...

西洋建築史第 回 2 古代 −ギリシア・ローマの建築 1 中島 智章 序『建築

by user

on
Category: Documents
5

views

Report

Comments

Transcript

西洋建築史第 回 2 古代 −ギリシア・ローマの建築 1 中島 智章 序『建築
西洋建築史第2回
古代1−ギリシア・ローマの建築
中島 智章
序.『建築十書』のビルディングタイプ論
アエディフィカティオ
●aedificatio=公共建築(軍事+宗教+実用)+住宅建築
実用建築→港、フォルム、柱廊、浴場、劇場、遊歩廊
第1書:理論、都市、都市防御施設
第2書:建築の起源、構法と材料
第3書:神殿、イオニア式
第4書:コリント式、ドリス式、神殿
第5書:公共建築(フォルム、バジリカ、劇場、浴場、港)
第6書:私的建築(都市住宅、田園住宅)、理論
第7書:壁床天井仕上げ、絵画論、塗料
第8書:水利学(水源、水質、水道、井戸)
第9書:天文学、時計
第10書:建設機械、水利機械、武器、防御
1.古代ギリシアの建築−アテナイのパルテノン神殿−
●神殿建築→アクロポリス(神域)=神殿建築複合体
木造建築に由来するといわれる円柱
アルカイック期の神殿→太いドリス式円柱(正面の柱数が奇数の場合も→パエストゥウムのヘラ第1神殿)
古典(ヘレニック)期の神殿→ドリス式(アテナイのパルテノン神殿)、イオニア式(アテナイのエレクテイオン)
ヘレニスティック期の神殿→コリント式の登場(アテナイのオリュンピエイオン)
●神殿建築の語彙はウィトルウィウスの『建築十書』を通じて後世に伝わっている(一部はラテン語化されて)
イン・アンティス
プロステュロス
アンフィプロステュロス
ペ リ プ テ ロ ス
プ セ ウ ド デ ィ プ テ ロ ス
ディプテロス
神殿の平面形式:In antis, Prostylos, Amphiprostylos, Peripteros, Pseudodipteros, Dipteros (露天式)
ピュクノステュロス
シュステュロス
ディアステュロス
アラエオステュロス
エウステュロス
intercolumniation: Pycnostylos(3M), Systylos(4M), Diastylos(6M), Araeostylos, Eustylos(4.5M)
ステュロバテス
エピステュリオン
テ ュ ン パ ノ ン
ア ク ロ テ リ オ ン
Stylobates→柱礎(base)→柱身(shaft)→柱頭(capital)→Epistylion→中間帯→頂冠帯→Tympanon→Acroterion
※後世、柱上帯、中間帯、頂冠帯はarchitrave, frise, corniceと呼ばれ、まとめてentablatureと称する
●円柱の様式:ドリス式(太い円柱=男性の肢体)
イオニア式(細い円柱=婦人の肢体)
コリント式(イオニア式の亜種=乙女の肢体)
●劇場→元々は古代ギリシアの神事の一環であり、神域に建造された
→地形を活かしてすり鉢状の観客席=テアトロン(theatron)→テアトルム(theatrum)
→中央に合唱隊(コロス)が舞い歌う円形の舞台=オルケストラ(orchestra)
→後方に舞台と背景建築(楽屋も兼ねる)=スケーネー(skene)→スカエナ(scaena)
やがて、古代ローマの土木工学技術により、テアトルム自体が人工建造物によって建造されるようになる
スタディオン
ギュムナシオン
●競技場(stadion)、体育場(gymnasion)
記念建築(ヘレニスティック期)←有力者の恵与指向
●都市建築→アゴラ(広場)、ストア(柱廊)
リュシクラテス記念堂=競技に優勝した合唱隊指揮者
グリッド・プラン(ミレトス)→景観重視(プリエネ、ペルガモン)
2.古代ローマ神殿と装飾化する円柱
●古代ローマの神殿建築
共和制期
∼BC27
ユリウス・カエサルなど
→フォルトゥーナ・ウィリーリス(男運女神)の神殿、サトゥルヌス神殿(国庫)、ユリウス・カエサル神殿
ア ウ グ ス ト ゥ ス
ティベリウス
カ リ グ ラ
クラウディウス
ネ
ロ
ユリウス=クラウディウス朝(Augustus, Tiberius, Caligula, Claudius, Nero)
BC27-AD68
※サトゥルヌス神殿(国庫)、カストルとポッルークス神殿、南仏ニームのメゾン・カレ(ローマ神殿の正面性)
ウェスタ神殿(円形)、平和の祭壇、アウグストゥス帝のフォルム、マルケッルス劇場(ローマのドリス式)、オスティア港
●ギリシア神殿のようにアクロポリスの丘に築かれるのではなく、
都市の中に道路や広場に面して建設される
→ギリシア神殿の彫塑性、ローマ神殿の正面性
●ニームのメゾン・カレ
帝政初期の紀元1世紀初頭に建設された神殿
→ガイウス・カエサル(アウグストゥス帝の孫)とルキウス・カエサル(同帝の養子)に捧げられた神殿
通称「メゾン・カレ(方形の家)」
ほぼ完全な形で現存するローマ神殿
正面にコリント式の円柱が6本並ぶ六柱式神殿
→全30本の柱のうち、真の独立円柱は前方の10本のみ
→残りの20本は壁体の一部をなす装飾要素
正面についた15段の高い階段を備えた基壇(ポディウム)上に建つ
3.古代ローマ建築の構法−コロッセウムとパンテオン−
ガ ル バ
オ
ト
ウィテッリウス
●69年の内乱(Galba, Otho, Vitellius)
ウ ェ ス パ シ ア ヌ ス
ティトゥス
ド ミ テ ィ ア ヌ ス
→フラウィウス朝(Vespasianus, Titus, Domitianus) 69-96
※ウェスパシアヌス帝のフラウィウス闘技場→ティトゥス帝治下に完成、ティトゥス凱旋門
円形闘技場=アンフィテアトルム
→古代ローマ固有のビルディング・タイプ
→軸組構造ではなく壁構造(アーチ構法やコンクリート壁を旨とする古代ローマ建築の極地
→円柱は構造材ではなくアーチ構造の外に施された装飾と化す
→円柱の積み重ねの技法:ドリス式→イオニア式→コリント式→その亜種
ネル ウ ァ
ト ラ ヤ ヌ ス
ハ ド リ ア ヌ ス
ア ン ト ニ ヌ ス
ピ ウ ス
マ ル ク ス
アウレ リウス
ア ン ト ニ ヌ ス
●五賢帝時代(Nerva, Trajanus, Hadrianus, Antoninus Pius, Marcus Aurelius Antoninus) 96-180
※トラヤヌス帝のフォルムと市場、トラヤヌス記念柱、パンテオン、アントニヌス=ピウスとファウスティーナ神殿
パンテオン(汎神殿)→直径43メートルのクーポラ(ドーム)建築
4.古代地中海世界の都市住宅
ア ト リ ウ ム
ペ リ ス テ ュ リ ウ ム
●中庭(Atrium, Peristylium)を中心として周りに部屋を
●ローマへ人口流入→インスラ(島)とよばれる集合住宅←『建築十書』第2書で少しだけ触れられている
●宮殿建築とウィッラ
パラティヌムの丘
ネロ帝のドムス・アウレア(Grotesque)
ハドリアヌス帝のヴィッラ(「建築家皇帝」お気入りの場所を再現)
Fly UP