...

繰上償還について(執行結果)(PDF)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

繰上償還について(執行結果)(PDF)
公的資金の繰上償還について(下水道事業)
1.概要
4.経営健全化計画の執行状況
・高金利企業債の公債費負担を軽減するため、徹底した経費削減等を内容とする公営企業経営
健全化計画を策定し、経営改革を行う事業を対象として、補償金なしで公的資金の繰上償還
を認めるもの。
今後の財政状況の見通し
→累積収支及び企業債残高は経営健全化計画を上回る見通し
・累積収支
・平成19年度から3年間実施されたが、平成22年度より更に3年間、対象となる起債の範囲が
拡大され、平成23,24年度に繰上償還を行った(平成22年度は対象起債なし)。
※繰上償還の財源としては、民間資金での借換債を発行し対応した。
・・・・・・・・・
平成26年度末で累積欠損金を解消
・企業債残高 ・・・・・・・・・
平成27年度末で1,500億円以下に減少
○財政計画
2.本市公共下水道事業の繰上償還対象の企業債
項 目
年利5%以上の旧資金運用部資金、旧公営企業金融公庫資金、旧簡易生命保険資金
H24
H25
計
画
事
業
収
益
13,385
13,540
13,583
13,510
13,380
事
業
費
用
13,339
13,316
13,312
13,396
13,329
当
初
当年度純損益
46
224
271
114
51
支
▲ 1,725
▲ 1,501
▲ 1,230
▲ 1,116
▲ 1,065
企 業 債 残 高
164,305
160,999
157,668
154,269
150,021
(
)
3.繰上償還額の実績
H23
(単位:百万円)
H26
H27
・当初計画では、平成23,24年度の2年間で総額約32億円の繰上償還を行う予定であったが、
平成24年度の総務省による補償金免除繰上償還額の減額調整に伴い、一部計画を見直し、
総額27億円の繰上償還を行った。
累
積
収
・償還終了年度(H33)までの利息軽減額は約6.3億円となった。
○年度別繰上償還額
平成23年度
実
下水道事業債
績
2,162.2
2,162.2
1,013.4
570.4
(単位:百万円)
項 目
3,175.6
2,732.6
計
画
事
業
収
益
13,383
13,299
13,250
18,194
17,094
事
業
費
用
12,988
12,682
12,853
17,416
16,478
当年度純損益
395
617
397
778
616
支
▲ 1,376
▲ 759
▲ 362
416
1,032
企 業 債 残 高
164,074
160,012
157,582
152,923
147,744
見
直
し
)
○資金区分別・利率別償還額
旧資金運用部資金
計 旧公営企業金融公庫資金
画 旧簡易生命保険資金
合 計
年利5.0~6.0%
79.4
1,680.1
934.0
2,693.5
旧資金運用部資金
実 旧公営企業金融公庫資金
績 旧簡易生命保険資金
合 計
79.4
1,680.1
491.0
2,250.5
年利6.0%以上
482.1
482.1
482.1
482.1
(単位:百万円)
合 計
79.4
1,680.1
1,416.1
3,175.6
79.4
1,680.1
973.1
2,732.6
H23(実績) H24(実績) H25(見込) H26(見込) H27(見込)
(
計
下水道事業債
画
平成24年度
(単位:百万円)
合 計
累
積
収
※会計基準見直し影響
・H26以降は会計基準の見直しに伴う長期前受金戻入の計上等により収支が改善
※その他の収支影響
・企業債発行額の抑制及び借入利率の低下による支払利息の減
・修繕費、流域下水道負担金など経費の減
※企業債残高の影響
・設備投資計画の見直しに伴う企業債借入額の抑制により残高が減少
Fly UP