...

ITP-EUROPA 派遣報告書

by user

on
Category: Documents
6

views

Report

Comments

Transcript

ITP-EUROPA 派遣報告書
ITP-EUROPA 派遣報告書
博士後期課程
派遣期間
平成 24 年 9 月 16 日∼平成 25 年 3 月 31 日
派遣先
ボローニャ大学(イタリア)
指導教員
和田忠彦教授
受入教員
エレナ・チェルヴェッラーティ教授
横田さやか
(Elena Cervellati)
研究テーマ
イタリア未来派の舞踊
研究内容
1909 年の創立宣言によって生まれたイタリアの前衛芸術運動である未来派が
創作した舞踊を研究の対象としている。とりわけ、Aerodanza「航空ダンス」
(1931 年)を踊ったバレリーナ、ジャンニーナ・チェンシ(Giannina Censi
1913-1995)に注目し、その作品を通じてモダン・ダンスの歴史に於ける未来派
ダンスの位置付けと重要性を考察する。
派遣期間中の研究成果
報告者は、2010 年度より ITP-EUROPA 派遣のもと、共同学位授与制度に則
してボローニャ大学博士課程映画・音楽・演劇専攻に在籍している。派遣期間
を通して本学指導教員和田忠彦教授に指導を仰ぎ、ボローニャ大学では今年度
も引き続き、舞踊史を専門とされているエレナ・チェルヴェッラーティ教授に
師事した。
前年度同様、大学院博士過程演劇専攻のセミナーを通じて知識を深めること
に努めたが、今年度は出席を最小限に留めた。今年度派遣を通しての主な研究
活動は、博士論文執筆作業のみに絞られた。
2012 年 9 月の派遣開始と前後して博士論文執筆作業がいよいよ加速された背
景には、まず、派遣開始前に応募を済ませていたひとつの研究論文が順調に結
果を出したことが挙げられる。発表媒体は、イタリア国内でのダンス・スタデ
ィーズの基盤を築かれた元ボローニャ大学教授、エウジェニア・カジーニ・ロ
ーパ(Eugenia Casini Ropa)教授が編集されている、ボローニャ大学公認オンラ
イン学術誌 “Danza e ricerca”『ダンスと研究』である。研究論文発表にあたっ
ては、どの学会誌もそうであるように、執筆者、査読者ともに名を伏せ公平性
を徹底した査読を通過しなければならない。それはつまり、他の研究者らとは
文化的地理的に全く異なる土壌から問題に対峙しているという報告者の抱える
背景が考慮されないという、理想的な条件の下に審査されることを意味する。
学術誌『ダンスと研究』の査読者には、イタリアの舞踊、演劇研究者が名を連
ねており、執筆者名の伏せられた報告者の応募論文が評価され査読を通過した
という事実は、決して多様性へ開かれているとはいえない研究環境において、
発表論文の業績以上の意味をもつことだといえる。それ以上に有意義であった
ことは、査読者からの丁寧なコメントと、今後の研究発展のための、有意義な
指摘をいただいたことである。発表論文は、博士論文の中心テーマとなる、ジ
ャンニーナ・チェンシの未来派ダンスを論じたものである。Il corpo danzante
del futurismo: storia dell’aviazione e tentativo di volare danzando(「未来派の
踊る身体—飛行の歴史と飛び、踊る、試み—」)と題し、未来派も追い続けた飛
行技術発展の歴史に則して、常に飛翔することを希求してきた舞踊の歴史のな
かに未来派ダンスを考察した。2012 年 11 月に発行、“Danza e ricerca”『ダン
スと研究』第 3 号に掲載された(URL アドレス:http://danzaericerca.unibo.it/)。
研究成果としては、研究論文発表に続き、国際シンポジウムにおける研究発
表が挙げられる。本学との共同開催による、ドイツのヒルデスハイム大学に於
ける国際シンポジウム(Kultur im Spiegel der Wissenschaften)に参加し、研究
発表をさせていただいた。報告者の研究発表は、 Il corpo danzante della
danza futurista, dell’Ausdruckstanz e del Butoh (「アヴァンギャルドの踊る
身体―未来派ダンス、表現主義ダンス、舞踏」)と題し、イタリア未来派のダン
ス、ドイツ表現主義舞踊、日本の前衛舞踊「舞踏」を巡りながら「踊る身体」
について考察することを試みた。これら三つの舞踊はそれぞれに全く異なるダ
ンスであり、なんら共通の「様式」をもたないと同時に、実際には、共鳴し合
い、反応し合っていることが実に興味深い点である。この着眼点については、
未来派ダンスを論じる博士論文の中でも取り上げている。
派遣期間、7 ヶ月弱を通じて、La danza nel futurismo: Giannina Censi e la
danza moderna(『未来派のダンス―ジャンニーナ・チェンシとモダン・ダンス
―』)と題した博士論文の執筆作業に専念したが、現時点で、第一章を脱稿し、
第二章の途中までの執筆を終えている。本学指導教員とボローニャ大学指導教
員のご指導を仰ぎながら執筆を進めている。博士論文は、修士課程から継続す
るテーマへの関心と、2010 年度に開始した ITP-EUROPA 派遣期間に遂行した
調査分析作業の成果を書き表す作業そのものである。地道な資料調査作業、研
究所の精読作業を積み重ねてきた結果、ようやく、自らの視点を論文に展開で
きることに、これまでに感じることのなかったやり甲斐を実感する。この博士
論文脱稿へ向けて、2013 年度も改めて派遣していただくことになっているが、
博士論文完成と口頭審査通過という目標を、次年度で達成することこそが、2012
年度派遣の成果であるとも考えている。
最後に、歴史あるボローニャ大学において充実した研究生活を送れるよう支
えてくださった東京外国語大学指導教員和田忠彦教授、ボローニャ大学指導教
員エレナ・チェルヴェッラーティ教授をはじめ、ITP-EUROPA 関係者のみなさ
まに、この場をお借りして改めて感謝の意を記したい。ありがとうございまし
た。
Fly UP