...

Get cached

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

Get cached
Title
Author(s)
見易さに基づく照明環境の評価並びに設計に関する研究
中根, 芳一
Citation
Issue Date
Text Version none
URL
http://hdl.handle.net/11094/32360
DOI
Rights
Osaka University
(
6
4]
氏名・(本籍)
雨
学位の種類
工
学位記番号
第
学位授与の日付
昭和 54 年 2 月 23 日
学位授与の要件
学位規則策 5 条第 2 項該当
学位論文題目
見易さに基づく照明環境の評価並びに設計に関する研究
論文審査委員
教授伊藤克三
かず
博
士
口方
(副査)
芳
4 503
晶子
│
模
教授足立
孝教授岡田光正教授五十嵐定義
論文内容の要旨
本論文は,明視照明環境の質の評価並びにその質的な設計法の確立を目的として行った研究の成果
をまとめたものである。
第 1 章は緒論で\本研究の目的及びその重要性について述べている。
第 2 章では物の視認は視対象物の大きさ,背景との対比及び背景輝度の相互関係で決まるが,輝度
均ーな背景輝度のもとでの視認域におけるこれら三者の相互の関係を広範囲にわたって実験し,視覚
に基づく照明設計を行う基礎となるべき等視力曲線図を得ている。背景輝度にむらのある場合,背景
輝度の増減によって同等の視力を確保できることを示し,この場合にも標準等視力曲線を使いうるた
めに必要な等価な均一背景輝度を得るための資料を提供している。
第 3 章では,眼球内の光幕光の発生原因ならびにその量を人間の眼に近似した牛の眼を用いて実験
的に解明した。微小光源についての光幕光量の測定値に基づき,大面積光源による光幕光量の予測計
算法を明らかにし,不能グレアによる視力の低下を背景輝度及び輝度対比の変化として取り扱い得る
ことを示している。
第 4 章においては,ランドルト環視標に等価な作業対象物の大きさを文字について求め,ランドル
ト環視標で得た等視力曲線図をはじめ,各種のデータを視認に基づく照明環境の設計に応用しうるよ
うにしている。
第 5 章では,一般的な事務作業の視対象である各種の用紙を用いた印刷面の反射特性を求め,評価,
設計の際の標準作業を選定した。
第 6 章においては,主観的な読み易さの評価指標として
4
8
6
視認域での背景の輝度を基準とした当該
照明条件下での背景輝度の倍率を用い,標準等視力曲線から得られる視認値に基づいて所定の主観評
価に対応した照明条件を決定しうるようにしている。
第 7 章では,上述の成果をもとに,視認に基づく明視照明の設計法を具体的に示すとともに,簡易
な照度推定法,火災時の煙を透しての見透しの予測等についても標準等視力曲線を活用し,その広範
囲な有用性を実証している。
第 8 章は,本論文の総活であり,得られた研究成果をまとめて記述し,見易きに基づく質的に高度
な明視照明環境の総合的な設計を行い得る方法を提示したものであることを述べている。
論文の審査結果の要旨
本論文は,従来行われてきた照度による照明設計が直接的に視覚に関連を持たない便宜的な方法で
あることに反省を加え,明視照明環境を見やすさという視覚によって評価し,これに基づいた照明設
計方法を確立することを目的として行った研究の結果をまとめたもので\その成果を要約すれば次の
通りである。
視対象物の視認は,定常視においては大きさ,輝度対比及び背景輝度の 3 者で決まることに着目し,
均一背景におけるこれら 3 者の域条件における関係を,ランドルト視標についての広汎囲にわたる被験
者実験より求め,見易さの評価規準とする標準等視力曲線図表を作成した。さらに本図表の利用の一
般化を図るために,背景に輝度分布のある場合これに等価な均一背景輝度を得るための資料も視覚実
験から得ている。
視認対象物の見易さの程度は域条件からの隔りの大きさによって数量化することにし,視認 3 条件
のうち背景輝度を用いて事務室照明の評価法を提示している。この場合,各種の印刷紙面の反射特性
を詳細に測定した結果から一般事務作業に対応した標準作業を選定するとともに,印刷文字ならびに
印刷文章に等価なランドルト視標の大きさも実験的に見出すことにより,実際的視作業の見易さレベ
ルを標準等視力曲線から簡易に求める方法を提示している。
一方,視線近くに位置する高輝度光源による不能グレアは眼球内散乱による光幕によることに着目
し,人間の眼に近似した牛の眼球を用いて光幕光を定量化することにより,不能グレアをも標準等視
力曲線によって評価しうることを示している。
さらに,上述の成果に基づ、いた具体的な明視照明の評価ならびに設計法を例示するとともに,簡易
な照度の推定ならびに火災時の煙を透しての見透しの推定等についても標準等視力曲線図の有用性を
実証している。
以上のように,本論文は明視環境を視覚に基づいてこれを工学的に評価,設計するための新らしい
手法を開発したものであり,照明工学の発展に寄与するところが大きい。よって本論文は博士論文と
して価値あるものと認める。
円i
口0
4
Fly UP