...

セフティックス

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

セフティックス
セフティックス システム
重量製品の吊り上げも容易
作業効率が大幅に向上
コンクリート製品をはじめ、コンクリート製品以外の
重量製品の吊り上げ作業を大幅に省力化。
しかも、安全性が高く、取り扱いも簡単です。
「セフティックス」
は、その安全性が認められ、
(社)
全国宅地擁壁
技術協会型ハイ・タッチウォール
(H:3250 〜 H:5000)
の指定吊り
具として認定されています。
1
脱型、反転、施工…
「
セフティックスシステム」
なら、自由自在
安全
■ 吊り荷のバランスで吊り上げますので、吊り上げたときに荷の
揺れが少なく、安全に作業を進められます。
■ 吊り荷の自重でワイヤロープがドラムを締め付けロックされた
状態になりますので、吊り荷はバランスを崩すことはありません。
■ セフティックスが吊り上げたときのショックを吸収してショッ
クをやわらげるとともに、ワイヤーロープが効率的に荷重を受
けとめ、吊り作業の安全性を高めます。
■ 万が一、本体に異常が生じたときでもロープはクレーンフック
にかかって残り、作業の安全を守ります。
簡単
■ 取扱いに方向性がなく、クレーンフックにかけるだけであり、高
度の熟練がなくても簡単に扱えます。
■ 角度吊りができますから、吊り荷に勾配を必要とする作業も可
能です。
■ 許容重量内であれば、吊り荷の大きさや形状の違いに制限され
ません。同一セットで作業ができ、作業が容易になります。
で、調整を必要とする場合でも、1 ヶ所の調整で済み、調整作
業は従来の半分以下になります。
省力化
■ サイズごとのロープ交換の必要がなく、数少ないセットで済み
セフティックスシステム
■ 3 点、4 点吊りの場合、2 点間を 1 本のロープで吊っていますの
ますから管理が容易です。
■ 標準型擁壁、コーナー型擁壁も同一セットで簡単にバランスよ
く吊り上げることができ、作業効率を大幅に向上できます。
■ 従来のように重心を考慮し、その都度ロープを掛け直す手間が
いりません。
2
吊り荷の重心を簡単にキャッチ
確実なバランスで吊り上げます
ドラム構造
吊り荷とロープによるナチュラルロック構造です
荷を吊り上げて負荷がかかると、ロープは荷重でドラムを締め、自然にロックした
補助ピン
状態になる構造です。また、幅決めリング、案内カラーがセットになった主ピンが、
吊り上げ時にロープを保護。同時に吊り上げた状態では支点となってバランスを
とり、効果的に吊る力を発揮します。さらに、補助ピンがロープの反発によってお
こる広がりを防止し、素線切れ、キンクなどのロープの異常の発見を容易にします。
図 -1
負荷のかかっていない状態
3 点・4 点吊りの安全・確実性を高める
セフティックス・ショルダー
ワイヤーロープ
ドラム
クレーンフックとセフティックス本体との間をつなぐ専用の継手。フック部は固定
されていませんので、常に付加を中心部で受け止めます。3 点・4 点吊りには、作
業の安全のために、必ずショルダーを本体とセットで使用してください。
主ピン
図 -2
負荷のかかっている状態
(吊り上げている状態)
■ セフティックス標準タイプ図
セフティックス本体
セフティックスシステム
両面にラベルが鋲打ちされ、使用荷重を表示して
ワイヤーロープ
セフティックスショルダー
B
ドラム
A
C
A
F
あります。また、左右にセットされた主ピンボル
ト上部に使用最大荷重が打刻されています。
E
ワイヤーロープ
セフティックスショルダー
ショルダーセットフック
両面にラベル、両サイドに打刻があり使用最大
荷重が明示されています。
セフティックス
ショルダー
C:使用ロープ径φ
本体セットフック
■ バランシー
B
小型製品の吊り作業に最適
ドラム
吊り荷の荷重バランスで吊り上げ
A
F
C
る基本機能はセフティックスと同
様で、ドラム両サイドの主ピンが
ないために小型製品の荷重バラン
E
スが取りやすくなっています。
C:使用ロープ径φ
本体セットフック
3
ワイヤーロープ
ショルダーセットフック
セフティックス
■ 標準セット
吊り上げ荷重
セフティックスセット内訳
ロープ揚程
4 ton
セフティックスショルダー
(SS-042)
×1
セフティックス
(SX-021)
×2
4m
6 ton
セフティックスショルダー
(SS-061)
×1
セフティックス
(SX-031)
×2
5m
8 ton
セフティックスショルダー
(SS-081)
×1
セフティックス
(SX-041)
×2
6m
12 ton
セフティックスショルダー
(SS-121)
×1
セフティックス
(SX-061)
×2
7m
16 ton
セフティックスショルダー
(SS-161)
×1
セフティックス
(SX-081)
×2
7m
24 ton
セフティックスショルダー
(SS-241)
×1
セフティックス
(SX-121)
×2
10 m
■ 基本仕様
本体形式
適用荷重 ドラム内径 A
本体巾 E
本体高 F
本体重量
セットロープ
ロープ揚程
ロープ径
本体セットフック
SX-021
2 ton
75 mm
260 mm
120 mm
2 kg
IWRC 6×Fi
(25)
4m
Φ10.0 mm
1.1t用×2
SX-031
3 ton
100 mm
320 mm
150 mm
4 kg
IWRC 6×Fi
(29)
5m
Φ12.5 mm
2.0t用×2
SX-041
4 ton
115 mm
370 mm
172 mm
5 kg
IWRC 6×Fi
(25)
6m
Φ14.0 mm
3.2t用×2
SX-061
6 ton
119 mm
420 mm
192 mm
7.5 kg
IWRC 6×Fi
(25)
7m
Φ18.0 mm
3.2t用×2
SX-081
8 ton
148 mm
500 mm
233 mm
14.9 kg
IWRC 6×Fi
(25)
7m
Φ20.0 mm
5.2t用×2
SX-121
12 ton
173 mm
560 mm
270 mm
23.4 kg
IWRC 6×Fi
(29)
10 m
Φ24.0 mm
8.0t用×2
※ロープ揚程等の特注に応じますので、お申し付けください。※ロープの交換は指定ロープにて行ってください。※ワイヤーロープ及びフックは別売りとなります。
本体形式
適用荷重
SS-044
4t
(2t+2t)
ドラム内径 A
95 mm
本体巾 B
本体高 C
ショルダーセットフック
重量
224 mm
154 mm
2.0t×2
4.5 kg
対バランシー
(SX-021)
×2
SS-061
6t
(3t+3t)
160 mm
280 mm
189 mm
3.2t×2
9.2 kg
(SX-031)
×2
SS-081
8t
(4t+4t)
160 mm
310 mm
235 mm
5.2t×2
15.5 kg
(SX-041)
×2
SS-121
12t
(6t+6t)
174 mm
360 mm
280 mm
8.0t×2
29.0 kg
(SX-061)
×2
SS-161
16t
(8t+8t)
235 mm
540 mm
357 mm
12.5t×2
50.0 kg
(SX-081)
×2
SS-241
24t
(12t+12t)
235 mm
540 mm
357 mm
12.5t×2
58.3 kg
(SX-121)
×2
セフティックスシステム
■ ショルダー仕様
バランシー
■ 標準セット
吊り上げ荷重
バランシーセット内訳
ロープ揚程
4 ton
バランシーショルダー
(SS-042)
×1
バランシー
(SBY-021)
×2
4m
6 ton
バランシーショルダー
(SS-061)
×1
バランシー
(SBY-031)
×2
5m
■ 基本仕様
本体形式
適用荷重 ドラム内径 A
本体巾 E
本体高 F
本体重量
セットロープ
ロープ揚程
ロープ径
本体セットフック
SBY-022
2 ton
76 mm
184 mm
275 mm
2 kg
IWRC 6×Fi
(25)
4m
Φ10.0 mm
1.1t用×2
SBY-031
3 ton
90 mm
230 mm
330 mm
3 kg
IWRC 6×Fi
(29)
5m
Φ12.5 mm
2.0t用×2
※ロープ揚程等の特注に応じますので、お申し付けください。※ロープの交換は指定ロープにて行ってください。
■ ショルダー仕様
本体形式
適用荷重
ドラム内径 A
本体巾 B
本体高 C
ショルダーセットフック
重量
SS-044
4t
(2t+2t)
95 mm
224 mm
154 mm
2.0t×2
4.5 kg
(SBY-021)
×2
SS-061
6t
(3t+3t)
160 mm
280 mm
189 mm
3.2t×2
9.2 kg
(SBY-031)
×2
※改善・改良に伴い、仕様は予告なく変更する場合があります。
対バランシー
4
2点吊りから4 点・多点吊りまで、
多種多様の荷形に対応します
2点吊り
セフティックスを直接クレーンフックに掛け、吊り荷の重心
と思われるところにクレーンフックを移動してからロープ
の先端を吊り荷にセットします。クレーンで吊り上げて状
態を確認します。重心がクレーンフックの真下にない場合は、
荷振れが止まったところで一旦荷を下ろして再度吊り上げ
てください。
3点吊り
クレーンフックにショルダーをセットし、ショルダーの左右
に本体をセットし、ロープを吊り荷にセットします。ロープ
をゆるませた状態で吊り荷の重心と思われる位置上にク
レーンフックを移動し、クレーンを吊り上げて状態の安全
を確認し、吊り上げます。
セフティックスシステム
4点吊り
多点吊り
取扱い要領は 3 点吊りと同様です。
セフティックスを安全に使用していただく為に下記事項を厳守してください。
1. 吊り荷の重心は、吊り角度(吊り索)内にて作業を行ってください。
1
吊り角度
2
2. 重心の位置は、玉掛け距離が 4:1 を超えないようにしてください。
3. 最小吊り荷重は、セット荷重の 15%〜 20%を目安としてください。
4. 吊り荷の荷重割合が左右違う場合は、重い側が表示荷重の 1/2 以内
で使用してください。
5. 吊り上げた状態で荷を押したり、引いたり、揺すったり、又、不安定
な場所に下ろさないでください。
G
6. その他、吊り作業に関する取り扱いは、使用張り角による負荷増大等を
考慮するとともに、関連法規に従って安全な吊り作業を行ってください。
※使用前後の日常点検及び半年に1回以上の定期分解点検を必ず行って下さい。
5
4
1
G:重心
あらゆる産業で活躍する
「
セフティックスシステム」
■ 大型アーチ
■ 多点吊り
セフティックスシステム
■ スロープ勾配施工
■ バルコニー
「セフティックスシステム」はコンクリート製品業界をはじめ、
土木建設業、大型機械等製造業、海運、一般運送業など、あ
らゆる業種で活躍、その安全性と高効率性が実証されて
います。
■ 大型雨水幹線溝
6
営業本部/特販営業部
〒135-0064 東京都江東区青海 2-4-24 青海フロンティアビル
TEL 03-5500-7514 FAX 03-5500-7545
http://www.taiheiyo-m.co.jp/
北海道支店
〒 060-0004 北海道札幌市中央区北4条西 5-1-3 日本生命北門館ビル
TEL 011-221-5855
FAX 011-251-5573
東北支店
〒 980-0804 宮城県仙台市青葉区大町 1-1-1 大同生命仙台青葉ビル
TEL 022-221-4511
FAX 022-267-0208
北東北営業所 〒 020-0832 岩手県盛岡市東見前 1-33-2 盛岡小野田レミコン内
TEL 019-639-1260
FAX 019-639-1261
東京支店
TEL 03-5500-7531
FAX 03-5500-7620
TEL 042-645-8831
FAX 042-645-8837
関東支店
〒 330-0843 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町 4-262-6 ニューセンチュリービル TEL 048-614-8470
FAX 048-614-8472
中部支店
〒 453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤 3-1-18 名古屋KSビル
TEL 052-452-7141
FAX 052-452-7140
北陸営業所
〒 920-0919 石川県金沢市南町 5-20 中屋三井ビルディング
TEL 076-234-1670
FAX 076-234-5565
静岡営業所
〒 422-8062 静岡県静岡市駿河区稲川 2-2-1 セキスイハイムビルディング8C TEL 054-685-8333
FAX 054-284-0555
関西支店
〒 532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島 4-3-2 新大阪丸正ビル
TEL 06-7668-6001
FAX 06-7668-6006
中国支店
〒 732-0828 広島県広島市南区京橋町 1-23 三井生命広島駅前ビル
TEL 082-261-7191
FAX 082-261-7198
四国支店
〒 760-0050 香川県高松市亀井町 7-15 セントラルビル
TEL 087-833-5758
FAX 087-833-5181
九州支店
〒 810-0001 福岡県福岡市中央区天神 4-2-31 第2サンビル
TEL 092-781-5331
FAX 092-721-6444
長崎営業所
〒 854-0014 長崎県諫早市東小路町 11-1 塩塚ビル
TEL 0957-21-1290
FAX 0957-21-1291
鹿児島営業所 〒 890-0052 鹿児島県鹿児島市上之園町 24-2 第12川北ビルBOIS鹿児島
TEL 099-812-7131
FAX 099-258-8037
沖縄営業所
TEL 098-867-9663
FAX 098-862-8884
〒135-0064 東京都江東区青海 2-4-24 青海フロンティアビル
西関東営業所 〒192-0065 東京都八王子市新町 1-8 カンベビル
〒 900-0015 沖縄県那覇市久茂地 2-22-10 那覇第一生命ビル
● 商品についての問い合わせ、カタログ請求は最寄りの各支店まで
1
このカタログに掲載されている製品の仕様等は、改良・改善のため予告なく変更する場合があります。
2016.06.500
Fly UP