...

陶芸国際都市笠間推進特区

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

陶芸国際都市笠間推進特区
陶芸国際都市 笠間 推進特区
人間国宝 松井康成 作 「練上壺」
井上英基 作 「碧彩鉢」(第23回日本陶芸展大賞)
平成27年 11月 茨城県,笠間市
笠間陶芸大学校特任教授 五味謙二 作 「彩土器」
(第21回日本陶芸展準大賞)
笠間陶芸大学校特任教授 佐藤雅之 作 「水の骨」
(第1回菊池ビエンナーレ優秀賞)
1
茨城県 笠間市 とは
【人口】78,233人(平成27年5月31日現在)
【総面積】約240km²
【地 勢】茨城県の中央部に位置。県庁所在地・水戸市に隣接
八溝山系の丘陵地帯(北西部),愛宕山(南西部),涸沼川(北西部~東部)
笠間特別
観光大使
【主な産業】
窯業
笠間焼
笠間のいな吉
(起源は江戸時代中期,国指定伝統的工芸品,人間国宝松井康成)
石材業
観光業
茨城空港
稲田みかげ石 (明治時代中期~)
笠間稲荷神社,茨城県陶芸美術館,出雲大社 常陸 など
年間観光客数354万人(平成25年度 茨城県内2位)
【特産品】笠間焼,稲田みかげ石,笠間いなり寿司,栗,梅 など
【特徴1】
笠間焼をはじめ,地域資源を活か
した大規模イベントを多数開催。
(4~5月)東日本随一の陶器市「笠間の陶炎
祭」,「笠間つつじまつり」
(10月)笠間焼・グルメ販売「笠間浪漫」,「笠
間の菊まつり」 など
【特徴2】
都心から100㎞に位置。高速道路と
鉄道が市内を巡り,国際空港である
茨城空港にも近い。茨城県央の交
通の要衝であり,都心からのアクセ
スも便利。
【特徴3】
豊かな自然環境を背景に,芸術・
伝統を裏付ける観光資源が豊富。
(高速道路)常磐自動車道・北関東自動車道
(鉄道)JR常磐線・JR水戸線 (空港)茨城空港
(美術館等)茨城県陶芸美術館,笠間日動美
術館,石の百年館 など
(神社・仏閣)笠間稲荷神社,出雲大社 常陸,
西念寺,合気神社 など
→ 茨城県を代表する「歴史と芸術のまち」。県内外から多数の観光客が訪れる
「笠間焼」の重要性
地域資源
・地場産業
笠間焼など
・観光資源
笠間稲荷神社など
・自然環境
笠間焼(陶芸)は 地域価値創出の中核
○ 地場産業として →知名度・魅力度を高める
○ 観光資源と連携して →地域活性化の重要な要素
○ 芸術・文化の表現物として →地域成長の促進
笠間焼は,ひとの流れを生み出す源泉
「笠間焼」と笠間市のビジョン
笠間焼
振興策
○ 異業種等連携による商品開発・販路開拓
○ 体験型観光による陶芸活用
○ 国内外への情報発信の拡充
笠間焼 K A S A M A Y A K I
ブランド 向上
振興の視点… 【付加価値充実】 と
【付加価値をつくる人材の育成】
・笠間焼そのものの魅力を底上げ
・「共感」「感動」を付与
・生活の潤いを提案
○ 技術交流を通じた産地技術PR・人材活躍・認知度向上
○ 観光地としての「おもてなし」力強化による地域活性化
○ 外国人受入れ等による産地活性化
目指すビジョン
~多彩な交流で飛躍するまちへ~
【経済活性化】
【通年型観光都市】
【海外展開】
多様なネットワーク(飲
食業・農業等との異業
種連携)を構築
受入体制充実,観光都
市としての魅力向上,
交流人口の増加
国内外への
「KASAMAYAKI」
ブランド展開
笠間市の総合戦略の方向性
笠間らしさの確立
ひと・まち・ものによる
都市モデルの確立
○関係する皆のふるさと「かさま」
○笠間焼をはじめとする地域資源をいかした
「人材育成・活躍支援」
「生活と産業の基礎となる都市づくり」
「産業創出・育成支援」
都市と地方の新たな関係創出
笠間版CCRC推進事業
○産(学・金)・官・地域連携による笠間暮らしの提案
「楽しむ・学ぶ・働くが循環する仕組みづくり
【楽しむ・働く場所】
笠間焼など 市内施設・各所
【暮らす場所】
笠間版CCRC
【学ぶ場所】
笠間焼など 市内施設・各所
シェアタウン戦略推進事業
笠間焼は,ひとの流れを生み,
豊かな暮らしを創出する源泉
○産(金)・学・官・地域連携による地域資源をシェア
「100人が100回訪れるまちへ」
特区での取組
○笠間焼の国内外におけるブランド力の強化と,陶芸を核と
した地域産業の活性化及び国際交流の推進を図る。
取組①
笠間陶芸大学校における高度な陶芸人材の育成
→ 笠間焼を担い,世界に羽ばたく人材を輩出
取組②
海外からの人材の受入による笠間焼の国際化
→ 様々な陶芸家が集い,産地の芸術性・多様性を高
め「K A S A M AY A K I 」を世界ブランドへ
取組③
産地の国際観光・交流人口の拡大
→ 東京オリンピックも見据え,地域産業を活性化
5
笠間の取組①:笠間陶芸大学校における高度な陶芸人材の育成
■笠間焼の現状と課題
課 題
・起源は江戸時代の安永年間(1772~1780)にさかのぼり,東
日本随一の歴史を誇る。
・すり鉢や水がめなどの厨房用粗陶器の生産により発展し,現
在は自由な作風を特色とする,個性あふれる作家型の産地
【現代の笠間焼】
○ 主に中国からの安価な大量生産品の流入などに
より,生産額はピーク時に比べ大きく減少。
※H25年度の生産額は11億円であり,ピーク時(H7年)の約
40%まで減少
○ 自由な作風が産地の特色であるため,十分な経
験を積まないまま独立する作陶家が多く,産地全
体の技術レベルの低下が危惧されている。
課題へのアプローチ
■笠間焼産地の将来像
「笠間陶芸大学校」の開校
①現代陶芸をリードする陶芸家を輩出する産地
・国内外の国際的な公募展において,笠間から受賞者を多数輩出
していく。
→ 「K A S A M A Y A K I 」の知名度やブランド力を向上させ,世
界に通用する陶芸産地へ。
②笠間焼作家の個性を活かした芸術性・デザイン性の高
い日用陶磁器の生産
・国内外の高級料亭・レストランなど,店のコンセプトや料理のテー
マに合わせたオーダーメイドの業務用食器の受注生産など。
→ 大量生産地や海外からの安価な流入品にはできない付加価
値の創出。
○ 笠間焼の担い手育成の中核機関である,県窯業指導所の人
材育成機能を発展させた「笠間陶芸大学校」をH28年4月に開
校予定。
○ ロクロ,手びねり,タタラなど現代陶芸に求められる多様な技
法・表現方法が習得できるカリキュラム。
○ 公募展等で入賞実績があり,第一線で活躍する現役の陶芸作
家を特任教授として招聘。
○ 全国から意欲のある人材を集めるために,授業料等を有料化。
6
笠間の取組①:笠間陶芸大学校における高度な陶芸人材の育成
■笠間陶芸大学校の制度的課題と規制緩和の提案
優秀かつ将来性のある人材を集めるためには,大学への編入など各方面への進路の確保と公的な資格の付与,
奨学金等各種制度の利用が可能な専修学校とする必要があるが,一方で,一線級の陶芸家によるきめ細やかな個
別指導等により高度な陶芸人材を育成するためには,定員は20名が限度であるため,専修学校の定員要件を満た
すことができない。
→ このため,学校教育法第124条の3「(専修学校は)教育を受ける者が常時40人以上であること。」の緩和を提案
笠間陶芸大学校の人材育成
【育成方針】
① 陶芸に関する専門的な知識と高度で多様な技法・表現方法の習得
② 特任教授との対話や学生同士の議論を重ねながら,「何を表現した
いのか,なぜ陶芸なのか」という陶芸の根本に向き合い,モノづくりに
おける「考える力」や「個として表現する力」を育てる。
【特 徴】
■ 第一線で活躍する陶芸家を特任教授として2名採用。
→ 自ら作陶し,学生に対し「土と格闘する」姿を見せながら,意欲・情熱をもって指
導できる人材であることが必要。
専修学校化への
ボトルネック
①陶芸作家の採用は2名が限度。
(実績があり,現役で作家活動をし
ている人材の採用は非常に難し
い)
②特任教授が担当できる学生
数は1学年あたり10人が限度
■ 学生の志望する方向性(例:芸術性の高い陶芸作家,日用陶磁器産業にお
けるデザイナー・技術者など)に応じ,きめ細やかな個別指導と自由度の
高いカリキュラム。
定員は20人が限度
7
笠間の取組②:海外からの人材の受入による笠間焼の国際化
■笠間焼産地の国際化への取組
○笠間市と笠間焼協同組合の連携により,今後,海外との人的交流と笠間焼の海外展開に取り組む。
○笠間焼産地の技術レベルや芸術性・デザイン性はもとより,多様性や国際性の向上を図る。
○海外での笠間焼の認知度向上や国際的なブランド化により,笠間焼の販路拡大・地域活性化を図る。
笠間焼協同組合
笠間市
係強化に関する覚書」を締結。
連携
・H27年4月にタイのメーファールアン財団と「陶芸における協力関
・組合で「業務用食器研究会」を立ち上げ。
・笠間焼の優位性を活かし,高級和食料理店やオリジナリ
・今後,陶芸分野でタイをはじめ広く海外との人的交流を活発化さ
せる予定。
ティのある食器を求める料理店など,国内・海外の新たな
販路開拓を目指す。
海外との人的交流
具体的な取組
①笠間から海外へ技術者の派遣
②海外から笠間へ人材の受入れ
○基礎から高度まで,相手国・海外産地の要望に応じ,
陶芸技術の習得や交流を目的とした人材を受入
→ 窯元での研修・就業など
○高度人材(著名な陶芸家等)の笠間での陶芸活動
笠間焼の海外展開
○ 海外のレストラン・和食料理屋などのスタイ
ルやコンセプトに合わせたオーダーメイドの
食器の検討・提案。
○ 海外での日本食ブームを好機とし,ジェトロ
茨城と連携の下,国際的な見本市への出展
や,商談会へ参加。
→ 作陶活動,地元陶芸家との交流など
規制緩和の必要性
今後,海外との人的交流が活発になることにより,基礎的な技術の移転から,高度な陶芸人材の笠間で
の活動まで,受け入れる外国人の活動形態に応じた在留資格の付与が課題。
→ このため,出入国管理及び難民認定法(入管法)における在留資格制度の緩和を提案
笠間の取組②:海外からの人材の受入による笠間焼の国際化
■提案の具体的な内容:受け入れる外国人のレベルと活動形態に応じた在留資格の付与
高度
人材①
海外産地での豊富な作陶経験や,国
際公募展等での入賞実績を有し,笠間焼
産地のレベルの向上に貢献し,帰国後,
笠間焼を世界に発信できる「高度な陶芸
人材」。
提案①
在留資格「特定活動」を拡充し,海外の陶芸家が笠間の窯元で
働きながら陶芸を学ぶことを可能とする。
→ 具体的には,総合特区制度における特例措置「特定伝統料理海外
普及事業」における在留資格の取扱(2年以内の在留)を陶芸分野
に適用する。
人材のレベル
人材②
笠間陶芸大学校に入学できる程度の
基礎的な陶芸技術を有し,大学校及び産
地でより高度な技術を習得することによ
り,母国の陶芸の発展と母国における笠
間焼の認知度向上や普及に貢献できる
人材。
人材③
笠間において陶芸を初歩から学ぶとと
もに,実務や交流を経験することにより,
将来的に母国の陶芸産業の担い手とな
れる人材。
基礎
提案②
在留資格「特定活動」を拡充し,笠間陶芸大学校を卒業した外
国人が,笠間の窯元で働きながら陶芸を学ぶことを可能とする。
→ 具体的には,農林水産省の「日本料理海外普及人材育成事業」に
おける在留資格の取扱(2年以内の在留)を陶芸分野に適用する。
提案③
外国人技能実習制度において,最長5年間の技能実習を可能
とする。
→ 具体的には,技能実習1号(1年間)を終了後,陶芸大学校が独自
に実施する検定試験に合格することにより,在留資格を技能実習2号
9
に変更し,更に4年間の実習を可能とする。
笠間の取組③:産地の国際観光・交流人口の拡大
■笠間の「強み」
1.豊富な観光資源
・笠間焼をはじめ,茨城県陶芸美術館,笠間日動美術館,笠間稲荷神社など,芸術・伝統文化をはじめ,豊かな自
然環境を背景として多くの観光資源に恵まれている。
2.大規模イベント
・本県を代表するイベントであり,ゴールデンウィーク期間中に50万人を超える来場者を数える「笠間の陶炎祭(ひま
つり)」をはじめ,多くの大規模イベントを有する。
■課題
①観光客の季節的な偏り
・春・秋のイベントや笠間稲荷への初詣における観光客が
全体の77%を占めている状況。
→ 「通年型観光地」への発展を目指す。
4~5月 :陶炎祭,つつじまつり
10~11月:菊まつり,笠間浪漫
1月
:初詣
②観光客は県内からの日帰り・自家用車が中
心
→ 滞在日数や滞在時間の延長を目指す。
取組の方向性
①大規模イベントへ依存しない魅力
の向上
→ 笠間焼や酒蔵などを活用した,体
験型観光・交流プランの創出
②気軽に泊まれ,地域の特色ある
食や文化,体験を楽しめる宿泊先
の確保
→ 陶芸体験と宿泊を提供する「陶芸
民宿」の開業
10
笠間の取組③:産地の国際観光・交流人口の拡大
■陶芸民宿とは,「気軽に泊まれて,笠間を体感できる」宿泊施設
○地元の窯元等を活用し,宿泊に加え,ろくろ回しや絵付けなどの陶芸体験や地元の食を提供する。
○笠間の豊富な観光資源をあますところなく周遊するため,滞在型観光の起点となる。
○陶炎祭などの大規模イベントでの宿泊施設不足を解消する。
■実現へのアプローチ
「農山漁村滞在型余暇活動のための基盤整備の促進に関する法律」(農山漁村余暇法)における
「農家民宿」と同様の規制緩和を窯元等においても適用。
農家民宿制度
【農家民宿の定義】
○宿泊とともに以下のサービスを提供する。
・農林漁業に係る作業の体験の指導
【規制緩和の内容】
○以下について,所管官庁への申請時に緩和が適用
される。
・農林水産物の加工又は調理の体験の指導
・旅館業法(客室延床面積33㎡未満)
・地域の農林漁業又は農山漁村の生活および
・道路運送法(宿泊サービスの一環で行われる送迎運
文化に関する知識の付与
送)
・農用地,森林,漁場等の案内
・消防法(誘導灯等が設置不要)
・農林漁業体験施設等を利用させる役務
・建築基準法(同法上の「旅館」として取り扱わない) 11
Fly UP