの仮想レプリケーション
IP に IPv6 アドレスを指定し、ホスト名またはアドレスを IPv4 から IPv6 に切り替える
必要があります。この場合、次のように入力します。
# vradmin changeip newpri=v6 newsec=v6
ここで v6 は IPv6 アドレスです。
■
ブートディスクをカプセル化およびミラー化するには、『Veritas Volume Manager 管
理者ガイド』の「ディスクの管理」の章の手順を実行します。
■
以前のリリースの Veritas ソフトウェアからこのリリースにアップグレードする場合、製
品インストーラはすでにインストールされているライセンスキーを変更しません。既存
のライセンスキーではこのリリースの新機能がアクティブ化されない場合があります。
アップグレード後に、次のいずれかの手順を実行してください。
■
有効なライセンスキーを入手し、vxlicinst コマンドを実行してシステムに追加
する。
p.140 の 「Veritas 製品のライセンスキーのインストール」 を参照してください。
■ vxkeyless コマンドを使って、ライセンスキーをキーレスライセンスモデルに更新
する。
p.139 の 「キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更」 を参照してく
ださい。
■
VxFS ディスクレイアウトのバージョンと VxVM ディスクグループのバージョンをアップ
グレードするには、アップグレード手順を実行します。
p.208 の 「ディスクレイアウトバージョンのアップグレード」 を参照してください。
p.214 の 「VxVM ディスクグループのバージョンのアップグレード」 を参照してくださ
い。
自動アップグレードが失敗した場合の VVR のリカバリ
設定段階でアップグレードが失敗した場合、VVR アップグレードディレクトリを表示した後
に設定を復元してからアップグレードを再試行する必要があります。設定を復元するに
は、アップグレードディレクトリ内のスクリプトを次の順番で実行します。
# restoresrl
# adddcm
# srlprot
# attrlink
# start.rvg
設定が復元されたら、現在の手順を再試行できます。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
VCS Agents for VVR が設定されている場合のアップグレード後のタスク
次に、VCS Agents for VVR でのアップグレード後のタスクを一覧表示します。
■
「サービスグループのアンフリーズ」
■
「VCS エージェントが設定されている場合のもとの設定の復元」
サービスグループのアンフリーズ
この項では、サービスグループをアンフリーズしてオンラインにする方法について説明し
ます。
サービスグループをアンフリーズするには
1
クラスタ内の任意のノードで、VCS 設定を書き込み可能にします。
# haconf -makerw
2
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf を編集して、RVG と RVGShared リソー
スの非推奨の属性(SRL と RLink)を削除します。
3
次のコマンドを使って main.cf ファイルの構文を検証します。
# hacf -verify
4
クラスタ内の任意のノードで次のコマンドを入力し、「VCS エージェントが設定されて
いる場合のアップグレードの準備」 の項の手順 6 でフリーズしたすべてのサービス
グループをアンフリーズします。
# hagrp -unfreeze service_group -persistent
5
クラスタ内の任意のノードで、設定を保存します。
# haconf -dump -makero
6
共有ディスクグループ環境内でアップグレードを行う場合、次のコマンドを使って
RVGShared グループをオンラインにします。
# hagrp -online RVGShared -sys masterhost
205
206
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
7
各ノードで、対応する IP リソースをオンラインにします。
p.186 の 「VCS エージェントが設定されている場合のアップグレードの準備」 を参照
してください。
クラスタ内の任意のノードで、次のコマンドを入力します。
# hares -online ip_name -sys system
この IP は、クラスタ内でのレプリケーションに使われる仮想 IP です。
8
共有ディスクグループ環境では、手順 11 で書き留めておいたマスターノードの仮
想 IP リソースをオンラインにします。
VCS エージェントが設定されている場合のもとの設定の復元
この項では、VCS 設定されたエージェントを含む設定を復元する方法について説明しま
す。
メモ: もとの設定を復元するのは、プライマリクラスタとセカンダリクラスタのすべてのノード
で VVR のアップグレードを完了している場合のみです。
もとの設定を復元するには
1
すべてのディスクグループを VVR 設定にインポートします。
# vxdg -t import diskgroup
各ディスクグループは、アップグレードを実行したときにそのディスクグループがオン
ラインになっていたノードと同じノードにインポートしてください。アップグレード後の
再起動では、たとえば AutoStartList 内のノードの順番が原因で、別のノードがオ
ンラインになる可能性があります。この場合、ディスクグループを含む VCS グループ
を、アップグレードの準備中にディスクグループがオンラインになっていたノードに切
り替えます。
# hagrp -switch grpname -to system
2
手順 1 でディスクグループをインポートしたノードで、次のコマンドを入力し、すべて
のディスクグループをリカバリします。
# vxrecover -bs
3
VVR をアップグレードしたすべてのノードで、すべてのディスクグループをアップグ
レードします。
# vxdg upgrade diskgroup
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
4
セカンダリの各データボリュームのサイズが、対応するプライマリのデータボリューム
のサイズと同じであることを、VVR のセカンダリホストであるすべてのノードで確認し
ます。プライマリよりも大きなサイズを持つセカンダリのボリュームを縮小するには、セ
カンダリの各ボリュームに対して次のコマンドを実行します。
# vxassist -g diskgroup
shrinkto volume_name volume_length
ここで volume_length には、プライマリ上のボリュームのサイズを指定します。
メモ: VVR をアップグレードするプライマリクラスタとセカンダリクラスタのすべてのノー
ドでこの手順を完了するまで、処理を続行しないでください。
5
採用したアップグレード方法に従って設定を復元します。
VVR アップグレードスクリプトを使ってアップグレードした場合
VVR をアップグレードしたすべてのノードで vvr_upgrade_finish スクリプトを実
行して、アップグレードを完了します。vvr_upgrade_finish スクリプトは、最初に
VVR のセカンダリホストである各ノードで実行することをお勧めします。
次の作業をこの順番で実行します。
■ vvr_upgrade_finish
スクリプトを実行するには、次のコマンドを入力します。
# /disc_path/scripts/vvr_upgrade_finish
ここで、disc_path は、Veritas ソフトウェアディスクがマウントされている場所で
す。
■
メッセージが表示されたノードで、RLINK を接続します。
# vxrlink -g diskgroup -f att rlink_name
製品インストーラを使ってアップグレードした場合
Veritas 製品インストーラを使って、[インストールされた製品の設定(Configure an
Installed Product)]を選択します。または、-configure オプションを指定したイン
ストールスクリプトを使います。
6
マスターの RVGLogowner グループをオンラインにします。
# hagrp -online RVGLogownerGrp -sys masterhost
7
残りのホストの cvm グループを起動してオンラインにします。
# hagrp -online cvm -sys slave_host
207
208
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
8
IPv6 を使用する予定の場合、プライマリ/セカンダリノードでの仮想レプリケーション
IP に IPv6 アドレスを指定し、ホスト名またはアドレスを IPv4 から IPv6 に切り替える
必要があります。この場合、次のように入力します。
# vradmin changeip newpri=v6 newsec=v6
ここで v6 は IPv6 アドレスです。
9
停止したアプリケーションを再起動します。
ディスクレイアウトバージョンのアップグレード
このリリースで作成およびマウントできるファイルシステムは、ディスクレイアウトバージョン
が 6 と 7 のファイルシステムに限られます。これ以前のバージョンは作成およびマウント
できません。
vxfsconvert または vxupgrade ユーティリティを使って、古いディスクレイアウトバージョ
ンをディスクレイアウトバージョン 7 にアップグレードします。
vxfsconvert コマンドは、マウント解除されたファイルシステムをディスクレイアウトバー
ジョン 5 以前からディスクレイアウトバージョン 7 に変換します。
vxupgrade コマンドは、マウント済みのファイルシステムをディスクレイアウトバージョン 6
からバージョン 7 にアップグレードします。以前のバージョンはマウントできないので、
vxupgrade でアップグレードすることはできません。
vxfsconvert または vxupgrade のマニュアルページを参照してください。
ディスクレイアウトについて詳しくは『Veritas File System 管理者ガイド』を参照してくだ
さい。
SFDB リポジトリデータベースを移行するためのアップグレード後のタス
ク
Storage Foundation for Oracle 5.0 または 4.x で使っている SFDB(Storage Foundation
for Databases)ツールを使い続ける予定の場合は、次のいずれかの手順を実行する必
要があります。
■
5.0 SFDB リポジトリデータベースの移行
■
4.x SFDB リポジトリデータベースの移行
■
既存の Storage Checkpoint と DBDST パラメータを移行しないアップグレード
5.0 または 4.x で作成した Database Storage Checkpoint と Database Dynamic Storage
Tiering パラメータを使い続ける予定の場合は、Storage Foundation を 5.1 にアップグ
レードしてからリポジトリデータベースを 5.1 に移行する必要があります。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
5.0 リポジトリデータベースから 5.1 への移行
クラスタ環境の場合、1 つのノードでのみ次の手順を実行します。
5.0 リポジトリデータベースから 5.1 に移行するには
1
root ユーザーとして、Oracle が使う各種ディレクトリの Oracle グループの権限を設
定します。
# /opt/VRTSdbed/common/bin/sfua_db_config
2
root ユーザーとして、古い Sybase ASA リポジトリをダンプします。SFHA または SF
Oracle RAC を使っている場合、この作業は 1 つのノードで行えば十分です。
# /opt/VRTSdbed/migrate/sfua_rept_migrate
3
sfua_rept_migrate を実行した同じノードで、Oracle ユーザーとして次のコマンド
を実行します。Oracle インスタンスごとに、古いリポジトリデータを SQLite リポジトリ
に移行します。
SF の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME
SFHA の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME -G ¥
Oracle_service_group
4
デフォルトでは、リポジトリは Oracle SYSTEM 表領域を含むファイルシステム上に
作成されます。代替リポジトリパスが必要な場合は、最初に次の条件を検証します。
■
リポジトリパスは Oracle ユーザーが書き込み可能なディレクトリである必要があ
ります。
■
SFHA を使っている場合、すべてのノードからリポジトリにアクセスできる必要が
あります。Oracle データベースとともにフェールオーバーできるよう、リポジトリは
VCS の制御下にあるリソースグループに配置することができます。
■
update コマンドは、リポジトリパスがアクセス可能かどうかを検証できません。パ
スを正しく設定していないと、update コマンドは失敗します。
代替リポジトリパスを作成するには
SF の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME -R ¥
Alternate_path
SFHA の場合、次のコマンドを使います。
209
210
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME ¥
-G Oracle_service_group -R Alternate_path
5
VRTSdbms3 パッケージを削除します。
警告: VRTSdbms3 パッケージを削除した後は、まだ移行していない Oracle インス
タンスのリポジトリは移行できなくなります。
次のいずれかの条件に当てはまる場合、
■
リポジトリを移行していない Oracle インスタンスがあり、移行する必要がない。
■
5.0 から移行する必要があるリポジトリがない。
sfua_rept_migrate を実行したノードに対して次の手順を実行して、VRTSdbms3
パッケージを手動で削除します。
# /usr/sbin/pkgrm VRTSdbms3
クラスタ環境がある場合は、残りのノードに対して次の手順を実行します。
■
root ユーザーとして、Oracle が使う各種ディレクトリの Oracle グループの権限
を設定します。
# /opt/VRTSdbed/common/bin/sfua_db_config
■
SFDB ツールを実行する前に、残りのノードで VRTSdbms3 パッケージを手動
で削除します。
# /usr/sbin/pkgrm VRTSdbms3
VRTSdbms3 パッケージが削除された後、5.0 バージョンで作成されたリポジトリディ
スクグループが必要なくなれば、これを破棄できます。
6
オフホスト処理に Database Flashsnap を使っている場合、および移行する必要の
あるリポジトリがセカンダリホスト上にある場合は、セカンダリホストでこれまでの手順
を実行します。
5.0 から移行する必要があるリポジトリがない場合、
root ユーザーとして、Oracle が使う各種ディレクトリの Oracle グループの権限を設
定します。
# /opt/VRTSdbed/common/bin/sfua_db_config
セカンダリホストから VRTSdbms3 パッケージを手動で削除します。
# /usr/sbin/pkgrm VRTSdbms3
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
7
プライマリホストでスナッププランを編集して、「SNAPSHOT_DG=SNAP_*」パラメー
タを削除し、「SNAPSHOT_DG_PREFIX=SNAP_*」を追加します。パラメータは、ど
のプレフィックス値でも指定でき、「SNAP_*」にする必要はありません。
次に例を示します。
$ /usr/oracle> more SNAPPLAN1
SNAPSHOT_VERSION=5.0
PRIMARY_HOST=system1
SECONDARY_HOST=system1.pdx.symantec.com
PRIMARY_DG=system1_data
SNAPSHOT_DG=SNAP_system1_data
ORACLE_SID=HN1
ARCHIVELOG_DEST=/oracle/orahome/dbs/arch
SNAPSHOT_ARCHIVE_LOG=yes
SNAPSHOT_MODE=online
SNAPSHOT_PLAN_FOR=database
SNAPSHOT_PLEX_TAG=dbed_flashsnap
SNAPSHOT_VOL_PREFIX=SNAP_
ALLOW_REVERSE_RESYNC=no
SNAPSHOT_MIRROR=1
$ /usr/oracle> more SNAPPLAN1
SNAPSHOT_VERSION=5.0
PRIMARY_HOST=system1
SECONDARY_HOST=system1.pdx.symantec.com
PRIMARY_DG=judge_data
SNAPSHOT_DG_PREFIX=SNAP_system1_data
ORACLE_SID=HN1
ARCHIVELOG_DEST=/oracle/orahome/dbs/arch
SNAPSHOT_ARCHIVE_LOG=yes
SNAPSHOT_MODE=online
SNAPSHOT_PLAN_FOR=database
SNAPSHOT_PLEX_TAG=dbed_flashsnap
SNAPSHOT_VOL_PREFIX=SNAP_
ALLOW_REVERSE_RESYNC=no
SNAPSHOT_MIRROR=1
8
プライマリホストで、次のコマンドを使ってスナップショットを再検証します。
$ /opt/VRTS/bin/dbed_vmchecksnap -S $ORACLE_SID ¥
-H $ORACLE_HOME -f SNAPPLAN -o validate
これで、Database Storage Checkpoint と Database Tiered Storage パラメータの
リポジトリの移行が完了します。
211
212
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
SFDB(Storage Foundation for Databases)ツールを使い始めるには
『Storage Foundation: Storage and Availability Management for Oracle Databases』
を参照してください。
4.x リポジトリデータベースからの移行
Veritas Storage Foundation for Oracle をアップグレードしている場合、/var/vx/vxdba
に移行して、ルートパーティション下の領域を節約できます。/var/vx/vxdba への移行
はオプションです。ただし、この移行を実行しない場合、正常な運用を保証するために
/etc/vx/vxdba からファイルやディレクトリを削除できなくなります。
/etc/vx/vxdba から /var/vx/vxdba に移行するには
1
/etc/vx/vxdba ディレクトリと内容を /var/vx/vxdba へコピーします。
# cp -rp /etc/vx/vxdba /var/vx/vxdba
2
/etc/vx/vxdba を削除します。
# rm -rf /etc/vx/vxdba
3
2 つのディレクトリをリンクします。
# ln -s /var/vx/vxdba /etc/vx/vxdba
4.x から 5.1 に SFDB ツールをアップグレードするには
1
root ユーザーとして、Oracle が使う各種ディレクトリの Oracle グループの権限を設
定します。クラスタ環境の場合、1 つのノードで次のコマンドを使います。
# /opt/VRTSdbed/common/bin/sfua_db_config
2
1 つのノードで Oracle ユーザーとして、Oracle インスタンスごとに古いリポジトリデー
タを SQLite リポジトリに移行します。
SF の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME
SFHA の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME -G ¥
Oracle_service_group
3
デフォルトでは、リポジトリは Oracle SYSTEM 表領域を含むファイルシステム上に
作成されます。代替リポジトリパスが必要な場合は、最初に次の条件を検証します。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
■
SFDB リポジトリパスは Oracle ユーザーが書き込み可能なディレクトリである必
要があります。
■
SFHA を使っている場合、すべてのノードからリポジトリにアクセスできる必要が
あります。Oracle データベースとともにフェールオーバーできるよう、リポジトリは
VCS の制御下にあるリソースグループに配置することができます。
■
update コマンドは、リポジトリパスがアクセス可能かどうかを検証できません。パ
スを正しく設定していないと、update コマンドは失敗します。
代替リポジトリパスを作成するには
SF の場合、次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME -R ¥
Alternate_path
SFHA の場合、1 つのノードで次のコマンドを使います。
$ dbed_update -S $ORACLE_SID -H $ORACLE_HOME ¥
-G Oracle_service_group -R Alternate_path
4
プライマリホストでスナッププランを編集して、「SNAPSHOT_DG=SNAP_*」パラメー
タを削除し、「SNAPSHOT_DG_PREFIX=SNAP_*」を追加します。パラメータは、ど
のプレフィックス値でも指定でき、「SNAP_*」にする必要はありません。
次に例を示します。
$ /usr/oracle> more SNAPPLAN1
SNAPSHOT_VERSION=4.0
PRIMARY_HOST=host1
SECONDARY_HOST=host1
PRIMARY_DG=PRODdg
SNAPSHOT_DG=SNAP_PRODdg
ORACLE_SID=PROD
ARCHIVELOG_DEST=/prod_ar
SNAPSHOT_ARCHIVE_LOG=yes
SNAPSHOT_MODE=online
SNAPSHOT_PLAN_FOR=database
SNAPSHOT_VOL_PREFIX=SNAP_
ALLOW_REVERSE_RESYNC=no
$ /usr/oracle> more SNAPPLAN1
SNAPSHOT_VERSION=4.0
PRIMARY_HOST=host1
SECONDARY_HOST=host1
PRIMARY_DG=PRODdg
213
214
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
SNAPSHOT_DG_PREFIX=SNAP_PRODdg
ORACLE_SID=PROD
ARCHIVELOG_DEST=/prod_ar
SNAPSHOT_ARCHIVE_LOG=yes
SNAPSHOT_MODE=online
SNAPSHOT_PLAN_FOR=database
SNAPSHOT_VOL_PREFIX=SNAP_
ALLOW_REVERSE_RESYNC=no
5
オフホスト処理に Database Flashsnap を使っている場合、および移行する必要の
あるリポジトリがセカンダリホスト上にある場合は、セカンダリホストで手順 1 から 4 を
実行します。
4.x から移行する必要があるリポジトリがない場合、
root ユーザーとして、Oracle が使う各種ディレクトリの Oracle グループの権限を設
定します。
# /opt/VRTSdbed/common/bin/sfua_db_config
6
プライマリホストで、次のコマンドを使ってスナップショットを再検証します。
$ /opt/VRTS/bin/dbed_vmchecksnap -S $ORACLE_SID ¥
-H $ORACLE_HOME -f SNAPPLAN -o validate
これで SFDB のリポジトリの移行が完了します。
SFDB(Storage Foundation for Databases)ツールを使い始めるには
『Storage Foundation: Storage and Availability Management for Oracle Databases』
を参照してください。
VxVM ディスクグループのバージョンのアップグレード
Veritas Volume Manager の各ディスクグループには、バージョン番号が関連付けられ
ています。VxVM の各リリースでは、特定のディスクグループのバージョンがサポートされ
ており、該当するバージョンのディスクグループ上のタスクをインポートして実行すること
ができます。一部の新しい機能とタスクは現在のディスクグループバージョンのディスクグ
ループのみで動作します。タスクを実行する前に既存のディスクグループをアップグレー
ドする必要があります。
Storage Foundation 4.x から 5.1 にアップグレードした後で、ISP によって編成されるす
べての既存のディスクグループをアップグレードする必要があります。バージョンのアップ
グレードなしで、設定のクエリー操作はうまく働き続けます。ただし、設定変更操作は正し
く機能しません。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
5.1 の Veritas Volume Manager ディスクグループバージョンは、旧リリースの VxVM の
ものと異なります。5.1 以前のバージョンからアップグレードする場合は、ディスクグルー
プバージョンをアップグレードする必要があります。
ディスクグループのバージョンを確認するには、次のコマンドを使います。
# vxdg list diskgroup
ディスクグループを現在のディスクグループバージョンにアップグレードするには、次のコ
マンドを使います。
# vxdg upgrade diskgroup
ディスクグループバージョンについて詳しくは、『Veritas Volume Manager 管理者ガイ
ド』を参照してください。
変数の更新
必要に応じて、/etc/profile の PATH 変数および MANPATH 変数を更新します。
MANPATH には /opt/VRTS/man、PATH には /opt/VRTS/bin を指定できます。
デフォルトディスクグループの設定
Volume Manager 4.0 より前のリリースでは、デフォルトのディスクグループは rootdg
(ルートディスクグループ)でした。Volume Manager が正常に機能するには、rootdg
ディスクグループを作成し、このディスクグループに少なくとも 1 つのディスクを含める必
要がありました。
4.1 ではこの必要条件が不要になりましたが、システム全体のデフォルトのディスクグルー
プを作成しておくと便利です。デフォルトディスクグループの作成の主要な利点は VxVM
コマンドでデフォルトディスクグループがデフォルトで使われることです。-g オプションを
使う必要はありません。
システムで次のコマンドを実行すると、インストール後にデフォルトのディスクグループ名
を設定できます。
# vxdctl defaultdg diskgroup
『Veritas Volume Manager 管理者ガイド』を参照してください。
ASL のアップグレード
VxVM は、新しいディスクアレイを ASL(Array Support Library)ソフトウェアパッケージ
の形でサポートしています。
215
216
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
使用できる ASL がないストレージアレイの JBOD サポートの追加
アレイが A/A-A、A/P、ALUA のいずれかのタイプで、適した ASL を使用できない場合、
そのアレイは A/P タイプの JBOD として指定する必要があります。これは、パスの遅延や
I/O エラーの発生を予防するためです。JBOD はデフォルトで A/A タイプと想定されるた
め、そのようなアレイに適切な JBOD エントリを作成する必要があります。
A/A-A、A/P、ALUA タイプのアレイを JBOD として設定するには
1
アレイ上に設定されている VxVM ボリュームにアクセスしないように、データベース
などのアプリケーションをすべて停止し、アレイ上に設定されているすべての VxFS
ファイルシステムとチェックポイントをマウント解除します。
2
アレイを A/P タイプの JBOD として追加します。
# vxddladm addjbod vid=SUN pid=T300 policy=ap
3
Storage Foundation または VxVM ソフトウェアの 5.1 へのアップグレードが未実施
の場合は、それを行います。アップグレード中にデバイス検出が実行され、アレイは
適切なタイプの JBOD として登録されます。
システムを 5.1 にアップグレード済みの場合は、次のコマンドを実行してデバイス検
出を行います。
# vxdctl enable
4
アレイが追加され、ポリシーが APdisk に設定されていることを確認します。
# vxddladm listjbod
VID
PID
Opcode Page Code Page Offset SNO length Policy
============================================================
SUN
T300
18
-1
36
12
APdisk
5
アレイに正しいデバイスが示されることを確認します。
# vxdisk list
DEVICE
APdisk_0
APdisk_1
APdisk_2
...
TYPE
auto:cdsdisk
auto:cdsdisk
auto:cdsdisk
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online invalid
online invalid
online invalid
EMC PowerPath ディスクの DMP の有効化
この項の内容は、EMC PowerPath ディスクを使っているシステムをアップグレードする場
合のみ該当します。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
VxVM 4.1 以前のリリースでは通常、DMP サブパスと DMP サブパスのコントローラの組
み合わせは無効にされています。これは、DMP と EMC PowerPath マルチパス化ドライ
バ間の干渉を防ぐためです。この無効化により、DMP サブパスとそのコントローラは DMP
で表示されないようになるため、DMP サブパスおよびコントローラ上にあるディスクは、
VxVM で表示できなくなります。
VxVM 4.1 と以降のリリースでは、EMCpower ディスクを検出して、自動検出ディスクとし
て設定することができます。自動検出ディスクは、別のマルチパス化ドライバの制御下に
あると、DMP によって認識されます。この機能の利点は、クラスタ共有ディスクグループ
で EMC PowerPath ディスクを再設定できることです。VxVM 5.1 にアップグレードする
前に、サブパスとコントローラの無効化を解除して、DMP が EMC PowerPath メタデバイ
スと c#t#d# ディスクデバイス間の関連性を特定できるようにします。
次のシナリオでは、DMP サブパスとコントローラを無効化する必要がある場合があります。
■
外部ディスクの変換
p.217 の 「外部ディスクの auto:simple への変換」 を参照してください。
■
定義済みディスクの変換
p.220 の 「定義済みディスクの auto:simple への変換」 を参照してください。
■
powervxvm ディスクの変換
p.222 の 「Powervxvm ディスクの auto:simple への変換」 を参照してください。
EMC PowerPath ディスクは自動検出されるため、powervxvm スクリプトを無効にして起
動スクリプトから削除する必要があります。powervxvm スクリプトを削除するには、次のコ
マンドを使います。
# powervxvm remove
外部ディスクの auto:simple への変換
リリース 4.0 の VxVM では、vxddladm addforeign コマンドにより、デフォルトディスク
オフセットで、外部ディスクにプライベートリージョンおよびパブリックリージョンを設定し、
simple ディスクとして定義することができました。VxVM 5.1 にアップグレードする前に、
外部ディスクを auto:simple 形式に手動で変換する必要があります。
外部ディスクに s2 以外のスライスを定義する場合は、そのスライスのパーティションエン
トリを s0 のパーティションエントリにコピーして、タグを変更する必要があります。もとのス
ライスのタグを変更すると、アップグレード後、ディスクの状態は online:aliased と表示
されます。
次の例で、その手順を示します。vxdisk list コマンドを使うと、VxVM に認識されてい
る EMC PowerPath ディスクが表示されます。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
TYPE
auto:sliced
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
217
218
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
emcpower10c
...
simple
fdisk
fdg
online
vxprint コマンドを使うと、ディスクグループ fdg に関する情報が表示されます。
# vxprint
Disk group: fdg
TY NAME
ASSOC
dg fdg
fdg
dm fdisk emcpower10c
...
KSTATE
-
LENGTH
17673456
PLOFFS
-
STATE TUTIL0 PUTIL0
-
外部ディスクを auto:simple 形式に変換する方法
1
ディスクグループ内のすべてのボリュームを停止して、デポートします。
# vxvol -g fdg stopall
# vxdg deport fdg
2
vxddladm コマンドを使って、外部デバイスの定義を削除します。
# vxddladm rmforeign blockpath=/dev/dsk/emcpower10c ¥
charpath=/dev/rdsk/emcpower10c
ここで vxdisk list コマンドを実行すると、EMC PowerPath ディスクは表示され
なくなります。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
...
3
TYPE
auto:sliced
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
vxprtvtoc コマンドを使うと、デバイスのパーティションテーブルエントリを取得する
ことができます。
# /etc/vx/bin/vxprtvtoc -f /tmp/vtoc /dev/rdsk/emcpower10c
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
4
vxedvtoc コマンドを使って、パーティションタグを変更し、VTOC を更新します。
# /etc/vx/bin/vxedvtoc -f /tmp/vtoc /dev/rdsk/emcpower10c
# THE ORIGINAL PARTITIONING IS AS FOLLOWS:
# SLICE
TAG FLAGS
START SIZE
0
0x0 0x201
0
0
1
0x0 0x200
0
0
2
0x5 0x201
0
17675520
# THE NEW PARTITIONING WILL BE AS FOLLOWS:
# SLICE
TAG FLAGS
START SIZE
0
0xf 0x201
0
17675520
1
0x0 0x200
0
0
2
0x5 0x201
0
17675520
DO YOU WANT TO WRITE THIS TO THE DISK ? [Y/N] :Y
WRITING THE NEW VTOC TO THE DISK #
5
適切なアップグレード手順に従って VxVM 5.1 にアップグレードします。
6
VxVM のアップグレード後、vxdisk list コマンドを使って、auto:simple 形式に
変換されたことを確認します。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower10s2
...
TYPE
auto:sliced
auto:simple
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
online
メタデバイス emcpower10s2 に関連付けられた物理デバイスを表示するには、次の
コマンドを入力します。
# vxdmpadm getsubpaths dmpnodename=emcpower10s2
7
ディスクグループをインポートして、ボリュームを起動します。
# vxdg import fdg
# vxvol -g fdg startall
vxdisk list コマンドを使うと、ディスクの状態は online:simple と表示されます。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower10s2
TYPE
auto:sliced
auto:simple
DISK
fdisk
GROUP
fdg
STATUS
online
online
219
220
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
定義済みディスクの auto:simple への変換
VxVM 4.0(特に前のリリース)では、EMC PowerPath ディスクは、永続ディスクアクセス
レコード(darec)によって定義され、simple ディスクとして認識されていました。EMCpower
ディスクが永続 darec を使って定義されている場合は、VxVM 5.1 にアップグレードする
前に、auto:simple 形式に手動で変換する必要があります。
定義済みディスクに s2 以外のスライスを定義する場合は、そのスライスのパーティション
エントリを s0 のパーティションエントリにコピーして、タグを変更する必要があります。もと
のスライスのタグを変更すると、アップグレード後、ディスクの状態は online:aliased と
表示されます。
次の例で、その手順を示します。ls コマンドを使うと、EMC ディスクと永続ディスクアクセ
スレコードのマッピングを表示することができます。
# ls -l /dev/vx/dmp/emcdisk1
lrwxrwxrwx 1 root other 36 Sep 24 17:59 /dev/vx/dmp/emcdisk1->
/dev/dsk/c6t0d11s5
# ls -l /dev/vx/rdmp/emcdisk1
lrwxrwxrwx 1 root other 40Sep 24 17:59 /dev/vx/rdmp/emcdisk1->
/dev/dsk/c6t0d11s5
ここでは、c6t0d11s5 の 5 番目のパーティションは、永続ディスクアクセスレコード
emcdisk1 として定義されています。
vxdisk list コマンドを使うと、VxVM に認識されている EMC PowerPath ディスクが
表示されます。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcdisk1
...
TYPE
auto:sliced
simple
DISK
fdisk
GROUP
fdg
STATUS
online
online
vxprint コマンドを使うと、ディスクグループ fdg に関する情報が表示されます。
# vxprint
Disk group: fdg
TY NAME
ASSOC
dg fdg
fdg
dm fdisk
emcdisk1
...
KSTATE
-
LENGTH
17673456
PLOFFS
-
STATE TUTIL0 PUTIL0
-
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
永続ディスクアクセスレコードを持つディスクを auto:simple 形式に変換する方法
1
ディスクグループ内のすべてのボリュームを停止して、デポートします。
# vxvol -g fdg stopall
# vxdg deport fdg
2
vxdisk rm コマンドを使って、永続ディスクアクセスレコードの定義を削除します。
# vxdisk rm emcdisk1
ここで vxdisk list コマンドを実行すると、EMC PowerPath ディスクは表示され
なくなります。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
...
3
TYPE
auto:sliced
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
vxprtvtoc コマンドを使うと、このデバイスのパーティションテーブルエントリを取得
することができます。
# /etc/vx/bin/vxprtvtoc -f /tmp/hdisk /dev/rdsk/c6t0d11s2
4
vxedvtoc コマンドを使って、パーティションタグを変更し、VTOC を更新します。
# /etc/vx/bin/vxedvtoc -f /tmp/hdisk /dev/rdsk/c6t0d11s2
# THE ORIGINAL PARTITIONING IS AS
# SLICE
TAG FLAGS
START
4
0x0 0x200
0
5
0x0 0x200
3591000
6
0x0 0x200
0
# THE NEW PARTITIONING WILL BE AS
# SLICE
TAG FLAGS
START
4
0x0 0x200
0
5
0xf 0x200
3591000
6
0x0 0x200
0
FOLLOWS:
SIZE
0
2100375
0
FOLLOWS:
SIZE
0
2100375
0
DO YOU WANT TO WRITE THIS TO THE DISK ? [Y/N] :Y
WRITING THE NEW VTOC TO THE DISK #
5
適切なアップグレード手順に従って VxVM 5.1 にアップグレードします。
221
222
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
6
VxVM のアップグレード後、vxdisk list コマンドを使って、auto:simple 形式に
変換されたことを確認します。
# vxdisk list
DEVICE
TYPE
DISK
GROUP
STATUS
c6t0d12s2
emcpower10s2
...
auto:sliced
auto:simple
-
-
online
online:aliased
メタデバイス emcpower10s2 に関連付けられた物理デバイスを表示するには、次の
コマンドを入力します。
# vxdmpadm getsubpaths dmpnodename=emcpower10s2
7
ディスクグループをインポートして、ボリュームを起動します。
# vxdg import fdg
# vxvol -g fdg startall
vxdisk list コマンドを使うと、ディスクの状態は online:simple と表示されます。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower10s2
TYPE
auto:sliced
auto:simple
DISK
fdisk
GROUP
fdg
STATUS
online
online:aliased
DMP が正確な照会データを受信できるようにするには、Symmetrix Director パラ
メータの共通シリアル番号(C-bit)を有効に設定する必要があります。
Powervxvm ディスクの auto:simple への変換
VxVM 4.0(特に前のリリース)では、EMC PowerPath ディスクは、powervxvm スクリプ
トを使って、永続ディスクアクセスレコード(darec)によって定義され、simple ディスクとし
て認識されていました。powervxvm を使って、EMC PowerPath ディスクを使う場合は、
VxVM 5.1 にアップグレードする前に、auto:simple 形式に手動で変換する必要があり
ます。
powervxvm 必要条件として VxVM で無効にされているコントローラまたはデバイスがあ
る場合は、このようなコントローラ/ディスクを有効にする必要があります。Veritas DMP が
PowerPath メタノードとサブパス間の関連付けを特定するためには、この操作が必要で
す。auto:simple への変換が完了したら、powervxvm スクリプトは使わないため、起動
スクリプトから無効にする必要があります。
次の例で、その手順を示します。ls コマンドを使うと、EMC ディスクと永続ディスクアクセ
スレコードのマッピングを表示することができます。
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
# ls -l /dev/vx/rdmp/
crw-------
1 root
root
260, 76 Feb
7 02:36 emcpower0c
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower0c
TYPE
auto:sliced
simple
DISK
ppdsk01
GROUP
ppdg
STATUS
online
online
# vxprint
Disk group:
TY NAME
dg ppdg
dm ppdsk01
fdg
ASSOC
KSTATE
ppdg
emcpower0c -
LENGTH
2094960
PLOFFS STATE TUTIL0 PUTIL0
-
EMC PowerPath ディスク(powervxvm を使って定義)を auto:simple 形式に変換する
方法
1
ディスクグループ内のすべてのボリュームを停止して、デポートします。
# vxvol -g ppdg stopall
# vxdg deport ppdg
2
vxdisk rm コマンドを使って、VxVM からすべての EMC PowerPath ディスクを削
除します。
# vxdisk rm emcpower0c
ここで vxdisk list コマンドを実行すると、EMC PowerPath ディスクは表示され
なくなります。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
3
TYPE
auto:sliced
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
vxprtvtoc コマンドを使うと、このデバイスのパーティションテーブルエントリを取得
することができます。
# /etc/vx/bin/vxprtvtoc -f /tmp/vtoc /dev/vx/rdmp/emcpower0c
223
224
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
4
vxedvtoc コマンドを使って、パーティションタグを変更し、VTOC を更新します。
# /etc/vx/bin/vxedvtoc -f /tmp/vtoc /dev/vx/rdmp/emcpower0c
# THE ORIGINAL PARTITIONING IS AS FOLLOWS:
# SLICE
TAG FLAGS
START SIZE
0
0x0 0x201
0
0
1
0x0 0x200
0
0
2
0x5 0x201
0
17675520
# THE NEW PARTITIONING WILL BE AS FOLLOWS:
# SLICE
TAG FLAGS
START SIZE
0
0xf 0x201
0
17675520
1
0x0 0x200
0
0
2
0x5 0x201
0
17675520
DO YOU WANT TO WRITE THIS TO THE DISK ? [Y/N] :Y
WRITING THE NEW VTOC TO THE DISK #
5
適切なアップグレード手順に従って VxVM 5.1 にアップグレードします。
6
VxVM のアップグレード後、vxdisk list コマンドを使って、auto:simple 形式に
変換されたことを確認します。
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower0s2
7
TYPE
auto:sliced
auto:simple
DISK
-
GROUP
-
STATUS
online
online
ディスクグループをインポートして、ボリュームを起動します。
# vxdg import ppdg
# vxvol -g ppdg startall
# vxdisk list
DEVICE
c6t0d12s2
emcpower0s2
TYPE
auto:sliced
auto:simple
DISK
ppdsk01
GROUP
ppdg
STATUS
online
online
QuickLog から Multi Volume Support への変換
Veritas File System リリース 4.1 は QuickLog をサポートする最後のメジャーリリースで
す。バージョン 6 や 7 のディスクレイアウトでは QuickLog はサポートされていません。
QuickLog によって提供されていたほとんどの機能は、Veritas Multi-Volume Support
(MVS)によって提供される機能に置き換えられました。
以下の手順では、QuickLog から MVS へ変換する方法について説明します。QuickLog
では、1 つのデバイスに最高 31 の VxFS のログを出力できましたが、MVS では、デバイ
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
アップグレード後のタスク
スごとに 1 つのファイルシステムの専用ログしか出力できません。したがって、バージョン
6 や 7 のディスクレイアウトを使う場合、1 つの QuickLog デバイスにログ出力されるファ
イルシステムごとに、次の手順を実行する必要があります。
QuickLog デバイスは、ファイルシステムに関連付ける必要はありませんでした。MVS の
場合、ログボリュームとファイルシステムボリュームは、同じディスクグループに置く必要が
あります。
QuickLog を MVS に変換する方法
1
MVS へ変換する QuickLog 対応のファイルシステムを選択し、マウント解除します。
# umount myfs
2
いずれかの QuickLog ボリュームを、ファイルシステムが使っている QuickLog デバ
イスから切断します。このボリュームは、そのファイルシステムの新しい専用ログボ
リュームとして使われます。
# qlogdetach -g diskgroup log_vol
3
ボリュームセットを作成します。
# vxvset make myvset myfs_volume
4
ボリュームセットをマウントします。
# mount -F vxfs /dev/vx/dsk/rootdg/myvset /mnt1
5
ボリュームセットのファイルシステムを、バージョン 6 や 7 のディスクレイアウトにアッ
プグレードします。
次に例を示します。
# vxupgrade -n 6 /mnt1
6
手順 2 のログボリュームをボリュームセットに追加します。
# vxvset addvol myvset log_vol
7
ログボリュームをファイルシステムに追加します。ボリュームのサイズを指定する必要
があります。
# fsvoladm add /mnt1 log_vol 50m
8
ログを新しいボリュームに移します。
# fsadm -o logdev=log_vol,logsize=16m /mnt1
225
226
第 11 章 Storage Foundation のアップグレード
Veritas Storage Foundation アップグレードの確認
Veritas Storage Foundation アップグレードの確認
アップグレードを確認するには、インストールの確認に関する項を参照してください。
p.273 の 「製品がインストールされたことの確認」 を参照してください。
12
Live Upgrade を使ったアッ
プグレード
この章では以下の項目について説明しています。
■
Live Upgrade について
■
Live Upgrade のサポート対象アップグレードパス
■
Solaris ゾーン環境での Live Upgrade の実行
■
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの前に
■
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
■
Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード
■
Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレード
■
ブート環境の管理
Live Upgrade について
Live Upgrade を使うと、次の種類のアップグレードを実行できます。
■
オペレーティングシステムと Storage Foundation をアップグレードします。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード」
を参照してください。
■
オペレーティングシステムをアップグレードします。
p.242 の 「Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード」 を参照してください。
■
Storage Foundation をアップグレードします。
p.244 の 「Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレード」 を参照し
てください。
228
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade について
図 12-1 には、Veritas 製品を 5.0MP3 から 5.1 にアップグレードする例とオペレーティ
ングシステムを Solaris 9 から Solaris 10 にアップグレードする例を示します。
図 12-1
Live Upgrade プロセス
サーバーの実行中に、プ
ライマリブート環境から
代替のブート環境を作成
します。
インストーラを使うか手
Upgrade the Veritas
動で、代替のブート環境
product in the alternate
の Veritas
boot environment using
製品をアップグレードし
the installer or manually.
ます。
ここでサーバーが新しい
プライマリブート環境を
実行します。
Solaris 9
Solaris 10
Solaris 9
Solaris 10
Solaris 10
Solaris 9
Veritas 5.0
MP3
Veritas 5.0
MP3
Veritas 5.0
MP3
Veritas 5.1
Veritas 5.1
Veritas 5.0
MP3
その他の
パッケージ
その他の
パッケージ
その他の
パッケージ
その他の
パッケージ
その他の
パッケージ
その他の
パッケージ
プライマリ
ブート環境
代替の
ブート環境
プライマリ
ブート環境
代替の
ブート環境
プライマリ
ブート環境
代替の
ブート環境
サーバーを再起動
Veritas Volume Replicator(VVR)環境の Live Upgrade について
Veritas Volume Replicator を使う Storage Foundation 環境では、次のスクリプトで
VVR 設定をアップグレードします。
■
vvr_upgrade_lu_start
■
vvr_upgrade_lu_finish
ここでは、VVR アップグレードプロセスの概要を取り上げます。完全な手順については、
Storage Foundation の Live Upgrade の手順を参照してください。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード」 を
参照してください。
■
Storage Foundation のアップグレード手順を実行するには、vxlustart スクリプトを
使います。
■
再起動してシステムを代替ブート環境に切り替える直前に vvr_upgrade_lu_start
スクリプトを実行します。
メモ: アプリケーションが停止し、次の手順が代替ブート環境への切り替えである場合
にのみ、vvr_upgrade_lu_start スクリプトを実行します。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade のサポート対象アップグレードパス
■ vvr_upgrade_lu_start スクリプトが正常に完了した後、システムを再起動します。
再起動すると、代替ブート環境からシステムがブートします。
■
オブジェクトが回復され、(必要に応じて)ディスクグループバージョンがアップグレー
ドされた後に、vvr_upgrade_lu_finish スクリプトを実行します。
Live Upgrade のサポート対象アップグレードパス
Live Upgrade を使う予定のシステムでは、Solaris 9 または Solaris 10 を実行する必要
があります。
Storage Foundation のバージョンは 4.x 以上である必要があります。
シマンテック社は、グローバルゾーンと非グローバルゾーンの両方で同じバージョンの
Veritas 製品を実行することを要求します。
Live Upgrade は次の仮想化環境で使うことができます。
表 12-1
仮想化環境での Live Upgrade のサポート
環境
手順
Solaris ネーティブゾーン
Live Upgrade を実行してグローバルゾーンとローカ
ルゾーンの両方をアップグレードします。
VxVM ボリュームにゾーンルートが存在する場合は、
次の手順に従います。
p.230 の 「Solaris ゾーン環境での Live Upgrade の
実行」 を参照してください。
もう一方のスタンバイノードに対し、標準手順を実行し
ます。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage
Foundation と Solaris のアップグレード」 を参照して
ください。
Solaris ブランドゾーン(BrandZ)
Live Upgrade を実行してグローバルゾーンをアップ
グレードします。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage
Foundation と Solaris のアップグレード」 を参照して
ください。
手動でブランドゾーンを個別にアップグレードします。
ブランドゾーンがあっても Live Upgrade を実行でき
ますが、ブランドゾーンはアップグレードされないこと
注意してください。
229
230
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Solaris ゾーン環境での Live Upgrade の実行
環境
手順
論理ドメイン(LDOM)
ドメインコントローラでのみ Live Upgrade を実行しま
す。
ゲストドメインでのみ Live Upgrade を実行します。
両方のタイプの LDOM で、Live Upgrade の標準手
順を実行します。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage
Foundation と Solaris のアップグレード」 を参照して
ください。
Solaris ゾーン環境での Live Upgrade の実行
VxVM ボリュームにゾーンルートがある場合、ゾーンがオンラインであるノードで Live
Upgrade を実行するには、次の手順を実行する必要があります。
他のスタンバイノードについては、標準の手順を実行してください。
p.234 の 「Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード」 を
参照してください。
ゾーンルートが VxVM ボリュームにあるノードで Live Upgrade を実行するには
1
共有ストレージでローカルゾーンルートを含んでいないすべてのファイルシステムを
マウント解除します。
2
ローカルゾーンで動作するアプリケーションを停止します。リソースをオフラインにし、
ゾーンのみを実行中のままにします。
3
ローカルゾーンを含んでいるサービスグループをフリーズします。注意: ブート環境
のディスクに、Live Upgrade の間にローカルゾーンルートをコピーするために十分
な領域があることを確認します。
4
Live Upgrade(vxlustart、製品のアップグレード、vxlufinish を含む)を使ったアッ
プグレードの指示に従います。
システムを再起動して Live Upgrade を完了する前に、次の手順を実行します。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの前に
5
231
共有ストレージ上のローカルゾーンルートでのアップグレードの前に、ローカルゾー
ンを収容するシステムで、すべてのファイルとディレクトリを別の場所にコピーします。
# zoneadm list -cv
ID NAME
0 global
6 ora-lzone
STATUS
PATH
BRAND
running
running
/
/oralzones
native
native
# zoneadm -z ora-lzone halt
# cd /oralzones
# ls
dev
lost+found root SUNWattached.xml
# mv dev dev.41
# mv root root.41
# mv SUNWattached.xml SUNWattached.xml.41
6
BE のローカルゾーンルートでのアップグレードの後に、tar ユーティリティを使って
すべてのファイルとディレクトリを共有ストレージに移行します。
# cd /altroot.5.10/oralzones
# ls
dev
lost+found lu root SUNWattached.xml
# tar cf - . | (cd /oralzones; tar xfBp -)
# cd /oralzones
# ls
dev .41 lost+found root.41 SUNWattached.xml.41
dev lost+found lu root SUNWattached.xml
7
ローカルゾーンが含まれるサービスグループをアンフリーズします。
8
すべてのシステムを停止します。
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation の
アップグレードの前に
アップグレードする前に、次の手順を実行してください。
232
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの前に
Live Upgrade の準備方法
1
Storage Foundation のインストールメディアとオペレーティングシステムのインストー
ルイメージがすぐに利用可能であることを確認してください。
2
アップグレードするシステムで、プライマリブートディスクのルートパーティションと少
なくとも同じサイズの代替ブートディスクを選択します。SFHA 環境をアップグレード
する場合、この手順はクラスタの各ノードで実行されます。
プライマリブートディスクがミラー化されている場合、代替ブートディスクのミラーを切
り離す必要があります。
3
Live Upgrade を実行する前に、非ルートファイルシステムを含むサービスをオフラ
インにしてください。これはファイルシステムが代替ブート環境にコピーされることを
防ぎ、ルートファイルシステムが領域を使い果たす潜在的可能性をなくします。
4
Live Upgrade のオペレーティングシステムにパッチを適用します。必須のパッチの
情報については次のサイトを参照してください。
http://sunsolve.sun.com/search/document.do?assetkey=1-61-72099-1
5
Live Upgrade パッケージのバージョンは、代替ブートディスクのオペレーティングシ
ステムのアップグレード後のバージョンと一致する必要があります。Solaris オペレー
ティングシステムをアップグレードする場合、次の手順を実行します。
■
インストールされている、現在のオペレーティングシステムバージョン用の Live
Upgrade パッケージを削除します。
Solaris のすべてのバージョン: SUNWluu、SUNWlur パッケージ
Solaris 10 Update 5 以降ではさらに: SUNWlucfg パッケージ
Solaris 10 のゾーンまたはブランドゾーンではさらに: SUNWluzone パッケージ
メモ: ブランドゾーンがあっても Live Upgrade を実行できますが、ブランドゾー
ン自体はアップグレードされません。
■
新しい Solaris のインストールイメージから、Live Upgrade パッケージの新しい
バージョンをインストールしてください。
Solaris のすべてのバージョン: SUNWluu、SUNWlur パッケージ
Solaris 10 Update 5 以降ではさらに: SUNWlucfg パッケージ
Solaris 10 のゾーンまたはブランドゾーンではさらに: SUNWluzone パッケージ
メモ: ブランドゾーンがあっても Live Upgrade を実行できますが、ブランドゾー
ン自体はアップグレードされません。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの前に
6
シマンテック社では、アップグレード用の代替ブートディスクを作成する一連のコマ
ンドを実行する vxlustart スクリプトを提供します。
コマンドをプレビューするには、vxlustart スクリプトに -V オプションを指定してく
ださい。
シマンテック社では、Live Upgrade プロセスを始める前に問題がないことを確認す
るために、コマンドをプレビューすることをお勧めします。
vxlustart スクリプトは、配布メディアの scripts ディレクトリで見つかります。
# cd /cdrom/scripts
# ./vxlustart -V -u targetos_version -s osimage_path -d diskname
-V
アップグレード処理中に実行されるコマンドを実行せずに一覧表示し、 コマンドの
有効性を事前点検します。
オペレーティングシステムがアップグレードされる場合、 イメージにインストールされ
たパッチをプライマリブートディスクにインストールされたパッチと比較して、 新しい
オペレーティングシステムイメージから重要なパッチが 欠落していないかどうかを判
定するように要求されます。
-u
代替ブートディスクでのアップグレード用のオペレーティングシステムのバージョンを
指定します。たとえば、Solaris 9 では 5.9、Solaris 10 では 5.10 を使います。
-U
Storage Foundation 製品のみがアップグレードされることを指定します。オペレー
ティングシステムのクローンは、プライマリブートディスクから作成されます。
-s
代替ブートディスクにインストールされるオペレーティングシステムのイメージのパス
を示します。 このオプションを省略すると、 オペレーティングシステムのイメージを含
むディスクを挿入するようにメッセージが表示されます。
-U オプションが指定されている場合、-s オプションを省略できます。オペレーティン
グシステムのクローンは プライマリブートディスクから作成されます。
-d
アップグレードする代替ブートディスクの名前を示します。スクリプトにこのオプション
を指定しないと、ディスクの情報を要求するメッセージが表示されます。
-v
コマンドの実行前に詳細表示することを示します。
-Y
質問を尋ねることなく、デフォルトの yes を使用することを指定します。
-D
デバッグ用にデバッグオプションをオンにして印刷します。
-F
ルートディスクのファイルシステムを指定します。デフォルトは ufs です。
-t
アップグレードに含まれる CD の枚数を指定します。
-r
このオプションを使っている代替ディスクをマウントし直す前に、コンピュータがクラッ
シュするか、または再起動するかを指定します。
233
234
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
たとえば、Veritas 製品のみをアップグレードするコマンドをプレビューするには、次
のように指定します。
# ./vxlustart -V -u 5.10 -U -d disk_name
たとえば、Solaris 10 Update 6 へのアップグレードのコマンドをプレビューするに
は、次のように指定します。
# ./vxlustart -V -u 5.10 -s /mnt/Solaris_10u6 -d c0t1d0
メモ: このコマンドは、イメージにインストールされているパッチをプライマリブートディ
スクにインストールされているパッチと比較するように要求します。新しいオペレー
ティングシステムのイメージから欠落しているパッチがあれば、パッチ番号を書き留
めます。代替ブートディスクがプライマリブートディスクと同じであることを保証するに
は、これらのパッチを代替ブートディスクにインストールする必要があります。
7
プライマリブートディスクにインストールされているパッチが指定のイメージから欠落
していたら、パッチ番号を書き留めてください。代替ブートディスクがプライマリブー
トディスクと同じであるようにするには、これらのパッチを代替ブートディスクにインス
トールする必要があります。
手順の例では、プライマリまたは現在のブート環境は Disk0(c0t0d0)に存在し、代替ま
たは非アクティブなブート環境は Disk1(c0t1d0)に存在します。
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris
のアップグレード
Live Upgrade は手動で実行するか、またはインストーラを使います。SFHA では、すべ
てのノードが Storage Foundation 5.1 にアップグレードされるまで、ノードはクラスタを形
成しません。最後のノードで Live Upgrade を終えたら、代替ブート環境からすべての
ノードをブートしてクラスタに参加させる必要があります。
Live Upgrade を使って Storage Foundation をアップグレードするには次の手順があり
ます。
■
Solaris Live Upgrade を使用してアップグレードを準備します。
p.231 の 「Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの
前に」 を参照してください。
■
代替ブートディスクに新しいブート環境を作成します。
p.235 の 「代替ブートディスクでの新しいブート環境の作成」 を参照してください。
■
手動またはインストーラを使用して、代替ブート環境で Storage Foundation 5.1 に
アップグレードします。次のいずれかを参照してください。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
手動で Storage Foundation をアップグレードするには
■
p.238 の 「SF の手動アップグレード」 を参照してください。
Storage Foundation をインストーラを使ってアップグレードするには
■
p.236 の 「インストーラを使った Storage Foundation のアップグレード」 を参照し
てください。
■
代替ブート環境が新しいプライマリになるように切り替えます。
p.240 の 「Live Upgrade の完了」 を参照してください。
■
Storage Foundation の Live Upgrade を検証します。
p.241 の 「Storage Foundation の Live Upgrade の確認」 を参照してください。
代替ブートディスクでの新しいブート環境の作成
代替ブートディスクに新しいブート環境を作成するには、各システムで vxlustart コマ
ンドを実行します。HA 環境では、クラスタの各ノードで vxlustart コマンドを実行しま
す。
メモ: この手順を完了するには、数時間かかる場合があります。ブート環境を不安定な状
態にすることがあるため、セッションを中断しないでください。
プロセスの終了時に、次のようになります。
■
オペレーティングシステムのアップグレードを選択する場合、代替ブートディスクの
Solaris オペレーティングシステムがアップグレードされます。
■
プライマリブート環境のクローンを作成することによって、新しいブート環境が代替ブー
トディスクに作成されます。
235
236
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
代替ブートディスクに新しいブート環境を作成するには
1
シマンテック製品のインストールメディアに移動します。
# cd /cdrom/scripts
2
各ノードで、次のいずれかのコマンドを実行します。
オペレーティングシステムを単独でまたはシマンテック製品のアップグレードとともに
アップグレードするには、次を指定します。
# ./vxlustart -v -u targetos_version ¥
-s osimage_path -d disk_name
シマンテック製品のみをアップグレードするには、次を指定します。
# ./vxlustart -v -u 5.10 -U -d disk_name
コマンドオプションについては 「Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation
のアップグレードの前に」 の手順 6 を参照してください。
たとえば、Solaris 10 Update 6 にアップグレードするには、次のように指定します。
# ./vxlustart -v -u 5.10 -s /mnt/Solaris_10u6
たとえば、シマンテック製品のみをアップグレードするには、次を指定します。
# ./vxlustart -v -u 5.10 -U
3
出力を確認し、新しいマウントポイントを書き留めてください。システムがアップグレー
ドの完了前に再起動されたり、マウントが解除されたりする場合は、ディスクをマウン
トし直す必要がある場合もあります。
マウントし直す必要がある場合、次のコマンドを実行します。
# vxlustart -r -u targetos_version -d disk_name
4
代替ブートディスクが作成されたら、シマンテック製品のインストールに必要なオペ
レーティングシステムのパッチをインストールします。
インストーラを使った Storage Foundation のアップグレード
Storage Foundation をアップグレードするために、Veritas 製品のインストーラを Live
Upgrade の一部として使うことができます。
クラスタ内のすべてのノードの Storage Foundation をアップグレードするには、クラスタ
内の 1 つのノードの代替ブートディスクでインストーラを実行してください。このプログラム
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
は、プロセス中に代替ブートディスクの Storage Foundation の既存のバージョンをアン
インストールします。
プロセスの終わりに次の処理が行われます。
■
Storage Foundation 5.1 が代替ブートディスクにインストールされます。
インストーラを使って Storage Foundation の Live Upgrade を実行するには
1
Storage Foundation 5.1 の製品 CD を挿入するか、またはネットワーク上のソフト
ウェアのコピーにアクセスします。
2
代替ブートディスクとしてルートパスを指定するインストーラスクリプトを実行し、次の
いずれかの処理を実行します。
■
高可用性コンポーネントがない Veritas 製品の場合
# ./installsf -upgrade -rootpath /altroot.5.10
■
高可用性コンポーネントを備えている Veritas 製品の場合
# ./installsf -ha -upgrade -rootpath /altroot.5.10
3
Storage Foundation 5.1 にアップグレードするノードの名前を入力します。
メモ: インストールされた VxFS のバージョンがディスクレイアウトバージョン 4 以降を
使うことを確認してください。以前のディスクレイアウトバージョンで動作している場
合、Storage Foundation のインストールを続行する前にバージョンをアップグレー
ドしてください。
インストーラは、ノードにインストールされるか、またはアップグレードされるパッケー
ジのリストを表示します。
4
Return キーを押して、インストールを続行します。
5
代替ブートディスク上の Veritas パッケージのバージョンが 5.1 であることを確認し
ます。
# pkginfo -R /altroot.5.10 -l VRTSpkgname
次に例を示します。
# pkginfo -R /altroot.5.10 -l VRTSvxvm
/altroot.5.10/opt/VRTS/install/log でインストールログを確認してください。
237
238
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
SF の手動アップグレード
Live Upgrade を使って Storage Foundation の手動アップグレードを実行できます。各
ノードで、適切な Storage Foundation パッケージを削除し、インストールします。
プロセスの終わりに次の処理が行われます。
■
Storage Foundation 5.1 が代替ブートディスクにインストールされます。
SF の Live Upgrade を手動で実行するには
1
代替ブートディスク上の Storage Foundation パッケージを次の順に削除します。
■
高可用性コンポーネントがない Veritas 製品の場合
# pkgrm -R /altroot.5.10 ¥
VRTSmapro VRTSgapms VRTSvxmsa VRTSfasag VRTSfas VRTSvail ¥
VRTSfsmnd VRTSfssdk VRTSfsman VRTSvrw VRTSweb VRTSjre15 ¥
VRTSvcsvr VRTSvrpro VRTSddlpr VRTSvdid VRTSalloc VRTSdcli ¥
VRTSvmpro VRTSvmman VRTSfspro VRTSdsa VRTSvxvm VRTSvxfs ¥
VRTSspt VRTSaa VRTSmh VRTSccg VRTSobgui VRTSob VRTSobc33 ¥
VRTSat VRTSpbx VRTSicsco VRTSvlic VRTSperl
このパッケージリストは一例であること注意してください。完全なパッケージリスト
はリリースや製品オプションごとに異なります。
■
高可用性コンポーネントを備えている Veritas 製品の場合
# pkgrm -R /altroot.5.10 ¥
VRTSmapro VRTSgapms VRTSvxmsa VRTSfasag VRTSfas VRTSvail ¥
VRTScmccc VRTScmcs VRTSacclib VRTScssim VRTScscm VRTScscw ¥
VRTScutil VRTSvcsmn VRTSvcsag VRTSvcsmg VRTSvcs VRTSvxfen ¥
VRTSgab VRTSllt VRTSfsmnd VRTSfssdk VRTSfsman VRTSvrw ¥
VRTSweb VRTSjre15 VRTSvcsvr VRTSvrpro VRTSddlpr VRTSvdid ¥
VRTSalloc VRTSdcli VRTSvmpro VRTSvmman VRTSfspro VRTSdsa ¥
VRTSvxvm VRTSvxfs VRTSspt VRTSaa VRTSmh VRTSccg VRTSobgui ¥
VRTSob VRTSobc33 VRTSat VRTSpbx VRTSicsco VRTSvlic VRTSperl
このパッケージリストは一例であること注意してください。完全なパッケージリスト
はリリースや製品オプションごとに異なります。
-R オプションを付けると、代替ブートディスクのルートパス /altroot.5.10 からパッ
ケージが削除されます。
2
pkgadd のコマンドを使って、代替ブートディスクに Storage Foundation 5.1 パッ
ケージを次の順に 1 つずつインストールします。
■
高可用性コンポーネントを備えていない Veritas 製品の場合
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
VRTSvlic.pkg VRTSperl.pkg VRTSvxvm.pkg VRTSaslapm.pkg
VRTSvxfs.pkg VRTSspt.pkg VRTSob.pkg VRTSsfmh.pkg
VRTSdbed.pkg VRTSodm.pkg VRTSfssdk.pkg VRTSat.pkg
■
高可用性コンポーネントを備えている Veritas 製品の場合
VRTSvlic.pkg VRTSperl.pkg VRTSvxvm.pkg VRTSaslapm.pkg
VRTSvxfs.pkg VRTSllt.pkg VRTSgab.pkg VRTSvxfen.pkg
VRTSvcs.pkg VRTSvcsag.pkg VRTSat.pkg VRTSspt.pkg
VRTSob.pkg VRTSsfmh.pkg VRTScutil.pkg VRTSvcsea.pkg
VRTSdbed.pkg VRTSodm.pkg VRTSfssdk.pkg VRTScps.pkg
次に例を示します。
# pkgadd -R /altroot.5.10 -d package_name.pkg
ここで package_name.pkg をパッケージの名前(例: VRTSat.pkg)に置き換えます。
#
3
pkgadd -R /altroot.5.10 -d VRTSat.pkg
代替ブートディスク上の Veritas パッケージのバージョンが 5.1 であることを確認し
ます。
# pkginfo -R /altrootpath -l VRTSpkgname
次に例を示します。
# pkginfo -R /altroot.5.10 -l VRTSvxvm
4
クラスタのユニバーサル固有識別子が作成されたことを確認します。
# /altroot.5.10/opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -clus -display ¥
-use_llthost
5
すべての非グローバルゾーンにユニバーサル固有識別子(UUID)が含まれている
ことを確認するには、ゾーン環境またはブランドゾーン環境で次の手順を実行しま
す。
# zoneadm -z zone1 detach
# zoneadm -z zone1 attach
# zoneadm -z zone1 boot
# zoneadm list -p
0:global:running:/::native:shared
3:zone1:running:/zone1:3770b7b9-f96a-ef34-f4c5-bc125d56ec27:
native:shared
239
240
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
ゾーンを設定していない Solaris 環境の場合は、クラスタ内のいずれかのノードの代
替ルートパスで次のコマンドを実行し、一意の VCS クラスタ ID を設定します。
# /mnt/opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -clus -configure -use_llthost
-use_llthost オプションは、クラスタ内のノードの名前を判断するために
/etc/llthost ファイルが使われることを示します。また、ファイル名の代わりにノー
ド名を指定することもできます。
Live Upgrade の完了
プロセスの終了時に、次のようになります。
■
もとのプライマリブートディスクがカプセル化されていた場合、代替ブートディスクもカ
プセル化されます。
■
代替ブート環境がアクティブになります。
■
システムが代替ブートディスクからブートされます。
Live Upgrade を完了するには
1
次のコマンドのいずれかを使って Live Upgrade プロセスを完了します。
プライマリルートディスクがカプセル化されていない場合は、次のコマンドを実行しま
す。
# ./vxlufinish -u targetos_version
Live Upgrade finish on the Solaris release <5.10>
プライマリルートディスクが VxVM でカプセル化されている場合は、次のコマンドを
実行します。
# ./vxlufinish -u targetos_version -g diskgroup
Live Upgrade finish on the Solaris release <5.10>
プライマリルートディスクがカプセル化されていた場合は、Live Upgrade プロセスに
よって代替ルートディスクもカプセル化されます。
2
Live Upgrade が正常に完了する前にシステムがクラッシュまたは再起動した場合
は、次のコマンドを使って代替ディスクを再マウントできます。
# ./vxlustart -r -u targetos_version
次に、手順 1 から vxlufinish コマンドを再実行します。
# ./vxlufinish -u targetos_version
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation と Solaris のアップグレード
3
VVR をアップグレードする場合は、vvr_upgrade_lu_start コマンドを実行しま
す。
メモ: vvr_upgrade_lu_start コマンドは、ノードを再起動して代替ブート環境に切
り替える準備ができているときにのみ実行してください。
4
クラスタ内のすべてのノードを再起動します。ノードを再起動すると、代替ディスクの
ブート環境がアクティブになります。
メモ: システムを再起動するときに reboot、halt、uadmin コマンドを使わないでく
ださい。代替ブート環境を使ってシステムをブートできるようにするには、init また
は shutdown コマンドを使います。
# shutdown -g0 -y -i6
5
代替ブート環境がアクティブになった後で、ブート環境を切り替えることができます。
ルートディスクがカプセル化されている場合、ブート環境を手動で切り替える手順を
参照してください。
p.245 の 「ブート環境の管理」 を参照してください。
6
アップグレード後に、ディスクグループのアップグレードなどの必須のアップグレード
後タスクを実行します。
p.203 の 「アップグレード後のタスク」 を参照してください。
7
オブジェクトが回復され、(必要に応じて)ディスクグループバージョンがアップグレー
ドされた後に、vvr_upgrade_lu_finish スクリプトを実行します。
Storage Foundation の Live Upgrade の確認
Live Upgrade が正常に完了したことを確認するには、すべてのノードが代替ブート環境
からブートされ、クラスタに参加したことを確認します。
241
242
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード
Live Upgrade が正常に完了したことを確認するには
1
代替ブート環境がアクティブであることを確認します。
# lustatus
代替ブート環境がアクティブではない場合、プライマリブート環境に復帰できます。
p.245 の 「プライマリブート環境への復帰」 を参照してください。
2
クラスタ環境で、すべての GAB ポートが起動していることを確認します。製品ごとに
異なるポートが表示されることに注意してください。
# gabconfig -a
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
Port
a
b
d
f
h
o
v
w
gen
gen
gen
gen
gen
gen
gen
gen
39d901
39d905
39d904
39d90f
39d909
39d903
39d90b
39d90d
membership
membership
membership
membership
membership
membership
membership
membership
01
01
01
01
01
01
01
01
3
新しいブート環境が正しく設定されていることを確認するには、必要に応じて他の確
認も行います。
4
ゾーン環境で、ゾーン設定を確認します。
Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード
Solaris のみをアップグレードする場合は、Live Upgrade を完了する前に代替ブート環
境から Storage Foundation を削除し、再インストールする必要があります。Storage
Foundation には Solaris オペレーティングシステムのバージョンに固有のカーネルコン
ポーネントがあるため、削除してから再インストールする必要があります。正しいバージョ
ンの Storage Foundation パッケージをインストールする必要があります。
Live Upgrade を使って Solaris をアップグレードするには、次の手順に従います。
■
Solaris Live Upgrade を使用してアップグレードを準備する
p.231 の 「Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの
前に」 を参照してください。
■
代替ブートディスクに新しいブート環境を作成する
p.235 の 「代替ブートディスクでの新しいブート環境の作成」 を参照してください。
■
次の方法のいずれかを使って、代替ブート環境の Storage Foundation 5.1 を削除
し、再インストールする
手動手順を使用する
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Solaris のアップグレード
p.238 の 「SF の手動アップグレード」 を参照してください。
インストーラを使う
p.243 の 「インストーラを使った Storage Foundation の削除と再インストール」 を参
照してください。
メモ: Storage Foundation 5.1 は設定しないでください
■
代替ブート環境が新しいプライマリになるように切り替える
p.240 の 「Live Upgrade の完了」 を参照してください。
■
Storage Foundation の Live Upgrade を確認する
p.241 の 「Storage Foundation の Live Upgrade の確認」 を参照してください。
インストーラを使った Storage Foundation の削除と再インストール
Storage Foundation には Solaris オペレーティングシステムのバージョンに固有のカー
ネルコンポーネントがあります。Solaris Live Upgrade を使って Solaris オペレーティン
グシステムをアップグレードする場合は、正しいバージョンの Storage Foundation コン
ポーネントがインストールされていることを確認するために次の手順を完了する必要があ
ります。
代替ブートディスク上のインストーラを実行して Storage Foundation 5.1 を削除し、再イ
ンストールします。高可用性環境では、この手順をクラスタのすべてのノードで実行する
必要があります。
プロセスの終わりに次の処理が行われます。
■
Storage Foundation 5.1 が新しいオペレーティングシステムのバージョンに適したバ
イナリと共に代替ブートディスクにインストールされます。
インストーラを使って Storage Foundation の Live Upgrade を実行するには
1
Storage Foundation 5.1 の製品 CD を挿入するか、またはネットワーク上のソフト
ウェアのコピーにアクセスします。
2
インストーラスクリプトを使ってアンインストールし、次のようにルートパスとして代替
ブートディスクを指定します。
■
高可用性コンポーネントがない Veritas 製品の場合
# /opt/VRTS/install/uninstallsf -rootpath altrootpath
■
高可用性コンポーネントを備えている Veritas 製品の場合
# /opt/VRTS/install/uninstallsf -rootpath altrootpath
# /opt/VRTS/install/uninstallvcs -rootpath altrootpath
243
244
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレード
3
アンインストールするノードの名前を入力します。
インストールされた VxFS のバージョンがディスクレイアウトバージョン 4 以降を使う
ことを確認してください。 以前のディスクレイアウトバージョンで動作している場合、
Storage Foundation のインストールを続行する前にバージョンをアップグレードし
てください。
インストーラによってアンインストールされるパッケージの一覧が表示されます。
4
Return キーを押して続行します。
5
インストーラスクリプトを使ってインストールし、次のように代替ブートディスクとして
ルートパスを指定します。
■
高可用性コンポーネントがない Veritas 製品の場合
# /cdrom/storage_foundation/installsf -install -rootpath /altrootpath
■
高可用性コンポーネントを備えている Veritas 製品の場合
# /cdrom/storage_foundation/installsf -ha -install -rootpath /altrootpath
6
Return キーを押して、インストールを続行します。
7
代替ブートディスク上の Veritas パッケージのバージョンが 5.1 であることを確認し
ます。
# pkginfo -R /altroot.5.10 -l VRTSpkgname
次に例を示します。
# pkginfo -R /altroot.5.10 -l VRTSvxvm
/altroot.5.10/opt/VRTS/install/log でインストールログを確認してください。
Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグ
レード
Live Upgrade は手動で実行するか、またはインストーラを使います。すべてのノードが
Storage Foundation 5.1 にアップグレードされるまでクラスタは形成されません。最後の
ノードで Live Upgrade を終えたら、代替ブート環境からすべてのノードをブートしてクラ
スタに参加させる必要があります。
Live Upgrade を使って Storage Foundation をアップグレードするには次の手順があり
ます。
■
Solaris Live Upgrade を使用してアップグレードを準備します。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
p.231 の 「Solaris Live Upgrade を使った Storage Foundation のアップグレードの
前に」 を参照してください。
■
代替ブートディスクに新しいブート環境を作成します。
p.235 の 「代替ブートディスクでの新しいブート環境の作成」 を参照してください。
■
手動またはインストーラを使用して、代替ブート環境で Storage Foundation 5.1 に
アップグレードします。次のいずれかを参照してください。
手動で Storage Foundation をアップグレードするには
■
p.238 の 「SF の手動アップグレード」 を参照してください。
Storage Foundation をインストーラを使ってアップグレードするには
■
p.236 の 「インストーラを使った Storage Foundation のアップグレード」 を参照し
てください。
■
代替ブート環境が新しいプライマリになるように切り替えます。
p.240 の 「Live Upgrade の完了」 を参照してください。
■
Storage Foundation の Live Upgrade を検証します。
p.241 の 「Storage Foundation の Live Upgrade の確認」 を参照してください。
ブート環境の管理
ブート環境に関連する管理タスクを実行するには、次の手順を使います。
プライマリブート環境への復帰
代替ブート環境の起動に失敗した場合は、プライマリブート環境に復帰できます。
各ノードで、PROM 監視モードのプライマリブート環境からシステムを起動します。
ok> boot disk0
Solaris SPARC のブート環境の切り替え
vxlufinish スクリプトを使って Live Upgrade を処理する場合は、ブート環境を切り替
えるときに次の手順を実行する必要がありません。手動で Live Upgrade を実行するとき
は、次の手順を実行する必要があります。
ブート環境を切り替えるには 2 通りの手順があり、ルートディスクのカプセル化に基づい
て次の手順のいずれかを選択します。
■
p.246 の 「ルートディスクがカプセル化されていない場合にブート環境を切り替えるに
は」 を参照してください。
■
p.247 の 「ルートディスクがカプセル化されている場合にブート環境を切り替えるには」
を参照してください。
245
246
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
Solaris SPARC の切り替え手順は、VxVM でルートディスクがカプセル化されているか
どうかによって異なります。
ルートディスクがカプセル化されていない場合にブート環境を切り替えるには
1
Live Upgrade ブート環境の状態を表示します。
# lustatus
Boot Environment
Name
---------------source.2657
dest.2657
Is
Complete
-------yes
yes
Active
Now
-----yes
no
Active
On Reboot
--------yes
no
Can
Delete
-----no
yes
Copy
Status
------
この例では、プライマリブートディスク(source.2657)がアクティブです。代替ブート
ディスク(dest.2657)をアクティブ化する場合もあります。
2
代替ルートディスク(dest.2657)にマウントされているファイルシステムをマウント解
除します。
# lufslist dest.2657
boot environment name:
Filesystem
fstype device size
----------------- ------ -----------/dev/dsk/c0t0d0s1 swap
4298342400
/dev/dsk/c0t0d0s0 ufs
15729328128
/dev/dsk/c0t0d0s5 ufs
8591474688
/dev/dsk/c0t0d0s3 ufs
5371625472
dest.2657
Mounted on
---------/
/var
/vxfs
Mount Options
-------------
# luumount dest.2657
3
Live Upgrade ブート環境をアクティブ化します。
# luactivate dest.2657
4
システムを再起動します。
# shutdown -g0 -i6 -y
アクティブ化されたブート環境エントリが自動的に選択されます。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
ルートディスクがカプセル化されている場合にブート環境を切り替えるには
1
現在のブートディスクデバイスとデバイスエイリアスを表示します。
# eeprom
boot-device=vx-rootdg vx-int_disk
use-nvramrc?=true
nvramrc=devalias vx-int_disk /[email protected],600000/[email protected]/[email protected],0:a
devalias vx-rootdg01 /[email protected],600000/[email protected]/[email protected],0:a
2
eeprom コマンドを使ってブートもとのデバイスを設定します。この例はプライマリルー
トディスクからのブートを示したものです。
# eeprom boot-device=vx-rootdg01
3
システムを再起動します。
# shutdown -g0 -i6 -y
Solaris x64 のブート環境の切り替え
vxlufinish スクリプトを使って Live Upgrade を処理する場合は、ブート環境を切り替
えるときに次の手順を実行する必要がありません。手動で Live Upgrade を実行するとき
は、次の手順を実行する必要があります。
ブート環境を切り替えるには 2 通りの手順があり、ルートディスクのカプセル化に基づい
て次の手順のいずれかを選択します。
■
p.248 の 「ルートディスクがカプセル化されていない場合にブート環境を切り替えるに
は」 を参照してください。
■
p.249 の 「ルートディスクがカプセル化されている場合にブート環境を切り替えるには」
を参照してください。
247
248
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
ルートディスクがカプセル化されていない場合にブート環境を切り替えるには
1
Live Upgrade ブート環境の状態を表示します。
# lustatus
Boot Environment
Name
---------------source.2657
dest.2657
Is
Complete
-------yes
yes
Active
Now
-----yes
no
Active
On Reboot
--------yes
no
Can
Delete
-----no
yes
Copy
Status
------
この例では、プライマリブートディスク(source.2657)がアクティブです。代替ブート
ディスク(dest.2657)をアクティブ化する場合もあります。
2
代替ルートディスク(dest.2657)にマウントされているファイルシステムをマウント解
除します。
# lufslist dest.2657
boot environment name:
Filesystem
fstype device size
----------------- ------ -----------/dev/dsk/c0t0d0s1 swap
4298342400
/dev/dsk/c0t0d0s0 ufs
15729328128
/dev/dsk/c0t0d0s5 ufs
8591474688
/dev/dsk/c0t0d0s3 ufs
5371625472
dest.2657
Mounted on
---------/
/var
/vxfs
Mount Options
--------------
# luumount dest.2657
3
Live Upgrade ブート環境をアクティブ化します。
# luactivate dest.2657
4
システムを再起動します。
# shutdown -g0 -i6 -y
システムが起動すると、GRUB メニューに次のような Live Upgrade ブート環境のエ
ントリが表示されます。
source.2657
dest.2657
アクティブ化されたブート環境エントリが自動的に選択されます。
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
ルートディスクがカプセル化されている場合にブート環境を切り替えるには
◆
Solaris 10 Update 6(2.10u6)以前のリリースでは、ルートディスクがカプセル化さ
れている場合に luactivate メソッドを使うことができます。Solaris 10 Update 6 以
降では、次のいずれかを実行します。
■
システムがブートされたときに、ソースブート環境または対象のブート環境の
GRUB エントリを選択します。次の手順を使って、手動でデフォルトの GRUB
menu.lst エントリをソース(PBE)または対象(ABE)の GRUB エントリに設定す
ることもできます。
■
システムが代替ブート環境からブートされた場合は、次の手順を実行してプライ
マリブート環境に切り替えます。
# mkdir /altroot
# mount rootpath /altroot
# bootadm list-menu -R altroot
# bootadm list-menu
# bootadm set-menu -R altroot default=PBE_menu_entry
# bootadm set-menu default=PBE_menu_entry
# shutdown -g0 -i6 -y
■
システムがプライマリブート環境からブートされた場合は、次の手順を実行して代
替ブート環境に切り替えます。
# bootadm list-menu
# bootadm set-menu default=ABE_menu_entry
ABE booting
249
250
第 12 章 Live Upgrade を使ったアップグレード
ブート環境の管理
13
Storage Foundation High
Availability の段階的アップ
グレードの実行
この章では以下の項目について説明しています。
■
段階的アップグレードについて
■
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
段階的アップグレードについて
クラスタの休止時間を最小化するために段階的アップグレードを実行します。状況に応じ
て、おおよその休止時間を次のように計算できます。
動作中のノードにすべての 休止時間は、サービスグループのオフラインとオンラインの切り替えに
サービスグループをフェー 要する時間に相当します。
ルオーバーできる
アップグレード時に動作中 そのサービスグループの休止時間は、アップグレードの実行とノード
のノードにフェールオー
の再起動に要する時間に相当します。
バーできないサービスグ
ループがある
段階的アップグレードの前提条件
アップグレードを開始する前に、アップグレードの対象となるノードすべてについてライセ
ンスの状態を確認します。
252
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
段階的アップグレードについて
段階的なアップグレードの計画
どのサービスグループの休止時間も最短になるように、サービスグループのノード間移動
を計画します。
その大まかな指針は次のとおりです。
■
クラスタを 2 分割します。クラスタに含まれるノードの数が奇数となる場合は、(n+1)/2
で計算を行い、偶数個のノードでアップグレードを開始します。
■
クラスタを分割し、最初のサブクラスタをアップグレードしている間、優先度の高いサー
ビスグループがオンラインのままになるようにします。
段階的アップグレードの制限事項
次の制限事項では、主として段階的アップグレード中の設定やサービスグループの変更
に関する制限を示します。
■
アップグレードを実行している間は、モジュールを開始しないようにしてください。
■
インストーラを起動するときは、Storage Foundation のみを選択します。
■
アップグレードを実行している場合は、どのノードに対してもサービスグループの追加
や削除を行わないようにしてください。
■
設定によっては、複数のノードを同時にアップグレードできない場合があります。一度
に 1 つのノードしかアップグレードできません。
■
非常に大規模なクラスタの場合は、クラスタのアップグレードを行ううえで、ここに説明
する手順を複数回繰り返す必要性が生じる場合があります。
段階的アップグレードの例
この例では、ノードが 4 つ(node01、node02、node03、node04)となります。また、サー
ビスグループも 4 つ(sg1、sg2、sg3、sg4)となります。この例では、クラスタを 2 つのサブ
クラスタに分割しています。node01 と node02 のノードは 1 番目のサブクラスタにあり、
これを最初にアップグレードします。node03 と node04 のノードは 2 番目のサブクラスタ
にあり、これを次にアップグレードします。
それぞれのサービスグループは、ノード上で次のように実行されています。
■
sg1 と sg2 はパラレルサービスグループであり、すべてのノードで実行されています。
■
sg3 と sg4 はフェールオーバーサービスグループです。sg3 は node01 で実行され、
sg4 は node02 で実行されています。
■
VxSS サービスグループはすべてのノードで実行されています(セキュアモードが有
効です)
システムリストにおいて、各サービスグループは次のように別のノードにフェールオーバー
するように設定されています。
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
段階的アップグレードについて
■
sg1 と sg2 はすべてのノードで実行されています。
■
sg3 と sg4 はクラスタ内のどのノードにもフェールオーバーできます。
■
VxSS サービスグループはすべてのノードで実行されています
段階的アップグレードの設定例
図 13-1
First サブクラスタ
Second サブクラスタ
sg1
sg1
sg1
sg1
sg2
sg2
sg2
sg2
sg3
sg4
VxS
S
VxS
S
VxS
S
VxS
S
ノード 01
ノード 02
ノード 03
ノード 04
段階的アップグレードの例についての概要
この例のアップグレードパスは次のとおりです。
■
1 番目のサブクラスタから 2 番目のサブクラスタにすべてのサービスグループを移し
ます。
■
1 番目のサブクラスタのノードでオペレーティングシステムをアップグレードします(必
要な場合)。
■
1 番目のサブクラスタで、インストールプログラムを使ってアップグレードを開始しま
す。
■
2 番目のサブクラスタを準備します。
■
1 番目のサブクラスタをアクティブ化します。
■
2 番目のサブクラスタのノードでオペレーティングシステムをアップグレードします(必
要な場合)。
■
2 番目のサブクラスタで、インストールプログラムを使ってアップグレードを開始しま
す。
p.254 の 「Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行」 を参照し
てください。
253
254
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレー
ドの実行
この項では、4 つのサービスグループを持つ 4 つのノードで Storage Foundation の段
階的アップグレードを実行する方法について説明します。このシナリオでは、サービスグ
ループをオンラインにしたまま 2 番目のサブクラスタをアップグレードできません。アップ
グレード中には、どのノードでもリソースまたはサービスグループの追加、削除、変更を行
わないでください。このような変更は、アップグレード後に失われる可能性があります。次
の例では、段階的アップグレードを実行する手順について説明します。段階的アップグ
レードは、セキュアクラスタ内の Storage Foundation 5.0 MP3 からセキュアクラスタ内の
Storage Foundation 5.1 へのアップグレードです。
p.251 の 「段階的アップグレードについて」 を参照してください。
2 番目のサブクラスタへのサービスグループの移動
次の手順を実行して、サービスグループの状態を確立し、サービスグループを切り替え
ます。
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
2 番目のサブクラスタにサービスグループを移すには
1
1 番目のサブクラスタで、サービスグループがオンラインになっている位置を特定し
ます。
# hagrp -state
出力は次のようになります。
#Group
sg1
sg1
sg1
sg1
sg2
sg2
sg2
sg2
sg3
sg3
sg3
sg3
sg4
sg4
sg4
sg4
VxSS
VxSS
VxSS
VxSS
Attribute
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
State
System
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
Value
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|OFFLINE|
|OFFLINE|
|OFFLINE|
|OFFLINE|
|ONLINE|
|OFFLINE|
|OFFLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
255
256
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
2
パラレルサービスグループ(sg1 と sg2)と VXSS グループを 1 番目のサブクラスタ
からオフラインにします。フェールオーバーサービスグループ(sg3 と sg4)を、1 番
目のサブクラスタ(node01 と node02)から 2 番目のサブクラスタ(node03 と node04)
上のノードに切り替えます。
# hagrp -offline sg1 -sys node01
# hagrp -offline sg2 -sys node01
# hagrp -offline sg1 -sys node02
# hagrp -offline sg2 -sys node02
# hagrp -offline VxSS -sys node01
# hagrp -offline VxSS -sys node02
# hagrp -switch sg3 -to node03
# hagrp -switch sg4 -to node04
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
3
Storage Foundation が管理しないすべての VxFS ファイルシステムをマウント解除
します。たとえば、次の操作を行います。
# df -k
Filesystem
kbytes
used
avail capacity Mounted on
/dev/dsk/c1t0d0s0
66440242 10114415 55661425 16% /
/devices
0
0
0
0% /devices
ctfs
0
0
0
0% /system/contract
proc
0
0
0
0% /proc
mnttab
0
0
0
0% /etc/mnttab
swap
5287408
1400 5286008
1% /etc/svc/volatile
objfs
0
0
0
0% /system/object
sharefs
0
0
0
0% /etc/dfs/sharetab
/platform/sun4u-us3/lib/libc_psr/libc_psr_hwcap1.so.1
66440242 10114415 55661425
16% /platform/sun4u-us3/lib/
libc_psr.so.1
/platform/sun4u-us3/lib/sparcv9/libc_psr/libc_psr_hwcap1.so.1
66440242 10114415 55661425
16%
/platform/sun4u-us3/lib/
sparcv9/libc_psr.so.1
fd
0
0
0
0%
/dev/fd
swap
5286064
56 5286008
1%
/tmp
swap
5286056
48 5286008
1%
/var/run
swap
5286008
0 5286008
0%
/dev/vx/dmp
swap
5286008
0 5286008
0%
/dev/vx/rdmp
3.0G
18M 2.8G
1% /mnt/dg2/dg2vol1
/dev/vx/dsk/dg2/dg2vol2
1.0G
18M 944M
2% /mnt/dg2/dg2vol2
/dev/vx/dsk/dg2/dg2vol3
10G
20M 9.4G
1% /mnt/dg2/dg2vol3
# umount /mnt/dg2/dg2vol1
# umount /mnt/dg2/dg2vol2
# umount /mnt/dg2/dg2vol3
4
1 番目のサブクラスタで設定を書き込み可能にします。
# haconf -makerw
5
ノードをフリーズします。
# hasys -freeze -persistent node01
# hasys -freeze -persistent node02
257
258
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
6
設定をダンプして、読み取り専用にします。
# haconf -dump -makero
7
サービスグループがアップグレードする 1 番目のサブクラスタでオフラインになって
いることを確認します。
# hagrp -state
出力は次のようになります。
#Group Attribute System Value
sg1 State node01 |OFFLINE|
sg1 State node02 |OFFLINE|
sg1 State node03 |ONLINE|
sg1 State node04 |ONLINE|
sg2 State node01 |OFFLINE|
sg2 State node02 |OFFLINE|
sg2 State node03 |ONLINE|
sg2 State node04 |ONLINE|
sg3 State node01 |OFFLINE|
sg3 State node02 |OFFLINE|
sg3 State node03 |ONLINE|
sg3 State node04 |OFFLINE|
sg4 State node01 |OFFLINE|
sg4 State node02 |OFFLINE|
sg4 State node03 |OFFLINE|
sg4
VxSS
VxSS
VxSS
VxSS
8
State
State
State
State
State
node04
node01
node02
node03
node04
|ONLINE|
|OFFLINE|
|OFFLINE|
|ONLINE|
|ONLINE|
クラスタで I/O フェンシングを使っている場合は、node01 と node02 でこの手順を
実行します。任意のエディタを使って、次のように変更します。
■ /etc/vxfenmode ファイルで、vxfen_mode 変数の値を scsi3 から disabled に
変更します。vxfenmode ファイルで次のような行に変更します。
vxfen_mode=disabled
■ /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ファイルで、UseFence
属性の値を
SCSI3 から NONE に変更します。main.cf ファイルで次のような行に変更しま
す。
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
UseFence = NONE
9
1 番目のサブクラスタで llttab、llthosts、gabtab、types.cf、main.cf、AT 設定ファ
イルのバックアップを作成します。
# cp /etc/llttab /etc/llttab.bkp
# cp /etc/llthosts /etc/llthosts.bkp
# cp /etc/gabtab /etc/gabtab.bkp
# cp /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ¥
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf.bkp
# cp /etc/VRTSvcs/conf/config/types.cf ¥
/etc/VRTSvcs/conf/config/types.cf.bkp
# /opt/VRTSat/bin/vssat showbackuplist
B|/var/VRTSat/.VRTSat/profile/VRTSatlocal.conf
B|/var/VRTSat/.VRTSat/profile/certstore
B|/var/VRTSat/ABAuthSource
B|/etc/vx/vss/VRTSat.conf
Quiescing ...
Snapshot Directory :/var/VRTSatSnapShot
1 番目のサブクラスタでのオペレーティングシステムのアップグレード
必要に応じて、1 番目のサブクラスタでオペレーティングシステムのアップグレードを実行
できます。詳しくは、ご使用のオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
1 番目のサブクラスタのアップグレード
まず、インストールプログラムに移動してこれを開始します。
段階的アップグレードのインストーラを開始するには
1
スーパーユーザーとしてログオンし、製品ディスクをマウントしていることを確認しま
す。
2
installsf を含むフォルダに移動します。
# cd /storage_foundation
3
Storage Foundation が実行されていることを確認します。installsf プログラムを開
始し、1 番目のサブクラスタのノード(node1 と node2)を指定します。
# ./installsf node1 node2
プログラムの起動とともに著作権情報が表示され、ログを作成するディレクトリが指定
されます。
259
260
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
4
使用可能なインストールオプションを確認します。
1
Storage Foundation(SF)を選択する。
2
Storage Foundation and High Availability(SFHA)を選択する。
この例では、2 を指定して SFHA を選択します。
Select a product to install? [1-2,q,?] (1) 2
5
y を入力して、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)に同意します。
Do you agree with the terms of the End User License Agreement
as specified in the EULA.pdf file present on media? [y,n,q,?]
(y) y
6
使用可能なインストールオプションを確認します。
1
製品の基本機能を提供する最小限の必須の Storage Foundation パッケージのみ
をインストールする。
2
製品の完全な機能を提供する推奨の Storage Foundation パッケージをインストー
ルする。
このオプションがデフォルトです。
3
すべての Storage Foundation パッケージをインストールする。
オプションの Storage Foundation 機能を設定するには、このオプションを選択す
る必要があります。
4
オプションごとに Storage Foundation パッケージを表示する。
この例では、すべてのパッケージを表す 3 を選択します。
Select the パッケージ to be installed on all systems? [1-4,q,?]
(2) 3
7
インストーラは、一連のチェックおよびテストを行って、通信、ライセンス、互換性を確
認します。
8
メッセージが表示されたら、y を入力してアップグレードを続行します。
Do you want to continue? [y,n,q] (y)
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
9
メッセージが表示されたら、y を入力してアップグレードを続行します。
Do you want to upgrade SFHA? If you answer n then only SF
will be upgraded. [y,n,q] (y) y
10 メッセージが表示されたら、y を入力して該当するプロセスを停止します。
Do you want to stop Storage Foundation processes? [y,n,q] (y)
1 番目のサブクラスタでのアップグレードが終了します。「2 番目のサブクラスタの準
備」 の手順が完了するまで、1 番目のサブクラスタのノードを再起動しないでくださ
い。
2 番目のサブクラスタの準備
1 番目のサブクラスタ内のノードを再起動する前に、2 番目のサブクラスタで次の手順を
実行します。
261
262
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
2 番目のサブクラスタのアップグレードを準備するには
1
リソースの状態の概略を取得します。
# hastatus -summ
--A
A
A
A
--B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
SYSTEM STATE
System
node01
node02
node03
node04
GROUP STATE
Group
SG1
SG1
SG1
SG1
SG2
SG2
SG2
SG2
SG3
SG3
SG3
SG3
SG4
SG4
SG4
SG4
VxSS
VxSS
VxSS
VxSS
State
EXITED
EXITED
RUNNING
RUNNING
System
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
Probed
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Frozen
1
1
0
0
AutoDisabled
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
State
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
2
Storage Foundation が管理しないすべての VxFS ファイルシステムをマウント解除
します。たとえば、次の操作を行います。
# df -k
Filesystem
kbytes
used
avail capacity Mounted on
/dev/dsk/c1t0d0s0
66440242 10114415 55661425
16%
/
/devices
0
0
0
0%
/devices
ctfs
0
0
0
0%
/system/contract
proc
0
0
0
0%
/proc
mnttab
0
0
0
0%
/etc/mnttab
swap
5287408
1400 5286008
1%
/etc/svc/volatile
objfs
0
0
0
0%
/system/object
sharefs
0
0
0
0%
/etc/dfs/sharetab
/platform/sun4u-us3/lib/libc_psr/libc_psr_hwcap1.so.1
66440242 10114415 55661425
16%
/platform/sun4u-us3/
lib/libc_psr.so.1
/platform/sun4u-us3/lib/sparcv9/libc_psr/libc_psr_hwcap1.so.1
66440242 10114415 55661425
16%
/platform/sun4u-us3/
lib/sparcv9/libc_psr.so.1
fd
0
0
0
0%
/dev/fd
swap
5286064
56 5286008
1%
/tmp
swap
5286056
48 5286008
1%
/var/run
swap
5286008
0 5286008
0%
/dev/vx/dmp
swap
5286008
0 5286008
0%
/dev/vx/rdmp
3.0G
18M 2.8G
1% /mnt/dg2/dg2vol1
/dev/vx/dsk/dg2/dg2vol2
1.0G
18M 944M
2% /mnt/dg2/dg2vol2
/dev/vx/dsk/dg2/dg2vol3
10G
20M 9.4G
1% /mnt/dg2/dg2vol3
# umount /mnt/dg2/dg2vol1
# umount /mnt/dg2/dg2vol2
# umount /mnt/dg2/dg2vol3
3
2 番目のサブクラスタで設定を書き込み可能にします。
# haconf -makerw
263
264
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
4
サービスグループをアンフリーズします。
# hagrp -unfreeze sg1 -persistent
# hagrp -unfreeze sg2 -persistent
# hagrp -unfreeze sg3 -persistent
# hagrp -unfreeze sg4 -persistent
# hagrp -unfreeze VxSS -persistent
5
設定をダンプして、読み取り専用にします。
# haconf -dump -makero
6
node03 と node04 でサービスグループをオフラインにします。
# hagrp -offline sg1 -sys node03
# hagrp -offline sg1 -sys node04
# hagrp -offline sg2 -sys node03
# hagrp -offline sg2 -sys node04
# hagrp -offline sg3 -sys node03
# hagrp -offline sg4 -sys node04
# hagrp -offline VxSS -sys node03
# hagrp -offline VxSS -sys node04
7
サービスグループの状態を確認します。
# hagrp -state
#Group ??????Attribute ???System ????Value
SG1
State
node01
|OFFLINE|
SG1
State
node02
|OFFLINE|
SG1
State
node03
|OFFLINE|
SG1
State
node04
|OFFLINE|
SG2
State
node01
|OFFLINE|
SG2
State
node02
|OFFLINE|
SG2
State
node03
|OFFLINE|
SG2
State
node04
|OFFLINE|
SG3
State
node01
|OFFLINE|
SG3
State
node02
|OFFLINE|
SG3
State
node03
|OFFLINE|
SG3
State
node04
|OFFLINE|
VxSS
State
node01
|OFFLINE|
VxSS
State
node02
|OFFLINE|
VxSS
State
node03
|OFFLINE|
VxSS
State
node04
|OFFLINE|
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
8
クラスタで I/O フェンシングを使っている場合は、node03 と node04 でこの手順を
実行します。任意のエディタを使って、次のように変更します。
■ /etc/vxfenmode ファイルで、vxfen_mode 変数の値を scsi3 から disabled に
変更します。vxfenmode ファイルで次のような行に変更します。
vxfen_mode=disabled
■ ./etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ファイルで、UseFence
属性の値を
SCSI3 から NONE に変更します。main.cf ファイルで次のような行に変更しま
す。
UseFence = NONE
9
node03 と node04 で、VCS、I/O フェンシング、GAB、LLT を停止します。
■
Solaris 9:
# /opt/VRTSvcs/bin/hastop -local
# /etc/init.d/vxfen stop
# /etc/init.d/gab stop
# /etc/init.d/llt stop
■
Solaris 10:
# /opt/VRTSvcs/bin/hastop -local
# svcadm disable /system/vxfen
# svcadm disable /system/gab
# svcadm disable /system/llt
10 node03 と node04 で、VXFEN、GAB、LLT の各モジュールがロードされていない
ことを確認します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/vxfen status
VXFEN module is not loaded
# /etc/init.d/gab status
GAB module is not loaded
# /etc/init.d/llt status
LLT module is not loaded
■
Solaris 10:
# /lib/svc/method/vxfen status
VXFEN module is not loaded
265
266
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
# /lib/svc/method/gab status
GAB module is not loaded
# /lib/svc/method/llt status
LLT module is not loaded
1 番目のサブクラスタのアクティブ化
1 番目のサブクラスタでサービスグループの準備を行います。
1 番目のサブクラスタをアクティブにするには
1
クラスタで I/O フェンシングを使っている場合は、node01 と node02 でこの手順を
実行します。1 番目のサブクラスタのノードを再起動する前に、任意のエディタを使っ
て、次のように有効な状態に戻します。
■ ./etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ファイルで、UseFence
属性の値を
NONE から SCSI3 に変更します。main.cf ファイルで次のような行に変更しま
す。
UseFence = SCSI3
■ /etc/vxfenmode ファイルで、vxfen_mode 変数の値を disabled から scsi3 に
変更します。vxfenmode ファイルで次のような行に変更します。
vxfen_mode=scsi3
2
1 番目のサブクラスタの node01 と node02 を再起動します。
# /usr/sbin/shutdown -y -i6 -g0
3
1 番目のサブクラスタの node01 と node02 をシーディングします。
# gabconfig -xc
4
1 番目のサブクラスタで設定を書き込み可能にします。
# haconf -makerw
5
1 番目のサブクラスタのノードをアンフリーズします。
# hasys -unfreeze -persistent node01
# hasys -unfreeze -persistent node02
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
6
設定をダンプして、読み取り専用にします。
# haconf -dump -makero
7
node01 と node02 でサービスグループをオンラインにします。
# hagrp -online sg1 -sys node01
# hagrp -online sg1 -sys node02
# hagrp -online sg2 -sys node01
# hagrp -online sg2 -sys node02
# hagrp -online sg3 -sys node01
# hagrp -online sg4 -sys node02
# hagrp -online VxSS -sys node01
# hagrp -online VxSS -sys node02
2 番目のサブクラスタでのオペレーティングシステムのアップグレード
必要に応じて、2 番目のサブクラスタでオペレーティングシステムのアップグレードを実行
できます。詳しくは、ご使用のオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。
2 番目のサブクラスタのアップグレード
次の手順を実行して、2 番目のサブクラスタ(node03 と node04)をアップグレードします。
インストーラを開始して、2 番目のサブクラスタをアップグレードするには
1
スーパーユーザーとしてログオンし、製品ディスクをマウントしていることを確認しま
す。
2
installsf を含むフォルダに移動します。
# cd /storage_foundation
3
node03 と node04 で Storage Foundation が停止していることを確認します。
installsf プログラムを開始し、2 番目のサブクラスタのノード(node3 と node4)を指
定します。
# ./installsf node3 node4
プログラムの起動とともに著作権情報が表示され、ログを作成するディレクトリが指定
されます。
267
268
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
4
使用可能なインストールオプションを確認します。
1
Storage Foundation(SF)を選択する。
2
Storage Foundation and High Availability(SFHA)を選択する。
この例では、2 を指定して SFHA を選択します。
Select a product to install? [1-2,q,?] (1) 2
5
y を入力して、エンドユーザー使用許諾契約(EULA)に同意します。
Do you agree with the terms of the End User License Agreement
as specified in the EULA.pdf file present on media? [y,n,q,?] (y) y
6
使用可能なインストールオプションを確認します。
1
製品の基本機能を提供する最小限の必須の Storage Foundation パッケージのみ
をインストールする。
2
製品の完全な機能を提供する推奨の Storage Foundation パッケージをインストー
ルする。
このオプションがデフォルトです。
3
すべての Storage Foundation パッケージをインストールする。
オプションの Storage Foundation 機能を設定するには、このオプションを選択す
る必要があります。
4
オプションごとに Storage Foundation パッケージを表示する。
この例では、すべてのパッケージを表す 3 を選択します。
Select the パッケージ to be installed on all systems? [1-4,q,?]
(2) 3
7
インストーラは、一連のチェックおよびテストを行って、通信、ライセンス、互換性を確
認します。
8
メッセージが表示されたら、y を入力してアップグレードを続行します。
Do you want to continue? [y,n,q] (y)
9
メッセージが表示されたら、y を入力してアップグレードを続行します。
Do you want to upgrade SFHA? If you answer n then only SF
will be upgraded. [y,n,q] (y) y
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
10 メッセージが表示されたら、y を入力して該当するプロセスを停止します。
Do you want to stop Storage Foundation processes? [y,n,q] (y)
11 アップグレードが完了するまで、インストールプログラムに注意して適宜質問に回答
します。
段階的アップグレードの終了
まず、2 番目のサブクラスタのノードを再起動する必要があります。
アップグレードを終了するには
1
クラスタで I/O フェンシングを使っている場合は、node03 と node04 でこの手順を
実行します。2 番目のサブクラスタのノードを再起動する前に、任意のエディタを使っ
て、次のように有効な状態に戻します。
■ /etc/vxfenmode ファイルで、vxfen_mode 変数の値を disabled から scsi3 に
変更します。vxfenmode ファイルで次のような行に変更します。
vxfen_mode=scsi3
2
2 番目のサブクラスタの node03 と node04 を再起動します。
# /usr/sbin/shutdown -y -i6 -g0
2 番目のサブクラスタのノードは、1 番目のサブクラスタのノードと結合します。
269
270
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
3
Storage Foundation およびそのコンポーネントが起動しているかどうかを調べます。
# gabconfig -a
GAB Port Memberships
===============================================================
Port a gen
Port b gen
Port h gen
4
nxxxnn membership 0123
nxxxnn membership 0123
nxxxnn membership 0123
hastatus -sum コマンドを実行して、ノード、サービスグループ、クラスタの状態を
判断します。
# hastatus -sum
-- SYSTEM STATE
-- System
A node01
A node02
A node03
A node04
-- GROUP STATE
-- Group
System
B VxSS
node01
B VxSS
node02
B VxSS
node03
B VxSS
node04
B sg1
node01
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
B
sg1
sg1
sg1
sg2
sg2
sg2
sg2
sg3
sg3
sg3
sg3
sg4
sg4
sg4
sg4
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
node01
node02
node03
node04
State
RUNNING
RUNNING
RUNNING
RUNNING
Frozen
0
0
0
0
Probed
Y
Y
Y
Y
Y
AutoDisabled
N
N
N
N
N
State
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
Y
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
N
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
OFFLINE
OFFLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
この例では、Storage Foundation の段階的アップグレードを実行しました。サービスグ
ループは、node03 と node04 でオフラインにしたときから、Storage Foundation が
node01 と node02 でオンラインにしたときまでダウンしていました。
271
272
第 13 章 Storage Foundation High Availability の段階的アップグレードの実行
Storage Foundation 5.0 MP3 からの段階的アップグレードの実行
14
Storage Foundation インス
トールの確認
この章では以下の項目について説明しています。
■
製品がインストールされたことの確認
■
インストールログファイル
■
Veritas 製品のプロセスの開始と停止
■
Volume Manager プロセスのチェック
■
Veritas File System のインストールの確認
■
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
■
LLT と GAB の設定ファイルについて
■
LLT、GAB、VCS の各設定ファイルの確認
■
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
製品がインストールされたことの確認
Veritas Storage Foundation 製品がインストールされていることを確認します。
pkginfo コマンドを使ってどのパッケージがインストールされたかを確認します。
# pkginfo -l VRTSvlic package_name package_name ...
次の項の記述に従って、製品のインストールをさらに確認します。
274
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
インストールログファイル
インストールログファイル
すべての製品のインストール後、インストーラは 3 つのテキストファイルを生成します。
■
インストールログファイル
■
応答ファイル
■
概略ファイル
各ファイルの名前と場所が製品イントールの終了時に表示され、常に
/opt/VRTS/install/logs ディレクトリに置かれます。監査、デバッグ、今後の使用の
ために、ファイルを保存することをお勧めします。
インストールログファイルの使用
インストールログファイルには、手順の間に実行されたすべてのコマンド、その出力、コマ
ンドにより生成されたエラーが含まれます。このファイルはインストールの問題をデバッグ
するためのものであり、Veritas サポートによる分析に使われることがあります。
概略ファイルの使用
概略ファイルには、共通の製品インストーラや製品インストールスクリプトによるインストー
ルの結果が含まれています。概略には、パッケージのリスト、各パッケージの状態(成功
かエラー)が含まれています。また、概略にはどの処理がインストールの間に停止するか、
または再起動されたか示します。インストール後、概略ファイルを参照して、開始する必
要がある処理を判断します。
Veritas 製品のプロセスの開始と停止
インストールと設定の完了後、Veritas 製品インストーラは、インストールした製品で使う
プロセスを開始します。必要に応じて、製品インストーラを使ってプロセスを停止または開
始できます。
プロセスを停止するには
◆
製品インストールスクリプトの -stop オプションを使います。
たとえば、VCS プロセスを停止するには、次のコマンドを入力します。
# ./installvcs -stop
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
Volume Manager プロセスのチェック
プロセスを開始するには
◆
製品インストールスクリプトの -start オプションを使います。
たとえば、VCS プロセスを開始するには、次のコマンドを入力します。
# ./installvcs -start
Volume Manager プロセスのチェック
次の手順を使って、Volume Manager プロセスが実行中であることを確認します。
重要な Volume Manager プロセスが実行中であることを確認するには
◆
次のようにコマンドを入力します。
# ps -e | grep vx
vxconfigd、vxnotify、vxesd、vxrelocd、vxcached、vxconfigbackupd の各
プロセスのエントリが、このコマンドの出力結果に表示されます。ホットリロケーション
を無効にした場合は、vxrelocd と vxnotify プロセスは表示されません。
Veritas File System のインストールの確認
Veritas File System パッケージは、カーネルコンポーネントおよび管理コマンドで構成
されています。
カーネルインストールの確認
ファイルシステムドライバがロードされていることを確認するには、次のように入力します。
# modinfo | grep vxfs
modinfo コマンドを実行すると、システムにロードされたすべてのモジュールに関する情
報が表示されます。vxfs モジュールがロードされている場合は、vxfs に対応するエント
リが表示されます。ロードされていない場合は、指示に従ってファイルシステムのモジュー
ルをロードし、次にアンロードして、処理を完了してください。
p.137 の 「ファイルシステムモジュールのロードとアンロード」 を参照してください。
コマンドインストールの確認
表 14-1 に Veritas File System コマンドがあるディレクトリを一覧表示します。
275
276
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
表 14-1
VxFS コマンドの場所
場所
内容
/etc/fs/vxfs
ファイルシステムのマウントに必要な Veritas mount コマンドと QuickLog
固有のコマンドが含まれています。
/usr/lib/fs/vxfs/bin VxFS タイプ固有の置換コマンドが含まれています。
/opt/VRTSvxfs/sbin Veritas 固有のコマンドが含まれています。
/opt/VRTS/bin
上述のディレクトリにインストールされた Veritas 固有のすべてのコマンドへ
のシンボリックリンクが含まれます。
サブディレクトリが存在するかどうかを確認します。
# ls /etc/fs/vxfs
# ls /usr/lib/fs/vxfs/bin
# ls /opt/VRTSvxfs/sbin
# ls /opt/VRTS/bin
これに合わせて環境変数を調整してください。
p.48 の 「環境変数の設定」 を参照してください。
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効
化について
Symantec Product Authentication Service(AT)は、認証ブローカーのプラグインに
よる LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)のユーザー認証をサポートしま
す。AT は、Sun のディレクトリのサーバー、Netscape、OpenLDAP、Windows の Active
Directory など、すべての一般的な LDAP 配布をサポートします。
セキュアモードで動作するクラスタでは、VCS ユーザーが LDAP ドメインに属する場合、
LDAP 認証プラグインを有効にする必要があります。
p.278 の 「セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化」 を参照してくださ
い。
インストール時に VCS ユーザーを追加していない場合でも、後でユーザーを追加できま
す。
VCS ユーザーを追加する手順については、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を
参照してください。
図 14-1 は、クラスタがセキュアモードで動作する場合の LDAP サーバーとの Storage
Foundation クラスタ通信を示しています。
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
図 14-1
LDAP サーバーとのクライアント通信
VCS クライアント
1. ユーザーが HA コマンドを実行
すると、AT が認証ブローカーを使
ってユーザー認証を開始します。
4. AT がユーザーにクレデンシャ
ルを発行して、コマンドの処理
を続行します。
VCS ノード
(認証ブローカー)
2. VCS ノードの認証ブローカーが
LDAP ディレクトリを使って LDAP
バインド操作を実行します。
3. LDAP バインドが正常に行われ
ると、AT が LDAP ディレクトリ
からグループ情報を取得します。
LDAP サーバー
(OpenLDAP または
Windows Active
Directory など)
『Symantec Product Authentication Service 管理者ガイド』を参照してください。
LDAP コマンド(ldapadd、ldapmodify、ldapsearch など)の LDAP スキーマと構文は
LDAP の実装方法によって異なります。
Symantec Product Authentication Service の LDAP ドメインを追加する前に、LDAP
環境に関する次の情報を書き留めます。
■
使用する LDAP スキーマの種類(デフォルトは RFC 2307)
■
UserObjectClass(デフォルトは posixAccount)
■
UserObject 属性(デフォルトは uid)
■
ユーザーグループ属性(デフォルトは gidNumber)
■
グループオブジェクトクラス(デフォルトは posixGroup)
■
GroupObject 属性(デフォルトは cn)
■
ユーザー GID 属性(デフォルトは gidNumber)
■
グループメンバーシップ属性(デフォルトは memberUid)
■
LDAP ディレクトリの URL
■
ユーザーコンテナの識別名(たとえば UserBaseDN=ou=people,dc=comp,dc=com)
277
278
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
■
グループコンテナの識別名(たとえば GroupBaseDN=ou=group,dc=comp,dc=com)
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化
次の手順では LDAP 認証のプラグインモジュールを有効にする方法を示します。この項
では OpenLDAP と Windows Active Directory LDAP の配布例を示します。
LDAP 認証を有効にする前に、次の手順を完了します。
■
クラスタがセキュアモードで動作していることを確認します。
# haclus -value SecureClus
出力の戻り値は 1 である必要があります。
■
AT のバージョンが 5.0.32.0 以降であることを確認します。
# /opt/VRTSat/bin/vssat showversion
vssat version: 5.0.32.0
vssat.1m と atldapconf.1m のマニュアルページを参照してください。
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
279
セキュアモードで動作するクラスタの OpenLDAP 認証を有効化するには
1
vssat コマンドを使って AT 設定に LDAP ドメインを追加します。
次の例では LDAP ドメイン MYENTERPRISE を追加します。
# /opt/VRTSat/bin/vssat addldapdomain ¥
--domainname "MYENTERPRISE.symantecdomain.com"¥
--server_url "ldap://my_openldap_host.symantecexample.com"¥
--user_base_dn "ou=people,dc=symantecdomain,dc=myenterprise,dc=com"¥
--user_attribute "cn" --user_object_class "account"¥
--user_gid_attribute "gidNumber"¥
--group_base_dn "ou=group,dc=symantecdomain,dc=myenterprise,dc=com"¥
--group_attribute "cn" --group_object_class "posixGroup"¥
--group_gid_attribute "member"¥
--admin_user "cn=manager,dc=symantecdomain,dc=myenterprise,dc=com"¥
--admin_user_password "password" --auth_type "FLAT"
2
正常に Storage Foundation ノードで LDAP ユーザーを認証できることを確認しま
す。
コマンドを実行するには、有効な LDAP ユーザー ID とパスワードが必要です。次の
例では、LDAP ユーザー vcsadmin1 の MYENTERPRISE ドメインの認証を確認し
ます。
system01# /opt/VRTSat/bin/vssat authenticate
--domain ldap:MYENTERPRISE.symantecdomain.com
--prplname vcsadmin1 --broker system01:2821
Enter password for vcsadmin1: ##########
authenticate
------------------------------------------Authenticated User vcsadmin1
----------------------
280
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
3
main.cf ファイルに LDAP ユーザーを追加します。
# haconf makerw
# hauser -add "CN=vcsadmin1/CN=people/¥
DC=symantecdomain/DC=myenterprise/¥
[email protected]" -priv Administrator
# haconf -dump -makero
グループレベルの認証を有効にする場合は、次のコマンドを実行する必要がありま
す。
# hauser -addpriv ¥
[email protected]_domain AdministratorGroup
4
main.cf ファイルに次の行があることを確認します。
# cat /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
...
...
cluster clus1 (
SecureClus = 1
Administrators = {
"CN=vcsadmin1/CN=people/DC=symantecdomain/DC=myenterprise/
[email protected]" }
AdministratorGroups = {
"CN=symantecusergroups/DC=symantecdomain/DC=myenterprise/
[email protected] " }
)
...
...
5
VCS_DOMAIN と VCS_DOMAINTYPE 環境変数を次のように設定します。
■
VCS_DOMAIN=myenterprise.symantecdomain.com
■
VCS_DOMAINTYPE=ldap
たとえば、Bourne シェル(sh または ksh)の場合は、次のコマンドを実行します。
# export VCS_DOMAIN=myenterprise.symantecdomain.com
# export VCS_DOMAINTYPE=ldap
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
6
VCS にログオンできることを確認します。次に例を示します。
# halogin vcsadmin1 password
# hasys -state
VCS NOTICE V-16-1-52563 VCS Login:vcsadmin1
#System
Attribute
Value
system01
Attribute RUNNING
system02
Attribute RUNNING
同様に、VCS Cluster Manager(Java コンソール)を使うと、 Storage Foundation
ノードにログオンするときに同じ LDAP ユーザー信用証明を使うこともできます。
7
クラスタの他のノードで LDAP 認証を有効にするには、クラスタの各ノードで手順を
実行します。
281
282
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
セキュアモードで動作するクラスタの Windows Active Directory 認証を有効化するに
は
1
-d オプションを使って LDAP 設定ツール atldapconf を実行します。-d オプション
を使うと LDAP プロパティファイル(優先順位設定された属性リスト)が検出され、取
得されます。
# /opt/VRTSat/bin/atldapconf -d
-s domain_controller_name_or_ipaddress
-u domain_user -g domain_group
次に例を示します。
# /opt/VRTSat/bin/atldapconf -d -s 192.168.20.32 ¥
-u Administrator -g "Domain Admins"
Search User provided is invalid or Authentication is required to
proceed further.
Please provide authentication information for LDAP server.
Username/Common Name: symantecdomain¥administrator
Password:
Attribute file created.
2
-c オプションを使って LDAP 設定ツール atldapconf を実行します。-c オプションを
使うと LDAP ドメインを追加するための CLI ファイルが作成されます。
# /opt/VRTSat/bin/atldapconf -c -d windows_domain_name
次に例を示します。
# /opt/VRTSat/bin/atldapconf -c -d symantecdomain.com
Attribute list file not provided, using default AttributeList.txt.
CLI file name not provided, using default CLI.txt.
CLI for addldapdomain generated.
3
-x オプションを使って LDAP 設定ツール atldapconf を実行します。-x オプション
を使うと CLI ファイルが読み込まれ、AT にドメインを追加するコマンドが実行されま
す。
# /opt/VRTSat/bin/atldapconf -x
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
セキュアモードで動作するクラスタの LDAP 認証の有効化について
4
Windows Active Directory サーバーの統合が完了したことを確認するには、LDAP
ドメインを一覧表示します。
# /opt/VRTSat/bin/vssat listldapdomains
Domain Name :
Server URL :
SSL Enabled :
User Base DN :
User Object Class :
User Attribute :
User GID Attribute :
Group Base DN :
Group Object Class :
Group Attribute :
Group GID Attribute :
Auth Type :
Admin User :
Admin User Password :
Search Scope :
5
symantecdomain.com
ldap://192.168.20.32:389
No
CN=people,DC=symantecdomain,DC=com
account
cn
gidNumber
CN=group,DC=symantecdomain,DC=com
group
cn
cn
FLAT
SUB
VCS_DOMAIN と VCS_DOMAINTYPE 環境変数を次のように設定します。
■
VCS_DOMAIN=symantecdomain.com
■
VCS_DOMAINTYPE=ldap
たとえば、Bourne シェル(sh または ksh)の場合は、次のコマンドを実行します。
# export VCS_DOMAIN=symantecdomain.com
# export VCS_DOMAINTYPE=ldap
6
VCS にログオンできることを確認します。次に例を示します。
# halogin vcsadmin1 password
# hasys -state
VCS NOTICE V-16-1-52563 VCS Login:vcsadmin1
#System
Attribute
Value
system01
Attribute RUNNING
system02
Attribute RUNNING
同様に、VCS Cluster Manager(Java コンソール)を使うと、 Storage Foundation
ノードにログオンするときに同じ LDAP ユーザー信用証明を使うこともできます。
7
クラスタの他のノードで LDAP 認証を有効にするには、クラスタの各ノードで手順を
実行します。
283
284
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT と GAB の設定ファイルについて
LLT と GAB の設定ファイルについて
LLT と GAB は、VCS の通信サービスです。LLT には、/etc/llthosts ファイルと /etc/llttab
ファイルが必要です。GAB には、/etc/gabtab ファイルが必要です。
また、LLT と GAB には、初期化設定ファイルが必要です。
■
/etc/default/llt
■
/etc/default/gab
これらの LLT と GAB の設定ファイルに含まれている情報は次のとおりです。
■
/etc/default/llt ファイル
このファイルは LLT の開始と停止の環境変数を格納します。
■
LLT_START は、システム再起動後の LLT モジュールの起動動作を定義します。
有効な値は次のとおりです。
1 は、LLT の起動が有効になっていることを示します。
0 は、LLT の起動が無効になっていることを示します。
LLT_STOP は、システムシャットダウン時の LLT モジュールのシャットダウン動作
を定義します。有効な値は次のとおりです。
1 は、LLT のシャットダウンが有効になっていることを示します。
0 は、LLT のシャットダウンが無効になっていることを示します。
Storage Foundation HA の設定の終わりに、インストーラはこれらの変数の値を 1 に
設定します。
■
■
/etc/llthosts ファイル
llthosts ファイルは、システムごとの 1 つのエントリを持つデータベースです。この
ファイルは LLT のホスト名と LLT のシステム ID(最初のカラム)をリンクします。この
ファイルは、クラスタ内の各ノードで同一にする必要があります。ファイルの内容が不
一致の場合、クラスタで予測できない動作が発生することがあります。
たとえば、ファイル /etc/llthosts には次のようなエントリが含まれます。
0
1
■
system01
system02
/etc/llttab ファイル
ファイル llttab には、インストール時に入力し、lltconfig(1M) で使用するクラスタ
情報が定義されています。インストーラを使った場合、それぞれのシステムに適した
プライベートネットワークリンクの一覧が設定されています。たとえば、ファイル
/etc/llttab には次のようなエントリが含まれます。
■
Solaris SPARC の場合
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT と GAB の設定ファイルについて
set-node galaxy
set-cluster 2
link qfe0 /dev/qfe:0 - ether - link qfe1 /dev/qfe:1 - ether - ■
Solaris x64 の場合
set-node galaxy
set-cluster 2
link e1000g0 /dev/e1000g:0 - ether - link e1000g1 /dev/e1000g:1 - ether - -
先頭の行はシステムを識別するためのものです。2 行目は、クラスタを識別するため
のものです(インストーラを使った場合、クラスタ ID として設定した値)。次の 2 つの行
は link コマンドから始まります。これらの行は LLT のプロトコルが使う 2 つのネット
ワークカードを識別します。
LLT の下で優先度が低いリンクを設定すると、ファイルには「link-lopri」の行も追加
されます。
LLT の設定ファイルの編集方法について詳しくは llttab(4)のマニュアルページを
参照してください。このマニュアルページには、llttab ファイルのパラメータについ
ての解説があります。
■
/etc/default/gab ファイル
このファイルは GAB の開始と停止の環境変数を格納します。
■
GAB_START は、システム再起動後の GAB モジュールの起動動作を定義しま
す。有効な値は次のとおりです。
1 は、GAB の起動が有効になっていることを示します。
0 は、GAB の起動が無効になっていることを示します。
GAB_STOP は、システムシャットダウン時の GAB モジュールのシャットダウン動
作を定義します。有効な値は次のとおりです。
1 は、GAB のシャットダウンが有効になっていることを示します。
0 は、GAB のシャットダウンが無効になっていることを示します。
Storage Foundation HA の設定の終わりに、インストーラはこれらの変数の値を 1 に
設定します。
■
■
/etc/gabtab ファイル
Storage Foundation のインストールを終了した時点で、/etc/gabtab ファイルには、
GAB ドライバを使うための gabconfig(1)コマンドが設定されています。
/etc/gabtab ファイルには、次のような行が含まれます。
/sbin/gabconfig -c -nN
285
286
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、VCS の各設定ファイルの確認
-c オプションにより、使用するドライバを設定します。-nN は、クラスタが形成されるの
に最小限必要なノード数 N を指定します。シマンテック社では、N がクラスタのノード
の合計数になるように設定することをお勧めします。
メモ: /sbin/gabconfig に対して -c -x オプションを使うことはお勧めしません。-c
-x を使うとスプリットブレイン状態になる場合があります。
LLT、GAB、VCS の各設定ファイルの確認
VCS のインストールと設定を行ったときに入力した情報が、LLT、GAB、VCS の各設定
ファイルに含まれていることを確認します。
LLT、GAB、VCS の各設定ファイルを確認するには
1
2
次の設定ファイルの場所に移動します。
■
LLT
/etc/llthosts
/etc/llttab
■
GAB
/etc/gabtab
■
VCS
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
設定ファイルのコンテンツを確認します。
p.284 の 「LLT と GAB の設定ファイルについて」 を参照してください。
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
VCS コマンドを使用して、LLT、GAB、クラスタの動作を検証します。
LLT、GAB、クラスタの動作を検証するには
1
クラスタ内の任意のノードに、スーパーユーザーとしてログインします。
2
VCS コマンドを実行するために PATH 環境変数が設定されていることを確かめま
す。
3
Solaris 9 でプライベートネットワーク用に Sun SCI アダプタを使う場合は、S70llt
と S92gab スクリプトを /etc/rc2.d ディレクトリから /etc/rc3.d ディレクトリに移動しま
す。これらのスクリプトは、S19sci と S23scid スクリプトの後に実行されます。
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
4
LLT の動作を検証します。
p.287 の 「LLT の検証方法」 を参照してください。
5
GAB の動作を検証します。
6
クラスタの動作を検証します。
p.290 の 「クラスタの検証方法」 を参照してください。
LLT の検証方法
lltstat コマンドを使って LLT のリンクが動作していることを確認します。LLT が正しく
設定されれば、このコマンドはクラスタのすべてのノードを表示します。このコマンドは、こ
のコマンドを入力したノードの LLT のリンクに関する情報も返します。
詳しくは lltstat(1M)のマニュアルページを参照してください。
LLT を確認するには
1
ノード system01 のスーパーユーザーとしてログインします。
2
LLT の状態を表示するには、system01 上で lltstat コマンドを実行します。
lltstat -n
system01 の出力は次のようになります。
LLT node information:
Node
State
*0 system01
OPEN
1 system02
OPEN
Links
2
2
各ノードに 2 つのリンクがあり、各ノードは OPEN 状態にあります。アスタリスク(*)は
コマンドを実行したノードを表します。
LLT が動作していない場合、コマンドから LLT リンク情報は返りません。1 つのネッ
トワークのみが接続している場合、コマンドからは次の LLT 統計情報が返ります。
LLT node information:
Node
* 0 galaxy
1 nebula
2 saturn
3
State
OPEN
OPEN
OPEN
Links
2
2
1
ノード system02 のスーパーユーザーとしてログインします。
287
288
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
4
LLT の状態を表示するには、system02 上で lltstat コマンドを実行します。
lltstat -n
system02 の出力は次のようになります。
LLT node information:
Node
State
0 system01
OPEN
*1 system02
OPEN
5
Links
2
2
LLT についての追加情報を表示するには、各ノードで lltstat -nvv コマンドを実
行します。
たとえば、2 ノードのクラスタのノード system01 で次のコマンドを実行します。
lltstat -nvv | more
system01 の出力は次のようになります。
■
Solaris SPARC の場合
Node
*0 system01
1 system02
2
State
OPEN
Link
Status
bge1 UP
bge2 UP
08:00:20:93:0E:34
08:00:20:93:0E:34
bge1 UP
bge2 DOWN
08:00:20:8F:D1:F2
OPEN
CONNWAIT
bge1 DOWN
bge2 DOWN
3
CONNWAIT
bge1 DOWN
bge2 DOWN
.
.
.
31
CONNWAIT
bge1 DOWN
/dev/bge:2 DOWN
■
Solaris x64 の場合
Address
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
Node
*0 system01
State
OPEN
1 system02
2
Link
Status
Address
e1000g:0 UP
e1000g:1 UP
08:00:20:93:0E:34
08:00:20:93:0E:34
e1000g:0 UP
e1000g:1 DOWN
08:00:20:8F:D1:F2
OPEN
CONNWAIT
e1000g:0 DOWN
e1000g:1 DOWN
3
CONNWAIT
e1000g:0 DOWN
e1000g:1 DOWN
.
.
.
31
289
CONNWAIT
e1000g:0 DOWN
e1000g:1 DOWN
出力には 32 のノードが表示されていることに注意してください。このコマンドは、実
在しないノードの詳細と共に、クラスタの 2 つのノード system01 と system02 の状
態を報告します。
正しく設定された各ノードでは、情報は次を示します。
■
OPEN 状態
■
各リンクの UP 状態
■
各リンクの MAC アドレス
290
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
ただし、この例の出力では、このノード system02 に対して異なる詳細が示されてい
ます。プライベートネットワークの接続が切断されているか、または /etc/llttab のファ
イルの情報が不正です。
6
LLT に開いているポートに関する情報を取得するには、任意のノードで lltstat
-p と入力します。
たとえば、2 ノード クラスタのノード system01 で lltstat -p を入力します。
lltstat -p
出力は次のようになります。
LLT port information:
Port Usage
Cookie
0
gab
0x0
opens:
0 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 28 29 30 31
connects:
0 1
7
gab
0x7
opens:
0 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 28 29 30 31
connects:
0 1
31
gab
0x1F
opens:
0 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 ... 28 29 30 31
connects:
0 1
クラスタの検証方法
hastatus コマンドを使用してクラスタの状態を確認します。このコマンドはシステム状態
とグループの状態を返します。
hastatus(1M)のマニュアルページを参照してください。
システム状態とその移行については、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照し
てください。
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
291
クラスタを確認するには
1
クラスタの状態を確認するには、次のコマンドを入力します。
hastatus -summary
出力は次のようになります。
-- SYSTEM STATE
-- System
A
A
system01
system02
-- GROUP STATE
-- Group
2
State
Frozen
RUNNING
RUNNING
System
Probed
0
0
AutoDisabled
State
コマンド出力で次の情報を確認します。
■
システム状態
システム状態の値が RUNNING の場合、クラスタは正常に起動しています。
クラスタノードの検証
hasys -display コマンドを使用して、クラスタシステムの情報を確認します。出力され
た各ノードの情報は同じようになります。
hasys(1M)のマニュアルページを参照してください。
VCS のシステム属性については、『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してく
ださい。
クラスタノードを確認するには
◆
いずれかのノードで hasys -display コマンドを入力します。
hasys -display
次の例は、コマンドをノード system01 で実行した場合の出力です。リストされる情
報は、system02(例示なし)の場合もクラスタ内の他のどのノードの場合も同様で
す。
#System
属性
Value
system01
AgentsStopped
0
system01
AvailableCapacity
100
292
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
#System
属性
Value
system01
CPUBinding
BindTo None CPUNumber 0
system01
CPUUsage
0
system01
CPUUsageMonitoring
Enabled 0 ActionThreshold 0
ActionTimeLimit 0 Action NONE
NotifyThreshold 0 NotifyTimeLimit 0
system01
Capacity
100
system01
ConfigBlockCount
130
system01
ConfigCheckSum
46688
system01
ConfigDiskState
CURRENT
system01
ConfigFile
/etc/VRTSvcs/conf/config
system01
ConfigInfoCnt
0
system01
ConfigModDate
Wed 14 Oct 2009 17:22:48
system01
ConnectorState
Down
system01
CurrentLimits
system01
DiskHbStatus
system01
DynamicLoad
0
system01
EngineRestarted
0
system01
EngineVersion
5.1.00.0
system01
Frozen
0
system01
GUIIPAddr
system01
HostUtilization
CPU 0 Swap 0
system01
LLTNodeId
0
system01
LicenseType
DEMO
system01
Limits
system01
LinkHbStatus
link2 UP link3 UP
system01
LoadTimeCounter
0
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
#System
属性
Value
system01
LoadTimeThreshold
600
system01
LoadWarningLevel
80
system01
NoAutoDisable
0
system01
NodeId
0
system01
OnGrpCnt
1
system01
ShutdownTimeout
600
system01
SourceFile
./main.cf
system01
SysName
system01
system01
SysState
RUNNING
system01
SystemLocation
system01
SystemOwner
system01
TFrozen
0
system01
TRSE
0
system01
UpDownState
Up
system01
UserInt
0
system01
UserStr
system01
VCSFeatures
system01
VCSMode
DR
293
294
第 14 章 Storage Foundation インストールの確認
LLT、GAB、クラスタの動作の検証
15
Storage Foundation and
High Availability クラスタで
のノードの追加および削除
この章では以下の項目について説明しています。
■
ノードの追加と削除について
■
Storage Foundation インストーラを使ったノードの追加
■
手動によるクラスタへのノードの追加
■
クラスタからのノードの削除
■
シングルノードクラスタへのノードの追加
ノードの追加と削除について
Storage Foundation をインストールしてクラスタを作成したら、クラスタにノードを追加し
たり、クラスタからノードを削除したりできます。最大 32 のノードからなるクラスタを作成で
きます。
Veritas 製品インストーラではノードの追加がサポートされています。手動でノードを追加
することもできます。Veritas 製品インストーラではノードの削除はサポートされていませ
ん。手動でノードを削除する必要があります。
Storage Foundation インストーラを使ったノードの追加
Storage Foundation インストーラは次のタスクを実行します。
■
ノードと既存のクラスタが通信条件を満たしていることを検証する。
296
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
Storage Foundation インストーラを使ったノードの追加
■
新しいノードにインストールされている製品とパッケージを検証する。
■
新しいノードでネットワークインターフェースを検出し、インターフェース設定を確認す
る。
■
新しいノードで次のファイルを作成する。
/etc/llttab
/etc/VRTSvcs/conf/sysname
■
次の設定ファイルを更新し、新しいノードにコピーする。
/etc/llthosts
/etc/gabtab
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf
■
既存のクラスタから新しいノードに次のファイルをコピーする
/etc/vxfenmode
/etc/vxfendg
/etc/vx/.uuids/clusuuid
/etc/default/llt
/etc/default/gab
/etc/default/vxfen
■
既存のクラスタがセキュアクラスタである場合、新しいノードでセキュリティを設定する。
■
既存のクラスタで使っているフェンシングモードに応じて、ディスクベースのフェンシン
グまたはサーバーベースのフェンシングを設定する。
プロセスが終了すると、新しいノードが Storage Foundation クラスタに加わります。
メモ: 既存のクラスタでサーバーベースフェンシングを設定している場合、CP サーバーに
新しいノードのエントリがないことを確認してください。すでに新しいノードのエントリが CP
サーバーにある場合は、ノードをクラスタに追加する前にこれらのエントリを削除してくだ
さい。削除しないと、プロセスは失敗しエラーになる場合があります。
Storage Foundation インストーラを使って既存の Storage Foundation クラスタにノード
を追加するには
1
既存のクラスタのいずれかのノードに root ユーザーとしてログインします。
2
-addnode オプションを指定して Storage Foundation インストーラを実行します。
# cd /opt/VRTS/install
# ./installsf -addnode
インストーラにより、著作権メッセージと、一時インストールログの格納場所が表示さ
れます。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
Storage Foundation インストーラを使ったノードの追加
3
既存の Storage Foundation クラスタ内のノードの名前を入力します。インストーラ
はノード情報を使って、既存のクラスタを識別します。
Enter a node name in the Storage Foundation cluster to which
you want to add a node: galaxy
4
クラスタ情報を表示し確認します。
5
新しいノードとしてクラスタに追加するシステムの名前を入力します。
Enter the system names separated by spaces
to add to the cluster: saturn
インストーラは、ノードにインストールされた製品とパッケージを調べ、ネットワークイ
ンターフェースを検出します。
6
第 1 プライベートハートビートリンクとして設定するネットワークインターフェースの名
前を入力します。
メモ: 新しいノードのプライベート相互接続に使われるネットワークインターフェース
名は、クラスタ内の既存のノードと同じ名前にする必要があります。新しいノードの
LLT 設定は、既存のクラスタと同じ設定にする必要があります。
Enter the NIC for the first private heartbeat
link on saturn: [b,q,?] bge1
7
y を入力して、第 2 プライベートハートビートリンクを設定します。
メモ: クラスタの高可用性を確保するために、少なくとも 2 つのプライベートハートビー
トリンクを設定する必要があります。
Would you like to configure a second private
heartbeat link? [y,n,q,b,?] (y)
8
第 2 プライベートハートビートリンクとして設定するネットワークインターフェースの名
前を入力します。
Enter the NIC for the second private heartbeat link
on saturn: [b,q,?] bge2
9
既存のクラスタで設定されている LLT リンクの数に応じて、新しいノードに対して追
加プライベートハートビートリンクを設定します。
インストーラは、ネットワークインターフェース設定を検証し、情報を表示します。
297
298
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
10 情報を表示し確認します。
11 既存のクラスタの SMTP、SNMP、またはグローバルクラスタオプションを設定した場
合、新しいノードの NIC 情報を求めるメッセージが表示されます。
Enter the NIC for VCS to use on saturn: bge3
12 既存のクラスタがセキュアモードでサーバーベースのフェンシングを使っている場
合、次のインストーラプロンプトに対して応答を入力します。
CP サーバーとクライアントの Storage Foundation クラスタで別々のルートブロー
カーを使っている場合は、y を入力して別々のルートブローカーを使っていることを
確認します。インストーラは、クラスタに追加される新しいノードと、CP サーバーの認
証ブローカーとの間で信頼の確立を試みます。
Are you using different Root Brokers for the CP Server(s) and the
client cluster? (If so then installer will try to establish trust
between the new node(s) being added and CP Server's
Authentication Broker) [y,n,q] (n) y
いずれかの CP サーバーに使われる認証ブローカーのホスト名を入力します。
Enter hostname of the Authentication Broker being used for any one
of the CP Server(s): [b] mycps1.symantecexample.com
CP サーバーの認証ブローカーが新しいノードと信頼を確立するために応答準備す
るポート番号を入力します。
Enter the port where the Authentication Broker
mycps1.symantecexample.com for the CP Server(s) is listening
for establishing trust: [b] (2821)
13 インストーラは新しいノードでSF HA クラスタのプロセスを開始します。これで新しい
ノードがクラスタに加わります。
手動によるクラスタへのノードの追加
クラスタに追加するシステムは、ハードウェアとソフトウェアの必要条件を満たしている必
要があります。
クラスタの追加に必要なタスクを 表 15-1 に示します。この例は、すでに存在するノード
galaxy と nebula にノード saturn を追加する方法を示しています。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
表 15-1
クラスタにノードを追加する場合に必要なタスク
タスク
参照
ハードウェアを設定する。
p.299 の 「ハードウェアの設定」 を参照してください。
ソフトウェアを手動でインス
トールする。
p.74 の 「pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインス
トール」 を参照してください。
ライセンスキーを追加する。
p.139 の 「キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更」
を参照してください。
既存のクラスタがセキュア
p.301 の 「セキュアモードで実行するノードの設定」 を参照してくだ
モードで実行されている場合 さい。
は、セキュアモードで実行す
るように新しいノードを設定す
る。
LLT と GAB を設定する。
p.303 の 「LLT と GAB の設定」 を参照してください。
既存のクラスタが I/O フェン p.306 の 「新しいノードでの I/O フェンシングの設定」 を参照してく
シング用に設定されている場 ださい。
合、新しいノードで I/O フェン
シングを設定する。
既存のクラスタにノードを追加 p.310 の 「既存のクラスタへのノードの追加」 を参照してください。
する。
Storage Foundation を起動 p.311 の 「Storage Foundation の起動とクラスタの検証」 を参照し
し、クラスタを検証する。
てください。
ハードウェアの設定
図 15-1では、既存のクラスタに新しいシステムを設定する前に、クラスタにシステムを物
理的に追加する必要があることを示します。
299
300
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
図 15-1
2 つのスイッチを使った、2 ノードクラスタへのノードの追加
パブリックネットワーク
プライベート
ネットワーク
新しいノード:
saturn
ハードウェアを設定するには
1
Storage Foundation プライベートネットワーク用イーサネットコントローラを接続しま
す。
必要に応じて次のタスクを実行します。
■
2 ノードクラスタにノードを追加するとき、プライベートネットワーク接続のための
独立したスイッチまたはハブを使用します。2 ノードのクラスタにはクロスオーバー
ケーブルのみを使うことができます。そのためスイッチまたはハブのケーブルを
スワップアウトしなければならないことがあります。
■
すでに独立したハブを使っている場合は、新しいノードの 2 つのイーサネットコ
ントローラをその独立したハブに接続します。
図 15-1 は、2 つの独立したハブを使って、既存の 2 ノードクラスタに新しいノードを
追加している様子を示しています。
2
必要に応じて、システムを共有ストレージに接続します。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
ノード追加時の手動による Storage Foundation ソフトウェアのインストー
ル
Storage Foundation 5.1 パッケージを手動でインストールし、ライセンスキーを追加しま
す。
詳しくは、次の項を参照してください。
■
p.139 の 「キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更」 を参照してくださ
い。
セキュアモードで実行するノードの設定
セキュアモードで実行中のクラスタにノードを追加する場合に限り、この手順を実行する
必要があります。セキュアモードで実行されていないクラスタにノードを追加する場合は、
LLT と GAB の設定に進みます。
p.303 の 「LLT と GAB の設定」 を参照してください。
表 15-2 は、以降のコマンド例で使用する各種情報についての説明です。
表 15-2
コマンド例の各種定義
名前
完全修飾ホスト名(FQHN) 機能
saturn
saturn.nodes.example.com
クラスタに追加する新しいノー
ド。
RB1
RB1.brokers.example.com
クラスタのルートブローカー
RB2
RB2.brokers.example.com
クラスタの RB ではない別の
ルートブローカー
ノードの既存のセキュリティセットアップを確認するには
1
ノード saturn がルートブローカーに属する認証ブローカー(AB)として設定されて
いる場合は、次の手順を実行します。そうでなければ、ノード saturn の認証ブロー
カーの設定に進みます。
p.302 の 「ノード saturn の認証ブローカーの設定」 を参照してください。
2
次のコマンドを使用して、ノード saturn が属するルートブローカーを調べます。
# vssregctl -l -q -b ¥
"Security¥Authentication¥Authentication Broker" ¥
-k "BrokerName"
301
302
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
3
ノード saturn がルートブローカー RB1 にすでに属する場合、そのノードはクラスタ
の一部として設定されます。VCS に関係するセキュリティ設定の準備に進みます。
p.303 の 「Storage Foundation 関連のセキュリティの設定を準備する」 を参照して
ください。
4
ノード saturn が異なるルートブローカー(たとえば RB2)に属する場合は、次の手
順に従って、ノード saturn からセキュリティのクレデンシャルを削除します。
■
/opt/VRTSat/bin/vxatd プロセスを終了する。
■
RB2 がノード saturn の AB に指定したクレデンシャルを削除する。
# vssat deletecred --domain type:domainname ¥
--prplname prplname
次に例を示します。
# vssat deletecred --domain vx:[email protected] ¥
--prplname saturn.nodes.example.com
ノード saturn の認証ブローカーの設定
ノード saturn の新しい認証ブローカー(AB)を設定します。この AB はルートブローカー
RB1 に属します。
ノード saturn の認証ブローカーを設定するには
1
ルートブローカー RB1 でノード saturn のプリンシパルを作成します。ルートブロー
カー RB1 で次のコマンドを実行します。
# vssat addprpl --pdrtype root --domain domainname ¥
--prplname prplname --password password ¥
--prpltype service
次に例を示します。
# vssat addprpl --pdrtype root ¥
--domain [email protected] ¥
--prplname saturn.nodes.example.com ¥
--password flurbdicate --prpltype service
2
ノード saturn と RB1 の間にクロックスキューがないことを確認します。
3
RB1 からノード saturn に /opt/VRTSat/bin/root_hash ファイルをコピーします。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
4
ノード saturn の AB を、RB1 に通信するように設定します。
# vxatd -o -a -n prplname -p password -x vx -y domainname -q ¥
rootbroker -z 2821 -h roothash_file_path
次に例を示します。
# vxatd -o -a -n saturn.nodes.example.com -p flurbdicate ¥
-x vx -y [email protected] -q RB1 ¥
-z 2821 -h roothash_file_path
5
AB が正しく設定されていることを確認します。
#
vssat showbrokermode
このコマンドは 1 を返し、モードが AB であることを示します。
Storage Foundation 関連のセキュリティの設定を準備する
Storage Foundation 関連のセキュリティの設定を準備するには、次の手順を実行しま
す。
Storage Foundation 関連のセキュリティの設定を準備する
1
/opt/VRTSat/bin/vxatd プロセスを開始します。
2
Storage Foundation の HA_SERVICES ドメインを作成します。
# vssat createpd --pdrtype ab --domain HA_SERVICES
3
Storage Foundation と Web サーバーのプリンシパルをノード saturn の AB に追
加します。
# vssat addprpl --pdrtype ab --domain HA_SERVICES --prplname
webserver_VCS_prplname --password new_password --prpltype
service --can_proxy
4
/etc/VRTSvcs/conf/config/.secure ファイルを作成します。
# touch /etc/VRTSvcs/conf/config/.secure
LLT と GAB の設定
新しいノードに LLT と GAB の設定ファイルを作成し、既存のノード上にあるファイルを更
新します。
LLT を設定するには
1
新しいノードで、/etc/llthosts ファイルを作成します。また、クラスタ内の現在のノー
ドの各ファイルもアップグレードする必要があります。
303
304
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
たとえば、galaxy と nebula で構成されたクラスタに saturn を追加するとします。
■
いずれかの既存ノードのファイルが次のようになっていた場合は、
0 galaxy
1 nebula
■
新しいノードを含むすべてのノードのファイルを、次のようにアップグレードしま
す。
0 galaxy
1 nebula
2 saturn
2
新しいノードで /etc/llttab ファイルを作成し、「set-node」で始まる行に新しいノー
ドが指定されていることを確認します。
既存のノードのファイル /etc/llttab を参考にできます。
次の例は、ノード saturn がクラスタ ID 2 のクラスタの新しいノードであるシステムを
示しています。
■
Solaris SPARC の場合:
set-node saturn
set-cluster 2
link bge0 bge0 - ether - link bge1 bge1 - ether - -
■
Solaris x64 の場合:
set-node saturn
set-cluster 2
link e1000g0 e1000g:0 - ether - link e1000g1 e1000g:1 - ether - -
3
既存のクラスタ内のいずれかのノードから新しいノードに次のファイルをコピーしま
す。
/etc/default/llt
4
新しいシステムで、次のコマンドを実行します。
# /sbin/lltconfig -c
GAB を設定するには
1
新しいシステムでファイル /etc/gabtab を作成します。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
■
既存のノードの /etc/gabtab ファイルが次のようになっていた場合は、
/sbin/gabconfig -c
新しいノードのファイルは同じファイルです。-c -nN オプション(N はクラスタノー
ドの総数)を使うことを推奨します。
■
既存のノードの /etc/gabtab ファイルが次のようになっていた場合は、
/sbin/gabconfig -c -n2
新しいノードを含むすべてのノードのファイルを、クラスタノードの数の変更を反
映するように変更してください。たとえば、各ノードの新しいファイルは次のように
なります。
/sbin/gabconfig -c -n3
-n フラグは、Storage Foundation が起動する前に、クラスタを形成するために
必要なノードの数を Storage Foundation に通知します。
2
既存のクラスタ内のいずれかのノードから新しいノードに次のファイルをコピーしま
す。
/etc/default/gab
3
GAB を設定するには、新しいノードで次のコマンドを実行します。
# /sbin/gabconfig -c
GAB を検証するには
1
新しいノードで、次のコマンドを実行します。
# /sbin/gabconfig -a
このコマンドの出力では、新しいノードを含むすべてのノードがポート a のメンバー
シップに表示されます。次に出力の例を示します。
GAB Port Memberships
====================================
Port a gen a3640003 membership 012
305
306
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
2
他のノード(galaxy と nebula)で同じコマンドを実行して、ポート a のメンバーシップ
に新しいノードが含まれていることを確認します。
# /sbin/gabconfig -a
GAB Port Memberships
====================================
Port a gen a3640003 membership 012
Port h gen fd570002 membership 01
Port h gen fd570002
visible ; 2
新しいノードでの I/O フェンシングの設定
■
新しいノードで I/O フェンシングを設定する準備を行います。
p.306 の 「新しいノードでの I/O フェンシング設定の準備」 を参照してください。
■
既存のクラスタがサーバーベースのフェンシングを実行している場合、新しいノードで
サーバーベースのフェンシングを設定します。
p.306 の 「新しいノードでのサーバーベースのフェンシングの設定」 を参照してくださ
い。
■
既存のノードから新しいノードに I/O フェンシングファイルをコピーし、新しいノードで
I/O フェンシングを開始します。
p.309 の 「新しいノードでの I/O フェンシングの開始」 を参照してください。
新しいノードでの I/O フェンシング設定の準備
新しいノードで I/O フェンシングを設定し開始する前に、次のタスクを実行します。
新しいノードで I/O フェンシングを設定する準備を行うには
◆
既存のクラスタで実行しているフェンシング機構がディスクベースかサーバーベース
かを判断します。既存のクラスタ内のいずれかのノードで、次のコマンドを実行しま
す。
# vxfenadm -d
出力のフェンシングモードが SCSI3 なら、クラスタで使われているフェンシングはディ
スクベースです。
出力のフェンシングモードが CUSTOMIZED なら、クラスタで使われているフェンシ
ングはサーバーベースです。
新しいノードでのサーバーベースのフェンシングの設定
この項では、新しいノードにサーバーベースのフェンシングを設定するための手順につ
いて説明します。既存のクラスタで、設定されているサーバーベースのフェンシングのモー
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
ドが、セキュアモードか非セキュアモードかに応じて、次の手順のいずれかのタスクを実
行します。
■
非セキュアモードでのサーバーベースのフェンシングの場合
「新しいノードに非セキュアモードでサーバーベースのフェンシングを設定するには」
■
セキュアモードでのサーバーベースのフェンシングの場合
「新しいノードでサーバーベースのフェンシングを安全に設定するには」
新しいノードに非セキュアモードでサーバーベースのフェンシングを設定するには
1
各 CP サーバーに root ユーザーとしてログインします。
2
新しいノード情報で、各 CP サーバーの設定を更新します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com ¥
-a add_node -c clus1 -h system03 -n2
Node 2 (system03) successfully added
3
新しいノードが CP サーバーの設定に追加されていることを確認します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com ¥
-a list_nodes
コマンドの出力に、新しいノードが一覧表示される必要があります。
4
各 CP サーバーに、VCS ユーザー [email protected] を追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com ¥
-a add_user -e [email protected] ¥
-f cps_operator -g vx
User [email protected] successfully added
安全に設定するには、次の手順を実行します。
新しいノードでサーバーベースのフェンシングを安全に設定するには
1
root ユーザーとして、新しいノードに VCS ユーザーとドメインを作成します。
■
次の例のようなダミーの設定ファイル /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf を作
成します。
# cat main.cf
include "types.cf"
cluster clus1 {
SecureClus = 1
}
307
308
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
system system03 {
}
■
ダミーの設定ファイルを確認します。
# cd /etc/VRTSvcs/conf/config
# /opt/VRTSvcs/bin/hacf -verify .
■
新しいノードで VCS を単一ノードモードで起動します。
# /opt/VRTSvcs/bin/hastart -onenode
2
新しいノードに VCS ユーザーとドメインが作成されたことを確認します。
# /opt/VRTScps/bin/cpsat showcred | grep _HA_VCS_
# /opt/VRTScps/bin/cpsat listpd -t local | grep HA_SERVICES
3
新しいノードに VCS ユーザーとドメインが正常に作成されたら、VCS を停止します。
# /opt/VRTSvcs/bin/hastop -local
4
CP サーバーと新しいノードでルートブローカーが異なる場合、次のコマンドを実行
して CP サーバーの認証ブローカーと新しいノード間の信頼を確立します。
# /usr/bin/echo y | /opt/VRTScps/bin/cpsat setuptrust ¥
-b system_cp.symantecexample.com -s high
5
各 CP サーバーに root ユーザーとしてログインします。
6
新しいノード情報で、各 CP サーバーの設定を更新します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com ¥
-a add_node -c clus1 -h system03 -n2
Node 2 (system03) successfully added
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
7
309
新しいノードが CP サーバーの設定に追加されていることを確認します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com -a list_nodes
出力に新しいノードが一覧表示される必要があります。
8
VCS ユーザー [email protected][email protected]
を各 CP サーバーに追加します。
# cpsadm -s system_cp.symantecexample.com ¥
-a add_user -e [email protected][email protected] ¥
-f cps_operator -g vx
User [email protected][email protected] successfully add
vxfen サービスグループへの新しいノードの追加
vxfen サービスグループに新しいノードを追加するには、次の手順に従います。
CLI を使って vxfen グループに新しいノードを追加するには
1
既存の SF HA クラスタノードのいずれかで、クラスタの設定を読み書き両用モード
に設定します。
# haconf -makerw
2
既存の vxfen グループに system03 を追加します。
# hagrp -modify vxfen SystemList -add system03 2
3
SF HA クラスタの任意のノードから次のコマンドを実行して設定を保存します。
# haconf -dump -makero
新しいノードでの I/O フェンシングの開始
既存のノードから新しいノードに I/O フェンシングファイルをコピーし、新しいノードで I/O
フェンシングを開始します。このタスクは、既存のクラスタで設定されているフェンシング
機構に基づいて I/O フェンシングを開始します。
新しいノードで I/O フェンシングを開始するには
1
既存のクラスタ内のいずれかのノードから新しいノードに、次の I/O フェンシング設
定ファイルをコピーします。
■
/etc/vxfenmode
■
/etc/vxfendg?このファイルはディスクベースのフェンシングにのみ必要です。
310
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
手動によるクラスタへのノードの追加
■
2
/etc/default/vxfen
新しいノードで I/O フェンシングを開始します。
クラスタノードの Solaris のバージョンに応じて、次のコマンドを実行します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/vxfen start
■
Solaris 10:
# svcadm enable vxfen
3
新しいノードで GAB 設定コマンドを実行して、ポート b のメンバーシップが作成され
ていることを確認します。
# gabconfig -a
既存のクラスタへのノードの追加
クラスタ内のいずれかの既存ノードで、次の操作を行います。
既存のクラスタに新しいノードを追加するには
1
既存のクラスタ内のいずれかのノードから新しいノードにクラスタ UUID をコピーしま
す。
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -clus -copy -from_sys ¥
node_name_in_running_cluster -to_sys new_sys1 ... new_sysn
ここでは、クラスタ内のノード(node_name_in_running_cluster)のクラスタ UUID
を、クラスタに参加させる new_sys1 から new_sysn までのシステムにコピーしてい
ます。
2
既存のクラスタ内のいずれかのノードから新しいノードに次のファイルをコピーしま
す。
/etc/default/vcs
3
次のコマンドを入力します。
# haconf -makerw
4
新しいシステムをクラスタに追加します。
# hasys -add saturn
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
5
main.cf ファイルを既存のノードから新しいノードにコピーします。
# rcp /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf ¥
saturn:/etc/VRTSvcs/conf/config/
6
VCS 設定ファイルを確認します。エラーメッセージが表示されず、戻り値がゼロの場
合、構文は適切です。
# hacf -verify /etc/VRTSvcs/conf/config/
7
必要に応じて、追加するシステムの属性を変更します。
8
次のコマンドを入力します。
# haconf -dump -makero
Storage Foundation の起動とクラスタの検証
新しいノードをクラスタに追加したら、Storage Foundation を起動し、クラスタを検証しま
す。
Storage Foundation を起動し、クラスタを検証するには
1
新しく追加したシステムで Storage Foundation を起動するには、次のコマンドを実
行します。
# hastart
2
各ノードで GAB 設定コマンドを実行して、ポート a とポート h のメンバーシップに新
しいノードが含まれていることを確認します。
# /sbin/gabconfig -a
GAB Port Memberships
===================================
Port a gen a3640003 membership 012
Port h gen fd570002 membership 012
クラスタで I/O フェンシングを使っている場合は、GAB 出力にもポート b のメンバー
シップが表示されます。
クラスタからのノードの削除
表 15-3 は、クラスタからノードを削除する場合に必要なタスクを示しています。次の手順
例では、クラスタがノード galaxy、nebula、saturn で構成されており、クラスタからノード
saturn を切り離します。
311
312
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
表 15-3
ノードの削除に必要なタスク
タスク
■
設定ファイルをバックアップします。
■
ノードとサービスグループの状態を確認します。
参照
p.312 の 「ノードとサービスグループの状態
の確認」 を参照してください。
クラスタから切り離されるノード上の Storage
p.313 の 「Storage Foundation 設定から
Foundation サービスグループをすべて切り替え 切り離されるノードの削除」 を参照してくだ
るか、または削除します。
さい。
■ Storage Foundation 設定からノードを削除しま
す。
■
変更を反映するように、llthosts ファイルと gabtab ファ p.316 の 「残りの各ノードでの設定ファイル
イルを修正します。
の修正」 を参照してください。
サーバーベースの I/O フェンシングを使うように既存 p.316 の 「CP サーバーからのノード設定の
のクラスタを設定した場合は、CP サーバーからノード 削除」 を参照してください。
設定を削除します。
セキュアモードで動作しているクラスタのために、削除 p.317 の 「削除するノードからセキュリティの
するノードからセキュリティのクレデンシャルを削除し クレデンシャルを削除する」 を参照してくだ
ます。
さい。
クラスタから切り離されるノード上で、次の操作を行い p.317 の 「切り離されるノードでの LLT と
ます。
GAB のアンロードと VCS の削除」 を参照
してください。
■ LLT、GAB、Storage Foundation の起動スクリプ
トを修正して、クラスタに影響を与えずにノードを
再起動できるようにします。
LLT ユーティリティと GAB ユーティリティを設定解
除し、アンロードします。
■ Storage Foundation パッケージを削除します。
■
ノードとサービスグループの状態の確認
クラスタに残すノード galaxy またはノード nebula のいずれかで、次のコマンドを実行し
て開始します。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
ノードとサービスグループの状態を確認するには
1
現在の設定ファイル main.cf のバックアップコピーを作成します。
# cp -p /etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf¥
/etc/VRTSvcs/conf/config/main.cf.goodcopy
2
システムとサービスグループの状態を確認します。
# hastatus -summary
--A
A
A
--B
B
B
B
B
B
SYSTEM STATE
System
State
galaxy
RUNNING
nebula
RUNNING
saturn
RUNNING
GROUP STATE
Group
System
grp1
galaxy
grp1
nebula
grp2
galaxy
grp3
nebula
grp3
saturn
grp4
saturn
Frozen
0
0
0
Probed
Y
Y
Y
Y
Y
Y
AutoDisabled
N
N
N
N
N
N
State
ONLINE
OFFLINE
ONLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
hastatus コマンドの出力例は、ノード galaxy、nebula、saturn がクラスタ内のノー
ドであることを示しています。また、サービスグループ grp3 も、ノード nebula とノー
ド saturn(切り離されるノード)で動作するように設定されています。サービスグルー
プ grp4 はノード saturn のみで動作します。サービスグループ grp1 と grp2 はノー
ド saturn では動作しません。
Storage Foundation 設定から切り離されるノードの削除
クラスタからノードを削除する前にノードで実行するサービスグループを識別する必要が
あります。
それから次の処理のいずれかを実行する必要があります。
■
他のサービスグループが依存するサービスグループを削除します。
■
他のサービスグループが依存する別のノードにサービスグループを切り替えます。
313
314
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
切り離されるノードからサービスグループを削除するか、切り替えるには
1
切り離されるノード上のフェールオーバーサービスグループを切り替えます。grp3
をノード saturn からノード nebula に切り替えることができます。
# hagrp -switch grp3 -to nebula
2
切り離されるノードで動作するすべてのサービスグループに関する依存関係を確認
します。たとえば、grp4 は、切り離されるノードでのみ動作します。
# hagrp -dep
3
切り離されるノード上のサービスグループが他のサービスグループを必要とする場
合、つまり、他のノード上のサービスグループの親である場合は、そのサービスグ
ループのリンクを解除します。
# haconf -makerw
# hagrp -unlink grp4 grp1
これらのコマンドを使うと、設定を編集して、grp1 に対する grp4 の必要条件を削除
できます。
4
切り離されるノードで、Storage Foundation を停止します。
# hastop -sys saturn
5
もう一度状態を確認します。切り離されるノードの状態が EXITED と表示される必要
があります。フェールオーバーが必要な任意のサービスグループが他のノードでオ
ンラインであることを確かめます。
# hastatus -summary
--A
A
A
--B
B
B
B
B
B
SYSTEM STATE
System
State
galaxy
RUNNING
nebula
RUNNING
saturn
EXITED
GROUP STATE
Group
System
grp1
galaxy
grp1
nebula
grp2
galaxy
grp3
nebula
grp3
saturn
grp4
saturn
Frozen
0
0
0
Probed
Y
Y
Y
Y
Y
Y
AutoDisabled
N
N
N
N
Y
N
State
ONLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
OFFLINE
OFFLINE
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
6
サービスグループ grp3 と grp4 の SystemList 属性から、切り離されるノードを取り
除きます。
# hagrp -modify grp3 SystemList -delete saturn
# hagrp -modify grp4 SystemList -delete saturn
7
切り離されるノードでのみ動作するサービスグループについては、リソースをグルー
プから削除した後にグループを削除します。
# hagrp -resources grp4
processx_grp4
processy_grp4
# hares -delete processx_grp4
# hares -delete processy_grp4
8
切り離されるノード上で動作するように設定されたサービスグループを削除します。
# hagrp -delete grp4
9
状態を確認します。
# hastatus -summary
--A
A
A
--B
B
B
B
SYSTEM STATE
System
State
galaxy
RUNNING
nebula
RUNNING
saturn
EXITED
GROUP STATE
Group
System
grp1
galaxy
grp1
nebula
grp2
galaxy
grp3
nebula
Frozen
0
0
0
Probed
Y
Y
Y
Y
10 クラスタからノードを削除します。
# hasys -delete saturn
11 設定を保存して、読み取り専用にします。
# haconf -dump -makero
AutoDisabled
N
N
N
N
State
ONLINE
OFFLINE
ONLINE
ONLINE
315
316
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
残りの各ノードでの設定ファイルの修正
クラスタに残す各ノードで、次の操作を行います。
残りの各ノードで設定ファイルを修正するには
1
必要に応じて、/etc/gabtab ファイルを修正します。
/sbin/gabconfig コマンドの引数が -c のみの場合はこのファイルを変更する必
要はありません。-nN オプションを使うことをお勧めします。ここで、N はクラスタシス
テムの数です。
コマンドの形式が /sbin/gabconfig -c -nN の場合(N はクラスタシステム数)は、
N がクラスタ内の実際のノード数と同数か、小さな値に変更してください。N がノード
数よりも大きいとき、GAB は自動的にシーディングしません。
/sbin/gabconfig に対して -c -x オプションを使うことはお勧めしません。
2
残りの各ノードで /etc/llthosts ファイルを修正して、切り離されるノードのエントリを
取り除きます。
次に変更の例を示します。
0 galaxy
1 nebula
2 saturn
変更後:
0 galaxy
1 nebula
CP サーバーからのノード設定の削除
SF HA クラスタからノードを削除した後、次の手順を実行して、CP サーバーからそのノー
ドの設定を削除します。
CP サーバーからノード設定を削除するには
1
root ユーザーとして CP サーバーにログインします。
2
次のコマンドを使って、CP サーバーの VCS ユーザーのリストを表示します。
# cpsadm -s cp_server -a list_users
ここで、cp_server は、CP サーバーの仮想 IP/仮想ホスト名です。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
3
クラスタから以前に削除したノードと関連付けられている VCS ユーザーを削除しま
す。
セキュアモードの CP サーバーの場合
# cpsadm -s cp_server -a rm_user ¥
-e [email protected][email protected] ¥
-f cps_operator -g vx
非セキュアモードの CP サーバーの場合
# cpsadm -s cp_server
-e [email protected]
4
-a rm_user ¥
-f cps_operator
CP サーバーからのノードエントリを削除します。
cpsadm -s cp_server -a rm_node
5
-g vx
-h system03 -c clus1 -n 2
CP サーバーのノードのリストを表示して、ノードエントリが削除されたことを確認しま
す。
cpsadm -s cp_server -a list_nodes
削除するノードからセキュリティのクレデンシャルを削除する
削除するノードが、セキュアモードで動作中のクラスタの一部であれば、ノード saturn か
らセキュリティのクレデンシャルを削除する必要があります。次の手順を実行します。
セキュリティのクレデンシャルを削除するには
1
/opt/VRTSat/bin/vxatd プロセスを終了します。
2
ノード saturn のルートクレデンシャルを削除します。
# vssat deletecred --domain type:domainname --prplname prplname
切り離されるノードでの LLT と GAB のアンロードと VCS の削除
クラスタから切り離されるノードで、次の操作を行います。
Storage Foundation and High Availability 製品の一部として Storage Foundation
HA を設定している場合、次のすべての製品を削除する前に、依存している他のパッケー
ジを削除しておく必要がある場合があります。
317
318
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
クラスタからのノードの削除
LLT と GAB を設定解除およびアンロードし、Storage Foundation を削除するには
1
I/O フェンシングを有効モードに設定した場合、I/O フェンシングを停止します。
Solaris 9:
# /etc/init.d/vxfen stop
Solaris 10:
# /lib/svc/method/vxfen stop
2
GAB と LLT を設定解除します。
# /sbin/gabconfig -U
# /sbin/lltconfig -U
3
カーネルから GAB と LLT モジュールをアンロードします。
■
カーネルモジュール ID を確認します。
# modinfo | grep gab
# modinfo | grep llt
モジュール ID は、出力の左側の列に表示されます。
■
カーネルからモジュールをアンロードします。
# modunload -i gab_id
# modunload -i llt_id
4
LLT、GAB または Storage Foundation が起動しないように起動ファイルを無効に
します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/llt stop
# /etc/init.d/gab stop
# /etc/init.d/vxfen stop
# /opt/VRTSvcs/bin/hastop
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm disable llt
# /usr/sbin/svcadm disable gab
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
# /usr/sbin/svcadm disable vcs
5
削除するパッケージを確認するには、次のように入力します。
# pkginfo | grep VRTS
6
システムから Storage Foundation パッケージを完全に削除するには、pkgrm コマ
ンドを使います。まず、オプションでインストールされている可能性のある次のパッ
ケージを、次に示す順序で削除します。
# pkgrm VRTSvcsea
# pkgrm VRTSat
# pkgrm VRTScutil
# pkgrm VRTSvcsag
# pkgrm VRTScps
# pkgrm VRTSvcs
# pkgrm VRTSvxfen
# pkgrm VRTSgab
# pkgrm VRTSllt
# pkgrm VRTSspt
# pkgrm VRTSperl
# pkgrm VRTSvlic
7
LLT と GAB 設定ファイルを削除します。
# rm /etc/llttab
# rm /etc/gabtab
# rm /etc/llthosts
8
言語パッケージとパッチを削除します。
シングルノードクラスタへのノードの追加
新しいクラスタ内のすべてのノード上で、同じバージョンの Storage Foundation を実行
する必要があります。この手順の例では、既存のシングルノードの Storage Foundation
ノードをノード A とします。ノード A と結合してマルチノードクラスタを形成するノードをノー
ド B とします。
シングルノードクラスタにノードを追加するために必要な操作を 表 15-4 に示します。
319
320
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
表 15-4
シングルノードクラスタにノードを追加するためのタスク
タスク
参照
ノード B をノード A と互換性があるように設 p.320 の 「シングルノードクラスタと結合させるノードの
定する。
設定」 を参照してください。
ノード B にプライベートハートビートネッ p.321 の 「プライベートネットワーク用のイーサネットカー
トワーク用のイーサネットカードを追加 ドの取り付けと設定」 を参照してください。
する。
■ 必要に応じて、ノード A にプライベート
ハートビートネットワーク用のイーサネッ
トカードを追加する。
■ 2 つのノードをイーサネットケーブルで
接続する。
■
両方のノードを共有ストレージに接続する。 p.322 の 「共有ストレージの設定」 を参照してください。
Storage Foundation をノード A 上で p.322 の 「既存ノードの起動」 を参照してください。
起動する。
■ 設定ファイルを編集する。
■
必要に応じて、ノード B に Storage
Foundation をインストールし、ライセンス
キーを追加する。
p.323 の 「ノードをシングルノードクラスタに追加する場
合の Storage Foundation ソフトウェアの手動インス
トール」 を参照してください。
ノード B が、ノード A と同じバージョンの
Storage Foundation を実行していること
を確認する。
ノード B 上で設定ファイルを編集する。
p.323 の 「設定ファイルの作成」 を参照してください。
ノード B で LLT と GAB を起動する。
p.324 の 「LLT と GAB の起動」 を参照してください。
■
ノード A で LLT と GAB を起動する。
■
ノード A で VCS を再起動する。
■
2 つのノードのサービスグループを修
正する。
■
ノード B で VCS を起動する。
■
2 ノードクラスタを検証する。
p.324 の 「既存ノードでの Storage Foundation の再
設定」 を参照してください。
p.325 の 「両方のシステムでの設定の検証」 を参照し
てください。
シングルノードクラスタと結合させるノードの設定
Storage Foundation を実行する既存のシングルノードを結合する新しいノードでは、同
じオペレーティングシステムを実行している必要があります。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
シングルノードクラスタに結合させるノードを設定するには
1
2
次のタスクのいずれかを実行します。
■
ノード B で現在 Storage Foundation が実行されていない場合は、手順 2 に進
んでください。
■
ノード B として追加しようとしているノードが現在、既存のクラスタに含まれている
場合は、そのノードをクラスタから削除してください。クラスタからノードを削除し
た後、Storage Foundation パッケージと設定ファイルを削除します。
p.311 の 「クラスタからのノードの削除」 を参照してください。
■
ノード B として追加しようとしているノードも現在、単一の Storage Foundation
ノードである場合は、Storage Foundation をアンインストールします。
■
LLT と GAB の起動ファイルの名前を変更した場合は、それらを削除します。
必要に応じて、VxVM と VxFS をインストールします。
p.321 の 「VxVM と VxFS のインストール(オプション)」 を参照してください。
VxVM と VxFS のインストール(オプション)
クラスタオプションを備えた VxVM または VxFS が既存のノードにインストールされてい
る場合、新しいノードに同じバージョンをインストールします。
インストールされた製品のバージョンを確認するには、VxVM と VxFS のマニュアルを参
照してください。共有ストレージを使うノードで実行される製品のバージョンは必ず同じに
してください。
プライベートネットワーク用のイーサネットカードの取り付けと設定
どちらのノードにも、プライベートネットワークを有効にするイーサネットカード(NIC)が必
要です。ノード A とノード B の両方にイーサネットカードがすでに取り付けられている場
合は、この手順を無視してください。
高可用性の場合は、各ノードに別の NIC を 2 個使用します。2 つの NIC はハートビート
に冗長性を持たせます。
プライベートネットワーク用のイーサネットカードを取り付けて設定するには
1
ノード A で Storage Foundation を停止します。
# hastop -local
2
ノードをシャットダウンして[OK]プロンプトを出します。
# sync;sync;init 0
321
322
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
3
ノード A にイーサネットカードを取り付けます。
集約インターフェースを使用してプライベートネットワークを設定する場合は、集約イ
ンターフェースを設定します。
4
ノード B にイーサネットカードを取り付けます。
集約インターフェースを使用してプライベートネットワークを設定する場合は、集約イ
ンターフェースを設定します。
5
両方のノードで、イーサネットカードを設定します。
6
ノード A からノード B に 2 本のイーサネットケーブルを接続してプライベートネット
ワークを形成します。
7
ノードを再起動します。
共有ストレージの設定
ノード B から共有ストレージに接続します。ノード B で VxVM を設定し、メッセージが表
示されたらノードを再起動します。
p.44 の 「共有ストレージの設定」 を参照してください。
既存ノードの起動
ノードを起動します。
ノードを起動するには
1
オペレーティングシステムを起動します。SPARC ノード(ノード A)で、次のコマンド
を入力します。
ok boot -r
2
スーパーユーザーとしてログインします。
3
Storage Foundation の設定を読み書き両用にします。
# haconf -makerw
4
現在設定されているサービスグループを表示します。
# hagrp -list
5
サービスグループをフリーズします。
# hagrp -freeze group -persistent
手順 4 でサービスグループごとにこのコマンドを繰り返します。
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
6
VCS の設定を読み取り専用にします。
# haconf -dump -makero
7
ノード A で Storage Foundation を停止します。
# hastop -local -force
8
ノードで I/O フェンシング、GAB、LLT を設定している場合は、それらを停止します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/gab stop
# /etc/init.d/llt stop
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm disable gab
# /usr/sbin/svcadm disable llt
ノードをシングルノードクラスタに追加する場合の Storage Foundation
ソフトウェアの手動インストール
Storage Foundation 5.1 パッケージを手動でインストールし、ライセンスキーをインストー
ルします。
次の項を参照してください。
■
p.74 の 「pkgadd コマンドを使った Storage Foundation のインストール」 を参照し
てください。
■
p.139 の 「キーレスライセンス付与の製品レベルの設定または変更」 を参照してくださ
い。
設定ファイルの作成
クラスタの設定ファイルを作成します。
設定ファイルを作成するには
1
両方のノードを列挙した /etc/llttab ファイルを作成します。
2
/etc/llthosts ファイルを作成します。2 ノードのクラスタ用の /etc/llthosts を設定し
ます。
3
/etc/gabtab ファイルを作成します。
323
324
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
LLT と GAB の起動
新しいノードで、LLT と GAB を起動します。
LLT と GAB を起動するには
1
ノード B で LLT を起動します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/llt start
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm enable llt
2
ノード B で GAB を起動します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/gab start
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm enable gab
既存ノードでの Storage Foundation の再設定
既存ノードで Storage Foundation を再設定します。
既存のノードで Storage Foundation を再設定するには
1
ノード A で、ファイル /etc/llttab、/etc/llthosts、/etc/gabtab を作成します。ノード
B で作成したファイルを参考にして、/etc/llttab をノード A 用にカスタマイズします。
2
ノード A で LLT を起動します。
■
Solaris 9:
# /etc/init.d/llt start
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm enable llt
3
ノード A で GAB を起動します。
■
Solaris 9:
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
# /etc/init.d/gab start
■
Solaris 10:
# /usr/sbin/svcadm enable gab
4
クラスタのメンバーシップを確認します。
# gabconfig -a
5
既存のノードから新しいノードにクラスタ UUID をコピーします。
# /opt/VRTSvcs/bin/uuidconfig.pl -clus -copy -from_sys ¥
node_name_in_running_cluster -to_sys new_sys1 ... new_sysn
ここでは、クラスタ内のノード(node_name_in_running_cluster)のクラスタ UUID
を、クラスタに参加させる new_sys1 から new_sysn までのシステムにコピーしてい
ます。
6
ノード A で Storage Foundation を起動します。
# hastart
7
Storage Foundation の設定を読み書き両用にします。
# haconf -makerw
8
ノード B をクラスタに追加します。
# hasys -add sysB
9
ノード B を各サービスグループのシステムリストに追加します。
■
サービスグループを一覧表示します。
# hagrp -list
■
一覧に示された各サービスグループにノードを追加します。
# hagrp -modify group SystemList -add sysB 1
両方のシステムでの設定の検証
ノードの設定を確認します。
325
326
第 15 章 Storage Foundation and High Availability クラスタでのノードの追加および削除
シングルノードクラスタへのノードの追加
ノードの設定を確認するには
1
ノード B で、クラスタメンバーシップを確認します。
# gabconfig -a
2
ノード B で Storage Foundation を起動します。
# hastart
3
両方のノードで Storage Foundation が起動していることを確認します。
# hastatus
4
サービスグループを一覧表示します。
# hagrp -list
5
サービスグループをアンフリーズします。
# hagrp -unfreeze group -persistent
6
新しい 2 ノード設定を実装します。
# haconf -dump -makero
16
Storage Foundation のアン
インストール
この章では以下の項目について説明しています。
■
Veritas Storage Foundation の削除について
■
Solaris のアンインストールの必要条件
■
システムでのエージェントの無効化
■
RDS の削除
■
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアンインストー
ル
■
スクリプトベースのインストーラを使った Storage Foundation パッケージのアンイン
ストール
■
pkgrm コマンドを使った Storage Foundation のアンインストール
■
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除
■
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for Databases)リポジトリの削除
Veritas Storage Foundation の削除について
この項では、Veritas ソフトウェアをアンインストールする際のアンインストールの必要条
件および手順について説明します。
スーパーユーザー権限を持つユーザーのみが、Veritas Storage Foundation をアンイ
ンストールできます。
328
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
警告: この章で説明する手順に従わなかった場合、予想外の問題が起きる可能性があり
ます。
Solaris のアンインストールの必要条件
Veritas ソフトウェアを削除する前に、アンインストールの必要条件を確認してください。
リモートアンインストール
リモートシステムの Storage Foundation をアンインストールするためにリモート通信を設
定する必要があります。高可用性の環境では、クラスタのすべてのノードで一度にアンイ
ンストールするには前提条件を満たす必要があります。
次の前提条件は、リモートのアンインストールに必要です。
■
通信プロトコルがシステム間に存在する必要があります。デフォルトでは、アンインス
トールスクリプトは ssh を使います。
■
すべてのシステムのスーパーユーザーとして ssh または rsh のコマンドを実行できる
必要があります。
■
ssh または rsh はパスワードまたはパスフレーズを要求せずに動作するように設定す
る必要があります。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定」
を参照してください。
Veritas Volume Manager の削除の準備
この項では、ボリュームの内容を保持するために、Veritas Volume Manager(VxVM)を
削除する前に必要な手順について説明します。
警告: この項の準備作業に従わないと、予期せぬ動作が発生する可能性があります。
カプセル化されたルートディスクからのボリュームの退避
次の手順に従って、カプセル化されたルートディスクからボリュームを退避します。
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
root、swap、usr、var のいずれかが Volume Manager の制御下に置かれているボリュー
ムの場合に VxVM をアンインストールするには
1
rootvol、swapvol、usr、var のボリュームに、関連付けられたプレックスが 1 つの
み存在するようにします。
このプレックスは、連続していて非ストライプ、非スパン、非スパースプレックスである
必要があります。プレックスの構成について詳しくは、次のコマンドを使って参照して
ください。
# vxprint -ht rootvol swapvol usr var
これらのボリュームのいずれかに関連付けられた複数のプレックスがある場合は、次
のコマンドを使って不要なプレックスを削除します。
# vxplex -o rm dis plex_name
2
vxunroot コマンドを実行します。
# /etc/vx/bin/vxunroot
vxunroot コマンドによって、/etc/vfstab 内のボリュームエントリが、rootvol、
swapvol、usr、var のボリュームを構成するディスクパーティションに変更されます。
また、このコマンドによって、root、swap、usr、var のボリュームに代わりディスク
パーティションがマウントされるように、/etc/system が変更され再起動を求めるメッ
セージが表示されます。
3
root、swap、usr、および var ボリュームを変更したら、残りのボリュームをすべて
ディスクパーティションに移動します。
これは、次のいずれかの方法で実行できます。
■
システム全体のバックアップをテープに作成し、そのテープからリカバリします。
■
各ファイルシステムのバックアップを個別に作成し、ディスクパーティションに新
しいファイルシステムを作成してから、すべてをリカバリします。
■
逐次的にボリュームをディスクパーティションに移動します。
p.329 の 「ディスクパーティションへのボリュームの移動」 を参照してください。
それ以外の場合、VxVM をシャットダウンします。
ディスクパーティションへのボリュームの移動
次の手順に従って、逐次的にボリュームをディスクパーティションに移動します。
329
330
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
ボリュームをディスクパーティションに増分移動する方法
1
vxdiskadm、VEA GUI、または vxevac ユーティリティを使って、ディスクを退避しま
す。
退避処理によって、指定したディスクから移動先ディスクへサブディスクが移動され
ます。退避したディスクは、ディスクパーティションに移動するボリュームのために最
初に使う空きディスク領域となります。
2
次のコマンドを入力して、VxVM の制御下から退避したディスクを削除します。
# vxdg rmdisk diskname
# vxdisk rm devname
3
初めに移動するボリュームを決定します。移動するボリュームがマウントされている場
合は、マウント解除します。
4
ボリュームをデータベースアプリケーションの raw パーティションとして使っている場
合は、アプリケーションがボリュームを更新していないこと、またボリューム上のデー
タに対して sync コマンドを実行していることを確認します。
5
format コマンドを使って、ボリュームと同じサイズの空きディスク領域にパーティショ
ンを作成します。
パーティション用の十分な空き領域がない場合は、システムに新しいディスクを追加
し、最初に削除するボリュームのデータを保存します。それ以降に削除するボリュー
ムには、最初のボリュームを削除した後にできる空き領域を使えます。
6
dd コマンドなどを使って、ボリューム上のデータを新しく作成したディスクパーティ
ションにコピーします。
# dd if=/dev/vx/dsk/diskgroup/lhome of=/dev/dsk/c2t2d2s7
c2t2d2 は Volume Manager 外部のディスク、s7 は新しく作成したパーティション
です。
7
/etc/vfstab にボリュームのエントリがある場合は、それを新しく作成されたパー
ティションのエントリに置き換えます。
8
対応するボリュームがマウントされていた場合は、ディスクパーティションをマウントし
ます。
9
次のコマンドを使って、VxVM からボリュームを停止し、削除します。
# vxvol -g diskgroup stop volume_name
# vxedit -rf rm volume_name
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
331
10 VxVM の制御からボリュームを削除し、解放された(サブディスクが定義されていな
い)ディスクを削除します。
特定のディスクにサブディスクが残っているかどうかを確認するには、vxprint コマ
ンドを使います。
# vxprint -F '%sdnum' diskname
コマンドの出力が 0 でない場合、このディスクにはサブディスクが残っています。こ
のサブディスクは、削除する必要があります。出力が 0 の場合は、次のコマンドを
使って VxVM 制御からディスクを削除します。
# vxdg rmdisk diskname
# vxdisk rm devname
作成された空き領域を使って、削除する次のボリュームのデータを追加します。
11 すべてのボリュームをディスクパーティションに変換できたら、システムを再ブートし
ます。
12 再ブート後は、vxprint コマンドを使って、起動しているボリュームが 1 つもないこと
を確認します。
# vxprint -Aht -e v_open
13 起動しているボリュームがある場合は、前述の手順を繰り返します。
ボリュームを Solaris のディスクパーティションに移動する例
次の例は、ボリューム上のデータをディスクパーティションに移動する方法を示していま
す。この例には、3 つのディスクがあります。disk1 と disk2 は、vol01 で使うサブディス
クが配置され、disk3 は空きディスクです。vxevac によって、vol01 上のデータが disk3
にコピーされます。
これらは、vol01 のデータを disk3 にコピーする前のディスクグループ voldg の内容で
す。
# vxprint -g voldg -ht
DG
DM
RV
RL
V
PL
SD
SV
DC
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NCONFIG
DEVICE
RLINK_CNT
RVG
RVG
VOLUME
PLEX
PLEX
PARENTVOL
NLOG
TYPE
KSTATE
KSTATE
KSTATE
KSTATE
DISK
VOLNAME
LOGVOL
MINORS
PRIVLEN
STATE
STATE
STATE
STATE
DISKOFFS
NVOLLAYR
GROUP-ID
PUBLEN
PRIMARY
REM_HOST
LENGTH
LENGTH
LENGTH
LENGTH
STATE
DATAVOLS
REM_DG
READPOL
LAYOUT
[COL/]OFF
[COL/]OFF
SRL
REM_RLNK
PREFPLEX
NCOL/WID
DEVICE
AM/NM
UTYPE
MODE
MODE
MODE
332
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
SP NAME SNAPVOL
DCO
dg voldg default
default 115000
1017856044.1141.hostname.veritas.com
dm disk1 c1t12d0s2 sliced 2591
17900352
dm disk2 c1t14d0s2 sliced 2591
17899056
dm disk3 c1t3d0s2 sliced 2591
17899056
v vol1 ENABLED ACTIVE
4196448
pl pl1
vol1
ENABLED ACTIVE
4196448
sd sd1
pl1
disk1
0
2098224
sd sd2
pl1
disk2
0
2098224
ROUND
CONCAT
0
2098224
c1t12d0
c1t14d0
fsgen
RW
ENA
ENA
disk1 を disk3 に退避します。
# /etc/vx/bin/vxevac -g voldg disk1 disk3
# vxprint -g voldg -ht
DG
DM
RV
RL
V
PL
SD
SV
DC
SP
dg
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
voldg
NCONFIG
DEVICE
RLINK_CNT
RVG
RVG
VOLUME
PLEX
PLEX
PARENTVOL
SNAPVOL
default
NLOG
TYPE
KSTATE
KSTATE
KSTATE
KSTATE
DISK
VOLNAME
LOGVOL
DCO
default
MINORS
PRIVLEN
STATE
STATE
STATE
STATE
DISKOFFS
NVOLLAYR
GROUP-ID
PUBLEN
PRIMARY
REM_HOST
LENGTH
LENGTH
LENGTH
LENGTH
STATE
DATAVOLS
REM_DG
READPOL
LAYOUT
[COL/]OFF
[COL/]OFF
SRL
REM_RLNK
PREFPLEX
NCOL/WID
DEVICE
AM/NM
UTYPE
MODE
MODE
MODE
17900352
17899056
17899056
4196448
4196448
2098224
2098224
ROUND
CONCAT
0
2098224
c1t3d0
c1t14d0
fsgen
RW
ENA
ENA
115000
1017856044.1141.hostname.veritas.com
dm disk1 c1t12d0s2 sliced
2591
dm disk2 c1t14d0s2 sliced
2591
dm disk3 c1t3d0s2
sliced
2591
v vol1 ENABLED ACTIVE
pl pl1
vol1
ENABLED ACTIVE
sd disk3-01l1
disk3
0
sd sd2
pl1
disk2
0
disk2 を disk3 に退避します。
# /etc/vx/bin/vxevac -g voldg disk2 disk3
# vxprint -g voldg -ht
DG
DM
RV
RL
V
NAME
NAME
NAME
NAME
NAME
NCONFIG
DEVICE
RLINK_CNT
RVG
RVG
NLOG
TYPE
KSTATE
KSTATE
KSTATE
MINORS
PRIVLEN
STATE
STATE
STATE
GROUP-ID
PUBLEN
PRIMARY
REM_HOST
LENGTH
STATE
DATAVOLS
REM_DG
READPOL
SRL
REM_RLNK
PREFPLEX UTYPE
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
PL NAME
VOLUME
KSTATE STATE
LENGTH
SD NAME
PLEX
DISK
DISKOFFS LENGTH
SV NAME
PLEX
VOLNAME NVOLLAYR LENGTH
DC NAME
PARENTVOL LOGVOL
SP NAME
SNAPVOL
DCO
dg voldg
default
default 115000
1017856044.1141.hostname.veritas.com
dm disk1
c1t12d0s2 sliced 2591
17900352
dm disk2
c1t14d0s2 sliced 2591
17899056
dm disk3
c1t3d0s2 sliced 2591
17899056
v vol1
ENABLED ACTIVE 4196448
pl pl1
vol1
ENABLED ACTIVE 4196448
sd disk3-01 pl1
disk3
0
2098224
sd disk3-02 pl1
disk3
2098224 2098224
LAYOUT
NCOL/WID MODE
[COL/]OFF DEVICE
MODE
[COL/]OFF AM/NM
MODE
ROUND
CONCAT
0
2098224
c1t3d0
c1t3d0
fsgen
RW
ENA
ENA
VxVM 制御下から退避したディスクを削除します。
# vxdisk -g voldg list
DEVICE
c1t3d0s2
c1t12d0s2
c1t14d0s2
TYPE
sliced
sliced
sliced
DISK
disk3
disk1
disk2
GROUP
voldg
voldg
voldg
STATUS
online
online
online
# vxdg rmdisk disk1
# vxdg rmdisk disk2
# vxdisk rm c1t12d0
# vxdisk rm c1t14d0
退避したディスクが VxVM 制御下から削除されたことを確認します。
# vxdisk -g voldg list
DEVICE
c1t3d0s2
TYPE
sliced
DISK
disk3
GROUP
voldg
STATUS
online
最初に移動するボリュームがマウントされているかどうかを確認します。
# mount | grep vol1
/vol1 on /dev/vx/dsk/voldg/vol1
read/write/setuid/log/nolargefiles/dev=12dc138 on Wed Apr
3 10:13:11 2002
ボリュームと同じサイズの空きディスク領域にパーティションを作成します。この例では、
disk1(c1t12d0s1)に 2 GB のパーティションが作成されています。
# format
Searching for disks...done
333
334
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
AVAILABLE DISK SELECTIONS:
0. c0t0d0 <SUN9.0G cyl 4924 alt 2 hd 27 sec 133>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
1. c1t3d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
2. c1t9d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
3. c1t10d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
4. c1t11d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
5. c1t12d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
6. c1t14d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
7. c1t15d0 <QUANTUM-ATLASIV9SCA-0808 cyl 13814 alt 2 hd 4 sec 324>
/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0
Specify disk (enter its number): 5
selecting c1t12d0
[disk formatted]
FORMAT MENU:
disk
type
partition
current
format
repair
label
analyze
defect
backup
verify
save
inquiry
volname
!<cmd>
quit
-
select a disk
select (define) a disk type
select (define) a partition table
describe the current disk
format and analyze the disk
repair a defective sector
write label to the disk
surface analysis
defect list management
search for backup labels
read and display labels
save new disk/partition definitions
show vendor, product and revision
set 8-character volume name
execute <cmd>, then return
format> p
PARTITION MENU:
0
1
2
3
-
change
change
change
change
'0'
'1'
'2'
'3'
partition
partition
partition
partition
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Solaris のアンインストールの必要条件
4
5
6
7
select
modify
name
print
label
!<cmd>
quit
-
change '4' partition
change '5' partition
change '6' partition
change '7' partition
select a predefined table
modify a predefined partition table
name the current table
display the current table
write partition map and label to the disk
execute <cmd>, then return
partition> 1
Part
Tag
Flag
Cylinders
1 unassigned
wm
0
Enter partition id tag[unassigned]:
Enter partition permission flags[wm]:
Enter new starting cyl[0]:
Size
0
Blocks
(0/0/0)
0
Enter partition size[0b, 0c, 0.00mb, 0.00gb]: 2.00gb
partition> l
Ready to label disk, continue? y
partition> p
Current partition table (unnamed):
Total disk cylinders available: 13814 + 2 (reserved cylinders)
Part
Tag
Flag
Cylinders
Size
Blocks
0 unassigned
wm
0
0
(0/0/0)
0
1 unassigned
wm
0 - 3236
2.00GB (3237/0/0)
4195152
partition> q
新規作成したディスクパーティションに vol01 上のデータをコピーします。
# dd if=/dev/vx/dsk/voldg/vol01 of=/dev/dsk/c1t12d0s1
/etc/vfstab ファイルで、次のエントリを削除します。
/dev/vx/dsk/voldg/vol1 /dev/vx/rdsk/voldg/vol1 /vol1 vxfs 4 yes rw
次に、下記のエントリを、新規作成したパーティションのエントリと置き換えます。
/dev/dsk/c1t12d0s1 /dev/rdsk/c1t12d0s1 /vol01 vxfs 4
ディスクパーティションをマウントします。
# mount -F vxfs /dev/dsk/c1t12d0s1 /vol01
VxVM から vol01 を削除します。
yes rw
335
336
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
システムでのエージェントの無効化
# vxedit -rf rm /dev/vx/dsk/voldg/vol01
手順を完了するには、残りの手順を実行します。
Veritas File System の削除の準備
マウントされた VxFS ファイルシステムまたはストレージチェックポイントがある場合は、
VRTSvxfs パッケージは削除できません。Veritas Storage Foundation をアンインストー
ルする前に、VxFS ファイルシステムおよびストレージチェックポイントをマウント解除しま
す。VRTSvxfs パッケージを削除した後は、別の VRTSvxfs パッケージをインストールす
るまで、VxFS ファイルシステムはマウントもアクセスもできません。
ファイルシステムをマウント解除する方法
1
VxFS ファイルシステムがマウントされているかどうかを確認します。
# cat /etc/mnttab | grep vxfs
2
ファイルシステムをマウント解除します。
# umount special | mount_point
マウント解除するファイルシステムを mount_point または special(ファイルシステム
が存在するデバイス)として指定します。このコマンドおよび使用可能なオプションに
ついて詳しくは、umount_vxfs(1M)マニュアルページを参照してください。
-a オプションを使うと、すべてのファイルシステムをマウント解除することができます。
ただし、/、/usr、/usr/kvm、/var、/proc、/dev/fd、および /tmp は除きます。
ストレージチェックポイントをマウント解除する方法
1
ストレージチェックポイントがマウントされているかどうかを確認します。
# cat /etc/mnttab | grep vxfs
2
マウントされているストレージチェックポイントをマウント解除します。
# umount /checkpoint_name
システムでのエージェントの無効化
この項では、システムで VVR 用の VCS エージェントを無効にする方法を説明します。
エージェントを無効にするには、エージェントのリソースタイプを含むサービスグループを
OFFLINE 状態に変更する必要があります。これでアプリケーションを停止したり、アプリ
ケーションを別のシステムに切り替えることができます。
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
RDS の削除
エージェントを無効にする方法
1
次のコマンドを入力し、エージェントのリソースタイプを含むサービスグループで、オ
ンラインになっているものがあるかどうかを確認します。
# hagrp -state service_group -sys system_name
オンラインになっているサービスグループがない場合は、3 にスキップします。
2
サービスグループがオンラインである場合、オフラインにします。
サービスグループをオフラインにして、クラスタ内のどのシステムでもそのサービスグ
ループをオンラインにしないようにするには、次のコマンドを入力します。
# hagrp -offline service_group -sys system_name
3
次のコマンドを入力し、システムでエージェントを停止します。
# haagent -stop agent_name -sys system_name
[ログファイルの中からメッセージを検索してください(Please look for messages in
the log file)]というメッセージが表示された場
合、/var/VRTSvcs/log/engine_A.log のメッセージを参照して、各エージェント
が停止されていることを確認してください。
また、ps コマンドを使ってエージェントが停止していることを確認することもできます。
4
ここで、サービスグループの SystemList からシステムを削除します。SystemList
内のすべてのシステムでエージェントを無効にした場合、VCS 設定からサービスグ
ループとリソースタイプも削除できます。
コマンドラインから VCS を管理する方法を参照してください。
『Veritas Cluster Server ユーザーズガイド』を参照してください。
RDS の削除
この項では、アプリケーションがアクティブになっている場合または停止している場合に、
RDS(Replicated Data Set)を削除する手順を説明します。
メモ: Veritas Volume Replicator をアップグレードする場合、RDS を削除しないでくだ
さい。
337
338
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
RDS の削除
RDS を削除するには
1
すべての RLINK が最新であることを確認します。
# vxrlink -g diskgroup status rlink_name
セカンダリが最新である必要がない場合、2 に進み、-f オプションを指定した vradmin
stoprep コマンドを使って、レプリケーションを停止します。
2
RDS 内の任意のホストで次のコマンドを実行して、セカンダリへのレプリケーションを
停止します。
プライマリとセカンダリの RLINK が最新でない場合、vradmin stoprep コマンドは
失敗します。RLINK が最新でない場合でも、-f オプションを使ってセカンダリへの
レプリケーションを停止します。
# vradmin -g diskgroup stoprep local_rvgname sec_hostname
引数 local_rvgname は、ローカルホスト上の RVG 名であり、その RDS を表しま
す。
引数 sec_hostname はセカンダリホスト名です。これは、vradmin printrvg コマ
ンドの出力に表示されます。
3
RDS 内の任意のホストで次のコマンドを実行して、RDS からセカンダリを削除しま
す。
# vradmin -g diskgroup delsec local_rvgname sec_hostname
引数 local_rvgname は、ローカルホスト上の RVG 名であり、その RDS を表します。
引数 sec_hostname はセカンダリホスト名です。これは、vradmin printrvg コマ
ンドの出力に表示されます。
4
プライマリで次のコマンドを実行して、RDS からプライマリを削除します。
# vradmin -g diskgroup delpri local_rvgname
vradmin delpri コマンドに -f オプションを指定した場合、プライマリでアプリケー
ションが実行されていても、プライマリは削除されます。
RDS が削除されます。
5
RDS 内のプライマリホストとセカンダリホストから SRL を削除するには、プライマリと
すべてのセカンダリで次のコマンドを実行します。
# vxedit -r -g diskgroup rm srl_name
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation のアンインストール
Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage
Foundation のアンインストール
この項では、Veritas の Web ベースのインストーラを使った Storage Foundation また
は Storage Foundation High Availability のアンインストールについて説明します。
Storage Foundation をアンインストールするには
1
保存したいデータを保存するために必要な手順を実行します。たとえば、設定ファ
イルのバックアップを作成します。
2
HA 設定では、ローカルシステムまたはすべてのシステムで VCS プロセスを停止し
ます。
ローカルシステムで VCS 処理を停止するには
# hastop -local
すべてのシステムで VCS 処理を停止するには
# hastop -all
3
Web ベースのインストーラを起動します。
p.63 の 「Veritas の Web ベースインストーラの起動」 を参照してください。
4
[タスクと製品を選択します(Select a task and a product)]ページで、[タスク(Task)]
ドロップダウンリストから [製品のアンインストール(Uninstall a Product)]を選択し
ます。
5
[製品(Product)]ドロップダウンリストから[Storage Foundation]または[Storage
Foundation High Availability]を選択し、[次へ(Next)]をクリックします。
6
アンインストール先のシステムを指定します。1 つまたは複数のシステム名を、スペー
スで区切って入力します。[検証(Validate)]をクリックします。
7
検証が正常に完了した後、[アンインストール(Uninstall)]をクリックして選択したシ
ステム上の Storage Foundation をアンインストールします。
8
ターゲットシステムで動作しているプロセスがある場合、インストーラはプロセスを停
止します。[次へ(Next)]をクリックします。
9
インストーラがプロセスを停止した後、指定したシステムから製品が削除されます。
[次へ(Next)]をクリックします。
10 アンインストールが完了した後、ログファイルと概略ファイルの場所が表示されます。
必要に応じて、削除の状態を確認するためにファイルを表示します。
11 [完了(Finish)]をクリックします。webinstaller で、別のタスクについてのプロンプ
トが表示されます。
339
340
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
スクリプトベースのインストーラを使った Storage Foundation パッケージのアンインストール
スクリプトベースのインストーラを使った Storage
Foundation パッケージのアンインストール
次の手順を使って、Storage Foundation 製品を削除します。
ソフトウェアのインストール時に行った選択内容によっては、パッケージの一部がシステム
にインストールされない場合があります。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定」
を参照してください。
言語パッケージは、英語パッケージをアンインストールするとアンインストールされます。
シャットダウンして、インストール済みの Storage Foundation パッケージを削除するに
は
1
ファイルシステムテーブル /etc/vfstab からすべての Veritas File System(VxFS)
エントリをコメントアウトまたは削除します。これらのエントリの削除に誤りがあった場
合、後でシステムの起動に問題が起きる可能性があります。
2
VxFS ファイルシステムのすべてのマウントポイントをマウント解除します。
# umount /mount_point
3
VxVM パッケージ(VRTSvxvm)がインストールされている場合は、VxVM のアンイン
ストール手順に従います。
p.328 の 「Veritas Volume Manager の削除の準備」 を参照してください。
4
VEA サービスを停止します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl stop
5
必要な手順がすべて実行されたことを確認します。
6
HA 設定では、ローカルシステムまたはすべてのシステムで VCS プロセスを停止し
ます。
ローカルシステムで VCS 処理を停止するには
# hastop -local
すべてのシステムで VCS 処理を停止するには
# hastop -all
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
pkgrm コマンドを使った Storage Foundation のアンインストール
7
/opt/VRTS/install ディレクトリに移動して、アンインストールスクリプトを実行しま
す。
# cd /opt/VRTS/install
Veritas Storage Foundation の場合
# ./uninstallsf
Veritas Storage Foundation High Availability の場合
# ./uninstallsf -ha
8
アンインストールスクリプトにより、システム名の入力を求めるメッセージが表示されま
す。Storage Foundation をアンインストールする 1 つ以上のシステム名を、host1
のようにスペースで区切って入力します。
Enter the system names separated by spaces from which to
uninstall Storage Foundation: host1
9
アンインストールスクリプトでは、Storage Foundation または Storage Foundation
High Availability を選択するためのメッセージが表示されます。
10 アンインストールスクリプトにより、アンインストールの確認を求めるメッセージが表示
されます。[yes]と回答すると、プロセスが停止し、パッケージがアンインストールされ
ます。
アンインストールスクリプトにより、ログファイルが作成され、ログファイルの場所が表
示されます。
11 パッケージには、通常カーネルコンポーネントがあります。完全に削除するために、
すべてのパッケージを削除した後、システムを再起動することをお勧めします。
12 パッケージが削除されたかどうかを確認するには、pkginfo コマンドを使います。
# pkginfo | grep VRTS
pkgrm コマンドを使った Storage Foundation のアンイ
ンストール
pkgrm コマンドを使って Storage Foundation をアンインストールするには、次の手順に
従います。
pkgrm コマンドを使って Veritas Storage Foundation をアンインストールする場合、パッ
ケージを特定の順番で削除する必要があります。そうしないと、アンインストールは失敗し
341
342
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
pkgrm コマンドを使った Storage Foundation のアンインストール
ます。順番通りでないパッケージの削除は、コアダンプなどのエラーを引き起こしますが、
パッケージは削除されます。
Storage Foundation をアンインストールするには
1
すべての VxFS ファイルシステムと Storage Checkpoints をマウント解除し、すべて
の VxVM のボリュームを閉じてください。
ファイルシステムテーブル /etc/vfstab からすべての Veritas File System(VxFS)
エントリをコメントアウトまたは削除します。これらのエントリの削除に誤りがあった場
合、後でシステムの起動に問題が起きる可能性があります。
2
VxFS ファイルシステムとストレージチェックポイントのすべてのマウントポイントをマ
ウント解除します。
# umount /mount_point
3
すべてのアプリケーションからの VxVM ボリュームへのアクセスを停止して VxVM
ボリュームを閉じます。
4
各種デーモンを停止します(該当する場合)。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl stop
5
次の順にパッケージを削除します。
# pkgrm VRTSvlic VRTSperl VRTSspt VRTSob ¥
VRTSvxvm VRTSaslapm VRTSsfmh VRTSvxfs VRTSfssdk VRTSdbed ¥
VRTSodm VRTSat
pkgrm コマンドによる言語パッケージのアンインストール
pkgrm コマンドを使えば、言語パッケージのみを削除できます。
製品インストーラメニューまたはアンインストールスクリプトを使うと、英語パッケージと一緒
に言語パッケージも削除できます。
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除
言語パッケージを削除するには
1
vxsvcctrl stop コマンドを使って、各システムで VEA サービスを終了します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl stop
2
pkgrm コマンドを使って、適切なパッケージを削除します。
p.378 の 「中国語パッケージ」 を参照してください。
p.378 の 「日本語パッケージ」 を参照してください。
# pkgrm package_name package_name ...
パッケージは相互に依存していないため、任意の順序で削除できます。
3
適切なパッケージを削除したら、vxsvcctrl start コマンドを使って、各システム
で VEA サービスを再起動します。
# /opt/VRTS/bin/vxsvcctrl start
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除
この項では、CP サーバーをホストしているノードまたはクラスタから CP サーバー設定を
削除する方法について説明します。
警告: その CP サーバー設定が削除される CP サーバーを使用している SF HA クラスタ
がないことを確認してください。
VRTScps パッケージの一部である設定ユーティリティを使って CP サーバー設定を削除
します。設定ユーティリティの使用時には、設定の削除スクリプトが実行され、次のタスク
が実行されます。
■
すべての CP サーバーの設定ファイルを削除する
■
CP サーバーの VCS 設定を削除する
ユーティリティとスクリプトを実行したら、ノードまたはクラスタから VCS をアンインストール
できます。
メモ: CP サーバー設定を削除するときは、設定スクリプトを CP サーバー(単一のノードま
たは SFHA クラスタ上の)ごとに 1 回のみ実行する必要があります。
設定ユーティリティは、次の手順を実行して CP サーバー設定を削除します。
■
CP サーバーのサービスグループ(CPSSG)がオンラインの場合はオフラインにする
343
344
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除
■
VCS 設定から CPSSG サービスグループを削除する
次の手順は、CP サーバー設定を削除する方法について説明しています。
CP サーバー設定を削除するには
1
設定の削除スクリプトを実行するには、CP サーバー設定を削除するノードで次のコ
マンドを入力します。
[email protected]_cp.symantecexample.com # /opt/VRTScps/bin/configure_cps.pl
2
Veritas Coordination Point Server 設定ユーティリティが表示され、オプションメ
ニューが示されます。
VERITAS COORDINATION POINT SERVER CONFIGURATION UTILITY
=======================================================
Select one of the following:
[1] Configure Coordination Point Server on single node VCS system
[2] Configure Coordination Point Server on SFHA cluster
[3] Unconfigure Coordination Point Server
3
Coordination Point Server の設定を解除するには、オプション 3 を選択します。
4
警告が表示され、Coordination Point Server の設定を解除する操作を確認する
よう求めるメッセージが表示されます。
「y」と入力して処理を続行します。
Unconfiguring Coordination Point Server stops the vxcpserv process.
VCS clusters using this server for coordination purpose
will have one less coordination point.
Are you sure you want to bring down the cp server? (y/n)[Default:n] :y
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
削除スクリプトを使った CP サーバー設定の削除
5
345
「y」を入力して処理を続行すると、CP サーバー設定の削除の進行状況を通知する
メッセージが表示されます。
CP サーバー設定の設定が解除されると、成功したことを示すメッセージが表示され
ます。
シングルノードの VCS クラスタからのメッセージの例を次に示します。
A single node VCS cluster is currently configured.
Stopping the CP server ...
Removing the CP Server from VCS configuration..
Removing resource dependencies...
Deleting the resources configured under CPSSG service group...
Deleting the CPSSG service group...
Successfully unconfigured the Veritas Coordination Point Server.
SFHA クラスタ上の CP サーバーからのメッセージの例を次に示します。
A multinode CP Server cluster is currently configured.
Stopping the CP server ...
Removing the CP Server from VCS configuration..
Removing resource dependencies...
Deleting the resources configured under CPSSG service group...
Deleting the CPSSG service group...
Successfully unconfigured the Veritas Coordination Point Server.
6
次に、CP サーバーのデータベースを削除するよう求めるメッセージが表示されます。
「y」と入力して、データベースを削除します。
次に例を示します。
Do you want to delete the CP Server database? (y/n) (Default:n) :
346
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for Databases)リポジトリの削除
7
その後、CP サーバーの設定ファイルとログファイルを削除するよう求めるメッセージ
が表示されます。「y」と入力して、これらのファイルを削除します。
次に例を示します。
Do you want to delete the CP Server configuration file
(/etc/vxcps.conf) and log files (in /var/VRTScps)? (y/n)
(Default:n) : y
8
次の hagrp -state コマンドを実行して、CPSSG リソースがノードから削除されたこ
とを確認します。
次に例を示します。
[email protected]_cp.symantecexample.com # hagrp -state CPSSG
VCS WARNING V-16-1-40131 Group CPSSG does not exist
in the local cluster
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for
Databases)リポジトリの削除
製品を削除した後に、SFDB リポジトリファイルとバックアップを削除できます。
SFDB リポジトリファイルを削除すると、SFDB ツールが無効になります。
SFDB リポジトリを削除するには
1
Oracle SID に対応するローカルルックアップ情報の場所にディレクトリを変更しま
す。
次に例を示します。
# cd /var/vx/vxdba/$ORACLE_SID
2
SFDB リポジトリファイルと関連するリンクを確認します。
次に例を示します。
ls -al
lrwxrwxrwx
1 oracle
oinstall
/ora_data1/TEST/.sfdb_rept
cd /ora_data1/TEST
26 Jul 21 13:58 .sfdb_rept -> ¥
.sfdb_rept のシンボリックリンクをたどります。
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for Databases)リポジトリの削除
3
リポジトリファイルとすべてのバックアップを含むリポジトリディレクトリを削除します。
次に例を示します。
# rm -rf .sfdb_rept
4
Oracle SID に対応するローカルルックアップディレクトリを削除します。
# cd /var/vx/vxdba
# rm -rf $ORACLE_SID
これで SFDB リポジトリの削除が完了します。
347
348
第 16 章 Storage Foundation のアンインストール
製品削除後の SFDB(Storage Foundation for Databases)リポジトリの削除
A
インストールスクリプト
この付録では以下の項目について説明しています。
■
インストールスクリプトについて
■
インストールスクリプトオプション
インストールスクリプトについて
Veritas Storage Foundation and High Availability Solutions 5.1 では複数のインス
トールスクリプトを提供します。
新規インストールをシステムにインストールする、または 5.1 以前の Veritas Storage
Foundation and High Availability Solutions のバージョンからアップグレードするに
は、共通の製品インストーラを使うことをお勧めします。共通の製品インストーラを使うに
は、installer コマンドを実行します。
p.52 の 「共通製品インストーラについて」 を参照してください。
installer スクリプトの代わりに、製品別のインストールスクリプトを使うこともできます。電
子ダウンロードのサイトから Veritas 製品を入手した場合、共通の製品インストーラを含
まれていないため、適切な製品インストールスクリプトを使ってください。
次の製品インストールスクリプトを利用できます。
Veritas Cluster Server(VCS)
installvcs
Veritas Storage Foundation(SF)
installsf
Veritas Storage Foundation Cluster File
System(SFCFS)
installsfcfs
Veritas Storage Foundation for Oracle RAC installsfrac
(SFRAC)
350
付録 A インストールスクリプト
インストールスクリプトオプション
Symantec Product Authentication Service
(AT)
installat
Veritas Volume Manager
installvm
インストールスクリプトを使うには、プロンプトでスクリプト名を入力します。たとえば、Veritas
Storage Foundation をインストールするには、プロンプトで ./installsf と入力します。
インストールスクリプトオプション
表 A-1 に、製品インストールスクリプトのコマンドラインオプションを示します。通常、イン
ストールまたはアップグレードを初めて実行する場合、オプションは必要はありません。イ
ンストールスクリプトオプションは、特に指定のないかぎり、すべての Veritas Storage
Foundation 製品スクリプトで使えます。
p.349 の 「インストールスクリプトについて」 を参照してください。
表 A-1
使用可能なコマンドラインオプション
コマンドラインオプション
機能
system1 system2...
インストールオプションを実行するシステムを指定しま
す。システム名はすべてのオプションに必要です。指
定しないと、システム名を入力するよう求めるメッセー
ジが表示されます。
?addnode
高可用性クラスタにノードを追加します。
?allpkgs
指定の製品に必要なパッケージとパッチをすべて表
示します。パッケージとパッチは正しいインストール順
序で列挙されます。出力を使って、コマンドライン経由
のインストールスクリプトまたはネットワーク経由のイン
ストールスクリプトを作成できます。
?configure
インストール後、製品を設定します。
?fencing
実行中のクラスタの I/O フェンシングを設定します。
付録 A インストールスクリプト
インストールスクリプトオプション
コマンドラインオプション
機能
-ha
Storage Foundation High Availability ソフトウェア
がインストール、または表示されることを指定します。
指定しない場合、Storage Foundation のパッケージ
のリストは、Veritas Cluster Server のパッケージを除
外します。
次のオプションの 1 つが指定されたときにのみ、この
オプションは installsf スクリプトに適用されます。
■
-allpkgs
■
-recpkgs
■
-minpkgs
■
-jumpstart
-hostfile full_path_to_file
インストールするホスト名のリストを含むファイルの場所
を指定します。
-installallpkgs
すべてのパッケージがインストールされることを指定し
ます。
-installminpkgs
最小のパッケージセットがインストールされることを指
定します。
-installrecpkgs
必須のパッケージセットがインストールされることを指
定します。
-jumpstart dir_path
Solaris JumpStart インストール用の finish ファイル
の例を生成します。dir_path は finish ファイルを作
成するディレクトリのパスを示します。
?keyfile ssh_key_file
セキュアシェル(SSH)インストール用のキーファイルを
指定します。このオプションは、-i ssh_key_file
をすべての SSH 呼び出しに渡します。
?license
指定したシステムで製品ライセンスを登録または更新
します。
?logpath log_path
インストーラログファイル、概略ファイル、応答ファイル
の保存場所として、/opt/VRTS/install/logs
以外のディレクトリを指定します。
-makeresponsefile
実際のインストール、設定、アンインストールを実行し
ないで応答ファイルを生成します。
351
352
付録 A インストールスクリプト
インストールスクリプトオプション
コマンドラインオプション
機能
-minpkgs
指定の製品に必要な最小限のパッケージとパッチを
表示します。パッケージとパッチは正しいインストール
順序で列挙されます。オプションのパッケージは列挙
されません。出力を使って、コマンドライン経由のイン
ストールスクリプトまたはネットワーク経由のインストー
ルスクリプトを作成できます。allpkgs オプションを
参照してください。
-osversion
指定の OS バージョンに適用されるパッケージとパッ
チのみを表示します。有効な値は次のとおりです。
sol8、sol9、sol10
次のオプションの 1 つが指定されたときのみ、このオ
プションが適用されます。
■
-allpkgs
■
-recpkgs
■
-minpkgs
■
-jumpstart
-pkginfo
パッケージのリストとインストールの順序を、人間が読
み取り可能な形式で表示します。このオプションは、
個々の製品インストールスクリプトにのみ適用されま
す。たとえば、-pkginfo オプションを指定して
installvcs スクリプトを実行し、VCS パッケージを表示
します。
?pkgpath package_path
インストールするすべてのパッケージを含むディレクト
リのパスを指定します。ディレクトリは、通常は NFS マ
ウントした場所であり、すべての指定したインストール
システムでアクセス可能である必要があります。
-pkgset
指定したシステムでインストールされる 5.1 のパッケー
ジを検出し、列挙します。
-pkgtable
Storage Foundation 5.1 パッケージが、正しいインス
トール順で表示されます。
?precheck
インストール前のチェックを実行し、システムがすべて
のインストールの必要条件を満たしているかどうかを
確認します。事前に確認を行ってから製品をインストー
ルすることをお勧めします。
付録 A インストールスクリプト
インストールスクリプトオプション
コマンドラインオプション
機能
-recpkgs
指定の製品に必要な推奨されるパッケージとパッチを
表示します。パッケージとパッチは正しいインストール
順序で列挙されます。オプションのパッケージは列挙
されません。出力を使って、コマンドライン経由のイン
ストールスクリプトまたはネットワーク経由のインストー
ルスクリプトを作成できます。allpkgs オプションを
参照してください。
-redirect
進行バーを表示せずに、進行状況の詳細を表示しま
す。
?responsefile response_file
情報の入力を求めるメッセージを表示する代わりに、
指定ファイルに格納されているシステム情報と設定情
報を使って、インストールと設定を自動化します。
response_file は絶対パス名で指定する必要がありま
す。以降のインストールで応答ファイルを使うには、そ
のファイルを編集する必要があります。ファイル内で変
数フィールドを定義します。
?rootpath root_path
パッケージをインストールする代替ルートディレクトリを
指定します。
Solaris オペレーティングシステムでは、-rootpath
は -R path を pkgadd コマンドに渡します。
?rsh
このオプションは、システム間の通信に、デフォルトの
SSH と SCP ではなく RSH と RCP を使う場合に指定
します。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル
(ssh)またはリモートシェルの設定」 を参照してくださ
い。
-security
実行中の VCS クラスタで Symantec Product
Authentication Service を有効または無効にします。
Root Broker for Symantec Product Authentication
Service のインストールと設定を行います。
このオプションは、installvcs、installsf、
installsfcfs スクリプトを使って指定できます。
VCS クラスタでの Symantec Product Authentication
Service について詳しくは、『Veritas Cluster Server
インストールガイド』を参照してください。
353
354
付録 A インストールスクリプト
インストールスクリプトオプション
コマンドラインオプション
機能
-serial
各システムでシリアルにインストールスクリプトでインス
トール、アンインストール、起動、停止処理を実行する
ことを指定します。このオプションが指定されていない
場合、これらの操作はすべてのシステムで同時に実
行されます。
-start
指定の製品のデーモンとプロセスを開始します。
-stop
指定の製品のデーモンとプロセスを停止します。
?tmppath tmp_path
/var/tmp 以外のディレクトリをインストールスクリプト
の作業ディレクトリとして指定します。指定したディレク
トリは初期ログの記録先になるほか、リモートシステム
へのパッケージのインストールに先立つパッケージの
コピー先として使われます。
-upgrade
製品の既存のバージョンがあり、それをアップグレー
ドすることを指定します。
B
応答ファイル
この付録では以下の項目について説明しています。
■
応答ファイルについて
■
インストールシミュレータについて
■
応答ファイルを使った Storage Foundation のインストール
■
応答ファイルを使った Storage Foundation の設定
■
応答ファイルを使った Storage Foundation のアップグレード
■
応答ファイルを使った Storage Foundation のアンインストール
■
応答ファイルに使われる構文
■
応答ファイルの変数の定義
■
SFHA 設定の応答ファイルサンプル
■
SFHA インストールの応答ファイルサンプル
■
SF アップグレードの応答ファイルサンプル
■
SFHA アップグレードの応答ファイルサンプル
応答ファイルについて
インストーラまたは製品インストールスクリプトは、任意のインストール、設定、アップグレー
ド、アンインストールの手順の間に応答ファイルを生成します。応答ファイルには手順の
間に入力した設定情報が含まれます。手順が完了するとき、インストールスクリプトは応答
ファイルの場所を表示します。
responsefile オプションでインストールスクリプトを起動すると、応答ファイルを今後の
インストール手順で使用できます。応答ファイルは引数をスクリプトに渡して、自動的に製
356
付録 B 応答ファイル
インストールシミュレータについて
品をインストールできるようにします。ファイルを編集して、自動的に追加システムをインス
トールし、設定できます。
応答ファイルオプションを使って応答ファイルを生成できます。
インストールシミュレータについて
製品インストーラはインストール、設定または選択したシマンテック製品のアンインストー
ルをシミュレートするオプションを含みます。シミュレーションオプションを指定すると、シ
ステムのすべてのプリインストールチェックを含めて、インストールスクリプトの手順がシミュ
レートされます。ただし、実際にパッケージをインストールしたり、インストール済みパッケー
ジをアンインストールしたり、プロセスを開始または停止したりすることはありません。
シミュレーション処理によって、シマンテック製品をインストールまたは設定するときにテン
プレートとして使用できる応答ファイルを作成できます。シミュレータを使用してインストー
ルに関する質問または設定に関する質問を参照できます。シミュレーションにより、既存
のインストールを中断することなく、インストールまたは設定のすべてのステップをプレ
ビューできます。
インストールシミュレータは以下の状況のときに使います。
■
シマンテック製品をインストール、設定またはアンインストールするときに必要な情報
を理解する。
シミュレータは、インストーラが使用するものと同じコードを再現するため、シミュレー
ションはインストーラが表示するものとまったく同じプロンプトを表示します。シミュレー
ションはシステム上でインストール前のチェックを実行することを含みます。
チェックが不要な場合は、インストール前のチェックをスキップできます。たとえば、シ
マンテック製品をインストールすることを計画しているシステムとは異なるシステム上で
シミュレータを実行する場合などにインストール前のチェックをスキップします。
プロンプトを確認することで、実際のインストール、設定またはアンインストールを実行
する前に、必要な情報を収集できます。
■
システム用に応答ファイルを作成するには。
応答ファイルはインストールプログラムが要求する値を変数の形で格納します。応答
ファイルはテキストファイルで、各変数が示す内容を定義するコメントを含みます。応
答ファイルをインストールまたは設定のテンプレートとして使用できます。応答ファイル
は、任意のテキストエディタで編集できます。
インストールまたは設定をシミュレートするときは、コマンドラインでインストーラまたは製品
インストールスクリプトに -makeresponsefile オプションを指定します。
アンインストールをシミュレートするときは、コマンドラインでインストーラまたは製品アンイ
ンストールスクリプトに -makeresponsefile オプションを指定します。
付録 B 応答ファイル
応答ファイルを使った Storage Foundation のインストール
応答ファイルを使った Storage Foundation のインストー
ル
一般に、あるクラスタで Storage Foundation のインストールを実行した後にインストーラ
によって生成された応答ファイルは、他のクラスタで Storage Foundation をインストール
するために使えます。インストーラの -makeresponsefile オプションを使って応答ファ
イルを作成することもできます。
応答ファイルを使って Storage Foundation をインストールするには
1
Storage Foundation をインストールするシステムがインストール条件を満たしてい
ることを確認します。
2
インストール前のタスクが完了していることを確認します。
3
Storage Foundation をインストールするクラスタシステムのいずれかに応答ファイ
ルをコピーします。
4
必要に応じて、応答ファイルの変数の値を編集します。
5
製品ディスクをマウントし、インストールプログラムが含まれるフォルダに移動します。
6
応答ファイルをコピーしたシステムからインストールを開始します。次に例を示しま
す。
# ./installer -responsefile /tmp/response_file
# ./installsf -responsefile /tmp/response_file
ここで、/tmp/response_file は応答ファイルの絶対パス名です。
応答ファイルを使った Storage Foundation の設定
一般に、あるクラスタで Storage Foundation の設定を実行した後にインストーラによっ
て生成された応答ファイルは、他のクラスタで Storage Foundation を設定するために使
えます。インストーラの -makeresponsefile オプションを使って応答ファイルを作成す
ることもできます。
応答ファイルを使って Storage Foundation を設定するには
1
Storage Foundation を設定するシステムに Storage Foundation パッケージ がイ
ンストールされていることを確認します。
2
Storage Foundation を設定するクラスタシステムのいずれかに応答ファイルをコ
ピーします。
357
358
付録 B 応答ファイル
応答ファイルを使った Storage Foundation のアップグレード
3
必要に応じて、応答ファイルの変数の値を編集します。
オプション機能を設定するには、オプション機能に関連するすべての応答ファイル
の変数に適切な値を定義する必要があります。
4
応答ファイルをコピーしたシステムから設定を開始します。次に例を示します。
# /opt/VRTS/install/installsf -responsefile /tmp/response_file
ここで、/tmp/response_file は応答ファイルの絶対パス名です。
応答ファイルを使った Storage Foundation のアップグ
レード
一般に、あるクラスタで Storage Foundation のアップグレードを実行した後にインストー
ラによって生成された応答ファイルは、他のクラスタで Storage Foundation をアップグ
レードするために使えます。インストーラの -makeresponsefile オプションを使って応
答ファイルを作成することもできます。
Storage Foundation の自動アップグレードを実行するには
1
Storage Foundation をアップグレードするシステムがアップグレード条件を満たし
ていることを確認します。
2
アップグレード前のタスクが完了していることを確認します。
3
Storage Foundation をアップグレードするクラスタシステムのいずれかに応答ファ
イルをコピーします。
4
必要に応じて、応答ファイルの変数の値を編集します。
5
製品ディスクをマウントし、インストールプログラムが含まれるフォルダに移動します。
6
応答ファイルをコピーしたシステムからアップグレードを開始します。次に例を示しま
す。
# ./installer -responsefile /tmp/response_file
# ./installsf -responsefile /tmp/response_file
ここで、/tmp/response_file は応答ファイルの絶対パス名です。
付録 B 応答ファイル
応答ファイルを使った Storage Foundation のアンインストール
応答ファイルを使った Storage Foundation のアンイン
ストール
一般に、あるクラスタで Storage Foundation のアンインストールを実行した後にインス
トーラによって生成された応答ファイルは、他のクラスタで Storage Foundation をアンイ
ンストールするために使えます。
Storage Foundation の自動アンインストールを実行するには
1
Storage Foundation をアンインストールするための前提条件を満たしていることを
確認してください。
2
Storage Foundation をアンインストールするクラスタシステムのいずれかに応答ファ
イルをコピーします。
3
必要に応じて、応答ファイルの変数の値を編集します。
4
応答ファイルをコピーしたシステムからアンインストールを開始します。次に例を示し
ます。
# /opt/VRTS/install/installsf -responsefile /tmp/response_file
ここで、/tmp/response_file は応答ファイルの絶対パス名です。
応答ファイルに使われる構文
応答ファイルの変数に含まれている Perl 文の構文は様々です。それは変数にスカラー
やリストの値が必要かどうかによります。
たとえば、文字列値の場合は次のようになります。
$CFG{Scalar_variable}="value";
スカラー値の場合は、次のようになります。
$CFG{Scalar_variable}=123;
リストの場合は、次のようになります。
$CFG{List_variable}=["value", "value", "value"];
応答ファイルの変数の定義
一部のオプションの変数では、その他のオプションの変数を定義する必要があることに注
意してください。たとえば、クラスタサービスグループに関する変数(CSGNIC、CSGVIP、
CSGNETMASK)のいずれかを定義する場合にも、これらの変数のすべてを定義する必
359
360
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
要があります。同じことが、SMTP 通知(SMTPSERVER、SMTPRECP、SMTPRSEV)、
SNMP トラップ通知(SNMPPORT、SNMPCONS、SNMPCSEV)、グローバルクラスタオ
プション(CGONIC、GCOVIP、GCONETMASK)にも当てはまります。
表 B-1 は、応答ファイルに使用される変数とそれらの定義を示します。
表 B-1
応答ファイルの変数
変数
説明
CFG{opt}{install}
Storage Foundation パッケージをインストールします。後
で、-configure オプションを使って設定することもできま
す。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{accepteula}
メディアの EULA.pdf ファイルに同意するかどうかを指定し
ます。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 必須
$CFG{opt}{vxkeyless}
キーレスライセンスで製品をインストールします。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{systems}
製品のインストール、アンインストール、設定を行うシステム
のリストです。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 必須
CFG{systemscfs}
セキュリティで保護された環境のインストーラが、すべてのシ
ステムに一度で Storage Foundation をインストールするこ
とを防ぐ場合に設定するシステムのリスト。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 必須
CFG{product}
製品のインストール、アンインストール、設定を定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 必須
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
変数
説明
CFG{opt}{keyfile}
すべてのリモートシステムとの通信に使う ssh キーファイルの
場所を定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{at_rootdomain}
ルートブローカーのインストール先のシステム名を入力しま
す。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{patchpath}
製品のパッチを保管する場所(通常、NFS マウント)を定義
します。そこから、すべてのリモートシステムが製品のパッチ
をインストールできる場所です。対象のすべてのシステムか
らアクセスできる場所である必要があります。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{pkgpath}
製品パッケージを保管する場所(通常、NFS マウント)を定
義します。そこから、すべてのリモートシステムが製品パッケー
ジをインストールできる場所です。対象のすべてのシステム
からアクセスできる場所である必要があります。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{tmppath}
インストール中に必要な一時ファイルや一時デポを保管する
作業ディレクトリの作成場所を定義します。デフォルトの場所
は /var/tmp です。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{rsh}
システム間の通信方法として ssh の代わりに rsh を使う必要
があることを定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{donotinstall} {パッケージ}
リストに指定されているオプション パッケージをインストール
しません。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
361
362
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
変数
説明
CFG{donotremove} {パッケージ}
アンインストールで、リストに指定されているオプション パッ
ケージを削除しません。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
$CFG{vm_restore_cfg}{system1} 以前の VM の設定が復元されるべきであるかどうかを示しま
す。
0: 復元しない
1: 復元する
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
$CFG{sfcfs_fencingenabled}
SFCFS が設定されるとき、フェンシングを有効にするかどうか
を定義します。
スカラー
必須
0 または 1
CFG{vcs_clustername}
クラスタ名を定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 必須
CFG{vcs_clusterid}
クラスタを重複なく識別する 0 - 65535 の整数です。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 必須
CFG{opt}{logpath}
ログファイルをコピーする場所を指定します。デフォルトの場
所は /opt/VRTS/install/logs です。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{configure}
パッケージが -install オプションを使ってインストールさ
れた後に設定を実行します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
変数
説明
CFG{vcs_lltlink#} {system}
各システムのプライベートハートビートリンクに使う NIC を定
義します。各システムには、LLT リンクが 2 つ必要です
(LLTLINK1 と LLTLINK2)。LLT リンクは、4 つまで設定で
きます。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 必須
CFG{vcs_lltlinklowpri}
{system}
優先度の低いハートビートリンクを定義します。一般的に、パ
ブリックネットワークリンクでは LLTLINKLOWPRI を使い、通
信を多層化します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_csgnic}
システムで使うクラスタ管理コンソール用の NIC を定義しま
す。すべてのシステムで同じ NIC を使う場合には、ALL をシ
ステム値として入力できます。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{csgvip}
クラスタ管理コンソールが使う仮想 IP アドレスを定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_csgnetmask}
クラスタ管理コンソールが使う仮想 IP アドレスのネットマスク
を定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_smtpserver}
Web 通知で使う、ドメイン名を含んだ SMTP サーバー名を
定義します(例: smtp.symantecexample.com)。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_smtprecp}
SMTP 電子メール受信者のメールアドレスの一覧です(例:
[email protected])。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
363
364
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
変数
説明
CFG{vcs_smtprsev}
SMTP 電子メール受信者が受け取るメッセージの重要度レ
ベルを定義します(Information、Warning、Error、
SevereError)。重要度レベルの順序は、SMTP 電子メール
受信者のアドレスの順序と一致する必要があります。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_snmpport}
SNMP トラップ情報を送信するポートを定義します(デフォル
ト = 162)。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_snmpcons}
SNMP コンソールシステム名の一覧です。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_snmpcsev}
SNMP コンソールが受け取るメッセージの重要度レベルを定
義します(Information、Warning、Error、SevereError)。
重要度レベルの順序は、SNMP コンソールシステム名の順
序と一致する必要があります。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_gconic} {system}
グローバルクラスタオプションで使われる仮想 IP の NIC を
定義します。すべてのシステムで同じ NIC を使う場合には、
ALL をシステム値として入力できます。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_gcovip}
グローバルクラスタオプションで使われる仮想 IP アドレスを
定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_gconetmask}
グローバルクラスタオプションで使われる仮想 IP アドレスの
ネットマスクを定義します。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
付録 B 応答ファイル
応答ファイルの変数の定義
変数
説明
CFG{vcs_userenpw}
エンコードされたユーザーパスワードの一覧です。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_username}
ユーザー名の一覧です。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
$CFG{vcs_securitymenuopt}
セキュアモードのクラスタを設定するために選択するメニュー
オプションを指定します。
リストまたはスカラー: スカラー
■
1?自動
■
2?半自動
■
3?手動
省略可能または必須: 省略可能
$CFS{vcs_clustername}
クラスタ名を定義します。
省略可能または必須: 省略可能
CFG{vcs_userpriv}
ユーザーの権限の一覧です。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
$CFG{opt}{prodmode}
製品のモードのリスト
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{upgrade}
設定なしで、インストールされたすべての パッケージ をアッ
プグレードします。
リストまたはスカラー: リスト
省略可能または必須: 省略可能
CFG{opt}{uninstall}
Storage Foundation パッケージ をアンインストールします。
リストまたはスカラー: スカラー
省略可能または必須: 省略可能
365
366
付録 B 応答ファイル
SFHA 設定の応答ファイルサンプル
SFHA 設定の応答ファイルサンプル
次の例は、Storage Foundation High Availability を設定するための応答ファイルを示
しています。
##############################################
#Auto generated sfha responsefile #
##############################################
our %CFG;
$CFG{accepteula}=1;
$CFG{opt}{rsh}=1;
$CFG{vcs_allowcomms}=1;
$CFG{opt}{gco}=1;
$CFG{opt}{vvr}=1;
$CFG{opt}{prodmode}="SF Enterprise HA";
$CFG{opt}{configure}=1;
$CFG{opt}{ha}=1;
$CFG{upi}="SF";
$CFG{prod}="SF51";
$CFG{systems}=[ qw( system01 system02 ) ];
$CFG{vm_restore_cfg}{system01}=0;
$CFG{vm_restore_cfg}{system02}=0;
$CFG{vcs_clusterid}=127;
$CFG{vcs_clustername}="clus1";
$CFG{vcs_username}=[ qw(admin operator) ];
$CFG{vcs_userenpw}=[ qw(JlmElgLimHmmKumGlj bQOsOUnVQoOUnTQsOSnUQuOUnPQtOS) ];
$CFG{vcs_userpriv}=[ qw(Administrators Operators) ];
$CFG{vcs_lltlink1}{system01}="bge1";
$CFG{vcs_lltlink2}{system01}="bge2";
$CFG{vcs_lltlink1}{system02}="bge1";
$CFG{vcs_lltlink2}{system02}="bge2";
$CFG{opt}{uuid}=normC;
$CFG{opt}{logpath}="/opt/VRTS/install/logs/installsf-xxxxxx/installsf-xxxxxx.response";
1;
##############################################
#Auto generated sfha responsefile #
##############################################
our %CFG;
$CFG{accepteula}=1;
$CFG{opt}{rsh}=1;
$CFG{vcs_allowcomms}=1;
付録 B 応答ファイル
SFHA インストールの応答ファイルサンプル
$CFG{opt}{gco}=1;
$CFG{opt}{vvr}=1;
$CFG{opt}{prodmode}="SF Enterprise HA";
$CFG{opt}{configure}=1;
$CFG{opt}{ha}=1;
$CFG{upi}="SF";
$CFG{prod}="SF51";
$CFG{systems}=[ qw( system01 system02 ) ];
$CFG{vm_restore_cfg}{system01}=0;
$CFG{vm_restore_cfg}{system02}=0;
$CFG{vcs_clusterid}=127;
$CFG{vcs_clustername}="clus1";
$CFG{vcs_username}=[ qw(admin operator) ];
$CFG{vcs_userenpw}=[ qw(JlmElgLimHmmKumGlj bQOsOUnVQoOUnTQsOSnUQuOUnPQtOS) ];
$CFG{vcs_userpriv}=[ qw(Administrators Operators) ];
$CFG{vcs_lltlink1}{system01}="en1";
$CFG{vcs_lltlink2}{system01}="en2";
$CFG{vcs_lltlink1}{system02}="en3";
$CFG{vcs_lltlink2}{system02}="en4";
$CFG{opt}{uuid}=normC;
$CFG{opt}{logpath}="/opt/VRTS/install/logs/installsf-xxxxxx/installsf-xxxxxx.response";
1;
SFHA インストールの応答ファイルサンプル
次の例は、Storage Foundation High Availability をインストールするための応答ファ
イルを示しています。
##############################################
#Auto generated sfha responsefile #
##############################################
our %CFG;
$CFG{accepteula}=1;
$CFG{opt}{gco}=1;
$CFG{opt}{vvr}=1;
$CFG{opt}{prodmode}="SF Enterprise HA";
$CFG{opt}{install}=1;
$CFG{opt}{installallpkgs}=1;
$CFG{opt}{ha}=1;
$CFG{upi}="SF";
$CFG{prod}="SF51";
367
368
付録 B 応答ファイル
SF アップグレードの応答ファイルサンプル
$CFG{systems}=[ qw( system01 system02 ) ];
$CFG{keys}{system01}=["XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX"];
$CFG{keys}{system02}=["XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXX"];
$CFG{opt}{uuid}=normI;
$CFG{opt}{logpath}="/opt/VRTS/install/logs/SxRT-5.1-2009-03-10a";
1;
SF アップグレードの応答ファイルサンプル
次の例は、Storage Foundation をアップグレードするための応答ファイルを示していま
す。
our %CFG;
$CFG{accepteula}=1;
$CFG{opt}{upgrade}=1;
$CFG{systems}=[ qw(system01) ];
1;
SFHA アップグレードの応答ファイルサンプル
次の例は、Storage Foundation High Availability をアップグレードするための応答ファ
イルを示しています。
our %CFG;
$CFG{accepteula}=1;
$CFG{opt}{ha}=1;
$CFG{opt}{upgrade}=1;
$CFG{systems}=[ qw(system01 system02) ];
$CFG{vcs_allowcomms}=1;
1;
vcs_allowcomms 変数はシングルノードクラスタの場合は 0 に設定されます。LLT と GAB
プロセスはアップグレード前に開始されません。
C
応答ファイルを使った I/O
フェンシングの設定
この付録では以下の項目について説明しています。
■
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数
■
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの例
■
応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
■
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応
答ファイルの変数
表 C-1 では、Storage Foundation にディスクベースの I/O フェンシングを設定するため
に必要な情報を指定する応答ファイルの変数を示します。
表 C-1
ディスクベースの I/O フェンシングの設定に固有の応答ファイル変数
変数
リスト/スカ
ラー
説明
CFG{opt}{fencing}
スカラー
I/O フェンシングの設定を実行します。
(必須)
370
付録 C 応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの例
変数
リスト/スカ
ラー
CFG{vxfen_config_fencing_option} スカラー
説明
I/O フェンシングの設定モードを指定しま
す。
1 - Coordination Point Server ベー
スの I/O フェンシング
■ 2 - コーディネータディスクベースの I/O
フェンシング
■ 3 - 無効モード
■
(必須)
CFG {vxfen_config
_fencing_mechanism}
スカラー
I/O フェンシングのメカニズムを指定しま
す。
(オプション)
CFG{vxfen_config_fencing_dg}
スカラー
I/O フェンシングのディスクグループを指定
します。
(オプション)
メモ: vxfen_config_fencing_dg 変数また
は vxfen_config_fencing_newdg_disks
変数を定義する必要があります。
CFG{vxfen_config
_fencing_newdg_disks}
リスト
I/O フェンシング用の新しいディスクグルー
プの作成に使うディスクを指定します。
(オプション)
メモ: vxfen_config_fencing_dg 変数また
は vxfen_config_fencing_newdg_disks
変数を定義する必要があります。
ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応
答ファイルの例
ディスクベースの I/O フェンシングの応答ファイル変数とその定義を確認してください。
p.369 の 「ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数」 を参
照してください。
#
# Configuration Values:
#
付録 C 応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
our %CFG;
$CFG{opt}{configure}=1;
$CFG{opt}{fencing}=1;
$CFG{prod}="SF51";
$CFG{systems}=[ qw(system01 system02) ];
$CFG{vcs_clusterid}=13221;
$CFG{vcs_clustername}="clus1";
$CFG{vxfen_config_fencing_dg}="fendg";
$CFG{vxfen_config_fencing_mechanism}="dmp";
$CFG{vxfen_config_fencing_newdg_disks}=
[ qw(c1t1d0s2 c2t1d0s2 c3t1d0s2) ];
$CFG{vxfen_config_fencing_option}=2;
応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
通常、I/O フェンシングの設定を実行した後にインストーラで生成される応答ファイルを
使って Storage Foundation HA の I/O フェンシングを設定できます。インストーラの
-makeresponsefile オプションを使って応答ファイルを作成することもできます。
応答ファイルを使って I/O フェンシングを設定するには
1
Storage Foundation HA が設定されていることを確認します。
2
ディスクベースとサーバーベースのどちらの I/O フェンシングを設定するかどうかに
基づいて、準備タスクが完了したことを確認します。
p.91 の 「I/O フェンシング設定の計画について」 を参照してください。
3
I/O フェンシングを設定するクラスタシステムのいずれかに応答ファイルをコピーしま
す。
p.370 の 「ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの例」 を
参照してください。
4
必要に応じて、応答ファイルの変数の値を編集します。
p.369 の 「ディスクベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数」
を参照してください。
p.372 の 「サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変
数」 を参照してください。
5
応答ファイルをコピーしたシステムから設定を開始します。次に例を示します。
# /opt/VRTS/install/installsf -responsefile /tmp/response_file
ここで、/tmp/response_file は応答ファイルの絶対パス名です。
371
372
付録 C 応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応
答ファイルの変数
応答ファイルを使って、サーバーベースのカスタマイズされた I/O フェンシングを設定で
きます。インストーラは応答ファイルを、次のタイプの I/O フェンシングの設定に使います。
■
クライアントのクラスタのフェンシング(サーバーベースの I/O フェンシング設定自体)
ユーザーに入力を求めるプロンプトが表示されずに、SF HA クラスタにサーバーベー
スのカスタマイズされた I/O フェンシングが設定されます。
■
すでにディスクグループが作成されているディスクベースのフェンシング
ユーザーに入力を求めるプロンプトが表示されずに、SF HA クラスタにディスクベー
スのモードのフェンシングが設定されます。
ディスクベースのフェンシングの設定は、コーディネーションポイントとして SCSI-3 ディ
スクだけが使われる設定です。
すでにディスクグループが作成されているディスクベースのフェンシングとは、コーディ
ネータディスクから成るディスクグループが SF HA クラスタノードにすでに存在するこ
とを意味します。
■
ディスクグループを新しく作成するディスクベースのフェンシング
ユーザーの操作なしでディスクグループが作成され、 SF HA クラスタのすべてのノー
ドでフェンシングが適切に設定されます。
ディスクグループを新しく作成するディスクベースのフェンシングとは、ディスクグルー
プが、まだ存在はしていないが、コーディネーションポイントとなるディスクを使って作
成される予定であることを意味します。
表 C-2 に、サーバーベースのカスタマイズされた I/O フェンシングに関連している応答
ファイルのフィールドを示します。
表 C-2
サーバーベースの I/O フェンシング用応答ファイルの定義
応答ファイルのフィールド
定義
fencing_cpc_config_cpagent
コーディネーションポイントのエージェントの設定にインス
トーラを使うかどうかに応じて、「1」または「0」を入力しま
す。
コーディネーションポイントのエージェントの設定にインス
トーラを使わない場合は、「0」を入力します。
コーディネーションポイントのエージェントの設定にインス
トーラを使う場合は、「1」を入力します。
付録 C 応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数
応答ファイルのフィールド
定義
fencing_cpc_cpagentgrp
コーディネーションポイントのエージェントのリソースが含ま
れるサービスグループの名前。
メモ: fencing_cpc_config_cpagent フィールドに
値「0」が指定されている場合は、このフィールドは今は使
われません。
fencing_cpc_cps
CP サーバーの仮想 IP アドレスまたは仮想ホスト名。
fencing_cpc_reusedg
この応答ファイルのフィールドは、カスタマイズされたフェ
ンシング(CP サーバーとコーディネータディスク)のフェン
シング設定に既存の DG 名を再利用するかどうかを示しま
す。
「1」または「0」のいずれかを入力します。
「1」を入力することは再利用することを示し、「0」を入力す
ることは再利用しないことを示します。
ミックスモードのフェンシング設定に既存の DG 名を再利
用する場合は、サイレントインストールを続ける前に、
「$CFG{fencing_cpc_reusedg}=0」または
「$CFG{fencing_cpc_reusedg}=1」といったテキスト行を
手動で追加する必要があります。
fencing_cpc_dgname
カスタマイズされたフェンシングで使われる、少なくとも 1
つのディスクが使われるディスクグループの名前。
fencing_cpc_diffab
この応答ファイルのフィールドは、CP サーバーと SF HA
クラスタが異なるルートブローカーを使うかどうかを示しま
す。
「1」を入力することは、異なるルートブローカーを使うことを
示します。
「0」を入力することは、異なるルートブローカーを使わない
ことを示します。
fencing_cpc_disks
存在する場合は、コーディネーションポイントとして使われ
るディスク。
fencing_cpc_ncps
CP サーバーとディスクの両方を含む、使用するコーディ
ネーションポイントの合計数。
fencing_cpc_ndisks
使用するディスクの数。
fencing_cpc_ports
cps で示される、CP サーバーのポート。
fencing_cpc_ccab
SF HA クラスタノードのいずれか 1 つの認証ブローカー
(AB)の名前。
373
374
付録 C 応答ファイルを使った I/O フェンシングの設定
サーバーベースの I/O フェンシングを設定するための応答ファイルの変数
応答ファイルのフィールド
定義
fencing_cpc_cpsabport
前述の認証ブローカー(AB)が認証の応答を準備するポー
ト。
fencing_cpc_ccabport
前述の認証ブローカー(AB)が認証の応答を準備するポー
ト。
fencing_cpc_mechanism
カスタマイズされたフェンシングによって使われるディスク
のメカニズム。
このフィールドの値は「raw」または「dmp」です。
fencing_cpc_cpsab
CP サーバーのいずれか 1 つの認証ブローカー(AB)の名
前。
fencing_cpc_security
このフィールドはセキュリティが有効かどうか示します。
「1」を入力することは、セキュリティが有効であることを示し
ます。「0」を入力することは、セキュリティが有効になって
いないことを示します。
D
Storage Foundation and
High Availability コンポーネ
ント
この付録では以下の項目について説明しています。
■
Veritas Storage Foundation インストールパッケージ
■
Veritas Cluster Server インストールパッケージ
■
中国語パッケージ
■
日本語パッケージ
■
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッケージ
Veritas Storage Foundation インストールパッケージ
表 D-1 には Veritas Storage Foundation の各英語パッケージのパッケージ名と内容を
示します。この表には、最小、推奨、拡張のいずれの設定を選択するのかに基づいて、
どのパッケージをインストールするのかに関するガイドラインも示します。
すべての Storage Foundation と Veritas Cluster Server(VCS)パッケージをインストー
ルした場合、組み合わせた機能性を Storage Foundation and High Availability と呼
びます。
p.377 の 「Veritas Cluster Server インストールパッケージ」 を参照してください。
376
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Storage Foundation インストールパッケージ
表 D-1
Veritas Storage Foundation パッケージ
パッケージ
内容
設定
VRTSaslapm
Veritas ASL(Array Support Library)と 最小
APM(Array Policy Module)のバイナリ
各種ストレージアレイのサポートと互換性の
ために必要です。
VRTSat
Symantec Product Authentication
Service
すべて
Symantec Product Authentication
Service をインストールします。これは他の
シマンテック製品に認証サービスを提供し
ます。
このパッケージはサーバーおよびクライア
ントコンポーネントを含みます。サーバーは
ルートブローカー、認証ブローカー、また
は両方にサービスを提供します。
クライアントはシマンテック製品がブロー
カーと通信できるようにします。
Symantec Product Authentication
Service の使用に必要です。
VRTSperl
Perl 5.10.0 for Veritas
最小
VRTSvlic
Veritas ライセンスユーティリティ
最小
Storage Foundation ライセンスキーをデ
コードするために必要な、ライセンスキーの
レイアウトファイルをインストールします。標
準ライセンスキーユーティリティ vxlicrep、
vxlicinst、vxlictest を提供します。
VRTSvxfs
Veritas File System バイナリ
最小
VxFS ファイルシステムサポートのために必
要。
VRTSvxvm
Veritas Volume Manager バイナリ
最小
VRTSdbed
Veritas Storage Foundation for Oracle 推奨
VRTSob
Veritas Enterprise Administrator
推奨
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Cluster Server インストールパッケージ
パッケージ
内容
設定
VRTSodm
VxFS 用 ODM ドライバ
推奨
Veritas Extension for Oracle Disk
Manager は、Oracle9i および 10g 用に特
に設計された、独自のストレージインター
フェースです。Oracle Disk Manager によ
り、Oracle 9i および 10g の性能が改善さ
れ、システム帯域幅を管理できます。
VRTSsfmh
Veritas Storage Foundation 管理対象ホ 推奨
スト
Storage Foundation 管理対象ホストの設
定情報を検出します。この情報は中央デー
タベースに格納されます。このデータベー
スはこのリリースの一部ではありません。
データベースは次の場所から個別にダウ
ンロードする必要があります。
http://www.symantec.com/business/
storage-foundation-manager
推奨
VRTSspt
Veritas Software Support Tools
VRTSfssdk
Veritas File System Software Developer すべて
Kit
VxFS API の場合、パッケージにはパブリッ
ク Software Developer Kit(ヘッダー、ラ
イブラリ、サンプルコード)があります。ユー
ザープログラムで VxFS API を使う場合に
必要です。
Veritas Cluster Server インストールパッケージ
表 D-2 には VCS(Veritas Cluster Server)の各英語パッケージのパッケージ名と内容
を示します。この表には、最小、推奨、拡張のいずれの設定を選択するのかに基づいて、
どのパッケージをインストールするのかに関するガイドラインも示します。
すべての Storage Foundation と VCS パッケージをインストールした場合、組み合わせ
た機能性を Storage Foundation and High Availability と呼びます。
p.375 の 「Veritas Storage Foundation インストールパッケージ」 を参照してください。
377
378
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
中国語パッケージ
表 D-2
VCS インストールパッケージ
パッケージ
内容
設定
VRTSgab
Veritas Cluster Server Group
Membership and Atomic Broadcast
(GAB)サービス
最小
VRTSllt
Veritas Cluster Server Low Latency
Transport
最小
VRTSvcs
Veritas Cluster Server
最小
VRTSvcsag
Veritas Cluster Server Bundled Agents 最小
VRTSvxfen
Veritas I/O Fencing
最小
VRTScutil
Veritas Cluster Server Utilities
推奨
VRTSvcsea
統合されたデータベースとエンタープライ 推奨
ズエージェントのパッケージ
VRTScps
Veritas Coordination Point Server
拡張
Coordination Point Server は I/O フェン
シングの代替機構です。クライアント/サー
バーアーキテクチャを使って I/O フェンシ
ングを実装し、複数の VCS クラスタに I/O
フェンシングを提供できます。
中国語パッケージ
次の表には、各中国語パッケージのパッケージ名と内容を示します。
表 D-3
中国語パッケージ
パッケージ
内容
VRTSatZH
Symantec Product Authentication Service Software 中国語キット
VRTSzhvm
シマンテック社の中国語 Veritas Volume Manager – メッセージカタログと
マニュアルページ
日本語パッケージ
次の表には、各日本語パッケージのパッケージ名と内容を示します。
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッケージ
表 D-4
日本語パッケージ
パッケージ
内容
VRTSatJA
Symantec Product Authentication Service Software Japanese Language
Kit
VRTSjacav
Storage Foundation Cluster File System の日本語 Veritas Cluster Server
エージェント - シマンテック社のマニュアルページとメッセージカタログ
VRTSjacs
シマンテック社の日本語 Veritas Cluster Server メッセージカタログ
VRTSjacse
シマンテック社の日本語 Veritas High Availability エンタープライズエー
ジェント
VRTSjacsu
シマンテック社の日本語 Veritas Cluster ユーティリティ言語パック
VRTSjadba
シマンテック社の日本語 Veritas Oracle RAC(Real Application Cluster)
サポートパッケージ
VRTSjadbe
シマンテック社の日本語 Veritas Storage Foundation for Oracle - メッセー
ジカタログ
VRTSjafs
日本語 Veritas File System - メッセージカタログとマニュアルページ
VRTSjaodm
シマンテック社の Veritas Oracle Disk Manager 日本語メッセージカタログ
とマニュアルページ
VRTSjavm
シマンテック社の日本語 Veritas Volume Manager - メッセージカタログと
マニュアルページ
VRTSmulic
複数言語の Symantec ライセンスユーティリティ
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成され
たインストールパッケージ
表 D-5 には Storage Foundation と Storage Foundation High Availability で廃止、
または再編成されたパッケージを示します。
表 D-5
パッケージ
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたパッケージ
説明
インフラストラクチャ
SYMClma
廃止
VRTSaa
VRTSsmfh に統合
379
380
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッケージ
パッケージ
説明
VRTSccg
VRTSsmfh に統合
VRTSdbms3
廃止
VRTSicsco
廃止
VRTSjre
廃止
VRTSjre15
廃止
VRTSmh
VRTSsmfh に統合
VRTSobc33
廃止
VRTSobweb
廃止
VRTSobgui
廃止
VRTSpbx
廃止
VRTSsfm
廃止
VRTSweb
廃止
製品パッケージ
VRTSacclib
廃止
VRTSalloc
廃止
VRTScmccc
廃止
VRTScmcm
廃止
VRTScmcs
廃止
VRTScscm
VRTScutil に統合
VRTScscw
VRTScutil に統合
VRTScsocw
VRTScutil に統合
VRTScssim
VRTScutil に統合
VRTSd2gui
VRTSdbed に統合
VRTSdb2ed
VRTSdbed に統合
VRTSdbcom
VRTSdbed に統合
VRTSdbed
VRTSdbed に統合
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッケージ
パッケージ
説明
VRTSdcli
廃止
VRTSddlpr
廃止
VRTSdsa
廃止
VRTSfas
廃止
VRTSfasag
廃止
VRTSfsman
メインパッケージに統合
VRTSfsmnd
メインパッケージに統合
VRTSfspro
VRTSsmfh に統合
VRTSgapms
廃止
VRTSmapro
VRTSsmfh に統合
VRTSorgui
廃止
VRTSsybed
VRTSdbed に統合
VRTSvail
廃止
VRTSvcsdb
VRTSvcsea に統合
VRTSvcsmn
VRTSvcs に統合
VRTSvcsor
VRTSvcsea に統合
VRTSvcssy
VRTSvcsea に統合
VRTSvcsvr
VRTSvcs に統合
VRTSvdid
廃止
VRTSvmman
メインパッケージに統合
VRTSvmpro
VRTSsmfh に統合
VRTSvrpro
VRTSob に統合
VRTSvrw
廃止
VRTSvxmsa
廃止
マニュアル
マニュアルパッケージはすべて廃止
381
382
付録 D Storage Foundation and High Availability コンポーネント
Veritas Storage Foundation で廃止および再編成されたインストールパッケージ
E
インストール問題のトラブル
シューティング
この付録では以下の項目について説明しています。
■
接続に失敗した後のインストーラの再起動
■
ライセンス通知が表示されたときの対応
■
トラブルシューティング情報
■
リモートシステムの root に対する不正な操作権限
■
アクセスできないシステム
■
Storage Foundation Cluster File System の問題
接続に失敗した後のインストーラの再起動
接続に失敗しためにインストールが強制終了された場合は、インストーラを再起動してイ
ンストールを再開できます。インストーラによって既存のインストールが検出されます。イン
ストールを再開するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。インストールを再開する
と、失敗したポイントからインストールが続行されます。
ライセンス通知が表示されたときの対応
このリリースは、ライセンスキーがなくてもインストールできます。エンドユーザー使用許諾
契約に従うには、ライセンスキーをインストールするか、または管理サーバーが管理する
ホストを作成します。60 日以内のこれらの条項に従わない場合は、次の警告メッセージ
が表示されます。
384
付録 E インストール問題のトラブルシューティング
トラブルシューティング情報
WARNING V-365-1-1 This host is not entitled to run Veritas Storage
Foundation/Veritas Cluster Server.As set forth in the End User
License Agreement (EULA) you must complete one of the two options
set forth below. To comply with this condition of the EULA and
stop logging of this message, you have <nn> days to either:
- make this host managed by a Management Server (see
http://go.symantec.com/sfhakeyless for details and free download),
or
- add a valid license key matching the functionality in use on this host
using the command 'vxlicinst' and validate using the command
'vxkeyless set NONE'
EULA の条項に従って、これらのメッセージを削除するには、60 日以内に次のいずれか
の対応を取る必要があります。
■
ホストで使用中の機能に対応する有効なライセンスキーをインストールします。
p.140 の 「Veritas 製品のライセンスキーのインストール」 を参照してください。
ライセンスキーのインストール後は、次のコマンドを使ってライセンスキーの認証が必
要です。
# vxkeyless set NONE
■
管理サーバーでサーバーまたはクラスタを管理することで、キーレスライセンスを継続
します。
キーレスライセンスの詳しい説明については、次の URL を参照してください。
http://go.symantec.com/sfhakeyless
トラブルシューティング情報
VRTSspt パッケージは、システムのトラブルシューティングやシステムの設定に関する情
報を収集するサポートツールグループを提供します。これらのツールを使って、Veritas
File System と Veritas Volume Manager のメタデータ情報を収集し、File System と
Volume Manager の処理効率を測定するための様々なベンチマークを設定することが
できます。これらのツールはシマンテック製品の操作に必須のものではありませんが、正
しく使わないと、システムの処理効率に悪影響を与える可能性があります。シマンテック
社では、処理効率の問題があると疑われる場合にシステムを分析するためにこれらのツー
ルを提供しています。これらのツールは Veritas テクニカルサポートの技術者から指示が
あった場合のみ使ってください。
リモートシステムの root に対する不正な操作権限
操作権限が不適切です。インストールしている各システムに対し、リモート root アクセス
権限を持っていることを確認します。
付録 E インストール問題のトラブルシューティング
アクセスできないシステム
385
Checking system communication ..................................... Done
System verification did not complete successfully
The following errors were discovered on the systems:
The ssh permission denied on host1 rsh permission denied on host1
either ssh or rsh is needed to be setup between the local node and host1
for communication. Enter the system names separated by
spaces: q,? (host1)
推奨される解決法: ssh または rsh を使ったリモートアクセスを許可するよう、システムを
セットアップする必要があります。
p.37 の 「製品をインストールする前のセキュアシェル(ssh)またはリモートシェルの設定」
を参照してください。
メモ: Storage Foundation のインストールと設定の完了後、リモートシェル操作権限を削
除します。
アクセスできないシステム
指定したシステムにアクセスできません。この理由としては、システム名が誤って入力され
た、システムがネットワーク経由で使えないなど、様々な可能性があります。
Verifying systems: 12% ....................................
Estimated time remaining: 0:10 1 of 8
Checking system communication ..................................... Done
System verification did not complete successfully
The following errors were discovered on the systems:
cannot resolve hostname host1
Enter the system names separated by spaces: q,? (host1)
推奨される解決法: システム名を正しく入力したことを確認します。ホストのアクセス可能
性を確認するために ping(1M)コマンドを使います。
Storage Foundation Cluster File System の問題
デバイス障害またはデバイスに対するコントローラ障害がある場合、ファイルシステムはク
ラスタ全体で無効になっている場合があります。問題に対処するには、すべてのノードで
ファイルシステムをマウント解除し、完全 fsck を実行します。ファイルシステムチェックが
完了したら、すべてのノードを再びマウントします。
386
付録 E インストール問題のトラブルシューティング
Storage Foundation Cluster File System の問題
高可用性に関する問題
この項では高可用性に関する問題を説明します。
ネットワーク分断/危険状態
ネットワーク分断(またはスプリットブレーン)とは、ネットワーク障害を、クラスタで 1 つ以
上のノードが切断したと誤って見なしてしまう状態のことです。クラスタの一方のシステム
が、もう一方のシステムは切断されたと誤って認識すると、そのシステムですでに動作し
ているアプリケーションを再起動するため、データが損なわれる場合があります。CFS は
冗長ハートビートリンクによりこれを回避しようとします。
クラスタの整合性を維持するには、少なくとも 1 つのリンクがアクティブである必要があり
ます。すべてのリンクが停止すると、最後のネットワークリンクが切断された後、ノードはク
ラスタ内の他のノードとは通信できなくなります。この場合、クラスタの状況として、2 通り
の可能性があります。ひとつはネットワークリンクが切断されている状況で、これは「ネット
ワーク分断」と呼ばれます。もうひとつは、ネットワークリンクは保たれているが、ノードが破
損している状況で、これはネットワーク分断の問題ではありません。分断された側のノード
から見ると、どちらの状況なのか区別がつきません。そこでカーネルは、ネットワーク分断
が発生しデータ破損の恐れがあることを示すメッセージを発行します。
「危険状態」とは、クラスタ内の他のノードとの接続に問題がある状況のことです。この状
況では、リンクやディスクハートビートがダウンする可能性が高いので、警告が表示される
ことがあります。特に、クラスタとのリンクが 1 つしか残っておらず、しかもそれがネットワー
クリンクである場合に、この警告が表示されます。最後にただ 1 つ残っている接続が失わ
れる可能性がある、危機的な状況と見なされます。
警告: 共有ストレージがまだ接続されている間は、通信リンクを削除しないでください。
低メモリ
負荷が高いと、ハートビート通信リンクを管理するソフトウェアが、カーネルメモリを割り当
てることができない場合があります。これが発生すると、ネットワーク分断の恐れを回避す
るため、ノードが停止します。これが頻繁に発生する場合、ノードの負荷を軽減してくださ
い。
すべてのクラスタノード上の /etc/llttab ファイルの値が正しくない、または同じでない
場合、同様の状況が発生する場合があります。
F
クラスタのインストールのト
ラブルシューティング
この付録では以下の項目について説明しています。
■
マウント解除の失敗
■
コマンドの失敗
■
インストーラでクラスタの UUID を作成できない
■
SCSI TEST UNIT READY コマンドが失敗すると、vxfentsthdw ユーティリティが失
敗する
■
CP サーバーのトラブルシューティング
■
SF HA クラスタサーバーベースの I/O フェンシングのトラブルシューティング
■
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
マウント解除の失敗
umount コマンドは、参照が NFS サーバーによって保持されていると、失敗することがあ
ります。マウントポイントの共有を解除し、再びマウント解除を試みます。
コマンドの失敗
この項ではコマンドの失敗を説明します。
■
マニュアルページが man コマンドでアクセスできません。MANPATH 環境変数を適
切に設定します。
p.48 の 「環境変数の設定」 を参照してください。
388
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
インストーラでクラスタの UUID を作成できない
■ mount、fsck、mkfs
ユーティリティは共有ボリュームを予約します。使用中であるボ
リュームで失敗します。dd など他のユーティリティと共有しているボリュームにアクセス
する場合は注意してください。これらのコマンドのため、ディスク上のデータが破損す
る可能性があります。
■ vxupgrade -n 7/vol02 などのコマンドを実行すると、次のエラーメッセージを生成
することがあります。
vxfs vxupgrade: ERROR: not primary in a cluster file system
これはこのコマンドをプライマリ、つまり、このファイルシステムを最初にマウントしたシ
ステム上でのみ実行できることを意味します。
インストーラでクラスタの UUID を作成できない
インストーラがクラスタの UUID を設定する前に uuidconfig.pl スクリプトを見つけること
ができない場合、次のエラーメッセージが表示されます。
Couldn't find uuidconfig.pl for uuid configuration,
please create uuid manually before start vcs
このエラーメッセージは、Storage Foundation の設定、アップグレード中、またはインス
トーラを使ってクラスタにノードを追加するときに表示されることがあります。
回避策: Storage Foundation を起動するには、uuidconfig.pl スクリプトを手動で実行し
て、各クラスタノードに UUID を設定する必要があります。
『Veritas Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
SCSI TEST UNIT READY コマンドが失敗すると、
vxfentsthdw ユーティリティが失敗する
vxfentsthdw ユーティリティの実行中に、次のようなメッセージが表示されることがありま
す。
Issuing SCSI TEST UNIT READY to disk reserved by other node
FAILED.
Contact the storage provider to have the hardware configuration
fixed.
他のホストが SCSI-3 Persistent Reservation を使ってディスクを予約した場合、ディス
クアレイは SCSI TEST UNIT READY コマンドに対して成功を返すことをサポートしていま
せん。これは SANRISE2XXX アレイシリーズに見られる現象で、そのディスクアレイのオ
プションである 186 ビットが使えない場合に発生します。
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
CP サーバーのトラブルシューティング
CP サーバーのトラブルシューティング
CP サーバーのすべての操作とメッセージのログは、詳しく読みやすい形式で
/var/VRTScps/log ディレクトリに記録されます。エントリは日付と時刻でソートされます。
このログはトラブルシューティング目的や、CP サーバーのホストのシングルノード VCS ま
たは SFHA クラスタで起きる可能性があるセキュリティ関連の問題を確認する目的に使う
ことができます。
次のファイルに含まれるログとテキストファイルは、CP サーバーの理解とトラブルシュー
ティングに役立つことがあります。
■
/var/VRTScps/log/cpserver_[ABC].log
■
/var/VRTSat/vrtsat_broker.txt(セキュリティ関連)
CP サーバー上の vxcpserv プロセスで障害が発生した場合は、次の診断ファイルを確
認します。
■
/var/VRTScps/diag/FFDC_CPS_<pid>_vxcpserv.log
■
/var/VRTScps/diag/stack_<pid>_vxcpserv.txt
メモ: CP サーバー上の vxcpserv プロセスで障害が発生すると、コアファイルに加えてこ
れらのファイルが生成されます。そのような状況では、VCS は vxcpserv プロセスを自動
的に再起動します。
CP サーバーのサービスグループの問題
CP サーバーの設定後に CPSSG サービスグループを起動できない場合は、CPSSG サー
ビスグループとそのリソースが有効であり、VCS 設定で正しく設定されていることを確認し
ます。
VCS エンジンのログで、CPSSG サービスグループリソースのいずれかが FAULTED 状
態になっていないかどうか確認します。エンジンログは次の場所に存在します。
/var/VRTSvcs/log/engine_[ABC].log
CPSSG サービスグループの下に設定されたリソースは次のように表示されます。
■
シングルノード VCS クラスタ上でホストされる CP サーバーの、CPSSG グループおよ
び依存関係図。
■
SFHA クラスタ上でホストされる CP サーバーの、CPSSG グループおよび依存関係
図。
メモ: VCS の一般的なトラブルシューティングの手順について、詳しくはバージョン 5.1 の
『Veritas™ Cluster Server 管理者ガイド』を参照してください。
389
390
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
SF HA クラスタサーバーベースの I/O フェンシングのトラブルシューティング
CP サーバーの接続性のテスト
CP サーバーの接続性は cpsadm コマンドを使ってテストできます。次の cpsadm のコマ
ンドは CP サーバーが起動し、プロセスレベルで実行中であるかどうかテストします。
# cpsadm -s cp_server -a ping_cps
ここで、cp_server は CP サーバーが応答待機している仮想ホスト名または仮想 IP アドレ
スです。
SF HA クラスタノードでコマンドを発行するには、環境変数 CPS_USERNAME と
CPS_DOMAINTYPE が設定されている必要があります。
SF HA クラスタサーバーベースの I/O フェンシングのトラ
ブルシューティング
/var/VRTSvcs/log/vxfen/vxfend_[ABC].log ファイルに含まれるログとテキストファイル
は、SF HA クラスタ ノード上のフェンシングに関連する問題の理解やトラブルシューティ
ングに役立つことがあります。
SF HA クラスタノードでのサーバー型のフェンシングの起動時の問題
SF HA クラスタノードのフェンシングの起動時に以下の問題が発生することがあります。
■
SF HA クラスタの cpsadm コマンドで接続エラーが発生します。
■
認証の失敗
■
認可の失敗
■
スプリットブレインの発生
SF HA クラスタノードでの cpsadm コマンドにより接続エラーが報
告される
SF HA クラスタで cpsadm コマンドを発行した後に接続のエラーメッセージを受信した場
合は、次の処理を実行してください。
■
CP サーバーがすべての SF HA クラスタノードからアクセス可能であることを確認しま
す。
■
SF HA クラスタノードで正しい CP サーバーの仮想 IP/仮想ホスト名とポート番号が使
われていることを確認します。
/etc/vxfenmode ファイルを調べます。
■
実行中の CP サーバーが同じ仮想 IP/仮想ホスト名とポート番号を使っていることを
確認します。
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
SF HA クラスタサーバーベースの I/O フェンシングのトラブルシューティング
認証の障害
CP サーバーの設定に VCS クラスタのノードまたはユーザーを追加していないと、認証に
障害が発生します。したがって、SF HA クラスタノードがフェンシングによって CP サー
バーにアクセスし、CP サーバーに自らを登録することはできません。主たるコーディネー
ションポイントの登録が失敗すると、フェンシングは起動しません。この問題を解決するに
は、CP サーバーの設定に SF HA クラスタノードとユーザーを追加し、フェンシングを再
起動します。次のセクションを参照してください。
p.162 の 「CP サーバーを SF HA クラスタで使用するための手動による準備」 を参照して
ください。
スプリットブレインの発生
スプリットブレインの発生について説明するために、コーディネーションポイントとして機能
する 3 つの CP サーバーがあると想定します。3 つの CP サーバーの 1 つがアクセス不
能になります。この状態で、さらに 1 つのクライアントノードがクラスタから切り離されます。
アクセス不能な CP サーバーが再起動すると、このサーバーには SF HA クラスタから切
り離されたノードからの無効登録が含まれます。この場合、新しいノードはクラスタに参加
できません。クラスタに参加しようとする各ノードは CP サーバーから登録のリストを取得し
ます。1 つの CP サーバーは(先に切り離されたノードの)登録を余分に含んでいます。こ
れにより、joiner ノードは、joiner ノードと無効登録によって表されるノードとの間にスプ
リットブレインが存在すると結論付けます。 この状況は、コーディネータディスクでのスプ
リットブレインの発生の状況と同様です。この場合、問題は管理者が vxfenclearpre コ
マンドを実行することによって解決されます。cpsadm コマンドを使用した同様の解決法
が必要です。
次の cpsadm コマンドは CP サーバーの登録を消去するために使うことができます。
# cpsadm -s cp_server -a unreg_node -c cluster_name -n nodeid
ここで、cp_server は CP サーバーが応答待機している仮想 IP アドレスまたは仮想ホスト
名で、cluster_name は SF HA クラスタのクラスタ名で、nodeid は SF HA クラスタノード
のノード ID を指定します。
すべての無効登録を削除した後、joiner ノードはクラスタに参加できます。
コーディネーションポイントのオンライン移行中の問題
vxfenswap ユーティリティを使ってコーディネーションポイントをオンライン移行する間、
すべてのクラスタノードから行うコーディネーションポイントの検証中に障害が起きると、操
作は自動的にロールバックされます。
コーディネーションポイントの新しいセットの検証失敗は、次の状況で起きる可能性があ
ります。
391
392
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
■
ノード上の新しいコーディネーションポイントが古い /etc/vxfenmode ファイルから選
択されていたため、/etc/vxfenmode ファイルがすべての SF HA クラスタ ノードで更
新されない。
■
/etc/vxfenmode ファイルに定義されたコーディネーションポイントが SF HA クラスタ
ノード間で一致しない。/etc/vxfenmode ファイルに定義されているコーディネーショ
ンポイントがクラスタノード間で一致しない場合、コーディネーションポイントのスナッ
プショット確認中の障害が原因で操作は失敗します。
■
1 つ以上の SF HA クラスタ ノードから CP サーバーに向かうネットワーク接続が存在
しない。
■
SF HA クラスタ ノードのクラスタ、ノードまたはユーザーが新しい CP サーバーに追加
されていないため、権限の確認に失敗する。
vxfenswap コマンド実行後の vxfen サービスグループのアクティ
ビティ
vxfenswap コマンドの実行後、コーディネーションポイントエージェントは vxfenconfig
-l の出力からコーディネーションポイントの詳細を読み込み、それらのコーディネーション
ポイントで登録の監視を開始します。
vxfenswap の実行中、vxfenmode ファイルがユーザーによって変更されているとき、
コーディネーションポイントエージェントは FAULTED 状態に遷移しませんが、コーディ
ネーションポイントの古いセットを監視し続けます。
vxfenmode ファイルの変更がコミットされない限り、またはコーディネーションポイントの
新しいセットが vxfenconfig -l の出力で再選択されない限り、コーディネーションポイン
トエージェントは、監視サイクルごとに自身が vxfenconfig -l の出力から読み込むコー
ディネーションポイントの古いセットを監視し続けます。
コーディネーションポイントエージェントの状態(ONLINE または FAULTED)は、コーディ
ネーションポイントのアクセス可能性、これらのコーディネーションポイント上の登録、耐障
害性の値によって決まります。
vxfenmode ファイルの変更がコミットされ、vxfenconfig -l の出力に反映されると、コー
ディネーションポイントエージェントはコーディネーションポイントの新しいセットを読み込
み、次の監視サイクルからはその新しいセットのコーディネーションポイントを監視します。
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブル
シューティング
次の手順を使って、混在 I/O フェンシング設定(コーディネータディスクと CP サーバーの
両方を I/O フェンシングに使う設定)の問題に対処できます。この手順では、次のコマン
ドを使って I/O フェンシング情報を取得します。
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
■
コーディネータディスク上の I/O フェンシングクラスタ情報を取得するには、クラスタ
ノードの 1 つで次のコマンドを実行します。
# vxfenadm -s diskname
コマンド出力に表示されるキーのうち、クラスタノードによって使われる有効なキー以
外はすべて疑似キーです。
■
CP サーバー上の I/O フェンシングクラスタ情報を取得するには、クラスタノードの 1
つで次のコマンドを実行します。
# cpsadm -s cp_server -a list_membership -c cluster_name
cp server は CP サーバーが応答待機している仮想 IP アドレスまたは仮想ホスト名、
cluster name は SF HA クラスタ の VCS の名前です。
GAB メンバーシップに存在しないが CP サーバーに登録されているノードは、先在す
るネットワーク分割を示します。
SF HA クラスタ ノードでこのコマンドを実行するときは、まず CPS_USERNAME 変数
と CPS_DOMAINTYPE 変数をエクスポートする必要があることに注意してください。
CPS_USERNAME の値は、CP サーバー上でこのノードに追加されたユーザー名で
す。
■
ユーザー名を取得するには、CP サーバーで次のコマンドを実行します。
# cpsadm -s cp_server -a list_users
ここで、cp server は CP サーバーが応答待機している仮想ホスト名または仮想 IP ア
ドレスです。
CPS_DOMAINTYPE の値は vx です。
次に示すのは、変数をエクスポートするコマンドの例です。
# export [email protected][email protected]
# export CPS_DOMAINTYPE=vx
先在するネットワーク分割がこれらのコマンドを使って検出されたら、管理者はコーディ
ネータディスクまたは CP サーバーからすべての疑似キーを削除する必要があります。
393
394
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
混在 I/O フェンシング設定(コーディネータディスクと CP サーバー)のトラブルシューティ
ング
1
vxfenmode ファイルにアクセスして情報を表示することにより、現在の I/O フェンシ
ング設定を確認します。
SF HA クラスタ ノードの 1 つで、次のコマンドを入力します。
# cat /etc/vxfenmode
vxfen_mode=customized
vxfen_mechanism=cps
scsi3_disk_policy=dmp
security=0
cps1=[10.140.94.101]:14250
vxfendg=vxfencoorddg
2
I/O フェンシングクラスタ情報を確認します。
クラスタノードの 1 つで、vxfenadm -d コマンドを入力します。
# vxfenadm -d
I/O Fencing Cluster Information:
================================
Fencing Protocol Version: 201
Fencing Mode: Customized
Fencing Mechanism: cps
Cluster Members:
* 0 (system01)
1 (system02)
RFSM State Information:
node
0 in state
node
1 in state
8 (running)
8 (running)
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
3
I/O フェンシング設定で使われるコーディネータディスクの SCSI 登録キーを確認し
ます。
各 SF HA クラスタ ノード上で vxfenadm -s コマンドを入力します。
# vxfenadm -s /dev/vx/rdmp/3pardata0_190
Device Name: /dev/vx/rdmp/3pardata0_190
Total Number Of Keys: 2
key[0]:
[Numeric Format]: 86,70,66,69,65,68,48,48
[Character Format]: VFBEAD00
[Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 0
key[1]:
[Numeric Format]: 86,70,66,69,65,68,48,49
[Character Format]: VFBEAD01
*
[Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 1
Node Name: system01
Node Name: system02
# vxfenadm -s /dev/vx/rdmp/3pardata0_191
Device Name: /dev/vx/rdmp/3pardata0_191
Total Number Of Keys: 2
key[0]:
[Numeric Format]: 86,70,66,69,65,68,48,48
[Character Format]: VFBEAD00
[Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 0
Node Name: system01
key[1]:
*
[Numeric Format]: 86,70,66,69,65,68,48,49
[Character Format]: VFBEAD01
[Node Format]: Cluster ID: 57069 Node ID: 1
Node Name: system02
395
396
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
4
クラスタノードに関する CP サーバーの情報を確認します。
CPS サーバー上で cpsadm list nodes コマンドを実行してクラスタのノードのリ
ストを確認します。
コマンド構文は次のようになります。
# cpsadm -s cp_server -a list_nodes
ここで、 cp server は CP サーバーが応答待機している仮想ホスト名または仮想 IP
アドレスです。
次に例を示します。
# /opt/VRTS/bin/cpsadm -s 10.140.94.101 -a list_nodes
ClusName
UUID
gl-rh2 {25aeb8c6-1dd2-11b2-95b5-a82227078d73}
gl-rh2 {25aeb8c6-1dd2-11b2-95b5-a82227078d73}
cpstest {a0cf10e8-1dd1-11b2-87dc-080020c8fa36}
cpstest {a0cf10e8-1dd1-11b2-87dc-080020c8fa36}
ictwo
{f766448a-1dd1-11b2-be46-5d1da09d0bb6}
ictwo
{f766448a-1dd1-11b2-be46-5d1da09d0bb6}
fencing {e5288862-1dd1-11b2-bc59-0021281194de}
fencing {e5288862-1dd1-11b2-bc59-0021281194de}
gl-su2 {8f0a63f4-1dd2-11b2-8258-d1bcc1356043}
gl-su2 {8f0a63f4-1dd2-11b2-8258-d1bcc1356043}
gl-su1 {2d2d172e-1dd2-11b2-bc31-045b4f6a9562}
Hostname(Node ID) Registered
node_101(0)
0
node_102(1)
0
node_220(0)
0
node_240(1)
0
node_330(0)
0
sassette(1)
0
CDC-SFLAB-CD-01(0) 0
CDC-SFLAB-CD-02(1) 0
gl-win03(0)
0
gl-win04(1)
0
gl-win01(0)
0
gl-su1
gl-ax4
gl-ax4
gl-ss2
gl-ss2
gl-win02(1)
gl-ax06(0)
gl-ax07(1)
system01(0)
system02(1)
{2d2d172e-1dd2-11b2-bc31-045b4f6a9562}
{c17cf9fa-1dd1-11b2-a6f5-6dbd1c4b5676}
{c17cf9fa-1dd1-11b2-a6f5-6dbd1c4b5676}
{da2be862-1dd1-11b2-9fb9-0003bac43ced}
{da2be862-1dd1-11b2-9fb9-0003bac43ced}
5
0
0
0
1
1
CP サーバーリストのメンバーシップを確認します。
CP サーバーで次のコマンドを実行してリストのメンバーシップを確認します。コマン
ド構文は次のようになります。
# cpsadm -s cp_server -a list_membership -c cluster_name
cp_server は CP サーバーが応答待機している仮想 IP アドレスまたは仮想ホスト名、
cluster_name は SF HA クラスタ のVCSの名前です。
次に例を示します。
# cpsadm -s 10.140.94.101 -a list_membership -c gl-ss2
List of registered nodes: 0 1
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
vxfen_mechanism の設定値が cps の場合のコーディネーションポイント
上のキーの確認
I/O フェンシングがカスタマイズモードで設定され、vxfen_mechanism の値が cps に設
定されている場合、コーディネーションポイント(コーディネータディスクと CP サーバー)
からキーを読み取る推奨の方法は以下のとおりです。
■
コーディネータディスクに関しては、ディスクを 1 つのファイルで指定でき、ディスクに
ついての情報が vxfenadm コマンドに渡されます。
次に例を示します。
# vxfenadm -s all -f file_name
■
CP サーバーに関しては、cpsadm コマンドを使って SF HA クラスタ のメンバーシップ
を取得できます。
次に例を示します。
# cpsadm -s cp_server -a list_membership -c cluster_name
cp_server は CP サーバーが応答待機している仮想 IP アドレスまたは仮想ホスト名、
cluster_name は SF HA クラスタ のVCSの名前です。.
397
398
付録 F クラスタのインストールのトラブルシューティング
混在モードのサーバベース I/O フェンシングのトラブルシューティング
G
CP サーバーベースの I/O
フェンシングを使う SF HA ク
ラスタ設定例
この付録では以下の項目について説明しています。
■
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成
図
次の CP サーバー構成図は、構成内で CP サーバーを設定する場合のガイドとして使う
ことができます。
■
3 台の CP サーバーによって機能する 2 つの一意なクライアントクラスタ:
p.401 の 図 G-1 を参照してください。
■
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能するクライアントクラス
タ:
p.402 の 図 G-2 を参照してください。
■
リモート CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する 2 ノード SFRAC キャ
ンパスクラスタ:
p.404 の 図 G-3 を参照してください。
■
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する複数のクライアン
トクラスタ:
p.406 の 図 G-4 を参照してください。
400
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
3 台の CP サーバーによって機能する 2 つの一意なクライアントクラスタ
図 G-1 は、2 つの一意なクライアントクラスタが 3 台の CP のサーバー(コーディネーショ
ンポイント)によって機能している構成を示しています。各クライアントクラスタは一意の
ユーザー ID を持ちます(UUID1 と UUID2)。
クライアントノードの vxfenmode ファイルでは、vxfenmode は customized に設定され、
vxfen メカニズムは cps に設定されています。
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
3 台の CP サーバーによって機能する 2 つの一意なクライアントクラ
スタ
VLAN
プライベート
ネットワーク
GigE
GigE
GigE
GigE
SFRAC クライアント
クラスタ
クラスタ -2
(UUID2)
ノード 2
NIC 2
C
NI
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
NIC 1
NIC 2
NIC 2
3
C
NI vxfenmode= customized
クラスタ -2
ノード 1
NIC 1
VCS クライアント
クラスタ
(UUID1)
クラスタ -1
ノード 2
NIC 2
A
HB
イ
NIC 1
NIC 1
クラスタ -1
ノード 1
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
GigE
GigE
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
C
3
NI
C
NI
A
A
vxfenmode=
customized
B
H
HB
vxfen_mechanism = cps
cps1=[mycps1.company.com]=14250
cps2=[mycps2company.com]=14250
cps3=[mycps3.company.com]=14250
3
A
vxfen_mechanism = cps
HB
cps1=[mycps1.company.com]=14250
cps2=[mycps2company.com]=14250
cps3=[mycps3.company.com]=14250
GigE
VLAN
プライベート
ネットワーク
GigE
図 G-1
3
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
イントラネット/インターネット
パブリックネットワーク
mycps1.company.com
mycps3.company.com
mycps2.company.com
CP サーバー 2
CP サーバー 1
CPS-1 をホスト
する単一ノードの
VCS 5.1 クラスタ
/etc/VRTScps/db
CPS-2 をホスト
する単一ノードの
VCS 5.1 クラスタ
VIP 3
NIC
/etc/VRTScps/db
VIP 2
NIC
NIC
VIP 1
vxcpserv
vxcpserv
vxcpserv
CP サーバー 3
/etc/VRTScps/db
CPS-3 をホスト
する単一ノードの
VCS 5.1 クラスタ
高可用性 CPS と 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能するクライアントク
ラスタ
図 G-2 は、クライアントクラスタが 1 台の高可用性 CP サーバーと 2 台のローカル SCSI-3
LUN(ディスク)によって機能している構成を示しています。
401
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
クライアントノードの vxfenmode ファイルでは、vxfenmode は customized に設定され、
vxfen メカニズムは cps に設定されています。
2 台の SCSI-3 ディスクは、ディスクグループ vxfencoorddg に属する c1t0d0s2 と
c1t1d0s2 です。3 番目のコーディネーションポイントは、自身の共有データベースとコー
ディネータディスクを持つ、SFHA クラスタでホストされる CP サーバーです。
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能するク
ライアントクラスタ
図 G-2
VLAN
プライベート
ネットワーク
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
GigE
GigE
C
NI
3
A
HB
SFHA クラスタで
ホストされる CPS
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
イ
cp1=[VIP]:14250(ポート番号)
イントラネット/
インターネット
SAN
パブリック
チ ネットワーク
ッ
イ
GigE
y.
co
m
ス
SCSI-3 LUN
(2 つの調整ポイント)
/etc/vxfenmode に指定した
コーディネータディスクグループ
には、これらの 2 つのディスクが
含まれる必要があります。
yc
ps
1.
erv
s
m
c1t1d0s2
CPS プライマリ
ノード
cp
vx
VIP
NI
C
SFHA 5.1
クラスタ
データ
LUN
GigE
.c
s2
cp
my CPS スタンバイ
ノード
VIP
3
C
NI
SAN
A
HB
CPS データベース
/etc/VRTScps/db
om
y.c
n
pa
om
NIC 1 NIC 2
c1t0d0s2
NIC 1 NIC 2
co
m
pa
n
FC
VLAN
プライベート
トネットワーク ト
ッ
ッ
ネ
ネ
サ チ
サ チ
ー
ー
イ イッ
イ イッ
ス
ス
GigE
vxfenmode=customized
vxfen_mechanism=cps
cps1=[VIP]:14250
vxfendg=vxfencoorddg
vx
cp
se
rv
GigE
クライアント
クラスタ
GigE
3
クラスタ -1
ノード 2
NIC 1 NIC 2
A
HB
C
NI
NIC 1 NIC 2
クラスタ -1
ノード 1
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
イ
GigE
402
A
HB
チ
ッ
イ
FC
ス
コーディネータ
LUN
3
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
リモート CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する 2 ノー
ドキャンパスクラスタ
図 G-3 は、2 ノードキャンパスクラスタが 1 台のリモート CP サーバーと 2 台のローカル
SCSI-3 LUN(ディスク)によって機能している構成を示しています。
クライアントノードの vxfenmode ファイルでは、vxfenmode は customized に設定され、
vxfen メカニズムは cps に設定されています。
2 台の SCSI-3 ディスクは、ディスクグループ vxfencoorddg に属する c1t0d0s2 と
c1t1d0s2 です。3 番目のコーディネーションポイントはシングルノード VCS クラスタの CP
サーバーです。
403
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
リモート CP サーバーと 2 台の SCSI-3 によって機能する 2 ノードキャ
ンパスクラスタ
図 G-3
VLAN
プライベート
ネットワーク
サイト 1
C
NI
A
GigE
サイト 2
クライアント
クラスタ
クラスタ -1
ノード 2
NIC 1 NIC 2
HB
A
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
NIC 1 NIC 2
クラスタ -1
ノード 1
イ
vxfenmode=customized
vxfen_mechaism=cps
cps1=[VIP]:14250
vxfendg=vxfencoorddg
3
HB
A
HB
GigE
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
GigE
イ
GigE
A
HB
NI
C
3
/
ト
ッ
ネ ト
ラ
ト ネッ
ン
イ ター ク
ン
イ リッ ークネット
ブ
パ トワ ーサ ッチ
ッ イ イ
ネ
ス
SAN
チ
ッ
SAN
イ
ス
FC
チ
ッ
イ
FC
ス
c1t0d0s2
SCSI-3 LUN
ストレージ
アレイ
リモートサイト
404
単一ノードの
)
VCS クラスタ
号
ト番
でホストされる
ー
ポ
CPS
0(
25
4
m
1
co
P]:
ny.
[VI
pa
=
m
o
s1
s.c
cp
cp
my
CPS データベース
/etc/VRTScps/db
rv
se
cp
vx
VIP
c1t1d0s2
SCSI-3 LUN
/etc/vxfenmode に指定した
ストレージ コーディネータディスク
アレイ
グループには、これらの 2
つのディスクが含まれる
必要があります。
C
NI
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する複数
のクライアントクラスタ
図 G-4 は、複数のクライアントクラスタが 1 台の高可用性 CP サーバーと 2 台のローカル
SCSI-3 LUN(ディスク)によって機能している構成を示しています。
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
クライアントノード(1 つの VCS クライアントクラスタノードと 1 つの SFRAC のクライアントク
ラスタノード)の vxfenmode ファイルでは、vxfenmode は customized に設定され、
vxfen メカニズムは cps に設定されています。
2 台の SCSI-3 ディスクは、ディスクグループ vxfencoorddg に属する c1t0d0s2 と
c1t1d0s2 です。3 番目のコーディネーションポイントは、自身の共有データベースとコー
ディネータディスクを持つ、SFHA クラスタでホストされる CP サーバーです。
405
付録 G CP サーバーベースの I/O フェンシングを使う SF HA クラスタ設定例
サーバーベース I/O フェンシングを設定する場合の構成図
高可用性 CP サーバーと 2 台の SCSI-3 ディスクによって機能する複
数のクライアントクラスタ
VLAN
プライベート
ネットワーク
c1t0d0s2
ッ
ネ
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
サ
イ
om
y.c
an
SFHA クラスタomp
.c
s2 CPS
cp
スタンバイ
my
ノード
NIC 1
C
NI
3
VIP
NI
SAN
BA
H
データ
LUN
NIC 2
SFHA クラスタ イー イッチ
ス
でホストされる
CPS
m
co
ny.
pa
CPS
om
c
.
s1
プライマリ
cp
my
ノード
rv
se
cp
vx
VIP
CPS データベース
/etc/VRTScps/db
GigE
GigE
GigE
VLAN
プライベート
トネットワークト
NIC 2
SCSI-3 LUN
(2 つのコーディネータディスク)
/etc/vxfenmode に指定した
コーディネータディスク
グループには、これらの 2
つのディスクが含まれる
必要があります。
3
SCSI-3 LUN
(2 つのコーディネータ
ディスク)
c2t1d0s2
NIC 1
c1t1d0s2
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
GigE
F
SAN
チ
ッ
イ
ス
FC c2t0d0s2
A
HB
rv
チ
3
C
NI
A
HB
vxfenmode=customized
vxfen_mechaism=cps
cps1=[VIP]:14250
vxfendg=vxfencoorddg
se
ッ
イ
Cス
A
HB
SFRAC
クライアント
クラスタ
cp
SAN
イントラネット/
インターネット
パブリック
ネットワーク
3
GigE
GigE
vxfen_mechaism=cps
cps1=[VIP]:14250
vxfendg=vxfencoorddg
C
NI
C
NI
クラスタ -2
ノード 2
NIC 1 NIC 2
VCS クライアント
3 クラスタ
C
I
N
vxfenmode=customized
NIC 1 NIC 2
A
HB
クラスタ -1
ノード 2
クラスタ -2
ノード 1
NIC 1 NIC 2
GigE
GigE
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
NIC 1 NIC 2
クラスタ -1
ノード 1
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
vx
ト
ッ
ネ
サ チ
ー
イ イッ
ス
ト
ッ
ネ
サ
ー ッチ
イ
ス
イ
GigE
VLAN
プライベート
ネットワーク
GigE
図 G-4
GigE
406
BA
H
チ
ッ
イ
FC
ス
コーディネータ
LUN
C
3
H
NFS 共有ディスクのメジャー
番号とマイナー番号の一致
この付録では以下の項目について説明しています。
■
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
設定には NFS をサポートする共有バス上のディスクを含めることもできます。NFS ファイ
ルシステムをエクスポートしてディスクパーティション上または Veritas Volume Manager
ボリューム上に設定できます。ディスクパーティション名の例は /dev/dsk/c1t1d0s3 で
す。ボリューム名の例は /dev/vx/dsk/shareddg/vol3 です。それぞれの名前は、マウ
ントするファイルシステム上のブロックデバイスを表します。
VCS クラスタでは、NFS サービスを提供するブロックデバイスのメジャー番号とマイナー
番号が、各クラスタノードで同じである必要があります。メジャー番号によって、必要とされ
るデバイスドライバが識別されます(たとえば、Solaris パーティションまたは VxVM ボ
リューム)。マイナー番号によって、特定のデバイス自体が識別されます。また、NFS では
メジャー番号とマイナー番号を使って、エクスポートされたファイルシステムが識別されま
す。
各ノードからのエクスポート時にファイルシステムの NFS ID が同じであることを確認する
には、メジャー番号とマイナー番号を確認する必要があります。
ディスクパーティションのメジャー番号とマイナー番号の確認
次の項では、クラスタノードが使っているディスクパーティションのメジャー番号とマイナー
番号の確認と、必要な場合はその変更について説明します。
408
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
ディスクパーティションのメジャー番号とマイナー番号を確認するには
◆
NFS ファイルシステムをエクスポートするすべてのノードで、次のコマンドを実行しま
す。このコマンドにより、ブロックデバイスのメジャー番号とマイナー番号が表示され
ます。
# ls -lL block_device
変数 block_device は、NFS によってエクスポートされるファイルシステムが存在す
るパーティションを指定します。このコマンドをすべての NFS ファイルシステムで実
行します。たとえば、次のように入力します。
# ls -lL /dev/dsk/c1t1d0s3
ノード A の出力例
crw-r-----
1 root
sys
32,1 Dec 3 11:50 /dev/dsk/c1t1d0s3
sys
32,1 Dec 3 11:55 /dev/dsk/c1t1d0s3
ノード B の出力例:
crw-r-----
1 root
メジャー番号(32)とマイナー番号(1)が一致しており、NFS ファイルシステムの必要
条件が満たされていることに注意してください。
ディスクパーティションの一致しないメジャー番号を一致させるには
1
必要に応じて、メジャー番号とマイナー番号を調整します。たとえば、前の項の出力
が次のように表示された場合は、手順 2 からの操作を実行します。
ノード A の出力:
crw-r-----
1 root
sys
32,1 Dec 3 11:50 /dev/dsk/c1t1d0s3
sys
36,1 Dec 3 11:55 /dev/dsk/c1t1d0s3
ノード B の出力:
crw-r-----
2
1 root
VCS コマンドディレクトリに PATH を設定しておきます。次に例を示します。
# export PATH=$PATH:/usr/sbin:/sbin:/opt/VRTS/bin
3
システム B のメジャー番号(現在 36)を、システム A のメジャー番号(32)に一致す
るように変更してみます。次のコマンドを使います。
# haremajor -sd major_number
たとえば、ノード B で、次のように入力します。
# haremajor -sd 32
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
4
コマンドが成功した場合は、8 の手順に進みます。
5
コマンドが失敗すると、次のようなメッセージが表示されます。
Error: Preexisting major number 32
These are available numbers on this system: 128...
Check /etc/name_to_major on all systems for
available numbers.
6
番号 36(ノード A のメジャー番号)がノード B では使えないことに注意してください。
ノード B で haremajor コマンドを実行して、メジャー番号を 128 に変更します。
# haremajor -sd 128
7
ノード A で同じコマンドを実行します。ノード A でコマンドが失敗した場合は、出力
に使用可能な番号が表示されます。両方のノードでコマンドを再実行し、メジャー番
号を両方で使用可能な番号に設定します。
8
コマンドが成功した各システムを再起動します。
9
次のパーティションのメジャー番号の調整に進みます。
ディスクパーティションの一致しないマイナー番号を一致させるには
1
この例では、マイナー番号は 1 と 3 であり、各ノードでそれらを 30 に設定することに
より調整しています。
2
ブロックデバイスの名前を使って、両方のノードで次のコマンドを入力します。
# ls -1 /dev/dsk/c1t1d0s3
このコマンドからの出力は、ノード A では次のようになります。
lrwxrwxrwx 1 root
/dev/dsk/c1t1d0s3
root
83 Dec 3 11:50
-> ../../
devices/[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/[email protected],0:d,raw
デバイス名は devices に続くスラッシュを含み、コロンの前まで続きますが、コロン
を含みません。
409
410
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
3
両方のノードで次のコマンドを入力して、SCSI ドライバが使っているインスタンス番
号を特定します。
# grep sd /etc/path_to_inst | sort -n -k 2,2
このコマンドからの出力は、ノード A では次のようになります。
"/[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/[email protected],0" 0 "sd"
"/[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/[email protected],0" 1 "sd"
"/[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/[email protected],0" 2
"/[email protected],0/QLGC,[email protected],10000/[email protected],0" 3
.
.
"/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0"
"/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0"
"/[email protected],0/SUNW,[email protected],8800000/[email protected],0"
"sd"
"sd"
27 "sd"
28 "sd"
29 "sd"
この出力では、インスタンス番号は 2 番目のフィールドにあります。
手順 2 で表示されたノード A の名前と一致するデバイス名に関連付けられたインス
タンス番号は「1」です。
4
各ノードの出力に表示されているデバイスのインスタンス番号を比較します。
インスタンス番号を見直した後、次のタスクの 1 つを実行します。
■
あるノードのインスタンス番号が別のノードで使われていない場合(手順 3 の出
力には表示されない)は、/etc/path_to_inst を編集します。
第 2 ノードのインスタンス番号が最初のノードのインスタンス番号と同様になるよ
うに、このファイルを編集します。
■
5
両方のノードでインスタンス番号がすでに使用済みの場合は、両方のノードで
/etc/path_to_inst を編集します。デバイス名と関連付けされたインスタンス
番号を未使用の番号に変更します。この番号は、他のデバイスが使う最大値よ
りも大きい数字にする必要があります。たとえば、手順 3 の出力は、すべてのデ
バイスが使用するインスタンス番号(0 から 29 まで)を示しています。各ノードの
/etc/path_to_inst ファイルを編集し、インスタンス番号を 30 にリセットしま
す。
次のコマンドを入力して、/etc/path_to_inst が変更された各ノードを再起動しま
す。
# reboot -- -rv
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
VxVM ボリュームのメジャー番号とマイナー番号の確認
次の項では、クラスタシステムが使用する VxVM ボリュームのメジャー番号とマイナー番
号の確認と、必要な場合はその変更について説明します。
VxVM ボリュームのメジャー番号とマイナー番号を確認するには
1
VCS コマンドディレクトリに PATH を設定しておきます。次に例を示します。
# export PATH=$PATH:/usr/sbin:/sbin:/opt/VRTS/bin
2
デバイスを一覧表示するには、各ノードで ls -lL block_device コマンドを使い
ます。
# ls -lL /dev/vx/dsk/shareddg/vol3
ノード A の出力は、次のようになります。
brw------1 root root
/dev/vx/dsk/shareddg/vol3
32,43000 Mar 22 16:4 1
ノード B の出力は、次のようになります。
brw------1 root root
/dev/vx/dsk/shareddg/vol3
3
36,43000 Mar 22 16:4 1
各ノードで、関連付けられた共有ディスクグループをインポートします。
411
412
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
4
NFS ファイルシステムをエクスポートする各ノードで、次のコマンドを実行します。コ
マンドは Veritas Volume Manager が使う vxio および vxspec のメジャー番号を
表示します。他のメジャー番号も表示されますが、調整の対象は vxio と vxspec の
みです。
# grep vx /etc/name_to_major
ノード A の出力:
vxdmp 30
vxio 32
vxspec 33
vxfen 87
vxglm 91
ノード B の出力:
vxdmp 30
vxio 36
vxspec 37
vxfen 87
vxglm 91
5
ノード B の vxio および vxspec のメジャー番号を、ノード A のメジャー番号と一致
するように変更するには、次のコマンドを使います。
haremajor -vx major_number_vxio major_number_vxspec
次のように実行します。
# haremajor -vx 32 33
コマンドが成功したら、手順 8 に進みます。コマンドが失敗すると、次のようなメッセー
ジが表示されます。
Error: Preexisting major number 32
These are available numbers on this system: 128...
Check /etc/name_to_major on all systems for
available numbers.
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
6
このメッセージが表示されたら、ノード A で haremajor コマンドを使って、メジャー
番号(32/33)をノード B(36/37)のメジャー番号と一致するように変更します。次の
ように実行します。
# haremajor -vx 36 37
再びこのコマンドが失敗すると、次のようなメッセージが表示されます。
Error: Preexisting major number 36
These are available numbers on this node: 126...
Check /etc/name_to_major on all systems for
available numbers.
7
この 2 回目のメッセージが表示されたら、使用可能な 2 つの番号のうちの大きいほ
う(この例では 128)を選択します。haremajor コマンドのこの番号を使って、メジャー
番号を調整します。両方のノードで次のコマンドを実行します。
# haremajor -vx 128 129
8
haremajor コマンドが成功した各ノードを再起動します。
9
マイナー番号が一致したら、次の NFS ブロックデバイスのメジャー番号とマイナー
番号の調整に進みます。
10 マイナー番号が一致しないブロックデバイスがボリュームの場合は、vxdg(1M)のマ
ニュアルページを参照してください。マニュアルページには、Veritas Volume
Manager のマイナー番号の調整手順と、reminor オプションの具体的な参照情報
が記載してあります。
vxio ドライバ番号を変更したノードには再起動が必要です。
413
414
付録 H NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
NFS 共有ディスクのメジャー番号とマイナー番号の一致
I
IPv4 を使った UDP 上での
LLT の設定
この付録では以下の項目について説明しています。
■
LLT での UDP 層の使用
■
UDP 上での LLT の設定
LLT での UDP 層の使用
Storage Foundation 5.1 には、広域ネットワーク(WAN)およびルーターを使うクラスタ
用に、UDP(User Datagram Protocol)層で LLT を使うオプションがあります。UDP を
使うことにより、LLT パケットのルーチングが可能になるため、より経済的に長距離間の伝
送を実現できます。
UDP 上で LLT を使う状況
UDP 上で LLT を使う状況:
■
WAN 上で LLT を使う必要がある
■
ブレードサーバーなど、ハードウェアがイーサネット上での LLT の使用をサポートし
ない
UDP 上での LLT はイーサネット上での LLT よりも低速です。ハードウェア構成にとって
必要な場合にのみ、UDP 上で LLT を使用します。
UDP 上での LLT の設定
次のチェックリストは、UDP 上で LLT を設定するためのものです。
■
LLT のプライベートリンクが異なる物理ネットワーク上に存在することを確認します。
416
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
LLT のプライベートリンクが異なる物理ネットワーク上に存在しない場合は、リンクが
別個のサブネット上に存在することを確認します。各リンクのサブネットに応じ
て、/etc/llttab 内でブロードキャストアドレスを明示的に設定します。
p.416 の 「/etc/llttab ファイルのブロードキャストアドレス」 を参照してください。
■
各 NIC の IP アドレスを設定してから LLT を設定します。
■
/etc/llttab ファイルで定義されている IP アドレスが、ネットワークインターフェースの
IP アドレスと一致していることを確認します。
■
各リンクは、主なプロトコルが使うポート以外の固有な UDP ポートを持つ必要があり
ます。
p.418 の 「UDP ポートの選択」 を参照してください。
■
直接接続(ルーティングされていない)リンクのブロードキャストアドレスを正しく設定し
てください。
p.420 の 「設定例: 直接接続リンク」 を参照してください。
■
IP ルーターを介したリンクの場合は、ブロードキャスト機能を無効にし、リンクごとの
IP アドレスを /etc/llttab ファイルに手動で指定してください。
p.421 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
/etc/llttab ファイルのブロードキャストアドレス
ブロードキャストアドレスは、次の例のように、リンクごとに明示的に設定します。
■
最初のノード system01 の /etc/llttab ファイルの内容を表示します。
system01 # cat /etc/llttab
set-node system01
set-cluster 1
link link1 /dev/udp - udp
link link2 /dev/udp - udp
50000
50001
-
192.168.9.1 192.168.9.255
192.168.10.1 192.168.10.255
ifconfig コマンドを使ってサブネットマスクを調べ、2 つのリンクが別個のサブネット上
にあることを確認します。
■
2 つ目のノード system02 の /etc/llttab ファイルの内容を表示します。
system02 # cat /etc/llttab
set-node system02
set-cluster 1
link link1 /dev/udp - udp
link link2 /dev/udp - udp
50000
50001
-
192.168.9.2 192.168.9.255
192.168.10.2 192.168.10.255
ifconfig コマンドを使ってサブネットマスクを調べ、2 つのリンクが別個のサブネット上
にあることを確認します。
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
/etc/llttab ファイルの link コマンド
/etc/llttab ファイルの link コマンド情報については、このセクションを見直してください。
設定例については、次の情報を参照してください。
■
p.420 の 「設定例: 直接接続リンク」 を参照してください。
■
p.421 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
表 I-1 は、/etc/llttab ファイルの例で示した link コマンドのフィールドを説明したもので
す。これらのフィールドの中には、標準的な LLT リンク用のコマンドとは異なるものもあり
ます。
表 I-1
/etc/llttab の link コマンドのフィールドの説明
フィールド
説明
tag-name
LLT がタグとして使う固有の文字列(たとえば、link1、link2 など)。
device
UDP プロトコルのデバイスパス(例: /dev/udp)。
node-range
リンクを使うノード。「-」はすべてのクラスタノードがこのリンクのために設
定されることを示します。
link-type
リンクのタイプ(UDP 上での LLT の使用を表す「udp」である必要があり
ます)。
udp-port
リンクで使う固有の UDP ポート(49152 から 65535 までの範囲)。
p.418 の 「UDP ポートの選択」 を参照してください。
MTU
デフォルトは「-」で、この場合の値は 8192 です。この値は、設定により
増減することがあります。lltstat -l コマンドを使うと、現在の値が
表示されます。
IP address
ローカルノード上のリンクの IP アドレス。
bcast-address
■
ブロードキャスト機能が有効なクラスタの場合は、サブネットブロード
キャストアドレスを指定してください。
■ 「-」はクラスタがルーターを介する場合のデフォルトです。
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンド
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンドは、LLT が IP ルーターを介する必要があると
きなど、LLT のブロードキャスト機能を無効にする場合に必要です。
p.421 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
表 I-2 は set-addr コマンドのフィールドを示したものです。
417
418
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
/etc/llttab の set-addr コマンドのフィールドの説明
表 I-2
フィールド
説明
node-id
クラスタノードの ID(例: 0)。
link tag-name
LLT がリンクを特定するために使う文字列(たとえば、link1、link2 な
ど)。
address
ピアノードのリンクに割り当てられた IP アドレス。
UDP ポートの選択
UDP ポートは、次の範囲の 16 ビットの整数で指定します。
■
プライベート範囲である 49152 から 65535 までの使用可能なポートを使用します。
■
次のポートを使わないでください。
■
0 から 1023 までの主なプロトコルが使うポート
■
1024 から 49151 までの予約済み(registered)ポート
ノードのデフォルトとして定義されているポートは、/etc/services ファイルで確認できま
す。また、netstat コマンドを使って、使用中のポートを一覧表示することもできます。次
に例を示します。
# netstat -a | more
UDP
Local Address
Remote Address
State
-------------------- -------------------- ------*.sunrpc
Idle
*.*
Unbound
*.32771
Idle
*.32776
Idle
*.32777
Idle
*.name
Idle
*.biff
Idle
*.talk
Idle
*.32779
Idle
.
.
.
*.55098
Idle
*.syslog
Idle
*.58702
Idle
*.*
Unbound
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
出力例の UDP セクションで、Local Address の下に一覧表示された UDP ポートがすで
に使用中のポートです。ポートが /etc/services ファイルに記載されている場合、出力に
はポート番号ではなく関連付けられた名前が表示されます。
LLT でのサブネットマスクの設定
異なるサブネット上にノードが存在する場合は、使用中のサブネットにノードがアクセスで
きるようにネットマスクを設定します。
次に例を示します。
■
ノード system01 の最初のネットワークインターフェースの場合
IP address=192.168.9.1, Broadcast address=192.168.9.255,
Netmask=255.255.255.0
ノード system02 の最初のネットワークインターフェースの場合
IP address=192.168.9.2, Broadcast address=192.168.9.255,
Netmask=255.255.255.0
■
ノード system01 の 2 番目のネットワークインターフェースの場合
IP address=192.168.10.1, Broadcast address=192.168.10.255,
Netmask=255.255.255.0
ノード system02 の 2 番目のネットワークインターフェースの場合
IP address=192.168.10.2, Broadcast address=192.168.10.255,
Netmask=255.255.255.0
LLT のためのブロードキャストアドレスの設定
異なるサブネット上にノードが存在する場合は、リンクが存在するサブネットに応じたブ
ロードキャストアドレスを /etc/llttab ファイルに設定します。
異なるサブネット上にノードが存在する場合の代表的な /etc/llttab ファイルの例。リンク
ごとにブロードキャストアドレスが明示的に設定されていることに注意してください。
# cat /etc/llttab
set-node nodexyz
set-cluster 100
link link1 /dev/udp - udp 50000 - 192.168.30.1 192.168.30.255
link link2 /dev/udp - udp 50001 - 192.168.31.1 192.168.31.255
419
420
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
設定例: 直接接続リンク
図 I-1 は、UDP 上で LLT を使う直接接続リンクの代表的な設定例を示します。
UDP 上で LLT を使う直接接続されたリンクの代表的な設定
図 I-1
Solaris SPARC
ノード0
ノード1
UDP エンドポイント qfe1
UDP ポート= 50001
IP = 192.1.3.1
リンクタグ = link2
qfe1
192.1.3.2
リンクタグ = link2
スイッチ
UDP エンドポイント qfe0
UDP ポート = 50000
IP = 192.1.2.1
リンクタグ = link1
qfe0
192.1.2.2
リンクタグ = link1
Solaris x64
ノード0
UDP エンドポイント
e1000g1
UDP ポート = 50001
IP = 192.1.3.1
リンクタグ = link2
ノード1
e1000g1
192.1.3.2
リンクタグ = link2
スイッチ
UDP エンドポイント
e1000g0
UDP ポート = 50000
IP = 192.1.2.1
リンクタグ = link1
e1000g0
192.1.2.2
リンクタグ = link1
ノード 0 のための /etc/llttab のファイルが表す設定は直接クロスオーバーリンクを接続
しています。それはまたハブかスイッチを通して接続されるリンクを有することがあります。
これらのリンクは、ルーターを越えません。
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
LLT はアドレスを発見するためにピアのノード要求をブロードキャストします。したがって
ピアノードのアドレスは set-addr コマンドを使用して /etc/llttab のファイルに指定する
必要はありません。直接接続リンクの場合、リンクのブロードキャストアドレスを /etc/llttab
ファイルに設定する必要はありません。IP アドレスおよびブロードキャストアドレスが正し
く設定されていることを確認するには、ifconfig -a コマンドを使います。
set-node Node0
set-cluster 1
#configure Links
#link tag-name device node-range link-type udp port MTU ¥
IP-address bcast-address
link link1 /dev/udp - udp 50000 - 192.1.2.1 192.1.2.255
link link2 /dev/udp - udp 50001 - 192.1.3.1 192.1.3.255
Node 1 のファイルは次のようなファイルです。
set-node Node1
set-cluster 1
#configure Links
#link tag-name device node-range link-type udp port MTU ¥
IP-address bcast-address
link link1 /dev/udp - udp 50000 - 192.1.2.2 192.1.2.255
link link2 /dev/udp - udp 50001 - 192.1.3.2 192.1.3.255
設定例: IP ルーター越しのリンク
図 I-2 は、UDP 上で LLT を使い、IP ルーターを介してリンクを設定する場合の一般例
です。この図は、4 台のノードで構成されるクラスタの 2 台のノードのみを示しています。
421
422
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
図 I-2
IP ルーターを介したリンクの一般的な設定
Solaris SPARC
サイト A の Node0
UDP エンドポイント qfe1
UDP ポート= 50001
IP = 192.1.2.1
リンクタグ = link2
サイト B の Node1
qfe1
192.1.4.1
リンクタグ = link2
qfe0
192.1.3.1
リンクタグ =
link1
UDP エンドポイント qfe0
UDP ポート = 50000
IP = 192.1.1.1
リンクタグ = link1
Solaris x64
サイト A の Node0
UDP エンドポイント e1000g1 サイト B の Node1
UDP ポート = 50001
IP = 192.1.2.1
リンクタグ = link2
e1000g1
192.1.4.1
リンクタグ = link2
UDP エンドポイント e1000g0
UDP ポート = 50000
IP = 192.1.1.1
リンクタグ = link1
e1000g0
192.1.3.1
リンクタグ = link1
次に示す /etc/llttab ファイルがノード 1 を示す設定は、IP ルーターを介したリンクを
有します。ピアノードごとに各リンクの IP アドレスが設定されていることがわかります。この
設定では、ブロードキャストは無効になっています。そのため、ブロードキャストアドレスを
/etc/llttab ファイルの link コマンドで設定する必要はありません。
set-node Node1
set-cluster 1
link link1 /dev/udp - udp 50000 - 192.1.3.1 -
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
link link2 /dev/udp - udp 50001 - 192.1.4.1 #set address of each link for all peer nodes in the cluster
#format: set-addr node-id link tag-name address
set-addr
0 link1 192.1.1.1
set-addr
0 link2 192.1.2.1
set-addr
2 link1 192.1.5.2
set-addr
2 link2 192.1.6.2
set-addr
3 link1 192.1.7.3
set-addr
3 link2 192.1.8.3
#disable LLT broadcasts
set-bcasthb
0
set-arp
0
ノード 0 の /etc/llttab ファイルは、次のようになります。
set-node Node0
set-cluster 1
link link1 /dev/udp - udp 50000 - 192.1.1.1 link link2 /dev/udp - udp 50001 - 192.1.2.1 #set address of each link for all peer nodes in the cluster
#format: set-addr node-id link tag-name address
set-addr
1 link1 192.1.3.1
set-addr
1 link2 192.1.4.1
set-addr
2 link1 192.1.5.2
set-addr
2 link2 192.1.6.2
set-addr
3 link1 192.1.7.3
set-addr
3 link2 192.1.8.3
#disable LLT broadcasts
set-bcasthb
0
set-arp
0
423
424
付録 I IPv4 を使った UDP 上での LLT の設定
UDP 上での LLT の設定
J
IPv6 を使った UDP 上での
LLT の設定
この付録では以下の項目について説明しています。
■
LLT 用の IPv6 の UDP レイヤーの使用
■
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
■
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
LLT 用の IPv6 の UDP レイヤーの使用
Storage Foundation 5.1 には、広域ネットワーク(WAN)およびルーターを使うクラスタ
用に、UDP(User Datagram Protocol)層で LLT を使うオプションがあります。UDP を
使うことにより、LLT パケットのルーティングが可能になるため、より経済的に長距離間の
伝送を実現できます。
UDP 上で LLT を使う状況
UDP 上で LLT を使う状況:
■
WAN 上で LLT を使う必要がある
■
ブレードサーバーなど、ハードウェアがイーサネット上での LLT の使用をサポートし
ない
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
次のチェックリストは、UDP 上で LLT を設定するためのものです。
■
UDP6 の場合、マルチキャストアドレスは「-」に設定されます。
426
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
■
各 NIC の IPv6 アドレスを設定してから LLT を設定します。
■
/etc/llttab ファイルで定義されている IPv6 アドレスが、ネットワークインターフェース
の IPv6 アドレスと一致していることを確認します。
■
各リンクは、主なプロトコルが使うポート以外の固有な UDP ポートを持つ必要があり
ます。
p.432 の 「UDP ポートの選択」 を参照してください。
■
IP ルーターを介したリンクの場合は、マルチキャスト機能を無効にし、リンクごとの IPv6
アドレスを /etc/llttab ファイルに手動で指定してください。
p.428 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
設定例: 直接接続リンク
図 J-1は、UDP 上で LLT を使う直接接続リンクの代表的な設定例を示します。
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
図 J-1
Solaris SPARC
ノード 0
UDP 上で LLT を使う直接接続されたリンクの代表的な設定
UDP ポート = 50001
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1b47
Link Tag = link2
ノード 1
fe80::21a:64ff:fe92:1a93
Link Tag = link2
スイッチ
UDP ポート = 50000
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1b46
Link Tag = link1
Solaris x64
ノード 0
fe80::21a:64ff:fe92:1a92
Link Tag = link1
UDP ポート = 50001
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1b47
Link Tag = link2
ノード 1
fe80::21a:64ff:fe92:1a93
Link Tag = link2
スイッチ
UDP ポート = 50000
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1b46
Link Tag = link1
fe80::21a:64ff:fe92:1a92
Link Tag = link1
ノード 0 のための /etc/llttab のファイルが表す設定は直接クロスオーバーリンクを接続
しています。それはまたハブかスイッチを通して接続されるリンクを有することがあります。
これらのリンクは、ルーターを越えません。
LLT はピアノードのアドレス検出のために IPv6 マルチキャスト要求を使います。したがっ
てピアノードのアドレスは set-addr コマンドを使用して /etc/llttab のファイルに指定す
る必要はありません。IPv6 アドレスが正しく設定されていることを確認するには、ifconfig
-a コマンドを使います。
set-node Node0
set-cluster 1
#configure Links
427
428
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
#link tag-name device node-range link-type udp port MTU ¥
IP-address mcast-address
link link1 /dev/udp6 - udp6 50000 - fe80::21a:64ff:fe92:1b46 link link1 /dev/udp6 - udp6 50001 - fe80::21a:64ff:fe92:1b47 -
Node 1 のファイルは次のようなファイルです。
set-node Node1
set-cluster 1
#configure Links
#link tag-name device node-range link-type udp port MTU ¥
IP-address mcast-address
link link1 /dev/udp6 - udp6 50000 - fe80::21a:64ff:fe92:1a92 link link1 /dev/udp6 - udp6 50001 - fe80::21a:64ff:fe92:1a93 -
設定例: IP ルーター越しのリンク
図 J-2 は、UDP 上で LLT を使い、IP ルーターを介してリンクを設定する場合の一般例
です。この図は、4 台のノードで構成されるクラスタの 2 台のノードのみを示しています。
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
図 J-2
IP ルーターを介したリンクの一般的な設定
Solaris SPARC
ノード 0
(サイト A) UDP ポート = 50001
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1a93
Link Tag = link2
ノード 1
(サイト B)
fe80::21a:64ff:fe92:1b47
Link Tag = link2
ルーター
UDP ポート = 50000
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1a92
Link Tag = link1
fe80::21a:64ff:fe92:1b46
Link Tag = link1
Solaris x64
ノード 0
(サイト A) UDP ポート = 50001
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1a93
Link Tag = link2
ノード 1
(サイト B)
fe80::21a:64ff:fe92:1b47
Link Tag = link2
ルーター
UDP ポート = 50000
IP = fe80::21a:64ff:fe92:1a92
Link Tag = link1
fe80::21a:64ff:fe92:1b46
Link Tag = link1
次に示す /etc/llttab ファイルがノード 1 を示す設定は、IP ルーターを介したリンクを
有します。ピアノードごとに各リンクの IPv6 アドレスが設定されていることがわかります。こ
の設定では、マルチキャストは無効になっています。
set-node Node1
set-cluster 1
link link1 /dev/udp6 - udp6 50000 - fe80::21a:64ff:fe92:1a92 link link1 /dev/udp6 - udp6 50001 - fe80::21a:64ff:fe92:1a93 #set address of each link for all peer nodes in the cluster
#format: set-addr node-id link tag-name address
set-addr 0 link1 fe80::21a:64ff:fe92:1b46
429
430
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
set-addr 0 link2 fe80::21a:64ff:fe92:1b47
set-addr 2 link1 fe80::21a:64ff:fe92:1d70
set-addr 2 link2 fe80::21a:64ff:fe92:1d71
set-addr 3 link1 fe80::209:6bff:fe1b:1c94
set-addr 3 link2 fe80::209:6bff:fe1b:1c95
#disable LLT multicasts
set-bcasthb
0
set-arp
0
ノード 0 の /etc/llttab ファイルは、次のようになります。
set-node Node0
set-cluster 1
link link1 /dev/udp6 - udp6 50000 - fe80::21a:64ff:fe92:1b46 link link2 /dev/udp6 - udp6 50001 - fe80::21a:64ff:fe92:1b47 #set address of each link for all peer nodes in the cluster
#format: set-addr node-id link tag-name address
set-addr 1 link1 fe80::21a:64ff:fe92:1a92
set-addr 1 link2 fe80::21a:64ff:fe92:1a93
set-addr 2 link1 fe80::21a:64ff:fe92:1d70
set-addr 2 link2 fe80::21a:64ff:fe92:1d71
set-addr 3 link1 fe80::209:6bff:fe1b:1c94
set-addr 3 link2 fe80::209:6bff:fe1b:1c95
#disable LLT multicasts
set-bcasthb
0
set-arp
0
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
次のチェックリストは、UDP 上で LLT を設定するためのものです。
■
UDP6 の場合、マルチキャストアドレスは「-」に設定されます。
■
各 NIC の IPv6 アドレスを設定してから LLT を設定します。
■
/etc/llttab ファイルで定義されている IPv6 アドレスが、ネットワークインターフェース
の IPv6 アドレスと一致していることを確認します。
■
各リンクは、主なプロトコルが使うポート以外の固有な UDP ポートを持つ必要があり
ます。
p.432 の 「UDP ポートの選択」 を参照してください。
■
IP ルーターを介したリンクの場合は、マルチキャスト機能を無効にし、リンクごとの IPv6
アドレスを /etc/llttab ファイルに手動で指定してください。
p.428 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
/etc/llttab ファイルの link コマンド
/etc/llttab ファイルの link コマンド情報については、このセクションを見直してください。
設定例については、次の情報を参照してください。
■
p.426 の 「設定例: 直接接続リンク」 を参照してください。
■
p.428 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
表 J-1 に示したフィールドには、標準的な LLT リンク用のコマンドとは異なるものもありま
す。
表 J-1 は、/etc/llttab ファイルの例で示した link コマンドのフィールドを説明したもので
す。
表 J-1
/etc/llttab の link コマンドのフィールドの説明
フィールド
説明
tag-name
LLT がタグとして使う固有の文字列(たとえば、link1、link2 など)。
device
UDP プロトコルのデバイスパス(例: /dev/udp6)。
node-range
リンクを使うノード。「-」はすべてのクラスタノードがこのリンクのために設
定されることを示します。
link-type
リンクのタイプ(UDP 上での LLT の使用を表す「udp6」である必要があ
ります)。
udp-port
リンクで使う固有の UDP ポート(49152 から 65535 までの範囲)。
p.432 の 「UDP ポートの選択」 を参照してください。
MTU
デフォルトは「-」で、この場合の値は 8192 です。この値は、設定により
増減することがあります。lltstat -l コマンドを使うと、現在の値が
表示されます。
IPv6 address
ローカルノード上のリンクの IPv6 アドレス。
mcast-address
「-」はクラスタがルーターを介する場合のデフォルトです。
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンド
/etc/llttab ファイルの set-addr コマンドは、LLT が IP ルーターを介する必要があると
きなど、LLT のマルチキャスト機能を無効にする場合に必要です。
p.428 の 「設定例: IP ルーター越しのリンク」 を参照してください。
表 J-2 は set-addr コマンドのフィールドを示したものです。
431
432
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
/etc/llttab の set-addr コマンドのフィールドの説明
表 J-2
フィールド
説明
node-id
クラスタノードの ID(例: 0)。
link tag-name
LLT がリンクを特定するために使う文字列(たとえば、link1、link2 な
ど)。
address
ピアノードのリンクに割り当てられた IPv6 アドレス。
UDP ポートの選択
UDP ポートは、次の範囲の 16 ビットの整数で指定します。
■
プライベート範囲である 49152 から 65535 までの使用可能なポートを使用します。
■
次のポートを使わないでください。
■
0 から 1023 までの主なプロトコルが使うポート
■
1024 から 49151 までの予約済み(registered)ポート
ノードのデフォルトとして定義されているポートは、/etc/services ファイルで確認できま
す。また、netstat コマンドを使って、使用中のポートを一覧表示することもできます。次
に例を示します。
# netstat -a |
more
UDP: IPv4
Local Address
Remote Address
State
-------------------- -------------------- ---------*.sunrpc
Idle
*.*
Unbound
*.32772
Idle
*.*
Unbound
*.32773
Idle
*.lockd
Idle
*.32777
Idle
*.32778
Idle
*.32779
Idle
*.32780
Idle
*.servicetag
Idle
*.syslog
Idle
*.16161
Idle
*.32789
Idle
*.177
Idle
*.32792
Idle
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
*.32798
Idle
*.snmpd
Idle
*.32802
Idle
*.*
Unbound
*.*
Unbound
*.*
Unbound
UDP: IPv6
Local Address
Remote Address
State
If
------------------------- ------------------------- ---------- ----*.servicetag
Idle
*.177
Idle
出力例の UDP セクションで、Local Address の下に一覧表示された UDP ポートがすで
に使用中のポートです。ポートが /etc/services ファイルに記載されている場合、出力に
はポート番号ではなく関連付けられた名前が表示されます。
433
434
付録 J IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
IPv6 を使った UDP 上での LLT の設定
索引
記号
アップグレード
計画 174
アプリケーション、停止 186
インストールの確認
カーネルコンポーネント 275
エージェント
無効化 336
エージェントの無効化 336
クラスタ機能
共有ディスク 135
環境必要条件 33
コマンド
形式 47
コマンドの失敗 388
コントローラ
SCSI 44
サービスグループ
フリーズ 186
サービスグループのフリーズ 186
ストレージ
共有ストレージの設定 47
スプリットブレーン 386
ディスクグループ
rootdg 128
データディスク
I/O フェンシング用 87
トラブルシューティング
ファイルシステムコマンドの実行 388
マニュアルページのアクセス 387
ネットワーク分割 386
ブロックデバイス
パーティション
ファイル名の例 407
ボリューム
ファイル名の例 407
マニュアルページ
トラブルシューティング 387
起こりうる問題 387
メジャー番号とマイナー番号
共有デバイス 407
ルートディスクグループ 128
ログファイル 389
ローカライズ環境で VVR を使うための設定
VVR を使うためのローカライズ環境設定 27
停止
アプリケーション 186
共有ストレージ
NFS サービス 407
ファイバーチャネル
設定 47
共有ディスク、設定 135
危険状態 386
問題
ファイルシステムコマンドの実行 388
マニュアルページのアクセス 387
言語パッケージ
削除 342
設定
共有ディスク 135
設定デーモン(vxconfigd)
起動 128
起動、vxconfigd 設定デーモン 128
高可用性に関する問題 386
ネットワーク分割 386
B
bootdg 131
C
CFS
トラブルシューティング 385
CP server I/O fencing configuration procedures 95
D
defaultdg 131
DMP
マルチパス化の無効化 131
F
FC-AL コントローラ 47
索引
436
G
R
gabtab ファイル
インストール後の検証 284
RDS(Replicated Data Set)
削除 337
remsh 112
rootdg 131
rsh 112
H
hastart 311
hastatus -summary コマンド 290
hasys -display コマンド 291
I
I/O デーモン(vxiod)
起動 129
I/O フェンシング
共有ストレージ 142
設定 149
ディスクの確認 142
J
JumpStart
インストール 69
L
Live Upgrade
アップグレードパス 227
準備 231
代替ブートディスクの Solaris のアップグレード 235
Live Upgrade を使った 227
LLT
検証 287
lltconfig コマンド 284
llthosts ファイル
インストール後の検証 284
lltstat コマンド 287
llttab ファイル
インストール後の検証 284
N
NFS サービス
共有ストレージ 407
nodg 131
P
PATH 変数
VCS コマンド 286
Persistent Reservation
SCSI-3 44
S
SCSI-3
Persistent Reservation 44
SCSI-3 Persistent Reservation
検証 149
SCSI ドライバ
インスタンス番号の特定 409
SMTP 電子メール通知 119
SNMP トラップ通知 121
ssh 112
Storage Foundation
コーディネータディスク 150
Storage Foundation のインストール
検証
GAB の動作 286
LLT の動作 286
クラスタの動作 286
Symantec Product Authentication Service 81、116
V
VCS
コマンドディレクトリ PATH 変数 286
VCS の設定
イベント通知 119、121
起動 111
グローバルクラスタ 123
セキュアモード 116
ユーザーの追加 119
Volume Manager
ファイバーチャネル 47
vradmin
delpri 338
stoprep 338
VVR のアップグレード
準備 186
VVR のアップグレード準備 186
VVR を使うためのローカライズ環境設定
ローカライズ環境で VVR を使うための設定 27
VVR 4.1
からのアップグレードの計画 26
vvr_upgrade_finish スクリプト 207
索引
VVR のアップグレード
4.1 から 26
計画 25
VVR をアップグレードする計画 25
vxconfigd 設定デーモン
起動 128
vxdctl mode コマンド 129
vxdisksetup コマンド 141
vxinstall プログラム 130~132
vxinstall プログラム、実行 130
vxiod I/O デーモン
起動 129
vxiod デーモンの起動 129
VxVM が使うデバイスのパス、またはマルチパス化の無
効化 131
あ
アップグレード
クラスタ環境 136
段階的 251
アップグレードパス
Live Upgrade 227
イーサネットコントローラ 300
インストール
JumpStart 69
ポスト 123
ルートブローカー 81
インストール前 25
か
クラスタ
動作確認 290
ノードの削除 311
クラスタからのノードの削除 311
クラスタ機能
有効化 133
グローバルクラスタ
設定 123
ケーブル
クロスオーバーイーサネット 300
高可用性に関する問題
低メモリ 386
コーディネータディスク
DMP デバイス 87
I/O フェンシング用 87
設定 150
コマンド
hastart 311
hastatus 290
hasys 291
lltconfig 284
lltstat 287
vxdisksetup(ディスクの初期化) 141
さ
削除
RDS(Replicated Data Set) 337
サービスグループ
アンフリーズ 205
サービスグループのアンフリーズ 205
システム状態の属性値 290
準備
Live Upgrade 231
シングルノードクラスタ
ノードの追加 319
設定
もとの復元 206
設定の開始
installvcs プログラム 112
Veritas 製品インストーラ 112
属性
UseFence 152
た
段階的 251
段階的アップグレード 251
例 252
追加
ユーザー 119
ディスク
vxfentsthdw によるテスト 142
コーディネータ 150
追加と初期化 141
ノードアクセスの確認 143
ディスクグループ
bootdg 131
nodg 131
rootdg 131
デフォルト 131
ルート 131
デバイス
デバイスのパスの無効化 131
デバイスのパスの無効化 131
デフォルトのディスクグループ 131
437
438
索引
な
ノードの追加
シングルノードクラスタ 319
は
ハブ
独立した 300
ま
メジャー番号とマイナー番号
確認 408、411
もとの設定
復元 206
もとの設定の復元 206
ら
リンク
プライベートネットワーク 284
ルートディスクグループ 131
ルートブローカー
インストール 81
Fly UP