...

欧州における日本産農産物の販売状況に関する調査

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

欧州における日本産農産物の販売状況に関する調査
海外調査依頼内容
1
回答日:平成 25 年9月3日
2
依頼者名:福岡県支部
3
調査依頼事項:欧州における日本産農産物の販売状況に関する調査
4
調査対象国又は対象地域等:オランダ、ドイツ、フランス
5
調査の趣旨(調査結果の利用目的・時期を含め具体的に):
本年4月に福岡-アムステルダム直行便が就航したことに伴い、福岡県では欧州への
農畜産物輸出の推進を検討している。検討にあたり、欧州における日本産農畜産物の
流通状況に係る情報が必要であるため。
6 調査内容
(1) 通関段階における日本産農畜産物の流通状況について
・
品目名
・
日本の産地名
・
通関数量
・
取扱の輸出及び輸入業者名
(2) その他、欧州における日本産農畜産物の流通状況に関わる情報があればご教
示願いたい。
【ロンドン事務所】
欧州における日本産農畜産物の販売状況について
〔質問〕
(1) 通関段階における日本産農畜産物の流通状況について
・
日本の産地名
・
通関数量
・
取扱の輸出及び輸入業者名
(2) その他、欧州における日本産農畜産物の流通状況に関わる情報があればご教示願いたい。
〔回答)
(1)
(前提)
事前の調査項目整理に従い、輪ギク(HS060314000)
、スプレーギク(HS060314000)
、シンビジウム
(HS060390000)
、トルコギキョウ(HS060390000)
、マツ(HS060290100)
、ツゲ(HS060290100)のオラ
ンダ通関段階における、①日本国内産地名、②通関数量、③取扱の輸出業者についてオランダにおける
以下の関係機関にメールによる調査を行った。
(結果)
①:回答が得られず、また該当データもなし。
②:一部品種のオランダにおける輸入総量を確認できた。この他、オランダの市場における平均取引
価格について確認できた。
資料1:輸入総量、伸び率等(出展元:International Trade Centre※1, Trade Map)
資料2:市場平均取引価格
(出展元:Wageningen UR(Wageningen University※2 & Research Centre)。
③:種類別の業者について回答は得られず、また該当データもなし。ただし、オランダにおける花き
輸入取扱業者一覧については、資料3を参照(出展元:International Trade Centre, Trade Map)。
※1:国際貿易センター(http://www.mofa-irc.go.jp/link/kikan_itc.html)
※2:ワーゲニンゲン大学。オランダ唯一の農科大学。
(http://www.wageningenur.nl/en/Expertise-Services/Research-Institutes/lei.htm)
なお、資料中にでてくる「Eurostat statics」は、欧州員会(EU)の統計局が発表する統計資料総称。
参考までに、今回問い合わせを行った機関は以下のとおり。
実際にお返事をいただけた機関は限られていたが、数か所の機関から日本国内機関での調査の方が有
効ではないかとの提案もあった。
問合せ機関名
機能・特徴
オランダ経済省(the Dutch Ministry of Economic
Affairs)内の組織。主に国際ビジネスを担当してい
NL Agency
る部門。なお、日本でいう農林水産省のような政府
http://www.agentschapnl.nl/en
機関はオランダにはなく、花き振興についても当該
機関が担当している。
回答なし。
NFIA
オランダ経済省企業誘致局。東京と大阪に事務所あ
http://www.nfia-japan.com/
り。在京オランダ大使館への紹介をいただいた。
HBAG
産業管理機構・農業卸売業。
http://www.hbagbloemen.nl/paginas?language=uk
Flower Council Holland(BBH)
http://www.flowercouncil.co.uk/
Dutch Flower Auctions Association( VBN )
http://www.vbn.nl/en-US/pages/default.aspx
Flora Holland
http://www.floraholland.com/en/
Royal Administration International
http://www.rai-worldwide.com/htm/indexEN.html
在京オランダ大使館
http://japan-jp.nlembassy.org/
在蘭日本商工会議所
http://www.jcc-holland.nl/-jcc,Netherlands-jp.html
回答なし。
オランダ花き協会。
回答なし。
オランダ花き卸売市場協会。
回答なし
フローラ・ホーランド。
返事はあったものの、貿易については取り扱いって
いないとこと。
育種権利を保護する団体。日本にも支部あり。
返事はあったものの、貿易については取り扱いって
いないとこと。
NFIAに問い合わせを行ったところ、在京オランダ大
使館をご紹介いただいた。
一部データについてご紹介いただいた。
本会議所は、日本、オランダ両国間の経済関係発展
の促進及び親善を目的とする非営利活動団体。会員
企業数 246(企業一覧より)。
※各機関の名称については農林水産省の資料に基づく
(2)
○今回の調査をとおし、ドイツの公的機関としては在京オランダ大使館及びNFIAについては非常に協力
的であった。特にNFIAについては日本からの企業誘致や投資増加を目的としている機関であることから、
今後の展開によっては非常に有効な協力機関となり得る。
○今回の調査では接触はなかったが、欧州産業協力センターはB2Bのマッチング支援を行っている機関
である(http://www.eu-japan.eu/ja)
。
○日本では菊は仏前花であるが、欧州においては特にそのような特定のイメージはなく、食卓に飾って
いる場合も少なくない。また、カラーバリエーションも豊富である。
○JETROに対するヒアリング
≪JETRO デュッセルドルフ≫
・ドイツは連邦制が発達しているため、どこで調査が行うかによっても結果が異なってくるだろう。
・日系の小売店については別添。
≪JETRO アムステルダム≫
・花については、オランダはあくまで経由地である。日本から輸入されるものもあるが、非常に高価
なものになるので、購買力のあるロシアやドイツで販売されるのがほとんどである。
・小売りについても日系の食材店等はほとんどない。
・アムステルダムにホテルオークラがあり、そこの日本食料理長(日本人)と話したことがあるが、
食材について日本から仕入れているものはないとの話だった(大根や小芋などもヨーロッパ産があ
る。
)
。
・松については、中国から非常に安い(€3~4/本)モノが大量に入ってきている。
○今回の調査を行うにあたり、在蘭日本商工会議所のご協力をいただいた。組織概要については、上
述となるが、その他のご提供いただいた情報については以下のとおり。また、オランダの公的機関
との繋がりもあり、具体的な担当者をご紹介いただくこともあった。
・アールスメール花市場の防疫所には、日本の植物防疫所から職員が派遣されている。ただし、独立
性を担保するためか、在オランダ機関及び日系企業とのコネクションはなし。
・オランダから日本への輸出に携わっている会社。日本法人もあり。
■社名:Holland Web (代表:Mr. Michel de Kok、久保麻理)
■日本法人ウェブサイト:http://www.hollandweb.jp/index.html
・JCC会員企業のうち園芸関係企業
■イシグロ農材株式会社:http://www.ishiguro.co.jp/
■タキイ種苗株式会社(福岡に支店あり。
)
日本サイト:http://www.takii.co.jp/index.html
欧州サイト:http://www.takii.eu/index.php
○オランダ園芸産業貿易視察団が来日予定
在京オランダ大使館とオランダ通商促進評議会(NCH)により、オランダの園芸産業関係者が訪日予
定。宮城県訪問、「アグロ・イノベーション2013」視察を主な目的としているが、ビジネス・マッチ
メーキング(個別商談会)も予定されている。
詳細:
(日本語)
http://japan-jp.nlembassy.org/news/2013/07/%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%
E3%81%AE%E5%9C%92%E8%8A%B8%E7%94%A3%E6%A5%AD%E8%B2%BF%E6%98%93%E8
%A6%96%E5%AF%9F%E5%9B%A3%E3%81%8C%E4%BB%8A%E7%A7%8B%E3%80%81%E6%9
D%A5%E6%97%A5%E3%80%82.html
(英語)
http://www.handelsbevordering.nl/activiteiten/1/5/842
訪日日程(案;http://www.handelsbevordering.nl/activiteiten/1/5/842より)
日付
時間
内容
成田空港到着。東京に移動。
10月20日(日)
10月21日(月)
10月22日(火)
10月23日(水)
10月24日(木)
午後
在京オランダ大使館、NCHによるブリーフィング
午前
仙台市に移動
到着後
会社訪問
午前
会社訪問
午後
個別商談会、ネットワーキング・レセプション
夕方
東京に移動
午前
会社訪問
午後
(東京泊)
(仙台市泊)
(東京泊)
アグロ・イノベーション2013視察
http://www.jma.or.jp/ai/ja/visitor/index.html
(東京泊)
午前
個別商談会
午後
園芸に関するセミナー、ネットワーキング・レセプション
夕方
夕食会
10月25日(金) 成田空港より帰国
○その他参考資料
・ドイツにおける日本食取り扱い主要小売店舗情報
・農林水産省 2国間貿易統計(オランダ、ドイツ)
(東京泊)
【パリ事務所】
「欧州における日本農畜産物の販売状況について」
[調査内容①]
・調査票項目に基づき、フランス税関に、果物(いちご)、野菜(トマト、葉物野菜)、
花(キク、トルコギキョウ、シンビジウム)、緑茶、盆栽について、日本からの輸入
額、輸入量について資料提供、問い合わせを行ったところ、別添の 2010 年、2011
年、2012 年の年間統計についての抜粋資料の提供がありました。
項目別の結果は次のとおり。
項
目
いちご(fraises)
葉物野菜
(légumes-feuilles)
トマト(tomates)
回
答
輸入なし
(税関からのメール本文に記載あり)
不明
輸入なし
(税関からのメール本文に記載あり)
花の種別は不明のため、項目の品種が輸入されている
かは不明であるが、花類のトータルでの輸入額(€)、
輸入量(㎏)は、表中の 603 番(下記)のとおり。
花(キク、シンビジウム、トルコギキョウ)
(chrysanthème,eustoma,cymbidium)
2010 年
2011 年
2012 年
2,422€、15 ㎏
394€、15 ㎏
1,890€、10 ㎏
統計上、
「盆栽」という区分はないため、
「盆栽」とし
ての輸入量は不明であるが、表中の 602 番「Plantes
vivantes」(下記)に含まれる。
盆栽(bonsaïs)
緑茶(thé vert)
2010 年
2011 年
2012 年
不明
168,733€、18,078 ㎏
39,475€、 6,662 ㎏
90,293€、 4,762 ㎏
[調査内容②]
ジェトロ・パリ事務所 食品調査課での聞き取り
○葉物野菜
・現状として、タイや中国からのアジア食材としての葉物野菜はフランスにも多
く輸入されている。
(日本は物価が高いうえに、輸送のエア代だけでも高くつくこと、また葉物野菜
は腐りやすいため、日本産の葉物野菜がフランスに輸入されている可能性はと
ても低い)
○花、盆栽
・日本の貿易統計(別添)によると、盆栽、鉢物の日本からフランスへの輸出はあ
るが、切り花等について、キクはフランスへの輸出はなく、シンビジウム、ト
ルコギキョウについては不明。
また、パリには、下記のような盆栽の専門店が数店舗ある。
PARIS BONSAI http://www.paris-bonsai.fr/
91, rue de la Croix Nivert 75015 PARIS
+33 (0)1 45 32 22 69
L’ARBRE DE VIE http://www.larbredevie.com/
8, avenue du Maine 75015 PARIS
+33 (0)1 45 49 13 86
Fly UP