...

第46号 - ひろしま通訳・ガイド協会

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

第46号 - ひろしま通訳・ガイド協会
HIGA NEWS
2015 年 5 月 第 46 号
編集・発行 ひろしま通訳・ガイド協会(HIGA)
福山市 後山山荘
通訳ガイドの撮った 1 枚
「後山(うしろやま)山荘」は、福山市出身の建築家・藤井厚二
(1888-1938)が兄・与一右衛門のために建てた昭和初期の別邸で
す。長らく使われず廃屋になっていたものを現代建築家・前田圭介
が、残された部材を活用し 2013 年に再生しました。鞆町の高台に
あり、南東方向に瀬戸内海に浮かぶ島々と鞆の浦の古い町並みが一
望できます。西側には、藤井が設計した日本庭園があり、美しい植
栽と庭園に流れる小さな滝も楽しむことができます。
―ひろしま通訳・ガイド協会 (Hiroshima Interpreter & Guide Association) は、「通訳案内士」国家試験の合格者で構成する非営利団体です―
〒 730-0031 広島市中区紙屋町二丁目 2-2 紙屋町ビル9F TEL 082-245-8346 FAX 082-243-6767
URL http://www.j-higa.net/
HIGA NEWS 2015 年 5 月第 46 号
新年度のご挨拶 2015 年 2 月 28 日(土)
HIGA 通常総会・懇親会
於・ホテルサンルート広島
ひろしま通訳・ガイド協会会長 古谷 章子
ひろしま通訳・ガイド協会は、1992 年、2 年後開催の第 12 回広島アジ
ア競技大会に備え「国際コミュニケーションの現場で働ける人材の組織化」
を目的に、広島県・広島市などの支援を得て、当時運輸省所管の通訳案内業
国家試験の合格者 42 名で設立された。23 年後の現在、会員数は 180 名、
8 か国語に対応できる。
古谷会長による挨拶
2003 年に当時の小泉首相が「2010 年に訪日外国人を 1,000 万人に」と
観光立国を宣言、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」が始まった。訪日
客数は 2003 年の 521 万人から 2008 年の 835 万人に伸びたが、2008 年
のリーマン・ショックの影響で、2010 年は 860 万人にとどまった。さらに
4 年前の東日本大震災で訪日客数は激減した。しかし関係諸機関の努力、そ
して何より、被災直後テロや略奪も起きず、秩序を守って支援を待つ被災者、
中国運輸局企画観光部長 川上洋二様
復興への努力がマスコミで伝えられたお陰で、日本は安全で心優しい人の住
む国とのメッセージが伝わり、昨年 2014 年の訪日客は 1,340 万人を超えた。
好況は続き、私たちの就業機会は広島や中国地方だけでなく、クルーズ客船
の着岸する沖縄・長崎・四国・神戸・境港などにも広がっている。
今年は被爆 70 年の節目で、来広客数の増加が見込まれる。現時点で確実
なのは、7 月 28 日から 8 月 8 日まで、世界スカウトジャンボリーが山口
県きらら浜で開催され、その参加者が 6 日間にわたり毎日 4,000 人、合計
24,000 人平和記念公園と国際会議場で実施される広島ピースプログラムに
広島県商工労働局観光課
国際観光担当監 大内貞夫様
参加する。その通訳・ガイドとして、会員の多くが関わる予定である。9 月
には、3・11 以来増えた、「原爆で壊滅的な被災をした広島が、このように
美しい街に復興するまでには、どのような取り組み、過程、支援があったの
か」
という問いに答えられるようにと企画した文化講演会も予定されている。
また、
「ヒロシマ」を伝えるために来広したメディア関係者、平和会議参
加者に通訳やガイドとして関わった会員も多く、記事にはならなかったもの
の、親しく訪日客と接する通訳・ガイドだからこそ知り得たエピソードを、
記録にまとめるという取り組みも有志によって始まっている。
今年度から年度開始を 1 月に変更し、これまで 4 月に開催していた通常
総会を、2 月 28 日にホテルサンルート広島にて行った。ご来賓 16 名をお
迎えし、会員 78 名と合わせて出席者 94 名の盛会となった。ご来賓を代表
して、中国運輸局企画観光部長 川上 洋二様、及び広島県商工労働局観光課
国際観光担当監 大内 貞夫様より、広島の外国人観光の展望について貴重な
お話を頂き、報告、審議が滞りなく行われ閉会。引き続き行われた懇親会で
親睦を深めた。
会員には、HIGA の活動への積極的な参加を期待し、国際観光振興に努め
られる行政・地方自治体関係者の皆様には、「ひろしま」や日本をさらに魅
力溢れるものにするために、何をすべきかを直接訪日客から聞く機会を持つ
懇親会の様子(上 3 枚とも)
私たちの意見や経験の活用をお願いしたい。 HIGA の活動報告(2015 年 1 月~ 5 月)
2 月 28 日(土)2015 年度第 23 回通常総会 ( ホテルサンルート広島)
5 月 14 日(木)世界史講座「第二次世界大戦後の中国」
--
HIGA NEWS 2015 年 5 月第 46 号
今年の夏、24,000 人のスカウトが広島を訪れます 広島ピースプログラム担当理事 畝崎 雅子 (英語会員)
今年の夏、162 の国と地域から約 3 万人の中高生
が参加して、山口市のきらら浜で第 23 回世界スカ
ウトジャンボリーが開催されます。
この間、広島市で「ピースプログラム」が開催さ
れます。大会公式サイトによると「今回の大会の目
玉の一つが、広島で行うピースプログラムです。終
戦から70年を迎える広島で、世界中からの参加者
が平和について語り合うピースプログラムは、普通
の子どもたちが集まって、それぞれが平和について
考え、語る、未来への大きなきっかけづくりになり
ます」とその意義が述べられています。
「ピースプログラム」に参加するため、きらら浜
から 4,000 人のスカウトがバス 100 台に乗車して
6 日にわたり広島平和記念公園を訪れます。総数で
24,000 人。2013 年、大会準備のためのイベント
が開催され、4,000 人のボーイスカウトが平和公園
を訪れました。ひろしま通訳・ガイド協会(HIGA)
の会員 21 名が通訳・通訳ガイド業務を行ったので
すが、それは壮観でした。
2015 年 7 月 30 日から 8 月 5 日(8 月 2 日を除
く)の 6 日間、それぞれ 4,000 人の少年少女が片
道 2 時間かけて平和記念公園を訪れます。広島での
ピースプログラムの時間は 6 時間。この間、平和記
念資料館を見学し、原爆ドーム、原爆の子の像、慰
霊碑などをめぐります。そして被爆体験朗読会にも
参加します。
HIGA では、広島ピースプログラムへの参加を被
爆 70 年の活動の中心として位置付けており、通訳・
通訳ガイドとして連日 50 名の会員が参加します。
この期間、平和公園を訪れて若者の熱気に触れてみ
ませんか。
「ぴーすくる」に乗ってみました! 佐藤 仁美 (英語会員)
最近広島城などで見かける、ずらっと並んだ赤い
自転車。今年 2 月からスタートした広島市観光レン
タサイクル「ぴーすくる」に試乗してきました。
広島市内 15 カ所(広島駅周辺、平和公園、比治山、
広島港など)にサイクルポートが設置され、自転車
のレンタルと返却ができます。観光で利用するなら
1日(1080 円)もしくは 3 時間(540 円)パスの
購入が便利。受付の方がおられる JR 広島駅前の運
営事務所や広島城でなら、簡単に現金払いでレンタ
ルできます。この日は運営事務所でていねいな説明
を受け(英語でも対応可)、いざ出発!すばらしい
のは、ぴーすくる、全車電動自転車なんです。橋の
手前の坂などでもぐいぐいアシストがきいて走りは
爽快、比治山の現代美術館までなんと立ちこぎなし
で到着!小型だけれども抜群の安定感と馬力で、誰
でも快適に乗れそうです。
事務局の方によると、宿泊施設にチラシを置くな
どした結果、外国人観光客の利用も徐々に増えてお
り、今後は観光マップ「Welcome to 広島」に広告
を載せるなど、外国人の
利用促進を図っていきた
いとのこと。電動自転車
は多くの外国人にとって
めずらしく、こぎ出す際
にはみなさん「Oh ~♪」
と喜ばれるそうです。
平和公園―広島城―縮
景園などを効率よく自転
車で回るのも、また、三
滝寺など少し郊外の見ど ▲赤い車体が目印です ( 広島城にて)
ころに出かけるのも楽しそうです。新しい観光の足
のひとつとして、皆様も一度「ぴーすくる」を体験
なさってみてください。
※レンタルの詳細は広島市観光レンタサイクル
「ぴーすくる」のホームページ、もしくはコールセ
ンター 0120-44-3196(24 時間対応)で必ずご確認
ください。
焼がきにこだわって六十年
宮島屈指の歴史を誇る http://www.yakigaki-no-hayashi.co.jp/
--
HIGA NEWS 2015 年 5 月第 46 号
縮景園の花々 ―5 月から9月―
恵南 一子 (英語会員)
れていたが、今は山地に野生化し
たものも多い。
羽衣公園の桐の花
再び濯纓池の周囲を悠々亭から
ここうきょう
跨 虹橋に向かおう。モミジの花
(名勝 縮景園パンフレットより)
( 4月 ) は終わっているが、赤み
よくか
縮景園には数多くの種類の植物
南通りや川土手にも大木が見られ
がある。それらのほとんどが花を
る。
「双葉より芳し」の栴檀は別物。 い。
つける。花壇は少ないが花の数は
大銀杏の花 ( 4月 ) は終わってい
多い。その中で5月から9月頃咲
るので通り過ぎ、迎暉峰へ登って
くものをいくつか取り上げてみた
みよう。
い。花々を求めて、正門から清風
竹林にはまだ皮を被った竹もあ
館へ向かい濯纓池に沿って反時計
る。薬草園には小型の面白い植物
回りに半周してみよう。
が多いが、別の機会に譲ることに
たくえいち
せんだん
を帯びた翼果が花のようにかわい
げいきほう
して、今は一本の桐の高木を見て
みよう。花時 ( 5月 ) には地面に
5~6cm の花が落ちているので
見つけやすい。樹上に薄紫色の鐘
縮景園のモミジの翼果
水面に近い小道には丸く刈り込
んだサツキ ( 5、6月 ) と共にク
チナシが見られる。梅雨の頃、香
りの高い白い花を咲かせる。萩も
多い。花 ( 8、9月 ) は普通紅紫
縮景園のアヤメ
色だが、園内には白萩もある。月
5月。アヤメの紫が目に入る。
見の頃には秋の七草がみられる。
清風館に向かって右手の花壇で
半周終えて正門に帰ってくる
は、紫陽花、花菖蒲の花 ( 5、6
月 ) が続く。花屋の紫陽花は大型
地面に落下した桐の花
と、小型の蓮を入れた大鉢に気付
く。夏 ( 7、8月 ) には鉢の数が
でカラフルだが、園のは穏やかな
型の花が集まって咲く。中区羽衣
薄青やピンク。花菖蒲は改良園芸
公園の巨木は、花期には見事だ。 和30年代には市内でもまだ蓮根
増えて数種類の花が見られる。昭
種が多く、ここにも20数種ある 「GW の後、山中を車で走ってい
畑が存在していたものだ。
そうだ。さらに進んで大ソテツを
て藤色の美しい花をつけた木を見
園の花々を眺めてみると、縮景
過ぎ、前方を見上げるとセンダン
た。あれは何の木?」と尋ねられ
園は見応えのある景観をもった大
の高木に藤色の小花が多数付いて
たことがある。多分桐だろう。か
名庭園であると同時に、市の中心
いる ( 5、6月 )。秋には黄色の
つては女児が生まれると、嫁入り
部にありながら季節の移り変わり
実が鈴なりになり、実は落葉後も
道具の箪笥にするため植えたとい
を感じさせてくれる場所でもある
枝にぶら下がっている。市内の城
う。利用価値が高く、広く栽培さ
ようだ。
--
HIGA NEWS 2015 年 5 月第 46 号
仕事の現場から
―通訳ガイドが語るあんなこと、こんなこと―
ニュー・ラテン・パワー
藤坂 容子 (西語会員)
このところスペイン語圏のお客様も急増し、新し
い国々との出会いも増えてきました。
今冬は初めてウルグアイからのお客様をお迎えし
ました。東京マラソン参加後、関西と広島に足を延
ばされた 11 人。同じスポーツクラブの仲良しメン
バーで、チームワークは抜群。京都駅に到着すると
まず、たくさん見たいから昼食はバスで!とランチ
の買い出し。そして、実によく楽しまれました。金
閣寺では突然しっかりお茶会。二条城では、下駄箱
の前でなにやらわいわい。どうしたのかと見に行く
と、皆でおそろいのスリッパをはいたのが嬉しかっ
たらしく(?)輪になってスリッパの足の写真を撮っ
ているのでした。気に入った場所では驚くほど時間
をかけ(三十三間堂)、つまらないと思ったらさっ
さと切り上げ(京都御所)、宮島では、時間ないよ!
と言っているのに買い食いをするものだから、最後
は全員ダッシュ(皆走るの好きだから大丈夫!と)。
フィジカルの強みを生かした自在な動き…これぞ南
米アスリートの真骨頂!?と感心しきりの3日間で
した。
4月にはドミニカ共和国のカップルが来られまし
た。とってものんびりした方々で日本の全てに興味
津々。初日、ホテルから徒歩5分の平和記念公園ま
で、あらゆるものに感心して立ち止まり、質問した
り写真を撮ったりして、いつまでたっても公園にた
どり着けない!やっとたどり着いた公園内でもずっ
とその調子でしたが、翌日、ホテルから今度は電停
に(市電に乗ってみたい、というので)行くのに(前
日とほとんど同じところを通ったのですが)また
延々と写真を撮り始めたときには(ここ、昨日も撮っ
たよね?何枚も??)と、本当にびっくりしてしま
いました。その後、またドミニカ共和国の別のカッ
プルを今度は直島にご案内したのですが、この方た
ちも、本当にのんびりゆったり。カリブ海の楽園、
きっといい国なんだろうな~と思いました。
ドイツ語ガイドの四方山話
阿部 秀真
ガイド試験に合格しても、当時は教員として働い
ており、ほとんど活動できなかったので、折角お話
を頂いても断ることが多く心苦しかった。定年後は
時間的なゆとりはできたが、それまでの経緯もあり、
ガイド就業の数はほとんど増えなかった。それが昨
年頃から様子が変わってきた。ドイツ人はあまりガ
イドを依頼せず、自分で旅行するので、依頼を受け
るのは高齢のドイツ人夫妻がほとんどである。理由
はよくわからないが、何故かスイス人のグループも
多く、最近はオーストリアの方からも依頼された。
ドイツ系の人々の特徴は几帳面さで、集団で行動
する場合、必ずリーダー的な人がおり、はぐれたり
する人はいない。ドイツ人らしさと最近の傾向を感
じたケースとしては、昼過ぎに広島に到着し、平和
記念公園と宮島を観光したグループがある。事前に
(独語会員)
徹底的に調べ上げておられた。平和記念公園では原
爆ドームの説明後、資料館のみの見学を希望された。
その後、平和記念公園から宮島へ船で直行し、引き
潮時の鳥居は熱心に見学されたが、嚴島神社の拝観
はパスされた。これは初めての経験である。ホテル
にはほぼ約束の時間に到着した。
ガイド終了後も交流が続いたこともある。フリー
のレポーターに被爆者とのインタビューの通訳を依
頼された。その際に日赤の話が出て、彼は入院中の
被爆患者と会いたがった。幸い病院長が私がかつて
勤めていた学校の卒業生で、多少交流もあったので、
彼の意思を伝えると、便宜を図ってくれた。患者と
の対話は無理だったが、代わりに病院長自らが話を
してくれた。彼は世界を舞台に取材し、そのレポー
トを今でも送ってきてくれる。
--
HIGA NEWS 2015 年 5 月第 46 号
HIGA 文化講演会のお知らせ
本年度の HIGA 文化講演会は、広島諸事・地域再生研究所代表の石丸紀興先生を講師にお招きします。
石丸先生は、平成 26 年 3 月に発刊されました「ひろしま復興・平和構築研究事業 報告書 広島の
復興経験を生かすために -廃墟からの再生-」の編集委員のお一人であり、戦後広島の復興計画、広
島平和記念都市建設法、再開発をめぐる諸問題について執筆しておられます。また、広島の復興や被爆
建物、まちづくりや石垣作り等のご講演や講座を通じて、日本国内のみならず海外の方にもその貴重な
知見を惜しみなく提供してくださっています。
戦後 70 年という節目の年に、復興の歩みをひもとき、現在、そして未来へと続く広島のまちについて、
建築界の重鎮のお話を直接伺うまたとない機会です。多数のご参加をお待ちしております。
『広島の復興経験を生かすために』
講演者 : 石丸 紀興 氏 ( 広島諸事・地域再生研究所代表 )
日 時 : 2015 年 9 月 26 日 ( 土 ) 午後 1 時半~ 3 時半
場 所 : アステールプラザ 4 階大会議室 AB ( 広島市中区加古町 4-17)
定 員 :100 名 ( 要予約 )
参加費 : 無料
お問い合わせ・お申し込み : ひろしま通訳・ガイド協会 (HIGA)
[email protected]
Thank You
【ご協力ありがとうございます】
HIGA 賛助会員の皆様(2015 年 5 月現在 順不同、敬称略)
団体会員:
個人会員:
広島紅葉ライオンズクラブ 広島商工会議所 広島トヨペット(株) (有)はやし
(株)セイエル JTB 協定旅館ホテル連盟広島支部 つばめ交通(株)(株)藤い屋
(一社)広島県観光連盟 カフェ・ポンテ 藤井循環器内科 岩惣
市川 太一
先花 智恵子
田島 謙治
古谷 敏明
くらわんか
吉井 敏弘
ぎゃらりぃ宮郷
嘉屋 基一
河井 克行
龍山 壬生子
花やしき
辻 孝和
海生 直人
三段峡ホテル
河井 案里
青野 重信
延本 真栄子
小辻 一洋
ことば工房
賛助会員としてご協力くださる団体、個人の方を募集しています。ぜひこの機会に入会をご検討く
ださるようお願いいたします。年会費は一口につき団体会員 2 万円、個人会員 5 千円です。団体会
員には、HIGA ニュースに広告掲載の特典があります。お申し込み、お問い合わせは当協会事務局
082-245-8346(月~金 11:00 ~ 16:00)まで。
本紙へのご感想・ご意見をお寄せ下さい。HIGA 事務局へ FAX・E メール : [email protected] でどうぞ。
【表紙の写真・文】 光成 美恵子(英語会員)
【編集後記】
広島は修学旅行以来という友人を案内してあげるつもりで、久しぶりに尾道を訪れた。ドルチェ
のジェラートを食べ、映画「転校生」の階段を目指して丘を登り始めたが、気がついたら御袖天満宮を通り
越していた。ガイドは失格。でも仕事ぬきで迷える散策は、やっぱり楽しい。(麒)
--
Fly UP