...

TY-SP37P8-S TY-SP42P8-K TY-SP42P8-S TY-SP50P8

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

TY-SP37P8-S TY-SP42P8-K TY-SP42P8-S TY-SP50P8
取り付け設置説明書
プラズマディスプレイ用スピーカー(業務用)
TY-SP37P8-K
TY-SP37P8-S
TY-SP42P8-K
TY-SP42P8-S
TY-SP50P8-K
TY-SP50P8-S
;;; ;;;
;
;
;
;
;
;;;;;;;
;
;
品番
上手に使って上手に節電
保証書別添付
このたびはパナソニックプラズマディスプレイ用スピーカーをお買い上げいただき、まことに
ありがとうございました。
● この取り付け設置説明書と保証書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。そのあと保存
し、必要なときにお読みください。
● 保証書は、
「お買い上げ日・販売店名」などの記入を必ず確かめ、販売店からお受け取りくだ
さい。
付属品(設置、接続の前にまず付属品を確かめてください)
取り付け成型品(右) 取り付けねじ
........................2コ
......................12本
スポンジ..............2本
スピーカーコード
(長さ20cm)......2本
取り付け成型品(左)
........................2コ
TQZH664-1
安全上のご注意
必ずお守りください
お使いになる人や他の人への危害、 物的損害を未然に防止するため、 必ずお守りいただきたいことを、
次のように説明しています。
■表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や物的損害の程度を、次の表示で区分し、説明しています。
注意
この表示の欄は、「傷害を負うことが想定されるか、または物的損害の発生が想定
される危害・損害の程度」です。
■お守りいただきたい内容の種類を、 次の絵表示で区分し、説明しています。
(下記は絵表示の一例です。)
この絵表示は、 してはいけない「禁止」内容です。
この絵表示は、 必ず実行していただきたい「指示」内容です。
注意
スピーカー取り付
け後、スピーカー
を持って起こした
り、移動させたり
しないでください
スピーカーにぶら
さがらないでくだ
さい
禁止
禁止
スピーカーの取り付け
部が破損し、けがの原
因となることがありま
す。
落下してけがの原因と
なることがあります。
プラズマディスプ
レイ用スピーカー
です
他のアンプと接続され
る場合は定格入力
(8W)以内でご使用く
ださい。
定格入力を超えると、
火災の原因となること
があります。
取り付け時、ねじ
止めをする箇所は、
すべてしっかりと
止めてください
不十分な取り付けかた
をすると強度が保てず、
落下したり破損してけ
がの原因となることが
あります。
プラズマディスプレイへの取り付けかた
(組み立てにはプラス
ねじ回しが必要ですので、あらかじめご用意ください。
)
1.スポンジを貼り付ける
2.取り付け成型品を付ける
右スピーカー背面
飾り桟(モール)
右
ス
ピ
ー
カ
ー
背
面
スポンジ
リブ
スピーカー
側面
左
ス
ピ
ー
カ
ー
背
面
取り付け
成型品 (左)
取り付け
成型品 (右)
取り付け
ねじ
取り付け
ねじ
ディスプレイと接する面にスポンジを貼ります。
スポンジを貼る前に表面のほこりなどを柔らかい
乾いた布でふきとってください。
● スポンジはスピーカーのリブに合わせて貼り付け
てください。
●
●
3.ディスプレイに取り付ける
上下の取り付け成型品を取り付けねじ各2本で固
定します。
● 成型品の取り付け位置を拡大図のように右スピー
カーでは右によせ、左スピーカーでは左によせて
隙間を開けて固定します。
● 各ねじは、がたつきやゆるみがないように、しっ
かり締めつけてください。
●
4.スピーカーを固定する
ひっかけ穴
取り付けねじ
ディスプレイ背面
ツメ
上下の取り付け成型品のツメをディスプレイ背面
のひっかけ穴に入れ、下に降ろします。
● スピーカー(左)も同様に取り付けてください。
●
ディスプレイ背面
上下の取り付け成型品を取り付けねじ各1本で固
定します。
● スピーカー(左)も同様に固定してください。
● 隙間が気になる場合は、取り付けねじをゆるめて
隙間調整をしてねじを固定します。
● スピーカーを、がたつきやゆるみがないように
しっかり固定してください。
●
5.スピーカーコードをつなぐ(赤は
先端処理のしかた
左スピーカー背面
1.レバーを押しながら
、黒は
)
1.レバーを押し下げて
よじりながら抜く
先端の処理をしてから、赤は赤
色の端子、黒は黒色の端子に接
続します。
● スピーカーコードを接続すると
きは芯線部がショートしないよ
うご注意ください。
●
2.コードを
差し込み
3.レバーをはなす
2.コードを
差し込み
3.レバーを戻す
使用上のお願い
保証とアフターサービス
本機は防磁型スピーカーを使用していますが、簡易
方式ですのでブラウン管テレビの近くには置かない
でください。画面に色むらが出ることがあります。
● お手入れのときは、柔らかい布でふいてください。
ひどい汚れは、水でうすめた中性洗剤を含ませた布
でふき、後はからぶきしてください。
・アルコールやシンナーは使わないでください。
・化学ぞうきんをご使用の際は、その注意書きに従って
ください。
●
よくお読みください
■ 補修用性能部品の保有期間
■ 保証書(別添付)
お買い上げ日・販売店名などの記入を必ず確か
め、お買い上げの販売店からお受け取りください。
よくお読みのあと、保存してください。
保証期間:お買い上げ日から本体1年間
当社は、このスピーカーの補修用性能部品を、製
造打ち切り後8年保有しています。
注)補修用性能部品とは、その製品の機能を維持
するために必要な部品です。
■ 修理を依頼されるとき
ご相談窓口におけるお客様の個人情報の
お取り扱いについて
パナソニック株式会社およびその関係会社は、お客
様の個人情報やご相談内容を、ご相談への対応や修
理、その確認などのために利用し、その記録を残す
ことがあります。また、折り返し電話させていただ
くときのため、ナンバー・ディスプレイを採用して
います。なお、個人情報を適切に管理し、修理業務
等を委託する場合や正当な理由がある場合を除き、
第三者に提供しません。お問い合わせは、ご相談さ
●
保証期間中は
保証書の規定に従って、出張修理をさせていた
だきます。
●
保証期間を過ぎているときは
修理すれば使用できる製品については、ご希望
により有料で修理させていただきます。
●
修理料金の仕組み
修理料金は、技術料・部品代・出張料などで構成
されています。
技術料 は、診断・故障個所の修理および部品交
換・調整・修理完了時の点検などの
作業にかかる費用です。
部品代 は、修理に使用した部品および補助材料
代です。
出張料 は、お客様のご依頼により製品のある場
所へ技術者を派遣する場合の費用で
す。
仕様
品 番
種 類
スピーカー(左右同一)
インピーダンス
定格入力
外形寸法
質量
(1本当り)
〒571-8504
TY-SP42P8-K/S
TY-SP50P8-K/S
プラズマディスプレイ用スピーカー
ウーハー8 cm丸型 2コ
ツィーター6 cm丸型 1コ
ツィーター3 cm丸型 1コ
6Ω
8W
幅10.7 cm×高さ55 cm×奥行8.8 cm 幅10.7 cm×高さ61 cm×奥行8.8cm 幅10.7 cm×高さ72.4 cm×奥行8.8 cm
2 kg
2 kg
2 kg
スチロール樹脂
TY-SP37P8-K/S
大阪府門真市松生町1番15号
© Panasonic Corporation 2005
(06)6905-5574
M0405A1088 (PBS)
プラズマディスプレイ用スピーカー TY-SP37P8-K/S・TY-SP42P8-K/S・TY-SP50P8-K/S 取り付け設置説明書
スピーカーの許容入力を超えるような大音量が入っ
てきたときは、故障を防ぐためにプラズマディスプ
レイの音量を絞ってください。スピーカーに異常が
生じた場合は、プラズマディスプレイなどの電源コ
ードを抜いて専門のサービスマンにご相談ください。
● スピーカーを次のような場所に置かないでください。
・直射日光の当たるところ。
・湿度の高いところ。
・暖房器具や、その他熱を発生するものの近く。
●
Fly UP