...

2011 - 弘前大学大学院医学研究科/医学部医学科

by user

on
Category: Documents
30

views

Report

Comments

Transcript

2011 - 弘前大学大学院医学研究科/医学部医学科
弘前大学 大学院
医学研究科 泌尿器科学講座、先進移植再生医学講座
平 成 24 年度(2012 年)業績
論文発表
*
1.
欧文
Tsuboi S, Hatakeyama S, Ohyama C, Fukuda M.:Two opposing roles of Oglycans in tumor metastasis. Trends Mol Med. 2012 Apr;18(4):224-32. Epub 2012
Mar 16. Review.
2.
Hatakeyama S, Saito M, Ishigaki K, Yamamoto H, Okamoto A, Ishibashi Y,
Murasawa H, Imanishi K, Tokui N, Okamoto T, Suzuki Y, Sugiyama N, Imai A,
Kudo S, Yoneyama T, Hashimoto Y, Koie T, Kaminura N, Saitoh H, Funyu T,
Ohyama C.:Skin perfusion pressure is a prognostic factor in hemodialysis
patients.
3.
Int J Nephrol. 2012;2012:385274. Epub 2012 Apr 2.
Suzuki Y, Koie T, Yamamoto H, Hatakeyama S, Yoneyama T , Hashimoto Y,
Kamimura T, Ohyama C: Mucinous tubular and spindle cell carcinoma of the
kidney.Int Canc Conf J 2012,Apr.11 ; 1 : 164-7 .
4.
Suzuki Y, Sutoh M, Hatakeyama S, Mori K, Yamamoto H, Koie T, Saitoh H,
Yamaya K, Funyu T, Habuchi T, Arai Y, Fukuda M, Ohyama C, Tsuboi S. :MUC1
carrying core 2 O-glycans functions as a molecular shield against NK cell attack,
promoting bladder tumor metastasis.
Int J Oncol. 2012 Jun;40(6):1831-8. doi:
10.3892/ijo.2012.1411. Epub 2012 Mar 23
5.
Koie T, Ohyama C, Hashimoto Y, Hatakeyama S, Yamamoto H, Yoneyama
Takahiro, Kamimura N.:Efficacies and safety of neoadjuvant gemcitabine plus
carboplatin followed by immediate cystectomy in patients with muscle-invasive
bladder cancer, including those unfit for cisplatin: a prospective single -arm study.
Int J Clin Oncol. 2012 Jul 19. [Epub ahead of print]
6.
Hashimoto Y,Imai A, Sasaki A, Saitoh H, Koie T, Ohyama C:Unexpected
outcome after sclerotherapy of simple renal cyst.BMC Nephrology 2012 Jul
24;13(1):63. [Epub ahead of print]
7.
Koie T, Ohyama C, Yamamoto H, Hatakeyama S, Kudoh S, Yoneyama T,
Hashimoto Y, Kamimura N: Minimum incision endoscopic radical cystectomy in
patients with malignant tumors of the urinary bladder: Clinical and oncological
outcomes at a single institution. Eur J Surg Oncol. 2012 Nov;38(11):1101-5.
8.
Koie T, Ohyama C, Yamamoto H, Hatakeyama S, Yoneyama Takahiro,
Hashimoto Y, Kamimura N:Safety and effectiveness of neoadjuvant luteinizing
hormone-releasing hormone agonist plus low-dose estramustine phosphate in
high-risk prostate cancer: a prospective single-arm study. Prostate Cancer
Prostatic Dis. 2012 Aug 14. doi: 10.1038/pcan.2012.29. [Epub ahead of print
9.
Tsuboi S:Tumor Defense Systems Using O-Glycans.The Pharmaceutical
Society of Japan
2012 Oct.35(10) :1633-6
10.
Hatakeyama S, Saito M, Ishigaki K, Yamamoto H, Okamoto A, Ishibashi Y,
Murasawa H, Imanishi K, Tokui N, Okamoto T, Suzuki Y, Sugiyama N, Imai A,
Kudo S, Yoneyama Tak, Hashimoto Y, Koie T, Kamimura N, Saitoh H, Funyu T,
Ohyama C:Skin perfusion pressure is a prognostic factor in hemodialysis
patienys. Int J Nephrol. 2012;2012:385274. Epub 2012 Apr 2.
11. Fukuda MN, Hatakeyama S, Sugihara K:Carbohydrate Mimetic Peptides as
Research Reagent and Therapeutic. Biol Pharm Bull. 2012;35(10):1626-32.
12. Narumi S, Murakami R, Hatakeyama S, Fujita T, Koie T, Yoneyama T, Kudoh S,
Ksmimura N, Mori K, Shimada M, Nakamura N, Umehara M, Saitoh H, Okumura
K, Hakamada K, Ohyama C:Kidney Transplantation at Hirosaki kidney
transplant unit-initial 5year experience. The Hirosaki Medical Journal 63(2-4)136142.2012
13. Yoneyama Tohru, Hatakeyama S, Tobisawa Y, Yamamoto H, Imanishi K,
Okamoto T, Tokui N, Sugiyama N, Suzuki Y, Kudo S, Yoneyama Takahiro,
Hashimoto Y, Koie T, Kamimura N, Fukuda MN, Ohyama C.:Blood Group
Antigen-Targeting Peptide Suppresses Anti-Blood Group Antibody Binding to
Antigen in Renal Glomerular Capillaries After ABO-Incompatible
Blood Reperfusion. Transplantation. 2013 Feb 15;95(3):418-25. doi:
10.1097/TP.0b013e3182795b9c.
14. Park SK, Yoon J, Wang L, Shibata TK, Motamedchaboki K, Shim KJ, Chang MS,
Lee SH, Tamura N, Hatakeyama S, Nadano D, Sugihara K, Fukuda MN.:
Enhancement of mouse sperm motility by trophinin-binding peptide.
15. Okamoto T, Yoneyama MS, Hatakeyama S, Mori K, Yamamoto H, Koie T, Saitoh
H, Yamaya K, Funyu T, Fukuda M, Ohyama C, Tsuboi S:Core2 O-glycanexpressing prostate cancer cells are resistant to NK cell immunity.
Mol Med
Report. 2013 Feb;7(2):359-64. doi: 10.3892/mmr.2012.1189. Epub 2012 Nov 19.
(学位論文)
16. Koie T, Yamamoto H, Hatakeyama S, Yoneyama T, Hashimoto Y, Ohyama C:
Basal cell carcinoma with concomitant insignificant adenocarcinoma of the
prostate. Int Canc Conf J. 2013:2;27-9 12.Oct.2012
17. Tsuchiya N, Narita S, Inoue T, Hasunuma N, Numakura K, Horikawa Y, Satoh S,
Notoya T, Fujishima N, Hatakeyama S, Ohyama C, Habuchi T: Risk factors for
sorafenib-induced high-grade skin rash in Japanese patients with advanced renal
cell carcinoma.
Anticancer Drugs. 2013 Mar;24(3):310-4. doi: 10.
0b013e32835c401c. (Clinical report)
1097/CAD.
*
和文
1.
石橋祐介,畠山真吾,岡本哲平,鈴木裕一朗,工藤茂将,米山高弘,古家琢也,神
村典孝,榊
器科紀要
2.
宏剛,小林
恒,木村博人,大山
2012 年 11 月 30 日
58(12)609-12.
米山高弘,佐藤天童,藤田尚紀,小島由太,三上穣太郎,福士
澤洋美,飛澤悠葵,米山
徹,岡本亜希子,山本勇人,今井
和行,橋本安弘,古家琢也,大山
検討.腎移植・血管外科
3.
力:口腔底癌腎転移の 1 例.泌尿
謙,岩村大径,村
篤,畠山真吾,盛
力:当科における整体腎移植ドナー腎再手術の
2012 年
24(1):9-13
今西賢悟,畠山真吾,岡本哲平,鈴木裕一朗,杉山尚樹,山本勇人,工藤茂将,米
山高弘,橋本安弘,古家琢也,神村典孝,大山
熟奇形腫の 1 例.泌尿器科紀要
*
総説
*
その他
1.
大山
大山
大山
59(1)
大山
2012.10.10
査読なし
力:腸管利用尿路変向術の歴史と諸問題.泌尿器科学の最近の進歩-
2011 年-(第 28 回浜松カンファレンス)2012.10.20
4.
2012.9;
査読なし
力:新膀胱増設術の観察ポイントとその根拠.泌尿器ケア
17(10)21-4.
3.
2013 年 1 月 31 日
力:高リスク前立腺癌に対する治療戦略.カレントテラピー
30(9)102-12.
2.
力:成人男性の精巣に発生した成
1-8.
査読なし
力:尿路上皮癌の補助化学療法.泌尿器外科 vol.25 No.11 2012.11.15
2169-72
5.
山谷金光,蔦谷知佳子,須藤美穂子,坪井
滋,寺山百合子,橋本安弘,今井
篤,斎藤久夫,三國恒靖,舟生富寿:血液透析患者における血中一酸化窒素代
謝物 NOx の意味について-予後および死因との関連から-.腎とフリーラジカ
ル第 11 集
6.
大山
東京医学社
2013.1.10:84-8
力:弘前大学医学部付属病院における外来化学療法.外来癌化学療法
2013.2;4(1)51-5
7.
米山高弘,盛
和行,大山
床泌尿器科第 67 巻増刊号
8.
米山高弘,盛
和行,大山
床泌尿器科第 67 巻増刊号
学会発表
*
国外
力:慢性腎不全.泌尿器科診療
213Vol.67 No.4 医学書院
臨
2013.4.5:204-6
力:急性腎不全.泌尿器科診療
213Vol.67 No.4 医学書院
ベスト NAVI
ベスト NAVI
2013.4.5:207-8+.
臨
1.
Kamimura N, Ishibashi Y, Murasawa H, Suzuki Y, Ishimura H, Hatakeyama S,
Kudo S, Yoneyama Ta, Koie T, Tobisawa Y, Yoneyama To, Mori K, Ohyama C:
Not all patients with unilateral Primary aldostronisim obtain anti-hypertensive
effect after laparoscopic adrenalectomy.第 107 回米国泌尿器科学会(AUA);5
月 19-13 日
2.
アトランタ
Yoneyama Tohru, Angata K, Bao X, Hatakeyama S, Tobisawa Y, Mori K,
Yamamoto H, Imanishi K, Tokui N, Okamoto T, Sugiyama N, Suzuki Y, Kudo S,
Yoneyama Takahiro, Koie T, Kamimura N, Ohyama C, Chanda S, Fukuda M:
Fer kinase regulates prostate cancer cell migration through α-dystroglycan
glycosylation.第 107 回米国泌尿器科学会(AUA);5 月 19-13 日
3.
アトランタ
Koie T, Okamoto A, Yamamoto H, Tobisawa Y, Yoneyama To, Mori K,
Hatakeyama S, Yoneyama Ta, Hashimoto Y, Kamimura N, Ohyama C:
Neoadjuvant gemcitabine plus carboplatin followed by immediate with muscle invasive bladder cancer: A propensity score analysis.第 107 回米国泌尿器科学会
(AUA);5 月 19-13 日
4.
アトランタ
Yoneyama Takahiro, Ishibashi Y, Okamoto T, Suzuki Y, Tobisawa Y, Yoneyama
Tohru, Okamoto A, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Mori K, Hashimoto Y,
Koie T, Kamimura N, Ohyama C:Sequential chemotherapy with gemcitabine+
carbopltin+docetaxel for advanced uppertract urothelial cancer.第 107 回米国泌
尿器科学会(AUA);5 月 19-13 日
5.
アトランタ
Suzuki Y, Tsuboi S, Sutoh M, Hatakeyama S, Kudo S, Yoneyama Ta, Koie T,
Kamimura N, Ohyama C:Bladder cancer cells evade NK cell immunity by using
cell-surface O-glycans.第 107 回米国泌尿器科学会(AUA);5 月 19-13 日
アト
ランタ
6.
Mori K, Yoneyama Tohru, Tobisawa Y, Ishibashi Y, Murasawa H, Hatakeyama S,
Kudo S, Yoneyama Takahiro, Koie T, Kamimura N, Ohyama C:Nanoparticle
BCG has identical direct antitumor effect as live BCG, but has adifferent
antitumor mechanism.第 107 回米国泌尿器科学会(AUA);5 月 19-13 日 ア
トランタ
7.
Hashimoto Y, Koie T, Yamomoto H, Imai A, Hatakeyama S, Yomeyama T akahiro,
Kamimura N, Ohyama C:Post-chemotherapy akr1b10 expression correlates
with disease free survival in muscleinvasive bladder cancer.第 107 回米国泌尿器
科学会(AUA);5 月 19-13 日
8.
アトランタ
Narita S, Mitsuzuka K, Yoneyama Takahiro, Kawamura S, Arai Y, Ohyama C,
Tochigi T, Habuchi T:Impact of body mass index on clinicopathological
recurrence after radical prostatecyomy in Japanese prostate cancer patients.第
107 回米国泌尿器科学会(AUA);5 月 19-13 日
9.
アトランタ
Inoue T, Matsuura K, Nakada C, Nomura T, Sato F, NagashimaY, Ohyama C,
Habuchi T, Tomita Y, Takahashi S, Ogawa O, Nonomura N, Matsubara A,
Nakagawa M, Moriyama M, Mimata H:Identification of unique genomic profiles
of collecting duct carcinoma.第 107 回米国泌尿器科学会(AUA);5 月 19-13
日
アトランタ
10. Ohyama C: The Battle against invasive bladder cancer : what is the next
step?
‐How to improve survival in patients with muscle – invasive bladder
cancer - . 第 29 回 日韓泌尿器科会議
(交流センター
平成 24 年 9 月 14-15 日
鹿児島市
アネックスホール)(15 日)
11. Tobisawa Y、 Hatakeyama S, Yoneyama Tohru, Koie T, Yoneyama Takahiro,
Sato T, Fujita N, Ohyama C: Expression of core 2 beta - 1, 6 - N –
acetylglucosaminyltransferase correlate with tumor progression in prostate
cancer. 第 29 回 日韓泌尿器科会議
流センター
平成 24 年 9 月 14-15 日
鹿児島市
(交
アネックスホール)(15 日)
12. Yoneyama Takahiro :Long term outcome of Bacilles Calmette – Guerin
perfusion theraph for upper urinary tract urothelial carcinoma in situ. 日韓
泌尿器科会議
平成 24 年 9 月 14-15 日
鹿児島市
(交流センター
メインホ
ール)(15 日)
13. Yoneyama Takahiro, Ishibashi Y, Okamoto T, Suzuki Y, Tobisawa Y, Yoneyama
Tohru, Okamoto A, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Mori K, Hashimoto Y,
Koie T, Kamimura N, Ohyama C :Sequential chemotherapy with gemcitabine
plus carboplatin, followed by additional Docetaxel for aged patients with
advanced bladder cancer.第 32 回国際泌尿器科学会総会(SIU)
月 30 日-10 月 4 日
平成 24 年 9
福岡市(福岡国際会議場)(1 日)
14. Yoneyama Tohru, Tobisawa Y, Yamamoto H, Hatakeyama S, Mori K, Imanishi K,
Tokui N, Okamoto T, Sugiyama N, Suzuki Y, Ishimura H, Kudo S, Yoneyama
Takahiro, Koie T, Kamimura N, Ohyama C, Fukuda M:Fer kinase regulates
prostate cancer cell motility through α-dystroglycan glycosylation.第 32 回国際泌
尿器科学会総会(SIU)
平成 24 年 9 月 30 日-10 月 4 日
福岡市(福岡国際会
議場)(1 日)
15. Koie T, Okamoto A, Yamamoto H, Tobisawa Y, Yoneyama Tohru, Mori K,
Hatakeyama S, Yoneyama Takahiro, Hashimoto Y, Kamimura N, Ohyama C:
Safty and Efficacy of Neoadjuvant Gemcitabine plus Carboplatin Followed by
Immediate Cystectomy in Patients with Muscle-Invasive Bladder Cancer.第 32
回国際泌尿器科学会総会(SIU)
平成 24 年 9 月 30 日-10 月 4 日
福岡市(福
岡国際会議場)(ポスター1-3 日)
16. Hatakeyama S, Yamamoto H, Murasawa H, Okamoto A, Imai A, Yoneyama
Takahiro, Hashimoto Y, Koie T, Kamimura N, Ohyama C:Type of androgen
deprivation therapy affects metabolic condition and adipose tissue distribution .
第 32 回国際泌尿器科学会総会(SIU)
平成 24 年 9 月 30 日-10 月 4 日
(福岡国際会議場)(ポスター1-3 日)
福岡市
17. 「 シンポジウム」Ohyama C:Core2 O-glycan- expressing bladder cancer cells
are resistant to NK cell immunity.28th Annual Urological Research Society
Meeting. 平成 24 年 10 月 4-6 日
大阪市(ハイアットリージェンシー大阪)(5
日)
18. Hatakeyama S, Tsusihma M, Amano M, Yoneyama Tohru, Tobisawa Y,
Nishimura S, Ohyama C:Serum N-glycan profiling has potential to predict
cardiovascular disease (CVD) event and prognosis in hemodialysis (HD) patients.
Glycobiology Meeting 2012 平成 24 年 11 月 11-14 日 サンディエゴ
19. Yoneyama Tohru, Tobisawa Y, Mori K, Hatakeyama S, Yamamoto H, Okamoto A,
Ishimura F, Yoneyama Takahiro, Koie T, Kamimura N, Ohyama C:Detection of
prostate cancer-associated N-glycan on free PSA by Luminex bead-based
immunoassay : A novel prostate cancer screening method with higher specificity
than conventional PSA test. Glycobiology Meeting 2012 平成 24 年 11 月 11-14
日 サンディエゴ
20. Yoneyama Tohru, Nonaka M, Ohyama C, Sara Courtneidge, Fukuda M:Fer
tyrosine kinase regulates breast and prostate cancer cell motility through α dystroglycan glycosylation. Glycobiology Meeting 2012 平成 24 年 11 月 11-14
日 サンディエゴ
21. Tobisawa Y, Yoneyama Tohru, Hatakeyama S, Yamamoto H, Koie T, Yoneyama
Takahiro, Okamoto T, Kamimura N, Ohyama C:Expression of core2 β-1,6-Nacetylglucosaminyltransferase is an independent risk factor for PSA recurrence
after radical prostatectomy and closely associated with aggressive potential.
Glycobiology Meeting 2012 平成 24 年 11 月 11-14 日 サンディエゴ
22. Hatakeyama S, Koie T, Yoneyama Ta, Hashimoto Y, Narita S, Tsuchiya N,
Habuchi T, Mitsuzuka K, Kawamura S, Arai Y, Ohyama C:Low percentage
(≤10%) of positive biopsy core (PBC) is not a predictor of lower risk for PSA
recurrence in cT1c prostate cancer treated with radical prostatectomy in
contemporary Japanese population.
2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
EAU(European Association of Urology)
ミラノ
23. Yoneyama To, Tobisawa Y, Mori K, Hatakeyama S, Yamamoto H, Okamoto T,
Okamoto A, Ishimura H, Yoneyama Ta, Koie T, Kamimura N, Ohyama C:
Detection of prostate cancer associated α2,3 sialyated free PSA in serum is more
higher specificity than conventional PSA test. EAU(European Association of
Urology)2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
ミラノ
24. Yamamoto H, Hatakeyama S, Sugiyama N, Suzuki Y, Okamoto A, Imai A,
Yoneyama Ta, Hashimoto Y, Koie T, Nigawara T, Terui K, Sakihara S, Ohyama
C:Anti-hypertensive effect of laparoscopic adrenalectomy (LA) for the patients
with primary aldosteronism (PA) is limited despite of the accurate determination
of responsible lesion by adrenal venous sampling (AVS). EAU(European
Association of Urology)2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
ミラノ
25. Hatakeyama S, Yoneyama Ta, Koie T, Fujita T, Murakami R, Saito H, Narumi S,
Funyu T, Ohyama C:Post-transplant renal function is closely correlated with
aortic calcification index (ACI) progression rate in renal transplant recipients .
EAU(European Association of Urology)2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
ミラ
ノ
26. Hatakeyama S, Amano M, Koie T, Tobisawa1, Tohru Yoneyama1, Kazuyuki
Mori1, Norihiko Tsuchiya3, Tomonori Habuchi3, Shin-Ichiro Nisimura2, Chikara
Ohyama1
27. Yoneyama To, Hatakeyama S, Tobisawa Y, Yamamoto H, Imanishi K, Okamoto
T, Tokui N, Sugiyama N, Suzuki Y, Kudo S, Yoneyama Ta, Hashimoto Y, Koie T,
Kamimura N, Fukuda M N, Ohyama C:Blood group antigen-targeting peptide
suppresses anti-blood group antibody binding to antigen in renal glomerular
capillaries after ABO-incompatible blood reperfusion.EAU(European
Association of Urology)2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
ミラノ 優秀ポスター賞
受賞
28. Yoneyama Ta, Hagiwara K, Oikawa M, Suzuki Y, Sugiyama N, Tobisawa Y,
Yoneyama To, Okamoto A, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Mori K,
Hashimoto Y, Koie T, Ohyama C:Sequential chemotherapy with Gemcitabine
plus Carboplatin followed by additional Docetaxel for aged patients with
advanced upper-tract urotherial cancer. EAU(European Association of
Urology)2013
平成 25 年 3 月 15-19 日
ミラノ
29. Yoneyama Ta, Hagiwara K, Oikawa M, Suzuki Y, Sugiyama N, Tobisawa Y,
Yoneyama To, Okamoto A, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Mori K,
Hashimoto Y, Koie T, Ohyama C:Sequential chemotherapy with Gemcitabine +
Carboplatin followed by additional Docetaxel for aged patients with advanced
bladder cancer.EAU(European Association of Urology)2013
15-19 日
平成 25 年 3 月
ミラノ
*
国内
1.
鈴木裕一朗,須藤美穂子,橋本安弘,坪井
滋,山谷金光,斎藤久夫,舟生富壽,
山本勇人,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,盛
和行,大山
力:膀胱癌細胞は
core2 O-glycan を発現することで宿主 NK 細胞の攻撃を回避する.第 100 回日本
泌尿器科学会総会
2.
米山
平成 24 年 4 月 21-24 日
徹,畠山真吾,飛澤
横浜市 (パシフィコ横浜) (21 日)
悠葵,山本勇人,岡本哲平,鈴木裕一朗,工藤茂将,
米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
力,Sumit Chanda,福田
穣:Fer チロ
シンキナーゼは前立腺癌細胞の α-dystroglycan のラミニン結合糖鎖発現を介して
細胞遊走能を制御する.第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市 (パシフィコ横浜) (21 日)
3.
米山高弘,石橋祐介,岡本哲平,岡本亜希子,山本勇人,飛澤悠葵,米山
井
篤,畠山真吾,盛
和行,古家琢也,神村典孝,大山
流療法の治療成績.第 100 回日本泌尿器科学会総会
徹,今
力:BCG 上部尿路灌
平成 24 年 4 月 21-24 日
横
浜市 (パシフィコ横浜) (21 日)
4.
畠山真吾,鈴木裕一朗,杉山尚樹,山本勇人,今井
篤,工藤茂将,米山高弘,橋
本安弘,古家琢也,神村典孝,斎藤久夫,舟生富壽,大山
力:年 1 回の CT スク
リーニングによる透析腎癌の発見率と転帰.第 100 回日本泌尿器科学会総会
24 年 4 月 21-24 日
5.
平成
横浜市(パシフィコ横浜)(22 日)
古家琢也,岡本哲平,鈴木裕一朗,飛澤
悠葵,米山高弘,盛
山本勇人,工藤茂将,米山高弘,神村典孝,大山
和行,畠山真吾,
力:筋層浸潤膀胱癌に対するゲ
ムシタビン+カルボプラチンによる術前化学療法の有用性.第 100 回日本泌尿器科
学会総会
6.
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ横浜) (22 日)
神村典孝,岡本哲平,鈴木裕一朗,石村大史,畠山真吾,工藤茂将,米山高弘,古
家琢也,飛澤悠葵,米山
徹,盛
和行,大山
力:腎盂尿管癌に対する腹腔鏡下
腎尿管摘除術の臨床的検討.第 100 回日本泌尿器科学会総会
24 日
7.
盛
横浜市
和行,米山
平成 24 年 4 月 21-
(パシフィコ横浜) (23 日)
徹,飛澤悠葵,岡本哲平,鈴木裕一朗,立和田得志,畠山真吾,
工藤茂将,米山高弘,古家琢也,神村典孝,中川昌之,大山
力:BCG 細胞膜成
分 PIM は BCG 生菌やナノパーティクル BCG 無効細胞株に対し直接効果を示す.
第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ横
浜) (23 日)
8.
山本勇人,吉川和暁,須藤美穂子,橋本安弘,坪井
滋,山谷金光,斎藤久夫,舟
生富壽,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
力:formin-binding
protein (FBP) 17 の斑状発現は膀胱癌の浸潤能を規定する invadopodia 形成の契機
になる.第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市
(パ
シフィコ横浜) (21 日)
9.
今井
篤,百瀬昭志,成田
知,大山
力:住民検診におけるロコモティブシンド
ロームと男性下部尿路症状との関連性の検討.第 100 回日本泌尿器科学会総会
成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市
平
(パシフィコ横浜) (22 日)
10. 橋本安弘,今西賢悟,岡本亜希子,佐々木
淳,斎藤久夫,大山
力:成人
Melanotic Xp11 translocation renal cancer の一例.第 100 回日本泌尿器科学会総
会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ横浜)(21 日)
11. 須藤美穂子,橋本安弘,米山高弘,山本勇人,畠山真吾,古家琢也,山谷金光,斎
藤久夫,舟生富壽,中村敏也,坪井
滋,大山
力:浸潤性膀胱癌細胞の浸潤突起
の共焦点レーザー顕微鏡による解析.第 100 回日本泌尿器科学会総会
4 月 21-24 日
平成 24 年
横浜市(パシフィコ横浜)(21 日)
12. 山谷金光,坪井
滋,蔦谷千佳子,須藤美穂子,寺山百合子,斎藤久夫,舟生富壽,
畠山慎吾,世良耕一郎,後藤祥子,下中
靖,大山
力:透析患者における生命予
後には,鉄代謝を含めた遷移金属の影響が考えられる. 第 100 回日本泌尿器科学会
総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市
(パシフィコ横浜) (22 日)
13. 吉川和暁,杉山尚樹,山本勇人:シャント圧迫(閉塞シミュレーション)による動
脈ドプラ波形とその血流解析について.第 100 回日本泌尿器科学会総会
年 4 月 21-24 日
平成 24
横浜市(パシフィコ横浜)(22 日)
14. 斎藤久夫,橋本安弘,佐々木
淳,三國恒靖,舟生富壽:膀胱破裂の 4 例の検討.
第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ
横浜)(21 日)
15. 小笠原
賢,川口俊明,岩渕郁哉:家族性副腎褐色細胞腫の姉妹に対する腹腔鏡下
摘除手術の二例.第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横
浜市(パシフィコ横浜)(24 日)
16. 古家琢也,内藤
良一,亭島
整,佐々直人,高橋
敦,小林泰之,小原
航,近藤恒徳,白木
淳,高橋正幸,篠原信雄,大家基嗣,金山博臣,冨田善彦:腎細胞癌
有転移症例に対する sunitinib, sorafenib クロスオーバー,ランダム化試験
(CROSS-J-RCC)中間報告.第 100 回日本泌尿器科学会総会
21-24 日
平成 24 年 4 月
横浜市(パシフィコ横浜)(22 日)
17. 成田伸太郎,三塚浩二,米山高弘,川村貞文,荒井陽一,大山
力,栃木達夫,羽
渕友則:日本人前立腺癌患者における全摘術後の PSA 再発および臨床病理学的因
子と BMI の関係.第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横
浜市(パシフィコ横浜)(21 日)
18. 三塚浩二,成田伸太郎,米山高弘,川村貞文
栃木達夫,羽渕友則,大山
力,荒
井陽一:低リスク前立腺癌に対する前立腺全摘術に骨盤内リンパ節郭清は必要か?
第 100 回日本泌尿器科学会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ
横浜)(21 日)
19. 土谷順彦,堀川洋平,成田伸太郎,井上高光,小原
藤
滋,畠山真吾,大山
力,能登谷
崇,沼倉一幸,米田真也,佐
武,藤島直仁,羽渕友則:腎細胞癌患者に
おける sorafenib による多形江斑と HLA 型との関連性.第 100 回日本泌尿器科学
会総会
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ横浜)
20. 岡本亜希子,藤田尚紀、小島由太,米山高弘,古家琢也,大山
力:右腎静脈に高
濃度のアルドステロンを分泌する副腎皮質癌の1例.第 245 回日本泌尿器科学会東
北地方会
平成 24 年 5 月 12 日
盛岡市(盛岡地域交流センター)
21. 三上穣太郎,佐藤天童,藤田尚紀,村澤洋美,今井
山
篤,山本勇人,神村典孝,大
力:尿管子宮内膜症の 1 例.第 245 回日本泌尿器科学会東北地方会
平成 24
年 5 月 12 日
盛岡市(盛岡地域交流センター)
22. 岩村大径,福士
謙,佐藤天童,小島由太,村澤洋美,石村大史,畠山真吾,大山
力:停留精巣から発生した精巣腫瘍の 1 例.第 245 回日本泌尿器科学会東北地方会
平成 24 年 5 月 12 日
盛岡市(盛岡地域交流センター)
23. 米山高弘,石橋祐介,岡本亜希子,山本勇人,今井
家琢也,神村典孝,大山
篤,畠山真吾,工藤茂将,古
力:高齢者の進行性膀胱癌に対する Carboplatin をベー
スとした化学療法 77 の検討.第 25 回日本老年泌尿器科学会
2日
平成 24 年 6 月 1‐
徳島市(あわぎんホール)(1 日)
24. 佐藤天童,福士
謙,藤田尚紀,山本勇人,村澤洋美,岡本亜希子,今井
山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
篤,畠
力:生体腎移植ドナー検査中に発
見され腹腔鏡下手術を行った腎細胞癌の 1 例.第 36 回青森県泌尿器科研究会
成 24 年 6 月 30 日
平
青森市(アスパム)
25. 小島由太,三上穣太郎,岩村大径,山本勇人,村澤洋美,岡本亜希子,今井
畠山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
篤,
力:ACTH 産生神経内分泌癌に
よる高 cortisol 血症に対し服腔鏡下両側副腎摘除術を施行した 1 例.第 36 回青森
県泌尿器科研究会
平成 24 年 6 月 30 日
青森市(アスパム)
26. 岡本哲平,北原竜次,齋藤文匡:TUL-assisted PNL (TAP) が有効であった両側
珊瑚状結石の 1 例.第 36 回青森県泌尿器科研究会
平成 24 年 6 月 30 日
青森市
(アスパム)
27. 岩渕郁哉,小笠原賢,川口俊明:膀胱ヘルニアの 1 例.第 36 回青森県泌尿器科研
究会
平成 24 年 6 月 30 日
青森市(アスパム)
28. 米山高弘,石橋祐介,佐藤天童,三上穣太郎,岩村大径,福士
田尚紀,村澤洋美,飛澤悠葵,米山
徹,岡本亜希子,山本勇人,藤田
真吾,工藤茂将,古家琢也,神村典孝,鳴海俊治,大山
29. 盛
井
雄,畠山
力:当科における生体腎
移植ドナー腎採取術の検討.第 28 回腎移植・血管外科研究会
日
謙,小島由太,藤
平成 24 年 7 月 6-7
箱根(箱根湯本富士屋ホテル)(6 日)
和行,対馬優子,飛澤悠葵,米山
徹,村澤洋美,山本勇人,岡本亜希子,今
篤,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,藤田
雄,鳴海俊治,大山
力:生体腎移植 FACScan と FACSCantoll の比較.第 28 回腎移植・血管外科研究
会
平成 24 年 7 月 6-7 日
箱根(箱根湯本富士屋ホテル)(6 日)
30. 畠山真吾,村澤洋美,山本勇人,岡本亜希子,今井
篤,石村大史,米山高弘,古
家琢也,神村典孝,斎藤久夫,舟生富壽,鳴海俊治,大山
力:腎移植におけるタ
クロリムス徐法製剤への切り替え経験.第 28 回腎移植・血管外科研究会
年 7 月 6-7 日
箱根(箱根湯本富士屋ホテル)(6 日)
31. 米山高弘,石橋祐介,村澤洋美,飛澤悠葵,米山
山真吾,盛
平成 24
徹,岡本亜希子,山本勇人,畠
和行,工藤茂将,古家琢也,神村典孝,鳴海俊治,袴田健一,大山
力:下大静脈合併切除を施行した腎細胞癌 5 例の検討.第 28 回腎移植・血管外科
研究会
平成 24 年 7 月 6-7 日
箱根(箱根湯本富士屋ホテル)(7 日)
32. 村上礼一,成田育代,嶋谷祐子,藤田
雄,島田美智子,中村典雄,山辺英彰,奥
村
謙, 鳴海俊治,対馬優子,盛
和行,鈴木裕一朗,今井
高弘,橋本安弘,古家琢也,神村典孝,大山
篤,畠山真吾,米山
力:難治性 EB ウィルス感染症を呈
した生体腎移植の 1 例.第 28 回腎移植・血管外科研究会
平成 24 年 7 月 6-7 日
箱根(箱根湯本富士屋ホテル)(7 日)
33. 盛
井
和行,對馬優子,飛澤悠葵,米山
徹,村澤洋美,山本勇人,岡本亜希子,今
篤,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,藤田
雄,鳴海俊治,大山
力:生体腎移植で FXCM と LABScreen 検査の結果に乖離が見られた 2 例.第 21
回日本組織適合性学会大会
平成 24 年 9 月 15-17 日
千代田区(明治大学
駿
河台キャンパス) (15 日)
34. 畠山真吾,米山高弘,古家琢也,藤田
俊治,大山
雄,村上礼一,齋藤久夫,舟生富壽,鳴海
力:腎移植患者術後の腹部大動脈石灰化スコア(ACI)の推移.第 48
回日本移植学会総会
平成 24 年 9 月 20-22 日
名古屋市(産業労働センター)
(21 日)口演
35. 鈴木旬子,畠山真吾,鳴海俊治,大山
力:脳死提供の意思を生かせなかった無念
さを自らメディアに訴えた一家族の症例.第 48 回日本移植学会総会
月 20-22 日
名古屋市(産業労働センター)(22 日)口演
36. 鳴海俊治,鈴木旬子,畠山真吾,大山
力:我が国の移植を増加させるために必要
な体制とは-ドナー家族の怒りの声-.第 48 回日本移植学会総会
月 20-22 日
平成 24 年 9
平成 24 年 9
名古屋市(産業労働センター)(22 日)口演
37. 村上礼一,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,鳴海俊治,大山
力:OPTIMIZING
LIVER DECELLULARIZATION FOR ORGAN ENGINEERING.第 48 回日本移植
学会総会
平成 24 年 9 月 20-22 日
名古屋市(産業労働センター)(22 日)ポ
スター
38. 米山
山
徹,飛澤悠葵,畠山真吾,岡本亜希子,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大
力:ABO 抗原標的ペプチドは血液型不適合血液還流に伴う腎糸球体の血液形
成を抑制する.平成 24 年 9 月 20-22 日
名古屋市(産業労働センター)(22
日)ポスター
39. 福士
謙,岩村大径,小島由太,佐藤天童,山本勇人,岡本亜希子,今井
山真吾,石村大史,米山高弘,古家琢也,神村孝典,大山
篤,畠
力:前立腺癌骨転移と
の鑑別に難渋した骨パジェット病の 1 例.第 246 回日本泌尿器科学会東北地方会
平成 24 年 9 月 29 日
福島市(コラッセふくしま)
40. 藤田尚紀,三上穣太郎,村澤洋美,岡本亜希子,今井
米山高弘,古家琢也,神村孝典,大山
篤,畠山真吾,石村大史,
力:両側副腎褐色細胞腫摘除術 26 年後に
局所再発を認めた 1 例.第 246 回日本泌尿器科学会東北地方会
29 日
平成 24 年 9 月
福島市(コラッセふくしま)
41. 村澤洋美,得居範子,佐々木淳,齋藤久夫,舟生富寿,石村大史,畠山真吾,米山
高弘,古家琢也,橋本安弘,大山
力:血液透析導入時に発見された脂肪成分に乏
しい腎血管筋脂肪腫の 1 例.第 246 回日本泌尿器科学会東北地方会
月 29 日
福島市(コラッセふくしま)
平成 24 年 9
42. 畠山真吾,米山
徹,飛澤悠葵,山本勇人,鈴木裕一朗,盛
和行,大山
清糖タンパク糖鎖網羅的解析による腎細胞癌予後マーカーの検索
研究会
平成 24 年 10 月 12-13 日
力:血
第 6 回東北糖鎖
弘前市(弘前大学みちのくホール)(13 日)
ポスター
43. 米山
徹,飛澤悠葵,畠山真吾,山本勇人,鈴木裕一朗,盛
和行,大山
力:
PSA 糖鎖の癌性変異を標的とした前立腺癌の新規スクリーニング法.第 6 回東北
糖鎖研究会
平成 24 年 10 月 12-13 日
弘前市(弘前大学みちのくホール)(13
日)ポスター
44. 飛澤悠葵,岡本哲平,畠山真吾,米山
徹,大山
力:筋層湿潤膀胱癌に発現する
ムチン様タンパク質ポドプラニンにおけるコア 2 糖鎖構造の役割.第 6 回東北糖鎖
研究会
平成 24 年 10 月 12-13 日
弘前市(弘前大学みちのくホール)(13 日)
ポスター
45. 坪井
滋,大山
力:O-グリカンによる癌の免疫逃避機構.第 6 回東北糖鎖研究会
平成 24 年 10 月 12-13 日
46. 米山
士
弘前市(弘前大学みちのくホール)(13 日)
徹,飛澤悠葵,畠山真吾,山本勇人,村澤洋美,藤田尚紀,三上穣太郎,福
謙,盛
和行,古家琢也,神村孝典,大山
力:PSA 糖鎖の癌性変異を標的
とした前立腺癌の新規スクリーニング法.第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ドームホテル)18 日
47. 岡本亜希子,畠山真吾,米山美穂子,米山
平
口演
徹,村澤洋美,岩村大径,飛澤悠葵,
山本勇人,米山高弘,橋本安弘,古家琢也,神村典孝,大山
力:前立腺癌の遊走
能と湿潤脳における神経細胞の役割について.第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ドームホテル)18 日
48. 米山高弘,佐藤天童,三上穣太郎,福士
山本勇人,今井
口演
謙,飛澤悠葵,米山
篤,畠山真吾,古家琢也,神村典孝,大山
徹,岡本亜希子,
力:高リスク前立腺
癌に対するネオアジュバント内分泌化学療法後のロボット支援前立腺全摘除術の経
験.第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
24 年 10 月 17-19 日
49. 飛澤悠葵,米山
第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
文京区(東京ドームホテル)18 日
平成
口演
徹,畠山真吾,山本勇人,岡本哲平,鈴木裕一朗,米山高弘,古
家琢也,岩村大径,佐藤天童,小島由太,神村典孝,大山
力:前立腺全摘標本に
おける糖転移酵素 core 2 β-1、6-N- acetylglucosaminylttransferase の免疫組織化
学的評価は PSA 再発予知法として有用である.第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
50. 今井
篤,藤田尚紀,福士
文京区(東京ドームホテル)18 日
口演
謙,三上穣太郎,佐藤天童,村澤洋美,山本勇人,岡
本亜希子,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
力:前立腺癌に対す
る小線源療法後の下部尿路症状に対する α1 ブロッカーの効果.第 77 回日本泌尿
器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ドームホテル)19 日
口演
51. 畠山真吾,村澤洋美,岩村大径,今井
篤,岡本亜希子,米山
本勇人,米山高弘,橋本安弘,古家琢也,神村典孝,大山
徹,飛澤悠葵,山
力:前立腺生検の回数
と診断効率に関する検討.第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
17-19 日
平成 24 年 10 月
文京区(東京ドームホテル)ポスター
52. 橋本安弘,古家琢也,得居範子,山本勇人,今井
山高弘,大山
篤,岡本亜希子,畠山真吾,米
力:湿潤性膀胱がんにおける AKR1B10 発現の意義.第 77 回日本
泌尿器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ドームホテル)
ポスター
53. 山本勇人,岩村大径,小島由太,佐藤天童,村澤洋美,岡本亜希子,今井
山真吾,米山高弘,古家琢也,神村典孝,大山
力:前立腺全摘除術後の下部尿路
症状の経時的変化に関する検討:第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
10 月 17-19 日
篤,畠
平成 24 年
文京区(東京ドームホテル)ポスター
54. 畠山真吾,山本勇人,岡本亜希子,鈴木裕一朗,杉山尚樹,今井
橋本安弘,古家琢也,大山
化率についての検討
篤,米山高弘,
力:膀胱癌に対する尿路変更術の種類と術後 eGFR 変
第 50 回日本癌治療学会学術集会
横浜市(パシフィコ横浜)ポスター
平成 24 年 10 月 25-27 日
26 日
55. 古家琢也,三塚浩二,成田伸太郎,米山高弘,川村貞文,岡本亜希子,山本勇人,
今井
篤,畠山真吾,橋本安弘,栃木達夫,羽渕友則,荒井陽一,大山
力:ハイ
リスク前立腺癌に対する LHRH+エストラムスチンの有用性-プロペンシティスコア
解析
第 50 回
日本癌治療学会学術集会
シフィコ横浜)ポスター
平成 24 年 10 月 25-27 日
横浜市(パ
26 日
56. 米山高弘,鈴木裕一朗,杉山尚樹,岡本亜希子,山本勇人,飛澤悠葵,米山
今井
篤,畠山真吾,盛
和行,橋本安弘,古家琢也,大山
力:当科における
BCG 上部尿路灌流療法の臨床的検討.第 50 回日本癌治療学会学術集会
年 10 月 25-27 日
57. 盛
和行,飛澤悠葵,米山
今井
山
横浜市(パシフィコ横浜)25 日
徹,
平成 24
ポスター
徹,杉山尚樹,鈴木裕一朗,山本勇人,岡本亜希子,
篤,立和田得志,畠山真吾,米山高弘,橋本安弘,古家琢也,中川昌之,大
力:BCG 細胞膜成分 PIM の BCG failure 治療薬としての可能性.第 50 回日本
癌治療学会学術集会
平成 24 年 10 月 25-27 日
横浜市(パシフィコ横浜)26 日
ポスターディスカッション
58. 飛澤悠葵:IgG4
る
N-glycan の癌性変異は腎細胞癌の新規バイオマーカーに鳴り得
第 6 回 GFRG 研究会
平成 24 年 11 月 1 日
品川区(住友ベークライト株式
会社)口演
59. 米山
徹,飛澤悠葵,畠山真吾,山本勇人,鈴木裕一朗,盛
PSA 糖鎖の癌性変異を標的とした新規スクリーニング法.
平成 24 年 11 月 1 日
和行,大山
第 6 回 GFRG 研究会
品川区(住友ベークライト株式会社)ポスター
60. 飛澤悠葵,岡本哲平,畠山真吾,米山
徹,大山
力:Core2 O-glycan 陽性ポド
プラニンの筋層湿潤膀胱癌における役割.第 6 回 GFRG 研究会
1日
力:
平成 24 年 11 月
品川区(住友ベークライト株式会社)ポスター
61. 畠山真吾,米山高弘,古家琢也,藤田
富寿,大山
雄,村上礼一,鳴海俊治,齋藤久夫,舟生
力:腎移植患者術後の腹部大動脈石灰化の推移について
第 74 回腎
懇話会
平成 24 年 11 月 5 日
弘前市
(弘前大学医学部コミュニケーションセン
ター)
62. 藤田尚紀,野呂大輔,岩渕郁哉,小笠原賢,川口俊明,黒滝日出一,北川柾彦:前
立腺扁平上皮癌の1例.第 37 回青森県泌尿器科研究会
平成 24 年 11 月 10 日
青森市(青森グランドホテル)
63. 髙橋伸也,福士
泌尿器科研究会
謙,高橋
平成 24 年 11 月 10 日
64. 小島由太,伊藤弘之,柳沢
研究会
淳,楠見智巳:膀胱自然破裂の 1 例.第 37 回青森県
青森市(青森グランドホテル)
健:尿膜管膿瘍6例の検討.第 37 回青森県泌尿器科
平成 24 年 11 月 10 日
青森市(青森グランドホテル)
65. 岩村大径,得居範子,杉山尚樹,山本勇人,吉川和暁:長期透析患者に発症した両
腎 Spindle cell carcinoma の1例.第 37 回青森県泌尿器科研究会
月 10 日
平成 24 年 11
青森市(青森グランドホテル)
66. 米山高弘,畠山真吾,古家琢也,大山
第 37 回青森県泌尿器科研究会
力:ロボット支援膀胱全摘除術の初期成績
平成 24 年 11 月 10 日
青森市(青森グランドホ
テル)
67. 古家琢也,萩原和久,成田琢磨,及川真亮,鈴木裕一朗,杉山尚樹,米山
徹,飛
澤悠葵,盛
和行,岡本亜希子,山本勇人,今井
安弘,大山
力:当科におけるロボット前立腺全摘除術の成績.第 37 回青森県泌
尿器科研究会
平成 24 年 11 月 10 日
青森市(青森グランドホテル)
68. 畠山真吾,岡本亜希子,山本勇人,今井
山
篤,畠山真吾,米山高弘,橋本
篤,米山高広,古家琢也,神村典孝,大
力:RALP と同じポートポジションでのロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術
(RALC)
第 26 回日本泌尿器内視鏡学会総会
平成 24 年 11 月 24 日
仙台市
(仙台国際センター)
69. 古家琢也,岡本亜希子,山本勇人,畠山真吾,米山高広,橋本安弘,大山
ボット支援腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術初期 20 例の成績
視鏡学会総会
平成 24 年 11 月 24 日
力:ロ
第 26 回日本泌尿器内
仙台市(仙台国際センター)
70. 福士真一,長濱かおり,畠山真吾,岡本亜希子,山本勇人,米山高広,古家琢也,
大山
力:当院のダビンチルームとダビンチチーム:ダビンチ導入までの準備と 1
年間の運用報告
第 26 回日本泌尿器内視鏡学会総会
平成 24 年 11 月 24 日
仙
台市(仙台国際センター)
71. 盛
和行,米山
徹,飛澤悠葵,鈴木裕一朗,岡本亜希子,今井
畠山真吾,米山高広,橋本安弘,古家琢也,中川昌之,大山
篤,立和田得志,
力:BCG 細胞膜成
分 PIM によるナノパーティクル BCG 無効株に対する直接効果.第5回 BCG 注入
療法研究会
平成 24 年 11 月 30 日
72. 畠山真吾,大山
千代田区(経団連ホール)
力:腫瘍組織血管内細胞を標的とした前立腺癌化学療法の基礎的
研究.第 28 回前立腺シンポジウム
平成 24 年 12 月 8-9 日(8 日)
品川区(東
京コンファレンスセンター)
73. 栗原小百合,相良義昌,宮田恵多,米山
徹,宮下慎一郎,犬井
健,林
慎太郎,
狩野聡史,川根武紘,鈴木智典,丹羽光一,渡部俊弘:T7 ファージディスプレイ
法によるボツリヌス神経毒素複合体構成タンパク質、非毒非血球凝集素への結合ペ
プチドの同定.第 85 回日本生化学大会
岡市(福岡国際会議場)
74. 米山
平成 24 年 12 月 14-16 日(15 日)
福
(一般口演とポスターで発表)
徹,飛澤悠葵,野中元裕,大山
力,Courtneidge Sara,福田
穰:Fer チ
ロシンキナーゼは前立腺癌細胞の α-dystroglycan のラミニン結合糖鎖発現を介して
細胞遊走能を制御する.第 85 回日本生化学大会
日)
平成 24 年 12 月 14-16 日(16
福岡市(福岡国際会議場)
75. 山谷金光,坪井
畠山真吾,大山
滋,蔦谷知佳子,米山美穂子,寺山百合子,齋藤久夫,舟生富寿,
力:血液透析患者における鉄代謝ホルモンヘプシジンと微量金属
との関連について.第 150 回弘前医学会例会
平成 25 年 1 月 25 日
弘前市
(弘前大学医学部コミュニケーションセンター)
76. 畠山真吾,米山高弘,古家琢也,藤田
富寿,鳴海俊治,大山
移の検討.
力:腎移植患者術後の腹部大動脈石灰化スコア(ACI)推
第 46 回日本臨床腎移植学会
浦安市(東京ベイ舞浜ホテル
77. 藤田
村
雄,村上礼一,鳴海俊治,齋藤久夫,舟生
平成 25 年 1 月 30-2 月 1 日(1 日)
クラブリゾート)
雄,成田育代,嶋谷祐子,村上礼一,島田美智子,中村典雄,山辺英彰,奥
謙,盛
和行,鈴木裕一朗,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,大山
力,鳴海
俊治,対馬優子:腎動脈に狭窄を認めたドナーの腎移植.第 46 回日本臨床腎移植
学会
平成 25 年 1 月 30-2 月 1 日(1 日)
浦安市(東京ベイ舞浜ホテル
クラブ
リゾート)
78. 川崎くみ子,藤田
山
雄,村上礼一,鳴海俊治,畠山真吾,米山高弘,古家琢也,大
力:生体腎移植レシピエント・ドナーの体験と移植チームの役割.第 46 回日
本臨床腎移植学会
テル
平成 25 年 1 月 30-2 月 1 日(1 日)
クラブリゾート)
79. 鈴木旬子,畠山真吾,藤田
俊治,大山
80. 今井
雄,村上礼一,齋藤洋子,齋藤久夫,岡本道孝,鳴海
力:青森県の献腎移植を支える「チーム青森」活動報告.第 46 回日
本臨床腎移植学会
テル
浦安市(東京ベイ舞浜ホ
平成 25 年 1 月 30-2 月 1 日(1 日)
浦安市(東京ベイ舞浜ホ
クラブリゾート)
篤:α1 ブロッカー抵抗性の前立腺肥大症の蓄尿症状に対するミラベグロン
併用の経験.青森県排尿障害研究会
平成 25 年 2 月 22 日
弘前市(ベストウェス
タンニューシティ弘前)
81. 川口俊明,高橋伸也,福井耕三,相馬文彦,古家琢也,大山
力:青森県総合検診
センターにおける前立腺がん検診-平成 23 年度の検診結果および 9 年間の成績-.
青森県総合検診センター
研究会
前立腺がん検診精度管理委員会
平成 25 年 3 月 2 日
82. 瀬尾喜久雄,相馬文彦,柳沢
青森市(ねぶたの家
平成 25 年 3 月 2 日
ワ・ラッセ)
健,三浦浩康:平成 23 年度八戸市前立腺がん検診
の結果について.八戸泌尿器科談話会
癌研究会
第 17 回青森前立腺癌
前立腺がん検診部門
青森市(ねぶたの家
第 17 回青森前立腺
ワ・ラッセ)
83. 岩村大径,小山石隼,田中芳美,田中壽和,得居範子,吉川和暁:2 度の生検,
TURP が陰性であった PSA 著明高値前立腺癌の 1 例.第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
84. 福士
謙,高橋
青森市(ねぶたの家
ワ・ラッセ)
淳,高橋伸也,遠藤正章:前立腺全摘除後骨盤内リンパ嚢腫の 1
例.第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
青森市(ねぶたの家
ワ・ラッセ)
85. 米山高弘:当科のロボット支援前立腺全摘除術後の成績.第 17 回青森前立腺癌研
究会
平成 25 年 3 月 2 日
86. 畠山真吾:2013
-.
青森市(ねぶたの家
ASCO-GU
ワ・ラッセ)
レポート -”What’s new in prostate cancer”
第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
青森市(ねぶたの家
ワ・ラッセ)
87. 飛澤悠葵:糖転移酵素 C2GnT は前立腺癌と間室細胞との相互作用を高め前立腺癌
の増殖を制御する.第 9 回臨床糖鎖研究会
平成 25 年 3 月 5 日
弘前市(弘前大
学医学部コミュニケーションセンター)
88. 米山
徹:Fer チロシンキナーゼはラミニン結合性 O 型糖鎖の発現を介して前立腺
癌細胞の遊走・湿潤機能を制御する.第 9 回臨床糖鎖研究会
平成 25 年 3 月 5 日
弘前市(弘前大学医学部コミュニケーションセンター)
89. 坪井
滋:癌細胞の血管外脱出過程の解析.第 9 回臨床糖鎖研究会
月5日
平成 25 年 3
弘前市(弘前大学医学部コミュニケーションセンター)
90. 畠山真吾,米山
徹,飛澤悠葵,盛
麻穂,西村紳一郎,大山
和行,米山高弘,橋本安弘,古家琢也,天野
力:腎細胞癌における血清免疫グロブリンの糖鎖変異に
ついての検討.第 22 回泌尿器科分子・細胞研究会
平成 25 年 3 月 8-9 日
高知市
(ホテル日航高知旭ロイヤル)(9 日)ポスター
91. 飛澤悠葵:糖転移酵素 C2GnT は前立腺癌と間質細胞との相互作用を高め前立腺癌
の増殖を制御する.第 22 回泌尿器科分子・細胞研究会
平成 25 年 3 月 8-9 日
高
知市(ホテル日航高知旭ロイヤル)(9 日)ポスター
92. 米山
徹,飛澤悠葵,盛
和行,杉山尚樹,鈴木裕一朗,山本勇人,岡本亜希子,
畠山真吾,米山高弘,橋本安弘,古家琢也,大山
力:PSA 糖鎖の癌性変異を利用
した前立腺癌の新規スクリーニング法.第 22 回泌尿器科分子・細胞研究会
25 年 3 月 8-9 日
*
平成
高知市(ホテル日航高知旭ロイヤル)(9 日)ポスター
特別講演,等
(国内)
1.
大山
力:JUA アップデート(JUA)
泌尿器科学総会
2.
大山
尿路上皮癌の補助科学療法.第 100 回日本
平成 24 年 4 月 21-24 日
横浜市(パシフィコ横浜)(22 日)
力:前立腺癌治療における手術療法の位置付け
~ハイリスク前立腺癌に対
するロボット支援手術の可能性~.第 100 回日本泌尿器科学総会
24 日
横浜市(パシフィコ横浜)
平成 24 年 4 月
3.
「特別講演」大山
検証と対応-
4.
力:前立腺癌における手術療法の位置付け-USPSTF 勧告の
平成 24 年 6 月 21 日
「特別講演」大山
力:早期前立腺癌の治療における手術療法の位置付け.県南泌
尿器科ミーティング
5.
平成 24 年 6 月 27 日
横手市(横手セントラルホテル)
神村典孝:本院における前立腺癌放射線療法の成績と臨床研究.Astra Zeneca 泌
尿器科セミナー
6.
文京区(フォーシズンズホテル)
平成 24 年 6 月 28 日
弘前市(ホテルニューキャッスル)
古家琢也:当科における前立腺癌の臨床研究の成果とこれからの予定.Astra
Zeneca 泌尿器科セミナー
平成 24 年 6 月 28 日
弘前市(ホテルニューキャッス
ル)
7.
8.
大山
力:2012 年度版
ナー
平成 24 年 6 月 28 日
弘前市(ホテルニューキャッスル)
「指定演題」古家琢也:ASCO-GU,EAU,AUA
器科研究会
9.
弘前大学前立腺癌治療指針.Astra Zeneca 泌尿器科セミ
大山
平成 24 年 6 月 30 日
レポート.第 36 回青森県泌尿
青森市(アスパム)
力:限局性前立腺癌に対する手術療法の意義を考える
の対応~.三重泌尿器科学術講演会
平成 24 年 7 月 7 日
~USPSTF 勧告へ
津市(ホテルグリーン
パーク津)
10. 大山
力:GU Cancer Imaging のひと工夫.第 14 回島根 Uroradiology
Canference
11. 米山
平成 24 年 7 月 12 日
出雲市 (ニューウェルシティ出雲)
徹:PSA 糖鎖の癌性変異を標的とした前立腺癌の新規アッセイ法.第3回
Urological Expert Forum 平成 24 年 8 月 18 日
大分県速見郡(別府湾ロイヤル
ホテル)
12. 米山高弘:ロボット支援前立腺全摘除術初期 20 例の経験.第3回 Urological
Expert Forum 平成 24 年 8 月 18 日
13. 大山
大分県速見郡
(別府湾ロイヤルホテル)
力:前立腺癌の治療における手術療法の適応と限界.平成 24 年 8 月 21 日
日立市(ホテル天地閣)
14. 飛澤悠葵:C2GnT は前立腺癌の悪性度マーカーになりうる.第 8 回臨床糖鎖研究
会
15. 米山
平成 24 年 8 月 24 日
弘前市 (弘前大学コミュニケーションセンター)
徹:Fer チロシンキナーゼは前立腺癌の α‐dystroglycan のラミニン結合糖
鎖発現を介して細胞遊走能を制御する.第 7 回 Basic Urology Research Seminar
平成 24 年 8 月 25 日
大分市(大分オアシスタワーホテル)
16. 「教育講演」米山高弘:当科における CRPC の治療について‐DPZ の報告‐.ラ
ンマーク新発売記念講演会
平成 24 年 8 月 30 日
弘前市 (弘前ニューキャッス
ル)
17. 大山
力:アンチエイジング時代の前立腺全摘除術‐ロボット手術は期待に応えら
れるか‐.第 4 回泌尿器抗加齢医学研究会
平成 24 年 9 月 2 日
港区(東京コン
ファレンスセンター)
18. 大山
話会
力:早期前立腺癌における手術療法の立ち位置.第 1 回むつ地区泌尿器科懇
平成 24 年 9 月 5 日
むつ市(むつプラザホテル)
19. 古家琢也:高齢者転移性腎癌の分子標的薬治療.CONFERENCE OF RENAL
CANCER EXPERTS EXTENDED - JAPAN in Morioka 2012
15 日
20. 大山
盛岡市(盛岡グランドホテル)
力:筋層湿潤膀胱癌の治療戦略.千葉 21 世紀泌尿器科セミナー
9 月 25 日
21. 大山
会
平成 24 年
千葉市(ホテルマンハッタン)
力:診療で忙しい医師のための科研費獲得講座.第 2 回弘前大学科研費説明
平成 24 年 9 月 27 日
22. 「シンポジウム」大山
集会
平成 24 年 9 月
弘前市(医学部臨床小会議室)
力:筋層浸潤膀胱癌の治療.第 50 回日本癌治療学会学術
平成 24 年 10 月 25-27 日
横浜市(パシフィコ横浜)25 日
23. 「シンポジウム」古家琢也:手術を軸にしたハイリスク前立腺の治療戦略.第 8 回
泌尿器腫瘍放射線研究会(GUTR 研究会)
平成 24 年 10 月 27 日横浜市(パシフ
ィコ横浜)
24. 「ビデオディスカッション」米山高広,畠山真吾,橋本安弘,古家琢也,大山
力: TUEB.第 26 回日本泌尿器内視鏡学会総会
平成 24 年 11 月 24 日
仙台市
(仙台国際センター)
25. 大山
力:ハイリスク前立腺癌の治療戦略.第 26 回日本泌尿器内視鏡学会総会
平成 24 年 11 月 24 日
26. 大山
仙台市(仙台国際センター)
力:前立腺癌と膀胱癌のロボット支援手術.東北泌尿器科最新治療講演会
平成 24 年 12 月 8 日
27. 「特別講演」大山
の治療戦略
仙台市(ウェスティンホテル仙台)
力:術前化学療法+低侵襲膀胱全摘+新膀胱=筋層湿潤膀胱癌
第 93 回日本泌尿器科学会山口地方会
平成 24 年 12 月 15 日
山口
市(山口大学医学部総合研究棟)
28. 「特別講演」古家琢也:『-筋層湿潤膀胱癌に対する手術療法-良好な排尿機能を
有する新膀胱を獲得するには?』
第 14 回膀胱がん治療カンファレンス
年3月9日
コンファレンススクエア
千代田区(三菱ビル
29. 「特別講演」大山
平成 25
エムプラス)
力:ハイリスク前立腺癌の治療戦略.Gonax 新発売記念講演
会~アンタゴニストへの期待~
平成 25 年 3 月 22 日
青森市(ホテル JAL シテ
ィ青森)
30. 岩渕郁哉:当科におけるデガレクリスの使用経験.Gonax 新発売記念講演会~アン
タゴニストへの期待~
平成 25 年 3 月 22 日
青森市(ホテル JAL シティ青森)
31. 岩渕郁哉:当科におけるデガレクリスの使用経験.Gonax 新発売記念講演会~アン
タゴニストへの期待~
平成 25 年 3 月 25 日
弘前市(ベストウェスタンホテルニ
ューシティ弘前)
32. 「特別講演」大山
力:ハイリスク前立腺癌の治療戦略~ASCO-GU,EAU の最新情
報を含めて~.第 8 回 Itabashai Urological Workshop
京区(ホテル椿山荘
東京)
平成 25 年 3 月 29 日
文
(国外)
*
座長,等
・
大山
力:
(国内)
1.
腎癌治療 Conference
平成 24 年 4 月 14 日
仙台市(仙台サンプラザホテル)
「特別講演」海老名雅仁:抗癌剤の間質性肺疾患発現とその対策.
2.
弘前腎癌談話会
平成 24 年 4 月 18 日
弘前市(ベストウェスタン弘前)
「特別講演」大家基嗣:腎細胞癌に対する分子標的治療の現状と展望.
3.
第 25 回日本老年泌尿器科学会
平成 24 年 6 月 1‐2 日
徳島市(あわぎんホー
ル)(1 日)
野尻佳克,他:(手術療法 PS1-1)恥骨号式前立腺全摘除術の周術期成績と年齢.
4.
保存期腎不全地域医療連携セミナー
平成 24 年 6 月 5 日
弘前市(ホテルニュー
キャッスル)
「特別講演」小岩文彦:CKD における貧血管理の重要性.
5.
イムノブラダー発売 15 周年記念講演会―BCG 膀胱療法の 15 年間の成果と将来展
望―
平成 24 年 6 月 9 日
千代田区(経団連会館)
BCG 膀胱療法の基礎
① 山本三郎:BCG 日本株の遺伝学的、免疫学的特徴
② 富田善彦:BCG とインテグリン
6.
第 36 回青森人工透析研究会
平成 24 年 6 月 10 日
十和田市(十和田市民文化セ
ンター)
「特別講演」佐藤
7.
滋:腎移植の進歩と課題.
Prostate Cancer Conferrence in Sendai
平成 24 年 6 月 23 日
仙台市(仙台サン
プラザホテル)
① 古家琢也:前立腺生検陽性本数と対側病変の関係.
② 浪間孝重:前立腺癌化学療法長期使用経験の 1 例.
③ 成田伸太郎:日本人前立腺癌患者における全摘術後の PSA 再発および臨床病理
学的因子と BMI の関係
8.
Astra Zeneca 泌尿器科セミナー
平成 24 年 6 月 28 日
弘前市(ホテルニューキ
ャッスル)
① 神村典孝:本院における前立腺癌放射線療法の成績と臨床研究.
② 古家琢也:当科における前立腺癌の臨床研究の成果とこれからの予定.
③ 大山
9.
力:2012 年度版
弘前大学前立腺癌治療指針.
第 36 回青森県泌尿器科研究会
平成 24 年 6 月 30 日
青森市(アスパム)
「特別講演」堀江重郎:男性医学の新しい展開.
10. ファイザー講演会
平成 24 年 7 月 19 日
弘前市(ホテルニューキャッスル)
「特別講演」Pablo Maroto Rey : The Role of Torisel in Treating Poor-risk
mRCC: Case Experiences & Discussion.
11. 第 3 回 Urological Expert Forum 平成 24 年 8 月 18 日
大分県速見郡
(別府湾
ロイヤルホテル)
① 仲村和芳:前立腺部尿道の尿流シミュレーションよる LUTS の解析.
② 松原孝典:アンドロゲン除去療法後の前立腺癌における α2β1インテグリン発
見の意義.
12. 第 8 回臨床糖鎖研究会
平成 24 年 8 月 24 日
弘前市(弘前大学コミュニケーショ
ンセンター)
① 飛澤悠葵:C2GnT は前立腺癌の悪性度マーカーになりうる.
② 山本徳則:椰子の実マンノースの有用性と臨床応用の考察.
③ 阿部和弘:OVX ラットへの PG 飲水の骨脆弱化抑制効果.
13. 第 39 回東北腎不全研究会
平成 24 年 8 月 26 日
福島市(コラッセふくしま)
ランチョンセミナー~東日本大震災~そのとき福島県の透析はどうなった!!
-福島県全 71 透析施設アンケート調査報告および腹膜透析患者の動向-.
14. ランマーク新発売記念講演会
平成 24 年 8 月 30 日
弘前市 (弘前ニューキャッス
ル)
横溝
晃:泌尿器科癌の骨転移に対する治療戦略.
15. 第 4 回北東北腎移植勉強会
平成 24 年 9 月 8 日
盛岡市(メトロポリタン盛岡
NEWWING)
① 杉村
淳:慢性抗体関連型拒絶をきたした生体腎移植例.
② 藤田
雄:難治性 EB ウイルス感染症を呈した生体腎移植後の 1 例.
③ 井上高光:移植前透析期間、膀胱容量および粘膜下トンネル長の腎移植後膀胱尿
管逆流への影響.
④ 三浦喜子:タクロリムス免疫抑制療法下での生体腎移植レシピエントにおける移
植時から移植後 1 年までの定量的移植腎線維組織増加に関連する因子について.
⑤ 堀田記代彦:腎虚血再灌流障害における TWEAK 受容体 Fn14 の関与と新規治療
戦略の可能性.
16. 前立腺肥大症セミナー2012
髙橋
青森市(ホテル青森)
悟:前立腺肥大症治療の新戦略‐dutasteride の新たなる可能性‐.
17. 第 48 回日本移植学会総会
ー)(21 日)
① 吉澤
平成 24 年 9 月 11 日
平成 24 年 9 月 20-22 日
名古屋市(産業労働センタ
抗体関連拒絶反応 2
淳:長期経過小児肝移植患者における晩期拒絶反応と抗ドナーHLA 抗体
の検討
② 山本貴之:腎移植後 de novo DSA 産生が移植腎組織に及ぼす影響についての
検討
~de novo DSA はどの段階で CAMR に関係するのか~
③ 堀田記世彦:献腎移植における抗ドナー抗体検索の意義.
④ 原田
浩:当科における既存抗ドナーHLA 抗体陽性腎移植の成績および新規発
現ドナーHLA 抗体陽性者の予後.
⑤ 小川悟史:当施設における抗体陽性腎移植の検討.
⑥ 清水朋一:腎移植後の急性血管型拒絶反応と isolated v – lesion についての考
察.
⑦ 佐野友康:我々のグループにおける近年の2次、3次腎移植症例の検討.
18. 青森透析合併症対策講演会
平成 24 年 10 月 9 日
青森市(アスパム)
鶴屋和彦:慢性腎臓病における貧血治療の意義
19. 第 6 回東北糖鎖研究会
平成 24 年 10 月 12-13 日
弘前市(弘前大学みちのくホ
ール)(12 日)
「招待講演」那谷耕司:インスリン産生膵 β 細胞の機能におけるヘパラン硫酸の
役割
20. Aomori Urology Forum 平成 24 年 10 月 13 日
① 西澤
青森市(ホテル青森)
理:過活動膀胱の最近の知見.
② 藤岡知昭:腎癌分子標的薬治療の話題.
21. 第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ドー
ムホテル)18 日
「教育講演 4」Alexsander Zlotta:Superficial bladder cancer with emphasis on
high grade TI disease .
「イブニングセミナー」2nd TURBT 時代の筋層非湿潤性膀胱癌治療
① 三木
淳
② 篠原信雄
「教育講演 9」Gyung Tak Mario Sung:Recent Developments and the Future
Perspecrives of Robotic Surgery.
22. 第 37 回青森県泌尿器科研究会
平成 24 年 11 月 10 日
青森市(青森グランドホ
テル)
「特別講演」野口正典:泌尿器癌におけるワクチン療法
23. 第 8 回泌尿器腫瘍放射線研究会(GUTR 研究会)
平成 24 年 10 月 27 日横浜市(パ
シフィコ横浜)
「シンポジウム」ハイリスク前立腺癌はどのように治療されるべきか?
①萬
篤憲:高リスクに対する放射線治療(放射線腫瘍医から見た治療戦略)
② 古家琢也:手術を軸にしたハイリスク前立腺癌の治療戦略
24. ミルセラ発売 1 周年記念講演会
平成 24 年 10 月 30 日
青森市(青森国際ホテ
ル)
「特別講演」片山昭男:腎移植とチーム医療―最適化をめざした透析専門施設にお
ける試みー
25. 第 6 回 GFRG 研究会
平成 24 年 11 月 1 日
品川区(住友ベークライト株式会
社)
① 神山俊哉:血清中糖鎖の網羅的解析による幹細胞癌新規バイオマーカーの開発
② 能祖一裕:血清糖鎖解析の膵癌患者における臨床応用
26. 第 74 回腎懇話会
平成 24 年 11 月 5 日
弘前市(弘前大学医学部コミュニケーシ
ョンセンター)
「特別講演」吉田克法:高齢者を含めたハイリスク腎移植
27. 第 11 回青森県 STD 研究会
平成 24 年 11 月 17 日
青森市(青森グランドホテ
ル)
「特別講演」濱砂良一:マイコプラズマジェニタリウムによる尿道炎の診断治療
28. 第5回 BCG 注入療法研究会
①盛
平成 24 年 11 月 30 日
千代田区(経団連ホール)
和行:BCG 細胞膜成分 PIM によるナノパーティクル BCG 無効株に対する
直接効果
② 桑田真臣:膀胱上皮癌に対する BCG 膀注療法抵抗性に関する因子の検討
29. 第 25 回日本内視鏡外科学会総会
平成 24 年 12 月 6-8 日
横浜市(パシフィコ横
浜)(7 日)
パネルディスカッション
ロボット支援手術のトレーニングシステムの現状と今後
① 惠木浩之:ダ・ビンチシミュレーターMimic によるトレーニングカリキュラ
ムの開発
② 若月俊郎:ダヴィンチの教育システムについて-胃癌を中心に-
③ 古田晋平:我施設のロボット手術トレーニングシステム
30. Male LUTS Cnference in Hirosaki
平成 25 年 1 月 29 日
弘前市(ベストウェス
タンホテルニューシティ弘前)
「特別講演」松本成史:前立腺肥大症の最近の治療
31. 第 46 回日本臨床腎移植学会
ベイ舞浜ホテル
平成 25 年 1 月 30-2 月 1 日(1 日)
浦安市(東京
クラブリゾート)(1 日)
拒絶反応 2(抗体関連拒絶等)
① 青山博道:PTLD 後 ATG 抵抗性 ACR を呈し治療しえた 1 例.
② 花井孝宏:慢性抗体関連拒絶反応に Everolimus を使用した 1 例.
③ 杉村
淳:慢性抗体関連型拒絶をきたした生体腎移植例.
④ 古谷麻衣子:移植後 1 年目に形質細胞優位湿潤を認めた抗体関連型拒絶反応の 1
例.
32. 青森県排尿障害研究会
平成 25 年 2 月 22 日
弘前市(ベストウェスタンニューシ
ティ弘前)
中川晴夫:高齢 Male LUTS に対する治療戦略.
33. 第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
青森市(ねぶたの家
ワ・ラッ
セ)
杉村芳樹:前立腺肥大と癌と自然史と治療史.
34. 第 9 回臨床糖鎖研究会
平成 25 年 3 月 5 日
弘前市(弘前大学医学部コミュニケ
ーションセンター
「特別講演」那谷耕司:インスリン生産膵 β 細胞の機能・増殖とへパラン硫酸微細
胞構造との関連.
35. 小児腎・泌尿器系疾患カンファレンス
平成 25 年 3 月 12 日
弘前市(弘前大学医
学部コミュニケーションセンター)
「特別講演」坂井清英:小児泌尿器科疾患の診断と治療-膀胱尿管逆流と先天性水
腎症-.
36. Gonax 新発売記念講演会~アンタゴニストへの期待~
平成 25 年 3 月 25 日
弘
前市(ベストウェスタンホテルニューシティ弘前)
「特別講演」荒井陽一:前立腺癌診療 Update:検診論争から GnRH アンタゴニス
トまで.
(国外)
第 29 回
1.
日韓泌尿器科会議
平成 24 年 9 月 14-15 日
鹿児島市(鹿児島県民交
流センター)(15 日)
Podium Session 6 Basic Research 3 : Bladder Cancer / Others.
第 32 回国際泌尿器科学会総会(SIU)
2.
平成 24 年 9 月 30 日-10 月 4 日
福岡市
(福岡国際会議場)(1 日)
Bldder Cancer:Various Topics
① Hua Wang:Therapeutic Effects of RGD-Fiber Modified E1A,E1B DoubleRestricted Oncolytic Adenovirus for CAR-Deficient Bladder Cancer.
② Miyata Y:Pathological Significance of HuR Expression in Bladder
Cancer:Correlation with Cell Proliferation and Angiogenesis.
③ Matsuyama H : Copy Number Aberrations Predict Patient Progress in MonMuscle Invasive Bladder Cancer.
④ Kobayashi T : A Key Role for ARF in Drug Resistance in Invasive Bladder
Cancer.
⑤ Wun-Jae : S100A9 and EGFR Gene Signatures Predict Disease Progression
in Blader Ccancer Patients After Chemotherapy.
⑥ Petrisor Geavlete : Advantages of a New Diagnostic and Treatment Approach
in Cases of Large Non – Muscle Invasive Bladder Tumors : NBI Cystoscopy
and Bipolar Plasma Vaporization.
⑦ Petros Sountoulidis : The Efficacy of Prulifloxacin for the Management of
LUTS in Patients Receiving Intravesical BCG for Non – Muscle Invasive
Bladder Tumors. Robert Siemens
3.
28th Annual Urological Research Society Meeting. 平成 24 年 10 月 4-6 日
阪市(ハイアットリージェンシー大阪)(5 日)
大
① Robert Siemens:Peri-operative Chemotherapy for Muscle Invasive Urothelial
Cancer:A Population – Based Outcomes Study.
② Matsuyama H:Clinical significance of centrosome amplification and its
associated numerical aberrations in non-muscle invasive bladder cancer .
③ Fujimoto K:Screening of urothelial cancer cells in urine by using
aminolevulinic acid – induced photodynamic diagnosis system and genetic
analysis.
④ Ohyama C:Core2 O-glycan- expressing bladder cancer cells are resistant to
NK cell immunity.28th Annual Urological Research Society Meeting.
⑤ J. Alfred Witjes:Gene expression profiling for high risk progressive nonmuscle invasive urothelial cell carcinoma of the bladder.
⑥ Matsui Y:The prognostic significance of the expression of RalGAP α2 in
patients with bladder cancer .
・ 神村典孝:
1.
第 245 回日本泌尿器科学会東北地方会
平成 24 年 5 月 12 日
盛岡市(盛岡地域
交流センター)
① 藤井紳司,他:一側正常副腎を温存し得た両側副腎骨髄脂肪腫の1例.
② 常盤
傑,他:腎部分切除術を施行した腎 tubulocystic carcinoma の症例.
③ 後藤拓郎,他:腹部腫瘤で発見された Epithelioid AML の一例.
④ 奈良健平,他:骨盤外傷による尿路変更 20 年後に遺残膀胱に発生した膀胱小細
胞がんの一例
⑤ 片岡政雄,他:CDDP/CPT‐11 による抗癌化学療法が奏功した前立腺小細胞癌
の1例
⑥林
2.
夏穂,他:大腸癌構造を有した精巣 teratoma の一例.
第 77 回日本泌尿器科学会東部総会
平成 24 年 10 月 17-19 日
文京区(東京ド
ームホテル)19 日
① 関口善吉:異所性 ACTH 症候群に対し後腹膜鏡下両側副腎摘出術を施行した1
例
②今
③ 河野
雅史:当院における非機能性副腎腫瘍の検討
充:腹腔鏡下に摘出した後腹膜気管支原性膿胞の1例
④ 青木大志:後腹膜平滑筋肉腫の1例
⑤ 村木
修:上部尿路に影響を及ぼした IgG4 関連疾患の2例
⑥ 能登宏光:ポケットサイズ超小型携帯超音波「Vscan」は泌尿器科救急疾患・尿
管結石症の診断に有用である
3.
Gonax 新発売記念講演会~アンタゴニストへの期待~
弘前市(ベストウェスタンホテルニューシティ弘前)
岩渕郁哉:当科におけるデガレクリスの使用経験.
平成 25 年 3 月 25 日
・ 古家琢也
1.
第 246 回日本泌尿器科学会東北地方会
平成 24 年 9 月 29 日
福島市(コラッセ
ふくしま)「小児・精巣・その他」
① 栫井成彦,他:異時性精巣腫瘍の 3 例.
② 竹本
淳,他:高度包茎に対し、環状切除を施行し、膀胱尿管逆流の消失を認め
た 1 例.
③ 牛島正毅,他:自己免疫性膵炎後に反復発症した後腹膜線維症の 1 例.
④ 沼畑健司,他:温故知新、安全確実な『左側』経腹後腹膜展開法について.
・
⑤秦
純也,他:交感神経刺激薬が著効した持続勃起症の 1 例.
坪井
滋
第 9 回臨床糖鎖研究会
平成 25 年 3 月 5 日
弘前市(弘前大学医学部コミュニケ
ーションセンター
① 浅野クリスナ:Improvement of intestinal microbiota by oral administration of
salmon cartilage proteoglycan.
② 柿崎育子:神経細胞への分化に及ぼすグリコサミノグリカンの影響.
・ 高橋伸也
1.
第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
青森市(ねぶたの家
ワ・ラ
ッセ)
① 川口俊明,高橋伸也,福井耕三,相馬文彦,古家琢也,大山
力:青森県総合検
診センターにおける前立腺がん検診-平成 23 年度の検診結果および 9 年間の
成績-.
② 瀬尾喜久雄,相馬文彦,柳沢
健,三浦浩康:平成 23 年度八戸市前立腺がん検
診の結果について.
2.
Gonax 新発売記念講演会~アンタゴニストへの期待~
平成 25 年 3 月 22 日
青森市(ホテル JAL シティ青森)
岩渕郁哉:当科におけるデガレクリスの使用経験.Gonax 新発売記念講演会~ア
ンタゴニストへの期待~
森)
・ 吉川和暁
平成 25 年 3 月 22 日
青森市(ホテル JAL シティ青
第 17 回青森前立腺癌研究会
平成 25 年 3 月 2 日
青森市(ねぶたの家
ワ・ラ
ッセ)
① 米山高弘:当科のロボット支援前立腺全摘除術後の成績.
② 畠山真吾:2013
レポート -”What’s new in prostate
ASCO-GU
cancer”-.
社会活動
1. 大山
力:『臓器を提供したい』と言われたら・・.
植推進セミナー
2.
大山
平成 24 年 7 月 11 日
3.
国保黒石病院
力:移植医と移植体験者、そして透析医と移植コーディネーター~それぞ
れの思いを語る~
日
平成 24 年度青森県臓器移
第 5 回いのちのリレー・市民公開講座
平成 24 年 10 月 28
八戸総合健診センター
大山
力:
「腎臓病とその治療法について~腎移植という選択肢について~」
平成 24 年 11 月 18 日
(財)鷹揚郷腎研究所青森病院
青森県臓器移植推進セ
ミナー~透析患者さん&ご家族との勉強会~
4.
鳴海俊治:「臓器移植
平成 24 年 12 月 25 日
5.
6.
公立七戸病院
大山
力:『肝腎要の腎臓の話-第 3 部
がん
平成 25 年 2 月 4 日
大山
力:前立腺がんのロボット手術『ダヴィンチ』.第 6 回弘大病院がん診療
市民公開講座
7.
-我々ができること-」青森県臓器移植推進セミナー
大山
東奥日報
平成 25 年 2 月 11 日
力:「慢性腎不全の治療
森県臓器移植推進セミナー
8.
大山
夕刊
4p.
弘前文化センター
-患者さんに腎移植も勧めてください-」
平成 25 年 2 月 27 日
力:『肝腎要の腎臓の話-第 3 部
平成 25 年 3 月 4 日
だから早期発見、早期治療-』結石や
東奥日報
夕刊
青
むつ総合病院
だから早期発見、早期治療-』腎移植
4p.
学術賞
・第 100 回日本泌尿器科学会総会
総会賞
受賞
平成 24 年 4 月 21 日;米山
徹:Fer チロシンキナーゼは前立腺癌細胞の α-dystroglycan のラミニン結合糖鎖発
現を介して細胞遊走能を制御する.
・第 5 回日本ロボット外科学会術集「da Vinci シミュレーションコンテスト」2 位入
賞
平成 25 年 1 月 19 日;岡本亜希子
・EAU(European Association of Urology)2013
ノ 優秀ポスター賞受賞
米山
平成 25 年 3 月 15-19 日
徹:Blood group antigen-targeting peptide
ミラ
suppresses anti-blood group antibody binding to antigen in renal glomerular
capillaries after ABO-incompatible blood reperfusion.
研究助成
*文部科学省科学研究費
・岡本亜希子:若手研究(B);代表(H21~24 年)90 万円
「前立腺癌の神経周囲浸潤の責任分子の同定」(21791483)
・坪井
滋:基盤研究(C);代表(H22~25 年)70 万円
「癌細胞表面に発現した分枝型O-グリカンによる宿主免疫逃避機構の解
明」(22570131)
・大山
力:基盤研究(B);代表(H22~26 年)300 万円
「前立腺特異抗原を凌駕する糖鎖標的前立腺癌診断ツールの開発と臨床応
用」(22390301)
・畠山
真吾:若手研究(B);代表(H23~26 年:3,10 万円)80 万円
「癌特異的分子アネキシンを標的とした泌尿器癌化学療法の開発」
(23791737)
・米山
徹:若手研究(B);代表(H23~26 年:3,10 万円)70 万円
「血液型糖鎖抗原に結合する新規ペプチドによる ABO 不適合腎移植の拒
絶抑制法の開発」(23791736)
・大山
力:挑戦的萌芽研究;代表(H24~2 年)60 万円
「糖鎖バイオマーカーを用いた癌の総合力評価により前立腺癌の過剰治療
を回避する方法」(24659708)
・盛
和行:基盤研究(C);代表(H24~2 年)50 万円
「BCG 抵抗性膀胱癌の糖鎖プロファイル同定とナノパーティクル BCG に
よる治療薬開発」(24592372)
・飛澤
・大山
悠葵:若手研究(B);代表(H24~2 年)万円
力:基盤研究(B);分担(代表:秋田大
羽渕
友則)20 万円
「高脂肪・高カロリー食による泌尿器癌の進展の分子機構の解明と治療標
的分子の同定」(22390302)
・大山
力:挑戦的萌芽研究;分担(代表:秋田大
羽渕
友則)(H23~25 年)
(10 万円)
「希少腎細胞癌の分子病態解析と治療標的分子候補の同定」(23659752)
*他省庁からの研究費
・大山
力:厚生労働省科学研究費補助金 15 万円(H22・がん臨床・一般・26)
「髙悪性度筋層非浸潤癌に対する経尿道的膀胱腫瘍切除後の治療方針の確
立に関する研究」(3 年計画の 3 年目)(代表:札医大
・大山
力:厚生労働省科学研究費補助金
般・012)
塚本
泰司)
100 万円(H23・実用化(がん)・一
「」(難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業)(3 年計画の 2
年目)
(代表:久留米大
野口
正典)
*国外出張
・大山
力,神村典孝,米山高弘,米山
径,小島由太,佐藤天童,福士
徹,飛澤悠葵,盛
和行,橋本安弘,岩村大
謙,藤田尚紀,三上穣太郎:第 107 回 AUA(アトラ
ンタ)&サンディエゴ;5 月 15 日-23 日
・古家琢也,鈴木裕一朗:第 107 回 AUA(アトランタ) 5 月 18 日-23 日
・米山
徹:福田ラボへ,サンディゴ 6 月 25-7 月 25 日
*国外留学
・なし
*国内留学
・なし
*特許出願
A) 平成 24 年 10 月 12 日出願
発明等の名称 前立腺特異抗原の N 型糖鎖をターゲットとした前立腺癌診断法
出願時の名称 前立腺癌と前立腺肥大を識別するための方法およびキット
受 理 番 号 発開示12‐01
整 理 番 号 PA12‐01
出 願 番 号 特願2012-226489
Fly UP