...

富士山麓トレッキング・登山

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

富士山麓トレッキング・登山
富士山麓トレッキング・登山
富士山麓トレッキング・登山
活動名
標高1,400m∼2,600m(ちなみに高尾山599m)のトレッキングで、
概 要
素晴らしい眺望や刻々と変わる天候など富士山の自然を体験できます。
(セールスポイント) スタートは「富士宮口」、
「御殿場口」、
「須走口」のそれぞれ5合目からとなり、
目的や体力等を考慮してコースを選択できます。
場 所
諸条件
所要時間
時 期
活動の
教育的効果
富士山麓周辺(①)
対 象
小学生以上
4時間∼8時間
人 数
制限なし
5月下旬∼11月下旬(7月上旬∼9月
上旬マイカー規制有り)
天 候
荒天不可・雨天相談
(1)登り切る、歩き通すといった達成感を味わい、自信につながります。
(2)仲間と励まし合いながら登ったり、歩いたりすることで、仲間意識が深まり協調性をはぐくむこと
ができます。
(3)標高1,000m以上の厳しく雄大な自然を体感することができます。
青少年交流の家が貸し出す物
準備する物
□緊急連絡用無線(1個)
□トランシーバー(20個)※各上限
所要時間
事前
出発前
活動内容
(手順)
(30分前)
(直前)
40分
団体(個人)が準備する物
□救急用品
□登山装備(カッパ、防寒具等) □トイレ代
項目
コース決定
事前準備・指導
(②)
実施決定の
判断
内容
備考
□コースを決定し、登山計画書を作成
・実施前日までに提出
□登山ガイドの依頼書提出
・利用申込書等と併せて提出
□引率者等による事前踏査
□参加者への指導
□ガイド謝金
1人・1回
20,000円
□ガイドを依頼した場合は、午前6時に職員と相談
の上決定
□ガイドを依頼しない場合は、出発までの所要時間
を考慮した時刻に、職員と相談の上決定
ガイド(職員)
打ち合わせ
□登山計画の確認(コース、隊列等)
□参加者の状態の確認(体調不良等)
□無線機等の貸し出し
登山指導
□ガイド紹介
□登山に関する指導(安全 、トイレ等)
移動
□各コースのスタート地点
登山指導
□高地順化(標高差に身体を慣らす)
□登山に関する指導(安全 、トイレ等)
□判断材料
(山小屋等の気象
情報)
□参加者名簿の提出
□ガイドの指導の下 、登山
4時間∼ 登山
□交流の家への定時連絡
8時間 (トレッキング)
□常に人数・健康状態の把握
20分
想定される
リスク
指導の
バリエーション
移動
□人数・健康状態の把握
事後指導
□ガイドにお礼
□貸出物品の返却等
□登山状況の報告(職員へ)
□交流の家に連絡
□天候の変化による事故(落雷 、濃霧による迷子 、雨による転倒等)
□疲労による事故(高山病等)
□山の環境による事故(転倒・転落 、落石 、浮き石を踏んだ捻挫 、はち刺され等)
□人的要因で起こる事故(ふざけての事故等)
□自然観察や自然に親しむなど、自然との関わりを目的とした場合の指導方法
□チームビルドを目的とした場合の指導方法
※① 、②は資料番号を示す
22
N a t i o n a l C h u o Yo u t h F r i e n d s h i p C e n t e r
資料①
プログラムの企画等の資料
富士山麓トレッキングマップ
ク
ッ
ブ
ド
イ
ガ
ム
ラ
グ
ロ
プ
動
活
自然体験活動プログラム
屋内活動プログラム
地域指導者ガイド
中央交流の家周辺プログラム
23
資 料①
富士山麓トレッキングコースガイド
富士山麓トレッキングの各コースは、いずれも標高1,000mを超え、自然の醍醐味を味わうこと
ができます。しかしながら、100m高くなるごとに気温が0.6℃下がるといわれており、天候が変わ
りやすくなるなど自然環境も厳しくなり、それ相応の準備が必要です。
御殿場口 、須走口 、富士宮口に通じる道路は11月下旬から5月下旬までの間 、通行止めになりま
すから、登山シーズンは5月下旬∼11月下旬(富士宮口は6月下旬∼10月下旬)となります。しかし
ながら、シーズン当初は積雪状態によって登山ができないことがありますし、雪融けで道がぬかるん
でいることがありますので、注意が必要です。また、富士山の山開きは例年7月上旬(∼9月上旬)です。
コース名
宝永山コース
8時間
御殿庭・双子山コース
7時間
御殿庭・幕岩コース
7時間
双子山・幕岩コース
5時間
グランドキャニオンコース
4時間
まぼろしの滝・
御殿場コース
7時間
まぼろしの滝
往復コース
5時間
須走口
世界文化遺産周遊コース
4時間
水ヶ塚コース
5時間
24
ルート
コース概略
・対 象:中学生以上
富士宮5合目㊤→第2火口→
・コース:標高が高く、山頂や下山時の大砂走りから雄大
第1火口→宝永山頂㊦→大砂走り→
な眺望が楽しめます。しかし、体力的にきついコース
御殿場口5合目
であり、十分な準備が必要です。
富士宮5合目㊤→第2火口㊦→
・対 象:小学生以上
御殿庭上→双子山→御殿場口5合目 ・コース:宝永火口を左に、箱根外輪山を右に見ながら下
ります。しばらくすると風雪により曲がったカラマツ
と溶岩とでコントラストされた御殿庭に出ます。双子
山コースは、兄山と宝永山が連なった景色を眺望した
富士宮5合目㊤→第2火口㊦→
後 、御殿場口に向かいます。幕岩コースは森林を下り
御殿庭上→幕岩→御殿場口5合目
溶岩の連なった幕岩に到着し再び林道を通って御殿場
口に向かいます。
御殿場口5合目㊤→双子山㊦→
幕岩→御殿場口5合目
・対 象:小学生以上
・コース:砂礫地を登り、双子山頂上からの眺望を楽しみ、
その後林道を下り幕岩に向かいます。
須走口5合目㊦→溶岩橋→
・対 象:小学生以上
下小富士㊦→グランドキャニオン→ ・コース:溶岩橋を渡り、馬返しに続く沢沿いに下ります。
須走口1合馬返し
急坂を降りるとグランドキャニオンの景色が広がります。
須走口5合目→まぼろしの滝→
御殿場口下山道㊦→御殿場口
・対 象:小学生以上
・コース:まぼろしの滝は5月∼6月上旬の雪解けシーズン
に出現します。丹沢から箱根の風景が広がります。
須走口5合目→小富士→須走口→
まぼろしの滝→須走口
・対 象:小学生以上
・コース:まぼろしの滝は5月∼6月上旬の雪解けシーズ
ンに出現します。丹沢から箱根の風景が広がります。
須走口5合目→古御嶽神社
→旧登山道→御室浅間神社跡
→雲切神社跡→女人堂跡→狩休
→須走口1合目馬返し
・対 象:小学生以上
・コース:富士山の歴史を感じながら須走口周辺にある文
化遺産等について学ぶコースです。須走口5合目を起
点に下りながら史跡を巡るので、小学生でも歩くこと
ができます。
水ヶ塚駐車場㊤→須山口㊤→幕岩→ ・対 象:中学生以上
御殿場口5合目着
・コース:水ヶ塚駐車場より、山道を登り樹林の先に見える
(コースの変更ができます)
のが御殿庭です。上りが多いため体力が必要となります。
N a t i o n a l C h u o Yo u t h F r i e n d s h i p C e n t e r
活
動
プ
ロ
グ
ラ
ム
ガ
イ
ド
ブ
ッ
ク
引率者の事前準備
【事前踏査】
(1)引率者等が実際に同じコースを歩き、ルートを知り、危険箇所等を把握することが安全管理
プログラムの企画等の資料
資料②
の第一歩ですので、事前踏査をお願いします。
(3)事前踏査のポイント
①前年の同時期と実施1ヶ月前程度の2回が望ましいです。
・不可能であれば実施1ヶ月前程度。
②ルートの確認と、ルート上の危険箇所を確認します。
・危険箇所:落石 、転落 、浮石 、狭い所 、急な坂 、突起物 、道に迷いそうな所 等
③トイレ等を確認します。
・登山時・下山時の公衆トイレ
自然体験活動プログラム
(2)都合で実施できない場合は、中央交流の家の職員から情報を得るようにしてください。
・便器の個数 、トイレットペーパーの有無 、有料・無料
・ルート上で排泄しやすい場所の確認
・場所 、駐車可能台数 、有料・無料
【安全管理】
(1)傷害保険への加入
(2)事故が起こった時の対応
屋内活動プログラム
④駐車場を確認します。
①傷病者が出た場合 、誰が・どのように対応するのかを決めておきます。
・傷病者などの本隊に遅れる者に引率者が付く場合 、事前踏査に参加していないルートに
不慣れな方が付くと道に迷う危険が高くなりますので、注意が必要です。
②傷病者の発見者 、引率者 、学校(本隊)、保護者等の関係者への連絡網を決めておきます。
(3)登山中は、絶えず人員と健康状態を確認します。
・休憩後の出発時など、必ず人員点呼をしてください。
【実施の判断】
地域指導者ガイド
③救助が必要な場合に備え、中央交流の家に事前に連絡方法を確認しておきます。
(1)山の天候は変わりやすく、ホームページ等からの情報だけで判断するのは困難です。
(2)中央交流の家では、登山ガイドを依頼している山小屋(須走口5合目)の方に電話で状況を
・登山ガイドを依頼する場合は、ガイドが家を出る時刻を考慮し、午前6時に決定する
こととしています。
(3)中央交流の家が実施不可能と判断した場合は、中止するようにお願いします。
・小雨等で実施可能と中央交流の家が判断した場合でも、参加者の体調等を考慮し、
団体が中止することはありますので、よく職員と相談するようにお願いします。
(4)登山中に天候が悪いなどの理由で、ガイドが継続不可能と判断した場合は中止してください。
また、引率者等は継続不可能と判断した場合はガイドに相談の上決定してください(この
場合 、ガイドは引率者等の判断に従います)。
中央交流の家周辺プログラム
聞き判断材料としています。
25
資 料②
参加者への事前指導
【準備する物】
(1)個人が準備する物
□ 靴(登山靴が望ましいです。準備ができない場合ははき慣れた靴をご使用ください。
その際 、足が固定されるように厚手の靴下が望ましいです。)
□ 長袖・長ズボン
□ 防寒具(気温は100m高くなるごとに0.6℃下がり、体感温度は風速が1m/sec強く
なるごとに1℃下がります。温度調整ができるように脱いだり、着たりできる物をご準備
ください。)
□ 雨具(セパレートタイプの物。薄手のビニール製の物は適していません。防寒具にもな
りますので、しっかりとしたものをご準備ください。)
□ 帽子(日射病の予防やケガ防止になります。)
□ 手袋(軍手でも構いません。ケガ防止になります。)
□ 着替え(汗をかいたり、雨に濡れたままだと体調を崩しやすくなりますので、下着や靴下
などをご準備ください。その際 、ビニール袋に入れて防水対策をしましょう。)
□ ザック・水筒(傷口を洗うため水がよい)
・タオル・携行食(
やチョコレートなど)
□ ウェットティッシュ(手ふきに便利ですので、あるといい物です。)
(2)団体が準備する物
□ 救急用品(捻挫や切り傷など、日射病などに対応した医薬品等)
□ 布製ガムテープ(ズボンの裾をテープで留めて、砂などが靴に入るのを防ぎます。)
□ 携帯電話(NTTドコモ、auは通話できます。)
□ 地図・コンパス・ホイッスル・緊急連絡先リスト・参加者名簿(血液型 、既往症等)
【登山指導・安全指導】
(1)靴の紐は登る時はゆるめに、下る時はきつめに結びます。
(2)ガイドのペースに合わせて登ります。ガイドを、絶対に追い越してはいけません。グループ
についていけない場合は、遠慮しないで引率者に申し出ください。
(3)標高が高いので酸素が薄くなっています。寝不足や疲労 、そして早すぎるペースは高山病に
なりやすいので十分に注意してください。出発時に高地順応の時間を取りますが、登山中は
深く息を吸うことを心がけてください。また、水分をしっかりと取ることも高山病の予防に
なります。
(4)落ちてくる石に気をつけることはもちろんですが、石を落とさないように十分に気をつけ
てください。登山道以外を歩くと落としやすくなります。もし、落としてしまったら、下に
向かって大きな声で伝えてください。
(5)浮き石に足を乗せると捻挫しやすくなりますので、気をつけてください。
(6)ゴミは絶対に持ち帰ってください。
(7)富士山は国立公園なので、植物を取ることはできません。
(8)道に迷ったら、先ず落ち着きましょう。次いで、正規なルートを探しますが、むやみに歩き
まわることは危険です。迷ったと思える地点まで戻ります。それが無理ならば、とりあえず
安全な場所で待機しましょう。
26
N a t i o n a l C h u o Yo u t h F r i e n d s h i p C e n t e r
資料②
プログラムの企画等の資料
富士山麓トレッキング・登山 計画書
ク
ッ
ブ
ド
イ
ガ
ム
ラ
グ
ロ
プ
動
活
自然体験活動プログラム
屋内活動プログラム
地域指導者ガイド
中央交流の家周辺プログラム
27
Fly UP