...

TRUST DELETE Biz

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

TRUST DELETE Biz
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
- Ver.8.0-
NECパーソナルコンピュータ株式会社
1
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
目次
遠隔データ消去サービスとは .................................................................................. 3
■サービス概要 ...................................................................................................................... 3
■主な機能 ............................................................................................................................. 3
システム動作環境........................................................................................................ 4
1.遠隔データ消去サービスクライアントプログラムのインストール............ 5
2.クライアントプログラムの利用登録 .................................................................. 6
3.動作と設定の確認 ................................................................................................. 7
4.不可視機能 .............................................................................................................. 9
5.デバイスロック機能 ............................................................................................ 11
6.クライアントプログラムのアンインストール ................................................. 12
7.再インストールについて.................................................................................... 13
本ドキュメント内の機能名称または図は製品のバージョンにより実際の名称またはデザインと異なる
場合があります。
Microsoft Windows, Microsoft Windows Vista, Microsoft Windows 7, Microsoft Windows 8, Microsoft
Windows 8.1, Microsoft Internet Explorer は、米国 Microsoft 社の米国およびその他の国における登
録商標です。本文中のその他の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
TDN20140327
2
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
遠隔データ消去サービスとは
■サービス概要
本サービスはコンピューター内のデータを遠隔操作で消去できるサービスです。コンピューターに
専用プログラムをインストールすることによって、万一の盗難・紛失時に、ネットワーク経由で命令
を発行して、失くしたコンピューターのデータを消去することができます。また、コンピューターがネ
ットワークに接続できない状況では、不可視機能やロック機能、自動データ消去機能をご利用にな
ることでコンピューター内のデータを保護することができるので安心してお使い頂けます。
■主な機能
 データ消去
コンピューターの盗難・紛失時に、管理サーバーからネットワーク経由で消去命令を送信する
ことで、コンピューター内のデータを消去する機能です。命令を受信するためには紛失したコ
ンピューターがインターネットに接続される必要があります。インテル®スマートコネクトテクノ
ロジー対応のコンピューターでは、スリープ中にインターネット接続を検出して、消去命令の受
信および消去の実行が可能です。

データ不可視
コンピューターがオフラインで管理サーバーからの命令を受信できない状況下で、一時的に
データを隠匿してデータを保護する機能です。不可視になったデータは元に戻すことが可能
です。

ロック機能
一定時間インターネットに接続できない状況が続くと、入力デバイスをロックすることでコンピ
ューターを操作不能にする機能です。

自動データ消去
一定時間コンピューターがネットワークに接続しない状態が継続した場合、時限稼働で消去を
実行する機能です。本機能は消去命令を管理サーバーから受信する必要がないため、ネット
ワークにつながる可能性の低い紛失コンピューターの消去に有効です。

位置情報取得
コンピューターの位置情報を GPS または無線 LAN のアクセス情報から特定することができま
す。※ご利用にはハードウェアの制限があります。
3
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
システム動作環境
クライアントプログラム対応 OS
Microsoft Windows 8/8.1 32/64 ビット (Windows 8/8.1, Windows 8/8.1 Pro, Windows 8/8.1
Enterprise, Windows To Go)
Microsoft Windows 7 32/64 ビット (Home Premium, Professional, Enterprise, Ultimate)
Microsoft Windows Vista 32/64 ビット (Home Premium, Professional, Business, Ultimate)
ハードウェア
CPU:1GHz 以上を推奨
メモリ(RAM):32 ビットの場合 1GB 以上を推奨、64 ビットの場合 2GB 以上を推奨
100MB 以上のハードディスク空き容量
.NETFramework4 のインストール環境
※
※
※
※
※
本製品は、1 つのライセンスにつき、1 つの OS にインストールできます。
必要メモリ容量、およびハードディスク容量は、システム環境によって異なる場合があります。
本製品をお使いになる前に、使用許諾契約書を必ずお読みください。
製品の仕様は予告なく変更される場合があります。
本製品の利用登録、プログラムのダウンロード、管理サーバーの閲覧、メールの送受信などのご
利用には、インターネット接続環境が必要です。
4
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
1.遠隔データ消去サービスクライアントプログラムのインストール
1.
インストールプログラム(TDInst.exe)をコンピューターに保存します。プログラムの入手・保存
は管理者にお問い合わせください。プログラムをダブルクリックしてインストールウィザードを
起動します。
2.
ユーザーアカウント制御の画面が表示され、コンピューターへの変更の許可をきかれるので
[はい]を選択してください。インストールウィザードが始まったら[次へ]をクリックすると使用許
諾契約書が表示されます。使用許諾に同意いただける場合は[同意します]を選択し、[次へ]
をクリックします。
3.
インストール先フォルダが表示されたら、そのまま[次へ]をクリックします。デスクトップにショ
ートカットを作成する場合はチェックをそのままにして[次へ]をクリックします。
「プログラムをインストールする準備ができました」という画面が表示されたら[インストール]を
クリックします。
「インストール完了」の画面が表示されたら、[完了]をクリックしてインストールを終了してくだ
さい。続いて再起動を促す画面が表示されますので、[はい]をクリックしてパソコンを再起動
してください。ここで[いいえ]を選択した場合、あとで必ず再起動を行ってください。
4.
5.
再起動して、利用登録
に進んでください
※重要
インストール完了後は必ずパソコンを再起動してください。
インストール後に利用登録を完了しなければ本プログラムは動作しません。続いて利
用登録を必ず行ってください。
5
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
2.クライアントプログラムの利用登録
インストールが終了したら以下の手順で必ず利用登録を実行してください。
※利用登録にはあらかじめ 8 桁のシリアル番号をご用意ください。シリアル番号は[ユーザー登録完
了のご案内メール]に記載のほか、管理サーバーの[管理者]メニューでもご確認いただけます。シリア
ル番号はライセンス証書に記載のライセンス番号とは異なりますのでご注意ください。
1.
デスクトップのアイコンをクリックして遠隔データ
消去サービスクライアントプログラムを起動します。
2.
プログラム画面が起動したらメニューから利用登録を選択します。コンピューターをインターネット
に接続してください。
8 桁の[シリアル番号]を画面に入力して、[登録]ボタンをクリックします。
登録が成功すると「サーバーへの登録が完了しました。」とメッセージが表示されます。[OK]ボタ
ンをクリックしてください。
以上で利用登録が完了です。プログラム画面左下に「登録済み」と表示されていることを確認してくだ
さい。※「登録済み」の表示が出るまでに数分かかる場合があります。
※注意
・正しく登録できない場合は、シリアル番号を確認するか、インターネット接続を確認し
て登録をやり直してください。
登録失敗の場合はエラーメッセージが表示されます。エラーメッセージの詳細は FAQ を
参照してください。
・プロキシサーバーを導入しているネットワーク環境では登録に失敗する場合がありま
す。[ネットワーク設定]メニューでプロキシの設定を確認して再度お試しください。
・登録ボタンを押したときに「この PC はすでに登録されています」と表示されることがあ
ります。この場合は[再試行]をクリックしてください。
6
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
3.動作と設定の確認
利用登録が完了するとクライアントプログラムは Windows 稼働中には常にバックグラウンドで作動して
います。ここではプログラムの画面の機能を説明します。
表示の間隔で管理サーバーに
自動でアクセスを続けます
適用済みの設定名称
このボタンを押すと管理サーバ
ーにアクセスして命令や設定を
更新します
管理サーバーと通信
した直近の時刻
不可視の項を参照
ステータスアイコン(通常は青色ですが動作状況によって色が変わります)
管理サーバーとの認証アクセスのタイミングは?
コンピューターの毎起動時、スリープや休止からの復帰時にサーバーにアクセスを試みます。ま
た決められた間隔で定期的に認証を実行するため、インターネットに接続している間に自動で最
新の設定に更新されます。従って通常の利用では特に設定や操作は不要です。
管理サーバーの最新設定をすぐに取り込むには?
コンピューターをインターネットに接続して[接続]ボタンをクリックします。
管理サーバーとの認証中は図のようにステータスアイコンがオレンジ色に変わります。
(定期の自動認証時もオレンジ色で表示されます)
7
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
プロキシサーバーをご利用のネットワーク環境では?
[ネットワーク設定]メニューでネットワーク環境に応じた設定を行ってください。
クライアントプログラムは初期状態では Internet Explorer のプロキシ設定を参照して読み込む設
定になっています。
自動構成および手動によるプロキシサーバーの設定も可能です。
※認証が必要なプロキシサーバーには対応していません。
ネットワーク設定の画面が操作できないときは?
設定を変更できない場合は管理者によって誤操作防止のためにロックされている状態です。管
理者にお問い合わせください。
======その他、ご利用に際してのご注意======
自動消去をご利用の場合
※ 自動消去はコンピューターが決められた時間内に一度も管理サーバーと認証できない場合
に消去命令がなくても自発的に消去を実行します。従って接続環境が利用できる場合はな
るべくこまめにインターネットに接続するよう心がけてください。
※ コンピューターを修理に出す、または保管する場合は必ず自動消去を無効にしてください。
※ コンピューターの時刻(OS または BIOS のシステムクロックを変更すると、自動消去タイマー
が違反を検出して消去を実行します。コンピューターの時刻を操作する場合は必ず事前に
自動消去を無効にしてください。コンピューターの時刻を正確に保つために、インターネット
時刻と同期することをお薦めします。
※ 自動消去を有効にした状態でタイマー時間を経過してしまったら、Windows をスタートすると
同時にコンピューターをインターネットに接続してください。Windows 作動から 5 分以内に管
理サーバーとの認証に成功した場合、自動消去はリセットされます。
8
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
4.不可視機能
不可視機能とは
紛失したコンピューターがインターネットに接続していない状況でデータを保護する機能です。コ
ンピューターがオフラインの場合、デスクトップやマイドキュメントなど通常操作で使用する領域内
のデータを瞬時に秘匿することでデータを不正アクセスから守ります。不可視化されたデータは
見つけることはできませんが、ディスク上に残っているので、瞬時に元に戻すことが可能です。不
可視機能は管理サーバーの設定で有効・無効を選択できます。
不可視機能の実行タイミング
クライアントプログラムが管理サーバーと認証に失敗すると、即座に不可視機能が働きます。
 コンピューターの起動直後、スリープや休止からの復帰時にインターネット接続できない場
合
 定期的な認証通信(ポーリング)時にインターネット接続できない場合
不可視の確認方法
不可視が実行中かどうかはクライアントプログラム画面で確認できます。
不可視実行中はデスクトップアイコンが表示されません。スタートメニュー(Windows8 ではモダン
UI のすべてのアプリ)から遠隔データ消去サービスクライアントプログラムを起動します。
左上のステータスアイコンが緑色になっていれば不可視の実行中です。
不可視解除ボタン
不可視になったデータを手動で
元に戻す時に使います。
不可視実行中のみ利用可能。
9
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
不可視が稼働した場合の解除方法
解除方法は次の 2 通りです。いずれも管理サーバーであらかじめ設定済みであることが条件で
す。どの方法が利用可能か管理者にお問い合わせください。
1.ネットワークによる自動解除
ネットワーク認証自動解除が有効の場合、コンピューターがインターネットに接続すると自動で不
可視を解除できます。ただし認証通信の実行タイミングで接続を検出するため、インターネットに
接続と同時に解除することはできません。インターネットに接続後は速やかにプログラムを起動
して[接続]ボタンを押して強制的に認証してください。
2.手動による解除方法
海外や移動中の交通機関の中などインターネットがなくて自動解除が利用できない場合は手動
で不可視を一時的に解除することが可能です。



スタートメニュー(Windows8 ではモダン UI のすべてのアプリ)から遠隔データ消去サービスク
ライアントプログラムを起動します。
[不可視解除]ボタンをクリックします。
パスワードの入力を求められますので、パスワードを入力して OK をクリックします。※不可
視の解除パスワードは管理者にお問い合わせください。
これで不可視になったフォルダが一定時間、元に戻ります。
[不可視解除]ボタンは不可視の実行中にのみ押すことができます。
[一時解除有効時間]が無効と表示されている場合は解除ボタンを利用できません。管理者にお
問い合わせください。
手動で解除したあとは
手動解除はあくまでも一時的な解除です。[一時解除有効時間]に表示されている時間のみ解除
が継続します。有効時間が経過すると再び不可視になります。継続して利用する場合は再度、
不可視解除ボタンを使って解除してください。
10
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
5.デバイスロック機能
デバイスロック機能はコンピューターのマウスやキーボード、タッチパッドやタッチパネル、デジタイザ
ー等の入力デバイスを無効化してコンピューターを一時的に操作不能にする機能です。
ロックの実行条件
ロック機能はタイマーによって動作します。タイマー時間は管理サーバーで設定されています。タ
イマー時間内にコンピューターがインターネットに接続しない場合、次回 Windows 起動時にコンピ
ューターはロックされます。電源 OFF の間や休止中もタイマーはカウントを続けています。タイマ
ー設定時間に達する前にインターネットに接続した場合、その時点でタイマーがリセットされ、計
測がゼロから再開されます。
タイマー時間を過ぎた後にコンピューターを起動した場合、起動から 5 分以内にインターネットに
接続することでロックを回避できます。
ロックの解除方法
解除の方法は次の 2 通りがあります。
1.解除キー
ロック中のコンピューターに解除キーファイルの入った USB メモリを挿すことでロックを解除す
る仕組みです。
管理者からご利用のコンピューターのロック解除キーファイルを取得してください。この時、コ
ンピューターに割り当てられている設定番号を確認の上、同じ設定メニューから正しい解除キ
ーファイルを取得してください。キーファイルが間違っているとロック解除はできません。
取得したキーファイルを USB メモリに保存してください。この時 USB メモリ内のルートに直にフ
ァイルを保存します。メモリ内のフォルダに保存しないでください。
2.無線 LAN アクセスポイント検出解除
ロックされたコンピューターを管理サーバーで登録済みの無線 LAN のアクセスポイントに接続
してください。登録されている SSID を検出すると自動で解除されます。登録済みのアクセスポ
イントは管理者にお問い合わせください。
11
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
6.クライアントプログラムのアンインストール
本サービスのご利用を停止する場合は、コンピューターからクライアントプログラムをアンインストー
ルしてください。
6.1 コントロールパネルからプログラムの追加と削除を選択し、[TRUST DELETE Biz]を選択し、
[削除]をクリックします。
6.2 アンインストールの確認画面が表示されますので、よろしければ、[はい]をクリックします。
6.3
ユーザーアカウント制御(UAC)の警告が表示されたら[はい]をクリックするとアンインスト
ールプロセスが開始されます。
続けてアンインストール用パスワードを入力して[OK]をクリックします。
6.4 アプリケーションの終了に関する注意が表示されたら[OK]をクリックして続行します。
再起動を促す画面が表示されたら[はい]を選択してください。ここで[いいえ]を選択した場合
はあとで再起動してください。
※ヒント
※注意
・アンインストールパスワードは、管理者にご確認ください。
・利用登録の前にアンインストールする場合、パスワードの入力は不要です。
・事前に管理サーバー側で登録解除が済んでいる場合、パスワード入力は不要です。
・プログラム実行中(消去やサーバーとの通信を実行中)は、アンインストールできない
ことがあります。必ずプログラムを終了してから、アンインストールを実行してください。
・アンインストールは管理者権限で行ってください。
12
遠隔データ消去サービス
クライアントマニュアル
7.再インストールについて
新しいコンピューターに買い換えた場合、または OS の再セットアップなどでクライアントプログラムを
再インストールする場合は、管理サーバー側ですでに登録されているコンピューターの登録を解除す
る必要があります。管理サーバーの登録解除の方法は管理サーバーマニュアルをご覧ください。
STEP1 再インストール
アンインストールするコンピューターのクライアントプログラムを起動して[接続]ボタンを押してくだ
さい。続いて前項のアンインストールを参照してクライアントプログラムをアンインストールしてくだ
さい。その後、コンピューターにクライアントプログラムを再インストールしてください。
STEP2 利用登録のやり直し
再インストールが完了したら、利用登録を必ず行います。プログラムを再インストールしただけで
は本システムは正しく動作しません。プログラムの利用登録の項を参照して再び利用登録を実
行してください。
2 回目以降に利用登録する場合[登録]ボタンを押下すると以下の警告が表示されることがありま
す。そのままご利用になる場合は[再試行]をクリックすると登録を進めることができます。
※注意
・この警告は管理サーバーに以前の登録が残っている場合に表示されます。[再試行]
ボタンを押すと、前の登録に対して上書き登録を実行します。事前に STEP1 を実行して
いれば再登録時にこの警告は表示されません。
・上書き登録を実施した場合、設定はあらためて A01 が割り当てられます。
・再インストール時にはできるだけ、管理サーバーの登録情報をいったん解除してから
新規に登録しなおすことをおすすめまします。
13
Fly UP