...

資料2-4 水産養殖向け宇宙データサービス

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

資料2-4 水産養殖向け宇宙データサービス
資料2-4
水産養殖向け宇宙データサービス
ウミトロン株式会社 藤原謙
自己紹介
•
東京工業大学機械宇宙システム専攻修了。超小型衛星開発プロジェクトに従事。
•
2008年、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の誘導制御系研究開発員として、天
文衛星プロジェクトや海外宇宙機関との共同実験等を担当。
•
2011年、カリフォルニア大バークレー校ハースビジネススクールに留学しMBA
取得。在学中、シリコンバレーにてベンチャーの創業支援。宇宙旅行の事業戦略
策定。
•
2013年、三井物産株式会社にて新事業開発を担当。農業ITベンチャーへの投資。
衛星データを用いた精密農業サービスの海外展開に従事。
•
2016年、水産養殖向けデータ・サービス会社UMITRON(ウミトロン)を創業。
衛星による海洋観測データを活用し水産養殖の生産効率化を行う事業を推進中。
水産養殖における課題
•
水産養殖生産は世界的なプロテイン需要を受けて急成長を続けている。一方
で、魚の 代は需給 迫により高騰を続け、生産コストの半分を占める。
52%
水産養殖:世界13兆円市場
48%
生産コストに占める
代の割合は48%*
*サーモン養殖事業者
市場環境
代の高騰が課題
水産養殖は成長産業
•
グローバルで養殖生産規模は約13兆円
•
•
水産物の主要供給源である天然の漁獲高は停滞。養殖生
• 原料の漁獲高が停滞する中、需要側の増加により、魚粉価
の原料はイワシやニシンなどの乾燥粉末(魚粉)。
格はこの10年で3倍に高騰。今後も上昇傾向を見込む。
産が今後重要度を増す。
Production
(million ton)
Fishmeal Price
(US$/ton)
Aquaculture"
200"
Capture"
2500"
2000"
160"
1500"
120"
1000"
80"
500"
12/1/14"
1/1/13"
2/1/11"
3/1/09"
4/1/07"
2030"
5/1/05"
2025"
6/1/03"
2020"
7/1/01"
2015"
8/1/99"
2010"
9/1/97"
2005"
10/1/95"
2000"
11/1/93"
0"
12/1/91"
0"
1/1/90"
40"
UMITRONのアプローチ
•
UMITRONは海洋環境と魚群行動のデータ分析により、給
化、 量の削減を実現します。
生簀内のセンサーデータ
の量とタイミングを最適
人工衛星による海洋データ
養殖事業者様向けサービス内容
1
データ収集
2
分析
3
技術サポート
生簀内に設置したセン
サーによるデータ収集
やりの最適化の
人工衛星から取得し
た海洋データの収集
為のデータ分析
事業者様向け技
術サポート
センサー・プロトタイプ
•
魚群行動のモニタリング
•
分析(捕食状況の判断)
•
給
量の調整
分析技術の特許出願済み
事業展開
顧客サポートの充実の為、各地域にサービス拠点を展開し、事業者様に寄り添ったサービスを
展開します。
データ分析サービス
ウミトロンHQ
顧客サポート
ウミトロン
地域拠点
データ・サービス料
生産事業者様
サービス料
企業情報
社名
ウミトロン株式会社
設立
2016年9月1日
ホームページ
住所
umitron.com
東京都江東区東雲1-9-18-510
Thank you.
コンタクト [email protected]
Fly UP