...

国際社会における社会的投資の最新動向と 日本における発展の可能性

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

国際社会における社会的投資の最新動向と 日本における発展の可能性
国際社会における社会的投資の最新動向と
日本における発展の可能性
日本財団 小林立明
日本NPO学会第17回年次大会
D2 運営委員会企画パネル
2015年3月15日(日)9:00〜10:30
1.「社会的インパクト投資」とは?
•  社会的インパクト投資とは、特定の社会的目標の達成と同時に金融リターン
の獲得も明示的に目指し、このために両者の達成度を測定しようとする投資
である。
(社会的インパクト投資タスクフォース報告より)
•  インパクト投資とは、第一義に社会的インパクトの創出を目的とし、第二に金
銭的利益を生むことを目的とする助成金、融資、投資を指す。
•  インパクト投資の投資対象は、行政による公的事業ではなく、民間組織(特定
非営利活動法人、協同組合、市民社会団体、社会的企業その他)による社会
的事業である。
•  提供される資金が、特定非営利活動法人、社会福祉団体、協同組合などを
ターゲットとしたものであっても、投融資の条件が、一般の企業を対象とする
ものと同等な場合は、そうした資金は下記の表から除外した。
(社会的インパクト投資タスクフォース日本委員会報告より)
•  社会的投資市場とは、NPOや企業による社会的課題解決のための事業に対
して、社会的リターン(経済的リターンはある場合とない場合がある)を求める
資金提供者によって、提供される資金(社会的投資)が流れる市場全体を示
す言葉である。
(社会的投資促進フォーラム報告より)
1.3つの報告書の定義のずれが意味するもの
目的
資金提供形態
資金提供先
その他
タスクフォース
報告
•  社会的目標達成
•  金融リターン獲得
を明示的に目指す
• 
投資
(特に言及なし)
• 
「両者の達成度
を測定しようと
する」と明記
日本委員会
報告
• 
• 
• 
• 
助成金
融資
投資
• 
民間組織(特定非
営利活動法人、協
同組合、市民社会
団体、社会的企業
その他)による
社会的事業
• 
「投融資の条件
が一般企業と
異なる」と明記
NPOや企業によ
る
社会的課題解決
のための事業
• 
(特になし)
社会的インパクト
の創出
•  金銭的利益を生
むこと
を目的とする
• 
社会的投資
研究フォーラム
報告
• 
• 
社会的リターン
経済的リターン
(ある場合とない
場合がある)
を求める
• 
資金の提供
• 
• 
■主要論点
■政策的影響
• 
• 
• 
• 
• 
• 
• 
• 
• 
• 
社会的目標をどう定義するか
資金提供形態に「助成」を加えるか
資金提供先を限定するか
達成度測定をどう行うか
投融資の条件に制限を設けるか
政策目標(金融包摂、社会的企業育成・・・)
ベンチャー・フィランソロピーの扱い
環境ビジネスやコミュニティビジネスの扱い
政策対象の範囲(限定?/達成度のみ?)
経済的リターンの制限/倫理的諸問題
3.「社会的投資」関連用語について
社会的投資とは、社会的目標と財務収益の双方の実現を目指す投資を指す。
The UK Social Investment Forum defines “social Investment” as “financial transactions
intended both to achieve social objectives and to deliver financial returns to
investors.” (UK Social Investment Taskforce (2000))
関連概念
•  インパクト投資:
•  財務収益と共に社会・環境面でのインパクトを生み出すことを目指して企業、団体、基金に対してなされる投資
(GIINのウェブサイト)
•  社会的責任投資:
•  一般的には、「企業への株式投資の際に、財務的分析に加えて、企業の環境対応や社会的活動などの評価、
つまり企業の社会的責任の評価を加味して投資先企業を決定し、かつ責任ある株主として行動する投資手法」
と理解されてきました。また広義には、「社会性に配慮したお金の流れとその流れを作る投融資行動」を示すも
のとされてきました。(JSIFのウェブサイト)
•  社会的インパクト債:
•  社会的サービス供給費用の支払いに政府以外の投資を導入する金融手法の一つ。成功すれば、社会的価値
と公共セクターの経費節減の双方を実現することができる。投資家は、政府が節減した経費の一部から財務リ
ターンを受け取ることができる。(Emily Bolton & Louise Savell (2010))
•  ベンチャー・フィランソロピー:
•  社会に関わるインパクト(社会、環境、芸術など)増進のために、資金的及び非資金的支援の双方を提供する
ことを通じて、より強力な社会目的団体の構築を図るフィランソロピーの一形態。資金的支援には、グラントの
みならず、社会的団体のニーズにあわせた一連の資金提供メカニズムを使用する。(EVPAのウェブサイト)
•  社会的企業
•  一般的には、労働市場の統合、社会的包摂、経済発展に貢献する社会的・経済的諸目標を達成する革新的な
ビジネス・モデルと理解されている(非営利団体、協働組合、多様なハイブリッド団体を含む。)。(Antonella
Noya ed. (2009))
社会的責任投資、インパクト投資、社会的投資の市場規模
(Global Sustainable Investment Alliance (2012))
社会的責任投資
13.6兆ドル
•  環境、社会、ガバナンス
(ESG)に配慮
•  ネガティブ/ポジティブ
/規範ベースのスク
リーニング
インパクト投資
1,720億ドル
•  社会的/環境的課題の
解決に取り組む
•  コミュニティ投資、社会
的企業への投資、環境
ビジネスへの投資等
社会的投資
890億ドル+α
•  社会的課題の解決に取
り組む
•  コミュニティ投資、社会
的企業への投資、非営
利団体向け資金提供
4.「社会的投資」発展の歴史
社会的責任投資
1920s
社会的投資
インパクト投資
第一世代SRI(ネガティブ・
スクリーン:倫理中心)
1960s
プログラム関連投資(米)
1970s
第二世代SRI(ポジティブ・
スクリーン、社会的株主提
案:利益追求へ)
1980s
社会的投資フォーラム設立
1990s
第三世代SRI(環境への配
慮:投資インデックスへ)
コミュニティ開発金融の拡大
ベンチャー・フィランソロピーの
発展(米)
2000s
ESG投資、サステイナビリ
ティ投資へ
社会的投資タスクフォース(英)
→コミュニティ開発金融
→社会的企業向け投資
ロックフェラー財団による「イン
パクト投資」イニシアチブ(2007
米)
社会的インパクト債(2009英)
ビッグ・ソサエティ・キャピタル
(英)
社会的証券取引(英)
成功報酬債(2010米)
社会的インパクト投資タスク
フォース報告(2014G8諸国)
2010s
コミュニティ再投資法(米)
水口剛(2013)「責任ある投資」(岩波書店)、小林立明(2015)「英国における社会的投資政策の発展」(公益法人協会「英国チャリティ変容
調査報告書」等より作成。
Fly UP