...

白石典之 (モンゴル国アウラガ遺跡におけるチンギス=カン宮殿・霊廟址

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

白石典之 (モンゴル国アウラガ遺跡におけるチンギス=カン宮殿・霊廟址
「北東アジア中世遺跡の考古学的研究」第1回総合会議
於:札幌学院大学
2003 年 11 月 15・16 日
モンゴル国アウラガ遺跡におけるチンギス=カン宮殿・霊廟址の調査
白石 典之(新潟大学人文学部)
1.アウラガ遺跡
モンゴル国ヘンティ県デリゲル=ハーン郡アウラガ遺跡、東西 1200m、南北 500mの範囲に大
小の建物跡が残る。ほぼ中央にある一辺約 30mの方形基壇を中心に、その左右(東西)に小型建
物基壇が、鳥が羽を広げたように、延びているという遺構配置。
関連史料
『元史』巻1太祖本紀:
「六年辛未春、帝居怯緑連河。」
「十一年丙子春、還廬■(月偏に句)
河行宮。
」
『元史』巻2太宗本紀:
「
(太宗四年)十二月、如太祖行宮。」
『黒韃事略』
(彭大雅)
:
「独曰大窩裏陀」
、
「其地巻阿、負坡阜以殺風勢」
、
「主帳南向独居前列、
妾婦次之。」
2.アウラガ遺跡の発掘
中央基壇(第1建物跡)の発掘。2001 年から。4時期の文化層が重なって検出された。
表1 第1基壇検出の各遺構の特徴(年代は C-14 および出土陶磁器)
段階
一辺の長さ
上部建物
11m
(第Ⅳ期)
(宋/元 35 尺)
平面プラン
正方形
上屋
テント
柱基礎
年代
礎石
13 世紀第Ⅳ四
掘っ立て柱
半期∼15 世紀
性格
霊廟
第Ⅲ四半期
無建物
−
−
−
−
(第Ⅲ期)
13 世紀第Ⅳ四
祭祀場?
半期
下部建物
19m
(第Ⅱ期)
(宋 60 尺)
方形
テント
礎石
13 世紀第Ⅱ四
オゴダイの
掘っ立て柱
半期∼第Ⅳ四
宮殿→霊廟
半期
最下部建物
17.4m
(第Ⅰ期)
方形
テント
掘っ立て柱
12 世紀第Ⅳ四
チンギスの
(宋 55 尺 or 唐
半期∼13 世紀
宮殿
60 尺)
第Ⅱ四半期
オゴダイは即位後、チンギスの宮殿を改造。その技術者は劉敏、彼はカラコルム万安宮建造の
責任者。
関連史料
『元史』巻 153 劉敏伝:
「己丑(1229 年)
、太宗即位、改造行宮幄殿」
『遺山先生文集』巻 26 大丞相劉氏先塋神道碑:
「行宮改新帳殿、城和林起萬安之閣宮闈司局、
皆公発之。
」
1
「北東アジア中世遺跡の考古学的研究」第1回総合会議
於:札幌学院大学
2003 年 11 月 15・16 日
3.チンギス=ハーン祭祀の痕跡
宮殿基壇裾、13 世紀第Ⅱ四半期∼第Ⅲ四半期の地層から家畜動物を犠牲とする儀式の場。
*基壇西裾では、ウシ頭骨、両角は鋭利な刃物で切断。
*皇帝の即位儀礼と関連。その儀礼はチンギス=ハーン廟で行った。
関連史料
『元朝秘史』巻3:121 節:
「コルチが来て言うのに(中略)角のなき淡黄色の牛は大なる下床を
上にもちあげ、それを駕し拽きて、テムヂンの後えより大道を吼えしつつ近づき来るに、天地
相和して『テムヂン、国の主たれ』とて国を載せ持ち来たる。かく、神のお告げを己が目に見
せ、我に告ぐ。
(下略)
」
『元史』巻 29 泰定帝本紀:
「
(至治3[1323])年、
(泰定帝)於成吉思皇帝的大斡耳朶裏、大位
次裏坐了也。
」
*基壇東裾からはウマ肋骨が 300 本以上集積した遺構。
*牝ウマのアバラ骨のうち、とくに大きな4本のアバラ骨「ドゥルブン=ウンドル(4つの尊
きもの)
」をチンギス祭祀に(Mostaert,1956:280-281)
。
*元代のウマの犠牲、宗廟の大祭。
*チンギス祭祀と関連。
関連史料
『草木子』巻3下雑制篇:
「元朝人死、致祭曰焼飯、其大祭則焼馬。
」
『元史』巻 74 祭祀志:
「凡大祭祀、尤貴馬■(さんずいに重)。将太僕司寺■(手偏に同)馬官、奉尚
飲者革嚢盛送焉。其馬牲既與三牲同登于俎、而割奠之饌、復與籩豆倶設。将奠牲盤■(将の偏が酉)
馬■(さんずいに重)、則蒙古太祝升詣第一座、呼帝后神諱、以致祭年月数、牲斉品物、致其祝語。
以次詣列室、皆如之。礼畢、則以割奠之余、撒於南櫺星門外、名曰抛撒茶飯。蓋以国事礼行事、
尤其所重也。
」
4.霊廟の成立と変遷
(1)カラコルム建都(1235 年)以降、1257 年までには祭祀場化、下部建物を霊廟として。
関連史料
『元史』巻3憲宗本紀:
「
(1257 年)夏六月、謁太祖行宮、祭旗鼓。
」
(2)下部建物がなくなり、無建物化。
関連史料
『元朝名臣事略』巻3之3枢密句容武毅王:
「至元十四(1277)年、諸王脱脱木、失烈吉叛、北
平諸部曁祖宗所建大帳、盡為所掠。
」
『元史』巻 128 土土哈伝:
「
(至元)十五(1278)年(中略)還朝、帝召至榻前、親慰労之(中
略)仍賜以奪回所掠大帳。
」
2
「北東アジア中世遺跡の考古学的研究」第1回総合会議
於:札幌学院大学
2003 年 11 月 15・16 日
(3)カマラ晋王として、大オルドに着任。霊廟の管理。霊廟の再建。
関連史料
『集史』テムル=カアン紀:
「彼(晋王カマラ)は(中略)ブルカン=カルドゥンと呼ばれるチン
ギス=カンの大禁区(墓地)を統轄した。そこにはチンギス=カンの大オルドスがそのままある。
これらはカマラにより守られている。4つの大オルドスとその他5つ(のオルドス)
、全部で9
つがある。
(そこは禁区に近いので)誰もそこに近づくことはできない。そこには彼ら(先帝)
の肖像画が飾られ、いつも香が焚かれている。
」
『元史』巻 115 顕宗伝:
「[至元]二十九(1292)年、改封晋王、移鎮北辺、統領太祖四大斡耳朶
及軍馬、達達国土(中略)[大徳]六(1302)年正月乙巳、王薨、年四十。」
まとめ
考古学による実証的研究と、従来の文献史学的研究の再評価。
*チンギス=ハーン廟成立は、漠北モンゴル高原の、チンギスの大オルド。
*チンギスが建て、オゴダイが改造した、宮殿テントが霊廟。
*その年代は、1235 年∼1257 年の間。
*この建物は 13 世紀第Ⅳ四半期に消失。
*13 世紀末から 14 世紀初頭の間に、消失した宮殿と同じ場所に、新たな霊廟。
*この霊廟は、元朝滅亡後、15 世紀第Ⅲ四半期まで同地に留まっていた。
*内蒙古河套地域への移動は、15 世紀末から 16 世紀初頭。
*エゼン=ホローの廟は、アウラガの廟に倣い再建。
史料・参考文献
Andrews, P. 1981 The tents of Chingghis Qan at Ejen Qoriy-a and their authenticity. Journal of the
Anglo-Mongolian Society. Vol.7-2, pp.1-49,
Mostaert, A. 1956 Matériaux ethnographiques relatifs aux Mongols Ordos. Central Asiatic Journal .vol.2,
pp.241-294, Wiesbaden.
白石典之 2001『チンギス=カンの考古学』世界の考古学⑲、同成社、東京
白石典之 2002『モンゴル帝国史の考古学的研究』同成社、東京
『遺山先生文集』
([元]元好問撰)
:
『四部叢刊』222、上海書店、上海、1989
『元史』
([明]宋濂撰)
:
『元史』中華書局(校点本)
、北京、1976
『黒韃事略』
([宋]彭大雅撰・徐霆疏)
:王国維 1928「黒韃事略箋證」
『海寧王静安先生遺書』巻 37、石印本
『元朝秘史』
:小澤重男(訳註)1997『元朝秘史』
(上)岩波文庫、東京
『蒙古源流』
(サガン=セチェン)
:烏蘭 2000『<蒙古源流>研究』中国蒙古学文庫、遼寧民族出版社、瀋陽
』
(Rashīd al-Dīn): Boyle,J.A.(trans.)1971 The Successors of Genghis Khan.
『集史(Jāmi’ al-Tavārīkh)
Columbia U.P. New York
『草木子』
([明]葉子奇撰)
:
『草木子』元明史料筆記叢刊、中華書局、北京、1997(初版 1959)
3
Fly UP