...

矢高共同調理場設備更新事業

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

矢高共同調理場設備更新事業
平成24年度事務事業実績評価表【政策・経常共通】
政策№
事務事業名 矢高共同調理場設備更新事業
課等名
学校教育課
政策
2
基本計画上
の位置づけ
施策
22
22
事業№
2
施策№
会計
一般会計
事業種別
政策
開始 22
終了
地育力によるこころ豊かな人づくり
義務教育の充実
24年度数値
調理場・児童・生徒
対 矢高共同調理場の担当する児童
象 生徒数
指
標
配食担当校
目 意図(どういう状態
学校給食を、円滑に献立通りに提供する
的 にするか)
向上させたい上位施 学校が楽しいと感じている児童生徒 ア)小学生 イ)
策の成果指標
中学生
24年度計画 24年度実績 25年度計画 28年度見込み
種別
指標名及び単位
目
標
23
係等名 保健給食係
指標名及び単位
対象(誰・何を)
46 -
成果
設備故障等で給食が提供できなかった日数
指標
0
0
0
0
成果
食中毒等事故発生件数
指標
0
0
0
0
4849
9
備考(指標変更など)
定性
目標
○飯田市の約6割の学校給食を調理する矢高共同調理場は、平成8年度開設で17年経過し大半の設備が更新時期を迎えている。
○6000食対応の大規模機械が設置されており、故障時の修理が容易でないことと人力作業での補完が困難なことを考慮すると設備更新が
急務である。
○緊急度の高い設備から更新していく。23年度から更新した設備と今後更新予定の設備は以下の通り。
①システム洗浄機オーバーホール(H23終了) ②棚回転保管機オーバーホール(H23終了) ③蒸気ボイラー更新(H24終了)
事
⑤連続フライヤー更新 ⑥コンベヤ式焼物機更新 ⑦エアハンドリングユニット保温工事 ⑧汚水処理施設空気配管交換 ⑨調理場内
業
給水管交換
概
⑩コンテナ洗浄機オーバーホール ⑪冷凍室・冷蔵室更新 ⑫冷蔵庫・冷凍庫・ブラストチラー(瞬間冷却器)更新 ⑬空調設備更新
要
事業内容
更新工事数
蒸気ボイラー・温水ボイラー・軟水装置の交換
・火入れ後17年経過し、応急修理ができない故障発生のリスクが増大、
蒸気ボイラー3台中1台の出力低下もあり優先して更新した。
・蒸気ボイラー3台体制から、高出力省エネタイプ2台体制に変更、1台
が故障しても残り1台の稼働により給食提供に支障を来さない設備に更新
24 した。
年
度
事
業
内
容
名称
活動指標
1カ所
事業コスト
23年度決算額 24年度予算額 24年度決算額 25年度予算額
特定財源内訳、補足
事業費計(千円)①
35,175
26,870
26,870
26,739 電源立地地域対策交付金
国庫支出金
9,902
県支出金
起債
その他
一般財源
35,175
26,870
16,968
26,739
人件費計(千円)②
286
286
正規職員所要時間
80
80
臨時職員所要時間
総事業費①+②
35,461
26,870
27,156
26,739
ボイラー設備の更新により、熱源不良による事故防止対策ができた。
事業内容・目
標達成状況
の振り返り
改革改善
の考え方
①問題
点
②改革
提案
プレハブ冷蔵室、真空冷却機ほか、故障の危険を抱えた設備機器が増えてきている。
23年度に棚回転食器消毒保管機が更新前に故障し給食提供に影響を与えた。
夏期休業、年度末休業期間でできる更新事業を、事故発生前に実施していく。
Fly UP