...

Title 神代光朗准教授略歴・著作目録 Author Publisher 慶應義塾経済

by user

on
Category: Documents
4

views

Report

Comments

Transcript

Title 神代光朗准教授略歴・著作目録 Author Publisher 慶應義塾経済
Title
Author
Publisher
Jtitle
Abstract
Genre
URL
Powered by TCPDF (www.tcpdf.org)
神代光朗准教授略歴・著作目録
慶應義塾経済学会
三田学会雑誌 (Keio journal of economics). Vol.102, No.4 (2010. 1) ,p.787(153)- 792(158)
Article
http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=AN00234610-20100101
-0153
神代光朗准教授
略歴
著作目録
* 2010 年3 月3 1 日をもって慶應義塾大学
経済学部を定年退職するのにともない,
本学会を退会する会員の略歴•著作目録
を次頁以下に掲載します。
本誌編集委員会
神代光朗准教授略歴•著作目録
略 歴
1945 年 1 月 東 京 に 生 ま れ る 。
1963 年 4 月慶應義塾大学経済学部入学
1965 年 4 月 同 学 部 遊 部 久 蔵 教 授 の 研 究 会 に 入 会
1967 年 3 月 同 教 授 の 指 導 の 下 で 卒 業 論 文 「
生産的労働と国民所得」 を提出
1967 年 3 月 同 学 部 卒 業
1967 年 4 月慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程入学
1969 年 3 月 「トマス• ホジスキン研究」 により経済学修士を取得
1969 年 3 月同研究科修士課程修了
1969 年 4 月慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程入学
1972 年 3 月同研究科博士課程修了
1979 年 8 月〜1982 年 3 月福澤基金によりポーランド,ワルシャワ大学経済学部経済思想史専攻科に研究
生として留学
1994 年 4 月〜1995 年 3 月慶應義塾大学経済学部特別研究休暇制度の適用を受け,ワルシャワ大学経済学
部経済思想史専攻科の客員研究員として在タ^研究
職 歴
1969 年 4 月慶應義塾大学経済学部助手
1978 年 4 月慶應義塾大学経済学部助教授
2008 年 4 月職位名称変更により同学部准教授
経 済 学 部 の 所 属 部 会 経 済 学 史 • 社会思想史部会,現代経済部会
所属学会 経 済 学 史 学 会 ,比較経済体制学会,東欧史研究会,ユーラシア研究所会員,歴史学研究会,等。
担 当 科 目 経 済 学 史 I (1 9 9 9 年度より 1 0 年),経済思想の歴史I (2 0 0 0 年度より 1 0 年),マルクス経済学I
(2 0 0 6 年度より 4 年) ,ほかに,特殊科目として,経済思想と民族問題(
1 年),近代ヨーロッパ
経済思想史(
3 年半) ,東 欧 • ロシア社会経済思想史(
2 5 年) ,研 究 会 (
2 5 期),その他,演習,
英書講読,自 由 研 究 (
セミナー),通信教育課程の夜間スクーリング(
1 3 期),夏期スクーリン
グ,いずれも経済学史,英 書 講 読 (
1 期)等を行う。
—
155 ( 789 ) —
課 外 教 育 指 導 1982 年 1 2 月福島大学経済学部でポーランド現代史を半期分集中講義,1 9 8 5 年 と 1 990 年
に横浜市民大学講座(日吉キャンパス)でポーランド現代史と日本人にとってのポーランド
に関する講義を行う。
役職歴
学 内 運 営 図 書 委 員 1 9 8 2 年〜1 9 8 7 年 (
3 期),1 9 9 3 年〜1 9 9 4 年 (
半期),2 0 0 4 年〜2 0 0 8 年 (
2 期)
カ リ キ ュ ラ ム 委 員 1 9 8 4 年〜 1 9 8 7 年 (
2 期),1 9 9 8 年〜2 0 0 1 年 (
1 期),2 0 0 4 年〜2 0 0 8 年 (2
期)
人 事 委 員 1 9 8 7 年〜1 9 9 3 年 (
3 期),2 0 0 7 年〜2 0 1 0 年 (
1 期半)
研 究 室 運 営 委 員 2 0 0 7 年〜2 0 0 9 年 (
1 期)
慶弔委員(
三田)
1 9 9 8 年〜2 0 1 0 年 (
1 3 年)
経 済 学 会 委 員 1 9 8 2 年〜1 9 8 4 年 (
1 期)
学 生 部 副 部 長 1 9 8 5 年〜1 9 8 7 年 (
1 期)
経済学部「
ハイド賞」選 考 委 員 2 0 0 6 年
学 術 出版基金審査委員 2 0 0 8 年〜2 0 1 0 年 (
1 期)
学術雑誌編集『
三田学会雑誌』編 集 委 員 1 9 8 2 年〜1 9 8 4 年
そ の 他 高 橋 誠 一 郎 先 生 蔵 書 目 録 作 製 委 員 1 9 8 3 年〜1 9 8 7 年
高 橋 誠 一 郎 先 生 経 済 学 史 著 作 集 刊 行 委 員 会 委 員 1 9 8 9 年〜1 9 9 3 年
第4 巻 『
古版西洋経済書解題』 (
創文社, 1 9 9 4 年)の校訂を行う。
その他の社会活動慶應義塾労働組合三田 支 部 委 員 長 1 9 7 3 年〜1 9 7 4 年,1 9 8 7 年〜1 9 8 8 年
慶應義塾生活協同組合教職員理事 1 9 7 5 年〜1 9 7 6 年
主な著作
研究ノ一ト
「トマス•ホジスキンの生産力論—
トマス•ホジスキンの経 済 学 研 究 (
1)」 『三田学会雑誌』6 1 巻 5 号
1968 年
「トマス. ホジスキンの資本観—
トマス• ホジスキンの経済学研究⑵」『
三田学会雑誌』6 1 卷 8 号
「
二つのローザ • ルクセンブルク論(
1 ) 『三田学会雑誌』6 8 卷 1 1 . 1 2 号
「
二つのローザ • ルクセンブルク論(
2 ) 『三田学会雑誌』6 9 卷 1 号
—
156 ( 790 ) —
1975年
1976年
1968年
論 文
修 士 論 文 「トマス. ホジスキン研究」 1 9 6 9 年
「ドイツ社会民主党のポーランド論争(
1897 〜1 9 1 3 年) におけるローザ • ルクセンブルクの立場」『三田学
会雑誌』71 卷 5 号
1978 年
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論 争 史 序 説 (
1 ) 『三田学会雑誌』7 6 巻 6 号
1984年
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論 争 史 序 説 (
2 ) 『三田学会雑誌』7 7 巻 5 号
1984年
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論 争 史 序 説 (
3 ) 『三田学会雑誌』8 1 巻 1 号
1988年
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論 争 史 序 説 (
4 ) 『三田学会雑誌』8 3 巻 4 号
1991年
「
混迷を深める最近一年のポーランド情勢」『
経済』3 3 3 号
1992年
「
6 年目を経過した『
体制転換』下のポーランド」『ロシア • ユーラシア経済調査資料』7 6 4 号
1996年
共著論文
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論争について」阪 東 宏 編 著 『ポーランド史論集』所収
三 省 堂 1996年
学会報告
「ロ ーザ • ルクセンブルク『
資本蓄積論』について」慶應義塾経済学会定例報告 1 9 6 9 年
r 社会経済危機下のポーランド」慶應義塾経済学会定例報告 1 9 8 2 年
「ポーランド王国の経済的発展をめぐる『
東方市場』論争について」経済学史学会第4 8 回 全 国 大 会 報 告 1 9 8 4 年
「ポーランドにおけるローザ• ルクセンブルク『
資本蓄積論』の研究について」経済学史学会第 5 6 回全国大
会報告
1992 年
書 評
「
藤 井 和 夫 『ポーランド近代経済史—
院大学『
経済学論究』4 3 巻 2 号
ポーランド王国における繊維工業の発展(
1815 〜1 9 1 4 年)』」関西学
1989年
エッセイ等
「『
連帯』政権下のポーランド経済一 期待と混迷の中で」 (
激動する東欧とドイツ統一)『
三色旗』5 1 2 号
1990 年
「
高橋誠一郎人と学問」 (
座談会)『
三田評論』9 5 2 号
1993年
「
経済思想と民族の問題」 (
経済思想史の周辺)『
三色旗』5 5 3 号
1994年
「
一九八0 ,九 O 年代のワルシャワの面影」 (
世界の大学街1 7 )『
三田評論』9 9 0 号
「
政治経済学の成立に焦点をあてて」 (
夜間スクーリングを終わって)『
三色旗』6 3 7 号
—
157 ( 791 ) —
1997年
2001年
「
E U 加盟直後のポーランドで垣間みたこと—
号
グローバル化と伝統文化の破壊」(
激 震 • 弱震)『
三色旗』 682
2005 年
「
遊部先生の学風と学恩」 『
遊部ゼミと私』所 収 遊 部 ゼ ミ の 会 記 念 文 集 編 集 委 員 会 京 映 社 2 0 0 8 年
「
経済学史を学ぼう」 (
巻頭言)『
三色旗』7 4 2 号
2010年
他に,1 9 8 0 年 代 に 『
三色旗』,『
三田評論』 (
研究余滴) ,『
塾』,『
大塚会会報』等に短文を書いているが省略
する。
—
158 ( 792 ) —
Fly UP