...

PDF閲覧 - JAET - 漢字文献情報処理研究会

by user

on
Category: Documents
23

views

Report

Comments

Transcript

PDF閲覧 - JAET - 漢字文献情報処理研究会
漢字文献
情報処理研究
第 12 号
漢 字 文 献 情 報 処 理 研 究 会 編
好文出版
漢字文獻情報處理研究 第 12 号
目 次
論文
4 ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす仮名文字の標準化
高田 智和
13 【研究ノート】中国古典戯曲研究のための音韻表示システム
― MediaWiki での実装の試み ― 師 茂樹
漢情研 2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ 17
18 電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化
― 電子辞書メーカー、出版社、並びに販売店 ― 木村 一彦
30 電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、日本ならではの電子化による
星野 渉
出版産業へのインパクト
40 プラットフォームの私法上の位置付け
― 放送法における「有料放送管理事業者」の規定を手がかりに ― 石岡 克俊
48 公開シンポジウム「電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ」余話
― シンポジウムの概要と質疑応答・総合討論 ― 小島 浩之
特集 1 中国学情報化への対応に関する情報収集と分析 53
54 中国学情報化への対応に関するアンケート
― パソコンの中国学利用実態調査 ― 71 アンケート集計結果の分析
漢字文献情報処理研究会
山田 崇仁
特集 2 情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立 79
80 「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」にもとづく出版計画につ
いて
「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」研究班
84 『電脳中国学Ⅲ(仮題)
』企画案
新世代の中国学向けデジタルリソースマニュアル
山田 崇仁
89 『法学と東洋学の対話(仮)
』企画案
小島 浩之
93 《初年次教育向けテキスト》企画案
師 茂樹
100 『中国学電脳リファレンスマニュアル(仮)』企画案
2 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
千田 大介
ソフトウェアレビュー 103
104 震災と情報
saveMLAK ウィキサイト
― 博物館、図書館、文書館、公民館の震災関連情報 ― /
『多言語・情報弱者対応災害支援リンク集』について
― Multi-path Communication リテラシーのために ―
江草由佳・高久雅生 / 山崎直樹
114 ソフトウェア
Mac OS X Lion / Microsoft Office for Mac 2011 /
WG ピンイン IME / J 北京 7 / 一太郎 2011 創 / EPUB3
師茂樹 / 小川利康 / 金子眞也 / 山田崇仁
学術リソースレビュー 129
130 学術リソース
“中華字庫” プロジェクト / 動画投稿サイト / 中国国家図書館 /
図書館におけるレファレンスサービスの本質とは /
「多言語実験室」公開ツール各種 / 大成老旧刊全文数据庫
千田大介 / 山下一夫 / 佐藤仁史 / 矢野正隆 / 鈴木慎吾 / 小川利康
153 学術ソフト・製品
書
評
158 『新しい常用漢字と人名用漢字 漢字制限の歴史』/
『ユニコード戦記 文字符号の国際標準化バトル』
メッセージ 83
お知らせ
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集
當山日出夫
今後の JAET について
金子眞也 / 師茂樹
師茂樹
78 年会費納入についてのお知らせ
82 会員の皆様へ
162 漢字文献情報処理研究会彙報
163 著者紹介 / 編集後記
❖本誌記事中のソフトウエア名、プログラム名、会社名などは一般に各社の商標または登録商標で
す。本文中では、™・® 等のマークは明記しておりません。
❖本誌記事の記述に基づいて行われた作業の結果生じたあらゆる損害について、編著者・翻訳者お
よび出版社は一切の責任を負いません。
❖本誌記事の内容に関するご意見・ご質問は、漢字文献情報処理研究会 Web サイト(http://www.
jaet.gr.jp/)のフォームにて受け付けます。書面・電話・FAX によるお問い合わせには応じかねます。
Journal of JAET vol.12 ● 3
ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす
仮名文字の標準化
高田 智和(たかだ ともかず)
Symbols、Playing Cards の 4 領域に収録)
、そして、
⿋⿋ 1 はじめに
2011 年 3 月に、ISO/IEC 10646 の第 2 版が出
本稿で取り上げるア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わ
す仮名 2 文字がある。
筆 者 は、2005 年 10 月 か ら、ISO/IEC 10646
版された。第 2 版で追加された符号化文字の中で、
規格の開発を担当する日本委員会である SC2 専
特に日本に関係の深いものとしては、CJK 統合漢
門委員会に参加し(2005 年 10 月からオブザー
字拡張 D(CJK Unified Ideographs Extension D)、
バ、2009 年 4 月から委員)
、仮名 2 文字の追加
携 帯 電 話 の 絵 文 字(Emoticons、Miscellaneous
審議に携わった。本稿は、筆者が経験した仮名文
Symbols and Pictographs、Transport and Map
字追加審議の様子をもとに、(1) ア行の /e/・ヤ
図 1:Kana Supplement
行の /je/ を表わす仮名 2 文字とは何なのかを解
説し、(2) 符号化文字としての仮名 2 文字の文字
名、収録領域名、符号位置について、原提案との
違いを記述し、(3) 仮名 2 文字の標準化をめぐる
問題点について私見を述べる。
なお、本稿は、筆者の観察による覚えを極力客
観的に記述することにつとめ、SC2 専門委員会の
公式見解ではないことに留意されたい。
⿋⿋ 2 ISO/IEC 10646 規格の追加仮名
2 文字
追加の仮名 2 文字は、Kana Supplement という、
ISO/IEC 10646 規格に新たに設けられた領域に
収録されている(図 1)
。符号化文字としての文
字 名 は、
「
(1B000)
」 が KATAKANA LETTER
ARCHAIC E、「
(1B001)」
が HIRAGANA
LETTER ARCHAIC YE である。
これらは、平安時代中期までの日本語で区別
されていたア行の /e/ とヤ行の /je/ を書き分け
4 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす仮名文字の標準化(高田)
る際に用いる仮名文字である。片仮名の場合は、
流したため、表記上の書き分けもなくなったので
ア行に追加の「
ある。
「いろは歌」は、ア行の /e/ とヤ行の /je/
」、ヤ行に現行の「エ」を用い、
平仮名の場合は、ア行に現行の「え」、ヤ行に追
との区別がなくなった後の日本語音韻体系を反映
加の「 」を用いることが想定されている。
している。
仮名 2 文字の ISO/IEC 10646 への追加提案は、
室町時代末期のキリシタン資料のローマ字表記
日本 SC2 専門委員会から行なわれたものではな
では je と書くことから、[ je ]に近い音に両者が
く、Unicode Technical Committee を仲介してな
合流したと推定されている。その後、江戸時代に
されたものであった(2008 年 1 月)。国内から
の要望を直接受けたものではなかったため、SC2
[ je ]は[ e ]に変わり、現代に至るのである。
現在、
「イェスペルセン」
「イェーツ」などの[ je ]
専門委員会には、追加提案の仮名 2 文字に対す
は、[ e ]とは違う音として意識されている。こ
る予備知識がなく、この 2 文字は一体何なのか、
の[ je ]は、近代以降の外国語との接触によって、
この 2 文字を必要としているユーザはどういっ
新たに日本語の音韻体系に組み込まれた外来音で
た分野の人なのか、「変体仮名」とは何が違うの
あり、古代日本語のヤ行の /je/ と直接の関わり
だろうか、といったごく初歩的な疑問を解決する
があるわけではない。
ところから始めざるを得なかった。
次節では、追加提案の仮名 2 文字の素姓、想
定される使用者と使用分野、変体仮名との違いに
ついて、順をおって述べていくことにする。
⿋⿋ 3 ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わ
す仮名 2 文字とは何なのか
⿡⿡3.1 国語史におけるア行の /e/ とヤ行の /
je/
国語史では、平安時代の中期、天暦年間(947
以上が、国語音韻史におけるア行の /e/ とヤ行
の /je/ の概要である。
⿡⿡3.2 奥村栄実『古言衣延辨』における書き
分け
古代の日本語において、ア行の /e/ とヤ行の /
je/ には仮名の使い分けがあり、これが音韻の区
別によることを実証的に論じたのは、江戸時代
の国学者奥村栄実(おくむらてるざね、1792―
1843)である。その著書『古言衣延辨』(文政
12[1829] 年跋)では、天暦以前の文献において、
―957)頃まで、ア行の /e/ とヤ行の /je/ には書
ア行の /e/ には「衣・依・愛・哀・埃・英・娃・翳・
き分けがあり、古代の日本語では、音韻として /
榎・荏・得」、ヤ行の /je/ には「延・要・曳・叡・
e/ と /je/ との区別があったとされている。
江・吉・枝・兄・柄」のような万葉仮名の書き分
平安時代初期から中期頃に成立したと推定さ
れる「あめつちの歌」は、「いろは歌」と同様に、
けがあることを示している。
このような仮名の使い分けの実証と、その背景
当時区別されていた音節の種類を網羅するように、
にある音韻の区別の論は、上代特殊仮名遣の発見
仮名を配置して作られた手習い歌である。「いろ
として知られる石塚竜麿の『仮名遣奥山路』と同
は歌」が 47 文字であるのに対して、「あめつち
様の音韻・表記研究であるが、奥村栄実の場合は、
の歌」は 48 文字と 1 文字多く、「えのえをなれ
さらに一歩踏みこみ、ア行の /e/ とヤ行の /je/
ゐて(榎の枝を馴れ居て)」と、「え」だけ 2 回
とを区別して書き分けるための平仮名と片仮名を
出現する。これは、ア行の /e/ とヤ行の /je/ と
提案している。
が区別されていた古代日本語の音韻体系を反映し
ていると説明される。
明 治 24[ 1891 ]年 刊 本 に よ っ て、 奥 村 栄 実
が提案する仮名を示すと表 1 のようになる。ヤ
天暦年間以降、ア行の /e/ とヤ行の /je/ との
行の /je/ の平仮名は「江」を字母とする草仮名、
書き分けが失わる。音韻としての区別がなくなっ
ア行の /e/ の片仮名は「衣」の省画仮名(「衣」
たため、つまり、/e/ と /je/ が同じ一つの音に合
の最終 3 画)である。
Journal of JAET vol.12 ● 5
論 文
表 1:奥村栄実『古言衣延辨』での書き分け
ア行の /e/
ヤ行の /je/
平仮名
(草仮字)
⿡⿡3.3 音図における書き分け
江戸時代において、ア行の /e/ とヤ行の /je/
を仮名で書き分けようとした実例は、奥村栄実の
ほかにもあって、五十音図に関わる音韻学にいく
つか見られる。
片仮名
(片仮字)
一例をあげると、富永一齋『韻鏡藤氏傳』
(明
和 6[1769] 年序、安永 5[1776] 年刊)の音図では、
ア行の /e/ とヤ行の /je/ だけでなく、ア行の /i/
江戸時代の国学者が平安時代以前の文献言語を
とヤ行の /ji/ なども仮名で書き分けている(表 2)
。
研究するのは、過去の時代に言語の規範を求め、
ア行の片仮名は現行のものと同じであるが、ヤ行
その規範を当代と将来にわたって実践しようとす
の方には点を一つ加えている。点を加えることで、
る思想が根底にあったからと言われる。奥村栄実
ア行の仮名とは違うことを示そうとしたのであろ
も例外ではないのである。
うか。
現在の文献言語研究では、規範よりも多様性に
音韻学での書き分けは、中国漢字音を仮名で表
重きが置かれ、実践や現実へ介入・提案は避けら
記する目的が大きいと考えられる。古代のやまと
れ、観察と記述を専らとする傾向が強い。そのた
ことばを探ろうとした奥村栄実とは、目的が異な
めか、奥村栄実が実証した音韻の区別は、国語史
るものの、日本の文字である仮名を用いて表記を
の教科書(概説書)に記述されているが、書き分
しようとした点は共通している。
けのための仮名の提案は、ほとんど忘れ去られて
音図での書き分けは、明治時代に入ってからも
見られる。明治 6[1873] 年の『小學教授書』(文
いると言ってもよい。
部省編纂、師範學校彫刻)の五十音図には、次の
ような仮名が使われている(表 3)
。
表 2:富永一齋『韻鏡藤氏傳』での書き分け
ア行の /e/
ヤ行の /je/
明治初期の初等教育において、ア行の /e/ とヤ
行の /je/、ア行の /i/ とヤ行の /ji/ を区別した表
記を実践する意図を推定する事例ともなるが、明
治 7[1874] 年の『小學入門』では、ア行の /e/
ア行の /i/
ヤ行の /ji/
とヤ行の /je/ には同じ片仮名「エ」、ア行の /i/
とヤ行の /ji/ には「イ」を用いるように変わり、
学校教育での書き分けはなくなったのである。明
治時代の日本語においては、これらの音はもはや
音韻として区別されていないのだから(ア行の /
i/ とヤ行の /ji/ は当初から同音であったとされ
表 3:『小學教授書』での書き分け
ア行の /e/
ヤ行の /je/
る)、これらの音を表す仮名を教育に持ち込むこ
とに対して、批判があったものと推測される。
⿡⿡3.4 平安時代中期以前加点の訓点資料にお
ア行の /i/
ヤ行の /ji/
ける書き分け
ここまで見てきた書き分けは、江戸時代の国学
者や漢学者が、古代日本語の音韻や中国漢字音を、
仮名で表記しようとして作りだしたものである。
6 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす仮名文字の標準化(高田)
それでは、ア行の /e/ とヤ行の /je/ とが区別
されていた平安時代中期以前(天暦年間以前)の
文字資料では、どのような文字を使って表記がな
されていたのであろうか。これを知るためには、
平安時代中期以前に書かれた文字資料によって、
典籍名
ア行の /e/
ヤ行の /je/
金光明最勝王經(本
點)
[平安初期]
金光明最勝王經(別
點)
[平安初期]
草仮名や省画仮名の使われ方を確認する必要があ
る。
平安時代中期以前の文字資料には、木簡や墨書
土器などの出土資料もあるが、ここでは訓点資料
を用いる。訓点資料研究では、資料ごとに、使わ
東大寺諷誦文稿
[平安初期]
大方廣佛華嚴經
[平安初期]
れている仮名を音節ごとにまとめた仮名字体表が
作られている。一次資料ではないが、仮名字体表
を通覧することで、平安時代中期以前の仮名によ
る書き分けがどのようであったかを知ることがで
きる。
築 島 裕『 平 安 時 代 訓 點 本 論 考 』( 汲 古 書 院、
1986 年)には、463 資料の仮名字体表が収録さ
れている。このうち、ア行の /e/ とヤ行の /je/
觀彌勒上生兜率天
經贊(第一次點)
[平
安初期]
觀彌勒上生兜率天
經贊(第二次點)
[平
安初期]
とが書き分けられている資料は 20 種であり、す
べて平安時代中期以前の加点本である。以下に仮
名字体表の一部を抜き出して示す(表 4)。
表 4:平安中期以前加点の訓点資料での書き分け
典籍名
四分律
[平安極初期]
願經四分律
[平安極初期]
成實論
[天長 5 年]
金光明最勝王經註
釋(飯室切)
[天長
5 年頃]
大乘大集地藏十論
經[元慶 7 年]
ア行の /e/
ヤ行の /je/
中觀論
[平安初期]
金剛波若經集驗記
(朱點)
[平安初期]
大唐三藏玄奘法師
表啓[平安初期]
金光明最勝王經註
釋(奈良本)
[平安
初期]
四分律行事鈔
[平安初期]
大智度論
[平安初期]
説无垢稱經
[平安初期]
妙法蓮華經玄贊
[天暦頃]
Journal of JAET vol.12 ● 7
論 文
典籍名
ア行の /e/
ヤ行の /je/
沙彌十戒威儀經
[平安中期]
「 (1B000)
」と「 (1B001)
」は、平安時
代中期以前の訓点資料に使われた仮名ではあるが、
ア行の /e/ を表す片仮名の代表字体、ヤ行の /je/
を表す平仮名の代表字体として、結論づけること
はできないのである。しかし、ア行の /e/ を表す
省画仮名、ヤ行の /je/ を表す草仮名として、同
この時代の訓点資料に書き込まれた仮名は、平
仮名に連なる草仮名と、片仮名に連なる省画仮名
とが混在して用いられている。現行の平仮名・片
仮名のように 1 音節に対して代表字体が 1 字あ
時代において優勢なものは、「 (1B000)
」
、
「
(1B001)
」であると言うことはできよう。
⿡⿡3.5 春日政治『西大寺本金光明最勝王經古
點の國語學的研究』における書き分け
るわけでなく、字母の違い、字母を同じくしても
草体化の程度や省画の方法の違いなどによって、
1 音節に対して複数の字体がみとめられる。
ア行の /e/ には、「衣」を字母とする草仮名と、
平安時代中期以前加点の訓点資料のア行の /e/
とヤ行の /je/ を、訓点資料研究者はどのように
扱っているのであろうか。
「衣」の省画仮名(「衣」の第 1 画目と第 2・3 画目)、
訓点資料・訓点語研究の記念碑的研究書である
ヤ行の /je/ には、
「江」を字母とする草仮名と、
「江」
春日政治『西大寺本金光明最勝王經古點の國語學
の省画仮名(「江」の旁、現行の片仮名「エ」)が
的研究』
(斯道文庫、1942 年)では、西大寺本
目立つ。ここに「 (1B000)」の使用例が見出せる。
金光明最勝王經の訓み下し文の凡例で、次の一項
しかし、平安時代中期以前において、ア行の /
を設けている。
e/ を表す片仮名の代表字体を、「 (1B000)」に
認定することは、慎重になるべきである。典籍に
一、仮名は現代の標準字體を用ゐたが、只
よっては、「 」や「
ア行・ヤ行のエは、
「
」などが使われているか
らである。
」
・
「え」と「エ」
・
「 」とに書別けた。
ま た、 草 体 化 の 程 度 が 異 な る も の の、「
(下略、原文縦書き)
(1B001)」に相当する草仮名も、訓点資料に見
出せる。
「 (1B000)」の場合と同様に、ヤ行の
/je/ を表す草仮名には、「延」「兄」を字母とする
凡例にしたがって、本書の書き分けをまとめる
と、表 5 のようになる。
ここでは、平安時代中期以前において、ア行
ものもあるので、
「江」を字母とする草仮名をもっ
て、平安時代中期以前におけるヤ行の /je/ を表
の /e/ を表す片仮名の代表字体を「
す平仮名の代表字体を「 (1B001)」に認定す
/je/ を表す平仮名の代表字体を「
るのは難しい。
いるわけではない。ア行の /e/ とヤ行の /je/ と
」、ヤ行の
」に認定して
を区別して表現するための翻刻文字・解釈文字と
表 5:春日政治『西大寺本金光明最勝王經古點の國語學的
研究』での書き分け
ア行の /e/
ヤ行の /je/
平仮名
片仮名
して、
「 」「
」を採用しているのである。
ISO/IEC 10646 に追加された仮名 2 文字「
(1B000)
」
「 (1B001)
」は、訓点資料・訓点語
研究において、翻刻文字・解釈文字として利用さ
れる可能性を持つものである。現代の訓点資料・
訓点語研究者の多くが、春日政治のように「
「
くとも、『西大寺本金光明最勝王經古點の國語學
的研究』の訓み下し文を電子化する際には、「
8 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
」
」を翻刻に用いているわけではないが、少な
ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす仮名文字の標準化(高田)
(1B000)」「 (1B001)」は有益であろう。
また、翻刻文字・解釈文字であるならば、訓点
資料や古辞書の和訓索引での使用、あるいは、仮
名字体表の音節見出しに用いることなども、可能
性として考えられる。仮名字体表の音節見出しの
場合は、音節記号的な用法となる。図 2 の仮名
字体表では、
「衣」を「
」、「江」を「エ」に入
れ替えて、見出しを片仮名に揃えるような用い方
である。
⿡⿡3.6 国語学・日本語学の教科書におけるア
行の /e/ とヤ行の /je/ の表記
図 2:仮名字体表(一部)
古代の日本語におけるア行の /e/ とヤ行の /je/
の区別について、国語学・日本語学の教科書(概
説書)はどのような表記を用いているのであろう
か。いくつか見てみよう。
このほかに、ア行の /e/ とヤ行の /je/ に言及
する教科書(概説書)23 種を検してみたが、例
にあげたように、音声記号・音素記号による表記
⿟築島裕『国語学』
⿟
(東京大学出版会、1964
(e と je)、あるいは、万葉仮名による表記(衣と
年)
江)で音の区別を述べ、平仮名(草仮名)や片仮
「あめつち」には「えのえを」と「え」が
名(省画仮名)を書き分けて説明する方法はとら
二つあるが、これは本来はア行のエ e(榎)
ないものばかりである。
とヤ行のエ je(枝)との区別を表わしたも
国語学・日本語学において、ア行の /e/ とヤ行
のと見られる。
の /je/ とを書き分けるための公式な仮名文字は
(22 ページ、原文縦書き)
ないとみるべきである。
⿟沖森卓也編『日本語史』
⿟
(おうふう、1989
⿡⿡3.7 国語辞典におけるア行の /e/ とヤ行の
/je/ の表記
年)
ア行のエ[ e ]とヤ行のエ[ je ]は、『新撰字
中型規模の国語辞典には、
「あめつちの歌(詞)
」
鏡』
(八九二~九〇〇年成)に「衣女虫」
「江
を見出し語に立て、歌の全文を記載するものもあ
女虫」
(衣はア行のエ、江はヤ行のエを表
る。
す万葉仮名)というように区別しない例が
見え、
(67 ページ、原文縦書き)
例えば、
『広辞苑(第 6 版)
』
(岩波書店、
2008 年)
では、ヤ行の /je/ に「江」を字母とする草仮名
を用い、ア行の /e/ に平仮名「え」を用いて書き
分けを実現している(次ページ図 3)
。
⿟山口堯二『日本語学入門
⿟
― しくみと成り
また、
『広辞苑』を収録した電子辞書でも、ヤ
立ち』(昭和堂、2005 年)
行の /je/ に、紙媒体の辞書と同様の字形を用い
「あめつち」の詞に取り上げられたア行の
ている(次ページ図 4)。電子辞書が Unicode を
e とヤ行の je との区別も、およそ十世紀半
採用すれば、今後は「 (1B001)
」を利用する
ばの天暦年間(九四七~九五七)になくなっ
ことが可能である。
たと推定される。
(16 ページ、原文縦書き)
Journal of JAET vol.12 ● 9
論 文
(盤)」「 (八)
」が変体仮名である。
また、一般には、平仮名(草仮名)について、
変体仮名と呼ぶことが多いようである。そして、
この呼び方は、1900 年以降の仮名に限ったもの
ではなく、1900 年以前の、変体仮名という呼称
がなかった時代の仮名についても適用させること
が多い。その場合、変体仮名とは、現行の仮名を
正体とし、それ以外を非正体とする、汎時代的な
枠組みでの呼称となる。
変体仮名は、同じ 1 音節を表す仮名同士の中
で、標準の字体ではない、異体の仮名の総称であ
る。したがって、ヤ行の /je/ を表すための「
(1B001)」は、ア行の /e/ を表す「え」の変体仮
名とはならない。両者は、対応する音節が異なる
からである。
しかし、ア行の /e/ とヤ行の /je/ との音韻上
の区別がなくなって以降、「江」を字母とする草
仮名は、/e/ の変体仮名として使われるようにな
図 3:『広辞苑(第
6 版)』
る。新規開店の花輪に「○○さん江」とあるのは、
/e/ の変体仮名としての用法である。ここに「
⿡⿡3.8 変体仮名との違い
(1B001)
」を使うこともできようが、これは規格
開発側の意図に反している。
「 (1B001)
」はア
かつては、現代のように、平仮名でも片仮名で
行の /e/ とヤ行の /je/ を区別するときに、ヤ行
も、1 音節に対して 1 文字が固定していたわけで
の /je/ を表すための符号化文字として標準化し
はなかった。字母の違いや、字母を同じくして
たのであり、ア行の /e/ の変体仮名を標準化した
も草体化の程度の違いによって、1 音節に対応す
わけではないからである。このことを強調してお
る仮名が複数用いられていた。/ha/ ならば、「は
きたい。
(波)
」
「 (波)
」「 (者)」「 (盤)」「 (八)」
の如くである。
明治 33[1900]年の小学校令において、教科
書に用いる仮名字体の標準が定められてからは、
⿋⿋ 4 原提案と ISO/IEC 10646 規格
前述のように、仮名 2 文字の ISO/IEC 10646
標準字体以外のものは、異体の仮名として、変体
へ の 追 加 提 案 は、2008 年 1 月 に ISO/IEC JTC1
仮名と呼ばれるようにになった。/ha/ の場合は、
SC2 WG2 に提出された(wg2 N3388)
。原提案
「は(波)」が標準の平仮名、
「 (波)」
「 (者)」
「
の趣旨を、提案文書より抜粋すると、以下の通り
である。
図 4:電子辞書
Hiragana and Katakana of the presentday do not include letters for "YE". This
is because the "E" sound and the "YE"
sound had merged in the 10th century
in Japanese. In other words, "E" and "YE"
10 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
ア行の /e/・ヤ行の /je/ を表わす仮名文字の標準化(高田)
were distinguished before, and were being
represented by distinct Kana letters.
表 6:原提案の文字名・符号位置・領域名
字形
This is a proposal to add two missing
Kana characters to the BMP of UCS for
providing a way to distinguish in writing
between "E" and "YE" mainly for Japanese
classical literature.
そして、原提案の文字名、符号位置、収録領域
名をまとめると、表 6 のようになる。
これに対して、ISO/IEC 10646 第 2 版での文
字名、符号位置、収録領域名は、国際会議での議
論 と、PDAM、FPDAM、FDAM 投 票 で の コ メ ン
トを経て、次のように決している(表 7)。
追加提案の仮名 2 文字は、ア行の /e/ とヤ行の
/je/ とが音韻上区別されていた時代の文献言語を
記述する際の、現代の翻刻文字・解釈文字として、
特殊な目的下での使用が見込まれるものである。
文字名
符号位置
領域名
HIRAGANA
3097
LETTER YE
Hiragana
KATAKANA
3098 or
ORIGINAL
3040
LETTER E
Hiragana
表 7:原提案の文字名・符号位置・領域名
字形
文字名
符号位置
領域名
HIRAGANA
LETTER
ARCHAIC YE
1B001
Kana
Supplement
KATAKANA
LETTER
ARCHAIC E
1B000
Kana
Supplement
⑴提案文字をコンピュータで扱う目的や想定され
また、現代日本において、標準的な仮名文字が増
る使用層が大きく限定されている。
えたわけでは決してない。
繰り返しになるが、追加の仮名 2 文字は、ア
上記 2 点を、できるだけ誤解なく規格使用者
行の /e/ とヤ行の /je/ とが音韻上区別されてい
に示すために、Unicode Technical Committee を
た時代の文献言語を記述する際の、現代の翻刻文
仲介してなされた原提案の内容に対して、日本
字・解釈文字である。想定される使用層は、国語
SC2 専門委員会は修正提案を行った。その結果、
学・日本語学分野の中で、訓点資料・訓点語を扱
文字名が変更され、符号位置も BMP から第 1 面
う研究者である。しかし、国語学・日本語学分野
に移り、新たな領域が設けられ、原提案とは違っ
全体では、書き分けのための公式な仮名文字はな
た形で標準化されるに至った。
く、将来にわたってこの 2 文字が利用され続け
この 2 文字は、定まった日本語名称もない上に、
英語名に “ARCHAIC” を入れたことは、果たして
妥当であったのか。あるいは、印刷字形として安
定と洗練が不足しているのに、規格書の代表字形
を「
」
「
」にしてよかったのかなど、異論も
多いことであろう。
るかどうか、不安が残る。
⑵変体仮名の標準化を誘発する可能性がある。
追加の仮名 2 文字と変体仮名との関連について
は、原提案提出直後の 2008 年 2 月に、Unicode
Technical Committee か ら、 日 本 SC2 専 門 委 員
会に質問が来ている(wg2 N3394)。変体仮名
⿋⿋ 5 おわりに ― 仮名 2 文字の標準
化をめぐる問題点 ―
で は な い と 回 答 す る と と も に、 変 体 仮 名 で な
く、かつ一般的な仮名でもないことを明示すた
めに、Kana Supplement という新領域を設けて収
録する方向に動くことになった。一方で、Kana
最後に、今回の仮名 2 文字の標準化に関する
問題点を三つ述べる。
Supplement の新設が、変体仮名の標準化の動き
を刺激する可能性もある。実際に、2009 年 2 月
には海外から変体仮名の追加提案が起きている
Journal of JAET vol.12 ● 11
論 文
(wg2 N3698)
。現状では、変体仮名追加提案に
ければならない。
関する国際会議での審議は進んでいないが、変体
以上、問題点ばかりを指摘したが、今回の仮名
仮名の標準セットを設定すること自体に困難があ
2 文字の提案・標準化が、文字としての仮名、符
り、この方面に関する文字学的基礎研究の不足も
号化文字としての仮名を考え直すよい機会を与え
相俟って、拙速は避けるべきである。
てくれたことは、言を俟たない。
⑶提案が日本からではなく他の National Body か
らなされた。
近年、日本国内で使われている文字・記号が、
参考文献
⿟⿟ 大矢透編(1918),『音圖及手習詞歌考』,大日本
圖書
日本以外の National Body を通して、追加提案さ
⿟⿟ 山田孝雄(1938),『五十音圖の歴史』,寶文館
れる事態が相次いでいる。携帯電話の絵文字も、
⿟⿟ 中田祝夫(1977),
「解説」,
『古言衣延辨 古言衣
原提案は海外からである。情報化・グローバル化
は、言語や国の枠組みを越えることであるから、
海外からの提案活動それ自体は、社会の変化を反
延辨證補』,勉誠社
⿟⿟ 古田東朔編(1978),『小學讀本便覧』,武蔵野書
院
映したものと受け止められよう。しかし、日本
⿟⿟ 馬渕和夫(1993),『五十音図の話』,大修館書店
SC2 専門委員会の知名度が不足しているなどの理
⿟⿟ 小林芳規(1998),『図説 日本の漢字』,大修館
由により、国際規格開発の国内窓口としての役割
が機能不全に陥っているならば、真摯に反省しな
12 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
書店
【研究ノート】
中国古典戯曲研究のための
音韻表示システム
MediaWiki での実装の試み
師 茂樹(もろ しげき)
な法則性を見つけ出し、それを比較することで当
⿋⿋ はじめに
時の音韻の地域的分布や時代変遷などを推測して
いく、という作業は、計量文献学によるデータマ
本稿は、中国古典戯曲研究において重要な、音
イニングや、数理文献学的な手法が有効であると
韻による分析のための表示システムを MediaWiki
思われる [3]。しかし、データマイニング的な方
上で試作したことについて、ごく簡単に報告する
法などによって仮説形成がなされた後に、研究者
ものである
[1]
。
中国古典戯曲研究においてなぜ音韻研究が重要
が実際にテキストにあたって検証をする、という
作業が不可欠である。
なのかについては、すでにいくつかの先行報告 [2]
したがって、本研究の目指す「中国古典戯曲研
で言及されている。大ざっぱに言えば、以下の理
究者向けのプラットフォーム」のためには、上の
由があげられるだろう。
データマイニング的な仮説形成方法に加えて、複
数の研究者のための音韻表示、音韻による文字列
⿟古典戯曲の台本について、年代・地域の同
⿟
検索などのシステムが最低限 [4] 必要となってく
定を行うためには、音韻に関する情報が重
る。中国古典戯曲研究に限らず、従来の音韻研究
要である。
においては、
『広韻』
『中原音韻』などの複数の韻
⿟曲を作詞するためのルール(曲律)につい
⿟
書を丸暗記した上でテキストを読む、というよう
ては全体的な把握がされておらず、時代の
な記憶力勝負の面があったので、それを多少なり
変遷や地域による変化を系統的に把握する
ともサポートできるようなシステムが求められて
ことができれば、古典戯曲研究の大きな前
いるのである。
進が期待できる。
本稿は、そのうちの音韻表示システムの一部 [5]
について、MediaWiki 上で実装を試みたことの報
台本中に残された膨大な曲牌の集合から音韻的
告である。筆者は中国古典戯曲や中国語の音韻論
Journal of JAET vol.12 ● 13
論 文
についてまったくの素人であるため、専門家の意
移行することが望ましいが、本稿では既存の文字
見を伺いつつの作業であるものの、不適当な理解
コード技術の上での解決策について検討した。
をしているところもあると思われる。諸賢の叱正
具体的な方法としては、
を乞いたい。
1.各文字に対する音韻情報の動的なマークア
ップ
⿋⿋ システムの概要
2.マークアップされた音韻情報に対応するス
本システムは、大ざっぱに言えば、マウスで指
タイル情報の動的な書き換え
示した漢字と、同じ音韻情報を持つ漢字を強調し
て表示する、というただそれだけのシステムであ
[6]
である。
という文字列があっ
プラットフォームとしては、MediaWiki を利
たとする。そのなかの「立」にマウスのポインタ
用した。MediaWiki は、よく知られているよう
る。たとえば「立直一發」
をのせると、次のように表示が変化するのである
に、Wikipedia のプラットフォームとして用いら
(実際に試作したものでは文字の色が変わるので
れているフリー(自由)ソフトウェアである。複
あるが、白黒印刷ではわかりにくいのでここでは
数のユーザによる共同作業は言うまでもないが、
囲み線で表した)。
Unicode ベースで多言語に対応し、自由なカスタ
立 直 一 發
マイズが可能な高機能な Wiki ソフトウェアとし
て、ユーザも多い。ユーザが多ければ、その分共
同利用者への教育コストを抑えることができる、
という利点もある。
MediaWiki の機能拡張は、テキスト中のタグ
に対する処理を、PHP などで記述することがで
立 直 一 發
きる、というものである(タグがフックとなって
PHP の関数が呼び出される)。本文中に「< 折題
>…</ 折題 >」というタグがあったとして、何も
機能拡張がされていなければこのタグは無視され
これは、
『中原音韻』では「立」「直」
「一」が
るが、たとえば「< 折題 >……</ 折題 > の中身は
同じ「齊微」という韻を持っているからである(ち
<h2> で囲め」という単純なスクリプトを用意す
なみに「發」は「家麻」)。これによって、今注目
れば、その部分が見出しとして表示される、とい
している漢字が、周辺のどの漢字と韻を踏んでい
う具合である。
るのかが、一目でわかるようになるのではないか
……というのが本システムの狙いである。
⿡⿡音韻情報の付与
本システムでは MediaWiki のこの機能を用い
て、
「< 曲目 > タグの中身の漢字一文字一文字に
『中
⿋⿋ 実装方法
原音韻』の韻目情報を付与せよ」という機能拡張
このようなシステムを作る場合、文字の視覚的
な差異を主な弁別基準として符号化されている現
在の文字コード技術
[7]
だけでは、音韻を中心と
したテキスト処理(表示、検索置換、ソートなど)
は対応できない。将来的には CHISE プロジェク
ト [8] のような、よりリッチな文字処理環境へと
14 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
を作成した。
まず、韻書に基づく以下のような音韻テーブル
を用意する。
【研究ノート】中国古典戯曲研究のための音韻表示システム(師)
東
東鍾
平聲
陰
東
冬
東鍾
平聲
陰
東
鍾
東鍾
平聲
陰
鍾
鐘
東鍾
平聲
陰
鍾
中
東鍾
平聲
陰
鍾
…
…
…
…
…
そして、たとえばテキスト中に
< 曲文 > 四海平安絶士馬 ...</ 曲文 >
という部分があれば、上のテーブルに基づき、
<span class="zyyy 支思 "> 四 </span>
<span class="zyyy 皆來 "> 海 </span>
<span class="zyyy 庚青 "> 平 </span>
<span class="zyyy 寒山 "> 安 </span>
<span class="zyyy 車遮 "> 絶 </span>
<span class="zyyy 支思 "> 士 </span>
<span class="zyyy 家麻 "> 馬 </span>
……
.zyyy 侵尋 { color: black; }
.zyyy 先天 { color: black; }
.zyyy 家麻 { color: black; }
.zyyy 寒山 { color: black; }
.zyyy 尤侯 { color: black; }
.zyyy 庚青 { color: black; }
.zyyy 廉纎 { color: black; }
.zyyy 支思 { color: black; }
.zyyy 東鍾 { color: black; }
.zyyy 桓歡 { color: black; }
.zyyy 歌戈 { color: black; }
.zyyy 江陽 { color: black; }
.zyyy 皆來 { color: black; }
.zyyy 監咸 { color: black; }
.zyyy 真文 { color: black; }
.zyyy 蕭豪 { color: black; }
.zyyy 車遮 { color: black; }
.zyyy 魚模 { color: black; }
.zyyy 齊微 { color: black; }
これをマウスの動きに反応して動的に変化させ
るために、各文字の属性をさらに次のように増
という具合に、一文字一文字に音韻情報に基づ
く class 属性を持ったタグを自動的にマークアッ
やす(実際の処理では class 属性を付与する際に、
同時に付与する)
。
プするのである(実際には後述するように、マウ
スに対する処理のための属性も付加されるが、煩
瑣になるのでここでは省略)。ちなみに「zyyy」
は『中原音韻』を表す。将来的に複数の韻書に対
応することを想定して、このように韻書ごとの接
頭辞をつけている。
<span
class="zyyy 支
思 "
onmouseover="change('zyyy 支 思 ')"
onmouseout="restore('zyyy 支思 ')">
四 </span>
この処理は、MediaWiki 上でテキストを編集
属性中の onmouseover、onmouseout はその名
するたびに行われるため(処理結果はキャッシュ
の通りマウスが文字列の上に来た、文字列から離
されるので、表示のたびに処理が行われるわけで
れたというイベントに対応するもので、これに
はない)、研究者はテキスト編集をしながら随時、
よって JavaScript の関数(change() と restore())
音韻情報を確認することができる。
呼 び 出 し て い る。change 関 数 で は、 引 数 と し
⿡⿡CSS の動的書き換え
さて、このように各文字に付与した class 属性
には、以下のような CSS によるスタイル情報が
用意されている。
て与えられた class 名(
「zyyy 支思」など)に対
応するスタイル情報を書き換える(上の例で言
えば「zyyy 支思」クラスの「color: black」
を「color: blue」にする)という処理をし、
restore 関 数 は 逆 に「color: black」 に 戻 す、
Journal of JAET vol.12 ● 15
論 文
という非常に単純なものである。CSS が直接書き
換えられるため、ブラウザ上では同じ class 属性
ccddb.econ.hc.keio.ac.jp/wiki/)
[2] 千田大介「中国古典戯曲総合データベースの構想と展
を持つ文字のスタイルが同時に変化する、という
望」(『中国古典戯曲総合データベースの基礎的研究』、
仕組みである。
平成 17 年度〜平成 19 年度科学研究費補助金・基盤
研究 (C) 研究成果報告書、2008 年 3 月)、師茂樹・千
田大介・二階堂善弘・山下一夫・川浩二「中国古典戯
⿋⿋ まとめと今後の課題
曲文献の韻律の数理的分析に向けて」(『東洋学へのコ
以上、中国古典戯曲研究のための音韻表示シス
テムについて、簡単に説明してきた。今回は音韻
に関するものであったが、テキスト上の各文字に
ンピュータ利用 第 19 回研究セミナー』、2008 年 3 月)
など。
[3] 前掲「中国古典戯曲文献の韻律の数理的分析に向けて」
任意の属性を付して、それに基づいた各種処理を
参照。文献学におけるデータマイニング(テキストマ
行う、という方法は、テキストデータベース全般
イニングの有効性については、拙稿「大規模仏教文献
に有効なのではないかと思われる
[9]
。
今後追加したい機能としては、以下のものがあ
げられる。
群に対する確率統計的分析の試み」(『漢字文化研究年
報』1、2006 年 3 月)参照。
[4] 共同研究のためのプラットフォームであれば、テキス
トに対する注釈とその共有、共同研究のための議論の
⿟韻書や音韻情報のユーザによる切り替え
⿟
⿟韻書(音韻テーブル)も
⿟
Wiki 上で編集で
きるようにした、文献の音韻研究の統合的
環境の構築
⿟よりよい表示方法、インターフェースの改
⿟
善
ためのプラットフォームなど、様々な機能が検討され
うるであろう。
[5] 漢字の上にルビとして音韻情報を併記する方法につい
ては、前掲「中国古典戯曲文献の韻律の数理的分析に
向けて」で報告した。
[6] 例文が低レベルなのは筆者の能力によるのでご容赦い
ただきたい。
また、現在未解決の問題としては、以下の点が
あげられる。
[7] Unicode において文字の同一性(あるいは他の文字と
の弁別)を決定するための semantics という概念につ
いては、拙稿「携帯電話の絵文字における semantics
⿟一対多の音韻のマークアップ方法
⿟
の問題」(『東洋学へのコンピュータ利用 第 21 回研究
⿟韻書にない文字のマークアップ方法
⿟
セミナー』、2010 年 3 月)を参照。
⿟時代や地域を考慮した異体字処理
⿟
[8] http://www.chise.org/
[9] 文献学を目的とする場合、テキストのマークアップを
これらの問題は、音韻の地域的分布や時代変遷
単語よりも小さな単位(シラブルや文字など)で行う
の推測と同様、今後の研究の進展結果によって明
ことの有効性については、永崎研宣「シラブルを最小
らかになっていくと思われるので、システムへの
単位とする仏教哲学文献データベースについて」(
『情
反映(システム化しないことも含めて)もそれに
報 処 理 学 会 研 究 報 告 』2006-CH-71、2006 年 7 月 )
合わせたものになるであろう。
などですでに指摘されている。
今後も少しずつ開発を進めて行きたいと思うの
で、ご意見、ご批判をいただければ幸いである。
謝辞
本稿は、日本学術振興会・科学研究費補助金・
注
基盤研究 B「中国古典戯曲総合データベースの
[1] 本研究は、以下のデータベース構築の一環として行
われたものである:「中國古典戲曲資料庫」(http://
16 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
応用的研究」
(課題番号 23320077、研究代表者:
千田大介)による研究成果の一部である。
漢情研 2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代の
プラットフォームと
コンテンツ
電子書籍元年と呼ばれた 2010 年から 1 年経過した。この間に iPad2 が発売され、
携帯電話ユーザー
の携帯端末(スマートフォン)への乗り換えはさらに進んだ感がある。このように電子書籍が閲覧で
きるインターフェイスは整いつつあるが、コンテンツについては、日本においてさほどの進展は見ら
れていない。
電子書籍は、紙媒体の書籍とは異なり、インターフェイス、コンテンツ、ライブラリ、ストアといっ
た諸機能が合わさって、読者への提供が可能となる。現在の日本の電子書籍の状況は、これらの諸機
能が有機的に作用していないことを表しているのではないだろうか。
そこで、今年度はこれら必要な諸機能が上手く作用した先例として電子辞書をとりあげ、コンテン
ツとプラットフォームの問題に焦点を当てて、電子書籍の今後を展望するべくシンポジウムを開催し
た。
本報告記事は当日の各報告者の報告を加筆訂正したものと、質疑応答・全体討論をまとめたものか
らなる。当日参加できなかった会員諸賢や、この問題に関心のある方々には、本報告記事や、師代表
による Twitter のまとめ記事(http://togetter.com/li/168991)を参照いただきたい。
※本シンポジウムは当会と科学研究費補助金・基盤研究 (B)「情報化時代における中国学次世代研究
基盤の確立」(研究課題番号:23320010、代表者:二階堂善弘)との共催で開催された。
※漢情研公開シンポジウムの日程・会場等の詳細については、彙報(P. 162)を参照していただきたい。
Contents
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化
― 電子辞書メーカー、出版社、並びに販売店 ― ………………………………木村 一彦…… 18
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト………………星野 渉…… 30
プラットフォームの私法上の位置付け
― 放送法における「有料放送管理事業者」の規定を手がかりに ― …………石岡 克俊…… 40
公開シンポジウム「電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ」余話
― シンポジウムの概要と質疑応答・総合討論 ― ………………………………小島 浩之…… 48
Journal of JAET vol.12 ● 17
2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ
電子辞書市場の
変遷にともなって生じた
関係性の変化
― 電子辞書メーカー、出版社、並びに販売店 ―
木村 一彦(きむら かずひこ)
かと思います。よろしくお願いいたします。あと、
⿓⿓ 1.電子辞書の企画立案から商品化
改めまして、大修館書店の木村と申します。よ
ろしくお願いいたします。
本日は、レジュメも流れだけが書いてあります
私の時間内で、私の話に関して質問があれば、お
答えできる範囲でお答えいたします。ご質問があ
れば遠慮なくお聞きいただければと思います。
さて、電子辞書の企画立案から商品化までとい
うことで、とあるメーカーの企画担当者の場合、
し、パワーポイントは(単純にちょっと時間がな
というのはあくまでも架空のものです。個別の事
くてできなかったので)非常に質素で資料が不十
象を取り出すと、確かにどこかのメーカーでそう
分ですが、紙に書いてお見せするのはなかなか難
いう事はあったかもしれませんけれども、全体を
しくても、頭の中にはネタが結構豊富にあります
通して事実を再現したわけでもなく、また、必ず
ので、お話をさせていただき、ご質問があればお
しもすべてが典型的な例といえるものでも、過度
答えしたいなと思っています。
に一般化できるものでもないのですが、当時の
ちなみに、先ほどご紹介いただいたのですが、
メーカーの企画担当者が、こんな風に電子辞書に
私は前の会社がセイコーインスツル、私が入社
取り組んできたのではないかと、多少脚色された
した時はセイコー電子工業という名前でしたが、
“昔話” の一つとして聞いていただけばと思います。
2000 年から 2008 年まで電子辞書の企画を担当
しておりました。ちょうど、なんといいますか、
⿜⿜1-1.出版社との交渉
電子辞書という商品が大きく変化している時期に
まず、商品企画を、電子辞書という商品の企画
作る側に携わっていたということで、当時ですと
をしなくてはいけません。そのために電子 “辞書”
ナンバー2からナンバー3ぐらい落ちちゃった時
ですから、出版社に辞書のデータを使わせていた
期かもしれませんが、メーカーの中で、もしくは
だく交渉をしなくてはなりません。
中から見た “風景” みたいなものならお話できる
18 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
企画立案のとき、割りと初期の頃―電子辞書
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
の い わ ゆ る 導 入 期、1997 年 か ら 2000 年 と か
渉かもしれませんけれども、ただひたすらお願い
2001 年ぐらいの間―の話です。私自身は 2000
というのが初期のころの出版社とメーカーとの関
年からしか携わっていないので、その前の部分に
係になります。
関しては、前任者からの伝聞ということになりま
すけれども、当時のメーカーの企画担当者という
⿜⿜1-2.商品企画の成立
のは、出版社との間では、基本的には交渉などと
出版社との交渉以外に、商品企画を立てるに当
いうようなレベルではなくてお願いです、ひたす
たって、企画の担当者が何を考えて、どういう商
ら。コンテンツをぜひとも使わせてくださいと。
品にするかというようなことですが、価格とか
この当時は、データディスクというものがあっ
ハードウェアのスペックというのは大体決まって
て、一部電子化されているデータももちろんあっ
しまい、そこは動かせないのですが、それ以外は
たわけですが、大半の出版社にとってみると、電
コストが許す範囲内でどうするかを企画の担当者
子化された辞書などというものが商売になるなん
が考えなければなりません。ところが、初期の頃
てことはこれっぽっちも思っていなくて、紙の辞
は、そもそも手本とすべき先行例はあまりないで
書を売るのが出版社としての基本的なスタンス。
すし、ましてや大成功している例など皆無という
それを何かほかの使い方をしたいからとお願いさ
ような状況です。ですから、どんなものを作った
れても、う~ん、どうしようかっていうような感
らよいのか、ユーザーに喜んでもらえるのか、と
じの出版社が多かった時代です
にかく人に聞いて廻って、いろいろな面でご協力
そこを、ぜひとも使わせてくださいとメーカー
にお願いしているわけですから、いただいたデー
をお願いするというのが、その当時の企画担当者
の仕事になります。
タに関しては、すべてメーカーの方で使えるかた
この人に聞いてということは、具体的には、辞
ちに処理をいたしますと。どういうかたちであっ
書に詳しく書籍の辞書もいっぱい使っていらっ
ても、データをいただければこちらが処理をいた
しゃる方―先生方ですとか、もしくはその先生か
しますという前提でのお願いです。ですから、出
ら紹介していただいた学生さんですとか、そうい
版社から見ると、何か事前に作業しなきゃいけな
う方にいろいろなお話を聞く。それから、出版社
いということはまずありません。一部の出版社は、
に行って、御社の辞書の特徴はどこでしょうとか、
印刷会社さんにお願いして、印刷用の独自フォー
どういう方が使っているのでしょうということを、
マットのデータをある程度きれいにして吐き出し
直接お伺いするというようなことも含めて、とに
てもらってくださいというぐらいのことは、もし
かく情報を集めます。
それらを基に、
こういうユー
かするとやっていたかもしれませんが、それ以外
ザーに対して売るために、こうするのだという筋
のことは一切やらずに、印刷のためのタグがいっ
が通った商品に仕立てています、多少ひとりよが
ぱい付いたかたちでデータをいただき、それをそ
りでも、こじつけがあっても。
のままメーカーに渡していたと思われます。
そういう過程を経て企画をなんとか書いて、企
それをメーカーはいただいているわけで、人手
画会議をというものを社内で通さないといけない
で全部使えるようなかたちに直していかないとい
のですけれども、ここで、企画担当者は、とにか
けないということになります。その作業のための
くいろいろ聞き回って、それなりに情報集めて、
人員と時間は、かなりかかりますので、例えば辞
自分としては何とか商品として成立つだろうと
書1冊売れたら出版社が幾ら儲かる訳だからその
思っているわけです。でも、それを知らない人に
分ちょうだいね、というような話だとなかなか成
説明をしなければいけない、もちろん社内の人で
立ちません。申し訳ありませんが、辞書データの
すけれども。例えば、何でその辞書を選んだの?
使用料は控えめでお願いします、というようなか
というような話を会議の場で聞かれたりするわけ
たちで話をさせていただきます。交渉といえば交
ですが、実は説得力あるデータを元に答えるのは
Journal of JAET vol.12 ● 19
2011 年公開シンポジウム報告
なかなか難しく、書籍の辞書に関しての市場の
データというのは、オーソライズされたものあま
⿜⿜1-3.データ受領から開発
りない、いまだにない、当時も当然ないというこ
企画が無事に通って、出版社からデータを受け
とで、本当にどの辞書が売れているのですかって
取って、それらを元に開発していくというフェー
いうようなことを客観的に示すようなデータとい
ズがあります。こちらは、出版社とメーカーの文
うのは、なかなかない。なので、その辞書じゃな
化の違いが、いまだに大きいのですが、とにかく
くて、この辞書のほうがいいとか、あの辞書のほ
初期のころですからお互いに相手のことを全く知
うが好きとか、言われ放題という状況になります。
らないという、付き合い始めのような状況になっ
辞書の選択の部分に関しては、結構企画会議を
ていますので、お互いに探り合いながらお付き合
通すにあたっての難所でして、企画担当者がいか
いをしていくということになります。
に人を説得できるかっていう能力ですとか、あと、
一番大きいと思うのは、私がメーカーから出版
情報収集能力が問われる事になります。もちろん、
社に来て、改めて思うのですが、納期に関する感
電子辞書でなくても、企画というは押し並べてそ
覚がまるで違うという。これは、良い悪いの問題
ういうものではありますが。
ではなくて、業界の慣習の違いがやっぱり大きい
私が、比較的やっていたことは、初期のころで
と思います。
はないのですが、アマゾンランキングは取りあえ
メーカーは、仕事の進め方が組織的で、社内社
ずチェックします。ピンポイントで見ていてもな
外を含めて個々の仕事を分担しながら進めていき
かなか分からないですから、目をつけている辞書
ますので、その受け渡しのために、いついつまで
などは定点観測で定期的にランキングをチェック
にしましょうねと言ったら、次に受け渡す先はそ
しておくとか、ナショナルチェーンの大きな書店
のつもりで計画を組んでしまいます。多少誇張し
さんですと、自社での売れ筋のランキングなどを、
た言い方ですが、1日遅れると次に受け渡す先、
一部ですが公表されていたり、販売されていたり
その受け渡す先から仕事を受ける先など、あちこ
します。あとは、ちょっと変な言い方なのかもし
ちに迷惑を掛けるというようなことになります。
れませんけれども、その辞書をよく使うであろう
そんな訳で、納期は割りとキチンと守らなくては
ということを誰もが納得するような方に、これが
いけないという感覚で仕事をします。だから、極
いいんだよって言ってもらうとか、そういうよう
端な話ですけれども、多少クオリティーが悪くて
ないろんな情報を集めて企画を通しておりました。
も納期だけは間に合わせる、そういう方向でもの
ただ、その企画会議のときには、当然、開発の
ごとを考えるようになります。必ずしも良いこと
メンバーも出てきますので、開発の視点からはそ
ではありませんけど。
ういったことはともかく、そもそももらうデータ
一方、出版社の納期の感覚は、それぐらいを目
があまりにも” 美しすぎて” 手間が掛かって、こ
途にしましょうねという、割と軟らかい感覚で考
んな時間(納期)じゃできないとか、こんなお金
えていまして、どちらかというと、納期1日2日
じゃできないとか、そういう話もいっぱい出てき
の違いよりもクオリティーを重視しましょうとい
ています。
う違いがあります。それが、メーカーに月末まで
初期のころは、本当にいろんな形式のデータを
にお届けしますと言っていたのに、1日、2日、
いただくので、各コンテンツ毎に違った処理の
もうちょっとチェックしたいのでお時間ください
ツールを作らなくてはならないというような話で
みたいなことを平気で言ってしまう。1日2日な
すので、2~3年に1回ぐらい新製品を出すのが
らかなりいいですね。昔ですと1月単位ぐらいで
精一杯かな、というような牧歌的な状況が割りと
延びたこともあったと聞いております。そういう
普通だった初期のころの電子辞書市場でした。
考えの違いは非常に大きいと思います。
出版社は、納期といっていても、おそらく、人
20 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
手の部分が多い、特に創造的な要素が多いので、
たわけです。今から思えばそんな時代もあったと
割と多めにマージンを見ながらちゃんと進めてい
いうことです。
るということと、書籍に関しては、例えば、刊行
これは、今後、いわゆるコンテンツとプラット
日の1日2日の違いで売り上げに大きく差が出る
フォームとの事業者との力関係を考える上でも参
ということもあまりないのかという気がします。
考にはなるのではないかという気がします。
メーカーの商品ですと、販売店さんのほうの棚
取り、場所を取ってそこで売るっていう感覚があ
⿜⿜1-4.データ fix までの長い道のり
り、その棚を確保するのにえらい努力が要ります
メーカーから見ますと出版社から提供していた
ので、そこを一週間空けておくと売り上げがた落
だくデータというのは、そもそも規格がない、と
ちになります。そういった点も含めても、ちょっ
いうのは妥当な表現ではありませんが、統一され
と、感覚が違うという気がいたします。
た、もしくはある程度標準化された規格というも
あと、もう一つ、両者間の隔たりの大きなポイ
のはなかった、とはいえそうです。
ントがあります。辞書というのは、メーカーのエ
実際には、簡単なタグが付いているだけのテキ
ンジニアからすると単なるデータベース。単な
ストであったり、きちんと構造をもった、当時で
るっていうのは変な意味で言っているわけではな
いうところの電子ブック向けだったりする可能性
くて、構造を持ったデータの集合体というふうな
もあるのですけれども、検索に必要なデータまで
感覚がなければ、逆にデータ処理ができないので
含めて構造を持ったデータもありましたし、あと、
す。一方、出版社は、口ではそういう感じでおっ
単純なプレーンテキストですね。タグも付いてい
しゃるのですが、実際にはデータベースだと全く
ない、構造を示す目印すらもたないデータをいた
思っていないのです。
だいたというようなこともありました。
データベースであれば、このフィールドとこの
一見きちんとした構造を持っている(書籍の)
フィールドを使ってこんなことをやる、こんな
辞書ですから、その電子データは、たとえ標準的
ことができるじゃないですかとか、こことここ
なデータ形式が存在しないとしても、個々のデー
をマッチングさせるとこんなことが分かりますよ、
タに関しては、その構造はきちんとしていると、
こんな機能を盛り込みましょうというような、い
メーカー(のエンジニア)は思うわけです。
ろいろなことを思いつくわけです、メーカーのエ
例えば、英和辞典ですと、まずは見出し語(=
ンジニア達は。大半のことは、勝手にやっていて
Head Word)があり、
次に、
発音記号や語源の記述、
もあまり出版社から怒られなかったりするのです
その後に、名詞や動詞など品詞(毎の分類)があ
が、たまに、出版社の逆鱗に触れてしまい、没に
ります。その品詞の下には語義のブランチ、また
なることもあるようです。内容は、ちょっとオフ
そのブランチの下にも更にブランチを持つものも
レコですが。
あります。また、見出し項目内には、派生語、複
メーカーと出版社の関係は、当時はまだまだ圧
倒的に出版社が優位なところがありまして、なか
合語や成句、さらに見出し語によっては囲み記事
を持っていたりします。
なか実現できなかった機能が2つや3つじゃない
当然ですが、すべての見出し項目が、すべての
時期が現実としてありました。ただ、そのうち無
要素を持つとは限らないですし、出現頻度が非常
神経なメーカーが、さらっとやっちゃうと(既成
に低い要素や表示形式になる部分等すべてを考慮
事実になってしまったということで)黙認され
に入れた構造を持つデータを作るのは、出版社に
ちゃって、
「なんだ、やっても良かったのか」といっ
取ってみると現実的には少々敷居が高いわけです。
たことは、結構ありました。
ただ、そうは言っても、実際のデータは、全体
この状況を、力関係と表現をするのが正しいの
を見てみた時に例外になる部分が、もはや例外と
かどうか分からないのですが、そんな時代もあっ
はいえないぐらいあった(現在も結構ある)わけ
Journal of JAET vol.12 ● 21
2011 年公開シンポジウム報告
です。その部分は機械的に処理できず、人手を掛
降に手がけるメーカーは、先行して採用したメー
けないといけませんので、かなりの時間(と費用)
カーの開発過程で、データとして徐々にキレイに
がかかります。ですから、繰り返しになりますが、
なってきたものを処理する訳ですので、開発だけ
初期の頃はデータをいただいて商品つくり上げる
を考えれば後追いで辞書を採用した方が良いわけ
までの間は、短くても1年ぐらいかかってしまい
です。
ました。
メーカーの体力というのでしょうか、営業・販
今はどうかというと、出版社から提供するデー
売面でお金や人員を含めた物量作戦を効果的に実
タは、ある程度 XML のかたちに近い、必ずしも
践できるメーカーは、2番手を行くのが一番得だ
正規の XML じゃないにしても、近いかたちのデー
ということはあったと思います。翻って、私が
タをお渡しします。そうすると、メーカーにより
SII にいた頃は、他社がやってから手掛けていた
ますが、最短で3カ月もあれば商品になってしま
ら、新規性が無い(新味にかける)ものになって
うというようなことはあります。標準的なデータ
しまい、それを売り切る力は無かったです。販売
形式とはいえなくても、一定のルールの下にきち
力じゃ勝てないので、いの一番に新規データを採
いと構造化されたデータであれば、その処理の負
用し、一定期間は先行して商品力で勝負すること
荷は小さく、開発が効率的になったのではないで
が多かった。そういう意味では、開発からは睨ま
しょうか。
れていた企画担当者だったかもしれません。とに
そういう点では、初期の頃と今とではだいぶ違
かく、真っ先に新しい辞書を手掛けるということ
うような気がします。特に、収録辞書の数を競っ
が多かったのですが、開発面ではそれがすごく大
ているようなメーカーにとっては、データ処理の
変だったというのは記憶に残っています。
負荷が小さく、効率よく作業ができれば、開発コ
ストを引き下げ、開発期間を短縮できます。逆に
そうで無いと、あれだけの数の辞書を収録するの
は難しいでしょう。
あと、もう一つは、これは、開発者の愚痴みた
⿜⿜1-5.量産・出荷、新製品発表と販売店との
交渉・販促
それで何とか商品ができたとします。昔は、船
でどんぶらこと香港から運んでくる(中国で生産
いなものですけれども、他社が手掛けたデータを
して、一度、香港に出してから日本に持ってくる)
後から採用すると、なんて言ってよいのでしょう
というのがスタンダードでした。初期の頃はおお
か、書籍の辞書にはある意味で不可避である誤植
むね量産を開始して、発売時期が確定しますので、
等のデータの間違いですとか、データ構造上曖昧
プレスリリースと同時に販売店と商談するという
だった部分がクリアになった状態になっておりま
ことで、1カ月の間を見ていれば良かったのです。
して、データ処理の作業が非常に楽だということ
ただ、市場の成長期以降は競争が激しくなりま
があります。出版社から過去に採用実績の無い
して、時間をかけて船で商品を運んでいる間に、
データを提供してもらって、データ処理作業を始
飛行機でさっと運ばれて商品を出されちゃうと新
めると、まず、例外的な箇所が機械的に処理でき
製品発売の競争で負けるということや、商戦期前
ずに、当該箇所をどう扱うべきか出版社に確認し
に商品を店頭に並べておきたいということもあり
ながら手作業でデータを処理するか、機械的な処
ますので、そういったときには飛行機で運びます。
理が可能な形に出版社でデータを修正してもらっ
おおむね 1 週間弱でしょうか。ただ、その費用
て、先に進めるかのいずれかの対応になり、その
が全然違いますので、そこはコストに効いてき
いずれにしても、逐一、出版社に確認した上で、
ちゃうという問題があります。
データ修正が発生しますので、その対応には結構
な人手と時間を取られることになります。
そういう点では、ある辞書のデータを2番目以
22 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
あと、販売店に新製品を案内して商談をするの
ですが、発表と同時にと言うのが初期の頃のスタ
ンスでした。ただ、成長期以降は、特に高校生に
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
電子辞書が普及してからは、年間の最大の商戦期
間であるっていうのがお客さんでも分かると思う
が春になり、売れる数に時期的な偏りが大きく
のですが、昔は、メーカーの人間であることが必
なったので、商戦期に新製品投入を間に合わせる
ずしも分からない状態で、たとえば販売店の法被
ため、もしくは予想以上に売れてしまって在庫が
を着ながらやっておりました。
切れそうな時は、航空便で早く持って来るように
これは、私も実際やったのですけれども、お客
なりました。そうなると、新製品の商談がプレス
さんの情報収集という意味では、これほど生の情
リリースと同時では間に合わなくなり、発表前か
報はなかなか手に入らないわけなので、正直、応
ら販売店さんに詳細な資料を持参して商談をせざ
援販売をやることは辛いのですけれども、かなり
るを得ないということになりました。
メリットがある機会でもあると思っておりました。
そんなわけで、春に新製品がどっと出るタイミ
そんなわけで、私は積極的にやっていたのです
ングは、メーカーからのリリースよりも前に販売
が、ただ、ちょっと、他社の製品も売らねばなら
店のほうが詳細な情報を得ていることがよくあり
ないということがありまして……、それもある程
ます。
度目標とする数量が示されていたりする訳で……。
たくさん売ってほしいっていうのは当然メー
もちろん、あくまでも店員に徹して当時はやっ
カーなら思うわけなので、特に市場の競争が激し
ていましたので、当然、自分のところだけをプッ
くなってからは、販売店との商談との中で(相対
シュするわけにはいかず、他社さんのも売らなけ
的に)立場が弱くなってきます。たくさん売って
ればいけないのは前提なのです。
ほしいのであれば、たくさん売れるような条件に
ただ、これをやると、逆に他社の製品の良し悪
してくださいね、という交渉になりまして、端的
し、良し悪しっていうのは正確では無いですね。
に言うと仕入れ値(=仕切り)を下げるというこ
売り易さ、売りにくさみたいなものがはっきりし
とになります。もちろん、実質的な仕切りがさが
ますので、どこどこのメーカーのこの商品はここ
るだけで、その原資は販促費だったりするのです
のポイントが非常に売りやすい、一方、売りにし
が、そうすると1台当たりの販売店さんの利益は
たいはずのここのポイントは実は説明を要してお
多くなるわけです。そうすると儲かるものをたく
客さんにとって理解しづらくてあまり売りのポイ
さん売った方が販売店も良いのは当然のことで、
ントになってない、とかも同時に分かります。
仕切りを下げて販売数量を上げるという手はよく
ある話です。これが、どんどん過剰に進んで行き
⿜⿜1-7.
(次のサイクルに続く……)
ますと、メーカー同士がお互いに首を締めるので
大体、他社もどこのメーカーでもこういうこと
すけれども、なかなか囚人のジレンマ状態でやめ
やっていましたので、徐々に店頭での売り易さっ
られなくて、体力のないところから脱落していく
ていうものが商品企画上のポイントの上位に反映
ということになります。
されてくる、いい意味でも悪い意味でもだと思い
というように、競争が激しくなると一番有利な
ますけれども、そういうものが重視される方向に
のは販売店であり、それによって良い商品を安く
だんだんなっていったということは、ある程度事
手に入れることができるユーザーであるというこ
実なのかなと思っています。
とになります。
⿜⿜1-6.販売…売れ行きは?
販売は、今の話にも若干含まれてますが、販売
店の店頭で応援販売というのをメーカーの人間が
⿓⿓ 2.電子辞書市場の変遷を振り返る
⿜⿜2-1.電子辞書の商品ライフサイクル
よくやっています。最近は、メーカーが必ず分か
電子辞書市場の動きは、これは、星野さんのほ
るものを着ながらやっているので、メーカーの人
うで多分お話があるので、ざっと見ていただけれ
Journal of JAET vol.12 ● 23
2011 年公開シンポジウム報告
ばいいと思うのですけれども、JBMIA というと
SII(当時はセイコー電子工業でしたけれども)は、
ころが出している情報があります。メーカーが出
1987 年から先ほど申し上げたような電卓のよう
荷の関しての数字を持ち寄って、それをとりまと
な形の電子辞書といっていいかどうか微妙ですけ
めているものですが、一応、誤解の無いように補
れども、電子辞書のはしりのようなかたちの辞書
足しますと、2006 年までは SII の数字が入って
は出していました。かなり古い時期から出してい
いません。2007 年から SII の数字が入っていま
ることになります。
すので、これは、SII の分の下駄を履いています
初めのうちは収録語数 3,000 語とか。でも、
ので、それを加味して考えていただければと思い
3,000 語じゃ足りないとユーザーさんから怒られ
ます。
まして、じゃあ、次は 5,000 語頑張って入れま
台数を見ますと、実は 2000 年辺り結構売れて
した。でも、5,000 語じゃ全然足りない。1万語
いまして、それから一時下がってまた上がってき
入れました。1万?まだまだ足りないよ。じゃあ、
ているように見えるのですが、これは電卓のよう
幾らならいいのですかっていう話で、数万語は
に、小さくて安価で、元になる書籍の辞書がない
……みたいなことを、実際にそういうお客さんか
電子辞書です。最近は大分減っちゃいましたけれ
らの声がどんどん届きまして、もうこれは辞書を
ども、5,000 円とか 3,000 円とかで売っていた
全部入れるしかないじゃないの?という話で、初
もの、ああいったものが 2000 年ぐらいまでは結
めて、研究社の『英和中辞典』を丸ごとセイコー
構売れていましたので、その台数が出ている。た
インスツル、当時はセイコー電子工業ですが、電
だ、単価が安いので、金額はそんなに多くないと
子辞書に入れたということになっています。そこ
いうことになります。
に、おつき合いいただいた研究社の担当者の方は、
この 2000 年ぐらいから、いわゆるフルコンテ
かなり先見の目があったのかもしれませんし、そ
ンツ(=紙の辞書の本体部分の文字情報をすべて
んなに紙の辞書に影響があるとは思っていなかっ
収録)というものがどんどん台数を伸ばしまし
たのかもしれません。
て、それ以前によく売れていた小型のものが減っ
それでできた電子辞書は、研究社の英和辞典と
ていった状況です。全体としてみると台数が一時
和英辞典、さらにロジェのシソーラス(辞書では
減っているように見えるんですけれども、金額は
ないですが)が入っています。それが、4万円も
右肩上がりで伸びていくということになります。
するような商品ですので、紙の辞書に影響がある
私の勝手な区分けからすると、この 2000 年ぐ
とはさすがに思わなかったと思います。
らいまでが導入期で、この 2001 年から 2005 年
結局のところ、この時期のポイントである辞書
ぐらいまでを成長期と呼んで、2006 年ぐらいか
を丸ごと全部入れなきゃいけないというは、実際
ら成熟期と呼ぼうかなと思います。そこから先を
にユーザーさんの声を素直に聞いたということに
衰退期というかべきか、成熟期が続いているのか
なります。
というのはちょっとまた置いておいて。
⿜⿜2-2.各ステージのポイント
いくら語数を増やしていってもなかなか十分と
言ってもらえない、もちろんですけれども、メー
カーがどう頑張っても紙の辞書に入っているぐら
導入期は、このころやっていたのは SII とソニー
いの語数を独自で集めてきたりなんていうことは
が一部データディスクマン等々やっています。そ
できませんので、もう、辞書を丸ごと入れるしか
れからシャープ、カシオとか少しずつ入ってきた
ないということになりました。その時は、私はま
というような時期だったと思います。
だ関わっていないので、当時の担当者によると、
この時期のポイントは、商品自体の価格は高く
それこそ清水の舞台から飛び降りるような覚悟で
ても購入してもらえる定評のある辞典を丸ごと収
やってみたということで、それが幸いにして売れ
録というところです。ちょっと補足をしますと、
ましたので、今の市場につながってきたのだろう
24 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
と思っています。
この時期のメーカーと出版社の関係は、先ほど
てメーカーとしてもある程度の金額になりますよ、
という話が少しずつできるようになりまして、全
も申し上げたのですが、メーカーに交渉力はない
く下請けのような状況から脱しつつありました。
です。出版社には、ひたすら使わせてくださいと
ひたすらお願いしていた時とは異なり、こんな商
いうことをお願いしています。出版社が一番優位
品にしたいのでご協力いただけませんかという企
に立っておりまして、販売店はそんな売れるかど
画を提案できるような立場になってきたところが、
うか分からないもの(=市場のできていない商
導入期との違いかなと思います。
品)はいらないのですが、メーカーがどうしても
また、販売店との関係は、メーカーも販売店も
売りたいっていうのであれば、ちゃんと面倒見て
同じぐらいの立場だったのかなと思っていまして、
くれるなら試しに置いてあげるという感じですの
成長していく市場に対して、販売店とメーカーの
で、メーカーよりは優位でした。
利害が一致しており、双方で協力してもっと大き
これが成長期に入りますと、辞書が丸ごと入っ
な市場にしましょうという機運がありました。と
ているのが当たり前で、そこからどう展開してい
はいっても、実際には、販売店間の競争が激しく、
くのかところで、より大きな辞典ですとか英和辞
かつ、大手であっても拮抗している勢力が複数あ
典、和英辞典、国語辞典だけじゃなくて、ほかの
り、メーカー側に多少なりとも選択肢があったこ
辞典や事典、さらには全く違ったジャンルの書籍
とが、ある程度の交渉力をもたらしていたのだと
(=例えば、家庭の医学など)も収録するように
思っています。
なっていきました。当然ながら、対象とするユー
なお、出版社と販売店の関係は、直接的な比較
ザーも多様になるので、商品展開、ラインナップ
は(二者間の交渉が無いので)難しいのですが、
を増やす、高いもの、安いものなども含めて、ラ
販売店から収録コンテンツに対する(漠然とした
インナップを増やしていくということになってい
ものはともかく)具体的な要求などがなかったと
きました。
言う意味では、まだ出版社のメーカーに対するわ
このタイミングで、高校の現場で紙の辞書と一
緒に電子辞書も売られるというようなスタイル、
ずかな優位性から、出版社が優位としておきます。
成熟期になりますと、プロモーション、取りあ
それから、あともう一つ、これも言っておかない
えず売るための努力をしないことには(競争に負
といけないと思うんですけれども、ジャパネット
けて)売れなくなってしまうということなので、
たかたで電子辞書を取り上げた。これがものすご
そこがポイントになります。交通広告や、新聞の
く売れちゃった上に、TV で放映されていること
五段広告は商戦期では当然という感じでしたし、
が宣伝になって、販売店での販売にも相乗効果を
一部ではテレビ CM、新聞の全面広告など非常に
生みまして、店頭で「ジャパネットでやっている
派手なものもありました。
のを下さい」というお客さんが出てきて、ジャパ
一方、ちょっと違った側面としては、高校生の
ネットたかたはすごいねって言われていました。
市場が大きくなってきたことで顕著になったこと
このころになりますと、メーカーと出版社との
がありました。高校生の場合は、電子辞書の中身
関係は、まだ相変わらず競争しながら成長してい
に大きな差があれば別ですけれども、メーカー間
ますので、キラーになりそうなコンテンツを出版
にそんなに大きな差がないっていうような状況に
社に出していただくという意味では、メーカーに
なってきますと、友達とか知り合いが使っている
はまだ交渉力があるとまでは言えないのですが、
辞書がほしいと言って販売店に指名買いに来ると
実は出版社にとっても、ある程度数字を見込める
いうことが多くなりました。そこでは、比較優位
商売になりつつありました。
が圧倒的ではっきりしていない限り、店頭でひっ
この頃は、電子辞書もある程度のまとまった台
くり返すことはなかなかできません。従って、高
数が売れるようになりましたので、出版社に対し
等学校ルートを開拓して、学校市場で存在感のあ
Journal of JAET vol.12 ● 25
2011 年公開シンポジウム報告
るカシオのユーザーが雪だるま的に増えてゆくと
ます。一方では、高価格で、おそらく高利益が得
いうような状況になりました。
られるような機種に関しては寡占化(集中化)が
このころになりますと、メーカーがかなり力を
進行している状況かなという気がしています。
持ち始めまして、出版社に対して、うちに使わせ
こういった状況ですので、新規市場を開拓しな
ていただくと年間でこれぐらいの台数出るのです
きゃいけないということで、複数のメーカーが海
よ、というようなことを言うことができるように
外にも進出していますし、また、新規の顧客層と
なりました。やっと条件交渉みたいな話になって
いうことで高校生の次は中学生の開拓であったり、
くるのですが、ここで、おそらく(すべてのメー
先ほど申し上げた内容の充実した低価格機で価格
カーとかすべての出版社との間ではないですけれ
に敏感な層にも訴求するというようなことも、カ
ども)、全体としてはメーカーの立場の方が出版
タログを見ていると想像できそうです。
社を上回ったかなと思います。
こうなると、販売力のある販売店(チェーン含
ただし、それをさらに上回っているのが販売店
む)、それからメーカーが圧倒的に有利になりま
でして、メーカーはとにかく売る場所を確保しな
す。メーカーが企画する商品に辞書などのコンテ
いと売れないものですから、限られた棚の取り合
ンツを入れることができない出版社は売り上げが
いになりますし、そうなってくるといくらメー
立たなくなってしまうので、(出版不況という別
カーが(対出版社との交渉力を活かして)売れる
の経済状況を含めて考えれば)出版社の交渉力は
商品をリーズナブルな価格で作ることができるよ
きわめて弱くなってしまう状況だと思います。
うになったと言っても、お店のほうが一枚上手と
いうことになります。
販売店の力が強いのが問題なのかというのは、
⿜⿜2-3.現在の状況
今、電子辞書市場はどうなっているのだろうと
この後のプラットフォームにかかわるかもしれま
いうのは、一概に言えなくて、現在が衰退期、も
せんけれども、そこでユーザーの購入場所(購入
しくは後期成熟期
(これは勝手に私がつけた名称)
機会)が決まってしまう可能性が大きいと言うこ
とは必ずしも言えないところがあります。個別の
とです。棚の面積といいますか、売り場といいま
具体的な商品のライフサイクルが、教科書通りに
すかが決まってしまいますので、販売店の意向に
そう単調にいくわけはなく、いったん成熟した後
逆らうと(扱ってもらえなくなるので)売れなく
に、また新しいお客さんですとか新しい機能の投
なるということになりますので、メーカーとして
入によって、また売り上げをまた伸ばしていくと
はなかなか厳しい状況になってくるかなというこ
いうことももちろんあります。
とになります。
というわけで、何とも確定的なことは言えませ
最後に衰退期は、衰退期という表現は取りたく
んが、今のところ成熟期に入っており、このまま
ないですし、後期成熟期かも分からないのですけ
放っておくと衰退期に行っちゃうかもしれません
れども、商品ライフサイクル上の区分でいうと衰
ねというような状況であることは、(寡占化の進
退期といって、もう成熟をやや過ぎて市場が飽和
行や商品単価の下落など)市場全体の動きを考え
しているという状況です。例えば一部のメーカー
ると、あながち悲観的とも言えないと思っていま
が、今、安くて小さいけれど、フルコンテンツが2、
す。
3個入っているようなモデルを出しています。昔
( 書籍の辞書も含めて ) 辞書そのものの需要が
はちょっと考えられなかったのですが、いろんな
なくなるということは、もちろんないと思ってい
部材の価格低下ですとか、つくり方の効率化なな
ます。従って、市場自体がなくなるという意味で
どソフトの開発とかも含めて安くつくれるように
はなくて、今現在の、今あるかたちの電子辞書と
なりました。そういったことができるようになり
しては、もしかすると市場がシュリンクに向かう
ましたので、そういう商品の低価格が進行してい
可能性はある状況になっていると思います。
26 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
というのも、例えば他の商品で言えば、時計(主
その部分は誰がやらなきゃいけないのかっていう
に腕時計)などを考えると、いつでもどこでも時
と、メーカーがその差を吸収することになります。
間を知りたい、時間を計りたい、しかもなるべく
プラットフォームは、マイナーチェンジですと
正確であること、という需要は昔も今もあるので
かメジャーチェンジっていうのをどんどんくり返
すが、それを昔は “純粋な” 時計だけが担ってい
していますので、これはメーカーがメーカー努力
ました。しかし、今は必ずしもその需要を時計だ
でやっているわけですが、出版社から見ると基本
けが満たしているわけでも無く、いろいろな商品
的にデータに関しては用意するものは同じで、そ
やサービスがその役割を担っております。いまや、
れを提供すれば、あとはメーカーのほうでそれぞ
腕時計は時間を知るためだけでなく、ファッショ
れのプラットフォームに合わせてくれる。その点
ンアイテムとしての性格を強めていることは、皆
で、出版社は特に手をかける必要がないというこ
様周知の通りと思います。
とになりますので、出版社としては、電子辞書に
非常に乗りやすかったと思っています。
⿓⿓ 3.電子辞書の特性から見えてくる
もの(電子書籍との比較で)
あと、もう一つは、そのプラットフォームとい
う観点で、そもそも初期の頃は電卓のようなもの
から始まった電子辞書市場がこれだけの発展を見
ちょっと話が飛ぶかもしれませんけれども、電
せた背景としては、そのメーカーの顔ぶれとして
子辞書と電子書籍というもののつながりを考えな
カシオ、シャープ、キャノンと電卓メーカーとし
ければいけないのですが、電子書籍に関して語る
て名だたるところが、電子辞書を手掛けたという
のはちょっと私にはできませんので、電子辞書に
要因もあります。もちろん、それらのメーカーに
関してはどうだったんだろうかということで改め
取っては、その技術的な背景やサプライチェーン
てまとめ直してきました。
から言っても、電子辞書を手がけるのは無理の無
⿜⿜3-1.ハ ー ド & ソ フ ト( 狭 義 の プ ラ ッ ト
フォーム)
い自然な流れであり、いまだに市場の主要プレー
ヤーとしてやっているというのも電子辞書を民生
品の小型電子機器としてみれば自然な流れです。
プラットフォームというのは、電子書籍でいう
そういった技術や体制が下地としてありました。
プラットフォームではなくて、電子辞書のハード
あと、電子辞書が急激に発展していった成長期
とソフトのベースになっている部分という、パ
に関しては、携帯電話ですとか、任天堂 DS を含
ソコンでいったところのハード& OS ぐらいのイ
めた携帯型のゲーム機の普及のおかげで、それら
メージですけれども、そのプラットフォームに関
と共通の(電子辞書も必要とするような)部材が
して。
安く調達できるようになったことも、背景にある
これは、出版社が提供するデータに対して、電
と思います。特に、携帯電話の高機能化と爆発的
子辞書メーカーがプラットフォームの違いを吸収
な普及があって、電子辞書もそれらの恩恵に預
しています。今もそうですし、昔からメーカーが
かって発展(市場としては成長)を遂げたといえ
吸収していました。というのは、メーカーごとに
ると思います。例えば、メモリーの価格がどんど
それぞれ独自のハード、独自のソフトでやってい
ん下がったおかげで大きな辞書がいっぱい収録で
ますし、また、高価格なモデルと低価格なモデル
きるようになったとか、モノクロの STN 液晶に
などの間でも、実は中身が全然違いますし、新製
代わって、小型のカラー液晶を使えるようになっ
品などモデルチェンジ をすると、中身も大幅に
た、というような例は分かりやすいかもしれませ
変更になるなど、その都度異なります。というこ
ん。
とですので、出版社がデータを(形式だけだとし
ても)その都度作り替えることはできませんので、
Journal of JAET vol.12 ● 27
2011 年公開シンポジウム報告
⿜⿜3-2.コンテンツ
させていただくということですと、コンテンツご
との価格というものがお客さんには見えないとい
コンテンツに関しては、いろいろなご意見があ
うことで、書籍の価格に直接な影響を及ぼす心配
るかもしれませんので、私の個人的な見方ですけ
が少ない。例えば、3,000 円の辞書が、追加のコ
れども、電子辞書の場合はスタンドアローンで使
ンテンツで売られた時に 300 とか 500 円ですと
われるもので、そこに収録しているコンテンツが
なってしまうと、ちょっとまずいかなと思います。
固定であっても十分実用性が高く、同一メーカー
そういったことではなく、10 冊入っていようと、
の機種間でとか、異なるメーカー間でコンテンツ
100 冊入っていようと、昔から電子辞書の価格
を融通したいという強い要望は、ほぼない。もち
は 29,800 円とか 39,800 円みたいなところに納
ろん、ないということはなく、希望としてあるの
まるというようなところは、いいか悪いかは別に
でしょうけれども、それができなければ売れない
して、個別のコンテンツの値段が見えないという
というものではなかった。
ほうがやりやすいと思うのです。
そもそも、いつでもどこでも、どんな時でも、
あと、コンテンツ毎の DRM みたいなものも当
辞書を引きたいというユーザーの根源的な欲求に
然考えなくて済むわけです。最近ですと、USB で
は、電子辞書そのものが持っている可搬性(書籍
PC とつながる機種もありますが、基本的には生
辞書と違って、小さくてどこでも使えるという意
のデータを読み出されて、再使用されるというこ
味です)と充実したコンテンツ群を収録している
とがほぼ考えなくてもいいということになります
(少なくともユーザーにとって必須な辞書は内蔵
ので、出版社自らがお金を使ってコンテンツ化す
しているはず、そうでない機種は購入されないは
るとしても、やりやすくなったというふうに思っ
ず)で十分応えておりますので、コンテンツの追
ています。
加ですとか入れ替えが不可でも、一定の商品性は
ありました。
もちろん、コンテンツの入れ替えをしたい、追
⿜⿜3-3.ユーザー
最後に、ユーザーです。これは、電子辞書の初
加したいというご要望はいっぱいいただいていた
期の頃に一番重要なポイントになっていたのは、
ので、それに一部応える意味で追加コンテンツ
そもそも書籍の辞書という市場がきちんとありま
カードなどを用意しておりましたけれども、基本
したので、ここでニーズですとか、実際にニーズ
的には辞書は改訂の周期が長くて、その間に十分
を持っているターゲットっていうのが割りと見え
に使えると購入時に判断していただける商品であ
やすかったのです。新規市場の新規商品というの
れば、それがなければ売れないというほどのもの
は、その辺が曖昧で、市場が立ち上がらずに消え
でもないです。
て行ってしまう商品が多い中で、電子辞書という
このコンテンツのポータビリティーをあまり考
のは、割とその辺がはっきりしていて、こうやっ
えなくてもいいということは、開発上、非常に楽
てつくったら売れるよ、というのはある程度初期
なのです。ポータビリティー考えるともちろん文
の頃に見えていたので、やりやすかったかなとい
字コードがどうだとか、外字がどうだとか、それ
うことは感じております。
らを共通にしない限りはとてもデータなんかつく
書籍の辞書の代替品としては、ユーザーにとっ
れないということになっちゃうのですが、ポータ
ても分かりやすいメリットがありまして、小さく
ビリティーを考えずに閉じた世界でやっていくと、
て軽くて検索が速い。書籍の方が速く引ける人は、
その一台の中だけで問題が生じ無ければいいとい
実際にいらっしゃいますが、大半の一般の人に
うことで、いろいろな面で割り切りができます。
とってみると検索は電子辞書のほうが速い、小さ
これは、非常にやりやすい。
く軽い。更に、検索の方法では、例えば英和辞典
あと、もう一つ、ハードウェアに固定して販売
28 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
でしたら用例を検索するというような機能が電子
電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化(木村)
辞書にはありまして、書籍にはできないことも電
しく表示できないと使い物にならないと思われが
子辞書ならできるというように、明確なメリット
ちですが、電子辞書は、辞書であって読み物では
がありましたので、商品としては成立ちやすかっ
ないという言い訳もあり、比較的最近まで、コン
たのでしょう。
トラストが弱いパッシブ液晶に、ジャギーなフォ
また、高校生を見ていて思うのは、電子機器に
ントを使っていました。が、小さい頃に使ってい
は小さい頃から慣れ親しんでいますので、電子辞
たゲーム機が液晶だったみたいな子たちからする
書は、書籍の辞書が電子化されて一覧性が低下し
と、それでも十分使ってもらえたこと。今の液晶
たとか、検索した単語以外の情報はその存在にす
は、昔と違ってかなり綺麗だという話もあります
ら気がつかないとかいうデメリットを感じるより
が、そこに特段の違和感を持たれなかったという
も、当たり前のように使いこなして不自由はなく、
ことが、電子辞書が大きく支持された一つの要因
(書籍辞書を使わないので比較にならず)便利に
なのかなというふうに思っています。
なったとすら思っていないと感じます。親のほう
がちょっと使い方で悩んでいるというようなこと
ということで、まとまったようなまとまらない
があるのかもしれません。そういうユーザー層が
ような話で恐縮ですけれども、私は、取りあえず
現れてきたタイミングに、そのユーザー層がよく
電子辞書に関連した情報を提供するという役割と
使うものを商品にできたというのは一つ大きなポ
して、ここまでとさせていただきます。ご清聴あ
イントだったのかなと思います。
りがとうございました。
あと、もう一つは確信が持てませんが、最近の
電子書籍ですと画面表示が綺麗で、フォントは美
以上
Journal of JAET vol.12 ● 29
2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ
電子辞書からみた
電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による
出版産業へのインパクト
星野 渉(ほしの わたる)
とが、電子辞書の市場を拡大した要因だと思いま
⿓⿓ 電子辞書市場拡大の要因
す。
地図にも同様のことが言えます。今、道路地図
電子辞書の市場は、2000 年代に入って急速に
を見ながら自動車を運転する人はあまりいなくな
立ち上がりましたが、段階としては、フルコンテ
りました。カーナビゲーションの普及によって紙
ンツタイプという、辞書を1冊丸々入れたタイプ
の地図をほとんど買わなくなってしまいました。
のものが大学生などに普及しはじめ、その次の段
地図のほうが辞書以上にドラスティックに産業に
階として、高校のマーケットに普及していきまし
影響を与えております。地図メーカーはほぼ寡占
た。高校市場には、学販ルートと呼ばれる教科書
状態ができてしまって、デジタル化に対応できな
供給ルートを通して広がりました。
い地図メーカーが淘汰されたりもしております。
教科書は、全国都道府県単位にある教科書供給
しかし、やはり地図も紙の地図をそのまま電子化
所を通して、地元の老舗書店が多い教科書供給取
したわけではなく、目的地に到着するために道案
次所が学校に供給しています。これが教科書供給
内をするという、紙の地図にはなかった新しい価
ルートです。
値を提供しています。
電子辞書を作っているカシオ計算機は、もとも
アメリカで普及したアマゾンの「キンドル」や
と関数電卓を教科書供給ルートで高校に納品して
ソニーの「リーダー」といった電子書籍端末は、
いたこともあて、電子辞書も、教科書供給協会と
字の大きさを変えたりできますが、紙の本の情報
提携をしてマーケットを広げていきました。
をほぼそのまま読んでいます。しかし、電子辞書
昨年、電子書籍が大きな話題になりましたが、
は辞書の版面を PDF 化して、それを画面で見て
電子辞書がなぜ普及したのかを考えることが、今
いるわけではありません。そこで新たに提供され
後の電子書籍を考える上で参考になると思います。
ている価値は、例えば検索や部品検索などです。
電子辞書はいわゆる本(辞書)を電子化したも
この部品検索というのは、学習研究社(学研ホー
のではありますが、本を電子的に読めるようにし
ルディングス)が特許を持っていますが、部首が
ただけではありません。新しい価値を提供したこ
わからなくても漢字の部品によって検索できる仕
30 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト
(星野)
組みです。漢和辞典というのは引くこと自体にノ
一方、マイナスに働いたといわれるのは、出版
ウハウが必要で、学校で辞典を引くための授業が
社によって違いますが、やはり、直接の収入です。
あったぐらいです。部首とか画数を知らないと検
一つ売れたことによって入ってくる収入が紙の辞
索できませんが、漢字を部品にして検索するのが
書の収入に比べると低いということがあります。
部品検索です。それを電子辞書に取入れて、今ま
それによって、再生産の原資が出なくなるのでは
での辞書とは違った検索が可能になっています。
ないかという懸念が出されています。辞書作りに
紙の辞書というのは、本来紙である必要はない
は相当の時間と人手がかかり、相当コストがかか
ものを紙しかなかったので、構造化をして紙の中
りますので、それが回収できるのかということで
に押し込んでいたわけです。それが電子化によっ
す。
て解き放たれて、検索をしたい、何かを調べたい
出版社にとって電子辞書の収入が低いというの
という目的に合致した新しい商品になったといえ
は、紙の辞書は出版社が製作して販売しますが、
ると思います。
電子辞書の場合は売上に対するロイヤリティー収
入ですから、絶対金額は紙の辞書に比べて少ない
⿓⿓ 新たな価値を生み出す方向が重要
のです。電子辞書では、出版社が電子機器メー
カーに印刷データを渡せばすべてやってもらえま
表示装置が変わることと、コンテンツが電子化
す。何もしない人間がそんなにお金をもらえるわ
されることとは違うと思います。表示装置が変わ
けがないので、当然とも思いますが、当初、出版
るというのは、例えばパピレスが紙になるとか、
社の人々は電子辞書がこんなに売れるとは思わず
木簡や竹簡が紙になるというのと同様の変化なの
に、紙の辞書をつくった余録だと思ったといって
で、これは、自然に変わっていくことだと思いま
います。そうしたら紙の辞書の売れ行きに影響を
す。しかし、コンテンツの変化というのは、より
与えるまでになってしまった。それが、多くの出
使いやすく、より利便性があるものに変化してい
版社の感覚です。まさに軒先を貸して母屋を取ら
きます。より高い価値を提供していくということ
れるような状態になったということです。
だと思います。
そのほか、コンテンツの固定化を招いたと思い
電子辞書ができたことによって、どういう影響
ます。もともと高等学校などの学習辞書はそのと
があったかということですが、プラスの影響とし
きどきによって採用される辞書が偏ることが多い
ては、まず、辞書を利用する人が増えたことです。
ですが、電子辞書では非常に固定化されて、国語
紙の辞書の売り上げは確かに減ったと思います。
辞典でいうと電子辞書はほぼ『広辞苑』です。
『広
ただ、だからといって辞書の利用者が減っている
辞苑』は本来、学習用にはつくっていないのです
かというと、電子辞書も紙の辞書も合わせた利用
が、今では高校向けであっても『広辞苑』が入っ
者は増えています。特に、今まで辞書をあまり買
ています。そうしたかたちで『広辞苑』だけが国
わなくなってしまっていた大人が辞書を買うとい
語辞典のような雰囲気がどうしてもできてしまい
うことが電子辞書によって起りました。
ます。機器メーカーは、おそらく一番主流である
もう一つは、辞書全体の収入が増えたというこ
辞書、学校などで一番採用される辞書を調べて搭
とです。紙のほうは確かに収入が落ちていますが、
載した結果として、だんだん集中していったのだ
市場全体で見た場合、電子辞書で出版社に入って
と思います。
くるお金という意味ではなくて、電子辞書の販売
金額というふうに考えれば、電子辞書と紙の辞書
を足した販売金額総額は、紙の辞書だけだったと
きよりは増えているのではないかというふうには
思います。
⿓⿓ マーケティングから見た電子辞書
の成否
一般的に出版社の役割というのはマーケティン
Journal of JAET vol.12 ● 31
2011 年公開シンポジウム報告
グだろうと思います。かつて、出版産業ではマー
つ人々もいました。他人のプラットフォームに
ケティングという言葉自体がほとんど使われませ
乗っていてはいけない、自分たちでものをつくっ
んでしたが、出版社は著作者がつくった素材であ
て売らなければいけないということが議論されて
る著作物を商品にする。それを流通販売し、宣
いました。
伝もするわけです。出版社がやっていることは、
そ こ で 実 際 に、 三 省 堂、 旺 文 社、 小 学 館 が
購入者に提供するためのすべての行為ですから、
OEM で自社ブランドの電子辞書をつくったこと
やっぱりマーケティングをしているわけです。た
がありましたが、ほぼ失敗しました。
だ、印刷とか流通・販売は、ほぼアウトソースし
ています。
OEM でつくった電子辞書が、結局は量販店で
電子機器メーカーの電子辞書と競合してしまうわ
電子辞書の場合には、商品である機器はすべて
けですし、学販ルートだけで売ろうとしても、自
メーカーが開発をしてつくっている。データの加
社の辞書以外揃えられないため、コンテンツに独
工処理からすべてメーカーがやっていて出版社で
自性を出せません。
はない。しかもその印刷データをつくったのも印
ただ、その中で、医学書院など医書の出版社に
刷会社というような、何もしていないかたちに
よる電子辞書はうまくいっています。その理由の
なっています。価格も設定していません。製作台
一つは、例えば医学書院は看護系書籍のシェアが
数に応じたロイヤリティー収入が入ってくるだけ
高く、看護学校で使っているテキストなどを出版
で、価格についてはほぼノータッチです。宣伝広
しています。医学書院の電子辞書にはそうした看
告もほとんどしていないと思います。
護辞典などが入っているので、ブランドがしっか
しかも、1冊の本ではないので、自分の辞書で
あるというブランドのコントロールはできない状
りしていて代替性に乏しいわけです。
価格は8万円ぐらいしますが、出版社が設定を
態になっているわけです。そういう状態ですので、
しています。これも製作は OEM で供給されてい
マーケティングのほぼすべてを電子機器メーカー
ますが、出版社が販売価格を設定しています。そ
が行っているといえます。ですから、出版社の役
しておそらく値崩れはしていないと思います。
割はマーケティングであるということから考える
さらに、医書ルートという独自のルートがあり、
と、電子辞書に関してはほとんどやっていないと
このルートのみで販売しています。家電量販店等
いうことです。
には出さないので値崩れしません。 電子辞書はプラットフォームだと思います。こ
医書は販売対象が病院や医師、医療系の学校
れは、商品化から流通販売まですべて電子メー
だったりしますが、各地域でそうした対象に医書
カーがやる。当初はおそらくメーカーが出版社に
を販売する特約書店があります。そして、医書の
対してコンテンツを提供してもらうためにお願い
出版社と特約書店などで医書同業会という団体を
をしていたという関係がありましたが、市場がで
作っています。
きてくると、プラットフォームを握っていたのは
特約書店は多くが地域の老舗書店ですが、そう
メーカーのほうであって、出版社は何も持ってい
した書店への流通は通常の取次ではなく、医書出
ないというかたちになってしまっていると感じま
版社が共同で運営する流通センターを使っていま
す。
す。医書は市場に到達させるための手段を自分た
もちろん、労力を掛けた側、市場を抑えた側が
ちで持っていますから、他のルートとの競合がな
有利になるというのは当たり前の話なので、メー
い。しかも、もともと強い看護辞典などのコンテ
カーがひどいことをしたとか、出版社が哀れだと
ンツを前面に出して営業・宣伝できますから、利
は思わないのですが、結果として、辞書コンテン
用者にとっても分かりやすいし、到達しやすいの
ツの再生産に悪い影響を与えるとしたら問題です。
です。その結果、電子辞書が医学書院の中で単品
こうしたことについて、出版社側で危機感を持
の売り上げ金額としては1番か2番の額になると
32 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト
(星野)
いいます。
それは先ほどの一般的な電子辞書のマーケティ
くて、後から買うというのが基本的なモデルです。
コンテンツの価格に関しては、
現状はまだ、
メー
ングとは全く違うということです。ですから、ニッ
カーに対して出版社の立場が強いと思いますので、
チな市場の中では、こういったかたちがあり得る
恐らく出版社が設定する価格で販売できています。
のかもしれません。
アップルの場合は価格帯が決まっておりますので、
そこでやらなければいけないのですが、基本的に
⿓⿓ 日本の電子書籍市場はまだ 0.3%
次に電子書籍に関して述べます。
他の電子書店では大体出版社がある程度決定でき
る状態になっていると思います。
電子書籍の価格拘束について、公正取引委員会
電子書籍については去年から大騒ぎになってい
は再販適用除外の対象ではないと明確に言ってい
ますが、一つ抑えておかなければならないのは、
ますので、現行の独占禁止法の中で電子書籍に関
雑誌とか漫画とかいろいろある中で書籍という分
しては適応除外にはなりません。
野でみた場合、現時点で電子書籍はほとんど市場
世界的にも電子書籍に関してメーカーが価格を
が存在しないということを認識しなければいけま
設定するほうがいいのか、それとも小売側が設定
せん。
するべきなのかという議論が分かれています。こ
インプレス R&D が毎年電子書籍の売り上げを
れについては、日本では市場がほとんどないとこ
発表していますが、2010 年は 650 億円のマー
ろで議論はなかなかしにくいというところがあり
ケットであると発表しました。この総額自体は、
ますので、参入者が増えるといろいろな議論に
おそらく電子書籍市場が急拡大しているといわれ
なってくると思います。
るアメリカよりも大きいと思いますが、このうち
電子書籍の販売・配信プラットフォームは、既
の 88%が携帯配信のコミック等であって、いわ
にいくつかスタートしています。古いところでは、
ゆる専用デバイス用の電子書籍は大体 24 億円程
電子書店パピレスは 1995 年からサービスをして
度だと集計されています。今、日本の書籍のマー
います。去年からは大日本印刷などが新しく参入
ケットは 8213 億円ですので、そのうちの 0.3%
して始めております。
程度。ほとんどまだ市場はないといってよいと思
います。
もちろん、今後もないかというと、そんなこと
ただ、非常に影響力があると目されているアマ
ゾンは、
また「キンドル」の販売及び配信をスター
トしておりません。
はないと思います。アメリカでは、今年で書籍の
電子書籍のプロモーションに関しては、おそら
市場に対して 15%ぐらいと言われています。ア
く出版社側がやらなければならないと思います。
マゾンの「キンドル」が圧倒的に多いと思います
紙の本の場合は、既に確立した書店というルー
けれども、日本でもおそらく条件が整えばそうな
トがあり、本が好きな人たちが日々やってくる場
るとは思いますが、今の段階ではまだそこまで
所に、無料に近いコストで並べてもらえるという
行っていません。そういう段階での話だと、まず
モデルができているので、非常に楽ですが、電子
理解していただきたいと思います。
に関しては、電子書店が扱うといっても、誰も宣
伝などをしてくれませんから、いかに利用者に告
⿓⿓ 電子書籍のポイント
知するのかが、今後、出版社にとって大きな問題
になると思います。
電子書籍はハードとコンテンツは別です。ハー
以前、角川グループの角川歴彦さんが、電子書
ド ウ ェ ア は ア ッ プ ル の iPad、iPhone や ソ ニ ー
籍は美しい星空よりも数限りなくいっぱいになる
「リーダー」などが、昨年来、出ていますが、コ
だろう、ただ、その中で一つの本を見つけるのは
ンテンツはバンドルされて販売しているのではな
とても大変だという話をしていましたが、そうい
Journal of JAET vol.12 ● 33
2011 年公開シンポジウム報告
うことがこれから出版社に問われてくるという感
申し上げましたが、最大の理由は、まだ販売でき
じがします。
る電子書籍がないということです。本屋を開いて
も売る本がないので、本屋が成立するわけがない
⿓⿓ プラットフォームのインフラ化が
必要
電子書籍に関してマーケティングという側面か
らみると、配信プラットフォームとの関係が大き
な問題になると思います。
のです。今、何万点と宣伝している電子書店は、
ほとんどが古本屋に近い状態です。新刊はほとん
ど入っていません。デバイスを買っても、最初何
冊か読んだ後は、青空文庫の本(パブリックドメ
イン)しか読むものがなくなります。
公共図書館で最近、電子図書館の導入が進んで
アマゾン、アップル、グーグル等に関しては、
います。既に 4 年ほど前に導入した千代田区の
垂直統合モデルと言われて、配信から課金まで、
千代田図書館や、堺市の堺市立図書館が今年の3
マーケットに電子書籍を提供するためのあらゆる
月に入れましたし、あと萩市や大阪市も入れるこ
機能をすべて提供していて、それによって市場の
とを検討しています。そうした図書館もコンテ
支配力を持つようになっていると言われています。
ンツ数は大体 3000 点程度です。3000 では全然
これは、初期段階としては当然ともいえる現象
図書館になりません。しかもそのうちの相当数が
です。電子書籍の配信は世界的に見ても始まって
パブリックドメインで、しかも千代田図書館は
10 年程度ですから、初期段階においては垂直統
2007 年に開館したときに 2000 タイトルぐらい
合でなければできないと思います。例えば、「北
だった点数が、いまだに 3000 ぐらいですからほ
の国から」というドラマがありましたが、電気も、
とんど増えていません。
ガスも、水道もないところで住もうと思ったら、
アメリカでキンドルが成功した理由の一つは、
自分で電気を起こして、井戸を掘って、火を焚か
ある程度コンテンツが準備されていたということ
なければなりませんが、そこに公共の水道、電気、
です。アマゾンという会社は徹底的な消費者指向
ガスがくればそんなことをしなくなります。
をうたう小売会社なので、本がない状態で本屋を
ですから、垂直統合がずっと続くのかどうかは
開くなんてことはしません。スタートするときに
疑問だと思います。未来永劫垂直統合が続くとは
新刊の電子版がきちんと入ってくる契約を出版社
思えません。今後、配信プラットフォームが誰で
としていたということです。
も使えるインフラになっていけば、だんだん競争
のフェーズが変わってくると思います。
そして、ハードウェアと配信プラットフォーム
のそれぞれについて競争がなければならないと思
います。あまり独占的になるのは良くないです。
また、2009 年秋に私が参加した韓国での出版
フォーラムで、アメリカのサイモン&シュース
ターという大手出版社の電子書籍担当 CEO が報
告していた話を紹介します。
2000 年にスティーブン・キングが『ライディ
最終的にプラットフォームがインフラのようにな
ング・ザ・ブレット』という作品を書籍が出る
らないと、そういう競争にならないなという感じ
前に電子配信しましたが、50 万ダウンロードさ
がします。そういった状況を、今後、整えていく
れて、当時とても話題になって日本でも注目さ
ことが必要だと思っています。
れました。ちょうど 2000 年はアメリカが IT バ
ブルと言われた時代で、多くの e ブック端末が登
⿓⿓ 電子書籍普及の課題
電子書籍がこれから普及、発展する課題として
場しました。IT バブル崩壊と同時にそれらはほ
とんどなくなっています。しかし、サイモン&
シュースターの CEO は、
「我々は『ライディング・
一番大きなものは、電子書籍がないことです。日
ザ・ブレッド』からスタートした」と話しました。
本の場合、まだ全くマーケットができていないと
10 年前から本の電子化を進め、10 年で 6000 タ
34 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト
(星野)
イトルはすぐに提供できるかたちになっており、
出版社をできるのかといったら、多分、それは無
新刊も供給できる体制を整えました。そこに「キ
理だと思います。ある部分はやれるかもしれませ
ンドル」が出てきたという言い方を彼女はしまし
んけれども、今、多くの出版社が提供している機
た。
能をすべてアマゾンやアップルが代替できるわけ
出版社にとって電子書籍の準備というのは、既
がありません。むしろ彼らだってそんな効率が悪
刊本を電子化するということ、新刊を電子的に供
いことはしたくはないと思います。むしろ、多く
給できる体制をつくること、あと、著者等との契
の出版社がどんどんコンテンツつくってくれて、
約をきちんと整備しておくということです。です
それを総取りで全部売っていこうとは思っている
から、何もアマゾンが「キンドル」を出すといっ
と思いますけれども。
たからすぐ出てきたというわけではなくて、やは
り、出版社は準備をしていたのです。
その場合、日本の出版社ということで考えると、
出版社が自分できちんと物をつくるところから売
一方、日本ではこうした準備がほとんどされて
るところまで責任持ってやればいいのですが、実
いなかったといっていいので、もう少し時間がか
は、日本の出版社は今まであまりそれをしてこな
かると思います。講談社は新刊に関して、すべて
かったと言えます。
電子で発売できるようにすると表明していますが、
日本の出版社は、本をつくって取次の窓口へ
来年の夏以降になります。電子書籍の市場を考え
持っていくと翌々日には配本してもらえるとい
る上で、それが現時点では最も大きな課題だと
う、世界に類を見ない取次システムというプラッ
思っています。
トフォームの上で仕事をしてきたので、自分で営
これと裏腹ですが、やはりデバイスがある程度
業するとか自分でチャンネルを探すといったこ
普及しなければ市場にならないことも当然です。
とを経験している出版社が少ないのです。ですか
100 万台しか普及していない端末では、100 万
ら、取次システムがない電子書籍の世界において、
部以上、ミリオンセラーは出ません。やはり、あ
これからは自分でやらなければならなくなります。
る程度普及しなければいけない。パピレスの社長
そうしなければ、大手プラットフオームに市場支
は、数千万台のレベルにならないと、ビジネスに
配力を握られてしまうことになります。
ならないといっています。
また、今後はハードやプラットフォームに限定
されないフォーマットのオープン化も必要です。
大変なことですが、そうならなければ出版社もコ
⿓⿓ 電子化による日本出版産業への深
刻な影響
ンテンツを出しにくく、ななかなか普及しないだ
次にデジタルネットワークの発展による出版産
ろうと思います。あと、クローズのままでは、ど
業への影響ということですが、電子書籍という言
こかが圧倒的な支配力を持ってしまうことになり
い方をすると誤解を産むのです。この間もアメリ
かねないので、あまりマーケットの成長には好ま
カで 399 店舗を展開してきたボーダーズという
しくない状態になるだろうと思います。
大手書店が倒産しましたが、その記事でも、必ず
といってよいほど最後に電子書籍の普及とか書い
⿓⿓ 出版社の主体的な関わりが必要
てあります。そんなはずがないというのは、少し
考えればすぐ分かることですが。日本の場合はさ
電子書籍が定着するためには、やはり出版社が
らにそうです。電子書籍の市場が書籍の 0.3%し
主体的に参加して、商品をつくって売ることにか
かないのに、日本の書店が倒産したのが電子書籍
かわっていけるようになる必要があると思います。
のせいなどということはあり得ません。
例え、アマゾンやアップルがどれだけ強くなった
ただ、では日本の書店が電子の影響受けていな
としても、アマゾンやアップルが本当の意味での
いのかというと、大変大きな影響受けています。
Journal of JAET vol.12 ● 35
2011 年公開シンポジウム報告
本表は、出版科学研究所公開の情報にもとづき筆者が作成した
36 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト
(星野)
そして、そのことが
出版産業で一番大き
中堅取次会社売上高の推移
なリスクになってい
ます。
です。雑誌は 1995
年から去年までで
金
額
雑誌売上高
120,000
単
位
百
万
円
100,000
80,000
)
販売冊数がマイナ
書籍売上高
(
これは雑誌の問題
総売上高
140,000
ス 45 ~ 50 % 近 く
60,000
になっています。と
いうことは、市場の
40,000
半分がなくなってし
20,000
まったということで
す。
0
2000
2001
2002
2003
2004
2005
2004
2005
2006
(年度)
この背景として、
インターネットや携
帯電話の普及がある
と思います。電子的
に情報を取る、情報
交換する、コミュニ
ことの広まりが、雑
誌の市場に大きな影
は、もう間違いない
ことだと思います。
金
額
単
位
百
万
円
)
響を与えていること
1,000
(
ティーつくるという
営業利益
1,200
800
600
400
200
ですから、日本にお
いては、電子的な情
0
2000
2001
2002
2003
2006 (年度)
報の流通によって雑
誌市場が影響受けて
いる。これは、もう雑誌側の自助努力の問題では
て、雑誌が持っていた本来の機能、例えば、情報
ないと思います。
提供であったり速報性であったり、同じ指向を持
電子化の影響というのは、先ほどの電子辞書と
つ読者のコミュニティー、そういったものがネッ
同様に、雑誌を例えば PDF 化して電子的に配信
トに代替されていると考えたほうがいいと思いま
する、ないしはリフロー型にして配信するという
す。
雑誌を電子化したことによる影響ではありません。
そう考える根拠の一つとして、この間、どのよ
出版社が既存の雑誌を電子化する、いわゆる電子
うな分野で電子化の影響、部数の減少が進んでき
雑誌は現時点でほとんど市場がないに等しいので
たのかというデータとして、単品の販売部数を調
す。
査している日本 ABC 協会の部数公査があります。
雑誌が電子化されて電子的に消費されるように
毎年半期ごとに見ていますが、最初に部数が落ち
なったから紙の雑誌が売れなくなったのではなく
出したのは、まず週刊誌であり情報誌でした。ス
Journal of JAET vol.12 ● 37
2011 年公開シンポジウム報告
トレート情報を提供する雑誌や、刊行サイクルの
出版産業の中で一番大きなテーマになっていると
短い雑誌ほど、早くから部数が減ってきています。
いうのが実態だと思っています。
それを見ても、おそらくネットが得意なものから、
情報流通の仕方が変わってきたと思います。
それがなぜ出版産業全体の問題かというと、書
⿓⿓ これからの出版産業の方向性
籍はもともと取次システムの中では不採算部門で
少し電子から離れて、こうした雑誌市場の縮小
した。書籍は利益が出ません。もちろん書籍だけ
に対して、出版産業としてどのように対処しよう
を出版している出版社もありますが、その出版社
としているのかを申し上げます。
の書籍もすべて雑誌流通ルートで全国に配送して
さきほどある取次会社で書籍の売り上げが上
いるのが取次システムです。また、世界的に数が
がって利益が削られていると申し上げましたが、
多いといわれる日本の書店は、海外の主要国のよ
今年は別の取次会社の決算にとても注目すべき点
うに書籍のみを販売するのではなく、雑誌と書籍
があります。
それは最大手取次の日本出版販売
(日
を両方販売しており、特に街の書店と呼ばれる独
販)の決算です。
立系の中小書店では雑誌で得る利益が経営を支え
ているケースが圧倒的に多いのです。
作年度の決算は全体としては震災の影響で被災
商品の引当など損失を相当計上したため減益にな
ですから、電子によって雑誌が影響を受けると
りましたが、利益をきちんと出しました。その最
いうことは、日本の全国に本を配送する物流ない
大要因は、書籍返品率を前年比で4%ぐらい下げ
し、それを販売している書店の収益に直接影響を
たことです。これは、日販の人に聞いても前代未
及ぼすことになるのです。言い方を変えると、日
聞、おそらく日販の歴史の中でこんなに返品率を
本の出版産業を支えてきた流通販売インフラが影
下げたことはない、と言うほどの数字です。
響を受けるということです。
しかも、書籍の売り上げは 1.9%増です。通常、
実際に、アマゾンやジュンク堂書店など書籍の
送品量を減らせば返品量も減るわけですが、日販
比率が高い書店と取引しているある中堅の取次
の今回の決算では、売り上げを維持したまま返品
会社は、取次業界の中で唯一 2000 年代入っても
率を下げたということで、売り上げ効率を上げた
ずっと売り上げが増加しています。それは、書籍
ということです。
の売り上げが増加したためです。雑誌は業界全体
これは、日販が 10 年かけてやってきた店頭で
と同様にダウントレンドです。その結果、この間、
の販売データを取って、書店と契約して返品率を
この取次会社は営業利益がどんどんどん落ちてし
下げ、その代わりに売れ筋商品も出版社と契約し
まい、直近では赤字になってしまいました。売り
て商品確保して供給しようという試み「トリプル
上げが伸びているのに利益がなくなる。このこと
ウィン・プロジェクト」が成果を上げたものです。
は、まさに書籍流通が利益の出ないモデルである
今までの取次システムは、取次側の判断で商品
ことを物語っています。この間、その取次の売上
を書店に送って、売れなければ返品してよいとい
高に占める書籍の比率は 41%から 66%に上がっ
う流通でしたが、
「トリプルウィン・プロジェクト」
ています。書籍が半分以上になると、取次システ
は、書店側がある程度主体的に仕入れをして、そ
ムが回らなくなるということになりますので、産
れに対して供給するというモデルにチェンジしよ
業全体でみても、これが大変大きなリスクです。
うとする取り組みです。
ですから、日本における現時点での電子化の出
10 年かけてようやく成果が出てきたというこ
版産業への影響は、電子的な情報流通の発達で、
とですが、当初の問題意識としては、今後、雑誌
雑誌の販売が大きな影響を受けて、そのことが出
の市場がどんどん縮小していくだろうという想定
版流通という出版産業のインフラにとってリスク
の下で、雑誌に支えられてきた取次の経営をいか
となっており、それらへの対応ということが、今、
に転換していくかということがありました。その
38 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、
日本ならではの電子化による出版産業へのインパクト
(星野)
ためには、書籍の流通で発生しているロス、通常
ですが、最終的に学校に教科書を納入する教科書
で 40%以上に達する返品を減らして、利益を出
取次所の多くは、各地域で老舗と呼ばれる書店で
すしかないということで、10 年かけて取り組ん
す。そうした老舗書店のなかには、消えたところ
できたわけです。
や相当傾いているところも多いのですが、今でも、
もう一方のトーハンという大手取次も、日販と
同様の方向性を模索し始めています。ですから雑
誌市場の縮小による影響を乗り越えるために、書
地元の消費者から支持をされている、地域で評価
されている書店もまだまだあります。
教科書自体は文科省が価格設定していて、非常
籍の取引制度を、従来の返品自由な「委託制度」
に安い価格なので、ほとんど利益は出ないのです
から、書店が選択して仕入れる「買い切り」の方
が、それに伴う副教材、辞書といった商品が、そ
向に持って行くという方向性が明確になってきて
のルートで一緒に販売できるので、書店にとって
います。
は大きな収入になっています。
ですから、ある日、突然、教科書が全部電子に
⿓⿓ 教科書の電子化と出版産業
このほか、教科書の電子化というのも、出版産
業にとって影響を及ぼします。
2009 年の 12 月に、当時の原口総務大臣が、
2015 年までに小中学校の教科書をデジタル化す
るというビジョンを示し、文科省も去年1年間を
なったなんてことになれば、そういう書店の経営
にとって大きな打撃になることは間違いありませ
ん。ですから、教科書の電子化を進めるのであれ
ば、少なくともそのことにきちんと配慮して、な
んらかの政策的な対応をしてもらわないと、地域
書店が消えてしまうことになりかねないのです。
現在進んでいる電子教科書の議論に関しては、
かけて検討した教育の ICT 化についての会議で電
ソフトバンクの孫正義さんや、慶応大学の中村伊
子教科書を議題にしました。そのことは、出版業
知哉さんなどが推進派でグループつくってやって
界では大変関心を持たれています。
いらっしゃいます。一方、文科省の議論では、教
教科書が電子化されることによって、どのよう
育研究関係の研究者や現場の教員からは慎重な意
な教育的効果があるのかどうかについては、私の
見が多かったと思います。ただ、文科省としても
専門領域ではないので全く分かりませんし、今後、
今年から実証研究をスタートするということです
大人がみんな電子媒体を使うようになれは、子ど
し、政策としては電子化を推進するという方向が
もだけ紙で勉強する理由もないだろうとも思いま
ありますので、おそらく進んでいくのだと思いま
す。ですから、ここでは教科書が電子になること
す。
自体に関しての評価は行いません。
ただ、少なくとも教科書供給ルートという既存
あとは、タイミングの問題と、どの範囲でやる
のかということが議論になってくるのでしょうし、
のシステムに大きな影響与えるのではないかとい
そういうところに出版産業もコミットするとよい
う点については、しっかり踏まえておくべきだと
のですが、教科書というのはお上からやらせてい
思います。出版産業としては、むしろそのことを
ただいているという関係にあって、なかなか業者
もっと積極的に政策サイドに伝えるべきではない
側から物を言いにくいという関係があって、難し
かと思っています。
い部分ではあります。
電子辞書の販路としてあげた教科書供給ルート
( 了)
Journal of JAET vol.12 ● 39
2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ
プラットフォームの
私法上の位置付け
― 放送法における「有料放送管理
事業者」の規定を手がかりに ―
石岡 克俊(いしおか かつとし)
そこで、本稿ではまず、わが国現行法上、唯一
⿓⿓ はじめに
いまや、プラットフォームは、デジタルコンテ
プラットフォーム規制を有している放送法(昭和
25 年法律第 132 号)を取り上げ、その検討を試
みる [4]。
ンツの流通ないし取引にあって、コンテンツ・プ
ロバイダー [1] とユーザーとを結びつける不可欠
の業務ないし事業となっている [2]。本稿の目的
⿓⿓ 有料放送管理事業者
は、このプラットフォームの法的性格を明らかに
かねてより、衛星放送による有料サービスにつ
することである。ここでの法的検討は、プラット
いては、当該サービスに不可欠に伴う限定受信
フォームが提供する機能ないしサービスの、デジ
(CAS:Conditional Access System) を 始 め、 課
タルコンテンツの取引に占める経済的重要性に加
金・認証といった顧客管理、放送番組送出、番組
え、そのユニークな特質に導かれた競争法的関心
情 報 提 供(EPG:Electronic Program Guide) な
を契機とするものである。だが、そうした重要性
どの放送関連サービス、さらに、個々の衛星放送
にもかかわらず、競争法上の判断を下すには、そ
事業者と視聴者との間の契約事務の代行や視聴者
の前提たるプラットフォームの法的性格 ― とり
からの苦情や問い合わせの対応などを行う「衛
わけ、その私法上の位置付け ― が必ずしも明ら
星プラットフォーム」と呼ばれる事業者が存在
かではない。本稿で試みるのは、競争法的評価に
し、これら業務を内容とする事業を展開してきた
先立つ基礎的・準備作業である。
[5]
。衛星プラットフォーム事業者は、衛星放送分
プラットフォームは、デジタルコンテンツの流
野 ― 殊に CS デジタル放送の分野 ― において
通・取引に特徴的に現れる業務・事業であり、一
その影響力を増大させてきており、これについて
見その対象は限定されているようにもみえる。だ
は当該事業分野の高度な社会性ないし公共性から、
が、その流通・取引形態はデジタルコンテンツの
受信者の保護を図るため、一定の規律を課すこと
(たとえば、文字・音声・映像のような)態様ご
の必要性が指摘されていた [6]。こうした動きを
とあるいはビジネスモデルごと多岐にわたり、
「一
背景として、2007 年 4 月 6 日には「放送法等の
意に特定することは困難な面も存在する」[3]。
一部を改正する法律案」が提出され、その年の末
40 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
プラットフォームの私法上の位置付け(石岡)
には改正放送法(平成 19 年法律第 136 号)の
成立を見ている。改正法では、衛星プラットフォー
ム事業者を「有料放送管理事業者」と法律上位置
付けられ、これに対し事前届出を義務付けるとと
⿓⿓ 契約締結の媒介・取次・代理
私法上の位置付けに関心をもつ本稿としては、
もに(放送法 52 条の 6 の 2―同法 52 条の 6 の 4)
、
とりわけ「有料放送管理業務」の一つ、有料放送
業務の適正を確保するための措置の義務付け(放
の役務の提供に関する「契約の締結の媒介・取
送法 52 条の 6 の 5)ならびに総務大臣による当
次・代理」業務について検討しておかねばならな
該事業者への措置命令(放送法 52 条の 7 第 3 項)
い。法律上、これらはいずれも他人間の法律行為
等を定めている。
の中間に立つ行為であり、プラットフォームにお
放送法は、
「有料放送の役務の提供に関し、契
約の締結の媒介、取次ぎ又は代理を行うとともに、
当該契約により設置された受信設備によらなけれ
ば当該有料放送の受信ができないようにすること
いて一般的に見られるものではあるが、その態様
や性格はそれぞれ異なっている。
⿜⿜媒介
を行う業務」を「有料放送管理業務」とし、その
「媒介」は、いわゆる周旋ないし斡旋のことで
うち、総務省令で定める数(放送法施行規則 17
あって、他人の間に立ち、両者を当事者とする法
条の 5 の 2 によれば、10)以上の有料放送事業
律行為の成立に尽力する事実行為である(商法
者のために有料放送管理業務を行おうとする者に
502 条 11 号参照)
。特に、事実行為たる媒介を
届出義務を課し(放送法 52 条の 6 の 2 第 1 項、
なすことを引き受け、委託者と相手方との間で契
届出の内容に変更があった場合(放送法 52 条の
約が成立したときに報酬の支払いを受けることを
6 の 2 第 2 項)
、組織的な変更があった場合(放
業とする者を仲立人と呼んでいる。但し、ここで
送法 52 条の 6 の 3)、業務を廃止した場合(放
媒介の対象となる行為は「他人間の商行為」に限
送法 52 条の 6 の 4)も同様)、この届出をした
定される(商法 543 条)
。商行為以外の行為の媒
者を「有料放送管理事業者」とする(放送法 52
介もあり得るが、これを業とする者は民事仲立人
条の 6 の 2 第 2 項)。
と呼ばれ、商法上にいう仲立人の範疇には入って
放送法によれば、これが把握するところのプ
こない。媒介をする者(典型的には仲立人)と媒
ラットフォームの機能には二つある(法律上は、
介行為の当事者(商行為を行う者)との間の関係
プラットフォーム事業者の「業務」として捉えて
は、非法律行為の事務委託であるから、準委任と
いる)
。一つは、有料放送の役務の提供に関する
なる(民法 656 条)
。あくまでも仲立人はただ媒
契約締結の媒介・取次・代理行為に係る機能であ
介をするにとどまるので、自らその行為の当事者
り、いま一つは、この契約により設置された受信
としては現れない。また、当事者の代理人でもな
設備によらなければ当該有料放送の受信ができな
いので、当事者のために支払その他の給付を受け
いようにする機能である。前者は、コンテンツ・
る権限(給付受領権)はもたない(商法 544 条)
。
プロバイダー(有料放送事業者)とユーザー(こ
これが仲立人と代理との違いである。また、いわ
こでは視聴者)の間にあってこれらを結びつける
ゆる代理商(殊に媒介代理商)
(商法 27 条―同法
プラットフォーム一般に見られる機能ということ
31 条)との違いは、これが一定の商人のために
が可能であり、後者は、いわゆる限定受信のこと
継続的関係に立つのに対して、仲立人は広く他人
で、有料放送サービスにおいて固有に見られる機
間の媒介をしている点においてである。
能であるといえる。つまり、放送法が定める「有
プラットフォーム事業者が、契約の当事者とし
料放送管理業務」とは、
「媒介・取次・代理」と「限
て現れず、コンテンツ・プロバイダとユーザーと
定受信」の両機能を他事業者に役務として、かつ、
の間の契約の成立にもっぱら尽力し、両者の契約
業として提供することである [7]。
が成立したのちに報酬として金銭を受け取ってい
Journal of JAET vol.12 ● 41
2011 年公開シンポジウム報告
る場合には、その業務は「媒介」ということにな
の代理人とは異なる。さらに、特定の商人と継続
ろう。なお、有料放送管理事業者の業務のいくつ
的関係に立つことを要しない点で、代理商とも異
かには、これに近いものも見られるが、形式的に
なっている。
は媒介のかたちを取りながら、契約(約款)の中
仮に、プラットフォーム(の機能)が取次に係
で関連業務につきプラットフォームに広範な代理
るものであったとして、果たしてこれが問屋に当
権を付与する場合もあるようだ。
たるか否かが問題となる。商法 551 条によれば、
⿜⿜取次
問屋の目的たる行為は、物品の販売または買入れ
を引き受けることである [9]。だが、冒頭でも指
より現実のプラットフォーム一般に見られる業
摘した通り、プラットフォームがコンテンツ・プ
務に近く、法的にも諸々の複雑な論点を提起する
ロバイダ及びユーザーとの間にあってその流通・
のが、次にあげる「取次」である。「取次」とは、
取引に寄与するのは、いずれもデジタル化された
自己の名をもって(つまり、自らが権利・義務の
コンテンツについてである。放送法上の有料放送
帰属主体〔法律行為の当事者〕となって)
、他人
管理事業者にあってはデジタル放送番組であり、
のために(他人の計算、すなわち経済的損益を他
音楽配信事業者にあってはデジタル化された音楽
人に帰属させて)法律行為をなすことを引き受け
コンテンツであろう。電子書籍配信事業者にあっ
る行為である(商法 502 条 11 号参照)。取次を
ては電子書籍である。デジタル化されたコンテン
業とする者の一類型として問屋がある。「問屋ト
ツの多くは「著作物」
(著作権法 2 条 1 項 1 号)
ハ自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ物品ノ販売又ハ
であり、すべて無体物である。つまり、ここにい
買入ヲ為スヲ業トスル者ヲ謂フ」(商法 551 条)。
う無体物は、権利の対象とはなり得ても「物品」
物品の売買はもちろん法律行為であるから、問
や「有価証券」とはいえない。したがって、
プラッ
屋が委託者とする取次契約は委任(民法 643 条)
トフォームの行為の目的は「物品」の販売又は買
である。取次営業には、問屋のほかに、運送取扱
入にはあたらず、プラットフォーム事業者は文理
人と準問屋とがあるが、これらの差異はその引き
上問屋とはいえなくなる。
受ける法律行為の内容にある。問屋はすでに指
ただ、
「販売又ハ買入」は売買に他ならない(民
摘したように物品の販売又は買入(商法 551 条)、
法 555 条)
。売買は財産権の移転を伴う有償行為
運送取扱人は物品の運送(商法 559 条)、準問屋
であればよいはずである。もちろん、その目的は
の場合はこれら以外の行為(商法 558 条)であ
「物」(民法 85 条)である場合が典型的であると
る。取次営業者と第三者または委託者との関係に
しても、それに必ずしも限られるわけではない。
ついては、その多くを共通の原則が支配すること
問屋の目的行為を単に「販売又ハ買入ヲ為ス」と
から、商法は準問屋については全面的に、また運
せず、「物品ノ」と限定を付した理由は定かでは
送取扱人については別段の定めのある場合のほか、
ないが、立法当時「販売又ハ買入」の目的がおよ
すべて問屋の規定を準用することとしている(商
そ「物品」以外想定されていなかったことに起因
法 558 条、同法 559 条 2 項)。
するものではなかったかとも考え得る。だとする
取次営業たる問屋・準問屋は、法的には法律行
と、「物品」の対象を有価証券にも拡大して解さ
為の当事者として権利義務の主体となる。しかし、
れるのと同様、現代にあってはデジタルコンテン
経済的にはこれを委託者たる他人の負担に帰せし
ツもその範疇に含めることも可能なのではないだ
め
[8]
、ただ手数料・報酬を受けるにすぎない者
ろうか。
である。このように、問屋は第三者と法律行為を
一方、プラットフォームは準問屋として捉えら
する点で、単に媒介という事実行為をするにとど
れるかについても検討しておく必要がある。商法
まる仲立人や媒介代理商とは異なり、また、自己
558 条は「自己ノ名ヲ以テ他人ノ為メニ販売又
の名において行為をする点で、締約代理商その他
ハ買入ニ非サル行為ヲ為スヲ業トスル者」として
42 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
プラットフォームの私法上の位置付け(石岡)
おり、取次の行為の目的が準問屋にあっては「販
行担保責任にしろ指値遵守義務にしろ、委任等に
売又ハ買入ニ非サル行為」とされている。これに
おける善管注意義務の問屋業ひいては取次営業に
は、例えば、出版・広告・賃貸借・保険契約など
おける反映ということになる。この議論が示唆す
がこの範疇に入るとされている。殊に、プラット
るところはきわめて重要である。
フォーム事業者の業務のうちで、デジタル化され
問屋と同様、プラットフォームは、委託者の計
たコンテンツの利用が賃貸借として理解されるも
算でなす行為につき、受任者として善管注意義務
のについては、準問屋と解される余地も出てこよ
を負うこととなるから(民法 644 条)
、その業務
う。
の性質に応じて、委任者にもっとも利益なるよう
立法当初、取次営業については問屋、運送取扱
な方法で物品の売買を行い、かつ、委託者に買入
人及び準問屋の三類型をあげれば網羅されると想
物品または売却代金の引渡しを行う義務を負う。
定されていたとすれば、上記のようにプラット
また、必要に応じて、物品の保管、委託者に帰属
フォームを問屋ないし準問屋として取り扱うこと
すべき権利の保全等の措置をとらなければならな
[10]
。だが、こうした理解は一見
い。もちろん、かかる説明は物品の取引を念頭に
文理からも離れることから、立法者意図の検討も
置いたもので、これがそのままデジタル化された
含め、より一層の考究が求められるところではあ
コンテンツを取り扱うプラットフォームに妥当す
る。
るとはいえないのはもちろんである。
も可能となろう
ところで、上の理解とは異なり、取次営業につ
むしろ、プラットフォームに関して重要になる
き、これが問屋、運送取扱人ないし準問屋の三類
のは問屋に認められる商法上の責任・義務につい
型では網羅され得ない ― つまり、この三類型以
てである。
外の取次も存在する ― との理解も成り立つかも
まず、問屋ないしプラットフォームは、委託者
しれない。この立場からは、プラットフォームは
のために行った販売または買い入れにつき、相
単なる取次営業を業務とする商人ということにな
手方が問屋に対し債務を履行しないときは、委
る。
託者に対し自ら履行責任を負わねばならない(商
法 553 条本文)
。本来、委任の本旨に従い、善良
⿓⿓ 問屋において認められる商法上の
責任・義務
な管理者の注意をもって相手方を特定し契約を締
結したかかぎりで、問屋は相手方に対し履行の請
求をしさえすれば足り、委託者に対し相手方に代
では、取次を業とするプラットフォーム事業者
わり履行をなすまでの義務は負わないはずである
が、問屋等において認められる商法上の義務、と
が、商法は、委託者の保護と問屋制度の信用維持
りわけ履行担保責任(商法 553 条)及び指値遵
を目的とし、
問屋に履行担保責任を課している
(も
守義務(商法 554 条)を果たさなければならな
ちろん、別段の意思表示又は慣習がある場合に
いのかという次の問題が生じてくる。
は、履行担保責任を負わない(商法 553 条但書)
)
。
これについては、まずこれらの責任及び義務が
たしかに、この点は立法論としては同責任の廃止
いかなる根拠に基づいているかを検討することが
もしばしば指摘されるところであるが、デジタル
重要となる。すでに指摘したとおり、問屋の行為
コンテンツを取り扱うプラットフォームが、後述
の目的は法律行為であり、準問屋のそれは法律行
のホールセール・モデルとは違い、問屋ないし取
為若しくは事実行為であるわけだから、問屋・準
次に関わるものだとする一つのメルクマールを提
問屋を受任者とする取次契約は委任(民法 643
供しているといえよう。
条)ないし準委任(民法 656 条)である。したがっ
また、問屋ないしプラットフォームは、委託者
て、これらの責任及び義務は、委任契約等の善管
から指図があればその指図に従う義務がある。そ
注意義務に由来する(民法 644 条)。つまり、履
の指図が価格に関するものであっても同様である。
Journal of JAET vol.12 ● 43
2011 年公開シンポジウム報告
委託者が販売または買い入れにつき「指値」をし
コンテンツプロバイダーが、配信事業者が視聴者
たとき、たとえば、特定の価格未満では販売しな
に請求する視聴料金を設定し、配信事業者の視聴
いこと(最低価格の指示)、また、特定の価格を
料金の自由な決定を拘束する場合には、独占禁止
超える価格では買い入れしない(最高価格の指示)
法上問題となると考えられる」と述べる(同報告
ことを指示したにもかかわらず、問屋が指値より
書第 3―2―⑵―エ―②:卸売システム(ホールセー
廉価で販売し、また、指値より高価に買い入れを
ル・モデル)
)
。
なした場合、これは委託に反するものとして委託
ここでは、プラットフォームが競争単位として
者はその結果の引き受けを否認することができる。
独立した地位にあり、本来的に価格設定の自由が
ただし、指値と現実の販売価格または買い入れ価
ある場合とそうでない場合とで、競争法上の評価
格との差額を問屋が自ら負担するときは、指値を
が異なり得ることを示唆しており、その意味にお
遵守しない販売または買い入れも委託者に対して
いてもプラットフォームの法的地位の如何の判断
効力を生じ(商法 554 条)、委託者はその取引の
はきわめて重要であるといえる。
計算の帰属を拒否できない。委託者はこれにより
コンテンツブロバイダとプラットフォームの間
所期の経済的目的を達成しうるわけだし、問屋も
の価格設定をめぐる対立は、米国の電子書籍配信
差額を負担しても報酬を得た方が有利な場合もあ
においてすでに顕在化している。
りうるからである。
かつて米国のアマゾンは、その電子書籍端末
(Kindle)の販売とともにオープンした電子書籍
⿓⿓ デジタルコンテンツの価格設定
配信サイト(Kindle Store)において、その電子
書籍(新刊一般書)の値段を、一律 9 ドル 99 セ
コンテンツ・プロバイダーが提供するデジタル
ントで売り出したことがある。もちろん、これは
コンテンツの料金設定については、とくに映像コ
電子書籍が安価であるというイメージを顧客に植
ンテンツの配信に関してではあるが、かつて競
え付けるための戦略として採用されたものであ
[11]
。これ
る。当時、米国での印刷版書籍の価格帯はおおむ
によれば、「コンテンツプロバイダーがプラット
ね 25 ドルから 30 ドル程度で、かつ、アマゾン
フォーム事業者を通じて配信されるコンテンツの
は版元からの印刷版と同じ条件で仕入れていたと
視聴料金をコンテンツプロバイダーが定めること
いわれており、そうだとすると、正味が 5 割程
について」
、まず、「コンテンツプロバイダーが、
度だとして、この 9 ドル 99 セントという販売価
配信事業者であるプラットフォーム事業者のポー
格は明らかに逆ザヤとなる。アマゾンが実行した
タルサイトという場所や、認証、課金・決済とい
プラットフォームによる「確信犯」的低価格販売
う機能を利用して、コンテンツを自ら視聴者に提
を押え込むために、コンテンツブロバイダである
供している場合であって、実質的にみて配信事業
出版社が採り得る手段は、電子書籍の販売価格の
者がコンテンツプロバイダーのコンテンツの配信
指示とその実効性確保のためにそれと同価格の仕
代行を行っているに過ぎないと認められる場合に
切り値でプラットフォームに提供することである。
は、コンテンツプロバイダーがコンテンツの視聴
しかし、電子書籍を販売するプラットフォームは、
料金を含めた取引条件を設定し、配信事業者と取
少なくとも取次ぎを引き受けたことによる報酬な
引を行っていたとしても、独占禁止法上問題とは
いし手数料分の割引はもちろん、逆ザヤになるま
ならない」とする(同報告書第 3―2―⑵―エ―①:
で販売価格を引き下げることが出来、コンテンツ
代理店システム(エージェンシー・モデル))。
ブロバイダがこれを阻止することはできない。問
争法の観点から検討されたことがある
他方、
「配信事業者が、料金を支払い、コンテ
屋ないしプラットフォームは指値と現実の販売価
ンツプロバイダーからコンテンツ配信の許諾を受
格との差額を負担さえすれば、指値を遵守しなく
け、自らのリスクでコンテンツ配信を行う場合に、
ともコンテンツブロバイダに対する効力は生じ、
44 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
プラットフォームの私法上の位置付け(石岡)
その取引の計算の帰属を拒否できないからである。
中核的な位置を占め、それらが力を持ちつつある
しばしば、
「代理店システム(エージェンシー・
ことへの懸念が増大している状況下にあっては尚
モデル)」と呼ばれる販売形態を採用すれば、「卸
更である。今年 5 月に、フランスにおいて成立
売システム(ホールセール・モデル)」と異なり、
した「デジタル書籍に関する価格拘束法」はその
コンテンツブロバイダのプラットフォームに対す
具体的現れと言ってよいだろう。
る価格指示は可能であるとの所論が見いだされる
本稿では、プラットフォームの私法上の性格
が、それはあくまでも競争法規に違反せず、理論
について、わが国の法制度を前提に検討を加え
上「可能」であるにすぎないのであって、多くの
た。ここでの検討の後半に見たように、デジタル
デジタルコンテンツの取引に見られるように、プ
コンテンツの流通・取引において見いだされる現
ラットフォームに流通の基幹部分を押さえられて
下の問題の解決には、私法上の取扱いにとどまら
いる中で、かかる行為が成功裏になし得るかは疑
ない議論が必要になる。ここで検討したプラット
問なしとしない。
フォームの法的位置付けの上に、われわれの関心
その意味では、公正取引委員会・総務省「電
気通信事業分野における競争の促進に関する指
針」にあるように、インフラを有しつつプラット
は競争法の評価・適用に向かうことになる。
注
フォームとしての機能も担う事業者が「コンテン
[1] コンテンツ・プロバイダーについて、公正取引委員
ツをメニューリストに掲載させる条件として、コ
会『デジタルコンテンツと競争政策に関する研究会報
ンテンツ・プロバイダーと顧客との間におけるコ
告書―デジタルコンテンツ市場における公正かつ自由
ンテンツ提供に係る料金の設定に関与する」場合
な競争環境の整備のために―』(2003 年 3 月 31 日)
に、競争法ないし事業法上問題となりうるとの指
は、主として映像コンテンツを念頭に置き、「インタ
摘の方が、プラットフォームの法的性格をどう考
ーネット等のネットワークを利用してコンテンツを視
えるかという問題は残されているものの、実態に
聴者に提供するための権利を有し、コンテンツを保有
はより近いように思われる(同指針 II―第 4―③)。
しているドラマ、アニメ制作会社、映画の配給会社、
コンテンツブロバイダである出版社にとって
放送事業者等をいい、「コンテンツホルダー」と称さ
「価格決定権がないこと」は著作物再販適用除外
れることもある」と述べている(同報告書・7 頁脚注
制度をもたない米国にあっても承服できないもの
9)。もちろん、本稿にいうコンテンツ・プロバイダー
らしい。先のアマゾンの価格政策に対して、米国
は、これにとどまらない。電子書籍などの文字データ
ニューズ・コーポレーションのルパート・マードッ
で構成されるコンテンツであれば著者や出版社がこれ
クは、「アマゾンの 9・99 ドルという価格モデル
に当たろうし、音声データで構成される音楽コンテン
は好ましくない。この価格は書籍の価値を下げ、
ツであれば、作詞作曲を手がけたアーティストや実演
ハードカバー書籍の小売業社すべてを苦しめるも
家、原盤権を有するレーベルや音楽出版がこれに当た
のだ」との意見を表明している。たとえこの価格
モデルで出版社として利益を確保できるとしても、
ろう。
[2] ある業務ないし事業をプラットフォームとして整理す
消費者に「電子書籍は 9 ドル 99 セントの価値で
る見方は、デジタルコンテンツの提供形態をレイヤ
ある」との認識が広がってしまうと、25 ドル以
ー(階層)構造で理解する発想に由来する。たとえ
上であったはずの「本の売価」が成立しなくなる、
ば、総務省に設けられた研究会「通信プラットフォー
というのだ。
コンテンツブロバイダである出版社にとって、
ム研究会」の報告書「通信プラットフォームの在り方」
(2009 年 1 月)において、「レイヤー構造におけるプ
プラットフォームがユーザーないし消費者に対し
ラットフォームは、通信事業者が担っている通信レイ
て提示する販売価格は大きな関心事である。殊に、
ヤーとコンテンツ・アプリケーションレイヤーの間に
プラットフォームがデジタルコンテンツの流通の
位置するものと便宜上整理することが可能である」と
Journal of JAET vol.12 ● 45
2011 年公開シンポジウム報告
述べているところである(同報告書・5 頁)。なお、
おけるプラットフォームの現状とその競争法的評価に
プラットフォームとの関連でしばしば指摘されるレイ
ついては、一連の経緯の検討と併せて検討しておく必
ヤー(階層)は、確立したネットワーク・アーキテク
要があると思われるが、他日を期すことにしたい。
チャにおける OSI(open systems interconnection)階
[6] 通信・放送の総合的な法体系に関する研究会「報告書」
層モデルと呼ばれる技術的概念のアナロジーである
(2007 年 12 月 6 日)参照。殊に、CS プラットフォ
(たとえば、浅谷耕一『ネットワーク技術の基礎と応
ームについては、かかる機能を提供する事業者はすで
用―ICT の基本から QoS、IP 電話、NGN まで』(コロ
に 1 社となっており、また、その当時衛星事業者との
ナ社、2007 年)第 1 章参照)。
統合も予定されており、衛星放送事業者との関係で取
[3] 通信プラットフォーム研究会「通信プラットフォーム
の在り方」
(2009 年 1 月)5 頁。
引上優越的な地位を得ることの蓋然性が指摘されてい
た。こうした環境における視聴者への適正なサービス
[4] プラットフォーム規制が、放送法からスタートしたの
の提供と衛星放送事業者へ提供する CS プラットフォ
は偶然ではない。おそらく、わが国において、インタ
ーム業務の公正性、中立性、透明性の確保のため、一
ーネット等のネットワーク上を流通する著作物として
定の範囲については規律を課すことが必要であるとの
意識されたのは映像コンテンツが最初であり、この著
認識が示されていた(プラットフォームの在り方に関
作権を伴ったコンテンツの円滑な流通に向けた検討は
する協議会「報告書」(2007 年 4 月 26 日))。
初期におけるコンテンツ流通の重要な課題であった。
なお、これに先立つ衛星プラットフォーム規制の法制
たとえば、先に指摘した「デジタルコンテンツと競争
化の経緯を辿っておこう(経緯の詳細と問題点につい
政策に関する研究会」の『報告書』(2003 年 3 月 31
ては、筬島専「CS デジタル放送分野のプラットフォ
日)は、映像コンテンツの円滑な流通の確保の必要か
ーム事業を巡る課題」早稲田大学大学院国際情報通信
ら、主として競争法上の立場からの検討を行ったもの
研究科国際情報通信研究センター(GITS / GITI)紀要
である。
(2006-2007 年 )187-197 頁 を 参 照 )。 ま ず、2002
[5] 衛星放送による有料サービスにつき、本文で取り上げ
年 12 月、衛星放送の在り方に関する検討会「最終取
た限定受信や契約事務の代行等の業務を衛星プラット
りまとめ」において、「CS 放送事業者への一層適正な
フォームに全面的に委ねているのは、同分野における
業務の提供」と「視聴者利益の確保に一層資する業務
コンテンツ・プロバイダーとして位置付けられるいわ
の実施」の確保の観点から、CS デジタル放送の普及
ゆる CS 放送事業者(正確には、124 / 8 度 CS にあっ
発展のためプラットフォーム事業者において業務に係
ては電気通信役務利用法上の電気通信役務利用放送
るガイドラインを自主的に策定・公表することが提言
事業者、110 度 CS にあっては放送法上の委託放送事
された。これを受け、CS デジタル放送に関係する事
業者)においてである。BS 放送においては、CS 放送
業の在り方に関する検討会による検討結果「衛星放送
にいうこれらの機能を併せ持つ衛星プラットフォー
におけるプラットフォーム事業者の業務に係るガイド
ム事業者は存在しない。BS 放送の場合、限定受信に
ラインに関する指針」(2003 年 4 月)が示され、ス
ついては主要な BS 放送各局が共同出資して設立した
カイパーフェクト・コミュニケーションズ(当時)は
B-CAS 社がこれを担い、放送番組送出や EPG は B-SAT
これを踏まえ「衛星放送に関するプラットフォーム業
社が行う。契約事務代行等については自らカスタマー
務に係るガイドライン」
(2003 年 7 月)を公表して
センターを設け契約管理をする BS 放送事業者(例え
いる。
ば、WOWOW)もあれば、他事業者にその業務を委
その後、「通信・放送の在り方に関する政府与党合意」
託する BS 放送事業者(例えば、スターチャンネル)
(2006 年 6 月 20 日)の中で、プラットフォーム事業
もある(なお、同業務の受託者はスカパー !JSAT であ
につき「課題に適切に対応するとともに、CS 放送事
る)
。BS 放送においては、これまでの行きがかり上、
業者間の公正な競争環境や、潜在的な新規事業者の参
いわゆるプラットフォーム機能がいくつかの主体に分
入インセンティブを確保し、CS 放送の健全な発達を
属し、やや変則的なかたちをとっている。BS 放送に
図るため、自主ガイドラインを客観的に担保する仕組
46 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
プラットフォームの私法上の位置付け(石岡)
みとし、CS プラットフォーム事業を制度上位置付け、
業者は、限定受信にとどまらず、課金・認証といった
所要の規律を課すことが考えられる」と指摘され、デ
顧客管理、放送番組送出、番組情報提供などの放送関
ジタル化の進展と放送政策に関する調査研究会「最終
連サービスの提供や個々の衛星放送事業者と視聴者と
報告書」
(2006 年 10 月 6 日)でも「CS プラットフ
の間の契約事務の代行や視聴者からの苦情や問い合わ
ォーム事業を制度上位置付け、所要の規律を課すこと
せの対応などの業務を事業として行っている。しかし
が考えられる」と述べられている。次いで、衛星放送
ながら、放送法は「媒介・取次・代理」及び「限定受
の将来像に関する研究会「最終報告書」
(2006 年 10
信」を規律対象を特定するための中核概念として位置
月 19 日)及び規制改革・民間開放推進会議「規制改革・
づけている。
民間開放の推進に関する第3次答申」
(2006 年 12 月
[8] なお、この点を捉えて「間接代理」と呼ぶこともある。
25 日)においても、前者において「優越的な地位に
[9] この「物品」には、動産のほか有価証券も含まれる。
あるプラットフォーム事業者については、その業務の
[10]デジタルコンテンツの取引が有償で行われることが一
公正性、中立性、透明性等を確保するための措置を講
般的である現状において、その利用行為が賃貸借とし
ずること」の必要性が指摘され、後者においても CS
て解することができる場合のみ、プラットフォームが
放送事業におけるプラットフォーム事業者の重要性や
準問屋となり、売買に係る場合には問屋とはならない
プラットフォーム事業者の衛星放送事業者に対する優
というのは、いかにも均衡を失するように思われる。
越的地位、さらに「衛星放送に関するプラットフォー
[11]デジタルコンテンツと競争政策に関する研究会『デジ
ム業務に係るガイドライン」の運用状況の注視とプラ
タルコンテンツと競争政策に関する研究会報告書 ―
ットフォーム事業者の制度上の位置づけの明確化の必
デジタルコンテンツ市場における公正かつ自由な競争
要が示された。
環境の整備のために ― 』(平成 15 年 3 月)
[7] もちろん、すでに見たように衛星プラットフォーム事
Journal of JAET vol.12 ● 47
2011 年公開シンポジウム報告
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ
公開シンポジウム「電子書籍時代の
プラットフォームとコンテンツ」余話
― シンポジウムの概要と質疑応答・総合討論 ―
小島 浩之(こじま ひろゆき)
系譜上のものである。なかでも、同じ会場で丁度
⿓⿓ はじめに
2011 年度の漢字文献情報処理研究会公開シン
一年前に開催された、公開シンポジウム「電子出
版の動向と諸問題」とは表裏一体の関係であると
言っても過言ではない。従って、興味ある方は、
ポジムは、「電子書籍時代のプラットフォームと
昨年度の本誌に掲載された公開シンポジウムの記
コンテンツ」と題して、2011 年 7 月 31 日㈰に、
録を繙いていただければと思う。
大阪市福島区の慶應大阪リバーサイドキャンパス
Room1 で、22 名の参加者を得て開催された。
ところで、電子書籍関係の議論を行うと必ず行
き着くのが、再販制度を中心とする現行の利益分
このシンポジウムは、科学研究費補助金・基盤
配システムである。結果として、今どのような議
研究 B「情報化時代における中国学次世代研究
論をしようとも、これに替わるシステムが関係者
基盤の確立」(研究課題番号:23320010、研究
間で調整されなければ、議論は堂々巡りになると
代表者:二階堂善弘)の研究グループとの共催で
いっても過言ではない。
あった。このため拙稿を含めたシンポジム報告の
そこで、今回は少し切り口を変えて、電子化が
小特集は、当該科研費による研究成果報告をも兼
成功した先行例から、電子書籍における上述の
ねている。
堂々巡りを打開するヒントを得ようと考えた。そ
当日の各報告内容については、講師各氏による
の結果、採り上げることとなったのが電子辞書で
論考を参照いただければ十分なので、本稿ではシ
ある。電子辞書を選んだ理由は以下の開催趣旨に
ンポジウム全体の流れを俯瞰することと、質疑応
端的に言い尽くされているのでこれを再録してそ
答や総合討論の中で交わされた様々な意見を要約
の説明に代えることとしよう。
して紹介することに徹したい。
電子書籍は、紙媒体の書籍とは異なり、
⿓⿓ 開催経緯と趣旨
それが読者にとって利用可能となるために
は、端末ばかりでなく、コンテンツ、ライ
本会では 2003 年以来、毎年、法学系イベント
ブラリ、ストアといった諸機能が合わさっ
を開催している。その詳細については本誌特集 2
て提供されなければならない。現在、多く
の拙稿 [1] に譲るが、今回のシンポジウムもこの
の場合、(紙媒体書籍の)出版社はこの機
48 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
公開シンポジム「電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ」余話(小島)
能のうちコンテンツのみの提供を担ってお
これは、最初に石岡氏から問題提起を行い、木村、
り(コンテンツ・プロバイダ)、ストア機
星野両氏の実例に基づいた報告を間に挟み、その
能に不可欠な認証・決済あるいは購入した
法的整理を再び石岡氏が行う型式の方が聴衆の理
電子書籍の管理をするライブラリ機能はい
解を促すであろうという理由による。
ずれもプラットフォーム事業者が握ってい
る。
そこには、コンテンツに関する知的財産
当日の具体的な流れは次のようであった。最初
に石岡氏からコンテンツプロバイダーとプラット
フォームの捉え方についての総論的な話があり、
を有するコンテンツ・プロバイダとプラッ
電子書籍というものを考える上で先例としての電
トフォームとのライセンス取引が存在し、
子辞書を考えたいという提案があった。
その条件についてはさまざまな契約上の問
続いて木村氏から、電子辞書担当であった経験
題が内在している。また、紙媒体とデジタ
と現在出版社の側である立場、つまりプラット
ル媒体の同一書籍が競合する中、これらの
フォーム側、コンテンツプロバイダー側、双方を
間に現れる価格差をどう見るかという、い
知り得る立場から、電子辞書の商品化への道のり
わゆる再販制度をどう位置づけていくかと
と現状、市場の未来予測、紙媒体辞書との関係等
いう問題もある。
の報告がなされた。
電子書籍時代のコンテンツとプラット
それを受けて星野氏から、出版側の諸問題、す
フォームの相互関係を考えるにあたり、電
なわち販売ルート、ロイヤリティー、コンテンツ
子書籍に先駆けて発展してきた電子辞書の
の固定化などが内包する問題、市場やマーケティ
分野は大変参考となる事例といえるかもし
ングについての現状と未来予測等について報告が
れない。
なされた。
そこで、本シンポジウムでは、電子書籍
最後に石岡氏が、取引の法的性格について取り
におけるコンテンツ・プロバイダとプラッ
上げ、ホールセール・モデル、ジョイントベン
トフォーム間の諸問題を検証し、電子書籍
チャー・モデル、エイジェンシー・モデルという
の今後について、コンテンツ創造のサイク
3つの取引モデルの法的整理、電子出版、電子書
ルの側面とコンテンツの流通・取引の側面
籍の市場が成立した場合に起こりえる法的問題に
の二つの視点から考えてみることにしたい。
ついて整理がなされた。
なお、本誌所収の石岡論文は講演の後半部分を
⿓⿓ シンポジウムの実際
今回のシンポジウムは講師に石岡克俊(慶應義
発展させたものといえる。このため、誌上ではそ
のまま素直に木村、星野、石岡論文の順に読んで
いただければよい。
塾大学)、木村一彦(大修館書店)、星野渉(文化
通信社)の三氏を迎えて、筆者が全体の進行役を
務めた。
⿓⿓ 質疑応答と総合討論のまとめ
本誌掲載の三氏の論考は、当日の報告内容にそ
木村、星野両氏の報告後には、若干の質疑応答
れぞれ加筆訂正をしていただいたものである。当
時間が設けられた。本来は質疑応答でのやり取り
日の報告は石岡、木村、星野の各氏に順に報告い
と、総合討論の議論は分けて書くべきかもしれな
ただき、その後に全体討論という形を想定してい
いが、相互に関連する部分も多いので、主題ごと
たが、当日の講師、司会者の顔合わせを兼ねた軽
にまとめて論じたい。
い打合せの中で次のように変更された。すなわち、
石岡氏の報告を前半と後半に二分して、石岡(前
半)→木村→星野→石岡(後半)という形に改めた。
⿜⿜本来の特性とは
一般に電子辞書と言えば、ほとんどの読者は携
Journal of JAET vol.12 ● 49
2011 年公開シンポジウム報告
帯型の専用装置を有するもの(モバイル型)を想
る。もちろん、この状態に業界も手をこまねいて
起するだろう。しかし、電子辞書にはオンライン
いるだけではないと言う。しかし、再販制度に守
型や CD―ROM, DVD―ROM などの光ディスク型な
られて、業界内ではこれまでシェアの把握すらで
ど、主としてパソコンでの利用を意図して提供さ
きていないことが多いようで、展望が開けている
れるものもある。木村氏は、紙の辞書の代替とし
とは言い難い。
てはモバイル型しかあり得ず、この点でオンラ
なお流通ルートの確保ということでは、定期購
イン型や光ディスク型とは直接競合するものでは
読という堅固な流通ルートを持つ、日本の新聞、
ないと考えていたという。モバイル型電子辞書は、
アメリカの雑誌はいまだ堅調である。日本とアメ
いつでもどこでも持ち歩けるという特性を最大限
リカで雑誌と新聞が真逆の状態になっていること
に生かした販売戦略によりここまで普及したとい
は大変に興味深い。
うことなのであろう。これは辞書本来の特性を上
手く継承して成功した例だと言える。
これと対象的であったのは、雑誌出版の衰退に
関するやり取りであった。星野報告では雑誌の売
⿜⿜電子教科書に関連して
電子教科書との関連については、木村、星野両
氏への質疑応答でいずれも話題に上がった。
り上げが激減していることが示され、この変化は
電子教科書は、2009 年 12 月に総務省から出
雑誌の電子化が原因かという質問が聴衆から寄せ
された原口ビジョン [2] に、「デジタル教科書を全
られた。これに対して星野氏は、電子雑誌市場は
ての小中学校全生徒に配備(2015 年)」とあっ
無いに等しいので、電子雑誌の影響は皆無である
て話題となった。
こと、雑誌が持っていた情報提供や速報性という
現在、中学・高校生は授業で電子辞書を使用す
本来の機能がインターネットに奪われたことが主
ることが一般化している。これに加えて教科書ま
たる要因であることなどを述べた。換言すれば、
でが電子化された場合、電子辞書は電子教科書に
電子雑誌は、雑誌本来の特性を上手く継受できず、
同梱されるのか、それとも現状の形態を保つのか
紙媒体雑誌の代替物としての呈をなし得なかった
気になるところである。もちろん、未来のことで
ということになるのではあるまいか。
あり仮定の話なので明快な回答が得られる訳では
電子辞書と電子雑誌の現状の差は、物事の本質
を理解していたかどうかの差だと言えるのである。
⿜⿜販売ルートの問題
ない。
これに関連して木村氏からは、SONY の電子書
籍端末 Reader には『ジーニアス英和辞典』第 4
版が既に入っており、コンテンツ内の英単語を
木村・星野両氏の報告において、聴衆一同が興
タップすることで辞書が引け、意味等を確認でき
味を示したことの一つに、販売ルートの問題が
るという話があった。近い未来、仮に電子化され
あった。⑴トーハン、日販という大手取次ルート
た教科書と辞書が一つのタブレット端末で使用可
の他、教科書供給(学販)ルート、医書ルートと
能になれば、現行 Reader のようなイメージで機
いうようなものが存在すること、⑵一般書籍の流
能するのかもしれない。ただし、こういった至れ
通ルートは雑誌流通ルートにより全国配送されて
り尽くせりの教材による教育効果には、いささか
いること、⑶電子辞書の学校への納品は学販ルー
疑問符が付くと感じるのは筆者だけであろうか。
トが担ってきたこと、⑷電子辞書の一般流通は家
また、木村氏からは教科書の利益率は著しく低
電品としての販売ルートが多数を占めることなど、
く、副教材や辞書を学販ルートで回すことで、関
業界では自明でも一般には知られていない事実が
係書店が利益を確保できている現状から、電子化
示された。
が書店経営に大打撃を与える可能性があると指摘
前述の雑誌の衰退は、⑵からすれば、図書流通
があった。特に学販ルートは、地方の老舗書店を
にも大きな影響を与える構造になっているのであ
中心に成り立っているというので、このルート上
50 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
公開シンポジム「電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ」余話(小島)
の書店の崩壊は、ともすれば地方文化の破壊に繋
あった。出版社の内部的にデータによるバージョ
がりかねない。
ン管理はある程度出来ているようだが、あくまで
電子教科書という政策的な電子化事業について
内部資料であって利用は想定されていない。同じ
は、教育的影響や業界への打撃も考慮した十分な
ような問題は、電子書籍においても、いずれ生ず
議論が必要であろう。
るだろう。情報発信方法が変化する過程において、
⿜⿜旧版の電子辞書
旧バージョンの保存問題は忘れられがちであるの
で、今後が不安である。
当会会員には、歴史、文学といった文献学の研
とくに、関係業界の中でネックとなるのは家電
究者が多いこともあり、電子辞書旧版のデータ管
業界ではないだろうか。出版社と図書館は長い付
理や保存、提供等についても多くの意見・質問が
き合いのため、両者間でコンセンサスを得ること
相次いだ。
は比較的容易だと考えられる。一方、家電品 = 消
一般ユーザーにとって、辞書は最新版であるこ
耗品との考えが根強く、そもそもの販売方法、戦
とが重要なのかもしれないが、文献学の研究者に
略、マーケティングの考え方まで全く異なる家電
とっては古い辞書も研究資料としての価値を兼ね
業界との合意形成は至難ではなかろうか。
備えている。紙媒体辞書は少なくとも図書館に行
情報の保存は未来に現代の歴史を伝えるための
けば各種旧版を取り揃えているが、電子辞書はそ
第一歩であり。関係各位の善処をお願いしたい。
もそも図書館に所蔵されているのであろうか。
現在日本の電子辞書は、紙と電子のハイブリッ
⿜⿜新刊がすぐに電子化されない理由
ト提供であり、電子データのみのものは存在して
筆者はこのシンポジムの1週間ほど前、大手家
いないという。したがって、現状では紙媒体辞書
電量販店に行き、現在日本で販売されている電子
が図書館に保存されさえすれば、電子辞書が残さ
辞書のカタログ一式をもらってきた。これらはシ
れなくとも情報を残すことは可能である。
ンポジウム当日も会場で回覧したのだが、カタロ
ところが、今後、電子辞書しか存在しないもの
グに目を通していて気付いたことが二つある。一
が出現した場合は厄介なことになる。先述のよ
つは既に電子辞書の中に青空文庫から相当数の文
うに電子辞書は携帯型の専用装置と一体なので、
学作品が入れられ、読める状態になっているもの
ハード面が故障すれば辞書データを利用すること
があること、二つ目は、電子辞書の多くが最新版
はできない。家電品たる電子辞書の部品の保有年
の辞書データを提供していることである。
限は製造打ち切り後 7 年である。つまり、電子
まず、前者からは電子辞書の役割が多様化し、
辞書本体を図書館で永く保存したとしても、部品
一部では電子書籍の役割を果たしていることが解
の故障と交換用部品の保有年限による消滅は如何
る。
ただし書籍データは、
青空文庫所収のパブリッ
ともしがたい。これでは早晩利用不能となる時が
クドメインであり、当然ながらそこに新刊の形跡
来ることは避けられない。モバイル型という電子
は無い。
辞書の特性が、保存という面では逆に作用する皮
肉な結果となってしまっている。
他方、辞書データは最新版を搭載し、これは
10 数年前とかなり様相が異なってきている。以
なお電子辞書が国会図書館への納本対象となる
前の電子辞書は、全体的な傾向として古い版の辞
かどうかは、販売ルートに拠るとのことであった。
書データであることが多かった。これについて筆
書籍同様に取次を経由したものは納本されるが、
者は、最新版は紙を利用させ、紙媒体である程度
家電品としての販売ルートに乗っているものは納
の利益を上げてから電子版にするという出版社の
本されていないそうである。
戦略があるのだろうと理解していた。
ちなみに、出版社側としては、旧版辞書が利用
しかし木村氏は、以前は紙→電子の順でしか物
されるということ自体、想定外のことのようで
理的に作成できなかったものを、最近では最初か
Journal of JAET vol.12 ● 51
2011 年公開シンポジウム報告
ら電子辞書化することを念頭において、紙媒体辞
きない。
書のデータを作成するため、新版をすぐに電子辞
書化できるという理由もあると言う。
「紙→電子の順でしか物理的に作成できない」
結果、出版社は著者との契約の中で個別に対応
するしかない。しかし、その契約についても現状
では、電子化の優先権(つまり、電子出版する場
というのは、具体的には、印刷から製本に至るま
合は先に声をかけてくださいということ)を盛り
での実務は印刷会社に外注のため、出版社のみで
込む程度で終わっているのだという。
出版作業は完結していないことに端を発する工程
石岡氏はこの点、もう少し著者に縛りをかける
上の問題である。星野氏によれば書籍出版も同様
位の強力な契約内容にすべきことを提案するが、
であり、新刊がすぐに電子化できない一因だと言
木村・星野両氏からは、出版義務を課される契約
う。両者間には校正作業を媒介として組まれた大
は出版社にとってリスクが大きい点、縛りの強い
変複雑な出版・印刷フローがあり、その工程を超
出版契約は、著者も厳しい義務を課される点など
えて出版社単独で電子書籍を刊行することは難し
から、日本での導入は難しいだろうとの意見が出
いのだそうだ。データの最終版をどのように位置
された。
付け、保存するか(紙の場合であれば、校了した
また、法的に再販制度が適用されない電子出版
ものを紙やフィルムにとっておけるが、電子デー
への対応については、改めてホールセール・モデ
タだけではそうはいかないということのようであ
ル、ジョイントベンチャー・モデル、エイジェン
る)でさえ、データのみということになると合意
シー・モデルの三種の契約方式それぞれに対して
形成が難しいらしい。
コメントがなされた。これらの契約方式の詳細に
ボーンデジタルの電子出版が可能となるために
ついては、本誌の石岡論文を参照されたい。
は、既存の作業工程を電子書籍向きにシフトしな
ければ、現状の出版工程では難しいのであろう。
逆に言えば、電子辞書はこの転換が出来た希有な
⿓⿓ おわりに
事例なのである。ただし、上述のような複雑で綿
質疑応答や総合討論では、これ以外にも電子コ
密な作業工程は、クオリティーの維持・確保とい
ミックの話題や、電子辞書コンテンツが特定の辞
う観点から計画されている。従って、これらを全
書に偏向している弊害など、多岐に亘って議論が
て 180 度転換すれば、電子書籍にとって良い未
繰り広げられた。本稿では数多くの発言、議論の
来が開けるというわけでもない。一定程度の品質
中から、電子辞書を電子書籍の先行事例として考
を確保した上で電子出版ができるフローの構築が
えるに際し、特に参考になるであろうという部分
最も望ましいのである。
に焦点を当ててみた。このため全ての発言・議論
⿜⿜法的問題から
総合討論の後半では、、法的な問題について議
論が交わされた。
石岡氏からは次のような指摘があった。レコー
ド製作者は著作隣接権を有しており、権利を集約
できている。このため、いわゆる原盤権を持って
いる各レコード会社が子会社を作り「着うた」
「着
メロ」サービスを展開、流通を支配できたのであ
る。一方、出版社は、著作隣接権を有しておらず、
音楽配信同様に書籍のデジタル配信をするこがで
52 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
を網羅出来ていないことご容赦願いたい。
また、当日の議論について、筆者の力不足から
曲解している点などあるかもしれない。この点、
大方のご批正を賜れば幸いである。
注
[1] 拙 稿「『 法 学 と 東 洋 学 の 対 話( 仮 )』 企 画 案 」 本 誌
pp.89―92 参照。
[2] http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/topics/s_
topics100506.html
中国学情報化への
対応に関する情報
収集と分析
特集 1
中国学への IT 化を唱う『電脳中国学』
『電脳中国学Ⅱ』が本会より刊行されてから、はや
10 年が経った。その間の情報化の進展はめざましく、上記書籍が既に陳腐化してしまった
ことは、紛れもない事実である。
そうした情況を踏まえて、昨年来『電脳中国学Ⅲ』の刊行を念頭に、さまざまな企画案を
策定してきた。
一方、これら出版企画を進める過程で、主たる読者として想定される研究者や大学院生・
大学生などの中国学情報化に関する知識やスキル、あるいは情報環境・情報行動を具体的に
知る必要性が浮上してきた。『電脳中国学Ⅱ』以降に登場したデータベースやソフトウエア
はどの程度普及しているのか、高校で情報が必修化された昨今の学部学生のスキルはどの程
度なのか、マニュアル的書籍を執筆する上で、そうした情報は欠かせないからだ。
本特集は、以上のような必要性から、中国学情報化に関するアンケートを実施し、その結
果を報告するとともに、分析を試みたものである。
なお、本特集 1 は特集 2 とも密接に関連しているので、読者諸賢におかれては、併せて
読んでいただきたい。
※本特集掲載の諸論攷は、科学研究費補助金・基盤研究 (B)「情報化時代における中国学次
世代研究基盤の確立」(研究課題番号:23320010、代表者:二階堂善弘)の研究成果の一
部である。
Contents
中国学情報化への対応に関するアンケート
― パソコンの中国学利用実態調査 ― … ……………………漢字文献情報処理研究会… … 54
アンケート集計結果の分析
…………………………………………………………………… 山田 崇仁… … 71
Journal of JAET vol.12 ● 53
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
中国学情報化への対応に関する
アンケート
― パソコンの中国学利用実態調査 ―
漢字文献情報処理研究会
更には特集 2 において、それを踏まえた各テー
▊▊ はじめに
マの書籍に関すり中心担当者による文章を掲載し
た。併せてお読みいただければ幸いである。
前稿でも述べたように、本会執行部を中心とし
たメンバーの申請により、2011 ~ 2014 年度の
期間、科学研究費補助費(基盤 B)「情報化時代
における中国学次世代研究基盤の確立」(研究代
▊▊ アンケートの実施方法
アンケートの実施方法は、以下の通りである。
表者:二階堂善弘)の交付を受けることができた。
本研究の目的は以下の四点である。
1. まず、アンケートの回答方法として、マ
ークシートを基本として選択した。
これは、
①中国学デジタルリソース情報の集約・分析
中国語の授業など、情報環境が利用できな
②中国学基礎共有コンテンツの整備
い状況でのアンケート実施を念頭に置いた
③電子文献分析手法の考究と分析ソフトの開
ためである。
発
④デジタル時代に対応した中国学・中国語学
教育方法の考究・実践
2. マークシートは、検討の結果、選択肢 10
個 50 問形式のものを選択した(スキャネ
ット株式会社製 SN-0026)
。
3. 上記マークシート利用を前提に、設問を
当該研究を推進する過程で、成果物として上記
執筆陣一同で検討し、作成した。
四つの目的に対応する書籍の刊行を計画してい
4. それと同時に、情報環境下でアンケート
る。しかるに、研究の推進およびそれら書籍の執
を実施することを考え、Web 経由でのア
筆に際しては、実際に中国学・中国語学に携わる
ンケート回答が可能なフォームを作成し
研究者や学生の情報化に関する意識や各種スキル
た。
について、情報の収集と分析が欠かせない。本稿
5. 問題文作成後、アンケートを実施した(6
は、そのために実施したアンケートの概要及びア
月下旬~ 7 月上旬)
。尚、アンケートに協
ンケート質問文を掲載したものである。
力していただいた方への謝礼として、ボー
次稿以下に、アンケートの集計及び分析結果、
54 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
ルペンを配付した。
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
6. アンケート回収後、上記株式会社スキャ
を中心とした部署に限られ、また回答数も 100
ネット製のマークシート読み取りソフトを
余りにとどまっているため、偏りがあることは否
利用して、マークシート分を集計した。
めない。このため、他の大学や研究分野を対象と
7.Web フォーム経由など、その他の方式で
したアンケートを 2011 年秋以降に実施し、来年
回答していただいた分を、上記マークシー
ト分の集計結果に加算した。
度以降本誌でその結果を報告する予定である。
以下、実際のアンケートとその集計結果を引用
するが、文体がですます調になっているのは、配
今回のアンケートは時間的制約から、対象が早
稲田・慶應・中央のそれぞれ中国文学セクション
付したアンケート本文の文体をそのまま用いてい
るためであることをお断りしておく。
▊▊ アンケート前文
⿜⿜本アンケートの目的
本アンケートは、漢字文献情報処理研究会が実施しております。本会は、日本学・東洋学
(中国学)の研究や教育における情報化の推進を目的とする会で、これまでに『電脳中国学』
『電脳国文学』などの書籍を刊行してきました。
本アンケートは、学生・研究者向けのマニュアルや教科書・理論書など、本会の出版企画
の参考とするために、みなさんの情報化社会との関わりや、漢字処理・多言語処理スキルな
どを具体的かつ詳細に把握したく、実施するものです。
本アンケートの趣旨をご理解の上、よろしくご協力くださいませ。
⿜⿜アンケートの実施手順
アンケートの回答は、別途配布するマークシート用紙にご記入ください。
回答済みマークシートの回収については、アンケート調査票を配布した人の指示に従って
下さい。
⿜⿜アンケートの結果について
本アンケートの回答・結果は、本会における研究・教育活動の参考として利用するもので、
他の目的には使用しません。また、個人情報は細心の注意をもって取り扱います。
アンケートの集計結果については、2011 年 10 月発行予定の本会会誌『漢字文献情報処
理研究』第 12 号にて、ご報告いたします。
お忙しところ恐縮ですが、ご協力よろしくお願いします。
漢字文献情報処理研究会
http://www.jaet.gr.jp/
連絡先:
(現在廃止済のため省略)
Journal of JAET vol.12 ● 55
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
年代別
⿓⿓ アンケート本文
割合
10 代
21.8%
20 代
66.4%
30 代
4.5%
⿟氏名・番号の記入は必要有りません。
⿟
40 代
3.6%
⿟記入年月日を西暦で記入してください。
⿟
50 代
1.8%
60 代
1.8%
ここから、アンケートの質問になります
⿜⿜氏名・番号など
⿟氏名欄の下の空欄に、ご所属(大学・学部
⿟
(研究科)名等)をご記入ください。
⿜⿜個人情報について
⿟質問
⿟
4
⿟質問
⿟
1
⿙性別をお知らせ下さい。
⿙
⿙学年(回生)
⿙
・職業をお知らせ下さい。
マークシート問【4】
マークシート問【1】
回答
回答
割合
①学部 1 年
22.1%
②学部 2 年
8.8%
③学部 3 年
27.4%
④学部 4 年以上
15.9%
⑤学部聴講生(科目等履修生を含
む)
0%
⑥大学院修士課程(聴講生・科目
等履修生を含む)
11.5%
⑦大学院博士課程(オーバードク
ター・聴講生・科目等履修生を
含む)
3.5%
⑧大学非常勤教員(非常勤研究員
を含む)
1.8%
⑨大学専任教員(有期専任・常勤
研究員を含む)
8.8%
⓪その他の職業の研究者
割合
①男性
43.4%
②女性
56.6%
⿟質問
⿟
5
⿙出身国・地域をお知らせください。
⿙
マークシート問【5】
回答
①日本
②中国本土
0%
⿟質問
⿟
2・質問 3
⿙生年(西暦)の下二桁をお知らせください。
⿙
10 の位をマークシート問【2】に
1 の位をマークシート問【3】に
56 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
③台湾・香港・マカオ
割合
94.6%
4.5%
0%
④大韓民国・北朝鮮
0.9%
⑤その他アジア地域
0%
⑥ヨーロッパ
0%
⑦アフリカ
0%
⑧北米
0%
⑨中南米
0%
⓪オセアニア
0%
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
6
⿙あなたの専攻分野(あるいは専攻を考えてい
⿙
る分野)をお知らせください(複数回答可)。
マークシート問【6】
⿟質問
⿟
7
⿙あなたが研究対象とする(あるいは対象とす
⿙
る予定の)時代・地域をお知らせください(複
数回答可)
。
※編集部注:以下、「複数回答可」の質問に
回答
ついては、基本的に有効回答者の人数を母
集団として百分率を導きだした。
回答
①文学・言語学・語学
割合
89.4%
②歴史学
4.4%
③哲学・宗教学
3.5%
④文献学・図書館学
0.9%
⑤美学・芸術学・表象メディア
0.9%
⑥社会学・地域文化論
6.2%
⑦社会科学(経・政・法・商等)
0.9%
⑧理系(理工・情報・医・薬等)
0%
⑨その他
0.9%
⓪未定
0.9%
割合
①日本
5.3%
②江戸時代以前の日本
0.9%
③近現代日本
2.7%
④中国
58.4%
⑤清代以前の中国
15.0%
⑥近現代中国
23.9%
⑦日本・中国以外のアジア
5.3%
⑧その他
9.7%
⑨未定
5.3%
⓪時代・地域とは無関係
3.5%
⿟質問
⿟
8
⿙中学・高校・大学で履修経験のある英語・日
⿙
本語以外の外国語を挙げて下さい(複数回答
可)。
マークシート問【8】
回答
①中国語
割合
77.0%
②韓国・朝鮮語
9.7%
③ドイツ語
8.0%
④フランス語
8.0%
⑤スペイン語
2.7%
⑥ポルトガル語
0%
⑦イタリア語
2.7%
⑧ロシア語
5.3%
⑨アラビア語
0.9%
⓪その他
11.5%
Journal of JAET vol.12 ● 57
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
11
⿜⿜情報環境・行動について
⿙Microsoft
⿙
Office についての質問です。あな
⿟質問
⿟
9
たが現在お使いのバージョンをお知らせ下さ
⿙パソコンを持っていますか?
⿙
い(複数回答可)
。
マークシート問【11】
マークシート問【9】
回答
割合
回答
①持っている(自分専用)
88.5%
②持っている(家族・同居人
と共用)
11.5%
③持っていない
0%
⿟質問
⿟
10
⿎質問
⿎
9 で①または②と答えた方のみお答えく
ださい。
⿙あなたのパソコンのオペレーティングシステ
⿙
ムとバージョンをお知らせ下さい(複数回答
可)
。
割合
① Office2010
25.7%
② Office2007
45.1%
③ Office2003 以前
8.8%
④ Office2011forMac
0%
⑤ Office2008forMac
1.8%
⑥ Office2004forMac 以前
0.9%
⑦使っているがバージョンが
分からない
⑧使っていない
15.9%
8.0%
マークシート問【10】
※編集部注:質問 9 で①または②を答えた
人数を母集団として百分率を導き出した。
回答
⿟質問
⿟
12
⿙よく使う
⿙
Microsoft Office アプリケーション
ソフトをお知らせください(複数回答可)
。
割合
マークシート問【12】
① Windows7
36.3%
② WindowsVista
35.4%
③ WindowsXp
32.7%
回答
割合
① Word
87.6%
② Excel
37.2%
19.5%
④ Windows(98,Me 等、バー
ジョン不明)
1.8%
③ PowerPoint
⑤ MacOSX
3.5%
④ Access
⑥ Unix 系(Linux,FreeBSD 等)
1.8%
⑤ Publisher
0.9%
⑦ Android
0.9%
⑥ OneNote
0.9%
⑧ iOS
1.8%
⑦ InfoPath
0%
⑧特に無い
7.1%
⑨その他のオペレーティング
システム
⓪よくわからない
0%
3.5%
58 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
0%
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
13
⿙以下からよく使うソフトを選んで下さい(複
⿙
数回答可)。
⿙パソコンで電子メールをチェックする頻度は
⿙
どの程度ですか?
マークシート問【15】
マークシート問【13】
回答
⿟質問
⿟
15
割合
回答
割合
① InternetExplorer
73.5%
①週に 1 ~ 2 回
14.3%
② MozillaFirefox
13.3%
②週に数回
19.6%
③ GoogleChrome
18.6%
③ほぼ毎日
38.4%
④ OpenOffice.org
10.6%
④毎日何回も
17.0%
⑤パソコンの電子メールは使
わない
10.7%
⑤一太郎
5.3%
⑥テキストエディタ
8.8%
⑦ Skype
27.4%
⑧ GoogleEarth
⑨ Adobe 社製品(Photoshop・
Illustrator・InDesign など)
⓪プログラミングソフト
8.0%
21.2%
0.9%
⿙パソコンで電子メールを読み書きするとき、
⿙
メール専用のソフトを使いますか、
それとも、
ウェブブラウザを使って(ホームページ経由
で)行いますか?
マークシート問【16】
回答
⿟質問
⿟
14
⿙インターネット(電子メール・ホームページ
⿙
閲覧・Twitter 等)を利用する際に、よく使
用する情報機器をお知らせ下さい(複数回答
可)
。
マークシート問【14】
回答
割合
①携帯電話(伝統的な携帯電
話:ガラケー)
47.8%
②スマートフォン
27.4%
③ iPad などのタブレットマシ
ン
④パソコン
⑤ゲーム専用機
⑥その他
⿟質問
⿟
16
割合
①メールソフト
18.8%
②ウェブブラウザ上のメール
サービス
48.2%
③両方使う
15.2%
④よくわからない
8.9%
⑤パソコンの電子メールは
使っていない
8.9%
2.7%
88.5%
0.9%
0%
Journal of JAET vol.12 ● 59
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
17
⿙パソコンでウェブページ(ホームページ)や
⿙
回答
割合
オンラインサービスを利用する頻度はどのく
①所属大学の Web サイト
47.8%
マークシート問【17】
②所属学部・学科(専攻・専修・
ゼミ等)の Web サイト
10.6%
③所属大学の OPAC
(蔵書検索)
45.1%
④他大学・研究機関の OPAC
(蔵
書検索)
10.6%
⑤ニュースサイト(新聞社等)
17.7%
らいですか?
回答
割合
①週に 1 ~ 2 回
6.2%
②週に数回
18.6%
③ほぼ毎日
41.6%
④毎日何回も
33.6%
⑤ほとんど利用しない
0%
⿟質問
⿟
18
⿙以下の日本語のウェブページ(ホームペー
⿙
⑥オンラインジャーナル(学
術系電子雑誌)
9.7%
⑦ Google
56.6%
⑧ Yahoo!
61.9%
⑨百度(日本)
7.1%
⓪ 動 画 共 有 サ イ ト(Youtube,
ニコニコ動画等)
55.8%
①ソーシャルネットワーク
サ ー ビ ス(mixi, FaceBook
等)
45.1%
②掲示板(2ch 等。閲覧のみ)
23.0%
③掲示板(閲覧と書き込み)
12.4%
④ブログ(閲覧のみ)
25.7%
⑤ブログ(閲覧と書き込み)
21.2%
たため、①~⓪が二回繰り返されている。
⑥ Twitter(閲覧のみ)
14.2%
以下、同様のスタイルの設問は全て同じ
⑦ Twitter(閲覧と書き込み)
32.7%
⑧翻訳サービス(Excite, 英辞
郎等)
15.0%
⑨通販サイト(Amazon, 楽天 ,
価格 com 等)
45.1%
⓪ デ ー タ 保 存 サ ー ビ ス
(EverNote, DropBox,
SkyDrive 等)
13.3%
ジ)・ウェブサービスから、よく利用するも
のを選んでください(複数回答可)。
マークシート問【18】
⿟質問
⿟
19
⿙質問
⿙
18 の続きです(複数回答可)。
マークシート問【19】
※編集部注:この二設問は、マークシートの
選択肢が 10 個しかないので、同じ質問に
二つのマークシート欄を使うことで対応し
である。
60 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
20
⿙以下の言語・文字のウェブページ(ホーム
⿙
ページ)を閲覧した事がありますか(複数回
答可)?
マークシート問【20】
回答
⿜⿜情報教育・学習歴について
⿟質問
⿟
21
⿙高校の「情報」科目は、何年生の何学期に配
⿙
当されてましたか?(複数回答可)
割合
②中国語(簡体字)
75.2%
③中国語(繁体字)
46.0%
④韓国・朝鮮語(ハングル)
16.8%
⑤ラテンアルファベット系(ド
イツ語・フランス語・イタ
リア語・スペイン語等)
11.5%
回答
二年
82.3%
一年
①英語
マークシート問【21】
割合
①一学期(前期・春期)
33.6%
②二学期(後期・秋期)
37.2%
③三学期
25.7%
④一学期(前期・春期)
21.2%
⑤二学期(後期・秋期)
23.0%
4.4%
⑥三学期
14.2%
⑦アラビア語・アラビア文字
2.7%
⑦一学期(前期・春期)
13.3%
⑧タイ語
0.9%
⑧二学期(後期・秋期)
12.4%
⑨チベット語・チベット文字
0.9%
⓪その他の文字・言語
4.4%
三年
⑥ロシア語・キリル文字
⑨三学期
7.1%
⓪高校で「情報」を履修していな
い(履修漏れ、「情報」科目設
置以前の卒業)
28.3%
⿎質問
⿎
22 ~質問 24 は、質問 21 で ⓪ 以外を選
んだ方のみお答えください。
⿟質問
⿟
22
⿙高校で履修した情報の科目の種別は何です
⿙
か?
マークシート問【22】
回答
割合
①情報 A
33.7%
②情報 B
9.6%
③情報 C
10.8%
④わからない
45.8%
Journal of JAET vol.12 ● 61
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
23
⿙高校の情報授業で学習した内容をお知らせく
⿙
ださい(教科書を全て学習した人は①のみを
マーク。その他の人は複数回答可)。
⿙以下のソフトウエアの使い方を小学校~高校
⿙
⿙質問
⿙
23 の続きです(複数回答可)。
②他の受験科目の授業になってい
た
21 で⓪以外を選んだ有効回答者の人数を
⿟質問
⿟
25
マークシート問【23】
①教科書を全てやり終えた
※編集部注:質問 23・24 については、質問
母集団として百分率を導き出した。
⿟質問
⿟
24
回答
マークシート問【24】
で習いましたか?該当するものを全て選んで
ください(複数回答可)
。
割合
マークシート問【25】
13.3%
0%
③覚えていない
33.7%
④インターネットを通じた情報の
検索と収集
24.1%
⑤インターネットを通じた情報の
発信(ウェブページの作成など)
19.3%
⑥インターネットを通じたコミュ
ニ ケ ー シ ョ ン(BBS・ メ ー ル・
ブログ・SNS など)
7.2%
Word
回答
割合
①小学校で習った
12.4%
②中学校で習った
37.2%
③高校で習った
25.7%
Excel
回答
割合
④小学校で習った
6.2%
⑤中学校で習った
24.8%
⑥高校で習った
41.6%
⑦コンピュータの仕組み
15.7%
⑧デジタルデータ(文字・画像・
圧縮ファイルなど)の仕組み
25.3%
⑨ネットワークの仕組み
18.1%
⓪ネットワークのセキュリティ
21.7%
回答
①個人情報や知的財産権の保護
44.6%
⑦小学校で習った
3.5%
②情報化と社会について
36.1%
⑧中学校で習った
21.2%
③画像・映像・音声などマルチメ
ディアの活用
19.3%
⑨高校で習った
28.3%
④ Word(ワープロソフト)の使
い方
41.0%
⑤ PowerPoint(プレゼンテーショ
ンソフト)の使い方
33.7%
⑥ Excel(表計算ソフト)の使い
方
53.0%
⑦データベースの仕組み・使い方
(Access など)
2.4%
⑧モデルとシミュレーション
2.4%
62 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
PowerPoint
割合
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
26
⿙今までに学習または使用経験のあるプログラ
⿙
ミング言語を全て選んでください(複数回答
可)
。
マークシート問【26】
⿟質問
⿟
28
⿙あなたの所属する(卒業した)大学では、情
⿙
報処理入門科目が設置されていますか?
マークシート問【28】
⿟質問
⿟
27
回答
⿙質問
⿙
26 の続きです(複数回答可)。
マークシート問【27】
回答
①ない
割合
68.1%
②C
3.5%
③ C++
5.3%
④ C#
0.9%
⑤ Objective-C
1.8%
⑥ VisualBasic
7.1%
⑦ VisualBasic.NET
0.9%
⑧ JAVA
9.7%
⑨アセンブラ
0%
⓪ Pascal
0%
① BASIC(VisualBasic を除く)
3.5%
② FORTRAN
1.8%
③ Perl
5.3%
④ Ruby
1.8%
⑤ PHP
2.7%
⑥ javascript
9.7%
⑦ Python
①必修科目として設置されて
いる
19.1%
②選択科目として設置されて
いる
37.4%
③設置されていない
④わからない
8.7%
34.8%
⿟質問
⿟
29
⿙あなたの所属する(卒業した)大学では、1
⿙
年生に文献の調査方法、レポート・論文の書
き方、プレゼンテーションの方法などを教え
る科目(いわゆる初年時教育科目)が設置さ
れていますか?
マークシート問【29】
回答
割合
①必修科目として設置されてい
る
49.1%
②選択科目として設置されてい
る
15.2%
③設置されていない
11.6%
④わからない
24.1%
0%
⑧ Lisp
0.9%
⑨ TeX
0.9%
⓪その他
割合
13.3%
Journal of JAET vol.12 ● 63
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
30
⿙あなたの所属する(卒業した)大学・大学院
⿙
に、情報処理の人文学や東洋学への応用を専
門に教授する科目が設置されていますか?
マークシート問【30】
回答
⿟質問
⿟
32
⿙以下の
⿙
Word の機能のうち、使いこなせるも
のを全て選んでください(複数回答可)
。
マークシート問【32】
割合
①必修科目として設置されて
いる
5.5%
②選択科目として設置されて
いる
③以前設置されていたが現在
は設置されていない
回答
割合
14.7%
① 1 ページの行数・文字数・
余白・フォント・文字サイ
ズを設定する
28.5%
0.9%
②文末脚注とページ脚注を使
い分ける
15.2%
③ページ番号を自動で付ける
19.7%
④章・段落番号を自動で付け
る
12.5%
④設置されていない
11.0%
⑤わからない
67.9%
⿟質問
⿟
31
⿙質問
⿙
30 で①②③を選んだ方のみお答えくだ
さい。その科目を履修(受講)しましたか?
マークシート問【31】
回答
⿜⿜パソコンのスキルと使い方について
割合
⑤目次を自動で生成する
4.5%
⑥返り点を付けた訓点文を作
成する
2.7%
⑦中国語のピンインのふりが
なを自動で振る
4.5%
⑧ MS ゴシックの文字だけを
検索・置換する
4.0%
①既に履修して単位を取得し
た
45.5%
7.5%
②履修したけれども、単位を
落とした
⑨文書のタブやインデントを
設定する
15.2%
⓪マクロを使う
0.8%
③今年度履修中(履修予定)
18.2%
④来年度以降、履修するつも
りだ
3.0%
⑤履修するつもりはない・履
修していない
18.2%
64 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
33
⿙以下の
⿙
Excel の機能のうち、使いこなせるも
のを全て選んでください(複数回答可)。
マークシート問【33】
回答
⿟質問
⿟
34
⿙パソコンで入力したい漢字が変換候補に表示
⿙
されない場合、どうしていますか(複数回答
可)?
マークシート問【34】
割合
①四則計算(+-*/)がで
きる
61.1%
② 簡 単 な 関 数(sum, average,
max, min 等)が使える
46.9%
③グラフを作成できる
50.4%
④セルの文字方向を縦方向(縦
書き)に設定できる
25.7%
⑤並べ替え機能を使える
31.9%
⑥氏名の記入されたセルの個
数を数える計算式を作成で
きる
13.3%
⑦ 60 点 以 上 は 合 格・ そ れ 以
外は不合格の計算式を作成
できる
19.5%
回答
① 該 当 箇 所 を 空 白 で 印 刷 し、
手書きで補う
②外字を作成する
割合
19.5%
7.1%
③ IME の文字パレットで検索
する
60.2%
④ Word の「記号と特殊文字」
で探す
21.2%
⑤ CHISEIDS 漢字検索を使う
3.5%
⑥今昔文字鏡を使う
8.8%
⑦ GT 書体を使う
0%
⑧ vlookup 関数が使える
7.1%
⑧入力したい漢字の前後の文
字をサーチエンジン等で検
索し、検索結果からコピー
して貼り付け
⑨ピボットテーブルが使える
1.8%
⑨画像を貼り付ける
8.0%
⓪マクロが使える
2.7%
⓪その他
8.0%
26.5%
Journal of JAET vol.12 ● 65
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
35
⿙Windows・Mac
⿙
標 準 搭 載 の フ ォ ン ト で は、
2011 年 6 月現在、何文字の漢字が使用可能
だと思いますか? 参考までに『大漢和辭典』
の見出し字は約 50,000 字、『漢語大字典』は
60,370 字です。
⿙あなたが学習・研究・教育で使用する言語・
⿙
文字等を以下から選んでください(複数回答
可)。
マークシート問【36】
⿟質問
⿟
37
⿙質問
⿙
36 の続きです(複数回答可)
。
マークシート問【35】
回答
⿟質問
⿟
36
マークシート問【37】
割合
①約 10,000 字
8.8%
②約 25,000 字
35.4%
③約 50,000 字
15.9%
④約 60,000 字
11.5%
⑤約 70,000 字
12.4%
⑥約 80,000 字
9.7%
⑦約 90,000 字
6.2%
回答
①中国語
86.7%
②中国語のピンイン
77.9%
③金文・甲骨文字
1.8%
④漢文訓読
16.8%
⑤変体仮名
2.7%
⑥韓国・朝鮮語 ( ハングル )
7.1%
⑦モンゴル文字
4.4%
⑧アラビア文字
0.9%
⑨チベット文字
0.9%
⓪中国少数民族言語・文字(彝
語など)
2.7%
①満州語
11.5%
②中国の歴史的言語・文字(パ
スパ文字・西夏文字など)
5.3%
③キリル文字
2.7%
④チェノム
2.7%
⑤タイ語・東南アジア言語
2.7%
⑥サンスクリット
⑦英語
66 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
割合
0%
48.7%
⑧英語以外のヨーロッパ諸語
7.1%
⑨ IPA
5.3%
⓪その他
6.2%
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿎質問
⿎
38 ~質問 42 は、質問 36 で①・②を選ん
だ方のみお答えください。
※編集部注:質問 38 ~ 42 については、質
問 36 で①②を選んだ有効回答者の人数を
⿟質問
⿟
40
⿙どのような中国語入力ソフトを使っています
⿙
か(複数回答可)?
マークシート問【40】
母集団として百分率を導き出した。
回答
⿟質問
⿟
38
⿙パソコンで中国語が入力できますか?(複数
⿙
回答可)
②微軟新注音・倉頡 IME
マークシート問【38】
回答
③ ChineseWriter
割合
①できる(簡体字:ピンイン
入力)
50.6%
②できる(繁体字:ピンイン
入力)
29.3%
③できる(繁体字:注音入力)
4.3%
④できる(簡体字・繁体字問
わず:その他の入力方式)
3.7%
⑤できない
①微軟ピンイン IME
12.2%
④ cWnn
割合
37.0%
7.0%
12.0%
1.0%
⑤中文起稿
0%
⑥ GoogleIME
13.0%
⑦捜狗 IME
4.0%
⑧百度 IME
3.0%
⑨ Mac の中国語入力
4.0%
⓪その他
24.0%
⿟質問
⿟
41
⿙声調符号付きピンインを入力できますか?
⿙
⿟質問
⿟
39
⿙中国語が入力できるように、自分でパソコン
⿙
マークシート問【41】
を設定できますか?
回答
マークシート問【39】
回答
割合
①できる
74.0%
②できない
26.0%
割合
①できる
35.0%
②できない
65.0%
Journal of JAET vol.12 ● 67
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
42
⿙以下の中国語インターネットサービスのう
⿙
ち、閲覧・利用した経験のあるものを全て選
んでください(複数回答可)。
⿟質問
⿟
43
る際、あなたがよく利用する方法はどれです
割合
①サーチエンジン(中国語版
Google, 百度 , 愛問 , 捜狗等)
72.0%
②オンライン書庫(国学網等)
20.0%
③ 百 科 事 典(WikiPedia 中 国
語版 , 百度百科等)
51.0%
④ SNS(QQ 等)
12.0%
⑤ BBS(西陸 , 天涯等)
問です
⿙授業やレポート・論文執筆などで調べ物をす
⿙
マークシート問【42】
回答
⿜⿜ データベースなどの利用経験に関する質
5.0%
か?(複数回答可)
マークシート問【43】
回答
割合
①辞書・事典・目録・索引な
どを引く
64.6%
②研究入門書・文献リストを
読む
35.4%
③研究誌や論文誌を探す
38.9%
81.4%
⑥ブログ・マイクロブログ(新
浪微博等)
17.0%
④図書館に行って本や論文を
探す
⑦動画共有サイト(Youku, 土
豆网等)
53.0%
⑤図書館司書に相談する
⑧通販サイト(卓越 AMAZON,
当当網 , 孔夫子等)
9.0%
⑥ OPAC や オ ン ラ イ ン 論 文
データベースを検索する
46.0%
⑨ ニ ュ ー ス サ イ ト( 人 民 網 ,
新浪等)
36.0%
⑦ Google などサーチエンジン
で検索する
49.6%
⓪中国政府 , 省庁公式サイト
15.0%
⑧先生に聞く
27.4%
⑨先輩や友人に聞く
18.6%
⓪その他
68 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
7.1%
0.9%
中国学情報化への対応に関するアンケート(漢情研)
⿟質問
⿟
44
⿙以下の
⿙
OPAC・論文検索サービスのうち、使っ
たことのあるものを全て選んでください(複
数回答可)。
40.7%
② NacsisWebCAT
30.1%
③国会図書館の雑誌記事検索
24.8%
④北京国家図書館
10.6%
⑤台湾国家図書館
6.2%
⑦ China3(東洋学文献類目検
索)
たことのあるものを全て選んでください(複
数回答可)
。
割合
①国立国会図書館
⑥漢籍データベース
⿙以下のオンラインデータベースのうち、使っ
⿙
マークシート問【44】
マークシート問【44】
回答
⿟質問
⿟
45
15.0%
9.7%
回答
割合
①国会図書館近代デジタルラ
イブラリー
12.4%
② JapanKnowledge
10.6%
③漢籍電子文献
16.8%
④ SAT
2.7%
⑤文物図象研究室資料庫
0.9%
⑥中國哲學書電子化計劃
2.7%
⑦寒泉
9.7%
⑧ CiNii
39.8%
⑧国学網
9.7%
⑨ CNKI
29.2%
⑨超星数字図書館
5.3%
⓪万方
5.3%
⓪その他
12.4%
Journal of JAET vol.12 ● 69
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
⿟質問
⿟
46
⿙以下のデータベースソフトのうち、使ったこ
⿙
とのあるものを全て選んでください(複数回
答可)。
マークシート問【45】
回答
22.1%
②『四部叢刊』
10.6%
③その他書同文社製品(『歴代
石刻』,『十通』等)
1.8%
④中国基本古籍庫
9.7%
0%
⑥その他愛如生社製品(『明實
録』,『清實録』等)
1.8%
⑦雕龍―古籍全文検索叢書シ
リーズ
4.4%
⑧『漢語大詞典』
ご協力ありがとうございました。
⿓⿓ おわりに
割合
①『四庫全書』
⑤拇指数拠庫(北京愛如生)
以上でアンケートは終わりです。
21.2%
⑨その他
5.3%
⓪使ったことはあるが名称が
わからない
8.8%
70 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
以上で、アンケートに関する準備作業やアン
ケート本文について述べた。
次稿に、アンケートの分析結果について述べる。
末筆になるが、アンケートに協力していただい
た方には、深く感謝を申し上げたい。
アンケート集計結果の分析(山田)
アンケート集計結果の分析
山田 崇仁(やまだ たかひと)
団の偏りから予想される通り、中国語の履修者が
⿓⿓ はじめに
圧倒的な割合を占めたが、それ以外の外国語の履
修経験者も少なからずいることは興味深い。
前稿で、アンケートの質問文およびその回答結
果を掲載した。
本稿では、結果についての簡単な分析を行う。
前稿にも記したように、本アンケートの母集団に
偏りが大きいため、分析結果はあくまでも現時点
⿓⿓ 情報環境について
⿜⿜パソコン環境について
でのものだということを予めお断りしておきたい。
⿟質問
⿟
9
⿓⿓ 基本母集団について
しているという回答であった。そこまでは予想で
⿟質問
⿟
1~4
が 9 割近い数値になったことが興味深い。
全員が個人用・共用を問わず、パソコンを所有
きたが、自分専用のパソコンを所持している割合
学生が約 4 分の 3、院生・教員クラスが残り 4
筆者は、以前から同様の項目を持つアンケート
分の 1 という構成である(年齢については 20 代
を(今回のアンケートとは異なる母集団を対象
までで 9 割弱。男女比はほぼ半々)。一年生と三
に)実施しているが、数年前に比べて「自分専用
年生の数値が大きいのは、中央大学・早稲田大学
のパソコンを所有している」とする回答の数値が
の入試や受講体制の特徴、及びアンケートを実施
1 割以上アップしていることに注目した。パソコ
した授業の履修者比率に起因する(四年生が少な
ンの低価格化と入学祝いの選択肢としてパソコン
いのは、就職活動を行っているために出席してい
を選択する行為が定着していることを示している
なかったのが理由だろう)。
と考えられる。
⿟質問
⿟
5~8
出身国・地域はほぼ日本国である。これは大学
によって偏りが出てくる質問だと思われる。
⿟質問
⿟
10
パソコンのオペレーティングシステムとそ
のバージョンについての質問では、Windows7,
専攻分野・研究対象についても、中国学科の文
Vista, XP がほぼ同割合であることが興味を引か
学哲学系が母集団となっていることが推測される。
れた。これは、入学祝いとして購入した層(現一
個人的には近現代の方が清朝以前よりも多いとい
年生が Win7、3 年生以上が Vista 或いは XP)の
うことに驚かされた。この結果が、母集団の大学
割合や、自宅・高校・大学などで共用パソコンと
特有の傾向なのか一般的なそれなのかについては、
して利用可能なパソコンのオペレーティングシス
本年度秋以降に予定している追加アンケートの結
テムとそのバージョンやネットカフェなどの外部
果との比較を待ちたい。
で利用可能なそれが数値に影響を与えていると考
履修経験のある外国語については、上述の母集
えられる。アイルランドのアクセス解析サービ
Journal of JAET vol.12 ● 71
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
ス「StatCounter」が提供する StatCounter Global
としての Word の地位はもはや揺るぎないものと
Stats(http://gs.statcounter.com/) を 利 用 し て、
なっていることが了解される。
日本の 2011 年 6 月時点でのオペレーティング
Excel や特に PowerPoint の使用経験について
シ ス テ ム 別 シ ェ ア を 確 認 し た 結 果(Win XP:
の選択率が、思ったより低かったのは気になると
35.95 %、Win7:32.5%、Vista:19.88%。 こ の
ころだが、これについての分析は、追加アンケー
後 9 月までの状況を見ると、Vista の割合は漸減
トとの比較を待ちたい。
傾向だが、Win7 と XP のシェアが逆転する)と
ま た、Microsoft Office が 実 質 Word, Excel,
比較すると、Win7 と Win7 の割合は一般的状況
PowerPoint の 3 種しか利用されていない、とい
とさほど変わりが無いが、Vista の割合が高いと
う結果は、市販の Office プリインストールパソ
いう結果を得た。これは、上記入学祝いとしてパ
コンで利用可能な Office アプリの殆どがこの 3
ソコンを購入した 3 年生(入学当時は Win7 が
種類であることからすれば、
当然の結果と言える。
。
未登場)や、Vista がリリースされた頃にリプレ
イスされた共用パソコンを利用しているためと考
えられる。
⿟質問
⿟
13
ブ ラ ウ ザ 環 境 に つ い て は、Internet Explorer
の 利 用 経 験 が 圧 倒 的 だ っ た が、Mozilla Firefox
Mac OS X や iOS、Android や UNIX と答えた層
と Google Chrome も そ こ そ こ 検 討 し て い る の
は、オペレーティングシステムについてよく知っ
に は 少 々 驚 い た。 上 記 StatCounter Global Stats
ている層だと思われる(スマートフォンなどのオ
を 利 用 し て 確 認 し た、 日 本 の 2010 年 9 月 ~
ペレーティングシステムとそのバージョンを無意
2011 年 9 月のブラウザ別シェア(IE が 56% 前
識に利用している層は一定程度いると考えられる
後、Firefox が 20 % 前 後、Chrome は 一 年 で 7%
ため)。
台→ 15% 台に倍増)と比較すると、アンケート
⿜⿜ソフトウェア環境について
よく使うソフトウェアについては、事前の予想
では Chrome の比率は一般的状況(6 月時のデー
タで 14% 弱)とほぼ一致するものの、Firefox の
比率が低く、IE のそれが高いという結果になった。
通りの結果が出た質問と、思いがけない結果が出
これは、プリインストールされている IE を使う
た質問とに分かれた。
層が多く、Web ブラウザを別途インストールす
⿟質問
⿟
11
Microsoft Office の利用率は 9 割以上と流石に
高いが、バージョン 2007 の利用率が高いのは、
る層は、Chrome を選択する場合が多いことを示
していると推測される。
Adobe 社製品の回答割合が高いことも、個人
上記購入時期のためと考えられる。2003 以前の
レベルでは簡単には購入できない製品が多いこと
割合がもう少し高いかと思ったが、3 年生以下が
を考えると少々驚いた。これは回答先の大学の共
母集団の殆どを占める関係上、Vista プリインス
用パソコンにでもインストールされているのだろ
トールパソコンに同じくプリインストールされて
うか。或いは、Photoshop elements のようなエ
いる Office のバージョンは 2007 と考えられるの
ントリー製品や、Acrobat Reader・Adobe Flash
で、この結果が出るのは当然だろう。教える側と
Player 辺りで数値を上げているのかもしれない。
しては、リボンインターフェイス一択で教案を考
時代の流れだと感じたのが、OpenOffice.org と
えれば良いことになるのは有り難いが、リボンイ
一太郎の利用割合の逆転である。同様の項目のア
ンターフェイスの 2007 と 2010 との間に存在す
ンケートを他大学で行った際(情報学関連専攻の
るデザイン差が逆に気になるところではある。
学生だったので、このアンケートの母集団として
⿟質問
⿟
12
Office の 各 ア プ リ ケ ー シ ョ ン に つ い て は、
Word が圧倒的に利用率が高い。文書作成ツール
72 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
は含めていないが)の回答では、一太郎を利用し
た経験のある学生は皆無であった。それに比べれ
ば、まだ利用経験があるという回答があるだけま
アンケート集計結果の分析(山田)
しなのかもしれないが、これは院生或いは教員ク
ラスの古参ユーザーが引き続いて利用していると
いうことを表しているのかもしれない。
ということが多いのも理由となろう。
⿟質問
⿟
17
Web ページにアクセスする頻度についての質
またこれも時代の流れの一環として感じたのが、
問も、メールと同様の傾向である。メールと違っ
Skype の利用経験者の割合が高かったことである。
て毎日何回も利用する層が多いのは、パソコンの
⿜⿜ネットの利用状況について
⿟質問
⿟
14
インターネットを利用する際に使用する情報機
器については、さすがにパソコンを利用する層が
メールは最低一日一回チェックすればよい(頻繁
な連絡は携帯のメールで)という層が多いためだ
と考えられる。
⿟質問
⿟
18・19
よく利用する Web サイトについての質問では、
多いが、それに匹敵する割合で携帯機器(ガラ
所属大学のそれや図書館の OPAC を利用する層
ケー・スマートフォン)の利用が多くなっている。
が思ったよりも少なかったという印象である。本
当初はパソコンの方が割合が低いかとも予想し
を読まないのか、あるいは OPAC のインターフェ
ていたが、昨今の大学がパソコンでのネットワー
イスが Web ベースであるという意識がないのか、
ク利用を前提とする受講登録・管理システム(講
いくつか理由が思い浮かぶが、これも追加アン
義概要や履修登録、授業スケジュールのネット
ケートとの比較で、特定の大學特有の傾向なのか、
ワーク上での公開・管理、大学公式のメールアド
それとも一般的なそれなのか、比較を待つことに
レスや Web メールの提供など)を採用している
したい。
ところが多いため、そのような結果が出たかと考
えられる。
そ の 他 の Web サ イ ト で は、Google や Yahoo!
など、ポータルと呼ばれる大規模 Web サイトの
携帯電話とスマートフォンの割合が、ほぼ 2
利用率が流石に高かった。今時の学生らしくネッ
対 1 となっている。記憶をたどってみると、少
ト通販や動画共有サイト、ソーシャルネットワー
し前に学生が利用している両者の利用率の割合が
クの利用率も高いという結果を得た。掲示板の利
4 ~ 3 対 1 程度だったかと思うので、ずいぶん
用が少ないというのも 20 代の一般的傾向とさほ
と差が縮まったような気がする。来年度に同様の
ど変わりないと言えるだろう。
アンケートを採ると、両者の差がさらに少なくな
るのだろうか。
⿟質問
⿟
15
⿟質問
⿟
20
日本語以外の Web ページ閲覧経験については、
英語が最も多いというのは、一般的傾向とそれほ
パソコンで電子メールをする頻度が毎日(一日
ど乖離しているとは思われないが、中国語履修者
複数回も含めて)である層が約半分という結果で
が多いという母集団の特徴上、中国語 Web ペー
あった。身近で連絡が確実につく媒体としての電
ジの利用経験がその次に多いという結果を得た。
子メールが、完全に定着していることをうかが
わせる。パソコンで電子メールを使わない層が 1
割程度存在するという回答者は、携帯電話でヘ
ビーにメールを利用する層だと考えられる。
⿟質問
⿟
16
パソコンで電子メールを利用する環境として、
⿓⿓ 情報教育・経験について
⿜⿜高校の「情報」科目についての質問
⿟質問
⿟
21
Web ブラウザ上のメーラーを使うという回答が
高校で「情報」科目を受講した時期として、2
過半数であるという結果を得た。これは、大学公
年生までの間という回答が多かった。流石に 3
式のメールアドレスを持っている場合、大学公式
年生の時期には、受験に関係ない科目の開講はし
のメーラーが Web ブラウザベースのそれである
ないのだろう。「履修していない」という回答も
Journal of JAET vol.12 ● 73
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
それなりに多かった。これについては個別の事情
欄にはそれなりにメジャーな言語を列挙したつも
もあると考えられるので、コメントはしない。
りなのだが、具体的な言語が何か(SQL、COBOL、
⿟質問
⿟
22
科目についての質問では、履修した実際の科目
名が「わからない」という回答がほぼ半数であっ
た。履修後数年経ってしまうと忘れてしまうのだ
ろう。科目を覚えている人の回答では A が最も
多かったことから類推すると、「わからない」層
の多くも A を履修した可能性が高い。
⿟質問
⿟
23・24
ひまわり、なでしこ、HSP 辺りだろうか)知り
たいところである。
⿜⿜大学の情報処理科目について
⿟質問
⿟
28
回答者の在籍する(した)大学に情報処理入門
科目が設置されているかという質問では、「設置
されている」という回答が過半数という結果を得
実際の履修内容についての質問では、「教科書
た。
「設置されていない」
という回答が 1 割弱あっ
を全てやり終えた」とする回答が 1 割強であった。
たが、回答者の構成比から考えると、慶應義塾大
他の科目の進行状況と比べてもさほど異なること
学生の回答者によるものだろうか。
はないと思われるが、高校の情報環境や実際の授
「わからない」という回答は、一般的に、情報
業進行に合わせて、教科レベルで適宜取捨選択し
教育の授業が情報系のカテゴリの中にまとめて設
た結果と考えられる。
置されていることが多いため、自分の(卒業に)
回答の割合が高かったのは、Office ソフトの利
用方法はもとより、インターネットに関連する内
容や、それと連関する個人情報や知的財産権、或
いは情報化社会という内容であった。大学入学後、
関係のある部分以外の授業については、興味・関
心を持っていない層と考えてもよいかもしれない。
⿟質問
⿟
29
初年次教育科目については、母集団が三種類の
この程度は学んでいるはず、という前提で講義内
大学でしかないため、データとしては参考程度に
容を計画する際の参考になるだろう。
しか使えない。そのため、追加アンケートの結果
⿟質問
⿟
25
Office ソ フ ト を 学 習 し た 時 期 に つ い て は、
と比較するまでコメントは差し控えておく。
⿟質問
⿟
30
Word では、小学生時という回答がやや高いもの
人文学或いは東洋学系の情報科目設置状況に関
の、中学校・高等学校時を含めて考えると、大学
する質問では、「わからない」という回答が最も
入学時までに一度は学習経験のある層が多いと
多かった。これは、その系統の科目が 2 年生以
判断して問題ないだろう。全般的傾向としては、
上の設置である可能性(そのため、1 年生はそも
Excel や PowerPoint も同様だが(但し、学習経
そも設置されているという事実を知らない)や、
験者の割合は Word に比べて低いが)、Word に
上記の情報科目についての質問と同一の傾向(情
比べて学習時期が遅い(特に Excel)のは、Excel
報系の授業が情報カテゴリにまとめて整理されて
が関数の利用時に数学的知識を必要とすること、
いる可能性)を反映していると考えられる。
プレゼンテーションという形態自体が日本の公教
育になじみが薄いこと、などが理由として挙げら
れるだろう。
⿟質問
⿟
26・27
⿟質問
⿟
31
その次の、人文学或いは東洋学系の情報科目履
修状況に関する質問は、
「履修するつもりはない・
履修していない」という回答が 2 割弱という結
学習・利用経験のあるプログラミング言語につ
果を得た。これは、当該科目の存在を知っている
いての質問では、予想通り「ない」という回答が
≒受講した(或いは希望する)層であることを示
最も多かった。実際の使用言語については、バラ
している。情報に興味を持つ学生≒受講を希望す
バラであるところが興味深かったが、「その他」
る層という関係からすれば、興味を持つ層を増や
という回答が 1 割以上いるのにも驚いた。回答
すことこそが受講生を増やす早道なのだろう。
74 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
アンケート集計結果の分析(山田)
確かに、以前の IT バブルの頃は、情報系科目
に対し、Excel は基礎機能と+α程度を使えな
に興味を持つ層が多かったのだが、IT 環境が社
いと何もできないという違いを反映したものと考
会インフラの基盤として当たり前に存在するよう
えられる。
になった今日、その種の科目に興味を持つことを
理由とした受講希望層が減ってきたように感ずる。
一方、後述の Word のスキルに関する質問で、
⿜⿜漢字についての質問
⿟質問
⿟
34
ページ書式の設定すらできないレベルの者が大半
IME の変換で目的の漢字が表示されない際の代
であるという結果が出ているように、学生のスキ
替方法を問う質問では、
「IME の文字パレットで
ルは決して高くはない。それにも関わらず情報系
検索する」という回答が最も多かった。その次に
科目に対する積極性が見られないのは、とりあえ
多かったのが、
「Word の「記号と特殊文字」で
ず(なんとなく)使えるからいい、という向上心
探す」「手書きで補う」という選択肢だった。前
の無さの現れであると見ることもできよう。
者は Word をはじめとする Microsoft Office 環境
このあたりの意識改革や需要の掘り起こしが、
でしか利用できないが、実際に学生が利用する状
今後刊行を予定している各種書籍でも大きな課題
況についての実感から言えば、この選択肢が上位
となろう。
にくるのは納得である。「手書きで補う」の選択
肢はもう少し多いかと予想していたが、Unicode
⿓⿓ パソコンのスキルと使い方につい
て
⿜⿜Office の機能について
⿟質問
⿟
32
の充実や最上位の「IME の文字パレットで検索す
る」を利用することで、目的の文字が探しやすく
なったことが、当該選択肢の選択率が下がったの
だろう。
興味深い結果だったのが、
「入力したい漢字の
前後の文字をサーチエンジン等で検索し、検索
Word については、最もよく使いこなせるとい
結果からコピーして貼り付け」の選択率が、第 2
う回答「1 ページの行数・文字数・余白・フォン
位であったことである。これは、主に原文を入力
ト・文字サイズを設定する」ですら、3 割弱であっ
する際に使っていると考えられるが、この選択肢
た。これは、学生の提出した Word のデータを取
が上位に来ると言うことは、「目的のテキストの
り扱った過去の経験からしても、頷ける結果であ
文章がインターネットに掲載されている可能性が
る。Word についての授業をするときに、どのレ
ある」という認識を持っている学生が一定程度存
ベルから触れてよいか悩むことが多かったのだが、
在する可能性である(現実にはもっと単純に、熟
この結果を見て、基礎から教えることが必要だと
語レベルで変換できないので、「とりあえずネッ
理解した。
トで探す」だけという可能性も高いのだが)
。
⿟質問
⿟
33
Excel については、Word よりも基本機能習熟
⿟質問
⿟
35
Windows・Mac 標 準 搭 載 の フ ォ ン ト で は、
率(四則演算・基礎的な関数・グラフ作成)につ
2011 年 6 月現在、何文字の漢字が使用可能だ
いて習熟度が高いという結果を得た。ただし、そ
と思うか?という質問では、
「約 7 万字」が正解
れ以上の if, count, vlookup といった少し高度な
なのだが、正解率は 1 割強で、
「25,000 字」の
関数の使用については、Word 並みに習熟度が落
選択率が最も高く、3 割 5 分に至った。これは、
ちる結果となった。このあたりは半ば予想した結
Unicode の CJK 統合漢字+拡張 A 領域の数とほ
果通りであったが、基礎機能が Word よりも高い
ぼ同数であり、20 世紀末の数値でしかないこの
結果となったのは、Word は基礎+α程度の機
値がどこから出てきたのか興味深いところである。
能を使わなくてもとりあえず文書は作成できるの
或いは、
質問文の事例としてあげた『大漢和辞典』
Journal of JAET vol.12 ● 75
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
『漢語大字典』の文字数を半分にした数値と近似
だろう。中文 IME の調査は、微軟ピンイン IME
した選択肢が 25,000 字だったのが理由かもしれ
を選択した層が最も多かった。ただし、上記の質
ない。
問で簡体字ピンイン入力ができるという層に比べ
⿜⿜パソコンと中国語に関する質問
⿟質問
⿟
36・37
ると、その選択率が低かったことが気になる。選
択肢には上がっていない J 北京(高電社製)付属
の Chinese Writer のライト版
(早稲田大学で使用)
学習・研究で使用する文字・言語などを選択す
や、ソフトウェアの名称がよくわからないものの
る質問では、中国語履修率が高いという上の質問
中文 IME を利用している層が「その他」を選択
から予想された通り、中国語とピンインの選択率
している可能性はあるだろう。
が圧倒的多数を占めた(英語が半数というのも
Microsoft 以外の IME では、中華系ポータルサ
予想の範囲内か)。その他、漢文訓読の選択率が
イトが提供する無料中文 IME の選択率がそこそ
16% あった他は、軒並み 1 割を切る選択率となっ
こ高かった。Chinese Writer の選択率が低かった
た。中国に対する理解度は、一般学生に比べて高
のは、上記のように大学の共用パソコンで J 北京
いと思われる母集団だが、中国=中国語(普通話)
付属の Chinese Writer ライト版を使用している
という認識の学生が多いことが理解される。一方、
ことが影響しているのかもしれない。
古典中国語≒漢文を利用する率は、上記質問の研
⿟質問
⿟
41
究領域を「清代以前の中国」を選択した層と数値
声調符号付きピンインを入力できるか?という
的にほぼ重なり、ここからは、アンケートの母集
質問では、「できる」「できない」が 1 対 2 の割
団が清朝以前よりも近現代中国により強い興味を
合であった。思ったより入力できる層が多いと感
持っていることがうかがえる。
じたが、これは分析者によって印象が異なると思
⿟質問
⿟
38
中国語を利用する層を対象にパソコンで中国語
を入力できるか?という質問では、簡体字ピンイ
われる。
⿟質問
⿟
42
中国語のネットサービスについての質問では、
ン入力ができるという層が圧倒的であった。これ
サーチエンジンの利用経験があると答えた選択肢
と「繁体字ピンイン入力ができる」という選択肢
が最も多かった。思ったより多かったのが、動画
と合わせると約 90%となることを併せて考えれ
共有サイトやオンライン百科事典、ニュースサイ
ば、パソコンで中国語を入力する手段としてピン
トの利用率である。動画サイトの利用率が高いの
イン入力が圧倒的であることが了解される。
は、いわゆる海賊版の映像がこれらのサイトに
⿟質問
⿟
39
アップロードされている確率が高いことがよく知
中国語入力が可能なように設定できるか?とい
られているためと考えられるが、ニュースサイト
う質問に関しては、「できる」が 4 分の 3 を占め
や百科事典の利用率の高さにはちょっと驚かされ
た。これは、日本語オペレーティングシステムで
た。具体的な利用状況を知りたいところである。
は、日本語以外の言語をインストールする際に、
ユーザー自らが言語や IME の追加という作業を
行わなければいけないという関係上、この回答が
⿜⿜調べ物に関する質問
⿟質問
⿟
43
多いというのもうなずける。上の質問とこの質問
授業やレポート・論文執筆などで調べ物をする
とを比較すると、「入力はできるが設定はできな
際、あなたがよく利用する方法はどれか?という
い」という層も一定程度存在することが推測され
質問では、辞書などを利用する層が最も多かった。
るが、この層は大学などの共用パソコンで既に設
これは予想通りの結果だが、それ以外にも入門書
定済みのパソコンを利用したり、設定ができる人
や論文誌から探す、或いは図書館で探すという、
に設定を手伝ってもらったりして環境を整えた層
伝統的な検索方法が選択率の上位を占める結果に
76 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
アンケート集計結果の分析(山田)
なったのは、各大学の学生の特質に起因するのだ
たことになるが、東洋学文献類目にしか登録され
ろうか、それともリテラシー教育の定着を示して
ていないもの(日本で出版される単行本扱いの論
いるのだろうか。今後、他校・他分野との比較を
文集など)もまだまだ多数存在する。そのため利
通じて考えてみたい。いわゆる最上位ランクの大
用に際しては、両者を初めとする複数のデータ
学に在籍するが故だろうか。このあたりは他校と
ベースを使用するように教育することが望ましい
の比較をしてみたいところである。
ことには変わりが無い。
また、サーチエンジンや論文データベースで探
すという選択肢の選択率がそこそこ高かったのも、
今時ならではだろう。
⿟質問
⿟
45
オンライン書籍(画像・デジタルテキスト)系
データベースの利用状況では、最も高い漢籍電
「図書館司書に相談する」という選択肢が低い
子文献でも 16% 弱であり、それほど認知・利用
のは、
(司書の方には申し訳ないのだが)調べ物
率ともに高くないことがうかがわれる。近代デ
には司書(あるいは図書館のカウンターで対応す
ジタルライブラリー(選択肢にはあげていない
る方)は役に立たないと、学生にはじめから思わ
Google ブックス)は、明治・大正期の文献を無
れているためなのかもしれない。それとも、そも
料で閲覧できるため、資料が痛みやすいこの時代
そもそのような相談をしていいのだということを
の書物を閲覧するのに非常に便利なサービスであ
知らないのだろうか。
るのに、あまり認知されていないのは残念である。
⿟質問
⿟
44
こうした有用でありながら余り知られていない
OPAC や論文データベースの利用度に関する質
データベースを如何に紹介していくかは、人文情
問では、国立国会図書館や NacsisWebCAT の利
報処理授業の運営や我々の出版計画でも大きな課
用率が高いことが注目すべきだろう。他機関や
題となろう。
大学の蔵書を簡単に調べることができるという
ただし、漢籍電子文献の選択率が、研究領域を
OPAC の利点を、今時の学生の一定層が使いこな
「清代以前の中国」を選択した層と数値的にほぼ
している現実が垣間見える。CiNii の利用率が高
重なっていることには注目してよい。これは「古
いことからも、
「文献はオンラインで探す」とい
典漢文のデータベース利用する際にはまず漢籍電
う行為が、それなりに定着していることが見て取
子文献」という認識が当該分野に定着しているこ
れる。ここから、インターネットを利用した積極
とをうかがわせるからである。それとは逆に、漢
的な業績公開の必要性(サーチエンジンで探せな
籍電子文献以外の中華系データベースの選択率が
い業績=存在しない業績と見なされる)が理解さ
低いのは、CiNii、CNKI、東洋学文献類目三者の
れるだろう。
関係
(一つのデータベースだけ使ってよしとする)
中国学系論文検索については、CNKI の選択率
が東洋学文献類目を圧倒するという結果を得た。
と同様の状況といえるかもしれない。
⿟質問
⿟
46
10 年くらい前は東洋学文献類目の一択状況だっ
中華系データベースの利用状況に関する質問で
たのだが、CNKI のシェアが圧倒する結果になっ
は、
『四庫全書』と『漢語大詞典』の選択率が 2
たのは、やはりデジタルデータを入手可能という
割強で最も多い他は、軒並み 1 割かそれ以下と
利点ゆえなのだろう(CiNii にも同様なことがい
いう結果となった。
えるだろうが)。逆に言えば、CNKI を導入してい
選択肢として列挙したソフトウェアは、いずれ
るところとそうでないところの間には、中国の学
も高価な製品版であることからすれば、調査対象
術情報の入手に際して、大きな情報格差が生じて
となった大学が導入していない(あるいは学生の
いるという事実を明らかにしている。
利用に解放されていない)などの理由が、利用率
このように、CNKI が中国学術情報のための基
礎的インフラとなっていることが改めて確認され
(認知度の低さ)にも繋がっているのだろう。
但し、最も選択率が高かった 2 つのソフトを
Journal of JAET vol.12 ● 77
特集 1
中国学情報化への対応に関する
情報収集と分析
選択した人数が、研究領域を「清代以前の中国」
そうした傾向は、一般的な情報行動に起因する
を選択した人数とほぼ同じであることからすれば、
可能性があるので、今後機会があれば、サーチエ
ソフトウェアの存在とその利用価値を知っている
ンジン・SNS などで複数のサービスを併行して使
層は、よく使う層と重なっているという可能性が
う率がどの程度なのかを調査し、比較検討してみ
ある。
たい。
本アンケートの結果から、
『電脳中国学Ⅲ』等
を執筆する上で、また分析者が人文学情報処理授
⿓⿓ おわりに
業を行う上で、留意すべきさまざまな課題が浮き
以上、アンケートの結果に対して簡単な分析を
彫りになった。一方で、アンケートの質問や回答
試みた。全体的には、分析者の事前予想とはさほ
の選択肢に工夫の余地があることも明らかになっ
ど離れていなかったが、思ったより中国古典系の
ている。アンケートの統一性のため大幅な変更は
学習者が、当該分野向けのネットサービスやデー
難しいが、次回調査に向けて改善していきたい。
タベースソフトを利用している可能性が高かった
母集団の偏りがある関係上、この分析も偏った結
点には注目している。また、データベースの利用
果になっている可能性があるため、読者諸賢にお
率の調査からは、複数のデータベースの検索結果
かれては、本年度後期~来年度以降に実施する追
を比較する必要性が理解されていない傾向が見て
加アンケートの結果と併せて独自の分析を行って
取れた。
いただきたい。
年会費の納入についてのお知らせ
年会費が未納の方は、下記口座にお振り込み下さい。年会費は 2003 年度分が 1,000
円、2004 年度以降は BBS 会員は 1,000 円、一般会員は 3,000 円になります。
郵便振替
口座番号:00120-1-91107
口座名称:漢字文献情報処理研究会
三菱東京 UFJ 銀行 京都駅前支店
口座番号:普通 4571788
口座名称(漢字表記):漢字文献情報処理研究会代表 師茂樹
(機械振込等カナ入力):カンジブンケン モロシゲキ
ゆうちょ銀行
ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキュウ)店
(金融機関コード:9900 店番:019)
預金種目:当座
口座番号:0091107
カナ氏名:カンジブンケンジョウホウショリケンキュウカイ
78 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
昨年来、ようやく進み始めた『電脳中国学』後継の書籍出版計画だが、本年度より、科学研
究費補助金の交付を受け、本格的にプロジェクトが推進されることとなった。
本特集では、はじめに科研費にもとづく出版計画の概要を紹介し、出版予定の 5 つの書籍の
中から 4 点を取り上げ、各プロジェクトの責任者にそれぞれの書籍のコンセプトや目次案につ
いて紹介する。
本特集の内容は、特集 1 とも密接に関連しているので、読者諸賢におかれては、両者を併せ
読んでいただきたい。また、各企画案についても、忌憚なきご意見を賜れたら幸いである。
。
※本特集掲載の諸論攷は、科学研究費補助金・基盤研究 (B)「情報化時代における中国学次世代
研究基盤の確立」(研究課題番号:23320010、代表者:二階堂善弘)の研究成果の一部である。
Contents
「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」にもとづく出版計画について
「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」研究班
『電脳中国学Ⅲ』(仮題)企画案
新世代の中国学向けデジタルリソースマニュアル
山田 崇仁
『法学と東洋学の対話(仮)』企画案
小島 浩之
師 茂樹
千田 大介
《初年次教育向けテキスト》企画案
『中国学電脳リファレンスマニュアル(仮)』企画案
00
00
00
00
00
Journal of JAET vol.12 ● 79
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
「情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立」
にもとづく出版計画について
「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」研究班
▊▊ はじめに
2010 年度の漢字文献情報処理研究会の総会に
おいて、2015 年度を目途に、会費をともなう会
員制の廃止を前提として、本会のあり方を抜本的
▊▊ 科研費の研究計画
✿✿研究の目的
本研究の目的は、以下の四点に関する考究・開
に見直すことが事務局より提案され、承認された。
発を通じて、情報化時代に対応した新たな中国学
このような提案がなされた経緯については、本会
の研究・教育基盤を確立することにある。
BBS 及び本号 83 ページに掲載されている、本会
代表師茂樹氏による一文を御一読いただきたい。
上記のような結論に至るまでに、本会執行部を
中心としたメンバーによって、2015 年度までの
期間についての活動方針について協議を行い、そ
の中で従来の本会の活動やその成果を総括するよ
うな出版物の刊行と、それに関連するイベントを
開催することが提案された。
この提案を実行するために、本会執行部を中
①中国学デジタルリソース情報の集約・分析
②中国学基礎共有コンテンツの整備
③電子文献分析手法の考究と分析ソフトの開
発
④デジタル時代に対応した中国学・中国語学
教育方法の考究・実践
✿✿1. 着想に至った経緯
心としたメンバーにより、昨年度、科学研究費
研究代表者・二階堂、および研究分担者はいず
補助費:基盤 (B) の申請を行い、2011 年度より
れも、漢字文献情報処理研究会の中核メンバーと
5 年間の交付を受けることになった(研究課題:
して、
『電脳中国学』
・
『電脳中国学Ⅱ』
、および会
情報化時代における中国学次世代研究基盤の確
誌『漢字文献情報処理研究』の刊行などを通じ、
立/研究代表者:二階堂善弘/研究課題番号:
国内外における中国学電子化の動態や情報化に対
23320010)。
応した研究方法などについて、10 年以上にわた
本稿では、同科研費研究のコンセプトと研究計
画について、申請書を踏まえつつ紹介したい。
り研究・発信につとめてきた。
振り返ると、中国学研究の情報化は、1990 年
代後半、インターネットの普及とともに進展して
80 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
「情報化時代における中国学次世代研究基盤の確立」にもとづく出版計画について(研究班)
きた。台湾中央研究院の漢籍電子文に続き、中国
文献画像データなど多種多様なデジタルリソース
で『四庫全書』・『四部叢刊』電子版、中国基本古
に関する情報を幅広く収集し、情報化時代に対応
籍庫などが続々と開発され、いまや中国古典文献
した資料調査方法を集積する。データベース製品
のかなりの部分が電子化され、検索できるよう
についてはそれぞれのシステムの構築思想を解析
になっている。また Windows などの OS、また
し、最適な文献検索手法を明らかにする。また、
Unicode などの文字規格の進化によって、パソコ
中国学電子化テキスト総目録、および国内中国学
ンでの多言語・多漢字処理が容易になったことも
大規模文献データベース所在目録を作成する。
あり、中国学におけるパソコン・インターネット
の利用はごく当たり前のことになっている。しか
②中国学基礎共有コンテンツの整備
し、現在の中国学研究におけるコンピュータやデ
漢字の字形・字義・音韻などの情報、あるいは
ジタルリソースの活用方法は、多くが文書作成に
中国の人名・地名などの情報は、高度なテキスト
ワープロソフトを利用し、単純に字句を検索する
分析に欠かせないため、基礎的な共有コンテンツ
というレベルに留まっている。例えば、多くのデー
として整備されることが望ましい。このため、既
タベースでは検索候補を効率的に絞り込むための
存関連データを集約・整理するとともに、著作権
検索条件設定方法があり、また電子テキストから
保護期間の切れた辞書のデジタル化といった方法
一定のパターンや傾向を析出する Ngram などの
によって、共有コンテンツの充実を図る。また、
手法があるがこと等はあまり知られておらず、現
中国学コンテンツの公開に伴う著作権等の法律問
状ではデジタルリソースを有効に活用できている
題について、法学者のアドバイスを受けつつ考究
とは言い難い。
する。
一方、そうしたデジタル的分析手法は情報化に
興味を持つ研究者が個別に試みている状況で、情
③電子テキスト分析方法の考究と分析ソフトの開
報の集約がなされていないし、分析手法の妥当性
発
に対する検証も必ずしも充分とはいえない。また、
中国学に限らず、広く日本学や欧米人文学の成
そうした文献分析に用いるツールは、一般のアプ
果を参照しつつ、さまざまな電子テキスト分析方
リケーションソフトではなく、Perl スクリプトな
法・ツールの集約および開発を行う。その上で、
どの形で提供されているため、使いこなすにはか
中国学研究に有効な分析手法を選定・考究、およ
なり高度なコンピュータの知識が必要となり、多
び開発し、実際の研究を通じてその有効性を検証
くの研究者にとって近寄りがたいものになってい
する。同時に、Perl スクリプトなどの形で提供さ
るのも事実である。
れている分析ツールや各種変換テーブル等を一般
かかる現状に鑑み、情報化時代に対応した中国
学研究方法を考究するとともに、その情報集約と
一般化をはかり、我が国中国学の新たな研究基盤
を確立するものとして、本研究が着想された。
✿✿2. 具体的課題
の PC ユーザーでも容易に利用できるように、対
応アプリケーションソフトを開発する。
④情報化時代に対応した中国学・中国語学教育方
法の考究・実践
情報化に対応した教育には、コンピュータやデ
以上の認識に基づき、本研究では、情報化時代
ジタルデバイス・リソースを教学に利用するいわ
に対応した次世代中国学研究基盤の確立を目標に、
ゆる CAI と、情報化時代に対応した中国学教育
以下の具体的課題に取り組む
の二つが考えられる。
①中国学デジタルリソース情報の集約・分析
オンラインテキストデータ・データベース製品・
前者については、中国語教育や中国学専門教育
におけるコンピュータの有効な活用方法を考案・
検証するとともに、その基礎的理論を考究する。
Journal of JAET vol.12 ● 81
情報化時代における
特集2
中国学次世代研究基盤の確立
後者については、①~③の成果を踏まえつつ、情
デジタル的研究方法を考究するとともに、その一
報化時代の中国学を学ぶ学生・研究者にとって必
般化を進める点に特色があり、我が国中国学の情
要な教授内容・カリキュラム等を検討し、本研究
報化の深化ひいては学術水準の向上に寄与しよう。
で考究する次世代中国学研究基盤の定着と実用化
海外でもデジタル的手法を高度に中国学研究に応
を進める。
用した例は多くないことから、国際的に見ても先
進的かつ画期的意味を持とう。
✿✿3. 本研究の特色と意義
本研究は、最新の情報処理技術と中国学の研究・
教育との融合を目指すものであるが、それは研究
▊▊ 五つの出版計画
代表者・分担者がいずれもプログラミングをこな
上述の研究目的を実現し研究成果の普及を図る
せるレベルの情報処理スキルを有し、かつ十数年
ため、公式 Web サイトの開設や、そこでのデー
にわたる中国学情報化の経験を持つからこそ実現
タベース・ツール等の公開、シンポジウムの開催
可能であると言える。また、本研究では最先端の
などを計画しているほか、計五つの書籍の出版を
計画している(左表参照)
。それらの書籍は、漢
書籍タイトル
責任者
サブ
山田
千田
初年時教育テキスト
師
山田
法学と東洋学の対話
小島
師
二階堂
全員
千田
全員
電柱Ⅲ
人文学情報処理原論・方法論
リファレンスマニュアル
情研のこれまでの活動の総括としての意味を持つ
ものでもあり、本研究の眼目であると言えよう。
本特集では、以下、各書籍のコンセプトや目次
案について、それぞれの担当責任者による紹介を
掲載する(なお、
『人文学情報処理原論・方法論』
については、執筆陣による論文集形式を予定して
いるために掲載していない)
。
会員の皆様へ
従来からの会員の皆様で、BBS 会員から一般会員への変更を希望される方は、会員
資格変更の届けを下記フォームから送信していただけますようお願いします。
また、登録情報の変更がありました方も、同様にお願いします。
❖ 会員資格・会員情報変更フォーム
http://jaet.gr.jp/JAET-BBS/change.html
※アクセスには漢情研 BBS の ID・パスワードが必要です。
82 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
メッセージ
今後の JAET について
代表 師茂樹
すでに BBS 等でもご案内の通り、第 13 回大
会(2010 年 12 月 18 日、 慶 應 義 塾 大 学・ 日
吉キャンパス)での総会で、本会の今後の活動
について議論がなされました。結論から言えば、
2015 年度を目途に、会費をともなう会員制の
廃止を前提として、本会のあり方を抜本的に見
直すことが事務局より提案され、承認されまし
た。
なぜこのような提案がなされたのか、簡単に
背景を説明すれば、以下のとおりです。
⿟事務局の負担(会員・会費管理等)が限
⿟
界に来ている。
⿟BBS
⿟
会員数がここ数年で半減する一方、
新入会員がほとんどいない。
⿟BBS
⿟
への投稿、大会での研究発表、会誌
への論文投稿が低調である。
⿟ブログ・ツイッターなどのメディアの変
⿟
化:BBS の情報発信機能の低下。
このような現状をふまえ、事務局のなかでも
様々な選択肢が議論されましたが、結局のとこ
ろ会員制の廃止(=事実上の解散)をする、と
いう結論に至りました。この件については、幹
事の千田大介氏が、『漢情研メルマガ』173 号
(2011 年 6 月 1 日)のなかで次のように述べ
ています。
およそ研究会や学会というものは、設
立時にこそ新たな学術的価値の創出を目
指して活発な活動が行われるものの、時
が経つにつれて硬直化し陳腐化するもの
新しい血を入れるなどして新陳代謝を促
さないと行けないのだが、それがなかな
か上手くいかない。年長者が自分の教え
子を入会させても、そこには権力関係が
持ち込まれてしまうので、年長者が思い
きって身を引かない限り、活力は生まれ
にくい。また、設立時に新鮮だった問題
意識も、やがて色あせて現実的意義を
失っていくことは避けられない。少なか
らぬ研究会や学会がそうしたジレンマに
陥り、会そのもの、酷い場合は会に付随
する権威の維持が自己目的化しているの
ではなかろうか。
そうした惰性だけで続く情況に陥るく
らいならば、むしろ積極的にスクラップ
&ビルドした方が建設的であろう。そう
した活動に振り分けられたリソースを、
新しい問題意識に基づく生産的な研究に
注ぐことができるからだ。
筆者(師)も千田氏と同じ考えを持っていま
す。惰性で続けるくらいなら、やめて新しい活
動をしよう、という姿勢は、本会の設立趣旨に
もかなうのではないかと思います。
今後は、これまでの活動を総括するような出
版物の刊行(特集 2 参照)やイベントの開催、
科研費等と連動する形で会誌の発行を継続する、
などの案が出されています。
本件につきましては、BBS やメールマガジン
などでアナウンスをし、会員の皆様のご意見を
募って来ました。重要な議題ですので、是非と
もご意見をお寄せいただければ幸いです。
である。会の活力を維持するためには、
Journal of JAET vol.12 ● 83
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
『電脳中国学Ⅲ』(仮題)企画
案
新世代の中国学向けデジタルリソースマニュアル
山田 崇仁(やまだ たかひと)
能性はあるが、上述の二冊の直接的な後継者とし
▊▊ はじめに
て位置づけられているので、『電脳中国学』の名
称は外さない予定である。
『電脳中国学』『電脳中国学Ⅱ』からはや 10
本目次案に先立ち、筆者は昨年の『漢字文献情
年が経とうとしている。その間、情報機器や環境
報処理研究』第 11 号にて、
「中国史学むけデジ
を取り巻く世界はずいぶんと変わってしまった。
タルリソースマニュアルとしての目次案」と題し
以前から「電脳中国学シリーズの続きは?」と
た拙稿を執筆した。その内容は、2009 年の漢字
聞かれ続けてきたが、上記のような状況の中で流
文献情報処理研究会大会報告した「大学で古典系
されっぱなしであったことも、執筆が滞ってし
中国学(いわゆる文史哲分野)を専門として学ん
まった原因である。
でいる学習者に向けて、実際に利用するアプリ
それでも、昨年度来本格的にプロジェクトがス
ケーションや Web サイトの使い方を学習するた
タートすることとなり、本年度科研費の援助を得
めに使う教科書」という教科書案をベースにした
てそれが本格的に動き出すこととなった。
目次案である。
本特集の「
「情報化時代における中国学次世代
研究基盤の確立」にもとづく出版計画について」
本号で掲載する目次案は、その後の検討結果を
反映したものである。
に既述の通り、科研費の計画では五つの異なるコ
ンセプトの書籍を予定している。その中で最も早
期の刊行を予定しているのが本書であり、そのた
め、他の書籍と比較して現状最も進んでいるプロ
ジェクトとなる。
本書の題名はまだ確定していないので、ここで
▊▊ 企画案
✿✿コンセプト
本書のコンセプトは以下の三点である。
は仮に『電脳中国学Ⅲ』とした。仮題である以上、
『電脳中国学 2011』や『帰ってきた電脳中国学』
など、多少題名が変化したり副題がつけられる可
84 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
⿟Windows7
⿟
+ Office2010 環境における多
漢字・多言語処理マニュアル
『電脳中国学Ⅲ』(仮題)企画案(山田)
⿟デジタルリソースガイド
⿟
に)
、
従来の『電脳中国学』より大きめのもの(B5
⿟インターネットによる情報収集・整理・分
⿟
変もしくは A4 変)を想定している。
析方法ガイド
✿✿主たる読者層
このコンセプトにもとづき、中国学学習者向け
主体的読者として執筆陣が想定しているのは、
デジタルリソースの利用方法について、初心者向
自分自身あるいは学生のパソコンスキル向上や、
けマニュアル的な記述を中心とした実践的な内容
中国・中国学関連のインターネットリソース情報
とする。具体的なイメージとして、市販のソフト
の必要性を感じている大学教員や研究者である。
ウェアなどのムック本やマニュアル本的なものを
そのような読者層に対し、中国学研究や教育を
思い浮かべていただければよいかと思う。
✿✿内容
行う上で PC を利用することで得られるであろう
様々な可能性やメリットを明示し、アプリケー
ションや Web ページの操作方法を具体的に提示
内容は、上記のように初心者向けマニュアル本
するものとする。また、上記読者層の予備軍であ
的な性格となるため、「広く浅く」を基本とする。
る大学院生クラスは、世代的に一定の情報スキル
そのため、過去の電脳中国学シリーズで見られた
を身につけているものと思われるが、そのスキル
ような論文的な要素は極力排除し、具体的なテー
をより完全かつ全面的なものとする上でも役立つ
マを絞って細かくセクションを区切った構成とし
よう、留意する。
(1 セクション見開き 2 ~ 6 ページ程度)、Tips
むろん、これらのメリットは単に教員や院生レ
的な要素や図版を交えつつ、求める情報にアクセ
ベルにとどまるものではない。先輩や先生からの
スしやすくするための工夫を凝らしたものを予定
推薦によって本書を購読した際、直ちに情報スキ
している。
ルのアップが叶うように、中国語や中国学を履修
また、
「広くて浅い」性格である以上、これ一
冊ですべてをまかなうのではなく、他の書籍と
組み合わせて使うことが前提となる。そのため、
している学生にも、十分利用可能なものを作り上
げる必要がある。
むしろ、そのような内容のものを作り上げるこ
Word や Excel の解説でもすべてを扱うのではな
とにより、本書を利用した研究者や院生が発信源
く、中国学分野でよく使いそうな機能を紹介する
として、教科書や参考書としての更なる利用の場
形を予定し、同様にインターネットリソースにつ
が広がっていくことを期待している。
いても、網羅的に紹介するのではなく、定番的な
サイトやデータベースの基本的な利用方法を中心
に記述する予定である。
従って、専門的ニーズに即した詳細な解説など
は千田氏の、著作権などの法理関係の話題は小島
氏の、これらの素材の学習・研究における位置づ
けについては師氏の論攷をそれぞれご一読いただ
きたい。
本書は最初に出版予定の書籍だが、本書は上記
の書籍を利用する環境、さらには語学授業や専門
授業の中でサブテキストとして位置づけられるも
のであり、教科書的な記述ではなくマニュアル的
なそれを前面に押し出したものとする。版型につ
いてもそれを踏まえて(前号拙稿で述べたよう
▊▊ 目次案
✿✿はじめに
⿙a.総論:人文学者はパソコン・ネットにどう
⿙
向き合うべきか
⿙b.本書の目的
⿙
⿙c.本書の記述について:ダイアログ・タブな
⿙
ど、Windows 構成パーツの名称
✿✿I.
Windows・Office を使いこなす
⿎W
⿎ indows 7 + Word で漢字七万字を使いこなす
Journal of JAET vol.12 ● 85
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
⿙a.MS
⿙
IME で漢字を捜す:単漢字変換・IME
パッド
⿙b.漢字七万字フォント:SimSun、MingLiU:
⿙
花園明朝の入手とインストール
☞コラム:圧縮ファイルの種類と解凍方法
☞
☞コラム:ユニコードとは何か
☞
⿎中国学研究・学習のための
⿎
Word テクニック
⿙a.ワープロ文書デザインの基礎:凝りすぎな
⿙
い、詰めすぎない
☞コラム:レポート・論文の書き方本を読も
☞
う
⿙c.七万字の漢字を捜す:CHISE
⿙
IDS 漢字検索
⿙b.ページ設定で文書の基本的レイアウト設計
⿙
⿙d.漢
⿙
字 の 画 像 を 貼 り 付 け る( ブ ラ ウ ザ
⿙d.ページ番号・章番号を自動で付ける
⿙
☞コラム:今昔文字鏡その他
☞
→ Word へ)
☞コラム:グリフウィキ、IVD
☞
☞コラム:画像の種類について(ビットマッ
☞
プ形式・ベクトル形式)
⿙e.MS
⿙
IME に単語を登録する
☞コラム:ATOK
☞
と Google 日本語入力
⿎Windows
⿎
7 で中国語・多言語入力
⿙a.Windows
⿙
7 での設定方法
☞コラム:文字化け系中国語入力システムに
☞
ついて(Chinese Writer 独自コードモード
など)
⿙b.MS
⿙
ピンイン IME:キーボードの追加・入
⿙c.フォントの効果的な使い方
⿙
⿙e.引用文はインデント
⿙
⿙f.
⿙ Web ページから引用する
⿙g.脚注(ページ脚注・文末脚注)を使う
⿙
☞コラム:その他の自動番号機能
☞
⿙h.目次を自動で作成する
⿙
⿙i.
⿙ 参考文献一覧を作る:Excel →貼り付け→
タブ置換→箇条書き設定
⿙j.
⿙ 訓点文を作る
☞コラム:スタイルとテンプレート
☞
⿎教
⿎ 師のための Excel 基本テクニック
⿙a.名簿を作る
⿙
:データと並べ替え、ID の設定、
見出し行列の固定
力変換方法
⿙b.中国語の名簿を作る
⿙
☞コラム:中国語の入力方法いろいろ
☞
⿙d.成績優秀者の抽出(フィルタ?)
⿙
⿙c.MS
⿙
新注音 IME
⿙d.中国語の手書き入力
⿙
☞コラム:フリー中国語
☞
IME
⿙e.WG
⿙
ピンイン IME で声調符号付きピンイン
入力
⿙f.
⿙ Windows 7 で入力出来るアジア言語
⿎インターネットで中国語
⿎
⿙a.文字化けせずにウェブページを見る
⿙
☞コラム:アジアのローカル文字コード
☞
⿙b.Windows
⿙
Live メールで中国語メール
⿙c.試験の採点:四則演算
⿙
⿙e.偏差値を計算する(関数を使う)
⿙
⿙f.
⿙ 試験結果の分布図を作る(グラフ)
⿙g.ピポットテーブルで出席統計
⿙
⿙h.成績を自動判定する:if,
⿙
vlookup
⿙i.
⿙ Excel を簡易データベースとして使う
☞コラム:その他の
☞
Office アプリ
⿙教
⿙ 師のための Power Point 基本テクニック
⿙a.
⿙ Power Point の使い所を理解する
☞コ
☞ ラ ム: プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン ≠ Power
Point
☞コラム:メールソフトとウェブメール
☞
⿙b.
⿙ ベースレイアウトを設計する
☞コラム
☞
:中国インターネットの憂鬱(金盾)
⿙d.
⿙ 見栄えの良いテキストとフォント
⿙c.Gmail
⿙
で中国語メール
⿙d.多言語でブログ・ツイッター
⿙
☞コラム:中国のブログ・マイクロブログ・
☞
QQ
86 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
⿙c.
⿙ スライド枚数の管理
⿙e.
⿙ アニメーション効果はほどほどに
☞コラム:テンプレートを入手せよ
☞
☞コラム:スライドを作ったその後に
☞
『電脳中国学Ⅲ』(仮題)企画案(山田)
⿎Windows・Office
⿎
でもっと多言語
⿙a.Windows
⿙
7 で海外版ソフトを使う
⿙b.Windows
⿙
7 を別言語で動作させる
☞コラム:AppLocale
☞
と裏技
⿙c.Office
⿙
MLP の機能と入手
⿙d.Word
⿙
で中国語のルビを振る
⿙e.Word
⿙
で簡体字・繁体字変換
☞コラム:Word
☞
多言語機能の応用マクロ
✿✿II. 中国学基本リソースガイド
⿎サ
⿎ ーチエンジン
⿙a.わからないことはまず「ググる」
⿙
:検索オ
⿙g.動画投稿サイト
⿙
⿙h.地図と交通
⿙
⿙i.
⿙ 旅行と現地情報:cTrip・憶竜・高参網・
大衆点評
⿎書
⿎ 籍を捜す:図書館蔵書と叢書子目
⿙a.国立国会図書館
⿙
⿙b.NACSIS
⿙
WebCat
⿙c.台湾国家図書館と
⿙
NBI NET
⿙d.中国国家図書館
⿙
⿙e.漢籍データベース
⿙
⿙f.
⿙ その他の OPAC・図書データベース
⿎論
⿎ 文・雑誌記事の調査
プション・キャッシュ・「とは」検索…
⿙a.国立国会図書館雑誌記事検索
⿙
☞コラム:Google
☞
中国語版の憂鬱
⿙c.China
⿙
3
⿙b.中国語で
⿙
Google
⿙c.画像・動画を探す
⿙
⿙d.Google
⿙
の便利な機能
⿙e.その他の中国語サーチエンジン
⿙
☞コラム:その他の日本語サーチエンジン
☞
⿎W
⿎ ikipedia とオンライン辞書
⿙a.Wikipedia
⿙
をどう使うか
⿙b.CiNii
⿙
⿙d.CNKI
⿙
☞コラム:その他の中国論文データベース
☞
⿙e.台湾国家図書館
⿙
⿙f.
⿙ 竜源と雑誌全文データベース
⿙g.専門論文データベース:INBUS・簡帛など
⿙
⿎書
⿎ 籍を購入する
⿙b.Wikipedia
⿙
の多言語機能
⿙a.Amazon
⿙
⿙d.日中・中日辞典
⿙
⿙c.日本の中国書籍通販
⿙
⿙c.Japan
⿙
Knowledge
⿙e.その他のオンライン辞書
⿙
⿎現
⿎ 代中国情報と現地情報
⿙a.政府公式情報
⿙
⿙b.統計データ:統計網・CNNIC
⿙
☞コラム:メディアリテラシー:統計を疑う
☞
⿙b.日本の古本屋さん、スーパー源氏
⿙
⿙d.当当と卓越
⿙
Amazon
⿙e.台湾三民書局と香港商務印書館
⿙
⿙f.
⿙ 孔夫子
☞コラム:中国で銀行口座を開設する
☞
⿎オ
⿎ ンラインライブラリ
⿙c.中国本土のメディア報道:政府系、南都:
⿙
⿙a.Google
⿙
ブックス?
⿙d.中国本土の新聞記事データベース
⿙
⿙c.国立公文書館アジア歴史資料センター
⿙
反中国系記事
☞コラム:書き換えられる報道記事
☞
⿙e.域外メディア:台湾・香港・反中国メディ
⿙
ア
⿙f.
⿙ BBS とマイクロブログ:西陸・天涯・新浪
⿙b.国会図書館(近代デジタルライブラリー)
⿙
⿙d.超星数字図書館
⿙
⿙e.大成老旧刊全文数据庫
⿙
⿙f.
⿙ その他:東文研、早稲田など
微博・QQ
Journal of JAET vol.12 ● 87
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
⿎中
⿎ 国古典文献オンラインデータベース:無償編
⿙a.漢籍電子文献
⿙
⿙b.その他の古典文献総合:寒泉・中国哲学電
⿙
子化計画
⿙c.出土資料
⿙
⿙d.古典詩文:台湾元智など
⿙
⿙e.中国古典戯曲データベース
⿙
⿙f.
⿙ 仏典
⿎中
⿎ 国古典文献オンラインデータベース:有償編
⿙a.四庫全書:書同文版、v3
⿙
オンライン版
⿙b.四部叢刊と書同文製品:CD-ROM
⿙
版、オ
ンライン版
⿙c.中国基本古籍庫と愛如生製品
⿙
⿙d.彫竜シリーズ
⿙
⿎書
⿎ 籍データの入手
⿙a.電子テキストと著作権
⿙
88 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
⿙b.国学
⿙
⿙c.西陸
⿙
⿙d.iShare
⿙
とファイル共有サイト
⿙e.ScanSnap
⿙
で「自炊」する
✿✿III. 自分だけの全文データベースを作る
⿎テキストデータを整理する
⿎
⿙a.本セクションの目的
⿙
⿙b.EmEditor
⿙
を導入する
⿙c.テキストデータを短く区切る
⿙
⿙d.Excel
⿙
でインデックスを付ける
⿙e.分類してフォルダに保存する
⿙
⿙f.
⿙ EmEditor で全文検索
⿙g.正規表現の基礎
⿙
⿙h.も
⿙
っ と 高 度 な 処 理:Perl・Ruby・PHP な
どを利用
『法学と東洋学の対話(仮)』企画案(小島)
『法学と東洋学の対話(仮)』
企画案
小島 浩之(こじま ひろゆき)
じられるかもしれない。というのも、他書は、東
洋学の基礎的部分、東洋学リテラシーとでも言う
▊▊ はじめに
べき部分に焦点を当てているのに対し、本書は東
ここでは、2013 年度の刊行をめざして、現在
その方向性を探っている『法学と東洋学の対話
洋学と法学という異種学問領域間の交流を図ろう
とするものだからである。
(仮)』
(以下、本書)について、その経緯、コン
しかし、会員諸氏は既にご存じのように、本会
セプトである「対話」等の基本スタンスについて
では 2003 年から足掛け 9 年にも亘って、年1回、
報告し、大方の批正を仰ごうと思う。
著作権問題を中心に公開講座やシンポジウムとい
う形で、東洋学と法学の対話を実践してきた歴史
▊▊ 漢情研における法学との出会い
本特集で企画案が提示されている書籍のタイト
ルだけを眺めたならば、本書だけがやや異質に感
がある。参考までに表 1 としてこれまでの、法
学系イベントを一覧にしておく。
本会で著作権問題を採り上げる契機となった
のは、史料や論文のデジタル化・テキスト化や、
表 1:漢情研主催法学系イベント一覧
開催年月日
開催イベント名
1
2003 年 8 月 2 日
東洋学情報化と著作権問題(2003 年夏期公開講座)
2
2004 年 7 月 19 日
東洋学情報化と著作権問題Ⅱ(2004 年夏期公開講座)
3
2005 年 6 月 25 日
東洋学研究と著作権問題(2005 年夏期公開講座)
4
2006 年 7 月 22 日
国際化時代のデータベースとコンプライアンス(2006 年夏期公開講座)
5
2007 年 7 月 30 日
“版面権” とは何か(2007 年夏期公開講座)
6
2008 年 11 月 8 日
著作権侵害訴訟と裁判制度(2008 年度公開講座)
7
2009 年 7 月 5 日
著作権をめぐる新動向
― Google ブック検索と著作権法改正案(2009 年度公開討論会)
8
2010 年 7 月 10 日
電子出版の動向と諸問題(2010 年度公開シンポジウム)
9
2011 年 7 月 31 日
電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ(2011 年度夏期公開シン
ポジウム)
Journal of JAET vol.12 ● 89
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
Web での情報発信を行う際にはどのような法的
は言い難く、法学から東洋学への一方的な知識注
問題が生ずるのかという疑問からであった。そこ
入といっても過言ではなかった。
で、最初の二年間は、著作権およびさらに広く知
では、これが異種学問領域の対話となる転換点
的財産権について、法学者の石岡克俊氏(慶應義
はいつに求められるのであろうか。筆者はこれを
塾大学)からレクチャーを受ける形でスタートし
2004 年 12 月の第 7 回大会だと考えたい [1]。こ
た。以後、本会では春か夏に法学系イベントを、
の大会は例年とは異なり、文部科学省科学研究費
冬には大会・総会を開催、これを関東・関西で交
特定領域「東アジア出版文化の研究」G 班との共
互に行うことが基本線となった。
催として行われ、「漢籍の情報化 ― これからの
初回のイベントにおいて、我々が石岡氏の法学
出版文化」との標題が附された。この中で「漢籍
的なモノの見方に大きな衝撃を受けたのは勿論で
の新しい形-ネットワークとアーカイブ ― 」と
あったが、逆に石岡氏も東洋学的なモノの見方に
いうパネルディスカッションが行われ、
「“創作性”
大きな関心を抱いたようである。結果、石岡氏に
は何処に?東洋古典研究とデジタル化の周辺」と
は当会会員となることを快諾いただき、以後、毎
題した石岡氏の報告があった。
年のイベントで講師やコメンテーターとして活躍
いただくこととなった。
この他、笹井真也(丸善)、秋山陽一郎(京都
校訂とは非常に重要な学術的行為であるにもか
かわらず、日本の著作権法では権利として認めら
れていない。これについてどう考えるべきかを、
大学)
、前川喜久雄(国立国語研究所)、大場利康
当会幹事と石岡氏との間では、時に話題にするこ
(国立国会図書館)、清水哲郎(國學院大学)、田
とがあった。第 7 回大会での石岡報告は、これ
代真人(メディアナレジ)、守岡知彦(京都大学)、
に応える形で法学者として校訂についてどのよう
木村一彦(大修館書店)、星野渉(文化通信社)
に考えるかを示したものであった。
の各氏(所属は当時)、そして筆者が、時に発表
これが起爆剤となって、翌年の公開講座は「東
者やコメンテーターとして加わった。この 9 年
洋学研究と著作権問題」と題して校訂権を採り上
間に話題を提供いただいた各氏にこの場を借りて、
げた。ここでは、東洋学の側から、校訂がどのよ
改めて御礼申し上げたい。
うな学術行為かという予備発表を行った上で、石
こういったイベントの成果は、原則として『漢
岡氏が講演するという形をとった。つまりおぼろ
字文献情報処理研究』の各号に小特集として掲載
げながらも、ようやく東洋学と法学の学問的対話
されてきた。また、法学系イベントで得た知識を、
の素地が整ったと言えるだろう。
電脳基礎教養として紹介したり、著作権法や知的
このように、直接的な両者の対話が始まるのは、
財産権の書籍ガイド、Web サイト情報なども折
3 回目のイベントからだが、その源流こそは半年
に触れて掲載してきた。詳しくは、文末にこれら
前の第 7 回大会にあったのである。従って、筆
を一覧にしたものを表 2 として附しておいたの
者は第 7 回大会を、事実上の対話への転換点と
で参照されたい。改めて一覧にしてみると、27
して位置付けておきたい。
本もの論説となっており、「東洋学と法学の対話」
が『漢字文献情報処理研究』の主要コンテンツの
一つとなってきたことがよく解る。
▊▊ 本書の構成について
本会における法学系イベントの歴史を振り返る
▊▊ 対話への転換点
ことで、本書のコンセプトである「対話」につい
て間接的に説明を加えてきた。
本会の法学関係イベントは、先述のように、法
本会の法学関係イベントは、第 7 回大会を境
学者から法学的な知見の教示を受けることから始
にして、校訂権、版面権、データベース、電子出
まった。この意味でイベント開催当初は、対話と
版といった様々な題材を選んで、東洋学的理解を
90 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『法学と東洋学の対話(仮)』企画案(小島)
対話の題材としては、
「校訂権」
、
「収蔵物への
法学者に率直にぶつけ、法学的見解を引き出すと
アクセス」がほぼ決定している。その他、昨年度、
いう対話形式を成長させてきた。
依然として法学者から教えを受ける場面の方が
今年度と法学系イベントで採り上げている、電子
多い感もあるが、こちらからの問いかけが、法学
書籍、電子出版なども対象として興味深いと考え
者に新たな視点を提示したり、新しい発想のヒン
ている。今後、東洋学、法学それぞれの立場から、
トとなったこともあるようである。
本書に相応しいと考えられるテーマを選び、両者
本書の詳細な構成はまだ固まってはいないが、
大きく分けて、法学的な理解を深める概説部分と、
東洋学の側から疑問を投げかけ、法学者と対話
する型式を踏む部分からなる予定である。これは
我々が 9 年かけて歩んだ道筋に等しい。
の対話の中で、方向性を煮詰めていきたい。
注
[1] この大会の詳細については表 2No.8 の拙稿を参照のこ
と。
表 2:『漢字文献情報処理研究』掲載の著作権関係論考・レビュー等一覧
号数
発行年月
書誌事項
1
師茂樹「『東洋学情報化と著作権問題』参加レポート」(漢情研 2003 年
夏期公開講座 東洋学情報化と著作権問題報告)
2
石岡克俊「所有権の行使と無体財産の法的保護:判例の分析と解説(東
洋学情報化と法律問題;第 1 回)」(漢情研 2003 年夏期公開講座 東洋
2003 年 10 月
学情報化と著作権問題報告)
4号
3
小島浩之「著作権についての知識を深めよう:東洋学のための著作権サ
イト・ページ指南」
(漢情研 2003 年夏期公開講座 東洋学情報化と著
作権問題報告)
4
石岡克俊「収蔵作品へのアクセスと法(東洋学情報化と法律問題;第 2
回)」(漢情研 2004 年春期・夏期公開講座報告)
5号
2004 年 10 月
5
小島浩之「法理論と実務の狭間:
『東洋学情報化と著作権問題Ⅱ』から」
(漢
情研 2004 年春期・夏期公開講座報告)
6
秋山陽一郎「校訂とはいかなる行為か?」
(漢情研 2005 年公開講座報
告 東洋学研究と著作権問題)
7
石岡克俊「『校訂』の著作権法上の位置:校訂権とその周辺;その一(東
洋学情報化と法律問題;第 3 回)」(漢情研 2005 年公開講座報告 東洋
2005 年 10 月 学研究と著作権問題)
6号
8
小島浩之「『漢籍の情報化―これからの出版文化』:漢情研第七回大会か
ら」(漢情研 2005 年公開講座報告 東洋学研究と著作権問題)
9
小島浩之「情報発信のルール・マナー・スキル」
(特集 1:知っててお得!
東洋学系電脳基礎教養)
10
上地宏一「夏期公開講座レポート」
(漢情研 2006 年公開講座報告 国
際化時代のデータベースとコンプライアンス)
11
12
7号
石岡克俊「音楽/楽譜の校訂と著作権法;前編 校訂権とその周辺;そ
2006 年 10 月 の二(東洋学情報化と法律問題;第 4 回)」(漢情研 2006 年公開講座報
告 国際化時代のデータベースとコンプライアンス)
山田崇仁「中国の知的財産権関連の書籍と Web サイトの紹介」(漢情研
2006 年公開講座報告 国際化時代のデータベースとコンプライアンス)
Journal of JAET vol.12 ● 91
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
号数
発行年月
書誌事項
佐藤信弥「夏期公開講座レポート」(漢情研 2007 年公開講座報告 “版
面権” とは何か)
13
8号
14
2007 年 10 月 石岡克俊「音楽/楽譜の校訂と著作権法;中編 校訂権とその周辺;その
三(東洋学情報化と法律問題;第 5 回)」(漢情研 2007 年公開講座報告
“版面権” とは何か)
15
小島浩之「著作権をめぐる最近の動向:Google ブック検索問題と著作権
法改正案」(漢情研 2009 年公開講座報告 著作権をめぐる最近の動向
“Google ブック検索” と著作権法改正案)
16
前川喜久雄「KOTONOHA『現代日本語書き言葉均衡コーパス』におけ
る著作権処理」(漢情研 2009 年公開講座報告 著作権をめぐる最近の
動向 “Google ブック検索” と著作権法改正案)
17
10 号
大場利康「著作権法改正と国立国会図書館のデジタル化を巡って」
(漢
2009 年 10 月 情研 2009 年公開講座報告 著作権をめぐる最近の動向 “Google ブッ
ク検索” と著作権法改正案)
18
清水哲郎「雑考:Google ブック検索とアメリカの出版事情」
(漢情研
2009 年公開講座報告 著作権をめぐる最近の動向 “Google ブック検
索” と著作権法改正案)
19
石岡克俊「学術情報のディジタル化:国立国会図書館の新たな役割」
(漢
情研 2009 年公開講座報告 著作権をめぐる最近の動向 “Google ブッ
ク検索” と著作権法改正案)
20
田代真人「電子書籍の動向と検閲問題」
(2011 年公開講座報告 電子出
版の動向と諸問題)
21
守岡知彦「電子書籍とソフトウェアの自由 : 電子書籍の永続のために」
(2011 年公開講座報告 電子出版の動向と諸問題)
11 号
2010 年 10 月
22
石岡克俊「電子書籍(e-book)とプラットフォーム : 競争法上懸念され
る二つの問題」(2011 年公開講座報告 電子出版の動向と諸問題)
23
師茂樹「全体討論のまとめ」(2010 年公開講座報告 電子出版の動向と
諸問題)
24
木村一彦「電子辞書市場の変遷にともなって生じた関係性の変化 ― 電
子辞書メーカー、出版社、並びに販売店 ― 」(2011 年公開シンポジ
ウム報告 電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ)
25
星野渉「電子辞書からみた電子書籍普及のポイントと、日本ならではの
電子化による出版産業へのインパクト(星野)」(2011 年公開シンポジ
ウム報告 電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ)
12 号
2011 年 10 月
26
石岡克俊「プラットフォームの私法上の位置付け ― 放送法における「有
料放送管理事業者」の規定を手がかりに ― 」(2011 年公開シンポジ
ウム報告 電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ)
27
小島浩之「公開シンポジム『電子書籍時代のプラットフォームとコンテ
ンツ』余話 : シンポジウムの概要と質疑応答・総合討論」
(2011 年公開
シンポジウム報告 電子書籍時代のプラットフォームとコンテンツ)
92 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
《初年次教育向けテキスト》企画案(師)
《初年次教育向けテキスト》
企画案
師 茂樹(もろ しげき)
この経験は、情報歴史学という個別の領域に留ま
▊▊ 経緯:卒論指導から初年次教育へ
本企画案は、漢字文献情報処理研究会・第 12
回 大 会(2009 年 12 月 20 日 ) の 企 画 討 論 会
「Windows7 時代の “電脳中国学” と “人文系情報
らず、ちょうどその頃から勤務先である花園大学
の FD(Faculty Development)セクションの立ち
上げに携わるようになっていたこととも相まって、
大学教育一般についての思索を深める良い機会と
なった。
処理テキスト”」における発表と、それをうけて
ところでこの大会におけるディスカッションを
組まれた『漢字文献情報処理研究』第 11 号(2010
経て、千田大介氏の提案に含まれていた初年次教
年 10 月)の特集「Windows7 時代の『電脳中国学』
育の要素を分離し、筆者がそれを継承する形と
と人文系情報処理テキスト」で発表した拙稿「導
なった。論題を見ればわかるように、
『漢字文献
入教育としての電脳中国学 千田大介案へのコメ
情報処理研究』第 11 号の拙稿はそれを受けて書
ントとして」を受けてのものである。以下、前記
かれたものである。先に述べたように、ちょうど
拙稿と重なる部分も多いが、ご容赦いただきたい。
その年に本格的に始動した職場の FD セクション
第 12 回大会において筆者は、後藤真・田中正流・
の立ち上げに携わっていただけでなく、その数年
師茂樹『情報歴史学入門』
(金壽堂出版、2009 年)
前から初年次教育カリキュラムの改革と運営も担
での執筆経験を踏まえたコメントを行った。この
当していたこともあって、ディスカッションがこ
本は、情報歴史学(コンピュータを用いた歴史学
のような方向に流れていったのは筆者の興味関心
の研究)の専門コースやゼミに所属して卒論に向
にジャストミートする非常に望ましい展開であっ
けた研究をスタートさせる学生を対象に、データ
た。
ベースなどの批判的な “読み”(文献学や文献史
付け加えるならば、筆者が『情報歴史学入門』
学における史資料批判に相当する)、データベー
などで扱った卒論指導と初年次教育とは、大学の
スなどの開発手法やコンピュータを使った研究方
年次の両端にあるもので、まったく異なったもの
法、そして卒業論文執筆の手引きである。
であると思われるかもしれないが、後にも述べる
この中でも筆者にとって特に思い入れがあるの
ように初年次教育の中心には卒業論文をゴールと
は最後の卒業論文の部分である。これは、2002
した大学教育へのスムーズな導入、という面が強
年から情報歴史学コースを担当するようになって
いので、むしろ裏表の関係にあると言えるもので
から、カリキュラムなどの前例がまったくないな
ある。その意味でも、このディスカッションの流
かで試行錯誤を繰り返しながら研究指導や卒業論
れは自然なものであったのではないかと思われる。
文指導などをしてきた経験をまとめたものである。
Journal of JAET vol.12 ● 93
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
第Ⅳ部 まとめる・書く
▊▊ 初年次教育の実状
初年次教育とは、リカレント教育(高等学校以
第 8 章 アカデミック・ライティングの基本
スキル
第 9 章 効果的なアカデミック・ライティン
グのために
前の科目の補習授業)や学生サポート、就職活動
支援など、多くの要素を含んだ教育実践を指して
第⓾章 パソコンによるライティング・スキ
ル
いるが、その中心は高等学校の教育から大学の教
育への円滑な移行を目的とする教育プログラムの
第 V 部 表現する・伝える
ことであろうと思われる。そして、初年次教育と
第⓫章 プレゼンテーションの基本スキル
いう文脈において、高等学校と大学との大きな違
第⓬章 わかりやすいプレゼンテーションの
ために
いとして強調されるのは、前者が学習指導要領な
どによって統一された教育プログラムに則って生
徒が学習をする、というものであるのに対して、
この目次から、情報を集め、それを批判的に検
後者においては学生が自ら目標を立て、学習内容
討することで問題を発見し、その解決策などをレ
をデザインし、さらには自ら問題を発見して解決
ポートやプレゼンテーションで発表する、という
をする、という主体的な学びが要求される、とい
所謂「スタディ・スキルズ」の獲得を目的とする
う点であろう。もっとも、近年、小中高の教育に
内容であることがわかるだろう。そして、このス
調べもの学習などが多く導入される一方、資格取
タディ・スキルズとは、卒業論文をゴールとする
得を売りにして、卒論を書かなくてもいい大学に
大学教育というモデルを前提としていると思われ
人気が集まっていることもあり、上のような高校
る。初年次教育とは、言わば「理想的なゼミ生」
以前=受動的学習/大学以上=主体的学習のよう
を育成するための教育プログラム、という側面が
な単純な図式で語ることはできない。あくまでも、
あるのである。
大学教員の立場で理想化された大学教育像のよう
とは言え、多様な学生を受け入れている大学教
なものを反映していると言ったほうがよいのかも
育の現実においては、スタディ・スキルズ以前
しれない。
に、基礎学力を底上げするためのリカレント教育
ともあれ、初年次教育用のテキストとして評価
や、友人知人を作ることが苦手な学生に対する居
が高い学習技術研究会編著『知へのステップ 第
場所づくりのような学生支援的な取り組み、ある
3版 大学生からのスタディ・スキルズ』(くろ
いは低下する就職率を少しでも上向きにしようと
しお出版、2011 年)の目次を見てみると、次の
する就職活動支援などに重点が置かれる場合も少
ような構成になっている。
なくない。また、スタディ・スキルズに関しても、
上の『知へのステップ』をテキストにした授業を、
第Ⅰ部 はじめに
第 1 章 スタディ・スキルズとは
第Ⅱ部 聴く・読む
従来の講義形式あるいはゼミ形式で半年や一年こ
なせば「理想的なゼミ生」が育つ…などと楽観す
ることなど、とてもできはしない。最初にも述べ
第 2 章 ノート・テイキング
たように、初年次教育というひとつの言葉が対象
第 3 章 リーディングの基本スキル
としている領域は非常に広範囲に渡っているので
第 4 章 より深いリーディングのために
ある。
第Ⅲ部 調べる・整理する
第 5 章 大学図書館における情報収集
第 6 章 インターネットによる情報収集
第 7 章 情報の整理
94 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
▊▊ 初年次教育のトレンド
では、このような多様な問題に対して、現在、
《初年次教育向けテキスト》企画案(師)
どのような方法が模索されているのだろうか。た
とえば、先日行われた初年次教育学会第 4 回大
会(2011 年 8 月 31 日〜 9 月 1 日、久留米大学)
のプログラムを見てみると、次のようなトピック
が並んでいる。
▊▊ 基本方針
さて、以上述べてきたような実状やトレンドを
どのように《初年次教育向けテキスト》に盛り込
むかであるが、言うまでもなくすべてを盛り込む
⿟協同学習/
⿟
Active Learning
ことはできないし、盛り込んだとしても《初年次
⿟グループワーク/
⿟
PBL(プロジェクト型授
教育向けテキスト》を利用する教員全員が PBL
業)
⿟学習意欲向上・動機付け
⿟
などを授業にすんなり導入できるとも思えない
(PBL には PBL のスキルが必要である)。その意
⿟キャリアデザイン
⿟
味では、やはり、資料調査やレポート作成などの
⿟ピアサポート
⿟
スタディ・スキルズ的要素が中軸となるであろう。
⿟スタディ・スキルズ獲得
⿟
しかし、グループワーク的な要素(学生に取り組
⿟高大接続/入学前教育
⿟
ませる課題のなかにグループワーク的なものを含
めるなど)やキャリアデザイン的要素(たとえば
このなかでも特に、協同学習や Active Learning、
社会人基礎力=「前に踏み出す力」
「考え抜く力」
PBL(プロジェクト型授業)などは、従来の講義
「チームで働く力」などとの関連を示すなど)を
形式あるいはゼミ形式に対する、新しい教育・学
盛り込むことで、初年次教育のトレンドにも多少
習方法の提案として注目される。これらの方法は、
は対応できるようなものを目指したい。
単なる学習効率の向上だけではなく、学習意欲や
先に述べたように、元々本書は『電脳中国学Ⅲ
自発性の向上、学生間のネットワークの形成(≒
(仮称)
』企画から派生したこともあり、読者の対
友だち作り)など、幅広い問題に対する効果が期
象は中国語・中国学(東洋学)を学ぶ(予定の)
待されている。もちろん、実際にどの程度の効果
学生が中心である。しかし、初年次教育という性
があるのかは今後の検証を待たねばならないだろ
質上、大部分の受講生が中国語や中国学について
うが、このような取り組みがなされていることに
ほとんど白紙の状態であることもまた大前提であ
ついて一定の目配りが必要ではないかとも思われ
ると言ってよい。したがって、中国語情報処理的
るのである。
な授業は早くとも 1 年生の後期授業から、とい
余談にはなるが、初年次教育学会において、あ
うことにならざるを得ないため、《初年次教育向
る発表者が「我々は研究者なのだから、教育方法
けテキスト》も通年(2 セメスター)授業を前提
についても研究すればよいのだ」という趣旨の発
にすべきであろう。そのうえで想定される読者の
言をしたことに、共感をおぼえた経験がある。教
能力については前半と後半(4 月からスタートす
育改善に関する議論は、研究者どうしであっても、
るのであれば前期と後期)で次のように差をつけ
しばしば自分の実体験、成功体験を披瀝すること
た方がよいのではないかと思われる。
に終始することが多い。それぞれの事例を批判的
に検討し、そこから一般性を見出していく作業は、
前半:中国語能力を前提としない(でき
研究者の最も得意とするところではないかと思う。
ない)が中国を中心とした東アジ
したがって、初年次教育に限らず、大学教育全般
アのことに比較的関心が高い
において、そのような検討のされ方がなされるべ
きではないかと思う。
後半:前期と同じだが、ピンインがわか
るなど、ごく初級の中国語能力が
ある
Journal of JAET vol.12 ● 95
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
分量としては、1 セメスター 15 回× 2 セメス
最初に授業の目標を説明するのは、授業改善の
ター× 1 日 6 ページ= 180 ページ程度が目安と
方法として広く普及しているものである。例えば、
なるのではないかと思われる(他の初年次教育の
右表目次案「大学入門編」5 日目の「巨人たちの
教科書も同程度の分量で、価格が 2,000 円前後)。
肩に乗る (1)」の目標は、次のようになる。
その他、文章を簡潔にし、小見出しを多めにす
る、写真・図版を多めに入れる…などの、読みや
⿟先行研究調査の重要性について知る
⿟
すさの配慮はもちろんこと、各大学での情報処理
⿟資料の種類について知る
⿟
教育環境が必ずしも統一されていないことを踏ま
⿟図書館やインターネットを使った資料の探
⿟
えて、もっとも普及している Windows + Office
し方をマスターする
環境を前提としつつも細かい操作方法などの説明
はしないようにする。
✿✿目次案
最後の課題の部分には、先に述べたようにグ
ループワーク的なものを含める。同じく目次案 5
日目の課題は、例えば次のようにする。
上に述べたように、通年授業を前提に、以下の
目次案の通り各コマを 1 章(計 30 章)として構
1. 自分の大学(学部・学科)が発行している
学術雑誌を探してみよう。
成する。新しい取り組みがなされる場合にはしか
たのないことであるが、初年次教育がここ数年で
2. グループでテーマ(
「三国志」
「文化大革命」
急速に広がっている一方、授業経験に乏しい教員
など)を決めて、辞典や新書などでキーワ
が担当しなければならない、という実状があるた
ードを集めてみよう。集めたキーワードを
め、このような構成を採用した。
グループ内で持ち寄り、どのようにしてキ
ーワードを探したのか、メンバーどうしで
以下の目次案は暫定的なものなので、読者諸賢
情報を共有しよう。
のご意見をいただければ幸いである。
✿✿各章の構成
各章は、次のような三部構成にしたいと考えて
3. 2 で集めたキーワードを使って、CiNii や
Webcat を検索してみよう。
4. 3 で検索した雑誌や書籍が、自分の大学の
図書館にあるか、調べてみよう。
いる。
1. 今日の目標
2. 本文
3. 今日の課題
96 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
こちらについてもご意見をいただければ幸いで
ある。
《初年次教育向けテキスト》企画案(師)
✿✿第 1 部 大学入門編
テーマ
内容
⿎1
⿎ 日目
⿟大学での「学び」と高校までの「勉強」との違い
⿟
⿎2
⿎ 日目
⿟情報セキュリティについて
⿟
⿟著作権などの法令について
⿟
⿙大学での学びとパソコン
⿙
⿙情報モラル
⿙
⿟ビジネス(風)メールの書き方
⿟
⿟携帯電話のメールとの違い
⿟
⿙インターネット・コミュニケーション・ス
⿙
⿎3
⿎ 日目
キル
⿎4
⿎ 日目
⿟必要な手順(テーマ決定・問題発見→先行研究調査
⿟
→実際の調査→レポートなどの作成)の説明
⿎5
⿎ 日目
⿟先行研究調査の重要性の説明
⿟
⿟大学図書館における情報収集の基礎(一次資料と二
⿟
次資料、書籍と雑誌など)
⿟OPAC、CiNii
⿟
などの使い方
⿎6
⿎ 日目
⿟中国関連のリファレンスブックの使い方
⿟
⿟国会図書館アジア情報の調べ方(http://rnavi.ndl.
⿟
go.jp/asia/entry/research-guide-asia.php)など
⿎7
⿎ 日目
⿟サーチエンジンを使いこなせ(AND
⿟
検索など)
⿟Wikipedia
⿟
を使うときの注意点
⿎8
⿎ 日目
⿙巨人たちの肩に乗る
⿙
(4)
⿟ウェブ以外の情報源
⿟
⿙発表・レポートに向けた計画を立てる
⿙
⿙巨人たちの肩に乗る
⿙
(1)
⿙巨人たちの肩に乗る
⿙
(2)
⿙巨人たちの肩に乗る
⿙
(3)
⿎9
⿎ 日目
⿟集めた先行研究を読み、比較したりしながら問題点
⿟
を抽出
⿟専門辞書を使いながら読む
⿟
⿟ノートを取る(Excel
⿟
やエディタによる文献ノート、
コラムでマインドマップ、Evernote など)
⿎10
⿎ 日目
⿟調査の方法(先行研究で言われていることが、他の
⿟
資料でもあてはまるか確認してみる/先行研究が言
っていることと違う証拠を探してみる etc...(学生に
とっつきやすいテーマで)
※人文学の場合、問題発見→資料調査→問題解決
みたいな流れより、資料調査→問題発見→問題
解決みたいな流れなので、このやり方は教員に
とって馴染みがないかも知れない。
⿙巨人たちの肩に乗る
⿙
(5)
⿙調査⑴
⿙
Journal of JAET vol.12 ● 97
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
テーマ
内容
⿎11
⿎ 日目
⿟実際の調査の例
⿟
⿎12
⿎ 日目
⿟レポートの書き方、レジュメの作り方(レジュメと
⿟
は何か?など)
⿎13
⿎ 日目
⿟脚注や参考文献の書き方
⿟
⿎14
⿎ 日目
⿟ワープロの様々な機能(構造化とかスタイルとか)
⿟
⿎15
⿎ 日目
⿟反省、自己評価、教員による評価
⿟
⿟日本の
⿟
A 新聞では「中国の若者は○×だ」って書
いてあった。ほんとかな?
→ B 新聞/中国の新聞の日本語版を検索してみた
ら同じネタについての記事があった!
→読んでみたら、A 新聞とぜんぜん違うことが書
いてあった!
⿙調査⑵
⿙
⿙発表・レポートに向けて⑴
⿙
⿙発表・レポートに向けて⑵
⿙
⿙発表・レポートに向けて⑶
⿙
⿙発表・レポート
⿙
✿✿第 2 部 コンピュータを使った中国学入門
テーマ
内容
⿎1
⿎ 日目
⿙中国学とパソコン
⿙
⿟中国系の勉強をするときにはネットは不可欠
⿟
⿎3
⿎ 日目
⿙中国語入力の基礎
⿙
⿟中国語
⿟
IME の使い方(ピンイン入力など)
⿟読めない漢字の出し方
⿟
⿎2
⿎ 日目
⿙中国のネット事情
⿙
⿟中国のネットの常識(検閲、海賊版など)
⿟
⿟パソコン以外のネットワーク(携帯電話、QQ
⿟
など)
⿎4
⿎ 日目
⿙巨人たちの肩に乗る⑹
⿙
⿟中国語の書籍、論文を探す(各種サービス)
⿟
⿟入手方法(国会図書館の複写サービスなども含む)
⿟
、
本の買い方など
⿎5
⿎ 日目
⿙調査⑶
⿙
⿎6
⿎ 〜 7 日目
⿙調査⑷
⿙
98 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
⿟中国のサーチエンジンを使いこなせ(中国の検索サ
⿟
イトの違いなど)
⿟各分野ごとの資料調査方法
⿟
(主要データベース紹介)
⿟代表的な古典籍・文献史料などのデータベースの使
⿟
い方
※検索結果を見ても読めない場合があるので、訳
注本なんかへのリンクが必要
⿟新聞記事や統計データなどなどのデータベースの使
⿟
い方
※中国の現代語について調べる方法、翻訳サービ
スの使い方なども必要
《初年次教育向けテキスト》企画案(師)
テーマ
内容
⿎8
⿎ 日目
⿟実際の調査の例
⿟
⿎9
⿎ 日目
⿙発表・レポートに向けて⑷
⿙
⿟中国語・多漢字をワープロで使うための様々な機能
⿟
(フォント漢文入力などの基礎テクニック)
⿙調査⑸
⿙
⿎10
⿎ 日目
⿙発表・レポートに向けて⑸
⿙
⿟先行研究では「○×」という語は〜という意味で使
⿟
われていると書いてあった。本当だろうか?
→文献データベースで検索してみたらヒットした
→訳注を見てみたら、違う解釈が書いてあった!
⿟日本の新聞では「中国の若者は○×だ」って書い
⿟
てあった。本当だろうか?
→中国のニュースサイトを検索してみたら記事が
あった!
→自力で読んでみたら/翻訳してみたら、日本の
新聞とぜんぜん違うことが書いてあった!
⿟PowerPoint
⿟
の使い方
⿎11
⿎ 日目
⿙発表・レポートに向けて⑹
⿙
⿟効果的なプレゼンのために(しゃべるスピード、ス
⿟
ライドの数などのテクニック)
⿎13
⿎ 日目
⿙次のステップへ向けて⑴
⿙
⿟中国語情報処理の基礎知識(文字コードとか)
⿟
⿟書籍案内
⿟
⿎15
⿎ 日目
⿟総括
⿟
⿎12
⿎ 日目
⿙発表・レポート
⿙
⿎14
⿎ 日目
⿙次のステップへ向けて⑵
⿙
⿟反省、自己評価、教員による評価
⿟
⿟中国語メールの書き方
⿟
Journal of JAET vol.12 ● 99
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
『中国学電脳リファレンスマ
ニュアル(仮)』企画案
千田 大介(ちだ だいすけ)
▊▊ 経緯
▊▊ コンセプト
筆者は 2009 年 12 月 20 日の漢情研大会、お
本書の基本コンセプトは、
「情報時代に対応し
よび本誌 11 号にて、教科書的構成と中国学リファ
た中国学リファレンスマニュアル」である。読者
レンスマニュアルとを一体化した、決定版中国学
としては、中国学の研究者・学習者(大学院生・
研究マニュアルという『電脳中国学Ⅲ』(仮)の
学部生)
を想定している。また、
中国学以外のジャ
コンセプト・目次案を提案した。その構成は、入
ンルの研究者が中国学を学ぶ際の手引き書として
門者から研究者までをカバーするマニュアルを目
も機能するように留意する。いずれにせよ、中国
指し、初年次(導入)教育の構成を借りて PC ス
学の調査・研究に対する意欲・必要性を既に持っ
キルをレクチャーしつつ、中国学におけるデジタ
ている層が対象であり、なぜ学術研究において資
ル的調査・研究方法への動機付けをはかり、その
料調査が必要であるのかといった、いうなれば動
後に中国学リファレンスマニュアルを掲載する、
機付けの部分を本書は含まない。また、パソコン
というものだった。
における中国語・漢字などの扱い方や検索方法と
それに対して、ページ数が多くなりすぎる、前
いった、人文学情報処理マニュアル的内容も取り
半と後半とでターゲットとなる層が異なってくる、
扱わない。そうした内容については、別途刊行す
などの指摘を受けた。そうした意見を踏まえ、ま
る『電脳中国学Ⅲ(仮)
』
・初年次教育本などに委
た本年度より科研費プロジェクトと連動する形で
ねるものとする。
始動した各種出版計画では、Windows の中国語・
同種の中国学の調査方法をレクチャーする書籍
多漢字スキルに絞った『電脳中国学Ⅲ(仮)』、初
としては、『中国学レファレンス事典』が挙げら
年次教育教科書、それと中国学電脳リファレンス
れる。同書は文史哲から美術まで様々なジャンル
マニュアルが、それぞれ別個の書籍として計画さ
の資料調査方法を網羅していて非常に有用であ
れるに至ったことを受けて、昨年度の案を大幅に
り、1980 ~ 90 年代に中国学を学んだ世代であ
見直し新たにまとめなおしたのが本企画案である。
れば、誰もが一度はお世話になったものと思われ
以下、そのコンセプトを概説し、目次のアウ
る。もっとも同書も万能ではない。同書は当時出
トラインを提示したい。
版されていた各種工具書の紹介本としての特色を
持つため、編集の方向が「何を調べたいか」では
なく「既存工具書で何が調べられるか」となって
100 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『中国学電脳リファレンスマニュアル(仮)』企画案(千田)
おり、いささか使いにくい面がある。なにより、
学術領域ごとに有用なデータベース、人名・地名・
刊行年代が 1980 年代と古いため、1990 年代中
専門タームなどに関する工具書や典故・事例の調
国本土の工具書ブーム、その後のデジタル化の衝
査方法、基礎的な作品集や資・史料集、および文
撃を経た現在においては、必ずしも有用とはいえ
献の取り扱いで特に注意すべき点などを整理する。
なくなっている。
これは、学術領域別研究入門情の分担執筆と併せ
各種工具書が氾濫し、様々な全文データベース
て、各ジャンルにおける調査方法・工具書を挙げ
が林立する現在にあって、真に有用なリファレン
てもらい、それを再構成して作成する方法を考え
スマニュアルを作り上げるには、分野横断的に執
ている。
筆者を集めて、専門的見地からそれぞれの学術領
「学術領域別研究入門情報」では、学術領域ご
域において有用な工具書を選定・紹介するととも
とに概説書や研究入門情報を扱う書籍・Web サ
に、効率的な資料調査方法、基本的な作品集や資・
イトなどを整理するものである。このとき、それ
史料集を紹介する必要があろう。また、アナログ
ぞれの領域が研究対象や方法の相違によって、い
的手法とデジタル的手法が併存する現状において
かなる子領域に分けられるのかも整理する。
は、紙媒体のみならず各種データベースの機能・
「大規模全文データベースマニュアル」は、各
有用性をも検討し、アナログ的手法とデジタル的
種全文データベースについて、底本とテキストの
手法とをフラットに扱うことも必要である。
質、検索条件設定方法の詳細、異体字の扱いや検
現在、国立国会図書館をはじめとして、いくつ
索機能の特色など情報工学的視点からの評価な
かの図書館がデジタル的方法をも含む中国学の調
どをまとめる。データベースの案内そのものは
査方法をまとめたコンテンツを Web 上に公開し
『電脳中国学Ⅲ(仮)
』でも取り扱う予定であるが、
ており、それらが本『中国学電脳リファレンスマ
そちらが広く浅い紹介を旨とするのに対して、本
ニュアル』と重なる面もあろう。しかし、それら
書は研究上のニーズに応えるべくより高度な操作
の多くは Web サイトや工具書を列挙するのみで、
方法を解説し、データベースを評価することを目
いずれの方法がより有用であるかという評価情報
的とする。
を含まないので、専門的見地からの評価情報を含
また本セクションで取り扱われるデータベース
む本書と直接に競合するものではないと思われる。
については、当然、
「事項別リサーチガイド」で
また、歴史学など個別のジャンルに関する研究
も多々言及されることになるので、相互に参照ポ
入門書はいくつも刊行されているが、デジタル的
インタで関連づけるものとする。関連して、大規
研究手法を詳細に解説したものは少ないし、中国
模データベースの国内導入機関目録も作成したい。
学を分野横断的に見渡したものも見当たらない。
この点でも本書は従来にない書籍となろう。
▊▊ 構成
『中国学電脳リファレンスマニュアル』は、大
きく分けて以下の 3 セクションで構成する。
▊▊ 課題・問題点
本書の編集にあたっては、まず執筆者の確保が
問題となろう。書籍の性質上、デジタル・アナロ
グ調査手法に通じ、分野を見渡せる研究者でなく
ては執筆が難しいからだ。また、各ジャンルを見
渡す構成であるため、どこまで記述を詳細にする
1.事項別リサーチガイド
かが、全体のページ数をどの程度にするかという
2.学術領域別研究入門情報
問題とも絡んで、難しくなる。
3.大規模全文データベースマニュアル
また、リファレンスに関する情報は、書籍の出
版やデータベースの更新・公開などで、常に変
はずはじめの「事項別リサーチガイド」では、
化していくものである。このため、本書の内容
Journal of JAET vol.12 ● 101
特集2
情報化時代における
中国学次世代研究基盤の確立
を Web に公開し、リアルタイムに更新していく、
といった方法を考える必要もあろう。
本書の刊行は四年後を予定しているので、執筆
2.5.古典文学
2.5.1. 古典詩文の全集・別集
2.5.2. 典故を調べる
者捜しと並行して、いましばらくこうした問題に
2.5.3. 古典詩文の解釈
関する検討を進めていきたいと思う。
2.5.4. 古典戯曲のテキスト
2.5.5. 古典小説のテキスト
▊▊ 『中国学電脳リファレンスマニュ
アル』目次ラフ案
2.5.6. 白話語彙の辞書
3.学術領域別入門情報
3.1.文学
1.はじめに
3.1.1. 詩文
2.事項別リサーチガイド
3.1.2. 通俗文学
2.1.概略を把握する
3.1.3. 現代文学
2.1.1. 百科事典的知識を得る
3.2.言語学・語学教育
2.1.2. 漢和辞典・古代漢語辞典
3.3.史学
2.1.3. 近代漢語辞典
3.4.哲学・宗教学
2.1.4. 中国語辞典
2.2.人物を調べる
2.2.1. 総合
2.2.2. 時代別
3.4.1. 儒教
3.4.2. 中国古代思想
3.4.3. 道教
3.4.4. 仏教
2.2.3. 別名・字号
3.5.書誌学
2.2.4. 官職名
3.6.芸術学
2.2.5. 近現代人名
3.6.1. 美術
2.2.6. 神格・架空人名
3.6.2. 演劇
2.3.暦・地理情報を調べる
2.3.1. 暦の換算
2.3.2. 地名辞典・検索
3.6.3. 映画・映像
4.大規模データベースマニュアル
4.1.古典文献データベース
2.3.3. 古代地理情報
4.1.1. 漢籍電子文献
2.3.4. 古代地図
4.1.2. 寒泉
2.3.5. 現代地名・地図
4.1.3. 四庫全書
2.4.書籍・論著を調べる
4.1.4. 四部叢刊・書同文系
2.4.1. 蔵書検索
4.1.5. 基本古籍庫・愛如生系
2.4.2. 叢書子目の検索
4.1.6. 国学
2.4.3. 漢籍・版本の検索
4.1.7. 仏典
2.4.4. 書籍の購入
4.2.雑誌記事
2.4.5. 論文・雑誌記事の検索
4.2.1. CNKI
2.4.6. 学術雑誌の閲覧
4.2.2. CHINA3
2.4.7. 一般誌の閲覧
4.2.3. 国会図書館雑誌記事検索
102 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
2010~2011
ソフトウェア
レビュー
2011 年度のレビューをお届けする。
本号では、通常のソフトウェアレビューに加え、「震災と情報」という小特集を企画した。「震災」と
は言うまでもなく、2011 年 3 月 11 日に発生した東日本大震災のことである。震災直後から、Twitter
や Google Maps をはじめとする情報サービスが活用される一方、使用不能になるサービスも発生する
など、様々なことが起きたのは記憶に新しい。被災地に直接入っての救援、ボランティア活動も盛んに
行われている一方、インターネット上での支援活動の試みも数多く見られる。今回寄稿していただいた
「saveMLAK」と「多言語・情報弱者対応災害支援リンク集」は、ともに大学等の研究機関に属する研
究者や専門職らによる支援活動として注目されるものである。
ソフトウェアの方は、Mac OS X や iBooks で採用される EPUB など、Apple がらみのものが目立つよ
うに思われる。Mac OS X Lion の配布がオンラインストアで行われ、しかも一度購入すれば何台にイン
ストールしてもよい、というライセンス形態を採用しているという点は、Microsoft 全盛時代のソフト
ウェアをパッケージで販売するモデルが終焉を迎えていることを予感させる。時代が大きく変化してい
るのであろう。
Contents
震災と情報
ソフトウェア
saveMLAK ウィキサイト ― 博物館、図書館、文書館、公民館の震災関連情報 ―
......................................................................................................... 江草 由佳・高久 雅生
104
『多言語・情報弱者対応災害支援リンク集』について
― Multi-path Communication リテラシーのために ― .....................................山崎 直樹
109
Mac OS X Lion.......................................................................................................師 茂樹
Microsoft Office for Mac 2011......................................................................師 茂樹
WG ピンイン IME.................................................................................................小川 利康
J 北京 7.....................................................................................................................金子 眞也
一太郎 2011 創.....................................................................................................山田 崇仁
EPUB3.......................................................................................................................師 茂樹
114
116
118
120
122
125
Journal of JAET vol.12 ● 103
ソフトウエア・レビュー
❖震災と情報
saveMLAK ウィキサイト
― 博 物 館 、図 書 館 、文 書 館 、公 民 館 の 震 災 関 連 情 報 ―
江草 由佳・高久 雅生
図 書 館(Library)、 文 書 館(Archives)、 公 民 館
⿡⿡ 1 saveMLAK とは
saveMLAK プ ロ ジ ェ ク ト は、 博 物 館(Museum)、
図1:メインページ
(Kominkan)(以降 MLAK と呼ぶ)の関係者、支援者
等の有志によって構成されたプロジェクトである。被
災した MLAK 施設や関係者の支援、全国の MLAK が
今回の震災に対して行なっている活動の推進、将来の
震災に備えるために MLAK ができる活動の推進など
を行なっている。
元 々 は、savelibrary, savemuseum, savearchives,
savekominkan という、MLAK それぞれの施設の被災・
救援情報を集約するいわゆる情報まとめサイトを運営
する活動としてスタートしたが、2011 年 4 月にはこ
の 4 つのサイトを統合して saveMLAK として http://
savemlak.jp/ を開設した。
また、時が経つにつれ、プロジェクトの活動内容は、
当初行なっていた各施設の被災情報・救援情報を集め
て発信するにとどまらず、様々な関連する活動へと広
がっていき、収集・発信する情報も様々なものが出現
するようになった。
著者らは saveMLAK プロジェクトの初期から活動
しており、特にサイト構築やシステム関連の活動を行
なっている。
本稿では、saveMLAK のウィキサイトの内容と使用
したウィキシステムについて紹介する。
saveMLAK の活動はゆるやかな不特定多数のボラン
ティア参加者の集まりによって成り立っており、具体
的な活動としては参加者それぞれが自分にできる範囲
での情報の収集と提供、さらにはボランティア活動や
支援活動への参加などを行っている。
参加者間のやりとりはウィキサイトに加えて、メー
リングリストとツイッター、オフラインでのミーティ
ングを通じて行われ、さまざまな活動の調整を行って
いる。
104 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
saveMLAK wiki サイト
震災と情報
ウィキサイト上に設けられた saveMLAK の参加有
志欄には、2011 年 8 月現在、36 名が署名をしてい
る。ウィキサイトには後述するような様々な情報が
まとめられており、2011 年 8 月現在、ページ総数は
15,776 ページあり、これまでに編集に参加したユー
ザアカウントは 351 編集者に達している。また、コ
ミュニティ活動という形でメーリングリストには 260
名が参加し、メーリングリスト開設以来 2,876 通(一
日平均約 20 通)と活発な議論がかわされている。
⿡⿡ 2 ページ種別
まず、saveMLAK ウィキサイトにどんな情報がある
か紹介する。大きくわけてメインページ、施設ページ、
コンテンツページ、編集者用ページの 4 つにわかれる。
⿎⿎ 2.1
メインページ
メインページは、最初に表示されるページである(図
1)。メインページを見るだけで、おおよそこのサイ
トの全体像がわかる。
メインページでは、各ページへのリンクを館種や
地域別、もしくは、対象者別(避難者向け、ウィキ
編 集 者 向 け な ど )に配列している。施設に関する
情報へのリンクには、登録数や被害報告があった数
などもあわせて表示する。また、被害報告があった
図 2:東松島市図書館の施設ページ
施設を Google マップ上にプロットした地図や、ツ
イッターをハッシュタグ #saveMLAK で検索した結
果、saveMLAK プロジェクトのイベントカレンダー
(Google カレンダー)などもある。
⿎⿎ 2.2
施設ページ
各 MLAK 施設の施設名、所在地、電話番号、被害
状況や救援状況などを載せているページである。こ
の種別のページがもっとも多く 2011 年 8 月 8 日現
ページ内容には、被害状況にくわえ、運営情報、救
援状況、避難受入情報等を載せている。被害状況とし
て、職員・利用者の被害、施設の被害、蔵書の被害、
その他の被害の情報を載せている。末尾には、情報の
掲載にあたっての情報源として、記入者と元情報の項
目がある。
また、この施設をグルーピングする情報として、県
在 13,264 件ある。施設ページの一例として、図 2 に、
のカテゴリや図書館や博物館などの館種のカテゴリな
東松島市図書館の施設ページの画面を挙げる。
どを付与している。
右上に、施設の基本情報として、名称、名称のよみ、
図 2 の例では、救援を必要としているグループで
所在地、所在地の緯度経度、電話番号などの情報を載
ある支援募集中や、被害があることを示す「被害あり」
せ、その下に当該施設とその近隣施設をプロットした
カテゴリが付与されている。このカテゴリを付与する
地図(Google マップ)とリンクを載せている。地図
ことによって、このウィキシステムが提供しているカ
上のマーカは各施設を表わしており、マーカもリンク
テゴリ一覧機能や複数カテゴリをまとめて一覧表示し
になっているので該当施設のページへ辿ることができ
たり、AND/OR 検索条件により絞った結果表示、ヒッ
る。
トする施設数の表示などができる。メインページから
Journal of JAET vol.12 ● 105
ソフトウエア・レビュー
⿎⿎ 2.3
コンテンツページ
コンテンツページは施設ページ以外のさまざまな
提供情報をまとめたページである。被災した施設や
人 々 に 対 し て MLAK 施 設 や 関 係 者 が で き る 支 援 情
報 や、 そ の ほ か 必 要 と 思 わ れ る 情 報 を ま と め た り、
saveMLAK の活動の紹介ページなどさまざまな関連す
る活動をまとめた情報からなる。
例えば、次のようなものがある。
図 3:岩手県の施設ページの一覧
⿟世界からのメッセージ
⿟
世界中の MLAK 関係者からの励ましの言葉
は、カテゴリ情報をもとに、特定の県内施設の一覧や、
⿟復旧作業に必要な物
⿟
館種ごとの一覧へのリンクがある。メインページ内に
表示されている登録施設の件数等もこのカテゴリ情報
被災地での活動に必要な情報
⿟被災大学生・教職員に対する全国の大学図書館
⿟
によるサービス
を使って表示されている。
図 3 は、岩手県の施設の一覧ページである。名称
のよみの 50 音順に一覧表示される。これは、各施設
施設(図書館)の被災地への活動紹介
⿟だれでも・どこでも Q&A図書館
⿟
ページの基本情報として入力された「よみ」項目をも
被災地の図書館や避難所に対する全国の有志に
とにしたものである。
saveMLAK ウィキにおける施設情報は、1 つの施設
よるレファレンス支援サービス
⿟東北の
⿟
MLAK に行こう!
を 1 つのページとして入力、編集している。
saveMLAK となる以前、当初の savelibrary 等のサ
東北の経済立て直し活動の一環
⿟被災地へ仮設公民館を贈る活動
⿟
イトでは、各都道府県ごとに 1 ページとして一覧を
解体・移動の可能な仮設の建物を設置する活動
作成していたが、同時に複数人が編集する場合に衝突
が発生して、片方の編集分が消えてしまうといった不
便があったり、掲載施設数が増えるにつれて長大な一
⿎⿎ 2.4
編集者用ページ
覧になってしまい内容の確認に時間がかかったり、編
編集者用ページは saveMLAK ウィキを編集する人
集に不便になっていたりした。このため、saveMLAK
に向けたページである。ここでは、施設ページを作成
への移行に際してはページごとに情報をまとめること
するさいのガイドラインや、集中的に作業すること
にした。とりわけ、今回の震災では、震度が高かった
の ToDo リスト、編集の際の疑問点を解消するための
ところ、津波の被害にあったところ、福島第一原子力
Q&A ページ、編集マニュアル、メーリングリストへ
発電所からの距離などを把握することが重要である。
の案内などがある。
そのために施設の所在地が重要な情報となるので、所
ウィキを不特定多数で運営していくために、作業の
在地ごとの単位としたほうが検索や閲覧、地図へのプ
方針やどういったページや編集が求められているか、
ロットなどに適しているだろうとの判断もあった。一
随時にまとめていくことが必要なため、ツイッターや
方で、大学や市町村などの施設で、所在地が離れてい
メーリングリストで流れる情報をまとめたり、オフラ
る図書館の分館などは別々のページになっており、組
インでのミーティングの際に聞かれた質問を中心にま
織ごととするよりも入力作業にコストがかかる場合も
とめた情報をつくり、作業の効率をはかるようにして
あるが、それらは近隣施設一覧や相互リンクなどで補
いる。
完することとして運用している。
⿎⿎ 2.5
多言語ページ
ウィキ内の提供情報のほとんどは日本語で記述され
106 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
saveMLAK wiki サイト
震災と情報
ているが、海外の MLAK 関係者や支援者とのやりと
りをおこなえるよう、トップページを含む一部のペー
ジは多言語にて翻訳して提供している。翻訳ページは、
ウィキのテンプレート切り替えの機能を使い、“/en”
(英語)や “/zh”(中国語)といった各言語ごとのサ
ブページを作り、それらの言語ごとのコンテンツをま
とめる方向で行っている。
また、個々の施設ページの情報など、翻訳しきれな
い情報については、サイドバーに Google Translate の
機械翻訳を行うためのリンクを設け、必要に応じて翻
訳してもらえるように配慮している。
なお、海外との連携としては、ほかにも、「世界か
らのメッセージ」というページを用意して海外の関係
者や関係機関からの応援メッセージを掲載したりして
いる。また逆に海外での紹介例としては、Semantic
MediaWiki の開発サイトが毎月実施している、ウィキ
サイト紹介のコーナーで、2011 年 6 月の「今月のウィ
キ」(“Wiki of the month”)に選定された例もある。
⿡⿡ 3 Semantic MediaWiki(SMW)
saveMLAK が 使 っ て い る ウ ィ キ は Semantic
MediaWiki(以降は SMW と呼ぶ)(http://semanticmediawiki.org/wiki/Semantic_MediaWiki)である。こ
れは、百科事典サイトのウィキペディアが使っている
ウィキソフトウェア MediaWiki の拡張版である。
そのため、ウィキ記法はほぼウィキペディアと同じ
図 4:被害のあった施設一覧
ものとなっている。
当初、savelibrary 等で利用していたウィキシステ
ムでは、同時に同じページを編集しようとした場合の
編集衝突の処理の対応が甘かったため、たびたび、他
の人の編集内容を上書きしてしまう事故が多発したこ
以下の節では、MediaWiki および SMW の利点とし
て得られた成果について述べる。
⿎⿎ 3.1
Google マップへのプロット
と、編集履歴を最大 50 件までしか残せないことなど
各施設ページに住所と緯度経度の基本情報と、都道
があったため、他のウィキシステムに変えたいという
府県、館種、被害あり等のカテゴリを入力しておくこ
ニーズがあった。
とで、さまざまな観点でまとめた施設を Google マッ
そこで、MLAK に統合する際には、他のウィキシス
プ上にプロットできる。
テムにすることとなった。SMW にした理由は、ウィ
例えば、メインページ内の被害のあった施設一覧(図
キペディアの実績があるため多人数・大量のページに
4)では、施設ページに「被害あり」カテゴリを付与
対しての動作実績があること、のちに API としてデー
した施設だけを Google マップ上にプロットするだけ
タを外部に提供して、他分野のまとめサイトや外部シ
でなく、マーカーアイコンで館種の別までも区別でき
ステムなどからマッシュアップできる可能性が高いこ
る。例えば K であれば公民館、LK であれば図書館と
と、カテゴリでの検索機能などさまざまな高機能・拡
公民館の複合施設であることを示している。
張性があることなどである。
また、個々の施設ページ(図 5)では、当該施設ペー
Journal of JAET vol.12 ● 107
ソフトウエア・レビュー
⿡⿡ 4.おわりに
saveMLAK プロジェクトは、もともと個別の M・L・
A・K というそれぞれのコミュニティ内で別々に始まっ
たものだが、MLAK へと融合したことにより、今まで
ほとんど接点が無く出会ったこともなかった人々が、
これを機に出会い、それまでのコミュニティを越えて
協同して活動を行なうようになったプロジェクトであ
る。ツイッターやメーリングリストでの交流はもちろ
んのこと、顔を会わせてのミーティングも頻繁に開催
してネット越しだけでなく、リアルでの交流も行なっ
ている。それぞれのコミュニティの習慣や専門用語、
優先すべきこと、配慮すべきことなど、コミュニティ
の相互理解もかつてなく進んでいると感じており、ま
図 5:陸前高田市立図書館の施設ページの地図
た、まとめられた情報としてもこれまでにはなかった
ようなウィキに成長していっていると感じている。こ
ジの近隣の施設を緯度経度より自動的に計算して、あ
れらの活動が震災の復旧、復興の支援の一助になれば
わせて Google マップにプロットできる。当該施設は
望外の喜びである。
オレンジの現在地マーカーアイコンで示して、近隣施
設と区別している。
⿎⿎ 3.2
AND/OR 条件を使った検索機能
もちろん震災のような巨大災害に対して、個別のプ
ロジェクトがすべての範囲をカバーできるわけではな
く、様々な活動と協力連携しながらの活動が今後に向
けて求められている。2011 年 6 月には日本図書館協
SMW には複数のカテゴリを AND や OR 条件を組
会や国立国会図書館等の図書館関連機関・団体と「図
み合わせて検索する機能がある。一度に表示する検
書館復興のための受援者・支援者連絡調整会議」を結
索結果の件数も選べ、ヒットした件数だけを表示す
成した。被災機関とのやりとりや支援活動の調整を行
ることもできる。これは、大変重宝している機能で、
う場として外部機関との連携を密にしながら、できる
saveMLAK ウィキサイトではいたるところで使用して
範囲での多様な支援の形を模索している。また同年 8
いる。例えば、メインページの岩手県の横に表示して
月には、ハーバード大学ライシャワー日本研究所が主
いる値は、岩手県の被害報告のあった施設数を表して
導する「2011 年東日本大震災デジタルアーカイブ」
いるが、これは、カテゴリ「岩手県」とカテゴリ「被
プロジェクトとも連携パートナーとなり、震災関係
害あり」を AND 検索してヒットした数である。
ウェブサイトとその他資料のデジタルアーカイヴの構
ウ ィ キ 書 式 に お け る SMW の 拡 張 書 式
築に向けた連携を図っている。
で、{{#ask:[[Category: 岩 手 県 ]][[Category: 被 害 あ
今後も、今回の震災の記録、記憶を保存し、今後の
り ]]|format=count}} と記述するだけで、実現できて
防災に向けたアーカイヴとして、MLAK というコミュ
いる。
ニティを超えて活用しうるものへと発展していくこと
を目指し、活動を続けていきたい。
108 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『多言語・情報弱者対応災害支援リンク集』について
山崎 直樹
⿡⿡ 1.はじめに
⿎⿎ 1.1
リンク集制作の経緯
筆者が委員長を務める日本中国語学会ウェブリソー
ス委員会は、2011 年 3 月 11 日の震災後、「多言語・
情報弱者対応災害支援リンク集」というリンク集を同
学会のサイト内に開設した [1]。
「多言語対応」「情報弱者対応」に限定した理由
は、1 つには、災害支援の網羅的なリンク集を個人が
作るには限界があるであろうということ、もう 1 つは、
網羅的なリンク集が仮にできたとしても、それを中国
多言語・情報弱者対応災害支援リンク集
http://www.chilin.jp/dz/dz.html
語研究を業とする一学会のウェブサイト内に置くこと
にはさほど意味がなかろうと考え、それよりはむしろ、
本学会の専門分野に近い「言語・コミュニケーション」
をご提案したく、日本語教育学会のサイトの管
に的を絞ったリンク集のほうが、より社会に貢献でき
理者のかたに連絡を取りたいと考えております。
るであろうと考えたからである。
連絡先をご存知のかたは、山崎あてにご連絡い
このリンク集制作の直接のきっかけは、下記のと
ただけないでしょうか [2]。
おりである(2011 年 3 月 15 日に、筆者・山崎が某
ML に投稿したメールの一部)。
日本語教育学会のウェブサイトのトップに、
下記のリンク集があります。
「東北地方太平洋沖地震に関する外国語によ
る情報提供のまとめ」
⿎⿎ 1.2
学会のウェブサイト上の情報の重要性
情報学研究所が学協会情報発信サービスを停止した
のは、停電やサーバーの事故のためではなく、節電の
ためだということにご注意いただきたい。「電気が足
りない>不要不急のサービスは一時停止しよう」とい
たいへん有意義な活動だと思います。
う思路は、一般論としては正しい。まさか、上述の日
しかし、日本語教育学会のウェブサイトは、
本語教育学会の提供するようなコンテンツが早くもで
国立情報学研究所の学協会情報発信サービスを
きていたとは考えられなかったのであろう(不要不急
利用しているようですが、節電のため、情報学
と判断された学会サイトのコンテンツにとっては、い
研究所はこのサービスを休止しており、現在、
い面の皮であるが)。
日本語教育学会のサイトは閲覧できない状態で
す。
日本中国語学会でも、3 月 19 日に予定していた関
東支部の拡大例会を中止し、その知らせを、ウェブサ
以下、ご相談です。
イトでの広報、メールマガジン号外の発行という形で
わたくし山崎は、日本中国語学会のウェブサ
緊急告知をした。もしもこれらを行うためのサーバー
イトの管理をしております。上述のリンク集を、
が停まっていたら……と考えるとき、非常時の情報伝
一時的に、中国語学会のサイトの中に移すこと
達の手段としてのインターネットは、ふだんからもっ
Journal of JAET vol.12 ● 109
震災と情報
『 多 言 語 ・情 報 弱 者 対 応 災 害 支 援 リ ン ク
集 』に つ い て
― Multi-path Communication リテラシーのために ―
ソフトウエア・レビュー
と重要視されてもよいように思う(この文章の「5.
SNS と Twitter」を参照)。
⿎⿎ 1.3
情報収集の方法
⿡⿡ 2.多言語対応関連
「日本国内向けの情報提供であっても日本語だけで
情報収集に当たっては関係者および会の内外からの
は足りない」今ではあたりまえになってしまったこの
情報提供がたいへん助けになった(この場を借りて謝
認識が大きく広がったのは、おそらく、1995 年の阪
意を表したい)。
神・淡路大震災のときであっただろう。この年は、日
また、筆者が自身の e メールの署名に、『多言語・
本の社会が多言語対応社会に向けて踏み出すための元
情報弱者対応災害支援リンク集』の URI を入れてお
年であったといってよい。この震災以来十余年の多言
いたところ、それを見たかたから情報提供がなされ
語対応の蓄積が、今回の震災においても生かされてい
……という形でも情報が蓄積された。
る。公的・私的を問わず多くの機関が多言語による情
また、このリンク集のタイトルや URI を検索エン
報提供をふだんから行なっていることが、今回の震災
ジンで検索すると、(震災後のわずかな期間の間でも
をきっかけに明らかになったことから、また、震災後
すでに)いくつかのウェブサイトからリンクが張られ
のわずかな時間の間に、新たに多くの多言語による情
ていた。そのようなサイトでは、同種の情報が掲載さ
報提供サービスが始まったことから、筆者はそう考え
れていることも多い。そこから、情報を芋づる式に辿
るものである。
る方法も有効であった。
⿎⿎ 1.4
MPC リテラシーについて
今ここで、「多言語対応」および「情報弱者対応」
⿎⿎ 2.1
放送関係
まず、物理的な環境としては、情報端末を使うより
は、ラジオを使うほうが容易であるので、緊急時に
の災害支援サイトにどのようなものがあるか、あるい
は、日本語以外の言語でニュースを流す放送局を頼る
は、それらがどこにあるかを記しても、さして役に立
のがよいということになる。加えて、これらの放送局
つまいと思われる。ウェブサイトは日々変わるもので
は、放送を行うのみではなく、ニュースを文字化した
あるから。
ものを、その局のウェブサイトに掲載していることも
それよりも、非常時の情報提供においては何が重要
多い(聴覚障害者に対する情報提供も視野に入れてお
であるかを考える手がかりとして、いくつかのウェブ
きたい)。ラジオ放送の周波数や番組表は、ラジオ放
サイトおよび電子的コミュニケーションの手段を紹介
送というメディアの中では検索できない。情報端末を
したい。
使いネットワークにアクセスできるのであれば、これ
非 常 時 の 情 報 提 供 で は、 個 々 人 の Multi-path
Communication(以下、MPS)に関するリテラシーが
らのウェブサイトをまず検索するのがよいということ
になる。
非常に重要となる。これは簡単にいうと、最もよく使
われている情報伝達の手段が何らかの理由で機能しな
いとき、最善の代替手段を採ることができるリテラ
シーである。
例:NHK は 17 言語でニュースを流すサービスを実
施している。
例:「エスニックメディア」と呼ばれるメディアは、
以下で紹介するウェブサイトなどを、このリテラ
常時、日本語以外の言語でニュースを流してい
シーを身につけるための材料にしていただければ幸い
る。有名な『FM COCOLO』(阪神・淡路大震
である。なお、以下では、特に注目すべきサイト以外
災の年に設立された)は、複数の言語の放送を
は URI を記さない。URI を記していないサイトの URI
行っているが、その他、日本語以外の単一の言
をお知りになりたいかたは、上述の「多言語・情報弱
語(例:華語、ポルトガル語など)で放送を行っ
者対応災害支援リンク集」をご覧いただきたい。
ているラジオ局もある。
110 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『多言語・情報弱者対応災害支援リンク集』について
検索・ポータルサイト
大手の検索サイト・ポータルサイトは情報の集積は
お手の物であるし、対応も早く、加えて多くの言語に
[3]
対応できる。Google 、Yahoo! などが代表的である。
これらのサイトもまずチェックすべきであろう。
⿎⿎ 2.3
各種団体・機関
学内の「多言語・多文化教育研究センター」が、後者
では、
「多言語による社会貢献」を目標の 1 つにした「多
言語プロジェクト」が、日頃の活動の成果を発揮して
いる。
⿎⿎ 2.6
日本語を易しくするために
(育った環境が多言語併用社会である場合を別にし
て)1 人の人間が複数の言語を習得するのは容易では
定住外国人や中途来日者の日本での生活を支援する
ない。よって、我々個々人が複数の言語で情報の提供
NPO や市民団体(数多くある)も多言語での情報提
をしたり、あるいは提供された情報の媒介をしたりで
供を行なっている。これらの団体は「多文化共生××」
きるようになるのは容易ではない。であるからこそ、
という名称を使っていることが多いので、これをキー
日本の社会にいながら日本語以外の情報を手に入れる
ワードに検索をすれば、何かがヒットする。
ことのできる能力が重要になる。この能力は MPC リ
地域に密着した情報を手に入れるのであれば、各都
道府県の定住外国人や中途来日者を支援する公的団
テラシーの重要な一部だと考えられる。
これとは逆に、日本語の能力が不十分な相手に対し、
体のサイトがよい。この種の団体は「国際交流××」
使用する日本語自体をわかりやすく変容させるコミュ
という名称を名乗っていることが多いので、これを
ニケーションの方法もありうる。
キーワードに検索をすればよい。
⿎⿎ 2.4
諸外国の機関
「やさしい日本語」と呼ばれる日本語のスタイルが
それである。しかし、この非ネイティブスピーカー向
けの「やさしい日本語」は、ネイティブスピーカーの
駐日各国大使館が提供する情報も重要である。自国
幼児向けの「やさしい日本語」と同じではない。非ネ
民向けの情報であるので、単一言語であるが、自分の
イティブスピーカーがどのような日本語を難しく感じ
理解できる言語を使用している国の大使館のサイトに
るかを理解するためには知識と経験が必要であり、ネ
アクセスすれば情報が得られる。当然ながら、大使館
イティブスピーカーが自分の使用する日本語のスタイ
が提供する情報は、信頼性が(日本の大手メディアに
ルを非ネイティブ向けに「やさしく」変容させるのに
比べ相対的に)高く、冷静である。流言蜚語の混入す
も、知識と経験が必要である。
る可能性も(日本の大手メディアに比べ相対的に)低い。
しかし、緊急時には悠長なことも言っていられない。
今回の震災においては、原子力発電所の事故も大き
そのために、「やさしい日本語」のためのガイドライ
な問題になった。このような、対応に際して専門的な
ンやマニュアルを公開しているサイトもある [4]。「や
知識が必要になる事故では、各国政府の専門機関の情
さしい日本語」リテラシーは、現代日本の社会に属す
報提供も重要である。例えば、IRSN(フランス放射
る者にとって必須のリテラシーであると筆者は考える
線防護原子力安全研究)や中華民國行政院原子能委員
者であるので、このようなサイトの存在を特に強調し
會なども自国民向けに、原発事故および放射性物質に
ておきたい。
対して解説を行ない、取るべき行動を示唆している。
大使館による情報と併せてチェックすべきであろう。
⿎⿎ 2.5
外国語大学・外国語学部
「ふだんから多数の言語を一箇所で扱っている機
関」は、このような場合に、扱っている言語で情報提
「やさしい日本語」とまではいかなくても、与えら
れた日本語のテキストに振り仮名を機械的に付与する
サービスを提供するウェブサイトもある(おそらく、
複数存在するであろう)。非常時のために、翻訳サー
ビスを提供するサイトと併せて、このようなサイトが
存在しうることも知っておきたい。
供をする可能性がある。典型的な例が外国語大学や外
国語学部で、東京外国語大学や大阪大学外国語学部
(旧・大阪外国語大学)の関係者は、今回もそれぞれ
多言語による情報提供を行なっている。前者では、同
⿡⿡ 3.情報弱者対応関連
以下では、身体機能の障害や環境的な条件などによ
Journal of JAET vol.12 ● 111
震災と情報
⿎⿎ 2.2
ソフトウエア・レビュー
のレイアウト等に関しては、いろいろ問題もあったよ
うだが)。
これらの手話通訳が付随したニュースが、『ニコニ
コ動画』などの動画共有サイトで生中継されたこと、
そして、その番組情報が、Twitter を通じて流布され
たことなども特記に値する。
また、ろう者に関係する団体(例:全日本ろうあ連
盟)には、独自に手話ニュースを制作し、それを自団
体のウェブサイトで見られるようにしているところも
ある [5]。これらの情報も Twitter で流された。
また、TV などで報道されたニュースをいち早く文
㈶全日本ろうあ連盟による手話ニュース
http://www.jfd.or.jp/tohoku-eq2011#shuwanews
字化して掲載するサイトもあった。
り一般的なコミュニケーション手段では十分に情報を
であったと筆者が考えるのは、これまで「ろう者対応」
伝えられない人々(情報弱者)に対しては、どのよう
を考えることのなかった諸機関・団体・個人が「ろう
な手段を考えるべきかという手がかりとして、いくつ
者対応」を迫られる過程で、日本手話と日本語対応手
かの種類のウェブサイトを紹介する。
話は異なる言語である/日本手話と日本語は異なる言
余談ながら、今回の震災の年が「ろう者対応元年」
以下で触れるタイプの代表的な情報弱者に対し、入
語である/そもそも日本手話は自然言語であり、その
手可能なコミュニケーション手段のうち最適な手段を
点では日本語や英語と同等である/口話・読唇による
選択できる能力も、MPC リテラシーの重要な一部で
コミュニケーションは、聴覚障害者の間でもさほど一
あると筆者は考える。
般的ではない/「ろう(者)」は独自の言語と文化をもっ
⿎⿎ 3.1
ろう者への対応
阪神・淡路大震災の年が「多言語対応元年」であっ
たとすれば、今回の震災の年は「ろう者対応」の元年
であるかもしれない。震災後ごく早い時期に、重要な
テレビ報道(例:内閣官房長官の記者会見の中継)に、
手話による同時通訳が付随し始めたからである(映像
たコミュニティである……などの諸点に関する認識が、
関係者・専門家以外にも(少しは)広まっていったと
考えられるからである。
⿎⿎ 3.2
視覚障害者への対応
視覚障害者向けに、音声によるニュースの読み上
げサービスを提供するサイトもあった。その他、日
本 DAISY コンソーシアムが、マルチメディア DAISY
マルチメディア DAISY( デイジー)で東日本大震災に関わ
る情報を
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/jdc/index.html
で東日本大震災に関わる情報を提供した [6]。DAISY
(Digital Accessible Information System、「 デ イ ジ ー」
と読む)とは、普通の印刷物を読むことが困難な人々
のためのデジタル録音図書の国際規格である [7]。
⿎⿎ 3.3
その他、一般的なコミュニケーションの
手段では情報伝達が困難な場合
障害者/自閉症患者/発達障害を持っている人々に
は、緊急時にどのようなコミュニケーションを行なえ
ばよいのか、その留意点と対応マニュアルを公開する
サイトもあった [8]。稀少かつ重要なサイトであろう。
112 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『多言語・情報弱者対応災害支援リンク集』について
を参照)。
⿡⿡ 4.デジタルディバイドについて
な お、Twitter に つ い て、 特 記 す べ き こ と が あ る。
以上で紹介してきた情報提供サービスは、PC なり
今回の震災で、首相や内閣官房長官の会見の放映に手
スマートフォンなりの情報端末を使ってインターネッ
話による同時通訳が付けられるようになったのは、地
トにアクセスすることを前提にしている。
震発生の 2 日後である。これが早いか遅いかの議論
しかし、当然ながら、誰もがそのようにして情報に
はさておき、この 2 日間の間に、相当数の「重要な
アクセスすることができるわけではない。ましてや非
会見には手話同時通訳を!」という tweet/retweet が
常時であれば、なおさらである。そういう意味で、首
為され、それが、手話通訳実現を後押ししたと言われ
相官邸が『被災地直行壁新聞』と称して、「印刷して
ている。これが真実であれば、画期的なできごとであ
壁新聞として張り出すためのデータ」を配付したのは、
ると思われる。
デジタルメディアと既存のメディアを効果的に組み合
わせた情報提供手段として評価できる。
また、ウェブサイトにアクセスするためには、情報
注
端末に URI を入力することが必要である。どこかか
[1] 「日本中国語学会 ― 多言語・情報弱者対応災害支援
らリンクを辿るのであれば問題ないが、紙に書かれ
リンク集」http://www.chilin.jp/dz/dz.html, 2011/8/25
た URI を手入力するのは時間もかかるし、まちがい
確認
も多くなる。このようなときこそ、QR コードが活用
[2] このポストに対し、すぐに情報が寄せられ、日本語教
されて然るべきであろう。非常時に個人が使う情報端
育学会の関係者からも即座に快諾をいただいた。この
末は携帯電話が多いであろうことから考えても、そう
件に関わっていただいた方々に、ここで感謝を述べた
言える。このような考えから、リンク先の URI を QR
い。
[9]
コードに変換して掲載しているサイトも現れた (QR
コードを印刷して張り出して使用する)。
[3] Google Crisis Response, http://www.google.co.jp/intl/
ja/crisisresponse/japanquake2011.html, 2011/8/25
確認
⿡⿡ 5.SNS と Twitter
今回の震災では、新しいタイプの電子的コミュニ
ケーションがさまざまな役割を果たした。
一例を挙げると、SNS(Social Networking Service)
[4] 「弘前大学人文学部社会言語学研究室 ― やさしい日
本 語 と は 」http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/
EJ1a.htm, 2011/8/25 確認
[5] 「全日本ろうあ連盟 ― 東日本大震災に関する聴覚障
害者関連の情報 ― 手話ニュース ― 」http://www.jfd.
の 1 つである Facebook には、震災関連のさまざまな
or.jp/tohoku-eq2011#shuwanews, 2011/8/25 確認
ページが作られた。多言語による情報交換のページも
[6] 「マルチメディア DAISY( デイジー ) で東日本大震災に
あれば、大使館による、原発事故の最新情報のページ
関 わ る 情 報 を 」http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/jdc/
もある。
index.html, 2011/8/25 確認
今回最も注目された電子的コミュニケーションの手
段は、おそらく Twitter であろう。救援依頼のように
緊急性の高いメッセージから、避難所や救援物資、個
別の地域の交通情報や停電情報など地域性の高い情報、
[7] 「ENJOY DAISY ― DAISY とは」http://www.dinf.ne.jp/
doc/daisy/about/index.html, 2011/8/25 確認
[8] 「災害時の障害者に対する支援方法まとめ」http://
www.mirairo.co.jp/wordpress/archives/1 80,
手話ニュースや内閣官房長官の記者会見の放映情報な
2011/8/25 確認 /「自閉症や発達障害の人に震災時・
どのリアルタイム性の高い情報など、Twitter の利点
避難時何をどう伝えるか聞くか」http://togetter.com/
を生かした情報提供が行われた(その信頼性の高低に
li/110662, 2011/8/25 確認
ついては別に検証されねばならないが)。「ハッシュ
[9] 「2011 年 東 北 地 方 太 平 洋 沖 地 震 に つ い て ま と
タグを付けて情報を選別」という使いかたが、あっ
め た 情 報 な ど へ の リ ン ク 」http://www.wheel.
という間に浸透したのではないかと思われる。また、
gr.jp/~dai/2011tohoku-jishin/, 2011/8/25 確認
Journal of JAET vol.12 ● 113
震災と情報
tweet を集積した togetter も有効に利用された(注 [7]
ソフトウエア・レビュー
❖ソフトウェア
Mac OS X Lion
師 茂樹
しまった現在、ホイールマウスが出た時にホイール
⿡⿡ すべてが iOS 的に
なしのマウスには戻れなくなったように、マウスや
トラックパッドには戻れない、と実感している。ま
7 月に発売された Mac OS X のメジャーアップデー
た、オートセーブ機能とともに実装されたバージョニ
トである「Lion」は、すでに広く伝えられているよう
ング機能(作業中のスナップショットを自動的に作る
に、別系統の iOS との差が小さくなっており、「Mac」
機能)もまた、すでにバックアップシステムの Time
がとれた「OS X Lion」という呼称も一部では使われ
Capusle や Dropbox のバージョン管理機能を便利に
始めている。マルチタッチジェスチャー、フルスクリー
使っているので、OS レベルでも実現すればさらに利
ン ア プ リ ケ ー シ ョ ン、LaunchPad は、iPhone / iPad
用者が増えるのではないだろうか。
などのインターフェースを Mac でも採用した、とい
うわかりやすい例であろう。アプリケーションを閉じ
ても、次に起動すると閉じる前に作業していたファイ
⿡⿡ Mac App Store
ルと同じファイルが開く「再開」機能や、OS レベル
iTunes Store の Mac 版 で あ る Mac App Store の 存
でのオートセーブ機能もまた、電源オフの概念がない
在は、Lion の配布元自体がそこであることからもわ
iPhone / iPad に近いアプリケーション/ファイル管
かるように、CD―ROM や DVD―ROM などのパッケー
理方式だと言える。
ジによるソフトウェア配布の時代は終わりを告げつつ
個人的には、MacBook でもデスクトップ(Magic
あるのではないかと実感させられる(一応、USB メ
Trackpad)でもマルチタッチジェスチャーに慣れて
モリ版でも購入できるが、ダウンロード版の価格が
2,600 円であるのに対して 6,200 円!と倍以上する
図 1:Mac App Store で発売している中国製(北京华文
世纪科技有限公司)ソフトウェア
ため、ほとんど売る気がないことがわかる)。Lion は
一度購入すれば何台にでもインストールが可能であり、
これも iTunes Store や iBooks、iCloud(近日サービス
開始)などの DRM フリー路線と軌を一にするものと
考えられる。今後この流れはより大きくなっていくの
ではないかと思われるが、クレジットカード決済が原
則で領収書等も発行してくれない Mac App Store は科
学研究費などでの購入が難しいので、大学教員として
はそのあたりの配慮があればよいのにと思う。
また、本誌読者には既知のことであるが、Mac OS
X に限らず主要な OS は数年前から OS レベルで多言
語対応をしており、日本語 OS で中国語アプリケーショ
ンが何の問題もなく(とまでは言わないが、一応原則
として)動作している。しかしながら、肝心の外国製
のソフトウェアの入手にはまだハードルがあった。
114 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
Mac OS X Lion
ソフトウェア
Mac App Store ができ、そこが主要なアプリケー
ションの配布元になることによって、世界中のアプリ
ケーションが一元化される可能性がある。現在、Mac
App Store で配布されている中国製のソフトウェアは
英語圏向けの中国語・中国文化入門的な教育ソフト
ウェアばかりであるが(図 1 参照)、iTunes Store で
配布されている iPhone / iPad 用ソフトウェアには中
国製のものがすでに大量に含まれている。中国におけ
る普及度を考えると、iPhone / iPad と Mac では事情
が異なるのかもしれないが、Mac App Store でもいず
れ外国製ソフトウェアが買いやすくなるときが来るか
もしれない。
⿡⿡ OS レベルでの縦書き対応
図 2:テキストエディットでの縦書き
かし、特定のワープロに頼らずとも、テキスト入力・
編集から表示・印刷・ウェブや電子書籍での公開まで
さて、本誌の OS レビューと言えば多言語・多漢
一貫して縦書きが使用できる環境ができつつある、と
字 機 能 の チ ェ ッ ク な の で あ る が、 近 年、 各 OS が
いうのは、少なくとも日本人ユーザにとっては画期的
Unicode に対応すると、大きな話題はなくなってし
なことなのではないかと思うのである(もっとも、我々
まったと言ってよい。Lion になってもご多分にもれ
日本人はとっくの昔にパソコンでの横書きに慣れてし
ず文字レベルでは大きな話題はないのであるが、OS
まったので、今さら縦書き機能がついてもしかたがな
レベルで縦書きに対応するという大きな変化があった。
い、という人もいるかもしれないが)。
図 2 は、テキストエディットという OS 標準搭載の
テキストエディタ(Windows のメモ帳とワードパッ
ドに相当)の画面である。フォントによっては表示が
⿡⿡ 中国語関連機能の強化
乱れる場合があるものの、縦書きに対応しているこ
プレスリリースによれば、Lion では、変換性能の
とがわかるだろう。図 3 も OS 標準搭載の辞書アプリ
向上や、手書き文字認識機能の強化など、簡体字中国
ケーションの環境設定画面であるが、国語辞書『大辞
語・繁体字中国語両方の IME の機能が向上している
泉』は縦書き表示が可能となっている。これ以外にも、
という。どの程度向上しているのかは検証していない
NSTextView などの OS 標準のテキスト処理機能を用
が、評者の印象では繁体字での変換がスムーズになっ
いたアプリケーションであれば縦書きに対応可能なの
たような気がするものの、手書き文字についてはそれ
で、今後、縦書きができるテキストエディタなどが増
ほど向上していない気もする。
えてくるのではないかと思われる。
Lion の OS レベルでの縦書き機能の搭載は、ウェブ
ブラウザ Safari のエンジンである Webkit が CSS3 の
図 3:付属辞書(『大辞泉』)における縦書き設定画面
縦書きテキストやルビ、圏点等に対応したこととと
もに、パソコンでのテキスト処理に縦書きが本格的
に導入されるきっかけとなるかもしれない。Webkit
は Safari だ け の エ ン ジ ン で は な い た め、Google
Chrome10 などでも縦書きなどが表示可能である。し
Journal of JAET vol.12 ● 115
ソフトウエア・レビュー
Microsoft Office for Mac 2011
師 茂樹
しかしながら、Mac ユーザである評者個人の考え
⿡⿡ ようやく追いついた?
ではあるが、ワープロや表計算ソフトは可能な限り
手を抜くため(打たなくてよい文字は打たない、共
KINGSOFT Office や EI Office のような Office 互換ソ
通化できる部分は共通化する、繰り返しは自動化す
フトよりは Windows 版に近かったものの、機能面で
る、などなど)に存在すると思っており、そのため
も操作性でも Windows 版とは別物な印象が強かった
に Windows 版の Office ではたくさんのマクロを作っ
Microsoft Office for Mac が、昨年 10 月に発売された
て き た の で、Office for Mac 2011 に お け る マ ク ロ
Office for Mac 2011 になって、ようやく Windows 版
(VBA)機能の復活はたいへん重要な変更点であった。
の Office に追いついてきた、という印象である。主
また、後述するように CJK フォントのラインナップ
な変更点としては、
も Windows 版と同等になってきたため、多漢字やハ
ングルを使うことの多い評者にとっては、重要な進歩
1. Outlook for Mac の追加
である。
2. マクロ(Visual Basic for Application)の復活
3. リボンインターフェースの採用
4. CJK フォントの充実
⿡⿡ 混在するインターフェース
ところで、上にあげた主な変更点の中に「リボン
な ど が あ げ ら れ る。Office for Mac に 含 ま れ る の
インターフェースの採用」というのがある。リボン
は Word + Excel + PowerPoint + Outlook で あ り、
インターフェースについては、Windows 版 Microsoft
Windows 版の Home & Business 相当である(ただし
Office 2007 で登場して以来、旧来のユーザからの「使
Office for Mac の Home & Student には Outlook が含
いづらくなった」という怨嗟の声を未だに耳にするこ
まれない)。Access や Publisher などの Mac 版はそも
とがある。実は Office for Mac 2008 ではリボンイン
そも存在しないため、「追いついた」というのは言い
ターフェースが採用されず、昔おぼえた使い勝手のま
過ぎかもしれない。また、非共通なフォントやレイア
まで使用し続けることができたのだが、2011 に至っ
ウトの崩れなど、相変わらず細かい非互換部分がある
てついにリボンインターフェースが採用されたのであ
ため、100%安心してデータのやり取りができるとい
る。
う保障もない。
しかし、リボンインターフェースの採用によって、
旧来のメニューやボタン配置が一掃されてしまった
Windows 版と異なり、Office for Mac 2011 では旧来
図 1:Office for Mac 2011 のインターフェース
のインターフェースがそのまま残っており、それにリ
ボンが追加された形となっている(図 1)。メニュー
については、常に画面上部にメニューバーがあるとい
う、初代 Macintosh 以来のインターフェースの伝統
がそのまま受け継がれているからであろうが、画面上
部のボタンやツールパレットなども機能は縮小したも
のの残っているので、リボンを使わなくても殆どの作
業ができてしまう。
最 新 バ ー ジ ョ ン の Mac OS X Lion に な っ て、 メ
ニューバーが表示されない全画面モードが導入された
ので、もしかするとメニューバーやツールパレットも
116 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
Microsoft Office for Mac 2011
ソフトウェア
やがて消えて行く運命なのかもしれないが、少なくと
もしばらくは、このようなインターフェースの混在は
続くのではないかと思われる。
⿡⿡ OS レベルでの対応
なお、細かい点ではあるが特筆しておきたいのは、
Mac OS X Lion に搭載されているプレビュー(元々は
PDF や画像の表示用ソフトであったが、最近では様々
なファイルを表示してしまう)が Microsoft Office の
多くのファイルを簡易表示、検索、印刷することが
できるようになったことである(図 2)。あくまで簡
易表示なので、Word の複雑なレイアウトなどもテキ
ストファイルのようなシンプルな形になってしまうが
(図 3 は Finder での表示)、それでも OS レベルで対
応しているという点はデータの交換という意味での利
便性をあげるのではないかと思われる。
図 2:プレビューによる PowerPoint スライドの表示
は不十分と言わざるを得なかった(本誌第 8 号のレ
⿡⿡ CJK フォントの収録状況
ビュー参照)CJK フォントの対応状況が、Extension
Office for Mac 2011 をインストールする際、同時
B フォントを中心に 2011 において大幅に改善された
にインストールされる CJK フォントとバージョンは
ことがわかる。冒頭にも述べたように、
「ようやく」
下表の通りである。
ではあるが、このアップデートは喜びたい。
一 見 し て わ か る よ う に、Office 2008 for Mac で
フォント名
(アルファベット順)
2008
2011
Batang
1.50
1.50
Gulim
1.70
1.70
メイリオ
5.02
6.03
MingLiU
---
7.00
MingLiU-ExtB
---
7.00
MingLiU_HKSCS
---
7.00
MingLiU_HKSCS-ExtB
---
7.00
MS 明朝
5.02
5.02
MS ゴシック
5.02
5.02
MS P 明朝
5.02
5.02
MS P ゴシック
5.02
5.02
PMingLiU
4.55
7.00
PMingLiU-ExtB
---
7.00
SimHei
---
5.01
SimSun
2.92
5.04
---
5.00
SimSun-ExtB
図 3:Finder(Windows の エ ク ス プ ロ ー ラ に 相 当 ) の
Cover Flow による Word 文書の表示
Journal of JAET vol.12 ● 117
ソフトウエア・レビュー
WG ピンインIME
小川 利康
もちろん中国語 IME でもピンインの入力が全く出
⿡⿡ IME も DIY の時代
昨年 3 月に正式公開された WG ピンイン IME(作
者:千田大介氏)が新たに V.2 としてお目見えした。
来ないわけではない。例えば、MS Office IME2010 の
微软拼音输入法 2010 なら、ソフトキーボードを起動
し、一文字ずつクリックすれば入力可能である。
しかしこれは、キリル文字やひらがなと同じような
今回の改良点は、⑴辞書のバグフィックスおよび、⑵
扱いであり、自国 の表音表記を入力する手順として
64bit 版への対応である。
は冗長だろう。これでは大量のピンインを自由に打て
実はこの WG ピンイン IME は「多多輸入法生成器」
るとはいえない。結局、中国人にとっては、ピンイン
を利用して作成されたものであり、辞書データを自作
は入力の手段にすぎず、表記自体を必要としないので、
すれば比較的簡単に自前の IME を作成することが出
いざピンインを入力表示させるとなると不便きわまり
来るという。IME も今や Do It Yourself の時代なのだ。
ない。矛盾した話だが、日本語 IME なら登録可能で、
前号でも紹介した(前号レビュー「IME」参照)よ
千田大介氏は ATOK でピンイン入力を実現する Pin 太
う に、 今 や 中 国 語 IME も 百 花 繚 乱 の 時 代 で、 わ ざ
郎および MS-IME 版の Pin むすを 8 年前に公開してい
わざ自分で DIY する必要もなさそうに見える。だが、
る。だが、日本語 IME 上で中国語ピンインへと変換
発音表記そのものたる声調つきピンイン符号を簡便に
する違和感(?)が災いしてか、筆者の周囲にユーザ
入力する IME は皆無であった。また、漢字単語は辞
は余りいないようだ。
書登録が可能だが、筆者の試した限りでは、半角文字
の声調ピンインを単語として登録可能な IME は見当
たらない。
⿡⿡ 汎用性の高いピンイン入力
中国語を母語としない学習者にとって、ピンインの
図:ソフトキーボードから Pinyin Letters を選択
入力表示へのニーズは高い。にもかかわらず、ニーズ
に応えるツールは意外に少ない。そこで IME に限定
せずに、ピンイン入力方法を考えてみると、自動変換
と手入力の 2 通りが想定できる。
⒈ソフトウェアによる自動変換
A 専 用 市 販 ソ フ ト ウ ェ ア で 変 換。( 高 電 社
Chinese Writer 9 付属 C―TIME を利用)
B ウ ェ ブ ブ ラ ウ ザ 上 で 簡 体 字 か ら 変 換。(「 ど
ん と 来 い、 中 国 語:http://dokochina.com/
simplified.php」など)
図:必要な声調つきのピンインを選ぶ
⒉直接で入力
A WG ピンイン IME
B (MSoffice)Word のピンインマクロ
C Pin 太郎、Pin むす
D ウェブブラウザ上でピンイン入力する(「紅楼
通 信:http://bjkoro.net/chinese/letter/pinyin_
input/index.html」など)
118 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
WG ピンイン IME
ソフトウェア
大量に変換作業をするなら、一部多音字の変換ミス
が出るとしても、1 の自動変換を利用するのが賢明だ。
むろん市販のツール 1A が使えればそれに越したこと
はないが、購入をためらうなら、変換効率や作業効
率がやや犠牲になるが、1B も選択肢としては可能だ。
ただし、いずれにしても最終的には変換ミスを校正す
る直接入力ツールが必要となる。
そこで直接入力に利用できるツールを見てゆくと、
実は余り選択肢がないことに気づくだろう。日本語
IME にピンイン辞書を追加する C の方法は妙案だが、
中国語を入力していて、ピンインを打ちたい時だけ
WG-Pinyin インストール画面
日本語に切り替えるのは相当な違和感である。B は一
度導入してしまえば Word や MS Office 上では Power
Point や Excel でも動くので便利で、筆者も愛用して
いるが、汎用性は低い。ブラウザ上で変換する D は
オンライン上で変換したうえで必要な箇所にペースト
するので汎用性は高いが、オフラインでは使えない。
その意味で WG ピンイン IME は必要なピンインをど
インストールされたピンイン IME
んなアプリケーション上でも打てる汎用性の高さは貴
重であり、ピンインを最もストレスフリーで打てる
ツールである。
今回新バージョンでは 64bit 版が追加され、全ての
が、簡体字と対応させて表示するには文字幅の異なる
と不都合が生じやすい。その不都合を防ぐためには、
Windows7 バージョンでネィティブに利用できるよう
同じく千田大介氏の制作になる WG ピンインフォン
になったが、使用感に大きな変化はない。まず古い
ト(明朝系、ゴシック系 2 種類ある)を利用される
Ver.1 をアンインストールしてから、新しい Ver.2 を
と良い。
インストールする。これは IME については古いヴァー
上記 IME など各種ソフトウェアは、千田大介氏の
ジョンに新しいヴァージョンが上書きされるという考
サ イ ト「 電 脳 瓦 崗 寨 」(http://wagang.econ.hc.keio.
え方がないためで、古い版をアンインストールしない
ac.jp/)のページからダウンロードできる。
と、新旧両方が残ってしまうためだ。
インストールが終わったら、中国語 IME の一つと
改めて有用なツールを次々と作成配布してくださる
千田大介氏に改めて感謝の意を表したい。
して配置されるので、右下の IME アイコンから切り
替えよう。手早く切り替えるためには常用 IME に
ショートカットを割り当てておくと良い。
WG ピンインを Word 上で入力する
入力方法はピンイン入力を試したことがあれば迷わ
ないと思われるが、ローマ字+数字(1―4)で声調符
号とともに入力される。「nǚ」は「nv3」を打てば入
力できる。また声調なしの「ü」の場合は「v0」と打
てばよい。
なお、入力したピンインはプロポーショナルフォン
トでは Times New Roman が最も見やすく表示できる
Journal of JAET vol.12 ● 119
ソフトウエア・レビュー
J 北京7
⿡⿡ 新しくなった「J 北京」
2011 年 4 月、高電社から、中国語翻訳ソフト「J
金子 眞也
⿡⿡ 多機能性の追求
高電社の他のソフトと同じく、
「J 北京 7」も機能豊
北京 7」が発売された。前バージョン「j・ 北京 V6」
富だ。翻訳以外に有用な機能として、まず音声合成機
発売から実に 4 年半ぶり、64bit 版の Windows7 にも
能があげられよう。日本語と中国語それぞれの読み上
対応し、名称もすっきりしたものと変わった。「J 北
げに対応し、かなり自然に読み上げてくれる。非母語
京 7」には「スタンダード」以外に、専門辞書搭載の「エ
話者にとって、これは、とてもありがたい機能だ。読
キスパート」、専門辞書+「ChineseWriter」搭載の「プ
み上げソフト「WorldVoice 日中英韓」等で培ってき
レミアム」がリリースされている。
た実績があるからだろう。
筆者の場合、「ChineseWriter」は以前から使用して
次にあげるのが辞書引き機能で、「ChineseWriter」
いたので、「専門辞書」に釣られて「エキスパート」
のある環境では、小学館の中日・日中辞典や大修館の
を選んだ。専門辞書の分野は、建設、機械工学、電気
中日大辞典等の辞書引き機能を呼び出すことができる。
工学、電子工学、情報処理、金属工学、化学、原子力、
鉱業、医学、生命化学、数学、地質学・地理学、物理
「ChineseWriter」がない場合でも、「ロボワード for J
北京」が利用できる。
学、力学、農学、会計、貿易、スポーツ、アパレルの
なお、中国語に関しては、声調付きピンインへの
20 分野である。それぞれの分野に関係のある人にとっ
変 換 も 自 動 で 行 っ て く れ る。 こ の 機 能 は ピ ン イ ン
ては魅力的だろう。筆者は、買った後になって、この
入 力 に 悩 む 方 々 に は 重 宝 す る 機 能 だ ろ う。 図 1 は
中に自分にかかわりのある分野がほとんどないという
「ChineseWriter」のある環境で、中国語の単文を翻訳
ことに気がついた。
した場合の一例である。
⿡⿡ さて、翻訳機能は
図 1:J 北京ナビゲーターの画面例
「J 北京 7」は翻訳機能も多彩で、Microsoft Office
や Internet Explorer に ア ド イ ン し て 翻 訳 し た り、
Office のファイルや PDF ファイルを開かぬまま翻訳
する機能などいろいろある。定番ともいえる日中対訳
型のエディタももちろんある。
翻訳精度を高めるには、対訳の形で訳文を吟味する
作業が欠かせないので、ファイルを開かぬまま翻訳す
るとは「なんと大胆な」と一度は思ったが、定型的で
単純な内容のファイルを大量に翻訳するような場合に
は、ファイルを開かぬまま自動翻訳することで、省力
化がはかれるだろうし、対中ビジネスには有用なのだ
ろう。ただし、筆者自身は、そのような用途で使うこ
とがないので、あくまでも想像上の話である。
さ て、 こ こ で、 翻 訳 の 一 例 と し て 南 日 本 新 聞 の
台風情報のアドイン翻訳をあげる(図 2)。URL は、
http://www.373news.com/modules/pickup/index.
120 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
J 北京 7
ソフトウェア
php?storyid=35019 で、上が原文で、下が中国語訳で
ある。アドイン翻訳なので訳語の吟味はしていない。
台風の暴風圏を通貨の円と誤訳したのは、仕方ないこ
とだと思う。
次に「J 北京対訳エディタ」を使っての中日翻訳例
である(図 3)。素材には史彤岚氏と筆者共著の中国
語教科書を用いた。
⿡⿡ 同梱 OCR も魅力
図 2:Web ブラウザでの日中連携翻訳
本 ソ フ ト に は、 日 中 韓 対 応 の OCR ソ フ ト
「FineReader 10 Professional Edition」が同梱されてい
る。手元の中国書で認識させてみたが、認識精度はな
かなかのものと感じた。「186 言語対応」とのことだ
が、チベット語には対応していないようだ。高電社に
は、以前、
「ChinaScan」という自前の OCR ソフトがあっ
た。「ChinaScan」がなくなったのは残念だが、「費用
対効果」を考えれば、賢い選択といえよう。下に認識
結果の例を示す(図 4)。左が原文、右が認識結果で
ある。素材にはボン教(ポン教)の概説書を用いた。
⿡⿡ 結論
コンピュータによる翻訳は進化を続けており、今回
の翻訳結果も、前バージョンを上回るものと考える。
図 3:対訳エディタでの中日翻訳
ネーティブにはかなわない点があるのはもちろん事実
で、それはそれで仕方ないものと割り切って考えたら、
「J 北京 7」にはかなりお得感がある。同梱の OCR ソ
図 4:簡体字の OCR 画面
フトが秀逸であること、読み上げ機能の利便性等を総
合的に評価すると、「買い」といえよう。
高電社の中国語関係のソフト群は、どれも少しずつ
機能に重複が見られ、筆者はいつも買う前に迷うのだ
が、どの部分に重点を置くかで、何となく「棲み分け」
ができていて、ついつい購入してしまうのだ。
中国語を学ぶ日本の若者や、日本語を学ぶ中国の若
者たちには、語学力の向上のためには、翻訳ソフトに
頼る前に、まず、自分の頭で考えるのが大事である。
ひとことクギを刺しておく。
実務家が実務に使うのには便利なソフトだ。
Journal of JAET vol.12 ● 121
ソフトウエア・レビュー
一太郎2011 創
山田 崇仁
そのキャッチコピーは「驚きと感動」とあるが、実
⿡⿡ はじめに
際の所はどうなのだろうか、これから少し書いてみる
ことにしよう。
昨年、初リリース以来 25 周年を迎えた一太郎。次
の四半世紀の第一歩として、一般向け製品の名前に
「創」を冠してリリースされたのが、本年のバージョ
ンである。
⿡⿡ 一太郎 2011 創
⿎⿎ 三種類の一太郎
一太郎 2011 創は、ジャストシステムの製品紹介の
Web ページに、「一太郎、第二章の始まりです」と紹
一太郎 2011 の「道具箱」
介されている [1]。レビュワーは、リリースされてい
る製品群(通常版・プレミアム版・スーパープレミア
ム版)のうち、プレミアム版を購入した。これは、自
分の通常利用環境を想定した上で、スーパープレミア
ム版で提供されている三四郎、Shuriken、Agree、一
太郎ポータブル with oreplug が不必要であると判断
したからである。
前三者については、すでに Microsoft Office 等、他
社同等機能製品を長年利用しており、今更ながら乗り
換えする気もなかったし、少し興味を引かれた一太郎
ポータブル with oreplug については、「管理者権限が
必要」という制限故に選択肢から外すことになった。
実際に当該製品を購入して利用しているわけではな
いので、その実態はよくわからないが、このような製
品(一太郎ポータブル with oreplug)を使用する場と
は、ユーザーレベルで管理者権限を付与されていない
PC で一太郎や ATOK その他を利用したい場なのでは
ないかと思ったからである。
実際問題、この製品自体は自分でも使ってみたい
と思ったのだが、その想定される環境の PC すべてが、
レビュワーが管理者権限を持っていないため、結果と
して購入の選択肢から外すこととなった。製品の性格
上、管理者権限が必要なのかもしれないことは理解す
るが、次期バージョンではこの辺りの改善をお願いし
たい。
⿎⿎ 変化した一太郎のデザイン
ソフトウェアをインストールして、「ああ、変わっ
たなあ。」と感じたのは、アイコンが立体感と半透明
感を意識したものになった部分だった。確かに「何か
122 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
一太郎 2011 創
に PDF への直接書き出しに対応した。プレミアムエ
れだけでは何ともいえない。
ディション以上に搭載される JUST PDF との差別化と
実際に起動してみて一番変化が感じられたのは、そ
いう問題もあるだろうが、単体で保存可能になったこ
の画面デザインである。文書を作成する編集領域を中
とにメリットを感ずる利用者もいるだろう。パスワー
央に、その左右に「道具箱(パレット)」と呼ばれる
ドや印刷品質の設定ができないなど物足りない部分も
作業用スペースを設けている。画面上部のメニューや
あるが、Unicode の拡張漢字の書き出しも問題なくで
ツールバー・コマンドバーなどは、Microsoft Office
きており、機能的にはそれほど不満はないレベルであ
のリボンインターフェイスではなく、クラシックなデ
る(これは JUST PDF も同様である)。
ザインに準拠したものとなっているが、ツールバー・
一つ気になったのが、一部のフォントとの相性なの
コマンドバーに配置されるボタンの数が整理されるな
か、PDF への書き出しが上手くできない(フォント
ど、ユーザーの使い勝手を意識したものとなっている。
埋め込みができない)ものがあったことである(具体
画面デザインで特に目を引くのが「道具箱」だ。上
的には小塚フォント)。他のフォントを使えば問題な
述のように「道具箱」は左右に配置されており、左側
いともいえるが、ちょっと気になったところではある。
は Microsoft Office 2010 によく似たページ一覧やア
PDF 書き出し機能が標準搭載されたことは、文書
ウトライン表示などに使われており、右側は、旧バー
の多くを PDF や Word でやりとりする現状、喜ばし
ジョンから存在するナレッジウインドウ的な役割を
い機能追加である。次期バージョンはこれに加えて、
担っているものの、単なる引き継ぎではなく、ツール
EPUB3 への書き出しも対応してほしい。
バーやコマンドバーの詳細設定的な機能を分担するな
ど、進化したものとなっている。この辺りは、一太郎
のアドバンテージであり、MS Office 製品にも搭載し
てほしい部分だと思う。
⿎⿎ ソプラはどこまで使えるのか?
ソプラは、一太郎ソーシャルプラグインシステムと
銘打たれ、一太郎を中心とした外部アプリケーション
このような道具箱の存在は、一太郎の画面デザイン
やネット環境などを結びつけるシステムである。一太
がワイド型ディスプレイの利用を前提として設計され
郎をそれだけで完結するものではなく、周辺の情報を
ていることを意識する。実際、世の中の PC で利用さ
積極的に取り込み、総合情報環境ツールとして進化さ
れているディスプレイの多くが、スクエア型からワイ
せるための橋渡しとして位置づけられている。
ド型に移行しており、それも当然なのだろう。実際に
現状では、Twitter の情報を一太郎に取り込むため
使いやすいし、左右のスペースをもてあましていたの
の「ソプラ Twitter」や辞書引きのための「ソプラ辞
だから、それはそれでうれしい変更である。
書引きツール」、デジタルメモ帳「ポメラ」と連携す
⿎⿎ モリサワフォントの搭載
るための「ソプラポメラツール」、他のインターネッ
トサービスと連携するための「ソプラ Flickr ツール」
今回のバージョンアップでレビュワーが興味を持っ
「ソプラ Evernote」ツールがリリースされている。レ
たのが、モリサワのフォント「リュウミン(MJS―リュ
ビュワーは、ソプラをそれほど使いこなしている訳で
ウミン)」「新ゴ(MJS―新ゴ B)」が搭載されるという
はないが、一太郎の道具箱と、ソプラ辞書引きツー
ことにあった。Unicode の IVD に対応していない、一
ルは、ATOK の辞書引き機能と補い合う形でよく使っ
太郎・花子・三四郎・JUST PDF2 でしか利用できな
ている。他のプラグインについても、情報の蓄積を簡
い等の制限はあるが(Adobe Acrobat へのフォント埋
単に引っ張ってこられるという用途で考えられており、
め込みについては可能)、これは値段とのバランスを
利用者にとっては便利な機能だろう。次期バージョン
考えると仕方がないだろう。それよりも印刷品質に定
でのさらなる充実が期待されるところである。
評あるモリサワフォント(しかも三つのウエイト)が
使えるのは、見た目も気分もうれしいところである。
⿎⿎ PDF への書き出し対応
地味な変化だが、今回のバージョンアップで保存時
⿎⿎ 存外使える詠太
詠太はプレミアムエディション以上で提供される、
音声読み上げツールである。音声は合成音声だが、女
声二人・男声一人の計三人用意されている。また、そ
Journal of JAET vol.12 ● 123
ソフトウェア
変わったかな」と、印象づけられたのも事実だが、こ
ソフトウエア・レビュー
の技術もその技術で定評のある HOYA サービス株式
めているように見えるが、ATOK はその足下をもう一
会社「VoiceText」を利用しているとのことで、多少
度固め直し、戦いに挑もうとしている。これもまた今
アクセントや抑揚に音声合成の臭いが感じられるもの
後の趨勢が気になるところである。
の、それほど違和感のない音声で読み上げてくれるの
は驚いた [2]。
試しに、自分の以前書いた論文を読ませてみた(一
⿡⿡ おわりに
太郎から詠太を直接使用するモードと、詠太単独で起
以上、一太郎と ATOK についてレビューをした。
動し、テキストデータをコピー&ペースとして読み上
ワープロソフトや IME を巡る環境は、年々厳しさ
げさせるモードがある)。専門的用語については、単
を増している。
本誌特集 1 のアンケート結果を見てもわかるよう
語と読みを辞書に登録可能になっているので、読みが
気になる部分については、逐次書登録すべきだろう。
に、Word に比べて一太郎の利用経験のあるという答
この辞書を ATOK 等と連携または ATOK の辞書デー
えは、数分の一という惨憺たる状況である。レビュワー
タを読み込み可能にしてくれると、機能の価値が高ま
も他のアンケートで同様のそれをとった際、一太郎の
るように思えたので、是非対応してほしいところだ。
利用経験があるという回答が 0 であったこともあった。
その中で一太郎は、一太郎を中心とした周辺環境と
実は、詠太については余り期待していなかったので、
思わぬ拾いものという印象だった。自分で言うのもな
のリンクによって生き残りを図っているように思える
んだが、誤字脱字の校正が余り得意ではなく、よく校
が、ユーザー側の視点からすれば、現在パソコンを利
正漏れが刊行後に見つかって恥ずかしい思いをする。
用する上で中心(基盤)となっている環境は、インター
詠太と一太郎の構成ツールを併用することで、校正漏
ネットであり、その上で提供される WWW ブラウザ
れのない文書作成の手助けになればと期待したい。
である。実際問題、クラウドで動作するワープロソフ
トのほとんどがビジュアル HTML エディタ程度の性
⿡⿡ ATOK2011
⿎⿎ Windows の言語バーに統合
機 能 と 見 た 目 の 面 で 一 番 の 変 化 は、 初 期 状 態 で
能でしかない以上、一太郎の目指す先とは相容れない
のかもしれない。
ひどい言い方をするならば、世の趨勢に背を向けて
いるともとれる会社の方針が、経営上どのような結果
Windows の言語バーに統合されるようになった天だ
をもたらすのか(≒一太郎はこの先生き残れるのか)、
ろう。もちろん、従来スタイルの ATOK 独自の ATOK
また来年のレビューまで楽しみにしておくことにした
パレットを利用することもできるが、標準機能と一体
い。
化したことで、旧バージョンでまま見られた、IME バー
が勝手に画面左上に移動する不具合が解消されること
が期待される [3]。
⿎⿎ より充実する変換機能
機能的には、変換中の文字列の特徴を読み取って、
注
[1] http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/
(2011 年 9 月 19 日確認)
[2] 以下の Web ページで単文のデモを利用することがで
自動的にモードを変える「スマートモードチェンジ機
能」や辞書の語彙・用例を拡充したり、打鍵ミスを過
きる。URL は 2011 年 9 月 19 日確認。
去の変換歴から正しい変換候補を導き出したりする機
http://www.justsystems.com/jp/products/ichitaro/
feature6.html
能、或いは、指定した文書を解析して推測候補に加え
[3] サポート FAQ「Windows Vista で ATOK パレットが左
たりする機能など、より使いやすい IME へという根
上に最小の状態で表示される」。URL は 2011 年 9 月
幹機能の充実を図っている。
Google IME や百度 IME といった競合他社の製品が、
無料かつ頻繁なバージョンアップで ATOK との差を詰
124 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
19 日確認。
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/
servlet/qadoc?QID=035371
一太郎 2011 創 / EPUB3
⿡⿡ EPUB3 とは
師 茂樹
を指定する CSS +α(画像や音声など)のファイル
群を ZIP で固めたものである。細かい仕様については
EPUB とは、International Digital Publishing Forum
規格本文(http://idpf.org/epub/30)を参照していた
(IDPF)が中心となって制定、公開している電子出
だくとして、大まかには概要説明である Overview の
版・ 電 子 文 書 の ためのフォーマットの国際規格で
他に、次の四つの構成要素からなる。
あ る。EPUB は Apple 社 の 電 子 書 籍 配 信 サ ー ビ ス
で あ る iBooks で 採 用 さ れ て お り、 し か も EPUB3
1.EPUB Publications 3.0
において縦書きなどの日本語組版に対応するとい
2.EPUB Content Documents 3.0
う こ と で、 昨 年 あ た り か ら の 所 謂「 電 子 書 籍 元
3.EPUB Open Container Format (OCF) 3.0
年」ブーム(実際は Kindle/iPad ブームなのだろう
4.EPUB Media Overlays 3.0
が)のなかで高い注目を浴びている。
本稿執筆時点においては、EPUB3 の最終ドラフト
1 の Publication では、EPUB ファイルや EPUB リー
が提出され、後は投票結果を待つばかり、という段階
ダーが満たすべき要件のほか、ファイル情報・書誌
である。正式なリリースには至っていないものの、現
情報等のメタデータについて定められている。2 で
在報じられている内容とそれほど大きな変化もなく、
は、実際に人間が読む XHTML(文字情報)や SVG(図
正式リリースとなることが予想される(EPUB のバー
形)、そしてそれを組版するための CSS などについて
ジョンが抱える問題については後述)。
定められている。ただし、先程も少し述べたように
と こ ろ で、 先 に EPUB は IDPF が 制 定 し て い る と
XHTML 等は W3C で制定されているものであるため、
述 べ た が、 実 際 に は W3C(http://www.w3.org/) と
実際にはそちらの規格と併せて読まなければならない。
DAISY コンソーシアム(http://www.daisy.org/)が大
また 3 は、EPUB3 に含まれるファイル群をどのよう
きく関わっている。W3C は HTML や XML などの規
なディレクトリ構造で格納しアーカイブするか、など
格(Recommendation)を制定・公開していることで
が定められている。最後の 4 では、文章と音声ファ
よく知られているが、後に見るように EPUB の中身は
イルとの同期について定められている。4 は EPUB3
HTML + CSS を基本としているので、両者は強い依
になって追加された文書で、言うまでもなく DAISY
存関係にある。一方、DAISY コンソーシアムの“DAISY”
の活動によるものである。
とは “Digital Accessible Information System” の略で
あるが、その名の通り情報アクセシビリティ、中でも
ディジタル技術による書籍の自動読み上げに関する
⿡⿡ 日本語組版への対応状況
標準化などの活動を行っている団体である。EPUB3
さて、本誌読者としては、縦書き、圏点、ルビなど
を考える上で、この二つの団体の存在はとても大き
の日本語組版でよく用いられる表現が、どの程度のも
い。また、この三団体と並んで、EPUB3 のエディタ
のなのかを真っ先に知りたいのではないかと思うので、
に XML の制定でも尽力された村田真氏が、日本電子
最初にその話題をとりあげよう。とは言え、非常に注
出版協会(JEPA)所属として名前を連ねているのは、
目されるニュースであるため、その詳細については
EPUB3 における日本語組版対応において重要な意味
ウェブをはじめ様々なところで論じられていることか
を持つことは言うまでもない(これについても後述)。
ら、ここでは簡単に紹介するに留めたい。
このような標準化の体制は、EPUB3 の構成にも如
まず組版のクオリティーであるが、紙の書籍で実際
実に反映している。EPUB3 は、ごくごく大ざっぱに
に行われている職人技的な組版のレベルから見ると不
言えばメタデータ+本文を書く HTML +レイアウト
十分であるものの、かなりの表現が可能になっている。
Journal of JAET vol.12 ● 125
ソフトウェア
EPUB3
ソフトウエア・レビュー
これまでアプリケーションに依存する形でしかできな
かった縦書き等が、オープンな国際標準となったこと
はたいへん大きな前進であろう。
図 1 は、EPUB3 コンテスト第 1 回 [1] で “ユーザ賞”
に輝いた小川真樹氏の『涼州詞』の一部である。この
作品では、『涼州詞』の原文、訓読文、書き下し文な
どが縦書きで表現されている。
図 1 はこの中の「訓読文」の部分であるが、ここ
に見える送り仮名や返り点はどのように実現されてい
るのであろうか。2 行目冒頭「欲スレバ」の部分のソー
スを見てみると、以下のようになっている(見やすく
するために改行を入れている)。
<ruby> 欲
<rt class="kaeri">&#x3191;</rt>
<rt class="okuri1"> スレバ </rt>
</ruby>
「&#x3191;」とは、Unicode に収録された Kanbun
文字(返り点用の文字)[2] 中のレ点(IDEOGRAPHIC
ANNOTATION REVERSE MARK)を表す文字参照であ
る。<rt>……</rt> で囲まれている部分がルビに相当
図 1:小川真樹氏による EPUB3 版『涼州詞』
(部分)
する部分であるが、これが二つあることからもわかる
ように、EPUB3(が基づく CSS)では、左右にルビを
ふることができるようになっている。もちろん、こ
図 2:川幡太一氏作「SVG+SMIL による新羅・義湘『華
嚴一乘法界圖』の読み上げ対応化」はその名の通り
韓国語の読経音声ともシンクロする。
126 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
れで世の漢文をすべて表現することは不可能であろう
が(もっと細かく言えば、送り仮名や返り点をルビと
EPUB3
ぐらいの表現力があれば実現可能なものも少なくない。
もし複雑な表現を試みたいのであれば、川幡太一氏作
の「SVG + SMIL による新羅・義湘『華嚴一乘法界圖』
のではないかと思われる。
⿡⿡ バージョン問題
の読み上げ対応化」[3] のように SVG を使うという方
以上のような様々な新しい機能は、先にも述べたよ
法もある(図 2)。
ちなみに、本稿に掲載した図版は、それぞれの作品
を Safari で表示したものをスクリーンキャプチャで画
像化したものである。Safari のレンダリングエンジン
である WebKit が早々に EPUB3 の依拠する CSS 群に
対応しているため、EPUB3 対応のビューワーもすぐ
なるのが、それら W3C 規格のバージョン問題である
[6]
。
W3C の標準化においては、最初の草案(Working
Draft; WD) か ら、 最 終 草 案(Last Call; LC)、 勧 告
候 補(Candidate Recommendation; CR)、 勧 告 案
に普及するのではないかと思われる。
な お、 余 談 的 に な る が、 村 田 真 氏 に よ れ ば
うに W3C の各種規格に依存している。そこで問題と
[4]
、
EPUB3 に縦書きなどが入った経緯については、村田
氏による台湾や韓国などへの根回しなど、様々な政治
的な駆け引きがあったとのことで、日本というマー
ケットがあるから縦書きが採用された、というような
単純なものではなかったようである。日本人のなかに
は縦書きを漢字文化圏共通のレイアウトだと思ってい
る人もいるかもしれないが、中国でも韓国でも現在は
横書きが主流である(ついでに言えば日本においても
横書きがかなり普及してきている)。日本語組版の文
化的な価値を統計で測ることができないのは言うまで
もないが、世界の中ではマイナーであることもまた自
覚しておくべきかもしれない。
⿡⿡ 音声ファイルとの同期
(Proposed Recommendation; PR)を経て、最後の勧
告(Recommendation; REC)で標準として確定するの
であるが、EPUB3 が依存している各種 CSS プロファ
イルは、次ページ表のように最終まで達していない草
稿段階のものが多いのである。したがって、例えば
CSS 3.0 Speech の場合、シンタックス(書き方)は
2011 年 8 月 18 日版に基づき、セマンティクス(意味)
はその時点での最新版を用いる、というような参照の
しかたとなっている [7]。
標準化の途中段階にあるものは、当然のことなが
ら内容が変更される可能性があり、同じ規格でも WD
と REC では非互換になる可能性がある。したがって、
EPUB3 では WD を参照していたが、EPUB3.1 の段階
図3:川幡太一氏作「ごん狐」。読み上げ箇所がハイライ
トされる。
EPUB3 におけるもうひとつの大きな追加機能と言
えば、音声ファイルとの同期であろう。図 3 はやは
り EPUB3 コンテスト第 1 回 で “村田真賞” を受賞し
た川幡太一氏の『ごん狐』であるが、これは、音声ファ
イルの再生に同期して、テキストの読みあげられてい
る箇所のスタイルが変化したり、逆に本文の任意の場
所をクリックすればその部分の音声が流れる、という
ものである(図 2 の作品でも同様に音声が同期する)。
この機能は主に視覚障害者向けのアクセシビリティ
向上を目的として盛り込まれてきたものであるが、外
国語の教科書への応用など、様々な利用方法が考えら
れるのではないかと思われる。音声ファイルをとも
なった EPUB 版の中国語学習教材については、すでに
清原文代氏が公開しているもの [5] があるが、今後は
音声同期機能を用いた EPUB 外国語教材も増えてくる
Journal of JAET vol.12 ● 127
ソフトウェア
してマークアップすることの是非もあろうが)、これ
ソフトウエア・レビュー
規格段階
WD
LC
CR
PR
REC
標準名
CSS 3.0 Speech
CSS Fonts Level 3
CSS Text Level 3
CSS Writing Modes
Media Queries
CSS Multi-Column Layout
CSS Namespaces
CSS 2.1
注
[1] http://www.epubcafe.jp/egls/epubcon01a
[2] http://unicode.org/charts/PDF/U3190.pdf
[3] この作品は、拙稿 “Complex Spatial Digitization Tasks
for the SAT Project.”
(
『電子佛典』
第 3 輯、
2001 年 12 月)
が元になっている。
[4] 「村田真氏 @muratamakoto の述懐する EPUB に縦書
き 他 の 入 っ た 経 緯 – Togetter」(http://togetter.com/
li/156460)
[5] 『大阪府立大学中国語ポッドキャスト旅行会話編補充
では REC になっていた、などということも起こりう
るので、EPUB3 と 3.1 とが非互換になる可能性もあ
教材』http://p.booklog.jp/book/2272
[6] 以下の内容は、文字研究会の「第 6 回ワークショップ :
るのである。EPUB3 では、このような問題について、
文字 — 電子書籍の夢、EPUB の現実 — 」(2011 年
安定性・互換性をとるか、不安定で非互換の可能性が
5 月 7 日、花園大学)における石井宏治の発表「EPUB3
ある最新機能をとるかは開発者次第、というようなこ
による日本語書籍制作の実際 ― 日本語組版を中心
とを述べているが [8]、先に紹介した日本語組版など
に」から得た部分が多い。
は最新機能の方に入っているので、縦書きで電子出版
をしたい人々にとっては悩ましいところだろう。
[7] EPUB Content Documents 3.0 の 3.3.3 CSS 3.0 Speech
を参照。
[8] EPUB Content Documents 3.0 の 1.2.4 EPUB 3
Versioning Strategy を参照。
128 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
2010~2011
学術リソース
レビュー
2011 年度の学術リソースレビューをお届けする。
本号で最もインパクトのある話題は、やはり “中華字庫プロジェクト” だろう。大規模文字集合作
成の前提となる、過去最大規模のディジタルテキスト群の生成には、おどろきを通り越して唖然とし
てしまった。今後、我が国のみならず、Unicode など国際文字コードの動向にも大きな影響を与える
ことは容易に予想される。本プロジェクトの進展には、これからも注目したい。
その他のレビューに関しても、数は少ないながらそれぞれ示唆に富むものが集まった。動画共有サー
ビスについて、研究者にとって貴重な情報や資料の宝庫となる可能性を指摘した山下氏のレビューや、
今日的な視点から図書館のレファレンスサービスそのものについて問い直すことを提起する矢野氏の
レビューなどは、その視点の斬新さから読者諸賢にも裨益するところが大きいと思われる。中華圏で
の図書館の学術ネットサービスの一端について述べた佐藤・小川氏のレビューもそれぞれ興味深い。
また、それを利用するためのツールを公開している鈴木氏の自作紹介については、読者諸賢の中にも
重宝されている方もいるだろう。
学術ソフトからは、園城寺が刊行する資料集について當山氏より紹介いただいた。ネットで公開す
ることが当たり前となっている今日、あえて DVD-ROM で刊行する意味とは何か、情報の保全と公開
の継続性という観点から、非常に考えさせられるレビューとなっている。
Contents
学術リソース
“中華字庫” プロジェクト.............................................................................. 千田 大介
130
動画投稿サイト.....................................................................................................山下 一夫
133
中国国家図書館.....................................................................................................佐藤 仁史
135
図書館におけるレファレンスサービスの本質とは.................................矢野 正隆
139
「多言語実験室」公開ツール各種.................................................................鈴木 慎吾
144
大成老旧刊全文数据庫........................................................................................小川 利康
148
学術ソフト・
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集........................................................當山日出夫
製品
153
Journal of JAET vol.12 ● 129
学術リソース・レビュー
❖学術リソース
“中華字庫”プロジェクト
千田 大介
情報処理技術と人文学研究の知見を総合して、中華
⿡⿡ はじめに
中華字庫 ― 直訳すれば「中華フォント」 ― とい
人民共和国の領域内で古今に使われたありとあらゆる
漢字字形と少数民族文字を収集し、フォントを制作す
るプロジェクト、ということになろう。これによって、
うプロジェクトが 2011 年 7 月 26 日、中国で正式に
出版印刷の過程や戸籍処理などでネックとなる僻字や
始動した。中国国務院の直属機関である新聞出版総署
異体字などの問題を一気に解決しようというものであ
が推進するもので、2006 年に『国家 “第十一次五カ
り、それゆえに印刷メディアの所管官庁である新聞出
年計画” 時期の文化発展計画綱要』の重大プロジェク
版総署がプロジェクトを主導しているのであろう。
トに挙げられ、2009 年には国家『文化産業振興計画』
にも選定された、中国政府主導による空前の一大中国
文化情報化プロジェクトである。
以下、その概要を、中国のメディア報道や関係者の
話をもとに、紹介する。
⿎⿎ 字形収集の方法としての漢字文献デジタル化
以上の目的を達成するため、同プロジェクトではま
ず、古今の大量の文献のデジタル化が行われる。かつ
て、ミレニアムプロジェクトたる『四庫全書』全文検
索版の開発では、制作過程で見いだされた使用頻度の
⿡⿡ プロジェクトの概要
⿎⿎ プロジェクトの目的
中華字庫プロジェクトの期間は 5 年間と比較的短
高い CJK 統合漢字未収録文字が、後に Ext. A・B に反
映されていったが、今回は主客が入れ替わり、字形収
集のために大規模テキストデータベースが作成される
ことになる。
いが、その間に 4 億元(約 48 億円)の資金が投じら
注目すべきは、その範囲の広さである。右ページの
れる予定であるという。同プロジェクトの目的は、以
表は、同プロジェクトの落札結果公示をまとめたもの
下の通り。
である [2]。「収集と整理」と書かれているジャンルの
文献が、大々的にデジタル化されると考えてよい。
文字学研究の深化を基礎とし、十分に新技術
版本に関しては、宋版と元版の全て、明版・清版お
を利用して、適当なソフトウエアツールを開発
よび近現代出版物の一部が画像+テキストデータとし
し、人とマシンが結合した文字の収集・整理・
てデジタル化される。このほか、甲骨文や金文・簡牘
選定・対照および同一判定の操作および管理
などの出土資料も網羅的にデジタル化される予定で、
ルーチンを探求し、数千年前から伝わる文字媒
総文字数は 30 億字に達する見込みだという。
体からこれまでに出現した漢字の字形と少数民
そうして作成された文献データは、フォント作成の
族文字の形態を可能な限り寄せ集め、文字同士
原資料として用いられるばかりでなく、国家プロジェ
を関連付け、最終的には出版印刷およびネット
クトゆえに無償で公開されるものと期待されるが、プ
ワークデジタル化の需要に照らして、様々な応
ロジェクトが始動したばかりであり、どうなるのかは
用ニーズにマッチする漢字および少数民族文字
まだ不透明であるという [3]。
のコード、および主要字体の文字フォントを制
作する [1]。
130 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
漢字文献に関しては、これまでにも『四庫全書』
・
『四
部叢刊』
・
『中国基本古籍庫』といった大規模データベー
“中華字庫”プロジェクト
中国科学アカデミーソフトウエア研究所
無錫中科方徳ソフトウエア社
北京創新力博デジタル技術社
データ採集プラットホーム開発
中科軟科学技術社
北京中易中標電子情報技術社
甲骨文字の収集・整理
首都師範大学
金文の収集・整理
復旦大学
楚簡・帛書およびその他古文字の収集と整理
復旦大学
秦簡文字の収集と整理
武漢大学
両漢・呉・魏・晋簡牘文字の収集と整理
吉林大学
石刻文字の収集と整理
西南大学
手写文献用字の収集と整理
浙江師範大学
首都師範大学
古代行書・草書の収集と整理
栄宝斎
版刻楷書体字書文字の整理
北京師範大学
清華大学
宋元代刊行文献用字の収集と整理
中華書局
明清図書用字の収集と整理①:底本選択と画像制作
無し
明清図書用字の収集と整理②:文字採集と校訂
方正国際ソフトウェア社
明清図書用字の収集と整理③:文字採集と校訂
漢王科学技術社
明清図書用字の収集と整理④:文字整理と考証
河北大学
現代の中国語出版物用字および專門用字・非文字符号的の収集と整理
現代人名地名用字の収集と整理
中華書局
商務印書館
北京北大方正電子社
中国社会科学院民族学と人類学研究所
少数民族古文字の収集と整理
濰坊北大青鳥華イメージセッタ社
中国電子技術標準化研究所
中央民族大学
少数民族現行文字の収集・整理とフォント制作
中国社会科学院民族学と人類学研究所
濰坊北大青鳥華光照排社
フォント制作①:中間フォント・宋朝体・楷書体等の成果フォント
北京北大方正電子社
フォント制作②:ゴチック体・仿宋体および古漢字成果フォント
北京漢儀科印情報技術社
インプットメソッド開発
北京中易中標電子信息技術社
漢王科技股份社
中国科学アカデミーソフトウェア研究所
応用プラットフォーム開発
北京北大方正電子社
中国出版グループデジタルメディア社
スが開発されてきたが、それらはいずれも IT 企業が
しかし中華字庫プロジェクトでは、文字学の大家と
主体となったプロジェクトであるため、概して高価で
して知られる復旦大学の裘錫圭教授が主席専門家を務
あり、また人文系研究者がほんの数人しか関与してい
めるほか、表からもわかるように全国の有名大学がそ
ないことが、使い勝手にも大きく影響していた。
れぞれ得意ジャンルの文献・文字の整理を分担する体
Journal of JAET vol.12 ● 131
学術リソース レ ビ ュ ー
中国出版グループデジタルメディア社
作業プラットホーム開発
学術リソース・レビュー
制ができている。字形収集という趣旨からして、文献
データベースでは精密な異体字の同定が行われ、それ
が検索システムに反映されることが期待できよう。
⿎⿎ システム開発
文献デジタル化を行う企業のうち、中華字庫プロ
漢字文献以外でも、いわゆる中華民族に含まれる非
ジェクトを落札したのは、北京創新力博社と中易中標
漢族の少数民族文字、および中華人民共和国の領域内
社であり、『四庫全書』・『四部叢刊』で知られる書同
で過去に使われた少数民族文字も大規模にデジタル化
文社や『基本古籍庫』の愛如生社が入っていない。文
され、フォントが作られる。現代の少数民族文字とし
字コードなど、最新の技術に対応した文献デジタル
てはチベット文字・古壮字などが、過去に用いられた
化システムを開発しうるのは、現時点では落札した 2
少数民族文字としては西夏文字などが挙げられる。そ
社にしぼられるのであろう。
うした言語・文字についても、おそらく文献の網羅的
インプットメソッド開発には、中易中標社と漢王科
収集とデジタル化が行われるものと思われ、完成後に
技が見える。中易中標は鄭碼の開発元であるので、同
は当該分野の研究方法に一大変革をもたらすこととな
種の字形のコード化による入力方法を開発するのであ
ろう。
ろう。漢王は、近年こそ電子ブック「漢王電紙書」で
⿎⿎ 制作されるフォント
同プロジェクトで制作されるフォントについては、
以下のように報道されている。
有名だが、本来、手書き入力システムのトップ企業で
ある。
フォントの開発は、北大方正・漢儀および華光が落
札している。いずれも中国の有力フォントベンダであ
る。
完成後の “中華字庫” は文字符号数が 50 万
前後になると見積もられている。そのうち、漢
字の古文字が約 10 万、楷書の漢字が約 30 万、
各少数民族文字が約 10 万となる [4]。
⿡⿡ おわりに
新聞出版総署が同時期は、中華字庫と同時期に、“デ
ジタル複合出版”・“国家知識リソースデータベース”・
「漢字の古文字」は甲骨文字や金文・簡帛の文字な
どを指すのであろう。楷書が 30 万字と膨大であるの
“デジタル著作権保護プロジェクト” の 3 プロジェク
トをも起動している。
に対して、中国で一般的な倣宋朝体について言及して
“デジタル複合出版” とは、DTP と電子出版・Web
いないのが気になるが、前掲表からして宋朝体・ゴチッ
などを融合した出版システムの開発を目指すもので、
ク体・倣宋体のフォントが制作されるのは確実である。
北大方正が中心となって推進される。“デジタル著作
それらフォントも、無償提供されるのであろう。
権保護プロジェクト” は、電子書籍などの著作権保護
また裘錫圭教授は、プロジェクト終了後にも新たに
システム開発を目指すものだという。
発見された字形を継続的に登録・管理しフォントを更
ここから、新聞出版総署が情報時代に対応した新た
新するメカニズムの必要性に言及しており [5]、字形
な出版システムの構築、さらにはそれらを通じた中国
管理機構が将来的に設立される可能性もある。
文化の情報発信を目指していることが読み取れよう。
気になるのは、これらが将来的に Unicode に登録
昨今の中国の伝統回帰の傾向を反映し、国威発揚の一
申請されるのか否かという点であろう。落札表には応
端を担うものであるのは確かだが、経済発展の結果、
用プラットホーム開発に、中国の新聞・書籍 DTP シ
中国が文化方面にも積極的な投資を行えるようになっ
ステムで圧倒的シェアを持つ北大方正などが見られる
た現状の現れであるとも言えよう。
ものの、符号化方式を研究開発するパートは見当たら
いずれにせよ、投資額の大きさ、中央省庁の直接の
ない。字形数が大量であることから何らかの異体字処
関与、プロジェクト参加機関の多さ等々、中華字庫プ
理システムが導入されるのであろうが、GB 規格とし
ロジェクトが空前の人文学情報化プロジェクトであ
て多数の字面を埋めた文字コード体系を作り将来的に
ることは論を俟たない。期間が 5 年間と比較的短く、
Unicode に登録申請するといった可能性も考えられる。
作業の精度を保てるか否かがいささか気になるところ
ではあるが、同プロジェクトが中国学研究に大きな飛
132 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
“中華字庫”プロジェクト / 動画投稿サイト
れも 2011.8.31 に確認した。
が公開されれば中国古典文献データベースの決定版と
[2] 中華人民共和国新聞出版総署、
〈新闻出版重大科技工程
なるだろうし、更にコンピュータにおける文字処理や
项目中华字库工程中选单位公示〉、2011.3.25、http://
その標準化など、情報技術分野に与える影響も大きか
www.gapp.gov.cn/cms/html/21/403/201103/713913.
ろう。まずは、プロジェクトの進展を見守っていきたい。
html
[3] 北京創新力博社の王暁波社長による。
[4] 光明網、〈中华字库 :一套权威全面的字表 没有你找
注
不 到 的 字 〉、2011.8.24、http://culture.gmw.cn/2011-
[1] 新華網、
〈
“中华字库”工程进入全面研发建设阶段〉
、
2011.7.26、http://news.xinhuanet.com/edu/201107/26/c_131010762.htm。なお、Web ページはいず
動画投稿サイト
⿡⿡ はじめに
08/24/content_2521206.htm
[5] 光明網、〈中华字库 :一套权威全面的字表 没有你找
不到的字〉
山下 一夫
⿡⿡ 現地調査の補助材料として
YouTube やニコニコ動画などの動画投稿サイトが
動画投稿サイトを利用する研究として、まず第一に
急速に広まったのは、2006 年から 2007 年にかけて
挙げられるのが、宗教学・演劇学・民俗学・文化人類
のことであった。それから数年、動画投稿サイトは
学など、海外でフィールドワークを行う分野である。
すっかり定着し、ネット文化の発信源の一つとなるま
動画投稿サイトには、観光名所となっている歴史的建
でに至った。しかし同時にそれは、著作権者の承諾を
築物や宗教施設、伝統演劇や民俗行事などの様子を撮
得ない違法行為の上に成立しているという側面もあり、
影した動画が多数アップロードされている。もちろん
2010 年の著作権法改正ではこうした違法コンテンツ
研究成果として公表するには、最終的には自分で現地
の取り扱いに大きな規制がかけられたが、歯止めが掛
に赴く必要はあるにしても、これらの動画の閲覧に
からない状況にあることは変わらない。
よって、事前に調査対象や調査場所について見当を付
しかし当然のことながら、動画投稿サイトは何も
けておくことができる。これは、一昔前までは頼りと
違法動画の共有のためにあるわけではない。YouTube
すべき文字資料すらおぼつかなく、現地に行くまで何
(http://www.youtube.com/)は、創立者のチャド・ハー
も解らないことも多々あったことを考えると、大きな
リーが、ディナーパーティーの映像を友人たちと共有
進歩であろう。また、現在中国の各地で再開発が進め
するために開発したという逸話が示すように、本来は
られており、街並みなども数年で大きく様相が変化す
ホームビデオなどで撮影した内容を、著作権者となる
ることがあるが、過去の映像を閲覧することができた
撮影者が配布することを念頭に作られたサービスなの
場合、現在との相違を検討する材料にもなる。
である。そうした著作権者の承諾のもとでアップロー
もちろんこうした動画は、中国人や欧米人、また研
ドされた動画の中には、研究者が直接的・間接的に研
究者や観光客など、さまざまな国・立場の人によって
究に利用できる貴重な資料も多数含まれている。以下、
作られたもので、内容的には玉石混淆である。映像も
動画投稿サイトの研究への利用について、簡単に紹介
ほとんどはアマチュア製作であり、プロによる編集を
してみたい。
経ていないため、一般的な鑑賞には堪えないものも多
い。しかし、お陰で「素材」が剥き出しであることも
多く、テレビのニュースなどではお目にかかれない、
ホンネに近いインタビューが載っていることもあるし、
Journal of JAET vol.12 ● 133
学術リソース レ ビ ュ ー
躍をもたらすことであろうことは確実だ。全文検索版
学術リソース・レビュー
また動画の内容から撮影者の関心のあり方が理解でき
払う必要のあったコンテンツを、タイムラグ無しで、
て、さまざまな点で参考になることもある。
しかも合法的に取り出すことができるようになったの
中国各地で撮影された動画は、欧米人や台湾人の手
である。現代中国、特に筆者のようにポップカルチャー
になると思われるものを YouTube で驚くほど大量に
に関心を持つ研究者にとって、まさに研究環境の革命
見つけることができる。また中国人の場合、中国大陸
的変化であった。現在では、動画投稿サイトの利用無
からの YouTube 接続問題もあって、後述する中国国
しに、この分野の研究は成り立たなくなっている。
産サイトへの投稿が圧倒的多数を占めている。なお日
なおレコード会社としては、動画投稿サイトでの
本の場合、YouTube はともかく、ニコニコ動画(http://
PV 公開はあくまでも「宣伝」に過ぎず、別に利益を
www.nicovideo.jp/)ではこの類の動画はほとんど見つ
回収する枠組みが必要だが、かつては CD を購入する
けることができない。もちろんそれは、ニコニコ動画
しかなかった曲が無料で視聴できるということは、逆
の性質もあるだろうし、さらには日本人の国民性の問
に言えば曲を手に入れるためだけに CD を買う行為は
題もあるだろうが、少なくとも我々研究者は、もう少
意味を成さなくなったことになる。こうした状況に対
し積極的に映像を発信して行っても良いのかも知れな
して、韓国の場合は CD による収益を諦め、テレビや
い。
コンサートの出演料で利益を出そうとし、また日本の
場合は CD に投票権などの付加価値を持たせる「AKB
⿡⿡ 現代中国文化のコンテンツ
商法」の出現も生んだが、中国本土の対応は前者に近
く、また香港・台湾は後者に似た、CD に写真集やグッ
著作権者の同意を得ずにアップロードすることの違
ズ、DVD などを付け、コアなファンをターゲットに
法性を説き、端から取締りや削除要請し、さらには訴
高額で販売する手法を採っている。動画投稿サイトの
訟を起こしたとしても、結局イタチごっこで違法行為
出現は、一方でそうしたビジネスモデルの変化の中に、
が無くならないのであれば、権利者側としてはもはや
利用する我々自身も身を置いていることに自覚的であ
現状を受け入れて、動画投稿サイトの枠組みを利用し
るべきでもあろう。
ていくしかない。そうした考えのもと、各国でレコー
なお、現在中華圏で流通しているコンテンツは香港・
ド会社や映画会社などコンテンツ事業者による公式
台湾のものが優勢で、そのため権利者であるコンテン
チャンネルの開設が、2008 年ごろから急増した。中
ツ事業者も同地域に拠点を構えていることが多い。そ
華圏ももちろん例外ではなく、現在では動画投稿サイ
して香港・台湾では YouTube が中心なので、日本人
ト内の公式チャンネルにおいて、ニュースやドキュメ
にとっても扱いやすいインターフェイスで、たいてい
ンタリーなど一部のテレビ番組や、映画の予告編、さ
のものがカバーできることになる。ただ、中国国内の
らにはポップス歌手の PV(プロモーション・ビデオ)
コンテンツ産業の成長を受けて、中国国産サイトでな
に至るまで、かつては CS 放送などで高額な受信料を
いと閲覧できないものもあることは、注意しておかな
ければならない。
図 1:YouTube 内のユニバーサル・ミュージック・グル
ープ公式チャンネル
⿡⿡ 中国の動画投稿サイト
中国の動画投稿サイトは、2005 年に開設された
Tudou( 土 豆 网、http://www.tudou.com/) お よ び
56.com( 我 乐 网、http://www.56.com/)、2006 年 開
設の Youku(优酷网、http://www.youku.com/)がい
わば「御三家」となる。これ以外にも多数にのぼるが、
本稿で紹介したようなコンテンツを持つものとしては、
他 に Ku6.com( 酷 6 网、http://www.ku6.com/) や
SinaVideo( 新 浪 视 频、http://video.sina.com.cn/) な
どが挙げられる。日本からは閲覧できないものも多い
134 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
動画投稿サイト
学術リソース レ ビ ュ ー
が、それは主に日本製アニメなど、違法にアップロー
ドされた海外コンテンツが中心で、本稿で紹介したよ
うな内容のものはほとんど対象となっていない。また
中国の動画投稿サイトの一括検索には、Goolge の動
画検索よりも「百度视频」(http://video.baidu.com/)
の方が良い結果が出るようである。
なお、こうした中国の動画投稿サイトを日本から閲
覧する場合、そもそも中国側のサーバーが貧弱な上に、
日中間の距離も関係し、スピード面でストレスを感じ
ることも多い。そのため、Orbit downloader(http://
図 2:百度视频搜索
www.orbitdownloader.com/) な ど の ツ ー ル を 使 っ て、
動画ファイルそのものをダウンロードしてローカルに
保存し、VLC Media Player(http://www.videolan.org/
vlc/)のような Flash Video に対応したプレイヤーで
視聴するのも一つの手である。これならばもう一度見
返そうと思った時や、オフラインの時にも簡単に閲覧
できて、便利である。ちなみに現在の日本の著作権法
では、著作権を侵害しているデータでなければ、ダウ
ンロードによる視聴は違法とはならない。
なお当然のことではあるが、中国国内での閲覧の場
合、スピードは多少改善される。中国滞在時は、距離
の問題とグレートファイアウォールのせいで、ネット
図 3:Orbit Downloader
の利用には不自由を感じることが多いが、中国国産の
動画投稿サイトについて言えば日本国内と状況が逆転
いた上で、現地でダウンロードツールを使って収集し
する。中国に行くことがあれば、前もって日本国内で
てくるのも良いだろう。
動画検索をかけ、目当ての動画をピックアップしてお
中国国家図書館
佐藤 仁史
例えば、筆者が専門とする中国近現代史の分野にお
⿡⿡ はじめに
筆者は、2000 年から数回にわたり、当欄において
いては、中心的基礎史料である『申報』をはじめとす
る新聞・雑誌史料の全文データベースが完成し、販売
『申報』
されていることは周知の通りである [1]。また、
中国史や中国近現代史に関連するウェブサイトやデジ
などと並んで中心的基礎史料の地位を誇る民国期まで
タルデータベースについて紹介してきた。当初、これ
の地方志も全文データベース化が終了しており、省毎
らのデータベースは「試み」にすぎなかったが、この
に購入することも可能となっている [2]。檔案につい
10 年間に十分に学術利用に耐えられるデータベース
ても、いくつかの檔案館が数年前からコレクション毎
が登場したばかりでなく、今後はこれらのデータベー
に歴史檔案のマイクロフィルムを提供するようになっ
スを利用することが前提となるまでの状況に至ったと
たが、これらもデジタル画像形式のデジタルデータ化
さえ言っても過言でもない。近年目を引くのは商用の
が進んでいる。
デジタルデータベースの存在であろう。
大規模な商用データベースに対してそれほど目立た
Journal of JAET vol.12 ● 135
学術リソース・レビュー
ないものの、様々な公共機関に所蔵される史料群のデ
した国際的データベースである。“西夏碎金” は西夏
ジタル化も確実に進展している。例えば、浙江図書館
文の文献の実物や影印、西夏研究に関する研究文献情
(http://www.zjlib.net.cn/)のウェブサイトでは、「浙
報を集めたものである。“碑帖菁華” には「中文拓片
江記憶」というコーナーに、浙江図書館家譜総目提要、
資料庫」が公開されており、ここには、甲骨、青銅器、
浙江図書館家譜全文というデータベースがあり、館蔵
石刻などの拓本 23 万片あまりが収録されている。筆
の族譜そのものや族譜の書誌情報をオンライン上で調
者の専門との関連で言えば、親族関係や友人関係と
べることができる。筆者が蘭渓市地方志辦公室で聞い
いった様々な社会関係の復元という点において、墓誌
た話では、当該地方には 1,000 種の家譜があり、そ
銘が注目される。“年画擷英” “前塵旧影” については
の多くは民間に所蔵されているというから、館蔵の家
後述する。
譜はもちろんごく一部である。しかしながら、館蔵の
「数字方志」はその名の通り、民国期以前の地方志
全体が示されたことは今後の族譜史料の整理の土台と
の全文データを公開した有用なデータベースである。
なることであろう。それ以外にも、「特色館蔵」とい
「民国専欄」は “民国図書” “民国期刊” “民国法律”
うコーナーには中国建国後の各県の地方新聞を公開し
という 3 種のデータベース群である。近年進展する
た館蔵省内報紙全文版、民国報紙、民国期刊というデー
民国史研究にとって極めて重要な史料群である。
タベースの整備が進んでいる。これらは将来全文をオ
以上、一次史料データベースについて見てきたが、
ンライン上で公開するのか、記事目録のみをオンライ
広く研究情報を収集するためのデータベースも充実し
ン上に公開するのか不明であるが、極めて利用価値の
ている。“中国図書” や “博士論文” では図書や博士論
高いものである。地方の機関毎のデジタル化は今後同
文の全文を閲覧することができ、
「中国学」のコーナー
様に進展するであろう。
にある “中国学漢学家” や “中国学網絡” では、海外
本欄で紹介する中国国家図書館における所蔵史料の
の中国学の礎を築いた学者に関する基礎情報や、中国
データベース化も国家図書館にふさわしく、模範とし
学に関するウェブサイト等の紹介がなされており便利
ての充実ぶりを見て取れる。そのうち以下では、中国
である。
国内の一般読者を対象にしたデータベースはのぞき、
以上のように、国家図書館の「在線数據庫」からは、
もっぱら研究者を対象としたオンラインデータベース
一次史料のそのものから広義の研究情報まで多くの情
を素材として、どのように研究に利用できるか、利用
報を得られるが、以下ではそのうち一次史料の書誌情
の際にどのようなことに留意すべきかについて述べる。
報や全文データがどのように提供されているかについ
て、具体的な研究活動を想定しつつみてみよう。
⿡⿡ 在線数據庫の概要
ま ず、「 在 線 数 根 拠 據 庫 」(http://www.nlc.gov.cn/
⿡⿡ 書誌情報
newgj/、オンラインデータベース)の概要を紹介した
真っ先に行う作業は、国会図書館や大学図書館など
い。国家を代表する図書館にふさわしく、国際レヴェ
の OPAC や Webcat、Cinii、CNKI といったデータベー
ル・国家レヴェルの文書・文物・図書のデータベース
スを検索して関連情報を収集することである。これと
が目を引く。「図片専欄」というコーナーには、“甲骨
関連して、上述した “中国図書” や “博士論文” のデー
世界” “敦煌遺珍” “西夏碎金” “碑帖菁華” “年画擷英” “前
タベースを用いて検索をするであろう。その中で、古
塵旧影” という 6 種のデータベースが公開されている。
籍善本に関する情報が必要になった場合には、以下の
“甲骨世界” は 35,651 点にも及ぶ甲骨文字の実物や拓
データベースが有用である。
片をスキャンし、その一部の画像情報などを公開した
ものである。“敦煌遺珍” は敦煌やシルクロードにお
いて出土した、いわゆる敦煌文書をはじめとする写本
や絵画、芸術品などの諸資料の図像データ 29 点あま
⿎⿎ 中国古籍善本書目聯合導航系統、中国古籍善
本国際聯合書目系統
前者は『中国古籍善本書目』のデジタル版で 29 万
りを公開したものである。イギリス、中国、ロシア、
条におよぶ書誌情報が収録されている。後者は国内外
日本、ドイツ、フランスに所蔵される資料情報を総合
の古籍善本に関する聯合目録であり、2 万条に及ぶ書
136 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
中国国家図書館
もう 1 つの利点は、紙版の地方志や商用のデータベ
から必要な情報を絞り込むことができる、前者は四部
―ストは異なり、なんと言ってもどこにいても随時参
分類、省別 / 機関別の所蔵状況、版本年代別に分類が
照できるという点である。
なされていて便利である。
ところで、地方志といえば、1980 年代以降大量に
編纂されている新編地方志の存在を忘れてはならない。
⿡⿡ 全文情報
「在線数據庫」の精華は史料全文データである。以
下では、筆者が最近関心を抱いている明清期から現代
に至る浙江省などの山林管理・利用についてどのよう
な一次史料が収録されているかに即してみてみる。
⿎⿎ 数字方志
当該データベースには 1949 年以前に編纂された
6,868 種におよぶ明代~民国期の地方志や地方志に類
する書籍の全文テキストデータを公開したものである。
閲覧には Acrobat Reader7.0 以上のバージョンを閲覧
歴史学研究のテーマが 1949 年以降にも広がる中、新
編地方志の史料としての重要性は増大しているので、
“数字方志” の中に新編地方志も収録されることを切
に望む。
⿎⿎ 民国図書
1 万 3000 点あまりにわたる民国期の図書が画像
データの形式で公開されたものである。現在も継続し
てスキャンが行われており、今後も陸続と収録書籍が
増加していくものと思われる。
「林業」というキーワードで検索すると、浙江省
農業改進所編『浙江省旧処属十県林業概况調査報告』
する環境が必要である。表示形式は PDF テキストと
(1940 年)という報告書に行き着いた。県毎に森林
参照された史料の画像であるが、全文検索には対応し
の分布状況や林政機構、林政の内容、主要な樹木一覧
ていないため、逐一閲覧をする必要がある。
などが報告されている。
浙江省の地方志を検索する場合、「浙江」や「建徳」
「林政」というキーワードでは、陳嵘『歴代森林史
といった具体的な地名を入力する。このような検索機
略及民国林政史料』金陵大学農学院院森林系林業推広
能以外に、地方志の性格から考えて、省別、府・県別、
部、1934 年という図書を発見した。中国における林
現在の行政区画と対応した分類目録から個別の書籍に
政の変遷を手際よく纏められており、初学者にとって
到達できるようにしておけば、より利用性が高くなる
参考になる内容であるのと同時に、この書籍が出版さ
ように思われる。全文のデータが PDF 形式で表示さ
れた背景を考えると、当時農学や林学研究の拠点の1
れるので、実際にはテキストデータの全文検索が可能
つであった金陵大学における学知のあり方を端的に示
な環境があると推定されるが、それが開放されない限
しており、この意味でも興味深い図書でもる。
りにおいては使い勝手という点においては商用の地方
志データベースに遠く及ばないことになる。また、成
分出版社版の地方志は既に多くの大学図書館が所蔵し
図: “民国期刊”に収録される浙江省立第2造林場刊行
の『林業浅説』
ているから、普通の状況下においては紙ベースのもの
を利用するのが現実的であろう。
このデータベースを利用する利点の 1 つは、地方
志に類する書籍も収録されている点である。例えば、
厳州府知府を務めた戴槃の在任期間中における公文を
纏めた『厳陵紀略』(清同治 9 年木刻本)が収録され
ており、そこでは「定厳属墾荒章程並招棚民開墾記」
という山地開墾に関する文章を見いだすことができる。
地方志を広く捉えてこのような史料を収録したことが
商用のデータベースとはひと味違う有用性をもたらし
ているように思われるし、今後の利用価値を高める上
でのヒントもここに見いだすことができよう。また、
Journal of JAET vol.12 ● 137
学術リソース レ ビ ュ ー
誌情報が提供されている。人名や地名などの手がかり
学術リソース・レビュー
これらの図書は日本の関連機関には所蔵されていな
1942 年
いので、従来であるならば北京に行くか、他地域の所
蔵機関に赴くかしなければならなかった。基本的な図
が明らかとなった。法律・法規は制度史の最基本であ
書文献をオンライン上で閲覧できることによって、よ
るだけに、このデータベースの有用性は極めて高いも
り多くの労力を一次史料の収集や読解、分析に割くこ
のである。
とが可能になる。
⿎⿎ 民国期刊
⿡⿡ 図像情報
マイクロフィルムに撮影された民国の雑誌、定期刊
書誌情報や史料全文情報以外にも、「在線数根拠據
行物のうち 4,350 種類についてデジタル画像に変換
庫」には図像史料もデータベースも含まれている。“年
し、オンラインで公開しているものである。
画擷英” と “前塵旧影” がそれである。
「林学」というキーワードでヒットした雑誌は 3
種に過ぎず、それぞれ 1 期が刊行されたのみであっ
⿎⿎ 年画擷英
たが、その中身は示唆に富むものである。四川林学会
中国四大年画産地の1つ天津楊柳青や河南朱仙鎮の
『四川林学会特刊』1938 年、には、「四川林業的現況
作品を中心として 4,000 種あまりの年画の画像デー
和今後的動向」「設立完全森林試験場之現在及将来」
タを整理したものがこのデータベースである。内容は、
といった地域林政に関する文章以外に、「非常時期之
風景や人物、故事や戯曲、花鳥風月など多岐にわたっ
森林与抗戦」「戦時川省応走之途徑」といった戦時に
ているが、神像が多くを占める。これらの年画は制作
おける林業の問題に関する文章も掲載されている。こ
地周辺の民俗や民間信仰の一端を垣間見ることができ
のような記事からは四川における林政の地域性や抗日
るので、自ら殆ど文献史料を残さない民衆の内在的
戦争下という時代性を読み取るための情報を得ること
世界観を知るためには不可欠の資料であるといえよう。
ができよう。
年画の多くには、モチーフとなった物語や歴史的背景、
⿎⿎ 民国法律
これは民国期の法律や法規などを集成したデータ
ベースであり、現段階で 8,117 種の法律文献を収録
作品の特徴などについての解説が附されていて有用で
ある。
⿎⿎ 前塵旧影
している。ここでいう民国期とは、1911 年 10 月の
国家図書館が所蔵する 10 万点あまりの写真を電
辛亥革命後に成立した湖北軍政府期から 1949 年 10
子化し、基本情報を加えたデータベースである。清末
月の中華人民共和国成立までのことを指し、法律を制
以降の歴史研究にとって写真が極めて重要な位置を占
定する主体となった政権は、中華民国臨時政府、中華
めるようになることは贅言を要しないが、このデータ
民国軍政府、中華民国陸海軍大元帥大本営、中華民国
ベースについていうならば、一時期に盛行した「老照
政府、南京国民政府、満洲国政府、華北政務委員会、
片」を冠した書籍の域を出ないように感じられる。写
汪精衛南京国民政府、中華蘇維埃工農民主政府や各地
真が撮影日や撮影者を特定する作業は困難を極めるで
の革命根拠地政府が含まれる。
あろうが、既にいくつかの手がかりを持つものについ
森 林 に 関 す る 法 律・ 法 規 を 調 べ る と、 森 林 法 が
ては、その情報を写真とともに記したほうがよいと思
1932 年に南京国民政府によって制定されたことをす
われる。例えば、「天壇の ?」と題された写真には天
ぐにしることができる。また、関連する法規を調べて
壇が撮影されているが、日本語による書き込みがある
みると、
らしい。このような情報もデータベースに反映すると
よいでさろう。また、2,344 枚の写真が鄧之誠の手に
⿟『吉黑森林局暫行章程』
⿟
(中華民国北京政府)
1918 年
⿟『森林事務所官制』
⿟
(滿洲国政府)1934 年
⿟『森林保護暫行条例』
⿟
(汪精衛南京国民政府)
138 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
よるものである。撮影者は歴史学者の鄧之誠であると
思われるが、このような手がかりから写真群を分析す
ることが可能であろう。
中国国家図書館 / 図書館におけるレファレンスサービスの本質とは
⿡⿡ おわりに
以上、中国国家図書館の「在線数據庫」を、研究利
ているが、他の研究者がこのデータを直接検証する手
立ては現在のところない。おそらくこのような問題は
中国国内においても存在しているであろう。調査倫理
用の観点から中国近現代史を中心に紹介した。商用の
上の問題をクリアした上で、フィールド・アーカイブ、
データベースやオンラインのリソースを組み合わせれ
すなわちフィールドワークにおいて生成された音声、
ば、相当程度の情報を入手することが可能であること、
画像、映像を集積するデータベースの構築を望みたい。
今後これらのデータベースなしには効率的な史料収集
様々なデータベースが急速に充実し、関連情報に容
活動自体が成り立たないといっても過言ではないであ
易にアクセスできるようになったことは、贅言を要し
ろう。
ないことではあるが、研究者がより分析・思考に労力
利用者としての観点からすれば、現在個々に作成・
を費やさねばならないことを意味するものである。こ
運用されているデータベースの横断検索やリンクの機
のような意味においては、便利さと引き替えに、より
能が充実することが望まれる。例えば、ある具体的な
大きな課題に直面しているともいえるかもしれない。
地域社会について史料を調べる場合、“数字方志”、“民
国図書”、“民国期刊” や古籍を横断して検索する必要
がでてくるからである。もちろん既にかかる機能は実
装されており、博士論文のデータベースからは、“中
注
[1] 愛如生の『申報数據庫(1872.4.30―1949.4.19)』の
文図書”、“数字方志”、“民国図書”、“民国期刊” の関連
第 1 輯( 第 1―13000 号:1872 年―1901 年 ) は
図書にリンクが張られているが、精度は必ずしも高く
2011 年 7 月に販売が開始された。
ないようである。
http://www.toho-shoten.co.jp/er07/houkanko.html
また、図像や画像のデータベースも作成されている
ものの、あくまでも「図書」という見地からの発想で
あるように思われる。筆者は近年口述調査を中心とす
る現地調査を行っているが、口述調査の録音データ、
現地調査において収集した写真や映像は個人で所蔵し
晩清期刊全文数據庫と民国時期期刊全文数據庫につい
ては次に紹介がある。
http://www.toho-shoten.co.jp/er07/shlib.html
[2] 例えば愛如生による『中国方志庫』は次の通りである。
http://www.toho-shoten.co.jp/er07/188900.html
図書館におけるレファレンスサービスの
本質とは
矢野 正隆
⿡⿡ はじめに
『図書館ハンドブック』によると、レファレンスサー
ている。本誌読者の中には、国立国会図書館が主催
する「レファレンス共同データベース Collaborative
Reference Database 以 下 CRD と 略 す 」(http://
ビスとは「何らかの情報要求をもつ利用者に対して図
crd.ndl.go.jp/jp/public/)をご存知の方も多いであろう。
書館員が行う人的援助」のことであり [1]、一般的には、
本稿に課せられたテーマは CRD のようなデータベー
図書館のカウンターにいる司書に対して、利用者があ
スを例として、図書館におけるレファレンスサービス
れこれ尋ねる光景がイメージされるであろう。近年で
をレビューすることであるが、ここではやや焦点を絞
は、電子メールを通じたレファレンスサービス(Digital
り、こうしたデータベースにおける東洋学の情報は、
Reference Service)も浸透しつつある。また、蓄積さ
東洋学の研究者からはどのように位置づけることがで
れた個別のレファレンス事例は、ウェブを通じて広く
きるか、という観点から考察を加えることにする。た
共有することにより、情報探索ツールとして活用され
だし、行論の都合により、事例の紹介プラス批評とい
Journal of JAET vol.12 ● 139
学術リソース レ ビ ュ ー
ている。口述記録については一部を編集して文字化し
学術リソース・レビュー
う通常の「レビュー」に期待される内容はほとんど割
見ると、図書や論文の探索(~を探している)
、文章
愛することになった。この点予めご承知おき願いたい。
や単語の出典と意味に関する問合せ(~について知り
たい)で 100 件以上を占めている。回答では探索に
⿡⿡ Q&A 的レファレンス
⿎⿎ 質問 1
を追体験でき、その妥当性を検討することもできる。
レファレンスの現場では、このような明確な質問に至
「子曰、吾有知乎哉、無知也。有鄙夫問於我、
空空如也。我叩其両端而竭焉。」この文章の出
典と意味を知りたい
用いたツールを記すことにより、誰もがこの調査過程
[2]
るまでに多くの曲折も生ずるであろうが、データベー
スにアップする段階で枝葉は省略し、Q&A として利
用しやすいよう纏めたものと思われる。
レファレンスサービスという意味では、この回答 1
教養などとは縁のなさそうな男の、真剣な表情で発
する問いに対して、古代中国の孔子は「其の両端を叩
の段階で一区切りついていると言えるが、質問者がこ
の回答で満足したかどうかは別の話になる。
きて竭く」したが、現代日本の図書館司書ならば、こ
の問い合わせにどう応えるか。研究者ならどうするか。
レファレンスにおける質問をその内容から分析する
と、①案内指示的質問(例 : 中国関係の図書はどこに
排架されているのか)、②利用指導質問(例 : 中国思
想を扱った文献の探し方を教えて欲しい)、といった、
⿡⿡ 真の質問とは
⿎⿎ 質問 2
論語について問い合わせた者です。その節は、
二種類の翻訳書を教えて頂きました。
ポイントが絞られてないタイプの質問、それから、③
「先生がいわれた、「わたしはもの知りだろ
所定の情報源により簡単に回答できる即答質問(例 :
うか。もの知りではない。つまらない男でも、
孔子の生誕年が知りたい)、④特定の主題に関する文
まじめな態度でやってきてわたくしに質問する
献の探索質問(例 : 論語の翻訳書・研究書を探した
なら、わたくしはそのすみずみまでたたいて、
い)、⑤探索に多くの時間と労力を要する調査質問(例 :
十分に答えてやるまでだ。」」(岩波文庫 金谷
孔子に関係する図書や雑誌記事を網羅的に集めたい)
、
治訳)
といったより具体的な問い合わせの、5 つに類型化で
なるほど孔子の言葉であることはわかりまし
きるとされる。この質問 1 は、特定の漢文の意味を
た。ただこの日本語、難しい言葉遣いはないの
知りたいという、限定された具体的なもの(③④⑤の
ですが、何を言っているのかよくわかりません。
いづれの要素も持つと思われる)であるため、まずは
「もの知りではない」と言っておいて、「答えて
典拠を確認し、図書館の所蔵を調査すればよいという
やるまでだ」というのは、どういう繋がりなの
ことになる。
でしょうか。それに「そのすみずみまでたたく」
⿎⿎ 回答 1
論語子罕篇です。台湾中央研究院の漢籍電子
文獻データベース(http://hanji.sinica.edu.tw/)
で確認できました。論語の和訳は大変種類が多
というのはいったいどういう行為なのでしょう
か。古い言葉の翻訳というのはこういうものな
のでしょうか、小説の翻訳などとはずいぶん勝
手が違うという印象です。
「私が知恵者だなどとは見当外れでしょう。
いのですが、ひとまず当館に所蔵がある岩波文
私の知恵袋はいつもからっぽです。それに聞き
庫、岩波現代文庫のものを紹介します。請求記
方の下手な者がやってこられるのは一層こまる。
号は、(以下略)……。
私の袋からは何も出てくるものがないのだ。こ
れこの通りと、二つの隅を叩いて振って見せる
CRD に採録されているレファレンス事例のほとん
ばかりだ。」(岩波現代文庫 宮崎市定訳)
どはこのような具体的な質問であり、回答もおおむね
これは非常にわかりやすい日本語です。物知
こうした形式をとっている。試みに東洋思想のカテゴ
りだからと便利使いされるのに辟易している感
リにある 142 件(2011 年 9 月 8 日現在)の事例を
じがよくわかります。ただ、これは岩波文庫の
140 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
図書館におけるレファレンスサービスの本質とは
結局のところ孔子は鄙夫の質問に答えたので
しょうか、答えなかったのでしょうか。
き出して、充分に答えてやる。」
新注によるならば、「私は実際は知者ではな
いが、知者のように思われるのは、誰の質問に
対しても、かく丁寧に答えるところから生まれ
レファレンスサービスをその回答のレベルから見る
た評判に過ぎない。そうした謙遜の言葉とす
と、①その情報が載っている文献を紹介するか、ある
る。」とのことです。こんな風に多くの学説が
いは、②その情報にたどり着くためのツールを教える
あるようです。
か、で区分される。①の方向を進めて、求められた情
当館の所蔵を調べたところ、論語の翻訳とし
報を可能な限り回答し、要求に最大限応えるべきだと
てはこの他に、中公文庫(貝塚茂樹訳)
、筑摩
いう考え方を「最大論」「自由論」という。専門図書
世界文学大系(倉石武四郎訳)、集英社全釈漢
館はおおむねこうした考え方で運営されている。一方、
文大系(平岡武夫訳)、明徳出版社中国古典新
②のように、探索法の指導など、サービスは最小限に
書(宇野哲人訳)、大修館書店(諸橋轍次訳)、
とどめるべきだとする考え方を「最小論」「保守論」
学習研究社中国の古典(藤堂明保訳)がありま
という。学校等の教育機関にある図書館はこうした方
すので、参考にしてみてください。
針が推奨される。公立図書館のように、専門調査と教
育支援を厳密に分けられないところでは、ケースに応
じて回答のレベルを選択することになる。
この質問に対する回答は、①のレベルでなされたも
のであり、「求められた情報を可能な限り回答」でき
たかどうかはともかく、一見したところ回答に不備は
なさそうである。しかしながら、質問者が真に知りた
解釈は積み上げられ増える一方で、この文章はいっ
たい何を言っているかという、質問者の真に知りたい
ことは不明のままである。同じ事を、大学にいる東洋
学の研究者に訊いてみたらどうなるだろうか。
⿎⿎ 回答 2'
い情報は得られなかった。ではどうするか。孔子に倣っ
論語にはおよそ二千年に及ぶ注釈の歴史があ
て最後まで「十分に答えてやる」か、あるいはこれ以
ります。三国時代魏何晏等による集解を古注、
上「私の袋からは何も出てくるものがない」と応えるか。
南宋朱熹の集注を新注とし、このふたつがまず
⿎⿎ 回答 2
日本語の意味がはっきりしないとのこと、先
重んじられています。これに継ぐものとしては
清時代の劉寶楠の『論語正義』が優れていると
されています。日本人のものとしては江戸時代、
にご紹介した以外の翻訳書をいくつか見てみま
伊藤仁斎の『論語古義』、荻生徂徠の『論語徴』
した。朝日文庫(吉川幸次郎訳)によると、
「は
が有名です。これらはすべて本学の文学部図書
じめの「吾れ知ること有らんや、知ること無き
室に所蔵されています。またネット上でも閲
なり」についての、古注と新注の解釈は、同じ
覧することが可能です。古注・新注は台湾中
でない。」とあり、どうも昔から解釈が定まら
央研究院の漢籍電子文獻データベース(http://
なかった部分のようです。この翻訳では、古注
hanji.sinica.edu.tw/)、『論語正義』は中國哲學
の方を採用してこんな風に訳しています。
書 電 子 化 計 劃(http://ctext.org/zh) に、 仁 斎、
「私はインテリぶることがあろうか。そうし
徂徠の注釈は、国立国会図書館の近代デジタル
てインテリの特権として、知識を自分だけの専
ライブラリー(http://kindai.ndl.go.jp/)にあり
有とし、人から問われた場合に、知識の出しお
ます。
しみをするということがあろうか。そうした態
度はない。…身分のいやしい、……知識の乏し
一見すると、一方は日本語、他方は漢文、という違
いおとこ…が私にものを問いかけたとき、……
いだけで、解釈を複数提示するという意味では双方同
その質問は、素朴な、質問の態を成さないもの
じようであるが、後者には注釈の作られた時代がそれ
であっても、私はかれの質問しようとする内容
ぞれ示されている。このことは、ある同じ文章が時代
を察知し、その内容の両極端となるところを導
を超えて、幾度となく読み込まれ新しく解釈されてき
Journal of JAET vol.12 ● 141
学術リソース レ ビ ュ ー
訳と全く意味が違うと思うのですが。
学術リソース・レビュー
たという、歴史的な経緯が意識されていることを意味
ちのどれかが彼の言いたかったことなのでしょ
する。換言すれば、既にできあがった答えの背後にあ
うが、それを確かめるにどうしたらよいでしょ
る、その答えが生み出される過程が常に問題とされて
うか。
いる。そのため絶えず原典を繙くことになる。
質問者にとっては、意味がわかりさえすれば、そん
レファレンスインタビューをすれば、当然、個人的
なことはどうでもよいことであった。しかし、人によ
な領域に触れることもあるであろう。Q&A 的な事例
り時代により、意味は違うという回答を得た。そんな
データベースからは省かれるこのような部分こそ、レ
はずではなかったが、改めて冷静に考えてみると、現
ファレンスの現場で最も肝要なところかもしれない。
実は確かにそういうものなのかも知れない。とすると、
ここではっきりしたのは、質問者が求めているのは、
この質問自体を再考するべきなのか。
この漢文の学問的に正しい日本語訳ではなく、彼の友
図書館におけるレファレンスの手順は、まず①利用
者から質問を受付け、その内容を正確に把握し、次に
②検索戦略を構築する、それから③検索を実行し結果
人が何を言っていたのか、ということになる。
⿎⿎ 回答 3
を評価するという、3 段階が基本となるが、その最終
ご友人がどういった意味でこの文章を解して
目標は、質問者の真の要求に応えることである。この
いたか。これは、故人をよくご存じの方が判定
「真の要求に応える」ためには、③の結果から常に①
するほかありません。当館で調べられるだけの
の段階に立ち戻ること、そして必要に応じてレファレ
訳書・研究書・論文をご紹介しますので、最も
ぴったりだと思われる解釈をお選びください。
ンスインタビューを行うことが求められる。
(以下略)……
レファレンスインタビューとは、曖昧模糊とした利
用者からの問い合わせに対して、その真の要求を反映
した質問を得るための濾過装置である。その濾過装置
レファレンスサービスの目的が、利用者の真の要求
におけるフィルターとして以下の項目が挙げられる。
に応えることであり、司書が厳密にその職務を遂行し
①必要な情報の主題、②情報を得ようとする目的、③
ようとするのであれば、その回答のレベルを変えざる
利用者の知識状態、探索歴、経歴など、④回答のレベ
を得ない局面は往々にして生じるであろう。この事例
ル、文献数など、⑤情報源の探索が可能な質問かどう
の場合、最終的な答えは質問者が自力で掴む他ないこ
か。ここでは、②③が特に重要になる。このような質
とははっきりしているが、回答者には、複数ある解釈
問をするに至った背景や周辺を踏まえた上で、最初に
を内容的に整理するところまでは求められるであろう。
提示された単純な問いは、以下のような形で再度提示
これを司書が自ら調べるか、他機関や専門家に委ねる
されることになった。
(レフェラルサービス)かは、館の立場や個々のケー
スによる。専門家ならどのような回答ができるだろう
⿡⿡ 回答の限界
⿎⿎ 質問 3
私は中国研究とは何の縁もない技術畑の人間
です。実は先日古いつきあいの友人が亡くなっ
か。
⿎⿎ 回答 3'
多くの解釈がありますので、ここでは、それ
ぞれを簡単に整理して、参考に供します。
たのです。その彼の口癖だったのが、質問した
「吾有知乎哉、無知也」は、もったいぶって
論語の文句で、何度か意味を尋ねたことはあっ
教えないような隠し持った知識なぞない、とい
たのですが、残念ながら詳しい内容が思い出せ
う解釈と、単なる謙遜のことば、という解釈が
ません。それで、彼が何を思って、どういう意
あります。「空空如」は「からっぽ」と解するか、
味で、この文句を口にしていたか、日が経つに
「くそ真面目」と解するかで分かれます。「我叩
つれどうにも気になり、思い切ってお問い合わ
其両端而竭焉」は、回答者が質問者に反問して
せした次第です。しかし、多くの学説があるの
訊きたいことをはっきりさせる、というニュア
を知り、大変困惑しています。おそらくそのう
ンスと、回答者が持っているすべて隅から隅ま
142 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
図書館におけるレファレンスサービスの本質とは
るとも言える。それより、もっと重要な相違は、知識
す。乱暴に言ってしまえば、過去の注釈は、こ
を既成のものとしてとらえるか、それが生成される過
うした複数の解釈を、パーツごとに選択して組
程を含めた総体としてとらえるか、という点に求めら
み合わせたものであると、整理できそうです。
れると思われる [3]。
そして、その相違は、注釈者が生きた時代的社
孔子が「吾有知乎哉、無知也」と言った際に、何の
会的な背景や、そのパーソナリティによるもの
「知」のことが念頭にあったのだろうか。多くの注釈
でしょう。
これらとやや傾向の異なるものとしては、既
者は、回答者が質問者に手渡しできるような「情報」
である、と考えた。他方、仁斎はそれを「物」であり「道」
に御覧になったという、岩波現代文庫の訳、こ
であるとした。そして、どちらの解釈にせよ、孔子は
れは、教えてやらない方向の珍しい解釈です。
自分にはその「知」がないこと、やっている事といえ
それから仁斎の『古義』は「吾有知乎哉、無知
ば「両端を叩く」ことだけだと言った。
也」の解釈が、他とは随分違います。
Q&A のデータベースに載るのはこの「情報」に他
「……夫子生知の聖を以て、亦「吾れ知れる
ならない。これならば、蓄積して不特定多数に知らせ
有らむや、知れる無し」と曰へるは何ぞや。蓋
ることもできる。しかしそれはレファレンスサービス
し、物の外に道無く、道の外に物無し。内外無く、
から生じた既成の知識であって、その生成過程の全体
隠見無し。故に実に道を知れる者は、自ら其の
からすれば形骸に過ぎない。一方、質問と回答という
知を有りとせず。其の有とすべき者有ること無
レファレンスの全プロセスは、「其の両端を叩」き尽
きを以てなり。実に道を知らざる者は、自ら其
くしているというイメージと重ねあわせることができ
の知を有とす。其の猶ほ有とすべき者有るを以
そうである。仁斎の所謂「物」「道」とは、知識の対
てなり。故に「吾れ知れること有らむや、知れ
象となる「情報」ではない、問い問われるという動き
ること無きなり」と曰へり。大なるかな。」
全体のことであるとすれば、我々がそれに対してでき
難解に思われるかも知れませんが、ここで言
われている「知」が、他の解釈に見られる「知」
ることとは、そのプロセスを自覚的に生きることだけ
である。それを手軽に受け渡しすることなどできない。
とはずいぶん違うことは感じ取れると思います。
こんな具合に、論語に対する勝手な解釈は今後も際
⿡⿡ レファレンスサービスにおける知とは
― 結びにかえて ―
結局のところ「其の両端を叩いて竭く」されたのは、
限なく生まれることであろう。ただ、改めて考えると、
解釈とは本文という「情報」に息を吹き込むという行
為であり、同じ事は、データベースに蓄積される「情
報」をいかに取り扱うか、という課題とも通底してい
どちらだったのだろうか。孔子の言葉で言えば、それ
るように思われる。司書であるか研究者であるかを問
は孔子自身であり、質問してきた鄙夫でもあり、解釈
わず、その生命線はこの「情報」という死物を活かせ
次第でどちらとも言えるようである。一方、レファレ
るか否かに掛かっているのではなかろうか。
ンスの場ではどうであったか。回答者は可能な限り知
識を提示することが求められ、質問者は反問されて、
改めて自分が本当はいったい何を知りたかったのか考
えさせられることになった。つまり、双方ともに「叩」
かれた。
司書は、質問の真の意図を確かめ、既成の知識を総
動員して、欲する情報に到達するための道筋を示す。
研究者も同じ事を訊かれれば、司書と同じ様な手順で
回答することになるであろう。ではその違いは何か。
注
[1] 『図書館ハンドブック』第 6 版補訂版(日本図書館協
会 2010.2)79―91 頁。以下のレファレンスサービ
スに関する記載は全てこれに拠った。
[2] 以下の質問・回答は筆者の創作であり、データベース
や実見に基づくものではない。
[3] 念のため付言しておくと、ここに言う司書と専門家は
専門的な内容に精通しているか否かは、大学で東洋思
対立するものとしてではなく、ある特定の局面での立
想を専攻した司書も居るはずであり、程度の問題であ
場として想定している。例えば、図書館自体に関する
Journal of JAET vol.12 ● 143
学術リソース レ ビ ュ ー
で出し尽くす、というニュアンスがあるようで
学術リソース・レビュー
質問であれば、司書は専門家・研究者として対応する
ことが求められるであろう。
「 多 言 語 実 験 室 」公 開 ツ ー ル 各 種
鈴木 慎吾
Flash ムービーファイルとなっていて、基本的には全
⿡⿡ はじめに
てクライアントサイドで動く [1]。以下、本誌の読者
と関係がありそうな順に紹介する。
筆者は、以前より中国語音韻史の研究および中国語
教育に従事する一方で、普段の業務を省力化するため
のツールを作成し、「多言語実験室」と称するサイト
で公開してきた。現在の URL は次の通り。
⿡⿡ 中国語関係
⿎⿎ 中国語教師用クラス名簿一発作成ツール
中国語教師の多くが毎年新学期に作ることになるで
http://www.world-lang.osaka-u.ac.jp/user/
suzukish/
あろう、簡体字・ピンイン併記のクラス名簿を作成す
るためのツールである。日本の漢字表記の名簿を簡体
字に一括変換する。名前の通りクラス名簿の作成に特
これらは、ルーチンワークが面倒くさくなってきた
化しており、姓名の先頭文字のピンインを大文字にし
時に、何とか楽をしたいと思ったり、あるいは本来の
たり、踊り字 “々” の入力に対応したりするといった
仕事が煮詰まってくると、ついつい他のことに逃避し
仕組みを備えている。一方、ピンインを全て小文字で
てみたり、全てはそのようなところから生み出された
出力するオプションもあるので、簡単な単語リストを
ものにすぎない。そのようなちゃちな自作ツールをこ
作成することもできる。
の場で紹介するのは恥ずかしいばかりなのだが、本誌
⿟使い方
⿟
編集担当の先生より特にご依頼を頂戴したので、恥を
忍んで少しばかりご紹介しようと思う。
これらのツールは全てブラウザ上で動作するウェ
ブアプリケーションで、ほとんどは JavaScript で作
成されているほか、一部は ActionScript を組み込んだ
姓名をスペースで区切った名簿を入力し、「開始!」
ボタンを押す。多音字がある場合は下部に候補が出る
ので選択する。
⿎⿎ 広東語教師用クラス名簿一発作成ツール
上記「中国語教師用……」の広東語バージョン。繁
中国語教師用クラス名簿一発作成ツール
体 字 と 広 東 語 の 発 音 つ づ り 字 を 出 力 す る。 発 音 は
unihan.txt の情報を元にしているが、Yale 式を千島式
に変換して表示している。私事で恐縮だが、筆者は今
年から広東語教師に転じたため、必要に迫られて急遽、
本ツールを作成することになった。
⿟使い方
⿟
上記「中国語教師用……」と同じ。
⿎⿎ Web 韻図
ある漢字について、『広韻』における韻目と反切を
検索し、また同時に韻図における位置を表示するツー
ル。『広韻』反切の検索ツールは他にもあるが [2]、本
ツールは韻図を同時に表示することを特徴とする。
韻図の体裁は辻本春彦氏の『廣韻切韻譜』(均社 ,
144 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
図書館におけるレファレンスサービスの本質とは /「多言語実験室」公開ツール各種
学術リソース レ ビ ュ ー
1986)に準拠し、小韻代表字のほか反切もあわせて
図内に表示する。体裁を『韻鏡』の形式に切り替える
こともできる [3]。また、韻図をページ毎に閲覧したり、
任意の小韻の情報を見ることもできる。
な お、『 広 韻 』 の 収 録 文 字、 配 列 順 の デ ー タ は
unihan.txt の情報を使用している。
⿟使い方
⿟
「韻字検索」の窓に検索したい漢字を入れ、「検索」
ボタンを押すと『広韻』の反切が表示される(簡単な
異体字テーブルを搭載しているので、検索は『広韻』
の字体でなくてもかまわない)。この反切をクリック
すると、右フレームに韻図の該当箇所が表示される。
Web 韻図
なお、
全ての文字を表示させるには Unicode CJK Ext. A,
B 領域の漢字を収録したフォントが必要である。
U6C49◆ 魏 ◆U4E1B◆ ◆U4E66◆」となる)。この
⿡⿡ 図書館目録関係
ツールはもともとこのようなクロビシ形を簡単に呼び
⿎⿎ クロビシ一発変換システム
となっているのはそのときの名残である。
日本漢字、中国簡体字、繁体字を相互変換するツー
出すために作成したもので、名称が「クロビシ……」
⿟使い方
⿟
ルである。図書館の目録作業従事者が中国書の目録を
変換したい文字列を入力し、「開始!」ボタンを押
とる際の補助ツールとして使用されることを想定して
すと、対応する簡体字・繁体字・JIS 漢字が現れる [5]。
いる。
欲しい漢字をクリックするか、「一括変換」ボタンを
そもそも図書館の目録作業従事者は必ずしも中国語
に習熟しているわけではないので、ピンインによる入
力には困難があることが多い。本ツールはそのような
作業者が、求める字体を簡単に検索できるように作成
されたツールである。
押すと、下部に対応する実体文字表示、クロビシ表示、
ピンイン、ハングルが出力される。
⿎⿎ クロビシ確認ツール(兼・外字チェッカー)
上記ツールに関連して、クロビシ形式の目録デー
本ツールでは、字体を一文字ごとに選択できるよう
タを漢字表記に戻して表示するツール。データベー
になっている。これは、特に民国初~共和国初期の図
スに JIS X 0208 外字を送信しないよう、チェックす
書には字体の繁・簡が統一されていないものが多く、
そのような字体の入り交じった文字列を簡単に得るた
クロビシ一発変換システム
めである。
また、NACSIS―CAT(国立情報学研究所の総合目録)
の中文書目録では、書名・著者名の読みをピンインで
入力することになっているため、本ツールではこれも
同時に出力し、作業者の便を図っている [4]。
ところで本ツールは、10 年ほど前、筆者が旧大阪
外国語大学の附属図書館で目録業務のアルバイトをし
ていたころに作成したものである。そのころ使ってい
た端末は、使用できる漢字がまだ JIS X 0208 の範囲
に限られていた時代で、JIS 未定義字は UCS 番号を用
いた、目録関係者の言うところの「クロビシ形」で表
示されていた(例えば“汉魏丛书”はクロビシ表記で「◆
Journal of JAET vol.12 ● 145
学術リソース・レビュー
多言語ソフトキーボード
パースツリー描画ツール
楽しいキリル入力
コードを選択し、下画面で文字をクリックすると左上
のテキストボックスに出力される。
る機能も搭載している。現在、目録端末はほとんど
Unicode 化されているはずなので、使用される場面は
ほぼなくなっていると思われる。
⿟使い方
⿟
クロビシ形を含む JIS コードの目録データを貼り付
けて「変換」ボタンを押す。
⿎⿎ 多言語ソフトキーボード
言語別ソフトキーボード。直感的に入力(クリック)
⿎⿎ 楽しいキリル入力
キリル文字を使用する諸言語について、それぞれの
原綴と LC 翻字形 [6] とを相互変換するツール。ソフ
トキーボード機能も備える。井上直子氏(大阪大学附
属外国学図書館)作成。
⿟使い方
⿟
左側のメニューから言語を選択してから、原綴また
は LC 翻字形のテキストを入力して変換ボタンを押す。
できるよう、それぞれの言語の音声構造に即した配置
を目指して作成しはじめたが、作成途中で放置してし
まっていて、もう公開を止めたいのだが、一部に利用
者がいるようなのでそのままにしてある。特に、言語
研究者に IPA、図書館目録業務者にハングルの需要が
あるようだ。
なお、入力文字を HTML の数値文字参照形式に変
⿡⿡ 言語処理関係
⿎⿎ パースツリー描画ツール
テキストのツリー構造(とくに統語構造)を樹形図
の形で描画するツール。平文のテキストに対し、GUI
でツリー構造を構築していくことができ、構造情報を
換する機能も搭載している(随時相互変換が可能)。
埋め込んだデータを XML 形式で出力する。逆に、構
⿟使い方
⿟
造情報の埋め込まれた XML データを入力することで
右上のメニューから入力したい言語種、あるいは
146 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
対応する樹形図を描画することもできる。
「多言語実験室」公開ツール各種
学術リソース レ ビ ュ ー
本ツールと、下記「漢文パーサ 1 号」は、図形を
描画する関係上、Flash で作成している [7]。
⿟使い方
⿟
テキストエリアに文字を入力すると、右のエリアに
同じ文字列が表示される。そこで、任意の文字を選択、
ハイライトさせた状態で上部のボタンを押すと親ノー
ドが生成される。また、ノード部分を選択してボタン
を押すと、さらに上位のノードが生成される。並列す
る複数のノードを選択することで、それらを子ノード
とする親ノードを生成することもできる。テキストエ
リアには対応する XML のデータが随時出力される。
⿎⿎ 漢文パーサ 1 号
漢文パーサ 1 号
返り点つき漢文テキストから読み取れる統語構造を
XML データに置き換え、樹形図の形で図示するツー
ル。京都大学人文科学研究所附属東アジア人文情報学
研究センター「東アジア古典文献コーパスの研究」共
同研究班(班長・安岡孝一)で検討されている「漢文
自動解析システム」の中で得られた山崎直樹「訓点付
き漢文の返り点から統語情報を導出し XML で構造化
する試み」[8] のアイデアをアプリケーション化した
ものである。
⿟使い方
⿟
返り点(U+3190 ~ U+319F)つき漢文テキストを
NHK World News 一括ビューアー
入力して「開始!」ボタンを押す。
古本・中文書一括サーチ
⿡⿡ その他
⿎⿎ NHK World News 一括ビューアー
毎日 2 回更新される NHK World のポッドキャスト
ニュースは、携帯向けウェブサイトにそのスクリプト
が掲載される [9]。ただし、ニュース 1 本毎に別ペー
ジという構成になっており、クリックしてページを移
動するのが少々面倒である。このツールは、それらを
かき集めて一つのページで表示するために作成された
ものである。おもな目的は、放送一回分の内容を一度
にまとめて印刷することである [10]。言語は中国語の
ほか、英語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語にも
対応している。
⿎⿎ 古本・中文書一括サーチ
ウェブ上で検索、購入できる古本および中文書サイ
本ツールはもともと Ajax を用いて他サイトの内容
トを横断検索するツール。古本のみの横断検索サイト
を取得し、表示する実験として作成したものである。
は他にもあるが、中文書を重点的に検索するサイトは
⿟使い方
⿟
なかったので、作成した。本ツールは、書店サイトの
とくに説明を要する点はないと思われる。
仕様が変わるとうまく検索できなくなってしまうこと
Journal of JAET vol.12 ● 147
学術リソース・レビュー
があり、随時メンテナンスをする必要があるのだが、
には当然ながら書店サーバとの間で通信を行う。
気付かず/サボって放置していることも多い。この点、
[2] 廣韻査詢系統:『広韻』の反切、小韻、本文等を検索
どうかご寛恕頂けたら幸いである。
できる。
⿟使い方
⿟
http://kyonh.com/
検索したい書店にチェックを入れ、書名あるいは著
者名を入力して検索ボタンを押すだけ。検索する書店
の数だけ新しいウインドウが開くので注意。タブブラ
『広韻』検索ページ:『広韻』の韻目を一度に調べるこ
とができる。
http://www.u-gakugei.ac.jp/~mkimura/koin.html
ウザを用いると便利である。
[3] ただし、表示する内容は『広韻』の小韻であって、
『韻
⿡⿡ おわりに
[4] ピンインは NACSIS-CAT の形式で出力する。すなわち、
鏡』そのものではない。
以上、筆者がこれまで自分の興味のみによって作成
声調符号は省略し、ü は u とする。
[5] クロビシ形を入力とすることも可能である。
してきたツールを紹介した。これらのツールはいずれ
[6] ア メ リ カ 議 会 図 書 館(Library of Congress) に よ っ
も、単なる業務支援ツールといったようなもので、そ
て 定 め ら れ た 目 録 用 翻 字 表(ALA-LC Romanization
もそも高い完成度を目指して作成してきたものではな
Tables)によるローマ字表記。NACSIS-CAT もこれを
い。業務の省力化のためにいらぬ時間と労力をかけて
採用している。
いてはまったくの本末転倒だからである。そういうわ
[7] Flash というと動画のプラットフォームとして使用さ
けで、全体的な完成度の低さには目をつぶっていただ
れることがほとんどだが、本ツールのようにテキスト
けたらと思う。
処理といった「地味な」用途にも案外使うことができ
これまではブラウザベースのツールばかり作ってき
る。
たが、ガジェット形式や、あるいはスマートフォンの
[8] 本誌第 8 号、pp.73-82, 2007。
アプリとして開発するのも面白いように思う。もし同
[9] http://k.nhk.jp/。なお、PC 向けサイトにも同様のス
業者(とくに中国語教師)の方で、おもしろいアイデ
クリプトが掲載されるが、そちらは随時更新されるた
アをお持ちの方は、ご教示いただけたら幸いである。
め、ポッドキャストとニュースの順序や内容が一致し
ないことが多い。
[10]わたしは通勤時、中国語の訓練のために、紙に印刷し
注
たスクリプトを見ながらニュースを聞いている。そも
[1] 「NHK World News 一括ビューアー」のみ、実行時に
そも携帯で、ページを送りながら見れば済むことであ
サーバとの間で Ajax による HTTP 通信が発生する。
るが、私は紙に印刷したものを見る方が好みだからこ
また、
「古本・中文書一括サーチ」は、アプリケーショ
うしている。
ンそのものはローカルで動いているが、書店の検索時
大成老旧刊全文数据庫
小川 利康
読者なら、あらゆるデータを「自炊」している強者も
⿡⿡ デジタルとアナログの狭間で
少なくないだろう。ドキュメントスキャナーの性能も
向上し、手軽にデジタル化できるようになった。とは
筆者は図書館等で複写した各種資料をテーマごとに
いえ、単純に手元の紙データをスキャンすれば良いわ
簡易製本して論文作成に利用してきた。近年はそこに
けではない。デジタル化後も紙と同じ検索性、要する
デジタルデータも混在するようになり、紙の資料だけ
に必要なときに即座に読める利便性も確保せねばなら
だった以前よりも分類整理に頭を悩ませている。本誌
ない。そのためには、ひと手間必要だが、面倒を嫌っ
148 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
「多言語実験室」公開ツール各種 / 大成老旧刊全文数据庫
学術リソース レ ビ ュ ー
て検索性を犠牲にしたら、デジタル化の意味がない。
本当に必要なデータだけ選別し、ほかは廃棄する割り
切りが必要だろう。
かつて VHS から DVD へとビデオがドラスティック
に移行した事をご記憶だろうか。当時の VHS テープ
の大部分は廃棄され、DVD に置き換えられた。紙と
いうメディアは長い歴史を有するだけに、デジタルに
置換される過渡期も比例して長くなるが、VHS 同様、
ある回復不能ポイントを過ぎれば、置換は一気に進む。
そのとき、私達は手垢だらけのアナログデータに恋々
大成老旧刊全文数据庫
としている余裕はない。
この十年間に中国では大規模なデジタルアーカイ
羅的に収録したもので、大成 DB に最も近い存在だが、
ブが多数誕生している。本誌が創刊の年、超星図書
どうやら稀覯本を中心に提供する方針のようで、著名
館、CNKI が相次いで登場し、千田大介氏が本誌創刊
な雑誌は余り見当たらない。日本では、「近代デジタ
号(2000 年)「学術リソースレビュー:古典」で紹
ルライブラリー」(オンライン画像データベース、国
介された。ネットワークインフラが十分でなかった頃
会図書館による無償公開)や「明治期刊行物集成(文
から日本より速いテンポでデジタル化が進む背景には、
学言語編)」(マイクロフィッシュ版、早稲田大学編
文献資料の深刻な不足がある。北京、上海など大都市
1996)が類例として想起されるが、いずれも単行本
は例外としても、デジタル化は資料不足を解決する唯
が対象であり、雑誌は含まない。
一無二の処方箋なのだ。また、紙質劣化する 20 世紀
中国に限らず、対象となる 20 世紀初頭の雑誌は紙
初頭の文献資料を保全するためにもデジタル化は急務
質が悪く、経年劣化も著しく、資料保全は急務であり、
であった。今回レビューで取りあげる「大成老旧刊全
今後の充実が望まれる分野である。大成 DB は、そう
文数据庫」も、その状況下で生まれたデータベースで
した資料保全、閲覧の利便性を満足させるもので、図
ある。
書館、利用者双方にとって福音であろう。
⿡⿡ 大成老旧刊全文数据庫
ば、『新青年』『少年中国』などがあり、稀覯本として
大成 DB に収録された雑誌で著名なものを挙げれ
は、日本占領下で刊行された『文友』『文帖』なども
「 大 成 老 旧 刊 全 文 数 据 庫 」(http://www.
フルカラー(多色刷りページに限られ、テキスト中心
dachengdata.com/ 大 成 老 旧 刊 全 文 デ ー タ ベ ー ス、
の単色刷は白黒のみ)で提供されている。すでにリプ
以下大成 DB)は、晩清・民国期から中華人民共和国
リント(影印)本が普及しているものについては改め
成立(1949 年)前までに刊行された雑誌を対象とす
て必要ないと考える向きもあろうが、表紙も含めフル
る画像データアーカイブであり、雑誌名、著者名、篇
名などから該当記事を検索することができる [1]。対
象分野は文学に限らず、政治社会経済すべての分野に
超星図書館トップページ
わたり、現時点で 6000 種類余り、全 12 万冊余りが
既に収録され、筆者の知る限りでは、他に類例を見な
い最大級のものである。
中国では、「中国近代報刊庫」(愛如生数字科学技術
研究中心、第 1 輯「申報」)のほか、同じ愛如生によ
る「拇指数据庫」でも順次 USB フラッシュメモリに
収録した雑誌 DB の刊行が予定されている。また、
「晩
清民国時期期間全文数据庫」(第 1 輯~第 4 輯、全国
報刊索引編集部)は、上海図書館蔵の雑誌新聞を網
Journal of JAET vol.12 ● 149
学術リソース・レビュー
を経由した大学、研究機関ごとの試用が原則だそう
だ。一定期間の試用が終わった後、正規契約の上で有
償データベースとして利用することになる。日本国内
における代理店はまだ交渉中だそうだが、いずれ決定
すれば、CNKI 同様、代理店を通して契約が可能にな
るようだ。以下は現時点でのレビューであり、随時仕
様変更される可能性があるので、レビュー通りになら
図:検索画面
ない可能性を予め御了解頂きたい。実際の使用感につ
いて、長堀祐造氏(慶應義塾大学)、中村みどり氏(早
稲田大学)からもコメントを頂き、誌面に反映してい
る。ここに記して感謝したい。
⿡⿡ 検索初期画面
⿎⿎ 1 篇名検索
まず実際の利用手順に従って、データベースの実際
の利用方法を見てゆこう。まずログインして表示され
図:厨川白村の検索結果
る画面には「按篇検索」から「題目」「作者」「内容提
要」「刊名」から検索できる。
カラーで改めて見直すと印象が大きく異なる。このよ
現実的に利用頻度が高いのは「作者」「題名」であ
うなデータベースが普及すれば、テキストベース中心
ろう。当然ながら作家によっては筆名を用いるケース
の研究だけでなく、雑誌メディア総体の巨視的研究に
が多いので、その点を配慮して検索しないとヒット
も寄与すると期待できる。
しない。また、幾つか試した経験では題名には自動
大成 DB は、昨年 2010 年春から試行サービスを開
OCR の読み取りミスと見られるタイトルが散見され
始し、今春から本格運用が始まり、現在、中国の主要
た。下記に示したのは厨川白村(日本の大正期の文学
大学でトライアル参加が行われ、相当数の大学が正式
家)の文芸評論『苦悶の象徴』の翻訳を作者名で検索
に導入すると見られる。筆者もトライアル用アカウン
したものだが、出てきた結果には『苫悶的象徴(続)』
トの提供を受け、実際に試用してみたので、大成 DB
とある。現状では、手元で確実な書誌情報を踏まえた
の長所と現在抱える問題点を述べてみたい。
上で検索を行い、なおかつ複数の方法によって万全を
なお、大成 DB のトライアル希望があれば上記サイ
トから申し込むことができるが、基本的には固定 IP
期すべきだろう。
また、Google などで一般的な複数キーワードによ
る検索はできない。スペース(空白)を入れると、ワ
図:
「日本新村□消息」の検索
イルドカードを入れたのと同じ扱いになる。例えば、
「日本新村 消息」と検索すると、「日本新村的消息」、
「日本新村消息」の両方がヒットするが、「訪日本的新
村」はヒットしない。ここは複数キーワード検索をサ
図:刊名検索画面
ポートして欲しいところだ。
本来、完全なデジタルデータとして検索性が完全に
なれば、冊子体目録を必要としないはずだが、現段階
では不安を感じる。欲を言えば、作者名検索では、著
名作家くらいは筆名―本名変換テーブルも実装し、題
名索引では、OCR ミスを排除し、複数キーワード検
索に対応できるようにしてほしいものである。膨大な
150 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
大成老旧刊全文数据庫
学術リソース レ ビ ュ ー
データ量を考えると、難しいのも理解できるが、検索
性はデジタルメディアとしての必須要件だ。現状では、
ユーザ側が検索漏れの可能性に留意するほかないので、
文学作品に関しては『中国現代文学期刊目録匯編』
(天
津人民文学出版社 1988 年)を参照しておくべきだろ
う。もっとも大成 DB の方が網羅する雑誌数が多いの
で、確認のしようがないケースもままあるが、これは
実際の作品内容をしらみ潰しに見てゆくしかない。
図:画像保存画面
⿎⿎ 2 刊名(雑誌名)検索
「按刊検索」では「刊名」
(雑誌名)、
「年代」
「創刊地」
ウザ側の機能を利用することになる。ブラウザ上で該
「単位」
(発行主体)で検索できる。こちらも例えば「刊
当ページが表示された状態で、右クリックすれば「画
名」で「小説月報」を検索すると、『小説月報(1940
像として保存」が選べるので、そのメニューを選んで
年)』、『小説月報(1910 年)』、が出てくる。
保存するというのが最も確実な方法だ [2]。あるいは、
発行主体が異なる誌名をカッコ内の創刊年で区別す
Evernote で画像をクリップすることも可能だ。後々
るのは良いのだが、『競立小説月報』という具合に発
メモを書き込んだり、検索するという便宜を考えれば、
行主体の名前を頭につけた誌名も出ているし、『小説
こちらの方が良いだろうが、ネットワークのないとこ
月報(1910 年)』に属すべき『小説月報・法国文学研究』
ろでは使えない。
等までも一項目立てられている。極めて有名な雑誌だ
けに、もう少し配慮が欲しい。
総じて言えば、検索機能については、まだまだ荒削
なお、保存した画像は全て JPEG であり、幾つか試
した範囲に限られるが、どれも 700 × 1000 ピクセル
前後で統一されている。解像度は 72dpi(24bit)で
りの感が強い。残念ながら、現状ではしばらく使うと
幾つか不満を感じざるをえない。にもかかわらず、中
国国内で評価が高いのは、何と言ってもこのデータ
図:『晨報副鐫』1924
年に掲載された魯迅の翻訳
ベースがフルテキストベースで、見たい文章を全てそ
の場で見られるからだ。日本のみならず、中国の図書
館を幾つも回っても見つからない文献が居ながらにし
て読めるというのは何物にも代え難い価値があるのだ。
⿡⿡ テキスト閲覧画面
上記の検索画面から読みたい記事をクリックすると、
該当のページを直接表示する。表示されるのは新聞(副
刊など)なら全面、雑誌なら 1 ページごとに表示され、
拡大縮小が可能だ。また、表示された記事の前後もペー
ジ指定することによって閲覧できる。目次にはページ
が割り振られていないため、一旦最初のページを表示
させ、そこから更に前へとスクロールすれば、目次が
表示される。関係者によれば、画像保存、印刷、作品
ごとの PDF 出力などの機能を近日中に提供する予定
だという。OCR 機能は縦書きの繁体字に対応するの
が難しく、当初提供していたものを中止したそうだ。
現時点でも画像保存は可能だが、今のところはブラ
Journal of JAET vol.12 ● 151
学術リソース・レビュー
⿡⿡ デジタル化の意味
以上見てきたように、大成 DB は検索など幾つかの
点において不満は残るものの、20 世紀前半の文学作
品を主たる研究領域とする筆者にとって「21 世紀の
黒船」と表現しても差し支えないほどの衝撃を持つも
のである。
中国近現代文学作家については、過去 30 年間の間
に相当書誌的整備は進んだものの、まだ雑誌初出誌の
作品テクストとの校合をきちんと行い、異動を明記し
ている全集本は魯迅くらいで、ほかは皆無といっても
良い状態である。このため雑誌初出を参照することは
研究上必須になるが、一部の雑誌は容易に見られない
ケースが多かった。その入手困難な雑誌が日本にいな
がらにして手軽に見られ、クリアな画像で保存できる
というのは超星図書館や CNKI 以上の価値を持つと断
言して良いだろう。
今回、試用をお願いした他の研究者も例外なく、こ
の大成 DB と CNKI があれば、資料のために出張する
必要はなくなるのではないかという感想を漏らしてい
た。今後は作家の底本と位置づけられる全集や文集、
図:破損の目立つ『中央副刊』
さらに生平年譜などの基本資料のデジタル化が強く期
待されるところである。その時には筆者の書棚のアナ
あり、それほど高画質とはいえないが、文字は十分明
ログデータも陳腐化してしまうだろう。恐ろしくもあ
晰に読み取れる。ファイルサイズもおおむね 200KB
るが、その日は我々が考えているほど、遠い日のこと
前後であった。雑誌はともかく全面の新聞は読み取り
ではないのではないか。
にくいかと思われたが、試した限りでは問題ないレベ
ルである(誌面掲載時には劣化しているだろうが)。
むしろ『中央副刊』(1927 年 39 期)のように原版
注
自体の文字が欠落しているケースがあり、その場合の
[1] このデータベースを提供するのは、北京尚品大成数据
方が問題のようだ。他に保存状態の良い原版がないの
技術有限公司だが、データベース管理など技術支援は
であれば仕方ないが、
『良友画報』(1926―1945 年 )
超星図書館が行っているとのことであった。
は影印本(上海書店 1986 年)に拠っている。全巻揃
[2] ブラウザの仕様によって、保存時に初期指定される
いのオリジナルは入手困難だろうが、もしオリジナル
フ ァ イ ル 名 が 異 な る。ss2jpg.jpg(IE9)、ss2jpg.png
に拘るのなら、ぜひ『良友画報』はカラーページも多
(Firefox6)、ss2jpg.dll(Google chrome)となるので、
いだけに、直接デジタル化して欲しかったという憾み
特に Chrome の場合は拡張子を jpg に変更しておかね
は残る。
ばならない。Firefox の png(256 色 ) の方がファイル
サイズが小さくなるが、これは Firefox の仕様であろ
う。
152 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集
学術ソフト・ 製 品
❖学術ソフト・製品
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集
當山 日出夫
今回、刊行されたのは、このうちの『智証大師文字
⿡⿡ 1.はじめに
より現実的で、より有効・効果的な、デジタルアー
カイブ、電子出版のあり方というものについて、考え
させてくれるものである。
今回、ここに紹介するのは、『園城寺蔵 智証大師
史資料集』(国語・国文学編)『大宝守脱関係資料群』
(教学編)ということになる。『智証大師……』は、三
弥井書店から一般に市販されている。一方、『大宝守
脱……』は、園城寺の刊行である。
『智証大師文字史資料集』には、次の文献が収録さ
れている。( )内は、このシリーズにおける文献番号。
自筆文字史資料集』
(天台寺門宗教文化資料集成 国
語・国文学編)である。
園城寺(三井寺)は、滋賀県大津市にある、天台宗
19唐人送別詩并尺牘
20唐人送別詩并尺牘
寺門派の総本山。智証大師円珍(814-891)を開祖とし、
23福州温州台州求法目録
平安時代初期より、今日にいたるまで長い歴史のある
38円珎疑問
名刹である。その智証大師の、生誕 1200 年を記念し
42円珎請伝公験奏状案
て、企画されたのが、
『天台寺門文化資料集成』である。
56制誡文
園城寺には、幾多の貴重な文化財が蔵されている。
58議定文
なかには、国指定の文化財となっているものも多くあ
59病中言上書
る。それらについて、高精細の画像データ(DVD)で、
刊行しようというものである。
まず、全体の構成について見る(今後の刊行予定を
ふくむものであるが)。
⿡⿡ 2.概略
従来であれば、このような貴重な文化財、国宝をふ
くむような典籍類の刊行は、オフセット印刷によるも
⿟教学篇
⿟
⿟歴史編
⿟
⿟国語・国文学編
⿟
表紙
と大きくわかれる。そのうち、国語・国文学編には、
⿟第一巻 園城寺蔵智証大師将来聖教
⿟
⿟第二巻 園城寺蔵智証大師自筆文字資料
⿟
⿟第三巻 ⿟
『寺徳集』諸本集成
⿟第四巻 ⿟
『新羅明神記』諸本集成
⿟第五巻 園城寺勧学院本『沙石集』
⿟
などが、収録の予定である。
Journal of JAET vol.12 ● 153
学術リソース・レビュー
のが主流であった。より高精細をのぞむ場合、コロタ
て、秘蔵してきたという経緯ではない。積極的な利用
イプも利用されることもある。が、いずれにせよ、高
者・研究者が現れなかっただけのことである。
精度の印刷を必要とする、古典籍の写真複製(影印)は、
第三には、今日の流れをうけて、デジタルデータで
非常に高額で、大部のものにならざるをえなかった。
の公開、という方向がある。いわゆる、デジタルアー
大学図書館・研究室などでの購入はあるとしても、な
カイブである。これにも、いくつかの方式がある。
かなか、個人で、そう簡単にそろえられるものではな
い。おそらく、今回の「文字史資料集」だけでも、単
01. インターネットを利用して、サーバにデータを
独に刊行(高精細・フルカラー)となると、少なくと
おいて提供する方式。WEB 公開である。
も数万円以上(いいかえれば、十倍以上)の価格には
なるにちがいない。
02. DVD 版データとして、頒布する方式。(今回の
場合がこれに該当する。)
しかし、それが、デジタル技術の導入によって大き
くかわろうとしている。DVD 版電子出版の形態の採
それぞれに、一長一短はあるであろう。だが、結果
用である。ただし、DVD 版だけの刊行ではなく、書
的に、園城寺としては、後者の DVD 出版の方式を採
籍(紙の本)の形態も付随している。いや、形式的に
用したということになる。以下、この意味について考
は、書籍版が出て、同時に、その付録として、DVD
えてみよう。
版データがあると言った方がよいかもしれない。書籍
今日、このような貴重な画像データであれば、イン
版の方は、菊判モノクロ印刷の影印(約 120 ページ
ターネットによるデジタルアーカイブを採用するのが
ほど)と、その解説(40 ページほど)であり、おそ
主流かと思われる。組織としての形態は異なるが、代
らくは、これだけでも、単著として、十分な資料(史
表的な事例としては、京都大学電子図書館などが、思
料)出版の価値がある。それに、掲載文献・資料(史
い浮かぶところである。ここでは、周知のごとく、
『鈴
料)の、DVD 高精細画像データが、ついているとい
鹿本今昔物語集』
(国宝)の、デジタルアーカイブが
うように理解すればいいであろう。
公開されている。
『智証大師自筆文字史資料集』『大宝守脱関係資料
しかし、このような事例と、園城寺の事例を、同列
群』に、掲載の文献についての資料的価値については、
に考えるのは、どうであろうか。京都大学電子図書館
国語国文学にとどまらず、仏教学、特に天台教学の観
の事例は、まさに、京都大学という、ある程度以上の
点から、あらためてなされるのがふさわしいと思われ
組織をもってしてなりたっている。インターネットの
るので、ここでは、DVD 版デジタル画像刊行の意義
デジタルアーカイブは、その構築にもコストがかかる
について、いささかの私見を述べることとしておきた
が、同時に、その継続的な維持管理にも、多大のコス
い。
トが必要となる。
⿡⿡ 3.デジタル画像の公開のあり方
⿡⿡ 4.DVD 版刊行の意義
旧来の観点からすれば、このような画像資料の公開
では、このようなこと(つまり、サーバの管理など)
(非公開)には、いくつかの考え方があった。
が、(はっきり言ってしまってであるが)園城寺にお
第一には、基本的に非公開とするもの。
いて、可能であろうか。筆者のみるところ不可能では
第二には、基本的に公開とするもの。とはいえ、や
ないであろう。しかし、特に、デジタルアーカイブの
はり、その利用は、学術目的など限定的なものになる。
継続的な維持管理コストの面で、園城寺の組織として
ただ、園城寺の典籍のうち文化財指定のものにつ
の規模では、いささか負担が大きいと感じるのである。
いては、奈良・京都などの国立博物館に寄託されて
画像データを公開するとき、必ず問題になるのが、
いる。決して非公開にしているというものではない
その二次的な利用をめぐる諸権利の問題である。そし
が、これまで、あまり学会において、注目され利用さ
て、この点については、特に、古典籍などの類において、
れる資料群でなかったことはたしかである。筆者の
どのようであるべきかの、一般的なルールが確立して
理解するところでは、園城寺の立場としては、決し
いないというのが、現状であるといえるかもしれない。
154 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集
学術ソフト・ 製 品
もちろん、古典籍・文化財については、
「e―国宝」「文
化遺産オンライン」などのサイトがあり、我が国にお
ける、貴重な文化情報の発信となっていることは承知
している。しかし、これらのこころみが、その他の多
くの文化財(多くは個別に寺院などに蔵される)のデ
ジタルアーカイブの公開に、どのようにかかわってい
くのか、その将来的な展望は、まだ、明確に見えてい
ないのではないであろうか。
このような状況にあって、今回の園城寺の判断は、
まことに、時流にかなったものと、筆者は判断するの
である。
あえて WEB 公開の方式を採用しなかったことは、
まずもって英断としなければならないであろう。くり
サムネイル
かえしになるが、WEB 公開では、第一に、園城寺に
おけるシステム管理の負担がおおきすぎる(経費的に
も、また、人員的にも)。そして、それを、今後、継
続的におこなっていけることの保証に、不安がない
ではない。第二に、かりに WEB 公開をしたところで、
いずれ、ある時期においては、システムの大規模な入
れ替え、あるいは、データの更新ということが、必要
になってくる。それは、今すぐにという問題ではない
かもしれないが、WEB 技術の発達をみるならば、現
状のインターネットでのデジタルアーカイブのさらな
るさきのステップが考えることもできる。たとえば、
スマートフォンの普及、さらなる高解像度ディスプレ
イの普及、などの要因が、直接的なものとしては考え
らえる。そのような将来の展望を考えたとき、かなら
ずしも、WEB 公開だけが、選択肢であるとはいえない。
病中言上書
そもそも、園城寺や智証大師関係の資料(デジタル
データ)を、だれがいったいどんな目的で必要とする
であろうか。不当に二次的に再利用されて、多大な影
病中言上書部分拡大
響が出るという性格のものではない(と、筆者は判断
するが、いかがであろうか。)いかに学術的に貴重な
資料とはいえ、それは、あくまでも、ごく一部の専門
家にとってのものであって、一般のユーザにとっては、
古典籍の画像デジタルアーカイブが、それをただ見る
以上のことで、どのようにつかえるというでもないで
あろう。
このように考えたとき、必要な人に、必要なデジタ
ルデータが提供できる、という意味で、DVD 版出版は、
それなりに評価できるものであると、考えるのである。
この種の、ある意味で特殊な資料は、それを必要とす
る人は、世の中で、ごく限られているのが実際である。
Journal of JAET vol.12 ● 155
学術リソース・レビュー
かならずしも、WEB で誰にでも、ということではな
当たり前のことであるが、古典籍は、やはり現物を
いであろう。必要とする人(一部の研究者)が、手に
見るしかない。現物から得られる情報にまさるものは
することができればよいのである。
ないと言ってよいであろう。その端的な事例が、今回
の園城寺の DVD 版にも、あてはまる。
⿡⿡ 5.具体的な事例など
では、次に、今回の「園城寺智証大師自筆文字史資
料集」の実際を簡単に紹介しておくことにする。
先にのべたごとく、形態のうえでは、基本は冊子体
園城寺 DVD 版の刊行にさきだってであるが、筆
者 は、 訓 点 語 学 会 で、 研 究 発 表 を お こ な っ て い る。
2011 年 5 月 22 日、京都大学文学部。石井行雄氏(北
海道教育大学)との共同発表である。
ここでは、このシリーズに掲載予定の文献である、
(影印本)。その裏表紙の内側に、DVD が、付録のよ
「弥勒経疏(「三弥勒経疏」とも)について研究発表を
うについている。これを、パソコンのドライブにセッ
おこなった。国宝指定の文献で、9 世紀の唐よりの将
トすると起動する。ここで、注意しておくべきは、画
来写本として、つとにその存在は、学会には知られて
像データといっても、単に、簡単な閲覧システムとワ
いるものである。
ンセットになっていることである。そして、この画像
この文献について、2010 年から 2011 年にかけて、
データの閲覧には、WEB ブラウザを利用することに
原本をかなり詳密に調査する幸運を得ることができた。
なる。
その調査の詳細については、学会で発表したものであ
ち な み に、 筆 者 の 利 用 環 境 は、Windows7(SP1)
Home Premium (64 ビット ) で、WEB ブラウザとし
ては、Firefox5.0 となっているが、なんの問題もなく
閲覧することができる。
まず、表紙の画面が出てきて、次に目次になる。こ
り、また、いずれ、論文として公表の予定で準備をす
すめている。
ここで、簡単に画像データとしての問題点のみを指
摘するならば、この文献(「三弥勒経疏」)には、角筆や、
白点が、ほどこされている。いずれも、日本に伝来と
こで表示されるのは、前述の、19 唐人送別詩并尺牘、
時をおなじくするものと考えられる貴重な資料である。
から、59 病中言上書、までの諸資料である。それ
そして、これら、角筆・白点が、デジタル画像データ
ぞれをクリックすると、その文献の閲覧画面になり、
では、写っていないのである。これは、原本を、丹念
サムネイルの小さい画像の一覧が出る。そのうちのど
に、LED ライトで照射しながら、眼でさがしていく
こかからでも見ることができる。そして、各画面を表
しかないものである。さらに、角筆については、原本
示すれば、それぞれにおいて、拡大・縮小や、フルス
の破損がはげしいので(もちろん、現在では、きれい
クリーン画像などの表示設定が可能。そして、「画像
に補修してあるが)、確実に、これが角筆であると判
の一覧に戻る」「前の画像」「次の画像」のメニューも
定できるものは、限られている。同時に、料紙の「きず」
用意されている。
などと、まぎらわしい事例も多々ある。白点について
おそらく、知られているもののなかでは、国立国会
は、通常の古典籍の写真撮影のような、正面からフラッ
図書館の近代デジタルライブラリーの操作のイメージ
トに光をあてたのでは、見ることができない。ななめ
に近いものを、考えてもらえればよいのではなかろう
からの微妙な角度の光線で、その文字を読めるポイン
か。(国会図書館が、WEB で提供しているものを、園
トというのは、きわめて限定的なものである。
城寺では、DVD のパッケージで提供しているという
ことである。)
つまり、高精細のデジタル画像であるからといって
も、それで、すべての情報を得ることはできない。当
然といえば、当然のことなのであるが、このことは、
⿡⿡ 6.見えない資料の存在
だが、この DVD 版にも問題がないではない。これは、
古典籍のみならず、画像デジタルアーカイブについて
は、常に考えておかなければならない問題である。
このような事例については、個別に調査の結果を解
DVD 版であるからの問題点というよりも、古典籍の
説につける、あるいは、論文で発表するなどのことで
画像デジタルデータにおける、本質的な問題点として、
補うのが適当であろう。そして、画像デジタルアーカ
である。
イブだからといって、必ずしも全部が見えるわけでは
156 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集
在のパソコンのシステムにおいて、きわめて現実的な
いことでもある。
選択肢としての、DVD 版の刊行であるといえるので
しかし、その一方で、これまでなら、容易に閲覧が
はないであろうか。
かなわなかった資料について、高精細のデジタル画像
デジタルアーカイブ、デジタルミュージアム、といっ
が、簡単にパソコンのディスプレイで見ることができ
て、とにかく文化財のデジタル化の進行している時代
るようになったことの意義は、きわめて大きなものが
である。この時代の流れのなかにあって、しっかりと、
ある。
その資料の価値をみきわめた、デジタル化と刊行・公
開であると、今回の企画については、思う次第である。
⿡⿡ 7.おわりに ― 将来にむけて ―
謝辞
そして、その公開のあり方として、廉価で、DVD
今回の、園城寺の典籍調査には、福家俊彦師(執事
版で市販してしまうというのは、ある意味で非常に
長)には、非常なご配慮をいただいた。また、訓点語
フェアな方法であるともいえる。誰でも、比較的簡単
学会での研究発表では、共同発表者の石井行雄氏の多
に手に入れることができるし、WEB 公開のようなサー
大なご協力を得ることができた。さらに、奈良国立博
バのメンテナンスにかかるコストを無視できる。
(し
物館、大津市歴史博物館にも、ご助力を得た。これら、
かも、今回の園城寺の出版の場合、きわめて廉価であ
関係各位に、深く感謝の意を表する次第である。
る。『智証大師自筆文字史資料集』の価格は、7,600
円である。)
そして、最後に将来の展望をのべれば、DVD にも
寿命がある(おそらく十数年ぐらいであろうか)。また、
パソコンのシステムの側も大きくかわっていくことで
あろう。しかし、そのころには、また、原資料の再補修、
⿟⿟園城寺(編) 『園城寺蔵 智証大師自筆文字史資料集』
天台寺門宗教文化資料集成 国語・国文学編 三弥
井書店 2010
⿟⿟天台寺門宗教文化資料集成 教学編編纂委員会(編)
『智証大師生誕一二〇〇年記念 天台寺門宗教文化資
再デジタル画像撮影ということが必要になってくるで
料集成 教学編 大宝守脱関係資料群 第I期』 園
あろう。このような時間の単位で考えるならば、今現
城寺 2009
Journal of JAET vol.12 ● 157
学術ソフト・ 製 品
ない、ということは、常にこころしておかねばならな
書評
『新しい常用漢字と人名用漢字 漢字制限の歴史』
安岡孝一著 三省堂 2011 年 3 月 ISBN 978-4-385-36523-7 1,500 円+税
金子 眞也
まず、最初に、評者が本書に興味をもつに至ったきっ
かけ二つについて記す。
きっかけの第一は、本書の著者安岡孝一氏が、JIS
X 0213 の制定・改訂にタッチした文字コードに関す
下ろした部分を加えて書籍にまとめたもので、http://
dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/ か ら た ど っ て い く
と、元記事を読むことができる。
本書の構成は以下の通りである。
る専門家であり、そういう大御所が常用漢字や人名用
漢字について書くとどうなるかということに、興味を
第一章 常用漢字と人名用漢字の歴史
もったからである。きっかけとしては、至極まっとう
第二章 人名用漢字の旧字新字
なものだろう。
第三章 人名用漢字以外を子供の名づけに使うに
きっかけの第二は、評者自身の個人的経験からきて
いる。事例を二つ紹介する。
事例その一。某日、必要に迫られ、久しぶりに自分
の戸籍を取り寄せてみた評者は、自分の戸籍に記載さ
は
付録 子供の名づけに関する高裁判例
新しい常用漢字一覧
新しい人名用漢字一覧
れた親の名が、
「変わった字」から「普通の字」に変わっ
ていることに仰天し、後になって、これは戸籍の電子
このうち第一章は、日中戦争当時から現在に至る漢
化に伴う措置と知った。存命者には本人の了承をとり
字制限施策の歴史を、資料を駆使して、ほぼ時系列に
つけているらしいが、親はだいぶ前に死んでいるので、
よりたどっている。評者にとっては特に読み応えの
役所が断らずに字を変えたようだ。知らないうちに親
あった部分で、示唆に富んでいる。
の名が変わったことに違和感をもつと同時に、
「変わっ
やや煩瑣になるが、どう読み応えがあったかを示す
た字」のせいでこれまで被ってきたさまざまなトラブ
ために第一章の中から評者が特に注目したことがらの
ルについて、忘れていた記憶がよみがえった。
中から大きな気づきを二つ、小さな気づきを二つあげ
事例その二。これは「名」ではなく「姓」に属する
話だが、評者の勤務校で、
「サイ」が異体字の「サイトウ」
てみたい。
大きな気づきは「兵器名称用制限漢字表」(昭和 15
君に対し修了証を発行する必要が生じ、難儀したこと
年)である。この項目を読むと、「普通の兵士では兵
がある。証書じたいは普段学籍管理に使っている「外
器の名前も満足に書けない始末」という軍事的な理由
字」のままでも印刷できるが、どうしても目が粗くな
から、「浅・囲・糸・写・円・営・駅・塩・仮・観・関・実・
り、体裁が悪くなる。このとき評者は、ある方法で乗
図・体・沢・発・弁」など現在は普通に使われている
り切って要望に添うことができたのだが、いつもうま
くいくとは限らない。
字を、軍が大胆に採用していたことがわかる。評者は、
「軍は保守的である」との思い込みを持っていたので、
固有名詞としての人名のもつオリジナリティと平易
この指摘はことのほか刺激的であった。安岡氏によれ
性・利便性は、どう折り合いをつけるべきなのか、「人
ば、軍が採用した略字は、実は昭和 7 年に出た『常
名」とはいったい何なのだろうかと深く考えさせられ
用漢字新辞典』(三省堂編輯所)の略字を採用したも
た次第だ。
のだという。国語の乱れの象徴のようにあしざまに言
本題に戻ろう。本書は、安岡氏が、三省堂ワードワ
イズ・ウェブに連載していた「人名用漢字の新字旧
字」という Web 記事の内容をベースに、新たに書き
158 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
われることもある新字体だが、評者が漠然と思い込ん
でいたよりもだいぶ前から使われていたようだ。
大きな気づきの二つ目は「人名用漢字の平成 16 年
Book
Review
改正」だ。
本書によれば、平成 16 年 3 月 26 日に法制審議会
のもとで発足した人名用漢字部会は、当時最新の漢字
コード規格 JIS X 0213( 平成 16 年 2 月 20 日改正版 )、
文字訓詁のような厳密な意味で使っているのではない。
文字じたいに関するうるさい議論は、百も承知の上で
あえて避けているのである。
第三章「人名用漢字以外を子供の名づけに使うには」
文化庁が表外漢字字体表のために書籍 385 誌に対し
は、「常用漢字でも人名用漢字でもない漢字を子供に
ておこなった漢字出現頻度数調査(平成 12 年 3 月)
、
名づけたいのだが、どうしたらいいのか」という相談
全国の出生届窓口で平成 2 年以降に不受理とされた
への「答え」に相当するものとして書かれている。
漢字、の 3 つをもとに審議をおこない、人名用漢字
挑発的な筆致ではあるが、家庭裁判所に不服を申し
として不適切な「糞」「姦」「嘘」等の字は、パブリッ
立て、家事審判に挑戦する方法について 、 安岡氏は、
クコメントを根拠に排除したという。何となくわかっ
きわめて具体的かつ順序立てて説明している。ただし、
たつもりになっている話でも、このようなきっちりし
本当にこれを実行する人がいるかは、また別の話だし、
た説明を読むことができるのは楽しい。
安岡氏自身も「筆者個人としては、それはあまりオス
次に小さな気づき。一つ目は、「戸籍法の全面改正」
スメできず、やはり常用漢字と人名用漢字の範囲で出
の項に記されている昭和 23 年 1 月 1 日施行の改正戸
生届を書いてほしいのです」と断っている。読んで面
籍法と戸籍法施行規則の影響だ。子の名づけに使える
白く、家事審判の一端を知ることができる好読み物で
漢字が、当時の「当用漢字表」にある 1850 字に制限
ある。
されたという。その世代の実在の人物の名前などに考
えが及んでしまう。
そして二つ目の気づきは、「当用漢字字体表」の項
本書付録には「子供の名づけに関する高裁判例」が
多数紹介されているが、引用がかなりの量を占める
ので、「付録」扱いとしたのは、妥当なところであり、
で紹介されている国語学者安藤正次の字体整理に関す
ここに取りあげられた判例から、第三章の内容に関す
る考え方だ。
る根拠をみることができる。
「わたくしどもは、わが国の国情からみまして、お
最後に、本書の総括をしてみたい。
なじく字体の整理をはかるにいたしましても、その国
先にも記した通り、子供の名づけに使える文字、使
字としての立場に重きをおき、わが国民の読み書きを
えそうで使えない文字を示し、命名に役立てるという、
平易にし、正確にすることをめやすとすることにした
実用書としての価値も高いが、同時に、人名に使える
のであります」という安藤の視点は、実は、評者の立
漢字を通して、日本の漢字政策の推移について、これ
場で考えたとき、「日中間で漢字を統一したら便利だ」
を理解し、議論の土台になる知識を得ることのできる
という今でもたまに出る俗論に対して論駁するための、
好著でもある。一読をお勧めしたい。Web と重複す
有効な視座を与えてくれるようにみえる。
る部分もたくさんあるが、書き下ろしたり構成を整理
中国が簡体字を採用したのも、自分の国の言葉に使
う文字として便利なようにと考えられたものなのだか
ら、漢字に関して日中間で齟齬をきたすことがあるの
は、ある意味当然ではないか等、著者の意図とは無関
係に、本書に啓発された評者の考えはふくらんでいく。
第二章「人名用漢字の新字旧字」では、
「桜と櫻」
「竜
し直したりした部分だけでも、購入するだけの値打ち
がある。
最後に、本書に触発される形で評者が考えた問題を
一つあげよう。
常用平易な文字を用いることを重要なことだと認め
るとして、それですべて解決するのか、しないのか。
と龍」「真と眞」「缶と罐」「亘と亙」のような 50 組
海部俊樹元首相の姓は「かいふ」だが、愛知県にあ
の文字の組み合わせについて、「使える」
・
「使えない」
・
る郡の名は同じ字を書いて「あま」と読み、海部郡の
「いつからいつまでは使えた」等を詳細に記し、そう
なった経緯と根拠を明らかにしている。
なお、安岡氏は「新字」「旧字」ということばを、
一部が合併してできた市はひらがなの「あま市」である。
漢字の読みの問題や地名の問題まで考えていったら、
この問いへの答えは、そう簡単に出そうにはない。
Journal of JAET vol.12 ● 159
書評
『ユニコード戦記 文字符号の国際標準化バトル』
小林龍生著 東京電機大学出版局 2011 年 6 月 ISBN 978-4-501-54970-1 2,700 円+税
師 茂樹
本書は、Unicode コンソーシアムのボードメンバー
年 6 月に企画したシンポジウム「文字情報処理のフ
や ISO/IEC JTC1/SC2 議長などを歴任した小林龍生氏
ロンティア:過去・現在・未来」における小林氏の発
による、符号化文字集合(文字コード)の国際標準化
表が元になっているので、評者としては誠に感慨深い)。
での「バトル」の日々を回想して書かれたものである。
ふりかえれば 90 年代の日本文藝家協会を中心とし
結論から言えば、たいへんおもしろい本であった。普
た「漢字を救え!」騒動、あるいは昨今の Google ブッ
段なかなか目にすることができない国際標準化の現場
クス、Amazon Kindle、Apple iPad などに対する電子
のレポートとして内容的にもおもしろいし、単なる客
書籍の「黒船」論など、文字メディアや活字文化に関
観的なレポートに留まらず故・樋浦秀樹氏との友情な
するディジタル化、国際化の議論においては、いつも
ども交えた語り口それ自体がおもしろい。全体を紹介
「欧米人に日本の文化はわからない」「日本の文化を守
することは紙面の都合上無理なので、とりあえずは目
れ」といった鎖国主義的な言説が飛び交う。それに対
次をあげておこう。
して小林氏や XML や EPUB の制定に参画してきた村
田真氏などは、そのようなナイーブな態度に対して批
第 1 幕 序章
判的な意見を述べ、国際的な議論の場に参加する重要
第 1 章 参戦
性を力説されていたように思う。我々漢字文献情報処
第 2 章 戦友
理研究会もまた、中国学、東洋学という異文化研究を
第 3 章 一九九五年ごろの文字コード
専門とする会員が多いためか、小林氏や村田氏の姿勢
第 2 幕 国内戦線
に共感を憶える人も多く、それが少なからず会の活動
第 4 章 JIS X 0213 と国際整合性
にも影響しているように思われる。
第 5 章 表外漢字字体表
しかし、逆の見方をすれば、このような文化横断的
第 6 章 JIS X 0213:2004
な問題に対してバランスよく対応できる人材が、そも
第 7 章 カンバセーション
そもきわめて限られてくるのではないかとも思われ
第 3 幕 国内戦線
る。たとえば、各国の文化に対する理解とともに情報
第 8 章 CICC 活動
技術に関する知識も必要とされるし、さらには様々な
第 9 章 SC2 議長
地域から来る代表団と交渉したり、意見をまとめたり
第 10 章 ヒデキとぼくは何と戦ってきたか
する能力も問われてくるだろう。仮にそのような能力
第 4 幕 終章
があったとしても、標準化という作業自体はビジネス
第 11 章 最後の戦い
になりにくいということで企業から敬遠されがちだし、
あとがき
研究者としても論文至上主義の昨今では業績と見なさ
付録
れにくいのではないかと思う。本書ではそのような、
日本社会が抱えている標準化などの社会貢献に対する
本書は、本研究会としても因縁浅からぬ本である。
無理解についても警告を発している。
というのも、本誌第 6 号(2005 年 10 月)に寄稿し
一方、このような人材をどのように育成すればよい
ていただいた「標準化の政治社会学―UCS 標準化から
のか、国際的な議論の場に求められている人材とはど
のケーススタディ」が、本書に再録されているのであ
のようなものなのか、という観点から見た場合、本書
る(さらに言えば、この原稿は、評者(師)が 2004
は大変参考になるだろう。本書の叙述形式について、
160 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
Book
Review
小林氏は次のように述べている。
なのだが、今思えば(スチュアート・ホールの主張の
是非はともかく)このような―もしかすると東洋学者
ご一読いただければ瞭然だが、本書の記述は、
の多くが持っていないかもしれない―文化に対する視
筆者の一人称による述懐の形をとった。あえて
点を持っている人が日本の代表として国際標準化の舞
その理由を述べると、以下の通りである。一つ。
台にいた事自体が奇跡的なことだったのかもしれない、
情報標準の開発も、他のさまざまな営為と同様、
とも思ったりもするのである。
喜びや怒り、悲しみが織りなす、すぐれて人間
なお、評者が本書で一番考えさせられたのは、実は
的な営為であることを、みずからの経験を通し
まえがきの「符号化文字集合のみならず、情報標準は、
て表現したかったこと。二つ。筆者自身が、尊
一般ユーザにとっては、通常は意識に上ることすらな
敬すべき先達や優れた友人(現象面で敵対して
い所与のものであろう」という一文(p.3)であった。
きた人々も含めて)に恵まれ、遅蒔きながらも
成長してきた過程を表現したかったこと。
(情報標準はとりあえず脇に置いておくとして)「所与
のものであ」る、というのは、符号化文字集合、とい
うより文字あるいは言語一般の本質の一つではないか
ここで小林氏は「成長してきた過程」と述べている
と思われるからである。ここで言われている符号化文
が、本書には、好奇心の赴くままに?自らすすんで標
字集合の「所与」性は、自然言語に関する柄谷行人の
準化の坩堝に巻き込まれていく中で、英語能力を高め、
議論を想起させる。すなわち柄谷は、日本語や英語な
国際標準の議論の方法を(そのパクス・アメリカーナ
どの言語が人工物であるにもかかわらず自然言語と呼
的あり方を自問自答しつつも)身につけ、着実に実績
ばれるのはなぜか、という問いに対して、「われわれ
を上げていく様子が、スマートに(自慢話風でも、ど
が「自然」と呼ぶものは、人工でないという意味では
根性風でもなく)述べられており、参考になるととも
ない。人間が作ったものでありながら、なおその作り
に、読み物としての魅力を高めている。
方が究極的に不透明であり、むしろ、「人間」を作っ
国民国家や言語などの結びつきを相対化しようと
てしまうような何かなのである」と述べている(
『隠
する知的ディアスポラ的視点を持った著者の「戦地
喩としての建築』)。符号化文字集合の標準化のプロセ
報告」は、「戦記」というタイトル(ガリア戦記から
スはきわめて明確なものであるし、本書を読めば、各
とったとのことであるが)からも連想されるマッチョ
国、企業、個人などの利害が錯綜した生々しいやりと
な感じのものではなく、文化人類学者による参与観察
りがリアルなものとして伝わってくる。しかし、ネイ
の報告書のような趣きもある。評者は、酒井直樹氏ら
ティブ(これも「自然」に近いニュアンスがあるかも
の著作に興味を持って読んでいた 2000 年頃、小林氏
しれない)スピーカーが自国の文化と文字とを結びつ
と「知的ディアスポラ」についての議論をメールでし
け、理性的なはずの標準化の場を翻弄するさまは、ま
ていたのを懐かしく思い出す。議論、といっても評者
さに文字というものが持つ「所与」性が引き起こして
が一方的に教えを受けている感じで、こちらからの貢
いるようにも見えるのである。
献といえばカルチュラル・スタディーズの理論家とし
このような評者の見方はあくまで一面的なもので、
て当時注目されていたスチュアート・ホールへのイン
読者によって様々な問題を引き出すことができるだろ
タビュー「あるディアスポラ的知識人の形成」
(『思想』
う。多くの人に読まれ、議論が喚起されることを望ん
No. 859)を図書館でコピーして送ったぐらいのこと
でいる。
Journal of JAET vol.12 ● 161
漢字文献情報処理研究会彙報
2010.10~2011.9
2010 年 10 月 1 日
会誌『漢字文献情報処理研究』第 11 号出版。
2010 年 12 月 18 日
第 13 回大会、2010 年度総会開催。
2011 年 7 月 31 日
原文代・當山日出夫)
⿟執行部改選
⿟
代表:師茂樹
副代表(兼会誌編集局長):山田崇仁
副代表(兼サーバ管理担当):上地宏一
幹事(会計・名簿担当):小島浩之
幹事:佐藤仁史
公開シンポジウム「電子書籍時代のプラット
幹事:田邉鉄
フォームとコンテンツ」開催。
幹事:千田大介
幹事:二階堂善弘
第13回大会・2010年度総会
日時:2010 年 12 月 18 日 ㈯
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス
来往舎中会議室
⿎⿎ 第 13 回大会(13:00 〜 16:05)
1.挨拶(13:30 ~ 13:35)
2.研究報告(13:35 ~ 16:05)
▪「 ウ ェ ブ フ ォ ン ト を 利 用 し た グ リ フ ウ ィ キ
(GlyphWiki)の応用」
上地宏一(大東文化大学)
⿟将来計画に対する取り組み
⿟
⿟2011
⿟
年度事業計画、予算案承認
2011年公開シンポジウム
⿎⿎ 2011 年公開シンポジウム
題目:電子書籍時代のプラットフォームとコンテ
ンツ
日時:2011 年 7 月 31 日㈰ 13:00 ~ 17:30
会場:慶 應 大 阪 リ バ ー サ イ ド キ ャ ン パ ス
Room1(大阪市福島区)
パネリスト・司会
▪「中国古典戯曲研究のデジタルインフラ整備」
▪木村一彦氏(㈱大修館書店)
千田大介(慶應義塾大学)
▪星野 渉氏(㈱文化通信社)
▪「中国古典戯曲研究のための音韻表示システム
▪石岡克俊氏(慶応義塾大学産業研究所准教授)
について」
師茂樹(花園大学)
⿎⿎ 総会(16:20 ~ 17:30)
⿟2010
⿟
年度事業報告、会計報告(会計監査:清
162 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
▪
(司会)小島浩之(東京大学経済学研究科講師)
著者紹介
石岡 克俊(いしおか かつとし)
金子 眞也(かねこ しんや)
1970 年北海道生まれ。慶應義塾大学産業研究所准
1955 年東京生まれ。龍谷大学法学部教授。専門は
教授。専門は、経済法、知的財産法、消費者法。最
中国古典文学のはずなのだが、中国文学を専門とす
近は、学術情報のディジタル化がもたらす著作権法
る人からは「あの人は語学の人」と思われ、中国語
或いは独占禁止法上の課題について関心を持ってい
学を専門とする人からは「語学とは関係ない人」と
る。特に著作権に関する最近の論文に「『校訂』の
思われているフシがある。中国語の教科書も作るが、
著作権法における位置」『慶應義塾女子高等学校研
上海を題材にした中国語教科書を編んだ数年後に、
究紀要』26 号が、近著に『NTT コンメンタール』
(三
今度は北京を題材にした教科書を出したので、「節
省堂、2011 年)がある。
操がない」と批判する向きもあるかもしれない。こ
江草 由佳(えぐさ ゆか)
こ数年は、研究テーマとしては、中国語教育やら中
国の言語政策やらに関心が移りつつある。なお、中
1976 年生まれ。国立教育政策研究所 教育研究情報
国に行くときは、宿や国内線のフライトは現地のサ
センター 研究員。筑波大学大学院図書館情報メディ
イトで押さえ、おいしいお店探しも、これまた現地
ア学科修了、博士(情報学)。情報検索、電子図書館、
の別のサイトで見つけるよう心がけている。
情報探索行動などを専門とする。 ウィキ等を利用
http://www.huaxia-info.com/
した情報共有に関心。
http://www.nier.go.jp/yuka/
小川 利康(おがわ としやす)
木村 一彦(きむら かずひこ)
1965 年東京都生まれ。東京工業大学高分子工学科
卒業。セイコーインスツル株式会社で電子辞書部門
1963 年東京生まれ。早稲田大学商学学術院教授。
の企画課長を経て、2008 年 2 月から株式会社大修
専攻は現代中国文学。単著「周作人・松枝茂夫往来
館書店勤務。現在、電子出版開発室課長。
書簡」(戦前篇⑴⑵⑶及び戦後篇、『文化論集』30
~ 33 号)「蔣光慈旅日前後的蛻變:《麗莎的哀怨》
與《衝出雲圍的月亮》之故事結構比較」(『当代外語
mail:[email protected]
小島 浩之(こじま ひろゆき)
研究』266 期 , 2011 年 6 月)など。
1971 年岐阜県生まれ。東京大学大学院経済学研究
http://www.f.waseda.jp/ogawat/
科講師、経済学部資料室長代理。専門は東洋史学お
よび歴史資料の保存と活用に関する研究。最近の論
文に「日本における唐代官僚制研究 : 官制構造と昇
進システムを中心として」『中国史学』20, 2010 が、
論文の翻訳に「唐代精英型官員晋升仕途的形成與展
開」『日本中國史研究年刊 2008』上海古籍出版社 ,
2011 がある。
Journal of JAET vol.12 ● 163
佐藤 仁史(さとう よしふみ)
當山 日出夫(とうやま ひでお)
1971 年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科准教
1955 年京都府出身。慶應義塾大学・大学院。本来
授。専門は中国近現代社会史、口述史。共編著に、
『太
の専門は、国語学・訓点語学。ただ、今は、「人文
湖流域社会の歴史学的研究 ─ 地方文献と現地調査
情報学」の方面にかたむきつつある。立命館大学
からのアプローチ』汲古書院、2007 年、『中国農
グローバル COE「日本文化デジタル・ヒューマニ
村の信仰と生活 ─ 太湖流域社会史口述記録集』汲
ティーズ拠点」客員研究員。
古書院、2008 年、『中国農村の民間藝能 ─ 太湖
個人のブログ「やまもも書斎記」
流域社会史口述記録集 2』汲古書院、2011 年、が
http://yamamomo.asablo.jp/blog/
ある。
鈴木 慎吾(すずき しんご)
星野 渉(ほしの わたる) 1964 年東京生まれ、株式会社文化通信社取締役編
1973 年生まれ。大阪外国語大学大学院言語社会研
集長。日本出版学会理事・事務局長、東洋大学非常
究科修了。博士(言語文化学)。京都産業大学外国
勤講師。専門紙記者として出版流通、書店、再販制
語学部助教を経て、現在、大阪大学世界言語研究セ
度問題、電子出版、流通 EDI など、出版産業の変化
ンター講師(漢語音韻学・広東語)。
を取材してきた。共著に『オンライン書店の可能性
高田 智和(たかだ ともかず)
を探る―書籍流通はどう変わるか』
(日本エディター
スクール出版部)、『出版メディア入門』(日本評論
1975 年新潟県生まれ。北海道大学大学院文学研究
社)、
『読書と図書館』(青弓社)、
『電子書籍と出版』
科博士後期過程修了。博士(文学)。国立国語研究
(ポット出版)など。
所准教授。専門は国語学(文字・表記)。
高久 雅生(たかく まさお)
師 茂樹(もろ しげき)
1972 年生まれ。花園大学准教授。最近は 3 次元
1976 年生まれ。物質・材料研究機構 科学情報室
CG にも手を出している。最近書いたものとしては、
主任エンジニア。筑波大学大学院図書館情報メディ
「異なる文献間の数理的な比較研究をふり返る」
ア学科修了、博士(情報学)。情報検索、電子図書
(『文字と非文字のアーカイブズ/モデルを使った
館などを専門とする。2003 ~ 2007 年くらいまで
文献研究』、2011 年 2 月)、「下京・梅忠町の家屋
はウィキペディアンとして活動するも、最近は小休
敷景観の復元および家督相続の実証的研究」
(共著:
止。フリーソフトウェア、オープンデータ、オープ
松田隆行・明珍健二・師茂樹・福島恒徳・青江智
ンアクセスに関心。
洋・江藤弥生、『花園大学文学部研究紀要』第 43 号、
http://masao.jpn.org/
2011 年 3 月)、
「[資料紹介]漢字出現頻度数調査」
千田 大介(ちだ だいすけ)
1968 年生まれ。慶應義塾大学経済学部教授。専
門は宋代民間芸能から現代のメイド喫茶・AV 受容
(『論集文字』第 1 号、文字研究会、2011 年 5 月)
など。Twitter ID: @moroshigeki
矢野 正隆(やの まさたか)
まで、ここ一千年くらいの中国サブカル。http://
1972 年福岡県生まれ。京都大学大学院文学研究科
wagang.econ.hc.keio.ac.jp/
修了。ベトナム前近代史。現在、東京大学大学院経
済学研究科特任研究員として同学部資料室に勤務。
近業は『ベトナム文化人類学文献解題』( 編集担当 )、
「資料保存」(『図書館界』61-5) など。
164 ● 漢字文獻情報處理研究 第 12 号
山崎 直樹(やまざき なおき)
山下 一夫(やました かずお)
1962 年生まれ。関西大学外国語学部教授。専門は
1971 年生まれ。慶應義塾大学院文学研究科後期博
中国語学、中国語教育。とくに統語構造の記述や談
士課程単位取得退学。神田外語大学外国語学部専任
話の構造の研究、Standard Based Approach による
講師、同准教授を経て、現在、慶應義塾大学理工学
中国語教育や Backward Design による科学的な教
部准教授。専攻は中国文学。中国の小説・演劇、お
材設計が興味の対象である。目下の関心事は、言語
よび宗教信仰に興味を持ち、また近年は中華圏にお
の構造の視覚化とその学習者用辞書の記述への応用
ける現代のサブカルチャーにも関心を寄せている。
などである。「中国語のコミュニケーション文法」
を開発するプロジェクト、中国語の e-Learning 用
山田 崇仁(やまだ たかひと)
教材を開発するプロジェクト、古典中国語の自動解
1970 年愛知県生まれ。立命館大学院文学研究科修
析システムを開発するプロジェクト、古典中国語文
了。博士(文学)。滋賀大学・立命館大学非常勤講師。
献への人文情報学的アプローチを考えるプロジェク
専門は先秦文献の成書時期の解明、先秦~前漢にお
ト(京都大学人文科学研究所)、『日本語基本動詞ハ
ける語用法の変遷。近業は、
「文字なる表記の誕生」
ンドブック』作成プロジェクト(国立国語研究所)
『中国古代史論叢』五集(2008)。「書同文考」『史
などにも関与している。
林』91 巻 4 号(2008)。
「書契考」
『中国古代史論叢』
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~ymzknk/
六集(2009)など。
http://www.shuiren.org/
Journal of JAET vol.12 ● 165
編集後記
漢字文獻情報處理研究 第 12 号
『漢字文献情報処理研究』第 12 号をお届けする。
発行日
2011 年 10 月 1 日
はじめに、さる 3 月 11 日の東日本大震災、また
定価
本体 2,000 円 + 税
編集
© 漢字文献情報処理研究会
9 月の台風による被害によって亡くなられた方々の
ご冥福を祈念し、謹んでお悔やみ申しあげたい。
http://www.jaet.gr.jp/
本誌でも震災に関する特集を小特集を組んだ。被
災からの復興に際して遅れがちとなる図書館の復興
編集委員
◦山田 崇仁
金子 真也
や、置き去りにされがちな留学生への情報提供につ
上地 宏一
小島 浩之
いて、どのように(また現在進行形で)行われていっ
佐藤 仁史
田邉 鉄
千田 大介
二階堂善弘
師 茂樹
山崎 直樹
たかについて、その活動の一端を担った方々に原稿
を依頼した。災害時にどのような情報や活動が必要
となるか、未来への情報提供という性格を伴った記
デザイン
録として、残しておきたいと考えたからである。
DTP
記録を未来へと伝える。歴史学を専門とする編集
子にとって、過去からの記録の集積は何物にも代え
がたい宝である。現在から未来に向けて、どのよう
睡人亭:http://www.shuiren.org/
発行人
尾方敏裕
発行所
株式会社好文出版
〒 162-0041
に記録を伝えるのか。本号に掲載した論攷は、はか
東京都新宿区早稲田鶴巻町 540
らずもこの点について示唆的な記述が数多く記され
林ビル 3F
るものとなった。インターネットにアップロードす
TEL:03-5273-2739
るだけではなく、どう維持し続けるかも問題なのだ。
FAX:03-5273-2740
末筆ではあるが、本誌に原稿をお寄せいただいた
URL:http://www.kohbun.co.jp/
執筆陣や好文出版に篤く御礼申し上げたい。(♬)
◦本誌に関する訂正・補足情報は、漢字文献情報処理研究会サイト(http://www.jaet.gr.jp/)に掲載します。
◦本誌の定期購読をご希望の方は、以下の項目につき明記の上、好文出版まで、書面・FAX もしくは電話にて
お申し込みください(住所・FAX・電話は上記奥付参照)。
◦送付先住所 ◦氏名 ◦年齢 ◦職業
◦勤務先 ◦必要部数
◦漢字文献情報処理研究会への入会をご希望の方は、http://www.jaet.gr.jp/guiding.html の趣意書および規約を
よくお読みの上、同ページにリンクが掲載されている入会フォームよりお申し込みください。書面での申し
込みは受け付けておりません。
ISBN978-4-87220-147-5
9784872201475
C3004 ¥2000E
1923004020005
Fly UP