...

GENELEC『8351A』ブロッシャー(1.4 MB)

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

GENELEC『8351A』ブロッシャー(1.4 MB)
The
three-way
revolution
continues
The new Genelec 8351
Acoustically Coaxial
SAM™ System
3ウェイモニターのニュースタイル、GENELEC 8351A 誕生
モニタースピーカーの原点を追求してユニークなデザインに結実しました
素晴しいシナジー効果
第2世代の SAM ™シリーズ
2010 年に GENELEC 史上初めてオリジナルの同軸中高域ド
8351A は SAM ™ シリーズです。音響特性をより洗練された
ライバー MDC ™(Minimum Diffraction Coaxial)をマウントした
第2世代の GLM ™ (Genelec Loudspeaker Manager) ソフトウェ
8260A を発表して転機が訪れました。MDC ™は GENELEC
アの AutoCal ™機能でより細かなオートアライメントができ
のオリジナル技術 DCW ™(Directivity Controlled Waveguide) と
て、さらにインテリジェントなモニターコントロールを実現
の相性が非常に良かったのです。DCW ™はバッフル面の窪
しています。部屋の影響はもちろん縦置きでも横置きでも躊
みのことで、音響軸外特性の乱れを少なくして部屋の反射音
躇する点は全くありません。どのような設置条件でもクセの
が音質に影響することをコントロールします。同時に、理想
ない、ニュートラルなバランスの再生音を提供します。モニ
的なリスニングポジションのエリアを広くし、音像定位の点
タースピーカーのことを気にしないで、クリエイティブな作
音源化を実現します。この DCW ™が MDC ™ドライバーと
業に没頭できる稀少なモニタースピーカーです。
コラボレートすることで期待以上の素晴しいシナジー効果が
得られました。
ユニークな外観デザイン
MaxDCW ™と ACW ™
GENELEC のノウハウをすべて結集した 8351A は機能美と
革新的な新製品 8351A は MDC ™と DCW ™のシナジー効果
も い え る ユ ニ ー ク な フ ォ ル ム に 結 実 し ま し た。8351A は
をさらに拡張するためにデュアルウーファーを MDC ™ドラ
MDC ™同軸ドライバーの能力を最大限に発揮させるために
イバーが中心になる 2 箇所にマウントして全帯域の物理的な
試行を繰り返してゆくうちにこのようなデザインにたどり着
点音源化を実現させました。この優れたレイアウトは進化型
きました。創造空間に相応しい美しさが表現できています。
DCW ™ということで新たに MaxDCW ™(Maximised Directivity
Controlled Waveguide) という名称が与えられました。フロン
ト面から見るとウーファーはカバーで覆われていて、音は特
殊形状の唇のようなスリットから放射されます。この構造
も GENELEC が独自に開発したもので ACW ™(Acoustically
Concealed Woofer)といいます。
名機の系譜
8351A のルーツは 1991 年に発売した 1031A 2ウェイアク
ティブモニタースピーカーにさかのぼります。この 1031A
はプロオーディオ業界ではニアフィールドモニターの代名
詞になるほどの高い評価が得られ、その評判は後継モデル
で MDF ™(Minimum Diffraction Enclosure)が採用された 8050A
に受け継がれ、さらに 8050A の信号処理を DSP 化して音
響特性のオートアライメント化を実現した SAM ™シリー
ズの 8250A にたどり着きます。これらのモデルは、いかに
1031A がプロの現場から求められていた仕様であったかを実
証しています。8351A の外形寸法(H 452 mm
W 287 mm
D
278 mm)もこの名機の系譜にそって先代の良かった部分とし
て踏襲されています。逆に大きく進化した部分は、ハイレゾ
リューション再生を目指して2ウェイから革新的な3ウェイ
に拡張されたことです。
01
02
03
04
05
06
07
01
Minimum Diffraction Enclosure (MDE™):
ニュートラルな音質を実現します
05
Acoustically Concealed Woofers (ACW™):
ダウンサイジングのキーテクノロジーです
02
Dual Woofers: 指向性コントロールの帯域を拡大
します
06
Sustainability and green values:
地球環境にやさしく、長く使える材料を使用
03
Minimum Diffraction Coaxial (MDC™):
同心円上に対称マウントされたデュアルウーファー
と共に究極の点音源を実現します
07
Free Orientation: 縦置きでも横置きでも最高の性
能を発揮し、様々なマウント金具が使用可
04
MaxDCW™:バッフル面の構造全体でウェーブガ
イドの役割を果たします
名機の系譜
1031A
8050A
8250A
8351A
8351A の主な特徴
• コンパクトなサイズでありながら、様々な設置環境で素晴
• シンプルでエレガントな意匠デザインは機能性と美しさ
しい音響パフォーマンスを実現します。
を高レベルで融合しています。
• 特 殊 形 状 の ウ ー フ ァ ー マ ウ ン ト ACW™(Acoustically
• GLM™(Genelec Loudspeaker Manager) は独自に首尾一貫し
Concealed Woofer) はオーディオ技術の新しい可能性を広
たネットワークコントロールができるフレシシブルなシ
げました。
ステムです。
• MaxDCW™(Maximised Directivity Controlled Waveguide)によっ
• GENELEC AutoCal™ はリスニングポイントで精密な音響測
て広帯域にわたって音響指向特性を最適化することに成
定を行い、DSP 処理で室内音響の問題を的確に解消でき
功しました。
る優れたツールです。
• デュアルウーファーによって低域の指向特性も制御する
• GENELEC 社の高品質と高信頼性は、長期的にハイクオリ
ことに成功しました。
ティな音質が維持できます。
• 縦置きでも横置きでも遜色のまったくない音響特性が実
現できました。
8351A の主なスペック
110 dB ¹
H 452
490 Hz,3.0 kHz
2
32 Hz ∼ 40 kHz(-6 dB)
楕円形ウーファー(215
W 287
D 278 mm
(Iso-pod 付き)
100 mm)
(130 mm)+
スコーカー(同軸)
19 kg
低域用アンプ 150 W(Class D)
1
(19 mm)+ DCW ™
ツイーター(同軸)
中域用アンプ 120 W(Class D)
1.5 dB(38 Hz ∼ 21 kHz)
高域用アンプ 90 W(Class AB)
2
2
XLR アナログ入力
XLR AES/EBU デジタル入出力
RJ45 コントロールネットワーク
1)半空間内,音響軸上 1 m の距離にて測定した短期正弦波最大出力,100 Hz ∼ 3 kHz の平均.
90
75
60
45
30
15
0
–15
–30
–45
–60
–75
–90
0
–3
–6
–9
–12
Level (dB)
Vertical direction (degrees)
8351 Vertical Plane Directivity (normalized with on-axis)
–15
–18
–21
125
250
500
1000
2000
8000
16000
Frequency (Hz)
0
–3
–6
–9
–12
Level (dB)
Horizontal direction (degrees)
8351 Horizontal Plane Directivity (normalized with on-axis)
90
75
60
45
30
15
0
–15
–30
–45
–60
–75
–90
–15
–18
–21
125
250
500
1000
2000
4000
8000
16000
Frequency (Hz)
垂直面および水平面の指向性
8351A のリア面
GENELEC 日本総輸入代理店
〒 169-0051 東京都新宿区西早稲田 3-30-16 TEL 03-6457-6021 / FAX 03-5285-5281 www.otaritec.co.jp
Fly UP