...

いじめ防止基本方針 - 大田区立馬込第二小学校ホームページ

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

いじめ防止基本方針 - 大田区立馬込第二小学校ホームページ
大田区立馬込第二小学校いじめ防止基本方針
いじめは、いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人
格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命または身体に重大な危険を生じさせるおそれが
ある。いじめは絶対に許されない行為であり、学校が更なる努力を必要とする課題である。また、い
じめは、どの学校にも起こりうるものであり、全国的に深刻な状況が続いている。
本校では、「いじめ防止対策推進法」(平成25年法律第71号。以下「法」という。)第13条の
規定、「いじめの防止等のための基本的な方針」(平成25年10月11日 文部科学大臣決定)に基
づき、いじめの防止等のための対策を総合的かつ効果的に推進するために「大田区立馬込第二小学校
いじめ防止基本方針」(以下「学校基本方針」という)を策定する。
第1大田区立馬込第二小学校いじめ防止基本方針策定の日的
いじめの問題は、心豊かで安全・安心な社会をいかにつくるかという学校を含めた社会全体に関
する国民的な課題であり、いじめ問題への対応は、学校における最重要課題の一つである。
本校は、いじめのない学校の実現や、児童・生徒の尊厳を保持する目的のもと、大田区・教育委
員会、家庭、地域社会及びその他の関係機関と相互に連携して、いじめの未然防止、早期発見、早
期対応、重大事態への対応のためのいじめ防止等の総合的な対策を効果的に推進するための基本的
な方針を定める。
第2 いじめの定義
「いじめ」とは、児童に対して、当該児童が在籍する学校に在籍している等当該児童と一定の人
的関係にある他の児童が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行わ
れるものを含む。)であって、当該行為の対象となった児童(生徒)が心身の苦痛を感じているも
のをいう。
第3 いじめ防止に向けた学校の方針
いじめは、どの学校でも、どの学級でも起こりうるという認識の下、大田区・教育委員会、家庭、
地域社会及びその他の関係機関と連携・協力し、日常的に未然防止に取り組むとともに、いじめを
把握した場合には、速やかに解決する。とりわけ、子どもの尊い命が失われることは決してあって
はならならず、早期発見、早期対応を基本として取り組んでいく。
1 いじめに関する児童の理解を深め、いじめを許さない態度を養う
学校の教職員は、いじめ問題の解決を目指し、道徳の授業等を通じて、児童がいじめについて
深く考え理解するための取組を充実するとともに、代表委員会等による主体的な取組を支援する
などして、児童がいじめは絶対許されないことを自覚するように促す。
2 いじめられた児童(生徒)を守る
学校は、いじめられた児童からの情報やいじめの兆候を確実に受け止め、いじめられた児童が
安心して学校生活等を送ることができるようにするため、いじめられた児童を組織的に守り通す
取組を徹底する。
3 児童の取組を支える
学校は、周囲の児童がいじめについて知っていながらも、「言ったら自分がいじめられる」な
どの不安を抱えていることを直視し、勇気をもって教職員等に伝えた児童を守り通すとともに、
周囲の児童の発信を促すための、学校に対する信頼関係を築く。
4 学校が一丸となって取り組む
学校は、いじめ問題に適切に対応できるようにするため、個々の教職員のいじめ問題に関する
鋭敏な感覚と的確な指導力を高める。また、教職員個人による対応に頼るだけでなく、教職員間
における情報の共有化や共通認識による指導を徹底するなど、学校全体による組織的な対応を行
う。
5 社会総がかりの取組を推進する
学校は、いじめが複雑化・多様化する中、いじめ問題を迅速かつ的確に解決できるようにする
ため、大田区・教育委員会、保護者や地域住民及びその他の関係機関との連携を強化し、社会総
がかりでいじめ問題の解決に向けて取り組むことを推進する。
保護者は、その保護する児童がいじめを行うことがないよう、当該児童に対して規範意識を養
うための指導などに努めるとともに、当該児童をいじめから保護する必要がある。
また、保護者や地域住民は、いじめの情報を得た場合には、学校に速やかに連絡、相談するな
ど学校によるいじめの防止等の取組に協力するよう努める。
第4 学校における取組
1 学校基本方針の策定
本校は、法13条の規定及び「大田区いじめの防止基本方針」に基づき、本校のいじめ防止等
の取組に関する基本的な方向や内容等について「学校基本方針」を定める。
2 組織等の設置
(1)いじめ防止等に関する措置を実効的に行うため、校長、副校長、生活指導主任、教務主任、
学年主任、学級担任、養護教諭及びスクールカウンセラー等で構成する「いじめ防止対策委員
会」を設置する。
(2)重大事態が発生した場合には、その事態に対処し、及びその当該重大事態と同種の事態の発
生の防止に資するため、大田区・教育委員会と連携し、速やかに、学校の下に組織を設け、当
該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行う。
3 学校における具体的な取組
学校は、保護者、地域及び関係機関と連携して、「未然防止」、「早期発見」、「早期対応」、「重
大事態への対処」の4つの段階に応じて、いじめの防止等に向けた効果的な取組を行う。
(1)未然防止
・学校全体に「いじめる行為は絶対に許されない」という意識を高める。
・各教科等の授業における規律正しい態度や、道徳教育及び人権教育の充実、読書活動・体
験活動などの推進等により、いじめを行わない態度を養う。
・児童がいじめ防止について主体的に考え、代表委員会を中心にスローガン「笑顔がいっぱ
い馬二小」(平成26年度)を決め、いじめ防止を訴えるような取組を推進する。
・ 校内研修等OJTの充実やOfトJT等を通じて教職員の資質を向上する。
・セーフティ教室や授業を通じてインターネットによるいじめ防止のための啓発活動を行う。
・個人面談や教育相談、学校通信などを通じた家庭との連携協力を強化する。
(2)早期発見
・児童の発するいじめに関するサイン等の観察に努める。
・定期的なアンケート調査や教育相談の実施等による早期のいじめの実態把握とともに、児
童がいじめを訴えやすい学校体制を整備する。
・保健室や相談室等の利用や電話相談窓口の周知等による相談体制を整備する。SCへの相
談の垣根を低くするように、第5学年児童を対象にした全員面接を1学期中に実施する。
・いじめに関する情報を全教職員で共有化する。毎日の夕会時や毎週金曜日の生活指導につ
いての情報交換の機会を活用する。
・保護者や地域住民からのいじめに関する情報の収集に努める。地域教育連絡協議会などで
も話題にする。
(3)早期対応
・いじめを発見した場合、特定の教職員で抱え込まず、速やかに組織として対応するよう教
員の意識を高めておく。
・ いじめが疑われるときは、関係している児童に詳しく聴き取りをして、事実を確かめる。
・ いじめられた児童やいじめを知らせてきた児童・生徒の安全を確保する。
・ いじめられた児童が落ち着いて教育を受けられるよう、必要な配慮をする。
・緊急時には教育的配慮の下、毅然とした態度でいじめをやめさせる。
・いじめを見ていた児童に対して、自分の問題として捉えさせる取組やいじめを撲滅する意
識を育てる取組を行う。
・ いじめに関わった児童の保護者へ事実を知らせ、連携していじめをやめさせる。
・ 関係機関や専門家等と相談・連携して対応する。
・いじめが犯罪行為として取り扱われるべきと認められる事案については警察と連携して対
応する。
(4)重大事態への対処
・ いじめられた児童の安全を確保する。
いじめられた児童が落ち着いて教育を受けられる環境を確保する。
いじめに関する情報を保護者等に伝えるとともに、解決に向けて連携して取り組む。
・ 必要に応じ、児童や保護者等への心のケアを行う。
・ 関係機関や専門家等との相談・連携による対処を行う。
・いじめが犯罪行為として取り扱われるべきと認められる事案については警察との連携によ
る対処を行う。
・重大事態に係る事実関係を明確にするための調査の実施及び教育委員会が行う調査に協力
する。
・重大事態発生について教育委員会や区長に報告する。
・報告された重大事態の調査結果についての区長の調査(再調査)に協力する。
Fly UP