...

瀬戸内の戦跡リスト

by user

on
Category: Documents
1524

views

Report

Comments

Transcript

瀬戸内の戦跡リスト
第6節 既刊文献より作成した軍事施設・配備部隊一覧
表2 既刊文献より作成した軍事施設・配備部隊一覧表
古仁屋地区
所在集落
阿木名
所在地詳細
部隊
阿木名
防衛隊(現地召集)
阿木名
阿木名
阿木名
阿木名
阿木名
阿木名
阿木名
阿木名
海軍防備隊
海軍航空隊基地阿木名派遣隊
第2740部隊(40部隊)
独立混成第22連隊第3大隊
阿木名
海岸線一帯
海岸・山腹
後方山頂
複郭陣地
集落から1時
間ほどの山中
阿丹花崎
阿丹花崎
海上挺進基地第11大隊の一部
阿鉄
海上挺進基地第29大隊の一部
阿鉄
海上挺進第29戦隊
阿鉄
海上挺進第29戦隊第2中隊
網野子
伊須
伊須
伊須
海岸一帯
皆津崎
皆津崎
皆津崎
皆津崎
皆津崎
海軍部隊非常用
将兵約100名
陸・海・空最後の砦として構
築
典拠
昭和20年度
①
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和20年度
⑩
⑩
⑩
⑩
①
①⑩
①
①
昭和20年度
①
無線基地
⑬
海軍所属
昭和19年度
①⑩⑭
⑩
隊長石川芳春陸軍少尉以下
47名
球第15066部隊・隊長卓野義
雄陸軍中尉
昭和20年3月15日
①②⑤⑬
配備
昭和20年3月15日
①②⑤⑬
配備
球第19768部隊・隊長山本久
徳陸軍大尉・隊員88名(戦隊
41名・整備隊47名)昭和20年
10月26日に広島県宇品にて
編成、昭和20年1月18日に
昭和20年3月15日 ①②⑤⑩
宇品より沖縄に向け出航、
配備
⑬
天候悪化により奄美大島へ
寄航。沖縄への航行不能と
なったため3月15日阿鉄に基
地をおく。出撃待機のまま終
戦。(典拠⑨)
迎撃散兵壕
迎撃陣地
複郭陣地
伊須
伊須
ウラソコ
ウラソコ 海岸・山腹一帯
奄美大島要塞重砲兵連隊第2大隊
皆津崎
奄美大島要塞重砲兵連隊第2大
皆津崎
隊第6中隊
①
⑩
⑩
防衛隊(現地召集)
伊須湾奥、阿
木名川上流
文献初出年
昭和20年度
機銃陣地
砲台
見張所
機銃陣地
阿鉄
備考
糧秣倉庫管理ほか
各部隊に配属・陣地構築ほ
か
田村隊
隠蔽壕
対戦車壕陣地
糧秣倉庫
迎撃陣地
阿木名
阿木名
阿木名
施設
暁部隊(陸軍)
カノン砲陣地
散兵壕
軍用桟橋
迎撃陣地
中隊長重田正陸軍中尉以下 昭和20年3月15日
①②⑤⑩
配備
41名・マルレ特攻艇40隻
昭和19年度
①
監視・連絡・陣地構築
昭和20年度
①
米軍の上陸への備え
昭和20年度
①
須手配備の第951海軍基地
昭和20年6月
航空隊古仁屋派遣隊が構築
⑤
⑩
⑩
①
①
①
皆津崎砲台陣地との連絡用 大正10年度
米軍上陸への備え
昭和20年度
隊長岩本陸軍少佐
大正10年度
昭和16年10月ごろ
中隊長丸子正一陸軍中尉
①②
配備
中隊長桑久保邦男陸軍大
尉・野砲4門・昭和17年9月24
昭和17年9月配備 ①②⑤
日の奄美大島要塞重砲兵連
隊の部隊縮小後の配備
奄美大島要塞重砲兵連隊第4中
隊
海軍防備隊派遣隊
ウラソコ海軍電波探知機隊
要塞野砲隊
皆津崎第1砲台
皆津崎
皆津崎第2砲台
皆津崎
弾薬庫
皆津崎
掩蓋式観測所
皆津崎
皆津崎
皆津崎
皆津崎
軍道
兵舎
砲台監守衛舎
カノン砲陣地
将兵約20名
約60名
八木隊
24㎝榴弾砲4門
15㎝カノン砲4門・観測所・弾
薬庫・繋船場・監守衛舎など
(典拠⑦・ただし「皆津崎砲
台」の装備として)
弾薬庫2箇所
典拠①では「監視所」、正式
名称「掩蓋式観測所」(篠崎
達男氏より徳永茂二氏宛書
簡による)
木造1棟、陸軍曹長勤務
昭和20年度
①
⑩
⑩
大正10年11月着工 ①②⑤⑦
大正10年11月着工 ①②⑤⑦
大正10年度
①⑩
大正10年度
①
大正10年度
大正10年度
大正10年度
①⑩
①⑩
①
⑩
皆津崎
皆津崎
皆津崎
勝浦
勝浦
勝浦
嘉鉄
嘉徳
嘉徳
嘉徳
久根津
久根津
官舎
機銃陣地
探照灯
迎撃陣地
対戦車壕
散兵壕
迎撃陣地
山腹・山頂付近
海岸線一帯
海岸線
海岸・山腹一帯
鳥の峰山
陸軍対空監視隊
迎撃陣地
散兵壕
海軍航空隊秘密基地
兵舎
小名瀬
古仁屋
古仁屋
特攻艇繋留基地
陸軍築城部奄美大島支部
現古仁屋高校
奄美大島要塞司令部
敷地
古仁屋
奄美大島要塞重砲兵連隊
古仁屋
奄美大島要塞憲兵古仁屋分遣隊
古仁屋
古仁屋
古仁屋
瀬久井
軍令憲兵奄美派遣隊
憲兵隊(勅令・軍令)
奄美大島要塞歩兵第19部隊
古仁屋
瀬久井
奄美大島要塞歩兵第28中隊
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
大湊
古仁屋
古仁屋
奄美大島要塞歩兵第119部隊
奄美大島要塞無線通信隊
奄美大島要塞通信隊
陸軍無線通信隊
陸軍無線有線通信隊
第32軍航空情報隊
キャンマ山
特設警備第222中隊
古仁屋
特設水上勤務第102中隊
古仁屋
独立混成第22連隊第7中隊
古仁屋
陸上勤務第71中隊
古仁屋
重砲兵第6連隊
古仁屋
古仁屋
沖縄憲兵古仁屋分遣隊
船舶気象隊古仁屋班
船舶通信独立第2大隊第2中隊第
3小隊
陸軍要塞電波警戒隊
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
古仁屋
瀬久井
現古仁屋中学
校
米軍上陸への備え
兵員約10名
昭和20年度
昭和20年度
昭和20年度
昭和20年度
昭和19年度
昭和19年度
瑞雲水上爆撃機待機繋留
搭乗将兵宿泊用
阿鉄挺進第29戦隊所属艇約
昭和20年度
30隻
大正9年10月開庁
要塞司令官井上二一陸軍大 大正12年4月開庁・
佐
昭和19年5月廃止
西部第2740部隊、連隊長宮
内陽輔陸軍大佐、2個大隊6
個中隊の甲編成、現役兵と
予備兵の混合部隊、総員約 昭和16年9月編成
1400名(典拠②)・昭和19年5
月15日に「重砲兵第6連隊」
に改称
隊長中條好憲兵少尉(典拠
①)・志賀憲兵上等兵(典拠 昭和16年9月編成
⑤)
要塞司令部内駐屯
昭和16年度
隊長江頭千年陸軍少尉
昭和18年度
隊長谷口勝久陸軍中尉(暁
昭和18年度
部隊)
球第16744部隊・隊長篠田直
昭和19年10月ごろ
也陸軍少尉
昭和19年度
隊長石井直行陸軍中尉
昭和19年度
球第7077部隊・中隊長久保
昭和19年度
井米栄陸軍中尉・126名
球第8885部隊・中隊長田中
昭和19年度
良男陸軍中尉・736名
球第7154部隊・隊長大石洋
昭和19年10月ごろ
陸軍中尉
隊長関仁太郎陸軍中尉
昭和19年度
「奄美大島要塞重砲兵連隊」
を改称・球2740部隊・連隊長
宮内陽輔陸軍大佐(昭和19
年7月より末松五郎陸軍中 昭和19年5月15日
佐)昭和19年3月に沖縄に第 改称
32軍(球軍)創設、奄美大島
要塞各部隊もその下に編入
される
10名
昭和20年8月
谷口勝久陸軍中尉
昭和20年8月
兵器廠船舶工兵第26連隊第3中
隊1小隊(暁部隊)
船舶忠勇隊(救難隊)
大本営陸軍部特務隊第2特務班
古仁屋
昭和19年度
昭和19年度
春田隊・約350名
昭和16年度
西部第19部隊・中隊長東陸
軍中尉(典拠⑤)・中隊長春
昭和16年9月編成
田陸軍中尉以下120名(典拠
①)
春田隊(約120名)
昭和16年度
昭和16年度
昭和16年9月
陸軍船舶部隊気象班
古仁屋
古仁屋
約15名
軍用桟橋(大湊地先)
司令部専用船・鴫丸
兵舎5棟(バラック)
奄美大島陸軍病院
船舶砲兵団司令部の出
張所
第32軍野戦貨物廠古仁
屋出張所
第32軍野戦兵器廠古仁
屋出張所
第7野戦船舶廠古仁屋出
張所
⑩
⑩
⑩
①
①
⑩
①
①⑩
①
①
①②⑩
①⑩
①⑩
①⑤
①②④⑤
⑩⑬⑭
②④⑤⑩
⑭
①②④
①
⑩
①⑩
①②④
①
①
④
⑩
⑩
①
①⑩
①②⑩
①⑬
①
①②⑬
①⑬
①②
①
②⑤
②⑬
②⑤
小隊長嘉納大信陸軍少尉
昭和20年8月
②⑬
軍用物資・船舶繋留
砲台監視連絡船(鉄鋼船)
医務室・衛兵所・練兵場
球第2782部隊・病院長永田
一男軍医少佐
大正12年度
大正12年度
昭和16年度
⑩
①⑩
①
①
昭和16年9月編成 ②④⑬
隊長花里博陸軍少尉
昭和19年度
①
20名
昭和20年8月
①②⑤⑬
20名
昭和20年8月
①②⑤⑬
村田義一陸軍少尉・20名
昭和20年8月
①⑤⑬
第7船舶輸送司令部沖縄
筑瀬猛陸軍少尉・30名
支部古仁屋出張所
機銃砲台
海軍所属
古仁屋
古仁屋
古仁屋
(高知山)
高射砲小隊
小隊長船間満蔵陸軍少尉
古仁屋
(高知山)
重砲兵第6連隊本部
古仁屋
(高知山)
重砲兵第6連隊第3中隊
古仁屋
(高知山)
古仁屋
(高知山)
特設防衛通信隊
独立混成第22連隊第7中隊
古仁屋
(高知山)
高射砲台
古仁屋
(高知山)
古仁屋
(高知山)
古仁屋
(高知山)
古仁屋
(高知山)
古仁屋
(高知山)
海岸・山腹一帯
清水
節子
陸軍球第2740部隊
海岸・山腹一帯
節子
蘇刈部落裏側
蘇刈
の山地
海岸・山腹一帯
蘇刈
南大島自動車
手安
学校裏山麓
手安
複郭陣地
昭和16年9月設置・ ①②④⑤
昭和17年9月撤去 ⑩
②
⑩
野砲陣地
⑩
迎撃陣地
米軍上陸への備え
楠見隊長以下約30名
迎撃陣地
複郭陣地
迎撃陣地
陸軍弾薬庫
衛兵所
昭和20年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
米軍上陸への備え
昭和20年度
昭和7年構築(典
3基・附属建物数棟
拠:現地案内板)
瀬久井歩兵19部隊より派遣 昭和5年度
要塞司令部より陸軍曹長駐
昭和5年度
在
①
①⑩
①
②
①
①②⑩
①⑩
①
⑩
⑩
隊長石川正海海軍航空大尉 昭和18年3月配置 ①②⑤⑩
昭和19年4月設置 ⑬
海軍大島防備隊分遣隊
海軍航空隊古仁屋基地
瀬相の海軍防備隊本部より
派遣
通信所・兵舎・地下施設・高
射機関砲陣地(4箇所)・医務
昭和15年建設
室・施設部・掩体壕・指揮所・
スリップ・弾薬庫(典拠⑪)
昭和18年度
⑩
①⑨⑩⑪
対空機銃陣地
3ヶ所(典拠⑩)
防空壕
昭和19年の兵舎焼失後は兵
昭和18年度
舎として使用
①
揚陸用滑走路
水上機引揚用
①
複郭陣地
第951海軍基地航空隊古仁
昭和20年6月ごろ
屋派遣隊が移駐
昭和18年度
①⑩
⑤
水上偵察機
⑩
探照灯
⑩
防衛隊(現地召集)
油井岳2740部隊
油井
油井
油井岳
ホノホシ
ホノホシ
ホノホシ
ホノホシ
⑩
昭和19年
沖縄海軍航空隊古仁屋派遣隊
学校・集会場
昭和20年3月29日
⑬
配属
洞窟陣地
第951海軍基地航空隊古仁屋派
遣隊
油井
②⑩
⑩
工廠
兵舎
伊須湾奥、阿
木名川上流
昭和19年
機銃陣地
手安
手安
手安
(須手)
手安
(須手)
手安
(須手)
下間崎ほか
昭和19年高地山へ
②⑩⑬
移動
⑩
弾薬庫監視員官舎
手安
(須手)
②⑬
昭和20年
⑩⑭
昭和16年10月ごろ
②④
配備
機関砲
手安
手安
(須手)
手安
(須手)
手安
(須手)
手安
(須手)
手安
(須手)
手安
(須手)
油井
隊長末松五郎陸軍中佐・高
知山を背に部隊本部、西側1
㎞に部隊無線班、東側500m
に軍無線基地(典拠⑬)
浜田光保大尉・38式野砲2
門・重砲兵第6連隊の最終配
備
暗号班10名・有線班10名・無
線班20名
大石隊・220名(内現地召集
兵約40名)
10cm高射砲2門(典拠②)迎
撃陣地・監視所・軍道(典拠
①)
昭和20年8月
海軍爆撃機待機基地
高射砲台
カノン砲台陣地
迎撃陣地
散兵壕
機銃陣地
60名
昭和18年度
隊長大石陸軍中尉・典拠⑩
昭和18年度
では「暁部隊」
昭和18年度
兵舎・軍道・将兵駐屯
昭和18年度
陸軍所属
昭和19年
敵の上陸への備え
昭和20年度
敵の上陸への備え
昭和20年度
①⑩
①⑩
①⑩
①
②⑩
①
①
⑩
西方地区
所在集落 所在地詳細
久慈
久慈湾
久慈
海岸(現存)
久慈
久慈
部隊
第44震洋隊
施設
軍港
海軍給水タンク
海軍燃料補給所
震洋艇格納壕
備考
文献初出年
明治初めごろから軍港扱い
煉瓦造り
明治44年度
兵員約10名
明治44年度
マル四特攻隊・隊長三木十
郎海軍中尉・隊員180名・震 昭和20年3月配備
洋艇約50隻
典拠
①
①
①
①②⑫
管鈍
陸軍部隊一時駐屯
管鈍
花天
花天
古志
古志
古志
海岸・山腹一帯
海岸・山腹一帯
篠川
小学校
海軍駐屯
山頂
山中
篠川
篠川
西古見
高射砲台
兵舎
陸軍黒木隊
輸送艦船停泊地
船舶避難港
奄美大島要塞重砲兵連隊第1大隊
奄美大島要塞重砲兵連隊第1大
隊第1中隊
西古見
奄美大島要塞重砲兵連隊第2中
隊
西古見
西古見
西古見
迎撃陣地
迎撃陣地
特別攻撃隊海軍魚雷艇
重砲兵第6連隊第2中隊
浦底
西古見の兵舎完成までの約
1ヶ月間、約200名が民家や 昭和19年度
集会場に仮宿
昭和20年度
昭和19年度
約150名
約50名
陸軍所属・将校約45名
昭和19年度
約1個小隊駐屯・小学校に
宿泊
陸・海軍共用
昭和17年度
①⑩
①
①
⑩
⑩
①⑩
⑩
①
昭和17年度
大隊長前田一水陸軍少佐
①
⑩
昭和16年9月配備 ①②⑤⑧
中隊長原田種文陸軍中尉
昭和16年9月配備 ①⑤⑧
中隊長喜友名朝光陸軍大
尉・昭和17年9月25日の奄美
昭和17年9月配備 ①②⑤
大島要塞重砲兵連隊の部隊
縮小後の配備
中隊長森本松次郎大尉・重
昭和19年
②
砲兵第6連隊最終配備
一般住民立ち入り禁止
①
陸軍・海軍駐屯
奄美大島要塞重砲兵連隊派遣隊
西古見
小川隊
⑩
第4中隊1小隊
西古見
要塞野砲隊迫撃砲隊
野砲
⑩
陸軍独立守備隊基地(陸 砲台は戦後破壊、弾薬庫・ 大正8年着工・大正
西古見 池堂
⑧
11年完成
軍要塞)
兵器格納庫跡は現存
西古見の西北
28㎝榴弾砲4門・弾薬庫・繋
①②⑤⑥
西古見
西古見第1砲台
大正10年9月着工
にあたる高地
船場・監守衛舎
⑦⑩
第1砲台の西
方約3キロの
15㎝カノン砲4門・観測所・弾
①②⑤⑥
西古見 崖鼻・弾薬庫
西古見第2砲台
大正10年9月着工
薬庫
⑦
は曽津高崎灯
台の地続き
鉄筋コンクリート2棟ほか付
大正10年度
①
西古見
砲台監守衛舎
属建物
池堂の旧陸軍
兵舎跡から曽
津高崎灯台の
典拠①⑥⑧では「監視所」、
ほうへ約2km
正式名称「掩蓋式観測所」
西古見 ほどのぼった
掩蓋式観測所
大正12年度
①⑥⑧
(篠崎達男氏より徳永茂二
途中、舗装工
氏宛書簡による)
事された道路
の海側・マンガ
ン山の上
西古見
軍用桟橋
鴫丸繋船・物資揚陸用
大正12年度
①
山麓3ヶ所現
弾薬庫
兵器廠・地雷
大正12年度
①
西古見
存
西古見
探照灯
昭和16年度
①⑩
西古見 車崎地区
38式野砲2門
昭和19年
②
複郭陣地
昭和19年
②
西古見 西古見砲台近く
西古見
92式水中聴音遠操機雷
昭和20年度
①
西古見
防潜網
昭和20年度
①
灯台近くに兵舎があった。貯
昭和20年度
①⑥⑧
西古見 曽津高崎山頂
海軍電波探知機
水タンク現存
西古見
官舎
⑩
陸軍要塞北側
の山中・地元
現存するが大尉壕の入口が
で「キュラヤ
大尉壕・准尉壕
⑥⑧
西古見
埋まっている
マ」と呼んでい
る山の中腹あ
たり
池堂の旧陸軍
兵舎跡を戸倉
西古見 山のほうへ約
弾薬庫
⑥⑩
80mの左側、
山手のほう
西古見
兵器廠
⑩
西古見
兵舎
⑩
西古見
砲台陣地
⑩
西古見 池堂
陸軍兵舎跡
⑥
大島護衛部隊(海軍)所属・
西古見
特設見張所
昭和18年度
①③⑭⑩
下士官3名・兵6名
(曽津高
西古見
海軍所属・将兵約20名・92式
特設防備衛所
昭和18年度
①③⑩⑭
(曽津高
水中聴音遠操機雷・防潜網
崎)
西古見
海軍電波探知機
⑩
(曽津高
実久地区
所在集落 所在地詳細
阿多地
海岸一帯・岬・
阿多地
山腹
乙崎
乙崎
乙崎
乙崎
乙崎
嘉入
嘉入
嘉入
嘉入
海岸・山腹一帯
嘉入
木慈
部隊
海軍防備隊派遣隊
宮本隊
出口隊
川村隊・木吉隊
仮兵舎
探照灯
平射砲台
迎撃陣地
奄美大島要塞重砲兵連隊第1大
隊第2中隊
実久
奄美大島要塞重砲兵連隊第1中
隊
実久
重砲兵第6連隊第1中隊
実久
実久
実久
照空隊
第1大隊
第3中隊
実久
山頂
弾薬庫
実久
砲台監守衛舎
実久
要塞砲・カノン砲
実久
陸軍軍用桟橋
実久
探照灯台
実久砲台の固
定砲の近く
①
昭和18年度
昭和18年度
昭和18年度
昭和18年度
昭和20年
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
①
①
①⑩⑭
①③
①⑩⑭
①
①
①
①⑩⑭
①
⑩
施設構築用材として珪岩を
採石
昭和17年度
①
中隊長黒葛清治陸軍中尉
昭和16年10月ごろ
①②⑤
配備
海軍所属
海軍所属
下士官5名・兵49名
茅葺
海軍所属
海軍所属
15㎝カノン砲4門・観測所・繋
大正10年8月着工 ①②⑤⑦
船場・弾薬庫・看守衛舎など
2ヶ所
鉄筋コンクリート造り・陸軍下
士官常時駐在
第2中隊の装備・要塞砲2門・
カノン砲2門
司令部所属船鴫丸他軍用艦
艇用
2台・海軍防備隊派遣隊・加
治兵曹長他26名
複郭陣地
軍用道路
対潜防備隊
実久
(江仁屋
離)
江仁屋離砲台
大正10年度
①
大正10年度
①
大正10年度
①
大正10年度
①
昭和18年度
①
昭和19年構築
②
軍用桟橋から山頂砲台まで
実久電波探知機
海軍防備隊派遣隊
①
昭和18年度
大森隊・水中聴音機・92式水
昭和19年度
中聴音遠操機雷・防潜網
7㎝カノン砲2門・観測所・監
守衛舎(典拠⑧)15㎝カノン砲
大正10年10月着
4門(典拠①)兵舎・弾薬庫。
工・
軍用桟橋(典拠⑩)昭和19年
撤去(典拠②)
①⑩
①②⑤⑦
⑩
将兵約20名
高角砲台
石井大尉他約40名・平射砲
昭和17年度
台兵員15名
①
橋本少尉他約30名
昭和17年度
①③⑩⑭
⑮
昭和17年度
①
昭和19年度
明治41年度
昭和18年度
昭和19年度
昭和19年度
①
①⑩
①
①
①
⑩
③
高射砲台
弾薬庫
防衛隊(現地召集)
軍港
迫撃砲台陣地
南進基地・艦隊泊地指定
防衛隊(監視隊)(現地召集)
迎撃陣地
高射砲陣地
大正11年度
①
防備衛所
武田隊構築
迫撃砲小隊
須子茂
平射砲台
須子茂
須子茂
須子茂
迎撃陣地
探照灯台
(地雷敷設)
海岸・道路
昭和19年度
中隊長黒葛清次陸軍大尉・
昭和17年9月25日の奄美大
昭和17年9月配備 ①②⑤
島要塞重砲兵連隊の部隊縮
小後の配備
黒葛清次大尉・重砲兵第6連
昭和19年
②
隊最終配備
海軍所属
昭和20年
⑭
大隊長前田一水陸軍少佐
①
①
実久砲台
実久
(江仁屋
実久
(江仁屋
実久
(江仁屋
実久
(江仁屋
薩川
薩川
薩川
後方山頂
芝
芝
海岸線一帯
芝
須子茂
典拠
①⑩
陸軍監視隊
海軍採石場
実久
実久
(江仁屋
実久
(江仁屋
文献初出年
昭和19年度
下士官5名・兵45名
機銃砲台
高射砲台
見張所
実久
実久
備考
中村隊・将兵約50名
迎撃陣地
木慈
実久
施設
海軍防備隊派遣隊・中村兵
昭和19年度
曹長他約32名駐屯
渡辺兵曹長他約47名
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
①②③
①③⑩⑭
①
①
①
須子茂
兵舎
瀬相
大島根拠地隊
瀬相
大島防備隊
瀬相
海軍通信隊
瀬相
瀬相
瀬相
近藤部隊・飯島隊・西泉隊・中目
隊ほか
照空隊
第17号大島輸送隊
大島附近防備部隊
瀬相
大島方面隊
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
大島護衛部隊
迫撃砲小隊
瀬相
瀬相
海軍機銃砲隊
海軍防備隊派遣隊高射砲隊
西阿室
機雷敷設隊
⑩
昭和16年9月編成・
⑬
昭和17年1月廃止
司令谷口秀志海軍大佐・昭
和20年4月15日に「大島方面 昭和16年
隊」に改称
迫撃砲台・高射砲台・平射砲
昭和16年
台
①
①
⑭
大島護衛部隊本部
昭和16年度
昭和16年度
昭和17年1月
昭和20年4月15日
改称
昭和20年4月
海軍病院
艦船用給水ダム
昭和16年度
昭和16年度
⑭
③
①
①
昭和16年度
①
昭和16年度
昭和16年度
昭和16年度
昭和16年度
昭和16年度
昭和20年
昭和20年
昭和19年度
昭和19年度
①⑩
①
①
①
①
⑭
⑩
③⑩⑭⑮
①⑩
①⑩
昭和19年度
①
「大島防備隊」を改称・司令
長官加藤唯男海軍少将
駆逐艇5艇・掃海艇・監視艇・
敷設艇
7基・照空隊の装備
照空隊の装備
海軍佐藤参謀
海軍所属
宮本隊・壕構築・地雷敷設
米田海軍少尉他約48名
瀬相の海軍防備隊本部より
派遣
迫撃砲小隊
迎撃陣地
高角砲台
対空機関砲台
(地雷敷設)
機銃砲台
(機雷敷設)
山頂
ワキン丘の上
海岸道路一帯
山頂
西阿室港口
俵
俵
俵
機銃砲台
兵舎
糧秣倉庫
平松山
横川部隊
平松山
平松山
平松山
平松山
平松山
三浦
海軍派遣隊
海軍設営隊
横川海軍中尉・伊藤海軍兵
昭和19年度
曹長
軍用桟橋
高射砲台
機銃陣地
防空見張所
海軍設営隊本部
三浦
艦船用給水ダム
三浦
三浦
高射砲台
兵舎・徴用工宿舎
三浦
第17震洋隊
三浦
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
瀬相の海軍防備隊本部より
昭和19年度
派遣
海軍所属
昭和20年
海軍防備隊(森山隊・石井隊・林
隊)
俵
①②⑩⑭
①
機銃砲台
高角砲台
壕内指揮所・見張所
防備衛所
兵舎
見張所
海軍防空見張所
高射砲台
海岸・山腹一帯
①②⑤⑩
⑭
昭和16年度
艦艇
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
瀬相
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
西阿室
4棟
大島防備隊・海軍通信隊
震洋艇格納壕
燃料備蓄補給基地
木造
海軍所属
昭和19年度
昭和19年度
将兵約60名
昭和16年度
サキバルの岸壁まで導水管
昭和16年度
敷設
昭和16年度
昭和16年度
総員185名(士官7名・本部員
13名・搭乗員50名・整備隊員 昭和19年11月21日
43名・基地隊員72名・震洋艇 配備
(一型)53隻)(典拠⑫)
昭和20年度
⑤⑬
③
①
①
①
①
⑩
⑩
①⑩
⑩⑭
⑩
⑩
①
⑩
①
①③⑩⑭
⑩
⑩
①⑩
①
①③
①
①②⑤⑫
①
鎮西地区
所在集落 所在地詳細
部隊
海岸・山腹・山
秋徳
頂一帯
海岸・山腹・山
秋徳
頂一帯
秋徳
海軍防備隊秋徳派遣隊
(サキニ
秋徳
防備隊(現地召集)
(サキニ
秋徳
(サキニ
池地
池地
伊子茂
施設
迎撃陣地
複郭陣地
平射砲台
防衛隊(現地召集)
道路
備考
典拠
昭和18年度
①
昭和18年度
①
将兵約50名駐屯・典拠⑩で
は海軍対潜監視隊
昭和18年度
①⑩
現地部隊に編入
昭和18年度
①
海軍所属
昭和20年
③⑭
請阿室部隊・道路に地雷敷
設
昭和19年度
①⑩
昭和19年度
①
(地雷敷設)
海軍防備隊派遣隊
文献初出年
約60名
伊子茂
伊子茂
請阿室
請阿室
請阿室
海上監視隊
防衛隊(現地召集)
道路
於斉
於斉
於斉
於斉
於斉
勝能
花富
花富
花富
佐知克
佐知克
佐知克
諸数
(スリ浜)
諸数
(スリ浜)
諸鈍
諸鈍
諸鈍
諸鈍
諸鈍
諸鈍
諸鈍
諸鈍
迎撃陣地
(機雷敷設)
伊子茂港入口
(地雷敷設)
海軍派遣工作隊
機雷敷設隊
迫撃砲小隊
海岸線一帯
対戦車壕
(地雷敷設)
高射砲陣地
海軍防備隊派遣隊
伊子茂小学校 防衛隊(現地召集)
迎撃陣地
迎撃陣地
散兵壕
対戦車壕
海岸・岬一帯
機銃陣地
軍用道路構築派遣隊
諸鈍湾機雷敷設隊
防衛隊(現地召集)
海軍防備隊派遣隊第4中隊
迫撃砲小隊
陸軍部隊派遣隊第3中隊
陸軍野砲砲台陣地
迎撃陣地
海岸・山腹
迫撃砲台陣地
海岸・山腹
①
①③
①
①
①
①
①
①
①
①
①
昭和19年度
①⑩
昭和17年度
昭和19年度
昭和19年度
①
①⑩
①
⑩
③
⑩
①
①
海軍所属
陸軍2719部隊より派遣
海軍将兵約20名
現地部隊に編入
小口隊
宮原隊・約40名
陸軍2740部隊より派遣
奄美大島要塞重砲兵連隊第2大
隊第5中隊
中隊長小口敏之陸軍中尉
要塞重砲兵連隊
要塞野砲隊派遣隊
海岸・山腹一
帯
海岸・山腹一
帯
海岸・岬一帯
渡連
(安脚場)
海軍防備隊派遣隊
渡連
(安脚場)
要塞重砲兵連隊大隊本部派遣隊
渡連
(安脚場)
①
⑩
①
複郭陣地
昭和19年度
①
散兵壕
軍馬揚陸休養地
昭和19年度
①
⑩
大隊長岩本儀助陸軍少佐
中隊長浜田光保陸軍中尉
昭和16年10月ごろ
①②⑤
配備
昭和16年10月ごろ
①②⑤
配備
中隊長浜田光保陸軍中尉・
昭和17年9月25日の奄美大
昭和17年9月配備 ②⑤
島要塞重砲兵連隊の部隊縮
小後の配備
⑩
貯水池
掩蓋式観測所
官舎・兵舎・弾薬庫・観測所・
⑩
探照灯・陸軍特設見張所・カ
ノン砲・機関砲陣地
15㎝カノン砲4門・観測所・繋
大正10年7月着工・
①②⑤⑦
船場・弾薬庫・看守衛舎など
昭和19年撤去
(典拠⑦)
陸軍下士官が常時駐在
大正10年度
①
要塞重砲兵第4中隊の装備・
弾薬庫2箇所
要塞重砲兵第4中隊の装備・
貯水池3箇所
要塞重砲兵第4中隊の装備・
典拠①では「監視所」、正式
名称「掩蓋式観測所」(篠崎
達男氏より徳永茂二氏宛書
簡による)
大正9年ごろ設置
(典拠:現地案内
①
昭和16年度
①
昭和16年度
①
海軍電波探知器
⑩
探照灯
機雷敷設隊
①
昭和19年度
弾薬庫
渡連
(安脚場)
渡連
(安脚場)
①⑩
迎撃陣地
砲台監守衛舎
渡連
(安脚場)
①
①
昭和18年度
①
昭和16年10月ごろ
①②⑤
配備
砲台・兵舎
安脚場砲台
渡連
(安脚場)
渡連
(安脚場)
渡連
(安脚場)
昭和17年度
昭和18年度
昭和18年度
奄美大島要塞重砲兵連隊第2大
隊
奄美大島要塞重砲兵連隊第2大
隊第4中隊
奄美大島要塞重砲兵連隊第3中
隊
①⑩
⑩
隊長山下海軍兵曹長他48名 昭和18年度
複郭陣地
渡連
(安脚場)
渡連
(カネンテ崎)
(機雷敷設)
①
⑩
海軍防備隊派遣隊秋徳対潜
監視隊より2、3名派遣・交代 昭和19年度
勤務
監視隊に編入、敵潜監視
昭和19年度
昭和19年度
瀬相-於斉間トンネル建設・
昭和19年度
約20名
海軍派遣隊約20名
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
海軍所属・将兵約50名
昭和19年度
約3個分隊・将兵約60名
昭和19年度
伊子茂小学校、民家に宿泊 昭和19年度
米軍上陸への備え
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
昭和19年度
海軍通信隊
諸鈍
諸鈍
諸鈍
(徳浜)
諸鈍
(徳浜)
諸鈍
(徳浜)
諸鈍
(徳浜)
諸鈍
(徳浜)
勢里
渡連
渡連
(安脚場)
渡連
(安脚場)
昭和19年度
⑩
92式機雷・水中聴音機・監視
昭和19年度
所
①
渡連
(カネンテ崎)
海軍特設防備衛所
渡連
(カネンテ崎)
渡連
(カネンテ崎)
平射砲台
大島護衛部隊(海軍)所属・
昭和16年構築(典
海軍有賀少尉他約23名・聴
拠:現地案内板)
音器3基・92機雷8群
海軍所属・海軍後藤少尉他
昭和17年度
約78名
探照灯台
渡連
(待網崎)
渡連
(待網崎)
渡連
渡連山頂
(待網崎)
渡連
(待網崎)
渡連
(待網崎)
呑之浦
昭和19年度
海軍防備隊派遣隊
高射砲台
海軍所属
昭和18年度
①③⑭⑮
対空高角砲陣地
海軍所属
昭和19年度
①⑩
探照灯台
海軍高木少尉
昭和19年度
①⑩
震洋艇格納壕
兵舎・練兵場
海軍防備隊野見山派遣隊
野見山
野見山
野見山
防衛隊(現地召集)
与路
海軍奄美大島防備隊
海軍与路島派遣隊
防衛隊(現地召集)
海軍防備隊派遣隊砲隊
照空隊
与路
探照灯台
与路
与路
与路
与路
弾薬庫
発電所
兵舎
平射砲台
2棟、将校2名・下士官16名・
兵89名
隊長島尾敏雄海軍中尉・隊
員183名・震洋艇52隻
〇四艇52隻・両岸に壕12
昭和19年度
①
昭和19年11月21日
配備
昭和19年度
昭和19年度
①②⑤⑩
⑫
①⑩
①⑩
約17名・兵舎・軍道・将兵駐
昭和18年度
屯7名
部隊に編入・陣地構築
昭和18年度
昭和18年度
昭和18年度
瀬相の海軍防備隊本部より
昭和19年度
派遣
下士官7名・兵48名
昭和19年度
昭和19年度
上前田隊
奥隊
隊長上前田兵曹長・松崎兵
昭和19年度
曹長
昭和19年度
昭和19年度
3棟
昭和19年度
海軍所属
昭和19年度
迎撃陣地
複郭陣地
与路
与路
与路
与路
①
①⑩
第18震洋隊
野見山
①③⑩⑭
隊長斎藤海軍中尉・約70名 昭和18年度
兵舎
呑之浦
呑之浦
①③⑩⑭
①⑩
①
①
①
①
①
①⑩
⑩
⑩
①⑩
①⑩
①⑩
①
①③⑩⑭
奄美大島の他地域に配備された部隊
所在集落
宇検村屋鈍
所在地詳細
部隊
奄美大島要塞重砲兵連隊第1大
隊第3中隊
施設
備考
中隊長葉山陸軍中尉
38式野砲4門
宇検村屋鈍
第32軍航空情報隊第2電波警戒
隊
電信第36連隊無線小隊の1個分
隊
笠利町
特設警備第220中隊
名瀬市
特設警備第221中隊
文献初出年
典拠
昭和16年10月ごろ
②⑤
配備
昭和16年・昭和17
⑤
年9月撤去
球第19564部隊・隊長江頭千
昭和20年8月
年陸軍少尉・30名
昭和20年8月
球第7075部隊・中隊長原田
昭和20年8月
輝夫陸軍中尉
球第7076部隊・中隊長黒木
昭和20年8月
安見陸軍大尉
②⑬
②
②⑬
②⑬
表作成 河津 梨絵
【注】典拠欄の記号は以下の文献を示している。
① 屋崎一『大島海峡周辺における軍事施設及び装備概況(戦争記録)』(1995)
② 篠崎達男『大東亜戦争中、奄美大島に於ける陸海軍の戦備と戦いの記録』(1998)
③ 『大東亜戦争中、奄美大島に於ける陸海軍の戦備と戦いの記録』巻末収録資料
④ 篠崎達男「奄美大島要塞について」(『しまがたれ』第9号 しまがたれ同好会 2000)
⑤ 篠崎達男「大東亜戦争中における奄美守備隊の回顧」(『しまがたれ』第7号 しまがたれ同好会 1999)
⑥ 『平成八年 西方地区現地調査報告書~西古見・管鈍・花天~』瀬戸内町文化財保護審議会(1996)
⑦ 浄法寺朝美『日本築城史』原書房(1971)
⑧ 西古見慰霊碑建立実行委員会『西古見集落誌』西古見慰霊碑建立実行委員会(1994)
⑨ 『平成9年度 文化財会報』瀬戸内町文化財保護審議会(1998)
⑩ 「瀬戸内町内における旧陸・海・空の軍事施設及び部隊の駐屯並に空襲被害概要」
(屋崎一編『わが町の戦中戦後を語る』瀬戸内町中央公民館 1989)
⑪ 梶山瑞雲『瑞雲飛翔 第六三四海軍航空隊水爆瑞雲隊・戦闘記録・私記』(2002)
⑫ 木俣滋郎『日本特攻艇戦史 震洋・四式肉薄攻撃艇の開発と戦歴』光人社(1998)
⑬ 特設防衛通信隊記念誌新版下編集委員会『記録のない過去 特設防衛通信隊記念誌』特設防衛通信隊記念誌頒布委員会(2000)
⑭ 防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面海軍作戦』朝雲新聞社(1968)
⑮ 防衛庁防衛研究所戦史室『沖縄方面陸軍作戦』朝雲新聞社(1968)
Fly UP