...

福岡市と中国の寧波で同じ型でつくられた軒丸瓦を確認

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

福岡市と中国の寧波で同じ型でつくられた軒丸瓦を確認
平成27年7月 10 日
各
位
福岡市経済観光文化局文化財部
福岡市と中国の寧波で同じ型でつくられた軒丸瓦を確認
このたび鹿児島国際大学の中園聡教授(考古学)を代表とする研究チームは、博
多遺跡群などで出土した中国系の瓦に、中国の寧波と「同笵」(どうはん:同じ型
で作られたもの)が存在すること(参考資料参照)を発見し、この件について 7 月
9 日(木)に鹿児島県庁県政記者クラブで記者発表を行いました。
この発表をうけて福岡市では今回の発見のもととなった寧波と「同笵」の軒丸瓦
を福岡市埋蔵文化財センターで下記のとおり展示公開しています。ぜひご観覧くだ
さい。
記
福岡市埋蔵文化財センター
期間 7 月 10 日(金)から 8 月 30 日(日)まで
〒812-0881 福岡市博多区井相田2丁目1-94
℡092-571-2921 FAX092-571-2825
9:00~17:00(入館は 16:30 まで) 休館:月曜日
※今回発表された中国系瓦の類品は福岡市博物館(早良区
百道浜)の常設展示室や九州国立博物館(太宰府市)の文
化交流展示室でも展示されています。
0
参 考 資 料
福岡市と中国の寧波で
同じ型でつくられた軒丸瓦が確認された
発表の要点
1.博多遺跡群や箱崎遺跡出土の 12 世頃の軒丸瓦が中国の寧波で収集された瓦と
同笵瓦(同じ型で作られた瓦)であることが三次元レーザースキャナを用いた調
査によって明らかとなった。
2.博多周辺で出土した中国系瓦は寧波産であり、日本と南宋という遠隔地で行わ
れた交渉を裏づける資料として注目される。
博多遺跡群 90 次
箱崎遺跡 9 次
博多
寧波
博多と寧波の位置
寧波採集の軒丸瓦(個人蔵)
1
はじめに
○博多遺跡群や箱崎遺跡では 12 世紀頃の遺構にともなって波状押圧文のある軒平
瓦と草花文を配する軒丸瓦が出土している。これらの文様は奈良・平安時代の系
譜をひく瓦ではなく、ひときわ異彩を放っている。
○近年、博多出土瓦に類する文様の瓦が中国浙江省の寧波で確認されたことから、
中国系瓦と考えられるようになった。しかし、これまで博多と寧波の出土資料の
なかに同笵瓦(同じ型を用いてつくられた瓦)は確認されていなかった。
寧波と博多遺跡群出土の中国系瓦
2
今回の調査成果
〇今回、鹿児島国際大学の中園教授の研究室の調査で、寧波在住の収集家のコレク
ションに博多遺跡群や箱崎遺跡出土と同じ文様構成の軒丸瓦があることがわか
った。三次元レーザースキャナと SfM による三次元化を用いた記録及び三次元
モデルの生成を行った結果、これら 3 点が同笵であることが確定的となった。
〇寧波の資料の蛍光X線分析結果は日本出土の中国系瓦と化学特性が完全に一致
しており,同一産地と考えられる。
寧波市内
博多遺跡群第 90 次
同笵の可能性のある瓦の三次元計測画像
(上段:テクスチャ表示 下段:レンダリング表示)
3
箱崎遺跡 9 次
まとめ
〇博多周辺で出土した中国系瓦は寧波産であり,海を越えてはるばる搬入されたこ
とが確実視できるようになった。
〇国内では北部九州や四国で生産された瓦が平安京に供給された事例があるが、今
回の調査は日本と南宋という遠隔地で行われた交渉を裏付けるものとして注目
される。
参考:【博多と寧波の交流】
〇博多と寧波、その交流の歴史は古く、寧波は、明州や慶元とよばれた遣唐使の時
代から交易の門戸として機能していた。
〇寧波博物館にある宋人刻石には、寺院に礼拝するための道路の舗装費用として太
宰府博多津に居留する宋人三名が私財を喜捨した旨の内容が刻まれている。
〇宋人刻石碑文にある乾道3(1167)年の年号から 12 世紀中頃における博多に居留
した華僑らの功徳を伺い知ることができる。
〇宋人刻石に象徴される故地明州への貢献、それに対峙するものとして居留地博多
には、宋人の精神的な拠所となる祠堂のような建物がおかれたと推定される。異
郷に建てられた祠堂、そこには祖霊を祀るための仏像や仏具が置かれ、船出に際
して航海の安全が祈願されたことが想像される。
〇天童寺千仏閣再建には禅宗を日本に伝えた栄西が日本産木材を提供したといわ
れている。
※寧波採集の軒丸瓦および瓦の三次元計測画像は鹿児島国際大学の中園教授より
ご提供いただきました。
4
Fly UP