...

RS スピーカーシリーズの開発

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

RS スピーカーシリーズの開発
特集
A V 技術
RS スピーカーシリーズの開発
Development of RS Speaker
杉浦 秀明
Hideaki Sugiura
要
旨
車室内という特殊な空間における,マルチシステム再生対応カー用スピー
カー「R S スピーカー」を開発し,市場導入した。
本製品は車室内という特殊な環境下の影響を考慮した開発テーマ:トランジェント
特性・ ワイドレンジ化・ 不要共振の低減に注力して開発を行った。
本稿では,重要課題への技術的な対応を中心に報告する。
Summary
The vehicle cabin has a particular specification for acoustics.
The “RS speaker” series was developed for pure sound reproduction with multi systems in the
vehiclecabin.
For “pure sound”, transient, wide range and less unnecessary resonance are extremely important.
The report describes mainly the engineering struggles faced in these important tasks.
キーワード :
非面接触型支持構造,デュアルアークリングタイプ,
樹脂タングステン
1. まえがき
を あ げ , こ れ ら の 課 題 を 解 決 し ,「 R S ス ピ ー
近年,カーオーディオは過酷な車室内で高音
カー」を開発し,市場導入した。本稿では,こ
質・高臨場感を実現するために,デジタル信号
れらの技術的な対応を中心に報告する。
処理のソフトウェア,およびハードウェアの技
2. 車室内におけるスピーカーの重要
術が目覚しく向上している。これに呼応して,
課題
カーオーディオの最終出力ユニットであるス
ピーカーに対してもより高いレベルで,高性能
2.1
トランジェント特性の向上
化の要求が高まってきている。この要求に応え
車室内での,視聴環境は一定の条件ではな
るために,当社は,車室内におけるスピーカー
い。車自体の内部形状・ 内装材料・ 強度,走行時
の高機能化を実現するために必要な重要課題と
の路面の状態によるロードノイズ,天候に左右
して,
される風や雨などが車室内での雰囲気音再生へ
1 . トランジェント特性の向上
大きく影響している。また,騒音レベルは,一
2 . ワイドレンジ化
般家庭での再生環境と比べ,著しく悪化してい
3 . 不要共振
る。そのような環境下においても再生がより鮮
- 57 -
PIONEER R&D Vol.14 No.2
明になるように,トランジェント( 過渡応答特
に示す。この反作用成分の低減がスピーカーの
性) の向上に注力した。
トランジェント特性に大きく影響する。そこで
2.2
ワイドレンジ化
反作用部の接点について検討を行った。筐体
狭い車室内において,スピーカーの取り付け
( フレーム) と接点は振動板・ ダンパー・ 磁気回路
は厳しく制約される。特にマルチシステムで構
である。作用成分と反作用成分との接合部で生
築した場合は,取り付け場所・ 車の内部形状に
じる振動の位相差を低減することに着目した。
より反射や回折などの影響を受け易くなるため
位相差は中高域で発生し,接合点で歪が発生す
に,広い再生帯域を実現することに注力した。
るため,接合点を分岐することを検討し,点で
また,高性能メディアである D V D - A ・ S A C D にも
支持することにより,位相差による合成された
対応するために,ダイナミックレンジの拡大に
振動を低減することが可能であることを確認し
も注力した。
た。最終機構の伝搬イメージを図 2 に示す。ま
2.3
不要共振の低減
た,実際の接点部であるダンパーホルダーと筐
スピーカー専用のキャビネットを有しない車
体の動作を測定した。測定箇所を図 3 に示す。
室内における再生において,振動共振に対する
影響は大きい。通常,車の屋根やドアは鉄板で
できている。内装材は樹脂材に表面材を貼り付
けたものである。これらの材料はスピーカーの
振動を受けて固有の共振を発生する。フレーム
など筐体からの振動を低減して,振動板の振動
ボイスコイル振動
作用振動
を音として正確に空気中に放射させるととも
に,振動板以外からの音を低減することに注力
反作用振動
した。
図 1
開発当初の振動伝搬イメージ 3. トランジェント特性の向上
トランジェント特性の向上を実現するために
振動伝搬を解析し,非面設置支持機構を設ける
ことで実現した。
3.1
トランジェント特性の劣化の要因
スピーカのボイスコイルでの振動により,振
ボイスコイル振動
作用振動
動板に対して反発の作用として磁気回路に振動
反作用振動
が発生する。この振動は,振動板の挙動とは逆
方向のため,音圧の低下と磁気回路の反作用振
動が筐体( フレーム) を通して,振動板以外の連
図 2
最終機構の振動伝搬イメージ 結部品の固有振動( 付帯音) と合成されて,ボイ
スコイルの振動系に戻る。このようにボイスコ
イルの反作用により磁気回路から発生する振動
は逆作用のために,振動板の応答特性に大きく
ダンパーホルダー
影響する。
3.2
筐体(フレーム)
振動伝搬の解析
開発当初の機構の振動伝搬イメージを図 1
PIONEER R&D Vol.14 No.2
- 58 -
図 3 振動モード測定箇所 3.3
非面設置支持機構
部に非面設置支持機構を設け,トランジェント
ダンパーホルダーと筐体( フレーム) のピスト
ン振動帯域の振動モードを図 4 に,分割振動帯
特性を向上させた。図 6 に,開発したウー
ファー・T S - M 1 R S の構造を示す。
域の振振動モードを図 5 に示す。
図 4 に示したデータは,ピストン振動帯域が
8 0 0 H z ・ + 2 0 °での振動モードである。接点部
が同位相で振動していることが確認できる。
図 5 には,分割振動帯域が 6,000Hz・− 120°
での振動モードのデータである。接点部の振動
に位相差が生じていることを確認できる。
本製品ではダンパーホルダーと筐体( フレー
ム) ・ 磁気回路と筐体( フレーム) の 2 ヶ所の接合
図 6
T S - M 1 R S の構造
図 4
ピストン振動帯域の振動モード 図 5
分割振動帯域の振動モード - 59 -
PIONEER R&D Vol.14 No.2
4 . ワイドレンジ化
ダッシュ非対称形状の反射や回折の影響が大き
ワイドレンジ化を実現するためにリングダイ
いので,狭指向性の方が,特性コントロールに
ヤグラムの形状を考案し,高ワイドレンジ化を
おいて有効的であるリングダイヤフラム方式の
実現したデュアルアーク・ リングトゥイーター
採用を検討した。φ 3 5 m m の一般的なリングダイ
を開発した。
ヤフラムの形状を図 7 に,シミュレーション結
4.1
トゥイーターの設計目標
果を図 8 に示す。F 0( 最低共振周波数)と Fh(高
トゥイーターの広高帯域化への目標設定値と
域限界周波数) にピークが生じ,目標値には達
して,口径をφ 35mm,再生周波数帯域を 2,000
しないことがわかる。以上の理由より,一般的
∼ 4 8 ,0 0 0 H z に設定した。また,ダイナミック
なリングダイヤフラムを使用して,φ 3 5 m m の口
レンジの拡大も考慮し,高能率再生を前提に,
径では目標値の 4 8 k H z を実現することは困難
感度を 9 6 d B 以上に設定した。
と判断した。
4.2
一般的なリングダイヤフラム
4.3
高域特性の目標値 4 8 k H z の再生を条件とし,
車載用スピーカーにおいては,ガラスの反射・
リングダイヤグラムの開発
そこで内・ 外径のダイヤフラムを別振動板と
考え,内・ 外の振動板の動作をシミュレーショ
条件:
内・外径ダイヤフラムの断面径 L1=L2
内・外形ダイヤフラムの半頂角 D1=D2
内・外形ダイヤフラムの面積 S1<S2
ダイヤフラムはストレート形状
図 7
図 8
一般的なリングダイヤフラムの形状
一般的なダイヤフラムの周波数特性のシミュレーション結果 PIONEER R&D Vol.14 No.2
- 60 -
ンした。その結果,内・ 外径を異なる半頂角・ 円
す。両図より,センターイコライザーによる指
弧に変えることにより,内・ 外振動板の特性を
向特性の改善効果がされていることが分かる。
変化させ,内・ 外径の面積は同じになるように
4.4
デュアルアーク・ リングトゥイーター
設定することにより,周波数帯域が目標値に達
上述の内・ 外の異なるダイヤフラム,セン
することが可能になった。ダイヤフラムの形状
ターイコライザを採用したデ ュ ア ル ア ー ク ・ リ
を図 9 に 示 す 。 ま た , そ の 内 ・ 外 の 異 な る ダ イ
ングトゥイーターを開発した。
ヤフラムの合成周波数特性のシミュレーション
図 1 3 にセンターイコライザのシミュレー
結 果 を 図 1 0 に 示 す 。高 域 で 改 善 さ れ て い る こ
ションモデルを示す。また図 1 4 に開発した
とが分かる。
デュアルアーク・ リングトゥイーターの構造を
さらに,センターイコライザーにより近傍位
示す。
相をコントロールして,平坦で広帯域な特性を
振動板はチタンの 2 0 μをプレス成形し,表
得ることが可能になった。センターイコライザ
面にはイオンプレーティング処理を施し,表面
がない場合の指向性特性を図 1 1 に,センターイ
の成型歪を低減し,目標である 4 8 k H z で 9 6 d B
コライザーがある場合の指向性特性を図 1 2 に示
の高域再生を可能にした。
条件:
内・外径ダイヤフラムの断面計 L1>L2
内・外形ダイヤフラムの Ra と Rb は異なる半径
内・外形ダイヤフラムの面積 S1=S2
図 9
図 10
内・ 外異なるリングダイヤフラムの形状 開発したリングダイヤフラムの周波数特性のシミュレーション結果 - 61 -
PIONEER R&D Vol.14 No.2
図 13
図 11
センターイコライザーなし
図 12
センターイコライザーあり
センターイコライザの
シミュレーションモデル 図 14
PIONEER R&D Vol.14 No.2
- 62 -
T S - T I R S の外観
5. 不要振動の低減
動板と連結され振動板に伝えられる。一般的に
振動系からの音を正確に伝えるためには,振
振動の減衰が低下しないように連結部は振動
動板を支える筐体の各連結部品においても高減
板・ ボイスコイル・ ダンパーとの三点にて接着さ
衰率・ 高比重化が求められる。
れる。その時ダンパーも同様に振動して筐体に
5.1
不要振動低減の検討
振動が伝えられる。ダンパーの終点で振動が戻
一般的に筐体( フレーム) は鉄板材,アルミの
るため,振動板と時間遅れの振動が振動板に伝
ダイキャスト製品が主に使用されている。鉄板
わる。この振動を低減するためにダンパーの終
と ア ル ミ の 減 衰 特 性 と 周 波 数 特 性 を図 1 5 と図
点部へダンパーホルダーを設けた。そのダン
1 6 に示す。
パーホルダーの材質を振動減衰率の高い材料を
筐体開発にあたり,筐体は反作用成分の低減
と振動系との連結部を重視した。反作用に対応
使用することで,振動板への不要振動がより低
減されることを確認した。
する高比重化,および連結部の共振の低減・ 不
5.2
要振動を抑える減衰特性の優れた材料の開発が
高減衰・ 高比重材は一般的には合金が使われ
必要である。
樹脂タングステンの開発
るが,合金よりも高減衰率化と高比重化を実現
ボイスコイルからの振動はボビンを介して振
する材料の検討を進めた。その結果,樹脂タン
㋕
ᬌ಴㔚࿶䋨㪻㪙㪭䋩
ᬌ಴㔚࿶㧔8㧕
㋕
(a) 減衰特性
図 15
鉄板の減衰特性と周波数特性
㨻㩣㩚
㨻㩣㩚
ᬌ಴㔚࿶㧔F$8㧕
ᬌ಴㔚࿶㧔8㧕
(b) 周波数特性
㪇㪅㪌㪇
๟ᵄᢙ㧔*\㧕
ᤨ㑆㧔UGE㧕
ᤨ㑆㧔UGE㧕
๟ᵄᢙ㧔*\㧕
(a) 減衰特性
図 16
(b) 周波数特性
アルミの減衰特性と周波数特性
- 63 -
PIONEER R&D Vol.14 No.2
グステンコンポジット材を採用した。樹脂タン
減衰のイメージを 図 1 8 に示す。
グステンとは,高比重( ρ = 1 9 . 0 ) ,かつ高剛性
今回開発した樹脂タングステンの減衰特性と
材であるタングステンと低比重樹脂材料など,
周波数特性を図 1 9 に示す。図 1 5 の鉄板材の特
比重が大きく異なる 2 種類以上の材料を特殊配
性,および図 1 6 のアルミ材の特性と比較する
合したハイブリッド材料である。その断面写真
と,減衰特性,周波数特性ともに優れた特性を
を図 1 7 に示す。
示している。これより,樹脂タングステンの高
樹脂タングステンは外部から衝撃を受ける
減衰化と素材共振の低下を確認した。
と,その振動はタングステンの振動が樹脂連結
部にて熱エネルギーへの変換にて吸収される。
高比重材料の樹脂タングステンを使用した部
品であるダンパーホルダーやダイヤフラムホル
ダーを,ユニット中心部に配置したことによ
り,駆動系のバランスが向上し,高重量と相
まって反作用の低減を実現している。
6 . R S スピーカユニット
トランジェント特性を向上させたウー
ファー・ T S - M 1 R S とミッドレンジ・ T S - S 1 R S ,高
ワイドレンジ化を実現したトゥイータ・ T S T 1 R S ,筐体に樹脂タングステンを採用した各種
図 17
樹脂タングステンの断面写真
R S スピーカユニットの外観を図 2 0 に示す。
図 18
減衰のイメージ
᮸⢽㩊㩧㩂㩨㩇 㩍 㩧
ᬌ಴㔚࿶㧔F$8㧕
ᬌ಴㔚࿶㧔8㧕
᮸⢽㩊㩧㩂㩨㩇 㩍 㩧
ᤨ㑆㧔UGE㧕
๟ᵄᢙ㧔*\㧕
(b) 周波数特性
(a) 減衰特性
図 19
PIONEER R&D Vol.14 No.2
樹脂タングステンの減衰特性と周波数特性
- 64 -
3.5cm・トゥイータ
7.7cm・ミッドレンジ
17cm・ウーファー
25cm・サブウーファー
図 20
:
:
:
:
TS-T1RS
TS-S1RS
TS-M1RS
TS-W1RS
R S スピーカユニットの外観 7. まとめ
8. 謝 辞
車室内での特殊環境でも高音質,高臨場感を
樹脂タングステンの開発は,カネボウ合繊株
実 現 し た R S ス ピ ー カ を 開 発 し た 。こ れ を 実 現
式会社との共同開発によるものである。ご御協
するために,前述した重要課題,
力頂きました高分子技術課の各位に深く感謝致
( 1 ) トランジェント特性の向上
します。
( 2 ) ワイドレンジ化
筆 者
( 3 ) 不要共振の低減
を解決するために,( 1 ) では,ウーファーとミッ
杉 浦
秀 明 ( すぎうら ひであき) ,
ドレンジに非面設置支持機構を採用してトラン
所属: 東北パイオニア( 株) ,
ジ ェ ン ト 特 性 を 向 上 さ せ た 。( 2 ) で は , ト ゥ
スピーカー事業部 技術部
イーターにデュアルアークリングを採用するこ
入社年月: 1 9 8 5 年 4 月
主な経歴: カースピーカーの開発・ 設計
とでワイドレンジ化を実現した。( 3 ) の不要共振
の低減は,樹脂タングステンを新規に開発し,
各ユニットの筐体に採用することで実現した。
市場導入した R S スピーカは,市場で高い評
価を得ている。
今後,再生環境の厳しい車室内で,さらなる
高音質,高臨場感を可能にするスピーカユニッ
トの開発をする予定である。
- 65 -
PIONEER R&D Vol.14 No.2
Fly UP