...

5章 用語説明(P222-P223) [PDFファイル/625KB]

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

5章 用語説明(P222-P223) [PDFファイル/625KB]
5.
用語説明
火山性微動 火山で発生する震動のうち、地震と異なり不明瞭な波で連続的に発生する振
動で、地下のマグマや熱水の動きに関係する場合や噴火に伴って発生する場合がある。
地殻変動 火山活動時に地下のマグマの動きなどを原因として、土地が隆起、沈降、横ず
れを起こすこと。変動が著しい場所では断層が地表に現れる。変動量が大きな地区では、建
物の破壊、道路の亀裂・段差が生じて通行不能となる。
水蒸気爆発 地下水などが地下で高温のマグマにより熱せられて水蒸気となり、噴石や火
山灰が爆発的に放出される現象。九重山では、1995 年(平成 7 年)の硫黄山で発生した噴
火がこれに相当する。
マグマ水蒸気爆発 地下水などがマグマと直接接触することにより激しく爆発して噴石や
火山灰が放出される現象。火砕サージが発生することもある。
火砕流 火山から噴出し高温の火山灰・軽石・岩片・火山ガスなどが、斜面を高速に流下
する現象。温度は数百℃に達する。駒ヶ岳の 1929 年(昭和 4 年)の大噴火では立ち上った
噴煙柱が崩れることで火砕流が発生したが、雲仙普賢岳で発生した火砕流は溶岩ドームが成
長して崩れることによって発生するタイプだった。このように火砕流の発生機構はいくつか
種類がある。
火砕サージ 細かい軽石・岩片が爆風によって、高速で運ばれる高温の砂嵐のような現象。
雲仙普賢岳の犠牲者の大部分は火砕サージによる。
降灰後の土石流 火山噴火で斜面に積もった微細な土砂(火山灰)が、降雨などによって
侵食を受けて発生する泥流。火山灰が斜面を膜のように覆うため、雨水が地中に浸透しにく
くなり、少量の降雨でも発生しやすい。降り積もった火山灰が多く、降雨規模も大きい時な
どには、流れの規模が大きくなり破壊的な流れになることもある。ラハール、火山泥流、二
次泥流、降雨型泥流などと呼ばれることもある。
火山噴火緊急減災対策砂防 火山噴火時に発生が想定される火山災害の被害をできる限り
軽減(減災)するために緊急時に実施するハード対策とソフト対策からなる火山防災対策の
うち、国及び都道府県の砂防部局が実施する対策。
ハード対策 ハード対策とは、計画対象量の土砂を砂防施設の配置等によって処理し、土
砂災害を防止・軽減するために実施する対策をいう。
222
ソフト対策 ソフト対策とは、土砂移動現象の発生・流動監視や防災情報の提供などによ
り災害を軽減するための対策をいう。
整備率 想定される土砂流出に対するハード対策施設の整備状況を示す指標であり、次式
で算出される。
土砂整備率=土砂に対する施設効果量/土砂総量×100(%)
既存施設
除石工 砂防堰堤等に堆砂した土砂を掘削して河道外へ
運搬し、施設の土砂捕捉効果を増進する工法。
導流堤工
除石部分
導流堤工は、土砂などが保全対象を直撃する
ことがないように、下流域に安全に導流するために施工する。緊急ハード対策での基本的な
構造は、資機材の調達状況を考慮し大型土のうおよびコンクリートブロックを使用する。
仮設堤工 降灰後の土石流の捕捉を目的として、仮設的に設置する砂防堰堤。本計画では、
コンクリートブロック砂防堰堤を想定している。
リアルタイムハザードマップ作成システム
リアルタイムハザードマップ作成システムに
は、プレアナリシス型とリアルタイムアナリシス型がある。プレアナリシス型は、複数の噴
火規模、現象において予めハザードエリアを特定し、その情報をGIS上に格納しておき、
火山の活動状況に応じて必要となる情報を引き出すことを可能としたシステムである。リア
ルタイムアナリシス型は、火山活動に伴う地形の変化や、火山噴出物の物性、量、範囲等に
対応して、数値シミュレーション等により、随時ハザードマップを作成するシステムである。
〔参考文献〕
1) 宇井忠英:火山噴火と災害,東京大学出版会,219pp.,1997
2) 土木学会:火山工学入門,2009
3) 社団法人砂防学会:砂防用語集,2004
4) 国土交通省国土技術政策総合研究所:砂防基本計画策定指針(土石流・流木対策編)
解説,2007
5) 建設省河川局砂防部:火山砂防計画策定指針(案),1992
6) 国土交通省砂防部:火山噴火緊急減災対策砂防計画策定ガイドライン,2007
223
Fly UP